untitled

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "untitled"

Transcription

1 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ),27~39 (2009) 27 原 著 中 学 校 ダンスの 男 女 必 修 化 の 課 題 中 学 校 教 員 を 対 象 とした 調 査 にもとづいて 中 村 恭 子 A research on the problem of the new guideline about coeducational required dance classes in junior high schools: On the basis of a study which deals with junior high school teachers Kyoko NAKAMURA Abstract The purpose of this research was to investigate the dance syllabus planning at present and in the future, and the teacher's attitude to dance classes, and to make clear the problem of the new guideline about coeducational and required dance classes in junior high school. The subjects were the teachers in all of the 637 Tokyo public junior high schools. The survey was about their dance syllabus planning and their opinions about the new guidelines for coeducational and required dance classes. Questionnaires were mailed, and 227 replies, on 35.6, received in March The results were as follows: 1) 60 schools had planned the dance class for boys. 2) The dance classes for boys were planned as a boys' class or a mixed class. 3) At present, and in the near future, Modern Rhythm Dance was most featured item in the dance c- lass. 4) They thought that it become necessary to put all the teachers, not only female teachers but also male teachers, in charge of dance classes. 5) It was a problem that the male teachers were less experience and less skill in the teaching of dance. From the above, it is clear that there is an urgent problem to be solved for coeducational required dance classes, to develop the male teachers' skills in the teaching of dance, and to provide the enough contents for Modern Rhythm Dance class. Key words: new guideline, coeducational and required dance classes, dance syllabus planning, the teacher's attitude to dance classes. 緒 言 平 成 20 年 3 月 告 示 の 新 学 習 指 導 要 領 4) は, 生 きる 力 という 理 念 の 共 有, 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 技 能 の 習 得, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 の 育 ダンス 運 動 学 研 究 室 Seminar of Dance Movement 成, 確 かな 学 力 を 確 立 するために 必 要 な 授 業 時 数 の 確 保, 学 習 意 欲 の 向 上 や 学 習 習 慣 の 確 立, 豊 かな 心 や 健 やかな 体 の 育 成 のための 指 導 の 充 実,に 重 点 を 置 いて 改 訂 された.これに 基 づき 保 健 体 育 科 では, 子 どもたちの 豊 かな 心 と 健 やかな 体 をはぐく むために 授 業 時 数 を 現 行 の90 単 位 時 間 から105 単 位 時 間 に 増 やすとともに, 生 涯 にわたる 豊 かなスポー

2 28 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) ツライフの 実 現 に 向 けて 多 様 な 運 動 の 基 礎 基 本 を 経 験 することが 望 ましい 時 期 として, 中 学 1 2 年 生 において 武 道 ダンス を 含 むすべての 領 域 を 男 女 必 修 で 履 修 させることとする 改 訂 が 示 され た.また, 中 学 3 年 生 においては 器 械 運 動 陸 上 競 技 水 泳 ダンス から 1 つ 以 上 を, 球 技 及 び 武 道 から 1 つ 以 上 をそれぞれ 選 択 履 修 でき るようにすることが 示 された. 施 行 は 平 成 21 年 度 か らであり, 平 成 23 年 度 までを 移 行 期 間 と 定 めてい る 6). これまで,ダンス 領 域 は 平 成 元 年 の 改 訂 3) で 男 女 共 修 となり, 平 成 10 年 の 改 訂 2) で 従 来 の 創 作 ダン ス フォークダンス 加 えて 新 たに 現 代 的 なリ ズムのダンス が 導 入 され,3 種 目 から 選 択 履 修 で きることにするなど, 学 習 指 導 要 領 改 訂 の 度 に 大 き な 変 化 を 経 てきた.しかし, 筆 者 らの 実 態 調 査 11)12)15) によると, 男 女 共 修 といっても 武 道 と の 選 択 履 修 であったり, 学 校 選 択 によりダンスを 全 く 実 施 しない 学 校 が 4 割 程 度 もあったり, 現 代 的 な リズムのダンスでは 自 由 に 動 きを 工 夫 する とい う 学 習 指 導 要 領 の 意 図 に 反 して 教 師 の 一 斉 指 導 によ る 既 成 の 運 動 技 術 が 教 授 されたり,ビデオ 映 像 等 の 踊 りを 模 倣 させるだけの 授 業 が 展 開 されていたり と, 決 して 充 実 した 実 施 状 況 ではなかった. 生 涯 学 習 社 会 に 対 応 した 学 校 体 育 は,ダンス 文 化 を 基 盤 とする 身 体 表 現 芸 術 の 教 育,スポーツ 文 化 を 基 盤 とするスポーツ 教 育, 体 操 トレーニング 等 を 基 盤 とする 身 体 教 育 からなる 複 合 的 教 科 領 域 として 理 解 されるべきと 高 橋 健 夫 21) は 述 べている.また, 彼 はダンスの 持 つ 独 自 な 文 化 的 教 育 的 価 値 の 根 拠 に, 創 作 過 程 における 理 性 感 性 行 動 の 統 合, 非 競 争 的 身 体 的 達 成 行 為, 身 体 表 現 美 の 意 識 的 追 求 と 知 的 技 能 的 達 成, 協 同 的 制 作 と 集 団 的 達 成,ラ イフスパンからみた 豊 な 参 加 の 可 能 性, 現 代 社 会 の 非 人 間 的 状 況 下 でのダンスの 持 つ 癒 し 機 能, 能 力 差 を 超 えた 集 団 的 教 授 の 可 能 性,などを 挙 げている. こうした 特 性 運 動 領 域 としての 独 自 性 が 今 回 のダ ンス 必 修 化 につながった 一 つの 要 因 と 考 えられる. 学 習 指 導 要 領 改 訂 に 関 する 中 央 教 育 審 議 会 答 申 22) で は, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 の 育 成 の 具 体 的 方 法 として 体 験 から 感 じ 取 ったことを 表 現 する 課 題 について, 構 想 を 立 て 実 践 し, 評 価 改 善 す る 互 いの 考 えを 伝 えあい, 自 らの 考 えや 集 団 の 考 えを 発 展 させる 等 を 挙 げている.これらの 方 法 はダンスの 表 現 創 作 学 習 と 見 事 に 合 致 しており, ダンスは 体 育 の 中 でも 生 きる 力 の 育 成 に 向 けて 体 力 向 上 以 外 の 面 でも 十 分 に 貢 献 できる 運 動 領 域 と いえる. 村 田 8) や 高 橋 和 子 19) は,ダンスには 習 得 活 用 探 求 の 学 習 が 組 み 込 まれており,とり わけ 創 作 ダンスや 現 代 的 なリズムのダンスは 集 団 学 習 のスタイルによる 探 求 型 の 学 習 ( 課 題 解 決 学 習 ) を 主 体 として,コミュニケーション 能 力 や 認 め 合 う 態 度, 論 理 的 思 考 力 を 育 むことができるとし,ダン ス 必 修 化 の 意 義 を 論 じている. 見 識 者 からこのように 高 い 評 価 を 受 けている 一 方 で,ダンスの 教 育 目 標 や 男 女 共 修 に 対 する 現 職 教 員 の 理 解 が 十 分 に 得 られえているとは 言 えな い 1)10)13)14)16).このたびのダンス 男 女 必 修 化 が 教 育 現 場 でどの 程 度 受 け 入 られ 実 現 するのか,また, 男 女 必 修 での 実 施 に 困 難 な 点 や 混 乱 はないのか, 学 習 の 質 は 維 持 できるのかなど, 懐 疑 的 な 声 18)21) も 少 な くない. そこで 本 研 究 は, 中 学 校 におけるダンス 授 業 の 現 状 と 今 後 の 計 画 を 把 握 するとともに,ダンス 男 女 必 修 化 への 対 応 について 現 職 教 員 の 評 価 を 調 査 し, 新 学 習 指 導 要 領 実 施 に 向 けての 今 後 の 課 題 を 明 らかに することを 目 的 とした.. 方 法. 調 査 方 法 東 京 都 公 立 中 学 校 全 637 校 を 対 象 に, 平 成 19 年 度 および 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 のダンス 授 業 の 年 間 計 画,ダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 評 価 等 についての 実 態 調 査 意 識 調 査 を 実 施 した( 表 1 参 照 ). 回 答 は 各 校 の 保 健 体 育 科 教 員 のうち, 主 任 教 員 もしくはダ ンス 担 当 教 員 1 名 に 依 頼 した. 調 査 用 紙 の 配 布 回 収 はともに 郵 送 法 で, 回 収 率 は35.6 (227 校 /637 校 )であった. 調 査 期 間 は 平 成 20 年 3 月 であった.

3 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 29 表 1 調 査 内 容 項 目 調 査 内 容 対 象 特 性 対 象 校 特 性 保 健 体 育 科 教 員 数 回 答 者 特 性 性 別, 年 齢, 職 責,ダンス 履 修 経 験 の 有 無 ダンス 指 導 経 験 年 数 授 業 計 画 平 成 19 年 度 の 実 態 調 査 およ び 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 の 計 画 ダンス 年 間 計 画 の 有 無 必 修 選 択 の 別 クラス 編 成 年 間 配 当 授 業 時 数 ダンス 種 目 ダンス 種 目 の 採 択 理 由 ダンス 授 業 担 当 教 員 意 識 調 査 男 女 必 修 化 等 に 対 する 評 価 保 健 体 育 科 の 授 業 時 数 増 の 評 価 と 理 由 全 領 域 必 修 化 への 評 価 と 理 由 ダンスの 男 女 必 修 化 への 評 価 と 理 由 ダンス 領 域 の 男 女 生 徒 の 適 性 教 員 養 成 課 程 ダンス 必 修 化 の 必 要 性 と 理 由 なお, 本 調 査 における 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 に 関 する 質 問 は, 回 答 者 個 人 の 意 見 を 求 めたもので あった. 本 研 究 における 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 とは, 移 行 期 間 についての 回 答 とみなした.. 分 析 方 法 本 研 究 では, 項 目 間 の 比 較 においては 欠 損 値 のあ る 回 答 を 省 き,そのほかは 調 査 項 目 毎 の 回 答 総 数 を 有 効 回 答 として 分 析 対 象 とした. 比 率 の 差 の 検 定 に は X 2 検 定 を, 平 均 値 の 差 の 検 定 には t 検 定 を, 項 目 間 の 相 関 分 析 には Pearson の 相 関 係 数 を 用 いた. また, 意 識 調 査 の 結 果 と 回 答 者 特 性 との 関 係 につい て 重 回 帰 分 析 を 行 った.. 結 果. 対 象 の 特 性.. 教 員 配 置 数 1 校 あたりの 保 健 体 育 科 教 員 配 置 数 は 平 均 で 男 性 教 員 1.7 名, 女 性 教 員 0.9 名, 計 2.6 名 ( 有 効 回 答 数 223 校 無 回 答 4 校 )であった.また, 女 性 教 員 0 名 ( 男 性 教 員 のみ)の 学 校 が225 校 中 54 校 (24.4 ), 女 性 教 員 1 名 の 学 校 が146 校 (66.1 )であった. 男 性 教 員 と 比 較 して 女 性 教 員 の 配 置 率 は 約 半 数 であ った... 回 答 者 特 性 回 答 者 のうち,108 名 (47.6 )が 男 性 教 員,115 名 (50.7 )が 女 性 教 員,4 名 が 無 回 答 であった. 職 責 は 保 健 体 育 科 主 任 教 員 が119 名 (52.4 ),ダン ス 担 当 教 員 が60 名 (26.4 )であり, 男 性 教 員 の 75.0 が 主 任, 女 性 教 員 の31.3 が 主 任,47.8 が ダンス 担 当 であった. 平 均 年 齢 は 男 性 教 員 44.0 歳 ± 9.2 歳, 女 性 教 員 44.8 歳 ±10.6 歳 であった. 男 性 教 員 のうち42 名 (39.3 ), 女 性 教 員 のうち 113 名 (96.6 )が 大 学 でのダンス 履 修 経 験 ( 実 技 経 験 )を 有 していた.ダンス 指 導 経 験 年 数 は 平 均 で 男 性 教 員 2.5 年, 女 性 教 員 18.2 年 であり, 女 性 教 員 が 有 意 に 経 験 年 数 が 多 かった.また, 女 性 教 員 でダ ンス 指 導 経 験 がない 者 は 皆 無 だったが, 男 性 教 員 で は35 名 (32.1 )が 指 導 経 験 なし,17 名 (15.6 ) が 無 回 答 であった( 表 2). 女 性 教 員 の 場 合, 年 齢 とダンス 指 導 経 験 年 数 は r=0.845, 1 水 準 で 高 い 相 関 関 係 にあったが, 男 性 教 員 では 年 齢 と 指 導 経 験 に 関 係 は 認 められなかった.すなわち, 女 性 教 員 の 多 くが, 教 職 に 就 くと 同 時 にダンス 授 業 を 担 当 して きているということが 明 らかになった.. ダンス 授 業 の 現 状 と 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 の 計 画 ダンスの 授 業 計 画 について, 平 成 19 年 度 実 施 の 実 態 現 状 と 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 の 計 画 今 後 について 比 較 検 討 した... 体 育 の 年 間 計 画 中 のダンス 領 域 の 配 分 の 有 無 現 状 では 男 子 で 1 年 生 13.3,2 年 生 10.7,3 年 生 12.0, 女 子 で 1 年 生 85.3,2 年 生 87.1,3 年 生 80.9 の 実 施 率 であった.これに 対 し, 今 後 で は 男 子 で 1 年 生 61.3 (48.0 増 ),2 年 生 58.5 (47.9 増 ),3 年 生 41.9 (29.9 増 ), 女 子 で 1 年 生 96.8 (11.4 増 ),2 年 生 96.3 (9.2 増 ),3 年 生 87.1 (6.2 増 )の 実 施 が 考 えられていた. 現 状 では 男 子 のダンス 実 施 は10 程 度 であったが,

4 30 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 表 2 回 答 者 特 性 性 別 回 答 者 数 主 任 職 責 ( 人 数 ) 主 任 + ダンス ダンス 担 当 不 明 平 均 年 齢 大 学 ダンス 履 修 経 験 者 ダンス 指 導 経 験 年 数 男 性 女 性 不 明 計 図 1 体 育 年 間 計 画 でダンスを 取 り 扱 っている 学 校 の 割 合 ダンス 男 女 必 修 の 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 では 特 に 1 2 年 生 の 男 子 で50 程 度 の 計 画 増 がみられ,60 程 度 の 学 校 で 実 施 が 計 画 されていた( 図 1)... 必 修 選 択 での 実 施 計 画 1 2 年 男 子 では 実 施 数 全 体 の 増 加 とともに, 必 修 での 実 施 数 が 大 幅 に 伸 びていた.ただし, 全 体 の 実 施 数 のうちの 必 修 での 実 施 の 割 合 をみると,1 年 男 子 では 現 状 82.4 から 今 後 71.6 へ,2 年 男 子 で は 現 状 65.5 から 今 後 62.3 へと 減 少 傾 向 にあっ た.すなわち, 新 学 習 指 導 要 領 では 必 修 として いるが, 完 全 実 施 までの 移 行 措 置 として, 選 択 での 実 施 も 多 く 計 画 されていることが 明 らかになった. 1 年 女 子 では 必 修 での 実 施 率 が 現 状 94.1 から 今 後 91.2 へ,2 年 女 子 では 現 状 92.0 から 今 後 86.2 へと 微 減 であり, 女 子 も 選 択 での 実 施 率 が 微 増 して いた.また,3 年 生 では 選 択 での 実 施 数 が 男 子 で 現 状 18.7 から 今 後 73.2 へ, 女 子 で 現 状 11.9 から 38.6 へと 有 意 に 増 加 していた( 図 2)... ダンス 授 業 のクラス 編 成 ダンス 授 業 のクラス 編 成 について, 実 施 計 画 数 と それぞれのクラス 編 成 が 全 体 に 占 める 割 合 を 示 した のが 図 3 である. 現 状 では, 各 学 年 とも 女 子 クラス が85 程 度 を 占 め, 共 習 クラスが10 程 度, 男 子 ク ラスはわずかであった. 今 後 の 計 画 では, 男 子 の 実 施 増 に 伴 い 共 習 クラスが30 程 度 ( 約 20 増 ), 男 子 クラスが20 程 度 ( 約 20 増 )に 増 加 し, 女 子 ク

5 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 31 図 2 ダンス 授 業 の 必 修 選 択 での 実 施 数 と 必 修 の 割 合 図 3 ダンス 授 業 のクラス 編 成 の 実 施 数 ( 複 数 回 答 を 含 む)とその 割 合 ラスの 割 合 が50 程 度 ( 約 35 減 )に 減 少 しており, いずれの 学 年 とも 有 意 な 変 更 計 画 が 認 められた.ほ とんどが 女 子 のみで 実 施 されていた 現 状 から 男 女 共 修 での 実 施 に 変 更 する 際 に, 女 子 クラスを 共 習 クラ スへと 移 行 する 学 校 と, 女 子 クラスに 加 えて 男 子 ク ラスを 開 設 する 学 校 とに 2 分 されることが 分 かった... ダンスの 年 間 配 当 授 業 時 数 ダンスの 年 間 配 当 授 業 時 数 は, 男 子 平 均 では 現 状 は7.56±3.70 単 位 時 間, 今 後 は8.00±2.51 単 位 時 間 であった. 女 子 平 均 では 現 状 は9.59±4.59 単 位 時 間, 今 後 は9.12±2.79 単 位 時 間 であった. 男 子 では 授 業 時 数 の 微 増, 反 対 に 女 子 では 微 減 傾 向 が 見 受 け られたが, 有 意 な 差 は 認 められなかった.また, 男 女 ともに 授 業 時 数 の 偏 差 の 幅 が 少 なくなっており, 学 校 差 が 縮 小 する 可 能 性 が 伺 えた( 表 3)... ダンス 種 目 の 実 施 計 画 ダンス 種 目 の 実 施 計 画 のうち, 複 数 回 答 の 回 答 実 数 を 示 したのが 図 4, 全 学 校 数 に 対 する 実 施 割 合 を 示 したのが 表 4 である. 学 年 や 男 女 によって 差 異 は あるが,おおよそ, 創 作 ダンスは 現 状 20~50 が 今

6 32 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 後 30~60 (3~28 増 )に,フォークダンスは 現 状 10~20 が 今 後 10~30 (4 減 ~12 増 )に, 現 代 的 なリズムのダンスは 現 状 45~55 が 今 後 50~ 70 (8~19 増 )にと,いずれも 実 施 率 が 増 加 す る 傾 向 であった.どの 学 年 男 女 でも 現 代 的 なリズム のダンスの 実 施 率 が 最 も 高 く, 次 いで 創 作 ダンス, フォークダンスの 順 であった. 創 作 ダンスは 女 子 の 方 が, 現 代 的 なリズムのダンスは 男 子 の 方 がやや 多 い 傾 向 が 見 られたが 有 意 差 はなかった. 現 状 と 今 後 の 実 施 種 目 の 配 分 を 比 較 すると, 女 子 では 全 体 的 に 実 施 数 が 増 加 する 傾 向 が 見 られたが, 大 きな 変 化 は 表 3 ダンスの 年 間 配 当 授 業 時 数 の 現 状 と 今 後 現 状 今 後 n mean s.d. n mean s.d. 1 年 男 子 n.s. 2 年 男 子 n.s. 3 年 男 子 n.s. 男 子 平 均 n.s. 1 年 女 子 n.s. 2 年 女 子 n.s. 3 年 女 子 n.s. 女 子 平 均 n.s. 見 られなかった.ただし,1 年 女 子 のフォークダン ス 実 施 率 は 有 意 に 増 加 する 計 画 にあることが 認 めら れた. 男 子 の 現 状 では, 少 ない 実 施 数 の 中 でその 他 として 体 育 祭 や 運 動 会 の 演 技 を 充 てる 割 合 が 高 かっ たが, 今 後 は 正 規 の 授 業 計 画 の 中 で 創 作 ダンス,フ ォークダンス, 現 代 的 なリズムのダンスを 実 施 する 計 画 であり, 実 施 種 目 の 配 分 に 有 意 な 変 化 が 認 めら れた. 特 に,3 年 男 子 での 創 作 ダンス 実 施 率 は28.4 もの 大 幅 な 増 加 計 画 があり, 有 意 な 差 が 認 められ た... ダンス 種 目 の 採 択 理 由 現 状 での 実 施 種 目 の 採 択 理 由 は, 創 作 ダンスで は, 表 現 する 楽 しさの 体 験 71.6, 踊 る 楽 しさの 体 験 50.0, 運 動 技 能 表 現 技 能 の 育 成 49.1, 互 い を 認 め 合 う 態 度 の 育 成 49.1 などであった.フォー クダンスでは, 踊 る 楽 しさの 体 験 68.8, 互 いを 認 め 合 う 態 度 37.5, 運 動 文 化 として 体 験 35.4, 指 導 しやすさ27.1 などであった. 現 代 的 なリズムの ダンスでは, 踊 る 楽 しさの 体 験 81.3, 生 徒 の 興 味 関 心 が 高 い50.7, 表 現 する 楽 しさの 体 験 34.3, 運 動 技 能 表 現 技 能 の 育 成 32.8 などであっ た. 全 体 的 に, 運 動 技 能 や 学 習 態 度 の 育 成 よりも, 生 徒 の 楽 しさ 体 験 や 興 味 関 心 を 優 先 的 に 考 えてい 図 4 各 ダンス 種 目 の 実 施 数 と 割 合 の 現 状 と 今 後 ( 複 数 回 答 を 含 む)

7 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 33 表 4 ダンス 種 目 実 施 率 の 現 状 と 今 後 ( 複 数 回 答 を 含 む) 1 年 男 子 1 年 女 子 2 年 男 子 2 年 女 子 3 年 男 子 3 年 女 子 現 状 今 後 現 状 今 後 現 状 今 後 現 状 今 後 現 状 今 後 現 状 今 後 創 作 ダンス フォークダンス 現 代 的 なリズムのダンス その 他 n.s. n.s. n.s. 表 5 平 成 19 年 度 実 施 ダンス 種 目 の 採 択 理 由 ( 複 数 回 答 ) 順 位 創 作 ダンス n=114 フォークダンス n=48 現 代 的 なリズムのダンス n=134 採 択 理 由 採 択 理 由 採 択 理 由 1 表 現 する 楽 しさの 体 験 71.6 踊 る 楽 しさの 体 験 68.8 踊 る 楽 しさの 体 験 踊 る 楽 しさの 体 験 50.0 互 いを 認 め 合 う 態 度 の 育 成 37.5 生 徒 の 興 味 関 心 が 高 い 運 動 技 能 表 現 技 能 の 育 成 49.1 運 動 文 化 として 体 験 35.4 表 現 する 楽 しさの 体 験 互 いを 認 め 合 う 態 度 の 育 成 49.1 指 導 しやすさ 27.1 運 動 技 能 表 現 技 能 の 育 成 生 徒 の 興 味 関 心 が 高 い 14.7 表 現 する 楽 しさの 体 験 25.0 互 いを 認 め 合 う 態 度 の 育 成 運 動 文 化 として 体 験 13.8 運 動 技 能 表 現 技 能 の 育 成 22.9 指 導 しやすさ 生 徒 の 能 力 に 適 した 運 動 10.3 生 徒 の 興 味 関 心 が 高 い 12.5 生 徒 の 能 力 に 適 した 運 動 生 徒 の 個 性 の 尊 重 8.6 生 徒 の 能 力 に 適 した 運 動 10.4 生 徒 の 個 性 の 尊 重 指 導 しやすさ 4.3 生 徒 の 個 性 の 尊 重 6.3 運 動 文 化 として 体 験 授 業 時 数 との 兼 ね 合 い 1.7 授 業 時 数 との 兼 ね 合 い 4.2 授 業 時 数 との 兼 ね 合 い 5.2 る 傾 向 が 伺 えた( 表 5). 今 後 の 種 目 採 択 理 由 としては, 創 作 ダンスで は, 形 にとらわれず 自 由 にイメージを 構 成 して 表 現 する 楽 しさを 味 わえる, 仲 間 と 協 力 して 作 品 をつく る 活 動 を 通 して 仲 間 への 思 いやりの 心 互 いを 認 め 合 う 態 度 を 育 てられる, 一 つのものを 創 り 上 げ 発 表 することで 達 成 感 を 得 られる,などであった. フ ォークダンスでは, 簡 単 な 動 きで 基 本 的 ステップを 学 習 できる, 踊 る 楽 しさを 味 わえる, 生 徒 間 のコミ ュニケーションが 良 くなる, 指 導 がしやすい,など であった. 現 代 的 なリズムのダンスでは, 踊 る 楽 しさを 味 わえる, 男 女 ともに 興 味 関 心 が 高 い, 恥 ずかしがらないで 取 り 組 める,リズム 感 などが 現 代 っ 子 に 馴 染 みがある,などであった... ダンス 授 業 担 当 教 員 ダンス 授 業 担 当 教 員 の 現 状 と 今 後 の 理 想 ( 複 数 回 答 )の 結 果 を, 回 答 実 数 で 示 したのが 図 5 である. 現 状 では68.2 が 女 性 教 員 であり,ついで 学 年 担 当 が25.8, 男 性 教 員 9.2, 全 員 8.3, 得 意 な 教 員 8.3 であった. 今 後 の 理 想 としては, 得 意 な 教 員 36.9, 全 員 35.5, 学 年 担 当 32.7 と 続 き, 女 性 教 員 は22.4, 男 性 教 員 1.9 であった. 現 状 では 圧 倒 的 に 多 く 女 性 教 員 が 担 当 している が, 新 学 習 指 導 要 領 施 行 後 は 男 女 にかかわらず 指 導 できる 教 員, 保 健 体 育 科 教 員 全 員,ダンス 配 当 学 年 の 教 員 全 員 で 担 当 するべきだという 意 見 が 多 かっ た. 男 子 のダンス 授 業 時 数 増 に 伴 い 全 体 の 授 業 時 数 が 増 えることから,これまでのように 配 置 数 の 少 な い 女 性 教 員 だけで 授 業 を 実 施 することは 物 理 的 に 難

8 34 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 図 5 ダンス 授 業 担 当 者 の 現 状 と 今 後 ( 回 答 実 数 / 複 数 回 答 ) しく, 男 性 教 員 も 含 めた 全 員 体 制 で 実 施 せざるを 得 ない,と 考 えていることが 示 唆 された.. 全 領 域 必 修 (ダンス 男 女 必 修 )に 対 する 教 員 の 評 価.. 保 健 体 育 科 の 授 業 時 数 増 保 健 体 育 科 の 授 業 時 数 増 については, 非 常 に 良 い 46.0,まあ 良 い42.9 で, 合 計 88.9 の 回 答 者 が 肯 定 的 に 評 価 していた( 図 6). 肯 定 評 価 の 理 由 は, 運 動 量 が 確 保 でき, 体 力 の 維 持 向 上 が 期 待 できる,などであった. 否 定 評 価 の 理 由 は, 全 体 の 授 業 時 数 が 少 々 増 えても 全 領 域 必 修 化 されて 実 施 種 目 数 が 増 えることを 考 えると 1 種 目 にかける 授 業 時 数 が 不 足 している,などであった... 保 健 体 育 科 の 全 領 域 必 修 化 保 健 体 育 科 の 全 領 域 必 修 化 については, 肯 定 的 評 価 が46.7 ( 非 常 に 良 い11.6,まあ 良 い35.1 ), 否 定 的 評 価 が40.0 (あまり 良 くない31.6, 非 常 によくない8.4 ),どちらとも 言 えないが13.3 で あった. 肯 定 的 評 価 と 否 定 的 評 価 はほぼ 同 数 であっ た( 図 7). 肯 定 評 価 の 理 由 は, 中 学 校 期 に 多 様 な 運 動 経 験 をすることは 大 変 良 い, 中 3, 高 校 期 の 選 択 制 に 備 え,すべての 領 域 を 経 験 させるべき, 中 学 校 期 に 基 礎 基 本 を 学 ぶべき,などであった. 否 定 評 価 の 理 由 は, 全 領 域 必 修 にすると 1 種 目 図 6 保 健 体 育 科 の 授 業 時 数 増 に 対 する 評 価 (n=224) 図 7 全 領 域 必 修 に 対 する 評 価 (n=225) あたりの 単 位 時 間 が 減 り 充 実 した 内 容 が 展 開 できな い, 基 礎 基 本 が 徹 底 できない, 全 領 域 ( 特 に 武 道 ダンス)を 必 修 化 する 必 要 性 を 感 じない, 生 徒 の 特 性 に 適 さない 領 域 種 目 ( 特 に 男 子 生 徒 がダ ンスを 履 修 すること)への 疑 問, 教 員 の 指 導 力 が 全 領 域 に 対 応 できていない, 学 校 の 実 情 に 合 わせた

9 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 35 柔 軟 な 対 応 がしにくくなる,などであった. 評 価 と 回 答 者 全 体 の 性 別, 年 齢 などに 目 立 った 関 係 は 見 られなかったが, 男 性 教 員 についてはダンス 指 導 経 験 のある 者 ほど 肯 定 的 に 評 価 する 傾 向 が 見 受 けられた... ダンスの 男 女 必 修 化 ダンスの 男 女 必 修 化 については, 肯 定 的 評 価 が 30.6 ( 非 常 に 良 い6.3,まあ 良 い24.3 ), 否 定 的 評 価 が43.2 (あまり 良 くない28.8, 非 常 に 良 くない14.4 ),どちらとも 言 えないが26.1 であ った.ダンス 男 女 必 修 化 に 対 して 否 定 的 に 評 価 して いる 教 員 の 方 がやや 多 かった( 図 8). 否 定 的 評 価 の 理 由 としては, 男 子 のダンスへの 適 性 に 対 する 疑 問 や 男 子 指 導 への 不 安, 教 員 自 身 の 指 導 経 験 不 足 などからくる 不 安, 指 導 できる 教 員 の 不 足, 個 人 差, 学 校 差 があるので 選 択 で 良 い, 男 子 にダンスを 学 習 させる 必 要 性 への 疑 問,など であった. 一 方, 肯 定 的 評 価 の 理 由 としては, 男 女 共 修 共 習 の 理 念 にかなう,ダンスへの 適 性 に 男 女 の 差 はない, 男 女 ともに 興 味 関 心 を 持 っている, 自 己 表 現 社 会 性 の 育 成 などの 教 育 価 値 がある, ダンス 領 域 の 他 の 領 域 種 目 にはない 特 性 を 全 員 に 体 験 させるべき, 多 様 な 運 動 経 験 を 与 える 必 要 性,などであった. ダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 評 価 と 回 答 者 全 体 の 性 別, 年 齢 などに 目 立 った 関 係 は 見 られなかったが, 重 回 帰 分 析 の 結 果, 男 性 教 員 では 年 齢 がb= , 1 水 準 で 負 の 相 関 関 係 にあり, 指 導 経 験 年 数 が b=0.254, 5 水 準 で 正 の 相 関 関 係 にあった. つまり, 男 性 教 員 では 年 齢 の 高 い 者 ほどダンス 男 女 必 修 化 に 否 定 的 であり,ダンスの 指 導 経 験 がある 者 ほどダンス 男 女 必 修 化 に 対 して 肯 定 的 であることが 明 らかになった... ダンス 領 域 への 生 徒 の 適 性 男 女 によるダンス 領 域 への 適 性 の 違 いについて は, 違 いはない12.1, 個 人 差 による60.7, 男 子 が 適 する 0, 女 子 が 適 する27.2 との 回 答 であっ た.すなわち, 男 子 より 女 子 に 適 すると 考 えている 教 員 は 3 割 弱 であり,7 割 の 教 員 はダンスへの 適 性 に 男 女 差 はなく, 適 性 の 違 いは 性 差 ではなく 個 人 差 であると 考 えていることが 明 らかになった( 図 9). 年 齢 の 高 い 教 員 ほどダンスは 女 子 に 適 すると 回 答 する 傾 向 が,また, 男 性 教 員 では 指 導 経 験 年 数 の 多 い 者 ほど 違 いはないと 認 識 している 傾 向 が 見 受 けら れたが, 統 計 的 に 有 意 な 差 は 認 めらなかった... ダンス 必 修 化 の 課 題 ダンス 男 女 必 修 の 施 行 に 際 する 問 題 点 と 要 望 につ いて, 自 由 記 述 の 意 見 から 主 な 内 容 を 抽 出 した. 問 題 点 としては, 実 技 経 験 指 導 経 験 がなく 指 導 に 自 信 がない, 特 に 男 性 教 員 は 厳 しい, 専 門 で ない 教 員 にはダンス 指 導 は 難 しい, 運 動 技 能 表 現 技 法 など 的 確 な 助 言 ができない, ダンスは 他 の 競 技 種 目 と 違 い 到 達 目 標 が 一 定 ではないので 評 価 が 難 しい, 学 校 により 生 徒 の 意 欲 理 解, 教 員 の 指 導 力 配 置, 学 校 行 事 との 関 係, 施 設 設 備 が 異 なり 一 様 でない,などであった. 要 望 としては, 教 員 の 研 修 の 機 会 を 増 やして 欲 しい, 公 費 で 行 けるような 講 習 会 を 設 定 して 欲 しい, 図 8 ダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 評 価 (n=222) 図 9 ダンス 領 域 への 生 徒 の 適 性 (n=224)

10 36 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 参 考 になる 資 料, 指 導 書,DVD, 音 楽,などが 欲 しい,1 日 ぐらい 講 習 会 に 行 っても 身 に 付 かない のですぐに 使 える 教 材 が 必 要, ダンスが 指 導 でき る 教 員 や 非 常 勤 講 師 の 配 置 を 考 えて 欲 しい, 大 学 の 教 員 養 成 課 程 ではダンスを 必 修 で 履 修 させて 欲 し い,などであった... 保 健 体 育 科 教 員 養 成 課 程 でのダンス 履 修 の 必 要 性 について 教 員 養 成 課 程 でのダンス 履 修 の 必 要 性 について は, 男 子 学 生 に 対 しては, 必 修 がいい62.8, 選 択 でいい22.5, 不 要 2.8, 分 からない11.9 であっ た. 女 子 学 生 に 対 しては, 必 修 がいい83.6, 選 択 でいい10.3, 不 要 0.9, 分 からない5.1 であっ た. 男 女 学 生 ともに 必 修 でダンスを 履 修 すべきとい う 意 見 が 多 数 を 占 めた( 図 10). 必 修 がいいとの 回 答 の 理 由 としては, 今 後 はダン ス 授 業 を 全 教 員 が 担 当 しなければならなくなること から, 新 卒 の 教 員 には 男 女 を 問 わずダンスを 指 導 で 図 10 1 図 10 2 男 子 学 生 に 対 するダンス 履 修 の 必 要 性 (n=218) 女 子 学 生 に 対 するダンス 履 修 の 必 要 性 (n=214) きる 資 質 を 備 えておいて 欲 しい, 自 分 自 身 が 大 学 で 履 修 しなかったために 苦 労 している,などであった. なお, 男 子 学 生 のダンス 履 修 の 必 要 性 と 回 答 者 の 年 齢 との 間 に b=-0.210, 5 水 準 で 相 関 関 係 が 認 められた. 性 別 や 指 導 経 験 年 数 に 関 係 なく, 年 齢 の 高 い 教 員 ほど 男 子 の 履 修 を 重 視 していない 傾 向 にあ ることが 明 らかになった.. 考 察. 学 習 指 導 要 領 施 行 後 のダンス 授 業 計 画 の 展 望 本 調 査 から, 中 学 校 では 新 学 習 指 導 要 領 施 行 (ダ ンス 男 女 必 修 化 )に 伴 い,ダンスを 体 育 年 間 計 画 の 中 で 積 極 的 に 取 り 入 れようとする 意 向 を 持 っている ことが 分 かった. 特 に 男 子 については 1 2 年 生 の 実 施 計 画 が 現 状 の10 程 度 から60 にまで 増 加 し, 共 習 クラス 男 子 クラスの 増 設 と 安 定 した 授 業 時 数 の 確 保 が 見 込 まれた.ただし, 新 学 習 指 導 要 領 では 必 修 としているが, 移 行 期 間 としては30~40 は 選 択 として 実 施 する 計 画 であった. 平 成 元 年 にダ ンス 男 女 共 修 選 択 性 が 導 入 されてから20 年 の 間, 男 子 のダンス 履 修 率 が10 未 満 で 推 移 してきた 経 緯 11)12)15) から 比 較 すると, 今 回 の 必 修 化 の 影 響 力 強 制 力 は 非 常 に 大 きいといえる.しかし, 教 員 の 抵 抗 感 もまた 大 きく, 移 行 期 間 の 後 にすべての 学 校 で ダンスが 男 女 必 修 で 完 全 実 施 される 可 能 性 は 十 分 と は 推 察 できなかった.その 原 因 のひとつには,ダン ス 男 女 必 修 化 に 対 する 教 員 の 否 定 理 由 に 見 られるよ うに, 男 子 のダンスへの 適 性 に 対 する 疑 問 や 男 子 指 導 への 不 安, 教 員 自 身 の 指 導 経 験 不 足 からくる 不 安, 指 導 できる 教 員 の 不 足, 個 人 差, 学 校 差 な ど 向 き 不 向 きがあるので 選 択 で 良 い, 男 子 にダン スを 学 習 させる 必 要 性 への 疑 問,などの 認 識 評 価 が 多 く 作 用 していると 考 えられた. 選 択 での 実 施 の 問 題 については, 新 学 習 指 導 要 領 の 内 容 の 取 扱 いでは 第 1 学 年 及 び 第 2 学 年 におい ては,A 体 つくり 運 動,B 器 械 運 動,C 陸 上 競 技, D 水 泳,E 球 技,F 武 道,G ダンス,H 体 育 理 論 の 8 領 域 について,すべての 生 徒 に 履 修 させること.

11 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 37 その 際, 体 つくり 運 動 及 び 体 育 理 論 については 2 学 年 にわたって 履 修 させること 4) と 示 されている. すなわち,B 器 械 運 動 から G ダンスまでについて は 1 2 年 生 のうちのいずれか 1 学 年 において 必 修 で 履 修 させるようにすればよいと 読 み 取 れる.これ を 受 けて, 男 子 に 関 しては 1 年 生 では 必 修 で 履 修 さ せるが 2 年 生 は 選 択 で 履 修 させるといった 1 2 年 生 のうちの 1 学 年 のみ 必 修 として 計 画 している 学 校 が10 校 (4.4 )あった.しかし 1 2 年 男 子 に 選 択 で 計 画 している 学 校 (92 校 )の 多 く(82 校 )は 1 2 年 ともに 選 択 であり, 女 子 には 1 2 年 ともに 必 修 で 計 画 (77 校 )していた.ダンスの 履 修 に 対 する 性 差 意 識 は 根 強 いといえる. ダンス 授 業 の 担 当 教 員 は, 現 状 では60 が 女 性 教 員 に 任 されていたが, 今 後 は 保 健 体 育 科 教 員 全 員 が 担 当 する 方 向 で 考 えられていた.しかし, 実 技 経 験 指 導 経 験 のない 男 性 教 員 からは 不 安 の 声 が 多 く 挙 がっており, 教 員 の 研 修 機 会 や 指 導 資 料 学 習 教 材 の 充 実 が 急 務 であることが 分 かった. ダンス 種 目 の 実 施 計 画 に 関 しては, 男 子 女 子 で 大 きな 違 いは 見 られなかった.その 理 由 としては, 男 子 の 履 修 に 際 し, 独 立 した 男 子 クラスよりも 男 女 共 習 クラスでの 実 施 が 多 く 計 画 されていることや,ダ ンスの 適 性 に 男 女 の 差 はないと 考 えている 教 員 が 多 いことが 影 響 していると 推 察 された.その 一 方 で, 1 2 年 男 女 共 習 で 実 施 する 際 の 種 目 としてフォー クダンスの 採 択 計 画 が 増 えていた. 今 まで 指 導 した ことがなかった 男 性 教 員 はどの 種 目 でも 指 導 に 自 信 がなく, 特 に 不 定 形 の 探 求 型 学 習 に 不 慣 れであるこ と, 経 験 豊 富 な 女 性 教 員 でも 男 子 へのダンス 指 導 は 経 験 がなく 自 信 がない, 男 子 の 反 応 が 予 測 できない などの 不 安 への 対 策 と,フォークダンスは 簡 単 で 誰 でもできる, 指 導 しやすい, 基 本 的 なステップを 習 得 させられる,などの 教 材 の 扱 いやすさが 合 致 した 採 択 と 推 察 された.また,ダンス 種 目 の 採 択 に 際 し ては, 運 動 技 能 や 学 習 態 度 の 育 成 よりも 生 徒 の 楽 し さ 体 験 や 興 味 関 心 を 優 先 的 に 考 えている 傾 向 が 伺 えた.そのため, 生 徒 の 興 味 関 心 が 高 いと 考 えら れている 現 代 的 なリズムのダンスの 採 択 率 がどの 学 年 でも 最 も 多 くなっていた.. ダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 現 職 教 員 の 評 価 学 習 指 導 要 領 改 訂 に 伴 う 保 健 体 育 科 の 授 業 時 数 増 については, 運 動 量 が 確 保 できる や 体 力 向 上 が 期 待 できる などの 理 由 から90 の 教 員 が 肯 定 的 に 評 価 していた.しかし, 中 学 1 2 年 生 の 全 領 域 必 修 化 については, 中 学 校 期 に 多 様 な 運 動 経 験 を すべき 基 礎 基 本 を 定 着 させられる との 理 由 から 肯 定 的 に 評 価 する 回 答 と, 1 種 目 あたりの 配 当 時 間 が 少 なくなり 学 習 が 深 められない 武 道 ダンスを 必 修 化 する 必 要 性 に 疑 問 を 感 じる 生 徒 の 適 性 個 性 に 応 じられない 教 員 の 指 導 力 不 足 などの 理 由 から 否 定 的 に 評 価 する 回 答 に 2 分 され た. 同 様 に,ダンスの 男 女 必 修 化 についても, 男 女 共 修 の 意 義 他 の 種 目 にない 特 性, 教 育 価 値 多 様 な 運 動 経 験 を 与 える 必 要 性 などの 理 由 から 肯 定 的 に 評 価 する 回 答 と, 教 員 の 指 導 力 の 不 安 個 人 差 学 校 差 男 子 の 適 性 への 疑 問 などの 理 由 から 否 定 的 に 評 価 する 回 答 とに 分 かれ, 否 定 的 評 価 の 方 がやや 多 かった. ダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 評 価 は, 年 齢 が 高 い 教 員 ほど 否 定 的 な 回 答 が 多 く, 男 性 教 員 では 指 導 経 験 がない 教 員 ほど 否 定 的 であった. 長 年 にわたり,ダ ンスは 女 子 の 種 目 として 実 施 されてきた 経 緯 から, 年 齢 の 高 い 教 員 や 指 導 経 験 のない 教 員 はダンス 履 修 に 対 する 性 差 意 識 が 強 いと 考 えられた.1997 年 の 北 野 らの 調 査 1) においても, 男 性 教 員 の 中 では 性 役 割 意 識 の 強 い 者 や 年 齢 の 高 い 者 ほどダンスの 男 女 共 修 に 反 対 する 傾 向 にあると 報 告 されていた. 男 性 教 員 の 性 差 意 識 は 指 導 経 験 により 変 容 が 期 待 されるが, 男 性 教 員 の 指 導 実 績 が 少 なかったこの10 年 間 に 意 識 改 革 はあまり 進 んでいなかったことがわかった. 一 方, 生 徒 のダンスへの 適 性 については 7 割 の 教 員 が 性 差 はないと 考 えていたことから, 生 徒 の 適 性 に 対 する 懸 念 よりも 教 員 の 指 導 力 不 足 への 不 安 の 方 が 授 業 実 施 にあたって 直 面 する 大 きな 問 題 点 であ り,それがダンス 男 女 必 修 化 に 対 する 評 価 に 影 響 し ていると 考 察 された.ダンス 指 導 経 験 のない 男 性 教 員 はもちろんのこと,ベテランの 女 性 教 員 にとって

12 38 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) も 男 子 に 対 するダンス 指 導 は 経 験 がなく, 不 安 の 声 が 多 かった. 多 くの 教 員 から, 自 身 の 研 修 機 会 や 指 導 資 料 教 材 の 開 発 提 供 を 求 める 要 望 が 寄 せら れ,また, 適 正 な 教 員 の 配 置 が 望 まれていた. 教 員 養 成 課 程 のカリキュラムに 関 しても, 男 女 学 生 とも に 必 修 でダンスを 履 修 するべきとの 意 見 であった. 理 論 的 には 教 育 の 男 女 機 会 均 等 の 理 念 や, 生 涯 ス ポーツに 向 けて 多 様 な 運 動 経 験 を 与 えるための 全 領 域 必 修 の 意 義,ダンスへの 適 性 や 興 味 関 心 に 男 女 差 がないことを 理 解 しているが, 実 践 上 では 学 校 や 教 員 側 の 受 け 皿, 指 導 体 制 が 整 っていない 状 態 での 改 訂 に 困 惑 しているというのが 評 価 結 果 に 表 れている と 考 えられた.. ダンス 男 女 必 修 化 の 課 題 本 研 究 の 結 果 から,ダンス 男 女 必 修 化 に 向 けての 課 題 として, 実 技 経 験 指 導 経 験 のない 現 職 教 員 に 対 する 研 修 会 講 習 会 の 設 定, ダンスの 指 導 力 を 備 えた 保 健 体 育 科 教 員 の 養 成, ダンスの 指 導 力 を 備 えた 教 員 の 適 正 配 置 ( 非 常 勤 講 師 を 含 む) 指 導 資 料 学 習 教 材 の 開 発 提 供, 特 に 現 代 的 なリズ ムのダンスの 学 習 内 容 の 整 理 指 導 法 の 確 立,など が 急 務 であると 考 えられた. このように,ダンス 男 女 必 修 化 に 向 けての 問 題 の 多 くは, 教 員 の 指 導 力 不 足 にあるといえる. 平 成 20 年 度 には,このダンス 必 修 化 問 題 に 焦 点 を 当 て, 現 職 教 員 を 対 象 としたダンス 研 修 会 が 多 くの 都 道 府 県 で 開 催 され 始 めている. 中 でも 男 性 教 員 を 対 象 とし た 講 習 会 を 企 画 している 県 も 見 られる.しかし,ダ ンス,とりわけ 創 作 ダンスや 現 代 的 なリズムのダン スは 探 求 型 の 運 動 学 習 であり, 技 能 の 到 達 目 標 が 一 定 ではないという 特 性 から 他 の 運 動 領 域 に 比 べて 指 導 が 難 しいといわれ,ダンスが 専 門 種 目 であっても 定 期 的 継 続 的 に 教 材 研 究 や 指 導 法 研 修 を 行 ってい る 教 員 も 多 い.これまで 実 技 経 験 指 導 経 験 のない 教 員 にとって 一 時 的 な 研 修 会 講 習 会 だけでは 不 十 分 であり, 定 期 的 継 続 的 な 研 修 機 会 の 設 定 が 必 要 と 考 えられる. 埼 玉 県 は 全 国 に 先 駆 けて, 教 員 採 用 試 験 の 実 技 科 目 としてダンスを 全 員 必 修 とした 17). 新 規 採 用 の 教 員 は 全 員 ダンスの 実 技 指 導 ができることが 必 要 条 件 ということである.この 動 きは 全 国 に 広 がることが 予 測 できる. 教 員 養 成 課 程 を 持 つ 大 学 では, 中 学 校 の 保 健 体 育 科 全 領 域 必 修 化 に 対 応 して 教 職 課 程 の 実 技 種 目 を 全 領 域 必 修 に 改 訂 する 動 きを 見 せている. 教 育 現 場 のニーズに 合 わせた 教 員 養 成, 採 用 基 準 の 改 訂 は 必 然 といえる.また, 文 部 省 科 学 省 では 指 導 体 制 の 整 備 として 非 常 勤 講 師 の 配 置 を 予 算 に 組 み 入 れている 7). 素 早 い 反 応 を 示 している 関 係 各 局 も 多 いが, 全 体 的 にはまだ 十 分 とはいえない. 平 成 24 年 度 の 新 学 習 指 導 要 領 完 全 実 施 までに,ダンスの 指 導 力 を 備 えた 教 員 ( 新 規 正 式 採 用 および 非 常 勤 講 師 ) に 重 点 を 絞 り, 積 極 的 に 採 用 することが 肝 要 であろ う. 一 方, 現 代 的 なリズムのダンスは 平 成 10 年 度 の 学 習 指 導 要 領 改 訂 により 導 入 されて 以 来, 教 育 現 場 で は 学 習 内 容 の 誤 解 が 続 いており 9), 関 係 者 の 悩 みの 種 となっている. 実 技 経 験 指 導 経 験 のない 男 性 教 員 がダンス 授 業 を 担 当 するケースが 増 えるに 従 い, これまで 以 上 に 実 施 率 が 高 くなるとともに, 定 形 型 の 一 斉 指 導 や 映 像 教 材 を 用 いた 指 導 不 在 の 振 り 移 し 学 習 に 陥 る 可 能 性 が 危 惧 されるところである. 新 学 習 指 導 要 領 解 説 5) では, 従 前 に 比 較 してかなり 詳 し い 学 習 内 容 の 具 体 的 例 示 があり, 誤 解 を 防 ぐ 手 立 て を 講 じているが, 初 心 の 指 導 者 には 十 分 とはいえな い.これまでに 望 ましい 形 での 授 業 実 践 例 が 少 な く,どのように 指 導 を 進 めるかについての 方 法 が 分 かりにくいのである. 手 本 となる 授 業 実 践 映 像 など の 指 導 教 材 の 提 供 が 充 実 した 授 業 実 現 の 鍵 と 考 えら れる. 現 代 的 なリズムのダンスの 学 習 内 容 を 明 確 に し, 望 ましい 指 導 法 を 提 示 普 及 することがダンス 関 係 者 の 課 題 であろう.. 結 論 本 研 究 の 結 果, 中 学 校 1 2 年 生 のダンス 男 女 必 修 化 に 対 応 した 移 行 期 間 において,6 割 の 学 校 が 男 子 のダンス 実 施 を 計 画 しているが,そのうちの 3 割 程 度 は 選 択 履 修 でと 考 えていること, 男 子 のダンス 授 業 クラスは 男 女 共 習 クラスと 男 子 クラスが 3 2

13 順 天 堂 スポーツ 健 康 科 学 研 究 第 1 巻 第 1 号 ( 通 巻 13 号 ) (2009) 39 の 割 合 で 計 画 されていること,ダンス 種 目 は 現 代 的 なリズムのダンスが 最 も 多 く 実 施 予 定 であること などが 明 らかになった.また,ダンスの 授 業 時 数 の 増 加 に 伴 い, 指 導 には 男 女 関 係 なく 全 員 体 制 で 臨 む 必 要 があると 考 えられていた.これらの 計 画 に 関 連 して 特 に 男 性 教 員 の 指 導 力 不 足 が 浮 き 彫 りとなり, 指 導 力 養 成 指 導 者 養 成 が 緊 急 課 題 であることが 明 らかになった.また, 現 代 的 なリズムのダンスの 学 習 内 容 に 対 する 誤 解 を 解 き, 指 導 方 法 の 例 示, 指 導 教 材 の 提 供 が 必 要 とされることが 明 らかになった. 謝 辞 本 調 査 に 際 しまして, 東 京 都 公 立 中 学 校 保 健 体 育 科 の 諸 先 生 方 には 快 くご 協 力 を 賜 り, 誠 実 なご 回 答 をお 寄 せいただきました. 先 生 方 のご 厚 意 に 心 より 感 謝 申 し 上 げます. 文 献 1) 北 野 史 枝, 永 吉 宏 英, 林 信 恵 (1997) 体 育 教 員 のダ ンスの 男 女 共 修 に 対 する 意 識 ジェンダーに 注 目 して, 大 阪 体 育 大 学 紀 要 28, ) 文 部 省 (1998) 中 学 校 学 習 指 導 要 領,1 6, 71 79, 大 蔵 省 印 刷 局, 東 京. 3) 文 部 省 (1989) 中 学 校 学 習 指 導 要 領,76 81, 大 蔵 省 印 刷 局, 東 京. 4) 文 部 科 学 省 (2008) 中 学 校 学 習 指 導 要 領, 明 治 図 書. 5) 文 部 科 学 省 (2008) 中 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 ( 保 健 体 育 編 ), 東 山 書 房, ) 文 部 科 学 省 (2008) 小 学 校 及 び 中 学 校 の 学 習 指 導 要 領 等 に 関 する 移 行 措 置 並 びに 移 行 期 間 中 の 学 習 指 導 に ついて( 通 知 ). 7) 文 部 科 学 省 教 育 課 程 部 会 事 務 局 (2008) 新 学 習 指 導 要 領 の 円 滑 な 実 施 に 向 けた 支 援 策 ( 概 略 ). 8) 村 田 芳 子 (2008) 表 現 運 動 ダンスの 授 業 で 身 につ けさせたい 学 習 内 容 とは 学 習 内 容 と 習 得 活 用 探 究 の 学 習 をつなぐ, 体 育 科 教 育 56 3, ) 村 田 芳 子 (2007) 表 現 運 動 ダンスの 学 習 内 容 につ いて 考 える, 体 育 科 教 育 55 5, ) 中 村 恭 子, 浦 井 孝 夫 (2005)ダンス 領 域 内 の 種 目 採 択 に 影 響 を 及 ぼす 要 因 の 検 討 創 作 ダンスと 現 代 的 な リズムのダンスの 比 較, 順 天 堂 大 学 スポーツ 健 康 科 学 研 究 9, ) 中 村 恭 子, 浦 井 孝 夫 (2005) 中 学 校 における 体 育 の 種 目 選 択 性 に 関 する 研 究 ダンス 領 域 を 中 心 とした 現 状 と 問 題 点, 順 天 堂 大 学 スポーツ 健 康 科 学 研 究 9, ) 中 村 恭 子, 浦 井 孝 夫 (2004) 中 学 校 におけるダンス 授 業 の 現 状 と 問 題 点 創 作 ダンスと 現 代 的 なリズムの ダンスに 着 目 して, 日 本 体 育 学 会 第 55 回 大 会 号, ) 中 村 恭 子, 武 井 正 子, 浦 井 孝 夫 (2003) 現 代 的 な リズムのダンス の 実 施 状 況 と 教 員 の 意 識 に 関 する 研 究 学 習 目 標 と 学 習 内 容 の 検 討, 日 本 体 育 学 会 第 54 回 大 会 号, ) 中 村 恭 子, 武 井 正 子, 浦 井 孝 夫 (2003)ダンス 教 育 の 目 標 に 関 する 研 究 高 等 学 校 のダンス 担 当 教 員 の 評 価 にもとづいて. 順 天 堂 大 学 スポーツ 健 康 科 学 研 究 7, ) 中 村 恭 子, 武 井 正 子, 浦 井 孝 夫 (2002) 高 等 学 校 に おけるダンス 授 業 のカリキュラムに 関 する 研 究 実 態 調 査 にもとづいて. 順 天 堂 大 学 スポーツ 健 康 科 学 研 究 6, ) 佐 分 利 育 代, 広 兼 志 保 (1994)ダンス 指 導 実 践 に 関 する 現 職 教 員 の 意 識 中 学 校 を 対 象 として, 鳥 取 大 学 教 育 学 部 研 究 報 告 教 育 科 学 36, ) 埼 玉 県 教 育 委 員 会 (2008) 公 立 小 中 学 校 等 教 員 採 用 試 験 要 項. 18) 柴 田 一 浩 (2006) ダンスと 武 道 の 必 修 化 で 直 面 する 課 題 をどう 解 決 するか, 体 育 科 教 育, ) 高 橋 和 子 (2008)なぜいま ダンス 必 修 化 なのか, 体 育 科 教 育 56 3, ) 高 橋 健 夫 (1999) 共 催 シンポジウム 生 涯 学 習 社 会 におけるスポーツとダンス 体 育 科 教 育 学 の 立 場 から (2006) 日 本 体 育 学 会 第 50 回 大 会 号, ) 友 添 秀 則, 高 橋 健 夫, 佐 藤 豊, 伊 藤 久 仁, 木 下 光 正 (2008) 座 談 会 新 学 習 指 導 要 領 と 体 育 何 が,ど う,なぜ 変 わり,どうなるのか, 体 育 科 教 育 56 6, ) 中 央 教 育 審 議 会 (2008) 幼 稚 園, 小 学 校, 中 学 校, 高 等 学 校 及 び 特 別 支 援 学 校 の 学 習 指 導 要 領 等 の 改 善 に ついて( 答 申 ). 平 成 20 年 10 月 14 日 平 成 21 年 2 月 6 日 受 付 受 理

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す

たものであり 必 ずしも 理 屈 の 面 から 定 められたものではないことから 5 年 を 超 える 見 積 可 能 期 間 に 係 る 繰 延 税 金 資 産 の 計 上 金 額 と 計 上 根 拠 を 開 示 する 理 由 が 乏 し いこと 結 果 として 企 業 の 分 類 を 開 示 す 第 332 回 企 業 会 計 基 準 委 員 会 資 料 番 号 日 付 審 議 事 項 (6)-3 2016 年 3 月 23 日 プロジェクト 項 目 税 効 果 会 計 税 効 果 会 計 に 関 する 開 示 の 検 討 - 合 理 的 な 説 明 に 関 連 する 開 示 本 資 料 の 目 的 1. 本 資 料 は 税 効 果 会 計 に 係 る 開 示 に 関 する 論 点 のうち

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定,

(3) 調 査 結 果 と 分 析 ア 全 日 制 課 程 の 概 要 について 三 課 程 併 置 校 をA 校,B 校, 二 課 程 併 置 校 をC 校,D 校 とした 項 目 学 校 名 本 校 A 校 B 校 C 校 D 校 併 置 する 課 程 全, 定, 通 全, 定, 通 全, 定, 全 日 制 単 位 制 高 校 のあり 方 と 他 課 程 併 置 の 現 状 総 括 教 頭 黑 木 加 代 子 1 はじめに 単 位 制 高 校 は, 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 によって 学 年 による 教 育 課 程 の 区 分 を 設 けない 高 校 として 昭 和 63 年 に 定 時 制 と 通 信 制 で 導 入 され, 平 成 5 年 から 全 日 制

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc

Microsoft Word - 8鶴山2(校正).doc 子 どもの 遊 びの 実 態 に 関 する 研 究 A Study of Actual Conditions of Children s Play 鶴 山 博 之 TSURUYAMA Hiroyuki 橋 爪 和 夫 1) HASHIZUME Kazuo 中 野 綾 2) NAKANO Aya Ⅰ. 緒 言 子 どもは 遊 びを 経 験 することによってさまざまなことを 学 習 していくといわれている

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

名称未設定-4

名称未設定-4 私 立 短 期 大 学 におけるカリキュラムマネジメントに 関 する 考 察 カリキュラムマネジメントを 支 える 要 素 に 着 目 して 楊 暁 興 ( 平 成 27 年 3 月 修 了 ) 章 構 成 序 章 問 題 所 在 と 目 的 論 文 構 成 第 一 節 問 題 所 在 第 二 節 短 期 大 学 を 巡 る 先 行 研 究 の 検 討 第 三 節 本 研 究 の 目 的 構 成 と

More information

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工

(2) 高 等 学 校 教 員 選 考 学 校 種 教 員 の 種 別 教 科 採 用 人 数 国 語 地 理 歴 史 公 民 数 学 理 科 保 健 体 育 芸 術 ( 音 楽 美 術 書 道 ) 高 等 学 校 教 諭 100 名 程 度 高 等 学 校 外 国 語 ( 英 語 ) 農 業 工 平 成 29 年 度 教 員 採 用 選 考 の 概 要 義 務 教 育 課 高 校 教 育 課 特 別 支 援 教 育 課 1 求 める 教 師 像 (1) 長 野 県 の 教 員 の 使 命 任 務 子 どもの 命 と 安 全 を 守 り 夢 や 可 能 性 を 育 む 専 門 性 を 磨 き 人 間 力 を 高 めるために 学 び 続 ける (2)こんな 人 を 求 めています 1 教 育 者

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

成徳44号_01宮下先生.indd

成徳44号_01宮下先生.indd 東 京 成 徳 短 期 大 学 紀 要 第 44 号 2011 年 学 生 のダンスや 身 体 表 現 についての 意 識 や 自 己 評 価 に 関 する 研 究 宮 下 恭 子 研 究 目 的 ダンスの 教 育 は 知 的 活 動 を 伴 った 創 造 的 な 表 現 活 動 であり 身 体 運 動 によって 自 己 を 表 す 自 己 表 現 としての 表 現 教 育 でもある 1) 幼 児

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 Title : 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に Author(s) 金, 美 珍 Citation Issue 2016-03-18 Date Type Thesis or Dissertation Text Version none URL http://hdl.handle.net/10086/27762

More information

高等学校保健体育解説

高等学校保健体育解説 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 保 健 体 育 編 体 育 編 平 成 21 年 7 月 文 部 科 学 省 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 保 健 体 育 編 体 育 編 目 次 第 1 部 保 健 体 育 第 1 章 総 説 1 第 1 節 改 訂 の 趣 旨 1 1 改 訂 の 経 緯 1 2 保 健 体 育 科 改 訂 の 趣 旨 3 3 保 健 体 育 科

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校

1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 Ⅳ 生 徒 の 管 理 指 導 - 35 - 1 生 徒 の 成 績 評 価 等 に 関 する 規 程 第 1 章 考 査 ( 考 査 の 種 類 ) 第 1 条 考 査 は 定 期 考 査 実 力 考 査 追 認 考 査 繰 り 上 げ 考 査 及 び 随 時 考 査 とする ( 考 査 の 計 画 ) 第 2 条 定 期 考 査 は 学 校 の 年 間 計 画 に 従 い 各 学 期 毎 に 中

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

事 業 計 画 書 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 24 年 3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 大 学 コンソーシアム 京 都 京 都 市 下 京 区 西 洞 院 通 塩 小 路 下 る 東 塩 小 路 町 939 京 都 市 大 学 のまち 交 流 センター 内 2011 年 度 大 学 コンソーシアム 京 都 事 業 計 画 書 予 算 基 本 方 針 事 業 計 画

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

16_.....E...._.I.v2006

16_.....E...._.I.v2006 55 1 18 Bull. Nara Univ. Educ., Vol. 55, No.1 (Cult. & Soc.), 2006 165 2002 * 18 Collaboration Between a School Athletic Club and a Community Sports Club A Case Study of SOLESTRELLA NARA 2002 Rie TAKAMURA

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

Microsoft PowerPoint - 07久野先生資料

Microsoft PowerPoint - 07久野先生資料 健 康 づくり 無 関 心 層 も 含 めた 行 動 変 容 事 業 としての 健 康 ポイント 資 料 4 2015 年 10 月 28 日 久 野 譜 也 筑 波 大 学 大 学 院 人 間 総 合 科 学 研 究 科 1 1 インセンティブ 策 実 施 の 背 景 : 健 康 づくり 無 関 心 層 への 対 策 が 重 要 地 域 及 び 職 域 における 第 一 次 予 防 としての 健

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制

司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 ( 要 旨 ) 法 科 大 学 院 を 中 核 とするプロセスとしての 法 曹 養 成 制 度 は 旧 司 法 試 験 という 点 による 選 抜 を 重 視 した 制 度 の 弊 害 を 克 服 するために 導 入 され 制 法 曹 養 成 制 度 改 革 推 進 会 議 御 中 この 度 司 法 試 験 予 備 試 験 制 度 に 関 する 緊 急 の 提 言 をとりまとめましたので お 届 け 致 します ご 査 収 いただけますと 幸 いです なお この 提 言 は 法 務 大 臣 及 び 文 部 科 学 大 臣 にもお 届 け 致 します 2014 年 6 月 9 日 京 都 大 学 大 学 院 法 学 研 究

More information

聖徳学園大学紀要第四十六集.indd

聖徳学園大学紀要第四十六集.indd 短 期 大 学 部 幼 児 教 育 学 専 攻 学 生 に 対 する 幼 児 体 育 についての 意 識 調 査 33 板 谷 厚 Survey on the junior college students attitude toward the physical education for infants Atsushi ITAYA Abstract The purpose of this study

More information

Microsoft Word - 秋大会

Microsoft Word - 秋大会 の 地 域 愛 着 醸 成 と 交 通 行 動 ~ 自 動 車 非 利 用 への 積 極 性 の 影 響 について~ 鈴 木 春 菜 1 万 本 怜 司 2 榊 原 弘 之 3 1 正 会 員 山 口 大 学 大 学 院 助 教 理 工 学 研 究 科 ( 755-8611 山 口 県 宇 部 市 常 盤 台 2-16-1) E-mail:suzuki-h@yamaguchi-u.ac.jp 2 会

More information

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は

1% 95% 9% 85% 8% 75% 1% 97% 道 内 全 体 年 少 人 口 歳 ~14 歳 83% H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H2 H21 表 -1 指 定 通 学 路 の 条 件 交 安 法 施 行 令 第 4 条 より 一 児 童 又 は 北 海 道 における 子 供 が 関 わる 交 通 事 故 分 析 建 設 部 道 路 計 画 課 秩 父 宏 太 郎 青 木 秀 一 武 田 祐 輔 日 本 における 歩 行 中 の 交 通 事 故 の 死 者 の 割 合 は 海 外 に 較 べ 高 い 一 方 人 口 1 万 人 あたり の 歩 行 中 の 死 傷 者 数 では 子 供 が 事 故 に 遭 う 割 合 は 高 齢 者 を 含 めた

More information

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 平 成 20 年 2 月 萩 市 教 育 委 員 会 萩 市 立 小 中 学 校 施 設 耐 震 化 計 画 はじめに 平 成 7 年 1 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 以 後 近 年 まで 全 国 的 に 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しており 公 共 施 設 の 耐 震 性 の 確 保 が 改 めて 重 要 視 されている このような

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録

平成17年第5回 吉川市教育委員会会議録 副 本 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 平 成 28 年 7 月 28 日 ( 木 ) 吉 川 市 教 委 告 示 第 7 号 平 成 28 年 第 7 回 吉 川 市 教 育 委 員 会 会 議 を 次 のとおり 招 集 する 平 成 28 年 7 月 25 日 吉 川 市 教 育 委 員 会 教 育 長 染 谷 行 宏 1 日 時 平 成 28 年 7

More information

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇

えて さらに 賃 金 の 半 分 の 年 金 減 額 を 行 うことになる 4 したがって 年 金 減 額 を 賃 金 月 額 wと 年 金 月 額 ɑによって 表 すと max(0.5{w+min(ɑ,28)-28},0)+ max(0.5(w-48),0) [1] となる また 高 年 齢 雇 第 4 章 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 が 企 業 の 継 続 雇 用 者 賃 金 決 定 に 及 ぼす 影 響 第 1 節 はじめに 在 職 老 齢 年 金 高 年 齢 雇 用 継 続 給 付 については 高 齢 者 だけでなく 雇 用 する 企 業 にも 影 響 を 及 ぼし 企 業 による 賃 金 引 下 げ 等 の 反 応 が 起 こるとの 議 論 がある 1

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

Microsoft Word - Ⅱ-4工学部.doc

Microsoft Word - Ⅱ-4工学部.doc 5. 教 員 組 織 達 成 目 標 若 手 教 員 の 充 員 による 教 員 年 齢 構 成 の 適 正 化 学 部 学 科 等 の 理 念 目 的 並 びに 教 育 課 程 の 種 類 性 格 学 生 数 との 関 係 における 当 該 学 部 の 教 員 組 織 の 適 切 性 工 学 部 は6 学 科 2 夜 間 主 コースで 構 成 され 各 学 科 内 の 教 育 研 究 についてはそれぞれ

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果)

文部科学省規制に関する評価書-平成19年度- 学校安全に関する規制(評価結果) 学 校 安 全 に 関 する 規 制 ( 学 校 保 健 安 全 法 案 第 27 条 第 28 条 第 29 条 ) 主 管 課 ( 課 長 名 ) 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 学 校 健 康 教 育 課 ( 課 長 : 作 花 文 雄 ) 関 係 課 ( 課 長 名 ) 施 策 目 標 及 び 達 成 目 標 施 策 目 標 2-5 健 やかな 体 の 育 成 児 童 生 徒

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群 高 校 外 国 語 ( 英 語 ) における 暗 示 的 指 導 の 効 果 - 文 法 項 目 の 指 導 を 通 して- 松 井 市 子 1 研 究 の 背 景 平 成 18 年 度 においては 中 学 校 卒 業 者 の 約 98%が 日 本 の 高 等 学 校 に 進 学 しており, 義 務 教 育 的 要 素 が 高 い この 状 況 に 対 応 できるよう 平 成 20 年 度 改 訂

More information

06490014_専大センチュリー.indb

06490014_専大センチュリー.indb 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 107 研 究 ノ ー ト 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 に 関 する 調 査 結 果 Web アンケートにもとづく 分 析 *1 神 原 理 *2 中 間 大 維 1.はじめに 2. 単 純 集 計 結 果 本 稿 目 的 は, 生 活 者 消 費 意 識 と 社 会 意 識 ( 社 会 貢 献 意 識

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

大規模地震への対策 -マンションにおける防災対策の重要性-

大規模地震への対策 -マンションにおける防災対策の重要性- NRI Public Management Review 大 規 模 地 震 への 対 策 -マンションにおける 防 災 対 策 の 重 要 性 - 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 大 沼 健 太 郎 ICT メディア 産 業 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 岸 浩 稔 1. 都 市 部 での 大 規 模 地 震 はわが 国

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

:. SPSS

:. SPSS Title 被 服 製 作 に 関 する 知 識 と 技 能 の 実 態 : 帰 国 生 と 一 般 生 と の 比 較 ( fulltext ) Author(s) 山 崎, 真 澄 ; 池 﨑, 喜 美 惠 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 総 合 教 育 科 学 系, 64(2): 175-182 Issue Date 2013-02-28 URL http://hdl.handle.net/2309/132633

More information

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63>

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63> 研 究 主 題 平 成 22 年 度 香 川 県 教 育 委 員 会 研 究 団 体 等 研 究 委 託 事 業 香 川 県 中 学 校 教 育 研 究 会 保 健 体 育 部 会 運 動 に 親 しみ, 言 語 活 動 を 通 した 論 理 的 思 考 力 を 育 むための 指 導 事 例 1 研 究 主 題 について 平 成 20 年 1 月 にまとめられた 中 央 教 育 審 議 会 答 申

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的 に

平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的 に 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 平 成 22 年 8 月 外 務 人 事 審 議 会 平 成 22 年 8 月 在 勤 手 当 の 改 定 に 関 する 勧 告 外 務 人 事 審 議 会 在 外 公 館 で 勤 務 する 我 が 国 の 外 交 官 は, 特 命 全 権 大 使 をはじめとしてあらゆ る 職 位 の 在 外 職 員 全 員 が 我 が 国 外 交 を 効 果 的

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

年度経営計画書

年度経営計画書 平 成 23 年 度 経 営 計 画 の 評 価 滋 賀 県 信 用 保 証 協 会 は 公 的 な 保 証 機 関 として 中 小 企 業 者 の 資 金 調 達 の 円 滑 化 を 図 り 中 小 企 業 者 の 健 全 な 育 成 と 地 域 経 済 の 発 展 に 貢 献 してきました 平 成 23 年 度 の 年 度 経 営 計 画 に 対 する 実 施 評 価 は 以 下 のとおりです

More information

2011年5月26日

2011年5月26日 2016 年 6 月 10 日 全 国 私 立 学 校 教 職 員 組 合 連 合 ( 全 国 私 教 連 ) 中 央 執 行 委 員 長 永 島 民 男 2015 年 度 私 立 高 校 中 学 生 の 経 済 的 理 由 による 退 学 と 学 費 滞 納 調 査 のまとめ 1. 調 査 の 目 的 今 回 の 調 査 は 2015 年 度 (2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 末 )に

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378>

<3234313132328179939D8D8794C5817A82708195826091E682509265816091E6825492652E786C7378> 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 区 域 法 のQ&A 目 次 計 画 作 成 手 続 き () 協 議 会 ア 国 と 地 方 の 協 議 会 P イ 地 域 協 議 会 P () 国 の 柔 軟 な 対 応 地 方 の 負 担 軽 減 (3)その 他 P P 計 画 作 成 に 対 する 国 の 支 援 P 3 計 画 記 載 事 項 () 復 興 産 業 集 積 区 域 () 税 制 上

More information

Microsoft Word - wako.doc

Microsoft Word - wako.doc 和 歌 山 工 業 高 等 学 校 施 設 整 備 の 基 本 方 針 平 成 18 年 6 月 和 歌 山 県 教 育 委 員 会 目 次 はじめに 第 1 章 施 設 整 備 の 基 本 理 念 キーワード ものづくり を 中 心 とした 技 術 教 育 と 地 域 産 業 に 貢 献 できる 人 づくり 第 2 章 施 設 設 備 の 基 本 的 な 考 え 方 1 安 全 安 心 な 学 校

More information

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案)

Microsoft Word - 160118資産申告問題要望書(案) 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 殿 2016( 平 成 27) 年 2 月 1 日 資 産 申 告 書 に 関 する 保 護 課 長 通 知 の 撤 回 等 を 求 める 要 望 書 生 活 保 護 問 題 対 策 全 国 会 議 代 表 幹 事 尾 藤 廣 喜 第 1 要 望 の 趣 旨 1 生 活 保 護 利 用 者 に 対 して 最 低 年 1 回 の 資 産 申 告 を 行 わせるよう

More information

橋 村, 1984 Tonyら, 1998)が 中 学 生 に 対 する 簡 単 なトレーニングによる 研 究 は 少 ない そこ で 本 研 究 は 体 つくり 運 動 ( 体 力 を 高 める 運 動 )としてサーキットトレーニングを 授 業 の 一 部 で 行 なうことにより 全 面 的 に

橋 村, 1984 Tonyら, 1998)が 中 学 生 に 対 する 簡 単 なトレーニングによる 研 究 は 少 ない そこ で 本 研 究 は 体 つくり 運 動 ( 体 力 を 高 める 運 動 )としてサーキットトレーニングを 授 業 の 一 部 で 行 なうことにより 全 面 的 に 埼 玉 大 学 紀 要 教 育 学 部,62(2):61-66(2013) 中 学 生 の 投 能 力 向 上 を 目 指 したサーキットトレーニングの 影 響 有 川 秀 之 中 島 慎 二 埼 玉 大 学 教 育 学 部 保 健 体 育 講 座 熊 谷 市 立 妻 沼 西 中 学 校 キーワード: 投 能 力 サーキットトレーニング 体 力 テスト 1.はじめに 平 成 23 年 8 月 に 施

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた

目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2) 新 たな 老 後 の 支 援 策 の 必 要 性 1 (3) 今 後 の 新 たな 拉 致 被 害 者 帰 国 に 向 けた 拉 致 被 害 者 等 への 今 後 の 支 援 策 の 在 り 方 について( 中 間 報 告 ) 平 成 26 年 8 月 拉 致 問 題 対 策 本 部 関 係 省 庁 拉 致 問 題 連 絡 会 ( 支 援 幹 事 会 ) 目 次 1. 検 討 の 背 景 1 (1) 現 在 の 帰 国 拉 致 被 害 者 等 への 拉 致 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 期 限 の 到 来 1 (2)

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information