No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300"

Transcription

1 東 北 三 省 主 要 都 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 及 び 納 付 率 調 査 一 覧 表 0 年 3 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ 大 連 事 務 所

2 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 市 内 四 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 % (7( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 0 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 について は 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

3 大 連 市 金 州 新 区 開 発 区 エリア 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 養 老 60% 300% 0% % 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 4 労 災 60% 300% ~% 0 額 (3 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 5 生 育 60% 300% 0.% 0 額 (3 6 暖 房 費 大 連 市 最 低 給 与 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 00/00 500% % 4% 額 (3 (5 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度.0% (7( 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : 備 考 ((0 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 となる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (0 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

4 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 金 州 新 区 金 州 エリア 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 % (7 従 業 員 平 均 月 収 ( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 備 考 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 につ いてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

5 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 % (7( 大 連 市 高 新 園 区 (ハイテクパーク 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 について は 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 とな る (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞ れ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも 0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

6 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 大 連 市 旅 順 口 区 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 実 施 期 日 備 考 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 60% 300% % 60% 300% % % (6 60% 300% ~% 0 60% 300% 0.% 0 大 連 市 前 年 度 在 職 % (7 従 業 員 平 均 月 収 ( 大 連 市 最 低 給 与 00/00 (5 500% 5% 5% ( 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 (0 ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : ((3 ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 につい ては 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 00 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 大 連 市 人 民 政 府 第 0 号 令 旅 政 発 [007]0 号 大 金 政 発 [007]77 号 により 実 施 され 大 連 市 内 四 区 ハイテクパーク( 市 内 部 分 及 び 旅 順 口 区 金 州 区 戸 籍 者 だけ 納 付 する ( 暖 房 費 は と 一 緒 に 機 構 へ 納 付 される (ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 と も0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である (0 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される (3 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

7 大 連 庄 河 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 庄 河 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

8 大 連 瓦 房 店 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 瓦 房 店 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 につい ては 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 と なる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれ ぞれ0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 と も0%~5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

9 大 連 普 蘭 店 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% % 3 ( 失 業 60% 300% % % (6 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.% 0 6 暖 房 費 大 連 普 蘭 店 市 最 低 給 与 00/ % 5% 5% (7 (5 備 考 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 ( ( 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 月 収 労 働 組 合 ない : (0( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 暫 定 方 法 公 布 後 大 連 市 は 外 資 系 企 業 に 料 徴 収 を 暫 く 延 期 する 旨 決 定 したが 具 体 的 な 延 期 期 間 は 明 らかになっていない 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 大 連 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 労 務 公 司 農 民 工 は0 年 月 から 三 ( 養 老 医 療 労 災 加 入 が 義 務 付 けされている が 直 接 雇 用 している 農 民 工 加 入 については 五 か 二 ( 医 療 労 災 を 自 由 に 選 択 できる ( 大 連 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 大 連 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 大 房 金 発 [0]3 号 規 定 により 0 年 7 月 日 ~0 年 6 月 30 日 期 間 下 限 は00 元 が 基 準 となるが 0 年 4 月 日 以 降 新 たに 入 した 員 下 限 は 000 元 が 基 準 となる (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7ここでいう は 年 月 日 以 降 に 入 した 従 業 員 ( 新 員 に 適 用 する 年 月 日 以 前 に 入 した 従 業 員 ( 老 員 場 合 は と 個 人 負 担 比 率 がれぞれ 0%だが 経 営 状 況 により 最 高 5%まで 調 整 できる また 全 従 業 員 同 意 上 が 住 宅 積 立 金 センターに 申 請 し 許 可 されれば 新 老 員 を 問 わず 個 人 とも0%~ 5% 比 率 で 納 付 することも 可 能 である ( 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( 規 定 期 限 内 に 納 付 する 企 業 には 30% 割 引 が 適 用 される (0 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

10 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 瀋 陽 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 ( 納 付 基 数 ( 従 業 員 個 人 下 限 ( 下 限 ( 従 業 員 個 人 上 限 ( 上 限 ( 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 備 考 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (400% (460% (4300% 0% % 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 (500% (560% (5300% %+ 年 回 4 元 大 病 医 療 額 (3 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (400% (460% (4300% % % (6 給 (400% 0.6%~4% 0 給 (500% 0.6% 0 (4500% %~% %~% 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与 0 (7 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : 無 し (( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 沈 陽 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 瀋 陽 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 瀋 陽 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 瀋 陽 市 前 年 度 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

11 No 養 老 医 療 3 ( 失 業 4 労 災 5 生 育 6 暖 房 費 営 口 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( 納 付 基 数 ( 納 付 基 数 ( 従 業 員 個 人 下 限 ( 下 限 ( 従 業 員 個 人 上 限 ( 上 限 ( 従 業 員 個 人 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 備 考 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 (460% (460% (4300% (4300% 0% % 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 %+ 年 回 65 元 大 病 医 療 (460% (460% (4300% 7% 額 (3 給 従 業 員 本 人 前 月 給 与 総 額 (3 % % (5 給 0.7%~.% 0 給 % 0 营 口 市 最 低 給 与 00 元 (4300% 0% 0% 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.7% 雇 用 企 業 が 既 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% 0 (6 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : 無 し (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 営 口 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたと ころ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 営 口 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 7 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 営 口 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

12 長 春 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 00 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% 7% 3 ( 失 業 60% 300% % % (5 4 労 災 60% 300% ~% 0 5 生 育 60% 300% 0.7% 0 6 暖 房 費 长 春 市 最 低 給 与 300% 7%~% 7%~% 000 元 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.6% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与 (6 合 準 備 金 給.0% 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 長 春 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 が あると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 長 春 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 長 春 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

13 延 吉 市 ( 同 延 辺 州 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 備 考 納 付 基 数 下 限 (4 上 限 (4 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 60% 300% 0% % %+ 年 回 60 元 大 病 医 療 医 療 60% 300% 6%+ 年 回 4 元 大 病 医 療 延 吉 市 最 低 月 給 3 ( 失 業 % % ( 労 災 ~% 0 5 生 育 0.6% 0 6 暖 房 費 延 吉 市 最 低 給 与 300% 5%~% 5%~% 50 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 在 職 従 業 員 総 数.6% 雇 用 企 業 が 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% 0 (6 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (7( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 について は 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 延 吉 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う ( 延 吉 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 延 吉 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (6 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない (7 と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

14 ハルビン 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 準 と 納 付 基 準 ( No 実 施 期 日 備 考 納 付 基 数 下 限 上 限 負 担 比 率 従 業 員 個 人 負 担 比 率 養 老 (460% (4300% % % %+.5 元 / 月 大 病 医 療 医 療 (560% (5300% 7.5%+.5 元 / 月 大 病 医 療 3 ( 失 業 (560% % % (6 4 労 災 (560% (5300% ~% 0 5 生 育 (560% (5300% 0.6% 0 6 暖 房 費 ハルビン 市 最 低 (5500% %~% %~% 給 与 40 合 準 備 金 給 負 担 額 =( 雇 用 企 業 前 年 度 月 分 在 職 従 業 員 総 数.5% 雇 用 企 業 が 既 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 当 該 地 区 従 業 員 前 年 度 平 均 給 与.0% (7 従 業 員 本 人 前 月 月 収 労 働 組 合 ない : (( ( 従 業 員 国 籍 ( 中 国 人 / 外 国 人 戸 籍 ( 都 市 戸 籍 / 農 村 戸 籍 に 関 係 なく 原 則 全 員 五 に 加 入 する 必 要 がある 内 外 国 人 加 入 については 0 年 7 月 日 施 行 法 と0 年 0 月 5 日 施 行 中 国 国 内 で 就 業 する 外 国 人 加 入 に 関 する 暫 定 方 法 及 び0 年 月 日 公 布 人 庁 発 [0]3 号 通 知 による 人 庁 発 [0]3 号 通 知 公 布 後 ハルビン 市 機 構 窓 口 に 問 い 合 わせたところ 外 国 人 (ドイツ 韓 国 国 籍 外 国 人 は れぞれ 二 国 間 協 定 に 従 うも 加 入 する 必 要 があると 回 答 された 一 方 農 民 工 加 入 についてだが 都 市 戸 籍 従 業 員 と 同 じ 取 り 扱 う (ハルビン 市 住 宅 積 立 金 納 付 基 数 は 毎 年 4 月 に 調 整 される (3 新 入 員 場 合 は ヶ 月 目 月 収 で 計 算 する (4 黒 龍 江 省 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (5ハルビン 市 前 年 度 在 職 従 業 員 平 均 月 収 に 対 する 比 率 (6 農 村 戸 籍 従 業 員 は 個 人 負 担 分 は 納 付 しない (7 職 場 に 配 置 した 身 体 障 害 従 業 員 総 数 が 規 定 比 率 に 達 した 企 業 は を 納 付 する 必 要 がない ( と 一 緒 に 地 方 税 務 局 へ 納 付 される ( 従 業 員 個 人 負 担 分 組 合 費 は 税 務 局 へ 納 付 せず 組 合 専 門 口 座 に 振 り 込 む

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 平 成 23 年 1 月 31 日 制 定 平 成 24 年 2 月 29 日 改 正 平 成 27 年 1 月 1 日 改 正 第 1 趣 旨 出 産 育 児 一 時 金 等 ( 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 をいう 以 下 同 じ )の 医 療 機 関

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc

Microsoft Word - 090115Associate_正解用).doc 問 題 1 ワッセナー アレンジメントは 化 学 兵 器 や 生 物 兵 器 に 関 する 専 用 品 や 汎 用 品 を 規 制 する 国 際 輸 出 管 理 レジームである 問 題 2 外 為 法 第 48 条 第 1 項 の 国 際 的 な 平 和 及 び 安 全 の 維 持 を 妨 げること となると 認 められるものとして 政 令 で 定 める 特 定 の 地 域 を 仕 向 地 とする

More information

Q3-5 アルミ 製 で 既 製 品 の 玄 関 風 除 室 やサンルームなどの 設 置 工 事 は 対 象 となりますか? Q3-6 ホームセンター 等 で 販 売 されている 鋼 板 製 の 物 置 やアルミ 製 品 のカーポートの 設 置 は 対 象 となりますか? Q3-7 中 古 住 宅

Q3-5 アルミ 製 で 既 製 品 の 玄 関 風 除 室 やサンルームなどの 設 置 工 事 は 対 象 となりますか? Q3-6 ホームセンター 等 で 販 売 されている 鋼 板 製 の 物 置 やアルミ 製 品 のカーポートの 設 置 は 対 象 となりますか? Q3-7 中 古 住 宅 平 成 28 年 度 秋 田 県 住 宅 リ フ ォ ー ム 推 進 事 業 Q&A 集 目 次 1. 補 助 対 象 者 に 関 すること Q1-1 申 請 書 にある 申 請 者 は 誰 を 指 すのですか? Q1-2 単 身 赴 任 で 会 社 近 くのアパート 寮 に 住 んでいて 住 民 票 を 異 動 しているが 家 族 が 住 んでいる 住 宅 について 申 請 することが 出 来 ますか?

More information

経 済 産 業 省 輸 出 注 意 事 項 22 第 12 号 平 成 22 03 04 貿 局 第 1 号 輸 出 貿 易 管 理 令 の 運 用 についての 一 部 を 改 正 する 通 達 を 次 のように 制 定 する 平 成 22 年 3 月 5 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 柴 生 田 敦 夫 輸 出 貿 易 管 理 令 の 運 用 についての 一 部 を 改

More information

参考

参考 参 考 参 考 1 平 成 27 年 国 勢 調 査 の 調 査 の 目 的 及 び 沿 革 国 勢 調 査 は, 我 が 国 の 人 口 世 帯 の 状 況 を 明 らかにするため, 大 正 9 年 以 来 5 年 ごとに 行 っており, 平 成 27 年 国 勢 調 査 はその20 回 目 に 当 たります 国 勢 調 査 は, 大 正 9 年 を 初 めとする10 年 ごとの 大 規 模 調

More information

受 付 番 <6 営 業 数 > <7 外 資 状 況 > 外 資 系 企 業 に 該 当 する 場 合 のみ を 付 け 必 要 事 項 を 記 載 して 下 さい 外 国 籍 会 社 本 国 籍 会 社 ( 比 率 %) 本 国 籍 会 社 ( 一 部 外 国 資 本 ) 登 録 事 業 名 測

受 付 番 <6 営 業 数 > <7 外 資 状 況 > 外 資 系 企 業 に 該 当 する 場 合 のみ を 付 け 必 要 事 項 を 記 載 して 下 さい 外 国 籍 会 社 本 国 籍 会 社 ( 比 率 %) 本 国 籍 会 社 ( 一 部 外 国 資 本 ) 登 録 事 業 名 測 様 式 No. 付 ( 受 付 ) 書 類 確 認 書 類 内 容 審 査 受 領 印 依 頼 受 領 審 査 着 手 修 正 依 頼 修 正 受 領 入 力 資 格 付 与 新 規 更 新 申 請 者 の 規 模 登 録 番 平 成 27 28 度 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 ( 測 量 建 設 コンサルタント 等 ) 申 請 する を 必 ず 記

More information

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その

部 分 解 除 について Q 平 成 18 年 4 月 1 日 以 降 の 加 入 者 を 解 除 したいのですが どのような 手 続 きをとればよいので しょうか? A 約 款 様 式 第 13 号 の2 退 職 手 当 共 済 契 約 部 分 解 除 通 知 書 を 提 出 してください その Ⅶ.よくある 質 問 集 被 共 済 職 員 の 加 入 要 件 について Q 当 法 人 では 正 規 職 員 のみを 共 済 制 度 に 加 入 させることとしているが それで 良 いでしょうか A 誤 りです 非 正 規 職 員 ( 臨 時 職 員 パート 職 員 等 呼 称 は 様 々かと 思 われます)についても 雇 用 期 間 と 労 働 時 間 から 判 断 し 加 入 要 件 を 満

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

届 書 : 離 婚 届 記 入 例 は 下 記 をご 覧 ください 印 鑑 : 夫 と 妻 の 印 鑑 (それぞれ 別 のもの) 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 ( 加 入 者 ) 離 婚 のときは 次 の 区 分 により 書 類 が 必 要 となります 協 議 離 婚 : 戸 籍 全

届 書 : 離 婚 届 記 入 例 は 下 記 をご 覧 ください 印 鑑 : 夫 と 妻 の 印 鑑 (それぞれ 別 のもの) 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 ( 加 入 者 ) 離 婚 のときは 次 の 区 分 により 書 類 が 必 要 となります 協 議 離 婚 : 戸 籍 全 離 婚 届 婚 姻 関 係 を 将 来 に 向 かって 解 消 させることが 離 婚 です 離 婚 には 当 事 者 の 話 しあいによる 協 議 離 婚 と 裁 判 所 が 関 与 する 裁 判 離 婚 があります 協 議 離 婚 とは 裁 判 所 は 関 与 せず 夫 婦 の 意 思 に 基 づく 合 意 によって 婚 姻 関 係 を 解 消 し 証 人 2 名 がこれを 証 することです 届

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874182508D86816995CF8D5882C882B5816A2E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 1 号 [ 平 成 23 年 5 月 改 訂 ] 代 行 保 険 料 率 の 計 算 に 関 する 細 目 実 務 基 準 1 号 -1 (1) 財 政 方 式 計 算 基 準 日 以 降 の 将 来 期 間 を 対 象 に 開 放 基 金 方 式 により 算 定 す 計 算 は 男 女 のみの 区 分 で 行 う ( 男 女 を 一 本 化 して 計 算

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC8ED089EF95DB8CAF8E968FEE82C682BB82CC8DC5905693AE8CFC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092868D9182CC8ED089EF95DB8CAF8E968FEE82C682BB82CC8DC5905693AE8CFC2E646F6378> 2012 年 5 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 事 務 所 海 外 調 査 部 中 国 北 アジア 課 ジェトロは 本 報 告 書 の 記 載 内 容 に 関 して 生 じた 直 接 的 間 接 的 あるいは 懲 罰 的 損 害 および 利 益 の 喪 失 については 一 切 の 責 任 を 負 いません これは たとえ ジェトロが かかる 損 害 の 可 能 性 を 知

More information

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対

Ⅱ 義 援 金 を 募 集 する 募 金 団 体 の 確 認 手 続 [Q7] 当 団 体 は 関 係 する 個 人 法 人 から 義 援 金 を 預 かり これを 取 りまとめた 上 で 一 括 して 地 方 公 共 団 体 に 対 して 支 払 います 預 かった 義 援 金 が 国 等 に 対 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 28 年 4 月 国 税 庁 平 成 28 年 4 月 の 熊 本 地 震 により 被 害 を 受 けられた 方 を 支 援 するために 熊 本 県 下 や 大 分 県 下 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 いや

More information

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF)

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF) 特 集 ファイナンシャル セーフティネット: 人 口 高 齢 化 への 対 応 1 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 要 約 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

Microsoft Word - 18 疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 -

Microsoft Word - 18  疑義照会回答(年金給付)これ(17)に組込予定(エクセル原稿のワード版) - 黒田作業中 - 疑 義 照 会 ( 年 金 給 付 ) 1. 老 齢 給 付 年 金 P1 1~30 2. 障 害 基 礎 年 金 P14 1~15 3. 障 害 給 付 年 金 ( 障 害 厚 生 ) P21 1~7 4. 遺 族 基 礎 年 金 P24 1~4 5. 遺 族 給 付 年 金 ( 遺 族 厚 生 遺 族 基 礎 ) P26 1~10 6. 老 齢 年 金 ( 旧 )( 厚 生 年 金 ) P31

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託

平成24年度外国企業発掘・誘致事業委託 外 国 人 生 活 環 境 整 備 支 援 補 助 金 募 集 要 項 1 事 業 の 目 的 本 事 業 は 東 京 都 内 において 外 国 人 に 対 応 する 医 療 機 関 ( 以 下 外 国 人 対 応 医 療 機 関 という)を 新 たに 設 立 又 は 増 設 するもの 及 びインターナショナルスクールを 新 たに 設 立 又 は 増 設 するものに 対 し 外 国 人 対 応 医

More information

遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス 業 (3) 現 代

遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス 業 (3) 現 代 遼 寧 沿 海 経 済 帯 概 況 2012 年 8 月 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 大 連 事 務 所 遼 寧 省 目 次 Content 1. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 の 概 要 (Page1) 2. 遼 寧 沿 海 経 済 帯 発 展 計 画 (Page3) 3. 重 点 産 業 (Page6) (1) 工 業 ( 設 備 機 械 製 造 業 ) (2) 現 代 サービス

More information

退職後の諸給付等の手引

退職後の諸給付等の手引 退 職 後 の 諸 給 付 等 の 手 引 ( 平 成 28 年 1 月 退 職 手 当 に 関 すること 給 与 厚 生 課 給 付 班 ( 県 083-933-2069 退 職 共 済 年 金 等 共 済 組 合 の 長 期 給 付 に 関 すること 福 利 給 付 班 ( 共 済 組 合 083-933-4581 任 意 継 続 組 合 員 退 職 後 の 短 期 給 付 に 関 すること 福

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

義援金に関する税務上の取扱いFAQ

義援金に関する税務上の取扱いFAQ 義 援 金 に 関 する 税 務 上 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 3 月 国 税 庁 この 度 の 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 の 発 生 により 被 災 された 方 を 支 援 するために 県 の 災 害 対 策 本 部 等 に 義 援 金 や 寄 附 金 ( 以 下 義 援 金 といいます )を 支 払 った 場 合 の 税 務 上 の 取 扱 い や 募 金 団 体 に

More information

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中

目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に 対 する 課 税 問 題... 1 1.2 長 期 に 渡 り 未 払 状 態 である 債 務 の 処 理... 3 1.3 中 < 中 国 税 務 会 計 情 報 > 中 国 内 の 日 系 企 業 に 散 見 される 税 務 上 の 問 題 等 についての 考 察 2013 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 目 次 1. 中 国 - 日 本 二 国 間 の 取 引 に 対 する 課 税 に 関 する 問 題... 1 1.1 日 本 親 会 社 からの 技 術 指 導 料 に

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

大量殺傷型テロ事件発生時において行うべき措置について

大量殺傷型テロ事件発生時において行うべき措置について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 総 務 班 内 閣 参 事 官 内 閣 事 務 官 官 邸 対 策 室 の 庶 務 に 関 する 事 項 を 担 当 する 対 策 本 部 事 務 局 体 制 表 事 務 局 長 内 閣 危 機 管 理 監 事 務 局 次 長 内 閣 官 房 副 長 官 補 ( 安 全 保 障 危 機 管 理 担 当 ) 対 策 班 対 策 支 援 連 絡 班 危 機 管 理 審

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正

凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による 改 正 輸 出 物 品 販 売 場 制 度 に 関 するQ&A 平 成 26 年 8 月 国 税 庁 消 費 税 室 凡 例 文 中 文 末 引 用 の 条 文 等 の 略 称 は 次 のとおりである 消 法 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 ) 新 消 令 消 費 税 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 26 年 政 令 第 141 号 )による

More information

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本

1 法 の 適 用 に 関 する 通 則 法 における 規 律 (1) 失 踪 の 宣 告 の 国 際 裁 判 管 轄 ア 法 制 審 議 会 国 際 私 法 ( 現 代 化 関 係 ) 部 会 における 議 論 等 1 不 在 者 が 生 存 していたとされる 最 後 の 時 点 において 日 本 国 際 裁 判 管 轄 法 制 ( 人 事 訴 訟 事 件 及 び 家 事 事 件 関 係 ) 部 会 資 料 4-3 検 討 課 題 失 踪 宣 告 不 在 者 財 産 管 理 事 件 第 1 失 踪 宣 告 関 係 事 件 1 裁 判 所 は, 失 踪 の 宣 告 に 関 する 審 判 事 件 ( 注 1)について, 不 在 者 等 ( 不 在 者 及 び 失 踪 者 ( 注 2)をいう 以 下

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

スライド 1

スライド 1 建 築 物 エネルギー 消 費 性 能 基 準 等 の 整 備 の 方 向 性 ( 案 ) 基 準 の 体 系 については 原 則 として 省 エネ 法 の 現 行 の 建 築 主 等 の 判 断 基 準 (H25 基 準 )の 体 系 を 継 承 しつつ 以 下 について 見 直 しを 行 う 1. 適 用 する 基 準 について 1 適 合 義 務 等 の 非 の 規 制 に 係 る 基 準 (エネルギー

More information

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人

収 入 基 準 となる 収 入 月 額 については Ⅱ 収 入 基 準 の 説 明 をご 覧 ください 参 考 収 入 基 準 早 見 表 ( 家 族 数 は 申 込 者 本 人 と 同 居 予 定 親 族 または 扶 養 親 族 の 合 計 ) 世 帯 区 分 表 区 分 / 家 族 数 2 人 浦 臼 町 公 営 住 宅 入 居 のご 案 内 Ⅰ. 入 居 申 込 者 の 資 格 ( 次 の~6のすべての 資 格 がある 方 ). 現 在 住 宅 に 困 っている 方 原 則 として 申 込 者 本 人 及 び 同 居 しようとしている 親 族 に 持 家 の 方 ( 共 有 名 義 の 場 合 も 含 む)がいる 場 合 は 申 し 込 みできません 日 本 国 籍 の 方 または 既

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況

減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する 救 済 措 置 である 一 方 資 産 の 使 用 目 的 及 び 状 況 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 ( 最 終 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 ) 帯 広 市 税 条 例 による 減 免 措 置 減 免 の 趣 旨 固 定 資 産 税 の 減 免 は 徴 収 猶 予 納 期 の 延 長 等 の 措 置 を 講 じてもなお 納 税 が 困 難 であると 認 められるような 担 税 力 の 薄 弱 な 者 に 対 する

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い

23信託の会計処理に関する実務上の取扱い 実 務 対 応 報 告 第 23 号 信 託 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 上 の 取 扱 い 平 成 19 年 8 月 2 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 20 年 12 月 26 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている (1) 企 業 会 計 基 準 第 16 号 持 分 法 に

More information

18631 1963 2

18631 1963 2 トレンド 提 言 69 1947 22 2 24 1947 4 20 108 1 18631 1963 2 2/3 96 3 2 2/3 3 4 5 1965 1995 17 6 第 65 回 施 設 工 場 視 察 業 際 間 交 流 会 7 この 世 に 障 害 者 という 人 種 はいない また 同 じ 人 は 一 人 もいない 人 にはそれぞれ 他 にはない 固 有 の 素 晴 らしい 持

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 山 形 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 41.4

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 山 形 県 類 似 団 体 平 均 年 齢 41.4 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 平 成 22 年 度 15,874 7,84,77 583,148 1,171,155 16.5 16. (2) 職 員 給

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx

Microsoft Word - 【事務連絡】居所情報の登録申請が間に合わなかった場合の取扱いの周知について.docx 事 務 連 絡 平 成 27 年 11 月 5 日 各 都 道 府 県 障 害 福 祉 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 企 画 課 長 期 入 所 者 等 がマイナンバー 通 知 カードを 入 所 等 先 で 受 け 取 るに 当 たっての 居 所 情 報 の 登 録 申 請 が 間 に 合 わなかった 場 合 の 取 扱 いについて(

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

セット版【中国人:一次概要13頁】201512

セット版【中国人:一次概要13頁】201512 中 国 国 籍 者 が 日 本 入 国 ビザ( 査 証 )を 申 請 する 手 続 の 概 要 ( 一 次 有 効 の 短 期 滞 在 ビザ 申 請 用 ) 2016 年 1 月 中 国 に 在 住 する 中 華 人 民 共 和 国 の 国 籍 を 有 する 方 が, 短 期 商 用 あるいは 親 族 知 人 訪 問 等 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞 在 )を 申

More information

概要版

概要版 3 調 査 結 果 1 千 葉 県 の 魅 力 (1) 千 葉 県 への 愛 着 や 誇 り 千 葉 県 に 愛 着 や 誇 りを 感 じている かどうかについて 聞 いたところ 愛 着 や 誇 りを 感 じている (31.7%)と どちらかといえば 愛 着 や 誇 りを 感 じている (48.1%)を 合 わせた 感 じている 計 (79.8%)の 割 合 は 約 8 割 となっている 一 方 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お

資 料 1 選 挙 前 の 世 論 調 査 の 例 読 売 新 聞 調 査 日 :2016 年 6 月 3-5 日 電 話 調 査 安 倍 内 閣 支 持 支 持 53 不 支 持 35 その 他 無 回 答 11 政 党 支 持 自 民 党 40 民 進 党 6 公 明 党 3 共 産 党 2 お 日 野 市 民 自 治 研 究 所 定 例 研 究 会 2016.7.23 第 24 回 参 議 院 議 員 選 挙 の 結 果 を 分 析 する 池 上 洋 通 はじめに 統 計 資 料 を 読 みながら 考 えるということ 表 1 国 会 の 政 党 別 議 席 数 政 党 別 参 議 院 議 席 数 今 回 当 選 非 改 選 公 示 前 衆 議 院 自 民 121 56 65 115 291

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

HR & Tax alert (JAN).pptx

HR & Tax alert (JAN).pptx 2011 年 1 月 人 事 労 務 関 連 税 務 情 報 中 国 社 会 保 険 法 が 中 国 で 勤 務 す る 外 国 人 に 与 える 影 響 概 要 全 国 人 民 代 表 大 会 常 務 委 員 会 は 2010 年 10 月 28 日 に 中 華 人 民 共 和 国 社 会 保 険 法 ( 以 下 社 会 保 険 法 という)を 通 過 させました 同 社 会 保 険 法 は 2011

More information

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー

Microsoft Word - nagekomi栃木県特定医療費(指定難病)支給認定申請手続きのご案内 - コピー 栃 木 県 特 定 医 療 費 ( 指 定 難 病 ) 支 給 認 定 申 請 手 続 きのご 案 内 はじめに 発 病 の 機 構 が 明 らかでなく かつ 治 療 方 法 が 確 立 していない 希 少 な 疾 病 であって 当 該 疾 病 にかか ることにより 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とすることとなるもののうち 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 疾 病 を 指 定 難 病 といいます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を

目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった 事 例 1 事 例 3 持 株 奨 励 金 を 外 形 標 準 課 税 に 関 する 申 告 誤 り 事 例 ( 調 査 で 判 明 した 事 例 ) 平 成 28 年 3 月 福 井 県 税 事 務 所 目 次 1 報 酬 給 与 額 事 例 1 報 酬 給 与 額 に 含 める 賞 与 の 金 額 が 誤 っていた 事 例 1 事 例 2 役 員 退 職 金 ( 役 員 退 職 慰 労 金 )を 報 酬 給 与 額 として 申 告 して いなかった

More information

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや

ホームページに 掲 載 されている フリーダウ ンロード 資 料 の 中 にある 大 規 模 事 業 者 向 けの 詳 しい 説 明 入 りの 資 料 を ご 参 照 ください 情 報 連 携 見 えない 符 号 情 報 提 供 ネットワークシステム 等 の 仕 組 み が 分 からない 分 かりや 国 民 向 け 項 目 質 問 内 容 回 答 回 答 者 通 知 カード 手 元 に 通 知 カードが 届 くのはいつ 頃 か 届 かない 場 合 は どこに 問 い 合 わせ ればよいのか 通 知 カードは 本 年 10 月 から 順 次 発 送 する 予 定 です 届 かない 場 合 など 各 種 お 問 い 合 せについては 個 人 番 号 カードコールセンターにおいて 対 応 する 予 定

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申

鳥 取 国 民 年 金 事 案 177 第 1 委 員 会 の 結 論 申 立 人 の 昭 和 37 年 6 月 から 38 年 3 月 までの 国 民 年 金 保 険 料 については 納 付 していたものと 認 められることから 納 付 記 録 を 訂 正 することが 必 要 である 第 2 申 ( 平 成 21 年 6 月 17 日 報 道 資 料 抜 粋 ) 年 金 記 録 に 係 る 苦 情 のあっせん 等 について 年 金 記 録 確 認 鳥 取 地 方 第 三 者 委 員 会 分 1. 今 回 のあっせん 等 の 概 要 (1) 年 金 記 録 の 訂 正 の 必 要 があるとのあっせんを 実 施 するもの 1 件 国 民 年 金 関 係 1 件 (2) 年 金 記 録 の 訂 正

More information

法改正情報

法改正情報 うかる! 社 労 士 2014 年 度 版 追 加 の 法 改 正 情 報 等 です (6 月 17 日 版 ) このPDFファイルは 下 記 の2 部 構 成 になっています 第 1 部 法 改 正 情 報 P2~P27 平 成 26 年 度 試 験 に 係 る 直 近 1 年 間 の 法 改 正 情 報 のうち 総 合 テキストに 反 映 されていないものを 少 し 細 かい 点 を 含 めて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139313231363132303094C591E6825189F190E096BE977092C789C194C581698E9F8AAF97B989F094C5816A8F4390B32E646F63> 資 料 防 衛 省 改 革 会 議 ( 第 2 回 ) 説 明 資 料 平 成 19 年 12 月 防 衛 省 Ⅰ 給 油 量 取 り 違 え 事 案 ( 中 間 報 告 )の 概 要 Ⅱ 過 去 におけるその 他 の 事 案 1 陸 上 自 衛 隊 における 違 法 射 撃 事 案 2 海 上 自 衛 隊 におけるCIWSの 不 時 発 射 事 案 Ⅲ 文 民 統 制 の 徹 底 1 給 油 量

More information

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある

項 目 3 育 ( 満 3 歳 まで 取 ることができる ) 提 出 書 類 添 付 書 類 提 出 期 限 留 意 事 項 提 出 先 ( 部 数 ) ( 部 数 ). 教 育 委 員 会 育 児 業 承 認 請 養 育 する 子 の 戸 籍 抄 本 育 3 週 間 前 特 別 の 事 情 がある から 育 までの 提 出 書 類 一 覧 項 目 1 前 ( 出 も 含 む) 提 出 書 類 提 出 先 ( 部 数 ) 添 付 書 類 ( 部 数 ) 提 出 期 限 留 意 事 項. 教 育 委 員 会 前 暇 願 妊 娠 証 明 書 3 週 間 前 出 予 定 まで56 前 (8 (3 部 ) (3 部 うち2 部 は 写 し)までに 週 ): 逆 算 学 校 長 地 教 委 原 本 は 教

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 資 料 1 平 成 28 年 度 中 小 企 業 関 係 概 算 要 求 等 の 概 要 平 成 27 年 9 月 中 小 企 業 庁 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 予 算 等 の 推 移 今 後 の 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 政 策 の 柱 1. 中 小 企 業 対 策 費 の 推 移 26 年 度 27

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

平成28年度保育所入所案内

平成28年度保育所入所案内 H27.11 月 発 行 平 成 28 年 度 南 房 総 市 保 育 所 入 所 のご 案 内 1 支 給 認 定 申 請 と 保 育 所 の 利 用 について 2 (1) 支 給 認 定 申 請 とは (2) 保 育 所 を 利 用 できる 人 ( 保 育 の 必 要 性 の 事 由 ) (3) 保 育 時 間 開 所 休 所 日 などについて 2 申 込 み 方 法 について 3 (1) 平

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法

認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 (1) 認 定 NPO 法 人 等 に 義 務 付 けられている 報 告 認 定 NPO 法 人 等 になると より 多 くの 支 援 者 に 対 して 説 明 責 任 があることから 一 般 のNPO 法 4 運 営 1 認 定 等 取 得 後 の 手 続 き 1. 認 定 NPO 法 人 等 の 報 告 義 務 103 2. 事 業 年 度 終 了 後 3か 月 以 内 の 報 告 103 3. 助 成 金 の 支 給 を 行 った 場 合 の 報 告 109 4. 海 外 への 送 金 または 金 銭 の 持 ち 出 しを 行 う 場 合 の 報 告 110 5. 代 表 者 を 変 更 した 場

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information