Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)"

Transcription

1 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委 員 郡 司 成 江 委 員 見 目 匡 委 員 児 玉 博 昭 委 員 駒 場 博 幸 委 員 高 橋 淳 委 員 坪 倉 繁 美 委 員 中 野 誠 委 員 廣 川 てるみ 委 員 広 瀬 寿 雄 委 員 三 田 妃 路 佳 委 員 吉 永 佳 代 委 員 福 田 富 一 知 事 北 村 一 郎 総 合 政 策 部 長 沼 尾 正 史 総 合 政 策 部 次 長 兼 総 合 政 策 課 長 鈴 木 正 人 地 域 振 興 課 長 吉 澤 敏 弘 政 策 企 画 監 関 係 部 局 総 務 主 幹 外 1 知 事 あいさつ 地 方 創 生 は 人 口 減 少 問 題 の 克 服 と 将 来 にわたる 地 域 の 活 力 を 維 持 していくための 重 要 な 取 組 県 では 今 年 度 から 本 格 展 開 している とちぎ 創 生 15 戦 略 に 基 づき 本 県 の 強 みを 生 かした 産 業 の 振 興 によるしごとづくり 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 対 する 切 れ 目 のない 支 援 の 充 実 企 業 誘 致 の 推 進 や 移 住 定 住 の 促 進 による 新 たなひとの 流 れをつくる 取 組 など 鋭 意 努 めている 委 員 の 皆 様 には 15 戦 略 を 展 開 するに 当 たり 個 々の 戦 略 の 実 効 性 を 高 めることができる よう 取 組 の 評 価 検 証 等 に 関 して 専 門 的 見 地 から 御 意 見 を 頂 戴 したい 今 後 市 町 や 企 業 団 体 等 多 様 な 主 体 との 連 携 を 図 りながら 本 県 の 地 方 創 生 に 積 極 的 に 取 り 組 んでいくので 15 戦 略 の 効 果 的 な 推 進 について 委 員 の 皆 様 の 御 協 力 と 御 支 援 を 賜 りたい 2 委 員 紹 介 < 名 簿 順 に 委 員 一 人 ずつ 自 己 紹 介 > 3 会 長 選 出 委 員 の 互 選 により 児 玉 博 昭 委 員 が 会 長 に 選 任 された 児 玉 会 長 により 坪 倉 繁 美 委 員 が 会 長 代 理 に 指 名 された - 1 -

2 4 会 長 あいさつ 人 口 減 少 問 題 の 克 服 と 地 域 の 活 力 の 維 持 を 目 指 し 15 戦 略 に 基 づく 取 組 が 本 格 的 に 開 始 さ れた 人 口 減 少 対 策 は 待 ったなしの 問 題 であり 地 方 創 生 の 取 組 が 全 国 的 に 進 められる 中 激 化 する 地 域 間 競 争 に 打 ち 勝 つためには 戦 略 性 とスピード 感 をもった 取 組 が 重 要 となる また 行 政 だけではなく 県 内 のあらゆる 主 体 の 英 知 を 結 集 して 取 り 組 むことで とちぎ 創 生 が より 実 り 多 きものになるものと 思 う そのため 15 戦 略 の 実 効 性 が 高 められるよう 様 々な 専 門 的 見 地 から 議 論 を 行 うことが 本 評 価 会 議 の 責 務 である 本 評 価 会 議 が 有 意 義 な 議 論 の 場 となるよう 委 員 の 特 段 の 御 理 解 と 御 協 力 をお 願 いしたい 5 議 題 (1) 栃 木 県 版 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 とちぎ 創 生 15 戦 略 について < 事 務 局 から 資 料 1~7を 説 明 > ~ 質 疑 等 ~ 高 校 生 に 戻 ってきてもらうための 取 組 について どう 考 えているのか 市 町 ごとに 人 口 増 減 の 状 況 は 異 なる 資 料 6を 見 る 限 り どの 市 町 も 同 じような 取 組 に 見 えてし まう 高 校 生 に 対 して 住 みやすさといった 良 いイメージを 持 ってもらうための 取 組 はあるのか 戦 略 12~15は 密 接 に 関 係 している 高 齢 者 が 生 活 しやすいまちづくりについて どう 考 えてい るのか 大 学 進 学 等 で 栃 木 を 離 れた 高 校 生 に 戻 ってきてもらえるよう 首 都 圏 の 大 学 等 と 協 定 を 結 び 学 生 に 対 して 県 内 企 業 の 情 報 提 供 等 を 行 うほか 企 業 誘 致 による 雇 用 機 会 の 創 出 やとちぎの 様 々な 魅 力 の 発 信 などにも 取 り 組 んでいく 若 者 に 戻 ってきてもらうためには 安 定 した 仕 事 があること まちに 賑 わいがあることがポイン ト 地 元 で 活 躍 している 人 の 紹 介 など 魅 力 の 発 信 が 大 切 地 域 でどのようなまちづくりが 必 要 なのかを 考 えていく 必 要 がある 地 域 から 病 院 学 校 公 共 交 通 機 関 が 消 えてしまうと 心 配 されている 地 域 で 支 え 合 い 安 心 し て 暮 らしていけるよう 小 さな 拠 点 づくりなど 地 域 の 特 性 を 踏 まえた 取 組 が 必 要 である 高 校 生 向 けにとちぎの 魅 力 をどう 発 信 していくのかが 重 要 戦 略 を 展 開 する 上 では 県 全 体 で 取 り 組 むものと 地 域 の 特 性 に 応 じて 取 り 組 むものとの 二 つに - 2 -

3 分 けられる 事 業 の 進 捗 管 理 について 民 間 は 日 ごと 月 ごと 四 半 期 ごとに 行 っている 庁 内 でもこまめ に 管 理 を 行 えると 良 いのではないか KPI( 重 要 業 績 評 価 指 標 )に 開 業 率 や 外 国 人 宿 泊 数 を 設 定 しているが 廃 業 率 や 日 本 人 の 宿 泊 数 の 状 況 も 考 慮 した 評 価 が 必 要 と 考 える KPIの 分 析 においては RESAS(リーサス: 地 域 経 済 分 析 システム)も 活 用 すべきである 県 と 市 町 の 施 策 が 重 なるものは 投 資 効 果 が 上 がるよう 連 携 協 働 しながら 取 り 組 んでもらい たい 戦 略 では 5 年 後 を 目 標 としているが 年 度 ごとに 進 捗 管 理 ができるよう 目 安 値 を 定 めた 民 間 レベルのような 進 捗 管 理 は 難 しいが 改 善 できることがあれば 検 討 していきたい KPIの 設 定 は 関 係 部 局 と 協 議 の 上 行 った 検 証 は 関 係 部 局 とともに 実 施 していきたい RESASの 活 用 については 研 修 会 を 実 施 するなど 全 県 下 で 進 めていきたい 県 と 市 町 との 役 割 分 担 と 連 携 を 意 識 しながら 施 策 を 展 開 していきたい これまでの 計 画 と 異 なる 点 は 指 標 の 立 て 方 やデータの 生 かし 方 にある 成 果 が 出 せるよう 市 町 との 情 報 共 有 にとどまらず 連 携 した 取 組 をお 願 いしたい 県 は 総 花 的 ではなく 各 市 町 や 地 域 の 強 みを 明 らかにし ポイントを 絞 って 市 町 と 連 動 して 取 り 組 むべき 部 分 をはっきりと 示 していく 必 要 がある 市 町 もその 方 が 動 きやすい 15 戦 略 は 栃 木 県 全 体 の 強 いところを 伸 ばしていこうという 視 点 に 立 っている 地 域 特 性 に 応 じて 具 体 的 な 施 策 を 展 開 するため 個 別 の 市 町 の 取 組 との 連 携 が 重 要 県 と 市 町 による とち ぎ 地 方 創 生 推 進 会 議 では 情 報 共 有 と 各 市 町 の 共 通 課 題 について 検 討 する ブロック 別 市 町 村 長 会 議 など 様 々な 場 面 を 通 じて 市 町 と 連 携 を 図 っていきたい 個 別 の 課 題 については 市 町 の 取 組 に 配 慮 しながら 具 体 的 な 取 組 が 実 を 結 ぶよう 取 り 組 んでいく 受 け 身 ではなく 県 の 方 から 積 極 的 に 提 案 していただきたい 空 き 家 対 策 において 取 り 壊 しではなく 維 持 するということは コンパクトシティの 考 えと 逆 行 するように 思 うがどう 考 えるのか また 公 共 交 通 を 維 持 することにより 今 住 んでいる 高 齢 者 の 生 活 を 維 持 していくということについても 同 様 に 思 う 人 口 と 税 収 が 減 少 していく 中 で コ ンパクトシティと 公 共 交 通 の 維 持 をどう 成 り 立 たせていくのか - 3 -

4 空 き 家 については 取 り 壊 さなければならないという 部 分 と 田 舎 暮 らしをしたい 農 業 をした いという 人 に 活 用 するという 二 つの 面 を 持 っている 農 村 地 域 の 担 い 手 不 足 の 対 応 なども 含 め 空 き 家 の 活 用 による 集 落 の 維 持 を 考 えていく 必 要 がある また 今 後 は 地 域 に 必 要 な 機 能 をコンパクトに 集 約 するとともに 周 辺 地 域 を 交 通 ネットワークでつなげるなど 地 域 を 維 持 し ていくための 取 組 が 必 要 である 街 中 の 空 き 家 と 農 村 の 空 き 家 とでは 活 用 の 仕 方 が 変 わってくる 地 域 の 将 来 像 とともに 検 討 す ることが 必 要 である 年 2 回 の 評 価 会 議 において 濃 密 な 議 論 ができるよう 製 造 品 出 荷 額 等 のKPIであれば 全 体 で 数 値 目 標 を 達 成 したから 良 しとするのではなく 業 種 別 に 伸 びたところ 落 ち 込 んだところな ど 細 かい 内 訳 による 議 論 が 必 要 と 思 う 数 値 を 表 面 的 に 見 るのではなく どう 数 字 の 裏 側 をくみ 取 っていくかが 大 切 高 校 生 の 居 住 意 識 が 高 いという 調 査 結 果 に 期 待 感 がある 県 内 の 魅 力 ある 産 業 を 生 かし みんな で 知 恵 を 出 し 合 って 栃 木 県 の 将 来 が 良 い 方 向 に 進 んでいけば 良 いと 思 う ぜひ 林 業 の 魅 力 も 伝 えていただきたい プロジェクトを 成 功 させるカギは 企 業 をはじめ 県 民 すべてにいかに 浸 透 させられるかである 何 をテーマに どこにターゲットを 置 くのかが 重 要 とちぎを 知 り 高 校 生 が 帰 ってきたいと 思 っ てもらえるよう 本 県 の 独 自 性 を 打 ち 出 していくことが 必 要 企 業 経 営 では マーケティングが 重 要 とちぎ 創 生 でも とちぎの 魅 力 という 商 品 を 誰 にどう 伝 えていくのかが 勝 負 どころといえる 県 の 計 画 では 2060 年 の 目 標 人 口 は150 万 人 以 上 となっているが 市 町 が 重 点 的 な 取 組 と 考 えて いる 方 向 性 が 県 の 考 え 方 と 合 致 しているのかがわからない 県 のコーディネートをお 願 いした い 県 の 積 極 的 な 働 きかけが 必 要 ではないか - 4 -

5 JAのスローガンは 農 業 者 の 所 得 増 大 と 地 域 の 活 性 化 に 全 力 を 尽 くす であり 15 戦 略 の 目 標 とも 合 致 する 食 と 農 を 通 じて 地 域 を 元 気 にする 取 組 に 行 政 と 一 体 となって 取 り 組 んでい きたい 個 人 の 規 模 拡 大 や 人 材 育 成 も 必 要 だが 地 方 創 生 の 観 点 から 継 続 性 や 地 域 への 貢 献 等 を 考 える と 集 落 営 農 が 重 要 農 産 物 の 輸 出 に 力 を 入 れているが 業 として 成 り 立 ってこそ 続 けられるものである 輸 出 によっ て 農 家 の 所 得 が 向 上 するという 観 点 で 取 り 組 んでもらいたい 農 業 は 栃 木 県 の 産 業 において 基 幹 産 業 の 一 つである 農 業 経 営 の 組 織 化 を 図 って 力 強 い 農 業 儲 かる 農 業 を 目 指 していかなければならない 栃 木 県 の 施 策 の 中 で 本 県 独 自 のオンリーワンのものはあるのか オンリーワンの 部 分 は 難 しいが ものづくりや 産 業 団 地 など とちぎの 強 みを 生 かすといった 点 で 工 夫 している また ポテンシャルが 高 い 農 林 業 に 力 を 入 れていくほか とちぎブランドの 発 信 力 の 強 化 にも 努 めていく 他 県 も 地 方 創 生 を 進 める 中 他 県 と 差 別 化 を 図 ることが 課 題 ではないか 今 は 種 をまいたところ 芽 吹 いてくれば 元 気 なところ 弱 いところが 見 えてくるので そこ から 経 営 資 源 をどこに 集 中 していくのかという 議 論 になるかもしれない 取 組 の 成 果 を 上 げていくためには 市 町 との 役 割 分 担 と 連 携 が 重 要 特 定 創 業 支 援 事 業 の 申 請 が 煩 雑 であるとか 申 請 期 間 外 の 支 援 窓 口 の 設 置 を 求 める 声 もあるので 市 町 と 連 携 し 補 完 できる 体 制 が 整 えられると 良 い 手 続 きの 煩 雑 さや 窓 口 の 設 置 など 事 務 改 善 できるところは 随 時 取 り 組 んでいただければと 思 う 神 戸 牛 の 種 牛 は 那 須 牛 であるとか 軽 井 沢 の 食 べ 放 題 のいちごは とちおとめであるとか 本 州 の 牛 乳 の 生 産 量 は 栃 木 県 が1 位 であるとか とちぎの 強 みが 沢 山 あるにもかかわらず その 魅 力 を 発 信 できていない とちぎの 魅 力 を 積 極 的 にPRしてもらいたい 控 えめではダメということ 魅 力 発 信 が 必 要 仕 事 の 確 保 質 の 良 い 仕 事 ができる 環 境 づくりが 大 切 - 5 -

6 今 年 3 月 14 日 に 開 催 した とちぎ 公 労 使 会 議 では 働 きやすい 職 場 をつくり しごとの 分 野 か ら 地 方 創 生 に 貢 献 する 旨 の 協 働 宣 言 を 行 った 職 業 紹 介 雇 用 のミスマッチの 解 消 ワーク ライフ バランスの 推 進 など 15 戦 略 の 成 果 が 上 がるよう 協 力 したい Uターン 以 外 のI Jターンを 希 望 する 人 に とちぎの 魅 力 をいかにアピールし 知 ってもらう かが 重 要 しごとの 分 野 で いかに 成 果 を 上 げられるか 検 証 していきたい しごとは 戦 略 において 重 要 な 要 素 しっかりと 評 価 する 必 要 がある (2) その 他 < 特 になし> 6 閉 会 - 6 -

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総

1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 資 料 多 々 良 沼 夕 景 92 1 策 定 体 制 (1) 館 林 市 まち ひと しごと 創 生 懇 談 会 総 合 戦 略 の 策 定 及 び 推 進 に 当 たり 産 業 界 金 融 機 関 ( 商 工 会 議 所 農 協 金 融 機 関 東 武 鉄 道 ) 等 の 関 係 者 の 意 見 を 聴 取 (2) 館 林 市 総 合 計 画 審 議 委 員 会 市 民 教 育 機 関 等 (

More information

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ

北 島 会 長 : 基 本 計 画 ( 案 ) 総 合 戦 略 ( 案 ) 各 提 言 書 について 事 務 局 から 説 明 を お 願 いします ( 事 務 局 説 明 ) 北 島 会 長 : 皆 様 が 長 い 時 間 をかけて 議 論 したことが 提 言 書 としてまとまりました 概 ねこれ 第 7 回 古 河 市 総 合 計 画 審 議 会 及 び 古 河 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 会 議 会 議 録 日 時 平 成 28 年 2 月 25 日 ( 木 ) 午 前 10 時 00 分 ~ 午 前 11 時 00 分 場 所 総 和 庁 舎 3 階 特 別 会 議 室 出 席 者 ( 委 員 ) 計 13 名 青 栁 初 男 秋 山 政 明 枝 竜 二 北 島 富

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

Microsoft Word - 第2回山県市まち・ひと・しごと創生会議 要約【案】

Microsoft Word - 第2回山県市まち・ひと・しごと創生会議 要約【案】 平 成 27 年 度 第 2 回 山 県 市 まち ひと しごと 創 生 会 議 会 議 録 ( 要 約 ) 日 時 平 成 27 年 7 月 24 日 ( 金 ) 14:40~16:10 場 所 山 県 市 役 所 3 階 和 室 出 席 者 ( 委 員 ) 竹 内 治 彦 ( 岐 阜 経 済 大 学 副 学 長 ) 会 長 黒 見 敏 丈 ( 岐 阜 女 子 大 学 教 授 ) 副 会 長 髙

More information

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総

目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 下 條 村 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 3 月 下 條 村 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1 基 本 的 な 考 え 方... 1 2 戦 略 の 期 間... 1 3 戦 略 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 総 合 戦 略 の 体 系... 3 1 基 本 目 標... 3 2 施 策 体 系... 4 第 3 章 総 合 戦

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58

図 1 人 口 推 移 ( 人 ) 75,000 1954 年 ( 昭 和 29 年 ) 現 市 制 70,000 65,000 60,000 55,000 第 1 次 ベビーブーム 1980 年 ( 昭 和 55 年 ) 62,413 人 第 2 次 ベビーブーム 62,112 60,766 58 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 定 住 誘 発 型 プラットフォーム 構 築 による 移 住 定 住 促 進 計 画 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 氷 見 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 氷 見 市 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 (1) 氷 見 市 概 要 氷 見 市 は 富 山

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意

( 事 務 局 ) 東 岡 屋 地 区 の 大 規 模 開 発 についての 新 聞 報 道 があったが 今 回 の 計 画 整 備 による 新 ルールをこの 開 発 に 適 用 できるかは 分 からない 現 行 ルールに 基 づいて 開 発 を 進 める 中 計 画 整 備 も 行 っていく 合 意 議 題 第 42 回 篠 山 市 総 合 計 画 審 議 会 会 議 録 日 時 平 成 21 年 10 月 20 日 ( 火 )13 時 30 分 ~ 場 所 篠 山 市 役 所 第 2 庁 舎 出 席 委 員 上 見 重 信 加 藤 哲 夫 柳 本 晃 代 小 森 星 児 横 山 宜 致 吉 田 栄 治 藤 本 悦 郎 西 尾 純 一 堀 江 溢 雄 團 野 和 人 欠 席 委 員 山 鳥 嘉

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

出張講座実施報告書

出張講座実施報告書 第 2 回 第 2 次 大 分 市 商 工 業 振 興 計 画 策 定 会 議 事 録 ( 要 旨 ) 日 時 平 成 28 年 3 月 29 日 ( 火 ) 午 前 10:00~ 場 所 大 分 市 保 健 所 6F 大 会 議 室 出 席 者 井 上 昌 美 田 北 裕 之 近 澤 義 之 武 田 浩 八 坂 栄 司 矢 野 利 幸 大 久 保 利 美 大 森 洋 一 三 代 勝 彦 繁 義 隆

More information

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2) 弥 富 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)まち ひと しごとの

More information

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集

(2) 観 光 戦 略 策 定 の 視 点 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 の 策 定 にあたっては 以 下 のような 戦 略 策 定 の 視 点 を 持 って あらためて 酒 田 市 の 観 光 資 源 を 見 直 し 資 源 特 性 を 洗 い 出 すとともに 資 源 の 再 編 集 第 3 章 酒 田 市 中 長 期 観 光 戦 略 ( 新 酒 田 物 語 ) 前 章 の 酒 田 市 の 観 光 の 現 状 と 課 題 SWOT 分 析 等 を 受 けて あらためて 酒 田 市 の 観 光 における 課 題 を 整 理 し 課 題 に 対 応 した 戦 略 とするため 酒 田 市 の 中 長 期 観 光 戦 略 を 策 定 する (1) 酒 田 市 の 観 光 の 課 題 整

More information

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら

万 人 を 超 え 最 大 数 を 迎 える 三 原 市 敬 老 会 事 業 助 成 交 付 金 要 領 に 基 づき 高 齢 者 に 対 し その 長 寿 を 祝 福 し 敬 老 の 意 を 表 するとともに 市 民 の 敬 老 思 想 の 高 揚 を 図 る ため かつ 高 齢 者 が 自 ら 平 成 27 年 度 民 生 福 祉 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 1. 視 察 日 程 平 成 27 年 5 月 19 日 ( 火 )から 5 月 22 日 ( 金 )まで 2. 視 察 先 及 び 視 察 内 容 (1) 広 島 県 三 原 市 高 齢 者 対 策 について (2) 愛 媛 県 今 治 市 高 齢 者 対 策 について 3. 参 加 者 委 員 長 佐 賀 英

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

65

65 第 二 章 総 合 戦 略 つつじが 岡 公 園 64 65 Ⅰ 基 本 方 針 66 1 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 国 の 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方 や 政 策 5 原 則 等 を 踏 まえ 本 市 における 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 の 克 服 まち ひと しごとの 創 生 と 好 循 環 の 確 立 を 目 指 します 国 の 総 合 戦 略

More information

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録

06_第3回燕市総合戦略審議会議事録 平 成 27 年 度 第 3 回 燕 市 総 合 戦 略 審 議 会 議 事 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 )9:30-11:20 場 所 燕 市 役 所 (3 階 ) 会 議 室 301 欠 席 代 理 出 席 委 員 古 川 伸 夫 委 員 田 野 隆 夫 委 員 小 林 理 恵 子 委 員 大 倉 龍 司 委 員 海 津 武 彦 委 員 宮 崎 和 子 委 員 1.

More information

別 紙 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 議 事 要 旨 1 開 会 2 平 工 農 政 部 長 あいさつ ぎふ 農 業 農 村 基 本 計 画 の3 年 目 である 平 成 25 年 度 の 目 標 の 達 成 状 況 及 び 担 い 手 育 成 プロジェクト100

別 紙 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 議 事 要 旨 1 開 会 2 平 工 農 政 部 長 あいさつ ぎふ 農 業 農 村 基 本 計 画 の3 年 目 である 平 成 25 年 度 の 目 標 の 達 成 状 況 及 び 担 い 手 育 成 プロジェクト100 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 開 催 結 果 1 日 時 : 平 成 26 年 9 月 3 日 ( 水 ) 10 時 00 分 ~11 時 30 分 2 場 所 : 岐 阜 県 水 産 会 館 1 階 大 会 議 室 3 出 欠 状 況 ( 出 席 者 ) 足 立 能 夫 ( 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 岐 阜 県 本 部 運 営 委 員 会 会

More information

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本

佐 々 木 委 員 : 分 かりやすくなったと 思 うが 教 育 大 綱 と 教 育 基 本 構 想 との 関 連 について 内 容 について 整 理 できないか 教 育 大 綱 があって 教 育 基 本 構 想 もある 各 学 校 の 学 校 教 育 基 本 構 想 などは 町 の 教 育 基 本 第 三 回 総 合 教 育 会 議 開 催 日 時 : 平 成 28 年 1 月 8 日 ( 金 )9:30~11:15 場 所 : 岡 垣 町 役 場 新 館 庁 議 室 出 席 者 : < 岡 垣 町 総 合 教 育 会 議 構 成 員 > 町 長 宮 内 實 生 教 育 委 員 長 大 村 武 彦 教 育 委 員 花 田 悦 子 教 育 委 員 佐 々 木 敏 幸 教 育 委 員 細 山 田

More information

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商

会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨 木 商 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 - 会 議 録 - 会 議 録 ( 敬 称 略 ) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 平 成 27 年 度 第 2 回 茨 木 市 中 心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 平 成 28 年 2 月 1 日 ( 月 ) 午 後 2 時 00 分 開 会 午 後 4 時 00 分 閉 会 茨

More information

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に

(5) 企 業 の 女 性 研 究 者 との 交 流 セミナーの 実 施 民 間 企 業 の 女 性 支 援 策 のノウハウを 学 ぶため 企 業 研 究 者 との 交 流 セミナーを 実 施 する 学 部 学 生 や 修 士 博 士 課 程 の 学 生 にとっては 将 来 構 想 を 視 野 に 逆 風 を 順 風 に 宮 崎 大 学 女 性 研 究 者 支 援 モデル 実 施 予 定 期 間 : 平 成 20 年 度 ~ 平 成 22 年 度 総 括 責 任 者 : 菅 沼 龍 夫 ( 宮 崎 大 学 学 長 ) Ⅰ. 概 要 本 学 が 大 学 院 GP 魅 力 ある 大 学 院 教 育 イニシアティブ (18~19 年 度 )において 取 り 組 んだ 女 子 大 学 院 生 支 援

More information

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置

人 事 異 動 の 内 容 全 体 の 異 動 者 297 人 ( 対 前 年 50 人 増 ) うち 行 政 事 務 職 の 異 動 173 人 ( 対 前 年 33 人 増 ) 部 長 級 5 人 ( 昇 格 4 人 配 置 異 動 1 人 ) 課 長 級 29 人 ( 昇 格 7 人 配 置 1 報 道 資 料 平 成 27 年 4 月 1 日 付 け 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 25 日 京 丹 後 市 役 所 解 禁 日 3 月 26 日 異 動 に 係 る 主 な 概 要 Ⅰ 組 織 機 構 は 従 来 どおり 297 人 の 人 事 異 動 1 組 織 機 構 は 従 来 どおりとし 行 政 事 務 職 での 係 体 制 と 組 織 横 断 的 な 連 携 体 制

More information

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地

目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 延 岡 市 メディカルタウン 構 想 平 成 23 年 2 月 21 日 宮 崎 県 延 岡 市 目 次 第 1 部 メディカルタウン 構 想 の 策 定 にあたって 1 構 想 策 定 の 意 義 1 2 地 域 の 特 徴 強 み 2 3 構 想 の 目 指 すところ 4 第 2 部 構 想 実 現 に 向 けた 取 組 み 5 1 医 療 機 器 の 研 究 開 発 の 促 進 6 2 地 場

More information

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0 平 成 28 年 2 月 29 日 第 3 回 倉 吉 市 議 会 定 例 会 議 案 提 案 理 由 説 明 倉 吉 市 長 議 案 の 説 明 に 先 立 ちまして 一 言 所 見 を 述 べさせていただきます 我 が 国 の 状 況 を 見 ますと 中 国 の 景 気 減 速 原 油 安 などの 影 響 で 国 内 でも 年 明 けから 円 高 や 株 安 が 続 き 日 本 銀 行 が 初

More information

離 婚 婚 外 子 等 の 育 成 支 援 住 環 境 高 城 や 北 谷 関 金 に 宅 地 を 造 成 し 人 を 呼 び 込 む 地 域 の 過 疎 率 高 齢 化 率 に 応 じて 減 税 することにより 過 疎 地 への 移 住 定 住 を 促 す 住 宅 建 築 に 補 助 金 を 中

離 婚 婚 外 子 等 の 育 成 支 援 住 環 境 高 城 や 北 谷 関 金 に 宅 地 を 造 成 し 人 を 呼 び 込 む 地 域 の 過 疎 率 高 齢 化 率 に 応 じて 減 税 することにより 過 疎 地 への 移 住 定 住 を 促 す 住 宅 建 築 に 補 助 金 を 中 1 人 口 保 持 希 望 どおり 子 どもを 産 み 育 てられる 環 境 保 育 料 の 無 料 化 高 校 までの 無 料 化 ( 医 療 費 教 育 費 ) 高 齢 者 だけでなく 若 い 人 にお 金 を 使 う 例 : 保 育 料 無 料 化 2 人 子 以 上 政 策 (3 人 目 から 補 助 金 出 産 年 齢 によって 補 助 率 を 設 定 等 ) 産 休 育 休 中 の 給

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会 第 1 回 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 係 る 市 民 懇 談 会 会 議 概 要 日 時 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) 午 前 10:00~ 正 午 場 所 市 役 所 4 階 第 1 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 : 林 大 樹 秋 山 滋 雄 岡 本 和 子 長 谷 川 浩 司 鴇 沢 哲 雄 永 沢 映 関 克 己 内 田

More information

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477>

<3135303930385F2833298370838F837C8E9197BF5F91E6825189F15F328341836283762E786477> 明 日 香 村 総 合 戦 略 検 討 会 議 第 2 回 平 成 27 年 9 月 14 日 ( 月 ) 19:00~ 本 日 のスケジュール 1.はじめに 2.グループディスカッション 3.おわりに 2 1.はじめに 3 本 会 議 のグラウンドルール 全 員 が 思 いついたことを 付 箋 に 書 き メンバーに 話 す 他 人 の 意 見 を 否 定 しない グループとしての 意 見 をまとめ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D31817A918D8D8790ED97AA82C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798E9197BF322D31817A918D8D8790ED97AA82C982C282A282C42E646F6378> Ⅱ 総 合 長 戦 岡 略 版 ( 総 長 合 岡 戦 リジュベネーション)について( 略 ( 仮 称 )の 策 定 概 要 案 ) 資 料 2 1 総 合 戦 略 策 定 にあたって 特 に 大 切 にした 考 え 方 ~ 志 を 未 来 に 活 かす ながおか~ 長 岡 市 は 将 来 の 人 口 減 活 力 減 が 見 込 まれる 今 日 の 社 会 状 況 において その 将 来 を 実 際

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

まち ひと しごと創生 東庄町総合戦略 案 平成 28 年 3 月 東 庄 町 目 次 第 1 章 東 庄 町 総 合 戦 略 について...1 (1) 総 合 戦 略 策 定 の 背 景...1 (2) 計 画 期 間...1 (3) 人 口 ビジョンとの 関 係...1 (4) 第 5 次 総 合 計 画 との 整 合 性 の 確 保...2 (5) 東 庄 町 における 方 向 性...2

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場

< 資 料 1 2 3に 基 づき 地 方 創 生 関 連 交 付 金 事 業 等 について 事 務 局 より 説 明 > 島 津 委 員 : 申 請 中 の 地 方 創 生 加 速 化 交 付 金 は 申 請 が 全 て 採 択 されない 可 能 性 があるとのことだ が 採 択 されなかった 場 第 5 回 富 里 市 まち ひと しごと 創 生 有 識 者 懇 談 会 議 事 録 日 時 2016 年 3 月 10 日 ( 木 )13:30~15:00 場 所 すこやかセンター2 階 会 議 室 1 出 席 者 ( 順 不 同 敬 称 略 ) ( 座 長 ) 富 里 市 商 工 会 寒 郡 茂 樹 ( 委 員 ) 富 里 市 区 長 会 沖 田 健 二 富 里 市 農 業 協 同 組 合

More information

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対

会 議 を 開 催 し 市 町 村 との 連 携 を 強 化 して 人 口 問 題 に 対 する 取 り 組 み を 始 めました このような 国 県 の 新 たな 動 きにいち 早 く 対 応 するため 本 市 にお きましても 先 月 18 日 私 を 本 部 長 として 安 来 市 人 口 対 第 70 回 安 来 市 議 会 定 例 会 の 開 会 にあたり 諸 議 案 の 説 明 に 先 立 ち まして 諸 般 の 事 項 についてご 報 告 申 し 上 げます はじめに 先 月 19 日 深 夜 から20 日 未 明 にかけて 広 島 市 を 襲 った 局 地 的 な 豪 雨 は 広 範 囲 にわたり 大 規 模 な 土 石 流 が 発 生 するなど 死 者 行 方 不 明 者 あわせて70

More information

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち

業 務 名 業 務 の 意 図 必 須 の 展 開 手 段 委 託 料 上 限 額 1 とちぎブ ラ ン ド 推 進 業 務 すべての 分 野 で 選 ばれると ちぎを 目 指 し 本 県 のブラ ンド 力 向 上 のため 統 一 感 を 持 った 戦 略 的 な 取 組 を 展 開 すること とち とちぎブランド デザイン 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 栃 木 県 ( 以 下 甲 という )が 発 注 するとちぎブランド デザイン 業 務 を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 める 1 委 託 業 務 名 とちぎブランド デザイン 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 〇 本 県 では 栃 木 県 重 点 戦 略

More information

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土

公 開 講 座 という 飯 舘 村 の 総 合 計 画 では 手 間 ひまを 惜 しまず 丁 寧 に 時 間 をかけて じっ くりと つつましく 暮 らすような 飯 舘 流 スローライフを までいライフ (MADAYLIFE) と 呼 んで 飯 舘 村 が 本 来 持 っている 歴 史 や 風 土 福 島 県 飯 舘 村 の 原 発 災 害 からの 復 興 と 地 方 自 治 水 谷 利 亮 はじめに 東 日 本 大 震 災 に 関 する 復 興 においては 地 震 と 津 波 による 災 害 に 加 えて 原 発 災 害 から の 復 興 という 厳 しく 困 難 な 課 題 がある 福 島 第 一 原 発 の 爆 発 により 放 射 能 に 汚 染 された 森 林 や 農 地 などの 土

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F955C8E86814596DA8E9F5F945F8BC683728357838783932E646F63> 鷹 栖 町 農 業 ビジョン 平 成 28 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ( 第 1 期 ) 平 成 28 年 3 月 北 海 道 鷹 栖 町 目 次 第 1 章 ビジョンの 策 定 にあたって 1 ビジョン 策 定 の 目 的 1 2 ビジョンの 性 格 1 3 ビジョンの 計 画 期 間 2 4 鷹 栖 町 未 来 づくり 構 想 ( 一 部 抜 粋 ) 3 第 2 章 鷹 栖 町 の 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27

( 会 議 の 概 要 ) 皆 さまこんにちは 委 員 の 皆 様 におかれましてはお 忙 しいところ 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 にご 出 席 いただき まして 誠 にありがとうございます また 本 年 もどうぞよろしくお 願 いいたします それでは ただいまから 平 成 27 ( 第 6 号 様 式 ) 第 3 回 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 運 営 協 議 会 会 議 録 1. 平 成 28 年 度 茅 ヶ 崎 市 病 院 事 業 会 計 予 算 ( 案 )について 議 題 2. 茅 ヶ 崎 市 立 病 院 中 期 経 営 計 画 の 進 捗 状 況 について 3.その 他 日 時 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 月 )13:00から 場 所 茅 ヶ 崎 市 立

More information

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景

(2) 歳 入 ( 一 般 会 計 ) 市 税 は 前 年 度 比 2 億 9,877 万 円 率 にして 3.8%の 減 の 74 億 8,924 万 円 を 見 込 んだ 中 でも 法 人 市 民 税 は 税 率 の 引 き 下 げが 通 年 に 及 ぶことに 加 え 新 興 国 経 済 の 景 定 例 記 者 懇 談 会 資 料 3-1 平 成 28 年 2 月 22 日 政 策 協 働 部 財 政 課 0548-23-0054 平 成 28 年 度 牧 之 原 市 当 初 予 算 案 について 1 当 初 予 算 案 の 総 額 予 算 額 ( 前 年 度 比 伸 び 率 ) 一 般 会 計 ( 歳 入 歳 出 ) 194 億 円 ( 6 億 円 3.0%) 特 別 会 計 ( 歳 入

More information

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ

蟷ウ謌撰シ托シ募ケエ・匁怦螟ァ轢ャ謌ク逕コ隴ー莨壼ョ壻セ倶シ 平 成 25 年 第 1 回 西 海 市 議 会 定 例 会 市 政 一 般 に 対 する 質 問 一 覧 月 日 通 告 順 登 壇 順 氏 名 頁 1 1 平 井 満 洋 議 員 1 2 2 岩 本 利 雄 議 員 1 3 月 4 日 ( 月 ) 3 3 田 川 正 毅 議 員 1 4 4 朝 長 隆 洋 議 員 2 5 5 浅 田 幸 夫 議 員 3 西 海 市 議 会 1. 平 井 満 洋

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

4 共 同 研 究 に 取 り 組 む 背 景 ( 第 1 章 ) 全 国 の 人 口 動 向 は 平 成 23 年 から2 年 連 続 で 減 少 傾 向 にあり 県 の 人 口 も 平 成 24 年 から3 年 連 続 で 減 少 傾 向 にある 本 市 の 人 口 は 増 加 しているものの

4 共 同 研 究 に 取 り 組 む 背 景 ( 第 1 章 ) 全 国 の 人 口 動 向 は 平 成 23 年 から2 年 連 続 で 減 少 傾 向 にあり 県 の 人 口 も 平 成 24 年 から3 年 連 続 で 減 少 傾 向 にある 本 市 の 人 口 は 増 加 しているものの 平 成 25 年 度 千 葉 市 大 学 等 共 同 研 究 事 業 定 住 人 口 増 加 に 向 けた 千 葉 市 ブランド 構 築 に 関 する 研 究 ~データからみえる 持 続 可 能 な 循 環 型 シティライフの 可 能 性 ~ 報 告 書 ( 概 要 版 ) 東 京 情 報 大 学 総 合 情 報 学 部 千 葉 市 総 合 政 策 局 総 合 政 策 部 政 策 企 画 課 1 研

More information

長与町まち・ひと・しごと創生総合戦略

長与町まち・ひと・しごと創生総合戦略 平 成 27 年 10 月 長 与 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 長 崎 県 長 与 町 目 次 Ⅰ.はじめに... 1 Ⅱ 総 合 戦 略 策 定 の 考 え 方... 2 1. 国 の まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 2. 本 町 の 総 合 戦 略 の 位 置 付 けと 計 画 期 間... 3 3. 推 進 体 制 と

More information

提案説明

提案説明 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 市 長 提 案 説 明 [ 2 8. 2. 12( 金 ) AM10:00] 本 日 こ こ に 平 成 2 8 年 松 本 市 議 会 2 月 定 例 会 を 招 集 い た し ま し た と こ ろ 議 員 の 皆 様 方 に は お そ ろ い で ご 出 席 を い た だ き 厚 く 御 礼 を 申 し あ げ ま す さ て

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成

都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 22 年 度 交 付 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 都 市 再 生 整 備 計 画 ( 第 5 回 変 更 ) ひ ろ し ま 広 島 と し ん 都 心 ち く 地 区 ひろしまけん 広 島 ひ ろ し ま 県 広 島 し 市 平 成 22 年 3 月 都 市 再 生 整 備 計 画 の 目 標 及 び 計 画 期 間 都 道 府 県 名 広 島 県 市 町 村 名 広 島 市 地 区 名 広 島 都 心 地 区 面 積 395 ha 計 画 期

More information

平成20年7月25日

平成20年7月25日 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 報 告 学 校 私 費 会 計 事 務 事 故 防 止 検 討 委 員 会 平 成 20 年 10 月 1 経 緯 と 検 討 会 の 設 置 (1) 私 費 会 計 の 定 義 と 種 別 義 務 教 育 である 公 立 の 小 中 学 校 に 関 しては 日 本 国 憲 法 第 26 条 第 2 項 において 義 務 教 育 は

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

大分市商工業振興計画策定委員会

大分市商工業振興計画策定委員会 第 2 次 大 分 市 商 工 業 振 興 計 画 策 定 委 員 会 第 3 回 策 定 委 員 会 日 時 : 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 )10:00~ 場 所 : 大 分 市 役 所 議 会 棟 4 階 全 員 協 議 会 室 次 第 1 開 会 2 報 告 事 項 (1) 第 1 次 計 画 推 進 外 部 委 員 会 の 評 価 結 果 について (2) 第 2 次 大

More information

01 表紙・目次

01 表紙・目次 平 成 27 年 松 前 町 議 会 第 4 回 臨 時 会 会 議 録 平 成 27 年 7 月 1 日 開 会 平 成 27 年 7 月 1 日 閉 会 松 前 町 議 会 各 位 会 議 録 の 作 成 にあたっては 誤 りのないよう 留 意 しておりますが 時 間 の 関 係 上 原 稿 校 正 は 初 校 しかできなく 誤 字 脱 字 等 があります ことを 深 くお 詫 び 申 し 上

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303332318DA188E48F4390B3816A89FC92E85F956990EC8BE691CF906B8C7689E65F8A54977694C581798AAE90AC94C5817A2E646F63> 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 25 年 3 月 改 定 地 震 により 想 定 される 被 害 の 半 減 を 目 指 し 住 宅 建 築 物 の 耐 震 診 断 および 耐 震 改 修 を 計 画 的 かつ 総 合 的 に 推 進 し 災 害 に 強 いまちづくりを 実 現 するため 平 成 19 年 12 月 に 品 川 区 耐 震 改 修 促 進 計

More information

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され

委 員 の 皆 様 から 忌 憚 のないご 意 見 をいただきながら 改 めて 本 市 の 行 政 改 革 のあり 方 や 今 後 目 指 していく 方 向 性 について 検 討 を 行 っていきたい 3. 会 長 挨 拶 本 審 議 会 での 審 議 を 経 て 平 成 22 年 に 策 定 され 平 成 26 年 度 第 1 回 荒 尾 市 行 政 改 革 推 進 審 議 会 議 事 録 要 旨 日 時 : 平 成 26 年 11 月 7 日 ( 金 曜 ) 午 後 2 時 ~ 午 後 4 時 場 所 : 荒 尾 市 役 所 市 長 公 室 議 題 :1. 荒 尾 市 の 行 政 改 革 の 経 緯 と 第 四 次 荒 尾 市 行 政 改 革 大 綱 の 総 括 について 2. 行 政 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323381798B4C8ED294AD955C817A3233924589B7926789BB8AD698418EE597768E968BC681693032303231383030816A2E646F63> ( 予 算 概 要 参 考 資 料 ) 平 成 23 年 度 予 算 案 における 地 球 温 暖 化 対 策 関 連 事 業 昨 年 12 月 に 策 定 された 横 浜 市 中 期 4か 年 計 画 において 地 球 温 暖 化 対 策 は 横 浜 版 成 長 戦 略 の 筆 頭 に 当 たる 環 境 最 先 端 都 市 戦 略 の 中 核 を 担 う 施 策 と 位 置 づけ られました 低

More information

(4)2003.xls

(4)2003.xls 別 紙 様 式 4 公 共 調 達 の 適 正 化 について( 財 計 第 2017 号 )に 基 づく 競 争 入 札 に 係 る 情 報 の 公 表 ( 物 品 役 務 等 ) 物 品 役 務 等 の 名 称 及 び 数 量 契 約 担 当 官 等 の 氏 名 並 びにその 所 属 する 部 局 の 名 称 及 び 所 在 地 契 約 を 締 結 した 日 契 約 の 相 手 方 の 商 号 又

More information

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京

別 紙 一 般 社 団 法 人 京 都 経 済 同 友 会 代 表 幹 事 増 田 寿 幸 ( 京 都 信 用 金 庫 理 事 長 ) 代 表 幹 事 鈴 木 順 也 ( 日 本 写 真 印 刷 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 ) 会 員 数 584 名 所 在 地 京 都 市 中 京 政 府 機 関 の 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 への 移 転 実 現 に 関 する 要 請 私 たち 京 都 関 西 神 戸 の 京 阪 神 3 経 済 同 友 会 は 京 都 府 への 文 化 庁 大 阪 府 への 中 小 企 業 庁 特 許 庁 ( 西 日 本 を 対 象 とする 特 許 審 査 拠 点 ) 兵 庫 県 への 観 光 庁 の 移 転 を 強 く 要 請 します 政 府 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

ÿþ

ÿþ 高 台 移 転 と 住 まいに 関 する 説 明 会 1 あいさつ 2 南 三 陸 町 震 災 復 興 計 画 ( 素 案 )の 概 要 について 資 料 1 3 今 後 の 移 転 先 と 住 まいに 関 する 意 向 調 査 について 資 料 A 4 住 宅 の 移 転 について 1 ( 集 団 移 転 ) 防 災 集 団 移 転 促 進 事 業 のしくみ 資 料 2 2 ( 個 別 移 転 )がけ

More information

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費

マーケティングに 要 する 経 費 技 術 指 導 受 入 れに 要 する 経 費 総 行 応 第 2 3 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 3 日 各 都 道 府 県 担 当 部 局 長 殿 ( 財 政 担 当 課 市 町 村 担 当 課 扱 い) ( 地 域 おこし 協 力 隊 担 当 課 扱 い) 総 務 省 地 域 力 創 造 グループ 地 域 自 立 応 援 課 長 ( 公 印 省 略 ) 地 域 おこし 協 力 隊 推 進 要 綱 の 一 部 改 正 について(

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目

民 主 市 民 の 会 会 派 視 察 報 告 書 報 告 者 : 岡 村 繁 美 1. 視 察 日 : 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 ) 2. 視 察 参 加 者 : 尾 田 赤 坂 鈴 木 干 場 内 山 諏 訪 部 岡 村 3. 視 察 先 : 函 館 市 4. 視 察 項 目 平 成 27 年 度 民 主 市 民 の 会 行 政 視 察 報 告 書 1 調 査 年 月 日 平 成 27 年 7 月 29 日 ( 水 )~31 日 ( 金 ) 2 調 査 項 目 及 び 調 査 地 調 査 項 目 (1) 陣 川 あさひ 町 会 バス(Jバス)の 取 り 組 みについて (2)バリアフリーホテルあすなろの 取 り 組 みについて (3) 交 流 コンシェルジュ 事 業 について

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc

Microsoft Word - 交野市産業振興基本計画 20140320.doc 資 料 基 本 条 例 P36 規 則 P38 委 員 名 簿 P39 基 本 計 画 の 策 定 に 係 る 経 過 P40-35 - 基 本 条 例 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 交 野 の 自 然 環 境 歴 史 文 化 市 民 力 等 の 地 域 資 源 を 有 効 活 用 した 地 域 産 業 の 振 興 についての 基 本 となる 事 項 を 定 め 市 事 業 者 及

More information

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録

平成18年深谷市教育委員会第4回定例会会議録 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 会 議 録 深 谷 市 教 育 委 員 会 平 成 28 年 深 谷 市 教 育 委 員 会 第 7 回 定 例 会 日 時 平 成 28 年 7 月 12 日 ( 火 ) 開 会 午 後 3 時 00 分 閉 会 午 後 3 時 55 分 場 所 教 育 庁 舎 3 階 大 会 議 室 出 席 委 員 教 育 長 小 栁 光

More information

4. 議 事 (1) 平 成 25 年 度 補 正 予 算 による 実 証 プロジェクトの 取 組 結 果 について (2) 共 通 ID 利 活 用 WGにおける 検 討 状 況 について (3)これまでの 成 果 の 普 及 展 開 に 向 けた 取 組 今 後 の 進 め 方 等 について (

4. 議 事 (1) 平 成 25 年 度 補 正 予 算 による 実 証 プロジェクトの 取 組 結 果 について (2) 共 通 ID 利 活 用 WGにおける 検 討 状 況 について (3)これまでの 成 果 の 普 及 展 開 に 向 けた 取 組 今 後 の 進 め 方 等 について ( ICT 街 づくり 推 進 会 議 ( 第 9 回 ) 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 27 年 4 月 6 日 ( 月 )14:00~16:00 2. 場 所 総 務 省 8 階 第 1 特 別 会 議 室 3. 出 席 者 (1) 構 成 員 岡 座 長 小 宮 山 座 長 代 理 岩 沙 構 成 員 清 原 構 成 員 須 藤 構 成 員 徳 田 構 成 員 村 上 構 成 員 (2)

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc)

(Microsoft Word - \223\354\221\212\224n\216s\222\206\220S\216s\220\351\214\276H21.3.25.doc) 定 住 自 立 圏 構 想 中 心 市 宣 言 書 ともにつくる 活 力 に 満 ちた 安 心 で 潤 いのある 南 相 馬 国 指 定 重 要 無 形 民 俗 文 化 財 相 馬 野 馬 追 1 南 相 馬 市 定 住 自 立 圏 中 心 市 宣 言 少 子 高 齢 化 と 人 口 減 少 地 方 圏 から 東 京 圏 への 人 口 の 流 出 地 域 経 済 の 低 迷 に 伴 う 厳 しい 財

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と

目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦 - 2 1-4 熊 本 県 の 総 合 戦 略 と 氷 川 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 総 合 戦 略 ( 案 ) 平 成 27 年 11 月 氷 川 町 西 日 本 測 量 設 計 目 次 第 2 章 総 合 戦 略 第 1 節 基 本 的 な 考 え 方 1-1 総 合 戦 略 の 位 置 付 け 総 戦 - 1 1-2 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 総 戦 - 1 1-3 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 総 戦

More information

ない 難 しい 課 題 が 多 い 時 代 だからこそ 長 いスパンで 現 に 起 きている 事 象 を 見 据 え ネットワークを 最 大 限 活 用 し 確 実 着 実 に かたちにする ことが 求 められており 研 究 機 関 は これまで 以 上 に 知 恵 とこれまで 培 ってきた 経 験

ない 難 しい 課 題 が 多 い 時 代 だからこそ 長 いスパンで 現 に 起 きている 事 象 を 見 据 え ネットワークを 最 大 限 活 用 し 確 実 着 実 に かたちにする ことが 求 められており 研 究 機 関 は これまで 以 上 に 知 恵 とこれまで 培 ってきた 経 験 北 方 建 築 総 合 研 究 所 NEWS LETTER 北 方 かわらばん Mail Magazine VOL.80 2016/4/14 北 方 かわらばん は 地 方 独 立 行 政 法 人 北 海 道 立 総 合 研 究 機 構 建 築 研 究 本 部 北 方 建 築 総 合 研 究 所 ( 旧 北 海 道 立 北 方 建 築 総 合 研 究 所 )が 発 行 してい るメールマガジンです

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実

4-3 目 標 本 計 画 では 鉄 路 や 道 路 と 並 ぶ 第 3の 路 である 空 路 を 活 用 した 国 内 遠 隔 地 からの 観 光 誘 客 に 着 目 し 観 光 経 済 文 化 をはじめとする 様 々な 分 野 で 市 民 が 相 互 に 行 き 交 う 交 流 事 業 を 実 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 都 市 間 交 流 を 軸 とした Local o Localの t 観 光 誘 客 九 州 戦 略 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 松 本 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 松 本 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 松 本 市 は 400

More information

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日)

0000T10黒磯市H●年●月定■1号-目次(初日) 平 成 17 年 第 4 回 那 須 塩 原 議 会 定 例 会 会 議 録 目 次 招 集 示 1 会 期 日 程 2 応 招 議 員 3 不 応 招 議 員 3 地 方 自 治 法 第 121 条 の 規 定 に 基 づき 出 席 を 要 求 した 者 の 職 氏 名 3 本 会 議 に 出 席 した 事 務 局 職 員 4 議 案 審 議 結 果 一 覧 表 5 請 願 陳 情 審 議 結 果

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水

議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 議 会 議 会 1 議 員 定 数 条 例 定 数 28 人 2 会 派 等 及 び 党 派 別 議 員 数 平 成 27.6.8 現 在 ( 単 位 : 人 ) 会 派 等 党 派 公 明 党 自 由 民 主 党 日 本 共 産 党 社 会 民 主 党 民 主 党 無 所 属 計 自 由 民 主 党 水 戸 市 議 団 改 革 水 戸 2 4 6 公 明 党 水 戸 市 議 会 5 5 民 主 社

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現 視 点 3 地 域 の 経 営 資 源 を 生 かした 課 題 解 決

目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現 視 点 3 地 域 の 経 営 資 源 を 生 かした 課 題 解 決 長 浜 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ~ 2060 年 未 来 予 想 図 長 浜 からの 挑 戦 ~ 平 成 27 年 6 月 長 浜 市 - 0 - 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 視 点 2 視 点 1 三 大 都 市 圏 及 び 滋 賀 県 南 部 への 人 口 流 出 の 抑 制 視 点 2 若 い 世 代 の 就 労 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 て の 希 望 実 現

More information

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団

統 合 幕 僚 監 部 首 席 法 務 官 付 法 務 班 長 を 命 ずる ( 東 北 方 面 総 監 部 装 備 部 後 方 運 用 課 長 ) 1 等 陸 佐 長 野 晃 統 合 幕 僚 監 部 首 席 後 方 補 給 官 付 後 方 補 給 官 を 命 ずる ( 南 西 航 空 混 成 団 防 衛 省 発 令 防 衛 大 学 校 訓 練 部 訓 練 課 長 を 命 ずる ( 第 4 地 対 艦 ミサイル 連 隊 長 兼 八 戸 駐 屯 地 司 令 ) 1 等 陸 佐 水 落 嘉 彦 防 衛 大 学 校 教 授 を 命 ずる ( 富 士 教 導 団 副 団 長 ) 1 等 陸 佐 藤 原 修 ( 防 衛 研 究 所 主 任 研 究 官 ) 1 等 海 佐 鈴 木 秀 文 防 衛 研 究

More information

第1章

第1章 中 津 川 市 障 害 者 福 祉 計 画 第 3 期 計 画 ( 素 案 ) - 安 心 できる 温 かい 福 祉 のまちをつくります- 市 の 花 サラサドウダン 平 成 23 年 11 月 中 津 川 市 も く じ 第 1 章 第 3 期 計 画 策 定 にあたって 1 Ⅰ 第 3 期 計 画 の 位 置 づけ 1 1 計 画 見 直 しの 趣 旨 1 2 計 画 見 直 しの 基 本 的

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

用 機 会 の 増 大 を 目 指 している それぞれの 地 域 の 特 性 を 生 かした 地 方 再 生 が 成 されている 現 状 である しかし これは 一 部 の 限 定 した 地 域 のみであり まだまだ 地 方 再 生 に 至 っていない 地 域 が 数 多 く 存 在 している 私

用 機 会 の 増 大 を 目 指 している それぞれの 地 域 の 特 性 を 生 かした 地 方 再 生 が 成 されている 現 状 である しかし これは 一 部 の 限 定 した 地 域 のみであり まだまだ 地 方 再 生 に 至 っていない 地 域 が 数 多 く 存 在 している 私 地 方 再 生 への 道 群 馬 県 立 利 根 実 業 高 等 学 校 農 業 系 三 年 林 美 穂 1.はじめに 私 の 通 う 群 馬 県 立 利 根 実 業 高 等 学 校 は 農 業 系 工 業 系 それぞれ 合 わせて 四 つの 学 科 か らなる 実 業 高 校 である 地 域 に 根 ざした 日 本 一 の 実 業 高 校 をコンセプトに 様 々な 活 動 を 行 っている 私 の

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園 黒 部 市 議 会 総 務 文 教 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 視 察 期 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 19 日 ( 木 ) 視 察 先 :(1) 大 分 県 中 津 市 (ふるさと 応 援 寄 付 金 の 取 り 組 みについて) (2) 福 岡 県 行 橋 市 ( 図 書 館 などの 複 合 施 設 構 想 の 取 り 組 みについて) (3) 福 岡 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3139944E9378918D89EF979D8E9689EF95B689C891E5906293CD8F6F81458B638E96985E2E646F63> 滑 協 第 19-11 号 平 成 19 年 8 月 22 日 文 部 科 学 大 臣 伊 吹 文 明 殿 社 団 法 人 日 本 滑 空 協 会 会 長 牧 野 健 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 書 (お 届 出 ) 当 法 人 の 平 成 18 年 度 事 業 報 告 および 収 支 決 算 について 別 紙 のとおりお 届 けします 添 付 1. 平 成 18

More information

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産

4-2 主 な 産 業 の 動 向 (1) 食 関 連 産 業 分 野 当 市 の 食 料 品 製 造 業 は 優 良 漁 場 が 生 み 出 す 豊 富 なイカや 昆 布 などの 水 産 資 源 を 背 景 に 水 産 加 工 業 が 集 積 しているほか 北 海 道 大 学 大 学 院 水 産 地 域 再 生 計 画 1 地 域 再 生 計 画 の 名 称 函 館 ブランド 確 立 による 雇 用 創 出 拡 大 プロジェクト 2 地 域 再 生 計 画 の 作 成 主 体 の 名 称 函 館 市 3 地 域 再 生 計 画 の 区 域 函 館 市 の 全 域 4 地 域 再 生 計 画 の 目 標 4-1 地 域 の 現 状 函 館 市 は 津 軽 海 峡 に 面 した 北 海 道 の

More information