抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の"

Transcription

1 国 民 健 康 保 険 のご 案 内 平 成 28 年 度 新 宿 区 健 康 部 医 療 保 険 年 金 課 電 話 : ( 代 表 )

2 抜 粋 ( 本 文 を 必 ずお 読 みください) 国 民 健 康 保 険 は 強 制 加 入 です 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 していない 外 国 人 の 方 は 日 本 人 と 同 様 に 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければなり ません 民 間 の 会 社 や 国 外 の 団 体 が 運 営 する 保 険 に 加 入 している 場 合 も 国 民 健 康 保 険 に 加 入 しなければ なりません 日 本 国 内 の 法 人 ( 株 式 会 社 等 ) 外 国 企 業 の 支 店 や 営 業 所 ( 日 本 国 内 の 各 種 法 律 が 適 用 される 法 人 等 ) 大 学 等 に 勤 務 する 方 は 職 場 の 健 康 保 険 に 加 入 しなければなりません 出 身 国 の 健 康 保 険 に 加 入 している 場 合 は 国 民 健 康 保 険 への 加 入 が 免 除 されることがあります 詳 し くはお 問 い 合 わせください 在 留 資 格 の 更 新 延 長 手 続 きを 忘 れずに 申 請 してく ださい 在 留 期 間 が 3 か 月 以 下 に 変 更 になった 方 は 国 民 健 康 保 険 の 資 格 を 喪 失 しますが 継 続 して 加 入 で きる 場 合 もありますのでその 場 合 は 届 出 をして 下 さ い 在 留 期 間 が 過 ぎてしまった 方 は 国 民 健 康 保 険 の 資 格 が 取 り 消 されます 住 所 の 異 動 は 14 日 以 内 に 届 け 出 なければなりま せん 新 宿 区 内 で 住 所 を 変 更 した 場 合 新 宿 区 外 に 住 所 を 移 転 した 場 合 は 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 を 持 参 して 14 日 以 内 に 届 け 出 なければなりません 新 宿 区 外 に 住 所 を 移 転 した 場 合 は 新 宿 区 の 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 を 使 用 することはできません 目 次 国 民 健 康 保 険 のしくみ 国 保 と 介 護 保 険 国 保 の 資 格 要 件 国 保 の 届 出 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 高 齢 受 給 者 証 保 険 料 保 険 料 の 計 算 のしかた( 平 成 28 年 度 ) 保 険 料 のお 知 らせ 保 険 料 の 減 免 保 険 料 の 納 め 方 納 付 相 談 保 険 料 を 滞 納 すると 滞 納 処 分 国 保 にはいっていると 療 養 費 -あとで 申 請 すれば 高 額 療 養 費 制 度 入 院 中 の 食 事 代 医 療 費 の 支 払 いの 相 談 出 産 育 児 一 時 金 葬 祭 費 の 支 給 保 養 施 設 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 非 肥 満 保 健 指 導 歯 科 健 康 診 査 保 険 料 は 期 限 内 に 納 付 してください 保 険 料 は 加 入 手 続 きのときに 納 めるか 後 日 送 付 する 納 付 書 で 納 めてください あなたの 住 所 に 手 紙 等 が 届 くようにするため 郵 便 局 に 居 住 の 申 し 出 をするとともに 郵 便 受 けにはあなたの 氏 名 を 表 示 し ておいてください 帰 国 する 場 合 や 新 宿 区 外 に 住 所 を 移 転 する 場 合 は 保 険 料 の 精 算 をしてください マイナンバー( 個 人 番 号 )が 必 要 です 国 民 健 康 保 険 の 届 出 には マイナンバー( 個 人 番 号 )が 必 要 となります お 手 続 きの 際 は 在 留 カー ドのほかに 個 人 番 号 通 知 カード 又 はマイナンバー カードをお 持 ちください ( 日 本 国 内 に 住 民 票 があ る 場 合 に 限 る ) 2

3 国 民 健 康 保 険 のしくみ 国 保 資 格 係 私 たちはふだん 健 康 でも いつ どこで 病 気 やケ ガをするかわかりません そのようなとき 安 心 し て 医 療 が 受 けられるように 日 ごろからみなさんの 収 入 に 応 じてお 金 を 出 し 合 い 病 気 などの 費 用 にあ てるというのが 医 療 保 険 の 制 度 です 日 本 の 医 療 保 険 制 度 は 職 域 保 険 と 地 域 保 険 の 二 つに 大 別 できます 職 域 保 険 は 会 社 などにお 勤 めの 方 が 職 場 で 加 入 する 保 険 です 地 域 保 険 は ど の 職 域 保 険 にも 加 入 していない 方 を 対 象 としたもの で これが 国 民 健 康 保 険 です( 略 して 国 保 と 呼 びます) 日 本 に 住 む 外 国 人 は 日 本 人 と 同 様 に このどちら かの 医 療 保 険 に 必 ず 入 らなければなりません 被 保 険 者 ( 加 入 者 ) 医 国 保 国 保 の 資 格 要 件 国 保 資 格 係 新 宿 区 に 住 民 登 録 をしている 方 ただし 次 に 該 当 する 方 は 加 入 できません 勤 務 先 の 健 康 保 険 に 加 入 すべき 方. 勤 務 先 の 健 康 保 険 に 扶 養 家 族 として 加 入 でき る 方 生 活 保 護 を 受 けている 方. 在 留 資 格 が 外 交 医 療 目 的 観 光 保 養 その 他 これらに 類 似 する 活 動 を 行 うもの 及 び 同 行 する 配 偶 者 で 発 給 された 特 定 活 動 に 該 当 する 方. 在 留 期 限 の 切 れている 方. 在 留 期 間 が3か 月 以 下 の 方 (ただし 在 留 資 格 が 興 行 技 能 実 習 家 族 滞 在 特 定 活 動 の 方 で 日 本 に3か 月 を 超 えて 滞 在 することを 証 明 できる 方 を 除 く) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 している 方 国 保 証 を 交 付 す る 保 険 料 を 納 め る 保 険 者 ( 新 宿 区 ) 国 保 と 介 護 保 険 医 療 費 を 支 払 う 治 療 を する 証 を 提 示 し 国 保 資 格 係 日 本 は 高 度 医 療 の 普 及 により 世 界 で 有 数 の 長 寿 国 となる 一 方 寝 たきりや 認 知 症 の 高 齢 者 が 急 増 し ています 私 たちの 両 親 や 配 偶 者 も いつ 介 護 が 必 要 な 状 態 になるかわかりません また 介 護 をする 人 も 年 々 年 をとっていくために 家 族 だけで 介 護 をするのが 難 しくなってきます さらに 自 分 自 身 も 老 化 による 脳 卒 中 などの 病 気 で 介 護 が 必 要 になる 可 能 性 もあります そこで みん なで 介 護 の 費 用 を 出 し 合 い 社 会 全 体 で 介 護 を 支 え 合 うしくみが 介 護 保 険 制 度 です 国 保 では 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 加 入 者 の 保 険 料 について 介 護 分 の 保 険 料 を 合 わせて 納 付 いただく ことになります また 介 護 保 険 の 被 保 険 者 として 脳 卒 中 など 特 定 の 病 気 が 原 因 のときに 要 介 護 認 定 後 にサービス を 受 けることができます 療 費 の 3 医 療 費 の7 割 を 請 求 する 国 保 証 とは 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 の 略 語 です 割 を 支 払 う 医 療 機 関 ( 注 意 ). 株 式 会 社 等 の 法 人 事 業 所 や 従 業 員 5 名 以 上 の 個 人 事 業 所 で 働 く 方 は 勤 務 先 の 健 康 保 険 に 加 入 することになっています. 国 保 は その 加 入 資 格 が 続 いている 限 り 自 分 の 意 志 で 自 由 に 脱 退 することはできません. 留 学 生 保 険 や 医 療 給 付 つき 生 命 保 険 および 旅 行 傷 害 保 険 に 加 入 しても 国 保 を 脱 退 す ることはできません.(これらの 保 険 は 日 本 における 公 的 な 医 療 保 険 制 度 に 該 当 しません ). 区 役 所 からの 郵 便 物 が 確 実 に 届 くように 郵 便 局 に 居 住 の 申 し 出 をするとともに 自 宅 のポス トに 表 札 を 出 してください. 郵 送 した 郵 便 物 が 区 役 所 に 度 々 戻 ると 新 宿 区 が 行 う 実 態 調 査 により 住 民 登 録 が 無 くなり 国 保 の 資 格 を 喪 失 する 場 合 があります 3

4 国 保 の 届 出 国 保 資 格 係 こんなときは 必 ず 14 日 以 内 に 手 続 きに 来 て ください 届 出 の 義 務 は 世 帯 主 にあります 届 出 が 遅 れると 保 険 診 療 は 国 保 証 を 交 付 した 日 からしか 受 けられません. 届 出 には 下 記 の 書 類 以 外 に 個 人 番 号 の 分 かる ものが 必 要 です( 入 国 時 出 生 時 を 除 く) 1 国 保 の 加 入 について こんなとき 必 要 なもの 窓 口 新 宿 区 に 転 入 ( 入 国 )したと き 勤 務 先 の 健 康 保 険 を 脱 退 し たとき 生 活 保 護 を 受 けなくなった とき 出 産 したとき. ( 出 産 育 児 一 時 金 が 支 給 され ます 27 頁 参 照 ) 証 明 書 パス ポート 証 明 書 健 康 保 険 資 格 喪 失 証 明 書 は 特 別 永 住 者 証 明 書 保 護 廃 止 決 定 通 知 書 証 明 書 国 保 証 国 保 証 は1 人 1 枚 交 付 されます 小 さいけれど 大 切 なカードです 2 脱 退 について 転 入 の 届 出 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 7 番 窓 口 ) 国 民 健 康 保 険 の 加 入 前 住 所 地 で 国 保 加 入 済 の 場 合 転 入 の 手 続 きだけで 国 保 に 加 入 することができます 出 生 の 届 出 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 9 番 窓 口 ) 国 民 健 康 保 険 の 加 入 こんなとき 必 要 なもの 窓 口 新 宿 区 外 へ 転 出 したとき 出 国 帰 国 す るとき 勤 務 先 の 健 康 保 険 に 加 入 し たとき 生 活 保 護 を 受 けるように なったとき 死 亡 したとき. ( 葬 祭 費 が 支 給 されます 27 頁 参 照 ) は 特 別 永 住 者 証 明 書 国 保 証 は 特 別 永 住 者 証 明 書 国 保 証 証 明 書 勤 務 先 の 保 険 証 国 保 証 は 特 別 永 住 者 証 明 書 国 保 証 保 護 開 始 決 定 通 知 書 国 保 証 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 7 番 窓 口 ) 死 亡 の 届 出 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 9 番 窓 口 ) 3 その 他 の 届 出 こんなとき 必 要 なもの 窓 口 新 宿 区 内 で 住 所 が 変 わった とき 世 帯 主 や 氏 名 が 変 わったと き 特 定 活 動 ビ ザ を 更 新 した 時 国 保 証 をなく したとき 証 明 書 国 保 証 証 明 書 国 保 証 転 居 の 届 出 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 7 番 窓 口 ) 世 帯 変 更 の 届 出 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 ( 区 役 所 本 庁 舎 1 階 7 番 窓 口 ) 在 留 カ ー ド パスポート( 指 定 書 ) 国 保 証 証 明 書 国 民 健 康 保 険 被 保 険 者 証 国 保 資 格 係 国 保 証 は みなさんが 保 険 診 療 を 受 けるときの 証 明 書 となりますので 医 療 機 関 へ 行 くときは 必 ず 国 保 証 を 持 参 し 窓 口 に 提 示 してください. 受 け 取 ったら 氏 名 住 所 などを 確 認 し もし 間 違 いがあったときは 自 分 で 直 さずに 申 し 出 てください. 国 保 証 の 記 載 内 容 は 住 民 票 に 記 載 された 内 容 を 基 に 作 成 されています 国 保 証 の 有 効 期 限 は 在 留 期 間 満 了 の 日 または 平 成 29 年 9 月 30 日 ( 保 険 料 の 滞 納 がない 方 )となります. 在 留 期 間 満 了 の 日 までに 在 留 資 格 の 更 新 申 請 を 行 っていた 場 合 は 従 前 の 在 留 資 格 をもって 適 法 に 滞 在 できるため 国 保 証 の 有 効 期 限 を 延 長 でき る 場 合 があります 詳 しくは 国 保 資 格 係 へお 問 い 合 わせください. 記 載 内 容 に 変 更 があったときは すみやかに 届 出 をして 修 正 を 受 けてください. 出 国 帰 国 するときは 必 ず 転 出 の 届 出 をして 下 さい (. 再 入 国 しても 前 の 国 保 証 は 使 用 できません 改 めて 加 入 の 手 続 きをしてください ). 新 宿 区 から 転 出 すると その 国 保 証 は 使 用 でき ません (. 転 出 したのにもかかわらず 新 宿 区 の 国 保 証 を 使 用 すると 不 当 利 得 として 医 療 費 の7 割 相 当 分 を 返 還 しなければなりません ). 国 保 証 を 他 人 に 絶 対 貸 してはいけません (. 不 正 に 国 保 証 を 使 用 した 者 は 刑 法 により 詐 欺 罪 として 懲 役 の 処 分 を 受 けることがあります ). 国 保 証 の 裏 面 に 臓 器 提 供 の 意 思 を 記 入 できる 欄 を 設 けています 臓 器 移 植 に 関 するご 質 問 お 問 合 せは ( 公 社 ) 日 本 臓 器 移 植 ネットワーク.フリーダイヤル ホームページ 4

5 高 齢 受 給 者 証 国 保 資 格 係 70 歳 になった 翌 月 ( 誕 生 日 が 月 の 初 日 の 場 合 は 誕 生 月 )から 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 適 用 を 受 けるまで の 間 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 になります 対 象 になっ た 方 には 高 齢 受 給 者 証 を 郵 送 します 課 税 標 準 額 により 負 担 割 合 が 2 割 ( 特 例 措 置 に 該 当 する 場 合 は 1 割 ) 又 は 3 割 となります 医 療 機 関 にかかるときには 国 保 証 と 高 齢 受 給 者 証 を 提 示 してください.. 地 方 税 における 扶 養 控 除 の 見 直 しにより 平 成 24 年 8 月 1 日 から 調 整 控 除 が 新 設 され ました 70 ~ 74 歳 の 高 齢 者 が 世 帯 主 の 世 帯 に 前 年 の 12 月 31 日 現 在 において 19 歳 未 満 の 国 保 の 被 保 険 者 がいる 場 合 16 歳 未 満 の 被 保 険 者 数 33 万 円 16 ~ 19 歳 未 満 の 被 保 険 者 数 12 万 円 の 合 計 額 を 課 税 標 準 額 から 差 し 引 いた 額 で 負 担 割 合 を 判 定 します 保 険 料 国 保 資 格 係 みなさんが 病 気 やケガをしたときの 医 療 費 などに あてるため 医 療 費 総 額 の 一 定 割 合 を 保 険 料 とし て 納 めていただきます また 国 保 に 加 入 されてい る 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 は 介 護 保 険 にかかる 保 険 料 をあわせて 納 めていただくことになります こ れらの 保 険 料 は 国 や 都 からの 補 助 金 及 び 新 宿 区 か らの 繰 入 金 とあわせて 国 保 及 び 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 並 びに 介 護 保 険 制 度 の 運 営 のために 重 要 な 財 源 と なっています 納 める 人 世 帯 主 です. 国 保 に 加 入 した 方 は 被 保 険 者 となり 加 入 の 届 出 が 遅 れた 場 合 でも 届 出 月 からではなく 資 格 取 得 日 からの 保 険 料 を 納 めなければなりま せん. 保 険 料 は 世 帯 単 位 で 計 算 され 世 帯 主 の 方 が 納 付 義 務 者 となります. 世 帯 主 は 他 の 健 康 保 険 に 加 入 していて 世 帯 員 だけが 国 保 に 加 入 している 世 帯 ( 擬 制 世 帯 といい ます)でも 世 帯 主 が 納 付 義 務 者 となります 保 険 料 の 計 算 のしかた( 平 成 28 年 度 ) 国 保 資 格 係 保 険 料 には 基 礎 賦 課 額 ( 医 療 分 ) 後 期 高 齢 者 支 援 金 等 賦 課 額 ( 支 援 金 分 ) 介 護 納 付 金 賦 課 額 ( 介 護 分 )があり それぞれに 均 等 割 額 と 所 得 割 額 があります これら 全 てをあわせて 国 民 健 康 保 険 料 とします 年 間 保 険 料 基 礎 賦 課 額 ( 医 療 分 ) 均 等 割 額 35,400 円 世 帯 の 被 保 険 者 数 + 所 得 割 額 世 帯 の 被 保 険 者 全 員 の 今 年 度 (28 年 度 ) 算 定 基 礎 額 / 賦 課 限 度 額 54 万 円 + 後 期 高 齢 者 支 援 金 等 賦 課 額 ( 支 援 金 分 ) 均 等 割 額 10,800 円 世 帯 の 被 保 険 者 数 + 所 得 割 額 世 帯 の 被 保 険 者 全 員 の 今 年 度 (28 年 度 ) 算 定 基 礎 額 / 賦 課 限 度 額 19 万 円 + 介 護 納 付 金 賦 課 額 ( 介 護 分 ) 均 等 割 額 14,700 円 世 帯 の 被 保 険 者 のうち 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 の 人 数 + 所 得 割 額 世 帯 の 被 保 険 者 のうち 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 の 今 年 度 (28 年 度 ) 算 定 基 礎 額 / 賦 課 限 度 額 16 万 円 1. 算 定 基 礎 額 とは 前 年 中 の 総 所 得 金 額 等 - 基 礎 控 除 額 (33 万 円 )をさします 2. 賦 課 限 度 額 : 年 間 の 保 険 料 ( 医 療 分 支 援 金 分 介 護 分 ) を 計 算 するにあたり 一 定 の 金 額 を 超 えた 場 合 それぞれ 納 付 する 限 度 額 を 定 めています(ただし 過 年 度 分 は 除 き ます) 年 度 の 途 中 で 40 歳 や 65 歳 になるとき 国 保 の 加 入 者 で 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 方 は 介 護 分 の 保 険 料 を 納 めていただくことになっています. 年 度 の 途 中 で 40 歳 になる 方 は 40 歳 になった 月 から 介 護 分 がかかり その 月 以 降 の 保 険 料 に 加 算 されます. 年 度 の 途 中 で 65 歳 になる 方 は 65 歳 になる 月 の 前 月 まで 介 護 分 がかかります なお 保 険 料 はこの 介 護 分 を 翌 年 3 月 までで 分 割 して 払 うことになります 5

6 保 険 料 のお 知 らせ 国 保 資 格 係 6 月 に 納 入 通 知 書 を 送 付 します 保 険 料 の 所 得 割 額 は 算 定 基 礎 額 に 基 づき 算 定 してい ます そのため 保 険 料 の 決 定 は 算 定 基 礎 額 確 定 後 の 6 月 になります 6 月 から 翌 年 3 月 までの 年 10 回 払 いとなります 年 度 途 中 に 加 入 者 の 増 減 や 算 定 基 礎 額 に 変 更 があっ た 世 帯 には その 都 度 保 険 料 額 の 変 更 通 知 を 送 付 します 1 月 2 日 以 後 に 転 入 された 方 や 税 金 の 申 告 が 遅 れた 方 の 場 合 均 等 割 額 のみを 通 知 し その 後 算 定 基 礎 額 がわか りしだい 変 更 通 知 をお 送 りします 年. 度 とは その 年 の4 月 から 翌 年 3 月 までです( 平 成 28 年 度 は 平 成 28 年 4 月 から 平 成 29 年 3 月 まで) 1 年 分 の 保 険 料 保 険 料 の 減 免 1 一 般 減 免 納 付 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 加 入 期 間 国 保 資 格 係 災 害 や 解 雇 事 業 の 失 敗 病 気 等 で 生 活 が 著 しく 困 難 となり 保 険 料 を 納 められなくなった 場 合 は 減 免 の 申 請 ができます お 早 めにご 相 談 ください 2 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 移 行 に 伴 う 保 険 料 の 減 免 会 社 の 健 康 保 険 などの 被 用 者 保 険 から 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 移 行 した 方 の 被 扶 養 者 だった 65 歳 以 上 の 方 が 新 たに 国 民 健 康 保 険 に 加 入 した 場 合 は 減 免 の 申 請 ができます 3 均 等 割 額 の 軽 減 ( 減 額 賦 課 ) 前 年 中 の 所 得 が 一 定 の 基 準 以 下 の 世 帯 については その 所 得 に 応 じて 均 等 割 額 が 一 部 減 額 されます( 該 当 年 度 の 住 民 税 情 報 により 自 動 判 定 します) この 適 用 を 受 けるには 前 年 中 の 所 得 が 判 明 している ことが 必 要 です 収 入 がない 方 も 申 告 が 必 要 です( 未 成 年 者 を 除 く) まだ 申 告 をしていない 方 は 確 定 申 告 又 は 住 民 税 の 申 告 あるいは 国 民 健 康 保 険 料 に 関 する 申 告 をしてくだ さい 4 非 自 発 的 失 業 者 に 対 する 保 険 料 の 軽 減 措 置 解 雇 倒 産 雇 止 め 等 非 自 発 的 に 失 業 された 方 は 保 険 料 を 軽 減 できる 場 合 があります この 軽 減 の 申 請 をす るためには 雇 用 保 険 受 給 資 格 者 証 が 必 要 です 詳 しくは お 問 合 せください 保 険 料 の 納 め 方 国 保 収 納 係 保 険 料 の 納 付 方 法 は 口 座 振 替 又 は 納 付 書 で 納 め る 方 法 年 金 からの 引 落 とし モバイルレジがあり ます 1 口 座 振 替 で 納 める 場 合 1 保 険 料 は 預 金 口 座 から 自 動 的 に 引 落 しする 口 座 振 替 で 納 められます 留 学 等 で 短 期 間 の 滞 在 の 方 は 当 区 指 定 の 納 付 書 でお 支 払 いください 口 座 振 込 依 頼 書 6 月 の 保 険 料 納 入 通 知 書 に 同 封 されています 国 保 収 納 係 に 用 意 されています 申 込 先 新 宿 区 役 所 銀 行 郵 便 局 ( 郵 送 もできます) 必 要 なもの 保 険 証 預 ( 貯 ) 金 通 帳 銀 行 郵 便 局 の 届 け 出 印 * 申 込 から1~ 2 ヶ 月 後 に 口 座 振 替 開 始 月 をハガ キでお 知 らせします * 領 収 書 の 代 わりにその 年 の 口 座 から 引 落 しの 保 険 料 について 12 月 にハガキでお 知 らせします 2 納 付 書 で 納 める 場 合 1 お 送 りした 納 付 書 でその 月 の 末 日 までに 下 記 の 場 所 で 納 めてください 新 宿 区 役 所 及 び 新 宿 区 内 の 東 京 都 内 の 銀 行 信 用 金 庫 信 用 組 合. 東 京 都 内 及 び 千 葉 埼 玉 神 奈 川 山 梨 群 馬 栃 木 茨 城 各 県 の 郵 便 局 ゆうちょ 銀 行 納 付 書 裏 面 に 記 載 のコンビニエンスストア 2 納 付 書 は 年 2 回 送 付 します * 6 月 (1 年 一 括 分 と 6 月 ~ 9 月 納 期 分 ) * 10 月 (10 月 ~ 翌 年 3 月 納 期 分 ) 3 年 金 からの 引 き 落 とし 年 金 支 払 月 ( 年 6 回 )に 自 動 的 に 年 金 から 納 付 さ れます 世 帯 主 の 方 が 国 民 健 康 保 険 に 加 入 していて 世 帯 の 国 民 健 康 保 険 加 入 者 が 65 歳 以 上 75 歳 未 満 で あり 一 定 の 要 件 を 満 たす 方 が 対 象 となります( 口 座 振 替 の 場 合 を 除 きます) 6

7 4 モバイルレジで 納 める 場 合 携 帯 電 話 スマートフォンで 保 険 料 を 納 めること ができるモバイルレジが 利 用 できます 利 用 の 方 法 *. 金 融 機 関 にモバイルバンキングの 利 用 申 し 込 みを 行 います *. 初 回 のみ 携 帯 スマートフォンアプ リをダウンロードします.QR コードまたは mobile/a/wa01.html に. アクセスします *. 携 帯 電 話 スマートフォンのカメラで 納 付 書 の バーコードを 撮 影 し 指 示 に 従 って 決 済 します *. 領 収 書 は 発 行 されませんのでご 了 承 ください 納 付 相 談 納 付 相 談 係 特 別 な 事 情 で 保 険 料 の 納 付 が 困 難 になった 方 は 早 めに ご 相 談 ください 休 日 開 庁 日 ( 原 則 第 4 日 曜 日 )にも 納 付 の 相 談 を 行 っています 4 保 険 給 付 の 制 限 高 額 療 養 費 特 別 療 養 費 など 保 険 給 付 の 全 部 又 は 一 部 が 差 し 止 められる 場 合 があります これらの 措 置 が 取 られても 滞 納 している 保 険 料 の 納 付 義 務 はなくなりません 滞 納 処 分 納 付 相 談 係 滞 納 を 続 ける 世 帯 については 前 記 の 特 別 な 措 置 と は 別 に 法 律 に 基 づいて 滞 納 処 分 ( 差 押 処 分 )を 行 い ます. 期 限 内 に 納 付 されたことが 確 認 できない 場 合 は 国 保 料 電 話 催 告 センターからご 連 絡 させて いただく 場 合 があります 国 保 にはいっていると 保 険 料 を 滞 納 すると 納 付 相 談 係 災 害 等 の 特 別 な 事 情 がなく 滞 納 をしている 世 帯 については 特 別 な 措 置 が 適 用 されます その 内 容 は 次 のとおりです 1 短 期 被 保 険 者 証 の 発 行 滞 納 している 世 帯 との 接 触 を 図 り できるだけ 滞 納 の 理 由 を 把 握 するために 通 常 より 短 い 有 効 期 限 の 国 保 証 を 発 行 することがあります 2 国 保 証 の 返 還 新 宿 区 からの 督 促 催 告 納 付 相 談 にも 一 向 に 応 じず 滞 納 している 世 帯 に 対 し 国 保 証 の 返 還 を 求 めます 区 からの 返 還 請 求 があったら 返 還 しなければな りません 3 被 保 険 者 資 格 証 明 書 の 交 付 仕 事 中 の 傷 病 入 院 中 の 差 額 ベッド 料 など 国 保 証 を 返 還 した 世 帯 に 被 保 険 者 資 格 証 明 書 ( 以 下 資 格 証 明 書 )を 交 付 します この 場 合 医 療 機 関 での 診 療 費 は 原 則 3 割 のところ 10 割 ( 全 額 ) 負 担 しなければなりません ( 後 日 申 請 により 保 険 者 負 担 分 をお 返 しします ただし 保 険 料 の 滞 納 がある 場 合 滞 納 保 険 料 に 充 当 させていたく 場 合 が あります ) なお 滞 納 保 険 料 を 完 納 した 場 合 は 通 常 の 国 保 証 を 交 付 します 交 通 事 故 にあったとき 交 通 事 故 や 傷 害 事 件 など 第 三 者 ( 加 害 者 )の 行 為 が 原 因 で 負 傷 したり 病 気 になった 場 合 の 医 療 費 は 加 害 者 が 負 担 するのが 原 則 です しかし やむを えず 国 保 証 で 診 療 を 受 けるときは 必 ず 第 三 者 行 為 による 傷 病 届 を 提 出 してください 国 保 で 一 時 的 に 立 て 替 えた 後 加 害 者 に 請 求 します なお 届 出 には 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 及 び 世 帯 主 と 診 療 を 受 けた 人 の 個 人 番 号 確 認 書 類 が 必 要 です ( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせください ) 7 国 保 給 付 係 病 気 やケガをしたとき 病 院 等 の 窓 口 で 保 険 証 を 提 示 すると 医 療 費 の 一 部 ( 一 部 負 担 金 )を 支 払 うだけで 診 療 を 受 けることができます 残 りの 費 用 は 国 保 から 病 院 等 に 支 払 われます 70 歳 から 74 歳 の 方 は 保 険 証 と 高 齢 受 給 者 証 の 両 方 を 提 示 してください 一 部 負 担 金 義 務 教 育 就 学 前 2 割 義 務 教 育 就 学 後 ~ 69 歳 3 割 70 歳 以 上 の 方 2 割 ( 昭 和 19 年 4 月 2 日 以 降 のお 誕 生 日 の 方 ) 2 割 ( 特 例 措 置 : 昭 和 19 年 4 月 1 日 以 前 のお 誕 生 日 の 方 ) 1 割 ( 一 定 以 上 所 得 者 ) 3 割. 一 定 以 上 所 得 者 : 同 一 世 帯 内 に 課 税 所 得 が 145 万 円 以 上 の 70 歳 以 上 の 方 がいる 方 保 険 証 が 使 えないもの 健 康 診 断 予 防 注 射 正 常 分 娩 経 済 上 の 理 由 による 人 口 流 産 美 容 整 形 闘 争 泥 酔 不 行 跡 による 傷 病

8 療 養 費 あとで 申 請 すれば 国 保 給 付 係 次 のような 場 合 病 院 等 に 医 療 費 の 全 額 を 支 払 い 申 請 してください なお 申 請 してから 審 査 のうえ 約 3か 月 後 に 国 保 負 担 分 が 払 い 戻 されます ただし 審 査 の 結 果 払 い 戻 されないことがあります 申 請 できるのは 診 療 日 の 翌 日 から2 年 以 内 です 1. 旅 行 中 に 病 気 になったり 急 病 のためなど や むを 得 ない 理 由 で 国 保 証 を 提 出 せずに 治 療 を 受 け たとき 2. コルセットなどを 医 師 が 治 療 のために 必 要 と 認 め て 作 ったとき 3. 医 師 の 同 意 により はり きゅうなどにかかっ たとき 4. 海 外 渡 航 中 急 病 のためなど やむを 得 ない 理 由 で 治 療 を 受 けたとき( 治 療 が 目 的 の 渡 航 は 対 象 になりません). 申 請 のときは 国 保 証 世 帯 主 の 印 かん( 朱 肉 を 使 用 する 印 )と 銀 行 名 支 店 名 口 座 番 号 の わかるもの( 世 帯 主 の 銀 行 預 金 通 帳 等 )の 他 に 下 記 のものをご 持 参 ください. 申 請 には 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 が 必 要 です( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせく ださい) 申 請 区 分 そのほかに 持 参 するもの 保 険 診 療 が 受 けら れなかったとき コルセットなどを 作 ったとき はり きゅうなど にかかったとき 海 外 渡 航 中 に 診 療 を 受 けたとき 高 額 療 養 費 制 度 支 払 った 医 療 費 の 領 収 書. 診 療 報 酬 明 細 書 ( 病 院 等 発 行 ) コルセット 等 を 必 要 とする 医 師 の 診 断 書 か 意 見 書 領 収 書 はり きゅう 等 の 施 術 を 認 めた 医 師 の 同 意 書 施 術 料 金 領 収 書 診 療 内 容 明 細 書 領 収 明 細 ( 外 国 語 の 場 合 は 日 本 語 の 翻 訳 文 ) 診 療 を 受 けた 人 のパスポート 国 保 給 付 係 同 じ 月 内 に 支 払 った 医 療 費 が 高 額 になって 一 定 条 件 に 該 当 したとき 自 己 負 担 限 度 額 を 超 えた 額 が あとから 支 給 されます 自 己 負 担 限 度 額 は 年 齢 と 世 帯 の 所 得 医 療 費 等 によって 決 定 します 1 70 歳 未 満 の 方 同 じ 人 が 同 じ 月 内 に 同 じ 病 院 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 が 表 1の 限 度 額 を 超 えたとき ひとつの 世 帯 内 で 同 じ 月 内 に 21,000 円 以 上 の 一 部 負 担 金 を2 回 以 上 支 払 ったときは 合 算 して 限 度 額 を 超 えたとき 自 己 負 担 限 度 額 ( 表 1) 所 得 が 901 万 円 を 超 える 世 帯 所 得 が 600 万 円 を 超 え 901 万 円 以 下 の 世 帯 所 得 が 210 万 円 を 超 え 600 万 円 以 下 の 世 帯 所 得 が 210 万 円 以 下 の 世 帯 住 民 税 非 課 税 世 帯 252,600 円 ( 医 療 費 が 842,000 円 を 超 えた 場 合 は その 超 えた 額 の 1% 分 が 加 算 されます) 252,600 円 +( 医 療 費 - 842,000 円 ) 1% 167,400 円 ( 医 療 費 が 558,000 円 を 超 えた 場 合 は その 超 えた 額 の 1% 分 が 加 算 されます) 167,400 円 +( 医 療 費 - 558,000 円 ) 1% 80,100 円 ( 医 療 費 が 267,000 円 を 超 えた 場 合 は その 超 えた 額 の 1% 分 が 加 算 されます) 80,100 円 +( 医 療 費 - 267,000 円 ) 1% 57,600 円 35,400 円. 所 得 とは 総 所 得 金 額 等 から 基 礎 控 除 額 (33 万 円 )を 差 し 引 いたものです. 一 人 でも 所 得 不 明 の 方 がいる 世 帯 は 所 得 が 901 万 円 を 超 える 世 帯 の 扱 いとなります 注 * 同 じ 病 院 でも 入 院 と 通 院 は 別 計 算 になります *. 差 額 ベッド 代 などの 保 険 診 療 の 対 象 とならな い 費 用 については 計 算 されません 限 度 額 適 用 認 定 証 限 度 額 適 用 認 定 証 を 提 示 すると 窓 口 で 支 払 う 医 療 費 が 自 己 負 担 限 度 額 になります 交 付 を 希 望 される 方 は 国 保 給 付 係 に 申 請 してください 申 請 には 対 象 者 ( 必 要 とする 方 )の 国 保 証 の 他 に 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 及 び 世 帯 主 と 対 象 者 の 個 人 番 号 確 認 書 類 が 必 要 です( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わ せください) ただし 保 険 料 に 滞 納 があると 交 付 で きませんので 保 険 料 の 納 付 状 況 を 確 認 してください なお 申 請 のあった 月 の 初 日 から 適 用 となります 2 70 歳 以 上 の 方 ( 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 対 象 者 は 除 く) 70 歳 以 上 の 人 は 表 2の 外 来 の 限 度 額 Aを 適 用 後 にBの 限 度 額 を 適 用 します 入 院 の 場 合 はBの 限 度 額 までの 負 担 となります 自 己 負 担 限 度 額 ( 表 2) 自 己 負 担 外 来 A. 外 来 と 入 院 ( 世 帯 ごと)を. 区 分 割 合 ( 個 人 ごと) あわせた 額 B 一 定 以 上. 80,100 円 +. 3 割 44,400 円 所 得 者 ( 医 療 費 - 267,000 円 )1% 一 般 2(1) 割 12,000 円 44,400 円 住 民 税 非 課 税 低 所 得 Ⅱ 2(1) 割 低 所 得 Ⅰ 2(1) 割 8,000 円 24,600 円 8,000 円 15,000 円 世 帯 構 成 世 帯 の 所 得 等 により 異 なりますので お 問 合 せください 8

9 限 度 額 適 用 標 準 負 担 額 減 額 認 定 証 住 民 税 非 課 税 世 帯 の 人 は 限 度 額 適 用 標 準 負 担 額 減 額 認 定 証 を 提 示 すると 窓 口 で 支 払 う 医 療 費 が それぞれの 自 己 負 担 限 度 額 になります 交 付 を 希 望 される 方 は 国 保 給 付 係 に 申 請 してください 申 請 には 対 象 者 ( 必 要 とする 方 )の 国 保 証 の 他 に 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 及 び 世 帯 主 と 対 象 者 の 個 人 番 号 確 認 書 類 が 必 要 です( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせください) なお 申 請 のあった 月 の 初 日 から 適 用 となります 3 高 額 療 養 費 の 手 続 該 当 する 世 帯 には 受 診 した 月 から2~3か 月 後 に 該 当 通 知 と 支 給 申 請 書 をお 送 りします 申 請 書 に 必 要 事 項 を 記 入 押 印 して 提 出 してください 申 請 できるのは 通 知 月 の 翌 月 から2 年 間 です 申. 請 には 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 及 び 世 帯 主 と 診 療 を 受 けた 方 の 個 人 番 号 確 認 書 類 が 必 要 です ( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせく ださい ) 入 院 中 の 食 事 代 国 保 給 付 係 標 準 負 担 額 入 院 中 の 食 事 については 標 準 負 担 額 (1 食 あた り)を 自 己 負 担 し 残 りは 国 保 が 負 担 します 住 民 税 非 課 税 世 帯 区 分 標 準 負 担 額 (1 食 あたり) 住 民 税 課 税 世 帯 360 円 90 日 目 までの 入 院 210 円 90 日 を 超 える 入 院 160 円 住 民 税 非 課 税 世 帯 で 減 額 認 定 証 Ⅰ の 方 100 円. 住 民 税 課 税 世 帯 で 指 定 難 病 患 者 の 方 小 児 慢 性 特 定 疾 病 患 者 の 方 の 標 準 負 担 額 は 260 円. 世 帯 全 員 が 非 課 税 の 場 合 で 標 準 負 担 額 減 額 認 定 証 の 交 付 を 希 望 される 方 は 申 請 をする 必 要 がありますので 申 請 方 法 等 お 問 合 せください 生 活 療 養 標 準 負 担 額 療 養 病 床 に 入 院 する 65 歳 以 上 の 方 は 食 費 居 住 費 を 自 己 負 担 し 残 りは 国 保 が 負 担 します 区 分 食 費 + 居 住 費 一 定 以 上 所 得 者 460 円 ( 食 費 )+ 320 円 ( 居 住 費 ). 1 食 あたり 1 日 あたり 一 般 医 療 費 の 支 払 いの 相 談 国 保 給 付 係 災 害 や 失 業 等 により 一 時 的 に 生 活 が 苦 しくなり 病 院 等 に 一 部 負 担 金 が 支 払 えない 場 合 一 部 負 担 金 を 減 額 又 は 免 除 することができます このようなとき は 国 保 給 付 係 へ 入 院 等 される 前 にご 相 談 ください なお 申 請 には 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 が 必 要 です ( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせ ください ) 出 産 育 児 一 時 金 葬 祭 費 の 支 給 国 保 給 付 係 1 出 産 育 児 一 時 金 は 出 生 児 一 人 につき 42 万 円 国 保 に 加 入 している 被 保 険 者 が 出 産 したとき か かった 出 産 費 用 として 保 険 者 から 出 産 育 児 一 時 金 が 病 院 などに 直 接 支 払 われます ( 直 接 支 払 制 度 ) 妊 娠 12 週 と1 日 (85 日 ) 以 上 の 出 産 であれば 死 産 流 産 の 場 合 も 適 用 されます( 死 産 流 産 の 場 合 は 医 師 の 証 明 が 必 要 です) この 制 度 をご 利 用 いただく 場 合 医 療 機 関 等 で 手 続 きを 行 います 詳 しくは 出 産 される 医 療 機 関 等 にお 問 合 せくだ さい なお 直 接 支 払 制 度 をご 利 用 いただかない 場 合 は 国 保 給 付 係 にお 問 合 せください *. 海 外 で 出 産 したときは 出 生 証 明 書 ( 原 本 )が 必 要 です 外 国 語 で 書 かれたものは 日 本 語 に 翻 訳 したものも 添 付 してください 出 産 された 方 のパ スポート( 原 本 )も 必 要 です 申 請 の 手 続 きにつ いては 事 前 に 国 保 給 付 係 にお 問 合 せください * 申 請 できるのは 出 産 日 の 翌 日 から 2 年 間 です 2 葬 祭 費 被 保 険 者 の 方 が 死 亡 したときは 葬 祭 を 行 った 方 に 対 して 7 万 円 が 支 給 されます 申 請 に 必 要 なもの 葬 祭 を 行 った 領 収 書 の 原 本 葬 祭 を 行 った 方 の 口 座 がわかるもの 印 かん 亡 くなられた 方 の 国 保 証 また 申 請 には 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 ( 身 元 ) 確 認 書 類 が 必 要 です( 詳 しくは 日 本 語 でお 問 い 合 わせく ださい) *. 申 請 できるのは 葬 祭 を 行 った 日 の 翌 日 から 2 年 間 です 住 民 税 非 課 税 世 帯 Ⅱ 210 円 ( 食 費 )+ 320 円 ( 居 住 費 ). 1 食 あたり 1 日 あたり 住 民 税 非 課 税 世 帯 Ⅰ. ( 年 金 受 給 額 80 万 円 以 下 ) 130 円 ( 食 費 )+ 320 円 ( 居 住 費 ). 1 食 あたり 1 日 あたり 9

10 新 宿 区 では 国 保 に 加 入 されている 方 の 健 康 の 保 持 増 進 を 目 的 として 次 の 事 業 を 行 っています 保 養 施 設 庶 務 係 1 夏 季 旅 行 の 宿 泊 料 一 部 補 助 新 宿 区 が 契 約 する 旅 行 会 社 の 店 舗 で 取 り 扱 ってい る 宿 泊 施 設 を 利 用 する 場 合 宿 泊 料 の 一 部 を 補 助 し ます 利 用 方 法 など 詳 しいことは 広 報 しんじゅく ( 日 本 語 )などでお 知 らせします 2 通 年 保 養 施 設 1 泊 につき 一 人 当 たり 500 円 引 きで 全 国 の か んぽの 宿 をご 利 用 いただけます 本 庁 舎 4 階 5 番 窓 口 または 各 で 配 布 しておりますチラシ を 参 照 のうえ 直 接 施 設 へお 申 込 みください 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 非 肥 満 保 健 指 導 健 康 づくり 課 健 診 係 40 歳 ~ 74 歳 の 方 を 対 象 に 特 定 健 診 特 定 保 健 指 導 非 肥 満 保 健 指 導 を 行 っています 詳 しくは 上 記 までお 問 合 わせください 歯 科 健 康 診 査 健 康 づくり 課 健 康 づくり 推 進 係 20 歳 以 上 の 方 を 対 象 に 6 月 から 12 月 に 新 宿 区 内 の 協 力 する 歯 科 医 療 機 関 で むし 歯 や 歯 周 病 などの 診 査 や 歯 口 の 健 康 のためのアドバイスを 行 いま す 詳 しくは 上 記 までお 問 合 わせください 10

11 国 民 健 康 保 険 のご 案 内 平 成 28 年 度 版 平 成 28 年 4 月 発 行 編 集 発 行 新 宿 区 健 康 部 医 療 保 険 年 金 課 新 宿 区 歌 舞 伎 町 電 話 : ( 代 表 ) FAX: 印 刷 物 作 成 番 号

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 27 年 度 国 民 健 康 保 険 のしおり 国 民 健 康 保 険 は 職 場 の 健 康 保 険 と 比 べ 主 に 次 の 点 が 異 なります 1. 加 入 は 世 帯 単 位 保 険 料 ( 長 久 手 市 では 国 民 健 康 保 険 税 ( 以 下 国 保 税 )と いいます)は 世 帯 主 あてに 通 知 します 2. 国 保 税 は 前 年 所 得 や 加 入 者 数 等

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る

3 補 償 等 の 内 容 ここに 掲 げるものは 常 勤 職 員 等 に 係 るものですが 非 常 勤 職 員 に 対 しても 概 ね 同 様 の 補 償 等 が 実 施 されています 補 償 種 別 補 償 内 容 補 償 基 準 等 療 養 補 償 負 傷 又 は 疾 病 が 治 ゆに 至 る 第 7 章 その 他 の 福 利 厚 生 事 業 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 の 意 義 都 福 利 厚 生 課 公 務 災 害 担 当 03(5320)6819 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 補 償 制 度 は 職 員 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けたときに そ の 災 害 によって 生

More information

後期高齢医療.indd

後期高齢医療.indd 平 成 28 年 度 版 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 のしくみ も く じ 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 1 保 険 証 3 医 療 機 関 等 にかかるときの 自 己 負 担 の 割 合 5 自 己 負 担 の 限 度 額 ( 高 額 療 養 費 など) 7 医 療 費 の 払 い 戻 しを 受 けられる 場 合 11 整 骨 院 接 骨 院 ( 柔 道 整 復 )の 正 しいかかり

More information

2016_川越市_160523.indd

2016_川越市_160523.indd 49 国 保 後 期 高 齢 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ). 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 3. 国 年 金. 国 健 康 保 険 ( 国 保 ) 国 保 手 続 きと 国 健 康 保 険 税 ( 国 保 税 ) 国 保 は 病 気 やけが 等 に 関 て 必 要 な 保 険 給 付 を 行 う 社 会 保 障 制 度 です 国 保 へ 加 入 する 方 勤 務 先 健 康 保

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

Microsoft Word - しおり.doc

Microsoft Word - しおり.doc 光 市 平 成 21 年 4 月 対 象 となる 方 2 市 と 広 域 連 合 の 役 割 2 保 険 証 について 2 保 険 料 について 3 一 部 負 担 金 の 割 合 と 所 得 区 分 6 入 院 したときの 食 事 代 等 6 医 療 費 が 高 額 になったとき 7 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 について 8 交 通 事 故 などにあったとき 9 あとから 費

More information

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障

(2) 対 象 となる 方 75 歳 以 上 の 方 65 歳 ~74 歳 の 一 定 の 障 害 をもつ 方 で 申 請 により 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 身 体 障 害 者 手 帳 (1~3 級 及 び4 級 の 一 部 ) 療 育 手 帳 (A1 A2) または 精 神 障 1. 制 度 の 概 要 (1) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 とは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 75 歳 以 上 の 方 と 65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 があり 申 請 により 加 入 した 方 を 対 象 とする 独 立 した 医 療 保 険 制 度 として 平 成 20 年 4 月 から 始 まりました この 制 度 では 財 政 運 営 の 安 定 化 と

More information

Unknown

Unknown 国 民 健 康 44-2000 病 気 やけがをしたときに 医 療 費 の 負 担 が 高 額 とならないように みんなで 支 え 合 うのが 国 民 健 康 で 医 療 費 の 負 担 国 民 健 康 に 入 っている 人 は 医 療 費 の 負 担 額 が3 割 (70 歳 以 上 の 人 は 住 民 税 課 税 所 得 により 異 なります) で 済 みま 国 民 健 康 被 者 証 ( 証

More information

1 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 とは 概 要 健 康 保 険 は 事 業 所 単 位 での 強 制 加 入 を 原 則 としていますが 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 は 会 社 を 退 職 などして 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したとき 加 入 資 格 のある 方

1 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 とは 概 要 健 康 保 険 は 事 業 所 単 位 での 強 制 加 入 を 原 則 としていますが 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 は 会 社 を 退 職 などして 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 したとき 加 入 資 格 のある 方 H28/3/1 現 在 リクルート 健 康 保 険 組 合 要 保 存 平 成 28 年 度 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 のご 案 内 1 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 とは P.1 2 加 入 の 手 続 き P.1 3 保 険 料 について P.2 4 喪 失 の 手 続 き P.3 5 その 他 注 意 事 項 P.3 6 提 出 先 お 問 い 合 わせ 先 P.3 任

More information

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd

1405長岡京市2(SG40)行政最終.indd 保 険 年 金 税 金 国 民 健 康 保 険 国 民 健 康 保 険 課 国 保 係 955-9511 各 種 手 続 きを 別 世 帯 の 代 理 人 が 届 出 される 場 合 必 要 書 退 職 者 医 療 制 度 類 のほか 委 任 状 と 代 理 人 の 顔 写 真 入 り 身 分 証 明 書 等 が 必 要 になります 長 い 間 会 社 や 官 公 庁 などに 勤 め 退 職 後 に

More information

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任

任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特 例 被 保 険 者 任 任 意 継 続 被 保 険 者 の 手 引 き 東 京 都 医 業 健 康 保 険 組 合 平 成 27 年 4 月 適 用 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 任 意 継 続 被 保 険 者 とは 事 業 所 を 退 職 して 被 保 険 者 の 資 格 を 喪 失 した 時 に 資 格 喪 失 の 日 の 前 日 まで 継 続 して2カ 月 以 上 の 被 保 険 者 期 間 ( 日 雇 特

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

な 店 舗 名 は 付 書 裏 面 でご 確 認 ください ) 4 区 役 所 本 庁 舎 4 階 収 課 窓 口 各 区 事 務 所 ( 練 馬 を 除 く) (いずれも 平 日 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 まで 付 書 がない 場 合 でも お 支 払 いいただけます ) 1

な 店 舗 名 は 付 書 裏 面 でご 確 認 ください ) 4 区 役 所 本 庁 舎 4 階 収 課 窓 口 各 区 事 務 所 ( 練 馬 を 除 く) (いずれも 平 日 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 まで 付 書 がない 場 合 でも お 支 払 いいただけます ) 1 4 め 方 には 普 通 徴 収 給 与 特 別 徴 収 年 金 特 別 徴 収 3 通 りがあります (12 頁 参 照 ) 1 期 ⑴ 普 通 徴 収 普 通 徴 収 は 年 4 回 期 で 付 書 または 口 座 振 替 により めていただきます なお 均 等 割 額 以 下 場 合 は 年 1 回 で 付 していただきます 期 別 第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 期 限 6

More information

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された

世 帯 主 変 更 に 関 すること 内 容 必 要 書 類 世 帯 主 であった 方 が 亡 くなられた 場 合 は 世 帯 主 が 変 更 となります 届 出 ができるのは 同 一 世 帯 の 方 です 窓 口 に 来 る 方 の 本 人 資 料 朝 霞 市 では 死 亡 届 が 提 出 された ご 遺 族 の 方 へ 謹 んでお 悔 やみ 申 し 上 げます ご 家 族 ご 親 族 様 が 亡 くなられたことに 伴 い 発 生 する 公 的 手 続 について 代 表 的 なものをご 案 内 いたします 2 3 4 5 6 7 8 9 0 2 3 世 帯 主 変 更 に 関 すること 年 金 に 関 すること 国 民 健 康 保 険 に 関 すること 後 期 高 齢 者 医 療 に 関 すること

More information

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した

具 体 的 には 復 興 特 別 所 得 税 の 源 泉 徴 収 は 所 得 税 の 源 泉 徴 収 の 際 に 併 せて 行 うこととされ ているため 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 支 払 金 額 等 に 対 して 源 泉 徴 収 税 率 ( 合 計 税 率 )を 乗 じ て 計 算 した 年 金 Q&A( 年 金 と 税 金 ) < 日 本 年 金 機 構 の HP より> Q. 申 告 書 を 提 出 した 場 合 の 源 泉 徴 収 税 額 は どのように 計 算 するのですか 日 本 年 金 機 構 よりお 支 払 いしている 厚 生 年 金 等 にかかる 所 得 税 および 復 興 特 別 所 得 税 につ きましては 申 告 書 を 提 出 された 場 合 以 下 の 計

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

私たちの市税

私たちの市税 第 4 章 市 税 を 納 めるには ❶ 自 主 納 税 と 滞 納 自 主 納 税 奈 良 市 では 納 税 の 本 来 の 姿 として 自 主 納 税 を 推 進 しています 自 主 納 税 とは 納 税 義 務 者 のみなさんが 法 令 で 定 められた 納 期 限 までに 自 主 的 に 納 税 することです 市 税 の 滞 納 法 令 で 定 められた 納 期 限 までに 納 税 しないことを

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

1 平 成 28 年 度 保 育 所 等 入 所 案 内 このしおりには, 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度, 石 岡 市 保 育 所 等 の 入 所 申 込 みに 関 する 手 続 きや 必 要 書 類 などについて, 重 要 なことを 記 載 しています 内 容 をご 確 認 のうえ,お 申 し 込 みください 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 当 初 ) 入 所 の 申 し 込 み 受

More information

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ]

- 目 次 - [1 ] 特 別 徴 収 義 務 の 指 定 に つ い て 1 [2 ] 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 流 れ 1 [3 ] 毎 月 の 特 別 徴 収 の 事 務 に つ い て 1 [4 ] 納 入 の 方 法 及 び 取 扱 金 融 機 関 に つ い て 3 [5 ] 平 成 28 年 度 福 島 県 須 賀 川 市 企 画 財 政 部 税 務 課 市 民 税 係 住 所 962-0054 福 島 県 須 賀 川 市 牛 袋 町 11 番 地 ( 文 化 センター 内 ) 書 類 の 送 付 は 従 来 の 八 幡 町 135 で も 届 き ま す TEL (0248)88-9124( 直 通 ) ホームページアドレス http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/

More information

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願

健 康 保 険 被 保 険 者 証 について 社 会 保 険 加 入 手 続 後 NTT 健 康 保 険 組 合 被 保 険 者 証 (カード 型 )が 交 付 されます 被 保 険 者 証 がお 手 元 に 届 きましたら 内 容 等 をご 確 認 のうえ 受 領 書 の 返 送 を 必 ずお 願 各 種 保 険 の 概 要 健 康 保 険 介 護 保 険 厚 生 年 金 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 のご 案 内 です エヌ ティ ティ 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 制 度 は みなさんが 病 気 やけがをした 場 合 に お 医 者 さんに 診 てもらったり 薬 局 で 薬 を 処 方 し てもらった 際 の 医 療 費 の 一 部 や 出 産 した 時 に 一 時 金

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

国民健康保険税に関するQ&A

国民健康保険税に関するQ&A 市 税 よくある 質 問 Q&A ( 平 成 26 年 4 月 ) 栗 原 市 目 次 Ⅰ 個 人 市 民 税 に 関 するQ&A Q1 昨 年 は 収 入 がなかったのですが 市 民 税 の 申 告 は 必 要 ですか Q2 市 民 税 の 申 告 をしないとどうなりますか Q3 市 民 税 が 課 税 される 所 得 はいくらからですか Q4 市 民 税 の 均 等 割 が 高 くなったのはなぜ

More information

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2

内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨... 1 3 根 拠 法 令 等... 1 (1) 市 民 税 の 減 免... 1 (2) 府 民 税 の 減 免 ( 地 方 税 法 第 45 条 規 定 )... 1 第 2 個 人 市 民 税 減 免 事 務 取 扱 要 領 平 成 25 年 5 月 23 日 平 成 25 年 8 月 30 日 改 正 平 成 26 年 1 月 27 日 改 正 平 成 27 年 3 月 12 日 改 正 財 政 局 税 務 部 課 税 課 ( 個 人 課 税 G) 内 容 第 1 総 括 的 事 項... 1 1 事 務 取 扱 要 領 の 目 的... 1 2 減 免 の 趣 旨...

More information

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2

(4) 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度... 180 (5) 移 送 費... 180 (6) 訪 問 看 護 療 養 費... 181 (7) 療 養 費... 181 (8) 葬 祭 費... 181 3. 保 健 事 業... 182 (1) 健 康 診 査... 182 (2 I. 国 民 健 康 保 険... 167 1. 国 民 健 康 保 険 とは... 167 (1) 国 民 健 康 保 険 への 加 入 喪 失 手 続 き... 167 2. 給 付 内 容... 168 (1) 療 養 の 給 付... 168 (2) 入 院 時 食 事 療 養 費... 168 (3) 高 額 療 養 費... 169 (4) 療 養 費... 169 (5) 移 送 費...

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082E682AD82A082E98EBF96E25F8F4390B395AA5F2E646F63> よくある 質 問 (FAQ FAQ) このページ ページは みなさんからよく 問 い 合 わせのある 質 問 と です 参 考 にしてくださ い 市 県 民 税 ( 住 民 税 ) Q1 宝 塚 市 の 住 民 税 は 高 いのでは? Q2 去 年 退 職 して 今 は 働 いていないのですが 住 民 税 は 納 めるのですか? Q3 特 別 徴 収 と 普 通 徴 収 の 両 方 で 課 税 されたが?

More information

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続 戸 籍 の 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 5722-9786 戸 籍 のあるところを 本 籍 地 といいます 戸 籍 の 記 載 は によって 行 われますので 記 載 の 内 容 に 異 動 があった ときは 本 籍 地 または 所 在 地 の 区 市 町 村 の 戸 籍 係 へ 期 間 内 に てください は 本 人 確 認 ができるもの ( 運 転 免 許 やパスポートなど)もお 持 ちください

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

始 めにお 読 みください この 冊 子 ( 成 年 後 見 人 保 佐 人 補 助 人 ハンドブック)は, 今 後 の 成 年 後 見 ( 保 佐 補 助 ) 事 務 を 行 う 上 で 重 要 なことが 記 載 されています すべての 内 容 をよく 読 んでいただき, 分 からないことがあった

始 めにお 読 みください この 冊 子 ( 成 年 後 見 人 保 佐 人 補 助 人 ハンドブック)は, 今 後 の 成 年 後 見 ( 保 佐 補 助 ) 事 務 を 行 う 上 で 重 要 なことが 記 載 されています すべての 内 容 をよく 読 んでいただき, 分 からないことがあった 平 成 27 年 5 月 ( 電 子 版 ) 成 年 後 見 人 保 佐 人 補 助 人 ハンドブック 東 京 家 庭 裁 判 所 後 見 センター 東 京 家 庭 裁 判 所 立 川 支 部 後 見 係 始 めにお 読 みください この 冊 子 ( 成 年 後 見 人 保 佐 人 補 助 人 ハンドブック)は, 今 後 の 成 年 後 見 ( 保 佐 補 助 ) 事 務 を 行 う 上 で 重 要

More information

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限

2 窓 口 申 請 方 式 : 申 請 書 を 窓 口 に 提 出 し 指 定 の 金 融 機 関 口 座 へ 振 込 3 窓 口 現 金 受 領 方 式 : 申 請 書 を 郵 送 又 は 窓 口 に 提 出 し 窓 口 で 現 金 を 受 領 申 請 受 付 開 始 日 及 び 申 請 期 限 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 平 成 28 年 度 臨 時 福 祉 給 付 金 の 申 請 に 係 る 留 意 事 項 1. 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 28 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 平 成 28 年 1 月 1 日 において 枝 幸 町 の 住 民

More information

市民課

市民課 収 納 課 手 続 き 税 金 相 談 市 民 活 動 Q. 全 期 前 納 で 口 座 振 替 している 期 別 ごとにしたいがどのようにすればよいのですか 現 在 口 座 振 替 を 利 用 されている 金 融 機 関 の 窓 口 にある 変 更 届 を 金 融 機 関 へ 提 出 してください 市 外 の 方 は にご 連 絡 ください Q. 住 所 が 変 わった 場 合 の 口 座 振 替

More information

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀

農 協 (JA) 信 用 組 合 ( 茨 城 県 信 組 は 除 く) 信 託 銀 行 信 用 漁 協 連 イオン 銀 行 楽 天 銀 行 新 生 銀 行 琉 球 銀 行 セブン 銀 行 じぶん 銀 行 シティバンク ジャパンネット 銀 行 インターネットバンキング 系 列 の 銀 行 ゆうちょ 銀 任 意 継 続 被 保 険 者 制 度 の 概 要 被 保 険 者 ( 本 人 )が 退 職 すると 健 康 保 険 の 資 格 を 失 いますが 下 記 の 加 入 資 格 要 件 を 満 たして いる 場 合 で 引 き 続 き 日 立 健 保 の 継 続 加 入 を 希 望 する 場 合 は 任 意 継 続 被 保 険 者 ( 以 下 任 継 ) に 加 入 することができます 任 継 の 加

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

   新潟市市税口座振替事務取扱要領

   新潟市市税口座振替事務取扱要領 昭 和 63 年 4 月 1 日 制 定 平 成 13 年 5 月 1 日 全 部 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 19 年 12 月 1 日 一 部 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 24 年 7 月 17 日 一 部 改 正 平 成

More information

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給

特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 27.05 特 別 徴 収 義 務 1 税 額 通 知 書 の 配 布 特 別 徴 収 義 務 への 通 知 とあわせて 納 税 への 通 知 書 を 送 付 しましたので 5 月 31 日 までに 各 納 税 に 配 布 してください なお すでに 退 職 等 した 人 については この 冊 子 にある 給 与 支 払 報 告 書 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

Ⅱ給付事務

Ⅱ給付事務 Ⅳ 給 付 事 務 1. 基 金 給 付 の 仕 組 み 基 金 の 給 付 は キャッシュ バランス プランによる 生 協 独 自 の 給 付 老 齢 給 付 金 ( 年 金 ) 選 択 一 時 金 脱 退 一 時 金 遺 族 給 付 金 ( 一 時 金 ) です キャッシュ バランス プランでは 加 入 者 一 人 一 人 の 仮 想 個 人 勘 定 残 高 をもとに 給 付 を 行 います 基

More information

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区 高 齢 受 給 者 証 70 歳 になると 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 となります 対 象 となる 期 間 70 歳 の 誕 生 日 の 翌 月 (1 日 が 誕 生 日 の 方 は 誕 生 月 )から 75 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 内 容 対 象 の 方 には 高 齢 受 給 者 証 が 交 付 されます 医 療 機 関 にかかるときはこの 受 給 者 証 と 証 を 窓 口

More information

【件名】

【件名】 自 動 車 税 は 毎 年 4 月 1 日 現 在 自 動 車 検 査 証 ( 車 検 証 )に 記 載 されている 所 有 者 ( 割 賦 販 売 の 場 合 は 使 用 者 )の 方 に 課 税 されます 自 動 車 を 譲 渡 したときは 移 転 登 録 廃 車 したときは 抹 消 登 録 の 手 続 きが 必 要 です お 早 めに 管 轄 の 運 輸 支 局 又 は 自 動 車 検 査 登

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版

20100701 日本年金機構 年金相談マニュアル(相談事例編) 平成22年7月版 年 金 相 談 マニュアル 相 談 事 例 編 2010.07 - 目 次 - 1. 資 格 記 録 1 受 給 要 件 10 厚 生 年 金 の 適 用 関 係 10 2. 国 民 年 金 保 険 料 納 付 還 付 15 納 付 17 任 意 加 入 期 間 の 保 険 料 還 付 23 3. 過 去 記 録 整 備 27 4.ユーザID パスワード 39 5. ねんきん 定 期 便 ( 平 成

More information

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4)

11 新 型 インフルエンザ 予 防 接 種 健 康 被 害 救 済 給 付 金 ( 注 4) 12 ( 医 薬 品 副 作 用 被 害 救 済 制 度 の) 副 作 用 救 済 給 付 又 は( 生 物 由 来 製 品 感 染 等 被 害 救 済 制 度 の) 感 染 救 済 給 付 ( 注 4) 様 式 第 1 号 及 び 第 2 号 ( 参 考 資 料 2)( 第 6 条 関 係 ) 留 意 事 項 支 給 対 象 者 について 支 給 対 象 者 は 平 成 26 年 1 月 1 日 において 以 下 の 条 件 を 満 たした 方 です 1 足 寄 町 の 住 民 基 本 台 帳 に 記 録 されている 方 ( ) 2 平 成 26 年 度 分 の 市 町 村 民 税 ( 均 等 割

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

大阪府生活福祉資金のごあんない

大阪府生活福祉資金のごあんない 大 阪 府 生 活 福 祉 資 金 福 祉 資 金 貸 付 のごあんない この 貸 付 制 度 は 低 所 得 者 障 がい 者 または 高 齢 者 の 世 帯 に 対 し 資 金 の 貸 付 けと 必 要 な 相 談 支 援 を 行 うこ とにより その 経 済 的 自 立 および 生 活 意 欲 の 助 長 促 進 ならびに 在 宅 福 祉 および 社 会 参 加 の 促 進 を 図 り 安 定

More information

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 平 成 年 度 共 済 組 合 の て び き 大 阪 市 職 員 共 済 組 合 目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 除 外 の 届 出

More information

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養

2 資 格 取 得 の 申 出 方 法 ( 施 行 令 第 46 条 ) 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 退 職 時 の 所 属 所 長 へ 提 出 し 事 実 証 明 を 受 けて 共 済 組 合 に 提 出 してください 3 被 扶 養 者 の 取 扱 い 退 職 時 に 被 扶 養 Ⅵ 任 意 継 続 組 合 員 1 制 度 の 内 容 ( 法 第 144 条 の2) 退 職 の 日 の 前 日 まで 引 き 続 き1 年 以 上 組 合 員 であった 者 が 退 職 の 日 から 起 算 して 20 日 以 内 に 任 意 継 続 組 合 員 申 出 書 を 共 済 組 合 に 提 出 した 場 合 は 退 職 の 日 の 翌 日 から 起 算 して2 年 間 ( 退 職 時

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

も く じ マイナンバー 制 度 について 1 マイナンバー( 個 人 番 号 )について 2 通 知 カードについて 3 個 人 番 号 カードについて 5 住 民 基 本 台 帳 カードをお 持 ちの 方 へ 11 電 子 証 明 書 ( 公 的 個 人 認 証 サービス)について 13 マイナ

も く じ マイナンバー 制 度 について 1 マイナンバー( 個 人 番 号 )について 2 通 知 カードについて 3 個 人 番 号 カードについて 5 住 民 基 本 台 帳 カードをお 持 ちの 方 へ 11 電 子 証 明 書 ( 公 的 個 人 認 証 サービス)について 13 マイナ マイナンバー 制 度 のご 案 内 ~ 通 知 カード 個 人 番 号 カード~ マイナンバーキャラクター マイナちゃん マイナンバー 制 度 のご 案 内 ~ 通 知 カード 個 人 番 号 カード~ 平 成 27 年 (2015) 年 10 月 発 行 編 集 発 行 新 宿 区 地 域 文 化 部 戸 籍 住 民 課 160-8484 新 宿 区 歌 舞 伎 町 一 丁 目 4 番 1 号 TEL

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20615F95DB88E78F8A93FC8F8A82CC82B288C493E02E646F6378> 平 成 26 年 度 保 育 所 入 所 のご 案 内 目 次 1 保 育 所 とは P1 2 申 込 みができる 方 は P1 3 申 込 受 付 の 時 期 P2 4 市 内 保 育 所 及 び 申 込 み 可 能 児 童 一 覧 P3 5 入 所 までの 流 れ P4 6 保 育 時 間 について P5 7 申 込 みに 必 要 な 書 類 P6 8 申 込 み 時 の 注 意 P7~P8 9

More information

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金

母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 貸 付 制 度 は 母 子 家 庭 の 母 や 父 子 家 庭 の 父 寡 婦 の 方 の 経 済 的 自 と 扶 養 している 児 童 の 福 祉 の 増 進 を 目 的 とする 貸 付 制 度 です 平 成 26 年 10 月 から 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 の 貸 付 対 象 が 家 庭 にも 拡 大 され 母 子 寡 婦 福 祉 資 金 となりました この

More information

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21

明 な) 4 自 動 車 の 利 用 自 動 車 の 継 続 検 査 ( 車 検 ) 所 有 している 場 合 2 年 に1 回 ( 新 車 購 入 直 後 は3 年 目 ) 約 3,166 万 件 / 年 自 動 車 :2,171 万 件 / 年 軽 自 動 車 :995 万 件 / 年 (H21 凡 例 別 添 資 料 1 選 定 基 準 に 関 係 する 項 目 1 以 上 2 年 100 万 以 上 年 1000 万 以 上 3 個 行 政 等 が 関 係 民 間 が 関 係 4 添 付 類 あり ライフイベント 別 主 要 手 続 整 理 表 ( 多 数 あるイベントや 手 続 きの 中 で 主 なもののみ 掲 載 しています また 自 治 体 等 により 内 容 が 異 なる 場 合

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 平 成 20 年 4 か ら 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 が は じ ま り ま した これまでは75 歳 ( 一 定 の 障 害 をお 持 ちの65 歳 ) 以 上 の 方 は 国 民 健 康 保 険 などの 医 療 保 険 に 加 入 しながら 老 人 保 健 医 療 制 度 で 医 療 を 受 けていましたが 平 成 20 年 4 からは 新 しい

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 2 7 年 度 高 崎 総 合 医 療 セ ン タ ー 採 用 試 験 の ご 案 内 ~ 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 連 絡 照 会 先 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター

More information

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所

目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年 金 について 1 2. 年 金 給 付 について 1 3. 年 金 の 支 払 方 法 2 4. 年 金 の 支 給 を 受 けているときに 毎 年 必 要 な 手 続 き 3 5. 住 所 年 金 の し お り ( 平 成 25 年 1 月 改 訂 版 ) 日 本 金 属 プレス 工 業 厚 生 年 金 基 金 130 8554 東 京 都 墨 田 区 両 国 4 丁 目 30 番 7 号 金 属 プレス 会 館 8 階 03(5638)7811 FAX03(5638)7815 目 次 はじめに はじめに 頁 1.あなた( 年 金 受 給 権 者 ご 本 人 )が 受 け 取 る 年

More information

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業

熊本市戸建木造住宅耐震改修事業 平 成 28 年 度 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 利 用 の 手 引 き ( 市 民 向 け) 熊 本 市 戸 建 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 強 計 画 設 計 耐 震 改 修 工 事 目 次 耐 震 診 断 から 耐 震 改 修 までの 流 れ p 1 補 強 計 画 設 計 補 助 制 度 利 用 について p 2 耐 震 改 修 工 事 補 助 制 度 利

More information

1526452.dsz

1526452.dsz 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 申 告 の 手 引 申 告 書 の 提 出 期 限 は 平 成 28 年 3 月 15 日 ( 火 )です 特 別 区 民 税 都 民 税 ( 住 民 税 )の 申 告 につきましては 毎 年 ご 協 力 をいただきありがとうございます 平 成 28 年 度 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりましたので 申 告 書 をお 送

More information

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請

内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 住 家 以 外 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について... 4 被 災 証 明 の 申 請 平 成 27 年 12 月 17 日 発 行 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 災 害 により 被 害 を 受 けられた 皆 さまへ 第 2 版 ( 給 付 減 免 支 援 制 度 などについて) 常 総 市 内 容 被 災 者 支 援 総 合 窓 口 について... 3 り 災 証 明 書 被 災 証 明 書 について 住 家 の り 災 証 明 の 申 請 および 発 行 について...

More information

健 康 保 険 が 使 えるときと 使 えないとき 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 となるのは 方 法 として 安 全 性 や 有 効 性 が 認 められ あらかじめ 国 によって 保 険 の 適 用 が 認 められている 養 に 限 られます 7-1 p17-2 p17-9 こんなときは

健 康 保 険 が 使 えるときと 使 えないとき 健 康 保 険 の 給 付 の 対 象 となるのは 方 法 として 安 全 性 や 有 効 性 が 認 められ あらかじめ 国 によって 保 険 の 適 用 が 認 められている 養 に 限 られます 7-1 p17-2 p17-9 こんなときは 保 険 給 付 保 険 給 付 のしくみ 健 康 保 険 では 業 務 外 で 発 生 した 病 気 やけがに 対 して 保 険 給 付 が 行 われます 保 険 証 を 提 出 して 受 診 します 病 気 やけがをしたとき 医 機 関 の 窓 口 に 保 険 証 を 提 出 すると 医 費 の 支 払 いにあたり 健 康 保 険 組 合 から 給 付 される 分 の 医 費 はあらかじめ 差 し

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野)

社会保障・税番号制度の導入に向けて(社会保障分野) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 社 会 保 障 分 野 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 4 月 厚 生 労 働 省 社 会 保 障 税 番 号 制 度 導 入 の 全 体 スケジュール 平 成 25 年 5 月 平 成 26 年 度 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 や 自 治 体 等 のシステム 改 修 等 平 成 27 年

More information

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必

平 成 27 年 4 月 より 施 行 予 定 の 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 により 保 育 所 等 の 保 育 施 設 の 入 所 の 手 続 きが 変 わります 入 所 を 希 望 する 場 合 は 保 護 者 の 労 働 等 を 理 由 とした お 子 さんへの 保 育 の 必 平 成 27 年 度 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 の 状 態 にあるなどの 理 由 により 保 育 が 必 要 な 乳 幼 児 を 家 庭 の 保 護 者 に 代 わって 保 育 することを 目 的 とする 児 童 福 祉 施 設 です 保 育 所 の 利 用 を 希 望 する 場 合 には 保 護 者 が 法 律 に 定 める 要 件 に

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

外貨普通預金

外貨普通預金 商 品 概 要 説 明 書 平 成 26 年 9 月 1 日 現 在 非 提 携 住 宅 ローン( 全 国 保 証 ) 商 品 名 保 証 会 社 全 国 保 証 ( 株 ) お 使 いみち ご 利 用 いただける 方 非 提 携 住 宅 ローン( 全 国 保 証 住 まいるいちばんネクストⅤ ) 1.お 申 込 人 またはお 申 込 人 とそのご 家 族 が 居 住 することを 目 的 とした 物

More information

平成28年度_特別徴収のしおり.indd

平成28年度_特別徴収のしおり.indd 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 都 民 税 特 別 徴 収 のしおり 特 別 徴 収 義 務 様 特 別 区 民 税 都 民 税 の 特 別 徴 収 につきましては 平 素 か ら 御 協 力 をいただき 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 地 方 税 法 第 321 条 の4 第 1 項 及 び 墨 田 区 特 別 区 税 条 例 第 33 条 の 規 定 により 貴 事 務 所

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内 平 成 23 年 度 福 岡 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 職 員 採 用 試 験 案 内 1. 試 験 の 種 類 及 び 採 用 予 定 人 数 等 試 験 の 種 類 採 用 職 種 採 用 予 定 人 数 職 務 の 内 容 ( 大 学 卒 業 程 度 ) ( 短 期 大 学 卒 業 程 度 ) ( 高 等 学 校 卒 業 程 度 ) 一 般 事 務 2 人 福 岡 県 国

More information

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分 第 1 学 年 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 募 集 の 方 法 等 (1) 募 集 人 員 学 部 課 程 工 学 部 機 械 創 造 工 学 課 程 電 気 電 子 情 報 工 学 課 程 物 質 材 料 工 学 課 程 環 境 社 会 基 盤 工 学 課 程 生 物 機 能 工 学 課 程 情 報 経 営 システム 工 学 課 程 募 集 人 員 前 期 日 程 50 人 (2)

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に

申 込 みに 必 要 な 書 類 入 園 申 込 は 児 童 1 人 につき 第 2 希 望 園 までです 重 複 して 入 園 申 込 を 提 出 することはできません 申 込 みには 次 の1 3の 書 類 が 必 要 です 兄 弟 姉 妹 で 申 込 む 場 合 は それぞれの 申 込 書 に 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 11 月 発 行 ) 入 園 基 準 保 育 園 入 園 申 込 案 内 保 育 園 とは 保 育 園 とは 保 護 者 が 働 いていたり 病 気 にかかっていたり またはその 他 の 理 由 で 家 庭 にお いて 児 童 を 保 育 することができない 場 合 に その 児 童 を 保 護 者 に 代 わって 保 育 するところです 受 付 期 間

More information

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税 平 成 27 年 度 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 飯 山 市 389-2292 長 野 県 飯 山 市 大 字 飯 山 1110 番 地 1 号 電 話 026962-3111 内 線 161 162 飯 山 市 役 所 総 務 部 税 務 課 市 民 税 係 市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の

More information

2016特別徴収のしおり.indd

2016特別徴収のしおり.indd 和 歌 山 県 橋 本 市 市 町 村 コード 3 0 2 0 3 1 平 成 28 年 度 個 人 市 民 税 個 人 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり お 届 けした 書 類 1 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり( 本 書 ) 2 平 成 28 年 度 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 通 知 書 ( 納 税 義 務 者 用 ) 3 平 成

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145>

<5461726F2D95D48AD282CC8EE888F82848323495D48AD28A4A8E6E8ED28145> 徳 島 県 奨 学 金 返 還 の 手 引 き 返 還 が 完 了 するまで 必 ず 保 管 し, 諸 届 を 提 出 する 際 には, 本 手 引 きの 様 式 をコピーして 御 使 用 ください 大 学 生 版 奨 学 生 番 号 氏 名 徳 島 県 教 育 委 員 会 学 校 政 策 課 770-8570 徳 島 市 万 代 町 1 丁 目 1 番 地 088-621-3132 ファクシミリ

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから

葬 儀 後 の 手 続 きについて 一 般 的 な 注 意 はじめに このご 案 内 に 掲 載 している 手 続 きが 全 てとは 限 りません 葬 儀 後, 多 大 なご 心 労 の 中,ご 遺 族 には 様 々な 手 続 きをしていただくこととなりますが, どんな 手 続 きがあ るのかわから この 冊 子 は, 調 布 市 にお 住 まいだった 方 がお 亡 くなりになり, 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 届 を 提 出 した 後 のおもな 手 続 きのご 案 内 で す 死 亡 届 は, 死 亡 地 故 人 の 本 籍 地 又 は 届 出 人 の 住 所 地,いずれかの 市 区 町 村 役 場 に 死 亡 日 を 含 め7 日 以 内 に 届 出 が 必 要 です 死 亡 届 を

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

微収事務の手引き_CS5.indd

微収事務の手引き_CS5.indd 個人住民税 市町村民税 県民税 特別徴収の事務手引き 三重県 県内各市町 目 次 頁 (ページ) 1 個 人 住 民 税 について 1 2 特 別 徴 収 の 義 務 1 3 特 別 徴 収 義 務 者 の 指 定 2 4 対 象 になる 人 2 5 給 与 支 払 報 告 書 の 提 出 2 6 特 別 徴 収 税 額 決 定 通 知 書 の 送 付 4 7 納 期 と 納 入 方 法 5 8 退

More information

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の

6 出 願 書 類 (1)2017 年 度 朝 日 大 学 出 願 確 認 票 大 学 提 出 用 ( 本 学 所 定 の 用 紙 ) (2) 写 真 ( 正 面 上 半 身 脱 帽 で3カ 月 以 内 に 撮 影 した 背 景 無 地 の 写 真 縦 4cm 横 3cm) 出 願 確 認 票 の 歯 学 部 AO 入 学 試 験 ( Ⅰ 期 Ⅱ 期 ) 本 学 専 願 インターネット 出 願 1 出 願 資 格 本 学 専 願 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 (1) 高 等 学 校 ( 中 等 教 育 学 校 を 含 む 以 下 同 じ)を 卒 業 した 者 または2017 年 3 月 卒 業 見 込 みの 者 (2) 通 常 の 課 程 による12 年 の 学 校 教

More information

Microsoft Word - staff_H18.doc

Microsoft Word - staff_H18.doc 教 職 員 ( 給 与 福 利 厚 生 )に 関 するもの - 15 - 給 与 給 与 関 係 につきましては 特 に 扶 養 手 当 が 誤 支 給 された 場 合 扶 養 手 当 のみにとどま らず 住 居 手 当 期 末 勤 勉 手 当 所 得 税 地 方 税 にも 及 び 現 金 で 返 納 することになり ます 返 納 額 が100 万 円 を 超 えることも 十 分 あり 得 ますので

More information

Ⅱ 通 知 カード と 個 人 番 号 カードに 関 する 質 問 6 Q 通 知 カードってどんなカードですか? 通 知 カードはマイナンバーをお 知 らせする 際 に 送 付 される 紙 のカードで 度 会 町 に 住 民 票 のある 全 ての 方 に 届 きます マイナンバーが 必 要 なとき

Ⅱ 通 知 カード と 個 人 番 号 カードに 関 する 質 問 6 Q 通 知 カードってどんなカードですか? 通 知 カードはマイナンバーをお 知 らせする 際 に 送 付 される 紙 のカードで 度 会 町 に 住 民 票 のある 全 ての 方 に 届 きます マイナンバーが 必 要 なとき Ⅰ マイナンバー 制 度 ( 社 会 保 障 税 番 号 制 度 )に 関 する よくある 質 問 マイナンバー 制 度 個 人 番 号 (マイナンバー)に 関 する 質 問 1 Q どんなときにマイナンバーが 必 要 になるのですか? 社 会 保 障 税 災 害 対 策 の 分 野 でマイナンバーが 利 用 されます 具 体 的 には 年 金 雇 用 保 険 健 康 保 険 源 泉 徴 収 などの

More information

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等

65 歳 以 上 の 介 護 保 険 料 が 健 康 保 険 に 含 まれていた 時 より 高 額 になったと 思 うのですが 40 歳 から64 歳 までの 健 康 保 険 に 含 まれる 介 護 保 険 分 は 会 社 での 健 康 保 険 のルールに 基 づき 会 社 での 月 額 報 酬 等 介 護 保 険 に 関 するQ&A 65 歳 になられる 方 65 歳 になったら 保 険 料 の 通 知 が 来 るのはなぜですか 介 護 保 険 料 は40 歳 から64 歳 までの 方 ( 第 2 号 被 保 険 者 )については 健 康 ( 医 療 ) 保 険 料 の 中 に 含 めて ご 加 入 の 健 康 ( 医 療 ) 保 険 組 合 のルールに 基 づいて 支 払 うことになっています

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

平成18年度

平成18年度 平 成 26 年 度 中 野 市 所 入 所 のご 案 内 平 成 26 年 4 月 ~ 平 成 27 年 3 月 入 所 分 所 とは 保 護 者 ( 両 親 祖 父 母 等 )の 就 労 又 は 病 気 などのために 家 庭 において することのできない 児 童 を 保 護 者 にかわって を 実 施 する 施 設 です お 問 い 合 わせは 中 野 市 子 ども 部 課 係 ( 市 役 所

More information

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被

< 目 次 > 種 別 手 続 き 窓 口 ページ 救 援 物 資 等 救 援 物 資 弔 慰 金 の 支 給 ( 日 赤 ) - 1 災 害 見 舞 金 の 支 給 社 会 福 祉 協 議 会 1 証 明 り 災 証 明 書 の 交 付 消 防 本 部 予 防 課 2 国 民 健 康 保 険 被 火 災 で 被 災 さ れ た か た へ の 各 種 手 続 き 支 援 の ご 案 内 火 災 の 被 害 に 遭 われました 皆 様 に 対 しまし て 心 よりお 見 舞 い 申 し 上 げます 被 災 後 の 手 続 きや 受 けられる 支 援 等 につ いてまとめましたので ご 利 用 ください この 冊 子 は 被 災 後 の 手 続 き 支 援 のすべてを 網 羅 して いるものではありませんのでご

More information

1 1.は じ め に 広 島 大 学 では 経 済 的 な 理 由 などにより 授 業 料 を 納 入 することが 困 難 な 人 に 対 して 授 業 料 全 額 または 半 額 を 免 除 する 制 度 を 設 けています 免 除 者 選 考 は 一 定 学 力 基 準 を 満 たしている 人 について 予 算 範 囲 内 で 家 庭 経 済 状 況 等 に より 困 窮 度 高 い 人 から 全

More information