たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

Size: px
Start display at page:

Download "たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら"

Transcription

1 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一 憲 同 齋 藤 信 行 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 概 要 1 請 求 人 ( 略 ) 2 請 求 書 の 提 出 日 請 求 書 の 提 出 日 は 平 成 20 年 8 月 25 日 である 3 請 求 の 内 容 (1) 主 張 事 実 1 請 求 の 要 旨 請 求 人 提 出 の 請 求 書 及 び 資 料 による 請 求 の 要 旨 並 びに 措 置 要 求 は 次 のとおりである ア 当 初 予 算 での 観 光 看 板 設 置 事 業 を 事 業 内 容 の 変 更 の 議 決 を 得 ないで 市 が 勝 手 に 観 光 モニュメント 設 置 事 業 に 変 えてしまった 変 更 について 議 会 に 説 明 しなか ったことを 陳 謝 したが 予 算 の 目 的 外 使 用 という 事 実 は 明 白 である さらに 県 への 補 助 金 申 請 の 変 更 届 も 出 さないで 実 施 したことは 明 らかに 不 正 である 国 や 県 にまちづくり 交 付 金 事 業 として 申 請 した 書 類 では 三 条 燕 インター 出 口 付 近 に 観 光 シンボル 看 板 の 設 置 事 業 となっている しかし 実 際 は 県 央 大 橋 のたもとに 観 光 モニュメントとして 実 施 された 事 業 内 容 に 変 更 がある 場 合 は 国 や 県 に 事 業 の 変 更 手 続 きを 取 らなければならない その 手 続 きの 機 会 は 年 3 回 ある 役 所 というと ころは 書 類 の 不 備 に 対 して 決 して 見 逃 してくれないところである 国 や 県 に 事 業 の 変 更 手 続 きも 取 らずにやったのだから 国 の 交 付 金 が 支 払 われない 場 合 も 考 えられる こうなったら 市 の 財 政 を 一 層 追 いつめることになり 市 に 多 大 な 損 害 を 与 えることに なる これは 手 続 き 上 のミスでなく 市 民 と 議 会 だけでなく 国 や 県 もないがしろにし た 計 画 的 意 図 的 な 政 治 のやり 方 である イ 業 者 選 定 については 不 透 明 で 選 考 のやり 方 は 不 正 である 第 一 次 選 考 を 平 成 19 年 8 月 17 日 に 行 っているが それ 以 前 に 最 終 的 に 採 用 になっ - 1 -

2 たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えられない 業 者 と 何 らかの 癒 着 があったのではないかと 思 われても 仕 方 ない L 社 に 有 利 な 員 数 合 わせのため デ ザインコンペの 入 札 に 指 名 参 加 願 いを 出 していない 業 者 を 登 録 していないことを 知 りながら 参 加 させていた 議 会 には 実 績 のある 業 者 を 選 出 し 指 名 した と 報 告 し ている 事 務 上 の 連 絡 不 備 という 言 い 訳 は 通 用 しない L 社 に 決 定 が 先 にありきで 議 会 に 対 する 偽 証 である ウ その 審 査 には 特 定 の 業 者 への 手 心 が 加 えられた 疑 いがある 1 社 だけデザイン 画 が2 点 あったということは これだけでも 不 正 があったのだと 思 われないか もし 公 募 形 式 のデザインコンクールでこのような 不 正 が 発 覚 した 場 合 選 ばれた 作 品 は 失 格 になる そして 関 わった 審 査 委 員 は 社 会 的 に 信 用 を 失 う 燕 市 だけ 例 外 というわ けにはいかない デザイン 選 定 が 市 民 の 代 表 も 議 会 の 代 表 も 専 門 家 も 入 れないで 市 長 と 職 員 5 人 だけで 行 われたことは 以 上 のような 不 正 な 選 考 を 実 施 するためには うちうちだけ のメンバーでやる 必 要 があったのか エ 燕 市 の 宣 伝 なのにこれでいいのか モニュメントは 燕 市 の 玄 関 口 としてインパク トを 与 え それを 目 にして 燕 の 魅 力 観 光 をPRできるもの という 目 的 から 大 きく ずれている 三 条 燕 インター 方 面 からの 観 光 客 の 目 に 入 らない 当 初 のデザインでは 上 にフェニックスが 乗 っておりそのフェニックスこそが 燕 の シンボルである 現 在 建 っているモニュメントは デザイン 段 階 では 支 柱 と 表 記 されていた 部 分 であり 決 してモニュメント 本 体 ではない 市 民 に 不 評 で 喜 ばれない 原 因 でもある 3 本 の 柱 は 3 市 町 の 一 体 感 を 伝 えるためにつながっていた ところ が 建 てる 時 に 傷 を 付 けると 悪 いから 等 と 言 って 業 者 の 都 合 で3 本 は 離 れて 建 ってい る 燕 市 のステンレス 加 工 技 術 をアピールするためなら 燕 市 で 作 るべきである 燕 では できないので と よそのまちで 作 らせてしまった それが 産 業 史 料 館 の 前 にあ ること 自 体 が 産 業 界 の 足 を 引 っ 張 ることになる オ 12 月 議 会 で 設 置 場 所 の 変 更 を 公 言 し その 後 も 設 置 のさいは 議 会 と 相 談 するとしな がら 議 長 と 副 議 長 2 人 の 意 向 をただしただけで 設 置 を 決 定 した 市 民 が 設 置 中 止 の 申 し 入 れ を 行 ったが 市 長 は 業 者 の 判 断 にかずけて 担 当 職 員 の 立 ち 会 いも ない 中 で 設 置 を 強 行 した (2 月 13 日 )あれだけの 大 きさの 物 を 設 置 する 際 は 担 当 職 員 の 立 ち 会 いが 必 要 である 心 配 して 市 民 も 見 に 行 ったが この 日 は 朝 からひどい 雪 という 悪 天 候 だった 何 かあった 時 は 誰 が 責 任 を 取 るのか 今 年 の2 月 設 置 の 最 終 段 階 で 新 潟 日 報 の 取 材 に 対 して 副 市 長 の 決 裁 で 進 んだ 事 業 なので とか 業 者 の 判 断 なので などと 設 置 責 任 者 の 所 在 をぼかしているが これも 責 任 逃 れそのものである カ モニュメント 本 体 工 事 費 が 余 ったからと 照 明 工 事 を 追 加 し 設 置 目 的 はおろか 何 の 役 にも 立 たないモニュメントをライトアップして 継 続 的 な 光 熱 費 の 無 駄 遣 いをしよう としている 照 明 工 事 費 の 中 の 備 品 (ランプ 等 )は 当 初 のL 社 の 見 積 書 ではメーカーの 希 望 小 売 価 格 の2 倍 から3 倍 強 であった 市 は 業 者 を 正 すこともなく 業 者 の 言 いなりで 議 - 2 -

3 会 で 指 摘 されて 再 提 出 された 工 事 費 内 訳 書 などから 請 負 業 者 の 工 事 費 内 訳 書 には 信 憑 性 が 薄 い さらに 問 題 なのは 信 憑 性 の 疑 わしい 再 提 出 の 工 事 費 内 訳 書 のまま 支 払 いが 強 行 されたことだ これは 市 民 より 業 者 の 利 益 を 優 先 させる 背 任 行 為 である 適 正 な 税 金 の 使 われ 方 と 言 えるのか 2 陳 述 による 補 足 要 旨 ア 設 置 工 事 仕 様 書 中 7の 提 出 書 類 3 見 積 書 積 算 明 細 書 ( 材 料 費 加 工 費 基 礎 工 事 費 電 気 工 事 費 諸 経 費 等 )と 記 されているが 7 月 13 日 の 提 出 時 点 でL 社 とT 販 売 は 積 算 明 細 書 がついていない これがなぜ 審 査 対 象 になったのか 疑 問 である イ 公 募 やデザインコンペで1 次 審 査 と2 次 審 査 でデザイン 画 が 違 う(フェニックスを 照 明 に 変 更 )というのは 有 り 得 ない 明 らかな 不 正 行 為 ではないか デザインコンペ などで この 様 なことが 行 われ 発 覚 した 場 合 選 ばれた 作 品 は 失 格 となり 関 わって きた 審 査 員 は 社 会 的 制 裁 を 受 ける (2) 措 置 の 要 求 燕 市 観 光 モニュメント 設 置 工 事 に 関 連 して 市 が 被 った 損 害 相 当 額 を 返 還 する 措 置 を 講 ずること 原 則 的 には 白 紙 に 戻 すことであるが 現 実 問 題 としては 1 円 も 使 わずに 来 燕 者 によく 見 えるモニュメントにしてほしい こと (3) 添 付 書 類 ( 事 実 証 明 書 ) 1 新 聞 記 事 2 見 積 書 工 事 費 内 訳 書 3 照 明 工 事 費 比 較 表 4 照 明 器 具 明 細 表 4 請 求 の 受 理 本 請 求 は 平 成 20 年 8 月 25 日 付 で 提 出 があったが 内 容 の 一 部 に 不 備 が 見 られ 補 正 を 依 頼 補 正 後 の 請 求 書 が 平 成 20 年 9 月 1 日 付 で 再 提 出 となり 要 件 審 査 の 結 果 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 要 件 を 具 備 しているものと 認 め 平 成 20 年 9 月 1 日 付 で 受 理 した 第 2 監 査 の 実 施 1 監 査 対 象 事 項 住 民 監 査 請 求 の 本 来 の 目 的 から 市 の 財 務 会 計 上 の 行 為 に 関 する 部 分 について 監 査 対 象 とし 措 置 請 求 書 の 要 旨 事 実 を 証 する 書 類 及 び 陳 述 を 勘 案 して 次 の 事 項 を 監 査 対 象 とした (1) 業 者 選 定 が 不 透 明 最 終 的 に 採 用 になったL 社 が 市 内 業 者 2 社 にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある (2) デザインコンペの 入 札 に 指 名 参 加 願 いを 出 していない 業 者 を 登 録 していないこと を 知 りながら 参 加 させていた (3) モニュメントをライトアップして 継 続 的 な 光 熱 費 の 無 駄 遣 いをしようとしている (4) 信 憑 性 の 疑 わしい 再 提 出 の 工 事 費 内 訳 書 のまま 支 払 いをした 照 明 機 器 等 の 当 初 見 積 書 では メーカー 希 望 小 売 価 格 の2 倍 から3 倍 であった (5) 提 出 書 類 に 見 積 書 積 算 明 細 書 の 提 出 ということが 記 載 されているが L 社 とT 販 売 は 積 算 明 細 書 がついていない - 3 -

4 (6) 1 次 審 査 と2 次 審 査 でデザイン 画 が 違 うというのは 有 り 得 ない 不 正 行 為 ではない か 2 監 査 対 象 職 員 及 び 担 当 部 署 燕 市 長 及 び 関 係 職 員 ( 中 野 元 副 市 長 神 保 元 総 務 部 長 小 平 財 政 課 長 宇 佐 美 元 商 工 観 光 部 長 三 富 元 観 光 振 興 課 長 広 瀬 元 観 光 振 興 係 長 ) 並 びに 商 工 観 光 課 都 市 計 画 課 を 監 査 対 象 とした 3 証 拠 の 提 出 及 び 陳 述 の 機 会 の 付 与 法 第 242 条 第 6 項 の 規 定 に 基 づき 平 成 20 年 9 月 17 日 に 請 求 人 の 陳 述 の 聴 取 を 行 ったところ 説 明 資 料 の 提 出 があった 陳 述 において 請 求 の 内 容 について 補 足 説 明 が あった 4 監 査 対 象 業 者 観 光 モニュメント 設 置 工 事 の 契 約 業 者 であるL 社 S 営 業 所 長 及 び 担 当 社 員 また 審 査 前 に 製 作 依 頼 を 受 けたと 言 われている 業 者 2 社 並 びにTK 社 に 対 して 事 情 聴 取 を 行 った 第 3 事 実 関 係 の 確 認 請 求 人 の 主 張 する 事 実 を 調 査 するため 平 成 20 年 10 月 1 日 に 市 長 及 び 関 係 職 員 並 びに 商 工 観 光 部 長 商 工 観 光 課 長 に 対 し 本 件 に 関 する 事 務 処 理 の 経 緯 及 びそれら の 関 連 事 項 も 含 めて 事 情 聴 取 を 行 い 都 市 計 画 課 については 文 書 により 照 会 を 行 っ た 1 採 用 業 者 が 審 査 前 に 製 作 を 依 頼 していた ことについて (1) 採 用 業 者 が 審 査 前 にどのような 準 備 をしていたかは 市 は 知 らないところである 見 積 もりなど 事 前 の 問 い 合 わせ 程 度 なら 通 常 行 われていることではないかと 考 える 2 業 者 選 定 が 不 正 である (1)コンペ 参 加 業 者 選 定 に 不 正 コンペに 入 札 指 名 業 者 登 録 のない 業 者 と 知 りながら 参 加 させている (2) 審 査 自 体 に 不 正 がある ことについて (1) 業 者 の 選 定 については 指 名 参 加 願 いの 出 ている5 社 と 以 前 からセールスに 来 て いたT 販 売 についてどうかということで 財 政 課 に 伺 いをあげ T 販 売 について は これから 指 名 参 加 願 いを 提 出 してもらえれば 可 能 である という 回 答 を 得 たので 幅 広 く 参 加 を 願 うということから 指 名 参 加 願 いを 提 出 するということを 条 件 に 指 名 したものである その 後 平 成 19 年 8 月 17 日 の1 次 審 査 前 に 再 度 T 販 売 に 指 名 参 加 願 いの 提 出 について 確 認 し 手 続 きを 進 めている という 回 答 を 得 たところであり T 販 売 か らの 指 名 参 加 願 いが 提 出 されているものと 考 え 事 務 手 続 きを 進 めたものである 結 果 的 には T 販 売 から 指 名 参 加 願 いが 提 出 されないまま 企 画 提 案 競 技 方 式 ( 以 下 コンペ 方 式 という )が 実 施 され L 社 S 営 業 所 を 請 負 業 者 と 決 定 して 契 約 を 締 結 したものである 事 務 的 不 備 はあったものの 広 く 提 案 を 求 めたいということから 行 ったものである (2) 審 査 については 1 次 審 査 を 中 野 元 副 市 長 はじめ 職 員 4 人 で 2 次 審 査 については - 4 -

5 市 長 を 加 えた6 人 の 合 議 制 により 決 定 されたものである 抽 象 的 な 芸 術 作 品 ではなく あくまで 観 光 大 型 看 板 の 類 であるという 認 識 から 市 長 以 下 6 人 の 合 議 で 選 考 を 行 った 今 回 の 業 者 決 定 については 統 一 的 な 仕 様 書 ( 企 画 ) 又 は 金 額 のみで 選 定 すること は 困 難 であるため 一 般 的 な 入 札 でなく 企 画 力 デザイン 力 を 発 揮 できるコンペ 方 式 とした 企 画 設 計 施 工 を 一 括 したコンペ 方 式 は 一 般 工 事 のように 統 一 の 設 計 書 が あるわけでなく 各 社 の 企 画 やデザインによる 各 々の 考 え 方 で 見 積 書 を 提 出 した 契 約 段 階 においては 部 材 に 現 場 経 費 も 含 まれているものである 3 照 明 工 事 追 加 によるライトアップにより 継 続 的 な 光 熱 費 の 無 駄 遣 いをしようとし ている ことについて (1) 年 間 の 光 熱 費 は 37,658 円 の 見 込 みである 前 提 1 日 の 点 灯 時 間 を 17:00~21:00(4 時 間 )と 仮 定 ( 但 し 夏 季 は 点 灯 時 間 が 短 縮 されると 考 えられる ) 1 灯 当 たりの 消 費 電 力 は 700w/h(0.7kw/h) 1.5( 能 力 からの 換 算 率 ) 0.7kw/h 1.5 4h 2 灯 円 /kwh 30 日 月 =37, ,658 円 (2) 効 果 について 観 光 モニュメントは 燕 市 を 訪 れる 観 光 客 に 強 く 燕 を 印 象 付 けることを 目 的 としている このことから 夕 方 からの 見 えにくくなる 時 間 帯 に 照 明 を 当 てること により 昼 間 と 違 った 趣 を 見 せ 一 層 インパクトを 与 える 効 果 が 期 待 できる 4 再 提 出 された 工 事 費 内 訳 書 の 信 憑 性 が 薄 い ことについて (1) 最 終 的 な 出 来 高 工 事 費 内 訳 書 については 直 接 工 事 費 及 び 建 築 工 事 に 係 る 県 の 諸 経 費 率 ( 共 通 仮 設 費 現 場 管 理 費 一 般 管 理 費 )に 沿 って 積 算 照 合 を 行 った 結 果 契 約 金 額 の 方 が 低 かった 5 設 置 工 事 仕 様 書 中 7の 提 出 書 類 3 見 積 書 積 算 明 細 書 と 記 載 されているが 平 成 19 年 7 月 13 日 の 提 出 時 点 でL 社 とT 販 売 の 積 算 明 細 書 がついていない こと について (1) 設 置 工 事 仕 様 書 には 確 かに 見 積 書 積 算 明 細 書 となっているが 選 定 時 の 評 価 基 準 では あくまでデザイン 重 視!ということのため 企 画 提 案 書 と 見 積 書 に 基 づ き 審 査 を 行 ったので 積 算 明 細 書 が 不 可 欠 とまで 考 えていない 6 1 次 審 査 と2 次 審 査 時 でデザイン 画 が 違 う(フェニックスを 照 明 に 変 更 )というの は 有 り 得 ない 不 正 行 為 ではないか について (1) 建 設 予 定 地 は 風 が 強 い 場 所 のため 強 風 により 変 形 や 落 下 の 恐 れがあると 判 断 し 基 本 的 なところは 尊 重 するなかで 危 険 性 を 回 避 するために 一 部 修 正 を 願 ったもので ある (2) 照 明 器 具 については フェニックスを 外 すことによって 見 積 もり 経 費 に 差 異 が 生 じることから その 差 額 分 を 夜 間 でも 目 立 つようにと 照 明 設 備 の 追 加 を 願 ったもので ある (3) コンペ 方 式 では 発 注 者 の 意 向 反 映 や 協 議 によって 修 正 を 加 えることは 予 想 してお - 5 -

6 り 今 回 の 場 合 は 安 全 性 を 考 えて 協 議 の 結 果 一 部 修 正 を 願 ったものである 他 社 にも 同 様 なところが 見 受 けられれば 修 正 を 願 うところである 第 4 施 工 業 者 等 への 確 認 1 平 成 20 年 10 月 1 日 L 社 S 営 業 所 の 事 情 聴 取 を 行 い その 概 要 は 次 のとおりである (1) 平 成 19 年 7 月 13 日 付 の 見 積 書 における 照 明 工 ( 投 光 器 ) の 全 体 金 額 は 1,250,000 円 であり 投 光 器 具 関 係 がメーカー 希 望 価 格 を 大 幅 に 超 えている ことについて 1 当 初 業 者 は メーカー 希 望 小 売 価 格 に 特 別 仕 様 指 定 色 塩 害 対 策 ステンレス 等 考 えて 施 工 費 と 諸 経 費 込 みで 合 算 して 見 積 もりを 提 出 した 通 常 工 事 で 設 計 書 がある 場 合 は 部 材 と 諸 経 費 に 分 けて 算 出 するが コンペ 方 式 のよ うに 設 計 書 がない 場 合 は 合 算 して 算 出 している このことから 施 工 費 と 諸 経 費 を 入 れると 見 積 書 の 金 額 は 妥 当 であった (2) 工 事 費 内 訳 書 ( 最 終 )では 照 明 工 事 として 895,568 円 と 金 額 が 減 ったものの 全 体 金 額 は 同 額 の 11,970,000 円 であり 信 憑 性 がないと 言 っている ことについて 1 最 終 的 に 市 側 から 工 事 費 内 訳 書 の 提 出 依 頼 があり 照 明 工 事 に 限 らず その 他 工 事 についても 明 細 を 提 出 した 当 初 見 積 もりの 中 には 諸 経 費 が 入 っていたので 直 接 工 事 費 と 諸 経 費 に 分 けて 出 した 一 般 的 な 建 築 工 事 費 の 諸 経 費 率 に 基 づいて 再 計 算 し て 工 事 費 内 訳 書 を 提 出 した その 結 果 合 計 金 額 については 消 費 税 込 で 12,852,109 円 になったが 企 業 努 力 で 11,970,000 円 に 値 引 きしたものである (3) 第 1 次 選 考 前 に 某 市 内 業 者 (2 社 )に 製 作 を 依 頼 した 疑 いがあるが その 際 2 社 にはどのような 内 容 で 製 作 を 依 頼 したのか について 1 企 画 提 案 書 の 当 初 締 切 りが 昨 年 の7 月 13 日 だった 事 前 に 提 案 する 内 容 が 現 実 に 製 作 可 能 かどうか 判 断 できなければ 企 画 提 案 書 を 提 出 できない それで 燕 市 はステ ンレスが 有 名 なので 地 元 のメーカーに 設 計 事 務 所 を 通 じて 問 い 合 わせたのが 実 状 であり 製 作 依 頼 はしていない 製 作 できるかどうか 聞 いただけである 2 平 成 20 年 9 月 17 日 10 月 21 日 審 査 前 に 製 作 依 頼 を 受 けたと 言 われている 業 者 2 社 の 事 情 聴 取 を 行 い その 概 要 は 次 のとおりである (1) 第 1 次 選 考 前 に 某 市 内 業 者 (2 社 )に 製 作 を 依 頼 した 疑 いがあるが その 際 ど のような 内 容 で 製 作 の 依 頼 を 受 けたのか について 1 新 潟 の 設 計 事 務 所 が 来 社 して 製 作 が 可 能 かどうかの 依 頼 であった 見 積 もりは 上 部 のフェニックスの 部 分 だけで 台 風 に 対 する 強 度 を 確 認 したが その 計 算 も 依 頼 さ れ 当 社 では 難 しく 出 せない 状 況 であった また 見 積 額 については 大 まかな 数 値 を 電 話 で 返 答 しただけである もう 1 社 についても 新 潟 の 設 計 事 務 所 が 来 社 して 観 光 看 板 の 見 積 もり 依 頼 であっ たが 形 状 からして 地 震 や 強 風 等 に 対 する 強 度 を 確 認 したところ 返 答 がなく その 段 階 で 無 理 と 判 断 しすぐに 断 った 見 積 もりまでには 至 っていない 3 平 成 20 年 10 月 21 日 TK 社 の 事 情 聴 取 を 行 い その 概 要 は 次 のとおりである (1) 1 積 算 明 細 書 が 出 されていないこと 2 指 名 参 加 願 いが 提 出 されていないこと - 6 -

7 について 1 コンペ 方 式 の 場 合 当 初 は 概 算 見 積 で 提 出 しており 決 定 すれば 明 細 書 を 提 出 する 当 社 は 全 国 どこでも 同 じやり 方 で 行 っている 2 社 内 的 に 運 転 資 金 が 滞 っていた 時 期 で 納 税 を 待 ってもらった 経 緯 があり 指 名 参 加 願 いに 必 要 な 書 類 が 揃 わなかった 第 5 監 査 委 員 の 判 断 本 件 請 求 について 監 査 の 結 果 は 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 監 査 委 員 の 合 議 により 次 のように 決 定 した 本 件 請 求 を 棄 却 する 以 下 その 理 由 について 述 べる 1 1 次 審 査 前 に モニュメントの 製 作 を 依 頼 していた ことについて 請 求 人 は 採 用 業 者 が 審 査 前 に 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある と 主 張 しているが 請 負 業 者 に 確 認 したところ 現 実 に 製 作 可 能 かどうかと 見 積 もりについて 問 い 合 わせた だけで 製 作 の 依 頼 はしていないとのことであった また 依 頼 を 受 けた 業 者 の1 社 は 見 積 りのみの 照 会 で 製 作 依 頼 は 受 けていないこと もう1 社 は 地 震 や 強 風 等 に 対 する 強 度 の 確 認 がとれず すぐに 断 り 見 積 書 の 提 出 までには 至 らなかったとのことであっ た 参 加 業 者 が 企 画 提 案 として 提 出 する 以 上 は 実 現 可 能 なものとして 提 案 され その 根 拠 としての 準 備 は 必 要 であり 見 積 依 頼 等 は 必 然 的 に 行 われるものである したがって これらは 社 会 通 念 上 に 照 らしても 十 分 考 えられることから 違 法 不 当 とは 認 められない 2 デザインコンペの 入 札 に 指 名 参 加 願 の 出 ていない 業 者 を 参 加 させていた ことにつ いて 業 者 選 定 は 執 行 伺 いの 時 点 で 指 名 参 加 願 いの 出 ている5 社 と これから 指 名 参 加 願 いを 提 出 してもらえれば 可 能 である という 財 政 課 の 回 答 から 幅 広 く 参 加 を 願 う 意 味 において 指 名 参 加 願 いを 提 出 することを 条 件 に1 社 を 指 名 しているが 審 査 前 に 指 名 参 加 願 い 提 出 の 確 認 が 確 実 に 行 われなかった 市 議 会 に 対 しては 指 名 参 加 願 いが 提 出 されている 業 者 の 中 から 選 定 した と 説 明 していたが 上 記 1 社 の 指 名 参 加 願 いが 提 出 されていないことが 平 成 20 年 2 月 8 日 に 議 員 から 指 摘 を 受 け 同 日 観 光 振 興 課 で 財 政 課 へ 確 認 したところ 提 出 されていないこ とを 知 ったものである 本 件 では 指 名 参 加 願 いの 提 出 について 最 終 確 認 をするべきではあったが 一 般 的 な 入 札 と 違 うコンペ 方 式 を 採 用 しているため 広 く 提 案 を 求 めたいという 意 図 から 行 っ ており 特 定 の 不 公 正 を 行 おうとしたものではない また 財 務 規 則 第 187 条 ただし 書 きでは 特 別 の 場 合 を 認 めており 市 長 の 裁 量 の 範 囲 内 と 考 えられる 結 果 として 参 加 資 格 者 が 落 札 していることから 契 約 は 有 効 なものと 判 断 する 3 ライトアップは 継 続 的 な 光 熱 費 の 無 駄 遣 いをしようとしている ことについて 燕 市 の 玄 関 口 として 観 光 客 にインパクトを 与 えるものとして 燕 市 の 魅 力 及 び 観 光 をPRできるものとされ 燕 市 を 訪 れる 観 光 客 に 強 く 燕 を 印 象 付 けることを 目 的 と - 7 -

8 している このことから 夕 方 からの 見 えにくくなる 時 間 帯 に 照 明 を 当 てることにより ライトアップした 観 光 モニュメントが 昼 間 と 違 った 趣 を 見 せ 一 層 インパクトを 与 える 効 果 が 期 待 できるとしている また 年 間 の 光 熱 費 については 1 日 の 点 灯 時 間 を 午 後 5 時 から 午 後 9 時 と 想 定 した 場 合 に 年 間 の 消 費 電 力 は 37,658 円 と 試 算 している ( 前 記 参 照 ) 年 間 の 電 力 料 金 37,658 円 が 無 駄 遣 いかどうかについては ライトアップによってその ものの 効 果 が 認 められるかどうかである 料 金 設 定 は 定 額 料 金 で 設 定 され 点 灯 時 間 も 必 要 最 小 限 で 有 効 な 時 間 帯 であると 考 えられ また ライトアップにより 一 層 のインパ クトを 与 え 燕 市 を 印 象 付 けることを 目 的 としていることから 必 ずしも 光 熱 費 の 無 駄 遣 いとは 言 えない 4 信 憑 性 の 疑 わしい 工 事 内 訳 書 のまま 支 払 われている ことについて コンペ 方 式 では 一 般 工 事 と 違 い 設 計 書 がないため 各 社 とも 企 画 やデザインにより 各 々の 考 え 方 で 見 積 書 を 作 成 している 今 回 の 指 摘 されている 業 者 の 見 積 書 ( 契 約 段 階 ) には それぞれの 部 材 に 現 場 経 費 も 含 まれていた 設 計 書 がないものについては 部 材 単 価 に 現 場 経 費 を 含 ませて 提 出 する 場 合 もある 見 積 書 の 算 出 方 法 については 発 注 者 からの 設 計 書 等 に 基 づくものがない 限 り 統 一 的 に 決 められたものがあるわけではない 各 社 がそれぞれの 独 自 性 やその 判 断 により 積 算 されるものであると 考 える また 工 事 終 了 後 に 提 出 された 工 事 費 内 訳 書 ( 出 来 高 )によれば 当 初 部 材 に 含 ま れていた 現 場 経 費 を 部 材 単 価 から 分 けて 再 積 算 しており 県 の 諸 経 費 率 に 基 づいて 単 価 諸 経 費 を 確 認 した 結 果 妥 当 性 があると 考 えられる このことから 信 憑 性 の 疑 わし い 工 事 費 内 訳 書 とは 認 められない 5 設 置 工 事 仕 様 書 の 提 出 書 類 で 積 算 明 細 書 が 提 出 されていない ことについて 観 光 モニュメント( 看 板 ) 設 置 工 事 仕 様 書 の 提 出 書 類 として 積 算 明 細 書 の 添 付 とあ るが コンペ 方 式 では 必 ずしも 提 出 は 義 務 付 けられてはおらず 業 者 の 任 意 とされて いるところである また 審 査 時 の 業 者 選 定 方 法 及 び 評 価 基 準 には 選 定 は 提 出 されたデザイン 案 (ミニ チュア 等 ) 企 画 提 案 書 見 積 書 に 基 づき 行 う と あくまでデザインを 重 視 して 決 定 すること と 記 されてあることから この 審 査 が 違 法 であるとは 言 えない 6 デザインコンペで1 次 審 査 と2 次 審 査 でデザイン 画 が 違 うというのはあり 得 ない ことについて 本 件 では 強 風 による 変 形 や 落 下 の 恐 れがあると 判 断 し 基 本 的 なところは 尊 重 しな がら 危 険 性 を 回 避 するためと 安 全 第 一 を 考 えて 一 部 修 正 を 願 っている また 照 明 器 具 については フェニックスを 外 すことによって 見 積 額 に 差 異 が 生 じるため 差 額 分 で 夜 間 でも 目 立 つようにと 追 加 を 願 ったものとしている この 件 の 判 断 基 準 としては 審 査 員 が1 次 審 査 2 次 審 査 の 過 程 の 中 で 修 正 を 示 唆 することが 許 されるかどうかであり 審 査 では 強 風 で 落 下 の 危 険 性 があると 判 断 した のであれば 安 全 性 を 優 先 し 危 険 性 の 回 避 を 考 慮 しなければならず 審 査 員 の 合 議 で 修 正 を 願 っている - 8 -

9 また 他 社 にも 同 様 のところが 見 受 けられれば 修 正 を 願 うとのことであり 特 定 の 業 者 に 手 心 を 加 えたという 意 味 の 修 正 とは 認 められず 各 業 者 からは より 良 いものの 提 出 を 求 めたことにほかならない したがって この 修 正 の 示 唆 が 必 ずしも 公 正 を 害 する というものではなく 審 査 が 違 法 不 当 となるものではない しかも 設 置 工 事 仕 様 書 には 企 画 提 案 は 当 方 と 協 議 のうえ 変 更 する 場 合 がある と 書 かれてあり 公 正 を 害 しない 限 りにおいて 変 更 を 示 唆 することを 禁 止 することまで 決 めたものではない 7 結 論 以 上 のとおり 財 務 会 計 上 違 法 又 は 不 当 な 公 金 の 支 出 契 約 の 締 結 その 他 の 行 為 は 認 められないため 請 求 人 の 主 張 には 理 由 がないと 認 める ただし 本 件 の 監 査 を 行 っ た 中 で コンペ 方 式 等 による 業 者 選 定 について 今 後 特 に 留 意 すべきと 思 われる 点 が 見 受 けられたので 次 のとおり 意 見 を 付 す 第 6 意 見 本 件 の 監 査 において 問 題 としてあげられることは コンペ 方 式 等 の 業 者 選 定 におい てのガイドライン( 指 示 書 ) 等 がない また 財 政 課 との 密 接 な 連 絡 協 議 が 求 められ る 特 に 指 名 参 加 業 者 の 確 認 など 行 政 としてなすべき 事 務 手 続 きが 必 要 である 今 後 においても 総 合 計 画 新 市 建 設 計 画 に 基 づき コンペ 方 式 等 による 業 者 選 定 が さらに 進 むことが 予 想 されることから 市 当 局 においては 早 急 に コンペ 方 式 及 びプ ロポーザル 方 式 における 業 者 選 定 について 実 施 に 関 するガイドラインの 整 備 を 行 い 業 務 の 明 確 性 及 び 透 明 性 を 確 保 し 徹 底 した 指 導 を 強 く 要 望 する また 事 業 実 施 課 に おいては 関 係 各 課 との 密 接 な 連 携 と 十 分 な 協 議 をもって 事 業 を 進 められたい - 9 -

Microsoft Word - 公表文(H ).doc

Microsoft Word - 公表文(H ).doc 福 井 市 監 査 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 住 民 監 査 請 求 があり 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 行 ったので その 結 果 を 公 表 する 平 成 26 年 12 月 18 日 福 井 市 監 査 委 員 村 寄 亮 一 福 井 市 監 査 委 員 滝 波

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

※全体は前回の監査請求に基づき作成している

※全体は前回の監査請求に基づき作成している 平 監 収 第 1 0 0 号 平 成 20 年 12 月 19 日 請 求 人 殿 小 平 市 監 査 委 員 舛 川 博 昭 小 平 市 監 査 委 員 島 村 速 雄 住 民 監 査 請 求 に 基 づく 監 査 の 結 果 について( 通 知 ) 平 成 20 年 11 月 6 日 付 けをもって 提 出 された 小 平 市 職 員 措 置 請 求 書 について 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その4)監査結果 平 成 2 8 年 8 月 1 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その4) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう

法的な知識をもとに誠意をもって話し合おう 解 雇 退 職 雇 止 めをめぐる 話 合 いQ&A ~ 法 律 と 法 的 な 考 え 方 をもとに 誠 実 に 話 し 合 おう~ Q28 社 長 から 解 雇 すると 言 われました 取 消 しを 求 めるにはどうすればいいですか 解 雇 の 問 題 を 解 決 する 基 本 的 な 方 法 は 労 働 者 と 使 用 者 との 自 主 的 な 話 合 いです 事 実 関 係 をひとつ ひとつ

More information

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 )

手 続 を 被 告 国 に 対 しては 上 記 抹 消 登 記 手 続 の 承 諾 を 求 めた 事 案 である 1 前 提 事 実 ( 争 いのない 事 実 及 び 証 拠 により 容 易 に 認 められる 事 案 ) (1) 当 事 者 等 原 告 ( 大 正 10 年 7 月 10 日 生 ) 平 成 22 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 同 日 原 本 交 付 裁 判 所 書 記 官 平 成 年 ( ) 第 号 所 有 権 移 転 登 記 抹 消 登 記 手 続 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 22 年 7 月 16 日 判 決 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 のとおり 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主

同 森 本 麻 維 子 同 柴 野 高 之 事 実 第 一 当 事 者 の 求 めた 裁 判 一 請 求 の 趣 旨 主 文 同 旨 二 請 求 の 趣 旨 に 対 する 答 弁 1 原 告 の 請 求 を 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 第 二 当 事 者 の 主 平 成 11 年 11 月 24 日 判 例 集 未 掲 載 大 阪 地 判 管 理 費 等 の 徴 収 中 間 取 得 者 の 支 払 義 務 1 特 別 修 繕 費 の 未 納 者 から 区 分 所 有 建 物 を 競 売 により 取 得 し さらに 第 三 者 にこれを 売 却 した 中 間 取 得 者 も 特 定 承 継 人 として 特 別 修 繕 費 等 の 支 払 義 務 を 負 うとした

More information

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部

4 告 発 等 の 受 付 (1) 告 発 等 の 受 付 窓 口 1 研 究 活 動 の 不 正 行 為 に 関 する 告 発 等 を 受 付 ける 窓 口 ( 以 下 通 報 窓 口 という )は 不 正 行 為 に 関 す る 全 学 通 報 窓 口 及 び 不 正 行 為 に 関 する 部 研 究 活 動 における 不 正 行 為 への 対 応 ガイドライン 平 成 19 年 3 月 1 日 研 究 推 進 審 議 会 研 究 倫 理 専 門 委 員 会 目 次 1 ガイドラインの 目 的 2 不 正 行 為 対 応 に 関 する 体 制 3 対 象 とする 不 正 行 為 4 告 発 等 の 受 付 5 告 発 等 に 係 る 事 案 の 調 査 を 行 う 機 関 6 告 発 等

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

(1)

(1) (1) (2) (1) (3) 企 業 が 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 指 針 に 関 する 解 説 (1) 本 指 針 の 対 象 や 法 的 性 格 本 指 針 は あらゆる 企 業 を 対 象 として 反 社 会 的 勢 力 による 被 害 を 防 止 するための 基 本 的 な 理 念 や 具 体 的 な 対 応 を 定 めたものであり 法 的 拘 束

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの

(3) 裁 判 所 の 判 断 1 損 害 賠 償 の 対 象 となる 違 反 行 為 の 範 囲 について 独 占 禁 止 法 25 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 の 発 生 要 件 等 が 民 法 709 条 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 とは 大 きく 異 なるもの 独 禁 法 事 例 研 究 第 8 回 ( 平 成 26 年 12 月 10 日 ) 1 セブンイレブン ジャパンに 対 する 独 占 禁 止 法 25 条 訴 訟 論 点 紹 介 役 から 以 下 のとおり 事 案 の 概 要 と 問 題 点 の 発 表 が 行 われた 1. 事 案 概 要 (1) 経 緯 公 正 取 引 委 員 会 は 平 成 21 年 6 月 22 日 被 告 (P5 セブン-イレブン

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその

目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的 2.2 特 別 調 査 の 方 法 3. 三 菱 電 機 における 過 大 請 求 の 実 態 とその 別 紙 2 三 菱 電 機 株 式 会 社 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 調 査 報 告 書 平 成 24 年 12 月 21 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 1 目 次 1. 三 菱 電 機 の 過 大 請 求 事 案 発 覚 から 特 別 調 査 に 至 るまでの 経 緯 2. 特 別 調 査 の 目 的 と 方 法 2.1 特 別 調 査 の 目 的

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて

連合「改正高年齢者雇用安定法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 改 正 法 案 は 2012 年 3 月 9 日 に 国 会 に 提 出 され 一 部 修 正 の 上 同 年 8 月 29

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135313132355F817995CA8E86817A8BC68A458270819582608169918D985F8F4390B3817B8A65985F816A2E646F6378> 平 成 27 年 12 月 平 成 26 年 改 正 保 険 業 法 (2 年 以 内 施 行 )に 関 するQ&A 本 Q&Aは 保 険 業 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 45 号 )に 基 づく 改 正 政 令 内 閣 府 令 および 保 険 会 社 向 けの 総 合 的 な 監 督 指 針 ( 以 下 監 督 指 針 )が 平 成 28 年 5

More information

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt

Microsoft PowerPoint - 070608訴訟状況.ppt 住 基 ネット 関 連 訴 訟 に 関 する 判 決 資 料 8 < 平 成 17 年 > 5 月 30 日 ( 月 ) 金 沢 地 裁 判 決 ( 一 部 敗 訴 ) 1 5 月 31 日 ( 火 ) 名 古 屋 地 裁 10 部 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) 2 10 月 14 日 ( 金 ) 福 岡 地 裁 判 決 ( 全 面 勝 訴 ) < 平 成 18 年 > 2 月 9 日 ( 木 )

More information

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて

連合「改正労働契約法」に関する取り組みについて 連 合 第 13 回 中 央 執 行 委 員 会 確 認 /2012.10.18(2012.11.26 改 訂 ) 連 合 改 正 労 働 契 約 法 に 関 する 取 り 組 みについて 1. 改 正 法 成 立 の 経 緯 改 正 労 働 契 約 法 が 2012 年 8 月 3 日 に 成 立 し 同 年 8 月 10 日 に 公 布 された 今 回 の 改 正 内 容 のうち いわゆる 雇

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

2. 発 注 契 約 Q1 預 け 金 (プール 金 )とはどのような 行 為 をいうのですか A1 消 耗 品 等 の 納 品 があったように 見 せかけて, 架 空 の 取 引 により 大 学 に 代 金 を 支 払 わせ 業 者 に 預 け 金 (プール 金 )として 管 理 させることを い

2. 発 注 契 約 Q1 預 け 金 (プール 金 )とはどのような 行 為 をいうのですか A1 消 耗 品 等 の 納 品 があったように 見 せかけて, 架 空 の 取 引 により 大 学 に 代 金 を 支 払 わせ 業 者 に 預 け 金 (プール 金 )として 管 理 させることを い よくある 質 問 (FAQ) 1. 予 算 管 理 ( 執 行 管 理 ) Q1 目 的 外 使 用 は 可 能 ですか A1 公 的 研 究 費 にはそれぞれ 目 的 があり 予 算 措 置 されています 補 助 金 については 補 助 金 適 正 化 法 の 適 用 を 受 け 交 付 目 的 以 外 の 他 の 用 途 への 使 用 が 禁 止 されています Q2 A2 予 算 を 翌 年 度

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

裁定書_富士市における医療施設等からの騒音・低周波音による健康被害原因裁定

裁定書_富士市における医療施設等からの騒音・低周波音による健康被害原因裁定 公 調 委 平 成 23 年 (ゲ) 第 8 号 富 士 市 における 医 療 施 設 等 からの 騒 音 低 周 波 音 による 健 康 被 害 原 因 裁 定 申 請 事 件 裁 定 静 岡 県 富 士 市 申 請 人 A 同 所 申 請 人 B 静 岡 県 富 士 市 被 申 請 人 株 式 会 社 a 同 代 表 者 代 表 取 締 役 C 静 岡 県 富 士 市 被 申 請 人 医 療 法

More information

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477>

<503993AD82AB82A982AF82F08EF382AF82BD8FEA8D8782CC93CD8F6F8B9E93738E738DC48F ED288CB978A939993CD8F6F8F B4B91A591E631338FF08AD68C57816A2D322E786477> 平 成 28 年 3 月 行 財 政 局 人 事 部 人 事 課 京 都 市 職 員 の 再 就 職 等 に 関 する 規 制 の 概 要... 2 改 正 地 方 公 務 員 法 及 び 京 都 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 概 要... 1 再 就 職 者 による 働 きかけの 規 制... 2 再 就 職 情 報 の 届 出 及 び 罰 則... 3 再 就 職 状

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208199935995748F9196CA8DEC90AC8AEE8F805F8E77906A5F5F95BD32312E30342E303190A792E85F2E646F63> 添 付 書 面 作 成 基 準 ( 指 針 ) 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 日 本 税 理 士 会 連 合 会 一 はじめに 税 理 士 の 使 命 は 税 理 士 法 第 1 条 に 規 定 する 独 立 した 公 正 な 立 場 において 国 民 の 納 税 義 務 の 適 正 な 実 現 を 図 ることであり この 使 命 に 沿 って 税 理 士 業 務 を 遂 行 することで

More information

平成15年度税制改正の概要

平成15年度税制改正の概要 [ 租 税 判 例 研 究 会 ] 小 規 模 宅 地 / 居 住 の 用 に 供 されていた 宅 地 の 意 義 / 生 活 の 拠 点 第 42 回 2011 年 ( 平 成 23 年 )12 月 2 日 発 表 中 島 孝 一 MJS 租 税 判 例 研 究 会 は 株 式 会 社 ミロク 情 報 サービスが 主 催 する 研 究 会 です MJS 租 税 判 例 研 究 会 についての 詳

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果

知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求監査結果 平 成 2 8 年 7 月 8 日 問 い 合 わ せ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 と し て そ の 使 用 に 要 し た 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 について 第 1 請 求 の 受 付 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山

More information

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等

枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 枚 方 市 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 報 告 書 ( 枚 方 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 給 付 金 返 還 差 止 に 係 る 住 民 監 査 請 求 ) 枚 方 市 監 査 委 員 枚 監 査 第 5 7 号 平 成 23 年 8 月 27 日 請 求 人 様 枚 方 市 監 査 委 員 監 査 委 員 監 査 委 員 勝 山 武 彦 岡 沢 龍 一 大 塚 光 央 枚

More information

<4D6963726F736F667420576F726420566965776572202D2089EF8C768AC48DB8906C82CC88D993AE8B7982D188EA8E9E89EF8C768AC48DB8906C82CC914994432E646F63>

<4D6963726F736F667420576F726420566965776572202D2089EF8C768AC48DB8906C82CC88D993AE8B7982D188EA8E9E89EF8C768AC48DB8906C82CC914994432E646F63> 各 位 平 成 22 年 6 月 14 日 会 社 名 日 本 風 力 開 発 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 塚 脇 正 幸 (コード 番 号 2766 東 証 マザーズ) 問 合 せ 先 取 締 役 常 務 執 行 役 員 小 田 耕 太 郎 (TEL.03-3519-7250) 会 計 監 査 人 の 異 動 及 び 一 時 会 計 監 査 人 の 選 任 に 関

More information

るほか 全 日 本 鉄 道 労 働 組 合 総 連 合 会 ( 昭 和 62 年 2 月 結 成 同 年 11 月 当 時 組 合 員 約 130,000 名 以 下 鉄 道 労 連 という ) 所 属 の 東 日 本 旅 客 鉄 道 労 働 組 合 ( 昭 和 62 年 8 月 結 成 同 年 1

るほか 全 日 本 鉄 道 労 働 組 合 総 連 合 会 ( 昭 和 62 年 2 月 結 成 同 年 11 月 当 時 組 合 員 約 130,000 名 以 下 鉄 道 労 連 という ) 所 属 の 東 日 本 旅 客 鉄 道 労 働 組 合 ( 昭 和 62 年 8 月 結 成 同 年 1 命 令 書 再 審 査 申 立 人 東 日 本 旅 客 鉄 道 株 式 会 社 再 審 査 被 申 立 人 国 鉄 労 働 組 合 東 京 地 方 本 部 再 審 査 被 申 立 人 国 鉄 労 働 組 合 東 京 地 方 本 部 八 王 子 支 部 再 審 査 被 申 立 人 国 鉄 労 働 組 合 東 京 地 方 本 部 八 王 子 支 部 新 宿 車 掌 区 分 会 主 本 件 再 審 査 申

More information

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc

Microsoft Word - 20年度(行個)答申第2号.doc 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 19 年 4 月 18 日 ( 平 成 19 年 ( 行 個 ) 諮 問 第 21 号 ) 答 申 日 : 平 成 20 年 4 月 21 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 個 ) 答 申 第 2 号 ) 事 件 名 : 特 定 被 相 続 人 に 係 る 相 続 税 申 告 書 の 不 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室

22 号 室 楽 屋 2 号 号 室 楽 屋 3 号 号 室 楽 屋 5 号 号 室 楽 屋 6 号 24,15 33 号 室 ホワイエ 号 室 和 室 江 別 市 民 会 館 指 定 管 理 者 の 仕 様 書 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 江 別 市 民 会 館 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 履 行 方 法 について 定 めることを 目 的 と する 2 江 別 市 民 会 館

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則

新聞業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約及び施行規則 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 に 関 する 公 正 競 争 規 約 及 び 施 行 規 則 公 正 競 争 規 約 第 1 章 総 則 第 1 章 景 品 類 提 供 の 範 囲 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 と いう )は 新 聞 業 における 景 品 類 の 提 供 に 関 する 事 項 の 制 限 ( 平 成 10 年

More information

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の

法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 を 確 保 するため, 特 定 事 業 者 による 消 費 税 の 転 嫁 拒 否 等 の 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正 な 転 嫁 の 確 保 のための 消 費 税 の 転 嫁 を 阻 害 する 行 為 の 是 正 等 に 関 す る 特 別 措 置 法 及 びガイドライン 等 について 法 律 の 目 的 及 び 概 要 1. 目 的 平 成 26 年 4 月 及 び 平 成 29 年 4 月 の 消 費 税 率 の 引 上 げに 際 し, 消 費 税 の 円 滑 かつ 適 正

More information

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ

親 族 には 限 られないが 同 居 とは 法 第 5 条 第 5 項 の 同 居 の 親 族 と 同 じ 概 念 で ある 具 体 的 には 同 一 の 家 屋 であっても 中 が 壁 等 で 仕 切 られており 家 計 炊 事 等 を 一 切 別 個 にしていて 全 くの 別 世 帯 とみなされ 大 通 達 甲 ( 生 企 ) 第 4 号 平 成 2 1 年 5 月 2 9 日 本 部 例 規 (1 年 ) 簿 冊 名 学 校 署 例 規 本 部 1 年 保 存 期 間 学 校 署 常 用 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 殿 各 警 察 署 長 生 活 安 全 部 長 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 法 第 29 条 の 規 定 による 公 安 委 員 会 に 対

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089EF323031352E36338D862D915390C28E6988D38CA98F9188C481698C9B964088CF88F589EF816A81798A6D92E894C5817A2E646F63> 全 青 司 2015 年 度 会 発 第 63 号 内 閣 総 理 大 臣 安 倍 晋 三 殿 国 土 交 通 大 臣 石 井 啓 一 殿 防 衛 大 臣 中 谷 元 殿 2015 年 11 月 26 日 全 国 青 年 司 法 書 士 協 議 会 会 長 石 橋 修 東 京 都 新 宿 区 四 谷 2 丁 目 8 番 地 岡 本 ビル 505 号 TEL03-3359-3513 FAX03-3359-3527

More information

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果

「知事専用車の使用を違法・不当としてその使用に要した経費の返還を求める住民監査請求(その2)監査結果 平 成 28 年 7 月 15 日 問 い 合 わせ 先 監 査 事 務 局 監 査 事 務 局 総 務 課 電 話 03-5320-7011 知 事 専 用 車 の 使 用 を 違 法 不 当 としてその 使 用 に 要 した 経 費 の 返 還 を 求 める 住 民 監 査 請 求 (その2) 監 査 結 果 について 東 京 都 監 査 委 員 同 同 同 同 山 加 朱 美 吉 倉 正 美

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

監査の結果

監査の結果 柳 川 市 監 査 委 員 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 第 199 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 により 定 期 監 査 を 実 施 したの で 同 条 第 9 項 の 規 定 により その 結 果 を 公 表 します 平 成 28 年 4 月 28 日 柳 川 市 監 査 委 員 松 藤 博 明 柳 川 市 監 査 委 員 近 藤 末 治 平 成 27 年 度 (3

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc)

(Microsoft Word - \221\275\223c\215_\210\352\230Y.doc) 宝 監 第 104 号 平 成 22 年 2 月 17 日 請 求 人 様 宝 塚 市 監 査 委 員 同 同 村 野 一 郎 井 上 芳 治 伊 福 義 治 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について 平 成 21 年 12 月 25 日 付 けで 提 出 のありました 住 民 監 査 請 求 について 地 方 自 治 法 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関

発 意 による 調 査 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 調 査 の 趣 旨 ( 要 約 ) 札 幌 市 オブズマ 相 澤 重 明 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 については 持 分 に 関 Ⅲ オブズマの 発 意 による 調 査 ( 平 成 25 年 度 ) 1 固 定 資 産 の 所 有 者 が 共 有 である 場 合 の 納 税 通 知 書 の 送 付 方 法 共 有 物 件 の 固 定 資 産 税 等 については 持 分 に 関 係 なく 共 有 者 全 員 が 連 帯 納 税 義 務 を 負 っていますが 札 幌 市 の 場 合 共 有 代 表 者 のみに 納 税 通 知 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817990B3817A8E9096E291E63138358D86939A905C> 静 情 審 第 6 3 号 平 成 26 年 3 月 24 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 25 年 11 月 7 日 付 け 静 空 総 第 141 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

平成年月日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官

平成年月日判決言渡 同日原本領収 裁判所書記官 主 文 1 被 告 は, 原 告 に 対 し,7 万 円 を 支 払 え 2 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 3 訴 訟 費 用 は,これを7 分 し,その1を 被 告 の,その 余 を 原 告 の 各 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 被 告 は, 原 告 に 対 し,50 万 円 を 支 払 え 第 2 事 案 の 概 要 1 本 件 は, 原 告 が,

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

第1 政務調査費の交付

第1 政務調査費の交付 平 成 25 年 3 月 愛 媛 県 議 会 政 務 活 動 費 のマニュアル 本 マニュアルは 各 議 員 が 政 務 活 動 費 に 係 る 請 求 交 付 充 当 収 支 報 告 書 等 の 提 出 などの 一 連 の 手 続 きを 進 める 際 の 参 考 資 料 である 愛 媛 県 政 務 活 動 費 の 交 付 に 関 する 条 例 が 平 成 24 年 12 月 に 改 正 25 年

More information

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料

第93回行政苦情救済推進会議 付議資料 1 審 議 案 件 (1) 児 童 扶 養 手 当 に 係 る 申 請 を 行 う 際 の 扶 養 親 族 等 の 人 数 の 認 定 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 児 童 扶 養 手 当 は 児 童 扶 養 手 当 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 238 号 ) 第 9 条 第 1 項 において 受 給 資 格 者 の 前 年 の 所 得 (1 月 から6 月 までの 間 に

More information

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3

6F0C56DFB43BCDF749256C4400256D3 平 成 14 年 (ワ) 第 1157 号 出 版 差 止 等 請 求 事 件 口 頭 弁 論 終 結 日 平 成 14 年 5 月 15 日 判 決 原 告 A 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 武 田 博 孝 同 長 島 亘 被 告 株 式 会 社 ポプラ 社 被 告 B 被 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 蜂 須 優 二 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規

(1) 事 実 の 認 定 について 1 地 方 自 治 法 第 92 条 の2 及 び 公 職 選 挙 法 第 104 条 の 解 釈 について 慎 重 に 審 査 を 行 うため まず 地 方 自 治 法 第 92 条 の2や 公 職 選 挙 法 第 104 条 に 定 める 兼 業 禁 止 規 平 成 23 年 7 月 22 日 関 係 各 位 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 委 員 長 大 西 勝 彦 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )の 概 要 について 下 記 のとおり 大 府 市 議 会 議 員 政 治 倫 理 委 員 会 ( 平 成 23 年 第 9 回 )を 開 催 しましたので その 議 事 の 概 要 について 御 報

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E162809\221\345\215\343\222nH24\201i\215s\203E\201j17.doc) 平 成 25 年 7 月 5 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 17 号 加 給 年 金 額 対 象 者 不 該 当 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 厚 生 労 働 大 臣 が 原 告 に 対 し 平 成 22 年 6 月 16 日 付 けでしたAを 老 齢 厚 生 年 金 加 給 年 金 額 対 象 者 としない 旨 の 処 分 を 取 り 消 す 2 訴 訟 費

More information

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と

住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 請 求 の 受 付 1 請 求 の 受 付 日 平 成 25 年 10 月 15 日 2 請 求 人 ( 省 略 ) 3 請 求 の 趣 旨 ( 原 文 のまま 掲 載 ) 請 求 の 要 旨 阿 波 町 大 道 北 54 番 地 1 と 阿 波 市 監 査 委 員 公 告 第 4 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 の 結 果 を 公 表 します 平 成 25 年 12 月 12 日 阿 波 市 監 査 委 員 上 原 正 一 阿 波 市 監 査 委 員 中 野 修 一 阿 波 市 監 査 委 員 原

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF>

<5461726F2D3138303430358DC08AD48E7392B782A982E782CC8DC481588EBF> 問 1 キャンプ 座 間 への 米 陸 軍 新 司 令 部 の 移 転 は 世 界 的 な 米 軍 の 改 編 の 一 環 として 行 われ また 沖 縄 の 負 担 軽 減 も 含 む 日 米 再 編 協 議 の 中 で 統 合 任 務 可 能 な 作 戦 司 令 部 として 米 国 本 土 より 移 転 してくる 唯 一 の 基 地 であり ます このことは 機 能 強 化 として 認 められたところでありますが

More information

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088C9975C8E73965C97CD926394728F9C8FF097E18EBF8B5E899E939A8F578267826F8C668DDA97702E646F63> 伊 予 市 暴 力 団 排 除 条 例 質 疑 応 答 集 平 成 23 年 10 月 伊 予 市 総 務 部 総 務 課 目 次 総 論 問 1 本 条 例 の 概 要 は 1 問 2 本 条 例 を 制 定 する 目 的 は 1 問 3 本 条 例 の 特 徴 は 2 問 4 全 国 における 暴 力 団 情 勢 は 2 問 5 愛 媛 県 における 暴 力 団 情 勢 は 3 問 6 伊 予

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

祇園新橋歴史的建造物活用事業

祇園新橋歴史的建造物活用事業 1. 事 業 の 概 要 祇 園 は, 祇 園 社 をはじめとする 鴨 東 の 寺 社 や 鴨 川 に 接 して 開 け, 中 世 以 来, 風 雅 で 格 調 高 い 芸 能 や 庶 民 文 化 が 育 まれてきました そして, 江 戸 初 期 に 完 成 した 鴨 川 の 築 提 工 事 は 鴨 東 への 市 街 地 の 拡 大 と 遊 興 の 地 としての 祇 園 の 発 展 をさらにすすめることとな

More information

A最終報告書表紙・目次

A最終報告書表紙・目次 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 高 槻 市 目 次 1 はじめに 1 2 施 工 不 良 の 判 明 と 施 工 中 の 耐 震 改 修 工 事 への 対 応 1 3 高 槻 市 学 校 工 事 施 工 調 査 委 員 会 の 設 置 (1) 設 置 目 的 と 検 討 事 項 2 (2) 施 工 中 の 工 事 契 約 について 3 4 資 料 調

More information

Taro-外国人研修生意見書(弁連)

Taro-外国人研修生意見書(弁連) 外 国 人 研 修 技 能 実 習 制 度 の 法 改 正 に 対 する 意 見 書 2009 年 2 月 9 日 内 閣 総 理 大 臣 麻 生 太 郎 殿 法 務 大 臣 森 英 介 殿 外 務 大 臣 中 曽 根 弘 文 殿 厚 生 労 働 大 臣 舛 添 要 一 殿 経 済 産 業 大 臣 二 階 俊 博 殿 国 土 交 通 大 臣 金 子 一 義 殿 外 国 人 研 修 生 問 題 弁 護

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大 本 の 違 法 不 当 の 事 実 ( 対 象 者 ) 1 ********* 番 地 の

第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大 本 の 違 法 不 当 の 事 実 ( 対 象 者 ) 1 ********* 番 地 の 野 田 市 職 員 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 住 民 監 査 請 求 ( 地 方 自 治 法 第 242 条 ) 平 成 27 年 2 月 3 日 野 田 市 監 査 委 員 第 1 請 求 の 受 理 1 請 求 人 ( 省 略 ) 2 請 求 の 要 旨 ( 以 下 原 文 のまま 掲 載 ) 野 田 市 長 に 関 する 措 置 請 求 の 要 旨 請 求 の 要 旨 1 大

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

杉 並 区 職 員 措 置 請 求 監 査 結 果 ( 平 成 27 年 4 月 分 政 務 活 動 費 に 関 する 住 民 監 査 請 求 ) 平 成 28 年 7 月 杉 並 区 監 査 委 員 目 次 第 1 請 求 の 概 要 と 受 理 1 請 求 人 1 2 請 求 書 の 提 出 1 3 請 求 の 概 要 1 4 請 求 の 受 理 1 第 2 監 査 の 実 施 1 証 拠 の

More information

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思

行 政 解 釈 上 特 定 商 取 引 法 の 通 信 販 売 における 事 業 者 について 経 産 省 は 販 売 業 者 または 役 務 提 供 事 業 者 とは 販 売 または 役 務 の 提 供 を 業 として 営 む 者 の 意 味 で あり 業 として 営 む とは 営 利 の 意 思 第 4 章 電 子 商 取 引 (10 月 10 日 ) 1 授 業 のねらい 電 子 商 取 引 において 事 業 者 がどのような 事 柄 について 情 報 提 供 を 行 うべきであるか について 理 解 する 電 子 商 取 引 には どのような 法 令 が 適 用 されるのか? 事 業 者 はどの 範 囲 のものをさすのか ネットオークションで 私 人 が 出 品 する 場 合 はどう か?

More information

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書

新たな在留管理制度・外国人住民基本台帳制度に関する各市区町村に対するアンケート結果をふまえての意見書 2012 年 6 月 7 日 新 たな 在 留 管 理 制 度 外 国 人 住 民 基 本 台 帳 制 度 に 関 する 各 市 区 町 村 に 対 する アンケート 結 果 をふまえての 意 見 書 東 京 弁 護 士 会 会 長 斎 藤 義 房 当 会 は 本 年 7 月 9 日 に 予 定 されている 新 たな 在 留 管 理 制 度 ( 以 下 新 在 管 制 度 という) 及 び 外 国

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information