目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率"

Transcription

1 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町

2 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 と 老 年 人 口 (75 歳 以 上 ) 10 3 人 口 減 少 が 経 済 社 会 に 与 える 影 響 (1) 地 域 活 動 の 担 い 手 の 減 少 11 (2) 労 働 力 人 口 の 減 少 13 Ⅲ 本 町 人 口 の 将 来 展 望 1 今 後 の 基 本 的 視 点 (1) 人 口 減 少 への 対 応 は 待 ったなし の 課 題 14 (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 14 2 人 口 の 将 来 展 望 (1) 総 人 口 15 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 16 (3) 労 働 力 人 口 18 (4)まとめ 19

3 Ⅰ はじめに 日 本 は 現 在 少 子 高 齢 化 人 口 減 少 社 会 にあります 国 は これらの 課 題 に 歯 止 めをか けるため 平 成 26 年 11 月 に まち ひと しごと 創 生 法 を 制 定 しました また 同 年 12 月 27 日 人 口 の 現 状 や 今 後 の 目 指 すべき 将 来 の 方 向 を 示 した まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 今 後 5ヶ 年 の 目 標 や 施 策 の 基 本 的 方 向 をまとめた まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 が 閣 議 決 定 されました これにより 日 本 の 人 口 の 現 状 と 将 来 の 姿 そして 今 後 目 指 すべき 方 向 が 示 されています 本 町 においても 少 子 高 齢 化 人 口 減 少 の 局 面 を 既 に 迎 えており 平 成 22 年 12 月 に 策 定 した 第 4 次 三 戸 町 総 合 振 興 計 画 書 により これら 課 題 解 決 のための 取 り 組 みを 行 っています 本 町 の 人 口 は 昭 和 30 年 をピークに 減 少 が 続 き 今 後 も 同 様 に 減 少 し 続 ける 推 計 とな っています 元 気 のある 三 戸 町 を 維 持 するためには これらの 課 題 に 迅 速 に そして 今 ま で 以 上 に 力 を 入 れて 取 り 組 んでいかなければなりません このためには 将 来 を 見 通 す 中 長 期 的 な 視 点 を 持 ち 町 民 はもとより 国 や 県 と 一 体 とな って 課 題 解 決 に 向 けた 取 り 組 みを 進 める 必 要 があります そこで 本 町 における 人 口 の 現 状 を 分 析 し 将 来 を 展 望 することを 目 的 に 本 ビジョンを 策 定 しました - 1 -

4 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 本 町 の 人 口 は 昭 和 30 年 (1955 年 )の17,764 人 をピークに 減 少 傾 向 が 続 いており 平 成 22 年 国 勢 調 査 では11,299 人 と 前 回 調 査 と 比 較 して931 人 7.6%の 減 少 となり 減 少 幅 は 過 去 最 大 となりました 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 によれば 本 町 の 平 成 52 年 (2040 年 )の 人 口 は6,400 人 と 推 計 されています 0~14 歳 の 年 少 人 口 の 割 合 は 減 少 する 一 方 で 65 歳 以 上 の 老 年 人 口 の 割 合 は 増 加 する 傾 向 にあり 老 年 人 口 は 平 成 32 年 (2020 年 ) 以 降 減 少 に 転 じるものの 総 人 口 に 占 める 割 合 は 一 貫 して 増 加 していくと 推 計 されています - 2 -

5 (2) 自 然 増 減 1 自 然 増 減 の 推 移 自 然 増 減 の 推 移 は 平 成 9 年 (1997 年 ) 以 前 から 死 亡 数 が 出 生 数 を 上 回 る 自 然 減 となっており 減 少 幅 は 年 々 拡 大 しています ( 図 2) - 3 -

6 2 合 計 特 殊 出 生 率 と 出 生 数 の 推 移 平 成 25 年 の 合 計 特 殊 出 生 率 は1.48となっており 全 国 を0.05ポイント 県 を0.08ポ イント 上 回 っていますが 出 生 数 は 減 少 傾 向 にあり 平 成 25 年 (2013 年 )には 過 去 最 低 となりました ( 図 3) 男 女 別 の 未 婚 率 は それぞれ 全 国 平 均 を 下 回 っていますが 男 性 の 未 婚 率 は 年 々 上 昇 傾 向 にあります ( 図 4) - 4 -

7 (3) 社 会 増 減 1 社 会 増 減 の 推 移 町 外 に 転 出 した 人 口 の 推 移 は 転 出 者 が 減 少 傾 向 にあるものの 長 期 にわたり 転 出 者 が 転 入 者 を 上 回 る 転 出 超 過 の 状 況 が 続 いています ( 図 5) - 5 -

8 2 転 入 元 転 出 先 別 の 社 会 増 減 平 成 25 年 (2013 年 )の 転 入 元 転 出 先 では 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 )と 県 外 ( 東 京 圏 ) への 転 出 超 過 が 顕 著 となっています ( 図 6) 図 6 転 入 元 転 出 先 別 の 社 会 増 減 ( 平 成 25 年 ) 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 以 外 ) 67 人 県 外 ( 東 京 圏 ) 55 人 三 戸 町 29 人 ( 人 口 11,362 人 ) 38 人 25 人 50 人 95 人 107 人 82 人 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 ) 92 人 県 外 ( 東 京 圏 以 外 ) 東 京 圏 : 埼 玉 千 葉 東 京 神 奈 川 資 料 : 住 民 基 本 台 帳 人 口 移 動 報 告 さらに 年 代 別 に 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 )と 県 外 ( 東 京 圏 )への 社 会 増 減 を 見 ると 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 )は20 代 後 半 から30 代 前 半 県 外 ( 東 京 圏 )は10 代 後 半 から20 代 前 半 において 大 幅 な 転 出 超 過 となっています これは 県 内 ( 八 戸 市 三 戸 郡 )と 県 外 ( 東 京 圏 )へ 転 出 する 理 由 がそれぞれ 違 うものと 推 察 されます 結 婚 や マイホーム 取 得 を 契 機 に 八 戸 へ 住 所 を 移 す 大 学 等 進 学 や 就 職 のために 東 京 へ 住 所 を 移 すなどが 考 えられます ( 図 7) - 6 -

9 3 産 業 別 就 業 人 口 昭 和 60 年 (1985 年 )の 就 業 人 口 が7,458 人 であったものが 平 成 22 年 (2010 年 )では 5,376 人 へと 2,000 人 を 超 える 減 少 となっています このうち 平 成 12 年 (2000 年 ) 以 降 の 減 少 数 は1639 人 であり ここ15 年 ほどで 大 幅 に 減 少 していることがわかります また 昭 和 60 年 (1985 年 )から 平 成 22 年 (2010 年 )までの 産 業 別 就 業 人 口 推 移 では 第 1 次 産 業 の 減 少 数 が 最 も 多 く1,158 人 の 減 であり 次 いで 第 2 次 産 業 の389 人 第 3 次 産 業 の535 人 とそれぞれ 減 少 しています ( 表 1) 表 1 産 業 別 就 業 人 口 の 推 移 昭 和 60 年 平 成 2 年 平 成 7 年 平 成 12 年 平 成 17 年 平 成 22 年 区 分 (1985 年 ) (1990 年 ) (1995 年 ) (2000 年 ) (2005 年 ) (2010 年 ) 人 数 率 人 数 率 人 数 率 人 数 率 人 数 率 人 数 率 第 1 次 産 業 2, , , , , , 対 前 期 増 減 第 2 次 産 業 1, , , , , , 対 前 期 増 減 第 3 次 産 業 3, , , , , , 対 前 期 増 減 総 計 7, , , , , , 対 前 期 増 減 資 料 : 国 勢 調 査 - 7 -

10 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 総 人 口 のピークは 昭 和 30 年 (1955 年 )であり 以 降 は 減 少 が 続 いています 青 森 県 では 本 町 から28 年 遅 れてピークを 迎 えています 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25 年 3 月 推 計 ) によると 平 成 52 年 (2040 年 )で6,400 人 にまで 減 少 すると 見 込 まれており さらには 老 年 人 口 比 率 が 極 端 に 増 加 すると 見 込 まれるため 経 済 や 地 域 活 動 などにおける 担 い 手 不 足 など 社 会 経 済 に 与 える 悪 影 響 が 懸 念 されます ( 図 8) - 8 -

11 (1) 人 口 減 少 段 階 人 口 減 少 は 年 齢 構 成 の 構 造 変 化 を 伴 いながら 進 んでいくことから 段 階 に 分 けて 現 状 と 今 後 の 見 通 しを 見 ていくこととします 人 口 減 少 段 階 は 若 年 人 口 が 減 少 し 老 年 人 口 が 増 加 する 第 1 段 階 若 年 人 口 の 減 少 が 加 速 化 し 老 年 人 口 が 維 持 から 微 減 へと 転 じる 第 2 段 階 若 年 人 口 の 減 少 が 一 層 加 速 化 し 老 年 人 口 も 減 少 していく 第 3 段 階 の3つの 段 階 を 経 て 進 行 する とされています このうち 本 町 は 人 口 減 少 段 階 の 第 1 段 階 に 該 当 しており 青 森 県 内 は 第 1 段 階 が37 市 町 村 第 2 段 階 が3 町 村 に 該 当 しています ( 図 9) - 9 -

12 (2) 人 口 減 少 率 と 老 年 人 口 (75 歳 以 上 ) 人 口 減 少 率 は 平 成 22~72 年 (2010~2060 年 )の50 年 間 に 60% 以 上 の 人 口 減 少 が 見 込 まれています 老 年 人 口 (75 歳 以 上 )は 平 成 42 年 (2030 年 )までは 微 増 し その 後 は 減 少 に 転 ずる と 見 込 まれるため 将 来 的 な 人 口 減 少 対 策 としては 若 者 世 代 の 受 け 入 れや 出 生 数 の 増 加 といった 少 子 化 対 策 を 中 心 に 進 めていかなければならないと 考 えられます ( 図 10)

13 3 人 口 減 少 が 経 済 社 会 に 与 える 影 響 (1) 地 域 活 動 の 担 い 手 の 減 少 限 界 集 落 という 言 葉 がありますが これは65 歳 以 上 の 高 齢 者 が 人 口 の50% 以 上 を 越 える 集 落 で 家 を 継 ぐ 若 者 が 流 出 して 冠 婚 葬 祭 や 農 作 業 における 互 助 など 社 会 的 な 共 同 作 業 が 困 難 になった 集 落 を 言 います 限 界 集 落 は そのまま 推 移 すれば 超 限 界 集 落 となり いずれ 消 滅 集 落 に なるといわれています これを 自 治 体 に 当 てはめた 限 界 自 治 体 という 言 葉 もあり 65 歳 以 上 の 高 齢 者 が 人 口 の50%を 超 え 税 収 入 の 低 下 と 高 齢 者 医 療 高 齢 者 福 祉 の 負 担 増 で 財 政 の 維 持 が 困 難 になった 自 治 体 とされています 三 戸 町 を72の 行 政 区 に 分 けて その 区 域 毎 の 高 齢 化 率 を 調 べたところ 4つの 区 域 の 高 齢 化 率 が50%を 超 え 15の 区 域 で 男 女 いずれか 片 方 の 高 齢 化 率 が50%を 超 え るという 結 果 となりました ( 表 2) 表 2 行 政 区 毎 人 口 及 び 高 齢 化 率 (H26.4.1) 番 号 行 政 区 名 区 分 男 女 計 番 号 行 政 区 名 区 分 男 女 計 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 上 同 心 町 65 歳 以 上 人 口 雷 平 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 29.8% 39.7% 34.9% 高 齢 化 率 32.2% 36.1% 34.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 同 心 町 65 歳 以 上 人 口 箸 木 山 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 27.6% 38.2% 33.3% 高 齢 化 率 36.1% 45.9% 41.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 上 八 日 町 65 歳 以 上 人 口 留 ヶ 崎 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 31.4% 45.8% 39.1% 高 齢 化 率 30.0% 26.7% 28.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 下 八 日 町 65 歳 以 上 人 口 舘 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 38.5% 53.2% 47.9% 高 齢 化 率 40.3% 33.8% 37.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 馬 喰 町 65 歳 以 上 人 口 細 谷 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 22.2% 33.3% 29.2% 高 齢 化 率 24.3% 36.2% 30.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 上 在 府 小 路 町 65 歳 以 上 人 口 泉 山 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 39.6% 53.4% 47.2% 高 齢 化 率 25.0% 43.4% 34.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 下 在 府 小 路 町 65 歳 以 上 人 口 栄 町 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 33.3% 53.9% 44.7% 高 齢 化 率 35.0% 48.2% 41.4% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 上 二 日 町 65 歳 以 上 人 口 遠 藤 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 47.5% 54.0% 51.1% 高 齢 化 率 25.0% 37.1% 31.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 下 二 日 町 65 歳 以 上 人 口 小 中 島 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 27.5% 39.0% 33.4% 高 齢 化 率 37.5% 55.0% 45.5% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 六 日 町 65 歳 以 上 人 口 上 目 時 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 33.0% 47.2% 40.3% 高 齢 化 率 23.3% 50.6% 37.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 松 原 65 歳 以 上 人 口 下 目 時 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 25.8% 33.4% 29.9% 高 齢 化 率 27.9% 45.0% 36.6% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 久 慈 町 65 歳 以 上 人 口 沼 尻 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 24.7% 31.3% 28.2% 高 齢 化 率 30.0% 35.1% 32.5% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 元 木 平 65 歳 以 上 人 口 中 崎 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 28.6% 39.8% 34.6% 高 齢 化 率 0.0% 50.0% 33.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 境 沢 65 歳 以 上 人 口 金 洗 沢 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 20.4% 36.5% 29.1% 高 齢 化 率 0.0% 50.0% 33.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 川 代 65 歳 以 上 人 口 銀 南 木 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 23.9% 45.2% 34.1% 高 齢 化 率 0.0% 0.0% 0.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 桐 萩 65 歳 以 上 人 口 沼 ノ 久 保 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 22.0% 29.7% 26.1% 高 齢 化 率 22.0% 39.0% 30.5% 資 料 : 三 戸 町

14 表 2(つづき) 行 政 区 毎 人 口 及 び 高 齢 化 率 (H26.4.1) 番 号 行 政 区 名 区 分 男 女 計 番 号 行 政 区 名 区 分 男 女 計 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 上 本 村 65 歳 以 上 人 口 大 舌 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 34.8% 57.1% 45.5% 高 齢 化 率 29.5% 44.4% 36.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 中 本 村 65 歳 以 上 人 口 乗 上 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 44.2% 50.9% 47.6% 高 齢 化 率 42.9% 46.2% 44.4% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 下 本 村 65 歳 以 上 人 口 文 治 屋 敷 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 30.7% 47.5% 39.4% 高 齢 化 率 27.6% 36.7% 32.2% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 茨 沢 65 歳 以 上 人 口 袴 田 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 28.6% 40.0% 33.3% 高 齢 化 率 27.7% 37.9% 33.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 中 堤 65 歳 以 上 人 口 一 ノ 渡 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 35.4% 43.4% 39.6% 高 齢 化 率 21.1% 61.1% 40.5% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 高 間 舘 65 歳 以 上 人 口 下 田 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 33.3% 30.2% 31.7% 高 齢 化 率 31.3% 48.0% 40.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 松 山 65 歳 以 上 人 口 貝 守 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 32.0% 39.4% 36.2% 高 齢 化 率 19.5% 31.3% 25.8% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 椛 ノ 木 65 歳 以 上 人 口 中 村 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 40.0% 24.1% 30.6% 高 齢 化 率 31.7% 37.7% 34.7% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 野 月 65 歳 以 上 人 口 大 平 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 28.6% 43.8% 35.1% 高 齢 化 率 25.0% 45.0% 34.1% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 武 士 沢 65 歳 以 上 人 口 老 久 保 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 33.3% 32.7% 33.0% 高 齢 化 率 35.3% 40.0% 38.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 沢 田 65 歳 以 上 人 口 二 五 山 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 57.1% 68.6% 63.8% 高 齢 化 率 21.1% 36.4% 29.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 豊 川 65 歳 以 上 人 口 泉 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 34.2% 48.8% 41.5% 高 齢 化 率 14.3% 43.5% 32.4% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 田 ノ 沢 65 歳 以 上 人 口 杉 沢 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 25.0% 28.6% 26.3% 高 齢 化 率 42.4% 50.0% 45.8% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 久 保 住 宅 団 地 65 歳 以 上 人 口 葛 子 平 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 42.3% 42.9% 42.6% 高 齢 化 率 33.3% 29.6% 31.3% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 久 保 65 歳 以 上 人 口 下 川 原 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 18.2% 35.9% 27.7% 高 齢 化 率 31.3% 44.4% 38.2% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 玉 ノ 木 65 歳 以 上 人 口 蛇 沼 大 平 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 38.7% 44.2% 41.9% 高 齢 化 率 25.0% 66.7% 50.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 北 向 65 歳 以 上 人 口 蛇 沼 本 村 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 38.7% 44.7% 42.0% 高 齢 化 率 33.3% 45.0% 39.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 別 当 沢 65 歳 以 上 人 口 清 座 久 保 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 46.2% 50.0% 48.4% 高 齢 化 率 40.6% 55.6% 47.5% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 大 谷 地 65 歳 以 上 人 口 蛇 沼 中 山 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 46.7% 35.7% 41.4% 高 齢 化 率 % 100.0% 区 域 内 人 口 区 域 内 人 口 団 子 坂 65 歳 以 上 人 口 横 沢 65 歳 以 上 人 口 高 齢 化 率 36.4% 50.0% 42.9% 高 齢 化 率 28.6% 50.0% 40.6% 資 料 : 三 戸 町 県 では 総 務 省 が 行 った 過 疎 地 域 等 における 集 落 の 状 況 に 関 する 現 況 把 握 調 査 の 結 果 から 人 口 減 少 や 過 疎 化 により 単 に 住 民 生 活 が 不 便 になるというだけでなく 近 隣 住 民 同 士 の 付 き 合 いや 地 域 活 動 への 参 加 などが 減 少 し 自 治 会 や 町 内 会 消 防 団 などの 地 域 の 自 立 的 な 活 動 にも 影 響 を 及 ぼしていくことが 懸 念 されるとしています 当 町 においても 人 口 減 少 の 進 行 に 伴 い これら 懸 念 材 料 が 顕 在 化 していくと 予 想 されます

15 (2) 労 働 力 人 口 の 減 少 将 来 の 労 働 力 人 口 (15 歳 以 上 人 口 のうち 就 業 者 と 完 全 失 業 者 を 合 わせたもの)は 男 女 年 齢 5 歳 階 級 別 の 労 働 力 率 (15 歳 以 上 人 口 に 占 める 労 働 力 人 口 の 割 合 )が 平 成 22 年 (2010 年 )から 変 化 しないものとして 試 算 すると 労 働 力 人 口 は 年 々 減 少 していく と 見 込 まれます 平 成 52 年 (2040 年 )では3,491 人 となり 平 成 22 年 との 比 較 で2,428 人 41%の 減 少 とな ることが 見 込 まれます ( 図 12)

16 Ⅲ 本 町 人 口 の 将 来 展 望 1 今 後 の 基 本 的 視 点 (1) 人 口 減 少 への 対 応 は 待 ったなし の 課 題 県 では 人 口 減 少 への 対 応 は 待 ったなし の 課 題 であるとしています これは 各 種 の 対 策 を 講 じることで 出 生 率 向 上 の 時 期 が 早 まるほど 将 来 人 口 に 与 える 影 響 が 大 きくなるためです 出 生 を 担 う 世 代 の 人 口 が 減 少 し 続 ける 状 況 下 では 出 生 率 がいつの 時 点 で 向 上 するかが 出 生 数 すなわち 将 来 の 人 口 規 模 を 決 定 していくこと となるからです さらに 若 者 の 転 出 の 縮 小 や 首 都 圏 からの 人 財 の 還 流 などの 社 会 減 対 策 も 同 時 に 講 じることで 地 道 に 人 口 構 造 を 持 続 可 能 で 安 定 した 状 態 に 戻 していくことが 必 要 だとし ています 本 町 の 人 口 は 県 全 体 よりも 早 い 時 期 に そして 早 いペースで 減 少 していることから より 危 機 感 をもって 取 り 組 むべき 喫 緊 の 課 題 であると 認 識 しなければなりません (2) 目 指 すべき 将 来 の 方 向 これまでの 分 析 結 果 を 踏 まえ 人 口 減 少 を 緩 和 し 克 服 するために 本 町 が 目 指 すべき 将 来 の 方 向 として 次 の 取 り 組 みが 必 要 と 考 えられます < 自 然 減 対 策 > 1 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 をかなえる 出 生 率 を 向 上 させるため 子 育 て 世 代 が 安 心 して 子 どもを 生 み 育 てられる 環 境 づく りと 教 育 環 境 の 充 実 を 図 る 2 誰 もが 笑 顔 で 元 気 に 暮 らすまち いつまでも 健 康 で 長 生 きすることができるよう 誰 もが 笑 顔 で 元 気 に 暮 らすまちづ くりを 進 め 人 口 減 少 の 抑 制 や 生 産 と 消 費 の 拡 大 による 町 経 済 の 活 性 化 を 図 る < 社 会 減 対 策 > 1 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 町 外 からの 移 住 や 町 内 での 定 住 につなげるため 農 業 経 営 体 の 育 成 と 強 化 や 企 業 が 持 つ 技 術 力 などの 強 みを 生 かした 魅 力 ある 仕 事 づくりにより 生 活 基 盤 の 安 定 を 図 る 2 新 しい 人 の 流 れをつくる 子 どもを 生 む 世 代 である 若 者 の 流 出 は 少 子 化 の 要 因 のひとつとなっている 少 子 化 を 抑 制 するため 若 者 の 地 元 定 着 はもとより 町 外 に 転 出 した 若 者 が 町 内 に 戻 り 活 躍 できる 環 境 づくりや 首 都 圏 などからの 移 住 の 受 け 入 れにより 新 しい 人 の 流 れを 作 る

17 2 人 口 の 将 来 展 望 (1) 総 人 口 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 将 来 推 計 人 口 では 町 の 総 人 口 は 平 成 52 年 (2040 年 )で6,400 人 となり これ 以 降 も 人 口 の 減 少 は 続 き 平 成 72 年 (2060 年 )では3,861 人 と なり4,000 人 を 下 回 ることとなります( 平 成 57 年 (2040 年 ) 以 降 は 同 研 究 所 の 推 計 方 法 に 準 じ 推 計 したもの ) これに 対 して 国 が 掲 げる 以 下 の 仮 定 が 実 現 され かつ 町 が 目 指 すべき 将 来 の 方 向 (p14)へ 取 り 組 むことにより 平 成 72 年 (2060 年 )では5,305 人 となり 人 口 減 少 が 抑 制 されることとなります < 仮 定 > 1 合 計 特 殊 出 生 率 は 国 の 長 期 ビジョン( 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 )と 同 様 平 成 42 年 (2030 年 )に1.8 平 成 52 年 (2040 年 )に2.07まで 上 昇 する 2 社 会 増 減 は 平 成 32 年 (2020 年 ) 以 降 に 社 会 減 が 縮 小 し 始 め 平 成 52 年 (2040 年 ) に 移 動 均 衡 に 達 する なお 合 計 特 殊 出 生 率 の 回 復 が 仮 定 と 比 べて10 年 遅 くなると 平 成 72 年 (2060 年 )の 人 口 は 5,000 人 を 下 回 ると 推 計 されます

18 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 総 人 口 の 推 計 結 果 について 年 少 人 口 生 産 年 齢 人 口 老 年 人 口 の 年 齢 3 区 分 別 に 見 ると 以 下 のような 傾 向 となっています 1 年 少 人 口 (0~14 歳 )は 合 計 特 殊 出 生 率 の 向 上 と 平 成 32 年 (2020 年 )からの 社 会 減 の 縮 小 によって 平 成 47 年 (2035 年 ) 以 降 は 一 旦 増 加 に 転 じますが 平 成 57 年 (2045 年 ) 以 降 は 再 び 減 少 します 年 少 人 口 割 合 は 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 と 老 年 人 口 が 平 成 32 年 (2020 年 ) 以 降 は 減 少 することから 全 体 の 構 成 比 では 平 成 37 年 (2025 年 )から 上 昇 します 2 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 )は 減 少 が 続 き 減 少 幅 はゆるやかになります 生 産 年 齢 人 口 割 合 は 老 年 人 口 の 減 少 に 伴 って 平 成 52 年 (2040 年 )から 上 昇 します 3 老 年 人 口 (65 歳 以 上 )は 平 成 32 年 (2020 年 )をピークに 減 少 に 転 じます 老 年 人 口 割 合 は 平 成 52 年 (2040 年 )から 低 下 していきます 4 町 全 体 の 総 人 口 は 平 成 72 年 (2060 年 ) 以 降 の 早 い 段 階 で 減 少 が 止 まり 安 定 する ものと 推 察 され 老 年 人 口 割 合 はおよそ35% 程 度 と 平 成 22 年 (2010 年 ) 頃 の 水 準 に 近 づきます ( 図 14)

19 また 高 齢 者 1 人 当 たりの 生 産 年 齢 人 口 ( 現 役 世 代 )を 見 ると 平 成 22 年 (2010 年 )は 1 人 の 高 齢 者 に 対 して1.67 人 の 現 役 世 代 であったものに 対 し 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 推 計 方 法 に 準 拠 した 推 計 では 平 成 52 年 (2040 年 )から1 人 の 高 齢 者 に 対 して 0.9 人 を 下 回 る 状 況 が 続 きます これに 対 し 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン の 推 計 では 平 成 52 年 (2040 年 )から 上 昇 に 転 じ 平 成 72 年 (2060 年 ) 頃 には 1 人 の 高 齢 者 に 対 して 約 1.4 人 の 現 役 世 代 となり 平 成 27 年 (2015 年 )の 推 計 と 同 程 度 の 水 準 まで 回 復 すると 見 込 まれます ( 図 15)

20 (3) 労 働 力 人 口 労 働 力 人 口 では 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 の 推 計 方 法 に 準 拠 した 推 計 に 対 し 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン の 推 計 では 平 成 37 年 (2025 年 ) 頃 から 減 少 が 緩 やかになり 平 成 72 年 (2060 年 ) 以 降 の 早 い 段 階 で 安 定 していくと 見 込 まれます 青 森 県 長 期 人 口 ビジョン では 労 働 力 の 減 少 に 伴 い 生 産 要 素 の1つである 労 働 投 入 量 が 減 少 し 総 生 産 の 減 少 につながるとしています そのため 将 来 的 に 総 人 口 が 安 定 し 労 働 力 の 減 少 が 抑 えられることで 総 生 産 の 減 少 が 緩 和 できることとなります

21 (4)まとめ 人 口 が 減 少 してきた 背 景 には 経 済 地 域 社 会 をめぐる 様 々な 要 因 が 複 雑 にからみ 合 っており この 課 題 解 決 のためには 大 きな 困 難 を 伴 います このままのペースで 人 口 減 少 高 齢 化 が 進 んでいくと 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 準 拠 の 推 計 では 平 成 72 年 (2060 年 )の 町 の 総 人 口 が 約 3,900 人 にまで 減 少 するだけで なく 高 齢 者 1 人 に 対 する15~64 歳 の 現 役 世 代 はわずか 約 0.9 人 という 状 況 になります 社 会 保 障 給 付 費 の 増 加 や 町 の 財 政 状 況 の 悪 化 などにより 現 役 世 代 を 中 心 に 負 担 の 増 加 が 懸 念 されるほか 商 店 などの 経 営 も 悪 化 し 買 い 物 など 日 常 生 活 に 必 要 なサービ スの 提 供 が 一 層 困 難 になることが 予 想 されます しかしながら 人 口 減 少 による 影 響 を 最 小 限 に 食 い 止 め 極 端 な 少 子 化 と 高 齢 化 を 少 しでも 緩 和 し 改 善 していくことにより 持 続 可 能 な 未 来 は 今 からでも 創 っていくことが できます 今 回 のビジョンでは 人 口 減 少 対 策 に 取 り 組 むことで 町 の 総 人 口 が 平 成 72 年 (2060 年 )で5,300 人 となり その 後 の 早 い 段 階 で 安 定 するという 将 来 展 望 となりました 総 人 口 は 現 在 より6,000 人 以 上 少 なくなりますが 高 齢 化 率 はおおむね 現 在 と 同 程 度 となるため 現 役 世 代 の 負 担 感 と 高 齢 者 の 日 常 生 活 への 不 安 感 なども 解 消 していける 社 会 となります このような 未 来 を 創 っていくためには 結 婚 妊 娠 出 産 子 育 てに 対 する 支 援 や 教 育 環 境 の 充 実 などにより 合 計 特 殊 出 生 率 の 引 き 上 げとともに 東 京 圏 などからの 移 住 と 若 者 の 定 住 促 進 など これまでの 取 り 組 みをさらに 加 速 させ 自 然 減 と 社 会 減 をとも に 縮 小 させていく 必 要 があります 人 口 減 少 は 待 ったなし の 課 題 です このビジョンで 明 らかになった 人 口 の 現 状 と 将 来 の 姿 をしっかり 視 野 に 入 れ 安 心 して 暮 らせる 地 域 社 会 を 創 っていくため 着 実 に 取 り 組 んでいくことが 必 要 です

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由

独 身 の 方 を 対 象 とした 設 問 において 独 身 生 活 の 利 点 として 行 動 や 生 き 方 が 自 由 (79.0%) 金 銭 的 な 自 由 度 (45.2%)を 挙 げる 回 答 が 多 かった また 結 婚 を 考 えたときに 気 になる 点 としては お 金 が 自 由 第 3 回 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 資 料 3 平 成 27 年 10 月 29 日 ( 木 ) 小 平 市 人 口 ビジョンについて 1. 小 平 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 推 進 委 員 会 ( 以 下 推 進 委 員 会 という ) 第 1 回 目 の おさらい 小 平 市 は 社 会 増 減 ( 転 出 転 入 )がほぼ

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った

Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 社 会 保 障 関 係 費 の 財 源 や 臨 時 財 政 対 策 債 の 償 還 財 源 はもとより 地 方 団 体 が 地 域 の 実 情 に 沿 った 地 方 創 生 の 推 進 に 向 けて Ⅰ 地 方 創 生 の 推 進 を 支 える 地 方 税 財 政 基 盤 の 充 実 強 化 1 地 方 一 般 財 源 総 額 の 確 保 2 税 源 の 偏 在 性 が 小 さく 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 体 系 の 構 築 Ⅱ 思 い 切 った 施 策 の 展 開 と 必 要 な 財 源 の 確 保 等 1 地 方 創 生 人 口 減 少

More information

熊 本 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 熊 本 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 2 1 人 口 動 向 分 析 2 (1) 総 人 口 の 推 移 2 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 3 (3) 人 口 構 造 の 変 化 4 (4) 総 人 口 変 遷 と 出 生 死 亡 数 転 入 転 出 数 の 推 移 5 (5) 総 人 口 の

More information

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477>

<32303135313130355F8BD595BD92AC906C8CFB83728357838783932E786477> 琴 平 町 人 口 ビジョン 平 成 27 年 1 月 琴 平 町 目 次 1 章 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 1 1.1 人 口 ビジョンの 策 定 の 目 的... 1 1.2 人 口 ビジョンの 期 間... 1 2 章 人 口 の 現 状 分 析... 2 2.1 人 口 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (2) 年 齢 3

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的

目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 辰 野 町 ビジョン ( 初 版 ) 平 成 27 (215 )1 月 辰 野 町 目 次 1. 辰 野 町 ビジョンの 位 置 づけ... 1 2. 辰 野 町 ビジョンの 対 象 期 間... 1 3. 国 のビジョン... 1 (1) 問 題 に 対 する 基 本 認 識 - 国 民 の 認 識 の 共 有 が 最 も 重 要 である... 1 (2) 今 後 の 基 本 的 視 点... 2

More information

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン

Microsoft Word - 伊勢原市人口ビジョン 伊 勢 原 市 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 伊 勢 原 市 目 次 1. 伊 勢 原 市 人 口 ビジョンの 策 定 にあたって 1 1-1. 人 口 ビジョンの 基 本 的 な 考 え 方 1 1-2. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 2 1-3. 人 口 ビジョンの 全 体 構 成 2 2. 人 口 の 現 状 分 析 3 2-1. 人 口 構 造 人 口 動 向 等 の

More information

sora

sora 地 域 と 人 をつなぐ 確 かな 暮 らしあなんTOWN! 総 合 戦 略 [ 阿 南 町 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ] 平 成 28 年 2 月 阿 南 町 - 目 次 - はじめに... 1 第 1 章 計 画 の 概 要... 3 1. 計 画 の 位 置 づけ... 3 2. 計 画 期 間... 5 3.まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 推 進 まち ひと しごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 平 成 27 年 12 月 青 森 県 鰺 ヶ 沢 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 3 1 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 3 2 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略 の 対 象 期 間 4 3 まちひとしごと 創 生 鰺 ヶ 沢 町 総 合 戦 略

More information

広報やず.indd

広報やず.indd 18 4 1 所 得 等 の 状 況 郡 家 地 域 船 岡 地 域 八 東 地 域 第 1 段 階 生 活 保 護 世 帯 非 課 税 世 帯 で 老 齢 年 金 受 給 者 26,268 23,508 21,708 第 2 段 階 世 帯 非 課 税 本 人 非 課 税 ( 本 人 所 得 80 万 以 下 ) 26,268 23,508 21,708 第 3 段 階 世 帯 非 課 税 本

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

1 福 岡 市 の 将 来 人 口 推 計 ( 基 礎 資 料 ) 平 成 24 年 3 月 福 岡 市 総 務 企 画 局 企 画 調 整 部 目 次 1 福 岡 市 の 人 口 動 向 1-1 人 口 及 び 世 帯 の 概 況 1 (1) 総 人 口 男 女 別 人 口 1 (2) 人 口 動 態 2 (3) 区 別 人 口 4 (4) 年 齢 階 層 別 (3 区 分 ) 人 口 5 (5) 昼

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

Cross functional Team-2 地域経済活性化対策

Cross functional Team-2  地域経済活性化対策 Cross functional Team-2 地 域 経 済 活 性 化 対 策 ~ 中 間 報 告 ~ 平 成 27 年 3 月 30 日 1 CFT-2の 構 成 リーダー 黄 瀬 信 之 ( 企 画 財 政 部 企 業 立 地 情 報 化 推 進 室 ) サブリーダー 大 内 規 裕 ( 総 務 部 秘 書 課 秘 書 係 ) メンバー 森 本 紗 緒 里 ( 総 務 部 市 民 連 携 室

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5

目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 死 亡 の 状 況... 3 (3) 転 入 転 出 の 状 況... 5 陸 前 高 田 市 人 口 ビジョン 及 び まち ひと しごと 総 合 戦 略 ( 案 ) ~ノーマライゼーションという 言 葉 のいらないまち 陸 前 高 田 ~ 平 成 28 年 1 月 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 部 人 口 ビジョン... 1 1. 人 口 問 題 に 対 する 基 本 認 識... 1 2. 人 口 問 題 における 現 状 分 析... 2 (1) 総 人 口

More information

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の パブリックコメント 本 庄 市 人 口 ビジョン ( 案 ) 平 成 28 年 3 月 本 庄 市 目 次 I. はじめに 3 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 背 景 と 目 的 2. 人 口 ビジョンの 位 置 付 け 3. 人 口 ビジョンの 対 象 期 間 II. 本 庄 市 の 人 口 分 析 5 1. これまでと 将 来 の 人 口 動 向 5 1 これまでの 人 口 世 帯 数 の

More information

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 ( 以 下 協 会 という)は 川 崎 市 内 における 障 害 福 祉 関 係 施 設 及 び 事 業 所 並 びに 地 域 福 祉 サービス 機 関 等 との 相 互 の 連 携 による 障 害

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

地 方 公 務 員 制 度 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 ) 和 歌 山 県 総 務 部 総 務 管 理 局 市 町 村 課 は し が き 平 成 25 年 度 は 地 方 公 務 員 の 給 与 減 額 に 関 する 国 からの 要 請 への 対 応 を はじめ 公 的 年 金 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられることに 伴 う 雇 用 と

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

青 森 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 青 森 県 目 次 Ⅰ 計 画 の 目 的 と 背 景 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 1 2 計 画 期 間 2 3 高 齢 者 と 高 齢 者 の 住 まいに 関 する 現 状 と 将 来 推 計 3 (1) 青 森 県 の 人 口 と 世 帯 数 (2) 青 森 県 の 高 齢 化 率 (3) 青

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

札幌市住宅マスタープラン2011概要版

札幌市住宅マスタープラン2011概要版 ( 仮 ) 市 政 等 資 料 番 号 1-A1-11-5 札 幌 市 住 宅 マスタープラン 211 概 要 版 住 宅 マスタープランの 目 的 と 見 直 しの 必 要 性 札 幌 市 では 本 市 の 住 宅 施 策 の 目 標 と 具 体 的 施 策 の 方 向 性 を 明 確 化 し 将 来 の 住 宅 住 環 境 のあり 方 を 展 望 しながら 総 合 的 な 住 宅 施 策 を 展

More information

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火

2. 住 宅 の 建 て 方 構 造 中 野 区 と 23 区 の 住 宅 の 建 て 方 構 造 階 級 別 の 住 宅 割 合 ( 平 成 15 年 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 中 野 区 中 野 区 23 区 平 均 23 区 平 均 木 造 防 火 木 造 非 木 造 木 造 防 火 1. 住 宅 数 居 住 世 帯 の 有 無 別 住 宅 数 ( 住 宅 土 地 統 計 調 査 ) 戸 200,000 150,000 171,990 21,230 (12.3%) 177,020 21,750 (12.3%) 179,620 20,820 (11.6%) 居 住 世 帯 なし 居 住 世 帯 あり 100,000 150,760 155,280 158,810 50,000 0

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して-

( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- 参 考 2 まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 る まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョンについて 別 紙 のとおり 定 め ( 別 紙 ) まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン - 国 民 の 認 識 の 共 有 と 未 来 への 選 択 を 目 指 して- まち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン ( 目

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議)

Microsoft Word - ⑬会議結果概要(HP用:委員名削除)(H280624第1回15戦略評価会議) 平 成 28 年 度 第 1 回 とちぎ 創 生 15 い ち ご 戦 略 評 価 会 議 の 結 果 概 要 日 時 : 平 成 28 年 6 月 24 日 ( 金 ) 14 時 30 分 から16 時 15 分 まで 会 場 : 栃 木 県 公 館 大 会 議 室 宇 都 宮 市 昭 和 1 丁 目 1 番 38 号 出 席 者 池 田 浩 之 委 員 伊 沢 正 吉 委 員 大 貫 剛 久 委

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825189F189EF8B638E9197BF82512E646F63> 資 料 2 広 域 的 課 題 の 整 理 のまとめ 方 等 について 目 次 1. 検 討 の 視 点...1 (1) 広 域 的 課 題 の 整 理 の 目 的...1 (2) 課 題 等 のとりまとめ 方 法...1 (3) 広 域 的 課 題 等 として 整 理 することが 考 えられるもの( 例 )...2 2. 各 市 の 現 況 の 整 理 に 用 いるデータ 指 標 案...3 参

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73>

<8179483233817A906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB582CC8CF6955C2E786C73> の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 平 成 22 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 21 年 度 の 人 件 費 率 264,775 人 89,572,418 千 989,606 千 17,550,569

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F81798A6D92E8817A323031343037313789BC90DD8F5A91EE88D38CA98F9181698F4395B694BD8966816A202E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F81798A6D92E8817A323031343037313789BC90DD8F5A91EE88D38CA98F9181698F4395B694BD8966816A202E646F63> 原 発 事 故 避 難 者 への 仮 設 住 宅 等 の 供 与 に 関 する 新 たな 立 法 措 置 等 を 求 める 意 見 書 2014 年 ( 平 成 26 年 )7 月 17 日 日 本 弁 護 士 連 合 会 第 1 意 見 の 趣 旨 国 は, 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 ( 以 下 原 発 事 故 という )の 避 難 者 の 入 居 する 仮 設 住 宅 等

More information

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)

目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2) 弥 富 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 目 次 第 1 章 策 定 の 概 要... 1 1 策 定 の 趣 旨... 1 2 人 口 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 1 3 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方... 2 (1) 人 口 減 少 の 克 服... 2 (2)まち ひと しごとの

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

参 考 資 料 4 当 別 町 人 口 ビジョン( 案 ) 平 成 27 年 7 月 版 当 別 町 目 次 1 人 口 動 向 分 析... 1 (1) 総 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 1 (2) 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計... 2 (3) 出 生 死 亡 転 入 転 出 の 推 移... 6 (4) 総 人 口 の 推 移 に 与 えてきた

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0

Microsoft Word - 提案理由説明_配布用_ver2.0 平 成 28 年 2 月 29 日 第 3 回 倉 吉 市 議 会 定 例 会 議 案 提 案 理 由 説 明 倉 吉 市 長 議 案 の 説 明 に 先 立 ちまして 一 言 所 見 を 述 べさせていただきます 我 が 国 の 状 況 を 見 ますと 中 国 の 景 気 減 速 原 油 安 などの 影 響 で 国 内 でも 年 明 けから 円 高 や 株 安 が 続 き 日 本 銀 行 が 初

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について

江戸川区人事行政の運営等の状況の公表について 江 戸 川 区 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 単 位 = 千 円 ( 参 考 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 人 件 費 率 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 24 年 度 の ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) (B/A) 人 件 費 率 26 年 度 680,262 人 234,193,267

More information

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73>

<87433137323130378146926E88E68F5A91EE8C7689E68F912E786C73> 地 域 住 宅 計 画 ひ だ し 平 成 22 年 3 月 地 域 住 宅 計 画 計 画 の 名 称 地 域 住 宅 計 画 都 道 府 県 名 岐 阜 県 作 成 主 体 名 計 画 期 間 平 成 17 年 度 ~ 22 年 度 1. 地 域 の 住 宅 政 策 の 経 緯 及 び 現 況 本 市 は 岐 阜 県 の 北 部 に 位 置 し 人 口 約 3 万 人 世 帯 数 約 9200

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億

池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 ( 平 成 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 人 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 前 年 度 の 人 件 費 率 101,638 人 363 億 池 田 市 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 目 次 1 総 括 1 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 3 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 職 員 の 手 当 の 状 況 56 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 7 6 職 員 数 採 用 試 験 の 状 況 811 7 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女

別 添 1 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 資 料 1 指 定 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は3.0%( 平 成 27 年 11 月 1 日 現 在 ) ( 前 年 9 月 1 日 現 在 から0.2ポイント 増 ) 本 省 課 室 長 相 当 職 以 上 に 占 める 女 報 道 資 料 平 成 27 年 12 月 1 日 内 閣 官 房 内 閣 人 事 局 女 性 国 家 公 務 員 の 登 用 状 況 及 び 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 状 況 の フォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 各 府 省 等 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 )に 定 める 目

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施 策 の 展

目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施 策 の 展 資 料 2 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 ( 中 間 案 ) 平 成 27 年 7 月 目 次 Ⅰ 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって 1 総 合 戦 略 策 定 の 趣 旨 1 2 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 1 3 総 合 戦 略 の 計 画 期 間 1 4 総 合 戦 略 の 基 本 目 標 と 数 値 目 標 2 5 体 系 図 4 Ⅱ 具 体 的 な 施

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216

H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影

目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1) 伊 佐 市 の 人 口 の 推 移 (2) 人 口 動 態 (3) 社 会 増 減 に 影 響 を 与 える 要 因 (4) 自 然 増 減 に 影 伊 佐 市 人 口 ビジョン 伊 佐 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 鹿 児 島 県 伊 佐 市 若 い 世 代 が 魅 力 を 感 じ 楽 しみ 学 び 育 ち 交 流 するまち ~ 自 然 の 恵 みを 取 り 込 み 光 り 輝 く~ 目 次 伊 佐 市 人 口 ビジョン はじめに( 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的 ) - 1 1. 人 口 の 現 状 分 析 - 1 (1)

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

65

65 第 二 章 総 合 戦 略 つつじが 岡 公 園 64 65 Ⅰ 基 本 方 針 66 1 国 の 総 合 戦 略 との 関 係 国 の 総 合 戦 略 の 基 本 的 な 考 え 方 や 政 策 5 原 則 等 を 踏 まえ 本 市 における 人 口 減 少 と 地 域 経 済 縮 小 の 克 服 まち ひと しごとの 創 生 と 好 循 環 の 確 立 を 目 指 します 国 の 総 合 戦 略

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 ( 単 位 : ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 366,

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 ( 単 位 : ) 7 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 366, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 % % 29,854 14,381,143 1,154,206 2,125,081 14.8 18.4 (2)

More information

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx

Microsoft Word - ★美瑛町人口ビジョン.docx 美 瑛 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 4 日 美 瑛 町 目 次 Ⅰ 地 方 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 策 定 の 背 景... 1 1 背 景... 1 2 美 瑛 町 人 口 ビジョン 美 瑛 町 総 合 戦 略 の 策 定 にあたって... 1 Ⅱ 美 瑛 町 の 成 り 立 ちと 発 展 の 経 過... 2 1 沿 革... 2 2 まちの 特 徴... 3

More information