( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加"

Transcription

1 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 8 月 12 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 15 号 (イ) 改 正 平 成 21 年 2 月 4 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 3 号 (ロ) 改 正 平 成 21 年 12 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 11 号 (ハ) 改 正 平 成 24 年 4 月 2 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 11 号 (ニ) 改 正 平 成 24 年 10 月 10 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 23 号 (ホ) 改 正 平 成 25 年 3 月 14 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 3 号 (ヘ) 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 6 号 (ト) 改 正 平 成 25 年 10 月 25 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 15 号 (チ) 改 正 平 成 26 年 11 月 12 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 19 号 (リ) 改 正 平 成 27 年 4 月 30 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 14 号 (ヌ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 8 条 ) 第 2 章 契 約 の 方 法 第 1 節 共 通 事 項 ( 第 9 条 - 第 12 条 ) 第 2 節 一 般 競 争 入 札 ( 第 13 条 - 第 30 条 ) 第 3 節 指 名 競 争 入 札 ( 第 31 条 - 第 35 条 ) 第 4 節 見 積 競 争 等 ( 第 36 条 - 第 43 条 ) 第 5 節 契 約 の 相 手 方 決 定 の 特 例 ( 第 44 条 ) 第 3 章 契 約 の 締 結 ( 第 45 条 - 第 49 条 ) 第 4 章 契 約 の 履 行 ( 第 50 条 - 第 64 条 ) 第 5 章 契 約 の 解 除 及 び 変 更 ( 第 65 条 - 第 72 条 ) 第 6 章 調 達 活 動 を 通 じたCSRの 実 践 の 推 進 ( 第 73 条 ) 第 7 章 雑 則 ( 第 74 条 - 第 78 条 ) 附 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 調 達 の 基 本 方 針 ( 平 成 18 年 11 月 9 日 取 締 役 会 決 議 )に 基 づき 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )の 契 約 に 関 する 事 務 手 続 について 適 正 かつ 円 滑 に 処 理 するために 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする (ヌ)

2 ( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 工 借 上 及 び 役 務 提 供 等 をいう 以 下 同 じ )( 以 下 これらを 総 称 して 工 事 等 という )の 契 約 に 適 用 する 2 第 1 項 に 規 定 する 工 事 等 にかかる 契 約 は 会 社 が 行 う 契 約 に 関 する 事 務 を 律 する 法 令 及 び 他 の 規 程 等 によるもののほか この 規 則 に 定 めるところによる ( 契 約 責 任 者 ) 第 3 条 この 規 則 において 契 約 責 任 者 とは 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 職 務 権 限 責 任 規 程 ( 平 成 17 年 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 3 号 以 下 権 限 規 程 という ) 第 27 条 の 規 定 により 契 約 の 締 結 並 びに 契 約 の 相 手 方 の 履 行 についての 監 督 及 び 検 査 について 決 定 権 限 を 有 する 者 ( 権 限 規 程 第 12 条 の 規 定 により 権 限 を 委 任 された 者 及 び 権 限 規 程 第 13 条 の 規 定 により 権 限 を 代 行 する 者 を 含 む )をいう (リ) 第 4 条 削 除 (リ) 第 5 条 削 除 (リ) ( 契 約 責 任 補 助 者 ) 第 6 条 契 約 責 任 者 は 入 札 又 は 見 積 の 執 行 に 係 る 事 務 をあらかじめ 指 名 した 者 ( 以 下 契 約 責 任 補 助 者 という )に 行 わせることができる (ヌ) 2 前 項 の 契 約 責 任 補 助 者 は 別 表 のとおりとする ( 入 札 契 約 情 報 の 開 示 及 び 情 報 管 理 ) 第 7 条 入 札 及 び 契 約 の 過 程 並 びに 契 約 内 容 に 係 る 情 報 については 別 に 定 めるところにより 公 表 し 透 明 性 の 確 保 を 図 るものとする 2 前 項 の 規 定 により 公 表 する 情 報 であって 公 表 前 のもの 又 は 公 表 できないと 認 められる 情 報 については 別 に 定 めるところによりその 管 理 を 徹 底 するものとする ( 入 札 監 視 機 能 の 強 化 ) 第 8 条 入 札 及 び 契 約 の 透 明 性 の 確 保 並 びに 監 視 機 能 の 強 化 を 図 るため 別 に 定 めるところに より 次 の 各 号 の 措 置 を 講 じるものとする (ヌ) 一 第 三 者 で 構 成 する 入 札 監 視 委 員 会 を 設 置 し 当 該 委 員 会 の 意 見 を 適 切 に 反 映 させる 二 入 札 手 続 の 事 前 審 査 及 び 入 札 結 果 等 の 事 後 審 査 を 行 う (ヌ) 第 2 章 契 約 の 方 法 第 1 節 共 通 事 項 ( 入 札 及 び 契 約 手 続 の 方 法 ) 第 9 条 契 約 責 任 者 は 契 約 を 締 結 しようとするときの 手 続 は 次 の 各 号 に 掲 げる 方 法 による

3 ものとする (ヌ) 一 入 札 による 方 法 としてイ 又 はロに 掲 げるもの イ 一 般 競 争 入 札 公 告 して 申 込 みをさせることにより 競 争 入 札 に 付 する 方 法 ロ 指 名 競 争 入 札 指 名 して 競 争 入 札 に 付 する 方 法 二 見 積 による 方 法 としてイ ロ 又 はハに 掲 げるもの イ 見 積 競 争 見 積 による 価 格 競 争 に 付 する 方 法 ロ 企 画 競 争 企 画 提 案 による 競 争 に 付 する 方 法 ハ 特 命 契 約 任 意 に 特 定 の 者 を 選 定 する 方 法 2 前 項 各 号 に 掲 げる 契 約 の 方 法 の 実 施 基 準 については 別 に 定 める ( 資 格 登 録 ) 第 10 条 総 務 本 部 長 は 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 工 事 及 び 調 査 等 の 契 約 ごとに 実 績 従 業 員 の 数 資 本 の 額 技 術 的 能 力 その 他 経 営 の 規 模 経 営 の 状 況 その 他 必 要 な 事 項 について 競 争 に 参 加 するために 必 要 な 資 格 を 定 め 競 争 参 加 資 格 審 査 に 伴 う 不 正 行 為 等 防 止 約 款 に 同 意 することを 条 件 として 当 該 資 格 を 有 する 者 をあらかじめ 登 録 させるものとする (ハ) 2 総 務 本 部 長 は 前 項 の 資 格 登 録 をさせる 場 合 において 必 要 があると 認 めるときは 能 力 に 対 応 した 等 級 の 格 付 けを 行 うことができる 3 削 除 (ヘ) 4 資 格 登 録 の 要 件 申 請 の 方 法 審 査 の 方 法 等 級 の 区 分 有 効 期 間 及 び 名 簿 の 作 成 閲 覧 の 方 法 に 関 する 事 項 等 については 別 に 定 める (ヘ) ( 契 約 不 適 格 者 ) 第 11 条 契 約 責 任 者 は 当 該 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 ( 未 成 年 者 被 保 佐 人 又 は 被 補 助 人 であって 契 約 締 結 のために 必 要 な 同 意 を 得 ている 者 を 除 く ) 及 び 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 並 びに 経 営 状 態 が 著 しく 不 健 全 であると 認 められる 者 を 契 約 の 相 手 方 としてはならな い 2 契 約 責 任 者 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すると 認 められ その 事 実 があった 後 2 年 を 経 過 して いない 者 を 契 約 の 相 手 方 としないことができる これを 代 理 人 支 配 人 その 他 の 使 用 人 とし て 使 用 する 者 についても 同 様 とする 一 契 約 の 履 行 に 当 たり 故 意 に 履 行 を 粗 雑 にし 又 は 材 料 等 の 品 質 若 しくは 数 量 に 関 して 不 正 の 行 為 をした 者 二 公 正 な 競 争 の 執 行 を 妨 げた 者 又 は 公 正 な 価 格 を 害 し 若 しくは 不 正 の 利 益 を 得 るため 連 合 した 者 三 落 札 者 若 しくは 契 約 の 相 手 方 に 決 定 した 者 が 契 約 を 締 結 すること 又 は 契 約 者 が 契 約 を 履 行 することを 妨 げた 者 四 監 督 又 は 検 査 の 実 施 に 当 たり 会 社 の 社 員 の 職 務 の 執 行 を 妨 げた 者 五 正 当 な 理 由 がなくて 契 約 を 履 行 しなかった 者 六 会 社 に 提 出 した 書 類 に 虚 偽 の 記 載 をした 者 七 会 社 と 係 争 中 である 者 八 役 員 等 ( 個 人 にあってはその 者 法 人 にあっては 非 常 勤 を 含 む 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 その 他 の 団 体 にあっては 法 人 の 役 員 等 と 同 様 の 責 任 を 有 する 代 表 者 又 は 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 も 含 む 以 下 同 じ )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 す

4 る 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )である 法 人 等 (ト) 九 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 え る 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしていると 認 められる 法 人 等 (ト) 十 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 していると 認 められる 法 人 等 (ト) 十 一 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなどし ていると 認 められる 法 人 等 (ト) 十 二 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 との 間 で 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 していると 認 められる 法 人 等 (ト) 十 三 自 らもしくは 第 三 者 を 利 用 して 会 社 に 対 し 暴 力 的 行 為 詐 術 若 しくは 脅 迫 的 言 辞 を 用 い 会 社 の 名 誉 を 毀 損 し 又 は 会 社 の 業 務 を 妨 害 し 若 しくは 妨 害 するおそれのある 行 為 を 行 った 者 (ハ)(ト) 十 四 その 他 会 社 に 著 しい 損 害 を 与 える 等 契 約 の 相 手 方 とすることが 不 適 当 と 認 められる 者 3 契 約 責 任 者 は 前 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 入 札 に 参 加 する 者 又 は 見 積 を 提 出 する 者 の 代 理 人 とさせないことができる ( 契 約 相 手 方 等 の 違 反 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 12 条 総 務 本 部 長 は 契 約 に 違 反 する 行 為 等 を 行 った 契 約 の 相 手 方 及 び 資 格 登 録 者 ( 第 1 0 条 の 規 定 により 定 める 資 格 を 満 たし 登 録 している 者 をいう 以 下 同 じ )に 対 し 第 10 条 に 規 定 する 資 格 を 登 録 させる 場 合 の 評 価 点 への 反 映 及 び 資 格 登 録 の 停 止 等 の 措 置 を 講 じるも のとする 2 契 約 責 任 者 は 談 合 等 不 正 行 為 を 行 った 契 約 の 相 手 方 に 対 し 別 に 定 めるところにより 契 約 金 額 の10 分 の1 以 上 の 違 約 金 を 徴 収 しなければならない 第 2 節 一 般 競 争 入 札 ( 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 ) 第 13 条 契 約 責 任 者 は 資 格 登 録 者 であることのほか 契 約 ごとに 一 般 競 争 入 札 に 参 加 す るために 必 要 な 資 格 ( 以 下 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 という )を 定 めることができる ( 委 員 会 の 設 置 ) 第 14 条 契 約 責 任 者 は 前 条 の 規 定 に 基 づき 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 を 定 める 場 合 又 は 第 17 条 の 規 定 に 基 づき 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 の 有 無 を 審 査 する 場 合 は 別 に 定 めるところにより 委 員 会 を 設 置 し これに 諮 るものとする ( 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 の 確 認 の 申 請 )

5 第 15 条 契 約 責 任 者 は 第 13 条 の 規 定 により 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 を 定 めた 場 合 は 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 の 有 無 を 確 認 するために 必 要 な 事 項 を あらかじめ 競 争 への 参 加 を 希 望 す る 者 に 申 請 させなければならない この 場 合 において 当 該 必 要 な 事 項 を 入 札 の 公 告 で 明 ら かにしておかなければならない ( 入 札 の 公 告 ) 第 16 条 契 約 責 任 者 は 一 般 競 争 入 札 に 付 する 場 合 は 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 ごとに それ ぞれ 当 該 各 号 に 定 める 方 法 により 入 札 を 公 告 しなければならない 一 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 である 場 合 官 報 公 告 ホームページへの 掲 載 及 び 閲 覧 場 所 への 掲 示 二 前 号 以 外 の 場 合 ホームページへの 掲 載 及 び 閲 覧 場 所 への 掲 示 ( 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 の 審 査 ) 第 17 条 契 約 責 任 者 は 競 争 への 参 加 を 希 望 する 者 が 第 15 条 の 申 請 をした 場 合 は 入 札 執 行 期 日 の 前 日 までに その 者 が 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 を 有 するかどうか 確 認 を 行 い 確 認 結 果 を 通 知 しなければならない ただし 別 に 定 める 場 合 にあっては 入 札 執 行 の 後 にその 者 が 一 般 競 争 入 札 参 加 資 格 を 有 するかどうか 確 認 することができる ( 契 約 制 限 価 格 の 設 定 ) 第 18 条 契 約 責 任 者 は 一 般 競 争 入 札 に 付 する 場 合 は あらかじめ 契 約 制 限 価 格 ( 入 札 に 付 する 事 項 の 価 格 を 当 該 事 項 に 関 する 仕 様 書 設 計 書 等 によって 設 定 した 価 格 をいう 以 下 同 じ )を 設 定 し 当 該 契 約 制 限 価 格 を 記 載 した 書 面 ( 以 下 契 約 制 限 価 格 書 という )を 封 書 にして 開 札 の 際 これを 開 札 場 所 に 置 かなければならない ただし 1 件 の 設 計 額 が25 0 万 円 未 満 のもの 又 は 契 約 制 限 価 格 を 設 定 することが 困 難 であると 認 められるものについて は 契 約 制 限 価 格 の 設 定 を 省 略 することができる (リ) ( 契 約 制 限 価 格 の 設 定 方 法 ) 第 19 条 契 約 制 限 価 格 は 入 札 に 付 する 事 項 の 価 格 の 総 額 について 定 めなければならない ただし 一 定 期 間 継 続 して 行 う 維 持 修 繕 作 業 物 品 の 購 入 等 及 び 役 務 の 提 供 の 契 約 を 締 結 し ようとする 場 合 は 単 価 についてその 契 約 制 限 価 格 を 定 めることができる 2 契 約 制 限 価 格 は 取 引 の 実 例 価 格 需 給 の 状 況 履 行 の 難 易 数 量 の 多 寡 履 行 期 間 の 長 短 等 を 考 慮 して 適 正 に 定 めなければならない ( 契 約 制 限 価 格 の 秘 密 保 持 ) 第 20 条 契 約 制 限 価 格 及 び 契 約 制 限 価 格 作 成 の 基 礎 となった 書 類 は 秘 密 とする 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 契 約 制 限 価 格 については 別 に 定 める 場 合 にあっては 契 約 締 結 前 に それ 以 外 の 場 合 にあっては 契 約 締 結 後 に 原 則 として 公 表 するものとする ( 誓 約 書 の 徴 取 ) 第 21 条 契 約 責 任 者 は 入 札 を 執 行 するにあたり 入 札 に 参 加 する 者 から 当 該 入 札 に 関 して 私 的 独 占 の 禁 止 及 び 公 正 取 引 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 22 年 法 律 第 54 号 ) 等 に 違 反 する 行 為 を 行 っていないことを 約 する 旨 の 誓 約 書 を 徴 取 しなければならない

6 ( 入 札 書 の 投 入 等 ) 第 22 条 契 約 責 任 者 は 入 札 執 行 の 場 所 及 び 日 時 に 入 札 書 を 持 参 させ 入 札 箱 に 投 入 させなけ ればならない ただし 別 に 定 める 場 合 は この 限 りでない 2 入 札 書 は 入 札 箱 に 投 入 させるものとし 投 入 させた 後 は 入 札 書 の 引 換 え 変 更 又 は 取 消 しをさせてはならない 3 契 約 責 任 者 は 別 に 定 めるところにより 入 札 書 の 投 入 の 際 入 札 金 額 に 対 応 する 単 価 表 又 は 内 訳 書 を 提 出 させるものとし 提 出 させた 後 は 単 価 表 又 は 内 訳 書 の 引 換 え 変 更 又 は 取 消 しをさせてはならない ( 開 札 ) 第 23 条 契 約 責 任 者 は 開 札 を 行 う 場 合 は 公 告 に 示 した 入 札 執 行 の 場 所 及 び 日 時 に 入 札 者 の 面 前 において 入 札 者 全 員 の 入 札 書 が 投 入 されたことを 確 認 したのち 直 ちに 行 うものと する ( 電 子 入 札 ) 第 24 条 前 2 条 の 規 定 にかかわらず 電 子 入 札 システムによる 入 札 を 行 う 場 合 の 手 続 は 別 に 定 めるところによる (ヌ) ( 入 札 の 無 効 ) 第 25 条 契 約 責 任 者 は 開 札 を 行 った 入 札 書 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すると 認 められるときは 当 該 入 札 書 を 無 効 としなければならない 一 入 札 金 額 が 訂 正 してある 場 合 二 入 札 者 の 記 名 押 印 又 はそれに 代 わる 入 札 者 の 特 定 のための 措 置 が 欠 けている 場 合 三 誤 字 脱 字 ( 数 字 の 脱 落 を 含 む ) 等 により 意 思 表 示 が 不 明 確 な 場 合 四 入 札 の 目 的 に 示 された 要 件 と 異 なっている 場 合 五 条 件 が 付 されている 場 合 六 同 一 入 札 者 の 入 札 書 が2 通 以 上 投 入 されている 場 合 七 再 度 入 札 の 場 合 において 前 回 の 最 低 額 を 上 回 る 金 額 ( 物 品 の 売 却 の 場 合 は 前 回 の 最 高 額 を 下 回 る 金 額 )で 入 札 されている 場 合 八 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 会 社 の 指 示 に 違 反 し 又 は 入 札 に 関 し 必 要 な 条 件 を 具 備 して いない 場 合 2 契 約 責 任 者 は 入 札 者 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 当 該 入 札 者 の 行 った 入 札 を 無 効 としなければならない 一 競 争 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 がないと 認 められる 者 が 入 札 を 行 った 場 合 二 郵 便 又 は 電 報 により 入 札 を 行 った 場 合 ( 別 に 定 める 場 合 を 除 く ) 三 同 一 事 項 の 入 札 について 入 札 者 が 他 の 入 札 者 の 代 理 をしていると 認 められる 場 合 四 明 らかに 連 合 によると 認 められる 入 札 を 行 った 場 合 五 社 員 の 職 務 の 執 行 を 妨 害 して 入 札 を 行 った 場 合 六 申 請 書 等 に 虚 偽 の 記 載 をしていると 認 められる 場 合 七 第 21 条 に 規 定 する 誓 約 書 が 提 出 されていない 場 合 八 単 価 表 又 は 内 訳 書 を 提 出 させる 場 合 において 提 出 がなされなかった 場 合 又 は 不 備 が 著 し い 場 合 九 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 会 社 の 指 示 に 違 反 し 又 は 入 札 に 関 し 必 要 な 条 件 を 具 備 して

7 いない 場 合 3 契 約 責 任 者 は 当 該 入 札 が 明 らかに 連 合 によると 認 められる 場 合 は 当 該 入 札 を 無 効 とし なければならない 4 第 1 項 の 規 定 により 当 該 入 札 書 を 無 効 としたとき 第 2 項 の 規 定 により 当 該 入 札 者 の 行 っ た 入 札 を 無 効 としたとき 又 は 前 項 の 規 定 により 当 該 入 札 を 無 効 としたときは それぞれ 無 効 とする 旨 を 明 らかにしなければならない 5 契 約 責 任 者 は 落 札 者 が 無 効 の 入 札 を 行 っていたと 認 められた 場 合 は 落 札 決 定 を 取 り 消 すものとする ( 再 度 入 札 ) 第 26 条 契 約 責 任 者 は 第 23 条 第 1 項 の 規 定 により 開 札 を 行 った 結 果 入 札 者 の 入 札 のう ち 契 約 制 限 価 格 の 範 囲 内 の 価 格 の 入 札 がない 場 合 は 直 ちに 又 は 別 に 日 時 を 定 めて 再 度 の 入 札 を 行 うことができる ただし その 回 数 は1 回 を 限 度 とする 2 契 約 責 任 者 は 前 項 に 規 定 する 再 度 の 入 札 を 行 う 場 合 は 当 初 の 入 札 に 参 加 しなかった 者 及 び 前 条 第 2 項 の 規 定 により 入 札 を 無 効 とされた 入 札 者 を 参 加 させてはならない 3 第 1 項 の 規 定 により 再 度 の 入 札 を 行 う 場 合 は 契 約 制 限 価 格 その 他 の 条 件 を 変 更 してはな らない ( 落 札 者 及 び 契 約 金 額 の 決 定 方 法 ) 第 27 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 内 容 性 質 又 は 目 的 に 鑑 み 次 の 各 号 に 掲 げる 方 法 のいずれ かにより 落 札 者 を 決 定 するものとする 一 価 格 による 方 法 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 ( 契 約 制 限 価 格 を 設 定 することが 困 難 であると 認 められる 場 合 はこの 限 りでない 以 下 本 条 において 同 じ )で 最 低 の 価 格 ( 物 品 の 売 却 の 場 合 は 最 高 の 価 格 とする 以 下 同 じ )をもって 入 札 をした 者 を 落 札 者 とする 方 法 (リ) 二 総 合 評 価 による 方 法 イ 又 はロに 掲 げる 方 法 イ 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 価 格 品 質 及 びその 他 の 条 件 を 総 合 的 に 評 価 し 当 該 評 価 が 最 も 高 い 者 を 落 札 者 とする 方 法 ロ 別 に 定 めるところにより 価 格 品 質 及 びその 他 の 条 件 を 総 合 的 に 評 価 し 当 該 評 価 が 最 も 高 い 者 を 落 札 者 とする 方 法 三 協 議 による 方 法 イ 又 はロに 掲 げる 方 法 イ 別 に 定 めるところにより 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 入 札 をした1 者 以 上 の 者 と 協 議 を 行 い その 協 議 結 果 により 落 札 者 を 決 定 する 方 法 ロ 別 に 定 めるところにより 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 価 格 及 びその 他 の 条 件 を 総 合 的 に 評 価 し その 評 価 が 高 い1 者 以 上 の 者 と 協 議 を 行 い その 協 議 結 果 により 落 札 者 を 決 定 する 方 法 2 契 約 金 額 は 前 項 第 1 号 及 び 第 2 号 の 場 合 にあっては 落 札 者 とした 者 の 入 札 価 格 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 加 算 した 額 とし 前 項 第 3 号 の 場 合 にあっては 協 議 後 の 価 格 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 加 算 した 額 とする ( 落 札 者 の 決 定 の 特 例 ) 第 28 条 契 約 責 任 者 は 落 札 となるべき 同 価 の 入 札 をした 者 が2 者 以 上 あるときは 当 該 入 札 を 行 った2 者 以 上 の 者 により 第 26 条 第 1 項 の 規 定 に 準 じてさらに 見 積 りを 行 わせて 落

8 札 者 となるべき 者 を 決 定 するものとする ただし 見 積 りを 行 わせることが 不 適 当 と 認 めら れる 場 合 は 当 該 入 札 を 行 った2 者 以 上 の 者 にくじを 引 かせて 落 札 者 となるべき 者 を 決 定 す るものとする 2 契 約 責 任 者 は 前 項 ただし 書 きの 場 合 で 当 該 入 札 者 のうちくじを 引 かない 者 があるとき は これを 入 札 辞 退 として 取 り 扱 うものとする 3 契 約 責 任 者 は 前 条 第 1 項 各 号 の 場 合 において 落 札 者 となるべき 者 の 入 札 価 格 によって は その 者 により 当 該 契 約 の 内 容 に 適 合 した 履 行 がなされないおそれがあると 認 められると き 又 はその 者 と 契 約 を 締 結 することが 公 正 な 取 引 の 秩 序 を 乱 すこととなるおそれがあって 著 しく 不 適 当 であると 認 められるときは 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 入 札 をした 他 の 者 のうちから 前 条 第 1 項 第 1 号 の 場 合 は 最 低 の 価 格 をもって 入 札 した 者 を 同 項 第 2 号 の 場 合 はその 評 価 が 最 も 高 い 者 を 同 項 第 3 号 の 場 合 は 協 議 により 決 定 した 者 を 落 札 者 とする ことができる ( 落 札 者 の 告 知 ) 第 29 条 契 約 責 任 者 は 落 札 者 となるべき 者 が 決 定 したときはその 者 の 氏 名 及 び 入 札 価 格 を 落 札 者 となるべき 者 がいないとき 又 は 再 度 の 入 札 を 行 おうとするときはその 旨 を 入 札 者 全 員 に 知 らせなければならない ( 入 札 状 況 調 書 の 作 成 ) 第 30 条 契 約 責 任 者 は 入 札 を 執 行 したときは すみやかに 入 札 状 況 を 明 らかにした 入 札 状 況 調 書 を 作 成 しなければならない 第 3 節 指 名 競 争 入 札 ( 指 名 基 準 ) 第 31 条 契 約 責 任 者 は 指 名 競 争 入 札 に 付 する 場 合 は 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとに 別 に 定 める 実 施 基 準 に 基 づき 行 うものとする ( 競 争 参 加 者 の 指 名 ) 第 32 条 契 約 責 任 者 は 指 名 競 争 入 札 に 付 する 場 合 は 前 条 に 定 める 基 準 により 適 正 な 者 を 選 択 し 競 争 に 参 加 させる 者 を 指 名 しなければならない 2 前 項 の 競 争 に 参 加 させる 者 は 原 則 として10 者 以 上 指 名 しなければならない ただし 物 品 役 務 の 場 合 はこの 限 りでない 3 前 2 項 の 競 争 に 参 加 させる 者 は 工 事 調 査 等 の 場 合 にあっては 資 格 登 録 者 ( 資 格 登 録 の 停 止 を 受 けている 者 を 除 く )のうちから 指 名 しなければならない ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 は 資 格 登 録 者 以 外 の 者 であっても 競 争 に 参 加 させる 者 を 指 名 することができる 一 契 約 を 緊 急 に 締 結 する 必 要 がある 場 合 二 特 別 の 技 術 経 験 等 が 必 要 である 場 合 三 その 他 会 社 の 業 務 遂 行 上 特 に 必 要 と 認 める 場 合 4 契 約 責 任 者 は 指 名 競 争 入 札 の 結 果 落 札 者 がない 場 合 で さらに 指 名 競 争 入 札 に 付 する ときは 前 回 の 指 名 競 争 入 札 に 参 加 した 者 を 除 外 して 指 名 しなければならない 5 契 約 責 任 者 は 落 札 者 が 契 約 を 締 結 しない 場 合 で さらに 指 名 競 争 入 札 に 付 するときは 当 該 落 札 者 を 除 外 して 指 名 しなければならない

9 ( 委 員 会 の 設 置 ) 第 33 条 契 約 責 任 者 は 前 条 の 規 定 により 競 争 に 参 加 させる 者 を 指 名 する 場 合 は 別 に 定 め るところにより 委 員 会 を 設 置 し これに 諮 るものとする ( 指 名 通 知 ) 第 34 条 契 約 責 任 者 は 指 名 競 争 入 札 による 場 合 において 競 争 に 参 加 させる 者 を 決 定 した ときは 次 に 掲 げる 事 項 をその 決 定 した 者 に 通 知 しなければならない 一 入 札 に 付 する 事 項 二 契 約 条 件 を 示 す 場 所 三 入 札 執 行 の 場 所 及 び 日 時 四 その 他 必 要 な 事 項 ( 一 般 競 争 入 札 に 関 する 規 定 の 準 用 ) 第 35 条 第 18 条 から 第 30 条 までの 規 定 は 指 名 競 争 入 札 による 場 合 に 準 用 する この 場 合 において 第 23 条 第 1 項 中 公 告 とあるのは 指 名 通 知 と 読 み 替 えるものとする 第 4 節 見 積 競 争 等 ( 見 積 競 争 等 の 実 施 基 準 ) 第 36 条 契 約 責 任 者 は 見 積 競 争 企 画 競 争 又 は 特 命 契 約 ( 以 下 見 積 競 争 等 という )に よる 場 合 は 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとに 別 に 定 める 実 施 基 準 に 基 づき 行 うも のとする ( 見 積 者 の 決 定 ) 第 37 条 契 約 責 任 者 は 見 積 競 争 による 場 合 は 原 則 として2 者 以 上 選 択 して 見 積 書 を 提 出 させるものとする 2 契 約 責 任 者 は 企 画 競 争 による 場 合 は 適 切 な 者 を 選 択 して 企 画 提 案 書 を 提 出 させ その 中 から1 者 を 特 定 して 見 積 書 を 提 出 させるものとする 3 契 約 責 任 者 は 特 命 契 約 による 場 合 は 1 者 を 特 定 して 見 積 書 を 提 出 させるものとする 4 第 31 条 第 32 条 第 3 項 及 び 第 33 条 の 規 定 は 見 積 を 提 出 する 者 ( 以 下 見 積 者 と いう )を 決 定 する 場 合 に 準 用 する この 場 合 において 競 争 に 参 加 させる 者 とあるのは 見 積 者 と 読 み 替 えるものとする ( 見 積 の 公 告 及 び 通 知 ) 第 38 条 契 約 責 任 者 は 見 積 競 争 等 による 場 合 には 次 に 掲 げる 事 項 を 公 告 し 又 は 見 積 者 に 通 知 しなければならない 一 見 積 する 事 項 二 契 約 条 件 を 示 す 場 所 三 見 積 書 の 提 出 期 限 四 その 他 必 要 な 事 項 ( 契 約 制 限 価 格 の 作 成 )

10 第 39 条 第 18 条 から 第 20 条 までの 規 定 は 見 積 競 争 等 における 契 約 制 限 価 格 を 作 成 する 場 合 に 準 用 する この 場 合 において 入 札 とあるのは 見 積 と 読 み 替 えるものとする ( 見 積 書 の 提 出 ) 第 40 条 第 21 条 第 25 条 及 び 第 30 条 の 規 定 は 見 積 書 を 提 出 させる 場 合 に 準 用 する この 場 合 において 入 札 とあるのは 見 積 と 読 み 替 えるものとする ( 見 積 競 争 等 の 場 合 の 契 約 の 相 手 方 及 び 契 約 金 額 の 決 定 方 法 ) 第 41 条 契 約 責 任 者 は 第 37 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 又 は 別 に 定 めるところにより 見 積 書 を 提 出 させたときは 契 約 の 内 容 性 質 又 は 目 的 に 鑑 み 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかによ り 契 約 の 相 手 方 を 決 定 するものとする 一 価 格 による 方 法 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 ( 契 約 制 限 価 格 を 設 定 することが 困 難 であると 認 められる 場 合 はこの 限 りでない 以 下 本 条 において 同 じ )で 最 低 の 見 積 価 格 を 提 示 した 者 を 契 約 の 相 手 方 とする 方 法 (リ) 二 総 合 評 価 による 方 法 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 価 格 品 質 及 びその 他 の 条 件 を 総 合 的 に 評 価 し その 評 価 が 最 も 高 い 者 を 契 約 の 相 手 方 とする 方 法 三 協 議 による 方 法 イ 又 はロに 掲 げる 方 法 イ 別 に 定 めるところにより 1 者 以 上 の 者 と 協 議 を 行 い その 協 議 結 果 により 契 約 の 相 手 方 を 決 定 する 方 法 ロ 別 に 定 めるところにより 価 格 品 質 及 びその 他 の 条 件 を 総 合 的 に 評 価 し その 評 価 が 高 い1 者 以 上 の 者 と 協 議 を 行 い その 協 議 結 果 により 契 約 の 相 手 方 を 決 定 する 方 法 2 契 約 責 任 者 は 第 37 条 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 見 積 書 を 提 出 させたときは 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 当 該 見 積 書 を 提 出 した 者 を 契 約 の 相 手 方 とするものとする 3 契 約 金 額 は 第 1 項 第 1 号 及 び 第 2 号 並 びに 第 2 項 の 場 合 にあっては 契 約 の 相 手 方 とした 者 の 見 積 価 格 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 加 算 した 額 とし 第 1 項 第 3 号 の 場 合 にあっ ては 協 議 後 の 価 格 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 加 算 した 額 とする ( 競 争 入 札 不 成 立 の 場 合 の 特 命 契 約 ) 第 42 条 契 約 責 任 者 は 競 争 入 札 に 付 しても 入 札 者 がないとき 若 しくは 落 札 者 がないとき 又 は 再 度 の 入 札 に 付 しても 落 札 者 がないときは 新 規 の 競 争 入 札 手 続 に 移 行 するものとする ただし 次 の 各 号 の 一 に 該 当 し かつ 別 に 定 めるところにより 設 置 する 委 員 会 においてあ らかじめ 認 められた 場 合 に 限 り 特 命 契 約 による 契 約 の 締 結 を 行 うことができる 一 新 たな 参 加 又 は 指 名 が 見 込 めない 場 合 二 災 害 復 旧 等 緊 急 性 のある 場 合 三 事 業 執 行 上 の 制 約 等 により 時 間 的 余 裕 がない 場 合 四 前 3 号 に 掲 げるもののほか 再 度 の 競 争 入 札 によることが 著 しく 困 難 で 事 業 執 行 上 真 にやむを 得 ないと 認 められる 場 合 ( 競 争 入 札 後 の 特 命 契 約 の 相 手 方 の 決 定 ) 第 43 条 契 約 責 任 者 は 競 争 入 札 に 付 しても 入 札 者 がない 場 合 において 前 条 ただし 書 きに より 特 命 契 約 により 契 約 を 締 結 しようとするときは 当 該 競 争 入 札 の 参 加 に 必 要 な 資 格 を 有

11 する 者 を 契 約 の 相 手 方 としなければならない 2 契 約 責 任 者 は 競 争 入 札 に 付 しても 落 札 者 がないとき 又 は 再 度 の 入 札 に 付 しても 落 札 者 が ないときで 前 条 ただし 書 きにより 特 命 契 約 により 契 約 を 締 結 しようとするときは 当 該 競 争 入 札 に 参 加 した 者 を 契 約 の 相 手 方 としなければならない この 場 合 においては 最 低 入 札 者 から 順 次 に 契 約 の 交 渉 を 行 うものとする 3 前 2 項 の 場 合 は 当 初 競 争 に 付 する 際 に 定 めた 契 約 制 限 価 格 その 他 の 条 件 を 変 更 すること ができない ただし 契 約 保 証 金 契 約 の 担 保 又 は 保 証 に 関 する 条 件 及 び 履 行 期 限 について は この 限 りでない 4 契 約 責 任 者 は 落 札 者 が 契 約 を 締 結 しない 場 合 で 特 命 契 約 により 契 約 を 締 結 しようとす るときは 契 約 制 限 価 格 の 制 限 の 範 囲 内 で 入 札 した 他 の 者 のうち 最 低 の 価 格 をもって 入 札 し た 者 を 契 約 の 相 手 方 としなければならない 第 5 節 契 約 の 相 手 方 決 定 の 特 例 ( 契 約 の 相 手 方 決 定 の 特 例 ) 第 44 条 契 約 責 任 者 は 価 格 又 はその 他 の 条 件 により2 回 以 上 の 申 込 みを 認 めるせり 下 げ 方 式 ( 物 品 の 売 却 の 場 合 は せり 上 げ 方 式 )により 価 格 又 はその 他 の 条 件 が 会 社 にとって 最 も 有 利 なものをもって 申 込 みをした 者 を 契 約 の 相 手 方 として 決 定 することができる (ハ)(リ) 2 前 項 のせり 下 げ 方 式 (せり 上 げ 方 式 は 除 く )は 別 に 定 めるところにより 情 報 システム( 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 情 報 セキュリティ 対 策 規 程 ( 平 成 17 年 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 15 号 ) 第 2 条 に 規 定 する 情 報 システムをいう 以 下 同 じ )を 利 用 した 手 続 により 行 うことができる ただし 第 18 条 ただし 書 きの 規 定 により 契 約 制 限 価 格 の 設 定 を 省 略 した 場 合 ( 契 約 制 限 価 格 が 250 万 円 未 満 のものを 除 く )は 原 則 として 情 報 システムを 利 用 した 手 続 は 行 わないものとす る (リ)(ヌ) 第 3 章 契 約 の 締 結 ( 契 約 締 結 の 通 知 ) 第 45 条 契 約 責 任 者 は 入 札 により 落 札 者 を 決 定 したとき 又 は 見 積 競 争 等 により 契 約 の 相 手 方 を 決 定 したときは これらの 者 に 直 ちに 契 約 を 締 結 する 旨 の 通 知 をしなければならない 2 前 項 の 通 知 をする 場 合 は 当 該 契 約 の 締 結 日 その 他 必 要 な 事 項 を 明 らかにしておかなけれ ばならない ( 契 約 書 の 作 成 ) 第 46 条 契 約 責 任 者 は 前 条 第 1 項 の 通 知 を 行 ったときは 遅 滞 なく その 履 行 に 関 し 必 要 な 条 件 を 記 載 した 契 約 書 を 作 成 して 契 約 を 締 結 しなければならない 2 契 約 責 任 者 は 契 約 書 について 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとにその 標 準 となる べき 書 式 ( 以 下 標 準 契 約 書 式 という )が 別 に 定 められている 場 合 は 標 準 契 約 書 式 に 準 拠 して 前 項 の 契 約 書 を 作 成 しなければならない 3 契 約 責 任 者 は 標 準 契 約 書 式 が 定 められていない 場 合 は この 規 則 の 規 定 により 措 置 すべ き 内 容 を 当 該 規 定 どおり 措 置 できるよう あらかじめその 旨 を 約 定 した 契 約 書 を 作 成 しなけ ればならない 4 契 約 責 任 者 は 契 約 書 を 作 成 するにあたり 契 約 の 性 質 又 は 目 的 に 応 じ 当 該 契 約 に 必 要

12 と 認 められる 書 類 ( 設 計 図 書 等 )に 契 約 書 の 一 部 としての 効 力 を 持 たせなければならない 5 契 約 責 任 者 は 前 条 に 規 定 する 契 約 締 結 の 通 知 後 正 当 な 理 由 がなく 14 日 以 内 に 契 約 の 相 手 方 が 契 約 書 に 記 名 押 印 ( 電 子 署 名 を 含 む 次 項 において 同 じ )しないとき 又 は 契 約 責 任 者 が 契 約 書 に 記 名 押 印 しないときは 当 該 契 約 が 確 定 しない 旨 別 に 定 める 入 札 ( 見 積 ) 者 に 対 する 指 示 書 で 明 らかにしておかなければならない 6 前 項 の 場 合 において 契 約 締 結 の 通 知 後 正 当 な 理 由 なく 契 約 の 相 手 方 が 契 約 書 に 記 名 押 印 しないときは 当 該 契 約 が 確 定 しなかった 旨 を 契 約 責 任 者 が 契 約 書 に 押 印 しないときは 理 由 を 明 示 してその 旨 を 契 約 の 相 手 方 に 通 知 しなければならない ( 契 約 書 作 成 の 省 略 ) 第 47 条 契 約 責 任 者 は 1 件 の 契 約 金 額 が250 万 円 未 満 で かつ 適 当 と 認 められる 契 約 については その 履 行 に 関 し 必 要 な 条 件 を 記 載 した 請 書 ( 以 下 単 に 請 書 という )を 契 約 の 相 手 方 から 提 出 させることをもって 契 約 書 の 作 成 に 代 えることができる この 場 合 におい て 請 書 につき 標 準 契 約 書 式 が 定 められているときは 当 該 書 式 に 準 拠 した 請 書 を 提 出 させ なければならない 2 契 約 責 任 者 は 1 件 の 契 約 金 額 が100 万 円 未 満 で かつ 適 当 と 認 められる 契 約 につい ては 見 積 書 に 契 約 上 必 要 な 事 項 を 記 載 することをもって 契 約 書 の 作 成 に 代 えることができ る 3 契 約 責 任 者 は 第 45 条 に 規 定 する 契 約 締 結 の 通 知 後 正 当 な 理 由 なく14 日 以 内 に 契 約 の 相 手 方 が 請 書 を 提 出 しないときは 当 該 契 約 が 確 定 しない 旨 別 に 定 める 入 札 ( 見 積 ) 者 に 対 する 指 示 書 で 明 らかにしておかなければならない 4 前 項 の 場 合 において 請 書 が 提 出 されなかったときは 当 該 契 約 が 確 定 しなかった 旨 を 契 約 の 相 手 方 に 通 知 しなければならない ( 契 約 の 保 証 ) 第 48 条 契 約 責 任 者 は 契 約 を 締 結 するときは 別 に 定 めるところにより 契 約 の 相 手 方 か ら 契 約 金 額 の10 分 の1 以 上 の 契 約 保 証 金 を 納 めさせなければならない 2 前 項 の 契 約 保 証 金 は 次 の 各 号 のいずれかの 担 保 の 提 供 又 は 保 証 をもってこれに 代 えるこ とができる 一 契 約 保 証 金 の 納 付 に 代 わる 担 保 となる 有 価 証 券 等 の 提 供 二 債 務 の 不 履 行 により 生 ずる 損 害 金 の 支 払 を 保 証 する 銀 行 確 実 と 認 められる 金 融 機 関 又 は 保 証 事 業 会 社 ( 公 共 工 事 の 前 払 金 保 証 事 業 に 関 する 法 律 ( 昭 和 27 年 法 律 第 184 号 ) 第 2 条 第 4 項 に 規 定 する 保 証 事 業 会 社 をいう 以 下 同 じ )の 保 証 三 債 務 の 履 行 を 保 証 する 公 共 工 事 履 行 保 証 証 券 による 保 証 四 債 務 の 不 履 行 により 生 ずる 損 害 をてん 補 する 履 行 保 証 保 険 契 約 の 締 結 五 契 約 の 相 手 方 に 代 わり 債 務 の 履 行 を 完 了 させる 保 証 人 ( 以 下 完 成 保 証 人 という ) ( 調 査 等 の 契 約 に 限 る ) 3 契 約 責 任 者 は 契 約 金 額 の 変 更 があった 場 合 は 契 約 保 証 金 等 ( 第 1 項 の 契 約 保 証 金 又 は 前 項 の 担 保 の 提 供 若 しくは 保 証 をいう 以 下 同 じ )の 額 が 変 更 後 の 契 約 金 額 の10 分 の1 以 上 に 達 するまで 契 約 保 証 金 等 の 額 の 増 額 を 請 求 することができる 4 契 約 責 任 者 は 契 約 の 目 的 物 の 受 渡 しを 要 する 契 約 についてはその 受 渡 しを 行 ったときに 契 約 の 目 的 物 の 受 渡 しを 要 しない 契 約 については 債 務 の 履 行 の 完 了 を 確 認 したときに 契 約 保 証 金 を 納 入 者 に 返 還 するものとする

13 5 前 項 の 規 定 は 第 2 項 の 規 定 により 有 価 証 券 等 の 提 供 又 は 保 証 証 書 の 交 付 を 受 けた 場 合 に おける 当 該 有 価 証 券 等 又 は 保 証 証 書 の 返 還 に 準 用 する ( 契 約 保 証 金 等 の 帰 属 ) 第 49 条 契 約 責 任 者 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 納 付 された 契 約 保 証 金 ( 前 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 有 価 証 券 等 を 含 む )について これを 納 付 した 者 が 契 約 上 の 義 務 を 履 行 しないと きは 当 該 契 約 保 証 金 を 会 社 に 帰 属 させなければならない ただし 損 害 の 賠 償 又 は 違 約 金 について 別 段 の 定 めをしたときは 当 該 定 めによるものとする 2 契 約 責 任 者 は 前 条 第 2 項 第 2 号 から 第 5 号 に 規 定 する 保 証 について 契 約 の 相 手 方 が 契 約 上 の 義 務 を 履 行 しないときは 当 該 保 証 債 務 の 履 行 を 求 めるものとする 第 4 章 契 約 の 履 行 ( 承 諾 事 項 ) 第 50 条 契 約 責 任 者 は 契 約 書 又 は 契 約 書 の 一 部 として 効 力 を 持 たせた 書 類 において 次 に 掲 げる 事 項 につき 会 社 の 承 諾 又 は 承 認 を 受 けさせるよう 約 定 している 場 合 は 契 約 の 相 手 方 に 書 面 により 申 請 させなければならない 一 契 約 によって 生 ずる 債 権 及 び 債 務 の 第 三 者 への 譲 渡 又 は 承 継 二 契 約 の 全 部 又 は 一 部 の 履 行 の 第 三 者 への 委 任 又 は 請 負 三 契 約 の 履 行 につき 第 三 者 が 債 務 を 連 帯 して 保 証 する 完 成 保 証 四 契 約 代 金 の 請 求 及 び 受 領 の 第 三 者 への 委 任 五 その 他 契 約 上 特 に 必 要 と 定 めた 事 項 ( 履 行 遅 滞 ) 第 51 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 契 約 の 相 手 方 が 約 定 の 期 限 内 に 債 務 を 履 行 することができない 場 合 は 契 約 を 解 除 しないで 相 当 の 期 間 を 定 め これを 履 行 遅 滞 として 取 り 扱 うものとする ( 履 行 遅 滞 に 対 する 損 害 金 ) 第 52 条 契 約 責 任 者 は 前 条 の 規 定 により 履 行 遅 滞 の 取 扱 いをした 場 合 は 契 約 金 額 ( 目 的 物 の 受 渡 しを 要 する 契 約 において 既 に 受 渡 しを 行 った 部 分 があるときは 当 該 部 分 を 除 く ) について 遅 延 日 数 に 応 じ 年 5%の 割 合 で 計 算 した 金 額 を 契 約 の 相 手 方 から 遅 延 損 害 金 ( 履 行 遅 滞 に 係 る 損 害 賠 償 金 その 他 の 徴 収 金 をいう 以 下 同 じ )として 徴 収 しなければならない 2 前 項 の 遅 延 損 害 金 は 会 社 の 指 定 する 期 限 内 に 支 払 わせるよう 措 置 しなければならない ( 損 害 負 担 の 措 置 ) 第 53 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 目 的 物 の 受 渡 し 前 において 当 事 者 双 方 の 責 めに 帰 することの できない 理 由 により 生 じた 損 害 は 契 約 の 相 手 方 の 負 担 としなければならない 2 契 約 責 任 者 は 前 項 の 場 合 において 天 災 その 他 不 可 抗 力 により 契 約 の 相 手 方 が 損 害 を 受 けたときは その 損 害 が 重 大 で かつ 契 約 の 相 手 方 が 善 良 な 管 理 者 の 注 意 を 怠 らなかった と 認 められる 場 合 に 限 り その 損 害 の 全 部 又 は 一 部 を 会 社 の 負 担 とすることができる ( 監 督 )

14 第 54 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 履 行 期 間 中 は 別 に 定 める 方 法 により 当 該 契 約 にかかる 履 行 の 状 況 を 監 督 しなければならない ただし 契 約 の 性 質 上 又 は 内 容 が 監 督 を 要 しないと 認 められるものについては この 限 りでない ( 検 査 ) 第 55 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 が 当 該 契 約 にかかる 履 行 を 完 了 したとき 又 は 履 行 中 に おいて 特 に 必 要 があると 認 めるときは 別 に 定 める 方 法 により その 履 行 の 結 果 を 検 査 しな ければならない ただし 契 約 の 性 質 上 又 は 内 容 が 検 査 を 要 しないと 認 められるものについ ては この 限 りでない 2 契 約 責 任 者 は 前 項 の 規 定 に 基 づく 検 査 の 結 果 債 務 の 履 行 が 完 了 したものと 確 認 したと きは 契 約 の 相 手 方 にその 旨 を 通 知 するものとする この 場 合 において 必 要 があるときは 当 該 通 知 に 代 えて 認 定 書 を 交 付 することができる ( 債 務 の 一 部 不 履 行 ) 第 56 条 契 約 責 任 者 は 前 条 に 規 定 する 検 査 の 結 果 債 務 の 一 部 が 履 行 されていないことを 確 認 したときは 契 約 の 相 手 方 に 期 限 を 定 めて 修 正 又 は 補 完 を 請 求 しなければならない 2 前 項 に 定 める 修 正 又 は 補 完 を 完 了 したときは 当 該 修 正 又 は 補 完 を 完 了 した 部 分 につき 前 条 第 2 項 の 規 定 を 準 用 する ( 受 渡 し) 第 57 条 契 約 責 任 者 は 第 55 条 第 2 項 に 規 定 する 通 知 又 は 認 定 書 の 交 付 をした 場 合 におい て 契 約 の 目 的 物 又 はその 成 果 品 の 受 渡 しを 必 要 とするときは 直 ちに 契 約 の 相 手 方 にその 物 の 引 渡 しを 要 求 するものとする 2 前 項 に 定 める 受 渡 しがあったときは 受 渡 書 を 受 理 して 当 該 受 渡 しに 関 する 権 利 関 係 を 明 確 にしておかなければならない ただし 契 約 の 性 質 上 又 は 内 容 が 受 渡 書 の 受 理 を 要 しない と 認 められるものについては この 限 りでない (かし 担 保 責 任 ) 第 58 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 目 的 物 の 引 渡 しを 受 けた 後 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとに 定 めたかし 担 保 期 間 内 に その 目 的 物 の 隠 れたるか 否 かを 問 わずかしがあった 場 合 は 契 約 の 相 手 方 に 相 当 の 期 間 を 定 めて 代 品 の 提 供 又 はかしの 修 補 を 命 じるとともに 必 要 があると 認 められるときは 損 害 賠 償 を 請 求 しなければならない ( 代 価 の 支 払 措 置 ) 第 59 条 契 約 責 任 者 は 代 価 を 支 払 う 場 合 は 契 約 の 相 手 方 に 所 定 の 請 求 書 を 提 出 させ 当 該 代 価 に 係 る 約 定 期 間 内 にこれを 支 払 わなければならない この 場 合 において 前 払 金 及 び 概 算 払 金 を 除 く 代 価 を 支 払 うときは あらかじめ 第 55 条 に 規 定 する 検 査 に 合 格 しているこ とを 確 認 しなければならない 2 契 約 責 任 者 は 前 項 の 場 合 において 違 約 金 遅 延 損 害 金 賠 償 金 その 他 の 徴 収 すべき 金 額 があるときは 支 払 代 価 からこれらの 金 額 を 控 除 し なお 不 足 を 生 ずるときは 追 徴 しなけ ればならない ( 遅 延 利 息 )

15 第 60 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 から 支 払 請 求 があった 場 合 において 会 社 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 前 条 第 1 項 に 規 定 する 約 定 した 支 払 期 間 を 超 過 して 代 価 を 支 払 うときは その 支 払 金 額 に 対 し 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 支 払 いをする 日 までの 遅 滞 日 数 に 応 じ 年 5% の 割 合 で 計 算 した 金 額 を 遅 延 利 息 として 支 払 わなければならない 2 契 約 責 任 者 は 会 社 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 約 定 した 検 査 期 間 内 に 検 査 をしなかった ときは その 期 間 満 了 の 日 の 翌 日 から 検 査 を 完 了 した 日 までの 遅 滞 日 数 を 約 定 した 支 払 期 間 の 日 数 から 差 し 引 いた 期 間 内 に 支 払 わなければならない 3 前 項 の 場 合 において 検 査 の 遅 滞 日 数 が 約 定 した 支 払 期 間 を 超 えるときは その 超 える 日 数 について 年 5%の 割 合 で 計 算 した 金 額 を 遅 延 利 息 として 契 約 の 相 手 方 に 支 払 わなければ ならない ( 前 払 金 ) 第 61 条 契 約 責 任 者 は 契 約 金 額 のうちから 前 払 金 を 支 払 おうとする 場 合 は 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとに 別 に 定 めた 前 払 金 の 基 準 に 基 づき あらかじめ その 支 払 うべ き 金 額 を 約 定 しておかなければならない 2 契 約 責 任 者 は 前 払 金 を 当 該 契 約 の 履 行 以 外 の 目 的 に 使 用 させてはならない 3 契 約 責 任 者 は 工 事 調 査 等 の 契 約 において 前 払 金 を 支 払 おうとする 場 合 は 契 約 の 相 手 方 に 公 共 工 事 の 前 払 金 保 証 事 業 会 社 との 間 で 契 約 の 履 行 期 間 を 保 証 期 間 とする 前 払 金 保 証 契 約 を 締 結 させ その 保 証 証 書 を 会 社 に 寄 託 させなければならない ( 部 分 払 ) 第 62 条 契 約 責 任 者 は 部 分 払 を 行 おうとする 場 合 は あらかじめ その 支 払 率 回 数 支 払 期 限 等 を 約 定 しておかなければならない ( 代 価 の 精 算 ) 第 63 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 目 的 物 の 受 渡 しを 要 する 契 約 についてはその 受 渡 しを 行 った とき 契 約 の 目 的 物 の 受 渡 しを 要 しない 契 約 については 債 務 の 履 行 の 完 了 を 確 認 したときに 当 該 契 約 の 債 務 に 係 るすべての 代 価 を 精 算 しなければならない 2 第 59 条 第 2 項 の 規 定 は 前 項 の 場 合 に 準 用 する ( 代 価 の 徴 収 方 法 ) 第 64 条 契 約 責 任 者 は 会 社 の 財 産 を 譲 渡 し 又 は 貸 与 しようとする 場 合 において 徴 収 す べき 代 価 があるときは 当 該 財 産 の 引 渡 し 前 に 約 定 した 代 価 を 入 金 させなければならない ただし やむを 得 ない 事 情 があると 認 められるとき 又 は 機 械 物 品 等 の 貸 与 に 伴 う 使 用 料 損 料 その 他 の 代 価 を 徴 収 しようとするときは 相 当 の 期 間 を 定 め 分 割 して 入 金 させること ができる 2 第 59 条 第 2 項 の 規 定 は 前 項 の 場 合 に 準 用 する 第 5 章 契 約 の 解 除 及 び 変 更 ( 契 約 の 解 除 ) 第 65 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 又 は 会 社 の 事 業 運 営 上 必 要 がある 場 合 は 契 約 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 しなければならない

16 一 正 当 な 理 由 によらないで 契 約 の 全 部 若 しくは 一 部 を 履 行 しないとき 又 は 約 定 期 限 までに 債 務 の 履 行 を 完 了 する 見 込 みがないとき 二 正 当 な 理 由 によらないで 契 約 の 解 除 を 申 し 出 たとき 三 前 各 号 に 掲 げる 場 合 のほか 契 約 上 の 義 務 に 違 反 していると 認 められるとき 2 前 項 の 規 定 により 契 約 を 解 除 した 場 合 においては 出 来 形 部 分 を 検 査 の 上 当 該 検 査 に 合 格 した 部 分 の 引 渡 しを 受 けるものとし 当 該 引 渡 しを 受 けた 出 来 形 部 分 に 相 応 する 代 金 を 支 払 うものとする 3 第 59 条 第 2 項 の 規 定 は 前 項 の 場 合 に 準 用 する ( 履 行 請 求 ) 第 66 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 が 前 条 第 1 項 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 で 完 成 保 証 人 を 立 てているときは 契 約 を 解 除 しないで 当 該 完 成 保 証 人 に 対 し 債 務 の 履 行 を 完 了 すべきこ とを 請 求 しなければならない 2 契 約 責 任 者 は 前 項 の 請 求 を 行 った 場 合 は 完 成 保 証 人 に 契 約 の 相 手 方 が 会 社 に 対 して 有 する 債 権 及 び 債 務 の 全 部 又 は 一 部 を 承 継 させなければならない この 場 合 においては 承 継 当 事 者 双 方 保 証 事 業 会 社 その 他 の 関 係 人 を 立 ち 会 わせたうえ 書 面 をもって 権 利 関 係 の 確 認 をしておかなければならない ( 違 約 金 の 徴 収 ) 第 67 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 又 はその 完 成 保 証 人 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 当 該 契 約 を 解 除 したときは 契 約 の 相 手 方 又 は 完 成 保 証 人 から 契 約 金 額 の10 分 の1 以 上 の 違 約 金 を 徴 収 しなければならない 2 前 項 の 場 合 において 第 48 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 契 約 の 保 証 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づく 担 保 又 は 保 証 を 付 しているときは 当 該 契 約 保 証 金 等 を 違 約 金 に 充 当 できるようにし ておかなければならない ( 損 害 賠 償 の 請 求 ) 第 68 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 又 はその 完 成 保 証 人 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 当 該 契 約 に 関 し 会 社 が 損 害 を 受 けたときは その 損 害 の 賠 償 を 契 約 の 相 手 方 又 はその 完 成 保 証 人 に 請 求 しなければならない ( 契 約 書 等 の 変 更 ) 第 69 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 内 容 を 変 更 したときは 契 約 書 ( 請 書 を 含 む ) 及 び 契 約 書 の 一 部 として 効 力 を 持 たせた 書 類 をすみやかに 改 訂 しなければならない この 場 合 においては 第 45 条 及 び 第 46 条 の 規 定 を 準 用 する ( 契 約 金 額 等 の 変 更 方 法 ) 第 70 条 契 約 責 任 者 は 契 約 金 額 又 は 契 約 単 価 を 変 更 しようとする 場 合 は 見 積 書 又 は 承 諾 書 を 契 約 の 相 手 方 に 提 出 させなければならない ( 履 行 期 限 の 変 更 方 法 ) 第 71 条 契 約 責 任 者 は 契 約 の 履 行 期 限 を 変 更 しようとする 場 合 は 契 約 の 相 手 方 と 協 議 の うえ 変 更 日 数 その 他 必 要 な 事 項 を 決 定 しなければならない

17 2 契 約 責 任 者 は 契 約 の 相 手 方 が 約 定 の 期 限 内 に 債 務 を 履 行 することができない 場 合 は そ の 理 由 延 期 日 数 等 を 書 面 により 届 け 出 させるものとし 契 約 の 相 手 方 と 協 議 のうえ 変 更 日 数 その 他 必 要 な 事 項 を 決 定 しなければならない ( 変 更 による 損 害 の 補 填 ) 第 72 条 契 約 責 任 者 は 会 社 の 責 めに 帰 すべき 理 由 により 契 約 内 容 を 変 更 した 場 合 において 契 約 の 相 手 方 が 損 害 を 受 けたと 認 められるときは これを 補 填 する 措 置 をとることができる 2 前 項 の 場 合 においては 契 約 の 相 手 方 に 損 害 の 種 類 損 害 額 その 他 請 求 の 理 由 を 書 面 によ り 届 け 出 させるものとする 第 6 章 調 達 活 動 を 通 じたCSRの 実 践 の 推 進 (ニ) ( 調 達 活 動 を 通 じたCSRの 実 践 の 推 進 )(ニ) 第 73 条 会 社 は NEXCO 中 日 本 グループ お 取 引 先 CSR 推 進 ガイドライン ( 平 成 23 年 12 月 15 日 制 定 )に 基 づき 調 達 活 動 を 通 じたCSRの 実 践 を 推 進 するものとする 2 前 項 のCSRの 実 践 の 推 進 は 取 引 先 に 対 する 説 明 会 SAQ( 自 己 診 断 ) 及 びモニタ リングを 必 要 に 応 じて 行 うなど 主 として 啓 発 活 動 に 重 点 をおいた 取 り 組 みを 行 うものとす る 第 7 章 雑 則 ( 契 約 台 帳 ) 第 74 条 契 約 責 任 者 は 契 約 を 締 結 したときは 特 に 軽 微 な 契 約 を 除 き 契 約 台 帳 をもって 必 要 な 事 項 を 明 確 にしておかなければならない ( 報 告 及 び 協 議 事 項 ) 第 75 条 契 約 責 任 者 は 特 に 軽 微 な 契 約 を 除 き 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごとに 入 札 及 び 契 約 の 結 果 を 契 約 審 査 部 長 に 報 告 しなければならない (リ)(ヌ) 2 契 約 責 任 者 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 場 合 は 特 に 軽 微 な 契 約 を 除 き その 都 度 当 該 事 項 を 契 約 審 査 部 長 に 報 告 しなければならない (リ) 一 延 滞 損 害 金 若 しくは 違 約 金 の 徴 収 又 は 損 害 賠 償 金 の 請 求 を 行 った 場 合 二 かし 担 保 請 求 を 行 った 場 合 三 契 約 を 解 除 した 場 合 四 契 約 の 履 行 を 長 期 に 渡 って 中 止 した 場 合 五 遅 延 利 息 の 支 払 又 は 損 害 の 賠 償 を 行 った 場 合 六 契 約 上 の 紛 争 が 生 じた 場 合 七 その 他 特 に 必 要 があると 認 めた 場 合 3 入 札 及 び 契 約 手 続 にあたりこの 規 則 を 適 用 するもので この 規 則 によりがたい 事 象 が 生 じ た 場 合 は 事 前 に 本 社 契 約 審 査 部 に 協 議 するものとする (ト)(リ)(ヌ) ( 適 用 除 外 ) 第 76 条 国 地 方 公 共 団 体 等 に 協 定 等 により 事 務 を 委 託 する 場 合 は 本 規 則 は 適 用 しない 2 会 社 の 子 会 社 ( 会 社 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 86 号 ) 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 子 会 社 をいう ) との 契 約 に 関 する 事 務 手 続 については 別 に 規 則 で 定 める (ヌ)

18 ( 実 施 手 続 ) 第 77 条 この 規 則 を 実 施 するために 必 要 な 要 領 は 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 契 約 の 種 類 ごと に 別 に 定 める ( 業 務 の 受 託 )(チ) 第 78 条 受 託 契 約 ( 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 6 月 9 日 法 律 第 99 号 ) 第 5 条 1 項 第 4 号 の 規 定 により 会 社 が 国 及 び 地 方 公 共 団 体 等 からの 委 託 に 基 づき 行 う 道 路 の 新 設 改 築 維 持 修 繕 災 害 復 旧 その 他 の 管 理 並 びに 道 路 に 関 する 調 査 測 量 設 計 試 験 及 び 研 究 事 務 にかかる 契 約 をいう 以 下 同 じ )の 履 行 にあたり 工 事 等 を 発 注 する 場 合 の 契 約 に 関 する 事 務 については この 規 則 に 定 めるところによる 2 受 託 契 約 を 締 結 する 場 合 の 事 務 については 別 に 定 めるところにより 手 続 を 行 うものとす る (ヌ) 附 則 この 規 則 は 平 成 18 年 12 月 1 日 から 施 行 する ただし 第 24 条 の 規 定 は 平 成 18 年 11 月 15 日 から 施 行 する 附 則 (イ) この 規 則 は 平 成 20 年 9 月 1 日 から 施 行 する 附 則 (ロ) この 規 則 は 平 成 21 年 2 月 25 日 から 施 行 する 附 則 (ハ) この 規 則 は 平 成 21 年 12 月 9 日 から 施 行 する 附 則 (ニ) この 規 則 は 平 成 24 年 4 月 2 日 から 施 行 する 附 則 (ホ) この 規 則 は 平 成 24 年 10 月 22 日 以 降 に 入 札 執 行 を 行 うものから 適 用 する 附 則 (へ) この 規 則 は 平 成 25 年 3 月 14 日 から 施 行 する 附 則 (ト) この 規 則 は 平 成 25 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 (チ) この 規 則 は 平 成 25 年 11 月 1 日 から 施 行 する 附 則 (リ) この 規 則 は 平 成 26 年 11 月 17 日 から 施 行 する 附 則 (ヌ) この 規 則 は 平 成 27 年 5 月 1 日 から 施 行 する

19 契 約 規 則 別 表 ( 第 6 条 関 係 ) 契 約 責 任 補 助 者 (ホ)(ト)(リ) 組 織 契 約 責 任 補 助 者 の 職 適 用 職 務 の 範 囲 本 社 支 社 契 約 を 担 当 するチー ムのリーダー 又 はサ ブリーダー 副 支 社 長 又 は 総 務 企 画 部 長 契 約 を 担 当 するチー ムのリーダー 又 はサ ブリーダー 権 限 規 程 第 27 条 別 表 の 区 分 の 定 めにより (A ) 高 速 道 路 事 業 サービスエリア 事 業 及 び 受 託 事 業 ( 法 第 5 条 第 1 項 各 号 の 事 業 )に 係 る 工 事 の 施 行 ( 維 持 修 繕 作 業 を 除 く) で 支 社 に 係 るもののうち 1 件 の 設 計 額 が20 億 円 以 上 のもの 上 記 以 外 のもの 入 札 ( 見 積 ) の 執 行 に 係 る 事 務 入 札 ( 見 積 ) の 執 行 に 係 る 事 務 工 事 事 務 所 及 び 保 全 サービスセン ター 工 事 事 務 所 及 び 保 全 サービスセンター の 副 所 長 又 は 総 務 担 当 課 長 副 所 長 又 は 総 務 担 当 課 長 上 記 契 約 を 担 当 するチームのリー ダー 又 はサブリーダー が 入 札 ( 見 積 )の 執 行 に 係 る 事 務 ( 以 下 入 札 執 行 という )を 行 うもののうち 入 札 執 行 を 当 該 事 務 所 で 行 う 必 要 があると 契 約 責 任 者 が 認 めたもの 入 札 ( 見 積 ) の 執 行 に 係 る 事 務

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな

( 交 付 の 申 請 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 申 請 しよ うとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は 様 式 第 1 による 交 付 申 請 書 に SIIが 定 める 書 類 を 添 付 して SIIが 別 に 定 める 時 期 までに 提 出 しなけ れ ばならな 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性 革 命 投 資 促 進 事 業 費 補 助 金 交 付 規 程 平 成 28 年 2 月 16 日 SII-2 7X- 規 程 -001 ( 目 的 ) 第 1 条 こ の 規 程 は 一 般 社 団 法 人 環 境 共 創 イニシアチ ブ( 以 下 S II という )が 行 う 経 済 産 業 省 からの 中 小 企 業 等 の 省 エネ 生 産 性

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z)

(Microsoft Word - \201\232\201y\222\350\212\274\201z) 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 定 款 大 曲 通 町 地 区 市 街 地 再 開 発 組 合 1 総 則 1 2 参 加 組 合 員 3 費 用 の 分 担 2 4 役 員 4 5 総 会 及 び 理 事 会 の 会 議 及 び 議 事 9 6 事 務 局 及 び 職 員 12 7 会 計 12 8 審 査 委 員 13 9 章 価 額 の 確 定 及 び 清 算 14 10

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込

ができる 2 本 組 合 は 加 入 の 申 込 みがあったときは 理 事 会 においてその 諾 否 を 決 する ( 加 入 者 の 出 資 払 込 み) 第 10 条 前 条 第 2 項 の 承 諾 を 得 た 者 は 遅 滞 なく その 引 き 受 けようとする 出 資 の 全 額 の 払 込 広 島 魚 商 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と

第 2 章 会 員 ( 会 員 の 種 類 ) 第 6 条 本 会 議 所 の 会 員 は 次 の 2 種 とし 正 会 員 をもって 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 ( 以 下 一 般 社 団 及 び 財 団 法 人 法 という ) 上 の 社 員 と 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 こ の 法 人 は 一 般 社 団 法 人 出 雲 青 年 会 議 所 (Izumo Junior Chamber Inc. 以 下 本 会 議 所 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 議 所 は 主 たる 事 務 所 を 島 根 県 出 雲 市 に 置 く ( 目

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の

を 経 なければならない 3 前 項 の 規 定 にかかわらず 規 約 の 変 更 のう ち 軽 微 な 事 項 及 び 関 係 法 令 の 改 正 ( 条 項 の 移 動 等 当 該 法 令 に 規 定 する 内 容 の 実 質 的 な 変 更 を 伴 わないものに 限 )に 伴 う 規 定 の 定 款 中 の 変 更 しようとする 箇 所 を 記 載 した 書 面 ( 定 款 変 更 条 文 新 旧 対 照 表 ) 第 1 章 総 変 更 後 の 新 条 文 則 第 1 章 総 変 更 前 の 旧 条 文 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information