実験デザイン

Size: px
Start display at page:

Download "実験デザイン"

Transcription

1 自 信 過 剰 が 男 性 を 競 争 させる 水 谷 徳 子 奥 平 寛 子 木 成 勇 介 大 竹 文 雄 * 要 旨 本 稿 では なぜ 男 性 は 女 性 と 比 べて 自 身 の 成 果 のみに 依 存 した 報 酬 体 系 よりも 他 人 の 成 果 にも 依 存 する 報 酬 体 系 を 好 むのかについて 日 本 人 学 生 を 対 象 に 実 験 を 行 うことで 原 因 の 解 明 を 試 みる Niederele and Vesterlund (2007)による 先 行 研 究 では 競 争 への 嗜 好 と 自 信 過 剰 の 度 合 いにおける 男 女 差 が 原 因 とされていたが 本 稿 はこれらの 要 因 に 加 え 危 険 回 避 度 とフィードバック 回 避 度 ( 結 果 を 知 らされることを 嫌 う 度 合 い)が 報 酬 体 系 の 選 択 に 与 える 影 響 を 明 示 的 に 取 り 扱 う 分 析 の 結 果 はつぎのとおりである (1) 男 女 でパフォ ーマンスの 差 はないが 女 性 より 男 性 のほうが 競 争 的 報 酬 体 系 を 選 択 する 確 率 が 高 い (2) そのトーナメント 参 入 の 男 女 差 の 大 部 分 は 男 性 が 女 性 よりも 自 信 過 剰 であることに 起 因 する (3)アンケート 調 査 から 計 測 した 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 時 間 選 好 率 は 競 争 的 報 酬 体 系 選 択 の 男 女 差 に 対 して 説 明 力 がほとんどない (4) 男 性 のほうが 女 性 より 競 争 を 好 むためであるという 説 明 は 限 定 的 であることが 明 らかとなった また 男 女 構 成 比 は 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 える 男 性 は 女 性 がグループにいると 自 信 過 剰 になり 女 性 は 男 性 がグループにいないと 自 信 過 剰 になる JEL classification : C9, J33, J16, L0 実 験 実 施 にあたり 村 島 吉 世 子 さん 中 西 貴 美 子 さんをはじめ 多 くの 方 々に 多 大 なご 協 力 を 頂 いた ここに 記 して 感 謝 申 し 上 げたい * - 1 -

2 1.はじめに 男 性 に 比 べて 上 層 部 や 競 争 的 地 位 に 女 性 は 少 ない(Bertrand and Hallock [2001]) たと え 男 女 で 能 力 が 同 等 であったとしても 競 争 的 環 境 に 参 入 する 確 率 が 男 女 で 異 なるとした ら それはなぜだろうか この 疑 問 に Niederle and Vesterlund (2007)は 4つの 要 因 を 提 示 する 第 1は 競 争 への 嗜 好 の 差 である 将 来 の 予 想 に 対 して 女 性 は 心 理 的 費 用 を 予 想 して 競 争 を 拒 むが 男 性 は 心 理 的 便 益 を 予 想 して 競 争 にひきつけられる つまり 女 性 より 男 性 のほうが 競 争 を 好 むために 競 争 的 環 境 を 選 択 する 傾 向 に 違 いがあると 説 明 する 第 2の 要 因 は 自 信 過 剰 の 男 女 差 である 心 理 学 の 文 脈 では 相 対 的 なパフォーマンスに ついては 男 女 ともに 自 信 過 剰 であり 女 性 より 男 性 のほうが 自 信 過 剰 であることが 知 られ ている(Lichtenstein, Fischhoff and Phillips [1982], Beyer [1990], Beyer and Bowden [1997]) 第 3の 要 因 は 危 険 回 避 度 の 男 女 差 である 競 争 的 環 境 への 参 入 において リス ク 態 度 における 潜 在 的 な 男 女 差 は 報 酬 体 系 に 影 響 を 与 える そのため 男 性 より 女 性 のほ うが 危 険 回 避 的 ならば 女 性 は 競 争 的 環 境 を 選 択 しない 第 4の 要 因 はフィードバック 回 避 度 の 男 女 差 である 心 理 学 では 男 女 でフィードバックに 対 して 反 応 が 異 なることが 示 唆 されている(Roberts and Nolen-Hoeksema [1989]) よって 女 性 のほうがフィードバッ ク 回 避 的 ならば 女 性 は 競 争 的 環 境 を 選 択 しないと 考 えられる Niederle and Vesterlund (2007)は アメリカの 学 生 を 対 象 に 男 性 2 人 女 性 2 人 を1グ ループとして 足 し 算 タスクに 対 して 報 酬 体 系 を 実 験 前 に 選 択 させる 場 合 と 実 験 後 に 選 択 させる 場 合 の 両 方 を 用 いて 上 述 の4つの 要 因 が 競 争 的 報 酬 体 系 の 選 択 の 男 女 差 に 与 え る 影 響 を 識 別 した 報 酬 体 系 は 自 分 の 成 果 のみに 依 存 した 非 競 争 的 報 酬 体 系 ( 歩 合 制 ) と 他 人 の 成 果 にも 依 存 する 競 争 的 報 酬 体 系 (トーナメント 制 )の2 種 類 が 用 意 されている 彼 女 らの 分 析 によると 73%の 男 性 が 競 争 的 報 酬 体 系 を 好 むのに 対 し 女 性 は 35%しか 競 争 的 報 酬 体 系 を 選 択 しない この 競 争 的 報 酬 体 系 選 択 の 男 女 差 の 約 27%は 女 性 より 男 性 のほうが 自 信 過 剰 であることで 説 明 できる また 女 性 よりも 男 性 のほうが 競 争 的 報 酬 体 系 を 好 むために 男 性 は 競 争 的 報 酬 体 系 を 選 択 する つまり 彼 女 らの 研 究 では 競 争 的 環 境 選 択 の 男 女 差 は 上 述 の4つの 要 因 のうち 自 信 過 剰 と 競 争 への 嗜 好 で 説 明 され リスク 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 は 説 明 力 を 持 たないという 結 果 が 得 られている 本 研 究 では Niederle and Vesterlund (2007)と 同 様 の 経 済 実 験 を 日 本 人 学 生 を 対 象 に しておこなう 彼 女 らの 実 験 設 計 とは 以 下 の2 点 で 異 なる 第 1に グループの 男 女 構 成 比 である もし 男 性 のほうが 女 性 よりも 能 力 があると 予 測 しているのならば 競 争 相 手 の 性 別 が 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 えるかもしれない そこで 我 々は 男 性 2 人 女 性 2 人 だけでは なく さまざまな 男 女 比 率 のグループで 実 験 をおこなう こうすることで 男 女 構 成 比 が 自 信 過 剰 に 与 える 影 響 を 明 らかにする 第 2に 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 の 計 測 である 競 争 的 環 境 参 入 の 意 思 決 定 の 際 に リスク 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 は 重 要 な 役 割 を 果 たす 可 能 性 が 高 い 本 研 究 では Niederle and Vesterlund (2007)で 直 接 計 測 されていなかったリスク 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 をアンケート 調 査 で 質 問 すること - 2 -

3 により 計 測 する そして 計 測 したリスク 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 をコントロー ルした 上 で 競 争 に 対 する 嗜 好 や 自 信 過 剰 が 競 争 的 環 境 参 入 に 対 する 決 定 にどのように 影 響 を 与 えているか 明 らかにする 本 研 究 は Niederle and Vesterlund (2007) の 問 題 点 を 改 善 し 日 本 において 経 済 実 験 を 再 現 して 比 較 分 析 すると 言 う 意 味 で Niederle and Vesterlund (2007)の 補 完 的 研 究 である 分 析 により 以 下 の 結 果 が 得 られた (1) 男 女 でパフォーマンスの 差 はないが 女 性 より 男 性 のほうが 競 争 的 報 酬 体 系 (トーナメント 制 報 酬 体 系 )を 選 択 する 確 率 が 高 い (2)そ のトーナメント 参 入 の 男 女 差 の 大 部 分 は 男 性 が 女 性 よりも 自 信 過 剰 であることに 起 因 す る (3)アンケート 調 査 から 計 測 した 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 時 間 選 好 率 は 競 争 的 報 酬 体 系 選 択 の 男 女 差 に 対 して 説 明 力 がほとんどない (4)また 男 性 のほうが 女 性 より 競 争 を 好 むためであるという 説 明 は 限 定 的 である また 男 女 構 成 比 は 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 える 男 性 は 女 性 がグループにいると 自 信 過 剰 になり 女 性 は 男 性 がグループに いないと 自 信 過 剰 になる 論 文 の 構 成 は 以 下 の 通 りである 次 節 では 実 験 の 概 要 を 説 明 する 第 3 節 では 実 験 の 結 果 を 利 用 し パフォーマンスに 男 女 差 があるのか トーナメント 参 入 に 男 女 差 がある のか トーナメント 参 入 の 男 女 差 はパフォーマンスに 男 女 差 によるのかを 確 認 する 第 4 節 では トーナメント 参 入 の 男 女 差 の 要 因 を 分 析 する 最 後 に 第 5 節 で 全 体 をまとめる 2. 実 験 の 概 要 本 研 究 では 被 験 者 に4つのタスクを 解 かせる 実 験 をおこなう それぞれのタスクは 計 算 問 題 への 回 答 や 報 酬 体 系 の 選 択 である 実 験 は 大 阪 大 学 社 会 経 済 研 究 所 において 11 月 12 日 14 日 15 日 の3 日 間 で6セッションおこなった 各 セッションには 20 人 (= 1グループ 当 たり4 人 5グループ)の 被 験 者 が 参 加 した 6セッションすべてで 30 グ ループ( 男 性 60 人 女 性 60 人 )が 実 験 に 参 加 した セッション1からセッション5に 参 加 した5グループの 男 女 構 成 は 1 男 性 4 人 女 性 0 人 2 男 性 3 人 女 性 1 人 3 男 性 2 人 女 性 2 人 4 男 性 1 人 女 性 3 人 5 男 性 0 人 女 性 5 人 である セッション6におけるグループの 男 女 構 成 は 男 性 2 人 女 性 2 人 のみである Niederle and Vesterlund (2007) では 被 験 者 を 横 一 列 に 着 席 させているため 被 験 者 はグ ループ 内 の 他 のメンバーや 性 別 を 確 認 することができる そのため 競 争 相 手 のパフォー マンスがよさそうかどうか 分 かると 競 争 への 嗜 好 に 影 響 する 可 能 性 がある 他 の 競 争 相 手 の 見 かけの 効 果 によって 競 争 への 嗜 好 が 変 化 する 可 能 性 をコントロールするため 本 研 究 の 実 験 では 被 験 者 をランダムに 着 席 させ 被 験 者 には 自 分 のグループの 男 女 構 成 だけを 知 らせている 計 算 問 題 計 算 問 題 をおこなうタスクでは 被 験 者 はコンピュータ 上 で2 桁 の 数 字 を 足 し 合 わせる 計 - 3 -

4 算 問 題 を 解 く 被 験 者 は 計 算 機 を 使 用 してはいけないが 配 布 したメモ 用 紙 と 鉛 筆 は 自 由 に 使 用 してもよい 2 桁 の 数 字 はランダムに 出 題 される それぞれの 問 題 は 以 下 のよう に 出 題 され 被 験 者 は 空 欄 に 合 計 を 入 力 する 回 答 入 力 被 験 者 はコンピュータ 上 で 回 答 を 入 力 し 次 の 問 題 へ 進 むと 前 の 回 答 の 正 否 が 同 時 に 表 示 される 累 計 問 題 数 と 累 計 正 解 数 は コンピュータのスクリーンに 常 に 表 示 されている 1つのタスクの 制 限 時 間 は5 分 で 被 験 者 は 制 限 時 間 内 にできるだけ 多 くの 問 題 を 解 く 報 酬 体 系 と 各 タスクについては 以 下 の 通 りである 報 酬 体 系 それぞれのタスクの 賞 金 は グループ 内 の 順 位 は 関 係 ない 歩 合 制 と グループ 内 の 順 位 に よって 賞 金 額 が 異 なるトーナメント 制 のどちらかの 報 酬 体 系 に 基 づいて 計 算 される 1つ のグループの 人 数 は4 人 である 被 験 者 は 誰 が 自 分 のグループのメンバーなのか 誰 が どのグループなのかは 知 ることができない 歩 合 制 グループ 内 の 順 位 に 関 わらず すべての 人 が 正 解 1 問 につき 50 円 受 け 取 ることができる トーナメント 制 グループの 中 で 一 番 正 解 数 の 多 かった 人 1だけが 正 解 1 問 につき 200 円 受 け 取 ることがで きる グループの 中 で 一 番 正 解 数 が 多 かった 人 以 外 は 賞 金 を 受 け 取 ることができない Niederle and Vesterlund (2007) は 歩 合 制 よりもトーナメント 制 の 下 で 被 験 者 が 平 均 的 により 多 く 正 答 したことを 示 している 彼 女 らも 指 摘 するとおりこの 効 果 は 報 酬 体 系 が 努 力 インセンティブを 上 昇 させる 効 果 と タスクの 順 番 (タスク1 歩 合 制 タスク2トー ナメント 制 )による 学 習 効 果 によって 成 績 が 上 昇 する 効 果 の2つによって 構 成 されると 考 えられる そこで 本 研 究 は セッション1からセッション5では タスク1の 報 酬 体 系 を 歩 合 制 タスク2の 報 酬 体 系 をトーナメント 制 とし セッション6では タスク1の 報 酬 体 系 をトーナメント 制 タスク2の 報 酬 体 系 を 歩 合 制 とする セッション1-5とセッシ ョン6の 差 を 利 用 することにより 学 習 効 果 の 有 無 を 確 認 することが 可 能 となる タスク3 被 験 者 は 計 算 問 題 をおこなう 前 に 歩 合 制 とトーナメント 制 のどちらで 賞 金 を 支 払 ってほ しいかを 選 択 する もし 被 験 者 がトーナメント 制 を 選 んだなら タスク3 以 前 におこなっ 1 グループ 内 で 一 番 正 解 数 が 多 かった 人 が2 人 いた 場 合 は 2 人 とも1 位 としている - 4 -

5 たトーナメント 制 (セッション1-5ではタスク2 セッション6ではタスク1)のタス クにおいてグループの 他 のメンバーの 正 答 数 よりその 被 験 者 のタスク3の 正 答 数 が 多 か った 場 合 のときにだけ 正 解 1 問 につき 200 円 受 け 取 ることができる つまり タスク3 でトーナメント 制 を 選 択 した 被 験 者 の 正 答 数 は タスク3の 成 績 ではなく それ 以 前 のト ーナメント 制 のタスクにおけるグループの 他 のメンバーの 成 績 と 比 較 される タスク4 タスク4についての 説 明 は タスク4の 直 前 におこなう 被 験 者 は このタスクでは 計 算 問 題 をしなくてもよい このタスクでは 歩 合 制 でおこなったタスク(セッション1 5 ではタスク1 セッション6ではタスク2)について 歩 合 制 とトーナメント 制 のどちら で 賞 金 を 支 払 ってほしいかを 選 択 する 予 想 問 題 タスク4 終 了 後 に 被 験 者 はタスク1とタスク2のグループ 内 の 順 位 (1 位 ~4 位 )を 予 想 する 1 問 正 解 につき 100 円 受 け 取 ることができる アンケート 予 想 問 題 終 了 後 に 被 験 者 はアンケートに 回 答 する アンケートの 質 問 項 目 は 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 自 信 過 剰 時 間 選 好 率 に 関 する 質 問 のほか 被 験 者 やその 家 族 の 属 性 に 関 する 質 問 である 実 験 の 賞 金 について すべての 被 験 者 は 参 加 報 酬 として 2000 円 受 け 取 る この 参 加 報 酬 とは 別 に それぞれのタ スクにおける 成 績 に 基 づいて 賞 金 が 支 払 われる 各 タスクの 賞 金 額 は タスクごとの 報 酬 体 系 に 基 づいて 計 算 される 実 際 に 支 払 われる 賞 金 は 4つのタスクの 賞 金 額 の 中 からラ ンダムに1つを 選 択 し 賞 金 として 支 払 われる さらに 順 位 予 想 の 正 解 数 に 応 じて 賞 金 を 受 け 取 ることができる 賞 金 額 = 2000 円 ( 参 加 報 酬 )+ 順 位 予 想 の 賞 金 額 +4つのタスクからランダムに 選 んだ1つのタスクの 賞 金 額 平 均 賞 金 額 は 3246 円 であった 3. 実 験 結 果 3.A. 男 女 でパフォーマンスに 差 があるか?セッション1-セッション5 図 1には セッション1からセッション5の 歩 合 制 (panel(a))とトーナメント 制 (panel (B))の 正 答 数 の 累 積 密 度 分 布 を 示 す - 5 -

6 図 1 CDF of Number of Correctly Solved Problems: Session 1-5 (A) Piece Rate (B) Tournam ent Women Men Women Men 歩 合 制 トーナメント 制 どちらの 場 合 も 男 女 の 分 布 は 似 通 っている 歩 合 制 での 男 性 の 平 均 正 答 数 は 問 で 女 性 の 平 均 正 答 数 は 16.8 問 である t 検 定 の 結 果 歩 合 制 におい てパフォーマンスに 男 女 差 がないという 帰 無 仮 説 は 棄 却 されない(p 値 =0.3972) トーナメ ント 制 では 男 性 の 平 均 正 答 数 は 問 で 女 性 の 平 均 正 答 数 は 問 である t 検 定 の 結 果 トーナメント 制 においてパフォーマンスに 男 女 差 がないという 帰 無 仮 説 は 棄 却 さ れない(p 値 =0.1411) Mann-Whitney test による 男 女 の 分 布 の 差 の 検 定 においても 歩 合 制 でもトーナメント 制 でも 男 女 の 正 答 数 の 分 布 に 差 はない セッション1からセッショ ン5でのパフォーマンスについては Niederle and Vesterlund (2007)と 同 様 に 男 女 差 は 確 認 されない Niederle and Vesterlund(2007)では 男 女 ともに 歩 合 制 よりトーナメント 制 の 成 績 の ほうが 有 意 によい 本 研 究 では 男 性 においては 歩 合 制 よりトーナメント 制 の 成 績 が 有 意 によいが 女 性 では 歩 合 制 とトーナメント 制 の 正 答 数 に 有 意 な 差 は 確 認 されない 歩 合 制 とトーナメント 制 のパフォーマンスの 分 布 の 差 の 検 定 (Wilcoxon matched-pairs signed-rank test)においても 男 性 では 歩 合 制 とトーナメント 制 の 正 答 数 の 分 布 は 異 なる が 女 性 では 両 者 の 分 布 が 同 じである 歩 合 制 からトーナメント 制 の 成 績 の 上 昇 度 は 男 性 の 方 が 有 意 に 高 い(p 値 =0.0379) Niederle and Vesterlund(2007)では 成 績 の 上 昇 度 の 男 女 差 は 確 認 されていない 3.B.トーナメントへの 参 入 に 男 女 差 は 存 在 するか(タスク3の 選 択 )? - 6 -

7 セッション 全 体 で 男 性 の 43%がトーナメント 制 を 選 択 したのに 対 し 女 性 18%だけが トーナメント 制 を 選 択 する 本 稿 で Niederle and Vesterlund(2007)と 同 様 に 男 性 2 人 女 性 2 人 のみのグループでおこなったセッション6では 男 性 の 60% 女 性 の 20%だけがト ーナメントを 選 択 する 日 本 においても 女 性 より 男 性 でトーナメント 制 を 選 択 する 確 率 が 高 い しかし この 日 本 におけるトーナメント 選 択 確 率 は Niederle and Vesterlund(2007) と 比 較 して 低 い 彼 女 らの 分 析 では 男 性 の 73% 女 性 の 35%がトーナメントを 選 択 する 日 本 人 はアメリカ 人 ほど 競 争 的 報 酬 体 系 を 選 択 しないことが 示 唆 される 3.C.トーナメント 参 入 の 男 女 差 は パフォーマンスの 男 女 差 によるのか? 3.B.で 観 察 されたトーナメント 制 の 選 択 確 率 の 男 女 差 は パフォーマンスの 男 女 差 に よるものなのであろうか それとも 被 験 者 が 男 女 差 を 正 確 に 予 測 しているからだろうか 表 1:タスク1とタスク2の 成 績 別 タスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 平 均 値 の 差 の 検 定 :セッション1-5 正 答 数 平 均 値 タスク3での 報 酬 体 系 選 択 歩 合 (task1) トーナメント(task2) トーナメン サンプル 数 ト- 歩 合 女 性 歩 合 [0.848] [0.901] [0.490] トーナメント [3.607] [2.618] [1.915] 男 性 歩 合 [0.861] [0.893] [0.559] トーナメント [2.053] [2.235] [0.458] 男 性 - 女 性 歩 合 vs. 41 ( 上 二 段 の 差 検 定 ) [1.236] [1.302] [0.746] トーナメント vs. 9 [3.892] [3.778] [1.432] 括 弧 内 は 標 準 誤 差 まず タスク3における 報 酬 体 系 の 選 択 を 所 与 としたときに タスク1とタスク2の 男 女 のパフォーマンスに 特 徴 はあるのか 確 認 する 表 1には セッション1からセッション5 におけるタスク3で 選 択 した 報 酬 体 系 ごとの 平 均 正 答 数 を 男 女 別 に 示 している タスク3 でトーナメント 制 を 選 択 する 人 は タスク1の 歩 合 制 での 正 答 数 よりタスク2のトーナメ ント 制 の 正 答 数 が 高 い 傾 向 にある Niederle and Vesterlund(2007)と 同 様 に タスク3 で 選 択 した 報 酬 体 系 を 所 与 とすると 男 女 のパフォーマンスに 有 意 な 差 は 確 認 されない 女 性 より 男 性 がトーナメント 制 を 選 択 する 確 率 が 高 いのは 過 去 のパフォーマンスによる ものではないと 考 えられる - 7 -

8 表 2:タスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 被 説 明 変 数 :トーナメント 選 択 =1 セッション1-5 女 性 ダミー [0.101] トーナメント 正 答 数 [0.009] トーナメント 正 答 数 歩 合 正 答 数 [0.018] 対 数 尤 度 段 目 : 係 数 の 限 界 効 果 2 段 目 : 標 準 誤 差 限 界 効 果 は 男 性 トーナメントの 成 績 =21 問 歩 合 の 成 績 =19 問 で 評 価 表 2には タスク3におけるトーナメント 制 選 択 確 率 のプロビット 推 定 の 結 果 を 示 す 女 性 ダミーは 有 意 に 負 の 値 が 推 定 されている タスク1 タスク2の 成 績 を 所 与 としたと き 女 性 は 有 意 にトーナメント 制 を 選 択 する 確 率 が 低 い しかし Niederle and Vesterlund (2007)とは 異 なり トーナメント 制 の 成 績 は 有 意 にタスク3でトーナメント 制 を 選 択 す る 確 率 に 正 の 影 響 を 与 える 以 上 表 1 2より トーナメント 選 択 者 が 男 性 で 多 いのは パフォーマンスの 違 いによるものでないことが 観 察 された 次 に トーナメント 選 択 の 男 女 差 が 成 績 予 測 の 正 確 性 の 男 女 差 に 起 因 するのかを 確 認 する 図 2には タスク2(panel A)とタスク3(panel B)の 成 績 四 分 位 別 のタスク3 でのトーナメント 選 択 割 合 を 示 す 成 績 予 測 に 関 しては 男 女 ともに 不 正 確 であるが ど の 成 績 四 分 位 別 を 見 ても 女 性 より 男 性 のほうでトーナメント 選 択 割 合 が 高 い 女 性 では トーナメントへ 過 小 参 入 男 性 では 過 大 参 入 である 可 能 性 が 高 い 図 2 (A) - 8 -

9 Proportion of Participants Selecting Tournament for Task3 Conditional on Task 2 Perform ance Quartile Women Men =Worst quartile 4=Best (B) Proportion of Participants Selecting Tournament for Task 3 Conditional on Task 3 Performance Women Men =Worst quartile 4=Best それでは トーナメント 参 入 の 差 の 大 きさはどの 程 度 の 賞 金 額 に 値 するのだろうか ト - 9 -

10 ーナメントで1 位 となる 正 答 数 ( 過 剰 過 少 参 入 の 分 岐 点 )を 予 測 するため 1 男 女 区 別 なしでランダムに 被 験 者 をグルーピングする 2ランダムなグルーピングの 中 でトーナメ ント 制 の 下 で1 位 となる 場 合 に1 それ 以 下 となる 場 合 に0をとる 変 数 (random_win)を 作 成 する 3random_win が1となる 確 率 をプロビットモデルで 推 定 する 1~3の 結 果 を 表 3に 示 している 本 研 究 のトーナメント 選 択 と 歩 合 制 が 無 差 別 になる 損 益 分 岐 点 は 18 問 であり Niederle and Vesterlund(2007)の 13 問 より 多 い 表 3:ランダムに 発 生 させたグループで1 位 となる 確 率 のプロビット 推 定 からの 予 測 値 正 答 数 1 位 となる 確 率 期 待 トーナメント 賞 金 歩 合 賞 金 トーナメント 制 (タスク2)の 正 答 数 が 19 問 以 上 であるならば その 被 験 者 は 約 32%か それ 以 上 の 確 率 でトーナメント 制 の 勝 者 となる パフォーマンスコストを 無 視 し パフォ ーマンスの 分 布 を 知 っていて タスク3でも 同 じパフォーマンスを 維 持 すると 仮 定 すると トーナメント 参 入 の 決 定 は 32%(あるいはそれ 以 上 )の 確 率 で 200 円 受 け 取 るか 確 実 に 50 円 受 け 取 るかのギャンブルである 正 答 数 が 19 問 の 被 験 者 にとって 32%の 確 率 で 3800 円 ( 期 待 トーナメント 賞 金 円 ) 受 け 取 るか 確 実 に 950 円 受 け 取 るかの 選 択 である 表 4には 過 大 過 小 参 入 の 男 女 差 と 期 待 コストを 計 算 した 結 果 を 示 す 正 答 数 が 19 問 以 上 の 被 験 者 のうち 9/12 人 の 女 性 と 9/21 人 の 男 性 がトーナメントを 選 択 すべきで あるがトーナメントを 選 択 していない 同 様 に 正 答 数 が 17 問 以 下 の 被 験 者 がトーナメント 制 の 勝 者 となる 確 率 は 17%かそれ 以 下 である 正 答 数 が 17 問 の 被 験 者 にとっては 17%の 確 率 で 3400 円 ( 期 待 トーナメント 賞 金 円 ) 受 け 取 るか 確 実 に 850 円 受 け 取 るかの 選 択 である 正 答 数 が 17 問 以 下 の 被 験 者 のうち 6/37 人 の 女 性 と 8/25 人 の 男 性 がトーナメントを 選 択 すべきではないがト ーナメントを 選 択 している 以 上 より 女 性 は 男 性 より 過 小 参 入 の 割 合 が 大 きく 男 性 は 女 性 よりも 過 剰 参 入 の 割 合 が 大 きい 過 小 参 入 の 期 待 費 用 の 平 均 は 男 性 より 女 性 で 高 く 過 剰 参 入 の 期 待 費 用 総 額 は 女 性 より 男 性 のほうが 高 いといえる

11 表 4:タスク3における Over-entry と Under-entry の 期 待 費 用 Calculation based on Task2-Performance Task3-Performance 女 性 男 性 女 性 男 性 Under-entry (19 問 以 上 正 答 ) トーナメントを 選 択 すべき 人 数 うちトーナメントを 選 択 しなかった 人 数 Under-entryの 期 待 費 用 総 額 \ 31,649 \ 29,700 \ 30,000 \ 34,200 Under-entryの 期 待 費 用 平 均 \ 3,517 \ 3,300 \ 3,750 \ 3,109 Over-entry(17 問 以 下 正 答 ) トーナメントを 選 択 すべきでない 人 数 うちトーナメントを 選 択 した 人 数 Over-entryの 期 待 費 用 総 額 Over-entryの 期 待 費 用 平 均 総 期 待 費 用 \ \ 4, \36,099 \ \ 5, \34,834 \ \ 2, \32,914 \ \ 4, \38,925 4.トーナメント 参 入 の 男 女 差 の 説 明 前 節 より トーナメント 選 択 確 率 に 関 して 女 性 より 男 性 でトーナメント 選 択 確 率 が 高 いことがわかった そしてその 男 女 差 はタスク1とタスク2のパフォーマンスの 男 女 差 に よるものではなく 成 績 予 測 能 力 の 差 によるものである 具 体 的 には 男 性 ではトーナメ ントへの 過 剰 参 入 女 性 では 過 小 参 入 の 割 合 が 高 いことが 明 らかとなった 本 節 では トーナメント 参 入 の 男 女 差 の 原 因 を 説 明 することを 目 的 とする A 小 節 では トーナメント 参 入 の 男 女 差 を 男 性 の 自 信 過 剰 が 原 因 であるかどうかを 検 証 する B 小 節 で は 報 酬 体 系 選 択 の 男 女 差 が 自 信 過 剰 や 危 険 回 避 度 フィードバック 回 避 度 などの 要 因 の 男 女 差 によるものなのかをタスク4を 利 用 して 分 析 する C 小 節 では 自 信 過 剰 や 危 険 回 避 度 フィードバック 回 避 度 などの 要 因 で 説 明 されなかったトーナメント 参 入 の 男 女 差 は 競 争 に 対 する 嗜 好 によるものなのかを 検 証 する 4.A. 男 性 は 女 性 よりも 自 信 過 剰 だから トーナメント 参 入 に 男 女 差 があるのか タスク4の 後 被 験 者 にタスク1とタスク2の 順 位 を 予 想 してもらった 被 験 者 は 予 想 順 位 が 正 解 だと1 問 につき 100 円 受 け 取 ることができる トーナメント 制 の 順 位 予 想 分 布 ( 表 5)を 見 ると 男 性 の 40%がグループ 内 で1 位 であると 予 想 しているのに 対 し 女 性 の 20%だけが1 位 であると 予 想 している 平 均 値 の 差 の 検 定 の 結 果 男 性 のトーナメント 制 では 有 意 に 実 際 の 順 位 より 予 想 順 位 のほうがよい 男 女 とも 自 信 過 剰 であるが 男 性 の 方 が 女 性 より 自 信 過 剰 であることが 観 察 される また 女 性 の 予 測 のほうがより 正 確 であ る

12 表 5:トーナメント 制 の 順 位 予 想 分 布 (Session1-5) 男 性 女 性 予 想 順 位 うち 間 違 い 予 想 順 位 うち 間 違 い 1:Best :Worst 合 計 予 想 トーナメント 順 位 を 被 説 明 変 数 とした Ordered Probit 推 定 の 結 果 を 表 6に 示 す 2 列 目 を 見 ると 女 性 ダミーの 係 数 は 有 意 性 は 低 い(p 値 =0.109)が 正 の 値 で 推 定 されてい る タスク1とタスク2の 成 績 を 所 与 とすると 女 性 は 男 性 よりも 自 分 の 成 績 に 自 信 がな い また 本 研 究 では 1 男 性 4 人 女 性 0 人 2 男 性 3 人 女 性 1 人 3 男 性 2 人 女 性 2 人 4 男 性 1 人 女 性 3 人 5 男 性 0 人 女 性 5 人 の5つのパターンの 男 女 構 成 で 実 験 をおこなっ た 被 験 者 には 自 分 のグループの 男 女 構 成 だけを 知 らせている この 男 女 構 成 の 情 報 が 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 えているかもしれない 表 6の3~5 列 目 では グループの 男 女 構 成 をコントロールした 結 果 を 示 している グループの 男 女 構 成 ダミーは 有 意 に 推 定 されてい る グループ 構 成 は 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 える 女 性 だけのグループでは 最 も 予 想 順 位 が 高 くなり 男 性 だけのグループでは 最 も 予 想 順 位 が 低 くなる さらに 男 性 2 人 女 性 2 人 お よび 男 性 1 人 女 性 3 人 のグループの 女 性 は 同 じグループの 男 性 と 比 較 して 予 想 順 位 が 低 くなる( 自 信 過 小 となる) 表 6: 予 想 トーナメント 順 位 に 関 する Ordered Probit 推 定 (セッション1-5) 被 説 明 変 数 :タスク2での 順 位 予 想 no cluster clustering clustering 女 性 ダミー ** *** ** *** *** * [0.218] [0.228] [0.326] [0.142] [0.102] [0.232] トーナメント 正 答 数 ** *** *** *** *** [0.024] [0.026] [0.018] [0.017] [0.025] トーナメント 正 答 数 *** *** *** *** 歩 合 正 答 数 [0.039] [0.041] [0.047] [0.049] [0.039] 男 4 女 0グループダミー ** *** *** [0.498] [0.143] [0.054] 男 3 女 1グループダミー *** *** [0.437] [0.111] [0.022] 男 2 女 2グループダミー *** *** [0.392] [0.073] [0.078] 男 1 女 3グループダミー ** *** *** [0.380] [0.056] [0.057] 男 2 女 2グループダミー *** 女 性 ダミー [0.054] 男 1 女 3グループダミー *** 女 性 ダミー [0.082] 自 信 過 剰 ( 健 康 1) [0.274] サンプル 数 段 目 : 係 数 の 推 定 値 2 段 目 : 標 準 誤 差 男 女 構 成 グループダミーのベースライン: 男 0 女 4のグループ

13 パフォーマンスを 所 与 としたときに 男 性 がよりトーナメントに 参 入 することは 男 性 が より 自 信 過 剰 であることで 説 明 されるのだろうか タスク2(トーナメント)の 予 想 順 位 別 トーナメント(タスク3)の 選 択 確 率 を 図 3に 示 す 順 位 予 想 はある 程 度 トーナメント 選 択 と 相 関 があることが 観 察 される また 全 体 的 に 男 性 は 女 性 よりも 自 信 過 剰 である タスク2(トーナメント)を1 位 と 予 想 した 人 に 限 ると 男 性 よりも 女 性 でトーナメント 選 択 確 率 が 低 い したがって トーナメント 選 択 の 男 女 差 は 自 信 過 剰 ( 予 想 順 位 )によっ て 説 明 できると 考 えられる 図 3 Proportion Selecting the Tournament for Task 3 Conditional on Guessed Rank Women Men = Best R ank q uartile 4=W orst R ank 表 7(section1-6)はタスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 の 結 果 を 示 している 第 3-B 列 を 見 ると 自 信 過 剰 (トーナメント 予 想 順 位 )をコントロールした 後 でも 男 女 のトーナメント 選 択 確 率 に 有 意 な 差 が 確 認 される しかし 推 定 値 の 大 きさ は 自 信 過 剰 が 大 きな 説 明 要 因 でないことを 示 唆 する 表 7:タスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 分 析 被 説 明 変 数 :トーナメント 選 択 =1 (A)セッション1-5 (B)セッション1-6 1-A 2-A 3-A 1-B 2-B 3-B 女 性 ダミー ** ** *** *** ** [0.088] [0.092] [0.115] [0.081] [0.086] [0.098] トーナメント 正 答 数 ** ** [0.008] [0.009] [0.008] [0.008] トーナメント 正 答 数 歩 合 正 答 数 [0.017] [0.017] [0.004] [0.017] トーナメント 予 想 順 位 *** ** [0.072] [0.060] フィードバック 回 避 度 ** [0.060] 1 段 目 : 係 数 の 限 界 効 果 2 段 目 : 標 準 誤 差 限 界 効 果 は 男 性 トーナメントの 成 績 =18 問 歩 合 の 成 績 =17 問 トーナメント 予 想 順 位 =1 位 で 評 価

14 以 上 の 結 果 より 男 性 は 女 性 よりも 自 信 過 剰 であり 女 性 は 男 性 よりも 自 信 がないこと がわかった またトーナメント 選 択 の 男 女 差 は 自 信 過 剰 の 男 女 差 によって 説 明 できる し かし 自 信 過 剰 は 大 きな 説 明 要 因 ではないことが 示 唆 された 4.B.なぜ 男 性 のほうが 女 性 よりトーナメントを 選 択 するのか?-そのほかの 要 因 - それでは トーナメント 選 択 確 率 の 男 女 差 は 自 信 過 剰 以 外 のほかの 要 因 によって 説 明 されるのだろうか 本 小 節 では タスク4を 利 用 して 報 酬 体 系 選 択 後 にタスクをする 可 能 性 と 関 係 がないときにトーナメント 参 入 に 男 女 差 が 観 察 されるか 確 認 する タスク4では タスク1( 歩 合 制 )の 成 績 に 関 して 女 性 は 23%だけがトーナメントを 選 択 するのに 対 し 男 性 の 40%がトーナメントを 選 択 する(セッション 1-5) 報 酬 体 系 の 選 択 がその 後 に 行 うタスクと 関 係 しないときでさえ トーナメント 参 入 に 男 女 差 がある パフォーマンスやタスク1( 歩 合 制 )の 成 績 の 予 想 を 所 与 としたときでも この 男 女 差 は 観 察 されるだろうか 予 想 をコントロールすることによって トーナメント 参 入 の 男 女 差 が 自 信 過 剰 によって 説 明 されるのか それとも 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 によっ て 説 明 されるのか 確 認 することができる 表 8:タスク1とタスク2の 成 績 別 タスク4におけるトーナメント 選 択 確 率 平 均 値 の 差 の 検 定 :セッション1-5 タスク4で 正 答 数 平 均 値 の 報 酬 体 トーナメン 系 選 択 歩 合 (task1) トーナメント(task2) ト- 歩 合 サンプル 数 女 性 歩 合 [0.569] [0.553] [0.889] トーナメント [2.884] [2.890] [0.889] 男 性 歩 合 [0.861] [0.913] [0.446] トーナメント [1.962] [2.306] [0.681] 括 弧 内 は 標 準 誤 差 表 8は タスク1とタスク2の 成 績 別 にタスク4のトーナメント 選 択 確 率 の 平 均 値 を 示 したものである Niederle and Vesterlund(2006)では 女 性 では 平 均 値 に 差 はなかったが 本 稿 では 男 女 ともにタスク4で 歩 合 制 を 選 択 した 人 よりトーナメント 制 を 選 択 した 人 の ほうが 歩 合 制 (タスク1)の 正 答 数 の 平 均 値 は 高 い

15 図 4 Proportion of Participants who Select Tournament for Task Women Men Women Men =Worst quartile 4=Best Conditional on Task-1 Performance Quartile =Best Rank 4=W orst Rank Conditional on Guessed Piece-Rate Rank 図 4( 左 )は タスク1( 歩 合 制 )のパフォーマンスを 所 与 としたときのタスク4のト ーナメント 選 択 割 合 を 示 している パフォーマンスを 所 与 としたとき 第 2 四 分 位 で 男 女 差 が 強 く 確 認 される 以 上 より Niederle and Vesterlund(2007)ほど 明 確 な 男 女 差 では ないが タスク4でのトーナメント 選 択 の 男 女 差 はパフォーマンスの 男 女 差 によるものだ と 考 えられる 自 信 過 剰 の 影 響 と 危 険 回 避 度 フィードバック 回 避 度 の 影 響 を 識 別 するた めに 歩 合 制 (タスク1)の 順 位 予 想 を 利 用 する 図 4( 右 )には 予 想 順 位 ( 歩 合 制 )ご とのトーナメント 選 択 確 率 を 示 す タスク3の 場 合 とは 異 なり タスク4でのトーナメン ト 選 択 の 男 女 差 はかなり 小 さい 男 女 ともにより 自 信 のある 人 がよりトーナメントを 選 択 している 表 9には タスク4におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 の 結 果 を 示 す パフォーマンスを 所 与 とすると(2 列 目 ) 女 性 ダミーは 統 計 的 に 有 意 に 負 で 推 定 さ れている 自 信 過 剰 危 険 回 避 度 フィードバック 回 避 度 の 要 因 においても 男 女 差 がある ことを 示 唆 している タスク1での 成 績 と 予 想 順 位 両 方 を 所 与 とした 場 合 (3 列 目 ) 女 性 ダミーの 推 定 値 は 統 計 的 に 有 意 ではない 自 信 過 剰 の 変 数 ( 予 想 順 位 )をコントロールし たときに 男 女 差 がなくなることは タスク4のトーナメント 選 択 における 男 女 差 の 大 部 分 は 自 信 過 剰 の 男 女 差 で 説 明 されることを 意 味 する また 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 は 説 明 力 を 持 たない 可 能 性 を 示 唆 している

16 表 9:タスク4におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 セッション1-6 被 説 明 変 数 :トーナメント 選 択 =1 女 性 ダミー [0.084] [0.076] [0.097] 歩 合 制 正 答 数 [0.013] [0.010] 歩 合 予 想 順 位 [0.061] 対 数 尤 度 段 目 : 係 数 の 限 界 効 果 2 段 目 : 標 準 誤 差 限 界 効 果 は 男 性 歩 合 の 成 績 =19 問 歩 合 予 想 順 位 =1 位 で 評 価 本 研 究 では Niederle and Vesterlund(2007)で 直 接 計 測 されていなかったフィードバ ック 回 避 度 や 危 険 回 避 度 について アンケートによって 質 問 している セッション1-5 についてそれらの 変 数 をコントロールし タスク4におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロ ビット 推 定 の 結 果 が 表 10 の4~7 列 目 である フィードバック 回 避 度 や 危 険 回 避 度 をコン トロールしても 自 信 過 剰 ( 予 想 順 位 )は 統 計 的 に 有 意 である 女 性 ダミーは 統 計 的 に 有 意 な 値 に 推 定 されておらず タスク4での 報 酬 体 系 選 択 に 男 女 差 はない これは 競 争 への 嗜 好 で 説 明 できる 可 能 性 を 示 唆 している 表 10:タスク4におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 (セッション1-5) 被 説 明 変 数 :タスク4でのトーナメント 選 択 確 率 (=1) 女 性 ダミー [0.093] [0.112] [0.086] [0.097] [0.113] [0.113] [0.100] 歩 合 制 正 答 数 *** ** ** ** ** *** [0.015] [0.012] [0.013] [0.016] [0.021] [0.015] 歩 合 予 想 順 位 *** *** *** *** *** [0.079] [0.080] [0.096] [0.102] [0.082] フィードバック 回 避 度 * ** ** ** [0.092] [0.120] [0.134] [0.100] 絶 対 的 危 険 回 避 度 * (200 円 ) [13.216] 絶 対 的 危 険 回 避 度 (2000 円 ) [214.66] 降 水 確 率 * [0.002] サンプル 数 段 目 : 係 数 の 限 界 効 果 2 段 目 : 標 準 誤 差 限 界 効 果 は 男 性 歩 合 の 成 績 =19 問 歩 合 予 想 順 位 =1 位 で 評 価 4.C.なぜ 男 性 のほうが 女 性 よりトーナメントを 選 択 するのか?- 競 争 への 嗜 好 - タスク3 タスク4では 歩 合 制 かトーナメント 制 の 報 酬 体 系 の 選 択 をする タスク3 では 報 酬 体 系 を 選 択 した 後 に 実 際 のタスク( 計 算 問 題 )を 行 う 一 方 タスク4では 既 に 行 ったタスク1( 歩 合 制 )について 報 酬 体 系 の 選 択 を 行 う タスク3における 報 酬 体

17 系 選 択 の 要 因 は 自 信 過 剰 危 険 回 避 度 フィードバック 回 避 度 競 争 への 嗜 好 (preference) である タスク4における 報 酬 体 系 選 択 の 要 因 は 自 信 過 剰 危 険 回 避 度 フィードバッ ク 回 避 度 である したがってタスク3とタスク4の 結 果 を 比 較 することで トーナメント 選 択 の 男 女 差 が 競 争 への 嗜 好 によって 説 明 されるか 確 認 することができる 図 5は 予 想 順 位 を 所 与 としたときのトーナメント 選 択 割 合 ( 左 :タスク3 右 :タスク 4)である 右 の 図 は 女 性 より 男 性 のほうがトーナメント 制 報 酬 体 系 を 好 むためにトー ナメント 選 択 が 男 性 で 多 いことを 示 している しかし 左 の 図 は タスク3でのトーナメ ント 選 択 男 女 差 に 対 する 競 争 に 対 する 嗜 好 の 説 明 力 は 限 定 的 であることを 示 唆 する 図 5 Proportion Selecting the Tournament for Task 3 Conditional on Guessed Tournament Rank Proportion Selecting the Tournament for Task4 Conditional on Guessed Piece-Rate Rank Women Men Women Men =Best Rank 4=W orst Rank =Best Rank 4=Worst Rank 表 11 は タスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 の 結 果 である 1~ 4 列 目 は Niederle and Vesterlund(2007)の 分 析 を 再 現 した 結 果 であり 5~6 列 目 は Niederle and Vesterlund(2007)で 直 接 計 測 されていなかったフィードバック 回 避 度 や 危 険 回 避 度 などをアンケートからのデータにより 捉 えた 分 析 結 果 である 女 性 ダミーの 有 意 性 は 不 安 定 であり 競 争 への 嗜 好 の 男 女 差 は 限 定 的 であると 考 えられる

18 表 11:タスク3におけるトーナメント 選 択 確 率 のプロビット 推 定 (セッション1-5) 被 説 明 変 数 :トーナメント 選 択 =1 Niederle and Vesterlund (2007) の 再 現 選 好 パラメータのコントロール 女 性 ダミー ** ** * [0.088] [0.092] [0.115] [0.110] [0.120] [0.143] トーナメント 正 答 数 ** [0.008] [0.009] [0.007] [0.008] [0.010] トーナメント 正 答 数 歩 合 正 答 数 [0.017] [0.017] [0.017] [0.018] [0.022] トーナメント 予 想 順 位 *** [0.072] [0.053] [0.056] [0.072] タスク4での 選 択 *** *** *** (トーナメント=1) [0.119] [0.132] [0.144] フィードバック 回 避 度 [0.103] [0.137] 絶 対 的 危 険 回 避 度 (200 円 ) [11.037] [14.921] 時 間 選 好 率 (90 日 後 に1 万 円 ) [0.034] 双 曲 割 引 ダミー [0.175] 1 段 目 : 係 数 の 限 界 効 果 2 段 目 : 標 準 誤 差 限 界 効 果 は 男 性 トーナメントの 成 績 =18 問 歩 合 の 成 績 =17 問 トーナメント 予 想 順 位 =1 位 で 評 価 以 上 より タスク4でのトーナメント 選 択 の 男 女 差 はパフォーマンスの 男 女 差 によるも のであることがわかった ただし タスク4のトーナメント 選 択 確 率 の 男 女 差 のほとんど は 自 信 過 剰 の 男 女 差 によって 説 明 される パフォーマンスの 男 女 差 の 影 響 は 小 さい また トーナメント 参 入 が 男 性 で 多 いのは 女 性 より 男 性 のほうがトーナメント 制 報 酬 体 系 を 好 むから という 説 明 は 限 定 的 であることがわかった 5.おわりに 本 稿 では Niederle and Vesterlund(2007)と 同 様 の 経 済 実 験 を 行 い 上 層 部 や 競 争 的 地 位 に 女 性 が 少 ないという 労 働 市 場 の 差 が パフォーマンスの 男 女 差 によるものなのか 競 争 に 対 する 嗜 好 の 男 女 差 によるものなのかを 確 認 した Niederle and Vesterlund(2007)で 直 接 計 測 されていなかった 危 険 回 避 度 やフィードバ ック 回 避 度 に 関 してアンケート 調 査 を 用 いることでそれらの 要 因 を 捉 えたこと 男 女 構 成 比 が 自 信 過 剰 に 与 える 影 響 を 明 らかにしたことに 特 徴 がある 分 析 の 結 果 (1) 男 女 でパフォーマンスの 差 はないが 女 性 より 男 性 のほうが 競 争 的 報 酬 体 系 (トーナメント 制 報 酬 体 系 )を 選 択 する 確 率 が 高 い (2)そのトーナメント 参 入 の 男 女 差 の 大 部 分 は 男 性 が 女 性 よりも 自 信 過 剰 であることに 起 因 する (3) 男 女 構 成 比 は 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 える 競 争 相 手 の 性 別 が 自 信 過 剰 に 影 響 を 与 えている (4)アンケー ト 調 査 から 計 測 した 危 険 回 避 度 やフィードバック 回 避 度 時 間 選 好 率 は 競 争 的 報 酬 体 系 選 択 の 男 女 差 に 対 して 説 明 力 がほとんどない (5)また 男 性 のほうが 女 性 より 競 争 を 好 むためであるという 説 明 は 限 定 的 であることが 明 らかとなった

19 参 考 文 献 Bertrand, Marianne and Kevin F. Hallock (2001) The gander gap in top corporate jobs, Industrial and Labor Relations Review, LV Beyer, Sylvia (1990) Gender Differences in the Accuracy of Self-Evaluations of Performance, Journal of Personality and Social Psychology, LIX, pp Beyer, Sylvia and Edward M. Bowden (1997) Gender Differences in Self-Perceptions: Convergent Evidence From Three Measures of Accuracy and Bias, Personality and Social Psychology Bulletein, XXⅢ, pp Lichtenstein, Sarah, Baruch Fischhoff, and Lawrence Phillips (1982) Calibration and Probabilities: The State of the Art to 1980, in Judgment Under Uncertainty: Heuristics and Biases, Daniel Kahneman, Paul Slovic and Amos Tversky, eds., (Cambridge University Press) Niederle, Muriel and Lise Vesterlund (2007) Do Women Shy Away From Competition? Do Men Compete Too Much? Vol.122, No.3, pp

水 谷 他 : 自 信 過 剰 が 男 性 を 競 争 させる 61 ナメント 制 )の 2 種 類 が 用 意 されている. 彼 女 らの 分 析 に よると,73% の 男 性 が 競 争 的 報 酬 体 系 を 好 むのに 対 し, 女 性 は 35% しか 競 争 的 報 酬 体 系 を 選

水 谷 他 : 自 信 過 剰 が 男 性 を 競 争 させる 61 ナメント 制 )の 2 種 類 が 用 意 されている. 彼 女 らの 分 析 に よると,73% の 男 性 が 競 争 的 報 酬 体 系 を 好 むのに 対 し, 女 性 は 35% しか 競 争 的 報 酬 体 系 を 選 60 行 動 経 済 学 第 2 巻 (2009) 60 73 自 信 過 剰 が 男 性 を 競 争 させる * 水 谷 徳 子 a, 奥 平 寛 子 b, 木 成 勇 介 c d, 大 竹 文 雄 要 旨 本 稿 では,なぜ 男 性 は 女 性 と 比 べて, 自 身 の 成 果 のみに 依 存 した 報 酬 体 系 よりも 他 人 の 成 果 にも 依 存 する 報 酬 体 系 を 好 むのかについて,

More information

(Microsoft Word - \227\\\215e_H22ABEF)

(Microsoft Word - \227\\\215e_H22ABEF) 自 信 過 剰 が 競 争 的 環 境 における 生 産 性 に 与 える 影 響 木 成 勇 介 ( 九 州 大 学 ) 大 竹 文 雄 ( 大 阪 大 学 ) 奥 平 寛 子 ( 岡 山 大 学 ) 水 谷 徳 子 ( 東 洋 大 学 ) 要 旨 : 個 人 の 生 産 性 に 基 づいて 報 酬 が 支 払 われる 歩 合 制 に 対 して 他 人 の 生 産 性 と 比 較 し て 報 酬

More information

Microsoft Word - 安田様本文確定

Microsoft Word - 安田様本文確定 134, 20.,. 34.,,,,.,,,.,,. I.,. 24 2011, 15.3, 8.1, 5. 1,. 135,,. Pinker 2008, 2012,., 2009,., 1992, 2003,,.,,.,,,,,.. Pinker 2008, 2012,.,..,.,,.,,,. II.,,.,,,, 136 Becker 1971 1 2., Kawaguchi 2007, Sano

More information

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行

摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014) 1.はじめに 近 年 プロ 野 球 人 気 の 陰 りが 指 摘 されているが 現 在 でも 数 多 くの 人 が 球 場 に 足 を 運 んでい る 1 観 客 動 員 数 でみると 来 場 客 数 の 公 表 が 実 数 で 行 摂 南 経 済 研 究 第 4 巻 第 1 2 号 (2014),33-50ページ プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 研 究 ノート プロ 野 球 来 場 者 の 飲 食 物 購 買 行 動 に 関 する 考 察 -オリックス バファローズを 事 例 として- 持 永 政 人 西 川 浩 平 The Analysis of Buying Behavior

More information

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア

の 属 性 等 を 用 いることができるからだ (インターネットによるアンケート 調 査 の 利 点 は 同 じ 回 答 者 に 対 して 繰 り 返 し 調 査 を 行 えるところにある ) 1-2 アンケート 調 査 のデザイン 以 下 では 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 ア 1. 平 成 21 年 度 地 震 保 険 消 費 者 アンケート 調 査 に 基 づいた 研 究 1-1 調 査 の 実 施 概 要 について 近 未 来 課 題 解 決 事 業 では 平 成 20 年 度 に 地 震 保 険 に 関 する 消 費 者 意 識 調 査 を 実 施 した その 手 法 としては NRI のインターネットリサーチサービスを 利 用 日 本 全 国 に 在 住 する 一

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234> 非 正 規 就 業 選 択 の 背 景 : 婚 姻 履 歴 と 就 業 意 識 * 兵 庫 県 立 大 学 横 山 由 紀 子 1.はじめに 2008 年 世 界 同 時 不 況 の 影 響 で 日 本 経 済 は 大 きな 打 撃 を 受 け その 影 響 は 雇 用 環 境 にも 大 きく 波 及 した その 結 果 近 年 増 加 し 続 けていた 非 正 規 従 業 員 はこれまでになく 厳

More information

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305)

(Microsoft Word - \212\256\220\254\224\305) 演 習 Ⅰ 安 立 先 生 母 子 関 係 が 女 子 大 生 の 友 人 関 係 に 及 ぼす 影 響 C 班 問 題 私 たちには 生 まれた 瞬 間 から 母 親 の 存 在 がある 母 親 は 遺 伝 的 発 達 的 に 最 も 近 く 互 いに 依 存 し 合 う 関 係 であり 共 生 関 係 が 続 きやすい 乳 児 は 生 後 まもなく 第 一 次 養 育 者 に 対 し 特 別 な

More information

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究

草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール となっており この 得 点 をより 多 く 得 る 為 に 打 順 作 成 法 の 研 究 平 成 25 年 度 卒 業 論 文 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 作 成 法 の 提 案 文 教 大 学 情 報 学 部 経 営 情 報 学 科 B0P21056 山 田 僚 介 草 野 球 で 活 用 可 能 な 打 順 決 定 法 の 提 案 山 田 僚 介 研 究 概 要 野 球 というスポーツは 相 手 チームよりも 得 点 を 多 く 得 ることで 勝 利 になるというルール

More information

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー

パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 谷 村 孝 子 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 博 士 課 程 要 旨 本 稿 では パー Discussion Paper, Series B, No. 2007-71 パートタイム 労 働 者 の 厚 生 年 金 雇 用 保 険 への 未 加 入 行 動 に 関 する 考 察 安 部 由 起 子 谷 村 孝 子 2007 年 12 月 北 海 道 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 060-0809 札 幌 市 北 区 北 9 条 西 7 丁 目 パートタイム 労 働 者 の

More information

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定

いても, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 という 主 観 的 な 要 件 と 一 定 の 地 域 に 住 む という 客 観 的 な 要 件 が 必 要 で す また, 一 定 の 地 域 に 長 く 住 み 続 ける 意 思 と 言 う 主 観 的 な 要 件 を 認 定 国 際 税 務 研 究 会 国 際 税 務 2012 年 2 月 号 掲 載 台 湾 税 法 における 個 人 に 対 する 課 税 所 得 の 範 囲 と 納 税 方 法 ( 下 ) 税 理 士 法 人 プライスウォーターハウスクーパース パートナー 加 藤 雅 規 マネージャー 周 泰 維 堀 越 大 三 郎 3. 居 住 者 と 非 居 住 者 に 対 する 課 税 方 法 (1) 居 住 者

More information

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回)

「災害などのリスクと経済政策」勉強会 (第4回) 図 11:< 最 適 なリスクファイナンスの 水 準 > よって 費 用 対 効 果 の 観 点 からして 費 用 の 掛 け 方 には 100%でない どこか 別 の 適 正 な 水 準 がある 例 えば 免 責 金 額 を 設 けることでコストをセーブする あるいは 全 体 に 保 険 をかけるのではなく 一 部 分 をピックアップして 保 険 をかける さらには 保 険 をかけるタ イミングを

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

日本の資金循環と改正PFI法

日本の資金循環と改正PFI法 日 本 の 資 金 循 環 と 改 正 PFI 法 - 資 金 循 環 の 観 点 からみた 改 正 PFI 法 の 意 義 - 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 公 共 経 営 戦 略 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 竹 端 克 利 1.はじめに 2. 日 本 の 資 金 循 環 構 造 の 変 遷 2011 年 5 月 24 日 に 民 間 資 金 等 の 活 用 に

More information

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15

SPECIAL COLUMN 業 種 別 のインシデント 件 数 の 人 数 区 分 を 図 3に 示 す 1 件 あたりの 漏 えい 人 数 が100 人 以 下 の 漏 えい 件 数 は 公 務 が469 件 中 375 件 (80.0%)でもっとも 多 い 次 いで 金 融 保 険 業 の15 特 集 個 人 情 報 漏 えいインシデントを 減 らすためには セキュリティ 被 害 調 査 WG ( 株 )NTTデータ 大 谷 尚 通 1. はじめに 2008 年 は 2007 年 と 比 較 して 個 人 情 報 漏 えいインシデント( 以 下 インシデントとする)の 件 数 が 大 幅 に 増 加 し 1,373 件 (+509 件 )となった これは 教 育 学 習 支 援 業 金 融

More information

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx

Microsoft Word - 最終報告_ver8.docx 福 島 第 一 原 発 事 故 を 受 けて 放 射 線 についての 教 育 現 状 とその 意 識 調 査 リスク 工 学 グループ 演 習 8 班 新 屋 樹 中 田 星 子 劉 陽 (アドバイザー 教 員 : 掛 谷 英 紀 ) 1.はじめに 11 年 3 月 11 日 の 東 日 本 大 震 災 により 福 島 第 一 原 発 事 故 が 発 生 し 放 射 性 物 質 が 漏 れ 出 した

More information

長時間労働の経済分析

長時間労働の経済分析 RIETI Discussion Paper Series 08-J-019 RIETI Discussion Paper Series 08-J-019 長 時 間 労 働 の 経 済 分 析 * 大 阪 大 学 社 会 経 済 研 究 所 大 竹 文 雄 大 阪 大 学 大 学 院 / 日 本 学 術 振 興 会 奥 平 寛 子 要 約 本 稿 では 長 時 間 労 働 を 規 制 することの

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

ando20160201

ando20160201 平 成 27 年 度 研 究 所 奨 学 論 文 応 募 研 究 所 政 治 経 済 研 究 所 Facebook と 投 票 論 文 作 品 テーマ 都 会 と 田 舎 における 影 響 の 差 フリガナ アンドウ ユウスケ 氏 名 安 藤 雄 祐 ( 代 表 者 ) ( 共 同 執 筆 の 場 合 は 上 記 者 が 代 表 者 となる 代 表 者 他 名 ) 所 属 研 究 科 専 攻 または

More information

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門

外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増 加 している 図 1 投 資 部 門 第 83 回 春 季 全 国 大 会 学 会 報 告 論 文 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 外 国 人 株 主 の 増 大 が 雇 用 と 配 当 に 及 ぼす 影 響 壷 内 慎 二 金 沢 星 稜 大 学 1.はじめに 日 本 の 株 式 市 場 では 1990 年 代 2000 年 代 を 通 じて 外 国 人 株 主 の 株 式 保 有 が 増

More information

Kaino&MatsumuraCaseStudyIshiwataOguchiGroup2

Kaino&MatsumuraCaseStudyIshiwataOguchiGroup2 事 例 研 究 中 間 レポート 消 費 者 金 融 市 場 の 経 済 分 析 経 済 政 策 2 年 石 渡 慧 一 経 済 政 策 2 年 大 口 正 隆 要 旨 2006 年 の 最 高 裁 判 決 を 機 に 消 費 者 金 融 大 手 各 社 が 貸 付 金 利 および 貸 付 残 高 を 抑 制 して いる その 理 由 としては 2006 年 からの 貸 金 業 法 改 正 内 容

More information

2.2 依 頼 に 関 する 研 究 頼 (2005)の 研 究 では 依 頼 という 行 為 は 依 頼 主 体 が ある 相 手 に 実 行 してもらいたいと いう 意 志 があり その 行 動 を 相 手 に 実 行 させようとする 行 為 であると 定 義 されている 行 動 するかどうかを

2.2 依 頼 に 関 する 研 究 頼 (2005)の 研 究 では 依 頼 という 行 為 は 依 頼 主 体 が ある 相 手 に 実 行 してもらいたいと いう 意 志 があり その 行 動 を 相 手 に 実 行 させようとする 行 為 であると 定 義 されている 行 動 するかどうかを タイ 人 と 日 本 人 の 誘 い と 依 頼 への 断 り 行 為 の 意 識 について Triktima LEADKITLAX 1. 本 稿 の 背 景 と 目 的 2008 年 以 降 のタイから 日 本 への 留 学 生 数 の 急 増 を 背 景 に タイ 人 日 本 語 学 習 者 ( 以 後 NNS と 省 略 ) と 日 本 語 母 語 話 者 ( 以 後 NS と 省 略 )が

More information

高 度 な 対 人 コミュニケーションを 可 能 にしている < 緒 言 > 対 人 関 係 のうち 異 性 間 で 見 られるコミュニケーションは 哺 乳 類 の 異 性 選 択 から 進 化 した 社 会 的 相 互 作 用 と 考 えられる 1) このなかで 男 性 は 女 性 にギフトを 贈

高 度 な 対 人 コミュニケーションを 可 能 にしている < 緒 言 > 対 人 関 係 のうち 異 性 間 で 見 られるコミュニケーションは 哺 乳 類 の 異 性 選 択 から 進 化 した 社 会 的 相 互 作 用 と 考 えられる 1) このなかで 男 性 は 女 性 にギフトを 贈 学 位 論 文 の 内 容 の 要 旨 論 文 提 出 者 氏 名 中 川 潤 論 文 審 査 担 当 者 主 査 泰 羅 雅 登 副 査 豊 福 明 成 相 直 論 文 題 目 Women s Preference for a Male Acquaintance Enhances Social Reward Processing of Material Goods in the Anterior

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

1. イントロダクション 社 会 的 地 位 と 寿 命 や 健 康 の 間 に 正 の 相 関 があることが 多 くの 研 究 で 明 らかにされてきた. その 背 景 には, 主 に 2 種 類 の 経 路 があるとされる. 一 つは, 地 位 の 低 い 人 は 就 業 状 態 が 不 安 定

1. イントロダクション 社 会 的 地 位 と 寿 命 や 健 康 の 間 に 正 の 相 関 があることが 多 くの 研 究 で 明 らかにされてきた. その 背 景 には, 主 に 2 種 類 の 経 路 があるとされる. 一 つは, 地 位 の 低 い 人 は 就 業 状 態 が 不 安 定 芥 川 賞 直 木 賞 受 賞 が 余 命 に 与 える 影 響 : 社 会 的 地 位 の 余 命 効 果 に 関 する 自 然 実 験 佐 々 木 周 作 a 明 坂 弥 香 b 黒 川 博 文 c 大 竹 文 雄 d 要 約 社 会 的 地 位 の 上 昇 は, 健 康 や 長 寿 を 促 進 するだろうか. 両 者 の 相 関 関 係 はよく 知 られてい るが, 前 者 から 後 者 への

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc)

(Microsoft Word - \203A\203\201\201[\203o\214o\211c\227\235\211\360.doc) 1. 経 営 管 理 フレームとしての 基 本 的 な 特 徴 アメーバ 経 営 は 経 営 管 理 の 仕 組 みの 側 面 から 見 ると 時 間 当 り という 利 益 効 率 指 標 を 中 核 に 置 いた 部 門 別 採 算 管 理 手 法 であると 言 える 以 下 にその 重 要 な 特 徴 について 述 べる 1 時 間 当 り という 指 標 時 間 当 り の 求 め 方 は

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

論文タイトル(MS明朝12pt太字)

論文タイトル(MS明朝12pt太字) 国 際 交 流 基 金 バンコク 日 本 文 化 センター 日 本 語 教 育 紀 要 第 12 号 (2015 年 ) やさしい 日 本 語 ニュースの やさしさ を 考 える 近 藤 めぐみ 1. はじめに 初 級 授 業 を 受 け 持 つ 中 で 社 会 人 の 学 習 者 から 時 折 ニュースを 読 みたい という 声 を 受 けて きた しかし 初 級 でニュース 読 解 を 行 おうにも

More information

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策

食品廃棄物等のリサイクルに関する課題と解決策 vol.9 2015 社 会 動 向 レポート 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルに 関 する 課 題 と 解 決 策 チーフコンサルタント 環 境 エネルギー 第 1 部 高 木 重 定 食 品 リサイクル 法 の 見 直 しの 議 論 を 踏 まえ 家 庭 から 発 生 する 食 品 廃 棄 物 等 のリサイクルが 進 まない 理 由 と 解 決 策 について 考 察 を 行 った 1. 食

More information

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A>

<5461726F31312D3039944E8DE096B1825089F196DA8365834C835883672E6A> < 第 10 の 目 的 章 > 経 営 比 率 分 析 分 もに 整 析 理 本 といわれることもあり この 章 経 比 では 営 較 管 理 検 討 に することによって 役 比 立 率 つ 分 資 析 料 について を 得 経 ることを 営 企 学 分 業 習 析 の する は 状 目 態 的 企 を として 次 業 知 章 の り その 経 損 営 主 益 活 として 分 動 将 岐 来 や

More information

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ

目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱 っ IFRSに 基 づく 連 結 財 務 諸 表 の 開 示 例 2016 年 3 月 31 日 金 融 庁 目 次 ページ Ⅰ. はじめに 1. 本 開 示 例 利 用 にあたっての 留 意 事 項 1 2. 本 開 示 例 について 2 3. IFRS の 開 示 規 定 を 適 用 する 際 の 留 意 事 項 (IAS 第 1 号 の 改 訂 概 要 ) 4 4. 本 開 示 例 で 取 り 扱

More information

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc

Microsoft Word - 19年度(行個)答申第94号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 9 月 6 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 86 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 1 月 30 日 ( 平 成 19 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 94 号 ) 事 件 名 : 本 人 に 係 る 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

医 療 施 設 静 態 調 査 都 道 府 県 データに 基 づく 帝 王 切 開 実 施 率 の 要 因 分 析 はじめに 過 去 20 年 もの 間 わが 国 では 急 速 な 少 子 化 が 進 んできた 最 近 では 合 計 特 殊 出 生 率 が 低 位 で 推 移 しているばかりでなく

医 療 施 設 静 態 調 査 都 道 府 県 データに 基 づく 帝 王 切 開 実 施 率 の 要 因 分 析 はじめに 過 去 20 年 もの 間 わが 国 では 急 速 な 少 子 化 が 進 んできた 最 近 では 合 計 特 殊 出 生 率 が 低 位 で 推 移 しているばかりでなく 医 療 施 設 静 態 調 査 都 道 府 県 データに 基 づく 帝 王 切 開 実 施 率 の 要 因 分 析 * 2013 年 3 月 法 政 大 学 経 済 学 部 河 村 真 mak.kawa466@gmail.com 法 政 大 学 経 済 学 部 小 椋 正 立 * 本 稿 の 基 礎 になった 研 究 に 対 して 日 本 学 術 振 興 会 科 学 研 究 費 補 助 金 特 別

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030955C8E868145977696F1814582CD82B682DF82C9814596BC95EB814596DA8E9F816930333230816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030955C8E868145977696F1814582CD82B682DF82C9814596BC95EB814596DA8E9F816930333230816A> 平 成 20 年 度 特 許 庁 請 負 事 業 平 成 20 年 度 我 が 国 における 産 業 財 産 権 等 の 出 願 動 向 等 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 21 年 3 月 財 団 法 人 知 的 財 産 研 究 所 要 約 Ⅰ. 序 論 我 が 国 においては 国 際 競 争 力 を 強 化 し 経 済 を 活 性 化 するために 知 的 財 産 推 進 計 画 を

More information

untitled

untitled 生 命 保 険 論 集 第 160 号 機 関 投 資 家 としての 生 命 保 険 会 社 と コーポレートガバナンス 小 林 毅 ( 中 京 大 学 経 済 学 部 准 教 授 ) 1.はじめに 近 年 コーポレートガバナンスにおける 機 関 投 資 家 の 役 割 が 注 目 さ れている 従 来 日 本 企 業 のコーポレートガバナンスにおいては 主 に 内 部 昇 進 により 地 位 を

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては

事 務 連 絡 平 成 28 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 衛 生 主 管 部 ( 局 ) がん 対 策 担 当 課 御 中 厚 生 労 働 省 健 康 局 がん 疾 病 対 策 課 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について がん 対 策 の 推 進 につきましては ( 地 Ⅲ26) 平 成 28 年 4 月 21 日 都 道 府 県 医 師 会 担 当 理 事 殿 日 本 医 師 会 常 任 理 事 道 永 麻 里 がん 検 診 に 係 る 事 業 評 価 のためのチェックリスト 等 について 時 下 益 々ご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます さて 標 記 につきまして 平 成 28 年 1 月 15 日 付 け 文 書 ( 地 Ⅲ211)(

More information

原 則 として 事 業 主 は 従 業 員 から 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 提 出 を 受 けた 後 に 給 与 の ( 事 業 主 )の 番 号 を 記 載 しなければならない ただし 事 業 主 が 人 の 場 合 には 人 番 号 は 一 般 に 公 表 されている 番 号 であるた

原 則 として 事 業 主 は 従 業 員 から 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 提 出 を 受 けた 後 に 給 与 の ( 事 業 主 )の 番 号 を 記 載 しなければならない ただし 事 業 主 が 人 の 場 合 には 人 番 号 は 一 般 に 公 表 されている 番 号 であるた Article マ イ ナンバー 制 度 導 入 に 伴 う 税 務 関 係 書 類 へ の 番 号 記 載 日 税 連 規 制 改 革 対 策 特 別 委 員 会 副 委 員 長 税 理 士 宮 本 雄 司 平 成 27 年 10 月 5 日 行 政 手 続 に お ける 特 定 の 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 律 ( 以 下 番 号 という)が 施 行 さ

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 I n stitu te of Re se a rc h for Sm a ll an d Me d iu m En te r pr i se 中 小 総 研 労 働 契 約 法 改 正 でアルバイトはいなくなるか(IRSME13005) 平 成 25 年 5 月 24 日 山 本 貢 郎 5 年 以 上 の 反 復 更 新 を 経 た 雇 止 めの 禁 止 有 期 契 約 労 働 者 を 雇 用

More information

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会

(2) 実 務 上 の 取 扱 い 減 価 償 却 の 方 法 は 会 計 方 針 にあたるため その 変 更 は 本 来 会 計 方 針 の 変 更 として 遡 及 適 用 の 対 象 と なります しかしながら 減 価 償 却 方 法 の 変 更 については 会 計 方 針 の 変 更 を 会 平 成 24 年 3 月 期 から 会 計 上 の 変 更 及 び 誤 謬 の 訂 正 に 関 する 会 計 基 準 ( 以 下 過 年 度 遡 及 会 計 基 準 ) ( 企 業 会 計 基 準 第 24 号 平 成 21 年 12 月 4 日 )が 新 たに 適 用 されます また 平 成 23 年 3 月 期 から 導 入 された 資 産 除 去 債 務 に 関 する 会 計 基 準 ( 企

More information

Microsoft Word - 【2-3】目次.doc

Microsoft Word - 【2-3】目次.doc Works Review Vol.6 国 内 の 経 営 学 系 大 学 院 における 社 会 人 の 学 び 直 し 社 会 人 入 学 した 卒 業 生 データより 兵 藤 郷 リクルートワークス 研 究 所 研 究 員 国 内 経 営 学 系 大 学 院 における 社 会 人 の 学 び 直 しの 実 態 を 明 らかにするため, 大 学 院 の 卒 業 生 への 調 査 を 実 施 し た

More information

季刊社会保障研究_46-4.ren

季刊社会保障研究_46-4.ren 403 投 稿 ( 研 究 ノート) 夫 の 出 産 育 児 に 関 する 休 暇 取 得 が 出 生 に 与 える 影 響 水 落 正 明 I はじめに 1979 年 に 国 連 で 女 性 差 別 撤 廃 条 約 が 採 択 され て 以 降,わが 国 においても 家 庭 での 男 性 の 役 割 の 見 直 しが 政 策 的 に 進 められてきた そして 1991 年 に 成 立 した 育 児

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

内 容 的 妥 当 性 (content validity) 基 準 関 連 妥 当 性 (criterion-related validity) 1. 併 存 的 妥 当 性 (concurrent validity) 項 目 が どの 程 度 全 体 を 偏 りなく 代 表 しているか 外 部

内 容 的 妥 当 性 (content validity) 基 準 関 連 妥 当 性 (criterion-related validity) 1. 併 存 的 妥 当 性 (concurrent validity) 項 目 が どの 程 度 全 体 を 偏 りなく 代 表 しているか 外 部 第 1 章 測 定 と 評 価 pp1-14 1-1 統 計 分 析 を 行 う 前 に 1-1-1 測 定 と 評 価 のための 統 計 分 析 仮 説 検 証 型 (hypothesis testing)の 研 究 仮 説 を 立 てる その 仮 説 が 正 しいかどうかを 検 証 例 ) 社 交 性 とスピーキング 力 の 関 連 性 仮 説 社 交 的 な 学 生 ほど 海 外 留 学 による

More information

社外取締役の導入は外国人投資家を惹きつけるのか

社外取締役の導入は外国人投資家を惹きつけるのか 社 外 取 締 役 の 導 入 は 外 国 人 投 資 家 を 引 きつけるのか 政 府 の 主 張 の 検 証 目 次 1. はじめに 2. 研 究 の 背 景 3. 社 外 取 締 役 の 導 入 その 独 立 性 の 強 化 と 外 国 人 持 ち 株 比 率 3.1. 社 外 取 締 役 の 導 入 と 外 国 人 持 ち 株 比 率 の 変 化 3.2. 社 外 取 締 役 の 独 立 性

More information

スライド 1

スライド 1 2013 年 度 中 央 大 学 商 学 部 ゼミナール プレゼンテーション 大 会 (3 4 年 生 の 部 ) マーケティング 部 門 報 告 資 料 2013 年 11 月 16 日 時 間 軸 で 見 る 財 布 のひもの 変 化 ~ 解 釈 レベル 理 論 に 依 拠 して~ 中 央 大 学 商 学 部 結 城 ゼミ 5 期 生 チーム 白 州 池 本 亜 紀 石 川 新 菜 加 藤 大

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 寄 附 金 課 税 の 税 務 はじめに 税 務 調 査 でよくトラブルになる 項 目 の 一 つに 寄 附 金 があります 寄 附 金 と 言 えば 一 般 的 に は 災 害 に 対 する 支 援 などを 意 味 しますので 社 会 にとって 良 いこととされます しかし 会 社 が 支 出 する 寄 附 金 を 無 制 限 に 経 費 として 認

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群 高 校 外 国 語 ( 英 語 ) における 暗 示 的 指 導 の 効 果 - 文 法 項 目 の 指 導 を 通 して- 松 井 市 子 1 研 究 の 背 景 平 成 18 年 度 においては 中 学 校 卒 業 者 の 約 98%が 日 本 の 高 等 学 校 に 進 学 しており, 義 務 教 育 的 要 素 が 高 い この 状 況 に 対 応 できるよう 平 成 20 年 度 改 訂

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303930337A31343093FA92B29841814631348FF08DEC8BC68B4B92F689FC92E8969482CD8DF492E882CC9776935F89F090E043> 全 公 連 発 第 1 4 0 号 平 成 2 7 年 9 月 3 日 各 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 理 事 長 殿 全 国 公 共 嘱 託 登 記 土 地 家 屋 調 査 士 協 会 連 絡 協 議 会 会 長 倉 富 雄 志 法 務 省 不 動 産 登 記 法 第 14 条 第 1 項 地 図 作 成 作 業 規 程 ( 基 準 点 測 量 を 除 く) 等 の

More information

ビジネスと経営資源

ビジネスと経営資源 第 1 章 ビジネスと 企 業 組 織 学 習 目 標 企 業 の 目 的 を 確 認 し 目 的 を 達 成 するための 方 法 を 理 解 する 経 営 資 源 ( 人 モノ 金 )の 意 味 を 具 体 的 に 理 解 する 第 4の 経 営 資 源 としての 経 営 情 報 の 意 味 を 理 解 する ビジネスの 基 本 として お 金 儲 けの 基 本 原 理 を 理 解 する 企 業

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information

表 1 本 研 究 の 問 題 意 識 1 老 後 の 無 年 金 につながりやすい 公 的 年 金 未 納 未 加 入 者 は 公 的 年 金 納 付 者 等 よりも 幸 福 度 が 低 いか? 2 老 後 の 年 金 額 が 高 い 厚 生 年 金 共 済 年 金 加 入 者 は 老 後 の 年

表 1 本 研 究 の 問 題 意 識 1 老 後 の 無 年 金 につながりやすい 公 的 年 金 未 納 未 加 入 者 は 公 的 年 金 納 付 者 等 よりも 幸 福 度 が 低 いか? 2 老 後 の 年 金 額 が 高 い 厚 生 年 金 共 済 年 金 加 入 者 は 老 後 の 年 年 金 制 度 と 幸 福 度 * 佐 々 木 一 郎 同 志 社 大 学 商 学 部 E-mail:isasaki@mail.doshisha.ac.jp 要 旨 本 研 究 の 目 的 は 年 金 制 度 が 幸 福 度 に 及 ぼす 影 響 を 分 析 することである これまで 多 くの 先 行 研 究 では 人 々の 幸 福 度 に 影 響 する 要 因 として 主 に 収 入 や 学 歴

More information

26 松 宮 法 が 述 べられており 第 2 章 と 第 3 章 では 日 本 における 女 子 プロレスの 歴 史 と 現 状 を 説 明 してい る 特 に 第 3 章 では プロレスラー 志 望 の 少 女 た ちが オーディション と 呼 ばれる 選 考 に 合 格 するまでの 過 程 に

26 松 宮 法 が 述 べられており 第 2 章 と 第 3 章 では 日 本 における 女 子 プロレスの 歴 史 と 現 状 を 説 明 してい る 特 に 第 3 章 では プロレスラー 志 望 の 少 女 た ちが オーディション と 呼 ばれる 選 考 に 合 格 するまでの 過 程 に 25 書 評 合 場 敬 子 著 女 子 プロレスラーの 身 体 とジェンダー: 規 範 的 女 らしさ を 超 えて 明 石 書 店,2013 年 AIBA Keiko: Body of Women Professional Wrestler and Gender: Beyond the Normative Femininity. Akashi-Shoten Publishing Co.,Ltd.,2013.

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

シリーズ 日 本 経 考 える 夫 婦 世 帯 の 貯 蓄 額 は 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 中 間 に 位 置 すること である 本 稿 の 構 成 は 以 下 の 通 りとなる 第 2 節 では 高 齢 者 の 貯 蓄 に 関 する 先 行 研 究 紹 介 する 第 3 節 では

シリーズ 日 本 経 考 える 夫 婦 世 帯 の 貯 蓄 額 は 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 中 間 に 位 置 すること である 本 稿 の 構 成 は 以 下 の 通 りとなる 第 2 節 では 高 齢 者 の 貯 蓄 に 関 する 先 行 研 究 紹 介 する 第 3 節 では 過 去 の シリーズ シリーズ 日 本 経 日 考 本 える については 経 考 える 財 務 総 合 政 策 研 究 所 ホームページに 掲 しています http://www.mof.go.jp/pri/research/special_report/index.html 日 シ 本 リ 経 ー ズ 考 え る 44 高 齢 者 の 貯 蓄 の 実 態 全 国 消 費 実 態 調 査 の 個 票

More information

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント

米証券取引委員会(SEC)による市中協議文書「誤って支給された報酬の返還に係る上場規則」に対するコメント 2015 年 9 月 14 日 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)による 市 中 協 議 文 書 誤 って 支 給 された 報 酬 の 返 還 に 係 る 上 場 規 則 に 対 するコメント 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 全 国 銀 行 協 会 として 米 証 券 取 引 委 員 会 (SEC)から7 月 1 日 に 公 表 された 誤 って 支 給 された 報 酬 の

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc

Microsoft Word - ○マニュアル表紙(v4.0_.doc 利 用 者 負 担 上 限 額 管 理 事 務 マニュアル V4.0 ( 平 成 21 年 4 月 及 び 10 月 からの 上 限 額 管 理 事 務 に 関 する 一 部 制 度 変 更 の 内 容 が 盛 り 込 まれています) 平 成 21 年 10 月 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 このマニュアルは 神 奈 川 県 における 標 準 的 な 事 務 手 続 きを

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

かという 話 し 方 やふるまいの 選 択 から 生 じる 話 し 手 らしさを 指 すものでもある 敬 語 に 関 してまとめた 菊 池 (1997)では 丁 寧 体 の 使 用 には 個 人 差 があり 親 しい 間 柄 でも その 人 の 品 格 を 保 つためにデス マスを 使 う 人 も

かという 話 し 方 やふるまいの 選 択 から 生 じる 話 し 手 らしさを 指 すものでもある 敬 語 に 関 してまとめた 菊 池 (1997)では 丁 寧 体 の 使 用 には 個 人 差 があり 親 しい 間 柄 でも その 人 の 品 格 を 保 つためにデス マスを 使 う 人 も 従 属 節 における 丁 寧 体 コピュラの 自 然 さ 統 語 環 境 と 役 割 語 の 濃 淡 Naturalness of Polite Style Copula in Subordinate Clause: Syntactic Circumstances and Strength of Speech Character 乙 武 香 里 ( 神 戸 大 学 大 学 院 生 ) 要 旨 本 発

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適 第 71 回 数 学 教 育 実 践 研 究 会 平 成 21 年 11 月 28 日 データの 分 析 の 指 導 について( 数 学 Ⅰ) 北 海 道 小 樽 桜 陽 高 等 学 校 若 林 理 一 郎 1 企 業 から 見 た 数 学 教 育 の 需 要 度 ( 1) ( 表 ) 新 入 社 員 が 大 学 で 学 んできてほしい 数 学 の 分 野 分 野 選 択 比 率 ( 文 系 ) 選

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支

者 で 行 うこととしているので 処 遇 改 善 計 画 もその 申 請 単 位 で 作 成 し 処 遇 改 善 に 取 り 組 むこととなります ( 問 7) 短 時 間 勤 務 者 には 支 給 しないこととしてよいか また 支 給 額 は 職 員 毎 差 をつけてもよいか 職 員 毎 の 支 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 について に 関 する Q&A 山 梨 県 1 賃 金 改 善 の 方 法 等 ( 問 1) 事 業 者 がロング ショート デイとあった 場 合 は それぞれの 職 員 に 対 して 交 付 率 の 区 分 毎 に 支 払 ってもよいのか または 交 付 金 を 合 計 して 職 員 数 で 割 って 一 律 で 支 払 うのがよいか? 国 は 全 職

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ

目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別 徴 収 は 新 しい 制 度 なのですか?( 制 度 が 変 わ 個 人 住 民 税 ( 個 人 県 民 税 個 人 市 ( 町 ) 民 税 ) 特 別 徴 収 に 関 するQ&A 平 成 26 年 3 月 愛 媛 県 全 市 町 目 次 制 度 (ページ) (Q1) 個 人 住 民 税 とは 何 ですか? 1 (Q2) 個 人 住 民 税 の 特 別 徴 収 とは 何 ですか? 1 (Q3) 特 別 徴 収 はしなくてはいけないのですか? 1 (Q4) 特 別

More information

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して

英国競争法の執行手続―日本の独占禁止法改正に関連して 1 英 国 競 争 法 の 執 行 手 続 日 本 の 独 占 禁 止 法 改 正 に 関 連 して 千 葉 大 学 大 学 院 専 門 法 務 研 究 科 教 授 栗 田 誠 氏 Ⅰ はじめに 本 報 告 の 対 象 は 1998 年 競 争 法 違 反 行 為 ( 日 本 の 独 占 禁 止 法 ( 以 下 独 禁 法 と 略 す )でいう 不 当 な 取 引 制 限 私 的 独 占 及 び 不

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 退 職 給 付 会 計 では 債 務 ( 退 職 給 付 債 務 以 下 PBO という)と 資 産 ( 年 金 資 産 )とで 費 用 を 算 出 する 具 体 的 には 勤 務 によって 将 来 の 退 職 金 年 金 の 給 付 義

Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 退 職 給 付 会 計 では 債 務 ( 退 職 給 付 債 務 以 下 PBO という)と 資 産 ( 年 金 資 産 )とで 費 用 を 算 出 する 具 体 的 には 勤 務 によって 将 来 の 退 職 金 年 金 の 給 付 義 企 業 年 金 のリスクと 企 業 評 価 目 次 Ⅰ.はじめに Ⅱ. 企 業 会 計 における 退 職 給 付 の 状 況 Ⅲ. 金 融 資 産 の 価 格 変 動 が 企 業 価 値 に 与 える 影 響 Ⅳ. 会 計 上 の 取 扱 いの 差 異 による 影 響 Ⅴ. 債 務 の 変 動 リスクについて Ⅵ. 数 理 計 算 上 の 差 異 の 即 時 認 識 Ⅶ.おわりに 年 金 コンサルティング

More information

Microsoft Word - gemsen

Microsoft Word - gemsen 源 泉 徴 収 制 度 について 教 えて!! 1. 源 泉 徴 収 制 度 って 何 ですか? 所 得 税 は 所 得 者 自 身 が その 年 の 所 得 税 額 とこれに 対 する 税 額 を 計 算 し これ らを 自 主 的 に 申 告 して 納 付 する いわゆる 申 告 納 税 制 度 が 建 前 とされています が これと 併 せて 特 定 の 所 得 については その 所 得 の

More information

京 都 大 学 博 士 ( 文 学 ) 氏 名 藏 口 佳 奈 論 文 題 目 顔 魅 力 評 価 の 多 面 性 とその 認 知 構 造 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 人 の 魅 力 は 多 くの 要 因 によって 成 り 立 つ これまで, 配 偶 者 選 択 という 生 態 学 的 な

京 都 大 学 博 士 ( 文 学 ) 氏 名 藏 口 佳 奈 論 文 題 目 顔 魅 力 評 価 の 多 面 性 とその 認 知 構 造 ( 論 文 内 容 の 要 旨 ) 人 の 魅 力 は 多 くの 要 因 によって 成 り 立 つ これまで, 配 偶 者 選 択 という 生 態 学 的 な Title 顔 魅 力 評 価 の 多 面 性 とその 認 知 構 造 ( Abstract_ 要 旨 ) Author(s) 藏 口, 佳 奈 Citation Kyoto University ( 京 都 大 学 ) Issue Date 2015-03-23 URL http://dx.doi.org/10.14989/doctor.k Right 学 位 規 則 第 9 条 第 2 項 により

More information

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性

インプライド・キャップレートによる不動産取引価格の予測可能性 インプライド キャップレートによる 不 動 産 取 引 価 格 の 予 測 可 能 性 REPORT 2011 年 11 月 11 日 投 資 調 査 第 2 部 研 究 員 川 村 康 人 本 稿 は 不 動 産 取 引 価 格 の 動 向 を 代 理 する 指 標 のうち J-REIT 運 用 不 動 産 の 継 続 鑑 定 価 格 や J-REIT のイ ンプライド キャップレートを 取 り

More information

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却

Ⅲ 設 例 による 解 説 設 例 1 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 の 方 法 (その1) 販 売 開 始 時 における 見 込 みどおりに 各 年 度 の 販 売 収 益 が 計 上 された 場 合 設 例 2 市 場 販 売 目 的 のソフトウェアの 減 価 償 却 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 12 号 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 平 成 11 年 3 月 31 日 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 項 Ⅰ 研 究 開 発 費 及 びソフトウェアの 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針 はじめに 1-1-2 研 究 開 発 の 範

More information

平 成 21 年 度 サービス 産 業 生 産 性 向 上 支 援 調 査 事 業 (サービス 産 業 の 統 計 整 備 実 態 把 握 に 関 する 調 査 ) 結 婚 相 談 結 婚 情 報 サービス 業 界 統 計 報 告 書 平 成 22 年 2 月 目 次 I. 調 査 実 施 概 要 -----------------------------------------------------------------------------

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F4390B3816A91E6398D8681758A948EE58E91967B939995CF93AE8C768E5A8F9182C98AD682B782E989EF8C768AEE8F8082CC934B97708E77906A81762E646F63> 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 9 号 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 17 年 12 月 27 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 最 終 改 正 平 成 25 年 9 月 13 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 適 用 指 針 は 平 成 26 年 11 月 18 日 に 公 表 された 企 業

More information

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 )

運 用 受 託 機 関 従 業 員 年 金 規 約 事 業 主 資 産 管 理 運 用 契 約 掛 金 運 用 指 針 資 産 管 理 運 用 機 関 信 託 会 社 生 命 保 険 会 社 農 業 協 同 組 合 連 合 会 裁 定 裁 定 請 求 退 職 した 従 業 員 ( 受 給 権 者 ) シリーズ: 規 約 型 確 定 給 付 企 業 年 金 担 当 者 のための 資 産 運 用 入 門 Vol.2 年 金 資 産 運 用 のプロセス 企 業 年 金 の 担 当 者 にとって 資 産 運 用 の 責 任 とはなんでしょうか 仮 に 数 十 億 円 の 年 金 資 産 に 対 して 資 産 運 用 の 結 果 に 対 して 責 任 を 持 てと 言 われると サラリ ー マ ン で あ

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円

(1) 確 定 申 告 原 告 は 平 成 21 年 3 月 10 日 平 成 20 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 以 下 本 件 確 定 申 告 書 という )を 処 分 行 政 庁 に 提 出 した そこには 次 の 記 載 があった 総 所 得 金 額 225 万 0400 円 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -122( 順 号 12246) 横 浜 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 20 年 分 所 得 税 の 更 正 請 求 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 相 模 原 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 7 月 3 日 棄 却 控 訴 判 決 原 告 甲 被 告 国 同 代 表 者 法 務 大 臣 谷 垣 禎 一 処 分 行 政 庁

More information

1 動 画 評 価 情 報 動 画 情 報 は 前 述 の 採 用 選 考 プロセスにおいて 学 生 から 提 出 されたものを 用 いる テーマは これま での 人 生 の 中 で 一 番 力 を 入 れて 取 り 組 んだことについて 1 分 以 内 でアピールしてください とい うものである

1 動 画 評 価 情 報 動 画 情 報 は 前 述 の 採 用 選 考 プロセスにおいて 学 生 から 提 出 されたものを 用 いる テーマは これま での 人 生 の 中 で 一 番 力 を 入 れて 取 り 組 んだことについて 1 分 以 内 でアピールしてください とい うものである 動 画 情 報 を 採 用 選 考 で 用 いることの 有 効 性 に 関 する 研 究 1 2 朝 井 祐 貴 内 藤 淳 ( 株 式 会 社 リクルートキャリア 測 定 技 術 研 究 所 ) < 概 要 > 本 研 究 では 米 国 等 で 積 極 的 に 活 用 され 日 本 においても 普 及 しつつある 動 画 情 報 を 用 いた 採 用 選 考 の 有 効 性 についてサービス 業

More information

Microsoft Word - kanri-text.doc

Microsoft Word - kanri-text.doc 第 2 節 事 業 部 の 業 績 評 価 1. 業 績 評 価 の 対 象 (A) 事 業 部 の 業 績 評 価 には, 事 業 部 長 の 業 績 評 価 と 事 業 部 自 体 の 業 績 評 価 があり, 両 者 を 区 別 する 点 に 注 意 す ること 評 価 対 象 業 績 比 較 方 法 業 績 評 価 の 概 念 事 業 部 長 事 業 部 長 が, 事 業 部 ごとに 設 定

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の

保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 ア. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 イ. 保 険 契 約 の 締 結 の 勧 誘 を 目 的 とした 保 険 商 品 の 内 容 説 明 ウ. 保 険 契 約 の 申 込 の 受 領 エ. その 他 の 保 険 契 約 の 締 結 の 金 融 ニューズレター 2009 年 11 月 保 険 募 集 人 資 格 が 必 要 となる 行 為 はどのような 行 為 か( 保 険 募 集 の 定 義 ) 録 又 は 届 出 ( 以 下 これらの 資 格 を 総 称 して 保 険 募 集 人 資 格 といいます )が 必 要 ということになります 平 成 21 年 6 月 金 融 審 議 会 金 融 分 科 会 第 二 部 会 保 険 の

More information

<4D F736F F D20959F93878CB494AD8E968CCC82CC D E646F63>

<4D F736F F D20959F93878CB494AD8E968CCC82CC D E646F63> 福 島 原 発 事 故 の 法 的 責 任 を 検 証 する 2014/12/12 文 責 : 吉 岡 律 夫 2014 年 12 月 6 日 の 失 敗 学 会 年 次 大 会 において 福 島 原 発 事 故 の 法 的 責 任 を 検 証 する という 講 演 が 古 川 元 晴 淵 上 正 朗 吉 岡 律 夫 の 3 名 の 講 師 によって 行 なわれました 当 日 のスライドなどを 掲

More information