旅客営業規則

Size: px
Start display at page:

Download "旅客営業規則"

Transcription

1 第 4 章 乗 車 券 類 の 効 力 第 1 節 通 則 ( 乗 車 券 類 の 使 用 条 件 ) 第 147 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 に 従 つて1 回 に 限 り 使 用 することができる この 場 合 乗 車 人 員 が 記 載 されていない 乗 車 券 類 は 1 券 片 をもつて1 人 に 限 るものとす る ただし 定 期 乗 車 券 については その 使 用 回 数 を 制 限 しない 2 第 208 条 後 段 の 規 定 により 別 表 第 2 号 の2に 掲 げる 行 程 表 又 は 席 番 表 を 添 付 して 発 売 した 団 体 乗 車 券 ( 第 223 条 の 規 定 により 団 体 乗 車 券 として 発 売 した 特 殊 指 定 共 通 券 を 含 む )は 当 該 行 程 表 又 は 席 番 表 とともに 使 用 する 場 合 に 限 つて 相 当 の 団 体 乗 車 券 とす る 3 指 定 券 であつて 当 該 指 定 券 に 記 載 する 内 容 の 一 部 に 代 えるため 別 表 第 3 号 に 掲 げ る 指 定 席 券 を 交 付 したものについては 当 該 指 定 席 券 とともに 使 用 する 場 合 に 限 つて 相 当 の 指 定 券 とする 4 原 乗 車 券 又 は 原 急 行 券 とともに 使 用 することを 条 件 とした 乗 車 変 更 用 の 乗 車 券 類 は 原 乗 車 券 又 は 原 急 行 券 とともに 使 用 する 場 合 に 限 つて 相 当 の 乗 車 券 類 とする 5 同 一 旅 客 は 同 一 区 間 に 対 して 有 効 な2 枚 以 上 の 同 種 の 乗 車 券 類 を 所 持 する 場 合 は 当 該 乗 車 については その1 枚 のみを 使 用 することができる 同 一 旅 客 が 同 一 区 間 に 対 し 有 効 な2 枚 以 上 の 指 定 券 を 所 持 する 場 合 についてまた 同 じ 6 乗 車 券 類 は 乗 車 以 外 の 目 的 で 乗 降 場 に 入 出 する 場 合 には 使 用 することができな い ( 乗 車 券 類 の 効 力 の 特 例 ) 第 148 条 乗 車 券 類 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 使 用 すること ができる (1) 特 別 車 両 定 期 乗 車 券 を 使 用 して 普 通 列 車 の 特 別 車 両 以 外 の 座 席 車 に 乗 車 する 場 合 又 は 自 由 席 特 別 車 両 券 (A)を 使 用 して 普 通 列 車 の 自 由 席 特 別 車 両 に 乗 車 する 場 合 (2) 大 人 用 の 乗 車 券 類 を 小 児 が 使 用 して 乗 車 する 場 合 (3) 乗 車 券 類 の 券 面 に 表 示 された 発 着 区 間 内 の 途 中 駅 から 乗 車 する 場 合 ( 券 面 表 示 事 項 が 不 明 又 は 不 備 の 乗 車 券 類 ) 第 149 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 が 不 明 となつたときは 使 用 することができな い 2 前 項 の 規 定 により 使 用 できない 乗 車 券 類 を 所 持 する 旅 客 は これを 駅 ( 定 期 乗 車 券 に

2 あつては 発 行 駅 )に 差 し 出 して 書 替 を 請 求 することができる 3 前 項 の 規 定 により 旅 客 から 書 替 の 請 求 があつた 場 合 は 旅 客 に 悪 意 がないと 認 めら れ かつ その 不 明 事 項 が 判 別 できるときに 限 つて 当 該 乗 車 券 類 と 引 換 に 再 交 付 の 取 扱 いをする 4 前 各 項 の 規 定 は 券 面 表 示 事 項 又 は 様 式 の 整 つていない 乗 車 券 類 について 準 用 する ( 不 乗 区 間 に 対 する 取 扱 い) 第 150 条 旅 客 は 第 148 条 の 規 定 により 乗 車 券 類 の 券 面 に 表 示 された 発 着 区 間 内 の 途 中 駅 から 旅 行 を 開 始 し 又 は 同 区 間 内 の 途 中 駅 で 下 車 した 後 に 前 途 の 駅 から 乗 車 した 場 合 の 不 乗 区 間 については 乗 車 の 請 求 をすることができない ( 有 効 期 間 の 起 算 日 ) 第 151 条 乗 車 券 類 の 有 効 期 間 は 有 効 期 間 の 開 始 日 を 特 に 指 定 して 発 売 したものを 除 き 当 該 乗 車 券 類 を 発 行 した 当 日 から 起 算 する ( 小 児 用 乗 車 券 類 の 効 力 の 特 例 ) 第 152 条 小 児 用 の 乗 車 券 類 ( 定 期 乗 車 券 及 び 普 通 回 数 乗 車 券 を 除 く )は その 有 効 期 間 中 に 使 用 旅 客 の 年 齢 が12 才 に 達 した 場 合 であつても 第 147 条 の 規 定 にかかわらず これ を 使 用 することができる ( 乗 車 券 類 不 正 使 用 未 遂 の 場 合 の 取 扱 方 ) 第 153 条 旅 客 が 当 該 乗 車 について 効 力 のない 乗 車 券 類 を 使 用 しようとした 場 合 は これ を 無 効 として 回 収 する ただし 他 の 乗 車 について 使 用 できるものであつて 旅 客 に 悪 意 がなく その 証 明 ができる 場 合 は この 限 りでない 第 2 節 乗 車 券 の 効 力 ( 有 効 期 間 ) 第 154 条 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 別 に 定 める 場 合 の 外 次 の 各 号 による (1) 普 通 乗 車 券 イ 片 道 乗 車 券 営 業 キロが100キロメートルまでのときは1 日 100キロメートルを 超 え200キロ メートルまでのときは2 日 とし 200キロメートルを 超 えるものは 200キロメー トルまでを 増 すごとに 200キロメートルに 対 する 有 効 期 間 に1 日 を 加 えたものと する ただし 第 156 条 第 2 号 に 規 定 する 大 都 市 近 郊 区 間 内 各 駅 相 互 発 着 の 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 1 日 とする

3 ロ 往 復 乗 車 券 片 道 乗 車 券 の 有 効 期 間 の2 倍 とする ただし 第 26 条 第 2 号 ただし 書 に 規 定 す る 場 合 は 往 路 及 び 復 路 の 区 間 ごとに 片 道 乗 車 券 の 計 算 方 法 によつて 計 算 した 有 効 期 間 を 合 計 した 期 間 とする ハ 連 続 乗 車 券 各 券 片 について 片 道 乗 車 券 の 計 算 方 法 によつて 計 算 した 有 効 期 間 を 合 計 した 期 間 とする (2) 定 期 乗 車 券 イ 通 勤 定 期 乗 車 券 及 び 通 学 定 期 乗 車 券 1 箇 月 3 箇 月 又 は6 箇 月 とする ロ 特 殊 均 一 定 期 乗 車 券 1 箇 月 とする ハ 特 別 車 両 定 期 乗 車 券 1 箇 月 又 は3 箇 月 とする (3) 普 通 回 数 乗 車 券 3 箇 月 とする ただし 通 学 用 割 引 普 通 回 数 乗 車 券 については6 箇 月 とする (4) 団 体 乗 車 券 その 都 度 定 める (5) 貸 切 乗 車 券 その 都 度 定 める 2 第 69 条 から 第 71 条 まで 及 び 第 86 条 から 第 88 条 までの 規 定 によつて 旅 客 運 賃 の 計 算 を する 普 通 乗 車 券 の 有 効 期 間 は その 旅 客 運 賃 を 計 算 する 場 合 の 営 業 キロによつて 計 算 す る この 場 合 運 賃 計 算 キロによつて 旅 客 運 賃 を 計 算 するときにおいても 当 該 区 間 の 営 業 キロによる 3 旅 客 運 賃 が 同 額 のため 2 駅 以 上 を 共 通 の 着 駅 とした 普 通 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 第 1 項 第 1 号 の 規 定 にかかわらず その 最 遠 駅 着 の 営 業 キロによつて 計 算 する ( 継 続 乗 車 ) 第 155 条 入 場 後 に 有 効 期 間 を 経 過 した 当 該 使 用 乗 車 券 は 途 中 下 車 をしないでそのまま 旅 行 を 継 続 する 場 合 に 限 つて その 券 面 に 表 示 された 着 駅 までは 第 147 条 の 規 定 にかかわ らず これを 使 用 することができる この 場 合 接 続 駅 において 設 備 又 は 時 間 の 関 係 上 旅 客 を 一 時 出 場 させて 列 車 に 接 続 のため 待 合 せをさせるときは 指 定 した 列 車 に

4 乗 り 継 ぐ 場 合 に 限 り 継 続 乗 車 しているものとみなす ( 途 中 下 車 ) 第 156 条 旅 客 は 旅 行 開 始 後 その 所 持 する 乗 車 券 によつて その 券 面 に 表 示 された 発 着 区 間 内 の 着 駅 ( 旅 客 運 賃 が 同 額 のため2 駅 以 上 を 共 通 の 着 駅 とした 乗 車 券 については 最 終 着 駅 ) 以 外 の 駅 に 下 車 して 出 場 した 後 再 び 列 車 に 乗 り 継 いで 旅 行 することができ る ただし 次 の 各 号 に 定 める 駅 を 除 く (1) 全 区 間 の 営 業 キロが 片 道 100キロメートルまでの 区 間 に 対 する 普 通 乗 車 券 を 使 用 す る 場 合 は その 区 間 内 の 駅 ただし 列 車 の 接 続 駅 で 接 続 関 係 等 の 理 由 により 旅 客 が 下 車 を 希 望 する 場 合 で 旅 客 鉄 道 会 社 が 指 定 した 駅 に 下 車 するときを 除 く (2) 次 に 掲 げる 区 間 ( 以 下 大 都 市 近 郊 区 間 という ) 内 の 駅 相 互 発 着 の 普 通 乗 車 券 を 使 用 する 場 合 は その 区 間 内 の 駅 イ 東 京 附 近 にあつては 東 海 道 本 線 中 東 京 熱 海 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわ らず 東 海 道 本 線 ( 新 幹 線 ) 東 京 熱 海 間 を 除 く ) 及 び 品 川 新 川 崎 鶴 見 間 山 手 線 赤 羽 線 南 武 線 鶴 見 線 武 蔵 野 線 横 浜 線 根 岸 線 横 須 賀 線 相 模 線 伊 東 線 中 央 本 線 中 東 京 塩 尻 間 及 び 岡 谷 辰 野 塩 尻 間 青 梅 線 五 日 市 線 八 高 線 小 海 線 中 小 淵 沢 野 辺 山 間 篠 ノ 井 線 中 塩 尻 松 本 間 東 北 本 線 中 東 京 黒 磯 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわらず 東 北 本 線 ( 新 幹 線 ) 東 京 那 須 塩 原 間 を 除 く ) 日 暮 里 尾 久 赤 羽 間 及 び 赤 羽 武 蔵 浦 和 大 宮 間 常 磐 線 中 日 暮 里 いわき 間 川 越 線 高 崎 線 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわらず 高 崎 線 ( 新 幹 線 ) 大 宮 高 崎 間 を 除 く ) 上 越 線 中 高 崎 水 上 間 両 毛 線 水 戸 線 日 光 線 烏 山 線 水 郡 線 中 水 戸 常 陸 大 子 間 及 び 上 菅 谷 常 陸 太 田 間 信 越 本 線 中 高 崎 横 川 間 総 武 本 線 京 葉 線 外 房 線 内 房 線 成 田 線 鹿 島 線 久 留 里 線 及 び 東 金 線 ( 以 下 これらの 区 間 を 東 京 近 郊 区 間 という ) ロ 大 阪 附 近 にあつては 東 海 道 本 線 中 米 原 神 戸 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわ らず 東 海 道 本 線 ( 新 幹 線 ) 新 大 阪 新 神 戸 間 を 除 く ) 山 陽 本 線 中 神 戸 相 生 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわらず 山 陽 本 線 ( 新 幹 線 ) 新 神 戸 西 明 石 間 を 除 く ) 及 び 兵 庫 和 田 岬 間 湖 西 線 おおさか 東 線 大 阪 環 状 線 桜 島 線 J R 東 西 線 福 知 山 線 中 尼 崎 谷 川 間 北 陸 本 線 中 米 原 近 江 塩 津 間 加 古 川 線 赤 穂 線 中 相 生 播 州 赤 穂 間 山 陰 本 線 中 京 都 園 部 間 関 西 本 線 中 柘 植 JR 難 波 間 草 津 線 奈 良 線 桜 井 線 片 町 線 和 歌 山 線 阪 和 線 及 び 関 西 空 港 線 ( 以 下 これらの 区 間 を 大 阪 近 郊 区 間 という )

5 ハ 福 岡 附 近 にあつては 鹿 児 島 本 線 中 門 司 港 鳥 栖 間 ( 鹿 児 島 本 線 ( 新 幹 線 ) 小 倉 博 多 間 を 除 く ) 香 椎 線 篠 栗 線 日 豊 本 線 中 小 倉 行 橋 間 日 田 彦 山 線 中 城 野 今 山 間 筑 豊 本 線 後 藤 寺 線 及 び 博 多 南 線 ( 以 下 これらの 区 間 を 福 岡 近 郊 区 間 という ) ニ 新 潟 附 近 にあつては 上 越 線 中 小 千 谷 宮 内 間 磐 越 西 線 中 五 泉 新 津 間 羽 越 本 線 中 新 津 村 上 間 白 新 線 信 越 本 線 中 直 江 津 新 潟 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわらず 信 越 本 線 ( 新 幹 線 ) 長 岡 新 潟 間 を 除 く ) 越 後 線 及 び 弥 彦 線 ( 以 下 これらの 区 間 を 新 潟 近 郊 区 間 という ) ホ 仙 台 附 近 にあつては 東 北 本 線 中 矢 吹 平 泉 間 ( 第 16 条 の2の 規 定 にかかわら ず 東 北 本 線 ( 新 幹 線 ) 郡 山 一 ノ 関 間 を 除 く ) 及 び 岩 切 利 府 間 常 磐 線 中 原 ノ 町 岩 沼 間 仙 山 線 仙 石 線 石 巻 線 磐 越 東 線 中 船 引 郡 山 間 磐 越 西 線 中 郡 山 喜 多 方 間 奥 羽 本 線 中 福 島 新 庄 間 ( 奥 羽 本 線 福 島 新 庄 間 に 運 転 する 特 別 急 行 列 車 に 乗 車 する 場 合 を 除 く ) 左 沢 線 及 び 陸 羽 東 線 ( 以 下 これらの 区 間 を 仙 台 近 郊 区 間 という ) (3) 第 86 条 及 び 第 87 条 の 規 定 によつて 発 売 した 乗 車 券 を 使 用 する 場 合 は 当 該 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 特 定 都 区 市 内 又 は 東 京 山 手 線 内 にある 駅 (4) 普 通 回 数 乗 車 券 を 使 用 する 場 合 は その 券 面 に 表 示 された 区 間 内 の 駅 (5) 当 社 が 特 に 途 中 下 車 できる 駅 を 指 定 した 場 合 は その 指 定 した 駅 以 外 の 駅 ( 選 択 乗 車 ) 第 157 条 旅 客 は 次 の 各 号 に 掲 げる 各 駅 相 互 間 ( 略 図 中 の==== 線 区 間 以 遠 の 駅 と 線 区 間 以 遠 の 駅 若 しくは 印 駅 相 互 間 )を 普 通 乗 車 券 又 は 普 通 回 数 乗 車 券 (いずれも 併 用 となるものを 含 む )によつて 旅 行 する 場 合 は その 所 持 する 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 され た 経 路 にかかわらず 各 号 の 末 尾 に 記 載 した 同 一 かつこ 内 の 区 間 又 は 経 路 のいずれか 一 方 を 選 択 して 乗 車 することができる ただし 2 枚 以 上 の 普 通 乗 車 券 又 は 普 通 回 数 乗 車 券 を 併 用 して 使 用 する 場 合 は 他 方 の 経 路 の 乗 車 中 においては 途 中 下 車 をすることがで きない (1) あおば 通 又 は 仙 台 以 遠 ( 東 照 宮 長 町 又 は 榴 ケ 岡 方 面 )の 各 駅 と 一 ノ 関 以 遠 ( 山 ノ 目 又 は 真 滝 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 仙 台 小 牛 田 間 仙 台 古 川 間 )( 一 ノ 関 小 牛 田 間 一 ノ 関 古 川 間 )

6 (2) 北 上 以 遠 ( 六 原 又 は 柳 原 方 面 )の 各 駅 と 盛 岡 以 遠 (いわて 沼 宮 内 大 釜 又 は 上 盛 岡 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 北 上 花 巻 間 北 上 新 花 巻 間 )( 盛 岡 花 巻 間 盛 岡 新 花 巻 間 ) (3) 一 ノ 関 以 遠 ( 有 壁 又 は 真 滝 方 面 )の 各 駅 と 水 沢 江 刺 又 は 水 沢 以 遠 ( 金 ヶ 崎 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 一 ノ 関 水 沢 間 一 ノ 関 水 沢 江 刺 間 ) (4) 北 上 以 遠 ( 村 崎 野 又 は 柳 原 方 面 )の 各 駅 と 水 沢 江 刺 又 は 水 沢 以 遠 ( 陸 中 折 居 方 面 ) の 各 駅 との 相 互 間 ( 北 上 水 沢 間 北 上 水 沢 江 刺 間 ) (5) あおば 通 又 は 仙 台 以 遠 ( 東 照 宮 長 町 又 は 榴 ケ 岡 方 面 )の 各 駅 と 一 ノ 関 以 遠 ( 山 ノ 目 又 は 真 滝 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 仙 台 新 田 間 仙 台 くりこま 高 原 間 )( 一 ノ 関 新 田 間 一 ノ 関 くりこま 高 原 間 ) (6) あおば 通 又 は 仙 台 以 遠 ( 東 照 宮 長 町 又 は 榴 ケ 岡 方 面 )の 各 駅 とくりこま 高 原 又 は 新 田 以 遠 ( 石 越 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 仙 台 新 田 間 仙 台 くりこま 高 原 間 )

7 (7) 一 ノ 関 以 遠 ( 山 ノ 目 又 は 真 滝 方 面 )の 各 駅 とくりこま 高 原 又 は 新 田 以 遠 ( 梅 ヶ 沢 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 一 ノ 関 新 田 間 一 ノ 関 くりこま 高 原 間 ) (8) 小 牛 田 以 遠 ( 松 山 町 又 は 上 涌 谷 方 面 )の 各 駅 とくりこま 高 原 又 は 新 田 以 遠 ( 石 越 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 小 牛 田 くりこま 高 原 間 小 牛 田 新 田 間 ) (9) 福 島 以 遠 ( 南 福 島 又 は 笹 木 野 方 面 )の 各 駅 とあおば 通 又 は 仙 台 以 遠 ( 東 照 宮 東 仙 台 又 は 榴 ケ 岡 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 福 島 白 石 間 福 島 白 石 蔵 王 間 )( 仙 台 白 石 間 仙 台 白 石 蔵 王 間 ) (10) 福 島 以 遠 ( 南 福 島 又 は 笹 木 野 方 面 )の 各 駅 と 白 石 蔵 王 又 は 白 石 以 遠 ( 東 白 石 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 福 島 白 石 間 福 島 白 石 蔵 王 間 ) (11) あおば 通 又 は 仙 台 以 遠 ( 東 照 宮 東 仙 台 又 は 榴 ケ 岡 方 面 )の 各 駅 と 白 石 蔵 王 又 は 白 石 以 遠 ( 越 河 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 仙 台 白 石 間 仙 台 白 石 蔵 王 間 )

8 (12) 長 岡 以 遠 ( 宮 内 方 面 )の 各 駅 と 新 潟 以 遠 ( 白 山 又 は 東 新 潟 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 長 岡 燕 三 条 間 長 岡 東 三 条 間 )( 新 潟 燕 三 条 間 新 潟 東 三 条 間 ) (13) 高 崎 以 遠 ( 倉 賀 野 北 高 崎 又 は 安 中 榛 名 方 面 )の 各 駅 と 越 後 湯 沢 以 遠 ( 石 打 又 は ガーラ 湯 沢 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 高 崎 後 閑 間 高 崎 上 毛 高 原 間 )( 越 後 湯 沢 後 閑 間 越 後 湯 沢 上 毛 高 原 間 ) (14) 越 後 湯 沢 以 遠 ( 石 打 又 はガーラ 湯 沢 方 面 )の 各 駅 と 上 毛 高 原 又 は 後 閑 以 遠 ( 沼 田 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 越 後 湯 沢 後 閑 間 越 後 湯 沢 上 毛 高 原 間 ) (15) 高 崎 以 遠 ( 倉 賀 野 北 高 崎 又 は 安 中 榛 名 方 面 )の 各 駅 と 上 毛 高 原 又 は 後 閑 以 遠 ( 上 牧 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 高 崎 後 閑 間 高 崎 上 毛 高 原 間 ) (16) 熊 谷 以 遠 ( 行 田 方 面 )の 各 駅 と 高 崎 以 遠 ( 高 崎 問 屋 町 北 高 崎 又 は 安 中 榛 名 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 熊 谷 本 庄 間 熊 谷 本 庄 早 稲 田 間 )( 高 崎 本 庄 間 高 崎 本 庄 早 稲 田 間 ) (17) 熊 谷 以 遠 ( 行 田 方 面 )の 各 駅 と 本 庄 早 稲 田 又 は 本 庄 以 遠 ( 神 保 原 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 熊 谷 本 庄 間 熊 谷 本 庄 早 稲 田 間 )

9 (18) 高 崎 以 遠 ( 高 崎 問 屋 町 北 高 崎 又 は 安 中 榛 名 方 面 )の 各 駅 と 本 庄 早 稲 田 又 は 本 庄 以 遠 ( 岡 部 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 高 崎 本 庄 間 高 崎 本 庄 早 稲 田 間 ) (19) 小 田 原 以 遠 ( 早 川 方 面 )の 各 駅 と 横 浜 新 横 浜 間 の 各 駅 との 相 互 間 ( 東 海 道 本 線 経 由 新 幹 線 経 由 ) この 場 合 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 以 外 の 横 浜 新 横 浜 間 内 では 途 中 下 車 の 取 扱 いをしない (20) 品 川 以 遠 ( 田 町 大 崎 又 は 西 大 井 方 面 )の 各 駅 と 小 田 原 以 遠 ( 早 川 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 品 川 横 浜 間 品 川 新 横 浜 間 )( 小 田 原 横 浜 間 小 田 原 新 横 浜 間 ) (21) 小 田 原 以 遠 ( 早 川 方 面 )の 各 駅 と 東 神 奈 川 以 遠 ( 新 子 安 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 東 海 道 本 線 経 由 新 幹 線 及 び 横 浜 線 経 由 ) (22) 辰 野 以 遠 ( 宮 木 方 面 )の 各 駅 と 塩 尻 以 遠 ( 洗 馬 又 は 広 丘 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間

10 ( 小 野 経 由 岡 谷 経 由 ) この 場 合 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 以 外 の 区 間 内 では 途 中 下 車 の 取 扱 いをしない (23) 三 島 以 遠 ( 函 南 方 面 )の 各 駅 と 新 富 士 又 は 富 士 以 遠 ( 富 士 川 又 は 柚 木 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 三 島 富 士 間 三 島 新 富 士 間 ) (24) 静 岡 以 遠 ( 安 倍 川 方 面 )の 各 駅 と 新 富 士 又 は 富 士 以 遠 ( 吉 原 又 は 柚 木 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 静 岡 富 士 間 静 岡 新 富 士 間 ) (25) 三 島 以 遠 ( 函 南 方 面 )の 各 駅 と 静 岡 以 遠 ( 安 倍 川 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 三 島 富 士 間 三 島 新 富 士 間 )( 静 岡 富 士 間 静 岡 新 富 士 間 ) (26) 名 古 屋 以 遠 ( 尾 頭 橋 又 は 八 田 方 面 )の 各 駅 と 岐 阜 羽 島 又 は 岐 阜 以 遠 ( 西 岐 阜 又 は 長 森 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 名 古 屋 岐 阜 間 名 古 屋 岐 阜 羽 島 間 ) ただ し 金 山 名 古 屋 間 各 駅 と 岐 阜 の 相 互 間 発 着 及 び 金 山 名 古 屋 間 各 駅 と 岐 阜 羽 島 の 相 互 間 発 着 となるものを 除 く (27) 米 原 以 遠 ( 彦 根 又 は 坂 田 方 面 )の 各 駅 と 岐 阜 羽 島 又 は 岐 阜 以 遠 ( 木 曽 川 又 は 長

11 森 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 米 原 岐 阜 間 米 原 岐 阜 羽 島 間 ) (28) 名 古 屋 以 遠 ( 尾 頭 橋 又 は 八 田 方 面 )の 各 駅 と 米 原 以 遠 ( 彦 根 又 は 坂 田 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 名 古 屋 岐 阜 間 名 古 屋 岐 阜 羽 島 間 )( 米 原 岐 阜 間 米 原 岐 阜 羽 島 間 ) (29) 大 阪 以 遠 ( 天 満 又 は 福 島 方 面 )の 各 駅 と 西 明 石 以 遠 ( 大 久 保 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 東 海 道 本 線 及 び 山 陽 本 線 経 由 新 幹 線 経 由 ) この 場 合 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 以 外 の 区 間 内 では 途 中 下 車 の 取 扱 いをしない (30) 新 大 阪 以 遠 ( 東 淀 川 方 面 )の 各 駅 と 西 明 石 以 遠 ( 大 久 保 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 新 大 阪 三 ノ 宮 又 は 神 戸 間 新 大 阪 新 神 戸 間 )( 西 明 石 神 戸 又 は 三 ノ 宮 間 西 明 石 新 神 戸 間 ) (31) 新 大 阪 以 遠 ( 東 淀 川 方 面 )の 各 駅 と 新 神 戸 又 は 神 戸 以 遠 ( 兵 庫 方 面 )の 各 駅 と の 相 互 間 ( 新 大 阪 神 戸 間 新 大 阪 新 神 戸 間 ) (32) 西 明 石 以 遠 ( 大 久 保 方 面 )の 各 駅 と 新 神 戸 又 は 神 戸 以 遠 ( 元 町 方 面 )の 各 駅 と の 相 互 間 ( 西 明 石 神 戸 間 西 明 石 新 神 戸 間 )

12 (33) 相 生 以 遠 ( 竜 野 方 面 )の 各 駅 と 東 岡 山 以 遠 ( 高 島 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 山 陽 本 線 経 由 赤 穂 線 経 由 ) (34) 向 井 原 以 遠 ( 伊 予 市 方 面 )の 各 駅 と 伊 予 大 州 以 遠 ( 西 大 州 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 伊 予 長 浜 経 由 内 子 経 由 ) (35) 福 山 以 遠 ( 東 福 山 又 は 備 後 本 庄 方 面 )の 各 駅 と 新 尾 道 又 は 尾 道 以 遠 ( 糸 崎 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 福 山 尾 道 間 福 山 新 尾 道 間 ) (36) 三 原 以 遠 ( 本 郷 又 は 須 波 方 面 )の 各 駅 と 新 尾 道 又 は 尾 道 以 遠 ( 松 永 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 三 原 尾 道 間 三 原 新 尾 道 間 ) (37) 福 山 以 遠 ( 東 福 山 又 は 備 後 本 庄 方 面 )の 各 駅 と 三 原 以 遠 ( 本 郷 又 は 須 波 方 面 ) の 各 駅 との 相 互 間 ( 福 山 尾 道 間 福 山 新 尾 道 間 )( 三 原 尾 道 間 三 原 新 尾 道 間 ) (38) 三 原 以 遠 ( 糸 崎 又 は 須 波 方 面 )の 各 駅 と 東 広 島 又 は 西 条 以 遠 ( 八 本 松 方 面 )の

13 各 駅 との 相 互 間 ( 三 原 西 条 間 三 原 東 広 島 間 ) (39) 広 島 以 遠 ( 横 川 又 は 矢 賀 方 面 )の 各 駅 と 東 広 島 又 は 西 条 以 遠 ( 西 高 屋 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 広 島 西 条 間 広 島 東 広 島 間 ) (40) 三 原 以 遠 ( 糸 崎 又 は 須 波 方 面 )の 各 駅 と 広 島 以 遠 ( 横 川 又 は 矢 賀 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 三 原 西 条 間 三 原 東 広 島 間 )( 広 島 西 条 間 広 島 東 広 島 間 ) (41) 広 島 以 遠 ( 天 神 川 又 は 矢 賀 方 面 )の 各 駅 と 新 岩 国 又 は 岩 国 以 遠 ( 南 岩 国 又 は 西 岩 国 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 広 島 岩 国 間 広 島 新 岩 国 間 ) (42) 徳 山 以 遠 ( 新 南 陽 方 面 )の 各 駅 と 新 岩 国 又 は 岩 国 以 遠 ( 和 木 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 徳 山 岩 国 間 徳 山 新 岩 国 間 ) (43) 広 島 以 遠 ( 天 神 川 又 は 矢 賀 方 面 )の 各 駅 と 徳 山 以 遠 ( 新 南 陽 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 広 島 岩 国 間 広 島 新 岩 国 間 )( 徳 山 岩 国 間 徳 山 新 岩 国 間 )

14 (44) 居 能 以 遠 ( 宇 部 新 川 方 面 )の 各 駅 と 小 野 田 以 遠 ( 厚 狭 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 宇 部 線 及 び 山 陽 本 線 経 由 小 野 田 線 経 由 ) (45) 新 山 口 以 遠 ( 四 辻 又 は 周 防 下 郷 方 面 )の 各 駅 と 宇 部 以 遠 ( 小 野 田 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 山 陽 本 線 経 由 宇 部 線 経 由 ) (46) 博 多 南 又 は 博 多 以 遠 ( 吉 塚 又 は 小 倉 方 面 )の 各 駅 と 新 鳥 栖 又 は 鳥 栖 以 遠 ( 肥 前 旭 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 博 多 鳥 栖 間 博 多 新 鳥 栖 間 ) (47) 久 留 米 以 遠 ( 荒 木 又 は 久 留 米 高 校 前 方 面 )の 各 駅 と 新 鳥 栖 又 は 鳥 栖 以 遠 ( 田 代 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 久 留 米 鳥 栖 間 久 留 米 新 鳥 栖 間 ) (48) 博 多 南 又 は 博 多 以 遠 ( 吉 塚 又 は 小 倉 方 面 )の 各 駅 と 久 留 米 以 遠 ( 荒 木 又 は 久 留 米 高 校 前 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 博 多 鳥 栖 間 博 多 新 鳥 栖 間 )( 久 留 米 鳥 栖 間 久 留 米 新 鳥 栖 間 )

15 (49) 筑 後 船 小 屋 以 遠 ( 羽 犬 塚 方 面 )の 各 駅 と 熊 本 以 遠 ( 川 尻 又 は 平 成 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 ( 筑 後 船 小 屋 大 牟 田 間 筑 後 船 小 屋 新 大 牟 田 間 )( 大 牟 田 玉 名 間 新 大 牟 田 新 玉 名 間 )( 熊 本 玉 名 間 熊 本 新 玉 名 間 ) (50) 筑 後 船 小 屋 以 遠 ( 羽 犬 塚 方 面 )の 各 駅 と 新 大 牟 田 又 は 大 牟 田 以 遠 ( 荒 尾 方 面 ) の 各 駅 との 相 互 間 ( 筑 後 船 小 屋 大 牟 田 間 筑 後 船 小 屋 新 大 牟 田 間 ) (51) 筑 後 船 小 屋 以 遠 ( 羽 犬 塚 方 面 )の 各 駅 と 新 玉 名 又 は 玉 名 以 遠 ( 肥 後 伊 倉 方 面 ) の 各 駅 との 相 互 間 ( 筑 後 船 小 屋 大 牟 田 間 筑 後 船 小 屋 新 大 牟 田 間 )( 大 牟 田 玉 名 間 新 大 牟 田 新 玉 名 間 ) (52) 大 牟 田 以 遠 ( 銀 水 方 面 )の 各 駅 と 玉 名 以 遠 ( 肥 後 伊 倉 方 面 )の 各 駅 との 相 互 間 又 は 新 大 牟 田 新 玉 名 間 ( 大 牟 田 玉 名 間 新 大 牟 田 新 玉 名 間 ) (53) 熊 本 以 遠 ( 川 尻 又 は 平 成 方 面 )の 各 駅 と 新 大 牟 田 又 は 大 牟 田 以 遠 ( 銀 水 方 面 ) の 各 駅 との 相 互 間 ( 熊 本 玉 名 間 熊 本 新 玉 名 間 )( 玉 名 大 牟 田 間 新 玉 名 新 大 牟 田 間 ) (54) 熊 本 以 遠 ( 川 尻 又 は 平 成 方 面 )の 各 駅 と 新 玉 名 又 は 玉 名 以 遠 ( 大 野 下 方 面 )の

16 各 駅 との 相 互 間 ( 熊 本 玉 名 間 熊 本 新 玉 名 間 ) (55) 喜 々 津 以 遠 ( 西 諌 早 方 面 )の 各 駅 と 浦 上 又 は 長 崎 駅 との 相 互 間 ( 現 川 経 由 本 川 内 経 由 ) (56) 喜 々 津 以 遠 ( 西 諌 早 方 面 )の 各 駅 と 長 与 西 浦 上 間 各 駅 との 相 互 間 ( 現 川 経 由 本 川 内 経 由 ) この 場 合 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 以 外 の 長 与 西 浦 上 間 内 では 途 中 下 車 の 取 扱 いをしない (57) 東 園 本 川 内 間 各 駅 と 浦 上 又 は 長 崎 駅 との 相 互 間 ( 長 与 経 由 現 川 経 由 ) 2 大 都 市 近 郊 区 間 内 相 互 発 着 の 普 通 乗 車 券 及 び 普 通 回 数 乗 車 券 ( 併 用 となるものを 含 む )を 所 持 する 旅 客 は その 区 間 内 においては その 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 にかかわらず 同 区 間 内 の 他 の 経 路 を 選 択 して 乗 車 することができる 3 前 項 の 場 合 普 通 乗 車 券 を 所 持 する 旅 客 が 他 の 経 路 を 乗 車 中 に 途 中 駅 において 下 車 したときは 区 間 変 更 として 取 り 扱 う ( 特 定 区 間 におけるう 回 乗 車 ) 第 158 条 第 69 条 の 規 定 により 発 売 した 乗 車 券 を 所 持 する 旅 客 は 同 条 第 1 項 各 号 の 規 定 の 末 尾 に 記 載 されたかつこ 内 の 印 のない 経 路 をう 回 して 乗 車 することができる 2 第 69 条 第 1 項 各 号 の 区 間 内 において2 枚 以 上 の 普 通 乗 車 券 を 併 用 して 乗 車 する 旅 客 は その 券 面 に 表 示 された 経 路 にかかわらず 同 号 かつこ 内 の 他 方 の 経 路 を 乗 車 するこ

17 とができる ただし 他 方 の 経 路 の 乗 車 中 においては 途 中 下 車 をすることができな い ( 特 定 区 間 を 通 過 する 場 合 のう 回 乗 車 ) 第 159 条 旅 客 は 普 通 乗 車 券 普 通 回 数 乗 車 券 又 は 団 体 乗 車 券 によつて 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 を 通 過 する 場 合 には この 区 間 をう 回 して 乗 車 することができる 2 普 通 乗 車 券 普 通 回 数 乗 車 券 又 は 団 体 乗 車 券 によつて 第 70 条 第 2 項 の 規 定 により 乗 車 する 旅 客 は 第 69 条 第 1 項 第 5 号 に 掲 げるいずれかの 経 路 及 び 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 をう 回 して 乗 車 することができる ( 特 定 区 間 発 着 の 場 合 のう 回 乗 車 ) 第 160 条 第 70 条 第 1 項 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 内 にある 駅 発 又 は 着 の 普 通 乗 車 券 又 は 普 通 回 数 乗 車 券 を 所 持 する 旅 客 は その 区 間 内 においては その 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 経 路 にかかわらず う 回 して 乗 車 することができる ただし 別 に 定 める 場 合 を 除 き う 回 乗 車 区 間 内 では 途 中 下 車 することはできない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 内 の 駅 相 互 発 着 となる 乗 車 券 を 所 持 する 旅 客 は 東 海 道 本 線 ( 新 幹 線 ) 東 京 品 川 間 及 び 東 北 本 線 ( 新 幹 線 ) 東 京 上 野 間 をう 回 して 乗 車 することはできない 3 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 内 にある 駅 発 又 は 着 の 普 通 乗 車 券 を 所 持 する 旅 客 が 第 1 項 の 規 定 によりう 回 乗 車 した 場 合 において そのう 回 中 の 途 中 駅 に 下 車 したときは 区 間 変 更 として 取 り 扱 う ( 定 期 乗 車 券 による 急 行 列 車 等 への 乗 車 禁 止 ) 第 161 条 旅 客 は 別 に 定 める 場 合 を 除 き 定 期 乗 車 券 を 使 用 して 次 の 各 号 の 列 車 又 は 車 両 に 乗 車 することができない (1) 急 行 列 車 (2) 運 輸 上 の 必 要 により 当 社 が 特 に 指 定 する 列 車 (3) 寝 台 券 又 は 座 席 指 定 券 を 必 要 とする 車 両 (4) 特 別 車 両 ( 特 別 車 両 定 期 乗 車 券 を 使 用 して 普 通 列 車 の 特 別 車 両 に 乗 車 する 場 合 を 除 く ) 第 162 条 削 除 ( 普 通 回 数 乗 車 券 の 同 時 使 用 ) 第 163 条 大 人 用 の 普 通 回 数 乗 車 券 は これを 小 児 が 同 時 に 使 用 する 場 合 は 第 147 条 の 規 定 にかかわらず 1 券 片 をもつて 小 児 2 人 が 乗 車 することができる

18 ( 割 引 普 通 回 数 乗 車 券 の 効 力 ) 第 163 条 の2 旅 客 運 賃 割 引 証 によつて 購 入 した 割 引 普 通 回 数 乗 車 券 は 使 用 資 格 者 が 使 用 する 場 合 に 限 つて 有 効 とする ( 改 氏 名 の 場 合 の 定 期 乗 車 券 の 書 替 ) 第 164 条 定 期 乗 車 券 の 使 用 者 は 氏 名 を 改 めた 場 合 は これを 駅 に 差 し 出 して その 氏 名 の 書 替 を 請 求 しなければならない ( 乗 車 券 が 前 途 無 効 となる 場 合 ) 第 165 条 乗 車 券 ( 往 復 乗 車 券 連 続 乗 車 券 又 は 普 通 回 数 乗 車 券 については その 使 用 する 券 片 )は 次 の 各 号 の1に 該 当 する 場 合 は その 後 の 乗 車 については 無 効 として 回 収 す る (1) 旅 客 が 途 中 下 車 できない 駅 に 下 車 したとき (2) 旅 客 が 第 312 条 第 1 項 第 1 号 第 313 条 又 は 第 314 条 の 取 扱 いを 受 けたとき (3) 鉄 道 営 業 法 ( 明 治 33 年 法 律 第 65 号 ) 第 42 条 の 規 定 によつて 車 外 に 退 去 させられたと き ( 前 途 無 効 となる 乗 車 券 の 特 例 ) 第 166 条 旅 客 が 第 86 条 及 び 第 87 条 又 は 第 160 条 ( 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 内 の 駅 相 互 発 着 の 場 合 を 除 く )の 場 合 の 乗 車 券 を 使 用 して 発 駅 と 同 一 の 特 定 都 区 市 内 若 しくは 東 京 山 手 線 内 又 は 第 70 条 に 掲 げる 図 の 太 線 区 間 内 にある 駅 に 下 車 した 場 合 であつて 実 際 の 乗 車 駅 と 下 車 駅 との 区 間 に 対 する 普 通 旅 客 運 賃 を 支 払 つたときは 前 条 の 規 定 にか かわらず その 乗 車 券 を 旅 行 開 始 前 又 は 使 用 開 始 前 のものと 同 一 の 効 力 をもつものとし て 取 り 扱 う ただし 旅 客 運 賃 の 払 いもどしについては 旅 行 開 始 後 又 は 使 用 開 始 後 の 乗 車 券 として 取 り 扱 うものとする ( 定 期 乗 車 券 以 外 の 乗 車 券 が 無 効 となる 場 合 ) 第 167 条 定 期 乗 車 券 以 外 の 乗 車 券 は 次 の 各 号 の1に 該 当 する 場 合 は その 全 券 片 を 無 効 として 回 収 する (1) 使 用 資 格 者 を 限 定 して 発 売 した 割 引 の 乗 車 券 を 当 該 使 用 資 格 者 以 外 の 者 が 使 用 した とき (2) 券 面 表 示 事 項 が 不 明 となつた 乗 車 券 を 使 用 したとき (3) 第 25 条 第 1 項 の 規 定 により 無 効 となる 旅 客 運 賃 割 引 証 で 購 入 した 乗 車 券 を 使 用 した とき (4) 資 格 等 を 偽 つて 発 行 された 各 種 割 引 証 又 は 証 明 書 で 購 入 した 乗 車 券 を 使 用 したと

19 き (5) 券 面 表 示 事 項 ( 途 中 下 車 印 を 含 む )を ぬり 消 し 又 は 改 変 して 使 用 したとき (6) 区 間 の 連 続 していない2 枚 以 上 の 普 通 乗 車 券 若 しくは 普 通 回 数 乗 車 券 又 は 普 通 乗 車 券 と 普 通 回 数 乗 車 券 とを 使 用 して その 各 券 面 に 表 示 された 区 間 と 区 間 との 間 を 乗 車 したとき (7) 旅 行 開 始 後 の 乗 車 券 を 他 人 から 譲 り 受 けて 使 用 したとき (8) 証 明 書 等 の 携 帯 を 必 要 とする 乗 車 券 を 使 用 する 旅 客 が これを 携 帯 していないと き (9) 有 効 期 間 を 経 過 した 乗 車 券 を 使 用 したとき ただし 第 155 条 に 規 定 する 場 合 を 除 く (10) 係 員 の 承 諾 を 得 ないで 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 区 間 外 の 区 間 を 乗 車 したとき (11) 大 人 が 小 児 用 の 乗 車 券 を 使 用 したとき ただし 第 152 条 に 規 定 する 場 合 を 除 く (12) 乗 車 する 列 車 を 指 定 した 乗 車 券 で 指 定 以 外 の 列 車 に 乗 車 したとき (13) 乗 車 券 をその 券 面 に 表 示 された 発 着 の 順 序 に 違 反 して 使 用 したとき (14) その 他 乗 車 券 を 不 正 乗 車 の 手 段 として 使 用 したとき 2 前 項 の 規 定 は 偽 造 ( 擬 装 を 含 む 以 下 同 じ )した 乗 車 券 を 使 用 して 乗 車 した 場 合 に 準 用 する ( 定 期 乗 車 券 が 無 効 となる 場 合 ) 第 168 条 定 期 乗 車 券 は 次 の 各 号 の1に 該 当 する 場 合 は 無 効 として 回 収 する (1) 定 期 乗 車 券 をその 記 名 人 以 外 の 者 が 使 用 したとき (2) 券 面 表 示 事 項 が 不 明 となつた 定 期 乗 車 券 を 使 用 したとき (3) 使 用 資 格 氏 名 年 齢 区 間 又 は 通 学 の 事 実 を 偽 つて 購 入 した 定 期 乗 車 券 を 使 用 し たとき (4) 券 面 表 示 事 項 をぬり 消 し 又 は 改 変 して 使 用 したとき (5) 区 間 の 連 続 していない2 枚 以 上 の 定 期 乗 車 券 を 使 用 して その 各 券 面 に 表 示 された 区 間 と 区 間 との 間 を 乗 車 したとき (6) 定 期 乗 車 券 の 区 間 と 連 続 してない 普 通 乗 車 券 又 は 普 通 回 数 乗 車 券 を 使 用 して その 各 券 面 に 表 示 された 区 間 と 区 間 との 間 を 乗 車 したとき (7) 通 学 定 期 乗 車 券 を 使 用 する 旅 客 が その 使 用 資 格 を 失 つた 後 ( 第 38 条 の 規 定 による 割 引 の 定 期 乗 車 券 を 購 入 した 旅 客 が 割 引 適 用 資 格 を 失 つたときを 含 む )に 使 用 し

20 たとき (8) 有 効 期 間 開 始 前 の 定 期 乗 車 券 をその 期 間 開 始 前 に 使 用 したとき (9) 有 効 期 間 満 了 後 の 定 期 乗 車 券 をその 期 間 満 了 後 に 使 用 したとき (10) 通 学 定 期 乗 車 券 を 使 用 する 旅 客 が 第 170 条 の 規 定 による 証 明 書 を 携 帯 していない とき (11) 係 員 の 承 諾 を 得 ないで 定 期 乗 車 券 の 券 面 に 表 示 された 区 間 外 の 区 間 を 乗 車 した とき 又 は 第 161 条 の 規 定 に 違 反 して 乗 車 したとき (12) その 他 定 期 乗 車 券 を 不 正 乗 車 の 手 段 として 使 用 したとき 2 前 項 の 規 定 は 偽 造 した 定 期 乗 車 券 を 使 用 して 乗 車 した 場 合 に 準 用 する 第 169 条 削 除 ( 通 学 定 期 乗 車 券 等 の 効 力 ) 第 170 条 通 学 定 期 乗 車 券 は その 通 学 する 指 定 学 校 の 代 表 者 の 発 行 した 次 の 様 式 による 証 明 書 を 携 帯 する 場 合 に 限 つて 有 効 とする (1) 一 般 用 (2) 通 学 定 期 乗 車 券 購 入 兼 用

21 裏 通 学 定 期 乗 車 券 発 行 控 発 行 年 月 日 有 効 期 間 発 行 駅 記 事 箇 月 箇 月 箇 月 箇 月 箇 月 箇 月 箇 月 箇 月 ( 注 意 ) (1)この 証 明 書 は 通 学 定 期 乗 車 券 又 は 学 生 用 割 引 乗 車 券 によつて 乗 車 する 場 合 には 必 ず 携 帯 し 係 員 の 請 求 があつたときは いつでも 呈 示 しなけ ればならない (2) 通 学 定 期 乗 車 券 を 購 入 するときは 定 期 乗 車 券 購 入 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 入 して この 証 明 書 と ともにさし 出 さなければならない (3)この 証 明 書 は 他 人 に 貸 与 し 又 は 譲 渡 するこ とはできない (4)この 証 明 書 を 紛 失 したときは 直 ちに 発 行 者 に 届 け 出 なければならない (5)この 証 明 書 は 新 たな 証 明 書 の 交 付 を 受 けたと き 又 は 卒 業 退 学 等 によつて 学 籍 を 失 つたとき は 直 ちに 発 行 者 に 返 さなければならない 備 考 (1) 内 には 学 校 種 別 又 は 指 定 番 号 を 表 示 する (2) 第 38 条 の 規 定 により 割 引 定 期 乗 車 券 を 購 入 する 場 合 の 通 学 定 期 乗 車 券 購 入 兼 用 の 証 明 書 にあつては 様 式 表 上 部 に 区 分 を 表 示 する (3) この 証 明 書 に 用 いる 写 真 は 証 明 書 発 行 前 6 箇 月 以 内 に 撮 影 した 縦 3cm 横 3cmの 正 面 上 半 身 のものとする (4) この 証 明 書 にはりつける 写 真 は 証 明 書 発 行 の 日 から1 箇 月 に 限 り 省 略 することができる (5) 中 学 校 第 3 学 年 以 下 ( 中 等 教 育 学 校 前 期 課 程 の 最 終 学 年 以 下 を 含 む )の 生 徒 児 童 及 び 幼 児 の 証 明 書 は 写 真 を 省 略 したものとす ることができる (6) 必 要 により 通 学 定 期 乗 車 券 購 入 兼 用 の 証 明 書 にあつては 様 式 の 上 部 余 白 に 指 定 発 売 駅 を 表 示 する (7) 通 学 定 期 乗 車 券 購 入 兼 用 の 証 明 書 にあつては 発 行 控 欄 以 外 の 記 入 事 項 は 発 行 者 において 記 入 するものとする (8) 通 信 による 教 育 を 行 う 学 校 が 面 接 授 業 を 在 籍 校 所 在 地 と 異 なる 場 所 で 行 う 場 合 は 所 在 地 欄 の 上 部 に 面 接 授 業 会 場 とかつこ 書 きし 当 該 面 接 授 業 会 場 所 在 地 住 所 を 記 入 する 2 指 定 学 校 においてその 代 表 者 が 発 行 した 証 明 書 又 は 学 生 証 で 前 項 に 規 定 する 様 式 に 準 ずるものは 同 項 の 証 明 書 に 代 用 することができる ( 学 生 用 割 引 乗 車 券 等 の 効 力 ) 第 171 条 学 校 学 生 生 徒 旅 客 運 賃 割 引 証 を 使 用 して 購 入 した 乗 車 券 は 当 該 割 引 証 に 記 入 さ れている 学 生 又 は 生 徒 が その 在 学 する 指 定 学 校 の 代 表 者 の 発 行 した 前 条 所 定 の 証 明 書 を 携 帯 する 場 合 に 限 つて 使 用 することができる 2 被 救 護 者 旅 客 運 賃 割 引 証 を 使 用 して 購 入 した 普 通 乗 車 券 は 当 該 割 引 証 に 記 入 されて いる 被 救 護 者 又 は 付 添 人 が 当 該 施 設 の 代 表 者 の 発 行 した 次 の 様 式 による 旅 行 証 明 書 を 携 帯 する 場 合 に 限 つて 使 用 することができる

22 8.5cm 旅 行 証 明 書 No 下 記 の 者 は 当 施 設 の 被 救 護 者 で 下 記 区 間 を 旅 行 することを 証 明 する 氏 名 ( 才 ) 付 添 人 氏 名 ( 才 ) 乗 車 区 間 駅 から 駅 まで 平 成 年 月 日 発 行 発 行 者 所 在 地 施 設 名 施 設 代 表 者 氏 名 表 契 印 6cm 代 表 者 職 印 裏 ( 注 意 ) (1) この 証 明 書 は 被 救 護 者 ( 付 添 人 ) 用 割 引 普 通 乗 車 券 によつて 乗 車 する 場 合 には 必 ず 携 帯 し 係 員 の 請 求 があつたときは いつでも 呈 示 しなければならない (2) この 証 明 書 は 他 人 に 貸 与 し 又 は 譲 渡 することはできない (3) この 証 明 書 を 紛 失 したときは 直 ちに 発 行 者 に 届 け 出 なければならない (4) この 証 明 書 は 旅 行 を 終 了 したとき 又 は 有 効 期 間 を 経 過 したときは 直 ちに 発 行 者 に 返 さなければならない (5) この 証 明 書 の 有 効 期 間 は 発 行 の 日 から 1 箇 月 間 とする 備 考 (1) 内 には 指 定 番 号 を 表 示 する (2) 乗 車 区 間 欄 末 尾 のかつこ 内 には 片 道 往 復 又 は 付 添 人 だけ 往 復 の 別 を 表 示 する 3 前 項 の 旅 行 証 明 書 の 有 効 期 間 は 発 行 の 日 から1 箇 月 間 とする 4 被 救 護 者 旅 客 運 賃 割 引 証 を 使 用 して 購 入 した 付 添 人 用 普 通 乗 車 券 ( 付 添 人 だけ 往 復 と して 購 入 した 往 復 乗 車 券 の 復 片 を 除 く )は 付 添 人 が 被 救 護 者 と 同 行 する 場 合 に 限 つ て 使 用 することができる 第 3 節 急 行 券 の 効 力 ( 急 行 券 の 効 力 ) 第 172 条 指 定 急 行 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 指 定 された 急 行 列 車 に 限 つて 券 面 に 区 間 又 は 営 業 キロ 地 帯 が 表 示 されているときは 当 該 区 間 又 は 当 該 営 業 キロ 地 帯 内 の 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 することができる 2 団 体 乗 車 券 又 は 貸 切 乗 車 券 によつて 発 売 した 急 行 券 を 所 持 する 団 体 旅 客 又 は 貸 切 旅 客 は その 券 面 に 指 定 された 急 行 列 車 に 券 面 に 表 示 された 区 間 に 限 つて 乗 車 することが できる 3 指 定 急 行 券 以 外 の 急 行 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 表 示 された 乗 車 日 の1 個 の 急 行 列 車 ( 第 57 条 の5 第 1 項 後 段 の 規 定 により 発 売 した 遅 延 特 約 の 急 行 券 にあつては 発 売 当 日 の 別 に 指 定 した 急 行 列 車 )に 1 回 に 限 つて 使 用 することができる また 券 面 に 区 間 又 は 営 業 キロ 地 帯 が 表 示 されているときは 当 該 区 間 又 は 当 該 営 業 キロ 地 帯 内 の

23 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 することができる この 場 合 乗 車 後 に 有 効 期 間 を 経 過 したとき であつても その 券 面 に 表 示 された 区 間 又 は 営 業 キロ 地 帯 内 の 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 す ることができる 4 次 の 各 号 に 掲 げる 乗 車 券 類 を 急 行 券 のみに 使 用 する 旅 客 は 券 面 の 表 示 事 項 にかかわ らず その 券 面 に 表 示 された 乗 車 日 の1 個 の 普 通 急 行 列 車 に 1 回 に 限 つて また 券 面 に 営 業 キロ 地 帯 が 表 示 されているときは 当 該 営 業 キロ 地 帯 内 の 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 することができる この 場 合 前 項 後 段 の 規 定 を 適 用 する (1). 第 214 条 第 1 号 第 215 条 第 1 号 及 び 第 216 条 第 1 号 に 規 定 する 急 行 特 別 車 両 券 (A)( 特 別 急 行 特 別 車 両 券 (A)を 除 く ) (2) 第 217 条 及 び 第 218 条 に 規 定 する 急 行 寝 台 券 ( 特 別 急 行 寝 台 券 を 除 く ) (3) 第 219 条 及 び 第 220 条 に 規 定 する 急 行 座 席 指 定 券 (4). 第 222 条 の2 及 び 第 223 条 に 規 定 する 急 行 特 別 車 両 券 (A)( 特 別 急 行 特 別 車 両 券 (A)を 除 く ) 急 行 寝 台 券 ( 特 別 急 行 寝 台 券 を 除 く ) 又 は 急 行 座 席 指 定 券 5 第 57 条 の2の 規 定 による 急 行 券 を 所 持 する 旅 客 は その 急 行 券 を 同 条 第 3 号 の 規 定 に より 証 明 を 受 けた 乗 車 券 とともに 使 用 する 場 合 に 限 つて 前 各 項 の 定 めるところにより 乗 車 することができる 6 第 57 条 の3 第 4 項 の 規 定 による 特 別 急 行 券 を 所 持 する 旅 客 は その 特 別 急 行 券 を 同 条 同 項 第 2 号 の 規 定 により 証 明 を 受 けた 乗 車 券 とともに 使 用 する 場 合 に 限 つて 第 1 項 か ら 第 4 項 までに 定 めるところにより 乗 車 することができる 7 第 57 条 第 9 項 の 規 定 により 発 売 した 急 行 券 で 急 行 列 車 と 普 通 列 車 の 指 定 席 を 連 続 し て 乗 車 する 場 合 は 第 13 条 第 2 項 第 5 号 の 規 定 にかかわらず 当 該 普 通 列 車 の 指 定 席 に そのまま 乗 車 することができる ( 指 定 席 特 急 券 の 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 の 取 扱 い) 第 173 条 指 定 席 特 急 券 は これを 所 持 する 旅 客 が その 指 定 の 乗 車 駅 で 乗 車 しない 場 合 は 他 の 旅 客 にその 座 席 又 は 旅 客 車 を 指 定 して 急 行 券 の 発 売 をすることがある この 場 合 指 定 駅 で 乗 車 しなかつた 旅 客 は 当 該 急 行 券 に 指 定 された 座 席 を 請 求 し 又 は 旅 客 車 に 乗 車 することができない ( 急 行 券 が 無 効 となる 場 合 ) 第 174 条 急 行 券 は 次 の 各 号 の1に 該 当 する 場 合 は 無 効 として 回 収 する (1) 使 用 資 格 者 を 限 定 して 発 売 した 割 引 の 急 行 券 を 当 該 使 用 資 格 者 以 外 の 者 が 使 用 した とき

24 (2) 券 面 表 示 事 項 が 不 明 となつた 急 行 券 を 使 用 したとき (3) 券 面 表 示 事 項 を ぬり 消 し 又 は 改 変 して 使 用 したとき (4) 使 用 を 開 始 した 急 行 券 を 他 人 から 譲 り 受 けて 使 用 したとき (5) 証 明 書 等 の 携 帯 を 必 要 とする 急 行 券 を 使 用 する 旅 客 が これを 携 帯 していないとき (6) 有 効 期 間 を 経 過 した 急 行 券 を 使 用 したとき (7) 係 員 の 承 諾 を 得 ないで 急 行 券 の 券 面 に 表 示 された 区 間 外 の 区 間 を 乗 車 したとき (8) 大 人 が 小 児 の 急 行 券 を 使 用 したとき (9) 指 定 急 行 券 を 指 定 以 外 の 急 行 列 車 に 使 用 したとき (10) 第 57 条 の2の 規 定 による 急 行 券 を 同 条 第 3 号 の 規 定 により 証 明 を 受 けた 乗 車 券 以 外 の 乗 車 券 とともに 使 用 したとき (11)その 他 急 行 券 を 不 正 乗 車 の 手 段 として 使 用 したとき 2 前 項 の 規 定 は 偽 造 した 急 行 券 を 使 用 して 急 行 列 車 に 乗 車 した 場 合 に 準 用 する 第 4 節 特 別 車 両 券 の 効 力 ( 特 別 車 両 券 の 効 力 ) 第 175 条 指 定 特 別 車 両 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 指 定 された 列 車 旅 客 車 又 は 座 席 に 限 り 乗 車 することができる 2 自 由 席 特 別 車 両 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 表 示 された 乗 車 日 の1 個 の 特 別 車 両 に 1 回 に 限 り 券 面 に 表 示 された 区 間 又 は 営 業 キロ 地 帯 内 の 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 す ることができる この 場 合 乗 車 後 に 有 効 期 間 を 経 過 したときであつても その 券 面 に 表 示 された 区 間 又 は 営 業 キロ 地 帯 内 の 最 遠 の 停 車 駅 まで 乗 車 することができる 3 第 58 条 第 5 項 の 規 定 により 急 行 列 車 と 普 通 列 車 とにまたがつて 発 売 された 特 別 車 両 券 (A)を 所 持 する 旅 客 は 第 13 条 第 2 項 の 規 定 にかかわらず 当 該 普 通 列 車 の 特 別 車 両 にそ のまま 乗 車 することができる ( 指 定 特 別 車 両 券 の 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 等 の 取 扱 い) 第 176 条 第 173 条 又 は 第 174 条 の 規 定 は 指 定 特 別 車 両 券 によつて 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 又 は 特 別 車 両 券 が 無 効 となる 場 合 に 準 用 する 第 177 条 削 除

25 第 5 節 寝 台 券 の 効 力 ( 寝 台 券 の 効 力 ) 第 178 条 寝 台 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 指 定 された 寝 台 に 限 つて 使 用 することがで きる ( 寝 台 券 の 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 等 の 取 扱 い) 第 179 条 第 173 条 又 は 第 174 条 の 規 定 は 寝 台 券 によつて 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 又 は 寝 台 券 が 無 効 となる 場 合 に 準 用 する 第 180 条 削 除 ( 寝 台 の 使 用 制 限 ) 第 181 条 同 一 寝 台 券 によつて 2 人 以 上 の 旅 客 が 1 個 の 寝 台 を 同 時 に 又 は 交 互 に 使 用 す ることはできない ただし 大 人 が 使 用 する 場 合 は 小 児 幼 児 又 は 乳 児 と 合 わせて2 人 まで 小 児 ( 第 73 条 第 2 項 第 4 号 の 規 定 により 小 児 とみなした 幼 児 及 び 乳 児 を 含 む )が 使 用 する 場 合 は 小 児 幼 児 又 は 乳 児 と 合 わせて2 人 まで 使 用 することができ る ( 寝 台 の 使 用 区 間 ) 第 182 条 寝 台 の 使 用 区 間 は 当 該 列 車 の 運 転 区 間 とする ただし 別 に 定 める 列 車 につい ては 運 転 区 間 の 一 部 区 間 を 使 用 区 間 とすることがある 第 6 節 コンパートメント 券 の 効 力 (コンパートメント 券 の 効 力 ) 第 182 条 の2 コンパートメント 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 指 定 されたコンパートメ ント 個 室 に 限 つて 使 用 することができる (コンパートメント 券 の 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 等 の 取 扱 い) 第 182 条 の3 第 173 条 又 は 第 174 条 の 規 定 は コンパートメント 券 によつて 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 又 はコンパートメント 券 が 無 効 となる 場 合 に 準 用 する 第 7 節 座 席 指 定 券 の 効 力 ( 座 席 指 定 券 の 効 力 ) 第 182 条 の4 座 席 指 定 券 を 所 持 する 旅 客 は その 券 面 に 指 定 された 列 車 旅 客 車 若 しくは 座 席 に 限 つて 乗 車 することができる

26 ( 座 席 指 定 券 の 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 等 の 取 扱 い) 第 182 条 の5 第 173 条 又 は 第 174 条 の 規 定 は 座 席 指 定 券 によつて 指 定 駅 から 乗 車 しない 場 合 又 は 座 席 指 定 券 が 無 効 となる 場 合 に 準 用 する

第2編 旅客営業 第4章 乗車券類の効力

第2編 旅客営業 第4章 乗車券類の効力 第 4 章 乗 車 券 類 の 効 力 第 1 節 通 則 ( 乗 車 券 類 の 使 用 条 件 ) 第 147 条 乗 車 券 類 は その 券 面 表 示 事 項 に 従 つて1 回 に 限 り 使 用 することができる この 場 合 乗 車 人 員 が 記 載 されていない 乗 車 券 類 は 1 券 片 をもつて1 人 に 限 るものとする ただ し 定 期 乗 車 券 については その

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030323020938C8A4397B78B71935393B98A948EAE89EF8ED097B78B7189638BC68B4B91A5874081693181603231308FF0816A2E646F6378> 第 2 節 乗 車 券 の 効 力 ( 有 効 期 間 ) 第 154 条 乗 車 券 の 有 効 期 間 は 別 に 定 める 場 合 の 外 次 の 各 号 による (1) 普 通 乗 車 券 イ 片 道 乗 車 券 営 業 キロが 100 キロメートルまでのときは 1 日 100 キロメートルを 超 え 200 キロ メートルまでのときは 2 日 とし 200 キロメートルを 超 えるものは

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

4a.xls

4a.xls 道 路 整 備 特 別 会 計 予 算 で 建 築 した 職 員 宿 舎 リスト 国 土 交 通 省 管 理 事 務 所 宿 舎 名 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 55.79 8,283 2 北 海 道 開 発 局 南 20 条 職 員 宿 舎 11.57 793 15 北 海 道 開 発 局 平 岸 宿 舎 (2) 43.20 5,079 1 北 海 道 開 発 局 平 岸

More information

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6>

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6> 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 準 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 相 談 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 規 づ き 厚 生 労 働 臣 め 位 価 次 よ め 平 成 年 月 日 か ら 適 用 厚 生 労 働 臣 め 位 価 平 成 年 厚 生 労

More information

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 宮 の 森 1 条 15 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 北 区 篠 路 町 篠 路 周 辺 北 海 道 札 幌 市 東 区 北 丘 珠 4 条 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 真 駒 内 本 町 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 石 山 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 常 盤 2 条 2 丁 目

More information

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布

の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 豊 野 町 蟹 沢 字 坂 下 852 番 11,100 農 家 住 宅 が 建 ち 並 ぶ 東 3m 信 濃 浅 野 調 区 442 住 宅 W2-31 2-4.3 1 : 1.2 郊 外 の 住 宅 篠 ノ 井 布 平 成 28 年 地 価 公 示 一 覧 表 ( 価 格 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 ) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) の の 鉄 に 係 る 都 1 平 方 メー の の の 周 辺 の 土 地 の 市 吉 田 2 丁 目 392 番 6 65,800 中 規 模 一 般 住 宅 が 建 南 4.7m 桐 原 1 住 居

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 (

額 を 基 礎 として 求 めるものとする 額 を 基 礎 として 求 めるものとする 1 略 1 略 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 昭 和 49 年 政 令 第 387 2 宅 地 の 価 額 については 国 土 利 用 計 画 法 施 行 令 ( 固 定 資 産 評 価 基 準 新 旧 対 照 表 改 正 案 現 行 固 定 資 産 評 価 基 準 固 定 資 産 評 価 基 準 目 次 略 目 次 略 第 1 章 土 地 第 1 章 土 地 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 1 節 ~ 第 10 節 略 第 11 節 その 他 第 11 節 その 他 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 一 砂 防 指 定 地 の 評 価 砂 防 法 (

More information

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 南 区 澄 川 5 条 11 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 厚 別 区 上 野 幌 3 条 3 丁 目 周 辺 北 海 道 小 樽 市 最 上 2 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 神 楽 4 条 10 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 忠 和 5 条 4 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 西 神 楽 2 線 周 辺 北 海 道 旭 川

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 大 雪 通 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 花 咲 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

指定を受けている設置者一覧

指定を受けている設置者一覧 課 程 について 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 取 の 内 容 管 機 関 る 取 1 北 海 道 三 笠 市 委 員 会 公 2 H16.12 H17.4 2 北 海 道 白 糠 町 委 員 会 公 5 H22.2 H22.4 3 北 海 道 松 前 町 委 員 会 公 4 H22.2 H22.4 4 北 海 道 法 人 北 海 道 シュタイナー 園 私 2 H18.11 H19.4

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

2007 年 05 月 JR 東 日 本 発 足 20 周 年 乗 り 放 題 パスで 八 戸 へ( 新 幹 線 三 昧 の 前 乗 り) 5 月 21 日 東 海 道 本 線 戸 塚 秋 田 新 幹 線 08:28 12:37 秋 田 こまち7 号 奥 羽 本 線 秋 田 12:43 15:16

2007 年 05 月 JR 東 日 本 発 足 20 周 年 乗 り 放 題 パスで 八 戸 へ( 新 幹 線 三 昧 の 前 乗 り) 5 月 21 日 東 海 道 本 線 戸 塚 秋 田 新 幹 線 08:28 12:37 秋 田 こまち7 号 奥 羽 本 線 秋 田 12:43 15:16 主 な 鉄 道 旅 行 記 録 2007 年 から2008 年 当 時 の 旅 行 記 録 時 刻 表 写 真 等 で 列 車 や 時 間 情 報 の 確 認 できたもの ただし 一 部 の 大 都 市 近 郊 区 間 の 鉄 道 バスや 自 宅 最 寄 駅 旅 行 の 始 発 終 着 駅 などの 時 間 情 報 は 割 愛 した 2007 年 1 月 ホリデーキップで 廃 止 前 の 鹿 島 鉄

More information

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73>

<8E9197BF8251814095578F80926E95CA8CF68EA689BF8A6988EA97972E786C73> 前 年 葵 - 1 葵 - 1 静 岡 市 葵 区 音 羽 町 214 番 3 208,000 206,000 1.0 音 羽 町 5-6 * 葵 - 2 葵 - 2 静 岡 市 葵 区 西 草 深 町 19 番 7 247,000 244,000 1.2 西 草 深 町 19-16 葵 - 3 葵 - 3 静 岡 市 葵 区 安 東 2 丁 目 150 番 201,000 199,000 1.0

More information

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73>

<483139937397A7926391CC8C8B89CA2E786C73> 1 西 平 成 19 年 度 東 京 都 立 対 抗 テニス 大 会 男 子 第 51 回 女 子 第 45 回 男 子 の 部 結 果 大 会 期 日 7 月 21 日 22 日 23 日 決 勝 八 王 子 東 76 2 翔 陽 松 が 谷 三 鷹 77 3 杉 並 工 青 井 78 4 葛 西 工 南 多 摩 40 井 草 79 5 砂 川 荒 川 工 80 6 深 川 40 31 鷺 宮 81

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

歳入金等取扱庁一覧

歳入金等取扱庁一覧 ア 00036256 相 生 税 務 署 国 税 収 納 金 整 理 資 金 678-0055 相 生 市 那 波 本 町 6-1 管 理 運 営 徴 収 部 門 0791(23)0231 ア 00008837 愛 光 女 子 学 園 一 般 会 法 務 省 201-0001 狛 江 市 西 野 川 3-14-6 庶 務 課 0424(480)2178-9 ア 00077445 愛 知 県 一 般

More information

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 (

北 海 道 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 地 下 鉄 平 岸 ~ 地 下 鉄 南 平 岸 宮 城 県 地 下 鉄 ( 鉄 道 駅 ) 地 下 街 トンネル 仙 台 市 高 速 鉄 道 南 北 線 ( 仙 台 市 営 地 下 鉄 ) 長 町 南 駅 宮 城 県 地 下 鉄 ( 北 海 道 ゴルフ 場 大 沼 国 際 CC 北 海 道 宿 泊 施 設 ホテル 恵 風 北 海 道 商 業 施 設 浦 河 ショッピングセンター 北 海 道 商 業 施 設 千 歳 タウンプラザ 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 読 売 北 海 道 ビル 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル 北 都 システム 北 海 道 商 業 施 設 オフィスビル パーク95ビル 北 海 道 商 業

More information

東 北 地 方 整 備 局 津 軽 ダム 工 事 大 川 白 神 橋 補 修 KMA-230 17.20 H25.03 PC 桁 美 山 橋 新 設 KMAⅡ-230 8.40 H25.10 PC 桁 付 替 え 村 道 岩 手 河 川 国 道 新 稲 荷 橋 新 設 KMA-160 23.23 H

東 北 地 方 整 備 局 津 軽 ダム 工 事 大 川 白 神 橋 補 修 KMA-230 17.20 H25.03 PC 桁 美 山 橋 新 設 KMAⅡ-230 8.40 H25.10 PC 桁 付 替 え 村 道 岩 手 河 川 国 道 新 稲 荷 橋 新 設 KMA-160 23.23 H K MA ジョ イ ン ト 実 績 表 国 土 交 通 省 着 色 部 は 平 成 28 年 4 月 ~ 平 成 28 年 6 月 末 実 績 平 成 28 年 7 月 1 日 発 注 先 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 稚 内 開 発 建 設 部 常 盤 橋 補 修 KMA-110 15.10 H17.09 鋼 桁 国 道 275 号 旭 川 開 発 建 設 部 名 寄 大 橋 補 修

More information

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第

( 削 除 ) 第 16 区 に 統 合 第 31 区 高 松 市 香 川 大 野 香 川 寺 井 4 人 第 17 区 高 松 市 香 川 川 内 原 川 東 下 川 東 上 東 谷 安 原 下 塩 江 安 原 下 13 人 第 32 区 ( 削 除 ) 第 17 区 に 統 合 第 33 区 第 定 款 附 属 書 総 代 選 挙 規 程 変 更 新 対 照 表 別 表 新 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 1 区 東 かがわ 市 坂 元 馬 宿 南 野 黒 羽 川 股 吉 田 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 小 海 第 2 区 東 かがわ 市 引 田 ( 削 除 ) 第 2 区 に 統 合 第 3 区 東 かがわ 市 小 海 2 人 ( 削

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 )

男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 小 林 ( 佐 和 ) 友 部 ( 岩 日 ) 83 3 内 山 ( 科 技 ) 佐 藤 ( 田 彦 中 ) 男 子 シングルス () 平 成 3 年 度 全 日 本 卓 球 選 手 権 大 会 ジュニアの 部 茨 城 県 予 選 会 平 成 3 年 9 月 4 日 ( 土 ),5 日 ( 日 ) 羽 賀 相 田 ( 瓜 連 中 ) 6 新 保 ( 館 南 中 ) 石 井 ( 桜 ノ 牧 ) 63 3 小 林 ( 佐 竹 ) 西 野 ( 波 崎 ) 64 4 鈴 木 ( 境 ) 相 田 65 5 小 林 (

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

<83528373815B817990B48F9194C5817A3135303232345F95BD90AC3236944E8D8282B38E7792E89776965D88EA979781698DC58F49816A2E786C7378>

<83528373815B817990B48F9194C5817A3135303232345F95BD90AC3236944E8D8282B38E7792E89776965D88EA979781698DC58F49816A2E786C7378> 平 成 26 年 度 高 さ 道 路 一 覧 道 路 情 報 者 情 報 電 話 交 差 点 ( 起 点 交 差 点 名 ) 交 差 点 ( 終 点 交 差 点 名 ) 宮 城 県 1 都 市 計 画 道 路 ポートセンター 西 線 仙 台 市 宮 城 野 区 宮 城 県 警 察 5740372789 宮 城 県 仙 台 市 宮 城 野 区 中 野 字 葦 畔 5740373653 宮 城 県 仙

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数

(別添2)高校生コース第2 期派遣留学生選考学校別採用者数 ( 別 添 2) 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース ~ 採 用 生 徒 等 数 一 覧 ( 高 等 学 校 等 別 ) 人 都 道 府 県 国 公 私 立 高 等 学 校 等 名 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 商 業 高 等 学 校 0 1 北 海 道 公 立 北 海 道 旭 川 東 高 等 学

More information

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用)

Microsoft Word - Ⅰ 01 表紙(土地利用審査会用) 解 禁 日 時 ラジオ テレビ インターネット:3 月 18 日 ( 水 )16 時 50 分 以 降 解 禁 ( 記 者 発 表 資 料 ) 新 聞 :3 月 19 日 ( 木 ) 付 朝 刊 以 降 解 禁 参 考 2 ( 取 扱 注 意 ) 記 者 発 表 ( 発 表 資 料 配 付 ) 月 / 日 ( 曜 ) 担 当 課 電 話 番 号 発 表 者 名 ( 担 当 主 幹 名 ) その 他

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通

6 T140229-1(4) 日 通 トランスポート 株 式 会 社 横 浜 中 央 支 店 神 奈 川 県 横 浜 市 鶴 見 区 大 黒 町 9 番 17 号 DPL 横 浜 大 黒 5 階 2010/09/10 2016/09/10 2018/09/09 7 T140229-2(4) 日 通 平 成 28 年 9 月 9 日 発 行 分 グリーン 経 営 認 証 登 録 事 業 者 認 証 登 録 された 環 境 にやさしい 運 輸 事 業 者 一 覧 はこちら http://www.green-m.jp/#list 新 規 登 録 トラック 事 業 者 ( )は 登 録 回 数 5630 T110256(1) 日 隆 産 業 株 式 会 社 東 京 営 業 所 埼 玉 県 加 須 市

More information

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73,

航 空 賃 名 鉄 バス 片 道 往 復 泊 距 離 運 賃 特 急 等 北 海 道 大 学 1,520.1 16,630 13,730 30,910 58,480 はやぶさ 利 用 札 幌 札 幌 市 北 海 道 工 業 大 学 46.6 1,070 34,950 1,240 37,260 73, 一 般 職 2 級 相 当 国 立 大 学 独 立 行 政 法 人 公 立 私 立 教 育 職 研 究 職 大 学 研 究 所 大 学 研 究 所 学 長 理 事 長 学 長 副 学 長 理 事 副 学 長 理 事 監 事 教 授 研 究 所 長 教 授 研 究 所 長 学 長 研 究 所 長 准 教 授 研 究 センター 准 教 授 研 究 部 長 副 学 長 研 究 部 長 名 誉 教 授 研

More information

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在)

郵便局及び会社の営業所の一覧(2016年7月31日現在) 法 第 6 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する の 及 び 所 在 等 所 在 000010 中 野 サンクォーレ 内 東 京 都 中 野 区 中 野 4-3-1 000020 荻 窪 川 南 東 京 都 杉 並 区 荻 窪 2-31-7 000030 練 馬 中 村 東 京 都 練 馬 区 中 村 北 3-15-5 000040 板 橋 大 山 東 京 都 板 橋 区 大 山 西 町 52-12

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代

申 込 地 番 号 に がついている 地 は 優 遇 抽 せんのある 地 です ( 優 遇 資 格 のある なしにかかわらず 申 込 みができます ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 に と 書 かれている 地 に 申 込 みができます 申 込 地 番 号 専 用 面 積 (m) 千 代 世 帯 向 ( 一 般 住 宅 ) 地 一 覧 (500 戸 ) 地 の 特 徴 4 申 込 地 番 号 に がついている 地 には 優 遇 抽 せんがあります ( 資 格 等 については 0 ページをご 覧 ください ) 単 身 者 の 方 は 申 込 地 番 号 が 白 抜 きで と 書 かれており 対 象 が~ 人 3 人 の 地 に 申 込 みができます ほとんどの 地 一 覧 の は 現

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55 春 の 高 校 伊 那 駅 伝 男 子 成 績 一 覧 大 会 記 録 : 総 合 の 部 2 08 14 ( 第 35 回 豊 川 工 業 ) 県 内 の 部 2 10 29 ( 第 35 回 佐 久 長 聖 ) 第 10 回 大 会 以 降 は 数 字 左 は 総 合 順 位 右 は 県 内 順 位 第 1 回 大 会 (S53.3.19) 第 2 回 大 会 (S54.3.18) 1 岡 谷

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水

須 磨 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 垂 水 警 察 神 戸 市 垂 水 区 神 戸 市 のうち 垂 水 区 ( 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 神 戸 市 中 央 区 水 警 察 の 名 称 位 置 及 び 管 轄 区 域 平 成 18 年 4 月 1 日 現 在 名 称 位 置 管 轄 区 域 兵 庫 県 東 灘 警 察 神 戸 市 東 灘 区 神 戸 市 のうち 東 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警 察 の 管 轄 区 域 を 除 く 区 域 ) 兵 庫 県 灘 警 察 神 戸 市 灘 区 神 戸 市 のうち 灘 区 ( 兵 庫 県 神 戸 水 上 警

More information

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378>

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378> 公 契 約 法 等 を 求 める 意 見 書 採 択 条 例 制 定 した 議 会 数 2013 年 1 月 16 日 分 類 市 区 町 村 分 類 計 意 見 書 条 例 制 定 (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 採 択 (4) 北 海 道 24 18 42 42 青 森 県 1 1 2 2 岩 手 県 2 1

More information

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4

35 Dパーキング 柏 森 駅 前 愛 知 県 丹 羽 郡 扶 桑 町 大 字 柏 森 天 神 113 番 2 36 Dパーキング 栄 1 丁 目 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 栄 1 丁 目 1904 番 1 37 Dパーキングささしま 愛 知 県 名 古 屋 市 中 村 区 平 池 町 4 1 Dパーキング 上 桂 北 ノ 口 町 京 都 府 京 都 市 西 京 区 上 桂 北 ノ 口 町 153 番 2 Dパーキング 諏 訪 4 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 城 東 区 諏 訪 4 丁 目 8-3 3 Dパーキング 敷 津 西 1 丁 目 大 阪 府 大 阪 市 浪 速 区 敷 津 西 1 丁 目 3-10 4 Dパーキング 福 島 大 阪 府 大 阪 市 福 島 区 福 島 6

More information

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町

公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住 宅 地 5 5-1 5-2 商 業 地 9 9-1 9-2 工 業 地 3 < 市 町 名 > 標 準 地 が 属 する 市 町 平 成 28 年 地 価 公 示 ( 山 口 県 分 ) 公 示 価 格 一 覧 < 基 準 日 : 平 成 28 年 1 月 1 日 > 山 口 県 総 合 企 画 部 政 策 企 画 課 ( 資 料 : 国 土 交 通 省 ) 公 示 価 格 一 覧 の 見 方 1 < 番 号 > 一 連 番 号 2 < 標 準 地 番 号 > 冠 記 番 号 例 示 標 準 地 の 用 途 なし -1-2 住

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

Microsoft Word - siryo8-2

Microsoft Word - siryo8-2 [ 危 険 ] 1 河 川 法 一 二 級 河 川 一 覧 表 < 資 料 8-3> 表 1 河 川 法 一 級 河 川 ( 単 位 :m)< 県 土 整 備 部 河 川 環 境 課 > 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 河 川 名 指 定 延 長 河 川 名 指 定 延 長 1 利 根 川 左 岸 22,500m 右 岸 100,640m 45 富 ヶ 沢 川 左 右 岸 各 510m 2

More information

淑 徳 森 島 大 久 保 44 442 家 政 大 附 人 工 芝 淑 徳 巣 鴨 日 高 榎 本 48 481 国 本 学 園 淑 徳 巣 鴨 井 口 福 田 21 205 大 山 淑 徳 巣 鴨 金 子 菅 家 7 69 大 山 淑 徳 巣 鴨 杉 山 秋 田 47 467 大 山 昭 和 福

淑 徳 森 島 大 久 保 44 442 家 政 大 附 人 工 芝 淑 徳 巣 鴨 日 高 榎 本 48 481 国 本 学 園 淑 徳 巣 鴨 井 口 福 田 21 205 大 山 淑 徳 巣 鴨 金 子 菅 家 7 69 大 山 淑 徳 巣 鴨 杉 山 秋 田 47 467 大 山 昭 和 福 上 野 栗 城 平 田 6 55 家 政 大 附 上 野 小 谷 林 35 348 昭 和 上 野 大 森 大 橋 57 574 文 大 八 王 子 上 野 鈴 木 小 穴 34 342 国 本 学 園 園 芸 青 山 亀 山 30 299 家 政 大 附 園 芸 齋 藤 津 城 46 457 家 政 大 附 大 泉 関 島 田 47 465 大 山 大 泉 大 塚 神 武 62 624 昭 和 大

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 1

橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 1 別 添 資 料 リスト ( 平 成 23 版 ) 橋 梁 近 畿 地 方 整 備 局 諸 元 判 定 区 分 滋 賀 草 津 1 山 中 橋 6.5 1956 12.90 RC 21 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 下 ) 10.82 1981 10.50 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 宮 川 橋 ( 上 ) 10.88 1981 10.60 PC 20 B 滋 賀 草 津 1 西 出

More information

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4

この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 江 東 区 亀 戸 七 丁 目 アパート 耐 震 改 修 9~11 115 戸 第 4 四 半 期 亀 戸 七 丁 目 第 2アパート 屋 上 防 水 4 この 表 は の 住 宅 別 営 繕 工 事 の 予 定 です 掲 載 されている 案 件 が 発 注 されない 場 合 公 表 時 期 内 容 千 代 田 区 飯 田 橋 二 丁 目 アパート 消 火 器 取 替 2 113 戸 第 2 四 半 期 中 央 区 明 石 町 アパート 共 用 灯 改 修 ( 高 層 ) 4 82 戸 第 2 四 半 期 佃 二 丁 目 アパート 給 水 ポンプ8 年

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

第 52 投 票 区 甲 府 市 立 城 南 中 学 校 甲 府 市 大 里 町 2590 番 地 1 第 53 投 票 区 相 川 保 育 園 甲 府 市 小 松 町 316 番 地 第 54 投 票 区 甲 府 市 東 部 浄 化 センター 甲 府 市 住 吉 三 丁 目 28 番 1 号 第

第 52 投 票 区 甲 府 市 立 城 南 中 学 校 甲 府 市 大 里 町 2590 番 地 1 第 53 投 票 区 相 川 保 育 園 甲 府 市 小 松 町 316 番 地 第 54 投 票 区 甲 府 市 東 部 浄 化 センター 甲 府 市 住 吉 三 丁 目 28 番 1 号 第 甲 府 市 第 1 投 票 区 南 部 市 民 センター 甲 府 市 下 今 井 町 15 番 地 第 2 投 票 区 旧 甲 府 市 立 相 生 小 学 校 甲 府 市 相 生 二 丁 目 17 番 1 号 第 3 投 票 区 甲 府 市 立 舞 鶴 小 学 校 甲 府 市 丸 の 内 二 丁 目 35 番 5 号 第 4 投 票 区 旧 甲 府 市 立 穴 切 小 学 校 甲 府 市 宝 二 丁

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

<8D7390AD8BE696BC955C8EA688EA97972E786C73>

<8D7390AD8BE696BC955C8EA688EA97972E786C73> 行 政 区 名 表 示 一 覧 平 成 17 年 4 月 1 日 から 行 政 区 名 が 次 のとおりとなります 行 政 区 名 とは 住 民 票 の 行 政 区 欄 に 記 載 される 通 称 町 名 のことであります 通 称 町 名 とは 土 地 の 字 名 ( 公 称 町 名 ) 以 外 の 俗 称 で 一 般 に 広 く 町 名 として 使 われる 場 合 があります 旧 市 町 村 名

More information

北 海 道 北 海 道 中 川 郡 池 田 町 利 別 東 町 周 辺 北 海 道 中 川 郡 美 深 町 敷 島 周 辺 北 海 道 天 塩 郡 遠 別 町 北 浜 周 辺 北 海 道 函 館 市 上 湯 川 町 周 辺 北 海 道 北 広 島 市 西 の 里 周 辺 北 海 道 北 斗 市 久

北 海 道 北 海 道 中 川 郡 池 田 町 利 別 東 町 周 辺 北 海 道 中 川 郡 美 深 町 敷 島 周 辺 北 海 道 天 塩 郡 遠 別 町 北 浜 周 辺 北 海 道 函 館 市 上 湯 川 町 周 辺 北 海 道 北 広 島 市 西 の 里 周 辺 北 海 道 北 斗 市 久 W02 W01 下 り 最 大 110Mbps 対 応 一 覧 都 道 府 県 北 海 道 北 海 道 旭 川 市 旭 町 2 条 6 丁 目 周 辺 北 海 道 虻 田 郡 京 極 町 川 西 周 辺 北 海 道 雨 竜 郡 秩 父 別 町 周 辺 北 海 道 河 西 郡 芽 室 町 上 美 生 6 線 周 辺 北 海 道 河 東 郡 士 幌 町 士 幌 幹 西 1 線 周 辺 北 海 道 河 東

More information

01 JR 東 日 本 ( 首 都 圏 ) 首 都 圏 全 線 短 期 首 都 圏 全 首 都 圏 全 線 セット 3 線 群 セット 京 浜 東 北 線 群 山 手 線 群 央 線 群 湘 南 新 宿 ライン 上 野 東 京 ラインセット 3 線 群 セット5days 線 京 浜 東 北 線 群

01 JR 東 日 本 ( 首 都 圏 ) 首 都 圏 全 線 短 期 首 都 圏 全 首 都 圏 全 線 セット 3 線 群 セット 京 浜 東 北 線 群 山 手 線 群 央 線 群 湘 南 新 宿 ライン 上 野 東 京 ラインセット 3 線 群 セット5days 線 京 浜 東 北 線 群 01 掲 出 作 業 状 況 申 込 締 切 地 電 鉄 名 掲 出 日 期 間 作 業 開 始 時 間 の 目 安 申 込 締 切 首 都 圏 京 阪 神 名 古 屋 福 岡 北 海 道 JR 東 日 本 日 除 く 毎 日 2 4 日 前 日 15:00 頃 長 期 事 前 申 込 :4 9 月 分 1 月 上 旬 10 3 月 分 6 月 上 旬 後 調 整 キャンペン 申 込 : 掲 出 月

More information

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦 都 道 府 県 北 海 道 (19) 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 (8) 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 市 立 函 館 病 院 社 会 福 祉 法 人 函 館 厚 生 連 函 館 五 稜 郭 病 院 市 立 札 幌 病 院 JA 北 海 道 厚 生 連 札 幌 厚 生 病 院 社 会 医 療 法 人 恵 佑 会 札 幌 病 院 KKR 札

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

別添

別添 別 添 伊 勢 志 摩 サミット( 関 係 閣 僚 会 合 シート) を 発 売 開 始 日 に 郵 便 窓 口 で 販 売 する 郵 便 局 一 部 販 売 郵 便 局 名 が 誤 っておりましたので 訂 正 いたしました 皆 さまに 大 変 ご 迷 惑 をお 掛 けしましたことを 深 くお 詫 び 申 し 上 げます (2016.3.2) 誤 : 兵 庫 監 査 室 正 : 神 戸 中 央 郵

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

別添

別添 販 売 局 一 覧 都 道 府 県 局 名 郵 便 番 号 住 所 北 海 道 函 館 中 央 郵 便 局 040-8799 北 海 道 函 館 市 新 川 町 1-6 小 樽 堺 町 郵 便 局 047-0027 北 海 道 小 樽 市 堺 町 6-14 北 海 道 庁 赤 れんが 前 郵 便 局 060-0002 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 二 条 西 4-3 札 幌 中 央 市 場

More information

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73>

<89DF8B8E82CC90AC90D1313689F12E786C73> 一 二 三 四 五 * 栄 光 ある 過 去 の 実 績 ( 男 子 の )- 優 勝 今 高 橋 青 森 佐 藤 星 山 新 潟 有 賀 阿 佐 野 東 京 佐 藤 小 野 崎 宮 城 松 崎 千 葉 福 島 宮 城 本 田 大 和 田 新 潟 宮 城 吉 村 上 田 準 優 勝 橋 場 新 井 北 海 道 越 浦 小 笠 原 宮 城 北 山 鈴 木 宮 城 松 井 中 村 東 京 三 浦 石 上

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

12_県_Jr.xlsx

12_県_Jr.xlsx 男 子 シングルス (1) 1 大 友 ( 明 秀 学 ) 石 川 ( 霞 ヶ 浦 ) 64 2 小 沼 ( 桜 ノ 牧 ) 大 和 田 ( 古 河 三 ) 65 3 荒 井 ( 手 代 木 中 ) 坂 本 ( 水 戸 工 ) 66 4 齋 藤 (つくば 明 光 ク) 平 塚 ( 美 和 中 ) 67 5 長 浜 悠 ( 古 河 三 ) 石 川 ( 科 技 ) 68 6 清 水 ( 佐 和 ) 木

More information

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均 成 年 青 森 県 別 生 命 表 の 概 況 ~ 成 年 区 別 生 命 表 の 概 況 から~ 目 次 1 区 別 生 命 表 にいて... 1 (1) 生 命 表 とは... 1 () 区 別 生 命 表... 1 (3) 基 礎 資 料... 1 総 評... (1) 均 寿 命 の 分 布... () 均 寿 命 の 男 女 比 較... 4 (3) 均 寿 命 の 延 び... 5 3

More information

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料

(差し替え)資料1-2 国有:補足資料 補 足 資 料 主 要 庁 舎 の 移 転 再 配 置 計 画 (イメージ) 第 2 期 初 築 地 の 海 洋 情 報 部 を 臨 海 部 に 仮 移 転 (1) 第 2 期 末 東 京 国 税 局 を 築 地 に 移 転 気 象 庁 を 霞 が 関 近 辺 ( 虎 ノ 門 )に 移 転 (2) 25 年 内 閣 府 新 合 同 庁 舎 建 設 (3) 第 3 期 初 大 手 町 を (4) 第

More information

広 島 市 内 担 当 エリア 広 島 市 大 州 青 崎 一 ~ 二 丁 目 猿 猴 橋 町 大 州 一 ~ 五 丁 目 大 須 賀 町 小 磯 町 荒 神 町 月 見 町 西 蟹 屋 一 ~ 四 丁 目 西 荒 神 町 東 青 崎 町 東 駅 町 東 荒 神 町 堀 越 一 ~ 三 丁 目 松

広 島 市 内 担 当 エリア 広 島 市 大 州 青 崎 一 ~ 二 丁 目 猿 猴 橋 町 大 州 一 ~ 五 丁 目 大 須 賀 町 小 磯 町 荒 神 町 月 見 町 西 蟹 屋 一 ~ 四 丁 目 西 荒 神 町 東 青 崎 町 東 駅 町 東 荒 神 町 堀 越 一 ~ 三 丁 目 松 広 島 市 内 担 当 エリア 施 設 名 担 当 エ リ ア 広 島 市 基 町 基 町 広 島 市 幟 町 胡 町 銀 山 町 上 幟 町 上 八 丁 堀 新 天 地 鉄 砲 町 寺 町 流 川 町 (1~3 番 ) 西 十 日 市 町 西 白 島 町 幟 町 白 島 北 町 白 島 九 軒 町 白 島 中 町 橋 本 町 八 丁 堀 東 白 島 町 広 瀬 北 町 広 瀬 町 堀 川 町 弥

More information

4960Form.xls

4960Form.xls 3000 姓 4960 本 SET 1-9 コート 姓 数 量 115 秋 元 227 有 岡 332 猪 原 423 石 飛 512 稲 田 あ 116 秋 山 229 有 賀 333 猪 又 424 石 鍋 516 稲 葉 1 阿 川 117 秋 吉 230 有 川 334 猪 股 425 石 野 517 稲 場 3 阿 久 津 119 芥 川 232 有 坂 335 猪 俣 426 石 橋 518

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

<313130333137535389638BC68FF38BB595F18D9031388E9E323195AA202832292E786C73>

<313130333137535389638BC68FF38BB595F18D9031388E9E323195AA202832292E786C73> 震 災 の 影 響 により ご 迷 惑 をおかけいたしまして 申 し 訳 ございません 平 成 23 年 3 月 17 日 午 後 18 時 現 在 震 災 被 害 停 電 在 庫 切 れなどにより 閉 店 している 給 油 所 は 下 記 のとおりです また 下 記 に 記 載 されていないSSについても 東 日 本 エリアを 中 心 に 在 庫 がなくなり 次 第 閉 店 させていただきますのでご

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

19 WOWOW シネマ [ 別 途 有 料 契 約 が 必 要 です] 19 200ch スターチャンネル1 [ スカパー! のお 申 込 が 必 要 です] 200ch 20 スターチャンネル2 [ スカパー! のお 申 込 が 必 要 です] 20 20 スターチャンネル3 [ スカパー! の

19 WOWOW シネマ [ 別 途 有 料 契 約 が 必 要 です] 19 200ch スターチャンネル1 [ スカパー! のお 申 込 が 必 要 です] 200ch 20 スターチャンネル2 [ スカパー! のお 申 込 が 必 要 です] 20 20 スターチャンネル3 [ スカパー! の 速 トク TV 提 供 エリア 毎 のご 視 聴 可 能 なチャンネル 北 海 道 エリア デジアナ 変 換 等 2015 年 4 月 13 日 終 了 北 海 道 放 送 デジアナ 変 換 NHK 総 合 デジアナ 変 換 札 幌 テレビ 放 送 デジアナ 変 換 1 QVC(キューヴィーシー) ショッピング ch. 1 デジアナ 変 換 17ch テレビ 北 海 道 デジアナ 変 換 27ch

More information

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1

日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 第 1ラウンド 2016 年 9 月 8 日 ( 木 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 太 田 満 夫 岐 阜 井 端 和 生 静 岡 舟 岡 誠 栃 木 栗 田 昌 俊 三 重 1 日 本 スポーツマスターズ 2016 秋 田 大 会 ゴルフ 競 技 男 子 公 式 練 習 日 2016 年 9 月 7 日 ( 水 ) 秋 田 椿 台 カントリークラブ(6616Yards/Par72) 重 藤 武 士 岡 山 梶 本 真 也 奈 良 市 木 隆 延 高 知 佐 藤 憲 一 大 分 1 7:00 紀 村 勝 也 岡 山 13 8:36 中 西 智 彦 奈 良 25 7:00 松

More information

 

  平 成 24 年 滋 賀 県 地 価 調 査 価 格 一 覧 表 目 次 宅 地 および 宅 地 見 込 地 5 林 地 24 地 価 公 示 の 標 準 地 と 同 一 地 点 である 25 調 査 価 格 等 の 見 方 について 1 (1) 番 号 の 欄 においては 用 途 の 区 分 別 に 数 字 を 附 して 次 のように 表 示 しています 区 分 記 号 区 分 記 号 地 -1-2

More information

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41

03 公立学校建物の実態 P8~p10、P18~P41 カ 地 震 防 災 対 策 事 業 の 状 況 学 校 施 設 については 児 童 生 徒 の 安 全 確 保 はもとより 地 域 の 防 災 拠 点 としての 役 割 も 求 められて おり 建 物 の 耐 震 性 の 確 保 等 地 震 防 災 対 策 の 促 進 が 図 られている 地 震 防 災 対 策 事 業 としては 地 震 改 築 事 業 及 び 地 震 補 強 事 業 のいずれも 指

More information

24 通勤手当に関する規則の運用について

24 通勤手当に関する規則の運用について 通 勤 手 当 に 関 する 規 則 の 運 用 について ( 昭 和 33 年 10 月 7 日 岡 人 委 第 407 号 通 知 ) ( 沿 革 ) 昭 和 34 年 10 月 14 日 第 394 号 昭 和 40 年 12 月 28 日 第 560 号 昭 和 41 年 7 月 15 日 第 212 号 昭 和 43 年 12 月 26 日 第 775 号 昭 和 44 年 12 月 23

More information

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫

山 陽 新 幹 線 千 種 川 橋 梁 兵 庫 県 国 鉄 熊 谷 組 6, 山 陽 新 幹 線 白 水 橋 梁 国 鉄 三 井 建 設 2,500 阪 急 電 鉄 宝 塚 南 口 兵 庫 1 1964 営 団 5 号 線 営 団 馬 場 駅 東 京 都 東 京 都 大 成 建 設 10,000 1964 1964 1965 1965 1966 1967 1967 1968 1968 1968 1968 1969 1969 1969 1970 1970 1970 営 団 5 号 線 営 団 竹 平 東 京 都 東 京 都 間 組 13,000 渋 谷 駅 道 地 下 道 東 京 都 東

More information

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州 現 在 この 地 域 ( 都 道 府 県 )では では 以 下 のリスト リストに 掲 げた 地 点 で 交 通 の 渋 滞 や 混 雑 がよく 起 きているとされています 今 後 改 良 等 を 進 めていく 上 での 参 考 として あなたのご 意 見 をお 聞 かせください まず あなた 御 自 身 のことについておうかがいします 主 に 活 動 されている 市 区 町 村 : 市 区 町 村

More information

北 海 道 洞 爺 湖 町 洞 爺 湖 温 泉 ポンプ 場 北 海 道 浦 河 町 臨 港 中 継 ポンプ 場 北 海 道 えりも 町 本 町 中 継 ポンプ 所 北 海 道 新 ひだか 町 木 場 町 ポンプ 場 北 海 道 豊 頃 町 茂 岩 汚 水 中 継 ポンプ 場 北 海 道 釧 路 町

北 海 道 洞 爺 湖 町 洞 爺 湖 温 泉 ポンプ 場 北 海 道 浦 河 町 臨 港 中 継 ポンプ 場 北 海 道 えりも 町 本 町 中 継 ポンプ 所 北 海 道 新 ひだか 町 木 場 町 ポンプ 場 北 海 道 豊 頃 町 茂 岩 汚 水 中 継 ポンプ 場 北 海 道 釧 路 町 下 水 道 ポンプ 場 データベース 2015 掲 載 ポンプ 場 一 覧 都 道 府 県 流 域 / 事 業 主 体 施 設 名 北 海 道 石 狩 川 流 域 滝 川 中 継 ポンプ 場 北 海 道 石 狩 川 流 域 砂 川 中 継 ポンプ 場 北 海 道 石 狩 川 流 域 赤 平 第 2 中 継 ポンプ 場 北 海 道 石 狩 川 流 域 歌 志 内 中 継 ポンプ 場 北 海 道 石 狩

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D209379926E955D89BF8E9696B18EE688B5977697CC81698267826F9770816A2E646F63> 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 平 成 21 年 12 月 鉾 田 市 土 地 評 価 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 1 土 地 の 評 価 固 定 資 産 の 課 税 客 体 と な る 土 地 の 評 価 事 務 に つ い て は 地 方 税 法 第 388 条 ( 固 定 資 産 税 に 係 る 総 務 大 臣 の 任 務 ) に よ り

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information