編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 はじめに は 病 気 や 身 体 障 害 有 無 年 齢 性 別 に 関 係 なく 生 まれてから 死 ぬまで 日 常 生 活 中 で 繰 り 返 し 行 われている 行 為 です そして 誰 もが シ モ 世 話 にはならずに 人 生 を

Size: px
Start display at page:

Download "編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 はじめに は 病 気 や 身 体 障 害 有 無 年 齢 性 別 に 関 係 なく 生 まれてから 死 ぬまで 日 常 生 活 中 で 繰 り 返 し 行 われている 行 為 です そして 誰 もが シ モ 世 話 にはならずに 人 生 を"

Transcription

1

2 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 はじめに は 病 気 や 身 体 障 害 有 無 年 齢 性 別 に 関 係 なく 生 まれてから 死 ぬまで 日 常 生 活 中 で 繰 り 返 し 行 われている 行 為 です そして 誰 もが シ モ 世 話 にはならずに 人 生 を 全 うしたい と 考 え ている 行 為 です シモ 世 話 になるようだったら 人 生 おしまい という 言 葉 をよく 耳 にするように に 対 する 気 持 ちはとてもデリケーなもです 日 常 生 活 でな んらかケアを 受 ける これまで 人 生 観 が もっとも 表 現 される 事 柄 でしょう 1 大 切 な 生 活 に 困 らない ために 適 切 な 対 処 を! 正 常 な 1 尿 や 便 を 作 るメカニズムに 異 常 がないこと 2 作 られた 尿 や 便 をしっかり 溜 めて 気 持 ちよく 出 し 切 るため 臓 器 と 脳 機 能 に 異 常 がないこと 3 連 続 した 動 作 によって 行 為 が 成 り 立 ってい るため 運 動 機 能 に 異 常 がないこと こ 3 つ 条 件 と 共 に 生 活 環 境 が 適 しているこ とが 行 為 を 他 人 助 けを 借 りることなく 行 えることとなります 逆 に 一 つでもできなくなった り 低 下 したりすると 障 害 が 引 き 起 こされ 日 常 生 活 に 大 きな 問 題 を 抱 えることになりやすいわ けです 3 頻 尿 ( 回 数 が 多 い) 4 過 活 動 膀 胱 ( 我 慢 できないような 強 い 尿 意 がある) が 主 な 障 害 です こうち1 尿 失 禁 は さらに 様 々なタプによっ てそ 対 応 法 が 分 かれます 腹 圧 性 尿 失 禁 身 体 底 をハンモックように 支 えて 臓 器 を 落 ち ないようにしている 筋 肉 が 弱 くなって お 腹 に 力 が 入 ると 漏 れます こ 筋 肉 を 鍛 えることが 予 防 と 改 善 になります( 骨 盤 底 筋 体 操 ) 切 迫 性 尿 失 禁 膀 胱 が 勝 手 に 縮 んでしまうため 待 ったなしで 漏 れます 膀 胱 をリラックスさせる 薬 によって 症 状 を 改 善 することができます 溢 流 性 尿 失 禁 尿 後 に 膀 胱 中 に 尿 が 残 っていて こ 尿 ( 残 尿 )があふれ 出 すようにダラダラと 漏 れます 膀 胱 や 腎 臓 を 守 るためにも 残 尿 を 取 り 除 くことが 必 要 です 機 能 性 尿 失 禁 尿 を 溜 めたり 出 したりする 機 能 は 正 常 なに 身 体 が 動 かなくまで 行 けない 認 知 症 で 2 障 害 対 応 法 障 害 は 尿 障 害 と 便 障 害 に 分 かれます < 尿 障 害 > 1 尿 失 禁 ( 漏 れてしまう) 2 尿 困 難 ( 出 にくい 出 ない) 48

3 場 所 や 使 い が 分 からないことで 漏 れます こタプは 前 3つタプと 違 い 自 分 だけで 何 とか 改 善 したり 医 学 的 な 治 療 で 改 善 することは あまり 望 めません 日 常 ケアを 行 うなかで 問 題 解 決 を 目 指 します < 便 障 害 > 便 秘 下 痢 便 失 禁 が 主 な 障 害 です 便 ことは 尿 ことに 比 べて 専 門 的 な 改 善 策 が 発 展 途 上 分 野 です は 食 べたり 飲 んだりし た 物 カスや 余 分 な 物 を 出 すことです まず 日 常 生 活 食 を 見 直 すことからはじめます 高 齢 や 障 害 や 病 気 ある は 便 秘 による 便 失 禁 や 下 痢 による 便 失 禁 が 起 こりやすくなりま す 便 性 状 をよい 状 態 に 保 つことからケアを 考 えます それと 共 に 便 障 害 ( 特 に 便 失 禁 )は 皮 膚 ラブルを 誘 発 させることが 多 くありますで スキ ンケアも 重 要 に 考 えることが 必 要 です 皮 膚 が 虚 弱 な へスキンケアは 不 潔 にしておかないこと は 当 然 ですが 極 端 な 乾 燥 (ドラスキン)や 皮 膚 がふやける 状 態 ( 浸 軟 )を 防 ぐことも 必 要 です 予 防 は 介 護 場 でも 行 えますが 治 療 は 医 療 分 野 となります 3 具 が 適 応 になるは 漏 れある やに 行 く 回 数 が 多 い に 対 して 簡 単 に 具 を 選 択 してしまうと 廃 性 ( 身 体 を 動 かさないことによっておこる 心 身 機 能 低 下 廃 性 症 候 群 ) 問 題 を 引 き 起 こし 本 人 お よび 家 族 介 護 者 生 活 質 を 脅 かしかねません まずは どような 症 状 で 困 っているか どう したいと 思 っているか 具 選 択 が 最 善 な 法 なかを ケア 知 識 を 持 っている 専 門 職 に 相 談 することが 必 要 です そためにまず 尿 記 録 ( 尿 日 誌 表 1) をつけてみましょう そうすると 何 となく 困 ってい る 問 題 を こように 困 っている 問 題 にするこ とができ 失 禁 タプ 推 測 適 切 な 具 選 択 介 助 時 間 推 測 に 繋 がります 少 し 面 倒 ですが 3 日 位 続 けていただくとよりよいデータ になります 表 1 尿 日 誌 記 入 例 記 録 する 際 注 意 点 1 尿 日 誌 へ 記 録 は 正 確 を 期 すためできるだけ 3 日 間 つける 2 毎 回 計 尿 が 不 可 能 な 場 合 は 1 日 は 毎 回 計 って 後 2 日 間 はに 行 ったところにチェックをする パッド 重 さは 元 重 さ 差 を 記 入 する 3 3 日 間 とも 朝 一 番 尿 を 必 ず 計 尿 する 4 計 量 カップ もしくはペッボルや 牛 乳 パック 紙 コップ 等 を 利 し 計 測 する そ 上 で 具 によって 問 題 が 改 善 でき る 障 害 は 運 動 機 能 性 失 禁 ( 膀 胱 や 尿 道 機 能 は 正 常 だが 身 体 が 動 かずまで 行 けないた めにおこる 漏 れ)が 中 心 となります 関 連 は 数 千 種 類 あるといわれています 大 まかな 分 類 をするために ADL( 日 常 生 活 行 動 )から 見 た 具 選 択 チャーを 示 します 具 に 関 しては どような 物 であっても 適 切 に 使 できるようになるまでには 多 少 なりとも 訓 練 ( 慣 れる 時 間 コツをつかむ 時 間 )が 必 要 にな ります 特 に は 初 めて 使 で 失 敗 して しまうと 合 わない と 決 めつけてしまう 傾 向 が 強 くあります 専 門 職 アドバスも 含 めて 時 間 が 必 要 ということを 知 っておいてください 49

4 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 A A C B B C E D D E 50

5 4 ADL( 日 常 生 活 行 動 )に 合 わせた 具 選 択 2 補 高 便 座 ここから できる 動 作 に 合 わせた 具 選 択 使 い 注 意 点 を 挙 げていきます 立 つことができる 歩 行 ができる 基 本 はです を 使 することによっ て 介 護 者 は 処 理 手 間 を 省 けますし 何 より 本 人 心 理 的 負 担 を 軽 減 できます 家 庭 内 見 直 しは 住 宅 改 修 となりますが 現 在 あるもに 具 をプラスすることによって 使 い 勝 手 が 良 くなることもあります そ 場 合 注 意 点 と して は 家 族 が 共 有 して 使 する 場 所 です で 一 人 使 い 勝 手 だけを 考 慮 して 家 族 中 で 使 できない 人 が 出 てくることなどがないように 導 入 前 に 確 認 します また まで 安 心 して 行 き 着 くことができるよう 失 禁 も 一 緒 に 考 えます 取 り 付 けが 容 易 にできる 股 関 節 や 膝 関 節 動 きが 悪 い には 立 ち 座 りが 楽 になる 小 さな 子 どもが 家 族 にい る 場 合 は 一 人 で 便 器 に 座 れなくなる 可 能 性 がある また 便 座 内 側 が 汚 れやすく 今 まで 以 上 に 掃 除 手 間 が 必 要 に なるデメリッもある 1 簡 易 手 すり 3 自 動 昇 降 機 座 位 姿 勢 を 安 定 させる 電 動 で 簡 単 な 操 作 によって 昇 降 するため 身 体 に 無 理 なく 立 ち 上 がりができる 家 族 と 共 有 もできやすい 床 や 壁 に 固 定 することになると 住 宅 改 修 制 度 が 適 になる 51

6 4 失 禁 パンツ 5 パッド <コンパクタプ>(ンナー) 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 利 点 : 外 見 が 普 通 下 着 と 変 わらない 物 が 多 い 再 利 型 なで 経 済 的 欠 点 : 漏 れ 量 による 調 節 はできない 適 応 : 少 量 漏 れがあり パッドを 使 したくない 人 不 適 応 :100ml 以 上 漏 れ 量 人 導 入 上 注 意 股 間 部 に 吸 収 素 材 を 縫 い 込 んである 物 やパッドを 差 し 込 んで 使 する 物 などがある 特 徴 を 確 認 してから 導 入 する パッド 固 定 サポーター(アウター) 利 点 : 携 帯 に 便 利 生 理 と 同 じ 感 覚 で 使 できる 欠 点 : 単 価 が 高 い 物 が 多 い 適 応 : 活 動 的 な 人 不 適 応 : 漏 れ 量 が 多 い 人 寝 たきり 人 導 入 上 注 意 固 定 するパンツやサポーターと 併 する 様 々な 吸 収 量 があるため 漏 れ 量 にあった 吸 収 量 物 を 選 択 す る 軽 失 禁 パッドはドラックスア 生 理 売 り 場 に 並 んでいることが 多 い 6 男 性 尿 管 理 システム( 一 般 活 動 ) 活 動 性 ある 男 性 場 合 パッド 交 換 した 後 に 捨 てる 場 所 がないとか なかなかに 行 くことができないな どという 場 合 蓄 尿 袋 に 溜 めておけるシステム ペニス に 直 接 貼 り 付 けるタプではないでスキンラブルに もなりにくい 車 いす 寝 たきり という 別 システ ムもある 歩 行 できる 強 みを 支 えるために 様 々なパッド 固 定 をする 普 通 パンツと 違 ってサポ ー 力 があるで 吸 収 力 ある 大 きなパッド 固 定 も できる ボディメージをくずしにくい 自 立 歩 行 は 大 切 な 身 体 機 能 一 つです 自 ら 居 室 や 寝 室 からに 行 くことは 気 持 ちよく するために 重 要 ですが 反 面 転 倒 による 骨 折 リスクも 大 きくなります 歩 行 できる 機 能 を 阻 害 せ ず 転 倒 による 大 腿 部 頸 部 骨 折 を 予 防 するために プロテクターなど 衝 撃 ガードを 使 することを 検 討 します 52

7 パンツタプ 紙 おむつに 貼 り 付 けるタプ 座 ることができる 立 てる 1 ポータブル 寝 たきりにならないため 有 効 な 具 として 最 初 に 導 入 が 検 討 されることが 多 いようです しかし ポータブルが 自 力 で 使 えるということは が 使 えるケースが 多 いでポータブルを 導 入 するときは 下 表 ようなそ 他 支 援 法 を 確 認 し 通 常 を 利 できないかを 考 え てみてください 使 する 人 にあわないポータブルだと 居 室 スペースが 無 駄 になったり 移 動 動 線 を 阻 害 したり 経 済 的 な 損 失 にもなったりします 種 類 と 特 徴 標 準 型 (ポリプロピン 製 ) 下 着 と 一 体 タプ 利 欠 点 : 軽 量 で 移 動 させやすい 点 : 蹴 込 みスペースがないで 立 ち 上 がりにく い 軽 量 なため 不 安 定 な 物 が 多 い 適 応 : 立 ち 座 りが 容 易 にできる 人 不 適 応 : 座 位 バランスが 悪 い 人 導 入 上 注 意 高 い 身 体 機 能 が 必 要 になる 高 さ 調 節 や 立 ち 上 がり 補 助 には 枠 などが 必 要 になる 53

8 立 ち 上 がり 時 蹴 り 込 みについて 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 人 立 ち 上 がりは 下 記 ような 身 体 動 きを します( 図 1) 蹴 込 みスペースないポータブ ルを 身 体 機 能 低 下 した 人 が 使 おうとする とき 身 体 を 前 に 引 き 出 し 蹴 込 みスペースを 作 り 図 1 図 2 頭 重 さで 立 ち 上 がりをします 軽 量 で 蹴 込 みス ペースないポータブルでは こように 立 ち 上 がると 自 体 が 前 に 倒 れてきて 本 人 ごと 転 倒 する 危 険 があります( 図 2) 木 製 いす 型 スチール 製 ベッドサド 設 置 型 利 点 : 重 量 があり 安 定 している 見 た 目 が 居 室 にマッチする 欠 点 : 広 め 設 置 スペースが 必 要 掃 除 に 気 を 使 う 座 面 が 固 い 物 が 多 い 適 応 : 立 ち 座 り 動 作 が 比 較 的 難 しい 人 でも 使 可 能 不 適 応 : 特 になし 導 入 上 注 意 メンテナンスを 行 う 介 護 者 がいない 場 合 他 材 質 より 傷 みが 早 い 高 さ 調 節 あるもを 選 択 する 利 欠 適 点 :ベッドサドに 設 置 して 横 移 乗 で 使 できる 点 :からベッド 以 外 へ 移 乗 ができにくい 応 : 端 座 位 取 れる 人 であれば 横 移 乗 によって 使 可 能 不 適 応 : 特 になし 導 入 上 注 意 設 置 するとき ベッドマッと 座 面 高 さをそろえる アーム 短 い をベッド 側 にする 54

9 便 姿 勢 保 持 付 き 3 パッド(ンナー) 紙 製 可 動 式 アームを 握 ることによって 直 腸 肛 門 角 が 開 きや すい 姿 勢 を 保 持 でき 腹 圧 がかかりやすいで 便 しや すい 2 パンツタプオムツ(アウター) パンツタプ 利 点 : 男 女 ともに 使 することができる オムツ 使 者 ンナー( 直 接 肌 にあたる 製 )としても 使 できる ンナー 使 で 経 済 的 になる 欠 点 : 漏 れ 量 が 分 からないと 適 切 な 物 を 選 択 できない 適 応 :アウター(パッドを 固 定 する 外 側 製 )が パンツタプやサポーター 場 合 自 分 で 交 換 が 可 能 な 人 不 適 応 : 漏 れ 量 把 握 ができていない 人 導 入 時 注 意 点 種 類 が 非 常 にたくさんある 適 応 な 物 を 探 すために 前 述 ような 尿 日 誌 (49 ページ 表 1) をとってもらったり パッド 計 測 が 必 要 になったりする 布 製 利 点 : 普 通 パンツようにはくことができ 装 着 が 簡 単 欠 点 : 寝 たまま 使 すると 横 漏 れをおこすことが 多 い 汚 れた 場 合 簡 単 に 破 いて 脱 ぐことができるが はく 際 にズボン 類 を 脱 いでからでないと 装 着 で きない 適 応 : 動 作 はできるが 時 間 がかかって 間 に 合 わない 人 活 動 的 な 人 不 適 応 : 寝 たきり 人 導 入 上 注 意 はいていると 非 常 に 温 かい 夏 場 は 薄 手 物 を 使 しな いと 蒸 れる パンツタプ 中 にパッドを 併 して 使 している 場 合 パッド 交 換 みで 済 んでいるようであれ ば サポーターをアウターにして 後 述 適 応 パッドを 使 する が 経 済 面 ゴミ 面 軽 減 になる パッド 使 い 捨 てがもったいないで 繰 り 返 し 使 ってし まう や パルプアルギーで 紙 製 が 使 できない などに 従 来 布 製 より 肌 触 り 感 よく 使 ができ 経 済 的 で 環 境 に 優 しい 製 55

10 紙 製 ふんどしタプ 寝 たまま 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 利 点 : 大 転 子 部 ( 太 腿 外 側 関 節 )が 開 放 されている で 歩 行 障 害 が 起 こりにくい 高 吸 収 製 なで 交 換 回 数 が 少 なくすむ 身 体 機 能 に 影 響 されずに 使 することができる 交 換 が 簡 単 にできる 欠 点 : 他 製 に 比 べて 高 価 適 応 : 失 禁 量 が 多 く 比 較 的 肌 デリケーな 人 不 適 応 : 失 禁 量 が 少 ない 人 こ 製 は 単 体 使 なで 必 ずンナーを 使 する 習 慣 ある 人 導 入 時 注 意 点 失 禁 量 と 交 換 時 間 を 把 握 し 適 切 に 使 しないと 経 済 的 負 担 が 大 きくなる 使 仕 腰 部 分 でテープを 止 める 後 ろ 介 助 でも 寝 た ままでも 可 能 背 中 部 分 パッドを 前 に 持 って くる 自 分 でできる 動 作 がほとんどない 人 でも 尿 意 便 意 有 無 で 使 える が 変 わってきます 動 け ないからおむつという 短 絡 的 な 具 導 入 をして しまうと 本 人 自 尊 心 を 傷 つけるだけでなく 生 活 意 欲 を 消 失 させてしまいます 状 態 に 合 わせて 適 切 な 具 選 択 が 必 要 です 動 けない が 使 え る 具 はおおむね 以 下 ようになります 1 しびん 女 性 利 点 : 介 護 者 が 扱 いやすい 受 け 口 が 広 い 座 位 でも 立 位 でも 使 できる 掃 除 が 簡 単 欠 点 : 後 すぐ 処 理 が 必 要 となる あてっぱなしに することはできない 適 応 :すぐに 処 理 をすることができる 尿 意 を 訴 えることができる 人 尿 時 間 コン ロールがとれているがまで 行 けない 人 不 適 応 : 尿 意 がない 人 長 時 間 当 てていなければならな い 人 導 入 時 注 意 点 性 差 によって 受 け 口 形 が 異 なるが 男 性 でも 陰 茎 が 短 い 人 は 女 性 ほうが 使 しやすい 素 材 によって 重 さ が 違 うで 見 比 べてみる 必 要 がある 逆 流 防 止 弁 付 き 尿 器 ( 絵 は 男 性 ) 横 図 正 面 図 逆 流 防 止 弁 が 付 いているで 不 随 意 ( 意 思 とは 無 関 係 ) な 傾 斜 によって 尿 がこぼれ 出 すことがなく 繰 り 返 し 使 しても 前 回 分 尿 がこぼれ 出 すことが 少 ない 56

11 2 自 動 処 理 装 置 ( 特 殊 尿 器 ) 本 体 作 動 は 電 源 コードだけではなくバッテリーパック も 付 いているで 車 いすにキャリングケースを 取 り 付 ければ 移 動 することも 可 能 になる 体 動 が 激 しくパッドがはずれてしまう 場 合 や 尿 勢 ( 尿 勢 い)が 強 い 人 は 不 適 応 ネッアウターでは 横 漏 れを 起 こしてしまう 場 合 はテ ープタプ 紙 おむつ 使 も 考 える 自 動 処 理 装 置 利 点 : 自 動 的 に 吸 引 するで 受 尿 部 と 蓄 尿 部 高 低 差 を 必 要 としない 尿 がタンクに 密 閉 されるうえ 脱 臭 剤 が 内 部 に 入 っているで 臭 気 が 少 ない 欠 点 : 音 がうるさい 使 に 際 して 訓 練 が 必 要 掃 除 に 手 間 がかかる 適 応 :すぐに 処 理 を 必 要 としない 人 不 適 応 : 活 動 的 な 人 自 分 でシーバーをあてることが できない 人 もしくは 尿 意 を 訴 えることができな い 人 導 入 時 注 意 点 衣 類 にも 工 夫 をすれば 女 性 が 座 位 で 使 できる 便 でんぶ コンロールができていれば 臀 部 (お 尻 )を 汚 すこと がなくなる 移 動 可 能 な 特 殊 尿 器 ここ 数 年 目 立 って 開 発 が 進 んでいる 自 動 吸 引 式 集 尿 便 器 は 在 宅 で 寝 たきり を 介 護 する 介 護 者 にとって 選 択 肢 一 つとなる 利 点 : 本 人 にとっては 下 半 身 をさらされる 羞 恥 心 精 神 的 負 担 がなくなり 物 刺 激 によるスキ ンラブル 軽 減 につながる 介 護 者 にとっては 頻 回 で 継 続 的 に 続 く 交 換 介 助 負 担 使 い 捨 て 製 使 による 経 済 的 負 担 生 活 環 境 において 臭 による 精 神 的 負 担 な どを 解 消 することができる 欠 点 :ベッド 上 から 動 かなくてよい 環 境 をつくりだし てしまうため 寝 たきりになる 可 能 性 が 増 す 便 に 有 効 な 姿 勢 がとれない 非 常 に 便 しに くい 適 応 : 急 性 期 で 安 静 が 必 要 な 場 合 座 位 保 持 姿 勢 頻 回 な 体 位 変 換 が 禁 忌 場 合 ターミナル 期 ( 終 末 期 )で 他 具 が 適 さない 場 合 不 適 応 : 自 分 で 動 く 機 能 が 残 されている ベッド 上 で 多 動 な 導 入 時 注 意 点 適 応 者 見 極 めは 専 門 職 へ 相 談 が 不 可 欠 であり 使 に 関 してもしばらく 訓 練 が 必 要 になる 前 出 特 殊 尿 器 と 同 様 に 尿 を 自 動 的 に 吸 引 する 専 パッドを 使 し 尿 時 は 一 気 に 吸 引 し そ 後 は 間 欠 的 に 吸 引 するで 肌 へ 戻 りがほとんど 感 じない 状 態 に なる 57

12 平 成 24 年 介 護 保 険 改 正 内 容 ( に 関 係 するところ 抜 粋 ) 1: 介 護 保 険 給 付 対 象 となる 福 祉 具 および 住 宅 改 修 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 第 1 福 祉 具 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 福 祉 具 貸 与 及 び 介 護 予 防 福 祉 具 貸 与 に 係 る 福 祉 具 種 目 (13) 自 動 処 理 装 置 自 動 処 理 装 置 とは 尿 又 は 便 が 自 動 的 に 吸 引 されるもであり かつ 尿 や 便 経 路 となる 部 分 を 分 割 することが 可 能 な 構 造 を 有 するもであって 居 宅 要 介 護 者 等 又 はそ 介 護 を 行 う 者 が 容 易 に 使 できるも 交 換 可 能 部 分 (シーバー チューブ タンク 等 うち 尿 や 便 経 路 となるもであって 居 宅 要 介 護 者 又 はそ 介 護 を 行 う 者 が 容 易 に 交 換 できるも ) 及 び 専 パッド 洗 浄 液 等 都 度 消 費 するも 並 びに 専 パンツ 専 シーツ 等 関 連 製 は 除 かれる 2 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 特 定 福 祉 具 販 売 に 関 わる 特 定 福 祉 具 種 目 及 び 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 特 定 介 護 予 防 福 祉 具 販 売 に 関 わる 特 定 介 護 予 防 福 祉 具 種 目 (2) 自 動 処 理 装 置 交 換 可 能 部 自 動 処 理 装 置 交 換 可 能 部 (シーバー チューブ タンク 等 )うち 尿 や 便 経 路 となるもであって 居 宅 要 介 護 者 等 又 はそ 介 護 を 行 う 者 が 容 易 に 交 換 できるも 専 パッド 洗 浄 液 等 都 度 消 費 するも 及 び 専 パンツ 専 シーツ 等 関 連 製 は 除 かれる 法 律 語 は 難 しいところもありますが 今 までは がほぼすべて 買 い 取 り でした 機 械 を 使 するような に 関 しては 物 が 直 接 触 れない 機 械 部 分 は 貸 与 に 変 更 になり 入 手 が 容 易 になったということになります 3 腰 あげ 不 要 便 器 4 小 型 差 し 込 み 便 器 ぎょうがい 利 点 : 仰 臥 位 (あおむけこと)まま 全 く 臀 部 をあげ ずに 差 し 込 むことができる 尿 便 ともに 採 取 で きる 欠 点 : 差 し 込 みや 抜 き 出 しを 行 う 介 護 者 は 慣 れを 必 要 とする 適 応 : 臀 部 をあげることを 制 限 されていたり 機 能 低 下 によりできない 人 便 時 背 中 に 汚 れが 広 が ってしまうような 人 に 有 効 不 適 応 : 動 ける 人 導 入 時 注 意 点 せいしき 後 そまま 引 き 抜 くことになる 清 拭 ( 拭 いてきれ いにすること)ができにくい 従 って 汚 れてもいいよう 便 器 下 を 工 夫 する 必 要 がある 利 点 :プラスチック 製 が 多 いで 軽 い 欠 点 : 差 し 込 むと 腰 部 が 反 る 感 じがし 違 和 感 がある 適 応 : 比 較 的 身 体 小 さい 人 不 適 応 : 床 ずれがある 人 導 入 時 注 意 点 小 型 であるため 臀 部 を 汚 しやすいで あらかじめ 便 器 内 に 紙 を 敷 いておくなど 跳 ね 返 りを 予 防 する 差 し 込 み 便 器 使 時 注 意 点 尿 便 意 はあるに どうしてもベッド 上 で しな ければならないとき 使 される 具 として 差 し 込 58

13 み 便 器 があります 最 近 は 小 型 が 主 流 ですが 完 全 な 仰 向 けで 使 すると 図 5 ような 状 態 になります 枕 によって 頭 が 上 がり 肩 から 背 中 が 下 がり 腰 が 上 がり 足 が 下 がるというように とても 不 自 然 な 寝 姿 になります こ 状 態 で ため 腹 圧 をかけるということは 非 常 に 困 難 です 差 し 込 み 便 器 使 時 は 少 しでも しやすいよ うに 差 し 込 んだ 後 図 6 ようにベッド 背 上 げ 機 能 で 少 なくとも 30 位 ギャッジアップ( 背 もた れを 上 げる)をすると 比 較 的 しやすくなります も 紙 製 と 布 製 2 種 類 材 質 があります また 毎 回 交 換 時 ンナーみ 交 換 で 済 んでいて 便 コンロールもできている 場 合 は 前 出 パッ 固 定 サポーター(52 ページ) を 使 することによってゴミ 量 経 済 的 コス 軽 減 につながります オムツカバー 図 5 図 6 利 点 :ゴミ 量 を 軽 減 することができる 経 済 的 欠 点 : 洗 濯 手 間 がかかる 適 応 : 寝 たきり 人 不 適 応 : 活 動 的 な 人 導 入 時 注 意 ンナー 適 切 な 選 択 をしないと 単 体 では 使 できない また 身 体 に 合 わない 大 きさもは 隙 間 を 作 ってしま い 不 快 感 と 共 に 横 漏 れをおこすことも 多 くなる テープタプ 紙 おむつ しかし こようなベッド 上 は 気 持 ちよく できるとは 言 い 難 いもがあります 状 態 に 合 わせて できるだけ 腹 圧 かかる 姿 勢 ( 座 った 姿 勢 )を 確 保 した ケアを 心 がけてい ただきたいと 思 います 5 オムツ(アウター) 尿 意 を 訴 えることがなく 動 くことができない が 適 応 となります 大 切 なことは 本 人 不 快 感 をできるだけ 少 なくすること 寝 たまま 状 態 で あっても 自 尊 心 を 傷 つけない 配 慮 介 護 者 負 担 を 少 なくすることなどです テープタプ 紙 おむつ やオムツカバーは 同 時 に(61 ページ) 6 パ ッド を 使 することが 多 いです オムツ パッド 双 と 利 点 : 吸 収 量 が 多 い オムツカバーがいらない 種 類 が 多 い 欠 点 : 単 価 が 高 い かぶれることがある ゴミが 大 きくなる 適 応 : 長 時 間 交 換 できない 場 合 漏 れ 量 が 多 い 人 寝 たきり 人 不 適 応 : 漏 れ 量 が 少 ない 人 活 動 的 な 人 導 入 時 注 意 点 パルプアルギーある 人 は ひどくかぶれる 事 がある で 注 意 する 1 回 漏 れ 量 を 確 認 してから 導 入 する テープタプ 紙 おむつは 決 してオムツカバーではなく 単 体 でも 多 吸 収 能 力 ある 物 として 認 識 しておく 59

14 標 準 的 な 紙 おむつあて 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 最 近 紙 製 は 非 常 に 性 能 が 良 くなり 介 護 負 担 軽 減 一 助 となっています 各 製 により 様 々な 特 色 がありますで 入 手 さ れた 製 パッケージにあるあて を 確 認 うえ 使 することが 失 敗 しないあて 基 本 となります ここでは 比 較 的 標 準 的 なテープタプあて を 示 します 準 備 1 開 いたオムツを 左 右 対 称 に 折 り 折 り 目 をつけます 手 順 4 背 部 腹 部 バランスを 整 え 腹 部 分 オムツを 広 げます ぎょうがい 5 身 体 を 仰 臥 位 にして 上 テープは 斜 め 下 に 向 か って 留 め 下 テープは 斜 め 上 に 向 かって 留 めま そけいぶ す こうすることで 腹 部 や 鼠 頸 部 ( 足 付 け 根 ) 隙 間 が 少 なくなります 完 成 2 折 り 目 を 背 骨 に 合 わせ( 背 中 部 分 オムツは 腰 骨 あたりで 十 分 ) 後 ろ 左 右 を 広 げます そ け い ぶ ふしょくふ 6 鼠 頸 部 や 腹 部 に 不 織 布 ( 織 らない 布 )だけ 部 分 が あったら 身 体 中 に 折 り 込 みます こうすること で 余 分 な 負 担 をかけずに 体 位 変 換 ができやすくなり ます そ く が い 3 側 臥 位 で 前 側 は 折 りたたんだまま 腹 部 に 持 ってきます ギャッジアップ 時 7こようにあてることによって 横 漏 れ 防 止 や ベッド 上 でギャッジアップに 苦 痛 を 感 じさせな いことにもつながります 60

15 敷 くオムツ ひょうたんタプ 利 点 : 身 体 に 密 着 させるオムツ 使 が 困 難 な 人 が 腰 に 巻 いたり 防 水 シーツ 変 わりとして 使 で きる 欠 点 : 大 きなゴミとなる 適 応 :パンツをはく 習 慣 ない 人 股 関 節 に 拘 縮 ( 関 節 が 動 かなくなる 状 態 )があり 開 閉 が 困 難 な 人 認 知 症 で 身 体 にフィッするもを 嫌 がる 人 不 適 応 : 特 になし 導 入 時 注 意 点 単 価 が 高 い 物 が 多 い どような 場 合 に 使 うかを 確 認 する 横 漏 れでシーツなど 洗 濯 に 疲 れている 場 合 など は 有 効 に 使 える 利 欠 点 : 鼠 頸 部 に 沿 うでフィッ 感 がある 点 : 鼠 頸 部 がやせていると 合 わないで 横 漏 れ 原 因 となる あて に 慣 れが 必 要 適 応 : 鼠 頸 部 がやせていない 人 不 適 応 : 鼠 頸 部 がやせている 人 導 入 時 注 意 点 オムツカバーやサポーターと 併 する カップ 型 に 成 型 してからあてる 6 パッド(ンナー) 布 タプ パッド 吸 収 量 大 きさ 形 は 多 様 です 漏 れ 量 に 合 わせたパッドを 選 択 することによって 経 済 的 になったり 交 換 が 楽 にできたりします フラッタプ 利 点 : 鼠 頸 部 ( 足 付 け 根 )がやせていても 形 を 整 え やすい 敷 いて 使 することもできる 大 きさ 割 に 単 価 が 安 い 欠 点 : 大 きさ 割 に 吸 収 量 が 少 ないもが 多 い あて に 訓 練 が 必 要 適 応 : 寝 たまま 人 不 適 応 : 活 動 的 な 人 導 入 時 注 意 点 オムツがカップ 状 になるよう 吸 収 面 を 内 側 に 二 つ 折 りに してからあてる オムツカバーを 併 する 利 点 : 洗 濯 で 繰 り 返 し 使 えるで 経 済 的 厚 さを 調 節 できる 臀 部 汚 れを 拭 き 取 りやすい 欠 点 : 吸 収 量 が 少 ない 洗 濯 に 手 間 がかかる オムツカバーがいるで 蒸 れやすい 適 応 : 介 護 力 がある パルプアルギーある 場 合 不 適 応 : 頻 回 に 交 換 したり 洗 濯 をする 介 護 力 がない 場 合 導 入 時 注 意 点 素 材 には 綿 と 化 学 繊 維 があるで 使 う や 介 護 状 態 によって 選 択 する 61

16 多 吸 収 タプ 軟 便 対 応 パッド 編 こ れ で わ か る 選 び 使 い 基 礎 知 識 利 点 : 男 女 ともに 使 できる テープタプ 使 者 サブパッドとして 使 でき 経 済 的 欠 点 : 厚 さあるもや 大 きいもが 多 い 適 応 : 漏 れ 量 多 い 人 不 適 応 : 活 動 的 な 人 導 入 時 注 意 点 吸 収 量 が 多 いで 活 動 中 に 使 する 場 合 には きつめ サポーターが 必 要 になる 男 性 タプ 従 来 尿 取 りパッドに 軟 便 が 付 着 するとパッド 表 面 が 目 詰 まりしてしまうため 水 分 吸 収 自 体 が 難 しくなって いる 軟 便 内 水 分 み 吸 収 して 臀 部 に 便 が 煎 餅 状 に 張 り 付 いてしまったり 多 量 軟 便 だと 吸 収 できずに 背 中 やお 腹 からあふれ 出 してきたりする こパッドは 軟 便 中 水 分 と 共 に 固 形 物 も 内 部 に 吸 収 しやすい 表 面 シー になっていて 尿 取 りパッドと 比 較 して 肌 へラブ ルを 起 こしにくくなっている オムツやパッド 選 択 基 準 尿 量 に 合 わないパッドやオムツは 横 漏 れなど 原 因 となり 手 間 がかかるばかりでなく 本 人 不 快 感 やスキンラブルを 助 長 してしまいます また 紙 製 過 度 な 重 ね 使 いは 経 済 的 損 失 と 共 に 環 境 問 題 にも 波 及 していきます 使 する 際 基 本 はアウター+ンナー1 枚 ということを 覚 えておい てください 選 択 においては 次 表 ようなデー タをとってよりよい 製 を 選 んでいただきたいと 思 います 利 点 : 男 性 場 合 尿 道 口 から 吸 収 面 がずれなければ 広 範 囲 な 汚 染 を 予 防 することができる 欠 点 : 陰 茎 がパッドからはずれてしまうことも 多 い 適 応 :あまり 活 動 的 でなく 陰 茎 長 さが3cm 以 上 あ る 人 不 適 応 : 陰 茎 が 萎 縮 している または 陥 没 している 人 導 入 時 注 意 点 成 型 されているタプと 形 を 作 ってテープ 止 めするタ プがある 固 定 ため 専 カバーが 必 要 なもがある で 注 意 する 不 適 応 に 該 当 する は 女 性 を 使 する がよい 場 合 もある 62

17 オムツチャー< 記 入 例 > 重 量 計 測 法 1 使 前 おむつをビニール 袋 に 入 れて 計 量 2おむつを 装 着 3 重 量 計 測 している 間 はこまめに 有 無 を 確 認 し 1 回 量 尿 時 交 換 4 最 初 に 入 れたビニール 袋 に 使 済 みおむつを 入 れ 計 量 ( 使 済 みおむつ 重 量 使 前 おむつ 重 量 = 尿 量 ) 5 飲 水 量 も 記 録 しておくとより 有 効 終 わりに 具 現 状 現 在 我 が 国 において 便 問 題 みを 解 決 で きる 具 は 非 常 に 少 ないといえます 尿 と 便 両 を 対 象 にした 具 もしくは 尿 みを 対 象 にし た 具 が 多 数 を 占 めています 介 護 保 険 法 本 年 度 改 正 によって 今 まで 購 入 対 象 だった 具 が 貸 与 に 変 更 になっているも があります しかしほとんど 具 に 関 して 補 助 は ありますが 購 入 です 国 施 策 で 定 められて いない も 各 市 町 村 区 独 自 サービスとして 様 々な 制 度 があります 制 度 を 十 分 活 しながら 具 導 入 をすすめていただきたいと 思 います また 具 は 一 度 購 入 してしまうと 交 換 返 できにくい 特 徴 がありますで 導 入 前 に 専 門 職 も 含 めて 十 分 に 検 討 して 生 活 を 支 える 具 選 択 を 行 っていただきたいと 思 います 執 筆 者 牧 野 美 奈 子 (NPO 法 人 日 本 コンチネンス 協 会 ) 63

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

1 12 33

1 12 33 1 12 33 1 3 12 317 13 240 16 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 2 報 告 事 例 ( 事 故 報 告 書 より 抜 粋 ) ケガ サービスの 種 類 介 護 老 人 福 祉 施 設 利 用 者 80 歳 要 介 護 5 事

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 健 康 市 民 講 座 男 性 女 性 の 鼠 径 ヘルニア と 腹 部 のヘルニア 平 成 22 年 9 月 18 日 豊 見 城 中 央 病 院 消 化 器 外 科 仲 地 厚 金 城 さん 50 歳 男 性 足 の 付 け 根 に 脱 腸 があります 若 いころは 重 い 荷 物 を 運 ぶ 仕 事 をして おりました 島 袋 さん 65 歳 男 性 尿 が 出 るまで 時 間 がかかり 病

More information

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護

入 浴 補 助 下 肢 又 は 体 幹 機 能 に 障 害 を 有 し 入 浴 に 介 護 を 要 す る 身 体 障 害 者 入 浴 に 介 護 をが 必 要 な 難 病 患 者 等 入 浴 時 の 移 動 座 位 の 保 持 浴 槽 への 入 水 等 を 補 助 でき 対 象 者 又 は 介 護 日 常 生 活 給 付 品 目 一 覧 表 種 目 品 目 対 象 者 障 害 の 種 別 及 び 程 度 対 象 年 齢 ( 原 則 ) 性 能 等 基 準 額 ( 円 ) 耐 年 数 等 介 護 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 寝 たきりの 状 態 にある 難 病 患 者 等 腕 脚 等 の 訓 練 ができる 器 を 備 え 原 則

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1)

身体障害者日常生活用具要綱(1 6.4.1) 介 護 訓 練 用 自 立 生 活 用 種 目 対 象 者 性 能 基 準 額 特 殊 寝 台 特 殊 マット 特 殊 尿 器 体 位 変 換 器 移 動 用 リフ ト 訓 練 いす 入 浴 補 助 用 以 上 者 で 原 則 として 学 校 教 育 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 26 号 ) 第 18 条 に 規 定 する 学 齢 児 童 ( 以 下 学 齢 児 と い う ) 以 上 も

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの

虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることの 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 社 会 福 祉 法 人 共 生 会 虐 待 防 止 委 員 会 運 用 指 針 ( 委 員 会 の 目 的 ) 第 1 条 虐 待 防 止 委 員 会 は 利 用 者 の 安 全 と 人 権 保 護 の 観 点 から 適 正 な 支 援 が 実 施 され 利 用 者 の 自 立 と 社 会 参 加 のための 支 援 を 妨 げることのないよう 必 要 に

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

centernews_18

centernews_18 寒 い 日 が 続 きますがいかがお 過 ごしでしょうか 平 成 21 年 度 の 菊 池 地 域 リハビリテーション 広 域 支 援 センター 活 動 といたしましては 本 年 度 も 介 護 予 防 を 中 心 に 研 修 会 を 実 施 しております 毎 年 好 評 いただいている 介 護 予 防 研 修 会 ( 介 助 テクニック 認 知 症 運 動 機 能 向 上 栄 養 改 善 口 腔

More information

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休

1 飲 食 店 における 労 働 災 害 の 発 生 状 況 労 働 災 害 による 休 業 4 日 以 上 の 死 傷 者 数 は 全 産 業 では 減 少 傾 向 にありますが 飲 食 店 における 死 傷 者 数 は ほぼ 横 ばいで 推 移 している 状 況 にあり 平 成 23 年 の 休 飲 食 店 を 経 営 する 皆 さまへ 労 働 災 害 の 防 止 のためのポイント 労 働 災 害 による 死 傷 者 数 は 昭 和 53 年 の 348,826 人 をピークに 減 少 傾 向 にありま すが 小 売 業 社 会 福 祉 施 設 飲 食 店 といった 第 三 次 産 業 では 増 加 傾 向 にあり ます 労 働 災 害 を 減 少 させるために 厚 生 労 働 省 では 重

More information

3 呼 吸 ( 循 環 機 能 ) 臥 床 状 態 が 長 くなると 個 々の 筋 力 だけでなく 全 身 の 体 力 や 耐 久 性 が 低 下 します その 背 景 には 呼 吸 等 の 循 環 機 能 の 低 下 が 考 えられます 循 環 機 能 が 低 下 すると 疲 れやすくなり 食 事

3 呼 吸 ( 循 環 機 能 ) 臥 床 状 態 が 長 くなると 個 々の 筋 力 だけでなく 全 身 の 体 力 や 耐 久 性 が 低 下 します その 背 景 には 呼 吸 等 の 循 環 機 能 の 低 下 が 考 えられます 循 環 機 能 が 低 下 すると 疲 れやすくなり 食 事 1. 寝 たきりにならないために 食 べるための 体 づくり ~ 身 体 リハビリ~ 2015 年 10 月 22 日 版 七 きり 沢 リハビリテーション 病 院 脳 血 管 センター 小 泉 千 秋 Q1 家 の 中 で 寝 てばかりいます 食 べるための 体 力 をつけたいのですが 何 から 始 めたら 良 いのでしょう? Q1-1: 身 体 リハビリの 体 力 づくりで 大 切 なことは?

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱

伊勢崎市障害者社会参加促進事業実施要綱 別 表 第 1 日 常 生 活 給 付 事 業 重 度 障 害 者 の 日 常 生 活 の 種 目 等 区 分 種 目 対 象 者 性 能 耐 年 数 介 護 訓 練 特 殊 寝 台 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 2 級 以 上 の 身 体 障 害 者 ( 寝 返 りや 起 き 上 がりが 困 難 な 者 に 限 る ) 特 殊 マ ッ ト 下 肢 又 は 体 幹 機 能 障 害 1 級

More information

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの

2と 続 く 5は 塗 装 そのものの 目 的 としては 重 要 だが 水 を 態 々かけることはないし かかるというシチュエーションも 洪 水 以 外 はなさそうなので 気 にしないことにする いかにして 手 抜 きの 割 に 美 しい 仕 上 げにするかに 挑 戦 してみた 塗 装 のプロほどの 手 軽 なスピーカーシステムの 表 面 仕 上 方 法 鈴 木 茂 2011 年 7 月 9 日 はじめに 自 分 が 中 心 に 立 ち 上 げた 会 でありながら スピーカー 再 生 技 術 研 究 会 という 難 しい 名 称 の 会 は ちょっと 敷 居 が 高 すぎる 感 じも 受 ける 難 しい 理 論 や 数 式 を 並 べても 近 寄 りが たい 感 じがするのだが スピーカー 工

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179343091E38F9790AB82CC944182E082EA82C68D9C94D592EA8BD882C98AD682B782E988D38EAF92B28DB8817A8DC58F498A6D92E88D65318163> 2011 年 12 月 9 日 40 代 女 性 の 尿 もれ と 骨 盤 底 筋 に 関 する 調 査 骨 盤 底 筋 トレーニングを2ヶ 月 継 続 で 尿 もれ 改 善 66.6% 改 善 の 秘 訣 は 1 回 10 締 め と 毎 日 の 継 続 ~ 究 極 のインナーマッスル 骨 盤 底 筋 は 気 軽 にきたえられます! 関 口 由 紀 先 生 ~ 骨 盤 底 筋 トレーニング 未 経

More information

1 様 人 工 肛 門 (ストーマ)について 大 阪 市 立 大 学 医 学 部 附 属 病 院 消 化 器 外 科 主 治 医 説 明 をした 日 年 月 日 1.はじめに 人 工 肛 門 というと 人 工 の 器 具 のようなものを 想 像 する 人 も 多 いのですが 人 工 物 をお 腹 につけるわけではありません すべて 自 分 の 腸 や 尿 の 管 を 用 いて 便 や 尿 の 出 口 をつくるわけです

More information

Microsoft Word - 腰痛.doc

Microsoft Word - 腰痛.doc 第 41 回 東 北 鍼 灸 学 会 青 森 大 会 ( 八 戸 市 ) 平 成 19 年 9 月 鍼 灸 臨 床 研 修 会 講 演 第 2 席 腰 痛 福 島 県 鍼 灸 師 会 三 瓶 真 一 はじめに 開 業 鍼 灸 院 にて 腰 痛 はもっとも 来 院 頻 度 の 多 い 疾 患 であろう 海 外 では 生 涯 罹 患 率 が 84.1% 年 間 罹 患 率 が 48.9%(1998,Cassidy)という

More information

スライド 1

スライド 1 有 訴 者 の 状 況 65 歳 以 上 では 国 民 の 約 半 数 が 有 訴 者 : 腰 痛 肩 こり 手 足 の 関 節 痛 有 訴 者 率 ( 人 口 千 対 ) 体 がだるい 物 忘 れ 眼 のかすみ 咳. 痰. 鼻 汁 かゆみ 男 41.9 30.2 34.4 55.0 49.3 女 57.2 48.8 54.0 50.2 48.0 肩 こり 腰 痛 手 足 の 関 節 痛 足 のむくみ.ダルさ

More information

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ

変 形 性 腰 痛 症 ある 程 度 の 年 齢 になった 人 が 腰 痛 になった 場 合 には このように 診 断 されることが 多 い 年 をとると 椎 間 板 の 水 分 が 少 なくなって クッションとしての 役 割 が 損 なわれるため 椎 体 にトゲのような 骨 ( 骨 棘 )ができ 腰 痛 症 腰 痛 を 訴 える 患 者 のうち 最 も 多 い 症 例 病 院 で 検 査 をしてもなんら 原 因 らしきものが 見 当 たらない 場 合 につけられる 診 断 名 がこ の 腰 痛 症 である 医 師 の 間 でも 病 名 のくずかご と 呼 ばれ あま り 重 要 視 されてい ない 腰 痛 症 だと 診 断 されなくとも 椎 骨 が 椎 間 板 を 圧 迫 しているとか 椎

More information

手引き 前編

手引き 前編 診 断 書 意 見 書 1 診 断 書 の 作 成 について 身 体 障 害 者 障 害 程 度 等 級 表 においては 肢 体 不 自 由 を 上 肢 下 肢 体 幹 及 び 乳 幼 児 期 以 前 の 非 進 行 性 の 脳 病 変 による 運 動 機 能 障 害 に 区 分 している したがって 肢 体 不 自 由 診 断 書 の 作 成 に 当 たっては これを 念 頭 に 置 き それぞれの

More information

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評

2 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 表 1 理 学 療 法 初 期 中 間 評 価 ROM 140 155 155 MMT 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 5 5 5 図 1 問 題 点 の 要 約 155 80 4 1 3. 初 期 評 第 1 章 運 動 器 疾 患 に 関 する 理 学 療 法 ケーススタディ 第 1 節 肩 関 節 における 運 動 器 疾 患 に 対 する 理 学 療 法 症 例 1 交 通 事 故 により 左 上 腕 骨 大 結 節 骨 折 と 左 肩 関 節 腱 板 断 裂 を 受 傷 した 競 輪 選 手 の 一 症 例 12 8 1. 症 例 紹 介 34 X 9 5 12 12 X 11 1 8 2.

More information

Microsoft Word - 表紙.docx

Microsoft Word - 表紙.docx 考 えてみましょう!! わが 家 の 防 災 対 策 地 震 発 生!! その 時 家 庭 の 備 えは 万 全 ですか?? 妊 娠 期 に 地 震 が 起 きたときの 対 策 や 地 震 からお 子 さんを 守 るための 対 策 を 考 えていま すか? 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 を 経 験 し 実 際 に 地 震 が 来 た らどうしよう

More information

Microsoft Word - 完成報告書.doc

Microsoft Word - 完成報告書.doc 高 齢 者 施 設 介 護 職 員 の 作 業 負 担 軽 減 ~スライディングシートとスライディングボードの 導 入 と 活 用 ~ 阪 下 暁 出 口 朋 実 本 田 愛 由 子 松 田 麻 子 松 本 后 代 宮 原 瑞 紀 山 本 志 歩 < 目 的 > わが 国 は 超 高 齢 化 社 会 となっており 近 年 ますます 介 護 労 働 者 の 重 要 性 が 高 まっている 一 方 で

More information

評価項目(利用者編)大項目2_ 削除済

評価項目(利用者編)大項目2_ 削除済 静 岡 市 介 護 サービス 評 価 基 準 利 用 者 用 介 護 サービスアンケート (デイサービス デイケア 編 ) 平 成 26 年 4 月 静 岡 市 では サービスの 選 択 や 質 を 判 断 するための 統 一 的 な 指 標 として 利 用 者 からの 視 点 に 基 づく 利 用 者 評 価 基 準 の アンケートを 作 成 しました このアンケートは 1 利 用 者 自 身 が

More information

はじめまして

はじめまして きし 整 形 外 科 内 科 痛 みの 外 来 院 長 医 学 博 士 岸 秀 行 茨 城 県 土 浦 市 大 和 町 9-2 ウララ 2-303 電 話 029-825-5200 HP http://www.kishi.or.jp/ 当 院 ではさまざまな 腰 痛 に 対 して 痛 みの 軽 減 を 行 っております 腰 痛 といっても 原 因 はいろいろありますし 治 療 法 も 多 方 面 に

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止

3 介 護 の 基 本 ( 6 時 間 ) 1 介 護 職 の 役 割 専 門 性 と 2 時 間 介 護 環 境 の 特 徴 の 理 解 多 職 種 との 連 携 訪 問 介 護 と 施 設 介 護 サービスの 違 い 地 域 包 括 ケアの 方 向 性 介 護 の 専 門 性 重 度 化 防 止 介 護 職 員 初 任 者 研 修 カリキュラム 事 業 者 名 野 の 花 会 研 修 センター 研 修 事 業 の 名 称 野 の 花 会 研 修 センター 介 護 職 員 初 任 者 研 修 1 職 務 の 理 解 ( 6 時 間 ) 1 多 様 なサービスの 理 解 3 時 間 介 護 保 険 サービス( 居 宅 施 設 ) 介 護 保 険 外 サービス 2 介 護 職 の 仕 事 内 容

More information

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜

2 腕 を 振 って 脚 を 曲 げ 伸 ばす 腕 と 脚 を 刺 激 して 全 身 の 血 行 を 促 進 します 肩 膝 股 関 節 の 運 動 です [1] 肩 三 角 筋 棘 上 筋 膝 大 腿 二 頭 筋 半 膜 様 筋 半 腱 様 筋 大 腿 四 頭 筋 股 腸 腰 筋 大 腿 筋 膜 1 背 伸 びをする 背 筋 を 十 分 に 伸 ばして よい 運 動 姿 勢 をつくります < 図 解 >ラジオ 体 操 第 一 (かんぽ 生 命 より 引 用 ) 肩 の 関 節 の 運 動 です [1]で 三 角 筋 棘 上 筋 [2]で 大 胸 筋 広 背 筋 大 円 筋 [1] 腕 を 前 から 上 に 上 げて 背 伸 びをする [2] 腕 を 横 から 下 ろす この 動 作 を 2

More information

症例紹介

症例紹介 リハビリってなんだろう はじめまして! 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 です 医 療 保 険 対 応 送 迎 車 サービス 有 そ~らの 家 吉 祥 寺 千 賀 整 形 外 科 共 催 西 東 京 市 富 士 町 西 武 新 宿 線 東 伏 見 駅 より 徒 歩 1 分 平 成 12 年 4 月 ~ 武 蔵 野 市 吉 祥 寺 南 町 4 丁 目 平 成 26 年 4 月 ~ 院 長 紹 介 リハビリテーションとは?

More information

Diet00a.indd

Diet00a.indd じ 今 本 手 過 去 何 度 ろ ろ 挑 戦 経 験 ょ 今 経 験 ふ 感 じ タ 時 チ ベ シ ョ 続 思 結 果 出 途 中 挫 折 次 第 ラ ラ 自 ヤ 原 因 過 去 途 中 2 ぜ! 意 気 込 選 択 時 点 失 敗 ぜ 今 挑 戦 努 力 足 努 力 向 違 思 出 ブ ム ざ 種 類 単 品 品 タ プ 朝 バ ナ ナ ャ ベ ツ 運 動 呼 吸 骨 盤 矯 グ ブ 手 軽

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の

2)トレーニングプログラムの 実 際 具 体 的 な 集 団 トレーニングのプログラムの 流 れです 参 考 にしてください 1( 準 備 運 動 ) 体 力 測 定 結 果 の 柔 軟 性 や 関 節 の 痛 み 等 を 考 慮 可 動 範 囲 の 修 正 種 目 の 取 り 止 め 種 目 の 5.トレーニングプログラムの 作 成 1) 集 団 プログラムと 個 別 プログラムの 作 成 にあたって 参 加 者 全 員 の 身 体 状 況 にあった 集 団 プログラムと 参 加 者 一 人 一 人 にアプローチした 個 別 プログラ ムを 作 成 し 誰 であっても 諸 機 能 が 向 上 していくようにプログラムを 決 定 することが 望 ましいです 1 集 団 プログラム ウォーミングアップ

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

1 年 代 別 住 宅 戸 数 と 人 口 の 関 係 経 済 発 展 とともに 人 口 増 加 同 時 に 住 宅 戸 数 も 伸 びている オイルショックで 一 旦 伸 びが 止 ま っているが また 伸 びを 見 せている 2 公 営 住 宅 ストック 数 公 営 住 宅 はオイルショックまで

1 年 代 別 住 宅 戸 数 と 人 口 の 関 係 経 済 発 展 とともに 人 口 増 加 同 時 に 住 宅 戸 数 も 伸 びている オイルショックで 一 旦 伸 びが 止 ま っているが また 伸 びを 見 せている 2 公 営 住 宅 ストック 数 公 営 住 宅 はオイルショックまで 都 市 公 共 政 策 ワークショップ 議 事 録 テーマ 土 地 住 宅 統 計 調 査 から 都 心 回 帰 を 検 討 する 講 師 株 式 会 社 鴻 池 組 建 築 営 業 部 不 動 産 グループ 課 長 代 理 山 野 節 雄 氏 日 時 平 成 27 年 (2015 年 )10 月 2 日 ( 金 ) 午 後 6 時 30 分 ~9 時 20 分 指 導 教 員 小 玉 徹 教 授

More information

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc)

(Microsoft Word - \216O\212p\213\320\202\314\216g\202\242\225\373\202P.doc) 三 角 巾 の 使 い 方 創 傷 部 の 被 覆 包 帯 圧 迫 包 帯 止 血 支 持 包 帯 固 定 包 帯 等 広 く 活 用 できる たたみ 三 角 巾 の 作 り 方 地 面 ( 床 面 ) 衣 類 等 に 接 触 させることなく 手 に 持 ったままの 状 態 で 操 作 し 三 角 巾 の 汚 染 を 防 止 す る ア. 基 底 中 央 を 左 手 で 持 ち 右 手 で 頂 点

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な

1 研 究 の 背 景 と 目 的 背 景 毎 日 訪 問 し 処 置 をしているにも 関 わらず 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 がいる 何 故 褥 瘡 が 治 らないのかその 原 因 を 追 究 する 事 で 治 癒 方 向 に 向 かう 事 が 出 来 るのでは な 勇 美 記 念 財 団 2012 年 度 被 災 地 における 在 宅 医 療 の 研 究 的 実 践 完 了 報 告 書 褥 瘡 が 悪 化 傾 向 をたどっている 利 用 者 様 の 治 らない 原 因 を 追 求 することで 治 癒 に 導 くこ とができる 研 究 研 究 者 石 田 美 由 紀 佐 藤 朋 子 田 崎 幸 代 所 属 医 療 法 人 社 団 健 育 会 矢 本 ひまわり 訪

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 歯 並 びが 気 になる これでわかる! 矯 正 治 療 歯 並 びを 治 すには 色 々な 方 法 があります 歯 を 削 らず デコボコがなくなって 自 分 の 歯 でずっと 噛 めるのが 矯 正 治 療! 初 めての 矯 正 わからないことだらけ 少 しの 不 安 もなくなるように 日 々のカウンセリングの 中 で 質 問 が 多 かったことや 基 本 的 なことについてまとめてみました 目

More information

web在宅下腿潰瘍.doc

web在宅下腿潰瘍.doc 在 宅 下 腿 潰 瘍 高 岡 駅 南 クリニック 院 長 塚 田 邦 夫 在 宅 では 褥 創 の 他 に 下 腿 潰 瘍 も 多 く 経 験 し 治 療 に 難 渋 することがあります 今 回 は 下 腿 潰 瘍 としての 典 型 的 な 例 として 動 脈 性 潰 瘍 静 脈 うっ 滞 性 下 腿 潰 瘍 熱 傷 性 下 腿 潰 瘍 ( 低 温 熱 傷 ) 爪 白 癬 による 下 腿 潰 瘍

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の

様 式 1 裏 面 写 し を 貼 付 し て く だ さ い こ の 面 に 介 護 保 険 被 保 険 者 証 の 様 式 1 平 成 年 月 日 川 崎 市 特 別 養 護 老 人 ホーム 入 居 申 込 書 施 設 長 様 特 別 養 護 老 人 ホームに 入 居 したいので 次 のとおり 申 し 込 みます ( 今 後 郵 便 物 などはこの 連 絡 先 にお 送 りさせていただきます ) フリガナ 入 居 希 望 者 との 関 係 申 込 者 - 連 絡 先 電 話 番 号 ( ) 終 日 日 中 のみ

More information

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙

ナスコ人工肛門シミュレータ表紙 NM19 OSTOMY CARE SIMULATOR 取 扱 説 明 書 ご 使 用 の 前 に ご 使 用 の 前 の 確 認 とご 注 意 P1 準 備 P2 実 習 P3 後 片 付 け P4 はじめに このたびは 人 工 肛 門 シミュレータ をお 買 い 上 げいただき まことにありがとうございます 本 製 品 は 患 者 さんや 学 生 研 修 生 に 人 工 肛 門 の 術 後 ケアの

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323039313494F093EF8F8A8C9F93A288CF88F589EF91E688EA959482CC8C9F93A28C8B89CA816991E6825489F18C9F93A288CF88F589EF8E9197BF816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031323039313494F093EF8F8A8C9F93A288CF88F589EF91E688EA959482CC8C9F93A28C8B89CA816991E6825489F18C9F93A288CF88F589EF8E9197BF816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 第 5 回 三 条 市 避 難 所 検 討 委 員 会 資 料 三 条 市 避 難 所 検 討 委 員 会 避 難 所 検 討 委 員 会 第 一 部 の 検 討 結 果 命 を 守 る 避 難 所 のあり 方 1 見 直 しにあたっての 基 本 的 な 考 え 方 2 選 定 基 準 3 選 定 方 法 4 開 設 運 営 方 法 5 物 資 及 び 機 能 三 条 市 三 条 市 避 難 所 検

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D628FF3914297748BAC959490D88F9C8F708AB38ED29770837083938374838C836283673131303432312E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 甲 状 腺 葉 峡 部 切 除 術 を 受 けられる 方 へ さま 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 四 国 がんセンター 頭 頸 科 病 棟 主 治 医 受 持 ち 看 護 師 2011.4.21 改 訂 2010.06.21 改 訂 私 たちは Ⅰ 入 院 や 手 術 に 対 する 不 安 を 軽 減 し 最 良 の 状 態 で 手 術 が 受 けられるようにお 手 伝 いいたします

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

傷の正しい治し方

傷の正しい治し方 平 成 27 年 10 月 11 日 多 職 種 協 働 による 在 宅 チーム 医 療 のための 地 域 リーダー 研 修 会 在 宅 医 療 における 褥 瘡 対 策 筑 波 メディカルセンター 病 院 在 宅 診 療 科 鈴 木 將 玄 在 宅 医 療 の 現 場 では 1.なるべく 簡 単 に 2.なるべく 安 く 3.なるべく 患 者 さんの 負 担 なく 4. 使 えるものは 何 でも

More information

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40

事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 23 時 43 分 工 事 関 係 者 区 分 二 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 ー 業 種 区 分 土 木 被 災 程 度 水 道 管 ( 給 水 管 φ40 公 共 工 事 等 事 故 情 報 事 故 分 類 一 般 事 故 発 生 日 時 平 成 27 年 3 月 2 日 ( 月 曜 日 ) 11 時 40 分 工 事 関 係 者 区 分 一 次 下 請 事 故 区 分 物 損 公 衆 災 害 性 別 年 齢 業 種 区 分 設 備 被 災 程 度 汚 水 管 の 破 損 事 故 レベル Ⅱ 休 業 見 込 日 数 照 明 灯 の 建 替 え 照 明

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 在 宅 サービス 提 供 者 交 流 会 Copyright 2012 SAKURANOMORI All Rights Reserved. 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 ごあいさつ SAKURA 訪 問 看 護 リハビリステーション 昭 島 株 式 会 社 さくらの 杜 代 表 取 締 役 越 阪 部 修 一 自 己 紹 介 おさかべ しゅういち 越 阪 部 修 一 2000 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意

事 項 に 関 する 指 針 ( 以 下 配 慮 指 針 ) を 勘 案 しつつ, 周 辺 の 生 活 環 境 保 持 の 観 点 から 意 見 を 有 する 場 合 は, 設 置 者 に 対 し 届 出 日 から 8 ヶ 月 以 内 に 意 見 を 述 べる 生 活 環 境 に 配 慮 され 意 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 現 状 と 課 題 解 析 事 業 部 環 境 解 析 部 石 原 一 史 1. は じ め に 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 ( 以 下 大 店 立 地 法 ) は, 大 規 模 小 売 店 舗 法 ( 以 下 大 店 法 に 変 わ る 法 律 として 平 成 12 年 6 月 1 日 に 施 行 された 大 店 法 は, 近 隣 の 中 小

More information

保育所通所のしおり

保育所通所のしおり 保 育 所 通 所 のしおり 飯 南 町 立 保 育 所 保 育 時 間 平 常 保 育 月 曜 日 ~ 金 曜 日 8:30~17:00 土 曜 日 8:30~12:00 開 所 時 間 月 曜 日 ~ 金 曜 日 7:45~7:00 土 曜 日 7:45~12:30 延 長 保 育 月 曜 日 ~ 金 曜 日 18:00~19:00 土 曜 日 なし 利 用 料 1 日 18:00~18:30-------(200

More information

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477>

<8C928D4E8BB388E7947D91CC2E786477> Ⅷ 健 康 教 育 媒 体 及 び 参 考 資 料 1 健 康 教 育 媒 体 発 災 直 後 から 中 長 期 にいたる 災 害 時 の 保 健 活 動 において 避 難 所 等 での 健 康 教 育 に 活 用 できる 媒 体 があると 有 用 である 災 害 時 の 電 源 が 途 絶 えた 状 況 でも 困 らないように 印 刷 しておいたり 日 頃 の 地 域 保 健 活 動 で 活 用

More information

《印刷用》ためしてガッテン:解明!グッスリ眠れる枕の秘密

《印刷用》ためしてガッテン:解明!グッスリ眠れる枕の秘密 NHK 総 合 テレビ 毎 週 水 曜 日 午 後 8 時 から 放 送 中 http://www.nhk.or.jp/gatten/ 解 明!グッスリ 眠 れる 枕 の 秘 密 2008 年 2 月 6 日 放 送 今 回 の 番 組 について 最 近 では 自 分 の 好 きな 枕 が 選 べるというホテルから 百 種 類 以 上 の 枕 を 取 り 揃 えた 枕 専 門 店 まで 登 場 するほどの

More information

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化

膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 膝 痛 でお 困 りの 方 に! 人 工 膝 関 節 ってどんなもの? 友 愛 会 病 院 整 形 外 科 岡 本 卓 也 膝 痛 の 原 因 って? スポーツや 怪 我 によるもの リウマチ 等 の 炎 症 性 疾 患 加 齢 的 変 化 加 齢 的 変 化 による 膝 痛 の 原 因 い 年 を 経 て あるい は 関 節 の 使 いすぎによって 起 こる 関 節 の 変 形 変 性 お 歳 の

More information

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に

4)アウトブレイクに 介 入 している 5) 検 査 室 データが 疫 学 的 に 集 積 され, 介 入 の 目 安 が 定 められている 4. 抗 菌 薬 適 正 使 用 1) 抗 菌 薬 の 適 正 使 用 に 関 する 監 視 指 導 を 行 っている 2) 抗 MRSA 薬 の 使 用 に 別 紙 24 基 準 感 染 防 止 対 策 地 域 連 携 加 算 チェック 項 目 表 A: 適 切 に 行 われている あるいは 十 分 である B: 適 切 に 行 われているが 改 善 が 必 要 あるいは 十 分 ではない C: 不 適 切 である あるいは 行 われていない X: 判 定 不 能 ( 当 該 医 療 機 関 では 実 施 の 必 要 性 がない 項 目 確 認 が 行

More information

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい

長 野 県 における 熱 中 症 の 主 な 発 生 事 例 業 種 発 生 状 況 の 概 要 道 路 貨 物 運 送 業 工 場 内 で アルミ 合 金 の 鋳 造 作 業 中 に 脱 水 状 態 になり 同 僚 が 臥 床 させ 身 体 を 冷 却 して 病 院 へ 搬 送 した ボイラのばい 長 野 県 における 熱 中 症 の 発 生 状 況 熱 中 症 の 発 生 件 数 の 推 移 ( 休 業 4 日 以 上 単 位 : 人 ) 長 野 労 働 局 8 9(1) 5 5 1 平 成 21 年 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 平 成 25 年 ( ) 内 は 死 亡 者 で 内 数 熱 中 症 の 業 種 別 年 別 発 生 状 況 ( 休 業 4 日 以 上

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング

スポーツ傷害予防のためのコンディショニング 第 9 回 北 陵 杯 2014/9/28 ウォーミングアップの 必 要 性 と 方 法 を 理 解 しよう!! 出 雲 市 民 病 院 理 学 療 法 士 妹 尾 翼 自 己 紹 介 出 雲 第 一 中 学 校 平 田 高 等 学 校 ( 柔 道 部 ) 島 根 リハビリテーション 学 院 2003 年 入 学 出 雲 市 民 病 院 2007 年 入 職 現 在 理 学 療 法 士 8 年 目

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

スライド 1

スライド 1 吸 引 口 鼻 からの 吸 引 パンフレット このパンフレットは 独 立 行 政 法 人 国 立 長 寿 医 療 研 究 センター 在 宅 医 療 支 援 病 棟 で 使 用 している 吸 引 指 導 用 パンフレットを 元 に 厚 生 労 働 省 平 成 23 年 度 チーム 医 療 実 証 事 業 委 託 費 により 作 成 し ました このパンフレットを 参 考 にしながら 入 院 中 在 宅

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<4D F736F F F696E74202D C928D4E C182C4967B939682C991CC82C982A282A282CC F4390B394C529>

<4D F736F F F696E74202D C928D4E C182C4967B939682C991CC82C982A282A282CC F4390B394C529> 健 康 食 品 は 本 当 に 体 にいいの? ~ 健 康 食 品 の 使 い 方 ~ 消 費 安 全 政 策 課 1 (c) 農 林 水 産 省 要 約 健 康 食 品 には 法 律 上 の 定 義 がなく 効 果 や 安 全 性 についての 保 証 もありません ま た 錠 剤 や 粉 末 などに 加 工 された 健 康 食 品 は 過 剰 に 摂 取 しやすいため 使 用 する 場 合 に は

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

浦野委員参考資料

浦野委員参考資料 浦 野 委 員 参 考 資 料 1 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 茨 城 県 常 総 市 支 援 から 考 える 福 祉 避 難 所 の 課 題 認 定 NPO 法 人 レスキューストックヤード 避 難 所 チーム の 活 動 構 成 メンバー: 脆 弱 者 層 に 向 けた 支 援 経 験 のあるNPO 医 療 従 事 者 ( 看 護 師 保 健 師 ) 支 援 P 活 動 内

More information

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により

障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 第 4の3 体 幹 機 能 障 害 障 害 程 度 等 級 表 級 別 体 幹 機 能 障 害 指 数 1 級 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 っていることができないもの 18 2 級 1 体 幹 の 機 能 障 害 により 坐 位 又 は 起 立 位 を 保 つことが 困 難 なもの 2 体 幹 の 機 能 障 害 により 立 ち 上 ることが 困 難 なもの 3 級 体 幹 の 機 能

More information

脱力系ひとり整体

脱力系ひとり整体 脱 力 系 ひとり 整 体 身 体 のコリが 痛 みに 変 わらないように 身 体 の 痛 みが 病 的 な 筋 肉 にならないように n 1 リフレ 宮 の 森 Refresh and Relaxatio 疲 労 しすぎて 緊 張 が 取 れなくなった 筋 肉 をリラックスさせる 日 常 生 活 の 姿 勢 や 動 作 何 気 ない 動 きの 中 で 筋 肉 は 疲 労 します この 筋 肉 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F4D8FF38D9C8D9C90DC82CC88EA8FC797E181408FBC93878EFC95BD8140985F95B68CB48D6581408ECA905E93FC82E82E646F63> 舟 状 骨 骨 折 の 一 症 例 ~ 肘 関 節 固 定 は 必 要 か?~ まつしま 整 骨 院 松 島 周 平 (はじめに) 舟 状 骨 骨 折 は 手 根 骨 骨 折 のなかで 最 も 発 生 頻 度 が 高 く 全 骨 折 の 75%を 占 める 我 々 柔 道 整 復 師 の 日 常 診 療 においても 遭 遇 しやすい 骨 折 の 一 つである 初 診 時 診 断 を 誤 れば 診 断

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D2096F28DDC8E7489EF82C682CC98418C F8AE18E7793B182CC8D B8CDD8AB B83685D> 桑 名 市 民 病 院 の 白 内 障 手 術 における 点 眼 指 導 正 しい 点 眼 方 法 は 治 療 効 果 を 十 分 に 発 揮 するだけでなく 副 作 用 の 防 止 につながる 白 内 障 手 術 に 関 る 使 用 薬 剤 ( 点 眼 液 内 服 薬 )は 一 定 という 特 徴 を 活 かし 点 眼 表 点 眼 箱 を 一 新 し また 点 眼 指 導 時 の 説 明 ポイント

More information

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析

会社の現状を数字で把握 中小企業で活用する経営分析 企 業 経 営 情 報 レ ポ ー ト 会 社 の 現 状 を 数 字 で 把 握 中 小 企 業 で 活 用 する 経 営 分 析 Contents 1 財 務 分 析 の 体 系 を 理 解 する 2 実 数 分 析 の 手 法 を 理 解 する 3 比 率 分 析 の 流 れと 体 系 を 理 解 する 4 利 益 を 生 み 出 す 力 収 益 性 を 見 る 5 経 営 資 源 の 効 率

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF315F8F4095D088CF88F592F18F6F8E9197BF2E70707478> 資 料 1 ( 宗 片 委 員 提 出 資 料 ) 災 害 時 における 女 性 のニーズ 調 査 ~なぜ 防 災 災 害 復 興 に 女 性 の 視 点 が 必 要 か~ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 イコールネット 仙 台 宗 片 恵 美 子 はじめに 宮 城 県 沖 地 震 発 生 確 率 10 年 以 内 70% 程 度 20 年 以 内 90% 程 度 以 上 30 年 以 内 99%

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

3) 電 動 生 ごみ 処 理 機 での 臭 気 音 50%にあたる9 人 が 気 になる と 回 答 50%にあたる9 人 が 気 にならない と 回 答 コンポスト 密 閉 式 容 器 は 設 問 なし 4) 電 動 生 ごみ 処 理 機 での 乾 燥 後 の 処 理 物 の 利 用 ( 複 数

3) 電 動 生 ごみ 処 理 機 での 臭 気 音 50%にあたる9 人 が 気 になる と 回 答 50%にあたる9 人 が 気 にならない と 回 答 コンポスト 密 閉 式 容 器 は 設 問 なし 4) 電 動 生 ごみ 処 理 機 での 乾 燥 後 の 処 理 物 の 利 用 ( 複 数 平 成 24 年 度 に 生 ごみ 処 理 機 等 購 入 費 助 成 を 受 けた 方 に 対 するアンケート 結 果 (25 年 度 実 施 ) 1 調 査 対 象 平 成 24 年 度 に 購 入 助 成 を 受 け 生 ごみ 処 理 機 等 を 購 入 した80 人 電 動 生 ごみ 処 理 機 は 生 ごみを 電 気 熱 で 乾 燥 させ 粉 砕 して 減 らしたり( 乾 燥 式 ) 生

More information

輸出用フマキラーベープマットf

輸出用フマキラーベープマットf 2014 年 1 月 27 日 ( 第 2 版 ) 1/5 安 全 データシート 作 成 日 ( 初 版 ) 改 訂 日 ( 第 2 版 ) 2011 年 12 月 27 日 2014 年 1 月 27 日 1. 及 び 会 社 情 報 名 スキンベープミスト 200mL スキンベープミスト ハローキティ 200mL ( 販 売 名 :スキンベープB2) 会 社 名 フマキラー 株 式 会 社 所

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 ( 確 定 値 )の 概 要 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 について 調 査 を 行 ったところ その 概 要 は 以 下 のとおりでした 1 総 数 平 成 27 年 7 月 の

平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 ( 確 定 値 )の 概 要 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 状 況 について 調 査 を 行 ったところ その 概 要 は 以 下 のとおりでした 1 総 数 平 成 27 年 7 月 の 平 成 27 年 8 月 18 日 消 防 庁 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 救 急 搬 送 の 状 況 平 成 27 年 7 月 の 熱 中 症 による 全 国 の 救 急 搬 送 の 状 況 ( 確 定 値 )を 取 りまとめましたので その 概 要 を 公 表 します 概 要 平 成 27 年 7 月 の 全 国 における 熱 中 症 による 救 急 搬 送 人 員 数 は2

More information