東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

Size: px
Start display at page:

Download "東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針"

Transcription

1 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合 理 化 等 に 当 たって 取 り 組 むべき 事 項 をまとめた (http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/keieizaimutyousa/dai10/siryou1.pdf) 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 ( 機 構 )と 東 京 電 力 は 委 員 会 報 告 に 記 載 された 経 営 合 理 化 等 に 関 する 事 項 及 びそれを 更 に 精 査 深 堀 りした 事 項 について 下 記 の 通 り 確 実 に 実 行 す 対 処 方 針 を 踏 まえた 今 後 の 具 体 的 行 動 計 画 の 分 類 は 以 下 の 通 り : 機 構 も 参 画 した 検 討 実 施 体 制 を 確 立 し 既 に 定 められたアクションプランについて 検 証 した 上 で 直 ちに 具 体 的 施 策 を 実 行 する 項 目 : 機 構 も 参 画 した 検 討 実 施 体 制 を 確 立 し 11 月 中 にアクションプランを 策 定 した 上 で 直 ちに 具 体 的 施 策 を 実 行 する 項 目 ハ: 機 構 も 参 画 した 検 討 体 制 を 確 立 し 11 月 中 に 結 論 を 得 る 時 期 とそれに 向 けた 検 討 の 段 取 りを 定 める 項 目 項 目 報 告 書 項 目 名 内 容 記 載 箇 所 記 載 内 容 対 処 方 針 分 類 設 備 投 資 発 電 所 の 新 設 リ プレス 将 来 の 長 期 的 な 新 規 電 源 開 発 や 既 存 設 備 のリプレスを 行 う 際 には 独 立 発 電 事 業 者 ( 以 下 IPP 事 業 者 という ) 等 他 社 電 源 の 有 効 活 用 も 積 極 的 に 検 討 し 設 備 投 資 の 効 率 的 な 実 施 を 図 る 必 要 があ 報 告 書 記 載 の 通 り 新 規 電 源 開 発 や 既 存 設 備 のリプレスを 行 う 際 には 独 立 発 電 事 業 者 (IPP 事 業 者 ) 等 他 社 電 源 を 最 大 限 有 効 活 用 する 等 設 備 投 資 の 抑 制 効 率 化 を 行 う 設 備 投 資 流 通 設 備 現 在 東 電 が 提 示 している 流 通 設 備 投 資 計 画 は 福 島 方 面 で の 電 源 の 大 幅 減 少 や 千 葉 鹿 島 方 面 の 緊 急 設 置 電 源 の 配 置 等 の 震 災 影 響 を 受 けての 当 初 計 画 からの 見 直 し 部 分 が 少 な く 基 本 的 には 従 来 計 画 を 踏 襲 した 計 画 になっていることか ら 流 通 設 備 の 使 用 容 量 から 見 て 過 剰 とみられる 設 備 の 投 資 がないかどうか 逆 に 使 用 容 量 から 見 て 不 足 ないし 逼 迫 して いると 見 られる 設 備 がないかを 検 証 の 上 必 要 に 応 じて 震 災 後 の 状 況 変 化 を 踏 まえた 投 資 計 画 の 見 直 しを 実 施 すべき 報 告 書 記 載 の 通 り 流 通 設 備 については 震 災 後 の 電 源 構 成 の 変 化 に 伴 う 潮 流 の であ 変 化 を 踏 まえ 現 状 の 投 資 計 画 の 下 では 使 用 容 量 が 過 剰 または 不 足 ないし 逼 迫 となっているか 否 かを 検 証 の 上 必 要 に 応 じて 投 資 計 画 を 見 直 す 今 後 の 流 通 投 資 計 画 を 検 証 するに 当 たっては 基 幹 拡 充 ( 平 成 23~32 年 度 総 計 4,838 億 円 )のうち 主 要 な 投 資 である 西 上 武 幹 線 ( 総 投 資 額 915 億 円 既 支 出 額 498 億 円 ) 千 葉 方 面 送 電 網 ( 総 投 資 額 591 億 円 既 支 出 額 なし) 共 同 溝 関 連 ( 総 投 資 額 1,192 億 円 既 支 出 額 683 億 円 )について 具 体 的 に 内 容 を 確 認 する 必 要 があ 設 備 投 資 修 繕 費 過 去 実 績 に 比 し 今 後 の 修 繕 費 計 画 はやや 高 い 水 準 にある が 後 述 のとおり 単 価 削 減 効 果 により 引 き 続 き 減 少 傾 向 とな 報 告 書 記 載 の 通 り 安 定 供 給 確 保 の 観 点 から 不 可 欠 な 修 繕 が 抜 け 落 ちていない るものとみられただし 安 定 供 給 確 保 の 観 点 から 不 可 欠 か 検 証 することを 前 提 として 今 後 とも 不 要 不 急 な 修 繕 が 行 われないようにすると な 修 繕 が 計 画 から 抜 け 落 ちてはいないかについて 今 後 検 証 ともに 後 述 する 調 達 改 革 による 単 価 の 削 減 を 行 うこととす する 必 要 があ

2 全 体 東 京 電 力 の 当 面 の 事 業 運 営 合 理 化 方 針 に 基 づ く 含 む 施 策 は 全 てのコストが 数 量 単 価 の 計 算 式 で 算 出 されることから 数 量 と 単 価 のそれぞれにおいて 報 告 書 記 載 の 通 り ( 東 京 電 力 の 当 面 の 事 業 運 営 合 理 化 方 針 において 示 され 削 減 施 策 を 検 討 することが 可 能 であこの 点 上 記 で 指 摘 た 策 も 含 め) 全 てのコストについて 数 量 と 単 価 のそれぞれにおい した 費 用 の 繰 延 等 による 数 量 だけの 調 整 では 修 繕 費 のよ て 削 減 施 策 を 検 討 し 今 後 10 年 間 で 2 兆 5,455 億 円 を 超 える を 達 成 する うにその 削 減 自 体 が 電 力 の 安 定 供 給 の 確 保 という 視 点 から こととす 問 題 となるケースもあるため 単 価 削 減 によるコスト 構 造 の 改 善 策 も 併 せて 検 討 することが 必 要 資 材 役 務 調 達 関 係 会 社 との 取 引 における 発 注 方 法 の 工 夫 外 部 取 引 先 との 取 引 構 造 発 注 方 法 の 見 直 し 東 電 グループ 内 における 仕 様 設 計 手 法 の 標 準 化 報 告 書 記 載 の 通 り 資 材 役 務 調 達 について 1 関 係 会 社 との 取 引 における 発 注 方 法 の 工 夫 2 外 部 取 引 先 との 取 引 構 造 発 注 方 法 の 見 直 し 3 東 電 グループ 内 における 仕 様 設 計 手 法 の 標 準 化 等 の 施 策 を 実 行 することとす 加 えて 設 備 投 資 計 画 の 見 直 しを 踏 まえ 設 備 投 資 の 最 適 化 による 減 価 償 却 費 の 抑 制 を 行 うこととす 買 電 燃 料 調 達 2,3, 他 社 電 源 購 入 単 価 の 見 直 し 燃 料 費 の 中 長 期 的 視 点 による 削 減 東 電 において 卸 電 力 取 引 所 の 取 引 を 活 用 した 効 率 的 な 経 営 がなされているかについては 取 引 コストや 電 力 需 給 の 状 況 等 を 勘 案 しつつ 支 援 機 構 において 継 続 的 に 検 証 されるべき であ 報 告 書 記 載 の 通 り 買 電 燃 料 調 達 について 1 他 社 電 源 購 入 単 価 の 見 直 し( 短 期 的 な 買 電 購 入 単 価 の 見 直 し 等 ( 卸 電 力 取 引 所 の 活 用 による 供 給 原 価 の 低 減 を 含 む)) 等 に 注 力 するとともに 2 燃 料 費 の 中 長 期 的 視 点 による 削 減 等 のコスト 削 減 施 策 を 実 行 することとす 東 電 単 独 では 実 行 できない 業 界 横 断 的 な 他 電 力 との 仕 様 設 計 の 標 準 化 などは 今 後 の 継 続 検 討 課 題 とな 業 界 横 断 的 な 調 達 東 電 が 取 り 組 むべき 課 題 としては 海 外 事 業 者 との 間 で 互 いの 需 要 ピーク 時 期 の 違 いを 利 用 した 共 同 購 入 融 通 の 取 組 み 等 があり これについては 今 後 も 継 続 検 討 されるべきであ 報 告 書 記 載 の 通 り 1 各 電 力 会 社 が 独 自 に 設 定 してきた 機 器 の 設 計 仕 様 の 統 一 等 (スマートメーターの 標 準 化 等 ) 2 各 電 力 会 社 がそれぞれ 傘 下 に 有 している 関 係 会 社 の ( 管 内 に 限 らない) 業 界 横 断 的 な 再 編 3 燃 料 の 共 同 購 入 融 通 の 取 組 東 電 単 独 による 合 理 化 に 留 まらず 他 電 力 との 協 同 による 業 み 等 といった 業 界 横 断 的 なコストの 具 体 的 削 減 策 について 検 討 を 進 め 界 横 断 的 な 合 理 化 も 視 野 に 入 れ 主 に 下 記 のとおり 中 長 期 的 な 更 なる の 実 現 に 向 けて 今 後 継 続 検 討 す 他 電 力 との 協 同 による 中 長 期 的 な 施 策 これまで 各 電 力 会 社 が 独 自 に 設 定 してきた 主 に 機 器 の 設 計 仕 様 の 統 一 各 電 力 会 社 がそれぞれ 傘 下 に 有 している 関 係 会 社 を 管 内 に 限 らず 業 界 横 断 的 に 再 編 ハ その 他 経 費 その 他 経 費 には 多 種 少 額 な 費 目 が 多 数 計 上 されているが そのうち 電 気 料 金 の 算 定 の 基 礎 となる 原 価 の 範 囲 に 含 まれる か 否 か 慎 重 な 検 討 を 要 する 可 能 性 がある 諸 費 研 究 費 普 及 開 発 関 係 費 消 耗 品 費 養 成 費 等 を 中 心 に これまでの 費 用 計 上 額 の 実 態 を 把 握 した 上 で 費 目 毎 に 余 地 を 個 別 検 討 した また 関 係 団 体 へ 拠 出 している 研 究 費 寄 付 金 等 については 他 電 力 と 共 同 で 拠 出 している 状 況 等 を 鑑 み 業 界 全 体 での 協 議 を 視 野 に 入 れた 削 減 への 取 組 みが 今 後 の 継 続 検 討 課 題 とな 報 告 書 記 載 の 通 り 関 係 団 体 に 対 して 拠 出 している 研 究 費 寄 付 金 等 も 含 め 全 て の 費 目 についての を 実 行 す 関 係 会 社 における 関 係 会 社 においては 東 電 との 取 引 減 少 に 伴 う 売 上 及 び 変 動 費 の 減 少 を 織 り 込 んだ 上 で 外 注 化 していた 業 務 を 内 製 化 することによる 委 託 費 の 削 減 不 要 不 急 の 投 資 の 抑 制 人 件 費 の 一 律 削 減 等 の 合 理 化 を 実 施 することにより 売 上 減 少 に 応 じた 収 支 体 質 の 強 化 を 早 急 に 図 るべきであ 報 告 書 記 載 の 通 り 関 係 会 社 においても 東 電 との 取 引 減 少 に 伴 う 売 上 減 少 に 応 じた 収 支 体 質 の 強 化 を 早 急 に 図 るため 1 外 注 化 していた 業 務 を 内 製 化 すること による 委 託 費 の 削 減 2 不 要 不 急 の 投 資 の 抑 制 3 の 削 減 といったコスト 削 減 策 を 実 行 することす

3 ( 人 員 数 ) 東 電 が 前 記 の 平 成 25 年 度 期 末 までにおいて 単 体 で 実 施 を 検 討 している 約 3,600 人 の 人 員 削 減 は 規 模 として 概 ね 妥 当 な ものと 評 価 することができなお 東 電 では 当 該 人 員 削 減 については 新 規 採 用 の 停 止 及 び 定 年 退 職 等 による 自 然 減 並 びに 希 望 退 職 の 募 集 等 の 組 み 合 わせによって 実 施 する 方 向 で 検 討 しており 損 害 賠 償 債 務 履 行 のための 対 応 業 務 の ピーク 時 期 を 考 慮 すると 委 員 会 としては その 人 員 削 減 手 法 及 び 時 期 については 概 ね 妥 当 な 範 囲 にあると 考 え 報 告 書 記 載 の 通 り 平 成 25 年 度 期 末 までにG 全 体 で 約 7,400 人 東 京 電 力 単 体 で 約 3,600 人 の 人 員 削 減 を 実 行 することとす 今 後 特 別 事 業 計 画 の 策 定 に 際 して 支 援 機 構 が 人 員 数 の 削 減 及 び 削 減 時 期 をより 具 体 的 に 検 討 するに 当 たっては 長 期 的 な 観 点 から 東 電 における 年 齢 別 の 人 員 構 成 のあり 方 労 使 間 の 長 期 的 な 関 係 有 用 な 人 材 の 流 出 防 止 等 にも 配 慮 しつつ 東 電 との 間 で 議 論 がなされることを 期 待 するものであ 報 告 書 記 載 の 通 り 具 体 的 な 人 員 数 の 削 減 時 期 等 について 年 齢 別 の 人 員 構 成 のあり 方 労 使 間 の 長 期 的 な 関 係 有 用 な 人 材 の 流 出 防 止 といった 長 期 的 な 観 点 を 踏 まえ 検 討 を 進 め ハ 東 電 では 震 災 後 において 給 与 賞 与 の 削 減 を 実 施 してい 報 告 書 記 載 の 通 り 平 成 23 年 度 6 月 以 降 実 施 している 社 員 の 年 収 の 一 律 減 額 措 置 ( 管 理 職 は 年 収 の25%の 削 減 ( 基 本 年 棒 10% 業 績 年 俸 ( 賞 与 )62%の 削 減 ) 一 般 職 は 年 収 の20%の 削 減 ( 月 額 給 与 5% 賞 与 50% 以 上 の 削 減 ))について 当 面 の 間 は 継 続 することとす 震 災 後 東 電 において 実 施 している 給 与 賞 与 の 削 減 の 継 続 を いつまで 実 施 するかについては 支 援 機 構 と 東 電 との 間 にお いて 現 在 東 電 が 検 討 している 新 人 事 制 度 と 併 わせ 特 別 負 担 金 の 支 払 状 況 等 を 考 慮 した 議 論 が 期 待 され ( 給 与 賞 与 ) 東 電 は 今 後 の 給 与 について 全 体 として 一 律 5% 削 減 後 の 水 準 を 維 持 しつつ 2 年 後 を 目 途 に 従 業 員 のモチベーション を 維 持 しうるメリハリをつけた 人 事 制 度 に 移 行 する 方 向 で 検 討 してい 同 制 度 の 導 入 については 現 時 点 ではその 詳 細 が 不 明 なため 評 価 をすることは 困 難 であるが 委 員 会 として は 詳 細 設 計 等 が 明 らかになり 次 第 支 援 機 構 においてその 妥 当 性 が 検 証 されるべきと 考 え 東 電 は 賞 与 について 現 在 の 削 減 割 合 ( 一 般 職 の 場 合 50% 削 減 )の 水 準 が 当 面 維 持 されるものと 想 定 しているが 今 後 は 給 与 のみ 震 災 前 比 5% 削 減 が 継 続 し 賞 与 については 完 全 に 復 元 がなされた 場 合 の 水 準 が 表 中 2であり 大 企 業 平 均 及 び 全 産 業 平 均 と 比 べて 高 水 準 であること 一 方 で 東 電 に おいても 一 定 の 範 囲 で 人 材 の 活 性 化 等 を 図 ることが 必 要 とな ること 等 の 観 点 があることから これらを 各 々 踏 まえて 支 援 機 構 と 東 電 の 間 で 東 電 による 特 別 負 担 金 の 支 払 状 況 等 を 考 慮 の 上 賞 与 の 支 給 水 準 の 復 元 の 時 期 及 び 範 囲 について の 議 論 がなされることを 期 待 するものであ 報 告 書 記 載 の 通 り 今 後 の 管 理 職 の 基 本 年 棒 及 び 一 般 職 の 月 額 給 与 について は 全 体 として 現 在 の 削 減 後 の 水 準 を 維 持 しつつ 2 年 後 を 目 途 に 従 業 員 のモチ ベーションを 維 持 しうるメリハリをつけた 新 人 事 処 遇 制 度 に 移 行 することとす 報 告 書 記 載 の 通 り 震 災 後 継 続 している 賞 与 削 減 の 復 元 の 時 期 及 び 範 囲 ( 水 準 ) について 上 記 新 人 事 処 遇 制 度 と 併 せ 特 別 負 担 金 の 支 払 状 況 等 を 考 慮 した 検 討 を 進 め ハ 時 間 外 労 働 に 係 る 賃 金 の 割 増 率 については 現 状 平 日 30% 増 等 であるところ これを 法 定 の 平 日 25% 増 等 にまで 引 き 下 げることが 望 ましく 東 電 においてもその 方 向 で 検 討 予 定 との ことであ 報 告 書 記 載 の 通 り 時 間 外 労 働 に 係 る 賃 金 の 割 増 率 について 法 定 の 平 日 25% 増 等 にまで 引 き 下 げることとす

4 ( 年 金 給 付 ) 東 電 は DB につき 現 役 の 従 業 員 のみならず 受 給 権 者 に ついても 再 評 価 率 の 下 限 を 引 下 げる 方 向 で 検 討 しており ま た 終 身 年 金 の 減 額 についても 検 討 中 であ 具 体 的 な 手 続 については 上 記 のとおり 労 働 組 合 等 との 交 渉 報 告 書 記 載 の 通 り 確 定 給 付 企 業 年 金 については 現 役 の 従 業 員 のみならず 受 が 必 要 となるが OB の 年 金 給 付 を 減 額 の 対 象 とすると OB 給 権 者 (OB)についても 再 評 価 率 の 下 限 を 引 下 げ( 現 役 1.5% 受 給 権 者 2.25% 以 の3 分 の2 以 上 の 個 別 の 同 意 が 必 要 とな 下 ) また 終 身 年 金 についても 減 額 すること(30%の 削 減 )に 向 けて 取 り 組 み 平 成 今 後 東 電 は 特 別 事 業 計 画 の 策 定 に 当 たって 広 く 国 民 の 24 年 度 中 の 新 制 度 実 施 を 目 指 す 理 解 を 得 ることができるよう 国 民 負 担 の 最 小 化 及 び 合 理 化 策 全 体 の 中 での 退 職 給 付 の 位 置 づけ 等 を 踏 まえ 制 度 変 更 の 具 体 案 について 真 摯 に 検 討 すべきであ ( 福 利 厚 生 ) 東 電 からは 1 健 康 保 険 の 負 担 率 の 他 企 業 並 み 負 担 割 合 へ の 引 き 下 げ 2 各 種 財 形 貯 蓄 については 財 形 年 金 貯 蓄 の 報 告 書 記 載 の 通 り 福 利 厚 生 について 1 健 康 保 険 の 会 社 負 担 率 の 引 き 下 げ 2 廃 止 ( 保 証 利 率 廃 止 ) リフレッシュ 財 形 の 廃 止 (なお 住 宅 財 財 形 年 金 貯 蓄 の 廃 止 ( 保 証 利 率 廃 止 ) リフレッシュ 財 形 の 廃 止 3 従 業 員 持 株 制 形 は 存 続 ) 3 持 ち 株 奨 励 金 の 引 下 げ 4カフェテリアプラン 度 における 持 ち 株 奨 励 金 の 引 下 げ 4カフェテリアプランの 内 容 の 縮 小 といったコ の 内 容 の 縮 小 といった 概 ね 妥 当 と 考 えられる 回 答 を 得 てい スト 削 減 策 を 行 うこととす 2.5 不 動 産 については 東 電 単 体 として 当 初 時 価 ベースで 約 1,000 億 円 の 売 却 計 画 であったが 関 係 会 社 保 有 不 動 産 を 含 め 電 力 事 業 遂 行 上 の 制 約 売 却 可 能 性 や 不 動 産 の 特 性 を 踏 まえて 仕 分 けを 行 いつつ 東 電 と 精 査 を 行 った 結 果 委 員 会 としては 時 価 ベースで2,472 億 円 の 売 却 を 実 施 し 売 却 に ついての 制 約 により 売 却 対 象 にできない 不 動 産 については 賃 貸 も 含 めた 有 効 活 用 を 行 う 方 針 となった 今 後 売 却 対 象 不 動 産 については 当 該 売 却 想 定 額 を 踏 まえつつ 個 々の 売 報 告 書 記 載 の 通 り 売 却 対 象 の 不 動 産 については 経 済 合 理 性 に 従 った 売 却 が 確 却 において 経 済 合 理 性 に 従 った 売 却 が 確 実 に 実 行 できるか 実 に 実 行 できるかどうか 売 却 対 象 でない 不 動 産 については 有 効 活 用 処 分 がき どうか 売 却 対 象 でない 不 動 産 については 有 効 活 用 処 分 ちんとした 形 でなされていくかどうかを 機 構 においてモニタリングすることとし 再 がきちんとした 形 でなされていくかどうかを 支 援 機 構 におい 開 発 物 件 など 手 続 きに 時 間 を 要 する 物 件 を 除 き 原 則 として3 年 以 内 で 約 2,472 てモニタリングする 必 要 があ 億 円 相 当 の 不 動 産 の 売 却 を 実 施 することとす 資 産 売 却 不 動 産 物 件 の 処 分 時 期 については キャッシュフー 上 の 要 請 に 加 えて 売 り 急 ぎによる 価 値 低 減 の 回 避 等 も 考 慮 し 再 開 発 物 件 など 手 続 きに 時 間 を 要 する 物 件 を 除 き 原 則 として3 年 以 内 で 売 却 を 完 了 するよう 進 めることが 適 当 と 思 料 され 東 電 との 協 議 を 踏 まえた 結 果 委 員 会 は 本 社 機 能 を 有 する 3 件 の 不 動 産 の 処 分 方 針 につき 以 下 のとおり 判 断 した 1 東 新 ビルは 売 却 予 定 2 新 幸 橋 ビルは 売 却 は 困 難 であるものの 地 上 部 に 電 力 の 安 定 供 給 上 重 要 な 設 備 等 がないため 地 上 部 を 可 能 な 限 報 告 書 記 載 の 通 り 本 社 機 能 を 有 する3 件 の 不 動 産 について 1 東 新 ビルは 売 り 外 部 に 賃 貸 することとし 具 体 的 な 方 策 については 今 後 検 却 2 新 幸 橋 ビルは 具 体 的 な 賃 貸 の 方 策 について 検 討 を 開 始 3 本 店 本 館 は 自 討 社 利 用 を 継 続 することとす 3 本 店 本 館 は 建 物 に 無 線 通 信 鉄 塔 の 他 電 力 の 安 定 供 給 上 重 要 な 施 設 設 備 等 があり セキュリティ 上 のリスクや 仮 に 第 三 者 へ 賃 貸 した 場 合 における 失 火 等 運 用 保 守 上 のリス クがあるため 本 社 としての 自 社 利 用 を 継 続 する 予 定 (1 3) (2)

5 2.5 有 価 証 券 については その 大 半 を 売 却 するため 売 却 額 は 3,301 億 円 に 達 する 予 定 となっているが 現 時 点 で 未 売 却 の 有 価 証 券 も 少 なくないため 今 後 支 援 機 構 において 東 電 が 着 実 に 売 却 計 画 を 達 成 できるか 見 守 る 必 要 があ 資 産 売 却 有 価 証 券 東 電 では 東 電 合 理 化 計 画 において 東 電 グループの 事 業 に つき 電 気 事 業 に 必 要 不 可 欠 な 資 産 構 成 組 織 体 制 に 絞 るこ とを 基 本 的 理 念 に 掲 げ 抜 本 的 な 経 営 の 効 率 化 合 理 化 に 取 り 組 んでいくこととした 具 体 的 に 言 うと 有 価 証 券 について 報 告 書 記 載 の 通 り 有 価 証 券 について 着 実 に 売 却 計 画 を 達 成 できるかどうか 機 は 電 気 事 業 の 遂 行 に 必 要 不 可 欠 なものを 除 き 原 則 売 却 す 構 においてモニタリングすることとし 原 則 3 年 以 内 で 約 3,301 億 円 相 当 の 有 価 証 ることとしており 上 場 株 式 については 原 則 年 内 を 目 途 に 売 券 の 売 却 を 実 施 することとす 東 京 電 力 の 子 会 社 が 保 有 する 有 価 証 券 について 却 し 非 上 場 株 式 についても 売 却 効 果 の 高 い 銘 柄 を 中 心 に 年 も 同 様 の 扱 いとすることとす 内 に 処 分 を 行 い それ 以 外 についても 個 別 事 業 を 勘 案 の 上 可 能 な 範 囲 で 早 期 の 売 却 を 目 指 すこととしていそし て 東 電 の 子 会 社 についても 東 電 と 同 様 の 扱 いとするよう 徹 底 する 方 針 であ これらの 取 組 により 東 電 は 当 初 今 後 3 年 間 で2,700 億 円 以 上 の 有 価 証 券 を 売 却 することとしていたが 委 員 会 の 調 査 を 踏 まえて 東 電 が 精 査 した 結 果 今 後 3 年 間 で 売 却 予 定 とな りうる 有 価 証 券 の 額 は315 件 3,301 億 円 となることが 判 明 し た 2.5 事 業 関 係 会 社 については 当 初 2,300 億 円 程 度 の 売 却 計 画 であったが 当 該 金 額 の 算 出 根 拠 が 不 明 確 であったことか ら TF 事 務 局 にて ゼベースで 事 業 関 係 会 社 の 売 却 範 囲 の 見 直 しと 価 値 評 価 を 検 討 した 結 果 1,301 億 円 の 売 却 を 見 込 むことができた それに 加 えて 支 援 機 構 において 特 定 の 事 業 関 係 会 社 の 売 却 比 率 売 却 時 期 等 についての 共 同 出 資 者 等 との 協 議 を 踏 まえ 東 電 は 支 援 機 構 とも 協 議 しつつ 売 却 の 可 否 及 び 売 却 条 件 を 調 整 する 予 定 であ 資 産 売 却 子 会 社 関 連 会 社 今 回 の 調 査 では 時 間 的 な 制 約 がある 中 で 原 則 として 上 記 方 針 により 事 業 の 継 続 非 継 続 を 分 類 したが 当 該 分 類 をその まま 前 提 として 特 別 事 業 計 画 を 策 定 して 良 いかどうか そし て 共 同 出 資 者 等 との 協 議 や 事 業 の 特 殊 性 等 の 理 由 により 分 類 に 際 して 関 係 会 社 ごとの 個 別 事 情 を 特 に 考 慮 すべき 場 合 があるかどうか 等 については 支 援 機 構 において 引 き 続 き 検 討 する 必 要 があ 報 告 書 記 載 の 通 り 子 会 社 関 連 会 社 について 1 売 却 と 区 分 されたものについて は 原 則 3 年 以 内 に 売 却 を 実 施 し 2 売 却 することとされていないものについては 原 則 年 内 に 事 業 の 継 続 非 継 続 の 方 針 を 決 定 することとす (1) ハ(2) 中 長 期 的 な 視 点 による 検 討 が 求 められる8 社 については 特 別 事 業 計 画 策 定 後 に 共 同 出 資 者 等 との 協 議 や 事 業 の 将 来 性 の 再 検 討 を 踏 まえて 最 終 的 に 分 類 を 決 定 する 必 要 があるた め 当 該 事 業 の 分 類 の 決 定 については 支 援 機 構 にて 実 施 さ れるべきであ 2,6,1,3 売 却 時 期 関 係 会 社 を 売 却 するに 当 たり 売 却 先 や 共 同 出 資 者 等 との 協 議 等 に 時 間 を 要 する 物 件 も 含 め 原 則 として3 年 以 内 に 売 却 することとするが 特 段 の 事 情 により 一 定 期 間 有 益 な 役 割 を 担 っているなど 個 別 に 配 慮 を 要 する 場 合 は 売 却 時 期 を 適 切 に 判 断 す

6 資 産 売 却 附 帯 事 業 附 帯 事 業 の 今 後 の 方 針 について 事 業 ごとに 検 討 した 結 果 は 下 表 のとおりであ 各 事 業 の 概 況 を 類 似 ごとに 整 理 すると 1 既 存 の 電 気 事 業 設 備 を 利 用 し 実 質 的 に 電 気 事 業 と 一 体 報 告 書 記 載 の 通 り 東 京 電 力 の 附 帯 事 業 について 1ガス 供 給 事 業 熱 ( 蒸 気 ) 供 の 事 業 継 続 給 事 業 については 継 続 2 不 動 産 賃 貸 事 業 エネルギー 設 備 サービス 事 業 及 びコ 2 電 気 事 業 との 関 係 性 を 鑑 み 事 業 規 模 を 縮 小 する 余 地 は ンサルティング 事 業 については 事 業 規 模 を 縮 小 して 継 続 3ホームネットワーク 事 あるものの 外 部 関 係 者 との 関 係 等 から 一 部 継 続 する 必 要 が 業 給 電 スタンド 事 業 については 非 継 続 とすることとし 非 継 続 とされたものについ ある 事 業 事 業 規 模 を 縮 小 して 継 続 ては 処 分 方 針 を 決 定 す 3 電 気 事 業 との 関 係 性 及 び 自 社 での 継 続 の 必 然 性 がない 事 業 非 継 続 の3 種 類 に 分 類 され ステーク ホルダー に 対 する 協 力 要 請 対 金 融 機 関 東 電 では 4.2.3に 記 載 のとおり 金 融 機 関 に 対 して 緊 急 融 資 を 除 く3 月 31 日 以 前 に 発 生 した 借 入 金 債 務 を 対 象 に 10 年 間 という 長 期 に 亘 る 残 高 維 持 等 を 要 請 する 予 定 とのことであ 当 該 要 請 が 金 融 機 関 に 対 する 協 力 要 請 として 十 分 な 要 請 で あるか 否 かについては 特 別 事 業 計 画 の 策 定 の 過 程 におい て 今 後 支 援 機 構 において 検 討 されるべきであまた そ の 際 上 記 実 態 連 結 純 資 産 の 試 算 は 支 援 機 構 が 資 金 交 付 により 損 害 賠 償 債 務 の 支 払 原 資 を 供 給 することが 前 提 になっ ているため このような 前 提 を 置 いて 実 態 連 結 純 資 産 の 試 算 を 行 うべきかどうかについては 議 論 がありうるところであり そ の 結 論 を 踏 まえた 検 討 も 必 要 であ 東 電 は 9 月 末 時 点 において 66 行 の 取 引 金 融 機 関 から 長 期 借 入 金 3 兆 4,119 億 円 及 び 短 期 借 入 金 4,040 億 円 の 合 計 3 兆 8,159 億 円 を 借 り 入 れてい 現 在 短 期 借 入 金 については 取 引 金 融 機 関 に 対 する 協 力 要 請 の 結 果 弁 済 期 に 借 換 えが 行 われているが 長 期 借 入 金 については 約 定 どおり 弁 済 されていなお 上 記 借 入 金 のうち1 兆 9,650 億 円 は 東 電 が 震 災 後 に 主 要 な 取 引 金 融 機 関 から 実 行 を 受 けた 緊 急 融 資 である( 以 下 緊 急 融 資 という ) 委 員 会 報 告 に 記 載 のとおり 原 子 力 損 害 の 賠 償 の 履 行 に 充 てるための 資 金 を 確 保 するため 東 電 のステークホルダーである 取 引 金 融 機 関 に 対 し 東 電 の 借 入 金 について 借 換 え 等 による 長 期 に 亘 る 与 信 の 維 持 及 び 平 成 23 年 3 月 の 借 入 残 高 の 復 元 を 要 請 するとともに 東 電 の 資 金 計 画 に 対 する 協 力 としての 主 要 な 取 引 金 融 機 関 による 追 加 与 信 等 を 要 請 していくことが 東 電 の 基 本 的 な 考 え 方 であ 東 電 は このような 考 え 方 の 下 本 計 画 においては まず 総 合 特 別 事 業 計 画 の 認 定 時 までの 間 取 引 金 融 機 関 に 対 し 以 下 の 協 力 要 請 を 行 う すべての 取 引 金 融 機 関 に 対 し 東 電 の 借 入 金 について 随 時 借 換 え 等 のための 融 資 等 を 実 行 することにより 主 務 大 臣 による 本 計 画 認 定 時 の 東 電 に 対 する 与 信 を 保 つことを 要 請 すすなわち 短 期 借 入 金 については その 元 本 相 当 額 につい て 借 換 え 等 を 行 うことを 要 請 すまた 長 期 借 入 金 のうち 総 合 特 別 事 業 計 画 の 認 定 時 までに 弁 済 期 が 到 来 するものについては その 元 本 相 当 額 につい て 各 弁 済 期 において 借 換 え 等 を 行 うことを 要 請 す 東 電 による 被 害 者 に 対 する 迅 速 かつ 適 切 な 賠 償 の 実 施 等 に 万 全 を 期 すため 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 に 対 し 被 害 者 に 対 する 賠 償 金 支 払 い 等 を 資 金 使 途 とし て 3,000 億 円 の 短 期 の 融 資 枠 (コミットメントラン 等 )を 可 及 的 速 やかに 設 定 する ように 要 請 す 東 電 の 主 要 な 取 引 金 融 機 関 に 対 し 緊 急 融 資 にかかる 資 金 使 途 の 追 加 を 要 請 す ステーク ホルダー に 対 する 協 力 要 請 対 株 主 株 主 に 対 する 協 力 要 請 としては 第 一 に 株 主 に 対 し 無 配 を 継 続 する( 無 配 を 継 続 する 期 間 については 支 援 機 構 と 協 議 の 上 決 定 されるべきであ) 旨 の 協 力 要 請 が 考 えられこ の 点 東 電 の 平 成 22 年 度 期 末 配 当 は 無 配 であり 平 成 23 年 度 の 配 当 ( 中 間 期 末 )についても 無 配 の 予 想 となってい 第 二 に 前 述 した 支 援 機 構 における 株 式 の 引 受 の 要 否 の 検 討 の 結 果 支 援 機 構 が 東 電 に 対 し 資 本 注 入 をすることが 必 要 となる 場 合 には 株 主 総 会 決 議 において 支 援 機 構 による 資 本 注 入 既 存 株 式 の 希 釈 化 を 内 容 とする 議 案 に 賛 成 してもら うことが 協 力 要 請 の 内 容 になると 考 えられ 報 告 書 記 載 の 通 り 株 主 に 対 する 協 力 要 請 として 当 面 無 配 を 継 続 す

7 東 電 の 経 営 者 の 法 的 責 任 の 有 無 については 事 故 調 査 検 証 委 員 会 の 検 証 結 果 や 本 事 故 後 の 対 応 等 を 総 合 的 に 考 慮 の 上 今 後 判 断 されるべき 事 項 と 思 われしかしながら そ れ 以 前 の 段 階 において 東 電 が 支 援 機 構 から 多 額 の 公 的 資 金 の 注 入 を 受 け また 関 係 者 にも 各 種 協 力 要 請 を 行 っていく 以 上 法 的 責 任 の 成 立 如 何 にかかわらず 東 電 の 経 営 者 は 道 義 的 観 点 から 一 定 の 経 営 責 任 を 果 たすべきであり そのこ とを 特 別 事 業 計 画 の 中 で 明 らかにすべきであ 経 営 責 任 経 営 責 任 の 取 り 方 5.2 東 電 においても 役 員 の 辞 任 又 は 退 任 役 員 報 酬 の 削 減 退 現 行 の 役 員 報 酬 の 減 額 措 置 を 継 続 するとともに 総 合 特 別 事 業 計 画 において 職 慰 労 金 の 放 棄 等 の 形 で 経 営 責 任 が 果 たされることが 望 まし 役 員 の 退 任 や 退 職 慰 労 金 の 放 棄 をはじめとする さらなる 経 営 責 任 の 明 確 化 のた いと 考 えられ この 内 容 の 妥 当 性 相 当 性 については 支 援 めの 方 策 について 結 論 を 得 機 構 にて 判 断 されるべき 事 項 であ なお 東 電 においては 経 営 責 任 を 明 確 化 する 観 点 から 本 年 6 月 に 当 時 の 社 長 及 び 原 子 力 担 当 副 社 長 が 退 任 するとと もに 役 員 報 酬 について 代 表 取 締 役 は4 月 支 給 分 について 50% 5 月 支 給 分 以 降 については100% 常 務 取 締 役 は4 月 支 給 分 については50% 5 月 支 給 分 以 降 については60% 執 行 役 員 は4 月 支 給 分 から40%の 返 上 減 額 措 置 を 行 っている が 今 後 の 状 況 に 応 じたさらなる 経 営 責 任 のとり 方 について 東 電 は 支 援 機 構 と 真 摯 に 検 討 すべきであ 第 三 者 委 員 会 の 報 告 書 において 記 されなかった 以 下 の 事 項 についても 機 構 及 び 東 京 電 力 の 責 任 の 下 検 討 を 進 め 項 目 報 告 書 項 目 名 内 容 記 載 箇 所 記 載 内 容 対 処 方 針 分 類 安 定 供 給 面 や 経 済 合 理 性 を 勘 案 しつつ 電 気 事 業 資 産 ( 発 電 設 備 )の 売 却 等 につ 資 産 売 却 電 気 事 業 資 産 報 告 書 未 載 ハ いて 検 討 を 進 め 戦 略 的 事 業 展 開 ( 資 源 権 益 確 保 スマートメーター 等 )を 図 るため 外 部 からも 新 た 戦 略 的 事 業 展 開 今 後 の 事 業 展 開 報 告 書 未 載 なビジネスプラン 提 案 を 募 り 優 れた 提 案 を 実 行 する 等 の 具 体 的 施 策 について 検 ハ 討 を 進 め

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに

2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報 公 開 6.おわりに 1 現 行 の 電 気 料 金 制 度 と 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 平 成 24 年 2 月 3 日 2 < 目 次 > 電 気 料 金 制 度 について 1. 現 行 の 電 気 料 金 制 度 電 気 事 業 者 の 取 り 組 みについて 2. 経 営 効 率 化 3. 負 荷 平 準 化 4. 効 率 化 成 果 の 還 元 財 務 体 質 の 強 化 5. 情 報

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

(イ) 役 員 報 酬 の 削 減 率 が 少 なくとも60% 以 上 となっているか 役 員 給 与 については 申 請 された 料 金 原 価 に 織 り 込 まれていない (ウ) 平 日 時 間 外 手 当 割 増 率 が 減 少 しているにも 関 わらず 基 準 外 賃 金 が 減 少 しな

(イ) 役 員 報 酬 の 削 減 率 が 少 なくとも60% 以 上 となっているか 役 員 給 与 については 申 請 された 料 金 原 価 に 織 り 込 まれていない (ウ) 平 日 時 間 外 手 当 割 増 率 が 減 少 しているにも 関 わらず 基 準 外 賃 金 が 減 少 しな チェックポイント( 詳 細 版 )への 回 答 資 源 エネルギー 庁 平 成 24 年 7 月 11 日 1 今 般 の 値 上 げの 認 可 申 請 に 際 し 検 証 を 行 うべき 事 項 人 件 費 等 について [ 給 与 賞 与 ] 1 給 与 賞 与 について 人 員 削 減 効 果 とは 別 に 他 の 公 的 資 金 投 入 企 業 事 例 も 踏 まえて 少 なくと も30%

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73>

<8DE096B18F94955C816996BE8DD78ADC82DE816A81798F4390B394C5817A8169959F89AA8BB388E791E58A77816A2E786C73> 平 成 16 事 業 年 度 ( 第 1 期 事 業 年 度 ) 財 務 諸 表 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 ~ 平 成 17 年 3 月 31 日 ) 国 立 大 学 法 人 福 岡 教 育 大 学 資 産 の 部 Ⅰ 固 定 資 産 1 有 形 固 定 資 産 土 地 24,078,450 建 物 1,416,003 減 価 償 却 累 計 額 53,476 1,362,527 構

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090DD97A78E9E92F18F6F8F9197DE976C8EAE8F572E646F63> 社 会 福 祉 法 人 設 立 提 出 書 類 様 式 集 平 成 5 年 4 月 座 間 市 福 祉 部 福 祉 長 寿 課 目 次 第 号 様 式 ( 第 条 関 係 ) 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 書... 様 式 社 会 福 祉 法 人 設 立 計 画 概 要... 3 様 式 定 款 案... 様 式 3 財 産 目 録... 様 式 4 贈 与 契 約 書... 3

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優

平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 平 成 27 年 度 予 算 のポイント 経 済 対 策 26 年 度 補 正 予 算 や27 年 度 税 制 改 正 とあわせ 経 済 再 生 と 財 政 再 建 の 両 立 を 実 現 する 予 算 経 済 再 と 財 政 再 建 の 両 地 の 創 の 観 点 から 新 しい 本 のための 優 先 課 題 推 進 枠 や 地 財 政 計 画 における

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF68A4A8CB48D655F4832378DE096B15F303489C896DA90E096BE> Ⅱ 会 計 科 目 の 説 明 (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 区 分 大 科 目 小 科 目 内 容 収 入 学 生 生 徒 等 納 学 則 に 記 載 されている 納 付 金 をいう( 在 学 条 件 として 義 務 的 に の 部 付 金 収 入 又 一 律 に 納 付 すべきものをいう ) 授 業 料 収 入 聴 講 料 補 講 料 教 職 課 程 履 修 費 を 含 む 入 学

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再

注 記 事 項 (1) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 以 外 の 会 計 方 針 の 変 更 3 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 4 修 正 再 平 成 28 年 3 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 5 月 10 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 大 谷 工 業 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 5939 URL http://www.otanikogyo.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 芝 崎 安 宏 問 合 せ 先 責 任 者 (

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

Microsoft Word - 実施について.doc

Microsoft Word - 実施について.doc 平 成 19 年 4 月 24 日 証 券 会 員 制 法 人 札 幌 証 券 取 引 所 による パブリックコメント( 意 見 提 出 手 続 ) 実 施 について 本 所 は 上 場 制 度 の 整 備 等 を 行 います 概 要 は 次 のとおりです 取 引 所 取 引 に 係 る 約 定 取 消 しルールの 制 定 について ( 別 紙 参 照 ) ご 意 見 等 は 住 所 氏 名 会 社

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

スライド 1

スライド 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 地 方 公 営 企 業 とは 那 覇 市 上 下 水 道 局 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 な 考 え 方 地 方 公 営 企 業 の 会 計 制 度 は 地 方 公 営 企 業 法 及 び 関 係 政 省 令 の 改 正 に 伴 い 昭 和 41 年 以 来 約 半 世 紀 ぶりに

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

2. 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 査 においては 消 費 者 庁 より 示 された 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 するチェックポイント も 踏 まえた 形 で 議 論 が 行 われ 電 気 料

2. 電 気 料 金 審 査 専 門 小 委 員 会 の 審 査 においては 消 費 者 庁 より 示 された 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 の 家 庭 用 電 気 料 金 値 上 げ 認 可 申 請 に 関 するチェックポイント も 踏 まえた 形 で 議 論 が 行 われ 電 気 料 東 北 電 力 及 び 四 国 電 力 に 係 る 消 費 者 庁 からの 意 見 への 対 応 について 平 成 25 年 8 月 経 済 産 業 省 Ⅰ. 全 体 的 な 評 価 人 件 費 調 達 等 に 関 しては 基 本 的 には チェックポイント が 査 定 方 針 案 に 的 確 に 反 映 されたものと 評 価 できる このため 今 般 の 査 定 方 針 案 に 適 用 された 考

More information

平成16年3月期 中間決算説明会資料

平成16年3月期 中間決算説明会資料 資 料 6 これまでの 質 問 等 への 回 答 について 平 成 24 年 6 月 12 日 東 京 電 力 株 式 会 社 目 次 1 人 件 費 1. 一 般 厚 生 費 の 詳 細 について 2. 前 回 いただいたその 他 宿 題 への 回 答 燃 料 費 3. 火 力 燃 料 費 削 減 に 向 けた 当 社 の 取 組 4. 燃 料 費 削 減 に 向 けた 調 達 戦 略 5. 他

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が

は 以 下 のことに 注 意 する 必 要 がある 1 買 収 合 併 関 係 者 は 中 国 の 外 貨 管 理 に 関 する 法 律 に 従 い 遅 滞 なく 外 貨 管 理 機 関 にて 外 貨 の 許 可 登 記 記 録 と 変 更 手 続 をしなければなら ない 2 外 国 投 資 者 が 資 本 取 引 2016 年 06 月 30 日 更 新 1. 資 本 取 引 の 外 貨 口 座 の 種 類 国 内 外 貨 口 座 管 理 規 定 (1997 年 10 月 15 日 より 実 施 )により 外 資 企 業 の 中 国 現 地 法 人 の 場 合 外 貨 資 金 は 用 途 に 応 じて 資 本 金 口 座 国 内 外 貨 ローン 専 用 口 座 外 債 専 用 口 座 などで

More information

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378>

<4D F736F F D20378C8E3393FA838C834E B B B5F92C78B4C94C52E646F6378> 2013 年 7 月 3 日 新 潟 大 学 職 員 組 合 委 員 長 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 原 告 団 長 世 取 山 洋 介 (よとりやま ようすけ) 本 日 新 潟 地 裁 に 提 訴 した 新 潟 大 学 未 払 い 賃 金 請 求 大 学 自 治 侵 害 損 害 賠 償 請 求 訴 訟 について 1. 給 与

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

20121213適時開示

20121213適時開示 各 位 2011 年 12 月 13 日 会 社 名 ミ サ ワ ホ ー ム 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 執 行 役 員 竹 中 宣 雄 (コード 番 号 1722 東 証 大 証 名 証 第 1 部 ) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 広 報 IR 担 当 部 長 中 村 孝 (TEL.03-3349-8088) 第 三 者 割 当 増 資 による 優 先 株

More information

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直

3. 取 引 関 係 の 見 直 し 1 随 意 契 約 の 見 直 し 等 各 独 立 行 政 法 人 は 独 立 行 政 法 人 の 契 約 状 況 の 点 検 見 直 しについて ( 平 成 21 年 11 月 17 日 閣 議 決 定 )に 基 づき 策 定 した 随 意 契 約 等 見 直 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて に 係 るフォローアップ 調 査 様 式 ( 様 式 1) 所 管 府 省 名 厚 生 労 働 省 法 人 名 独 立 行 政 法 人 国 立 健 康 栄 養 研 究 所 ( 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 ) 基 本 方 針 の 記 載 Ⅲ 資 産 運 営 の 見 直 しについて 1. 不 要 資 産 の 国 庫 返 納 国 の 資 産 を 有

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

平成25年度決算への新会計基準の影響

平成25年度決算への新会計基準の影響 平 成 25 年 度 決 算 への 新 会 計 基 準 の 影 響 枚 方 市 上 下 水 道 局 2015/03/31 新 会 計 基 準 適 用 による 決 算 への 影 響 解 説 目 次 平 成 25 年 度 決 算 の 概 況... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 の 特 徴... 1 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 見 直 しの 概 要... 3 借 入 賅 本 金 制 度

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73>

<30333662816991E633368D86816A95CA955C816D91DD8ED891CE8FC6955C89C896DA816E816D91B989768C768E5A8F9189C896DA816E3232303333312E786C73> [ 経 常 費 用 ] 業 務 費 教 育 研 究 経 費 消 耗 品 費 備 品 費 印 刷 製 本 費 水 道 光 熱 費 機 構 の 業 務 として 学 生 等 に 対 し 行 われる 教 育 に 要 する 経 費 及 び 教 員 等 の 研 究 に 要 する 経 費 を 対 象 とする ただし, 教 育 研 究 支 援 経 費, 受 託 研 究 費, 受 託 事 業 費, 教 員, 職 員,

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産

目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 損 益 計 算 書 3 7. 指 定 電 気 通 信 役 務 損 益 明 細 表 個 別 注 記 表 4 8. 附 帯 事 業 損 益 明 細 表 固 定 資 産 電 気 通 信 役 務 に 関 する 収 支 の 状 況 その 他 会 計 に 関 する 事 項 ( 電 気 通 信 事 業 法 第 30 条 第 5 項 による) 第 16 期 平 成 2 6 年 4 月 1 日 から 平 成 2 7 年 3 月 31 日 まで 西 日 本 電 信 電 話 株 式 会 社 目 次 1. 貸 借 対 照 表 1 6. 基 礎 的 電 気 通 信 役 務 損 益 明

More information

250912資料.xdw

250912資料.xdw 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 について ~ 会 計 基 準 の 概 要 運 用 指 針 ~ 平 成 25 年 9 月 12 日 ( 木 ) 小 野 瀬 木 下 税 理 士 法 人 小 野 瀬 公 認 会 計 士 事 務 所 大 木 芳 則 本 日 の 研 修 の 目 的 1. 新 会 計 基 準 の 構 成 について 理 解 しましょう! > 基 準 本 文 > 基 準 注 解 > 運 用

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答

Taro-別紙1 パブコメ質問意見とその回答 別 紙 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議 第 千 二 百 六 十 七 号 等 を 踏 まえ 我 が 国 が 実 施 す る 国 際 テ ロリ スト の 財 産 の 凍 結 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 施 行 令 案 等 に 対 す る 御 意 見 御 質 問 に 対 する 警 察 庁 の 考 え 方 について 1 国 際 連 合 安 全 保 障 理 事 会 決 議

More information

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378>

<95BD90AC3139944E93788C888E5A82CC8A54977681698C6F979D89DB8C888DD99770816A2E786C7378> 平 成 19 年 度 決 算 の 概 要 長 期 経 理 長 期 経 理 は 地 方 公 共 団 体 及 び 組 合 員 から 徴 した 負 担 金 及 び 掛 金 等 を 財 源 に 退 職 共 済 年 金 等 の 長 期 給 付 並 びに 資 産 の 運 用 を 行 う 経 理 である 前 年 度 繰 越 長 期 給 付 積 立 金 9,954,376,826 流 動 資 産 481,436,803

More information

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕

経 営 財 務 12/24 号 3095 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 適 用 に 伴 う 税 効 果 会 計 に 関 するQ&A 改 正 の 公 開 草 案 例 : 個 別 F/S における 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 が 400 あったとする 連 結 修 正 仕 経 営 財 務 12/17 号 3094 中 国 進 出 の 会 計 関 連 情 報 日 本 の 消 費 税 に 相 当 するものとして 増 値 税 がある 有 形 品 に 対 して 増 値 税 が 無 形 サービスに 対 しては 営 業 税 が 課 される ( 営 業 税 は 仕 入 税 額 控 除 ができない 但 し 現 在 は 増 値 税 に 統 合 される 過 程 にある 上 海 で 実 験

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73>

<95BD90AC825133944E93788C888E5A82CC8A54977620208FEE95F18CF68A4A97702E786C73> 平 成 23 年 度 決 算 の 概 要 学 校 法 人 京 都 成 安 学 園 はじめに 1 金 額 は 千 円 未 満 の 端 数 については 四 捨 五 入 し 全 て 千 円 単 位 で 表 記 しているため この 資 料 内 の 表 の 合 計 欄 の 金 額 や この 資 料 と 計 算 書 類 の 金 額 が 一 致 しない 場 合 があります 2 この 資 料 でいう 予 算 額 とは

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行

独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい て 1 性 格 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q&( 以 下 本 Q& という )は 独 立 行 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 するQ& 平 成 12 年 8 月 ( 平 成 24 年 3 月 最 終 改 訂 ) 総 務 省 行 政 管 理 局 財 務 省 主 計 局 日 本 公 認 会 計 士 協 会 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 注 解 に 関 する Q& につい

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529>

<4D F736F F D2095BD90AC E D CA48B868C8B89CA95F18D908F B837D E703529> 調 査 研 究 報 告 書 マンションの 管 理 組 合 会 計 平 成 25 年 7 月 はじめに マンションの 管 理 組 合 の 会 計 処 理 については 企 業 会 計 と 異 なり 事 業 所 得 がほとんどないため 税 務 署 への 申 告 義 務 はありません したがって 管 理 組 合 毎 に 様 々な 会 計 処 理 が 行 われています 特 に 自 主 管 理 を 行 っている

More information