銀行経営2013年の視点

Size: px
Start display at page:

Download "銀行経営2013年の視点"

Transcription

1 金 融 資 本 市 場 月 17 日 全 8 頁 銀 行 経 営 2013 の 視 点 収 300 万 円 台 の 購 入 者 による 住 宅 ローンが 急 増 するリスクは? 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 菅 野 泰 夫 [ 要 約 ] 金 融 機 関 経 営 に 関 する 2013 のトピックとなるテーマを 解 説 テーマ1:グローバル 金 融 規 制 導 入 元 から 歩 調 合 わず テーマ2:バーゼルⅢの 実 施 と 国 内 基 準 行 への 影 響 テーマ3: 収 300 万 円 台 の 購 入 者 による 住 宅 ローンの 急 増 とそのリスク( 日 本 版 サブ プライムローン 問 題 への 警 鐘 ) 1.グローバル 金 融 規 制 導 入 元 から 歩 調 合 わず:テーマ 月 に 発 生 したリーマン ショック 以 降 金 融 市 場 の 混 乱 が 世 界 的 な 経 済 危 機 に 発 展 してきた 以 降 バーゼル 銀 行 監 督 委 員 会 (Basel Committee on Banking Supervision 以 下 BCBS) や 各 国 金 融 規 制 当 局 は 金 融 危 機 が 繰 り 返 されることを 防 止 するため 国 際 的 な 金 融 規 制 改 革 の 議 論 や 新 しい 規 制 案 を 次 々と 打 ち 出 してきた 今 (2013 )は 順 次 国 際 金 融 規 制 改 革 が 実 施 される 初 度 に 位 置 づけられ その 中 核 であるバーゼルⅢ 規 制 が 各 国 の 銀 行 に 導 入 され 始 めている しかしながら 既 に 各 国 の 歩 調 が 合 わない 状 況 が 鮮 明 になりつつあるのが 実 情 だ 昨 12 月 に 開 催 された BCBS においても スウェーデン 中 央 銀 行 のステファン イングベス 総 裁 (BCBS 議 長 )は ( 今 更 ながら) 実 施 準 備 が 間 に 合 わない 等 の 理 由 により 米 国 及 び EU 加 盟 国 等 のバーゼルⅢ 実 施 の 延 期 を 表 明 した 1 実 際 に 2013 からバーゼルⅢをスタートする 地 域 は 加 盟 30 か 国 中 オーストラリア カナダ 中 国 香 港 インド 日 本 メキシコ サウジアラ ビア シンガポール 南 アフリカ スイスの 11 に 留 まるとの 声 明 が 発 表 されている 過 去 の G20 サミットや 2012 以 降 の BCBS からの 発 表 文 書 においても 欧 米 ( 特 に 米 国 )の 進 捗 状 況 2 の 悪 さ 1 BCBS Implementation of the Basel III Framework 月 14 日 2 菅 野 泰 夫 バーゼルⅢに 残 されたリスクシナリオ 月 4 日 大 和 総 研 金 融 資 本 市 場 レポート (http://www.dir.co.jp/research/report/capital-mkt/ capital-mkt.html) 株 式 会 社 大 和 総 研 丸 の 内 オフィス 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 一 丁 目 9 番 1 号 グラントウキョウ ノースタワー このレポートは 投 資 勧 誘 を 意 図 して 提 供 するものではありません このレポートの 掲 載 情 報 は 信 頼 できると 考 えられる 情 報 源 から 作 成 しておりますが その 正 確 性 完 全 性 を 保 証 する ものではありません また 記 載 された 意 見 や 予 測 等 は 作 成 時 点 のものであり 今 後 予 告 なく 変 更 されることがあります 大 和 総 研 の 親 会 社 である 大 和 総 研 ホールディングスと 大 和 証 券 は 大 和 証 券 グループ 本 社 を 親 会 社 とする 大 和 証 券 グループの 会 社 です 内 容 に 関 する 一 切 の 権 利 は 大 和 総 研 にあります 無 断 での 複 製 転 載 転 送 等 はご 遠 慮 ください

2 2 / 8 は 再 三 警 告 されていたにもかかわらず 結 果 的 にグローバル 金 融 規 制 導 入 元 から 冷 や 水 を 浴 びせる 格 好 となった バーゼルⅢの 実 施 はシステム 対 応 を 含 めて 追 加 的 な 資 本 コストが 必 要 となり 適 応 する 銀 行 は 国 際 的 な 競 争 力 低 下 も 懸 念 される グローバルにシステム 上 重 要 な 銀 行 ( 月 発 表 :G-SIBs)が 存 在 する 国 の 中 では スイス 中 国 日 本 の 銀 行 のみが 対 象 となり 28 行 中 6 行 の 実 施 に 留 まることとなった( 図 表 1 参 照 ) そもそも 金 融 危 機 の 震 源 地 であった 米 国 欧 州 より 規 制 対 応 が 先 行 することに 対 しては なぜ 日 本 だけが(バーゼルⅡも 含 めて) 規 制 対 応 を 先 行 する 必 要 があるのかなどの 邦 銀 からの 苦 言 も 多 い イングランド 銀 行 から リスクベースでの 資 本 からもっとシンプルな 会 計 上 の 資 本 での 計 測 に 回 帰 する 方 が 良 い など 金 融 規 制 の 根 底 を 揺 るがす 声 明 が 出 されていることに 対 しても 引 き 続 き 注 意 が 必 要 であ ろう 各 国 銀 行 間 の 競 争 条 件 の 公 平 性 の 観 点 からも まだ 適 用 していない 各 国 での 早 急 な 対 応 を 強 く 求 める 必 要 がある 図 表 1 グローバルにシステム 上 重 要 な 銀 行 (G-SIBs)が 存 在 する 国 でのバーゼルⅢ 適 用 状 況 EU 国 No. 銀 行 (G-SIBs) Bucket (サーチャージ) 1 BNP Paribas 2.0% 2 Group Credit Agricole 1.0% フランス 3 Groupe BPCE 1.0% 4 Societe Generale 1.0% ドイツ 1 Deutsche Bank 2.5% イタリア 1 Unicredit Group 1.0% オランダ 1 ING Bank 1.0% 1 Santander 1.0% スペイン 2 BBVA 1.0% スウェーデン 1 Nordea 1.0% 英 国 スイス 1 HSBC 2.5% 2 Barclays 2.0% 3 Royal Bank of Scotland 1.5% 4 Standard Chartered 1.0% 1 Credit Suisse 1.5% 2 UBS 1.5% Basel Ⅲ 延 期 (2014/1を 目 途 ) 実 施 (2013/1) 米 国 日 本 1 Citigroup 2.5% 2 JP Morgan Chase 2.5% 3 Bank of America 1.5% 4 Bank of New York Mellon 1.5% 5 Goldman Sachs 1.5% 6 Morgan Stanley 1.5% 7 State Street 1.0% 8 Wells Fargo 1.0% 1 三 菱 UFJ FG 1.5% 2 みずほ FG 1.0% 3 三 井 住 友 FG 1.0% 延 期 ( 時 期 未 定 ) 実 施 (2013/3) 中 国 香 港 1 Bank of China 1.0% ( 出 所 ) 月 の 金 融 安 定 理 事 会 の 資 料 より 大 和 総 研 作 成 実 施 (2013/1)

3 3 / 8 2. 国 内 基 準 行 のバーゼルⅢ 新 基 準 の 概 要 :テーマ2 さらに 日 本 では 欧 米 に 先 行 してバーゼルⅢ 規 制 の 国 内 基 準 行 への 適 用 を 進 めている 金 融 庁 は 月 12 日 地 方 銀 行 や 信 用 金 庫 など 国 内 基 準 行 を 対 象 としたバーゼルⅢの 新 基 準 案 3 を 発 表 した 資 本 水 準 の 最 低 比 率 は 従 来 通 り 4%を 維 持 するが 従 来 の Tier1 Tier2 Tier3 のフレームワークが 廃 止 となり ( 普 通 株 式 を 中 心 とする) 定 義 付 けを 厳 格 化 したコア 資 本 の 概 念 が 導 入 されることとなった( 図 表 2 参 照 ) また 従 前 から 資 本 としての 役 割 不 足 を 指 摘 さ れてきた 劣 後 債 劣 後 ローン(Tier2)の 廃 止 も 決 定 され 地 域 金 融 機 関 も 含 めて 包 括 的 に 規 制 強 化 を 推 し 進 める 姿 勢 が 見 られた ただし 国 際 基 準 行 の 新 基 準 と 同 様 に 長 期 間 の 経 過 措 置 が 加 わり( 最 長 15 ) 一 部 の 銀 行 を 除 いて 資 本 政 策 を 再 構 築 する 時 間 的 猶 予 は 十 分 ともいえる コア 資 本 の 達 成 水 準 も 現 時 点 では 多 くの 地 域 金 融 機 関 は 十 分 達 成 できる 水 準 であろう ま た のれん 自 己 資 本 の 10% 超 の 繰 延 税 金 資 産 その 他 無 形 固 定 資 産 等 の 調 整 控 除 項 目 に 関 しても 国 際 基 準 行 にほぼ 準 拠 した 内 容 となっているため 大 きな 混 乱 は 無 い 模 様 だ 今 後 は 月 18 日 まで 新 基 準 案 に 対 するパブリックコメントを 行 い 月 期 決 算 から 段 階 的 に 適 用 を 開 始 する 予 定 となっている 図 表 2 国 内 基 準 行 のバーゼル 規 制 の 変 更 基 本 的 項 目 (Tier1) その 他 の Tier1 項 目 補 完 的 項 目 Tier2 バーゼルⅡ 普 通 株 内 部 留 保 等 優 先 株 SPC 優 先 出 資 証 券 協 同 組 織 金 融 機 関 発 行 の 優 先 出 資 証 券 劣 後 債 劣 後 ローン 一 般 貸 倒 引 当 金 (リスクアセットの0.625%まで) 土 地 再 評 価 差 額 金 の45% 相 当 額 コア 資 本 バーゼルⅢ 普 通 株 内 部 留 保 等 優 先 株 ( 強 制 転 換 条 項 付 のもののみ) 社 債 型 優 先 株 は 除 外 協 同 組 織 金 融 機 関 発 行 の 優 先 出 資 証 券 一 般 貸 倒 引 当 金 ( 信 用 リスク アセットの1.25%まで) 従 来 の0.625%より 上 限 が 引 き 上 げ ± 調 整 控 除 項 目 準 補 完 的 項 目 Tier3 ( 出 所 ) 大 和 総 研 短 期 劣 後 債 等 マイナス 控 除 項 目 調 整 控 除 項 目 のれん 自 己 資 本 の10% 超 の 繰 延 税 金 資 産 その 他 無 形 固 定 資 産 ( 換 金 性 が 無 いソフトウェア 等 )の 控 除 は 国 際 基 準 行 とほぼ 同 一 基 準 また 新 基 準 案 では 国 際 基 準 行 では( 普 通 株 式 等 Tier1 資 本 へ) 算 入 できる 有 価 証 券 評 価 損 益 や 土 地 再 評 価 差 額 金 はコア 資 本 から 除 外 されていることが 分 かる これは 信 用 供 与 以 外 の 項 目 によって( 例 えば 国 債 等 の 含 み 損 益 など) 規 制 資 本 の 水 準 が 不 安 定 になり 貸 し 渋 り 等 の 信 用 収 縮 を 引 き 起 こすことを 抑 制 する 意 図 があるようだ その 一 方 一 般 貸 倒 引 当 金 が(Tier2 から)コア 資 本 に 算 入 可 能 となったことは 重 要 な 事 実 として 認 識 すべきであろう 一 般 貸 倒 引 当 金 はもともと 損 金 算 入 される( 一 度 資 本 が 減 少 する)ため 資 本 の 増 減 には 影 響 はないが 中 3 金 融 庁 自 己 資 本 比 率 規 制 ( 第 1の 柱 )に 関 する 告 示 の 一 部 改 正 ( 案 ) 等 の 公 表 について 月 12 日

4 4 / 8 小 企 業 金 融 円 滑 化 法 の 失 効 を 迎 える 地 域 金 融 機 関 にとって 引 当 金 を 躊 躇 なく 積 み 増 すことが 可 能 となっている 対 象 はリスクアセット 全 体 (オペレーショナルリスク 含 む)から 信 用 リスク アセットのみと 縮 小 されているが 掛 目 は 0.625%から 1.25%と 国 際 基 準 行 と 同 様 の 比 率 まで 引 き 上 げられたことも 地 域 金 融 機 関 の 多 くに 意 味 があるものといえるだろう 3. 国 内 基 準 行 の 資 本 政 策 への 影 響 足 許 国 内 基 準 行 では 好 調 な 株 式 市 場 の 上 昇 に 支 えられていることに 加 えて 4% 程 度 と 既 に 十 分 に 比 率 がクリアされているコア 資 本 を 今 すぐに 積 み 増 す 意 識 は 低 いと 思 われる 一 方 で 自 己 資 本 比 率 の 水 準 は 頻 繁 に 他 行 と 比 較 対 照 されるため 経 過 措 置 の 期 間 中 に 少 しでも 多 くのコア 資 本 調 達 に 踏 み 切 りたいという 意 向 も 見 え 隠 れしている コア 資 本 を 少 しでも 積 み 増 したい 理 由 のひとつに アウトライヤー 規 制 への 対 策 があげられる アウトライヤー 比 率 に 関 しては 2011 度 以 降 日 本 国 債 市 場 の 歴 史 的 低 ボラティリティを 反 映 して 低 下 4 を 続 けている 一 方 何 らかの 要 因 で 一 旦 金 利 のボラティリティが 上 昇 すれば 当 面 (5 間 )の 間 は 比 率 が 高 止 まりする 可 能 性 もあるためだ 乏 しい 資 金 需 要 の 代 替 として 国 債 投 資 に 傾 斜 していた 地 域 金 融 機 関 にとっては 金 利 リスクバッファーを 少 しでも 積 み 増 しておきたいというのが 真 相 の ようだ 図 表 3 バーゼルⅢ 国 内 基 準 行 での 適 格 旧 資 本 調 達 の 経 過 措 置 の 違 い 単 位 : 億 円 規 制 資 本 算 入 可 能 金 額 ( 億 円 ) アモチスタート 2024 (ノンステップ 型 コーラ ブル 債 経 過 措 置 終 了 ) ( 社 債 型 優 先 株 経 過 措 置 終 了 ) 金 利 ステップアップ 条 項 付 き 期 限 付 劣 後 債 (10NC5) ノンステップアップ 型 コーラブル 債 (10NC5) 社 債 型 優 先 株 ( 注 ) 2013 度 に 100 億 円 の 旧 規 制 資 本 を 発 行 したと 仮 定 ( 出 所 ) 大 和 総 研 社 債 型 優 先 株 は 当 初 6 は 全 額 算 入 可 能 (15 かけて 償 却 に) 4 昨 今 では 比 率 がマイナスになっている 金 融 機 関 も 存 在 している

5 5 / 8 特 に 経 過 措 置 を 視 野 にいれた 社 債 型 優 先 株 ( 適 格 旧 非 累 積 的 永 久 優 先 株 )の 調 達 は 劣 後 債 劣 後 ローン 等 ( 適 格 旧 資 本 調 達 手 段 )と 比 較 すると 新 基 準 案 が 実 施 される 月 末 まで の 間 に 少 しでも 規 制 資 本 を 積 み 増 したい 金 融 機 関 にとっては 有 利 な 条 件 となっている 劣 後 債 に 与 えられている 10 間 の 経 過 措 置 に 比 べて 社 債 型 優 先 株 に 関 しては さらに 長 期 間 の 15 間 の 経 過 措 置 が 用 意 されていることも 一 因 である さらに 2019 までの( 実 施 より 6 間 の) 経 過 措 置 期 間 中 は 100%コア 資 本 に 算 入 可 能 となっていることも 追 い 風 となるであろう( 図 表 3 参 照 ) ただし 実 際 は 国 内 基 準 行 の 中 で 社 債 型 優 先 株 による 調 達 に 踏 み 切 ろうとする 銀 行 は 少 数 に 留 まりそうだ 当 面 高 い 調 達 コストを 掛 ける 必 要 性 が 乏 しいことに 加 えて 金 利 ステップア ップ 条 項 付 き 期 限 付 劣 後 債 (10NC5)の 方 が 事 実 上 償 還 期 間 が 決 定 (5 でほぼ 償 還 )してい るため 投 資 家 の 需 要 が 高 く 発 行 しやすい 環 境 にあるためともいわれているからだ 4. 国 内 基 準 行 の 投 資 に 対 する 影 響 ( 劣 後 債 コンティンジェント キャピ タルへの 影 響 ) さらに 今 回 の 新 基 準 案 の 中 でも 最 も 注 目 されたのは ダブルギアリングに 関 する 内 容 と 言 っ ても 過 言 は 無 いであろう とりわけ 各 金 融 機 関 の 間 では 昨 度 の 大 和 総 研 アンケート 結 果 か らも 示 されているように バーゼルⅢの 実 施 に 伴 い 投 資 を 懸 念 する 商 品 としては 圧 倒 的 に 劣 後 債 ( 金 融 機 関 ) (83.6%: 内 訳 総 合 企 画 部 門 26.7% 市 場 金 融 部 門 56.9%)に 回 答 が 集 中 していることがわかる( 図 表 4 参 照 ) 特 に 今 3 月 に 先 行 して 新 基 準 が 実 施 される 国 際 基 準 行 は その 他 Tier1 Tier2 で 義 務 化 されるコンティンジェント キャピタル(CoCos)の 取 り 扱 いに 対 して 国 内 基 準 行 が 今 後 も 安 定 的 な 投 資 家 となりうるのかが 注 目 されていた 図 表 4 バーゼルⅢの 実 施 に 伴 い 投 資 を 懸 念 する 商 品 ( 金 融 法 人 のみ) 金 融 法 人 総 合 企 画 部 門 市 場 金 融 部 門 (34 社 回 答 ) (82 社 回 答 ) 金 融 債 6.0% 7.8% 13.8% (+5.3%) 劣 後 債 ( 金 融 機 関 ) 26.7% 56.9% 83.6%(+1.4%) 劣 後 ローン( 金 融 機 関 ) 12.9% 16.4% 29.3%( 5.4%) 優 先 株 優 先 出 資 証 券 ( 金 融 機 関 ) 8.6% 19.8% 28.4%( 3.5%) 株 式 型 ファンド 株 式 型 投 信 5.2% 16.4% 21.6%(+3.8%) ETF( 株 式 型 ) 3.4% 12.9% 16.4%(+5.7%) その 他 2.6%(+1.2%) ( 注 ) 括 弧 内 は 前 度 比 増 減 ( 出 所 ) 大 和 総 研 オルタナティブ 投 資 サーベイ(2012 度 )

6 6 / 8 新 基 準 案 を 確 認 すると ダブルギアリング 対 象 の 金 融 機 関 ( 証 券 保 険 ノンバンクも 含 む) が 発 行 する 規 制 資 本 においても 純 投 資 ( 対 応 控 除 アプローチ 5 2 3)に 該 当 する 場 合 は コ ア 資 本 を 構 成 する 他 の 金 融 機 関 等 の 普 通 株 強 制 転 換 条 項 付 優 先 株 のみ 控 除 対 象 となる これ により( 他 の 金 融 機 関 として) 今 後 国 際 基 準 行 が 発 行 するコンティンジェント キャピタル についてはダブルギアリングの 対 象 外 となる 公 算 が 高 い ただし 意 図 的 保 有 ( 対 応 控 除 ア プローチ1に 該 当 )に 該 当 する 場 合 だけは 劣 後 債 劣 後 ローン( 適 格 旧 資 本 調 達 手 段 ) 社 債 型 優 先 株 ( 適 格 旧 非 累 積 的 永 久 優 先 株 )も 経 過 措 置 期 間 中 はコア 資 本 からの 控 除 対 象 とな るようだ 従 って 相 互 にプライマリーで( 生 保 や 銀 行 間 で) 持 ち 合 うケースの 多 い 劣 後 ロー ン 等 の 投 資 に 関 しては 未 だリスクが 払 拭 されなかったことになる さらに 新 基 準 案 では 月 以 降 新 規 制 適 格 資 本 ( 生 保 等 が 発 行 している 永 久 劣 後 債 も 対 象 ) 等 への 投 資 に 関 しては リスクウェイトが 100%から 250%へ 引 上 げられることも 重 要 な 事 実 として 認 識 すべきであろう これにより コンティンジェント キャピタルへの 投 資 は 国 内 基 準 行 にとって 現 行 の 株 式 投 資 ( 出 資 :リスクウェイト 100%)より 高 い 掛 け 目 が 要 求 され るため 一 定 程 度 の 投 資 抑 制 効 果 が 働 く 可 能 性 が 高 い そもそも コンティンジェント キャ ピタルはその 内 容 の 複 雑 さから 投 資 に 慎 重 なスタンスを 採 る 機 関 投 資 家 も 少 なくない 個 人 向 けに 発 行 したとしても 適 合 性 の 原 則 をどこまで 担 保 できるかは 懐 疑 的 な 意 見 も 多 いのが 現 実 であろう それ 故 に 新 基 準 案 が 発 表 され 国 内 基 準 行 からの 投 資 が 期 待 出 来 ない 今 となって は 直 ぐにでもコンティンジェント キャピタルの 発 行 に 踏 み 切 る 国 際 基 準 行 は 少 なくなって いるともいえる 5. 収 300 万 円 台 の 住 宅 ローンの 急 増 とそのリスク( 日 本 版 サブプライム ローン 問 題 への 警 鐘 ):テーマ3 不 動 産 経 済 研 究 所 の 調 査 6 によると 近 では 住 居 占 有 面 積 が 30.00~50.99 平 方 メートルのコ ンパクト マンション 7 の 販 売 シェアが 拡 大 傾 向 にあるとのことだ 従 来 の 分 譲 用 マンションと は 違 い 2,000 万 円 台 の 廉 価 な 物 件 も 多 く 存 在 しており 近 は 30 代 の 単 身 者 によるマンショ ン 購 入 が 急 増 している 模 様 だ 購 入 者 は 収 300 万 円 台 から 400 万 円 台 の 世 帯 が 多 く 従 来 で は 賃 貸 を 優 先 して 住 宅 ローンを 組 まなかった 世 帯 も 積 極 的 に 銀 行 への 申 し 込 みを 行 っているこ とが 推 察 される 5 対 応 控 除 アプローチ(corresponding deduction approach)では1 持 合 いのケース 及 び 兄 弟 金 融 機 関 出 資 は 比 率 にかかわ らず 全 額 控 除 2 連 結 外 の 他 の 金 融 機 関 への 出 資 比 率 が 10%を 超 える 部 分 は(+ 繰 延 税 金 資 産 モーゲージサービスライツ の 合 算 で 15%を 下 回 る 場 合 は 対 象 外 ) 当 該 出 資 額 のうち 自 行 の 普 通 株 等 Tier1 比 率 の 10%を 超 える 部 分 が 控 除 3 2 以 外 の 他 の 金 融 機 関 への 出 資 ( 純 投 資 等 )の 合 計 が 普 通 株 等 Tier1 比 率 の 10% 超 える 場 合 は 超 過 額 を 控 除 する 6 不 動 産 経 済 研 究 所 首 都 圏 マンション 市 場 予 測 の 供 給 予 測 月 7 単 身 者 や DINKs 向 けの 30.00~50.99 平 方 メートル 程 度 の 小 面 積 の 分 譲 マンションを 指 す 従 来 は 賃 貸 用 住 宅 として 数 多 く 供 給 されてきたが 分 譲 マンションにおいては 20 平 方 メートル 程 度 の 投 資 用 ワンルームか 家 族 向 け 50 平 方 メートル 以 上 の 住 宅 に 偏 っており 供 給 は 少 なかったと 言 われている

7 7 / 8 収 300 万 円 台 の 単 身 者 がマンション 購 入 に 踏 み 切 るもう 一 つの 背 景 は 歴 史 的 な 住 宅 ロー ン 金 利 水 準 の 低 さともいわれている 金 利 水 準 の 低 下 は 日 銀 の 金 融 緩 和 の 一 環 である 資 産 買 入 等 の 基 金 の 導 入 の 影 響 も 大 きいといえるであろう 基 金 は 35 兆 円 規 模 で 2011 末 を 期 限 としてスタートしたが 期 限 も 2013 末 まで 延 長 され 前 回 ( 月 )の 長 短 国 債 の 追 加 買 い 入 れを 加 えると 規 模 は 3.1 倍 にまで 膨 らむなど 当 初 予 定 を 大 きく 超 えている 8 この 効 果 は 着 実 に 現 れており 市 場 金 利 動 向 を 反 映 して 銀 行 の 貸 出 金 利 は 低 下 を 続 け 最 近 では 短 期 長 期 とも 1% 程 度 と 歴 史 的 低 水 準 となっている 金 融 機 関 の 貸 出 態 度 も 2000 以 降 の 平 均 水 準 よりも 良 い 状 態 まで 改 善 しているようだ 一 方 で 金 利 水 準 の 低 下 は ますます 銀 行 経 営 を 苦 しいものに 変 えているとの 指 摘 も 多 い なぜなら 融 資 拡 大 の 牽 引 役 となっているのは 利 鞘 が 薄 い 住 宅 ローンと 地 公 体 ローンに 偏 っ ているためだ 図 表 5 は 国 内 銀 行 全 体 の 業 種 別 の 前 同 期 比 貸 出 残 高 の 推 移 を 示 している 2010 度 以 降 残 高 が 増 加 しているものの 地 公 体 向 けや 個 人 向 け( 住 宅 ローン) 融 資 が 中 心 となっていることが 分 かる 絶 対 利 回 り 水 準 やコストを 考 慮 すると 邦 銀 が 収 益 的 には 厳 しい 様 子 が 推 察 できる 図 表 5 国 内 銀 行 業 種 別 貸 出 と 都 市 銀 行 地 方 銀 行 の 比 較 ( 前 同 期 比 ) ( 兆 円 ) 地 方 公 共 団 体 非 製 造 業 ( 電 力 水 道 業 等 ) 非 製 造 業 ( 含 む 金 融 ) 個 人 ( 住 宅 ローン 等 ) 製 造 業 うち 都 銀 貸 出 うち 地 銀 貸 出 /03 08/06 08/09 08/12 09/03 09/06 09/09 09/12 10/03 10/06 10/09 10/12 11/03 11/06 11/09 11/12 12/03 12/06 12/ ( 出 所 ) 日 本 銀 行 データから 大 和 総 研 作 成 ( / 月 ) 8 また 日 銀 は 資 産 買 入 等 の 基 金 を 通 じて 長 期 短 期 の 国 債 のほか 中 央 銀 行 としては 異 例 の CP 社 債 指 数 連 動 型 上 場 投 資 信 託 (ETF) 不 動 産 投 資 信 託 (J-REIT)といったリスク 性 資 産 を 含 めて 幅 広 く 買 入 れている

8 8 / 8 さらに 邦 銀 は 将 来 的 には 金 利 上 昇 時 に 大 きく 収 益 機 会 を 奪 われる 固 定 金 利 貸 出 を 縮 小 し 変 動 金 利 貸 出 にシフトする 傾 向 にあるといわれている 昨 今 の 住 宅 ローンの 殆 どが 変 動 金 利 貸 出 ともいわれており これは 過 去 地 域 的 に 固 定 金 利 貸 出 が 多 い 地 区 9 においても 例 外 ではない ようだ しかしながらこの 傾 向 は 邦 銀 が 新 たに 住 宅 ローンに 関 してのリスクの 火 種 を 内 包 し 始 めているともいえよう なぜならば 昨 今 は 収 300 万 円 台 の 層 (いわゆる サブプライム 層 )でも 変 動 金 利 貸 出 レートが 歴 史 的 に 低 い 水 準 ゆえ 長 期 ローンを 組 んで 住 宅 購 入 が 可 能 となっているからだ 特 に 先 のコンパクト マンションの 購 入 者 の 多 くは 変 動 金 利 での 借 り 入 れが 大 宗 を 占 めるともいわれている 収 300 万 円 台 の 層 が 可 処 分 所 得 でみる 貸 出 制 限 まで 信 用 枠 を 獲 得 し 35 の 期 間 で 購 入 に 踏 み 切 るとなると 今 後 継 続 的 な 金 利 上 昇 局 面 が 到 来 した 途 端 に 支 払 に 行 き 詰 る 可 能 性 は 高 い 即 ち こういった 予 備 軍 を 多 く 抱 える 銀 行 で は 住 宅 ローンのデフォルト 率 が 大 幅 に 上 昇 し 与 信 コストが 急 激 に 増 加 する 可 能 性 があると もいわれている この 市 場 環 境 の 変 化 に 伴 い ( 当 局 からの 指 導 の 下 ) 多 くの 銀 行 において 住 宅 ローンのリスク 管 理 を 強 化 しているといわれている しかしながら 住 宅 ローンのリスク 管 理 手 法 に 関 しては 強 化 を 謳 ったところで 現 時 点 では 限 界 があるといわれている なぜならば 過 去 大 きな 金 利 上 昇 局 面 を 経 験 したことが 無 く ストレスデータはあくまで 仮 定 に 過 ぎないからだ それ 故 に 現 段 階 での 最 善 の 住 宅 ローンのリスク 管 理 手 法 は 定 量 的 なリスク 管 理 モデルに 頼 る というより 将 来 デフォルトの 可 能 性 が 少 しでもある 者 に 対 しては むやみに 貸 さない 事 が 主 となる 特 に 余 力 のある 金 融 機 関 ( 主 に 大 手 行 )では いくら 地 域 最 低 金 利 を 謳 ってい ても やみくもに 住 宅 ローン 残 高 を 増 加 させないといった 対 応 10 をとっている 模 様 だ 一 方 で 現 在 の 低 金 利 水 準 を 活 用 し 少 しでも 預 貸 比 率 を 上 昇 させたい 余 力 が 無 い 金 融 機 関 ( 主 に 地 銀 信 金 等 )になるほど 住 宅 ローンが 増 加 する 構 図 となっているようだ 先 の 図 表 5 の 都 銀 貸 出 ( 大 手 行 )の 貸 出 残 高 増 減 が 低 調 な 一 方 地 銀 貸 出 が 個 人 ( 住 宅 ローン 等 ) 向 け 貸 出 と 同 様 に 増 加 している 所 からもこうした 傾 向 が 読 み 取 れる 2013 の 銀 行 経 営 の 視 点 としては 住 宅 ローンにおける 貸 出 残 高 や 与 信 コストにおいては 余 力 が ある 銀 行 と 無 い 銀 行 で 二 極 化 が 進 むことが 予 想 される 昨 今 の 歴 史 的 低 金 利 水 準 を 手 放 しに 喜 んでいる 間 に 余 力 が 無 い 銀 行 が 発 端 となり さながら 日 本 版 サブプライムロー ン 問 題 の 様 相 に 転 じる 可 能 性 に 警 鐘 を 鳴 らす 必 要 が 出 てくるかもしれない ( 了 ) 9 九 州 地 区 等 が 特 に 顕 著 であった 参 考 : 菅 野 泰 夫 拡 大 する 銀 行 貸 出 における 金 利 リスク 月 2 日 大 和 総 研 金 融 資 本 市 場 レポート(http://www.dir.co.jp/research/report/capital-mkt/ capital-mkt.html) 10 既 に 大 手 行 の 一 部 では 住 宅 ローンの 審 査 は 半 分 程 度 しか 通 さないといった 対 応 に 踏 み 切 っている 模 様 だ

欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば

欧州金融見通し 債務危機からの回復は道半ば 欧 州 経 済 2013 年 11 月 15 日 全 10 頁 欧 州 金 融 見 通 し 債 務 危 機 からの 回 復 は 道 半 ば 銀 行 同 盟 に 向 け 銀 行 セクターの 改 善 はこれからが 正 念 場 ユーロウェイブ@ 欧 州 経 済 金 融 市 場 Vol.13 ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅 野 泰 夫 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 欧 州 での

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度

公的年金をスリム化し社会保障費を軽減する英国年金制度 欧 州 経 済 2013 年 12 月 9 日 全 7 頁 公 的 年 金 をスリム 化 し 社 会 保 障 費 を 軽 減 する 英 国 年 金 制 度 物 価 連 動 国 債 の 投 資 へ 傾 斜 する 英 国 年 金 ユーロウェイブ@ 欧 州 経 済 金 融 市 場 Vol.14 ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅 野 泰 夫 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 近 年

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

<3136343230395F93FA8BBB834183808393836683428145834F838D815B836F838B8BE0975A8B408AD6836E83438375838A836283685F32303136303633305F4D2E786C7378>

<3136343230395F93FA8BBB834183808393836683428145834F838D815B836F838B8BE0975A8B408AD6836E83438375838A836283685F32303136303633305F4D2E786C7378> 8 枚 組 の1 枚 目 です # 当 レポートで 見 出 しに**が 付 いている 項 目 は 組 入 ファンドの 運 用 会 社 であるアムンディ アセットマネジメントから 提 供 を 受 けたデータおよび 情 報 に 基 づいて 作 成 しております 基 準 価 額 および 純 資 産 総 額 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 6/30 前 月 比 ファンド 設 定 日 H26.1.24

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

スライド 1

スライド 1 第 8 回 インフォメーション ミーティング (216 年 3 月 期 決 算 ) 216 年 5 月 31 日 ( 東 証 第 一 部 札 証 :8524) 目 次 決 算 ハイライト 収 益 計 画 1 連 結 損 益 サマリー P1 2 217 年 3 月 期 収 益 計 画 P2 3 貸 出 金 預 金 の 状 況 P3 4 有 価 証 券 運 用 P4 5 利 回 り P5 6 役 務 収

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2013年第3四半期(PDF)

野村資本市場研究所|個人金融資産動向:2013年第3四半期(PDF) 個 人 金 融 資 産 動 向 :13 年 第 3 四 半 期 宮 本 佐 知 子 要 約 1. 日 本 銀 行 13 年 7~9 月 期 資 金 循 環 統 計 によれば 13 年 9 月 末 の 個 人 金 融 資 産 残 高 は 1,59 兆 1,55 億 円 ( 前 期 比.% 増 前 年 比 5.9% 増 )となった 株 価 上 昇 により 家 計 が 保 有 する 株 式 や 投 資 信

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4%

4. 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 特 例 の 延 長 長 期 優 良 住 宅 に 係 る 以 下 の 特 例 措 置 の 適 用 期 限 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 )を 延 長 する 1 登 録 免 許 税 の 特 例 ( 所 有 権 の 保 存 登 記 : 本 則 0.4% 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 平 成 27 年 9 月 17 日 一 般 社 団 法 人 不 動 産 協 会 我 が 国 の 経 済 は 緩 やかな 回 復 を 続 けているが 少 子 化 高 齢 化 を 伴 う 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 産 業 構 造 の 転 換 グローバル 化 の 急 激 な 進 展 等 著 しい 構 造 変 化 に 直 面 している そのような

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

 

  四 半 期 報 告 書 ( 第 38 期 第 2 四 半 期 ) 自 平 成 25 年 7 月 1 日 至 平 成 25 年 9 月 30 日 株 式 会 社 図 研 横 浜 市 都 筑 区 荏 田 東 二 丁 目 25 番 1 号 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 1 第 2 事

More information

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用.

添 付 資 料 の 目 次 1.サマリー 情 報 (その 他 )に 関 する 事 項... 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動... 2 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用. 平 成 26 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 会 社 名 SMBC 日 興 証 券 株 式 会 社 (URL http://www.smbcnikko.co.jp/ ) 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 久 保 哲 也 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 経 理 部

More information

本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経 営 環 境 の 変 化 などにより 目 標 対 比 異 なる 可

本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経 営 環 境 の 変 化 などにより 目 標 対 比 異 なる 可 証 券 コード:8309 The Trust Bank ~ 専 門 性 と 総 合 力 を 併 せ 持 つ 新 しい 信 託 銀 行 グループ~ 2013 年 8 月 23 日 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 常 務 執 行 役 員 北 野 幸 広 Copyright 2013 SUMITOMO MITSUI TRUST HOLDINGS, INC. INC. All rights

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

) 1. 2. [ ] [ ] 個 別 決 算 4 貸 借 対 照 表 平 成 25 年 3 月 31 日 資 産 の 部 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 単 位 : 百 万 円 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 10,721 高 速 道 路 事 業 営 業 未 収 入 金 5,882 未 収 入 金 144 未 収 還

More information

目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 -------------

目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 ------------- 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 ビジネスハイライト 株 式 会 社 新 生 銀 行 2016 年 1 月 目 次 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 主 要 ポイント ----------------------- P3 2015 年 度 第 3 四 半 期 決 算 概 要 --------------------------------- P4 業 績 の 概 況 --------------------------------------------------------

More information

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか 金 融 資 本 市 場 2015 年 11 月 16 日 全 9 頁 公 的 年 金 運 用 改 革 は 一 元 化 後 に 本 格 化 するか 被 用 者 年 金 一 元 化 を 見 据 え 各 共 済 組 合 等 も 資 産 構 成 に 変 化 がみられる 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 公 的 年 金 の 資 産 総 額 は 205.4 兆 円 と 8 年 ぶりに

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63>

<4D F736F F D F95BD90AC E93788F5A91EE8E738FEA93AE8CFC92B28DB85F95F18D908F B95B6816A E646F63> 22 年 度 住 宅 市 場 動 向 調 査 報 告 書 23 年 3 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 本 報 告 書 についての 問 い 合 わせ 先 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 経 済 班 TEL 03-5253-8111( 代 表 ) 内 線 39-234 目 次 1. 調 査 の 目 的... 1 2. 調 査 の 内 容... 2 2.1 対 象 とする 市 場...

More information

平成22 事業年度独立行政法人中小企業基盤整備機構 事業報告書

平成22 事業年度独立行政法人中小企業基盤整備機構 事業報告書 平 成 22 事 業 年 度 事 業 報 告 書 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 目 次 ページ 1. 国 民 の 皆 様 へ 1 2. 基 本 情 報 2 (1) 法 人 の 概 要 2 (2) 本 社 支 社 等 の 住 所 6 (3) 資 本 金 の 状 況 6 (4) 役 員 の 状 況 7 (5) 常 勤 職 員 の 状 況 10 3. 簡 潔 に 要 約

More information

法律・制度 Monthly Review 2014.9

法律・制度 Monthly Review 2014.9 その 他 法 律 2014 年 10 月 14 日 全 11 頁 法 律 制 度 Monthly Review 2014.9 法 律 制 度 の 新 しい 動 き 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 9 月 の 法 律 制 度 に 関 する 主 な 出 来 事 と 9 月 に 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 が 作 成 公 表 した レポート 等 を 一 覧 にまとめた

More information

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム

Microsoft Word - 101009金融危機シンポジウム 金 融 危 機 シンポジウム 第 2 編 危 機 後 の 金 融 界 第 2 回 日 本 の 金 融 市 場 の 活 性 化 に 向 けて 山 澤 光 太 郎 氏 株 式 会 社 大 阪 証 券 取 引 所 取 締 役 常 務 執 行 役 員 日 時 :2010 年 7 月 28 日 ( 水 ) 場 所 : 早 稲 田 大 学 日 本 橋 キャンパス ホール 報 告 日 本 の 金 融 市 場 は

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化

ていることを 踏 まえると 市 場 のボラティリティーは 比 較 的 小 さいとみている 個 品 割 賦 の 市 場 規 模 はやや 小 さい 買 回 り 品 の 価 格 下 落 やクレジットカードへのシフトに 加 え 改 正 割 賦 販 売 法 の 施 行 による 影 響 が 大 きい 高 齢 化 業 種 別 格 付 方 法 クレジットカード 信 販 公 表 日 :2016 年 4 月 26 日 この 格 付 方 法 は 消 費 者 信 用 のうち 販 売 信 用 を 主 として 行 っている 事 業 者 を 対 象 としている 包 括 信 用 購 入 あっせんなどクレジットカード 関 連 事 業 に 経 営 資 源 の 多 くを 振 り 向 けている 企 業 をクレジット カード 会 社 個

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

 

  四 半 期 報 告 書 ( 第 34 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 6 月 30 日 パラマウントベッドホールディングス 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 1 第 2 事 業 の 状 況 1 事 業 等 のリスク

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc

Microsoft Word - 2016-03 Buy-to-let(JP).doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp March, 24, 2016 英 国 における 賃 貸 用 住 宅 融 資 の 増 加 とリスク < 要 旨 > 英 国 では 賃 貸 用 物 件 購 入 を 目 的 とした 住 宅 ローン 貸 付 (Buy-to-Let Mortgage

More information

スライド 1

スライド 1 カーディフ 損 保 2014 年 度 決 算 のご 報 告 2015 年 5 月 29 日 カーディフ 損 害 保 険 会 社 カーディフ 損 害 保 険 会 社 ( 正 式 名 称 :カーディフ アシュアランス リスク ディヴェール 日 本 における 代 表 者 :ピエー ル オリビエ ブラサール 所 在 地 : 東 京 都 渋 谷 区 )の2014 年 度 (2014 年 4 月 1 日 ~2015

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 38 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 39 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 38 期 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 会 計 期 間 第 38 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 39 期 第 2 四 半 期 連 結 累 計 期 間 第 38 期 自 平 成 25 年 4 月 1 日 自 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 関 東 財 務 局 長 提 出 日 平 成 26 年 11 月 6 日 四 半 期 会 計 期 間 第 39 期 第 2 四 半 期 ( 自 平 成 26 年 7 月 1 日 至 平 成 26 年 9 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 図 研 英 訳 名 ZUKEN INC.

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 :

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 平 成 28 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 2 月 2 日 上 場 会 社 名 横 河 電 機 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 6841 URL http://www.yokogawa.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 西 島 剛 志 問 合 せ 先

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

4. その 他 (1) 重 要 な 会 計 方 針 の 変 更 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 変 更 有 2 1 以 外 の 変 更 無 ( 注 ) 詳 細 は 22ページ 重 要 な 会 計 方 針 の 変 更 をご 覧 ください (2) 発 行 済 株 式 数 ( 普 通 株

4. その 他 (1) 重 要 な 会 計 方 針 の 変 更 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 変 更 有 2 1 以 外 の 変 更 無 ( 注 ) 詳 細 は 22ページ 重 要 な 会 計 方 針 の 変 更 をご 覧 ください (2) 発 行 済 株 式 数 ( 普 通 株 平 成 20 年 3 月 期 決 算 短 信 ( 非 連 結 ) 平 成 20 年 5 月 23 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 オリカキャピタル 上 場 取 引 所 大 証 二 部 コ ー ド 番 号 3570 URL http://www.orikacapital.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 保 坂 まさ 美 問 合 せ 先 責

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

表1_4

表1_4 2010 2 4 9 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 46 50 52 54 55 56 58 70 110 111 113 114 117 118 120 121 124 131 12 14 17 22 24 26 28 30 34 34 35 39 40 43 1,318 64.6 19 39.2 42 64 747.7

More information

Microsoft Word - 日銀会合.docx

Microsoft Word - 日銀会合.docx グローバル マクロ トピックス 2016/ 7/29 投 資 情 報 部 チーフ FX ストラテジスト 鈴 木 健 吾 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 追 加 緩 和 は 小 粒 な 内 容 次 回 会 合 で 総 括 的 な 検 証 ~ 日 銀 決 定 会 合 の 結 果 と 為 替 市 場 の 反 応 追 加 緩 和 の 行 方 が 注 目 を 集 めた7/28~29の 金 融 政 策 決

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816992F990B381459094926C8366815B835E92F990B3816A817595BD90AC3238944E82528C8E8AFA81408C888E5A925A904D816B93FA967B8AEE8F80816C816998418C8B816A817682CC88EA959492F990B382C982C282A282C42E646F6378> 平 成 28 年 5 月 23 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 小 林 洋 行 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 細 金 成 光 ( コード 番 号 8742 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 取 締 役 業 務 部 長 渡 辺 宏 (TEL 0336643511) ( 訂 正 数 値 データ 訂 正 ) 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc

Microsoft Word - 300346_十二航路_表紙.doc 月 次 運 用 レポート 作 成 基 準 日 : 2016 年 1 月 29 日 資 料 作 成 日 : 2016 年 2 月 5 日 通 貨 分 散 外 国 債 券 ファンド < 愛 称 > 十 二 航 路 追 加 型 投 信 / 海 外 / 債 券 投 資 信 託 ご 購 入 時 の 注 意 事 項 ファンドの 取 得 のお 申 込 みを 行 う 場 合 には 投 資 信 託 説 明 書 ( 交

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 27 年 4 月 1 日 至 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 包 括 信 用 購 入 あっせん 収 益 14,805,239 融 資 収 益 3,334,100 受 託 収 益 1,049,043 キャッシュプリカ 収 益 貸 借 対 照 表 ( 平 成 28 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 153,178,424 流 動 負 債 123,325,404 現 金 及 び 預 金 1,672,110 買 掛 金 65,401,410 割 賦 売 掛 金 134,705,965 短 期 借 入 金 27,000,000 リース 投 資 資 産

More information

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc

Microsoft Word - AMT Capital Markets Legal Update _February 2013_.doc CAPITAL MARKETS LEGAL UPDATE 2013 年 2 月 C ONTENTS 1 見 直 しの 背 景 2 資 金 調 達 資 本 政 策 手 段 の 多 様 化 3 ガバナンスの 向 上 に 向 けた 仕 組 みの 導 入 4 インサイダー 取 引 規 制 の 導 入 5 その 他 の 提 言 6 改 正 時 期 投 資 法 人 法 制 の 見 直 しの 動 向 弁 護 士

More information

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 (

連 結 損 益 計 算 書 売 上 高 及 びその 他 の 営 業 収 入 営 業 費 用 売 上 原 価 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 研 究 開 発 費 営 業 費 用 合 計 営 業 利 益 営 業 外 収 益 ( 費 用 ) 受 取 利 息 支 払 利 息 営 業 外 収 益 ( 任 意 適 用 に 伴 う 連 結 財 務 諸 表 の 変 化 点 国 際 財 務 報 告 基 準 () 任 意 適 用 に 伴 い 2015 年 4 月 下 旬 に 発 表 を 予 定 しております 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 につきましてはで 開 示 いたします 2016 年 3 月 期 連 結 業 績 予 想 の 米 国 会 計 基 準 との 数 値 の 差 異 につきましては

More information

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版)

子ども手当・高校無償化と税制改正の影響(詳細版) Legal and Tax Report 2009 年 12 月 30 日 全 8 頁 子 ども 手 当 高 校 無 償 化 と 税 制 改 正 の 影 響 ( 詳 細 版 ) 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 2010 年 度 税 制 改 正 大 綱 (4) 個 人 所 得 課 税 の 改 正 と 政 府 の 育 児 教 育 施 策 [ 要 約 ] 2009 年 12 月 22 日 に 2010

More information

20160831_F.xlsx

20160831_F.xlsx 投 資 信 託 運 用 レポート SMAM バランスファンドVA 株 60 型 ( 適 格 機 関 投 資 家 専 用 ) 投 信 協 会 商 品 分 類 追 加 型 投 信 / 内 外 / 資 産 複 合 1/5 * 当 資 料 に 記 載 されている 数 値 は 小 数 点 第 2 位 以 下 を 四 捨 五 入 したものです 3 実 質 外 貨 建 資 産 については 原 則 として 為 替

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き

企業の利益分配から見た賃金・設備投資の先行き 経 済 分 析 レポート 215 年 8 月 11 日 全 7 頁 企 業 の 利 益 分 配 から 見 た 賃 金 設 備 投 資 の 先 行 き が 設 備 投 資 のけん 引 役 に 小 林 俊 介 久 後 翔 太 郎 橋 本 政 彦 [ 要 約 ] 足 下 の 日 本 経 済 はこれまでの 拡 大 傾 向 が 一 服 しているが 企 業 収 益 は 極 めて 高 い 水 準 で の 推 移

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20838A815B8367837D83938358838A815B32303136944E328C8E8D862E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> M リート マーケット マンスリー リート 不 動 産 を 中 心 に 運 用 を 行 う 投 資 信 託 正 式 英 語 名 称 は Real Estate Investment Trusts( 略 語 REIT) 情 報 提 供 資 料 2016 年 2 月 号 図 1 リート 市 場 動 向 S&P 先 進 国 REIT 指 数 ( 配 当 込 み) : 先 進 国 円 ベース 0 年 以 降

More information

mizuho-REMR-2014-3-CC.indd

mizuho-REMR-2014-3-CC.indd March,21 21 年 東 京 圏 の 分 譲 マンション 市 場 の 動 向 2 経 済 トレンド ウォッチ 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 中 古 マンション 市 場 の 動 向 (21 年 東 京 圏 ) 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 企 画 部 夏 目 和 宏 TEL.-2-99( 代 表 ) 21 年

More information

私募REITは新たな投資対象になりうるのか

私募REITは新たな投資対象になりうるのか 金 融 資 本 市 場 2013 年 5 月 9 日 全 9 頁 私 募 REIT は 新 たな 投 資 対 象 になりうるのか 私 募 REIT 投 資 ガイドラインの 試 案 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり ロンドンリサーチセンター 主 任 研 究 員 菅 野 泰 夫 [ 要 約 ] 近 年 私 募 REIT は 年 金 基 金 や 金 融 機 関 の 間 で 注 目 されており

More information

僅 追 加 型 証 券 投 資 信 託 パン パシフィック 外 国 債 券 オープン 約 款 明 治 安 田 アセットマネジメント 株 式 会 社 運 用 の 基 本 方 針 約 款 第 22 条 に 基 づき 委 託 者 の 定 める 運 用 の 基 本 方 針 は 次 のものとします 1. 基 本 方 針 この 投 資 信 託 は 安 定 した 収 益 の 確

More information

父親の育児休業取得と経済的負担

父親の育児休業取得と経済的負担 Legal and Tax Report 父 親 の 育 児 休 業 取 得 と 経 済 的 負 担 2010 年 5 月 25 日 全 9 頁 制 度 調 査 部 是 枝 俊 悟 育 児 休 業 給 付 金 税 社 会 保 険 料 を 考 慮 した 世 帯 手 取 り 収 入 の 変 化 の 試 算 [ 要 約 ] 2010 年 6 月 30 日 から 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 施

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩

1.トピック: 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 回 復 の 色 を 増 す 中 国 の 住 宅 市 場 1 級 都 市 や 一 部 の 2 級 都 市 ではバブルの 恐 れも 3 級 都 市 などの 地 方 の 中 小 都 市 では 住 宅 市 場 の 回 復 ペースは 緩 みずほ 中 国 経 済 情 報 216 年 5 月 号 トピック 二 極 化 が 進 展 する 中 国 の 住 宅 市 場 中 国 の 住 宅 市 場 は 足 元 回 復 の 色 を 濃 くしているが 著 しい 二 極 化 が 進 展 しており 大 都 市 ではバブルが 懸 念 される 一 方 地 方 の 中 小 都 市 では 過 剰 在 庫 が 住 宅 市 場 の 回 復 の 重 し になっている

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 有 2 1 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 10 月 7 日 上 場 会 社 名 和 田 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 8931 URL http://www.wadakohsan.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 高 島 武 郎 問

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

北陸地域における住宅投資動向

北陸地域における住宅投資動向 213 年 3 月 25 日 日 本 銀 行 金 沢 支 店 北 陸 地 域 における 住 宅 投 資 動 向 [ 要 旨 ] 1. 北 陸 地 域 の 住 宅 投 資 動 向 をみると 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 211 年 度 下 期 以 降 弱 い 動 きが 続 いてきたものの 足 もとでは 214 年 4 月 および 215 年 1 月 の 消 費 引 き 上 げを 見 据 え た

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 P.2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 P.2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 P.3 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 P.3 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 P.3 (1) 当 四 半 期 連

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

法律・制度 Monthly Review 2015.4

法律・制度 Monthly Review 2015.4 その 他 法 律 2015 年 5 月 15 日 全 13 頁 法 律 制 度 Monthly Review 2015.4 法 律 制 度 の 新 しい 動 き 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 4 月 の 法 律 制 度 に 関 する 主 な 出 来 事 と 4 月 に 金 融 調 査 部 制 度 調 査 課 が 作 成 公 表 した レポート 等 を 一 覧 にまとめた

More information

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73>

<874031343033814091DD8ED891CE8FC6955C2E786C73> 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 181,154,164 流 動 負 債 158,796,609 現 金 及 び 預 金 1,266,240 買 掛 金 88,750,649 割 賦 売 掛 金 157,726,828 短 期 借 入 金 31,500,000 営 業 貸 付 金 20,381

More information

金融テーマ解説

金融テーマ解説 金 融 テーマ 解 説 Financial Market Update 2016/06/14 チーフ アナリスト 大 槻 奈 那 金 融 政 策 の 行 方 とマイナス 金 利 影 響 の 定 点 観 測 今 週 6 月 15-16 日 の 日 銀 金 融 政 策 決 定 会 合 を 控 え 不 安 定 感 を 増 す 為 替 株 式 市 場 から 追 加 緩 和 へ の 期 待 が 徐 々に 高

More information

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか

IFRS適用後も出荷基準は適用できるのか Legal and Tax Report 2010 年 9 月 27 日 全 9 頁 IFRS 適 用 後 も 出 荷 基 準 は 適 用 できるのか 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 鳥 毛 拓 馬 IFRS 業 種 別 レポート1 収 益 認 識 ( 現 行 IFRS)の 業 種 別 影 響 [ 要 約 ] 現 在 わが 国 の 会 計 基 準 設 定 主 体 である 企 業 会

More information

貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 2 月 28 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰 延 税 金 資 産 関 係 会 社 短 期 貸 付 金

貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 2 月 28 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰 延 税 金 資 産 関 係 会 社 短 期 貸 付 金 第 6 期 平 成 25 年 3 月 1 日 から 平 成 26 年 2 月 28 日 まで 計 算 書 類 株 式 会 社 ス ギ 薬 局 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 2 月 28 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 商 品 貯 蔵 品 繰 延 税 金 資

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 24 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 24 年 1 月 30 日 上 場 会 社 名 燦 キャピタルマネージメント 株 式 会 社 上 場 取 引 所 大 コード 番 号 2134 URL http://www.sun-capitalmanagement.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information