目 次 1 はじめに 2 2 変 動 型 生 保 商 品 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 概 要 3 ⑴ 変 動 型 生 保 商 品 3 ⑵ 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 4 ⑶ 生 保 商 品 のまとめ( 生 保 商 品 の 機 能 の 再 確 認 ) 5 3 現 行

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1 はじめに 2 2 変 動 型 生 保 商 品 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 概 要 3 ⑴ 変 動 型 生 保 商 品 3 ⑵ 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 4 ⑶ 生 保 商 品 のまとめ( 生 保 商 品 の 機 能 の 再 確 認 ) 5 3 現 行"

Transcription

1 論 説 最 近 の 生 命 保 険 商 品 の 動 向 と 課 税 上 の 取 扱 いに 関 する 一 考 察 - 変 額 保 険 ユニバーサル 保 険 などを 中 心 に- 東 京 国 税 不 服 審 判 所 副 審 判 官 矢 田 公 一 SUMMARY 生 命 保 険 契 約 は 被 保 険 者 である 人 の 生 死 を 保 険 事 故 として 一 定 の 金 額 が 支 払 われるもの であり 伝 統 的 な 生 命 保 険 契 約 として 定 期 保 険 養 老 保 険 終 身 保 険 などが 挙 げられる これらの 生 命 保 険 契 約 に 対 しては 保 険 料 拠 出 時 の 生 命 保 険 料 控 除 の 適 用 満 期 保 険 金 受 領 時 の 一 時 所 得 としての 課 税 死 亡 保 険 金 受 領 時 の 相 続 税 の 非 課 税 枞 などといった 税 法 上 の 優 遇 措 置 が 講 じられている ところで 生 命 保 険 商 品 には 最 近 変 額 保 険 やアカウント 型 保 険 といった 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 が 明 確 にされた 新 たな 商 品 が 発 売 されており これらの 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 は 投 資 信 託 や 市 場 利 率 感 応 型 定 期 預 金 に 類 似 した 性 質 を 有 するものともいわれている 本 稿 は これらの 新 たな 生 命 保 険 商 品 についての 概 要 を 紹 介 し 伝 統 的 な 保 険 商 品 との 差 異 を 明 らかにした 上 で 米 国 における 適 格 生 命 保 険 要 件 などを 踏 まえながら 課 税 上 の 取 扱 いを 考 察 するものである ( 税 大 ジャーナル 編 集 部 ) 本 内 容 については すべて 執 筆 者 の 個 人 的 見 解 であり 税 務 大 学 校 国 税 庁 あるいは 国 税 不 服 審 判 所 等 の 公 式 見 解 を 示 すものではありません 1

2 目 次 1 はじめに 2 2 変 動 型 生 保 商 品 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 概 要 3 ⑴ 変 動 型 生 保 商 品 3 ⑵ 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 4 ⑶ 生 保 商 品 のまとめ( 生 保 商 品 の 機 能 の 再 確 認 ) 5 3 現 行 の 課 税 制 度 からみた 課 税 上 の 問 題 点 の 検 討 6 ⑴ 生 命 保 険 契 約 の 意 義 ( 保 険 か 投 資 貯 蓄 か) 6 ⑵ 現 行 の 課 税 制 度 の 概 要 8 ⑶ 米 国 の 課 税 制 度 の 概 要 10 ⑷ 現 行 の 課 税 制 度 からみた 課 税 上 の 問 題 点 と 検 討 の 方 向 性 12 4 投 資 貯 蓄 的 性 格 に 着 目 した 生 保 商 品 への 課 税 問 題 の 検 討 14 ⑴ 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 への 課 税 問 題 14 ⑵ 生 保 商 品 への 課 税 問 題 の 今 後 の 課 題 と 議 論 の 方 向 性 16 1 はじめに 一 般 に 生 命 保 険 は 万 一 の 事 故 が 生 じた 際 にその 損 害 額 を 填 補 する 保 険 契 約 である 損 害 保 険 とは 異 なり 人 の 生 死 を 保 険 事 故 とし て 一 定 金 額 が 支 払 われる 保 険 契 約 であると 理 解 される 保 険 法 においても 生 命 保 険 契 約 とは 保 険 者 が 人 の 生 存 又 は 死 亡 に 関 し 一 定 の 保 険 給 付 を 行 うことを 約 するもの と 定 義 され( 同 法 2 八 ) 従 来 の 伝 統 的 な 生 命 保 険 商 品 ( 以 下 生 保 商 品 という )は 定 期 保 険 養 老 保 険 定 期 付 養 老 保 険 など いずれ も 保 険 契 約 の 締 結 時 に 約 定 した 一 定 の 保 険 金 額 が 保 険 事 故 の 発 生 時 に 支 払 われるもので ある しかし 近 年 保 険 料 が 有 価 証 券 などによっ て 運 用 されその 実 績 によって 保 険 金 額 が 変 動 する 生 保 商 品 や 積 立 部 分 と 保 障 部 分 とを 分 離 し 積 立 部 分 に 係 る 予 定 利 率 が 一 定 期 間 の サイクルで 変 動 する 生 保 商 品 が 発 売 されてい る 具 体 的 には 前 者 に 属 するものとして 昭 和 61 年 に 変 額 保 険 が 平 成 13 年 には 変 額 ユニバーサル 保 険 が 発 売 され また 後 者 に 属 するものとして 平 成 12 年 に 日 本 型 ユニ バーサル 保 険 ともいうべきアカウント 型 保 険 が 発 売 されている 従 来 の 伝 統 的 な 生 保 商 品 は 契 約 時 に 採 用 ( 確 定 )した 予 定 利 率 により 責 任 準 備 金 が 運 用 され 定 額 の 保 険 金 が 給 付 されることと なっているから 責 任 準 備 金 の 運 用 リスクは 保 険 会 社 にあるといえる( 以 下 従 来 型 の 生 保 商 品 を 定 額 型 生 保 商 品 と 呼 ぶこととす る ) 他 方 変 額 保 険 や 変 額 ユニバーサル 保 険 は 運 用 実 績 によって 保 険 金 額 や 解 約 返 戻 金 額 が 変 動 することとなるため 運 用 リスクは 保 険 契 約 者 にあるといえ( 以 下 変 額 保 険 変 額 ユニバーサル 保 険 を 変 動 型 生 保 商 品 と 呼 ぶこととする ) また アカウント 型 保 険 は 予 定 利 率 により 運 用 されることから 運 用 リスクは 保 険 会 社 にあるといえるが 保 障 部 分 と 貯 蓄 部 分 とが 分 離 された 上 その 利 率 は 一 定 期 間 毎 に 見 直 されるため 保 険 契 約 者 に とっては 貯 蓄 部 分 に 係 る 保 険 金 額 が 契 約 時 に 2

3 定 まっていないといえる( 以 下 アカウント 型 保 険 を 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 と 呼 ぶ こととする ) このように 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 従 来 からの 定 額 型 生 保 商 品 とは 異 なる 面 を 有 しているところ 課 税 上 の 取 扱 いは 定 額 型 生 保 商 品 と 特 に 異 なる 取 扱 い がなされているものではない 例 えば 個 人 が 変 額 保 険 に 加 入 した 場 合 に は 変 額 保 険 が 証 券 投 資 信 託 にも 似 た 仕 組 み を 持 つもの (1) であるにもかかわらず 保 険 料 については 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 とされ 保 険 金 は 税 負 担 が 軽 減 される 一 時 所 得 に 区 分 さ れる また 法 人 や 個 人 事 業 者 が 福 利 厚 生 な どのために 保 険 料 を 負 担 した 場 合 の 取 扱 い は 課 税 実 務 においては 国 税 当 局 が 定 めた 法 人 税 基 本 通 達 や 所 得 税 基 本 通 達 の 定 めに 依 っ ているが そこに 定 められている 保 険 種 類 は 定 期 保 険 養 老 保 険 及 び 定 期 付 養 老 保 険 と いった 伝 統 的 な 定 額 型 生 保 商 品 にとどまって おり 従 来 と 異 なる 特 性 を 持 つ 保 険 種 類 につ いては 何 も 示 していない もとより 生 保 商 品 は 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶため 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 ) が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するものであるといえる が 事 故 率 ( 死 亡 率 )を 前 提 とした 保 障 とい う 機 能 を 有 し かつ その 保 険 金 額 が 一 定 額 であることから 他 の 金 融 商 品 とは 異 なる 取 扱 いがなされてきたと 考 える この 点 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 など 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 が 明 確 にされた 商 品 につい て その 商 品 としての 性 格 課 税 上 の 位 置 付 けなどがこれまで 十 分 議 論 されてきたとはい い 難 い (2) 米 国 においては 変 額 保 険 変 額 ユニバー サル 保 険 ユニバーサル 保 険 という 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 を 明 確 にした 生 保 商 品 が 新 契 約 の 販 売 シェア( 金 額 ベース)で 半 数 を 占 めてお り (3) 我 が 国 においても バブル 景 気 を 背 景 にした 相 続 税 対 策 という 一 面 があるにしても 過 去 の 一 時 期 には 変 額 保 険 の 急 激 な 販 売 増 加 がみられたことや 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 が 発 売 された 直 後 の 平 成 13 年 度 における 新 契 約 の 販 売 シェアが 20.3%に 達 する (4) などの 状 況 を 踏 まえれば 投 資 貯 蓄 機 能 が 明 確 となっ た 生 保 商 品 への 課 税 上 の 研 究 は 怠 ることはで きず また 将 来 的 な 課 題 として 検 討 してお くべきことは 極 めて 重 要 と 考 える (5) そこで 本 稿 では これらの 商 品 の 内 容 を 整 理 した 上 で 今 後 展 開 すべき 議 論 の 方 向 性 を 探 ることとしたい 2 変 動 型 生 保 商 品 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 概 要 ⑴ 変 動 型 生 保 商 品 イ 変 額 保 険 (Variable Life Insurance) 変 額 保 険 とは 保 険 契 約 者 が 支 払 った 保 険 料 を 専 ら 特 別 勘 定 において 有 価 証 券 など への 投 資 によって 運 用 し その 運 用 実 績 に よって 保 険 金 額 及 び 解 約 返 戻 金 額 が 変 動 す る 保 険 契 約 であり 現 在 我 が 国 で 発 売 さ れている 変 額 保 険 には 終 身 型 と 有 期 型 が ある(なお 変 額 保 険 と 同 様 の 仕 組 みを 個 人 年 金 保 険 に 導 入 したものが 変 額 個 人 年 金 保 険 として 販 売 されている ) 我 が 国 における 変 額 保 険 は 昭 和 61 年 に 発 売 され その 後 のバブル 景 気 を 背 景 に 相 続 税 対 策 として 保 険 契 約 者 が 銀 行 融 資 を 受 けて 保 険 料 を 支 払 う 融 資 一 体 型 ともいう べき 変 額 保 険 が 広 く 販 売 された(もっとも バブル 崩 壊 に 伴 う 運 用 実 績 の 低 迷 により 解 約 返 戻 金 が 支 払 保 険 料 を 大 きく 下 回 り 銀 行 融 資 を 完 済 することができなくなったこと から 多 くの 訴 訟 が 提 起 されたことは 記 憶 に 新 しい ) 変 額 保 険 の 保 険 金 額 は 契 約 締 結 時 に 基 本 保 険 金 額 が 設 定 されるが 運 用 実 績 に よって 保 険 事 故 が 生 じた 際 に 支 払 われる 保 3

4 険 金 額 は 変 動 する 死 亡 保 険 金 は 基 本 保 険 金 額 が 最 低 保 証 金 額 とされるが 満 期 保 険 金 ( 有 期 型 の 場 合 ) 及 び 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 したときの 解 約 返 戻 金 については 最 低 保 証 がされないため 基 本 保 険 金 額 や 払 込 保 険 料 の 額 を 下 回 る 場 合 があり 得 る 保 険 契 約 者 から 払 い 込 まれた 保 険 料 は 保 険 会 社 の 事 務 運 営 経 費 に 充 てられる 付 加 保 険 料 及 び 定 額 型 生 保 商 品 の 保 険 料 と 同 一 に 一 般 勘 定 に 繰 り 入 れられて 最 低 保 証 金 額 となる 基 本 保 険 金 額 に 充 てられる 保 険 料 を 除 き 特 別 勘 定 において 運 用 される そし て 特 別 勘 定 での 運 用 は 保 険 契 約 者 自 ら がリスクの 異 なる 複 数 のファンドを 選 択 し て 保 険 会 社 に 運 用 させることができ (6) ファンド 間 の 移 動 も 保 険 契 約 者 の 選 択 によ り 行 うことができる また 運 用 実 績 は 毎 年 所 定 の 時 期 に 保 険 契 約 者 に 報 告 がなさ れるほか 随 時 の 問 い 合 わせに 対 しても 運 用 状 況 が 開 示 される なお 変 額 保 険 においては 保 険 契 約 者 が 支 払 う 保 険 料 の 内 訳 は 明 示 されず また 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 には 特 別 勘 定 の 運 用 資 産 をも 含 めて 保 険 金 として 支 払 われる ことから 保 障 部 分 と 投 資 貯 蓄 部 分 との 明 確 な 分 離 はなされていないといえる(こ れらの 点 で 後 述 する 変 額 ユニバーサル 保 険 と 異 なる ) ロ 変 額 ユニバーサル 保 険 (Variable Universal Life Insurance) 変 額 保 険 の 発 展 型 として 変 額 ユニバー サル 保 険 がある 米 国 では 1984 年 に 発 売 され 我 が 国 では 長 く 類 似 の 商 品 は 発 売 さ れていなかったが 平 成 13 年 (2001 年 ) スカンディア 生 命 ( 現 東 京 海 上 日 動 フィ ナンシャル 生 命 )が 発 売 した (7) 変 額 ユニバーサル 保 険 は 変 額 保 険 と 同 様 に 保 険 金 額 は 運 用 実 績 により 変 動 する 保 険 契 約 であり(ただし 死 亡 保 険 金 は 基 本 保 険 金 が 最 低 保 証 される ) 満 期 保 険 金 や 解 約 返 戻 金 は 基 本 保 険 金 や 払 込 保 険 料 を 下 回 る 場 合 があり 得 る 保 険 契 約 者 から 払 い 込 まれた 保 険 料 は その 全 額 がいったん 特 別 勘 定 に 属 する 積 立 金 へ 入 れられ そこから 付 加 保 険 料 と 基 本 保 険 金 に 係 る 危 険 保 険 料 が 控 除 され 積 立 金 は 保 険 契 約 者 が 選 択 したファンドによ り 運 用 される(この 点 変 額 保 険 と 異 なり 保 障 部 分 と 投 資 貯 蓄 部 分 との 分 離 がみら れるのである ) 変 額 ユニバーサル 保 険 の 特 徴 は 高 い 投 資 性 と 保 険 設 計 の 自 在 性 にあるといえる すなわち 保 険 料 は 全 額 がいったん 特 別 勘 定 に 属 する 積 立 金 に 入 れられることと 保 険 契 約 に 係 る 諸 費 用 ( 付 加 保 険 料 )の 内 容 金 額 が 開 示 され 投 資 商 品 としての 特 性 を 有 する また 死 亡 保 険 金 額 はいつでも 自 由 に 設 定 変 更 できるほか 保 険 料 の 支 払 も 自 由 に 変 更 でき 任 意 に 一 時 払 いを 行 う ことや 支 払 を 停 止 することもできるなど 保 険 設 計 の 自 在 性 が 高 められている ⑵ 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 我 が 国 では 平 成 12 年 に 明 治 生 命 ( 現 明 治 安 田 生 命 )が 発 売 した 3 年 ごと 利 差 配 当 付 利 率 変 動 型 積 立 終 身 保 険 (ライフアカウント L.A) が 最 初 であり アカウント 型 保 険 といわれる アカ ウント 型 保 険 は 米 国 で 主 力 商 品 となってい るユニバーサル 保 険 をモデルにしたものであ るといわれている (8) アカウント 型 保 険 は 発 売 している 各 社 に よりその 内 容 に 差 異 が 存 するものの 一 般 に は 生 保 商 品 における 保 障 部 分 と 貯 蓄 部 分 と を 分 離 し 保 険 料 はいったんアカウントと 呼 ばれる 貯 蓄 部 分 に 入 り そこから 必 要 な 保 障 のための 特 約 保 険 料 にその 一 部 が 充 当 され 残 額 が 積 み 立 てられ 予 定 利 率 で 運 用 される 保 険 商 品 である 予 定 利 率 は 一 定 の 期 間 毎 に 市 中 金 利 など を 基 準 にして 見 直 され 積 立 金 は 確 定 利 回 り 4

5 により 運 用 される (9) (この 点 変 額 型 生 保 商 品 とは 異 なるが 契 約 時 の 予 定 利 率 が 保 険 期 間 終 了 まで 適 用 される 定 額 型 生 保 商 品 とも 異 なる ) したがって 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 とは 死 亡 保 険 ( 定 期 保 険 ) 付 の 市 中 利 率 感 応 型 定 期 預 金 と 言 い 換 えることができよう そうす ると この 保 障 部 分 と 貯 蓄 部 分 との 分 離 ゆえ に 貯 蓄 部 分 から 払 い 出 されるものが 果 たし て 保 険 金 額 といえるかという 疑 問 も 生 ずるの である(この 点 については 後 述 する ) 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 特 徴 として 販 売 各 社 とも 保 険 設 計 の 自 在 性 と 保 険 料 払 込 みの 自 在 性 を 挙 げている 保 険 設 計 の 自 在 性 とは 保 険 契 約 者 は 保 険 期 間 中 に 契 約 内 容 の 見 直 しが 自 由 に 行 えることとされ 被 保 険 者 の 年 齢 に 応 じた 保 障 内 容 を 自 由 に 設 計 して いくことができる ただし 米 国 におけるユ ニバーサル 保 険 と 異 なり 我 が 国 のアカウン ト 型 保 険 は 保 障 部 分 が 特 約 とされている 場 合 が 多 く 見 直 しに 当 たっては 当 該 特 約 の 解 約 を 要 する 場 合 もあるなど 自 在 性 は 劣 る 保 険 料 払 込 みの 自 在 性 とは 保 険 契 約 者 は 保 険 料 のうち 貯 蓄 部 分 にいくらを 充 てるかを 任 意 に 決 められるばかりでなく 上 記 の 保 険 設 計 の 自 在 性 ゆえに 支 払 可 能 な 保 険 料 の 範 囲 内 で 保 険 内 容 を 変 更 していくことが 可 能 であ る さらに 自 在 性 の 最 大 の 特 徴 は 貯 蓄 部 分 のアカウント( 積 立 金 )の 存 在 と 保 険 内 容 の 変 更 の 自 在 性 とが 相 まって 保 険 期 間 中 に 保 険 料 の 払 込 みを 停 止 することが 可 能 となっ ている なお 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 前 述 の とおり 販 売 各 社 ごとに 様 々な 名 称 で また 内 容 も 詳 細 部 分 については 差 異 を 持 ちつつ 販 売 されており 上 記 の 特 徴 も 各 社 で 差 異 が ある 米 国 のユニバーサル 保 険 は 上 記 の 保 険 設 計 の 自 在 性 や 保 険 料 払 込 みの 自 在 性 に 加 え 支 払 保 険 料 の 内 容 が 死 亡 保 障 部 分 付 加 保 険 料 部 分 及 び 貯 蓄 部 分 に 明 確 に 分 離 され その 内 訳 が 開 示 されているところに 特 徴 があ る (10) この 点 我 が 国 では 上 記 ⑴のロの 変 額 ユニバーサル 保 険 を 除 き そのような 生 保 商 品 は 存 在 しない ⑶ 生 保 商 品 のまとめ( 生 保 商 品 の 機 能 の 再 確 認 ) 変 動 型 生 保 商 品 と 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 概 要 は 上 記 のとおりであるが 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 をも 含 めた 各 商 品 の 機 能 を 比 較 すれば 次 頁 の 表 のとおりとなる (11) これまで 述 べてきたように 定 額 型 生 保 商 品 は 保 険 契 約 締 結 時 の 予 定 利 率 が 保 険 期 間 中 適 用 され 保 険 金 額 も 契 約 締 結 時 に 定 めた 一 定 額 が 保 険 事 故 発 生 時 に 支 払 われる また 保 険 料 から 積 み 立 てられた 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )は 保 障 と 貯 蓄 との 機 能 の 分 離 は なく いずれも 保 険 金 の 支 払 財 源 となってい る したがって 保 険 契 約 締 結 時 に 予 定 利 率 及 び 保 険 金 額 が 定 まっていることから 投 資 リスクは 保 険 会 社 が 負 っているのである これに 対 し 変 動 型 生 保 商 品 である 変 額 保 険 及 び 変 額 ユニバーサル 保 険 は 保 険 金 額 が 運 用 実 績 により 変 動 する また 運 用 するファ ンドも 保 険 契 約 者 自 身 が 選 択 することとさ れ 投 資 リスクは 保 険 契 約 者 が 負 っている 他 方 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )の 予 定 利 率 が 定 められ るため 投 資 リスクは 保 険 会 社 が 負 うが 一 定 のサイクルで 予 定 利 率 が 変 動 することか ら 保 険 金 額 は 契 約 締 結 時 において 一 定 額 が 定 まっているものではない また 保 障 部 分 と 投 資 貯 蓄 部 分 との 分 離 についてみると 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 で あるアカウント 型 保 険 や 変 動 型 生 保 商 品 であ りながら 死 亡 保 険 料 を 積 立 金 から 別 に 控 除 す る 変 額 ユニバーサル 保 険 は 保 障 部 分 とは 別 に 積 立 部 分 が 運 用 され その 積 立 部 分 がある ゆえに 保 険 料 払 込 みの 自 在 性 を 有 しており この 点 も 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 と 大 きく 異 5

6 なる 特 徴 である 区 分 定 期 保 険 養 老 保 険 変 額 保 険 アカウント 型 保 険 変 額 ユニハ ーサル 保 険 変 額 変 額 保 険 金 額 定 額 定 額 ( 死 亡 保 険 金 定 額 +キャッシュ ( 死 亡 保 険 金 の 最 低 保 証 有 ハ リュー の 最 低 保 証 有 り) り) 保 険 料 定 額 定 額 定 額 払 込 自 在 型 払 込 自 在 型 保 障 と 投 資 貯 蓄 との 分 離 積 立 部 分 (キャッシュ ハ リュー) 積 立 部 分 の 予 定 利 率 予 定 利 率 の 変 動 の 有 無 保 険 契 約 者 の 投 資 リスク 保 険 契 約 者 の ファンド 選 択 保 険 料 の 内 訳 の 開 示 - 無 無 有 有 無 有 有 有 有 - 有 無 有 無 無 無 ( 運 用 実 績 は 毎 日 又 は 毎 月 変 動 ) 有 ( 運 用 実 績 は 毎 日 変 動 ) 無 無 有 無 有 無 無 有 無 有 無 無 無 無 有 3 現 行 の 課 税 制 度 からみた 課 税 上 の 問 題 点 の 検 討 ⑴ 生 命 保 険 契 約 の 意 義 ( 保 険 か 投 資 貯 蓄 か) イ 保 険 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 一 定 の 事 由 が 生 じたことを 条 件 として 財 産 上 の 給 付 ( 生 命 保 険 契 約 及 び 傷 害 疾 病 定 額 保 険 に あっては 金 銭 の 支 払 に 限 る )を 行 うこと を 約 し 相 手 方 がこれに 対 して 当 該 一 定 の 事 由 の 発 生 の 可 能 性 に 応 じたものとして 保 険 料 を 支 払 うことを 約 する 契 約 をいう ( 保 険 法 2 一 )とされている そして そ のうち 生 命 保 険 契 約 は 保 険 者 が 人 の 生 存 又 は 死 亡 に 関 し 一 定 の 保 険 給 付 を 行 うこと を 約 するものをいう ( 同 法 2 八 )ことと されている そうすると 上 記 の 一 定 の 保 険 給 付 をどのように 理 解 するかが 問 題 となる この 点 保 険 法 制 定 前 の 根 拠 法 である 旧 商 法 は 生 命 保 険 契 約 ハ 一 方 カ 相 手 方 又 ハ 第 三 者 ノ 生 死 ニ 関 シ 一 定 ノ 金 額 ヲ 支 払 フコ トヲ 約 シ 相 手 方 カ 之 ニ 其 報 酬 ヲ 与 フルコト ヲ 約 スルニ 因 リテ 其 効 力 ヲ 生 ズ ( 旧 商 法 673)と 定 義 していたところ 一 般 に 保 険 事 故 が 人 の 生 死 であること および 保 険 者 の 支 払 うべき 金 額 が 人 の 生 死 による 具 体 的 な 損 害 の 有 無 またはその 額 いかんとは 関 係 なく 契 約 に 定 められた 一 定 の 金 額 で あり その 意 味 でいわゆる 定 額 保 険 である ことが 生 命 保 険 契 約 の 特 質 である (12) と 解 されてきた そうであるならば 変 動 型 生 保 商 品 に 6

7 あっては 契 約 時 においては 死 亡 保 険 金 の 最 低 保 証 額 が 定 まっているのみで 保 険 事 故 が 生 じた 時 の 現 実 の 保 険 金 額 は 文 字 通 り 変 額 するものであり 上 記 の 生 命 保 険 の 意 義 に 照 らし 疑 義 が 生 じ また 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 にあっては 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 に 支 払 われるアカウント 部 分 の 金 額 は 契 約 時 に 定 まっているものではない 上 そ もそも 保 障 部 分 と 貯 蓄 部 分 とが 分 離 してい ると 考 えるならばアカウント 部 分 の 金 額 は 契 約 の 終 了 により 払 い 戻 される 金 員 ( 預 金 の 払 戻 しと 同 視 できる )にすぎないとの 見 方 も 当 然 成 り 立 ち 得 る したがって 変 額 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 生 命 保 険 契 約 に 含 まれ 得 るものなのか あるいは 保 険 と 投 資 貯 蓄 の 区 分 はいずれにあるのかとの 問 題 を 惹 起 するのである ロ かつて 米 国 においては 変 額 年 金 ( 保 険 ) の 発 売 を 巡 って これが 保 険 であるのか 投 資 であるのかが 議 論 された これは 変 額 年 金 が 投 資 実 績 によって 年 金 額 が 変 動 する ことから これを 投 資 とみて 投 資 事 業 に 対 する 連 邦 法 の 証 券 取 引 関 係 法 規 の 規 制 が 及 ぶか 否 かの 争 いであった 連 邦 最 高 裁 は SEC v. Variable Annuity Life Insurance Co.(VALIC 事 件 ) 判 決 (13) 及 び SEC v. United Benefit Life Insurance co.(united 事 件 ) 判 決 (14) を 通 じて それぞれの 事 件 の 対 象 となった 変 額 年 金 につき 証 券 取 引 関 係 法 規 の 監 督 に 服 する 旨 の 判 断 を 下 した これらの 判 決 は 連 邦 の 証 券 取 引 関 係 法 規 の 適 用 上 変 額 年 金 は 有 価 証 券 に その 発 行 者 は 投 資 会 社 に 該 当 するとし たものであるが その 理 由 の 一 つとして VALIC 事 件 判 決 では 保 険 の 概 念 は 会 社 の 側 がある 程 度 の 投 資 危 険 を 負 担 することを 要 求 する 本 件 で 負 担 される 死 亡 率 の 危 険 は これらの 変 額 保 険 に 保 険 の 側 面 を 与 えるものである しかし それは 表 面 上 のもので 実 質 的 ではない 真 実 のと ころ 確 定 された 支 払 の 要 素 を 有 しない 変 額 年 金 の 発 行 者 は 保 険 の 意 味 における 真 の 危 険 を 負 担 するものではない とし ま た United 事 件 判 決 では 蓄 積 期 間 ( 年 金 支 払 が 開 始 されるまでの 期 間 ) 中 は 保 険 者 の 機 能 が 完 全 に 逆 転 している 年 金 所 有 者 に 利 息 付 の 一 定 額 の 資 金 の 蓄 積 を 約 束 するのと 異 なり 保 険 者 は 投 資 機 関 とし て 活 動 し 年 金 所 有 者 がその 投 資 の 結 果 に あずかることを 保 証 する 保 険 者 は 満 期 における 最 低 額 を 保 証 する 以 上 の 義 務 を 負 わず この 金 額 は 伝 統 的 な 据 え 置 き 年 金 契 約 における 同 額 の 年 金 保 険 料 によって 保 証 される 金 額 に 比 してはるかに 尐 ない とし て 保 険 会 社 が 投 資 リスクをある 程 度 負 担 し ていても 年 金 所 有 者 が 当 該 投 資 リスクを 実 質 的 に 負 担 すると 指 摘 している (15) 以 上 のような 米 国 における 変 額 年 金 をめ ぐる 議 論 は 彼 我 の 制 度 や 法 規 制 が 異 なる こと 及 び 変 額 年 金 が 州 の 保 険 当 局 のみの 監 督 で 足 りるか 連 邦 の 証 券 取 引 関 係 法 規 によ る 監 督 に 服 する 必 要 があるのかを 争 ったも のであることから 直 接 これをもって 議 論 を 展 開 できるものではないが 保 険 の 意 義 や 投 資 との 区 分 について 危 険 負 担 の 程 度 などに 言 及 して 判 断 している 点 は 示 唆 的 で ある ハ 我 が 国 においては 上 述 の 米 国 のような 規 制 の 観 点 からの 議 論 はほとんどされてい ない これは 保 険 業 を 営 む 者 は 保 険 業 法 の 規 制 を 受 けることとされ(この 場 合 の 保 険 業 とは 生 命 保 険 であれば 人 の 生 存 又 は 死 亡 に 関 し 一 定 額 の 保 険 金 を 支 払 うこと を 約 し 保 険 料 を 収 受 する 保 険 とされる ) 他 方 金 融 商 品 取 引 法 においては 保 険 契 約 に 基 づく 権 利 は 有 価 証 券 に 該 当 せず( 同 法 22 五 ハ) 同 法 の 適 用 対 象 から 除 外 され ており 業 法 ( 規 制 法 ) 間 で 線 引 きが 整 理 されているからであると 思 われる むしろ 7

8 我 が 国 では 保 険 か 投 資 貯 蓄 かという 観 点 ではなく 保 険 法 ( 同 法 制 定 前 は 旧 商 法 ) の 規 定 に 照 らして 生 命 保 険 としての 意 義 を 有 するものかどうかの 議 論 ( 整 理 )がな されてきた 学 説 上 の 有 力 説 は 保 険 法 第 2 条 第 8 号 の 生 命 保 険 契 約 における 一 定 の 給 付 ( 旧 商 法 第 673 条 にいう 一 定 の 金 額 )とは 当 事 者 の 一 方 的 恣 意 に 依 存 せず 約 定 され た 金 額 ということ 以 外 に 意 味 を 持 たず (16) 契 約 上 客 観 的 な 保 険 金 額 算 定 基 準 が 定 まっ ておれば 足 りると 解 され (17) 変 額 保 険 も 給 付 履 行 時 に 給 付 金 額 が 確 定 し 得 る 基 準 が 確 立 していれば 保 険 と 認 められるとする (18) 確 かに 生 命 保 険 の 本 来 的 構 造 を 保 険 期 間 中 の 各 年 の 死 亡 保 険 金 に 充 てる 危 険 保 険 料 に 基 づくものであるとし (19) また 生 命 保 険 の 基 礎 率 である 予 定 死 亡 率 予 定 利 率 予 定 事 業 費 率 との 関 連 からみて 保 険 事 業 足 りうる 最 低 限 の 要 件 は 予 定 死 亡 率 に 見 合 う 給 付 を 保 証 することである (20) とする ならば 変 額 保 険 また アカウント 型 保 険 も 生 命 保 険 契 約 への 該 当 性 を 失 うもので はないとの 理 解 も 可 能 であろう ニ しかしながら 保 険 法 の 生 命 保 険 契 約 へ の 該 当 性 について 上 記 のように 整 理 され たとしても 租 税 法 の 分 野 においては な お 議 論 を 重 ねる 必 要 があると 考 える な ぜならば 生 命 保 険 に 係 る 現 行 税 制 は 後 述 のとおり 優 遇 措 置 が 講 じられており 根 拠 法 において 保 険 とされたものであっても その 保 険 商 品 としての 特 性 が 従 来 のもの と 異 なるのであれば それが 直 ちに 租 税 法 においても 従 来 の 生 保 商 品 と 同 様 の 取 扱 いとなるかは 別 途 検 討 する 必 要 があるか らである また これに 加 えて そもそも 生 保 商 品 は 保 険 期 間 が 長 期 に 及 ぶため 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するものであり (21) 従 来 の 生 保 商 品 以 上 に 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 が 明 確 に されたものであるならば 他 の 金 融 商 品 と のバランスをも 考 慮 して 検 討 していくべ き 事 柄 であろうと 考 える ⑵ 現 行 の 課 税 制 度 の 概 要 イ 保 険 料 拠 出 時 (イ) 所 得 税 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 生 命 保 険 契 約 に 係 る 保 険 料 又 は 個 人 年 金 保 険 契 約 に 係 る 保 険 料 を 支 払 った 場 合 には そ れらの 保 険 料 の 額 に 応 じて 一 定 額 (それ ぞれ 5 万 円 を 上 限 として)をその 年 分 の 所 得 金 額 から 控 除 する 生 命 保 険 料 控 除 が 認 められる( 所 法 76) なお その 年 に おいて 当 該 契 約 に 基 づく 剰 余 金 の 分 配 若 しくは 割 戻 金 の 分 配 を 受 けている 場 合 又 は 当 該 剰 余 金 若 しくは 割 戻 金 を 生 命 保 険 料 の 払 込 みに 充 てた 場 合 には 当 該 剰 余 金 又 は 割 戻 金 の 額 を 控 除 して 計 算 する また 個 人 事 業 主 に 雇 用 された 使 用 人 や 法 人 の 役 員 使 用 人 が 生 命 保 険 契 約 の 被 保 険 者 となり その 使 用 者 が 当 該 生 命 保 険 契 約 の 契 約 者 として 保 険 料 を 負 担 している 場 合 の 所 得 税 の 課 税 関 係 につい ては 次 の 法 人 税 の 場 合 と 同 様 の 取 扱 い が 定 められている( 所 基 通 36-31~36-31 の 6) (ロ) 法 人 税 法 人 が 自 己 を 契 約 者 とし 役 員 又 は 使 用 人 を 被 保 険 者 とする 生 命 保 険 契 約 に 加 入 した 場 合 の 課 税 関 係 については 法 人 税 基 本 通 達 ( 以 下 法 基 通 という )に おいて 基 本 的 な 保 険 種 類 ごとにその 取 扱 いが 定 められている 1 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 養 老 保 険 とは 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 には 死 亡 保 険 金 が 保 険 期 間 満 了 時 に 被 保 険 者 が 生 存 している 場 合 には 8

9 満 期 保 険 金 が 支 払 われる 生 命 保 険 ( 生 死 混 合 保 険 )をいう 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 により 保 険 金 受 取 人 の 区 分 に 応 じて 次 のとおりと されている ⅰ) 死 亡 保 険 金 及 び 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 保 険 事 故 の 発 生 又 は 保 険 契 約 の 解 除 若 しくは 失 効 により 当 該 保 険 契 約 が 終 了 する 時 ま では 資 産 に 計 上 するものとする ⅱ) 死 亡 保 険 金 及 び 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 又 はその 遺 族 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 と する ⅲ) 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 で 生 存 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 のうち 2 分 の1に 相 当 する 金 額 はⅰ)により 資 産 に 計 上 し 残 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ただし 役 員 又 は 部 課 長 そ の 他 特 定 の 使 用 人 (これらの 者 の 親 族 を 含 む )のみを 被 保 険 者 として いる 場 合 には 当 該 残 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とする 2 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 定 期 保 険 とは 保 険 期 間 内 に 被 保 険 者 が 死 亡 した 場 合 にのみ 保 険 金 が 支 払 われる 生 命 保 険 ( 死 亡 保 険 )をいう 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 に より 次 のようにその 取 扱 いが 定 めら れている ⅰ) 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 当 該 法 人 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ⅱ) 死 亡 保 険 金 の 受 取 人 が 被 保 険 者 の 遺 族 である 場 合 その 支 払 った 保 険 料 の 額 は 期 間 の 経 過 に 応 じて 損 金 の 額 に 算 入 する ただし 役 員 又 は 部 課 長 その 他 特 定 の 使 用 人 (これ らの 者 の 親 族 を 含 む )のみを 被 保 険 者 としている 場 合 には 当 該 保 険 料 の 額 は 当 該 役 員 又 は 使 用 人 に 対 する 給 与 とする 3 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 定 期 付 養 老 保 険 とは 養 老 保 険 に 定 期 保 険 を 付 したものをいう 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 については 法 基 通 定 期 付 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 により 次 のようにその 取 扱 いが 定 められている ⅰ) 保 険 料 の 額 が 生 命 保 険 証 券 等 に おいて 養 老 保 険 に 係 る 保 険 料 の 額 と 定 期 保 険 に 係 る 保 険 料 の 額 とに 区 分 されている 場 合 それぞれの 保 険 料 の 額 について 養 老 保 険 又 は 定 期 保 険 の 取 扱 いの 例 による ⅱ) ⅰ) 以 外 の 場 合 その 保 険 料 の 額 について 養 老 保 険 の 例 による ロ 保 険 金 受 領 時 (イ) 所 得 税 保 険 金 を 受 け 取 った 場 合 の 所 得 税 の 課 税 関 係 は 保 険 金 受 取 人 となった 個 人 が その 保 険 契 約 の 保 険 料 を 負 担 していたか により 異 なる 1 保 険 金 受 取 人 が 保 険 料 を 負 担 してい た 場 合 一 時 所 得 として 所 得 税 が 課 税 される この 場 合 には 受 け 取 った 保 険 金 の 額 から 支 払 った 保 険 料 の 額 を 控 除 した 残 額 から 特 別 控 除 額 50 万 円 ( 当 該 残 額 が 50 万 円 に 満 たない 場 合 には 当 該 残 額 )を 控 除 した 金 額 となり 更 に 特 別 控 除 額 を 控 除 した 後 の 金 額 の 2 分 の 1 に 相 当 する 金 額 が 総 所 得 金 額 を 構 成 し 所 得 税 が 課 税 される( 所 法 9

10 222 34) ただし 保 険 期 間 が 5 年 以 下 の 一 時 払 養 老 保 険 にあっては 金 融 類 似 商 品 として 利 子 所 得 と 同 一 に 扱 われ 15% ( 地 方 税 を 合 わせて 20%)の 税 率 によ り 源 泉 分 離 課 税 の 対 象 とされている ( 措 置 法 41 の 10 所 法 174 八 ) 2 保 険 金 受 取 人 が 保 険 料 を 負 担 してい ない 場 合 後 述 のとおり 相 続 税 又 は 贈 与 税 が 課 されるため 所 得 税 は 課 税 されない( 所 法 9 十 六 ) (ロ) 相 続 税 贈 与 税 1 受 取 保 険 金 に 対 する 課 税 被 相 続 人 の 死 亡 により 相 続 人 その 他 の 者 が 生 命 保 険 契 約 の 保 険 金 を 取 得 し た 場 合 には その 保 険 金 受 取 人 につい て 当 該 保 険 金 のうち 被 相 続 人 が 負 担 した 保 険 料 の 金 額 の 当 該 契 約 に 係 る 保 険 料 で 被 相 続 人 の 死 亡 の 時 までに 払 い 込 まれたものの 全 額 に 対 する 割 合 に 相 当 する 部 分 は 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 したものとみなして 相 続 税 の 課 税 関 係 が 生 ずる( 相 法 31 一 ) また 保 険 事 故 が 発 生 した 場 合 にお いて 当 該 契 約 に 係 る 保 険 料 の 全 部 又 は 一 部 が 保 険 金 受 取 人 以 外 の 者 によっ て 負 担 されたものであるときは 当 該 保 険 事 故 が 発 生 した 時 において 保 険 金 受 取 人 が その 取 得 した 保 険 金 のう ち 当 該 保 険 金 受 取 人 以 外 が 負 担 した 保 険 料 の 額 の 当 該 契 約 に 係 る 保 険 料 で 当 該 保 険 事 故 が 発 生 した 時 までに 払 い 込 まれたものの 全 額 に 対 する 割 合 に 相 当 する 部 分 を 当 該 保 険 料 を 負 担 した 者 から 贈 与 により 取 得 したものとみなし て 贈 与 税 の 課 税 関 係 が 生 ずる( 相 法 51) なお 受 取 保 険 金 が 相 続 又 は 遺 贈 に より 取 得 したものとみなされた 場 合 に おいては 相 続 税 の 非 課 税 財 産 として の 特 例 が 設 けられている( 相 法 121 五 ) すなわち 500 万 円 に 相 続 人 の 数 を 乗 じて 算 出 した 金 額 が 非 課 税 限 度 額 とされ すべての 相 続 人 の 取 得 した 保 険 金 の 合 計 額 が 非 課 税 限 度 額 を 超 える 場 合 には 当 該 非 課 税 限 度 額 に 当 該 合 計 額 のうちに 個 々の 相 続 人 の 取 得 した 保 険 金 の 合 計 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 金 額 が 非 課 税 財 産 となる 2 生 命 保 険 契 約 に 関 する 権 利 に 対 す る 課 税 相 続 開 始 の 時 において まだ 保 険 事 故 が 発 生 していない 生 命 保 険 契 約 につ いては ⅰ) 被 相 続 人 が 保 険 契 約 者 で あった 場 合 ( 被 相 続 人 が 被 保 険 者 で あったときを 除 く )は 当 該 生 命 保 険 契 約 に 関 する 権 利 は 相 続 人 に 相 続 され るから 相 続 税 の 課 税 関 係 が 生 じ ま た ⅱ) 被 相 続 人 以 外 の 者 が 保 険 契 約 者 である 場 合 は 被 相 続 人 が 保 険 料 の 全 部 又 は 一 部 を 負 担 しているときにおい て 当 該 生 命 保 険 契 約 の 契 約 者 につい て 当 該 契 約 に 関 する 権 利 のうち 被 相 続 人 が 負 担 した 保 険 料 の 金 額 の 当 該 契 約 に 係 る 保 険 料 で 当 該 相 続 の 開 始 の 時 までに 払 い 込 まれたものの 全 額 に 対 す る 割 合 に 相 当 する 部 分 は 当 該 契 約 者 が 相 続 又 は 遺 贈 により 取 得 したものと みなして 相 続 税 の 課 税 関 係 が 生 ずる ( 相 法 31 三 ) そして 生 命 保 険 契 約 に 関 する 権 利 の 価 額 は 相 続 開 始 の 時 において 当 該 契 約 を 解 約 するとした 場 合 に 支 払 われ ることとなる 解 約 返 戻 金 の 額 によって 評 価 することとされている( 財 産 評 価 基 本 通 達 214) ⑶ 米 国 の 課 税 制 度 の 概 要 米 国 においては かつては 生 命 保 険 金 ( 死 亡 保 険 金 )の 給 付 は 非 課 税 とされてきたが ユニバーサル 保 険 などの 他 の 金 融 商 品 と 競 争 10

11 関 係 に 立 つものが 出 現 し 死 亡 保 険 金 非 課 税 及 び 満 期 保 険 金 の 運 用 利 益 の 給 付 時 まで の 課 税 繰 延 べについて 1982 年 1984 年 に 相 次 いで 税 制 改 正 が 行 われ 現 在 に 至 ってい る (22) 現 在 の 米 国 の 生 保 商 品 に 関 する 税 制 は 次 のとおりである (23) イ 保 険 料 拠 出 時 拠 出 時 においては 優 遇 措 置 はない 米 国 では 一 般 に 払 込 手 数 料 の 性 格 は 個 人 的 生 計 費 と 考 えられ また 保 険 金 給 付 時 に 税 制 上 優 遇 されていることから 拠 出 時 において 優 遇 措 置 は 設 けられていない ロ 適 格 生 命 保 険 要 件 保 険 金 給 付 時 の 税 制 上 の 取 扱 いについて は 次 の 適 格 要 件 を 満 たす 保 険 契 約 かどう かにより その 取 扱 いが 異 なる これは 上 述 のように 早 期 死 亡 に 対 する 保 障 又 は 長 期 の 退 職 資 金 の 蓄 積 といった 本 来 の 生 保 商 品 の 目 的 を 逸 脱 した 短 期 の 投 資 として 機 能 する 商 品 が 登 場 したため このような 保 険 商 品 に 対 しては 税 制 上 の 優 遇 を 与 えな いとしたものであるとされる (24) 具 体 的 には 次 のいずれかの 要 件 を 満 た す も の が 適 格 生 命 保 険 と さ れ る (IRC 7702) 1 キャッシュ バリュー 積 立 要 件 を 満 た すこと その 契 約 の 解 約 返 戻 金 が いつでも 被 保 険 者 の 死 亡 により 支 払 われるその 時 点 での 死 亡 保 険 金 に 対 する 正 味 一 時 払 保 険 料 を 超 えないこと 2 ガイドライン 保 険 料 要 件 を 満 たし か つ キャッシュ バリュー コリドール の 範 囲 内 にあること ⅰ) ガイドライン 保 険 料 要 件 : 払 い 込 ま れた 保 険 料 総 額 が いつでもその 時 点 のガイドライン 保 険 料 限 度 額 を 超 えな いこと ⅱ) キャッシュ バリュー コリドール の 範 囲 内 :その 契 約 の 死 亡 保 険 金 が いつでも その 時 の 解 約 返 戻 金 に 適 用 率 を 乗 じた 額 以 上 になること ハ 適 格 契 約 に 対 する 課 税 死 亡 保 険 金 については 所 得 税 は 課 税 さ れず 遺 産 税 が 課 税 される ただし 保 険 契 約 者 と 保 険 金 受 取 人 が 同 一 の 場 合 は 遺 産 税 も 課 税 されない 満 期 保 険 金 については 払 込 保 険 料 総 額 を 上 回 る 保 険 金 部 分 について 所 得 税 が 課 税 される ただし 保 険 契 約 者 と 保 険 金 受 取 人 が 同 一 でない 場 合 には 保 険 契 約 者 に 贈 与 税 が 課 される ニ 非 適 格 契 約 に 対 する 課 税 死 亡 保 険 金 については 定 期 保 険 部 分 ( 死 亡 保 険 金 から 解 約 返 戻 金 相 当 額 を 控 除 した 金 額 )のみ 所 得 税 は 課 税 されない そし て それ 以 外 の 部 分 の 保 険 金 (その 契 約 の 利 殖 部 分 )については その 保 険 契 約 者 の 通 常 の 所 得 として 受 け 取 ったものとして 取 り 扱 うこととされている また 契 約 期 間 の 中 途 で 適 格 要 件 を 満 た さないこととなった 場 合 には それまで 課 税 が 繰 り 延 べられてきた 利 殖 部 分 (インサ イド ビルド アップ)の 全 額 をその 年 度 で 受 け 取 ったものとして 課 税 され その 後 の 年 度 についても 各 年 度 の 利 殖 部 分 につい て 課 税 される ホ 米 国 の 適 格 生 命 保 険 要 件 の 意 義 (イ) 適 格 要 件 のうち キャッシュ バリュ ー 積 立 要 件 は 解 約 返 戻 金 が 適 正 水 準 に ある 契 約 に 限 り 税 制 適 格 として 取 り 扱 う ことを 意 味 しており 解 約 返 戻 金 は 契 約 期 間 中 のいかなる 時 点 においてもその 時 点 で 支 払 われるべき 死 亡 保 険 金 の 一 時 払 純 保 険 料 を 常 に 下 回 ることを 要 求 されて いる また ガイドライン 保 険 料 要 件 は 生 命 保 険 に 適 度 な 保 険 料 の 払 込 みを 求 め 行 き 過 ぎた 投 資 がなされる 契 約 は 税 制 非 適 格 として 取 り 扱 うものであり ガイド 11

12 ライン 保 険 料 限 度 額 は その 契 約 の 将 来 の 保 険 金 給 付 に 関 する 契 約 発 効 時 の 一 時 払 保 険 料 相 当 額 (ガイドライン 一 時 払 保 険 料 )と 被 保 険 者 が 95 歳 までに 達 する までを 払 込 期 間 としたと 仮 定 した 場 合 の 毎 年 の 平 準 保 険 料 (ガイドライン 平 準 保 険 料 )とのいずれか 高 い 金 額 とされてい る さらに キャッシュ バリュー コリ ドールの 範 囲 内 とは 生 命 保 険 契 約 の 適 格 性 ( 本 来 の 生 命 保 険 性 )を 死 亡 保 険 金 と 解 約 返 戻 金 の 割 合 により 判 定 しようと いうものであると 解 され その 契 約 の 死 亡 保 険 金 が 解 約 返 戻 金 に 被 保 険 者 の 年 齢 が 高 くなるにつれ 減 尐 する 一 定 の 適 用 率 (250%から 100%までの 比 率 で 定 めら れている )を 乗 じた 額 以 上 であることを 求 められる (25) (26) (ロ) 米 国 における 税 制 上 の 適 格 生 命 保 険 要 件 を 俯 瞰 すれば ユニバーサル 保 険 の ような 保 険 料 の 支 払 自 在 性 と 定 期 預 金 にも 類 似 した 貯 蓄 機 能 を 有 する 保 険 商 品 の 登 場 を 契 機 として 他 の 金 融 商 品 と の 課 税 上 の 公 平 を 期 するために 生 保 商 品 について 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 )と 貯 蓄 のための 積 立 金 を 有 する 契 約 か 否 か を 区 分 する 機 能 を 果 たすものとみるこ とができよう そして 適 格 要 件 をクリアした 保 険 契 約 にあっては 積 立 金 部 分 からのキャッ シュ バリューも 含 めて 死 亡 保 険 金 に 対 する 所 得 税 を 非 課 税 とする 一 方 で 適 格 要 件 を 満 たさない 保 険 契 約 にあっては 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 金 ) 部 分 と 積 立 金 部 分 からのキャッシュ バリューを 区 分 し て 前 者 のみを 非 課 税 にし 後 者 につい ては 毎 年 度 の 課 税 すなわちインサイ ド ビルド アップに 対 する 課 税 繰 延 べ を 認 めないこととしたものである ⑷ 現 行 の 課 税 制 度 からみた 課 税 上 の 問 題 点 と 検 討 の 方 向 性 イ 我 が 国 の 生 命 保 険 契 約 に 関 する 課 税 制 度 を 俯 瞰 すると 生 命 保 険 契 約 に 対 して 税 制 上 様 々な 優 遇 措 置 が 講 じられているこ とがわかる すなわち 所 得 税 についてみ れば 保 険 料 の 拠 出 段 階 では 生 命 保 険 料 控 除 が 適 用 された 上 で 満 期 保 険 金 を 受 領 し た 時 には 一 時 所 得 として 課 税 され かつ 生 命 保 険 料 控 除 の 適 用 を 受 けた 保 険 料 も 収 入 金 額 から 差 し 引 かれる これにより 満 期 保 険 金 の 課 税 については 元 本 である 保 険 料 が 拠 出 段 階 で 所 得 から 控 除 されるとと もに 満 期 保 険 金 に 含 まれる 予 定 利 率 によ る 利 息 部 分 への 課 税 が 受 領 時 まで 繰 り 延 べ られ さらに 一 時 所 得 として 課 税 するこ とによる 税 負 担 の 軽 減 が 図 られている また 相 続 税 贈 与 税 についても 死 亡 保 険 金 について 満 期 保 険 金 と 同 様 に 利 息 部 分 の 課 税 が 繰 り 延 べられるほか さら に 相 続 税 の 課 税 に 当 たっては 非 課 税 限 度 額 が 設 けられているため 当 該 限 度 額 の 範 囲 内 であれば 全 く 課 税 されないという 結 果 となる なお 法 人 税 については 法 人 が 保 険 金 を 受 け 取 った 場 合 には 一 般 の 収 益 の 額 と 同 様 に 中 途 解 約 による 解 約 返 戻 金 も 含 め 益 金 の 額 に 算 入 されることとなり 特 段 の 優 遇 措 置 は 講 じられていない しかし 保 険 料 拠 出 段 階 では 保 険 種 類 に 応 じた 取 扱 いがなされ 死 亡 保 険 金 のみが 支 払 われる 定 期 保 険 の 保 険 料 は 原 則 として 損 金 の 額 に 算 入 することとされている ここでも 保 険 期 間 中 に 予 定 利 率 で 運 用 された 利 息 部 分 には 課 税 関 係 は 及 んでいない ロ 生 保 商 品 が 結 果 として 金 融 商 品 など に 比 して 課 税 上 の 優 遇 措 置 が 講 じられてい るのは 生 命 保 険 契 約 が 人 の 生 死 を 保 険 事 故 とし 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 にのみ 保 険 金 が 支 払 われること 及 び 生 命 保 険 は 一 の 保 険 集 団 から 保 険 会 社 が 収 入 した 保 険 料 ( 純 12

13 保 険 料 )はその 全 額 が 当 該 保 険 集 団 の 保 険 金 支 出 に 充 てられるという 収 支 相 等 原 則 に 基 づいて いわば 相 互 扶 助 の 性 格 を 有 す るものであることによるものと 考 えられ る (27)(28) しかし 生 保 商 品 が たとえ 人 の 生 死 と いう 保 険 事 故 の 発 生 時 の 保 障 機 能 を 有 して いるとしても これまでみてきたような 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の ように 投 資 貯 蓄 機 能 に 重 点 をおいた 商 品 については 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 と 同 様 の 取 扱 いとすることには 疑 問 が 生 ずる 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 においても 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 する (29) ものの それはあくま で 保 障 機 能 を 中 核 としつつそれに 貯 蓄 機 能 が 随 伴 するという 貯 蓄 機 能 は 本 来 的 には 随 伴 的 なものであった (30) そして その 貯 蓄 性 は 定 額 の 保 険 金 給 付 を 前 提 にした 収 支 相 等 原 則 の 中 にとどまるものであったと いえる ハ これまで 述 べてきたように 変 動 型 生 保 商 品 にあっては 保 険 料 は 他 の 保 険 料 と 区 別 された 特 別 勘 定 において 運 用 され その 保 険 金 額 は 運 用 実 績 により 変 動 するとい う いわば 投 資 信 託 の 仕 組 みが 生 命 保 険 に 応 用 されたもの (31) というべき 特 質 があり また 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 にあっては アカウントと 呼 ばれる 貯 蓄 機 能 のための 口 座 を 持 つ いわば 死 亡 保 険 ( 定 期 保 険 ) 付 の 市 中 利 率 感 応 型 定 期 預 金 といえる 特 質 を 持 つものといえる そうすると 変 動 型 生 保 商 品 及 び 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 と 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 に 共 通 する 部 分 は 変 動 型 生 保 商 品 では 最 低 保 証 される 死 亡 保 険 金 に 充 てられるために 定 額 型 生 保 商 品 の 保 険 料 と 同 様 に 一 般 勘 定 で 運 用 される 保 険 料 の 部 分 と 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 では 保 険 料 のうち 保 障 のためにアカウントから 支 出 される 特 約 保 険 料 の 部 分 にすぎないこ ととなる そうであるとするならば 定 額 型 生 保 商 品 を 前 提 に 制 度 設 計 されている 現 行 の 課 税 制 度 を これら 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 へ 無 条 件 に 適 用 していく ことに 問 題 なしとしない ニ また このことは 生 命 保 険 契 約 の 契 約 者 の 有 する 解 約 権 からも 問 題 点 を 指 摘 する ことができよう 生 命 保 険 契 約 の 契 約 者 は 契 約 の 一 方 の 当 事 者 として 保 険 者 ( 保 険 会 社 )に 対 して 保 険 料 の 支 払 義 務 を 負 うの であるが 他 方 で 契 約 の 変 更 権 解 約 権 を 有 することから 仮 に 保 険 契 約 者 が 解 約 権 を 行 使 した 場 合 には 解 約 返 戻 金 を 保 険 者 に 請 求 し その 給 付 を 受 けることとな る そして 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 保 険 契 約 者 が 締 結 している これらの 保 険 商 品 に 係 る 契 約 を 解 約 した 場 合 にも 解 約 返 戻 金 を 保 険 契 約 者 が 受 領 す ることとなるところ その 性 格 は 前 者 に あってはその 商 品 の 仕 組 みが 投 資 信 託 と 同 様 のものであり また 後 者 にあってはア カウント 部 分 は 市 場 金 利 感 応 型 の 定 期 預 金 の 性 質 を 持 つものといえるから 解 約 によ り 投 資 信 託 あるいは 定 期 預 金 の 払 戻 しを 受 けたものと 同 視 し 得 るものといえよう 換 言 すれば 変 動 型 生 保 商 品 も 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 もともに 人 の 生 死 を 保 険 事 故 と する 生 保 商 品 ではあるが 保 険 契 約 者 の 選 択 により 保 険 事 故 発 生 時 の 保 険 金 として の 給 付 を 待 たずに 投 資 信 託 に 類 する 又 は 定 期 預 金 に 類 するものとしての 払 戻 しを 受 けることができるというべきであろう しかるに その 場 合 の 課 税 関 係 は 個 人 の 所 得 税 の 場 合 には 一 時 所 得 となり 投 資 信 託 や 定 期 預 金 に 対 するものに 比 して 軽 課 されており 公 平 性 を 損 なうこととなって 13

14 いると 指 摘 できる ホ 我 が 国 において 生 保 商 品 は 保 障 機 能 を 有 し また 満 期 保 険 金 がある 商 品 であっ ても 死 亡 という 保 険 事 故 が 生 じた 場 合 には 満 期 保 険 金 の 支 払 を 受 けることができない という 特 殊 性 から 他 の 金 融 商 品 とは 同 列 に 論 じられてきていない 金 融 商 品 に 関 す る 会 計 基 準 においても 保 険 契 約 はその 対 象 外 とされている (32) しかしながら 税 制 においては かつて 高 利 回 りの 商 品 として 販 売 されていた 一 時 払 養 老 保 険 について 昭 和 62 年 の 税 制 改 正 において その 満 期 保 険 金 又 は 中 途 解 約 時 の 解 約 返 戻 金 の 額 から 既 払 保 険 料 を 差 し 引 いた 差 益 について 源 泉 分 離 課 税 の 対 象 とされた( 措 置 法 41 の 10) これは 貯 蓄 商 品 的 な 性 格 が 強 いと 認 められることか ら 利 子 所 得 と 同 様 の 課 税 を 行 うこととさ れたものと 説 明 されている (33) さらに 金 融 所 得 課 税 一 体 化 の 議 論 においても 満 期 保 険 金 や 解 約 返 戻 金 の 収 益 につきそれらに 含 まれる 運 用 益 について 他 の 金 融 商 品 と の 中 立 性 を 確 保 するために 源 泉 分 離 課 税 の 対 象 とすることを 検 討 すべきとされてい る (34) こうしたこれまでの 課 税 制 度 の 改 正 経 緯 や 最 近 における 議 論 を 踏 まえると 筆 者 が 本 稿 で 採 り 上 げた 変 動 型 生 保 商 品 や 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 は 前 者 にあっては 証 券 投 資 信 託 にも 似 た 投 資 的 性 格 が 後 者 に あっては 積 立 部 分 が 明 確 に 分 離 された 貯 蓄 的 性 格 が 際 立 っており そうした 生 保 商 品 を 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 と 同 列 に 扱 うこと なく 投 資 あるいは 貯 蓄 としての 課 税 方 法 を 検 討 していくべきと 考 える そこで 次 章 では 変 動 型 生 保 商 品 及 び 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 を 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 と 定 義 し 検 討 を 加 えることと する 4 投 資 貯 蓄 的 性 格 に 着 目 した 生 保 商 品 へ の 課 税 問 題 の 検 討 ⑴ 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 への 課 税 問 題 イ 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 の 課 税 上 の 問 題 点 については 前 章 で 触 れたところであ るが それは 結 局 のところ 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 が 金 融 商 品 に 類 似 した 性 質 を 持 つ 商 品 でありながら 商 品 としては 生 命 保 険 に 分 類 されるものであるとされて いることにある(ただし 筆 者 としては その 分 類 は 金 融 商 品 取 引 法 と 保 険 業 法 とのいずれの 規 制 法 に 服 するかによるも ので 本 質 的 な 分 類 ではないと 指 摘 して おきたい ) そうであるならば 前 章 ⑶で 紹 介 した 米 国 における 課 税 制 度 ( 適 格 生 命 保 険 要 件 )にならい 生 保 商 品 の 課 税 方 法 を 個 別 的 にテストしていく 方 法 を 導 入 するこ とも 考 えられる ロ 米 国 の 適 格 生 命 保 険 要 件 は 死 亡 保 障 を 目 的 とする 生 命 保 険 契 約 であるのか 投 資 貯 蓄 のための 積 立 金 を 有 する 生 命 保 険 契 約 であるのかを 区 分 するものであ り 生 保 商 品 を 特 別 な 商 品 とせずに 他 の 金 融 商 品 と 同 列 に 扱 うか 否 かをテストす るものであるといえ その 見 地 からは 一 つの 合 理 的 な 方 法 であると 評 価 すること ができ 本 稿 で 検 討 している 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 の 課 税 問 題 に 対 する 答 えの 一 つともなり 得 ると 考 えられる しかしながら 現 在 の 我 が 国 では 給 与 所 得 者 の 多 くは 給 与 の 支 払 者 により 所 得 税 を 源 泉 徴 収 され 生 命 保 険 料 控 除 も 年 末 調 整 として 当 該 支 払 者 たる 源 泉 徴 収 義 務 者 の 下 で 行 われることとなってい る そうすると 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 を 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 として 存 続 させ ていくかどうかはともかく 米 国 の 適 格 生 命 保 険 要 件 と 同 様 の 制 度 の 導 入 は 源 泉 徴 収 制 度 を 複 雑 化 させることとなり 14

15 源 泉 徴 収 義 務 者 の 負 担 を 増 加 させること となりかねない (35) また 源 泉 徴 収 制 度 によらない 納 税 者 の 経 理 処 理 申 告 処 理 に 当 たっても テ ストの 数 式 等 が 複 雑 化 することが 生 命 保 険 数 理 を 前 提 とすれば 避 けて 通 れず 実 務 上 の 簡 便 性 にも 配 慮 したものとする ことが 求 められよう したがって 米 国 の 適 格 生 命 保 険 要 件 にならった 制 度 の 導 入 は ( 本 稿 の 検 討 対 象 とした) 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 に 限 っ た 意 味 においては 導 入 に 慎 重 にならざ るを 得 ない 他 方 で これまで 述 べてきたように 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 について 現 行 の 生 保 商 品 に 対 する 課 税 制 度 の 中 で 他 の 定 額 型 生 保 商 品 と 同 様 の 取 扱 いとしていく ことには 問 題 があると 考 える そこで 以 下 では 現 行 の 制 度 を 前 提 として 若 干 の 見 直 しの 提 言 を 試 みることにしたい ハ まず 生 命 保 険 料 控 除 については 変 動 型 生 保 商 品 が 投 資 信 託 に 類 する 商 品 設 計 であることからすると その 保 険 料 は 元 本 の 拠 出 にほかならない したがって 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 から 除 外 すること が 適 当 であろう また 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 にあっては 保 険 料 中 でアカウ ントにとどまる 部 分 の 金 額 については 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 から 除 外 すべきで あろう アカウント 部 分 の 金 額 は 市 中 金 利 感 応 型 の 定 期 預 金 と 同 視 できるから である なお 変 動 型 生 保 商 品 の 保 険 料 には 生 命 保 険 会 社 の 事 務 費 に 充 てられる 付 加 保 険 料 と 保 険 期 間 中 のその 年 度 の 死 亡 保 険 金 に 充 てられる 危 険 保 険 料 が 含 まれて おり これらは 投 資 に 充 てられる 特 別 勘 定 で 運 用 されるものではないから 理 論 上 は 引 き 続 き 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 と すべきものと 考 える しかしながら 現 在 我 が 国 の 生 命 保 険 会 社 は これらの 保 険 料 の 金 額 を 明 示 しておらず (36) 実 務 上 は 区 分 できないため 生 保 商 品 の 性 格 が 主 として 投 資 信 託 に 類 似 するという 変 動 型 生 保 商 品 にあっては 全 額 を 生 命 保 険 料 控 除 の 対 象 から 除 外 することもやむ を 得 ない ニ 満 期 保 険 金 及 び 解 約 返 戻 金 に 対 する 課 税 ( 贈 与 税 が 課 される 場 合 を 除 く )につ いては 現 在 年 金 払 契 約 のものが 雑 所 得 とされているほかは 一 時 所 得 とされて いる 取 扱 い( 所 令 1832 所 基 通 34-1) を 改 め 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 にあって は 満 期 保 険 金 及 び 解 約 返 戻 金 を 受 領 し た 場 合 の 所 得 区 分 を 雑 所 得 とすべきであ り そのための 税 制 上 の 措 置 を 講 ずべき である これは 繰 り 返 し 述 べてきた 変 動 型 生 保 商 品 及 び 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 性 格 か ら 他 の 金 融 商 品 との 課 税 上 の 公 平 の 点 から 考 えれば 税 負 担 が 軽 課 される 一 時 所 得 とすることは 適 当 ではないと 考 える からである (37) なお その 際 契 約 が 長 期 にわたる 生 保 商 品 について その 保 険 金 の 全 額 を 受 領 時 に 累 進 税 率 の 下 で 課 税 することの 問 題 もあろうが (38) だからといって 一 時 所 得 に 分 類 することは 他 の 金 融 商 品 との 公 平 を 害 することとなる この 問 題 は イ ンサイド ビルド アップに 対 する 課 税 の 問 題 として 別 途 検 討 したい ホ 死 亡 保 険 金 については 現 在 みなし 相 続 財 産 とされ かつ 非 課 税 限 度 額 が 設 けられているが 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 にあっては 非 課 税 限 度 額 の 対 象 から 除 外 すべきと 考 える 保 険 金 は 保 険 事 故 が 発 生 した 後 に 保 険 金 受 取 人 が 保 険 金 請 求 権 として 受 領 するものであり その 性 格 はあくまでみなし 相 続 財 産 としての 性 格 は 失 うものではないが 変 動 型 生 保 商 15

16 品 及 び 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 の 性 格 か ら 他 の 金 融 商 品 との 課 税 上 の 公 平 から 考 えれば 非 課 税 限 度 額 の 対 象 から 除 外 すべきである ⑵ 生 保 商 品 への 課 税 問 題 の 今 後 の 課 題 と 議 論 の 方 向 性 イ 本 稿 では 変 額 保 険 変 額 ユニバーサ ル 保 険 及 びアカウント 保 険 といった 近 年 登 場 した 生 保 商 品 を 前 提 に まず それ らの 商 品 概 要 を 示 した 上 で 課 税 問 題 を 検 討 した そして これらの 生 保 商 品 に ついて 米 国 における 適 格 生 命 保 険 要 件 の 我 が 国 への 導 入 可 能 性 を 検 討 したが 尐 なくともこれらの 生 保 商 品 についてこれ を 導 入 することに 消 極 的 な 結 論 に 至 っ た しかしながら 生 保 商 品 全 般 の 問 題 としては なお インサイド ビルド アップに 対 する 課 税 方 法 の 問 題 があると 考 えており 適 格 生 命 保 険 要 件 の 我 が 国 への 導 入 可 能 性 について それを 解 くツ ールとして あるいは 企 業 が 保 険 契 約 者 となって 生 命 保 険 契 約 を 締 結 する 場 合 の 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 解 くツールと して 引 き 続 き 検 討 していくべき 問 題 で あると 考 える ロ また 本 稿 でも 度 々 触 れてきたが 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 においても 保 険 期 間 中 の 保 険 料 を 一 定 とする 平 準 保 険 料 の 下 責 任 準 備 金 ( 保 険 料 積 立 金 )が 積 み 立 てられることから その 性 質 は 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 を 有 するものであり その 意 味 では 本 稿 で 取 り 上 げた 問 題 は 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 に 限 った 論 点 ではない そして 本 稿 で 検 討 した 投 資 貯 蓄 型 生 保 商 品 といった 投 資 性 貯 蓄 性 を 全 面 に 商 品 設 計 されているものの 存 在 や 最 近 では 我 が 国 でも 生 命 保 険 買 取 事 業 が 動 き 始 めてきていることからすれば なお 別 の 機 会 に 生 保 商 品 の 有 する 投 資 性 や 貯 蓄 性 の 議 論 を 生 保 商 品 一 般 に 広 げて 議 論 することとしたい (1) 吉 牟 田 勲 生 命 保 険 をめぐる 課 税 上 の 諸 問 題 生 命 保 険 経 営 54 巻 3 号 28 頁 ( 昭 63) (2) 所 得 税 法 上 の 問 題 点 について 考 察 したものと して 辻 美 枝 変 額 保 険 をめぐる 所 得 税 法 上 の 問 題 点 米 英 独 の 比 較 法 分 析 を 中 心 とし て 関 西 大 学 法 学 ジャーナル 74 号 337 頁 ( 平 15)がある 辻 准 教 授 は 変 額 保 険 をめぐる 問 題 点 について 非 常 に 詳 細 な 検 討 を 行 っておら れ 本 稿 の 執 筆 に 当 たっても 多 くの 示 唆 をいた だいた (3) 松 岡 博 司 金 融 危 機 を 経 た 米 国 銀 行 の 個 人 年 金 個 人 生 命 保 険 販 売 の 状 況 ニッセイ 基 礎 研 究 所 リポート 2011 年 8 月 号 3 頁 (4) 生 命 保 険 文 化 センター 生 命 保 険 ファクトブッ ク 頁 (5) アカウント 型 保 険 の 販 売 シェアは 直 近 では 4.4%であって( 平 成 23 年 4 月 1 日 ~ 平 成 24 年 3 月 末 日 新 契 約 種 類 別 統 計 表 ( 全 43 社 合 計 )) 大 きなものではなく また 販 売 の 状 況 も 貯 蓄 性 のみをセールスポイントにしたものでない 上 実 際 の 保 険 設 計 もアカウントに 残 置 する 保 険 料 も 多 額 でないから 現 状 直 ちに 現 実 的 な 課 税 上 の 問 題 が 生 じているものではないが 上 述 のとおり 投 資 や 貯 蓄 の 機 能 が 明 確 にされた 商 品 は これまでの 伝 統 的 な 定 額 型 生 保 商 品 とは 明 らかに 異 なるものであることからすれば 将 来 的 な 課 題 への 対 応 として 現 時 点 で 検 討 して おくべきことであろう このことは 定 期 保 険 ( 死 亡 保 険 )はいわゆる 掛 け 捨 ての 保 険 であり 貯 蓄 性 はないとされていたところ その 保 険 料 が 原 則 損 金 算 入 とされていた 取 扱 いを 奇 貨 とし て 様 々な 節 税 商 品 が 販 売 され その 対 応 検 討 がタイムリーになし 得 なかったことからも 明 ら かであろう (6) 例 えば ソニー 生 命 の 変 額 保 険 では 1 日 本 の 株 式 を 中 心 に 投 資 を 行 う 株 式 型 2 日 本 の 株 式 を 投 資 対 象 とする 投 資 信 託 に 投 資 する 日 本 成 長 株 式 型 3 世 界 各 国 の 株 式 を 投 資 対 象 とする 投 資 信 託 に 投 資 する 世 界 コア 株 式 型 4 世 界 各 国 の 株 式 に 投 資 する 世 界 株 式 型 5 国 内 の 公 社 債 を 中 心 に 投 資 する 債 権 型 6 世 界 各 国 の 債 券 に 投 資 する 世 界 債 券 型 7 株 式 公 社 債 短 期 金 融 商 品 を 組 み 合 わせて 投 資 する 総 合 型 8 短 16

17 期 金 利 程 度 の 運 用 利 回 り 確 保 を 目 標 に 投 資 する 短 期 金 融 市 場 型 の 八 つのファンドを 有 してい る (7) ただし 同 社 は 昨 今 の 事 業 環 境 を 理 由 に 平 成 24 年 7 月 より 取 扱 いを 一 時 中 止 している (8) 江 澤 雅 彦 アカウント 型 保 険 の 導 入 と 課 題 早 稲 田 商 学 398 号 317 頁 ( 平 15) (9) 例 えば 明 治 安 田 生 命 住 友 生 命 は 3 年 朝 日 生 命 は 1 年 マニュライフ 生 命 AIG スター 生 命 は 1 ヶ 月 毎 に 予 定 利 率 が 変 動 する (10) 江 澤 雅 彦 米 国 における 商 品 革 新 と 契 約 者 利 益 -ユニバーサル ライフ 保 険 をめぐって- 文 研 論 集 103 号 143 頁 ( 平 5) (11) 松 木 淳 一 = 荒 木 靖 之 米 国 の 変 額 ユニバーサル 保 険 生 命 保 険 経 営 71 巻 2 号 59 頁 ( 平 15)を 参 考 に 我 が 国 における 商 品 動 向 を 加 味 して 作 成 した (12) 大 森 忠 夫 保 険 法 補 訂 版 255 頁 ( 有 斐 閣 昭 60) (13) 359 U.S. 65(1959) (14) 387 U.S 202(1967) (15) これら 一 連 の 事 件 の 概 要 判 示 要 旨 について は 神 埼 克 郎 変 額 保 険 の 証 券 的 規 制 生 命 保 険 の 持 分 証 券 化 と 投 資 者 保 護 商 事 法 務 610 号 29 頁 ( 昭 47)を 参 照 (16) 糸 川 厚 生 変 額 保 険 と 法 律 問 題 生 命 保 険 経 営 35 巻 6 号 16 頁 ( 昭 42) (17) 江 頭 憲 治 郎 変 額 保 険 ユニバーサル 保 険 ジュリスト 953 号 66 頁 ( 平 2) (18) 糸 川 前 掲 注 (16)19 頁 (19) 國 崎 裕 生 命 保 険 第 三 版 50 頁 ( 東 京 大 学 出 版 会 昭 35) (20) 吉 川 吉 衛 保 険 事 業 とは 何 か 保 険 学 雑 誌 524 号 8 頁 ( 平 元 ) (21) 拙 稿 保 険 商 品 を 巡 る 課 税 上 の 諸 問 題 - 支 払 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 中 心 に- 税 大 論 叢 66 号 頁 ( 平 22) (22) 吉 牟 田 前 掲 注 (1) 32 頁 参 照 (23) 藤 田 直 哉 最 近 の 欧 米 保 険 商 品 税 制 の 動 向 生 命 保 険 経 営 61 巻 1 号 104 頁 ( 平 5) なお 米 国 も 含 めた 各 国 の 税 制 及 び OECD の 議 論 について 辻 美 枝 変 額 保 険 と 課 税 第 26 回 日 税 研 究 賞 論 文 集 7 頁 ( 平 15) 米 国 の 生 保 商 品 課 税 の 詳 細 にわたるものとして 米 谷 洋 次 米 国 の 生 保 商 品 税 制 の 概 要 生 命 保 険 経 営 53 巻 3 号 115 頁 ( 昭 60)を 参 照 (24) 生 命 保 険 協 会 調 査 部 欧 米 主 要 国 の 公 的 保 障 制 度 と 私 的 保 障 制 度 の 役 割 54 頁 (25) 藤 田 前 掲 注 (23)107 頁 (26) 渋 谷 雅 弘 生 命 保 険 に 関 する 税 制 日 税 研 論 集 41 号 金 融 資 産 収 益 の 課 税 114 頁 ( 平 11) (27) もっとも 生 命 保 険 料 控 除 は 創 設 時 ( 大 正 13 年 )には 社 会 政 策 的 税 制 の 一 つとして 遺 族 の 生 活 安 定 のための 側 面 的 助 成 措 置 と 考 えられて いたものであり また 戦 後 の 制 度 復 活 時 ( 昭 和 26 年 )には 長 期 貯 蓄 の 奨 励 措 置 として 提 案 さ れたものである( 吉 牟 田 前 掲 注 (1) 13 頁 ) (28) 現 行 の 生 命 保 険 に 関 する 税 制 に 対 しては 従 来 から 様 々な 議 論 があるが 最 近 においても 満 期 保 険 金 を 一 時 所 得 とすることについての 所 得 区 分 の 問 題 や 受 取 保 険 金 から 控 除 される 保 険 料 が 危 険 保 険 料 貯 蓄 保 険 料 の 区 別 なく 全 額 が 控 除 される 点 などが 指 摘 されている 筆 者 も 決 して 現 行 課 税 制 度 に 問 題 なしとする 立 場 ではな いが 今 後 の 問 題 提 起 の 基 点 とするためにも 本 稿 においては 変 額 型 生 保 商 品 及 び 積 立 利 率 変 動 型 生 保 商 品 に 絞 って 議 論 することとした なお 現 行 制 度 の 問 題 を 指 摘 するものとして は 渋 谷 前 掲 注 (26)119 頁 上 田 正 勝 個 人 の 生 命 保 険 契 約 に 基 づく 一 時 金 年 金 に 係 る 所 得 金 額 の 計 算 について 税 大 論 叢 69 号 頁 ( 平 23)を 参 照 (29) この 保 障 と 貯 蓄 の 二 面 性 は 保 険 期 間 の 前 半 において 収 入 した 保 険 料 の 一 部 が 保 険 期 間 の 後 半 の 保 険 金 支 出 に 充 てられるために 責 任 準 備 金 に 積 み 立 てられ 運 用 されるという 生 命 保 険 数 理 の 観 点 からのもののほか 当 該 責 任 準 備 金 を 原 資 として 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 した 場 合 には 解 約 返 戻 金 が 保 険 契 約 者 に 払 い 戻 され( 保 険 金 受 取 人 でないことに 注 意 ) また 保 険 契 約 者 が 約 款 貸 付 を 受 けることも さらには 払 済 保 険 や 延 長 保 険 (いずれも 保 険 期 間 の 中 途 で 保 険 料 の 払 込 みを 中 止 して 保 険 契 約 の 内 容 を 変 更 す る )の 一 時 払 い 保 険 料 に 充 当 することといっ た 生 命 保 険 契 約 の 内 容 の 観 点 からも 説 明 できる ( 矢 田 前 掲 注 (21)156 頁 ) (30) 武 田 久 義 生 命 保 険 事 業 における 質 的 変 化 桃 山 学 院 大 学 総 合 研 究 所 紀 要 31 巻 2 号 129 頁 ( 平 17

18 17) (31) 生 命 保 険 協 会 編 エクィティ 保 険 4 頁 ( 生 命 保 険 協 会 昭 47) (32) 日 本 公 認 会 計 士 協 会 金 融 商 品 に 関 する 実 務 指 針 13 参 照 (33) 塩 崎 ほか DHC 源 泉 徴 収 所 得 税 釈 義 2 巻 2497 の 5 頁 (34) 税 制 調 査 会 金 融 小 委 員 会 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 についての 基 本 的 考 え 方 4 頁 ( 平 16) (35) 米 国 では 適 格 生 命 保 険 要 件 の 導 入 の 契 機 と なったユニバーサル 保 険 は 1980 年 代 に 他 の 金 融 商 品 との 資 金 獲 得 競 争 の 中 で 販 売 額 を 伸 ばし てきたという 背 景 がある( 松 岡 博 司 景 気 低 迷 下 の 米 国 生 保 業 界 ニッセイ 基 礎 研 所 報 Vol 頁 ( 平 21)) 我 が 国 では 米 国 ほど 他 の 金 融 商 品 との 金 利 選 好 などの 対 象 とされていない ようであり 例 えば ユニバーサル 保 険 は 米 国 では 新 規 契 約 に 占 める 構 成 比 は 41%であるが 我 が 国 で 新 規 契 約 件 数 中 の 構 成 比 で 発 売 直 後 の 平 成 13 年 でも 10.7%にすぎず 源 泉 徴 収 制 度 全 体 に 新 たな 負 担 をかけることには 慎 重 になら ざるを 得 ない (36) 江 頭 教 授 は 保 険 料 の 使 途 の 開 示 は 他 の 生 命 保 険 契 約 についても しようと 思 えばやれる 点 であることと 指 摘 する( 江 頭 前 掲 注 (17) 71 頁 ) (37) なお いずれの 所 得 区 分 が 適 切 であるかは 一 時 所 得 の 意 義 や 雑 所 得 該 当 性 ( 利 子 所 得 ないし 一 時 所 得 のいずれにも 該 当 しない 所 得 か 否 か) さらには 現 行 の 所 得 税 法 の 各 種 所 得 の 意 義 を 踏 まえた 議 論 も 必 要 となるが 本 稿 においては 専 ら 他 の 金 融 商 品 との 課 税 上 の 公 平 の 観 点 か ら 本 文 のような 提 言 をしておきたい (38) 渋 谷 教 授 は 従 来 の 定 額 型 生 保 商 品 を 前 提 と して 一 般 の 金 融 商 品 と 生 命 保 険 のように 極 めて 契 約 期 間 が 長 い 金 融 商 品 とを 同 様 に 考 えることはできない としている( 渋 谷 前 掲 注 (26)121 頁 ) 18

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

保険商品を巡る課税上の諸問題

保険商品を巡る課税上の諸問題 保 険 商 品 を 巡 る 課 税 上 の 諸 問 題 - 支 払 保 険 料 の 損 金 性 の 問 題 を 中 心 に- 矢 田 公 一 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 106 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 法 人 が その 役 員 使 用 人 の 福 利 厚 生 のため あるいは 事 故 発 生 時 の 経 営 面 での 打 撃 を 軽 減 するため それらの

More information

生 命 保 険 の 金 融 的 機 能 と 課 税 上 の 課 題 - 法 人 税 法 におけるオンバランス 化 への 試 み- 矢 田 公 一 1 法 人 が その 役 員 使 用 人 を 被 保 険 者 として 締 結 した 生 命 保 険 ( 企 業 保 険 )について は 法 人 税 法 上

生 命 保 険 の 金 融 的 機 能 と 課 税 上 の 課 題 - 法 人 税 法 におけるオンバランス 化 への 試 み- 矢 田 公 一 1 法 人 が その 役 員 使 用 人 を 被 保 険 者 として 締 結 した 生 命 保 険 ( 企 業 保 険 )について は 法 人 税 法 上 生 命 保 険 の 金 融 的 機 能 と 課 税 上 の 課 題 法 人 税 法 におけるオンバランス 化 への 試 み 矢 田 公 一 生 命 保 険 の 金 融 的 機 能 と 課 税 上 の 課 題 - 法 人 税 法 におけるオンバランス 化 への 試 み- 矢 田 公 一 1 法 人 が その 役 員 使 用 人 を 被 保 険 者 として 締 結 した 生 命 保 険 ( 企 業 保

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

「知る前契約」に関するインサイダー見直し

「知る前契約」に関するインサイダー見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 2015 年 9 月 18 日 全 14 頁 知 る 前 契 約 に 関 するインサイダー 見 直 し 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2015 年 9 月 2 日 インサイダー 取 引 規 制 の 適 用 除 外 規 定 に 関 する 内 閣 府 令 及 びガイド ラインの 改 正 が 行 われた 具 体 的 には いわゆる

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個

様 式 1 様 式 1 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 非 課 税 貯 蓄 み な し 廃 止 通 知 書 税 務 署 長 殿 平 成 年 月 日 貯 蓄 の 受 入 機 関 の 営 業 所 等 所 在 地 名 称 営 業 所 番 号 個 別 紙 新 旧 対 照 表 改 正 後 改 正 前 ( 注 )アンダーラインを 付 した 部 分 は 改 正 部 分 である 目 次 目 次 第 1 編 総 則 第 1 編 総 則 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 2 編 居 住 者 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第 3 編 非 居 住 者 及 び 法 人 の 納 税 義 務 第

More information

平成21年度税制改正について

平成21年度税制改正について 相 続 税 法 等 の 改 正 所 得 税 関 係 のその 他 の 改 正 目 一 特 定 退 職 金 共 済 制 度 の 改 正 185 二 家 事 関 連 費 等 の 必 要 経 費 不 算 入 制 度 の 改 正 188 三 電 子 証 明 書 を 有 する 個 人 の 電 子 情 報 処 理 組 織 による 申 告 に 係 る 所 得 税 額 の 特 別 控 除 制 度 の 改 正 190

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について

㈱FESTIVAL PLAZA APPに対する違約金等請求訴訟の提起について 費 用 補 償 請 求 事 件 及 び 事 業 配 当 金 請 求 事 件 判 決 概 要 (オスカードリーム) < 判 決 概 要 ( 平 成 23 年 12 月 9 日 )> 費 用 補 償 請 求 事 件 に 係 るみずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 の 請 求 を 認 容 する 事 業 配 当 金 請 求 事 件 に 係 る 大 阪 市 の 請 求 を 棄 却 する この 判 決 は 大

More information

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -122( 順 号 12246) 横 浜 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 20 年 分 所 得 税 の 更 正 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 相 模 原 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 7 月 3 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 甲 被 告 国 同 代 表 者 法 務 大 臣 谷 垣 禎 一 処 分 行 政 庁

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

論叢本文

論叢本文 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 に 向 けての 論 点 と 在 り 方 原 武 彦 税 務 大 学 校 研 究 部 教 授 120 要 約 1 研 究 の 目 的 ( 問 題 の 所 在 ) 金 融 所 得 課 税 の 一 体 化 ( 本 要 約 において 以 下 一 体 化 という )は 更 に 推 進 することとされていることから 今 後 一 体 化 を 進 めるに 当 たっての 論 点

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

1 法律の目的と法人格取得の効果

1 法律の目的と法人格取得の効果 第 1 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 答 ) NPO 法 人 のうち 一 定 の 基 準 等 に 適 合 するものとして 所 轄 庁 の 認 定 又 は 仮 認 定 を 受 けた 法 人 ( 以 下 認 定 NPO 法 人 等 といいます )に 対 して 支 出 した 寄 附 について 次 のような

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出

二 制 度 の 内 容 1 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 ⑴ 有 価 証 券 等 に 対 する 課 税 1 制 度 の 内 容 国 外 転 出 をする 居 住 者 が その 国 外 転 出 の 時 において 有 価 証 券 又 は 匿 名 組 合 契 約 の 出 所 得 税 法 等 ( 国 外 転 出 時 の 特 例 の 創 設 )の 改 正 目 次 一 制 度 創 設 の 趣 旨 81 二 制 度 の 内 容 82 一 制 度 創 設 の 趣 旨 株 式 等 のキャピタルゲインについては 株 式 等 の 売 却 等 により 実 現 した 時 点 で 株 式 を 売 却 した 納 税 者 が 居 住 している 国 において 課 税 されること が 原 則 となっています

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給

月 経 過 日 等 といいます )まで( 継 続 して 毎 年 所 定 の 時 期 にされる 定 期 給 与 の 額 の 改 定 が3 月 経 過 日 等 後 にされることについて 特 別 の 事 情 があると 認 められる 場 合 にあっ ては 当 該 改 定 の 時 期 )にされた 定 期 給 役 員 給 与 に 関 するQ&A 平 成 20 年 12 月 ( 平 成 24 年 4 月 改 訂 ) 国 税 庁 役 員 給 与 の 額 の 改 定 には 様 々な 形 態 があるため 最 終 的 には 個 々の 事 情 に 照 らし 税 務 上 の 取 扱 いを 判 断 することになりますが その 判 断 に 当 たり 参 考 になると 考 えられる 事 例 をQ &A 形 式 により 取 りまとめました

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

平成  年(厚)第  号

平成  年(厚)第  号 項 番 2 平 成 21 年 ( 健 ) 第 71 号 平 成 22 年 2 月 26 日 裁 決 主 文 1 後 記 第 2の2 記 載 の 原 処 分 のうち 平 成 〇 年 〇 月 〇 日 から 同 年 〇 月 〇 日 までの 期 間 について 傷 病 手 当 金 を 支 給 しないとした 部 分 を 取 り 消 す 2 その 余 の 本 件 再 審 査 請 求 を 棄 却 する 理 由 第

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され

本 件 は,33の 専 有 部 分 から 構 成 された 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 区 分 所 有 に 係 る 建 物 ( 以 下 本 件 建 物 という )のうち,1 階 事 務 所 用 物 件 部 分 を 所 有 す る 原 告 が, 札 幌 市 長 により 決 定 され 主 文 1 札 幌 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 が 原 告 に 対 して 平 成 24 年 12 月 6 日 付 けでした 別 紙 物 件 目 録 記 載 の 一 棟 の 家 屋 について 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 平 成 24 年 度 の 価 格 についての 審 査 の 申 出 を 棄 却 する 旨 の 決 定 のうち, 価 格 1 億 2698 万

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd

067-089★帝京法学第28巻第1号★07口★上條.indd 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 67 納 税 申 告 における 制 度 選 択 の 意 思 表 示 と 租 税 法 律 主 義 各 納 税 者 の 意 思 と 全 納 税 者 の 意 思 上 條 克 彦 1 はじめに 今 年 の 3 月 11 日 に 東 北 地 方 太 平 洋 沖 大 地 震 ( 東 日 本 大 震 災 )が 発 生 すると

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準)

Microsoft Word - ②【発出版】140319通知案(医療法人会計基準) 医 政 発 0319 第 7 号 平 成 26 年 3 月 19 日 各 都 道 府 県 知 事 各 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 長 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 医 療 法 人 会 計 基 準 について 医 療 法 人 の 会 計 処 理 については これまで 病 院 会 計 準 則 の 改 正 について ( 平 成 16 年 8 月 19 日 医 政 発 0819001 号 厚 生

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838A815B83588EE688F882CC90C596B18FE382CC8EE688B582A282C98AD682B782E951264181799640906C90C595D2817A2032303130944E318C8E8CBB8DDD2E646F63> リース 取 引 の 税 務 上 の 取 扱 いに 関 するQ&A 法 人 税 編 平 成 20 年 7 月 25 日 最 終 改 正 平 成 22 年 1 月 18 日 社 団 法 人 リース 事 業 協 会 1. 税 制 改 正 の 概 要... 1 Q1 税 制 改 正 の 背 景... 1 Q2 リース 取 引 に 関 係 する 法 令... 1 Q3 リース 税 制 の 主 な 改 正 内

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx

Microsoft Word - 洲崎190号_訂正済み.docx 保 険 業 法 施 行 規 則 第 234 条 第 1 項 第 4 号 四 保 険 契 約 者 若 しくは 被 保 険 者 又 は 不 特 定 の 者 に 対 して 保 険 契 約 等 に 関 する 事 項 であってその 判 断 に 影 響 を 及 ぼすこととなる 重 要 なものにつき 誤 解 させるおそれのあることを 告 げ 又 は 表 示 する 行 為 Ⅰ 趣 旨 本 号 は 保 険 契 約 等

More information

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378>

<4D F736F F D20826C BB97E18CA48B868CB88E9182C982E682E98AF195748BE082CC8A AB2E646F6378> [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 事 業 再 編 / 払 戻 限 度 超 過 額 の 寄 付 該 当 性 ( 東 京 裁 平 成 26 年 6 12 ) 第 60 回 2015 年 ( 平 成 27 年 )6 5 発 表 林 靖 典 MJSS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが主 催 する 研 究 会 です MJSS 租 税 判 例 研 究 会 についての

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し

いよいよ適用開始 投信制度改革 目論見書・運用報告書などの見直し 証 券 金 融 取 引 の 法 制 度 いよいよ 適 用 開 始 投 信 制 度 改 革 目 論 見 書 運 用 報 告 書 などの 見 直 し 手 数 料 情 報 リスク 情 報 運 用 報 告 書 の 二 段 階 化 2014 年 12 月 8 日 全 15 頁 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 横 山 淳 [ 要 約 ] 2014 年 12 月 1 日 から 一 連 の 投 信 制 度

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477>

<944692E893C192E894F1896397988A8893AE9640906C90A7937882CC8EE888F882AB8169944692E895D2816A2E786477> 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 手 引 きQ&A 163 164 第 1 章 認 定 特 定 非 営 利 活 動 法 人 制 度 の 概 要 第 2 章 認 定 NPO 法 人 制 度 について ( 問 1) 認 定 NPO 法 人 制 度 とは どのような 制 度 でしょうか ( 問 2) 認 定 等 を 受 けたいと 考 えていますが どこに 相 談 すればよいでしょうか

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

24-1-本文-中表紙.indd

24-1-本文-中表紙.indd 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 論 説 弁 護 士 会 照 会 に 対 する 回 答 報 告 と 守 秘 義 務 違 反 岩 﨑 政 明 Ⅰ はじめに 本 稿 は 弁 護 士 法 23 条 の 2 に 定 める いわゆる 弁 護 士 会 照 会 に 対 して 顧 客 情 報 について 守 秘 義 務 を 負 う 税 理 士 等 の 専 門 家 がその

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 ( 災 害 損 失 など) に 関 す る 法 人 税 の 取 扱 い に 係 る 質 疑 応 答 事 例 平 成 28 年 6 月 国 税 庁 平 成 28 年 熊 本 地 震 関 係 諸 費 用 については 平 成 28 年 6 月 16 日 付 課 法 2-5ほか2 課 共 同 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 関 する 諸 費 用 の

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A

いまさら人には聞けない外資規制(外国人株式保有制限)のQ&A その 他 法 律 2012 年 10 月 5 日 全 13 頁 いまさら 人 には 聞 けない 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )のQ&A 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では 航 空 法 放 送 法 など 個 別 業 法 による 外 資 規 制 ( 外 国 人 株 式 保 有 制 限 )に 関 す る 基 本 的 な 事 項 をQ&A

More information