Microsoft Word - base64change

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - base64change"

Transcription

1 187 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 金 世 晶 1. はじめに 性 差 を 持 たない 言 語 はおそらくないだろう しかし その 違 いの 程 度 は 言 語 によって 異 なり 性 差 の 大 きい 言 語 もあれば 小 さい 言 語 もある 日 本 語 は 性 差 の 大 きい 言 語 の 代 表 で 終 助 詞 人 称 代 名 詞 美 化 語 感 嘆 詞 などにおいて 男 性 が 使 用 する 言 葉 とは 異 なる 女 性 特 有 の 表 現 があり 女 性 語 という 言 語 変 種 が 明 らかに 存 在 し また 男 性 語 も 同 様 である これに 対 して 韓 国 語 は 言 語 的 性 差 が 非 常 に 小 さい 言 語 であるとされている 実 際 の 発 話 を 聞 けば 男 性 と 女 性 とでは 声 の 高 さや 音 質 が 違 うので 簡 単 に 区 別 できるけれども それを 文 字 化 す れば 男 女 差 がほとんどなくなってしまう 例 えば 小 説 の 会 話 部 分 が 女 性 によ るものであるか 男 性 によるものであるかは 前 後 関 係 や 話 の 内 容 から 判 断 する しかない 場 合 がほとんどである これに 対 して 日 本 語 では 文 字 化 された 発 話 であっても 簡 単 に 男 女 の 区 別 ができるほど 手 がかりが 多 い しかし 韓 国 語 に 性 差 が 全 くないかというと 決 してそうではない 韓 国 人 であれば 誰 でもある 程 度 男 性 っぽい 言 葉 遣 い とか 女 性 っぽい 言 葉 遣 い ということについて 共 通 の 認 識 を 持 っている これは 性 差 を 意 識 させる 何 らかの 言 語 的 特 徴 がなけれ ばありえないことである 性 別 言 語 は 特 定 の 性 によって 独 占 的 に 用 いられるかどうかによって 絶 対 性 別 語 と 相 対 性 別 語 に 区 分 される 女 性 語 について 言 えば 絶 対 女 性 語 とは 女 性 だけが あるいは 女 性 に 関 してのみ 用 いる 表 現 あるいは 言 語 行 為 を 指 す 一 方 相 対 女 性 語 とは 女 性 が 好 んで あるいは 主 として 女 性 に 対 して 用 いる 表 現 あるいは 言 語 行 為 のことをいう この 区 分 に 従 って 言 えば 日 本 語 のように 言 語 的 性 差 の 大 きい 言 語 には 絶 対 性 別 語 ( 絶 対 女 性 語 / 男 性 語 ) が 発 達 しており 韓 国 語 のように 性 差 の 小 さい 言 語 では 観 察 される 性 差 のほ とんどは 相 対 的 なものであるに 過 ぎない 韓 国 語 に 絶 対 性 別 語 がまったくない わけではないけれども 非 常 に 限 られた 現 象 である 1

2 188 金 世 晶 絶 対 的 性 差 を 持 つ 言 語 の 方 が 相 対 的 性 差 しか 持 たない 言 語 よりも 性 差 研 究 の 対 象 になりやすい それは 性 差 を 生 じさせる 言 語 現 象 を 容 易 に 指 摘 できるか らである そのため 性 差 の 大 きい 日 本 語 のような 言 語 とは 違 って 性 差 の 小 さい 韓 国 語 において 女 性 語 あるいは 女 ことばと 呼 ばれる 現 象 は 本 格 的 な 言 語 学 的 研 究 の 対 象 にはなりにくいテーマであった したがって 日 本 語 の 場 合 に 比 べると 韓 国 語 の 性 差 研 究 は 歴 史 もはるかに 浅 く 先 行 研 究 の 量 も 非 常 に 限 られている 本 稿 では 韓 国 語 の 女 性 語 に 関 する 主 要 な 先 行 研 究 を 紹 介 し その 問 題 点 と 今 後 の 課 題 を 指 摘 する 2. 韓 国 語 の 女 性 語 研 究 の 現 状 韓 国 語 の 性 差 に 関 する 研 究 は 20 年 足 らずの 歴 史 しか 持 たない したがって 先 行 研 究 の 数 も 日 本 語 の 女 性 語 に 関 する 研 究 に 比 べればはるかに 少 ない し かし 海 外 における 女 性 問 題 研 究 の 高 まりの 影 響 を 受 けて 過 去 10 年 余 りの 間 に 韓 国 語 の 性 差 の 問 題 を 本 格 的 に 取 り 上 げる 研 究 が 発 表 され その 過 程 で 現 代 韓 国 語 の 女 性 語 的 (あるいは 男 性 語 的 ) 特 徴 とみなされる 言 語 現 象 が 明 らかに されてきた 先 行 研 究 のうち 韓 国 語 の 女 性 語 研 究 の 現 状 を 代 表 すると 考 えら れる 김선희(1991)と민현식(1995)の 記 述 の 概 要 を 次 に 紹 介 することにする 2.1 김선희(1991) 김선희(1991)は 小 説 とテレビ 番 組 を 資 料 として 女 性 語 表 現 の 特 徴 を 分 析 し ている 女 性 語 の 一 般 的 な 特 徴 は 力 と 格 式 (formality) よりは 親 和 力 (solidarity)を 表 すことにその 目 的 がある とし 2 間 接 的 表 現 感 情 移 入 の ための 表 現 有 標 的 表 現 の 3 種 類 に 区 分 して 論 じている (1) 間 接 的 表 現 間 接 的 表 現 とは 聞 き 手 と 話 し 手 相 互 の 人 間 関 係 において 対 決 と 葛 藤 を 回 避 するための 遜 った 話 法 の 特 徴 として 表 れたもの 3 のことであり 女 性 語 に 顕 著 に 見 られる 表 現 である これは さらに 代 用 語 付 加 疑 問 法 の 使 用 曖 昧 な 表 現 の 使 用 遜 りを 示 す 表 現 の 使 用 の 3 つの 場 合 に 分 けられる 1 代 用 語 付 加 疑 問 法 の 使 用 4 命 令 とか 断 言 を 付 加 疑 問 文 に 変 えて 言 うと 話 し 手 の 主 張 が 緩 和 される それによって 聞 き 手 に 命 令 依 頼 提 案 などを 拒 否 する 余 地 を 与 えること

3 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 189 になるので 遜 った 表 現 として 女 性 が 好 んで 使 う 제발 라디오 좀 꺼줘, 응? (お 願 い ラジオちょっと 消 してよ ね?) 당신은 겁장이가 아니죠, 그렇죠?(あなた 臆 病 者 じゃないわよね でし ょう?) 난 네 행동이 잘못되었다고 보는데, 안 그래?( 私 はあんたの 行 動 が 間 違 ってると 思 うけど そう 思 わない?) 2 曖 昧 な 表 現 の 使 用 5 曖 昧 な 表 現 を 用 いると 聞 き 手 の 心 的 負 担 を 減 らす 効 果 を 生 じることが ある 相 手 の 問 に 対 して 글쎄(さあ) 그냥(ただ) ㄴ것 같다(~みたいだ) などを 用 いて 答 えると 肯 定 の 意 味 を 含 意 しながら 断 定 的 な 答 えを 避 ける ことにより 間 接 的 に 相 手 の 判 断 に 任 せるというニュアンスを 伝 えること ができる 自 分 を 前 面 に 出 さない 表 現 であり 遜 りの 表 現 となる 글쎄, 뭐라고 말씀 드릴 수 있을까요?(さあ なんと 申 し 上 げればいい んでしょうか?) 이거 어떠세요?(これはいかがですか?) -글쎄, 좋은 것 같아요.(まあ いいみたいですね ) 무엇을 먹을까요?( 何 を 食 べましょうか?) -글쎄요, 좋으실 대로 하세요.(そうですね お 好 きなものにしてくだ さい ) 3 遜 りを 示 す 表 現 の 使 用 6 女 性 は 좀(ちょっと) 제발(どうか) 뭐(まあ) -어 주다(てくれる) -어 보다(てみる) などの 表 現 を 使 うことによって 相 手 に 対 する 強 要 を 緩 和 し 意 見 が 一 致 しない 場 合 の 衝 撃 を 和 らげることが 多 い 例 えば 次 のような 表 現 では 後 のものほど 遜 った 表 現 となる 정오까지 이리로 오세요.( 正 午 までにこちらに 来 てください ) 정오까지 이리로 좀 오세요.( 正 午 までにこちらにちょっと 来 てくださ い ) 정오까지 이리로 좀 와 주세요.( 正 午 までにこちらにちょっとおいで ください )

4 190 金 世 晶 내일 꼭 가세요.( 明 日 必 ず 行 ってください ) (제발) 내일 꼭 좀 가세요.(どうか 明 日 ちょっと 行 ってください ) (제발) 내일 꼭 좀 가 보세요.(どうか 明 日 ちょっと 行 ってみてくださ い ) (2) 感 情 移 入 のための 表 現 女 性 は 自 分 のことについて 話 をする 場 合 自 分 の 経 験 世 界 を 相 手 のそれと 一 致 させるために 特 定 の 言 語 形 式 を 用 いて 談 話 の 効 率 性 を 高 め 親 和 力 を 強 めよ うとする 傾 向 がある 7 具 体 的 には 付 加 疑 問 文 の 使 用 他 人 に 対 する 家 族 的 呼 称 や 語 法 の 使 用 などがある 1 付 加 疑 問 文 너도 알지만 그 사람은 따지기를 좋아하지 않니?(あんたも 知 ってる と 思 うけど あの 人 いちいちうるさいと 思 わない?) 내가 어제 미리 갔지 않아요?( 私 が 昨 日 先 に 帰 ったんじゃないです か?) 2 家 族 的 呼 称 実 際 には 家 族 ではない 人 に 対 して 家 族 的 呼 称 を 用 いることによって 親 近 感 を 高 める 언니, 이 옷 참 잘 받는다.(お 姉 さん この 服 本 当 に 似 合 うわよ ) 洋 品 店 で 客 に 어머니, 본견으로 한번 해 입어 보세요.(お 母 さん 本 絹 で 一 回 作 って 着 てみてくださいよ ) 生 地 屋 で 客 に 3 家 族 的 語 法 の하우 体 하우 体 は 主 として 女 性 が 家 族 関 係 親 族 関 係 にある 者 に 対 して 親 近 感 を 表 すために 用 いる 語 法 である 엄마는 왜 김치까지 담가놓고 그러우?(お 母 さんはキムチまで 漬 けて おいてくれたの?) 娘 が 母 に 오빠, 일이란게 다 그런거 아니우?(お 兄 さん 世 の 中 ってみんなそん なもんじゃないの?) 妹 が 兄 に この 語 法 は 家 族 関 係 親 族 関 係 を 離 れて 他 人 に 対 して 親 しみを 込 め

5 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 191 るために 用 いられることもある 애기엄마, 어제 바뻤수?( 奥 さん 昨 日 忙 しかったの?) 近 所 の 奥 さん が 내일 좀 일찍 출근할 수 있수?( 明 日 ちょっと 早 めに 出 勤 できるかし ら?) 女 性 校 長 が 教 師 に 이쪽으로 쭉 가면 된다우.(こっちにまっすぐ 行 けばいいのよ ) 中 高 年 女 性 が 道 を 尋 ねる 青 年 に (3) 有 標 的 表 現 女 性 は 自 分 自 身 を 目 立 たせるために 特 定 の 表 現 形 式 を 好 んで 使 うことが ある 8 強 調 表 現 の 使 用 と 上 昇 調 抑 揚 の 使 用 に 分 けられる 1 強 調 表 現 の 使 用 9 女 性 は 程 度 副 詞 を 反 復 したり 強 調 度 の 高 い 副 詞 を 多 用 したり あるい は 誇 張 的 表 現 を 用 いることによって 自 分 の 感 覚 を 強 調 する 傾 向 がある 무지(무지) 재미있었어.(メッチャメチャ 楽 しかった ) 정말이지, 결혼 같은거 안 하고 좀 살 수 없나?( 本 当 に 結 婚 なんか しないで 生 きていけないかしら?) 어머나? 그런 얘기가 어디있어요?(あらまあ そんな 話 しがどこにある んですか?) また 平 叙 形 語 末 語 尾 -다 を 感 嘆 形 として 使 うのもこの 類 に 属 するも のと 考 えられる 너 몰라보게 예뻐졌다.(あなた 見 違 えるほどきれいになったね!) 아저씨께서 정말 너무 하셨다.(おじさんがひど 過 ぎるわ ) 聞 き 手 が 目 上 であるかどうかに 関 わりなく 本 来 ぞんざい 体 である 語 末 語 尾 -다 を 感 嘆 文 として 用 いるのは 女 性 語 の 特 性 である 親 和 力 と 密 接 な 関 係 があると 思 われる さらに 敬 意 を 表 す 必 要 のない 相 手 に 対 して 敬 語 の -시 を 使 うことに よって 非 難 や 不 平 を 表 現 するというのも 一 種 の 強 調 語 法 とみなすこと ができる

6 192 金 世 晶 오늘따라 이상하게 감정적이시네.( 今 日 に 限 って 変 に 感 情 的 でいらっ しゃるのね ) 妻 が 夫 に 흥, 굉장하시군, 잘해 보시라고.(フン! 大 したものだこと やってごら んなさいよ ) 姉 が 妹 に これは 敬 語 を 用 いることによって 親 和 力 を 弱 め その 結 果 非 難 や 不 平 を 表 すことになると 考 えられる 2 上 昇 調 抑 揚 の 使 用 10 女 性 の 発 話 では 疑 問 文 ばかりでなく 平 叙 文 でも あるいは 文 中 のでも 上 昇 調 の 抑 揚 がよく 使 われる 어서 오십시오. 고맙습니다. (いらっしゃいませ ありがとうござい ました ) 男 の 店 員 어서 오십시오. 고맙습니다. (いらっしゃいませ ありがとうござい ました ) 女 の 店 員 2.2 민현식(1995) 민현식(1995)は 韓 国 語 の 女 性 発 話 語 の 特 性 を 音 韻 的 特 性 文 法 的 特 性 語 彙 的 特 性 語 用 論 的 特 性 に 分 けて 記 述 している (1) 音 韻 的 特 性 11 女 性 の 発 話 では 平 叙 文 にも 上 昇 抑 揚 が 使 われる 上 昇 抑 揚 は 文 末 ばかりでな く 文 中 の 接 続 語 尾 の 位 置 にも 現 われる 例 えば 次 のようなテレビ 番 組 での 女 性 同 士 の 対 話 で 最 初 の 発 話 の 末 尾 は 付 加 疑 問 文 -잖아요( じゃないですか) であるので 当 然 上 昇 調 で 発 話 されているが 後 の 発 話 の 接 続 形 -구, -구 と 終 結 形 -죠 にも 上 昇 抑 揚 が 置 かれている 추석 차례상에는 과일이 필요하잖아요 (お 盆 のお 供 えには 果 物 が 必 要 じゃないですか?) 사과도 필요하구 배도 필요하구 또 밤도 준비해야죠.(リンゴも 要 るし 梨 も 要 るし また 栗 も 用 意 しなければなりませんね ) 女 性 は 平 叙 文 と 疑 問 文 を 形 式 的 に 区 別 しない해요 体 を 使 うことが 多 く そのど ちらも 上 昇 調 で 発 話 されるので 平 叙 文 か 疑 問 文 かの 区 別 は 全 く 文 脈 に 依 存 してなされる

7 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 193 男 性 の 発 話 にはこのような 上 昇 抑 揚 は 現 われない ただ 新 世 代 の 男 性 の 発 話 で 用 いられることがある 민현식はその 理 由 を 養 育 過 程 で 上 昇 抑 揚 を 用 いる 母 親 の 語 法 を 真 似 たためであったり あるいは 新 世 代 の 言 行 で 男 女 の 差 が 崩 れ る 男 女 平 等 文 化 の 趨 勢 のためであったり 男 性 が 女 性 の 愛 嬌 のある 恭 遜 抑 揚 を 対 話 戦 略 上 有 用 であるとして 採 択 したためである と 解 釈 している 12 女 性 の 上 昇 抑 揚 は 日 常 的 な 発 話 ばかりでなく テレビ 放 送 などでも 用 いら れる くだけた 取 材 番 組 の 女 性 記 者 は 大 抵 平 叙 文 に 上 昇 抑 揚 を 用 いている しかし 格 式 ばったニュース 報 道 では 男 性 記 者 と 同 様 断 言 的 な 下 降 抑 揚 を 使 っている (2) 文 法 的 特 性 韓 国 語 の 女 性 発 話 語 の 文 法 的 特 性 としては 疑 問 文 の 過 剰 使 用 해요 体 の 使 用 を 挙 げることができる 1 疑 問 文 の 過 剰 使 用 13 女 性 は 相 手 を 対 話 に 継 続 的 に 引 き 込 み 対 話 の 親 しみを 増 すために 反 応 誘 導 的 な 目 的 の 質 問 をよくする また 女 性 は 男 性 のように 断 言 できな いので 同 意 確 認 的 な 疑 問 文 を 用 いると 見 ることもできる 2 해요 体 の 使 用 14 女 性 特 有 の 終 結 語 法 として 해요 体 と하우 体 15 の 使 用 を 挙 げることがで きる 해요 体 は 今 日 男 性 の 発 話 にも 一 般 化 しているが これは 女 性 語 法 の 勢 力 拡 大 とみることができる 해요 体 の 表 現 の 一 種 である 回 想 形 の -더라구요(~してましたよ) や -거 같아요(~するみたいです) も 女 性 がよく 使 う 유행이 홍콩에서 일본으로 가더라구요.( 流 行 が 香 港 から 日 本 へ 入 って きてましたよ ) CF 찍게 해 주시더라구요.(CM の 撮 影 ができるようにしてくださいま した ) 엔고에도 불구하구 그러니까 으음 매출 실적이 좋았던 거 같아요.( 円 高 にも 関 わらず つまり えーっと 売 り 出 しの 実 績 がよ かったみたいです ) -더라구요 は 自 分 の 回 想 経 験 を 伝 える 語 法 であるが それによっ

8 194 金 世 晶 て 相 手 との 親 和 力 を 高 めるための 語 法 とも 見 ることができるし また 自 分 の 経 験 を 他 人 事 のように 伝 える 責 任 回 避 的 な 自 信 のない 曖 昧 語 法 (hedge)とも 感 じられる -거 같아요 も 同 様 で 自 分 の 考 えを 断 定 的 に 述 べることができない 自 信 のない 表 現 のように 感 じられる しかし -거 같아요 の 方 は 男 性 にも 一 般 化 しつつある 女 性 が 断 定 的 な 言 葉 づかいを 避 けることは 男 性 が 同 輩 同 士 でぞんざい な 言 葉 づかいをするとき 疑 問 形 として 냐 形 を 主 として 使 うのに 対 し て 女 性 は 権 威 的 な 感 じのない 니 形 を 使 うことにも 現 われている (3) 語 彙 的 特 性 女 性 語 の 特 徴 は 語 彙 にも 現 れる 特 定 の 副 詞 や 感 嘆 詞 (あるいは 感 嘆 詞 相 当 の 独 立 語 )をよく 使 い 反 面 悪 態 や 禁 忌 語 はあまり 使 用 しない 1 副 詞 感 嘆 詞 16 좀(ちょっと) 아마( 多 分 ) などの 副 詞 や 몰라( 知 らない) 글쎄(そう だね) などの 感 嘆 詞 ( 相 当 語 )は 女 性 特 有 の 曖 昧 語 法 として 感 じられ 一 方 너무너무(とっても) 무지무지(めちゃくちゃ) 굉장히(ものすごく) 막(ひ どく) などの 副 詞 や 어머(あら) 어째(どうしよう) などの 感 嘆 詞 は 誇 張 語 法 として 映 る このような 感 性 語 法 はともに 女 性 を 非 論 理 的 存 在 に 見 さ せる 根 拠 とされる 一 般 に 男 性 は 副 詞 の 너무(あまり) 무지(ものすご く) を 使 っても その 反 復 形 の 너무너무(とっても) 무지무지(めちゃく ちゃ) はあまり 使 わない 2 悪 態 禁 忌 語 女 性 は 男 性 がよく 用 いる 悪 態 や 禁 忌 語 をほとんど 用 いない これは 教 養 語 法 の 一 側 面 である 3 関 心 語 の 違 い 女 性 は 家 事 育 児 料 理 裁 縫 衣 服 などに 関 心 があり その 関 係 の 用 語 をよく 使 うが 男 性 はそれらを 知 らない 逆 に 女 性 は 男 性 が 関 心 を 持 つ 政 治 スポーツ 性 専 門 職 業 に 関 する 語 彙 は よく 分 からずあまり 使 わない 4 応 答 語 質 問 に 対 する 肯 定 の 答 えとして 女 性 は 네 男 性 は 예 をよく 使 う と 言 われるが 絶 対 的 な 差 ではない (4) 語 用 論 的 特 性 17

9 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 195 女 性 の 発 話 の 語 用 論 的 特 性 として 多 弁 性 協 同 的 対 話 あいづち 曖 昧 語 法 賛 辞 恭 遜 語 法 などの 項 目 に 分 けて 論 じている 1 多 弁 性 女 性 は 男 性 に 比 べて 多 弁 であると 言 われるが これは 女 性 に 対 する 偏 見 の 可 能 性 がある 男 女 が 交 じり 合 った 集 団 では むしろ 男 性 の 方 が 多 弁 で ある 2 協 同 的 対 話 男 性 は 相 手 の 話 しを 無 視 したり 異 を 唱 えたりする 傾 向 があるに 対 して 女 性 は 互 いに 意 見 を 認 め 合 う 傾 向 がある 話 題 も 男 性 はスポー ツ 性 政 治 などが 多 いが 女 性 は 育 児 病 気 家 事 買 い 物 などが 多 く それには 隣 近 所 の 間 柄 や 知 り 合 いの 間 での 協 同 的 知 識 が 要 求 される 3 あいづち 男 性 よりも 女 性 の 方 が 응(うん) 그래(そう) 맞아(そう) などのあい づちをよく 打 ち 聞 き 手 に 回 って 対 話 を 支 援 する 男 性 はあいづちを 打 つ ことが 少 なく 沈 黙 することによって 対 話 の 主 導 権 を 握 ろうとする 傾 向 が ある 4 曖 昧 語 法 女 性 は ~하더라구요(~してましたよ) -거 같아요( みたいです) -지 뭐( するわよ) のような 曖 昧 な 表 現 や -잖아요? ( じゃない?) 아시죠? (ご 存 知 でしょ?) のような 付 加 疑 問 文 あるいは 글쎄요(そ うですねえ) 몰라요( 知 りません) などのような 明 言 を 避 けるための 表 現 をよく 使 う 5 賛 辞 女 性 は 男 性 に 比 べて 相 手 をほめることが 多 い スリムに 見 えるね 若 く 見 えるね ヘアスタイルが 素 敵 だね その 服 よく 似 合 うじゃない など 容 貌 や 衣 服 装 身 具 などをほめることが 多 い 6 恭 遜 語 法 上 昇 抑 揚 の 平 叙 文 해요 体 同 意 確 認 のための 付 加 疑 問 曖 昧 語 法 あ いづちなどは 女 性 特 有 の 恭 遜 語 法 である この 他 に 直 接 的 な 命 令 より ~해 주시지 않겠어요? (~してくださいませんか?) のような 間 接 命 令 をよく 用 いることや ~해 주세요(~してください) のような 遜 った 請 誘 表 現 をよくつかうこともこの 類 である

10 196 金 世 晶 3. 問 題 点 と 今 後 の 課 題 上 に 紹 介 した2つの 研 究 は 韓 国 語 の 性 差 特 に 女 性 語 の 特 徴 全 般 に 関 して 豊 富 な 例 を 挙 げて 綿 密 に 論 じたものであり このテーマの 研 究 の 現 状 を 代 表 す るものであると 見 なすことができる この 他 にもいくつかの 先 行 研 究 があるが 規 模 と 分 析 の 精 度 においてこの 両 者 を 凌 ぐものではない 両 研 究 を 比 べ 合 わせてみると 女 性 語 的 特 徴 の 分 類 の 仕 方 や 具 体 例 について は 違 いがあるけれども 基 本 的 には 同 じような 言 語 現 象 を 取 り 上 げ 基 本 的 に 同 じ 観 点 から 解 釈 している 後 に 続 く 研 究 は 先 に 発 表 された 研 究 を 踏 まえてな されるものであるから ある 程 度 互 いに 似 通 ったものになるのは 当 然 であるか もしれない しかしながら 両 者 の 記 述 内 容 が 類 似 しているのは 一 方 が 他 方 を 参 考 にしたことから 生 じたものではなく 両 者 に そしてその 他 の 先 行 研 究 にも 共 通 する 研 究 を 出 発 点 としているためであると 考 えられる その 出 発 点 と なった 研 究 とは Robin Lakoff の Language and Woman s Place である 김선희(1991)も민현식(1995)も 個 々の 女 性 語 特 徴 の 分 析 に 関 して この 研 究 を 参 考 にしたことを 明 示 していないけれども 参 考 文 献 には 挙 げており 重 要 な 示 唆 を 得 ていることは 明 らかである 1970 年 代 に 入 って 米 国 を 中 心 に 女 性 解 放 運 動 が 台 頭 するに 伴 い その 運 動 の 一 環 として 男 女 差 別 的 社 会 構 造 と 女 性 語 の 相 関 性 をイデオロギー 的 次 元 から 研 究 しようとする 試 みが 活 発 になった その 過 程 で 出 版 されたのが Robin Lakoff の Language and Woman s Place (1975)である これは 女 性 語 研 究 の 教 科 書 的 位 置 を 占 めており 韓 国 における 女 性 語 研 究 でその 影 響 を 受 けていな いものはないと 言 っても 過 言 ではない 以 下 Lakoff が 提 示 している 女 性 語 の 特 徴 のうち 主 なものを 簡 単 にまとめ てみることにする 1 不 確 実 な 曖 昧 語 法 の 多 様 女 性 は I guess I think I wonder のような 不 確 実 な 曖 昧 語 法 や 自 信 のない 語 法 をよく 使 う これが 女 性 の 言 語 礼 節 の 規 範 となっ ており 女 性 は 自 己 防 衛 のためにこのような 語 法 を 使 用 する 2 女 性 特 有 の 感 嘆 詞 副 詞 形 容 詞 の 使 用 女 性 は 女 性 特 有 の 感 嘆 詞 (oh dear, oh fudge) 副 詞 (so much) 形 容 詞 (adorable, charming, lovely)などを 好 んで 使 用 する

11 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 疑 問 文 や 付 加 疑 問 文 の 多 用 女 性 は 疑 問 文 や 付 加 疑 問 文 をよく 使 う これは 相 手 の 同 意 を 求 め る 礼 節 話 法 であり 聞 き 手 依 存 的 な 不 確 実 な 語 法 であるとも 考 えられる また これは 男 性 中 心 の 社 会 で 女 性 が 責 任 を 回 避 し 生 存 するための 自 己 防 衛 の 結 果 と 見 ることもできる 4 婉 曲 表 現 や 遜 り 表 現 の 使 用 女 性 は 男 性 に 比 べて 間 接 的 な 婉 曲 表 現 や 遜 り 表 現 をよく 駆 使 する 例 えば ドアを 閉 めることを 相 手 に 要 請 するための 次 のような 一 連 の 表 現 において 1) Close the door. 2) Please close the door. 3) Will you close the door? 4) Will you please close the door? 5) Won t you close the door? 1)から5)に 向 かうほど 間 接 的 で 遜 った 女 性 的 と 感 じられる 表 現 で ある 5 女 性 関 連 語 には 卑 下 的 価 値 を 伴 うものが 多 い 例 えば 次 のような 男 性 指 示 語 と 女 性 指 示 語 の 対 において 女 性 指 示 語 には 軽 蔑 的 な 価 値 を 伴 う 派 生 的 意 味 がある master( 大 家 ) mistress( 妾 情 婦 ) dog( 雄 犬 ) bitch( 雌 犬 淫 乱 な 女 性 ) fox( 狐 ) vixen( 雌 狐 意 地 悪 な 女 ) bachelor( 未 婚 男 性 ) spinster( 未 婚 女 性 神 経 質 な 女 性 ) また 次 の professional のように 女 性 について 用 いられると 軽 蔑 的 意 味 を 生 じる 場 合 がある He is a professional.( 彼 は 専 門 家 だ ) She is a professional.( 彼 女 は 娼 婦 だ ) 6 女 性 語 は 男 性 語 を 基 準 にして 作 られるものが 多 い doctor( 医 者 ) woman doctor( 女 医 ) salesman( 男 性 販 売 員 ) saleswoman( 女 性 販 売 員 ) Lakoff は このような 言 語 事 実 の 考 察 を 通 じて 男 性 と 女 性 の 社 会 的 不 均 衡

12 198 金 世 晶 と 不 平 等 を 自 覚 しこれを 改 善 するためには 言 語 学 的 観 点 からの 性 差 の 研 究 が 非 常 に 有 意 義 であることを 強 調 した 彼 女 はまた 社 会 における 女 性 の 地 位 向 上 なしに ただ 言 語 的 変 化 だけを 追 及 することではどんな 解 決 もありえないと も 述 べている 18 一 見 して 明 らかなように Lakoff の 分 析 は 韓 国 における 女 性 語 研 究 の 土 台 と なっている 特 に 1から4までの 特 徴 は 韓 国 語 の 女 性 語 特 徴 の 分 析 で 重 要 な 役 割 を 果 たしている 分 析 対 象 とする 言 語 は 英 語 と 韓 国 語 で 異 なるけれども 女 性 語 的 特 徴 を 分 析 し 記 述 する 視 点 はほとんど 一 致 している 韓 国 の 女 性 語 研 究 が Lakoff の 研 究 を 出 発 点 としていることは それ 自 体 何 の 問 題 もない むしろ 当 然 の 成 り 行 きであったと 考 えられる Lakoff が 分 析 の 対 象 とした 英 語 は たまたま 韓 国 語 と 同 様 に 性 差 のあまり 大 きくない 言 語 で あった したがって 彼 女 の 分 析 が 韓 国 語 に 関 する 性 差 研 究 の 大 きなヒントに なったのは 当 然 のことである それは もちろん Lakoff の 分 析 論 証 の 確 か さも 大 いに 係 わっていたと 思 われる 韓 国 における 研 究 のほとんどすべてがこ れを 前 提 としており Lakoff の 女 性 語 に 関 する 概 念 と 枠 組 みを 韓 国 語 に 当 ては めるという 形 で 進 められてきたといっても 過 言 ではない その 結 果 韓 国 語 に おける 女 性 語 的 (あるいは 男 性 語 的 ) 特 徴 が 次 第 に 明 確 な 形 で 述 べられるように なってきた このような 過 程 は 韓 国 語 の 性 差 研 究 を 軌 道 にのせる 上 で 重 要 な ステップであったと 言 うことができる しかしながら いくら Lakoff の 分 析 が 有 効 なものであったとしても それを そのまま 韓 国 語 の 女 性 語 的 特 徴 の 分 析 に 応 用 しただけでは この 分 野 の 研 究 の 発 展 にはつながらないと 思 われる 歴 史 が 浅 いとは 言 っても 現 代 韓 国 語 の 性 差 研 究 は 20 年 にわたって 行 われてきた その 間 に 韓 国 語 の 女 性 語 あるいは 男 性 語 の 特 徴 と 考 えられるものがすべて 出 尽 くしたとは 言 えないけれども 主 な 特 徴 は 大 体 指 摘 されていると 考 えられる この 時 点 で これまでの 研 究 成 果 を 別 な 観 点 から 検 討 しなおしてみるべきではないかと 思 われる その 観 点 の 一 つは Lakoff の 女 性 語 の 社 会 学 的 な 意 味 解 釈 の 再 検 討 である 女 性 の 社 会 的 な 地 位 については 文 化 の 違 いを 超 えた 共 通 性 があると 考 えられるが 歴 史 も 社 会 構 造 も 異 なる 韓 国 と 英 国 や 米 国 とでは 女 性 の 社 会 的 位 置 づけや 女 性 が 持 つ 価 値 観 などには 大 きな 違 いがあるはずである そのような 違 いを 無 視 して Lakoff の 女 性 語 に 関 する 概 念 や 枠 組 みがそのまま 当 てはまるかどうか 批 判 的 な 視 点 から 検 討 しなおす 必 要 があるのではないかと 考 えられる

13 韓 国 における 言 語 的 性 差 研 究 の 現 状 と 問 題 点 199 もう 一 つの 観 点 は これまで 韓 国 の 女 性 語 あるいは 男 性 語 の 特 徴 とされてき た 言 語 現 象 が はたしてそう 断 定 できるかどうかを 現 実 の 言 語 活 動 の 綿 密 な 観 察 を 通 じて やはり 批 判 的 に 検 討 してみることである 韓 国 語 における 言 語 的 性 差 の 特 徴 を 明 らかにしてきた 先 行 研 究 が 今 後 の 研 究 の 土 台 となることは 確 かである しかし それによって 得 られた 知 見 の 妥 当 性 を 高 めるためには 実 証 的 な 検 証 が 不 可 欠 である つまり 今 後 の 研 究 は 実 際 の 発 話 資 料 の 収 集 とその 分 析 を 出 発 点 にしなければならないと 思 われる 分 析 資 料 はもちろん 現 実 の 発 話 であることが 望 ましいが 現 実 の 発 話 の 場 合 有 意 味 な 分 析 に 必 要 な 大 量 の 記 録 をとることが 難 しいなどの 難 点 がある そのため 現 代 の 言 語 生 活 の 語 法 を 比 較 的 忠 実 に 反 映 していると 考 えられるテレビドラマや 対 談 番 組 あ るいはトークショーなどの 現 実 の 発 話 に 近 い 放 送 記 録 を 資 料 とすることが 有 効 ではないかと 考 えられる また 特 定 の 発 話 者 毎 に 言 語 の 使 用 状 況 を 調 査 す るのではなく 多 数 の 発 話 者 を 対 象 にして 調 査 を 行 い 個 人 差 に 左 右 されない 一 般 的 な 言 語 使 用 の 実 態 を 調 査 する 必 要 があると 思 われる 注 1 韓 国 語 の 絶 対 女 性 語 は 親 族 名 称 の 中 にその 例 を 見 つけることができる 例 えば 年 上 の 兄 弟 を 指 す 場 合 の 表 現 は 年 下 の 発 話 者 が 男 性 であるか 女 性 であるかによ って 異 なる つまり 弟 は 姉 のことを누나 /nuna/ 兄 のことを형 /hyeong/と 呼 び 妹 は 姉 のことを언니 /eonni/ 兄 のことを오빠 /oppa/と 呼 ぶ しかし この ような 一 部 の 親 族 名 称 の 場 合 を 除 けば 韓 国 語 には 絶 対 的 女 性 語 / 男 性 語 と 呼 べる ものはない このような 親 族 名 称 の 性 差 は 女 性 発 話 語 / 男 性 発 話 語 の 対 立 である 女 性 対 象 語 / 男 性 対 象 語 にまで 範 囲 を 広 げれば 絶 対 的 性 差 の 例 は 数 多 く 存 在 する 어머니( 母 ) 할머니( 祖 母 ) 아내( 妻 ) 신부( 新 婦 ) 공주( 王 女 ) など 女 性 のみを 指 す 語 は 絶 対 的 女 性 対 象 語 であり 아버지( 父 ) 할아버지( 祖 父 ) 남편 ( 夫 ) 신랑( 新 郎 ) 왕자( 王 子 ) など 男 性 のみを 指 す 語 は 絶 対 的 男 性 対 象 語 と いうことになる しかし このような 例 は 女 性 問 題 との 関 係 では 取 り 上 げられ ることがあるけれども 単 純 に 言 語 学 的 に 性 差 を 論 じる 際 には 大 して 興 味 のある ことではない 2 김선희(1991), p 김선희(1991), p 김선희(1991), p 김선희(1991), pp 김선희(1991), pp 김선희(1991), pp

14 200 金 世 晶 8 김선희(1991), p 김선희(1991), pp 김선희(1991), pp 민현식(1995), pp 민현식(1995), pp 민현식(1995), pp 민현식(1995), pp 하우 体 については김선희(1991), pp を 参 照 16 민현식(1995), p 민현식(1995), pp Lakoff(1975), pp 参 考 文 献 Robin Lakoff(1975) Language and Woman s Place, Cambridge Univ. Press 井 出 祥 子 (1979) 女 のことば 男 のことば 日 本 経 済 通 信 社 井 出 祥 子 川 成 美 香 (1984) 日 本 の 女 性 語 世 界 の 女 性 語 言 語 生 活 387 巻 頁 小 沢 遼 子 (1980) 女 たちとことばの 現 状 月 刊 ことば 4 巻 4 号 頁 강정희(1989) 女 性 語 의 한 類 型 에 관한 調 査 研 究 国 語 学 新 研 究 pp 김선희(1991) 여성어에 관한 고찰 牧 園 大 学 論 文 集 第 9 輯 pp 민현식(1995) 국어의 여성어 연구 亜 細 亜 女 性 研 究 34 pp.7-64 (1996) 국어의 性 別 語 (genderlect)연구사 사회언어학 第 4 巻 2 号 pp.3-29 (1997) 국어 남녀 언어의 사회언어학적 특성 연구 사회언어학 第 5 巻 2 号 pp 오주영(1983) 男 性 語 와 女 性 語 의 差 異 釜 山 産 業 大 学 論 文 集 第 4 集 pp 이을환(1999) 한국의 여성 언어 淑 明 女 子 大 学 校 出 版 部 이창숙(1995) 国 語 의 女 性 語 研 究 江 南 語 文 pp

5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5

5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5 5 1 2008 4 2 2009 4 2010 3 5 2 3 2 2010 4 1 2009 1 10 200 46 2009 4 3 5 2009 3 2006 2 4 5 2009 11 2010 4 30 2009 6 2010 4 2010 2015 2015 2010 3 3 3 10 2010 8 2009 1 1 2009 12 22 2 2009 3 2009 2 4 2009

More information

:. 蔿 蔿 蔿 蔿, 蔿

:. 蔿 蔿 蔿 蔿, 蔿 Title 旺 山 許 蔿 [ウィ](ワンサン ホウィ)の 逮 捕 後 の 動 向 考 察 ( fulltext ) Author(s) 李, 修 京 Citation 東 京 学 芸 大 学 紀 要. 人 文 社 会 科 学 系. I, 63: 119-135 Issue Date 2012-01-31 URL http://hdl.handle.net/2309/125470 Publisher

More information

US5_01hyomokA0619.indd

US5_01hyomokA0619.indd 日 本 学 術 振 興 会 アジア 研 究 教 育 拠 点 事 業 東 アジア 海 文 明 の 歴 史 と 環 境 ニューズレター 海 雀 Umi-Suzume 第 5 号 2008. 6. 25 四 川 大 地 震 の 波 紋 ~ 四 川 文 明 東 アジア 海 文 明 との 関 連 鶴 間 和 幸 (2) 国 際 シンポジウム 東 アジア 海 文 明 の 広 がりと 変 容 渤 海 黄 海 の

More information

金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に リ ズ ム と 抒 情 の 詩 学 一 橋 大 学 大 学 院 言 語 社 会 研 究 科 LD26 呉 世 宗

金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に リ ズ ム と 抒 情 の 詩 学 一 橋 大 学 大 学 院 言 語 社 会 研 究 科 LD26 呉 世 宗 Title リズムと 抒 情 の 詩 学 : 金 時 鐘 長 篇 詩 集 新 潟 の 詩 的 言 語 を 中 心 に Author(s) 呉, 世 宗 Citation Issue 29-9-3 Date Type Thesis or Dissertation Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/186/17686 Right Hitotsubashi

More information

Hello

Hello 3강. 명동에 가려면 몇 호선을 타야 해요? ( 明 洞 に 行 くには 何 号 線 に 乗 らなければいけませんか ) 학습목표: 대중교통 이용하기 学 習 目 標 : 公 共 交 通 を 利 用 する こんにちは 今 日 は 公 共 交 通 の 利 用 について 勉 強 しましょう 皆 さんは 韓 国 でどのような 交 通 機 関 を 一 番 多 く 使 いますか 韓 国 の 交 通 機

More information

1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476 1988 2013 146

1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476 1988 2013 146 6 1.はじめに 15 1 2 1 1915 7 2 1995 258 김민철 식민지조선의 경찰과 주민 일제 식민지지배의 구조와 성격2005 6 145 1861 1883 1912 9 30 3 1914 4 2 1916 4 19 1919 4 6 6 4 5 1909 1923 14 3 1915 103-105 1910 1906-1918 1979 4 1941 120 5 476

More information

2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7% 107,

2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7% 107, 5 2011.3 李 善 姫 Ⅰ. はじめに 1 2000 2000 2006 NGO 2007 1 006 2007 6 Ⅱ. 韓 国 に 吹 く 多 文 化 ブームの 現 状 1. 韓 国 社 会 における 外 国 人 数 の 増 加 2000 2008 21 90 4 OECD 5.9% 2 2009 1,168,477 3 49,593,665 2.2% 83.6% 73,725 6.7%

More information

神 戸 法 学 雑 誌 64 巻 3 4 号 はじめに

神 戸 法 学 雑 誌 64 巻 3 4 号 はじめに Title Author(s) Citation Kobe University Repository : Kernel 日 韓 会 談 中 断 期 対 韓 請 求 権 主 張 撤 回 をめぐる 日 本 政 府 の 政 策 決 定 過 程 : 初 期 対 韓 政 策 の 変 容 と 連 続 1953-57 年 (Policy making process of the Japanese government

More information

2

2 1 2 3 GHQ Liberated peoples GHQ GHQ GHQ GHQ 4 GHQ GHQ W.J.Sebald GHQ W.H.Sullivan GHQ GHQ GHQ 5 SCAP 6 GHQ GHQ SCAP SCAP GHQ J.Bassin a b c 7 a b c d e b 8 b b GHQ 9 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

More information

2-1_鄭.indd

2-1_鄭.indd 조선통신사의문학 戶 諉 김양수 조선후기 외교의 주인공들 에 나타난 의 활동과 새로 발견된 일본사행록들 김양수 조선후기 우봉김씨의 발전 조선후기 외교의 주인공들 賫 槩 戶 槩 남옥 지음 김보경 옮김 붓끝으로 부사산 바람을 가르다 소명출판사 潝 辝 潝 이상태 백두산정계비 설치와 김지남의 역할 조선후기 외교의 주인공들 潝 潝 양흥숙 세기 전반 의 파견과

More information

<955C8E862E6169>

<955C8E862E6169> 外 国 人 免 费 法 律 咨 询 0 Nov.18 (Wed.), 20 13:00-16:00 YOKE (YOKOHAMA ASSOCIATION FOR NTERNATIONAL COMMUNICATIONS AND EXCHANGES) Yokohama International Organizations Center 5F, 1-1-1 Minatomirai, Nishi-ku,Yokohama

More information

永長大田楽における貴族と民衆

永長大田楽における貴族と民衆 No.27 2003 7 에이쵸원년에교토의상하사람들을많이휩쓸려들게한유명한대전악소동은중앙정권과민중 농민들을자극했고중세기사회에큰영향을끼친것은더말할것도없다 당시참가자들의모습은 낙양전악기 중우기 등에서엿볼수있으며피리를불고북을두드리며세차게또한미칠듯춤추던상황을그려볼수있다 그렇다면왜다른예능도아니고오직전악이란형태로서만표현할수밖에없었은가? 본논문에서는 10 세기의왕권력에전악이이용된이유로서전악춤에는주술적인기능이잠재여있고또민중들이전악열풍을일으킨것도전악에는악령을몰아내고악귀제거의기능이작용하고있다고예측되며그것을가지고여러가지의사회불안을해소하려고한의도를파악할수있다

More information

-March

-March ,... ~. -March ,.,. -March. %,. %,. %,. %. %,,,,,,,, A,,,,,,,, %........ B,,,,,,,, B/A %........ % A B A B,,,,,,.,,,,,,.,,,,.,,,.,,.,....,,,,.. % -March ... %. %. %. %. % -March A B B/A % C C/B %,,,,,,.,.,,,,,,..,,,,,,.,.,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,..,,,,,,..,,,..,,,..,,,..,,,,,,..,,,..,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,,,,..,,,..,,,..

More information

日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 博 士 論 文 2014 年 9 月

日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 博 士 論 文 2014 年 9 月 博 士 論 文 日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際 協 力 研 究 科 2014 年 9 月 日 本 語 と 韓 国 語 における 新 語 の 対 照 研 究 : 種 語 における 来 要 素 を 中 心 に D106625 李 賢 正 広 島 大 学 大 学 院 国 際

More information

う 場 面 的 な 制 限 を 付 け 加 える 必 要 があるという 以 上 のような 論 議 を 踏 まえ 本 発 表 では 挨 拶 を 拙 稿 (2014)と 同 様 他 人 と 出 会 ったり 別 れたりする 時 円 満 な 人 間 関 係 を 形 成 維 持 強 化 するために 交 わす

う 場 面 的 な 制 限 を 付 け 加 える 必 要 があるという 以 上 のような 論 議 を 踏 まえ 本 発 表 では 挨 拶 を 拙 稿 (2014)と 同 様 他 人 と 出 会 ったり 別 れたりする 時 円 満 な 人 間 関 係 を 形 成 維 持 強 化 するために 交 わす ポライトネス 理 論 からみた 日 韓 挨 拶 表 現 の 対 照 出 会 いの 場 面 を 中 心 に 1. はじめにあ 岡 村 佳 奈 ( 東 京 大 学 総 合 文 化 研 究 科 博 士 課 程 ) 一 般 に 外 国 語 第 二 言 語 の 学 習 は おはようございます こんにちは さようなら のような 挨 拶 から 始 まる これは 挨 拶 が 他 人 と 出 会 ったり 別 れたりする

More information

Far Eastern Plaza Hotel (The Mall) When you are dropped off at Far Eastern Plaza Hotel, you will be on Sec. 2, Dūnhuà South Road After passing a parki

Far Eastern Plaza Hotel (The Mall) When you are dropped off at Far Eastern Plaza Hotel, you will be on Sec. 2, Dūnhuà South Road After passing a parki WALKING DIRECTIONS FROM AIRPORT BUS (1960) STOP If you plan to come to hostel by bus, please take Airport Bus no. 1960 (NT$145 per person) to Far Eastern Plaza Hotel. Our hostel is about 10 minutes walking

More information

00_20本文.indd

00_20本文.indd 140 第 二 部 韓 国 と 日 本 の 若 手 研 究 者 による 報 告 慢 性 疼 痛 と 障 害 認 定 をめぐる 課 題 障 害 者 総 合 支 援 法 のこれからに 向 けて 大 野 真 由 子 ( 日 本 学 術 振 興 会 特 別 研 究 員 PD / 立 命 館 大 学 ) 1 背 景 と 目 的 日 本 では 2012 年 6 月 に 障 害 者 総 合 支 援 法 ( 障 害

More information

一 橋 日 本 語 教 育 研 究 2013 年 pp.83 94 2 号 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 された 新 聞 を 中 心 に 要 旨 金 芝 媛 本 稿 は 日 本 語 複 合 動 詞 が 名 詞 化 して 韓 国 に 伝

一 橋 日 本 語 教 育 研 究 2013 年 pp.83 94 2 号 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 された 新 聞 を 中 心 に 要 旨 金 芝 媛 本 稿 は 日 本 語 複 合 動 詞 が 名 詞 化 して 韓 国 に 伝 日 本 語 複 合 動 詞 の 韓 国 語 化 20 世 紀 前 後 に 韓 国 で 発 行 さ Title れた 新 聞 を 中 心 に Author(s) 金, 芝 媛 Citation 一 橋 日 本 語 教 育 研 究 (2): 83-94 Issue 2014-02-14 Date Type Journal Article Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/10086/27977

More information

ポイント 2 助 詞 ~は ~ 은 / 는 パッチム のある 名 詞 + 은 パッチム のない 名 詞 + 는 私 : 저 私 は 名 前 : 이름 名 前 は 저 는 이름 精 [ 言 ってみよう] ~은/는 をつけて 言 ってみよう 우리들( 私 たち) 어머니( 母 ) 동생( 妹 弟 ) 친

ポイント 2 助 詞 ~は ~ 은 / 는 パッチム のある 名 詞 + 은 パッチム のない 名 詞 + 는 私 : 저 私 は 名 前 : 이름 名 前 は 저 는 이름 精 [ 言 ってみよう] ~은/는 をつけて 言 ってみよう 우리들( 私 たち) 어머니( 母 ) 동생( 妹 弟 ) 친 18. 指 定 詞 1 私 は 高 校 生 です 저는 고등학생입니다. ( 私 は 高 校 生 です ) 여기는 오사카입니다. (ここは 大 阪 です ) 저 私 고등학생 高 校 生 여기 ここ 오사카 大 阪 ~는 ~は ~입니다 ~です ポイント 1 ~です ~입니다 名 詞 + 입니다 [ 言 ってみよう] ~입니다 をつけて 言 ってみよう 일본 사람 한국/조선 사람 회사원 음악가

More information

Kachi no koe 14i

Kachi no koe 14i 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 14 号 2006.11 翻 訳 を 語 る(14) P.2 角 田 光 代 小 説 と 映 画 P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (6) 日 本 人 の 目 (14) P.7 韓 国 では 公 園 でも 出 前 が!! 韓 国 人 の 目 (14) P.8 お 一 人 様 ブーム! でも 一 人 で 出 前 は

More information

文献史料からみた豊臣前期大坂城の武家屋敷・武家地

文献史料からみた豊臣前期大坂城の武家屋敷・武家地 1 澤 歴 博 館 紀 13 号 1-18ページ 015 旨 頃 具 特 象 流 散 進 展 容 易 問 題 1 発 掘 調 査 づ 個 別 位 全 像 全 通 得 象 没 幅 改 編 判 全 ほ 3 ご 区 提 4 澤 : 頃 : 頃 : 頃 惣 堀 惣 ン 堀 曲 輪 空 誕 結 識 馬 曲 輪 エ ア 概 観 特 徴 課 題 整 理 廣 解 積 極 取 組 環 具 主 類 索 表 1 結 玉

More information

目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権

目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権 韓 国 の 親 権 監 護 権 山 梨 学 院 大 学 法 務 研 究 科 金 亮 完 目 次 1 はじめに 3 2 韓 国 の 親 権 養 育 権 制 度 の 概 要 (1) 親 権 養 育 権 に 係 る 法 令 4 (2) 親 権 に 服 する 子 4 (3) 親 権 の 帰 属 4 (4) 離 婚 後 における 親 権 者 養 育 権 者 の 分 離 分 属 6 (5) 親 権 行 使 親

More information

12주차 초급1 교안

12주차 초급1 교안 12주차 초급1 교안 なん 10과 何 にん かぞく 人 家 族 ですか 몇 식구입니까? 학습목표 -가족의 호칭과 조수사에 대하여 학습한다. 필수문장 읽히기 なんにんかぞく 何 人 家 族 ですか 몇 식구입니까? はは あね わたし にん かぞく 父 ちちと 母 と 姉 と 私 の 4 人 家 族 です 아버지, 어머니, 누나, 저 네 식구입니다. KEY 家 族 (かぞく)가족

More information

Microsoft Word - オンライン・フォーラム2016-3-2.docx

Microsoft Word - オンライン・フォーラム2016-3-2.docx 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 オンライン フォーラム シリーズ 国 際 シンポジウム 格 差 の 拡 大 固 定 化 と 貧 困 生 活 困 窮 者 法 制 の 課 題 - 東 アジア 諸 国 との 比 較 を 踏 まえて- 日 時 :2015 年 7 月 4 日 ( 土 ) 主 催 : 早 稲 田 大 学 比 較 法 研 究 所 後 援 : 公 益 財 団 法 人 社 会 科 学 国

More information

<97B489A48B7B82CC8B4C89AF2883758362834E292E696E6462>

<97B489A48B7B82CC8B4C89AF2883758362834E292E696E6462> GCOE レポートシリーズ 18 号 の 刊 行 にあたって 水 都 大 阪 の 記 憶 を 掘 り 起 こすさまざまな 試 みが 行 われている 市 内 に 網 の 目 状 にはりめ ぐらされていた 河 港 都 市 の 生 命 である 運 河 の 埋 め 立 てと 港 湾 部 の 防 潮 堤 整 備 により 実 感 をながらく 有 せなかった 水 都 の 記 憶 の 再 生 を 大 阪 市 と 大

More information

Kachi no Koe

Kachi no Koe 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 9 号 2005.3 翻 訳 を 語 る (9) 梁 石 日 日 本 人 の 目 (9) 広 くて 短 い 韓 国 狭 くて 長 い 日 本 日 本 語 上 達 のために(7) 八 方 美 人 データから 見 える 日 本 の 横 顔 (9) メールのあいさつ 日 本 語 名 文 鑑 賞 (7) 竹 P.2 P.7 P.9

More information

(Microsoft Word - \203\215\201[\203J\203\211\203C\203Y\203T\201[\203r\203Xv.4.doc)

(Microsoft Word - \203\215\201[\203J\203\211\203C\203Y\203T\201[\203r\203Xv.4.doc) ローカライズサービス 事 業 案 内 株 式 会 社 アレックスソリューションズ 1/4 Copyright(c), Alexsolutions, Inc. 2007 事 業 案 内 Solution Guidance ローカライズとは ある 国 で 作 られた 製 品 を 別 の 国 地 域 で 販 売 する 際 その 国 の 言 語 法 令 慣 習 に 合 うように 製 品 を 修 正 改 訂

More information

Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる20

Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる20 Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 Ⅲ. 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 1. 日 韓 の 女 性 作 家 による 朗 読 と 鼎 談 ことばの 調 べにのせて 基 金 創 立 30 周 年 記 念 事 業 として また 日 韓 文 化 交 流 会 議 を 支 援 する 形 で 基 金 創 立 30 周 年 にあたる2013 年 12 月 15 日 に 県 立 神 奈

More information

2 교육원 활동 아름다운 동행 제24호 修 交 50 周 年 記 念 横 浜 日 韓 友 好 レセプション 汐 見 台 中 学 校 韓 国 文 化 体 験 教 室 運 營 10월1일(목) 요코하마 한일 우호의 밤 행사(주중철 10월21일(수) 시오미다이 중학교에서 한국문화체험출장 주

2 교육원 활동 아름다운 동행 제24호 修 交 50 周 年 記 念 横 浜 日 韓 友 好 レセプション 汐 見 台 中 学 校 韓 国 文 化 体 験 教 室 運 營 10월1일(목) 요코하마 한일 우호의 밤 행사(주중철 10월21일(수) 시오미다이 중학교에서 한국문화체험출장 주 제24호(2015년 겨울) 2015 年 12 月 23 日 發 行 아름다운 동행 神 奈 川 韓 国 綜 合 教 育 院 新 聞 創 刊 2010 年 5 月 10 日 発 行 神 奈 川 韓 国 綜 合 教 育 院 住 所 235-0016 神 奈 川 県 横 浜 市 磯 子 区 磯 子 3-10-28 Tel 045-753-2021 [ 発 行 人 編 輯 人 院 長 權 奇 元 / 主

More information

東 亞 文 化 交 流 : 空 間 疆 界 遷 移 國 際 學 術 研 討 會 素 包 括 有, 由 於 工 業 各 國 的 海 外 投 資 與 國 際 轉 包 制 的 增 加, 以 及 主 要 各 大 都 市 為 了 因 應 世 界 性 的 經 濟 體 制 的 統 馭 和 管 理, 而 朝 向 中

東 亞 文 化 交 流 : 空 間 疆 界 遷 移 國 際 學 術 研 討 會 素 包 括 有, 由 於 工 業 各 國 的 海 外 投 資 與 國 際 轉 包 制 的 增 加, 以 及 主 要 各 大 都 市 為 了 因 應 世 界 性 的 經 濟 體 制 的 統 馭 和 管 理, 而 朝 向 中 東 亞 國 家 社 會 多 元 化 構 造 佐 々 木 衞 (Sasaki Mamoru) 神 戸 大 学 文 学 部 教 授 海 港 都 市 研 究 センター 主 任 1 問 題 提 出 在 北 東 亞 ( 注 1) 裡, 日 本 中 國 韓 國 的 文 化 彼 此 跨 越 了 國 界 深 入 滲 透 到 人 們 的 生 活 當 中 以 電 影 和 音 樂 為 開 端, 媒 體 食 物 服 裝 等

More information

M A 문화권에 분포하는 오래된 공통언어현상이, 이들 세 언어에 공통하는 기초언어였던 가능성을 여기서 지적할 수 있다. 朝 鮮 語 ( 韓 国 語 )には 非 アルタイ 語 の 基 層 言 語 があるという 説 がある( 金 芳 漢 1983 ソウル 1985 東 京 ) 原 始 韓

M A 문화권에 분포하는 오래된 공통언어현상이, 이들 세 언어에 공통하는 기초언어였던 가능성을 여기서 지적할 수 있다. 朝 鮮 語 ( 韓 国 語 )には 非 アルタイ 語 の 基 層 言 語 があるという 説 がある( 金 芳 漢 1983 ソウル 1985 東 京 ) 原 始 韓 東 北 アジア 文 化 学 会 第 10 回 国 際 学 術 大 会 基 調 講 演 Ⅰ モンスーン アジア 文 化 圏 の 中 の 東 北 アジアの 位 置 몬순 아시아 문화권에서의 동북아시아의 위치 2005.6.11.sat.10:00-19:00, 於 学 習 院 大 学 西 2 号 館 安 部 清 哉 ABE Seiya ( 学 習 院 大 学 文 学 部 ) HP-http://page.freett.com/abeseiya/

More information

000outline表紙-3 [更新済み].ai

000outline表紙-3 [更新済み].ai 目 次 会 長 挨 拶 新 堂 幸 司 (SHINDO Koji) 弁 護 士 ( 日 韓 弁 護 士 協 議 会 会 長 ) 4 會 長 挨 拶 黄 桂 龍 (HWANG Kye-Ryong) 辯 護 士 ( 韓 日 辯 護 士 協 議 會 會 長 ) 6 祝 辞 本 林 徹 (MOTOBAYASHI Tohru) 弁 護 士 ( 日 本 弁 護 士 連 合 会 会 長 ) 8 祝 辭 朴 在 承

More information

2014 年 2 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 727 号 < 書 評 翻 訳 広 告 > 東 京 教 会 副 牧 師 及 び 教 育 伝 道 師 の 招 聘 日 本 人 が 見 た 驚 くべきキリストの 国 韓 国 2012 年 日 本 基 督 教 団 の 牧

2014 年 2 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 727 号 < 書 評 翻 訳 広 告 > 東 京 教 会 副 牧 師 及 び 教 育 伝 道 師 の 招 聘 日 本 人 が 見 た 驚 くべきキリストの 国 韓 国 2012 年 日 本 基 督 教 団 の 牧 1963 年 9 月 20 日 第 3 種 郵 便 物 許 可 ( 毎 月 一 日 発 行 ) 在 日 大 韓 基 督 教 会 宣 教 100 110 周 年 標 語 감사의 백년, 소망의 백년 感 謝 の 百 年 希 望 の 百 年 ( 데살로니가전서 5:18) 2014 年 2 月 1 日 ( 土 ) 第 727 号 発 行 所 福 音 新 聞 社 (1 部 100 円 ) 169-0051

More information

untitled

untitled 愛 知 淑 徳 大 学 論 集 - 交 流 文 化 学 部 篇 - 第 2 号 2012.3 55-75 比 較 の 程 度 を 表 す 韓 国 語 の 強 意 語 の 一 考 察 - 機 能 語 化 された 語 の 共 起 関 係 を 中 心 に- A Study of Korean Emphatic Expressions Indicating "Comparative Level" : Focusing

More information

Kachi no Koe No,10

Kachi no Koe No,10 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 10 号 2005.8 目 次 翻 訳 を 語 る (10) 重 松 清 カチの 声 第 10 号 記 念 日 本 人 の 目 韓 国 人 の 目 (10) 特 集 座 談 会 特 派 員 の 目 から 見 た 日 本 と 韓 国 P.2 P.7 ~ P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (2) 日 韓 友 情 のゆくえ~

More information

表1

表1 目 次 ごあいさつ / 인사말 1 プロジェクトの 概 要 / 프로젝트 개요 3 < 私 のナラティブ: 自 分 と 新 宿 区 との 関 わり> 5 新 大 久 保 の 原 風 景 母 のライフヒストリーに 寄 り 添 って 川 村 千 鶴 子 11 신오오쿠보의 마음속 깊은 풍경 -어머니의 라이프 스토리의 곁에 다가서서- 카와무라 치즈코

More information

8.この 取 決 めは 国 際 法 及 び 各 参 加 者 に 適 用 される 国 内 法 令 の 下 で 法 的 な 拘 束 力 を 与 え ることを 意 図 するものではない 参 加 者 は 既 存 の 国 際 約 束 に 基 づくそれぞれの 権 利 及 び 義 務 に 影 響 を 与 えること

8.この 取 決 めは 国 際 法 及 び 各 参 加 者 に 適 用 される 国 内 法 令 の 下 で 法 的 な 拘 束 力 を 与 え ることを 意 図 するものではない 参 加 者 は 既 存 の 国 際 約 束 に 基 づくそれぞれの 権 利 及 び 義 務 に 影 響 を 与 えること 北 朝 鮮 による 核 及 びミサイルの 脅 威 に 関 する 日 本 国 防 衛 省 大 韓 民 国 国 防 部 及 びアメリカ 合 衆 国 国 防 省 の 間 の 三 者 間 情 報 共 有 取 決 め 日 本 国 防 衛 省 大 韓 民 国 国 防 部 及 びアメリカ 合 衆 国 国 防 省 ( 以 下 参 加 者 という )は 秘 密 情 報 の 共 有 について 相 互 の 利 益 を 有

More information

カチの声 13号

カチの声 13号 国 際 交 流 基 金 ソウル 日 本 文 化 センター 日 本 語 部 第 13 号 2006.7 目 次 翻 訳 を 語 る (13) P.2 中 川 李 枝 子 P.4 日 本 文 学 の 中 の 韓 国 (5) 鷲 沢 萌 & 君 はこの 国 を 好 きか 日 本 人 の 目 (13) ベタベタとタプタプ 韓 国 人 の 目 (13) 恋 人 とヨンイン 研 究 会 探 訪 (2) 忠 北

More information

潘さん予備審査資料

潘さん予備審査資料 博 士 論 文 審 査 及 び 最 終 試 験 の 結 果 審 査 委 員 ( 主 査 ) 村 尾 誠 一 学 位 申 請 者 潘 秀 蓉 論 文 名 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九 二 〇 年 代 の 日 本 古 典 の 翻 訳 をめぐって 結 論 潘 秀 蓉 氏 から 提 出 された 博 士 学 位 請 求 論 文 周 作 人 と 日 本 古 典 文 学 -その 一 九

More information

土 屋,ナスティオン,ムムチョウ, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 真 総 島 合 : センター 経 済 のグローバル 紀 要 第 11 号 化 と 教 育 の 役 割 の 間, 日 本 政 府 は, 厳 密 な 国 境 管 理 を 行 なった しか し, 日 本 以 外 の 地 域 は,

土 屋,ナスティオン,ムムチョウ, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 真 総 島 合 : センター 経 済 のグローバル 紀 要 第 11 号 化 と 教 育 の 役 割 の 間, 日 本 政 府 は, 厳 密 な 国 境 管 理 を 行 なった しか し, 日 本 以 外 の 地 域 は, 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 総 合 センター 紀 要 第 11 号,pp.101~108(February,2008) 愛 知 教 育 大 学 教 育 実 践 総 合 センター 紀 要 第 11 号 経 済 のグローバル 化 と 教 育 の 役 割 土 屋 武 志 ( 社 会 科 教 育 講 座 ) ナ ス テ ィ オ ン (スラバヤ 国 立 大 学 (インドネシア)) ム ム チ ョ

More information

<31312EC0CFBABBB3AAB0A1C0CC2E687770>

<31312EC0CFBABBB3AAB0A1C0CC2E687770> 제2회 국제학술대회 191 日 本 の 司 法 制 度 改 革 における 新 法 科 大 学 院 制 度 の 展 望 改 革 の 光 と 陰 長 井 圓 * 1) Ⅰ.はじめに 本 日 は 高 名 で 伝 統 のある 慶 北 大 学 に 招 待 を 頂 き 報 告 の 役 割 を 与 えて 下 さったことを 光 栄 に 存 じ 厚 く 感 謝 申 し 上 げます これを 機 会 に 慶 北 大 学

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E68BF38AD482C982A882AF82E981758C698ACF9798897681762E646F63> 地 域 空 間 における 景 観 利 益 - 国 立 市 マンション 事 件 東 京 地 裁 判 決 をめぐって 本 ファイルは 地 域 政 策 あすの 三 重 No.9(2003.7)28-33 頁 に 掲 載 して いただいた 拙 稿 の 草 稿 段 階 のものです 公 表 に 当 たり 若 干 の 修 正 を 加 えていま すので 本 草 稿 の 無 断 引 用 はご 遠 慮 下 さい 引 用

More information

00_20本文.indd

00_20本文.indd 第一部 障害者権利条約履行のための国内法研究 に関する報告 50 障害者権利条約履行のための国内法研究 障がい者基本法制定を中心に キム ドンキ 牧園大学社会福祉学科教授 イ ソック 韓国障がい者財団事務総長 ソン ヒョンソク 韓国障がい者連盟広報局長 1 序論 障がい者問題に対する当事者の自覚と障がい者団体の活動は 障がい者との 関連法制度の政策発展に大きく寄与してきた 韓国政府と市民社会は 障がい

More information

2014 年 3 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 728 号 < 第 95 周 年 2.8 独 立 宣 言 記 念 式 > 在 日 本 韓 国 YMCA で 挙 行 < 西 南 地 方 会 > 別 府 教 会 で 新 年 正 初 査 経 会 都 諸 職 会 191

2014 年 3 月 号 福 音 新 聞 ( 第 3 種 郵 便 物 許 可 ) 第 728 号 < 第 95 周 年 2.8 独 立 宣 言 記 念 式 > 在 日 本 韓 国 YMCA で 挙 行 < 西 南 地 方 会 > 別 府 教 会 で 新 年 正 初 査 経 会 都 諸 職 会 191 1963 年 9 月 20 日 第 3 種 郵 便 物 許 可 ( 毎 月 一 日 発 行 ) 在 日 大 韓 基 督 教 会 宣 教 100 110 周 年 標 語 감사의 백년, 소망의 백년 感 謝 の 百 年 希 望 の 百 年 ( 데살로니가전서 5:18) 2014 年 3 月 1 日 ( 土 ) 第 728 号 発 行 所 福 音 新 聞 社 (1 部 100 円 ) 169-0051

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

4 社 会 奉 仕 活 動 をちゃんとする 決 心 をすれば それだけですばらしいことですね 철저 [ 徹 底 ] 하다형 형용사] 徹 底 ; 底 までつらぬき 通 すこと; 物 のすみずみまで 行 きとどくこと -다가는 <1> <어미> 語 尾 -다가 と 補 助 詞 -는 との 合 成 語

4 社 会 奉 仕 活 動 をちゃんとする 決 心 をすれば それだけですばらしいことですね 철저 [ 徹 底 ] 하다형 형용사] 徹 底 ; 底 までつらぬき 通 すこと; 物 のすみずみまで 行 きとどくこと -다가는 <1> <어미> 語 尾 -다가 と 補 助 詞 -는 との 合 成 語 第 12 回 韓 国 語 能 力 検 定 高 級 書 取 解 説 [31~34]빈칸에 가장 알맞은 것을 고르십시오. (각 4 점) 31. 가:통학 버스의 막차 시간이 너무 일러서 학생들의 불만이 많다고 들었습니다. 나:그래서 말씀인데? 1 통학 버스는 날마다 정확한 시간에 운행을 하나요 2 통학 버스를 타고 다니면 시간을 절약할 수 있을까요 3 통학 버스를 타고 다니기엔

More information

001修正表紙outline1.ai

001修正表紙outline1.ai 目 次 会 長 挨 拶 山 上 賢 一 (YAMAGAMI Kenichi) 弁 護 士 ( 日 韓 弁 護 士 協 議 会 会 長 ) 4 会 長 挨 拶 李 載 厚 (LEE Jae-Hoo) 辯 護 士 ( 韓 日 辯 護 士 協 議 會 會 長 ) 6 祝 辞 梶 谷 剛 (KAJITANI Gho) 弁 護 士 ( 日 本 弁 護 士 連 合 会 会 長 ) 8 祝 辞 千 璣 興 (CHUNG

More information

名 古 屋 韓 国 学 校 2016 年 度 授 業 案 内 月 火 水 木 金 土 時 間 講 座 / 教 科 書 担 任 受 講 レベル 19:00 ~20:30 10:00 ~11:30 13:30 ~15:00 13:30 ~15:00 19:00 ~20:30 10:30 ~12:00 1

名 古 屋 韓 国 学 校 2016 年 度 授 業 案 内 月 火 水 木 金 土 時 間 講 座 / 教 科 書 担 任 受 講 レベル 19:00 ~20:30 10:00 ~11:30 13:30 ~15:00 13:30 ~15:00 19:00 ~20:30 10:30 ~12:00 1 책 보 퉁 이 チェッポトンイ とは? 貧 しくてカバンなど 買 えなかったけれど 勉 強 がしたい 勉 強 をしようという 思 いで 風 呂 敷 で 本 を 包 んで 学 校 に 通 った 時 代 がありました その 本 の 包 みのことを チェッポトンイ と 言 いますが その 昔 の 必 死 の 思 いを 込 めて 名 付 けました 입학과 진학을 축하드립니다. 入 学 と 進 学 おめでとうございます

More information

Japan

Japan The 11 th Japan-Korea-Taiwan Conference Of Non-Governmental Social Welfare Organizations 第 十 一 屆 日 韓 台 民 間 社 會 福 利 組 織 高 峰 論 壇 2006 年 6 月 20 22 日 台 北 台 灣 目 次 Contents 1. 會 議 議 程 Conference Program 2. 會

More information

humidaso!본문.indd

humidaso!본문.indd はじめに 本 書 は 初 めて 韓 国 語 を 学 ぶ 人 のための 初 級 テキストです どの 外 国 語 学 習 でも 最 初 の 一 歩 が 大 事 で 途 中 であきらめずに 続 けられると 半 分 は 成 功 と 言 えるでしょう 韓 国 語 を 学 ぶ 第 一 歩 は 文 字 であるハングルを 覚 えることですが 日 本 語 母 語 話 者 にとってハングルとその 発 音 は 最 初 にぶつかるとても

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다.

1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다. 第 三 章 日 本 語 学 習 の 情 報 일본어 학습정보 1 일본어 학습방법 1 목표와 계획 일본에 서 우선 먼저 일본 배우고 싶어요! 만, 바빠서 공부할 시간이 없어요. 무슨 하면 까요? 켄 씨는 어디서 어떤 일본 사용하죠? 장차 어떤 일을 하고 요? 그 것에 따 필요한 일본어가 달 요. 컴퓨터 매뉴얼을 읽기가 어렵습니다. 아이가 다니는 보육원에서 보내는 편

More information

Microsoft Word - 02coverKJ.doc

Microsoft Word - 02coverKJ.doc パネルディスカッション 鳶 確 巨 什 朕 芝 地 方 分 権 としあわせな 地 域 社 会 作 り - 地 域 社 会 福 祉 協 議 体 と 地 域 社 会 福 祉 運 動 - 走 号 歳 映 引 楳 差 廃 走 蝕 紫 噺 幻 級 奄 - 走 蝕 紫 噺 差 走 漠 税 端 人 走 蝕 紫 噺 差 走 錘 疑 - 趙 聖 鐵 繕 失 旦 韓 国 社 会 福 祉 士 協 会 会 長 廃 厩 紫

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

korean_0

korean_0 4 生 活 (1) 住 居 1アパートや 家 を 借 りるとき アパートや 家 を 借 りるときは, 不 動 産 業 者 に 依 頼 するのが 一 般 的 です 家 賃, 部 屋 の 広 さ, 部 屋 の 数, 日 当 たり, 利 用 する 公 共 交 通 機 関 などの 要 望 を 伝 え, 条 件 に 合 った 物 件 があれば 案 内 してくれます 部 屋 の 広 さは 6 畳,8 畳 というように

More information

 

  고령사회와 소셜워커의 역할 이 성희 시립 서부노인전문요양센터 원장 현대사회의 사회복지는 인구의 급속한 고령화, 국민의식의 다양화, 개별화, 수득수준의향상, 가정형태의 변화 등으로 인해 핵가족화, 동거율 저하, 저 출산, 부양의식이 변화로 인해 가족의 복지적인 기능이 한계가 지적 되고 있다. 그러므로 앞으로 노인복지에 대한 기본 방향은 1지방자치 단체의 역할

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

속표지( 표지확정시 교체) 2015 중등 일본어 교사 원격직무연수 교재 題 目 1. デパート 7 2. 部 屋 探 し 17 3. 銀 行 27 4. 病 院 37 5. スマートフォン 47 6. 緊 急 事 態 55 7. 地 震 63 8. 特 産 品 73 9. 験 担 ぎ 81 10. 占 い 91 11. 料 理 101 12. 食 事 マナー 111 13. PTA 123

More information

話 を 翻 訳 する 理 由 としては まず 日 本 の 学 界 では 朝 鮮 半 島 の 政 治 や 文 化 など 諸 々の 事 象 に 関 する 学 究 的 な 関 心 が 急 速 に 高 まっている 研 究 状 況 が 挙 げられる その 研 究 状 況 と 連 動 して 韓 国 と 北 朝

話 を 翻 訳 する 理 由 としては まず 日 本 の 学 界 では 朝 鮮 半 島 の 政 治 や 文 化 など 諸 々の 事 象 に 関 する 学 究 的 な 関 心 が 急 速 に 高 まっている 研 究 状 況 が 挙 げられる その 研 究 状 況 と 連 動 して 韓 国 と 北 朝 北 朝 鮮 における 言 語 政 策 一 一 金 正 日 の 第 4 次 談 話 主 体 文 学 論 Jl 5 章 6 節 の 翻 訳 一 一 文 嬉 員 北 朝 鮮 では 1994 年 7 月 8 日 の 金 日 成 死 亡 後 その 後 継 者 となる 金 正 日 が 最 高 指 導 者 として 新 体 制 を 造 り 出 した その 後 2011 年 12 月 17 日 の 金 正 日 の 急

More information

明海日本語の投稿論文の書きかたについて

明海日本語の投稿論文の書きかたについて 明 海 日 本 語 第 18 号 増 刊 (2013.11) 239 < 論 文 > 日 中 韓 の 大 学 生 の 断 り 談 話 に 関 する 一 考 察 キーワード: 日 韓 対 照 研 究 断 り 談 話 謝 罪 の 定 型 表 現 断 りの 理 由 提 案 キム 金 ス 順 ニム 任 < 要 旨 > 本 稿 では 日 中 韓 3 国 の 断 りの 過 程 における 言 語 表 現 に 注

More information

スライド 1

スライド 1 勤 務 地 限 定 職 種 限 定 に 関 わる 判 例 資 料 2 1 エールフランス 事 件 ( 東 京 高 判 昭 49.8.28) 雇 用 契 約 において 配 置 場 所 が 明 定 されている 場 合 には 使 用 者 は 当 該 労 働 者 の 同 意 なくしてこれを 配 転 できないのを 本 則 とすべき 東 京 ベースの 合 意 に 反 して 為 した 本 件 配 転 命 令 つき

More information

インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2

インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2 ウェブ 日 本 語 (ウェブ 検 索 実 習 ) 서일대학 일본어과 담당교수 : 장희선 http://seoiljp.tistory.com seoiljp@gmail.com 1 インターネットとは (1) 8 インターネットは 世 界 的 なネットワーク 2 インターネットとは (2) 8 インターネットは 道 路 のようなもの 3 インターネットのサービス 8 インターネットは 単 なる

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注

More information

siryoshu_docx

siryoshu_docx ( 日 韓 文 化 交 流 のための 韓 国 文 学 翻 訳 活 性 化 方 案 ) 일시: 2011년 3월 11일(금) 오후 2시~6시 장소: 교보 컨벤션홀 (광화문 교보빌딩 23층) 공동주최: 대한출판문화협회, 주한일본대사관 후원: 교보문고 대산문화재단 진 행 순 서 사회 및 진행: 다테노 아키라 ( 舘 野 晳 / 자유기고가, 번역가)

More information

(1) A: 저는 사토 아이입니다.이름이 무엇입니까? B: 저는 김영진이라고 합니다. 반갑습니다. (2) A: 저는 고등학생입니다. B: 저는 고등학생이 아니에요. 대학생이에요. A: 몇 학년이에요? B: 2 학년이에요. (3) A: 어디에 살아요? B: 고베( 神 戶

(1) A: 저는 사토 아이입니다.이름이 무엇입니까? B: 저는 김영진이라고 합니다. 반갑습니다. (2) A: 저는 고등학생입니다. B: 저는 고등학생이 아니에요. 대학생이에요. A: 몇 학년이에요? B: 2 학년이에요. (3) A: 어디에 살아요? B: 고베( 神 戶 (1) 영어 하세요? 한국말 잘하시네요. 한글 조금 알아요. (2) 중국말도 배웁니까? (3) 학원에서 배워요. 텔레비전 강좌를 봐요. (4) 농구가 일본말로 뭐예요? (5) A: 전화는 한글로 어떻게 써요? B: 이렇게 써요. (6) 필리핀에서는 어떤 말을 씁니까? 영어를 하는 나라는 어디입니까? (7) A: 고맙습니다. B: 예. (1) '어이의 에'예요?

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的

1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2011/ 2012 京 都 大 学 교토대학 韓 国 朝 鮮 語 版 1. 2. 3. 4. 5. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2011 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい.21 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等

More information

<3037B3EDB9AE5FC5E4B9CCBEDFB8B628C6EDC1FD292E687770>

<3037B3EDB9AE5FC5E4B9CCBEDFB8B628C6EDC1FD292E687770> 로컬리티 인문학 3, 2010. 4, 211~270쪽 기억이라는 문제, 혹은 사회의 미결성(openness)에 관하여 오키나와 전후사( 戰 後 史 )를 중심으로 冨 山 一 郎 * 1) 국문초록 사회가 어떠한 상흔을 몰래 감추며 성장하고 있다고 한다면, 그 상흔을 드러내게 하는 것은 기존의 사회가 아직도 결정되어 있지 않은 형태로 드러나는 것을 의미한 다. 본고에서는

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF)

野村資本市場研究所|わが国における相続・贈与税一体化の影響 (PDF) 個 人 マーケット わが 国 における 相 続 贈 与 税 一 体 化 の 影 響 平 成 15 年 度 税 制 改 正 において 贈 与 税 の 相 続 時 精 算 課 税 制 度 が 創 設 された これにより 相 続 税 と 贈 与 税 の 一 体 化 が 可 能 となり 高 齢 者 世 帯 に 偏 っている 個 人 金 融 資 産 の 次 世 代 へ の 移 転 が 図 られていくことが 期

More information

1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 な 民 間 のア

1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎 学 生 寮 一 般 的 な 民 間 のア HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2014/ 2015 京 都 大 学 KYOTO UNIVERSITY 1. 2. 1. 手 続 早 見 表 1 2.はじめに 3 2014 年 度 学 年 暦 留 学 生 の 地 域 別 受 入 れ 状 況 七 曜 表 目 次 7. 住 まい 23 京 都 大 学 国 際 交 流 会 館 公 共 団 体 等 設 置 の 宿 舎

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

4. 参 加 者 の 感 想 ( 参 加 者 の 感 想 をまとめたものを 記 載 ) 印 象 的 だったこと 〇 ホームステイに 関 して 素 朴 な 田 舎 を 体 験 できてよかった 農 家 ホームステイが 一 番 印 象 的 実 際 行 く 前 は 年 齢 のギャップもあるし 話 題 に 詰

4. 参 加 者 の 感 想 ( 参 加 者 の 感 想 をまとめたものを 記 載 ) 印 象 的 だったこと 〇 ホームステイに 関 して 素 朴 な 田 舎 を 体 験 できてよかった 農 家 ホームステイが 一 番 印 象 的 実 際 行 く 前 は 年 齢 のギャップもあるし 話 題 に 詰 JENESYS2.0 及 び 北 米 地 域 との 青 少 年 交 流 在 韓 公 館 選 抜 事 業 韓 国 高 校 生 訪 日 団 訪 問 日 程 平 成 25 年 4 月 10 日 ( 水 )~4 月 16 日 ( 火 ) 1.プログラム 概 要 JENESYS2.0 の 一 環 として 在 大 韓 民 国 大 使 館 在 釜 山 総 領 事 館 在 済 州 総 領 事 館 が 選 抜 した

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の 中 で 特 に 記 載 の 無 い 項 目

1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の 中 で 特 に 記 載 の 無 い 項 目 HANDBOOK for INTERNATIONAL STUDENTS 2012/ 2013 京 都 大 学 KYOTO UNIVERSITY 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 2012 年 7 月 9 日 ( 月 )から 新 しい 在 留 管 理 制 度 が 始 まります 新 制 度 の 開 始 に 伴 い 本 冊 子 で 紹 介 している 各 種 手 続 の

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D F736F F F696E74202D A4F8D91906C97B78D738ED296C690C590A E096BE D B>

<4D F736F F F696E74202D A4F8D91906C97B78D738ED296C690C590A E096BE D B> 外 国 人 旅 行 者 向 け 消 費 税 免 税 店 制 度 について 観 光 庁 経 済 産 業 省 目 次 1. 外 国 人 旅 行 者 の 現 状 P3~8 2. 消 費 税 免 税 店 制 度 (1) 消 費 税 免 税 店 制 度 の 概 要 P10~12 (2) 消 費 税 免 税 店 になるには P13~16 (3) 免 税 の 手 続 1 対 象 者 について P17~19 2 免

More information

Microsoft Word - ゼミ集(完成版)

Microsoft Word - ゼミ集(完成版) 2009 年 度 イムゼミ 集 どのように 学 ぶかを 学 ぶのがすべてである (ジョン ネスビッツ) 1 Ⅰ.スタディツアー コーヒーショップ チムジルバン 空 港 キャンパス トイレ コンビニ 地 下 鉄 < 目 次 > 小 野 華 奈 p.4 垣 下 友 希 p.16 畑 野 友 里 恵 p.27 佐 志 原 彩 華 p.36 杉 野 由 可 子 p.47 原 田 有 紀 子 p.61 森 田

More information

<352EBEDFBDBAC4EDB4CF2DC7CAB8A72E687770>

<352EBEDFBDBAC4EDB4CF2DC7CAB8A72E687770> 한일 역사현안 관련 야스쿠니신사 연구논저 목록 발 간 사 동북아역사재단은 동북아시아에서의 역사갈등을 해소하여 서로 간의 역사를 존 중하고 신뢰를 구축하기 위한 기관입니다. 올바르게 역사를 인식하는 것은 그 첫 단계의 일입니다. 우리 재단에서는 일본의 역사왜곡과 우경화 동향 및 그에 대한 비판 자료를 수집 정리하여 체계적인 대응 논리의 확립을 위한 도구로 활용하고자

More information

第 30 回 日 韓 教 育 文 化 交 流 研 究 発 表 会 -1- 目 次 Ⅰ. 参 加 者 名 簿 4 Ⅱ. 開 会 の 辞 日 本 教 育 連 盟 会 長 6 韓 国 教 員 団 体 総 連 合 会 会 長 7 Ⅲ. 研 究 発 表 日 本 側 11 韓 国 側 25-3- 日 本 教 育 連 盟 参 加 者 名 簿 番 号 氏 名 所 属 団 体 役 職 学 校 職 名 連 盟 役 職

More information

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月

More information

大 分 県 に 暮 らす 外 国 人 の 皆 さんへ 日 本 に 暮 らす 外 国 人 の 数 は 年 々 増 加 しており ここ 大 分 県 でも10,000 人 をこえる 外 国 人 が 暮 らしています * ことばの 壁 や 生 活 習 慣 の 違 いなど 乗 り 越 えなけれ ばならない 課 題 はいくつかありますが それらの 解 決 策 のひとつとして 外 国 人 医 療 ハンドブックの

More information

たが パク ジェボム 君 が 書 いた 文 は 誤 訳 であっても 多 くの 人 々を 傷 つける 可 能 性 のある 文 だったことは 明 らかで そんな 状 況 でパク ジェボム 君 を 庇 い 7 人 の 2PM 活 動 をすることはパク ジェボム 君 に 対 し 一 部 大 衆 のイメージを

たが パク ジェボム 君 が 書 いた 文 は 誤 訳 であっても 多 くの 人 々を 傷 つける 可 能 性 のある 文 だったことは 明 らかで そんな 状 況 でパク ジェボム 君 を 庇 い 7 人 の 2PM 活 動 をすることはパク ジェボム 君 に 対 し 一 部 大 衆 のイメージを 2PM 간담회 - 왜 팬들은 분노 했는가! 2PM 懇 談 会 - なぜファンは 怒 ったのか! < 下 記 の 内 容 は 2009 年 9 月 誤 訳 で 韓 国 を 離 れてる 時 から 2010 年 2 月 27 日 2PM 懇 談 会 が 行 われるまでの 流 れを 時 間 軸 に 合 わせて 述 べたものたである > --------------------------------------------------------------------

More information

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc

Microsoft Word - NOTES② 月号(宮木).doc 2 電 話 勧 誘 訪 問 販 売 DMに 対 する 生 活 者 意 識 研 究 開 発 室 宮 木 由 貴 子 - 要 旨 - 1 内 閣 府 は 2005 年 に 策 定 された 消 費 者 基 本 計 画 において 消 費 者 が 望 まないのに 勧 誘 を 受 け る いわゆる 不 招 請 勧 誘 について 何 らかの 規 制 に 関 する 一 定 の 結 論 を 得 るとしている こ うした

More information

untitled

untitled 개 회 사 동북아역사재단과 동아시아사연구포럼 이 주최하는 동아시아의 역사서술과 평화 : 사 회, 국가, 세계 국제학술회의에 참석해 주신 국내외 여러 선생님들께 진심으로 감사의 말 씀을 드립니다. 아울러 귀한 시간을 내어 이 자리에 참석해 주신 내빈들과 방청객 여러분 께도 감사드립니다. 고대부터 오늘날까지 동아시아 각국은 그 지리적 요인으로 인해 문화적, 정치적,

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

untitled

untitled 개 회 사 동북아역사재단과 동아시아사연구포럼 이 주최하는 동아시아의 역사서술과 평화 : 사 회, 국가, 세계 국제학술회의에 참석해 주신 국내외 여러 선생님들께 진심으로 감사의 말 씀을 드립니다. 아울러 귀한 시간을 내어 이 자리에 참석해 주신 내빈들과 방청객 여러분 께도 감사드립니다. 고대부터 오늘날까지 동아시아 각국은 그 지리적 요인으로 인해 문화적, 정치적,

More information

  聾巖李賢輔の隠逸生活

  聾巖李賢輔の隠逸生活 聾 巖 李 賢 輔 における 帰 去 来 の 真 実 日 本 熊 本 大 学 朴 美 子 一 序 李 賢 輔 の 生 日 歌 并 序 ( 聾 巖 集 巻 三 )に 致 仕 投 閒 亦 過 一 紀 其 晩 年 去 就 逸 樂 行 迹 盡 于 此 三 短 歌 聊 書 以 自 誇 云 ( 致 仕 閒 に 投 じ 亦 た 一 紀 を 過 ぐ 其 れ 晩 年 の 去 就 行 迹 に 逸 楽 す るは 此 の

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

<B4EBC7D1BAAFC8A3BBE7C7F9C8B82DC0DAB7E1C1FD202832C2F7C6EDC1FD292E687770> 법의 지배와 일제피해자의 권리구제 대한변협 일변연 공동심포지엄 일정표 법의 지배와 일제피해자의 권리구제 전체사회:이명숙 대한변협 인권이사 시 간 일 정 개 회 식 개회선언:이명숙 대한변협 인권이사 개 회 사:김평우 대한변협 협회장 13:00 ~ 13:50 타카기 미츠하루 일변연 부회장 인 사 말:김영선 한나라당 의원 이종걸 민주당 의원 발표자 소개:이명숙 대한변협

More information

裁判所での法律相談センター広報について

裁判所での法律相談センター広報について 法 曹 人 口 問 題 に 関 する 各 会 員 の 現 状 及 び 意 見 等 の 調 査 回 答 受 付 期 間 平 成 22 年 1 月 14 日 ~4 月 28 日 回 答 数 173 名 総 会 員 数 ( 平 成 22 年 4 月 30 日 時 点 ) 486 名 回 答 率 35.59% 資 料 1 アンケート 結 果 についての 分 析 2 アンケート 結 果 (グラフによる 集 計

More information