利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動"

Transcription

1 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 公 本 財 第 390の96 号 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 以 下 当 共 済 組 合 という )は 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 ( 法 第 24 条 の 規 定 により 当 共 済 組 合 に 実 施 機 関 積 立 金 ( 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 厚 年 法 という ) 第 79 条 の 2に 規 定 する 実 施 機 関 積 立 金 をいう )として 設 ける 積 立 金 以 下 同 じ )の 管 理 及 び 運 用 が 適 切 になされるよう 厚 年 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針 及 び 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ( 以 下 連 合 会 という )が 定 める 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 管 理 積 立 金 に 関 する 管 理 運 用 の 方 針 ( 以 下 管 理 運 用 方 針 等 という )に 適 合 するよう に 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 方 針 という )を 次 のとおり 定 める Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1. 基 本 的 な 方 針 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 については 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 が 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 から 徴 収 された 保 険 料 の 一 部 であり かつ 将 来 の 年 金 給 付 の 貴 重 な 財 源 となるものであることに 特 に 留 意 し 専 ら 厚 生 年 金 保 険 ( 厚 年 法 第 79 条 の3 第 3 項 の 規 定 により 法 の 目 的 に 沿 って 運 用 する 場 合 においては 厚 生 年 金 保 険 ) の 被 保 険 者 の 利 益 のために 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的 に 行 うことにより 将 来 にわたって 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 運 営 の 安 定 に 資 することを 目 的 として 行 う このため リスク リターン 等 の 特 性 が 異 なる 複 数 の 資 産 に 適 切 に 分 散 して 投 資 す ること( 以 下 分 散 投 資 という )を 基 本 として 長 期 的 な 観 点 からの 資 産 構 成 割 合 ( 以 下 基 本 ポートフォリオ という )を 策 定 し 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 を 行 う 2. 運 用 の 目 標 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 は 厚 年 法 第 2 条 の4 第 1 項 及 び 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 ) 第 4 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 財 政 の 現 況 及 び 見 通 しを 踏 まえ 年 金 給 付 等 に 必 要 な 流 動 性 を 確 保 しつつ 必 要 となる 積 立 金 の 実 質 的 な 運 用 1

2 利 回 り( 積 立 金 の 運 用 利 回 りから 名 目 賃 金 上 昇 率 を 差 し 引 いたものをいう )を 最 低 限 のリスクで 確 保 するよう 基 本 ポートフォリオを 定 め これを 適 切 に 管 理 する その 際 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 等 を 歪 めないよう 配 慮 する また 運 用 受 託 機 関 の 選 定 管 理 及 び 評 価 を 適 切 に 実 施 すること 等 により 各 年 度 における 各 資 産 のベンチマーク 収 益 率 を 確 保 するよう 努 めるとともに 長 期 的 に 各 資 産 のベンチマーク 収 益 率 を 確 保 する 3. 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 基 本 方 針 の 策 定 及 び 変 更 等 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 専 門 的 事 項 については 経 済 金 融 資 金 運 用 等 の 学 識 経 験 又 は 実 務 経 験 を 有 する 者 で 構 成 する 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 専 門 的 な 知 見 を 活 用 し 検 討 する 4. 資 金 運 用 計 画 (1) 年 間 資 金 運 用 計 画 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 に 当 たっては 年 度 開 始 前 に 年 間 資 金 運 用 計 画 を 作 成 する 年 間 資 金 運 用 計 画 には 次 の 事 項 を 記 載 する 1 収 支 損 益 及 び 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 見 込 み ア 期 首 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 イ 収 入 総 額 ウ 支 出 総 額 エ 当 期 利 益 金 オ 期 末 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 カ 運 用 利 回 り 2 資 金 収 支 の 見 込 み ア 期 末 残 高 イ 収 入 予 定 額 (ア) 組 合 員 保 険 料 及 び 負 担 金 (イ) 債 券 元 利 金 等 (ウ) 厚 生 年 金 交 付 金 (エ) 基 礎 年 金 交 付 金 (オ)その 他 の 収 入 ウ 支 出 予 定 額 (ア) 年 金 給 付 (イ) 連 合 会 払 込 金 (ウ) 厚 生 年 金 拠 出 金 負 担 金 2

3 (エ) 基 礎 年 金 拠 出 金 負 担 金 (オ) 業 務 経 理 への 繰 入 金 (カ) 自 家 運 用 (キ) 委 託 運 用 (ク)その 他 の 支 出 エ 次 年 度 繰 越 金 又 は 期 末 残 高 3 運 用 計 画 ア 自 家 運 用 イ 委 託 運 用 (ア) 特 定 金 銭 信 託 特 定 包 括 信 託 単 独 運 用 指 定 金 銭 信 託 及 び 単 独 運 用 指 定 包 括 信 託 (イ) 団 体 生 存 保 険 (2) 四 半 期 資 金 運 用 計 画 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 に 当 たっては 毎 四 半 期 開 始 前 に 四 半 期 資 金 運 用 計 画 を 作 成 する 四 半 期 資 金 運 用 計 画 には 年 間 資 金 運 用 計 画 と 同 様 の 記 載 事 項 を 記 載 する 5.リスク 管 理 リスク 管 理 の 基 本 は 分 散 投 資 を 行 うこととし 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 伴 う 各 種 リスクの 管 理 を 適 切 に 行 う また 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 については 運 用 受 託 機 関 及 び 資 産 管 理 機 関 ( 以 下 受 託 機 関 という )への 委 託 生 命 保 険 会 社 の 団 体 生 存 保 険 による 運 用 並 びに 自 家 運 用 により 管 理 及 び 運 用 を 行 うとともに 受 託 機 関 及 び 生 命 保 険 会 社 からの 報 告 等 に 基 づき 資 産 全 体 各 資 産 各 運 用 受 託 機 関 各 資 産 管 理 機 関 及 び 各 生 命 保 険 会 社 並 びに 自 家 運 用 について 次 の 方 法 によりリスク 管 理 を 行 う これらのリスク 管 理 については その 実 施 方 針 について 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 て 運 営 審 議 会 に 報 告 するとともに リスク 管 理 の 状 況 については 適 時 に 運 営 審 議 会 及 び 資 産 運 用 検 討 委 員 会 に 報 告 を 行 う (1) 資 産 全 体 基 本 ポートフォリオを 適 切 に 管 理 するため 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 資 産 構 成 割 合 と 基 本 ポートフォリオとの 乖 離 状 況 を 少 なくとも 毎 月 1 回 把 握 するとと もに 必 要 な 措 置 を 講 じる また 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 資 産 構 成 割 合 と 連 合 会 が 定 める 管 理 積 立 金 の 基 本 ポートフォリオとの 乖 離 状 況 を 少 なくとも 毎 月 1 回 把 握 する また 適 切 かつ 円 滑 なリバランスを 実 施 するため 市 場 動 向 の 把 握 分 析 等 必 要 な 機 能 の 強 化 を 図 る 3

4 さらに 資 産 全 体 のリスクを 確 認 し リスク 負 担 の 程 度 についての 分 析 及 び 評 価 各 年 度 の 複 合 ベンチマーク( 各 資 産 のベンチマーク 収 益 率 をポートフォリオ で 加 重 したもの) 収 益 率 との 乖 離 要 因 の 分 析 等 を 行 う (2) 各 資 産 各 資 産 に 係 る 市 場 リスク 流 動 性 リスク 信 用 リスク 等 を 管 理 する また 外 国 資 産 については カントリーリスクも 注 視 する (3) 各 運 用 受 託 機 関 各 運 用 受 託 機 関 に 対 し 運 用 に 関 するガイドライン( 以 下 委 託 運 用 ガイドライ ン という )を 示 し 各 機 関 の 運 用 状 況 及 びリスク 負 担 の 状 況 を 把 握 し 適 切 に 管 理 する また 運 用 体 制 の 変 更 等 に 注 意 する (4) 各 資 産 管 理 機 関 各 資 産 管 理 機 関 に 対 し 資 産 管 理 に 関 するガイドライン( 以 下 資 産 管 理 ガイド ライン という )を 示 し 各 機 関 の 資 産 管 理 状 況 を 把 握 し 適 切 に 管 理 する また 各 機 関 の 信 用 リスクを 管 理 するほか 資 産 管 理 体 制 の 変 更 等 に 注 意 する (5) 各 生 命 保 険 会 社 各 社 の 経 営 状 況 及 び 資 産 管 理 状 況 を 把 握 し 適 切 に 管 理 する (6) 自 家 運 用 運 用 に 関 するガイドライン( 以 下 自 家 運 用 ガイドライン という )を 定 め 運 用 状 況 及 びリスク 負 担 の 状 況 を 確 認 するなど 適 切 に 管 理 する 6. 運 用 手 法 (1) 基 本 的 な 考 え 方 キャッシュアウト 対 応 等 の 場 合 を 除 き 原 則 としてパッシブ 運 用 とアクティブ 運 用 を 併 用 する その 上 で アクティブ 運 用 に 取 り 組 むことにより 超 過 収 益 の 獲 得 を 目 指 すものとする ただし アクティブ 運 用 については 過 去 の 運 用 実 績 も 勘 案 し 超 過 収 益 が 獲 得 できるとの 期 待 を 裏 付 ける 十 分 な 根 拠 の 下 合 理 的 なリスク 選 択 を 行 うことを 前 提 に ファンド 選 定 基 準 等 について 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 た 上 で 実 施 する また 資 産 運 用 検 討 委 員 会 から 求 めがあった 事 項 について 適 時 に 報 告 するなど 資 産 運 用 検 討 委 員 会 による 適 切 なモニタリングの 下 で その 透 明 性 を 確 保 する ベンチマークについては 伝 統 的 な 時 価 総 額 型 インデックスのみならず 運 用 収 益 向 上 の 観 点 から 新 たなベンチマークの 採 用 についても 検 討 する (2) 運 用 の 具 体 的 手 法 1 自 家 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 安 全 かつ 効 率 的 な 運 用 に 資 するため その 一 部 に 4

5 ついて 長 期 短 期 等 の 別 に 次 の 規 定 及 び 自 家 運 用 ガイドラインに 基 づき 管 理 及 び 運 用 を 行 う ア 種 別 (ア) 長 期 運 用 a 基 本 的 な 考 え 方 次 の 事 項 を 勘 案 し 長 期 的 に 有 利 な 運 用 に 努 める (a) 発 行 体 の 信 用 力 及 び 市 場 流 動 性 (b) 表 面 利 率 取 得 単 価 及 び 残 存 期 間 (c) 金 利 見 通 し b 投 資 対 象 資 産 投 資 対 象 は 次 の 円 貨 建 て 有 価 証 券 とする (a) 国 債 (b) 地 方 債 (c) 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 する 債 券 ( 政 府 保 証 が 付 されたものに 限 る ) (d) 別 表 に 定 める 格 付 機 関 ( 以 下 格 付 機 関 という )のいずれかからA 格 以 上 の 格 付 を 取 得 している 債 券 ただし 格 付 のない 債 券 については その 発 行 体 が 格 付 機 関 のいずれかからA 格 以 上 の 格 付 を 得 ている 銘 柄 を 投 資 対 象 とすることができる c 管 理 運 用 上 の 留 意 事 項 (a) 分 散 投 資 国 債 地 方 債 及 び 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 する 債 券 ( 政 府 保 証 が 付 されたものに 限 る ) 以 外 の 債 券 を 取 得 する 場 合 には 同 一 の 発 行 体 が 発 行 した 債 券 への 投 資 額 は 自 家 運 用 資 産 の10% 以 内 とする (b) 取 得 債 券 格 下 げ 時 の 対 応 国 債 地 方 債 及 び 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 する 債 券 ( 政 府 保 証 が 付 されたものに 限 る ) 以 外 の 債 券 で 取 得 後 にいずれの 格 付 機 関 による 格 付 もA 格 未 満 となった 場 合 は 発 行 体 の 信 用 リスク 等 に 十 分 留 意 した 上 で 売 却 等 の 措 置 を 講 じることとする (c) 仕 組 債 への 対 応 仕 組 債 については その 仕 組 み 上 元 本 リスクが 発 生 しないものに 限 り 投 資 対 象 とすることとし 組 成 内 容 が 同 種 のものは その 合 計 額 が 自 家 運 用 資 産 の10% 以 内 とする (イ) 短 期 運 用 a 基 本 的 な 考 え 方 厚 生 年 金 保 険 経 理 における 年 金 給 付 等 の 資 金 手 当 を 図 るための 運 用 であっ て その 金 額 は 必 要 最 小 限 にとどめるとともに 安 全 性 及 び 流 動 性 運 用 可 能 5

6 期 間 並 びに 短 期 金 利 の 動 向 を 勘 案 し 有 利 な 運 用 に 努 める b 投 資 対 象 資 産 投 資 対 象 資 産 は 短 期 国 債 国 庫 短 期 証 券 預 金 譲 渡 性 預 金 格 付 機 関 の いずれかからA 格 相 当 以 上 の 格 付 を 取 得 しているコマーシャル ペーパ-( 含 む 現 先 取 引 ) MMF 等 とする イ 取 引 金 融 機 関 取 引 金 融 機 関 の 選 定 については 信 用 リスク 等 を 勘 案 して 別 に 定 める 基 準 によ り 行 う ウ 資 産 管 理 の 委 託 (ア) 自 家 運 用 資 産 の 管 理 を 資 産 管 理 機 関 に 委 託 することができる 当 該 資 産 管 理 機 関 に 対 しては 以 下 の 点 及 び 資 産 管 理 ガイドラインの 遵 守 を 求 める a 当 共 済 組 合 からの 受 託 資 産 は 他 の 信 託 財 産 として 分 別 し 厳 正 に 管 理 保 管 すること b 有 価 証 券 の 受 渡 し 及 び 資 金 決 済 に 際 しては 細 心 の 注 意 を 払 うこと c 再 保 管 業 務 の 委 託 に 当 たっては 信 用 リスク 事 務 管 理 能 力 コスト 等 に 十 分 留 意 すること d 毎 月 末 の 資 産 の 管 理 状 況 に 関 する 資 料 の 提 出 並 びに 随 時 必 要 な 資 料 の 提 出 及 び 説 明 を 行 うこと e 法 令 契 約 等 を 遵 守 するとともに その 確 保 のための 体 制 の 整 備 を 図 ること (イ) 資 産 管 理 機 関 が 法 令 契 約 書 資 産 管 理 ガイドライン 等 に 反 する 行 為 を 行 っ た 場 合 には 速 やかに 報 告 を 求 めることとし 必 要 に 応 じて 指 示 を 行 う 2 信 託 による 委 託 運 用 投 資 顧 問 会 社 との 投 資 一 任 契 約 による 特 定 金 銭 信 託 及 び 特 定 包 括 信 託 並 びに 信 託 業 務 を 行 う 銀 行 の 単 独 運 用 指 定 金 銭 信 託 及 び 単 独 運 用 指 定 包 括 信 託 による 委 託 運 用 は 次 に 掲 げるところにより 行 う 当 共 済 組 合 は 受 託 機 関 に 対 し 基 本 方 針 に 基 づき 資 産 の 管 理 及 び 運 用 を 行 わせ る ア 運 用 受 託 機 関 への 基 準 とする 資 産 の 比 率 ( 以 下 基 準 運 用 割 合 という )の 指 示 基 本 ポートフォリオに 基 づき 資 産 の 構 成 割 合 運 用 スタイルの 分 散 等 を 考 慮 し 運 用 受 託 機 関 の 特 性 及 び 評 価 に 応 じて 基 準 運 用 割 合 を 指 示 する なお 基 準 運 用 割 合 を 変 更 することが 適 当 であると 認 められる 場 合 には 速 や かに 変 更 を 指 示 する イ 運 用 上 の 遵 守 事 項 運 用 受 託 機 関 が 提 案 し 当 共 済 組 合 が 合 意 した 投 資 対 象 資 産 運 用 手 法 運 用 目 標 数 値 及 びリスク 管 理 指 標 並 びに 当 共 済 組 合 が 指 定 するベンチマーク( 以 下 6

7 マネジャー ベンチマーク という )その 他 以 下 の 事 項 に 関 する 委 託 運 用 ガ イドラインを 提 示 し その 遵 守 状 況 を 管 理 するとともに 必 要 な 指 示 を 行 う なお 当 共 済 組 合 は 信 託 による 委 託 運 用 において 運 用 受 託 機 関 に 対 し 個 別 銘 柄 の 選 択 の 指 示 は 行 わない (ア) 一 般 的 事 項 a 基 準 運 用 割 合 運 用 受 託 機 関 は 当 共 済 組 合 の 指 示 した 基 準 運 用 割 合 を 遵 守 しなければなら ない b 運 用 スタイル 等 の 登 録 運 用 受 託 機 関 は 資 産 区 分 ごとの 運 用 哲 学 及 びそれに 基 づく 運 用 スタイル 運 用 プロセスを 明 らかにし 当 共 済 組 合 に 登 録 するとともに 登 録 した 事 項 に ついて 遵 守 しなければならない また これを 変 更 する 場 合 は 当 共 済 組 合 と 協 議 する c リスク 管 理 の 徹 底 運 用 受 託 機 関 は 当 共 済 組 合 が 提 示 した 委 託 運 用 ガイドラインを 遵 守 し リ スク 管 理 を 徹 底 しなければならない d 法 令 遵 守 体 制 の 整 備 運 用 受 託 機 関 は 法 令 契 約 書 委 託 運 用 ガイドライン 等 を 遵 守 するととも に その 確 保 のための 体 制 の 整 備 を 図 らなければならない e 投 資 に 関 する 留 意 事 項 運 用 受 託 機 関 は 投 資 に 際 しては 次 の 事 項 に 留 意 しなければならない (a) 十 分 な 調 査 及 び 分 析 を 行 った 上 で 投 資 を 行 うとともに 適 切 な 分 散 化 を 図 ること また 特 に 外 貨 建 資 産 については 政 治 及 び 経 済 の 安 定 性 並 び に 決 済 システム 取 引 規 制 税 制 等 の 市 場 の 特 性 を 十 分 勘 案 した 上 で 投 資 対 象 国 及 び 通 貨 を 選 定 すること (b) 個 別 銘 柄 の 組 入 れに 当 たっては 流 動 性 についても 十 分 勘 案 して 行 うこ と (c) 国 内 株 式 国 内 債 券 ( 国 債 地 方 債 及 び 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 す る 債 券 ( 政 府 保 証 が 付 されたものに 限 る )を 除 く ) 外 国 株 式 及 び 外 国 債 券 (マネジャー ベンチマーク 構 成 国 の 国 債 を 除 く )を 取 得 する 場 合 同 一 発 行 体 への 投 資 は 当 該 資 産 の 時 価 の10%を 上 限 とする ただし マネジャー ベンチマークにおける 個 別 銘 柄 の 時 価 構 成 比 がこの 制 限 を 超 える 場 合 運 用 手 法 の 特 性 によりこの 制 限 を 超 える 場 合 等 上 記 制 限 によ りがたい 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 にはこの 限 りではない 上 記 制 限 を 超 え る 場 合 には 当 共 済 組 合 に 報 告 すること (d) 取 引 に 際 しては 市 場 インパクト 等 に 細 心 の 注 意 を 払 い 無 用 なコストは 7

8 回 避 するように 最 善 を 尽 くすこと (e) 親 会 社 親 会 社 の 系 列 又 は 自 社 の 系 列 の 証 券 会 社 及 びその 海 外 現 地 法 人 に 発 注 を 行 う 場 合 には 発 注 先 証 券 会 社 等 を 報 告 すること (f) 取 引 を 行 う 証 券 会 社 等 の 選 定 については 信 用 力 等 に 十 分 留 意 するととも に 取 引 実 績 を 報 告 すること f デリバティブ 取 引 運 用 受 託 機 関 は 有 価 証 券 通 貨 若 しくは 金 利 に 係 る 先 物 取 引 先 渡 為 替 予 約 指 数 先 物 取 引 若 しくはオプション 取 引 又 は 通 貨 若 しくは 金 利 に 係 るスワッ プ 取 引 ( 以 下 デリバティブ 取 引 という )の 取 扱 いについては 次 の 事 項 に 留 意 しなければならない (a)デリバティブ 取 引 は 株 式 債 券 外 国 為 替 等 の 原 資 産 における 価 格 変 動 リスクを 一 時 的 にヘッジ( 以 下 売 りヘッジ という ) 又 は 原 資 産 の 一 時 的 な 代 替 ( 以 下 買 いヘッジ という )を 目 的 とするものとし 投 機 目 的 の 利 用 は 行 わないこと ただし 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガ イドラインの 定 めにより 売 りヘッジ 又 は 買 いヘッジ 以 外 を 目 的 とするデ リバティブ 取 引 を 行 うことができる (b) 売 りヘッジ 又 は 買 いヘッジを 目 的 としたデリバティブ 取 引 の 想 定 元 本 に ついて ネットベースで 売 りヘッジの 場 合 には デリバティブの 想 定 元 本 が 現 在 保 有 し 又 は 将 来 保 有 することが 確 定 している 原 資 産 の 範 囲 内 と し ネットベースで 買 いヘッジの 場 合 には 現 在 保 有 し 又 は 将 来 保 有 す ることが 確 定 している 余 裕 資 金 の 範 囲 内 を 限 度 とすること (イ) 国 内 債 券 a 投 資 対 象 は 次 の 円 貨 建 て 債 券 とする (a) 国 債 (b) 地 方 債 (c) 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 する 債 券 ( 政 府 保 証 が 付 されたものに 限 る ) (d) 格 付 機 関 のいずれかからBBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 している 社 債 (e) 外 国 若 しくは 外 国 法 人 が 発 行 する 証 券 又 は 証 書 で 格 付 機 関 のいずれか からA 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているもの また 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガイドラインの 定 めにより BBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているも のへ 投 資 することができる (f) 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 105 号 ) 第 2 条 第 7 項 に 規 定 する 特 定 社 債 で 格 付 機 関 のいずれかからA 格 以 上 の 格 付 を 取 得 し ているもの (g) 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 ) 第 2 条 第 19 項 に 規 定 する 投 資 法 人 債 で 格 付 機 関 のいずれかからA 格 以 上 の 8

9 格 付 を 取 得 しているもの (h) 特 別 の 法 律 により 法 人 の 発 行 する 債 券 ((c) (f) 及 び(g)に 掲 げ るものを 除 く )で BBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているもの また 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガイドラインの 定 めにより 格 付 のない 債 券 で その 発 行 体 若 しくは 保 証 機 関 が 格 付 機 関 のいずれかからBBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているものへ 投 資 することができる b 上 記 aの(a)から(c)に 掲 げる 債 券 を 除 き 取 得 後 にいずれの 格 付 機 関 による 格 付 も 上 記 aの(d)から(h)に 定 める 格 付 未 満 となった 場 合 は 発 行 体 の 信 用 リスク 等 に 十 分 留 意 した 上 で 売 却 等 の 措 置 を 講 じること (ウ) 国 内 株 式 投 資 対 象 は 国 内 証 券 取 引 所 に 公 開 されている 株 式 ( 不 動 産 投 資 信 託 証 券 を 含 む )の 銘 柄 とする (エ) 外 国 債 券 a 投 資 対 象 は 以 下 の(a) 及 び(b)の 条 件 を 満 たす 外 貨 建 ての 債 券 とする (a)マネジャー ベンチマークを 構 成 する 国 の 通 貨 建 ての 債 券 また 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガイドラインの 定 めにより マネジャー ベン チマークを 構 成 する 国 の 通 貨 建 て 以 外 の 債 券 を 投 資 対 象 とすることがで きる (b) 格 付 機 関 のいずれかからA 格 以 上 の 格 付 を 取 得 している 債 券 また 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガイドラインの 定 めにより 格 付 機 関 のいず れかからBBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているもの 又 は 格 付 のない 債 券 で その 発 行 体 若 しくは 保 証 機 関 が 格 付 機 関 のいずれかからBBB 格 以 上 の 格 付 を 取 得 しているものへ 投 資 することができる b 取 得 後 にいずれの 格 付 機 関 による 格 付 も 上 記 aの(b)に 定 める 格 付 未 満 と なった 場 合 は 発 行 体 の 信 用 リスク 等 に 十 分 留 意 した 上 で 売 却 等 の 措 置 を 講 じること (オ) 外 国 株 式 投 資 対 象 は 外 国 の 各 証 券 取 引 所 又 は 店 頭 市 場 において 公 開 された 銘 柄 のう ち マネジャー ベンチマークに 採 用 されている 株 式 ( 不 動 産 投 資 信 託 証 券 を 含 む )の 銘 柄 又 はマネジャー ベンチマークを 構 成 する 国 の 企 業 が 発 行 する 株 式 ( 不 動 産 投 資 信 託 証 券 を 含 む )の 銘 柄 で かつ マネジャー ベンチマ ークを 構 成 する 国 の 通 貨 建 てで 発 行 されるものとする また 当 共 済 組 合 が 提 示 する 委 託 運 用 ガイドラインの 定 めにより その 他 の 銘 柄 又 は 預 託 証 書 等 へ 投 資 することができる (カ) 新 株 予 約 権 付 社 債 新 株 予 約 権 付 社 債 については 独 立 した 資 産 とはせず 国 内 債 券 又 は 国 内 株 式 9

10 の 代 替 資 産 として 取 り 扱 う (キ)ヘッジ 付 き 外 貨 建 て 資 産 ヘッジ 付 き 外 貨 建 て 資 産 については リスク リターン 等 の 特 性 に 応 じて 国 内 債 券 国 内 株 式 外 国 債 券 又 は 外 国 株 式 に 区 分 し 取 り 扱 う (ク) 非 伝 統 的 資 産 (オルタナティブ 資 産 ) インフラストラクチャー プライベートエクイティ 不 動 産 等 の 非 伝 統 的 資 産 (オルタナティブ 資 産 )については 独 立 した 資 産 とはせず リスク リター ン 等 の 特 性 に 応 じて 国 内 債 券 国 内 株 式 外 国 債 券 又 は 外 国 株 式 に 区 分 し 取 り 扱 う また 下 記 7の 検 討 の 結 果 を 踏 まえ 投 資 対 象 として 適 切 なものである ことを 見 極 めた 上 で 投 資 する ウ 資 産 管 理 上 の 留 意 点 1のウ(ア)の 規 定 は 信 託 による 委 託 運 用 の 資 産 の 管 理 を 資 産 管 理 機 関 に 委 託 する 場 合 について 準 用 する この 場 合 において 自 家 運 用 資 産 とあるのは 信 託 による 委 託 運 用 の 資 産 として これらの 規 定 を 適 用 する エ 運 用 状 況 の 報 告 運 用 状 況 については 四 半 期 ごとに 運 用 受 託 機 関 から 別 に 定 める 様 式 に 従 って 資 料 を 提 出 させ 定 期 的 に 運 用 結 果 の 総 括 と 運 用 方 針 についてヒアリングを 行 い 必 要 に 応 じて 運 用 に 関 する 指 示 を 行 う また 各 月 ごとに 運 用 受 託 機 関 から 別 に 定 める 様 式 に 従 って 資 料 を 提 出 させる とともに 必 要 に 応 じ 随 時 運 用 受 託 機 関 に 運 用 状 況 投 資 行 動 等 の 説 明 を 求 め る オ その 他 の 報 告 受 託 機 関 が 法 令 契 約 書 委 託 運 用 ガイドライン 資 産 管 理 ガイドライン 等 に 反 する 行 為 を 行 った 場 合 には 速 やかに 報 告 を 求 めることとし 必 要 に 応 じて 指 示 を 行 う 3 団 体 生 存 保 険 による 運 用 ア 生 命 保 険 会 社 の 選 定 基 準 生 命 保 険 会 社 の 選 定 に 当 たっては 総 資 産 額 が1 兆 円 以 上 の 生 命 保 険 会 社 の 中 から 別 に 定 める 取 引 金 融 機 関 の 選 定 基 準 に 基 づき 財 務 内 容 特 別 配 当 の 状 況 等 を 勘 案 して 決 定 する イ 団 体 生 存 保 険 の 設 定 及 び 資 金 の 追 加 団 体 生 存 保 険 による 運 用 を 行 う 場 合 は アの 基 準 により 選 定 した 生 命 保 険 会 社 と 個 別 契 約 方 式 により 行 うこととし 運 用 資 金 の 金 額 及 び 資 金 の 追 加 は 各 生 命 保 険 会 社 の 総 資 産 額 財 務 内 容 特 別 配 当 の 状 況 等 を 勘 案 して 決 定 する ウ 保 険 契 約 の 解 約 予 定 利 率 各 生 命 保 険 会 社 の 財 務 内 容 その 他 投 資 環 境 に 著 しい 変 動 が 生 じた 10

11 場 合 には 団 体 生 存 保 険 契 約 協 定 書 に 定 める 手 続 きに 基 づき 保 険 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 約 することができる (3) 運 用 受 託 機 関 等 の 選 定 評 価 等 1 運 用 受 託 機 関 の 選 定 運 用 受 託 機 関 の 選 定 に 当 たっては 以 下 の 項 目 等 について 詳 細 なヒアリングを 実 施 した 上 で 基 本 ポートフォリオに 基 づき 当 共 済 組 合 全 体 における 運 用 スタイル の 分 散 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ア 経 営 状 況 ( 資 本 金 財 務 内 容 従 業 員 数 顧 客 状 況 等 )が 安 定 していると 認 め られること イ 運 用 哲 学 運 用 手 法 運 用 体 制 法 令 遵 守 体 制 等 の 定 性 評 価 が 良 好 であること ウ 一 定 期 間 以 上 良 好 な 運 用 成 果 を 上 げていること 2 資 産 管 理 機 関 の 選 定 資 産 管 理 機 関 については 次 の 要 件 を 満 たす 信 託 業 務 を 行 う 金 融 機 関 の 中 から 選 定 する ア 経 営 状 況 ( 資 本 金 財 務 内 容 従 業 員 数 顧 客 状 況 等 )が 安 定 していると 認 め られること イ 資 産 管 理 状 況 が 良 好 であること ウ 法 令 等 の 遵 守 体 制 が 整 備 されていること 3 運 用 受 託 機 関 の 評 価 運 用 受 託 機 関 に 対 する 評 価 については 定 量 評 価 と 定 性 評 価 を 合 わせて 総 合 的 に 行 う ア 定 量 評 価 マネジャー ベンチマークに 対 する 超 過 収 益 率 やその 超 過 収 益 率 獲 得 のために とったリスクの 大 きさを 勘 案 した 指 標 によるほか 運 用 スタイルに 適 した 方 法 等 により 評 価 を 行 うこととする イ 定 性 評 価 ポートフォリオの 運 用 内 容 の 質 の 評 価 やコミュニケーション 能 力 の 評 価 を 行 うほか 運 用 スタイルに 適 した 方 法 等 により 評 価 を 行 うこととする 4 資 産 管 理 機 関 の 評 価 資 産 管 理 機 関 に 対 する 評 価 については 資 産 管 理 状 況 及 び 法 令 等 の 遵 守 体 制 につ いて 適 時 定 性 評 価 を 行 うとともにその 適 性 を 判 断 する 5 委 託 金 額 の 追 加 及 び 減 額 委 託 金 額 の 追 加 及 び 契 約 の 解 除 を 含 めた 減 額 は 以 下 の 場 合 において 行 う ア 3の 評 価 により 行 う 場 合 イ 当 共 済 組 合 全 体 の 資 産 構 成 が 基 本 ポートフォリオから 著 しく 乖 離 し 調 整 を 行 う 場 合 11

12 ウ 運 用 スタイルの 分 散 等 を 考 慮 した 調 整 を 行 う 場 合 なお 運 用 受 託 機 関 が 法 令 契 約 書 委 託 運 用 ガイドライン 等 に 違 反 したと 認 め られる 場 合 又 は 運 用 上 重 大 な 問 題 が 生 じた 場 合 等 においては 運 用 受 託 機 関 との 契 約 の 解 除 を 含 め 委 託 金 額 の 減 額 委 託 運 用 ガイドラインの 変 更 等 について 検 討 を 行 い 適 時 対 応 する 7. 運 用 対 象 の 多 様 化 運 用 対 象 について 分 散 投 資 を 進 めるため オルタナティブ 投 資 等 その 多 様 化 を 図 ることを 検 討 する 新 たな 運 用 対 象 については 分 散 投 資 の 効 果 が 十 分 に 認 められること 超 過 収 益 が 獲 得 できるとの 期 待 を 裏 付 ける 十 分 な 根 拠 を 得 ること 及 びその 運 用 を 行 うのに 必 要 な 運 用 リスク 管 理 体 制 が 整 備 されていることを 前 提 に 運 用 方 針 を 事 前 に 定 めた 上 で 行 うこととする 当 該 運 用 方 針 を 定 める 場 合 には 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 るほか 実 施 状 況 や 資 産 運 用 検 討 委 員 会 から 求 めのあった 事 項 についても 適 時 に 報 告 するなど 資 産 運 用 検 討 委 員 会 による 適 切 なモニタリングの 下 で 資 金 運 用 について 一 般 に 認 められてい る 専 門 的 な 知 見 に 基 づき 検 討 する その 際 非 伝 統 的 資 産 は 市 場 性 収 益 性 個 別 性 取 引 コスト 情 報 開 示 の 状 況 等 従 来 の 伝 統 的 資 産 とはリスク 等 が 異 なる 点 も 多 く 運 用 側 の 能 力 向 上 等 のみでは 対 応 できないことから 各 資 産 の 確 かな 収 益 力 の 向 上 や 流 通 市 場 の 整 備 等 市 場 環 境 の 整 備 を 十 分 踏 まえた 検 討 をする また 非 伝 統 的 資 産 の 評 価 については 資 産 の 管 理 及 び 運 用 に 関 し 一 般 に 認 められ ている 専 門 的 な 知 見 に 基 づき 評 価 方 法 を 明 らかにする 8. 機 動 的 な 運 用 経 済 環 境 や 市 場 環 境 の 変 化 を 踏 まえ 基 本 ポートフォリオの 資 産 構 成 割 合 に 資 産 構 成 比 を 近 づけるのでなく 許 容 乖 離 幅 の 中 で 機 動 的 に 資 産 構 成 比 を 決 定 する 運 用 ( 以 下 機 動 的 な 運 用 という )を 行 うことができる この 場 合 市 場 環 境 の 確 度 の 高 い 見 通 しを 行 った 上 で その 見 通 しを 踏 まえて 運 用 方 針 を 事 前 に 定 めた 上 で 行 うこと を 前 提 とする また 当 該 運 用 方 針 を 定 める 場 合 には 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 るほか 機 動 的 な 運 用 の 実 施 状 況 を 適 時 に 資 産 運 用 検 討 委 員 会 に 報 告 することとする なお 機 動 的 な 運 用 を 行 う 場 合 には 4の(1) 年 間 資 金 運 用 計 画 にもその 内 容 を 規 定 する 9. 株 式 運 用 における 考 慮 事 項 12

13 株 式 運 用 において 財 務 的 な 要 素 に 加 えて 収 益 確 保 のため ESG( 環 境 社 会 ガバナンス)を 含 めた 非 財 務 的 要 素 を 考 慮 することについて 当 該 要 素 を 考 慮 した 運 用 を 行 う 運 用 受 託 機 関 に 係 る6の(3)3に 規 定 する 評 価 の 結 果 及 び 資 金 運 用 につい て 一 般 に 認 められている 専 門 的 な 知 見 に 基 づき 検 討 し 超 過 収 益 が 獲 得 できるとの 期 待 を 裏 付 ける 十 分 な 根 拠 の 下 合 理 的 なリスク 選 択 を 行 うことを 前 提 に 検 討 結 果 を 踏 まえた 取 組 を 実 施 する 10. 合 同 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 は 連 合 会 に 預 託 して 運 用 することができる Ⅱ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 し 遵 守 すべき 事 項 1. 受 託 者 責 任 の 徹 底 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 に 関 わる 全 ての 者 について 慎 重 な 専 門 家 の 注 意 義 務 及 び 忠 実 義 務 の 遵 守 を 徹 底 する なお 受 託 機 関 及 び 生 命 保 険 会 社 等 との 契 約 においては 契 約 書 等 に 明 記 する 2. 市 場 及 び 民 間 の 活 動 への 影 響 に 対 する 配 慮 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 運 用 に 当 たっては 市 場 規 模 を 考 慮 し 自 ら 過 大 な マーケット インパクトを 蒙 ることがないよう 努 めるとともに 市 場 の 価 格 形 成 や 民 間 の 投 資 行 動 等 を 歪 めないよう 配 慮 し 特 に 資 金 の 投 入 及 び 回 収 に 当 たって 特 定 の 時 期 への 集 中 を 回 避 するよう 努 める 3.スチュワードシップ 責 任 を 果 たすための 対 応 株 主 議 決 権 は 企 業 が 長 期 的 に 株 主 の 利 益 を 最 大 にするような 企 業 経 営 を 行 うよう 行 使 する 当 共 済 組 合 が 個 別 に 行 使 の 指 図 を 行 う 場 合 には 当 共 済 組 合 は 受 託 機 関 が 当 該 指 図 に 従 い 行 使 するよう 指 示 し 個 別 に 行 使 の 指 図 を 行 わない 場 合 には 当 共 済 組 合 は 受 託 機 関 に 対 し 当 共 済 組 合 の 制 定 するコーポレートガバナンス 原 則 の 趣 旨 に 沿 い 当 共 済 組 合 の 制 定 する 株 主 議 決 権 行 使 ガイドラインの 趣 旨 に 従 って 行 使 させる また 当 共 済 組 合 は 受 託 機 関 に 議 決 権 行 使 の 状 況 等 について 報 告 を 求 める その 際 責 任 ある 機 関 投 資 家 の 諸 原 則 日 本 版 スチュワードシップ コード ( 平 成 26 年 2 月 26 日 日 本 版 スチュワードシップ コードに 関 する 有 識 者 検 討 会 取 りまとめ) 及 びコーポレートガバナンス コード( 平 成 27 年 6 月 1 日 株 式 会 社 東 京 証 券 取 引 所 )を 踏 まえ コーポレートガバナンス 原 則 及 び 株 主 議 決 権 行 使 ガイドライ 13

14 ン 等 を 随 時 見 直 すとともに スチュワードシップ 責 任 ( 機 関 投 資 家 が 投 資 先 の 日 本 企 業 やその 事 業 環 境 等 に 関 する 深 い 理 解 に 基 づく 建 設 的 なエンゲージメント 等 を 通 じて 当 該 企 業 の 企 業 価 値 の 向 上 や 持 続 的 成 長 を 促 すことにより 顧 客 受 益 者 の 中 長 期 的 な 投 資 収 益 の 拡 大 を 図 る 責 任 をいう )を 果 たす 上 での 基 本 的 な 方 針 に 沿 った 対 応 を 行 う コーポレートガバナンス 原 則 及 び 株 主 議 決 権 行 使 ガイドラインを 見 直 す 場 合 には 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 るとともに スチュワードシップ 活 動 の 状 況 について は 適 時 に 資 産 運 用 検 討 委 員 会 に 報 告 を 行 う また 投 資 先 企 業 の 対 話 やスチュワードシップ 活 動 に 伴 う 判 断 を 適 切 に 行 うための 一 助 として 必 要 に 応 じ 連 合 会 と 意 見 交 換 を 行 うことやそのための 場 を 設 けること を 検 討 する 4. 年 金 給 付 のための 流 動 性 の 確 保 年 金 財 政 の 見 通 し 及 び 収 支 状 況 を 踏 まえ 年 金 給 付 等 に 必 要 な 流 動 性 ( 現 金 等 )を 確 保 するとともに 効 率 的 な 現 金 管 理 を 行 う その 際 市 場 の 価 格 形 成 等 に 配 慮 しつつ 円 滑 に 資 産 の 売 却 等 を 行 い 不 足 なく 確 実 に 資 金 を 確 保 するため 市 場 動 向 の 把 握 分 析 等 必 要 な 機 能 の 強 化 を 図 る 5. 他 の 地 方 公 務 員 共 済 組 合 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 及 び 連 合 会 との 連 携 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 業 務 の 実 施 に 関 して 必 要 な 情 報 交 換 を 行 うなど 相 互 に 連 携 を 図 りながら 協 力 する Ⅲ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 における 長 期 的 な 観 点 からの 資 産 の 構 成 に 関 する 事 項 1. 基 本 ポートフォリオの 基 本 的 考 え 方 (1) 基 本 ポートフォリオは 管 理 運 用 方 針 等 に 適 合 し 運 用 の 目 標 に 沿 った 資 産 構 成 割 合 とし 資 産 の 管 理 及 び 運 用 に 関 し 一 般 に 認 められている 専 門 的 な 知 見 並 びに 内 外 の 経 済 動 向 を 考 慮 して フォワード ルッキングなリスク 分 析 を 踏 まえて 長 期 的 な 観 点 から 設 定 する 基 本 ポートフォリオの 設 定 に 当 たっては 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 て 運 営 審 議 会 に 報 告 する (2) 基 本 ポートフォリオの 資 産 構 成 割 合 及 び 許 容 乖 離 幅 は 連 合 会 が 定 める 管 理 積 立 金 の 基 本 ポートフォリオの 資 産 構 成 割 合 及 び 許 容 乖 離 幅 の 範 囲 内 で 設 定 する 14

15 2. 基 本 ポートフォリオ 基 本 ポートフォリオを 構 成 する 資 産 区 分 については 国 内 債 券 国 内 株 式 外 国 債 券 及 び 外 国 株 式 とし 基 本 ポートフォリオの 資 産 構 成 割 合 及 び 許 容 乖 離 幅 を 次 のとお り 定 める 国 内 債 券 国 内 株 式 外 国 債 券 外 国 株 式 資 産 構 成 割 合 35% 25% 15% 25% 許 容 乖 離 幅 ±15% ±14% ±6% ±12% ( 注 )この 表 の 数 値 は 短 期 資 産 を 含 む 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 全 体 に 対 する 各 資 産 の 割 合 である オルタナティブ 資 産 は リスク リターン 等 の 特 性 に 応 じて 国 内 債 券 国 内 株 式 外 国 債 券 及 び 外 国 株 式 のいずれかに 区 分 し 資 産 全 体 の5%を 上 限 とする 3.ベンチマーク 各 資 産 のベンチマークは 次 のとおりとする (1) 国 内 債 券 NOMURA-BPI 総 合 (2) 国 内 株 式 TOPIX( 配 当 込 み) (3) 外 国 債 券 シティ 世 界 国 債 インデックス( 除 く 日 本 ヘッジなし 円 ベース) (4) 外 国 株 式 MSCI ACWI ex.japan( 円 ベース 配 当 込 み) 4. 基 本 ポートフォリオの 見 直 し (1) 基 本 ポートフォリオについては 市 場 動 向 を 踏 まえた 適 切 なリスク 管 理 等 を 行 い 毎 年 1 回 検 証 を 行 うほか 設 定 時 に 想 定 した 運 用 環 境 が 現 実 から 乖 離 しているなど 必 要 があると 認 める 場 合 には 検 討 を 加 え 必 要 に 応 じて 見 直 しを 行 う 基 本 ポートフォリオの 見 直 しに 当 たっては 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 て 運 営 審 議 会 に 報 告 する なお 市 場 への 影 響 等 に 鑑 み 必 要 があると 認 めるときは 見 直 し 後 の 基 本 ポート フォリオに 円 滑 に 移 行 させるため 移 行 ポートフォリオ( 基 本 ポートフォリオを 実 現 するまでの 経 過 的 な 資 産 の 構 成 割 合 をいう )を 設 定 することができる (2) 年 金 給 付 等 への 対 応 のため 運 用 目 標 とする 運 用 利 回 りの 確 保 並 びに 基 本 ポート フォリオの 資 産 構 成 割 合 及 び 許 容 乖 離 幅 の 範 囲 内 での 運 用 の 維 持 が 困 難 な 事 態 と なった 場 合 は 連 合 会 と 個 別 に 協 議 を 行 う 15

16 協 議 の 結 果 別 の 取 扱 いをすることとなる 場 合 は 基 本 方 針 においてその 理 由 を 明 らかにする Ⅳ その 他 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 適 切 な 管 理 及 び 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 1. 透 明 性 の 向 上 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 して 各 年 度 の 運 用 収 益 やリスク など 管 理 及 び 運 用 実 績 の 状 況 等 について 毎 年 1 回 ( 各 四 半 期 の 管 理 及 び 運 用 実 績 の 状 況 ( 運 用 資 産 全 体 の 状 況 及 び 運 用 資 産 ごとの 状 況 を 含 む ) 等 については 四 半 期 ご とに)ホームページ 等 を 活 用 して 迅 速 に 公 表 するなど 公 開 資 料 をより 一 層 分 かりや すいように 工 夫 するとともに 運 用 の 多 様 化 高 度 化 や 国 際 化 に 対 応 した 情 報 公 開 広 報 活 動 の 在 り 方 を 検 討 し その 充 実 を 図 る これらの 公 表 については 適 時 に 運 営 審 議 会 及 び 資 産 運 用 検 討 委 員 会 に 報 告 を 行 う 運 用 受 託 機 関 等 の 選 定 については 例 えば 選 定 基 準 については 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 審 議 を 経 るほか 実 施 状 況 や 資 産 運 用 検 討 委 員 会 から 求 めのあった 事 項 について も 適 時 に 報 告 するなど 資 産 運 用 検 討 委 員 会 による 適 切 なモニタリングの 下 で その 透 明 性 を 確 保 する これらの 公 表 等 に 当 たっては 市 場 への 影 響 に 留 意 するものとする 2. 高 度 で 専 門 的 な 人 材 の 確 保 とその 活 用 等 必 要 に 応 じ 高 度 で 専 門 的 な 能 力 を 必 要 とする 業 務 及 びそれに 必 要 とされる 専 門 的 能 力 を 精 査 し 当 該 能 力 を 有 する 高 度 で 専 門 的 な 人 材 の 確 保 に 努 める また 高 度 で 専 門 的 な 人 材 を 活 用 した 研 修 等 を 実 施 することにより 職 員 の 業 務 遂 行 能 力 の 向 上 を 目 指 す 専 門 人 材 の 強 化 育 成 については 適 宜 資 産 運 用 検 討 委 員 会 にその 状 況 を 報 告 し その 意 見 を 踏 まえて 積 極 的 に 推 進 する 3.リスク 管 理 の 強 化 必 要 なリスク 管 理 システムを 整 備 する また 機 動 的 な 運 用 を 行 うことなどを 踏 まえ リスク 管 理 について フォワード ルッキングなリスク 分 析 機 能 の 強 化 リスク 管 理 分 析 ツールの 整 備 情 報 収 集 調 査 機 能 の 強 化 を 進 めるなど 必 要 に 応 じ 高 度 化 を 図 る 4. 調 査 研 究 業 務 の 充 実 調 査 研 究 業 務 を 実 施 する 場 合 は シンクタンク 等 へ 委 託 研 究 を 行 うとともに 厚 生 16

17 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 するノウハウを 当 共 済 組 合 内 に 蓄 積 す るため 高 度 で 専 門 的 な 人 材 を 含 めた 職 員 が 担 うことも 検 討 する また 高 度 で 専 門 的 な 人 材 を 採 用 している 場 合 その 者 を 活 用 した 内 部 での 調 査 研 究 を 拡 充 できるよう な 体 制 の 整 備 を 図 り 調 査 研 究 によって 得 られたノウハウを 蓄 積 し 将 来 にわたって 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 を 安 全 かつ 効 率 的 に 行 うことを 検 討 す る なお 委 託 研 究 を 行 う 場 合 には 情 報 漏 えい 対 策 を 徹 底 する 附 記 1 基 本 方 針 は 平 成 27 年 10 月 1 日 から 施 行 する 2 Ⅲの2に 定 める 基 本 ポートフォリオへ 移 行 するまでの 間 許 容 乖 離 幅 を 超 過 するこ とについては 許 容 する ( 別 表 ) 格 付 機 関 1. 株 式 会 社 格 付 投 資 情 報 センター 2. 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 3.スタンダード アンド プアーズ レーティングズ サービシズ 4.フィッチレーティングスリミテッド 5.ムーディーズ インベスターズ サービス インク 17

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用

目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の 目 標 2 3 年 金 資 産 運 用 検 討 委 員 会 の 活 用 3 4 資 金 運 用 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 地 方 職 員 共 済 組 合 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 目 次 ( 地 方 共 済 事 務 局 ) Ⅰ 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 の 基 本 的 な 方 針 1 基 本 的 な 方 針 2 2 運 用 の

More information

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という

この基本運用方針は、地方公務員共済組合連合会(以下「連合会」という 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 に 関 する 基 本 方 針 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 ) 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 152 号 以 下 法 という ) 第 112 条 の4 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 ( 法 第 3 8 条 の8 第 1 項

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CFA90B6944E8BE095DB8CAF8E968BC682CC8EC08E7B8B408AD690CF97A78BE082CC8AC7979D8B7982D1895E977082C98C5782E98BEF91CC934982C895FB906A2E646F63> 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 具 体 的 な 方 針 平 成 27 年 10 月 1 日 制 定 警 察 共 済 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 厚 生 年 金 保 険 事 業 の 実 施 機 関 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 係 る 基 本 的 な 方 針 ( 以 下 基 本 的 な 方 針 という

More information

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針

厚生年金保険給付積立金等の管理運用の方針 厚 生 年 金 保 険 給 付 積 立 金 等 の 管 理 運 用 の 方 針 ( 平 成 27 年 9 月 30 日 制 定 ) 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 ( 以 下 私 学 事 業 団 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 第 7 9 条 の6 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 同 法 第 79 条 の4 第 1 項 に 規 定 する 積 立 金 基 本 指 針

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

平成24年度 業務概況書

平成24年度 業務概況書 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 調 整 積 立 金 運 用 状 況 ( 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 ) 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 10 兆 1,895 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は

More information

平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 の 運 用 資 産 額 は 2 兆 4,339 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +2.05%となりました 実 現 収 益 率 は +1.19%です

平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 の 運 用 資 産 額 は 2 兆 4,339 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +2.05%となりました 実 現 収 益 率 は +1.19%です 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 公 立 学 校 共 済 組 合 平 成 27 年 度 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 の 運 用 資 産 額 は 2 兆 4,339 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +2.05%となりました

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ

厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 参 考 資 料 厚 生 年 金 基 金 等 の 現 状 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 たる 厚 生 年 金 の 一 部 を 国 に 代 わって 支 給 ( 代 行 給 付 )しており 当 該 支 給 を 行 うための 費 用 として 事 業 主 から 保 険 料 を 徴 収 している 加 えて 各 基 金 ごとに 上 乗 せ 給

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc

Microsoft Word - H20中小会計指針新旧対照表080502.doc 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 指 針 ( 平 成 20 年 版 ) と 旧 指 針 との 新 旧 対 照 表 平 成 20 年 5 月 1 日 総 論 改 正 指 針 ( 平 成 20 年 5 月 1 日 ) 旧 指 針 ( 平 成 19 年 4 月 27 日 ) 対 象 要 点 対 象 要 点 本 指 針 の 適 用 対 象 は 以 下 を 除 く 株 式 会 社 とする (1) 金

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc

Microsoft Word - 1608 ETF・日経400ベア決算短信.doc 平 成 ( 平 成 27 年 8 月 21 日 ~ 平 成 28 年 8 月 20 日 ) 決 算 短 信 平 成 28 年 9 月 28 日 上 場 取 引 所 東 証 フ ァ ン ド 名 JPX 日 経 400ベア 上 場 投 信 (インバース) コ ー ド 番 号 1468 連 動 対 象 指 標 JPX 日 経 400インバース インデックス 主 要 投 資 資 産 公 社 債 売 買 単

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

ETF通期決算短信(サマリー情報様式)

ETF通期決算短信(サマリー情報様式) 平 成 28 年 8 月 期 決 算 短 信 ( 平 成 27 年 10 月 19 日 ~ 平 成 28 年 8 月 9 日 ) 平 成 28 年 9 月 27 日 フ ァ ン ド 名 i シェアーズ MSCI 日 本 株 最 小 分 散 ETF 上 場 取 引 所 東 大 名 福 札 コ ー ド 番 号 1477 売 買 単 位 1 口 連 動 対 象 指 標 MSCI 日 本 株 最 小 分 散

More information

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 東 京 都 職 員 共 済 組 合 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

資    料 (法人課税)

資    料 (法人課税) 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 際 課 税 関 係 ) 1 外 国 税 額 控 除 制 度 の 適 正 化 外 国 税 額 控 除 制 度 は 国 際 的 二 重 課 税 を 排 除 するために 外 国 で 納 付 した 外 国 税 額 を 国 外 所 得 に 対 しわが 国 で 納 付 すべき 法 人 の 税 額 ( 控 除 限 度 額 )の 範 囲 内 で 控 除

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親

している 5. これに 対 して 親 会 社 の 持 分 変 動 による 差 額 を 資 本 剰 余 金 として 処 理 した 結 果 資 本 剰 余 金 残 高 が 負 の 値 となるような 場 合 の 取 扱 いの 明 確 化 を 求 めるコメントが 複 数 寄 せられた 6. コメントでは 親 第 265 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (3) 2013 年 5 月 29 日 プロジェクト 項 目 企 業 結 合 (ステップ2) 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 I. 検 討 の 経 緯 1. 平 成 25 年 1 月 に 企 業 会 計 基 準 公 開 草 案 第 49 号 企 業 結 合 に 関 する 会 計 基 準 (

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則

リング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 について 回 収 可 能 性 がないも のとする 原 則 的 な 取 扱 いに 対 して スケジューリング 不 能 な 将 来 減 算 一 時 差 異 を 回 収 できることを 反 証 できる 場 合 に 原 則 第 323 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (5)-4 2015 年 11 月 6 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 公 開 草 案 に 対 するコメントへの 対 応 - 合 理 的 な 説 明 に 関 する 取 扱 い 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 公 開 草 案 第 54 号 繰

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

Microsoft Word - ☆f.doc

Microsoft Word - ☆f.doc 第 1 問 問 1 正 解 2 6,000 千 円 給 与 所 得 の 金 額 は 次 の 式 より 求 める 給 与 所 得 の 金 額 = 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 額 まず 給 与 所 得 控 除 額 を 設 例 の 中 の 速 算 表 から 求 め 次 に 上 記 計 算 式 より 給 与 所 得 控 除 後 の 金 額 を 求 めることになる 給 与 所 得 控 除 額

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料

第2回 制度設計専門会合 事務局提出資料 第 3 回 制 度 設 計 専 門 会 合 事 務 局 提 出 資 料 ~ 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )の 概 要 について~ 平 成 27 年 12 月 4 日 ( 金 ) 電 力 の 小 売 営 業 に 関 する 指 針 ( 案 )で 整 備 する の 目 次 1. 需 要 家 への 適 切 な 情 報 提 供 (1) 一 般 的 な 情 報 提 供 (2) 契

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

 

  第 4 経 理 の 状 況 1. 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 方 法 について 当 社 の 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 は 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 用 語 様 式 及 び 作 成 方 法 に 関 する 規 則 ( 平 成 19 年 内 閣 府 令 第 64 号 )に 基 づいて 作 成 しております 2. 監 査 証 明 について 当 社 は 金 融 商

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属

内 において 管 理 されている 上 場 株 式 等 のうち 非 課 税 管 理 勘 定 に 係 るもの( 新 規 投 資 額 で 毎 年 80 万 円 を 上 限 とします )に 係 る 配 当 等 で 未 成 年 者 口 座 に 非 課 税 管 理 勘 定 を 設 けた 日 から 同 日 の 属 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 平 成 28 年 7 月 1 日 現 在 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 以 下 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受

しかし 主 に 欧 州 の 一 部 の 回 答 者 は 受 託 責 任 について 資 源 配 分 の 意 思 決 定 の 有 用 性 とは 独 立 の 財 務 報 告 の 目 的 とすべきであると 回 答 した 本 ED に 対 する ASBJ のコメント レターにおける 意 見 経 営 者 の 受 第 337 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 (2)-3 2016 年 5 月 31 日 プロジェクト 項 目 概 念 フレームワーク 概 念 フレームワークの 見 直 しに 関 する IASB における 議 論 の 状 況 Ⅰ. 本 資 料 の 目 的 1. 2016 年 5 月 の 国 際 会 計 基 準 審 議 会 (IASB)ボード 会 議 では 公 開

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,068,775 融 資 収 益 3,687,647 受 託 収 益 1,203,223 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 160,714,729 流 動 負 債 141,541,788 現 金 及 び 預 金 2,059,886 買 掛 金 78,123,590 割 賦 売 掛 金 138,651,962 短 期 借 入 金 27,000,000 営 業 貸 付 金 16,098

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税

平成24年度税制改正要望 公募結果 153. 不動産取得税 項 目 : 153. 不 動 産 取 得 税 岩 手 県 ( 商 工 労 働 観 光 部 企 業 立 地 推 進 課 ) 被 災 地 域 の 企 業 が 投 資 する 再 生 可 能 エネルギー 設 備 に 対 する 課 税 免 除 大 震 災 津 波 において 被 災 地 域 では 電 気 水 道 ガスなどのインフラ 機 能 が 喪 失 し 工 場 では 稼 働 再 開 まで 長 期 間 を 要

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ

連 結 注 記 表 ( 連 結 計 算 書 類 作 成 のための 基 本 となる 重 要 な 事 項 ) 1. 連 結 の 範 囲 に 関 する 事 項 (1) 連 結 子 会 社 の 数 3 社 連 結 子 会 社 の 名 称 株 式 会 社 ミック 株 式 会 社 モリワン 株 式 会 社 テッ 第 42 回 定 時 株 主 総 会 招 集 ご 通 知 に 際 しての インターネット 開 示 事 項 第 42 期 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 2 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 はるやま 商 事 株 式 会 社 本 内 容 は 法 令 及 び 当 社 定 款 第 17 条 の

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx

Microsoft Word 差替_【900】(旧69)「交代」120111CL.docx 監 査 基 準 委 員 会 報 告 書 900 監 査 人 の 交 代 平 成 23 年 12 月 22 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 監 査 基 準 委 員 会 ( 報 告 書 : 第 6 9 号 ) 項 番 号 Ⅰ 本 報 告 書 の 範 囲 及 び 目 的 1. 本 報 告 書 の 範 囲... 1 2. 監 査 人 の 責 任... 3 3. 本 報 告 書 の 目 的... 4

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当

目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表 ) 5 2. 税 等 未 収 金 6 3 債 権 債 務 整 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 6 4 当 平 成 20 年 度 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 報 告 書 金 融 資 産 負 債 台 帳 の 作 成 手 引 き 平 成 20 年 6 月 30 日 地 方 公 会 改 革 研 究 プロジェクト 目 次 ( 資 産 の 部 金 融 資 産 ) 1. 資 金 4 1 資 金 明 細 台 帳 ( 資 産 負 債 整 簿 ) 5 2 資 金 の 明 細 台 帳 ( 付 属 明 細 表

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい (1)24 年 度 から 開 始 した 各 市 町 村 における 人 農 地 プラン ( 地 域 の 農 業 者 の 徹 底 した 話 合 いにより 人 農 地 問 題 の 解 決 方 向 や 地 域 農 業 の 将 来 のあり 方 を 明 確 にしてい

1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい (1)24 年 度 から 開 始 した 各 市 町 村 における 人 農 地 プラン ( 地 域 の 農 業 者 の 徹 底 した 話 合 いにより 人 農 地 問 題 の 解 決 方 向 や 地 域 農 業 の 将 来 のあり 方 を 明 確 にしてい ( 資 料 3-2) 農 地 中 間 管 理 機 構 に 関 する Q&A 1 農 地 中 間 管 理 機 構 のねらい 1 2 機 構 の 借 受 け 貸 付 けの 手 順 3 3 機 構 に 関 する 市 町 村 の 役 割 4 4 機 構 に 関 する 農 業 委 員 会 の 役 割 4 5 機 構 に 関 する 農 協 の 役 割 4 6 農 地 中 間 管 理 機 構 と 従 来 の 農

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information