なかなか 告 白 できない 人 はこの 手 をつかえ P32 男 のプライドを 傷 つけずに 思 いのまま 操 る 方 法 P34 もてない 男 の 恋 の 必 勝 法 とは P35 相 手 が 心 を 開 く 良 いほめ 方 と 悪 いほめ 方 P37 ウソ が 二 人 の 仲 をふかくする?!

Size: px
Start display at page:

Download "なかなか 告 白 できない 人 はこの 手 をつかえ P32 男 のプライドを 傷 つけずに 思 いのまま 操 る 方 法 P34 もてない 男 の 恋 の 必 勝 法 とは P35 相 手 が 心 を 開 く 良 いほめ 方 と 悪 いほめ 方 P37 ウソ が 二 人 の 仲 をふかくする?!"

Transcription

1 目 次 女 は 男 の 男 は 女 のどこにひかれるのか? P1 恋 人 たちが 見 つめ 合 う 心 理 の 謎 P2 目 でわかるあの 人 の 気 持 ち P3 無 意 識 に 出 す 好 き 嫌 い のシグナルとは P4 ほめたつもりなのに 彼 女 がムッとする 理 由 P7 見 栄 をはってしまう 男 のウラ 心 理 P9 なかなか 告 白 できない 男 のウラ 心 理 P11 会 話 でわかる 二 人 の 心 密 度 P12 強 引 な 男 に 落 ちてしまう 女 の 本 音 P14 女 はなぜ ノロケ 話 をしたがるのか? P15 この 抱 いて のサインを 見 逃 すな P16 相 手 をもっと 好 きにさせる じらし の 秘 術 P18 こんな 時 彼 女 は 優 しく 抱 いてほしいと 思 っている P20 相 手 を 振 り 向 かせる ほめ 方 のポイント P24 ひそかに 憧 れる 彼 女 の 心 をゲットする 方 法 P25 大 好 きなあの 人 に 飽 きられないための 知 恵 P27 いつまでも 仲 良 しでいられる 会 話 の 極 意 P30 4

2 なかなか 告 白 できない 人 はこの 手 をつかえ P32 男 のプライドを 傷 つけずに 思 いのまま 操 る 方 法 P34 もてない 男 の 恋 の 必 勝 法 とは P35 相 手 が 心 を 開 く 良 いほめ 方 と 悪 いほめ 方 P37 ウソ が 二 人 の 仲 をふかくする?! P38 男 のウソと 女 のウソ ここを 見 ればわかる P41 ココが 女 のウソの 特 徴 P43 ここが 男 のウソの 特 徴 P44 実 は 女 は 男 よりウソがヘタ P45 ウソの 対 処 男 と 女 ではこんなに 違 う P47 きれいに 別 れるためのウソの 心 得 P49 二 人 の 仲 を 決 定 的 に 裂 くひと 言 は P51 男 が 嫌 う 女 のしぐさ 女 が 嫌 う 男 の 態 度 P56 人 はなぜ 嫉 妬 するのか? 嫉 妬 にどう 対 処 すべきか? P59 すねた 彼 女 の 機 嫌 を 直 す 方 法 P62 相 手 の 心 が 離 れそうな 時 に 不 思 議 な 行 動 P64 別 れの 原 因 は 男 と 女 ではこんなに 違 う P65 なぜ 反 対 される 恋 ほど 燃 え 上 がる のか? P68 5

3 女 が 不 倫 に 走 るもっともな 理 由 P70 男 はなぜ 浮 気 をやめられないのか? P72 浮 気 女 を 許 せない 男 の 心 理 P74 浮 気 男 を 許 してしまう 女 の 心 理 P75 実 は 女 は 略 奪 愛 が 好 き? P77 男 は 友 情 をとるか 恋 愛 をとるか? P78 男 女 間 に 本 当 に 友 情 は 成 立 するのか? P79 美 人 の 方 がモテる は 実 は 大 ウソ?! P84 男 はなぜロマンを 追 い 求 めるのか? P87 遠 距 離 恋 愛 はやっぱり 続 かない? P88 女 はリアリスト は 事 実 か? P90 女 は 本 当 にベタベタするのが 好 きか? P91 男 も 本 当 はベタベタしたい?! P92 女 は 頼 れる 男 が 好 き の 信 頼 性 は? P93 男 は 強 い 女 が 女 は ダメ 男 が 好 き?! P93 6

4 女 は 男 の 男 は 女 のどこにひかれるのか? 人 に 会 ったとき 顔 も 見 ずに 話 しはじめる 人 はまずいない 初 対 面 の 場 合 相 手 の 全 身 をサッと 見 て その 人 がいくら 不 愉 快 な 人 であ っても 一 瞥 くらいはするものだ 待 ち 合 わせに 遅 れて ごめんなさい とあやまる 前 にチラリと 相 手 をみ る これは 相 手 が 自 分 にたいして 怒 っていないか 気 にしてないか と いうような 情 報 を 取 り 入 れるためだと 考 えられる その 情 報 によって こちらの 態 度 もおのずと 決 まってくる 怒 っていないようならいい 訳 をせずに 平 謝 りに 謝 るしかないし あまり 気 にしてないようなら 簡 単 な 謝 罪 ですますことができる とくに 顔 は その 場 の 状 況 を 推 し 量 るためのバロメーターとなる いくら 口 で 優 しそうなことをいっても きつい 目 をしていれば 怒 っている だろうし 冷 ややかにみているのであれば 軽 蔑 しているのかもしれない 人 は 発 せられた 言 葉 よりも 表 情 や 目 で 相 手 の 真 意 を 読 み 取 ろうとすると ころがあるものだ 7

5 恋 人 たちが 見 つめ 合 う 心 理 の 謎 人 は 自 分 と 同 意 見 の 人 あるいは 賛 成 してくれる 人 に 話 しかけるとき 相 手 と 視 線 をよく 合 わせる あなたが 人 と 話 をしているとき もし 相 手 があなたの 目 をじっと 見 ながら 話 すと あなたはその 人 に 好 意 を 抱 きやすくなるはずだ 街 に 貼 られたタレントのポスターは あたかも その 人 間 がこちらをじっ とみつめているように 感 じられる じつは タレントは 撮 影 時 にカメラのレンズを 見 つめているだけなのだ が ポスターをみた 人 は なぜかそのタレントに 好 意 をだいてしまいます それは ポスターの 目 が 見 ている 人 になにかを 語 りかけているように 思 えるからだ 人 事 担 当 の 面 接 官 は 採 用 者 を 決 定 する 際 ほかのすべての 条 件 が 同 じで あるなら 無 意 識 に 瞳 の 大 きい 女 性 を 好 む 傾 向 があるという 細 い 瞳 よりも 丸 くて 大 きな 瞳 のほうが 魅 力 的 にみえるばかりか 人 にな にかを 訴 える 力 が 強 い 心 理 学 者 のヘスがおこなった 実 験 によると 男 性 に 女 性 のヌードをみせた 場 合 と 女 性 に 男 性 のヌードをみせた 場 合 どちらもふだんより 瞳 孔 が 拡 大 したという 人 の 瞳 は 興 味 のあるモノにたいしてより 大 きく 開 くのです というわけで 面 接 官 は 瞳 の 大 きい 女 性 のほうが 自 分 の 会 社 により 興 味 をもっていると 感 じるのかもしれませんね 女 性 がアイシャドーやアイブローで 目 を 大 きくみせようとしたり 二 重 瞼 にしたりするのも 相 手 が 自 分 のことを 好 意 的 に 受 け 取 ってくれることを 期 待 しているからと 考 えると 納 得 できます 8

6 わたしは あなたに 興 味 があります と 視 線 にモノをいわせて 愛 の 告 白 だってできるというわけだ また 面 接 のときに 視 線 を 多 く 合 わせた 人 ほど 信 頼 でき 快 活 だ とい う 印 象 をもたれやすい といった 報 告 もある では 視 線 の 使 い 方 に 性 差 はないのだろうか アーガイルたちの 実 験 によると 男 女 がみつめ 合 うとき 男 性 の 視 線 の 動 きの 方 が 活 発 になった ところが 別 の 実 験 によれば 日 本 人 の 場 合 はまったく 逆 で 女 性 の 視 線 の 動 きが 増 えたという うがった 見 方 をすると 日 本 人 女 性 と 外 国 人 男 性 の 結 婚 の 増 加 は 視 線 のこうした 活 発 な 使 い 方 が 大 きく 影 響 しているのかもしれない 目 で 語 るのが 苦 手 な 日 本 人 男 性 にくらべ 外 国 人 男 性 は 視 線 で 雄 弁 に 愛 を 語 ることができるということだろうか 目 でわかるあの 人 の 気 持 ち 話 しているときにいくら 笑 顔 を 振 りまいてくれる 相 手 であっても 目 が 合 うたびに 視 線 をはずされるようでは あなたはその 人 にあまりよく 思 われ ているとはいえない とはいうものの 相 手 が 視 線 をそらさないから 安 心 できるというものでも ない あなたのことをうさんくさそうにみている 場 合 もあるし いわゆる ガン 9

7 つけ の 場 合 もある これはもう あなたにたいする 完 全 な 不 快 感 の 表 現 だ ここまでくると まずは 雰 囲 気 で 判 断 できるというものだが そもそも 人 と 視 線 を 合 わせるという 行 為 は 相 手 の 真 意 を 探 ろうという 意 図 のあら われだといえる その 意 味 から 行 動 に 自 信 がなかったり 他 人 の 行 動 に 敏 感 な 人 ほど 巧 み に 視 線 を 使 うとされている ということは 相 手 がどのような 視 線 の 使 い 方 しているかをみることで おおまかにその 人 の 性 格 を 推 し 量 ることができるということでもある ある 計 測 によると 話 の 合 間 にチラチラと 相 手 をみる 人 は 周 囲 の 人 の 反 応 に 気 をつかいがちな 人 であるし じっと 相 手 を 凝 視 するような 人 は 物 事 を 中 傷 的 に 考 える 人 共 同 作 業 のときに 視 線 を 合 わせる 人 は 甘 えん 坊 で 人 なつこいタイプであ るし 人 と 争 うような 場 面 で 視 線 を 合 わせるのは 闘 争 心 の 旺 盛 な 人 だと いうデータもある まさに 目 は 口 ほどにモノをいう ようだ 10

8 無 意 識 に 出 す 好 き 嫌 い のシグナルとは 男 性 にしても 女 性 にしても 相 手 の 嫉 妬 心 をうまく 利 用 することは 二 人 のほころびをつくろう 常 套 手 段 の 一 つにちがいない もっとも これらの 方 法 がどれくらい 有 効 なのかは 定 かではないし そう して 相 手 をじらしても 反 応 が 無 い 場 合 ヤケになるというのがおおむねの パターンのようだ 別 れる 別 れないという 事 態 に 陥 る 前 に はたして 相 手 が 自 分 に 好 意 をもっ ているのか それとも 嫌 っているのか 判 断 がつきにくいことがある そ んなときには 相 手 のちょっとしたしぐさを 観 察 すればいい だれしも 嫌 いな 物 や 人 には 触 れたくない なるべく 遠 ざかって かかわり あいたくないはずだ たとえば 鳥 が 嫌 いな 人 は 公 園 の 一 角 をわがもの 顔 で 占 拠 している 鳩 を 避 け 大 きく 迂 回 する 触 るなんてもってのほか それと 同 様 に 人 も 嫌 いだ という 気 持 ちがあると からだのどこかで なんらかのシグナルを 出 している たとえ 向 かいあっていても 相 手 のひざ 頭 がよそを 向 いていれば 相 手 は あなたの 話 を 熱 心 に 聞 いていないことになる また 話 を 聞 いているようにみえても 生 返 事 をしながら 服 のゴミをとっ たり 靴 の 汚 れを 拭 いたりするしぐさをするようでは それはあなたにたい する 相 手 のノーのサインということだ 喫 茶 店 やレストランで 電 話 の 呼 び 出 しがあったとき 相 手 がうれしそう な 顔 で 席 をはなれたり あっ 電 車 の 時 間 だ と 勢 い 良 く 立 ち 上 がった りすれば あなたは 好 意 を 抱 かれていないと 思 ったほうがよい (あなたが 話 しをしている 最 中 に 携 帯 電 話 をいじったり 髪 をいじったり している 場 合 も 同 じだ) 11

9 また 人 の 好 意 は 視 線 にもよくあらわれる とくに 女 性 は 視 線 でモノをいう 話 をするとき じっと 相 手 の 目 をみてい るのなら その 人 のことを 憎 からず 思 っている 証 拠 であるし 視 線 を 合 わ せないようにしていれば あまり 好 意 をもっていないと 思 っていいだろう このような 好 き 嫌 いの 感 情 は 座 り 方 のもあらわれる ベンチで 寄 り 添 う ように 座 っているカップル この 二 人 には いまのところ 別 れの 危 険 はな い ところが 二 人 のあいだにバッグや 荷 物 が 置 かれている 場 合 は どうだろ う たとえば 相 手 があなたとのあいだにモノを 置 いたとき これはあなたに 近 づきたくないというさりげない 合 図 相 手 と 自 分 のあいだに 物 を 置 くことは 自 分 のテリトリーを 確 保 するため の 壁 をつくり そのテリトリーに 踏 み 込 んでほしくないという 意 思 表 示 な のだ 逆 に 喫 茶 店 で 向 かいあって 話 しをしているときに 自 分 のコーヒーカッ プを 脇 に 寄 せたり 真 ん 中 にある 灰 皿 を 動 かすのは 二 人 のあいだの 障 害 を 除 こうという 気 持 ちのあらわれだと 考 えられる 相 手 にたいする 好 意 や 嫌 悪 いを 示 す 行 動 として このほかに タッチング とよばれるものがある 男 性 が 冗 談 をいったり ちょっとエッチな 話 題 をだしたとき やだ~ と 男 性 の 腕 に 軽 く 触 れたり 背 中 をたたいたりする 女 性 は 多 いが 相 手 の 体 に 触 ることによって 自 分 の 好 意 を 伝 えていると 考 えることができる 別 れ 際 に じゃあね と 軽 く 手 を 触 れていた 恋 人 が 最 近 それをしなくな った というのであれば それは 別 れたいシグナルだ もちろん 愛 情 を 示 すためにもタッチングは 使 われる アメリカの 性 研 究 者 マスターズとジョンソンは その 究 極 が 性 行 為 だと 語 っている 12

10 ただ このタッチング コミュニケーションの 判 断 は 微 妙 なところで む ずかしい 好 意 をもっていながらも 女 性 が 男 性 の 肩 に 軽 々しく 触 れるこ とはあまりない それだけに 気 軽 に 男 性 の 肩 をポンとたたいたりすると なんて 失 礼 な 女 性 だ と 勘 違 いされることも また 男 性 が 女 性 のからだに 触 れる 場 合 相 手 に 嫌 われていればセクハラだと 騒 がれるハメに 陥 る 可 能 性 もある 相 手 の 気 持 ちは このようにさまざまな さりげない 行 動 から 推 し 量 るこ とができる ほめたつもりなのに 彼 女 がムッとする 理 由 ゆうちゃん すごいわね もう 自 分 の 名 前 が 書 けるの? 子 供 はだれ かにほめられるとよろこぶ そして もっとほめられるように 頑 張 ったり する 大 人 にとっても けなされるよりはほめられるほうがいいし それによっ て 自 尊 心 も 満 足 させられる 場 合 が 多 い 子 供 のように 素 直 にほめられたりする 場 合 には そんなに 問 題 もない ところが 大 人 になるにつれ ほめられてもその 言 葉 の 裏 になにがあるのか それを 探 ろうという 気 持 ちが 生 じる いわゆる 疑 心 暗 鬼 になるわけだ 相 手 が 本 気 でいっているのか リップサービスさのか それとも 皮 肉 なの か 自 分 だけにいうのか あるいはだれにでもいうのか その 言 葉 は ただのつき 合 いから 出 たものか 友 情 から 出 たものか もし かすると 愛 情 からか といった 具 合 13

11 たとえば 上 司 が 部 下 に 向 かって 君 はじつによくやってくれるよ 仕 事 と 遊 びをきちんと 分 けているんだな という いかにもほめてくれているようだが 実 際 には 上 司 の 本 音 は 自 分 たち は 仕 事 以 外 にはなにもしなかった しかもいまじゃ 部 下 と 上 からの 板 ばさみ いつになったら 楽 になれるんだろ というところにあったりする その 場 合 上 司 は 部 下 に 対 してうらやみとやっかみの 入 り 混 じった 気 持 ち でいる 部 下 は いやあ そんなことはありませんよ といいながら も しかしたら 生 き 方 の 問 題 さ 部 長 のように 会 社 人 間 で 終 わるのはまっぴ らごめんだ と 思 っているかもしれない このように せっかくのほめ 言 葉 も 勘 ぐったりすると かえって 意 思 が 伝 わらなくなる 互 いに 裏 読 みに 徹 しようとするあまり まるで 狐 と 狸 の 化 かし 合 いのよう な 事 態 になってしまう 相 手 をほめる ということは 一 種 の 迎 合 行 為 だ 相 手 に 取 り 入 ろうとする と お 世 辞 をいったりおだてたりすることになる それがほめることの 一 種 である 言 葉 だけでなく だれかに 親 切 にしたり 優 しくしたりするのも あるい は 自 分 を 卑 下 して 相 手 を 立 てるのも 相 手 に 迎 合 するための 行 動 だといえ る それが ときには 誤 解 を 生 むこともある たとえば 初 対 面 の 彼 女 に 突 然 好 きだよ といっても 信 じてもらえな いだろう わたしのこと 何 もしらないくせに と 相 手 を 怒 らせるのが 関 の 山 だ ところが 長 い 春 を 経 てきた 二 人 がやっと 口 にする 好 き は その 言 外 にさまざまな 思 いがあるから 信 ずるに 値 する 貴 重 なほめ 言 葉 なのだ 14

12 ほめるという 迎 合 行 動 も 相 手 を 特 定 化 し その 人 の 望 んでいることを 的 確 に 知 ることによって より 効 果 を 発 揮 する 幼 いころから 美 人 だ 美 人 だとばかりいわれてきたから 容 姿 をほめられ てもうれしくない とある 女 優 が 語 っていた その 女 優 にとっては 美 人 をほめられるより 他 の 能 力 を 認 めてほしいのに 顔 のことしかいわれないというのは ある 意 味 で 屈 辱 でもあるのだ おそらく 頭 の 回 転 が 速 いですね 国 際 政 治 をよくご 存 知 ですね と 特 定 化 してほめられれば 自 分 の 価 値 が 倍 加 したように 感 じ 彼 女 の 喜 びも 倍 加 するはずである 人 をほめるのはむずかしい 君 って 変 わっているね といわれて 喜 ぶ 人 もいるし ムッとする 人 もいる 個 性 的 でありたいと 思 っている 人 なら 異 質 であることはほめ 言 葉 としは たらくが みんなと 同 じでありたい 人 にとっては 異 質 =はずれ 者 という ことになり 自 分 の 人 格 を 否 定 されたと 受 け 取 りかねない また 女 優 みたいだ といえばよろこぶのに 特 定 の 人 の 名 前 をあげる と かえって どこが? というような 不 満 をもたらされたりする ただほめればいいというものではない 相 手 がどのような 部 分 を 意 識 しているのか どうありたいと 思 っているの かを 知 ったうえで 勘 ぐられないようなほめ 方 をしたい 15

13 見 栄 をはってしまう 男 のウラ 心 理 男 性 は 社 会 的 な 強 さ つまり 権 力 にこだわる 傾 向 がある 出 世 すること あるいは 経 営 者 といったいわば 頂 点 または 政 治 家 有 名 人 などを 夢 見 る 女 性 の 場 合 一 般 に 理 想 とされるような 美 人 になりたい スリムにな りたい というときは ダイエット 食 品 を 買 い 込 んだり エステティック サロンに 通 ったりというように 具 体 的 なものにお 金 を 使 う 男 性 は 自 分 自 身 の 見 栄 とプライドのためにお 金 を 注 ぎこむことが 多 い たとえば 借 金 をしてでも 高 級 車 を 買 ったり 人 におごったりする ただ の 見 栄 っぱりといえなくもないが そのような 行 動 をとろうという 心 理 の 裏 には 社 会 的 な 強 さ を 求 める 気 持 ちがある 社 会 的 な 強 さとは 他 人 や 集 団 を 動 かすような 影 響 力 のことで 専 門 的 に は 社 会 的 勢 力 という その 主 なものには 次 の 四 つがある 1. 報 酬 や 賞 を 与 える 力 ( 報 酬 勢 力 ) 2. 罰 を 与 える 力 ( 強 制 勢 力 ) 3. 他 人 の 行 動 を 規 定 する 正 当 な 権 力 をもっているという 力 ( 正 当 勢 力 ) 4. 専 門 的 な 知 識 や 技 術 をもっているという 力 ( 専 門 勢 力 ) たしかに これだけの 力 を 備 えていれば 男 として かなりの 自 信 をも つことができる しかし 実 際 にこれほどの 力 をもっている 男 性 は 数 えるほど だからこそ 無 理 して 高 級 車 にのったり 人 に 大 盤 振 る 舞 いをしたりする ことによって 自 分 はこんなに 社 会 的 勢 力 があるんだ と 示 したがる 男 性 が 出 てくるともいえるのだ 16

14 なかなか 告 白 できない 男 のウラ 心 理 片 思 い だれにでも 一 度 や 二 度 は 経 験 があるはずだ 胸 がキ ュンとなって 告 白 したいのにできない ウジウジなやんでいないで あ きらめるなり 打 ち 明 けるなりすればいいのにと 思 うのは 旗 から 見 ている からこそいえること 本 人 にとっては そう 簡 単 なものではない 恋 がいつも 片 思 いに 終 わっている 男 性 は 積 極 性 に 欠 けたり ときにはそ こにコンプレックスが 介 在 している 場 合 が 多 い ちょっと 背 が 低 いからなあ と つまらぬコンプレックスをもてば 憧 れの 女 性 を 黙 って 眺 めているしかない もし 彼 女 に 断 られたら 自 分 のプライドが 傷 ついてしまう だから なるべく 自 尊 心 を 傷 つけられないような 方 法 をとろうとする アタックする 前 かに 結 果 を 予 想 してしまい こういう 欠 点 が 自 分 にある から 嫌 われるだろう とか 相 手 に 恋 人 がいた 場 合 ふられるのがオチ だ というように 一 人 で 勝 手 になやむ 仮 に 好 きな 人 に 恋 人 がいればどうするのか あきらめはしないが チャンスをじっと 待 つ 彼 女 が 恋 人 を 別 れるまで あるいはケンカするまでおとなしく 待 っている それが 優 しすぎる 男 性 の 片 思 いの 方 法 だ 17

15 会 話 でわかる 二 人 の 信 密 度 沈 黙 と おしゃべりに 関 する 心 理 を 調 べた 実 験 がある 男 女 の 会 話 で いずれかいっぽうが 会 話 全 体 の80% 50% 20%の 時 間 話 しているテープを 聞 いて その 人 にどのような 印 象 をもつかたずね たものだ それによると 80% 話 していた 男 女 それぞれが どちらも 温 かく 友 好 的 知 的 だという 好 意 的 な 評 価 を 受 けた いっぽうで 20%しか 話 さなかった 男 性 と 女 性 は 冷 たくて 非 好 意 的 かつ 内 公 的 だと 評 価 されている 会 議 や 話 し 合 いの 席 で 話 の 口 火 を 切 る 人 がリーダーになりやすい そう なることを 嫌 って だれも 口 を 開 かないということもある また 別 の 実 験 では 討 論 でもっともよく 発 言 した 人 が リーダーとして 選 出 されるケースが 多 いことが 証 明 されている 世 間 でも たけしやタモリ さんまなどおしゃべりな 男 性 は 相 変 わらずの 人 気 無 口 が 美 徳 とされた 昔 とはちがって おしゃべりは 敬 遠 されるものではな く むしろ 歓 迎 されるものであり 積 極 的 で 明 るいイメージを 与 えるもの として 受 け 取 られるようだ ことに 初 対 面 の 人 といっしょのときは 相 手 のおしゃべりを 好 ましく 思 う 最 初 の 二 分 くらいなら だれでもあたりさわりのない 会 話 ですごすこ ともできるが やがて 話 題 がつき 沈 黙 がつづくとちょっと 苦 痛 になる それが 三 分 以 上 ともなれば なんとか 話 題 らしきものを 探 そうと 焦 り 相 手 におしゃべりを 期 待 する また 先 の 実 験 にはおもしろい 結 果 も 出 ている 全 体 の80%に 時 間 を 話 18

16 した 男 性 にたいしては 逆 に 思 いやりが 無 く 無 礼 だというマイナスの 印 象 を 受 けるという 人 も 多 かったのだ つまり おしゃべりを 好 意 的 にみる 人 と 沈 黙 のほうを 好 意 的 にみる 人 が いるということ このように 考 えると どうやら 沈 黙 のもつ 意 味 は 時 間 や 互 いの 親 密 さに よって 左 右 されるといえそうだ 一 般 に 初 対 面 の 人 との 気 まずい 沈 黙 を 好 きだという 人 は 少 ない しかし 二 人 がたいへん 親 しい 場 合 たとえ30 分 間 黙 っていてもさほ ど 気 にならない こうした 違 いが 生 じるのは おしゃべり 以 外 に 二 人 の 仲 を 深 めるさまざ まな 方 法 があるからだ たとえば タッチングや 視 線 といった 非 言 語 コミュニケーションがそれ だ 喫 茶 店 などで 会 話 をせずに ひたすら 雑 誌 を 読 んでいるカップルをみか けることがあり 互 いに 一 言 も 声 をかけ 合 うこともないまま ときどき 視 線 を 交 わすだけ にもかかわらず 彼 らのあいだには 沈 黙 の 気 まずさがあるようには 思 われ ない そんなシーンを 目 にする ときおり チラリと 視 線 を 交 わすだけで 二 人 のコミュニケーションは 成 り 立 つ 語 らずとも 気 持 ちは 通 じている というところだろう これが 初 対 面 の 二 人 なら そうはいかない 言 葉 は 媒 介 しなければ 相 手 の 気 持 ちを 知 ることはできないからだ この ように 考 えると キャッキャと 途 切 れることなく 話 をしているカップルは 19

17 沈 黙 を 恐 れる 交 際 初 期 段 階 の 二 人 である 可 能 性 が 高 いともいえる そして 沈 黙 の 二 人 は 言 葉 以 上 の 語 り 合 いをしている むしろ 交 際 の 進 んだカップルとも 考 えることができる 強 引 な 男 に 落 ちてしまう 女 の 本 音 女 性 は はじめのうちは 気 がのらなくても しつこく 迫 られているうちに 好 意 を 抱 くことがある たとえば 食 事 にいこう と 誘 われる 本 当 はその 男 性 と 食 事 に 行 きた くはないのだが それを 断 るはっきりとした 理 由 がない まさか あなたとは 行 きたくない とは 言 えないから あいまいにイエス といってしまう 一 度 オーケーを 出 せば 次 に 誘 われたときにも 断 りにくい なぜなら 理 由 がはっきりしないまま 断 る 場 合 このあいだは 行 ったのに なぜ こ んどはダメなの? と 訪 ねられたら 返 事 にこまるからだ できれば 相 手 にたいしては 一 貫 した 態 度 をとりたいという 気 持 ちもある このように 女 性 には 一 度 オーケーしてしまうと あとはズルズルと 深 い 関 係 に 陥 っていくという 特 徴 もあることから しつこい 誘 いには 明 確 な 態 度 でのぞむ 必 要 があるといえる ここにつけこむ 男 性 が 多 いのも 事 実 だ 20

18 女 は なせ ノロケ 話 をしたがるのか? とかく 結 婚 した 女 性 は 夫 のことをほめる 主 婦 の 旅 行 記 を 読 むと よく 私 が 長 期 間 海 外 で 暮 らせたのも 理 解 ある 夫 のおかげ などと 書 かれ ている また 女 性 で 目 を 見 張 るようなことを 成 しとげた 人 でも 一 人 ではでき なかった 夫 が 陰 ながら 支 えてくれた と 発 言 することが 多 い でも そ の 逆 のパターンにはあまりお 目 にかかることはない なぜ 女 性 は 自 分 の 夫 を 自 慢 するのだろうか 実 は 私 の 夫 はすてきな 人 なの という 言 葉 の 裏 には そんないい 男 性 を 捕 まえられたのは 私 に 魅 力 があったから という 自 負 が 隠 されている つまり 自 分 の 自 慢 をしたいがために 夫 をほめているという 面 があるの だ なかには いつもだらしなくって とか お 宅 のご 主 人 に 比 べたら うち のはただの 粗 大 ゴミで と 夫 の 悪 口 をいう 妻 もいるが これはたん なる 謙 遜 以 外 のなにものでもない その 気 になって そうよねえ おたくのご 主 人 頼 りなさそうだもの な どと 同 意 しようものなら なに いってるのよ 他 人 のあなたにそんなこ と 言 われる 筋 合 いはないは とひどい 目 にあうのは 目 にみえている この 矛 盾 はなんなのだろう 夫 にたいする 妻 のこうした 悪 口 は そんなこ とありませんわ すてきなご 主 人 じゃないの と 否 定 してくれるのを 計 算 にいれたうえでの 悪 口 であり つまりはノロケなのだ 自 分 で 夫 をけなすことによって 間 接 的 に 他 人 にほめさせようという 下 心 が 意 識 的 に 無 意 識 的 に 働 いているというわけ 雑 誌 の 企 画 で 有 名 人 の 奥 さんが 登 場 し 宅 の 主 人 はまったく 子 供 みたい で みたいな 内 輪 事 を 語 っている 記 事 があるが これらは 私 の 内 21

19 助 の 功 があったからよ という 本 心 が 隠 されている 場 合 が 多 い 人 は 自 分 にふさわしい 外 見 や 地 位 の 異 性 と 親 しくなりたがる 互 いに 家 族 や 社 会 的 地 位 はいうにはおよばず 学 歴 や 容 姿 にいたるまで 似 た 相 手 を 求 め 合 う これを マッチングセオリー という この マッチングセオリー にのっとれば いい 夫 にはいい 妻 が 寄 り 添 う だからこそ たとえ 謙 遜 であろうと 夫 をほめることは つまり 妻 である 自 分 をほめるのと 同 じ 意 味 をもつことになる これは 交 際 中 の 男 女 でも 同 じことがいえるのだ この 抱 いて のサインを 見 逃 すな 縄 張 り 争 いをして 戦 う 犬 は 自 分 が 負 けた と 思 ったとき あおむけに なって 敵 におなかをみせる そうすることによって ほら こんなに 無 抵 抗 です だから これ 以 上 攻 撃 しないで 下 さい というメッセージを 送 る おなかを 見 せられた 相 手 は 攻 撃 をやめ そして 上 下 関 係 ができあがる これが 雌 雄 間 のセクシャルなサインになると お 尻 をみせる 人 間 も もともとそうだったのかもしれないが いまでは 胸 や 口 でそのサ インを 発 するといえそうだ 永 遠 のセックスシンボルといわれたマリリン モンローは 豊 かな 胸 とキュ ートな 口 もとで 世 の 男 性 を 魅 了 したし 一 世 を 風 靡 したロック 歌 手 のエル 22

20 ビス プレスリーは 怪 しげな 腰 つきとお 尻 がセクシーすぎるということで コンサートのテレビ 放 映 を 禁 止 されたことがある こうした 意 識 的 なものから 無 意 識 なものまでふくめて 人 はふだん さま ざまなサインを 出 している 頬 づえをついている 女 性 がいたとすると 顔 を 支 えている 手 は 恋 人 の 肩 の 代 わり 手 で 頬 や 顔 を 押 さえるのは 恋 人 にそこを 愛 撫 してほしいという 気 持 ちの 現 われ 足 を 組 んで 座 るのは 性 的 な 誘 いといわれている イギリス 生 まれの 動 物 学 者 デズモンド モリスによれば このように 自 分 の 体 を 触 るのは 仮 の 親 密 さを 求 めているのだという だれかに こうしてほしい と 思 うことを みずからするのだ その 意 味 では 背 中 を 異 性 にみせるのもある 種 のサインだ だれかに 背 を みせるとき 人 は 無 防 備 になる 殴 られようが 刺 されようが 防 ぎようが ない にもかかわらず そのような 危 険 な 状 態 に 身 をさらすのは それだけ 相 手 のことを 信 用 している 証 拠 女 性 に 面 と 向 かって 抱 けない 男 性 でも 背 中 をみせられると 抱 きやすくな る 抱 いて といえないシャイな 女 性 は 背 中 をみせることで そのサイン を 出 しているのかもしれない そんな 女 性 の 思 いやりに 気 づかない 男 性 は なんて 鈍 感 な! ということ になる ただし 本 当 にソッポを 向 いている 場 合 もあるのでご 注 意 を 23

21 相 手 をもっと 好 きにさせる じらし の 秘 術 夕 食 前 のビールをおいしく 飲 むためだといって 暑 い 夏 の 夕 方 にもかかわ らず 水 分 をいっさい 口 にしない 人 がいる カラカラに 渇 いた 喉 には 風 呂 あがりのビールは 格 別 なものに 思 える 待 たされただけに いっそうおいしい これは なにも 飲 み 物 や 食 べ 物 に 限 ったことではない 男 女 関 係 でも 同 じ ことがいえそうだ なかなか 振 り 向 いてくれない 異 性 への 思 いが つのりつのっていく そんな 男 女 の 心 のアヤでドラマが 展 開 するストーリーは 映 画 や 小 説 でよ く 使 われる 女 性 をデートに 誘 ったとき 1 すぐにオーケーが 出 た 2 用 事 があるけど あなたの 頼 みならしかたないわね と 承 諾 された 3 最 後 までダメでとおされた という 三 つのパターンをつくり 被 験 者 である 男 性 が その 女 性 にどのよ うな 感 情 をもつかを 調 べた 実 験 がある この 結 果 三 つのケースの 中 で 男 性 が 女 性 にもっとも 好 意 をもったのは 2の 場 合 一 般 的 には デートの 誘 いをすんなり 承 諾 した1の 女 性 のほうが より 好 感 をもたれるように 思 えるのだが なぜ2のほうが 好 かれたのだろうか? この 場 合 用 事 がある という 女 性 の 返 事 で 男 性 は 彼 女 は 自 分 の 誘 いを 断 るにちがいない といったんあきらめかけた ところが その 後 で もあなたの 頼 みなら と 事 態 が 変 わった 24

22 被 験 者 の 男 性 は 最 初 に ダメ といわれたので 彼 女 とデートしたい という 一 種 の 獲 得 欲 求 を 抑 えなければならなかった けれども 欲 求 という ものは 我 慢 すれば 我 慢 するほど 強 くなるものだ つまり ダメ といわれたため 獲 得 欲 求 は いっそう 強 められたことに なる そういう 状 況 のとき いいわよ と 承 諾 されたわけだから 彼 の 欲 求 は 十 二 分 に 充 足 されることになる そこで 相 手 の 女 性 により 以 上 の 好 意 を 抱 くようになった と 解 釈 できるの だ ギリシャの 大 哲 学 者 ソクラテスは 娼 婦 に 相 手 をじらすと あなたの 商 品 価 値 が 高 まる と 助 言 したとか しなかったとか これも 先 の 実 験 からみれば うなずける 話 だ 意 中 の 人 からデートに 誘 われたからといって 二 つ 返 事 で 承 諾 せず 少 し 暗 い 相 手 をじらしたほうが あなたの 価 値 を 高 め しかも 相 手 にもよろこ んでもらえるというわけ こんなちょっとした 駆 け 引 きが 二 人 の 仲 をとりもつこともある 25

23 こんな 時 彼 女 は 優 しく 抱 いてほしいと 思 っている だれかに 優 しくしてほしい と 思 うのは 女 性 に 限 ったことではないだろう 男 性 だって 同 じだし 動 物 でも 自 分 をかわいがってくれる 人 を 知 ってい て 甘 えてくる 私 たちが 異 性 に 優 しくしてほしいと 思 うのは どんなときだろうか なにか 恐 ろしいことがおきたり ひどく 悲 しい 思 いをしたり 強 い 不 安 に かられたりすると 家 族 友 人 恋 人 など 自 分 を 理 解 してくれる 人 といっ しょにいたいという 気 持 ちがわいてくる 赤 ちゃんの 場 合 だれか 自 分 よりも 大 きな 人 とくに 母 親 に 抱 上 げてもら い 柔 らかい 胸 や 腕 に 触 れながらヨシヨシとなぐさめてもらえば 不 安 が とりのぞかれ 泣 きやむ このように 自 分 以 外 のだれかを 求 める 気 持 ちを 親 和 欲 求 という 大 手 術 するとき 身 内 にそばにいてほしいと 思 ったり 大 学 入 試 や 入 社 試 験 に 親 についてきてほしいと 思 うのも この 親 和 欲 求 からくる 心 理 だ 女 性 の 場 合 自 分 が 不 安 な 状 態 にあると 他 人 の 力 を 求 めたがる 傾 向 があ る 自 分 一 人 では 立 ち 向 かう 自 信 がない 状 況 そんなときに この 欲 求 はより 強 くなる 特 に 長 女 の 場 合 はじめての 女 の 子 ということでかわいがられ 周 囲 は 細 かく 気 を 配 って 保 護 してくれる こうして 育 った 女 性 は 不 安 に 襲 われる と 親 和 欲 求 が 強 くなる だから なにかと 異 性 に 抱 いて 欲 しい と 望 むこともある 困 ったとき 悲 しいとき 恋 人 の 大 きな 腕 の 中 に 抱 かれると 安 心 するのだ 26

24 幼 いころ こわくて 泣 いているとお 母 さんやお 父 さんが 優 しく 抱 いてくれ て それでホッとした こういった 幼 児 体 験 の 再 現 だと 考 える 事 ができる つまり 女 性 をなぐさめるときは 彼 女 が 安 心 できるように 優 しく 抱 いて あげるのがいちばんというわけだ また 女 性 の 場 合 自 分 のからだを 触 る 癖 をもつ 人 が 多 いが これも 親 和 欲 求 によるものが 多 い 自 分 で 自 分 のからだを 触 ることで 仮 の 親 和 欲 求 を 求 めること をイギ リス 生 まれの 動 物 学 者 デズモンド モリスは 自 己 親 密 性 とよんでいる 犬 や 猫 の 毛 をなでるのも 子 どもや 若 い 女 性 がぬいぐるみを 好 むのも フ ワフワした 感 触 によって 安 堵 感 が 得 られるからである しかし 触 ってくれる 人 触 らせてくれるもの 抱 いてくれる 人 が 身 近 に いない 場 合 は その 不 安 をどう 解 消 するか こんなときに 自 分 で 自 分 を 愛 撫 する 方 法 がとられる こうした 行 為 は しぐさによって 次 のような 意 味 をもっている 先 程 も 紹 介 しましたが テーブルに 肩 ひじをついて 手 で 頭 の 一 部 を 支 え るしぐさは 疲 れを 示 すものではない 頬 づえに 使 われている 手 は 自 分 をなぐさめてくれる 母 親 の 代 わり ある いわ 恋 人 の 温 かく 頼 りがいのある 肩 や 胸 を 象 徴 している 頬 づえをつくことによって 恋 人 に 抱 かれてなぐさめてもらったような 気 になる ミスに 気 づいたときなど 頬 を 両 手 で 押 さえることがある 手 で 頬 や 頭 髪 を 押 さえるのは 恋 人 に 髪 や 顔 などを 愛 撫 してほしいという 気 持 ちをあ らわしている 27

25 また 人 さし 指 や 小 指 で 自 分 の 唇 を 触 るのは 不 安 を 克 服 して 落 ち 着 きを 取 り 戻 したいという 気 持 ちをあらわしている 指 は 母 親 の 乳 首 や 乳 房 の 変 わりをしている 赤 ん 坊 のころ 乳 首 をすって 安 心 を 得 たように 指 で 唇 を 触 ることによって 安 らぎを 得 ようとしている 乳 離 れした 子 が 自 分 の 指 をしゃぶっていることがあるが これも 同 じ 理 由 からくる 行 動 だ あと 両 手 で 胸 を 抱 きこむ 腕 組 みには 二 つの 意 味 がある 一 つは 悲 しみに 耐 える 最 愛 の 人 を 失 ったときなど 自 分 の 身 を 抱 きなが ら 自 分 をなぐさめ あやそうとしているのだ 赤 ん 坊 のころ なにかにおびえて 泣 いた 自 分 を 母 親 があやしてくれた 行 動 と 似 ている もう 一 つは 防 衛 意 識 によるものだ 腕 を 組 むことによって 相 手 にたいするバリケードを 張 りめぐらす そし て 相 手 が 自 分 に 近 づかないように 自 己 防 衛 する 話 したくない 相 手 と 会 ったとき 相 手 とのあいだに 距 離 を 置 きたいときな どに この 動 作 が 用 いられる たとえば 体 育 座 り で 両 膝 を 両 手 ですっぽり 抱 えこんでしまう 座 り 方 これは 自 分 を 外 敵 から 守 っているようなしぐさで 自 分 よりも 大 きなも ので 包 みこんでほしい なぐさめてほしいという 気 持 ちをあらわしている ここで 少 し 男 性 をなぐさめるツボについて 話 そう 男 性 も 会 社 で 失 敗 したときなどには だれかに 優 しくしてほしいと 思 う こんなとき 母 親 の 代 わりとなる 相 手 を 求 める 子 どものころにいちばん 自 分 を 理 解 してくれて いじめられたりプライド 28

26 を 傷 つけられたとき 優 しくなぐさめてくれたのが 母 親 だ そんな 母 親 の 代 理 を 求 めるという 心 理 が つねに 働 いている しかし 女 性 とちがって 抱 いて 欲 しいとか なでなでしてほしいという 形 で 優 しさを 要 求 することは 少 ない むしろ 相 手 にたいする 征 服 欲 としてあらわれたり 攻 撃 的 な 行 動 によっ てあらわされたりする 1991 年 のアメリカ 映 画 氷 の 微 笑 で 主 人 公 のニックは 殺 人 事 件 の 容 疑 者 キャサリンに 翻 弄 される 彼 女 に 自 分 の 行 動 を 把 握 され 手 玉 にとられる にもかかわらず 知 らな いうちにキャサリンに 心 ひかれていく ところが 肉 体 関 係 をもてば 彼 女 に 負 けてしまうという 気 持 ちがあり ニ ックは 精 神 的 に 追 いこまれていく その 自 分 ではどうしょうもない 感 情 は 昔 の 恋 人 べス ガーナーに 向 けら れた ニックはプレイまがいの 荒 々しい 行 為 でべスと 関 係 する 自 分 を 手 玉 にとるキャサリンを 征 服 したいという 気 持 ちが あろうことか べスに 向 けられたのである また 彼 女 にたいして 攻 撃 的 な 行 動 をとることによって 自 己 のコンプレ ックスを 解 消 し ひいてはなぐさめを 求 める 男 性 はこういった 屈 折 した 行 動 を 通 して 相 手 の 優 しさを 確 かめたいとの 欲 求 をもつことが 多 々ある ようだ 自 分 のプライドを 満 足 させてくれる コンプレックスを 補 ってくれるよう な 優 しさを 相 手 とくに 女 性 に 求 める 傾 向 がある つまり 彼 を 本 気 でなぐさめたいなら 少 々の 荒 っぽい 行 為 には 目 をつぶ る 寛 容 さが 必 要 というわけだ 29

27 相 手 を 振 り 向 かせる ほめ 方 のポイント たとえば 女 優 やモデルのように つねにその 美 貌 を 讃 えられてられてきた 人 でも 讃 えられたりほめられたりすることに 飽 きるとか 腹 が 立 つという ことはないはずである まして 一 般 の 女 性 なら 手 がきれい 足 の 形 がすてき 頭 の 回 転 が 速 い など 対 象 がなんであれ ほめられればうれしいものだ 容 姿 に 自 信 がない 人 でも いいお 名 前 ね といわれれば それはそれで 悪 い 気 はしない ただし なんでもいいからほめるという 方 法 は ほめられることになれて しまった 女 性 には 効 果 は 薄 い そういう 女 性 には 個 性 を 際 立 たせるよう なほめ 方 が 必 要 だ たとえば その 服 あなたによく 似 合 う というよりも あなたが 着 る と その 色 がとても 映 える というように 他 人 との 差 別 化 をはかったほ め 方 これは 私 はほかの 人 とはちがう と 感 じさせるほめ 方 で 女 性 の 優 越 感 をくすぐる 自 分 が 重 大 な 価 値 を 見 出 している 事 柄 や 自 我 の 中 核 にかかわるとみなし ている 事 柄 であるほど 自 我 の 関 与 の 度 合 いが 高 いという 女 性 の 場 合 自 分 が 他 人 からどのようにみられているのか 自 分 は 魅 力 的 かどうかということについて 強 い 関 心 がある 一 般 に 自 我 関 与 度 の 高 い 事 柄 をほめられたときは そうでない 事 柄 をほ められたときよりも 嬉 しく 感 じる ファッションに 強 い 関 心 をもっている 人 はその 服 の 組 み 合 わせのセンス をほめられると ほかのことをほめられるよりうれしいであろうし 知 性 にこだわっている 女 性 は 知 的 だ とほめほめられることをいちばんよろ 30

28 こぶはずである 男 性 の 場 合 は 女 性 よりも 外 見 にこだわることは 少 なそうだ 外 見 をほめられたいというより むしろ 他 人 に 承 認 され 尊 敬 されたい という 気 持 ちが 強 いといえる これは 社 会 的 承 認 欲 求 とよばれるもの である やたらと 威 張 りちらしたり 本 当 は 素 直 なのに 頑 固 者 ぶったりする 男 性 は エライ 人 間 だと 認 めてほしい 一 目 置 く 必 要 のある 人 間 だと 認 めてほしい という 欲 求 が 強 いために そのような 行 動 をとるのだと 考 えられる 男 性 をほめるなら この 社 会 的 承 認 欲 求 をうまくつくとよい たとえば 男 らしさを 認 めてほしい 人 は なんて 男 らしいの の 能 力 を 認 め 欲 しがっている 男 性 は これができるのは あなたしかいない とい われれば そうか と 満 足 し 彼 との 関 係 もそのあとの 話 もスムーズに 運 ぶ というわけ 男 性 のもっている ほめられたいという 気 持 ちは その 人 のもっている 社 会 的 承 認 欲 求 の 強 弱 が おおいに 関 係 してくると 考 えられる ひそかに 憧 れる 彼 女 の 心 をゲットする 方 法 アメリカでおこなわれた 実 験 で 次 のようなものがあった 男 性 の 被 験 者 が 女 性 に 電 話 をするというものだが この 男 性 には あらか じめ 電 話 の 相 手 である 女 性 の 写 真 がみせられる 一 枚 はとびきりの 美 人 もう 一 枚 は 不 美 人 31

29 美 人 の 写 真 をみせられた 男 性 は 話 しているうちに 不 美 人 の 写 真 をみせ られたときより 言 葉 にメリハリが 出 てきて 生 き 生 きとした 話 し 方 になり そのうえ 応 対 も 丁 寧 になった すると それにつられて 電 話 の 向 こうの 女 性 も 話 し 方 が 丁 寧 になったとい うのだ もちろん なげやりな 対 応 をされた 不 美 人 の 女 性 は 話 し 方 がぞ んざいになった このように 相 手 が 自 分 に 好 意 を 持 ってくれると 自 分 も 相 手 に 好 意 をも つようになる これを 好 意 の 返 報 性 という 男 女 の 恋 愛 にもこのことがいえる 片 思 いであっても 相 手 のことを 好 き だ と 思 ってみていると 相 手 もこちらに 関 心 をもってくれるようになる 可 能 性 が 高 い また 初 対 面 の 異 性 と 話 すときは 互 いの 共 通 点 を 探 すとよい といわれ る 出 身 地 が 同 じとか 兄 弟 の 構 成 が 似 ているといったささいなことであって も 互 いに 心 を 開 くきっかけになる 共 通 の 話 題 があることによって 相 手 により 親 近 感 を 抱 くのだ これを 類 似 性 の 要 因 という 二 人 で 歩 いているとき お 茶 でも 飲 もうか と 男 性 がいう 私 も いま 同 じこといおうと 思 っていたの ということがある 同 じときに 同 じことを 思 っていた ということによって 以 心 伝 心 は 波 長 の 合 う 証 拠 二 人 はますます 相 手 に 親 しみを 感 じるようになる これ は 同 調 行 動 といわれる 好 きで 好 きでたまらないのに 相 手 がなかなか 振 り 向 いてくれない そん なときは あらかじめ 相 手 の 行 動 をチェックしておいて 同 じ 行 動 をとる とよい 毎 日 毎 日 同 じ 電 車 にのり あれ また 会 ったね と 繰 り 返 す 32

30 あるいは 相 手 が 映 画 好 きであれば あの 映 画 みた?いや 僕 も 映 画 が 好 きでね なんて あたかも 偶 然 のようにみせる そうすることによって 相 手 は しだいにあなたに 好 意 を 抱 いてくるはず だ これは 熟 知 性 の 原 則 の 応 用 である あきらめの 早 すぎる 男 性 よりも しつこいくらいの 男 性 の 方 が 最 後 には 勝 利 を 得 るだろう 誠 意 をもって 当 たれば しだいに 相 手 の 心 は 自 分 に 開 くようになる 人 に すかれて 嫌 な 気 持 ちになる 人 はいないであろうから しかも 恋 する 者 と 恋 される 者 のあいだには 支 配 服 従 の 関 係 がつくら れる 恋 されるほうは 支 配 者 という 優 位 に 立 つわけであるから 優 越 感 すら 抱 く ことが 可 能 だ いっぽう 恋 する 者 は 弱 者 の 立 場 に 立 たされるわけだが あきらめてしま わずに 人 間 のこうした 心 理 を 逆 用 して 恋 をかなえられるなら それはあ る 意 味 恋 の 勝 利 者 とよべるのではないだろうか 大 好 きなあの 人 に 飽 きられないための 知 恵 劇 画 やドラマなどの 変 身 ものには 昔 もいまも 根 強 い 人 気 がある 仮 面 ラ イダー ウルトラマン スパイダーマンなど 数 えればきりがない これ はたんにヒーロー 願 望 だけでなく 人 のもつ 変 身 願 望 が その 人 気 を 支 え ていることはいえる いまの 自 分 を 変 えたい という 願 望 は だれにでも 多 少 なりともあるの だろう 33

31 もっとも 簡 単 に 自 分 を 変 えることのできるものに 服 装 がある 同 じ 人 でも 背 広 を 着 ているときとジーンズのときとでは イメージがか なりちがう ジーンズで 歩 きながらアイスクリームを 食 べても 別 に 注 目 をあびることはない ところが 背 広 で 同 じことをすると 奇 異 にみえる 服 装 によって 人 に 与 えるイメージは 異 なる では 自 分 自 身 の 精 神 には どのような 影 響 を 及 ぼすのだろう? 服 装 の 心 理 的 効 果 を 調 べるために アメリカのジンバルドはおもしろい 実 験 をおこなった 一 般 の 市 民 を 被 験 者 にして 半 分 の 人 には 囚 人 の 着 るシマシマの 服 を 着 て 囚 人 役 を 残 りの 人 には 看 守 の 服 を 着 て 看 守 役 をやってもらった すると 間 もなくお 互 いの 行 動 の 違 いがはっきりしてきた つまり 囚 人 役 の 人 は 無 気 力 で いわれるままに 行 動 するようになったし 看 守 役 は オ イ コラ といった ぞんざいな 口 をきくなど 命 令 調 の 言 動 が 多 くな った 本 来 二 週 間 の 予 定 ではじめられた 実 験 だったが 囚 人 役 の 人 々に 人 格 の 荒 廃 がみられるようになったので 予 定 をかなり 早 めて 中 止 してしまった この 実 験 から 制 服 が 役 割 関 係 を 明 確 にし その 役 割 りの 内 面 化 を 促 した ということが 考 えられる このように 制 服 は 人 に 与 える 印 象 を 変 えるだけでなく 自 分 自 身 がどの ような 役 割 をする( 役 割 行 動 )のかを 自 分 にいい 聞 かせるのに 有 効 な 手 段 だといえる たとえば 結 婚 式 のおよばれで 和 服 を 着 た 女 性 は 和 服 にふさわしい 行 動 をとらなければ という 気 持 ちが 働 き 楚 々として 女 らしく 振 舞 う 和 服 を 着 ることで いつもとはちがう 自 分 を 演 じるのだ 34

32 また 一 部 の 企 業 で 子 供 たちの パパの 会 社 訪 問 がおこなわれている そこで 子 どもたちは ふだんとはまるでちがう 会 社 でのパパの 顔 を 発 見 することになる これも 一 種 の 変 身 パパは 自 宅 では 父 親 としての 役 を 会 社 ではサラ リーマンとしての 役 を 使 い 分 けている 家 にいるときのくつろいだ 父 親 の 顔 しかしらない 子 どもたちが いつもと まるでちがうキビキビした 父 親 の 姿 をみて びっくりする 人 間 は このようにいろいろな 役 割 を 演 じることで 心 理 的 なバランスを とっているともいえる アフターファイブに ロックを 演 奏 しているおじさんバンドがいる 黒 い ボンデージに 身 を 包 み ピアスをつけて 絶 叫 する あるいは 女 装 趣 味 の サラリーマンもいる 意 図 的 にみかけを 変 えて 心 のバランスをとったり ストレスを 発 散 させたりしているわけだ 一 般 に 女 性 が 失 恋 して 髪 を 切 るのは いままでの 自 分 に 決 別 したい 別 の 自 分 になりたいからだといわれる また スポーティーで 明 るくみられたいから 髪 を 切 るとか 女 らしくみら れたいからパーマをかけるということは 日 常 的 にだれもがやっている 変 身 人 は こうありたい というイメージのファッションやスタイルをするこ とで 精 神 的 にもそれにふさわしい 役 割 を 果 たすようになる 変 身 願 望 それは 自 分 の 世 界 を 広 げることにおおいに 役 立 つ いまの 世 界 では 満 たされない 欲 求 を 別 の 世 界 で 満 たすことができるとい うわけだ 自 分 が 変 わるだけでなく 相 手 の 変 身 がみたい 自 分 の 知 っている 以 外 の 面 をみてみたい という 場 合 もある 35

33 仕 事 の 帰 りに 夫 婦 がデートをするとか 週 末 に 小 旅 行 に 行 くなどは いつ もとちがう 相 手 を 発 見 できる 手 軽 な 方 法 でもある ちょっとマンネリ 化 した 二 人 なら このような 互 いの 変 身 を 目 にする ことでリフレッシュできるだろうし 理 解 も 深 まっていくことだろう 主 婦 が 携 帯 の 出 会 い 系 サイトにはまるのも 自 分 とはまったくちがう 女 性 を 演 じることができるからかもしれない いつまでも 仲 良 しでいられる 会 話 の 極 意 自 分 の 知 らない 話 題 を 持 ち 出 されたとき つい 知 っているふりをしてしま ったことはないだろうか たとえば という 監 督 の 映 画 だけどさあ と 話 しかけられ ぼんやりした 記 憶 しかないにもかかわらず 思 わず ああ あれね 話 題 になったよね と さもよく 知 っているかのような 口 ぶりで 答 えてしまう 知 らない と 口 にすることは 恥 ずかしい とか 悔 しい ことだと いう 思 いがその 背 景 にあるからである かと 思 うと その 話 題 は 前 にも 聞 いたよ 三 回 目 だ! と 話 の 腰 を 折 っ てしまう 人 もいる このように 答 えられてしまうと 話 をつづけたいと 思 っていた 相 手 はがっ かりして ほかの 話 題 についても 口 を 閉 ざしてしまうことになる そのうえ そのような 反 応 をした 人 にたいして なんて 嫌 な 人 なんだ ろう と 不 快 な 印 象 をもちかねない 36

34 話 術 が 巧 みかどうかをみる 目 安 に 話 したがっている 人 に 気 分 よく 話 させ る 聞 き 上 手 というものがある その 場 で 出 た 話 題 を 知 っていようがいまいが たいした 話 題 ではない 要 は いかに 相 手 が 気 持 ちよく 話 しつづけられるかということだ つまり 無 理 して 知 っているふりをしたり 前 に 聞 いたことがあるといっ たりする 場 合 も それについてはよく 知 らないので 話 を 聞 かせてくだ さい といった 態 度 のほうが 相 手 が 話 しやすいということである また このように 相 手 に 主 導 権 をゆずることで その 人 の 考 え 方 や 物 事 の とらえ 方 をより 深 く 知 ることもできる たとえば このお 酒 は 有 名 なんだよ と 通 を 気 取 って 話 しはじめた 相 手 に そんな 事 は 知 っているさとばかりに ああ 富 山 ではこの 蔵 よりも のほうがおいしいんです この 酒 は 有 名 になりすぎて 混 ぜものが 多 い ですからね というような 反 応 をする 人 がいる 話 題 の 提 供 者 よりも 自 分 のほうがそのことについて 詳 しい 場 合 に つい おこりがちだ 自 分 のもっている 情 報 や 知 識 をひけらかしてしますと 話 しだした 相 手 の プライドはいたく 傷 ついてしまう いろいろな 話 をしようと 思 っていた 相 手 の 気 をそぐことになる 初 対 面 の 場 合 となると このうえなく 不 愉 快 な 思 いをさせてしまうことに なる こんなとき 知 らないふりが 威 力 を 発 揮 する ああ そうなんですか なるほどイケますね と 反 応 されれば 相 手 はうれしくなってさらに 話 を つづけるだろう その 後 はあいづちを 打 つことで 相 手 からさらに 話 を 引 き 出 すことができ る 37

35 もちろん 調 子 にのったいきすぎは 禁 物 たんなる 太 鼓 持 ち になって しまいかねない あくまでも タイミングのいい 適 度 な 反 応 をすること そうするうちに 相 手 は この 人 は 自 分 の 話 を 真 剣 に 聞 いていてくれる 自 分 に 好 意 を 抱 いているんだな と 思 うようになる こうなると 自 分 に 好 意 を 抱 いてくれる 人 を 好 ましく 思 う 好 意 の 返 報 性 によって あな たと 相 手 はいい 関 係 になというわけだ もちろん こうしたことは 異 性 間 の 会 話 にもあてはまる 聞 き 飽 きた 話 でも はじめて 聞 いた という 顔 をしていることは もし かしたら 二 人 の 仲 をいつまでも 円 満 に 保 つ 秘 訣 の 一 つといえるかもしれ ない なかなか 告 白 できない 人 はこの 手 をつかえ ほとんどの 男 性 は 明 るい 昼 間 よりも 夜 のほうが 女 性 を 口 説 きやすい と 感 じているはずだ 薄 暗 い 明 かりのなかで グラスを 傾 けながらとか 月 明 かりの 下 で 星 を 見 上 げながらといったように 想 像 するだけでもその 効 果 のほどがうかがえ る ここに アメリカでおこなわれた 暗 闇 と 人 間 の 心 理 に 関 する 興 味 深 い 実 験 結 果 がある 男 女 数 人 のグループを 一 組 として 二 組 のグループがそれぞれ 暗 い 部 屋 と 明 るい 部 屋 に 閉 じ 込 められる その 後 約 一 時 間 のあいだに 彼 らの 行 動 にどのようなちがいが 出 るか 調 べたものだ 38

36 明 るい 部 屋 の 男 女 は 一 時 間 じゅうほとんど 位 置 を 変 えることなく あた りさわりのない 話 をしていた いっぽう 暗 い 部 屋 に 閉 じ 込 められた 男 女 は 時 間 がたつにつれてだんだ ん 話 しをしなくなり やがて 場 所 を 移 動 しはじめた そして しだいに 仲 間 のからだに 触 ったり なかには 抱 き 合 う 者 も 出 てき たという この 実 験 から 次 のことが 考 えられる ふだん 多 くの 人 間 は 好 ましく 思 われない 欲 求 や 本 性 を 隠 そうという 気 持 ちで 行 動 している それが 暗 闇 のなかとなると だれがだれだかわからない 状 態 となり 自 分 をさらけだしてもかまわない という 心 理 が 働 くようになる つまり 暗 闇 では 自 己 の 過 剰 露 呈 が 抑 制 されなくなるのだ そのため に 仲 間 同 士 の 信 密 度 が 急 速 に 高 まったと 解 釈 できる 暗 闇 にはいれば 相 手 の 顔 がわからないし いわば 自 己 露 呈 の 不 安 が 減 少 す る だれに 触 ろうが だれと 抱 き 合 おうが あとまで 尾 を 引 くことはないし 責 任 を 追 及 されることもない そうした 匿 名 性 の 高 い 行 為 が 許 されるような 気 持 ちになり 男 性 は 初 対 面 の 女 性 にたいしても 気 軽 に 体 をさわったりできるわけだ また 女 性 も それを 許 してしまうのだと 考 えられる 女 性 に 積 極 的 にアタックできないという 気 弱 な 男 性 でも 暗 闇 のなかでは 人 が 変 わったように 大 胆 になれることがある それを 裏 付 けるような 実 験 結 果 だ 夕 闇 迫 る 公 園 や 海 岸 では 通 行 人 が 目 のやり 場 に 困 るほどのアツアツぶり 39

37 を 展 開 するカップルが たくさんいる ふだんは 恥 じらいをみせる 女 性 で も 暗 闇 では 想 像 以 上 に 積 極 的 になる ということもあるかもしれない なかなか 積 極 的 になれない 男 性 は この 暗 闇 の 人 間 心 理 を 利 用 するの も 一 つの 手 段 だろう 男 のプライドを 傷 つけずに 思 いのまま 操 る 方 法 男 性 は 口 説 いても 口 説 いてもなかなか 落 ちない 女 性 に 夢 中 にさせられる 手 に 負 えなければ 負 えないほど 成 功 したときの 喜 び つまり 達 成 感 が 大 きいということだろう 心 理 学 者 のマクレランドによると なにかの 目 標 をもって それを 達 成 し ようという 意 欲 ( 達 成 意 欲 )の 高 い 人 は その 人 がもっとも 重 要 だと 考 え ている 内 的 基 準 によって 動 機 付 けられる たとえば 事 業 を 成 功 させようという 人 は 金 持 ちになれるとか 社 会 的 な 評 価 を 受 けるというようなことが 目 当 てではなく ただやりとげたいとい う 意 思 によって 行 動 する なぜ 山 に 登 るのか? と 問 われた 登 山 家 が そこに 山 があるから と 答 える これはまさに 達 成 動 機 が 内 的 基 準 によることをあらわした 言 葉 だと 考 え られる 女 性 にたいしても 落 ちない 女 性 を 落 としたい という 心 理 が 働 く から 断 られてもめげずにアタックできるのだ 家 事 をすることに さほど 抵 抗 を 示 さない 若 い 夫 がふえている いかにも 40

38 従 順 な 夫 のように 思 えるが 彼 らは 意 外 にも 命 令 されるのが 大 嫌 い ゴ ミだしはもちろん 料 理 もつくるし 掃 除 もする けれど 妻 に これをやっておいてね といわれると わざと 無 視 して 相 手 を 怒 らせたりるす 男 性 の 多 くは 命 令 や 指 示 にたいしては つい 反 発 したくなるらしい た んなるわがままかもしれないが なにしろ 結 論 は 自 分 で 出 したい! の だという 賢 い 女 性 はそこを 逆 手 にとって こういうことがあるが 逆 にこういう 場 合 もある というように プラスとマイナスの 両 面 の 情 報 を 提 示 する そうしておいて どちらがいいかはあなたが 決 めて と 決 定 権 を 男 性 にゆ だねる こうして 男 性 を 立 てることで かえってすんなり 事 は 運 ぶ 欧 米 では デートのとき コースなどの 最 終 決 定 権 は 女 性 にあるという なにかとイニシアティブをとりたがるのは どうも 日 本 男 性 の 特 徴 なのか もしれない もてない 男 の 恋 の 必 勝 法 とは しつこく 男 性 に 迫 られているうちに いつの 間 にかその 男 性 と 付 き 合 うよ うになってしまう 女 性 がいる ある 男 性 は 毎 日 毎 日 好 きな 女 性 を 駅 で 待 ち 伏 せして 真 っ 赤 なバラを 一 本 ずつプレゼントしつづけた 1 カ 月 二 ヶ 月 半 年 とたつうちに とう とう 相 手 が 根 負 け その 男 性 は 彼 女 とのデートにこぎつけた 女 性 も はじめは なんてしつこい 男 性 なの と 行 為 をもつどころではな 41

39 い けれども 彼 は 雨 の 日 も 風 の 日 も 自 分 を 待 ち 続 ける あきれながらも しだいに 同 情 の 気 持 ちがわいてきて ついには 一 度 く らいならデートしても と 考 える こうした 心 の 変 化 は 心 理 学 の 熟 知 性 の 原 則 で 説 明 できる 人 は 毎 日 目 にするものには いつの 間 にか 親 しみを 感 じてしまうという 理 論 だ この 熟 知 性 の 原 則 を 利 用 したのが テレビのコマーシャル 同 じ 情 報 を 何 度 も 繰 り 返 して 視 聴 者 にアピールする そうそると 買 い 物 にいったとき その 商 品 が 頭 に 浮 かぶ あ これ 知 ってる CM でやっ ていたものだ と つい 手 にしてしまうというわけ この 理 論 に 従 うなら モテない 男 性 も 目 当 ての 女 性 に 何 度 も 接 触 するこ とによって その 愛 情 を 獲 得 することができる 可 能 性 もあるということに なる ただし 一 つだけ 気 をつけなければならないことがある それは この 理 論 が 成 り 立 つ 前 提 に 第 一 印 象 がニュートラル あるい は 良 いこと があるということだ 第 一 印 象 が 悪 かった 場 合 には 顔 をみ せればみせるほど 近 づこうとすればするほど ますます 相 手 に 嫌 われて しまう 始 めよければ 終 わりよし というが まずは 初 めが 肝 心 というわけ だ 42

40 相 手 が 心 を 開 く 良 いほめ 方 と 悪 いほめ 方 互 いの 機 嫌 をとろうとするときには 相 手 をほめる という 方 法 がある ほめられて 嫌 な 気 分 になる 人 はいない 自 尊 心 を 満 たされ 思 わずうれ しくなってしまうものだ セールスにもこの 手 は 利 用 される さすが お 目 が 高 い まあ よくお 似 合 いで などとほめあげれば 自 然 客 の 財 布 のヒモもゆるんでしまう しかし ただベタボメすればいいというものでもない どのくらいほめる かは 相 手 の 自 尊 心 によって 決 まってくる たとえば ある 男 性 が 知 り 合 ったばかりの 女 性 に 僕 のこと どう 思 う? と 聞 いたとしよう 女 性 にとっては おもしろそうだけど まだよくわか らない というのが 正 直 なところなのだが この 答 えは 人 によって 受 け 止 め 方 が 変 わってくる 自 尊 心 の 強 い 男 性 は これはイケル 答 えだと 思 い 低 い 人 なら ダメな 反 応 だ とあきらめてしまう そもそも 自 尊 心 の 強 い 人 は つねに 自 分 の 能 力 は 高 いものだと 思 っている そのため 周 囲 の 人 の 言 動 をつい 好 意 的 にとりがちなのだ それが 度 を 越 せば ただのうぬぼれでしかないのだが 女 性 なら バリバリのキャリアウーマンがこの 部 類 に 入 る 能 力 にも 行 動 力 にも 自 信 があり 上 司 の 信 頼 も 得 ているという 気 持 ちがあるから 他 人 の 評 価 をすべて 自 分 への 賞 賛 だと 解 釈 してしまうのだ 逆 に 自 尊 心 の 弱 い 人 は 物 事 をマイナス 方 向 に 考 えがち ひょっとしたら 損 をさせられるのではないか という 疑 いをもち その 防 衛 策 として 心 を 閉 ざしてしまう だから この 手 の 人 はベタボメしても 逆 効 果 相 手 の 心 は 離 れていくばか 43

41 りだ 当 然 ほめ 方 にも 工 夫 が 必 要 になってくる 一 般 に もっとも 効 果 的 だといわれるほめ 方 は 最 初 にけなして あとで ほめる というもの 次 は 最 初 から 最 後 までほめつづける ただしこれは 先 に 述 べた 自 尊 心 の 弱 い 人 にはイヤミにしか 聞 こえないの で あまり 適 当 とはいえない また 最 初 から 最 後 までけなす のあまり 効 果 的 ではない そして もっとも 効 果 薄 なのが ほめたあとでけなす やり 方 はじめのほめ 言 葉 も けなしのための 下 準 備 にしか 思 われないからだ ほ められて 一 瞬 でもよろこんだ 自 分 が 愚 かに 思 えてします 人 をほめるにも まず 相 手 の 性 格 を 知 ることからはじめるべきだろう そ のうえで 一 番 有 効 なほめ 方 をすれば たちまち 相 手 の 心 をあなたのもの にすることができるにちがいない ウソ が 二 人 の 仲 をふかくする?! 恋 愛 はゲームと 同 じで 緊 張 と 興 奮 があるからおもしろい という 人 がい る 恋 人 同 士 が 片 方 の 裏 切 りや 事 件 を 契 機 に さらに 仲 良 くなるという 話 もあ る 二 人 のあいだで 修 復 可 能 な 程 度 の 亀 裂 であれば 雨 降 って 地 固 まる となるのだ 恋 愛 を 刺 激 的 にするためにウソを 利 用 することがある 44

42 ささいなウソをつくことで ほんの 少 しだけ 嫉 妬 させたい 怒 らせてみた い そんな 気 持 ちから 罪 にならないような 簡 単 なウソをつく それを 見 破 り ながら 恋 愛 を 楽 しもうというわけだ ここで かわいい と 思 わせる 女 のウソについて 少 し 話 そう すぐにばれそうなウソをつく 女 性 がいる 私 お 見 合 いさせられそうなの と お 見 合 いする 気 もないのにウソを つくのは それによって 相 手 を 焦 らせ いまの 関 係 をもう 少 し 深 めたいと いう 願 いのあらわれだ そんな 女 性 を かわいい と 思 う 男 性 もいることで 世 の 中 のバランスが とれている また 算 数 の 苦 手 な 小 学 生 に まずやさしい 問 題 を 解 かせて 自 信 をもたせ ていくように ウソをみぬかせて 自 信 をもたせてあげようという 女 性 もい ることだろう ウソがみぬけたとなれば ホラみろ とばかり 自 慢 したくもなる きみのウソなんて 単 純 なものさ と 男 性 のプライドを 満 足 させる 彼 女 よりも 自 分 が 優 位 に 立 っているという 気 分 にひたらせるタイプのウソ である ところが 女 性 が 巧 みなウソをつき これに 男 性 がまんまとひっかかって しまったとなると 話 は 別 本 来 かわいくあるべき 女 性 が ウソをつき 自 分 はそれをみぬけなかった そうした 自 分 への 腹 立 ちはもちろんだが ウソをついた 女 性 への 怒 りのほ うが 大 きくなる なにごとも 度 が 過 ぎては 効 果 はない つぎに 男 性 がコロリとまいってしまうウソについて 話 しましょう 45

43 男 性 は 女 性 に 対 して その 服 すてきだよ とか 君 は 魅 力 的 だね とい った 容 姿 に 関 するウソをつく 女 性 はみえすいたウソだと 思 っても 嫌 な 気 はしない なによ 口 先 ばかり といいながらも 内 心 はうれしくて 仕 方 ないもの だ これこそはもっと 言 ってほしいウソ というわけだ 多 くの 女 性 は 自 分 が 魅 力 的 かどう 他 人 が 自 分 をどうみているのか に 強 い 関 心 がある 当 然 その 関 心 のある 部 分 をほめられるとうれしい たとえば スタイル に 関 心 ある 自 信 のある 人 に 脚 が 長 いとほめれば それはまさに 的 を 射 た ホメ 言 葉 となる 恋 する 男 女 のウソは それがあきらかにウソだとわからなければ 意 味 がな い たとえば わざとするそっけない 態 度 もウソの 一 つで つまりは 愛 情 の 裏 返 しということになる たいへんな 照 やれ 屋 の 男 性 が 好 きな 女 性 には てやんでぇ~ オレがお 前 さんにほれてるわけがねえ などと 本 心 を 隠 そうとする これにたいして 無 口 で 無 骨 女 性 にそっけなくすることで 優 しさをあら わす 場 合 もある そんな 静 かな 優 しさにひかれる 女 性 は 多 いだろうが 外 国 人 には 理 解 しが たいかもしれない この 調 子 でいくと 最 後 までみずからはなにもいわず 別 の 人 間 にいわせ ることで 周 囲 の 驚 き 具 合 を 楽 しむ いわば 水 戸 黄 門 様 的 ウソ もある ついでながら 真 実 は 誰 も 知 らないし 確 信 できないのだが みんなうすう す 気 づいているかもしれない そんなウソは ウルトラマン 的 ウソ とい える 46

44 ウソといっても このような 多 種 多 様 だが どれも 小 学 生 が 好 きな 子 に わざと 意 地 悪 をするのと 似 た 印 象 を 受 ける 好 意 をどのように 表 現 すれば いいのかわからなくて つい 冷 たい 態 度 に 出 てしまう 大 人 のウソも これとあまりかわりがなさそうだ 男 の 嘘 と 女 のウソ ここを 見 ればわかる アメリカでおこなわれた 実 験 によると 被 験 者 にウソをつかせて それを ビデオに 収 めたところ ウソをつくとき 人 は 思 わず 鼻 や 口 に 手 をやると いう 結 果 が 得 られた なるほど そういえば ウソをつくときには 鼻 の 頭 をかいたり つい 口 を 押 さえたりすることがあるな と 実 感 する 人 もおられるだろう なぜこのような 動 作 をしてしまうのかというと 一 説 には ウソをついた とき ばれるとマズイ という 緊 張 からか 鼻 の 粘 膜 が 乾 いて かゆくな るのが 原 因 だといわれる また いってはいけないことをいってしまった という 良 心 の 呵 責 に 耐 えられず 発 した 言 葉 をのみこもうと 体 が 反 応 して 口 に 手 がいってしま うのだともいわれる 人 間 のからだは 言 葉 とは 裏 腹 に 自 分 のついたウソにたいして 生 理 的 な 反 応 をするようだ それを 利 用 したのが 犯 罪 捜 査 に 欠 かせないポリグラフ(ウソ 発 見 器 ) 人 間 はウソをついて 緊 張 した 場 合 手 のひらなどに 発 汗 する その 分 泌 を チェックしてウソか 本 当 かを 判 断 するというわけだ 47

45 ウソを 顔 の 表 情 で 判 断 するのは なかなかむずかしい ポーカーフェイスなどという 言 葉 があるように 表 情 が 一 貫 していて 感 情 の 判 断 ができないという 人 もいる それは ウソをついているときの 自 分 の 行 動 を 考 えてみるとよくわかる 本 当? という 疑 いの 眼 差 しを 向 けられ 相 手 はこちらの 表 情 を 読 もう とするのではないかと 不 安 になり そうされるのがあらかじめわかってい るから 焦 りや 狼 狽 をなるべく 顔 に 出 さないように 努 力 する こんなふうに 表 情 には 周 到 な 準 備 がなされる というわけで 顔 つきだけでウソかどうかを 判 断 するのはむずかしくなる それにたいして 手 までには 気 が 回 らず 思 わず 動 いてしまうことが 多 い 手 で 自 分 のからだの 一 部 を 触 るのは 自 分 をなぐささめる 行 為 だと イギ リスの 動 物 学 者 デズモンド モリスはいった そういえばウソがばれてポリポリと 頭 をかく 人 は 多 い 自 分 のからだを 触 ることによって ウソをついてしまったという 不 安 を 打 ち 消 したい 安 心 感 を 得 ようとするのだろう このような 点 からみれば 裁 判 で 被 告 がポケットに 手 を 突 っ 込 んだままだ ったり 後 ろ 手 を 組 むのは 礼 儀 知 らずというよりもウソをばれないよう にする 一 種 の 自 衛 行 為 と 受 け 取 れそうだ ここで 簡 単 なウソ 発 見 法 を 一 つ ウソをつくと 極 端 に 笑 いが 少 なくなる 顔 をこわばらせている 相 手 は まず 真 実 を 語 っていないと 思 ってまちがい なさそうだ また 相 手 の 反 応 にたいしてうなずきが 増 える やたらウンウンとうなず いている 人 には 要 注 意! 48

46 ココが 女 のウソの 特 徴 嫉 妬 心 の 強 い 女 性 は よくウソをつくという しかも 服 装 とか 容 姿 といったみかけの 部 分 や 私 だってモテるんだか ら といった 見 栄 っ 張 りのウソが 多 いといわれている たとえば 私 は 彼 が 哀 願 するからつき 合 ってあげているの とか 彼 が 長 い 髪 が 好 きだから この 服 ちょっと 値 が 張 ったんだけど 思 い 切 っ て 買 っちゃった 化 粧 品 はすべて 海 外 ブランドなの というような た わいもない 見 栄 っぱりのウソをつく もしかすると 中 島 みゆきの 歌 にあるように 男 性 用 のコロンをつけて 男 性 とすごしたふりをする ホテルのロビーで 夜 更 かしして 遊 び 人 を 気 どる などということまでやった 人 もいるかもしれない どうして 女 性 はこの 種 のウソをつくのか 容 姿 外 見 地 位 というよう な 表 面 的 なものに 敏 感 だという 女 性 特 有 の 性 質 によるものが 責 任 の 一 端 は 男 性 にもありそうだ 着 飾 った 女 性 が 好 き 上 手 に 化 粧 した 女 性 に 視 線 がいく といいうみかけ に 惑 わされる 男 性 の 反 応 に 応 えるべくして 彼 女 たちは 表 面 的 な 美 しさを 重 視 するようになり 同 時 にこの 種 のウソをつくことも 多 くなったといえ る 49

47 ここが 男 のウソの 特 徴 男 性 は 女 性 にくらべて 実 利 的 なウソをつく 傾 向 にあるようだ 商 談 や 駆 け 引 きにおいて 自 分 の 学 歴 や 将 来 性 を 偽 ったり そのような 権 限 も 力 もないのに 私 に 任 せれば 安 心 です というような 実 力 に 関 するも のも 男 のウソの 典 型 だ 誰 かに 頼 られれば 分 不 相 応 でもなんとかできるような 気 がして ついウ ソをつく 大 臣 は 知 り 合 いでね というのも 男 性 によくあ るタイプのウソ また 女 性 のウソはバレやすいが 男 性 の 場 合 はバレても 徹 底 的 に こ れは 真 実 なのだ といいつづけるのが 特 徴 相 手 をなんとかして 説 得 しようとするウソのつき 方 をする いっぽう 妻 子 がいる 男 性 とは 知 らずにつきあっていた 女 性 が 最 後 ま でだましてほしかった と 涙 ながらに 訴 えるのを 聞 くが こうした 場 合 女 性 にとっては 彼 がウソをついていようがいまいが 大 した 問 題 ではない ただ 納 得 したいだけなのだ 本 当 に 好 きなのは 君 だけ といわれれば それはウソであろうと 信 じ 込 んでいたい そのほうが じつはウソだよ と 真 実 を 聞 かされるよりも 本 人 にとっては 大 事 なことなのである 50

48 実 は 女 は 男 よりウソがヘタ 人 は よくウソをつく ちいさいころから ウソをついてはいけません と 大 人 にいわれつづけたにもかかわらず やはりウソをつくようになる というと 人 はすべて 大 ウソつきのように 聞 こえるが 試 験 の 点 数 が 悪 か ったとき からだの 調 子 がよくなかったの とごまかしたり スピード 違 反 でおまわりさんに 車 を 止 められたとき 標 識 がみえなかったんです と 言 い 分 けしたりするような 経 験 は だれしも 身 に 覚 えがあるだろう これらも いわばウソなのだ 女 性 が 新 しい 服 を 着 たりすれば 似 合 わないな 思 いながらも すてきだ ね とついついお 世 辞 をいってしまう これも 一 種 のウソ こう 考 えると 人 をだますことが 悪 いとばかりもいえない 上 手 なウソは かえって 人 をよろこばせる 場 合 がある アメリカの 心 理 学 者 ローゼンソールたちは 実 験 によって ウソの 効 用 を 調 べている それによると 能 力 のいかんにかかわらず 人 はウソでも 期 待 されたほう が 実 力 が 伸 びるという 結 果 がみられた このように 一 概 にウソといっても 人 の 能 力 を 高 めたり コミュニケーシ ョンを 円 滑 にしたりするものもある そして 恋 する 男 女 の 仲 をますます 親 密 にするために ウソが 活 躍 することも 少 なくない 一 般 に 女 性 のウソはすぐバレるといわれる ゆうべはどこに 泊 まった の? と 聞 かれたとき あら 友 達 の 家 よ 決 まってるじゃない と 答 えていても 相 手 には 恋 人 のところよ と 聞 こえている 女 性 のウソは それほど 簡 単 にバレてしまうというが いったいこれはど うしてだろう 51

49 女 性 の 場 合 自 分 のウソを 相 手 に 信 じこませようと 一 生 懸 命 になる あまりに 必 死 にウソをつこうとする 動 機 づけが 強 すぎるため かえってふ だんとはちがった 言 動 をしてしまう ムキになればなるほど ふつうでは なくなり ウソだとわかってしまうのだ では 人 はウソをどうやって 読 み 取 るのだろう どうも 私 たちはその 方 法 を 体 験 的 に 知 っているようだ つまり 発 せられ た 言 葉 意 外 のもの( 非 言 語 )によるコミュニケーションによって それが ウソか 本 当 かを 見 極 める 彼 ってあなたにピッタリの 人 ね と 口 ではいっても 目 が 二 人 は 釣 り 合 っていないわよ と 語 っていたり あなたにはもったいないわ と 顔 に 書 いてあったりする このように 表 情 動 作 物 腰 や 視 線 によって われ 知 らず 不 似 合 いよ という 考 えを 符 号 化 してしまうのだ この 符 号 化 は 男 性 よりも 女 性 のほうが 強 いのだというのが 定 説 だ 首 から 下 の 部 分 とくに 手 の 動 きにそれは 強 くあらわれるという 実 験 結 果 がある 52

50 ウソの 対 処 男 と 女 ではこんなに 違 う 浮 気 をして 帰 った 夫 が 妻 に 問 い 詰 められて 同 僚 と 飲 んでいただけだよ とイライラしながら 答 えるシーンは テレビドラマでもよくある 本 当? と 妻 が 疑 うと 何 時 から 何 時 まで どこそこで だれと 飲 んで いた と 妙 に 詳 しく 説 明 したかと 思 うと あとはさっさとその 話 題 を 切 り 上 げようとする そのあわてぶりに ウソが 浮 き 出 ている 相 手 がウソをついているとわかったとき 女 性 はどのように 対 応 するのだ ろうか また 男 性 はどうだろうか ここで 少 しお 話 ししょう 女 性 の 反 応 一 流 大 学 をでているといった 彼 が じつは 三 流 大 学 卒 業 だった そんなと き 女 性 は どうして 私 をだましたの? と 怒 りをあらわにする しかしよく 聞 いてみると 彼 女 たちの 怒 りはどうも 三 流 大 というウソ に 向 けられているのではないようだ みんなにあなたが 大 学 出 だっていってしまったのに とか 私 がそ んなこと 気 にする 女 だと 思 ったの? という 怒 り 方 をする 友 達 に 自 慢 してしまったから いまさら 間 違 いだったなんて 恥 ずかしく ていえない というような 自 分 の 都 合 に 関 する 部 分 で 怒 るのだ あるいは 私 はだまされていた という 自 分 の 愚 かさを 恥 だと 思 って 怒 るケ ースもある こうした 背 景 には 大 学 出 の 彼 をもっている ということによって 他 人 に 自 分 をよりよくみせたいという 心 理 が 働 いている 53

51 これは 男 性 が 美 人 を 連 れて 歩 きたがる 心 理 を 同 様 のものだ 男 の 反 応 女 性 がいくらウソをついても そのことをヒステリックに 怒 る 男 性 はそれ ほど 多 くない 女 性 よりもロマンチストだといわれる 男 性 のなかには 女 性 の 甘 いささや きをすぐに 信 じてしまう 人 がいる あなたって すてきね あなたみたいな 人 はじめてだわ という 言 葉 に 思 わず 心 をくすぐられてしまうのだ また すぐにバレるようなウソをつく 女 性 を かわいい と 思 えるのが 男 性 子 どもっぽいウソに 深 刻 になるのは 大 人 げがないと 考 えるからだろう ところが すべての 男 性 が 女 性 のウソの 寛 容 だと 安 心 してはいけない な かには 一 度 でもウソをつかれると そのたった 一 度 の 裏 切 り 行 為 をいつ までも 覚 えている 人 がいる 女 性 のウソでプライドが 傷 つけられた 男 性 は その 傷 を 忘 れない また 自 分 に 自 信 のない 男 性 にかぎって 女 性 のウソを 徹 底 的 に 追 求 した がる 女 性 のウソで 自 分 が 傷 つけられたくない ウソをつかれるくらいなら 自 分 が 相 手 より 先 にウソをつくほうがマシだし 優 越 感 を 味 わえる と 考 えるわけだ そんな 自 分 のついているウソがばれそうになったとき 男 性 は 先 に 述 べた ようにウソをつき 通 す それでもさらにしつこく 追 求 された 場 合 には オ レのいうことが 信 じられないのか! という 最 後 のひと 言 を 準 備 している ようだ 54

52 きれいに 別 れるためのウソの 心 得 ウソも 方 便 という 言 葉 がある とにかく 正 直 がよいと 考 えている 人 からみれば なんとも 納 得 のいかない 言 葉 だが わたしたちは 日 常 的 にこれを 実 践 している 仲 の 良 かった 二 人 でも 性 格 のちがいやいろいろな 事 情 によって 別 れるこ とがあるかもしれない そんなとき どんな 切 り 出 し 方 をするのだろうか 互 いが 嫌 な 思 いをせずに 気 持 ちよく 別 れるためには 時 と 場 合 によっては うまいウソが 必 要 になるものだ では これについてもまた 少 しお 話 ししよう 女 のウソ 相 手 と 別 れたいと 思 った 女 性 が あなたのこと 好 きなんだけれど いま 仕 事 に 集 中 したいの というようなウソをつくことがある その 理 由 には 二 つのことが 考 えられる 一 つには 自 分 の 保 身 別 れたあとで 相 手 にいろいろと 批 判 されたくない という 気 持 ちが 働 いていると 思 われる 元 の 恋 人 に 中 傷 されれば 評 判 も 悪 くなる しかも 判 官 びいきの 日 本 人 は ふられたほうに 同 情 しがちだ スキャンダルが 大 好 きな 人 たちの 格 好 の 餌 食 となるだろう 悪 い 評 判 は 後 々の 恋 にも 支 障 をきたすかもしれない なるべくなら 自 分 の 評 判 を 落 とさずに 別 れたい そこで けっしてあなたのことは 嫌 いではない と 布 石 を 打 っておいて 55

53 それでも 恋 愛 以 上 に 評 価 のあることをしたい というものを 提 示 すれば 相 手 は しかたがない とあきらめる 結 果 になる あるいは 両 親 が という 人 がいる 相 手 は 自 分 よりも 親 が 大 切 なのか? という 不 満 を 抱 きながらも 親 にはかなわない と 思 ってい るから 無 理 強 いはできない もう 一 つには 相 手 のことを 気 づかっての 行 為 あなたのこと 嫌 いに なったの とズバリ 告 げるよりも 相 手 のプライドを 傷 つけずにすむとい う 考 え 方 である 男 性 は 自 尊 心 にこだわる 人 が 多 い そこを 考 慮 して 好 きなんだけれ ど のひと 言 で 彼 の 自 尊 心 を 満 足 さっせておく でもどうしょうもないの とつづければ なるほど 彼 女 も 苦 しい 選 択 を 強 いられた 結 果 なのだ と 考 え 別 れを 受 け 入 れることになる これなどは 男 性 心 理 を 逆 手 にとった 巧 みな 別 れの 切 り 出 し 方 だといえ よう 逆 に あなたが 嫌 いになったの あなたよりも 好 きな 人 ができたの と 率 直 にいう 場 合 もある いわれた 相 手 はショックをうけるだろう しかし そこにウソはない あなたには 友 達 以 上 の 感 情 がもてないの というのも いっけん 残 酷 な 断 り 方 に 思 われる しかし 一 時 的 な 落 ち 込 みは 激 しくても 未 練 を 残 さずきっぱり 現 状 を 認 識 できる 点 では これ 以 上 に 適 切 な 別 れ 方 はないかもしれない また このような 別 れ 言 葉 を 口 にし みずから 嫌 われ 役 に 回 る という 逆 説 的 な 優 しさもある 自 分 にたいする 未 練 を 憎 しみに 変 えてあげることで 相 手 は 鬱 々とした 気 を 紛 らわせ わりと 楽 に 自 分 を 忘 れてくれるのではないか という 一 種 の 思 いやりからでた 態 度 である 56

54 男 のウソ 男 性 が 恋 人 と 別 れるのは 一 種 の 勲 章 といった 感 覚 が 一 部 の 男 性 にはある いままでに 人 の 女 性 とつきあった と 自 慢 している 人 をみかけるが 彼 らにとって 女 性 体 験 の 豊 富 さは 自 己 の 人 生 経 験 の 豊 富 さにつながると いうことになりそうだ より 多 くの 女 性 とつきあった 男 性 が 社 会 的 に 高 く 評 価 される と 思 い 込 ん でいるきらいがある こうした 男 性 にとってまず 大 切 なことは 自 分 から 別 れを 告 げるのはい いが 相 手 から 別 れを 告 げられるのはゴメンだ ということになる 別 れを 告 げられるというのは 相 手 よりも 劣 勢 に 立 たされている というこ となのだから 自 慢 にはならない むしろ ふられた という 汚 点 が 増 え るだけだ もっとも この 手 の 男 性 は 時 がたてば 人 にふられた という 事 実 で あっても 人 とつきあった という 具 合 に 都 合 よく 変 化 させてしまう ことも 多 いものだが 二 人 の 仲 を 決 定 的 に 裂 くひと 言 とは 言 葉 の 暴 力 などといわれているが 殴 る 蹴 るの 暴 力 にくらべて 言 葉 で 相 手 を 傷 つけることには 意 外 と 鈍 感 な 人 が 多 い 口 は 禍 の 門 といわれるように よけいなひと 言 で 外 国 から 責 められた 政 治 家 も 一 人 や 二 人 ではない ファッショナブルなよそおいのエレガントなレディが なにやってんだ 57

55 よ あのオヤジ などなどといっているのを 聞 いて 百 年 の 恋 も 冷 めてし まった というのはよくある 話 言 葉 は 人 のイメージをつくる いくらみかけをつくろっても 言 葉 でお 里 が 知 れてしまうというものだ さて 男 女 関 係 になると ことはさらに 深 刻 になってくる いくら 馴 れ 親 しんだ 夫 婦 でも それをいっちゃ おしまいよ という 禁 断 のひと 言 が ある 二 人 の 仲 が 親 密 になればなるほど この 甘 いワナが 大 きく 口 を 開 けて 待 ち 受 けているものだ 絶 対 に 口 にしてはいけない 言 葉 最 低 のルールというものは 親 子 のあい だにも 夫 婦 のあいだにもある とはいうものの だれにも そんな 言 葉 を 危 うく 口 にしそうになった 経 験 があるのではないだろうか ではここで その 禁 断 のひと 言 について 少 しお 話 しよう 男 にとっての 禁 断 の 一 言 ひろしちゃん しっかり 勉 強 しないと お 父 さんのような うだつのあ がらないサラリーマンにしかなれませんよ とわが 子 を 叱 咤 激 励 する 母 親 の 話 は 耳 にタコができるほど 聞 いている これは 世 の 男 性 にとってなかなか 耳 の 痛 い 言 葉 である だれであれ 自 分 が 人 知 れず 気 にしていることをいわれると ムッとする ものだ ただ こうしたコンプレックスの 対 象 は 男 女 によってちがう 男 性 の 場 合 自 分 の 能 力 に 関 すること たとえば 給 料 の 額 とか 会 社 での 役 職 学 歴 などを 他 人 と 比 較 されることを 嫌 がる 58

56 それを 知 ってか 知 らずか 女 性 がチクチクとこの 部 分 を 指 摘 して あげく の 果 てには 離 別 という 事 態 さえ 引 き 起 こす 経 済 的 に 許 されるなら 妻 には 家 にいてほしい と 思 う 男 性 はまだまだ 多 い そんな 世 の 中 では たとえば 妻 のほうがダンゼン 給 料 がいい とか 妻 は 有 名 人 とか 夫 の 劣 勢 を 面 と 向 かって 指 摘 されると 夫 はひどく 傷 つ き 二 人 の 関 係 にヒビが 入 ることにもなりかねない そんな 男 心 を 理 解 していないと そういうつもりじゃなかったのに と 後 悔 しても 取 り 返 しのつかないことになる 女 にとっての 禁 断 の 一 言 女 性 が 聞 きたくないひと 言 は 容 姿 に 関 することが 多 い ハナペチャ 小 太 りでコロコロしている といった 言 葉 は 男 性 側 が 親 愛 の 情 をこめて 口 にしたにしろ 女 性 にとってはショック 以 外 のなにも のでもない エステがはやるのも 総 ダイエット 時 代 なのも ファッションの 流 行 に 敏 感 なのもすべては 女 性 が みかけ になみなみならぬ 関 心 を 抱 いている からなのだ なぜ 女 性 は 能 力 よりもみかけを 気 にするのか 女 性 は 女 性 らしくあってほしい という 周 囲 の 期 待 によって 物 心 つい たときから かわいいね といわれ かわいくない 子 はミジメな 思 いをさ せられてきた だから かわいい というそのひと 言 が 自 分 の 評 価 を 判 断 する 基 準 にな ってきた ひと 昔 前 は 女 には 学 問 はいらぬ といわれた 59

57 顔 がよければ 玉 の 輿 にのれる 可 能 性 だって 広 がるし 社 会 的 に 地 位 の 高 い 男 性 をつかまえることもできる 学 校 では 先 生 が 目 をかけてくれるし 男 の 子 はいたわってくれる こうして 育 てられた 女 性 が 見 かけに 重 きを 置 くようになるのも 無 理 か らぬ 話 といえよう 世 の 中 には 賢 い 女 性 がたくさんいる 同 じ 大 学 生 でも 女 性 のほうが 優 秀 な 場 合 が 多 い 授 業 も 毎 日 欠 かさず 出 席 し 試 験 にもまじめに 取 り 組 むから 当 然 成 績 は 男 性 を 上 回 るという わけ にもかかわらず 社 会 では 女 性 のセールスポイントを 知 性 に 求 めることは 少 ない かえって 知 性 は 女 性 のマイナスのイメージを 作 り 上 げてはばからない お 高 くとまっている 仕 事 ができるからってツンツンしている とい う 陰 口 を 聞 く 事 すらある しかもその 陰 口 は 同 姓 からもしばしばささやかれる こういう 状 況 から 女 性 が 知 的 だ というほめ 言 葉 よりも 今 日 の 服 よく 似 合 っているよ といわれるほうに よろこびを 感 じるようになった のかもしれない 男 性 にしろ 女 性 にしろ 性 格 や 容 姿 などを 指 摘 されると 傷 ついてしまう 人 と 人 が 関 係 を 結 ぶというのは 個 性 のぶつかりあいなのだから 時 には いさかいもおきる ケンカはボクシングのジャブのようなもので いっぽうが 攻 めようとすればい っぽうは 守 り というようにその 呼 吸 を 互 いにはかりあうことが 大 切 だ 60

58 恋 愛 時 代 と 結 婚 後 とで まるで 相 手 の 性 格 が 変 わったように 感 じ こん な 人 とは 思 わなかった と 嘆 く 人 も 多 い しかし 人 は 親 しくなればなるほど 欠 点 がみえてきたり 嫌 味 なことを いったりするようになるものだ だから 人 が 変 わった ように 思 えるのも 当 然 といえば 当 然 といえる このような 状 態 を 親 しくなるために 身 を 寄 せあうが 近 づきすぎると 互 いのもつ 針 で 相 手 を 傷 つけるハメに 陥 るところから ヤマアラシのジレン マ という 互 いの 身 を 傷 つけないためには 間 合 いを 知 ることが 必 要 になってくる ところが 最 近 ではこの 間 合 いの 取 り 方 がわからず 互 いのからだを 突 き 刺 してしまう 男 女 が 増 えている よろこびいっぱいのはずだったハネムーンから 帰 るやいなや こんはは ずじゃなかった と 後 悔 してすぐに 離 婚 してしまう 成 田 離 婚 の 決 行 者 たちは さしずめ 間 合 いをしらなかったヤマアラシ というところ ケンカで 二 人 の 仲 を 深 めていくのはけっこうだが エンディング つまり 抜 いた 剣 のおさめ 方 をきちんと 考 えておかないと 取 り 返 しのつかない 結 果 になってしまうこともある 61

59 男 が 嫌 う 女 のしぐさ 女 が 嫌 う 男 の 態 度 スピード 違 反 で 婦 人 警 官 に 捕 まった 中 年 の 男 性 ちょっと 威 圧 的 な 警 官 の 態 度 と ごめんなさいポーズのおじさんの 組 み 合 わせが 妙 にアンバランスで 苦 笑 してしまったことはないだろうか また 女 性 代 議 士 が われわれはあ~ とこぶしを 振 り 上 げている 姿 に なにか 不 自 然 なもの 感 じる 人 も 多 いことだろう 不 謹 慎 だとは 思 わないながらも とうてい ハマってる とは 思 えないの が 正 直 な 感 想 だ というのは わたしたちが 女 性 は 本 来 こうあるべきだ というステレ オタイプをもっているからであろう 昨 今 はバイセクシャルな 人 が 増 え 男 か 女 か ちょっとみただけではわか らない また 本 来 男 性 のものとされていたポーズを 女 性 がとり 女 性 特 有 だとさ れていた 部 分 を 男 性 ももつという 時 代 になってきた しかし 異 性 のこんな 態 度 やしぐさを 絶 対 に 許 せん と 感 じる 人 はまだ まだいるのも 事 実 だ いったい 人 は 異 性 のどんな 態 度 に どんな 理 由 で 腹 を 立 てるのだろう か? それについて また 話 そう 男 が 嫌 いなしぐさ なんだ その 態 度 は 女 のくせに 生 意 気 な と 口 にしないまで も 男 性 が 不 愉 快 に 思 っている 女 性 のしぐさは いったいどのようなもの があるのだろう? 62

60 多 くの 男 性 が 嫌 がるのが 女 性 の 腕 組 み 話 をしながら 相 手 の 女 性 が 腕 組 みをすると 自 分 が 叱 られているような 自 分 の 立 場 が 弱 いような 感 じがする また ほら そこの 人 と 指 をさすポーズも 不 評 のようだ 学 校 で また 路 上 でこれをやられた 経 験 のある 人 もいることだろう 会 社 の 中 で 上 司 が 部 下 をよんだり 注 意 したりするときも このような 態 度 をとる 人 が 多 い これらの 態 度 は 尊 大 な 印 象 を 与 えるし 人 を 見 下 したようで あまり 女 ら しいとは 受 け 取 られない 腰 に 手 を 当 てて なにやってるのよ などといわれようものなら イヤ な 女 と 憎 々しく 思 われる 男 性 にとってみれば とにかくエラそうな 態 度 で 物 申 す 女 性 はけっしてす きになれないのだ 本 来 男 性 がとるような 態 度 を 女 性 がとると 男 性 は 意 味 も 無 くムッとする なぜなら そうされることによって 自 分 の 目 の 前 の 女 性 よりも 劣 位 に 立 たされている という 屈 辱 感 を 味 わうからだ 男 性 というものは つねに 女 性 にたいして 優 越 感 を 感 じていたい だから 自 分 たちは 平 気 で 腕 組 みをするし 腰 に 手 を 当 てたりする にもかかわらず 立 場 が 逆 転 すれば 腹 を 立 ててしまうのだ 男 という 種 は つまらないことにこだわるものである 同 じ 腰 に 手 のポーズでも 前 や 後 ろに 手 を 組 む 場 合 それは 謝 罪 を 意 味 し 前 かがみの 姿 勢 は 他 人 に 好 まれる 63

61 また 腕 や 脚 を 組 まない 開 放 的 な 態 度 をとる と 好 感 をもたれやすい ようである このように 言 葉 意 外 のもので 自 分 の 感 情 や 気 持 ちを 伝 えあうことを 非 言 語 コミュニケーション という この 非 言 語 コミュニケーションをいかに 用 いるかが 人 間 関 係 をつくりあ げる 重 要 なポイントになる 女 が 嫌 いな 態 度 喫 茶 店 で 話 をしている 男 女 の 会 話 を 聞 くと のべつまくなし 話 しているの は 大 半 が 女 性 で かたわらの 男 性 は 忍 耐 強 く そのおしゃべりの 渦 中 に 身 をさらしていたりする そんな 状 況 下 いままで 機 嫌 よさそうに 話 をしていたのに 急 に 女 性 が 気 分 をがいしてしまい なにがなんだかわからないまま 罵 倒 された 経 験 を おもちの 男 性 も 多 いのではないだろうか なぜ 女 性 は 急 に 怒 りだしたのかというと 原 因 は 男 性 の 生 返 事 にある アメリカの 言 語 学 者 の 研 究 によると 女 性 は 男 性 の 生 返 事 が 大 嫌 いなのだ せっかく 二 人 っきりでいるのに 人 の 話 を 聞 いているのかいないのか 分 か らない 顔 はボーッ 目 はあさっての 方 向 ちょっと 聞 いているの? とたずねても ああ という 気 のない 答 えが 返 るばかり そしで わたしがこんなに 一 生 懸 命 話 をしているのに と 怒 りが 爆 発 す る なぜ 男 性 は 人 をイライラさせるような 生 返 事 をするのか 一 度 で 相 づちを 打 つと 自 分 が 軽 くみられる という 意 識 が 知 らないうち 64

62 に 働 いているからだといわれている 生 返 事 で 相 手 をじらせ 待 たせることによって 自 分 はそんなにお 手 軽 な 男 ではない 君 よりは 上 位 者 なんだ としらしめようとするわけだ このようにみていくと 男 性 はとかくお 殿 様 でいたいがため 女 性 の 態 度 に 腹 を 立 てたり 嫌 われる 態 度 にでるようにも 思 われてくる 人 はなぜ 嫉 妬 するのか? 嫉 妬 にどう 対 処 すべきか? 嫉 妬 という 言 葉 は あまりにも 頻 繁 に 使 われているが 心 理 学 におけ る 嫉 妬 とは 愛 がこわれそうになったときにおきる 感 情 の 動 き であ り 愛 を 奪 いとろうとするときにおきる 感 情 の 動 き と 定 義 される 自 分 のものだと 思 っていた 恋 人 がだれかに 奪 われそうになる あるいは 奪 われるだろうと 想 像 することによっておきる 感 情 というわけだ 嫉 妬 には 二 つの 意 味 がある 一 つは 恋 愛 に 関 する 嫉 妬 もう 一 つは 対 抗 意 識 から 生 じる 嫉 妬 人 には 嫉 妬 しやすい 人 と そうでない 人 がいる いったいどういう 人 が 嫉 妬 しやすいのかというと 心 理 学 の 研 究 から 次 のようなタイプがあげられる まず 自 分 の 意 見 をはっきりいわない 人 私 はこうこうしたい と 主 張 せず みんなの 意 見 を 聞 いてから 私 も と 同 意 するようなタイプがあげられる 65

63 次 に 自 己 評 価 が 低 く 私 ってなにをやってもダメなの と 自 分 をダメ 人 間 だと 思 い 込 んでいるコンプレックス 人 間 そして 財 産 や 地 位 名 誉 などのみかけにこだわる 人 男 は 高 学 歴 高 収 入 高 身 長 でなくっちゃ というのもこれにあたる いっぽう 対 抗 意 識 による 嫉 妬 は 妬 み という この 種 の 妬 みは 男 性 が 仕 事 のできる 女 性 や 出 世 の 早 い 同 僚 に 感 じたりす る 種 類 のものだ たとえば 会 社 の 同 僚 の 昇 進 をうらやんで あいつ 部 長 にうまい 具 合 に 取 り 入 って 出 世 したな といったり 女 性 が 自 分 より 容 姿 のすぐれている 人 にたいして 彼 女 は 美 人 だから お 金 持 ちの 男 性 と 結 婚 できたのね といったりするのが 妬 み だといえよう アメリカの 社 会 心 理 学 者 ドイッチュは 実 験 によって 取 引 や 交 渉 の 場 面 で 妬 みあうことは 互 いに 損 だという 結 果 を 導 いた 妬 むと なんとか 相 手 の 成 功 を 阻 もうと 意 地 悪 をするし 互 いに 相 手 の 足 を 引 っ 張 って 邪 魔 しようとするから けっきょく なんの 得 にもならな いという 相 手 に 意 地 悪 をすれば 逆 に 相 手 もこちらの 足 を 引 っ 張 ろうとする つまりマイナスの 相 乗 効 果 が 生 じるのだ では 嫉 妬 された 場 合 どうすればいいのか 簡 単 なことだが 放 っておくのが 最 善 の 策 といわれる 放 っておけば そのうち 相 手 は 自 分 の 行 動 がばかばかしくなり 意 地 悪 を やめてしまうはずだ 男 性 が 自 分 の 好 きな 女 性 と 親 しい 第 三 者 の 男 性 に 嫉 妬 するのはなぜか 66

64 それは 相 手 の 男 性 にコンプレックスを 抱 くからだといえる みたこともない 相 手 に いったい どうしてコンプレックスを 抱 くのかと いうと きっと 自 分 よりも 仕 事 ができるにちがいない とか 自 分 より 収 入 がいいだろう と 想 像 のなかで 相 手 の 男 性 像 つくりあげてしまうのだ もちろん 想 像 だけにふくらむいっぽうで ますますコンプレックスは 深 ま っていくから やっかいなのだ では 女 性 はなぜ 嫉 妬 するのか ヤキモチで 状 況 が 変 わるわけはない と 知 っているにもかかわらず ヤキ モチを 焼 く それによって 男 性 の 歓 心 を 買 おうとするのが 一 番 の 動 機 だとされる そこには 私 はこんなにあなたのことを 思 っているのよ だから 私 を 傷 つ けないで と 男 性 の 責 任 感 や 義 務 感 を 刺 激 して 自 分 を 有 利 な 方 向 にもっ ていこうとする 心 理 が 働 いているのかもしれない 67

65 すねた 彼 女 の 機 嫌 を 直 す 方 法 ケンカをしてもうまく 収 まれば 雨 降 って 地 固 まる の 格 言 どおりに 二 人 のあいだにはますます 深 い 信 頼 が 生 まれる しかし この うまく 収 める 方 法 というのが 案 外 むずかしい へたをすれば 雨 降 って 泥 沼 状 態 になりかねない 危 険 な 綱 渡 りなのだ ケンカなど 女 性 の 機 嫌 を 損 ねた 時 それを 直 す 常 套 手 段 は おいしい ものを 食 べさせる 好 きなものをプレゼントする というきわめて 具 体 的 な 方 法 男 性 のヤケ 食 いにはあまりお 目 にかからないが 女 性 のヤケ 食 いはよく 聞 く プリプリ 怒 っていた 女 性 でも パフェやケーキを 目 の 前 にすると 思 わずほ ほえみがもれる プレゼントの 箱 を 開 けるころには さっきの 怒 りはモノに 負 けてしまう では なぜ 女 性 はこんなにもモノにつられやすいのか? 誕 生 日 に ある 男 性 から 1 万 円 程 度 別 の 男 性 からは10 万 円 ほどのプ レゼントをもらったとしよう そうすると 高 価 な 物 をくれた 男 性 のほうが 自 分 をより 深 く 愛 してくれ ていると 思 ってしまう 女 性 が あんがい 多 い つまり 愛 情 と 物 の 価 値 をそのまま 結 びつけ 安 い 物 なら 愛 情 が 薄 く 高 価 な 物 なら 愛 情 が 深 いとする 非 常 にわかりやすいシンプルな 考 え 方 をす るのだ 心 がこもっているのだから 縁 日 で 買 った 指 輪 だろうが 鯛 焼 きだろうが 関 係 ないと 思 っても 女 性 にはまるで 通 用 しないことも 多 い 68

66 理 解 できない と 頭 をひねるよりも 謝 罪 と 反 省 の 度 合 いを 値 段 で 示 せば 万 事 はうまくいくというものなのだ モノだけでなく 言 葉 にしても 男 性 と 女 性 では 使 い 方 が 異 なる たとえば 電 話 やメール 近 頃 では 30 分 や 一 時 間 の 電 話 をする 男 性 もず いぶん 増 えたが 長 電 話 の 軍 配 はやはり 女 性 にあがる 男 性 の 電 話 は ウン ああ じゃあ というふうに 相 手 とのあいだに 合 意 ができればそれで 事 は 足 りたとするケースが 多 い ところが 女 性 の 場 合 は 本 当 に 電 話 を 切 ってしまうまでに 何 度 かの じ ゃあね が 繰 り 返 される 話 が 終 わりそうになっても また 新 たな 話 題 がはじまるから なかなかお しまいにならない また 一 日 に 何 度 もたわいのないことでメールするのも ほとんどが 女 性 または 男 女 では 男 同 士 でひんぱんにメールが 住 々にして 情 報 や 意 見 の 交 換 ではなく 感 情 のとりかわしに 使 われているためだ 愛 しているといって とおねだりするのは 女 性 私 のこと 好 き? と 聞 くのも 女 性 そんなこと いちいちいわなく てもわかるだろう と 知 らん 顔 をきめこんでいると 愛 してないのね とプリプリ このように 女 性 はモノだけでなく 言 葉 でも 愛 情 をはかろうとするので ある 69

67 相 手 の 心 が 離 れそうな 時 に 不 思 議 な 行 動 二 人 のあいだにいったん 亀 裂 が 入 ると もう 元 にはもどらない まるで ヒビの 入 った 花 瓶 のように 恋 愛 小 説 にありがちな 文 章 だが ちょっとしたいきちがいによって 別 れ ていくカップルは 多 い 恋 愛 もうまくいっているうちは 美 しいが 感 情 がすれちがうようになると 恋 心 は 急 速 に 冷 め あがけばあがくほど 事 態 は 悪 化 する 破 局 までの 道 は まるでポロポロとほどけていく 縫 い 目 のようだ そんなとき 離 れていく 相 手 の 心 をつなぎとめるために 人 はどんな 行 動 をとるのだろうか 男 性 によくみられる 行 動 のなかでも もっとも 子 どもっぽい 振 る 舞 いは わざと 冷 たくすること 子 どもは 好 きな 子 に 意 地 悪 をして 関 心 をひこう とする そんな 心 理 がここでも 働 く また ことさら 別 の 女 性 をほめたり 女 性 は 君 だけじゃない といわん ばかりに 自 分 がモテることをひけらかしたりする 要 するに 彼 女 が 嫉 妬 してくれるのを 待 っているのだ 女 性 が 別 の 女 性 に 対 抗 意 識 を 燃 やして なによ! 私 のほうがかわいい じゃないのよ あんな 子 のどこがいいの と あわてて 彼 のところへも どってくれるのをねらった 計 算 づくの 行 動 ともいえる いっぽう 女 性 の 場 合 はというと 離 れていく 男 性 の 心 をつなぎとめるた めに 女 性 がよく 使 うのが タケシ 君 が 食 事 に 誘 ってくれたの どうし ょうかな という 手 70

68 本 当 は 気 が 乗 らないくせに さもうれしそうなそぶりをし 行 きたそうな 顔 をしてみせることで 男 性 の 行 くな という 言 葉 を 期 待 する 別 れの 原 因 は 男 と 女 ではこんなに 違 う 人 は 恋 にやぶれたとき あるいは 大 失 敗 をやらかしたとき なにかしら 理 由 をつけなければ 気 がすまない わけもなく 失 恋 したりミスをおかすということは 考 えられないのだ そして 自 分 で 納 得 のいく 原 因 が 究 明 された 時 はじめて なるほど だか らこういう 結 果 になったんだ と 安 心 する 少 年 が 両 親 を 惨 殺 したり 家 族 に 暴 力 をふるうような 事 件 をよく 耳 にする そのような 常 軌 を 逸 したような 事 件 にしても 理 由 が 思 い 当 たらないほど 原 因 を 探 そうとする 理 由 のない 行 動 にたいして 人 々は 不 安 を 抱 くのだ このように なぜそのような 行 動 をしたのか その 原 因 は 自 分 自 身 にあっ たのか あるいは 周 囲 の 状 況 にあったのか と 考 えることを 原 因 帰 属 とよぶ 人 はしばしば あんないい 子 が 親 を 殺 すわけがない というあらかじめ 自 分 がもっている 知 識 情 報 に 矛 盾 しないような 原 因 帰 属 をおこなう 傾 向 がある つまり いい 子 が 親 を 殺 してしまったのは たんなる 事 故 にすぎない あ 71

69 の 子 は 何 かの 理 由 で 精 神 的 に 追 い 詰 められた 状 態 にあった だから そのとき 自 分 でなにをやっているかという 判 断 能 力 が 欠 如 してい た いわば 常 識 的 な 判 断 をする さて このような 原 因 帰 属 をおこなう 場 合 男 女 によって 違 いがでてくる 男 性 の 場 合 は 彼 女 にふられた 原 因 や 仕 事 上 の 失 敗 の 原 因 を 彼 女 には 僕 の 魅 力 がわからなかったんだろう あるいは 誘 ったタイミングが 悪 かったんだ というように 原 因 を 周 囲 に 求 めてしまう 自 分 に 悪 いところがあったのではなく 環 境 やタイミングが 悪 かったのだ から そういう 条 件 がうまく 満 たされてさえいればうまくいったはずだと 考 える たとえば 大 失 敗 をしてもそれが 原 因 で 会 社 をやめたくなるとか やる 気 がまるでなくなるということはない むしろ 条 件 さえ 整 えば 自 分 にだってできるんだから 今 度 こそはうま くやるぞ と 発 奮 する こんなふうに 失 敗 やコンプレックスをバネに さらなる 飛 躍 を 試 みるの は 男 性 に 多 くみられる 傾 向 で 転 んでもただでは 起 きないといってもよい かもしれない いっぽう 男 性 にたいして 女 性 の 場 合 は 破 局 の 原 因 をみかけ 上 のことに 求 め 勝 ちである たとえば わたしが 太 ってきたから 嫌 いになったのね とか あの 人 に 嫌 われないようにイイ 女 でいなくては といったように 容 姿 を 非 常 に 気 にする 結 婚 の 条 件 として 高 収 入 で 高 学 歴 しかも 高 身 長 の 人 がいい とい う 女 性 は 少 なくない 仮 に 男 性 からこの 手 のことを 言 いだそうものなら セクハラだと 騒 がれる 72

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案

Taro-刑事訴訟法等改正法案の廃案 刑 事 訴 訟 法 等 改 正 法 案 の 廃 案 を 求 める 要 請 書 2015 年 7 月 30 日 国 会 議 員 各 位 112-0014 東 京 都 文 京 区 関 口 1-8-6 メゾン 文 京 関 口 Ⅱ 202 号 TEL 03-5227-8255 FAX 03-5227-8257 自 由 法 曹 団 1 はじめに 政 府 は 3 月 13 日 盗 聴 法 ( 通 信 傍 受 法

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

スクールガード養成講習会資料

スクールガード養成講習会資料 平 成 20 年 度 札 幌 市 スクールガード 養 成 講 習 会 資 料 札 幌 市 教 育 委 員 会 1 スクールガード 事 業 とは 近 年 は 学 校 の 管 理 下 における 事 件 や 事 故 が 大 きな 問 題 となっています 札 幌 市 教 育 委 員 会 では このような 状 況 を 踏 まえ 子 どもたちが 安 心 して 学 校 に 通 えるよう 地 域 での 子 どもの

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

女を自分にベッタリ依存させる方法

女を自分にベッタリ依存させる方法 こんにちは 古 賀 です あなたは 好 きな 女 性 気 になる 女 性 に 依 存 されたいと 思 いますか? あなた 無 しじゃ 生 きられない と 言 われて ベッタリ 依 存 され 頼 りまくられたいと 思 いますか? まあ 人 によってはウザイと 言 う 人 もいるかもしれませんが ほとんどの 男 性 が 気 になる 女 性 か ら 依 存 されたいと 思 っているのではないかと 思 います

More information

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版)

Microsoft Word  第35回地裁委員会議事概要_確定版) 広 島 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 35 回 ) 議 事 概 要 第 1 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 16 日 ( 月 ) 午 前 9 時 45 分 第 2 開 催 場 所 広 島 地 方 裁 判 所 第 一 会 議 室 第 3 出 席 者 [ 委 員 ] 江 種 則 貴, 大 久 保 隆 志, 後 藤 友 之, 小 西 洋, 佐 々 木 和 宏, 髙 尾 ひとみ, 平 岡

More information

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか

~ 講 義 録 ~ 日 中 韓 には 歴 史 認 識 に 対 する 隔 たりがある 皆 さん こんにちは 本 日 は 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 について 話 してみたいと 思 います ご 承 知 のように 今 年 は 第 二 次 世 界 大 戦 日 本 が 敗 戦 終 戦 を 迎 えてか 戦 後 70 年 の 歴 史 認 識 (1) 中 国 と 韓 国 との 関 係 ~ 要 旨 ~ 今 年 は 戦 後 70 年 にあたる 安 部 首 相 が 発 表 しようとしている 談 話 に 対 し 中 国 や 韓 国 からさまざまな 意 見 や 注 文 が 出 ている 確 かにどこの 国 にも 歴 史 を 解 釈 する 権 利 はあるが 公 権 力 の 厳 しい 統 制 によって 自 由 な 発

More information

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外

(1)セクシュアル ハラスメント セクシャル ハラスメントとは 性 的 な 言 動 や 性 的 欲 求 性 別 により 役 割 を 分 担 すべき とする 意 識 に 基 づく 言 動 等 によって 相 手 方 に 不 快 感 や 不 利 益 を 与 え 就 労 就 学 や 教 育 研 究 課 外 ハラスメントの 防 止 等 のために 東 京 藝 術 大 学 職 員 及 び 学 生 等 が 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 第 1 ハラスメントを 行 わないために 認 識 すべき 事 項 1 ハラスメントについて ハラスメントとは 様 々な 場 面 での 嫌 がらせ いじめ 等 をいう ハラスメントには セクシャル ハラスメント アカデミック ハラスメント パワー ハラスメント 及

More information

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409

 ドラゴンクエスト〜愛が全て ID:25409 注 項 P D F ァ ハ メ 掲 載 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 ハ メ 運 営 断 P D F ァ 及 び 作 品 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 タ ゴ ク エ 作 名 ハ ゴ ク エ I 物 語 ゴ ク エ I 主 公 物 語 ゲ プ 読 想 定 詩 元 1 6 求 応 ガ 的 遥 遠 昔 伝 説 英 雄 幼 頃 有 備 鍛 錬 恐 敵 脅 我

More information

なぜ、私はモデル級の外人女性を自分のモノにし、さらにカッコいい英語を簡単に手に入れる事ができたのか?その秘密を知りたい人は他にいませんか?

なぜ、私はモデル級の外人女性を自分のモノにし、さらにカッコいい英語を簡単に手に入れる事ができたのか?その秘密を知りたい人は他にいませんか? なぜ 私 は カッコいい 英 語 をたった 1 年 半 で 手 に 入 れ さらにモデル 級 の 外 人 女 性 42 人 を 自 分 のモノにする 事 がで きたのか? その 秘 密 の 方 法 を 知 りたい 人 は 他 にいませんか? 遂 に 公 開! 身 長 165cm ルックス 中 の 下 高 卒 の 日 本 人 神 崎 が 外 人 の 彼 女 をゲットし さらに 英 語 を 驚 くべき

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

課長00.indd

課長00.indd 3 管 受 難 代 景 低 迷 利 益 売 確 保 困 難 状 況 春 平 22 年 4 新 労 基 法 施 件 費 圧 層 強 ワ バ 叫 世 就 労 ビ ネ 統 括 代 サ グ 振 返 番 位 置 落 代 突 織 真 隊 令 作 戦 隊 質 責 任 標 達 育 管 べ 科 割 4 5 予 算 管 他 門 デ ネ ネ ゴ エ 身 レ グ ネ ャ 織 身 織 ゆ ぬ 己 啓 身 モ ベ 高 モ ベ

More information

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19

Microsoft Word - うまれ変われるとしたら理由P16~19 生 まれ 変 われるとしたら の 理 由 児 童 生 徒 / 保 護 者 小 学 生 男 子 小 学 生 女 子 記 述 より 1 ぜ っ た い 男 2 ど ち ら か と い え ば 男 3 ぜ っ た い 女 4 ど ち ら か と い え ば 女 5 ど ち ら で もいい 今 のままがいい 今 男 だから 運 動 スポーツができる 赤 ちゃんを 産 みたくない 力 が 強 い 今 女 なので

More information

誰 もがハゲを 避 けられるに 越 したことはないと 考 えるだろう ではいったいど こからがハゲなのだろうか ハゲを 明 確 に 定 義 づけすることは 難 しい 須 永 (1999)は その 人 がハゲだと 認 識 しているものをハゲと 呼 ぶ という 規 定 に 行 き 着 く と 述 べてい

誰 もがハゲを 避 けられるに 越 したことはないと 考 えるだろう ではいったいど こからがハゲなのだろうか ハゲを 明 確 に 定 義 づけすることは 難 しい 須 永 (1999)は その 人 がハゲだと 認 識 しているものをハゲと 呼 ぶ という 規 定 に 行 き 着 く と 述 べてい 成 人 男 性 なら 頭 髪 を 意 識 しないことは 少 ないだろう ( 髪 が) 薄 くなった? と 指 摘 されることもあれば 入 浴 時 に 自 ら 気 づくなどきっかけは 様 々である 一 度 意 識 してしまえば 常 に 頭 髪 を 失 うことの 不 安 に 悩 まされる 生 理 的 特 徴 上 頭 髪 は 男 性 にとっては 非 常 に 重 要 なテーマといえよう そこで 今 回 は

More information

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相

1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1 日 本 経 済 新 聞 の 特 集 記 事 2007 年 12 月 5 日 から 日 本 経 済 新 聞 がスポーツ 面 で 国 技 揺 れる と 題 する 特 集 記 事 を 始 めました 国 技 とは もちろん 大 相 忘 れられたか 叱 られる 効 用 事 業 成 長 に 欠 かせない 人 材 の 自 己 革 新 従 業 員 の 成 長 なしに 事 業 の 成 長 はあり 得 ない! 本 レポートの 内 容 1 叱 れない 角 界 親 方 の 特 集 記 事 が 物 語 るもの 1ヘ ーシ 2 今 だからこそ 思 い 出 したい 叱 られる 効 用 2ヘ ーシ 3 結 局 やはり 叱 れなかった A 社 の 社

More information

teinen_new_bpdata_1211.indd

teinen_new_bpdata_1211.indd プグ 卒 卒 プ グ 1 2 プグ 卒 3 限 界 々 積 ね 識 早 識 員 機 八 東 レ リ フ レ ッ ュ 名 受 テ 直 員 向 セ ミ ナ 集 講 座 受 記 憶 ( ) 天 ふ 機 配 慮 謝 勉 強 際 期 ( ) 座 範 囲 受 具 メ ジ 話 ぼ 身 4 プグ 卒 5 ざ 側 面 準 備 早 声 聞 メ ジ 配 務 面 準 備 着 述 矛 盾 向 発 期 直 起 期 チ ャ 観

More information

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文

大阪大学法学部同窓会 青雲会 懸賞論文 大 阪 大 学 法 学 部 同 窓 会 青 雲 会 懸 賞 論 文 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅 岡 遼 太 郎 包 末 成 留 美 五 味 洋 平 松 本 真 弥 代 表 : 五 味 洋 平 1 死 刑 にあたる 罪 についての 公 訴 時 効 廃 止 の 是 非 大 阪 大 学 法 学 部 法 学 科 1 回 生 浅

More information

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう

2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとう 1 2 1.はじめに みなさん はじめまして! 私 は あなたにもできる!!タロット 占 いであなたでも 幸 せになれ る 方 法 を 運 営 している 坂 本 と 申 します このたびは 無 料 レポート すっごいあたる!!タロット 占 いの 5 つのポイント!? を 申 込 いただきましてありがとうございます 今 占 いはあなたの 生 活 の 一 部 になっているかもしれません そんな 占 いの

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

mhtml:mid://00000257/

mhtml:mid://00000257/ 1 / 5 ページ 件 名 : 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 三 井 環 メールマガジン 法 務 検 察 の 闇 を 斬 る 2012 年 5 月 20 日 Vol.0054 二 つの 冤 罪 事 件 について 2 甲 山 事 件 の 闇 と 徳 島 ラジオ 商 殺 害 事 件 2 甲 山 事 件 において 前 号 一 覧 表 のとおり 昭 和 51 年 12 月 10 日 から 神 戸

More information

無料レポート

無料レポート 下 手 したら 一 生 童 貞! モテない 男 の 致 命 的 な3 つのマインド 田 代 涼 平 < 著 作 権 について> このレポートの 著 作 権 は 田 代 涼 平 にあります 無 断 転 載 転 売 はご 遠 慮 下 さい モテない 男 性 の3つの 致 命 的 なマインド モテる 男 性 とモテない 男 性 世 の 中 には 多 数 のモテる 男 性 とモテない 男 性 がいま す 同

More information

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて

か 1か 6)に 挿 入 する 答 案 例 は 1 2 4 5 6 判 例 紹 介 7 8の 順 で 基 本 にほぼ 忠 実 に 書 いている 参 考 にしよう (3)あてはめ 結 論 答 案 例 の3を 参 照 あてはめと 結 論 を 明 確 に 分 けて 記 述 決 して 端 折 らない *あて 診 断 テストまでに 記 憶 を 喚 起 しておかねばならない 重 要 知 識 一 覧 表 2014.03.24 中 川 孝 博 テキスト( 赤 池 一 将 = 中 川 孝 博 刑 事 法 入 門 [ 第 2 版 ] )4~6 頁 法 学 の 定 義 は 何 か 法 学 をマスターするために 設 定 した 2 つの 大 目 標 は 何 か 刑 事 訴 訟 法 の 領 域 で 対 立 する 2 つの

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

Taro-補助資料1.jtd

Taro-補助資料1.jtd 平 成 22 年 度 ( 第 54 回 ) 岩 手 県 教 育 研 究 発 表 会 ( 補 助 資 料 ) 中 学 校 道 徳 に お け る 情 報 モ ラ ル 指 導 に 関 す る 研 究 - 疑 似 体 験 を 取 り 入 れ た 授 業 展 開 例 の 作 成 を と お し て - 補 助 資 料 目 次 補 助 資 料 1 研 究 協 力 校 に け る 授 業 実 践 に 関 わ る

More information

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66

WAIS-Ⅲの 結 果 1.IQ 群 指 数 IQ( 知 能 指 数 ) 群 指 数 言 語 性 動 作 性 全 検 査 言 語 理 解 知 覚 統 合 作 動 記 憶 処 理 速 度 VIQ PIQ FIQ VC PO WM PS IQ/ 標 準 得 点 78 82 78 80 91 85 66 ADHD を 疑 う 20 歳 代 前 半 性 の WAIS-Ⅲの 結 果 についての 相 談 相 談 内 容 20 歳 代 前 半 の 性 です ADHD を 疑 って 2 年 前 から 精 神 科 に 通 院 しています ADHD をハッキリさせたいので 数 ヶ 月 前 に WAIS-Ⅲを 受 けました 結 果 については 少 し 説 明 をしてもらったのですが いまひとつよく 理 解 できません

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

Microsoft Word - 研修報告書(0324)

Microsoft Word - 研修報告書(0324) 学 校 における 再 登 校 支 援 について 校 内 における 別 室 登 校 の 在 り 方 の 一 考 察 ー 1 問 題 意 識 と 研 究 目 的 文 部 科 学 省 の 今 後 の 不 登 校 への 対 応 の 在 り 方 について( 報 告 ) (2009)によると 不 登 校 の 問 題 が 教 育 の 課 題 として 認 識 されて 以 来 行 政 や 学 校 は スクールカウンセラーの

More information

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障

手 書 き-1 障 害 者 差 別 解 消 法 を 知 ろう 崔 栄 繁 氏 崔 / 推 進 会 議 は 1 回 の 開 催 が4 時 間 と 政 府 の 会 議 では 珍 しいものでした 障 害 当 事 者 には 精 神 障 害 者 知 的 障 害 者 も 入 り これも 画 期 的 でした 障 実 技 試 験 総 評 手 書 き 採 点 の 基 準 や 合 格 点 はこれまで 同 様 です 内 容 表 記 や 日 本 語 の 使 い 方 文 章 構 成 も 含 めた 総 合 で 70 点 以 上 です 読 みやすさに 関 しては 地 域 による 指 導 や 認 識 の 差 が 非 常 に 大 きく 出 たように 思 われます 養 成 講 座 の 最 初 に 表 記 の 指 導 を 徹 底

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083528373815B20816020303594AD8CBE97768E7C208CF68A4A94C5> 平 成 25 度 第 1 回 移 動 教 育 委 員 会 懇 談 会 発 言 要 旨 開 催 日 平 成 25 年 5 月 22 日 ( 水 ) 会 場 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 教 職 員 との 懇 談 会 14:40~15:30 参 加 者 静 岡 県 立 農 林 大 学 校 班 長 主 幹 主 査 担 当 職 員 静 岡 県 教 育 委 員 会 教 育 委 員 会 教 育 委 員 長

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

Microsoft Word - 文書 1

Microsoft Word - 文書 1 若 は 出 世 願 望 がない? の 謎 を 解 く 東 洋 経 済 オンライン 城 幸 司 出 世 という 葉 を 最 近 に 出 したことはありますか? 出 世 して 親 を 喜 ばせたい いい 家 を 買 って 供 を 学 に かせる 分 だけでなく 家 族 も 望 んでいる 希 望 出 世 には 昔 も 今 も 変 わらず そういう 響 きがあります 本 における 出 世 の 歴 史 体 は

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

相 手 から 提 案 がなければ 避 妊 しない 3 3 相 手 が 真 剣 に 交 際 している 相 手 なら 避 妊 しな い 1 5 6 気 が 向 かなければ 避 妊 しない 1 2 3 回 答 者 数 n=21(うち 男 性 n=2, 女 性 n=19) 毎 回 は 避 妊 しない 理 由

相 手 から 提 案 がなければ 避 妊 しない 3 3 相 手 が 真 剣 に 交 際 している 相 手 なら 避 妊 しな い 1 5 6 気 が 向 かなければ 避 妊 しない 1 2 3 回 答 者 数 n=21(うち 男 性 n=2, 女 性 n=19) 毎 回 は 避 妊 しない 理 由 2013.1 ピルコン 調 査 概 要 10-20 代 の 性 経 験 がある 未 婚 男 女 を 対 象 に 避 妊 の 実 施 状 況 や 意 識 について 明 らかにすることで 今 後 の 避 妊 啓 発 施 策 の 参 考 にすることを 目 的 とし インターネットにてアンケート 調 査 を 行 った 今 回 はその 途 中 経 過 を 報 告 する 調 査 期 間 2012 年 7 月 ~12

More information

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で

本 質 を 教 えてくれる 人 がいない 副 業 在 宅 で 片 手 間 で 簡 単 に 稼 げると 思 い3ヶ 月 頑 張 ってみたものの 一 銭 にもならない と 言 う 話 はゴロゴロ 転 がっています それは ネットビジネスの 本 質 を 教 えてくれる 人 が 居 なかったのが 原 因 で 子 供 だましのテクニックはやめにしましょう 6 月 1 日 19:00 菊 地 哲 夫 引 きこもりニートが 12 週 間 で 月 20 万 円 を 稼 ぐことは 本 当 に 可 能 なのか? はい 可 能 です! ネットビジネスで1 年 後 も 稼 ぎたいのなら 子 供 だましのテクニックは 忘 れてください ネット 環 境 の 爆 発 的 普 及 で 一 瞬 のうちに 情 報 が 世 界 中

More information

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと

2.2 書 物 との 出 会 い 書 物 との 出 会 いは ひとそれぞれです 絵 本 マンガ 本 文 学 書 教 科 書 さまざまな 形 で 目 に 触 れ ときに 心 に 触 れていきます こう 考 えると 書 物 に 触 れない 触 れたことがない 人 はい ないのではないでしょうか 好 むと 第 2 章 本 ( 書 物 )が 果 たす 役 割 と 公 共 図 書 館 の 必 要 性 2.1 書 物 ( 書 き 物 )は 人 生 の 役 に 立 つのか 人 生 において 書 物 ( 書 き 物 )との 出 会 いは 何 の 役 に 立 つか まず この 大 命 題 について 考 えを 巡 らせることから 検 討 委 員 会 報 告 は 始 めます 世 の 中 には 様 々な 書 物 が 存

More information

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編)

【Kei式】法律争訟物語(1_行政法編) Kei 式 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 ) 第 1~2 話 法 律 争 訟 物 語 (1. 行 政 法 編 - 全 14 話 ) 前 書 き: この 物 語 は 行 政 法 の 中 でも 行 政 手 続 法 行 政 不 服 審 査 法 行 政 事 件 訴 訟 法 を 中 心 に 行 政 争 訟 の 流 れを 楽 し んでお 読 みになれるようつくられた 物 です 問 題 集 を

More information

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか (

資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A ~ 目 次 ~ 問 1 問 2 問 3 問 4 問 5 問 6 問 7 問 8 問 9 問 10 問 11 問 12 問 13 融 資 申 込 にあたってどういう 準 備 が 必 要 か (1) 融 資 を 断 られた どうすればいいか ( 資 料 2 試 算 表 資 金 繰 り 表 事 業 計 画 書 を 作 成 していない 中 小 企 業 者 向 け 支 援 について 作 成 しない 理 由 必 要 性 を 感 じないから という 企 業 向 け 資 料 2-1 円 滑 な 資 金 調 達 のためのQ&A 作 成 しない 理 由 作 成 方 法 がわからないから という 企 業 向 け 資 料 2-2 お 試 し 試 算 表 お 試

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員

Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 における 職 員 のコンプライアン ス 違 反 等 に 関 し 4 月 13 日 の 国 土 交 通 大 臣 のご 指 示 を 踏 まえ 外 部 の 弁 護 士 4 名 からな る 調 査 委 員 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償 交 渉 過 程 に おける 職 員 のコンプライアンス 違 反 等 に 関 する 報 告 平 成 28 年 7 月 11 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 理 事 長 上 西 郁 夫 Ⅰ.はじめに 千 葉 ニュータウン 北 環 状 線 事 業 に 関 連 する 補 償

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F フ ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 新 レ フ ガ 鎮 府 着 任 正 体 一 体 目 的... 週 1 ~ 回 更 新 1 文 章 量 少 私 友 ニ コ ニ コ 動 画 u p M

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

Microsoft Word - 調査結果.doc

Microsoft Word - 調査結果.doc サガミオリジナル 恋 ラボプロジェクト 調 査 結 果 4 回 目 調 査 名 モテるサラリーマンに 関 する 調 査 対 象 企 業 の 受 付 業 務 に 従 事 する 女 性 (20 代 :141 名 30 代 :224 名 40 代 :35 名 ) 期 間 2010 年 3 月 12 日 ( 金 )~3 月 15 日 ( 月 ) 方 法 インターネットリサーチ( 調 査 会 社 : 楽 天

More information

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚

グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚 悪 口 被 害 妄 想 襲 立 信 用 病 院 種 状 態 ぜ 虚 グ グ? 質 問 エ 答 ょ 々 折 闘 与 タ 添 進 エ ネ ギ 注 不 測 ブ 起 関 係 レ ふ む 余 裕 必 死 片 付 多 姿 瞬 好 苦 労 末 ェ 功 グ 共 通 ょ? 質 問 答 期 メ カ 員 ゼ 立 化 粧 品 開 発 飛 び 回 ェ ダ 雑 誌 取 材 受 内 ょ 有 名 周 囲 充 実 々 送 達 喜 び 毎 朝 力 振 絞 電 車 乗 向 ダ メ 涙 止 緒 司 同 僚

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自

多 大 な 犠 牲 を 強 いた 先 の 大 戦 に 対 する 痛 切 な 反 省 に 基 づく 国 際 的 な 宣 言 と 言 っていいだ ろう その 後 日 米 安 全 保 障 条 約 で 米 軍 の 日 本 駐 留 を 認 め 実 力 組 織 である 自 衛 隊 を 持 つには 至 ったが 自 社 説 安 保 法 成 立 1 年 違 憲 性 は 拭 い 去 れない 東 京 新 聞 2016 年 9 月 20 日 安 全 保 障 関 連 法 の 成 立 から 一 年 違 憲 立 法 の 疑 いは 消 えず 既 成 事 実 化 だけが 進 む 戦 後 日 本 の 平 和 主 義 とは 何 か その 原 点 に 立 ち 返 るべきである 与 野 党 議 員 が 入 り 乱 れる 混 乱 の 中

More information

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き

第 18 条 < 無 期 転 換 ルール> Q1. 障 害 者 就 労 施 設 において1 年 更 新 で 障 害 者 を 雇 用 しているケースにも 無 期 転 換 ルールは 適 用 されるか A1. 労 働 契 約 法 は 第 22 条 で 適 用 除 外 とされる 場 合 ( 注 )を 除 き 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 労 働 契 約 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) ( 文 責 : 連 合 雇 用 法 制 対 策 局 ) 1 第 18

More information

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし

第 3 章 催 眠 術 初 体 験 私 は どうしても 自 分 自 身 で 催 眠 術 を 体 験 してみたいと 思 いました そして HP で 検 索 して ある 催 眠 心 療 所 に 行 くことにしました ドキドキしながら 扉 を 開 けると いかにも 催 眠 術 をやっているような 姿 をし 催 眠 術 師 物 語 ~ 催 眠 術 師 への 道 ~ この 物 語 は 私 自 身 が 催 眠 術 に 出 会 って 催 眠 術 師 の 道 に 進 むまでの 出 来 事 を 書 いたも のです 第 1 章 催 眠 術 との 出 会 い 催 眠 術 この 言 葉 が 私 の 頭 の 中 に 突 然 浮 かんできました まるで 頭 に 電 気 が 走 ったような 感 じで いつもと 違 う 感 覚

More information

判例からみる中国における補正の制限について

判例からみる中国における補正の制限について 海 外 知 財 の 現 場 23 平 成 25 年 2 月 20 日 掲 載 判 例 からみる 中 国 における 新 規 事 項 追 加 の 判 断 基 準 について 中 国 弁 理 士 呉 学 鋒 中 国 特 許 法 及 び 実 施 細 則 には 出 願 後 の 特 許 出 願 書 類 の 補 正 についての 規 定 が 設 けられ 補 正 ができる 範 囲 を 定 めている 特 許 法 第 33

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

公立大学法人名古屋市立大学ハラスメント防止対策ガイドライン

公立大学法人名古屋市立大学ハラスメント防止対策ガイドライン 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 ハラスメント 防 止 対 策 ガイドライン 第 1 趣 旨 公 立 大 学 法 人 名 古 屋 市 立 大 学 ( 以 下 本 学 という )は 学 生 教 職 員 その 他 す べての 大 学 構 成 員 に 対 し 勉 学 就 業 に 関 わる 基 本 的 人 権 を 守 る 責 務 を 負 っており ハラスメントは 許 されざるものであり 禁

More information

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より-

男性にとって“幸せ”とは?-当研究所「男性の幸せに関する意識調査」より- REPORT 男 性 にとって 幸 せ とは? - 当 研 究 所 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 より- 高 田 寛 生 活 設 計 研 究 部 主 席 研 究 員 橋 本 千 春 生 活 設 計 研 究 部 研 究 員 要 旨 1. 当 研 究 所 では 12 年 3 月 ~64 歳 の 男 性 を 対 象 に 男 性 の 幸 せに 関 する 意 識 調 査 を 実 施 した なお

More information

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律

民 主 党 大 串 博 志 議 員 ( 衆 院 安 保 特 別 委 員 ) 民 主 党 の 考 え 方 は 安 倍 政 権 が 進 める 集 団 的 自 衛 権 の 行 使 は 許 さない 恒 久 法 も 周 辺 事 態 法 も 認 めない 拙 速 な 審 議 ではだめだ 過 去 一 つの 法 律 1000 人 委 員 会 ニュースNo.23 (2015 年 6 月 10 日 号 ) 101-0063 東 京 都 千 代 田 区 神 田 淡 路 町 1-15 塚 崎 ビル3 階 TEL:03-3526-2920 FAX:03-3526-2921 総 がかり 行 動 実 行 委 員 会 国 会 議 員 要 請 行 動 戦 争 をさせない 9 条 壊 すな! 総 が かり 行 動 実 行 委 員

More information

○大津の事案に学ぶこと

○大津の事案に学ぶこと 協 議 事 項 1 平 成 24 年 7 月 24 日 教 育 総 務 課 小 中 学 校 課 特 別 支 援 教 育 課 高 等 学 校 課 いじめ 問 題 への 対 応 について 資 料 1 大 津 市 の 事 案 から 学 ぶべきもの 資 料 2 福 岡 県 いじめ 問 題 総 合 対 策 ( 抜 粋 ) 資 料 3 定 例 記 者 会 見 における 大 津 市 のいじめ 自 殺 問 題 に

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 20 日 ( 金 ) 午 後 3 時 15 分 ~ 午 後 4 時 50 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 教 育 長 青 木 洋 委 員 ( 教 育 長 職 務 代 理 者 ) 藤 田 義 嗣 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 土 井 真 一 1 開 会 教

More information

年 収 300 万 ほどにすればよい 加 西 市 の 財 政 を 考 えると 月 20 万 程 度 でよい 兼 業 もあるし 毎 日 の 仕 事 ではない 月 額 報 酬 の 前 になぜ 賞 与 があるのか? 不 思 議 だ 受 け 取 る 方 は 少 ないより 多 い 方 が 良 いと 思 います

年 収 300 万 ほどにすればよい 加 西 市 の 財 政 を 考 えると 月 20 万 程 度 でよい 兼 業 もあるし 毎 日 の 仕 事 ではない 月 額 報 酬 の 前 になぜ 賞 与 があるのか? 不 思 議 だ 受 け 取 る 方 は 少 ないより 多 い 方 が 良 いと 思 います 議 員 さんは 生 活 に 困 っている 方 はない 議 員 報 酬 で 生 活 しようなどもっての 外 日 当 制 で 自 給 800 円 これ 以 上 出 せ ない 赤 字 決 算 であり 37 万 もの 報 酬 価 値 の 仕 事 をしているのか ボランティア 精 神 の 気 持 ちで 市 民 のために 働 いてほし い 片 手 間 的 な 市 議 に 対 しては 多 すぎる 常 勤 でもないのに

More information

問題1(75点)

問題1(75点) 平 成 22 年 度 法 科 大 学 院 ( 法 務 研 究 科 ) 入 学 試 験 小 論 文 問 題 紙 B 日 程 平 成 22 年 2 月 27 日 10:00~12:00(120 分 ) (200 点 ) 注 意 事 項 1. 試 験 開 始 の 合 図 があるまで 問 題 を 開 いてはいけない 2. 小 論 文 の 問 題 紙 は 1 ページから 4 ページである 3. 解 答 用 紙

More information

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会

H22.12.7 平成22年度セクシュアル・ハラスメント防止講演会 平 成 22 年 度 セクシュアル ハラスメント 防 止 講 演 会 セクシュアル ハラスメント 等 のない 職 場 を 目 指 して 日 時 : 平 成 22 年 12 月 7 日 ( 火 )13:00~14:30 場 所 :サンポート 高 松 6 階 61 会 議 室 主 催 : 人 事 院 四 国 事 務 局 内 容 : 13:00~13:04 開 会 挨 拶 人 事 院 四 国 事 務 局

More information

小次郎講師のトレーダーズバイブル

小次郎講師のトレーダーズバイブル 最 高 レベルのトレード 手 法 をどこよりもわかりやすく! 小 次 郎 講 師 のトレーダーズバイブル 第 70 回 第 11 部 投 資 リテラシーについて その 3 株 主 優 待 で 株 を 選 ぶのをやめよう! 皆 さん こんにちは 小 次 郎 講 師 です こんにちは 助 手 のムサシです おかげさまで 3 月 に 出 版 された 私 の 著 書 がもの 凄 い 勢 いで 売 れている

More information

7 情緒障害

7 情緒障害 Ⅶ 情 緒 障 害 情 緒 障 害 と は, 状 況 に 合 わ な い 感 情 気 分 が 持 続 し, 不 適 切 な 行 動 が 引 き 起 こ さ れ, そ れ ら を 自 分 の 意 思 で は コ ン ト ロ ー ル で き な い こ と が 継 続 し, 学 校 生 活 や 社 会 生 活 に 適 応 で き な くな る 状 態 を い う 1 情 緒 障 害 の ある 子 供 の

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の

( 別 紙 ) 発 言 要 旨 ( 委 員 長, 学 識 経 験 者 委 員, 弁 護 士 委 員, 検 察 官 委 員, 裁 判 官 委 員, 事 務 担 当 者 ) 少 年 事 件 の 手 続 と 保 護 的 措 置 について, 感 想,ご 意 見 などを 伺 いたい 家 裁 に 来 る 前 の 大 津 家 庭 裁 判 所 委 員 会 議 事 録 1 日 時 平 成 20 年 10 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 4 時 30 分 まで 2 場 所 大 津 家 庭 裁 判 所 本 館 大 会 議 室 3 出 席 者 ( 委 員 ) 五 十 音 順 敬 称 略 飯 田 喜 信, 小 川 素 子, 國 松 完 二, 甲 津 貴 央, 酒 井 康 夫, 十 倉 良

More information

あなたは 今 彼 氏 彼 がいますか? 交 際 相 がいるのは 男 ともに 3 分 の 1 という 結 果 に! 上 司 または 先 輩 から 質 問 されたら 交 際 相 がいる 事 を 答 えますか? 新 社 会 人 の 3 分 の 2 は 交 際 相 がおらず 恋 愛 に 淡 だと 思 われる

あなたは 今 彼 氏 彼 がいますか? 交 際 相 がいるのは 男 ともに 3 分 の 1 という 結 果 に! 上 司 または 先 輩 から 質 問 されたら 交 際 相 がいる 事 を 答 えますか? 新 社 会 人 の 3 分 の 2 は 交 際 相 がおらず 恋 愛 に 淡 だと 思 われる 2015 年 3 月 30 編 集 発 2015 年 4 月 に 新 社 会 人 になる 独 男 の 職 場 恋 愛 に 関 する 意 識 調 査 新 社 会 人 を 受 け 入 れる 先 輩 にとってはショックな 結 果!? 若 者 の 3 分 の 2 が 同 じ 職 場 の 上 司 または 先 輩 と 恋 愛 をしたくない と 回 答 そもそも 男 ともに 新 社 会 人 の 約 半 数 が 職

More information

Microsoft PowerPoint pptx

Microsoft PowerPoint pptx 2010 年 9 月 15 日 発 行 NO.01 P1 1. トレンドDATA ~ 求 職 者 の 志 向 から 市 場 のトレンドまで 求 人 市 場 の 今 をお 届 けします ~ - 応 募 後 に 一 気 にさめたその 瞬 間 ~ 面 接 キャンセル 採 用 辞 退 を 防 ぐポイント~ ( 01 ) 面 接 キャンセルのタイミングとその 理 由 ( 02 ) 採 用 辞 退 に 至 る

More information

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去

箕 面 市 廃 棄 物 の 発 生 抑 制 資 源 化 適 正 処 理 等 に 関 する 条 例 の 一 部 改 正 ( 素 案 ) に 対 する 意 見 募 集 (パブリックコメント)の 実 施 結 果 番 号 ご 意 見 等 ご 意 見 に 対 する 市 の 考 え 方 1 賛 成 持 ち 去 みどりと 子 どもを 育 むまち 箕 面 市 平 成 22 年 11 月 9 日 環 境 整 備 課 空 き 缶 等 の 持 ち 去 り 禁 止 にかかる 条 例 改 正 (1) 検 討 の 経 過 について 8 月 16 日 罰 則 付 きでの 資 源 物 の 無 断 持 ち 去 り 禁 止 の 条 例 化 に 向 け 検 察 庁 と 協 議 を 開 始 9 月 24 日 パブリックコメント 実

More information

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで

た 方 が 良 いと 思 います そのモチベーションが 色 々なところに 活 きてくること もありますので ( 他 の 生 徒 を 指 して) 将 来 どんな 職 業 に 就 きたいですか 学 生 : 法 曹 三 者 になりたいです 室 谷 先 生 :それは 何 でですか? 学 生 : 何 となくで 2011 年 10 月 20 日 ロイヤリング 講 義 講 師 : 弁 護 士 室 谷 光 一 郎 先 生 文 責 須 藤 勇 人 ジェンダー セクシュアリティの 法 律 問 題 世 の 中 は 法 律 だけで 動 いている 訳 ではないので 色 々なものに 目 を 向 けなけれ ばいけないと 考 えています 法 律 馬 鹿 になってしまうと 経 済 や 社 会 の 状 況 が 読 めなくなってしまいます

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与

太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 平 成 27 年 度 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 久 喜 市 立 太 田 小 学 校 太 田 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 学 校 でのいじめ 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 的 な 考 え いじめは 児 童 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し 心 身 の 健 全 な 成 長 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの

1 はじめに いじめほど 残 酷 で 恐 ろしくて 無 意 味 な 行 為 は 他 には 存 在 しないのではないか いじ めが 起 これば 被 害 者 には 心 に 大 きな 傷 を 残 し 加 害 者 は 被 害 者 の 苦 しみや 痛 みをずっと 背 負 っていかなければならなくなる いじめの いじめを 無 くす 為 に ~ 現 代 いじめについて 考 える~ 群 馬 県 立 太 田 女 子 高 等 学 校 1 年 菊 田 未 来 目 次 1 はじめに 2 現 代 いじめの 特 徴 (1)いじめっこは 存 在 しない!? (2) 仲 良 しグループの 中 でのいじめ 3 いじめをなくすために 私 たちにできること (1) 依 存 心 をなくす (2) 趣 味 を 見 つける 4 いじめをなくすために

More information

しかし 先 に 述 べたように 運 用 という 言 葉 はシステム 屋 さんだけの 言 葉 ではない こと 運 用 という 言 葉 には そのもののもつ 機 能 を 生 かして 用 いること という 意 味 があること そして 運 用 術 という 言 葉 があり これは そのものの 本 来 の 価

しかし 先 に 述 べたように 運 用 という 言 葉 はシステム 屋 さんだけの 言 葉 ではない こと 運 用 という 言 葉 には そのもののもつ 機 能 を 生 かして 用 いること という 意 味 があること そして 運 用 術 という 言 葉 があり これは そのものの 本 来 の 価 システム 運 用 人 としくみ 運 用 という 言 葉 私 たち いわゆるシステム 屋 さんからしてみればごく 普 通 の 言 葉 な のですが この 言 葉 の 意 味 となると 人 によっていろいろな 受 けとり 方 があるものだとい うことに 気 づいたのは ごく 最 近 のことです それは いまから 10 年 ほど 前 でしょうか 新 聞 や 雑 誌 などの 広 告 にこの 言 葉 が 頻

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

プルプルした提督 ID:76778

プルプルした提督 ID:76778 ぅぅ 注 意 項 P D F ァ イ ハ メ 掲 載 中 作 品 自 的 P D F 化 小 作 ハ メ 運 営 無 断 P D F ァ イ 及 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 再 配 布 販 売 禁 新 ガ 任 正 的... 週 ~ 回 更 新 文 章 量 私 友 ニ コ ニ コ 画 u p M M D 作 品 許 可 得 小 化 嬉 ( ネ タ バ 可 能 大 ) 次 7 世 門 立

More information

『教育』をとりまく現状と課題について

『教育』をとりまく現状と課題について 資 料 3 教 育 をとりまく 現 状 と 課 題 1.アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 2. 方 向 性 参 考 61 人 の 声 産 業 構 造 審 議 会 基 本 政 策 部 会 2006 年 11 月 17 日 木 幡 美 子 1 アンケート 結 果 から 見 た 教 育 をとりまく 現 状 アンケート 実 施 期 間 2006 年 10 月 13 日 ~31 日

More information

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案)

精神症状を持つ認知症高齢者のための初期対応プログラム(案) 1. 暴 言 暴 力 暴 言 暴 力 は 老 人 福 祉 施 設 などで 働 くケアワーカーにとって 最 も 対 忚 に 苦 慮 する 問 題 の 一 つです 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 する 認 知 症 高 齢 者 のう ち 約 1 割 が 暴 力 を 振 るったり 暴 言 を 吐 いたりするという 報 告 もあり 暴 言 暴 力 の 頻 度 は 小 さくありません ケアワーカーと 他 の

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり

2 相 手 が 日 本 語 で 話 さなかったら どうしますか 日 本 語 で 話 したいとき どのように 言 ったらいいか 考 えてもらいましょう 下 記 のような 表 現 が 考 えられ ます 表 現 例 控 えめに あの すみません 日 本 語 で 話 してもいいですか もっと 上 手 になり 1 日 本 語 で 自 己 紹 介 をする POINT 1 会 話 を 始 めるとき どうしますか POINT 1 のねらいは 自 ら 積 極 的 に 日 本 語 でインターアクションを 始 めるにはどうしたら いいか 考 えてもらい 実 際 の 場 面 で 使 う 方 法 を 学 習 することです 1 こんなとき どの 人 に どう 話 しかけますか 表 現 例 A : 男 の 人 が 食 べ 物

More information

Microsoft Word - 卒論要項.doc

Microsoft Word - 卒論要項.doc タイトル: 男 性 解 放 ドラマ アットホーム ダッド - 悩 める 現 代 日 本 男 性 に 救 済 を- 小 林 めぐみ 序 論 I 研 究 目 的 II 対 象 の 選 定 III 構 成 と 分 析 方 法 私 は アットホーム ダッド を 見 て 男 性 も 主 夫 になりたい と 思 うのだろうか 男 性 も 男 性 中 心 の 社 会 で 苦 しんでいるのだろうか と 男 性 側

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

<5461726F2D332D335F835A834E835683858341838B836E8389835883818393>

<5461726F2D332D335F835A834E835683858341838B836E8389835883818393> [3]セクシュアルハラスメントの 防 止 あなたは, 日 頃 どのように 感 じ 行 動 していますか? 設 問 群 1 正 直 に 答 えてください 3 項 目 以 上 1-1. 職 場 の 異 性 に 対 しては 同 性 の 場 合 より 好 き 嫌 いが 大 きい 1-2. 職 場 の 異 性 から 受 けた 指 摘 は, 同 性 の 場 合 より 腹 が 立 つ 1-3. 男 性 でも 女

More information

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい

2 宅 建 業 法 難 易 度 としては やはり 昨 年 に 比 べて Aランクの 問 題 が 13 問 から 11 問 に 減 り 逆 にCラ ンクの 問 題 が2 問 から4 問 に 増 えました(この4 問 とも 個 数 問 題 であり 個 数 問 題 対 策 が 決 定 的 に 重 要 とい 宅 建 士 初 年 度 試 験 から 見 えた 傾 向 と 平 成 28 年 度 宅 建 士 試 験 の 効 果 的 な 対 策 TAC 宅 建 士 講 座 主 任 講 師 木 曽 計 行 Ⅰ 平 成 27 年 度 宅 建 士 本 試 験 の 傾 向 分 析 と 今 後 の 方 向 性 1. 数 字 で 見 る 本 試 験 ( 最 近 5 年 間 の 本 試 験 の 受 験 者 数 合 格 率 合

More information

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針

ハラスメントの防止等のために認識すべき事項についての指針 ハラスメントの 防 止 等 のために 認 識 すべき 事 項 についての 指 針 平 成 23 年 4 月 1 日 ハラスメント 対 策 委 員 会 この 指 針 は 公 立 大 学 法 人 福 島 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )ハラスメント 防 止 規 程 の 目 的 に 基 づき 本 法 人 におけるハラスメントの 防 止 等 のために 本 法 人 の 役 職 員 等 (

More information

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや

初 心 者 でも! 女 性 でも! 皆 さんが 日 常 的 に 使 っている Amazon ヤフオクといったサイトを 使 い サラリーマンの 副 業 時 代 でも 余 裕 で 月 商 100 万 円 オーバーという 結 果 です! これは 本 当 の 話 です ぶっちゃけ こんな 話 を 聞 いてや 誰 もが 手 にした 事 がある ある 商 材 だけを 販 売 して 月 商 300 万 円 オーバー!しかも 利 益 率 50% 超 え! こんな 夢 のようなノウハウを 公 開 するのですが この 方 法 に 興 味 がある 方 はいませんか? 今 すぐ 申 し 込 み 方 はこちらをクリック! http://www.infocart.jp/a.php?item=55234 まずはこの 結 果

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6889B982F090E096BE82B782E98368834C83858381839383672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B6889B982F090E096BE82B782E98368834C83858381839383672E646F63> 吃 音 (どもり)を 理 解 するために 1.はじめに 吃 音 または どもり と 言 う 病 気 はギリシャ 時 代 以 前 から 知 られている 病 気 で す.しかし,その 原 因 は 何 かということは,この 科 学 が 発 達 した 時 代 になっても 明 ら かになっていません. 吃 音 がどういうものかということも 正 確 には 知 られていない 傾 向 にあります. 吃 音 に 関

More information

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの

1.まずは 滞 在 時 間 を 伸 ばす 意 味 を 知 る グーグルは 決 してアフィリエイトサイトを 排 除 することを 目 的 としてはいません 役 に 立 たなくて ゴミのような 不 必 要 なサイトが 上 位 表 示 されてしまうことが グーグルにとって 一 番 不 愉 快 なのです なの 滞 在 時 間 を 伸 ばす 方 法 ここで 言 う 滞 在 時 間 とは 平 均 PV 数 を 増 やすという 意 味 合 いも 含 んでいます 滞 在 時 間 が 伸 びればグーグルから 評 価 が 上 がり 上 位 表 示 されやすくなるし PV 数 が 増 加 すれば 当 然 アドセンスをクリックしてくれる 回 数 は 増 えます 少 ないアクセスでできるだけ 多 くの 報 酬 を 得 ていくためには

More information

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な

的 に 如 何 なる 内 容 を 記 載 すべきであるとの 説 明 を 受 けていたのかは 亡 輝 民 作 成 の 顛 末 書 ( 甲 6) 記 載 の 11 月 12 日 から15 日 にかけてのNバイザーの 対 応 が 適 切 な 指 導 の 範 囲 に 留 まるものか それとも 理 不 尽 な 平 成 26 年 (ワ) 第 11499 号 損 害 賠 償 請 求 事 件 原 告 大 野 佳 奈 子 被 告 医 療 法 人 髙 寿 会 外 1 名 原 告 準 備 書 面 (9) 平 成 28 年 4 月 8 日 大 阪 地 方 裁 判 所 第 22 民 事 部 合 議 1 係 御 中 原 告 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 髙 橋 典 明 弁 護 士 上 出 恭 子 弁 護 士 和 田 香

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303581408DB293A1974490E690B6814091E68CDC89F12E646F63> ぶれない 頭 と 眼 を 養 う 哲 学 的 訓 練 指 針 なき 現 代 の 一 歩 先 を 読 み 解 くための 実 践 講 座 佐 藤 優 ( 聞 き 手 小 峯 隆 生 ) 外 交 の 最 前 線 で 培 った 対 人 術 の 要 諦 をまとめた 書 籍 人 たらしの 流 儀 で 佐 藤 優 さんの 聞 き 手 を 務 めた 小 峯 隆 生 こと 私 は 筑 波 大 学 で コミネ 語 り

More information

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又

注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (ADHD) 1 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 の 概 要 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 (Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder)とは 年 齢 あるいは 発 達 に 不 釣 り 合 いな 注 意 力 又 Ⅱ LD ADHD 高 機 能 自 閉 症 等 の 理 解 学 習 障 害 (LD) 1 学 習 障 害 の 概 要 学 習 障 害 (Learning Disabilities)とは 基 本 的 には 全 般 的 な 知 的 発 達 に 遅 れはないのに 聞 く 話 す 読 む 書 く 計 算 する 又 は 推 論 する 能 力 のうち 特 定 のものの 習 得 と 使 用 に 著 し い 困 難

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

心 理 的 にあまりいい 状 態 にはなれない そのような 状 態 で 仕 事 をこなすと 質 も 下 がるし 悪 循 環 である では 仕 事 を 与 えるという 使 役 的 な 動 作 を どのようにすれば 気 持 ちよ くできるのか? 一 番 いいのは 任 せる ということである 信 頼 をも

心 理 的 にあまりいい 状 態 にはなれない そのような 状 態 で 仕 事 をこなすと 質 も 下 がるし 悪 循 環 である では 仕 事 を 与 えるという 使 役 的 な 動 作 を どのようにすれば 気 持 ちよ くできるのか? 一 番 いいのは 任 せる ということである 信 頼 をも 必 要 なのは 優 秀 なリーダーだ! 所 属 : 心 理 教 育 ゼミ 1 年 2 組 15 番 小 林 慶 汰 第 1 章 はじめに 第 1 節 テーマ 設 定 の 理 由 現 代 の 社 会 においては 規 模 も 役 割 も 様 々な 組 織 が 存 在 している 我 々も 社 会 に 出 れ ばこのうちのどれかに 属 することになるわけだが 日 本 国 憲 法 第 15 条 に 明 記 されてい

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information