No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300

Size: px
Start display at page:

Download "No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300"

Transcription

1 東 北 三 省 主 要 都 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 及 び 納 付 率 調 査 一 覧 表 0 年 3 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ 大 連 事 務 所

2 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 % (7( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 0 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 について は 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

3 大 連 市 金 州 新 区 開 発 区 エリア 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 養 老 60% 300% 0% % 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 4 労 災 60% 300% ~% 0 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 5 生 育 60% 300% 0.% 0 額 (3 6 暖 房 費 大 連 市 最 低 給 与 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 00/00 500% % 4% 額 (3 (5 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度.0% (7( 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : 備 考 ((0 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 となる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (0 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

4 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 金 州 新 区 金 州 エリア 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 % (7 従 業 員 平 均 月 収 ( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 備 考 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 につ いてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

5 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 % (7( 大 連 市 高 新 園 区 (ハイテクパーク 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 について は 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

6 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 旅 順 口 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 % (7 従 業 員 平 均 月 収 ( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 につい ては 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 と も0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

7 大 連 庄 河 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 庄 河 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

8 大 連 瓦 房 店 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 瓦 房 店 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 につい ては 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 と も0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

9 大 連 普 蘭 店 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 普 蘭 店 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 備 考 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 となる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞれ 0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも0%~ 5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

10 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 瀋 陽 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 ( 納 付 基 数 ( 従 業 員 個 人 下 限 ( 下 限 ( 従 業 員 個 人 上 限 ( 上 限 ( 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 備 考 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (400% (460% (4300% 0% % 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 (500% (560% (5300% %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 額 (3 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (400% (460% (4300% % % (6 給 (400% 0.6%~4% 0 給 (500% 0.6% 0 (4500% %~% %~% 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与 0 (7 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : 無 し (( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 沈 陽 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 瀋 陽 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 瀋 陽 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 瀋 陽 市 前 年 度 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

11 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 営 口 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 ( 納 付 基 数 ( 従 業 員 個 人 下 限 ( 下 限 ( 従 業 員 個 人 上 限 ( 上 限 ( 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 備 考 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (460% (460% (4300% (4300% 0% % 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 65 元 大 病 医 療 (460% (460% (4300% 7% 額 (3 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 % % (5 給 0.7%~.% 0 給 % 0 营 口 市 最 低 給 与 00 元 (4300% 0% 0% 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 既 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% 0 (6 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : 無 し (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 営 口 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたと ころ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 営 口 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 営 口 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

12 長 春 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 00 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% 7% 3 ( 失 業 60% 300% % % (5 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.7% 0 6 暖 房 費 长 春 市 最 低 給 与 300% 7%~% 7%~% 000 元 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.6% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与 (6 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 長 春 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 が あると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 長 春 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 長 春 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

13 延 吉 市 ( 同 延 辺 州 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 60 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% 6%+ 年 回 4 元 大 病 医 療 延 吉 市 最 低 月 給 3 ( 失 業 % % ( 労 災 ~% 0 5 生 育 0.6% 0 6 暖 房 費 延 吉 市 最 低 給 与 300% 5%~% 5%~% 50 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.6% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% 0 (6 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 について は 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 延 吉 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 延 吉 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 延 吉 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

14 ハルビン 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 上 限 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 (460% (4300% % % %+.5 元 / 月 大 病 医 療 医 療 (560% (5300% 7.5%+.5 元 / 月 大 病 医 療 3 ( 失 業 (560% % % (6 4 労 災 (560% (5300% ~% 0 5 生 育 (560% (5300% 0.6% 0 6 暖 房 費 ハルビン 市 最 低 (5500% %~% %~% 給 与 40 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 前 年 度 月 分 在 職 従 業 員 総 数.5% 雇 用 企 業 が 既 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% (7 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 ハルビン 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う (ハルビン 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 黒 龍 江 省 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5ハルビン 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 平 成 23 年 1 月 31 日 制 定 平 成 24 年 2 月 29 日 改 正 平 成 27 年 1 月 1 日 改 正 第 1 趣 旨 出 産 育 児 一 時 金 等 ( 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 をいう 以 下 同 じ )の 医 療 機 関

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

大量殺傷型テロ事件発生時において行うべき措置について

大量殺傷型テロ事件発生時において行うべき措置について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 総 務 班 内 閣 参 事 官 内 閣 事 務 官 官 邸 対 策 室 の 庶 務 に 関 する 事 項 を 担 当 する 対 策 本 部 事 務 局 体 制 表 事 務 局 長 内 閣 危 機 管 理 監 事 務 局 次 長 内 閣 官 房 副 長 官 補 ( 安 全 保 障 危 機 管 理 担 当 ) 対 策 班 対 策 支 援 連 絡 班 危 機 管 理 審

More information

遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス 業 (3) 現 代

遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス 業 (3) 現 代 遼 寧 沿 海 経 済 帯 概 況 2012 年 8 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 大 連 事 務 所 遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

Q3-5 アルミ 製 で 既 製 品 の 玄 関 風 除 室 やサンルームなどの 設 置 工 事 は 対 象 となりますか? Q3-6 ホームセンター 等 で 販 売 されている 鋼 板 製 の 物 置 やアルミ 製 品 のカーポートの 設 置 は 対 象 となりますか? Q3-7 中 古 住 宅

Q3-5 アルミ 製 で 既 製 品 の 玄 関 風 除 室 やサンルームなどの 設 置 工 事 は 対 象 となりますか? Q3-6 ホームセンター 等 で 販 売 されている 鋼 板 製 の 物 置 やアルミ 製 品 のカーポートの 設 置 は 対 象 となりますか? Q3-7 中 古 住 宅 平 成 28 年 度 秋 田 県 住 宅 リ フ ォ ー ム 推 進 事 業 Q&A 集 目 次 1. 補 助 対 象 者 に 関 すること Q1-1 申 請 書 にある 申 請 者 は 誰 を 指 すのですか? Q1-2 単 身 赴 任 で 会 社 近 くのアパート 寮 に 住 んでいて 住 民 票 を 異 動 しているが 家 族 が 住 んでいる 住 宅 について 申 請 することが 出 来 ますか?

More information

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として

(2) 沿 革 有 史 以 降 上 海 の 名 前 がでてくるのは 1843 年 のアヘン 戦 争 後 に 締 結 された 南 京 条 約 により 対 外 貿 易 港 として 開 港 したときが 初 めてである 南 京 条 約 によって 欧 米 の 公 使 館 が 設 置 され 貿 易 港 として 上 海 市 概 況 1. 一 般 概 況 (1) 概 要 ( 人 口 面 積 主 要 産 業 ) 市 名 上 海 市 面 積 6,340.5km2( 群 馬 県 (6,363.2km2)とほぼ 同 じ 東 京 都 は 2,102.4km2 ) 人 口 常 住 人 口 2415.27 万 人 出 生 率 *1 7.25 *4( 戸 籍 人 口 ) 戸 籍 人 口 1433.62 万 人 死 亡 率 *2

More information

受 付 番 <6 営 業 数 > <7 外 資 状 況 > 外 資 系 企 業 に 該 当 する 場 合 のみ を 付 け 必 要 事 項 を 記 載 して 下 さい 外 国 籍 会 社 本 国 籍 会 社 ( 比 率 %) 本 国 籍 会 社 ( 一 部 外 国 資 本 ) 登 録 事 業 名 測

受 付 番 <6 営 業 数 > <7 外 資 状 況 > 外 資 系 企 業 に 該 当 する 場 合 のみ を 付 け 必 要 事 項 を 記 載 して 下 さい 外 国 籍 会 社 本 国 籍 会 社 ( 比 率 %) 本 国 籍 会 社 ( 一 部 外 国 資 本 ) 登 録 事 業 名 測 様 式 No. 付 ( 受 付 ) 書 類 確 認 書 類 内 容 審 査 受 領 印 依 頼 受 領 審 査 着 手 修 正 依 頼 修 正 受 領 入 力 資 格 付 与 新 規 更 新 申 請 者 の 規 模 登 録 番 平 成 27 28 度 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 ( 測 量 建 設 コンサルタント 等 ) 申 請 する を 必 ず 記

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC8ED089EF95DB8CAF8E968FEE82C682BB82CC8DC5905693AE8CFC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC8ED089EF95DB8CAF8E968FEE82C682BB82CC8DC5905693AE8CFC2E646F6378> 2012 年 5 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 海 外 調 査 部 中 国 北 アジア 課 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 および 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえ ジェトロが かかる 損 害 の 可 能 性 を 知

More information

18631 1963 2

18631 1963 2 トレンド 提 言 69 1947 22 2 24 1947 4 20 108 1 18631 1963 2 2/3 96 3 2 2/3 3 4 5 1965 1995 17 6 第 65 回 施 設 工 場 視 察 業 際 間 交 流 会 7 この 世 に 障 害 者 という 人 種 はいない また 同 じ 人 は 一 人 もいない 人 にはそれぞれ 他 にはない 固 有 の 素 晴 らしい 持

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF)

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF) 特 集 ファイナンシャル セーフティネット: 人 口 高 齢 化 への 対 応 1 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 要 約 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc 問 題 1 ワッセナー アレンジメントは 化 学 兵 器 や 生 物 兵 器 に 関 する 専 用 品 や 汎 用 品 を 規 制 する 国 際 輸 出 管 理 レジームである 問 題 2 外 為 法 第 48 条 第 1 項 の 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げること となると 認 められるものとして 政 令 で 定 める 特 定 の 地 域 を 仕 向 地 とする

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計... 5 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性...

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計... 5 1. 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性... 平 成 22 年 度 住 宅 リフォーム 実 例 調 査 報 告 書 平 成 23 年 3 月 一 般 社 団 法 人 住 宅 リフォーム 推 進 協 議 会 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 Ⅱ. 調 査 結 果 の 分 析... 3 今 年 度 調 査 結 果 の 特 徴... 3 第 1 編 世 帯 住 宅 の 基 本 属 性 および 住 宅 リフォームの 実 例 / 基 本 集 計...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部 湖 北 省 と 湖 南 省 における 外 国 人 就 業 許 可 証 書 と 外 国 専 家 証 の 取 得 について (2015 年 3 月 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 武 漢 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて

地域経済分析システム(RESAS) 2期システムについて 地 域 経 済 分 析 システム(RESAS) 第 Ⅱ 期 2 次 リリースについて 平 成 27 年 12 月 内 閣 官 房 まち ひと しごと 創 生 本 部 事 務 局 2 1. 産 業 マップ 1-1. 全 産 業 花 火 図 ( 1) 1-2. 産 業 別 花 火 図 ( 1) 1-3. 企 業 別 花 火 図 ( 1) 1-4. 稼 ぐ 力 分 析 1-5. 特 許 分 布 図 1-6.

More information

スライド 1

スライド 1 建 築 物 エネルギー 消 費 性 能 基 準 等 の 整 備 の 方 向 性 ( 案 ) 基 準 の 体 系 については 原 則 として 省 エネ 法 の 現 行 の 建 築 主 等 の 判 断 基 準 (H25 基 準 )の 体 系 を 継 承 しつつ 以 下 について 見 直 しを 行 う 1. 適 用 する 基 準 について 1 適 合 義 務 等 の 非 の 規 制 に 係 る 基 準 (エネルギー

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本 国 際 裁 判 管 轄 法 制 ( 人 事 訴 訟 事 件 及 び 家 事 事 件 関 係 ) 部 会 資 料 4-3 検 討 課 題 失 踪 宣 告 不 在 者 財 産 管 理 事 件 第 1 失 踪 宣 告 関 係 事 件 1 裁 判 所 は, 失 踪 の 宣 告 に 関 する 審 判 事 件 ( 注 1)について, 不 在 者 等 ( 不 在 者 及 び 失 踪 者 ( 注 2)をいう 以 下

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D> 諸 外 国 の 自 然 災 害 保 険 に 関 する 研 究 ~ドイツ スイスの 事 例 を 中 心 に 国 土 交 通 政 策 研 究 所 ( 発 表 者 ) 研 究 官 佐 藤 淳 一 朗 研 究 官 馬 場 美 智 子 1. 背 景 我 が 国 の 今 後 の 課 題 長 期 的 な 人 口 減 少 インフラへの 投 資 力 の 低 下 地 球 温 暖 化 土 地 利 用 に 関 する 開 発

More information

委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員

委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員 委 員 長 田 中 俊 一 更 田 豊 志 委 員 田 中 知 委 員 伴 信 彦 委 員 石 渡 明 委 員 緊 急 時 に 備 えて 平 時 から 政 府 全 体 で 原 防 災 対 策 を 推 進 するために 内 閣 に 原 防 災 会 議 を 新 たに 常 設 内 閣 に 新 たに 常 設 平 時 原 防 災 会 議 議 : 内 閣 総 理 副 議 : 内 閣 官 房 官 内 閣 府 特

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託 外 国 人 生 活 環 境 整 備 支 援 補 助 金 募 集 要 項 1 事 業 の 目 的 本 事 業 は 東 京 都 内 において 外 国 人 に 対 応 する 医 療 機 関 ( 以 下 外 国 人 対 応 医 療 機 関 という)を 新 たに 設 立 又 は 増 設 するもの 及 びインターナショナルスクールを 新 たに 設 立 又 は 増 設 するものに 対 し 外 国 人 対 応 医

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険

2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁 定 請 求 など 健 康 保 険 の 資 格 喪 失 国 民 健 康 保 険 の 加 入 健 康 保 険 1 参 考 資 料 6 退 職 関 連 手 続 の 現 行 業 務 分 析 1. ヒアリング 対 象 2. ワンストップ 化 に 向 けて 検 討 すべき 課 題 ( 参 考 )ヒアリング 結 果 分 析 2 1.ヒアリング 対 象 (1) 対 象 範 囲 分 類 年 金 医 療 保 険 雇 用 保 険 税 備 考 厚 生 年 金 の 資 格 喪 失 国 民 年 金 の 加 入 老 齢 給 付 裁

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

Ⅰ 各種整備計画の策定について

Ⅰ 各種整備計画の策定について 地 区 市 民 センターの 整 備 に 関 する 方 針 2015( 平 成 27) 年 9 月 伊 賀 市 (1) 方 針 策 定 の 経 緯 と 目 的 地 区 市 民 センターは 条 例 において 地 域 住 民 の 連 帯 意 識 を 高 め 健 康 で 文 化 的 な 近 隣 社 会 の 建 設 とその 発 展 に 寄 与 する ことを 目 的 に 設 置 されています また 自 治 基

More information

第1章 簿記の一巡

第1章 簿記の一巡 第 1 節 現 金 1. 現 金 の 範 囲 (A) 簿 記 でいう 現 金 とは, 紙 幣 や 硬 貨 等 の 通 貨 に 加 え, 通 貨 代 用 証 券 を 含 んでいる 通 貨 代 用 証 券 は,すぐに 換 金 できるため, 簿 記 上 では 現 金 勘 定 ( 資 産 )として 扱 われる 現 金 = 通 貨 + 通 貨 代 用 証 券 通 貨 代 用 証 券 は, 金 融 機 関 などでいつでも

More information

届 書 : 離 婚 届 記 入 例 は 下 記 をご 覧 ください 印 鑑 : 夫 と 妻 の 印 鑑 (それぞれ 別 のもの) 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 ( 加 入 者 ) 離 婚 のときは 次 の 区 分 により 書 類 が 必 要 となります 協 議 離 婚 : 戸 籍 全

届 書 : 離 婚 届 記 入 例 は 下 記 をご 覧 ください 印 鑑 : 夫 と 妻 の 印 鑑 (それぞれ 別 のもの) 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 ( 加 入 者 ) 離 婚 のときは 次 の 区 分 により 書 類 が 必 要 となります 協 議 離 婚 : 戸 籍 全 離 婚 届 婚 姻 関 係 を 将 来 に 向 かって 解 消 させることが 離 婚 です 離 婚 には 当 事 者 の 話 しあいによる 協 議 離 婚 と 裁 判 所 が 関 与 する 裁 判 離 婚 があります 協 議 離 婚 とは 裁 判 所 は 関 与 せず 夫 婦 の 意 思 に 基 づく 合 意 によって 婚 姻 関 係 を 解 消 し 証 人 2 名 がこれを 証 することです 届

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

様 式 6-1 業 者 登 録 カ ー ド 1 契 約 等 を 支 店 等 に 委 任 する 場 合 に 記 入 してください( 様 式 3の 委 任 状 が 必 要 ) 商 号 又 は 名 称 株 式 会 社 等 の 組 織 名 は 略 号 ( 株 ) ( 有 ) 等 で 記 入 してください 商

様 式 6-1 業 者 登 録 カ ー ド 1 契 約 等 を 支 店 等 に 委 任 する 場 合 に 記 入 してください( 様 式 3の 委 任 状 が 必 要 ) 商 号 又 は 名 称 株 式 会 社 等 の 組 織 名 は 略 号 ( 株 ) ( 有 ) 等 で 記 入 してください 商 No. 郵 送 書 類 チェックリスト 様 式 1 0 太 枠 内 を 記 入 してください 過 今 去 回 に が 登 新 録 規 の 登 あ 録 っ の た 場 方 合 で は 業 空 者 白 番 号 が わ か る 場 合 は 枠 内 に 業 者 の 記 載 を お 願 い 致 し ま す 申 込 者 の 商 号 又 は 名 称 ( 行 政 書 士 名 は 不 可 ) 申 込 書 類 の 担

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

別紙2

別紙2 運 輸 事 情 調 査 中 国 東 北 地 方 ( 遼 寧 省 吉 林 省 黒 龍 江 省 ) ( 出 展 : 中 国 統 計 年 鑑 29 遼 寧 統 計 年 鑑 29 吉 林 統 計 年 鑑 29 黒 龍 江 統 計 年 鑑 29) 基 本 情 報 図 1. 中 国 東 北 三 省 地 図 図 2. 中 国 東 北 地 方 と 日 本 の 位 置 関 係 表 1. 東 北 三 省 の 基 本 情

More information

6 実 用 書 出 版 社 は 実 用 書 の 企 画 編 集 から 発 行 までを 行 う 企 業 が 該 当 する 7 児 童 書 出 版 社 は 児 童 書 の 企 画 編 集 から 発 行 までを 行 う 企 業 が 該 当 する 8 その 他 は その 他 の 書 籍 の 企 画 編 集

6 実 用 書 出 版 社 は 実 用 書 の 企 画 編 集 から 発 行 までを 行 う 企 業 が 該 当 する 7 児 童 書 出 版 社 は 児 童 書 の 企 画 編 集 から 発 行 までを 行 う 企 業 が 該 当 する 8 その 他 は その 他 の 書 籍 の 企 画 編 集 調 査 対 象 及 び 調 査 事 項 新 聞 業 出 版 業 について 1. 調 査 対 象 (1) 新 聞 業 の 調 査 対 象 は 一 般 紙 スポーツ 紙 専 門 業 界 紙 など 購 読 料 を 徴 収 し 定 期 的 かつ 不 特 定 多 数 を 対 象 に 新 聞 の 企 画 編 集 から 発 行 までを 営 む 企 業 である ただし 次 のような 業 務 を 行 う 企 業 は

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 1 号 [ 平 成 23 年 5 月 改 訂 ] 代 行 保 険 料 率 の 計 算 に 関 する 細 目 実 務 基 準 1 号 -1 (1) 財 政 方 式 計 算 基 準 日 以 降 の 将 来 期 間 を 対 象 に 開 放 基 金 方 式 により 算 定 す 計 算 は 男 女 のみの 区 分 で 行 う ( 男 女 を 一 本 化 して 計 算

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある から 育 までの 提 出 書 類 一 覧 項 目 1 前 ( 出 も 含 む) 提 出 書 類 提 出 先 ( 部 数 ) 添 付 書 類 ( 部 数 ) 提 出 期 限 留 意 事 項. 教 育 委 員 会 前 暇 願 妊 娠 証 明 書 3 週 間 前 出 予 定 まで56 前 (8 (3 部 ) (3 部 うち2 部 は 写 し)までに 週 ): 逆 算 学 校 長 地 教 委 原 本 は 教

More information

明治時代の建築法規

明治時代の建築法規 参 考 資 料 2 今 後 の 建 築 基 準 制 度 のあり 方 について 木 造 建 築 関 連 基 準 等 の 合 理 化 及 び 効 率 的 かつ 実 効 性 あ る 建 築 確 認 制 度 等 の 構 築 に 向 けて ( 第 二 次 報 告 )( 案 ) ( 参 考 資 料 集 ) Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism

More information

( 学 生 野 球 を 行 う 機 会 の 保 障 ) 第 4 条 学 生 は 合 理 的 理 由 なしに 部 員 として 学 生 野 球 を 行 う 機 会 を 制 限 されることは ない ( 部 員 の 権 利 と 義 務 ) 第 5 条 部 員 は 学 生 として 教 育 を 受 ける 権 利

( 学 生 野 球 を 行 う 機 会 の 保 障 ) 第 4 条 学 生 は 合 理 的 理 由 なしに 部 員 として 学 生 野 球 を 行 う 機 会 を 制 限 されることは ない ( 部 員 の 権 利 と 義 務 ) 第 5 条 部 員 は 学 生 として 教 育 を 受 ける 権 利 日 本 学 生 野 球 憲 章 ( 抜 粋 ) 前 文 国 民 が 等 しく 教 育 を 受 ける 権 利 をもつことは 憲 法 が 保 障 するところであり 学 生 野 球 は この 権 利 を 実 現 すべく 学 校 教 育 の 一 環 として 位 置 づけられる この 意 味 で 学 生 野 球 は 経 済 的 な 対 価 を 求 めず 心 と 身 体 を 鍛 える 場 である 本 憲 章 は

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

能 登 町 行 政 改 革 大 綱

能 登 町 行 政 改 革 大 綱 能 登 町 行 政 改 革 実 施 計 画 について 能 登 町 の 現 状 と 課 題 1. 財 政 の 状 況 2. 職 員 数 の 状 況 3. 今 後 の 取 り 組 み 能 登 町 行 政 改 革 大 綱 実 施 計 画 4. 基 本 方 針 5. 計 画 の 推 進 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 21 年 度 ) 平 成 20 年 度 版 6. 実 施 期 間 7. 実 施 計

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に

(2) 質 問 受 付 回 答 方 法 電 子 メールにて 行 うものとし 下 記 担 当 宛 に 送 信 すること 誤 認 防 止 のため 電 話 による 質 問 は 受 け 付 けない また 誤 送 信 等 による 不 達 を 防 止 するた め 質 問 を 送 信 後 に 下 記 担 当 に 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 企 画 コンペティション 実 施 要 領 1 企 画 コンペティションの 目 的 本 企 画 コンペティションは 東 京 都 下 水 道 局 職 員 等 個 人 番 号 収 集 管 理 委 託 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )を 最 も 適 確 に 実 施 できる 企 画 提 案 を 特 定 することを 目

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版)

平成26年度外務人事審議会勧告(セット版) 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 平 成 26 年 7 月 外 務 人 事 審 議 会 平 成 26 年 7 月 在 勤 手 当 の 改 定 及 び 女 性 職 員 が 海 外 で 活 躍 できる 職 場 とするための 方 策 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 の 名

More information