< F8ED089EF95DB8CAF312E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<8265826F8ED089EF95DB8CAF312E786C73>"

Transcription

1 FPデータ 集 平 成 20 年 10 月 作 成 A2 健 康 保 険 ( 医 療 保 険 ) 被 用 者 とその 被 扶 養 者 民 間 企 業 に 勤 める 人 公 務 員 私 立 学 校 の 教 職 員 など 自 営 業 者 退 職 者 などの 地 域 住 民 全 国 健 康 保 険 協 会 管 掌 健 康 保 険 ( 協 会 けんぽ) 1 健 康 保 険 組 合 2 船 員 保 険 国 家 公 務 員 共 済 組 合 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 私 立 学 校 教 職 員 共 済 制 度 国 民 健 康 保 険 3 老 齢 年 金 等 の 受 給 者 とその 家 族 は 退 職 者 医 療 4 国 民 健 康 保 険 組 合 5 75 歳 になると 後 期 高 齢 者 医 療 年 10 月 から 政 府 管 掌 健 康 保 険 は 公 法 人 化 されて 全 国 健 康 保 険 協 会 が 設 立 され 各 都 道 府 県 が 保 険 料 を 設 定 する 仕 組 みに 変 わりました 政 管 健 保 は2007 年 度 から 赤 字 に 転 落 していることから 現 在 の 保 険 料 率 (8.2%)を0.1~0.3% 引 き 上 げることが 避 けられない 見 通 しである その 場 合 各 都 道 府 県 ごとに 保 険 料 率 に 差 が 出 ることが 考 えられる 被 保 険 者 と 家 族 を 合 わせて 約 3,600 万 人 が 加 入 している 企 業 が 単 独 で 設 立 する 場 合 は700 人 以 上 ( 単 一 健 保 組 合 ) 同 業 種 の 複 数 の 企 業 が 共 同 して 設 立 する 場 合 は 3,000 人 以 上 の 被 保 険 者 数 が 必 要 ( 総 合 健 保 組 合 ) 2008 年 7 月 現 在 組 合 数 は1501 被 保 険 者 と 家 族 を 合 わ せて 約 3,000 万 人 が 加 入 している 被 保 険 者 の 属 する 世 帯 の 世 帯 主 は 保 険 料 を 納 付 する 義 務 がある 世 帯 主 が 他 の 医 療 保 険 の 被 保 険 者 ( 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 ではない)であって その 世 帯 内 に 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 がいる 場 合 は その 世 帯 主 を 国 民 健 康 保 険 の 被 保 険 者 である 世 帯 主 とみなして 保 険 料 または 保 険 税 の 納 付 義 務 者 とする この 場 合 における 世 帯 主 を 実 務 上 擬 制 世 帯 主 (ぎせいせたいぬし) という 4 被 保 険 者 のうち 厚 生 年 金 や 共 済 年 金 などの 被 用 者 年 金 制 度 の 老 齢 ( 退 職 ) 年 金 を 受 給 している 者 ( 退 職 被 保 険 者 )およびその 被 扶 養 者 が 対 象 となる 平 成 20 年 4 月 から 原 則 廃 止 されていますが 平 成 27 年 3 月 までの 65 歳 未 満 退 職 者 について(65 歳 に 達 するまでの 間 ) 現 行 制 度 が 存 続 します 5 同 業 同 種 の 連 帯 の 下 に 組 織 された 組 合 で 組 合 が 行 う 事 業 は 保 険 給 付 と 保 健 事 業 に 大 別 される 保 険 給 付 には 国 民 健 康 保 険 法 に 基 づく 法 定 給 付 と 組 合 が 任 意 に 行 う 出 産 死 亡 等 に 関 する 給 付 がある また 保 健 事 業 は 組 合 員 や 家 族 の 健 康 の 保 持 増 進 疾 病 予 防 等 を 目 的 とした 事 業 を 行 っている 同 様 の 業 種 に 従 事 する ものを 対 象 とするため 職 業 病 労 災 の 発 見 には 有 利 な 面 もある ( 建 設 土 木 業 におけるアスベストによる 悪 性 中 皮 種 など)しかし 市 町 村 国 保 を 原 則 とする 立 場 から 厚 生 労 働 省 は 原 則 として 新 規 設 立 を 認 めていない 現 在 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 建 設 土 木 などの 業 種 で 全 国 に165の 組 合 がある

2 FPデータ 集 平 成 20 年 6 月 作 成 A44 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 となれるのは 主 として 被 保 険 者 の 収 入 で 生 計 を 維 持 している 人 被 扶 養 者 になれるのは 主 として 被 保 険 者 の 収 入 で 生 計 を 維 持 している75 歳 未 満 の 人 です 75 歳 以 上 の 人 は 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 の 被 保 険 者 となり 被 扶 養 者 となることはできません 被 保 険 者 と 同 居 別 居 いずれでもよい 人 被 保 険 者 と 同 居 していることが 条 件 の 人 ( 内 縁 関 係 でもよい) 子 孫 および 弟 妹 父 母 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 兄 妹 伯 叔 父 母 甥 姪 などと その 孫 姉 妹 の の 父 母 や 子 など 左 記 以 外 の3 親 等 内 の 親 族 内 縁 関 係 の の 父 母 および 子 内 縁 関 係 の 死 亡 後 の 父 母 および 子 3 親 等 内 の 親 族 図 伯 叔 父 母 甥 姪 兄 弟 姉 妹 曾 祖 父 母 祖 父 母 父 母 子 曾 祖 父 母 祖 父 母 父 母 被 保 険 者 子 1 親 等 兄 姉 弟 妹 伯 叔 父 母 甥 姪 甥 姪 孫 孫 2 親 等 曾 孫 の 人 は 生 計 維 持 の 関 係 が 条 件 です 曾 孫 3 親 等 の 人 は 生 計 維 持 の 関 係 と 同 一 世 帯 が 条 件 です 年 収 130 万 円 未 満 で 被 保 険 者 の 年 収 の 半 分 未 満 が 目 安 被 保 険 者 の 収 入 により 生 計 を 維 持 されていることが 被 扶 養 者 の 認 定 基 準 となります 対 象 者 の 年 収 が 160 歳 未 満 130 万 円 未 満 260 歳 以 上 障 害 者 180 万 円 未 満 であれば 生 計 を 維 持 されていると 認 められます また 被 保 険 者 と 同 一 世 帯 の 場 合 上 記 の 生 計 維 持 認 定 基 準 をクリアし かつ 被 保 険 者 の 年 収 の2 分 の1 未 満 であることが 必 要 です 被 保 険 者 と 別 居 している 場 合 は 生 計 維 持 認 定 基 準 をクリアし 被 保 険 者 から の 仕 送 り 額 よりも 少 なければ 被 扶 養 者 になることができます 被 扶 養 者 として 認 定 される 人 されない 人 同 居 し て い る 場 合 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 年 収 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 年 収 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 年 収 1/2 1/2 130 万 円 (60 歳 以 上 は180 万 円 ) 年 収 がいくらの 場 合 でも 理 由 130 万 円 未 満 2 分 の1 未 満 130 万 円 未 満 2 分 の1 以 上 130 万 円 以 上 認 定 別 居 し て い る 場 合 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 仕 送 額 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 仕 送 額 対 象 者 の 年 収 被 保 険 者 の 仕 送 額 年 収 がいくらの 場 合 でも 130 万 円 未 満 仕 送 額 未 満 130 万 円 未 満 仕 送 額 以 上 130 万 円 以 上

3 FPデータ 集 平 成 20 年 5 月 作 成 A23 退 職 後 の 医 療 制 度 退 職 後 は 資 格 喪 失 後 20 日 以 内 に 加 入 し ていた 健 康 保 険 ( 組 合 )の 任 意 継 続 被 保 険 者 として 加 入 する 資 格 喪 失 後 14 日 以 内 に 市 区 町 村 に 届 出 て 新 たに 国 民 健 康 保 険 に 加 入 する 家 族 が 加 入 する 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 になる 本 データ 集 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 の 項 参 照 退 職 前 とほぼ 同 じ 給 付 内 容 自 己 負 担 割 合 自 己 負 担 割 合 入 院 / 通 院 とも3 割 (70 歳 未 満 ) 入 院 / 通 院 とも3 割 自 己 負 担 割 合 世 帯 の 収 入 に 応 じた 保 険 料 負 担 なし(70 歳 未 満 ) 入 院 / 通 院 とも3 割 保 険 料 負 担 あり 継 続 は 最 長 2 年 間 保 険 料 は 保 険 料 は 保 険 料 は 在 職 時 は 会 社 と 社 員 が 保 険 料 を 折 半 す るが 任 意 継 続 では 全 額 が 自 己 負 担 計 算 の 基 礎 となる 標 準 報 酬 月 額 は 退 職 時 か 全 被 保 険 者 の 平 均 のいず れか 低 い 方 組 合 健 保 では 組 合 への 問 い 合 わせが 必 要 任 意 継 続 の 期 間 が 過 ぎたら 国 保 に 加 入 するか 家 族 の 健 保 の 被 扶 養 者 になる 国 民 健 康 保 険 料 は 前 年 の 所 得 が 基 準 と なるため 退 職 後 すぐに 国 民 健 康 保 険 に 加 入 すると 保 険 料 が 高 額 になるのが 一 般 的 です 平 成 20 年 度 からは 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 導 入 に 伴 い 医 療 保 険 分 後 期 高 齢 者 支 援 金 分 そして 40 歳 以 上 の 介 護 保 険 分 の3 本 立 てに なります 息 子 ら 家 族 が 健 康 保 険 などに 加 入 して いれば その 扶 養 者 になることもでき ます その 場 合 保 険 料 の 追 加 負 担 は 発 生 しません ただ 公 的 年 金 や 雇 用 保 険 給 付 などを 含 め 年 収 が60 歳 以 上 または 障 害 者 の かたは180 万 円 未 満 60 歳 未 満 の 場 合 130 万 円 未 満 であること その 他 の 要 件 に 該 当 することが 必 要 75 歳 に 到 達 ( 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 ) 対 象 者 75 歳 以 上 (65 歳 ~74 歳 で 一 定 の 障 害 のある 方 で 広 域 連 合 の 認 定 を 受 けた 方 ) 保 険 料 都 道 府 県 ごとに 設 定 被 保 険 者 均 等 割 額 と 所 得 割 額 からなり 上 限 は 年 間 50 万 円 2 年 に1 度 改 定 される 高 齢 者 一 人 ずつが 納 める( 保 険 料 の 軽 減 措 置 あり) 年 額 18 万 円 以 上 の 年 金 を 受 給 していれば 保 険 料 は 原 則 天 引 き(ただし 介 護 保 険 料 と 合 わせた 額 が 年 金 額 の1/2を 超 えるときは 対 象 外 ) 窓 口 負 担 1 割 ( 現 役 並 み 所 得 者 は3 割 ) 運 営 運 営 主 体 は 都 道 府 県 単 位 で 設 置 される 広 域 連 合 ( 全 市 町 村 が 加 入 )が 行 い 保 険 料 徴 収 などは 市 区 町 村 が 行 う 60 歳 以 降 の 医 療 保 険 : 65 歳 まで 働 いて 退 職 するサラリーマンの 場 合 ( 夫 の 年 齢 ) ( 妻 の 年 齢 ) 65 歳 62 歳 68 歳 65 歳 75 歳 78 歳 72 歳 75 歳 夫 政 管 ( 組 合 ) 健 保 介 護 2 号 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 介 護 保 険 1 号 被 保 険 者 ( 保 険 料 は 年 金 から 天 引 き) 妻 健 保 の 被 扶 養 者 介 護 保 険 料 負 担 なし 国 民 健 康 保 険 ( 夫 と 世 帯 単 位 で 加 入 ) 国 保 ( 妻 のみ 加 入 ) 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 介 護 2 号 ( 国 保 と 合 わせて 納 付 ) 介 護 保 険 1 号 被 保 険 者 ( 保 険 料 は 年 金 から 天 引 き) 注 意 事 項 任 意 継 続 か 国 保 を 選 ぶ 際 保 険 料 の 比 較 だけではなく 給 付 内 容 を 比 較 することも 大 切 なポイント です 健 保 組 合 によっては 国 保 にない 手 厚 い 付 加 給 付 がある 場 合 があります 例 えば 医 療 費 の 月 間 の 自 己 負 担 額 が2 万 円 を 超 えた 分 は 払 戻 しを 受 けられる といった 組 合 独 自 の 給 付 があります 国 民 健 康 保 険 は 市 区 町 村 によっては 減 免 制 度 があり 当 年 の 所 得 の 見 込 み 額 が 前 年 より 急 減 しそう な 場 合 保 険 料 の 割 引 を 受 けられる 場 合 があります また すべての 市 町 村 で 一 定 額 以 下 の 収 入 の 場 合 保 険 料 が 割 り 引 かれます

4 FPデータ 集 平 成 20 年 5 月 作 成 A17 出 産 育 児 一 時 金 と 出 産 手 当 金 受 給 資 格 なし 出 産 する 本 人 が サラリーマンである 政 府 管 掌 健 康 保 険 または 健 康 保 険 組 合 の 被 保 険 者 NO NO 本 人 が 国 民 健 康 保 険 に 加 入 している または が 健 康 保 険 か 国 民 健 康 保 険 に 加 入 している 出 産 育 児 一 時 金 ( 出 産 育 児 一 時 金 ) 子 ども1 人 につき 35 万 円 NO 産 休 を 取 って 退 職 せず 仕 事 を 続 ける 退 職 退 職 日 まで 継 続 して 1 年 以 上 健 康 保 険 に 加 入 している 退 職 後 6カ 月 以 内 に 出 産 する お 給 料 が 出 ない または 減 額 される NO 出 産 育 児 一 時 金 子 ども1 人 につき 35 万 円 出 産 育 児 一 時 金 子 ども1 人 につき35 万 円 + 出 産 手 当 金 月 収 の3 分 の2を98 日 分 お 産 で 欠 勤 して 給 料 が 出 ないときは 出 産 手 当 金 として 産 前 42 日 間 産 後 56 日 間 1 日 に 標 準 報 酬 日 額 の 3 分 の2が 支 給 される また 給 料 の 一 部 が 支 給 されている 場 合 は 月 収 の3 分 の2に 達 するまでの 額 が 支 給 される 月 収 が24 万 円 だった 人 の 出 産 手 当 金 24 万 円 30 日 2/398 日 = 約 52.3 万 円 出 産 育 児 一 時 金 について 多 胎 妊 娠 の 場 合 胎 児 数 分 の 支 給 が 受 けられます 子 ども1 人 につき350,000 円 自 治 体 や 健 康 保 険 組 合 によっては 独 自 の 上 乗 せ 給 付 がある 場 合 があります 出 産 手 当 金 について 多 胎 妊 娠 の 場 合 支 給 日 数 は 産 前 98 日 産 後 56 日 の 合 計 154 日 分 が 支 給 されます 切 迫 流 産 等 で 傷 病 手 当 金 を 同 時 に 受 けられる 場 合 は 出 産 手 当 金 が 優 先 し 傷 病 手 当 金 は 支 給 されません 給 付 が 行 われる 分 娩 は 妊 娠 4ケ 月 目 (85 日 ) 以 降 です 死 産 流 産 早 産 の 場 合 も 対 象 となります

5 FPデータ 集 平 成 20 年 6 月 作 成 A35 広 域 連 合 ごとの 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 広 域 連 合 均 等 割 額 所 得 割 率 円 % ( 注 ) 円 円 % ( 注 ) 円 北 海 道 43, ,700 滋 賀 県 38, ,400 青 森 県 40, ,000 京 都 府 45, ,100 岩 手 県 35, ,400 大 阪 府 47, ,600 宮 城 県 38, ,300 兵 庫 県 43, ,900 秋 田 県 38, ,900 奈 良 県 39, ,900 山 形 県 37, ,700 和 歌 山 県 43, ,700 福 島 県 40, ,800 鳥 取 県 41, ,500 茨 城 県 37, ,400 島 根 県 39, ,000 栃 木 県 37, ,500 岡 山 県 43, ,700 群 馬 県 39, ,000 広 島 県 40, ,600 埼 玉 県 42, ,200 山 口 県 47, ,600 千 葉 県 37, ,100 徳 島 県 40, ,300 東 京 都 37, ,700 香 川 県 47, ,300 神 奈 川 県 39, ,600 愛 媛 県 41, ,000 新 潟 県 35, ,600 高 知 県 48, ,500 富 山 県 40, ,600 福 岡 県 50, ,100 石 川 県 45, ,400 佐 賀 県 47, ,200 福 井 県 43, ,900 長 崎 県 42, ,400 山 梨 県 38, ,900 熊 本 県 46, ,700 長 野 県 35, ,000 大 分 県 47, ,800 岐 阜 県 39, ,900 宮 崎 県 42, ,400 静 岡 県 36, ,600 鹿 児 島 県 45, ,100 愛 知 県 40, ,800 沖 縄 県 48, ,000 三 重 県 36, ,000 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 ( 調 査 時 期 : 平 成 19 年 12 月 ) ( 注 ) 平 均 的 な 厚 生 年 金 受 給 者 の 保 険 料 で 年 金 受 給 額 が201 万 円 として 算 定 均 等 割 額 が2 割 軽 減 となる 例 : 大 阪 府 の 場 合 の 保 険 料 計 算 は 平 均 的 な 厚 生 年 金 受 給 者 の 保 険 料 広 域 連 合 均 等 割 額 所 得 割 率 平 均 的 な 厚 生 年 金 受 給 者 の 保 険 料 保 険 料 ( 年 額 ) ( 限 度 額 50 万 円 ) = 均 等 割 額 47,415 円 被 保 険 者 1 人 当 たり + 所 得 割 額 8.68% 被 保 険 者 の 所 得 所 得 割 率 被 保 険 者 の 所 得 ( 基 礎 控 除 後 の 総 所 得 金 額 等 )の 算 出 方 法 1 給 与 所 得 者 の 場 合 ( 給 与 収 入 金 額 - 給 与 所 得 控 除 )- 基 礎 控 除 額 (33 万 円 ) 2 公 的 年 金 所 得 の 場 合 ( 年 金 収 入 金 額 - 公 的 年 金 等 控 除 額 )- 基 礎 控 除 額 (33 万 円 ) 3その 他 の 所 得 の 場 合 ( 収 入 金 額 - 必 要 経 費 )- 基 礎 控 除 額 (33 万 円 ) 保 険 料 の 1 人 当 たり 全 国 平 均 額 年 額 72,000 円 月 額 6,000 円 程 度

6 FPデータ 集 平 成 20 年 10 月 作 成 A32 老 齢 年 金 の 受 給 資 格 はい 年 金 の 受 給 資 格 期 間 が 25 年 以 上 ありますか? いいえ 受 給 資 格 期 間 とは 1 保 険 料 納 付 済 期 間 2 保 険 料 免 除 期 間 3 合 算 対 象 期 間 1 123の 期 間 をあわせて25 年 を 満 たせば 基 礎 年 金 を 受 給 す ることができます サラリーマンの 妻 等 第 3 号 被 保 険 者 の 期 間 は 保 険 料 納 付 済 期 間 となります ( 年 金 額 に 反 映 されます) 保 険 料 免 除 期 間 については 年 金 額 は 減 額 となりますが 受 給 資 格 期 間 としてカウントします 被 用 者 年 金 の 加 入 期 間 の 特 例 はい はい 被 用 者 年 金 制 度 の 厚 生 年 金 保 険 共 済 組 合 等 の ( 厚 生 年 金 保 険 共 済 組 合 等 ) 加 入 期 間 が 生 年 月 日 に 応 じて の 加 入 期 間 が 次 の 期 間 以 上 ありますか 20 年 以 上 昭 和 以 前 20 年 ありますか? 昭 和 ~ 昭 和 年 いいえ いいえ 昭 和 ~ 昭 和 昭 和 ~ 昭 和 昭 和 ~ 昭 和 年 23 年 24 年 厚 生 年 金 保 険 の 中 高 齢 の 特 例 はい 男 子 は40 歳 以 後 女 子 と 坑 内 員 船 員 は はい 厚 生 年 金 保 険 の 35 歳 以 後 の 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 被 保 険 者 期 間 が が 生 年 月 日 に 応 じて 次 の 期 間 以 上 ある 15 年 以 上 ありますか 昭 和 以 前 15 年 昭 和 ~ 昭 和 年 いいえ いいえ 昭 和 ~ 昭 和 昭 和 ~ 昭 和 昭 和 ~ 昭 和 年 18 年 19 年 老 齢 基 礎 年 金 を 受 給 することができません 老 齢 基 礎 年 金 を 受 け 取 る こ と が で き ま す 年 金 老 金 の齢 を 被 基 受 保 礎 け 険 年 る 者 金 こ 期 の と 間 受 がが給 で あ 資 き る 格 ま と が す き あ は り 老 齢 厚 厚 生 生 年 生 年 月 日 が 昭 和 5 年 4 月 1 日 以 前 に 生 まれた 人 や 坑 内 員 船 員 の 場 合 等 に 対 する 各 種 の 特 例 があ りますが 説 明 を 簡 単 にするため 一 部 省 略 したり 原 則 的 な 点 だけを 表 示 しています 1 合 算 対 象 期 間 (カラ 期 間 ) 1 被 用 者 年 金 加 入 者 の 妻 が 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 期 間 ( 昭 和 61 年 3 月 以 前 ) サラリーマンの 妻 は 昭 和 61 年 3 月 までは 国 民 年 金 に 任 意 加 入 でした この 間 は 加 入 していなかった 期 間 で もカラ 期 間 として 資 格 期 間 にはカウントしますが 年 金 額 には 反 映 されません 2 学 生 ( 平 成 3 年 3 月 以 前 ) 海 外 在 住 者 等 が 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 期 間 3 厚 生 年 金 保 険 等 の 脱 退 手 当 金 をうけた 期 間 4 平 成 12 年 4 月 以 後 の 学 生 納 付 特 例 制 度 および 平 成 17 年 4 月 ~ 平 成 27 年 6 月 の 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 により 保 険 料 の 全 額 免 除 をうけた 期 間 のうち 保 険 料 を 追 納 しなかった 期 間 5 その 他

7 FPデータ 集 平 成 20 年 10 月 作 成 A35 65 歳 からの 老 齢 厚 生 年 金 65 歳 からは 老 齢 基 礎 年 金 と 老 齢 厚 生 年 金 老 齢 基 礎 年 金 の 資 格 期 間 を 満 たした 人 は 65 歳 以 後 老 齢 基 礎 年 金 が 支 給 され さらに 厚 生 年 金 保 険 の 被 保 険 者 期 間 が1カ 月 以 上 ある 場 合 には 老 齢 厚 生 年 金 が 上 乗 せして 支 給 されます 60 歳 60 歳 台 前 半 の 老 齢 厚 生 年 金 報 酬 比 例 部 分 定 額 部 分 65 歳 老 齢 厚 生 年 金 経 過 的 加 算 額 老 齢 基 礎 年 金 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 期 間 が1 年 以 上 あるときは 60 歳 台 前 半 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 から 厚 生 年 金 を 受 け 取 ることができますが 被 保 険 者 期 間 が1 年 未 満 のときは65 歳 からの 支 給 となります 65 歳 以 後 の 年 金 受 給 額 経 過 的 加 算 額 65 歳 からの 年 金 額 では 定 額 部 分 に 相 当 するものが 老 齢 基 礎 年 金 となりますが 当 面 は 定 額 部 分 のほうが 老 齢 基 礎 年 金 よりも 多 くなりますので その 差 額 が 経 過 的 加 算 として 支 給 されます 経 過 的 加 算 額 = 定 額 部 分 年 金 額 - 満 額 の 老 齢 基 礎 年 金 792,100 円 昭 和 36 年 4 月 以 後 で20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 厚 生 年 金 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 加 入 可 能 年 数 歳 までの 加 入 期 間 が 定 額 上 限 月 数 ( 昭 和 21 年 4 月 生 まれ 以 降 の 人 は480 月 )に 満 たない 人 が 60 歳 以 後 も 働 いて 被 保 険 者 期 間 を 継 続 する 場 合 定 額 部 分 の 年 金 額 は 退 職 時 までの 月 数 (480 月 が 限 度 )で 計 算 します 国 民 年 金 の 任 意 加 入 と 同 様 に 年 金 額 が 増 加 しますが 厚 生 年 金 の 場 合 は 基 礎 年 金 の 増 加 ではなく 経 過 的 加 算 額 が 増 加 しま す 60 歳 までに 上 限 月 数 一 ぱい 加 入 の 人 は60 歳 以 後 に 何 月 加 入 しても 経 過 的 加 算 額 は 増 えることはありません 老 齢 基 礎 年 金 ( 加 入 可 能 年 数 や 免 除 期 間 等 については 本 データ 集 の 老 齢 基 礎 年 金 を 参 照 してください) 満 額 の 基 礎 年 金 被 保 険 者 月 数 老 齢 基 礎 年 金 額 = 792,100 円 加 入 可 能 年 数 12 老 齢 厚 生 年 金 従 前 額 保 障 年 金 額 の 計 算 式 平 成 15 年 3 月 以 前 の 期 間 生 年 月 日 に 応 じて 平 成 15 年 3 月 以 前 の 期 間 ( の 平 均 標 準 報 酬 月 額 10~7.5/1000 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 + 平 成 15 年 4 月 以 後 の 期 間 の 平 均 標 準 報 酬 額 物 価 スライド 率 生 年 月 日 に 応 じて 7.692~5.769/1000 平 成 15 年 4 月 以 後 の 期 間 の 被 保 険 者 期 間 の 月 数 年 金 額 の 改 定 (60 歳 以 後 も 働 く 場 合 65 歳 70 歳 退 職 時 に 年 金 額 が 再 計 算 されます) 再 計 算 再 計 算 再 計 算 再 計 算 ) 在 職 老 齢 年 金 満 額 の 年 金 65 歳 退 職 改 定 後 の 年 金 改 定 後 の 年 金 退 職 時 改 定 :70 歳 到 達 前 に 退 職 して 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 したときは 退 職 時 に 老 齢 厚 生 年 金 の 額 が 再 計 算 され 改 定 されます 在 職 老 齢 年 金 満 額 の 年 金 65 歳 70 歳 退 職 改 定 後 の 年 金 改 定 後 の 年 金 被 保 険 者 資 格 喪 失 70 歳 到 達 時 改 定 :70 歳 になると 被 保 険 者 資 格 を 喪 失 し 老 齢 厚 生 年 金 額 は 再 計 算 され 改 定 されます 年 金 額 は 平 成 16 年 改 正 による 本 来 年 金 額 の 計 算 方 法 で 求 めた 額 より それ 以 前 の 計 算 方 法 で 求 めた 年 金 額 の 方 が 多 いときは 従 前 の 額 が 保 障 されます 平 成 20 年 度 は 従 前 の 額 のほうが 多 いため 上 記 解 説 においても 従 前 額 保 障 の 計 算 式 や 数 値 を 用 いて 解 説 しています

8 FPデータ 集 平 成 20 年 7 月 作 成 C23 所 得 税 のしくみ( 給 与 所 得 と 税 ) サラリーマン 等 の 給 与 所 得 者 は 収 入 から 給 与 所 得 控 除 額 を 差 し 引 くことができます 給 与 所 得 控 除 額 年 収 控 除 額 1,625,000 円 まで 650,000 円 1,625,001 円 ~ 1,800,000 円 まで 年 収 0.4 1,800,001 円 ~ 3,600,000 円 まで 年 収 ,000 円 3,600,001 円 ~ 6,600,000 円 まで 年 収 ,000 円 6,600,001 円 ~ 10,000,000 円 まで 年 収 ,200,000 円 10,000,001 円 以 上 年 収 ,700,000 円 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 その 年 中 の 特 定 支 出 ( 通 勤 費 転 居 費 研 修 費 資 格 取 得 費 帰 宅 旅 費 )の 合 計 額 が 給 与 所 得 控 除 額 を 超 える 場 合 は 確 定 申 告 により そ の 超 える 部 分 の 金 額 を 給 与 所 得 控 除 後 の 給 与 の 金 額 から 控 除 できます 注 : 実 際 には 年 収 が660 万 円 未 満 である 場 合 には 年 末 調 整 のための 給 与 所 得 控 除 後 の 給 与 等 の 金 額 の 表 で 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますので 上 記 速 算 表 を 使 用 した 場 合 とは 若 干 異 なる 場 合 があります 所 得 控 除 の 種 類 本 データ 集 所 得 控 除 の 項 を 参 照 1 雑 損 控 除 2 医 療 費 控 除 3 社 会 保 険 料 控 除 4 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 5 生 命 保 険 料 控 除 6 地 震 保 険 料 控 除 7 寄 付 金 控 除 8 障 害 者 控 除 9 寡 婦 寡 夫 控 除 10 勤 労 学 生 控 除 11 控 除 12 特 別 控 除 13 扶 養 控 除 14 基 礎 控 除 給 与 収 入 収 入 から 差 し 引 かれる 金 額 給 与 所 得 所 得 控 除 額 課 税 所 得 金 額 税 率 = 所 得 税 額 課 税 所 得 金 額 の 計 算 においては 1,000 円 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 て1,000 円 単 位 となります 税 額 表 ( 求 める 税 額 =AB-C) 右 記 速 算 表 を 使 って 税 額 を 計 算 すると 課 税 所 得 金 額 A 税 率 B 1,000 円 ~ 1,949,000 円 まで 5% 課 税 所 得 が650 万 円 のときの 税 額 は 1,950,000 円 ~ 3,299,000 円 まで 10% 650 万 円 20%-427,500 円 =872,500 円 3,300,000 円 ~ 6,949,000 円 まで 20% 6,950,000 円 ~ 8,999,000 円 まで 23% 課 税 所 得 が2000 万 円 のときの 税 額 は 9,000,000 円 ~ 17,999,000 円 まで 33% 2,000 万 円 40 %-2,796,000 円 =1,599,000 円 18,000,000 円 以 上 40% 控 除 額 C 0 円 97,500 円 427,500 円 636,000 円 1,536,000 円 2,796,000 円 累 進 課 税 の 仕 組 みは 課 税 所 得 が650 万 円 のとき 課 税 所 得 195 万 円 330 万 円 650 万 円 税 額 の 合 計 は 97,500 円 +135,000 円 +640,000 円 =872,500 円 上 記 速 算 表 での 計 算 結 果 と 同 じになります 税 率 5% 税 率 10 % 税 率 20% その 年 の 最 後 の 給 与 を 受 けるときに 年 末 調 整 が 行 わ れ 多 くの 給 与 所 得 者 は 年 末 調 整 で1 年 間 の 所 得 税 の 納 税 が 完 了 するため 確 定 申 告 の 必 要 はありません 年 収 が2,000 万 円 を 超 える 方 は 確 定 申 告 が 必 要 です 195 万 円 0.05 =97,500 円 135 万 円 0.1 =135,000 円 320 万 円 0.2 =640,000 円

9 FPデータ 集 平 成 20 年 7 月 作 成 C33 個 人 年 金 と 雑 所 得 個 人 年 金 を 受 け 取 った 時 の 雑 所 得 の 計 算 イメージ 図 A B C 増 加 年 金 増 額 年 金 基 本 年 金 受 取 年 金 額 増 額 年 金 保 険 料 払 込 期 間 中 の 積 立 配 当 金 により 増 加 する 年 金 額 増 加 年 金 年 金 の 支 払 い 開 始 以 後 において 分 配 される 剰 余 金 により 増 加 する 年 金 額 年 金 の 増 加 では なく 現 金 で 支 払 われるものや 積 立 金 などを 含 めて 本 帳 票 では 増 加 年 金 と 呼 称 します 既 払 込 正 味 保 険 料 総 額 雑 所 得 の 金 額 = 年 金 年 額 (C) - 年 金 年 額 (B) 年 金 の 支 給 総 額 又 は 見 込 み 額 必 要 経 費 算 出 のための 年 金 年 額 は 年 金 年 額 Cではなく 基 本 年 金 と 増 額 年 金 をプラスした 年 金 額 Bを 使 用 します 年 金 年 額 Cが 毎 年 変 化 する 場 合 は 毎 年 度 ごとに 雑 所 得 を 計 算 します 必 要 経 費 上 記 算 式 中 の 年 金 の 支 給 総 額 又 は 見 込 み 額 は 次 のように 計 算 します 年 金 の 種 類 年 金 の 受 給 年 金 の 支 給 総 額 又 は 見 込 み 額 年 金 受 取 人 の 生 死 に 関 係 なく 年 金 の 支 給 確 定 年 金 予 定 期 間 中 年 金 を 支 払 うもの 年 金 年 額 B 支 給 期 間 年 金 受 取 人 が 年 金 の 支 給 期 間 内 に 死 亡 し 支 給 期 間 の 年 数 と 年 金 支 払 開 始 有 期 年 金 た 場 合 には その 死 亡 後 の 期 間 について 年 金 年 額 B 日 における 受 取 人 の 余 命 年 数 の は 年 金 を 支 払 わないもの いずれか 短 いほうの 年 数 年 金 受 取 人 が 支 給 期 間 中 生 存 している 場 保 証 期 間 年 数 と 余 命 年 数 のいず 保 証 期 間 付 合 はこの 間 年 金 が 支 払 われるが 支 給 期 年 金 年 額 B れか 長 い 年 数 と 支 払 い 期 間 との 有 期 年 金 間 の 終 了 又 は 保 証 期 間 後 に 死 亡 したとき いずれか 短 い 年 数 は 年 金 支 払 が 終 了 するもの 受 取 人 が 生 存 している 限 りずーっと 年 金 を 終 身 年 金 支 給 するもの 年 金 年 額 B 余 命 年 数 ( 注 ) 受 取 人 の 生 存 中 年 金 を 支 給 するほか 受 保 証 期 間 付 取 人 が 保 証 期 間 内 に 死 亡 した 場 合 には 余 命 年 数 と 保 証 期 間 年 数 とのい 年 金 年 額 B 終 身 年 金 その 死 亡 後 においても 保 証 期 間 の 終 了 日 ずれか 長 い 年 数 までその 支 給 を 継 続 するもの 逓 増 型 年 金 外 貨 建 て 積 立 利 率 変 動 型 個 人 年 金 保 険 余 命 年 数 ( 抜 すい) 第 2 回 目 以 降 は 年 金 額 が 第 1 回 年 金 額 逓 増 率 ずつ 増 加 する ND{ 2+(N-1)E } 2 D= 第 1 回 年 金 額 B E= 逓 増 率 N= 年 金 受 取 り 期 間 外 貨 建 て 商 品 の 場 合 邦 貨 への 換 算 については 電 信 売 買 相 場 の 中 値 (TTM)を 使 用 上 記 算 式 をTTMを 使 用 して 邦 貨 に 換 算 する また 年 金 額 が 変 動 するものは 年 金 支 払 見 込 み 総 額 の 計 算 において その 変 動 年 金 の 額 は 考 慮 せず 年 金 支 払 見 込 み 総 額 を 算 出 する 個 人 年 金 の 支 払 時 には 生 命 保 険 会 社 等 が 支 払 う 年 金 の 額 からその 年 金 額 に 対 応 する 払 込 保 険 料 を 控 除 した 残 額 の10%を 源 泉 徴 収 されます 残 額 が25 万 円 に 満 たない 場 合 は 源 泉 徴 収 は 行 われません

10 FPデータ 集 平 成 20 年 6 月 作 成 C22 ふるさと 納 税 平 成 20 年 4 月 30 日 に 交 付 された 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 により 個 人 住 民 税 の 寄 付 金 税 制 が 大 幅 に 拡 充 されました ねらい 制 度 の 概 要 す ふるさとに 貢 献 したい ふるさとを 応 援 したい という 納 税 者 の 想 いを 活 かすことが できるよう 都 道 府 県 市 区 町 村 に 対 する 寄 付 金 税 制 が 抜 本 的 に 拡 充 されました 都 道 府 県 市 区 町 村 に 対 する 寄 付 金 のうち 5 千 円 を 越 える 部 分 について 個 人 住 民 税 所 得 割 額 の 概 ね1 割 を 上 限 として 所 得 税 と 合 せて 全 額 が 控 除 されま イメージ 図 ふるさと は 出 身 地 や 過 去 の 居 住 地 に 限 定 されず 自 由 に 選 ぶこ とができます 1 寄 付 します ふるさとの 地 方 公 共 団 体 ( 都 道 府 県 や 市 町 村 ) 2 領 収 書 をもらいます 3 申 告 を 行 います (1 月 ~12 月 までの 寄 付 に 関 して2の 領 収 書 を 添 付 して 翌 年 の1 月 ~3 月 15 日 までに 申 告 ) お 近 くの 税 務 署 4 所 得 税 が 還 付 されます 連 絡 ( 還 付 額 が 発 生 した 場 合 ) 5 住 民 税 が 控 除 されます ( 控 除 後 の 税 額 で 翌 年 度 の 住 民 税 が 課 税 されます) 寄 付 者 が 行 う 手 続 き 行 政 機 関 が 行 う 手 続 き 住 民 税 を 納 める 自 治 体 個 人 住 民 税 の 寄 付 金 税 制 の 改 正 制 度 の 概 要 対 象 控 除 方 式 軽 減 効 果 限 度 額 適 用 下 限 額 改 正 前 都 道 府 県 市 区 町 村 所 得 控 除 方 式 寄 付 金 税 率 (10%) (10 万 円 を 超 える 部 分 について 所 得 控 除 を 受 けることができた) 総 所 得 金 額 の25% 10 万 円 改 正 後 都 道 府 県 市 区 町 村 税 額 控 除 方 式 [ 税 額 控 除 額 の 計 算 方 法 ] 次 の1と2の 合 計 額 を 税 額 控 除 1( 寄 付 金 -5 千 円 )10% 2( 寄 付 金 -5 千 円 )(90%- 寄 付 者 の 所 得 税 の 限 界 税 率 0%~40%) ( 注 1) 寄 付 金 は 地 方 公 共 団 体 に 対 するものの 合 計 額 ( 注 2)2の 額 は 個 人 住 民 税 所 得 割 の 額 の1 割 を 限 度 とする 総 所 得 金 額 等 の30% 5 千 円 * 所 得 税 は 従 来 通 り5 千 円 を 超 える 寄 付 金 について 所 得 控 除 があります 軽 減 効 果 は 各 々の 所 得 税 率 によって 変 わります * 所 得 税 は 寄 付 を 行 った 年 分 の 所 得 税 から 控 除 され 住 民 税 は 寄 付 を 行 った 年 の 翌 年 分 の 住 民 税 から 控 除 されます

11 FPデータ 集 平 成 20 年 5 月 作 成 B1 特 定 年 齢 までの 生 存 率 いいえ! 今 30 歳 の 女 性 が90 歳 に 生 存 している 確 率 は なんと! 44.3% の 女 性 が90 歳 の 誕 生 日 を 迎 えることができます 特 定 年 齢 までの 生 存 率 ( 平 成 18 年 簡 易 生 命 表 による) 男 性 65 歳 生 存 率 70 歳 生 存 率 75 歳 生 存 率 80 歳 生 存 率 85 歳 生 存 率 90 歳 生 存 率 95 歳 生 存 率 20 歳 86.7% 80.4% 70.8% 56.8% 39.2% 20.8% 7.3% 25 歳 87.0% 80.6% 71.0% 57.0% 39.3% 20.8% 7.4% 30 歳 87.3% 80.9% 71.3% 57.2% 39.5% 20.9% 7.4% 35 歳 87.6% 81.2% 71.5% 57.4% 39.6% 21.0% 7.4% 40 歳 88.1% 81.7% 71.9% 57.7% 39.8% 21.1% 7.5% 45 歳 88.8% 82.3% 72.5% 58.2% 40.2% 21.3% 7.5% 50 歳 90.0% 83.5% 73.5% 59.0% 40.7% 21.5% 7.6% 55 歳 91.9% 85.2% 75.1% 60.3% 41.6% 22.0% 7.8% 60 歳 95.0% 88.1% 77.6% 62.3% 43.0% 22.7% 8.1% 女 性 65 歳 生 存 率 70 歳 生 存 率 75 歳 生 存 率 80 歳 生 存 率 85 歳 生 存 率 90 歳 生 存 率 95 歳 生 存 率 20 歳 93.7% 90.8% 86.0% 77.9% 64.3% 44.1% 22.0% 25 歳 93.9% 90.9% 86.1% 78.0% 64.4% 44.2% 22.0% 30 歳 94.0% 91.1% 86.2% 78.1% 64.5% 44.3% 22.1% 35 歳 94.2% 91.3% 86.4% 78.3% 64.6% 44.3% 22.1% 40 歳 94.5% 91.5% 86.6% 78.5% 64.8% 44.5% 22.2% 45 歳 94.9% 91.9% 87.0% 78.9% 65.1% 44.7% 22.3% 50 歳 95.6% 92.6% 87.6% 79.4% 65.6% 45.0% 22.4% 55 歳 96.5% 93.5% 88.5% 80.2% 66.2% 45.4% 22.7% 60 歳 98.0% 94.9% 89.8% 81.4% 67.2% 46.1% 23.0%

12 FPデータ 集 平 成 20 年 5 月 作 成 E13 外 貨 預 金 100 万 円 を 外 貨 預 金 で 運 用 するとどうなる? 米 ドル 建 て 年 利 2.0% 期 間 1 年 T.T.M.( 仲 値 )105 円 為 替 手 数 料 片 道 1 円 とすると 預 入 金 額 円 T.T.S. 預 入 金 額 ト ル 1,000,000 円 106 円 = ト ル 預 入 金 額 ト ル 年 利 利 息 ト ル 2.00% = ト ル 利 息 税 率 源 泉 徴 収 税 ト ル 20% = 37.74ト ル 預 入 金 額 ト ル 利 息 源 泉 徴 収 税 満 期 手 取 額 ト ル ト ル ト ル ト ル = ト ル 円 高 になったら 仲 値 変 わらず 円 安 になったら T.T.B.=100 円 受 取 額 958,490 円 ( ト ル100 円 ) 年 利 -4.15% T.T.B.=104 円 受 取 額 996,830 円 ( ト ル104 円 ) 年 利 -0.32% T.T.B.=110 円 のとき 受 取 額 1,054,340 円 ( ト ル110 円 ) 年 利 5.43% 外 貨 預 金 は 預 金 保 険 機 構 の 保 障 対 象 外 銀 行 が 破 綻 すると 元 本 が 戻 ら ない 可 能 性 もあります 外 貨 預 金 はマル 優 は 利 用 できません 為 替 差 益 は 雑 所 得 の 扱 いとなり ほかの 雑 所 得 と 合 わせて20 万 円 までは 申 告 は 不 要 です ただし サラリーマン 等 で 年 間 収 入 が2,000 万 円 を 超 える 場 合 等 は 確 定 申 告 が 必 要 です 為 替 差 損 はほかの 黒 字 の 雑 所 得 から 控 除 することができます T.T.S.レート: 円 を 外 貨 に 交 換 するときの 換 算 レート( 為 替 手 数 料 を 含 む) T.T.B.レート: 外 貨 を 円 に 交 換 するときの 換 算 レート( 為 替 手 数 料 を 含 む)

13 FPデータ 集 平 成 20 年 8 月 作 成 D20 住 宅 ローン2 金 利 のタイプ 下 記 の 図 はいずれも 元 利 均 等 返 済 の 例 です 固 定 金 利 型 金 融 情 勢 が 高 金 利 となっても 返 済 額 は 変 わらない 完 済 まで 返 済 額 が 決 まっている ので 返 済 計 画 が 立 てやすい 高 金 利 の 時 期 にローンを 組 むと 低 金 利 となっても 金 利 は 高 いま ま 推 移 するので 注 意 が 必 要 返 済 中 に 金 融 情 勢 によって 金 利 が 見 直 され 返 済 額 が 増 減 する 借 り 入 れ 当 初 の 金 利 は 低 くても 返 済 額 が 変 わるため 返 済 計 画 が 立 てにくい 年 2 回 金 利 の 見 直 しがある 返 済 額 は 変 わらず 元 金 と 利 息 の 内 訳 が 調 整 変 更 される 住 宅 ローンを 利 用 してマイホームを 購 入 した 場 合 借 入 金 には 利 息 がつきますから 実 際 に 返 済 するのは 借 入 金 + 利 息 の 総 額 です ローンは 通 常 長 期 にわたるため 総 返 済 額 のかなりの 部 分 が 利 息 で す ローン 締 結 時 の 低 金 利 は 魅 力 ですが 目 先 の 低 金 利 ばかりにと らわれると 返 済 計 画 は 危 険 なものとなります 金 利 のタイプなどにも 注 意 が 必 要 です 返 済 期 間 5 年 10 年 15 年 20 年 25 年 30 年 35 年 低 金 利 の 時 代 には 将 来 の 金 利 上 昇 に 備 え 長 期 の 固 定 金 利 を 選 ぶのが 定 石 変 動 金 利 型 借 入 時 に 適 用 される 金 利 が 返 済 中 ずっと 変 わらない 返 済 額 返 済 額 は5 年 に 一 度 見 直 しとなる ただし 上 昇 する 場 合 も 旧 返 済 額 の1.25 倍 が 上 限 となる 返 済 額 未 払 い 利 息 ( 注 )に 注 意 上 限 金 利 付 のタイプもあり 返 済 期 間 5 年 10 年 15 年 20 年 25 年 30 年 35 年 返 済 期 間 を 短 くして 早 く 返 せば 金 利 の 変 化 に 対 するリスクは 少 なくてすむ ( 注 ) 元 利 均 等 返 済 で 変 動 金 利 型 なら 未 払 い 利 息 発 生 も! 変 動 金 利 型 のローンでは 毎 回 の 返 済 額 は5 年 間 変 わりませんが 4 月 と10 月 の 年 2 回 の 金 利 見 直 し 時 に 元 金 と 利 息 の 内 訳 が 調 整 されます ところが 急 激 な 金 利 上 昇 があった 場 合 新 しい 利 息 の 額 が 毎 月 返 済 額 を 超 えてしまい その 月 の 返 済 はすべて 利 息 に 充 てられます さらに 超 えた 分 は 未 払 い 利 息 として 次 回 の 返 済 に 繰 り 越 され 当 然 その 間 は 元 金 部 分 は 減 少 しません 固 定 金 利 選 択 型 期 間 は3 年 5 年 10 年 などから 選 べる( 金 融 機 関 によって 異 な る) 金 利 は 長 期 になるほど 高 めに 設 定 されている 一 般 的 には 固 定 金 利 型 より 低 金 利 名 称 は 金 融 機 関 により 異 なる 期 間 終 了 時 にはあらためて 固 定 金 利 選 択 型 変 動 金 利 型 などを 選 択 する 返 済 額 下 図 は 期 間 10 年 を 選 択 の 例 で 表 示 返 済 期 間 5 年 10 年 15 年 20 年 25 年 30 年 35 年 短 期 期 間 を 選 ぶと 長 期 より 低 金 利 となるが 金 利 上 昇 が 大 きい 場 合 にはリスクも

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン

は 住 宅 ローンを 組 む 場 合 購 入 物 件 の80%が 融 資 限 度 であることが 多 いためである また これ 以 外 にも 購 入 ( 取 得 ) 時 の 諸 経 費 がかかるため できれば30% 程 度 を 自 己 資 金 で 準 備 できるのが 理 想 である 2 住 宅 ローン FP3 級 試 験 のポイント 1. FP と 倫 理 1 コンプライアンスとは ( 法 令 等 の) 遵 守 を 意 味 する 言 葉 であり 特 に FP には 社 会 的 に 重 要 な 専 門 的 職 業 としてコンプライアンスを 意 識 した 行 動 が 不 可 欠 である 2 FP は 常 に 顧 客 へのプランニングの 提 案 など プロとしての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E9378814094ED957D977B8ED28E918A6982C982C282A282C42E646F63> 健 康 保 険 被 扶 養 者 資 格 について 平 成 21 年 4 月 測 量 地 質 健 康 保 険 組 合 健 康 保 険 の 被 扶 養 者 資 格 について 健 康 保 険 では 被 保 険 者 だけでなく 被 扶 養 者 についても 病 気 やけが 出 産 または 死 亡 に 対 して 保 険 給 付 が 行 われ ます 被 扶 養 者 となるためには 一 定 の 条 件 ( 下 記

More information

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する

費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 共 済 組 合 の 行 う 事 業 は 大 別 すると 民 間 の 健 康 保 険 制 度 に 代 わる 短 期 給 付 事 業 公 的 年 金 制 度 の 性 格 を 有 する 長 期 給 付 事 業 組 合 員 の 福 祉 の 増 進 に 資 する 掛 金 負 担 金 について 目 次 頁 費 用 負 担 の 原 則 と 負 担 割 合 1 標 準 報 酬 1 掛 金 等 額 の 算 定 方 法 2 掛 金 等 の 納 付 2 産 前 産 後 休 業 期 間 中 の 掛 金 等 免 除 5 等 終 了 後 に 報 酬 が 低 下 した 場 合 の 標 準 報 酬 月 額 の 改 定 8 海 外 居 住 等 に 係 る 介 護 保 険 の 適 用

More information

国民年金

国民年金 国 民 年 金 の 被 保 険 者 日 本 国 内 に 住 所 のある20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 方 は 原 則 として 国 民 年 金 に 加 入 し なければなりません 国 民 年 金 は, 職 業 などにより 次 の3 種 類 に 分 類 されます 第 1 号 被 保 険 者 自 営 業 者 や 農 林 漁 業 者 学 生 無 職 など( 第 2 号 第 3 号 被 保 険 者 を

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

- 目 次 - ページ Q1: 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 とはどのような 制 度 でしょうか 3 Q2: 新 たに 従 業 員 を 採 用 したときは どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 5 Q3: 従 業 員 が 退 職 したとき 等 は どのような 手 続 きが 必 要 でしょうか 8 Q4: 扶 養 家 族 を 被 扶 養 者 とするときや 被 扶 養 者 に 異 動

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金

(2) 退 職 後 に 加 入 する 年 金 制 度 と 加 入 手 続 き 退 職 後 はそれぞれの 事 由 により いずれかの 年 金 制 度 に 加 入 することとなります 事 由 退 職 後 配 偶 者 の 被 扶 養 者 になる ( 配 偶 者 が 厚 生 年 金 又 は 共 済 年 金 第 1 共 済 年 金 について 1 公 的 年 金 制 度 (1) 公 的 年 金 制 度 の 概 要 わが 国 の 公 的 年 金 制 度 は 昭 和 61 年 4 月 以 降 20 歳 以 上 60 歳 未 満 の 全 国 民 は 国 民 年 金 ( 基 礎 年 金 ) の 加 入 が 義 務 づけられ 国 民 は 共 通 の 基 礎 年 金 を 受 けられる 制 度 になりました それにより

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9196AF8C928D4E95DB8CAF81458D9196AF944E8BE031332D31372E646F63> 国 民 健 康 保 険 国 民 年 金 国 民 健 康 保 険 手 続 き 問 合 せ 先 / 本 庁 国 保 医 療 課 各 支 所 健 康 福 祉 課 国 民 健 康 保 険 に 加 入 するとき もしくはやめるときは 必 ず14 日 以 内 に 届 出 をして こんなとき 必 要 なもの 職 場 の 健 康 保 険 をやめたとき 職 場 の 健 康 保 険 をやめた 証 明 書 国 民 健 康

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません

公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 平 成 26 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 を 平 成 27 年 1 月 下 旬 にお 送 りします 障 害 遺 族 を 支 給 事 由 する 年 金 は 非 課 税 のため 源 泉 徴 収 票 をお 送 りしません 第 16 号 平 成 26 年 12 月 発 行 も く じ P2-4 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 確 定 申 告 P7-10 こんなきには 届 出 を P5-6 被 用 者 年 金 制 度 の 一 元 化 について P11 年 金 相 談 窓 口 一 覧 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls

260701現在 電子申請受付一覧(事務所・事務C).xls 年 金 事 務 所 で 受 付 審 査 を 行 う 電 子 申 請 項 番 手 続 名 称 1 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 所 属 選 択 二 以 上 事 業 所 勤 務 届 2 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 申 出 書 ( 新 規 延 長 ) 3 船 員 保 険 厚 生 年 金 保 険 育 児 休 業 等 取 得 者 終 了 届

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 26 年 度 ( 平 成 25 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0

3. 出 産 費 等 について (1) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 員 またはその 被 扶 養 者 が 出 産 したとき 常 勤 職 員 のみ 出 産 費 1 件 420,000 円 ( 産 科 医 療 補 償 制 度 に 加 入 していない 医 療 機 関 で 出 産 のときは 390,0 長 岡 技 術 科 学 大 学 出 産 子 育 てのための 手 続 パンフレット 総 務 課 平 成 26 年 4 月 現 在 1. 職 務 専 念 義 務 免 除 について 妊 娠 12 週 以 降 又 は 出 産 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ( )が, 医 師 又 は 助 産 師 から 指 示 を 受 け, 保 健 指 導 又 は 健 康 診 査 を 受 けるため 通 院 する 等

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

27.2 確定版.xlsx

27.2 確定版.xlsx Press Release 平 成 27 年 4 月 17 日 ( 照 会 先 ) 品 質 管 理 部 長 田 中 章 夫 ( 電 話 直 通 03-6892-0752) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 報 道 関 係 者 各 位 事 務 処 理 誤 り 等 ( 平 成 27 年 2 月 分 )について 平 成 27 年 2 月 分 の 事 務 処 理

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

公的医療保険制度を活用しよう!

公的医療保険制度を活用しよう! 内 藤 眞 弓 Naito Mayumi ファイナンシャルプランナー 一 人 一 人 の 暮 らしに 根 ざした 保 険 や 貯 蓄 運 用 などの 相 談 業 務 を 行 う セミナー 講 師 とし ても 活 動 している 主 な 近 著 に お 金 のプロがすすめるお 金 上 手 な 生 き 方 (コモンズ)など いつも 健 康 であることを 願 い 努 力 していても 万 一 の 病 気 やけがのリスクは

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73>

<3232944E8E5A92E88AEE916293CD2E786C73> 備 考 欄 に 記 載 のお 願 い 従 前 と 改 定 後 に2 等 級 以 上 の 差 がある 場 合 固 定 的 賃 金 の 変 動 がない 場 合 月 額 変 更 に 該 当 しません 非 固 定 的 賃 金 ( 残 業 等 )のみが 変 動 した 方 につきましては 必 ず 算 定 基 礎 届 の 備 考 欄 に 固 定 給 の 変 動 なし と ください 固 定 的 賃 金 の 変 動

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2

申 告 書 の 提 出 相 談 窓 口 次 の 窓 口 に 提 出 してください また ご 不 明 な 点 がありましたら 相 談 してください 提 出 相 談 窓 口 粕 屋 町 役 場 申 告 会 場 又 は 総 務 部 税 務 課 住 民 税 係 郵 送 の 場 合 の 送 付 先 811-2 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 き( 粕 屋 町 ) 平 成 25 年 度 ( 平 成 24 年 分 ) 町 民 税 県 民 税 の 申 告 書 を 提 出 していただく 時 期 になりました こ の 手 引 きを 参 照 のうえ 期 限 内 に 正 しい 申 告 をされますようお 願 いいたします 申 告 書 は 町 民 税 県 民

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え

給 与 所 得 控 除 所 得 税 の 簡 易 給 与 所 得 表 により 給 与 所 得 の 金 額 を 求 めますが 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用

Microsoft Word - P211-P221ウラ白出力用 国 民 年 金 国 民 年 金 は 全 ての 国 民 を 対 象 として 老 齢 障 害 死 亡 について 必 要 な 給 付 を 行 い 健 全 な 国 民 生 活 の 維 持 向 上 に 寄 与 することを 目 的 としています 従 来 は 被 用 者 年 金 制 度 に 加 入 していない 自 営 業 者 等 を 対 象 としていましたが 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

2. 相 談 の 窓 口

2. 相 談 の 窓 口 障 害 年 金 制 度 1. 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 の 診 療 を 受 けた 日 ( 初

More information

FP継続教育セミナー

FP継続教育セミナー FPに 学 ぶお 金 の 常 識 非 常 識 1 お 金 の 知 識 が 必 要 な 時 代 へ だれでも お 金 のある 豊 かな 生 活 をするのが 理 想 です そうなるために 簡 単 な 方 法 が 一 つありま す それは お 金 がある 方 の 常 識 を 自 分 自 身 の 常 識 にすることです お 金 がある 方 の 常 識 は いい かえれば お 金 がない 方 の 非 常 識

More information

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得

不 動 産 所 得 収 入 金 ウ 欄 所 得 金 3 欄 土 地 や 建 物 など 不 動 産 の 貸 し 付 けから 生 ずる 所 得 をいい ます 収 入 金 から 必 要 経 費 を 差 し 引 いた 金 が 所 得 金 とな ります( 申 告 書 裏 面 の 7 事 業 不 動 産 所 得 平 成 28 年 度 市 民 税 道 民 税 申 告 の 手 引 き 千 歳 市 申 告 書 を 作 成 する 前 にお 読 みください 所 得 税 の 確 定 申 告 をする(した) 方 は この 申 告 書 を 提 出 する 必 要 はありません 住 所 氏 名 生 年 月 日 世 帯 主 の 氏 名 世 帯 主 との 続 柄 電 話 番 号 ( 申 告 の 内 容 等 についてお 尋 ねする

More information

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック

Taro-【27教育庁版】両立支援ハンドブック 両 立 支 援 ハンドブック ~ 働 くパパママ 子 育 て 応 援 プラン~ 平 成 27 年 9 月 沖 縄 県 教 育 委 員 会 教 育 庁 総 務 課 目 次 1 妊 娠 したら (1) 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 p1 (2) 妊 娠 障 害 休 暇 p1 (3) 妊 婦 通 勤 緩 和 休 暇 p2 (4) 妊 娠 中 の 休 息 又 は 補 食 のための 職

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合

給 与 所 得 控 除 控 除 額 の 計 算 については 次 のとおりです 給 与 等 の 収 入 金 額 給 与 所 得 控 除 額 180 万 円 以 下 の 場 合 180 万 円 を 超 え 360 万 円 以 下 の 場 合 360 万 円 を 超 え 660 万 円 以 下 の 場 合 個 人 県 民 税 ( 県 税 ) 個 人 市 町 村 民 税 ( 市 町 村 税 ) 県 内 に 住 所 がある 個 人 にかかります 個 人 県 民 税 と 個 人 市 町 村 民 税 をあわせて 個 人 の 住 民 税 と 呼 んでいます 住 民 税 は 市 町 村 で 賦 課 徴 収 されたあと 県 民 税 分 は 各 市 町 村 から 県 に 払 い 込 まれます 納 め る 人 毎 年

More information

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個

種 類 控 除 額 小 規 模 企 業 共 済 等 掛 金 控 除 生 命 保 険 料 控 除 地 震 保 険 料 控 除 支 払 った 小 規 模 共 済 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 掛 金 の 金 額 生 命 保 険 料 控 除 額 = 一 般 生 命 保 険 料 控 除 額 + 個 所 得 税 ( 国 税 )のあらまし 税 額 の 計 算 方 法 市 県 民 税 所 得 割 の 計 算 方 法 とほぼ 同 じです 総 合 課 税 ( 所 得 金 額 - 所 得 控 除 額 ) 税 率 - 税 額 控 除 額 ( 課 税 される 所 得 金 額 ) 分 離 課 税 退 職 所 得 山 林 所 得 土 地 建 物 株 式 等 の 譲 渡 所 得 などは 他 の 所 得 と 分 離

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

Ⅱ 1. 厚 生 年 金 保 険 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 厚 生 年 金 保 険 が 適 用 されている 事 業 所 をいう すなわち 厚 生 年 金 保 険 法 第 6 条 第 1 項 第 1 号 に 掲 げられている 事 業 の 事 業 所 であって 常 時 5 人 以 上 の 従 業 員 を 使 用 する 事 業 所 又 は 船 舶 及 び 国

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 27 年 9 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 21 (ア) (イ) (ウ) (エ) 問 2 4 第 7 問 第 2 問 問 22 194( 万 円 ) 問 3 2 問 23 395( 万 円 ) 問 4 1.632(%) 問

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中

法 人 番 号 の 通 知 書 発 送 及 び 公 表 予 定 日 ( 別 紙 ) 指 定 対 象 法 人 の 所 在 地 ( 地 域 ) 等 通 知 書 発 送 予 定 日 基 本 3 情 報 の 公 表 予 定 日 国 の 機 関 地 方 公 共 団 体 東 京 23 区 ( 千 代 田 区 中 法 人 番 号 の 通 知 公 表 開 始 スケジュ-ルについて 国 税 庁 は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 するための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 上 法 人 番 号 の 付 番 機 関 とされており 平 成 27 年 10 月 5 日 ( 月 )の 同 法 施 行 を 迎 え 法 人 番 号 の 通 知 公 表 等 について 具 体 的 なスケジュ-ルを

More information

平成21年分 確定申告書作成シート

平成21年分 確定申告書作成シート 所 得 税 確 定 申 告 チェックシステム 申 告 書 Bタイプ 氏 名 住 所 等 様 フリカ ナ ノエタロウ ( 半 角 で 入 力 してください) 氏 名 野 江 太 郎 生 年 月 日 年 28 月 5 日 1 性 別 1 ( 男 =1, 女 =2) 住 所 大 阪 市 中 央 区 大 手 前 3-2-1 (または) H22.1.1の 住 所 同 上 郵 便 番 号 540-0008 電

More information

横断学習①

横断学習① 社 会 保 険 労 務 士 2013 年 横 断 学 習 第 1 章 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 第 7 章 総 則 適 用 事 業 等 被 保 険 者 保 険 給 付 の 通 則 賃 金 報 酬 保 険 給 付 不 服 申 立 雑 則 2013 年 度 版 日 建 学 院 社 労 士 過 去 問 横 断 学 習 用 小 冊 子 株 式 会 社 建 築 資 料 研 究

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 27 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 27 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負

小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個 人 事 業 主 の 廃 業 に 伴 う 共 同 経 営 者 の 退 任 疾 病 負 [ 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 ] 経 営 者 にも 退 職 金 を ゆとりある 老 後 を 支 える 安 心 の 共 済 です 小 規 模 企 業 共 済 制 度 のしおり 小 規 模 企 業 共 済 制 度 とは 小 規 模 企 業 共 済 制 度 は 小 規 模 企 業 の 個 人 事 業 主 共 同 経 営 者 または 会 社 等 の 役 員 が 個 人 事 業 主 の 廃 業 個

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

2 任意継続組合員制度について

2 任意継続組合員制度について 第 退 職 後 の 医 療 保 険 制 度 について 退 職 後 に 加 入 する 医 療 保 険 制 度 について わが 国 の 社 会 保 障 制 度 における 医 療 保 険 については 国 民 皆 保 険 制 度 をとっており 何 らかの 医 療 保 険 制 度 に 加 入 することが 義 務 づけられています 組 合 員 の 方 は 在 職 中 は 共 済 組 合 に 加 入 していますが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E398C8E323793FA95D78BAD89EFDABCDEADD22E646F6378> 平 成 21 年 9 月 27 日 社 会 保 険 労 務 士 栗 原 勝 遺 族 の 年 金 について 遺 族 給 付 の 種 類 給 付 の 種 類 死 亡 した 人 の 要 件 遺 族 の 範 囲 遺 族 基 礎 年 金 11 被 保 険 者 の 死 亡 12 被 保 険 者 であった 方 で 日 本 国 内 に 住 所 を 有 する60 歳 以 上 65 歳 未 満 の 人 の 死 亡 3

More information

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会

し 業 績 は 独 創 的 で 未 発 表 のものでなければならない 第 9 条 第 10 条 正 会 員 は 毎 年 別 に 定 める 会 費 を 納 入 するものとする 会 員 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する 1. 退 会 2. 会 日 本 小 児 アレルギー 学 会 会 則 第 一 章 総 則 本 会 は 日 本 小 児 アレルギー 学 会 (Japanese Society of Pediatric Allergy and Clinical Immunology )と 称 す る 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 台 東 区 上 野 1-13-3MYビル4 階 におく 第 二 章 目 的 および 事 業 本

More information

年金制度のあらまし

年金制度のあらまし 実 務 修 習 セミナー( 第 9 回 ) 厚 生 年 金 国 民 年 金 関 係 平 成 24 年 9 月 21 日 < 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 の 仕 組 みと 給 付 のあらまし>( 便 覧 P116) 1 給 付 の 種 類 老 齢 障 害 死 亡 2 公 的 年 金 制 度 の 種 類 種 類 対 象 者 国 民 年 金 日 本 国 内 に 居 住 する 20 歳 以 上

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20485097702081798CB48D65817A905C8D908F918EE888F882AB48323794C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20485097702081798CB48D65817A905C8D908F918EE888F882AB48323794C5> 市 県 民 税 ( 国 民 健 康 保 険 料 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 ) 申 告 の 手 引 き この 手 引 きでは 市 県 民 税 の 申 告 にあたって 必 要 な 所 得 や 税 額 の 計 算 に 関 する 一 般 的 な 事 項 について 説 明 しています 税 制 改 正 により 税 率 所 得 控 除 等 が 改 正 されたときは 改 正 後 の

More information

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒)

Microsoft Word - H27市・府民税のしくみ原稿(白黒) 市 府 民 税 ( 住 民 税 )の 課 税 のしくみ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 度 の 市 府 民 税 の 課 税 は 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 住 所 地 の 市 町 村 で 課 税 されます 平 成 27 年 1 月 2 日 以 降 亀 岡 市 に 在 住 しなくなった 場 合 ( 転 出 した 場 合 または 死 亡 した 場 合 )に ついても 平

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229>

<5461726F2D838F839383588367836283768354815B83728358288B9689C229> 建 設 業 許 可 ( 建 設 業 法 第 3 条 ) (1) 建 設 業 の 許 可 ア 建 設 業 を 営 もうとする 者 は 軽 微 な 建 設 工 事 のみを 請 け 負 う 場 合 を 除 き 建 設 業 法 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 建 設 業 の 許 可 を 受 けなければなりません イ 軽 微 な 建 設 工 事 とは 工 事 1 件 の 請 負 代 金 の 額 が 建

More information

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉

申 告 に 必 要 なも 1 印 鑑 は 認 印 でよろしです (ただし 所 得 税 新 規 口 座 振 替 による 納 付 申 告 は 金 融 機 関 届 出 印 が 必 要 です ) 2 収 入 および 必 要 経 費 を 証 明 できる 類 領 収 帳 簿 など 年 金 所 得 方 は 源 泉 平 成 28 年 度 霧 島 市 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 手 引 き 申 告 目 的 につて かねてより 本 市 税 務 行 政 にご 協 力 をただきありがとうござます 平 成 28 年 度 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 申 告 受 付

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Microsoft Word - プレスリリース

Microsoft Word - プレスリリース Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 7 年 9 月 4 日 照 会 先 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 雇 用 均 等 政 策 課 課 長 小 林 洋 子 均 等 業 務 指 導 室 長 高 橋 弘 子 均 等 業 務 指 導 室 長 補 佐 中 込 左 和 ( 代 表 電 話 ) 03(553)( 内 線 784) ( 夜 間 直 通 ) 03(3595)37 男

More information

Microsoft Word - LN01-1表紙

Microsoft Word - LN01-1表紙 知 っていますか? 国 民 年 金 って 実 は 納 めた 額 以 上 に 受 け 取 れます 老 後 も 万 一 のときも サポートします コンビニ インターネット からでも 納 付 できます 保 険 料 をまとめて 支 払 う と 割 引 があります 国 民 年 金 は あなたとみんなの 未 来 をつなぐ 大 切 な きずな です 支 え 合 って 将 来 にもっと 確 かな 安 心 を 厚 生

More information

平 成 28 年 度 版 岩 出 市 誕 生 10 周 年 記 念 ロゴマーク 2,749 円 1,717 円 1,358 円 1,135 円 1,090 円 889 円 607 円 301 円 154 円 平 成 26 年 度 1 課 税 所 得 金 額 に 応 じた 税 額 を 負 担 16 歳 未 満 の 扶 養 親 族 も 含 みます 3,500 2,000 2 公 的 年 金 等 の 雑

More information

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年

設 問 一 覧 全 員 にお 聞 きします 103 万 円 の 壁 130 万 円 の 壁 について 知 っていますか?...(SA) あなたの 年 収 を 教 えてください...(SA) 年 収 が 103 万 円 以 下 103 万 円 超 130 万 円 以 下 と 答 えた 人 あなたは 年 まとめ 全 国 の 主 婦 736 人 (うち 専 業 主 婦 53.5% フルタイム18.2% パート アルバイト/ が28.3%)に 最 近 見 直 しの 議 論 が 始 まった 配 偶 者 控 除 について 聞 いた まず 年 収 103 万 円 を 超 えると 世 帯 の 所 得 税 負 担 が 増 加 する 103 万 円 の 壁 年 収 130 万 円 を 超 えると 配 偶 者 の 社

More information

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会

No. 2 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 第 1 条 この 法 人 の( 以 下 本 学 会 という) 入 会 については 定 款 に 定 められたことの 他 は この 規 則 による 第 2 条 本 学 会 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 細 則 (2011 年 9 月 ) 目 次 1. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 定 款 2. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 入 会 規 則 ( 定 款 施 行 細 則 第 1 号 ) 3. 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 食 道 学 会 会 費 規 則 ( 定

More information

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場 育 児 介 護 休 業 法 が 改 正 されます 改 正 育 児 介 護 休 業 法 が 平 成 22 年 6 月 30 日 に 施 行 されます 今 回 の 育 児 休 業 関 係 の 改 正 は 少 子 化 の 流 れを 変 え 男 女 ともに 子 育 てをしながら 働 き 続 けることができる 社 会 を 目 指 して 行 われます また 介 護 休 業 関 係 の 改 正 は 高 齢 化 が

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される

目 次 1.あなたが 受 取 る 年 金 について 1 頁 2. 年 金 の 請 求 について 1 頁 3. 支 給 開 始 年 月 と 支 給 期 間 について 2 頁 4. 年 金 の 支 払 方 法 について 2 頁 5. 基 金 の 年 金 について 4 頁 支 給 額 が 変 更 される 年 金 の し お り 全 国 測 量 業 厚 生 年 金 基 金 このしおりの 最 後 に 届 出 用 紙 ( 住 所 受 取 方 法 変 更 届 氏 名 変 更 届 )がありますの で 住 所 受 取 方 法 氏 名 の 変 更 があった 場 合 に 切 取 ってお 使 いください なお 用 紙 がなくなったときは 基 金 に 請 求 してください 各 種 届 出 用 紙 はホームページからのダウンロードもできます

More information

1210熊本市(SG330)行政最終.indd

1210熊本市(SG330)行政最終.indd 市 税 国 保 年 市 民 税 区 役 所 税 務 課 1 月 1 日 現 在 で 区 内 に 住 んでいる 方 または 区 内 に 事 務 所 事 業 所 または 家 屋 敷 を 有 する 方 で その 区 内 に 住 所 を 有 しない 方 に 課 税 されます 前 年 中 の 収 入 所 得 に ついて3 月 15 日 までに 市 民 税 の 申 告 を 行 ってください なお 次 の 方 については

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 老 齢 年 金 の 基 礎 知 識 森 井 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 平 成 24 年 3 月 作 成 1 本 スライドにおける 注 意 事 項 ご 注 意 本 スライドでは 老 齢 年 金 をわかりやすく 解 説 するため 一 部 の 説 明 を 省 略 したり 省 略 した 名 称 を 使 用 している 部 分 があります また 表 示 の 年 金 額 は 平 成 22 年 の 年

More information

年金だより14号.indd

年金だより14号.indd 第 14 号 平 成 25 12 月 発 行 も く じ P2 額 の 特 例 水 準 の 解 消 について P7-9 こんなときには 届 出 を P3 複 数 の をお 持 ちの 方 へ P10-11 相 談 窓 口 一 覧 P4-6 公 的 等 の 源 泉 徴 収 票 と 確 定 申 告 P12 ねんきんカレンダー 全 国 市 町 村 職 員 共 済 組 合 連 合 会 額 の 特 例 水 準

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208370835E815B8393874291DE90458CE382CC944E8BE0959B93C7967B94C55F323031322E322E32305F> 退 職 後 の 年 金 手 続 きガイド ~ 年 金 加 入 や 年 金 受 取 りのために~ 退 職 後 の 年 金 加 入 1 退 職 後 の 年 金 の 受 取 り 6 年 金 相 談 サービス 10 ( 参 考 1) 退 職 後 の 医 療 保 険 12 ( 参 考 2) 退 職 と 年 金 健 康 保 険 の 手 続 き 15 http://www.nenkin.go.jp/ 日 本 年

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは 学 科 学 科 試 験 解 答 に 当 たっての 注 意 事 項 試 験 問 題 については 特 に 指 示 のない 限 り 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 施 行 の 法 令 等 に 基 づいて 解 答 してください なお 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 対 する 各 種 特 例 については 考 慮 しないものとします 次 の 各 問 について 答 えを1つ 選 び その

More information

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 平 成 年 度 共 済 組 合 の て び き 大 阪 市 職 員 共 済 組 合 目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 除 外 の 届 出

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

社労士合格 弾丸合格セミナー

社労士合格 弾丸合格セミナー 第 37 回 目 国 民 年 金 法 法 改 正 傾 向 と 対 策 それでは 第 37 回 目 の 講 義 国 民 年 金 法 法 改 正 の 解 説 を 進 めていきます 平 成 26 年 度 から 消 費 税 が 5%から 8%に 上 がり その 増 加 分 を 社 会 保 障 関 係 の 維 持 に 充 てる ことが 可 能 になったこともあり 多 くの 箇 所 で 改 正 があります 1

More information

平成16年度

平成16年度 平 成 28 年 度 町 県 民 税 申 告 書 の 書 き 方 ( 説 明 ) ご 自 分 で 申 告 書 を 記 入 される 方 はこの 書 き 方 を 参 考 に 申 告 書 に 記 入 のうえ 申 告 会 場 にお 持 ちくだ さい 申 告 期 限 は3 月 5 日 です 説 明 をよくお 読 みになり それぞれ 記 入 のうえ 申 告 相 談 日 においで ください この 申 告 をされないと

More information

各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共 済 ] 福 利 グループ 2261 [ 互 助 会 ] 給 付 グループ 2263

各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共 済 ] 福 利 グループ 2261 [ 互 助 会 ] 給 付 グループ 2263 平 成 26 年 度 共 済 組 合 及 び 互 助 会 事 務 の 手 引 地 方 職 員 共 済 組 合 広 島 県 支 部 一 般 財 団 法 人 広 島 県 職 員 互 助 会 各 制 度 の 担 当 内 線 短 期 給 付 給 付 グループ 2262 互 助 会 事 業 給 付 グループ 2263 福 祉 事 業 ( 保 健 事 業 ) 福 利 グループ 2260 貸 付 事 業 [ 共

More information