はじめに~ 皆 さん こんにちは 只 今 ご 紹 介 いただきました 国 土 交 通 省 の 藤 井 と 申 します 本 日 は 日 本 海 事 セン ターご 主 催 の 海 事 観 光 立 国 フォーラムにお 招 きいただきまして 誠 にありがとうございます 小 幡 会 長 からここで 話 をする

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに~ 皆 さん こんにちは 只 今 ご 紹 介 いただきました 国 土 交 通 省 の 藤 井 と 申 します 本 日 は 日 本 海 事 セン ターご 主 催 の 海 事 観 光 立 国 フォーラムにお 招 きいただきまして 誠 にありがとうございます 小 幡 会 長 からここで 話 をする"

Transcription

1

2 はじめに~ 皆 さん こんにちは 只 今 ご 紹 介 いただきました 国 土 交 通 省 の 藤 井 と 申 します 本 日 は 日 本 海 事 セン ターご 主 催 の 海 事 観 光 立 国 フォーラムにお 招 きいただきまして 誠 にありがとうございます 小 幡 会 長 からここで 話 をするようにというご 指 示 を 数 カ 月 前 にいただきました 私 は 役 人 ですから 話 すことと 言 えば 仕 事 の 話 です 公 共 交 通 政 策 部 の 仕 事 の 中 身 は 海 ばかりではありませんが それでもよろしゅうご ざいますか ということを 申 し 上 げました それは 構 わんが 面 白 い 話 をしろというお 返 事 でしたので そ れは 益 々 苦 手 でございます ということを 申 し 上 げたんですけれども 折 角 の 機 会 でありますので お 引 き 受 けをさせていただきました 新 潟 県 の 上 越 市 にお 伺 いしておりますので なるべく 地 元 にちなんだこととして ひとつは 地 域 の 交 通 の 活 性 化 の 話 そしてあと 数 カ 月 ということになりましたけれど 新 幹 線 がいよいよこの 地 にやって まいりますので そのことについてのお 話 を 申 し 上 げたいと 思 っております どうぞよろしくお 願 いい たします 最 近 よく 話 題 になる 人 口 減 少 あるいは 高 齢 化 の 中 で 地 域 に 住 まわれている 人 々がどうやって 健 や かに 快 適 に 生 きていくか そのときに きちんと 人 々が 動 けるということが 非 常 に 重 要 だということを 交 通 分 野 の 専 門 でない 方 々も 含 めて 多 くの 方 が 気 づきはじめているような 感 じがいたします 地 方 創 生 という 国 全 体 の 政 策 の 方 向 性 の 中 でも 地 域 交 通 のことはかなり 意 識 されつつありますので そのお 話 をしたいということが1 点 ございます それから2つ 目 は 平 成 10 年 に 工 事 を 始 めてから 15 年 新 幹 線 がいよいよやってくるわけですけれ ども これをどうやってこの 地 域 の 活 性 化 に 結 び 付 けるかということです これまでの 新 幹 線 がどう 活 用 されてきたかということをご 紹 介 しつつ お 話 をしたいと 思 います そして このフォーラムのメイ ンテーマである 海 に 関 わる 話 も 最 後 に 少 し 申 し 上 げたいと 思 っています 地 域 の 交 通 の 現 状 -63-

3 ~ 地 方 部 ではモータリゼーションが 進 展 ~ 地 域 の 交 通 の 問 題 を 考 えるときに 特 に 地 方 部 であればあるほど モータリゼ ーションの 進 展 を 抜 きには 語 れないと 思 います 今 日 到 着 後 に 上 越 市 の 市 役 所 の 幹 部 の 方 とお 話 し まちの 中 も 少 し 巡 らせていただきましたけども やはりロ ードサイドにお 店 が 集 結 し 車 で 皆 さん が 動 いていることを 実 感 しました これをマクロの 数 字 で 見 ると 我 が 国 の 人 口 は 2010 年 位 でピークですが 過 去 20 年 間 ほとんど 増 え ていない それに 対 して 車 の 数 というのはどんどん2 倍 弱 というところまで 増 えている 1 世 帯 当 たりの 車 の 保 有 率 でいうと 新 潟 県 が 全 国 で 10 位 だそうですが 1.5 台 をちょっと 超 えている 位 ですね です から 普 通 に 暮 らしている 大 人 の 方 々は 車 で 動 くということが 地 方 部 においては 一 般 的 であるという ことだと 思 います 東 京 とか 大 阪 とか 車 の 保 有 率 が 非 常 に 低 いところはみな 大 都 市 です 東 京 で 車 を 全 部 動 かすとすべての 道 が 車 で 埋 まってしまうということをよく 言 われます 東 京 で 私 が 出 勤 するとき には 車 で 行 きようがない だから 地 下 鉄 やバスがあるわけですけども そこは 地 方 部 と 状 況 が 違 います ~ 地 域 公 共 交 通 の 衰 退 ~ 地 方 部 がそういう 状 況 にあることの 裏 腹 として 地 域 の 交 通 は 今 非 常 に 厳 しい 現 状 にあります 資 料 にある 通 り 輸 送 人 員 はバスだとこの 20 年 間 で3 分 の2 位 になってしまっています そして 路 線 の 廃 止 が 進 んでいて 乗 合 バスだとこの5 年 間 で8 千 キロ 全 国 の2% 位 ですけど やはり 末 端 から 切 られて いきますので 地 方 部 しかも 周 辺 部 であるほどその 影 響 が 大 きいのは 間 違 いないと 思 います 交 通 事 業 を 運 営 する 企 業 の 経 営 状 況 を 見 ますと 国 も 色 々ご 支 援 をし 地 方 自 治 体 こちらでは 上 越 市 さんに -64-

4 も 非 常 に 多 くのお 金 を 出 していただいていますけれども そういった 補 助 をする 前 の 段 階 で バスでい うと7 割 が 赤 字 です 補 助 した 後 はどうかというと 半 分 位 がやはり 赤 字 です ですから 地 元 のバス 会 社 は 皆 さんもご 存 じの 通 り 非 常 に 歴 史 もあるわけですが 保 有 資 産 を 少 しずつ 売 却 したり あるいは もう 少 し 儲 かる 他 の 事 業 をやったりして 何 とかもっているという 状 況 です ~ 人 口 減 少 高 齢 化 が 進 み~ もし 車 に 頼 って 皆 さんが 動 けるならそれも 仕 方 がないということだと 思 うんですけれど やはり 車 で は 動 けない 人 がいる 後 で 申 し 上 げますけれど そういう 人 がどちらかというとこれから 益 々 増 えてく るということが 1つの 今 の 問 題 だろうと 思 います 高 齢 になって 車 に 乗 れなくなる そういった 年 齢 層 の 方 が 非 常 に 増 えてくるということは これからの 政 策 立 案 に 当 たって 考 えざるを 得 ないポイントだ と 思 います 人 口 の 推 計 の 図 をご 覧 いただきたいと 思 います 赤 いところが 75 歳 以 上 の 人 口 の 推 移 です 黄 色 が 65 歳 から 75 歳 紫 のところが 20 歳 から 65 歳 という 一 番 元 気 で 働 いている 方 ですね あと 20 歳 以 下 とい うことですけれども 見 ていただいてお 分 かりの 通 り 2050 年 40 年 後 には 75 歳 以 上 の 方 が4 分 の1 になるということです 車 の 免 許 は 年 齢 制 限 がありませんけれども やはり 車 をいつまで 運 転 できるの かというときに その 位 の 年 齢 に1つの 分 水 嶺 があるわけで それ 以 上 のお 歳 の 方 々は 車 を 運 転 しなく てもいいような 社 会 にしていかないと 正 に 危 ない これを 今 警 察 庁 さんが 非 常 に 心 配 しておられる 問 題 です さらに 高 齢 者 の 方 に 加 えて 18 歳 未 満 の 方 は 車 の 運 転 ができないので そういった 方 々の 足 も 確 保 しなければいけない その 一 方 で 人 口 減 少 に 伴 って 通 勤 通 学 の 需 要 が 減 ってしまうんですね 20 歳 から 65 歳 の 層 は 7600 万 人 が 4600 万 人 になってしまいます 車 で 動 かない 人 でバスに 乗 って 通 勤 で 定 期 を 使 っているような 人 が 減 ってしまうということなので 公 共 交 通 を 担 う 企 業 は 非 常 に 苦 しい 一 方 で 車 を 使 うべきでない あるいは 使 えない 方 々の 足 は 確 保 しなきゃいけない そういった 状 況 だと 思 います これを 地 域 別 に 見 ると まず 人 口 減 少 の 今 後 のカーブなんですが 一 番 下 が 地 方 圏 です 地 方 部 で 人 -65-

5 口 減 少 の 程 度 が 大 きい 2040 年 を 見 ると 10%と 20%の 差 がある 三 大 都 市 圏 の 中 でも 東 京 圏 とそれ 以 外 に 多 少 の 差 がありますが さらに 地 方 部 の 落 ち 込 みが 激 しいのが 見 ていただいてお 分 かりだと 思 い ます 一 方 で 高 齢 化 率 についてみますと こちらは 40 年 50 年 経 つと 割 と 揃 ってきます 現 在 は 高 齢 化 は 主 に 地 方 部 で 問 題 になっていますが それが 日 本 全 国 一 般 的 になってくる そんなイメージだと 思 い ます 今 日 の 話 とは 少 し 外 れますけれど 都 市 部 で 高 齢 者 の 割 合 が 増 えることは 都 市 部 の 人 口 が 大 き いだけに 介 護 者 の 確 保 等 に 深 刻 な 問 題 をもたらすことが 危 惧 されています 高 齢 者 にとって 交 通 はどういう 問 題 なのかということを 次 に 申 し 上 げたいと 思 います 住 宅 生 活 調 査 という 交 通 だけを 対 象 としているわけではない 調 査 において 高 齢 者 の 方 に 何 がお 困 りですか と いうことを 聞 きますと 買 い 物 に 行 くのが 不 便 だとか 病 院 へ 行 くのが 不 便 だとか あとは 交 通 機 関 が 使 いにくい バリアフリーになっていないとか そういったことが 上 位 にあがっています 生 活 の 中 で 交 通 がネックだなと 思 っている 高 齢 者 の 方 々が 多 い 特 に 地 方 部 で 多 いということがこの 結 果 から 見 て とれます ~ 乗 らざるを 得 ない 車 しかし~ その 一 方 で 65 歳 以 上 の 方 々の 交 通 の 分 担 率 を 見 ますと 年 を 追 うごとに 自 動 車 に 乗 っている 方 が どんどんどんどん 増 えているんですね 今 若 者 の 車 離 れということもよく 言 われますけれど 免 許 の 保 有 者 を 見 ていただくと 若 者 は 減 っているけど 高 齢 者 は 増 えている そういった 現 状 にあります 病 院 や 買 い 物 に 行 かなきゃいけない でも 公 共 交 通 が 不 便 だから 車 に 乗 らざるを 得 ないという 状 況 なのだ ろうと 思 います ~ 高 齢 者 の 事 故 の 増 加 ~ そうなるとやはり 事 故 の 問 題 が 出 てきます 高 齢 者 の 事 故 率 はどんどん 高 まってきています そうい -66-

6 うことがあるので 警 察 庁 さんも 高 齢 者 の 方 に 対 し 強 制 ではないですけど なるべく 免 許 を 返 納 し て 下 さいということをご 指 導 されています 返 納 された 方 に 対 して 色 々とメリットも 付 けていることも あり 返 納 件 数 は 目 に 見 えて 増 えています 一 方 返 納 できない という 方 々の 理 由 の2 番 目 として 代 わりの 交 通 機 関 がない つまり 返 したら 動 けなくなっちゃうじゃないのという 話 がでてきていますの で 公 共 交 通 をきちんと 確 保 しないと この 問 題 の 解 決 ができないということだと 思 っています ~ 地 域 交 通 の 多 面 的 な 役 割 ~ 公 共 交 通 について 少 なくとも 高 齢 者 の 方 々の 移 動 に 必 要 でしょうということ を 中 心 に 申 し 上 げてきたわけですけども 様 々な 地 域 での 取 組 みの 中 で 公 共 交 通 って 他 にも 色 々 意 味 があるんじゃないの ということが 言 われはじめています まずは まちの 外 から 来 られる 方 々の 足 としての 役 割 です 観 光 されるときに マイカーがあるわけではないので やはり 足 は 確 保 しなくちゃいけない 後 で 申 し 上 げますが 新 幹 線 で 来 られたとしても さあ 上 越 妙 高 駅 で 降 りたら 後 はどうするのという 問 題 はどうしても 起 こるわけ ですね さらに 中 心 市 街 地 活 性 化 と 言 っておりますが まちなかのにぎわいをどう 創 るか を 考 えると やっぱり 人 に 歩 いてもらわないと 駄 目 だと 車 でぱっと 行 って ぱっと 帰 るんじゃ なかなかにぎわい は 生 まれないよね ということも 多 くの 街 で 実 感 されているところだと 思 います そして まちなかに 高 齢 者 の 方 々が 出 てきて 歩 くということが 健 康 維 持 に 役 に 立 つ 地 方 部 だと 車 で 動 くことが 多 いので 一 日 の 歩 数 は 都 市 部 の 人 の 方 が 多 いということもよく 言 われますけども 多 く の 地 方 都 市 でそういったことを 意 識 した 取 り 組 みが 始 まっているように 思 います もちろん 環 境 によい -67-

7 というメリットもあります このように 公 共 交 通 を 多 面 的 な 意 味 で 見 直 して しっかり 機 能 を 果 たしてもらいましょうという 取 組 みを 国 がはじめているということでございます 地 域 公 共 交 通 を 守 り 育 てるための 国 土 交 通 省 の 取 り 組 み ~ 交 通 政 策 基 本 法 の 推 進 ~ それでは 国 がどんなことをしているかを 簡 単 に 申 し 上 げたいと 思 います 交 通 政 策 基 本 法 という 法 律 が 2013 年 の 12 月 にできました なんとか 基 本 法 というのが 世 の 中 に 30 から 40 からありますけ ど 交 通 分 野 でもそういう 体 系 的 な 法 律 を 作 ってみましょうということになりました 交 通 分 野 全 体 を 見 渡 すと 国 際 関 係 であったり 防 災 であったり 様 々な 取 組 みがありますが やはり 地 域 公 共 交 通 の 確 保 が 一 番 大 変 だし また 大 事 だよねということが 基 本 法 案 の 国 会 における 審 議 の 中 でも 議 論 された ところでございます この 基 本 法 に 基 づいて 交 通 政 策 基 本 計 画 を 作 り 政 策 を 計 画 的 に 進 めましょうと いうことを 今 やりかけているところです 交 通 政 策 基 本 計 画 案 の 概 要 は 豊 かな 国 民 生 活 成 長 と 繁 栄 安 心 と 安 全 という3 本 柱 の 下 に 施 策 の 目 標 を 立 て できるものについては 数 字 の 目 標 を 入 れてというものです 地 域 公 共 交 通 関 係 では 自 治 体 を 中 心 として まちづくり 施 策 と 連 携 して 地 域 交 通 ネットワークを 再 構 築 する ということが 施 策 の 目 標 になっています ~ まちづくりと 連 携 地 域 交 通 ネットワークの 再 構 築 に 向 けて~ 地 域 公 共 交 通 については 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 という 法 律 が 平 成 19 年 にできていまして その 改 正 を 先 程 の 基 本 法 の 制 定 に 引 き 続 いて 行 いました 改 正 法 は5 月 に 公 布 され この 11 月 (20 日 ) に 施 行 することになっており 先 ほど 申 し 上 げた 交 通 政 策 基 本 計 画 と 同 様 に 地 方 自 治 体 が 中 心 となっ て まちづくりと 連 携 して 面 的 な 公 共 交 通 ネットワークを 作 り 直 しましょうということをスローガンに -68-

8 しています 自 治 体 が 中 心 というのは 地 域 の 話 だから 当 たり 前 じゃないかと 皆 さんお 思 いになる 方 も 多 いかもしれ ません ローカルな 交 通 は 今 まではバス 会 社 が 自 分 で 路 線 を 考 えて その 安 全 運 行 については 国 の 機 関 である 地 方 運 輸 局 とか 運 輸 支 局 とかがチェックをするということになっていました ですから 市 役 所 には 交 通 と 名 のついた 部 局 はあまりありません 上 越 市 には 交 通 政 策 課 というのがあって 有 難 い なと 思 いますが このような 例 は 少 ない まちづくりとか 福 祉 と 違 って 交 通 はあまり 市 役 所 の 仕 事 と して 意 識 されてこなかったということだと 思 います それを 変 えて まちづくりとか 福 祉 とかと 絡 め て 地 方 自 治 体 に 交 通 をどうしたらいいかということを 考 えてもらう まちづくりと 連 携 というのはそ ういう 意 味 です まちの 中 に 交 通 ネットワークをどのように 張 り 巡 らすのかということを 他 の 行 政 施 策 との 関 係 も 考 えながら 面 的 に 考 えてもらいたいというのが この 改 正 法 の 趣 旨 です 地 域 公 共 交 通 網 法 律 ですから 漢 字 で 網 としていますが ネットワークのことですね 地 域 公 共 交 通 ネットワークの 計 画 を 地 方 自 治 体 に 作 ってもらって それに 基 づく 交 通 の 再 編 を 国 が 後 押 しをしましょうというのがこ の 法 律 の 中 身 です 私 の 部 局 は 来 年 度 363 億 円 の 予 算 要 求 をしています 現 状 306 億 円 に 対 して 少 しでも 増 やしたいと 思 っていますが これで 様 々な 地 域 交 通 の 支 援 をしています 今 後 は 先 ほど 申 し 上 げたような 計 画 を 作 って 地 域 公 共 交 通 の 再 編 を 進 めるところに 対 する 支 援 を なるべく 充 実 させていきたいと 思 っています ~ 上 越 市 の 公 共 交 通 ネットワークと 課 題 ~ 先 程 上 越 市 の 川 上 企 画 政 策 部 長 とお 話 をさせていただきました 上 越 市 は 今 回 の 改 正 法 の 趣 旨 を 非 常 に 前 向 きに 受 け 止 めて 下 さっています じゃあ 先 程 の 公 共 交 通 網 の 形 成 計 画 というのを 作 ってみようと ちょうど 新 幹 線 も 来 られるということもありますけれど 非 常 に 意 欲 的 に 考 えていただいており 大 変 ありがたいと 思 っています 上 越 市 の 状 況 を 見 てみます ここに 北 陸 新 幹 線 の 上 越 妙 高 駅 があります エリア 自 体 は 非 常 に 広 い 14 市 町 村 が 合 併 されたということですが ここに 昔 の 旧 町 村 の 中 心 があります こういうところからさ -69-

9 らに 集 落 に 向 かってネットワークを 張 っ て 行 かないといけない その 中 でここに 直 江 津 があって 高 田 があって このあた りが 一 番 中 核 エリアだと 思 いますが こ こに 新 しい 上 越 妙 高 という 拠 点 ができま す ここに 新 幹 線 がやってくるというこ となので そういった 新 しい 拠 点 ができ ることを 考 えながら この 中 心 エリアと その 周 辺 の 小 さい 拠 点 の 間 のネットワーク さらにそこから 伸 びるフィーダー 輸 送 をどうやって 維 持 し ていくかということが 上 越 市 の 課 題 だと 思 います 上 越 市 においては スクールバスや 病 院 に 患 者 さんを 送 迎 するバスをなるべく 活 用 して 路 線 バスと 似 た 機 能 を 持 たせようとしています 混 乗 と 言 っていますけれど ふつうのお 客 さんと 一 緒 に 乗 って いただく 形 にして なるべく 無 駄 をなくそうとしているところが 特 色 だと 思 いました 非 常 に 広 いエリアの 中 の 周 辺 部 奥 に 入 っていってもまだ 人 が 住 んでおられるというような 状 況 があ り そういうところにもしっかり 足 を 確 保 しなきゃいけないというところが 上 越 市 の 大 変 なところだ と 思 うんですけども ぜひ 先 程 の 仕 組 みをうまく 活 用 して 少 しでも 使 いやすい 公 共 交 通 ネットワーク を 作 っていただければと 思 っています エリアが 広 くなってきますと ネットワークの 重 複 が 問 題 になってきます 鉄 道 とバスの 問 題 とか あるいは 路 線 バスとスクールバスの 問 題 とか 同 じところをダブって 走 っていてどちらも 苦 しいという 状 況 を 打 開 して 無 駄 が 省 くという 課 題 があります その 際 には こうやればサービスレベルを 落 とさ ずにもう 少 し 効 率 的 にできるんじゃないか といったアイデアが 必 要 になってきます また 上 越 市 には 新 たにできる 新 幹 線 の 上 越 妙 高 駅 を 活 用 していかに 他 のエリアとの 交 流 を 深 める かといった 新 しい 課 題 もあると 思 います これらの 課 題 について 地 域 の 関 係 者 が 力 を 合 わせて 考 え 実 現 していくことを 国 としてしっかり 応 援 していきたいと 思 っています 以 上 が 地 域 公 共 交 通 についてのお 話 です -70-

10 新 幹 線 と 地 域 交 通 の 活 性 化 ~ 北 陸 新 幹 線 の 概 要 ~ 次 は 北 陸 新 幹 線 の 話 です これはもうご 存 じのところも 多 いと 思 うんですけれど おさらい 的 に 整 理 をしてまいりました まず 上 越 市 を 中 心 とした 時 間 距 離 の 短 縮 の 効 果 を 見 てみます 非 常 に 特 徴 的 なの は 東 京 との 間 はあまり 短 くならないんですね これは 今 でも 越 後 湯 沢 経 由 のほくほく 線 があって 速 達 性 がかなりあるということだと 思 います その 一 方 で 大 阪 との 間 が3 時 間 台 になります これは 後 で 出 てきますので ちょっと 記 憶 に 留 めといていただければと 思 います あとは 金 沢 富 山 長 野 こう いった 周 辺 の 都 市 との 間 です 特 に 長 野 との 間 の 短 縮 効 果 が 大 きい 所 要 時 間 が5 分 の1に 1 時 間 半 が 20 分 になっちゃう これをどう 活 用 するかということが 重 要 なことだと 思 います この 点 はまた 後 で 申 し 上 げます 次 は 新 幹 線 の 便 数 についてです 今 のと ころ はくたか が 往 復 位 というこ とですが かがやき という 早 いタイプの 列 車 がどこに 停 まるのかということが 非 常 に 関 心 を 呼 んでいると 聞 いております 列 車 のダイヤはどれだけ 使 われるかという 需 要 との 関 係 で 変 わっていくものなので どうや って 新 幹 線 を 使 う 人 を 増 やすかという 地 元 の 取 組 みがやっぱり 大 事 だと 思 いますし 先 程 申 し 上 げたとおり 近 隣 都 市 との 交 流 拡 大 という 効 果 に もスポットを 当 てて 新 幹 線 を 考 えていただければありがたいと 思 います ~ 九 州 新 幹 線 の 集 客 成 功 例 ~ ここで 申 し 上 げたいのは 九 州 新 幹 線 の 例 です 九 州 新 幹 線 は 当 時 攻 め 上 がり 方 式 と 言 ってお -71-

11 りましたが 鹿 児 島 - 熊 本 間 がまず 完 成 し それを 博 多 まで 伸 ばして 東 京 から 鹿 児 島 まで 平 成 23 年 に 新 幹 線 がつながり ました それから3 年 位 経 っている 中 で どういう 効 果 があったかということを 国 土 交 通 省 のブロック 機 関 である 九 州 運 輸 局 が 詳 細 に 分 析 をしていますので そ の 抜 粋 を 持 ってまいりました まず 時 間 短 縮 効 果 の 比 較 です 九 州 新 幹 線 の 開 通 により 大 阪 から 鹿 児 島 までは3 時 間 42 分 熊 本 までは2 時 間 58 分 となりました 北 陸 新 幹 線 開 通 後 の 大 阪 - 上 越 妙 高 間 (3 時 間 22 分 )はちょうど その 中 間 ぐらいですね これまでの 新 幹 線 と 航 空 の 競 争 の 中 で 所 要 時 間 3 時 間 台 であれば 鉄 道 に 比 較 優 位 性 があるということは 実 証 されてきていることもあり 上 越 市 にとって 大 阪 からどう 人 を 呼 ぶの かということは 北 陸 新 幹 線 の 開 通 に 当 たって 大 変 重 要 なファクターになってくると 考 えていただいてよ いのではないかと 思 います また 博 多 熊 本 間 が 40 分 短 縮 して 33 分 になっています 東 京 や 大 阪 からだけでなく 地 域 同 士 の つながりという 意 味 でも 新 幹 線 による 時 間 短 縮 効 果 が 非 常 に 大 きい この 点 も 頭 に 留 めておいていただ ければと 思 います 次 に 列 車 ダイヤです 詳 細 は 申 し 上 げませんけども 見 ていただいてお 分 かりのとおり ダイヤはど んどん 変 わっていきます 便 数 も 変 わっていきます ダイヤについて 様 々なご 意 見 があるということを お 伺 いしておりますが まずはしっかり 使 っていただいて これだけ 乗 っているのだから 増 便 してほし い といった 方 向 にうまく 持 っていければいいのかなと 思 います なお 九 州 新 幹 線 は6 両 編 成 北 陸 新 幹 線 は 12 両 編 成 なので それも 反 映 して 両 新 幹 線 の 便 数 が 違 い ます いずれにしても ダイヤというのはポンポン 変 わるものだということと ダイヤ 改 正 のチャンス をしっかりとらえましょうということを 申 し 上 げておきたいと 思 います 新 幹 線 ができて 輸 送 人 員 はどう 変 わったか 福 岡 から 鹿 児 島 までの 九 州 新 幹 線 は 3 倍 に 旅 客 数 が 増 え それがほぼキープされています そして 他 の 交 通 機 関 も 合 わせた 旅 客 流 動 全 体 もかなり 増 えて -72-

12 いるということが 見 て 取 れます 例 えば 福 岡 から 鹿 児 島 への 流 動 は 新 幹 線 ができる 前 は 対 前 年 比 で 3.1%の 伸 びだったのに 対 し 新 幹 線 開 業 後 は 41.9% 伸 びています 九 州 の 中 で 福 岡 県 佐 賀 県 熊 本 県 鹿 児 島 県 に 新 幹 線 が 通 っています 新 幹 線 のない 長 崎 県 大 分 県 宮 崎 県 と 比 較 すると 県 間 流 動 の 伸 びの 差 は 一 目 瞭 然 だと 思 います 新 幹 線 には 明 らかに 流 動 自 体 を 増 やす 効 果 がある そして 熊 本 と 佐 賀 の 間 の 流 動 は 53% 増 えたとか 近 隣 との 交 流 拡 大 にも 非 常 に 大 きな 効 果 があったということが 言 えると 思 います 九 州 地 方 と 近 畿 地 方 の 間 の 流 動 拡 大 についても 特 に 九 州 南 部 について 新 幹 線 の 通 っている 県 とそ うでない 県 の 間 に 明 らかな 差 があることがお 分 かりいただけると 思 います ~ 波 及 効 果 の 宿 泊 観 光 産 業 ~ 次 は 関 連 産 業 への 波 及 効 果 です 宿 泊 施 設 や 観 光 施 設 の 中 で 一 割 以 上 業 績 がアップしました と 回 答 した 割 合 の 推 移 を 見 ますと やはり 新 幹 線 の 通 っている 県 とそうでない 県 の 間 に 差 が 出 ています 来 訪 客 が 増 えました という 回 答 について どこから 来 た 人 が 増 えているのかをみると 注 目 すべ きは 海 外 ですね 日 本 の 各 地 域 と 負 けないくらいに 目 立 ってきている 今 我 が 国 は 海 外 からの 来 訪 客 を 年 間 2 千 万 人 に 増 やそうという 取 組 みを 進 めていますが どのくらい 海 外 の 人 を 呼 び 込 めるかという ことは 北 陸 新 幹 線 にとっても 大 変 大 きなテーマだろうと 思 います まとめ ~ 小 さな 拠 点 をつなぐデマンド 交 通 ~ 以 上 のお 話 を 最 後 に 簡 単 にまとめてみたいと 思 います ちょっと 堅 い 話 になりますけれど 国 土 交 通 省 は 国 土 のグランドデザイン という 2050 年 に 向 けた 計 画 の 中 で コンパクト+ネットワーク という 標 語 を 掲 げています これは 各 地 域 の 生 活 経 済 などに 関 わる 様 々な 機 能 をできる 限 り 集 約 し た 上 で それらをしっかりネットワークでつないでいくということです これは 現 政 権 が 打 ち 出 してい -73-

13 る 地 方 創 生 にも 直 結 する 新 たな 施 策 の 方 向 性 です もう 少 し 具 体 的 に 申 し 上 げたいと 思 い ます 中 山 間 地 これは 先 程 の 上 越 市 の 地 図 で 見 ていただいた 小 さな 拠 点 やその 先 の 集 落 といったエリアのことですけれ ど その 活 性 化 のために 小 さな 拠 点 に 諸 機 能 をなるべく 集 めていこうとしてい ます 大 きいものではなくても 診 療 所 はある 郵 便 局 や 買 い 物 できる 場 所 もある そのような 小 さな 拠 点 と 集 落 を 交 通 ネットワークでしっかりとつなぎましょうということです コンパクト 化 と 言 いますけれども 人 が 住 んでいるところをそう 簡 単 に 動 かすわけにはいきません 一 方 で 人 口 も 減 ってきて バス 路 線 もなかなか 維 持 できないというときに 例 えばオンデマンドの 交 通 というものがあります 上 越 市 も 一 生 懸 命 取 り 組 んでおられますけども バスよりももう 少 し 小 さい クルマが 連 絡 をしたら 来 てくれる 年 配 の 方 も 頼 みやすい 仕 組 みづくりなど 課 題 はたくさんあるんで すが このオンデマンド 交 通 は 人 口 減 少 の 下 での 今 後 の 我 が 国 の 地 域 交 通 の1つのトレンドになると 思 っています 先 程 申 し 上 げた 交 通 政 策 基 本 計 画 の 中 では このオンデマンドの 交 通 を 導 入 する 市 町 村 の 数 を 2020 年 までに 倍 増 しようという 目 標 を 掲 げています 上 越 市 全 体 について 言 えば 鉄 道 バス 路 線 などの 交 通 機 関 を 活 用 して 中 心 部 と 周 辺 部 をどうつな ぐかが 問 題 となります さらに 拠 点 をしっかり 作 ることが 重 要 です 今 は 道 路 の 効 果 が 大 きいですか ら 上 越 市 も 含 めて インターチェンジの 周 りに 様 々な 施 設 が 集 まっています そこをどのように 活 用 するのか 商 業 施 設 ばかりではなくて 生 活 関 連 施 設 も 集 約 できないか そういったことを 考 えていくべ きだろうと 思 います ~ 市 や 町 の 連 携 ~ -74-

14 次 は 市 や 町 の 連 携 についてです 川 村 先 生 の 先 程 のお 話 にありました 京 都 府 の 天 橋 立 の 辺 りの 例 を ご 覧 ください 人 口 を 見 ると 福 知 山 市 が 一 番 大 きく 京 都 府 北 部 の 市 町 を 合 わせて 30 万 ぐらいです 私 どもは 国 土 政 策 の 中 で 30 万 人 ぐらいの 圏 域 を 確 保 することが 大 事 ではないかということを 考 えて います 複 数 の 市 町 が 機 能 を 分 担 して ここには 医 療 の 中 核 を 置 き そちらには 教 育 の 中 核 を 置 き そ れらをしっかり 交 通 ネットワークでつないでいく 北 近 畿 タンゴ 鉄 道 や 最 近 このエリアまで 伸 びてき た 高 速 道 路 を 活 用 して 複 数 の 機 能 を 連 携 させる このような 連 携 の 動 きは 例 えば 松 江 市 と 米 子 市 の 間 のように 県 を 越 えた 形 でも 見 られます これは 私 が 作 った 全 くの 非 公 式 資 料 ですが 新 たにできる 北 陸 新 幹 線 が 飯 山 上 越 妙 高 糸 魚 川 を つないでいきます これのまちの 人 口 を 全 部 合 わせると 30 万 人 です そして それぞれの 間 がわずか 10 分 という 感 じになるわけですね この 時 間 短 縮 効 果 をどう 活 かせるのか 新 幹 線 の 開 通 に 伴 う 東 京 への ストロー 効 果 が 心 配 だとよく 言 われますが ストローで 吸 い 上 げられるのではなくて むしろこのエリ アに 人 を 呼 びこむ あるいはこのエリアの 中 でしっかりつながる こういったことをぜひ 北 陸 新 幹 線 の 開 通 に 当 たって 考 えていただきたい 既 に 越 五 の 国 という 上 越 妙 高 柏 崎 十 日 町 佐 渡 を 連 携 させる 取 組 みも 進 めておられると 聞 いていますので こういった 地 域 の 連 携 に 新 幹 線 がどう 使 えるかを 是 非 考 えていただきたいと 思 います 交 通 政 策 基 本 法 に 基 づく 交 通 政 策 基 本 計 画 の 案 でも この 点 について 触 れています 関 係 者 が 一 丸 と なった 広 域 連 携 の 下 で 国 内 外 の 方 々をしっかり 呼 び 込 む 北 陸 新 幹 線 については 交 流 人 口 の 増 加 につ いて 今 後 3 年 間 で 20% 増 という 具 体 的 な 数 値 目 標 も 掲 げているところです 九 州 新 幹 線 の 実 績 は 10 数 % だったと 思 いますが もう 一 段 踏 み 込 んだ 目 標 設 定 をしていますので 地 域 の 皆 様 とともに 目 標 達 成 に 向 けて 頑 張 りたいと 思 っています ~ 佐 渡 島 を 巡 る 回 遊 ルートの 提 案 ~ 海 事 フォーラムで 全 く 潮 の 香 りがしないのはよくないので 次 のお 題 は 海 です ただ これは 無 理 やりのテーマということではありません このエリアで 新 幹 線 の 活 用 について 考 えるときに 佐 渡 の -75-

15 ことはどうしても 忘 れるわけにはいかないだろうと 思 います これまで 新 潟 には 上 越 新 幹 線 が 通 っており そして 新 潟 港 から 佐 渡 の 両 津 港 までの 航 路 がありました 一 方 佐 渡 の 小 木 港 から 直 江 津 港 までの 航 路 があり 今 回 北 陸 新 幹 線 の 上 越 妙 高 駅 ができるわけです これらを 使 えば 東 京 から 新 幹 線 を 使 って 佐 渡 を 回 遊 するルートができます あくまでも 個 人 的 なイメージですけども これまで 佐 渡 は 新 潟 まで 行 ってそこから 船 に 乗 って 行 っ てまた 帰 ってくるところだという 感 じではなかったかと 思 います 観 光 の 世 界 では 回 遊 ルートというの は 大 変 大 事 なファクターなので 北 陸 新 幹 線 の 開 通 は 大 変 大 きなインパクトをもたらすのではないでし ょうか さきほど 直 江 津 港 にお 伺 いしてお 話 を 伺 ってまいりましたが 直 江 津 小 木 間 今 は2 時 間 40 分 かか るところ 新 造 船 を 新 幹 線 の 開 通 と 同 時 期 に 導 入 して 1 時 間 40 分 に 短 縮 するということです 新 潟 両 津 間 はジェットフォイルで1 時 間 ちょっとということなので 新 幹 線 も 組 み 合 わせると 移 動 にかか る 所 要 時 間 は 大 幅 に 短 縮 される その 分 佐 渡 の 様 々な 魅 力 をぐるっと 回 ってたっぷり 満 喫 できる そ して 帰 りには 上 越 市 を 素 通 りしないで 高 田 のお 城 の 跡 などちゃんと 見 て 下 さい そういうツア ーを JR さんなどと 相 談 してしっかり 作 って 行 くこと これが 大 変 大 事 なことだと 思 います 最 近 佐 渡 の 観 光 客 の 入 れ 込 み 数 は 下 がっているようです これは 大 変 残 念 なことなので 新 幹 線 を 活 かさない 手 はない 新 幹 線 を 多 面 的 に 活 用 するというひとつの 側 面 として 是 非 佐 渡 を 組 み 込 んで 考 えていただきたいと 思 っています ~ 離 島 ( 鹿 児 島 )の 例 : 海 上 交 通 ネットワークの 再 構 築 ~ 海 に 関 する 事 例 をもうひとつお 話 します 佐 渡 と 比 較 するには 小 さすぎる 島 ですが 新 幹 線 との 関 わ りがありましたのでちょっと 持 ってまいりました 甑 島 (こしきじま)という 島 が 鹿 児 島 県 薩 摩 川 内 (さ つませんだい) 市 の 西 側 にございます 従 来 このまちの 南 隣 の 串 木 野 というところから 船 が 出 ていた そうですが 九 州 新 幹 線 の 駅 が 川 内 にできたことを 契 機 として 港 を 川 内 港 に 変 えました また 島 の 中 の 道 路 整 備 が 次 第 に 進 んできましたので 島 の 中 の 寄 港 場 所 を 減 らして 島 内 はバスで 動 いて 下 さい -76-

16 という 形 に 変 えました 平 成 30 年 には 上 島 と 下 島 が 橋 でつながるそうなのでさらに 変 わると 思 います このように 新 幹 線 とのアクセスを 良 くするとともに 島 内 を 回 遊 しやすくする 取 組 みが 進 んでいます そして この 航 路 には 新 しい 高 速 船 を 導 入 しました JR 九 州 という 会 社 は 車 両 のデザインに 強 いこだ わりを 持 っている 会 社 ですが そのデザイナーの 水 戸 岡 さんという 方 が 甑 島 の 交 通 再 編 の 取 組 みを 意 気 に 感 じられ この 船 の 内 装 も 手 掛 けて 下 さいました 九 州 新 幹 線 や 有 名 な 寝 台 列 車 の ななつ 星 と 同 じく 木 目 を 使 った 素 敵 なデザインです 実 は 川 内 駅 から 川 内 港 までのバスも 水 戸 岡 さんのデザインな ので 博 多 から 甑 島 まで 同 じコンセプトの 交 通 機 関 で 行 けるということで 売 り 出 しています 甑 島 は 川 内 市 の 一 部 であることもあり 川 内 市 が 甑 島 への 海 上 交 通 を 地 域 の 交 通 の 一 部 としっかり 位 置 づけてこのような 取 組 みを 進 めています こちらでは 複 数 の 自 治 体 の 連 携 が 必 要 になるかと 思 います が 先 程 の 越 五 の 国 といったコンセプトの 中 で 佐 渡 もしっかり 取 り 込 んで 北 陸 新 幹 線 を 120% 使 って 内 外 の 人 々を 呼 び 込 み かつ 域 内 の 交 流 を 盛 んにしていただければと 思 います 新 たにできる 新 幹 線 が 少 しでもこの 地 域 の 発 展 に 役 立 てば と 心 から 思 う 次 第 です おわりに~ 最 後 になりますが 国 土 交 通 省 もゆるキャラを 作 っておりまして 公 共 交 通 利 用 促 進 キャラクター の りたろう と 申 します バスの 中 での 案 内 などに 少 しずつ 使 っていただいておりますので 上 越 市 もよ ろしければぜひお 願 いしたいと 思 います ご 当 地 の けんけんず としっかりタイアップして 頑 張 って いきたいと 思 います どうもありがとうございました -77-

17 2014/11/25 第 16 回 海 事 観 光 立 国 フォーラムin 上 越 2014 資 料 今 日 お 話 したいこと 地 域 交 通 の 活 性 化 と 北 陸 新 幹 線 上 越 妙 高 駅 (1) 人 口 減 少 高 齢 化 社 会 において 地 域 のモビリティをどう 確 保 するか? 平 成 26 年 10 月 21 日 (2) 北 陸 新 幹 線 を 地 域 の 活 性 化 にどう 結 びつけるか? 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 公 共 交 通 政 策 部 長 藤 井 直 樹 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism モータリゼーションの 進 展 (1) 1990 年 から2010 年 の20 年 間 で 人 口 の 増 加 率 が4%なのに 対 し マイカー 保 有 台 数 の 増 加 率 は76%にのぼる ( 単 位 : 万 人 / 万 台 ) 14,000 12, , , ,057 (1) 1 地 域 の 交 通 の 現 状 10,000 8,000 6,000 5,122 5,790 4,000 2, , 年 2000 年 2010 年 ( 出 典 ) 総 務 省 日 本 の 統 計 2013 一 般 財 団 法 人 自 動 車 検 査 登 録 情 報 協 会 調 べ 人 口 マイカー 台 数 3 4 1

18 2014/11/25 モータリゼーションの 進 展 (2) 地 域 公 共 交 通 の 衰 退 一 世 帯 当 たりマイカー 保 有 率 は 地 方 部 ほど 高 く 都 市 部 ほど 低 い 傾 向 にある 1 位 福 井 県 2 位 富 山 県 3 位 群 馬 県 10 位 新 潟 県 45 位 神 奈 川 県 46 位 大 阪 府 47 位 東 京 都 ( 出 典 ) 一 般 財 団 法 人 自 動 車 検 査 登 録 情 報 協 会 調 べ( 平 成 24 年 度 末 ) 輸 送 人 員 の 大 幅 な 減 少 乗 合 バス: 約 35% 減 (1990 年 2010 年 ) 地 域 鉄 道 : 約 25% 減 ( 同 上 ) 相 次 ぐ 路 線 の 廃 止 乗 合 バス:8,160km( 過 去 5 年 間 ) 地 域 鉄 道 : 105km( 同 上 ) 厳 しい 経 営 状 況 乗 合 バス:69%が 赤 字 (2012 年 補 助 前 ) 地 域 鉄 道 :76%が 赤 字 ( 同 上 ) 地 域 公 共 交 通 の 課 題 今 後 の 急 激 な 人 口 減 少 の 下 で 地 域 公 共 交 通 をめぐる 環 境 は ますます 厳 しいものに しかし クルマに 頼 れない 人 々の 足 の 確 保 は 地 域 の 生 活 を 守 る 上 で 不 可 欠 の 課 題 (1) 2 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 と 地 域 公 共 交 通 特 に 今 後 の 高 齢 者 の 増 加 に 適 切 に 対 処 することが 必 要 7 8 2

19 2014/11/25 人 口 減 少 と 高 齢 化 の 進 展 都 市 圏 地 方 圏 の 人 口 の 減 少 140, ,000 ( 人 口 : 千 人 ) 総 人 口 約 1.28 億 人 75 歳 以 上 人 口 約 1400 万 人 ( 約 11%) (2050 年 ) 総 人 口 約 9,700 万 人 75 歳 以 上 人 口 約 2400 万 人 ( 約 25%) 人 口 減 少 は 特 に 地 方 において 顕 著 増 減 率 (%) 5.0 三 大 都 市 圏 と 地 方 圏 の 人 口 増 減 率 ( 推 計 ) 100,000 80,000 60,000 40,000 20, 歳 以 上 75 歳 未 満 人 口 約 1500 万 人 ( 約 12%) 20 歳 以 上 65 歳 未 満 人 口 約 7600 万 人 ( 約 59%) 20 歳 未 満 人 口 約 2300 万 人 ( 約 18%) 65 歳 以 上 75 歳 未 満 人 口 約 1400 万 人 ( 約 14%) 20 歳 以 上 65 歳 未 満 人 口 約 4600 万 人 ( 約 48%) 20 歳 未 満 人 口 約 1300 万 人 ( 約 13%) 20 歳 未 満 人 口 20 歳 以 上 65 歳 未 満 人 口 65 歳 以 上 75 歳 未 満 75 歳 以 上 ( 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 将 来 推 計 人 口 ( 中 位 推 計 )) 高 齢 者 や 生 徒 など 地 域 公 共 交 通 に 頼 らざるを 得 ない 住 民 が 一 定 数 存 在 通 勤 通 学 需 要 の 減 少 が 地 域 公 共 交 通 の 経 営 を 圧 迫 ( 年 ) 出 所 : 総 務 省 国 勢 調 査 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 都 道 府 県 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 24 年 1 月 推 計 ) により 国 土 交 通 省 作 成 三 大 都 市 圏 : 首 都 圏 : 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 山 梨 県 中 部 圏 : 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 近 畿 圏 : 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 地 方 圏 : 三 大 都 市 圏 以 外 首 都 圏 中 部 圏 近 畿 圏 地 方 圏 都 市 圏 地 方 圏 の 高 齢 化 の 進 展 高 齢 化 は 地 域 を 問 わず 進 展 高 齢 化 と 交 通 問 題 広 域 ブロック 別 高 齢 化 率 (%) ( 年 ) 首 都 圏 中 部 圏 近 畿 圏 地 方 圏 平 成 2 年 10.1% 11.9% 11.2% 14.1 % 平 成 22 年 21.0% 22.7% 22.9% 25.1 % 平 成 52 年 35.0% 34.8% 36.2% 37.6% 高 齢 者 にとっての 交 通 問 題 の 重 要 性 高 齢 者 のクルマ 依 存 度 の 高 さと 交 通 事 故 の 増 加 注 1) 高 齢 者 人 口 とは 65 歳 以 上 人 口 注 2) 首 都 圏 : 茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 神 奈 川 県 山 梨 県 中 部 圏 : 長 野 県 岐 阜 県 静 岡 県 愛 知 県 三 重 県 近 畿 圏 : 滋 賀 県 京 都 府 大 阪 府 兵 庫 県 奈 良 県 和 歌 山 県 ( 出 典 : 総 務 省 国 勢 調 査 及 び 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 統 計 より 国 土 交 通 省 作 成 )

20 2014/11/25 高 齢 者 にとっての 交 通 問 題 の 重 要 性 高 齢 者 のクルマ 依 存 度 の 高 さ 高 齢 者 が 今 住 んでいる 地 域 の 不 便 な 点 として 挙 げている 項 目 をみると 移 動 に 関 する 問 題 が 上 位 にある 都 市 規 模 別 にみると 小 規 模 な 都 市 ほど 交 通 に 対 し 不 便 さを 感 じている 高 齢 者 の 自 動 車 分 担 率 は 上 昇 傾 向 にあり その 傾 向 は 三 大 都 市 圏 よりも 地 方 都 市 圏 において 強 く 表 れている 非 高 齢 者 の 免 許 保 有 者 数 が 減 少 している 一 方 高 齢 者 の 免 許 保 有 者 数 は 増 加 している 日 常 の 買 い 物 に 不 便 医 院 や 病 院 への 通 院 に 不 便 交 通 機 関 が 高 齢 者 には 使 いにくい または 整 備 されていない 今 住 んでいる 地 域 の 不 便 な 点 ( 上 位 3 項 目 ) (%) 出 典 : 平 成 22 年 高 齢 者 住 宅 生 活 意 識 調 査 大 都 市 中 都 市 小 都 市 町 村 総 数 大 都 市 : 東 京 都 区 部 と 指 定 都 市 中 都 市 : 人 口 10 万 人 以 上 の 市 ( 大 都 市 を 除 く) 小 都 市 : 人 口 10 万 人 未 満 の 市 13 S62 H04 H11 H17 H 歳 以 上 の 代 表 交 通 手 段 分 担 率 (%) < 三 大 都 市 圏 ( 平 日 )> < 地 方 都 市 圏 ( 平 日 )> 非 高 齢 者 の 免 許 保 有 者 数 千 人 ( ) ,500 69,000 68,500 68,000 67,500 67,000 66,500 66, 平 成 % 20% 40% 60% 80% 100% 鉄 道 バス 自 動 車 二 輪 車 徒 歩 他 その S62 H H H H 免 許 保 有 者 数 16,000 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 非 高 齢 者 4,000 2, % 20% 40% 60% 80% 100% 鉄 道 バス 自 動 車 二 輪 車 徒 歩 その 他 高 齢 者 の 免 許 保 有 者 数 ( 千 人 ) 出 典 : 平 成 22 年 度 全 国 都 市 交 通 特 性 調 査 出 典 : 運 転 免 許 統 計 高 齢 者 の 事 故 の 増 加 地 域 公 共 交 通 の 多 面 的 な 役 割 高 齢 者 の 運 転 による 高 齢 者 死 亡 事 故 比 率 は 上 昇 傾 向 また 高 齢 者 はそれ 以 外 の 年 代 と 比 べ 運 転 操 作 が 不 適 切 なた めに 事 故 を 起 こすことが 多 い 高 齢 者 の 免 許 返 納 件 数 は 増 加 している 一 方 免 許 返 納 を 考 えたことがある 高 齢 運 転 者 のうち5 割 近 い 者 は 免 許 返 納 後 の 代 替 交 通 手 段 に 関 する 懸 念 から 実 際 に 返 納 していない 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 高 齢 者 と 交 通 事 故 運 転 操 作 が 不 適 切 なために 起 きた 死 亡 事 故 の 比 率 全 体 に 占 める 高 齢 者 ( 第 1 当 事 者 ) 死 亡 事 故 比 率 高 齢 者 (65 歳 以 上 ) 高 齢 者 以 外 出 典 : 交 通 事 故 統 計 ( 件 ) 120, ,000 80,000 60,000 40,000 20,000 0 運 転 免 許 証 を 実 際 に 返 納 しない 理 由 ( 返 納 を 考 えたことがある 高 齢 運 転 者 への 質 問 ) 免 許 返 納 件 数 高 齢 者 (65 歳 以 上 )の 免 許 返 納 件 数 高 齢 者 以 外 の 免 許 返 納 件 数, 平 成 15 出 典 : 運 転 免 許 統 計 運 転 免 許 返 納 制 度 に 関 する 周 知 広 報 等 により 高 齢 者 を 中 心 に 運 転 免 許 返 納 件 数 が 増 加 出 典 : 政 府 広 報 オンライン 警 察 庁 日 常 生 活 における 移 動 手 段 ( 高 齢 層 若 年 層 障 害 者 移 動 困 難 者 ) 来 訪 者 観 光 客 の 移 動 手 段 / 観 光 資 源 にぎわいの 創 出 高 齢 者 の 健 康 維 持 見 守 り 運 転 能 力 の 低 下 を 感 じてはいるが 運 転 免 許 証 を 返 納 するほどではない 57.4 返 納 すると 代 わりの 交 通 機 関 がない 又 は 不 便 である 46.3 運 転 はしないが 身 分 証 明 に 使 う 必 要 がある 29.0 運 転 が 好 きだから 19.1 何 となく 運 転 免 許 証 を 持 ち 続 けている 13.0 その 他 4.9 出 典 : 平 成 17 年 警 察 白 書 環 境 にやさしい 16 4

21 2014/11/25 交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 公 布 施 行 ) -83- 基 本 的 方 基 本 法 上 針 の 国 の 施 策 施 策 の 目 標 (1) 3 地 域 公 共 交 通 を 守 り 育 てるための 国 土 交 通 省 の 取 組 み 交 通 政 策 基 本 計 画 ( 原 案 )の 概 要 本 計 画 が 対 応 すべき 社 会 経 済 の 動 き (1) 急 激 な 人 口 減 少 少 子 化 高 齢 化 (2)グローバリゼーションの 進 展 (3) 巨 大 災 害 の 切 迫 インフラの 老 朽 化 (4) 食 料 水 エネルギーの 制 約 地 球 環 境 問 題 (5)ICTの 劇 的 な 進 歩 など 技 術 革 新 の 進 展 (6) 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 (7)2020 年 の 東 京 オリンピック パラリンピックの 開 催 A. 豊 かな 国 民 生 活 に 資 する 使 い やすい 交 通 の 実 現 日 常 生 活 の 交 通 手 段 確 保 (16 条 ) 高 齢 者 障 害 者 妊 産 婦 等 の 円 滑 な 移 動 (17 条 ) 交 通 の 利 便 性 向 上 円 滑 化 効 率 化 (18 条 ) まちづくりの 観 点 からの 施 策 推 進 (25 条 ) 1 自 治 体 中 心 に コンハ クトシティ 化 等 まちづくり 施 策 と 連 携 し 地 域 交 通 ネットワークを 再 構 築 する 2 地 域 の 実 情 を 踏 まえた 多 様 な 交 通 サービス の 展 開 を 後 押 しする 3バリアフリーをより 一 層 身 近 なものにする 4 旅 客 交 通 物 流 のサービスレベルをさらなる 高 みへ 引 き 上 げる B. 成 長 と 繁 栄 の 基 盤 となる 国 際 地 域 間 の 旅 客 交 通 物 流 ネット ワークの 構 築 産 業 観 光 等 の 国 際 競 争 力 強 化 (19 条 ) 地 域 の 活 力 の 向 上 (20 条 ) 観 光 立 国 の 観 点 からの 施 策 推 進 (26 条 ) 国 際 連 携 確 保 国 際 協 力 (30 条 ) 1 我 が 国 の 国 際 交 通 ネットワークの 競 争 力 を 強 化 する 2 地 域 間 のヒト モノの 流 動 を 拡 大 する 3 訪 日 外 客 2000 万 人 の 高 みに 向 け 観 光 施 策 と 連 携 した 取 組 を 強 める 4 我 が 国 の 技 術 とノウハウを 活 かした 交 通 イ ンフラ サーヒ スをグローバルに 展 開 する C. 持 続 可 能 で 安 心 安 全 な 交 通 に 向 けた 基 盤 づくり 運 輸 事 業 等 の 健 全 な 発 展 (21 条 ) 大 規 模 災 害 時 の 機 能 低 下 抑 制 迅 速 な 回 復 (22 条 ) 環 境 負 荷 の 低 減 (23 条 ) 施 策 の 推 進 に 当 たって 特 に 留 意 すべき 事 項 基 本 法 上 の 国 の 施 策 関 係 者 の 責 務 連 携 (8~12 27 条 ) 1 国 民 利 用 者 の 視 点 に 立 って 交 通 に 関 する 施 策 を 講 ずる 総 合 的 な 交 通 体 系 の 整 備 (24 条 ) 調 査 研 究 (28 条 ) 2 国 自 治 体 事 業 者 利 用 者 地 域 住 民 等 の 関 係 者 が 責 務 役 割 を 担 いつつ 連 携 協 働 する 技 術 の 開 発 及 び 普 及 (29 条 ) 国 民 の 立 場 に 立 った 施 策 (31 条 ) 3ICT 等 による 情 報 の 活 用 をはじめとして 技 術 革 新 によるイノベーションを 進 める Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 年 の 東 京 オリンピック パラリンピックの 開 催 とその 後 を 見 据 えた 取 組 を 進 める 大 規 模 災 害 や 老 朽 化 への 備 えを 万 全 なものとする 2 交 通 関 連 事 業 の 基 盤 を 強 化 し 安 定 的 な 運 行 と 安 全 確 保 に 万 全 を 期 する 3 交 通 を 担 う 人 材 を 確 保 し 育 てる 4さらなる 低 炭 素 化 省 エネ 化 等 の 環 境 対 策 を 進 める 基 本 理 念 等 ( 第 2 条 ~ 第 7 条 ) 基 本 的 認 識 ( 第 2 条 ) 交 通 の 果 たす 機 能 国 民 の 自 立 した 生 活 の 確 保 活 発 な 地 域 間 交 流 国 際 交 流 物 資 の 円 滑 な 流 通 国 民 等 の 交 通 に 対 する 基 本 的 需 要 の 充 足 が 重 要 交 通 機 能 の 確 保 向 上 ( 第 3 条 ) 少 子 高 齢 化 の 進 展 等 に 対 応 しつつ 豊 かな 国 民 生 活 の 実 現 国 際 競 争 力 の 強 化 地 域 の 活 力 の 向 上 に 寄 与 大 規 模 災 害 に 的 確 に 対 応 環 境 負 荷 の 低 減 ( 第 4 条 ) 様 々な 交 通 手 段 の 適 切 な 役 割 分 担 と 連 携 ( 第 5 条 ) 交 通 の 安 全 の 確 保 ( 第 7 条 ) 交 通 安 全 対 策 基 本 法 に 基 づく 交 通 安 全 施 策 と 十 分 に 連 携 国 地 方 自 治 体 事 業 者 等 の 関 係 者 の 責 務 等 ( 第 8 条 ~ 第 11 条 ) 関 係 者 の 連 携 協 働 ( 第 6 条 第 12 条 ) 法 制 上 財 政 上 の 措 置 ( 第 13 条 ) 国 会 への 年 次 報 告 等 ( 第 14 条 ) 交 通 政 策 基 本 計 画 の 閣 議 決 定 実 行 ( 第 15 条 ) <パブリックコメント 審 議 会 への 諮 問 等 > 国 の 施 策 ( 第 16 条 ~ 第 31 条 ) 豊 かな 国 民 生 活 の 実 現 〇 日 常 生 活 の 交 通 手 段 確 保 ( 第 16 条 ) 離 島 等 の 地 域 の 諸 条 件 への 配 慮 高 齢 者 障 害 者 等 の 円 滑 な 移 動 ( 第 17 条 ) 妊 産 婦 ベビーカー 等 にも 配 慮 交 通 の 利 便 性 向 上 円 滑 化 効 率 化 ( 第 18 条 ) 定 時 性 確 保 乗 継 ぎ 円 滑 化 等 国 際 競 争 力 の 強 化 国 際 海 上 航 空 輸 送 のネットワークと 拠 点 の 形 成 アクセス 強 化 ( 第 19 条 ) 地 域 の 活 力 の 向 上 国 内 交 通 ネットワークと 拠 点 の 形 成 ( 第 20 条 ) 交 通 に 関 する 事 業 の 基 盤 強 化 人 材 育 成 等 ( 第 21 条 ) 大 規 模 災 害 への 対 応 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 における 交 通 の 機 能 の 低 下 の 抑 制 及 び 迅 速 な 回 復 等 ( 第 22 条 ) 耐 震 性 向 上 代 替 交 通 手 段 の 確 保 多 人 数 の 円 滑 な 避 難 環 境 負 荷 の 低 減 エコカー モーダルシフト 公 共 交 通 利 便 増 進 等 ( 第 23 条 ) 適 切 な 役 割 分 担 と 連 携 総 合 的 な 交 通 体 系 の 整 備 ( 第 24 条 ) 交 通 需 要 老 朽 化 に 配 慮 した 重 点 的 な 整 備 まちづくり 観 光 等 との 連 携 関 係 者 間 の 連 携 協 働 の 促 進 ( 第 25 条 ~ 第 27 条 ) 調 査 研 究 ( 第 28 条 ) 技 術 の 開 発 及 び 普 及 ( 第 29 条 ) ICTの 活 用 国 際 的 な 連 携 の 確 保 及 び 国 際 協 力 の 推 進 ( 第 30 条 ) 規 格 標 準 化 交 通 インフラの 海 外 展 開 国 民 等 の 意 見 を 反 映 ( 第 31 条 ) 地 方 公 共 団 体 の 施 策 ( 第 32 条 ) 改 正 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 ( 平 成 26 年 5 月 公 布 )の 概 要 日 常 生 活 等 に 必 要 不 可 欠 な 交 通 手 段 の 確 保 等 目 標 本 格 的 な 人 口 減 少 社 会 における 地 域 社 会 の 活 力 の 維 持 向 上 ポイント 1 地 方 公 共 団 体 が 中 心 となり 2まちづくりと 連 携 し 3 面 的 な 公 共 交 通 ネットワーク を 再 構 築 交 通 政 策 基 本 法 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 )の 具 体 化 面 的 な 公 共 交 通 ネットワークを 再 構 築 するため 事 業 者 等 が 地 方 公 共 団 体 の 支 援 を 受 けつつ 実 施 地 方 公 共 団 体 が 事 業 者 等 の 同 意 の 下 に 策 定 まちづくりの 観 点 からの 交 通 施 策 の 促 進 改 正 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 の 基 本 スキーム 基 本 方 針 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 コンパクトシティの 実 現 に 向 けたまちづくりとの 連 携 地 域 全 体 を 見 渡 した 面 的 な 公 共 交 通 ネットワークの 再 構 築 地 域 公 共 交 通 特 定 事 業 地 域 公 共 交 通 再 編 事 業 国 が 策 定 まちづくりとの 連 携 に 配 慮 軌 道 運 送 高 度 化 事 業 (LRTの 整 備 ) 関 係 者 相 互 間 の 連 携 と 協 働 の 促 進 事 業 者 と 協 議 の 上 地 方 公 共 団 体 が 協 議 会 を 開 催 し 策 定 鉄 道 事 業 再 構 築 事 業 ( 上 下 分 離 ) 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 実 施 計 画 実 施 計 画 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 し 計 画 の 実 現 を 後 押 し 等

22 2014/11/ 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 改 正 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 を 踏 まえ 地 域 の 公 共 交 通 ネットワークの 再 構 築 に 向 けた 取 組 みを 支 援 地 域 公 共 交 通 ネットワーク 形 成 に 向 けた 計 画 策 定 の 後 押 し < 支 援 の 内 容 > 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 等 の 策 定 に 係 る 調 査 地 域 の 特 性 に 応 じた 生 活 交 通 の 確 保 維 持 < 支 援 の 内 容 > 過 疎 地 域 等 におけるバス デマンドタクシーの 運 行 バス 車 両 の 更 新 等 離 島 航 路 航 空 路 の 運 航 快 適 で 安 全 な 公 共 交 通 の 構 築 < 支 援 の 内 容 > 鉄 道 駅 におけるホームドア エレベーターの 整 備 ノンステップバスの 導 入 等 LRT BRTの 整 備 ICカードの 導 入 活 用 等 地 域 鉄 道 の 安 全 性 向 上 に 資 する 設 備 の 更 新 等 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 を 実 施 する 際 には まちづくり 支 援 とも 連 携 し 重 点 的 に 支 援 東 日 本 大 震 災 対 応 被 災 地 のバス 交 通 等 に 対 する 柔 軟 な 支 援 < 支 援 の 内 容 > 被 災 地 の 幹 線 バスの 運 行 仮 設 住 宅 等 を 巡 る 地 域 内 バス 等 の 運 行 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 の 策 定 に 係 る 調 査 地 域 公 共 交 通 ネットワーク 再 編 の 促 進 < 支 援 の 内 容 > 国 の 認 定 を 受 けた 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 に 基 づく 事 業 の 実 施 バス 路 線 の 再 編 デマンド 型 等 の 多 様 なサービスの 導 入 LRT BRTの 高 度 化 地 域 鉄 道 の 上 下 分 離 等 平 成 27 年 度 要 求 額 363 億 円 ( 対 前 年 度 比 1.19) 地 域 公 共 交 通 再 編 実 施 計 画 国 の 認 定 平 成 27 年 度 要 求 額 23 億 円 ( 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 : 復 興 庁 一 括 計 上 分 ) 21 地 域 の 公 共 交 通 ネットワークの 再 構 築 に 係 る 産 業 投 資 の 活 用 財 政 投 融 資 の 活 用 を 図 ることで 支 援 策 を 多 様 化 し 地 域 の 実 情 に 即 した 地 域 公 共 交 通 ネットワークの 再 構 築 の 取 組 みを 後 押 しする 仕 組 みの 充 実 を 図 る 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 に 基 づく 交 通 ネットワーク 再 編 を 後 押 し 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 地 域 公 共 交 通 特 定 事 業 軌 道 運 送 高 度 化 事 業 LRTの 整 備 ( 軌 道 の 上 下 分 離 等 ) 道 路 運 送 高 度 化 事 業 BRTの 整 備 海 上 運 送 高 度 化 事 業 高 速 船 の 導 入 等 による 海 上 運 送 サービスの 改 善 鉄 道 事 業 再 構 築 事 業 上 下 分 離 等 による 地 方 鉄 道 の 事 業 構 造 の 変 更 地 域 公 共 交 通 再 編 事 業 地 域 全 体 での 既 存 路 線 ダイヤの 見 直 し 新 たなサービスの 導 入 等 上 越 市 の 事 例 (1) 認 定 国 において 事 業 の 効 率 性 や 持 続 可 能 性 を チェック 実 施 計 画 国 再 出 資 出 資 財 投 機 関 再 出 資 車 両 システム 保 有 管 理 会 社 等 リース 等 自 治 体 出 資 平 成 27 年 度 財 投 要 求 事 項 交 通 事 業 者 等 出 資 ノウハウ 等 民 間 金 融 機 関 融 資 国 の 認 定 を 受 けた 計 画 に 基 づき 路 線 やダイヤの 再 編 に 伴 う 施 設 整 備 を 行 う 交 通 事 業 者 < 再 出 資 の 対 象 となる 施 設 整 備 の 例 > LRT BRT 高 速 船 ノンステップバスの 導 入 ICカード バスロケーションシステム 等 の 整 備 22 (1) 4 上 越 市 では 23 出 典 : 上 越 市 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 検 討 委 員 会 第 4 回 委 員 会 資 料 24 6

23 2014/11/25 上 越 市 の 事 例 (2) (2) 1 北 陸 新 幹 線 の 概 要 出 典 : 上 越 市 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 検 討 委 員 会 第 4 回 委 員 会 資 料 北 陸 新 幹 線 開 業 後 の 上 越 妙 高 駅 からの 時 間 距 離 北 陸 新 幹 線 の 運 行 概 要 上 越 妙 高 駅 からの 時 間 距 離 都 市 名 時 間 距 離 東 京 1 時 間 48 分 ( 17 分 ) 新 大 阪 3 時 間 22 分 ( 53 分 ) 沢 48 分 ( 57 分 ) 富 山 30 分 ( 39 分 ) 野 18 分 ( 71 分 ) 上 越 妙 高 駅 北 陸 新 幹 線 長 野 ~ 金 沢 間 開 業 に 伴 う 運 行 計 画 概 要 1 停 駅 名 日 の 運 転 本 数 列 名 ( 便 ) 東 京 上 野 大 宮 熊 谷 本 庄 早 稲 田 高 崎 か が や き 10 往 復 は く た か 安 中 榛 名 軽 井 沢 14 往 復 往 復 つ る ぎ 18 往 復 佐 久 平 上 田 長 野 飯 山 上 越 妙 高 糸 魚 川 黒 部 宇 奈 月 温 泉 富 山 新 高 岡 金 沢 あ さ ま 16 往 復 は 停 車 は 一 部 通 過 開 業 日 : 平 成 27 年 3 月 14 日 ( 土 ) 在 来 線 特 急 列 車 等 の 新 たな 運 転 出 典 : 黒 部 市 公 共 交 通 戦 略 推 進 協 議 会 HP 27 新 潟 ~ 上 越 妙 高 間 で 特 急 しらゆき を5 往 復 運 転 新 潟 ~ 新 井 間 で 快 速 列 車 を2 往 復 運 転 新 潟 ~ 糸 魚 川 間 で 快 速 列 車 を1 往 復 運 転 28 7

24 2014/11/25 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルート 全 線 開 通 後 の 時 間 比 較 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 により 博 多 ~ 鹿 児 島 中 央 間 は 最 速 2 時 間 12 分 から1 時 間 17 分 に 直 通 運 転 が 開 始 さ れた 新 大 阪 ~ 鹿 児 島 中 央 間 は 最 速 5 時 間 2 分 から3 時 間 42 分 へと 所 要 時 間 が 大 幅 に 短 縮 された 5 時 間 2 分 (2) 2 九 州 新 幹 線 ( 博 多 ー 鹿 児 島 中 央 )の 概 要 全 線 開 業 前 平 成 年 月 日 改 正 鹿 児 島 中 央 < 全 線 開 業 後 の 主 な 所 要 時 間 > いずれも 最 速 の 場 合 新 大 阪 ~ 鹿 児 島 中 央 間 : 3 時 間 42 分 (1 時 間 20 分 短 縮 ) 新 大 阪 ~ 熊 本 間 : 2 時 間 58 分 (59 分 短 縮 ) 博 多 ~ 鹿 児 島 中 央 間 : 1 時 間 17 分 (55 分 短 縮 ) 博 多 ~ 熊 本 間 : 33 分 (40 分 短 縮 ) 3 時 間 57 分 鹿 児 島 中 央 2 時 間 12 分 1 時 間 13 分 3 時 間 42 分 2 時 間 58 分 1 時 間 17 分 熊 本 33 分 博 多 小 倉 広 島 3 時 間 34 分 2 時 間 29 分 2 時 間 21 分 1 時 間 37 分 広 島 岡 山 4 時 間 11 分 3 時 間 6 分 2 時 間 57 分 2 時 間 13 分 岡 山 新 大 阪 2 時 間 14 分 29 鉄 道 の 所 要 時 間 はいずれも 最 速 の 場 合 飛 行 機 の 時 間 は 空 港 から 都 心 までの 所 要 時 間 を 含 む 資 料 ) JR 九 州 プレス 発 表 資 料 JR 時 刻 表 2013 年 12 月 号 ほか 参 考 ( 航 空 ) 鹿 児 島 大 阪 主 要 区 間 列 車 本 数 の 変 遷 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 九 州 新 幹 線 の 輸 送 人 員 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートの 全 線 開 業 後 博 多 ~ 熊 本 間 では 列 車 本 数 が 大 幅 に 増 加 今 年 3 月 のダイヤ 改 正 では 山 陽 直 通 の 速 達 型 みずほ を 増 便 あわせて さくら のダイヤを 見 直 す 予 定 九 州 新 幹 線 の 輸 送 人 員 は 全 線 開 業 後 約 3 倍 に 増 加 開 業 後 も 堅 調 に 推 移 している 博 多 児 島 中 央 博 多 熊 本 山 陽 直 通 列 ( 全 線 開 業 前 ) 31 往 復 45 往 復 - 平 成 23 年 春 ダイヤ 改 正 平 成 24 年 春 ダイヤ 改 正 平 成 25 年 春 ダイヤ 改 正 平 成 26 年 春 ダイヤ 改 正 35.5 往 復 65 往 復 36.5 往 復 67 往 復 36.5 往 復 65 往 復 36.5 往 復 61.5 往 復 15 往 復 (みずほ4 さくら11) 23 往 復 (みずほ5 さくら18) 広 島 発 着 の さくら を 設 定 24 往 復 博 多 ~ 熊 本 間 の 区 間 運 転 の さくら の 運 (みずほ5 さくら19) 転 本 数 見 直 し 週 末 等 に みずほ 1 往 復 を 設 定 全 ての さくら が 新 鳥 栖 久 留 米 に 停 車 筑 後 船 小 屋 新 大 牟 田 新 玉 名 に 停 車 24 往 復 する さくら の 時 間 帯 を 見 直 し (みずほ6 さくら18) 博 多 ~ 熊 本 間 の 区 間 運 転 の さくら の 本 数 を 見 直 し 週 末 に 臨 時 さくら つばめ を 設 定 注 ) 運 転 本 数 は 定 期 列 車 のみ 上 記 のほか 早 朝 深 夜 に 博 多 ~ 筑 後 船 小 屋 川 内 ~ 鹿 児 島 中 央 の 区 間 列 車 がある 博 多 ~ 鹿 児 島 中 央 は 同 区 間 の 直 通 列 車 のみカウント 山 陽 直 通 列 車 には 広 島 始 発 着 の さくら を 含 む 全 線 開 業 前 の 博 多 ~ 鹿 児 島 中 央 は 新 幹 線 つばめ 在 来 線 特 急 リレーつばめ の 合 計 博 多 ~ 熊 本 は 在 来 線 特 急 リレーつばめ 有 明 の 合 計 全 線 開 業 後 も 博 多 ~ 熊 本 は 特 急 有 明 3.5 往 復 ( 平 成 26 年 春 改 正 で2.5 往 復 に 変 更 )が 運 転 されている 資 料 ) JR 九 州 プレス 発 表 資 料 JR 時 刻 表 31 記 事 各 年 内 に われた 主 なサービス 改 善 つばめ & リレーつばめ の 一 体 的 運 行 ( 同 一 ホーム 乗 換 えなど) インターネット 予 約 のリニューアル ビックリつばめきっぷ 発 売 九 州 新 幹 線 日 帰 り2 枚 きっぷ 発 売 ガチきっぷ(18-24 歳 限 定 ) 発 売 車 両 1 編 成 (N700 系 8000 番 台 ) 増 備 スーパー 早 得 きっぷ 発 売 ネット 早 得 7 発 売 早 得 往 復 きっぷ 発 売 九 州 新 幹 線 ( 博 多 ~ 鹿 児 島 中 央 間 ) 九 州 新 幹 線 の 輸 送 人 員 は 平 成 23 年 3 月 の 全 線 開 業 を 境 にして 約 3 倍 に 増 加 各 月 の 輸 送 人 員 は 概 ね 毎 月 約 100~110 万 人 であり 全 線 開 業 後 現 在 に 至 るまで 大 きな 反 動 減 もなく 堅 調 に 推 移 している 平 成 25 年 4 月 ~ 平 成 25 年 12 月 までの 輸 送 人 員 は 対 前 年 同 期 間 比 で102.8% 5 月 から12 月 まで8ヶ 月 連 続 で 対 前 年 同 月 の 実 績 を 上 回 っている 山 陽 新 幹 線 ( 博 多 ~ 小 倉 間 ) 山 陽 新 幹 線 ( 博 多 ~ 小 倉 発 着 )の 輸 送 人 員 についても 平 成 23 年 3 月 の 九 州 新 幹 線 直 通 を 機 に 約 20% 増 加 平 成 25 年 4 月 ~ 平 成 25 年 12 月 までの 輸 送 人 員 は 対 前 年 同 期 間 比 で101.9% ( 千 人 ) H24 年 度 :1,230 万 人 1,200 H25 年 度 :961 万 人 H23 年 度 :1,214 万 人 12 月 まで 1,100 1, H22 H23 H24 H H22 年 度 :446 万 人 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 ( 千 人 ) 2,000 H24 年 度 :1,756 万 人 1,800 H25 年 度 :1,360 万 人 H23 年 度 :1,757 万 人 12 月 まで 1,600 1,400 1,200 1,000 H22 年 度 :1,478 万 人 800 H22 H23 H24 H 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 資 料 ) 九 州 運 輸 局 九 州 のうんゆ 32 8

25 2014/11/25 九 州 内 の 旅 客 流 動 の 変 化 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 九 州 と 近 畿 地 方 の 旅 客 流 動 の 変 化 国 土 交 通 省 九 州 運 輸 局 新 幹 線 が 全 線 開 業 した 平 成 23 年 度 と 前 年 度 を 比 較 してみると 九 州 内 の 都 道 府 県 間 の 旅 客 流 動 が 全 体 的 に 増 加 しており 交 流 人 口 の 拡 大 が 図 られたことがみてとれる 平 成 23 年 度 における 近 畿 地 方 2 府 4 県 と 九 州 との 旅 客 流 動 は 九 州 新 幹 線 が 全 線 開 業 し 山 陽 新 幹 線 との 相 互 直 通 運 転 が 始 まったことから 前 年 度 に 比 べて 全 体 的 に 増 大 したことがみてとれる 九 州 新 幹 線 全 線 開 業 前 : 平 成 22 年 度 ( 対 前 年 度 の 増 減 率 ) 発 着 福 岡 佐 賀 崎 熊 本 大 分 宮 崎 児 島 福 岡 1.6% 2.7% -1.0% -0.6% 0.2% -5.2% 3.1% 佐 賀 3.4% 6.8% -2.4% 5.1% 10.0% 0.0% 9.5% 崎 -0.7% -2.1% -2.5% 14.0% -3.0% -17.4% 6.5% 熊 本 -0.8% 6.0% 7.9% 0.7% -24.5% -8.1% 3.7% 大 分 2.7% 10.0% -4.5% -22.8% -1.4% -4.0% -0.6% 九 州 新 幹 線 全 線 開 業 後 : 平 成 23 年 度 と22 年 度 の 較 増 減 率 近 畿 へ 2.7% 増 近 畿 から 2.4% 増 近 畿 へ 2.2% 増 近 畿 から 2.2% 増 近 畿 へ 近 畿 から 14.0% 増 13.0% 増 宮 崎 -12.5% -11.1% -15.6% -5.8% -3.2% -2.2% 76.2% 児 島 0.6% 9.5% 6.2% 3.2% -1.0% 76.4% -2.3% 九 州 新 幹 線 全 線 開 業 後 : 平 成 23 年 度 ( 対 前 年 度 の 増 減 率 ) 福 岡 佐 賀 熊 本 鹿 児 島 と 各 県 と の 間 を 中 心 に 新 幹 線 全 線 開 業 前 に 比 べ 九 州 内 の 各 県 相 互 の 旅 客 流 動 が 全 体 的 に 活 発 になっている ことがみてとれる 発 着 福 岡 佐 賀 崎 熊 本 大 分 宮 崎 児 島 福 岡 2.4% 3.1% 4.4% 12.7% 0.2% -0.3% 41.9% 佐 賀 3.3% 6.9% -9.4% 49.9% -9.1% 37.5% 95.7% 崎 2.6% -8.3% 0.7% -57.9% -10.3% 1.6% 26.9% 熊 本 13.2% 53.3% -56.7% 3.8% 35.4% 49.4% 15.5% 大 分 -1.6% -13.1% -12.9% 40.5% -1.2% -4.3% 13.4% 宮 崎 12.8% 37.5% 7.4% 54.9% -3.9% 1.5% -51.0% 近 畿 へ 近 畿 から 17.7% 増 16.9% 増 近 畿 へ 近 畿 から 33.8% 増 32.9% 増 近 畿 へ 近 畿 から 近 畿 へ 近 畿 から 2.7% 減 2.2% 減 19.6% 増 17.2% 増 児 島 42.3% 91.7% 27.0% 15.9% 15.2% -49.5% -6.5% -87- 出 典 ) 国 交 通 省 旅 客 地 域 流 動 調 査 鉄 道 乗 合 バス 航 空 旅 客 船 の 旅 客 輸 送 人 員 を 合 計 して 算 出 した 33 出 典 ) 国 交 通 省 旅 客 地 域 流 動 調 査 近 畿 2 府 4 県 へ(から)の 鉄 道 乗 合 バス 航 空 旅 客 船 の 旅 客 輸 送 人 員 を 合 計 して 算 出 した 34 宿 泊 観 光 施 設 の 業 況 判 断 の 変 化 来 訪 客 の 変 化 新 幹 線 沿 線 の 福 岡 熊 本 鹿 児 島 の 宿 泊 施 設 では 年 々 業 況 が 向 上 している 様 子 がみてとれる とりわけ 観 光 施 設 では 鹿 児 島 県 が 群 を 抜 いて 好 調 な 様 子 がみてとれる 福 岡 熊 本 鹿 児 島 各 県 では 各 地 域 からの 来 訪 客 が 大 幅 に 増 加 したと 回 答 した 施 設 が 多 かった それ 以 外 の 各 県 でも 中 国 や 近 畿 地 方 からの 来 訪 客 が 増 加 したとの 回 答 があった 一 方 減 少 したとの 回 答 もみられた 宿 泊 施 設 各 年 の 業 況 を110 以 上 と 回 答 し た 施 設 の 割 合 平 成 年 年 平 成 年 年 平 成 年 福 岡 県 (n=130) 佐 賀 県 (n=46) 長 崎 県 (n=44) 熊 本 県 (n=118) 大 分 県 (n=44) 宮 崎 県 (n=48) 鹿 児 島 県 (n=90) 九 州 全 体 (n=520) 九 州 沖 縄 中 国 四 国 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 設 問 : 来 訪 客 の 居 住 地 域 を6ブロック( 九 州 沖 縄 中 国 四 国 近 畿 東 海 関 東 以 北 海 外 )に 分 けて 変 化 があったかを 聞 いた 九 州 沖 縄 中 国 四 国 福 岡 県 % 20% 40% 60% 80% 100% 熊 本 県 九 州 沖 縄 中 国 四 国 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 九 州 沖 縄 中 国 四 国 % 20% 40% 60% 80% 100% 大 分 県 佐 賀 県 九 州 沖 縄 中 国 四 国 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 九 州 沖 縄 中 国 四 国 % 20% 40% 60% 80% 100% 宮 崎 県 長 崎 県 観 光 施 設 各 年 の 業 況 を110 以 上 と 回 答 し 58.4 た 施 設 の 割 合 平 成 年 平 成 年 平 成 年 福 岡 県 (n=19) 佐 賀 県 (n=16) 長 崎 県 (n=16) 熊 本 県 (n=16) 大 分 県 (n=14) 宮 崎 県 (n=9) 鹿 児 島 県 (n=12) 九 州 全 体 (n=102) 35 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 九 州 沖 縄 中 国 四 国 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 % 20% 40% 60% 80% 100% 鹿 児 島 県 % 20% 40% 60% 80% 100% 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 % 20% 40% 60% 80% 100% 九 州 全 体 九 州 沖 縄 24.1 中 国 22.3 四 国 7.2 近 畿 28.8 関 東 東 北 以 北 16.7 海 外 % 20% 40% 60% 80% 100% 近 畿 関 東 東 北 以 北 海 外 % 20% 40% 60% 80% 100% 来 訪 客 が 増 加 した 来 訪 客 が 減 少 した その 他 ( 変 わらない 又 は 元 々 来 ていない 分 からない 無 回 答 など) 36 9

26 2014/11/25 政 府 全 体 の 取 組 み 国 土 のグランドデザイン2050 コンパクト+ネットワーク により 国 全 体 の 生 産 性 を 高 める 国 土 構 造 (3) まとめ 37 地 方 創 生 個 性 あふれる 地 方 の 創 生 により 各 地 域 で 若 者 が 元 気 で 働 き 子 供 を 育 て 次 世 代 へ 豊 かな 暮 らし をつないでいく ( 平 成 26 年 7 月 18 日 総 理 発 言 ) 中 山 間 地 の 活 性 化 中 山 間 地 は 国 土 管 理 上 も 重 要 な 地 域 そこに 人 が 住 み 続 けることが 大 切 このため 商 店 診 療 所 などを 歩 いて 動 ける 範 囲 に 集 めた 小 さな 拠 点 を 形 成 し 周 辺 集 落 との 交 通 ネットワーク(デマンドバス)を 構 築 また 6 次 産 業 機 能 を 充 実 小 さな 拠 点 を 日 常 生 活 の 守 りの 砦 とするだけでなく 雇 用 を 生 み 出 す 攻 めの 砦 に 小 さな 拠 点 を 核 としたふるさと 集 落 生 活 圏 の 形 成 促 進 複 数 の 集 落 が 散 在 する 地 域 において 持 続 可 能 な 地 域 づくりを 推 進 暮 らしに 必 要 な 機 能 を 道 の 駅 に 設 置 農 産 品 等 販 売 所 診 療 所 町 役 場 出 張 所 集 会 所 兼 避 難 所 たきのはいたろう こざがわ ちょう 瀧 之 拝 太 郎 ( 和 歌 山 県 古 座 川 町 ) 地 元 農 産 品 を 道 の 駅 で 加 工 し 18 種 類 の 新 商 品 を 開 発 販 売 地 方 都 市 の 活 性 化 (コンパクトシティ+ネットワーク) 人 口 が 減 少 に 転 じる 中 拡 大 した 都 市 のコンパクト 化 が 必 要 ( 例 : 富 山 市 ) 具 体 的 には 医 療 介 護 商 業 等 の 生 活 サービス 機 能 と 居 住 を まちなかに 誘 導 する 拠 点 間 を 結 ぶ 公 共 交 通 を 再 構 築 (LRT コミュニティバスなど)し その 充 実 を 図 る 地 場 産 業 や 観 光 資 源 などのそれぞれの 都 市 の 個 性 を 最 大 限 に 活 かし 個 性 豊 かな 地 域 づくりを 進 める 市 町 村 が 都 市 全 体 の 観 点 から コンパクト シティに 向 けたマスタープランを 作 成 ( 複 数 市 町 村 による 連 携 コンパクト 化 の 促 進 ) 生 活 サービス( 福 祉 医 療 商 業 等 )の 誘 導 居 住 の 誘 導 コンパクトなまちづくり 福 祉 施 設 病 院 役 場 地 域 公 共 交 通 の 再 編 地 方 公 共 団 体 が 中 心 となって まちづくりと 連 携 し 面 的 な 公 共 交 通 ネットワークを 再 構 築 コミュニティバス 等 による フィーダー( 支 線 ) 輸 送 乗 換 拠 点 の 整 備 拠 点 エリアにおける 循 環 型 の 公 共 交 通 ネットワークの 形 成 拠 点 間 を 結 ぶ 交 通 サービスを 充 実 デマンド 型 乗 合 タクシー 等 の 導 入 平 成 26 年 に 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 と 地 域 公 共 交 通 活 性 化 再 生 法 の 改 正 法 が 成 立 小 さな 拠 点 商 店 診 療 所 等 の 日 常 生 活 に 不 可 欠 な 施 設 や 地 域 活 動 を 行 う 場 を 歩 いて 動 ける 範 囲 に 集 めた 地 域 の 拠 点 ふるさと 集 落 生 活 圏 小 さな 拠 点 と 周 辺 の 集 落 とをコミュニティバス 等 で 結 んだ 圏 域 もてぎ まち もてぎ ( 栃 木 県 茂 木 町 ) 39 計 画 を 着 実 に 実 現 するための 支 援 方 策 の 充 実 を 検 討 中 40 10

27 2014/11/25 市 町 連 携 の 取 組 (ネットワークにより 都 市 圏 人 口 を 確 保 )の 事 例 上 越 市 を 中 心 に 見 てみると 北 陸 新 幹 線 沿 線 自 治 体 の 人 口 京 都 府 作 成 資 料 交 通 政 策 基 本 計 画 ( 案 )では 佐 渡 島 との 航 路 をどう 活 かせるか? 北 陸 新 幹 線 ( 長 野 金 沢 間 ) 北 海 道 新 幹 線 ( 新 青 森 新 函 館 北 斗 間 )の 開 通 による 首 都 圏 等 とのアクセス 時 間 短 縮 を 最 大 限 活 用 し 地 域 の 商 工 会 議 所 や 自 治 体 地 方 運 輸 局 など 沿 線 関 係 者 が 一 丸 となった 広 域 的 な 連 携 による 国 内 外 の 観 光 客 の 呼 び 込 みのための 方 策 を 検 討 する 数 値 目 標 北 陸 新 幹 線 北 海 道 新 幹 線 の 開 業 を 通 じた 交 流 人 口 の 拡 大 1 北 陸 新 幹 線 2014 年 度 2017 年 度 20% 増 2 北 海 道 新 幹 線 2015 年 度 2018 年 度 10% 増 航 路 概 要 航 路 運 航 便 数 (1 日 ) 所 用 時 間 カーフェリー 5~7 便 2 時 間 30 分 新 潟 ~ 両 津 ジェットフォイル 7~11 便 1 時 間 05 分 寺 泊 ~ 赤 泊 1~3 便 ( 冬 期 運 休 有 り) 1 時 間 05 分 直 江 津 ~ 小 木 ( 偶 数 日 奇 数 日 運 行 有 り) 1~3 便 ( 冬 期 運 休 有 り) 2 時 間 40 分 平 成 25 年 1 12 月 の 輸 送 実 績 :163 万 人 佐 渡 の 観 光 客 入 込 状 況 の 推 移 ( 平 成 19 年 度 ~ 平 成 23 年 度 ) 単 位 : 万 人 県 内 客 30 県 外 客 総 計 H19 年 度 H20 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H19 年 度 H20 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 出 典 : 佐 渡 汽 船 ( 株 )HP 県 内 客 県 外 客 総 計 出 典 : 新 潟 県 HP 平 成 23 年 度 佐 渡 観 光 客 入 込 状 況 ( 概 況 ) 44 11

28 2014/11/25 海 上 交 通 ネットワーク 再 構 築 による 航 路 維 持 の 取 組 ( 鹿 児 島 県 甑 島 ) 老 朽 化 した 高 速 船 を 公 有 民 営 方 式 で 新 船 に 更 新 するとともに 航 路 や 接 続 バス 路 線 を 再 編 し 地 域 の 要 となる 海 上 交 通 ネットワークを 再 構 築 薩 摩 川 内 市 が 新 船 ( 高 速 船 甑 島 )を 保 有 し 運 行 主 体 である 甑 島 商 船 ( 第 3セクター)に 貸 付 船 舶 の 小 型 化 高 性 能 化 による 運 航 コスト( 船 員 費 燃 料 費 )の 軽 減 乗 り 心 地 の 向 上 水 戸 岡 鋭 治 氏 のデザインによる 船 自 体 の 観 光 資 源 化 新 船 の 導 入 に 合 わせて 高 速 船 の 航 路 やバス 路 線 を 再 編 し 新 幹 線 とのアクセスや 島 内 交 通 の 利 便 性 を 向 上 高 速 船 甑 島 (こしきしま) コミュニティ 島 内 コミュニティ ハ ス(100 円 ) ハ ス(100 円 )の の 運 行 運 行 (24.4.1) (24.4.1) 新 船 の 投 入 (26.4.2) ご 清 聴 ありがとうございました 効 果 地 域 の 足 及 び 観 光 振 興 の 要 として 航 路 の 安 定 した 経 営 を 維 持 寄 港 地 の 集 約 化 に よる 時 間 短 縮 コス ト 削 減 (24.4.1) 新 幹 線 駅 最 寄 りの 川 内 港 への 移 転 により 観 光 アクセス 向 上 (26.4.2) シャトルハ ス( 電 気 ハ ス)の 運 行 (26.4.2) 45 公 共 交 通 利 用 促 進 キャラクター のりたろう 上 越 市 PRマスコット 上 越 忠 義 隊 けんけんず

交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号 ) 基 本 理 念 等 ( 第 2 条 ~ 第 7 条 ) 基 本 的 認 識 ( 第 2 条 ) 交 通 の 果 たす 機 能 国 民 の 自 立 した 生 活 の 確 保 活 発

交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号 ) 基 本 理 念 等 ( 第 2 条 ~ 第 7 条 ) 基 本 的 認 識 ( 第 2 条 ) 交 通 の 果 たす 機 能 国 民 の 自 立 した 生 活 の 確 保 活 発 交 通 系 ICカードの 普 及 利 便 性 拡 大 に 向 けて 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 公 共 交 通 政 策 部 平 成 27 年 4 月 13 日 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 交 通 政 策 基 本 法 の 概 要 ( 平 成 25 年 12 月 4 日 公 布 施 行 法 律 第 92 号

More information

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について

Microsoft PowerPoint - ④まちづくりにおける福祉施設について まちづくりにおける 福 祉 施 設 について 都 市 再 生 特 別 措 置 法 と 建 築 基 準 法 厚 生 労 働 省 老 健 局 高 齢 者 支 援 課 振 興 課 課 長 補 佐 ( 高 齢 者 居 住 福 祉 担 当 ) 山 口 義 敬 都 市 再 生 特 別 措 置 法 建 築 基 準 法 の 改 正 について( 情 報 提 供 ) 都 市 再 生 特 別 措 置 法 等 の 改 正

More information

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 110201 説明資料(地方ブロック説明会)14 [互換モード] 別 紙 3 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 について 注 意 本 資 料 で 説 明 する 内 容 は 平 成 23 年 1 月 末 時 点 のものであって 今 後 の 調 整 等 により 変 更 がありうる 国 土 交 通 省 総 合 政 策 局 交 通 計 画 課 地 域 公 共 交 通 確 保 維 持 改 善 事 業 ~ 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 ~( 新 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用

Microsoft PowerPoint - 集約型都市と地域公共交通 - 印刷用 交 通 実 践 セミナー in 広 島 集 約 型 都 市 と 地 域 公 共 交 通 早 稲 田 大 学 森 本 章 倫 akinori@waseda.jp 1. 人 口 減 少 社 会 の 都 市 2012 年 ( 人 口 動 態 統 計 ) 死 亡 数 126 万 人 出 生 数 104 万 人 自 然 増 減 -22 万 人 2050 年 までの 日 本 から 3100 万 人 の 人 口

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園

4 寄 付 金 を 活 用 した 主 な 事 業 ヤフオクドームで 黒 田 官 兵 衛 ゆかりの 地 中 津 市 を PR 観 光 マップで 中 津 の 温 泉 やグルメを 紹 介 青 の 洞 門 の 対 岸 にネモフィラを 植 栽 学 校 への 空 調 機 器 整 備 高 齢 者 と 保 育 園 黒 部 市 議 会 総 務 文 教 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 視 察 期 日 : 平 成 28 年 5 月 17 日 ( 火 ) 19 日 ( 木 ) 視 察 先 :(1) 大 分 県 中 津 市 (ふるさと 応 援 寄 付 金 の 取 り 組 みについて) (2) 福 岡 県 行 橋 市 ( 図 書 館 などの 複 合 施 設 構 想 の 取 り 組 みについて) (3) 福 岡 県

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ

7. 報 告 事 項 (1) 地 域 公 共 交 通 会 議 規 約 等 について 8. 議 題 (1) 役 員 選 出 について (2) 平 成 27 年 度 予 算 について (3) 地 域 公 共 交 通 網 形 成 計 画 策 定 支 援 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザ 平 成 27 年 度 第 1 回 周 南 市 地 域 公 共 交 通 会 議 議 事 録 1. 日 時 平 成 27 年 6 月 18 日 10 時 00 分 ~10 時 55 分 2. 場 所 周 南 市 文 化 会 館 3 階 展 示 室 3. 出 席 委 員 :16 名 団 体 名 周 南 市 環 境 生 活 部 長 中 国 運 輸 局 山 口 運 輸 支 局 防 長 交 通 株 式 会 社

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま

かなというふうなことで 少 しよくその 辺 全 体 像 を 考 えながら 関 係 省 庁 と 協 力 して 検 討 してみてくださいということをお 願 いしたという そんなところです だから 今 はまだ 具 体 的 にどうするかという どうすべきなのかというところまでは まだ 申 し 上 げておりま 原 子 力 規 制 委 員 会 記 者 会 見 録 日 時 : 平 成 27 年 11 月 25 日 ( 水 )14:30~ 場 所 : 原 子 力 規 制 委 員 会 庁 舎 記 者 会 見 室 対 応 : 田 中 委 員 長 < 質 疑 応 答 > 司 会 それでは 定 刻 になりましたので ただ 今 から 原 子 力 規 制 委 員 会 の 定 例 会 見 を 始 めたいと 思 います 早 速

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc

Microsoft Word - 【公開用】13 振り返り.doc 発 言 をそのまま 書 き 起 こしたデータを 基 に 個 人 情 報 に 関 する 部 分 を 削 除 し 文 意 が 通 るように 修 正 を 行 っています 振 り 返 り アンケート 記 入 ( 総 合 F) それでは アンケートをお 書 きください そして アンケートの 中 で ここが 一 番 重 要 だというところには 下 線 などを 引 いていただいて 結 構 です 最 後 にまた 30

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

平成20年3月4日

平成20年3月4日 212 年 7 月 13 日 日 本 銀 行 福 島 支 店 NHK 大 河 ドラマ 八 重 の 桜 の 放 映 に 伴 う 内 経 済 への 波 及 効 果 ~ 大 河 ドラマ 効 果 を 足 掛 かりに 内 観 光 の 復 活 を 目 指 して~ 本 件 に 関 する 問 い 合 わせ 先 日 本 銀 行 福 島 支 店 総 務 課 電 話 :24-521- 6353 本 稿 の 内 容 について

More information

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台

が 448 m2で 全 国 1 位 となっており 茨 城 県 の 一 戸 建 て 住 宅 には 敷 地 内 に 自 動 車 を 駐 車 するスペ ースに ゆとり があることがわかる また 茨 城 県 の 自 家 用 乗 用 車 保 有 台 数 ( 千 人 あたり) ( 注 1) は 525.6 台 6.8 自 動 車 (1) 概 要 自 動 車 等 関 係 費 は 全 国 平 均 21,862 円 に 対 し て 茨 城 県 (33,353 円 )が 全 国 1 位 以 下 岐 阜 県 (29,989 円 ) 滋 賀 県 (29,011 円 ) 岡 山 県 (28,770 円 ) 栃 木 県 (28,516 円 )の 順 となっており 上 位 10 県 は 図 表 6.8-1 のとおり 全 国

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8251814093EC88C993A4814590BC88C993A4926E88E682CC8A548BB5> 資 料 2 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 における 地 域 公 共 交 通 の 概 況 南 伊 豆 西 伊 豆 地 域 公 共 交 通 活 性 化 協 議 会 事 務 局 ( 静 岡 県 地 域 交 通 課 ) 1 人 口 の 動 向 1( 県 内 全 域 ) H17 年 (379 万 人 )をピークに 減 少 に 転 じ H42 年 には319 万 人 にまで 減 少 と 予 測 特 に 伊 豆

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4>

< F2D E31322E313889FC90B3817A926E88E68CF68BA4> 改 正 国 自 旅 第 161 号 平 成 18 年 9 月 15 日 平 成 21 年 12 月 18 日 各 地 方 運 輸 局 長 沖 縄 総 合 事 務 局 長 殿 殿 自 動 車 交 通 局 長 地 域 公 共 交 通 会 議 に 関 する 国 土 交 通 省 としての 考 え 方 について 今 般 の 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2095E291AB90E096BE8E9197BF> 交 通 基 本 法 と 生 活 交 通 サバイバル 戦 略 で 元 気 な 日 本 の 復 活 を 支 えます! 我 が 国 の 経 済 成 長 を 支 える 交 通 のあり 方 地 域 社 会 の 活 性 化 を 支 える 交 通 のあり 方 それぞれの 特 長 を 活 か した 総 合 的 な 交 通 体 系 交 通 基 本 法 まちづくりと 一 体 的 な 交 通 のあり 方 地 域 公 共

More information

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2

目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12 6. 今 後 の 課 題 15 7.おわりに 26 2 資 料 2 決 済 業 務 等 の 高 度 化 に 関 するスタディ グループ でんさい の 現 状 と 課 題 2014 年 12 月 16 日 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク 1 目 次 1. 電 子 記 録 債 権 とは? 3 2. 電 子 債 権 記 録 機 関 5 3. でんさい の 概 要 7 4. でんさい のメリット 10 5. 現 在 の 普 及 状 況 12

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整

目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 名 古 屋 市 アセットマネジメント 基 本 方 針 平 成 21 年 3 月 名 古 屋 市 目 次 Ⅰ 基 本 理 念 1. 経 緯 1 2. 基 本 理 念 1 Ⅱ 市 設 建 築 物 編 1.アセットマネジメント 導 入 の 背 景 2 2. 対 象 施 設 3 3.アセットマネジメントを 進 める 基 本 的 な 視 点 4 (1) 成 熟 社 会 における 公 共 施 設 の 整 備 保

More information

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt)

(Microsoft PowerPoint - \212\317\214\365\216Y\213\306\(\225\275\220\25427\224NH\202o\227p\) .ppt) GIFU ECONOMIC AND INDUSTRIAL PROMOTION CENTER 観 光 平 成 27 年 度 担 当 者 : 主 任 調 査 役 堀 邦 裕 報 告 内 容 1 岐 阜 県 の 観 光 の 動 向 2 全 国 から 見 た 岐 阜 県 の 観 光 3 最 近 の 動 向 と 課 題 4 観 光 振 興 等 についての 意 見 要 望 等 5 主 な 観 光 宿 泊 地 の

More information

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附

( 岐 阜 商 業 高 等 学 校 ) (4) 報 第 5 号 岐 阜 市 立 学 校 等 の 体 育 施 設 の 開 放 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 の 制 定 について( 市 民 体 育 課 ) (5) 第 34 号 議 案 岐 阜 市 教 育 委 員 会 の 附 平 成 26 年 第 6 回 岐 阜 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 4 月 25 日 ( 金 曜 日 ) 午 前 9 時 30 分 2 場 所 中 央 青 少 年 会 館 研 修 室 1 3 出 席 委 員 後 藤 委 員 長 矢 島 委 員 中 島 委 員 小 野 木 委 員 早 川 教 育 長 4 説 明 のために 出 席 した 事 務 局 の 職

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】

Microsoft Word - 中間報告書【平成26年9月】 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について ( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 9 月 あ き る 野 市 定 住 促 進 及 び 空 き 家 対 策 への 取 組 について( 中 間 報 告 ) 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 中 間 報 告 1 定 住 促 進 について 1 (1) 今 後 の 人 口 推 移 について 1 図 1: 後 期 基 本 計 画 による 人

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし

Q: 今 回 南 スーダンは 見 送 ったわけですけれども 今 後 11 月 の11 次 派 遣 隊 というのもあると 思 うのですが 新 しい 駆 け 付 け 警 護 や その 辺 の 任 務 付 与 はどう 考 えていらっしゃるのかということと 今 の 訓 練 の 準 備 状 況 はどうなのでし 件 名 : 大 臣 臨 時 会 見 日 時 場 所 平 成 28 年 9 月 16 日 0754~0807 ( 日 本 時 間 ) ウィラードインターコンチネンタ ルホテル2 階 HUGHES ROOM ぶら 下 がり 担 当 大 臣 官 房 広 報 課 備 考 稲 田 大 臣 アメリカ 訪 問 ( 部 隊 視 察 CSIS 講 演 日 米 防 衛 相 会 談 ) 1 発 表 事 項 なし 2 質

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

090723自治制度演習A(新井田智).doc

090723自治制度演習A(新井田智).doc 自 治 制 度 演 習 A 2009/7/23 公 共 経 営 研 究 科 1 年 新 井 田 智 新 潟 市 市 街 地 周 辺 地 域 における 公 共 交 通 状 況 -デマンド 型 交 通 システム 導 入 の 可 能 性 - はじめに 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 展 核 家 族 化 による 高 齢 者 世 帯 のみの 増 加 により 自 家 用 車 中 心 の 生 活 形 態

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

Microsoft Word 会議録【最終】

Microsoft Word 会議録【最終】 平 成 27 年 度 第 1 回 岡 崎 市 図 書 館 交 流 プラザ 運 営 協 議 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 11 時 35 分 2 会 場 図 書 館 交 流 プラザ 会 議 室 301 3 出 席 委 員 斉 藤 委 員 村 上 委 員 白 井 委 員 渥 美 委 員 浦 部 委 員 森 﨑 委 員 濱 田 委

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

特別企画コンファレンス

特別企画コンファレンス 地 域 資 源 としての 空 き 家 の 利 活 用 と これからのまちづくり 2014 年 10 月 6 日 富 士 通 総 研 経 済 研 究 所 上 席 主 任 研 究 員 米 山 秀 隆 yoneyama.hide@jp.fujitsu.com 本 日 の 内 容 1. 空 き 家 の 現 状 2. 空 き 家 の 利 活 用 促 進 策 3. コンパクトシティ 化 と 空 き 家 の 利

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332E959C8BBB908490698C7689E6905C90BF8F912E646F63> 釜 石 市 復 興 推 進 計 画 平 成 25 年 3 月 12 日 平 成 28 年 3 月 4 日 変 更 岩 手 県 釜 石 市 1 計 画 の 区 域 岩 手 県 釜 石 市 2 計 画 の 目 標 東 日 本 大 震 災 により 沿 岸 部 の 全 域 にわたり 壊 滅 的 な 被 害 を 受 け 店 舗 事 業 所 住 宅 などが 津 波 により 流 出 した また 震 災 の 被 害

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874391E6825289F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E8369815B8E9197BF8F57816990BC9353816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874391E6825289F1926E88E6836F83588CF092CA8A8890AB89BB835A837E8369815B8E9197BF8F57816990BC9353816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 平 成 26 年 2 月 18 日 ( 火 ) 乗 合 バス 事 業 の 概 要 単 体 ( 西 日 本 鉄 道 のみ) 車 両 保 有 台 数 1,861 台 (H25.3.31 現 在 ) 輸 送 人 員 約 1.82 億 人 (1 日 当 たり49.8 万 人 ) 実 車 走 行 キロ 約 97 百 万 キロ(1 日 当 たり266 千 キロ 地 球 約 6 周 半 分 ) 連 結 ( 西 鉄

More information

第 1 号

第 1 号 日 程 第 3 議 案 第 47 号 開 成 町 家 庭 的 保 育 事 業 等 の 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 制 定 することについてを 議 題 といたします 提 案 理 由 を 町 長 に 求 めます 町 長 町 長 ( 府 川 裕 一 ) 提 案 理 由 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 一 部 を

More information

別 紙 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 議 事 要 旨 1 開 会 2 平 工 農 政 部 長 あいさつ ぎふ 農 業 農 村 基 本 計 画 の3 年 目 である 平 成 25 年 度 の 目 標 の 達 成 状 況 及 び 担 い 手 育 成 プロジェクト100

別 紙 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 議 事 要 旨 1 開 会 2 平 工 農 政 部 長 あいさつ ぎふ 農 業 農 村 基 本 計 画 の3 年 目 である 平 成 25 年 度 の 目 標 の 達 成 状 況 及 び 担 い 手 育 成 プロジェクト100 平 成 26 年 度 第 1 回 岐 阜 県 農 政 審 議 会 開 催 結 果 1 日 時 : 平 成 26 年 9 月 3 日 ( 水 ) 10 時 00 分 ~11 時 30 分 2 場 所 : 岐 阜 県 水 産 会 館 1 階 大 会 議 室 3 出 欠 状 況 ( 出 席 者 ) 足 立 能 夫 ( 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 岐 阜 県 本 部 運 営 委 員 会 会

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 議 題 資 料 1 Company Logo 若 者 の 流 出 防 止 策 平 成 26 年 度 第 1 回 三 重 県 経 営 戦 略 会 議 平 成 26 年 5 月 20 日 目 次 ( 頁 ) 1.はじめに 1 2. 人 口 の 社 会 移 動 について 2 3. 学 ぶ 5 4. 働 く 12 5. 暮 らす 16 6. 若 者 の 意 識 について 19 1.はじめに 平 成 25 年

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月

市 長 会 見 市 政 報 告 について 6 月 の 定 例 記 者 会 見 では 5 月 以 降 の 変 化 並 びに 6 月 定 例 議 会 に 提 案 する 内 容 について 報 告 します 初 めに 7 月 12 日 の 避 難 指 示 区 域 の 解 除 の 合 意 についてですが 5 月 定 例 記 者 会 見 の 概 要 1. 日 時 平 成 28 年 6 月 9 日 ( 木 )10 時 30 分 ~11 時 40 分 2. 場 所 本 庁 舎 3 階 第 一 会 議 室 3. 出 席 者 < 報 道 機 関 > 1 朝 日 新 聞 社 南 相 馬 支 局 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会 員 ) 2 福 島 民 友 新 聞 社 相 双 支 社 ( 南 相 馬 記 者 クラブ 会

More information

九 州 新 幹 線 ( 博 多 新 八 代 間 ) 事 業 に 関 する 事 後 評 価 報 告 書 平 成 28 年 3 月 独 立 行 政 法 人 鉄 道 運 輸 機 構 はじめに 九 州 新 幹 線 鹿 児 島 ルートは 昭 和 47 年 6 月 基 本 計 画 の 決 定 翌 年 11 月 整 備 計 画 の 決 定 以 来 国 鉄 改 革 や 整 備 新 幹 線 の 一 時 凍 結 など

More information

岩村委員長

岩村委員長 平 成 25 年 2 月 八 戸 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 25 年 2 月 25 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 2 場 所 市 庁 本 館 3 階 議 会 第 1 委 員 会 室 3 委 員 氏 名 委 員 長 岡 本 潤 子 委 員 長 職 務 代 行 者 小 柴 一 弘 委 員 武 輪 節 子 教 育 長 松 山 隆 豊 4 職 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477>

< E C93878BE693968F89975C8E5A82CC8A E786477> 平 成 26 年 度 (2014 年 度 ) 豊 島 区 当 初 予 算 の 概 要 平 成 26 年 3 月 豊 島 区 - 目 次 - 1 編 成 方 針 1 2 財 政 規 模 2 3 26 年 度 予 算 の 特 徴 3 4 歳 入 の 概 要 4 5 歳 出 の 概 要 6 6 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 区 財 政 への 影 響 12 7 基 金 と 起 債 の 残 高 15

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン

東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意 識 の 高 揚 を 図 る 観 点 から 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 特 別 仕 様 のデザインを 施 した 自 動 車 のナン 資 料 3 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 制 度 設 計 について 国 土 交 通 省 自 動 車 局 平 成 28 年 2 月 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 東 京 五 輪 特 別 仕 様 ナンバープレートの 交 付 について 概 要 オリンピックに 向 けて 国 民 的 機 運 の 醸 成 意

More information

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の

要 望 事 項 (1) 緊 急 の 経 済 対 策 としての 住 宅 政 策 の 実 施 について 1 省 エネ 住 宅 ポイントの 再 実 施 この 場 合 長 期 優 良 住 宅 等 の 場 合 はポイント 加 算 を 実 施 2 フラット 35S 拡 充 による 優 良 等 住 宅 取 得 の 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 平 成 28 年 7 月 26 日 一 般 社 団 法 人 プレハブ 建 築 協 会 会 長 樋 口 武 男 平 成 28 年 度 補 正 予 算 並 びに 平 成 29 年 度 住 宅 関 連 税 制 及 び 予 算 制 度 改 正 要 望 昨 年 政 府 は 新 三 本 の 矢 として 希 望 を 生 み 出 す 経 済 夢 をつなぐ 子 育 て 支

More information

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化

具 体 的 には 救 急 医 療 の 充 実 など 喫 緊 の 課 題 に 対 応 するため 急 性 期 を 中 心 とする 入 院 医 療 に 優 先 的 かつ 重 点 的 に 配 分 するとともに 急 性 期 後 の 受 け 皿 としての 後 方 病 床 在 宅 療 養 の 機 能 を 強 化 報 告 1 診 療 報 酬 改 定 と 国 保 問 題 小 澤 勇 治 ( 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 ) はじめに 栃 木 県 民 主 医 療 機 関 連 合 会 事 務 局 長 の 小 澤 でございます 略 称 で 言 いますと 民 医 連 という 言 葉 をお 聞 きなったこともあろうかと 思 います 栃 木 県 では 医 療 生 協 法 人 の 診 療 所 や 介 護 事

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対

新 千 歳 空 港 の 利 便 性 向 上 に 向 けて 取 り 組 むべきことは 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 各 国 の 国 際 空 港 は24 時 間 運 用 が 普 通 であり 国 際 便 の 受 入 には24 時 間 運 用 は 最 低 限 必 要 な 条 件 必 要 な 地 元 対 資 料 2 道 内 空 港 活 性 化 ビジョン( 仮 称 ) 策 定 に 関 する 関 係 機 関 団 体 からの 主 な 意 見 ( 新 千 歳 空 港 ) 新 千 歳 空 港 の 課 題 は 何 か 深 夜 早 朝 発 着 枠 新 千 歳 空 港 は 日 本 初 の24 時 間 運 用 が 開 始 されているが 深 夜 早 朝 時 間 帯 の 発 着 は1 日 6 枠 に 制 限 欧 米 に

More information

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会

長崎本線は残されるか~長崎本線期成存続会 長 崎 本 線 を 守 れ!~ 長 崎 本 線 存 続 期 成 会 中 3 6 H.W. はじめに 別 の 原 稿 でもあったように 九 州 新 幹 線 長 崎 ルートが 開 通 する 際 並 行 在 来 線 となる JR 長 崎 本 線 は 肥 前 鹿 島 ~ 諫 早 間 がJRから 分 離 されて 佐 賀 長 崎 両 県 などが 出 資 す る 新 会 社 によって 運 行 されるという 構 想

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担

1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 について 消 費 税 は 製 造 卸 小 売 などの 各 取 引 の 段 階 で 課 税 され 価 格 に 転 嫁 され て 最 終 的 には 消 費 者 が 負 担 平 成 26 年 度 防 府 市 商 工 業 振 興 施 策 に 関 す る 要 望 1. 中 小 企 業 者 の 経 営 安 定 化 対 策 について (1) 消 費 税 転 嫁 対 策 相 談 窓 口 の 設 置 に ついて (2) 消 費 税 増 税 に 伴 う 効 果 的 な 経 済 対 策 事 業 について 1 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 の 継 続 実 施 に ついて 2 中 心

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

第2回基幹的交通システム部会_資料1

第2回基幹的交通システム部会_資料1 (8) 都 市 空 間 の 魅 力 と 基 幹 的 交 通 システムのデザイン 性 が 相 まって 魅 力 的 な 都 市 空 間 の 形 成 に 寄 与 できるルート を 選 定 する 銀 座 地 区 では 銀 座 の 個 性 的 な 景 観 や 空 間 を 考 慮 し 銀 座 らしさを 演 出 し ヒューマンスケールの 都 市 空 間 形 成 に 寄 与 できるルートを 選 定 する 特 に 銀

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配

4 調 査 期 間 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 2015 年 10 月 16 日 ~10 月 19 日 移 住 調 査 : 2015 年 10 月 21 日 ~10 月 23 日 5 有 効 回 答 者 数 交 流 定 住 及 びスクリーニング 調 査 : 20,911( 配 資 料 -2.1 移 住 交 流 定 住 に 関 するアンケート 調 査 結 果 1 目 的 東 北 地 方 への 定 住 の 可 能 性 とその 条 件 また 東 北 地 方 への 来 訪 ( 交 流 )の 可 能 性 とその 条 件 を 探 る 2 調 査 方 法 インターネットによる Web 調 査 ( 株 式 会 社 インテージ) 3 調 査 対 象 インテージモニターを 対 象 1 対 象

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~

生活路線維持と安全輸送の確保に向けて~2013年度私鉄バス関係予算概算要求の拡充を要請~ 交 通 政 策 ニュース 2016.8.23 総 合 政 策 局 私 鉄 総 連 は8 月 22 日 各 省 庁 が 2017 年 度 予 算 概 算 要 求 を 編 成 するにあた り 私 鉄 バス ハイヤー タクシー 産 業 の 健 全 な 発 展 や 地 域 公 共 交 通 の 活 性 化 生 活 路 線 維 持 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 対 策 強 化 安 全 輸 送 の 確

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合

者 にご 連 絡 下 さい 切 替 に 要 する 期 間 は 切 替 日 が 1スマートメーターへの 取 替 工 事 が 必 要 となる 場 合 は 原 則 8 営 業 日 に 2 暦 日 を 加 えた 日 以 降 の 最 初 の 定 例 検 針 日 2 取 替 工 事 が 不 要 である 場 合 電 力 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 消 費 者 向 けのFAQについて 1. 概 要 項 目 (9 問 ) 以 下 の 内 容 は 詳 細 項 目 から 主 要 なものを 抜 粋 小 売 の 全 面 自 由 化 により 一 般 家 庭 にとって 何 が 変 わるのですか いつから 小 売 の 全 面 自 由 化 が 行 われるのですか 小 売 電 気 事 業 者 を 切 り 替 えるための

More information

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01)

長く住みたくなる いえ 長期優良住宅制度のご案内(2015.04.01) 認 定 長 期 優 良 住 宅 のご 案 内 1 あなたが 家 に 求 めるものは 何 ですか? 価 格? 間 取 りや デザイン? 多 くのアンケート 調 査 で 価 格 や 間 取 り デザインなどが 上 位 を 占 めます 思 い 描 いた 家 を 建 てるためには これらももちろん 大 切 な 要 件 となります しかし それだけで 決 めることは 絶 対 にしないでください 家 によって

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E >

<4D F736F F F696E74202D208E9197BF C AD8DF489EF8B638E9197BF816989BC8FCC82C682E894C5816A2E > 独 立 行 政 法 人 地 域 医 療 機 能 推 進 機 構 法 案 説 明 資 料 平 成 21 年 10 月 19 日 社 会 保 険 庁 社 会 保 険 病 院 厚 生 年 金 病 院 船 員 保 険 病 院 の 今 後 の 運 営 体 制 1. 病 院 の 設 置 経 緯 (1) 社 会 保 険 病 院 (53 病 院 )や 船 員 保 険 病 院 (3 病 院 )は 主 に 昭 和 20

More information

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造-

活力ある健康長寿社会の実現 -新たな政策パッケージの創造- 活 力 ある 健 康 長 寿 社 会 の 実 現 - 新 たな 政 策 パッケージの 創 造 - 自 民 党 国 際 保 健 医 療 戦 略 特 命 委 員 会 委 員 長 参 議 院 議 員 武 見 敬 三 これまでの 教 訓 医 療 政 策 は 経 済 政 策 労 働 政 策 社 会 福 祉 政 策 など 包 括 的 な 国 家 運 営 の 中 で 計 画 実 施 される 必 要 がある また

More information

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx

【出典追加】20141117国土審参考資料.pptx 平 成 26 年 度 第 1 回 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 農 地 国 土 利 用 計 画 審 議 会 部 会 資 料 -2 農 地 面 積 の 推 移 H19~32 年 目 標 増 減 値 H19~24 年 実 績 増 減 値 目 標 増 減 に 対 する 実 績 の 割 合 -1,000ha -647ha 64.7% 10,600 10,400 10,200 10,000 9,800

More information

スライド 1

スライド 1 元 気 な 日 本 復 活 予 算 5つのポイント メリハリ/ 従 来 型 の 配 分 を 大 胆 に 組 み 替 えます 拡 充 社 会 保 障 5% 増 科 学 研 究 費 補 助 金 3 割 増 重 点 化 別 枠 で 成 長 と 雇 用 に 重 点 化 見 直 し 公 共 事 業 を 実 質 5% 削 減 税 制 措 置 法 人 減 税 ( 以 降 別 枠 関 連 予 算 は と 表 示 )

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

(3) 停 車 タイプ はくたか を14 往 復 運 転 します 金 沢 ~ 上 越 妙 高 間 各 駅 に 停 車 し 東 京 方 面 に 直 通 する はくたか を 概 ね1 時 間 に1 本 計 14 往 復 運 転 し 北 陸 エリア 各 駅 と 首 都 圏 を 快 適 に 結 びます その

(3) 停 車 タイプ はくたか を14 往 復 運 転 します 金 沢 ~ 上 越 妙 高 間 各 駅 に 停 車 し 東 京 方 面 に 直 通 する はくたか を 概 ね1 時 間 に1 本 計 14 往 復 運 転 し 北 陸 エリア 各 駅 と 首 都 圏 を 快 適 に 結 びます その Ⅰ. 北 陸 新 幹 線 北 陸 エリア 在 来 線 1. 北 陸 新 幹 線 ( 金 沢 ~ 長 野 間 )が 開 業 します (1) 北 陸 エリアと 首 都 圏 を 結 ぶ かがやき はくたか と 金 沢 ~ 富 山 間 を 結 ぶ つるぎ の 運 転 を 開 始 します 運 行 体 系 列 車 名 所 要 時 間 ( 最 速 ) かがやき 朝 夕 10 往 復 2 時 間 28 分 はくたか

More information