目 次 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 制 度 の 目 的 漁 船 保 険 の 種 類 保 険 再 保 険 のしくみ 2 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3 Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 1 01. 制 度 の 目 的 1 02. 漁 船 保 険 の 種 類 1 03. 保 険 再 保 険 のしくみ 2 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3 Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険"

Transcription

1 漁 船 保 険 のご 案 内 漁 船 保 険 中 央 会 東 京 都 千 代 田 区 内 幸 町 日 比 谷 ダイビル 9F TEL.03(3591)3005( 保 険 業 務 部 )FAX.03(3591) ホームページ D 漁 船 保 険 組 合 漁 船 保 険 中 央 会

2 目 次 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 制 度 の 目 的 漁 船 保 険 の 種 類 保 険 再 保 険 のしくみ 2 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3 Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 乗 組 船 主 保 険 漁 船 積 荷 保 険 保 険 の 加 入 に 際 して 保 険 期 間 塡 補 範 囲 と 特 約 保 険 価 額 保 険 金 額 保 険 料 の 国 庫 負 担 保 険 料 率 保 険 料 率 の 割 増 割 引 保 険 成 績 (ロスレシオ) 等 級 の 適 用 方 法 等 について 保 険 契 約 の 変 更 保 険 契 約 の 失 効 保 険 関 係 の 承 継 保 険 料 の 払 戻 し 13 Ⅱ 満 期 保 険 14 Ⅲ プレジャーボート 責 任 保 険 16 Ⅳ 転 載 積 荷 保 険 18 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 19 Ⅰ 普 通 損 害 保 険 全 損 分 損 特 定 分 損 定 額 控 除 分 損 救 助 費 特 別 救 助 費 第 三 者 の 不 法 行 為 または 製 造 者 および 修 繕 者 の 過 失 がある 場 合 の 対 応 22 Ⅱ 漁 船 船 主 責 任 保 険 23 Ⅲ 漁 船 乗 組 船 主 保 険 26 0 参 考 塡 補 限 度 額 一 覧 表 27 Ⅳ 漁 船 積 荷 保 険 28 Ⅴ プレジャーボート 責 任 保 険 29 Ⅵ 転 載 積 荷 保 険 30 Ⅶ その 他 免 責 について 保 険 金 額 を 超 えて 塡 補 される 場 合 事 故 が 起 きたときの 対 応 保 険 金 の 請 求 手 続 32 漁 船 保 険 組 合 一 覧 33

3 CHAPTER 1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 1. 制 度 の 目 的 漁 船 損 害 等 補 償 法 を 根 拠 法 として 漁 船 につき 不 慮 の 事 故 による 損 害 の 復 旧 を 容 易 にすること 漁 船 の 運 航 に 伴 う 費 用 の 負 担 及 び 賠 償 責 任 の 発 生 により 漁 業 経 営 が 困 難 となることを 防 止 すること 及 び 漁 船 に 積 載 した 漁 獲 物 等 につき 不 慮 の 事 故 による 損 害 を 補 てんすることなどの 措 置 を 講 じ もって 漁 業 経 営 の 安 定 に 資 することを 目 的 としています 2. 漁 船 保 険 の 種 類 漁 船 保 険 普 通 保 険 特 殊 保 険 3 基 本 損 害 普 通 損 害 保 険 1 満 期 保 険 2 漁 船 船 主 責 任 保 険 4 乗 客 損 害 漁 船 損 害 等 補 償 法 漁 船 乗 組 船 主 保 険 5 人 命 損 害 漁 船 積 荷 保 険 6 漁 船 乗 組 員 給 与 保 険 法 任 意 保 険 漁 船 乗 組 員 給 与 保 険 9 プレジャーボート 責 任 保 険 7 転 載 積 荷 保 険 8 漁 船 保 険 組 合 が 取 り 扱 う 保 険 には 次 の 9 種 類 があります 1 普 通 損 害 保 険 沈 没 座 礁 火 災 などの 事 故 によって 漁 船 の 船 体 機 関 設 備 などに 生 じた 損 害 や 漁 船 を 救 助 するために 要 した 費 用 などに 対 して 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 2 満 期 保 険 普 通 損 害 保 険 と 全 く 同 様 に 保 険 金 をお 支 払 いするとともに 保 険 期 間 満 了 時 に 保 険 加 入 時 の 保 険 金 額 相 当 額 を 満 期 保 険 金 としてお 支 払 いする 積 立 型 保 険 です 3 特 殊 保 険 戦 争 変 乱 襲 撃 捕 獲 だ 捕 又 は 抑 留 によって 漁 船 に 生 じた 損 害 に 対 して 保 険 金 を お 支 払 いする 保 険 です 漁 具 特 約 この 特 約 は 普 通 損 害 保 険 満 期 保 険 及 び 特 殊 保 険 に 付 すことができます なお 漁 具 がその 属 する 漁 船 とともに 全 損 となった 場 合 に 限 って( 特 殊 保 険 の 場 合 は 漁 船 とともに 全 損 となった 場 合 のほか 滅 失 沈 没 損 傷 その 他 の 事 故 によって 損 害 が 生 じた 場 合 ) 保 険 金 をお 支 払 いします 漁 船 が 衝 突 した 場 合 の 相 手 船 に 対 する 損 害 賠 償 責 任 や 漁 船 の 運 航 に 伴 って 生 じた 第 三 者 に 対 する 賠 償 責 任 及 び 費 用 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 基 本 損 害 乗 客 損 害 人 命 損 害 の 3 つの 塡 補 区 分 があり 基 本 損 害 には 以 下 の 特 約 があります 4 漁 船 船 主 責 任 保 険 1. 漁 具 損 害 塡 補 特 約 他 の 漁 船 の 船 体 に 固 定 固 縛 された 操 業 中 の 漁 具 と 加 入 漁 船 の 直 接 接 触 により 生 じた 損 害 又 は 外 国 の200 海 里 水 域 内 において 外 国 漁 船 の 操 業 中 の 漁 具 に 加 え た 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いします 2. 海 外 油 濁 損 害 賠 償 塡 補 特 約 外 国 の200 海 里 水 域 内 において 油 その 他 の 水 質 汚 濁 物 質 が 原 因 となって 生 じた 損 害 により 外 国 の 法 令 等 で 課 せられた 賠 償 責 任 に 基 づく 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いします 3. 船 員 送 還 費 用 塡 補 特 約 漁 船 が 全 損 等 となり 船 員 法 の 規 定 で 乗 組 員 の 雇 入 契 約 が 終 了 した 場 合 の 乗 組 員 の 送 還 費 用 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いします

4 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 5 漁 船 乗 組 船 主 保 険 6 漁 船 積 荷 保 険 漁 船 の 乗 組 船 主 ( 船 主 であり 同 時 に 乗 組 員 である 者 )が 漁 船 上 において 不 慮 の 事 故 によって 死 亡 したり 行 方 不 明 となった 場 合 又 は 後 遺 障 害 となった 場 合 に 一 定 金 額 の 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 漁 船 に 発 生 した 事 故 が 原 因 となって その 漁 船 に 積 載 されていた 漁 獲 物 や 仕 込 品 に 生 じた 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 7 プレジャーボート 責 任 保 険 5 トン 未 満 のプレジャーボートの 運 航 に 伴 って 生 じた 賠 償 責 任 や 救 助 費 用 などに 対 し て 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 8 転 載 積 荷 保 険 冷 凍 運 搬 船 に 転 載 した 漁 獲 物 等 に 生 じた 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いする 保 険 です 9 漁 船 乗 組 員 給 与 保 険 漁 船 の 乗 組 員 が 抑 留 された 場 合 に その 乗 組 員 の 給 与 の 支 払 いを 保 障 する 保 険 です(こ の 保 険 は 漁 船 乗 組 員 給 与 保 険 法 という 法 律 に 基 づいています ) 3. 保 険 再 保 険 のしくみ 再 保 険 漁 業 者 等 漁 業 同 組 合 漁 船 保 険 組 合 保 険 再 保 険 再 保 険 漁 船 保 険 ( 特 別 計 ) 国 ロ 等 再 保 険

5 CHAPTER 2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について Ⅰ 漁 船 保 険 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 乗 組 船 主 保 険 漁 船 積 荷 保 険 1. 保 険 の 加 入 に 際 して (1) 加 入 資 格 1 普 通 保 険 及 び 特 殊 保 険 日 本 船 籍 の 総 トン 数 1,000 トン 未 満 の 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 に 限 られます 保 険 の 契 約 は 加 入 申 込 書 を 漁 船 保 険 組 合 に 提 出 して 漁 船 保 険 組 合 の 承 諾 を 受 けることによって 成 立 します(ただし 保 険 期 間 が 開 始 する 前 日 までに 所 定 の 保 険 料 が 払 い 込 まれない 場 合 には この 保 険 契 約 は 効 力 を 生 じませんのでご 注 意 ください ) なお 保 険 料 をお 支 払 いいただくと 同 時 にその 加 入 者 は 漁 船 保 険 組 合 の 組 合 員 になります 2 漁 船 船 主 責 任 保 険 普 通 保 険 の 付 帯 契 約 になっていますので 普 通 保 険 に 既 に 加 入 しているか 普 通 保 険 と 同 時 に 申 込 みを 行 う 場 合 でなければ 加 入 することはできません 3 漁 船 乗 組 船 主 保 険 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 であって 同 時 に 当 該 漁 船 の 乗 組 員 である 者 に 限 られます なお この 保 険 は 漁 船 船 主 責 任 保 険 の 付 帯 契 約 になっています 4 漁 船 積 荷 保 険 無 線 設 備 を 有 して 一 定 の 漁 業 に 従 事 する 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 に 限 られます なお この 保 険 は 普 通 保 険 の 付 帯 契 約 になっていますので 普 通 保 険 に 既 に 加 入 しているか 普 通 保 険 と 同 時 に 申 込 みを 行 う 場 合 でなければ 加 入 することはできません (2) 保 険 責 任 の 開 始 は 保 険 期 間 の 開 始 日 からです 保 険 料 をお 支 払 いいただいた 後 保 険 責 任 は 保 険 期 間 の 開 始 日 から 始 まります 保 険 責 任 の 開 始 日 と 保 険 期 間 の 開 始 日 は 同 日 です (3) 事 故 発 生 後 に 加 入 しても 契 約 は 無 効 です 保 険 責 任 が 始 まる 前 に 事 故 が 生 じていたときは その 保 険 契 約 は 当 然 無 効 となり 保 険 金 は 支 払 われません (4) 加 入 時 に 通 知 すべき 重 要 事 項 ( 告 知 義 務 ) 漁 船 保 険 組 合 が 定 める 加 入 申 込 書 で 記 載 を 求 められた 事 項 について もれなく 事 実 の 告 知 をしなければなりま せん (5) 告 知 義 務 に 違 反 すると 保 険 契 約 は 解 除 されます この 加 入 申 込 書 の 記 載 事 項 について 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 事 実 を 告 知 しなかったり 不 実 の 告 知 をした ときは 保 険 契 約 は 漁 船 保 険 組 合 によって 解 除 されます (6) 保 険 証 券 の 交 付 質 権 設 定 等 で 保 険 証 券 が 必 要 な 場 合 は 漁 船 保 険 組 合 にご 請 求 ください

6 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 2. 保 険 期 間 (1) 普 通 損 害 保 険 保 険 期 間 は 原 則 として 1 年 です ただし 次 のような 場 合 には 1 年 に 満 たない 期 間 とすることや 延 長 することができます 1 短 期 加 入 ができる 場 合 1) 保 険 料 の 国 庫 負 担 の 適 用 のある 加 入 区 において 最 多 数 の 保 険 契 約 の 保 険 期 間 と 終 期 を 一 致 させるため に 短 期 で 加 入 することができます 2) 保 険 料 の 国 庫 負 担 の 適 用 のある 加 入 区 において 既 に 普 通 損 害 保 険 に 付 している 漁 船 について 新 たに 重 複 加 入 する 場 合 に 最 多 数 の 保 険 契 約 の 保 険 期 間 と 終 期 を 一 致 させるために 短 期 で 加 入 することができます(ただ し この 場 合 の 複 数 の 保 険 契 約 は この 保 険 期 間 の 終 了 後 は 同 一 の 保 険 として 取 り 扱 うことが 条 件 となります ) 2 保 険 期 間 の 延 長 ができる 場 合 1) 保 険 期 間 の 重 複 する2 以 上 の 保 険 契 約 があるとき 又 は 同 一 の 組 合 員 の2 隻 以 上 の 漁 船 について 保 険 期 間 の 重 複 する 保 険 契 約 がある 場 合 に 先 に 成 立 した 保 険 関 係 の 保 険 期 間 を 最 後 に 成 立 した 保 険 関 係 の 保 険 期 間 の 終 期 まで 延 長 することができます 2) 事 故 についての 責 任 が 確 定 しない 期 間 中 又 は 事 故 による 損 害 についての 修 繕 が 完 了 しない 期 間 中 に 保 険 期 間 が 満 了 する 場 合 に 1 ヵ 月 以 上 の 期 間 で 延 長 することができます (2) 特 殊 保 険 保 険 期 間 は 原 則 として 4 ヵ 月 です なお 事 故 による 損 害 発 生 の 危 険 が 切 迫 し その 継 続 中 に 保 険 期 間 が 満 了 する 場 合 に 1 ヵ 月 以 上 の 期 間 で 保 険 期 間 を 延 長 することができます (3) 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 乗 組 船 主 保 険 保 険 期 間 は 原 則 として 1 年 です ただし 次 のような 場 合 には 1 年 に 満 たない 期 間 とすることや 延 長 することができます 1 短 期 加 入 とする 場 合 漁 船 船 主 責 任 保 険 の 場 合 には 普 通 損 害 保 険 の 保 険 期 間 と 始 期 が 異 なるときは 終 期 を 同 一 とする 短 期 契 約 とします 漁 船 乗 組 船 主 保 険 の 場 合 には 漁 船 船 主 責 任 保 険 の 保 険 期 間 と 始 期 が 異 なるときは 終 期 を 同 一 とする 短 期 契 約 とします 2 保 険 期 間 の 延 長 ができる 場 合 漁 船 船 主 責 任 保 険 の 場 合 には 普 通 損 害 保 険 を 延 長 したときは 普 通 損 害 保 険 と 同 期 間 として 延 長 する ことができます 漁 船 乗 組 船 主 保 険 の 場 合 には 漁 船 船 主 責 任 保 険 を 延 長 したときは 漁 船 船 主 責 任 保 険 と 同 期 間 として 延 長 することができます (4) 漁 船 積 荷 保 険 保 険 期 間 は 1 年 漁 期 間 及 び 帰 航 期 間 です ただし 次 のような 場 合 には 1 年 に 満 たない 期 間 とすることや 延 長 することができます 1 短 期 加 入 とする 場 合 普 通 損 害 保 険 の 終 期 と 同 一 とする 短 期 契 約 とします 2 保 険 期 間 の 延 長 ができる 場 合 1) 保 険 期 間 の 重 複 する 2 以 上 の 保 険 契 約 があるときは 最 後 に 成 立 した 保 険 契 約 の 終 期 まで 延 長 すること ができます 2) 普 通 損 害 保 険 の 保 険 期 間 の 終 了 前 に 当 該 保 険 の 保 険 期 間 が 終 了 するときは 普 通 損 害 保 険 の 保 険 期 間 の 終 期 まで 延 長 することができます 3) 普 通 損 害 保 険 を 延 長 したときは 普 通 損 害 保 険 と 同 期 間 として 延 長 することができます 4) 当 該 保 険 の 事 故 についての 責 任 が 未 確 定 のときは 1 ヵ 月 以 上 の 期 間 で 延 長 することができます 保 険 期 間 を 延 長 する 場 合 には 保 険 期 間 の 満 了 前 に 延 長 しようとする 期 間 に 対 する 保 険 料 をお 支 払 いいた だく 必 要 があります

7 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 3. 塡 補 範 囲 と 特 約 塡 補 範 囲 と 特 約 は 契 約 時 に 決 めていただきます (1) 普 通 損 害 保 険 の 塡 補 範 囲 (2) 特 殊 保 険 の 塡 補 範 囲 100 トン 以 上 の 漁 船 に 限 り 分 損 又 は 特 定 分 損 を 定 額 控 除 分 損 とすることができます 特 約 漁 具 特 約 : 1 6 のいずれの 塡 補 範 囲 でも 付 けるこ とができます 特 約 漁 具 特 約 : 1 6 のいずれの 塡 補 範 囲 でも 付 けることがで きます (3) 漁 船 船 主 責 任 保 険 の 塡 補 区 分 (4) 漁 船 積 荷 保 険 の 塡 補 範 囲 特 約 基 本 損 害 には 次 の 3 つの 特 約 があります 漁 具 損 害 塡 補 特 約 海 外 油 濁 損 害 賠 償 塡 補 特 約 船 員 送 還 費 用 塡 補 特 約 4. 保 険 価 額 (1) 漁 船 保 険 に 加 入 する 際 は 漁 船 の 船 価 を 評 価 して 保 険 価 額 を 決 めていただきます (2) 保 険 価 額 は 水 産 庁 長 官 が 定 める 評 価 標 準 によって 算 定 するものとされていますが 漁 船 の 建 造 価 格 や 購 入 価 格 に 基 づいて 算 定 される 場 合 もあります (3) 保 険 期 間 中 に 漁 船 の 改 造 機 関 の 換 装 設 備 の 変 更 等 により 漁 船 の 評 価 額 に 著 しい 変 動 があったときは 漁 船 保 険 組 合 に 請 求 し 保 険 価 額 を 変 更 することができます (4) 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 乗 組 船 主 保 険 及 び 漁 船 積 荷 保 険 には 保 険 価 額 はありません

8 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 5. 保 険 金 額 保 険 金 額 は 保 険 の 種 類 によってそれぞれ 次 のように 決 めます (1) 普 通 損 害 保 険 保 険 価 額 を 限 度 として 保 険 に 掛 けようとする 金 額 ( 保 険 金 額 )を 任 意 に 決 めることができますが 損 害 が 発 生 した 場 合 には 保 険 金 額 の 保 険 価 額 に 対 する 割 合 で 塡 補 されますから 保 険 金 額 は 満 額 まで 加 入 しておくのが 理 想 です 保 険 価 額 に 対 する 保 険 金 額 の 割 合 を 付 保 率 といい 付 保 率 100%のものを 全 部 保 険 100% 未 満 のものを 一 部 保 険 といいます (2) 漁 船 船 主 責 任 保 険 1 基 本 損 害 トン 数 区 分 ごとに 定 められた 金 額 から 任 意 に 選 択 できます 2 乗 客 損 害 1 人 当 たりの 標 準 保 険 金 額 (1,000 万 円 1 億 円 )に 船 舶 検 査 証 書 の 旅 客 最 大 とう 載 人 員 数 を 乗 じた 金 額 となります ただし 保 険 金 額 の 限 度 額 は 40 億 円 です 3 人 命 損 害 乗 組 員 1 人 当 たりの 保 険 金 額 (100 万 円 1,200 万 円 )に 乗 組 員 数 を 乗 じた 金 額 となります な お 保 険 金 額 の 半 額 は 共 水 連 のノリコー 船 上 災 害 共 済 契 約 となり 共 水 連 が 責 任 負 担 します (3) 漁 船 乗 組 船 主 保 険 乗 組 船 主 1 人 当 たりの 保 険 金 額 (100 万 円 1,200 万 円 )に 乗 組 船 主 人 数 を 乗 じた 金 額 となります なお 保 険 金 額 の 半 額 は 共 水 連 のノリコー 船 上 災 害 共 済 契 約 となり 共 水 連 が 責 任 負 担 します (4) 漁 船 積 荷 保 険 次 の 算 式 により 定 めます ( 漁 獲 物 等 の 協 定 単 価 ) ( 最 大 積 載 数 量 )+( 仕 込 品 の 協 定 単 価 ) ( 最 大 積 載 数 量 ) 1/3 6. 保 険 料 の 国 庫 負 担 加 入 漁 船 のうち 100 トン 未 満 のもので 義 務 加 入 ( 付 保 義 務 発 生 に 関 する 手 続 きを 経 て 一 定 の 区 域 内 に 在 籍 する 指 定 漁 船 の 全 部 が 普 通 損 害 保 険 または 満 期 保 険 に 付 保 率 30% 以 上 で 加 入 すること ) 又 は 集 団 加 入 ( 付 保 義 務 発 生 に 関 する 手 続 きを 経 て 一 定 の 区 域 内 に 在 籍 する 20 トン 未 満 の 指 定 漁 船 の 2 分 の 1 以 上 かつ 15 隻 以 上 が 普 通 損 害 保 険 または 満 期 保 険 に 付 保 率 30% 以 上 で 加 入 すること )の 場 合 は 政 府 が 純 保 険 料 に 対 して 国 庫 負 担 を 行 います 義 務 加 入 の 場 合 の 国 庫 負 担 トン 数 区 分 保 険 種 類 普 通 保 険 ( 約 %) 漁 船 船 主 責 任 保 険 (%) ( 基 本 損 害 ) 漁 船 積 荷 保 険 (%) 無 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 集 団 加 入 の 場 合 の 国 庫 負 担 は 義 務 加 入 の 場 合 の 半 額 となります

9 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 7. 保 険 料 率 (1) 保 険 金 額 100 円 に 対 する 保 険 料 のことを 保 険 料 率 といい 円 銭 という 形 で 表 されます (2) 保 険 料 率 は それぞれの 保 険 の 種 類 について 漁 船 の 漁 業 種 類 トン 数 区 分 船 質 塡 補 範 囲 などに 応 じて 定 められています 普 通 損 害 保 険 の 場 合 は 次 の 通 りです 漁 業 種 類 近 海 等 漁 業 Ⅰ 近 海 等 漁 業 Ⅱ( 船 外 機 船 ) 内 海 漁 業 内 湾 及 び 内 水 面 漁 業 かつお まぐろ 漁 業 いか 釣 り 漁 業 底 びき 網 漁 業 Ⅰ( 操 業 区 域 が 北 海 道 以 北 の 日 本 海 オホーツク 海 及 び 北 緯 47 度 以 北 とする ) 底 びき 網 漁 業 Ⅱ 以 西 底 びき 網 等 漁 業 まき 網 漁 業 漁 業 取 締 り 等 の 11 漁 種 トン 数 区 分 無 動 力 漁 船 及 び 5 トン 未 満 の 動 力 漁 船 5 20 トン トン トン トン 200 トン 以 上 の 動 力 漁 船 の 6 区 分 船 質 木 船 鋼 船 (FRP アルミ 合 金 等 を 含 む )の 2 種 類 塡 補 範 囲 3. 塡 補 範 囲 と 特 約 の 項 をご 参 照 ください 普 通 損 害 保 険 の 料 率 の 体 系 基 保 険 料 率 保 険 料 率 通 常 保 険 料 率 ( 漁 業 種 類 トン 数 区 分 船 質 塡 補 範 囲 ごとに 一 定 率 が 決 められている ) 保 険 料 率 ( 保 険 金 の 支 払 いに 充 当 するための 保 険 料 率 で あり 国 庫 負 担 の 対 象 と なる ) 常 保 険 料 率 ( 異 常 危 険 に 対 応 する 保 険 料 率 ) 割 増 引 率 ( 純 保 険 料 率 + 付 加 保 険 料 率 ) 付 加 保 険 料 率 基 付 加 保 険 料 率 ( 漁 船 保 険 組 合 の 事 務 費 に 充 当 する ) 割 増 引 率 8. 保 険 料 率 の 割 増 割 引 (1) 普 通 損 害 保 険 基 準 保 険 料 率 には 漁 船 の 状 態 に 応 じて 次 のような 割 増 (+) 割 引 ( )が 適 用 されます 1 ソナー 設 備 による 割 増 漁 業 用 ソナー 設 備 を 装 備 している 漁 船 については 送 受 波 器 の 保 護 外 被 の 有 無 に 応 じて 割 増 率 が 適 用 さ れます なお ソナー 装 備 漁 船 については 基 準 保 険 料 率 にソナー 割 増 率 を 乗 じて 得 た 率 に 以 下 (2 8)の 割 増 引 率 の 合 計 を 乗 じて 通 常 保 険 料 率 を 算 出 します 項 目 保 護 外 被 の 有 るもの 保 護 外 被 の 無 いもの 割 増 率 (%)

10 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 2 船 齢 による 割 増 割 引 動 力 漁 船 の 船 質 と 船 齢 に 応 じて 下 表 の 割 増 率 割 引 率 が 適 用 されます 船 齢 割 増 引 木 船 率 ( % ) 鋼 船 ( 年 : 以 上 未 満 ) 船 齢 割 増 引 木 船 率 ( % ) 鋼 船 設 備 による 割 引 5 トン 未 満 動 力 漁 船 の 無 線 電 信 設 備 又 は 無 線 電 話 設 備 レーダー 設 備 の 有 無 に 応 じて 右 表 の 割 引 率 が 適 用 されます 4 依 頼 検 査 による 割 引 船 齢 機 関 年 齢 が 3 年 未 満 の 漁 船 で 漁 船 法 に 定 め る 技 術 基 準 に 適 合 するものには 右 表 の 割 引 率 が 適 用 されます 項 目 割 引 率 (%) 無 線 電 信 電 話 設 備 0 5 レーダー 設 備 0 5 項 目 割 引 率 (%) 船 体 の み 0 2 機 関 の み 0 2 船 体 及 び 機 関 保 険 成 績 等 級 による 割 増 割 引 契 約 漁 船 の 一 定 期 間 における 保 険 料 の 合 計 額 に 対 する 支 払 保 険 金 の 合 計 額 の 比 率 によって 保 険 成 績 等 級 が 決 定 され その 保 険 成 績 等 級 に 応 じて 下 表 の 割 増 率 割 引 率 が 適 用 されます 漁 船 ごとの 保 険 成 績 等 級 の 適 用 方 法 等 については 9. 保 険 成 績 (ロスレシオ) 等 級 の 適 用 方 法 等 について の 項 をご 参 照 ください 保 険 成 績 等 級 割 増 引 率 (%) 1 等 級 2 等 級 3 等 級 4 等 級 5 等 級 6 等 級 7 等 級 8 等 級 9 等 級 10 等 級 11 等 級 12 等 級 13 等 級 低 評 価 割 増 評 価 標 準 による 標 準 価 額 に 対 する 保 険 価 額 の 割 合 が 50% 以 上 70% 未 満 のものには 右 表 の 割 増 率 が 適 用 されます 割 増 率 (%) + 15

11 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 7 トン 価 割 引 1 トン 当 たりの 保 険 価 額 が 一 定 額 以 上 である 動 力 漁 船 (100 トン 以 上 は 木 船 を 除 く )については その 価 額 と 船 齢 に 応 じて それ ぞれ 右 表 の 割 引 率 が 適 用 さ れます 1 トン 以 上 100 トン 未 満 の 動 力 漁 船 割 引 率 (%) トン 当 たりの 保 険 価 額 ( 千 円 : 以 上 未 満 ) 船 齢 ( 年 : 以 上 未 満 ) ,000 2, ,000 4, ,000 6, ,000 0, トン 以 上 の 動 力 漁 船 ( 木 船 は 除 く ) 割 引 率 (%) トン 当 たりの 保 険 価 額 ( 千 円 : 以 上 未 満 ) 船 齢 ( 年 : 以 上 未 満 ) ,400 0, ,500 0, ,600 0, ,700 0, ,850 1, ,250 2, ,000 0, 特 別 割 引 普 通 保 険 への 加 入 に 際 して 保 険 成 績 等 級 の 適 用 を 受 けていない 船 齢 並 びに 機 関 年 齢 が3 年 未 満 の100トン 以 上 の 鋼 船 については 新 規 加 入 の 日 から3 年 間 に 限 り 保 険 期 間 の 開 始 日 の 前 日 までの 契 約 期 間 に 応 じて 右 表 の 割 引 率 が 適 用 されます 契 約 期 間 ( 年 : 以 上 未 満 ) 割 引 率 (%) (2) 漁 船 船 主 責 任 保 険 1 特 約 による 割 増 ( 基 本 損 害 ) 特 約 に 加 入 することにより 適 用 されます 2 船 外 機 船 割 引 ( 基 本 損 害 ) 主 機 関 の 種 類 が 船 外 機 の 漁 船 に 適 用 されます 特 約 の 種 類 割 増 率 (%) 漁 具 損 害 + 1 海 外 油 濁 損 害 賠 償 + 2 船 員 送 還 費 用 + 1 割 引 率 (%) 10 3 無 事 故 割 引 この 割 引 は 同 一 組 合 員 が 所 有 ( 使 用 )する 漁 船 一 隻 ごとに 適 用 されます 基 本 損 害 無 事 故 の 期 間 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 以 上 割 引 率 (%) 乗 客 損 害 無 事 故 の 期 間 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 以 上 割 引 率 (%) 代 船 への 無 事 故 割 引 の 継 続 適 用 代 船 の 保 険 加 入 に 際 して 被 代 船 の 保 険 関 係 を 解 除 したときは 被 代 船 の 無 事 故 の 期 間 を 代 船 に 引 き 継 ぐこ とにより 無 事 故 割 引 が 継 続 して 適 用 されます

12 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について (3) 漁 船 積 荷 保 険 1 無 事 故 割 引 この 割 引 は 同 一 組 合 員 が 所 有 ( 使 用 )する 漁 船 一 隻 ごとに 適 用 されます 無 事 故 の 期 間 年 間 契 約 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 以 上 漁 期 間 契 約 1 漁 期 2 漁 期 3 漁 期 4 漁 期 5 漁 期 2 船 齢 割 増 割 引 割 引 率 (%) 帰 航 期 間 契 約 には 適 用 されません 船 齢 0 1 年 1 3 年 3 5 年 5 7 年 17 年 以 上 割 増 引 率 (%) 代 船 への 無 事 故 割 引 の 継 続 適 用 代 船 の 保 険 加 入 に 際 して 被 代 船 の 保 険 関 係 を 解 除 したときは 被 代 船 の 無 事 故 の 期 間 を 代 船 に 引 き 継 ぐこ とにより 無 事 故 割 引 が 継 続 して 適 用 されます 9. 保 険 成 績 (ロスレシオ) 等 級 の 適 用 方 法 等 について この 割 増 割 引 は 漁 船 ごとの 支 払 保 険 金 の 多 寡 に 応 じて 保 険 料 に 差 を 設 けるためのものです 継 続 して 無 事 故 であれば 最 大 30%の 割 引 が 適 用 され 事 故 の 多 い 漁 船 には 最 大 50%の 割 増 が 適 用 されます (1) 保 険 成 績 等 級 の 決 定 1 保 険 成 績 等 級 表 保 険 成 績 等 級 は 下 表 の 保 険 成 績 区 分 に 応 じて 決 定 します なお 保 険 成 績 等 級 は 次 回 等 級 変 更 日 (その 等 級 が 適 用 されてから 1 年 以 上 経 過 した 保 険 契 約 の 更 新 日 ) までの 間 は 変 更 しません 保 険 成 績 等 級 1 等 級 2 等 級 3 等 級 4 等 級 5 等 級 6 等 級 7 等 級 8 等 級 9 等 級 10 等 級 11 等 級 12 等 級 13 等 級 保 険 成 績 区 分 (%) 0 超 過 未 満 0 15 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 未 満 以 上 500 割 増 引 率 (%) 新 規 加 入 の 場 合 の 保 険 成 績 等 級 新 たに 保 険 加 入 する 場 合 保 険 成 績 を 有 しない 漁 船 の 保 険 成 績 等 級 は 7 等 級 とします ただし 過 去 5 年 間 に 普 通 保 険 が 成 立 していた 場 合 には 過 去 の 保 険 成 績 を 通 算 して 算 出 することがあります (2) 保 険 成 績 の 計 算 1 保 険 成 績 は 同 一 組 合 員 が 所 有 ( 使 用 )する 漁 船 一 隻 ごとに 過 去 5 年 間 における 純 保 険 料 の 合 計 額 に 対 する 支 払 保 険 金 の 合 計 額 の 割 合 によって 算 定 します 保 険 成 績 算 定 の 際 に 分 母 となる 保 険 料 額 について 日 割 計 算 を 避 けるため 算 定 の 対 象 は 60 ヵ 月 以 内 に 保 険 期 間 始 期 のある 保 険 関 係 とします そのため 保 険 期 間 の 延 長 短 期 契 約 等 がある 場 合 には 算 定 対 象 期 間 が 短 くなる 場 合 があります 一 度 支 払 われた 支 払 保 険 金 は 最 初 に 算 定 されてから 5 年 間 算 定 対 象 となります 2 保 険 成 績 は 保 険 金 支 払 日 が 等 級 変 更 日 の 3 ヵ 月 前 までの 支 払 保 険 金 によって 算 定 します 3 同 一 漁 船 の 保 険 成 績 は 原 則 として 契 約 の 中 断 があった 場 合 でも 通 算 して 算 定 します 10

13 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 4 保 険 成 績 等 級 の 変 更 例 次 例 の 条 件 塡 補 範 囲 ( 全 分 救 )トン 数 (0.9 トン) 漁 業 種 類 ( 近 海 Ⅱ 船 外 機 船 ) 船 質 (FRP) 船 齢 ( 1 年 未 満 ) 保 険 価 額 保 険 金 額 (200 万 円 ) 事 故 無 しの 場 合 項 目 新 規 加 入 更 新 1 更 新 2 更 新 3 更 新 4 更 新 5 更 新 6 支 払 保 険 金 ロスレシオ 分 子 純 保 険 料 4 万 円 3 万 円 3 万 円 2 万 円 2 万 円 2 万 円 2 万 円 ロスレシオ 分 母 4 万 円 7 万 円 10 万 円 12 万 円 14 万 円 12 万 円 保 険 成 績 0% 0% 0% 0% 0% 0% 保 険 成 績 等 級 割 増 引 率 事 故 有 りの 場 合 項 目 新 規 加 入 更 新 1 更 新 2 更 新 3 更 新 4 更 新 5 更 新 6 支 払 保 険 金 万 円 0 60 万 円 0 0 ロスレシオ 分 子 万 円 30 万 円 90 万 円 90 万 円 純 保 険 料 4 万 円 3 万 円 3 万 円 4 万 円 4 万 円 5 万 円 4 万 円 ロスレシオ 分 母 4 万 円 7 万 円 10 万 円 14 万 円 18 万 円 19 万 円 保 険 成 績 0% 0% 300% 214% 500% 473% 保 険 成 績 等 級 割 増 引 率 更 新 1に 適 用 される 保 険 成 績 は 更 新 1の 純 保 険 料 累 計 額 ロスレシオ 分 母 を 分 母 とし 更 新 1の 支 払 保 険 金 累 計 額 ロスレシオ 分 子 を 分 子 として 算 定 されます( 更 新 2 6についても 同 様 です ) (3) 保 険 成 績 等 級 の 変 動 限 度 単 年 度 の 等 級 の 変 動 限 度 は 3 等 級 間 です ただし 算 定 対 象 期 間 が 3 年 以 内 で 等 級 が 減 少 する 場 合 には 2 等 級 間 ( 10%)を 限 度 とします 30%の 割 引 を 受 けるためには 新 規 加 入 から 最 低 3 年 間 無 事 故 であることが 必 要 です (4) 代 船 への 保 険 成 績 の 継 続 適 用 代 船 の 保 険 加 入 に 際 して 被 代 船 の 保 険 関 係 を 解 除 したときは 被 代 船 の 保 険 成 績 等 級 を 代 船 に 継 続 することが できます この 場 合 代 船 の 次 回 等 級 変 更 日 における 保 険 成 績 は 被 代 船 の 保 険 成 績 を 通 算 して 算 定 します 11

14 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 10. 保 険 契 約 の 変 更 (1) 保 険 金 額 及 び 塡 補 範 囲 の 変 更 保 険 期 間 の 中 途 において 保 険 金 額 を 変 更 するときや 塡 補 範 囲 を 変 更 するときは 保 険 期 間 の 開 始 日 にさかの ぼって 保 険 料 の 差 額 を 支 払 わなければなりません (2)その 他 の 変 更 保 険 期 間 の 中 途 において 次 のような 変 更 がある 場 合 には あらかじめ 漁 船 保 険 組 合 に 通 知 しなければなりませ ん また その 内 容 によっては 保 険 料 の 差 額 をお 支 払 いいただきます なお こうした 通 知 義 務 や 保 険 料 支 払 義 務 に 違 反 した 場 合 には 損 害 が 発 生 しても 免 責 や 減 額 塡 補 されることがあります 1 保 険 料 の 差 額 を 支 払 わなければならないもの( 事 前 に 通 知 すべきもの) 11) 総 トン 数 又 は 船 体 の 重 要 寸 法 に 変 更 を 来 すべき 漁 船 の 改 造 をしようとするとき 12) 主 機 関 を 据 え 付 け 取 り 替 え 又 は 除 去 しようとするとき 13) 無 線 電 信 設 備 無 線 電 話 設 備 又 はレーダー 設 備 を 除 去 しようとするとき 14) 漁 業 用 ソナー 設 備 を 据 え 付 け 取 り 替 え 又 は 除 去 しようとするとき 15) 漁 業 等 の 種 類 操 業 区 域 従 事 日 数 を 変 更 しようとするとき 16)その 他 漁 船 についての 重 大 な 変 更 をしようとするとき 17) 漁 船 船 主 責 任 保 険 人 命 損 害 の 契 約 乗 組 員 数 を 変 更 しようとするとき 18) 漁 船 船 主 責 任 保 険 乗 客 損 害 の 利 用 者 乗 船 期 間 を 変 更 しようとするとき 19) 漁 船 船 主 責 任 保 険 乗 客 損 害 の 旅 客 最 大 とう 載 人 員 数 を 変 更 しようとするとき 10) 漁 船 積 荷 保 険 の 操 業 時 期 を 変 更 しようとするとき 2 保 険 料 に 影 響 のないもの( 事 前 に 通 知 すべきもの) 1) 漁 船 を 漁 業 以 外 の 用 途 に 使 用 しようとするとき( 利 用 者 乗 船 期 間 に 当 該 漁 船 を 運 航 しようとするとき を 除 く) 12) 漁 船 を 90 日 以 上 係 船 しようとするとき 13) 同 種 の 保 険 契 約 を 他 の 保 険 者 と 締 結 しようとするとき 14) 漁 船 積 荷 の 管 理 方 法 を 変 更 するとき 3 事 後 に 通 知 すべきもの 11) 漁 船 を 譲 渡 し 又 は 貸 し 付 けたとき 12) 漁 船 上 に 先 取 特 権 質 権 抵 当 権 その 他 の 物 権 及 び 賃 借 権 を 設 定 し 変 更 し 又 は 消 滅 させたとき 13) 保 険 金 受 取 人 などにつき 代 理 人 を 定 め 又 は 廃 したとき 14) 組 合 員 被 保 険 者 これらの 者 の 代 理 人 又 は 保 険 金 受 取 人 の 氏 名 名 称 住 所 を 変 更 したとき 15) 船 名 又 は 主 たる 根 拠 地 を 変 更 したとき 保 険 契 約 の 失 効 次 の 場 合 保 険 契 約 はその 効 力 を 失 います (1) 漁 船 を 解 てつしたとき (2) 漁 船 保 険 組 合 の 区 域 内 から 住 所 及 び 漁 船 の 主 たる 根 拠 地 を 移 転 したとき( 存 続 させたい 旨 の 申 出 があった 場 合 を 除 く ) (3) 漁 船 の 所 有 権 の 移 転 借 受 けに 関 する 権 利 の 移 転 又 は 消 滅 相 続 その 他 の 包 括 承 継 遺 贈 があったとき( 保 険 関 係 の 承 継 があった 場 合 を 除 く ) (4) 組 合 員 が 死 亡 解 散 したとき( 保 険 関 係 の 承 継 があった 場 合 を 除 く ) 又 は 破 産 手 続 開 始 の 決 定 があったとき

15 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 12. 保 険 関 係 の 承 継 漁 船 を 譲 渡 した 場 合 新 船 主 からの 請 求 により 旧 船 主 が 漁 船 について 有 する 保 険 関 係 についての 権 利 ( 保 険 金 請 求 権 など)や 義 務 ( 保 険 料 支 払 義 務 や 通 知 義 務 など)を 引 き 継 ぐことができます これを 保 険 関 係 の 承 継 と いいます これは 漁 船 の 使 用 者 に 変 更 があった 場 合 相 続 や 遺 贈 があった 場 合 も 同 様 です ただし 保 険 成 績 等 級 による 保 険 料 の 割 増 割 引 や 漁 船 船 主 責 任 保 険 及 び 漁 船 積 荷 保 険 の 無 事 故 割 引 は 承 継 された 保 険 関 係 の 保 険 期 間 の 終 期 までに 限 っての 適 用 となります なお 漁 船 船 主 責 任 保 険 や 漁 船 積 荷 保 険 は 普 通 保 険 と 同 時 に 承 継 する 場 合 でなければ 承 継 することはできま せん( 単 独 では 承 継 できません ) 13. 保 険 料 の 払 戻 し 保 険 料 が 払 戻 されるのは 下 表 の 場 合 に 限 られます 保 険 金 の 支 払 いがなされていたときは その 分 は 差 し 引 かれます 払 戻 し 理 由 普 通 損 害 満 期 ( 損 害 部 分 ) 特 殊 船 主 責 任 乗 組 船 主 積 荷 1 漁 船 の 解 てつ 2 組 合 員 の 住 所 及 び 漁 船 の 主 たる 根 拠 地 の 移 転 3 漁 船 の 所 有 権 の 移 転 借 受 に 関 する 権 利 の 移 転 又 は 消 滅 4 組 合 員 の 死 亡 解 散 破 産 手 続 開 始 の 決 定 5 漁 業 を 行 うことができない 状 態 が 自 己 の 責 めに 帰 することができ ない 事 由 により 1 年 間 以 上 継 続 すると 認 められる 場 合 6 義 務 加 入 対 象 又 は 集 団 加 入 対 象 漁 船 となったことにより 従 前 の 保 険 契 約 を 解 除 したとき 7 普 通 損 害 保 険 の 保 険 の 目 的 たる 漁 船 を 満 期 保 険 に 付 するに 際 し 従 前 の 普 通 損 害 保 険 を 解 除 したとき 8 満 期 保 険 の 保 険 の 目 的 たる 漁 船 を 普 通 損 害 保 険 に 付 するに 際 し 従 前 の 満 期 保 険 を 解 除 したとき 9 代 船 加 入 の 被 代 船 解 除 10 普 通 保 険 の 保 険 の 目 的 たる 漁 船 が 特 殊 保 険 事 故 により 全 損 又 は 委 付 されたとき 11 特 殊 保 険 の 保 険 の 目 的 たる 漁 船 が 普 通 損 害 保 険 事 故 により 全 損 又 は 委 付 されたとき 12 普 通 保 険 は 承 継 したが 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 積 荷 保 険 を 承 継 しなかったとき 印 は 未 経 過 の 純 保 険 料 のみ 払 戻 される 場 合 は 未 経 過 の 純 保 険 料 及 び 付 加 保 険 料 が 払 戻 される 場 合 13

16 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について Ⅱ 満 期 保 険 1. 満 期 保 険 とは 満 期 保 険 は 保 険 期 間 中 の 普 通 損 害 保 険 事 故 に 対 して 損 害 保 険 金 をお 支 払 いするとともに 保 険 期 間 満 了 時 に 満 期 保 険 金 をお 支 払 いするものです したがって 満 期 保 険 の 保 険 料 は 損 害 保 険 金 に 充 てるための 損 害 保 険 料 と 満 期 保 険 金 に 充 てるための 積 立 保 険 料 に 分 けられます 2. 加 入 に 際 して (1) 船 齢 の 制 限 満 期 保 険 に 加 入 できる 漁 船 は 満 期 時 の 船 齢 が 木 船 は 進 水 後 15 年 鋼 船 (FRP 船 を 含 みます )は 進 水 後 25 年 を 経 過 しない 漁 船 に 限 られています(ただし 船 体 を 改 造 修 理 した 漁 船 の 満 期 時 の 船 齢 制 限 は 木 船 20 年 鋼 船 (FRP 船 を 含 みます )30 年 とします ) (2) 保 険 期 間 3 年 6 年 9 年 の 3 種 類 があります (3) 保 険 価 額 漁 船 の 評 価 額 を 保 険 価 額 とし 保 険 期 間 中 の 保 険 価 額 のてい 減 は 行 いません また 保 険 期 間 中 は 漁 船 の 改 造 機 関 の 換 装 設 備 の 変 更 等 により 漁 船 の 評 価 額 に 異 動 が 生 じても 保 険 価 額 は 変 更 できません (4) 保 険 金 額 普 通 損 害 保 険 と 同 様 に 保 険 価 額 を 限 度 として 保 険 に 掛 けようとする 金 額 を 任 意 に 決 めることができます なお 保 険 期 間 中 の 変 更 はできません (5) 保 険 料 率 1 積 立 保 険 料 率 満 期 保 険 の 積 立 保 険 料 率 (1 保 険 料 期 間 につき 保 険 金 額 100 円 に 対 する 保 険 料 )は 下 表 のようになります トン 数 区 分 保 険 期 間 3 年 6 年 9 年 無 動 力 漁 船 0 5 トン 未 満 動 力 漁 船 円 円 円 トン 未 満 動 力 漁 船 円 円 円 トン 未 満 動 力 漁 船 円 円 円 100 トン 以 上 動 力 漁 船 円 円 円 14

17 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 2 損 害 保 険 料 率 満 期 保 険 の 損 害 保 険 料 率 は 各 保 険 料 期 間 の 開 始 時 において 適 用 されている 普 通 損 害 保 険 の 保 険 料 率 が 適 用 されます さらに 満 期 保 険 は 保 険 期 間 中 の 保 険 価 額 保 険 金 額 の 変 更 ができないことから 適 用 される 保 険 料 率 に 下 表 の 調 整 率 を 乗 じることにより 同 一 保 険 金 額 の 普 通 損 害 保 険 の 保 険 料 と 同 程 度 になるよう 設 定 してい ます 損 害 保 険 料 調 整 率 ( 分 損 特 約 のあるもの) 保 険 期 間 トン 数 区 分 3 年 6 年 9 年 無 動 力 漁 船 0 5トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 未 満 動 力 漁 船 トン 以 上 動 力 漁 船 (6) 積 立 保 険 料 の 払 戻 し 満 期 保 険 を 保 険 期 間 の 中 途 で 解 約 した 場 合 などには それまで 払 い 込 まれた 積 立 保 険 料 が 払 い 戻 されます この 場 合 の 払 戻 金 額 は 払 戻 しの 理 由 ごとにそれぞれ 次 のようになります 1 任 意 解 約 および 保 険 料 の 不 払 いによる 失 効 のとき 払 戻 金 = 積 立 保 険 料 の 合 計 額 下 表 の 率 ( 年 : 超 過 以 内 ) 経 過 期 間 ( 年 ) 払 戻 率 92% 95% 97% 100% 2 その 他 の 事 由 による 保 険 関 係 の 消 滅 のとき 払 戻 金 = 積 立 保 険 料 の 合 計 額 3 契 約 漁 船 が 全 損 したとき 払 戻 金 = 積 立 保 険 料 の 合 計 額 保 険 金 額 下 表 の 率 ( 年 : 超 過 以 内 ) 経 過 期 間 ( 年 ) 割 木 船 0% 10% 20% 28% 35% 42% 48% 53% 58% 合 鋼 船 0% 6% 12% 18% 23% 28% 32% 36% 40% 15

18 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について Ⅲ プレジャーボート 責 任 保 険 1. 加 入 対 象 漁 港 やマリーナ 等 に 保 管 係 留 されている 5 トン 未 満 のプレジャーボートを 対 象 としています ただし 漁 船 水 上 オートバイ ゴムボート ろ かい 船 等 は 加 入 できません 2. 加 入 申 込 みと 保 険 契 約 この 保 険 に 申 し 込 みをするプレジャーボートの 所 有 者 使 用 者 は 船 舶 検 査 証 書 及 び 船 舶 検 査 手 帳 の 写 し 等 を 所 定 の 加 入 申 込 書 に 添 えて 漁 船 保 険 組 合 に 提 出 し 漁 船 保 険 組 合 がこれを 承 諾 した 場 合 に 保 険 契 約 が 成 立 します 3. 保 険 料 の 支 払 い 保 険 契 約 が 成 立 した 申 込 人 は 申 し 込 んだ 保 険 期 間 の 開 始 の 日 の 前 日 までに 保 険 料 を 全 額 支 払 わなければ 申 し 込 んだ 保 険 契 約 はその 効 力 を 失 います 4. 保 険 加 入 者 証 等 保 険 料 の 支 払 いが 確 認 でき 保 険 契 約 が 有 効 となったとき 保 険 加 入 者 証 を 発 行 します なお 保 険 証 券 については 加 入 者 からの 請 求 により 発 行 します 5. 保 険 金 額 と 保 険 料 保 険 金 額 は 申 込 人 が 選 択 した 金 額 とし 1 年 間 の 保 険 料 は 保 険 金 額 毎 に 下 表 のとおりです 保 険 金 額 ( 単 位 : 円 ) 艇 種 等 モーターボート ヨット 50 馬 力 超 100 馬 力 超 50 馬 力 以 下 150 馬 力 超 8m 以 下 8m 超 100 馬 力 以 下 150 馬 力 以 下 1,000 万 円 09,800 15,400 20,000 24,600 10,200 14,700 3,000 万 円 12,300 17,200 21,800 26,400 10,700 15,700 5,000 万 円 12,800 18,000 22,900 27,700 11,100 16,300 1 億 円 13,200 18,500 23,600 28,700 11,400 16,800 2 億 円 13,600 19,300 24,700 30,000 11,800 17,500 3 億 円 13,900 19,800 25,400 30,900 12,000 17,900 4 億 円 14,100 20,200 25,900 31,600 12,100 18,200 5 億 円 14,300 20,500 26,400 32,200 12,300 18,600 6 億 円 14,600 20,900 26,800 32,800 12,500 18,900 7 億 円 14,800 21,200 27,300 33,400 12,700 19,200 8 億 円 15,000 21,600 27,800 34,000 12,900 19,500 9 億 円 15,200 21,900 28,300 34,500 13,100 19, 億 円 15,500 22,300 28,700 35,100 13,200 20,100 16

19 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について 保 険 期 間 保 険 期 間 は 1 年 とします ただし 団 体 契 約 等 により 保 険 期 間 の 調 整 が 必 要 な 時 は 特 例 として 1 年 に 満 た ない 短 期 の 保 険 期 間 や 保 険 期 間 の 延 長 を 認 める 場 合 があります 7. 告 知 義 務 この 保 険 に 申 し 込 みをするプレジャーボートの 所 有 者 使 用 者 は 保 険 申 込 み 時 又 は 申 込 後 保 険 料 を 払 い 込 む 時 までに 加 入 申 込 書 において 記 載 を 求 められた 事 項 について 必 ずお 知 らせいただく 必 要 があります 8. 通 知 義 務 (1) 事 前 の 通 知 義 務 保 険 期 間 中 途 で 船 体 を 改 造 したり 主 機 関 を 取 替 える 等 加 入 するプレジャーボートに 重 大 な 変 更 をしようと する 場 合 や 同 種 の 保 険 契 約 を 他 の 保 険 者 と 締 結 しようとするとき 等 は 事 前 に 必 ずお 知 らせいただく 必 要 があり ます この 場 合 で 保 険 料 の 増 額 が 必 要 となった 場 合 は その 事 由 が 発 生 した 日 からの 差 額 をお 支 払 いいただくことに なります なお この 支 払 いを 怠 った 場 合 塡 補 での 制 限 が 発 生 します (2) 事 後 の 通 知 義 務 保 険 期 間 中 途 で 加 入 するプレジャーボートを 譲 渡 した 場 合 抵 当 権 賃 借 権 等 を 設 定 したり 変 更 した 場 合 保 険 に 関 する 代 理 人 を 定 めたり 廃 した 場 合 保 険 契 約 者 や 被 保 険 者 の 名 称 や 住 所 を 変 更 した 場 合 船 名 を 変 更 した 場 合 係 留 保 管 施 設 に 改 造 や 変 更 があった 場 合 等 については その 事 由 が 発 生 後 遅 滞 なくお 知 らせいただくことになり ます 9. 通 常 管 理 義 務 加 入 者 は 保 険 に 係 るプレジャーボート 又 はその 運 航 について 通 常 行 うべき 管 理 やその 他 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 に 努 めなければなりません 10. 保 険 料 の 払 戻 し 加 入 するプレジャーボートが 解 てつされた 場 合 所 有 権 が 移 転 した 場 合 加 入 者 が 死 亡 した 場 合 等 に 限 っては 保 険 料 の 一 部 を 払 い 戻 します 11. 保 険 料 の 割 引 (1) 無 事 故 割 引 この 保 険 に 加 入 後 無 事 故 期 間 が 1 年 で 5% 2 年 で 10% 3 4 年 で 15% 5 年 以 上 で 20%の 割 引 が 適 用 さ れます (2) 団 体 契 約 割 引 この 保 険 では 保 険 期 間 を 同 一 とする 一 括 加 入 で 10 隻 以 上 20 隻 未 満 5% 20 隻 以 上 10%の 割 引 が 適 用 され ます 17

20 CHAPTER2 保 険 への 加 入 ( 契 約 )について Ⅳ 転 載 積 荷 保 険 運 搬 船 等 に 転 載 して 運 搬 中 の 漁 獲 物 等 に 生 じた 損 害 を 補 償 します 1. 加 入 対 象 漁 船 積 荷 保 険 の 加 入 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 です 2. 契 約 の 種 類 とお 支 払 いの 対 象 (1) 特 定 危 険 担 保 運 搬 船 等 の 沈 没 座 礁 火 災 衝 突 転 覆 爆 発 冷 凍 機 器 装 置 等 の 事 故 によって 生 じた 漁 獲 物 等 の 損 害 損 害 防 止 費 用 及 び 共 同 海 損 分 担 額 をお 支 払 いします (2)オールリスク( 遠 洋 まぐろ 漁 船 限 定 ) すべての 偶 然 な 事 故 ( 戦 争 同 盟 罷 業 等 を 除 きます )によって 生 じた 漁 獲 物 等 の 損 害 損 害 防 止 費 用 及 び 共 同 海 損 分 担 額 をお 支 払 いします いずれの 場 合 も 冷 凍 機 器 装 置 等 の 事 故 による 損 害 については 冷 蔵 倉 内 の 冷 却 管 の 破 損 故 障 又 は 冷 蔵 倉 内 の 冷 却 管 を 除 く 冷 凍 機 器 装 置 等 の 24 時 間 以 上 継 続 した 破 損 故 障 によって 生 じた 損 害 の 場 合 に 限 ってお 支 払 いします なお 冷 凍 機 器 装 置 等 とは 冷 凍 機 械 ポンプその 他 の 付 属 機 器 (これらを 作 動 させる 動 力 機 器 を 含 む ) パイプ 装 置 冷 却 管 をいいます 3. 特 約 (1) 戦 争 同 盟 罷 業 等 特 約 戦 争 変 乱 襲 撃 捕 獲 だ 捕 抑 留 又 は 同 盟 罷 業 その 他 の 争 議 行 為 暴 動 政 治 若 しくは 社 会 騒 擾 その 他 類 似 の 事 変 等 によって 生 じた 損 害 をお 支 払 いする 特 約 で 割 増 保 険 料 が 必 要 となります (2) 支 払 保 険 金 控 除 特 約 特 定 危 険 担 保 契 約 の 場 合 は 30 万 円 オールリスク 契 約 の 場 合 は 100 万 円 を 支 払 保 険 金 から 控 除 して お 支 払 いする 特 約 で 保 険 料 が 5% 割 引 かれます 4. 保 険 期 間 保 険 の 対 象 期 間 は 漁 獲 物 等 が 転 載 されてから 陸 揚 げされるまでです ただし 転 載 日 の 前 日 までに 保 険 料 が 払 込 まれていない 場 合 は 保 険 料 が 払 込 まれた 日 の 翌 日 から 保 険 の 対 象 期 間 となります 5. 保 険 金 額 保 険 金 額 は 申 込 時 に 漁 獲 物 等 の 単 価 を 協 定 ( 協 定 単 価 といいます )し これに 申 込 まれた 数 量 ( 協 定 数 量 といいます )を 乗 じた 金 額 です なお 漁 獲 物 等 の 種 類 に 応 じて 協 定 単 価 を 複 数 設 定 することもできます また 保 険 価 額 は 協 定 単 価 に 実 際 の 転 載 数 量 を 乗 じた 金 額 です 保 険 金 のお 支 払 いにあたっては 損 害 額 に 保 険 金 額 の 保 険 価 額 に 対 する 割 合 (この 割 合 を 付 保 率 といいます ) を 乗 じてのお 支 払 いになりますので ご 注 意 下 さい 6. 保 険 料 保 険 料 は 保 険 金 額 に 保 険 料 率 を 乗 じて 算 定 されます なお 保 険 料 率 は 契 約 の 種 類 特 約 の 有 無 運 搬 船 等 の 総 トン 数 船 齢 によって 設 定 されています 18

21 CHAPTER 3 保 険 金 の 支 払 について Ⅰ 普 通 損 害 保 険 普 通 損 害 保 険 ( 満 期 保 険 の 損 害 保 険 部 分 を 含 みます )は 次 のような 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いします 1. 全 損 (1) 確 定 全 損 ( 現 実 全 損 ) 確 定 全 損 とは 漁 船 が 次 のような 状 態 になった 場 合 を 確 定 全 損 といい 被 保 険 者 に 契 約 した 保 険 金 額 の 全 額 を 保 険 金 としてお 支 払 いします 1) 漁 船 が 壊 滅 する 等 の 大 損 害 を 受 けて 原 型 をとどめ 得 ない 状 態 になったとき 2) 漁 船 を 原 型 に 復 旧 することが 不 可 能 なまでに 船 体 の 要 素 的 部 分 に 損 害 を 受 けたとき 3) 漁 船 が 遭 難 した 場 合 において これを 救 助 することが 技 術 的 に 不 可 能 な 状 態 になったとき (2) 推 定 全 損 推 定 全 損 とは 漁 船 が 次 のような 状 態 になった 場 合 を 推 定 全 損 といい 被 保 険 者 は 契 約 した 保 険 金 額 の 全 部 に 相 当 する 保 険 金 を 請 求 することができます 1) 漁 船 が 沈 没 し 容 易 に 引 き 揚 げることができないとき 2) 漁 船 の 行 方 が 30 日 間 知 れなかったとき 3) 漁 船 が 修 繕 できなくなったとき 1) 救 助 費 の 額 若 しくは 修 繕 費 の 額 又 はこれらの 合 算 額 が 保 険 価 額 を 超 える 場 合 これを 経 済 全 損 といいます 19

22 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 2. 分 損 (1) 分 損 の 対 象 次 のような 損 害 が 分 損 として 保 険 金 支 払 の 対 象 となります 分 損 の 場 合 にお 支 払 いする 保 険 金 の 額 は 保 険 金 額 を 限 度 として 損 害 額 に 保 険 金 額 / 保 険 価 額 を 乗 じて 得 た 金 額 となります 1 船 体 機 関 総 合 加 工 設 備 及 び 漁 ろう 設 備 ( 電 気 電 波 関 係 部 分 と 構 造 が 簡 単 で 時 期 的 に 脱 着 する 漁 ろう 設 備 については 2の 13 原 因 でお 支 払 いします )について 不 慮 の 事 故 によって 生 じた 損 害 2 漁 獲 物 の 保 蔵 設 備 電 気 設 備 電 波 設 備 救 命 設 備 ( 救 命 艇 端 艇 救 命 いかだ 救 命 浮 器 及 び 救 命 浮 環 で 船 体 の 固 定 位 置 に 備 え 付 けられていたものに 限 り 対 象 となります ) いかり び ょう 鎖 航 海 用 具 ( 羅 針 儀 船 灯 及 び 汽 笛 で 船 体 の 固 定 位 置 に 備 え 付 けられていたものに 限 り 対 象 となります ) 一 部 の 機 関 備 品 並 びに 時 期 的 に 脱 着 する 漁 ろう 設 備 について 13 原 因 ( 沈 没 座 礁 衝 突 火 災 銃 砲 弾 の 命 中 爆 発 高 圧 ガスの 噴 出 盗 難 異 常 な 浸 水 異 常 な 風 浪 だ 捕 抑 留 ( 銃 砲 弾 の 命 中 だ 捕 抑 留 については 特 殊 保 険 の 場 合 に 限 り 対 象 となります ただし 特 殊 保 険 事 故 となる 原 因 のうち 銃 砲 弾 の 命 中 については 基 本 的 に 特 殊 保 険 事 故 となりますが 演 習 中 の 流 れ 弾 に 当 たってしまった 場 合 など 例 外 的 に 普 通 保 険 でお 支 払 いするケースもありま す ) 並 びに 落 雷 )によって 生 じた 損 害 (2) 分 損 でお 支 払 いする 費 用 分 損 でお 支 払 いする 費 用 は 次 のような 費 用 であり 損 傷 箇 所 を 事 故 発 生 直 前 の 状 態 に 復 旧 させるために 必 要 で あった 最 低 限 の 費 用 をお 支 払 いします ただし 分 損 の 額 が 10,000 円 に 満 たないとき 又 は 塡 補 すべき 額 が 3,000 円 に 満 たないときはお 支 払 いし ません( 小 損 害 免 責 ) 塡 補 すべき 額 とは 漁 船 保 険 組 合 が 保 険 金 の 支 払 対 象 として 承 認 した 修 繕 費 又 は 救 助 費 の 額 に 付 保 率 ( 保 険 金 額 / 保 険 価 額 )を 乗 じて 得 た 額 のことで 相 対 免 責 等 による 減 額 分 を 考 慮 する 前 の 金 額 をいいます 1 修 繕 費 損 傷 箇 所 を 事 故 発 生 直 前 の 状 態 に 復 旧 させる 費 用 ( 安 全 停 泊 港 に 救 助 され て 入 港 した 後 に 発 生 した 最 寄 りの 修 繕 可 能 地 までの 現 実 に 要 した 回 航 費 用 又 は 曳 航 費 用 を 含 みます ) 2 付 帯 工 事 費 損 傷 箇 所 を 修 繕 するために 必 要 な 取 り 外 し 及 びその 部 分 の 復 旧 に 要 した 費 用 3 その 他 の 必 要 費 用 次 のような 修 繕 のために 必 要 とされた 費 用 1) 塗 装 費 用 2) 磁 気 羅 針 儀 の 自 差 修 正 費 用 3) 修 繕 のための 上 架 ( 滞 架 ) 又 は 入 きょ( 滞 きょ) 費 用 4) 損 害 調 査 のため 合 理 的 に 支 出 された 潜 水 夫 使 用 料 一 般 ( 船 主 ) 工 事 の 費 用 ( 漁 船 を 運 航 するために 必 要 とされる 整 備 など 工 事 に 係 る 費 用 )はお 支 払 いしません 20

23 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について (3) 未 修 繕 分 損 損 傷 した 漁 船 が 未 修 繕 のまま 又 は 本 修 繕 を 完 了 しない 状 態 で 譲 渡 され 若 しくは 解 てつされた 場 合 は 損 傷 直 後 の 修 繕 費 相 当 の 見 積 額 又 は 損 傷 直 後 の 減 価 額 ( 保 険 価 額 損 傷 直 後 の 評 価 額 )のいずれか 少 ない 額 を 保 険 金 とし てお 支 払 いすることができます これを 未 修 繕 分 損 といいます (4) 分 損 のお 支 払 いの 対 象 とならない 主 なもの お 支 払 いできない 損 害 例 摩 滅 腐 食 さび 劣 化 その 他 の 自 然 損 耗 による 損 害 自 然 損 耗 の 存 在 する 部 分 の 損 害 バルブ 類 リング 類 ボルト ナット スプリング 類 燃 料 ポンプ メタル ベアリング 摩 擦 板 ユニバーサルジョイントのピン 及 びコマ ダンパー 計 器 類 冷 却 水 ポンプ ドッククラッ チ 保 護 亜 鉛 可 変 ピッチプロペラ 用 変 節 コマ プロペラ 軸 受 プロペラブッシュ シム サイ レンサ( 消 音 器 ) オイルクーラのコア チューブ ダイヤフラム オイルフィルタ 排 気 ベンド 清 水 クーラのコア チューブ 燃 料 フィルタ 等 の 自 然 損 耗 V ベルト 電 球 チェーン ヒューズ バネ ブラシ バッテリーターミナル タイヤ(ゴム 製 ローラー) ゴムホース 等 の 消 耗 性 の 高 いものの 損 害 暴 露 部 に 設 置 された 防 水 仕 様 でない 機 器 の 損 害 船 体 の 固 定 位 置 から 取 り 外 された 機 器 類 設 備 及 び 装 備 品 の 損 害 消 防 設 備 帆 索 の 損 害 海 びょう 双 眼 鏡 寝 具 カーテン ビニールタンク 等 の 属 具 や 備 品 で 船 体 の 固 定 位 置 に 備 え 付 けられていないものの 損 害 移 動 物 私 物 漁 具 の 損 害 燃 料 潤 滑 油 クーラント 油 圧 機 器 の 作 動 油 冷 凍 装 置 の 冷 媒 及 びグリス 等 の 機 器 を 機 能 させ るための 資 材 の 損 害 外 板 腐 食 や プロペラの 腐 食 等 のような 自 然 損 耗 の 存 在 する 部 分 の 損 害 はお 支 払 いできません しかし 自 然 損 耗 ( 一 次 損 害 )によって 発 生 した 損 害 ( 二 次 原 因 )はお 支 払 いすることが 出 来 ます 3. 特 定 分 損 100 トン 以 上 の 漁 船 に 限 って 分 損 による 保 険 金 支 払 の 対 象 となる 損 傷 の 原 因 を 沈 没 座 礁 衝 突 ( 氷 との 衝 突 を 除 きます ) 火 災 の 4 原 因 に 限 定 した 保 険 契 約 をすることができます この 場 合 の 保 険 料 は 通 常 の 分 損 契 約 よりも 割 安 となります 4. 定 額 控 除 分 損 100 トン 以 上 の 漁 船 に 限 って 分 損 の 額 から 100 万 円 を 控 除 する 保 険 契 約 をすることができます この 場 合 の 保 険 料 は 通 常 の 分 損 又 は 特 定 分 損 契 約 よりも 割 安 となります 21

24 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 5. 救 助 費 漁 船 に 保 険 事 故 ( 保 険 金 の 支 払 対 象 となる 事 故 )が 発 生 した 場 合 又 は 保 険 事 故 の 発 生 の 原 因 と 通 常 考 えられる 事 故 ( 例 えば 漁 船 自 体 には 損 傷 が 生 じていないが 推 進 器 にロープ 等 が 絡 み 付 いて 航 行 不 能 となった 場 合 など) が 発 生 した 場 合 において 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 のために 必 要 又 は 有 益 であった 費 用 で 被 保 険 者 が 要 した 費 用 のう ち 次 のような 費 用 が 救 助 費 として 保 険 金 支 払 の 対 象 となります 救 助 費 としてお 支 払 いする 保 険 金 の 額 は 保 険 金 額 を 限 度 として 損 害 額 に 保 険 金 額 / 保 険 価 額 を 乗 じて 得 た 金 額 となります ただし 塡 補 すべき 額 が 3,000 円 に 満 たないときはお 支 払 いしません (1) 事 故 漁 船 を 自 ら 又 は 他 の 船 舶 によって 最 寄 りの 安 全 停 泊 港 まで 回 航 曳 航 し 又 は 護 衛 するのに 要 した 費 用 (2) 救 助 者 に 対 する 報 酬 (3)その 他 次 のような 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 のため 必 要 又 は 有 益 であった 費 用 若 しくは 損 害 (3)1 救 助 のために 要 した 資 材 の 損 害 額 応 急 の 措 置 のために 要 した 費 用 (3)2 第 三 者 の 不 法 行 為 によって 受 けた 損 害 について 損 害 賠 償 請 求 に 係 る 争 いを 訴 訟 等 に 付 し た 場 合 の 訴 訟 費 用 仲 裁 費 用 示 談 費 用 又 は 海 難 審 判 費 用 等 6. 特 別 救 助 費 漁 船 が 座 礁 (かくざ 座 州 及 び 乗 揚 げを 含 みます ) 若 しくは 衝 突 した 場 合 に その 漁 船 の 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 のために 漁 獲 物 (その 製 品 を 含 みます ) 燃 料 漁 具 ( 魚 箱 を 含 みます ) 餌 料 氷 清 水 若 しくは 食 料 を 放 棄 した 場 合 特 約 によりその 損 害 について 次 式 によって 算 定 される 額 の 保 険 金 をお 支 払 いします 支 払 保 険 金 額 = 放 棄 による 損 害 額 { 保 険 価 額 /( 保 険 価 額 + 放 棄 時 の 積 荷 の 価 額 )} 付 保 率 ただし 塡 補 すべき 額 が 3,000 円 に 満 たないときはお 支 払 いしません なお 特 別 救 助 費 の 特 約 ができる 漁 船 は 20 トン 以 上 の 動 力 漁 船 で 次 の 漁 業 種 類 の 漁 船 に 限 られます かつお まぐろ 底 びき 網 まき 網 さけ ます さんま 棒 受 網 さば 釣 り たらはえなわ いか 釣 り かじき 等 流 し 網 漁 業 取 締 等 漁 獲 物 運 搬 7. 第 三 者 の 不 法 行 為 または 製 造 者 および 修 繕 者 の 過 失 がある 場 合 の 対 応 衝 突 放 火 盗 難 等 の 第 三 者 の 不 法 行 為 または 製 造 者 および 修 繕 者 の 過 失 によって 生 じた 損 害 については 船 主 が 第 三 者 又 は 製 造 者 および 修 繕 者 に 対 して 損 害 賠 償 請 求 をすることが 必 要 な 場 合 がありますので すぐに 漁 船 保 険 組 合 にご 連 絡 ください 22

25 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について Ⅱ 漁 船 船 主 責 任 保 険 1. お 支 払 いする 損 害 又 は 費 用 次 に 掲 げるものについて 保 険 金 額 を 限 度 としてお 支 払 いします なお 賠 償 責 任 については 船 主 責 任 制 限 法 に 基 づき 被 保 険 者 が 責 任 制 限 できる 場 合 には 被 保 険 者 が 責 任 制 限 手 続 きをとらない 場 合 であっても その 制 限 額 を 賠 償 額 とみなして 保 険 金 をお 支 払 いします 基 本 損 害 (1) 船 舶 との 衝 突 に 係 る 責 任 a. 相 手 船 及 びその 積 荷 の 損 害 b. 相 手 船 を 使 用 できないことによる 損 害 c. 相 手 船 又 はその 積 荷 の 撤 去 費 用 (2) 財 物 に 関 する 責 任 及 び 費 用 a. 港 湾 施 設 等 に 加 えた 損 害 岸 壁 ブイ ケーブル 等 の 港 湾 設 備 やその 他 の 財 物 に 加 えた 損 害 b. 養 殖 施 設 等 に 加 えた 損 害 定 置 網 増 養 殖 畜 養 施 設 その 他 の 漁 業 用 施 設 に 加 え た 損 害 c. 海 産 物 等 に 加 えた 損 害 油 等 を 流 出 させたり その 他 の 事 由 により 増 養 殖 畜 養 施 設 内 の 海 産 物 等 に 加 えた 損 害 d. 陸 上 の 動 産 に 加 えた 損 害 岸 壁 等 の 上 にある 動 産 (クレーン 自 動 車 等 )に 加 え た 損 害 e. 他 の 漁 船 の 操 業 中 の 漁 具 に 加 えた 損 害 他 の 漁 船 の 船 体 ( 漁 労 設 備 を 含 む )に 固 定 固 縛 さ れた 状 態 にある 漁 具 に 対 して 加 入 漁 船 が 直 接 接 触 によ り 加 えた 損 害 又 は 外 国 の 200 海 里 水 域 内 において 外 国 漁 船 の 操 業 中 の 漁 具 に 加 えた 損 害 ( 特 約 ) f. 衝 突 以 外 の 原 因 による 他 船 等 の 損 害 衝 突 以 外 の 原 因 によって 他 の 船 舶 やその 積 荷 等 に 加 え た 損 害 g. 船 骸 撤 去 費 用 加 入 漁 船 が 沈 没 又 は 座 礁 等 により 全 損 となった 場 合 に おいて 官 公 署 からの 命 令 等 に 基 づく 撤 去 費 用 h. 積 荷 撤 去 費 用 沈 没 又 は 座 礁 等 により 全 損 となった 加 入 漁 船 内 にある 燃 料 その 他 の 積 荷 の 撤 去 費 用 i. 水 面 清 掃 費 用 油 等 を 流 出 させ 水 面 を 汚 濁 したために 要 する 清 掃 費 用 j. 他 船 乗 船 者 の 所 持 品 損 害 衝 突 等 の 原 因 により 相 手 船 の 乗 船 者 の 所 持 品 に 加 えた 損 害 k. 加 入 漁 船 の 業 務 従 事 者 の 所 持 品 損 害 乗 組 員 以 外 の 者 であって 船 主 等 が 加 入 漁 船 の 運 航 に あたり 必 要 と 認 める 業 務 を 依 頼 した 造 船 所 や 検 疫 等 の 公 務 に 係 る 関 係 者 の 所 持 品 に 加 えた 損 害 l. 衝 突 により 他 船 等 に 生 じた 水 面 清 掃 費 用 他 船 と 衝 突 し その 他 船 から 流 出 した 油 等 を 清 掃 する 費 用 を 被 保 険 者 が 賠 償 したことによる 損 害 m. 他 船 等 の 船 骸 積 荷 の 撤 去 及 び 水 面 清 掃 費 用 ( 衝 突 以 外 ) 衝 突 以 外 の 原 因 により 他 船 等 に 与 えた 船 骸 積 荷 の 撤 去 費 用 及 び 水 面 清 掃 費 用 n. 外 国 200 海 里 水 域 内 の 水 質 汚 濁 による 賠 償 損 害 外 国 の 200 海 里 水 域 内 において 油 その 他 の 水 質 汚 濁 物 質 により 生 じた 賠 償 責 任 ( 特 約 ) 23

26 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について (3) 人 に 関 する 責 任 及 び 費 用 a. 弔 祭 費 用 乗 組 員 が 加 入 漁 船 上 で 業 務 上 死 亡 した 場 合 の 葬 儀 に 要 した 費 用 b. 遺 骸 遺 骨 遺 品 引 渡 費 用 乗 組 員 が 加 入 漁 船 上 で 業 務 上 死 亡 した 場 合 その 遺 骸 遺 骨 遺 品 を 遺 族 に 引 渡 すために 要 した 費 用 c. 加 入 漁 船 の 乗 組 員 等 の 人 命 救 助 遺 体 捜 索 費 用 乗 組 員 等 の 人 命 救 助 遺 体 捜 索 に 要 した 加 入 漁 船 の 燃 料 費 等 の 費 用 又 は 船 舶 以 外 の 航 空 機 等 による 救 助 遺 体 捜 索 に 要 した 費 用 d. 加 入 漁 船 の 乗 組 員 等 の 傷 病 による 離 路 費 用 乗 組 員 等 が 加 入 漁 船 上 で 業 務 上 傷 病 等 になり 治 療 のため 緊 急 に 離 路 した 場 合 の 加 入 漁 船 の 燃 料 費 e. 他 船 による 人 命 救 助 遺 体 捜 索 費 用 他 船 による 乗 組 員 等 の 人 命 救 助 遺 体 捜 索 に 伴 い 他 船 に 支 払 った 費 用 f. 外 国 人 難 民 の 人 命 救 助 費 用 海 上 で 生 命 の 危 難 にある 外 国 人 難 民 を 救 助 した 場 合 に 要 した 費 用 g. 加 入 漁 船 の 業 務 従 事 者 の 対 人 賠 償 損 害 乗 組 員 以 外 の 者 であって 船 主 等 が 加 入 漁 船 の 運 航 に あたり 必 要 と 認 める 業 務 を 依 頼 した 造 船 所 や 検 疫 等 の 公 務 に 係 る 関 係 者 が 負 傷 したり 死 亡 した 場 合 の 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 h. 加 入 漁 船 外 の 者 の 対 人 賠 償 損 害 衝 突 等 により 加 入 漁 船 の 船 外 にいる 者 ( 加 入 漁 船 の 乗 組 員 業 務 従 事 者 及 び 利 用 者 を 除 く )が 負 傷 した り 死 亡 した 場 合 の 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 i. 防 疫 の 費 用 感 染 症 が 発 生 した 場 合 に 要 する 検 疫 及 び 消 毒 のための 費 用 j. 船 員 送 還 費 用 漁 船 が 全 損 等 になった 場 合 船 員 法 の 規 定 により 乗 組 員 の 雇 入 契 約 が 終 了 したことによる 乗 組 員 の 送 還 費 用 ( 特 約 ) k. 他 船 乗 組 員 の 送 還 費 用 衝 突 等 により 他 船 が 全 く 運 航 に 堪 えなくなったとき 他 船 の 乗 組 員 等 を 雇 入 港 まで 送 還 する 費 用 を 被 保 険 者 が 賠 償 したことによる 損 害 (4)その 他 a. 加 入 漁 船 の 乗 組 員 の 所 持 品 損 害 加 入 漁 船 の 沈 没 等 によって 乗 組 員 の 所 持 品 に 損 害 が 生 じた 場 合 の 乗 組 員 に 対 する 所 持 品 喪 失 手 当 b. 荷 役 請 負 契 約 に 基 づく 荷 役 従 事 者 の 対 人 賠 償 損 害 荷 役 従 事 者 が 負 傷 したり 死 亡 した 場 合 の 荷 役 請 負 契 約 に 基 づく 責 任 c. 曳 航 契 約 に 基 づく 責 任 ( 被 曳 航 ) 加 入 漁 船 が 曳 航 されるときの 契 約 上 の 責 任 d. クレーン 等 の 使 用 契 約 に 基 づく 責 任 クレーン 等 の 使 用 契 約 に 基 づく 責 任 e. 水 質 汚 濁 過 怠 金 油 等 を 流 出 させたときに 科 せられた 過 怠 金 (ただし 国 内 は 除 く ) f. 責 任 防 衛 のための 費 用 損 害 を 防 止 し 又 は 軽 減 した 場 合 の 必 要 又 は 有 益 な 費 用 ( 訴 訟 又 は 応 訴 費 用 を 含 む ) 24 については 特 約 を 付 していなければ 支 払 われません また 損 害 / 費 用 の 内 容 によっては 塡 補 限 度 額 が 設 定 されておりますのでご 注 意 ください (P27 塡 補 限 度 額 一 覧 表 参 照 )

27 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 乗 客 損 害 a. 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 所 持 品 損 害 海 難 により 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 所 持 品 に 加 えた 損 害 b. 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 人 命 救 助 遺 体 捜 索 費 用 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 人 命 救 助 又 は 遺 体 捜 索 に 要 した 加 入 漁 船 の 燃 料 費 等 の 費 用 c. 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 対 人 賠 償 損 害 加 入 漁 船 の 利 用 者 が 負 傷 したり 死 亡 した 場 合 の 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 d. 他 船 等 による 人 命 救 助 遺 体 捜 索 費 用 他 船 等 による 加 入 漁 船 の 利 用 者 の 人 命 救 助 又 は 遺 体 捜 索 に 伴 い 他 船 等 に 支 払 った 費 用 e. 責 任 防 衛 のための 費 用 損 害 を 防 止 し 又 は 軽 減 した 場 合 の 必 要 又 は 有 益 な 費 用 ( 訴 訟 又 は 応 訴 費 用 を 含 む ) 損 害 / 費 用 の 内 容 によっては 塡 補 限 度 額 が 設 定 されておりますのでご 注 意 ください (P27 塡 補 限 度 額 一 覧 表 参 照 ) 人 命 損 害 (1) 死 亡 又 は 行 方 不 明 の 場 合 (1) 乗 組 員 が 加 入 漁 船 上 における 不 慮 の 事 故 により 身 体 に 被 害 を 受 け 200 日 以 内 にその 被 害 を 直 接 の 原 因 として 死 亡 又 は 行 方 不 明 となった 場 合 には 死 亡 保 険 金 として 1 人 当 たりの 保 険 金 額 の 全 額 をお 支 払 いします (2) 後 遺 障 害 の 場 合 (1) 乗 組 員 が 加 入 漁 船 上 における 不 慮 の 事 故 により 身 体 に 傷 害 を 受 け 200 日 以 内 にその 傷 害 を その 直 接 の 原 因 として 後 遺 障 害 の 状 態 となった 場 合 には 1 人 当 たりの 保 険 金 額 にその 障 害 にお ける 給 付 率 を 乗 じて 得 た 金 額 をお 支 払 いします 2. 船 主 責 任 制 限 法 の 概 要 (1) 正 式 な 名 称 を 船 舶 の 所 有 者 等 の 責 任 の 制 限 に 関 する 法 律 ( 昭 和 50 年 法 律 第 94 号 ) といい この 法 律 に 基 づいて 船 舶 の 所 有 者 等 は その 賠 償 責 任 を 一 定 額 に 制 限 することができます ただし 船 舶 の 所 有 者 等 の 故 意 等 から 生 じた 損 害 の 場 合 には その 責 任 は 制 限 できません また 第 三 者 の 有 する 債 権 の 種 類 によって 責 任 制 限 の 対 象 とならないものがあります( 船 骸 撤 去 費 用 等 ) (2) 責 任 限 度 額 はおよそ 下 表 のとおりです 損 害 の 種 類 国 際 総 トン 数 責 任 限 度 額 対 物 損 害 の み 対 物 対 人 損 害 2,000 トン 以 下 (1SDR 100 万 倍 )の 算 式 により 得 た 金 額 1 億 7,600 万 円 2,000 トン 以 下 (1SDR 300 万 倍 )の 算 式 により 得 た 金 額 5 億 2,800 万 円 SDRとは 国 際 通 貨 基 金 (IMF)の 特 別 引 出 権 (Special Drawing Rights)のことで 世 界 の 主 要 通 貨 レー トから 一 定 の 計 算 式 で 算 出 されるため 対 円 レートは 毎 日 変 動 しますが ここでは 過 去 4 年 間 の 最 高 値 (1SDR = 176 円 )を 採 用 しています 25

28 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 3. 船 舶 油 濁 損 害 賠 償 保 障 法 の 概 要 国 際 総 トン 数 100 トン 以 上 の 国 際 航 海 に 従 事 する 船 舶 に 対 して 船 主 責 任 保 険 (PI 保 険 )への 加 入 が 義 務 付 けられています (1) 義 務 付 けられている 保 険 契 約 の 保 障 内 容 1 対 象 損 害 : 燃 料 油 による 油 濁 損 害 船 骸 撤 去 費 用 ( 左 記 のいずれも 塡 補 するもの) 2 最 低 保 険 金 額 ( 以 下 を 合 計 した 金 額 以 上 )400 万 SDR( 約 7 億 400 万 円 ) 物 損 のみの 場 合 の 船 主 責 任 制 限 額 100 万 SDR 人 損 を 含 む 場 合 の 船 主 責 任 制 限 額 300 万 SDR この 最 低 保 険 金 額 は P25 の 船 主 責 任 制 限 法 の 概 要 における 責 任 限 度 額 によります (2) 証 明 書 等 の 備 え 置 き 漁 船 保 険 加 入 船 舶 の 場 合 は 漁 船 保 険 組 合 が 国 土 交 通 大 臣 の 指 定 する 保 険 者 であるため 漁 船 PI 保 険 加 入 漁 船 は 証 明 書 に 代 わるものとして 以 下 のうち 何 れかを 備 え 置 くことで 足 ります 1 PI 保 険 証 券 の 副 本 1 PI 英 文 加 入 証 明 書 (Certificate of Entry) 1 引 受 通 知 書 の 副 本 (3) 入 港 情 報 の 義 務 付 け 対 象 船 舶 が 日 本 の 港 に 入 港 又 は 特 定 海 域 に 入 域 する 際 は その 港 を 管 轄 する 地 方 運 輸 局 等 にあらかじめ 通 報 することが 必 要 です 特 定 海 域 東 京 湾 伊 勢 湾 瀬 戸 内 海 Ⅲ 漁 船 乗 組 船 主 保 険 (1) 死 亡 又 は 行 方 不 明 の 場 合 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 であって 乗 組 員 である 者 が 加 入 漁 船 上 における 不 慮 の 事 故 により 身 体 に 被 害 を 受 け 200 日 以 内 にその 被 害 を 直 接 の 原 因 として 死 亡 又 は 行 方 不 明 となった 場 合 には 死 亡 保 険 金 として 1 人 当 たりの 保 険 金 額 の 全 額 をお 支 払 いします (2) 後 遺 障 害 の 場 合 漁 船 の 所 有 者 又 は 使 用 者 であって 乗 組 員 である 者 が 加 入 漁 船 上 における 不 慮 の 事 故 により 身 体 に 傷 害 を 受 け 200 日 以 内 にその 傷 害 をその 直 接 の 原 因 として 後 遺 障 害 の 状 態 となった 場 合 には 1 人 当 たりの 保 険 金 額 にその 障 害 における 給 付 率 を 乗 じて 得 た 金 額 をお 支 払 いします 26

29 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 参 考 塡 補 限 度 額 一 覧 表 基 本 損 害 及 び 乗 客 損 害 のうち 次 の 損 害 については 下 表 の 額 を 限 度 として 保 険 金 が 支 払 われますのでご 注 意 ください 損 害 の 種 類 塡 補 限 度 額 他 船 の 操 業 中 の 漁 具 に 加 えた 損 害 特 約 (1 事 故 につき) 10,000,000 円 他 の 漁 船 の 船 体 ( 漁 労 設 備 を 含 みます )に 固 定 固 縛 された 状 態 にある 漁 具 に 対 して 加 入 漁 船 が 直 接 接 触 により 加 えた 損 害 又 はこの 損 害 について 保 険 によって 支 払 われることが 外 国 政 府 による 入 漁 許 可 の 条 件 とされている 場 合 に 限 る 他 船 乗 組 員 等 の 所 持 品 損 害 ( 乗 組 員 等 1 人 につき) 300,000 円 1 乗 組 員 の 人 命 救 助 ( 緊 急 離 路 費 用 を 除 きます ) 救 助 又 は 捜 索 を 開 始 した 時 から 起 算 して 7 日 分 の 燃 料 費 食 料 費 及 び 乗 組 員 給 料 を 限 度 とする 乗 組 員 の 人 命 救 助 費 外 国 人 難 民 救 助 費 (1 事 故 につき) 2 緊 急 離 路 費 用 離 路 を 開 始 した 時 から 起 算 し ト ン 数 区 分 限 度 額 て 7 日 間 に 要 した 燃 料 費 の 額 無 動 力 漁 船 及 び 100トン 未 満 の 動 力 漁 船 1,200,000 円 と 右 表 の 額 のいずれか 低 い 額 100トン 以 上 の 動 力 漁 船 3,000,000 円 3 他 船 による 人 命 救 助 費 外 国 人 難 民 救 助 費 加 入 漁 船 のトン 数 による 限 度 ト ン 数 区 分 限 度 額 額 は 右 表 のとおり 無 動 力 漁 船 及 び 100トン 未 満 の 動 力 漁 船 5,000,000 円 100トン 以 上 の 動 力 漁 船 8,000,000 円 4 船 舶 以 外 のものによる 人 命 救 助 費 加 入 漁 船 のトン 数 による 限 度 額 は 右 表 のとおり ト ン 数 区 分 限 度 額 無 動 力 漁 船 及 び 100トン 未 満 の 動 力 漁 船 4,000,000 円 100トン 以 上 の 動 力 漁 船 7,000,000 円 弔 祭 費 用 ( 乗 組 員 1 人 につき) 船 員 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 の 2 ヵ 月 分 又 は 600,000 円 のいずれか 高 い 額 船 員 保 険 の 適 用 のない 者 は 600,000 円 遺 骸 遺 骨 遺 品 引 渡 し 費 用 ( 乗 組 員 1 人 につき) 船 員 保 険 の 標 準 報 酬 月 額 の 2 ヵ 月 分 又 は 600,000 円 のいずれか 高 い 額 船 員 保 険 の 適 用 のない 者 は 600,000 円 自 船 乗 組 員 及 び 利 用 者 等 の 所 持 品 損 害 ( 乗 組 員 等 1 人 につき) 300,000 円 27

30 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について Ⅳ 漁 船 積 荷 保 険 漁 船 積 荷 ( 漁 獲 物 その 製 品 及 び 仕 込 品 ( 燃 料 餌 料 及 び 飲 食 料 ))を 積 載 する 漁 船 の 事 故 に 起 因 して 漁 船 積 荷 に 生 じた 次 の 損 害 が 塡 補 の 対 象 となります 1. 全 損 (1) 漁 船 積 荷 の 全 部 が 壊 滅 したとき (2) 漁 船 積 荷 の 全 部 が 腐 敗 などにより 本 来 の 性 質 を 失 ったとき (3) 漁 船 積 荷 の 全 部 が 漁 船 の 沈 没 等 により 海 中 に 没 し 救 助 の 見 込 みがないときなど 漁 船 の 冷 凍 設 備 又 は 冷 蔵 設 備 の 事 故 により 生 じた 損 害 を 除 きます なお 餌 料 のうち 活 餌 の 損 害 について は 漁 船 の 全 損 又 は 活 餌 長 期 蓄 養 設 備 の 事 故 により 全 損 となった 場 合 に 限 りお 支 払 いします 2. 分 損 ( 特 約 ) (1) 漁 船 積 荷 の 一 部 が 流 失 沈 没 焼 失 等 したとき (2) 漁 船 積 荷 の 品 質 が 低 下 したとき 漁 船 の 冷 凍 設 備 又 は 冷 蔵 設 備 の 事 故 により 生 じた 損 害 を 除 きます なお 餌 料 のうち 活 餌 の 損 害 について は 活 餌 長 期 蓄 養 設 備 の 事 故 により 生 じた 損 害 に 限 りお 支 払 いします 3. 冷 凍 機 等 故 障 による 損 害 ( 特 約 ) 漁 船 の 冷 凍 設 備 又 は 冷 蔵 設 備 の 事 故 によって 漁 獲 物 その 製 品 又 は 餌 料 ( 活 餌 を 除 く )に 損 害 が 生 じた 場 合 に 保 険 金 をお 支 払 いします ただし 冷 蔵 魚 倉 内 又 は 凍 結 室 内 の 冷 却 管 以 外 の 故 障 によって 損 害 が 生 じたとき は その 故 障 が 24 時 間 以 上 継 続 した 場 合 に 限 って 保 険 金 をお 支 払 いします 4. 救 助 費 (1) 漁 船 積 荷 を 安 全 に 保 管 できる 最 寄 りの 場 所 まで 運 搬 するのに 必 要 な 費 用 (2) 救 助 者 に 対 する 報 酬 (3)その 他 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 のために 必 要 又 は 有 益 であった 費 用 若 しくは 損 害 5. 漁 船 積 荷 放 棄 損 害 漁 船 積 荷 を 積 載 した 漁 船 が 座 礁 又 は 衝 突 した 場 合 に 漁 船 と 積 荷 の 共 同 の 危 険 を 免 れるために 漁 船 積 荷 を 放 棄 したときは その 放 棄 による 損 害 について 保 険 金 をお 支 払 いします 6. 特 別 費 用 漁 船 積 荷 には 事 故 が 発 生 していないが 漁 船 積 荷 を 積 載 した 漁 船 に 事 故 が 発 生 したために 漁 船 積 荷 を 陸 揚 げし 保 管 再 積 込 若 しくは 漁 船 保 険 組 合 が 適 当 と 認 めた 水 揚 地 まで 輸 送 するために 必 要 な 費 用 をお 支 払 いします 7. 活 餌 の 損 害 漁 船 の 全 損 により 活 餌 が 全 損 となった 場 合 及 び 活 餌 長 期 蓄 養 設 備 の 事 故 で 活 餌 が 全 損 となったときにお 支 払 い します 8. 廃 棄 物 処 分 費 用 28 漁 獲 物 その 製 品 及 び 餌 料 に 損 害 が 発 生 してその 価 値 が 無 くなり 廃 棄 処 分 せざるを 得 なくなった 場 合 で 漁 船 保 険 組 合 がそれを 適 当 と 認 めたときにはその 廃 棄 物 処 分 費 用 をお 支 払 いします 漁 船 の 事 故 や 冷 凍 機 等 故 障 ( 特 約 の 場 合 )が 発 生 した 後 に 積 載 された 積 荷 の 損 害 は 塡 補 されません なお 事 故 直 後 の 積 載 数 量 が 契 約 時 の 最 大 積 載 量 を 超 過 しているときは 契 約 時 の 最 大 積 載 数 量 の 事 故 時 の 積 載 数 量 に 対 する 割 合 で 減 額 塡 補 されます

31 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について Ⅴ プレジャーボート 責 任 保 険 1. お 支 払 いする 損 害 次 に 掲 げるもの( 対 物 対 人 の 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 と 人 命 船 体 の 捜 索 救 助 費 用 )について 1 事 故 あたり 保 険 金 額 を 限 度 としてお 支 払 いします なお 対 物 賠 償 責 任 のうち 他 船 乗 船 者 の 所 持 品 に 与 えた 損 害 は 1 事 故 1 人 あたり 20 万 円 人 命 船 体 の 捜 索 救 助 費 用 は 1 事 故 200 万 円 が 上 限 となります また 賠 償 責 任 については 船 主 責 任 制 限 法 に 基 づき 被 保 険 者 が 責 任 制 限 できる 場 合 には 被 保 険 者 が 責 任 制 限 手 続 きをとらない 場 合 であっても その 制 限 額 を 賠 償 額 とみなして 保 険 金 をお 支 払 いします (1) 船 舶 との 衝 突 に 係 る 責 任 1 相 手 船 及 びその 積 荷 の 損 害 2 相 手 船 を 使 用 できないことによる 損 害 3 相 手 船 又 はその 積 荷 の 引 揚 費 用 又 は 撤 去 費 用 (2) 財 物 に 関 する 責 任 及 び 費 用 1 港 湾 施 設 等 に 加 えた 損 害 2 養 殖 施 設 等 に 加 えた 損 害 3 海 産 物 等 に 加 えた 損 害 4 陸 上 の 動 産 に 加 えた 損 害 5 他 船 の 操 業 中 の 漁 具 に 加 えた 損 害 6 衝 突 以 外 の 原 因 による 他 船 等 の 損 害 7 他 船 乗 船 者 の 所 持 品 損 害 8 衝 突 により 他 船 等 に 生 じた 水 面 清 掃 費 用 9 他 船 等 の 船 骸 積 荷 の 撤 去 及 び 水 面 清 掃 費 用 ( 衝 突 以 外 ) (3) 人 に 関 する 責 任 及 び 費 用 1 加 入 PB の 他 船 による 捜 索 救 助 費 用 ( 船 舶 使 用 料 燃 料 費 ) 2 加 入 PB 乗 船 者 の 他 船 による 捜 索 救 助 費 用 ( 燃 料 費 食 料 費 乗 組 員 の 給 料 ) 3 加 入 PB 外 の 者 の 対 人 賠 償 損 害 4 他 船 乗 組 員 の 送 還 費 用 (4)その 他 責 任 防 衛 のための 費 用 2. お 支 払 いの 対 象 とならない 主 な 損 害 (1)1 万 円 未 満 の 損 害 (2) 自 船 の 乗 船 者 ( 出 港 時 に 乗 船 していた 方 などを 含 みます )に 対 する 賠 償 責 任 (3) 被 保 険 者 の 同 居 の 親 族 に 対 する 賠 償 責 任 (4) 漁 船 の 運 航 する 水 域 以 外 で 発 生 した 事 故 による 損 害 又 は 費 用 (5) 正 貨 貴 金 属 宝 石 債 券 その 他 の 流 通 証 券 及 びその 他 の 類 似 の 財 物 に 与 えた 賠 償 責 任 による 損 害 (6) 人 命 及 び 船 体 の 捜 索 救 助 費 用 のうち 燃 料 オイル 切 れ バッテリーの 不 調 燃 料 コックの 開 け 忘 れ 船 底 プラグの 閉 め 忘 れなど 軽 微 な 機 関 故 障 や 不 適 切 な 操 船 又 は 操 機 によるものなど 29

32 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について Ⅵ 転 載 積 荷 保 険 1. お 支 払 いする 損 害 漁 船 積 荷 保 険 に 係 る 漁 船 により 漁 獲 され 漁 船 以 外 の 船 舶 ( 運 搬 船 等 )で 漁 場 から 運 搬 中 の 漁 獲 物 及 びその 製 品 ( 漁 獲 物 等 )に 生 じた 次 のような 損 害 に 対 して 保 険 金 をお 支 払 いします ただし 契 約 の 種 類 及 び 特 約 の 有 無 によって お 支 払 いの 対 象 にならないものがあります (1) 漁 獲 物 等 の 全 損 1 漁 獲 物 等 が 滅 失 又 はこれに 類 する 大 損 害 を 受 けたとき 2 漁 獲 物 等 を 喪 失 して 回 収 の 見 込 みがないとき 3 漁 獲 物 等 を 陸 揚 港 へ 輸 送 する 方 法 がなくなったとき 4 損 害 防 止 費 用 及 び 特 別 費 用 の 合 計 額 が 陸 揚 港 での 漁 獲 物 等 の 見 込 売 却 価 額 を 超 えるとき 5 運 搬 船 等 の 行 方 が 30 日 間 不 明 であるとき (2) 漁 獲 物 等 の 分 損 漁 獲 物 等 の 一 部 滅 失 ( 量 損 ) 又 は 品 質 の 低 下 ( 質 損 ) (3) 損 害 防 止 費 用 漁 獲 物 等 に 負 担 危 険 が 発 生 した 場 合 において 安 全 に 保 管 できる 最 寄 りの 場 所 まで 運 搬 するのに 必 要 な 費 用 救 助 者 に 対 する 報 酬 その 他 損 害 の 防 止 又 は 軽 減 のために 必 要 又 は 有 益 であった 費 用 (4) 特 別 費 用 漁 獲 物 等 の 運 搬 船 等 に 事 故 が 生 じた 場 合 において 漁 獲 物 等 を 陸 揚 げし 保 管 し 又 は 陸 揚 港 まで 運 搬 する のに 必 要 であった 費 用 (5) 共 同 海 損 分 担 額 漁 獲 物 等 及 び 当 該 漁 獲 物 等 の 運 搬 船 等 を 共 同 の 海 上 危 険 から 救 うために 支 出 された 費 用 や 犠 牲 損 害 について 正 当 に 作 成 された 共 同 海 損 精 算 書 によって 割 り 当 てられた 額 2. 塡 補 額 の 算 定 漁 獲 物 等 の 損 害 に 対 する 塡 補 額 は 次 のとおり 算 定 します 量 損 = 協 定 単 価 損 害 数 量 質 損 がなかったら 存 したであろう 価 額 質 損 後 の 価 額 質 損 = 協 定 単 価 損 害 数 量 質 損 がなかったら 存 したであろう 価 額 3. お 支 払 いの 対 象 とならない 主 な 損 害 (1)10 万 円 未 満 の 損 害 ( 支 払 保 険 金 控 除 特 約 の 場 合 は 特 定 危 険 担 保 契 約 の 場 合 30 万 円 オールリスク 契 約 の 場 合 100 万 円 ) (2) 契 約 者 又 は 被 保 険 者 の 故 意 又 は 重 大 な 過 失 (3) 自 然 の 消 耗 又 は 性 質 若 しくは 欠 陥 によって 生 じたむれ かび 腐 敗 変 質 その 他 類 似 の 事 由 (4) 荷 造 りの 不 完 全 (5) 運 送 の 遅 延 (6) 法 令 条 約 違 反 等 による 処 分 又 は 検 疫 等 の 法 令 条 約 に 基 づく 処 分 30

33 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について Ⅶ その 他 1. 免 責 について (1) 法 定 免 責 次 の 場 合 は 法 定 免 責 といってその 損 害 の 全 部 が 塡 補 されません 1 組 合 員 被 保 険 者 の 故 意 又 は 重 大 な 過 失 2 船 長 その 他 漁 船 を 指 揮 する 者 の 故 意 3 保 険 金 受 取 人 の 故 意 ( 漁 船 乗 組 船 主 保 険 の 場 合 ) 4 漁 船 が 法 令 に 違 反 して 使 用 されたために 法 令 に 基 づいてなされた 処 分 (2) 相 対 免 責 次 の 場 合 は 相 対 免 責 といってその 損 害 の 全 部 又 は 一 部 が 塡 補 されないことがあります 1 法 令 に 違 反 して 運 航 し 又 は 操 業 した 場 合 に 事 故 が 生 じたとき 2 事 故 の 通 知 を 著 しく 遅 滞 したため 損 害 の 状 況 の 認 定 が 困 難 となったとき 3 保 険 金 の 支 払 請 求 につき 故 意 又 は 重 大 な 過 失 により 事 実 を 告 げなかったり 虚 偽 の 事 実 を 告 げたとき 4 漁 船 又 は 漁 船 積 荷 の 管 理 方 法 等 に 関 して 漁 船 保 険 組 合 の 調 査 を 拒 んだりその 指 示 に 従 わなかったとき 5 漁 船 若 しくはその 運 航 又 は 漁 船 積 荷 につき 通 常 行 うべき 管 理 その 他 損 害 の 防 止 及 び 軽 減 を 怠 ったとき 6 通 知 義 務 を 怠 り 又 は 漁 船 保 険 組 合 の 指 示 に 従 わなかったとき 7 保 険 料 を 分 割 払 いする 場 合 に 正 当 な 事 由 がないのに 2 回 目 以 降 の 支 払 いを 遅 滞 したとき (3) 小 損 害 の 免 責 次 のような 小 損 害 は 塡 補 されません 1 普 通 保 険 分 損 の 額 が 10,000 円 未 満 又 は 塡 補 すべき 分 損 の 額 が 3,000 円 未 満 塡 補 すべき 額 が 3,000 円 未 満 の 救 助 費 及 び 特 別 救 助 費 2 漁 船 船 主 責 任 保 険 基 本 損 害 乗 客 損 害 : 支 払 保 険 金 の 額 が 5,000 円 未 満 3 漁 船 積 荷 保 険 塡 補 すべき 額 が 10,000 円 未 満 2. 保 険 金 額 を 超 えて 塡 補 される 場 合 次 の 場 合 には 漁 船 保 険 組 合 が 認 めた 場 合 に 限 り 保 険 金 額 を 超 過 しても 保 険 金 をお 支 払 いすることがあります 保 険 の 種 類 塡 補 される 費 用 など 漁 船 保 険 1 損 害 防 止 軽 減 のための 応 急 措 置 費 用 2 漁 船 保 険 組 合 が 委 付 を 承 認 せず 救 助 を 実 施 したが 結 果 的 に 救 助 費 の 額 若 しくは 修 繕 費 の 額 又 はこれらの 合 算 額 が 保 険 価 額 を 超 えた 場 合 の 救 助 費 3 損 害 賠 償 に 関 する 訴 訟 の 提 起 又 は 応 訴 のために 要 した 必 要 又 は 有 益 な 費 用 漁 船 船 主 責 任 保 険 漁 船 積 荷 保 険 損 害 賠 償 に 関 する 訴 訟 の 提 起 又 は 応 訴 のために 要 した 必 要 又 は 有 益 な 費 用 1 損 害 防 止 軽 減 のための 応 急 措 置 費 用 2 漁 船 保 険 組 合 が 委 付 を 承 認 せず 救 助 を 実 施 したが 結 果 的 に 漁 船 積 荷 を 陸 揚 予 定 港 に 回 送 する 費 用 の 額 が その 漁 船 積 荷 につき 委 付 した 場 合 において 請 求 することができる 保 険 金 の 額 を 超 えた 場 合 のその 費 用 3 損 害 賠 償 に 関 する 訴 訟 の 提 起 又 は 応 訴 のために 要 した 必 要 又 は 有 益 な 費 用 31

34 CHAPTER3 保 険 金 の 支 払 について 3. 事 故 が 起 きたときの 対 応 船 名 損 害 の 状 態 事 故 発 生 の 日 時 おおよその 損 害 額 事 故 発 生 の 場 所 乗 組 員 の 安 否 事 故 が 起 きたときは 左 記 の 事 項 などについて す ぐに 漁 船 保 険 組 合 にご 連 絡 ください 事 故 後 の 処 置 な どについても 漁 船 保 険 組 合 にご 相 談 のうえ その 指 示 に 従 ってください 事 故 発 生 の 原 因 救 助 の 必 要 性 4. 保 険 金 の 請 求 手 続 保 険 金 の 請 求 には 次 のような 書 類 が 必 要 です 保 険 金 支 払 請 求 書 海 難 証 明 書 損 害 状 況 写 真 (カラー 写 真 ) 修 繕 費 等 の 請 求 書 又 は 領 収 書 保 険 金 支 払 請 求 書 には 事 故 の 原 因 経 過 損 害 額 などをはっきり わかりやすくご 記 入 ください 事 故 の 内 容 及 び 損 害 の 状 況 などによっては 左 記 以 外 の 資 料 が 必 要 となる 場 合 があります 詳 しいことは 所 属 の 漁 業 協 同 組 合 や 漁 船 保 険 組 合 にご 相 談 ください その 他 損 害 の 立 証 資 料 保 険 金 の 支 払 いについての 詳 細 は 保 険 約 款 等 にてご 確 認 ください 32

35 CHAPTER1 漁 船 保 険 制 度 の 概 要 漁 船 保 険 組 合 一 覧 組 合 名 住 所 TEL FAX 南 後 志 岩 内 郡 岩 内 町 字 大 和 (0135) (0135) 根 釧 根 室 市 海 岸 町 1-2 (0153) (0153) 小 樽 湾 小 樽 市 港 町 4-3 (0134) (0134) 宗 谷 稚 内 市 中 央 (0162) (0162) 留 萌 留 萌 市 明 元 町 5-15 (0164) (0164) 北 海 道 機 船 漁 業 札 幌 市 中 央 区 北 4 条 西 6 丁 目 (011) (011) 日 振 勝 浦 河 郡 浦 河 町 昌 平 町 駅 通 2-4 (0146) (0146) 道 南 函 館 市 末 広 町 (0138) (0138) 北 見 網 走 市 港 町 4 番 地 97 (0152) (0152) 青 森 県 青 森 市 安 方 (017) (017) 青 森 県 八 戸 支 所 八 戸 市 白 銀 町 字 三 島 下 95 (0178) (0178) 岩 手 県 盛 岡 市 内 丸 16-1 (019) (019) 宮 城 県 仙 台 市 青 葉 区 本 町 (022) (022) 全 国 広 域 秋 田 県 支 所 秋 田 市 山 王 (018) (018) 全 国 広 域 山 形 県 支 所 酒 田 市 船 場 町 (0234) (0234) 福 島 県 いわき 市 中 央 台 飯 野 (0246) (0246) 茨 城 県 水 戸 市 三 の 丸 (029) (029) 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 新 宿 (043) (043) 日 本 鰹 鮪 江 東 区 永 代 (03) (03) 全 国 広 域 本 所 千 代 田 区 内 幸 町 日 比 谷 ダイビル 9F (03) (03) 東 京 都 港 区 港 南 (03) (03) 神 奈 川 県 横 浜 市 金 沢 区 富 岡 東 (045) (045) 新 潟 県 新 潟 市 中 央 区 万 代 島 2-1 (025) (025) 富 山 県 富 山 市 舟 橋 北 町 4-19 (076) (076) 石 川 県 金 沢 市 北 安 江 (076) (076) 福 井 県 福 井 市 大 手 (0776) (0776) 静 岡 県 静 岡 市 葵 区 追 手 町 9-18 (054) (054) 愛 知 県 名 古 屋 市 中 区 丸 の 内 (052) (052) 三 重 県 津 市 広 明 町 (059) (059) 全 国 広 域 京 都 府 支 所 舞 鶴 市 下 安 久 無 番 地 (0773) (0773) 全 国 広 域 大 阪 府 支 所 岸 和 田 市 地 蔵 浜 町 11-1 (072) (072) 但 馬 美 方 郡 香 美 町 香 住 区 香 住 (0796) (0796) 兵 庫 県 内 海 明 石 市 中 崎 (078) (078) 和 歌 山 県 和 歌 山 市 雑 賀 屋 町 東 ノ 丁 30 (073) (073) 全 国 広 域 鳥 取 県 支 所 鳥 取 市 青 葉 町 (0857) (0857) 島 根 県 松 江 市 嫁 島 町 9-27 (0852) (0852) 岡 山 県 岡 山 市 北 区 内 山 下 (086) (086) 広 島 県 広 島 市 中 区 大 手 町 (082) (082) 山 口 県 山 口 市 平 井 (083) (083) 徳 島 県 徳 島 市 東 沖 洲 2-13 (088) (088) 愛 媛 県 松 山 市 二 番 町 (089) (089) 高 知 県 高 知 市 本 町 (088) (088) 香 川 県 高 松 市 北 浜 町 9-12 (087) (087) 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 舞 鶴 (092) (092) 佐 賀 県 佐 賀 市 西 与 賀 町 厘 外 (0952) (0952) 長 崎 県 長 崎 市 中 町 5-11 (095) (095) 大 分 県 大 分 市 府 内 町 (097) (097) 宮 崎 県 宮 崎 市 港 2-6 (0985) (0985) 熊 本 県 熊 本 市 西 区 新 港 (096) (096) 鹿 児 島 県 鹿 児 島 市 鴨 池 新 町 11-1 (099) (099) 沖 縄 県 那 覇 市 前 島 (098) (098)

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保

) 親 権 者 等 親 権 者 またはその 他 の 法 定 の 監 督 義 務 者 をいいます 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 わない 場 合 -その1) 当 社 は 次 のいずれかに 該 当 する 事 由 によって 生 じた 損 害 に 対 しては 保 険 金 を 支 払 いません 1 保 賠 償 責 任 危 険 補 償 特 約 用 語 の 説 明 この 特 約 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 普 通 保 険 約 款 用 語 の 説 明 に よる 場 合 のほか 次 のとおりとします 用 語 説 明 財 物 の 破 損 財 産 的 価 値 を 有 する 有 体 物 の 滅 失 破 損 または 汚 損 を いいます ただし 滅 失 には 盗 難 紛 失 または 詐 取

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

別紙特約(138)

別紙特約(138) 個 人 賠 償 責 任 補 償 特 約 ( 長 期 契 約 用 ) 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 保 険 期 間 中 に 発 生 した 下 表 に 掲 げる 偶 然 な 事 故 のいずれかによる 他 人 の 身 体 の 障 害 (*1)または 他 人 の 財 物 の 損 壊 (*2)もしくは 紛 失 について 被 保 険 者 が 法 律 上 の 損

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険

の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土 木 工 事 業 者 の 皆 さまの 保 険 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 包 括 契 約 方 式 土 木 工 事 保 険 土 木 工 事 を これひとつで!! の 概 要 P1-2 の 条 件 等 P3 保 険 金 の お 支 払 いについて P4-5 契 約 概 要 等 の ご 説 明 P6-7 の 概 要 土 木 オールイン は 土 木 工 事 中 に 生 じた 不 測 かつ 突 発 的 な 事 故 によ 土

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ~Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2015年10月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ~Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2015年10月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 が 平 成 27 年 10 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208179826782518254837083938374838C83628367817A8F4390B38DCF2E646F63> 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 会 員 の 先 生 へ 医 師 賠 償 責 任 保 険 個 人 賠 償 責 任 保 険 のおすすめ 医 師 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 20% 適 用 個 人 賠 償 責 任 保 険 : 団 体 割 引 15% 適 用 神 奈 川 県 保 険 医 協 会 では 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 株 式 会 社 と 医 師 賠 償 責 任 保

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約)

自動車保険のしおり・約款【しおり(目次Ⅰ〜Ⅳ)】(保険開始日(始期日)が2012年7月1日以降のご契約) 保 険 開 始 日 が 平 成 24 年 7 月 1 日 以 降 のご 契 約 に 適 用 となります 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や

2 2 外 国 漁 船 総 合 対 策 167 億 円 1 沖 縄 漁 業 基 金 事 業 本 年 4 月 に 署 名 された 日 台 漁 業 取 決 めの 影 響 を 受 ける 沖 縄 県 漁 業 者 の 経 営 安 定 を 図 るため 外 国 漁 船 による 漁 具 被 害 か らの 救 済 や 1 平 成 25 年 度 水 産 関 係 補 正 予 算 の 概 要 平 成 25 年 12 月 水 産 庁 総 額 556 億 円 1 漁 業 コストの 低 減 対 策 230 億 円 漁 業 コスト 構 造 改 革 緊 急 対 策 事 業 228 億 円 1 省 燃 油 活 動 推 進 事 業 80 億 円 燃 油 消 費 量 を 削 減 するために 漁 業 者 グループが 行 う 省 燃 油

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 10 月 1 日 以 降 始 期 契 約 用 火 災 保 険 オールリスク 補 償 特 約 の ご 案 内 はじめに 拝 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 当 社 業 務 に 関 しまして は 平 素 より 格 別 のご 高 配 を 賜 り ありがたく 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 近 年 のリスクマネジメントの 考 え 方 の 浸 透

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 :

工 事 概 要 工 事 名 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 その 他 工 事 工 事 概 要 空 見 ふ 頭 護 岸 補 修 工 金 城 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 稲 永 ふ 頭 岸 壁 補 修 工 潮 凪 ふ 頭 西 側 護 岸 補 修 工 1 式 1 式 1 式 1 式 施 行 箇 所 図 : 入 札 公 告 次 のとおり 事 後 審 査 型 一 般 競 争 入 札 ( 特 別 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 5 日 入 札 に 付 す る 事 項 競 争 入 札 参 加 資 格 [1] 工 事 名 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 概 要 [4] 工 期 [5] 予 定 価 格 ( 税 抜 き) [6] 前 払 金 及 び

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条

も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 も く じ アクサダイレクト 総 合 自 動 車 保 険 1. 普 通 保 険 約 款 のもくじ 普 通 保 険 約 款 には 基 本 的 な 補 償 内 容 やご 契 約 の 手 続 きを 定 めていま す (1) 基 本 的 な 補 償 相 手 方 への 補 償 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 賠 償 責 任 保 険 対 人 対 物 事 故 により 相 手 方 への 法 律 上 の 損

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

スポーツ・レジャー保険 補償の説明

スポーツ・レジャー保険 補償の説明 スポーツ レジャー 保 険 補 償 の 説 明 傷 害 国 内 補 償 1 死 亡 保 険 金 スポーツ レジャー 中 に 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によりケガをされ 事 故 の 発 生 の 日 か らその 日 を 含 めて 180 日 以 内 に 死 亡 された 場 合 死 亡 後 遺 障 害 保 険 金 額 の 全 額 をお 支 払 いします ただし 既 に 後 遺 障 害

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用)

医局医・勤務医のための医師賠償責任保険のご案内(2010/4/1以降用) 医 局 医 勤 務 医 のための 医 師 賠 償 責 任 保 険 のご 案 内 2010 年 4 月 91545.2010.2/A3E13/A 目 次 1. 医 師 賠 償 責 任 保 険 とは P.3 2.お 支 払 いする 保 険 金 の 種 類 P.4 3. 保 険 金 をお 支 払 いしない 主 な 場 合 P.5 4.ご 契 約 のしくみ P.6~7 5.ご 注 意 いただきたいこと P.8~11

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208747938B8FE68ED28F9D8A5181698E80965381458CE388E28FE18A51816A93C196F1303730372E646F63> 搭 乗 者 傷 害 ( 死 亡 後 遺 障 害 ) 特 約 < 用 語 のご 説 明 - 定 義 > この 特 約 において 使 用 される 次 の 用 語 は それぞれ 次 の 定 義 によります (1) 正 規 の 乗 車 装 置 乗 車 人 員 が 動 揺 衝 撃 等 により 転 落 または 転 倒 することなく 安 全 な 乗 車 を 確 保 できる 構 造 を 備 えた 道 路 運 送 車

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~)

1日自動車保険重要事項説明(2016.04~) 重 要 事 項 説 明 のマークが 付 された 事 項 は 携 帯 電 話 からお 手 続 きいただく 際 にご 確 認 いただく 事 項 です 重 要 事 項 説 明 の 内 容 をご 確 認 ください 情 報 セキュリティの 観 点 から お 申 込 の 確 定 まで 30 分 以 内 に 実 施 いただく 必 要 がありますのでご 注 意 くだ さい 重 要 事 項 説 明 すべての 内 容

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

Microsoft Word - HELPNET ケータイ会員規約20160701

Microsoft Word - HELPNET ケータイ会員規約20160701 HELPNET ケータイ 会 員 規 約 (KDDI) この HELPNET ケータイサービス 会 員 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます)は 株 式 会 社 日 本 緊 急 通 報 サービ ス( 以 下 当 社 といいます)が 提 供 する 緊 急 通 報 サービス と 緊 急 通 報 サービス+ロードサービス ( 以 下 本 サービス といいます)の 利 用 について 定 めます Ⅰ 緊

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

Microsoft Word - s-17-yatukan

Microsoft Word - s-17-yatukan 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は, 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 保 険 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 保 険 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464>

<5461726F2D303320979897708ED282CC82BD82DF82C982502E6A7464> 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 漁 業 経 営 調 査 ( 以 下 本 調 査 という )は 海 面 漁 業 経 営 体 の 財 産 状 況 収 支 状 況 操 業 状 況 等 の 経 営 実 態 を 明 らかにし 水 産 行 政 の 推 進 のための 資 料 を 整 備 することを 目 的 とし ている 2 調 査 の 根 拠 本 調 査 は 統 計 法 ( 平 成 19 年

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内

整備受託自動車保険(人数方式)のご案内 2015 年 10 月 1 日 保 険 始 期 以 降 適 用 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 のご 案 内 Ⅰ. 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 の 概 要 整 備 受 託 自 動 車 保 険 ( 整 備 従 事 者 数 方 式 ) 特 約 は 貴 社 の 整 備 工 場 においてお 客 さまから

More information

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び

目 次 1.クラブ 法 人 及 び 愛 馬 会 法 人 2. 顧 客 から 出 資 された 財 産 の 運 用 形 態 3. 競 走 用 馬 ファンド 受 益 権 の 販 売 に 関 する 事 項 (1) 入 会 及 び 出 資 申 込 の 方 法 並 びに 出 資 金 払 込 の 期 日 及 び ローレルクラブ 会 員 規 約 - 競 走 用 馬 ファンドの 契 約 にあたって- 契 約 成 立 前 ( 時 )の 書 面 ご 出 資 いただく 前 に 本 書 面 を 必 ずお 読 みいただき 契 約 内 容 を 充 分 ご 理 解 のうえ お 申 し 込 み 下 さい 発 行 : 株 式 会 社 ローレルクラブ ( 作 成 年 月 日 : 平 成 28 年 7 月 1 日 ) 103-0013

More information

タフ・シンプル クルマの保険

タフ・シンプル クルマの保険 N3 P.4 P.6 P.8 P.9 P.13 P.15 P. 19 P.28 P.40 P.50 P.97 4 6 8 9 13 1 2 3 4 15 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 19 1 2 3 4 5 13 13 13 14 15 15 16 16 16 17 18 18 18 18 19 19 20 23 24 26 28 1 2 40 1 2 3 4 5 6 7 8 9

More information

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契

3 保 険 事 故 が 生 じた 後 に 第 1 項 の 解 除 が 行 われた 場 合 でも 当 会 社 は 損 害 をてん 補 しません もし すでに 損 害 をてん 補 していたときは 当 会 社 は その 返 還 を 請 求 することができます この 規 定 は 第 19 条 ( 保 険 契 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 ( 障 害 に 起 因 する 死 亡 を 含 みます )または 財 物 の 滅 失 き 損 もしくは 汚 損 ( 以 下 損 壊 といいます )について 法 律 上 の 損 害 賠 償 責 任 を 負 担 することによ って 被 る 損 害 をてん

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1

た 滞 納 処 分 の 効 力 には 影 響 がないこ (2) 賦 課 処 分 のかしが 明 白 かつ 重 大 であり 第 5 賦 課 処 分 が 無 効 である 場 合 の 滞 納 処 分 は そ の 前 提 を 欠 く 処 分 と な り 無 効 と な る こ 滞 納 情 報 の 管 理 1 第 5 章 第 1 意 義 滞 納 処 分 事 務 第 1 節 通 則 滞 納 処 分 地 方 団 体 の 徴 収 金 の 納 付 ( 納 入 )が 遅 滞 した 場 合 において 原 則 として 督 促 を 前 提 条 件 とし て 徴 税 吏 員 が 滞 納 者 の 財 産 を 差 し 押 さえ その 換 価 代 金 等 を 地 方 団 体 の 徴 収 金 に 充 てる 行 政 処 分 をいい

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約)

自動車保険のしおり・約款(保険開始日(始期日)が2010年3月31日以前のご契約) 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 特 約 条 項 この 自 動 車 保 険 のしおり 約 款 には ご 契 約 上 の 大 切 なことがらが 記 載 されて おりますので ご 一 読 ください ご 契 約 者 と 補 償 の 対 象 となる 方 が 異 なる 場 合 は ご 契 約 者 よりこの 内 容 を 補 償 の 対 象 となる 方 にもご 説

More information

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人 浦 臼 町 公 営 住 宅 入 居 のご 案 内 Ⅰ. 入 居 申 込 者 の 資 格 ( 次 の~6のすべての 資 格 がある 方 ). 現 在 住 宅 に 困 っている 方 原 則 として 申 込 者 本 人 及 び 同 居 しようとしている 親 族 に 持 家 の 方 ( 共 有 名 義 の 場 合 も 含 む)がいる 場 合 は 申 し 込 みできません 日 本 国 籍 の 方 または 既

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408

Taro-H24 梅雨対策実施要領(2408 梅 雨 前 線 豪 雨 等 被 災 農 業 者 向 け 経 営 体 育 成 支 援 事 業 実 施 要 領 第 1 趣 旨 平 成 24 年 6 月 8 日 から7 月 23 日 までの 間 の 豪 雨 及 び 暴 風 雨 による 農 業 被 害 ( 以 下 気 象 災 害 による 農 業 被 害 という )により 農 産 物 の 生 産 に 必 要 な 施 設 が 倒 壊 し 農 業 経 営 の

More information

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人

Ⅰ 所 得 金 額 1 営 業 等 所 得 2 農 業 所 得 3 不 動 産 所 得 営 業 等 所 得 農 業 所 得 不 動 産 所 得 必 要 経 費 平 成 27 年 中 に 収 入 を 得 るために 直 接 要 した 費 用 です これには 販 売 した 商 品 など の 原 価 雇 人 平 成 28 年 度 分 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き 見 附 市 この 申 告 書 は 平 成 27 年 中 のあなたの 収 入 状 況 を 証 明 する 大 切 な 資 料 となりますので 収 入 控 除 など 該 当 する 項 目 を もれなく 記 載 し 申 告 期 間 内 ( 平 成 28 年 2 月 16 日 ~3 月 1 日 )に 必 ず 提 出 してください 提 出

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ

1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するよ 佐 用 町 露 店 出 店 募 集 要 項 1 基 本 事 項 佐 用 町 が 主 催 するイベントを 支 える 一 員 として 全 ての 来 場 者 にご 満 足 いただけるよ う 安 全 衛 生 及 びサービス モラルなど 徹 底 するよう 心 がけてください この 要 項 に 定 める 出 店 条 件 や 規 定 などを 逸 脱 するような 行 為 が 見 受 けられる 店 舗 につ いては

More information

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6

スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 スーパー 二 輪 自 動 車 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 賠 償 責 任 条 項 1 第 1 節 対 人 賠 償 責 任 条 項 1 第 2 節 対 人 臨 時 費 用 条 項 3 第 3 節 対 物 賠 償 責 任 条 項 4 第 4 節 他 車 運 転 賠 償 責 任 条 項 6 第 2 章 人 身 傷 害 条 項 7 第 3 章 搭 乗 者 傷 害 条 項 16 第 4 章 車

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

ワ-プロ用起案用紙

ワ-プロ用起案用紙 NOSAI Q&A CONTENTS Ⅵ ( 建 物 共 済 農 機 具 共 済 ) 農 業 共 済 新 聞 より( 一 部 再 編 集 ) Q1. NOSAIの 建 物 共 済 とはどういう 内 容 ですか? A1. 答 え NOSAIの 建 物 共 済 NOSAIで 実 施 している 共 済 事 業 の 一 つに 組 合 員 の 住 宅 納 屋 農 作 業 場 などの 建 物 を 補 償 の 対

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A>

<90AE94F590AD97DF874090568B8C81698250814582518FF0816A8169313831323237816A> 1 織 傍 線 今 回 案 現 織 織 目 目 章 章 節 秘 節 参 節 参 節 節 款 房 款 房 款 款 款 款 目 房 目 房 目 目 目 目 節 節 節 節 節 節 款 款 款 款 章 章 章 章 附 則 附 則 章 章 節 秘 秘 秘 節 参 節 参 参 参 参 参 節 節 款 房 款 房 房 房 房 ほ 策 策 運 企 画 運 企 画 装 装 削 削 削 房 房 房 ど 房 ど 印 印

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

キョーKYOツー-2カード会員(ポイントカード)規約(案)

キョーKYOツー-2カード会員(ポイントカード)規約(案) キョーツーカードプラス ポイントカード 会 員 規 約 (ご 入 会 時 には 必 ずお 読 みください) 第 1 条 ( 会 員 資 格 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 の 上 株 式 会 社 キョーエイ( 以 下 弊 社 という) 所 定 の 手 続 きにより キョーツーカードプラス ( 以 下 会 員 カード という) 会 員 の 入 会 を 申 し 込 まれ 弊 社 より 会 員

More information