Microsoft Word _4.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 2008_4.doc"

Transcription

1 験 震 時 報 第 71 巻 (2008)43~57 頁 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について The Revised List of Active Volcanoes in Japan and Classification (Ranking) of the Volcanoes Based on their Past 10,000 years of Activity 林 豊 1 宇 平 幸 一 Yutaka HAYASHI 1 and Kohichi UHIRA 2 2 (Received April 17, 2007: Accepted July 4, 2007) 1 はじめに 2003 年 1 月, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 は, 活 火 山 の 定 義 を, 従 来 の 過 去 およそ 2000 年 以 内 に 噴 火 し た 火 山 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 から, 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山, 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 に 拡 大 した. 新 しい 定 義 に 基 づき, 日 本 の 活 火 山 の 数 は 86 から 108(う ち 海 底 火 山 12, 北 方 領 土 の 火 山 11)に 増 加 した. また, 同 時 に 過 去 の 火 山 活 動 度 を 基 に 活 火 山 をラ ンク A,B,C の 3 つに 分 類 した 結 果 が 公 表 された ( 気 象 庁,2003B).これらの 結 果 の 解 説 はすでに いくつか 公 開 されている( 例 えば,Ui et al.,2003; 宇 井 ほか,2003; 宇 平,2003; 山 里,2004). 本 稿 では, 上 記 活 火 山 の 選 定 及 び 火 山 活 動 度 に よる 分 類 について, 検 討 の 経 緯 に 焦 点 を 当 てて 改 めて 詳 しく 紹 介 するとともに, 成 果 を 活 用 する 際 に 考 慮 すべき 事 柄 を 取 り 上 げる. 火 山 活 動 度 の 算 定 とその 性 質 については, 別 稿 ( 林 宇 平,2008) で 述 べる. 2 背 景 と 経 緯 火 山 に 関 する 基 礎 的 資 料 をカタログとして 整 備 す ることは, 火 山 研 究 を 推 進 し, 火 山 災 害 の 防 止 や 軽 減 のための 施 策 を 検 討 するために 必 要 不 可 欠 な 仕 事 である. 日 本 では, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 ( 以 下, 予 知 連 )が 会 の 任 務 の 一 環 として,1974 年 の 設 置 当 初 から 活 火 山 カタログの 整 備 を 続 けてきた. 予 知 連 の 二 十 周 年 及 び 三 十 周 年 の 記 念 刊 行 物 の 中 でもこの 経 緯 が 簡 潔 に 解 説 されている( 気 象 庁 地 震 火 山 部 地 震 火 山 業 務 課 火 山 対 策 室,1995; 山 里, 2005). 活 火 山 の 定 義, 活 火 山 の 数, 活 火 山 カタロ グ 及 び 活 火 山 のランク 分 けに 関 する 経 緯 を 年 表 と して 表 1に 示 す. 2.1 活 火 山 の 定 義 とカタログの 変 遷 活 火 山 とは, 本 来 現 在 火 山 活 動 があるか, 過 去 に 火 山 活 動 の 記 録 があって 将 来 も 噴 火 する 可 能 性 のある 火 山 のことを 指 す.しかし, 長 期 にわ たって 活 動 を 休 止 したあと 活 動 を 再 開 する 噴 火 事 例 もあり, 将 来 の 噴 火 の 可 能 性 の 有 無 の 判 定 は 容 易 ではない. 日 本 では,ある 一 定 期 間 内 の 噴 火 活 動 の 有 無 を 中 心 にした 定 義 によって, 活 火 山 が 選 定 されてきた 年, 予 知 連 は, 当 時 の 活 火 山 の 定 義 であっ た 噴 火 の 記 録 のある 火 山 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 に 該 当 する 77 活 火 山 に 関 する 資 料 をとりまとめた.この 成 果 は 日 本 活 火 山 要 覧 ( 気 象 庁 編,1975)として, 刊 行 された 年 には, 基 礎 資 料 が 充 実 し, 一 部 の 火 山 の 名 称 変 更 が 反 映 された 日 本 活 火 山 総 覧 ( 気 象 庁 編,1984)が 刊 行 された 年, 予 知 連 は, 活 火 山 の 定 義 を 過 去 およ そ 2000 年 以 内 に 噴 火 した 火 山 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 に 変 更 した.この 定 義 に 該 当 1 気 象 研 究 所 地 震 火 山 研 究 部, Seismology and Volcanology Research Department, Meteorological Research Institute 2 地 震 火 山 部 地 震 津 波 監 視 課,Earthquake and Tsunami Observations Division, Seismological and Volcanological Department -43-

2 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 表 1 日 本 の 活 火 山 の 定 義, 火 山 数 及 びカタログに 関 する 年 表 1952 年 3 月 火 山 観 測 法 ( 初 版 ) ( 気 象 庁,1952)に 日 本 における 活 休 火 山 一 覧 図 と 日 本 における 噴 火 年 代 表 が 収 録 される. 一 覧 図 には, 噴 火 記 録 のある 45 の 火 山 が 記 されているが, 休 火 山 と 活 火 山 は, 区 別 さ れていない 年 10 月 噴 火 記 録 のある 火 山 はもとより, 噴 火 記 録 はなくても, 過 去 10 世 紀 程 度 までの 間 に 噴 火 したことが 科 学 的 に 立 証 されていたり, 現 に 噴 気 地 熱 活 動 が 認 められたり, 時 には 噴 気 活 発 化 地 震 群 発 など のいわゆる 火 山 性 異 常 現 象 が 発 生 したりする 第 四 紀 火 山 として,63 活 火 山 の 分 布 図 と 概 要 が 火 山 観 測 指 針 の 付 録 ( 気 象 庁,1968)に 収 録 される 年 1975 年 10 月 1984 年 3 月 1991 年 2 月 1991 年 3 月 1996 年 10 月 1999 年 2 月 1999 年 5 月 2003 年 1 月 2005 年 3 月 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 ( 以 下, 予 知 連 )が 全 国 の 活 火 山 の 活 動 状 況, 噴 火 史 のとりまとめを 開 始 噴 火 の 記 録 がある 火 山,または 噴 気 活 動 が 活 発 な 火 山 として,77 活 火 山 の 概 要 を 含 む 日 本 活 火 山 要 覧 ( 気 象 庁,1975) 刊 行 初 めて 北 方 領 土 の 活 火 山 が 加 わる 各 活 火 山 の 基 礎 資 料 をまとめた 日 本 活 火 山 総 覧 ( 気 象 庁 編,1984) 刊 行 予 知 連 が 過 去 およそ 2000 年 以 内 に 噴 火 した 火 山 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 からなる 83 活 火 山 のリストを 発 表 連 絡 会 での 検 討 は 活 火 山 検 討 ワーキンググループ (1988~1991)が 中 心 83 活 火 山 の 基 礎 資 料 をまとめた 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 二 版 ) ( 気 象 庁 編,1991) 刊 行 予 知 連 での 検 討 の 結 果, 羅 臼 岳, 燧 ケ 岳, 北 福 徳 堆 が 活 火 山 に 追 加 予 知 連 での 検 討 は 火 山 噴 火 の 長 期 予 測 に 関 するワーキンググループ 活 火 山 サブグループ (1995 ~1999)が 中 心 長 期 予 測 ワーキンググループの 最 終 報 告 を 受 けて, 予 知 連 が, 活 火 山 の 一 万 年 定 義 とランク 分 けの 必 要 性 について 発 表 一 万 年 定 義 による 活 火 山 選 定 とランク 分 けの 検 討 を 目 的 として, 予 知 連 が 活 火 山 ワーキンググルー プ (1999~2003)を 設 置 活 火 山 ワーキンググループの 最 終 報 告 を 受 けて, 予 知 連 が 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山, 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 という 新 しい 定 義 を 公 表,また, 新 定 義 で 選 定 した 108 活 火 山 の ランク 分 け 結 果 を 公 表 108 活 火 山 の 概 要 と 活 火 山 ランクを 含 む 基 礎 資 料 をまとめた 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 三 版 ) ( 気 象 庁 編,2005) 刊 行

3 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について する 83 活 火 山 のカタログ 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 2 版 ) ( 気 象 庁 編,1991)は,1996 年 には 一 部 改 訂 ( 1995 年 までの 火 山 活 動 の 記 述 を 追 加 )した 上 で 大 蔵 省 印 刷 局 から 市 販 され, 広 く 活 用 されるよう になった 年 には, 定 義 に 該 当 する 3 火 山 が 追 加 され, 活 火 山 の 数 は 86 となった( 気 象 庁,1997).しか し,この 3 火 山 の 詳 しい 情 報 は, 学 術 刊 行 物 や 各 種 報 告 書 にも 紹 介 されず, 広 くは 伝 えられてはい ない 年, 活 火 山 の 新 しい 定 義 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山, 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 の ある 火 山 に 基 づいて 108 の 活 火 山 が 選 定 され, これらの 活 火 山 のランクと 火 山 概 要 を 含 めた 活 火 山 カタログ 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 3 版 ) ( 気 象 庁 編,2005)が 市 販 されている. 各 カタログにおける 活 火 山 リストは 表 2,3 のと おりである. 2.2 新 しい 活 火 山 の 定 義 による 選 定 1995 年 以 降, 活 火 山 の 定 義 や 選 定 に 係 わる 議 論 は, 予 知 連 の 委 員 及 び 臨 時 委 員 の 一 部 で 構 成 され るワーキンググループで 行 われてきた. 予 知 連 の ワーキンググループ( 2007 年 4 月 以 降 は, 検 討 会 ) は, 運 営 要 領 運 営 細 則 に 基 づき, 特 定 の 課 題 に ついて 調 査 する 目 的 で, 期 限 を 定 めて 設 置 される 火 山 噴 火 の 長 期 予 測 に 関 するワーキンググ ループ での 議 論 1999 年 2 月, 予 知 連 は 火 山 噴 火 の 長 期 的 な 予 測 に 関 するワーキンググループ (1995~ 1999 年 ; 世 話 人 : 井 田 喜 明, 宇 井 忠 英, 岡 田 弘 [1995~ 1997], 藤 井 敏 嗣, 石 原 和 弘 [1997~ 1999])の 最 終 報 告 を 承 認 した.この 報 告 書 ( 気 象 庁,1999)では, 最 近 一 万 年 以 内 の 噴 火 の 有 無 を 基 準 とした 活 火 山 の 定 義 の 必 要 性 について 言 及 している. 定 義 の 変 更 に より, 活 火 山 の 多 様 性 が 著 しく 拡 大 するため, 火 山 に 対 する 施 策 について 総 合 的 に 検 討 するための 手 がかりを 与 える 指 標 が 必 要 になる. 報 告 書 では, さらに, 火 山 固 有 の 要 素 と 社 会 的 要 素 を 定 量 的 な 危 険 度 として 評 価 し, 活 火 山 をランク 分 けする 必 要 性 があることが 指 摘 された. 活 火 山 の 定 義 を 拡 大 する 必 要 があるとされた 理 由 の 一 つは, 日 本 の 火 山 では 2 千 年 を 超 える 休 止 期 間 を 経 て 噴 火 活 動 を 再 開 することがあると 考 え られるためである.Blong(1984)が 世 界 の 火 山 噴 火 についてまとめた 統 計 によれば,1 千 年 を 超 える 休 止 期 間 の 後 に 噴 火 した 実 例 が 少 数 ながらある. 例 えば, 米 国 スミソニアン 発 行 の 世 界 の 火 山 カタ ログ(Simkin and Siebert,1994)では, 御 嶽 山 が 1979 年 に 約 8 千 年 ぶりに 噴 火 したほか, 伊 豆 東 部 火 山 群 が 1989 年 に 約 3 千 年 ぶりに 噴 火 したとある.こ れらの 例 は, 仮 に 過 去 およそ 2000 年 以 内 に 噴 火 した 火 山 だけを 抽 出 したリストを 作 ると,リス ト 外 の 火 山 が 将 来 噴 火 する 事 態 を 生 じる 可 能 性 が あることを 示 している.Simkin and Siebert(1994) によれば, 日 本 に 見 られる 火 山 のタイプでは, 噴 火 の 活 動 間 隔 が, 大 規 模 カルデラを 形 成 する 火 山 では 概 ね 十 万 年 以 下,それを 除 く 多 くの 成 層 火 山 や 単 成 火 山 群 では 1 万 年 以 下 である 活 火 山 ワーキンググループでの 議 論 上 記 検 討 結 果 を 引 き 継 ぐ 形 で, 予 知 連 は, 同 年 5 月, 新 たに 活 火 山 ワーキンググループ (1999 ~2003 年 ; 世 話 役 : 井 田 喜 明, 宇 井 忠 英 )を 設 置 し, 活 火 山 の 選 定 及 び 長 期 的 な 活 動 特 性 の 評 価 等 について 検 討 を 始 めた. ワーキングループの 設 置 期 間 は 当 初 は 2 年 間 の 予 定 であったが,2000 年 に 噴 火 した 有 珠 山 及 び 三 宅 島 の 火 山 活 動 評 価 等 に 係 る 任 務 を 優 先 したこと もあって, 設 置 期 間 が 2 年 延 長 された. 同 ワーキ ンググループでの 検 討 結 果 は, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 による 活 火 山 の 選 定 及 び 火 山 活 動 度 による 分 類 (ランク 分 け)について ( 気 象 庁,2003B)と してとりまとめられ,2003 年 1 月 21 日 に 公 表 さ れた. 活 火 山 の 選 定 等 には, 多 岐 にわたる 膨 大 な 検 討 事 項 がある.このため, 火 山 地 質 学 等 の 専 門 家 及 びコンサルタント 会 社 の 協 力 を 得 て, 事 務 局 レベ ルで 基 礎 的 な 準 備 検 討 が 進 められた.また,ワ

4 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 表 2 過 去 の 活 火 山 カタログに 記 載 された 活 火 山 のリスト 1952 年 火 山 観 測 法 45 活 休 火 山 ( 陸 上 島 嶼 43, 海 底 火 山 2) 活 火 山 と 休 火 山 の 区 分 はなされていない 硫 黄 山, 十 勝 岳, 樽 前 山, 有 珠 山, 北 海 道 駒 ケ 岳, 北 海 道 大 島, 岩 木 山, 秋 田 焼 山, 岩 手 山, 秋 田 駒 ケ 岳, 鳥 海 山, 須 川 岳 ( 栗 駒 山 ), 藏 王 山, 吾 妻 山, 安 達 太 良 山, 盤 梯 山, 那 須 山, 日 光 白 根 山, 赤 城 山, 草 津 白 根 山, 浅 間 山, 新 潟 焼 山, 焼 岳, 白 山, 富 士 山, 三 原 山, 新 島, 神 津 島, 三 宅 島, 八 丈 島, 青 ケ 島,ベヨネーズ 礁 スミ ス 礁, 鳥 島, 鶴 見 岳, 九 重 山, 阿 蘇 山, 雲 仙 岳, 霧 島 山, 桜 島, 開 聞 岳, 硫 黄 島, 口 之 永 良 部 島, 中 之 島, 諏 訪 之 瀬 島 1968 年 火 山 観 測 指 針 63 活 火 山 ( 陸 上 島 嶼 59, 海 底 火 山 4) このほかに 補 遺 ( 注 ) 知 床 硫 黄 山, 摩 周,アトサヌプリ, 雌 阿 寒 岳, 大 雪 山, 十 勝 岳, 樽 前 山, 有 珠 山, 北 海 道 駒 ケ 岳, 恵 山, 渡 島 大 島, 恐 山, 岩 木 山, 八 甲 田 山, 秋 田 焼 山, 八 幡 平, 岩 手 山, 秋 田 駒 ケ 岳, 鳥 海 山, 栗 駒 山, 鳴 子, 蔵 王 山, 吾 妻 山, 安 達 太 良 山, 磐 梯 山, 那 須 岳, 日 光 白 根 山, 赤 城 山, 草 津 白 根 山, 浅 間 山, 新 潟 焼 山, 妙 高 山, 弥 陀 ケ 原, 焼 岳, 乗 鞍 岳, 御 岳 山, 白 山, 富 士 山, 箱 根 山, 大 室 山, 伊 豆 大 島, 新 島, 神 津 島, 三 宅 島, 八 丈 島, 青 ケ 島,ベヨネイス 列 岩,スミス 島, 伊 豆 鳥 島, 鶴 見 岳, 九 重 山, 阿 蘇 山, 雲 仙 岳, 霧 島 山, 桜 島, 開 聞 岳,トカラ 硫 黄 島, 口 永 良 部 島, 中 之 島, 諏 訪 之 瀬 島, 北 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山, 硫 黄 島, 南 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山 1975 年 日 本 活 火 山 要 覧 77 活 火 山 ( 陸 上 島 嶼 61, 海 底 火 山 6, 北 方 領 土 10) 変 更 追 加 された 火 山 知 床 硫 黄 山, 摩 周,アトサヌプリ, 雌 阿 寒 岳, 大 雪 山, 十 勝 岳, 樽 前 山, 有 珠 山, 北 海 道 駒 ケ 岳, 恵 山, 渡 島 大 島, 恐 山, 岩 木 山, 八 甲 田 山, 秋 田 焼 山, 八 幡 平, 岩 手 山, 秋 田 駒 ケ 岳, 鳥 海 山, 栗 駒 山, 鳴 子, 蔵 王 山, 吾 妻 山, 安 達 太 良 山, 磐 梯 山, 那 須 岳, 日 光 白 根 山, 赤 城 山, 草 津 白 根 山, 浅 間 山, 新 潟 焼 山, 妙 高 山, 彌 陀 ケ 原 ( 表 記 の 変 更 ), 焼 岳, 乗 鞍 岳, 御 岳 山, 白 山, 富 士 山, 箱 根 山, 大 室 山, 伊 豆 大 島, 新 島, 神 津 島, 三 宅 島, 八 丈 島, 青 ケ 島,ベヨネース 列 岩 ( 表 記 の 変 更 ),スミス 島, 伊 豆 鳥 島, 西 之 島, 北 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山, 硫 黄 島, 南 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山, 鶴 見 岳, 九 重 山, 阿 蘇 山, 雲 仙 岳, 霧 島 山, 桜 島, 開 聞 岳,トカラ 硫 黄 島, 口 永 良 部 島, 中 之 島, 諏 訪 之 瀬 島, 沖 縄 鳥 島, 西 表 島 北 北 東 海 底 火 山, 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山, 茂 世 路 岳, 散 布 山, 指 臼 岳, 小 田 萌 山, 小 散 布 山, 阿 登 佐 岳,ベルタルベ, 爺 爺 岳, 羅 臼 山, 泊 山 1984 年 日 本 活 火 山 総 覧 77 活 火 山 ( 陸 上 島 嶼 61, 海 底 火 山 6, 北 方 領 土 10) 変 更 があった 火 山 知 床 硫 黄 山, 摩 周,アトサヌプリ, 雌 阿 寒 岳, 大 雪 山, 十 勝 岳, 樽 前 山, 有 珠 山, 北 海 道 駒 ケ 岳, 恵 山, 渡 島 大 島, 恐 山, 岩 木 山, 八 甲 田 山, 秋 田 焼 山, 八 幡 平, 岩 手 山, 秋 田 駒 ケ 岳, 鳥 海 山, 栗 駒 山, 鳴 子, 蔵 王 山, 吾 妻 山, 安 達 太 良 山, 磐 梯 山, 那 須 岳, 日 光 白 根 山, 赤 城 山, 草 津 白 根 山, 浅 間 山, 新 潟 焼 山, 妙 高 山, 弥 陀 ケ 原 ( 表 記 の 変 更 ), 焼 岳, 乗 鞍 岳, 御 岳 山, 白 山, 富 士 山, 箱 根 山, 大 室 山, 伊 豆 大 島, 新 島, 神 津 島, 三 宅 島, 八 丈 島, 青 ケ 島,ベヨネース 列 岩,スミス 島, 伊 豆 鳥 島, 西 之 島, 北 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山, 硫 黄 島, 南 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山, 鶴 見 岳, 九 重 山, 阿 蘇 山, 雲 仙 岳, 霧 島 山, 桜 島, 開 聞 岳, 薩 摩 硫 黄 島 (トカラ 硫 黄 島 を 名 称 変 更 ), 口 永 良 部 島, 中 之 島, 諏 訪 之 瀬 島, 硫 黄 鳥 島 ( 沖 縄 鳥 島 を 名 称 変 更 ), 西 表 島 北 北 東 海 底 火 山, 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山, 茂 世 路 岳, 散 布 山, 指 臼 岳, 小 田 萌 山, 焼 山 ( 択 捉 島 )( 小 散 布 山 を 名 称 変 更 ), 阿 登 佐 岳,ベルタルベ 山, 爺 爺 岳, 羅 臼 山, 泊 山 1991 年 3 月 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 二 版 ) 83 活 火 山 ( 陸 上 島 嶼 66, 海 底 火 山 7, 北 方 領 土 10) 変 更 追 加 された 火 山 知 床 硫 黄 山, 摩 周,アトサヌプリ, 雌 阿 寒 岳, 丸 山, 大 雪 山, 十 勝 岳, 樽 前 山, 恵 庭 岳, 倶 多 楽, 有 珠 山, 北 海 道 駒 ケ 岳, 恵 山, 渡 島 大 島, 恐 山, 岩 木 山, 八 甲 田 山, 十 和 田, 秋 田 焼 山, 八 幡 平, 岩 手 山, 秋 田 駒 ケ 岳, 鳥 海 山, 栗 駒 山, 鳴 子, 蔵 王 山, 吾 妻 山, 安 達 太 良 山, 磐 梯 山, 那 須 岳, 日 光 白 根 山, 赤 城 山, 榛 名 山, 草 津 白 根 山, 浅 間 山, 新 潟 焼 山, 妙 高 山, 弥 陀 ケ 原, 焼 岳, 乗 鞍 岳, 御 嶽 山 ( 表 記 の 変 更 ), 白 山, 富 士 山, 箱 根 山, 伊 豆 東 部 火 山 群, 伊 豆 大 島, 新 島, 神 津 島, 三 宅 島, 八 丈 島, 青 ケ 島,ベヨネース 列 岩, 須 美 寿 島 ( 漢 字 表 記 への 変 更 ), 伊 豆 鳥 島, 西 之 島, 海 徳 海 山, 噴 火 浅 根 ( 北 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山 を 2 火 山 に 分 離 ), 硫 黄 島, 福 徳 岡 ノ 場 ( 南 硫 黄 島 付 近 海 底 火 山 を 名 称 変 更 ), 鶴 見 岳, 九 重 山, 阿 蘇 山, 雲 仙 岳, 霧 島 山, 桜 島, 開 聞 岳, 薩 摩 硫 黄 島, 口 永 良 部 島, 中 之 島, 諏 訪 之 瀬 島, 硫 黄 鳥 島, 西 表 島 北 北 東 海 底 火 山, 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山, 茂 世 路 岳, 散 布 山, 指 臼 岳, 小 田 萌 山, 択 捉 焼 山 ( 焼 山 ( 択 捉 島 )を 名 称 変 更 ), 択 捉 阿 登 佐 岳 ( 阿 登 佐 岳 を 名 称 変 更 ),ベルタルベ 山, 爺 爺 岳, 羅 臼 山, 泊 山 ( 注 ) 火 山 観 測 指 針 には,63 活 火 山 のほか 補 遺 として, 海 底 噴 火 の 記 録 が 残 っているが 信 頼 性 はうすい 地 点 ( 伊 豆 鳥 島 近 海, 北 硫 黄 島 北 西 方 洋 上, 台 湾 ~マリアナ 諸 島 の 中 間 の 洋 上 )が 挙 げられている.これらのうち, 天 文 年 間 の 北 硫 黄 島 北 西 方 洋 上 での 海 底 噴 火 は, 海 徳 海 山 の 活 動 に 対 応 するとも 考 えられるが, 詳 細 は 不 明 である( 気 象 庁,2005). 残 りの 二 地 点 は, 海 底 噴 火 の 記 録 に 対 応 する 海 底 活 火 山 が 知 られていない

5 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について 表 年 に 新 たに 追 加 された 活 火 山, 及 び 範 囲 などが 変 更 された 活 火 山 No. 区 分 火 山 名 英 名 所 在 地 北 緯 東 経 標 高 水 深 (m) 活 火 山 の 選 定 等 の 理 由 9 新 利 尻 山 Rishirizan 北 海 道 45 10'43" '31" 1,721( 利 尻 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 14 新 羊 蹄 山 Yoteisan 北 海 道 42 49'36" '41" 1,898( 羊 蹄 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 15 新 ニセコ Niseko 北 海 道 42 53'07" 42 52'30" '25" '32" 1,116(イワオヌプリ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 1,308(ニセコアンヌプリ) 30 新 肘 折 Hijiori 山 形 県 38 36'01" '42" 545( 三 角 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 35 新 沼 沢 Numazawa 福 島 県 37 26'40" '58" 835( 前 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 36 57'12" '19" 1,184( 富 士 山 ) 38 新 高 原 山 Takaharayama 栃 木 県 現 在, 活 発 な 噴 気 活 動 があることから, 新 たに 活 火 山 とする '00" '36" 1,795( 釈 迦 ケ 岳 ) 44 新 横 岳 Yokodake 長 野 県 36 05'14" '13" 2,480( 横 岳 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 49 新 アカンダナ 山 Akandanayama 55 名 伊 豆 東 部 火 山 群 Izu-Tobu Volcanoes 長 野 県 岐 阜 県 36 12'01" '22" 2,109(アカンダナ 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 東 京 都 34 54'11" '41" 580( 大 室 山 ) 英 名 を"Izu-Tobu Volcano Group"から 変 更 する. 57 新 利 島 Toshima 東 京 都 34 31'13" '45" 508( 宮 塚 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 61 新 御 蔵 島 Mikurajima 東 京 都 33 52'28" '07" 851( 御 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 62 範 八 丈 島 Hachijojima 東 京 都 33 08'13" '58" 854( 西 山 ) 西 山 に 加 えて 東 山 においても, 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 がある 33 05'31" '44" 701( 東 山 ) ことから, 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大 する. 67 新 孀 婦 岩 Sofugan 東 京 都 29 47'37" '32" 99 周 辺 の 水 深 500m 以 浅 の 海 域 で 変 色 水 が 確 認 されていること から, 新 たに 活 火 山 とする. 69 新 海 形 海 山 Kaikata Seamount 東 京 都 26 40' ' -162 水 深 500m 以 浅 の 海 域 で 変 色 水 が 確 認 されていることから, 新 たに 活 火 山 とする. 74 名 福 徳 岡 ノ 場 Fukutoku- Okanoba 東 京 都 ' ' -22 英 名 を"Fukutoku-Oka-no-Ba"から 変 更 する. 75 分 南 日 吉 海 山 Minami-Hiyoshi Seamount 東 京 都 ' ' 分 日 光 海 山 Nikko Seamount 東 京 都 23 05' ' -612 近 年, 南 日 吉 海 山 では 海 底 噴 火 が, 日 光 海 山 では 変 色 水 が 確 認 されている. 観 測 精 度 が 向 上 し, 両 火 山 の 活 動 が 区 別 で きるようになっていることから, 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山 の 一 部 を 独 立 して, 南 日 吉 海 山 と 日 光 海 山 をそれぞれ 活 火 山 とす る. 77 新 三 瓶 山 Sanbesan 島 根 県 35 08'26" '18" 1,126( 男 三 瓶 山 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 78 新 阿 武 火 山 群 Abu Volcanoes 山 口 県 34 26'58" '07" 112( 笠 山 ) 単 成 火 山 が 分 布 しており, 最 新 の 活 動 が 一 万 年 前 以 降 である ことから, 単 成 火 山 群 として, 新 たに 活 火 山 とする. 79 範 名 鶴 見 岳 伽 藍 岳 Tsurumidake Garandake and 大 分 県 33 17'12" 33 19'03" '47" '39" 1,375( 鶴 見 岳 ) 1,045( 伽 藍 岳 ) 鶴 見 岳 に 加 えて 伽 藍 岳 においても, 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 が あることから, 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大 する.また, 複 数 の 活 動 中 心 があることを 明 確 にするために, 名 称 を 変 更 する. 80 新 由 布 岳 Yufudake 大 分 県 33 16'56" '25" 1,583( 由 布 岳 ) 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 84 新 福 江 火 山 群 Fukue Volcanoes 長 崎 県 32 39'23" '55" 315( 鬼 岳 ) 86 新 米 丸 住 吉 池 Yonemaru Sumiyoshiike and 鹿 児 島 県 31 46'27" 31 46'17" '05" '31" 87 新 若 尊 Wakamiko 鹿 児 島 県 ' ' 新 池 田 山 川 Ikeda and Yamagawa 鹿 児 島 県 31 12'48" 31 12'36" '02" '12" 14( 米 丸 中 央 付 近 ) 40( 住 吉 池 中 央 付 近 ) 256( 鍋 島 岳 ) 3( 番 所 鼻 ) 91 範 薩 摩 硫 黄 島 Satsuma-Iojima 鹿 児 島 県 30 47'35" '19" 704( 硫 黄 岳 ) 93 新 口 之 島 Kuchinoshima 鹿 児 島 県 29 58'05" 29 57'40" '32" '58" 628( 前 岳 ) 425( 燃 岳 ) 単 成 火 山 が 分 布 しており, 最 新 の 活 動 が 一 万 年 前 以 降 である ことから, 単 成 火 山 群 として, 新 たに 活 火 山 とする. 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 現 在, 海 底 で 活 発 な 熱 水 活 動 が 認 められることから, 新 たに 活 火 山 とする. 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 薩 摩 硫 黄 島 島 内 に 加 えて 周 辺 の 浅 い 海 域 においても, 海 底 噴 火 があることから, 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大 する. 一 万 年 前 以 降 に 噴 火 があることから, 新 たに 活 火 山 とする 北 方 領 土 105 新 ルルイ 岳 Ruruidake 44 27'20" '21" 1,486 現 在, 活 発 な 噴 気 活 動 があることから, 新 たに 活 火 山 とする. ( 国 後 島 ) 気 象 庁 (2003B)の 表 を, 活 火 山 総 覧 ( 第 3 版 ) ( 気 象 庁 編,2005)をもとに 加 除 修 正 した. ( 注 1) No.は, 表 4 と 同 じ. ( 注 2) 区 分 の 新 は 新 たに 活 火 山 とする 火 山, 範 は 既 存 の 活 火 山 の 範 囲 を 変 更 する 火 山, 分 は 既 存 の 活 火 山 を 分 割 する 火 山, 名 は 名 称 を 変 更 する 火 山. ( 注 3) 緯 度 経 度 は 世 界 測 地 系 による. 標 高 水 深 の 負 の 数 は 水 深 を 示 す

6 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 ーキンググループの 議 論 の 必 要 に 応 じて 委 員 以 外 の 専 門 家 が 招 集 され,さらに, 研 究 集 会 での 発 表 ( 宇 井 ほか, 2002; 千 葉 ほか,2002)を 通 じて, 検 討 段 階 で 研 究 者 からの 意 見 が 収 集 された. 実 際 に 活 火 山 を 選 定 する 作 業 の 最 初 の 段 階 では, 第 四 紀 火 山 カタログ 委 員 会 (1999)が 発 行 した 第 四 紀 火 山 のカタログが 基 礎 資 料 として 用 いられた. これは, 核 燃 料 サイクル 機 構 ( 地 層 の 長 期 安 定 性 に 関 する 検 討 委 員 会 火 山 部 会 )の 調 査 成 果 で, 第 四 紀 つまり 最 近 約 2 百 万 年 以 内 に 火 山 活 動 が 認 め られる 火 山 のカタログである. 約 350 の 第 四 紀 火 山 の 中 から, 数 万 年 以 内 に 火 山 活 動 がなかったこ とが 明 白 な 火 山, 従 来 の 活 火 山 リストに 含 まれて いる 火 山 を 除 くと,60 余 りの 火 山 が 残 る.これら の 火 山 を 個 々に, 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 活 動 があ るか, 現 在 の 活 動 状 況 はどうかが 検 討 された. 検 討 に 際 しては, 空 中 写 真 と 地 形 図 による 火 山 地 形 の 検 討 を 行 うとともに, 地 質 調 査 に 基 づく 噴 火 履 歴 情 報 や 噴 火 年 代 測 定 等 の 情 報 が 活 用 された. 過 去 約 1 万 年 以 内 とは, 概 ね 最 終 氷 河 期 終 了 後 の 完 新 世 を 指 すことになる. 完 新 世 に 堆 積 した 特 徴 的 な 黒 土 という 土 壌 や, 氷 河 地 形 などの 特 徴 的 な 地 形 が 中 緯 度 地 域 に 広 く 分 布 する 日 本 にとっては, 過 去 約 1 万 年 以 内 の 活 動 の 有 無 というのは, 地 形 と 地 質 の 情 報 を 頼 りにする 活 火 山 かどうかの 選 定 作 業 が 行 いやすい 定 義 でもある. 活 火 山 に 選 定 すべきとされた 火 山 については, ランク 分 けする 方 法 を 検 討 した.ランク 分 けは, 既 往 調 査 から, 噴 火 履 歴 と 近 年 観 測 された 火 山 活 動 の 情 報 を 収 集 し,それらをもとに 長 期 短 期 の 両 面 から 総 合 的 に 検 討 した. 3 報 告 書 の 要 点 平 成 15 年 1 月 21 日 に 公 表 された 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 による 活 火 山 の 選 定 及 び 火 山 活 動 度 によ る 分 類 (ランク 分 け)について の 要 点 は 下 述 の とおりである.なお, 公 表 された 資 料 の 全 文 は, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 会 報 ( 気 象 庁,2003B)に 掲 載 されている. (1) 活 火 山 の 定 義 活 火 山 の 定 義 を 次 のとおり 変 更 した. 従 来 の 定 義 : 過 去 およそ 2000 年 以 内 に 噴 火 し た 火 山 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 新 しい 定 義 : 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山 及 び 現 在 噴 気 活 動 のある 火 山 (2) 活 火 山 の 選 定 新 しい 定 義 に 従 って, 新 たに 21 の 火 山 を 活 火 山 として 選 定 した. 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山 と 総 称 されていた 火 山 のうち, 日 本 の 排 他 的 経 済 水 域 内 に 位 置 する 南 日 吉 海 山 と 日 光 海 山 を 分 離 独 立 させ た. 以 上 により, 活 火 山 の 数 は 従 来 の 86 から 108 となった. 過 去 一 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山 が 隣 接 している ことから, 鶴 見 岳, 八 丈 島, 薩 摩 硫 黄 島 の 各 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大 し,このうち 鶴 見 岳 は 名 称 を 鶴 見 岳 伽 藍 岳 に 変 更 した. 伊 豆 東 部 火 山 群 と 福 徳 岡 ノ 場 の 英 名 は 適 切 に 改 めた. 新 たに 追 加 された 活 火 山, 及 び 範 囲 や 名 称 など が 変 更 された 活 火 山 は, 表 3 のとおり.また, 全 活 火 山 の 分 布 は 図 1,リストは 表 4 のとおりであ る. (3) 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け) 火 山 学 的 に 評 価 された 火 山 活 動 度 によって 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)を 行 った. 火 山 活 動 度 は, 長 期 と 短 期 の 両 面 から 検 討 した. 長 期 の 火 山 活 動 度 には 噴 出 物 と 噴 火 履 歴 の 情 報 を, 短 期 の 火 山 活 動 度 には 気 象 庁 等 の 近 代 観 測 による 火 山 活 動 に 関 するデータを 用 いた. 活 火 山 の 分 類 には, 火 山 活 動 以 外 の 社 会 的 な 側 面 などは 加 味 されていない. 具 体 的 には, 火 山 活 動 度 について100 年 活 動 度 指 数 と 1 万 年 活 動 度 指 数 を 定 義 し( 林 宇 平,2008), 両 指 数 によって 活 火 山 をランクA,ランクB,ラ ン ク Cに 分 類 した( 表 4).ただし, 海 底 のみに 火 山 活 動 が 認 められる12の 活 火 山 と, 北 方 領 土 に 位 置 する11の 活 火 山 についてデータが 不 足 しているた め,ランク 分 けの 対 象 外 とした. このように, 活 火 山 の 分 類 には, 社 会 的 な 影 響 を 考 慮 していない. (4) 新 たに 追 加 された 活 火 山 について 新 たに 追 加 されランク 分 けの 対 象 となる17の 活

7 活火山カタログの改訂と火山活動度による活火山の分類 ランク分け について 図 1 新しい定義に基づいて選定された 108 活火山の分布 (気象庁,2003B) 49

8 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 表 4 新 しい 定 義 に 基 づいて 選 定 された 活 火 山 一 覧 ( 気 象 庁,2003B) (1/3) ラ No. 火 山 名 英 名 ン ク 所 在 地 1 知 床 硫 黄 山 Shiretoko-Iozan B 北 海 道 2 羅 臼 岳 Rausudake B 北 海 道 3 摩 周 Mashu B 北 海 道 4 アトサヌプリ Atosanupuri C 北 海 道 5 雌 阿 寒 岳 Meakandake B 北 海 道 6 丸 山 Maruyama C 北 海 道 7 大 雪 山 Taisetsuzan C 北 海 道 8 十 勝 岳 Tokachidake A 北 海 道 9 利 尻 山 Rishirizan C 北 海 道 活 火 山 として 追 加 10 樽 前 山 Tarumaesan A 北 海 道 11 恵 庭 岳 Eniwadake C 北 海 道 12 倶 多 楽 Kuttara C 北 海 道 13 有 珠 山 Usuzan A 北 海 道 14 羊 蹄 山 Yoteisan C 北 海 道 活 火 山 として 追 加 15 ニセコ Niseko C 北 海 道 活 火 山 として 追 加 16 北 海 道 駒 ケ 岳 Hokkaido-Komagatake A 北 海 道 17 恵 山 Esan B 北 海 道 18 渡 島 大 島 Oshima-Oshima B 北 海 道 19 恐 山 Osorezan C 青 森 県 20 岩 木 山 Iwakisan B 青 森 県 21 八 甲 田 山 Hakkodasan C 青 森 県 22 十 和 田 Towada B 青 森 県 秋 田 県 23 秋 田 焼 山 Akita-Yakeyama B 秋 田 県 24 八 幡 平 Hachimantai C 岩 手 県 秋 田 県 25 岩 手 山 Iwatesan B 岩 手 県 26 秋 田 駒 ケ 岳 Akita-Komagatake B 岩 手 県 秋 田 県 27 鳥 海 山 Chokaisan B 秋 田 県 山 形 県 28 栗 駒 山 Kurikomayama B 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 29 鳴 子 Naruko C 宮 城 県 30 肘 折 Hijiori C 山 形 県 活 火 山 として 追 加 31 蔵 王 山 Zaozan B 宮 城 県 山 形 県 32 吾 妻 山 Azumayama B 山 形 県 福 島 県 33 安 達 太 良 山 Adatarayama B 福 島 県 34 磐 梯 山 Bandaisan B 福 島 県 35 沼 沢 Numazawa C 福 島 県 活 火 山 として 追 加 36 燧 ケ 岳 Hiuchigatake C 福 島 県 37 那 須 岳 Nasudake B 栃 木 県 38 高 原 山 Takaharayama C 栃 木 県 活 火 山 として 追 加 39 日 光 白 根 山 Nikko-Shiranesan C 栃 木 県 群 馬 県 40 赤 城 山 Akagisan C 群 馬 県 注 1) ランクの - は 海 底 のみに 火 山 活 動 がある 活 火 山 または 北 方 領 土 の 活 火 山 で, 活 動 度 指 数 の 評 価 とランク 分 けの 対 象 外.ランクは 活 動 度 が 高 い 順 にA,B,C. 注 2) 火 山 名 と 英 名 の 太 字 は 変 更 があった 活 火 山. 備 考

9 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について 表 4 新 しい 定 義 に 基 づいて 選 定 された 活 火 山 一 覧 ( 気 象 庁,2003B) (2/3) No. 火 山 名 英 名 ラ ン ク 所 在 地 備 考 41 榛 名 山 Harunasan B 群 馬 県 42 草 津 白 根 山 Kusatsu-Shiranesan B 群 馬 県 43 浅 間 山 Asamayama A 群 馬 県 長 野 県 44 横 岳 Yokodake C 長 野 県 活 火 山 として 追 加 45 新 潟 焼 山 Niigata-Yakeyama B 新 潟 県 46 妙 高 山 Myokosan C 新 潟 県 47 弥 陀 ケ 原 Midagahara C 富 山 県 48 焼 岳 Yakedake B 長 野 県 岐 阜 県 49 アカンダナ 山 Akandanayama C 長 野 県 岐 阜 県 活 火 山 として 追 加 50 乗 鞍 岳 Norikuradake C 長 野 県 岐 阜 県 51 御 嶽 山 Ontakesan B 長 野 県 岐 阜 県 52 白 山 Hakusan C 石 川 県 岐 阜 県 53 富 士 山 Fujisan B 山 梨 県 静 岡 県 54 箱 根 山 Hakoneyama B 神 奈 川 県 55 伊 豆 東 部 火 山 群 Izu-Tobu Volcanoes B 静 岡 県 英 名 をIzu-Tobu Volcano Groupから 変 更 56 伊 豆 大 島 Izu-Oshima A 東 京 都 57 利 島 Toshima C 東 京 都 活 火 山 として 追 加 58 新 島 Niijima B 東 京 都 59 神 津 島 Kozushima B 東 京 都 60 三 宅 島 Miyakejima A 東 京 都 61 御 蔵 島 Mikurajima C 東 京 都 活 火 山 として 追 加 62 八 丈 島 Hachijojima C 東 京 都 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大, 呼 称 は 変 更 しない 63 青 ケ 島 Aogashima C 東 京 都 64 ベヨネース 列 岩 Beyonesu (Beyonnaise) 東 京 都 - Rocks 65 須 美 寿 島 Sumisujima (Smith Rocks) - 東 京 都 66 伊 豆 鳥 島 Izu-Torishima A 東 京 都 67 孀 婦 岩 Sofugan - 東 京 都 活 火 山 として 追 加 68 西 之 島 Nishinoshima B 東 京 都 69 海 形 海 山 Kaikata Seamount - 東 京 都 活 火 山 として 追 加 70 海 徳 海 山 Kaitoku Seamount - 東 京 都 71 噴 火 浅 根 Funka Asane - 東 京 都 72 硫 黄 島 Iojima B 東 京 都 73 北 福 徳 堆 Kita-Fukutokutai - 東 京 都 74 福 徳 岡 ノ 場 Fukutoku-Okanoba - 東 京 都 英 名 をFukutoku-Oka-no-Baから 変 更 75 南 日 吉 海 山 Minami-Hiyoshi Seamount - 東 京 都 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山 の 一 部 を 独 立 76 日 光 海 山 Nikko Seamount - 東 京 都 南 硫 黄 島 南 東 沖 海 底 火 山 の 一 部 を 独 立 77 三 瓶 山 Sanbesan C 島 根 県 活 火 山 として 追 加 78 阿 武 火 山 群 Abu Volcanoes C 山 口 県 活 火 山 として 追 加 79 鶴 見 岳 伽 藍 岳 Tsurumidake and 大 分 県 伽 藍 岳 を 活 火 山 の 範 囲 に 加 え, 鶴 見 岳 から 呼 称 を B Garandake 変 更 80 由 布 岳 Yufudake C 大 分 県 活 火 山 として 追 加 注 1) ランクの - は 海 底 のみに 火 山 活 動 がある 活 火 山 または 北 方 領 土 の 活 火 山 で, 活 動 度 指 数 の 評 価 とランク 分 けの 対 象 外.ランクは 活 動 度 が 高 い 順 に A,B,C. 注 2) 火 山 名 と 英 名 の 太 字 は 変 更 があった 活 火 山

10 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 表 4 新 しい 定 義 に 基 づいて 選 定 された 活 火 山 一 覧 ( 気 象 庁,2003B) (3/3) No. 火 山 名 英 名 ラ ン ク 所 在 地 備 考 81 九 重 山 Kujusan B 大 分 県 82 阿 蘇 山 Asosan A 熊 本 県 83 雲 仙 岳 Unzendake A 長 崎 県 84 福 江 火 山 群 Fukue Volcanoes C 長 崎 県 活 火 山 として 追 加 85 霧 島 山 Kirishimayama B 宮 崎 県 鹿 児 島 県 86 米 丸 住 吉 池 Yonemaru and 鹿 児 島 県 活 火 山 として 追 加 C Sumiyoshiike 87 若 尊 Wakamiko - 鹿 児 島 県 活 火 山 として 追 加 88 桜 島 Sakurajima A 鹿 児 島 県 89 池 田 山 川 Ikeda and Yamagawa C 鹿 児 島 県 活 火 山 として 追 加 90 開 聞 岳 Kaimondake C 鹿 児 島 県 91 薩 摩 硫 黄 島 Satsuma-Iojima A 鹿 児 島 県 活 火 山 の 範 囲 を 拡 大, 呼 称 は 変 更 しない 92 口 永 良 部 島 Kuchinoerabujima B 鹿 児 島 県 93 口 之 島 Kuchinoshima C 鹿 児 島 県 活 火 山 として 追 加 94 中 之 島 Nakanoshima B 鹿 児 島 県 95 諏 訪 之 瀬 島 Suwanosejima A 鹿 児 島 県 96 硫 黄 鳥 島 Io-Torishima B 沖 縄 県 97 西 表 島 北 北 東 海 Submarine Volcano NNE of 底 火 山 Iriomotejima - 沖 縄 県 98 茂 世 路 岳 Moyorodake - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 99 散 布 山 Chirippusan - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 100 指 臼 岳 Sashiusudake - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 101 小 田 萌 山 Odamoisan - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 102 択 捉 焼 山 Etorofu-Yakeyama - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 103 択 捉 阿 登 佐 岳 Etorofu-Atosanupuri - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 104 ベルタルベ 山 Berutarubesan - 北 方 領 土 ( 択 捉 島 ) 105 ルルイ 岳 Ruruidake - 北 方 領 土 ( 国 後 島 ) 活 火 山 として 追 加 106 爺 爺 岳 Chachadake - 北 方 領 土 ( 国 後 島 ) 107 羅 臼 山 Raususan - 北 方 領 土 ( 国 後 島 ) 108 泊 山 Tomariyama - 北 方 領 土 ( 国 後 島 ) 注 1) ランクの - は 海 底 のみに 火 山 活 動 がある 活 火 山 または 北 方 領 土 の 活 火 山 で, 活 動 度 指 数 の 評 価 とランク 分 けの 対 象 外.ランクは 活 動 度 が 高 い 順 に A,B,C. 注 2) 火 山 名 と 英 名 の 太 字 は 変 更 があった 活 火 山

11 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について 火 山 は, 最 近 の 火 山 活 動 において 特 段 の 異 常 現 象 はなく,いずれも 活 動 度 の 低 いランク C に 分 類 さ れた. 4 議 論 と 今 後 の 課 題 4.1 活 火 山 の 定 義 の 国 際 的 な 標 準 現 状, 活 火 山 の 定 義 に 国 際 的 な 標 準 があるとは 言 えず, 各 国 の 主 要 研 究 機 関 が 公 表 している 火 山 カタログに 掲 載 されている 基 準 は, 各 国 で 異 なっ ている.ただし, 最 近 では, 国 際 的 に 広 く 利 用 さ れている 米 国 スミソニアンの 世 界 の 火 山 カタログ ( Simkin and Siebert, 1994)が 原 則 として 過 去 一 万 年 間 の 噴 火 リストを 収 録 するなど, 過 去 一 万 年 間 の 噴 火 の 有 無 によって 活 火 山 を 定 義 する 考 え 方 が 次 第 に 普 及 しつつある. 予 知 連 が, 活 火 山 の 定 義 を 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山, 及 び 現 在 噴 気 活 動 のある 火 山 とした 理 由 の 一 つは,こ のような 状 況 を 鑑 みてのことである.この 定 義 は, 今 後, 国 際 的 に 主 流 な 考 え 方 になっていくかもし れない. なお, 活 火 山 (active volcanoes)を 政 府 レベル で 定 義 している 主 要 国 のうち, 日 本 と 同 様 に 過 去 一 万 年 間 の 噴 火 の 有 無 を 基 準 としている 国 は,い まのところ, 日 本 以 外 ではフィリピンだけである. 他 の 火 山 国 は, 第 四 紀 に 活 動 の 記 録 がある 火 山, 噴 火 の 歴 史 記 録 がある 火 山,のように 分 類 して 列 挙 するにとどまっていたり, 研 究 者 あるいは 研 究 機 関 が 研 究 成 果 をある 国 や 地 域 の 活 火 山 リストと して 作 成 したものが 流 通 していたり,という 状 況 にある. 4.2 カルデラ 火 山 の 取 り 扱 い 大 規 模 な 火 砕 流 発 生 とそれに 伴 うカルデラ 形 成 噴 火 は, 稀 な 現 象 ではあるが,きわめて 深 刻 な 災 害 の 要 因 となるため, 重 要 である. 一 般 にこのような 噴 火 の 再 来 間 隔 は 数 万 年 以 上 であるから(Simkin and Siebert,1994), 大 規 模 なカルデラを 形 成 した 火 山 の 中 には, 新 しい 活 火 山 の 定 義 に 当 てはまらない ものが 含 まれる 可 能 性 が 残 されている.しかし, 現 実 には, 日 本 で 見 られるカルデラ 火 山 の 多 くは, 大 規 模 なカルデラ 形 成 噴 火 後 にカルデラ 縁 にポスト カルデラ 火 山 を 形 成 し,ポストカルデラ 火 山 が 過 去 一 万 年 以 内 に 噴 火 した 履 歴 を 有 する 場 合 が 多 い( 表 5). このため,カルデラ 火 山 だけを 対 象 に 別 の 定 義 を 設 けなくても, 活 火 山 リストにない 火 山 からの 巨 大 噴 火 という 事 態 を 避 けるという 観 点 からは, 実 用 上 の 問 題 がないといえる. 4.3 海 底 火 山 の 取 り 扱 い 報 告 書 では, 噴 出 中 心 を 海 底 にのみ 有 する 火 山 が 海 底 火 山 とされた.つまり, 孀 婦 岩 のように 海 面 上 に 岩 礁 として 火 山 体 の 頂 部 が 見 られても, 海 面 上 に 火 山 活 動 が 認 められない 場 合 は, 海 底 火 山 とされた. 海 底 噴 火 の 活 動 年 代 を 特 定 するにはかなりの 困 難 を 伴 う.このため, 活 火 山 の 選 定 基 準 の 適 用 に あたっては, 火 山 防 災 上 の 観 点 も 考 慮 して, 海 底 火 山 の 場 合 は 実 用 的 な 選 定 を 行 う 工 夫 が 施 された. すなわち, 噴 気 活 動 は 海 底 での 熱 水 活 動 と 読 み 替 えられた.また, 海 面 にまで 影 響 を 与 えるよう な 海 底 噴 火 のみを 考 慮 するという 観 点 から, 水 深 500m 以 浅 で 活 動 が 認 められない 海 底 火 山 は, 活 火 山 として 選 定 しないこととされた. 4.4 噴 火 年 代 測 定 の 誤 差 活 火 山 の 選 定 に 際 しては, 最 新 の 噴 火 が 1 万 年 前 より 前 か 後 かを 判 断 する 作 業 が 多 く 行 われるが, 判 断 をする 際 に 重 要 な 数 千 ~ 数 万 年 程 度 の 噴 火 年 代 は, 火 山 堆 積 物 の 上 下 の 地 層 に 含 まれる 有 機 物 の 放 射 性 炭 素 測 定 により 求 められることが 多 い. 放 射 性 炭 素 年 代 の 測 定 原 理 は, 簡 単 に 述 べれば 次 のようなものである. 地 球 大 気 に 含 まれる 炭 素 の 大 多 数 は 分 子 量 が 12 の 元 素 12 C であるが, 一 兆 個 にひとつほど 分 子 量 が 14 の 半 減 期 5730 年 の 放 射 性 炭 素 14 C が 含 ま れている. 試 料 中 の 14 C/ 12 C のモル 比 を 測 定 する ことにより, 閉 じた 系 になった( 例 えば, 木 が 枯 死 後 に 砂 礫 層 に 閉 じ 込 められた) 時 からの 時 間 が 求 められる

12 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 ところが,この 放 射 性 炭 素 測 定 年 代 は 実 際 の 暦 とは 一 致 しない. 放 射 性 炭 素 の 時 計 は, 早 く 進 む 時 代 と, 遅 く 進 む 時 代 ( 例 えば, 約 1 万 年 前 以 前 の 氷 河 期 )がある.これは, 地 球 磁 場 強 度 の 変 化 に 伴 い 宇 宙 線 により 窒 素 分 子 から 地 球 大 気 中 で 生 成 される 14 C の 濃 度 が 変 化 すること, 海 洋 による 炭 素 原 子 の 収 支 が 気 候 等 により 変 動 することなど による. 測 定 年 代 に CalibETH( Niklaus,1991)な どで 補 正 を 適 用 したとしても, 有 史 以 前 の 噴 火 年 代 を 推 定 するには,ある 程 度 の 不 確 実 さを 伴 うこ とが 避 けられない.このため, 最 も 新 しい 噴 出 物 の 年 代 が 1 万 年 前 より 以 前 か 以 後 かを 判 定 するこ とは, 難 しい 場 合 もある. 4.5 火 山 活 動 度 とランクの 性 質 1999 年 までの 火 山 噴 火 の 長 期 的 な 予 測 に 関 す るワーキンググループ での 議 論 ( 気 象 庁,1999) では, 火 山 固 有 の 要 素 と 社 会 的 要 素 を 定 量 的 な 危 険 度 として 評 価 して, 活 火 山 をランク 分 けする 必 要 性 が 指 摘 されていた.しかし, 活 火 山 ワーキン ググループでの 社 会 学 者 防 災 行 政 関 係 者 との 議 論 を 通 じて, 活 火 山 の 重 要 性 が 視 点 によって 異 な ること, 重 要 性 の 高 低 を 検 討 する 上 で 火 山 活 動 度 は 共 通 して 考 慮 すべき 概 念 であることが 明 らかに なった.これを 踏 まえて, 社 会 的 要 因 を 考 慮 に 入 れずにランク 分 けするのが 適 切 な 考 え 方 であると の 結 論 に 達 した( 気 象 庁,2003A).こうして,2003 年 の 予 知 連 の 報 告 書 での 火 山 活 動 度 指 数 には, 過 去 の 火 山 活 動 を 基 にしたものが 採 用 されることと なった. したがって, 火 山 活 動 度 は, 将 来 の 活 火 山 の 活 動 度 の 高 さを 推 定 するものではない.また, 活 火 山 の 地 理 的 条 件, 土 地 利 用 状 況, 火 山 防 災 対 策 の 現 状 を 考 慮 していないため,いわゆる 火 山 活 動 の 危 険 性 や 噴 火 の 切 迫 性 を 示 したものでもない. 火 山 活 動 度 指 数 は, 調 査 研 究 の 不 完 全 性 などに よりその 見 積 もりに 誤 差 があるだけでなく,そも そも 不 変 ではない. 例 えば, 顕 著 な 噴 火 活 動 があ ると,100 年 火 山 活 動 度 指 数 に 大 きな 変 化 が 生 じ る.また, 数 百 年 以 上 の 休 止 期 間 後 の 噴 火 や, 従 来 知 られていない 様 式 の 活 動 が 生 じれば,1 万 年 火 山 活 動 度 に 変 化 を 生 じる. 加 えて,100 年 とい う 区 切 りのために, 火 山 活 動 度 を 評 価 する 時 点 が 変 われば 火 山 活 動 度 が 大 きく 影 響 を 受 けることも 確 かめられている.この 点 については, 別 稿 ( 林 宇 平,2008)で 述 べる. 以 上 の 性 質 を 考 慮 すると, 火 山 活 動 度 指 数 の 小 さな 違 いをもってどちらの 活 火 山 がより 活 動 的 で あるかという 議 論 をすることは, 適 切 でない. また,ランク A,B,C の 分 類 結 果 も, 火 山 活 動 度 指 数 の 大 きさに 基 づいて 行 われているため, 社 会 的 要 因 は 加 味 されていない.ランクが 火 山 リスク や 火 山 の 社 会 的 重 要 性 に 対 比 されるべきものでは ないという 性 格 から, 火 山 監 視 体 制 や 火 山 災 害 対 策 とランクを 一 対 一 に 対 応 させることは 不 適 切 で ある. 活 火 山 のランクは, 各 ユーザが 個 別 の 事 情 を 勘 案 して, 適 切 な 対 応 を 判 断 するための 一 材 料 であるという 考 え 方 を 浸 透 させることが, 検 討 成 果 の 正 しい 利 活 用 に 結 び 付 けていく 上 で 重 要 であ る. 4.6 活 火 山 であるとも 活 火 山 でないとも 断 定 でき ない 火 山 活 火 山 ワーキンググループでの 議 論 を 通 じて, 活 火 山 として 選 定 されなかった 火 山 の 中 には,こ れまでに 得 られている 研 究 情 報 だけからではその 精 度 が 十 分 でないなどの 理 由 から, 積 極 的 には 活 火 山 であるとも 活 火 山 ではないとも 断 定 できない 火 山 があった( 表 6).これらの 火 山 がどのような 活 動 履 歴 を 有 するのかについては, 今 後 の 研 究 が 期 待 されている. 将 来 の 調 査 研 究 の 進 展 に 伴 って は, 特 にこのような 火 山 の 中 から,さらに 活 火 山 がいくつか 追 加 されることもありえるので, 最 新 活 動 時 期 等 に 関 する 火 山 学 的 な 知 見 が 蓄 積 されれ ば, 定 期 的 にあるいは 随 時 に 活 火 山 リストが 見 直 されるべきだろう. 4.7 新 たに 追 加 された 活 火 山 の 基 礎 的 な 調 査 研 究 気 象 庁 では, 火 山 情 報 取 扱 規 則 と 機 動 観 測 業 務 実 施 要 領 が 一 部 改 正 され, 新 たに 追 加 された 活 火

13 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について 表 5 活 火 山 の 新 定 義 におけるカルデラ 火 山 の 取 り 扱 い 気 象 庁 (2003B)に 注 の 一 部 を 加 筆 *1 カルデラ 名 称 後 カルデラ 火 山 名 *2 活 火 山 としての 区 分 カルデラ 火 山 の 最 新 噴 火 年 代 屈 斜 路 アトサヌプリ 約 3 万 年 摩 周 カムイヌプリ 約 6 千 年 阿 寒 雌 阿 寒 岳 十 数 万 年 支 笏 恵 庭 岳 樽 前 山 約 4 万 年 倶 多 楽 倶 多 楽 約 4 万 年 洞 爺 有 珠 山 約 10 万 年 十 和 田 - 約 6 千 年 鳴 子 - 約 4 万 5 千 年 箱 根 箱 根 山 約 5 万 年 阿 蘇 阿 蘇 山 約 9 万 年 姶 良 若 尊 桜 島 約 2 万 5 千 年 *3 阿 多 - - 約 11 万 年 鬼 界 薩 摩 硫 黄 島 約 7 千 3 百 年 *1 日 本 の 第 四 紀 火 山 カタログ ( 第 四 紀 火 山 カタログ 委 員 会 編,1999)から, 概 ね 十 数 万 年 以 内 に 大 規 模 な 火 砕 流 噴 火 に よって 形 成 された 大 型 カルデラを 抽 出 して 表 で 示 した *2 気 象 庁 (2003B)の 活 火 山 リストにおける 取 り 扱 い 活 火 山 とされているカルデラ 火 山 後 カルデラ 火 山 が 活 火 山 となっているカルデラ 火 山 - いずれでもない *3 開 聞 岳 と 池 田 山 川 は,Matumoto(1943)により 地 形 的 に 推 定 された 大 型 カルデラ 阿 多 カルデラ の 縁 に 位 置 してい るが, 約 11 万 年 前 の 阿 多 火 砕 流 の 噴 出 源 に 形 成 されたカルデラの 位 置 ( 松 本 宇 井,1997)とは 異 なる. 表 中 では, 後 者 の 意 味 での 阿 多 カルデラについて 記 されている. 表 6 新 しい 定 義 による 活 火 山 の 選 定 作 業 で, 今 後 の 調 査 が 必 要 とされた 火 山 天 頂 山, 屈 斜 路 中 島, 雄 阿 寒 岳, 濁 川, 横 当 島, 三 ツ 岳, 鷲 羽 池, 然 別, 寒 風 山, 志 賀 山, 海 勢 海 丘, 神 鍋 火 山 群, 悪 石 島, 黄 尾 嶼,ラッキベツ 岳, 神 威 岳,トロウ 山, 留 茶 留 山, 本 登 山, 恩 根 登 山, 単 冠 山, 西 単 冠 山, 萌 消, 岩 山

14 験 震 時 報 71 巻 1~4 号 山 に 対 しては, 気 象 庁 が 火 山 情 報 を 発 表 できる 体 制 を 整 えることとなり,そのうち 陸 上 の 活 火 山 ( 北 方 領 土 を 除 く)は 機 動 観 測 の 対 象 として 追 加 され た. 一 方 で, 新 たに 追 加 された 活 火 山 について,そ の 多 くは 地 震 活 動 地 熱 活 動 の 現 状 など 基 礎 的 な 活 動 状 況 の 調 査 は 現 状 において 十 分 ではない. 海 上 保 安 庁 による 定 期 的 な 航 空 調 査 が 行 われ, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 に 調 査 の 毎 にその 結 果 が 報 告 され てきた 海 底 火 山 を 除 けば, 調 査 の 対 象 となること がほとんどなかったからである. 新 たに 活 火 山 に 追 加 され, 機 動 観 測 の 対 象 にもなったことから, 今 後 調 査 が 実 施 されれば,そこで 得 られる 成 果 は 火 山 災 害 対 策 のための 基 礎 的 な 情 報 として 有 意 義 なものになるだろう. 4.8 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 火 山 活 動 評 価 検 討 会 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 では, 火 山 活 動 評 価 検 討 会 ( 座 長 : 石 原 和 弘,2006 年 11 月 設 置, 設 置 当 時 の 名 称 は 火 山 活 動 評 価 ワーキンググループ)を 設 置 した. 検 討 会 では, 過 去 の 火 山 活 動 度 による 分 類 を 一 歩 進 めて, 今 後 概 ね 百 年 以 内 の 噴 火 等 の 発 生 可 能 性 を 評 価 し,さらに 社 会 的 影 響 も 考 慮 して, 火 山 監 視 や 火 山 災 害 対 策 が 必 要 な 火 山 を 選 定 する ことが 検 討 されている. 5 まとめ 日 本 では, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 が 会 の 任 務 の 一 環 として,1974 年 の 設 置 当 初 から 活 火 山 カタログ の 整 備 を 続 けてきた( 表 1,2) 年 1 月 には, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 での 議 論 の 結 果, 活 火 山 の 定 義 が 概 ね 過 去 1 万 年 以 内 に 噴 火 した 火 山, 及 び 現 在 活 発 な 噴 気 活 動 のある 火 山 に 拡 大 され, 新 たな 活 火 山 が 選 定 されるなど して, 日 本 の 活 火 山 の 数 は 86 から 108 に 増 加 した ( 表 3, 図 1). 定 義 の 改 訂 と 活 火 山 の 追 加 によって, 日 本 の 活 火 山 の 活 動 度 の 幅 は,およそ 一 万 年 前 にたった 一 回 の 噴 火 の 証 拠 が 知 られているだけの 火 山 までに 広 がったことから, 同 時 に 火 山 活 動 度 に 基 づいた ランク A,B,C の 3 つのランクへの 分 類 が 行 われた ( 表 4).しかし, 火 山 活 動 度 には 社 会 的 な 要 因 が 加 味 されていないため, 防 災 対 応 とランクを 一 対 一 に 対 応 させるなどの 利 用 は 適 切 ではない. 活 火 山 の 選 定 作 業 の 過 程 で, 活 火 山 であるとも そうでないとも 判 定 できなかった 火 山 ( 表 6)があ る. 今 後, 火 山 の 最 新 活 動 時 期 等 に 関 する 火 山 学 的 な 知 見 が 蓄 積 されれば, 活 火 山 リストが 見 直 さ れるべきである. 謝 辞 査 読 者 の 山 里 平 氏 の 有 益 な 示 唆 により, 本 稿 は 改 善 されました. 記 して 感 謝 します. 活 火 山 の 定 義 の 見 直 し, 新 定 義 による 活 火 山 の 選 定 及 びランク 分 けは, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 の 委 員 はじめ 関 係 各 位 による 活 発 な 議 論 を 通 じて 行 わ れました. 当 時 の 事 務 局 メンバーとして, 末 筆 な がらお 礼 を 申 し 上 げます. 文 献 宇 井 忠 英 井 田 喜 明 鎌 田 浩 毅 林 信 太 郎 川 辺 禎 久 加 藤 幸 弘 千 葉 達 朗 藤 田 浩 司 塩 谷 みき 竹 内 勤 (2002): 日 本 の 活 火 山 の 見 直 し:1 万 年 噴 火 履 歴 に 基 づく 新 定 義 の 提 案 (1), 地 球 惑 星 科 学 関 連 学 会 2002 年 合 同 大 会 予 稿 集,V 宇 井 忠 英 井 田 喜 明 林 信 太 郎 鎌 田 浩 毅 川 辺 禎 久 加 藤 幸 弘 千 葉 達 朗 藤 田 浩 司 塩 谷 みき 林 豊 宇 平 幸 一 (2003): 活 火 山 の 再 定 義 とラン ク 分 け, 地 球 惑 星 科 学 関 連 学 会 2003 年 合 同 大 会 予 稿 集,V055- P031. 宇 平 幸 一 (2003): 活 火 山 の 選 定 及 び 火 山 活 動 度 による 分 類 (ランク 分 け)について, 火 山 防 災 情 報 ワーク ショップ in 桜 島 報 告 書, 京 都 大 学 防 災 研 究 所 21 世 紀 COE プログラム- 災 害 学 理 の 究 明 と 防 災 学 の 構 築 - 火 山 活 動 の 評 価 手 法 の 開 発 と 火 山 防 災 情 報 に 関 する 研 究,1-6. 気 象 庁 (1952): 火 山 観 測 法,pp 気 象 庁 (1968): 日 本 の 活 火 山 ( 各 活 火 山 の 特 性 と 活 動 年 代 表 ), 火 山 観 測 指 針,pp 気 象 庁 編 (1975): 日 本 活 火 山 要 覧,119p

15 活 火 山 カタログの 改 訂 と 火 山 活 動 度 による 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)について 気 象 庁 編 (1984): 日 本 活 火 山 総 覧,482p. 気 象 庁 編 (1991): 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 2 版 ),483p. 気 象 庁 (1997): 第 73 回 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 議 事 録, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 会 報,67, 気 象 庁 (1999): 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 ワーキンググルー プの 報 告 について, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 会 報,73, 気 象 庁 (2003A): 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 第 8 回 活 火 山 ワ ーキンググループ 議 事 録, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 会 報,83, 気 象 庁 (2003B): 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 による 活 火 山 の 選 定 及 び 火 山 活 動 度 による 分 類 (ランク 分 け)につ いて, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 会 報,84, 気 象 庁 編 (2005): 日 本 活 火 山 総 覧 ( 第 3 版 ),635p. 気 象 庁 地 震 火 山 部 地 震 火 山 業 務 課 火 山 対 策 室 (1995): 第 1 部 6. 活 火 山 の 選 定 - 活 火 山 検 討 ワーキング グループの 活 動 -, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 20 年 のあ ゆみ, 気 象 庁 編,pp.45. 第 四 紀 火 山 カタログ 委 員 会 編 (1999): 日 本 の 第 四 紀 火 山 カタログ, 日 本 火 山 学 会,CD-ROM+ポスター. 千 葉 達 朗 宇 井 忠 英 井 田 喜 明 鎌 田 浩 毅 林 信 太 郎 川 辺 禎 久 加 藤 幸 弘 藤 田 浩 司 塩 谷 みき 竹 内 勤 (2002): 日 本 の 活 火 山 の 見 直 し:1 万 年 噴 火 履 歴 に 基 づく 新 定 義 の 提 案 (2), 地 球 惑 星 科 学 関 連 学 会 2002 年 合 同 大 会 予 稿 集,V032-P056. 林 豊 宇 平 幸 一 (2008): 最 近 一 万 年 間 の 火 山 活 動 に 基 づく 火 山 活 動 度 指 数 による 日 本 の 活 火 山 のラン ク 分 けについて, 験 震 時 報,71, 松 本 哲 一 宇 井 忠 英 (1997): 阿 多 火 砕 流 堆 積 物 の K-Ar 年 代, 火 山,42, 山 里 平 (2004): 活 火 山 の 分 類 (ランク 分 け)と 火 山 情 報 への 火 山 活 動 度 レベルの 導 入, 土 木 学 会 誌, 89(7), 山 里 平 (2005):4.ワーキンググループの 活 動, 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 最 近 10 年 のあゆみ 火 山 噴 火 予 知 連 絡 会 30 周 年 特 別 号, 気 象 庁 編,pp Blong, R.J. (1984): Volcanic Hazards A Sourcebook on the Effects of Eruptions, Academic Press, Sydney, pp Matumoto, T. (1943): The four gigantic caldera volcanoes of Kyushu, Jap. Jour. Geol. Geogr., 19(special), Niklaus, T.R. (1991): CalibETH version 1.5, ETH Zurich, 2diskets and manual, 151p. Simkin, T. and L. Siebert (1994): Volcanoes of the World Second Edition, Geosciences Press, Tucson AZ, 349p. Ui, T., Y. Ida, S. Hayashi, H. Kamata, Y. Kawanabe, Y. Kato, T. Chiba, K. Fujita, M. Shioya, Y. Hayashi and K. Uhira (2003): Revised Definition and Ranking of Active Volcanoes in Japan, IUGG 2003 Abstracts, A

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2031305F8E9197BF332D315F89CE8E5296688DD08BA68B6389EF90DD927582CC9084906982C98CFC82AF82BD8C9F93A22E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 資 料 3-1 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 火 山 防 災 対 策 の 推 進 に 係 る 検 討 会 1 第 3 回 検 討 会 における 委 員 意 見 への 対 応 火 山 防 災 協 議 会 設 置 の 推 進 に 向 けた 検 討 に 対 するご 意 見 委 員 からの 主 なご 意 見 今 後 日 本 各 地 で 火 山 活 動 が 活 発 化

More information

2013 vol.253 論 考 3. 火 山 監 視 体 制 の 強 化 気 象 庁 ( 中 央 気 象 台 )は 明 治 時 代 から 活 動 的 な 火 山 の 最 寄 りの 測 候 所 などで 火 山 観 測 を 実 施 して いるが 全 国 的 に 近 代 的 な 火 山 観 測 を 開

2013 vol.253 論 考 3. 火 山 監 視 体 制 の 強 化 気 象 庁 ( 中 央 気 象 台 )は 明 治 時 代 から 活 動 的 な 火 山 の 最 寄 りの 測 候 所 などで 火 山 観 測 を 実 施 して いるが 全 国 的 に 近 代 的 な 火 山 観 測 を 開 気 象 庁 火 山 業 務 の 動 向 やまさと ひとし 山 里 平 気 象 庁 地 震 火 山 部 火 山 課 長 1.はじめに 我 が 国 は 世 界 的 な 火 山 国 のひとつであり 全 世 界 の 約 1 割 にあたる110の 活 火 山 がある 1955 年 以 来 活 発 な 噴 火 を 続 けている 桜 島 をはじめ 多 くの 活 動 的 な 火 山 を 抱 えており 災 害 を 引

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考

表 1-4 火 災 による 焼 失 棟 からの 災 害 廃 棄 物 発 生 量 原 単 位 (トン / 棟 ) 1 火 災 による 減 量 率 2 火 災 後 の 災 害 廃 棄 物 原 単 位 (トン/ 棟 ) 木 造 29.3 34% 19.3 非 木 造 213.3 16% 179.2 備 考 資 料 3-2 九 州 ブロック 各 県 の 地 震 津 波 による 被 害 想 定 試 算 1. 福 岡 県 (1) 推 計 手 法 1) 基 礎 データ 地 震 に 関 する 防 災 アセスメント 調 査 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 ) 及 び 津 波 に 関 する 防 災 アセスメント 報 告 書 ( 平 成 24 年 3 月 )で 想 定 されている 建 物 被 害 棟 数 火

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 の 設 置 について 1. 目 的 及 び 検 討 事 項 今 般 の 御 嶽 山 の 噴 火 を 踏 まえ 居 住 者 登 山 者 旅 行 者 等 に 対 する 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 のあり 方 を 検 討 するために

火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 の 設 置 について 1. 目 的 及 び 検 討 事 項 今 般 の 御 嶽 山 の 噴 火 を 踏 まえ 居 住 者 登 山 者 旅 行 者 等 に 対 する 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 のあり 方 を 検 討 するために 火 山 情 報 の 提 供 に 関 する 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 26 年 10 月 27 日 ( 月 ) 16 時 30 分 ~18 時 30 分 場 所 : 気 象 庁 本 庁 講 堂 1. 開 会 2. 気 象 庁 長 官 挨 拶 3. 議 題 (1) 火 山 活 動 に 関 する 情 報 提 供 の 改 善 について (2)その 他 4. 閉 会

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

平成13年11月吉日

平成13年11月吉日 火 山 砂 防 フォーラム 委 員 会 規 約 ( 名 称 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 本 委 員 会 は 火 山 砂 防 フォーラム 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 委 員 会 は 火 山 地 域 の 自 治 体 や 関 係 機 関 が 火 山 と 地 域 の 安 全 についての 理 解 を 深 め 相 互 に 情 報 交 換 を

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55 春 の 高 校 伊 那 駅 伝 男 子 成 績 一 覧 大 会 記 録 : 総 合 の 部 2 08 14 ( 第 35 回 豊 川 工 業 ) 県 内 の 部 2 10 29 ( 第 35 回 佐 久 長 聖 ) 第 10 回 大 会 以 降 は 数 字 左 は 総 合 順 位 右 は 県 内 順 位 第 1 回 大 会 (S53.3.19) 第 2 回 大 会 (S54.3.18) 1 岡 谷

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

指定を受けている設置者一覧

指定を受けている設置者一覧 課 程 について 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 取 の 内 容 管 機 関 る 取 1 北 海 道 三 笠 市 委 員 会 公 2 H16.12 H17.4 2 北 海 道 白 糠 町 委 員 会 公 5 H22.2 H22.4 3 北 海 道 松 前 町 委 員 会 公 4 H22.2 H22.4 4 北 海 道 法 人 北 海 道 シュタイナー 園 私 2 H18.11 H19.4

More information

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73>

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73> 一 二 三 四 五 * 栄 光 ある 過 去 の 実 績 ( 男 子 の )- 優 勝 今 高 橋 青 森 佐 藤 星 山 新 潟 有 賀 阿 佐 野 東 京 佐 藤 小 野 崎 宮 城 松 崎 千 葉 福 島 宮 城 本 田 大 和 田 新 潟 宮 城 吉 村 上 田 準 優 勝 橋 場 新 井 北 海 道 越 浦 小 笠 原 宮 城 北 山 鈴 木 宮 城 松 井 中 村 東 京 三 浦 石 上

More information

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均 成 年 青 森 県 別 生 命 表 の 概 況 ~ 成 年 区 別 生 命 表 の 概 況 から~ 目 次 1 区 別 生 命 表 にいて... 1 (1) 生 命 表 とは... 1 () 区 別 生 命 表... 1 (3) 基 礎 資 料... 1 総 評... (1) 均 寿 命 の 分 布... () 均 寿 命 の 男 女 比 較... 4 (3) 均 寿 命 の 延 び... 5 3

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

参 考 資 料 2 防 災 基 本 計 画 添 付 資 料 平 成 26 年 1 月 中 央 防 災 会 議 目 次 1. 国 土 の 現 況 及 び 気 象 の 概 況 1 (1) 基 本 的 な 気 象 データ 1 (2) 主 要 活 断 層 帯 の 分 布 4 (3) 海 岸 延 長 距 離 13 (4) 風 水 害 14 (5) 火 山 の 分 布 18 (6) 豪 雪 地 帯 特 別 豪

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 (

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 ( 北 海 道 ゴルフ 場 大 沼 国 際 CC 北 海 道 宿 泊 施 設 ホテル 恵 風 北 海 道 商 業 施 設 浦 河 ショッピングセンター 北 海 道 商 業 施 設 千 歳 タウンプラザ 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 読 売 北 海 道 ビル 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 北 都 システム 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル パーク95ビル 北 海 道 商 業

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

じゃらん人気温泉地ランキング2016

じゃらん人気温泉地ランキング2016 2015 年 12 月 8 日 じゃらん 人 気 温 泉 地 ランキング2016 投 票 結 果 報 告 もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 全 国 1 位 は10 年 連 続 箱 根 温 泉 原 温 泉 が 東 北 勢 初 のベスト10 入 り 総 合 満 足 度 1 位 は 万 座 温 泉 秘 湯 部 門 1 位 は 高 湯 温 泉 株 式 会 社 リクルートライフスタイル( 本 社 :

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 北 海 道 に 津 波 被 害 をもたらす 想 定 地 震 の 再 検 討 ワーキンググループ 平 成 24 年 度 日 本 海 沿 岸 の 津 波 浸 水 想 定 の 点 検 見 直 し 報 告 書 平 成 25 年 3 月 平 成 24 年 度 報 告 にあたって 北 海 道 防 災 会 議 地 震 専 門 委 員 会 では 北 海 道 より 諮 問 を 受 け 東 北 地 方 太 平 洋 沖

More information

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判

目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別 紙 1-1 廃 止 を 決 定 した 国 家 公 務 員 宿 舎 (5,046 住 宅 ) 4 別 紙 1-2 ( 参 考 ) 詳 細 なコスト 比 較 による 判 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 計 画 ( 平 成 23 年 12 月 1 日 公 表 )に 基 づく コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 及 び 宿 舎 使 用 料 の 見 直 しについて 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 目 次 1. 経 緯 1 2.コスト 比 較 等 による 個 別 検 討 結 果 1 3. 宿 舎 使 用 料 の 見 直 し 3 別

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

2377“ƒec8.ec8

2377“ƒec8.ec8 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 平 成 24 年 4 月 9 日 ( 月 曜 日 ) 第 2377 号 発 行 宮 崎 県 印 刷 宮 崎 市 旭 1 丁 目 6 番 25 号 小 柳 印 刷 株 式 会 社 発 行 定 日 毎 週 月 木 曜 日 購 読 料 ( 送 料 共 ) 1 年 36,000 円 目 次 頁 告 示 歳 入 の 徴 収 の 事 務 の

More information

人気温泉地ランキング2011

人気温泉地ランキング2011 21 年 12 月 14 日 株 式 会 社 リクルート 旅 行 カンパニー じゃらんリサーチセンター 人 気 温 泉 地 ランキング211 投 票 結 果 報 告 のお 知 らせ もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 第 1 位 は 箱 根 温 泉 株 式 会 社 リクルート( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 兼 CEO: 柏 木 斉 )の 旅 行 カンパニーに

More information

JAS認定事業者一覧

JAS認定事業者一覧 1 4 6 15 18 21 22 23 26 30 38 44 45 48 52 54 56 60 62 64 大 黒 醤 油 株 式 会 社 岩 手 県 九 戸 郡 軽 米 町 大 字 円 子 2-4-108 鏡 政 治 商 店 鏡 新 一 山 形 県 上 山 市 新 丁 6-18 山 口 阿 武 農 協 加 工 場 明 木 工 場 山 口 県 萩 市 大 字 明 木 3137-2 倉 繁 醸

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 南 区 澄 川 5 条 11 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 厚 別 区 上 野 幌 3 条 3 丁 目 周 辺 北 海 道 小 樽 市 最 上 2 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 神 楽 4 条 10 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 忠 和 5 条 4 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 西 神 楽 2 線 周 辺 北 海 道 旭 川

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013 年 12 月 12 日 人 気 温 泉 地 ランキング2014 投 票 結 果 報 告 もう 一 度 行 ってみたい 温 泉 地 1 位 は8 年 連 続 で 箱 根 温 泉 草 津 温 泉 が 初 めて2 位 に 関 東 甲 信 越 居 住 者 の 東 日 本 志 向 が 顕 著 に 株 式 会 社 リクルートライフスタイル( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役

More information

Microsoft Word - “û”q0206.doc

Microsoft Word - “û”q0206.doc 古 記 録 古 文 書 と 噴 火 堆 積 物 の 照 合 による 日 本 火 山 の 噴 火 史 研 究 平 成 12 年 度 ~ 平 成 14 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 課 題 番 号 12490005) 基 盤 研 究 (B)(1) 研 究 成 果 報 告 書 平 成 15 年 3 月 研 究 代 表 者 早 川 由 紀 夫 ( 群 馬 大 学 教 育 学 部 教 授 ) 目

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

Page 1 of 8 List of volcanoes in Japan From Wikipedia, the free encyclopedia See also: List of volcanoes This is a list of active and extinct volcanoes in Japan. Contents 1 Hokkaidō 2 Honshū 3 Izu Islands

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 大 雪 通 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 花 咲 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00

More information

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2

日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 土 砂 災 害 とその 対 策 平 成 17 年 8 月 26 日 国 土 交 通 省 河 川 局 砂 防 部 砂 防 計 画 課 課 長 補 佐 草 野 慎 一 1 日 本 は 土 砂 災 害 大 国 2 日 本 は 土 砂 災 害 との 共 存 を 運 命 づけられた 唯 一 の 先 進 国 ヨーロッパの 先 進 諸 国 の 多 くは 安 定 した 地 質 の 上 にあり 火 山 噴 火 や 地

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中

2. 地 形 地 質 概 要 地 形 地 質 調 査 と 年 代 測 定 試 料 採 取 の 対 象 としたのは,2011 年 に 斜 面 崩 壊 に 起 因 した 土 石 流 が 流 下 堆 積 した 斜 面 のうち,カルデラ 西 端 の 立 野 新 所 地 区,カルデラ 北 東 部 の 野 中 11. 阿 蘇 カルデラ 斜 面 における 斜 面 崩 壊 土 石 流 の 発 生 頻 度 Frequency of occurrence of slope failure and debris flow at the caldera wall slopes of Aso volcano, Central Kyushu 西 山 賢 一 ( 徳 島 大 学 ) 鳥 井 真 之 ( 熊 本 大 学 )

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

00報道表紙.doc

00報道表紙.doc 報 道 資 料 平 成 28 年 地 価 公 示 の 結 果 について 地 価 公 示 は 地 価 公 示 法 に 基 づき 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 標 準 地 を 選 定 し 毎 年 1 月 1 日 時 点 の 調 査 を 行 い 価 格 を 判 定 して 公 表 するものです 大 阪 府 の 地 価 は 平 成 27 年 1 月 1 日 からの 1 年 間 で 住 宅

More information

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常

機 構 業 務 の 中 核 事 案 について 検 討 し 協 議 する 総 務 理 事 会 を 下 記 の 通 り 開 催 しました 1) 平 成 25 年 4 月 15 日 防 災 士 誕 生 10 周 年 記 念 行 事 について 等 2) 平 成 25 年 5 月 10 日 理 事 会 通 常 平 成 25 年 度 事 業 経 過 報 告 1 防 災 士 養 成 事 業 について (1) 概 況 防 災 士 養 成 事 業 を 開 始 した 平 成 15 年 9 月 以 降 平 成 26 年 3 月 までの 防 災 士 養 成 事 業 期 間 において 防 災 士 資 格 取 得 試 験 は 累 計 983 回 実 施 し 特 に 平 成 25 年 度 は 過 去 最 大 数 となる173

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 宮 の 森 1 条 15 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 北 区 篠 路 町 篠 路 周 辺 北 海 道 札 幌 市 東 区 北 丘 珠 4 条 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 真 駒 内 本 町 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 石 山 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 常 盤 2 条 2 丁 目

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業

社 会 福 祉 法 人 等 による 生 計 困 難 者 等 に 対 する 介 護 保 険 サービスに 係 る 利 用 料 負 担 軽 減 制 度 事 業 の 実 施 状 況 に 係 る 調 査 結 果 社 福 軽 減 制 度 を 実 施 していない( 認 定 証 発 行 業 務 及 び 助 成 業 全 国 青 年 経 営 者 会 平 成 23 年 度 メールニュース 6 平 成 24 年 2 月 29 日 号 発 行 責 任 者 久 木 元 司 編 集 責 任 者 土 山 徳 泰 http://www.zenkoku-skk.ne.jp/ 本 号 の 内 容 1. 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 が 開 催 される 2. 研 修 会 等 のご 案 内

More information

<30375F964096B18FC82E786C73>

<30375F964096B18FC82E786C73> デジタル 化 改 修 計 画 受 信 障 害 対 応 計 画 施 設 名 住 所 整 備 予 定 アナログ 対 対 応 予 定 備 考 改 修 状 況 H20 H21 H22 応 の 有 無 H20 H21 H22 中 央 合 同 庁 舎 第 6 号 館 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1 丁 目 1-1 未 了 - - 中 央 合 同 庁 舎 第 6 号 館 赤 れんが 棟 東 京 都 千

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477>

<89FC92E894C55F3134303331318296332E786477> 新 潟 県 内 主 要 観 測 所 の 降 雨 確 率 [ 改 訂 版 ] 平 成 26 年 4 月 新 潟 県 土 木 部 河 川 管 理 課 目 次 1. 県 内 主 要 雨 量 観 測 所 1 1-1 アメダス 観 測 所 2 1-2 日 雨 量 観 測 所 4 1-3 時 間 雨 量 観 測 所 10 2. 観 測 所 毎 の 確 率 日 雨 量 及 び 確 率 2 日 雨 量 16 2-1

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

平成23年7月 地震・火山月報(防災編)

平成23年7月 地震・火山月報(防災編) ISSN 1343-4977 平 成 23 年 7 月 地 震 火 山 月 報 ( 防 災 編 ) Monthly Report on Earthquakes and Volcanoes in Japan July 2011 震 度 1 以 上 を 観 測 した 地 震 と 噴 火 警 報 発 表 中 の 火 山 平 成 23 年 7 月 31 日 現 在 噴 火 警 報 ( 火 口 周 辺 ) または

More information

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木

役 員 名 所 属 等 氏 名 ( は 新 任 ) 任 期 平 成 22 年 6 月 16 日 ~ 平 成 24 年 6 月 16 日 現 職 等 会 長 名 誉 会 員 陣 内 孝 雄 全 国 治 水 期 成 同 盟 会 連 合 会 会 長 副 会 長 脇 雅 史 参 議 院 議 員 佐 々 木 平 成 22 年 度 事 業 報 告 自 平 成 22 年 4 月 31 日 至 平 成 23 年 3 月 31 日 1. 会 員 の 状 況 区 分 前 年 度 末 数 入 会 数 退 会 数 本 年 度 末 数 正 会 員 47 1 1 47 名 誉 会 員 5 1 0 6 賛 助 会 員 41 1 0 42 計 93 3 1 95 ( 注 ) 1.( )は 内 書 で 大 阪 府 ( 休 会

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山

血 液 浄 化 療 法 の 機 能 効 率 に 関 する 小 委 員 会 川 西 秀 樹, 峰 島 三 千 男, 小 川 智 也, 川 崎 忠 行, 久 野 勉, 佐 藤 隆, 篠 田 俊 雄, 武 本 佳 昭, 土 田 健 司, 友 雅 司, 深 澤 瑞 也, 政 金 生 人, 水 口 潤, 山 委 員 会 委 員 名 簿 総 務 委 員 会 新 田 孝 作, 川 西 秀 樹, 衣 笠 えり 子, 篠 田 俊 雄, 峰 島 三 千 男, 森 石 みさき HP 電 算 機 小 委 員 会 峰 島 三 千 男, 山 下 明 泰, 川 崎 忠 行, 川 西 秀 樹, 芝 本 隆, 武 本 佳 昭, 花 房 規 男 ( 外 部 委 員 ) 田 代 嗣 晴 腎 不 全 看 護 師 栄 養 管 理 士

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

(伺)

(伺) 校 コード 番 号 表 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 校 名 コート 番 号 上 川 72 校 トマム 4490 風 連 日 進 4508 向 陵 3516 中 島 3514 旭 川 3656 南 富 良 野 5327 富 良 野 東 4010 琴 似 3527 中 の 島 5279 旭 川 第 二 3658 中 富 良 野 4480

More information

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷

11 今 別 町 入 江 篤 北 尾 孝 公 成 田 博 川 村 達 夫 藤 田 久 川 崎 守 木 村 務 嶋 中 幸 男 鹿 内 行 雄 小 野 孝 志 12 鯵 ケ 沢 町 平 田 衛 塚 本 武 範 田 附 俊 治 長 谷 川 誠 千 泥 忠 幸 沢 田 賢 治 長 谷 川 一 志 長 谷 1 青 森 市 秋 元 良 幸 二 本 柳 主 高 橋 勇 佐 々 木 芳 春 石 橋 修 豊 川 良 一 成 田 守 俊 吉 川 主 山 田 文 夫 葛 西 金 徳 2 弘 前 市 桜 庭 義 則 岡 本 洋 外 崎 美 智 幸 岩 崎 和 弘 野 口 幸 喜 渋 谷 鉄 五 郎 中 村 慎 二 相 馬 親 志 奈 良 道 明 長 内 力 3 八 戸 市 福 田 馨 田 中 勝 芳 風 張 清 志

More information

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6>

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6> 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 準 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 相 談 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 規 づ き 厚 生 労 働 臣 め 位 価 次 よ め 平 成 年 月 日 か ら 適 用 厚 生 労 働 臣 め 位 価 平 成 年 厚 生 労

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

FM 局 一 覧 民 放 FM 局 ( 2014 年 12 月 現 在 ) EDR-100AⅡを 設 置 する 地 区 に FM 放 送 局 がない 場 合 は NHK-FM 局 の (MHz)を 選 局 してご 利 用 願 い ます 掲 載 している 内 容 は 2014 年 12 月 1 日 時

FM 局 一 覧 民 放 FM 局 ( 2014 年 12 月 現 在 ) EDR-100AⅡを 設 置 する 地 区 に FM 放 送 局 がない 場 合 は NHK-FM 局 の (MHz)を 選 局 してご 利 用 願 い ます 掲 載 している 内 容 は 2014 年 12 月 1 日 時 緊 急 地 震 速 報 電 話 ページング 装 置 EDR-100AⅡ FM 局 一 覧 FM 局 一 覧 本 資 料 は 参 考 資 料 としてご 利 用 いただくための 資 料 です 掲 載 している 情 報 は 調 査 時 点 で 緊 急 地 震 速 報 を 放 送 している FM ラジオ 局 になります EDR-100AⅡをご 利 用 いただく 時 点 で ご 利 用 になる FM ラジオ

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc

Microsoft Word - H270401_発表鏡.doc 平 成 27 年 3 月 31 日 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 お 知 ら せ 1. 件 名 中 部 地 方 整 備 局 人 事 異 動 について 2. 概 要 平 成 27 年 4 月 1 日 付 の 人 事 異 動 をお 知 らせします 3. 配 布 先 中 部 地 方 整 備 局 記 者 クラブ 名 古 屋 港 記 者 クラブ 4. 解 禁 指 定 なし 5.その 他 本

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

徳 山 745-0057 山 口 県 周 南 市 大 津 島 1: 不 可 山 口 747-0832 山 口 県 防 府 市 野 島 1: 不 可 下 関 750-0095 山 口 県 下 関 市 六 連 島 1: 不 可 萩 758-0001 山 口 県 萩 市 相 島 1: 不 可 萩 758-

徳 山 745-0057 山 口 県 周 南 市 大 津 島 1: 不 可 山 口 747-0832 山 口 県 防 府 市 野 島 1: 不 可 下 関 750-0095 山 口 県 下 関 市 六 連 島 1: 不 可 萩 758-0001 山 口 県 萩 市 相 島 1: 不 可 萩 758- 佐 川 急 便 クール 便 発 送 不 可 地 域 郵 便 番 号 順 営 業 所 郵 便 番 号 都 道 府 県 名 市 区 郡 町 村 名 地 域 名 称 クール 便 不 可 区 分 冷 凍 深 川 B 078-3871 北 海 道 苫 前 郡 羽 幌 町 焼 尻 1: 不 可 深 川 B 078-3951 北 海 道 苫 前 郡 羽 幌 町 天 売 ( 相 影 ) 1: 不 可 深 川 B 078-3952

More information

を 明 示 する 2 現 地 調 査 は 司 法 書 士 土 地 家 屋 調 査 士 不 動 産 鑑 定 士 又 は 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 ( 以 下 調 査 員 という )が 行 うものとし 受 託 者 及 び 調 査 員 は 調 査 内 容 及 び 調 査 結 果 について 守 秘

を 明 示 する 2 現 地 調 査 は 司 法 書 士 土 地 家 屋 調 査 士 不 動 産 鑑 定 士 又 は 宅 地 建 物 取 引 主 任 者 ( 以 下 調 査 員 という )が 行 うものとし 受 託 者 及 び 調 査 員 は 調 査 内 容 及 び 調 査 結 果 について 守 秘 委 託 事 業 仕 様 書 1 目 的 本 事 業 は 農 地 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 21 法 律 第 57 号 ) 附 則 第 8 条 第 1 項 の 規 定 によりなお 従 前 の 例 によるものとされた 同 法 第 1 条 の 規 定 による 改 正 前 の 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 ) 号 第 78 条 第 1 項 に 掲 げる

More information

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1 日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 公 式 練 習 日 2016 年 9 月 7 日 ( 水 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 重 藤 武 士 岡 山 梶 本 真 也 奈 良 市 木 隆 延 高 知 佐 藤 憲 一 大 分 1 7:00 紀 村 勝 也 岡 山 13 8:36 中 西 智 彦 奈 良 25 7:00 松

More information

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町 平 成 28 年 地 価 公 示 ( 山 口 県 分 ) 公 示 価 格 一 覧 < 基 準 日 : 平 成 28 年 1 月 1 日 > 山 口 県 総 合 企 画 部 政 策 企 画 課 ( 資 料 : 国 土 交 通 省 ) 公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住

More information

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378>

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378> 公 契 約 法 等 を 求 める 意 見 書 採 択 条 例 制 定 した 議 会 数 2013 年 1 月 16 日 分 類 市 区 町 村 分 類 計 意 見 書 条 例 制 定 (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 採 択 (4) 北 海 道 24 18 42 42 青 森 県 1 1 2 2 岩 手 県 2 1

More information

< 商 品 担 当 直 轄 > アジアシフト 推 進 部 と 食 品 商 品 企 画 本 部 組 織 下 の 輸 出 推 進 部 を 統 合 し 海 外 商 品 部 に 再 編 する [オムニチャネル 推 進 担 当 下 ] オムニチャネル 統 括 部 を 新 設 し ネットスーパー 推 進 部 (

< 商 品 担 当 直 轄 > アジアシフト 推 進 部 と 食 品 商 品 企 画 本 部 組 織 下 の 輸 出 推 進 部 を 統 合 し 海 外 商 品 部 に 再 編 する [オムニチャネル 推 進 担 当 下 ] オムニチャネル 統 括 部 を 新 設 し ネットスーパー 推 進 部 ( 2016 年 3 月 7 日 イオンリテール 株 式 会 社 機 構 改 革 と 人 事 異 動 について 当 社 は 下 記 のとおり 機 構 改 革 と 人 事 異 動 を 実 施 しますのでご 案 内 申 し 上 げます 記 1. 機 構 改 革 (3 月 7 日 付 ) [ 組 織 ] 現 行 の34 事 業 部 を 再 編 し 30 事 業 部 体 制 とする *)6 30 事 業 部 について

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確 第 1 章 総 則 ( 計 画 の 目 的 ) 第 1 条 本 計 画 は 次 の 各 号 の 法 律 の 規 定 に 基 づき 佐 川 急 便 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 災 害 及 び 災 害 防 止 に 対 処 するため 防 災 に 関 する 必 要 な 体 制 を 確 立 し 防 災 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 して 運 送 の 確 保 を 図 ることを

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

70~74 歳 男 子 1 藤 巻 智 2 森 洋 一 3 池 本 敏 美 4 宮 地 亜 己 弘 5 元 木 徹 6 小 川 利 廣 7 西 川 文 男 8 及 川 秀 夫 山 梨 県 一 般 長 崎 県 一 般 鳥 取 県 一 般 仙 台 市 一 般 福 島 県 一 般 宮 崎 県 一 般 茨

70~74 歳 男 子 1 藤 巻 智 2 森 洋 一 3 池 本 敏 美 4 宮 地 亜 己 弘 5 元 木 徹 6 小 川 利 廣 7 西 川 文 男 8 及 川 秀 夫 山 梨 県 一 般 長 崎 県 一 般 鳥 取 県 一 般 仙 台 市 一 般 福 島 県 一 般 宮 崎 県 一 般 茨 80 歳 以 上 男 子 1 大 塚 安 孝 2 野 原 武 3 鈴 木 桂 4 國 富 輝 義 5 土 井 輝 夫 6 今 枝 智 康 静 岡 県 一 般 栃 木 県 一 般 山 梨 県 一 般 浜 松 市 一 般 堺 市 一 般 大 阪 府 一 般 14.96 16.18 16.94 17.31 19.47 35.16 1 大 塚 安 孝 2 森 本 和 3 國 富 輝 義 4 鈴 木 桂 5

More information