背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 全 体 は24hで ピー

Size: px
Start display at page:

Download "背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 50 40 30 20 10 全 体 は24hで ピー"

Transcription

1 巨 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 と 対 津 波 設 計 への 活 用 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 危 機 管 理 技 術 研 究 センター 地 震 防 災 研 究 室 防 災 減 災 に 向 けた 研 究 成 果 報 告 会 ~ 東 日 本 震 災 から3 年 ~ 平 成 26 年 3 月 19 日

2 背 景 と 目 的 - 東 日 本 震 災 では の 上 部 構 造 の 流 出 が 多 発 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし 活 動 項 目 数 活 動 項 目 数 ( 全 体 ) 全 体 は24hで ピーク その 後 漸 減 救 助 救 急 医 療 消 火 活 動 は72hで ほぼ 終 息 保 健 衛 生 活 動 は24hで 急 増 その 後 も 継 続 160 救 助 救 急 医 療 消 火 緊 急 輸 送 交 通 の 確 保 緊 急 輸 送 避 難 収 容 情 報 提 供 活 動 物 資 の 調 達 供 給 活 動 保 健 衛 生 防 疫 遺 体 の 処 理 応 急 復 旧 二 次 複 合 災 害 防 止 その 他 事 務 分 掌 全 体 物 資 調 達 供 給 活 動 24h 以 降 に 本 格 化 1m 後 まで 増 加 傾 向 発 災 ~3h ~24h ~72h ~1w ~1m 1m~ 災 害 時 の 道 路 へのニーズ ( 諸 機 関 の 防 災 計 画 等 から) 0 避 難 収 容 情 報 提 供 活 動 は3h 以 降 本 格 化 1w 後 まで 継 続 1

3 背 景 と 目 的 - は 復 旧 に 時 間 を 要 する 一 方 交 通 機 能 の 回 復 は 待 ったなし - 震 災 前 は 津 波 の 影 響 を 特 別 には 考 慮 しない 設 計 道 路 示 方 書 Ⅴ 耐 震 設 計 編 ( 改 定 ) 2.1 耐 震 設 計 の 基 本 方 針 (2) 耐 震 設 計 にあたっては, 地 形 地 質 地 盤 条 件, 立 地 条 件, 津 波 に 関 する 地 域 の 防 災 計 画 等 を 考 慮 した 上 で 構 造 を 計 画 する 同 解 説 - 津 波 の 高 さに 対 して 桁 下 空 間 を 確 保 - 津 波 の 影 響 を 受 けにくいような 構 造 的 工 夫 を 施 す - 上 部 構 造 が 流 出 しても 復 旧 しやすいように 構 造 的 な 配 慮 をする 支 承 部 落 防 止 構 造 フェアリング アンカー: 固 定 (9-Φ32), 可 動 (9-Φ25) 変 位 制 限 構 造 :5 基 ( 幅 500 奥 250 高 300) 九 州 工 業 学 (2010) 土 木 研 究 所 (2013) 2

4 具 体 的 に どの をどうするか? 多 様 な 道 路 交 通 ニーズ - 種 々の 構 造 対 応 策 56 - 異 なるハザードレベル 浦 戸 南 海 トラフ 巨 地 震 津 波 による 浸 水 予 測 ( 内 閣 府 )に 加 筆 3

5 地 震 津 波 被 害 想 定 の 例 ( 資 料, 2008) 梁 道 路 が 津 波 で 冠 水 道 路 利 用 者 は 要 避 難 浸 水 域 内 で 道 路 被 災 復 旧 活 動 に 障 害 南 海 地 震 時 の 須 崎 市 周 辺 の 道 路 施 設 ( 一 部 拡 ) 4

6 被 害 想 定 に 基 づく 地 震 津 波 対 策 ( 資 料, 2008) 地 震 津 波 被 害 想 定 防 災 訓 練 の 実 施 と 課 題 の 抽 出 浸 水 域 での 情 報 提 供 の 改 善 避 難 路 避 難 場 所 の 確 認 と 確 保 応 急 復 旧 計 画 の 立 案 土 地 利 用 計 画 の 見 直 し ( 移 転 等 ) 課 題 を 解 決 する 方 策 の 立 案 実 施 孤 立 危 険 地 区 の 特 定 特 に 応 急 復 旧 の 障 害 となる 施 設 の 特 定 応 急 復 旧 に 必 要 な 人 員 資 機 材 の 確 保 と 配 備 ハード 対 策 孤 立 危 険 地 区 の 解 消 に 必 要 な 施 設 の 補 強 特 に 応 急 復 旧 の 障 害 となる 施 設 の 補 強 ソフト 対 策 ハード ソフト 対 策 代 替 路 の 計 画 補 強 検 討 総 合 的 な 防 災 減 災 の 一 環 としての 対 津 波 設 計 5

7 津 波 浸 水 シミュレーション 津 波 の 被 害 想 定 や 防 災 計 画 の 策 定 には 津 波 の 推 定 が 必 須 想 定 する 地 震 ( 津 波 の 波 源 モデル)の 設 定 対 象 地 点 に 来 襲 する 津 波 の 推 定 津 波 浸 水 シミュレーションにより 推 定 可 能 ( 国 土 交 通 省 津 波 浸 水 想 定 の 設 定 の 手 引 き ) 2011 東 北 津 波 6

8 推 定 された 津 波 特 性 の 検 証 ( 昨 年 の 報 告 会 より) 小 泉 新 相 川 沼 田 跨 線 1 沼 田 跨 線 2 気 仙 1 気 仙 2 歌 津 1 歌 津 2 新 北 上 1 二 十 一 浜 矢 の 浦 川 原 川 歌 津 3 歌 津 4 新 北 上 2 片 岸 1 片 岸 2 波 力 - 抵 抗 力 比 水 平 波 力 / 抵 抗 力 鉛 直 波 力 / 抵 抗 力 流 出 せず 上 部 構 造 流 出 浸 水 深 だけでなく 流 速 も 再 現 可 能 であることを 検 証 動 画 から 得 られた 漂 流 物 の 移 動 速 度 とも 整 合

9 津 波 の 基 本 特 性 の 検 討 対 象 地 点 に 来 襲 する 津 波 は 流 速 も 含 め 津 波 浸 水 シミュレーションにより 推 定 可 能 一 方 どういう 条 件 でどの 程 度 きく/ 小 さくなる 現 象? 波 高 流 速 はなぜこの きさなのか? なぜ 他 の 場 所 と 違 うのか? 津 波 高 (m) 40 ー 痕 跡 高 30 ー 計 算 津 波 高 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 津 波 痕 跡 高 の 比 較 ( 内 閣 府 検 討 会 資 料 ) 千 葉 県 地 点 北 海 道 8

10 津 波 の 基 本 特 性 の 検 討 津 波 の 波 高 流 速 は 既 往 の 研 究 や 水 理 公 式 等 で どこまで 表 せるか? 1. 巨 津 波 の 特 性 - 湾 口 部 での 波 高 マグニチュードM 波 源 域 - 湾 口 部 での 流 速 2. 湾 内 での 津 波 特 性 の 変 化 - 波 高 の 増 伝 播 距 離 X 湾 口 部 湾 幅, 水 深 - 流 速 の 増 3.まとめと 今 後 の 展 望 湾 内 湾 幅, 水 深 9

11 津 波 高 の 経 験 的 予 測 式 (Abe, 1981) log log. : 津 波 高 が 頭 打 ちになる 距 離 のとき とする log.. [m]: 津 波 高 ( 検 潮 儀 で 観 測 される 最 全 振 幅 ) [km]: 震 央 距 離 ( 震 央 からの 最 短 津 波 伝 播 距 離 ) 津 波 高 [m] 頭 打 ち Mw9.0 Mw8.0 Mw7.0 津 波 高 [m] 倍 対 数 軸 Mw9.0 Mw8.0 Mw 倍 [km] [km] 10

12 波 源 ~ 湾 口 部 までの 津 波 ( 浸 水 シミュレーション) 津 波 の 痕 跡 データから 波 源 モデルを 検 証 [m] 1707 宝 永 (Mw8.7) 1944 昭 和 東 南 海 (Mw8.3) Furumura (2011) 安 中 (2003) 竹 内 (2005) 内 閣 府 (2012) 1896 明 治 三 陸 (Mw8.4) 2011 東 北 地 方 太 平 洋 沖 (Mw9.0) 11

13 波 源 ~ 湾 口 部 までの 津 波 ( 浸 水 シミュレーション) 湾 口 部 の 津 波 推 定 地 点 の 位 置 ( 代 表 地 点 ) 12

14 湾 口 部 での 波 高 の 解 析 結 果 湾 口 部 の 津 波 推 定 地 点 での 波 高 と 波 源 域 からの 距 離 の 関 係 10 頭 打 ち 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 明 治 三 陸 地 震 昭 和 東 南 海 地 震 宝 永 地 震 H0 [m] ,000 X [km] 13

15 湾 口 部 での 波 高 の 解 析 結 果 と 推 定 式 の 比 較 log. log. のとき とする :すべりの 鉛 直 成 分 のみ 考 慮 した 地 震 規 模 減 衰 10 頭 打 ち : 津 波 高 が 頭 打 ちになる 距 離 log.. Abe(1981) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 明 治 三 陸 地 震 昭 和 東 南 海 地 震 宝 永 地 震 H0 [m] ,000 X [km].. 14

16 湾 口 部 での 流 速 の 解 析 結 果 と 公 式 の 比 較 長 波 の 流 速 式 との 比 較 : 波 高 : 重 力 加 速 度 : 水 深 推 定 式 による 流 速 (m/s) 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 1.0 明 治 三 陸 地 震 昭 和 東 南 海 地 震 宝 永 地 震 解 析 による 流 速 (m/s) 15

17 湾 内 での 波 高 の 増 津 波 の 波 高 に 関 するグリーンの 式 ( 気 象 庁 の 津 波 予 報 でも 使 用 ) 解 析 対 象 地 点 : 推 定 地 点 の 波 高 : 推 定 地 点 の 湾 幅 : 推 定 地 点 の 水 深 : 基 準 点 の 波 高 : 基 準 点 の 湾 幅 : 基 準 点 の 水 深 湾 が 狭 く 水 深 が 浅 くなると 波 高 が 増 16

18 湾 内 の 波 高 増 加 率 の 解 析 結 果 と 公 式 の 比 較 グリーンの 式 により 傾 向 はつかめるが ばらつきも きい 17

19 湾 内 での 流 速 の 増 遡 上 域 3 遡 上 域 遡 上 域 流 速 増 率 解 析 地 点 番 号 18

20 まとめと 今 後 の 展 望 - 災 害 時 の 道 路 交 通 ニーズとそれに 応 える 道 路 構 造 物 の 対 津 波 設 計 の 考 え 方 - 津 波 浸 水 シミュレーションで 得 られた 湾 口 部 での 波 高 流 速 湾 内 での 波 高 流 速 の 増 加 率 を 水 理 公 式 等 による 推 定 値 と 比 較 津 波 の 基 本 特 性 の 把 握 ( 課 題 あり) - 総 合 的 な 防 災 減 災 の 一 環 としての 対 津 波 設 計 について 今 後 も 検 討 を 進 める の 要 求 性 能 設 計 で 想 定 する 津 波 の 抵 抗 力 向 上 作 用 軽 減 19

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 01-1 津波法説明資料.pptx 資 料 1-1 第 2 回 津 波 避 難 対 策 推 進 マニュアル 検 討 会 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 について 平 成 24 年 8 月 22 日 ( 水 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 の 制 定 経 緯 平 成 23 年 3 月

More information

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i

5.4.2 想 定 を 超 える 巨 大 地 震 の 発 生 5.4.2.1 内 閣 府 による 津 波 浸 水 予 測 (1) 南 海 トラフ 巨 大 地 震 南 海 トラフ 巨 大 地 震 ( 南 海 トラフで 発 生 する 最 大 クラスの 地 震 )については 内 閣 府 (2012) i 5.4.1.2 津 波 によるコンビナートの 被 害 津 波 浸 水 予 測 ( 房 総 半 島 東 方 沖 日 本 海 溝 沿 い 地 震 )の 結 果 から コンビナートでは 浸 水 しない ことが 想 定 されており 5.2 項 で 示 したような 津 波 浸 水 被 害 は 発 生 しない また 1677 年 延 宝 房 総 沖 地 震 は 顕 著 な 揺 れを 伴 わなかった 津 波 地

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092C394678CB88DD08EAD8E999387323031332E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2092C394678CB88DD08EAD8E999387323031332E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 鹿 児 島 大 学 津 波 防 災 シンポジウム 2013.1.11 これからの 津 波 減 災 このたびの 大 震 災 で 被 害 にあわれた 方 々にお 悔 み を 申 し 上 げます 一 日 も 早 い 復 旧 復 興 をお 祈 り 申 し 上 げております 私 どもも 早 期 復 旧 復 興 に 向 けて 調 査 などを 行 って おります 鹿 児 島 大 学 客 員 教 授 独 立 行 政

More information

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要

今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生 ) 緊 急 復 旧 に 時 間 を 要 第 2 回 河 川 堤 防 耐 震 対 策 緊 急 検 討 委 員 会 資 料 44 現 状 の 耐 震 照 査 及 び 設 計 の 改 善 今 後 の 検 討 事 項 の 整 理 資 料 4 東 日 本 大 震 災 における 堤 防 被 災 の 特 徴 1. 河 川 堤 防 の 被 災 が 多 数 広 範 囲 に 発 生 ( 照 査 対 象 外 の 区 間 において 多 数 の 被 災 が 発 生

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323388A295908C4790EC814596C290A390EC8145966B8FE390EC82CC94ED8A512E646F63> 阿 武 隈 川 鳴 瀬 川 北 上 川 の 被 害 株 式 会 社 エイト 日 本 技 術 開 発 保 全 耐 震 防 災 事 業 部 東 京 支 社 保 全 耐 震 防 災 部 土 谷 基 大 岩 田 克 司 藤 本 哲 生 1.はじめに 2011 年 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 (Mw=9.0)が 発 生 し 宮 城 県 栗 原 市 築 館 で 最 大 震 度

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825089F183828366838B8C9F93A289EF8B638E968A54977681798DC58F4994C58267826F9770817A2E646F63> 記 者 発 表 資 料 平 成 2 3 年 9 月 1 4 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 南 海 トラフの 巨 大 地 震 モデル 検 討 会 ( 第 1 回 ) 議 事 概 要 について 1. 第 1 回 検 討 会 の 概 要 日 時 : 平 成 23 年 8 月 28 日 ( 日 )14:00~16:30 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 5 号 館 防 災 A 会 議 室 出 席

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 平 成 26 年 3 月 国 土 交 通 省 四 国 地 方 整 備 局 徳 島 県 目 次 徳 島 小 松 島 港 の 機 能 継 続 のための 活 動 指 針 1. 被 災 想 定 1 2. 参 集 体 制 設 置 7 3. 被 災 施 設 応 急 復 旧 活 動 13 4. 救 援 物 資 輸 送 活 動 43 5. 人

More information

3 被 災 した 住 民 に 何 が 必 要 か という 被 災 者 の 目 線 に 立 った 計 画 を 定 する 4 広 域 大 規 模 災 害 を 想 定 した 備 えを 強 化 する 災 害 基 本 法 第 42 条 第 1 項 ( 市 町 村 地 域 防 災 計 画 ) 市 町 村 防 災

3 被 災 した 住 民 に 何 が 必 要 か という 被 災 者 の 目 線 に 立 った 計 画 を 定 する 4 広 域 大 規 模 災 害 を 想 定 した 備 えを 強 化 する 災 害 基 本 法 第 42 条 第 1 項 ( 市 町 村 地 域 防 災 計 画 ) 市 町 村 防 災 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 主 旨 この 計 画 は 災 害 基 本 法 第 2 条 に 規 定 される 災 害 種 別 のうち 最 も 予 知 及 び 予 報 が 困 難 である 地 震 災 害 と 津 波 災 害 について 総 合 的 な 防 災 を 定 め るものである 1 計 画 の 目 的 本 市 で 予 測 される 災 害 種 別 のうち 地 震 津 波 に 伴 う 災

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 北 海 道 に 津 波 被 害 をもたらす 想 定 地 震 の 再 検 討 ワーキンググループ 平 成 24 年 度 日 本 海 沿 岸 の 津 波 浸 水 想 定 の 点 検 見 直 し 報 告 書 平 成 25 年 3 月 平 成 24 年 度 報 告 にあたって 北 海 道 防 災 会 議 地 震 専 門 委 員 会 では 北 海 道 より 諮 問 を 受 け 東 北 地 方 太 平 洋 沖

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮

東 日 本 大 震 災 対 応 報 告 書 ~ 地 球 観 測 衛 星 及 び 通 信 衛 星 による 対 応 の 記 録 ~ 4 近 代 技 術 で 大 規 模 に 構 築 された 港 湾 の 浸 水 災 害 対 策 にも 万 全 を 期 して 設 計 された と 思 われる 港 湾 施 設 宮 2.1.7 現 地 調 査 結 果 2.1.7.1 現 地 調 査 世 界 観 測 史 上 4 番 目 の 規 模 となる M9.0 の 東 日 本 大 震 災 では 広 域 に 亘 る 津 波 による 被 災 が 発 生 した 高 さ 数 十 メートルの 地 盤 までの 浸 水 海 岸 付 近 の 低 地 部 の 沈 下 海 没 湛 水 津 波 の 河 川 遡 上 津 波 堤 防 の 破 壊 市

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の

通 信 訓 練 救 援 物 資 情 報 伝 達 訓 練 (11 月 から12 月 上 旬 のうち1 日 ) 新 規 県 災 害 対 策 本 部 市 町 村 防 災 関 係 機 関 が 連 携 し 通 信 用 資 器 材 やシステムを 用 いた 情 報 伝 達 訓 練 を 併 せて 救 援 物 資 の 平 成 26 年 7 月 29 日 記 者 発 表 平 成 26 年 度 防 災 訓 練 について 災 害 対 応 力 の 強 化 に 資 するため 防 災 訓 練 の 更 なる 充 実 を 図 るとともに 実 践 的 な 訓 練 を します 訓 練 計 画 方 針 訓 練 計 画 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下 旬 上 旬 中 旬 下

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から

東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 による 甚 大 な 被 害 陸 前 高 田 市 の 臨 海 部 の 市 街 地 の 被 害 状 況 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 津 波 の 概 要 地 震 に 伴 う 地 殻 変 動 震 源 分 布 津 波 高 分 布 と 根 室 から 基 調 講 演 北 海 道 の 防 災 を 考 える ~ 東 日 本 大 震 災 近 年 豪 雨 災 害 等 の 教 訓 に 学 ぶ~ 京 都 大 学 経 営 管 理 大 学 院 客 員 教 授 関 克 己 主 な 講 演 内 容 (1) 東 日 本 大 震 災 の 発 生 東 日 本 大 震 災 と 激 甚 な 自 然 災 害 の 頻 発 日 本 の 大 災 害 頻 発 の 時 代 ( 平 成 16

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82926D8CA782CC926E906B5F95BD90AC3237944E31328C8E81698F4390B3816A2E646F63> 高 知 県 の 地 震 目 次 高 知 県 の 地 震 活 動 震 央 分 布 図 及 び 断 面 図 1 地 震 概 況 1 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 表 2 高 知 県 で 1 以 上 を 観 測 した 地 震 の 分 布 図 2~3 地 震 一 口 メモ 沖 合 で 観 測 される 津 波 について 4 2015( 平 成 27) 年 の 地 震 活 動 5~16

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾

地 形 と 地 盤 沈 下 状 況 ゼロメー トル 地 帯 124km 2 東 京 湾 北 部 地 震 による 揺 れ 液 状 化 被 害 想 定 結 果 ( 東 京 都 による) 震 度 分 布 液 状 化 危 険 度 数 字 はAPか らの 高 さ(m) 0 10 (km) 7 8 東 京 湾 少 子 高 齢 化 社 会 に 向 けての 地 震 防 災 分 野 の 課 題 1. 地 震 防 災 で 少 子 化 が 問 題 になってくると 考 えられる 段 階 2. 都 市 密 集 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 3. 中 山 間 地 における 被 災 および 対 応 に 関 して 4. 海 岸 における 津 波 による 被 災 および 対 応 に 関 して 東 京 電

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

平 成 27 年 度 能 代 市 水 防 計 画 能 代 市 目 次 第 1 章 総 則 1.1 目 的 1 1.2 用 語 の 定 義 1 1.3 水 防 の 責 任 等 3 1.4 水 防 計 画 の 作 成 及 び 変 更 4 1.5 津 波 における 留 意 事 項 5 1.6 安 全 配 慮 5 第 2 章 水 防 組 織 2.1 市 の 水 防 組 織 6 2.2 災 害 対 策 本

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378>

<95BD90AC E938C93FA967B91E5906B8DD E F1816A8CF6955C97702E786C7378> 東 日 本 大 震 災 ( 第 93 報 ) 平 成 23 年 10 月 3 日 ( 月 )10:00 作 成 1. 本 省 等 の 体 制 について 2 鉄 道 61 2. 地 震 の 概 要 2 自 動 車 関 係 68 3. 国 土 交 通 省 の 対 応 3 海 事 120 4. 海 上 保 安 庁 の 対 応 18 港 湾 122 5. 国 土 地 理 院 の 対 応 24 海 上 保 安

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 )

( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) 今 後 さらに 取 り 組 むべき 適 応 策 ( 高 潮 海 面 水 位 の 上 昇 )について 資 料 4 ( 構 成 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 Ⅱ. 東 日 本 大 震 災 を 踏 まえた 津 波 対 策 Ⅲ. 外 力 設 定 について Ⅳ. 警 戒 避 難 体 制 の 充 実 Ⅴ. 砂 浜 の 保 全 ( 海 岸 侵 食 対 策 ) Ⅰ. 高 潮 対 策 の 現 状 高 潮 の

More information

御宿町地域防災計画

御宿町地域防災計画 御 宿 町 地 域 防 災 計 画 平 成 25 年 3 月 御 宿 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 目 的 構 成 及 び 範 囲... 3 第 2 節 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方... 5 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱... 7 第 2 章 町 の 防 災

More information

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部

平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 平 成 2 8 年 4 月 室 蘭 開 発 建 設 部 平 成 2 8 年 4 月 1 日 報 道 機 関 各 位 室 蘭 開 発 建 設 部 広 報 官 お 知 ら せ 件 名 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について お 知 らせ 内 容 平 成 28 年 度 北 海 道 開 発 事 業 費 ( 室 蘭 開 発 建 設 部 実 施 分 )の 概 要 について 別 紙 のとおりお

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179835A8362836794C5817A3132303133308DC58F4982C682E882DC82C682DF8169955C8E8696DA8E9F816A2E646F6378> 資 料 3 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム - 最 終 取 りまとめ - 平 成 24 年 1 月 目 次 1. 青 森 県 原 子 力 発 電 所 の 原 子 力 災 害 時 における 避 難 のあり 方 検 討 プロジェクトチーム の 設 置 趣 旨 1 2. 検 討 に 当 たっての 前 提 条 件 2

More information

H19年度

H19年度 首 都 直 下 地 震 等 による 東 京 の 被 害 想 定 概 要 版 東 京 都 0 目 次 Ⅰ.はじめに 1 1. 背 景 と 目 的 1 Ⅱ. 想 定 される 被 害 4 Ⅱ-1. 被 害 想 定 の 前 提 条 件 4 1. 想 定 するシーン 4 2. 想 定 対 象 項 目 5 Ⅱ-2. 被 害 の 全 体 像 6 1. 首 都 直 下 地 震 6 2. 海 溝 型 地 震 8 3.

More information

本:燧 xdw

本:燧 xdw 燧 灘 沿 岸 海 岸 保 全 基 本 計 画 平 成 27 年 9 月 愛 媛 県 目 次 序 論 海 岸 保 全 基 本 計 画 策 定 にあたって 1. 燧 灘 沿 岸 の 概 要 -------------------------------------------------------------------------- 序 -1 2. 燧 灘 沿 岸 の 区 域 --------------------------------------------------------------------------

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 広 域 巨 大 災 害 に 備 えた 仮 設 期 の 住 まいづくりガイドライン ~ 概 要 版 ~ 平 成 25 年 2 月 国 土 交 通 省 中 部 地 方 整 備 局 建 政 部 住 宅 整 備 課 ガイドラインの 背 景 問 題 意 識 等 背 景 問 題 意 識 東 日 本 大 震 災 の 教 訓 (P21) 迅 速 な 対 応 と 同 時 に 長 期 化 に 備 えたきめ 細 かい 配

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323631303888EA959489FC92F993FA93EC8E73926E88E696688DD08C7689E6967B95D22E646F63> 日 南 市 地 域 防 災 計 画 平 成 2 6 年 6 月 日 南 市 防 災 会 議 日 南 市 地 域 防 災 計 画 第 1 編 総 論 第 1 章 総 則... 総 -1 第 1 節 計 画 の 目 的... 総 -1 第 2 節 計 画 の 基 本 方 針... 総 -1 第 3 節 計 画 の 構 成... 総 -2 第 4 節 用 語 の 定 義... 総 -2 第 2 章 防

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

武 豊 町 地 域 防 災 計 画 - 地 震 津 波 災 害 対 策 計 画 - ( 平 成 27 年 3 月 修 正 ) 武 豊 町 防 災 会 議 武 豊 町 地 域 防 災 計 画 地 震 津 波 防 災 対 策 計 画 目 次 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的... 1 第 1 節 計 画 の 目 的 第 2 節 計 画 の 性 格 第 3 節 計 画 の 構 成 第

More information

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域

(2) 田 園 景 観 自 然 景 観 ゾーン 市 の 大 部 分 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 の 地 域 や 市 街 化 調 整 区 域 の 農 地 集 落 河 川 等 からな る 田 園 景 観 山 林 山 間 農 地 集 落 河 川 等 からなる 自 然 景 観 ゾーンは 地 域 5. 景 観 形 成 及 び 自 然 環 境 保 全 の 方 針 5-1. 景 観 形 成 の 方 針 景 観 形 成 の 方 針 市 街 地 のシンボル 景 観 軸 形 成 や 景 観 拠 点 ゾーンの 景 観 維 持 市 民 との 協 働 による 景 観 形 成 と 自 然 環 境 の 保 全 活 用 市 民 やまちを 訪 れる 人 々が 潤 いや 安 らぎを 感 じるとともに 市 民 の 誇

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798C8892E88D65817A88C990A88E7392C3946794F093EF8C7689E681404832372E39817981A3928A8F6F817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798C8892E88D65817A88C990A88E7392C3946794F093EF8C7689E681404832372E39817981A3928A8F6F817A2E646F63> 伊 勢 市 津 波 避 難 計 画 平 成 27 年 9 月 伊 勢 市 目 次 1. はじめに... 1 2. 総 則... 2 2.1 目 的... 2 2.2 計 画 の 修 正... 2 2.3 用 語 の 意 味... 2 3. 避 難 計 画... 3 3.1 津 波 浸 水 予 測... 3 3.2 避 難 対 象 地 区... 6 3.3 避 難 場 所 の 種 類 と 安 全 度

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

三浦市地域防災計画

三浦市地域防災計画 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 ) 新 旧 対 照 表 平 成 25 年 度 平 成 25 年 度 修 正 三 浦 市 防 災 会 議 三 浦 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 編 目 次 第 1 編 風 水 害 等 災 害 対 策 の 計 画 的 推 進 1 第 1 章 計 画 の 目 的 及 び 性 格 1 第

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル 検 証 に 係 る 作 業 委 員 会 ( 第 5 回 ) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 題 (1) 原 子 力 艦 の 移 動 による 影 響

More information

( 別 紙 1) 国 土 の 強 靭 性 (レジリエンス)を 確 保 するうえで 目 標 1 大 規 模 災 害 が 発 生 したときでもすべての 人 命 を 守 る Ⅰ. 人 命 を 守 る 大 規 模 災 害 発 生 直 後 から 救 助 救 急 医 療 活 動 等 が 2 迅 速 に 行 われる(それがなされない 場 合 の 必 要 な 対 応 を 含 む) Ⅱ. 行 政 経 済 社 会 を

More information

靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 靱 靱 靱 捗 靱 靱 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 樋 樋 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 迂 捗 捗 捗 捗 捗 捗 捗 靱 捗 捗 捗 捗 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 靱 基 本 目 標 事 前 に 備 えるべき 目 標 プログラムにより 回 避 すべき 起 きてはならな

More information

田 原 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 水 防 計 画 地 震 災 害 対 策 編 津 波 災 害 対 策 編 津 波 避 難 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 ( 平 成 27 年 6 月 修 正 ) 田 原 市 防 災 会 議 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 目 的 方 針 等 1 第 2 章 本 市 の 概 況 5 第 3 章 予 想 される

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30315F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F918D91A55F3032313681A1> 自 然 災 害 対 策 ( 地 震 津 波 風 水 害 ) 節 計 画 の 目 的...3 2 節 防 災 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱...5 3 節 市 民 等 の 責 務... 0 4 節 南 あわじ 市 の 概 況... 2 5 節 災 害 履 歴... 4 6 節 災 害 の 危 険 性 と 被 害 の 特 徴... 9 2 節 計 画 の 目 的 節 計

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087448CF68A4A8D758DC0947A957A97708E9197BF81698FAC96EC816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2087448CF68A4A8D758DC0947A957A97708E9197BF81698FAC96EC816A2E70707478> 京 都 大 学 防 災 研 究 所 公 開 講 座 ( 第 27 回 ) 資 料 巨 大 災 害 に 備 える ための 海 を 使 った 緊 急 支 援 物 流 のあり 方 平 成 28 年 6 月 2 日 写 真 : 日 本 長 距 離 フェリー 協 会 写 真 : 国 土 交 通 省 東 北 地 方 整 備 局 京 都 大 学 防 災 研 究 所 産 官 学 共 同 研 究 部 門 ( 港 湾

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

改正耐震改修促進法について

改正耐震改修促進法について 事 務 所 ビルの 耐 震 化 を 巡 る 課 題 と 取 組 ( 一 社 ) 日 本 ビルヂング 協 会 連 合 会 常 務 理 事 小 川 富 由 平 成 25 年 11 月 1 本 日 のお 話 震 災 での 建 築 物 の 被 害 と 耐 震 改 修 東 日 本 大 震 災 阪 神 大 震 災 での 被 害 耐 震 改 修 促 進 法 の 仕 組 み 平 成 25 年 耐 震 改 修 促 進

More information

Microsoft PowerPoint - 【軽量化】12.10.30スマートシティ2012 受講者用 (1).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 【軽量化】12.10.30スマートシティ2012 受講者用 (1).ppt [互換モード] 2012 年 10 月 30 日 Smart City week 2012 東 本 震 災 と 東 北 学 の 挑 戦 東 北 大 学 災 害 科 学 国 際 研 究 所 所 長 平 川 新 2011 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 マグニチュード9.0 大 地 震 大 津 波 津 波 で 押 し 流 された 石 巻 宮 城 県 名 取 市 10mの 津 波 共 同 通 信 過 去

More information

第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 と 大 津 波 ( 以 下, 東 日 本 大 震 災 と

第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 と 大 津 波 ( 以 下, 東 日 本 大 震 災 と 気 仙 沼 市 議 会 全 員 協 議 会 説 明 資 料 資 料 3 目 次 気 仙 沼 市 地 域 防 災 計 画 [ 津 波 災 害 対 策 編 ] < 目 次 > 第 1 章 総 則 ------------------------------------- 1-1 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 ------------------------------ 1-1 第 2 節

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 地 震 速 報 (Ver.2) 平 成 28 年 4 月 25 日 基 礎 地 盤 コンサルタンツ 株 式 会 社 はじめに 平 成 28 年 4 月 14 日 21 時 26 分 頃 熊 本 地 方 を 震 源 とするM6.5の 地 震 が 発 生 しました この 地 震 で 熊 本 市 に 隣 接 する 益 城 町 で 震 度 7を 観 測 し 多

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化 ~ 近 い 将 来 発 生 が 懸 念 されている 地

目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化 ~ 近 い 将 来 発 生 が 懸 念 されている 地 3.11 東 日 本 大 震 災 で 何 が 起 きたのか 平 成 23 年 7 月 14 日 応 用 アール エム エス 株 式 会 社 山 田 敏 博 目 次 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 とはどのような 地 震 だったのか? 地 震 が 企 業 活 動 や 社 会 経 済 に 与 えた 影 響 地 震 リスクを 事 前 にどのように 把 握 するか ~ 地 震 リスクの 定 量 化

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 -

秋 田 県 河 川 概 要 図 浅 内 海 岸 能 代 北 秋 田 大 館 鹿 角 琴 浜 海 岸 男 鹿 秋 田 岩 城 二 古 海 岸 窪 堰 川 本 荘 海 岸 大 仙 横 手 由 利 本 湯 沢 - 72 - 第 6 章 河 川 海 岸 第 1 節 河 川 海 岸 の 概 要 秋 田 県 を 流 れる 河 川 は 雄 物 川 米 代 川 子 吉 川 の 一 級 水 系 302 河 川 馬 場 目 川 などの 二 級 水 系 51 河 川 で 合 計 353 河 川 となっており 総 延 長 は3,189kmに 及 んでいます また 海 岸 については 総 延 長 264kmのうち 国 土 交 通 省 で169kmを

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030315F8DC4955D89BF92B28F915F8D4C93638DBB90E895942E646F63> ( 別 紙 2) 再 評 価 調 書 ( 案 ) Ⅰ 概 要 名 床 上 浸 水 対 策 特 別 緊 急 地 区 名 一 級 河 川 箇 所 岡 崎 市 西 尾 市 幸 田 町 あ らまし は 幸 田 町 桐 山 を 源 とし 右 支 川 である 等 を 合 流 させ 岡 崎 市 市 街 地 を 貫 流 し て 矢 作 古 川 に 注 ぐ 流 域 面 積 約 101km 2 河 川 延 長 約 19km

More information

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4

目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 ( ) 平 成 27 年 3 月 豊 後 高 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 1 第 1 章 計 画 の 目 的 2 第 1 節 計 画 の 目 的 3 第 2 節 計 画 の 性 格 と 内 容 3 第 3 節 計 画 の 理 念 3 第 4 節 計 画 の 位 置 づけ 4 第 5 節 計 画 の 修 正 4 第 6 節 計 画 の 周 知 4 第 2 章 豊 後 高 田 市

More information

永田3.indd

永田3.indd 状 77 状 共 要 衰 退 食 止 可 能 永 尚 西 社 准 教 授 じ 要 住 近 高 齢 減 少 平 八 点 九 七 万 平 八 七 万 減 少 背 景 都 コ ミ ニ ィ 崩 壊 モ リ ゼ シ ョ 発 達 農 若 近 隣 都 昼 働 社 環 境 変 解 決 困 難 総 省 庁 女 増 能 別 能 別 創 ハ ド 下 げ 増 試 根 解 決 繋 78 状 況 追 打 ち 東 震 東 震 被

More information

01地震(2).xbd

01地震(2).xbd 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 地 震 災 害 対 策 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 目 次 第 1 編 地 震 災 害 対 策 編 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 1 第 2 節 各 機 関 の 役 割 と 業 務 大 綱 7 第 3 節 南 三 陸 町 を 取 り 巻 く 地 震 環 境 14 第 4 節 対 象 とする

More information

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災

現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必 要 な 電 気 ガス 燃 料 を 供 給 東 日 本 大 震 災 資 料 5 平 成 28 年 熊 本 地 震 における 緊 急 石 油 供 給 について 平 成 28 年 5 月 17 日 資 源 エネルギー 庁 資 源 燃 料 部 現 場 の 声 を 聞 きながら 災 害 復 旧 及 び 被 災 者 の 方 々の 支 援 に 全 力 で 対 応 エネルギー 関 連 では 積 極 的 に 病 院 福 祉 施 設 等 の 重 要 施 設 のニーズを 把 握 し 必

More information

平 成 24 年 度 有 田 市 地 域 防 災 計 画 有 田 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 第 2 節 用 語 2 第 3 節 本 市 の 位 置 と 災 害 3 第 4 節 防 災 関 係 各 機 関 の 責 務 と 業 務 の 大 綱 6 第 5 節 市 民 等 の 役 割 分 担 12 第 6 節 計 画 の 修 正 等 13 第 2 章 災 害

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

第3編 地震・津波対策編

第3編 地震・津波対策編 第 3 編 地 震 津 波 対 策 編 第 1 章 計 画 の 目 的 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 津 久 見 市 における 地 震 津 波 災 害 に 対 応 するための 活 動 体 制 の 整 備 確 立 を 図 るとともに 防 災 行 政 を 総 合 的

More information

untitled

untitled アウトブレース 工 法 1. 工 法 の 概 要 アウトブレース 工 法 は 既 存 RC 建 物 の 外 側 に 鉄 骨 ブレースを 取 り 付 け PC 鋼 棒 を 用 いて 既 存 建 物 と 一 体 化 を 図 り 耐 震 性 能 を 向 上 させる 補 強 工 法 です ブレースの 取 り 付 けに 際 しては 既 存 梁 側 面 に 削 孔 し 鉄 骨 の 交 差 部 分 ( 以 下 台

More information

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378>

< BA689EF8E7B8D488EC090D1955C32372E313294C52E786C7378> 柱 状 体 圧 入 補 強 協 会 施 工 実 績 表 Kui Taishin - SSP 工 法 PCウェル - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ピア - リフレ 工 法 ( 曲 げ 補 強 仕 様 ) 平 成 7 年 月 Kui Taishin-SSP 工 法 道 路 橋 耐 震 補 強 5 上 今 泉 跨 道 橋 外 耐 震 補 強 工 事 7, 袋 井 大 須 賀 線 ( 馬 伏

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

<95F18D908F9182525F313030373232>

<95F18D908F9182525F313030373232> 平 成 21 年 度 臼 杵 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 7 月 臼 杵 市 報 告 書 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 目 的 1-1 耐 震 化 の 必 要 性 1 1-2 計 画 の 目 的 1 1-3 計 画 の 位 置 づけ 1 1-4 計 画 の 期 間 2 1-5 計 画 の 対 象 2 第 2 章 臼 杵 市 における 地 震 の 危 険 性 2-1

More information

第6節  災害想定

第6節  災害想定 第 5 節 災 害 の 想 定 第 1 項 既 往 災 害 の 事 例 1. 既 往 災 害 事 例 資 料 編 * 1 参 照 昭 和 30 年 代 後 半 からの 治 山 治 水 事 業 対 策 の 進 展 基 本 法 による 防 災 体 制 の 充 実 気 象 観 測 施 設 の 整 備 情 報 伝 達 手 段 の 発 達 や 普 及 等 により 昭 和 28 年 の 大 水 害 以 後 は

More information

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か

本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協 定 締 結 について 6 地 震 防 災 課 か 平 成 26 年 度 10 月 度 定 例 会 見 月 度 平 成 26 年 10 月 7 日 須 崎 市 長 楠 瀬 耕 作 須 崎 市 高 知 県 本 日 の 会 見 内 容 1 9 月 度 の 主 な 活 動 報 告 2 9 月 定 例 議 会 の 報 告 3 市 制 60 周 年 表 彰 者 紹 介 について 4 軽 自 動 車 税 の 改 正 について 5 岡 山 県 真 庭 市 との 協

More information

第1節 フォントMSゴシック12ポイント(節下は1行開ける)

第1節 フォントMSゴシック12ポイント(節下は1行開ける) 第 1 章 総 則 1 1 計 画 の 目 的 と 構 成 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 と 構 成 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 と 地 震 に 伴 い 発 生 した 大 津 波 ( 以 下, 東 日 本 大 震 災 という )は, 人 知 を 超 えた 猛 威 をふるい, 県 内 で 死 者 1 万 人 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370837583528381977081403030817A4832358B7B8CC393878E73926E88E696688DD08C7689E65F8175955C8E8682C696DA8E9F81765F3133313031312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370837583528381977081403030817A4832358B7B8CC393878E73926E88E696688DD08C7689E65F8175955C8E8682C696DA8E9F81765F3133313031312E646F63> 宮 古 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) ( 平 成 25 年 度 修 正 ) 宮 古 島 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的... 1 第 2 節 用 語... 2 第 3 節 市 の 概 況... 3 第 4 節 災 害 の 想 定... 6 第 5 節 防 災 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱...

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477>

<3134303831398BF8967B92AC816991E6825195D28145975C9668816A81698CA98FC196B3816A2D322E786477> 第 1 部 災 害 に 強 いまちづくり 第 1 章 防 災 都 市 計 画 担 当 関 係 各 課 等 1. 現 況 人 口 産 業 が 集 中 している 市 街 地 の 密 集 地 域 においては 地 震 発 生 時 には 大 規 模 な 災 害 が 起 きる 危 険 性 が 高 い 都 市 計 画 としては 避 難 地 避 難 路 等 としての 都 市 基 盤 施 設 の 整 備 や 建 築

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

南 城 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 南 城 市 防 災 会 議 目 次 第 1 部 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的... 総 則 -1 第 2 節 用 語... 総 則 -2 第 3 節 市 の 概 況... 総 則 -3 第 4 節 災 害 の 想 定... 総 則 -6 第 5 節 防 災 関 係 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は

More information

Taro-00 3編表紙.jtd

Taro-00  3編表紙.jtd 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 県 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E738D9196AF95DB8CEC8C7689E6817C91E6825095D22E646F63> 第 1 編 総 論 第 1 章 市 の 責 務 計 画 の 位 置 づけ 構 成 等 廿 日 市 市 ( 市 長 及 びその 他 の 執 行 機 関 をいう 以 下 市 という )は 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 する 責 務 にかんがみ 国 民 の 保 護 のための 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するため 以 下 のとおり 市 の 責 務 を 明 らかにするとともに

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323031328F5A91EE8CA48B8681458CF097AC8F5789EF82968251> 住 宅 研 究 交 流 集 会 2012.10.27 復 興 予 算 の 流 用 問 題 復 興 予 算 問 題 と 被 災 地 の 現 状 塩 崎 賢 明 ( 立 命 館 大 学 ) shioken@fc.ritsumei.ac.jp 沖 縄 県 国 頭 村 の 国 道 工 事 に5 億 円 (8 年 前 から) 北 海 道 や 埼 玉 の 刑 務 所 で 職 業 訓 練 (2800 万 円 )

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information