Contents 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な 考 え 方 企 業 理 念 に 基 づき 環 境 改 善 活 動 基 本 方 針 を 制 定 し 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 に 向 けて 取 り 組 みを 展 開 しています P1 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な

Size: px
Start display at page:

Download "Contents 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な 考 え 方 企 業 理 念 に 基 づき 環 境 改 善 活 動 基 本 方 針 を 制 定 し 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 に 向 けて 取 り 組 みを 展 開 しています P1 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な"

Transcription

1

2 Contents 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な 考 え 方 企 業 理 念 に 基 づき 環 境 改 善 活 動 基 本 方 針 を 制 定 し 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 に 向 けて 取 り 組 みを 展 開 しています P1 環 境 改 善 活 動 の 基 本 的 な 考 え 方 企 業 理 念 P3 P5 P7 P15 P17 P18 トップ 対 談 社 会 ニーズ の 側 面 お 客 さまニーズ の 側 面 社 内 変 革 の 側 面 環 境 マネジメント 第 三 者 意 見 水 を 究 め 自 然 と 人 間 が 調 和 した 豊 かな 環 境 を 創 造 する 企 業 ビジョン 水 と 環 境 の 先 進 的 マネジメント 企 業 環 境 改 善 活 動 基 本 方 針 活 動 指 針 3つの 側 面 クリタグループは 企 業 理 念 に 基 づく 事 業 活 動 を 行 うことにより 水 と 環 境 の 課 題 解 決 に 取 り 組 み 広 く 社 会 に 貢 献 する 1. 環 境 改 善 に 寄 与 する 新 商 品 新 技 術 の 開 発 に 取 り 組 み 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 に 貢 献 する 2. 生 産 性 向 上 環 境 負 荷 低 減 創 エネルギー をテーマに 商 品 技 術 サービスの 提 供 に 取 り 組 み お 客 さまの 環 境 改 善 を 実 現 する 3. 日 々の 事 業 活 動 において 業 務 の 改 善 工 夫 を 行 い 環 境 負 荷 を 低 減 する 社 会 ニーズ お 客 さまニーズ 社 内 変 革 の3つの 側 面 での 環 境 改 善 活 動 を 通 して 企 業 の 成 長 と 水 と 環 境 の 課 題 解 決 に 継 続 して 取 り 組 んでいます 顧 客 環 境 改 善 活 動 自 社 内 環 境 改 善 活 動 社 会 ニーズ の 側 面 お 客 さま ニーズ の 側 面 社 内 変 革 の 側 面 編 集 方 針 本 報 告 書 は 環 境 改 善 活 動 基 本 方 針 に 基 づく3つ の 側 面 ( 社 会 ニーズ の 側 面 お 客 さまニーズ の 側 面 社 内 変 革 の 側 面 )における 環 境 改 善 活 動 の 実 績 や 活 動 内 容 などを ステークホルダーの 皆 さまに 包 括 的 に ご 理 解 いただくために 発 行 しました 掲 載 内 容 につき ましては 環 境 省 環 境 報 告 ガイドライン(2007 年 度 版 ) を 参 考 としています なお 本 報 告 書 に 記 載 されている 会 社 名 および 商 品 名 は クリタグループまたは 該 当 する 各 社 の 商 標 または 登 録 商 標 です 対 象 範 囲 : 栗 田 工 業 と 国 内 グループ 会 社 報 告 期 間 :2011 年 4 月 1 日 2012 年 3 月 31 日 ただし 2012 年 4 月 以 降 の 方 針 や 目 標 についても 一 部 記 載 してい ます 会 社 概 要 商 号 所 在 地 資 本 金 代 表 者 創 立 決 算 期 従 業 員 数 栗 田 工 業 株 式 会 社 (Kurita Water Industries Ltd.) 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 4 番 7 号 東 京 都 中 野 区 中 野 四 丁 目 10 番 1 号 中 野 セントラルパークイースト(2012 年 10 月 移 転 予 定 ) 13,450,751,434 円 代 表 取 締 役 社 長 中 井 稔 之 1949 年 7 月 13 日 3 月 3 1 日 ( 年 1 回 ) 4,555 名 ( 連 結 )1,521 名 ( 単 体 )(2012 年 3 月 31 日 現 在 ) プロフィール 環 境 改 善 に 寄 与 する 商 品 技 術 サービスの 提 供 による 業 務 の 改 善 工 夫 による 新 商 品 新 技 術 の 開 発 による お 客 さまの 環 境 改 善 の 実 現 環 境 負 荷 低 減 持 続 可 能 な 社 会 の 実 現 クリタグループは 栗 田 工 業 ( 株 ) 子 会 社 40 社 および にわたり 水 処 理 のリーディングカンパニーとして 産 業 と 関 連 会 社 1 社 により 構 成 されています 事 業 区 分 として 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきました 環 境 の 世 紀 といわ は 水 処 理 薬 品 類 の 製 造 販 売 を 行 う 水 処 理 薬 品 事 業 と れる 今 世 紀 においても 最 新 の 商 品 技 術 サービス 水 処 理 装 置 類 の 製 造 販 売 およびメンテナンス サー を 駆 使 し 必 要 な 質 と 量 の 水 を 必 要 なとき 必 要 な ビスの 提 供 を 行 う 水 処 理 装 置 事 業 の 大 きく2つに 区 分 場 所 に 提 供 する 先 進 的 マネジメント を 実 現 し 社 会 に できます 貢 献 していきます 私 たちは 水 を 究 め 自 然 と 人 間 が 調 和 した 豊 か な 環 境 を 創 造 する という 企 業 理 念 のもと 半 世 紀 以 上 1 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

3 トップ 対 談 環 境 改 善 活 動 の 実 行 と 進 化 により 社 会 に 貢 献 していく 日 本 におけるエネルギー 事 情 の 変 化 や 新 興 国 で 顕 在 化 している 環 境 問 題 に 対 してクリタグルー プの 実 行 すべきこと そして 進 化 させるべきことは 何 か 環 境 経 営 の 専 門 家 である 神 戸 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 教 授 國 部 克 彦 氏 と 栗 田 工 業 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 中 井 稔 之 との 対 談 を 通 してお 伝 えします 神 戸 大 学 大 学 院 経 営 学 研 究 科 教 授 國 部 克 彦 氏 栗 田 工 業 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 中 井 稔 之 クリタグループが 実 行 する 環 境 改 善 活 動 として 超 純 水 供 給 事 業 があります 超 純 水 供 給 事 業 では お 客 さまの 工 場 内 に 拠 点 を 置 き 半 導 体 や 液 晶 を 生 産 するために 不 可 欠 な 超 純 水 を 安 定 供 給 しています 加 え て 生 産 工 程 で 発 生 する 洗 浄 排 水 を 回 収 再 利 用 するこ とで お 客 さまの 環 境 負 荷 低 減 に 貢 献 しています 國 部 クリタグ ル ー プ は ソリュー ション の 提 供 を ビ ジ ネスモデルとしています さまざまな 提 案 によってお 客 さまの 環 境 改 善 に 対 する 意 識 の 向 上 も 図 られると 考 え るので 社 会 的 にも 大 変 意 義 のあることだと 思 います また クリタグル ープで は 海 外 へ の 事 業 展 開 も 重 点 施 策 とされていますが 環 境 改 善 活 動 はどのような 取 り 組 みを 行 っていますか 中 井 海 外 で の 取 り 組 み とし て は 各 国 の ニ ー ズ に 合 っ た 商 品 の 開 発 や 水 処 理 薬 品 および 水 処 理 装 置 の 納 入 によるお 客 さまの 環 境 負 荷 低 減 を 実 施 しています 今 後 は 海 外 事 業 の 拡 大 に 伴 って 海 外 事 業 会 社 における 顧 客 環 境 改 善 効 果 や 自 社 内 環 境 改 善 活 動 の 成 果 を 定 量 的 に 把 握 し 国 内 と 同 様 の 活 動 を 推 進 していきたいと 考 えています 國 部 中 国 では 水 不 足 や 水 質 汚 濁 といった 問 題 が 顕 在 化 しています 世 界 では 環 境 問 題 の 中 で 水 が 最 も 重 要 な 課 題 となっており 製 品 のライフサイクルで 使 われ る 水 の 総 量 を ウ ォ ー タ ー フ ット プ リ ン ト と し て 把 握 す る 動 きが 出 てくるなど 多 くの 企 業 がいかに 少 ない 水 で 製 品 を 作 ることができるかに 頭 を 悩 ませています 中 井 クリタグループには 排 水 の 回 収 再 利 用 技 術 と いう 大 きな 強 みがあります 排 水 の 回 収 再 利 用 は 半 導 体 や 液 晶 などの 電 子 産 業 分 野 では 従 来 から 行 われ ていますが 食 品 や 自 動 車 などの 分 野 においてもニー ズが 高 まってきており お 客 さまの 生 産 に 使 用 する 水 量 を 確 保 しながら 絶 対 量 を 低 減 するというご 提 案 を 行 い お 客 さまに 貢 献 していきたいと 考 えています 環 境 改 善 活 動 の 進 化 に 向 けて また 水 処 理 装 置 等 の 納 入 に 伴 って 発 生 する 工 事 現 場 での 廃 棄 物 についても2012 年 度 より 削 減 対 象 として 取 り 組 みを 開 始 しました 國 部 環 境 改 善 活 動 の 方 針 や 目 標 をグループ 全 体 で 具 体 的 に 展 開 することは どの 企 業 も 苦 労 されていま す クリタグループでは 顧 客 環 境 改 善 効 果 を 業 績 と 結 び 付 けることが 環 境 改 善 活 動 を 浸 透 させる 一 つの 方 法 だと 思 います 中 井 薬 品 装 置 メンテナンスという3つの 機 能 をバ ランス 良 く 有 するのは 世 界 でもクリタグループだけです この3つの 機 能 を 融 合 させることで 他 社 にはない 総 合 力 を 発 揮 し お 客 さまに 最 もメリットのある 提 案 を 行 うことができるのが 最 大 の 強 みです この 強 みを 発 揮 するた め に は クリタグル ープ が 取 り 組 んで いる 環 境 改 善 活 動 の 目 的 や 意 義 を 社 員 一 人 ひとりが 理 解 し 職 場 ごとに 環 境 改 善 活 動 について 話 し 合 うといったコ ミュニケーションが 重 要 だと 考 えています 國 部 他 社 と 比 べクリタグループ 環 境 改 善 活 動 の 特 徴 は 新 商 品 新 技 術 を 開 発 する 社 会 ニーズ お 客 さ ま の 工 場 で 環 境 負 荷 を 低 減 す る お 客 さ ま ニ ー ズ 社 内 での 環 境 負 荷 を 低 減 する 社 内 変 革 の3つの 側 面 で 取 り 組 まれていることです これらの 意 義 を 社 員 に 理 解 してもらうことは 非 常 に 大 事 なことで す が た だ 説 明 するのではなく 社 員 の 活 動 を 環 境 報 告 書 などで 社 内 外 に 発 信 し 取 り 上 げられたことでさらに 活 動 が 活 性 化 されるようになれば 良 いと 思 います 中 井 社 員 の 皆 さんには 自 らの 取 り 組 みが 社 会 の 環 境 改 善 に 役 立 っていることを 再 認 識 していただき 日 々の 業 務 において 積 極 的 に 活 動 してもらいたいと 思 ってい ます クリタグループは 環 境 改 善 活 動 を 進 化 させ 続 け 今 後 も 広 く 社 会 に 貢 献 してまいります 國 部 東 日 本 大 震 災 の 発 生 後 日 本 のエネルギー 事 情 は 大 きく 変 化 しました 原 子 力 発 電 所 の 再 稼 働 が 依 然 不 透 明 で 生 産 に 係 わるコストや 環 境 負 荷 が 上 昇 する 中 でいかに 事 業 を 進 め 環 境 負 荷 を 低 減 していくのか 企 業 は 実 質 的 な 対 応 が 求 められています また 企 業 がグローバルに 事 業 を 展 開 し その 結 果 としてさまざ まな 国 に 環 境 負 荷 を 与 えている 現 状 においては サプ ライチェーンでの 環 境 経 営 を 推 進 するとともに 取 り 組 み 状 況 を 積 極 的 に 公 表 することが 求 められています 中 井 お 客 さまの 意 識 の 変 化 は 強 く 感 じています お 客 さまで 設 備 管 理 を 担 当 されている 方 々は 生 産 性 向 上 や 省 エネルギー 廃 棄 物 削 減 に 取 り 組 むことは 最 大 の 使 命 と 捉 えていらっしゃいますので クリタグループとしても 提 案 内 容 のレベルアップによりお 客 さまの 期 待 に 応 え 続 けていく 必 要 があります お 客 さまのサプライチェーンの 維 持 に 貢 献 する 一 つの 例 國 部 中 井 社 長 はクリタグループにおける 環 境 改 善 活 動 の 課 題 をどのように 捉 えていますか 中 井 環 境 改 善 活 動 の 強 化 はもちろん クリタグループ が 今 後 も 社 会 にとって 必 要 とされる 企 業 であり 続 ける ために お 客 さまの 水 と 環 境 に 関 する 課 題 解 決 に 貢 献 する 商 品 技 術 サービスの 品 質 向 上 が 最 も 大 きな 課 題 だと 考 えています そのため2012 年 4 月 からスター トした 新 中 期 環 境 改 善 活 動 計 画 では ものづくり にお ける 品 質 向 上 活 動 と 環 境 改 善 活 動 をリンクさせました さらに 各 組 織 が 自 ら 設 定 した 環 境 改 善 目 標 をクリタグ ループの 経 営 のマネジメントツールである 方 針 管 理 に 反 映 することで より 実 効 性 を 高 めていくことを 目 指 しています これによりお 客 さまへ の 提 案 内 容 をより 環 境 改 善 効 果 のあるものへと 進 化 させるとともに 自 社 内 での 環 境 負 荷 を 今 までとは 違 う 切 り 口 で 大 きく 低 減 で きるよう 取 り 組 みを 強 化 していきます 3 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

4 社 会 ニーズ の 側 面 社 会 ニーズ の 側 面 水 と 環 境 の 課 題 解 決 につながる 新 商 品 新 技 術 の 創 出 に 取 り 組 んでいます 環 境 改 善 に 貢 献 する 新 商 品 新 技 術 の 開 発 クリタグループは 社 会 やお 客 さ ま の 水 と 環 境 の 分 野 に お け る ニーズや 課 題 を 把 握 し 開 発 テー マに 設 定 して 新 商 品 新 技 術 の 開 発 に 取 り 組 んでいます 社 会 ニーズ の 側 面 における 実 績 は 当 年 度 に 終 了 した 環 境 改 善 に 貢 献 する 商 品 技 術 サービス に 係 わる 開 発 件 数 と 顧 客 環 境 改 善 効 果 で 把 握 しています 顧 客 環 境 改 善 効 果 は 開 発 が 終 了 した テーマに 基 づく 新 商 品 新 技 術 を 適 用 することで 得 られるお 客 さま の 工 場 事 業 所 での 環 境 負 荷 低 減 量 を 試 算 して 数 値 化 しています 環 境 改 善 に 貢 献 する 新 商 品 新 技 術 環 境 改 善 項 目 CO2 排 出 削 減 廃 棄 物 削 減 汚 水 処 理 土 壌 地 下 水 汚 染 浄 化 顧 客 環 境 改 善 効 果 新 商 品 新 技 術 鉄 分 散 機 能 を 強 化 したボイラ 薬 品 ボイラの 廃 熱 回 収 器 向 け 防 食 剤 海 水 淡 水 化 装 置 向 けRO 膜 の 汚 れ 防 止 剤 排 水 廃 棄 物 のメタン 発 酵 ガス 利 用 向 けガス 濃 縮 精 製 装 置 微 生 物 担 体 を 利 用 した 化 学 排 水 向 け 嫌 気 性 排 水 処 理 プロセス 微 小 動 物 を 利 用 した 汚 泥 発 生 量 の 少 ない 好 気 性 生 物 処 理 プロセス 半 導 体 ウェハのレジスト 剥 離 用 薬 液 の 循 環 利 用 システム 排 水 中 のシアン 分 解 処 理 技 術 塩 素 化 エチレン 類 に 汚 染 された 土 壌 の 浄 化 加 速 技 術 環 境 改 善 項 目 CO2 排 出 削 減 量 (t) 廃 棄 物 削 減 量 (t) 汚 水 処 理 量 ( 千 m 3 ) 24 5, 微 小 動 物 を 利 用 した 汚 泥 発 生 量 の 少 ない 好 気 性 生 物 処 理 プロセス バイオプラネット SR 食 品 工 場 を 始 め 多 くの 工 場 で 発 生 する 有 機 物 を 含 む 排 水 の 処 理 方 法 として 有 機 物 を 細 菌 などの 微 生 物 に 食 べさせて 分 解 する 好 気 性 生 物 処 理 法 が 広 く 用 いら れています この 方 法 は 処 理 効 率 と 経 済 性 に 優 れてい ますが 有 機 物 を 食 べて 増 殖 した 細 菌 が 余 剰 汚 泥 と なり 廃 棄 物 が 発 生 するという 大 きな 課 題 があります これに 対 し 栗 田 工 業 は 食 物 連 鎖 の 仕 組 みを 活 用 し て 余 剰 汚 泥 発 生 量 を 低 減 する 排 水 処 理 プロセス バイオ プラネット SR を 開 発 しました 本 技 術 は 有 機 物 を 食 べて 増 殖 した 細 菌 をワムシなどの 微 小 動 物 に 捕 食 させ ることで 余 剰 汚 泥 発 生 量 を 最 大 で75% 削 減 可 能 となり ます また 生 物 処 理 槽 内 に 浮 遊 している 無 数 の 穴 が 開 いたスポンジ( 担 体 )に 細 菌 と 微 小 動 物 を 高 密 度 に 保 持 することで 高 負 荷 運 転 も 可 能 となります 本 装 置 は 既 に 食 品 業 界 のお 客 さまに 採 用 されてい ます 細 菌 を 捕 食 する 微 小 動 物 微 小 動 物 を 保 持 させた 担 体 新 商 品 の 例 鉄 濃 度 の 高 い 復 水 の 回 収 により 省 エネルギーを 実 現 する 鉄 分 散 機 能 を 強 化 したボイラ 薬 品 工 場 で 加 熱 加 温 用 に 使 用 される 蒸 気 は ボイラで 水 を 加 熱 して 発 生 させています ボイラの 省 エネルギー 策 として 使 用 後 の 蒸 気 が 凝 縮 した 高 温 の 復 水 を 回 収 し ボイラ 給 水 と して 再 利 用 することで 加 熱 用 燃 料 を 削 減 する 方 法 があります しかし 配 管 から 鉄 成 分 が 溶 出 して 鉄 濃 度 が 高 くなった 復 水 を 回 収 すると ボイラ 内 面 に 鉄 が 付 着 して 熱 効 率 の 悪 化 や 腐 食 といったさまざまな 障 害 の 原 因 となります そのため 復 水 を 回 収 できない または 回 収 量 が 制 限 されるという 課 題 があ りました これに 対 し 栗 田 工 業 は 鉄 付 着 の 抑 制 効 果 に 優 れた 薬 品 を 開 発 しました 本 薬 品 は ボイラ 給 水 中 の 鉄 濃 度 を 従 来 品 の 3 倍 以 上 まで 許 容 できるため 高 温 の 復 水 回 収 量 を 大 幅 に 増 やすことが 可 能 となり 省 エネルギーに 貢 献 します また 医 薬 や 食 品 の 製 造 工 場 など 安 全 性 を 重 視 するお 客 さまには 全 ての 素 材 を 食 品 添 加 物 とした 商 品 をご 提 供 しています 給 水 中 の 鉄 化 合 物 が 伝 熱 面 テストチューブに 付 着 した 状 態 鉄 分 散 機 能 を 強 化 した 新 開 発 の 薬 品 により 伝 熱 面 テストチューブへの 鉄 化 合 物 の 付 着 が 抑 制 された 状 態 塩 素 化 エチレン 類 に 汚 染 された 土 壌 の 浄 化 加 速 技 術 現 在 1980 年 代 頃 まで 金 属 や 機 械 部 品 などの 洗 浄 用 に 使 用 されてい たトリクロロエチレンなどの 有 害 な 塩 素 化 エチレン 類 による 土 壌 地 下 水 汚 染 が 社 会 問 題 と して 顕 在 化 し さまざまな 工 場 や 工 場 跡 地 で 浄 化 処 理 が 行 われています 浄 化 処 理 方 法 の 一 つである バイオ レメディエーション は 土 壌 中 に 存 在 する 微 生 物 を 利 用 して 塩 素 化 エチレン 類 を 無 害 なエチレンまで 分 解 す るもので 汚 染 土 壌 を 掘 削 除 去 する 方 法 や 地 下 水 をく み 上 げて 物 理 的 に 処 理 する 方 法 に 比 べ 低 コストかつ 短 期 間 で 浄 化 できるという 特 長 があります しかし 塩 素 化 エチレン 類 を 分 解 できる 微 生 物 が 存 在 しない 土 壌 には 本 技 術 が 適 用 できないという 課 題 がありました これに 対 し 栗 田 工 業 は 分 解 力 を 持 つ 微 生 物 デハ ロコッコイデス 属 細 菌 を 国 内 で 初 めて 人 工 的 に 培 養 し 地 下 水 中 に 栄 養 剤 とともに 注 入 して 浄 化 する 技 術 を 開 発 しました 本 技 術 により 同 微 生 物 が 存 在 しない 土 壌 でも 浄 化 可 能 となっただけでなく 土 壌 に 微 生 物 を 高 濃 度 に 注 入 することで 浄 化 期 間 を 最 大 で1/2に 短 縮 す ることが 可 能 となりました 本 技 術 は 微 生 物 によるバイオレメディエーション 利 用 指 針 に 基 づく 適 合 確 認 を 受 けており 他 の 生 物 や 生 態 系 に 対 して 安 全 な 技 術 であることが 確 認 されてい ます バイオレメディエーションの 安 全 性 評 価 に 際 しては 利 用 する 微 生 物 の 安 全 性 や 生 態 系 への 悪 影 響 がないことを 確 認 するため 経 済 産 業 省 と 環 境 省 が 合 同 で 微 生 物 によ るバイオレメディエーション 利 用 指 針 を 定 めています 栗 田 工 業 の 技 術 は デハロコッ コイデス 属 細 菌 を 用 いた 手 法 としては 国 内 で 初 めて 同 指 針 に 基 づく 適 合 確 認 を 受 け ています 微 生 物 注 入 装 置 土 壌 に 微 生 物 を 注 入 して 塩 素 化 エチレン 類 を 分 解 5 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

5 お 客 さまニーズ の 側 面 お 客 さまニーズ の 側 面 事 業 を 通 してお 客 さまの 環 境 負 荷 低 減 に 貢 献 しています 顧 客 環 境 改 善 効 果 クリタグループでは お 客 さまに 採 用 された 改 善 提 案 による 環 境 負 荷 低 減 量 を 独 自 の 指 標 である 顧 客 環 境 改 善 効 果 として 集 計 しています 2011 年 度 の 数 値 は2011 年 4 月 から2012 年 3 月 までの 受 注 案 件 を 対 象 に 受 注 時 にお 客 さま 向 けの 仕 様 書 や 提 案 書 で 提 示 した 環 境 負 荷 低 減 量 を 基 に 導 入 前 後 における 環 境 負 荷 の 差 を 試 算 値 (みなし 効 果 )で 把 握 しています 環 境 改 善 項 目 顧 客 環 結 境 改 果 善 効 果 CO2 水 処 理 薬 品 によるボイラや 冷 却 水 設 備 の 燃 料 削 減 排 水 回 収 設 備 による 節 水 など CO2 排 出 削 減 量 節 水 量 108,676t/ 年 36,884 千 m 3 / 年 一 世 帯 の 年 間 CO2 排 出 量 は 約 4,850kg 1 108,676t/ 年 のCO2 排 出 削 減 量 は 約 22,000 世 帯 分 に 相 当 します 一 世 帯 の 年 間 水 使 用 量 は 約 300m ,884 千 m 3 / 年 の 節 水 量 は 約 123,000 世 帯 分 に 相 当 します 廃 棄 物 脱 水 剤 や 嫌 気 性 排 水 処 理 による 汚 泥 削 減 乾 燥 機 導 入 による 廃 棄 物 削 減 など 廃 棄 物 削 減 量 143,484t/ 年 一 世 帯 の 年 間 ごみ 排 出 量 は 約 1,450kg 3 143,484t/ 年 の 廃 棄 物 削 減 量 は 約 99,000 世 帯 分 に 相 当 します 環 境 負 荷 物 質 重 金 属 固 定 化 剤 による 有 害 物 質 除 去 連 続 再 生 型 純 水 装 置 への 更 新 による 化 学 薬 品 削 減 など 環 境 負 荷 物 質 削 減 量 4,013t/ 年 水 質 汚 濁 物 質 排 水 処 理 設 備 で 処 理 する 汚 水 量 汚 水 処 理 量 25,618 千 m 3 / 年 競 泳 用 のプールの 標 準 的 なサイズは50m 20m 1.7mで 容 積 は1,700m 3 25,618 千 m 3 / 年 の 汚 水 処 理 量 はプール 約 15,000 杯 分 に 相 当 します 土 壌 地 下 水 汚 染 物 質 掘 削 除 去 や 原 位 置 浄 化 により 処 理 する 汚 染 され た 土 壌 と 地 下 水 汚 染 土 壌 浄 化 量 821 千 m 3 / 年 1m 3 の 土 壌 を1.8tとすると 821 千 m 3 という 汚 染 土 壌 浄 化 量 は 10tトラック 約 148,000 台 分 に 相 当 します 注 : 試 算 に 使 用 したCO2 換 算 係 数 は 次 の 通 りです 電 力 :0.351kg-CO2/kWh 都 市 ガス:2.23kg-CO2/m 3 A 重 油 :2.71kg-CO2/l 上 水 下 水 :0.65kg- CO2/m 3 クリタグループの 事 業 1 全 国 地 球 温 暖 化 防 止 推 進 センター 家 庭 からの 二 酸 化 炭 素 排 出 量 2 東 京 都 水 道 局 水 の 上 手 な 使 い 方 3 環 境 循 環 型 社 会 生 物 多 様 性 白 書 平 成 23 年 度 版 ( 環 境 省 2011 年 6 月 発 行 )における 一 人 あたりのごみ 排 出 量 を 基 に 4 人 分 を 一 世 帯 の 量 と 定 義 クリタグループの 事 業 は 水 処 理 薬 品 事 業 と 水 処 理 装 置 事 業 の 大 きく2つに 分 けられます 水 処 理 薬 品 の 製 造 販 売 水 処 理 装 置 の 製 造 販 売 水 処 理 薬 品 事 業 ボイラ 薬 品 冷 却 水 薬 品 プロセス 薬 品 ( 石 油 鉄 鋼 紙 パルプ) 排 水 処 理 薬 品 RO 膜 処 理 薬 品 水 処 理 薬 品 関 連 機 器 ( 薬 品 注 入 制 御 システム 遠 隔 水 質 管 理 システム など) 水 処 理 効 果 のモニタリング 診 断 サービス 水 処 理 装 置 事 業 超 純 水 製 造 システム 用 水 処 理 システム 排 水 処 理 システム 排 水 回 収 再 利 用 システム メンテナンス サービス 超 純 水 供 給 水 処 理 施 設 の 運 転 維 持 管 理 ボイラ 設 備 の 販 売 メンテナンス サービス 化 学 洗 浄 ボイラ 冷 却 水 設 備 の 水 処 理 管 理 契 約 型 商 品 ( 蒸 気 供 給 契 約 工 場 一 括 管 理 契 約 など) 精 密 洗 浄 土 壌 地 下 水 浄 化 水 質 等 の 分 析 家 庭 向 け 商 品 の 製 造 販 売 浄 水 器 7 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

6 お 客 さまニーズ の 側 面 お 客 さまニーズ の 側 面 環 境 改 善 事 例 お 客 さまの 工 場 事 業 所 での 環 境 改 善 事 例 のご 紹 介 廃 液 の 自 社 処 理 化 により 廃 棄 物 量 を 削 減 秋 田 エプソン 株 式 会 社 殿 組 みました 栗 田 工 業 の 開 発 部 門 も 参 画 して 処 理 技 術 を 新 たに 構 築 し 既 設 排 水 処 理 設 備 で 放 流 基 準 値 以 下 に 処 理 できるようアル カリ 廃 液 を 前 処 理 する 設 備 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いた だいた 結 果 お 客 さまは400t/ 年 の 廃 棄 物 を 削 減 されました 排 水 処 理 の 改 善 により 化 学 薬 品 使 用 量 を 削 減 サントリープロダクツ 株 式 会 社 榛 名 工 場 殿 自 の 有 機 凝 結 剤 の 適 用 と 凝 集 沈 殿 設 備 の 運 転 管 理 方 法 の 変 更 さらに 管 理 指 標 と 連 動 した 薬 品 注 入 量 の 自 動 制 御 化 を 提 案 しました これらの 提 案 を 段 階 的 にご 採 用 いただい た 結 果 お 客 さまは 無 機 凝 集 剤 をはじめとする 化 学 薬 品 の 使 用 量 を25% 削 減 されました プリンターヘッドや 水 晶 振 動 子 センサ 等 の 製 造 を 主 な 事 業 とす る 秋 田 エプソン 株 式 会 社 殿 は エプソングループの 一 員 としてグ ループ 共 通 の 環 境 方 針 に 基 づき 環 境 改 善 活 動 を 推 進 されてい ます 同 社 では 事 業 活 動 と 環 境 改 善 活 動 との 調 和 を 目 指 し エ ネルギーや 廃 棄 物 などの 削 減 を 生 産 性 向 上 と 同 義 と 捉 え 生 産 設 備 やユーティリティ 設 備 などで の 環 境 負 荷 低 減 に 向 けた 取 り 組 み を 継 続 的 に 実 施 されています 栗 田 工 業 のプラント 事 業 本 部 は お 客 さまと 共 同 でさまざまな 切 り 口 で 調 査 検 討 を 行 った 結 果 環 境 負 荷 低 減 とコストダウンの 両 面 で 最 も 効 果 のある 施 策 として 廃 棄 処 分 し ているアルカリ 廃 液 を 既 設 の 排 水 処 理 設 備 で 処 理 する 方 法 の 確 立 に 取 り アルカリ 廃 液 処 理 設 備 廃 棄 物 量 400t 削 減 今 回 は 調 査 検 討 段 階 から 運 転 管 理 方 法 の 確 立 までクリタさん と 一 緒 に 試 行 錯 誤 しながら 取 り 組 み 廃 棄 物 量 を 大 幅 に 削 減 す ることができました 環 境 負 荷 低 減 とコスト 削 減 の 効 果 はもちろ んですが アルカリ 廃 液 の 引 き 取 り 処 分 がなくなったことで 作 業 上 の 安 全 性 が 大 きく 向 上 したことを 評 価 しています 今 後 もさら にコストメリットのある 改 善 提 案 をお 願 いしたいと 思 っています 水 晶 製 造 部 水 晶 製 造 課 佐 藤 和 人 様 ( 左 ) 水 晶 製 造 部 水 晶 製 造 課 課 長 藤 原 和 喜 様 ( 中 ) 水 晶 製 造 部 水 晶 製 造 課 阿 部 克 郎 様 ( 右 ) 清 涼 飲 料 の 製 造 を 行 うサントリープロダクツ 株 式 会 社 殿 は コ ー ポ レ ート メッ セ ー ジ に 水 と 生 き る を 掲 げ る サ ント リーグループの 一 員 として 同 グループの 環 境 基 本 方 針 に 基 づく 環 境 経 営 を 推 進 されています 同 社 榛 名 工 場 殿 では 工 場 排 水 について 法 基 準 に 加 え 自 主 基 準 も 設 定 し 環 境 へ の 影 響 を 抑 えるよう 放 流 水 の 水 質 を 管 理 されています そ の 目 標 を 達 成 維 持 していくための 手 段 の 一 つとして 無 機 凝 集 剤 を 使 用 されており 確 実 に 環 境 への 影 響 を 低 減 する ことと 無 機 凝 集 剤 の 使 用 量 低 減 を 両 立 させることが 課 題 となってい ました 栗 田 工 業 のケミカル 事 業 本 部 は 無 機 凝 集 剤 の 凝 集 効 果 を 補 う 独 凝 集 沈 殿 設 備 化 学 薬 品 使 用 量 25% 削 減 従 来 は 環 境 への 影 響 を 低 減 することを 優 先 するために 無 機 凝 集 剤 の 注 入 量 が やや 多 めになっていましたが 本 提 案 により 注 入 量 を 適 正 に 管 理 することが 可 能 となり 無 機 凝 集 剤 を 削 減 できたことは 大 きなメリットだと 評 価 しています また 本 提 案 を 導 入 する 過 程 で 排 水 処 理 設 備 の 最 適 な 運 転 管 理 方 法 を 確 立 し 凝 集 剤 だけでなく ph 調 整 用 の 薬 品 も 半 減 することができました クリタさんには 今 後 も 質 の 高 い 改 善 提 案 をお 願 いした 工 務 グループ 課 長 いと 思 っています 橋 本 龍 星 様 小 池 正 広 様 固 形 物 のフロック 化 により 廃 棄 物 量 を 削 減 出 光 興 産 株 式 会 社 北 海 道 製 油 所 殿 形 物 を 凝 集 しフロック 化 する 水 処 理 薬 品 の 適 用 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 従 来 の 半 分 近 い 量 の 珪 藻 土 で 固 形 物 の 除 去 が 可 能 となり お 客 さまは 廃 棄 物 となっていた 珪 藻 土 の 使 用 量 を380t/ 年 削 復 水 回 収 の 実 現 により ボイラ 燃 料 を 削 減 株 式 会 社 J-オイルミルズ 静 岡 工 場 殿 エス 栗 田 工 業 のケミカル 事 業 本 部 の3 社 は 回 収 した 復 水 を 一 旦 貯 留 して 油 分 検 査 と 水 質 測 定 を 行 った 後 ボイラ 給 水 にすることができる 設 備 を 共 同 で 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまはボイラ 燃 料 用 ガ 石 油 の 精 製 や 石 油 化 学 製 品 の 製 造 販 売 を 主 な 事 業 減 されました 油 脂 や 油 糧 などの 製 造 加 工 販 売 を 主 な 事 業 とする スを 減 らすことが 可 能 となり 335t/ 年 のCO2を 削 減 できる とする 出 光 興 産 株 式 会 社 殿 は 地 球 環 境 と 経 済 が 調 和 した 社 会 の 形 成 への 貢 献 を 目 指 し 事 業 活 動 に 伴 う 環 境 負 荷 の 低 減 を 推 進 されています 同 社 北 海 道 製 油 所 殿 では 環 境 保 全 の 一 環 として 製 油 工 程 で 発 生 する 排 ガスに 含 まれる 硫 黄 酸 化 物 の 粒 子 を 水 で 捕 集 し フィ ルターで 除 去 しています 固 形 物 除 去 の 助 剤 として 珪 藻 土 を 使 用 していますが フィルター 表 面 に 層 状 となった 珪 藻 土 は 固 形 物 とともに 廃 棄 物 とな ることから 珪 藻 土 の 使 用 量 削 減 が 課 題 となっていました 栗 田 工 業 のケミカル 事 業 本 部 は 珪 藻 土 の 層 で 捕 捉 しやすいよう 固 排 煙 脱 硫 設 備 廃 棄 物 量 380t 削 減 当 社 では 珪 藻 土 は 排 水 中 の 固 形 物 濃 度 に 対 して 注 入 量 を 最 適 かつ 最 少 に 調 整 することで 削 減 するものと 認 識 していたので 水 処 理 薬 品 による 削 減 は 新 たな 知 見 でした 固 形 物 をフロック 化 することで ろ 過 助 剤 であ る 珪 藻 土 を 削 減 するという 考 え 方 は 理 論 的 であり 机 上 テスト 実 機 テス トとも 良 好 で あった た め 本 採 用 としました 本 提 案 により 削 減 目 標 は 達 成 できましたが 珪 藻 土 使 用 量 ゼロという 高 い 目 標 を 実 現 するため 引 き 続 き 協 力 していただきたいと 思 っ ています 製 油 二 課 課 長 井 上 高 志 様 製 油 二 課 石 本 一 様 株 式 会 社 J -オイルミルズ 殿 は 安 全 健 康 環 境 を 意 識 した 事 業 を 展 開 されており 全 工 場 で 省 エネプロジェクト によるC O 2 排 出 量 削 減 に 取 り 組 まれています 同 社 静 岡 工 場 殿 では 省 エネルギー 策 の 一 つであるボイラ 復 水 の 回 収 にあたって 過 去 に 油 分 の 混 入 によるトラブルが 発 生 し たことから 有 効 な 油 分 混 入 対 策 を 採 らな ければ 復 水 回 収 を 実 施 できないという 課 題 がありました クリタ ケミカル 関 東 クリタ ビ ーエ ム 復 水 回 収 設 備 見 込 みです CO2335t 削 減 中 断 していた 復 水 回 収 を 本 提 案 によって 再 度 実 現 できたことは 非 常 に 大 きな 意 義 があったと 思 います 現 在 は 一 部 の 生 産 工 程 からの 回 収 に 留 まっていますが 今 回 の 回 収 設 備 は 他 工 程 の 復 水 も 受 け 入 れられる 設 計 になっていますの で 回 収 水 の 対 象 拡 大 にあたって 引 き 続 き 協 力 をお 願 いします また 当 工 場 は 生 産 工 程 で 大 量 の 蒸 気 を 使 用 しています 水 処 理 という 新 たな 視 点 で 工 程 全 体 を 見 ていただき 改 善 点 を 見 つけて 欲 しいと 思 っています 工 務 部 工 務 課 兼 生 産 戦 略 部 課 長 代 理 下 村 太 様 9 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

7 お 客 さまニーズ の 側 面 お 客 さまの 工 場 事 業 所 での 環 境 改 善 事 例 のご 紹 介 ファンへ のダスト 付 着 抑 制 による 省 エネルギー 住 友 金 属 工 業 株 式 会 社 鹿 島 製 鉄 所 殿 ストの 付 着 を 防 止 する 効 果 のある 水 処 理 薬 品 を 適 用 するこ とで 散 水 量 を 削 減 する 省 エネルギー 策 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは 従 来 に 比 べ 半 分 の 散 水 量 でダスト 付 着 を 抑 制 でき 水 の 抵 抗 を 下 げるこ 純 水 製 造 システムの 最 適 化 により 電 力 使 用 量 を 削 減 株 式 会 社 トッパンエレクトロニクスプロダクツ 新 潟 工 場 殿 削 減 や 小 型 化 インバーター 化 を 中 心 に 運 転 方 法 の 変 更 も 含 めて 主 要 機 器 類 の 定 格 消 費 電 力 を600kWから300kWに 低 減 する 改 善 策 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは 電 力 使 用 量 を 大 幅 に 減 らすことが 可 能 となり 1,000t/ 年 のCO2を 削 減 されました 鋼 板 や 建 材 製 品 などの 製 造 販 売 を 主 な 事 業 とする 住 友 金 とで1,238 千 kwh/ 年 の 電 力 使 用 量 を 減 らすことが 可 能 となり 印 刷 で 培 ったノウハウを 活 かし 偽 造 防 止 効 果 の 高 いICカードや エレクトロニクス 関 連 製 品 の 製 造 販 売 など 多 彩 な 事 業 を 展 開 する 凸 版 印 刷 株 式 会 社 殿 は トッパングループ 地 球 環 境 宣 言 に 基 づきグ ループ 全 体 で 環 境 保 全 活 動 を 推 進 されています 同 社 エレクトロニク ス 部 門 の 製 造 を 受 け 持 つ 株 式 会 社 トッパンエレクトロニクスプロダク ツ 新 潟 工 場 殿 では 政 府 の 夏 期 の 電 力 需 給 対 策 に 対 応 するため 工 場 全 体 で 電 力 を 削 減 することが 緊 急 の 課 題 となっていました 栗 田 工 業 のプラント 事 業 本 部 は 同 工 場 で 設 備 管 理 を 担 当 され ている 株 式 会 社 トッパンテクノ 殿 と 協 働 して 納 入 から10 年 以 上 経 過 している 純 水 製 造 システムを 現 在 の 純 水 使 用 状 況 に 合 わせて 最 適 化 しました 具 体 的 には 電 力 使 用 量 の 大 きいポンプ 類 の 属 工 業 株 式 会 社 殿 は 技 術 を 通 した 環 境 問 題 の 解 決 に 向 け 製 造 工 程 におけるC O 2 排 出 削 減 や 軽 量 化 長 寿 命 化 に 貢 献 する 製 品 の 提 供 によるC O 2 排 出 抑 制 に 取 り 組 まれています 同 社 鹿 島 製 鉄 所 殿 では 政 府 の 夏 期 の 電 力 需 給 対 策 に 対 応 するため 製 鉄 所 全 体 で 電 力 を 削 減 する 必 要 がありました 同 製 鉄 所 第 二 製 鋼 工 場 殿 では 転 炉 からの 排 ガスを 誘 引 する ファンに 微 細 なダストが 付 着 すると 振 動 が 発 生 するため ファ ンに 散 水 して 付 着 を 抑 制 していますが 一 方 で 水 の 抵 抗 によりファンの 消 費 電 力 が 上 昇 するという 節 電 に 向 けた 課 題 がありました 栗 田 工 業 のケミカル 事 業 本 部 は ダ 転 炉 438t/ 年 のCO2を 削 減 されました CO2438t 削 減 従 来 はファンの 振 動 が 激 しくなるとダスト 除 去 のために 設 備 を 止 めて ファンの 洗 浄 を 行 っていました 今 回 の 提 案 により 振 動 がほぼなくなり 省 エネルギー 効 果 はもちろん 操 業 の 安 定 化 や 作 業 量 の 軽 減 にもつながる 良 い 提 案 をしていた だいたと 評 価 しています クーリングタワー 等 に もダストの 付 着 による 汚 れが 見 られますので ク リタさんには 水 平 展 開 可 能 な 処 理 方 法 を 検 討 し ていただき 新 たな 提 案 をお 願 いします 鋼 板 建 材 カンパニー 製 鋼 部 第 二 製 鋼 工 場 係 長 西 村 継 一 様 純 水 製 造 設 備 当 初 の 期 待 よりも 大 きな 効 果 をあげられ 電 力 制 限 により 製 造 が 止 ま るかもしれないという 危 機 的 状 況 も 同 時 に 回 避 できました また 震 災 の 影 響 で 機 器 類 が 不 足 してい た 状 況 にもかかわらず 予 定 通 り 設 備 の 改 善 を 実 施 でき たことにも 感 謝 しています コスト 削 減 という 観 点 か らも 省 エネルギー 策 を 継 続 して 実 施 する 必 要 があると 考 えていますので クリタ さんの 積 極 的 な 改 善 提 案 を 期 待 しています CO21,000t 削 減 凸 版 印 刷 株 式 会 社 エレクトロニクス 事 業 本 部 製 造 統 括 本 部 生 産 技 術 部 新 潟 CFチーム 主 任 石 井 大 輔 様 株 式 会 社 トッパンテクノ 施 設 本 部 第 五 施 設 部 第 一 課 主 任 廣 野 春 夫 様 電 気 再 生 式 純 水 装 置 により 化 学 薬 品 量 を 削 減 田 中 貴 金 属 工 業 株 式 会 社 岩 手 工 場 殿 は イオン 交 換 樹 脂 を 電 気 的 に 再 生 する 純 水 装 置 へ の 更 新 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは1 0 3 t / 年 の 化 学 薬 品 使 用 量 を 削 減 さ れました 新 たな 歩 留 向 上 剤 により 原 料 の 流 出 を 低 減 日 本 製 紙 パピリア 株 式 会 社 原 田 工 場 殿 栗 田 工 業 のケミカル 事 業 本 部 は 低 分 子 と 高 分 子 の 両 方 の 凝 集 成 分 を 含 む 新 たな 歩 留 向 上 剤 の 適 用 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは 品 質 を 低 下 さ せずに 流 出 原 料 率 を 従 来 比 でおよそ3% 改 善 され 製 紙 原 料 各 種 工 業 用 貴 金 属 製 品 の 製 造 販 売 を 主 な 事 業 とす る 田 中 貴 金 属 工 業 株 式 会 社 殿 は 環 境 に 関 する 法 令 で 定 められた 排 出 基 準 の1/2 以 下 という 厳 しい 社 内 基 準 を 設 けて 管 理 するなど 環 境 負 荷 を 可 能 な 限 り 抑 えた 事 業 活 動 を 推 進 されています モーター 関 連 に 使 用 さ れるクラッド 材 を 生 産 している 同 社 岩 手 工 場 殿 では 製 品 洗 浄 用 の 純 水 装 置 とその 付 帯 設 備 の 老 朽 化 によるト ラブルやイオン 交 換 樹 脂 の 再 生 頻 度 増 加 等 の 不 具 合 が 発 生 し ており 純 水 の 安 定 供 給 と 再 生 用 化 学 薬 品 の 削 減 を 両 立 するこ とが 課 題 となっていました 栗 田 工 業 のプラント 事 業 本 部 電 気 再 生 式 純 水 装 置 今 回 の 提 案 により 化 学 薬 品 が 不 要 となったことはもちろん 製 品 の 生 産 に 必 要 不 可 欠 な 純 水 が 不 足 する 心 配 もなくなったため 操 業 の 安 定 化 や 薬 品 を 使 用 しない 安 全 な 装 置 という 面 でも 良 い 提 案 だったと 評 価 しています 排 水 処 理 もクリタさんの 設 備 に 更 新 し 従 来 は 産 業 廃 棄 物 となっていた 洗 浄 含 油 廃 液 を 社 内 で 処 理 できる ようになり その 産 業 廃 棄 物 の 発 生 をほぼゼロにできる 予 定 で す クリタさん は 当 工 場 の 水 使 用 状 況 を 良 く 把 握 され ているので 今 後 も 環 境 負 荷 低 減 につながる 提 案 をお 願 いします 化 学 薬 品 使 用 量 103t 削 減 製 造 セクション 迫 田 麿 仁 様 環 境 管 理 者 阿 部 公 也 様 書 籍 用 紙 やたばこ 巻 紙 の 薄 葉 紙 の 製 造 販 売 を 主 な 事 業 とする 日 本 製 紙 パピリア 株 式 会 社 殿 は 日 本 製 紙 グループの 一 員 として 同 社 グループの 環 境 行 動 計 画 グリーンアクション プラン2015 の 達 成 に 向 け 環 境 負 荷 低 減 に 取 り 組 まれていま す 特 に 原 料 の 歩 留 向 上 は 生 産 性 向 上 と 環 境 負 荷 低 減 を 両 立 する 重 要 な 取 り 組 みであり 同 社 原 田 工 場 殿 では 流 出 原 料 率 という 指 標 を 用 いて 排 水 に 流 出 する 原 料 の 低 減 を 推 進 されています 原 料 を 製 品 化 するために 歩 留 向 上 剤 を 使 用 し ていますが 分 子 量 が 大 きい 歩 留 向 上 剤 では 製 品 の 品 質 に 悪 影 響 を 及 ぼすため 低 分 子 歩 留 向 上 剤 しか 適 用 できず 流 出 原 料 率 を 現 状 よりも 改 善 することが 困 難 であ るという 課 題 がありました 抄 紙 機 を 減 らすことが 可 能 となり 282t/ 年 のCO2を 削 減 されました CO2282t 削 減 本 提 案 により 流 出 原 料 率 改 善 目 標 を 達 成 することができました 社 内 でも 高 く 評 価 しており 結 果 にはとても 満 足 しています 原 料 のロ スを 少 なくすることは 製 紙 会 社 にとって 重 要 なテーマですので 今 後 も 環 境 負 荷 低 減 と 生 産 性 向 上 につながる 改 善 提 案 を 期 待 しています 製 造 部 第 一 製 造 課 調 査 役 水 口 徳 三 様 ( 左 ) 製 造 部 部 長 加 藤 秀 高 様 ( 中 ) 製 造 部 第 二 製 造 課 調 査 役 平 野 彰 一 様 ( 右 ) 11 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

8 お 客 さまニーズ の 側 面 お 客 さまの 工 場 事 業 所 での 環 境 改 善 事 例 のご 紹 介 さまざまな 環 境 改 善 事 例 用 語 解 説 排 水 回 収 再 利 用 により 無 放 流 化 を 実 現 メテック 北 村 株 式 会 社 徳 島 工 場 殿 エレクトロニクス 関 連 製 品 へのめっき 加 工 を 主 な 事 業 と 最 大 限 回 収 すると 共 に 分 離 した 汚 濁 物 質 を 蒸 発 装 置 で さらに 濃 縮 し 廃 棄 物 として 委 託 処 分 することで 放 流 水 を ゼロとする 排 水 設 備 を 提 案 しました 本 設 備 を 徳 島 工 場 殿 にご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは129 千 m 3 / 年 程 度 発 生 する 排 水 の 無 放 流 化 を 実 現 されました 各 種 工 場 CO2 削 減 量 1,395t/ 年 水 処 理 薬 品 用 容 器 を 繰 り 返 し 使 用 することが 可 能 なリターナブル 容 器 を 使 用 することにより 焼 却 処 分 に 伴 うCO2 排 出 量 を 削 減 珪 藻 土 藻 類 の 一 種 である 珪 藻 の 殻 の 化 石 からな る 岩 石 で 表 面 に 小 さな 孔 が 多 数 空 いてい るため 微 細 粉 末 を 捕 捉 するろ 過 助 剤 として 用 いられる するメテック 北 村 株 式 会 社 殿 は 国 内 外 およびグループ 会 社 全 体 での 事 業 展 開 にあたり 排 水 を 敷 地 外 に 出 さない 汚 水 処 理 量 129 千 m 3 製 薬 工 場 CO2 削 減 量 1t/ 年 フロック 水 中 の 固 形 物 が 凝 集 剤 の 効 果 により 綿 状 の 集 合 体 となったもの 工 場 による 環 境 保 全 の 実 現 を 構 想 されています また 加 圧 浮 上 処 理 に 使 用 する 加 圧 水 の 原 水 を 上 水 から 排 水 処 理 水 に 変 更 できるよう 排 水 処 理 設 備 を 改 善 し 上 水 使 用 量 を 削 減 同 社 が 進 出 を 予 定 していた 徳 島 県 の 工 業 団 地 は 周 辺 地 域 の 貴 重 な 飲 料 水 の 水 源 である 吉 野 川 の 支 流 近 くにあり 無 放 流 化 の 実 現 が 課 題 となっていました 栗 田 工 業 のプラント 事 業 本 部 は 生 産 工 程 から の 排 水 を 凝 集 処 理 した 後 膜 処 理 装 置 により 汚 濁 物 質 を 分 離 して 排 水 徳 島 工 場 は 環 境 保 全 を 重 視 する 当 社 の 姿 勢 を 示 すモデルとなり ました 排 水 の 回 収 により 安 定 して 水 を 再 利 用 でき 排 水 を 敷 地 外 へ 放 流 しない 工 場 を 実 現 できたことは 今 後 国 内 外 とグループ 会 社 で 事 業 を 展 開 していく 上 で 貴 重 な 財 産 となっ たと 思 います クリタさんには 今 後 も 設 備 の 運 転 管 理 やメ ンテナンスについて 引 き 続 き 協 力 していただ きたいと 思 っています 液 晶 工 場 廃 棄 物 削 減 量 410t/ 年 液 晶 製 造 設 備 の 部 品 に 付 着 した 化 学 物 質 や 汚 れを 除 去 することで 再 利 用 可 能 とし 部 品 の 寿 命 を 延 ばすことによって 廃 棄 物 を 削 減 化 学 工 場 廃 棄 物 削 減 量 1,780t/ 年 余 剰 汚 泥 を 脱 水 処 理 する 設 備 の 導 入 により 廃 棄 物 量 を 削 減 無 機 凝 集 剤 有 機 凝 結 剤 水 中 に 分 散 している 懸 濁 物 質 の 粒 子 を 集 め てより 大 きな 粒 子 にする 機 能 を 持 つ 薬 剤 懸 濁 物 質 の 粒 子 を 結 び 付 ける 薬 剤 無 機 凝 集 剤 に 比 べ 多 くの 粒 子 を 捕 捉 できる から 再 利 用 可 能 な 水 を 排 水 回 収 設 備 執 行 役 員 生 産 部 部 長 山 清 様 一 般 家 庭 CO2 削 減 量 26,102t/ 年 復 水 蒸 気 が 凝 縮 して 液 体 になったもの 汚 水 の 安 定 処 理 と 廃 棄 物 量 削 減 に 貢 献 ワタミ 手 づくりマーチャンダイジング 株 式 会 社 東 松 山 センター 殿 外 食 のメニューや 介 護 施 設 の 食 事 宅 食 弁 当 の 食 材 の 仕 入 れから 集 中 仕 込 み 配 送 までを 事 業 とするワタ ミ 手 づくりマーチャンダイジング 株 式 会 社 殿 は ワタミグ ループの 環 境 宣 言 を 実 現 するため 環 境 と 経 済 の 両 立 を 目 指 し 環 境 改 善 活 動 を 実 践 されています 同 社 では 宅 食 事 業 の 拡 大 に 伴 い 新 たな 製 造 拠 点 として 東 松 山 セ ンター 殿 を 開 設 するにあたって 製 造 工 程 で 発 生 する 汚 水 を 環 境 に 影 響 を 与 えないように 安 定 して 処 理 すること に 加 え 廃 棄 物 発 生 量 も 少 ない 排 水 処 理 設 備 を 導 入 す ることが 課 題 となっていました 栗 田 工 業 のプラント 事 業 本 部 は 微 小 動 物 による 食 物 連 鎖 を 活 用 することで 廃 棄 物 量 の 発 生 排 水 処 理 設 備 を 大 幅 に 抑 える 排 水 処 理 設 備 を 提 案 しました 本 提 案 をご 採 用 いただいた 結 果 お 客 さまは19,225m 3 1 の 汚 水 を 安 定 処 理 すると 共 に 廃 棄 物 量 を47% 2 削 減 され ました 年 8 月 から2012 年 6 月 までの 汚 水 処 理 量 2 同 社 における 同 規 模 の 宅 食 弁 当 製 造 拠 点 での 廃 棄 物 量 との 比 較 ワタミグループは 環 境 省 の エコ ファースト 企 業 認 定 を 受 けて おり 今 回 納 入 していただいた 設 備 はその 宣 言 の 意 に 沿 ったもの であると 思 います 他 の 弁 当 製 造 拠 点 では 廃 棄 物 の 引 き 取 りを 週 2 回 行 っていますが 当 センターでは 月 に 数 回 程 度 に 抑 えることができたことも 評 価 して います 汚 水 処 理 量 19,225m 3 排 水 処 理 設 備 の 運 転 管 理 についても 定 期 的 に 指 導 していただき 助 かっています 今 後 もさらなる 環 境 負 荷 低 減 につながる 提 案 を 期 待 しています 廃 棄 物 量 47% 削 減 手 づくり 厨 房 工 務 生 産 技 術 部 長 永 井 隆 二 様 蛇 口 用 節 水 シャワーの 開 発 販 売 により 上 水 使 用 量 および 加 温 用 都 市 ガス 使 用 量 を 削 減 化 学 工 場 CO2 削 減 量 199t/ 年 水 処 理 薬 品 により 冷 凍 機 の 熱 交 換 器 に 汚 れが 付 着 することを 抑 制 し 高 い 熱 交 換 効 率 を 維 持 することによって 電 力 使 用 量 を 削 減 製 鉄 工 場 CO2 削 減 量 7,020t/ 年 粉 じん 抑 制 のため 原 料 ヤードに 撒 く 水 に 保 湿 力 を 高 める 薬 品 を 添 加 することによって 散 水 量 を 削 減 食 品 工 場 CO2 削 減 量 535t/ 年 高 濃 縮 運 転 が 可 能 となるボイラ 薬 品 の 適 用 により ブロー 量 を 削 減 することによってボイラ 用 燃 料 を 削 減 食 品 工 場 CO2 削 減 量 廃 棄 物 削 減 量 113t/ 年 204t/ 年 有 機 系 排 水 を 余 剰 汚 泥 の 発 生 量 が 少 ない 嫌 気 性 排 水 処 理 設 備 で 処 理 す るとともに 排 水 処 理 の 過 程 で 発 生 するメタンガスをボイラ 燃 料 に 利 用 することにより CO2 排 出 量 と 廃 棄 物 量 を 削 減 半 導 体 工 場 廃 棄 物 削 減 量 120t/ 年 無 機 系 排 水 処 理 設 備 を 汚 泥 を 循 環 させながら 濃 縮 する 設 備 に 改 善 することによって 廃 棄 物 量 を 削 減 転 炉 純 水 装 置 イオン 交 換 樹 脂 歩 留 向 上 剤 汚 泥 エコ ファースト 企 業 銑 鉄 から 炭 素 をはじめ 不 純 物 を 除 去 して 鋼 に 転 換 するための 炉 空 気 を 吹 き 込 むた めガスが 発 生 する 水 中 の 懸 濁 物 質 や 塩 類 有 機 物 などの 不 純 物 を 除 去 した 純 水 を 製 造 する 装 置 合 成 樹 脂 の 一 種 で 水 中 のイオンと 自 らの イオンを 交 換 する 作 用 をする 交 換 するイ オンがなくなると 再 生 処 理 により 再 利 用 可 能 となる 原 料 の 使 用 量 に 対 する 製 造 量 の 比 率 を 向 上 させる 水 処 理 薬 品 排 水 中 の 懸 濁 物 質 が 沈 殿 または 浮 上 して 泥 状 になったもの 一 般 的 に 脱 水 処 理 を 行 った 後 に 脱 水 汚 泥 として 処 分 される 環 境 省 が 企 業 の 環 境 保 全 に 関 する 業 界 の トップランナーとしての 取 り 組 みを 促 進 す るために 実 施 している エコ ファースト 制 度 の 認 定 を 取 得 した 企 業 13 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

9 社 内 変 革 の 側 面 社 内 変 革 の 側 面 自 社 内 での 環 境 負 荷 低 減 に 取 り 組 んでいます 2011 年 度 実 績 エネルギー 消 費 原 単 位 CO2 排 出 量 の 削 減 エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 法 律 を 遵 守 エネルギー 管 理 指 定 工 場 )およびCO2 排 出 量 の 削 減 するため エネルギー 消 費 原 単 位 の 削 減 ( 特 定 事 業 者 (グループ 全 体 )に 取 り 組 みました リサイクル 化 率 向 上 のため 廃 棄 物 の 分 別 を 徹 底 するとと もに 廃 棄 物 処 理 会 社 と 協 力 して 金 属 類 の 再 資 源 化 や 路 盤 材 への 再 利 用 を 進 めました 超 純 水 供 給 事 業 所 では 廃 棄 物 量 を 大 幅 に 削 減 しましたが これらのほとんどはリサイクル 化 されていたものであり 結 果 としてグループ 全 体 でのリサ イクル 化 率 は2010 年 度 の67.9%から59.4%に 低 下 しました クリタグループ 環 境 報 告 書 2011 に 記 載 したリサイクル 化 率 24.2%から 大 きく 変 化 しているのは 集 計 対 象 範 囲 の 拡 大 によるものです CO2 排 出 量 会 社 事 業 所 区 分 目 標 (t) 実 績 (t) 生 産 系 A 1 154,675 以 下 149,604 生 産 系 B 2 3,874 以 下 3,843 オフィス 系 3 5,187 以 下 4,673 合 計 163,736 以 下 158,121 1 特 定 事 業 者 エネルギー 管 理 指 定 工 場 2 水 処 理 薬 品 や 水 処 理 装 置 の 製 造 などを 行 う 会 社 事 業 所 3 上 記 以 外 の 会 社 事 業 所 生 産 系 Aでは お 客 さまの 生 産 状 況 の 変 化 により 一 部 の 事 業 所 でエネルギー 使 用 量 が 増 加 したものの 超 純 水 供 給 事 業 所 で 水 処 理 設 備 の 最 適 な 運 転 管 理 によ るエネルギー 使 用 量 削 減 に 取 り 組 み 目 標 を 達 成 しま した 廃 棄 物 量 の 削 減 生 産 系 Bでは イオン 交 換 樹 脂 の 再 生 量 増 加 などに よりエネルギー 使 用 量 が 増 加 したものの 夏 期 に 実 施 した 節 電 効 果 により 目 標 を 達 成 しました オフィス 系 でも 節 電 による 省 エネルギー 効 果 は 大 き く CO 2 排 出 量 はグループ 全 体 で 目 標 を 達 成 しました グループ 会 社 および 各 事 業 所 が 昨 年 度 実 績 を 下 回 ることを 目 標 に 削 減 に 取 り 組 みました 環 境 改 善 事 例 クリタ ケ ミ カ ル 製 造 ( 株 ) 本 社 で の 節 電 クリタ ケミカル 製 造 の 本 社 ( 茨 城 県 猿 島 郡 五 霞 町 )は 主 に 東 日 本 地 区 で 販 売 する 水 処 理 薬 品 の 製 造 拠 点 です 同 社 は 電 気 事 業 法 第 27 条 による 電 力 使 用 制 限 を 受 け 電 力 のピークカットを 行 いました 具 体 的 には 7 月 1 日 から9 月 22 日 まで 工 場 操 業 時 間 を 6 時 から15 時 にするとともに LED 照 明 への 切 り 替 えや 建 屋 の 断 熱 対 策 屋 根 への 散 水 による 室 温 上 昇 の 抑 制 などを 実 施 しました さらには 電 力 消 費 量 を 把 握 して 需 要 が 急 増 した 場 合 にはアラームが 出 る 仕 組 みも 導 入 しました これらの 施 策 により 電 力 のピークカットを 達 成 する とともに 電 力 使 用 量 を 前 年 度 より165 千 kwh/ 年 削 減 し ました 栗 田 工 業 ( 株 ) 亀 山 駐 在 所 での 廃 棄 物 量 削 減 栗 田 工 業 の 亀 山 駐 在 所 ( 三 重 県 亀 山 市 )は 超 純 水 供 給 事 業 を 行 う 拠 点 の 一 つです 同 駐 在 所 は 製 造 した 超 純 水 をお 客 さまの 液 晶 工 場 へ 供 給 するとともに 液 晶 工 場 の 生 産 工 程 で 発 生 する 排 水 の 処 理 も 行 っていま す 同 駐 在 所 では 環 境 意 識 の 高 いお 客 さまの 要 望 に 応 えるため さまざまな 水 処 理 薬 品 を 添 加 して 排 水 から 汚 濁 物 質 を 徹 底 的 に 除 去 し ほとんどの 水 を 回 収 再 利 用 し 汚 濁 物 質 を 廃 棄 物 として 処 分 しています 同 駐 在 所 は 廃 棄 物 削 減 のため 排 水 処 理 設 備 の 運 転 方 法 の 見 直 しを 行 いました 排 水 に 添 加 する 水 処 理 薬 品 の 一 部 は 最 終 的 に 廃 棄 物 となるため 排 水 水 質 と 水 処 理 薬 品 使 用 量 の 相 関 を 運 転 状 況 から 科 学 的 に 解 明 し 使 用 量 を 最 少 化 することで 13,200t/ 年 以 上 の 大 幅 な 廃 棄 物 削 減 を 実 現 しました 廃 棄 物 量 会 社 事 業 所 区 分 目 標 (t) 実 績 (t) リサイクル 化 率 (%) 生 産 系 C 4 57,737 以 下 45, 生 産 系 D 5 1,246 以 下 1, オフィス 系 以 下 合 計 59,293 以 下 47, 本 社 外 観 屋 上 に 散 水 設 備 を 設 置 排 水 処 理 設 備 4 特 定 のお 客 さまの 生 産 状 況 により 廃 棄 物 量 が 増 減 の 影 響 を 受 ける 会 社 事 業 所 5 研 究 開 発 や 水 処 理 薬 品 水 処 理 装 置 の 製 造 などを 行 う 会 社 事 業 所 6 上 記 以 外 の 会 社 事 業 所 2012 年 度 目 標 生 産 系 Cでは 超 純 水 供 給 事 業 所 で 排 水 処 理 設 備 の 改 善 や 運 転 管 理 方 法 の 見 直 しを 行 い 廃 棄 物 量 を 大 幅 に 削 減 しました 生 産 系 Dでは 金 属 類 の 有 価 物 化 や 梱 包 材 の 再 利 用 化 等 による 削 減 に 取 り 組 みましたが 実 験 室 内 の 不 要 品 や 老 朽 化 設 備 の 処 分 等 による 一 時 的 な 廃 棄 物 の 発 生 により 目 標 未 達 成 となりました オフィス 系 では 不 要 品 の 処 分 といった 一 時 的 な 増 加 要 因 があったものの 社 員 一 人 ひとりの 取 り 組 みに より 目 標 を 達 成 しました 廃 棄 物 量 は 生 産 系 Cでの 大 幅 な 削 減 により グルー プ 全 体 で 目 標 を 達 成 しました 目 標 考 え 方 エネルギー 使 用 量 エネルギー 消 費 原 単 位 を 2009 年 度 以 降 年 平 均 1% 以 上 削 減 生 産 系 A 特 定 事 業 者 エネルギー 管 理 指 定 工 場 ごとに 原 油 換 算 量 によるエネルギー 消 費 原 単 位 での 目 標 を 設 定 し 削 減 に 取 り 組 む 生 産 系 B オフィス 系 事 業 所 の 特 性 に 合 わせて 電 力 やガソリンなど1 2 項 目 で 目 標 を 設 定 し 削 減 に 取 り 組 む 廃 棄 物 量 前 年 度 実 績 以 下 事 業 所 ごとに 目 標 を 設 定 し 継 続 的 に 削 減 に 取 り 組 む 15 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

10 環 境 マネジメント 環 境 改 善 活 動 のPDCAサイクルをより 効 果 的 に 廻 すため 推 進 体 制 を 構 築 し グループ 全 体 で 活 動 を 推 進 しています 第 三 者 意 見 より 信 頼 性 の 高 い 情 報 を 継 続 的 に 開 示 し 環 境 経 営 の 質 向 上 を 図 るため 株 式 会 社 環 境 管 理 会 計 研 究 所 (IEMA)から 第 三 者 意 見 をいただいています 環 境 マネジメント 体 制 環 境 改 善 活 動 統 括 責 任 者 を 部 会 長 とする 環 境 改 善 推 進 部 会 を 設 置 し 活 動 方 針 の 策 定 と 活 動 内 容 の 確 認 を 行 っています 環 境 改 善 活 動 のPDCAサイクル 環 境 改 善 活 動 の 推 進 体 制 環 境 マネジメントシステムの 導 入 クリタグループで は 環 境 改 善 活 動 の 一 環 として 環 境 負 荷 の 高 い 事 業 所 やグループ 会 社 においてISO14001 を 認 証 取 得 し 環 境 マネジメントシステムを 構 築 運 用 しています ISO14001 認 証 取 得 状 況 会 社 名 事 業 所 名 取 得 日 栗 田 工 業 ( 株 ) 静 岡 敦 賀 豊 浦 山 口 1998 年 7 月 クリタ ビルテック( 株 ) クリタ ケミカル 大 分 ( 株 ) クリタ ケミカル 製 造 ( 株 ) 本 社 赤 穂 2002 年 3 月 2002 年 6 月 1997 年 3 月 ( 株 )クリタス 2000 年 2 月 クリテックサービス( 株 ) 本 社 東 部 三 重 伊 賀 播 磨 大 分 2003 年 2 月 環 境 関 連 法 規 の 遵 守 2011 年 度 は 法 令 や 条 例 の 違 反 による 行 政 処 分 およ び 社 外 に 影 響 を 及 ぼす 大 きな 事 故 の 発 生 はありません でした また 化 学 物 質 廃 棄 物 および 排 水 処 理 設 備 の 管 理 対 象 となる98 事 業 所 において 各 事 業 所 長 による 自 己 調 査 を 全 事 業 所 で 環 境 改 善 活 動 推 進 部 会 による 現 地 調 査 を29 事 業 所 で 実 施 しました これらの 調 査 によ り 改 善 が 必 要 とされた 事 業 所 では 改 善 計 画 書 に 基 づ く 是 正 措 置 を 実 施 しています 事 業 活 動 に 関 係 する 主 な 環 境 関 連 法 規 水 質 汚 濁 防 止 法 振 動 規 制 法 省 エネ 法 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 地 球 温 暖 化 対 策 推 進 法 大 気 汚 染 防 止 法 下 水 道 法 消 防 法 騒 音 規 制 法 PRTR 法 廃 棄 物 処 理 法 土 壌 汚 染 対 策 法 水 と 環 境 に 社 会 関 貢 する 献 活 調 動 査 研 究 および 国 際 交 流 を 助 成 クリタグループは 科 学 技 術 の 振 興 により 健 全 な 水 環 境 の 保 全 と 創 造 に 寄 与 する ことを 目 的 として 1997 年 に 設 立 されたクリタ 水 環 境 科 学 振 興 財 団 (2009 年 11 月 より 公 益 財 団 法 人 )への 支 援 を 通 して 水 と 環 境 に 関 する 科 学 分 野 における 調 査 研 究 および 国 際 交 流 を 助 成 しています 同 財 団 は 研 究 助 成 事 業 として2011 年 度 には382 件 の 応 募 の 中 から49 件 を 採 択 し 助 成 を 行 うとともに 過 去 に 研 究 助 成 を 受 けられた 研 究 者 の 中 から 優 れた 研 究 成 果 や 社 会 貢 献 の 実 績 をあげた 研 究 者 に ク リタ 水 環 境 科 学 研 究 優 秀 賞 を 授 与 しました その 他 には 公 益 社 団 法 人 日 本 水 環 境 学 会 における 若 手 研 究 者 の 研 究 意 欲 啓 発 を 目 的 とした 顕 彰 事 業 (クリタ 賞 ) アジアにおける 水 環 境 問 題 の 改 善 を 支 援 する 国 際 交 流 支 援 事 業 を 推 進 しています 2011 年 度 助 成 金 贈 呈 式 17 クリタグループ 環 境 報 告 書 2012 クリタグループ 環 境 報 告 書

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者

別 表 1 レベル 認 定 基 準 区 分 基 準 レベル1 所 定 の 関 連 有 資 格 者 又 は 検 定 試 験 の 合 格 者 ( 別 表 3 以 下 関 連 有 資 格 者 等 という) 又 は 所 定 の 講 座 セミナー 等 ( 別 表 4 以 下 講 座 等 という)の 履 修 者 実 践 キャリア アップ 戦 略 エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 レベル 認 定 基 準 ( 公 開 用 ) 1. 適 用 本 基 準 は エネルギー 環 境 マネジャーキャリア 段 位 制 度 におけるキャリア 段 位 レベルの 認 定 基 準 ( 以 下 レベル 認 定 基 準 という)に 適 用 する 2. 関 連 文 書 CLG101 レベル 認 定 申 請 の 手

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3

目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標 量 2 ( 3 待 ったなし! 飯 綱 町 ごみ 減 量 化 計 画 (いいづなG30プラン) 平 成 26 年 11 月 飯 綱 町 目 次 は じ め に 地 球 環 境 の 保 全 と 平 成 3 0 年 長 野 広 域 新 ご み 焼 却 施 設 稼 働 に 向 け た 取 り 組 み 1 Ⅰ G30プランと は 2 1 可 燃 ご み の 減 量 2 ( 1 ) 目 標 年 2 ( 2 ) 減 量 目 標

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組

目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次 年 度 の 取 組 2015 年 度 対 象 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 発 行 :2016 年 5 月 7 日 目 次 滴 定 のHIRANUMAへようこそ P 1 1 組 織 の 概 要 P 2 2 対 象 範 囲 P 2 3 環 境 方 針 P 3 4 環 境 目 標 P 4 5 環 境 目 標 の 実 績 P 5 6 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 と その 評 価 次

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

株 主 の 皆 様 へ 中 期 経 営 計 画 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 2016( 平 成 28) 年 3 月 31 日 をもちまして 第 62 期 が 終 了 致 しましたので こ こに 業 績 の 概 況 をご 報 告 させていただき

株 主 の 皆 様 へ 中 期 経 営 計 画 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 2016( 平 成 28) 年 3 月 31 日 をもちまして 第 62 期 が 終 了 致 しましたので こ こに 業 績 の 概 況 をご 報 告 させていただき 株 主 メモ 事 業 年 度 4 月 1 日 翌 年 3 月 31 日 定 時 株 主 総 会 開 催 時 期 6 月 基 準 日 定 時 株 主 総 会 3 月 31 日 剰 余 金 の 配 当 期 末 3 月 31 日 中 間 9 月 30 日 (その 他 必 要 があるときはあらかじめ 公 告 致 します ) 公 告 方 法 電 子 公 告 公 告 掲 載 URL http://www.kobelco-eco.co.jp

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反

1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組 み 8 環 境 関 連 の 法 規 状 況 の 確 認 及 び 評 価 並 びに 違 反 髙 木 工 業 所 対 象 期 間 : 2015 年 1 月 1 日 ~2015 年 12 月 31 日 発 行 日 2016 年 3 月 4 日 改 定 日 2016 年 3 月 29 日 1 組 織 概 要 2 対 象 範 囲 3 環 境 方 針 4 環 境 目 標 5 環 境 活 動 計 画 6 環 境 目 標 の 実 績 目 次 7 計 画 の 結 果 と 評 価 次 年 度 の 取 り 組

More information

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63>

<4D F736F F D C8E F DA8E9F816989FC31816A81402E646F63> ORGANO LCD 工 場 超 純 水 使 用 量 (m3/h; 100k/month) 4500 4000 3500 3000 2500 2000 1500 1000 500 0 0 1 2 3 4 5 6 7 基 板 面 積 (m2) 弊 社 では 1 水 回 収 率 向 上 技 術 のための 排 水 回 収 開 発 とともに 2 省 水 型 基 板 洗 浄 技 術 の 開 発 を 鋭 意 行

More information

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日

1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 社 名 代 表 者 み 株 式 会 社 三 ま つ せ い さ く し ょ 松 製 作 所 事 業 内 容 た か は し し ん い ち 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 慎 一 設 立 年 月 日 1950( 昭 和 25) 年 5 月 25 日 2014 年 度 環 境 活 動 レポート 2014 年 3 月 ~2015 年 2 月 株 式 会 社 三 松 製 作 所 認 証 登 録 番 号 0006406 作 成 日 2016 年 5 月 17 日 承 認 日 2016 年 5 月 18 日 作 成 者 環 境 管 理 責 任 者 高 橋 毅 承 認 者 代 表 取 締 役 高 橋 慎 一 1 / 6 1. 組 織 の 概 要 2. 対

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

堆堆堆

堆堆堆 メリット-1 についての 解 説 エアコン 内 部 に 堆 積 した 汚 れは 熱 交 換 効 率 を 下 げ それを 補 うためにエアコンは 長 時 間 運 転 を 続 けてし まいます そのため 必 要 以 上 に 電 気 を 使 ってしまうのです エアコン 洗 浄 による 省 エネ 効 果 の 実 証 例 実 施 施 設 : 都 内 某 居 酒 屋 のエアコン 2 系 統 各 4 台 計 8

More information

環境保全活動と組織マネジメント

環境保全活動と組織マネジメント 環 境 保 全 活 動 と 組 織 マネジメント Environmental Preservation Activity and Organizational Management 拓 殖 大 学 Takushoku University 角 田 光 弘 KAKUTA Mitsuhiro 1. は じ め に 地 球 環 境 保 全 に 対 す る 企 業 や 消 費 者 の 関 心 が か つ て

More information

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発

高濃度硫化水素削減のための汚泥脱気装置の開発 5-(1)-2 高 濃 度 硫 化 水 素 削 減 のための 汚 泥 脱 気 装 置 の 開 発 計 画 調 整 部 技 術 開 発 課 廣 繁 直 治 山 下 博 史 ( 現 経 理 部 業 務 管 理 課 ) 1. 目 的 東 京 都 区 部 で は 汚 泥 処 理 の 効 率 化 を 図 る た め に 集 約 処 理 を 進 め て い る 汚 泥 の 集 約 処 理 の 進 展 と と も

More information

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循

目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会 形 成 を 推 進 するための 基 本 的 な 事 項 1 2. 循 環 型 社 会 形 成 推 進 のための 現 状 と 目 標 4 3. 施 策 の 内 容 6 4. 計 画 のフォローアップと 事 後 評 価 11 添 付 資 料 様 式 1 循 能 代 山 本 地 域 循 環 型 社 会 形 成 推 進 地 域 計 画 平 成 22 年 11 月 9 日 平 成 24 年 1 月 1 日 変 更 報 告 平 成 25 年 1 月 7 日 変 更 報 告 平 成 26 年 1 月 8 日 変 更 報 告 能 代 山 本 広 域 市 町 村 圏 組 合 能 代 市 藤 里 町 三 種 町 八 峰 町 目 次 1. 地 域 の 循 環 型 社 会

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年

環 境 目 標 成 に 努 め 廃 棄 物 の 再 資 源 化 グリーン 調 達 環 境 関 連 法 規 の 環 境 会 計 スト 回 収 商 品 処 分 などの 上 下 流 コストに20% 使 用 し てい 遵 守 などの 目 標 は 達 成 しました 今 後 は 中 期 目 標 を 2010 年 環 境 理 念 環 境 方 針 私 たちは お 客 様 第 一 主 義 の 経 営 理 念 のもと 経 皮 吸 収 型 貼 付 剤 を 中 心 とした 医 薬 品 の 提 供 を 通 じて 貼 って 手 当 てすることの 良 さ を 伝 えながら 世 界 中 の 人 々の 健 康 づくりに 積 極 的 に 取 り 組 んできました 地 球 環 境 の 保 全 に 貢 献 することは 当 社 の 経

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

Taro-平成27年度事業計画.jtd

Taro-平成27年度事業計画.jtd 平 成 2 7 年 度 事 業 計 画 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 平 成 2 7 年 度 公 益 財 団 法 人 伊 勢 崎 市 公 共 施 設 管 理 公 社 事 業 計 画 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 に 関 す る 事 業 文 化 及 び 芸 術 の 振 興 児 童 青 少 年 の 健 全 育 成 勤 労 者 の 福 祉 の 増 進 及 び

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報

名 称 処 分 制 限 財 名 称 処 分 制 限 期 間 年 種 類 構 途 細 目 放 送 大 園 建 骨 筋 務 美 術 左 記 外 放 送 大 園 筋 住 宅 寄 宿 舎 宿 泊 校 育 校 家 庭 地 域 連 携 協 力 推 進 飲 食 店 貸 席 劇 演 奏 映 画 舞 踏 校 情 報 者 よ り 取 得 効 増 加 財 ち 処 分 制 限 財 よ り 取 得 効 増 加 財 処 分 制 限 期 間 定 め 件 平 成 年 月 日 文 部 科 省 告 示 改 正 : 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 百 平 成 年 月 日 平 成 年 月 日 平 成 年

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー

3 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 及 び 推 進 体 制 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 方 針 [ 基 本 理 念 ] 人 類 が 自 然 と 調 和 し 未 来 にわたり 持 続 可 能 な 発 展 を 実 現 するため NTTグルー 地 球 温 暖 化 対 策 実 施 状 況 書 1 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 の 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 名 称 地 球 温 暖 化 対 策 事 業 者 ( 届 出 者 ) の 住 所 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 名 古 屋 支 店 名 古 屋 市 中 区 大 須 四 丁 目 9 番 60 号 工 場 等 の 名 称 NTT

More information

Microsoft Word - 用語の説明.doc

Microsoft Word - 用語の説明.doc 用 語 の 解 説 1 世 帯 に 関 す る 事 項 (1 ) 二 人 以 上 の 世 帯 単 身 世 帯 こ の 調 査 で は 世 帯 を 二 人 以 上 の 世 帯 と 単 身 世 帯 と に 分 け て い る こ の 両 方 を 合 わ せ た も の を 総 世 帯 と い う 二 人 以 上 の 世 帯 と は 住 居 及 び 生 計 を 共 に し て い る 二 人 以 上 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

スライド 1

スライド 1 セラミックス 研 究 所 研 究 推 進 計 画 平 成 28~32 年 度 1. 岐 阜 県 の 陶 磁 器 産 業 の 現 状 と 今 後 の 展 望 2.セラミックス 研 究 所 の 重 点 方 針 3. 研 究 所 の 固 有 技 術 と 課 題 今 後 5 年 間 の 技 術 開 発 の 方 向 4. 技 術 開 発 ロードマップ 5. 技 術 支 援 6. 人 材 育 成 1. 岐 阜

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22

(3) 冷 却 塔 管 理 の 調 査 現 状 の 冷 却 塔 の 洗 浄 方 法 洗 浄 回 数 薬 注 の 有 無 薬 注 している 場 合 はその 目 的 を 調 べる ま たレジオネラ 属 菌 検 査 の 状 況 およびその 結 果 を 調 べ 記 録 する 22 図 1-Ⅱ-2 冷 却 塔 の 例 ( 左 : 開 放 型 右 : 密 閉 型 ) < 維 持 管 理 方 法 > 1. 維 持 管 理 の 留 意 点 建 築 物 の 冷 却 水 は 空 調 用 冷 凍 機 などの 熱 を 発 生 する 機 器 と 冷 却 塔 の 間 を 循 環 して 発 生 した 熱 を 冷 却 塔 から 放 出 するのに 用 いられる 冷 却 水 は 夏 期 に 水 温 25~35

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208C9A927A95A882CC838C83578349836C838991CE8DF42E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 日 時 : 平 成 25 年 2 月 4 日 ( 月 ) 場 所 : 埼 玉 会 館 小 ホール 彩 の 国 埼 玉 県 保 健 医 療 部 生 活 衛 生 課 埼 玉 県 のマスコット コバトン 1 開 会 平 成 24 年 度 埼 玉 県 建 築 物 衛 生 管 理 研 修 会 次 第 日 時 : 平 成 25 年 2

More information

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ

本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじ 平 成 2 8 年 度 施 政 方 針 安 中 市 本 日 平 成 2 8 年 第 1 回 安 中 市 議 会 定 例 会 の 開 会 に あ た り 私 の 市 政 運 営 に 対 す る 所 信 を 申 し 上 げ 市 民 の 皆 様 並 び に 議 員 各 位 の 深 い ご 理 解 と ご 賛 同 を 賜 り た い と 存 じ ま す はじめに 私 は 市 長 と し て 安 中 市 の

More information

Microsoft Word 調査研究

Microsoft Word 調査研究 調 査 研 究 実 績 ( 平 成 25 年 3 月 現 在 ) 調 査 研 究 課 題 年 度 委 託 先 1 浄 化 槽 およびコミュニティ プラントの 施 設 ならびに 維 持 管 理 に 関 する 基 準 化 の 研 究 2 諏 訪 湖 浄 化 に 関 する 研 究 ( 湖 沼 汚 濁 への 挑 戦 ) 3 西 独 英 国 および 米 国 における 浄 化 槽 に 関 する 基 準 4 ばっ

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B208160208FE3897A8E735F89989344D8BBB2B8D98370815B834E816A312E646F63> 所 管 事 務 調 査 ( 先 進 地 視 察 ) 報 告 書 教 育 環 境 常 任 委 員 会 視 察 年 月 日 平 成 19 年 5 月 16 日 ( 水 )から17 日 ( 木 ) 目 的 本 委 員 会 が 所 管 する 事 業 及 び 施 策 について 調 査 研 究 するため 視 察 先 及 び 研 修 事 項 内 容 新 潟 県 上 越 市 汚 泥 リサイクルパークについて 保 育

More information

Microsoft Word - 0003738 69期 環境活動レポート2015.12.17.docx

Microsoft Word - 0003738 69期 環境活動レポート2015.12.17.docx 目 次 1. 組 織 の 概 要 1 頁 2. 対 象 範 囲 2 頁 3. 環 境 方 針 3 頁 4. 環 境 目 標 とその 実 績 4 頁 5. 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 とその 評 価 次 年 度 の 取 組 内 容 6. 環 境 関 連 法 規 等 の 遵 守 状 況 の 確 認 及 び 5 頁 評 価 の 結 果 並 びに 違 反 訴 訟 等 の 有 無 12 頁 7.

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河

じ 図 2-2-1 河 川 水 質 測 定 地 点 図 思 案 橋 川 河 口 上 の 出 橋 西 ノ 宮 橋 陣 屋 川 橋 大 城 橋 片 の 瀬 猿 尾 橋 中 原 橋 行 徳 北 橋 瀬 ノ 下 大 刀 洗 川 河 口 下 野 久 留 米 大 橋 神 代 橋 善 導 寺 山 橋 筒 川 河 第 2 節 水 質 汚 濁 1. 概 況 本 市 における 河 川 や 溜 池 等 の 公 共 用 水 域 の 水 質 は 公 共 下 水 道 の 整 備 や 工 場 事 業 場 における 排 水 規 制 等 により 改 善 されてきていますが 下 水 道 未 整 備 地 域 の 中 小 河 川 等 においては 住 居 密 集 地 からの 生 活 排 水 や 未 規 制 の 小 規 模 事 業 場

More information

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ---

循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは --- 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 循 環 式 浴 槽 におけるレジオネラ 症 防 止 対 策 マニュアル 目 次 はじめに ------------------------------------------------------------------------------------- 1 I. レジオネラ 症 とは ------------------------------------------------------------------------

More information

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た

はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 文 京 シビックセンター 改 修 方 針 平 成 26 年 3 月 はじめに 21 世 紀 の 文 京 区 の 新 しいま ち づ く り の 核 と な り 区 民 が 誇 り と 愛 着 を 持 つことができる 文 京 区 のシンボルとして 建 設 さ れ た シ ビ ッ ク セ ン タ ー は 区 民 サービス 活 動 の 一 大 拠 点 と し て ま た 災 害 時 に お け る 防 災

More information

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担

1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古 閑 431 Tel: 0968-66-8550 3) 環 境 管 理 責 任 者 氏 名 及 び 担 ECO ACTION 21 環 境 活 動 レポート 2014 年 度 (2014 年 4 月 ~2015 年 3 月 ) 発 行 日 : 2015 年 5 月 30 日 有 限 会 社 日 本 テック 1. 事 業 の 概 要 1) 会 社 及 び 代 表 者 名 会 社 名 有 限 会 社 日 本 テック 代 表 者 名 大 浦 文 孝 2) 所 在 地 熊 本 県 玉 名 市 岱 明 町 古

More information

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画 大 久 保 産 業 株 式 会 社 活 動 期 間 (2014 年 6 月 ~2015 年 5 月 ) 2015 年 8 月 19 日 発 行 ごあいさつ 大 久 保 産 業 は 昭 和 2 年 (1927 年 ) 機 械 工 具 専 門 商 とし 創 業 以 来 お 客 様 との 信 頼 関 係 を 基 礎 に 顧 客 満 足 度 の 向 上 を 最 重 点 として 堅 実 に 時 代 の 変 化

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

概要4(P26~38).xls

概要4(P26~38).xls 4-4 中 間 処 理 4-4-1 中 間 処 理 施 設 (ごみ 焼 却 処 理 施 設 ) 施 設 名 称 富 士 市 環 境 クリーンセンター ( 旧 称 第 一 清 掃 工 場 ) 所 管 部 課 名 環 境 部 環 境 クリーンセンター 所 在 地 富 士 市 大 淵 232 番 地 電 話 番 号 0545-35-0081 敷 地 面 積 18,630m2 施 設 周 辺 状 況 市 街

More information

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大

登 録 事 業 所 の 概 要 (1) 事 業 者 及 び 代 表 者 名 事 業 所 名 代 表 者 名 株 式 会 社 エイコーサービス 代 表 取 締 役 社 長 福 原 庸 介 (2) 所 在 地 本 社 鈴 鹿 出 張 所 茨 木 出 張 所 三 田 出 張 所 名 古 屋 連 絡 所 大 2014 環 境 活 動 レポート 期 間 2014 1 月 ~12 月 目 次 登 録 事 業 所 の 概 要 環 境 方 針 環 境 目 標 と 実 績 環 境 活 動 計 画 の 内 容 環 境 活 動 取 組 結 果 の 評 価 ビル 管 理 法 関 連 の 有 資 格 者 環 境 関 連 法 規 への 違 反 訴 訟 等 の 有 無 株 式 会 社 エイコーサービス 2015 2 月 28

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169837A815B83808379815B83579770816A8379815B835794D48D86905582E82E646F63> 香 川 県 人 権 教 育 啓 発 に 関 する 基 本 計 画 人 権 尊 重 社 会 の 構 築 をめざして ( 平 成 25 年 12 月 改 正 ) 香 川 県 目 次 1 は じ め に 1 2 人 権 を め ぐ る 動 き (1) 国 際 社 会 に お け る 取 り 組 み 3 (2) 国 に お け る 取 り 組 み 4 (3) 本 県 に お け る 取 り 組 み 5 3

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F48936383478352837683898362835683858A948EAE89EF8ED0322E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F48936383478352837683898362835683858A948EAE89EF8ED0322E70707478> 秋 田 エコプラッシュ 株 式 会 社 CSR 環 境 報 告 2011 http://www.ecoplash.co.jp/index.html 2011 年 7 月 発 行 企 業 理 念 環 境 方 針 リサイクル を 通 して 地 球 も 人 も 豊 かに 一 廃 棄 物 を 有 効 利 用 し 資 源 循 環 型 社 会 構 築 に 寄 与 一 秋 田 発 のリサイクル 製 品 を 全 国

More information

Microsoft Word - 0008976東和自動車 中間2 H27.9

Microsoft Word - 0008976東和自動車 中間2 H27.9 エコアクション [ 対 象 期 間 : 平 成 6 年 6 月 日 ~7 年 5 月 日 ] 平 成 7 年 9 月 日 全 日 本 ロータスクラブ 同 友 会 東 和 自 動 車 株 式 会 社 もくじ 第 章 第 章 第 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 組 織 の 概 要 対 象 範 囲 環 境 方 針 環 境 目 標 とその 実 績 環 境 活 動 計 画 の 取 組 結 果 とその

More information

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用]

Microsoft PowerPoint - 白黒ビル管講習会資料.ppt[読み取り専用] 特 定 建 築 物 における 加 湿 について 東 京 都 特 別 区 第 4ブロック 平 成 19 年 度 ビル 衛 生 管 理 講 習 会 平 成 20 年 1 月 31 日 本 日 の 内 容 1 加 湿 の 必 要 性 2 湿 度 不 足 の 原 因 対 応 3 加 湿 器 の 維 持 管 理 4 加 湿 器 リニューアル 事 例 空 気 調 和 と 加 湿 器 空 気 調 和 とは 温 度

More information

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx 地 球 と 一 緒 に 深 呼 吸 環 境 保 全 のリ-ディングカンパニーを 目 指 す 証 券 コード6328 荏 原 実 業 株 式 会 社 214 年 12 月 期 第 2Q 決 算 説 明 会 214 年 8 月 1 日 www.ejk.co.jp 14/12 月 期 第 2Q 決 算 報 告 計 画 に 対 して 下 期 への 後 ズレが 見 られたものの 前 期 比 では 増 収 増

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048825135944E937881408AC28BAB8A8893AE838C837C815B836791BE93638C9A94C28D488BC65B315D> 平 成 26 年 6 月 1 日 エコアクション21 環 境 活 動 レポート H25 年 3 月 ~H26 年 2 月 株 式 会 社 太 田 建 板 工 業 427-0104 静 岡 県 島 田 市 井 口 862 番 地 TEL:0547-38-1200 FAX:0547-38-1278 1 目 次 [1] 環 境 方 針 P3 [2] 当 社 の 概 要 P4 [3] 推 進 組 織 役 割

More information

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画

平成28年度 南但広域行政事務組合・一般廃棄物処理実施計画 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 書 平 成 28 年 3 月 31 日 第 1 版 平 成 28 年 3 月 南 但 広 域 行 政 事 務 組 合 平 成 28 年 度 一 般 廃 棄 物 (ごみ) 処 理 実 施 計 画 平 成 28 年 3 月 1 基 本 的 事 項 (1) 計 画 区 域 南 但 地 域 全 域 ( 養 父 市 朝 来 市 の 全

More information

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 3 月 17 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 について 当 社 の 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 についてお 知 らせいたします 添 付 資 料 : 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 以 上 添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について

産業廃棄物最終処分量削減目標の達成状況について 日 本 経 団 連 環 境 自 主 行 動 計 画 循 環 型 社 会 形 成 編 全 国 清 涼 飲 料 工 業 会 2011 年 度 以 降 の 目 標 < 産 業 廃 棄 物 最 終 処 分 量 > 最 終 処 分 量 3,000t 以 下 とする(2000 年 度 比 約 74% 削 減 ) < 業 種 別 独 自 目 標 > 再 資 源 化 率 99% 以 上 を 維 持 する 1. 目

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031352E362E31322D342E786C73>

<8AC28BAB8A8893AE838C837C815B8367323031352E362E31322D342E786C73> エコアクション21 環 境 活 動 レポート (2014 年 4 月 1 日 ~2015 年 3 月 31 日 ) 2015 年 6 月 12 日 発 行 2015 年 7 月 17 日 改 訂 関 共 栄 金 属 株 式 会 社 1 関 共 栄 金 属 株 式 会 社 環 境 方 針 我 社 は 金 属 加 工 を 主 体 とする 企 業 活 動 において 地 球 を 守 り 社 会 と 共 存

More information

01-1【B01TSG】(統括)環境活動レポート2014年度20150630.xls

01-1【B01TSG】(統括)環境活動レポート2014年度20150630.xls 環 境 活 動 レポート 2014 年 度 版 対 象 期 間 :2014 年 4 月 ~2015 年 3 月 広 島 山 陰 岡 山 山 口 東 四 国 四 国 発 行 日 2015 年 6 月 30 日 中 四 国 スバルグループ 統 括 会 社 広 島 スバル 株 式 会 社 事 業 会 社 山 陰 スバル 株 式 会 社 岡 山 スバル 自 動 車 株 式 会 社 山 口 スバル 株 式 会

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫

して 生 長 し 増 殖 していく この 過 程 で 次 のような 化 学 式 により 硫 化 物 が 生 成 されてくる CH 3 COO - ( 酢 酸 )+ ( 硫 酸 イオン) 2HCO 3 - +HS - このことから 硫 酸 塩 還 元 菌 の 生 育 条 件 は 一 般 的 には1 硫 廃 棄 物 埋 立 地 から 発 生 する 硫 化 水 素 とその 対 策 - 埼 玉 の 環 境 と 地 域 産 業 を 見 据 えた 埋 立 工 法 の 開 発 に 向 けて- 廃 棄 物 管 理 担 当 小 野 雄 策 1 廃 棄 物 埋 立 地 における 硫 化 水 素 問 題 最 近 廃 棄 物 最 終 処 分 場 において 発 生 した によって 処 分 場 の 作 業 員 が 死 亡

More information

日本水処理工業株式会社

日本水処理工業株式会社 価 値 のあるサービスエンジニア 日 本 水 処 理 工 業 株 式 会 社 1 エアコン 洗 浄 を 取 り 巻 く 環 境 エアコン 洗 浄 の 需 要 は 高 まっている 室 内 環 境 向 上 省 エネ 対 策 ( 事 業 としての 確 立 ) エンドユーザーでのエアコン 洗 浄 認 知 (ハウスクリーニング 業 界 でのコマーシャリング) 修 理 として 洗 浄 ( 顧 客 ニーズは 喚

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ

指 定 - 第 2 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 のエネルギーの 使 用 量 及 び 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 平 成 27 年 度 エネルギーの 種 類 単 位 使 用 量 販 売 した 副 生 エネルギーの 量 数 値 熱 量 GJ 数 値 熱 量 GJ 原 油 (コ 指 定 工 場 等 定 期 報 告 書 (エクセル 形 式 支 援 ツールによる 記 載 例 ) エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 単 位 の 報 告 指 定 - 第 1 表 エネルギー 管 理 指 定 工 場 等 の 名 称 等 工 業 株 式 会 社 には 三 つの 指 定 工 場 等 が 存 在 しますが 本 記 載 例 は 高 岡 工 場 の 例 を 示 したものです エネルギー 管

More information

1041297.xls

1041297.xls 地 球 温 暖 化 対 策 計 画 書 ( 提 出 先 ) 横 浜 市 長 平 成 年 1 月 1 日 住 所 東 京 都 中 央 区 銀 座 六 丁 目 17 番 1 号 株 式 会 社 読 売 新 聞 東 京 本 社 氏 名 代 表 取 締 役 社 長 老 川 祥 一 ( 法 人 の 場 合 は 名 称 及 び 代 表 者 の 氏 名 ) 横 浜 市 生 活 環 境 の 保 全 等 に 関 する

More information

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73>

<8E7B8D738AEE8F80955C8E86814597A0955C8E862E786C73> 第 14 章 維 持 管 理 第 14 章 維 持 管 理 14.1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 14.1.1 基 本 事 項 1. 水 道 使 用 者 等 は 水 が 汚 染 又 は 漏 水 しないように 給 水 装 置 を 管 理 し 異 常 を 認 めたときは 直 ちに 管 理 者 に 届 け 出 なければならない ( 給 水 条 例 第 21 条 第 1 項 ) 2. 前 項 において

More information

「指定管理者制度運用ガイドライン(素案)」についての意見

「指定管理者制度運用ガイドライン(素案)」についての意見 維 持 保 全 の 手 引 平 成 25 年 3 月 建 築 局 保 全 推 進 課 財 政 局 公 共 施 設 事 業 調 整 課 目 次 1 はじめに 1 2 維 持 保 全 業 務 の 基 本 方 針 1 3 施 設 関 係 者 の 役 割 2 4 維 持 保 全 の 実 施 (1) 維 持 保 全 とは 2 (2) 維 持 保 全 の 内 容 把 握 の 重 要 性 2 (3) 維 持 保

More information

こ れ か ら も 日 本 に お け る ジ ェ ネ リック 医 薬 品 のリーディングカンパ ニーとして ジェネリック 医 薬 品 の 普 及 促 進 を 通 じて 財 政 と 両 立 し 得 る 優 れた 医 療 制 度 の 持 続 発 展 に 貢 献 して まいります ) 事 業 プロセスに

こ れ か ら も 日 本 に お け る ジ ェ ネ リック 医 薬 品 のリーディングカンパ ニーとして ジェネリック 医 薬 品 の 普 及 促 進 を 通 じて 財 政 と 両 立 し 得 る 優 れた 医 療 制 度 の 持 続 発 展 に 貢 献 して まいります ) 事 業 プロセスに 企 業 の 社 会 的 責 任 (CSR) 沢 井 製 薬 の 事 業 活 動 そのものが 社 会 貢 献 である という 考 えのもと 事 業 を 通 じた 企 業 理 念 の 実 現 と 事 業 プロセスにおける 行 動 基 準 の 実 践 により 社 会 に 貢 献 することが 沢 井 製 薬 の 使 命 だと 考 えています 沢 井 製 薬 におけるCSRの 考 え 方 沢 井 製 薬 は

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

平 成 28 年 第 1 回 尾 鷲 市 議 会 定 例 会 所 信 表 明 ( 附 提 案 説 明 ) 尾 鷲 市 ( 登 壇 ) 平 成 2 8 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 平 成 2 8 年 度 当 初 予 算 並 び に そ の 他 の 諸 議 案 に つ い て の ご 説 明 に 先 立 ち ま し て 所 信 の 一 端 を 申 し 述 べ 議 員 各 位

More information

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す

1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 決 定 した 都 道 府 県 別 職 種 別 の 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 一 覧 を 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 に 示 す 平 成 28 年 1 月 20 日 土 地 建 設 産 業 局 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 について 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 通 省 が 平 成 27 年 10 月 に 実 施 した 公 共 事 業 労 務 費 調 査 に 基 づき 平 成 28 年 2 月 からの 公 共 工 事 の 工 事 費 の 積 算 に 用 いるための

More information

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交

平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務 単 価 という )は 農 林 水 産 省 及 び 国 土 交 平 成 2 8 年 2 月 か ら 適 用 す る 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 表 平 成 2 8 年 1 月 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 1. 平 成 28 年 2 月 から 適 用 する 公 共 工 事 設 計 労 務 単 価 ( 以 下 労 務

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

情報公開事務処理状況(2001年4月分)

情報公開事務処理状況(2001年4月分) 平 成 25 年 度 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 の 報 告 について 中 野 区 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 第 17 条 の 規 定 により 運 営 状 況 を 報 告 する 中 野 区 長 田 中 大 輔 目 次 平 成 25 年 度 区 政 の 公 開 に 関 する 条 例 の 運 営 状 況 1 公 開 状 況 及 び 公 開 非

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832352E392E3488EA94CA8EBF96E292CA8D9093E097652081698AAE90AC94C5816A> 平 成 25 年 9 月 市 議 会 定 例 会 一 般 質 問 質 問 す る 議 員 名 及 び 質 問 内 容 個 人 質 問 1 議 員 成 田 芳 雄 ⑴ 都 市 内 ま た は 地 域 内 分 権 制 度 の 創 設 に つ い て こ れ ま で の 一 般 質 問 で の 答 弁 で は 市 民 の 底 力 を 支 援 す る 事 業 は 行 政 と 市 民 あ る い は 市 民

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

gomi

gomi 春 日 井 市 告 示 第 52 号 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 以 下 廃 棄 物 処 理 法 という ) 第 6 条 第 1 項 の 規 定 により 平 成 27 年 度 一 般 廃 棄 物 処 理 実 施 計 画 を 定 めたの で 春 日 井 市 廃 棄 物 の 減 量 及 び 適 正 処 理 に 関 する 条

More information

「SASA」-WORLD PROJECT

「SASA」-WORLD PROJECT 2013 年 度 環 境 活 動 レポート 株 式 会 社 大 和 生 物 研 究 所 第 3 期 活 動 期 間 2013 年 4 月 1 日 ~2014 年 3 月 31 日 目 次 1.はじめに 2. 環 境 方 針 3. 環 境 管 理 体 制 図 4. 会 社 概 要 5. 製 品 紹 介 6. 環 境 への 取 組 はじめに 大 和 生 物 研 究 所 は 約 半 世 紀 前 の 創 業

More information

廃棄物熱回収施設設置者認定マニュアル

廃棄物熱回収施設設置者認定マニュアル 参 考 資 料 熱 回 収 施 設 の 現 状 1 廃 棄 物 焼 却 施 設 の 余 熱 利 用 状 況 平 成 0 年 度 の 市 町 村 等 が 設 置 するごみ 焼 却 施 設 ( 図 1)と 廃 棄 物 処 理 業 者 が 設 置 す る 産 業 廃 棄 物 焼 却 施 設 の 熱 利 用 状 況 ( 図 )を 次 に 示 す 市 町 村 等 が 設 置 するごみ 焼 却 施 設 のうち

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information