目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6"

Transcription

1 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市

2 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 第 3 章 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 7 1 基 本 的 な 考 え 方 7 (1) 目 指 す 姿 7 (2) 基 本 方 針 7 (3) 取 組 の 方 向 8 2 取 組 期 間 8 第 4 章 具 体 的 な 取 組 9 1 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 9 2 女 性 職 員 のキャリア 形 成 の 促 進 10 3 ワーク ライフ バランスの 推 進 11 4 取 組 を 推 進 するために 12 < 参 考 資 料 > 職 員 アンケートの 調 査 結 果 14 意 見 交 換 会 まとめ 15

3 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 策 定 の 趣 旨 本 市 があらゆる 分 野 の 行 政 課 題 に 的 確 に 対 応 するためには 男 女 を 問 わず 職 員 一 人 ひとりが 能 力 を 発 揮 することが 必 要 であり 複 雑 多 様 化 するニーズに 応 えるよう こ れまで 以 上 に 女 性 の 視 点 や 価 値 観 を 政 策 等 に 反 映 することが 大 切 になってきます しかしながら 女 性 職 員 は 特 に 出 産 や 育 児 介 護 等 のライフイベントに 伴 いキャ リアの 中 断 や 時 間 制 約 を 受 けることが 多 く その 経 験 や 能 力 を 十 分 活 用 できない 場 合 もあります 本 市 職 員 に 占 める 女 性 の 割 合 が 増 加 傾 向 にある 中 組 織 全 体 の 活 性 化 を 図 る 上 でも 女 性 がそれぞれの 役 割 を 担 い 継 続 して 活 躍 することが 重 要 であり そのた めの 働 きやすい 職 場 環 境 は 不 可 欠 です 本 指 針 は 全 ての 職 員 が 能 力 を 最 大 限 発 揮 でき いきいきと 活 躍 できる 職 場 の 実 現 を 目 指 し 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けての 取 組 の 方 向 を 明 らかにするとともに 実 効 性 の 高 い 取 組 を 促 すために 策 定 しました 2 国 の 動 向 国 は 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 閣 議 決 定 )において 社 会 のあらゆる 分 野 において 2020 年 までに 指 導 的 地 位 に 女 性 が 占 める 割 合 が 少 なく とも 30% 程 度 という 成 果 目 標 を 掲 げています また 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登 用 の 拡 大 等 に 関 する 指 針 ( 平 成 23 年 1 月 策 定 ) 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバランス 推 進 のための 取 組 指 針 ( 平 成 26 年 10 月 策 定 )に 基 づき 各 府 省 が 計 画 を 策 定 し 取 組 を 強 化 しています 3 指 針 の 位 置 付 け 本 指 針 は 豊 橋 市 男 女 共 同 参 画 行 動 計 画 豊 橋 市 人 材 育 成 基 本 方 針 を 踏 まえ 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 の 方 向 を 定 めたものです また 豊 橋 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 は 本 指 針 の 趣 旨 を 踏 まえて 策 定 するものであ り ともにワーク ライフ バランス( 仕 事 と 生 活 の 調 和 )を 推 進 するものです 豊 橋 市 男 女 共 同 参 画 行 動 計 画 (とよはしハーモニープラン) 豊 橋 市 人 材 育 成 基 本 方 針 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 豊 橋 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 1

4 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 1 現 状 (1) 統 計 ア 職 員 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 と 登 用 本 市 職 員 を 男 女 構 成 比 で 見 ると 一 般 行 政 職 においては 採 用 者 数 では 各 年 度 の 募 集 職 種 及 び 定 員 に 伴 う 増 減 はあるものの 女 性 職 員 の 占 める 割 合 が 年 々 増 加 傾 向 にあります また 登 用 については 管 理 職 (= 課 長 補 佐 級 以 上 ) 及 び 主 査 級 に 占 める 女 性 職 員 の 割 合 は 5 年 間 でそれぞれ 5 ポイント 以 上 増 加 しています 職 員 に 占 める 女 性 比 率 よりもアップ 率 が 大 きく 積 極 的 な 登 用 を 進 めてきた 結 果 と 言 えます < 女 性 職 員 の 占 める 割 合 の 推 移 > 職 種 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 一 般 行 政 職 29.4% 29.9% 30.7% 31.3% 31.6% 消 防 職 2.7% 2.8% 2.8% 2.8% 3.0% 労 務 職 17.1% 17.1% 15.1% 14.6% 13.5% 医 療 職 78.7% 78.4% 78.1% 77.3% 76.8% < 女 性 職 員 の 占 める 割 合 の 推 移 ( 一 般 行 政 職 )> 50.0% 40.0% 30.0% 20.0% 10.0% 0.0% 40.9% 40.8% 44.2% 45.2% 40.4% 29.4% 29.9% 30.7% 31.3% 31.6% 14.8% 16.3% 18.0% 19.4% 20.6% 5.0% 6.1% 7.2% 9.0% 10.1% 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 26 年 度 採 用 者 数 職 員 全 体 主 査 級 管 理 職 ( 課 長 補 佐 級 以 上 ) < 平 成 26 年 度 役 職 別 の 女 性 職 員 数 ( 一 般 行 政 職 )> ( 単 位 : 人 ) 役 職 男 女 ( 割 合 ) 計 部 長 17 0 ( 0.0%) 17 次 長 5 1 (16.7%) 6 課 長 ( 副 参 与 ) 9 1 (10.0%) 10 課 長 74 3 ( 3.9%) 77 主 幹 59 4 ( 6.3%) 63 課 長 補 佐 (14.5%) 193 管 理 職 計 (10.1%) 366 主 査 (20.6%) 326 そ の 他 (43.3%) 979 合 計 1, (31.6%) 1,671 2

5 イ 年 齢 別 の 女 性 職 員 の 占 める 割 合 平 成 26 年 度 現 在 の 年 齢 別 の 男 女 構 成 比 を 見 ると 45 歳 を 境 に 女 性 の 占 める 割 合 に 大 きな 差 が 生 じています 45 歳 以 上 の 女 性 の 場 合 採 用 人 数 が 少 なかった ことに 加 え 育 児 介 護 等 による 退 職 で 減 少 しており 管 理 職 に 占 める 女 性 比 率 に 大 きく 影 響 しています しかし 現 在 では 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 が 増 加 しており 育 児 休 業 等 の 制 度 が し 長 期 的 に 勤 務 できる 環 境 が 整 ってきたことから 今 後 は 管 理 職 に 占 める 女 性 の 割 合 は 増 加 していくものと 思 われます また 20 代 女 性 の 割 合 が 多 いことから 今 後 出 産 育 児 等 により 一 定 期 間 職 場 から 離 れる 職 員 が 増 加 することが 見 込 まれます < 年 齢 別 の 男 女 構 成 比 ( 一 般 行 政 職 )> ( 人 ) 男 女 女 性 の 割 合 (%) % 39.5% % 35.7% 36.5% % 19.8% 8.7% 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 歳 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) ウ 育 児 休 業 の 取 得 状 況 育 児 休 業 の 取 得 状 況 を 見 ると 女 性 職 員 の 取 得 率 が 継 続 して 100%であるのに 対 し 男 性 の 同 割 合 は 20% 以 下 となっています < 育 児 休 業 育 児 参 加 休 暇 のいずれか 一 つを 取 得 した 職 員 の 数 > ( 単 位 : 人 ) 出 産 日 の 年 度 22 年 度 23 年 度 24 年 度 25 年 度 取 得 人 数 男 対 象 人 数 取 得 率 20.0% 11.1% 18.8% 18.2% 取 得 人 数 女 対 象 人 数 取 得 率 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% ( 産 後 休 暇 中 に 退 職 した 者 を 除 く ) 3

6 (2) 職 員 の 意 識 調 査 ア 職 員 アンケート この 指 針 の 策 定 に 当 たり その 基 礎 資 料 とするため 平 成 26 年 8 月 及 び 9 月 全 職 員 を 対 象 に 女 性 職 員 の 活 躍 促 進 及 び 職 場 環 境 アンケート を 実 施 しました 問 あなた 自 身 は 将 来 昇 任 して 管 理 職 として 活 躍 したいですか 昇 任 して 活 躍 したい どちらかといえば 昇 任 して 活 躍 したい 4.0% 9.4% 23.0% 22.1% 男 性 45.1% 女 性 13.4% 昇 任 を 意 識 はしているが 自 信 がない 特 に 希 望 はしない 8.9% 7.3% 38.5% 61.4% 昇 任 したくない 未 回 答 6.2% 1.3% 0.4% 17.6% 男 女 女 性 職 員 の 管 理 職 への 昇 任 意 欲 は 男 性 と 比 べて 低 い また 特 に 希 望 はしない と 回 答 した 職 員 は 男 女 ともに 多 い その 理 由 : 魅 力 を 感 じない 女 性 34.8% 男 性 44.6% 自 分 の 能 力 が 不 足 女 性 30.7% 男 性 23.1% 家 庭 との 両 立 が 困 難 女 性 30.2% 男 性 15.2% 問 本 市 の 女 性 職 員 が 今 後 さらに 活 躍 していくために 必 要 なことは 何 だと 思 います か 休 暇 や 休 業 制 度 時 差 勤 務 をさらに 充 実 させる 時 間 外 勤 務 を 減 らすなど 働 きやすい 職 場 づくりを 進 め る 16.9% 20.6% 30.8% 33.2% 現 在 男 性 に 偏 っている 仕 事 に 積 極 的 に 女 性 を 配 置 する 家 事 育 児 介 護 の 分 担 に 対 する 管 理 職 職 員 や 同 僚 職 員 の 意 識 を 高 める 男 性 の 家 事 育 児 介 護 への 参 加 を 推 進 する 女 性 職 員 が 意 見 交 換 や 互 いに 相 談 できる 機 会 を 設 ける 3.3% 9.1% 6.4% 5.2% 3.9% 14.5% 15.5% 19.4% 女 性 職 員 の 意 識 啓 発 や 能 力 開 発 を 促 す その 他 2.5% 0.9% 5.0% 10.1% 未 回 答 1.7% 1.0% 男 女 男 女 とも 回 答 のトップは 時 間 外 勤 務 を 減 らすなど 働 きやすい 職 場 づくり を 挙 げている 女 性 は 次 いで 休 暇 や 休 業 制 度 時 差 勤 務 の 充 実 管 理 職 同 僚 の 意 識 を 高 める を 求 めているのに 対 し 男 性 は 男 性 に 偏 っている 仕 事 に 積 極 的 に 女 性 を 配 置 と 職 域 拡 大 を 挙 げており 意 識 の 差 が 見 られる 4

7 問 育 児 又 は 介 護 をしている 職 員 が 活 躍 するうえで 必 要 と 思 うものを 選 択 して ください 時 間 外 勤 務 が 少 ない 21.8% 31.5% 上 司 の 理 解 がある 同 僚 の 理 解 がある 30.1% 25.1% 21.3% 17.0% 似 た 境 遇 の 職 員 がおり お 互 いに 理 解 できる 3.5% 3.4% 職 員 の 業 務 内 容 と 進 捗 管 理 が 明 確 になっており 協 力 し 合 える 22.3% 21.2% 未 回 答 1.1% 1.8% 男 女 育 児 又 は 介 護 をしながら 活 躍 するうえで 必 要 と 思 うものは 女 性 では 時 間 外 勤 務 が 少 ない 男 性 では 上 司 の 理 解 がある が 回 答 のトップを 占 めている イ 意 見 交 換 会 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 及 び 職 場 環 境 づくりに 関 し 職 場 の 現 状 や 問 題 点 今 後 の 取 組 に 対 する 意 見 提 案 等 を 聞 くため 各 階 層 の 職 員 との 意 見 交 換 会 を 実 施 しました 意 見 交 換 会 を 通 じ 現 状 における 課 題 として 大 きく 次 の3 点 が 導 き 出 されました 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 を 図 ることが 求 められている 時 間 外 勤 務 をするのが 当 然 という 職 員 の 意 識 と 組 織 風 土 を 変 えることが 必 要 男 性 が 育 児 のために 休 暇 等 を 取 れる 雰 囲 気 があると 女 性 も 取 りやすい 指 導 育 成 における 男 女 差 を 解 消 し 女 性 職 員 には 幅 広 い 経 験 やキャリア 形 成 が 必 要 である まちづくりを 行 うためには 女 性 の 視 点 や 考 え 方 は 欠 かせない もっと 活 用 すべき 女 性 の 職 域 拡 大 は 進 んでいるが 依 然 として 男 女 差 はある 男 女 の 区 別 なく 本 人 の 能 力 で 昇 進 させるべきだと 思 う 幅 広 い 仕 事 や 経 験 を 通 じ やりがいや 達 成 感 を 味 わうことで 自 信 につながる 仕 事 と 家 庭 の 両 立 への 負 担 感 をなくし 安 心 して 働 くことのできる 職 場 環 境 が 必 要 である 育 児 休 業 や 部 分 休 業 の 取 得 には 職 場 の 上 司 や 同 僚 からの 理 解 が 必 要 育 児 休 業 や 部 分 休 業 を 取 得 しにくい 職 場 がある 育 児 だけでなく 家 族 の 介 護 に 対 する 制 度 の 充 実 が 必 要 5

8 2 課 題 統 計 職 員 へのアンケートや 意 見 交 換 会 から 明 らかとなった 現 状 を 踏 まえ 本 市 が 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けて 当 面 取 り 組 むべき 課 題 は 次 の4 点 です 課 題 1 働 き 方 に 対 する 固 定 観 念 の 払 拭 時 間 外 勤 務 が 多 い 職 場 では 休 暇 や 休 業 を 取 得 しづらい 状 況 となっている 過 剰 な 配 慮 をすることが 反 対 に 女 性 の 活 躍 を 阻 害 してしまう 男 性 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 が 進 んでいない 課 題 2 業 務 経 験 や 指 導 育 成 における 男 女 差 の 解 消 まちづくりを 進 めるためには 更 に 女 性 の 視 点 や 考 え 方 を 活 用 する 必 要 がある 女 性 職 員 の 職 域 拡 大 は 進 んでいるが 配 置 部 署 や 業 務 内 容 指 導 育 成 において 依 然 として 男 女 差 が 存 在 している 出 産 子 育 て 期 が 中 堅 職 員 として 能 力 を 発 揮 する 時 期 と 重 なるため 業 務 経 験 や 知 識 習 得 の 機 会 において 男 女 格 差 が 生 じている 課 題 3 職 責 に 対 する 資 質 能 力 面 での 不 安 の 解 消 職 務 経 験 の 不 足 や 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 への 不 安 から 女 性 職 員 の 昇 任 意 欲 が 低 い 傾 向 にある 女 性 職 員 には 幅 広 い 経 験 や 能 力 の 習 得 キャリア 形 成 に 対 する 支 援 が 必 要 となって いる 女 性 職 員 は 増 加 しているが 男 性 と 比 べ 将 来 昇 進 し 管 理 職 として 活 躍 したいと 希 望 する 職 員 は 少 ない 課 題 4 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 への 不 安 を 排 除 子 育 て 中 の 女 性 職 員 の 多 くが 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 に 不 安 や 負 担 を 感 じている 職 場 におけるワーク ライフ バランスの 取 組 が 進 んでいない 結 婚 出 産 育 児 等 のライフイベントに 応 じた 働 き 方 人 員 配 置 が 求 められている 若 手 職 員 は 育 児 休 業 等 を 取 得 しやすい 職 場 環 境 を 求 めている 家 族 の 介 護 をしながら 働 く 職 員 をサポートしていくことが 求 められている 6

9 第 3 章 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のため 先 に 示 した 課 題 の 解 決 に 向 けて 取 り 組 むうえでの 基 本 的 な 考 え 方 は 以 下 のとおりです 1 基 本 的 な 考 え 方 (1) 目 指 す 姿 全 ての 職 員 が 能 力 を 発 揮 し いきいきと 活 躍 できる 職 場 の 実 現 (2) 基 本 方 針 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けて 取 り 組 むため 2つの 基 本 方 針 を 設 定 します 基 本 方 針 1 政 策 決 定 過 程 における 女 性 職 員 の 参 画 拡 大 女 性 の 視 点 や 女 性 目 線 による 新 たな 発 想 や 価 値 観 を 政 策 及 び 事 業 に 反 映 し 市 民 サービスの 向 上 につなげられるよう 女 性 職 員 が 政 策 決 定 過 程 に 参 画 できる 機 会 を 拡 大 します 基 本 方 針 1 政 策 決 定 過 程 における 女 性 職 員 の 参 画 拡 大 のもと 管 理 職 ( 課 長 補 佐 級 以 上 )と 職 場 のグループリーダーである 主 査 級 への 女 性 登 用 率 をそれ ぞれ 目 標 指 標 として 設 定 します < 目 標 指 標 > 指 標 平 成 26 年 度 ( 現 在 ) 平 成 31 年 度 ( 目 標 年 度 ) 管 理 職 への 女 性 登 用 率 10.1% 20.0% 主 査 級 への 女 性 登 用 率 20.6% 30.0% 対 象 : 一 般 行 政 職 基 本 方 針 2 いきいきと 働 くことができる 職 場 環 境 づくり 育 児 介 護 地 域 活 動 等 の 家 庭 私 生 活 を 充 実 させながら 意 欲 的 に 仕 事 に 取 り 組 むことができる 職 場 環 境 づくりを 進 めます 基 本 方 針 2 いきいきと 働 くことができる 職 場 環 境 づくり のもと 職 員 が 能 力 を 発 揮 できる 環 境 を 整 えるため 以 下 のとおり 目 標 指 標 を 設 定 します < 目 標 指 標 > 指 標 能 力 を 十 分 に 発 揮 できる 仕 事 機 会 が 与 えられていると 思 う 職 員 の 割 合 平 成 26 年 度 ( 現 在 ) 平 成 31 年 度 ( 目 標 年 度 ) 84.8% 100.0% 職 員 アンケートの 問 :あなたは 自 分 の 能 力 を 十 分 に 発 揮 できるような 仕 事 機 会 を 与 えら れていると 思 いますか において 十 分 に 与 えられていると 思 う 又 は 比 較 的 与 えられてい ると 思 う と 回 答 した 比 率 7

10 (3) 取 組 の 方 向 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けた 取 組 の 方 向 は 次 の3つです 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 長 時 間 労 働 よりも 短 時 間 で 成 果 を 出 すことを 評 価 できる 組 織 風 土 を 醸 成 し 固 定 観 念 にとらわれない 柔 軟 な 発 想 で 仕 事 を 進 めます また 働 きやすい 職 場 づくりの ため 男 女 格 差 をなくすとともに 管 理 職 のマネジメント 能 力 の 向 上 を 図 ります 女 性 職 員 のキャリア 形 成 の 促 進 更 なる 女 性 活 躍 推 進 のため 女 性 職 員 の 役 職 者 への 登 用 を 拡 大 するとともに 職 員 一 人 ひとりの 適 性 に 合 った 指 導 育 成 を 図 り キャリア 形 成 と 能 力 開 発 を 促 しま す また 育 児 休 業 等 から 円 滑 に 職 場 へ 復 帰 できるよう 支 援 します ワーク ライフ バランスの 推 進 時 間 外 勤 務 の 縮 減 に 取 り 組 み 働 きやすい 職 場 環 境 を 整 備 します 男 女 ともに 育 児 休 業 等 の 取 得 と 円 滑 な 職 場 復 帰 ができるよう 支 援 するための 制 度 や 仕 組 みをつ くります また 育 児 介 護 による 退 職 者 のキャリアリターンを 検 討 します < 指 針 の 体 系 図 > 目 指 す 姿 全 ての 職 員 が 能 力 を 発 揮 し いきいきと 活 躍 できる 職 場 の 実 現 基 本 方 針 基 本 方 針 1 政 策 決 定 過 程 における 女 性 職 員 の 参 画 拡 大 基 本 方 針 2 いきいきと 働 くことができる 職 場 環 境 づくり 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 長 時 間 労 働 よりも 短 時 間 で 成 果 を 出 すことを 評 価 する 固 定 観 念 にとらわれない 柔 軟 な 発 想 で 仕 事 を 進 める 職 場 での 男 女 格 差 をなくす 管 理 職 のマネジメント 能 力 の 向 上 を 図 る 取 組 の 方 向 女 性 職 員 の キ ャ リ ア 形 成 の 促 進 更 なる 女 性 活 躍 推 進 のため 役 職 者 への 登 用 を 拡 大 する 女 性 職 員 のキャリア 形 成 と 能 力 開 発 を 促 す 職 員 の 適 性 に 合 った 指 導 育 成 を 図 る 育 児 休 業 等 からの 復 帰 を 支 援 する ワーク ライフ バランス の 推 進 時 間 外 勤 務 の 縮 減 に 取 り 組 む 働 きやすい 職 場 環 境 を 整 備 する 育 児 休 業 等 を 取 得 しやすい 制 度 仕 組 みをつくる 男 性 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 を 促 進 する 育 児 休 業 等 の 取 得 と 円 滑 な 復 帰 を 支 援 する 育 児 介 護 による 退 職 者 のキ ャリアリターンを 検 討 する 2 取 組 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 32 年 3 月 31 日 (5 年 間 ) 8

11 第 4 章 具 体 的 な 取 組 新 規 の 取 組 : NEW 1 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 長 時 間 労 働 よりも 短 時 間 で 成 果 を 出 すことを 評 価 する 職 場 全 体 で 時 間 外 勤 務 の 縮 減 時 間 外 勤 務 ありき の 考 え 方 から 脱 却 し 短 時 間 で 成 果 を 出 し 定 時 で 帰 る よう 意 識 改 革 を 行 います また 一 斉 定 時 退 庁 日 には 所 属 長 が 率 先 して 実 践 するとともに 職 員 に 退 庁 を 促 し 退 庁 しやすい 雰 囲 気 づくりに 努 めます 質 の 高 い 短 時 間 の 業 務 コスト 意 識 とスピード 感 を 持 ち 各 自 の 業 務 のほか 会 議 打 合 せ 資 料 作 成 等 についても 現 行 の 方 法 が 最 善 かどうか 見 直 し 改 善 に 向 けて 取 り 組 みます 多 様 で 弾 力 的 な 働 き 方 の 検 討 育 児 や 介 護 が 必 要 な 職 員 が 1 日 の 勤 務 時 間 の 長 さを 変 えることなく 就 業 の 時 間 帯 を 変 更 できる 働 き 方 の 導 入 について 検 討 します 固 定 観 念 にとらわれない 柔 軟 な 発 想 で 仕 事 を 進 める 事 業 業 務 のスクラップ アンド ビルド 意 識 の 浸 透 実 践 事 業 や 業 務 を 増 やす 前 に 将 来 を 見 据 えたよりよい 方 法 を 検 討 し 広 い 視 野 か らスクラップに 挑 戦 することで ムダ ムリ をなくすよう 取 り 組 みます 仕 事 術 時 短 テク の 共 有 仕 事 を 段 取 りよく 行 える 手 法 等 を 例 えば 掲 示 スペースや 情 報 端 末 等 の 活 用 により 個 人 レベルでなく 組 織 全 体 で 情 報 共 有 しあい 効 率 的 に 仕 事 ができる 職 場 環 境 にします 職 場 での 男 女 格 差 をなくす 指 導 育 成 における 男 女 格 差 の 解 消 男 女 の 区 別 なく 職 員 個 人 の 適 性 に 見 合 った 指 導 育 成 を 行 います 職 場 における 男 女 共 同 参 画 意 識 の 向 上 職 場 における 性 別 役 割 分 担 意 識 を 解 消 するとともに 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 を 図 ることができる 職 場 環 境 の 整 備 に 努 めます 管 理 職 のマネジメント 能 力 の 向 上 を 図 る イクボス 講 座 の 実 施 部 下 が 育 児 と 仕 事 を 両 立 できるよう 配 慮 支 援 し 自 らも 仕 事 と 生 活 を 充 実 さ せるイクボスを 増 やします NEW ワーク ライフ バランスへの 意 識 啓 発 継 続 継 続 管 理 職 がワーク ライフ バランスへの 意 識 を 高 め 自 ら 積 極 的 に 実 践 します 9

12 2 女 性 職 員 のキャリア 形 成 の 促 進 更 なる 女 性 活 躍 推 進 のため 役 職 者 への 登 用 を 拡 大 する 女 性 職 員 の 主 査 級 への 登 用 を 推 進 能 力 や 適 性 を 公 正 に 判 断 したうえで 女 性 職 員 を 主 査 級 に 登 用 し 活 躍 に 向 けた すそ 野 を 拡 大 します 女 性 職 員 の 管 理 職 への 登 用 を 推 進 能 力 や 適 性 を 公 正 に 判 断 したうえで 女 性 職 員 を 管 理 職 に 登 用 し 政 策 方 針 決 定 の 場 への 参 画 を 促 します 女 性 職 員 のキャリア 形 成 と 能 力 開 発 を 促 す 更 なる 女 性 職 員 の 職 域 拡 大 これまで 女 性 職 員 がほとんど 配 置 されていなかった 職 務 やポストについても 適 性 を 見 極 めながら 積 極 的 に 配 置 し キャリア 形 成 を 促 進 します 女 性 職 員 に 対 するジョブサポートセミナーの 実 施 NEW 女 性 職 員 対 象 の 研 修 を キャリア 形 成 編 とマネジメント 編 に 分 けて 実 施 します キャリア 形 成 編 では 若 手 職 員 を 中 心 にキャリアに 対 する 意 識 啓 発 を 行 い マ ネジメント 編 では 中 堅 職 員 から 管 理 職 を 中 心 にマネジメントスキルの 向 上 を 図 るとともに 縦 のネットワークの 構 築 を 目 指 します ライフイベントに 応 じた 人 事 配 置 出 産 育 児 介 護 等 のライフイベント 期 間 は 時 間 の 制 約 を 受 けたり 突 発 的 に 休 暇 を 取 得 したりすることも 多 いことから 仕 事 と 家 庭 生 活 の 両 立 への 支 援 を 必 要 とする 職 員 に 対 し 希 望 する 部 署 や 業 務 への 配 置 をできる 限 り 考 慮 します 職 員 の 適 性 に 合 った 指 導 育 成 を 図 る 管 理 職 グループリーダーのマネジメント 強 化 女 性 職 員 のキャリア 形 成 に 向 けて 適 性 に 合 った 指 導 育 成 を 行 うため 主 査 級 や 管 理 職 対 象 の 階 層 別 研 修 の 実 施 によりマネジメント 強 化 を 図 ります 本 人 の 意 欲 及 び 能 力 向 上 のための 人 事 配 置 及 び 業 務 分 担 育 児 休 業 等 からの 復 帰 を 支 援 する 育 児 休 業 中 における 通 信 教 育 受 講 費 用 の 全 額 補 助 NEW 育 児 休 業 を 取 得 している 職 員 に 対 し 円 滑 な 職 場 復 帰 に 向 けて 自 己 啓 発 として 取 り 組 む 通 信 教 育 に 係 る 費 用 を 全 額 補 助 します 女 性 職 員 によるネットワークの 構 築 NEW 子 育 てや 仕 事 全 般 について 女 性 職 員 が 相 互 に 相 談 やサポートをしあえるネッ トワークをつくり モチベーションの 向 上 を 図 ります 10

13 3 ワーク ライフ バランスの 推 進 時 間 外 勤 務 の 縮 減 に 取 り 組 む 一 斉 定 時 退 庁 日 の 実 施 継 続 一 斉 定 時 退 庁 日 を 設 定 しています 引 き 続 き 定 時 退 庁 に 対 する 職 員 の 意 識 付 け と 職 場 環 境 づくりに 努 めます 事 業 業 務 のスクラップ アンド ビルド 意 識 の 浸 透 実 践 再 掲 仕 事 術 時 短 テク の 共 有 再 掲 働 きやすい 職 場 環 境 を 整 備 する 職 員 同 士 が 互 いにサポートできる 体 制 づくり 継 続 日 頃 から 職 員 同 士 が 業 務 内 容 や 進 捗 度 の 共 有 を 図 ることで 例 えば 子 どもの 具 合 が 悪 い 時 などに 突 発 的 に 休 暇 を 取 得 する 場 合 でも 柔 軟 に 対 応 し 快 くサポー トし 合 える 体 制 づくりに 努 めます 職 場 別 の 行 動 宣 言 働 きやすい 職 場 づくりマニフェスト NEW 働 きやすい 職 場 にするための 行 動 として 部 下 が 上 司 に 求 めるもの 上 司 から 部 下 に 求 めるものをそれぞれ 話 し 合 って 決 め 立 場 による 意 識 の 隔 たりをなくし て 行 動 することで 働 きやすい 職 場 づくりを 目 指 します 人 事 評 価 における 評 価 加 算 NEW 仕 事 と 生 活 の 調 和 の 推 進 に 資 するような 効 率 的 な 業 務 運 営 や 良 好 な 職 場 環 境 づ くりに 向 けてとられた 行 動 については 人 事 評 価 において 適 切 に 評 価 を 行 います 育 児 休 業 等 を 取 得 しやすい 制 度 仕 組 みをつくる 育 児 休 業 等 を 取 得 した 職 員 の 代 替 要 員 の 確 保 育 児 休 業 を 取 得 している 職 員 の 代 替 として 任 期 付 き 職 員 を 活 用 するなど 正 規 職 員 の 確 保 に 努 めます また 産 前 産 後 休 暇 や 育 児 のための 部 分 休 業 を 取 得 し ている 職 員 の 代 替 として 臨 時 的 任 用 職 員 を 活 用 します 育 児 の 日 の 創 設 NEW 毎 月 19 日 を 育 児 の 日 とし 定 時 に 帰 り 育 児 が 行 えるよう メールや 館 内 放 送 により 職 員 へ 呼 び 掛 けを 行 います 育 児 休 業 取 得 による 昇 格 制 度 の 見 直 し NEW 男 性 職 員 の 育 児 休 業 取 得 促 進 と 女 性 職 員 の 仕 事 への 復 帰 意 欲 を 高 めるため 平 成 27 年 度 から 1 年 以 内 の 育 児 休 業 期 間 は 2~4 級 昇 格 における 必 要 年 数 からの 除 算 を 行 わないこととします すくすく 育 児 シート の 活 用 による 育 児 支 援 NEW 子 育 てに 関 わる 職 員 が 自 身 の 子 育 てプランを 明 確 にするため また 所 属 長 は 所 属 内 のマネジメントをスムーズに 行 うため 職 員 と 所 属 長 が 協 力 し すくすく 育 児 シート 等 を 作 成 します 部 下 の 育 児 と 仕 事 の 支 援 を 行 うことができるよう 所 属 長 の 役 割 の 認 識 を 深 め イクボス 化 を 図 ります 11

14 男 性 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 を 促 進 する はじめの1 週 間 育 児 の 促 進 育 児 参 加 休 暇 の 5 日 の 取 得 日 数 を 連 続 して 取 得 することを 推 奨 し 週 休 日 を 含 んだ 1 週 間 について 集 中 的 に 育 児 に 専 念 できるようにします 2 週 間 からの 育 児 休 業 チャレンジ のススメ 男 性 職 員 が 家 族 との 時 間 を 大 切 にしながら わが 子 の 日 々の 成 長 を 実 感 できる よう また 育 児 を 通 じ 得 られた 視 点 や 気 づきを 業 務 に 活 かせるよう 育 児 休 業 の 取 得 を 促 進 します 部 分 休 業 のススメ 部 分 休 業 の 取 得 を 推 奨 するとともに 職 場 全 体 で 業 務 の 効 率 化 に 取 り 組 みます イクメン 情 報 の 発 信 NEW 男 性 職 員 の 育 児 休 業 や 部 分 休 業 等 の 利 用 促 進 のため 男 性 向 けリーフレットや メールマガジン 等 によりイクメン 情 報 を 発 信 し 育 児 休 業 等 の 取 得 を 希 望 する 職 員 の 不 安 の 軽 減 を 図 ります 育 児 休 業 取 得 による 昇 格 制 度 の 見 直 し 再 掲 NEW 育 児 休 業 等 の 取 得 と 円 滑 な 復 帰 を 支 援 する 育 児 休 業 中 における ならし 出 勤 の 実 施 NEW 職 場 復 帰 に 向 けて 子 どもが ならし 保 育 に 行 く 期 間 中 都 合 の 良 い 時 間 に 職 場 へ 出 向 き 業 務 や 制 度 等 の 説 明 を 受 けたり システム 等 を 操 作 したりできる ようにします また 復 帰 後 の 業 務 分 担 や 子 育 てへの 配 慮 事 項 の 確 認 をするため 管 理 職 等 と 面 談 を 行 い 職 場 復 帰 をスムーズに 行 えるよう 支 援 します 職 場 からのサポート 体 制 の 充 実 所 属 において 育 児 休 業 前 後 の 面 談 育 児 休 業 中 における 各 種 情 報 の 提 供 職 場 復 帰 直 後 の 研 修 等 を 行 い 職 員 がスムーズに 職 場 復 帰 できるようサポートしま す 育 児 休 業 中 における 通 信 教 育 受 講 費 用 の 全 額 補 助 再 掲 NEW 育 児 介 護 による 退 職 者 のキャリアリターンを 検 討 する 育 児 や 介 護 により 退 職 した 職 員 の 再 採 用 制 度 の 検 討 NEW 育 児 介 護 を 理 由 に 止 むを 得 ず 退 職 する 本 市 職 員 の 能 力 や 専 門 知 識 を 再 度 活 用 できるよう 実 務 経 験 を 考 慮 した 再 採 用 の 制 度 仕 組 みを 検 討 します 4 取 組 を 推 進 するために 指 針 に 示 した 取 組 の 方 向 に 沿 って 全 庁 的 に 女 性 職 員 の 活 躍 を 推 進 し 個 別 の 取 組 の 進 捗 状 況 及 び 目 標 値 とした 指 標 の 状 況 について 確 認 を 行 い 実 効 性 のある 取 組 を 実 施 できるよう 努 めます 12

15 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 参 考 資 料 職 員 アンケート 調 査 結 果 意 見 交 換 会 まとめ

16 参 考 資 料 職 員 アンケートの 調 査 結 果 職 場 環 境 仕 事 キャリア 女 性 職 員 の 活 躍 促 進 育 児 休 業 部 分 休 業 について 本 市 職 員 の 意 識 を 調 査 し 今 後 の 取 組 の 方 向 を 検 討 する 際 の 参 考 とするた め 女 性 職 員 の 活 躍 促 進 及 び 職 場 環 境 に 関 するアンケート を 実 施 しました 実 施 期 間 平 成 26 年 7 月 31 日 から 8 月 14 日 まで( 医 療 職 を 除 く ) 平 成 26 年 8 月 20 日 から 9 月 19 日 まで( 医 療 職 ) 対 象 者 全 職 員 ( ただし 再 任 用 職 員 任 期 付 採 用 職 員 非 常 勤 嘱 託 員 指 導 主 事 他 団 体 からの 派 遣 職 員 は 除 く ) 3,444 人 ( 男 性 2,061 人 女 性 1,383 人 ) 回 答 状 況 2,083 人 ( 男 性 1,204 人 女 性 879 人 ) 回 答 率 60.5% ( 男 性 58.4% 女 性 63.6%) 一 般 行 政 職 のみの 回 答 率 63.3%( 男 性 61.9% 女 性 66.1%) 働 きやすい 職 場 に 対 する 意 識 介 護 育 児 するうえで 働 きやすい 職 場 か 働 きやすい 職 場 54.5% 内 訳 そう 思 う 12.5%( 男 性 16.6% 女 性 6.9%) 比 較 的 そう 思 う 42.0%( 男 性 47.3% 女 性 34.8%) 今 の 職 場 は 時 間 外 削 減 に 取 り 組 んでいるか 取 り 組 んでいる 58.4% 内 訳 そう 思 う 20.6% ( 男 性 23.6% 女 性 16.6%) 比 較 的 そう 思 う 37.8%( 男 性 37.9% 女 性 37.7%) 仕 事 キャリアに 対 する 意 識 能 力 を 発 揮 できる 仕 事 機 会 は 与 えられているか 与 えられている 84.8% 内 訳 十 分 与 えられていると 思 う 20.9%( 男 性 25.2% 女 性 15.1%) 比 較 的 与 えられていると 思 う 63.9%( 男 性 61.1% 女 性 67.6%) 女 性 職 員 の 活 躍 促 進 に 対 する 意 識 管 理 職 への 女 性 の 登 用 についての 考 え 方 内 訳 もっと 積 極 的 に 女 性 登 用 を 進 めるべき 13.6% ( 男 性 14.7% 女 性 12.1%) 男 女 を 問 わず 職 員 それぞれの 事 情 に 合 わせて 自 然 体 で 進 めるべき 83.3%( 男 性 80.8% 女 性 86.7%) あまり 女 性 登 用 を 進 めるべきではない 2.6%( 男 性 3.9% 女 性 0.9%) 育 児 休 業 部 分 休 業 に 対 する 意 識 部 分 休 業 取 得 可 能 期 間 ( 小 学 校 入 学 前 )の 仕 事 に 対 する 考 え 方 内 訳 仕 事 を 頑 張 りたい 6.8%( 男 性 11.6% 女 性 0.5%) 仕 事 も 子 育 ても 両 立 させたい 65.7%( 男 性 71.0% 女 性 58.8%) 子 どもと 過 ごす 時 間 を 優 先 させたい 24.0%( 男 性 14.3% 女 性 36.7%) 14

17 参 考 資 料 意 見 交 換 会 まとめ 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 及 び 職 場 環 境 づくりに 関 し 職 場 の 現 状 や 問 題 点 今 後 の 取 組 に 対 する 意 見 提 案 等 を 聞 くため 各 階 層 の 職 員 との 意 見 交 換 会 を 実 施 しました 実 施 日 及 び 参 加 職 員 ( 計 70 人 ) 平 成 26 年 9 月 5 日 20 代 女 性 8 人 平 成 26 年 10 月 1 日 女 性 主 査 級 5 人 平 成 26 年 9 月 5 日 30 代 女 性 7 人 平 成 26 年 10 月 3 日 男 性 主 査 級 5 人 平 成 26 年 9 月 8 日 40 代 女 性 6 人 平 成 26 年 10 月 7 日 女 性 課 長 補 佐 級 6 人 平 成 26 年 9 月 8 日 女 性 育 児 休 業 経 験 者 8 人 平 成 26 年 10 月 7 日 男 性 課 長 補 佐 級 6 人 平 成 26 年 9 月 8 日 男 性 育 児 休 業 経 験 者 4 人 平 成 26 年 10 月 15 日 男 性 課 長 級 8 人 平 成 26 年 10 月 17 日 女 性 課 長 級 7 人 テーマ: 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 について 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のためには 更 なる 職 域 拡 大 を 進 め 若 いうちに 責 任 ある 仕 事 や 経 験 を 積 める 人 事 配 置 を 望 む 意 見 が 多 く 出 されました また 主 査 級 以 上 の 職 員 か らは 女 性 職 員 への 指 導 育 成 においては 幅 広 い 知 識 や 経 験 を 得 られるような 機 会 を 与 えること キャリア 支 援 を 行 うこと 等 が 必 要 とのことでした そして 子 育 て 中 の 女 性 職 員 に 対 しては 育 児 で 大 変 だろう 女 性 だから という 配 慮 から 仕 事 上 の 制 限 をしたことが 逆 にモチベーション 低 下 を 招 いた 実 例 が 報 告 され 本 人 の 意 思 の 把 握 と 適 性 に 合 った 育 成 を 行 うことの 重 要 性 を 共 有 しました 昇 任 登 用 に 関 しては 男 女 の 区 別 はせず 職 員 一 人 ひとりの 能 力 や 意 欲 を 正 当 に 評 価 すべき というのが 各 意 見 交 換 会 での 共 通 の 意 見 でしたが 登 用 における 男 女 差 の 感 じ 方 については 個 人 差 が 見 られました なお 女 性 職 員 の 20 代 30 代 は 周 りのフォローがあれば 家 庭 と 両 立 できるな ら など 条 件 付 きで 昇 任 昇 格 を 希 望 するのに 対 し 40 代 は 経 験 不 足 や 育 児 でのキ ャリア 中 断 を 理 由 に 昇 任 に 対 し 不 安 を 抱 いていることが 浮 き 彫 りになりました < 主 な 意 見 > 女 性 の 職 域 拡 大 は 進 んでいるが 依 然 として 男 女 差 はあると 認 識 している まちづくりを 行 うために 女 性 の 視 点 や 考 え 方 は 欠 かせない もっと 活 用 すべき 幅 広 い 仕 事 や 経 験 を 通 じ やりがいや 達 成 感 を 味 わうことで 自 信 につながる 男 女 の 区 別 なく 本 人 の 能 力 で 昇 進 させるべきだと 思 う 20 代 から 30 代 の 職 員 の 昇 任 意 識 は 高 い < 取 組 内 容 の 提 案 > 主 査 級 への 積 極 的 な 女 性 登 用 昇 格 意 欲 を 促 すような 給 与 制 度 評 価 制 度 主 査 級 以 上 の 女 性 職 員 との 意 見 交 換 会 等 の 継 続 的 な 実 施 育 児 休 業 中 における 子 ども 同 伴 の 研 修 受 講 15

18 テーマ: 働 きやすい 職 場 環 境 づくりについて 働 きやすい 職 場 とは 仕 事 と 家 庭 の 両 立 への 不 安 や 負 担 感 をなくし 安 心 して 働 け る 環 境 のこと 時 間 外 勤 務 ありき ではなく 短 時 間 で 成 果 を 出 し 定 時 で 帰 る 職 員 を 評 価 するなど 働 き 方 に 対 する 職 員 の 意 識 改 革 が 必 要 これらは 女 性 職 員 主 査 級 以 上 の 役 職 者 から 出 された 共 通 の 意 見 でした ただし 一 方 で その 意 識 改 革 の 主 体 を 役 職 者 は 個 々の 職 員 に 求 めているのに 対 し 若 手 職 員 は 上 司 に 体 制 整 備 やきめ 細 やかな 声 かけ 等 を 強 く 期 待 しており 職 員 の 意 識 改 革 の 実 現 には 立 場 による 意 識 のギャップが 障 壁 となっているとも 言 えます また 出 産 育 児 介 護 等 のライフイベントの 期 間 は 突 発 的 な 休 暇 等 を 取 得 する ケースが 多 いだけでなく 本 人 の 意 欲 を 維 持 向 上 させる 観 点 からも できる 限 り 希 望 部 署 に 配 置 してほしいというのは 女 性 職 員 からの 強 い 要 望 でした 特 に 子 育 て 期 間 中 の 支 援 を 求 める 職 員 は 多 く 育 児 休 業 等 を 取 得 する 上 で 必 要 不 可 欠 なこととし ては 職 場 の 上 司 同 僚 の 理 解 やフォローがあること 復 帰 しやすい 環 境 やサポート があること 等 が 挙 げられました なお 男 性 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 得 をもっと 進 めていくことも 求 められていること が 明 らかになりました 男 性 の 取 得 が 進 まない 要 因 としては 制 度 内 容 や 取 得 のPR 不 足 昇 格 への 影 響 経 済 的 理 由 のほか 男 性 の 育 児 休 業 等 の 取 得 に 対 する 周 囲 の 理 解 がないことなど 実 際 に 苦 労 した 体 験 を 聞 く 機 会 ともなりました < 主 な 意 見 > 時 間 外 勤 務 長 時 間 労 働 をするのが 当 然 という 職 員 の 意 識 と 組 織 風 土 を 変 える 男 性 が 育 児 のために 休 暇 等 を 取 れる 雰 囲 気 があると 女 性 も 取 りやすい 育 児 休 業 期 間 中 は 余 裕 がなく 研 修 参 加 や 自 己 啓 発 をしたくてもほとんどできない 育 児 休 業 等 の 取 得 には 職 場 の 上 司 や 同 僚 からの 理 解 が 必 要 だと 思 う 部 分 休 業 は 申 請 していても 取 得 できない 人 が 多 く 職 場 や 業 務 内 容 申 請 者 自 身 の 意 識 上 司 同 僚 の 理 解 の 差 によるところが 大 きい 主 査 級 になると 取 得 しにくかった 専 門 職 や 現 場 監 督 を 担 当 する 技 術 職 は 部 分 休 業 が 取 れない 子 どもが 小 学 校 入 学 した 後 の 方 が 実 は 負 担 は 増 えるので 部 分 休 業 等 があるとよい 育 児 だけでなく 家 族 の 介 護 に 対 する 制 度 の 充 実 が 必 要 < 取 組 内 容 の 提 案 > フレックスタイム 制 度 の 導 入 育 休 復 帰 前 の 慣 らし 勤 務 短 時 間 勤 務 の 導 入 庁 内 保 育 所 や 庁 内 学 童 保 育 の 設 置 育 児 休 業 からスムーズに 復 帰 するための 情 報 提 供 研 修 男 性 職 員 自 身 による 育 児 休 業 部 分 休 業 等 の 取 得 のPR 育 児 休 業 等 を 取 得 してもデメリットのない 昇 任 制 度 や 給 与 制 度 の 検 討 男 女 ともに 育 児 参 加 のための 休 暇 取 得 を 義 務 化 16

19 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 総 務 部 人 事 課 TEL : FAX :

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間

3 計 画 期 間 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 は 平 成 37 年 3 月 31 日 までの 時 限 法 ですが 本 計 画 は 延 長 された10 年 間 のうち 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの5 年 間 を 計 画 期 間 山 梨 県 職 員 子 育 て 支 援 プログラム Ⅰ 総 論 1 はじめに 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 にかんがみ 次 世 代 育 成 支 援 対 策 を 迅 速 かつ 重 点 的 に 推 進 し もって 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 することを 目 的 とした 次 世 代 育

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

平成18年4月 日

平成18年4月 日 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 に 向 けた 提 言 書 平 成 28 年 3 月 刈 谷 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 プロジェクトチーム ~ ハーモニー7 ~ 目 次 1 はじめに 1 2 本 市 の 現 状 と 課 題 (1)データからみる 現 状 と 課 題 2 (2) 職 員 意 識 調 査 の 結 果 10 (3) 職 員 意 見 交 換 会 の 結 果 18 (4) 課 題

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P

目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい 2 Ⅱ. 本 市 の 現 状 3P 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 度 改 訂 宗 像 市 目 次 Ⅰ. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランの 策 定 にあたって 1P 1. 女 性 活 躍 推 進 への 取 り 組 み 1 2. 女 性 活 躍 推 進 アクションプラン 策 定 背 景 2 3. 女 性 活 躍 推 進 アクションプランのねらい

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

01 H27労働審議会資料ver3

01 H27労働審議会資料ver3 長 時 間 労 働 の 是 正 に 向 けた 取 組 について 平 成 27 年 12 月 21 日 新 潟 県 労 働 審 議 会 資 料 資 料 目 次 1 新 潟 県 の 労 働 時 間 の 現 状.1 2 新 潟 県 の 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 現 状.2 3 長 時 間 労 働 の 是 正 が 求 められる 背 景..3 4 所 定 外 労 働 の 発 生 理 由.8 5 労

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82502D82508EC091D492B28DB88C8B89CA95F18D908F9181402E646F6378> 女 性 建 設 技 術 者 を 取 り 巻 く 環 境 の 実 態 調 査 調 査 結 果 報 告 書 青 森 県 県 土 整 備 部 監 理 課 目 次 1. 調 査 概 要 1 2. 回 答 企 業 の 概 要 2 3. 集 計 結 果 3 参 考 調 査 票 22 1. 調 査 の 概 要 調 査 の 目 的 建 設 産 業 では 担 い 手 不 足 が 課 題 となっており その 解 決 策

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男

めに 男 性 が 積 極 的 に 育 児 に 参 加 する 必 要 がある そのための 方 法 の 1 つとして 育 児 休 業 制 度 の 活 用 がある 育 児 休 業 は 継 続 就 業 をしながら 育 児 に 関 わる 時 間 を 増 やす 手 段 として 有 効 であると 考 えられる 男 男 性 の 育 児 休 業 取 得 率 向 上 のための 方 策 ~ 成 功 した 企 業 の 事 例 を 参 考 に~ 石 島 修 平 小 此 木 綾 華 芳 賀 真 依 子 津 久 井 慧 1 はじめに 安 倍 政 権 は 3 本 の 矢 と 呼 ばれる 経 済 再 生 目 標 を 掲 げ そのうちの 成 長 戦 略 目 標 において 女 性 の 活 躍 推 進 を 挙 げている これは 女 性

More information

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル

中小企業のための「育休復帰支援プラン」策定マニュアル (3) ステップ3: 職 場 マネジメントとしての 策 定 制 度 対 象 者 の 希 望 を 踏 まえ 円 滑 な 復 帰 を 支 援 するために そして 制 度 対 象 者 の 業 務 の 状 況 を 確 認 しましょう 状 況 次 第 では 産 休 育 休 までの 期 間 に 何 らかの 取 組 を 行 う 必 要 があります また 作 成 するプランを 確 実 に 運 用 していくためにも

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと

はじめに 今 治 市 役 所 の 未 来 をつくるために 今 こそ 全 職 員 参 加 で 取 り 組 もう! 平 成 27 年 8 月 に 女 性 の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 が 成 立 し 女 性 の 活 躍 に 社 会 全 体 で 取 り 組 もうと すべての 職 員 が 働 きやすい 働 きがいを 感 じる 職 場 風 土 をつくるために 平 成 28 年 3 月 策 定 今 治 市 長 今 治 市 議 会 議 長 今 治 市 教 育 委 員 会 今 治 市 選 挙 管 理 委 員 会 今 治 市 公 平 委 員 会 今 治 市 農 業 委 員 会 今 治 市 代 表 監 査 委 員 今 治 市 消 防 長 はじめに 今 治 市 役 所 の 未

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム の 策 定 にあたって 横 浜 市 役 所 は 人 材 こそが 最 も 重 要 な 経 営 資 源 という 理 念 に 基 づき 性 別 や 年 齢 にかかわら ず 職 員 一 人 ひとりがやりがいと 自

横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム の 策 定 にあたって 横 浜 市 役 所 は 人 材 こそが 最 も 重 要 な 経 営 資 源 という 理 念 に 基 づき 性 別 や 年 齢 にかかわら ず 職 員 一 人 ひとりがやりがいと 自 横 浜 市 職 員 の 女 性 ポテンシャル 発 揮 ワークライフバランス 推 進 プログラム Program for allowing women to realize their full potential and promoting a better work-life balance ~ 男 女 がともに 働 きやすく 働 きがいのある 組 織 の 実 現 に 向 けて~ ( 第 1 期

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

別添2(表紙・目次)

別添2(表紙・目次) 別 添 2 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 等 目 次 配 偶 者 を 対 象 とした 手 当 に 関 する 見 直 しが 実 施 検 討 された 事 例 35 全 体 概 要 36 企 業 事 例 一 覧 38 賃 金 制 度 の 見 直 しに 当 たって 従 業 員 の 納 得 性 を 高 めるための 取 組 事 例 57 中

More information

スライド 1

スライド 1 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 平 成 27 年 7 月 ~12 月 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 東 京 労 働 局 正 社 員 化 集 中 支 援 キャンペーン( 第 二 弾 ) 概 要 実 施 期 間 : 平 成 27 年 7 月 から12 月 までの6か 月 間 実 施 主 体 : 東 京 労 働 局 都 内 ハローワーク 経

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人

1 背 景 (1) 人 口 減 少 問 題 本 年 4 月 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 では 我 が 国 の 総 人 口 は 少 子 高 齢 化 の 進 展 により 急 速 に 減 少 し 2048 年 ( 平 成 60 年 )には1 億 人 を 割 って9,913 万 人 資 料 1 平 成 26 年 10 月 21 日 1 背 景 1 2 女 性 の 活 躍 促 進 の 課 題 3 3 女 性 の 活 躍 支 援 のための 施 策 展 開 3 4 ネットワークの 構 築 4 5 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の 今 後 の 取 組 方 向 5 参 考 資 料 北 海 道 らしい 女 性 の 元 気 応 援 ネット 北 の 輝 く 女 性 応 援 会 議 の

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指

また 女 性 活 躍 推 進 法 ( 平 成 27 年 法 律 第 64 号 ) 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 27 年 12 月 25 日 閣 議 決 定 ) 及 び 国 家 公 務 員 の 女 性 活 躍 とワークライフバラン ス 推 進 のための 取 組 指 防 衛 省 における 女 性 職 員 活 躍 とワークライフバランス 推 進 のための 取 組 計 画 平 成 2 7 年 1 月 2 8 日 防 衛 省 女 性 職 員 活 躍 ワークライフハ ランス 推 進 本 部 決 定 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 15 日 第 1 基 本 的 考 え 方 (1) 男 性 と 女 性 が 互 いにその 人 権 を 尊 重 し 喜 びや 責 任 を

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最

報 告 書 要 約 第 1 章 : 新 卒 の 採 用 就 職 就 職 先 検 討 時 に 最 重 視 しているポイントを 企 業 は 自 分 のやりたいことができるか と 想 像 してい るが 実 際 には 若 者 は 業 種 勤 務 地 を 最 重 視 している 企 業 が 採 用 時 に 最 平 成 25 年 12 月 26 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 ~ 企 業 における 若 者 活 用 戦 略 と 若 者 の 就 業 意 識 ~の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は 従 業 員 規 模 1,000 人 以 上 の 企 業 や 官 公 庁 を 対 象 とする

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実

目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的 背 景 目 的 実 証 事 業 の 内 容 実 施 業 務 検 証 対 象 及 び 項 目 実 施 主 体 実 平 成 27 年 度 新 たなワークスタイルの 実 現 に 資 するテレワークモデルの 実 証 事 業 応 募 要 領 平 成 27 年 9 月 株 式 会 社 エヌ ティ ティ データ 経 営 研 究 所 目 次 1. 実 証 事 業 の 背 景 と 目 的... 1 1.1. 背 景... 1 1.2. 目 的... 1 2. 実 証 事 業 の 内 容... 2 2.1. 実 施 業 務...

More information

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊 平 成 27 年 度 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 住 宅 地 整 備 事 業 に 伴 う 調 査 及 び 計 画 策 定 事 業 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 1 本 特 記 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 都 市 計 画 総 務 費 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 ら し 空 間 創 生 住 宅 地 整

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

目次

目次 巻 末 資 料 *アンケート 調 査 票 中 堅 中 小 企 業 の 人 財 の 確 保 育 成 に 関 するアンケート No. 会 社 概 要 について *2011 年 7 月 現 在 のデータでお 答 えください 業 種 a. 建 設 業 b. 製 造 業 c. 卸 小 売 業 d. 飲 食 業 e. サービス 業 f. 運 輸 通 信 業 g. その 他 ( ) 社 員 数 ( 含 むパート

More information

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式)

平成28年版 少子化社会対策白書 全体版(PDF形式) 4 節 男 性 の 意 識 行 動 改 革 ( 長 時 間 労 働 の 是 正 ) 長 時 間 労 働 の 抑 制 及 び 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 促 進 労 働 時 間 対 策 としては 単 に 労 働 時 間 の 短 縮 を 図 るだけではなく 労 働 時 間 休 日 数 及 び 年 次 有 給 休 暇 を 与 える 時 季 など 労 働 時 間 等 に 関 する 事 項 について

More information

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5>

<4D F736F F D208CCB93638E7397CE82CC8AEE967B8C7689E FC92F994C5816A5F8A C5> 0 序 章 計 画 基 本 的 事 項 1. 計 画 目 的 基 本 計 画 は 都 地 法 第 4 条 に 町 村 地 適 正 な 保 全 及 び 化 推 進 に 関 する 基 本 計 画 として 規 定 されており とオープンスペースに 関 する 総 合 的 な 計 画 です 戸 田 では 地 もつ 様 々な 機 能 を 踏 まえつつ 確 保 整 備 や 化 民 間 参 加 協 力 等 促 進

More information

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム

文部科学省女性職員の活躍推進プログラム 文 部 科 学 省 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 プログラム ~ 男 女 共 に 仕 事 と 家 庭 の 両 立 が 図 られる 職 場 環 境 の 実 現 に 向 けて~ 平 成 26 年 4 月 文 部 科 学 省 大 臣 官 房 人 事 課 ( 平 成 26 年 4 月 14 日 局 長 等 会 議 で 了 承 ) 女 性 の 活 躍 推 進 に 関 する 政 府 の 動 き 政 府 は

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw

個人住民税特別徴収適正実施推進プラン.xdw 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 適 正 実 施 推 進 プラン 平 成 24 年 11 月 ( 大 分 県 内 全 市 町 村 大 分 県 ) [ 目 次 ] はじめに 1 個 人 住 民 税 特 別 徴 収 について (1) 特 別 徴 収 制 度 (2) 大 分 県 内 の 現 状 1 給 与 所 得 者 のうち 特 別 徴 収 されている 者 の 割 合 2 給 与 支 払 報 告 者 のうち

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

<3035208C6F896395AA90CD95F18D908F9181408E4F9FE2898095DB8F9F89EF81694832312E342E3136816A2E786C73>

<3035208C6F896395AA90CD95F18D908F9181408E4F9FE2898095DB8F9F89EF81694832312E342E3136816A2E786C73> 様 式 1-1 団 体 名 財 団 法 人 三 溪 園 保 勝 会 団 体 概 要 ( 平 成 年 7 月 1 日 現 在 所 在 地 横 浜 市 中 区 本 牧 三 之 谷 58 番 1 号 (TEL 61-635 URL http://www.sankeien.or.jp 設 立 昭 和 8 年 8 月 3 日 代 表 者 理 事 長 内 田 弘 保 ( 平 成 年 4 月 1 日 就 任 資

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施

政 策 の 実 施 状 況 の 分 析 1については 人 事 評 価 は 人 事 管 理 の 基 礎 となるものであることから 人 事 評 価 制 度 が 円 滑 かつ 的 確 に 行 われるよう 制 度 の 周 知 及 び 習 熟 を 図 ることが 必 要 そのため 評 価 者 講 座 を 実 施 平 成 22 年 度 主 要 な 政 策 に 係 る 評 価 書 要 旨 政 策 名 基 本 目 標 政 策 の 概 要 指 標 等 の 状 況 政 策 の 実 施 状 況 とその 分 析 及 び 総 括 的 な 評 価 政 策 1 国 家 公 務 員 の 人 事 人 事 恩 給 局 総 務 課 人 事 政 策 課 担 当 部 局 課 室 名 管 理 の 推 進 公 務 員 高 齢 対 策 課 参

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

国保匝瑳市民病院改革プラン

国保匝瑳市民病院改革プラン 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プラン 平 成 23 年 度 進 捗 状 況 等 の 評 価 書 平 成 25 年 3 月 1 評 価 にあたって 国 保 匝 瑳 市 民 病 院 改 革 プランは 平 成 21 年 度 から 平 成 23 年 度 までの3か 年 を 計 画 期 間 として 経 営 効 率 化 経 営 形 態 の 見 直 し 及 び 再 編 ネットワーク 化 の3つの 視 点

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

平成20年3月24日

平成20年3月24日 平 成 28 年 3 月 24 日 本 件 は 次 のとおり 取 り 扱 ってください 解 禁 日 新 聞 3 月 31 日 ( 木 ) 朝 刊 テレビ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 ラジオ 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 インターネット 3 月 30 日 ( 水 ) 17 時 平 成 28 年 3 月 24 日 総 務 部 県 職 員 の 人 事 異 動 について( 全 体 概

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例

公立学校教職員の総勤務時間の縮減に向けた取組事例 公 立 学 校 教 職 員 の 総 勤 務 時 間 の 縮 減 に 向 けた 学 校 における 取 組 事 例 集 目 次 平 成 27 年 3 月 17 日 三 重 県 教 育 委 員 会 はじめに 2ページ 1 時 間 外 労 働 時 間 の 削 減 に 係 る 意 識 の 啓 発 3ページ (1) 管 理 職 による 退 校 の 声 かけ (2) 管 理 職 による 過 重 労 働 に 対 する

More information

14年度事業計画

14年度事業計画 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 収 支 予 算 書 愛 知 いきいきクラブ 公 益 財 団 法 人 愛 知 県 老 人 クラブ 連 合 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 本 会 は 昨 年 度 に 創 立 50 周 年 を 迎 えました これからも より 高 い 公 益 団 体 としての 義 務 と 責 任 を 果 たしていきます 定 款 には 県 内 の 老 人 クラブ 活 動

More information

20141113(滋賀県)都道府県計画

20141113(滋賀県)都道府県計画 医 療 保 促 進 法 に 基 づく 滋 賀 県 計 画 平 成 26 年 10 月 滋 賀 県 - 2 - 1. 計 画 の 基 本 的 事 項 (1) 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 本 県 の 人 口 は 現 在 約 141 万 人 であり 全 国 でも 数 少 ない 人 口 増 加 県 であるが 平 成 27 年 (2015 年 )をピークとして 減 少 に 転 じると 見 込 まれている

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの

はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと 大 きく 転 換 しようとしています また 現 代 は こころの 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 検 討 結 果 報 告 平 成 15 年 9 月 県 立 友 部 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 はじめに 我 が 国 の 精 神 障 害 者 を 巡 る 状 況 は ノーマライゼーション 理 念 の 浸 透 のもと 精 神 病 院 における 入 院 治 療 を 主 とした 処 遇 から 早 期 社 会 復 帰 の 支 援 へと

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ

調 査 研 究 の 目 的 1 全 国 の 介 護 事 業 所 において 実 施 されている 職 員 の 採 用 定 着 管 理 に 関 する 現 状 と 課 題 の 把 握 2 各 事 業 所 において 行 われている 先 進 的 特 徴 的 な 取 組 事 例 の 収 集 調 査 の 概 要 ヒ 資 料 提 供 平 成 26 年 9 月 29 日 ( 公 財 ) 介 護 労 働 安 定 センター 業 務 部 雇 用 管 理 課 あまがい 雨 谷 横 田 佐 藤 TEL:03-5901-3041( 代 表 ) 050-3535-9460 9463 9426( 直 通 ) 平 成 25 年 度 介 護 労 働 実 態 調 査 結 果 ( 特 別 調 査 )について ~ 新 たな 知 見 人 材

More information

プラチナ社会研究会「シニア人材マネジメント分科会」提言書

プラチナ社会研究会「シニア人材マネジメント分科会」提言書 生 涯 現 役 時 代 における 日 本 型 ワークモデルの 変 革 に 向 けた7つの 提 言 ~プラチナ 社 会 研 究 会 シニア 人 材 マネジメント 分 科 会 提 言 書 ~ 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 2015 年 2 はじめに わが 国 では 企 業 は 新 規 学 卒 者 を 一 括 で 採 用 し 業 務 遂 行 の 過 程 で 職 業 能 力 の 形 成 を 行

More information

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画

Microsoft PowerPoint - (教委)(完成版)秋田市教育委員会特定事業主行動計画 秋 田 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 後 期 分 ) はじめに 平 成 15 年 7 月 に 次 世 代 育 成 対 策 推 進 法 が 成 立 し 急 速 な 少 子 化 の 進 行 と 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 対 応 するため 国 地 方 公 共 団 体 事 業 者 など 社 会 を 挙 げて 次 代 を 担 う 子 供

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63> 平 成 24 年 職 員 組 合 春 闘 要 求 および 回 答 要 求 事 項 回 答 1.2012 年 度 重 点 要 求 について (1) 賃 金 と 労 働 条 件 に 関 する 事 項 は 必 ず 組 合 と 協 議 し 合 意 を 図 るこ (2) 退 職 者 を 正 規 職 員 で 完 全 に 補 充 するこ (3) 職 場 毎 の 定 員 を 根 拠 を 示 して 明 らかにするこ

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information