目 次 はじめに 第 一 章 第 一 節 第 二 節 少 子 高 齢 化 社 会 とは 少 子 化 から 起 こる 問 題 少 子 高 齢 化 社 会 第 二 章 第 一 節 第 二 節 第 三 節 晩 婚 化 未 婚 率 の 上 昇 女 性 雇 用 の 現 状 日 本 経 済 への 影 響 少 子

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに 第 一 章 第 一 節 第 二 節 少 子 高 齢 化 社 会 とは 少 子 化 から 起 こる 問 題 少 子 高 齢 化 社 会 第 二 章 第 一 節 第 二 節 第 三 節 晩 婚 化 未 婚 率 の 上 昇 女 性 雇 用 の 現 状 日 本 経 済 への 影 響 少 子"

Transcription

1 卒 業 論 文 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 経 営 学 部 会 計 学 科 4 年 4 組 22 番 小 林 桃 子

2 目 次 はじめに 第 一 章 第 一 節 第 二 節 少 子 高 齢 化 社 会 とは 少 子 化 から 起 こる 問 題 少 子 高 齢 化 社 会 第 二 章 第 一 節 第 二 節 第 三 節 晩 婚 化 未 婚 率 の 上 昇 女 性 雇 用 の 現 状 日 本 経 済 への 影 響 少 子 化 の 主 な 原 因 第 三 章 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 の 因 果 関 係 第 四 章 第 一 節 第 二 節 第 三 節 第 四 節 女 性 の 社 会 進 出 に 向 けて スウェーデンにおける 女 性 の 活 用 政 策 日 本 での 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 策 男 性 の 育 児 参 加 の 重 要 性 まとめ おわりに. 参 考 文 献 一 覧 および URL 一 覧 あとがき 1

3 はじめに 私 が 卒 論 のテーマに 取 り 上 げた 問 題 は 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 である このテーマ に 決 めた 理 由 は 育 児 に 時 間 がとられ 自 分 のキャリアデザインを 実 現 できない 女 性 が 多 く いる 中 どのようにすれば 双 方 を 両 立 できるか 考 えたからである 生 きがいとは 人 それぞれであるが かつては 結 婚 し 子 供 を 授 かり 育 てていくことが 一 般 的 であった しかし 現 在 では 社 会 の 中 で 働 きたいという 女 性 が 増 え 育 児 と 仕 事 の 間 で 悩 む 女 性 は 少 なくない 少 子 化 の 原 因 としては 女 性 の 社 会 進 出 の 増 加 晩 婚 化 結 婚 を 望 まない 若 者 が 増 えていることが 挙 げられる 結 婚 を 望 まないだけでなく 中 には 結 婚 し たくても 結 婚 できない 若 者 も 増 えていると 思 う 女 性 が 相 手 に 求 める 条 件 の 変 化 不 景 気 による 終 身 雇 用 の 慣 習 の 崩 壊 によって 家 族 を 養 っていく 自 信 がない 男 性 の 増 加 が 原 因 だろ う 今 では 生 涯 独 身 であったとしても 老 後 の 心 配 がいらないような 年 金 制 度 等 が 普 及 してい るので 子 供 が 好 きな 人 だけが 結 婚 し 出 産 するようになったのかもしれない 実 際 私 の 周 り では 同 世 代 でも 出 産 を 経 験 した 人 は 多 い 高 卒 で 社 会 に 出 た 年 齢 が 大 学 進 学 者 より 早 いこ とである 社 会 にでることは 経 済 的 自 立 ももちろんだが 職 場 内 での 良 きパートナーと 出 会 える 機 会 がある 大 学 4 年 生 の 現 在 卒 業 後 変 わる 環 境 によって 今 まで 通 りの 人 間 関 係 でなくなってしまうとなると 大 きな 変 化 があると 実 感 する 特 に 学 生 時 代 の 恋 人 がいる 人 はこれから 先 の 付 き 合 い 方 や 距 離 による 寂 しさから 上 手 くいかない 難 しい 転 換 期 だと 思 う 戦 後 人 工 中 絶 手 術 が 開 始 されてから 日 本 で 最 も 高 い 死 亡 者 数 となっている もし 中 絶 という 選 択 肢 がなかったら 女 性 の 社 会 進 出 は 少 なくなってしまうかもしれないが 少 子 化 においても 今 のようにそこまで 深 刻 な 問 題 ではなかったかもしれない 人 工 中 絶 手 術 はいろいろな 問 題 が 生 じ やむをえなく 女 性 は 決 断 する 出 産 とは 計 画 なしにはできな いのである 最 近 では 少 子 化 対 策 の 必 要 性 が 唱 えられ 人 口 規 模 が 均 衡 する 2.07 まで 回 復 させる 動 きがある しかし このことは 女 性 に 子 供 を 産 ませるための 量 に 関 する 方 策 として 捉 えられてしまいがちなのは 仕 方 がないことかもしれない だからこそ 女 性 はど のように 産 み どのように 育 てるかという 質 に 関 して 考 えなければならない 日 本 特 有 の 女 性 の 労 働 力 率 を 表 した M 字 カーブでは 学 校 を 卒 業 した 20 代 でピークに 達 し 30 代 の 出 産 育 児 で 落 ち 込 み ひと 段 落 ついた 40 代 で 再 上 昇 するという 曲 線 のことを 指 す 最 近 では M 字 雇 用 は 改 善 されつつあり 女 性 の 社 会 進 出 が 進 んでいる 表 れだろう 私 は 自 分 自 身 が 生 涯 仕 事 に 就 きたい 思 いがあるのと 同 時 に 家 族 も 築 き 上 げていくつも りであるが この 論 文 ではそのための 最 善 の 方 法 配 偶 者 の 協 力 の 大 切 さを 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 の 関 係 性 に 触 れながら 考 察 していきたいと 思 う 第 一 章 では 日 本 の 少 子 化 の 現 状 をデータとともに 説 明 していき 少 子 化 からなる 問 題 点 を 指 摘 していく 第 二 章 では 少 子 化 の 原 因 をあげ その 中 の 一 つである 女 性 の 社 会 進 出 について 掘 り 下 げていく 女 性 の 就 業 状 態 を 先 進 諸 国 と 比 べ 日 本 の 女 性 の 社 会 進 出 は 進 んでいるのか 出 生 率 もあげて 比 較 していく そして 日 本 経 済 に 目 を 向 け 少 子 高 齢 化 の 下 での 経 済 活 力 について 見 てい く 第 四 章 で 少 子 化 を 解 消 しつつ 女 性 が 社 会 で 輝 くためはなにかを 明 らかにしていく 2

4 第 一 章 少 子 高 齢 化 社 会 第 一 節 少 子 高 齢 化 社 会 とは 少 子 高 齢 化 社 会 という 言 葉 を 最 近 よく 耳 にする まず 少 子 化 の 定 義 とは 出 生 率 が 持 続 的 に 人 口 の 置 換 水 準 を 下 回 っている 状 態 である 置 換 水 準 とは 人 口 一 定 に 保 つための 必 要 な 出 生 率 をいう 死 亡 率 が 高 ければその 分 産 まなければ 人 口 を 一 定 に 保 てないので 置 換 水 準 は 死 亡 率 に 依 存 する 人 口 を 維 持 できる 合 計 特 殊 出 生 率 は 2.08 であるのに 対 して 現 在 の 日 本 の 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.43 である 年 5 月 1 日 に 明 治 元 年 (1868 年 ) 以 来 はじめて 人 口 が 減 ったと 総 務 省 から 報 じられたように 日 本 は 戦 時 中 の 一 時 をのぞけば 明 らかに 人 口 減 少 の 時 代 を 迎 えるに 至 った 2 未 成 年 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなか 65 歳 以 上 のいわゆる 団 塊 世 代 を 含 む 高 齢 者 は 年 々その 数 を 増 やしている その 結 果 日 本 は 少 子 高 齢 化 社 会 と 呼 ばれるようになったのである 先 進 諸 国 でも 出 生 率 が 1.8 以 上 ある 国 はほ とんどないが 日 本 は 急 速 に 伸 びた 寿 命 も 相 まって 急 速 に 高 齢 化 が 進 んでしまったのであ る 第 二 節 少 子 化 から 起 こる 問 題 少 子 化 がなぜ 悪 いことなのか 通 勤 ラッシュ 等 もなくなりメリットもあるように 思 われ る リストラもなくなり 雇 用 が 安 定 するかもしれない しかしそれ 以 上 にデメリットが 大 きいのが 少 子 高 齢 化 なのである 悪 影 響 として 一 番 に 考 えられるのが 15 歳 ~65 歳 を 対 象 とする 生 産 年 齢 人 口 が 減 少 することである その 結 果 日 本 の 経 済 が 低 迷 してしまう 65 歳 以 上 の 人 が 退 職 することによって 全 体 の 労 働 投 入 量 が 必 然 的 に 減 少 してしまい その 分 今 まで 以 上 の 国 内 総 生 産 (GDP)を 維 持 できなくなってしまう 可 能 性 がある もし 仮 にそ の 状 態 で 一 人 当 たりの GDP が 維 持 されれば 国 民 の 豊 かさも 維 持 され 人 口 減 少 社 会 も 必 ずしも 悪 いことではないと 言 えるかもしれない しかし 現 状 では 難 しく 経 済 の 維 持 の ためにも 生 産 年 齢 人 口 を 増 やしていくことが 必 要 である 日 本 の 少 子 化 は 1974 年 に 始 まり それ 以 降 合 計 出 生 率 が 置 換 水 準 を 下 回 っている しかし その 当 時 はまだ 少 子 化 という 言 葉 がなかったのであまり 問 題 視 されていなかっ た 戦 後 の 過 剰 人 口 意 識 が 強 かった 1950 年 から 1960 年 代 は 出 生 率 が 低 くなることで 過 剰 人 口 を 解 消 するのに 有 効 な 現 象 とされ むしろ 少 子 化 は 歓 迎 されていたのである し かし 1970 年 代 に 入 っても 出 生 率 は 下 がり 続 け 置 換 水 準 との 乖 離 がどんどん 広 がって いき 少 子 化 は 深 刻 な 問 題 として 認 識 されるようになった 1 厚 生 労 働 省 HP(2015/01/06 アクセス) 人 口 動 態 調 査 参 照 2 藤 正 巌 著 変 貌 する 労 働 と 社 会 システム 高 齢 社 会 の 雇 用 変 化 信 山 社 出 版 2008 年 23 ページ 3

5 現 在 の 少 子 化 傾 向 を 無 視 すると 日 本 の 未 来 はどうなっていくのか 70 年 後 日 本 の 人 口 は 半 分 になってしまうかもしれない ( 図 表 1) 図 表 -1:100 年 の 人 口 の 減 少 傾 向 総 人 口 減 少 割 合 現 在 1 億 2759 万 人 ( 現 在 を 100%とする) 30 年 後 1 億 370 万 人 81% 70 年 後 6457 万 人 51% 100 年 後 4534 万 人 36% 出 典 :BusinessJournalhttp://biz-journal.jp/2013/10/post_3019_2.html より 引 用 これだけの 人 口 が 減 ってしまうと 地 域 の 過 疎 化 はもちろん 市 町 村 や 都 市 のほとんど を 放 棄 して 社 会 インフラをギリギリ 維 持 できる 大 都 市 への 移 住 が 強 制 的 に 行 われてし まうかもしれない その 上 日 本 はこの 先 40 年 間 高 齢 化 社 会 がより 悪 化 すると 見 込 ま れる 若 い 世 代 の 人 は3 人 に1 人 が 高 齢 者 という 世 界 を 生 きていかなければならなく 介 護 問 題 等 が 深 刻 になるだろう 第 二 章 少 子 化 の 主 な 原 因 第 一 節 晩 婚 化 未 婚 率 の 上 昇 まず 挙 げられるのが 若 者 の 未 婚 化 晩 婚 化 である 2010 年 の 生 涯 未 婚 率 は 男 性 が 20.14% 女 性 が 10.61%であった 特 に 男 性 は 2005 年 から 2010 年 にかけて 約 4%も 上 昇 している 3 女 性 の 未 婚 化 晩 婚 化 に 関 しては 女 性 の 高 学 歴 化 社 会 進 出 の 増 加 が 原 因 と いわれている 3 公 益 財 団 法 人 生 命 保 険 文 化 センター(2015/01/06 アクセス) より 引 用 4

6 図 表 -2: 性 別 生 涯 未 婚 率 及 び 初 婚 年 齢 1920~2010 年 男 女 年 次 生 涯 未 婚 初 婚 年 齢 生 涯 未 婚 初 婚 年 齢 率 (%) ( 歳 ) 率 (%) ( 歳 ) 男 女 年 次 生 涯 未 婚 初 婚 年 齢 生 涯 未 婚 初 婚 年 齢 率 (%) ( 歳 ) 率 (%) ( 歳 ) 出 所 : 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 人 口 統 計 資 料 集 より 引 用 図 表 -2から 生 涯 未 婚 率 初 婚 年 齢 ともに 年 々 高 くなっていることがわかる 1920 年 から 比 較 すると 2010 年 にはおよそ 10 倍 の 年 齢 まで 達 している つまり 女 性 の 四 人 に 一 人 は 一 生 独 身 の 道 を 選 んでおり 結 婚 して 子 供 を 産 まない 人 を 加 えると 3 分 の 一 を 上 回 る 女 性 が 子 供 を 産 まない 予 測 である 男 性 においては 約 半 分 もの 人 が 生 涯 子 供 を 持 たない 結 果 となっている なにが 若 者 へ 結 婚 を 躊 躇 わせるのか 男 性 の 就 労 状 況 調 査 によると 1992 年 までは 学 生 を 除 く 未 婚 男 性 のほとんど(90% 以 上 )が 正 社 員 もしくは 自 営 業 者 であった 1997 年 5

7 頃 から 非 正 規 雇 用 が 増 え 2005 年 では 学 生 を 除 くと 非 正 規 と 無 職 者 の 割 合 はほぼ 三 割 を 占 めている 4 若 者 は 不 安 定 な 雇 用 により 将 来 収 入 の 見 通 しが 立 たなくなってしまっている のである これが 婚 姻 率 の 低 下 の 一 因 ではないだろうか そしてこのことは 同 時 に 少 子 化 の 原 因 でもある 次 に 挙 げられるのが 上 記 の 原 因 でもあった 女 性 の 社 会 進 出 である 1999 年 に 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 が 制 定 され 女 性 が 社 会 に 出 るための 法 的 整 備 が 進 んでいる かつて 女 性 の 雇 用 は 企 業 にとって 結 婚 前 の 一 時 的 な 雇 用 と 考 えられており 女 性 は 制 度 に 守 られ 家 庭 に 専 念 でき 保 護 の 対 象 であった その 後 差 別 をなくし 継 続 して 働 くための 裁 判 が 行 われ 現 在 の 男 女 平 等 社 会 へと 向 かったのである 自 分 の 能 力 を 活 かしたい 社 会 にでてキャリアを 積 みたいと 願 う 女 性 が 増 えてきた 女 性 の 大 学 進 学 率 は 1970 年 代 から 約 二 倍 に 増 えており 年 々 増 加 傾 向 にある 高 学 歴 女 性 は 家 庭 においての 責 任 に 対 しての 教 養 を 身 につけていると 解 釈 されており つまり 家 庭 を 持 ったときに 母 親 として 家 庭 を 守 る 力 が 養 われているということである 安 倍 政 権 の 成 長 戦 略 の 中 でも 女 性 の 管 理 職 の 増 加 は 盛 り 込 まれている 全 上 場 企 業 において 積 極 的 に 役 員 管 理 職 に 女 性 を 登 用 していただきたい まずは 役 員 に 一 人 は 女 性 を 登 用 していただきたい 5 そして 職 場 復 帰 再 就 職 の 支 援 も 唱 えられており 女 性 が 働 き 続 けられる 環 境 を 目 指 している しかし 現 状 の 支 援 策 では 不 十 分 で 女 性 が 社 会 進 出 を 機 に 退 職 してしまうケー スが 多 い 現 在 の 育 児 休 業 制 度 で 定 められている 最 長 1 年 半 の 休 暇 制 度 では 女 性 が 働 き 続 けることができるまで 対 応 できていない 世 界 的 には3 年 の 育 児 休 業 制 度 が 保 障 されて いることは 珍 しくなく ジェンダー 指 数 が 日 本 より 高 いスウェーデンでは 男 女 ともに 労 働 日 数 480 日 の 休 業 が 認 められかなりの 割 合 で 消 化 されている 4 山 田 昌 弘 著 なぜ 若 者 は 保 守 化 するのか 少 子 化 の 真 因 2009 年 95 ページ 5 首 相 官 邸 HP(2015/01/06 アクセス) より 引 用 6

8 図 表 -3: 先 進 国 の HDI GDI GMI ランキング 合 計 特 殊 出 生 率 ( 参 HDI GDI GEM 国 名 考 ) 順 位 数 値 順 位 数 値 順 位 数 値 出 生 率 ( 年 次 ) ノルウェ ー アイスラ ンド オースト ラリア アイルラ ンド スウェー デン カナダ 日 本 アメリカ 合 衆 国 ( 以 下 抜 粋 ) イタリア イギリス ドイツ 韓 国 出 所 :http://www.sanfujinka-debut.com/topics/birthrate/index.html より 引 用 図 表 -3は 国 連 開 発 計 画 によって 各 国 の 社 会 の 豊 かさを 指 す 人 間 開 発 指 数 (HDI) 男 女 間 の 格 差 を 指 すジェンダー 開 発 指 数 (GDI) 女 性 の 政 治 参 加 や 意 思 決 定 に 参 加 できるか どうかを 表 すジェンダー エンパワーメント 指 数 (GMI)のランキングである 日 本 は 他 の 先 進 国 に 比 べて 劣 っていることがわかる 出 生 率 を 見 てみると 女 性 の 社 会 進 出 の 指 数 が 高 い 国 でも 日 本 より 出 生 率 が 高 くなっている このことから 女 性 の 社 会 進 出 が 少 子 化 の 原 因 になっている 根 拠 になっていないことがいえる 日 本 よりはるかに 数 値 が 高 いノルウェーはどんな 政 策 がとられているのだろうか 伝 統 的 にノルウェーでは 女 性 の 解 放 運 動 が 盛 んであり 1990 年 代 以 降 から 生 産 性 向 上 のために 女 性 の 社 会 参 加 が 必 要 であると 社 会 的 コンセンサスが 形 成 された 社 会 進 出 の 支 援 のみな らず 家 庭 においての 男 性 の 役 割 が 注 目 され 男 女 平 等 に 関 する 政 策 の 中 でも 重 視 されてい る 1988 年 95%の 男 性 が 家 事 は 女 性 の 仕 事 であると 回 答 したのに 対 し 2007 年 では 同 7

9 様 の 回 答 した 男 性 は 約 半 数 の 48%になるなど 男 性 の 意 識 に 大 きな 変 化 が 生 じている 6 そ の 上 ノルウェーでは 男 女 共 同 参 画 を 推 し 進 めた 結 果 合 計 特 殊 出 生 率 が 上 昇 している こ のことから 女 性 の 社 会 進 出 が 問 題 なのではなく 周 囲 の 協 力 つまり 男 性 の 理 解 が 大 きく 関 わっていることがわかる 少 子 化 が 進 むと 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 とともに 経 済 への 影 響 も 出 てきてしまうので 女 性 の 社 会 進 出 は 推 進 していくべきなのである 第 二 節 女 性 雇 用 の 現 状 日 本 の 経 済 社 会 は 現 在 大 きな 転 換 期 を 迎 えており 経 済 は 成 熟 期 を 迎 え 今 後 の 経 済 成 長 の 実 現 は 中 長 期 的 にバブル 崩 壊 前 のような 高 い 実 質 経 済 成 長 率 を 期 待 できない 状 況 で ある こうした 中 で 企 業 が 女 性 の 活 用 を 進 めるには 厳 しいのが 現 状 だ しかし 高 齢 化 に よる 労 働 力 人 口 の 減 少 を 考 慮 すると 経 済 の 持 続 的 な 発 展 や 国 民 全 体 が 豊 かで 質 の 高 い 生 活 を 送 るためには 女 性 の 能 力 発 揮 を 推 し 進 め 生 涯 にわたり 充 実 な 職 業 生 活 をおくること ができるようにすることが 課 題 となっている 女 性 労 働 者 は 量 的 に 増 大 するのみでなく 質 的 にも 変 化 しつつある 1 企 業 あたり 総 合 職 で 働 く 女 性 の 割 合 は 総 合 職 全 体 の 3.5% に 高 まり 中 でもサービス 業 は 11.6%と 最 も 高 い 部 門 別 にみると 女 性 は 広 報 としての 割 合 が 最 も 高 い 有 能 な 女 性 を 積 極 的 に 登 用 していく とする 企 業 が6 割 を 超 え 今 後 の 女 性 の 活 用 方 針 を 定 めている また 勤 続 年 数 は 伸 長 する 傾 向 にあり 同 じ 職 場 における 勤 続 年 数 は 平 均 8 年 余 りとなっている また 女 性 労 働 者 の 約 3 割 は 10 年 以 上 という 長 期 勤 続 者 なのだ 男 女 の 賃 金 格 差 は 年 々 縮 小 傾 向 にあり 学 歴 構 成 勤 続 年 数 職 階 に 関 係 している しかし 勤 続 年 数 による 格 差 は 徐 々になくなっているのに 対 して 職 階 の 違 いはそれ 程 縮 まっていないため 職 階 による 格 差 はほとんど 変 わっていないに 等 しい こ のことから 日 本 の 男 女 の 平 均 賃 金 の 差 は 欧 州 諸 国 と 比 べるといまだ 大 きい 6 ノルウェー 大 使 館 HP(2015/01/06 アクセス)http://www.no.emb-japan.go.jp/index_j.ht myori より 引 用 8

10 図 表 -4: 女 性 の 勤 続 年 数 の 推 移 出 所 : 厚 生 労 働 省 より 引 用 女 性 雇 用 者 のうち 有 配 偶 者 は6 割 弱 を 占 めており 子 供 のいる 世 帯 においても 半 数 以 上 が 就 業 者 である いわゆる 共 働 きの 夫 婦 が 多 い 就 業 形 態 については 多 様 化 が 進 ん でいる 女 性 雇 用 者 の 約 半 数 はパートタイム 等 の 非 正 規 雇 用 者 であり 中 でもパートタイ ム 労 働 者 の 増 加 傾 向 は 顕 著 である 自 分 の 都 合 の 良 い 時 間 に 働 きたいという 理 由 や 家 庭 や 介 護 と 両 立 したい 理 由 があげられる 男 性 の 場 合 正 規 と 非 正 規 の 割 合 が 逆 転 するのは 65 歳 以 上 であり 女 性 よりずっと 遅 い 非 正 規 と 正 規 での 年 収 差 は 大 きく 約 200~300 万 もの 差 が 生 じている 女 性 の 労 働 力 率 は 全 ての 年 齢 層 において 上 昇 傾 向 にあり 女 性 と 社 会 の 関 わりは 大 きくなっている 職 業 選 択 時 に 女 性 向 きといわれる 職 業 より 新 たな 分 野 にチ ャレンジしようとする 女 性 が 増 ええつつあり 希 望 する 就 職 先 キャリアアップを 目 指 し た 資 格 取 得 や 教 育 訓 練 の 受 講 も 多 くみられる 長 い 間 職 場 から 離 れることによって 労 働 意 欲 の 低 下 情 報 交 換 の 乏 しさ 等 からなかなか 育 児 休 暇 をとる 前 のパフォーマンスにもどる ことは 難 しいという 意 見 もある 私 自 身 4 年 間 非 正 規 労 働 者 として 働 いてきたが 半 年 職 場 を 離 れるだけで 戻 りにくくなってしまった 経 験 がある その 時 思 ったことは 社 員 の 皆 さんの 気 配 り そして 自 分 の 居 場 所 が 残 っているという 事 が 復 帰 の 道 へと 導 いてくれるの だと 思 った 第 三 節 日 本 経 済 への 影 響 総 務 省 による 2013 年 10 月 時 点 の 人 7 人 口 推 計 で 15~64 歳 の 生 産 年 齢 人 口 が 32 年 ぶ りに 8000 万 人 を 割 り 込 んだという 発 表 があったように 日 本 では 18 年 連 続 で 生 産 年 齢 人 口 が 減 少 している このことは 少 子 高 齢 化 によって 起 こった 現 象 である 9

11 図 表 -5: 生 産 年 齢 人 口 の 推 移 図 表 5から 少 子 高 齢 化 によって 総 人 口 は 数 値 を 維 持 しているのに 対 し 生 産 年 齢 人 口 は 年 々 減 少 していくとみられる 生 産 年 齢 人 口 と は 生 産 活 動 の 中 心 となる 年 齢 の 人 口 層 を 指 す のでこの 数 値 が 日 本 の 経 済 活 動 に 影 響 してくる のである 人 口 の 増 加 は 経 済 成 長 にプラスの 影 響 をもたらすので 経 済 成 長 は 人 口 成 長 率 に 依 存 するのである 働 く 人 が 増 えれば 生 産 は 増 え やすくなり 貯 蓄 が 増 えて 国 内 での 投 資 が 増 え れば 生 産 力 は 高 まり 経 済 成 長 を 遂 げることが できる 少 子 高 齢 化 の 下 では 生 産 年 齢 人 口 を 増 やすためにも 女 性 の 活 用 が 重 要 だろう 出 所 : 日 本 経 済 新 聞 (2014/04/15) 03L_V10C14A4MM8000/より 引 用 第 三 章 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 の 因 果 関 係 今 の 女 性 の 働 き 方 は 女 性 が 求 めて 働 いているのではなく 家 計 を 助 けるために 働 いて いる 方 が 多 いと 思 われる 実 際 に 時 間 の 融 通 がきく 非 正 規 雇 用 パートタイマーは 主 婦 層 の 割 合 が 高 くなっている 私 の 周 りの 主 婦 の 方 々は 子 供 の 学 校 行 事 や 習 い 事 を 優 先 にシフトを 組 んでおり 子 供 中 心 に 動 いている 3~4 人 子 供 がいる 方 の 初 婚 年 齢 第 一 子 出 産 年 齢 は 若 く 今 の 私 の 年 齢 の 時 にはすでに 母 親 になっていることを 考 えると 社 会 人 になる 年 齢 が 結 婚 出 産 に 関 係 していると 実 感 する 少 子 化 の 原 因 が 必 ずしも 女 性 の 社 会 進 出 といえないのは 先 進 国 の 国 々が 日 本 よりも 高 い 人 間 関 係 指 数 を 達 成 して いる 上 に 合 計 特 殊 出 生 率 も 日 本 を 上 回 る 数 値 を 記 録 していることからである 女 性 の 社 会 進 出 と 出 産 育 児 の 関 係 で 最 も 大 事 なことは 出 産 育 児 の 機 会 コストとされて いる ここでの 機 会 コストとは 有 職 者 女 性 が 出 産 育 児 を 機 に 退 職 し 非 正 規 労 働 者 へ の 転 職 などによる 将 来 的 な 所 得 の 減 少 のことである 機 会 コストが 減 少 してしまう 要 因 は3つが 挙 げられ 1つ 目 は 教 養 や 職 業 経 歴 の 個 人 による 資 質 や 男 女 差 別 からなる 社 会 的 制 約 により 定 まる 個 人 の 所 得 獲 得 能 力 である この 所 得 獲 得 能 力 が 高 いと 機 会 コス トは 高 くなる 2つ 目 は 転 職 を 余 儀 なくさせられる 度 合 いであり 女 性 の 立 場 からみた 仕 事 と 家 庭 の 役 割 の 両 立 のし 易 さから 特 に 規 定 されている この 両 立 度 は 家 族 環 境 職 場 環 境 地 域 環 境 法 的 環 境 といった 社 会 環 境 に 依 存 することになる 三 つ 目 は 転 職 に よる 収 入 の 大 幅 な 減 少 や 同 じ 職 に 復 職 することが 難 しくなる 等 柔 軟 な 働 き 方 ができな 10

12 い 度 合 いによる 要 因 である 働 き 方 については 女 性 は 現 実 主 義 者 であり 男 性 の 方 が 理 想 と 現 実 との 差 が 大 きい 厚 生 労 働 省 の 委 託 で 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティン グが 実 施 した 子 育 て 期 の 男 女 への 仕 事 と 子 育 ての 両 立 に 関 するアンケート 調 査 (2009 年 )によると 家 事 と 仕 事 子 育 てを 両 立 させたいと 考 えている 正 社 員 は 女 性 で 52.3% 男 性 58.4%となっている しかし 実 際 には 仕 事 に 専 念 どちらかという と 仕 事 優 先 が 女 性 では 31.2% 男 性 では 74.5%となっており 男 性 においての 理 想 と 現 実 との 差 が 顕 著 に 現 れている 7 この 調 査 から 夫 婦 での 家 庭 においての 認 識 の 違 い がみてとれる 図 表 -6 出 典 :http://www.babycome.ne.jp/online/research/detail.php?vol=76 より 引 用 図 表 -6からわかるように 子 育 てにおいて 一 番 の 障 害 は 経 済 的 な 問 題 である 夫 婦 はお 互 い 合 意 のうえで 子 供 を 作 るので 第 一 子 まではスムーズにいくかもしれない し かし 第 二 子 になると 妻 の 就 業 が 出 生 意 欲 に 影 響 を 及 ぼすようになってくる 性 別 によ って 効 果 を 及 ぼす 方 向 性 は 異 なり 男 性 は 妻 が 就 業 すると 二 人 目 が 欲 しいと 思 うのに 対 し 女 性 は 自 分 自 身 が 社 会 に 出 ていると 二 人 目 は 欲 しくないと 思 う 割 合 が 高 くなる こ のすれ 違 いは 日 本 社 会 に 根 付 いている 性 別 役 割 分 業 が 大 きく 関 係 しており 昔 から 日 7 朝 日 新 聞 (2015/01/07 アクセス) 引 用 11

13 本 では 男 性 は 外 に 出 て 安 定 した 稼 ぎを 持 ってくることを 期 待 されているし 女 性 は 家 事 育 児 を 担 い 家 を 守 ることが 期 待 されてきた 近 年 の 雇 用 情 勢 の 変 化 によって 男 性 の 雇 用 は 必 ずしも 安 定 的 なものでなくなってしまったので 夫 婦 共 働 きで 家 族 を 支 え る 方 が 経 済 的 安 心 度 はかなり 高 くなる このことが 夫 の 出 生 意 欲 を 高 めている 原 因 と 推 定 される 一 方 妻 の 立 場 から 考 えられる 心 理 は 現 状 の 女 性 に 大 きな 負 担 がかかる 子 育 てにおいて 一 人 目 の 出 産 を 終 えた 際 では 働 きながら 二 人 の 子 供 を 育 てることは 難 しい と 感 じてしまうだろう 世 帯 収 入 に 対 する 妻 の 収 入 の 割 合 が 相 対 的 に 高 ければ 出 産 を 機 に 仕 事 を 辞 められては 経 済 的 に 困 ってしまう 状 況 になりかねない このことから 夫 婦 での 出 生 意 欲 に 対 する 認 識 の 違 いが 生 じてくるのだろう 妻 の 就 業 が 夫 婦 の 経 済 面 で 大 きなウェイトを 占 めている 場 合 意 思 決 定 家 事 分 担 出 生 意 欲 は 女 性 に 決 定 権 が 委 ねられることが 多 くなる 長 期 的 な 展 望 がないと 子 供 をもつことは 難 しいので 雇 用 の 安 定 化 格 差 の 是 正 教 育 費 の 負 担 軽 減 等 の 子 育 てに 関 する 環 境 を 整 えることが 結 果 と して 少 子 化 の 歯 止 めに 繋 がっていく 少 子 化 の 問 題 でなくても 格 差 を 減 らす 政 策 は 必 要 で 男 女 の 賃 金 格 差 を 埋 め 男 性 でも 女 性 でも 働 ける 方 が 働 くという 柔 軟 な 考 えを 持 て るような 社 会 になっていけたら 少 子 化 も 改 善 されていくのではないだろうか 賃 金 格 差 の 問 題 においては もし 女 性 の 賃 金 を 男 性 と 同 等 なものにした 場 合 女 性 も 競 争 社 会 の 中 で 働 くことになり 産 休 や 育 児 休 暇 を 取 得 後 男 性 と 同 じような 不 安 にかられ 職 場 復 帰 が 困 難 になってしまう 可 能 性 も 否 定 できない 少 子 化 傾 向 を 逆 転 さえるためには 文 明 システム つまり 男 女 の 家 庭 においてのあり 方 の 考 え 方 を 変 えていくべきである 女 性 が 社 会 進 出 することは 少 子 化 による 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 を 解 消 するとともに 男 性 に 第 二 子 への 出 生 意 欲 を 高 めるという 効 果 を 生 み 出 すのである 出 産 できるのは 女 性 の 特 権 であり 能 力 的 には 変 わりない 男 女 かもしれないが 女 性 の 出 産 をサポートするため の 支 援 策 は 必 要 であり 男 性 とは 異 なる 制 度 政 策 を 作 っていくことが 大 事 なのである 12

14 図 表 -7: 少 子 化 対 策 出 典 : 宮 若 市 役 所 市 民 アンケート(2008 年 ) より 引 用 では 一 般 の 国 民 は 少 子 化 対 策 として 何 を 望 んでいるのだろうか 福 岡 県 若 宮 市 では この 点 を 市 民 にアンケートをとっている 図 表 7 はそれをまとめたものであるが これ を 見 ると 安 心 して 仕 事 ができる 子 育 て 環 境 の 充 実 経 済 負 担 の 軽 減 を 強 く 望 んで いることがわかる 安 心 して 仕 事 ができる 子 育 ての 環 境 は 地 域 によって 異 なる( 地 域 子 育 て 支 援 整 備 の 促 進 や 保 育 サービスの 充 実 に 取 り 組 んでいる 等 ) 私 の 出 身 地 である 千 葉 県 四 街 道 市 では 子 育 て 支 援 センターがあり お 母 さん 方 の 交 流 の 場 である 子 供 を 預 けられるだけでなく お 母 さんを 対 象 にしているサークルもあり 育 児 による 悩 みを 共 有 できることだけでも 心 強 いと 思 う 子 供 によって 親 の 輪 も 広 がっていくことは 楽 し みの 一 つであり 将 来 進 んで 参 加 していきたいと 思 う 第 四 章 女 性 の 社 会 進 出 に 向 けて 第 一 節 スウェーデンにおける 女 性 活 用 政 策 これまで 少 子 化 と 女 性 の 社 会 進 出 の 関 係 性 を 人 口 や 経 済 と 結 び 付 けて 論 じてきたが 女 性 の 社 会 進 出 は 少 なからず 少 子 化 の 原 因 であった しかし 日 本 より 合 計 特 殊 出 生 率 が 高 い 国 の 方 が 男 女 平 等 も 進 んでおり 経 済 成 長 を 遂 げている 図 表 3から スウェーデンは 人 間 開 発 指 数 ジェンダー 開 発 指 数 ジェンダー エ ンパワーメント 指 数 すべてにおいて 日 本 より 数 値 が 高 いことがわかる 女 性 の 社 会 進 出 13

15 が 日 本 より 進 んでいるのに 関 わらず 合 計 特 殊 出 生 率 は 1.75 と 日 本 より 高 い 数 値 を 維 持 している スウェーデンを 始 めとする 北 欧 福 祉 国 家 は 社 会 保 障 制 度 税 制 への 信 頼 がとても 高 く 経 済 グローバル 化 の 中 で 競 争 力 を 発 揮 しつつ 高 い 福 祉 や 教 育 の 水 準 を 維 持 しているのである このように 女 性 の 社 会 進 出 が 進 んでいるスウェーデンにおいて も 以 前 は 日 本 と 同 様 に 女 性 は 家 庭 に という 考 えが 常 識 であった スウェーデンで は 1960 年 代 に 急 速 な 高 度 経 済 成 長 を 遂 げたことにより 労 働 力 不 足 が 深 刻 な 問 題 となり 女 性 の 社 会 進 出 が 進 んだという 背 景 がある いまでは 女 性 の 生 産 年 齢 人 口 の 76%が 職 業 をもって 働 いており ほとんどの 女 性 が 職 を 持 っている 8 保 育 所 は 朝 7 時 から 夕 方 6 時 までと 決 められており 就 学 前 の 子 供 全 員 が 入 れる 保 育 所 が 整 備 されているのであ る これは 子 供 が 少 なくなると 一 人 遊 びやテレビゲームに 時 間 を 費 やしてしまう 子 供 が 増 え 社 会 性 や 協 調 性 に 欠 けた 異 常 な 社 会 集 団 を 生 む 危 険 性 があることから 保 育 所 整 備 に 力 が 注 がれているのである そして 450 日 間 の 育 児 休 暇 制 度 では 父 親 があまり 育 児 に 参 加 しないという 問 題 が 生 じた 経 験 から 30 日 間 は 必 ず 父 親 がとらなければいけな い 規 定 になっている スウェーデンでの 育 児 休 暇 は 100% 消 化 されている 一 方 日 本 男 性 の 育 児 休 暇 取 得 率 は 2.03%であり 改 善 傾 向 ではあるが 低 い 数 値 を 記 録 している 9 そして 児 童 手 当 金 制 度 である この 制 度 は 義 務 教 育 が 終 了 する 16 歳 までに 支 給 され る 制 度 であり 子 供 1 人 の 場 合 には 月 額 円 2 人 の 場 合 には 円 3 人 の 場 合 には 円 と 支 給 され 16 歳 を 過 ぎても 高 校 在 学 者 である 場 合 には 教 育 手 当 金 として 継 続 支 給 されることになっている このことから スウェーデンでは 国 民 から 集 められた 税 金 がしっかりと 国 民 に 還 元 されていることがわかる そして 強 制 的 に 父 親 の 育 児 参 加 を 決 めており 育 児 休 暇 制 度 100% 消 化 率 も 決 まりであるから 実 現 できてい るのだと 思 われる 日 本 では 男 性 の 育 児 休 暇 制 度 を 20%までに 上 げる 目 標 を 掲 げている が 現 実 的 にはかなり 低 い 数 値 になってしまっている 制 度 等 を 強 制 的 にして 女 性 の 社 会 進 出 を 社 会 全 体 で 支 えている 点 が 日 本 との 大 きな 違 いではないだろうか 第 二 節 日 本 での 仕 事 と 家 庭 の 両 立 支 援 策 では 女 性 の 雇 用 を 増 やすためにはどのような 支 援 策 制 度 が 必 要 なのだろうか 女 性 が 結 婚 そして 出 産 を 終 えた 後 も 継 続 して 働 き 続 けるためには 子 供 の 保 育 の 問 題 があがるだろう 改 正 前 の 労 働 基 準 法 では 産 前 産 後 6 週 間 の 休 暇 が 保 障 されていた が 産 休 明 けに 生 後 一 か 月 半 の 乳 児 の 保 育 者 を 探 すために 母 親 は 様 々な 苦 労 をしてき たと 思 われる 10 女 性 が 働 くことが 一 般 的 になった 今 共 働 き 夫 婦 が 大 多 数 を 占 める 社 会 では 保 育 サ ービスの 質 と 量 が 確 保 されることが 重 要 である まず 待 機 児 童 の 問 題 を 解 消 するのが 目 標 であり 潜 在 的 待 機 児 童 は 約 24 万 人 いるといわれている その 他 の 保 育 所 の 問 題 8 スウェーデンの 社 会 保 障 制 度 ページ(2015/01/30 アクセス) 9 日 本 経 済 新 聞 (2014/06/23)mw.nikkei.com より 引 用 10 手 塚 和 彰 中 窪 裕 也 著 変 貌 する 労 働 と 社 会 システム 73 ページ 参 照 14

16 点 として 利 用 者 との 直 接 契 約 が 認 められていないことである 児 童 福 祉 法 ( 平 成 10 年 )の 改 正 により 認 可 保 育 所 に 入 るためには 利 用 者 が 保 育 所 を 選 び その 順 位 を 市 町 村 に 申 し 込 む 利 用 者 選 択 方 式 に 改 められた しかし 利 用 者 の 直 接 的 な 契 約 者 は 市 町 村 であり 市 町 村 が 定 める 個 々の 保 育 の 必 要 度 に 応 じて 希 望 する 保 育 所 を 独 自 の 基 準 で 判 断 し 割 り 当 てる 仕 組 みであることに 変 わりはない これは 保 育 サービスの 供 給 が 限 られていることから 公 正 性 に 基 づいた 制 度 とされているが 事 業 主 からしてみれば 営 業 努 力 をしなくても 市 町 村 が 割 り 当 ててくれるので サービス 価 格 が 一 律 に 定 められ ている 仕 組 みとなっている このように 行 政 が 利 用 者 を 認 可 保 育 所 の 空 き 状 況 に 応 じて 割 り 当 てが 行 われる 限 り 認 可 保 育 所 は 質 の 高 い 保 育 サービスを 提 供 しようとする 意 欲 がないのも 当 然 だ 保 育 の 利 用 料 は 保 育 の 必 要 度 に 応 じてサービスを 受 け 取 り その 能 力 に 応 じて 費 用 を 負 担 する 原 則 である このような 社 会 主 義 的 な 制 度 は 今 後 女 性 が 働 くことが 当 たり 前 の 時 代 になった 時 に 幅 広 い 一 般 の 社 会 階 層 対 象 とする 場 合 には 機 能 し 難 い 割 り 当 て 制 度 により 潜 在 的 に 保 育 サービス 顕 在 化 が 妨 げられている この 状 況 を 打 開 するためには 保 育 サービスに 見 合 った 費 用 を 支 払 えるような 制 度 にする 必 要 がある ではなぜ 少 子 化 なのに 待 機 児 童 が 発 生 してしまうのか 一 般 的 に 考 えれば 子 供 が 少 なくなれば 保 育 所 に 入 所 する 子 供 も 減 り 待 機 児 童 は 減 ると 思 われる たしかに 少 子 化 によって 過 疎 化 が 進 んでいる 地 域 もあり 廃 校 になるなど 少 子 化 の 減 少 が 実 感 できる しかし 主 要 都 市 部 ではいまだに 人 口 が 増 えているのである 都 市 部 は 仕 事 を 理 由 とし て 住 んでいる 人 が 多 いため 必 然 的 に 保 育 所 に 預 けられなければ 子 供 を 産 むことができ ないのである 反 対 に 子 供 を 産 みたいと 思 っても 預 け 先 がないなら 躊 躇 ってしまう 人 も 少 なからずいると 思 われる 子 供 への 教 育 も 考 慮 すると 幼 稚 園 の 方 が 入 学 前 の 準 備 や 学 習 できる 長 期 休 暇 もき ちんとあり 親 子 参 加 の 行 事 が 多 いことから 子 供 の 成 長 を 逐 一 見 守 れるメリットがある 幼 稚 園 では 親 同 士 の 交 流 も 盛 んであり 時 間 に 余 裕 がある 人 はおすすめである 一 方 保 育 所 のメリットとしは 保 護 者 の 負 担 が 少 なく 帰 りも 夕 方 行 事 も 土 日 など 働 く 親 へ の 配 慮 がされている 栄 養 のある 食 事 を 食 べさせてくれ 生 活 習 慣 のしつけ 等 を 行 って くれる デメリットとしては 生 活 や 遊 びが 中 心 なので 学 習 的 な 側 面 はあまり 期 待 でき ない 幼 稚 園 は3 歳 からであり 年 齢 的 には 職 場 復 帰 できるので 働 く 親 を 元 に 作 られ ている 保 育 所 の 人 気 がわかる 15

17 図 表 -8: 幼 稚 園 と 保 育 所 の 違 い 出 所 :http://momomamablog.pink/archives/65.html より 引 用 少 子 化 時 代 の 女 性 労 働 政 策 として 合 計 特 殊 出 生 率 を 上 昇 させるための 方 策 において 両 立 支 援 である 保 育 政 策 の 重 要 性 が 理 解 され 児 童 福 祉 という 狭 い 分 野 から 国 の 重 要 な 政 策 目 標 として 注 目 されるようになった この 目 標 が 掲 げられた 理 由 として 女 性 の 労 働 力 率 が 高 い 国 は 出 生 率 も 高 いという OECD 加 盟 24 ヶ 国 の 2000 年 データに 対 応 したものであ る 11 これまでの 児 童 福 祉 分 野 を 中 心 とした 政 策 に 加 えて 2003 年 に 少 子 化 社 会 対 策 基 本 法 と 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 12が 成 立 され 女 性 の 雇 用 労 働 化 が 進 められた 日 本 における 少 子 化 対 策 としては 1994 年 エンゼルプラン を 発 表 から 始 まり 保 育 施 設 を 充 実 させることが 推 し 進 められた 次 に 発 表 された 政 策 として 1999 年 信 エ ンゼルプラン が 制 定 される エンゼルプランとの 違 いは 働 き 方 および 保 育 サービス の 充 実 に 加 え 相 談 教 育 住 宅 などの 総 合 的 な 実 施 計 画 が 組 み 込 まれた 面 であり 2004 年 を 目 標 に 実 施 されたのである そして 2004 年 には 男 性 を 含 めた 働 き 方 の 見 直 しを 盛 り 込 んだ 少 子 化 対 策 プラスワン が 発 表 され 実 現 のために 少 子 化 対 策 基 本 法 の 制 定 児 童 手 当 法 児 童 福 祉 法 育 児 介 護 休 業 法 の 改 正 も 同 時 に 行 われた 2004 年 には 少 子 化 社 会 対 策 大 綱 を 具 現 化 した 子 供 子 育 て 応 援 のプラン も 発 表 されたのである 上 記 のように 日 本 政 府 は 少 子 化 に 対 して 様 々な 対 策 を 行 い 努 力 してきたが 少 子 化 の 進 行 は 止 まることがなく 政 府 だけでは 十 分 な 効 果 は 得 られないと 政 府 の 限 界 が 指 摘 さ れ 違 う 視 点 から 少 子 化 を 対 策 することが 必 要 になるのである まず 子 供 にかかる 費 用 を 軽 減 させることが 一 番 に 考 えられる 子 供 を 持 つかどうか あるいは 何 人 持 つかと いった 選 択 は 子 供 一 人 にかかる 費 用 と 効 用 によって 決 まる 子 供 が 欲 しくても 経 済 的 な 見 通 しがつかなければ 意 図 的 に 子 供 は 作 れないのである 子 供 にかかる 養 育 費 は 一 人 当 たり 約 3000 万 円 ともいわれている 13 乳 幼 児 から 大 学 を 卒 業 するまでの 22 年 間 の 間 で 見 積 もられた 額 であるが もし 私 立 に 入 学 することがあればもっと 費 用 が 嵩 むであ るだろう しかし 費 用 と 効 用 については 個 々の 価 値 観 や 教 育 費 母 親 が 子 育 てによっ 11 男 女 共 同 参 画 会 議 少 子 化 男 女 共 同 参 画 に 関 する 専 門 調 査 会 (2005 年 )より 12 雇 用 環 境 の 整 備 や 保 育 サービス 等 の 充 実 地 域 社 会 における 子 育 て 支 援 体 制 の 整 備 等 基 本 的 政 策 そして 内 閣 府 に 少 子 化 社 会 対 策 会 議 の 設 置 を 定 めた 13 All about money(2015/01/30 アクセス) 参 照 16

18 て 働 けない 期 間 の 収 入 の 減 少 や 再 就 職 する 際 の 費 用 も 計 算 に 入 れなければならないの で 把 握 が 難 しいとされている 子 育 てにかかる 費 用 が 少 子 化 の 原 因 ならば 児 童 手 当 を 充 実 させようと 政 府 はこれまで 児 童 手 当 の 給 付 額 や 対 象 年 齢 について 制 度 を 変 更 して きたが それらの 改 正 の 結 果 として 少 子 化 の 改 善 には 結 びつかなかったのである 理 由 としては 児 童 手 当 が 家 計 の 出 生 行 動 に 与 える 影 響 が 極 めて 小 さく 所 得 の 増 加 が 更 なる 養 育 費 の 増 加 へと 繋 がってしまったからである 児 童 手 当 によって 少 子 化 の 解 消 を 期 待 するのであれば 児 童 手 当 をかなり 増 額 し 北 欧 諸 国 の 様 な 充 実 した 制 度 でなければ 効 果 は 期 待 できないだろう このように 様 々な 政 策 が 展 開 されてきたが 実 効 性 はみてと ることができないでいる 日 本 企 業 の 雇 用 管 理 や 企 業 風 土 が 原 因 と 考 えられており 日 本 においての 女 性 は 家 庭 を 守 るもの という 伝 統 的 な 価 値 観 がいまだ 根 強 いのだろう 女 性 の 社 会 進 出 を 拡 大 させるために 必 要 なことは 今 ある 支 援 策 や 制 度 を 十 分 に 利 用 す るための 周 囲 の 協 力 や 配 慮 ではないだろうか 第 三 節 男 性 の 育 児 参 加 の 重 要 性 子 育 てにかかる 時 間 は 週 平 均 で 37 時 間 であり 女 性 にかぎれば 53 時 間 となっており 一 日 平 均 5.3 時 間 となる 14 図 表 -9: 子 育 てに 費 やしている 時 間 男 性 有 職 者 女 性 専 業 主 婦 出 所 :Garbagenews.com(2013 年 )より 引 用 図 表 -9は 20 歳 ~49 歳 の 男 女 を 対 象 に 調 査 したものであり 男 性 の 子 育 ては16.8 時 間 / 週 と 少 なめであるのがわかる 一 方 女 性 に 関 しては 有 職 者 女 性 が 41.1 時 間 / 週 子 育 てに 費 やして おり 専 業 主 婦 に 限 れば 73.0 時 間 / 週 となり 一 日 平 均 およそ10 時 間 もの 時 間 を 育 児 に 費 やして いることがわかる 専 業 主 婦 に 比 べ 就 業 している 女 性 は 相 対 的 に 子 育 てに 費 やせる 時 間 が 少 ないので 子 供 の 教 育 にマイナスの 影 響 を 与 えるのではないかとの 意 見 もあるが 母 親 が 働 くこと によるメリットもある 世 帯 所 得 が 高 いほど 子 供 の 教 育 への 投 資 が 多 くなり つまり 勤 労 所 得 が 高 い 世 帯 では 質 の 高 い 家 事 育 児 に 関 連 する 市 場 のサービスを 利 用 できる 機 会 が 増 える 母 親 が 就 業 しているか 否 かではなく 母 親 が 子 供 に 対 する 接 し 方 態 度 が 重 要 であり このことは 仕 事 に 対 する 態 度 および 価 値 観 がそのまま 子 供 への 接 し 方 へ と 影 響 されやすいことから 言 える 例 えば 仕 事 の 満 足 度 が 高 い 状 態 で 帰 宅 し 良 い 情 緒 である 場 合 子 供 への 接 し 方 はより 温 かくなると 指 摘 されている 仕 事 でのストレスが 高 いと 子 供 へマイナスの 影 響 を 与 えてしまうことになる 以 上 より 母 親 の 就 業 は 必 時 間 ずしもマイナスの 影 響 を 与 えるとはいえないのである 14 内 閣 府 国 民 生 活 白 書 - 第 4 節 子 育 てにかかる 時 間 参 照 17

19 次 に 夫 の 家 事 参 加 は 子 育 てにどのような 影 響 があるのだろうか 共 働 きの 夫 婦 におい て 夫 の 家 事 参 加 は 必 須 になってくるが 家 事 は 自 分 の 役 割 と 認 知 している 妻 とそうでな い 妻 とでは 夫 の 家 事 参 加 の 量 に 違 いが 生 じる つまり 前 者 の 妻 は ほとんどの 家 事 をや ることは 当 然 のことと 思 っているのに 対 して 後 者 の 妻 はそのようにほとんどの 家 事 を やる 状 況 になった 場 合 夫 への 不 満 が 生 じ このことから 夫 の 家 事 参 加 への 要 求 へとつ ながっている 男 性 の 家 事 参 加 の 少 なさが 問 題 となるのは 妻 が 夫 に 対 して 家 事 参 加 を 期 待 する 場 合 であり 期 待 されていない 場 合 は 問 題 とならないが 少 子 化 との 関 連 を 見 てみると 問 題 となっていることがわかる ( 図 表 -10) 図 表 -10: 夫 の 家 事 参 加 と 出 生 割 合 の 関 係 より 引 用 図 表 -10から 第 二 子 以 降 の 出 生 に 関 して 夫 の 家 事 育 児 への 協 力 が 関 係 している ことがわかる 家 事 育 児 不 参 加 の 夫 の 家 庭 では 9 割 が 第 2 子 の 出 生 がないのに 対 し 6 時 間 以 上 の 家 事 育 児 参 加 の 協 力 がある 夫 の 家 庭 では 約 7 割 もの 割 合 で 第 2 子 の 出 生 があるのである 休 日 に6 時 間 以 上 家 事 育 児 に 時 間 を 費 やしてくれる 男 性 は 一 般 的 に 育 メンパパ とよばれている この 調 査 の 結 果 から 二 人 以 上 子 供 を 育 てていくこ とは 夫 の 協 力 なしでは 実 現 できないということが 言 えるのである 夫 の 家 事 参 加 に 及 ぼす 妻 の 就 業 の 効 果 については4つの 仮 説 があり 家 族 の 生 活 のあ 18

20 り 方 は 学 歴 や 職 種 収 入 などによってかなり 異 なるという 研 究 結 果 が 得 られている 15 相 対 的 資 源 説 夫 婦 間 での 相 対 的 な 社 会 経 済 的 資 源 の 量 に 着 目 する 仮 説 である たとえば 妻 の 資 源 が 相 対 的 に 多 くなれば 夫 は 家 事 をやらなければまずい と 思 うのに 対 し 夫 の 稼 ぎの 方 が 良 ければ 家 事 をしなくても 構 わない と 正 当 化 する 理 由 になる 時 間 制 約 説 夫 に 手 伝 いたい という 気 持 ちがあったとしても 残 業 等 で 家 にいる 時 間 が 少 なくな り その 結 果 家 事 を 手 伝 えないというように 時 間 的 な 制 約 が 夫 の 家 事 参 加 に 影 響 を 及 ぼしている 性 役 割 説 性 別 の 役 割 の 違 いが 夫 の 家 事 参 加 を 規 定 するとみなす 説 であり 妻 が 性 別 役 割 分 業 を 肯 定 する 価 値 観 を 持 っていれば 夫 に 対 して 家 事 参 加 を 求 めないことになり 妻 が 男 女 平 等 的 な 分 業 を 支 持 する 場 合 には 夫 に 家 事 参 加 を 求 めるだろう 代 替 的 マンパワー 説 日 本 では 三 世 代 が 同 居 している 家 庭 が 他 の 国 に 比 べると 多 く 日 本 で 独 自 に 考 え 出 さ れた 説 である 夫 が 家 事 に 参 加 できない 場 合 には 同 居 している 親 に 助 けを 求 めること ができるという 関 係 があることを 言 う 上 記 の4つの 説 から 夫 の 家 事 参 加 は 妻 の 性 別 役 割 分 業 観 の 価 値 観 や 仕 事 による 家 庭 での 時 間 の 減 少 によって 左 右 されることがわかる 最 近 では 男 性 の 意 識 にも 変 化 があり できることならもっと 育 児 にかかわりたいと 願 う 夫 も 近 年 では 徐 々に 増 えてきている 16 女 性 が 子 供 を 育 てながら 継 続 して 働 くためには 少 しでも 女 性 の 育 児 負 担 感 を 軽 減 する ことが 大 事 である 男 性 が 育 児 参 加 家 事 参 加 をするためにも 男 性 の 働 き 方 の 見 直 しも 必 要 であるといえる 第 四 節 まとめ 安 倍 首 相 による 成 長 戦 略 の 中 核 をなすものは 女 性 の 活 用 政 策 であり 1 上 場 企 業 に 女 性 役 員 を1 人 起 用 2 待 機 児 童 を5 年 目 標 に0へ3 育 児 休 業 を3 年 に 延 長 といった 内 容 である 17 このように 政 策 や 支 援 策 等 は 努 力 され 続 けてきたのである 少 子 化 によって 15 厚 生 労 働 省 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 第 一 章 仕 事 と 育 児 の 両 立 支 援 策 と 研 究 の 課 題 (2006 年 ) 参 照 16 ベネッセ 次 世 代 育 成 研 究 所 (2006 年 )より 引 用 17 日 経 ビジネス(2015/01/30)アクセス を 参 照 19

21 生 産 年 齢 人 口 の 減 少 傾 向 から 女 性 の 活 用 はこれから 一 層 進 められていくだろう スウ ェーデンの 様 に 育 児 休 暇 消 化 率 100%を 実 現 するには 制 度 に 強 制 力 をもたせることが 必 要 である なぜ 育 児 休 暇 の 取 得 率 が 低 いのか 原 因 を 把 握 し 改 善 するべきである こ の 社 会 全 体 による 女 性 の 出 産 社 会 進 出 への 協 力 の 姿 勢 が 育 児 への 負 担 を 軽 減 させるの であり 特 に 夫 の 協 力 が 不 可 欠 である 日 本 は 親 切 な 国 としての 印 象 が 強 いが 子 連 れ の 母 親 へは 冷 たい 印 象 がある 例 えば 電 車 内 で 子 供 が 泣 き 出 したら 母 親 は 肩 身 の 狭 い 思 いをしている 一 方 で 海 外 は 子 育 てを 楽 しいと 感 じている 人 が 多 い 社 会 全 体 が 子 育 て に 対 して 優 しいのである 少 子 化 問 題 を 解 消 するためには 女 性 の 仕 事 と 子 育 てを 両 立 したいという 思 いを 理 解 し 協 力 していく 社 会 的 風 土 の 形 成 が 必 要 である おわりに. 女 性 は 家 庭 と 社 会 の 両 方 から これから 先 もより 求 められる 存 在 になっていくと 思 う だからこそしっかりと 意 思 決 定 できる 女 性 に 私 はなりたい 少 子 化 から 生 じた 労 働 力 の 減 少 を 女 性 が 補 い 世 帯 収 入 においての 安 定 を 女 性 が 社 会 に 出 ることによって 確 保 する 出 生 意 欲 の 意 識 調 査 によって 男 性 が 第 二 子 を 欲 しいと 思 うか 否 かは 女 性 の 就 業 状 態 に 左 右 さ れることから 女 性 の 社 会 進 出 は 男 女 においても 社 会 においても 喜 ばしいことである 先 進 諸 国 の 出 生 率 と 女 性 が 社 会 に 出 て 活 躍 しているデータから 必 ずしも 女 性 の 社 会 進 出 が 少 子 化 に 直 結 している 原 因 でないことがわかった 女 性 の 高 学 歴 化 によって 大 学 を 卒 業 する 年 齢 は 20 代 前 半 であり 晩 婚 化 を 引 き 起 こしてしまっているかもしれない しかし 配 偶 者 との 出 会 い そして 親 になる 教 養 を 学 び 自 分 の 能 力 を 社 会 に 生 かせられる 等 メ リットが 多 くある 子 供 を 持 つという 事 は 経 済 的 な 面 と 精 神 的 な 面 が 大 きいことがわかっ た 自 分 の 子 供 へ 質 の 高 い 教 育 をなるべく 受 けさせてあげたいと 思 うので できるかぎり 働 き 続 けたい 超 少 子 化 社 会 の 到 来 は 国 の 宝 といわれる 子 供 を 生 み 育 てるということ を 国 民 全 体 が 考 え 直 すきっかけではないだろうか 女 性 の 労 働 問 題 を 考 える 際 家 庭 責 任 の 問 題 が 永 遠 の 課 題 であるといわれている 男 女 ともにバランス 良 く 担 わなければならないが 実 際 は 女 性 がかなりの 家 庭 責 任 を 負 ってい るのが 現 状 である 昔 からある 男 性 は 外 で 働 き 女 性 は 家 庭 を 守 る という 意 識 を 変 え させることが 必 要 である 私 は 家 事 をやることに 抵 抗 はないが お 互 い 感 謝 の 気 持 ちを 忘 れてしまうと 夫 婦 関 係 が 冷 めてしまい 子 供 への 悪 影 響 に 繋 がってしまう 配 偶 者 との 関 係 は 子 供 が 22 歳 で 離 れて 暮 らすことになると 仮 定 した 場 合 夫 婦 で 過 ごす 時 間 の 方 が 長 い のである 家 族 をデザインする 事 は 女 性 が 進 んで 作 っていかなければならない その 為 には 社 会 で 活 躍 しそして 家 庭 においても 輝 ける 女 性 に 成 長 していきたい 20

22 参 考 文 献 一 覧 および URL 一 覧 手 塚 和 彰 中 窪 裕 也 変 貌 する 労 働 と 社 会 システム 信 山 社 出 版 2008 年 森 下 紀 夫 超 少 子 化 時 代 の 未 来 学 論 創 社 出 版 2007 年 志 田 原 勉 少 子 高 齢 化 時 代 の 女 性 活 用 労 働 調 査 会 出 版 2001 年 小 長 谷 有 紀 家 族 のデザイン 東 信 堂 出 版 2008 年 山 田 昌 弘 なぜ 若 者 は 保 守 化 するのか 東 洋 経 済 新 報 社 出 版 2009 年 小 島 隆 夫 人 口 減 少 子 化 社 会 の 未 来 明 石 書 店 出 版 2007 年 前 野 弘 少 子 高 齢 化 と 日 本 経 済 文 眞 堂 出 版 2014 年 公 益 財 団 法 人 (2015/01/06 アクセス) 首 相 官 邸 (2015/01/06 アクセス) 産 婦 人 科 デビュー 知 っているようで 知 らない 少 子 化 のこと(2015/01/06 アクセス) 厚 生 労 働 省 (2015/01/06 アクセス) ノルウェーにおける 男 女 平 等 政 策 (2015/01/06 アクセス) Garbage news.com 子 育 てのページ(2015/01/06 アクセス) 総 務 省 統 計 局 家 計 のページ(2015/01/06 アクセス) ベビカムリサーチ(2015/01/06 アクセス) 幼 稚 園 と 保 育 園 の 違 い(2015/01/06 アクセス) Business Journal(2015/01/06 アクセス) 宮 若 市 役 所 少 子 化 のページ(2015/01/06 アクセス) 四 街 道 市 (2015/01/06 アクセス) 21

23 あとがき 最 初 少 子 化 という 大 きなテーマが 決 まったところでずっと 止 まっていて どう 女 性 の 社 会 進 出 と 関 連 付 けていくか 最 後 まで 悩 んでいました 自 分 が 三 人 兄 弟 なので 将 来 は 三 人 のお 母 さんになりたいと 思 っています 大 学 へ 進 学 させることも 考 慮 すると 共 働 きは 避 け ていけないと 思 うので 社 会 に 通 用 するような 女 性 になれるよう 今 後 努 力 していきます ありがとうございました 22

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理

施 策 を 実 施 する 方 針 を 明 らかにしている 税 制 については 2014 年 11 月 7 日 に 政 府 税 制 調 査 会 により 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 をはじめとする 個 人 所 得 課 税 改 革 に 関 する 論 点 整 理 みずほインサイト 政 策 2014 年 11 月 27 日 働 き 方 に 中 立 的 な 税 社 会 保 障 へ 女 性 の 活 躍 促 進 に 向 けた 改 革 の 実 施 と 今 後 の 課 題 みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 政 策 調 査 部 03-3591-1338 女 性 の 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 社 会 保 障 制 度 とするため

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが 厚 生 年 金 国 民 年 金 平 成 16 年 財 政 再 計 算 結 果 厚 生 労 働 省 年 金 局 数 理 課 ま え が き 我 が 国 は 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しているが 国 民 の 老 後 の 生 活 設 計 の 柱 である 公 的 年 金 制 度 については 今 後 ともその 役 割 を 果 たしていけるよう 将 来 にわたり 揺 るぎのない 信 頼 されるものとしていくことが

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より-

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より- REPORT 男 性 にとって 幸 せ とは? - 当 研 究 所 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 より- 高 田 寛 生 活 設 計 研 究 部 主 席 研 究 員 橋 本 千 春 生 活 設 計 研 究 部 研 究 員 要 旨 1. 当 研 究 所 では 12 年 3 月 ~64 歳 の 男 性 を 対 象 に 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 を 実 施 した なお

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より―

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より― 若 者 にとっての 老 後 と 年 金 (2) 生 涯 収 支 シミュレーション 当 研 究 所 は 年 に1 度 2 3 代 の 若 者 を 対 象 に 定 量 調 査 を 実 施 している 本 稿 は 21 年 に 実 施 した 第 6 回 の 調 査 結 果 のうち 若 者 の 老 後 に 対 する 意 識 と 個 人 年 金 保 険 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 および 変 額 個 人

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に

1 社 会 保 障 財 政 の 現 状 ⑴ 社 会 保 障 の 定 義 と 給 付 規 模 社 会 保 障 財 政 の 実 態 を 把 握 する 上 で 社 会 保 障 の 定 義 を 明 確 にしておく 必 要 がある そこで まず 社 会 保 障 の 定 義 を 確 認 しておこう 一 般 に 第 192 回 産 業 セミナー 社 会 保 障 の 公 的 負 担 現 状 と 課 題 前 川 聡 子 財 政 社 会 保 障 制 度 研 究 班 研 究 員 経 済 学 部 教 授 はじめに 野 田 政 権 発 足 後 社 会 保 障 財 源 の 確 保 を 目 的 とした 消 費 税 増 税 を 実 現 する 方 向 で 議 論 が 着 々 と 進 められている 既 に 消 費 税 ( 国 税

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

計 庁 2010) グラフ 1 は 韓 国 の 出 生 率 の 変 化 を 表 わしたものである <グラフ 1> 出 生 率 低 下 による 尐 子 化 現 象 1.5 1.3 1.1 0.9 1.33 1.17 1.08 1.13 1.2 1.19 1.15 このように 尐 子 化 が 進 行 し

計 庁 2010) グラフ 1 は 韓 国 の 出 生 率 の 変 化 を 表 わしたものである <グラフ 1> 出 生 率 低 下 による 尐 子 化 現 象 1.5 1.3 1.1 0.9 1.33 1.17 1.08 1.13 1.2 1.19 1.15 このように 尐 子 化 が 進 行 し 韓 国 における 乳 幼 児 教 育 の 現 況 と 近 年 の 育 児 政 策 ( 李 基 淑 ) 本 研 究 の 対 象 が 居 住 する 首 都 圏 は ソウルを 中 心 に 仁 川 水 原 城 南 議 政 府 安 養 富 川 光 明 等 の 衛 星 都 市 および 半 径 70km 以 内 の 京 畿 道 の 19 郡 を 含 む 広 域 大 都 市 圏 である この 地 域 で は 全 国

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F18F6F977030318140504446977081408C6F8DCF934982C88A698DB782CC8EC091D490C496D8905E8DB98D5D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092F18F6F977030318140504446977081408C6F8DCF934982C88A698DB782CC8EC091D490C496D8905E8DB98D5D2E646F63> 所 得 からみる 経 済 的 な 格 差 の 実 態 斉 木 真 沙 江 はじめに 経 済 的 な 格 差 の 広 がりが ここ 数 年 言 われている 経 済 的 な 不 平 等 はいつの 時 代 にもあ ることで いまさらとりたてて 格 差 の 広 がりがいわれるのは 何 故 なのだろう 格 差 のある ことを 好 ましいことだとは 思 わない しかし 以 前 1 億 総 中 流 の 時 代 といわれたときと

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20944E8BE08A7A95AA957A82DD82E782EA82E991AB90D5> 年 金 額 分 布 にみられる 公 的 年 金 制 度 の 発 展 の 足 跡 稲 垣 誠 一 ( 一 橋 大 学 経 済 研 究 所 ) ( 要 旨 ) わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 1961 年 の 国 民 年 金 制 度 の 創 設 によって 皆 年 金 制 度 が 実 現 され その 後 の 幾 度 にもわたる 制 度 改 正 とりわけ 1985 年 改 正 による 再 編 を

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1

目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1 1 給 与 水 準 に つ い て P 2 2 給 料 表 に つ い て P 6 3 昇 格 昇 給 基 準 等 に つ い て P 8 4 技 能 労 務 職 給 料 表 に つ い て P 10 5 勤 務 成 績 の 評 定 について P 1 平 成 24 年 度 市 町 村 職 員 の 給 与 定 員 管 理 勤 務 条 件 等 の 状 況 平 成 25 年 2 月 高 知 県 総 務 部 市 町 村 振 興 課 担 当 : 行 政 担 当 寺 村 ( 給 与 ) 坂 本 ( 定 員 管 理 勤 務 条 件 ) 山 元 ( 福 利 厚 生 ) 野 瀬 電 話 :088-823-9313 目 次 Ⅰ 給 与 の 状 況 はじめに P 1

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2094F190B38B4B8F418BC6914991F082CC94778C6930393234> 非 正 規 就 業 選 択 の 背 景 : 婚 姻 履 歴 と 就 業 意 識 * 兵 庫 県 立 大 学 横 山 由 紀 子 1.はじめに 2008 年 世 界 同 時 不 況 の 影 響 で 日 本 経 済 は 大 きな 打 撃 を 受 け その 影 響 は 雇 用 環 境 にも 大 きく 波 及 した その 結 果 近 年 増 加 し 続 けていた 非 正 規 従 業 員 はこれまでになく 厳

More information

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題

平成25年版厚生労働白書 若者の現状と課題 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 若 者 の 意 識 を 探 る 概 要 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 版 厚 生 労 働 白 書 の 全 体 像 第 1 部 (テーマ 編 ) 若 者 の 意 識 を 探 る 若 者 を 取 り 巻 く 社 会 経 済 の 現 状 と 変 化 を 踏 まえ 若 者 の 意 識 やライフコースにおける 様 々な 課 題 について 分 析 併 せて

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

21 経 歴 断 絶 女 性 の 進 出 が 有 望 な 職 種 の 選 定 及 びその 職 種 への 支 援 職 業 教 育 訓 練 インターンの 就 職 支 援 経 歴 断 絶 の 予 防 経 歴 断 絶 女 性 支 援 センターの 指 定 3 女 性 政 策 基 本 計 画 健 全 な 家 庭

21 経 歴 断 絶 女 性 の 進 出 が 有 望 な 職 種 の 選 定 及 びその 職 種 への 支 援 職 業 教 育 訓 練 インターンの 就 職 支 援 経 歴 断 絶 の 予 防 経 歴 断 絶 女 性 支 援 センターの 指 定 3 女 性 政 策 基 本 計 画 健 全 な 家 庭 第 3 章 韓 国 I. 調 査 編 1. 男 女 共 同 参 画 社 会 を 形 成 するための 取 組 (1) 男 女 共 同 参 画 に 関 する 基 本 法 制 1 1995 年 女 性 発 展 基 本 法 憲 法 における 男 女 平 等 理 念 を 実 現 するため 国 家 と 自 治 体 の 責 務 に 関 する 基 本 的 な 事 項 を 規 定 することで 政 治 経 済 社 会

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

資 料 3 第 4 回 日 本 の 稼 ぐ 力 創 出 研 究 会 雇 用 システム 改 革 事 務 局 説 明 資 料 2014 年 6 月 10 日 経 済 産 業 省 経 済 産 業 政 策 局 ( ) 本 分 析 における 試 算 は 一 定 の 仮 定 を 置 いて 推 計 を 行 ったものであり 種 々の 不 確 実 性 に 鑑 み 相 当 程 度 の 幅 を 持 って 理 解 される

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

M&A_cover_1

M&A_cover_1 10 11 1-1 歯 科 医 院 承 継 のメリットとデメリット( 売 手 側 ) 事 業 承 継 と 廃 業 の 長 所 と 短 所 事 業 承 継 廃 業 歯 科 医 院 の 承 継 を 検 討 しています 歯 科 医 院 を 誰 かに 引 継 いだ 場 合 のメリットとデメリットを 教 えてください 長 所 有 形 無 形 資 産 を 現 金 化 できる 長 年 にわたり 地 域 医 療 に

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版

Taro-★H26育児休業Q&A(H26改訂版)県立学校版 育 児 休 業 Q&A 平 成 26 年 改 定 県 立 学 校 版 教 育 人 事 課 目 次 育 児 休 業 の 意 義 目 的 1 Q1 育 児 休 業 の 目 的 は? Q2 育 児 休 業 を 取 得 することによってどういう 効 果 があるの? 育 児 休 業 をすることができる 職 員 2 Q3 誰 でも 育 児 休 業 をすることができるの? Q4 育 児 休 業 中 の 身 分 はどうなるの?

More information

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc

Microsoft Word - 2 目次&背表紙.doc この 章 では もしも こういう 状 況 になったら 練 馬 区 にどのよう な 影 響 を 及 ぼすのでしょうか? ということを3つのテーマでご 紹 介 します 1 もしも 練 馬 区 が 普 通 地 方 公 共 団 体 だったら? 現 在 私 たち 練 馬 区 をはじめとする 23 区 は 特 別 地 方 公 共 団 体 と 呼 ばれ 市 に 準 ずる 基 礎 的 な 地 方 公 共 団 体 として

More information

給付型奨学金制度の設計について

給付型奨学金制度の設計について 給 付 型 奨 学 金 制 度 の 設 計 について 給 付 型 奨 学 金 制 度 検 討 チーム 平 成 28 年 8 月 31 日 制 度 創 設 の 趣 旨 高 等 教 育 への 進 学 に 係 る 費 用 については 所 得 の 多 寡 にかかわらず 相 当 の 額 が 必 要 とされるため 低 所 得 世 帯 ほど 所 得 に 対 する 進 学 費

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

2012_03

2012_03 報 道 関 係 各 位 2012 年 6 月 11 日 人 と 人 とのつながり( 絆 )に 関 する 調 査 子 ども とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 9 割 超 配 偶 者 9 割 弱 両 親 8 割 強 近 所 の 人 とのつながりを 大 切 だと 思 う 割 合 約 4 人 に1 人 SNS 上 でのつながり を 大 切 だと 思 う は 約 1 割 職 場 の 人 とのつながりを

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

英国:男女共同育児休暇制度

英国:男女共同育児休暇制度 欧 州 経 済 2013 年 4 月 4 日 全 5 頁 英 国 : 男 女 共 同 育 児 休 暇 制 度 柔 軟 な 休 暇 取 得 制 度 でイクメンは 増 えるのか? ロンドンリサーチセンター 研 究 員 沼 知 聡 子 [ 要 約 ] 英 国 連 立 政 権 による 雇 用 法 改 革 の 一 環 として 2015 年 より 男 女 共 同 育 児 休 暇 (Shared Parental

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2011 年 9 月 1.33 0.28 15.2 人 2012 年 9 月 ( 県 減 免 制 度 拡 充 ) 1.17 0.31 12.4 人 2013 年 9 月 1.02 0.13 11.2 人 2014 年 9 月 (1 年 生 のみ 国 新 制 度 ) 0.87 0.11 9.7 人 2

2011 年 9 月 1.33 0.28 15.2 人 2012 年 9 月 ( 県 減 免 制 度 拡 充 ) 1.17 0.31 12.4 人 2013 年 9 月 1.02 0.13 11.2 人 2014 年 9 月 (1 年 生 のみ 国 新 制 度 ) 0.87 0.11 9.7 人 2 栃 木 県 私 立 高 校 生 の 学 費 滞 納 調 査 結 果 について 1 学 費 滞 納 調 査 結 果 のまとめ 2015 年 12 月 2 日 栃 木 県 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 わたしたち 栃 木 私 教 連 が 私 立 学 校 特 に 中 学 校 高 等 学 校 ( 中 等 教 育 学 校 を 含 む)に 通 う 生 徒 たちの 実 態 を 明 らかにする 目 的

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題...

目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 資 料 2 木 更 津 市 人 口 ビジョン 素 案 木 更 津 市 目 次 1. 趣 旨... 1 2. 人 口 の 動 向 分 析... 2 (1) 総 人 口 の 推 移... 2 (2) 出 生 数 や 死 亡 数 の 推 移... 5 (3) 転 入 数 や 転 出 数 の 推 移... 6 (4)ライフステージから 見 た 市 の 現 状 と 課 題... 9 1 就 職 段 階 における

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx

Microsoft Word - 2013UJASurvey-digest.docx - - 海 外 には 自 由 な 雰 囲 気 共 同 研 究 や 人 的 交 流 の 機 会 があり 雑 用 が 少 なく そして 有 能 なボ スがいる 留 学 先 から 給 料 を 貰 うのはもはや 主 流 語 学 力 向 上 留 学 先 ラボの 情 報 収 集 に 力 を 入 れるべきだったと 反 省 3 年 程 度 を 見 込 んだ 留 学 は 更 に 長 くずれ 込 みがちであるが 留 学

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

Microsoft Word - 1307RF最終版.docx

Microsoft Word - 1307RF最終版.docx http://www.jri.co.jp 税 社 会 保 障 改 革 シリーズ No.12 2013 年 7 月 19 日 No.2013-013 安 倍 政 権 の 女 性 活 躍 支 援 の 評 価 と 課 題 - 男 性 の 育 児 支 援 が 今 後 の 鍵 - 調 査 部 主 任 研 究 員 池 本 美 香 要 点 安 倍 政 権 は 女 性 の 活 躍 を 成 長 戦 略 の 中 核 と

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に

昭 和 40 年 の 給 食 開 始 以 来 朝 霞 市 で は 共 同 調 理 場 方 式 により 給 食 業 務 を 行 っ てきたが 平 成 17 年 3 月 の 市 長 選 にお ける 現 市 長 の 選 挙 公 約 や 国 から 平 成 17 年 7 月 施 工 の 食 育 基 本 法 に 総 務 文 教 常 任 委 員 会 行 政 視 察 報 告 書 平 成 25 年 7 月 17 日 焼 津 市 議 会 議 長 石 田 昭 夫 様 総 務 文 教 常 任 委 員 会 報 告 者 池 谷 和 正 下 記 の 通 り 視 察 調 査 を 行 いましたので 概 要 につきましてご 報 告 致 します 1 期 間 : 平 成 25 年 5 月 14 日 ( 火 )~15 日 ( 水 ) 2

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと

調 査 結 果 Press Release 産 休 ママのパートナーの 育 休 取 得 率 1 割 以 下 出 産 1か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 育 休 を 取 得 して 良 かったと 思 うこと 報 道 関 係 者 各 位 2016 年 5 月 11 日 ゲンナイ 製 薬 調 べ 産 休 育 休 に 関 する 実 態 調 査 出 産 1 か 月 前 まで 仕 事 をしていた 3 割 弱 4 人 に 1 人 は 育 休 取 得 期 間 が 1 年 に 満 たず 産 休 取 得 者 の 4 人 に 1 人 がマタハラ 被 害 を 経 験 妊 活 サプリメントを 展 開 するゲンナイ 製 薬 株

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

Ⅱ 1. 人 口 構 造 及 び 世 帯 と 年 金 (1) 人 口 構 造 わが 国 は 諸 外 国 にも 例 をみないスピードで 高 齢 化 が 進 行 している そこで 年 金 保 険 の 事 業 状 況 に ついて 説 明 するに 先 立 ち 人 口 構 造 の 現 状 及 び 今 後 の 見 通 しについて 触 れる 日 本 人 の 平 成 24 年 の 平 均 寿 命 ( 厚 生 労 働 省

More information

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上

要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7 月 1 日 に 閣 議 報 告 された 本 稿 では こ のうち 医 療 介 護 分 野 について 取 り 上 2011 年 8 月 18 日 発 行 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 シリーズ 4 医 療 介 護 改 革 案 の 評 価 と 課 題 ~ 必 要 な 財 源 確 保 の 見 通 しの 提 示 を~ 要 旨 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 において 6 月 30 日 に 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 以 下 改 革 案 )が 決 定 され 7

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L)

はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 1 財 務 書 類 作 成 に 関 する 基 本 的 事 項 について 2 2 貸 借 対 照 表 (B/S)とは 3 3 行 政 コスト 計 算 書 (P/L) 平 成 24 年 度 稚 内 市 財 務 書 類 報 告 書 ( 新 地 方 公 会 計 制 度 - 総 務 省 方 式 改 訂 モデル) 貸 借 対 照 表 行 政 コ ス ト 計 算 書 純 資 産 変 動 計 算 書 資 金 収 支 計 算 書 北 海 道 稚 内 市 平 成 26 年 3 月 はじめに ~ 企 業 会 計 的 手 法 の 導 入 について~ 1 Ⅰ 財 務 書 類 に 関 する

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information