モにある 方 も 少 なくないであろうから 関 心 をもたれた 人 も 多 かったであろう 大 野 さんの 模 型 作 りの 基 本 姿 勢 は 楽 しく 作 る と 言 うことであるという 楽 しく と 言 う 中 身 は 人 さまざまであろうが 趣 味 と 言 うもののあるべき 姿 について 考

Size: px
Start display at page:

Download "モにある 方 も 少 なくないであろうから 関 心 をもたれた 人 も 多 かったであろう 大 野 さんの 模 型 作 りの 基 本 姿 勢 は 楽 しく 作 る と 言 うことであるという 楽 しく と 言 う 中 身 は 人 さまざまであろうが 趣 味 と 言 うもののあるべき 姿 について 考"

Transcription

1 The Rope News Model Ship Builder's Club ザ ロープ N O 年 5 月 3 1 日 発 行 日 : 月 の 各 末 日 ( 年 4 回 ) 企 画 発 行 :ザ ロープ 役 員 会 編 集 : 白 井 一 信 岩 本 和 明 平 成 18 年 2 月 26 日 平 成 17 年 度 第 4 回 研 究 会 を 伊 東 屋 にて 開 催 参 加 者 は33 名 新 方 式 になっての 第 2 回 目 の 研 究 会 で 4 名 の 方 にお 話 頂 いた 発 表 をお 願 いした 段 階 では 皆 さん しゃべるのは 苦 手 で とおっしゃっておられたが 人 生 経 験 豊 富 なことに 加 えて 大 好 きな 帆 船 の 話 と 言 うことで なかなかの 能 弁 加 えて 時 間 内 にお 話 を 要 領 よくまとめられ 良 いお 話 であったと 思 う この 方 式 の 趣 旨 が 多 くの 会 員 に 参 加 して 頂 くことで 動 機 付 けの 狙 いもあったが 例 会 など 限 られた 機 会 ではなかなかお 話 しすることの 出 来 ない 方 々の 模 型 の 対 する 考 え 方 やお 人 柄 を 知 ることにもなり 相 互 理 解 が 深 まる 場 でもあるとあらためて 感 じた 登 場 された 順 にお 話 をご 紹 介 しよう 宮 島 俊 夫 さんは フィギュアーヘッドの 彫 刻 につい て 彫 刻 のスタートとなる 素 材 ブロックからの 型 取 りの 手 法 の 基 礎 について 話 された 像 などの 正 面 と 側 面 を 求 められるサイズにコピーしそれをブロックの2 面 に 転 写 してから 糸 鋸 で 切 り 出 し 基 本 となる 形 を 作 り 出 すことから 細 部 の 彫 刻 が 始 まると 言 う 技 法 であ る 今 回 はコピーからのブロックへの 転 写 技 法 につい て 注 意 すべき 事 柄 を 紹 介 された 会 場 で 切 り 出 した 後 の 本 体 や 残 材 が 回 覧 された が この 段 階 ではまだグラフィックデザイナー 福 田 繁 雄 のトリックアート 作 品 を 見 ているような 感 じであった 後 は 彫 るだけと 言 われても ここから 先 は 技 法 を 越 えたセンスの 問 題 と 正 面 と 側 面 からの 姿 かたちが 頭 の 中 に 入 ってないといけないと 言 う 記 憶 力 と 立 体 に 仕 上 げると 言 う 想 像 力 の 有 無 であるかもしれないが 挑 戦 してみようかと 言 う 気 にさせられるのはこ れまた 宮 島 マジックであろうか お 話 のすんだ 後 持 参 された 道 具 を 会 場 に 回 覧 されたが 既 製 品 にもご 自 分 の 手 を 加 えられたり 中 には 自 作 のものなどもあ り その 種 類 の 多 さやよく 使 い 込 まれた 感 じのものに 参 加 者 の 関 心 を 惹 き 付 けていた 弘 法 筆 を 選 ばず と 言 うが どうやらあまりあてにならない 格 言 のよう だ 弘 法 は 筆 を 選 ぶ のである 大 野 弘 さんは ベネチアン ポラッカ (16 世 紀 )と ビクトリー のカットモデルに 加 え もう 一 つの 趣 味 である 車 のプラモデルのスカイラインGT -Rとポルシェ(いずれもタミヤ1/24)を 持 参 され 披 露 された ロープ 会 員 の 中 にも 模 型 作 りの 原 点 がプラ - 1 -

2 モにある 方 も 少 なくないであろうから 関 心 をもたれた 人 も 多 かったであろう 大 野 さんの 模 型 作 りの 基 本 姿 勢 は 楽 しく 作 る と 言 うことであるという 楽 しく と 言 う 中 身 は 人 さまざまであろうが 趣 味 と 言 うもののあるべき 姿 について 考 えさせられることが 多 かった ベネチアン ポラッカ はキットの 解 説 書 どおりに 造 ってみたのに 対 して ヴィクトリー は 半 身 を 構 造 模 型 に 改 造 してみたと 紹 介 車 ではポルシェの 方 は キットの 価 格 が1000 円 に 対 して 別 仕 様 に 仕 立 てるのに デカールの 外 注 などでその10 倍 近 いお 金 をかけてしまった 由 身 に 覚 えのある 方 もいた に 違 いない このところロープ 展 に 毎 年 のように 大 型 の 構 造 模 型 を 出 されておられる 久 保 田 栄 一 さん ロープ 会 員 と しても 人 生 においても 大 先 輩 のお 一 人 である ブードリオの 図 面 により 製 作 段 階 にある ル ブローニ ュ (1759 年 )を 持 参 された 原 図 1/48を1/60に 縮 尺 されての 製 作 昨 年 はご 自 宅 の 改 築 とか で 作 業 が 出 来 なかったそうで 31 回 展 では 作 品 を 見 ることができなかったが 満 を 持 しての 再 開 から2 ヶ 月 あまりで 写 真 に 見 るところまで 工 程 を 進 められていた 老 舗 の 大 旦 那 の 風 格 そのままの 穏 やかな 語 り 口 から お 人 柄 がわかるが ご 自 身 には 厳 しいと 窺 われた ま だ 現 役 でおられるようだが 1 日 の 仕 事 を 終 えてご 自 分 の 部 屋 ( 自 分 の 城 と 仰 っておられた)で 製 作 に 勤 し むときが 何 よりも 愉 悦 のときであるそうである 製 作 技 法 も 細 部 にまで 気 を 配 られておられフレームは1 枚 ごとに 図 面 を 作 るが 型 紙 は0.6ミリの 航 空 ベニア を 使 われ(したがって 型 板 と 呼 ぶべきである) 中 央 の 最 大 幅 の 位 置 のフレームから 型 取 りが 済 んだら 逐 次 船 首 または 船 尾 側 にサイズダウンしてゆくとのこと ま た 基 準 線 はハロルドハーン 方 式 とは 逆 でキール 側 にと っていること フレームの 仕 上 げ 削 りは 先 ず 外 側 を 行 い それに 合 わせて 内 側 を 仕 上 げるなど 独 自 の 方 法 を 取 られておられる 使 われている 木 材 の 材 質 は 桜 来 年 のロープ 展 が 楽 しみである 中 塚 裕 さんは 31 回 展 出 品 の ハリファックス (1763 年 )を 持 参 された 定 評 のあるハロルド ハーンの1/48 図 面 によるスクラッチビルド 構 造 模 型 であるが 喫 水 線 より 上 は 外 板 や 甲 板 を 張 っておら れる まず 注 目 したのはフレームの 材 質 である 市 販 の3ミリ 厚 のアガチスを 使 われ これを2 枚 張 り 合 わせて 製 作 されている 安 価 でかつ 入 手 しやすいとい う 点 で 大 方 の 皆 さんの 関 心 を 惹 いたのではあるまい か もちろん 図 面 はトレーシングペパーで 丁 寧 に 写 し 取 られて 切 り 出 されている 治 具 の 基 本 はハロルド ハーン 方 式 であるが 中 塚 さん 独 創 の 工 夫 も 凝 らされ ている 点 は 参 考 になるものであった なお 今 回 の 製 作 にあたって 必 要 な 工 具 をいくつか 買 い 揃 えられた とのであるが こういう 姿 勢 も 思 いつきで 工 具 (とくに 高 価 な 電 動 工 具 )を 求 めて 休 眠 させているものが 結 構 ある 筆 者 としては 大 いに 見 習 わなければと 感 じた 次 回 の 研 究 会 予 定 と 参 加 のお 願 い 18 年 度 研 究 会 は 例 会 と 併 催 する 試 みで 7 月 上 旬 を 予 定 しています - 2 -

3 お 二 人 に 発 表 をお 願 いする 予 定 であるので 我 こそ とおっしゃる 方 は 白 井 副 会 長 または 幹 事 松 本 ま でお 申 し 出 でください 形 式 は17 年 度 同 様 レシピなし お 一 人 発 表 時 間 15 分 + 質 疑 15 分 の 合 計 30 分 技 法 の 解 説 や 自 作 の 披 露 にとどまらず 仲 間 達 との 交 流 を 深 めるよい 機 会 でもあるので 是 非 お 手 を 挙 げられるようお 願 いします またニュースの 文 面 では 紹 介 しきれない 発 表 者 の 貴 重 なノウハウなども 聞 く ことが 出 来 るので 参 考 になることも 多 いと 思 います 多 数 の 方 の 参 加 を 期 待 します 松 本 記 ゴールデンウイーク 船 の 科 学 館 は WORLD SEA WORLD と 名 付 けられた 企 画 で 連 日 多 くの 家 族 連 れや 観 光 客 で 賑 わった 我 々の 常 設 展 示 場 と 夢 工 房 を 置 いて 頂 いている 羊 蹄 丸 と 宗 谷 の 間 の 海 面 で5 月 3 日 から5 日 までの3 日 間 海 上 保 安 庁 警 察 庁 消 防 庁 が 海 上 事 故 や 事 件 に 対 応 するそれぞれの 役 割 を 一 般 に 披 露 する 海 上 救 難 消 防 などの 公 開 訓 練 は 各 庁 所 属 のヘリや 高 速 警 備 艇 消 防 艇 が 姿 を 見 せ 羊 蹄 丸 を 事 故 遭 難 船 に 見 立 てての 迫 真 的 な 訓 練 などで 観 衆 を 湧 かせた 船 の 科 学 館 の 小 堀 部 長 さんに 伺 ったところ5 月 5 日 の 入 館 者 は3000 人 を 越 えていたとのことだが ほかの 日 も おそらくそれにひけを 取 らぬ 来 館 者 であったと 見 受 けられた 御 担 当 のお 話 では このゴールデンウイーク 中 の 来 館 者 は 昨 年 同 期 の50% 増 とのこと 5 月 1 4 日 小 林 工 房 主 来 訪 者 と 語 る 右 奥 は 奥 村 英 二 さ ん このような 賑 わいの 中 で 羊 蹄 丸 の 今 年 度 の ザ ロープ 夢 工 房 はスタートした オープンは5 月 3 日 以 後 ゴールデンウイーク 中 は4,5 7の 計 4 日 の 開 店 オープンの 目 玉 は 新 参 加 の 野 上 吉 彦 さんがデザインし 持 参 されたミニ 帆 船 船 体 はバル サ マストは 爪 楊 枝 全 長 90ミリという 文 字 通 りミ ニサイズながらリギンまで 張 るという 本 格 的 帆 船 模 型 である 野 上 さんはこれを50 隻 分 のキットとしてレ シピもあわせ 自 作 持 参 され 訪 れる 子 供 達 たちに 作 ってもらおうという 試 みをされた これが 大 当 た り 羊 蹄 丸 受 付 に 見 本 とレシピを 置 いてPRして 頂 い たこともあって 大 勢 の 子 供 が 押 しかけお 父 さんやお 母 さんのお 手 伝 いを 貰 いながら 楽 しんでくれた 中 に はお 父 さんやお 母 さんの 方 が 夢 中 になる 家 族 もいた 準 備 し て い た 5 0 隻 は3 日 4 日 の 両 日 で 完 売 (?!) 押 しかける 皆 さんに 野 上 さんお 一 人 では 応 対 しきれず とうとう 当 番 の3 人 が 総 がかり 造 り 方 の 説 明 大 好 評 だ っ た 野 上 さ ん の ミ ニ 帆 船 はもとより なかなか 出 来 あがらない 子 供 達 にはお 手 伝 い この 企 画 は7 日 も 行 われ 野 上 さんが 追 加 製 作 された15 隻 に 加 え 浅 川 英 明 さんの 胡 桃 帆 船 ( 昨 年 何 回 か 試 みて 好 評 だった)も 加 わって 子 供 達 に 大 受 け 浅 川 さんの 胡 桃 帆 船 は 若 い 女 性 にも 可 愛 い - 3 -

4 い!! と 人 気 であった この 試 みは 船 の 科 学 館 の 小 堀 部 長 さんたちからお 褒 めと 感 謝 のお 言 葉 を 頂 いた 安 藤 雅 浩 さんからも 伊 東 屋 展 示 会 での 裾 野 拡 張 とは 別 の 形 での 裾 野 が 広 がって 行 くように 思 う とのコメントを 頂 いた 勿 論 大 人 の 趣 味 人 への 応 対 も 大 切 にした ザ ロープのホームページを 見 たと 来 訪 された 方 も 相 変 わらずおられ 長 い 時 間 の 質 疑 対 応 や 模 型 談 義 また 浅 川 さんや 塩 谷 敏 夫 さんは 来 訪 者 に 積 極 的 に 船 を 作 りませんか? 声 を 掛 け お 二 人 ほどがキットを 購 入 されて 本 格 的 な 模 型 作 りに 挑 戦 されるという 成 果 をゲット マニュアルに 従 った 似 非 もてなし ではなく このところ 日 本 人 に 希 薄 になってきている 本 物 の もてなし 心 を 大 切 にしようではないかと 仲 間 内 で 語 ったことである 14 日 は 横 浜 帆 船 模 型 同 好 会 の 世 界 の 帆 船 模 型 展 会 場 で2 週 間 の 会 期 中 皆 勤 公 開 実 演 をされた 小 林 正 博 工 房 主 も 今 年 度 の 初 出 をされ 相 変 わらぬ 手 八 丁 口 八 丁 で 来 訪 者 を 惹 きつけられた 5 月 4 日 押 しかけた 家 族 連 れにミニ 帆 船 の 製 作 指 導 で 大 忙 しの 野 上 さん ( 撮 影 塩 谷 敏 夫 さん) 野 上 さん 作 製 のミニ 帆 船 の 製 作 マニュアル ( 制 作 参 加 の 子 供 達 に 配 布 ) 工 房 は 5 月 があと2 回 以 後 詳 細 は 未 定 だがこれから 晩 秋 頃 まで 適 宜 開 く 予 定 である 今 回 から 新 た に3 人 の 方 々がボランティアに 加 わってくださった 帆 船 模 型 趣 味 の 素 晴 らしさを 多 くの 人 々に 語 りかけ る 楽 しさを 我 々だけで 独 り 占 めはもったいない さらに 多 くの 方 の 参 加 を 期 待 したい (この 記 事 は 浅 川 さんの 速 報 と 塩 谷 さん 撮 影 の 写 真 も 含 め 作 った お 二 人 に 感 謝 する 松 本 ) - 4 -

5 波 をつくる その2 白 井 一 信 1.スチレンボードの 整 形 今 号 からいよいよ 実 際 の 工 作 に 入 る まず 波 のベース( 芯 )であるが これにはスチレンボードを 使 う スチレンボードとは 薄 い 水 色 をした 発 泡 スチロールの 多 少 固 めのものと 思 っていただければよい 伊 東 屋 さんやホームセンターなどで 販 売 されている 厚 さ2センチのもので 大 きさ( 縦 横 )は 好 みのものを 購 入 する スチレンボード 大 波 の 部 分 は スチレンボードはカッターナイ スチレンボード を 重 ねる フを 用 いて 必 要 な 大 きさにカット する 私 の 場 合 は この 時 点 で 周 船 体 囲 四 辺 の 木 枠 もスチレンボードの 木 枠 大 きさに 合 わせて 造 ってしまう 一 例 であるが 右 図 のような 構 造 に なる 次 に 船 体 のはまる 穴 をス スチレンボードの チレンボードに 開 ける 船 体 に 合 支 えの 棒 材 うようにカッターナイフで 切 り 抜 いていくが 船 体 との 間 に 多 少 の 隙 間 (5ミリ 程 度 まで)が 出 来 ても 木 枠 構 わない ただし 横 風 を 受 けて 帆 走 中 の 情 景 とするなど 船 体 に 傾 きを 出 す 場 合 等 は この 穴 の 開 け 方 で 調 整 しておく また 大 きな 波 やうねりを 表 現 したい 場 合 は スチレンボードを2 枚 3 枚 と 重 ねて 大 波 の 芯 にする スチレンボード 同 士 の 接 着 は できれば 発 泡 スチロール 用 の 専 用 接 着 剤 ( 左 下 写 真 奥 )が 好 ましい 木 工 ボンドでも 着 かないことはないが 密 着 した 二 面 を 接 着 する 場 合 には 乾 燥 に 非 常 に 時 間 が かかることがある その 他 の 接 着 剤 を 使 うとスチレンボードを 溶 かしてしまうことがあるので 好 ましくな い スチレンボードを 大 まかな 波 の 形 に 整 形 する 最 終 的 な 波 の 整 形 は 後 に 壁 補 修 剤 ( 石 膏 のようなもの) で 行 うが 壁 補 修 剤 は 厚 塗 りしても5ミリ 程 度 に 止 めたいので それ 以 上 の 凸 凹 はスチレンボードを 削 っ て 整 形 する 必 要 がある スチレンボードは なかなか 切 りにくい 素 材 である 一 番 相 性 が 良 いのはカッタ ーナイフであるが 右 下 写 真 にあるモーターツールの 先 端 工 具 (サンドペーパーを 放 射 状 にしたサンディ ングツール)も 使 いやすかった ただし 静 電 気 を 帯 びたスチロールが 飛 び 散 り 体 にまとわりついたり - 5 -

6 周 囲 一 面 飛 び 散 るのには 閉 口 する 掃 除 機 のノズルを 近 づけて 吸 い 込 みながらの 作 業 がよい 大 まかな 波 の 形 が 整 ったら 木 枠 にスチレンボードを 接 着 してしまう ただし 木 枠 はスチレンボードを 接 着 する 前 に 塗 装 した 方 が 良 いと 思 う 後 に 壁 補 修 材 を 塗 る 際 には 木 枠 にマスキングを 行 えばよい 2. 波 の 形 帆 走 中 のジオラマを 造 る 場 合 波 の 向 きと 形 は 非 常 に 重 要 な 考 証 ポイントとなる どの 方 向 から 風 が 吹 いているか それが 基 本 的 な 波 の 向 き に 関 係 する もちろん 船 の 帆 や 旗 の 向 きにも 関 係 する そして 船 が 走 ることによって 引 き 起 こす 波 もある 船 首 が 水 を 切 り 分 けて 起 こる 分 け 波 そして 航 跡 す なわち 引 き 波 である 風 による 波 と 船 が 起 こす 波 の 両 方 を 併 せて 考 える 必 要 がある 細 かい 波 を 含 めて 波 の 表 情 を 実 際 に 見 ることは 難 しい したがって 先 号 でもお 話 ししたが 写 真 や 絵 をできる だけ 集 めることになる その 中 でも 一 番 のお 薦 めが これまた 先 号 に 書 いた The Marine Art of Geoff H unt などの 写 実 的 な 画 集 と 言 える そしてどうしても 波 のイメージが 浮 かばない 方 は さざ 波 一 つたた ない べた 凪 の 中 に 停 泊 する 船 これをお 薦 めします 次 号 に 続 く ブルターニュからロシュフォール パリのひとり 旅 関 口 正 巳 その4 ロシュホールの 朝 は 快 晴 の 日 曜 日 博 物 館 を 見 たあとパリに 戻 る 今 回 の 旅 も 大 詰 めを 迎 え る タクシーを 呼 んでもらい ロシュホール 国 立 海 洋 博 物 館 に 行 く ロシュホールは 海 軍 工 廠 のあったところで 博 物 館 の 隣 に 乾 ドックが2つ 並 びその 先 にコルドリー(Corderie Royale) というとてつもなく 細 長 い 建 物 (およそ 350m くらい)がある 乾 ドックの 一 つをテントで 覆 い 中 では 現 在 ラファイエット 艦 長 のフリゲー ト 艦 L Hermione エルミオーヌ 1780 年 ( 全 長 :65m ハル: m, 全 高 :54m,キー ル 底 面 からフレームまでの 高 さ:12m)をエルミ オーヌ-ラファイエット アソシエーションの 手 で 1994 年 7 月 4 日 から 復 元 建 造 中 で 見 学 者 用 の 足 場 を 廻 って 傍 で 見 ることができる 子 供 向 けのイラス トパネルがあり 復 元 の 模 様 を 判 りやすく 説 明 している コルドリーは 実 物 のロープを 縒 る 機 械 がおいてある 線 路 が 敷 いてあってその 上 に 模 型 で 糸 を 縒 るとき のような 構 造 のとてつもなく 大 きな 機 械 が 展 示 され ロープの 作 り 方 を 説 明 している この 建 物 の 細 長 い 理 由 に 納 得 した かってのロープ 製 造 所 だったのである このあと 海 洋 博 物 館 を 訪 れる 素 晴 らしい 大 型 模 型 航 海 用 具 ナーバル スカロプチャー 変 わったところで 手 術 用 具 などの 展 示 がある ここロシュ ホールにはナーバル メディカルスクールがあり 見 学 も 可 能 になっている エルミオーヌと 博 物 館 のアク イユは 道 を 挟 んで 向 き 合 いに 建 っている エルミオーヌのモノグラフィー(ブードリオの 図 面 などはこう 呼 ぶ)はないかと 訊 ねると 意 味 がわからないらしく 四 苦 八 苦 やっとのことで 1/72 の 図 面 をゲット どう やらこちらでは Plan プランというようだ この 後 とんでもないことになった 博 物 館 を 跡 にして 街 中 に 出 て 昼 食 をとろうとしたら 満 席 でお 断 り 近 所 でほかにないかと 訊 ねると さぁ! という 返 事 駅 前 に - 6 -

7 行 けば 何 かあるだろうとタクシーを 呼 んでも らいホテルによって 荷 物 をピックアップしロ シュホールの 駅 に 行 く するとなにもない! まったくなにもなくカラーンとしている お まけに 今 日 は 日 曜 日 パリに 戻 る 予 定 の 列 車 は 運 行 してない 気 が 緩 んでいたのか 曜 日 の チェックを 忘 れていたようだ アッという 間 にキオスクのおばちゃんは 鍵 をかけて 帰 って しまう 自 動 販 売 機 の 飲 料 とスナック 菓 子 で 飢 えをしのぎ 荷 物 を 抱 えているので 動 きが 取 れず5 時 間 近 くを 人 気 の 少 ない 駅 で 疲 労 に よる 眠 気 と 闘 いながら 時 のたつのをじっと 待 つ 日 本 では 梅 雨 だがこちらは 乾 いたさわや かな 空 気 が 吹 き 抜 け 心 地 よいことに 気 がつ く パリに 着 いてホテルの 隣 のブラッスリーで 海 の 幸 盛 り 合 わせの 前 菜 を 取 り オマール 海 老 のグリルを メインに 注 文 まずはシャンパンで 咽 をうるおし 昼 の 敵 討 ちを 取 る 博 物 館 は 通 常 月 曜 日 の 休 館 というのが 多 いが 海 洋 博 物 館 は 火 曜 日 が 休 み 午 前 10 時 の 開 館 にあわせて 出 かける 今 年 は3 月 から8 月 一 杯 までジュール ヴェ ルヌの 特 別 展 が 階 下 の 展 示 場 で 開 かれている 小 学 校 低 学 年 の 児 童 が 先 生 に 引 率 されて 次 ぎから 次 ぎへとや ってきて 落 ち 着 いて 見 ることも 出 来 ない 興 味 あった のはタートルから 始 まる 潜 水 艦 発 達 の 歴 史 で 圧 縮 空 気 を 用 いたエンジンで 推 進 するプロンジュールという 潜 水 艦 Le Plongeur 1863( 全 長 44m)のアニメと 年 にロシュホール 造 船 所 の 工 房 で 作 られたという 同 船 の 1/33 縮 尺 模 型 であった ここにはスペインの イクティネオⅡは 紹 介 されていない パリ 海 洋 博 物 館 は 数 年 前 から 特 別 展 を 催 し 大 幅 な 展 示 模 様 替 えをしている A.A.M.M.の 図 面 にその 模 型 の 実 物 がどの 部 屋 に 展 示 してあるなどと 書 かれているが 現 在 は 無 いことの 方 が 多 い マリージャンヌなど も 見 当 たらない ミュージアムショップで 今 回 の 特 集 のガイドブックやその 他 の 本 を 購 入 する これで 今 回 当 初 計 画 した 旅 は 曲 がりなりにも 終 了 エピローグ ここで The Rope News 42~43 号 で 松 本 善 文 さんが 書 かれていたリュクサンブール 公 園 の 貸 しヨッ ト 屋 の 記 事 を 思 い 出 し 出 かけてみた それらしきものは 何 も 無 い サンタンニングしている 男 女 だけ 時 間 は 12 時 ちょっと 廻 った 頃 曜 日 が 影 響 しているのかしらなどといろいろ 想 い 描 く 亡 くなられた 平 生 数 馬 さんが 1986 年 に 撮 影 されたという 写 真 を 帰 国 後 に 読 み 返 してみる やっぱり 存 在 していたのか? ご 存 命 ならば 撮 影 された 曜 日 時 期 を 伺 いたかった というのはかつて 私 が 同 園 を 訪 れたのは 1967 年 の 6 月 のこと 当 然 貸 しヨット 屋 のおばさんはいたはず しかし 私 の 脳 裏 には 何 の 記 憶 も 残 ってはいない 私 としたことが 陸 海 空 の 乗 り 物 に 関 して まして 模 型 ともなれば 写 真 は 撮 っただろうし 記 憶 に 残 らない はずは 無 い ともすると 消 えかける 当 時 の 記 憶 を 必 死 に 探 し 追 い 求 めても 所 詮 白 いスクリーンはそのまま 何 も 映 し 出 してはくれないようだ 編 集 者 注 :リュクサンブール 公 園 の 貸 しヨット 屋 は 夏 の 間 (7~9 月 頃 )に 店 を 出 すそうです 終 わり - 7 -

8 捕 鯨 船 チャールス モーガン 福 田 正 彦 10 月 14 日 の10 時 にはノーティラス 号 の 見 学 を 終 えてミスティック 海 港 博 物 館 に 入 った 今 日 は 土 曜 日 だ から まだ 早 いのにかなりの 混 雑 で 人 気 がうかがえる ここは 面 白 いシステムで 16ドルの 入 場 料 を 払 う とミスティック シーポート 書 いてある 紺 色 の 市 松 模 様 のついたタグをくれて 服 の 上 にペタンと 貼 りつけ ておけば 1 日 出 入 り 自 由 ということになる 何 しろ 広 いし その 気 になれば 門 も 自 由 に 出 入 りできる ここは 博 物 館 というより 案 内 書 にあるように19 世 紀 の 村 の 再 現 という 趣 があり 飲 みものの 売 り 子 さ んは 当 時 の 服 装 だが 現 代 の 軽 装 をした 多 くのボランティアがその 村 を 守 り 立 てている たいていはいい 歳 をしたじいさんだが よってたかって 工 作 もすれば 修 理 もする 時 として 見 学 者 に 説 明 もするというこ とで それを 大 いに 楽 しんでいるのが 見 ていてよく 分 かる 中 央 の 小 さな 岬 を 挟 んだ 両 側 一 面 が 港 で さまざまな 船 が 舫 ってあるしエビ 漁 の 木 製 の 籠 が 無 造 作 にお いてあったりで およそ 博 物 館 といった 感 じはない 今 日 はこの 中 で 自 由 に 動 こうということになり そ れぞれバラバラになる 昼 飯 に 集 合 する 予 定 だ ぼくの 目 当 てはなんといってもここの 目 玉 捕 鯨 船 のチャールスW.モーガンで 本 物 が 係 留 されているの だ 模 型 ではよく 見 かけるけれども 本 物 はさすがにがっしりした 船 でいかにも 捕 鯨 船 という 感 じがする 真 っ 黒 に 塗 装 され ブルワークの 上 下 の 位 置 に 白 い 線 が2 本 入 り 船 尾 の 鷲 の 彫 刻 だけが 華 やかな 飾 りで 金 色 に 光 っている この 船 の 特 徴 はなんといっても 捕 鯨 ボートで 両 舷 に 合 計 7 隻 も 積 載 できる 舷 側 に 沿 っ てがっちりしたダビットが 並 び いつでもボートを 降 ろせるようにしてあるが そこに 吊 り 下 げられたボ ートを 見 ると 外 見 はかなり 細 身 だ 早 速 船 内 に 入 ると もう 大 勢 の 人 が 訪 れていてあちこちを 見 て 回 っているが なんとなく 往 時 のにおいが 残 っているような 気 がしてならない 何 しろ 海 上 遠 くから 奴 隷 船 と 捕 鯨 船 はその 強 烈 な 臭 いですぐ 分 かったとい われている 奴 隷 船 はともかく 捕 鯨 船 は 当 時 では 日 本 と 違 って 油 を 採 るだけが 目 的 だから 船 上 で 大 釜 に 肉 を 入 れて 煮 るという 作 業 を 盛 大 に 行 ったから 臭 わないほうがおかしい 鯨 を 解 体 するのは2 本 のブームに 乗 せた 板 をアウトリガーのように 船 外 に 倒 して その 板 と 舷 側 の 間 に 鯨 を 吊 るして 解 体 する その 装 置 もあってこれがいかにも 捕 鯨 船 だ 上 甲 板 から 下 に 降 りると 両 舷 に 寝 棚 が 区 切 られ ていて 説 明 を 読 むとそれは 捕 鯨 ボートのクルーごとに 分 かれているんだそうな ボートの 大 きさからいうと 予 備 要 員 を 含 めても1 隻 あたり7,8 人 だろう アメリカ 式 に 鯨 を 採 るのはボートのクルーにとってかなり 重 労 働 で 危 険 な 作 業 だったに 違 いないからそれなりの 団 結 心 が 必 要 なんだろうな と 寝 棚 の 区 分 けを 見 て 思 う また 甲 板 に 上 がると 何 だか 大 きな 声 がする 下 を 見 ると 本 船 のわきがちょっとした 船 溜 まりになって いて そこに 捕 鯨 ボートが 舫 ってある ボランティアだろう 若 いクルーが3 人 座 ってオールを 構 え 船 尾 には 長 いオールを 小 脇 にして 後 ろに 突 き 出 した 小 さなマストを 跨 いで 若 い 女 性 がしゃんと 立 っている 船 首 にはもじゃもじゃ 髭 のおじさんが 仁 王 立 ちになり 桟 橋 に 集 まった 見 物 人 にむかって 大 声 でなにやら 説 明 しているのだ どうやら 捕 鯨 ボートはこうやって 動 かし 銛 を 打 って 鯨 を 採 るという 説 明 らしいが ぼくにはさっぱり 理 解 できない しかし なにやらいうごとにクルーが 機 敏 に 反 応 してオールを 動 かし なにやらの 動 作 をす る 説 明 するおじさんはその 風 貌 といい 両 手 を 広 げて 説 明 する 所 作 といいいかにも 往 時 の 捕 鯨 ボートの 主 といった 態 で 見 物 人 からは 笑 いと 拍 手 が 起 こっている あれだったら やっているほうは 気 持 ちがい いだろうな とついこっちも 見 とれた チャールス モーガンは3 檣 のシップ 型 だが すぐとなりに 舫 っているジョセフ コンラッドも 同 じタイプなが らずっとスマートに 見 える そのはずで 今 は 練 習 船 として 航 海 訓 練 にも 使 われているという この 船 も 見 るこ とができるが やはり 捕 鯨 船 と 練 習 船 とでは 乗 船 してみるとまったく 感 じが 違 う 面 白 いもので 何 というか がっしり 感 とでもいったらいいんだろうか ジョセフ コンラッドにはそれがないが 走 らせたら 早 いだろうなと 思 わせる 何 かがある おまけに 船 尾 には 礼 砲 用 だろうか 9ポンド 砲 ぐらいの 小 さな 大 砲 が2 門 甲 板 に 固 定 され ていた 本 物 の 船 というのはやはり 乗 ってみなければ 分 からない もっとも 走 らせて 見 なければ 分 からんよ といわれそうではあるけれども - 8 -

9 船 の 模 型 人 の 信 条 私 達 は 何 故 船 の 模 型 を 作 るのであろうか? (SMAニュース2006 年 4 月 号 から) 松 本 記 Sid Siegel シド シーゲル 私 達 は 何 故 船 の 模 型 を 作 るのであろうか? 関 心 はうつ ろいやすく 刹 那 的 な 充 足 感 のみを 追 い 求 める 現 在 のコン ピュータ 時 代 にあって これはまさに 当 を 得 た 問 い 掛 けで ある 単 に 眺 めるためにだけではなく より 深 く 理 解 し 鑑 賞 しようとして 選 んだ 船 の 模 型 を 造 ることに 人 は 何 故 何 ヶ 月 もあるいは 何 年 もの 時 を 費 やすのであろうか? 先 ず 歴 史 に 目 を 向 けてみよう 人 類 の 歴 史 は 最 初 期 の 丸 木 舟 に 始 まり 必 然 的 に 船 へと 進 化 して 海 へと 下 って 行 く そこには 幾 多 の 帝 国 の 興 亡 の 物 語 があり 探 検 と 発 見 の 物 語 があり 自 然 の 力 を 超 越 した 英 雄 的 行 為 と 勝 利 の 物 語 があり 時 には 災 禍 の 物 語 がある 海 は 広 大 にして 不 変 かつ 永 遠 である 海 を 制 することは いつの 時 代 に 於 いても 大 いなる 偉 業 なのである 而 して そこには 船 という 存 在 がある その 流 れるよう な 曲 線 は 審 美 的 であると 共 に 実 用 性 に 優 れ その 美 しさを 以 って 我 々を 魅 了 する 船 は それを 製 造 した 人 間 の 意 志 を 反 映 して 簡 素 であることもあり 飾 り 立 てられ 華 麗 な 姿 を 見 せていることもある 艤 装 品 は 精 巧 であり 職 人 らしくもある あるいは 繊 細 でもあり 正 確 無 比 でもあ る またあるいは 極 めて 簡 素 に 過 ぎて 不 可 解 にも 思 えるものもある 船 は 昔 も 今 も 技 術 の 極 致 なの である 1000 年 に 亘 る 技 術 の 進 歩 は 前 世 紀 の 帆 船 へと 進 化 し 頂 点 に 至 った 船 の 模 型 は 嘗 て 彼 等 を - 9 -

10 操 船 した 人 たちの 生 命 を 甦 えらせるのである 未 知 なる 果 てを 目 指 して 長 い 航 海 に 挑 んだあの 小 さな 船 を 見 ずして 私 達 はアメリカの 発 見 を 果 たして 正 しく 評 価 することが 出 来 るであろうか? 船 の 模 型 人 には 最 初 は 到 底 出 来 そうにもない 仕 事 と 思 われることも その 要 素 を 選 り 分 けて 問 題 を 解 決 しつつ 自 らの 手 で 作 品 を 造 ることによって 技 量 や 熟 練 度 や 知 識 が 向 上 し 創 造 性 を 満 足 させられると いう 喜 びがある 船 の 模 型 造 りは 困 難 を 楽 しみに 変 えてくれる そして 複 雑 な 企 画 を 立 案 し それを 達 成 するという 精 神 を 鍛 えてくれるのである すなわち 船 の 模 型 造 りは 忍 耐 と 根 気 と 創 意 工 夫 を 教 えてく れるものなのである 船 の 模 型 は 装 飾 美 術 である 精 密 な 船 の 模 型 は 一 般 には 入 手 は 極 めて 難 しい したがって 人 がもし 船 の 模 型 を 身 近 に 置 き 常 に 鑑 賞 するために 自 分 のものにしたいと 願 うならば それを 自 らの 手 で 作 るより ほかに 選 択 の 余 地 はほとんど 無 い つまるところ 船 の 模 型 を 作 るということはまさに 数 多 くの 挑 戦 と 出 逢 わんとすること いや 素 晴 ら しいことと 出 逢 わんとすることなのである 松 本 訳 JSMCCだより 会 報 を 拝 見 して 浅 川 記 ザ ロープ ナゴヤ 7 月 22 日 ~9 月 3 日 38 日 間 下 記 のビックイベント 計 画 が 報 告 されています テーマ のりものワールド 主 催 名 古 屋 市 科 学 館 中 日 新 聞 社 中 部 日 本 放 送 特 別 協 力 JR 私 鉄 各 社 鉄 道 船 飛 行 機 自 動 車 の 乗 り 物 の 他 にロボット 等 20の 関 係 団 体 から 出 品 参 加 が 予 定 され 見 込 みの 観 客 数 も10 万 人 を 見 込 んでいると 云 う 大 掛 かりなもの ザ ロープ ナゴヤには20 隻 程 度 の 出 品 依 頼 があるとのことです 横 浜 帆 船 模 型 同 好 会 かたふり という 会 誌 には 相 変 わらず 帆 船 模 型 の 製 作 ノウハウがふんだんに 掲 載 されています ザ ロープの 大 先 輩 でもある 渡 邉 晋 さんの 本 の 紹 介 (HMN SWAN CLASS SLOOPS) 記 事 は 我 々も 是 非 参 考 にさせていただきたいものです 金 森 さんのカンナ 台 の 調 整 は もはやアマチュアの 世 界 を 超 えて 職 人 技 の 世 界 に 入 って 居 られるかと 思 いました ザ ロープ オーサカ 大 森 会 長 の 年 頭 の 挨 拶 で 大 阪 市 及 び なにわの 海 の 時 空 館 とのタイアップにより 今 年 迎 える 30 周 年 記 念 行 事 を 盛 り 上 げたいとのお 話 でした ザ ロープ ヒロシマ 呉 市 海 事 歴 史 科 学 館 の 大 和 ミュージアム の 紹 介 がされていました 最 大 の 目 玉 は1/10の 戦 艦 大 和 ですが その 他 に 零 式 艦 上 戦 闘 機 (62 型 ) 人 間 魚 雷 回 天 特 殊 潜 航 艇 海 竜 が 写 真 で 紹 介 されていました 帆 船 とは 別 の 世 界 かもしれませんが 広 島 を 訪 れたら 是 非 訪 問 したいミュージアム だと 思 いました 福 島 帆 船 同 好 会 例 年 に 無 い 豪 雪 に 襲 われる 中 たくましいグループ 活 動 が 報 じられています 昨 年 11 月 の 展 示 会 の 結 果 を 来 客 のアンケートから 詳 細 に 分 析 し 次 回 展 示 会 の 方 向 付 けの 参 考 に するとのことです 同 展 示 会 はマスコミ( 朝 日 読 売 福 島 民 報 福 島 民 友 )にも 掲 載 され 特 に 読 売 には 吉 田 事 務 局 長 のインタビュー 記 事 が 工 房 の 写 真 と 共 に 紹 介 されていました 神 戸 帆 船 模 型 の 会 25 周 年 記 念 行 事 として 会 員 全 員 参 加 で1 隻 の74 門 艦 アルフレッド を 製 作 しようと 云 う 企 画 が 纏 まり 工 房 も 神 戸 大 学 海 事 科 学 部 をお 借 りしてスタートしたとのことです 此 の 企 画 を 可 能 にしたの は 優 れたチームワークがあってこそでしょう 今 後 の 進 捗 が 楽 しみです

11 平 成 18 年 5 月 21 日 ( 日 ) 午 後 5 時 から 日 本 橋 サリュコパン にて 議 案 : 当 日 欠 席 された 方 も 含 め 会 員 諸 氏 には 総 会 資 料 を 配 布 済 みのため ここでは 本 誌 をお 送 りしているJSMCC 会 員 各 会 等 のご 参 考 に 新 役 員 のみ 掲 載 します 18 年 度 役 員 および 担 当 業 務 役 員 名 留 任 1 名 退 任 1 名 新 任 ) 印 は 新 任 担 当 業 務 氏 名 役 職 主 担 当 業 務 副 担 当 業 務 1 留 任 一 門 龍 男 会 長 JSMCC 会 長 2 田 中 武 敏 副 会 長 会 計 幹 事 会 計 海 外 JSMCC 3 白 井 一 信 副 会 長 HP ニュース 研 究 会 JSMCC 4 赤 道 達 也 * 事 務 局 長 * 事 務 局 展 示 会 5 東 康 生 幹 事 広 報 展 示 会 6 安 藤 雅 浩 * 幹 事 * 事 務 局 7 小 峯 重 信 幹 事 展 示 会 8 浅 川 英 明 幹 事 JSMCC 事 務 局 長 9 瓜 生 法 男 幹 事 海 外 10 肥 田 純 幹 事 展 示 会 11 松 本 善 文 幹 事 * 研 究 会 ニュース 12 岩 本 和 明 会 計 監 査 研 究 会 ニュース 13 新 任 塩 谷 敏 夫 * 会 計 監 査 * 事 務 局 退 任 : 渋 谷 篤 さん 研 究 会 の 設 営 等 に 大 変 ご 尽 力 いただきました ありがとうございました 前 事 務 局 長 の 安 藤 さんには 長 年 にわたり きわめて 大 量 の 事 務 をきめ 細 かいご 配 慮 で 処 理 いただきま した 今 後 も 事 務 局 を 補 佐 いただきますが 何 はともあれ 本 当 にありがとうございました 新 入 会 員 国 内 :3 名 泉 邦 幸 さん ID No.153 * 昭 和 12 年 生 まれ * 千 葉 県 市 川 市 在 住 * 木 製 帆 船 模 型 製 作 歴 :6 年 * 伊 東 屋 帆 船 教 室 :2001 年 ~02 年 *これまでに 製 作 した 帆 船 模 型 : エンデバー バウンティー マリージャンヌ トルネーズ ユニコーン ボンバルダ * 好 きな 帆 船 の 種 類 : 18 世 紀 の 戦 列 艦 満 原 俊 博 さん ID No.154 * 昭 和 16 年 生 まれ * 千 葉 県 いすみ 市 在 住 * 木 製 帆 船 模 型 製 作 歴 :6 年 * 伊 東 屋 帆 船 教 室 :97 年 ~98 年 *これまでに 製 作 した 帆 船 模 型 : カティーサーク サーウインストンチャーチル ハンター マリージャンヌ ゴ ールデンハインド * 帆 船 模 型 以 外 の 趣 味 : ゴルフ つり 旅 行

12 松 下 利 夫 さん ID No.155 * 昭 和 8 年 生 まれ * 東 京 都 文 京 区 在 住 * 木 製 帆 船 模 型 製 作 歴 :3 年 * 伊 東 屋 帆 船 教 室 : なし *これまでに 製 作 した 帆 船 模 型 バウンティー エンデバー ラ トルネーズ* ビクトリー* (*はスクラッチビルト) * 帆 船 模 型 以 外 の 趣 味 :ゴルフ 庭 園 新 入 会 員 名 誉 会 員 ダン ドレッセル 氏 Mr.Donald C. Dressel カリフォルニア 在 住 1944 年 生 まれ 元 エンジニア 所 属 クラブはShip Modelers Association(SMA) San Diego Ship Model Guild Nautical Reseach Guildです 氏 は SMAの 会 長 副 会 長 を 歴 任 し 現 在 はSMAニュース( 毎 月 発 行 )の 編 集 責 任 者 です 当 会 の 展 示 会 に2 回 来 日 し2 回 特 別 出 品 されました 氏 は 帆 船 製 作 の みならず 船 全 般 に 造 詣 が 深 い 方 です 日 米 の 姉 妹 クラブの 架 け 橋 役 に 相 応 しい 方 ですので 名 誉 会 員 になっていただきました 会 友 小 田 衛 さん ID.K4 * 大 正 9 年 生 まれ ザ ロープ 入 会 は 昭 和 60 年 ですが このほどザ ロープ 会 友 になられました ご 逝 去 吉 村 正 さん 4 月 1 日 ご 逝 去 されました 享 年 88 才 奥 様 によれば ご 高 齢 のため 会 合 出 席 はザ ロープに 限 定 していて 毎 回 出 席 を 楽 しみにされてい た とのことです 心 よりご 冥 福 をお 祈 り 申 し 上 げます 退 会 柳 内 勝 博 さん 自 己 都 合 (ご 健 康 上 の 理 由 ) 岩 瀬 重 男 さん 自 己 都 合 ( 製 作 を 止 めたため) 宮 島 豊 さん 自 己 都 合 (ご 多 忙 で 製 作 できなくなったため) 日 本 帆 船 模 型 同 好 会 協 議 会 <JSMCC>のホームページ ができました 各 地 の 同 好 会 の 概 要 紹 介 を 主 体 にした 簡 単 なサイトですが 展 示 会 の 開 催 情 報 なども 掲 載 していますので ご 活 用 ください なお ザ ロープの 掲 示 板 は 表 題 を 変 えてJSMCCの 掲 示 板 に 移 行 しました 全 国 各 地 の 同 好 会 の 共 通 掲 示 板 として 活 用 していただくことを 期 待 しています アドレスは すでに ザ ロープのホームページのトップページからリンクしています ザ ロープ 事 務 局 船 橋 市 習 志 野 一 門 龍 男 方 TEL/FAX メール

 パラオ基地物語 ID:45749

 パラオ基地物語 ID:45749 注 意 事 項 P D F フ ァ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ト ラ オ 物 語 作 者 名 香 夢 学 生 青 年 軍 少 佐! ラ オ 運 営 娘 常 楽 島 人 々 生 活 助 物 語 学 生 自 分 自 分 司 令

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願

随 想 費 個 特 別 助 底 実 来 夢 耳 傾 具 資 金 助 相 談 画 ね 心 底 期 準 備 貨 情 極 端 般 航 禁 止 想 像 困 難 厄 介 第 門 蔵 省 航 審 議 得 慣 官 庁 街 幾 足 二 名 文 省 航 審 議 得 貧 乏 相 警 戒 耳 依 頼 了 承 品 各 願 8 夢 火 翌 敗 工 場 閉 鎖 制 放 験 由 色 掃 授 業 定 徒 等 専 門 野 定 勉 強 深 有 志 誕 装 備 料 グ 単 独 般 皆 南 央 跋 渉 尽 足 袋 3 級 縦 走 冬 単 極 必 研 究 併 慣 習 果 然 系 専 門 誌 例 雑 誌 採 飼 育 発 誇 積 極 性 道 研 究 仲 朝 勝 級 敬 称 彼 京 都 合 組 織 コ ズ 草 存 告 書 松 編 ワ ズ 紀

More information

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の

キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 段 階 本 人 お よ び 家 族 近 親 者 な ど 葬 儀 社 関 連 事 業 者 教 会 司 祭 / 牧 師 ( *1) 健 健 康 時 他 者 の 葬 儀 へ の 参 加 な ど 体 験 を 葬 儀 や 関 連 事 項 に つ い て の 情 報 の ひ と め で わ か る キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ 目 次 キ リ ス ト 教 葬 儀 の 流 れ キ リ ス ト 教 会 葬 儀 研 究 所 ( CCFI= Christ Church Funeral Institute) は 日 本 に お け る キ リ ス ト 教 信 仰 共 同 体 の 葬 儀 を よ り 豊 か な も の と す る た め に キ リ ス ト 教 諸

More information

Taro-16年春表紙.jtd

Taro-16年春表紙.jtd 第 97 号 全 国 脊 髄 損 傷 連 神 奈 県 支 平 成 8 4 ペ http://www.max.hi-ho.ne.jp/yawaragi/ メア yawaragi@max.hi-ho.ne.jp 学 び 講 師 全 脊 連 古 谷 理 迎 労 災 補 償 研 修 開 催 S S 〇 九 K 六 増 刊 巻 第 四 六 第 四 種 号 郵 便 八 認 可 五 六 毎 楽 語 研 修 & 忘

More information

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照

丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 嶋 弘 金 忙 9 青 婦 心 感 謝 実 打 心 焦 執 委 素 晴 投 球 始 球 式 共 毎 恒 例 連 剛 腕 見 武 km / h 他 追 随 許 選 豪 華 足 係 押 安 眠 枕 選 ダ ホ 照 君 持 社 多 先 輩 他 署 交 流 丸 彦 者 照 丸 彦 渡 辺 建 設 職 平 成 物 各 5 ズ 7 短 投 票 発 表 8 ダ 9 丸 彦 渡 辺 建 設 職 市 豊 平 区 豊 平 条 丁 5 8 T E L F A X8 URL:http://homepage.nifty. com/mwcsu 編 集 発 教 宣 度 全 9 サ 色 美 酒 酔 酒 酔 相 非 常 交 流 深 模 管 理 職 連 結 若 模 9 数 去 減 km / h

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

北海道 函館支部

北海道 函館支部 福 井 県 支 部 支 部 長 : 文 珠 四 郎 博 もんじゅしろう ひろ(S46 法 法 律 ) 事 務 局 長 : 小 林 謙 一 こばやし けんいち (S47 経 経 済 ) 支 部 内 同 窓 生 数 447 人 以 下 のとおり 開 催 されました 平 成 28 年 度 福 井 県 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 ) 16:00~ 年

More information

艦これ世界にやってきた ID:90520

艦これ世界にやってきた ID:90520 零 注 意 項 P D F フ ァ ハ 掲 品 自 動 的 P D F 化 小 説 ハ 運 営 断 P D F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 改 変 再 配 布 販 売 禁 怪 エ 手 引 般 話 不 定 期 更 新 ネ タ 浮 投 稿 次 第 話 第 話 8 第 話 ω ` ) へ テ キ ビ ス 飲 落 着 欲 済 仏 顔 謝 許 私 怪 エ 君 葉 表 み 感 殺 伐 気 持 忘 欲

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日

開 会 教 育 長 開 会 挨 拶 会 議 の 成 立 全 委 員 10 人 中 8 人 出 席 につき 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 規 則 第 4 条 第 2 項 の 規 定 により 本 会 議 は 成 立 する 旨 を 説 明 職 員 の 紹 介 平 成 28 年 4 月 1 日 会 議 録 会 議 の 名 称 平 成 28 年 度 第 1 回 茨 木 市 文 化 財 保 護 審 議 会 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 18 日 ( 月 ) ( 午 前 午 後 )6 時 00 分 開 会 ( 午 前 午 後 )8 時 0 0 分 閉 会 開 催 場 所 茨 木 市 役 所 南 館 6 階 第 1 会 議 室 会 長 代 理 菱 田 哲 郎 ( 京 都 府 立 大 学

More information

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに

はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPに 2016 年 度 版 編 入 学 手 続 きマニュアル 京 都 経 済 短 期 大 学 はじめに 編 入 学 のためには 様 々な 手 続 きが 必 要 となります 本 マニュアルは 編 入 学 の 資 料 請 求 から 出 願 入 学 手 続 きなど 様 々な 手 続 きを 行 う 上 で 必 要 な 事 項 をまとめています 目 次 1. 資 料 請 求 の 仕 方 3 1)HPにて 申 込 み

More information

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室

10 月 11 日 恒 例 となりました 交 流 会 を 根 室 市 で 開 催 しました 当 支 部 の 総 会 は 釧 路 市 を 会 場 としていることから この 交 流 会 は 釧 路 市 以 外 に 会 員 がお 住 まいの 所 で 会 員 の 相 互 交 流 を 行 っております 根 室 北 海 道 釧 路 根 室 支 部 支 部 長 : 大 道 光 肇 おおみち こうちょう(S44 仏 仏 教 ) 事 務 局 長 : 戸 田 恭 司 とだ きょうじ (S60 文 歴 史 ) 支 部 内 同 窓 生 数 212 人 平 成 28 年 度 釧 路 根 室 支 部 総 会 のお 知 らせ 日 時 平 成 28 年 7 月 2 日 ( 土 ) 会 場 釧 路 プリンスホテル 釧 路 市 幸

More information

「にちぎん」NO.47 2016年秋号

「にちぎん」NO.47 2016年秋号 4 取 材 文 小 堂 敏 郎 写 谷 山 實 Yoshiharu Habu 治 小 宇 宙 深 広 治 氏 々 記 録 打 立 君 緊 迫 進 氏 原 頂 極 飾 柄 垣 5 破 竹 勢 進 第 者 座 君 俊 英 ぞ 役 毎 引 退 谷 川 浩 司 佐 藤 康 光 永 聖 内 俊 之 公 式 ぞ 以 事 異 転 職 基 競 争 山 康 晴 仲 切 仲 格 付 悪 深 疑 心 暗 鬼 有 利 働

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2014.8.9 懇 親 会 にて 第 4 号 朝 日 塾 中 学 高 等 学 校 / 朝 日 塾 中 等 教 育 学 校 同 窓 生 父 母 の 会 お 問 い 合 わせ 先 709-2136 岡 山 市 北 区 御 津 紙 工 2590 電 話 0867-26-01111 ( 担 当 : 山 内 ) - 1 - 誇 れる 母 校 に 副 校 長 鳥 海 望 美 4 月 の 高 等 部 の 学 習

More information

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企

平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 鹿 島 鉄 道 跡 専 用 道 走 BRT 平 2 春 健 喜 昨 振 返 経 済 厳 状 況 下 就 職 戦 線 氷 河 期 呼 冷 込 続 県 景 持 直 兆 回 復 至 停 滞 味 感 じ 私 歩 歩 歩 始 駅 空 港 玄 関 口 位 置 づ 専 用 道 整 備 昨 8 各 面 完 好 評 雇 用 環 境 等 目 指 企 誘 致 企 誘 致 推 室 努 結 柏 原 運 分 野 統 合 央 笑

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ

- - 第 号 世 界 交 流 始 7 岩 手 県 審 査 県 帰 途 鑑 銘 勝 角 建 毎 俗 ワ ク 6 7 歳 亡 約 9( 正 茨 城 県 結 城 9( 早 稲 田 学 卒 業 9( 6 第 回 読 売 デパダ 9( 抽 象 幻 想 ( 京 国 近 99( 個 ( 国 院 協 96( マヤ - - 6 陽 ね じ 特 集 関 戦 ヴ 音 触 発 衛 グ 印 刷 機 使 始 岩 波 映 製 所 製 録 映 佐 久 ダ ム ( 第 部 ( 9 揺 ぶ 建 場 社 派 躍 9 末 マ ヤ 衝 撃 古 降 び び 古 唆 社 へ 問 掛 交 流 最 勲 ギ プ 題 材 情 問 涯 学 習 課 7- 陶 板 レ 命 樹 ( 聖 徳 学 附 属 学 校 ふ 場 縦 6m 横 mぶ 屋 修 勝 角

More information

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向

喜 地 区 と 鷲 宮 地 区 が 水 に 弱 い 傾 向 がありますので 一 級 河 川 の 整 備 等 を 含 めて 杉 戸 県 土 整 備 事 務 所 に 改 修 の 要 望 をしたいと 考 えています また 今 回 のような 雨 が 降 りますと 水 がはけきらずに 溜 まってしまう 傾 向 市 民 懇 談 会 市 民 との 懇 談 概 要 開 催 場 所 久 喜 総 合 文 化 会 館 平 成 23 年 7 月 3 日 ( 日 ) 開 催 日 時 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 12 分 まで 参 加 者 数 42 人 発 言 者 数 9 人 質 問 書 受 理 件 数 7 件 出 席 者 田 中 市 長 牧 副 市 長 吉 田 教 育 長 早 野 総 務 部 長 井

More information

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩

福 祉 保 健 部 長 末 釜 由 紀 夫 君 生 活 環 境 部 長 梶 川 幸 正 君 建 設 部 長 河 中 健 治 君 向 洋 駅 周 辺 区 画 整 理 事 務 所 長 土 手 澄 治 君 消 防 長 中 川 和 幸 君 教 育 部 長 金 藤 賢 二 君 総 務 課 長 榎 並 隆 浩 平 成 2 6 年 第 3 回 府 中 町 議 会 定 例 会 会 議 録 ( 第 3 号 ) 1. 開 会 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 2 日 ( 金 ) 2. 招 集 の 場 所 府 中 町 議 会 議 事 堂 3. 開 議 年 月 日 平 成 2 6 年 9 月 1 7 日 ( 水 ) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座

庁 昼 低 遣 悪 残 ゼ ロ 消 費 増 下 元 気 掲 蓮 室 蓮 都 ご パ 南 南 近 天 園 南 プ ネ グ プ 奮 南 ピ パ 西 店 街 少 昨 例 斎 招 座 師 狭 執 招 ぐ 飯 能 高 宍 戸 招 歴 分 予 般 過 半 到 達 訓 半 点 半 期 財 補 充 挙 他 評 座 - 高 砂 -- 木 ビ TEL -- FAX -- 編 価 購 読 費 含 輝 築 誇 津 康 歳 J M I U ハ 先 奮 蓮 ハ 築 弱 顧 客 注 屋 台 風 呂 ユ 設 置 築 完 式 作 津 作 ユ 養 ォ 乗 作 ユ 養 積 身 宮 城 石 巻 元 石 巻 高 卒 ハ 就 至 石 巻 家 旧 北 岸 百 震 災 津 波 押 寄 験 築 * 紙 面 * 元 気 面 面 営 面 面 ぶ

More information

Taro-下関署(確定版).jtd

Taro-下関署(確定版).jtd 平 成 2 6 年 度 第 2 回 下 関 警 察 署 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 7 日 ( 木 ) 午 後 3 時 から 午 後 4 時 45 分 まで 開 催 場 所 下 関 市 細 江 町 2 丁 目 3 番 8 号 下 関 警 察 署 5 階 講 堂 出 席 者 福 井 会 長 林 副 会 長 児 玉 委 員 松 村 委 員 松 浦 委 員 藤 原 委

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 - 会 議 録 - 会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨

More information

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震

168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港 路 海 峡 渡 氏 累 代 遺 光 典 博 園 銀 色 輝 北 海 南 沖 縄 百 余 埋 域 盛 沸 幕 済 銀 葉 学 院 教 授 斉 藤 精 郎 氏 世 界 融 激 震 No.168 / / 石 英 雄 栃 荒 2055 番 0285833477 編 集 / 江 光 夫 住 資 源 集 存 新 価 値 造 拠 点 置 徴 ブ 図 ミ ュ 博 物 ブ ズ 3 複 可 相 互 流 愛 称 募 結 果 配 慮 循 型 信 識 恵 循 込 恵 づ 恵 168 号 20 10 16 2 石 英 雄 栃 42 回 早 朝 羽 集 空 路 眩 ゆ 陽 差 暑 覚 北 州 空 港

More information

Taro kyogikaigijiroku

Taro kyogikaigijiroku 石 巻 警 察 署 協 議 会 議 事 録 要 旨 協 議 会 名 開 催 日 時 開 催 場 所 宮 城 県 石 巻 警 察 署 協 議 会 平 成 26 年 12 月 19 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 宮 城 県 石 巻 警 察 署 会 議 室 出 席 者 等 1 協 議 会 以 下 7 名 2 警 察 署 側 署 以 下 12 名 議 事 概

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc

Microsoft Word - 読者の広場_I_.doc 核 データニュース,No.102 (2012) 読 者 の 広 場 (I) 吉 田 研 究 室 で 過 ごした 日 々 元 武 蔵 工 業 大 学 吉 田 研 究 室 OB 羽 倉 尚 人 naoto_hagura@hotmail.com 1. 特 別 な 日 東 急 大 井 町 線 尾 山 台 駅 の 改 札 を 出 て 左 に 進 むと ハッピーロード 尾 山 台 という 商 店 街 が 環 八

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

4 すみれが 丘 夏 休 みラジオ 体 操 の 会 すみれが 丘 だより 平 成 26 年 夏 号 (No.9) 発 行 :すみれが 丘 町 内 会 取 材 編 集 : 広 報 部 会 /ホームページ 広 報 誌 編 集 委 員 会 ~ 夏 号 の 内 容 ~ 1. 平 成 26 年 度 総 会 が 開 催 されました 2. 平 成 26 年 度 の 行 事 予 定 3. 専 門 部 会 長 から 4.

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

空母いぶき、抜錨 ID:78106

空母いぶき、抜錨 ID:78106 抜 錨 響 鳴 響 鬼 注 意 項 P F フ ァ ハ メ 掲 中 品 動 的 P F 化 説 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P F フ ァ 及 び 品 引 範 囲 超 形 転 改 変 再 配 布 販 売 禁 平 和 訪 始 暗 雲 立 込 突 如 絡 不 能 率 向 待 受 予 想 不 能 物 全 道 誕 生 名 武 力 使 平 和 的 解 決? 敵 棲?? 起 未 待 受? 抜 錨 次 抜 錨

More information

Taro-H27第15回(定例会)会

Taro-H27第15回(定例会)会 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 1 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 8 年 3 月 2 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 2 1 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 京 谷 和 幸 佐 藤 眞 理 井 出 元 3 出 席 職

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472

~艦これ シンファクシ抜錨す!~ ID:84472 抜 錨! ロコモコ 注 意 項 P D F ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 2 年 月 4 日 オ ア 最 西 軍 基 地 サ ド 島 基 地 へ 上 陸 制 圧 作 支 援 参 加 級 番 数 回 渡 航 隊 攻 飽 和 攻 轟 間

More information

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去

5. 内 閣 が 便 宜 的 意 図 的 な 解 釈 変 更 を 行 うことは 憲 法 第 9 条 において と りわけ 重 大 な 問 題 を 引 き 起 こす 内 閣 の 判 断 次 第 で 我 が 国 の 武 力 行 使 が 許 される 範 囲 が 恣 意 的 に 伸 縮 変 化 し 過 去 2014 年 6 月 27 日 政 府 の 15 事 例 に 関 する 見 解 憲 法 総 合 調 査 会 安 全 保 障 総 合 調 査 会 民 主 党 は 3 月 4 日 に 集 団 的 自 衛 権 をめぐる 憲 法 解 釈 の 変 更 に 関 する 見 解 をとりまとめて 以 降 も 安 保 法 制 懇 の 報 告 やその 後 の 総 理 発 言 政 府 から 与 党 への 15 事 例 の

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助

1 会 長 あいさつ 本 日 はご 多 忙 の 中 ご 参 集 いただき 感 謝 申 し 上 げる 本 協 議 会 は 昨 年 4 月 11 日 の 設 置 以 来 銚 子 電 鉄 の 運 行 維 持 に 対 する 支 援 のあ り 方 について 協 議 し 市 長 に 対 して 意 見 及 び 助 第 5 回 銚 子 電 気 鉄 道 運 行 維 持 対 策 協 議 会 概 要 開 催 日 時 平 成 26 年 3 月 27 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 30 分 まで 開 催 場 所 銚 子 市 役 所 1 階 市 民 ホール 出 席 者 員 吉 原 正 己 ( 銚 子 市 観 光 協 会 会 長 銚 子 地 区 ハイタク 運 営 協 議 会 会 長 ) 唐

More information

新 発 田 市

新 発 田 市 新 発 田 市 平 成 28 年 度 第 4 回 定 例 記 者 会 見 1 日 時 平 成 28 年 6 月 30 日 ( 木 ) 午 前 10 時 2 場 所 3 階 応 接 室 3 内 容 台 湾 で 開 催 された 日 本 の 観 光 物 産 博 2016 への 出 展 の 報 告 青 少 年 宿 泊 施 設 あかたにの 家 オープン 土 曜 学 習 教 室 を 豊 浦 地 区 紫 雲 寺

More information

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際

な 諸 費 用 が 支 払 えない 学 生 に 対 し 学 費 や 生 活 費 の 援 助 を 行 う 制 度 であるといえる この ような 定 義 を 見 ると 奨 学 金 制 度 とは 社 会 保 障 制 度 に 近 い 制 度 であるといえるだろう このような 奨 学 金 制 度 だが 実 際 部 員 各 位 平 成 27 年 6 月 6 日 岩 田 弘 雪 ( 法 2) 日 本 の 奨 学 金 制 度 目 次 一 初 めに 二 奨 学 金 とは 三 奨 学 金 の 歴 史 四 日 本 における 奨 学 金 制 度 の 変 遷 五 現 状 の 奨 学 金 制 度 の 問 題 六 まとめ 七 参 考 文 献 一 初 めに ここにいる 皆 さんは 大 学 生 だ 四 年 目 に 突 入 して

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます

所信表明に先立ちまして、一言申し述べさせていただきます 第 84 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 8 月 31 日 の 高 潮 についてであります 行 政 告 知 放 送 な どによります 市 民 への 周 知 を 行 うとともに 早 い 段 階 でのポンプによ る 排 水 の 準 備 土 のうの 設 置 を 行

More information

審議会等の会議開催のお知らせ

審議会等の会議開催のお知らせ 会 議 録 1 会 議 名 平 成 27 年 度 第 10 回 中 郷 区 地 域 協 議 会 2 議 題 ( 公 開 非 公 開 の 別 ) (1) 報 告 ( 公 開 ) 新 井 頸 南 広 域 行 政 組 合 の 解 散 について 上 越 市 営 賃 貸 住 宅 若 者 定 住 促 進 住 宅 の 入 居 期 間 (5 年 間 )の 撤 廃 及 び 名 称 を 通 称 に 改 めることについて

More information

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は

例 えば 諸 経 費 込 み1,000 万 の 家 を 買 って 月 額 10 万 ( 年 間 120 万 )で 貸 した 場 合 年 間 表 面 利 回 りは 120 万 1,000 万 =0.12(12%)です 72 12%=6ですので 6 年 で 倍 になるということです 賃 貸 物 件 は 13. 年 収 1 億 円 を 達 成 したおばちゃんの 話 (1) 年 収 1 億 を 達 成 したおばちゃん! 先 日 テレビを 見 ていたら 年 収 1 億 円 のおばちゃん が 出 てきました 何 をしている 人 か? と 見 ていたら 汚 い 家 を 買 って 自 分 で 掃 除 をして 人 に 貸 すことをやり 続 けて15 年 で 賃 料 収 入 が 年 間 1 億 円 になった 人

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

農業簿記演習資料

農業簿記演習資料 農 業 経 営 講 座 ( 複 式 簿 記 )テキスト 平 成 18 年 1 月 = はじめに============================= この 講 座 では 簿 記 ソフトで 記 帳 を 始 めることを 前 提 として 複 式 簿 記 ( 以 下 簿 記 )を 学 んでいきます 簿 記 に 関 する 予 備 知 識 を 持 っていただくため 簡 単 なクイズを 用 意 しました ので

More information

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援

狙 障 配 番 躍 ぶ 局 帰 骨 視 露 骨 略 施 閣 ニ ポ 億 総 躍 勝 流 遡 帰 略 施 駆 官 僚 織 庁 造 小 泉 聖 域 造 骨 太 針 枠 庁 降 治 般 司 令 塔 与 門 失 テ ィ 切 開 枠 向 具 像 略 車 両 輪 趣 旨 ひ 展 開 道 熟 失 滑 ぎ 維 援 パ レ 団 展 望 示 運 道 示 C T S 章 習 料 章 粋 像 根 歴 史 ざ 閣 造 次 チ ャ レ 唱 億 総 躍 兼 チ ャ レ 是 掃 述 画 視 建 害 調 査 慣 習 公 表 織 三 式 採 I L 際 踏 府 映 建 委 薦 貴 族 建 ぽ 歯 措 加 承 認 降 図 退 ド ド 是 常 流 ぜ ぜ ざ ざ 表 側 閣 僚 公 歴 然 蔵 岩 盤 直 難 習 料 狙 障 配 番

More information

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄

第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意 向 JA 店 舗 数 街 格 街 JA JA 四 棄 第 号 住 電 - 相 二 丁 番 号 役 相 仮 庁 舎 線 通 斐 容 ペジ 書 回 答 旬 ほ 政 情 報 版 知 第 号 天 王 神 祭 : 桜 井 第 号 希 望 練 圃 ず レ 塾 昨 ズ 圃 引 具 充 希 望 乗 購 共 万 点 努 盤 永 承 ワ 相 談 窓 口 捉 極 二 盤 幅 路 特 病 溝 渠 路 老 朽 損 傷 著 否 緊 急 性 慮 改 三 城 kg 能 含 む 童 意

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路

2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 YAMAGA 2 親 善 KEIU MATSUO 1917 1942 江 広 江 厳 訓 練 士 官 指 送 始 化 総 動 法 体 制 強 化 尉 候 補 任 ぜ 郡 村 父 鶴 彦 男 教 職 父 宙 信 仰 願 込 感 利 負 嫌 小 等 当 訓 練 盛 全 徒 拝 級 先 頭 旗 持 進 ろ 青 進 路 志 望 験 難 突 破 ぱ 格 小 当 小 右 柔 部 所 属 怪 我 柔 練 習 休

More information

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場 第 5 回 富 里 市 まち ひと しごと 創 生 有 識 者 懇 談 会 議 事 録 日 時 2016 年 3 月 10 日 ( 木 )13:30~15:00 場 所 すこやかセンター2 階 会 議 室 1 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ) ( 座 長 ) 富 里 市 商 工 会 寒 郡 茂 樹 ( 委 員 ) 富 里 市 区 長 会 沖 田 健 二 富 里 市 農 業 協 同 組 合

More information

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝

2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 案 記 福 復 興 立 直 訪 旅 案 : 奈 川 在 住 1 倭 へ 福 復 興 立 直 訪 2 No.4234 16-10 1/15 ざ 旦 州 太 平 洋 側 晴 天 恵 奈 川 宅 真 赤 富 拝 む 晦 紅 歌 合 ゆ 旦 ウ ィ フ ィ ハ モ ニ コ サ ~ 悲 惨 目 虎 隊 戊 辰 争 感 想 聞 共 繋 学 頃 程! 劇 ス ペ シ ャ 夜 連 続 虎 隊 放 送 堀 孝 雄 題

More information

ニュースレターvol_2.indd

ニュースレターvol_2.indd 般 氏 16 敗 悪 他 帝 ザ 急 陸 尉 佐 蔵 庁 銀 製 鉄 郵 船 エ 試 近 麿 條 陸 僚 聞 克 防 庁 終 礎 友 尋 答 既 24-5 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 150-0031 Tel: 03-5456-8082 Fax: 03-5456-8388 Mail: info@japancivilization.org http://www.japancivilization.org/

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報

亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 No. ろ 亀 津 文 化 午 策 南 西 糖 株 式 社 振 興 並 製 糖 終 了 感 謝 デ 製 糖 終 了 感 謝 デ 振 興 絡 協 規 就 激 励 絡 協 規 就 励 階 室 関 席 模 様 へ 米 軍 移 設 反 報 告 鳩 首 相 談 B & G 海 洋 タ 伊 藤 知 事 鳩 首 相 談 報 告 収 穫 面 積 ha 量 干 号 接 近 影 響 策 幸 助 近 田 伸 ハ ベ タ

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3

2 新 規 に 日 本 女 性 薬 剤 師 会 の 生 涯 研 修 制 度 が 本 日 午 前 中 の 理 事 会 で 承 認 された 3 新 規 申 請 の 日 本 大 学 薬 学 部 の 生 涯 研 修 制 度 の 評 価 結 果 を 日 本 大 学 薬 学 部 の 方 へ 送 付 した 1.3 公 益 社 団 法 人 薬 剤 師 認 定 制 度 認 証 機 構 平 成 24 年 度 薬 剤 師 認 定 制 度 委 員 連 絡 会 議 事 メモ 日 時 : 平 成 24 年 12 月 14 日 ( 金 )14:00~16:30 場 所 :ニッショーホール 第 2 会 議 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 :17 名 理 事 : 堀 内 龍 也 厚 生 労 働 省 : 中 井 企 画

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

総務建設常任委員会協議会会議録

総務建設常任委員会協議会会議録 総 務 建 設 常 任 委 員 会 協 議 会 会 議 録 1 開 会 日 平 成 26 年 1 月 30 日 午 前 10 時 20 分 開 会 午 前 11 時 23 分 閉 会 2 場 所 第 1 委 員 会 室 3 出 席 委 員 渡 辺 順 子 委 員 長 吉 川 重 雄 副 委 員 長 高 橋 英 俊 委 員 二 宮 加 寿 子 委 員 三 澤 龍 夫 委 員 関 威 國 委 員 鈴 木

More information

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研

47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直 器 更 配 分 金 直 処 遇 改 善 信 頼 遂 研 47 8 47 8 公 町 央 -5-5 ワザ TEL084-5 FAX084-505 柿 所 柿 町 原 8- TEL/FAX0857-9 素 晴 底 づ 47 8 二 十 八 ざ 希 満 慶 旧 格 厚 陰 昨 0 周 始 賓 臨 席 無 終 厚 次 代 可 織 英 導 鞭 撻 必 須 願 具 標 強 財 容 強 ず 減 少 傾 頼 為 応 織 必 条 制 約 是 非 相 談 次 費 比 率 直

More information

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神

提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 提 号 各 収 補 正 算 号 号 各 収 算 他 Ⅰ 基 針 少 子 化 口 減 少 む 我 私 誰 願 現 護 相 互 ふ 見 守 担 積 極 展 襲 震 巨 津 波 多 尊 命 奪 犠 牲 わ 過 半 数 我 聞 誠 痛 恨 極 震 絆 切 再 識 私 絆 創 造 層 自 助 共 助 精 神 揮 帯 共 ふ 輪 広 担 ゆ ぎ 満 誰 気 軽 楽 自 由 集 指 次 重 標 広 護 90 号

More information

□ ご 遺 族 ご 親 族 の 方 へ 突 然 なるご 逝 去 心 よりお 悔 やみ 申 し 上 げます 故 人 の 安 らかなるご 冥 福 をお 祈 りさせていただきます 今 後 の 御 葬 儀 にあたり 本 書 をお 役 立 てください 富 山 県 下 新 川 郡 入 善 町 上 野 1121 宮 本 造 花 店 TEL(0765)72-1854 FAX(0765) 72-5126 喪 家 の 手

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ 第 7 回 古 河 市 総 合 計 画 審 議 会 及 び 古 河 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 会 議 会 議 録 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 11 時 00 分 場 所 総 和 庁 舎 3 階 特 別 会 議 室 出 席 者 ( 委 員 ) 計 13 名 青 栁 初 男 秋 山 政 明 枝 竜 二 北 島 富

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

indd

indd 北 軽 井 沢 大 学 村 の 環 境 を 守 る 会 も く じ 草 軽 電 鉄 駅 舎 復 元 図 1 2004 総 会 報 告 2 西 吾 妻 合 併 について 3 太 田 理 事 長 御 逝 去 3 駅 舎 周 辺 利 用 計 画 4 トピックス 6 懇 談 会 のご 案 内 7 会 計 報 告 8 草 軽 電 鉄 北 軽 井 沢 駅 舎 復 元 図 北 側 立 面 図 きたかるレポート No.31

More information

研究成果報告

研究成果報告 平 成 21 22 年 度 助 成 研 究 ゴールドサンドウィッチガラス 碗 における 截 金 技 法 研 究 ~ 大 英 博 物 館 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 を 中 心 として~ 並 木 秀 俊 Ⅰ- 研 究 目 的 東 京 藝 術 大 学 図 1 本 研 究 では ヨーロッパにおいて 紀 元 前 に 製 造 された とされる 大 英 博 物 館 所 蔵 金 箔 入 りガラス 碗 ( 図 1)

More information

働く女性の「口内環境」に関する意識調査

働く女性の「口内環境」に関する意識調査 報 道 関 係 各 位 2014 年 5 月 働 く 女 性 の 口 内 環 境 に 関 する 意 識 調 査 長 瀬 産 業 株 式 会 社 / 株 式 会 社 ナガセ ビューティケァ 長 瀬 産 業 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 中 央 区 / 代 表 取 締 役 社 長 : 長 瀬 洋 )の 100% 子 会 社 である 株 式 会 社 ナガセ ビューティケァ( 東 京 都 中

More information

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな

1 署 長 挨 拶 署 長 から 春 の 異 動 で 出 席 幹 部 が4 人 入 れ 替 わりました 先 日 の 熊 本 地 震 の 応 援 に 愛 知 県 警 察 からも 広 域 緊 急 援 助 隊 が 派 遣 されました 本 日 は 大 規 模 災 害 対 策 として 皆 さんの 忌 憚 のな 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 一 宮 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 26 日 ( 火 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 00 分 までの 間 一 宮 警 察 署 講 堂 1 委 員 高 間 正 道 会 長 杉 本 昇 副 会 長 岩 田 武 志 委 員 小 川 典 子 委 員 大 塚 良 雄 委 員 川

More information

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477>

<332D322E8B638E969776985E816991E63189F1939D8D879084906988CF88F589EF816A2E786477> 第 1 回 滝 野 川 第 六 小 学 校 紅 葉 小 学 校 統 合 推 進 会 議 事 要 録 日 時 場 所 参 加 者 (1) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )19 時 00 分 ~20 時 57 分 (2) 場 所 : 北 区 役 所 滝 野 川 分 庁 舎 大 会 議 室 (3) 出 席 者 : 統 合 推 進 会 20 名 傍 聴 者 :0 名 1 自 己 紹

More information

平 成 23 年 第 6 回 辰 野 町 議 会 定 例 会 議 録 (7 日 目 ) 1. 開 会 場 所 辰 野 町 議 事 堂 2. 開 催 日 時 平 成 23 年 6 月 9 日 午 前 10 時 3. 議 員 総 数 14 名 4. 出 席 議 員 数 14 名 1 番 永 原 良 子

平 成 23 年 第 6 回 辰 野 町 議 会 定 例 会 議 録 (7 日 目 ) 1. 開 会 場 所 辰 野 町 議 事 堂 2. 開 催 日 時 平 成 23 年 6 月 9 日 午 前 10 時 3. 議 員 総 数 14 名 4. 出 席 議 員 数 14 名 1 番 永 原 良 子 平 成 23 年 第 6 回 (6 月 ) 定 例 会 一 般 質 問 議 事 録 目 次 1 日 目 質 問 議 席 順 位 番 号 質 問 者 質 問 事 項 項 1 9 成 瀬 恵 津 子 1. 防 災 のさらなる 強 化 2. 乳 幼 児 児 童 医 療 費 特 別 給 付 の 窓 口 無 料 化 について 2 2 6 熊 谷 久 司 1. 伊 北 インター 周 辺 の 渋 滞 緩 和 対

More information

仕事が楽しい人File

仕事が楽しい人File 仕 事 が 楽 しい 人 File.60: 山 﨑 弘 さん( 画 家 ) モノを 感 覚 的 に 見 るのではなく 技 術 的 に 観 る 目 を 鍛 えよ 第 60 番 目 の 仕 事 が 楽 しい 人 は 画 家 の 山 﨑 弘 さんです みなさんは 画 家 ( 芸 術 家 )にどんなイメージを 持 っているでしょうか 私 は ベレー 帽 をかぶっている( 手 塚 治 虫 さんからの 印 象

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E2091E63289F18C6F89638AE989E688CF88F589EF8B638E96985E2E646F63> 平 成 21 年 度 第 2 回 経 営 企 画 委 員 会 議 事 録 1. 開 催 年 月 日 平 成 21 年 11 月 24 日 ( 火 ) 2. 開 催 場 所 グリーンヒルホテル 明 石 3. 出 席 者 松 本 副 会 長 小 川 副 理 事 長 勝 本 副 委 員 長 高 山 副 委 員 長 ( 委 員 ) 前 田 委 員 三 木 委 員 黒 田 委 員 瀧 本 委 員 村 尾 委

More information

審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作 康 シム 耐 歳 歳 算 額 億,97 万 額 追 補 正 算 額 8 億 8,97 万 主 波 ハザドマ 作 700 万 波 災 注 喚 起 災 災 識 揚 浸 水 範 囲 避

審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作 康 シム 耐 歳 歳 算 額 億,97 万 額 追 補 正 算 額 8 億 8,97 万 主 波 ハザドマ 作 700 万 波 災 注 喚 起 災 災 識 揚 浸 水 範 囲 避 8 皆 勝 祈 申 げ 暑 舞 申 げ 港 花 火 紙 ガド 審 般 質 弁 概 ~9 副 任 9 委 名 簿 9 陳 0 ケ 結 Topics 0 ( ) 催 ば 走 ろ~ 風 ~ (ばマソキャコピ) 観 光 写 真 コ 賞 作 品 順 次 紹 介 作 品 名 : 祭 燃 若 衆 審 6 例 6 件 件 可 主 容 告 般 補 正 算 ( 第 号 )( 致 可 ) 歳 寄 附 繰 波 ハザドマ 作

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

雑 感 : 半 世 紀 前 そして 今 伊 澤 尚 1945 年 戦 災 で 焼 け 出 され この 地 へ 親 と 共 に 越 してきた 裏 山 は 歴 史 的 には 塗 桶 山 という そこは 通 称 お 宮 さんと 子 供 たちが 呼 ぶ 浅 間 神 社 がある 木 花 咲 耶 姫 を 祭 る

雑 感 : 半 世 紀 前 そして 今 伊 澤 尚 1945 年 戦 災 で 焼 け 出 され この 地 へ 親 と 共 に 越 してきた 裏 山 は 歴 史 的 には 塗 桶 山 という そこは 通 称 お 宮 さんと 子 供 たちが 呼 ぶ 浅 間 神 社 がある 木 花 咲 耶 姫 を 祭 る 金 沢 区 生 涯 学 習 わ の 会 会 報 第 6 号 (2003 年 8 月 ) 雑 感 : 半 世 紀 前 そして 今 伊 澤 尚 1945 年 戦 災 で 焼 け 出 され この 地 へ 親 と 共 に 越 してきた 裏 山 は 歴 史 的 には 塗 桶 山 という そこは 通 称 お 宮 さんと 子 供 たちが 呼 ぶ 浅 間 神 社 がある 木 花 咲 耶 姫 を 祭 る 春 には 山

More information

艦これ-提督と艦娘の鎮守府物語- ID:83550

艦これ-提督と艦娘の鎮守府物語- ID:83550 - 物 語 - 京 急 11 編 成 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 作 品 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 深 海 棲 海 支 配 世 界 ピ チ 現 在 軍 ( ぶ ) 魂 持 現 ざ 反 撃 始 各 地 着 任 揮

More information

飾 区 子 ども 子 育 て 支 援 ニーズ 調 査 報 告 書 - 学 童 保 育 クラブ 利 用 等 に 関 する 調 査 - 平 成 26 年 3 月 飾 区 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 1 1. 調 査 目 的 1 2. 調 査 対 象 1 3. 調 査 方 法 1 4. 調 査 期 間 1 5. 回 収 状 況 1 6. 集 計 値 や 図 表 の 表 記 について 1 Ⅱ. 調 査

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6323689F190528B6389EF81408B638E96985E817948508CF68A4A9770817A2E646F63> 第 26 回 明 石 市 放 置 自 転 車 対 策 審 議 会 議 事 録 開 会 午 後 2:30 それでは さっそく 議 事 に 入 ります 本 日 の 議 題 は お 手 元 の 会 議 次 第 にありますように 報 告 事 項 3 件 です 審 議 事 項 はありません それでは 事 務 局 から 報 告 事 項 1について 説 明 願 います 事 務 局 A 報 告 事 項 の1 駅 別

More information

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd)

(Taro-\212w\215Z\202\275\202\346\202\3502009.9d.jtd) 学 校 だより 新 潟 市 立 下 山 中 学 校 N O. 5 平 成 21 年 9 月 1 日 発 行 下 山 中 生 大 活 躍! 校 長 宮 崎 繁 夫 甲 子 園 に お け る 日 本 文 理 の 快 進 撃 と 驚 異 的 な 粘 り に 感 動 し た 夏 が 終 わ り ま し た 3 8 日 間 の 夏 休 み 中, 様 々な 場 面 で, 日 本 文 理 に 負 け な い 下

More information

Taro-【会議録】H27第5回(定

Taro-【会議録】H27第5回(定 千 葉 県 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 2 7 年 度 第 5 回 会 議 ( 定 例 会 ) 1 期 日 平 成 2 7 年 7 月 1 5 日 ( 水 ) 開 会 午 前 1 0 時 3 0 分 閉 会 午 前 1 1 時 5 7 分 2 教 育 長 及 び 出 席 委 員 教 育 長 内 藤 敏 也 委 員 金 本 正 武 野 口 芳 宏 佐 藤 眞 理 上 西 京 一 郎 3 出

More information

shindou.docx

shindou.docx 自 動 車 騒 音 振 動 の 現 況 対 策 (1) 自 動 車 騒 音 振 動 の 発 生 自 動 車 の 走 行 に 伴 って 発 生 する 自 動 車 騒 音 は 走 行 条 件 によって 変 化 するが 騒 音 の 発 生 源 は 図 1に 示 すように 一 般 にエンジン 騒 音 冷 却 系 騒 音 吸 気 系 騒 音 排 気 系 騒 音 駆 動 系 騒 音 タイヤ 騒 音 に 大 別

More information

13.pub

13.pub -- 008 9 0 NO.3 発 : 身 障 害 定 期 刊 協 細 川 久 市 西 区 八 軒 八 条 東 5 丁 目 4-8 TEL0736-74 編 : 特 定 非 営 利 活 法 060-003 市 央 区 条 東 6 丁 目 0 番 TEL0-099 FX0-090 Email:darc@taupe.plala.or.jp HP: http://h-darc.com P ィ P3 福 祉

More information

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離

コムム 北 宮 頃 計 短 針 広 ナ 洒 落 宮 込 倉 賀 六 県 制 覇 西 傾 眺 八 八 突 季 節 隠 茅 辻 堂 夜 ゴ 迎 遠 ぁ + 辻 堂 8 公 共 首 圏 網 広 張 巡 ダ イ ヤ 数 過 疎 頭 階 長 頭 抱 戦 文 読 確 認 各 停 刻 メ モ 並 べ 停 距 離 保 養 施 設 菅 平 波 測 夏 宇 宙 信 講 義 波 測 学 定 認 湘 鎌 倉 光 ょ 良 直 距 離 ほ 遠 挟 直 実 際 ア プ ロ 達 首 圏 網 縦 尽 張 巡 実 際 汎 性 早 頃 走 鶴 鶴 忘 全 崩 壊 勤 忙 ビ ジ ネ マ 鶴 情 武 継 ぎ 勤 圧 力 屈 首 郊 窓 府 武 蔵 浦 和 北 頃 勤 帯 終 迎 盤 戦 差 掛 息 次 常 磐 友 打 違 友 水 園

More information

 

  平 成 26 年 第 4 回 吉 富 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 ( 第 1 号 ) 平 成 26 年 7 月 11 日 ( 金 ) 午 前 10 時 00 分 開 議 日 程 第 1 会 議 録 署 名 議 員 の 指 名 について 日 程 第 2 会 期 の 決 定 について 日 程 第 3 議 案 第 37 号 京 築 広 域 市 町 村 圏 事 務 組 合 規 約 の 変 更 について

More information

普通科三年生「生物」勉強報告会

普通科三年生「生物」勉強報告会 幼 児 生 活 団 生 活 の 全 てから 繋 がる 美 術 木 村 佳 代 子 幼 児 生 活 団 の 美 術 は 特 別 な 才 能 教 育 として 教 え 込 むのでなく 自 然 の 中 にある 色 形 音 に 美 しさを 見 出 す 感 性 と 感 じたことを 表 そうとする 思 いと 力 が 子 ども 達 が 友 だちと 楽 しく 励 み 合 う 日 々の 生 活 の 中 で 育 まれていくようにと

More information

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て

3 ウ ワ ミ ズ ザ ク ラ 幹 の 樹 皮 に は 横 縞 の 模 様 も な く 花 も 桜 の 概 念 か ら は ほ ど 遠 い 形 を し て い る が こ れ も 桜 の 仲 間 で あ る 20 メートル に も な る 大 木 で 4 月 の 中 頃 新 葉 が ひ ら い て 河 辺 い き も の の 森 の 植 物 そ の 3 樹 の 花 河 辺 い き も の の 森 に は 約 100 種 類 の 樹 木 が 生 育 し て い る 整 備 さ れ る 以 前 の 森 は そ の 見 か け 上 の 違 い か ら ケ ヤ キ 林 コ ナ ラ 林 ア ラ カ シ 林 ス ギ 林 竹 林 の 5 種 類 の 林 か ら 成 り 立 つ と さ れ て い た が 手

More information

92_himawari.indd

92_himawari.indd [ 愛 謝 奉 仕 ] 92 号 月 2 4 5 6 11 紹 法 創 立 30 周 特 別 寄 稿 東 海 牧 野 通 紹 ( ぬ) 各 10 ュ 12 30 周 案 内 / 編 集 記 vol.92 2 22 5 月 20 3 vol.92 22 5 月 20 vol.92 4 22 5 月 20 庭 育 低 下 題 久 モ 欠 育 無 関 放 増 無 難 題 込 む 現 社 全 縮 図 現 巻

More information

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演

宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 旅 客 鉄 道 株 社 様 宮 乗 車 数 約 万 全 8 位 誇 北 形 秋 田 越 北 陸 幹 線 接 続 秋 ズ 合 せ ポ 映 像 流 宣 伝 効 果 収 期 宝 有 茅 北 海 道 函 館 森 八 戸 形 舟 形 携 関 演 . 46 数 :,6 宮 デ 宝 宮 構 央 自 由 通 路 設 置 デ 電 子 広 告 看 板 柱 面 ポ 映 像 流 公 合 せ 関 丸 視 察 宮 歓 迎 受 詳 細 面 48-88 通 番 TEL- FAX-644 E-mail info@tokamachi-cci.or.jp UL http:www.tokamachi-cci.or.jp October 宮 構 央 自 由 通 路 設 置

More information

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安

1. 事 務 局 挨 拶 本 日 の 欠 席 委 員 の 報 告 委 員 15 名 のうち 1 名 欠 席 過 半 数 出 席 のため 協 議 会 の 開 催 宣 言 ~これより 委 員 長 により 議 事 進 行 ~ 2. 委 員 長 進 行 委 員 長 前 回 の 協 議 会 にて 安 全 安 平 成 27 年 度 第 2 回 多 摩 市 安 全 安 心 まちづくり 推 進 協 議 会 要 約 日 時 : 平 成 27 年 10 月 19 日 ( 月 ) 会 場 :401 会 議 室 委 員 出 席 者 14 名 藤 本 哲 也 ( 委 員 長 )/ 山 田 祐 子 ( 副 委 員 長 )/ 上 野 博 / 小 川 太 一 / 溝 口 幸 夫 / 田 村 清 太 郎 / 山 田 美 音 /

More information

議事録

議事録 香 美 町 農 業 委 員 会 総 会 ( 第 4 回 ) 議 事 録 1. 開 催 日 時 平 成 28 年 7 月 22 日 ( 金 ) 9:30~11:30 2. 開 催 場 所 香 美 町 役 場 3 階 大 会 議 室 3. 出 席 委 員 (24 人 ) 会 長 1 番 西 田 英 喜 会 長 職 務 代 理 者 藤 原 敏 和 委 員 3 番 中 川 君 雄 4 番 天 良 敬 次 5

More information