2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

Size: px
Start display at page:

Download "2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について"

Transcription

1 第 9 回 広 域 系 統 整 備 委 員 会 資 料 2 1 広 域 系 統 長 期 方 針 の 策 定 について 2016 年 1 月 29 日 広 域 系 統 整 備 委 員 会 事 務 局

2 2 ご 議 論 いただきたい 事 項 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について ご 報 告 事 項 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について

3 長 期 方 針 の 策 定 の 方 向 性 3 広 域 運 営 の 拡 大 によって 我 が 国 の 電 力 供 給 における3E+Sの 実 現 に 貢 献 する このため 次 に 挙 げる3つの 軸 から 広 域 連 系 系 統 の 長 期 的 な 整 備 方 針 を 取 りまとめる Ⅰ 電 力 系 統 利 用 の 円 滑 化 低 廉 化 エネルギーミックスに 基 づく 電 源 導 入 等 を 円 滑 かつ 低 廉 なコストで 実 現 する 電 力 市 場 の 活 性 化 に 寄 与 する Ⅱ 適 切 な 信 頼 度 の 確 保 系 統 の 役 割 に 応 じた 適 切 な 供 給 信 頼 度 を 提 供 する 大 規 模 災 害 等 の 緊 急 時 にも 電 力 供 給 に 対 する 要 求 を 満 足 する Ⅲ 電 力 流 通 設 備 の 健 全 性 確 保 老 朽 化 が 進 む 流 通 設 備 の 確 実 かつ 効 率 的 な 設 備 更 新 形 成 を 計 画 的 に 推 進 する 以 上 の3つの 軸 に 沿 って 適 切 に 設 備 形 成 運 用 されている 状 態 が 広 域 連 系 系 統 の あるべき 姿 このあるべき 姿 の 実 現 に 向 けた 考 え 方 を 具 体 化 していくために 将 来 (10~20 年 程 度 )の 広 域 連 系 系 統 の 電 力 潮 流 シミュレーションや 流 通 設 備 の 経 年 更 新 情 報 等 を 調 査 することで 系 統 の 長 期 的 な 課 題 を 探 る その 課 題 に 対 し 系 統 整 備 等 どのような 対 応 を 採 るべきかを 考 察 し 長 期 方 針 として 取 りまとめる 対 応 の 検 討 に 当 たっては 電 力 関 連 技 術 の 開 発 動 向 や 電 力 需 要 構 造 の 変 化 も 的 確 に 踏 まえたもの とする 本 日 の 議 論 報 告

4 今 後 の 設 備 形 成 の 考 え 方 について 4

5 1. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 5 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 と それぞれの 時 代 における 設 備 形 成 の 歴 史 を 振 り 返 り 今 後 の 設 備 形 成 の 留 意 点 について 論 点 出 し 意 見 交 換 をさせていただき 今 後 の 考 え 方 を 整 理 していきたい これまでの 広 域 連 系 系 統 の 構 築 日 本 の 基 幹 系 統 は 電 力 需 要 の 着 実 な 増 加 に 対 応 し 電 源 の 開 発 とその 送 電 が 一 体 的 に 計 画 構 築 されてきた 電 源 の 大 型 化 や 遠 隔 地 立 地 が 進 み 大 電 力 長 距 離 送 電 の 必 要 性 が 高 まり 系 統 規 模 の 拡 大 に 伴 う 技 術 的 な 諸 課 題 に 合 理 的 に 対 応 するため エリア 間 で 協 調 的 な 設 備 形 成 を 展 開 する 必 要 があっ た これにより 広 域 的 運 営 が 推 進 され 系 統 の 安 定 性 経 済 性 等 の 向 上 を 図 るため 地 域 間 連 系 の 強 化 が 図 られ 現 在 のような50 万 V 交 流 送 電 あるいは 大 電 力 直 流 送 電 による 広 域 連 系 系 統 が 構 築 された 以 下 に 広 域 連 系 系 統 の 発 展 の 歴 史 を 振 り 返 る

6 ( 参 考 ) 需 要 と 広 域 連 系 系 統 の 電 線 路 こう 長 の 推 移 (9 社 計 ) 6 電 力 需 要 の 伸 びに 合 わせ 広 域 連 系 系 統 の 整 備 が 進 み 1970 年 代 より500kVの 系 統 が 拡 充 電 力 需 要 ( 万 kw) こう 長 (km) 25,000 20,000 15, kV 220kV 275kV 500kV 電 力 需 要 10,000 5, 出 典 : 電 気 事 業 便 覧 ( 日 本 電 気 協 会 ) 電 気 事 業 10 年 の 統 計 および20 年 の 統 計 ( 通 商 産 業 省 公 益 事 業 局 電 気 事 業 連 合 会 )より 作 成

7 2-1. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 系 統 の 変 遷 (1970 年 代 以 前 ) 7 電 力 会 社 ごとの 自 給 自 足 の 電 源 開 発 だけでなく 広 域 的 な 電 源 開 発 への 志 向 が 高 まったことから 各 電 力 会 社 の 電 源 開 発 計 画 等 を 全 国 的 視 野 から 総 合 調 整 して 経 済 的 開 発 を 図 るため 地 域 間 連 系 を 整 備 拡 大 好 景 気 を 背 景 とした 需 要 の 急 激 な 増 大 に 対 応 するため 火 力 を 中 心 として 急 速 に 電 源 を 開 発 系 統 規 模 拡 大 に 伴 う 事 故 電 流 の 増 大 などの 技 術 的 課 題 に 対 応 するため 1955 年 頃 から1965 年 頃 に かけて 超 高 圧 (18.7 万 V~27.5 万 V) 系 統 を 導 入 従 来 自 主 的 に 進 めてきた 広 域 運 営 を 法 的 義 務 付 け ( 改 正 電 気 事 業 法 (1964 公 布 )) 東 北 東 京 間 27.5 万 V 連 系 系 統 完 成 (1959) 中 部 関 西 間 27.5 万 V 連 系 系 統 完 成 (1960) 西 部 南 京 都 線 (50 万 V 設 計 )(1972 運 開 1980 昇 圧 ) 関 西 中 国 間 連 系 変 圧 器 による 連 系 (1962) 中 国 四 国 間 22 万 V 連 系 系 統 完 成 (1962) 中 国 九 州 間 22 万 V 連 系 系 統 完 成 (1962) 北 陸 関 西 間 27.5 万 V 連 系 系 統 完 成 (1964) 加 賀 嶺 南 線 (50 万 V 設 計 )(1974 運 開 1997 昇 圧 ) 佐 久 間 FC 運 開 (30 万 kw)(1965) 参 考 資 料 : 連 系 線 整 備 ( 建 設 増 強 )に 関 する 勉 強 会 とりまとめ 報 告 書 ( 電 力 系 統 利 用 協 議 会 ) 図 1972 年 度 末 の 連 系 概 要 出 典 : 電 力 需 要 想 定 および 電 力 供 給 計 画 算 定 方 式 の 解 説 ( 日 本 電 力 調 査 委 員 会 )

8 2-2. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 系 統 の 変 遷 (1980 年 代 ) 8 経 済 成 長 に 伴 う 需 要 の 急 激 な 増 大 に 対 応 するた めの 大 規 模 火 力 および 原 子 力 発 電 とこれに 大 規 模 揚 水 発 電 を 組 み 合 わせた 電 源 開 発 の 推 進 電 力 需 要 の 都 市 部 への 集 中 および 発 電 所 の 大 型 化 により 送 変 電 設 備 の 一 層 の 強 化 拡 充 が 必 要 となり 50 万 V 系 統 を 導 入 電 源 立 地 地 点 の 広 域 的 活 用 および 電 力 需 給 の 広 域 的 調 整 ( 電 力 融 通 の 強 化 ) 等 による 資 金 用 地 資 源 の 効 率 的 利 用 東 京 東 北 間 27.5 万 V 新 福 島 連 系 運 開 (1976) 新 信 濃 FC 運 開 (30 万 kw)(1977) 北 海 道 本 州 間 直 流 連 系 完 成 (15 万 kw)(1979) 増 設 (15 30 万 kw)(1980) 中 部 関 西 間 50 万 V 連 系 完 成 (1980) 関 西 中 国 間 50 万 V 連 系 完 成 (1980) 関 門 連 系 50 万 V 連 系 完 成 (1980) 参 考 資 料 : 連 系 線 整 備 ( 建 設 増 強 )に 関 する 勉 強 会 とりまとめ 報 告 書 ( 電 力 系 統 利 用 協 議 会 ) 図 1981 年 度 末 の 連 系 概 要 出 典 : 電 力 需 要 想 定 および 電 力 供 給 計 画 算 定 方 式 の 解 説 ( 日 本 電 力 調 査 委 員 会 )

9 2-3. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 系 統 の 変 遷 (1990 年 代 ) 9 好 調 な 経 済 成 長 に 支 えられて 電 力 需 要 が 増 大 する 中 電 源 立 地 難 や 電 源 多 様 化 などの 背 景 から 電 源 開 発 の 大 規 模 化 集 中 化 さら には 遠 隔 地 化 が 予 想 されたため 50Hz 系 統 は100 万 V 導 入 60Hz 系 統 は50 万 Vの 増 強 を 方 針 として 系 統 を 整 備 100 万 V 設 計 送 電 線 運 開 (1992~1999) 大 規 模 電 源 の 送 電 対 策 新 信 濃 FC 増 設 (30 60 万 kw)(1992) 相 互 応 援 能 力 拡 大 による 電 力 需 給 の 安 定 等 北 海 道 本 州 間 直 流 連 系 増 設 (30 60 万 kw)(1993) 供 給 予 備 力 の 節 減 本 州 四 国 間 50 万 V 連 系 線 運 開 ( 回 線 化 2000) 大 規 模 電 源 の 送 電 対 策 東 北 東 京 間 50 万 V 連 系 線 運 開 (1995) 系 統 規 模 の 増 大 および 広 域 運 営 のさらなる 拡 大 参 考 資 料 : 連 系 線 整 備 ( 建 設 増 強 )に 関 する 勉 強 会 とりまとめ 報 告 書 ( 電 力 系 統 利 用 協 議 会 ) 図 1996 年 度 末 の 連 系 概 要 出 典 : 電 力 需 要 想 定 および 電 力 供 給 計 画 算 定 方 式 の 解 説 ( 日 本 電 力 調 査 委 員 会 )

10 2-4. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 系 統 の 変 遷 (2000 年 代 以 降 ) 10 相 互 応 援 能 力 拡 大 による 電 力 需 給 の 安 定 や 大 規 模 電 源 の 送 電 融 通 電 力 の 増 大 に 対 応 するため 50 万 V 系 統 を 多 重 化 電 力 自 由 化 の 拡 大 に 伴 い 電 源 開 発 計 画 の 不 確 実 性 が 増 大 また 広 域 的 な 電 力 取 引 が 活 性 化 ESCJが 北 海 道 本 州 連 系 増 強 FC 増 強 を 提 言 ( 北 本 2011 FC2013) 地 域 間 連 系 線 等 の 強 化 に 関 するマスタープ ラン 研 究 会 にて 北 海 道 本 州 連 系 増 強 FC 増 強 についてロードマップを 策 定 (2012) 北 陸 中 部 間 南 福 光 直 流 連 系 運 開 (1999) 相 互 応 援 能 力 拡 大 による 電 力 需 給 の 安 定 等 関 西 四 国 間 阿 南 紀 北 直 流 連 系 運 開 (2000) 大 規 模 電 源 の 送 電 対 策 関 西 中 国 間 50 万 V 山 崎 智 頭 線 運 開 (2001) 融 通 電 力 の 増 大 対 策 東 清 水 FC 一 部 使 用 開 始 (2006 運 開 2013) 相 互 応 援 能 力 拡 大 による 電 力 需 給 の 安 定 等 参 考 資 料 : 連 系 線 整 備 ( 建 設 増 強 )に 関 する 勉 強 会 とりまとめ 報 告 書 ( 電 力 系 統 利 用 協 議 会 ) 図 2006 年 度 末 の 連 系 概 要 出 典 : 電 力 需 要 想 定 および 電 力 供 給 計 画 算 定 方 式 の 解 説 ( 日 本 電 力 調 査 委 員 会 )

11 2-5. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 現 在 の 系 統 (2015 年 度 供 給 計 画 ) 11 日 本 の 広 域 連 系 を 担 う 基 幹 系 統 は 長 距 離 串 型 の 構 成 であるが 一 部 地 域 区 間 を 除 いて 系 統 が 多 重 化 されており 送 電 ルート 故 障 の ような 稀 頻 度 の 事 故 に 対 しても 高 い 信 頼 度 が 確 保 されている 地 域 間 連 系 線 は 中 国 九 州 間 を 除 いて 多 重 化 がされているもしくは 多 重 化 が 計 画 されて いる これにより 今 後 拡 大 が 見 込 まれる 広 域 基 幹 系 設 備 の 老 朽 改 修 は 計 画 的 に 対 処 すること で 信 頼 度 面 に 与 える 問 題 は 局 所 的 に 留 まる と 考 えられる なお これまでの 大 震 災 や 風 雪 害 の 経 験 を 通 し 設 備 の 耐 震 基 準 等 が 強 化 される 等 の 対 応 が 重 ねられてきたことで 面 的 に 対 応 が 必 要 と なるような 設 備 設 計 面 の 課 題 は 現 時 点 で 見 当 たらない 北 海 道 本 州 間 連 系 設 備 増 強 計 画 (2019 予 定 ) 北 海 道 エリアの 安 定 供 給 確 保 東 京 中 部 間 連 系 設 備 増 強 計 画 (2020 年 度 予 定 ) 大 規 模 災 害 時 の 安 定 供 給 確 保 中 部 関 西 間 連 系 線 増 強 計 画 ( 未 定 ) 大 規 模 電 源 の 送 電 対 策 及 び 多 重 化 による 連 系 強 化 西 双 葉 西 野 京 極 今 別 変 換 所 西 九 州 泊 北 斗 変 換 所 玄 海 松 浦 脊 振 水 力 発 電 所 火 力 発 電 所 原 子 力 発 電 所 変 電 所 開 閉 所 苓 北 南 九 州 交 直 変 換 所 西 当 別 北 九 州 伊 都 川 内 旭 川 嵐 山 大 野 新 山 口 弓 削 中 央 函 館 変 換 所 凡 苫 東 厚 真 東 通 熊 本 北 新 得 南 早 来 上 北 豊 前 中 九 州 宮 崎 黒 赤 緑 青 南 九 条 上 北 変 換 所 西 島 根 東 山 口 大 分 東 九 州 新 西 広 島 例 新 広 島 ひむか 伊 方 500kV 275kV 以 下 および 直 流 連 系 線 既 設 設 備 島 根 宇 円 別 日 野 新 岡 山 川 内 平 成 27 年 度 使 用 開 始 笠 岡 北 尾 道 讃 岐 東 予 平 成 28~31 年 度 使 用 開 始 平 成 32~36 年 度 使 用 開 始 智 頭 東 岡 山 井 原 新 綾 部 能 勢 西 京 都 猪 名 川 北 摂 奥 多 々 良 木 大 河 内 西 播 香 川 山 崎 阿 波 敦 賀 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 高 浜 舞 鶴 浜 金 剛 紀 の 川 国 府 御 坊 美 浜 嶺 南 大 飯 新 信 濃 交 直 変 換 設 備 ( 仮 称 ) 南 福 光 連 系 所 BTB 東 京 中 部 間 連 系 変 換 所 ( 仮 称 ) 橘 湾 阿 南 奥 美 濃 岐 北 新 福 井 関 ヶ 原 北 近 江 京 北 紀 北 水 力 発 電 所 火 力 発 電 所 志 賀 越 前 三 重 東 近 江 南 京 都 東 大 和 原 子 力 発 電 所 変 電 所 開 閉 所 交 直 変 換 所 石 川 開 閉 所 石 川 火 力 奥 吉 野 奥 清 津 第 二 奥 清 津 柏 崎 刈 羽 西 群 馬 新 榛 名 新 岡 部 神 流 川 新 秩 父 新 多 摩 南 いわき 南 相 馬 福 島 第 二 新 福 島 広 野 新 いわき 出 典 : 平 成 27 年 度 供 給 計 画 の 取 りまとめ 牧 港 火 力 加 賀 栄 野 比 中 能 登 西 部 周 波 数 変 換 所 BTB 岐 阜 北 部 新 生 駒 信 貴 凡 新 富 山 金 武 火 力 新 信 濃 FC 知 多 火 力 牛 島 町 西 名 古 屋 西 尾 張 具 志 川 火 力 開 閉 所 具 志 川 火 力 渡 口 今 別 変 換 所 北 斗 変 換 所 下 郷 東 山 梨 信 濃 葛 野 川 恵 那 ( 仮 称 ) 南 信 愛 知 下 伊 那 ( 仮 称 ) 豊 根 東 部 東 栄 新 三 河 黒 赤 緑 青 黄 色 例 浜 岡 静 岡 塩 原 今 市 新 今 市 東 群 馬 東 清 水 FC 川 根 佐 久 間 FC 駿 遠 500kV 大 野 西 山 形 新 秦 野 新 富 士 新 新 田 新 所 沢 新 坂 戸 宮 城 中 央 港 北 函 館 変 換 所 東 通 岩 手 東 花 巻 宮 城 新 筑 波 新 木 更 津 大 井 ふ 頭 富 あ 津 上 北 上 北 変 換 所 西 仙 台 新 地 新 栃 木 新 古 河 新 佐 原 新 京 葉 新 豊 洲 代 官 山 袖 ヶ 浦 新 茂 木 275kV 以 下 および 直 流 連 系 線 既 設 設 備 平 成 27 年 度 使 用 開 始 平 成 28~31 年 度 使 用 開 始 平 成 32~36 年 度 使 用 開 始 平 成 37 年 度 以 降 使 用 開 始 及 び 使 用 開 始 時 期 未 定 房 総

12 3-1. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 今 後 の 設 備 形 成 の 留 意 点 12 これまでの 広 域 連 系 系 統 の 整 備 は 電 力 需 要 の 増 加 に 対 応 し 大 規 模 電 源 開 発 とその 長 期 安 定 的 な 系 統 利 用 を 前 提 とした 発 送 一 体 の 計 画 を 主 軸 として 行 われてきた 今 般 電 気 事 業 制 度 が 変 更 されたこと 長 期 エネルギー 需 給 見 通 しが 決 定 されたことも 踏 まえ 今 後 の 流 通 設 備 とその 利 用 に 関 して 以 下 のような 見 通 しとそれに 伴 う 留 意 点 が 考 えられるのではな いか 電 力 需 要 の 見 通 し 長 期 エネルギー 需 給 見 通 しにおいて 経 済 成 長 や 電 化 率 の 向 上 等 による 電 力 需 要 の 増 加 を 見 込 む 中 徹 底 した 省 エネルギーの 推 進 を 行 い 2030 年 度 時 点 の 電 力 需 要 を2013 年 度 とほぼ 同 レベルまで 抑 えることが 見 込 まれている ( 流 通 設 備 形 成 における 留 意 点 ) 需 要 拡 大 を 伴 わない 状 況 での 電 力 流 通 設 備 への 拡 充 投 資 の 拡 大 は 託 送 コストの 上 昇 による 託 送 料 金 へのインパクトに 留 意 が 必 要 である 送 電 線 建 設 において 土 地 収 用 が 必 要 となるような 場 合 に いままでは 電 力 供 給 支 障 の 発 生 の 回 避 として 公 益 性 が 認 められてきたが 異 なる 理 由 の 場 合 公 益 性 が 認 められるか 留 意 が 必 要 である

13 3-2. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 今 後 の 設 備 形 成 の 留 意 点 13 電 源 の 見 通 し 再 生 可 能 エネルギー 電 源 については 長 期 エネルギー 需 給 見 通 しにおいて 今 後 も 相 当 程 度 の 導 入 が 見 込 まれる その 他 の 電 源 については 現 状 の 需 給 ( 電 源 構 成 ) 状 況 や 電 力 自 由 化 の 進 展 により 競 争 力 の 高 い 高 効 率 電 源 の 新 規 開 発 が 一 定 程 度 計 画 されている また エネルギーミックスや 電 源 競 争 力 の 観 点 か ら 競 争 力 の 低 い 発 電 所 の 休 廃 止 も 見 込 まれる ただし 各 種 インフラの 有 効 活 用 ができるため 新 規 地 点 の 開 発 よりも 既 設 地 点 での 電 源 リプレー スが 主 流 となる 可 能 性 が 高 くなると 考 えられる ( 流 通 設 備 形 成 における 留 意 点 ) 電 源 建 設 の 将 来 構 想 を 的 確 に 把 握 することがより 困 難 となる 中 で 不 確 実 性 の 高 い 電 源 計 画 をい かに 流 通 設 備 計 画 に 織 り 込 むか また 将 来 の 電 源 導 入 を 仮 定 して 系 統 を 増 強 する 場 合 の 費 用 負 担 のあり 方 流 通 設 備 の 利 用 効 率 の 低 下 電 源 廃 止 に 対 して 潮 流 状 況 が 変 化 し 系 統 対 策 が 必 要 となる 場 合 のリスク( 電 源 廃 止 までに 系 統 対 策 が 間 に 合 わないリスク) 流 通 設 備 が 遊 休 化 ストランディッド 化 するリスク 電 源 建 設 の 短 工 期 化 により 流 通 設 備 の 建 設 工 程 がマッチングしなくなりつつある

14 4. 日 本 の 広 域 連 系 系 統 の 特 徴 変 遷 - 今 後 の 設 備 形 成 について 14 上 記 のような 留 意 点 を 踏 まえると これまでの 流 通 設 備 投 資 すなわち 確 定 論 的 なアプローチによ り 最 小 コストの 系 統 対 策 を 実 施 するという 手 法 には 限 界 があるのではないか 今 後 の 設 備 形 成 を 考 える 上 では 潮 流 の 不 確 実 性 がより 一 層 高 まることを 念 頭 においた 流 通 設 備 投 資 の 合 理 性 を 評 価 する 新 たな 手 法 を 検 討 していく 必 要 性 があるのではないか 考 慮 すべき 事 項 3つの 軸 と 整 合 した コストと 便 益 の 評 価 方 法 投 資 判 断 や 費 用 負 担 との 整 合

15 ( 参 考 )ENTSO-Eの 費 用 対 効 果 の 評 価 15 1 シナリオ 設 定 :4つのビジョン 3 多 面 的 な 項 目 により 評 価 評 価 事 項 2 シナリオから 検 討 ケースへ 展 開 効 果 平 常 時 のアデカシーおよびセキュリティの 改 善 混 雑 緩 和 および 電 力 市 場 の 運 用 に 適 した 送 電 容 量 の 確 保 再 エネ 電 源 の 出 力 抑 制 の 最 小 化 送 電 損 失 の 軽 減 CO2 排 出 量 技 術 的 な 弾 力 性 安 全 性 等 費 用 ( 亘 長 等 からラフに 計 算 ) 設 備 費 用 ( 鉄 塔 基 礎 電 線 変 圧 器 等 ) 一 時 的 な 費 用 ( 工 事 期 間 中 の 対 策 等 ) 環 境 対 策 費 用 許 認 可 費 用 保 守 費 用 (ライフサイクルで 評 価 ) 等 出 典 ENTSO-E Guideline for Cost Benefit Analysis of Grid Development Projects

16 ( 参 考 ) 送 電 損 失 率 の 推 移 と 国 際 比 較 16 (%) 20.0 送 電 損 失 率 の 推 移 (9 社 平 均 ) (%) 12.0 主 要 各 国 との 比 較 米 国 イギリス ドイツ カナダ フランス イタリア 日 本 出 典 : 電 気 事 業 便 覧 ( 日 本 電 気 協 会 )より 作 成

17 ( 参 考 ) 停 電 時 間 の 推 移 と 国 際 比 較 17 出 典 : 電 気 事 業 の 現 状 2013/ 電 気 事 業 連 合 会 出 典 : 電 気 事 業 の 現 状 2010/ 電 気 事 業 連 合 会

18 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 について 18

19 1. 技 術 調 査 の 取 り 組 み 状 況 : 海 外 における 大 規 模 送 電 技 術 に 関 する 調 査 19 調 査 内 容 海 外 の 大 規 模 な 電 力 を 送 電 する 設 備 のうち 特 に 海 峡 部 を 横 断 するものについて 既 設 設 備 及 び 計 画 中 のプ ロジェクトの 双 方 を 対 象 に 設 備 の 仕 様 建 設 工 事 費 概 算 もしくは 予 算 額 その 他 プロジェクトに 関 する 特 記 事 項 について 調 査 を 進 めている 背 景 目 的 地 域 間 連 系 設 備 の 整 備 にあたっては 海 峡 部 を 横 断 して 大 規 模 な 電 力 を 送 電 する 設 備 の 導 入 も 検 討 すべき 選 択 肢 の1つとなることから 近 年 の 技 術 開 発 の 急 速 な 進 歩 に 加 え 国 際 的 な 電 力 市 場 の 統 合 等 を 背 景 とし て 次 々と 大 規 模 なプロジェクトが 実 現 してきている 海 外 諸 国 における 主 要 な 事 例 を 対 象 に 情 報 収 集 を 行 う 取 りまとめた 成 果 は 今 後 国 内 の 広 域 連 系 等 において 同 種 の 計 画 が 立 案 される 場 合 に 設 備 仕 様 や 工 事 費 を 評 価 するうえでの 参 考 とする アウトプットイメージ 個 別 プロジェクトの 比 較 一 覧 表 により 調 査 分 析 結 果 を 体 系 的 に 整 理 する プロジェクト 名 称 区 間 電 圧 階 級 送 電 容 量 亘 長 使 用 開 始 年 技 術 的 事 項 ( 線 種 回 線 数 交 流 or 直 流 鉄 塔 形 状 径 間 距 離 ケーブル 敷 設 形 態 等 ) 工 事 費 概 算 額 連 系 線 連 系 線 ~ kv MW km ドル その 他 今 後 得 られたアウトプットを 精 査 する 中 で 更 に 深 掘 りの 必 要 な 事 項 が 現 れた 場 合 には 次 年 度 以 降 に 改 めて 調 査 を 進 めることとしたい

20 ( 参 考 ) 欧 州 の 新 規 系 統 計 画 プロジェクト 20 ENTSO-E 10-year network development plan 2014 より

21 ( 参 考 ) 欧 州 の 新 規 系 統 計 画 プロジェクト 21 PCI(2014 年 ) ENTSO-E 10-year network development plan 2014 より

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新

群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原 佐 久 玉 原 水 上 鎌 白 根 上 牧 鎌 上 牧 幡 谷 岩 本 岩 本 群 馬 上 毛 金 井 佐 久 上 越 群 馬 上 群 佐 波 東 群 馬 一 ノ 瀬 東 太 新 栃 木 県 塩 原 那 須 野 短 猪 苗 旧 東 那 須 野 今 市 鬼 怒 下 滝 栃 那 猪 苗 新 新 今 市 新 栃 木 安 西 宇 都 宮 西 宇 都 宮 白 沢 河 内 芳 賀 新 茂 木 栃 山 芳 賀 佐 野 佐 野 野 木 小 小 山 猪 苗 新 野 木 八 千 群 馬 県 矢 木 沢 西 群 馬 新 榛 名 湯 宿 水 上 小 松 箱 島 水 上 箱 島 須 貝 須 貝 藤 原

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6>

< F2D FC8D658D908EA681798ED E88E6> 働 省 告 示 が い 制 改 革 推 進 本 部 お け 検 討 踏 ま え て 保 健 祉 策 見 直 ま で 間 お い て た め 関 係 律 整 備 関 律 成 年 律 伴 い 並 び づ く 祉 サ ー ビ ス 及 び 準 該 当 祉 サ ー ビ ス 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 百 づ く 要 費 用 額 算 関 準 成 年 働 省 告 示 づ く 要 費 用 額

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA>

<5461726F2D313230353136817990568B8C817A8ED28145926E88E68BE695AA> 1 臣 が め 位 価 ( 平 省 告 示 ( 傍 線 部 改 正 部 改 正 案 現 づ づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 づ 要 費 用 額 算 関 ( 平 省 告 示 省 告 示 づ 要 費 用 額 算 関 づ 要 費 用 額 算 関 ( ( 平 省 告 示 平 省 告 示 臣 が め 位 価 ( 以

More information

Taro-b07.jtd

Taro-b07.jtd 1 臣 が め 位 価 変 更 点 線 部 改 正 案 現 行 月 月 月 及 び 月 及 び 等 等 月 づ き 臣 が め 月 づ き 臣 が め 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 位 価 次 よ う め 月 か ら 適 等 等 七 七 及 び 及 び 臣 が め 位 価 以 位 価 と う 臣 が め 位 価 円 次 円 次 険 律 険 律 事 業 事 業 2 事 業 行 う 事 事 業

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿

6(文書法務)【指摘箇所修正後】6 第3部監査結果 (3)以下 原稿 (3) 観 光 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 課 題 本 県 への 観 光 のための 交 通 アクセス インフラ 等 に 関 する 空 路 陸 路 及 び 海 路 は 震 災 後 地 震 被 害 津 波 被 害 に 加 え 原 発 事 故 被 害 と 風 評 被 害 により 現 在 においても 休 止 不 通 等 の 障 害 が 生 じており 本 県 観 光 利 用 状 況 の 復

More information

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6>

<5461726F2D313230353136817988C495B6817A8E9993B68145926E88E68BE6> 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 準 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 法 づ 相 談 要 費 用 額 算 準 平 成 年 厚 生 労 働 省 告 示 規 づ き 厚 生 労 働 臣 め 位 価 次 よ め 平 成 年 月 日 か ら 適 用 厚 生 労 働 臣 め 位 価 平 成 年 厚 生 労

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州

種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 熊 本 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 熊 本 県 大 分 地 方 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 大 分 家 庭 裁 判 所 九 州 沖 縄 大 分 県 宮 崎 地 方 裁 判 所 九 州 入 札 公 告 情 報 ナビ 発 注 機 関 一 覧 2010/8/25 現 在 種 別 発 注 機 関 グループ 名 包 含 される 発 注 機 関 名 地 域 都 道 府 県 国 立 法 府 衆 議 院 関 東 東 京 都 参 議 院 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 東 東 京 都 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 近 畿 京 都 府 国 裁 判 所 最 高 裁 判 所

More information

<955C8E86814597A0955C8E862E6169>

<955C8E86814597A0955C8E862E6169> 徳 島 県 の 海 岸 保 全 基 本 計 画 改 定 ( 概 要 版 ) ~ 自 然 と 人 が 息 づく 阿 波 の 海 岸 づくり ~ 徳 島 県 1. 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 保 全 基 本 計 画 とは 海 岸 法 の 改 正 ( 平 成 11 年 )に 伴 い 美 しく 安 全 で いきい きとした 海 岸 の 継 承 を 基 本 理 念 とする 国 の 定 めた

More information

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管

2 旅 行 命 令 権 者 は 旅 行 命 令 等 の 執 行 上 支 障 がある 場 合 には 旅 行 命 令 等 を 発 する 権 限 ( 以 下 旅 行 命 令 権 という )を 別 表 第 1に 定 める 旅 行 命 令 権 の 範 囲 及 び 区 分 において 当 該 部 局 の 所 管 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 旅 費 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 独 立 行 政 法 人 国 立 青 少 年 教 育 振 興 機 構 規 程 第 3-20 号 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 4 月 1 日 一 部

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求

平成29年度国立大学法人等施設整備概算要求 平 成 29 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 概 算 要 求 事 業 82 国 立 大 学 法 人 377 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 18 事 業 25 国 立 高 等 専 門 学 校 31 事 業 計 426 事 業 1) 概 算 要 求 事 業 は, 今 後 の 予 算 編 成 過 程 等 において 実 施 事 業 とならな いなど 変 更 の 可

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55

第 3 回 大 会 (S55.3.16) 第 4 回 大 会 (S56.3.15) 1 伊 那 北 1 40 17 1 伊 那 北 1 39 58 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 22 2 上 伊 那 農 業 A 1 40 29 3 岡 谷 南 1 40 23 3 岩 村 田 1 42 55 春 の 高 校 伊 那 駅 伝 男 子 成 績 一 覧 大 会 記 録 : 総 合 の 部 2 08 14 ( 第 35 回 豊 川 工 業 ) 県 内 の 部 2 10 29 ( 第 35 回 佐 久 長 聖 ) 第 10 回 大 会 以 降 は 数 字 左 は 総 合 順 位 右 は 県 内 順 位 第 1 回 大 会 (S53.3.19) 第 2 回 大 会 (S54.3.18) 1 岡 谷

More information

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法

法 務 省 法 務 局 前 橋 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 静 岡 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 甲 府 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 長 野 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 新 潟 地 方 法 務 局 法 務 省 法 務 局 名 古 屋 法 インターネット 落 札 情 報 検 索 情 報 収 集 機 関 (2011 年 8 月 8 日 現 在 ) 会 計 検 査 院 会 計 検 査 院 参 議 院 参 議 院 国 立 国 会 図 書 館 国 立 国 会 図 書 館 人 事 院 人 事 院 内 閣 府 内 閣 府 内 閣 府 消 費 者 庁 内 閣 府 国 際 平 和 協 力 本 部 内 閣 府 国 立 公 文 書 館 内 閣 府 沖 縄

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378>

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378> 公 契 約 法 等 を 求 める 意 見 書 採 択 条 例 制 定 した 議 会 数 2013 年 1 月 16 日 分 類 市 区 町 村 分 類 計 意 見 書 条 例 制 定 (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 採 択 (4) 北 海 道 24 18 42 42 青 森 県 1 1 2 2 岩 手 県 2 1

More information

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477>

<30318AEE926E91CE8DF48AD68C578E7B8DF482CC8F5B8EC08BAD89BB82C98AD682B782E99776965D81693238944E378C8E3593FA816A8DC48F4390B38CE32E786477> 基 地 対 策 関 係 施 策 の 充 実 強 化 に 関 する 要 望 我 々 基 地 を 抱 える 関 係 市 町 村 議 会 は 飛 行 場 にお ける 航 空 機 騒 音 や 墜 落 事 故 演 習 場 における 誤 射 山 火 事 在 日 米 軍 による 事 件 事 故 などが 発 生 して いる 状 況 において 基 地 に 対 する 周 辺 住 民 の 理 解 と 協 力 を 得 るため

More information

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00

8 茨 城 県 取 手 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 19:00 9:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 8 茨 城 県 日 立 北 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 大 雪 通 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 20:00 10:00 1 北 海 道 旭 川 花 咲 10:00 ~ 20:00 10:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 18:00 8:00 10:00 ~ 20:00

More information

給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 する 人 事 委 員 会 勧 告 の 状 況 について 1. 都 道 府 県 勧 告 状 況 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 して 勧 告 等 を 行 った 団 体 :42 団 体 勧 告 は 行 っていないが 給 与 水 準 等

給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 する 人 事 委 員 会 勧 告 の 状 況 について 1. 都 道 府 県 勧 告 状 況 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 して 勧 告 等 を 行 った 団 体 :42 団 体 勧 告 は 行 っていないが 給 与 水 準 等 資 料 1 人 事 委 員 会 勧 告 の 状 況 について 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 する 人 事 委 員 会 勧 告 の 状 況 について 1. 都 道 府 県 勧 告 状 況 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しに 関 して 勧 告 等 を 行 った 団 体 :42 団 体 勧 告 は 行 っていないが 給 与 水 準 等 から 見 て 既 に 見 直 しの 趣

More information

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 宮 の 森 1 条 15 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 北 区 篠 路 町 篠 路 周 辺 北 海 道 札 幌 市 東 区 北 丘 珠 4 条 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 真 駒 内 本 町 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 石 山 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 常 盤 2 条 2 丁 目

More information

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73>

<819B313381408E9197BF342D3120208AEE91628EA98EA191CC814593B9957B8CA7939982C682CC98418C678E9697E12E786C73> 資 料 4-1 基 礎 自 治 体 道 府 県 等 との 連 携 の 事 例 ~ 各 市 における 特 徴 的 な 事 例 ~ 都 市 名 連 携 事 務 連 携 相 手 方 内 容 札 幌 市 札 幌 市 札 幌 市 仙 台 市 仙 台 市 仙 台 市 札 幌 広 域 圏 組 合 北 海 道 内 都 市 経 済 活 性 化 会 議 さっぽろ 圏 地 産 地 消 推 進 委 員 会 仙 台 都 市

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均

1 区 別 生 命 表 にいて (1) 生 命 表 とは 生 命 表 とは ある 人 口 集 団 の 死 亡 状 況 が 今 後 変 化 しないと 仮 定 したときに 各 年 齢 の 者 が 死 亡 する 確 率 や 均 してあと 何 年 生 きられるかという 期 待 値 などを 死 亡 率 や 均 成 年 青 森 県 別 生 命 表 の 概 況 ~ 成 年 区 別 生 命 表 の 概 況 から~ 目 次 1 区 別 生 命 表 にいて... 1 (1) 生 命 表 とは... 1 () 区 別 生 命 表... 1 (3) 基 礎 資 料... 1 総 評... (1) 均 寿 命 の 分 布... () 均 寿 命 の 男 女 比 較... 4 (3) 均 寿 命 の 延 び... 5 3

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が 平 成 28 年 度 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 について 平 素 は 電 気 事 業 にご 理 解 を 賜 り 誠 にありがとうございます 弊 社 は 法 律 にもとづき4 年 に 一 度 以 上 お 客 さまの 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 さ れた 調 査 機 関 へ 委 託 し 実 施 しております この 度 平 成 28 年 度 の 委 託

More information

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務

37 沖 縄 総 合 事 務 局 平 良 港 湾 事 務 所 38 沖 縄 総 合 事 務 局 石 垣 港 湾 事 務 所 39 沖 縄 総 合 事 務 局 国 営 沖 縄 記 念 公 園 事 務 所 40 沖 縄 総 合 事 務 局 伊 江 農 業 水 利 事 業 所 41 沖 縄 総 合 事 務 立 法 府 1 衆 議 院 2 参 議 院 3 国 立 国 会 図 書 館 4 国 立 国 会 図 書 館 関 西 館 裁 判 所 1 最 高 裁 判 所 2 札 幌 高 等 裁 判 所 3 札 幌 地 方 裁 判 所 4 札 幌 家 庭 裁 判 所 5 函 館 地 方 裁 判 所 6 函 館 家 庭 裁 判 所 7 旭 川 地 方 裁 判 所 8 旭 川 家 庭 裁 判 所 9 釧 路 地 方 裁

More information

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt

Microsoft PowerPoint - 090908 ③検討会資料.ppt 県 営 住 宅 耐 震 性 確 保 策 等 検 討 委 員 会 ( 第 3 回 ) 1 前 回 宿 題 事 項 ( 土 地 の 利 用 状 況 の 追 加 説 明 等 ) 及 び 事 業 シミュレーションについて 2 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 策 定 について 3 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 の 策 定 について 平 成 21 年 9 月 徳 島 県 県 土 整

More information

指定を受けている設置者一覧

指定を受けている設置者一覧 課 程 について 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 取 の 内 容 管 機 関 る 取 1 北 海 道 三 笠 市 委 員 会 公 2 H16.12 H17.4 2 北 海 道 白 糠 町 委 員 会 公 5 H22.2 H22.4 3 北 海 道 松 前 町 委 員 会 公 4 H22.2 H22.4 4 北 海 道 法 人 北 海 道 シュタイナー 園 私 2 H18.11 H19.4

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 2) 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 105 2 節 防 災 事 業 計 画 10 3 節 施 設 の 現 況 と 管 理 110 参 考 東 京 都 の 災 害 対 策 分 掌 事 務 及 び 組 織 113-103 - 防 災 機 能 の 向 上 1 節 防 災 事 業 の 沿 革 港 湾 整 備 部 計 画 課 東 京 港 の 臨 海 部 は 東 京 湾 の 最 奥

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 ご 案 内 私 たちは 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 中 小 事 業 者 の 方 々の 再 生 のため そして 被 災 地 域 の 復 興 のために 国 により 設 立 された 会 社 です 震 災 支 援 機 構 と 呼 んで 下 さい 被 災 事 業 者 様 の 声 1 震 災 の 影 響 で 旧 債 務 の 返 済

More information

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単

学 校 名 都 道 府 県 階 級 数 教 科 科 目 など 備 考 根 室 高 等 学 校 数 学 B 鵡 川 高 等 学 校 3 級 南 茅 部 高 等 学 校 数 に 加 算 できる 単 位 を 表 す 3 級 余 市 紅 志 高 等 学 校 羅 臼 高 等 学 校 4 単 位 1 級 4 単 < 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 単 位 認 定 制 度 について> 文 部 科 学 省 による 技 能 審 査 で 得 た 資 格 や 点 数 を 取 得 単 位 として 認 定 する 際 のガイドライン の 通 知 にしたがって 検 定 取 得 者 を 単 位 認 定 する 学 校 が 増 加 傾 向 にあります 現 在 大 学 高 等 専 門 学 校 高 等 学 校 において

More information

(参考)国民年金保険料の免除等について

(参考)国民年金保険料の免除等について ( 参 考 ) 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 等 について 1. 保 険 料 の 免 除 猶 予 について 所 得 が 少 ないなど 保 険 料 を 納 めることが 経 済 的 に 困 難 な 場 合 には 本 人 の 申 請 手 続 き によって 承 認 を 受 けると 保 険 料 の 納 付 が 免 除 または 猶 予 される 制 度 ( 次 の3 種 類 )が あります なお 保 険

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字

青 森 県 青 森 県 青 森 市 幸 畑 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 幸 畑 5 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 浜 館 4 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 合 浦 2 丁 目 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 野 内 周 辺 青 森 県 青 森 市 大 字 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 南 区 澄 川 5 条 11 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 厚 別 区 上 野 幌 3 条 3 丁 目 周 辺 北 海 道 小 樽 市 最 上 2 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 神 楽 4 条 10 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 忠 和 5 条 4 丁 目 周 辺 北 海 道 旭 川 市 西 神 楽 2 線 周 辺 北 海 道 旭 川

More information

<938C93FA967B91E5906B8DD081468EF98B8B954E949782C982E682E98C7689E692E2936482CC8EC08E7B82C688EA917782CC90DF93642E2E2E>

<938C93FA967B91E5906B8DD081468EF98B8B954E949782C982E682E98C7689E692E2936482CC8EC08E7B82C688EA917782CC90DF93642E2E2E> 毎 日 新 聞 社 English まいまいクラブ サイトマップ 検 索 事 件 事 故 裁 判 話 題 経 済 IT 海 外 政 治 サイエンス 気 象 地 震 人 事 訃 報 社 説 解 説 コラム 天 気 特 集 フォト 動 画 地 域 ランキング ことば 速 報 RSS トップ 気 象 地 震 ニュースセレクト > 気 象 地 震 > 記 事 文 字 サイズ 変 更 小 中 大 この 記 事

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 (

滋 賀 県 山 村 甲 賀 市 2 2 水 口 町 ( 伴 谷 村 ) 水 口 町 ( 柏 木 村 ) 水 口 町 ( 水 口 町 ) 水 口 町 ( 大 野 村 2-2) 水 口 町 ( 佐 山 村 2-1) 水 口 町 ( 貴 生 川 町 ) 土 山 町 ( 大 野 村 2-1) 土 山 町 ( 滋 賀 県 地 域 振 興 立 法 (5 法 ) 指 定 一 覧 山 村 大 津 市 2 大 津 市 ( 葛 川 村 ) 大 津 市 ( 伊 香 立 村 ) 大 津 市 ( 真 野 村 ) 大 津 市 ( 堅 田 町 ) 大 津 市 ( 仰 木 村 ) 大 津 市 ( 雄 琴 村 ) 大 津 市 ( 坂 本 村 ) 大 津 市 ( 下 阪 本 村 ) 大 津 市 ( 大 津 市 ) 大 津 市 (

More information

琵琶湖流域下水道

琵琶湖流域下水道 琵 琶 湖 流 域 下 水 道 ストックマネジメントガイドライン 概 要 版 平 成 21 年 7 月 滋 賀 県 琵 琶 湖 環 境 部 下 水 道 課 はじめに 我 が 国 のインフラの 多 くは 戦 後 の 高 度 経 済 成 長 期 に 整 備 され 現 在 では 膨 大 なストックを 有 するに 至 っている それらのストックは 年 々 劣 化 し 修 繕 や 改 築 のコストの 増 大

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx

Microsoft PowerPoint - 要旨.pptx 東 日 本 大 震 災 の 被 災 状 況 と 復 興 への 課 題 ~ 分 野 別 エリア 別 分 析 ~ 目 次 サマリー P. 2 1. 総 括 P. 9 2. 生 活 社 会 インフラ P.11 3. 住 宅 P.19 4. 医 療 福 祉 P. 27 5. 製 造 業 P.35 6. 非 製 造 業 P.43 7. 農 林 水 産 業 P.51 補 論 被 害 額 の 推 定 プロセスの

More information

計 19,931

計 19,931 事 業 番 号 復 興 庁 :94 農 林 水 産 省 :0423 平 成 24 年 行 政 事 業 レビューシート ( 復 興 庁 農 林 水 産 省 ) 事 業 名 農 地 農 業 用 施 設 等 の 復 興 関 連 事 業 担 当 部 局 庁 作 成 責 任 者 事 業 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 平 成 23 年 度 ~ 担 当 課 室 会 計 区 分 一 般 会 計 東 日 本

More information

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1

別 紙 1 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 概 要 中 国 財 務 局 管 内 における 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 にあたっては 国 家 公 務 員 宿 舎 の 削 減 のあり 方 についての 検 討 会 が 昨 年 12 月 1 平 成 24 年 12 月 10 日 中 国 財 務 局 報 道 発 表 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 ( 中 国 財 務 局 管 内 分 )の 公 表 平 成 24 年 11 月 26 日 財 務 省 が 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 の 公 表 を 行 ったことを 受 け 中 国 財 務 局 管 内 分 の 国 家 公 務 員 宿 舎 削 減 計 画 を 別 紙 のとおり

More information

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 (

十 勝 管 内 釧 路 管 内 第 5 旅 団 長 根 室 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 北 見 市 網 走 市 美 幌 町 津 別 町 斜 里 町 清 里 町 小 清 水 町 訓 子 府 町 置 戸 町 大 町 ) オホーツク 管 内 の 一 第 6 普 通 科 連 隊 長 部 ( 都 道 府 県 別 災 害 派 遣 連 絡 窓 口 一 覧 表 (1/9) 参 考 2 区 分 地 域 等 連 絡 窓 口 所 在 地 電 話 番 号 北 道 陸 宗 谷 管 内 上 川 管 内 第 2 師 団 長 070-8630 (0166)51-6111 留 萌 管 内 オホーツク 管 内 の 一 部 ( 紋 別 市 北 道 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 内 線 2793 ( 当

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

施設リスト

施設リスト 1 北 海 道 北 海 道 大 学 医 学 部 附 属 病 院 2 北 海 道 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 3 北 海 道 市 立 旭 川 病 院 4 北 海 道 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 北 海 道 医 療 センター 5 北 海 道 砂 川 市 立 病 院 6 北 海 道 製 鉄 記 念 室 蘭 病 院 7 北 海 道 名 寄 市 立 総 合 病 院 8 北 海

More information

3 / 5 1

3 / 5 1 第 3 回 埼 玉 県 道 路 メンテナンス 会 議 日 時 : 平 成 27 年 1 月 13 日 ( 火 ) 13:30~15:30 場 所 : 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 5 階 大 研 修 室 5A 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 事 (1)これまでの 動 き 資 料 -1 (2) 道 路 インフラの 老 朽 化 対 策 に 関 するアンケート 追

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確

災 対 法 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 する (6) 政 府 による 総 合 調 整 が 行 われた 場 合 には その 結 果 に 基 づき 所 要 の 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 するよう 努 める 第 2 章 防 災 体 制 の 確 第 1 章 総 則 ( 計 画 の 目 的 ) 第 1 条 本 計 画 は 次 の 各 号 の 法 律 の 規 定 に 基 づき 佐 川 急 便 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 災 害 及 び 災 害 防 止 に 対 処 するため 防 災 に 関 する 必 要 な 体 制 を 確 立 し 防 災 業 務 を 的 確 かつ 迅 速 に 実 施 して 運 送 の 確 保 を 図 ることを

More information

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの

1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は 1 広 域 的 な 送 電 線 運 用 の 拡 大 2 小 売 の 全 面 自 由 化 3 法 的 分 離 による 送 配 電 部 門 の 中 立 性 の 一 層 の 確 保 の3つを 大 きな 柱 としています 3つの 電 力 システム 革 について - 電 力 の 小 売 全 面 自 由 化 は 電 力 システム 革 の 一 部 と して 位 置 づけられています ここでは 自 由 化 の 背 景 としての 電 力 システム 革 について 概 要 をご 説 明 します 2015 年 11 月 経 済 産 業 省 資 源 エネルギー 庁 1-1. 電 力 システム 革 の 全 体 像 1 電 力 システム 革 は

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

Microsoft PowerPoint - 子ども・子育て支援新制度の解説 ③公定価格

Microsoft PowerPoint - 子ども・子育て支援新制度の解説 ③公定価格 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 の 解 説 3 公 定 価 格 平 成 26 年 7 月 文 部 科 学 省 Ⅰ. 公 定 価 格 の 概 要 公 定 価 格 の 基 本 的 構 造 市 町 村 の 確 認 を 受 けた 施 設 事 業 は 公 定 価 格 により 財 政 支 援 を 保 障 公 定 価 格 教 育 保 育 地 域 型 保 育 に 通 常 要 する 費 用 の 額 を 勘

More information

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計

名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 7 河 川 改 修 堤 防 のかさ 上 げの 検 討 護 岸 の 改 修 な ど 盛 川 須 崎 川 大 立 川 など 県 管 理 河 川 茶 屋 前 水 路 ほか 市 管 理 河 川 県 市 23~ 着 手 済 3 須 崎 川 河 川 改 修 の 設 計 名 概 要 主 体 期 間 進 捗 状 況 方 針 1 被 災 した 都 市 基 盤 施 設 を 早 期 に 復 旧 するとともに 防 災 機 能 向 上 のために 必 要 な 整 備 を 行 います 施 策 ア 道 路 河 川 港 湾 施 設 などを 復 旧 します 1 道 路 復 旧 被 災 した 道 路 の 復 旧 主 要 地 方 道 大 船 渡 綾 里 三 陸 線 主 要 地 方 道 大 船

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災 第 3 節 復 旧 復 興 に 向 けた 動 き 1. 復 旧 に 向 けた 取 組 ( 被 災 地 における 復 旧 の 進 展 ) 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 被 った 各 地 域 では 官 民 一 体 となって 復 旧 作 業 に 懸 命 の 努 力 が 傾 けら れている 52 被 災 3 県 の 沿 岸 市 町 村 における 瓦 礫 撤 去 作 業 は 2011 年 度 末 までに

More information

270401_災害拠点病院一覧

270401_災害拠点病院一覧 災 害 拠 点 病 院 一 覧 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 都 道 府 県 No 区 分 病 院 名 開 設 者 所 在 地 二 次 医 療 圏 名 北 海 道 1 基 幹 札 幌 医 科 大 学 附 属 病 院 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 中 央 区 札 幌 基 幹 1 2 地 域 市 立 函 館 病 院 市 町 村 函 館 市 南 渡 島 地 域 32 3 地 域

More information

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州

道路の渋滞ポイントに関するアンケート 九州 現 在 この 地 域 ( 都 道 府 県 )では では 以 下 のリスト リストに 掲 げた 地 点 で 交 通 の 渋 滞 や 混 雑 がよく 起 きているとされています 今 後 改 良 等 を 進 めていく 上 での 参 考 として あなたのご 意 見 をお 聞 かせください まず あなた 御 自 身 のことについておうかがいします 主 に 活 動 されている 市 区 町 村 : 市 区 町 村

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退

在 地 区 分 の 概 要 1 a1 法 務 省 青 森 地 方 検 察 庁 一 般 - 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 1,874.68 青 森 県 弘 前 市 大 字 上 白 銀 町 5-6 青 森 地 方 検 察 庁 弘 前 支 部 弘 前 区 検 察 庁 は 入 居 官 署 の 退 資 料 3の 参 考 2 平 成 27 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 平 成 27 年 度 国 有 財 産 監 査 の 結 果 について の 2 ページに 記 載 した の 主 な 内 容 を 別 に 表 しています 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理

More information

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 について 資 料 6 農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 を 払

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

鶴 岡 地 区 鶴 岡 市 三 川 町 39. 新 庄 最 上 地 区 新 庄 市 金 山 町 最 上 町 舟 形 町 真 室 川 町 大 蔵 村 鮭 川 村 戸 沢 村 40. 北 村 山 地 区 村 山 市 東 根 市 尾 花 沢 市 大 石 田 町 41. 山 形 地 区 山 形

鶴 岡 地 区 鶴 岡 市 三 川 町 39. 新 庄 最 上 地 区 新 庄 市 金 山 町 最 上 町 舟 形 町 真 室 川 町 大 蔵 村 鮭 川 村 戸 沢 村 40. 北 村 山 地 区 村 山 市 東 根 市 尾 花 沢 市 大 石 田 町 41. 山 形 地 区 山 形 16 地 区 の 範 囲 北 海 道 1. 室 蘭 地 区 室 蘭 市 登 別 市 伊 達 市 洞 爺 湖 町 2. 苫 小 牧 地 区 苫 小 牧 市 白 老 町 安 平 町 厚 真 町 むかわ 町 3. 札 幌 小 樽 地 区 札 幌 市 小 樽 市 江 別 市 石 狩 市 余 市 町 4. 千 歳 恵 庭 地 区 千 歳 市 恵 庭 市 北 広 島 市 南 幌 町 長 沼 町 5. 釧 路 白

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

表 14-3-1 農 業 農 村 整 備 事 業 等 に 係 る 事 前 評 価 の 結 果 一 覧 事 業 名 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 予 算 科 目 経 営 体 育 成 基 盤 整 備 事 業 費 補 助 事 業 の 主 な 目 的 将 来 の 地 域 農 業 を 担 う 経 営 体 を 育 成 しながら 地 域 農 業 の 展 開 方 向 等 を 勘 案 して 必 要 となる

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

住宅性能評価業務規程

住宅性能評価業務規程 住 宅 性 能 評 価 業 務 規 程 富 士 建 築 センター 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 趣 旨 )... 3 第 2 条 ( 基 本 方 針 )... 3 第 3 条 ( 評 価 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 )... 3 第 4 条 ( 事 務 所 の 所 在 地 )... 3 第 5 条 ( 評 価 の 業 務 を 行 う 区 域

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

Microsoft Word - siryo8-2

Microsoft Word - siryo8-2 [ 危 険 ] 1 河 川 法 一 二 級 河 川 一 覧 表 < 資 料 8-3> 表 1 河 川 法 一 級 河 川 ( 単 位 :m)< 県 土 整 備 部 河 川 環 境 課 > 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 河 川 名 指 定 延 長 河 川 名 指 定 延 長 1 利 根 川 左 岸 22,500m 右 岸 100,640m 45 富 ヶ 沢 川 左 右 岸 各 510m 2

More information

関東中部地方の週間地震概況

関東中部地方の週間地震概況 平 成 27 年 7 月 3 日 気 象 庁 地 火 山 部 関 東 中 部 地 方 ( 三 重 県 を 含 む)の 週 間 地 概 況 平 成 27 年 第 27 ( 平 成 27 年 6 月 26 日 ~7 月 2 日 ) 表 1 度 1 以 上 を 観 測 した 回 数 西 部 の 地 で 度 3を 観 測 今 期 間 中 に 関 東 中 部 地 方 で 度 1 以 上 を 観 測 した 地

More information

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項

次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの 基 本 向 3 3. 実 施 主 体 法 4 4. 規 制 制 度 改 要 望 4 5. 期 待 成 果 5 6.KPI 想 定 項 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 地 球 環 境 への 貢 献 と 新 たな 産 業 の 創 出 に 向 けて 平 成 25 年 9 10 千 代 化 建 設 株 式 会 社 川 崎 市 次 素 エネルギーフロンティア 国 家 戦 略 特 区 による 新 たな 成 戦 略 への 提 案 第 1 部 総 論 1. 背 景 課 題 2 2.プロジェクトの

More information

’V3000Form−®’¬.xls

’V3000Form−®’¬.xls 1821 姓 3034 本 SET 1-5 コート 姓 数 量 184 天 野 383 池 野 556 入 江 728 梅 林 910 大 上 あ 190 雨 宮 391 池 本 559 入 沢 729 梅 原 912 大 内 3 阿 久 津 197 綾 部 395 石 井 567 岩 井 731 梅 村 913 大 浦 12 阿 部 201 荒 井 397 石 上 570 岩 上 732 梅 本

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

H27あらましP0(表紙)ホームページ

H27あらましP0(表紙)ホームページ 平 成 27 年 地 価 調 査 のあらまし 第 1 地 価 調 査 制 度 の 概 要 1 地 価 調 査 の 目 的 2 調 査 対 象 区 域 3 調 査 地 点 数 4 基 準 地 の 選 定 基 準 5 価 格 判 定 の 基 準 日 6 価 格 の 判 定 7 標 準 価 格 の 性 格 8 周 知 措 置 9 用 語 の 定 義 第 2 全 国 の 状 況 1 概 要 2 栃 木 県

More information

Microsoft Word - 271201答申最終

Microsoft Word - 271201答申最終 なお 立 体 交 差 工 事 の 実 施 にあたっては 交 通 を 確 保 しながらの 施 工 となるため 十 分 安 全 に 配 慮 するとともに 路 線 の 重 要 性 に 鑑 み 早 期 完 成 に 努 められたい また 盛 土 区 間 の 法 面 緑 化 など 緑 の 確 保 にも 配 慮 されたい 海 岸 港 湾 事 業 (2) 福 良 港 海 岸 福 良 地 区 ( 南 あわじ 市 )

More information

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc

Microsoft Word - 0300第3章中表紙.doc 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 第 3 章 公 共 建 築 物 維 持 保 全 計 画 1 計 画 の 目 的 と 位 置 付 け 本 計 画 は, 公 共 建 築 物 の 現 状 と 維 持 保 全 の 課 題 を 踏 まえ, 公 共 建 築 物 の 長 寿 命 化 や ライフサイクルコストの 縮 減 を 基 本 に, 安 全 かつ 良 好 な 状 態 で 維 持 保 全

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information