平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を"

Transcription

1 卷 第 二 述 太 陽 病 太 陽 病 者 表 熱 證 是 也 蓋 邪 之 初 感 必 先 犯 万 表 則 正 氣 不 万 暢 併 而 爲 万 熱 ゆきわたら 太 陽 病 とは 表 熱 證 是 也 蓋 し 邪 の 初 感 必 ず 先 ず 表 を 犯 せば 則 ち 正 氣 暢 ず あわ 併 せて 熱 と 爲 す 山 田 正 珍 注 二 提 綱 一 曰 頭 項 強 痛 謂 二 頭 痛 項 強 一 瓜 蒂 散 條 云 病 如 二 桂 枝 證 一 頭 不 万 痛 項 不 万 強 可 二 以 徴 一 焉 此 條 統 二 論 中 風 傷 寒 一 故 啻 云 二 脈 浮 一 而 不 万 分 二 緊 與 一 万 緩 也 惡 寒 亦 兼 二 惡 風 一 言 惡 風 輕 惡 寒 重 舍 万 輕 取 万 重 所 万 謂 擧 万 大 而 小 從 者 也 其 不 万 言 二 發 熱 一 者 以 万 有 下 或 已 發 熱 或 未 二 發 熱 一 之 異 上 也 此 説 爲 万 是 傷 寒 論 集 成 ことの 主 要 な 点 をあげたもの 山 田 正 珍 提 綱 に 注 して 曰 く * じ 頭 項 強 痛 頭 痛 項 強 を 謂 ** う 瓜 蒂 散 條 云 病 如 桂 枝 證 頭 不 痛 項 不 強 以 て 徴 とすべし 焉 此 條 中 風 傷 寒 を 統 論 総 論 をすべて 括 って 説 くこと す 故 に 啻 た だ 脈 浮 と 云 って 緊 と 緩 とに 分 けず 也 惡 寒 亦 惡 風 を 兼 ねて すてお 挙 言 う 惡 風 軽 惡 寒 重 輕 きを 舍 き 重 きを 取 る 謂 う 所 の 大 を 擧 げて 小 從 う 者 也 其 發 熱 を 言 わざるは *** 区 別 或 已 發 熱 或 未 發 熱 の 異 有 るを 以 て 也 と 此 説 是 と 爲 す * 提 綱 太 陽 病 上 一 條 太 陽 之 爲 病 脈 浮 頭 項 強 痛 而 惡 寒 ** 太 陽 病 下 三 十 八 條 病 如 桂 枝 證 頭 不 痛 項 不 強 寸 脈 微 浮 胸 中 痞 鞕 氣 上 衝 咽 喉 不 得 息 者 此 爲 胸 有 寒 也 當 吐 之 宜 瓜 蔕 散 *** 太 陽 病 上 三 條 太 陽 病 或 已 發 熱 或 未 發 熱 必 悪 寒 體 痛 嘔 逆 脈 陰 陽 倶 緊 者 名 爲 傷 寒 此 病 大 端 有 万 二 一 則 其 人 腠 理 素 疎 者 倘 被 二 邪 客 一 其 表 愈 開 邪 不 二 内 迫 一 徒 泛 二 漫 肌 肉 一 故 衛 特 受 万 傷 大 体 もとから もし こうむ 此 病 大 端 二 つ 有 り 一 は 則 ち 其 人 腠 理 素 疎 者 倘 邪 客 を 被 れば 其 の 表 愈 いよいよ いたずら 汎 一 面 に 広 がる 敗 開 き 邪 が 内 迫 せず 徒 に 肌 肉 に 泛 漫 故 に 衛 特 に 傷 を 受 ける 観 乙 衛 氣 不 下 與 二 營 氣 一 和 諧 上 及 營 弱 衛 強 等 語 甲 則 中 風 之 邪 不 万 著 二 營 分 一 也 明 矣 * 調 和 衛 氣 が 營 氣 と 和 諧 せず 及 び ** つ 營 弱 衛 強 等 の 語 を 観 れば 則 ち 中 風 の 邪 營 分 に 著 は かざる 也 明 矣 * 素 問 痺 論 四 十 三 帝 曰. 榮 衞 之 氣. 亦 令 人 痺 乎. 岐 伯 曰. 榮 者. 水 穀 之 精 氣 也. 和 調 於 五 藏. 灑 陳 於 六 府. 乃 能 入 於 脉 也. 故 循 脉 上 下. 貫 五 藏. 絡 六 府 也. 衞 者. 水 穀 之 悍 氣 也. 其 氣 慓 疾 滑 利. 不 能 入 於 脉 也. 故 循 皮 膚 之 中. 分 肉 之 間. 熏 於 肓 膜. 散 於 胸 腹. 帝 曰 善 黄 帝 がいう 栄 氣 と 衛 気 もまた 人 に 痺 病 を 起 こさせるか 岐 伯 がいう 営 気 は 水 穀 が 化 成 した 精 気 であり のびやか に 五 蔵 を 協 せ 調 え 六 府 に 散 布 され その 後 脈 中 に 入 って 経 脈 に 沿 って 上 下 に 循 環 し 五 蔵 を 貫 通 して 六 府 と 連 絡 し ています 衛 気 は 水 穀 が 化 成 した 剽 悍 の 気 でありまして この 気 は 非 常 に 速 く 滑 らかなために 脈 中 に 入 ることができ ないので 皮 膚 の 中 や 肌 肉 の 間 を 循 行 し 肓 膜 を 温 め 胸 腹 に 行 きわたっています もし 栄 衛 の 二 気 が 正 常 な 協 調 関 係 を 失 うと 病 が 発 生 します しかしその 気 が 順 行 しさえすれば 病 はすぐに 治 ります つまり 栄 衛 の 気 は 風 寒 湿 の 三 気 と 相 合 することがありませんので 痺 病 を 起 こさすことはないのです 黄 帝 がいう よくわかった 太 陽 中 二 十 三 條 病 常 自 汗 出 者 此 為 榮 氣 和 榮 氣 和 者 外 不 諧 以 衛 氣 不 共 榮 氣 諧 和 故 爾 以 榮 行 脈 中 衛 行 脈 外 復 發 其 汗 榮 衛 和 則 癒 宜 桂 枝 湯 1

2 平 素 から 服 薬 しないのに 發 汗 して 困 る 場 合 は 栄 の 機 能 は 健 全 であるが 衛 の 機 能 がこれに 調 和 しないからである 栄 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く だから 更 に 發 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせて 栄 衛 の 機 能 を 調 和 せしめるときは 自 汗 は 治 癒 する この 場 合 は 桂 枝 湯 の 任 意 指 示 である 現 代 医 学 的 よりこれを 推 察 するとき 衛 は 神 経 特 に 自 律 神 経 のこと 栄 は 血 管 内 を 循 環 する 血 液 及 びリンパ 管 内 を 流 れるリンパ 液 のことと 解 することが 出 来 る 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 ** 太 陽 病 中 篇 六 十 七 條 太 陽 病 發 熱 汗 出 者 此 為 栄 弱 衛 強 故 使 汗 出 欲 救 邪 風 者 宜 桂 枝 湯 是 属 二 表 虚 一 是 れ 表 虚 に 属 する 虚 者 疎 洩 之 義 非 二 虚 乏 虚 一 泄 の 別 体 ひらきもらす 虚 = 間 すきまの 意 味 欠 乏 虚 とは 疎 洩 の 義 虚 乏 の 虚 に 非 ず 所 万 謂 名 爲 二 中 風 一 者 矣 治 以 二 桂 枝 湯 一 調 二 和 營 衛 一 而 汗 二 解 之 一 いわゆる 謂 所 名 を 中 風 と 爲 す 者 矣 * 治 は 桂 枝 湯 を 以 てす 營 衛 を 調 和 して 汗 して 之 を 解 す * 太 陽 病 中 二 十 三 條 病 常 自 汗 出 者 此 為 榮 氣 和 榮 氣 和 者 外 不 諧 以 衛 氣 不 共 榮 氣 諧 和 故 爾 以 榮 行 脈 中 衛 行 脈 外 復 發 其 汗 榮 衛 和 則 癒 宜 桂 枝 湯 尤 怡 醫 學 讀 書 記 曰 傷 寒 發 熱 者 陽 氣 被 万 鬱 而 不 万 伸 也 中 風 發 熱 者 陽 氣 被 万 引 而 外 浮 也 鬱 者 必 發 万 之 浮 者 不 二 徒 解 散 一 而 已 此 桂 枝 湯 所 下 以 兼 二 陰 陽 一 通 二 合 散 一 爲 上 万 劑 也 むすぼ ひ 尤 怡 醫 學 讀 書 記 曰 く 傷 寒 發 熱 は 陽 氣 が 鬱 れて 伸 びず 也 中 風 發 熱 は 陽 氣 が 引 いたずら わかれはなれる きつられて 外 浮 する 也 鬱 れる 者 は 必 ず 之 を 發 し 浮 は 徒 に 解 散 せざる 而 已 のみ 集 剤 此 れ 桂 枝 湯 以 て 陰 陽 を 兼 ね 合 散 に 通 じる 劑 と 爲 す 所 也 一 則 其 人 腠 理 素 緻 者 邪 正 相 搏 更 致 二 緊 閉 一 遂 迫 二 骨 節 一 故 営 衛 倶 傷 密 一 は 則 ち 其 人 腠 理 素 緻 者 邪 正 相 搏 更 に 緊 閉 を 致 し 遂 に 骨 節 に 迫 る 故 に 營 衛 倶 に やぶ 傷 れる 観 二 營 衛 倶 病 骨 節 煩 疼 條 一 則 傷 寒 之 邪 亦 傷 二 衛 分 一 也 明 矣 * や 營 衛 倶 病 骨 節 煩 疼 の 條 を 観 れば 則 ち 傷 寒 の 邪 亦 衛 分 を 傷 る 也 明 らか 矣 * 辨 脈 法 二 十 三 条 寸 口 熟 浮 而 緊 浮 則 為 風 緊 則 為 寒 風 則 傷 衛 營 営 衛 倶 病 骨 節 煩 疼 當 發 其 汗 也 是 屬 二 表 實 一 是 表 實 に 屬 す 實 者 緊 閉 之 義 非 二 結 實 之 實 一 かたくふさがる 意 味 じょうぶ 實 は 緊 閉 の 義 結 實 の 實 に 非 ず 所 万 謂 名 爲 二 傷 寒 一 者 矣 謂 所 名 を 傷 寒 と 爲 す 者 矣 尤 氏 曰 不 万 言 万 無 万 汗 者 以 二 脈 緊 一 該 万 之 也 尤 氏 曰 く 汗 無 しと 言 わざる 者 脈 緊 を 以 て 之 を 該 か ねる 也 2

3 治 以 二 麻 黄 湯 一 發 二 洩 鬱 陽 一 而 汗 二 解 之 一 泄 發 しもれること 治 に 麻 黄 湯 を 以 て 鬱 陽 を 發 洩 して 之 を 汗 解 す 麻 黄 爲 二 汗 藥 中 之 最 烈 者 一 金 匱 苓 甘 五 味 加 薑 辛 半 杏 湯 條 曰 麻 黄 發 二 其 陽 一 蓋 發 陽 二 字 實 盡 二 其 功 用 一 不 万 待 下 李 時 珍 發 二 散 肺 經 火 鬱 一 之 説 上 也 其 得 二 桂 枝 一 而 發 万 表 更 鋭 者 猶 大 黄 之 於 二 芒 消 一 耳 金 匱 又 曰 其 人 形 腫 者 加 二 杏 人 一 主 万 之 其 證 應 万 内 二 麻 黄 一 以 二 其 人 遂 痺 一 故 不 万 内 万 之 拠 万 此 杏 人 之 與 二 麻 黄 一 唯 有 二 緊 慢 之 別 一 而 其 開 万 鬱 則 稍 均 不 二 特 爲 万 治 万 喘 而 用 一 也 且 此 方 之 妙 固 在 二 單 捷 一 所 二 以 不 一 万 用 薑 棗 等 品 一 柯 氏 説 雖 万 密 至 二 大 青 龍 一 而 不 万 通 矣 はげ 麻 黄 は 汗 藥 中 の 最 も 烈 しき 者 と 爲 す * 金 匱 苓 甘 五 味 加 薑 辛 半 夏 杏 仁 湯 條 曰 く 麻 黄 發 本 草 綱 目 明 代 其 陽 蓋 し 發 陽 二 字 實 に 其 の 功 用 を 盡 くす 李 時 珍 の 肺 經 の 火 鬱 を 發 散 するの 説 を 待 たざる 也 其 桂 枝 を 得 て 表 を 發 するは 更 に 鋭 き 者 猶 大 黄 の 芒 消 に 於 けるがごと 同 じく き 耳 金 匱 又 曰 其 人 形 腫 者 杏 人 を 加 え 之 を 主 る 其 證 應 に 麻 黄 を 内 い れ 以 其 人 遂 に 痺 するを 以 ての 故 に 之 を 内 れず 此 に 拠 れば 杏 人 と 麻 黄 唯 緊 慢 の 別 有 りて 其 鬱 やや ひと ひとり を 開 くは 則 ち 稍 均 しい 特 喘 を 治 するを 爲 すとして 用 いざる 也 且 此 方 の 妙 固 ひと 敏 捷 ゆえん 緻 密 く 單 つに 捷 に 在 り 薑 棗 等 の 品 を 用 いざる 所 以 柯 氏 説 密 と 雖 も 大 青 龍 に 至 っては 通 ぜず 矣 * 金 匱 痰 飲 欬 嗽 病 篇 十 二 苓 甘 五 味 加 薑 辛 半 夏 杏 仁 湯 條 ( 苓 甘 薑 味 加 辛 夏 湯 の 服 後 ) 水 去 嘔 止 其 人 形 腫 者 加 杏 人 主 之 其 證 應 内 麻 黄 以 其 人 遂 痺 故 不 内 之 若 逆 而 内 之 者 必 厥 所 以 然 者 以 其 人 血 虚 麻 黄 發 其 陽 故 也 此 其 分 也 二 つにわける 此 れ 其 の 分 也 詳 此 二 證 朱 氏 成 氏 主 二 風 寒 營 衛 相 配 之 説 一 爾 來 諸 家 無 二 復 異 議 一 迄 万 至 二 柯 氏 一 辨 駁 殆 盡 而 張 志 聦 實 闢 二 其 端 一 説 見 二 集 注 凡 例 及 侶 山 堂 類 辨 一 惜 語 焉 未 万 詳 耳 尤 氏 曰 邪 氣 之 來 自 二 皮 毛 一 而 入 二 肌 肉 一 無 万 論 二 中 風 傷 寒 一 未 万 有 下 不 万 及 二 於 衛 一 者 上 其 甚 者 乃 并 傷 二 于 營 一 耳 郭 白 雲 所 万 謂 渉 万 衛 中 万 營 者 是 也 亦 為 二 明 確 一 今 攷 郭 氏 猶 分 二 風 寒 一 然 其 言 頗 精 仍 拈 二 于 左 一 曰 問 曰 太 陽 一 經 何 其 或 有 万 汗 或 無 万 汗 也 雍 曰 繋 二 乎 營 衛 之 氣 一 也 營 行 二 熟 中 一 衛 行 二 脈 外 一 亦 以 二 内 外 和 諧 一 而 後 可 万 行 也 風 邪 之 氣 中 淺 則 中 万 衛 中 万 衛 則 衛 強 衛 強 不 二 與 万 營 相 屬 一 其 剽 悍 之 氣 隨 二 空 隙 一 而 外 出 則 為 万 汗 矣 故 有 万 汗 者 衛 氣 遇 二 毛 孔 一 而 出 者 也 寒 邪 中 深 則 渉 万 衛 中 万 營 二 氣 倶 受 万 病 無 二 一 強 一 弱 之 證 一 寒 邪 營 衛 相 結 而 不 万 行 則 衛 氣 無 自 而 出 一 必 用 万 藥 發 二 其 汗 一 然 後 邪 去 而 營 衛 復 通 故 雖 三 一 經 有 二 有 万 汗 無 万 汗 二 證 一 亦 有 二 桂 枝 解 万 表 麻 黄 發 万 汗 之 治 法 不 一 万 同 也 以 上 つまび そ 此 の 二 證 を 詳 らかにするに 朱 氏 成 氏 は 風 寒 營 衛 相 配 するの 説 を 主 とする 爾 來 れ 以 来 さらに 反 論 ひ 諸 家 復 異 議 無 し 柯 氏 に 至 る 迄 辨 駁 殆 ど 盡 きれども 張 志 聦 實 に 其 端 を 闢 ら く 説 は 集 注 凡 例 及 び 侶 山 堂 類 辨 に 見 える 惜 しむらくは 語 焉 こ れより 未 だ 詳 しからず 耳 尤 氏 曰 く 邪 氣 の 來 皮 毛 自 よ り 肌 肉 に 入 る 中 風 傷 寒 を 論 ぜず 未 だ 衛 に 及 ばざる 者 あわ やぶ 郭 雍 傷 寒 補 亡 論 宋 代 有 らず 其 甚 だしき 者 乃 ち 并 せて 營 を 傷 る 耳 郭 白 雲 謂 う 所 の 衛 3

4 を 渉 へ て 營 に 中 あ 考 たる 者 是 也 亦 明 確 を 爲 す 今 攷 するに 郭 氏 猶 風 寒 を 分 ける 然 して 其 下 引 用 言 頗 る 精 仍 ち 左 に 拈 曰 く 問 曰 く 太 陽 一 經 何 ぞ 其 或 いは 汗 有 り 或 いは 汗 無 し 也 や 郭 雍 調 和 雍 曰 く 營 衛 の 氣 に 繋 がる 也 營 は 脈 中 を 行 き 衛 は 脈 外 を 行 く 亦 内 外 和 諧 を 以 て 後 行 くべき 也 風 邪 の 氣 淺 く 中 あ さ たれば 則 ち 衛 に 中 たる 衛 に 中 れば 則 ち 衛 強 かん 結 すばやくあらあらしい 衛 強 は 營 と 相 屬 さず 其 剽 悍 の 氣 空 隙 に 隨 いて 外 出 すれば 則 ち 汗 を 爲 す 矣 故 に 汗 有 る 者 衛 氣 毛 孔 に 遇 あ あた へ って 出 る 者 也 寒 邪 深 く 中 れば 則 ち 衛 を 渉 営 衛 めぐ て 營 に 中 たる 二 氣 倶 に 病 を 受 け 一 強 一 弱 の 證 無 し 寒 邪 營 衛 相 結 びて 行 らざれ ば 則 ち 衛 氣 自 らにして 出 さず 必 ず 藥 を 用 い 其 汗 を 發 す 然 る 後 邪 去 りて 營 衛 復 ま た 通 ず 故 に 一 經 に 有 汗 無 汗 の 二 證 有 りと 雖 も 亦 桂 枝 表 を 解 し 麻 黄 汗 を 發 するの 治 法 に 不 同 有 る 也 桂 麻 二 湯 其 證 不 万 一 今 僅 擧 二 大 較 一 後 柴 胡 承 氣 等 類 皆 准 万 此 大 略 準 桂 麻 二 湯 其 證 一 ならず 今 僅 かに 大 較 を 擧 げる 後 ち 柴 胡 承 氣 等 類 皆 此 に 准 ず 就 万 中 輕 重 更 有 二 等 差 一 有 下 表 虚 經 万 日 不 万 愈 以 致 二 邪 鬱 一 者 上 有 二 表 虚 重 一 等 血 氣 倶 乏 者 一 有 下 表 虚 重 一 等 邪 著 二 筋 脈 一 者 上 有 下 表 實 軽 一 等 邪 著 二 筋 脈 一 者 上 有 二 表 實 重 一 等 熱 勢 更 甚 者 一 大 抵 隨 二 其 人 強 弱 一 爲 万 異 今 具 二 論 于 左 一 なかんずく ちがい 就 中 輕 重 更 に 等 差 有 り 表 虚 は 日 を 經 て 愈 えず 以 て 邪 鬱 を 致 す 者 有 り 表 虚 重 き 一 等 血 氣 倶 に 乏 しき 者 有 り 表 虚 重 き 一 等 邪 が 筋 脈 に 著 つ く 者 有 り 表 實 軽 き 一 等 邪 が 筋 脈 に 著 く 者 有 り 表 實 重 き 一 等 熱 勢 更 に 甚 だしき 者 有 り 大 抵 其 人 の 強 弱 に 区 別 下 充 分 に 論 議 をつくす 隨 い 異 を 爲 す 今 左 に 具 論 す 仲 景 既 以 二 風 寒 一 爲 二 表 虚 實 之 目 一 而 更 有 三 表 虚 冒 二 傷 寒 一 有 三 表 實 冒 二 中 風 一 蓋 是 互 文 見 万 意 在 万 使 三 人 不 實 二 講 邪 氣 一 故 今 所 二 區 分 一 一 就 二 其 證 以 二 虚 實 一 爲 万 等 至 二 冒 頭 之 義 一 則 巻 末 答 問 中 詳 万 之 矣 かなめ 干 おか 仲 景 既 に 風 寒 を 以 て 表 虚 實 の 目 と 爲 して 更 に 表 虚 傷 寒 に 冒 される 有 り 表 實 二 つの 文 で 互 いに 相 通 じ 相 補 って 意 味 を 全 うする 書 き 方 意 味 あらわ 中 風 に 冒 される 有 り 蓋 し 是 互 文 で 意 を 見 す 人 和 解 すべて をして 邪 氣 に 實 講 なからしむるに 在 り 故 に 今 區 分 する 所 一 其 證 に 就 き 虚 實 を ひと つまび 以 て 等 しいと 爲 し 冒 頭 の 義 に 至 っては 則 ち 巻 末 答 問 中 之 を 詳 らかにする 矣 方 氏 以 二 桂 麻 青 龍 三 證 一 為 二 太 陽 三 綱 一 諸 家 多 沿 二 其 誤 一 特 柯 氏 極 排 二 斥 之 一 更 有 二 明 辨 一 今 摘 二 出 之 一 以 僃 二 于 攷 一 曰 按 許 叔 微 云 桂 枝 治 二 中 風 一 麻 黄 治 二 傷 寒 一 大 青 龍 治 下 中 風 見 二 寒 脈 一 傷 寒 見 中 風 脈 上 三 者 如 二 鼎 立 一 此 方 氏 三 大 綱 所 二 由 来 一 而 大 青 龍 之 證 治 自 万 此 不 万 明 二 於 世 一 矣 不 万 知 下 仲 景 治 万 表 只 在 二 麻 桂 二 法 一 麻 黄 治 二 表 實 一 桂 枝 治 二 表 虚 一 方 治 在 二 虚 實 上 一 分 不 中 在 二 風 寒 上 一 分 上 也 蓋 風 寒 二 證 倶 有 二 虚 實 一 倶 有 二 淺 深 一 倶 有 二 營 衛 一 大 法 又 在 二 虚 實 上 一 分 二 淺 深 一 並 不 下 在 二 風 寒 上 一 分 中 營 衛 上 也 夫 有 万 汗 爲 二 表 虚 一 立 二 桂 枝 湯 一 治 二 有 万 汗 之 風 寒 一 而 更 有 二 加 桂 去 桂 加 芍 及 加 附 子 人 參 厚 朴 杏 人 茯 苓 白 朮 大 黄 龍 骨 牡 蠣 等 劑 一 皆 是 桂 枝 湯 之 變 局 因 表 虚 中 更 有 二 内 虚 内 實 浅 深 之 不 一 万 同 故 加 減 法 亦 種 種 不 万 一 耳 以 万 無 万 汗 爲 二 表 實 一 而 立 二 麻 黄 湯 一 治 二 4

5 無 万 汗 之 風 寒 一 然 表 實 中 亦 有 二 夾 万 寒 夾 万 暑 内 寒 内 熱 之 不 一 万 同 故 以 二 麻 黄 一 爲 万 主 而 加 減 者 若 二 葛 根 湯 大 小 青 龍 麻 黄 附 子 細 辛 甘 草 麻 黄 杏 人 甘 草 石 膏 麻 黄 連 翹 赤 豆 等 劑 一 皆 麻 黄 湯 之 變 局 因 三 表 實 中 亦 各 有 二 内 外 寒 熱 浅 深 之 殊 一 也 葛 根 湯 因 二 肌 肉 津 液 不 一 万 足 而 加 二 葛 根 一 大 青 龍 因 二 内 熱 煩 躁 一 而 加 二 石 膏 一 小 青 龍 以 二 乾 嘔 而 欬 一 而 加 二 半 夏 細 辛 乾 薑 一 麻 黄 附 子 細 辛 二 方 以 二 脈 沈 一 而 加 二 附 子 一 若 二 連 翹 赤 豆 梓 皮 一 濕 熱 發 黄 而 加 諸 剤 皆 因 二 表 實 一 從 二 麻 黄 湯 加 減 何 得 下 獨 推 二 大 青 龍 一 爲 中 鼎 立 上 耶 蓋 中 風 傷 寒 各 有 二 淺 深 一 或 因 二 人 之 強 弱 而 異 地 之 高 下 而 異 時 之 乖 万 和 而 異 以 上 柯 説 攷 千 金 翼 方 曰 尋 二 方 之 大 意 一 不 万 過 二 三 種 一 一 則 桂 枝 二 則 麻 黄 三 則 青 龍 此 之 三 方 凡 療 二 傷 寒 一 不 万 出 万 之 也 然 則 三 綱 之 説 自 二 孫 氏 一 作 二 其 俑 一 而 如 二 方 氏 一 實 本 二 于 朱 氏 成 氏 之 言 一 今 柯 氏 歸 二 咎 于 許 氏 一 不 万 検 之 甚 矣 又 案 大 青 龍 條 外 臺 所 万 引 中 風 見 二 傷 寒 脈 一 者 可 万 服 万 之 者 恐 王 氏 斷 万 章 取 万 義 非 三 唐 時 舊 本 有 二 此 文 一 也 方 有 執 傷 寒 論 條 辨 明 枝 黄 かなめ 方 氏 桂 麻 青 龍 の 三 證 を 以 て 太 陽 三 綱 と 爲 す 諸 家 多 く 其 誤 に 沿 そ こと 柯 琴 傷 寒 論 註 來 蘇 集 清 激 しく はっきりみわける つ う 特 に 柯 氏 極 之 を 排 斥 更 に 明 辨 有 り 今 之 を 摘 出 まみだす 考 備 晋 済 本 事 方 宋 代 以 て 攷 に 僃 える 曰 く 按 ずるに 許 叔 微 云 う 桂 枝 は 中 風 を 治 し かなえ 麻 黄 は 傷 寒 を 治 す 大 青 龍 は 中 風 に 寒 の 脈 を 見 傷 寒 に 風 の 脈 を 見 るを 治 す 三 者 鼎 三 本 脚 の 青 銅 器 よ を 立 てるが 如 し 此 れ 方 氏 三 大 綱 に 由 来 する 所 なれども 大 青 龍 の 證 治 此 自 あき り 世 に 明 らかならず 矣 仲 景 表 を 治 すに 只 麻 桂 二 法 に 在 り 麻 黄 表 實 を 治 し 桂 枝 表 まさ 区 別 虚 を 治 す 方 に 治 は 虚 實 上 に 在 る 分 風 寒 上 に 在 る 分 にはあらざる 也 蓋 し 風 寒 二 證 重 要 な 法 則 倶 に 虚 實 有 り 倶 に 淺 深 有 り 倶 に 營 衛 有 り 大 法 又 虚 實 上 に 在 り 淺 深 に 分 ける みな それ 並 風 寒 上 に 在 っては 營 衛 を 分 けざる 也 夫 汗 有 るは 表 虚 と 爲 し 桂 枝 湯 を 立 て 汗 有 るの 風 寒 を 治 するとして 更 に 加 桂 去 桂 加 えるに 芍 薬 及 び 附 子 人 參 厚 朴 杏 人 はたらき 茯 苓 白 朮 大 黄 龍 骨 牡 蠣 等 劑 有 り 皆 是 桂 枝 湯 の 變 わった 局 因 って 表 虚 中 更 に 内 さまざま 虚 内 實 淺 深 の 不 同 有 り 故 に 加 減 法 亦 種 種 一 ならざる 耳 汗 無 きを 以 て 表 實 と 爲 して 麻 黄 湯 を 立 て 無 汗 の 風 寒 を 治 す 然 れども 表 實 中 亦 寒 を 夾 み 暑 を 夾 み 内 寒 内 熱 の 不 同 有 り 故 に 麻 黄 を 以 て 主 と 爲 して 加 減 するもの 葛 根 湯 大 小 青 龍 麻 黄 附 子 細 辛 甘 草 ごと はたらき 麻 黄 杏 人 甘 草 石 膏 麻 黄 連 翹 赤 豆 等 の 劑 の 若 し 皆 麻 黄 湯 の 變 わった 局 表 實 中 亦 異 各 内 外 寒 熱 淺 深 の 殊 有 るに 因 る 也 葛 根 湯 肌 肉 津 液 不 足 に 因 って 葛 根 を 加 える 大 青 龍 内 熱 煩 躁 に 因 って 石 膏 を 加 える 小 青 龍 乾 嘔 して 欬 するを 以 て 半 夏 細 辛 乾 薑 を あずさ ごとき 加 える 麻 黄 附 子 細 辛 一 方 脈 沈 を 以 て 附 子 を 加 える 連 翹 赤 豆 梓 皮 の 若 き 濕 熱 かなえ 發 黄 にて 加 える 諸 劑 皆 表 實 に 因 る 麻 黄 湯 加 減 に 從 う 何 ぞ 獨 り 大 青 龍 を 推 して 鼎 と 爲 し 立 てるを 得 ん 耶 や 土 地 蓋 し 中 風 傷 寒 各 淺 深 有 り 或 いは 人 の 強 弱 にて 異 なり 地 四 時 そむ 考 の 高 下 にて 異 なり 時 の 和 に 乖 いても 異 なるに 因 る 以 上 柯 説 攷 するに 千 金 翼 方 曰 く 方 の 大 意 を 尋 ねるに 三 種 を 過 ぎず 一 は 則 ち 桂 枝 二 は 則 ち 麻 黄 三 は 則 ち 青 龍 治 療 千 金 方 千 金 翼 方 の 著 此 の 三 方 凡 そ 傷 寒 を 療 するに 之 を 出 ざる 也 然 れば 則 ち 三 綱 の 説 孫 者 孫 思 邈 氏 自 よ ひとがた り 其 俑 を 作 れども 方 氏 の 如 き 實 に 朱 氏 成 氏 の 言 を 本 にす 今 柯 氏 は 許 氏 キキュウ 罪 を 帰 に 帰 咎 す しら するも 之 を 検 べざること 甚 だし 矣 又 案 ずるに * 大 青 龍 條 外 臺 引 5

6 王 燾 外 臺 秘 要 方 唐 文 の 中 か く 所 の 中 風 に 傷 寒 の 脈 を 見 る 者 之 を 服 すべきとは 恐 らく 王 氏 斷 章 らその 一 部 を 取 ってくる 意 味 旧 義 を 取 る 唐 時 舊 本 此 文 有 るに 非 ざる 也 本 文 下 に 二 行 にして 入 れる 注 釈 * 外 臺 二 巻 傷 寒 中 風 方 九 首 大 青 龍 湯 療 太 陽 中 風 脈 浮 緊 發 熱 悪 寒 身 疼 痛 不 汗 出 而 煩 躁 割 注 ( 張 仲 景 傷 寒 論 云 中 風 見 傷 寒 脈 者 可 服 之 ) 太 陽 病 中 八 條 太 陽 中 風 脈 浮 緊 發 熱 悪 寒 身 疼 痛 不 汗 出 而 煩 躁 者 大 青 龍 湯 主 之 若 脈 微 弱 汗 出 悪 風 者 不 可 服 之 服 之 則 厥 逆 筋 惕 肉 瞤 此 爲 逆 也 有 下 表 虚 經 万 日 不 万 愈 以 致 二 邪 鬱 一 者 上 何 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 桂 枝 二 麻 一 湯 桂 枝 二 越 婢 一 湯 證 是 也 其 證 輕 重 不 万 均 故 有 二 三 方 之 設 一 焉 蓋 桂 枝 證 失 万 汗 數 日 邪 鬱 二 肌 肉 一 故 熱 多 寒 少 其 滯 稍 深 故 如 二 瘧 状 一 發 作 有 万 時 但 本 是 表 虚 故 有 万 嫌 二 麻 葛 之 發 一 今 則 鬱 甚 有 二 桂 枝 之 力 不 万 能 万 及 者 一 是 以 酌 二 量 麻 桂 二 方 一 言 二 日 二 三 發 者 一 其 邪 稍 重 言 二 日 再 發 一 者 其 邪 稍 軽 不 万 言 二 發 數 一 者 其 邪 尤 重 且 桂 枝 二 越 婢 一 其 力 緊 桂 二 麻 一 其 力 慢 桂 麻 各 半 在 二 緊 慢 之 閒 一 矣 表 虚 が 日 を 經 るに 愈 えず 以 て 邪 鬱 を 致 す 者 有 り 何 ぞや * 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 桂 枝 二 麻 ひと 用 意 黄 一 湯 桂 枝 二 越 婢 一 湯 證 是 也 其 證 輕 重 均 しからず 故 に 三 方 の 設 有 り 焉 蓋 し むすぼ とどこおり やや 桂 枝 證 汗 を 失 い 數 日 邪 が 肌 肉 に 鬱 れる 故 に 熱 多 寒 少 其 滯 稍 深 い 故 に 瘧 状 の 如 し 發 作 時 有 り 但 し 本 是 表 虚 故 に 麻 葛 の 發 を 嫌 う 有 り 今 則 ち 鬱 甚 だしく 桂 枝 の 力 及 ぶ 能 わざる 者 有 り 是 以 て 麻 桂 二 方 を 酌 量 日 二 三 發 者 と 言 う 其 邪 稍 重 い もっと まさ 日 再 發 と 言 う 者 其 邪 稍 軽 い 發 數 を 言 わざる 者 其 邪 尤 も 重 く 且 に 桂 枝 二 越 婢 つよい ゆるやか 間 一 其 力 緊 桂 二 麻 一 其 力 慢 桂 麻 各 半 緊 慢 の 閒 に 在 り 矣 * 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 桂 枝 二 麻 黄 一 湯 桂 枝 二 越 婢 一 湯 證 太 陽 病 上 二 十 三 條 太 陽 病 得 之 八 九 日 如 瘧 状 發 熱 悪 寒 熱 多 寒 少 其 人 不 嘔 清 便 欲 自 可 一 日 二 三 度 發 脈 微 緩 者 為 欲 癒 也 脈 微 而 悪 寒 者 此 陰 陽 倶 虚 不 可 更 發 汗 更 下 更 吐 也 面 色 反 有 熱 色 者 未 欲 解 也 以 其 不 能 得 小 汗 出 身 必 痒 宜 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 ( 桂 枝 芍 薬 生 薑 甘 草 麻 黄 一 両 大 棗 杏 仁 ) 太 陽 病 上 二 十 五 條 服 桂 枝 湯 大 汗 出 脈 洪 大 者 與 桂 枝 湯 如 前 法 若 形 似 瘧 一 日 再 發 者 汗 出 必 解 宜 桂 枝 二 麻 黄 一 湯 方 ( 桂 枝 芍 薬 麻 黄 十 六 銖 生 薑 杏 仁 甘 草 大 棗 ) 太 陽 病 上 二 十 七 條 太 陽 病 發 熱 悪 寒 熱 多 寒 少 脈 微 弱 者 此 無 陽 也 不 可 更 汗 宜 桂 枝 二 越 婢 一 湯 ( 桂 枝 芍 薬 甘 草 生 薑 大 棗 麻 黄 十 八 銖 石 膏 ) 此 三 條 其 意 互 發 各 半 湯 其 證 特 審 他 二 條 則 文 甚 略 矣 蓋 各 半 湯 條 八 九 日 者 約 略 言 万 之 之 辭 而 二 條 亦 冒 万 之 發 熱 惡 寒 熱 多 寒 少 三 證 疊 言 而 麻 一 湯 省 二 寒 熱 一 但 言 万 如 二 瘧 條 状 一 越 婢 一 湯 言 二 寒 熱 一 而 省 万 如 二 瘧 状 一 其 人 不 万 嘔 清 便 自 可 亦 二 條 所 万 蘊 如 二 瘧 状 一 疑 二 于 少 陽 證 一 故 別 以 万 不 万 嘔 熱 多 疑 二 于 陽 明 證 一 故 別 以 二 淸 便 自 可 一 欲 二 自 可 一 之 欲 字 當 下 從 二 玉 函 一 芟 去 爲 上 万 是 一 日 二 三 度 發 與 二 脈 微 緩 者 一 文 勢 一 串 故 似 万 爲 二 愈 候 一 然 照 二 麻 一 湯 一 實 是 表 鬱 所 万 致 宜 二 接 下 面 色 反 有 二 熱 色 一 者 上 看 一 攷 面 赤 證 參 二 二 陽 併 病 面 色 縁 縁 正 赤 及 陽 明 病 面 合 赤 色 當 下 是 表 鬱 兼 二 裏 熱 一 者 使 上 万 然 今 但 表 鬱 而 有 万 之 故 下 一 反 字 不 万 得 二 小 汗 出 一 者 言 得 万 病 以 来 未 二 曾 小 小 發 一 万 汗 故 致 二 此 表 鬱 一 且 身 癢 也 更 發 万 汗 更 吐 更 下 三 更 字 當 與 二 反 字 一 同 万 義 桂 二 麻 一 湯 證 嘗 經 6

7 二 大 汗 一 亦 是 失 治 亡 然 幸 無 二 亡 陽 之 變 一 亦 不 轉 二 属 陽 明 一 猶 纏 二 滞 表 分 一 累 日 不 万 解 但 以 二 其 既 汗 一 比 二 之 二 證 一 則 鬱 爲 万 輕 龐 氏 於 二 脈 洪 大 下 一 補 二 證 候 不 万 改 四 字 與 二 玉 函 但 字 一 其 義 相 發 桂 二 越 婢 一 湯 證 其 熱 最 重 猶 三 麻 黄 之 有 二 大 青 龍 一 假 二 石 膏 之 力 一 以 越 散 二 鬱 陽 一 脈 微 弱 者 不 万 可 万 發 万 汗 者 蓋 戒 二 此 方 之 不 一 万 可 二 輕 用 一 與 二 各 半 湯 之 脈 微 而 悪 寒 大 青 龍 之 脈 微 弱 一 同 万 例 乃 係 二 倒 筆 法 一 但 此 條 文 甚 約 故 諸 家 不 二 察 及 一 特 中 西 惟 忠 注 稍 為 万 近 万 之 惜 猶 欠 二 明 暢 一 要 万 之 此 三 條 從 未 万 見 二 確 解 一 如 二 方 氏 一 以 爲 二 兩 傷 輕 證 一 尤 屬 二 錯 謬 一 唯 内 臺 方 議 各 半 湯 下 曰 桂 枝 湯 治 二 表 虚 一 麻 黄 湯 治 二 表 實 一 二 者 均 曰 万 解 万 表 霄 壌 之 異 也 今 此 二 方 合 而 用 万 之 者 乃 解 二 其 表 不 万 虚 不 万 實 者 一 也 八 九 日 不 万 已 反 如 二 瘧 状 一 者 乃 先 發 万 表 不 万 盡 微 滯 二 於 經 一 而 不 万 得 万 出 故 一 日 二 三 度 發 也 斯 説 殊 妥 然 猶 未 万 為 二 精 審 一 今 以 万 經 釋 万 經 非 二 敢 好 一 万 異 也 唐 不 巖 對 二 論 三 方 一 云 総 是 一 太 陽 病 病 與 二 時 日 有 淺 與 一 万 深 脈 與 二 形 證 一 有 二 應 與 一 万 否 權 衡 剤 量 不 万 失 二 銖 黍 一 於 万 此 見 二 古 人 立 万 方 之 妙 一 此 言 為 万 然 明 らかにする くわしい 簡 此 三 條 其 意 互 に 發 す 各 半 湯 は 其 證 特 に 審 他 二 條 は 則 ち 文 甚 だ 略 略 あらまし かぶせる 冒 頭 矣 蓋 し 各 半 湯 條 八 九 日 は 約 略 之 を 言 うの 辭 にして 二 條 亦 之 を 冒 す かさ 桂 枝 二 麻 黄 一 湯 發 熱 惡 寒 熱 多 寒 少 三 證 疊 ねる 言 なれども 麻 一 湯 は 寒 熱 を 省 き 但 だ 瘧 状 の 如 きと 言 う 越 婢 一 湯 は 寒 熱 を 言 いいて 瘧 状 の 如 きを 省 く 其 人 不 嘔 淸 便 自 可 鬱 結 亦 二 條 蘊 する 所 瘧 状 の 如 き 少 陽 證 を 疑 う 故 に 別 に 嘔 せずを 以 てす 熱 多 は 陽 明 證 刈 を 疑 うが 故 に 別 に 清 便 自 可 を 以 てす 自 可 を 欲 すの 欲 字 當 に 玉 函 に 従 い 芟 去 するを 是 ひとさし と 爲 す 一 日 二 三 度 發 と 脈 微 緩 とは 文 勢 一 串 故 に 愈 る 候 を 爲 すに 似 る 然 れど てらしあわせる つながる も 麻 一 湯 を 照 に 實 に 是 表 鬱 の 致 す 所 宜 しく 面 色 反 って 熱 色 有 る 者 に 接 考 太 陽 中 十 八 条 陽 明 二 十 七 条 と 看 るべし 面 赤 證 を 攷 すると 二 陽 併 病 面 色 縁 縁 正 赤 及 び くらべあわす 陽 明 病 面 合 赤 色 を 參 し 當 に 是 表 鬱 で 裏 熱 を 兼 ねる 者 然 らしむるべし 今 但 いうこころは 表 鬱 にして 之 有 あり 故 に 一 反 字 を 下 す 不 得 小 汗 出 者 言 病 を 得 て 以 来 わずかばかりの 痒 かゆい 未 だ 曾 て 小 小 汗 も 發 せず 故 に 此 表 鬱 を 致 す 且 つ 身 癢 也 更 發 汗 更 吐 更 下 の 三 更 字 當 に 反 字 と 同 義 桂 二 麻 一 湯 證 嘗 て 大 汗 を 經 る 亦 是 失 治 まとう どここ 幾 日 も 然 れども 幸 い 亡 陽 の 變 無 し 亦 陽 明 に 轉 属 せず 猶 表 分 に 纏 滯 おり 累 日 解 せ ず 但 だ 其 既 に 汗 を 以 てす 之 を 二 證 に 比 すれば 則 ち 鬱 輕 と 為 す 龐 氏 脈 洪 大 下 に 證 変 脈 但 洪 大 明 らかにする 候 改 らずの 四 字 補 う 玉 函 の 但 字 と 其 義 相 發 す 桂 枝 二 越 婢 一 湯 證 ちらす 其 熱 最 も 重 し 猶 麻 黄 の 大 青 龍 有 るがごとく 石 膏 の 力 を 假 り 以 て 鬱 陽 を 越 散 脈 軽 々しく 用 いる 微 弱 者 不 可 發 汗 は 蓋 し 此 方 の 輕 用 すべからざるを 戒 める * 各 半 湯 の 脈 微 簡 単 而 悪 寒 と 大 青 龍 の 脈 微 弱 同 例 乃 ち 倒 筆 法 に 係 わる 但 此 條 文 甚 だ 約 故 に 諸 論 旨 がはっきりとのび 家 察 し 及 ばず 特 に 中 西 惟 忠 注 稍 之 に 近 いと 爲 すも 惜 しむらくは 猶 明 暢 て 通 っている を 欠 く 之 を 要 するに 此 三 條 從 って 未 だ 確 かな 解 を 見 ず 方 氏 の 如 き 以 て 兩 傷 輕 許 弘 金 鏡 内 臺 方 議 清 代 證 と 爲 す 尤 も 錯 謬 に 屬 す 唯 だ 内 臺 方 議 各 半 湯 下 に 曰 う 桂 枝 湯 治 表 虚 ショウジョウ 天 地 麻 黄 湯 治 表 實 二 者 均 しく 表 を 解 すると 曰 うも 霄 壌 の 異 也 今 此 二 方 合 し 桂 麻 各 半 て 之 を 用 いるは 乃 ち 其 表 虚 ならず 實 ならざるものを 解 す 也 八 九 日 不 已 反 如 瘧 7

8 状 は 乃 ち 先 ず 表 を 發 し 盡 くさず 微 ひそ かに 經 に 滯 とどこお りて 出 るを 得 ず 故 に 桂 麻 各 半 一 日 二 三 度 發 する 也 と 斯 こ の 説 殊 こと に 妥 妥 当 然 れども 猶 未 だ 精 審 くわしくつまびらか を 爲 さ ず 今 經 を 以 て 經 を 釋 と く 敢 えて 異 を 好 むに 非 ざる 也 唐 不 巖 が 三 方 に 對 論 して 云 う 総 すべ て 是 一 おなじ 太 陽 病 病 は 時 日 日 時 と 與 とも に 淺 と 深 と 有 り 脈 は 形 證 と 與 に 應 と 否 と 有 り 權 衡 はかる 劑 量 銖 黍 シュショ すこしも を 失 せず 此 に 於 いて 古 人 方 を 立 てるの 妙 を 見 ると 此 言 然 りと 爲 す * 與 二 各 半 湯 之 脈 微 而 悪 寒 大 青 龍 之 脈 微 弱 一 同 万 例 乃 係 二 倒 筆 法 一 太 陽 病 上 二 十 三 條 太 陽 病 得 之 八 九 日 如 瘧 状 發 熱 悪 寒 熱 多 寒 少 其 人 不 嘔 清 便 欲 自 可 一 日 二 三 度 發 脈 微 緩 者 為 欲 癒 也 脈 微 而 悪 寒 者 此 陰 陽 倶 虚 不 可 更 發 汗 更 下 更 吐 也 面 色 反 有 熱 色 者 未 欲 解 也 以 其 不 能 得 小 汗 出 身 必 痒 宜 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 太 陽 病 において 發 病 後 八 九 日 を 経 過 したとき マラリア 熱 の 如 く 惡 感 發 熱 し 發 熱 は 長 時 間 で 惡 感 は 短 時 間 である が 一 日 二 三 回 發 作 し 患 者 は 嘔 氣 を 訴 えず 便 通 が 平 常 通 りであるときは 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 の 任 意 指 示 である 服 薬 後 脈 が 微 緩 なる 場 合 は 治 癒 に 向 かっているのである 服 薬 後 脈 は 微 で これに 加 えるに 惡 寒 を 訴 える 場 合 は 身 体 の 中 心 部 の 機 能 も 表 層 部 のそれも 萎 靡 衰 弱 しているから 禁 忌 である 服 藥 後 顔 面 に 有 熱 性 の 色 彩 が 現 れる 場 合 は 病 が 未 だ 治 癒 に 向 わないのであって 少 しも 發 汗 しないから 全 身 は 必 ず 痒 みを 訴 える この 場 合 は 更 に 桂 枝 麻 黄 各 半 湯 の 任 意 指 示 となる 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 太 陽 病 中 八 條 太 陽 中 風 脈 浮 緊 發 熱 悪 寒 身 疼 痛 不 汗 出 而 煩 躁 者 大 青 龍 湯 主 之 若 脈 微 弱 汗 出 悪 風 者 不 可 服 之 この 場 合 誤 って 服 之 則 厥 逆 筋 惕 肉 瞤 此 爲 逆 也 有 二 表 虚 重 一 等 血 氣 倶 乏 者 一 何 傷 寒 脈 浮 自 汗 出 小 便 數 心 煩 微 惡 寒 脚 攣 急 是 也 此 證 不 二 啻 表 疎 一 其 人 陽 津 素 少 故 雖 二 桂 枝 本 湯 一 猶 過 二 其 當 一 蓋 與 二 少 陰 直 中 一 稍 稍 近 似 而 不 万 比 二 彼 之 寒 盛 一 故 雖 万 經 二 誤 汗 一 僅 須 二 甘 薑 一 而 陽 回 之 後 或 變 二 胃 燥 一 若 其 重 誤 治 則 變 爲 二 純 陰 證 一 也 表 虚 重 き 一 等 血 氣 倶 とも に 乏 しき 者 有 り 何 ぞ * 傷 寒 脈 浮 自 汗 出 小 便 數 心 煩 微 惡 寒 脚 攣 急 是 也 此 證 啻 た だ 表 疎 ならず 其 人 陽 津 素 もと 少 故 に 桂 枝 本 湯 と 雖 も 猶 其 當 当 あたる を 過 あやま てば 蓋 し 少 陰 直 中 病 邪 が 三 陽 経 を 経 ずに 直 接 三 陰 経 を 犯 す と 稍 稍 だんだん 近 似 よくに る すれども 少 陰 直 中 彼 の 寒 盛 には 比 ひとし からず 故 に 誤 汗 を 經 ると 雖 も 僅 かろうじて 甘 草 生 薑 を 須 もち いて 陽 回 の 後 或 いは 胃 燥 に 變 じる 若 もし 其 重 ねて 誤 治 すれば 則 ち 變 じて 純 陰 證 を 爲 す 也 * 傷 寒 論 太 陽 上 二 十 九 條 傷 寒 脈 浮 自 汗 出 小 便 数 心 煩 微 悪 寒 脚 攣 急 反 與 桂 枝 湯 欲 攻 其 表 此 誤 也 得 之 便 厥 咽 中 乾 煩 燥 吐 逆 者 作 甘 草 乾 薑 湯 與 之 以 復 其 陽 若 厥 癒 足 温 者 更 作 芍 薬 甘 草 湯 與 之 其 脚 即 伸 若 胃 氣 不 和 讝 語 者 少 與 調 胃 承 氣 湯 若 重 發 汗 復 加 焼 針 者 四 逆 湯 主 之 傷 寒 において 脈 は 浮 で 自 然 に 發 汗 し 尿 利 は 頻 数 に 心 煩 し 軽 度 の 惡 感 を 訴 え 下 肢 が 攣 急 痙 攣 して 疼 痛 を 覚 える す るとき 法 則 に 反 して 桂 枝 湯 を 与 えて もっぱらその 表 證 を 処 置 しようとするのは 誤 りである 桂 枝 湯 を 服 するとき 嘔 吐 は 直 ちに 身 体 は 厥 冷 し 咽 中 は 乾 燥 し 煩 躁 し 吐 逆 するが この 場 合 には 甘 草 乾 薑 湯 を 作 って 与 え その 陽 を 回 復 せよ もし 厥 冷 が 回 復 して 足 が 温 まる(が 下 肢 の 攣 急 が 癒 えない) 場 合 には あらためて 芍 藥 甘 草 湯 を 作 って 与 え 消 化 管 の 機 能 るとき 患 者 の 下 肢 はそこで 始 めて 伸 びる もし( 最 初 に 桂 枝 湯 を 誤 って 与 えたために) 胃 氣 が 調 和 せずして 8

9 讝 語 を 發 する 場 合 には 調 胃 承 氣 湯 を 少 量 与 えよ もし 再 度 発 汗 性 治 療 転 機 を 起 こさせ その 上 に 焼 鍼 を 以 て 治 療 した 場 合 には 四 逆 湯 の 本 格 的 指 示 である 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 此 條 本 證 次 條 擬 以 三 桂 枝 増 万 桂 加 二 附 子 一 者 殊 不 万 無 万 疑 何 以 言 万 之 夫 既 爲 二 附 子 所 一 万 宜 則 誤 汗 便 厥 之 際 不 万 得 万 不 三 經 與 二 四 逆 一 而 僅 用 二 單 味 小 方 一 竊 恐 萬 無 二 其 理 一 蓋 自 汗 出 小 便 數 心 煩 等 證 與 二 傷 寒 二 三 日 心 中 悸 而 煩 一 梢 同 二 其 情 一 而 係 二 從 前 虚 乏 為 万 邪 凌 虐 者 一 則 是 小 建 中 所 万 主 也 柯 氏 於 二 未 万 發 万 汗 之 前 一 擬 以 二 芍 薬 甘 草 湯 一 尤 氏 謂 此 桂 枝 證 然 陰 虚 而 裏 熱 當 下 以 二 甘 辛 一 攻 万 表 而 以 二 甘 寒 一 顧 上 万 裏 乃 反 與 二 桂 枝 湯 一 治 万 表 而 遺 万 裏 宜 其 得 万 之 而 便 厥 也 二 氏 之 説 亦 有 万 所 万 見 矣 尤 氏 於 二 次 條 一 曰 中 閒 語 意 殊 無 二 倫 次 一 此 豈 後 人 之 文 耶 舒 氏 亦 曰 此 條 説 二 出 許 多 無 万 益 之 語 一 何 所 万 用 万 之 吾 不 万 能 三 曲 為 二 之 解 一 也 並 本 二 于 柯 氏 之 刪 一 也 おしはかる こと 此 條 本 證 次 條 擬 に 桂 枝 に 桂 を 増 し 附 子 を 加 えるを 以 ての 者 殊 に 疑 無 きにあ らず 何 を 以 て 之 を 言 うか 夫 れ 既 に 附 子 宜 しき 所 と 爲 せば 則 ち 誤 汗 便 ち 厥 するの 際 ただ 窃 切 けっ 經 ちに 四 逆 を 與 えざるを 得 ざれども 僅 かに 單 味 の 小 方 を 用 いる 竊 に 恐 らく 萬 して 太 陽 中 七 十 六 條 其 理 無 し 蓋 し 自 汗 出 小 便 數 心 煩 等 の 證 は 傷 寒 二 三 日 心 中 悸 而 小 建 中 湯 主 之 やや 寒 熱 虚 實 以 前 ひどい 目 にあわせる 煩 と 梢 其 情 を 同 じくして 從 前 虚 乏 邪 が 爲 に 凌 瘧 湯 おしはかる 者 に 係 われば 則 ち 是 小 建 中 が 主 る 所 也 柯 氏 未 だ 汗 を 發 せざるの 前 に 擬 して 芍 桂 枝 湯 薬 甘 草 湯 を 以 てすと 尤 氏 此 桂 枝 證 と 謂 う 然 れども 陰 虚 にして 裏 熱 當 に 甘 辛 を 以 て 調 胃 承 氣 湯 ( 大 黄 甘 草 芒 消 表 を 攻 め 甘 寒 ) を 以 て 裏 を 顧 みんとす 乃 ち 反 與 桂 枝 湯 は 表 を 治 のこ して 裏 を 遺 す 宜 しく 其 之 を 得 て 便 ち 厥 すべし 也 二 氏 の 説 亦 見 る 所 有 り 矣 尤 氏 次 間 言 葉 の 意 味 こと 順 序 次 第 條 に 於 いて 曰 く 中 閒 語 意 殊 に 倫 次 無 し 此 豈 後 人 の 文 耶 か と 舒 氏 亦 あまた つぶさ 曰 く 此 條 許 多 益 無 きの 語 を 説 出 何 の 所 ぞ 之 を 用 いると 吾 曲 に 之 の 解 を 爲 す 能 削 除 わず 也 並 柯 氏 の 刪 を 本 とする 也 趙 氏 論 二 本 條 用 万 藥 之 意 一 曰 以 上 用 万 藥 次 第 先 熱 後 寒 先 補 後 瀉 似 万 逆 而 實 順 非 二 仲 景 之 妙 一 孰 能 至 万 是 哉 後 之 學 者 可 万 不 二 以 万 此 爲 万 法 推 廣 而 應 一 万 變 張 郷 子 曰 此 條 見 二 傷 寒 隋 万 證 用 万 薬 如 万 轉 万 圜 法 一 也 先 教 諭 亦 曰 金 匱 欬 嗽 小 青 龍 下 已 之 後 叙 万 證 五 變 應 万 變 加 減 其 意 殆 與 二 此 條 一 同 示 万 人 以 通 万 變 之 法 一 也 趙 言 出 二 汪 氏 選 繁 札 一 頗 爲 二 辨 覈 一 文 財 不 二 具 録 一 趙 氏 本 條 に 用 薬 の 意 を 論 じて 曰 く 以 上 用 藥 次 第 先 熱 後 寒 先 補 後 瀉 逆 に 似 れど まこと たれ も 實 に 順 仲 景 の 妙 に 非 ざれば 孰 か 能 く 是 に 至 らん 哉 しかれども 後 の 學 者 此 を 以 推 し 広 める て 法 とは 爲 ざるべし 推 廣 して 變 に 應 ずる 張 郷 子 曰 く 此 條 傷 寒 は 證 に 隨 いて 轉 円 凝 滞 のない 喩 藥 を 用 い 轉 圜 え の 如 き 法 を 見 る 也 と 先 教 諭 亦 曰 く * 金 匱 欬 嗽 小 青 龍 下 已 の 後 證 を 叙 し 五 變 變 に 應 じて 加 減 其 意 殆 んど 此 條 と 同 人 に 示 すに 變 に 通 じるの 法 すこぶ ベンカク 良 否 を 区 別 する 繁 お を 以 てする 也 と 趙 言 汪 氏 選 録 に 出 る 頗 る 辨 覈 を 爲 す 文 財 おい すべて 具 録 せず * 金 匱 欬 嗽 小 青 龍 下 已 之 後 叙 万 證 五 變 應 万 變 加 減 其 意 殆 與 二 此 條 一 同 金 匱 痰 飲 欬 嗽 病 十 二 9

10 1 青 龍 湯 下 已. 多 唾 口 燥. 寸 脉 沈. 尺 脉 微. 手 足 厥 逆. 氣 從 小 腹 上 衝 胸 咽. 手 足 痺. 其 面 翕 然 熱 如 醉 状. 因 復 下 流 陰 股. 小 便 難. 時 復 冒 者. 與 茯 苓 桂 枝 五 味 甘 草 湯.( 茯 苓 桂 枝 甘 草 五 味 子 ) 治 其 氣 衝. 2 衝 氣 即 低. 而 反 更 欬. 胸 滿 者. 用 桂 苓 五 味 甘 草 湯 去 桂 加 乾 薑 細 辛. 以 治 其 欬 滿. 苓 甘 五 味 薑 辛 湯.( 茯 苓 甘 草 乾 薑 五 味 子 細 辛 ) 3 欬 滿 即 止. 而 更 復 渇. 衝 氣 復 發 者. 以 細 辛 乾 薑 爲 熱 藥 也. 服 之 當 遂 渇. 而 渇 反 止 者. 爲 支 飮 也. 支 飮 者. 法 當 冒. 冒 者 必 嘔. 嘔 者 復 内 半 夏. 以 去 其 水. 桂 苓 五 味 甘 草 去 桂 加 乾 薑 細 辛 半 夏 湯 ( 茯 苓 甘 草 細 辛 乾 薑 五 味 子 半 夏 ) 4 水 去 嘔 止. 其 人 形 腫 者. 加 杏 仁 主 之. 其 證 應 内 麻 黄. 以 其 人 遂 痺. 故 不 内 之. 若 逆 而 内 之 者 必 厥. 所 以 然 者. 以 其 人 血 虚. 麻 黄 發 其 陽 故 也. 苓 甘 五 味 加 薑 辛 半 夏 杏 仁 湯 ( 茯 苓 甘 草 五 味 子 乾 薑 細 辛 半 夏 杏 仁 ) 5 若 面 熱 如 醉. 此 爲 胃 熱 上 衝 熏 其 面. 加 大 黄 以 利 之. 苓 甘 五 味 加 薑 辛 半 杏 大 黄 湯 ( 茯 苓 甘 草 五 味 子 乾 薑 細 辛 半 夏 杏 仁 大 黄 ) 桂 麻 各 半 湯 之 脈 微 而 悪 寒 桂 枝 二 越 婢 一 湯 之 脈 微 弱 大 青 龍 湯 之 脈 微 弱 汗 出 悪 風 蓋 此 類 證 也 有 下 表 虚 重 一 等 邪 著 二 脈 筋 一 者 上 何 桂 枝 加 葛 根 湯 證 是 也 其 證 一 與 二 桂 枝 一 同 啻 項 背 強 几 几 為 万 異 項 背 者 大 筋 之 所 万 束 其 几 几 然 即 是 邪 著 二 筋 脈 一 之 徴 所 三 以 加 二 葛 根 一 也 桂 麻 各 半 湯 の 脈 微 にして 悪 寒 桂 枝 二 越 婢 一 湯 の 脈 微 弱 大 青 龍 湯 の 脈 微 弱 汗 出 悪 風 蓋 し 此 類 證 也 表 虚 重 きこと 一 等 邪 が 脈 筋 に 著 つ く 者 有 り 何 ぞ 桂 枝 加 葛 根 湯 證 是 也 ただ たば 其 證 一 に 桂 枝 と 同 啻 項 背 強 几 几 を 異 と 為 す 項 背 とは 大 筋 の 束 ねる 所 其 几 几 然 即 ち 是 邪 が 筋 脈 に 著 つ く 徴 葛 根 を 加 える 所 以 也 提 綱 既 言 二 頭 項 強 痛 一 則 桂 枝 證 本 有 二 項 強 一 然 未 万 及 万 背 且 不 二 几 几 然 一 也 几 几 王 氏 據 二 赤 舃 几 几 一 爲 万 解 近 來 焦 循 撰 二 毛 詩 補 疏 一 亦 有 二 其 説 一 然 作 二 短 羽 鳥 一 釋 者 於 二 拘 強 之 義 一 固 為 二 襯 著 一 二 家 所 万 辨 今 不 二 敢 從 一 反 汗 出 之 反 字 對 二 犖 根 湯 證 一 言 蓋 邪 著 二 筋 脈 一 稍 屬 二 堅 閉 一 宜 二 以 万 無 万 汗 爲 一 万 正 今 表 疎 人 而 邪 著 二 筋 脈 一 故 於 二 汗 出 一 下 二 一 反 字 一 矣 煮 法 去 二 上 沫 一 三 字 宜 削 是 後 人 因 三 方 中 有 二 麻 黄 一 而 誤 添 者 陶 隱 居 稱 下 麻 乱 不 三 掠 二 去 其 沫 一 令 中 人 煩 上 又 葛 根 芩 連 湯 無 二 此 字 面 一 可 二 以 互 徴 一 ことの 主 要 な 点 を 挙 げたもの 元 提 綱 既 に 頭 項 強 痛 を 言 えば 則 ち 桂 枝 證 本 項 強 有 り 然 れども 未 だ シャク かわさぎ 背 に 及 ばず 且 几 几 然 たらず 也 几 几 王 氏 赤 舃 の 几 几 に 據 よ り 解 と 爲 す 近 來 爲 説 明 する おさえつける こわばる 焦 循 が 毛 詩 補 疏 を 撰 亦 其 説 有 り 然 り 短 羽 鳥 と 作 し 釋 者 拘 強 の 義 シンチャク くっつける に 於 いて 固 く 襯 著 を 爲 す 二 家 の 辨 ずる 所 今 敢 えて 從 わず * 反 汗 出 の 反 字 葛 根 湯 證 に 対 して 言 う 蓋 し 邪 が 筋 脈 に 著 つ く 稍 堅 閉 に 屬 す 宜 しく 無 汗 を 以 て 正 と 爲 す 今 表 疎 の 人 にして 邪 が 筋 脈 に 著 く 故 に 汗 出 に 於 いて 一 反 字 を 下 す 矣 煮 法 けず に 去 上 沫 三 字 宜 しく 削 るべし 是 後 人 方 中 に 麻 黄 有 るに 因 り 誤 って 添 える 者 陶 陶 弘 景 称 黄 黄 去 上 沫 隱 居 は 麻 黄 其 沫 を 掠 去 せずば 人 を 煩 せしむと 稱 する 又 葛 根 芩 連 湯 此 字 面 無 く 以 て 互 いに 徴 とすべし * 太 陽 上 十 四 条 太 陽 病 項 背 強 几 几 反 汗 出 悪 風 者 桂 枝 加 葛 根 湯 主 之 葛 根 四 両 [ 麻 黄 三 両 去 節 ] 芍 薬 二 両 甘 草 二 両 生 薑 三 両 切 大 棗 十 二 枚 擘 桂 枝 二 両 去 皮 右 七 味 以 水 一 斗 先 煮 [ 麻 黄 ] 葛 根 減 二 升 [ 去 上 沫 ] 内 諸 薬 煮 取 三 升 去 滓 温 服 一 升 覆 取 微 似 汗 [ 不 須 啜 粥 ] 餘 如 桂 10

11 枝 法 將 息 及 禁 忌 ( 臣 億 等 謹 按 仲 景 本 論 太 陽 中 風 自 汗 用 桂 枝 傷 寒 無 汗 用 麻 黄 今 證 云 汗 出 悪 風 而 方 中 有 麻 黄 恐 非 本 意 也 第 三 巻 有 葛 根 湯 證 云 無 汗 悪 風 正 與 此 方 同 是 合 用 麻 黄 也 此 云 桂 枝 加 葛 根 湯 恐 是 桂 枝 中 但 加 葛 根 耳 ) 案 ずるに 方 中 麻 黄 を 去 り 方 後 文 宜 しく 麻 黄 去 上 沫 不 須 啜 粥 の 九 字 を 刪 去 すべし 桂 枝 湯 及 葛 根 芩 連 湯 方 後 文 と 比 校 くらべ 考 える して 自 ら 知 る 耳 森 立 之 傷 寒 論 攷 注 上 節 證 與 二 此 節 證 一 倶 爲 二 表 虚 重 一 等 一 但 彼 則 病 近 二 于 虚 一 此 則 病 近 二 于 實 一 又 此 證 宜 万 次 二 于 各 半 湯 等 證 前 一 今 列 二 于 此 一 者 在 万 使 下 人 與 二 葛 根 湯 證 一 相 對 看 上 耳 上 節 證 此 節 證 と 倶 に 表 虚 重 きこと 一 等 を 爲 す 但 彼 則 ち 病 が 虚 に 近 い 此 則 ち 病 が 實 に 近 い 又 此 證 宜 しく 各 半 湯 等 證 前 に 次 列 すべきも 今 此 に 列 するは 人 をして 葛 根 湯 證 と 相 對 して 看 せしむるに 在 る 耳 有 下 表 實 輕 一 等 邪 著 二 筋 脈 一 者 上 何 葛 根 湯 證 是 也 蓋 其 人 表 氣 稍 實 必 須 二 麻 黄 之 發 一 然 邪 未 万 迫 二 骨 節 一 而 猶 著 二 筋 脈 一 是 病 在 二 桂 麻 二 證 之 閒 一 故 酌 二 量 二 湯 一 以 爲 二 之 治 一 也 表 實 輕 きこと 一 等 邪 が 筋 脈 に 著 く 者 有 り 何 ぞ 葛 根 湯 證 是 也 蓋 し 其 人 表 氣 稍 やや 實 必 ず 麻 黄 の 發 を 須 もちい る 然 れども 邪 未 だ 骨 節 に 迫 らずして 猶 筋 脈 に 著 く 是 病 は 桂 麻 二 證 の 閒 に 在 り 故 に 二 湯 を 酌 量 以 て 之 が 治 を 爲 す 也 葛 根 柯 氏 説 極 當 然 爲 万 有 二 和 万 裏 之 功 一 者 殆 不 万 然 蓋 爲 二 發 表 中 之 涼 藥 一 故 能 生 二 津 液 一 而 舒 二 筋 脈 一 也 本 草 圖 経 云 張 仲 景 治 二 傷 寒 一 有 二 葛 根 及 加 半 夏 葛 根 黄 芩 黄 連 湯 一 以 下 其 主 二 大 熱 一 解 万 肌 開 中 腠 理 上 故 也 葛 根 柯 氏 説 極 めて 當 的 中 然 れども 以 て 裏 を 和 するの 功 有 ると 爲 すは 殆 ど 然 らず 蓋 し 發 表 中 の 涼 藥 と 爲 す 故 に 能 く 津 液 を 生 じて 脈 を 舒 ゆるやかに す 也 本 草 圖 経 唐 代 云 う 張 仲 景 傷 寒 を 治 するに 葛 根 葛 根 湯 及 び 加 半 夏 葛 根 加 半 夏 湯 葛 根 黄 芩 黄 連 湯 有 り 其 大 熱 を 主 り 肌 を 解 き 腠 理 を 開 くを 以 ての 故 也 と 有 二 表 實 重 一 等 熱 勢 加 甚 者 一 何 大 青 龍 湯 證 是 也 其 候 一 與 二 麻 黄 證 一 相 同 表 實 重 きこと 一 等 熱 勢 加 ますます 甚 だしき 者 有 り 何 ぞ 大 青 龍 湯 證 是 也 其 候 一 に 麻 黄 證 と 相 同 不 万 言 万 喘 者 蓋 省 文 也 * 喘 を 言 わざるは 蓋 し 省 文 也 麻 黄 三 両 * 太 陽 病 五 條 太 陽 病 頭 痛 發 熱 身 疼 腰 痛 骨 節 疼 痛 悪 風 無 汗 而 喘 者 麻 黄 湯 主 麻 黄 六 両 太 陽 病 中 八 條 太 陽 中 風 脈 浮 緊 發 熱 悪 寒 身 疼 痛 不 汗 出 而 煩 躁 者 大 青 龍 湯 主 之 若 脈 微 弱 汗 出 悪 風 者 不 可 服 之 服 之 則 厥 逆 筋 惕 肉 瞤 此 爲 逆 也 但 煩 躁 爲 二 彼 所 一 万 無 但 煩 躁 は 彼 に 無 き 所 と 爲 す 徐 大 椿 曰 凡 辨 万 證 必 於 二 獨 異 處 一 著 万 眼 是 山 田 正 珍 曰 不 二 汗 出 一 言 下 雖 万 服 二 麻 黄 一 而 不 中 汗 出 上 與 万 無 万 汗 有 万 別 存 万 攷 独 もっぱら 徐 大 椿 曰 く 凡 そ 證 を 辨 ずるに 必 ず 獨 異 なる 處 に 着 眼 すと 是 とする 山 田 正 珍 大 青 龍 湯 曰 く の 区 別 不 汗 出 は 麻 黄 を 服 すと 雖 も 汗 出 せざるを 言 う 無 汗 とは 別 有 り 11

12 と 攷 考 を 存 温 存 す 此 表 熱 極 鬱 内 氣 不 万 能 二 宣 達 一 則 有 二 麻 黄 湯 力 不 一 万 能 万 及 故 加 二 石 膏 之 涼 一 藉 以 發 二 越 之 一 此 表 熱 極 鬱 内 氣 宣 達 通 し 達 す を 能 くせざれば 則 ち 麻 黄 湯 力 及 ぶ 能 わず 有 り 故 に 石 膏 の 涼 を 加 え 藉 借 りて 以 て 之 を 發 越 外 へ 發 散 す 此 證 惡 寒 而 無 万 渇 可 万 知 万 非 二 裏 有 万 熱 者 一 石 膏 雖 二 治 一 万 裏 倘 與 二 麻 黄 一 配 用 則 相 藉 以 走 二 表 分 一 而 散 二 其 壅 鬱 一 如 二 越 婢 湯 一 亦 爲 万 然 要 此 湯 證 於 二 太 陽 中 一 病 爲 二 最 重 一 故 不 万 得 万 不 三 倍 二 用 麻 黄 一 唯 其 熱 極 鬱 甚 單 用 二 麻 桂 一 必 有 二 兩 陽 相 格 之 虞 一 故 佐 以 二 石 膏 一 則 鬱 開 熱 潰 作 万 汗 而 解 蓋 龍 升 雨 降 之 妙 在 二 皿 涼 相 併 處 一 柯 氏 所 万 解 逈 勝 二 前 注 一 然 猶 未 万 為 万 盡 尤 氏 醫 學 讀 書 記 曰 大 青 龍 治 下 風 寒 外 壅 而 閉 二 熱 于 經 一 者 上 夫 熱 鬱 於 經 一 而 不 万 用 二 石 膏 一 汗 為 万 熱 隔 寧 有 二 能 發 万 之 者 一 乎 此 説 本 二 于 王 文 禄 一 而 殊 為 二 協 當 一 又 呉 人 駒 云 發 二 散 表 邪 一 皆 以 二 石 膏 一 同 用 者 蓋 石 膏 其 性 寒 寒 能 勝 万 熱 其 味 薄 薄 能 走 万 表 非 万 若 二 芩 連 之 輩 性 寒 味 苦 而 厚 不 万 能 二 升 達 一 也 此 説 亦 得 此 證 惡 寒 にして 渇 無 く 裏 に 熱 有 る 者 に 非 ざるを 知 るべし 石 膏 専 ら 裏 を 治 すると 雖 も 倘 もし 麻 黄 と 配 用 すれば 則 ち 相 藉 借 り 以 て 表 分 を 走 りて 其 壅 鬱 ふさがり を 散 ち らす 越 婢 湯 の 如 き 亦 然 りと 爲 す 要 するに 此 湯 證 太 陽 中 に 於 いて 病 最 も 重 きと 爲 す 故 に 麻 黄 を 倍 二 倍 用 せざるを 得 ず 唯 其 熱 極 鬱 甚 だしく 麻 辛 苦 温 桂 辛 甘 温 大 熱 を 單 用 ことごとく 用 いる するは 必 ず 兩 陽 相 格 阻 害 の 虞 憂 有 り 故 に 佐 たす けるに 石 膏 辛 甘 寒 を 以 てすれば 則 ち 鬱 開 き 熱 潰 つい える 汗 を 作 な して 解 す 蓋 し 龍 升 昇 雨 降 の 妙 温 涼 相 併 する 處 に 在 り 柯 氏 解 く 所 逈 はるかに 前 注 に 勝 る 然 れども 猶 未 だ 盡 ことごと くは 爲 さず 尤 氏 醫 學 讀 書 記 曰 く 大 青 龍 風 寒 外 壅 にて 熱 が 經 を 閉 塞 する 者 を 治 す 夫 熱 が 經 に 鬱 むすぼ れて 石 膏 を 用 いざれば 汗 が 熱 と 爲 り 隔 へだ たり 寧 なん ぞ 能 く 之 を 發 する 者 有 らん 乎 此 説 王 文 禄 を 本 にして 殊 に 協 かなう 當 的 中 を 爲 す 又 呉 人 駒 云 う 表 邪 を 發 散 するに 皆 石 膏 を 以 て 同 ともに 用 いるは 蓋 し 石 膏 其 性 寒 寒 能 く 熱 に 勝 つ 其 味 薄 薄 能 く 表 を 走 る 黄 芩 黄 連 の 輩 性 寒 味 苦 にして 厚 朴 の 如 きに 非 ざれば 升 昇 達 能 わざる 也 此 説 亦 得 あたる 按 元 和 紀 用 經 陽 粉 散 謂 病 當 万 發 万 汗 而 汗 不 万 止 不 万 止 則 亡 万 陽 當 三 温 二 撲 之 一 用 二 麻 黄 藁 本 白 芷 米 粉 一 末 万 之 以 粉 止 二 身 汗 一 疑 是 龐 氏 諸 家 之 所 万 本 也 又 三 國 志 華 佗 傳 注 稱 有 二 婦 人 一 長 病 經 万 年 世 謂 二 寒 熱 注 病 一 者 佗 用 二 寒 水 一 汲 灌 満 二 百 灌 一 佗 乃 使 二 然 万 火 温 万 牀 厚 覆 一 良 久 汗 洽 出 著 万 粉 汗 燥 便 愈 然 則 漢 時 神 醫 多 用 二 粉 法 一 而 未 万 知 二 兩 夫 子 之 方 果 是 相 同 否 一 按 ずるに 元 和 紀 用 經 陽 粉 散 謂 う 病 當 に 汗 を 發 すべきも 汗 止 まらず 止 まらざれ ば 則 ち 陽 を 亡 うしな う 當 に 之 を 温 撲 打 つ すべし 麻 黄 藁 本 コウホン 白 芷 ビャクシ 米 粉 を 用 い て 之 を 末 とし 以 て 粉 し 身 の 汗 を 止 める 疑 たぶん 是 龐 氏 諸 家 の 本 とする 所 也 又 三 國 志 華 佗 傳 注 して 稱 するに 婦 人 有 り 長 く 病 み 年 を 經 る 世 に 寒 熱 注 病 と 謂 う 者 華 佗 寒 水 を 用 い 汲 くむ 灌 そそぐ 百 灌 を 満 たす 華 佗 乃 ち 火 を 然 も やし 牀 ショウ 寝 台 を 温 め 厚 く 覆 しむ 良 く 久 とどこおる 汗 洽 あまね く 出 粉 を 著 け 汗 燥 かわ き 便 ち 愈 ゆ 然 れば 則 ち 漢 時 の 神 醫 名 医 多 く 粉 法 を 12

13 先 生 用 いて 未 だ 兩 夫 子 の 方 果 して 是 相 同 否 を 知 らず 復 服 汗 多 者 表 陽 虚 故 惡 風 裏 陽 虚 故 煩 躁 不 万 得 万 眠 汪 氏 以 爲 二 邪 熱 未 一 万 除 恐 不 万 然 さらに 復 服 し 汗 多 き 者 表 陽 虚 故 に 惡 風 裏 陽 虚 故 に 煩 躁 眠 るを 得 ず 汪 氏 以 て 邪 熱 未 だ 除 れずと 爲 す 恐 らく 然 らず 如 二 脈 浮 緩 身 不 万 疼 但 重 者 一 其 機 異 而 其 情 同 者 也 * いた 脈 浮 緩 身 疼 まず 但 重 き 者 の 如 き ** 其 機 異 にして 其 情 同 者 也 * 太 陽 中 九 條 傷 寒 脈 浮 緩 身 不 疼 但 重 乍 有 軽 時 無 少 陰 証 者 大 青 龍 湯 發 之 傷 寒 において 脈 は 浮 緩 で 身 体 の 疼 痛 はなく 単 に 身 体 は 重 く 感 ずるが それは 持 続 的 ではなく たちまち 軽 快 す る 時 もあるとき 少 陰 の 症 候 複 合 の 現 れないと 場 合 は 大 青 龍 湯 を 与 えよ 森 田 幸 門 傷 寒 論 入 門 ** 其 機 異 にして 其 情 同 者 也 多 く 見 病 情 の 字 素 問 多 見 る 形 あらわ れる 疾 病 其 情 を 知 るなきの 類 たぐい の 如 く 情 の 言 猶 性 のごとし 蓋 し 病 の 寒 熱 虚 實 神 農 本 草 経 皆 之 を 情 と 謂 う 也 病 機 の 字 本 草 経 に 見 える 曰 く 病 を 療 いや 其 の そうと 欲 すれば 先 ず 其 源 を 察 し 先 ず 森 立 之 輯 松 本 一 男 編 新 刻 校 補 神 農 本 草 経 昭 文 堂 病 機 を 候 うかが 衰 えと 栄 ゲキイ 激 しいことと 穏 う と 蓋 し 邪 の 進 退 消 長 勢 の 緩 急 劇 易 やかなこと 皆 之 を 機 と 謂 う 也 傷 寒 論 述 義 巻 一 述 敘 蓋 邪 迫 二 骨 節 一 故 脈 緊 身 疼 痛 今 邪 不 万 迫 故 脈 緩 身 不 万 疼 然 身 重 而 兼 見 二 前 條 諸 候 一 則 知 三 是 均 屬 二 表 鬱 一 但 脈 緩 身 重 疑 二 于 少 陰 之 脈 遲 身 重 一 故 徴 以 三 乍 有 二 輕 時 一 更 云 下 無 二 少 陰 證 一 者 上 而 示 下 精 心 體 察 不 万 可 二 輕 試 一 之 戒 上 又 麻 黄 湯 證 亦 必 有 下 邪 不 二 緊 迫 一 與 万 此 同 万 機 者 上 可 二 推 而 知 一 也 蓋 し 邪 が 骨 節 に 迫 る 故 に 脈 緊 身 疼 痛 今 邪 迫 らず 故 に 脈 緩 身 疼 まず 然 れども 身 重 あらわ ひと にして 兼 ねて 前 條 諸 候 を 見 せば 則 ち 是 均 しく 表 鬱 に 屬 すを 知 る 但 脈 緩 身 重 少 しるし たちま 陰 の 脈 遲 身 重 を 疑 う 故 に 徴 に 乍 ち 輕 き 時 有 るを 以 てす 更 に 少 陰 證 無 き 者 を 云 い 一 生 懸 命 に 考 える 身 をもって 観 察 する かるがる て 精 心 體 察 輕 しく 試 すべからざるの 戒 を 示 す 又 麻 黄 湯 證 亦 必 ず 邪 が 緊 迫 せず 此 と 機 を 同 じくする 者 有 り 推 して 知 るべき 也 以 上 太 陽 病 要 領 也 此 他 得 万 病 之 初 有 万 所 万 挾 者 有 下 停 飲 相 觸 治 兼 二 驅 利 一 者 上 事 物 の 肝 要 なところ さしはさ 触 以 上 太 陽 病 要 領 也 此 他 病 を 得 る 初 に 挾 む 所 の 者 有 り 停 飲 相 觸 犯 利 水 治 に 驅 利 を 兼 ねる 者 有 り 如 二 喘 家 及 小 青 龍 湯 證 之 類 一 喘 家 及 び * 小 青 龍 湯 證 の 類 の 如 し * 太 陽 病 中 十 條 傷 寒 表 不 解 心 下 有 水 氣 乾 嘔 發 熱 而 或 渇 或 利 或 噎 或 小 便 不 利 少 腹 満 或 喘 者 小 青 龍 湯 主 之 有 下 素 稟 虚 弱 不 万 可 二 徑 汗 一 者 上 生 まれつきの ただ 素 稟 虚 弱 徑 ちに 汗 すべからざる 者 有 り 如 二 小 建 中 湯 及 尺 中 遲 咽 喉 乾 燥 等 諸 證 之 類 一 尺 脈 の 部 小 建 中 湯 及 び 尺 中 遲 咽 喉 乾 燥 等 諸 證 の 類 の 如 き 13

14 又 有 二 風 濕 相 搏 者 一 並 類 二 列 于 後 卷 中 一 矣 至 二 其 傳 變 一 則 裏 之 受 万 病 皆 無 万 不 万 自 万 表 故 其 類 不 万 一 或 傳 二 少 陽 一 或 直 傳 二 陽 明 一 或 直 變 二 太 陰 一 或 直 變 二 少 陰 一 又 風 濕 相 搏 者 有 り 並 後 卷 中 に 類 列 す 矣 其 傳 變 に 至 れば 則 ち 裏 の 病 を 受 けるは 皆 表 自 よ もと りにあらざる 無 きも 故 より 其 類 一 ならず 或 いは 少 陽 に 傳 わり 或 いは 陽 明 に 直 に 傳 わり 或 いは 太 陰 に 直 に 變 わり 或 いは 少 陰 に 直 に 變 わる 以 上 傳 變 皆 有 二 明 文 一 蓋 本 病 變 爲 万 陰 者 必 多 自 二 桂 枝 證 一 其 理 何 也 既 是 表 疎 比 二 之 表 實 者 陽 氣 稍 弱 故 其 重 一 等 者 或 須 二 温 養 一 則 其 易 二 變 爲 一 万 陰 也 明 矣 以 上 傳 變 皆 明 文 有 り 蓋 し 本 病 變 じて 陰 を 爲 す 者 必 ず 多 くは * 桂 枝 證 に 自 よ る 其 理 何 也 か 既 に 是 表 疎 之 を 表 實 者 に 比 して 陽 氣 稍 弱 故 に 其 重 きこと 一 等 者 或 いは 温 養 もち 変 を 須 いれば 則 ち 其 れ 變 じて 陰 と 爲 り 易 き 也 や 明 らか 矣 但 少 陰 直 中 非 下 經 二 太 陽 一 者 上 而 厥 陰 則 病 之 所 万 極 蓋 不 二 自 万 此 遽 變 一 也 * 但 少 陰 直 中 太 陽 を 經 るものに 非 ずして 厥 陰 になれば 則 ち 病 の 極 める 所 蓋 し 此 より にわか 遽 な 變 あらず 也 * 少 陰 直 中 少 陰 病 二 十 一 條 少 陰 病 始 得 之 反 發 熱 脈 沈 者 麻 黄 附 子 細 辛 湯 主 之 少 陰 病 始 得 之 反 發 熱 脈 沈 者 は 少 陰 直 中 最 初 一 日 已 すで に 此 の 證 有 るを 言 う 也 脈 沈 は 浮 ならざるの 謂 に して 少 陰 の 本 脈 沈 細 是 也 少 陰 は 熱 候 有 るべからず 故 に 反 發 熱 と 曰 う 森 立 之 傷 寒 論 攷 注 並 是 玩 二 經 文 一 而 自 知 皆 深 く 味 わう 並 是 の 經 文 を 玩 して 自 ら 知 る 更 有 下 醫 藥 誤 投 及 宿 病 相 觸 而 變 爲 二 諸 證 一 者 上 其 緒 甚 財 今 亦 類 二 列 于 後 卷 一 云 触 犯 繁 更 に 醫 藥 誤 投 及 び 宿 病 相 觸 して 變 じて 諸 證 に 爲 る 者 有 り 其 緒 甚 だ 財 今 亦 後 卷 に 類 列 して 云 う 方 氏 以 來 立 二 太 陽 三 綱 之 説 一 以 二 諸 變 證 一 原 二 其 來 路 分 二 隸 于 桂 麻 青 龍 三 等 一 然 仲 景 之 意 蓋 不 二 若 万 是 其 幾 一 也 且 姑 擧 二 一 證 一 言 万 之 如 二 太 陽 中 篇 眞 武 湯 證 一 或 自 三 桂 枝 證 汗 万 之 如 二 水 流 離 一 或 自 三 桂 枝 證 誤 用 二 麻 黄 一 或 自 三 麻 黄 證 誤 用 二 青 龍 一 諸 般 過 汗 皆 能 變 万 此 有 二 一 定 一 乎 如 二 方 氏 諸 輩 一 專 持 二 偏 見 一 以 繩 二 縛 聖 法 一 其 害 殆 不 万 爲 万 尠 學 者 宜 万 勿 万 被 二 眩 惑 一 焉 方 有 執 傷 寒 論 條 辨 明 たず 方 氏 以 來 太 陽 三 綱 の 説 を 立 て 諸 變 證 を 以 て 其 來 路 を 原 ね 桂 麻 わけしたがわせる ごと 前 兆 青 龍 三 等 に 分 隷 然 れども 仲 景 の 意 蓋 し 是 の 若 き 其 の 幾 あらざる 也 且 そもそも とりあえず 姑 一 證 を 擧 げて 之 を 言 う 太 陽 中 篇 の * 眞 武 湯 證 の 如 く 或 いは 桂 枝 證 に 之 を 汗 し 水 流 離 の 如 きに 自 よ り 或 いは 桂 枝 證 に 誤 って 麻 黄 を 用 いるに 自 よ り 或 いは 麻 黄 證 誤 って 青 龍 を 用 いるに 自 よ や 疑 問 る 諸 般 の 過 汗 皆 能 く 此 を 變 える 一 定 有 る 乎 縄 で 縛 方 氏 諸 輩 の 如 き 專 ら 偏 見 を 持 ち 以 て 聖 法 を 繩 縛 る 必 ず 少 学 ぶ 其 害 殆 尠 を 爲 さず 學 者 者 くらましまどわす 断 定 宜 しく 眩 惑 されることなかるべし 焉 * 太 陽 中 篇 の 眞 武 湯 證 の 如 く 或 いは 桂 枝 證 に 之 を 汗 し 水 流 離 の 如 きに 自 よ り 太 陽 病 中 五 十 四 條 太 陽 病 發 汗 汗 出 不 解 其 人 仍 發 熱 心 下 悸 頭 眩 身 瞤 動 振 振 欲 擗 地 者 真 武 湯 主 之 14

15 太 陽 病 上 十 二 條 太 陽 中 風 陽 浮 而 陰 弱 陽 浮 者 熱 自 發 陰 弱 者 汗 自 出 嗇 嗇 悪 寒 淅 淅 悪 風 翕 翕 發 熱 鼻 鳴 乾 嘔 者 桂 枝 湯 主 之 方 桂 枝 芍 薬 甘 草 生 薑 大 棗 右 五 味 寐 咀 三 味 以 水 七 升 微 火 煮 取 三 升 去 滓 適 寒 温 服 一 升 服 已 須 臾 歠 熱 稀 粥 一 升 餘 以 助 薬 力 温 覆 令 一 時 許 遍 身 漐 漐 微 似 有 汗 者 益 佳 不 可 令 如 水 流 漓 病 必 不 除 完 2009/07/30 改 訂 2014/10/28 15

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不

熱 眩 悸 身 瞤 動 欲 擗 地 の 證 有 り 膻 中 の 陽 有 り 上 焦 心 氣 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 叉 手 冒 心 耳 聾 及 び 奔 豚 の 證 有 り 胃 中 の 陽 有 り 中 焦 水 穀 化 生 の 主 と 爲 す 此 陽 虚 遂 に 腹 脹 滿 胃 中 不 述 兼 變 諸 證 虚 乏 虚 乏 述 太 陽 病 此 病 大 端 大 体 二 つ 有 り 一 は 則 ち 其 人 腠 理 素 もとから 疎 者 倘 もし 邪 客 を 被 こうむ れば 其 の 表 愈 いよいよ 開 き 邪 が 内 迫 せず 徒 いたずら に 肌 肉 に 泛 汎 漫 一 面 に 広 がる 故 に 衛 特 に 傷 敗 を 受 ける 是 れ 表 虚 に 属 する 虚 間 すきまの 意 味

More information

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案)

公立各級學校專任教師兼職處理原則(草案) 公 立 各 級 學 校 專 任 教 師 兼 職 處 理 原 則 部 分 規 定 修 正 規 定 二 教 師 在 服 務 學 校 以 外 之 機 關 ( 構 ) 兼 職, 依 本 原 則 規 定 辦 理 但 兼 任 行 政 職 務 之 教 師, 其 兼 職 範 圍 及 許 可 程 序, 依 公 務 員 服 務 法 規 定 辦 理, 並 不 適 用 第 三 點 第 四 點 及 第 十 點 規 定 三 教

More information

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分

資 格 列 入 候 用 名 冊 之 增 額 錄 取 人 員, 因 服 兵 役 未 屆 法 定 役 期 或 因 養 育 三 足 歲 以 下 子 女, 無 法 立 即 接 受 分 配 訓 練 者, 得 於 規 定 時 間 內 檢 具 事 證 申 請 延 後 分 配 訓 練 增 額 錄 取 人 員 經 分 訊 息 摘 要 : 修 正 公 務 人 員 考 試 法 公 ( 發 ) 布 日 期 :103-01-22 內 文 : 中 華 民 國 一 百 零 三 年 一 月 二 十 二 日 總 統 華 總 一 義 字 第 10300008971 號 令 修 正 公 布 全 文 28 條 ; 並 自 公 布 日 施 行 第 1 條 公 務 人 員 之 任 用, 依 本 法 以 考 試 定 其 資 格 第 2 條

More information

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表

新竹市國民中學學生成績評量辦法修正草案條文對照表 新 竹 市 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 辦 法 全 案 修 正 條 文 第 一 條 本 辦 法 依 國 民 教 育 法 第 十 三 條 第 一 項 及 國 民 小 學 及 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量 準 則 規 定 訂 定 之 第 二 條 國 民 中 學 學 生 成 績 評 量, 以 協 助 學 生 德 智 體 群 美 五 育 均 衡 發 展 為 目 的, 並 具 有 下 列

More information

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題

腫瘤病人的中西醫結合治療常見問題 腫 瘤 病 人 的 中 西 醫 結 合 治 療 常 見 問 題 一, 腫 瘤 病 人 要 不 要 服 中 藥? 中 醫 藥 在 癌 腫 治 療 方 面 是 整 體 的 看 待 人 體 的 疾 病 兩 個 方 面, 有 它 自 己 固 有 的 特 點 因 為 腫 瘤 雖 只 有 生 長 在 身 體 的 某 一 局 部, 但 實 際 上 不 少 腫 瘤 的 反 應 的 是 一 個 全 身 性 的 疾 病,

More information

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_

Microsoft Word - 1030925院會重要業務報告_12-004韓國日本司法制度_ 考 試 院 第 12 屆 第 4 次 會 議 考 選 部 重 要 業 務 報 告 民 國 103 年 9 月 25 日 壹 考 選 行 政 從 德 國 日 本 司 法 考 試 制 度 看 我 國 司 法 官 及 律 師 考 試 制 度 改 進 方 向 一 前 言 本 部 於 102 年 10 月 辦 理 國 際 暨 兩 岸 學 術 研 討 會, 邀 請 多 國 學 者 針 對 該 國 之 公 務 人

More information

修正條文

修正條文 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 業 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 公 布, 並 明 定 自 公 布 後 一 年 施 行 按 本 法 第 九 條 第 一 項 規 定, 公 告 場 所 所 有 人 管 理 人 或 使 用 人 應 置 室 內 空 氣 品 質 維 護

More information

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條

室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 第 一 條 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 本 辦 法 依 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 第 九 條 第 三 項 規 定 訂 定 之 第 二 條 室 內 空 氣 品 質 維 護 管 理 專 責 人 員 設 置 管 理 辦 法 修 正 總 說 明 室 內 空 氣 品 質 管 理 法 ( 以 下 簡 稱 本 法 ) 於 一 百 年 十 一 月 二 十 三 日 經 總 統 公 布, 並 自 公 布 後 一 年 施 行 為 有 效 推 動 本 法 施 行, 實 施 室 內 空 氣 品 質 專 責 人 員 制 度, 建 立 公 告 場 所 自 我 維

More information

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項

新竹市八十八學年度公私立幼稚園新生入園注意事項 新 竹 市 北 區 載 熙 國 民 小 學 附 設 幼 兒 園 105 學 年 度 招 生 簡 章 一 依 據 : 新 竹 市 幼 兒 就 讀 公 立 幼 兒 園 及 非 營 利 幼 兒 園 優 先 入 園 辦 法 及 新 竹 市 105 學 年 度 公 立 幼 兒 園 新 生 入 園 登 記 實 施 計 畫 二 辦 理 時 間 : ( 一 ) 招 生 簡 章 公 告 日 期 地 點 及 諮 詢 電

More information

滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結

滲 入 或 有 為 下 利 者 也 玉 函 経 作 小 便 不 利 亦 欲 作 下 利 之 兆 在 于 此 也 其 脈 寸 浮 関 上 小 細 沈 緊 者 言 浮 脈 在 寸 未 免 太 陽 経 邪 氣 雖 然 其 三 焦 経 絡 腸 胃 外 之 水 道 血 路 寒 実 極 矣 故 関 脈 比 結 辨 太 陽 病 證 并 治 下 第 七 合 三 十 九 法 方 三 十 首 并 見 太 陽 少 陽 合 病 法 一 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 脈 浮 関 脈 沈 名 曰 結 胸 也 玉 函 経 問 曰 病 有 結 胸 有 臓 結 其 状 何 如 答 曰 按 之 痛 寸 口 脈 浮 関 上 自 沈 為 結 胸 三 ノ 一 ヲ 千 金 翼 同 文 玉 函

More information

おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する

おも する 也 熱 無 くして 惡 寒 する 者 陰 に 發 する 也 と 謂 うに *4 傷 寒 或 いは 已 に 發 熱 或 つづいて いは 未 だ 發 熱 せず 必 ず 惡 寒 者 の 如 き 之 に 繼 發 熱 を 以 てすると 謂 うは 此 則 ち 陽 に 身 体 を 曲 げる 發 する 傷 寒 廣 要 巻 第 三 辨 證 ( 辨 別 し 証 明 する) 惡 寒 傷 寒 惡 寒 何 以 明 万 之 惡 寒 者 風 寒 客 二 於 營 衛 之 中 一 也 惟 其 風 寒 客 二 於 營 衛 一 則 洒 淅 然 惡 寒 也 惟 其 營 衛 之 受 二 風 寒 一 則 嗇 嗇 然 不 万 欲 万 舒 也 其 惡 寒 者 非 二 寒 熱 之 寒 一 也 又 非 二 惡 風 一 也 且 惡 風

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

政府服務創新精進方案

政府服務創新精進方案 政 府 服 務 創 新 精 進 方 案 96 年 7 月 23 日 行 政 院 院 授 研 展 字 第 09600152471 號 函 頒 壹 緣 起 本 院 自 民 國 85 年 頒 行 全 面 提 升 服 務 品 質 方 案 以 來, 透 過 行 政 院 服 務 品 質 獎 相 互 競 賽 標 竿 學 習 之 機 制, 已 樹 立 大 量 政 府 機 關 服 務 典 範 方 案 推 動 迄 今,

More information

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表

98至100年戶政解釋函令彙整一覽表 86 至 102 年 戶 政 解 釋 函 令 彙 整 一 覽 表 ( 出 生 地 ) 內 政 部 發 文 函 釋 摘 要 函 釋 內 容 102/08/29 內 授 中 戶 字 第 1025830128 號 有 關 出 生 地 空 白 者 補 辦 出 生 地 登 記, 須 否 同 時 換 領 國 民 身 分 證 收 取 換 證 規 費 及 依 職 權 逕 行 登 記 案 一 依 據 本 部 102

More information

防災辦公室報告

防災辦公室報告 第 二 章 地 區 環 境 概 述 第 一 節 地 理 環 境 三 民 區 位 於 高 雄 市 的 中 央 地 帶, 東 接 高 雄 市 的 鳳 山 區 與 鳥 松 仁 武 兩 區 ; 西 至 鼓 山 鹽 埕 二 區, 以 仁 愛 河 為 界 ; 南 連 前 金 新 興 苓 雅 三 區, 以 仁 愛 河 南 支 線 ( 已 改 建 運 河 ) 為 界 ; 北 鄰 鼓 山 左 營 二 區, 以 仁 愛

More information

日語漢字由來及演進探討

日語漢字由來及演進探討 投 稿 類 別 : 文 學 類 篇 名 : 日 語 漢 字 的 由 來 及 演 進 探 討 作 者 : 曾 昱 文 台 北 市 立 成 功 高 中 高 二 01 班 指 導 老 師 : 謝 紫 琳 老 師 游 麗 卿 老 師 壹 前 言 一 研 究 動 機 日 本 距 離 台 灣 並 不 遠, 日 本 製 的 商 品 及 日 本 品 牌 並 不 難 見, 近 日 來 哈 日 族 的 增 長 以 及

More information

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行

壹 拾 參 加 經 費 : 一 參 加 人 員 所 需 經 費, 概 由 各 單 位 自 行 負 責 二 服 裝 由 各 單 位 自 備, 同 一 單 位 之 運 動 員, 除 男 女 服 裝 樣 式 可 以 不 同 外, 顏 色 質 料 均 須 劃 一 三 每 一 參 加 單 位 均 應 自 行 新 竹 縣 105 年 全 縣 運 動 會 競 賽 計 畫 壹 主 旨 : 一 提 倡 本 縣 田 徑 運 動, 發 掘 優 秀 運 動 員 二 發 展 全 民 體 育, 提 高 運 動 技 術 水 準 貳 依 據 : 本 競 賽 計 畫 依 據 中 華 民 國 田 徑 協 會 審 定 之 最 新 規 則 訂 定 參 主 辦 單 位 : 新 竹 縣 政 府 肆 承 辦 單 位 : 新 竹 縣 立 新

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利

制 度, 並 接 受 政 府 有 關 部 門 的 監 督 管 理 等 就 此 而 言, 此 法 一 方 面 提 供 誘 因 以 鼓 勵 慈 善 活 動 的 推 展, 另 一 方 面 也 加 強 相 關 工 作 的 監 督 與 管 理, 故 同 時 具 有 興 利 與 防 弊 的 目 的 在 興 利 二 大 陸 通 過 慈 善 法 之 觀 察 政 治 大 學 東 亞 研 究 所 教 授 王 信 賢 主 稿 大 陸 透 過 慈 善 法 立 法 鼓 勵 慈 善 活 動 推 展 加 強 相 關 監 督 與 管 理, 並 期 將 慈 善 資 源 挹 注 到 扶 貧 工 作, 以 助 達 成 2020 年 農 村 貧 困 人 口 全 脫 貧 之 目 標 深 究 慈 善 法 內 涵, 大 陸 當 局 主 導

More information

申請される前に

申請される前に 学 校 法 人 佐 藤 学 園 大 阪 生 物 醫 療 工 學 専 門 学 校 日 本 語 學 科 招 生 簡 介 繁 體 版 本 日 語 本 科 課 程 課 程 介 紹 申 請 報 名 時 間 1. 課 程 和 報 名 時 間 課 程 年 限 入 學 時 間 報 名 期 間 2 年 課 程 毎 年 4 月 10 月 1 日 ~11 月 30 日 1 年 6 個 月 課 程 毎 年 10 月 2 月

More information

ISSN 1029-6271

ISSN 1029-6271 ISSN 1029-6271 銘 傳 日 本 語 教 育 日 文 目 次 はしがき 第 17 期 銘 傳 日 本 語 教 育 編 集 委 員 会 [ 寄 稿 論 文 ] ワークショップ 日 本 語 アカデミック ライティングの 核 心 をつかむ 実 施 報 告 および 受 講 者 へのアンケート 調 査 の 結 果 と 考 察 村 岡 貴 子 因 京 子 1 [ 研 究 論 文 ] 日 本 語 教

More information

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給

照 案 核 備 照 案 核 備 1042-2-6 案 由 : 國 際 交 換 生 至 本 校 就 讀 事 宜 1. 應 日 系 交 換 生 修 讀 中 文 課 程 事 宜, 請 學 校 准 予 使 用 該 系 業 務 費 支 給 授 課 教 師 鐘 點 費, 或 請 學 校 核 撥 經 費 支 給 國 立 臺 中 科 技 大 學 語 文 學 院 104 學 年 度 第 2 學 期 第 3 次 院 務 會 議 紀 錄 開 會 時 間 : 年 3 月 28 日 ( 星 期 一 ) 上 午 10 時 10 分 開 會 地 點 : 中 正 大 樓 4 樓 3401 院 辦 公 室 會 議 主 席 : 邱 院 長 出 席 列 席 人 員 : 如 簽 到 單 記 錄 : 林 壹 主 席 致 詞 ( 略 )

More information

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用

万 可 三 過 二 用 表 劑 一 若 投 以 二 和 解 養 胃 對 金 之 類 一 不 万 效 者 宜 二 神 朮 散 一 有 三 虚 人 感 冒 發 熱 僅 一 日 熱 不 万 爲 万 久 又 不 万 爲 万 重 便 見 二 讝 語 一 此 乃 虚 不 万 禁 万 熱 不 万 可 三 遽 用 傷 寒 廣 要 卷 第 十 一 別 證 * 感 冒 * 風 邪 が 人 体 に 侵 入 しておこるこので 症 状 は 鼻 づまり 鼻 水 頭 痛 惡 風 骨 節 疼 痛 惡 寒 發 熱 あるいは 咳 嗽 喉 痛 な どを 現 す 病 名 彙 解 創 医 会 学 術 部 漢 方 用 語 大 辞 典 燎 原 感 冒 本 與 二 傷 寒 一 治 證 一 同 但 有 二 輕 重 之 分 一 耳 故 重 者

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒

結 胸 其 來 多 くは 太 陽 病 の 誤 下 に 因 る 亦 誤 下 に 因 らざる 者 有 り 心 下 痛 之 を 按 じて 石 鞕 其 證 稍 重 い 太 陽 病 下 八 條 傷 寒 六 七 日 結 胸 熱 実 脈 沈 而 緊 心 下 痛 按 之 石 鞕 者 大 陥 胸 湯 主 之 傷 寒 傷 寒 廣 要 卷 第 八 兼 變 諸 證 中 結 胸 胸 滿 病 人 以 二 傷 寒 一 爲 二 大 患 一 傷 寒 以 二 結 胸 一 爲 二 惡 證 一 又 結 胸 有 二 陰 陽 一 陽 結 者 陽 盛 下 万 之 太 早 陰 結 者 陰 盛 下 万 之 太 早 拘 結 胸 何 以 辨 明 陽 結 則 實 痛 陰 結 則 暄 痞 其 病 傷 寒 之 又 手 偃 仰 滿 硬 攻 万 心 起 而

More information

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc

Microsoft Word - dwo71性平特刊-1001003.doc 第 1 版 鐸 聲 發 行 : 汪 大 久 編 輯 : 羅 立 凡 袁 輔 綸 出 刊 : 一 年 十 月 三 日 美 編 排 版 : 廖 綢 出 版 : 明 道 中 學 輔 導 處 71 期 -- 性 別 平 等 教 育 特 刊 校 園 性 平 事 件 之 辨 識 與 應 承 擔 的 責 任 桃 園 農 工 陳 文 玲 性 別 平 等 教 育 法 ( 簡 稱 性 平 法 ) 修 正 條 文, 經

More information

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc)

(Microsoft Word - 101.08.28\246\333\263\254\257g\301`\267|\244\266\262\320.doc) 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 緣 起 本 會 於 民 國 八 十 五 年 元 月 二 十 日 舉 行 成 立 大 會, 同 年 二 月 二 十 六 日 獲 內 政 部 頒 發 立 案 證 書 ( 字 號 : 台 內 社 字 第 8504979 號 ), 正 式 成 立 社 團 法 人 中 華 民 國 自 閉 症 總 會 本 會 是 以 服 務 全 國 自 閉 症 家 庭 為 主 的 人 民 團

More information

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫

欲 二 作 万 汗 而 出 一 者 若 爲 二 外 風 涼 水 仔 一 所 万 薄 則 怫 熱 反 入 二 於 裏 一 而 不 万 能 二 出 泄 一 病 多 危 極 而 死 矣 亦 不 万 可 下 恨 二 其 汗 遲 一 而 厚 衣 壅 覆 欲 中 令 二 大 汗 快 一 而 早 出 上 也 怫 傷 寒 廣 要 卷 第 四 太 陽 病 桂 枝 湯 證 東 都 丹 波 元 堅 柔 撰 凡 桂 枝 湯 證 病 者 常 自 汗 出 小 便 不 万 數 手 足 皿 和 或 手 足 指 稍 露 万 之 則 砲 冷 覆 万 之 則 皿 渾 身 熱 砲 煩 而 又 增 寒 始 可 万 行 万 之 若 病 者 身 無 万 汗 小 便 數 或 手 足 逆 冷 不 二 惡 寒 一 反 惡 熱 或 飲 万 酒 後

More information

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40)

東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 709-788 1 1 64 / 28 426 2008 246 (39) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 8 2 28 3 4 2 402 1975 3 577 1995 4 245 (40) 759-820 11 5 1974 5 247 1987 244 (41) 東 洋 文 化 研 究 所 紀 要 第 166 册 -775 6 780-841 7 8 8 9 6 28 571

More information

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464>

<5461726F2D8AB496608EA197C382D682CC905682BD82C88E8E82DD2E6A7464> 感 冒 治 療 への 新 たな 試 み ーー 新 型 インフルエンザへの 対 応 を 含 めてーー 中 醫 クリニック コタカ 小 髙 修 司 先 頃 のミャンマーのサイクロン 被 害 そして 四 川 省 を 中 心 とする 大 地 震 被 災 を 見 ても 政 治 が 災 害 時 に 如 何 に 大 きな 役 割 を 果 たすかを 改 めて 認 識 された 方 も 多 かったかと 思 われ る 防

More information

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當

而 空 姐 所 面 對 的 是 變 動 率 高 不 固 定 的 一 群 人, 而 老 師 則 是 能 夠 照 看 著 同 一 群 人, 與 之 一 同 學 習 成 長, 對 於 她 而 言, 這 是 兩 種 截 然 不 同 的 刺 激 3. 您 是 什 麼 時 候 修 習 師 培 課 程? 在 當 東 海 大 學 中 等 教 育 學 程 師 資 生 實 地 學 習 紀 錄 表 學 生 姓 名 : 邱 鎂 玲 學 號 :1021649 科 目 : 教 育 哲 學 日 期 時 間 :104 年 12 月 24 日 ( 星 期 五 ) 14 時 00 分 至 16 時 30 分 ( 教 師 訪 談 ) 104 年 12 月 25 日 ( 星 期 五 ) 09 時 00 分 至 11 時 30 分 (

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用 範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的

這 些 日 常 業 務 所 需 的 商 用  範 例 都 可 以 直 接 套 用, 您 只 要 依 需 求 加 以 適 度 修 改 即 可, 使 用 起 來 非 常 方 便 除 此 之 外 還 有 練 習 題, 提 供 讀 者 做 反 饋 練 習 如 針 對 商 業 文 書 中 特 有 的 @ 不 論 是 在 日 商 公 司 工 作, 或 是 與 日 本 公 司 有 貿 易 往 來 的 台 商 公 司 工 作, 都 有 機 會 使 用 日 文 商 業 文 書 在 貿 易 往 來 中, 合 宜 的 文 書 溝 通 可 以 讓 彼 此 的 合 作 關 係 更 為 順 暢, 減 少 雙 方 的 摩 擦 以 前 日 文 商 業 文 書 是 以 紙 張 文 書 方 式 寄 送, 但 隨 著 Email

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

Microsoft Word - 星埜由尚全文

Microsoft Word - 星埜由尚全文 日 本 地 圖 的 數 位 化 星 埜 由 尚 社 團 法 人 日 本 測 量 協 會 副 會 長 一 日 本 地 圖 繪 製 史 述 略 在 日 本, 地 圖 的 歷 史 源 遠 流 長 根 據 日 本 書 紀 中 大 化 2 年 (646) 八 月 詔 書 裡 所 記 載 的 宜 觀 各 國 持 來 疆 界 圖 以 定 將 來 國 縣 之 名, 可 知 曾 對 各 封 國 要 求 提 出 地 圖

More information

Taro-2-3.jtd

Taro-2-3.jtd -90- 点 課 井 岡 康 在 韓 金 権 氏 諸 機 構 庭 校 青 団 ほ ぼ 掌 握 メ カ ズ ム 官 僚 図 致 真 過 程 質 周 露 戦 争 帝 転 換 旧 来 然 秩 序 価 値 観 再 否 破 壊 創 先 点 金 氏 基 権 力 衆 域 前 提 前 統 過 程 位 づ 和 係 料 -91- 衆 在 角 欠 総 括 金 氏 批 判 監 容 経 済 質 援 助 叱 咤 激 励 与 権

More information

    <脉診の基本とその手順>

    <脉診の基本とその手順> < 脉 診 の 基 本 とその 手 順 > 名 古 屋 漢 方 鍼 医 会 はじめに 凡 そ 診 脉 は 須 らく 先 ず 時 脉 胃 脉 と 臓 腑 の 平 脉 とを 知 りて 然 る 後 に 病 脉 に 及 ぶこと を 要 す ( 診 家 枢 要. 景 岳 全 書 - 脉 診 章 等 ) 脉 診 を 行 うには 平 脉 ( 健 康 人 の 脉 )を 知 ってから 病 脉 ( 病 人 の 脉 )を

More information

★最終校/12-綜合討論.indd

★最終校/12-綜合討論.indd 綜 合 討 論 綜 合 討 論 主 持 人 : 林 鎮 國 ( 台 灣 國 立 政 治 大 學 教 授 ) 林 鎮 國 教 授 歡 迎 大 家 再 次 回 到 研 討 會, 現 在 進 行 最 後 一 場 的 綜 合 座 談 我 是 林 鎮 國, 現 任 政 治 大 學 哲 學 系 及 宗 教 研 究 所 的 老 師 因 為 今 天 研 究 所 有 課, 所 以 現 在 才 來 到 會 場, 在 此

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

ったためである 期 門 足 之 太 陰 脾 経 足 之 少 陽 胆 経 ( 前 胸 部 ) に 鍼 を 刺 してその 実 実 熱 方 術 説 話 炎 症 の 程 度 傷 寒 論 入 門 に 応 じて 之 を 取 り 去 る べきだ * 血 室 案 血 室 子 宮 也 従 子 宮 支 出 之 脈 為

ったためである 期 門 足 之 太 陰 脾 経 足 之 少 陽 胆 経 ( 前 胸 部 ) に 鍼 を 刺 してその 実 実 熱 方 術 説 話 炎 症 の 程 度 傷 寒 論 入 門 に 応 じて 之 を 取 り 去 る べきだ * 血 室 案 血 室 子 宮 也 従 子 宮 支 出 之 脈 為 傷 寒 廣 要 卷 十 二 児 婦 兒 婦 人 傷 寒 総 説 古 人 治 万 病 先 論 二 其 所 一 万 主 男 子 調 二 其 氣 一 婦 人 調 二 其 血 一 雖 万 然 婦 人 傷 寒 與 二 男 子 一 治 法 不 万 同 男 子 先 調 万 氣 婦 人 先 調 万 血 此 大 略 之 詞 耳 要 万 之 脉 緊 無 万 汗 名 二 傷 寒 一 脉 緩 有 万 汗 爲 二 傷 風 一

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其

前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其 香 港 頻 率 劃 分 表 二 零 一 一 年 四 月 電 訊 管 理 局 前 言 本 手 冊 載 有 根 據 無 線 電 規 則 第 三 區 頻 率 劃 分 表 中 適 用 於 香 港 的 部 分 香 港 採 用 的 頻 譜 劃 分 及 香 港 使 用 的 頻 譜 規 劃 表 本 手 冊 旨 在 提 供 有 關 頻 譜 管 理 無 線 電 通 訊 系 統 設 計 及 其 他 適 用 範 圍 的 日

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解

發 熱 する 也 蘊 要 ( 傷 寒 蘊 要 明 呉 綬 ) 傷 寒 汗 下 後 餘 熱 未 万 除 或 失 二 於 調 攝 一 食 不 万 爲 万 肌 欬 嗽 寒 熱 吐 血 衂 血 纏 綿 日 久 狀 似 二 癆 瘵 一 此 皆 元 氣 既 虚 邪 氣 着 而 不 万 散 例 用 二 黄 連 解 傷 寒 廣 要 卷 十 餘 熱 傷 寒 病 後 熱 不 万 除 候 此 謂 下 病 已 間 五 藏 尚 虚 客 邪 未 万 散 眞 氣 不 万 復 故 旦 暮 猶 有 二 餘 熱 一 如 中 瘧 狀 上 此 非 二 眞 實 一 但 客 熱 也 巣 源 傷 寒 病 後 熱 除 かれざるの 候 此 れ 病 已 瘉 間 ころ 五 藏 尚 虚 客 邪 外 からきた 邪 氣 漢 方 用 語 大 辞 典 散 らず

More information



 104 年 專 門 職 業 及 技 術 人 員 普 通 考 試 導 遊 人 員 領 隊 人 員 考 試 試 題 代 號 :2701 頁 次 :8-1 等 別 : 普 通 考 試 類 科 : 華 語 領 隊 人 員 科 目 : 領 隊 實 務 ( 包 括 觀 光 法 規 入 出 境 相 關 法 規 外 匯 常 識 民 法 債 編 旅 遊 專 節 與 國 外 定 型 化 旅 遊 契 約 臺 灣 地 區

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2 (5) 副 作 用 の 相 談 のあった 一 般 薬 の 薬 効 分 類 と 主 な 症 状 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 風 邪 薬 (216) 解 熱 鎮 痛

More information

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム

2012年第九回日本語教育・日本研究シンポジウム 香 港 の 中 学 生 用 体 験 交 流 型 日 本 語 教 材 プロジェクト 日 本 語 を 必 修 科 目 として 学 習 している 中 学 生 へのアンケート 調 査 結 果 から 得 られた 示 唆 The Ninth Symposium for Japanese Language Education and Japanese Studies: Interactivity, Praxis

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 173 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)11 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (11) 気 の 異 常 とその 治 療 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 21 世 紀 の 医 療 における 知 の 創 造 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

腰痛と漢方鍼治療

腰痛と漢方鍼治療 腰 痛 と 漢 方 鍼 治 療 天 野 靖 之 はじめに 腰 痛 は 肩 こりと 供 に 慢 性 急 性 を 問 わず 鍼 灸 治 療 の 最 適 応 症 である ところが 来 院 する 初 診 患 者 の 多 くは 整 形 外 科 接 骨 院 カイロプラクティックなどの 治 療 を 経 験 して 最 後 のよりどころとして 鍼 灸 治 療 に 来 院 する 者 が 多 いのが 現 状 である 鍼

More information

Title 在 台 湾 日 系 企 業 の 社 内 コミュニケーションに 対 する 駐 在 員 の 認 識 Author(s) 唐 澤, 麻 里 ; 野 々 口, ちとせ; 陳, 明 涓 ; 孫, 愛 維 ; 河 先, 岡 崎, 眸 Citation お 茶 の 水 女 子 大 学 人 文 科 学 研 究 Issue Date 2011-03-30 URL http://hdl.handle.net/10083/50695

More information

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形

草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 月 党 現 照 草 草 照 草 現 目 次 文 安 司 態 百 百 百 文 歴 史 固 文 化 ち 統 象 徴 戴 家 司 づ 統 我 先 戦 荒 廃 や 幾 多 災 害 乗 越 え 展 今 や 位 占 和 諸 友 好 増 進 世 界 和 繁 栄 貢 献 郷 土 誇 気 概 守 尊 和 尊 家 族 や 互 助 家 形 我 々 ん じ 美 土 然 環 境 守 や 科 学 技 術 振 興 活 済 活 通

More information

3ey11.tpf

3ey11.tpf Part 1 健 康 食 品 的 基 本 認 識 003 大 部 分 的 人 有 一 種 重 大 的 錯 誤 觀 念, 也 就 是 藥 草 健 康 食 品 食 療 對 健 康 有 益, 對 疾 病 無 影 響, 就 是 所 謂 的 有 病 治 病, 無 病 補 身 的 觀 念 有 些 人 更 捨 棄 健 康 均 衡 之 飲 食, 而 惡 補 成 癖 國 內 目 前 並 沒 有 有 專 門 評 估

More information

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是

兵 隊 卡 就 算 是 同 名 的 也 可 以 配 置 數 枚 對 於 同 名 武 將 的 國 力 配 置, 現 在, 消 耗 國 力 5 的 趙 雲 跟 消 耗 國 力 4 的 趙 雲,2 張 可 以 同 時 以 表 向 配 置 在 自 城 內 嗎? 對 於 戰 場 跟 城 内, 同 名 但 是 規 則 戰 鬥 武 力 3500 的 夏 侯 惇 因 騎 術 訓 練 而 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 攻 擊 疲 憊 狀 態 武 力 3500 的 張 飛, 互 相 給 予 3500 戰 鬥 傷 害, 會 互 相 撤 退 嗎? 說 明 書 寫 承 受 到 武 力 數 值 以 上 的 傷 害 的 武 將 必 須 撤 退 這 樣 的 話, 攻 擊 力 上 升 的 狀 態 下, 受 到 原 本 武 力

More information

直 接 生 吃 起 來 也 不 難 吃

直 接 生 吃 起 來 也 不 難 吃 學 生 心 得 ( 一 ) 四 資 二 甲 1101137147 黃 俊 翔 我 覺 得 這 次 的 戶 外 參 訪 很 有 意 義, 不 僅 讓 我 們 學 到 了 紫 斑 蝶 的 生 態 狀 況, 還 有 紫 斑 蝶 的 種 類 有 哪 些 除 了 這 些 之 外 下 午 還 體 驗 到 了 農 夫 在 種 田 時 的 辛 苦, 以 及 維 護 農 場 的 辛 苦 在 上 午 首 先 到 茂 林

More information

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如

成 大 病 新 差 血 氣 来 復 餘 熱 未 盡 強 合 陰 陽 得 病 者 名 曰 易 男 子 病 新 差 未 平 復 而 婦 人 與 之 交 得 病 名 曰 陽 易 婦 人 新 病 差 未 平 復 男 子 與 之 交 得 病 名 曰 陰 易 以 陰 陽 相 感 動 其 餘 毒 相 染 著 如 辨 陰 陽 易 差 後 労 復 病 脈 證 并 治 第 十 四 合 六 法 方 六 首 一 傷 寒 陰 陽 易 之 為 病 其 人 身 軆 重 少 氣 少 腹 裏 急 或 引 陰 中 拘 攣 熱 上 衝 胸 頭 重 不 欲 擧 眼 中 生 花 花 一 作 眵 膝 脛 拘 急 者 焼 褌 散 主 之 方 一 婦 人 中 褌 近 隠 處 取 焼 作 灰 右 一 味 水 服 方 寸 匕 日 三 服 小 便

More information

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc

Microsoft Word - 修正-風傳媒和譯試作0524.doc 石 井 望 VS 任 天 豪 : 日 清 公 函 能 說 明 釣 魚 台 新 史 實 嗎? 平 成 28 年 5 月 8 日 投 稿 風 傳 媒,5 月 15 日 上 午 7 點 10 分 上 刊 http://www.storm.mg/article/116887 釣 魚 台 在 歷 史 上 是 無 主 地, 東 邊 琉 球 日 本, 西 邊 福 建 清 國, 雙 方 中 間 一 向 尋 不 著

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030312D30372091CE93FA8D5291888AFA8BAD90A793AE88F594ED8A5192B28DB88B7982D18D918A4F8BAD90A793AE88F58B5D90B58ED293998E78898782C98AD682B782E993C195CA96402E646F63> 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 調 査 及 び 国 外 強 制 動 員 犠 牲 者 等 支 援 に 関 する 特 別 法 ( 法 律 第 10986 号 2011.8.4 一 部 改 正 2011.8.4 施 行 ) 仮 訳 第 1 条 ( 目 的 ) この 法 は 対 日 抗 争 期 強 制 動 員 被 害 の 真 相 を 究 明 し 歴 史 の 真 実 を 明 らかにするとともに 1965

More information

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt

Microsoft PowerPoint - 高齢者.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 154 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)7 月 13 日 高 齢 者 のための 漢 方 治 療 ~ 尿 路 不 定 愁 訴 痛 み ほてり 感 不 眠 など~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 八 味 地 黄 丸 の 投 与 基 準 P19 ( 厚 生 省 長 寿 科 学

More information

野村傅四_散歩した事

野村傅四_散歩した事 散 5 明 治 八 九 年 頃 即 ち 千 駄 木 代 よ 散 食 前 食 後 散 多 散 川 芳 太 郎 氏 放 送 よ ば 定 千 駄 木 本 郷 丁 目 字 路 東 曲 湯 島 天 神 脇 切 通 下 池 端 根 津 権 現 社 内 抜 帰 宅 有 種 散 御 供 明 瞭 憶 持 ち 合 せ ぬ 又 別 四 間 亙 6 散 往 々 之 誘 御 自 分 主 唱 者 判 然 せ ぬ 兎 角 よ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒

助 理 教 授 陳 英 進 美 國 維 吉 尼 亞 大 學 課 程 教 學 與 特 殊 教 育 博 士 助 理 教 授 黃 湃 翔 高 雄 師 範 大 學 科 學 教 育 博 士 講 師 周 裕 惠 美 國 肯 特 大 學 課 程 與 教 學 博 士 講 師 龔 仁 棉 中 國 文 化 大 學 兒 本 院 100 學 年 度 專 任 教 師 專 長 一 覽 表 級 職 姓 名 最 高 學 歷 任 課 科 目 專 長 助 理 教 授 兼 幼 保 系 主 任 教 授 兼 幼 兒 科 學 教 育 中 心 主 任 陳 志 賢 張 靜 儀 高 雄 師 範 大 學 輔 導 與 諮 商 研 究 所 哲 學 博 士 美 國 東 密 西 根 大 學 物 理 研 究 所 碩 士 教 授 薛 梨 真 國 立 高 雄

More information

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通

ー 13 ー 力 入 首 廻 赤 擦 血 垂 腫 呼 吸 困 難 叩 割 金 属 簡 単 割 叩 音 直 接 耳 響 堪 難 止! 原 足 角 帷 掛 手 杖 京 = 率 怪 限 入 向 異 物 ふ ゞ 声 響 聞 ゝ = 伝 帰 親 老 母 枕 寄 泣 悲 聞 覚 布 頭 被 手 合 処 字 通 ー 12 ー 続 平 敏 回 私 猫 参 姿 夢 ン テ ク ス 語 変 哲 笑 背 必 応 転 化 構 回 特 問 騒 ぎ 座 被 頁 図 版 参 照 命 高 等 校 科 副 有 名 筆 小 頃 駄 菓 屋 瓶 入 ー ラ ス プ ラ イ 必 置 店 頭 豪 快 ラ ッ パ 飲 友 ゃ 差 飲 口 冷 汗 再 ジ ュ ー ス 瓶 終 割 公 園 遊 遊 具 穴 起 合 下 半 身 焦 燥 自 可

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利

際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄 積 a 弓 限 更 日 常 横 領 侵 害 制 圧 穏 当 搾 P S 8 3 増 求 傾 衝 呼 保 放 増 闘 争 繰 広 げ 場 p o 乙 節 利 公 募 期 序 ー ー 期 視 家 肯 課 中 期 観 際 弘 子 島 ぬ 深 居 達 常 場 興 深 眼 差 極 再 条 件 ん 認 根 p 骨 m m m 仏 新 含 容 易 良 小 尽 士 作 宅 巳 ヨ 庁 2 8 毛 包 括 σ 命 a A 山 門 際 象 図 明 先 図 刀 期 ー p o 日 P 放 ヨ = 玄 R 1 1 保 頻 繁 帰 過 ぎ 5 叩 吋 期 根 密 殆 長 続 蓄

More information

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他

にも 影 響 がある 事 を 憂 慮 しなければならない (1) 額 段 縄 文 柴 犬 の 額 段 が 浅 いという 事 は 額 が 広 く 平 らであり 四 肢 や 体 形 の 隅 々にまで 深 く 関 連 する 別 に 言 い 換 えるなら 額 段 と 言 う 部 分 の 捉 え 方 は 他 縄 文 柴 犬 審 査 基 準 JSRC 縄 文 柴 犬 研 究 センター 2009.04 1. 縄 文 柴 犬 とその 保 存 縄 文 柴 犬 の 歴 史 は 日 本 文 化 の 歴 史 に 深 く 関 わり 凡 そ1 万 年 前 の 縄 文 時 代 には 単 なる 家 畜 としての 役 割 だけでなく 家 族 の 一 員 仲 間 として 共 に 移 動 しながら 生 活 をして いたと 推 測

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc

Microsoft Word - 如何幫助新生適應幼兒園的生活.doc 如 何 幫 助 新 生 適 應 幼 兒 園 的 生 活 壹 前 言 ~~ 哇 ~ 哇 ~ 哇 ~ 媽 媽 我 不 要 上 學, 我 要 回 家, 每 逄 開 學, 幼 兒 園 門 口 總 是 熱 閙 非 凡, 精 彩 萬 分, 一 個 個 可 愛 的 小 天 使 轉 眼 間 變 成 小 惡 魔, 有 的 愣 頭 愣 腦 有 的 躲 在 牆 角 哀 哀 啜 泣 有 的 滿 地 打 滾 有 的 甚 至

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於

壹 前 言 一 研 究 動 機 自 宅 男 一 詞 在 台 灣 流 行 以 來, 一 直 被 歸 類 與 御 宅 族 為 同 一 類 型, 再 加 上 媒 體 炒 作, 大 多 數 的 人 們 認 為 御 宅 族 是 一 群 成 天 足 不 出 戶 不 注 重 外 表 不 善 於 社 交 甚 至 於 投 稿 類 別 : 藝 術 類 篇 名 : 宅 出 天 下! 御 宅 族 作 者 : 蔡 宜 珊 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 童 琬 萱 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 邱 讌 婷 私 立 樹 德 高 級 家 事 商 業 職 業 學 校 高 二 8 班 指 導 老 師 : 張 佳 娜 老 師 壹 前 言 一 研 究

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座 (NXPowerLite) (NXPowerLite).ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 164 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)10 月 11 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (3) 少 陽 病 1) 柴 胡 剤 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B2C4A4ADA6B8B867A8E5ACE3C5AAB77CA277BC7AAAE22E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20B2C4A4ADA6B8B867A8E5ACE3C5AAB77CA277BC7AAAE22E646F63> 異 民 族 の 支 那 統 治 概 說 與 異 民 族 の 支 那 統 治 史 經 典 研 讀 報 告 者 : 林 慧 芬 日 期 :2009-01-06 範 圍 : 第 一 篇 第 二 章 第 五 節 ( 遼 の 支 那 統 治 )~ 第 一 篇 第 三 章 第 二 節 ( 金 の 支 那 統 治 ), 頁 67- 頁 90 一 三 上 次 男 簡 介 ( 一 )1907 年 出 生 於 日 本

More information

七月份經濟和金融形勢分析

七月份經濟和金融形勢分析 第 86 號 2012 年 9 月 19 日 香 港 零 售 銷 售 轉 趨 疲 弱 的 原 因 何 在? 高 級 經 濟 研 究 員 戴 道 華 內 容 提 要 今 年 7 月 份, 本 港 零 售 銷 售 貨 值 和 貨 量 的 增 幅 從 短 短 12 個 月 之 前 近 三 成 及 逾 兩 成 遽 降 至 3.8% 和 1.3%, 主 要 是 因 爲 旅 遊 業 對 零 售 的 貢 獻 在

More information

02時評2-胡錦濤因應內憂外患安全環境下的軍方人事調整.indd

02時評2-胡錦濤因應內憂外患安全環境下的軍方人事調整.indd 胡 錦 濤 因 應 內 憂 外 患 安 全 環 境 下 的 軍 方 人 事 調 整 Hu Jintao s Personnel Adjustment in Military Under Trouble Time of Security Circumstance 楊 志 恆 (Yang, Chih-Heng) 淡 江 大 學 東 南 亞 研 究 所 兼 任 副 教 授 壹 前 言 中 共 最 近 對

More information

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継

4 座 談 5 カ 州 統 領 毎 工 妊 娠 堕 胎 罪 ノ 語 試 石 口 覚 悟 堕 胎 罪 妊 娠 妊 娠 施 術 処 罰 象 憲 是 使 捕 獲 臨 位 置 壁 聴 疑 数 遍 排 優 僕 緒 キ 岡 田 克 也 聞 仰 知 賛 投 圧 省 庁 元 土 域 織 層 左 排 称 程 ポ 継 2 座 談 3 ヶ 月 近 初 簡 浮 彫 第 務 務 役 菅 奪 血 維 戦 過 癒 着 第 替 土 福 祉 踏 概 厚 省 増 ボ 八 ツ 盟 検 討 ュ 惑 超 火 盟 功 温 暖 2 25% 標 唱 識 韓 訪 首 脳 談 勇 韓 挺 身 隊 挺 慰 七 参 院 沢 郎 ウ 農 村 腐 敗 央 ガ 容 陳 情 防 盤 念 ョ 誘 終 倍 右 翼 ナ ョ ナ 失 速 種 追 随 微 修 固 ョ

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information