10分冊_表紙1

Size: px
Start display at page:

Download "10分冊_表紙1"

Transcription

1 この の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 目 次 第 1 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 第 2 条 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 6 条 の 締 結 第 7 条 の 責 任 開 始 期 第 8 条 の 保 険 期 間 第 9 条 の 保 険 料 の 払 込 第 10 条 の 失 効 第 11 条 の 復 活 第 12 条 告 知 第 13 条 重 大 事 由 による 解 除 第 14 条 の 解 第 15 条 の 返 還 第 16 条 の 消 滅 とみなす 場 合 第 17 条 満 期 保 険 額 の 減 額 第 18 条 の 更 新 第 19 条 の 社 員 配 当 第 20 条 主 契 の 内 容 変 更 に 伴 う の 取 扱 第 21 条 主 契 について 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 の 取 扱 第 22 条 管 轄 裁 判 所 第 23 条 主 款 の 規 定 の 準 用 第 24 条 主 契 が 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 の 移 行 後 の 主 契 の 保 険 額 の 計 算 第 25 条 主 契 に5 年 ごと 配 当 付 年 支 払 移 行 等 を 付 加 した 場 合 の 基 本 年 額 の 計 算 第 26 条 この が 複 数 付 加 されている 場 合 の 取 扱 5 年 ごと 配 当 付 一 時 払 積 立 保 険 条 項 (この の 概 要 ) ( 平 成 20 年 6 月 2 日 改 正 ) この は つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです なお 主 たる 保 険 契 ( 以 下 主 契 といいます ) が 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 移 行 日 の 前 日 の 満 了 時 に 支 払 われる 満 期 保 険 は 移 行 後 の 主 契 の 責 任 準 備 に 充 当 されます 満 期 保 険 死 亡 給 付 高 度 障 害 給 付 給 付 の 内 容 被 保 険 者 がこの の 保 険 期 間 満 了 時 に 生 存 しているときに 支 払 います 被 保 険 者 がこの の 保 険 期 間 中 に 死 亡 したときに 支 払 います 被 保 険 者 がこの の 保 険 期 間 中 に 所 定 の 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したときに 支 払 います 第 1 条 ( 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 ) この において 支 払 う 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 はつぎのとおりです 満 期 保 険 満 期 保 険 死 亡 給 付 高 度 障 害 給 付 を 支 払 う 場 合 ( 以 下 支 払 事 由 といいます ) 被 保 険 者 がこの の 保 険 期 間 満 了 時 に 生 存 しているとき 支 払 額 満 期 保 険 額 受 取 人 保 険 契 者 支 払 事 由 に 該 当 しても 死 亡 給 付 高 度 障 害 給 付 を 支 払 わない 場 合 ( 以 下 免 責 事 由 といいます ) 死 亡 給 付 被 保 険 者 がこの の 保 険 期 間 中 に 死 亡 した とき 表 1によっ て 定 める 死 亡 給 付 額 死 亡 給 付 受 取 人 つぎのいずれかにより 左 記 の 支 払 事 由 が 生 じたとき (1) この の 責 任 開 始 期 ( 復 活 の 取 扱 が 行 われた 後 は 最 後 の 復 活 の 際 の 責 任 開 始 期 以 下 同 じ )の 属 する 日 からその 日 を 含 めて3 年 以 内 の 自 殺 (2) 保 険 契 者 または 死 亡 給 付 受 取 人 の 故 意 (3) 戦 争 その 他 の 変 乱 -90-

2 支 払 事 由 支 払 額 受 取 人 免 責 事 由 高 度 障 害 給 付 被 保 険 者 がこの の 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 または 疾 病 を 原 因 として この の 保 険 期 間 中 に 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 したとき この 場 合 責 任 開 始 期 前 にすでに 生 じていた 障 害 状 態 に その 障 害 状 態 の 原 因 となった 傷 害 または 疾 病 と 因 果 関 係 のない 責 任 開 始 期 以 後 の 傷 害 または 疾 病 を 原 因 とする 障 害 状 態 が 新 たに 加 わって 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したとき を 含 みます 死 亡 給 付 額 と 同 額 高 度 障 害 給 付 受 取 人 つぎのいずれかにより 左 記 の 支 払 事 由 が 生 じたとき (1) 保 険 契 者 または 被 保 険 者 の 故 意 (2) 戦 争 その 他 の 変 乱 表 1 死 亡 給 付 額 死 亡 給 付 額 は つぎの 算 式 によって 計 算 される 額 とします (1) 主 契 締 結 の 際 この を 付 加 した 場 合 ( 保 険 料 )+[( 満 期 保 険 額 )-( 保 険 料 )] 経 過 年 月 数 保 険 期 間 (2) 主 契 締 結 後 に この を 付 加 した 場 合 (ア) 主 契 の 年 単 位 の 契 応 当 日 に この を 付 加 した 場 合 ( 保 険 料 )+[( 満 期 保 険 額 )-( 保 険 料 )] 経 過 年 月 数 付 加 日 から 保 険 期 間 の 満 了 日 までの 期 間 (イ) 主 契 の 年 単 位 の 契 応 当 日 以 外 の 日 に この を 付 加 した 場 合 付 加 日 直 前 の 主 契 の 年 単 位 の 契 応 当 日 をこの の 付 加 日 と 仮 定 し 上 記 (ア)によって 計 算 します 従 って 計 算 上 の 保 険 料 は 実 際 に 払 い 込 まれた 保 険 料 とは 異 なります ( 注 )1. 上 記 算 式 によって 計 算 した 死 亡 給 付 額 に100 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 10 円 の 位 を 四 捨 五 入 して100 円 単 位 とします 2. 経 過 年 月 数 とは この の 付 加 日 から 被 保 険 者 の 死 亡 日 までの 年 月 数 とし 1か 月 未 満 の 端 数 は 切 り 上 げて1か 月 とします 3. 主 契 更 新 の 際 にこの を 付 加 した 場 合 および 更 新 後 のこの についても 上 記 (ア)の 算 式 によって 計 算 します 表 2 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 とは つぎのいずれかの 状 態 をいいます 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 両 眼 の 視 力 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 備 考 (1) 視 力 の 測 定 は 万 国 式 試 視 力 表 により 1 眼 ずつ きょう 正 視 力 について 測 定 します (2) 視 力 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 視 力 が0.02 以 下 に なって 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます (3) 視 野 狭 さくおよび 眼 瞼 下 垂 による 視 力 障 害 は 視 力 を 失 った ものとはみなしません -91-

3 対 象 となる 高 度 障 害 状 態 言 語 またはそしゃくの 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 中 枢 神 経 系 精 神 または 胸 腹 部 臓 器 に 著 しい 障 害 を 残 し 終 身 常 に 介 護 を 要 するもの 両 上 肢 とも 手 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 両 下 肢 とも 足 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの 1 上 肢 を 手 関 節 以 上 で 失 い かつ 1 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 失 ったかまたはその 用 を 全 く 永 久 に 失 ったも の 1 上 肢 の 用 を 全 く 永 久 に 失 い かつ 1 下 肢 を 足 関 節 以 上 で 失 ったもの 備 考 (1) 言 語 の 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは つぎのいず れかの 場 合 をいいます 1 語 音 構 成 機 能 障 害 で 口 唇 音 歯 舌 音 口 蓋 音 こう 頭 音 の4 種 のうち 3 種 以 上 の 発 音 が 不 能 となり その 回 復 の 見 込 がない 場 合 2 脳 言 語 中 枢 の 損 傷 による 失 語 症 で 音 声 言 語 による 意 志 の 疎 通 が 不 可 能 となり その 回 復 の 見 込 がない 場 合 3 声 帯 全 部 のてき 出 により 発 音 が 不 能 な 場 合 (2) そしゃくの 機 能 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 流 動 食 以 外 のものは 摂 取 できない 状 態 で その 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます 終 身 常 に 介 護 を 要 するもの とは 食 物 の 摂 取 排 便 排 尿 その 後 始 末 および 衣 服 着 脱 起 居 歩 行 入 浴 のいずれもが 自 分 ではできず 常 に 他 人 の 介 護 を 要 する 状 態 で その 回 復 の 見 込 のない 場 合 をいいます 上 下 肢 の 用 を 全 く 永 久 に 失 ったもの とは 完 全 にその 運 動 機 能 を 失 ったものでつぎのいずれかの 場 合 をいいます 1 上 下 肢 の 完 全 運 動 麻 ひで 回 復 の 見 込 のない 場 合 2 上 下 肢 においてそれぞれ3 大 関 節 ( 上 肢 においては 肩 関 節 ひじ 関 節 および 手 関 節 下 肢 においてはまた 関 節 ひざ 関 節 および 足 関 節 )の 完 全 強 直 で 回 復 の 見 込 のない 場 合 第 2 条 ( 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 1. 支 払 事 由 の 生 じた 満 期 保 険 は つぎの 各 号 のとおり 取 り 扱 います (1) 第 18 条 ( の 更 新 )の 規 定 によりこの が 更 新 される 場 合 には 支 払 事 由 が 生 じたときに 更 新 後 のこの の 一 時 払 保 険 料 に 充 当 します ただし 更 新 後 のこの における 満 期 保 険 額 は 当 会 社 の 定 める 額 を 限 度 と し 更 新 後 のこの の 一 時 払 保 険 料 にあてられなかった 満 期 保 険 は 支 払 事 由 が 生 じたときから 当 会 社 所 定 の 利 率 による 利 息 をつけて 自 動 的 にすえ 置 きます (2) 主 契 の 普 通 保 険 款 ( 以 下 主 款 といいます )の 規 定 により 主 契 が 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 には 支 払 事 由 が 生 じたときに 移 行 後 の 主 契 の 責 任 準 備 に 充 当 します 2. 第 1 項 第 2 号 の 規 定 にかかわらず 保 険 契 者 は 満 期 保 険 の 全 部 または 一 部 について 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき すえ 置 支 払 を 選 択 することができます 3. 第 1 項 および 第 2 項 の 規 定 によりすえ 置 かれた 満 期 保 険 は 保 険 契 者 から 請 求 があったとき または 主 契 が 消 滅 したとき( 主 契 が 更 新 される 場 合 および 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 を 除 きます )に 保 険 契 者 に 支 払 います ただし 主 契 の 保 険 が 支 払 われるときは 主 契 の 保 険 とともにその 保 険 の 受 取 人 に 支 払 います 4. 第 1 項 第 1 号 の 規 定 により 更 新 後 のこの の 一 時 払 保 険 料 にあてられなかった 満 期 保 険 について 保 険 契 者 から 申 出 があった 場 合 は 第 1 項 第 1 号 の 規 定 にかかわらず すえ 置 かずに 支 払 うものとします 5. 満 期 保 険 の 支 払 事 由 が 生 じたときに 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 があるときは 当 会 社 は 満 期 保 険 からそれらの 元 利 を 差 し 引 き その 残 額 について 第 1 項 から 第 3 項 までの 規 定 を 適 用 し ます 6. 第 5 項 の 場 合 で 主 契 の 生 存 給 付 が 同 時 に 支 払 われるときは そこから 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 ま たは 契 者 貸 付 の 元 利 を 差 し 引 き 差 し 引 けない 額 があれば それをこの の 満 期 保 険 から 差 し 引 くもの とします 第 3 条 ( 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 1. 死 亡 給 付 受 取 人 は 主 契 の 死 亡 保 険 受 取 人 とします 2. 高 度 障 害 給 付 受 取 人 は 主 契 の 高 度 障 害 保 険 の 受 取 人 とします 3. 被 保 険 者 の 生 死 が 不 明 の 場 合 でも 当 会 社 が 死 亡 したものと 認 めたときは 死 亡 給 付 を 支 払 います 4. 当 会 社 が 高 度 障 害 給 付 を 支 払 った 場 合 には この は 被 保 険 者 が 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 した 時 に 消 滅 したものとみなします 5. 死 亡 給 付 が 支 払 われた 場 合 には その 支 払 後 に 高 度 障 害 給 付 の 請 求 を 受 けても 当 会 社 はこれを 支 払 い ません 6. 主 契 の 締 結 後 にこの を 付 加 し 主 契 の 高 度 障 害 保 険 が 支 払 われる 場 合 でも その 支 払 事 由 の 原 因 の 発 生 が この の 責 任 開 始 期 前 であるときは この の 高 度 障 害 給 付 は 支 払 わず 被 保 険 者 が 高 度 障 害 状 態 ( 表 2) に 該 当 した 時 に 消 滅 したものとみなして 当 会 社 は この の 責 任 準 備 を 高 度 障 害 給 付 受 取 人 に 支 払 います この 場 合 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 があるときは この の 責 任 準 備 からそれらの 元 利 を 差 し 引 きます -92-

4 7. 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 を 支 払 うときに 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 が あるときは 当 会 社 は 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 からそれらの 元 利 を 差 し 引 きます 8.この の 保 険 期 間 の 満 了 日 ( 更 新 限 度 となる 最 後 の 保 険 期 間 の 満 了 日 をいいます 以 下 本 項 において 同 じ )に 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)のうち 回 復 の 見 込 がないことのみが 明 らかでない 場 合 でも その 後 もその 障 害 の 状 態 が 継 続 し 回 復 の 見 込 がないことが 明 らかになったときは 保 険 期 間 の 満 了 日 に 高 度 障 害 状 態 に 該 当 したものとみなして 第 1 条 ( 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 )の 規 定 を 適 用 します ただし 保 険 期 間 の 満 了 日 後 に 新 たに 生 じた 原 因 により 回 復 の 見 込 がないこととなった 場 合 を 除 きます 9. 第 8 項 の 規 定 にかかわらず 満 期 保 険 がすでに 支 払 われている 場 合 には 当 会 社 は 第 8 項 の 取 扱 を 行 いませ ん 第 4 条 ( 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 ) 1.つぎのいずれかの 免 責 事 由 に 該 当 したことによって 死 亡 給 付 が 支 払 われないときは 当 会 社 は この の 責 任 準 備 を 保 険 契 者 ( 第 3 号 の 場 合 には 死 亡 給 付 受 取 人 )に 支 払 います (1) この の 責 任 開 始 期 の 属 する 日 からその 日 を 含 めて3 年 以 内 に 被 保 険 者 が 自 殺 したとき (2) 死 亡 給 付 受 取 人 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたとき (3) 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 被 保 険 者 が 死 亡 したとき 2. 保 険 契 者 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させたことによって 死 亡 給 付 が 支 払 われないときは 責 任 準 備 その 他 の 返 還 の 払 戻 はありません 3. 死 亡 給 付 受 取 人 が 故 意 に 被 保 険 者 を 死 亡 させた 場 合 で その 受 取 人 が 死 亡 給 付 の 一 部 の 受 取 人 であると きは 死 亡 給 付 のうち その 受 取 人 に 支 払 われるべき 額 を 差 し 引 いた 残 額 を 他 の 死 亡 給 付 受 取 人 に 支 払 います この 場 合 この のうち 支 払 われない 死 亡 給 付 に 対 応 する 部 分 については 第 1 項 の 規 定 を 適 用 し そ の 部 分 の 責 任 準 備 を 保 険 契 者 に 支 払 います 4. 被 保 険 者 が 戦 争 その 他 の 変 乱 によって 死 亡 し または 高 度 障 害 状 態 ( 表 2)に 該 当 した 場 合 には 当 会 社 は 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 を 支 払 いません ただし その 原 因 によって 死 亡 し または 高 度 障 害 状 態 に 該 当 し た 被 保 険 者 の 数 の 増 加 が この の 計 算 の 基 礎 に 及 ぼす 影 響 が 少 ないと 認 めたときは 当 会 社 は その 程 度 に 応 じ 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 全 額 を 支 払 い またはその 額 を 削 減 して 支 払 います 第 5 条 ( 満 期 保 険 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 ) 1. 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 支 払 事 由 が 生 じたときは 保 険 契 者 または 死 亡 給 付 受 取 人 もし くは 高 度 障 害 給 付 受 取 人 は すみやかに 当 会 社 に 通 知 してください 2. 支 払 事 由 の 生 じた 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 受 取 人 は 当 会 社 に 請 求 に 必 要 な 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 して 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 を 請 求 してください 3. 満 期 保 険 を 請 求 するときは 保 険 契 者 は 当 会 社 に 請 求 に 必 要 な 書 類 ( 別 表 1)を 提 出 してください 4. 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 請 求 を 受 けた 場 合 当 会 社 が 必 要 と 認 めたときは 事 実 の 確 認 を 行 い または 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 を 求 めます 5. 満 期 保 険 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 は その 請 求 に 必 要 な 書 類 が 当 会 社 の 本 社 に 到 着 した 日 の 翌 日 からその 日 を 含 めて5 営 業 日 以 内 に 当 会 社 の 本 社 で 支 払 います ただし 事 実 の 確 認 または 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 のため に 日 数 を 要 する 場 合 は 5 営 業 日 をこえることがあります 6. 第 4 項 の 場 合 保 険 契 者 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 受 取 人 が 当 会 社 からの 事 実 の 照 会 について 正 当 な 理 由 がなく 回 答 または 同 意 を 拒 んだときは 当 会 社 は その 回 答 または 同 意 を 得 て 事 実 の 確 認 が 終 わるまで 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 を 支 払 いません 当 会 社 が 指 定 した 医 師 による 被 保 険 者 の 診 断 を 求 めたときも 同 様 とします 第 6 条 ( の 締 結 ) 1. 保 険 契 者 は 主 契 の 契 日 以 後 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき 被 保 険 者 の 同 意 および 当 会 社 の 承 諾 を 得 て この を 主 契 に 付 加 して 締 結 することができます 2. 第 1 項 の 規 定 によるほか 保 険 契 者 は 主 契 更 新 の 際 にも 被 保 険 者 の 同 意 および 当 会 社 の 承 諾 を 得 て この を 主 契 に 付 加 して 締 結 することができます 第 7 条 ( の 責 任 開 始 期 ) この の 責 任 開 始 期 はつぎの 各 号 のとおりとします (1) 主 契 締 結 の 際 主 契 に 付 加 する 場 合 は 主 契 の 責 任 開 始 期 と 同 一 とします (2) 主 契 の 契 日 後 主 契 に 付 加 する 場 合 で 当 会 社 が 保 険 契 者 からの 付 加 の 申 込 を 承 諾 したときは この の 保 険 料 を 受 け 取 った 時 からこの 上 の 責 任 を 負 います (3) 主 契 更 新 の 際 主 契 に 付 加 する 場 合 で 当 会 社 が 保 険 契 者 からの 付 加 の 申 込 を 承 諾 したときは つぎの 時 からこの 上 の 責 任 を 負 います (ア) この の 保 険 料 を 受 け 取 った 時 (イ) 更 新 前 にこの の 保 険 料 を 受 け 取 った 場 合 には 更 新 の 時 第 8 条 ( の 保 険 期 間 ) この の 保 険 期 間 は 第 7 条 ( の 責 任 開 始 期 )に 規 定 する 責 任 開 始 期 から 主 契 の 保 険 期 間 の 満 了 日 までとし ます -93-

5 第 9 条 ( の 保 険 料 の 払 込 ) この の 保 険 料 は 一 時 払 の 方 法 で 払 い 込 むことを 要 します 第 10 条 ( の 失 効 ) 主 契 が 効 力 を 失 った 場 合 には この も 同 時 に 将 来 に 向 かって 効 力 を 失 います 第 11 条 ( の 復 活 ) 1. 主 契 の 復 活 請 求 の 際 に 別 段 の 申 出 がないときは この についても 同 時 に 復 活 の 請 求 があったものとします 2. 当 会 社 は 第 1 項 の 規 定 によって 請 求 された の 復 活 を 承 諾 した 場 合 には 主 款 の 復 活 の 規 定 を 準 用 して この の 復 活 の 取 扱 をします 第 12 条 ( 告 知 ) 当 会 社 は この の 締 結 または 復 活 の 際 保 険 契 者 および 被 保 険 者 に 対 して この に 関 する 書 面 による 告 知 ならびに 当 会 社 の 指 定 する 医 師 への 口 頭 による 告 知 を 求 めません 第 13 条 ( 重 大 事 由 による 解 除 ) 1. 当 会 社 は つぎの 各 号 のいずれかに 定 める 事 由 が 生 じた 場 合 には この を 将 来 に 向 かって 解 除 することができま す (1) 保 険 契 者 被 保 険 者 または 給 付 の 受 取 人 が 給 付 ( 他 の 保 険 契 の 給 付 を 含 み 保 険 種 類 および 給 付 の 名 称 の 如 何 を 問 いません 以 下 本 項 において 同 じ )を 詐 取 する 目 的 または 他 人 に 給 付 を 詐 取 させる 目 的 で 事 故 招 致 ( 未 遂 を 含 みます )をした 場 合 (2) 給 付 の 請 求 に 関 し 給 付 の 受 取 人 に 詐 欺 行 為 があった 場 合 (3) その 他 この を 継 続 することを 期 待 しえない 第 1 号 および 第 2 号 に 掲 げる 事 由 と 同 等 の 事 由 がある 場 合 2. 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 支 払 事 由 が 生 じた 後 でも 当 会 社 は 第 1 項 の 規 定 によってこの を 解 除 することができます この 場 合 には 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 支 払 を 行 いません また すで に 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 を 支 払 っているときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 します 3. 本 条 の 規 定 によってこの を 解 除 するときは 当 会 社 は その 旨 を 保 険 契 者 に 通 知 します ただし 保 険 契 者 が 不 明 である 場 合 またはその 住 所 もしくは 居 所 が 不 明 である 場 合 など 正 当 な 理 由 によって 保 険 契 者 に 通 知 できない 場 合 には 当 会 社 は 被 保 険 者 または 死 亡 給 付 もしくは 高 度 障 害 給 付 の 受 取 人 に 通 知 します 4. 本 条 の 規 定 によってこの を 解 除 したときは 当 会 社 は 解 返 還 があるときは これと 同 額 の 返 還 を 保 険 契 者 に 支 払 います 第 14 条 ( の 解 ) 保 険 契 者 は いつでも 将 来 に 向 かって この を 解 することができます 第 15 条 ( の 返 還 ) 1.この の 解 返 還 はこの の 経 過 年 月 数 により 計 算 します 2.この が 解 または 解 除 されたときは 当 会 社 は この の 解 返 還 を 保 険 契 者 に 払 い 戻 します ただし 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 があるときは この の 解 返 還 をそれらの 元 利 の 返 済 にあてます 3.この が 第 16 条 ( の 消 滅 とみなす 場 合 )の 規 定 によって 消 滅 した 場 合 には 第 2 項 の 規 定 を 準 用 します ただ し 第 3 条 ( 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 補 則 ) 第 6 項 ならびに 第 4 条 ( 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 ) 第 1 項 および 第 2 項 の 場 合 は 除 きます 第 16 条 ( の 消 滅 とみなす 場 合 ) 主 契 が 解 その 他 の 事 由 によって 消 滅 したときは この も 消 滅 したものとみなします 第 17 条 ( 満 期 保 険 額 の 減 額 ) 1. 保 険 契 者 は いつでも 満 期 保 険 額 を 減 額 することができます ただし 減 額 後 の 満 期 保 険 額 は 当 会 社 の 定 める 額 以 上 であることを 要 します 2. 第 1 項 の 規 定 によって この の 満 期 保 険 額 が 減 額 された 場 合 には 減 額 分 は 解 されたものとして 取 り 扱 います 第 18 条 ( の 更 新 ) 1.この の 保 険 期 間 が 満 了 する 場 合 で かつ 主 款 の 規 定 により 主 契 が 更 新 される 場 合 には 保 険 契 者 がこの を 継 続 しない 旨 を 通 知 しない 限 り この は 主 契 と 同 時 に 更 新 されます この 場 合 更 新 後 のこの の 保 険 期 間 は 更 新 後 の 主 契 の 保 険 期 間 と 同 一 とし 主 款 に 定 める 保 険 契 の 更 新 の 規 定 を 準 用 します 2. 更 新 されたこの の 保 険 期 間 の 計 算 にあたっては 更 新 日 からその 日 を 含 めて 計 算 するものとし 更 新 後 のこの の 保 険 料 は 更 新 日 現 在 の 被 保 険 者 の 保 険 年 齢 によって 計 算 します 3. 第 2 条 ( 満 期 保 険 の 支 払 に 関 する 補 則 )の 規 定 による 更 新 後 のこの の 一 時 払 保 険 料 が 当 会 社 の 定 める 額 に 満 たない 場 合 には 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 第 1 項 の 更 新 を 取 り 扱 いません この 場 合 満 期 保 険 は 支 払 事 由 が 生 じたときから 当 会 社 所 定 の 利 率 による 利 息 をつけて 自 動 的 にすえ 置 きます -94-

6 4. 第 3 項 の 規 定 により 更 新 されなかったこの の 満 期 保 険 について 保 険 契 者 から 申 出 があった 場 合 は 第 3 項 の 規 定 にかかわらず すえ 置 かずに 支 払 うものとします 5. 死 亡 給 付 および 高 度 障 害 給 付 の 支 払 に 関 する 規 定 の 適 用 に 際 しては 更 新 前 のこの の 保 険 期 間 と 更 新 後 のこの の 保 険 期 間 とは 継 続 されたものとして 取 り 扱 います 6. 更 新 日 に 当 会 社 がこの の 締 結 を 取 り 扱 っていないときは この にかえて 当 会 社 所 定 の により 更 新 と みなして 取 り 扱 うことがあります 第 19 条 ( の 社 員 配 当 ) 1.この の 社 員 配 当 の 割 当 および 支 払 方 法 は 主 契 に 準 じます 2. 主 契 の 締 結 後 に 付 加 された については 主 款 に 定 める 社 員 配 当 の 割 当 の 規 定 によるほか つぎの 各 号 のと おりとします (1) 付 加 後 この の 保 険 期 間 中 に 主 款 に 定 める5 年 ごとの 契 応 当 日 等 が 到 来 するときは その 到 来 する 事 業 年 度 の 直 前 の 事 業 年 度 末 に この の 社 員 配 当 を 割 り 当 てます (2) 付 加 の 日 からその 日 を 含 めて1 年 以 内 にこの が 消 滅 するときは その 消 滅 する 事 業 年 度 の 直 前 の 事 業 年 度 末 におけるこの の 社 員 配 当 の 割 当 は 行 いません (3) 付 加 の 日 から 所 定 年 数 を 経 過 し かつ 所 定 の 条 件 を 満 たすこの に 対 しても 社 員 配 当 を 割 り 当 てるこ とがあります 第 20 条 ( 主 契 の 内 容 変 更 に 伴 う の 取 扱 ) 主 契 の 保 険 額 ( 逓 減 基 本 保 険 額 および 基 本 年 額 を 含 みます )を 減 額 した 場 合 ( 主 契 に 付 加 されている 他 の が 消 滅 した 場 合 またはそれらの の 保 険 額 を 減 額 した 場 合 を 含 みます )でも この はそのまま 有 効 に 継 続 します 第 21 条 ( 主 契 について 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 の 取 扱 ) 主 契 について 主 款 の 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 の 規 定 を 適 用 する 場 合 には この の 解 返 還 を 主 契 の 解 返 還 に 加 えて 取 り 扱 います 第 22 条 ( 管 轄 裁 判 所 ) この における 満 期 保 険 死 亡 給 付 または 高 度 障 害 給 付 の 請 求 に 関 する 訴 訟 については 主 款 の 管 轄 裁 判 所 の 規 定 を 準 用 します 第 23 条 ( 主 款 の 規 定 の 準 用 ) この に 別 段 の 定 めのない 場 合 には 主 款 の 規 定 を 準 用 します 第 24 条 ( 主 契 が 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 の 移 行 後 の 主 契 の 保 険 額 の 計 算 ) 1. 主 款 の 規 定 により 主 契 が 終 身 保 障 に 移 行 される 場 合 は 主 款 の 規 定 によるほか つぎの 各 号 の 額 の 合 計 額 ( 主 款 の 規 定 による 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 があるときは それらの 元 利 を 差 し 引 きます )を 加 えて 移 行 後 の 主 契 の 保 険 額 を 定 めます (1) 主 契 の 指 定 年 齢 到 達 日 の 前 日 の 満 了 時 に 支 払 われる 満 期 保 険 (2) 主 契 の 指 定 年 齢 到 達 日 までにすえ 置 かれた 満 期 保 険 2. 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 保 険 契 者 は 第 1 項 第 1 号 および 第 2 号 の 額 の 合 計 額 の 全 部 または 一 部 について 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき すえ 置 支 払 を 選 択 することができます この 場 合 すえ 置 支 払 を 選 択 した 額 につい ては 第 1 項 に 定 める 移 行 後 の 主 契 の 保 険 額 の 計 算 には 含 めません 3. 第 2 項 の 規 定 によりすえ 置 かれた 満 期 保 険 は 保 険 契 者 から 請 求 があったとき または 主 契 が 消 滅 したと きに 保 険 契 者 に 支 払 います ただし 主 契 の 保 険 の 支 払 により 主 契 が 消 滅 するときは 主 契 の 保 険 ととも にその 保 険 の 受 取 人 に 支 払 います 第 25 条 ( 主 契 に5 年 ごと 配 当 付 年 支 払 移 行 等 を 付 加 した 場 合 の 基 本 年 額 の 計 算 ) 1. 主 契 に5 年 ごと 配 当 付 年 支 払 移 行 5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 年 移 行 5 年 ごと 配 当 付 介 護 割 増 年 移 行 または5 年 ごと 配 当 付 夫 婦 介 護 割 増 年 移 行 を 付 加 したときは つぎの 各 号 の 額 の 合 計 額 ( 主 款 の 規 定 によ る 保 険 料 の 自 動 貸 付 または 契 者 貸 付 があるときは それらの 元 利 を 差 し 引 きます )を 加 えて 基 本 年 額 を 定 め ます (1) 主 契 の 指 定 年 齢 到 達 日 の 前 日 の 満 了 時 に 支 払 われる 満 期 保 険 (2) 主 契 の 指 定 年 齢 到 達 日 までにすえ 置 かれた 満 期 保 険 2. 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 保 険 契 者 は 第 1 項 第 1 号 および 第 2 号 の 額 の 合 計 額 の 全 部 または 一 部 について 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき すえ 置 支 払 を 選 択 することができます この 場 合 すえ 置 支 払 を 選 択 した 額 につい ては 第 1 項 に 定 める 基 本 年 額 の 計 算 には 含 めません 3. 第 2 項 の 規 定 によりすえ 置 かれた 満 期 保 険 は 年 支 払 移 行 部 分 夫 婦 年 移 行 部 分 介 護 割 増 年 移 行 部 分 もしくは 夫 婦 介 護 割 増 年 移 行 部 分 が 消 滅 したとき または 保 険 契 者 から 請 求 があったときに 保 険 契 者 に 支 払 いま す -95-

7 第 26 条 (この が 複 数 付 加 されている 場 合 の 取 扱 ) この が 複 数 付 加 されている 場 合 で この を 解 または 減 額 するときは 当 会 社 の 定 める 取 扱 にもとづき 付 加 日 (この が 更 新 されたときは 更 新 日 )からの 経 過 年 月 数 の 短 い から 順 次 解 または 減 額 していくものとしま す -96-

8 別 表 1 請 求 書 類 項 目 必 要 書 類 1 死 亡 給 付 当 会 社 所 定 の 請 求 書 2 高 度 障 害 給 付 当 会 社 所 定 の 請 求 書 3 満 期 保 険 (1) 当 会 社 所 定 の 請 求 書 (2) 被 保 険 者 の 住 民 票 (ただし 受 取 人 と 同 一 の 場 合 は 不 要 また 当 会 社 が 必 要 と 認 め た 場 合 は 戸 籍 抄 本 ) (3) 満 期 保 険 の 受 取 人 の 戸 籍 抄 本 と 印 鑑 証 明 書 (4) 保 険 証 券 ( 注 )1. 上 記 の 書 類 は 当 会 社 の 本 社 または 当 会 社 の 指 定 した 場 所 に 提 出 してください 2. 当 会 社 は 上 記 以 外 の 書 類 の 提 出 を 求 め または 上 記 の 提 出 書 類 の 一 部 の 省 略 を 認 めることがあります -97-

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます

1. 用 語 の 意 義 第 1 条 ( 用 語 の 意 義 ) この 普 通 約 款 において 使 用 されるつぎの 用 語 の 意 義 は それぞれつぎのとおりとします 金 責 任 開 始 期 契 約 応 当 日 用 語 の 意 義 満 期 金 死 亡 金 および 高 度 障 害 金 をいいます この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 (H 普 通 約 款 目 次 2. 金 の 支 第 2 条 金 の 支 第 3 条 金 の 支 に 関 する 補 則 第 4 条 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 金 支 方 法 の 選 択 第 6 条 金 の 請 求 支 期 および 支 場 所 3. 当 会 社 の 責 任 開 始

More information

01_3分冊_表紙1

01_3分冊_表紙1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 5 条 保 険 金 支 払 方 法 の 選 択 第 6 条 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および

More information

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に

原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 ( 平 成 20 4 月 1 日 改 正 ) (この 保 険 の 概 要 ) この 保 険 は 支 払 開 始 日 の 前 日 までの 特 別 勘 定 の 運 用 実 績 により 増 減 する 積 立 額 または 基 本 保 険 額 に 原 資 保 証 型 変 額 個 人 保 険 普 通 保 険 款 目 次 この 保 険 の 概 要 1. 特 別 勘 定 および 積 立 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 特 別 勘 定 群 および 特 別 勘 定 群 に 含 まれる 特 別 勘 定 の 種 類 第 3 条 特 別 勘 定 の 指 定 第 4 条 積 立 第 5 条 特 別 勘 定 の 廃 止 に 伴 う 積 立 の 移 転 9.

More information

1分冊_表紙1

1分冊_表紙1 この 約 の 概 要 5 年 ごと 配 当 付 定 疾 病 保 障 終 身 保 険 約 条 項 目 次 第 1 条 約 保 険 金 の 支 払 第 2 条 約 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 約 保 険 金 の 免 責 事 由 に 該 当 した 場 合 の 取 扱 第 4 条 約 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 5 条 約 定 疾 病 保

More information

08_13分冊_H1

08_13分冊_H1 この 保 険 の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 保 険 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 保 険 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補

More information

01_3分冊_表1

01_3分冊_表1 この 特 約 の 概 要 第 1 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 第 2 条 災 害 割 増 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 3 条 災 害 割 増 保 険 金 の 請 求 支 払 時 期 および 支 払 場 所 第 4 条 高 度 障 害 による 災 害 割 増 保 険 金 の 代 理 請 求 第 5 条 特 約 の 保 険 料 払 込 の 免 除 第 6 条 特 約

More information

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金

普 通 約 款 (この の 概 要 ) (2015 年 5 月 21 日 改 正 ) この は 期 間 および 料 払 込 期 間 を とする の であって つぎの 給 付 を 行 うことを 主 な 内 容 とするものです 災 害 入 院 給 付 金 疾 病 入 院 給 付 金 手 術 給 付 金 この の 概 要 1. 用 語 の 意 義 第 1 条 用 語 の 意 義 2. 契 約 の 型 および 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 第 2 条 契 約 の 型 第 3 条 入 院 給 付 金 の 支 払 限 度 の 型 3. 給 付 金 の 支 払 第 4 条 給 付 金 の 支 払 第 5 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 疾 病

More information

00-表1-4_養老保険.indd

00-表1-4_養老保険.indd 目 次 款 普 通 養 老 普 通 款 P2 定 期 P24 定 期 ( 逓 増 型 ) P37 災 害 割 増 P49 傷 害 P62 災 害 入 院 P78 疾 病 入 院 P89 リビング ニ ズ P106 年 金 払 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 ) P112 平 成 24 年 4 月 1 日 以 降 に 締 結 された 年 金 払 年 金 払 ( 平 成 24 年 3 月

More information

00-表1-4_終身保険.indd

00-表1-4_終身保険.indd 目 次 款 終 身 普 通 款 P2 定 期 P23 定 期 ( 逓 増 型 ) P36 災 害 割 増 P48 傷 害 P61 災 害 入 院 P77 疾 病 入 院 P88 リビング ニ ズ P105 介 護 障 移 行 P111 年 金 払 P122 指 定 代 理 請 求 P127 別 条 件 P131 料 口 座 振 替 P136 クレジットカード 扱 P138 団 体 扱 P140 別

More information

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd

00-表1-4_定期保険(無解約返戻金型).indd 目 次 款 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 P2 災 害 割 増 傷 害 リビング ニーズ 年 金 払 指 定 代 理 請 求 料 口 座 振 替 クレジットカード 扱 団 体 扱 別 団 体 扱 集 団 扱 P23 P36 P52 P58 P63 P67 P69 P71 P73 P75 1 定 期 ( 無 解 返 戻 金 型 ) 普 通 款 必 ずご 一 読 のうえ 大 切 なご

More information

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款

逓増定期保険(低解約返戻金型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 第 1 条 用 語 の 定 義 および 契 約 内 容 の 指 定 2 責 任 開 始 期 第 2 条 責 任 開 始 期 3 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 額 第 4 条 保 険 金 の 支 払 第 5 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 6 条 戦 争 その 他 の 変 乱

More information

養老保険普通保険約款

養老保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 戦 争 その 他 の 変 乱 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 免 除 第 6 条 保 険 料 の 払 込 免 除 第 7 条 保 険

More information

変額個人年金保険普通保険約款

変額個人年金保険普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 特 別 勘 定 第 1 条 特 別 勘 定 第 2 条 各 特 別 勘 定 への 繰 入 比 率 の 指 定 変 更 2 積 立 金 第 3 条 積 立 金 第 4 条 積 立 金 の 移 転 3 責 任 開 始 期 第 5 条 責 任 開 始 期 4 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払 日 第 6 条 年 金 支 払 開 始 日 および 年 金 支 払

More information

終身保険(無選択型)普通保険約款

終身保険(無選択型)普通保険約款 この 保 険 の 趣 旨 1 責 任 開 始 期 第 1 条 責 任 開 始 期 2 保 険 金 の 支 払 第 2 条 保 険 金 の 支 払 第 3 条 保 険 金 の 支 払 に 関 する 補 則 第 4 条 保 険 金 の 削 減 支 払 第 5 条 保 険 金 の 請 求 支 払 の 手 続 3 保 険 料 の 払 込 第 6 条 保 険 料 の 払 込 第 7 条 保 険 料 の 払 込

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険

目 まず 始 めに 必 ずお 読 みください 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 財 形 住 宅 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 4 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 についての 注 意 事 項 7 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 ご 契 約 のしおり 03 年 0 月 日 以 降 用 ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり( 約 款 ) は 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 および 財 形 年 金 傷 害 保 険 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです 保 険 約

More information

076 無配当医療保険 (図入り)

076 無配当医療保険 (図入り) 無 配 当 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 1. 会 社 の 責 任 開 始 期 第 1 条 2. 給 付 金 の 支 払 い 保 険 料 の 払 込 免 除 第 2 条 災 害 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 3 条 疾 病 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 4 条 がん 入 院 給 付 金 の 支 払 い 第 5 条 入 院 給 付 金 の 支 払 いに 関 するその

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜

財形傷害保険 普通保険約款(2015年3月以前)_損保ジャパン日本興亜 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 まで 適 用 ) 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 財 形 年 金 傷 害 保 険 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 < 目 次 > ページ 財 形 貯 蓄 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 2 財 形 年 金 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 15 財 形 住 宅 傷 害 保 険 普 通 保

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20958192CA95DB8CAF96F18ABC82A882E682D193C196F12E646F63> 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 普 通 保 険 約 款 および 特 約 事 業 総 合 傷 害 保 険 (この 保 険 の 趣 旨 ) この 保 険 は 中 小 企 業 の 法 人 または 個 人 事 業 主 が 一 般 財 団 法 人 あんしん 財 団 ( 以 下 当 法 人 といいます )の 会 員 として 保 険 契 約 者 および 保 険 金 受 取 人 になり 事 業 主 および

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 号 の 取 引 は 三 井 住 友 信 託 の 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます )ができます 1 普 通 預 金 2 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 ) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 自 由 金 利

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 当 社 は 被 保 険 者 が 保 険 中 に 発 生 した 他 人 の 身 体 の 障 害 1) または 財 物 の 滅 失 破 損 もしくは 汚 損 2) ( 以 下 事 故 といいま)について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る 損 害 ( 以 下 損 害 といいま) に 対 して この 約 款 に 従

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798267826F817A90B696BD8BA48DCF82CC82B28C5F96F18ED2976C82D6816995BD90AC3139944E82538C8E89FC92F982CC82B582A882E88163> 重 要 生 命 共 済 の ご 契 約 者 様 へ ~ 平 成 19 年 4 月 実 施 の 仕 組 改 訂 にかかるご 案 内 ~ < 目 次 > 1. 後 遺 障 害 共 済 金 等 の 支 払 事 由 の 改 訂 ( 重 度 要 介 護 状 態 の 追 加 ) 1 2. 別 表 [ 疾 病 重 度 障 害 状 態 ]の 改 訂 ( 臓 器 移 植 術 の 追 加 等 ) 3 3. 医 療 共

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208748938B8FE68ED28F9D8A51816993FC92CA8940815E88EA8E9E8BE0816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 入 通 院 / 一 時 金 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

目 次 がん 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 1 第 2 章 保 障 条 項 2 第 3 章 保 険 料 払 込 免 除 条 項 2 第 4 章 基 本 条 項 4 特 約 (1) 消 化 器 のがんに 対 する 入 院 保 険 金 増 額 支 払 特 約 (

目 次 がん 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 1 第 2 章 保 障 条 項 2 第 3 章 保 険 料 払 込 免 除 条 項 2 第 4 章 基 本 条 項 4 特 約 (1) 消 化 器 のがんに 対 する 入 院 保 険 金 増 額 支 払 特 約 ( 保 険 約 款 の 構 成 この 保 険 は がん 保 険 普 通 保 険 約 款 と 特 約 により 構 成 されています 保 険 約 款 の 特 徴 用 語 の 定 義 わかりづらい 用 語 や 難 解 な 用 語 を 各 約 款 の 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )でご 説 明 しています 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 )は50 音 順 で 記 載 されています この 小 冊 子

More information

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一

特 約 正 式 名 称 掲 載 略 称 特 約 正 式 名 称 ページ 特 別 条 件 付 保 険 特 約 特 別 条 件 付 保 険 特 約 27 団 体 扱 一 般 A 団 体 扱 特 約 ( 一 般 A) 29 団 体 扱 一 般 B 団 体 扱 特 約 ( 一 般 B) 30 団 体 扱 一 2013 年 10 月 1 日 以 降 始 期 用 ロングライフミニ 長 期 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり ご 契 約 者 の 皆 様 へ この ご 契 約 のしおり は 長 期 医 療 保 険 契 約 についての 大 切 なことがらを 記 載 したものです ご 一 読 のうえ 保 険 証 券 と 共 にご 保 管 くださいますようお 願 いいたします(なお ご 契 約 者 と 被 保 険

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定

自動継続自由金利型定期預金(M型)規定 1.( 自 動 継 続 ) (1) 自 動 継 続 自 由 金 利 型 定 期 預 金 ( 以 下 この 預 金 といいます )は 通 帳 記 載 の 満 期 日 に 前 回 と 同 一 期 間 の 自 由 金 利 型 定 期 預 金 に 自 動 的 に 継 続 します 継 続 された 預 金 についても 同 様 とします (2) この 預 金 の 継 続 後 の 利 率 は 継 続 日 ( 継 続

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd

安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用)普通保険約款および特約.indd 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 < の ( 共 通 )> この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 次 の の 意 味 は それぞれ 次 の によりまただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 において 別 途 の がある 場 合 は それによりま 医 学 的 他 覚

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2

⑶ 第 1 項 により 相 殺 する 場 合 の 利 息 等 については 次 のとおりとしま 1 この 預 金 の 利 息 の 計 算 については その 期 間 を 相 殺 通 知 が 当 行 に 到 達 した 日 の 前 日 までとして 利 率 は 約 定 利 率 を 適 用 するものとしま 2 ホクギン 通 帳 式 定 期 預 金 をご 利 用 いただきありがとうございま 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 をお 届 けいたしますのでご 覧 ください 通 帳 式 定 期 預 金 規 定 ( 共 通 規 定 ) 1. 定 期 預 金 の 種 類 ⑴ 通 帳 で 利 用 できる 定 期 預 金 の 種 類 は 次 のとおりとしま 1 自 由 金 利 型 定 期 預 金 2 自 由 金 利 型

More information

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2

総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 総 合 ( 慶 弔 ) 共 済 契 約 のしおり 目 次 重 要 事 項 説 明 書 ( 契 約 概 要 と 注 意 喚 起 情 報 のご 説 明 ) 1 1. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 ) 一 覧 1 2. 共 済 掛 金 2 3. 共 済 契 約 の 成 立 と 期 間 2 4. 共 済 金 (お 祝 金 お 見 舞 金 等 )の 請 求 事 由 が 発 生 したとき 4 5.

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

医療保険普通保険約款

医療保険普通保険約款 医 療 保 険 ご 契 約 のしおり( 約 款 特 約 ) 医 療 保 険 普 通 保 険 約 款 目 次 主 な 用 語 の 定 義 1. 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 1 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 を 支 払 う 場 合 第 2 条 入 院 保 険 金 および 手 術 保 険 金 の 支 払 限 度 2. 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 第 3 条 入

More information

総合口座取引規定

総合口座取引規定 総 合 口 座 取 引 規 定 1.( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は おきぎん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 という ) ができます 1 普 通 預 金 2 新 型 期 日 指 定 定 期 預 金 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M 型 )(スーパー 定 期 ) および 自 由 金 利 型 定 期 定 期 預 金 ( 大 口 定

More information

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用

す 免 責 事 由 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 をいいます 損 害 事 故 や 災 害 により 受 ける 金 銭 上 の 不 利 益 をいい 消 防 または 避 難 に 必 要 な 処 理 によって 保 険 の 目 的 について 生 じた 損 害 を 含 みます 家 財 生 活 の 用 エイ ワン 少 額 短 期 保 険 株 式 会 社 賃 貸 入 居 者 あんしん 総 合 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 第 1 章 総 則 ( 用 語 の 定 義 ) 第 1 条 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 別 約 款 において 使 用 され る 用 語 の 定 義 は 次 の 各 号 に 掲 げる 通 りとします ただし 別

More information

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款

目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 目 次 この 普 通 保 険 約 款 特 約 ( 以 下 本 約 款 といいます ) は 保 険 契 約 者 と 当 社 との 間 に 締 結 された 保 険 契 約 の 内 容 としてあらかじめ 定 められた 約 束 事 を 記 載 したも のです 実 際 のご 契 約 につきましては 本 約 款 および 保 険 証 券 保 険 契 約 継 続 証 をあわせてご 確 認 ください また ご 不 明

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日

お 預 け 入 れのご 預 金 は 次 の 共 通 規 定 のほか 各 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます 共 通 規 定 1.( 証 券 類 の 受 入 れ) (1) 小 切 手 その 他 の 証 券 類 を 受 入 れたときは その 証 券 類 が 決 済 された 日 を 預 入 日 しみず 定 期 預 金 規 定 集 お 客 さ ま へ 毎 度 格 別 のお 引 き 立 てにあずかりまして まことにありがとうございます お 預 け 入 れいただきましたご 預 金 は この 規 定 集 の 該 当 ご 預 金 の 各 条 文 によりお 取 扱 いたしますので ご 一 読 いただきますようお 願 い 申 しあげます 目 次 共 通 規 定 自 由 金 利 型 定 期 預 金 (M

More information

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基

目 次 総 合 自 動 車 保 険 Type S 普 通 保 険 約 款 特 約 普 通 保 険 約 款 特 約 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 3 別 紙 人 身 傷 害 条 項 損 害 額 基 準 5 第 3 章 車 両 条 項 10 第 4 章 基 保 険 約 款 の 構 成 総 合 自 動 車 保 険 Type S は 普 通 保 険 約 款 と 特 約 により 構 成 されてい 普 通 保 険 約 款 相 手 方 への 賠 償 賠 償 責 任 条 項 対 人 賠 償 対 物 賠 償 ご 自 身 ご 家 族 搭 乗 中 の 方 への 補 償 人 身 傷 害 条 項 お 車 への 補 償 車 両 条 項 保 険 契 約 の 成 立 や 事 故

More information

大阪府医師国民健康保険組合規約

大阪府医師国民健康保険組合規約 大 阪 府 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 192 号 以 下 法 という )に 基 づき この 組 合 の 組 合 員 及 び 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被 保 険 者 並 びに 准 組 合 員 及 び 准 組 合 員 の 世 帯 に 属 する 被

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る

1.IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 の 概 要 IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 は IT 業 務 の 遂 行 またはITユーザー 行 為 に 起 因 して 発 生 した 不 測 の 事 故 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 賠 償 責 任 を 負 担 することによって 被 る IT 業 務 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 このご 案 内 書 は 上 記 保 険 およびこれに 付 帯 する 特 約 条 項 の 概 要 を 紹 介 したものです 上 記 保 険 に 関 するすべての 事 項 を 記 載 しているものではありません 詳 細 につきましては 保 険 約 款 によりますが 保 険 金 のお 支 払 い 条 件 ご 契 約 手 続 その 他 ご 不 明 な 点

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

総合共済(cs5).indd

総合共済(cs5).indd ご 契 約 者 ( 組 合 員 )の 皆 さまへ このたびは JP 共 済 生 協 の 共 済 をご 契 約 いただき 誠 にありがとうご ざいます この ご 契 約 のしおり は 総 合 共 済 の 契 約 内 容 に 関 する 大 切 な 事 柄 を ご 説 明 したものです 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 をご 確 認 のうえ 共 済 証 書 とともに 大 切 に 保 管 してください

More information

() 共 済 証 書 とは 共 済 契 約 の 成 立 および 内 容 を 証 するため 契 約 の 内 容 を 記 載 し 共 済 契 約 者 に 交 付 するものをいう (11) 基 本 契 約 とは 共 済 契 約 のもっとも 基 本 となる 契 約 の 部 分 で 特 約 を 付 帯 す る

() 共 済 証 書 とは 共 済 契 約 の 成 立 および 内 容 を 証 するため 契 約 の 内 容 を 記 載 し 共 済 契 約 者 に 交 付 するものをいう (11) 基 本 契 約 とは 共 済 契 約 のもっとも 基 本 となる 契 約 の 部 分 で 特 約 を 付 帯 す る 医 療 共 済 事 業 規 約 第 1 編 本 則 第 1 章 総 則 第 1 節 総 則 ( 通 則 ) 第 1 条 教 職 員 共 済 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 この 組 合 という )は この 組 合 の 定 款 に 定 め るところによるほか この 規 約 の 定 めるところにより この 組 合 の 定 款 第 69 条 ( 事 業 の 品 目 等 ) 第 1 項 第 4 号 に

More information

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 (024-541-2304) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客 証 券 振 替 決 済 口 座 契 約 締 結 前 交 付 書 面 (この 書 面 は 金 融 商 品 取 引 法 第 37 条 の 3 の 規 定 によりお 渡 しするものです ) この 書 面 をよくお 読 みください 当 行 では お 客 さまから 有 価 証 券 ( 投 資 信 託 および 国 債 ならびに 地 方 債 をいいます 以 下 同 じ ) の 売 買 等 に 必 要 な 金 銭

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した

ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや 事 故 が 起 こった 場 合 のお 手 続 きなど 大 切 な 事 柄 を 記 載 した 自治体提携慶弔共済保険 やすらぎ 全福ネット慶弔共済保険 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 ご契約のしおり 普通保険約款 特約 冊子 2013 年6月版 一般財団法人 全国勤労者福祉 共済振興協会 ご 契 約 のみなさまへ この ご 契 約 のしおり は 自 治 体 提 携 慶 弔 共 済 保 険 についての 主 な 保 障 と 特 徴 ご 契 約 時 ご 契 約 後 に 注 意 していただきたいことや

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本

第 2 章 口 座 売 買 注 文 の 取 扱 い 等 第 4 条 取 引 口 座 の 開 設 1.お 客 様 は 以 下 の 要 件 をすべて 満 たす 場 合 に 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 口 座 ( 以 下 本 口 座 といいます )の 開 設 を 申 込 むことができ 本 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 取 扱 規 定 ( ダイワFX 取 扱 規 定 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 規 定 の 趣 旨 この 規 定 ( 以 下 本 規 定 といいます )は お 客 様 と 大 和 証 券 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 とい います )との 間 でインターネットを 利 用 して 行 う 店 頭 外 国 為 替 証 拠 金 取 引 (ダイワFX)(

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx

Microsoft Word - 3大疾病保障特約付団体信用生命保険の概要_村上.docx 3 大 疾 病 保 障 特 約 付 団 体 信 用 生 命 保 険 の 概 要 一 般 団 体 信 用 生 命 保 険 3 大 疾 病 保 障 特 約 死 亡 保 障 + 高 度 障 害 保 障 全 国 保 証 ( 一 社 )しんきん 保 証 基 金 保 険 契 約 者 全 国 保 証 信 金 中 央 金 庫 申 込 時 年 齢 と 実 行 時 年 齢 満 20 歳 以 上 満 50 歳 未 満 満

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

丸三の総合取引約款

丸三の総合取引約款 総 合 取 引 約 款 第 1 章 総 合 取 引 ( 平 成 28 年 1 月 改 定 ) ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 取 引 口 座 の 設 定 累 積 投 資 取 引 証 券 総 合 口 座 サービス 自 動 運 用 買 付 換 金 取 引 および 国 内 外 貨 建 債 券 取 引 又 はそれらを 組 合 わせた 取 引 等 ( 以 下 総 合 取 引 といいます

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

年 払 特 (06)について 年 払 特 (06)を 付 加 することにより 険 などの 全 部 または 一 部 を 年 でお 受 取 りになることができます < のみに 付 加 する 特 則 について> 主 契 に が 付 加 されており かつ ご 契 者 が 法 人 の 場 合 は のみ に 付 加 する 特 則 を 適 用 することができます この 特 則 を 適 用 する ことにより の 険

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

ご契約のみなさまへ

ご契約のみなさまへ 生 活 クラブ 共 済 事 業 規 約 生 活 クラブ 共 済 事 業 連 合 生 活 協 同 組 合 連 合 会 生 活 クラブ 共 済 事 業 規 約 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 通 則 第 1 条 ( 通 則 ) 1 第 2 条 ( 事 業 ) 1 第 3 条 ( 特 約 の 付 帯 ) 1 第 4 条 ( 共 済 期 間 ) 1 第 5 条 ( 再 共 済 再 保 険 ) 1 第

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

123456789012345678901234567890123456

123456789012345678901234567890123456 医 療 保 険 約 款 における 法 的 問 題 上 智 大 学 甘 利 公 人 1.はじめに 医 療 保 険 は 被 保 険 者 が 傷 害 または 疾 病 を 被 り その 直 接 の 結 果 として 入 院 手 術 をした ときに 保 険 金 を 支 払 うものである 被 保 険 者 が 傷 害 や 疾 病 を 原 因 として 入 院 手 術 をしたこ とが 保 険 事 故 となっている 医

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

2. 被 共 済 者 になることができる 者 の 年 齢 は 共 済 契 約 の 発 効 日 において 満 0 歳 以 上 満 65 歳 未 満 です 3.この 生 協 は 被 共 済 者 が 契 約 途 中 において 第 1 項 第 5 号 の 職 業 に 従 事 した 場 合 は 当 該 共 済

2. 被 共 済 者 になることができる 者 の 年 齢 は 共 済 契 約 の 発 効 日 において 満 0 歳 以 上 満 65 歳 未 満 です 3.この 生 協 は 被 共 済 者 が 契 約 途 中 において 第 1 項 第 5 号 の 職 業 に 従 事 した 場 合 は 当 該 共 済 生 活 クラブ 共 済 事 業 規 約 第 1 章 総 則 第 1 節 通 則 第 1 条 ( 通 則 ) 生 活 クラブ 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 生 協 という)は 生 協 の 定 款 の 定 めによるほか この 規 約 の 定 めにより 定 款 第 3 条 第 4 項 に 掲 げる 事 業 を 実 施 します 第 2 条 ( 事 業 ) この 生 協 は 共 済 契 約 者 から 共

More information

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す

賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 といいます )につ いて 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 す 事 故 が 発 生 した 場 合 は (1) 事 故 が 発 生 した 場 合 は ただちに 保 険 会 社 ( 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 株 式 会 社 )へ 連 絡 し 被 害 者 と 損 害 賠 償 の 示 談 を 行 わないようご 注 意 ください 保 険 会 社 の 了 解 なく 示 談 を 行 った 場 合 保 険 金 が 支 払 われないことがあります (2) 保 険 会

More information

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約●

●終身・定期総合医療共済/終身・定期総合医療共済ジュニア特約● 15.7 終 身 定 期 総 合 医 療 / 終 身 定 期 総 合 医 療 ジュニア 特 約 終 身 定 期 総 合 医 療 のしくみ 年 定 期 型 終 身 型 入 院 金 金 退 院 金 通 院 金 ご 契 約 保 障 期 間 ( 年 ) 満 了 ご 契 約 保 障 期 間 ( 終 身 ) お 支 払 事 由 など(お 支 払 事 由 の 詳 細 およびお 支 払 いできない 場 合 等 については

More information

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま

( 投 票 会 員 ) 第 4 条 指 定 金 融 機 関 の 普 通 預 金 口 座 から 入 金 し 電 話 投 票 等 を 利 用 するには 本 規 約 及 びOP 所 定 の 手 続 きに 従 い 申 込 み 投 票 会 員 ( 以 下 投 票 会 員 といいます )となる 必 要 がありま オッズパーク 投 票 会 員 規 約 (ジャパンネット 銀 行 会 員 用 ) 私 は ジャパンネット 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 指 定 金 融 機 関 といいます )の 普 通 預 金 口 座 を 用 い たオッズパーク 在 宅 投 票 システムによる 電 話 投 票 及 びインターネット 投 票 ( 以 下 併 せて 電 話 投 票 等 といいます )を 利 用 するにあたり この 投

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

団体総合保険普通保険約款

団体総合保険普通保険約款 団 体 総 合 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 普 通 保 険 約 款 この 保 険 契 約 に 付 帯 された 基 本 特 約 および 特 約 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 危 険 損 害 等 の 発 生 の 可 能 性 をいいます 後 遺 障 害

More information

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に

亡 保 険 金 の 一 部 の 受 取 人 である 場 合 には 保 険 金 を 支 払 わないのはその 者 が 受 け 取 るべき 金 額 に 限 ります 3 被 保 険 者 の 自 殺 行 為 犯 罪 行 為 または 闘 争 行 為 4 被 保 険 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 間 に 海 外 旅 行 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 (50 音 順 ) 定 義 医 学 的 他 覚 所 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 めら 見 れる 異

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information