Copyright Mobile Computing Promotion Consortium (MCPC) 変 更 履 歴 日 付 Version 変 更 内 容 2014 年 10 月 8 日 1.00 Base version initial release. i

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Copyright 1997-2014 Mobile Computing Promotion Consortium (MCPC) 変 更 履 歴 日 付 Version 変 更 内 容 2014 年 10 月 8 日 1.00 Base version initial release. i"

Transcription

1 MCPC TR-021 USB 充 電 インタフェース 安 全 設 計 ガイドライン Version 年 10 月 8 日 モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム 技 術 委 員 会

2 Copyright Mobile Computing Promotion Consortium (MCPC) 変 更 履 歴 日 付 Version 変 更 内 容 2014 年 10 月 8 日 1.00 Base version initial release. i

3 ドキュメント 発 行 者 および 著 作 権 者 : 東 京 都 港 区 芝 公 園 長 谷 川 グリーンビル モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム (MCPC) 電 話 : FAX: WEB SITE: 機 密 保 持 について: MCPC 会 則 IP Policyを 遵 守 する 免 責 について: 本 ドキュメントはモバイルコンピューティングに 関 する 標 準 仕 様 推 奨 仕 様 などを 提 供 するもので モバイル コンピューティング 推 進 コンソーシアム( 以 下 MCPCとする)は 本 ドキュメントを 使 用 した 結 果 発 生 した 損 害 第 三 者 の 特 許 またはその 他 の 権 利 の 侵 害 に 対 して 一 切 の 責 任 を 負 わない また 本 ドキュメントは MCPC または 第 三 者 が 保 持 するいかなる 権 利 のライセンスを 許 諾 するものではない 2 進 数 10 進 数 16 進 数 の 表 記 方 法 : 2 進 数 は 小 文 字 b を 付 加 する ( 例 :10b) 2 進 数 4 桁 以 上 は4 桁 ごとにスペースで 区 切 る ( 例 : b) 16 進 数 は 小 文 字 h を 付 加 する ( 例 :FFFFh and 80h) その 他 の 数 字 表 記 は10 進 数 とする キーワード することができる 推 奨 または 要 求 に 自 由 な 選 択 肢 を 示 す してもよい (may) すべきである 必 須 ではないが 強 い 推 奨 を 示 す 実 施 の 際 必 須 ではないが 考 慮 すべき (should) しなければならない 必 須 要 求 を 示 す 接 続 性 仕 様 準 拠 のために 必 ず 実 施 しなければならない (shall) アプリケーションノート ドキュメントに 実 施 例 を 記 載 する 場 合 は 下 記 の 通 り 記 載 すること: アプリケーションノート: 実 施 例 記 入 ii

4 Table of Contents 1. はじめに USB 充 電 で 発 生 する 事 故 例 USB 充 電 機 能 概 要 USB 充 電 が 行 われる 環 境 と 本 書 のサポート 範 囲 USB 充 電 インタフェース 仕 様 概 要 USB 充 電 安 全 設 計 仕 様 電 源 入 出 力 パラメータ USB 充 電 安 全 設 計 パラメータ 一 覧 電 源 入 出 力 パラメータ 充 電 機 器 の 安 全 性 の 規 定 被 充 電 機 器 の 規 定 USB 充 電 インタフェースを 設 計 する 時 の 注 意 点 ACアダプタ 要 件 モバイルバッテリ 要 件... 8 Appendix A. 標 準 仕 様 など 参 照 文 献 (Normative)... 9 Appendix B. 充 電 端 子 間 ハーフショートエラーと 対 策 例 Appendix C. 関 連 仕 様 ( 本 版 では 対 象 外 ) iii

5 Table of Figures 図 3-1 USB 充 電 関 連 機 器 例 と 本 版 での 適 用 範 囲... 2 図 3-2 充 電 機 器 と 被 充 電 機 器... 2 iv

6 Copyright Mobile Computing Promotion Consortium (MCPC) 1. はじめに USBインタフェースが 多 くの 機 器 で 充 電 インタフェースとして 使 用 され 特 にMicro USBインタフェースは スマート フォンなどに 広 く 普 及 している これに 伴 い 安 全 性 の 考 慮 が 不 足 している 充 電 機 器 との 接 続 や 利 用 者 の 使 い 方 起 因 により 充 電 端 子 の 焼 損 や 発 熱 などの 事 例 も 散 見 されるようになった 本 仕 様 書 は Micro USBインタフェースにおける 充 電 に 関 する 安 全 性 向 上 充 電 端 子 の 焼 損 や 発 熱 の 抑 制 を 目 的 に 充 電 機 器 及 び スマートフォンなどの 被 充 電 機 器 に 対 する 要 求 を 規 定 する 本 仕 様 書 は 上 記 目 的 を 達 成 するためのベースラインと 位 置 づけることとし 本 仕 様 書 発 行 後 は 認 証 を 目 的 とした 試 験 仕 様 の 策 定 や 利 用 者 に 正 しい 充 電 方 法 等 を 訴 求 するガイドライン 策 定 を 予 定 する 2. USB 充 電 で 発 生 する 事 故 例 USB 充 電 で 発 生 する 事 故 事 例 を 記 載 する 本 仕 様 書 は このような 事 故 を 抑 制 することが 目 的 である 1 充 電 端 子 のハーフショート コネクタ 端 子 に 導 電 性 異 物 ( 金 属 や 水 分 )が 付 着 したり それによる 金 属 の 腐 食 が 要 因 となりコ ネクタ 端 子 間 やコネクタ 端 子 とコネクタシェル 間 が 半 通 電 状 態 となり それに 伴 う 電 流 により 発 熱 や 焼 損 となる 可 能 性 がある なお 本 書 では Micro USB コネクタの 電 源 関 連 (Vbus,GND) 端 子 及 びコネクタシェルを 含 めて 充 電 端 子 と 表 記 する 2 Micro USB コネクタの 変 形 による 端 子 のショート コネクタの 取 り 扱 い 不 良 などにより コネクタ 端 子 やコネクタ 本 体 を 変 形 させショートに 至 る 充 電 機 器 にショート 保 護 機 能 が 実 装 されていない 場 合 は 発 熱 や 焼 損 となる 可 能 性 がある 3 指 定 外 充 電 機 器 の 利 用 や 被 充 電 機 器 の 接 続 充 電 機 器 と 被 充 電 機 器 は 双 方 の 電 気 的 仕 様 が 一 致 する 必 要 があり 充 電 ケーブルは 充 電 機 器 と 被 充 電 機 器 が 指 定 するものを 利 用 する 必 要 がある 指 定 外 の 充 電 機 器 やケーブルの 利 用 は 電 気 的 不 一 致 や 絶 縁 不 良 によるショート 及 び ケーブ ル 自 体 のインピーダンスにより 発 熱 や 焼 損 となる 可 能 性 がある 4 過 電 流 / 過 電 圧 保 護 機 能 が 実 装 されていない 充 電 機 器 の 接 続 過 電 流 / 過 電 圧 保 護 機 能 が 実 装 されていない 充 電 機 器 での 充 電 は 充 電 機 器 の 能 力 以 上 の 電 流 が 流 れることにより 発 熱 や 焼 損 となる 可 能 性 がある 1

7 3. USB 充 電 機 能 概 要 3.1 USB 充 電 が 行 われる 環 境 と 本 書 のサポート 範 囲 USBインタフェースは PC 等 のホスト 機 器 と 外 部 機 器 をケーブルで 接 続 してデータ 通 信 を 行 う 事 を 目 的 として USB Implementers Forumが 開 発 した 仕 様 である 外 部 電 源 を 持 たない 小 型 の 外 部 機 器 も 接 続 できるようにする ために 通 信 信 号 の 他 に 電 源 も 供 給 しているのが 特 徴 である その 後 USBインタフェースがPCに 広 く 浸 透 してきた 事 により 通 信 インタフェースとしてのみならず 電 力 供 給 イ ンタフェースとしても 注 目 されるようになり 携 帯 電 話 やスマートフォンを 始 めとした 小 型 機 器 では 共 通 の 電 源 インタ フェースとしても 認 識 されてきている またUSBインタフェースを 搭 載 した 被 充 電 機 器 に 電 力 を 供 給 する 給 電 デバイスも 使 用 場 所 や 目 的 により 多 様 な ものが 出 てきている その 中 から 本 書 では 本 書 出 版 時 点 で 使 用 頻 度 が 高 いと 思 われる 環 境 について 考 察 を 行 う またUSB 充 電 仕 様 についても 本 書 出 版 時 点 で 市 場 に 浸 透 しているUSB Implementers ForumのBattery Charging Ver1.2を 前 提 とする 図 3-1 USB 充 電 関 連 機 器 例 と 本 版 での 適 用 範 囲 図 3-2 充 電 機 器 と 被 充 電 機 器 2

8 3.2 USB 充 電 インタフェース 仕 様 概 要 (1)ACアダプタからの 充 電 : 参 照 仕 様 書 [BC1.2] デディケーテッドチャージングポート(Dedicated charging port 以 降 DCP)は 通 信 をまったく 行 わない 充 電 専 用 の ポートである ACアダプタなどホストとエニュメレーションを 行 わない 電 源 について 規 定 される 被 充 電 機 器 はDCPから 最 大 1.5Aの 受 電 が 可 能 であり D+とD- 端 子 の 短 絡 によって 識 別 される 3

9 4. USB 充 電 安 全 設 計 仕 様 4.1 電 源 入 出 力 パラメータ 本 パラメータは 充 電 機 器 に 対 する 基 本 的 な 電 気 的 条 件 を 規 定 する 直 接 充 電 に 対 する 安 全 性 を 向 上 させるパラメータではないが 基 本 的 な 設 計 指 針 として 規 定 する (1) 電 源 装 置 パラメータ ここでは AC アダプタを 前 提 に 直 流 電 源 装 置 としてのパラメータについて 規 定 する 直 流 電 源 装 置 としてのパラメータについては 電 気 用 品 安 全 法 の 規 定 に 適 合 していることが 前 提 である 本 書 ではより 安 全 / 安 定 して 動 作 させるための 奨 励 動 作 環 境 を 記 載 している (2)USB 出 力 パラメータ 被 充 電 機 器 側 への USB 出 力 に 対 するパラメータについて 規 定 する DCP を 基 本 とするが 本 書 ではより 安 全 / 安 定 して 動 作 させる 為 の 推 奨 仕 様 を 記 載 している 4

10 5. USB 充 電 安 全 設 計 パラメータ 一 覧 5.1 電 源 入 出 力 パラメータ No. 項 目 仕 様 参 照 / 照 会 元 仕 様 / 備 考 1 定 格 入 力 電 圧 ACアダプタ AC100V/240V [ 電 安 法 ] ACアダプタ 以 外 の 充 電 機 器 は 用 途 旅 行 者 利 用 での 故 障 を 想 定 して により 接 続 先 の 要 求 に 従 うこと 240V まで 対 応 とする 2 動 作 入 力 電 圧 範 囲 動 作 保 証 できる 電 圧 範 囲 を 以 下 の 通 り 規 定 する ACアダプタ 90V~264V ACアダプタ 以 外 の 充 電 機 器 は 用 途 により 接 続 先 の 要 求 から±10%のマー ジンを 持 つこと 3 定 格 周 波 数 50/60Hz [ 電 安 法 ] 4 定 格 出 力 電 圧 定 格 出 力 電 流 までの 電 流 範 囲 におい て 出 力 端 (*)にて5V±5% (*) 出 力 端 は 以 下 のように 定 義 する 1. 充 電 機 器 とケーブルが 一 体 となって おり ケーブルの 脱 着 が 不 可 能 な 場 合 はケーブル 端 (マイクロBコネクタ 端 ) 2. 充 電 機 器 とケーブルは 分 離 できる が 充 電 機 器 とケーブルを 接 続 するコ ネクタがUSBコネクタ(タイプA) 以 外 の 場 合 はケーブル 端 (マイクロBコネクタ 端 ) 3. 充 電 機 器 にUSBコネクタ(タイプA)が 実 装 されており ケーブルを 同 梱 しない 場 合 は 充 電 機 器 のコネクタ 端 (タイプA 端 ) 4. 充 電 機 器 にUSBコネクタ(タイプA)が 実 装 されており ケーブルを 同 梱 してい る 場 合 はそのケーブル 端 (マイクロBコ ネクタ 端 ) 5 定 格 出 力 電 流 定 格 表 示 された 定 格 電 流 が 出 力 できる こと 5

11 6 負 荷 変 動 時 の 出 力 電 圧 オーバーシュー ト 7 負 荷 変 動 時 の 出 力 電 圧 アンダーシュー ト 無 負 荷 ~ 定 格 負 荷 の 範 囲 における 負 荷 変 更 環 境 で6.0Vmaxとすること 無 負 荷 ~ 定 格 負 荷 の 範 囲 における 下 記 の 負 荷 変 更 環 境 で4.1V 以 上 とするこ と I DCP_LOW ~I DCP_MID の 範 囲 I DCP_MID ~I DCP_HI の 範 囲 なお I DCP_LOW =0~30mA I DCP_MID =30~100mA I DCP_HI =100mA~ 定 格 負 荷 [BC1.2] Section4.1.1 (VCHG_OVRSHT=6.0V) [BC1.2] Section4.4.2 (VCHG_UNDSHT=4.1V) 5.2 充 電 機 器 の 安 全 性 の 規 定 No. 項 目 仕 様 案 参 照 / 照 会 元 仕 様 8 絶 縁 抵 抗 3MΩ 以 上 [ 電 安 法 ] 9 正 常 動 作 中 にユーザが 触 れる 事 が 出 来 る 部 分 の 温 度 上 昇 充 電 機 器 本 体 の 表 面 温 度 は 70 以 下 と すること ( 周 辺 温 度 30 にて 温 度 上 昇 ΔT=40deg 以 下 ) [ 電 安 法 ] 10 漏 洩 電 流 IEC の 測 定 回 路 を 用 いて 250μA 以 下 とする [ ] 11 火 災 の 防 止 充 電 機 器 を 構 成 する 素 材 ( 筐 体 ケーブ ル コネクタなど)において IEC/UL (UL )Body,Bush-V1 以 上 Cable-VW1 以 上 の 難 燃 グレードを 有 する こと 12 雷 サージ IEC 準 拠 とする [ ] 13 充 電 端 子 間 のハーフシ ョート 保 護 充 電 端 子 間 に 微 小 な 抵 抗 が 発 生 した 場 合 においても 発 煙 発 火 などが 発 生 しな いように 保 護 機 能 を 設 けること 対 策 例 は Appendix B.1 参 照 6

12 14 熱 こもりの 安 全 性 確 保 熱 を 篭 らせた 場 合 においても 不 安 全 とな らないこと 15 過 電 圧 保 護 無 負 荷 ~ 定 格 負 荷 の 範 囲 において 9V を 超 えないこと [BC1.2] Section4.1.5 (VCHG_FAIL=9.0V) 定 格 出 力 電 圧 が 4 項 に 相 当 する 充 電 器 に 対 しての 規 定 16 過 電 流 保 護 過 電 流 保 護 を 設 けること 過 電 流 保 護 は 定 格 出 力 電 流 の+30% 以 下 で 保 護 されることが 望 ましい 17 出 力 短 絡 保 護 出 力 短 絡 保 護 を 設 けること 18 ケーブル 充 電 専 用 ケーブルはプラグシェルを 直 流 的 に 接 地 しない 構 造 とすること 5.3 被 充 電 機 器 の 規 定 No. 項 目 仕 様 案 参 照 / 照 会 元 仕 様 19 充 電 端 子 間 のハーフシ ョート 保 護 充 電 端 子 間 に 微 小 な 抵 抗 が 発 生 した 場 合 においても 発 煙 発 火 などが 発 生 しない 様 保 護 機 能 を 設 けること 対 策 例 は Appendix B.2 参 照 20 充 電 端 子 の 腐 食 リスク の 回 避 充 電 機 器 等 の 接 続 が 無 い 場 合 は レセプタ クルの Vbus 端 子 に 回 路 電 圧 をかけないこ と 7

13 6. USB 充 電 インタフェースを 設 計 する 時 の 注 意 点 6.1 ACアダプタ 要 件 5 章 で 定 義 したパラメータのうち ACアダプタの 設 計 時 に 参 照 する 項 目 は 以 下 の 通 りである 5.1 章 項 目 1~7 ( 全 項 目 ) 5.2 章 項 目 8~18( 全 項 目 ) 6.2 モバイルバッテリ 要 件 5 章 で 定 義 したパラメータのうち モバイルバッテリ 設 計 時 に 参 照 する 項 目 は 以 下 の 通 りである 5.1 章 項 目 4~7 5.2 章 項 目 9,11,13~18 8

14 Appendix A. 標 準 仕 様 など 参 照 文 献 (Normative) [ ] IEC Information technology equipment Safety Part 1: General requirements [ ] IEC Electromagnetic compatibility (EMC) Part 4-5: Testing and measurement techniques Surge immunity test [BC1.2] Battery Charging Specification Revision 1.2 by USB Implementers Forum [USB2.0] Universal Serial Bus Specification Revision 2.0 by USB Implementers Forum [USB3.1] Universal Serial Bus Specification Revision 3.1 by USB Implementers Forum [ 電 安 法 ] 電 気 用 品 安 全 法 9

15 Appendix B. 充 電 端 子 間 ハーフショートエラーと 対 策 例 B.1 充 電 機 器 での 対 策 例 充 電 機 器 はコネクタ 先 端 等 で 焼 損 火 傷 の 危 険 が 伴 う 異 常 発 熱 を 防 止 するために 温 度 保 護 機 能 を 設 ける こと 充 電 機 器 は 充 電 端 子 間 のハーフショート 発 生 時 にも 電 気 特 性 的 に 異 常 発 熱 を 回 避 する 回 路 特 性 とすること 参 考 例 垂 下 特 性 の 終 端 電 圧 を 十 分 に 大 きくする もしくは 垂 下 特 性 を 無 しとする ショート 保 護 に 入 ってからの 自 動 復 帰 (オートリスタート)のパルス 周 期 を 十 分 に 長 くする もしくは 自 動 復 帰 なしとする B.2 被 充 電 機 器 での 対 策 例 被 充 電 機 器 にて 以 下 の 対 策 例 1あるいは 対 策 例 2を 実 施 し かつ 本 書 に 準 拠 した 充 電 器 を 使 用 すること により 充 電 端 子 間 ( 特 にコネクタの 電 源 関 連 端 子 とコネクタシェル 間 )に 微 小 な 抵 抗 が 発 生 した 場 合 において も 発 煙 発 火 等 の 発 生 を 防 止 することが 可 能 になる 対 策 例 1 被 充 電 機 器 のMicro USBコネクタ(レセプタクル)の 導 電 性 コネクタシェルを 基 板 のGNDに 直 接 接 地 せずに コネクタシェルと 基 板 GND 電 極 の 間 にコンデンサを 実 装 する 但 し USBデータ 通 信 への 影 響 を 考 慮 して 容 量 値 を 決 めることが 望 ましい 対 策 例 2 被 充 電 機 器 のMicro USBコネクタ(レセプタクル)の 導 電 性 コネクタシェルを 基 板 のGNDに 直 接 接 地 せずに コネクタシェルと 基 板 GND 電 極 の 間 に 正 の 温 度 係 数 を 有 するPTC(Positive Temperature Coefficient)サー ミスタを 実 装 する 10

16 Appendix C. 関 連 仕 様 ( 本 版 では 対 象 外 ) これらについては 本 書 の 将 来 の 改 版 時 に 検 討 を 行 う 予 定 である (1)USB 通 信 を 行 いながらのPC 本 体 ポート/ USB-HUBから 充 電 する 場 合 参 照 仕 様 書 [USB2.0] / [USB3.1] / [BC1.2] スタンダードダウンストリームポート(Standard downstream port 以 降 SDP)は USBホストとデバイス 間 でデータ 通 信 と 給 電 が 同 時 に 実 行 できる 動 作 モードと 供 給 できる 最 大 電 流 は 以 下 のように 定 義 されている USBホストが 設 定 した 動 作 モード USB2.0 ローパワー 動 作 (Full Speed / High Speed) USB2.0 ハイパワー 動 作 (Full Speed / High Speed) USB3.xローパワー 動 作 (SuperSpeed / SuperSpeed Plus) USB3.xハイパワー 動 作 (SuperSpeed / SuperSpeed Plus) 上 流 ポートから 吸 入 可 能 な 最 大 電 流 参 照 仕 様 備 考 100mA [USB2.0] 上 流 ポートがバスパワーハブ の 場 合 500mA [USB2.0] 上 流 ポートがセルフパワーハブ 又 はルートポートの 場 合 150mA [USB3.1] 上 流 ポートがバスパワーハブ の 場 合 900mA [USB3.1] 上 流 ポートがセルフパワーハブ 又 はルートポートの 場 合 SDP モードで 被 充 電 機 器 が 受 電 可 能 な 電 流 値 (2)USB 通 信 を 伴 わないPC 本 体 ポート/ USB-HUBからの 充 電 : 参 照 仕 様 書 [BC1.2] チャージングダウンストリームポート(Charging downstream port 以 降 CDP) は パソコンなどのホストからSDP より 大 きな 電 流 を 扱 える CDPは 最 大 1.5Aを 供 給 可 能 で エニュメレーションの 前 にこの 電 流 を 供 給 可 能 である CDPは D+およびD-ラインの 操 作 と 監 視 によって 実 装 されるハードウェアのハンドシェイクを 使 用 してCDPを 認 識 することができる 11

17 (3) 本 版 発 行 時 点 での 新 充 電 インタフェース: USBインタフェースからの 充 電 仕 様 については より 急 速 な 充 電 を 可 能 にする 機 能 や 充 電 ステータスをモニタす る 機 能 等 の 追 加 が 行 われており 順 次 公 開 されている 本 版 出 版 時 に 公 開 されている 仕 様 の 例 を 以 下 に 示 す 仕 様 名 Universal Serial Bus Power Delivery Specification Revision 2.0, V1.0 Universal Serial Bus Type-C Cable and Connector Specification Revision 1.0 仕 様 概 要 USB Implementers Forum 発 行 Vbus 電 圧 変 更 によるUSBインタフェースへの 供 給 電 力 増 加 と 充 電 ステータスモニタ 他 USB Implementers Forum 発 行 USB 新 コネクタ USBインタフェースへの 供 給 電 力 増 加 本 版 出 版 時 点 で 公 開 されている 新 USB 充 電 インタフェース 仕 様 12

Bulletin 2553A-01JA 2553A プレシジョンDCキャリブレータ

Bulletin 2553A-01JA   2553A プレシジョンDCキャリブレータ Each click of a dial opens a doorway to precision. 桁 ごとの 設 定 ダ イ ヤ ル に よる 直 観 的 な 操 作 性 プレシジョンDCキャリブレータ 高 確 度 高 安 定 低 ノイズ 出 力 さまざまな 温 度 校 正 に 対 応 (熱 電 対 測 温 抵 抗 体 ユーザー 定 義 温 度 校 正 対 応 ) 小 型 軽 量 www.yokogawa.com/jp-ymi/

More information

Microsoft PowerPoint - 20131125講演資料(宮崎)_配布資料.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 20131125講演資料(宮崎)_配布資料.ppt [互換モード] 企 業 におけるスマホ タブレット 利 用 動 向 とBYOD BYODの 実 態 2013 年 11 月 22 日 スマートモバイル 活 用 委 員 会 調 査 WG 主 査 三 菱 総 合 研 究 所 経 営 コンサルティング 本 部 宮 崎 要 Copyright Mobile Computing Promotion Consortium. All rights reserved. MCPCの

More information

Microsoft Word - CIPA_DC-005_Whitepaper_JPN_051031.doc

Microsoft Word - CIPA_DC-005_Whitepaper_JPN_051031.doc Standard of the Camera & Imaging Products Association White Paper of CA DC-005-2005 Picture Transfer Protocol over / networks (Japanese) 8. November. 2005 Published by Camera & Imaging Products Association

More information

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2)

44 4 I (1) ( ) (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) (1) I 44 II 45 III 47 IV 52 44 4 I (1) ( ) 1945 8 9 (10 15 ) ( 17 ) ( 3 1 ) (2) 45 II 1 (3) 511 ( 451 1 ) ( ) 365 1 2 512 1 2 365 1 2 363 2 ( ) 3 ( ) ( 451 2 ( 314 1 ) ( 339 1 4 ) 337 2 3 ) 363 (4) 46

More information

i ii i iii iv 1 3 3 10 14 17 17 18 22 23 28 29 31 36 37 39 40 43 48 59 70 75 75 77 90 95 102 107 109 110 118 125 128 130 132 134 48 43 43 51 52 61 61 64 62 124 70 58 3 10 17 29 78 82 85 102 95 109 iii

More information

T8200UD

T8200UD T8200UD 共 振 周 波 数 検 査 機 製 品 仕 様 書 Ver.1.04 平 成 25 年 08 月 20 日 第 1.04 版 販 売 元 株 式 会 社 テ ス ト ラ ム 製 造 元 株 式 会 社 V-SAT 年 月 日 版 作 成 者 説 明 2012 年 10 月 19 日 1.0 宮 田 新 規 作 成 2012 年 12 月 12 日 1.01 宮 田 機 能 仕 様 追

More information

Cisco Model DPC3008 DOCSIS 3.0 8x4 ケーブル モデム データ シート

Cisco Model DPC3008 DOCSIS 3.0 8x4 ケーブル モデム データ シート Cisco Model DPC3008 DOCSIS 3.0 8x4 ケーブル モデム Cisco Model DPC3008 DOCSIS 3.0 8x4 ケーブル モデム(DPC3008)は DOCSIS ブロードバンドのサービス プロバイダーに 高 速 な 双 方 向 データ サービスを 提 供 するた めのコスト 効 率 の 高 いソリューションを 提 供 します DPC3008 は 8 つのダウンストリーム

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8292B29467936497AC977D90A791CE8DF45F8EC08E7B977697CC288DC58F4994C529> 24JEITA- 知 基 安 第 190 号 平 成 25 年 3 月 1 日 一 般 社 団 法 人 電 子 情 報 技 術 産 業 協 会 EMC 委 員 会 委 員 長 柳 沢 孝 雄 高 調 波 電 流 抑 制 対 策 実 施 要 領 1. はじめに JEITA 会 員 各 社 が 製 造 または 販 売 する 製 品 ( 電 圧 300 V 以 下 の 商 用 電 源 系 統 に 接 続

More information

untitled

untitled Smart-UPS 1500RM SUA1500RMJ2UB - 1 - 1. Ver. 2005.6.29 1 HK - 2 - 2. APC APC UPS () 18 32 kg (40-70lb.) 10 (3. ) - 3 - 2 3 UPS UPS UPS AC UPS 1 OFF AC ON - 4 - APC ( APC ) 14 URL : http://www.apc.com/jp/

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

PC-AOA-01 ハードウェアマニュアル

PC-AOA-01 ハードウェアマニュアル Android Open Accessory-シリアル 変 換 ユニット Hardware Manual 1 版 ALPHA PROJECT ご 使 用 になる 前 に このたびは をお 買 い 上 げいただき 誠 にありがとうございます 本 製 品 をお 役 立 て 頂 くために このマニュアルを 十 分 お 読 みいただき 正 しくお 使 い 下 さい 今 後 共 弊 社 製 品 をご 愛 顧

More information

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください

1. 安 全 に 関 するご 注 意 この 製 品 は 産 業 機 器 に 使 用 する 電 子 除 湿 器 です 本 来 の 目 的 以 外 では 絶 対 に 使 用 しないでください ご 使 用 になる 前 に 安 全 に 関 するご 注 意 をよくお 読 みの 上 正 しくお 使 いください ( 電 子 除 湿 器 ) ODE-F110-AW ODE-F122-AW ODE-N103-AW ODE-N105-AW 取 扱 説 明 書 ご 使 用 になる 前 に 必 ずこの 取 扱 説 明 書 をよくお 読 みください いつも 側 に 置 いてお 使 いください 目 次 1. 安 全 に 関 するご 注 意 2 2. 各 部 の 名 称 3 3. 取 付 方 法 4 4. 配 線 6 5.

More information

AccessflÌfl—−ÇŠš1

AccessflÌfl—−ÇŠš1 ACCESS ACCESS i ii ACCESS iii iv ACCESS v vi ACCESS CONTENTS ACCESS CONTENTS ACCESS 1 ACCESS 1 2 ACCESS 3 1 4 ACCESS 5 1 6 ACCESS 7 1 8 9 ACCESS 10 1 ACCESS 11 1 12 ACCESS 13 1 14 ACCESS 15 1 v 16 ACCESS

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20836F835883588343836283602083418376838A8350815B835683878393836D815B836720323031312D31323235205B8CDD8AB78382815B83685D> 東 芝 半 導 体 アプリケーションノート バススイッチの 使 用 上 の 注 意 点 2011/12/25 株 式 会 社 東 芝 セミコンダクター&ストレージ 社 ディスクリート 半 導 体 事 業 部 Copyright 2010, Toshiba Corporation. バススイッチとは 機 械 スイッチ バススイッチ スイッチを 押 すと 信 号 伝 達 (オン) 入 出 力 スイッチ

More information

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的

アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 日 立 受 配 電 機 器 リニューアルの ご 提 案 アレスタの 電 気 的 特 性 劣 化 により 損 傷 し 貫 通 導 体 間 で 短 絡 に 至 ったと 推 定 モールドケースの 経 年 的 絶 縁 劣 化 により 取 付 け 板 を 介 し 短 絡 に 至 ったと 推 定 配 線 用 遮 断 器 油 入 変 圧 器 絶 縁 物 の 経 年 的 熱 劣 化 により 電 磁 機 械 力 に

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0)

DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル出力モジュール(6ES7132-6BH00-0BA0) DQ 16x24VDC/0,5A STデジタル 出 力 モ ジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) はじめに 文 書 へのご 案 内 1 SIMATIC ET 200SP DQ 16x24VDC/0,5A ST デジタル 出 力 モジュール (6ES7132-6BH00-0BA0) マニュアル 製 品 概 要 2 接 続 3 パラメータ 割 り 付 け/アドレ 4 ス 指 定 割 り 込

More information

Microsoft PowerPoint - MCM-16-002_紹介資料 ISPXTrack.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - MCM-16-002_紹介資料 ISPXTrack.ppt [互換モード] MCM-16-002 1 情 報 漏 洩 対 策 効 果 問 題 点 外 的 要 因 盗 難 紛 失 紛 失 時 の 内 部 データ パスワー ド 解 析 ウィルスの 侵 入 会 社 選 定 のUSBメモリを 貸 与 保 存 データの 暗 号 化 生 体 認 証 の 採 用 ウィルス 対 策 デバイス 制 御 安 全 面 で 最 善 をつくした 施 策 を 行 える 安 全 面 が 優 先 になり

More information

平 面 図 M2 ネジ 用 個 別 GND 接 続 オプション 全 ての 取 付 け 穴 破 線 :ブレイクアウトライン ディスプレイ 枠 取 付 用 穴 (GND) (GND) 図 面 1

平 面 図 M2 ネジ 用 個 別 GND 接 続 オプション 全 ての 取 付 け 穴 破 線 :ブレイクアウトライン ディスプレイ 枠 取 付 用 穴 (GND) (GND) 図 面 1 ダイコードフラットプリント 回 路 基 板 FL80_V2 (これは 最 終 版 ではありません 今 後 変 更 の 可 能 性 有 ) FL80 は 箱 や TUBE MOD といった DIY 型 電 子 タバコに 使 われる 電 子 回 路 基 板 です 1. サイズ 寸 法 および 位 置 以 下 の 製 図 はダイコード FL80 の 全 体 のサイズを 表 しています 基 板 にはいくつかの

More information

SSM6J511NU_J_20160105

SSM6J511NU_J_20160105 MOSFET シリコンPチャネルMOS 形 (U-MOS) SSM6J511NU SSM6J511NU 1. 用 途 パワーマネジメントスイッチ 用 2. 特 長 (1) 1.8 駆 動 です (2) オン 抵 抗 が 低 い R DS(ON) = 13.5 mω ( 最 大 ) (@ GS = -2.5 ) R DS(ON) = 10 mω ( 最 大 ) (@ GS = -4.5 ) 3. 外

More information

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS (

PPMC-3 測 定 精 度 1. 電 圧 :± 1% FS ( 注 )FS(フルスパン):200V 2. 電 流 :± 1% FS ( 注 )FS:5A CT 比 (5A(2 次 )CT の 場 合 ) 1A CT 比 (1A(2 次 )CT の 場 合 ) 3. 電 力 :± 1.5% FS ( 仕 様 書 交 流 電 力 モニタ(SD カードタイプ) AC POWER MONITOR PPMC-3 交 流 電 力 モニタは, 単 相 または 三 相 の 交 流 電 圧 交 流 電 流 を 測 定 して, 有 効 電 力 無 効 電 力, 積 算 電 力 積 算 無 効 電 力, 周 波 数, 力 率 を 演 算 し, 表 示 と 測 定 データの 保 存 をします 電 圧 は 直 接 または

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 商 仕 様 書 1 本 仕 様 書 適 用 一 覧 表 1. 型 式 商 WK4603Q WK4603W WK4603B 1-1 定 格 15 A 125 V 1-2 適 合 法 規 電 気 用 安 法 ( 特 定 電 気 用 ) 1-3 適 合 規 格 JIS C 8303 配 線 用 差 込 接 続 器 に 適 合 1-4 極 数 及 び 極 配 置 2 極 ( 接 地 極 付 ) 1-5 結

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2052434A538B4B8A69816991E63294C5816A94AD8D7382C982A082BD82C182C42D312E646F6378> RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014( 静 電 気 現 象 からの 電 子 デバイスの 保 護 - 一 般 要 求 事 項 ) 規 格 発 行 に 寄 せて 1. はじめに 今 回 RCJS-5-1:2010 の 改 訂 版 の RCJS-5-1( 第 2 版 ):2014 を 発 行 することにしました これは RCJS-5-1:2010 発 行 後 に 改 訂 された 国 際 的 な 静

More information

i

i 14 i ii iii iv v vi 14 13 86 13 12 28 14 16 14 15 31 (1) 13 12 28 20 (2) (3) 2 (4) (5) 14 14 50 48 3 11 11 22 14 15 10 14 20 21 20 (1) 14 (2) 14 4 (3) (4) (5) 12 12 (6) 14 15 5 6 7 8 9 10 7

More information

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8... 取 扱 説 明 書 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -1 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -2...2...3...4...4...4...5...6...7...8...9...11 - - - - - - - - - - - - - - - - -

More information

御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4

御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4 アルビクス 映 像 音 声 エラー 検 出 装 置 VAD-816 取 扱 説 明 書 V01 御 使 用 の 前 に 必 ず 本 取 扱 説 明 書 をよく 読 んで 理 解 して 安 全 の 為 の 指 示 に 従 って 下 さい もし 不 明 点 が 有 れば 販 売 店 か 弊 社 におたずね 下 さい 目 次 注 意 事 項 2 1. 主 な 機 能 と 特 徴 3 2. 仕 様 4 3.

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1

1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可 変 することで 検 体 サイズによらず 精 度 を 確 保 できる 点 が 特 徴 1 開 放 特 許 有 効 活 融 機 関 向 けセミナー 技 術 のご 紹 介 2016 年 8 月 26 日 富 士 通 株 式 会 社 法 務 コンプライアンス 知 的 財 産 本 部 知 的 財 産 イノベーション 統 括 部 ビジネス 開 発 部 1. 表 面 検 査 技 術 様 々なサイズの 検 体 表 の 凹 凸 を 精 度 に 検 査 する 技 術 検 査 に いる 照 明 幅 を 可

More information

第1部 一般的コメント

第1部 一般的コメント (( 2000 11 24 2003 12 31 3122 94 2332 508 26 a () () i ii iii iv (i) (ii) (i) (ii) (iii) (iv) (a) (b)(c)(d) a) / (i) (ii) (iii) (iv) 1996 7 1996 12

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253814091E68E6C9594814093FC8E4481458C5F96F182CC8EE888F882AB2E646F63> 第 四 部 入 札 契 約 手 続 きについて 1 契 約 方 法 ( 調 達 先 選 定 方 法 ) 決 定 の 概 略 フロー 検 討 開 始 判 断 1 政 府 調 達 に 関 する 協 定 の 対 象 か? 判 断 2 特 例 政 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? 判 断 3 地 方 自 治 法 施 行 令 の 随 意 契 約 事 由 に 該 当 するか? ( 少 額 随

More information

( 注 1) IEEE802.11ac ドラフト 版 に 対 応 今 後 の 正 式 規 格 対 応 製 品 や 他 社 のドラフト 版 対 応 製 品 とは 通 信 できない 場 合 があり ます ( 注 2) 表 記 の 速 度 は 理 論 値 であり 実 効 速 度 とは 異 なる 本 理 論

( 注 1) IEEE802.11ac ドラフト 版 に 対 応 今 後 の 正 式 規 格 対 応 製 品 や 他 社 のドラフト 版 対 応 製 品 とは 通 信 できない 場 合 があり ます ( 注 2) 表 記 の 速 度 は 理 論 値 であり 実 効 速 度 とは 異 なる 本 理 論 新 商 品 の 特 長 1. 新 規 格 Draft IEEE802.11ac に 対 応 5GHz 帯 にて Draft 11ac ( 注 1)に 対 応 し 最 大 1300Mbps( 注 2;AtermWG1400HP は 最 大 867Mbps)の 高 速 Wi-Fi 通 信 を 実 現 2.4GHz 帯 でも 11n で 最 大 450Mbps( 注 2)の 高 速 Wi-Fi 通 信 を

More information

1 2

1 2 1 2 仕 様 備 考 規 JEM1225-2007 及 び 最 小 外 形 寸 法 W700 H23 D1300mm 700 /23 / 1300 保 守 スペース 前 面 10 背 面 600(mm) 注 1 最 大 段 積 み 数 5 段 3.3 / 6.6kV 共 通 使 用 圧 (kv) 3.3 / 6.6 雷 インパルス( 標 準 波 形 ) 大 地 間 相 間 60 耐 圧 (kv)

More information

表1票4.qx4

表1票4.qx4 iii iv v 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 22 23 10 11 24 25 26 27 10 56 28 11 29 30 12 13 14 15 16 17 18 19 2010 2111 22 23 2412 2513 14 31 17 32 18 33 19 34 20 35 21 36 24 37 25 38 2614

More information

第1章 国民年金における無年金

第1章 国民年金における無年金 1 2 3 4 ILO ILO 5 i ii 6 7 8 9 10 ( ) 3 2 ( ) 3 2 2 2 11 20 60 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 13 14 15 16 17 14 15 8 16 2003 1 17 18 iii 19 iv 20 21 22 23 24 25 ,,, 26 27 28 29 30 (1) (2) (3) 31 1 20

More information

0701_H1-4fix.eps

0701_H1-4fix.eps 1 2 3 Technology Operation 4 Windows & Mac HighSpeed USB Windows HighSpeed USB 5 6 Windows & Mac SuperSpeed USB BD TD Bridge Windows BASE TD Bridge 7 8 TD Bridge TD Bridge HighSpeed USB HighSpeed USB Windows

More information

<2> 国 内 のデータ 消 去 ガイドライン 現 在 国 内 のガイドラインは 一 般 社 団 法 人 情 報 機 器 リユース リサイクル 協 会 (RITE A)の 情 報 機 器 の 売 却 譲 渡 時 におけるハードディスクのデータ 消 去 に 関 するガイド ライン(http://www

<2> 国 内 のデータ 消 去 ガイドライン 現 在 国 内 のガイドラインは 一 般 社 団 法 人 情 報 機 器 リユース リサイクル 協 会 (RITE A)の 情 報 機 器 の 売 却 譲 渡 時 におけるハードディスクのデータ 消 去 に 関 するガイド ライン(http://www 2016 年 4 月 8 日 日 本 のPCリユースにおけるデータ 消 去 について 株 式 会 社 アセットアソシエイツ 代 表 取 締 役 伊 藤 修 司 PCリユースのデータ 消 去 現 在 国 内 に 流 通 しているリユースPC(HDD SSDを 含 む)は さまざまな 仕 様 方 法 によりデータ 消 去 が 実 施 されている 主 な 消 去 方 法 は ソフトウェアによる 上

More information

2. システムおよびハードウェア 要 件 PC USB ポート イヤフォーン 出 力 マイク 入 力 7.1 サラウンドサウンド 出 力 に 必 要 なポート: イヤフォーン 出 力 /フロント センター/サブウーファー リアサラウンド サイドサラウンド 3. 主 な 特 長 A 調 節 可 能 な

2. システムおよびハードウェア 要 件 PC USB ポート イヤフォーン 出 力 マイク 入 力 7.1 サラウンドサウンド 出 力 に 必 要 なポート: イヤフォーン 出 力 /フロント センター/サブウーファー リアサラウンド サイドサラウンド 3. 主 な 特 長 A 調 節 可 能 な Razer Tiamat 7.1 は 最 高 品 質 の 7.1ch サラウンドサウンドを 実 現 すべく 10 種 類 ものドライバを 搭 載 した 世 界 初 のサーカムオーラル 型 ゲーミングヘッドセットです 接 近 してくる 敵 の 足 音 を 聞 きつけて 背 後 からの 攻 撃 を 防 ぎ また 銃 撃 戦 の 中 でも 相 手 の 居 場 所 を 正 確 に 把 握 できるほどの 高

More information

- 2 -

- 2 - - 2 - - 3 - (1) (2) (3) (1) - 4 - ~ - 5 - (2) - 6 - (1) (1) - 7 - - 8 - (i) (ii) (iii) (ii) (iii) (ii) 10 - 9 - (3) - 10 - (3) - 11 - - 12 - (1) - 13 - - 14 - (2) - 15 - - 16 - (3) - 17 - - 18 - (4) -

More information

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1 1 1979 6 24 3 4 4 4 4 3 4 4 2 3 4 4 6 0 0 6 2 4 4 4 3 0 0 3 3 3 4 3 2 4 3? 4 3 4 3 4 4 4 4 3 3 4 4 4 4 2 1 1 2 15 4 4 15 0 1 2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4

More information

1 (1) (2)

1 (1) (2) 1 2 (1) (2) (3) 3-78 - 1 (1) (2) - 79 - i) ii) iii) (3) (4) (5) (6) - 80 - (7) (8) (9) (10) 2 (1) (2) (3) (4) i) - 81 - ii) (a) (b) 3 (1) (2) - 82 - - 83 - - 84 - - 85 - - 86 - (1) (2) (3) (4) (5) (6)

More information

静脈経腸栄養ガイドライン

静脈経腸栄養ガイドライン Contents PART I PARTII PARTIII PARTIV PARTV PART PART PART PART PART Part I PART I PART I PART I PART I PART I PART I

More information

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の

< 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト)は ウェブアクセビリティに 配 慮 し すべての 人 にと って 見 やすく 使 いやすい HP を 構 築 し 学 内 においては 限 られた 人 的 物 的 資 源 の 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト 英 語 サイト) 再 構 築 に 係 るプロポーザル 実 施 要 領 北 海 道 公 立 大 学 法 人 札 幌 医 科 大 学 事 務 局 企 画 管 理 部 経 営 企 画 課 ( 平 成 21 年 10 月 9 日 ) < 事 業 の 概 要 > 1. はじめに 札 幌 医 科 大 学 公 式 ホームページ( 日 本 語 サイト

More information

2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei

2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei 版 数 08 日 付 2015-09-10 HUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. 2015. All rights reserved. 書 面 による Huawei の 事 前 承 諾 なしに 本 書 のいかなる 部 分 も いかなる 形 式 またはいかなる 手 段 によっても 複 製 または 転 載 することはできません 商 標 および 許 可 およびその 他 の Huawei

More information

ÿþ

ÿþ I O 01 II O III IV 02 II O 03 II O III IV III IV 04 II O III IV III IV 05 II O III IV 06 III O 07 III O 08 III 09 O III O 10 IV O 11 IV O 12 V O 13 V O 14 V O 15 O ( - ) ( - ) 16 本 校 志 望 の 理 由 入 学 後 の

More information

これわかWord2010_第1部_100710.indd

これわかWord2010_第1部_100710.indd i 1 1 2 3 6 6 7 8 10 10 11 12 12 12 13 2 15 15 16 17 17 18 19 20 20 21 ii CONTENTS 25 26 26 28 28 29 30 30 31 32 35 35 35 36 37 40 42 44 44 45 46 49 50 50 51 iii 52 52 52 53 55 56 56 57 58 58 60 60 iv

More information

パワポカバー入稿用.indd

パワポカバー入稿用.indd i 1 1 2 2 3 3 4 4 4 5 7 8 8 9 9 10 11 13 14 15 16 17 19 ii CONTENTS 2 21 21 22 25 26 32 37 38 39 39 41 41 43 43 43 44 45 46 47 47 49 52 54 56 56 iii 57 59 62 64 64 66 67 68 71 72 72 73 74 74 77 79 81 84

More information

これでわかるAccess2010

これでわかるAccess2010 i 1 1 1 2 2 2 3 4 4 5 6 7 7 9 10 11 12 13 14 15 17 ii CONTENTS 2 19 19 20 23 24 25 25 26 29 29 31 31 33 35 36 36 39 39 41 44 45 46 48 iii 50 50 52 54 55 57 57 59 61 63 64 66 66 67 70 70 73 74 74 77 77

More information

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC)

(Microsoft Word - FileZillaServer_\212\310\210\325FTP\203T\201[\203o_\216g\227p\203K\203C\203h_\216Q\215l\227p__JE000267.DOC) はFileZilla のFileZilla 年 月 日 東 洋 電 機 製 造 株 式 会 社 を ためにFTPサーバを FileZilla 本 μturtle-monitorを 推 奨 しますが 簡 易 必 的 要 にFTPサーバ とします 使 用 するにあたり 実 機 運 能 用 を を 用 東 行 意 洋 う し ワイヤレス 際 運 はデータの 用 する 場 計 合 測 信 も システムからの

More information

DT-03取扱説明書

DT-03取扱説明書 はじめに 壁 掛 / 卓 上 型 温 度 調 節 計 デジサーモ DT-03 取 扱 説 明 書 この 度 は 東 邦 電 子 製 品 デジサーモ(DT-03)をご 購 入 頂 きまして 誠 にありがとうございます 本 製 品 をご 使 用 になる 前 に 本 書 を 良 くお 読 み 頂 き 内 容 をご 理 解 した 上 で ご 使 用 をお 願 い 致 します 尚 本 書 は 大 切 に 保

More information

Gefen_GTB-HD4K2K-148_取扱説明書_201402.indd

Gefen_GTB-HD4K2K-148_取扱説明書_201402.indd 1:8 Splitter for HDMI with Ultra HD 4K / 2K support 4K/2K Ultra HD 対 応 HDMI 分 配 機 型 番 :GTB-HD4K2K-148-BLK 型 番 :GTB-HD4K2K-148-BLK 取 扱 説 明 書 2014 年 2 月 版 安 全 上 の 注 意 この 度 は Gefen 製 品 をお 買 いあげいただき ありがとうございます

More information

目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報.

目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報. 投 影 型 静 電 容 量 タッチパネルコントローラボード DUS4000 製 品 仕 様 書 目 次 1. 適 用... 2 2. 製 品 仕 様... 2 2-1.タッチパネルボード 仕 様... 2 2-3. 電 気 仕 様... 3 2-3-1. 最 大 絶 対 定 格... 3 2-3-2.DC 特 性... 3 2-4.コネクタピンアサイン... 5 2-4-1.コネクタ 情 報...

More information

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害

安 全 にご 使 用 いただくために お 使 いになる 人 や 他 の 人 への 危 害 財 産 への 損 害 を 未 然 に 防 止 するため 必 ずお 守 りいただくことを 次 のよう に 説 明 しています 表 示 内 容 を 無 視 して 誤 った 使 い 方 をしたときに 生 じる 危 害 熱 風 工 具 ファン 付 きダクトヒーター ( 寒 冷 地 タイプ) HFD3075 HFD3100 HFD3150 HFD3200 HFD3300 取 扱 説 明 書 お 買 いあげいただき ありがとうございます ファン 付 きダクトヒーター を 安 全 にご 使 用 いただくため お 使 いになる 前 にこの 取 扱 説 明 書 をお 読 みください お 読 みになった 後 は 後 日 お 役

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

Microsoft PowerPoint - DMMセレクション.ppt

Microsoft PowerPoint - DMMセレクション.ppt ハンドヘルドデジタルマルチメーターを 選 択 するとき 機 能 確 度 が 一 般 的 に 検 討 されるポイントとなっていますが それ 以 外 にも 使 用 する 環 境 に 対 する 安 全 性 などが 重 要 になります 以 下 の4つのポイントを 検 討 されることをお 勧 めします 1 安 全 性 P2 DMMの 使 用 環 境 にあった 安 全 性 の 担 保 されたDMM IECやJIS

More information

価 格 14,800 円 ( 税 込 ) 参 考 店 頭 販 売 価 格 [ドッキングステーション flute ultra JUD500 製 品 写 真 ]*ノートパソコンは 付 属 していません 価 格 8,980 円 ( 税 込 ) 参 考 店 頭 販 売 価 格 [ドッキングステーション fl

価 格 14,800 円 ( 税 込 ) 参 考 店 頭 販 売 価 格 [ドッキングステーション flute ultra JUD500 製 品 写 真 ]*ノートパソコンは 付 属 していません 価 格 8,980 円 ( 税 込 ) 参 考 店 頭 販 売 価 格 [ドッキングステーション fl 報 道 関 係 者 各 位 [リリース No. KH120026] 2012 年 12 月 3 日 加 賀 ハイテック 株 式 会 社 ウルトラブックを Cool に 演 出 する ジェイファイブ クリエイト PC 周 辺 機 器 j5 create ブランド 製 品 の 国 内 販 売 を 開 始 加 賀 電 子 株 式 会 社 ( 東 証 1 部 :8154)の 100% 子 会 社 で パソコン

More information

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9

目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置 時 の 注 意 事 項 9 製 品 仕 様 書 PLS (Plasma Lighting System) 投 光 灯 (PSF1871A) 2015. 4 目 次 1. 適 用 範 囲 2. 製 品 仕 様 3. 配 光 曲 線 / 直 下 照 度 図 4. 製 品 外 形 寸 法 外 観 及 び 名 称 5. 使 用 環 境 及 び 条 件 6. 安 全 のための 注 意 事 項 7. 誤 使 用 の 事 例 8. 設 置

More information

TC74HCT4053AF/AFT

TC74HCT4053AF/AFT 東 芝 MOSデジタル 集 積 回 路 シリコン モノリシック T74HT4053AF/AFT T74HT4053AF, T74HT4053AFT Triple 2-hannel Analog Multiplexer/Demultiplexer T74HT4053A は シリコンゲート MOS 技 術 を 用 いた 高 速 MOS アナログマルチプレクサ/デマルチプレクサです MOS の 特 長 である

More information

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定)

HTG-35U ブルーバック表示の手順書 (2014年12月改定) HTG-35U ブルーバック 表 示 の 手 順 書 概 要 本 書 は HTG-35U にてブルーバックの 画 面 を 出 力 するための 手 順 書 です HTG-35U のビットマップ 出 力 機 能 及 び 固 定 文 字 表 示 機 能 を 使 用 してブルーバックの 表 示 を 設 定 します また ブルーバックの 表 示 / 非 表 示 をタイマーで 自 動 に 切 り 替 えを 行

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 時 系 列 ( 事 業 契 約 締 結 から 事 業 終 了 までの 保 険 の 機 能 ) 融 資 契 約 融 資 契 約 締 結 建 中 融 資 実 行 の 場 合 有 完 成 後 融 資 実 行 ( 工 事 金 額 分 ) 元 利 返 済 (SPC- 銀 行 ) 事 業 契 約 締 結 施 設 完 工 ( 引 渡 ) 施 設 整 備 費 維 持 管 理 運 営 費 支 払 ( 公 共 SPC)

More information

設定用 バーコードメニュー

設定用 バーコードメニュー 接 続 手 順 書 TMA-6000 TMA-6000U 2015 年 4 月 28 日 第 4 版 改 訂 履 歴 第 1 版 (2009.2.19) 第 2 版 (2012.10.30) 第 3 版 (2014.9.5) 仮 想 COM モードの 説 明 を 追 記 HID モード/ 仮 想 COM モードを 切 り 替 えるバーコードメニューを 追 記 社 名 変 更 に 伴 う 表 紙 背

More information

JPD-AMC-Catalog-Dec11.indd

JPD-AMC-Catalog-Dec11.indd GE Measurement & Control Solutions DPI620 HART - 95% 2 MPa ( 20 bar ) - 95% 10 MPa ( 100 bar ) - 0 +100 MPa ( 0 1000 bar ) 0.0025% rdg + 0.002% FS ( ma ) ( mv V ) HART PC Windows CE USB WiFi IEEE802.11

More information

provider_020524_2.PDF

provider_020524_2.PDF 1 1 1 2 2 3 (1) 3 (2) 4 (3) 6 7 7 (1) 8 (2) 21 26 27 27 27 28 31 32 32 36 1 1 2 2 (1) 3 3 4 45 (2) 6 7 5 (3) 6 7 8 (1) ii iii iv 8 * 9 10 11 9 12 10 13 14 15 11 16 17 12 13 18 19 20 (2) 14 21 22 23 24

More information

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3

目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3 2-1 発 電 状 況 画 面 表 示... 3 Solar Link ZERO WEB アプリケーション 取 扱 説 明 書 Ver1.2 株 式 会 社 ラプラス システム 2010 年 10 月 4 日 目 次 必 ずお 読 みください...2 1. 接 続 方 法...2 1-1 WEB ブラウザ 操 作 方 法... 3 1-2 閲 覧 用 PC で 直 接 ZERO 本 体 と 接 続 する 場 合... 3 2. 各 ページについて...3

More information

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4

コンビネーション 波 形 パルス 1.2/50-8/20 µs (ハイブリッドサージパルス) パルスはIEC/EN 61000-4-5に 適 合 パルス 電 圧 ( 開 回 路 ): パルス 電 流 ( 短 回 路 ): インピーダンス: パルス 繰 返 し: 結 合 : ±200 V ~ 4.4 CEアプリケーション 向 け スマートな4 kvシステム Teseqの 新 しいNSG3040は 国 際 国 内 および 社 内 規 格 また 最 新 のIEC/EN 規 格 に 適 合 した 電 磁 妨 害 をシミュレー トする 使 いやすく 便 利 な 多 機 能 試 験 機 です NSG 3040 が 製 品 ラインアップに 追 加 されることによってTeseqの 新 デザイン 理 念 に 基

More information

城里町CMS

城里町CMS 高 萩 市 移 住 定 住 促 進 ホームページ 等 制 作 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 27 年 11 月 高 萩 市 1 1 業 務 の 名 称 高 萩 市 移 住 定 住 促 進 ホームページ 等 制 作 業 務 2 業 務 の 目 的 高 萩 市 の 魅 力 を 広 く 発 信 し 市 外 の 人 には 住 んでみたい 市 内 の 人 には 住 んでいてよか った 定 住 したいと

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション キュービクル 式 高 圧 受 電 設 備 老 朽 化 省 エネ 耐 震 対 策 平 成 27 年 10 月 制 定 盤 標 準 化 協 議 会 キュービクル 技 術 部 会 近 年 生 産 設 備 や 情 報 機 器 の 高 度 化 に 伴 い 受 配 電 設 備 への 信 頼 性 の 要 求 は 益 々 高 まってきており 事 故 による 停 電 はもとより 瞬 時 の 電

More information

モバイル 充 電 安 全 認 証 の 概 要 MCPC (モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム )は 業 界 の 枠 を 越 えてモバ イルコンピューティングを 普 及 促 進 することを 目 的 とし 1997 年 に 発 した 任 意 団 体 です このたび MCPCはスマートフォ

モバイル 充 電 安 全 認 証 の 概 要 MCPC (モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム )は 業 界 の 枠 を 越 えてモバ イルコンピューティングを 普 及 促 進 することを 目 的 とし 1997 年 に 発 した 任 意 団 体 です このたび MCPCはスマートフォ モバイル 充 電 安 全 認 証 の 手 引 き モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム モバイル 充 電 安 全 認 証 の 概 要 MCPC (モバイルコンピューティング 推 進 コンソーシアム )は 業 界 の 枠 を 越 えてモバ イルコンピューティングを 普 及 促 進 することを 目 的 とし 1997 年 に 発 した 任 意 団 体 です このたび MCPCはスマートフォンなど

More information

項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報 の 確 認 のページが 表 示 されるので 間 違 いがなければ[ 送 信 ]をクリック 以 上 で 登 録 フォーム 処 理 の 完 了 フォームから 送 られたデータを 確

項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報 の 確 認 のページが 表 示 されるので 間 違 いがなければ[ 送 信 ]をクリック 以 上 で 登 録 フォーム 処 理 の 完 了 フォームから 送 られたデータを 確 1. 登 録 フォーム 送 信 ろけっと 開 発 の Web サイト 内 てるてるコールクラウドのページ (http://rocket-dev.jp/teltelcloud.html)の 一 番 下 の[ 登 録 フォーム]をクリック 登 録 フォームページが 表 示 される 項 目 を 入 力 し [ 内 容 確 認 ]をクリック *がついているものは 必 須 項 目 になります 入 力 情 報

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 同 梱 機 器 取 扱 マニュアル(MF60/MF61) MF60/MF61( 端 末 ) 予 備 バッテリー ( 有 料 オプション 品 2タイプ 有 ) はじめに マルチ 変 換 プラグ ( 有 料 オプション 品 ) このたびは GLOBAL WIFIにお 申 し 込 み 頂 き 誠 にありがとうございます こちらの 説 明 書 は レンタルさせて 頂 く 端 末 エネループなどのオプション

More information

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案)

「産業上利用することができる発明」の審査の運用指針(案) 1 1.... 2 1.1... 2 2.... 4 2.1... 4 3.... 6 4.... 6 1 1 29 1 29 1 1 1. 2 1 1.1 (1) (2) (3) 1 (4) 2 4 1 2 2 3 4 31 12 5 7 2.2 (5) ( a ) ( b ) 1 3 2 ( c ) (6) 2. 2.1 2.1 (1) 4 ( i ) ( ii ) ( iii ) ( iv)

More information

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102

シーリングセンサ 天井用CO2 濃度・温度センサ 形CY7102 AI7287 仕 様 取 扱 説 明 書 シーリングセンサ 天 井 用 CO 2 濃 度 温 度 センサ 概 要 シーリングセンサ ( ) は 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 を 検 出 するセンサです 室 内 の CO 2 濃 度 と 温 度 の 監 視 や VAV ユニットの 風 量 制 御 などに 利 用 できます 無 柱 構 造 の 増 加 やインテリアに 対 する 関 心 の 高

More information

ご 使 用 上 の 注 意 製 品 をご 使 用 される 前 にマニュアルをよくお 読 みください マニュアルの 指 示 に 従 ってください 本 製 品 を 分 解 または 改 造 しないでください 感 電 または 事 故 の 危 険 があります 本 製 品 を 濡 れた 環 境 で 使 用 しな

ご 使 用 上 の 注 意 製 品 をご 使 用 される 前 にマニュアルをよくお 読 みください マニュアルの 指 示 に 従 ってください 本 製 品 を 分 解 または 改 造 しないでください 感 電 または 事 故 の 危 険 があります 本 製 品 を 濡 れた 環 境 で 使 用 しな Wi- Fi Display Dongle 使 用 マニュアル WFD- 01 Ver1.0J ご 使 用 上 の 注 意 製 品 をご 使 用 される 前 にマニュアルをよくお 読 みください マニュアルの 指 示 に 従 ってください 本 製 品 を 分 解 または 改 造 しないでください 感 電 または 事 故 の 危 険 があります 本 製 品 を 濡 れた 環 境 で 使 用 しないでください

More information

: I : : 1 1 / 1 2 : T1R : 83 / % Q T1R T1R :11:01

: I : : 1 1 / 1 2 : T1R : 83 / % Q T1R T1R :11:01 syll mkjhytex.pl Ver 2.74(2015-04-08) by Yas 2014 T1R002001 I 1 1 / 1 2 T1R 1 T1R008001 II 2 4,5 T1R 5 T1R009001 2 3 T1R 6 T1R012001 2 2 T1R 7 T1R013001 I 2 4,5 T1R 9 T1R021001 2 3 T1R 10 T1R024001 III

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

i ii iii iv v vi vii ( ー ー ) ( ) ( ) ( ) ( ) ー ( ) ( ) ー ー ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 13 202 24122783 3622316 (1) (2) (3) (4) 2483 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) 11 11 2483 13

More information

Microsoft Word - USCR4K6KB0_Japanese-ok-ok-2011-12-23.doc

Microsoft Word - USCR4K6KB0_Japanese-ok-ok-2011-12-23.doc った また 本 装 置 は 米 高 国 周 連 波 邦 委 員 会 生 ) 成 通 し 知 使 : 用 改 しています 訂 15サブパート15に 当 該 規 場 制 合 高 周 は 波 無 商 エネルギーを 線 業 通 的 信 環 準 境 に 障 において 放 害 射 を する 及 運 ぼす Aのデジタル 用 可 能 した 可 性 能 があるため 場 性 合 があります に 電 子 電 機 波 器

More information

本 仕 様 書 は 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 甲 という )が 調 達 する ペーパーレス 会 議 用 ハードウェアの 調 達 に 関 して 受 注 者 ( 以 下 乙 という )が 調 達 する 内 容 及 び 実 施 すべき 業

本 仕 様 書 は 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 甲 という )が 調 達 する ペーパーレス 会 議 用 ハードウェアの 調 達 に 関 して 受 注 者 ( 以 下 乙 という )が 調 達 する 内 容 及 び 実 施 すべき 業 ( 別 紙 ) 仕 様 書 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 本 仕 様 書 は 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 甲 という )が 調 達 する ペーパーレス 会 議 用 ハードウェアの 調 達 に 関 して 受 注 者 ( 以 下 乙 という )が 調 達 する 内 容 及 び 実 施 すべき

More information

IM-Mobile Framework

IM-Mobile Framework IM-Mobile Framework Version 7.2.0 β リリース ノート 2011/08/12 第 1 版 1 はじめに 1. IM-Mobile Framework( 以 下 本 フレームワーク と 表 記 )は intra-mart WebPlatform/AppFramework のプラグインとし て 動 作 します 本 フレームワークを 使 用 するためには intra-mart

More information

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容

策 を 掲 載 し 検 索 閲 覧 することができるようにする 開 発 したサイトを 平 成 29 年 3 月 1 日 ( 水 )までに 公 開 する また 公 開 にあたっ て 2 月 初 旬 には 必 要 な 動 作 検 証 を 行 えるスケジュールとすること 機 能 設 計 構 築 の 内 容 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 ( 仮 称 ) 草 津 市 子 育 て 応 援 サイトおよびアプリ 構 築 業 務 2 履 行 期 間 システム 運 用 構 築 導 入 業 務 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 2 月 28 日 まで システム 利 用 にかかる 業 務 平 成 29 年 3 月 1 日 から

More information

MS55D_J

MS55D_J POWERED MULTIMEDIA SPEAKERS 0 10 YST-MS55D POWERED MULTIMEDIA SPEAKERS VOLUME YST-MS55D POWERED MULTIMEDIA SPEAKERS BASS ii iii iv POWERED MULTIMEDIA SPEAKERS YST-MS55D BASS 0 10 POWERED MULTIMEDIA SPEAKERS

More information

機器保証利用規約

機器保証利用規約 端 末 補 償 for ismart 利 用 規 約 株 式 会 社 フォーバルテレコム( 以 下 当 社 といいます )は 当 社 の 指 定 する 商 品 を 購 入 するお 客 様 ( 以 下 利 用 者 といいます ) 向 けに 以 下 に 定 める 機 器 保 証 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 端 末 補 償 for ismart ( 以 下 本 サービス

More information

8841, 8842 メモリハイコーダ

8841, 8842 メモリハイコーダ 2003 8841,8842 8841/8842 MEMORY HiCORDER µ 1 2 µ 3 200µs 4 100µs /DIV 1µs 200µs /DIV 2µs 500µs /DIV 5µs 1ms /DIV 10µs 2 20µs 5 50µs 10 100µs 20 200µs 50 500µs 100 1ms 200 2ms 500 5ms 1s /DIV 10ms 2 20ms

More information

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram

カ) SNS 機 能 の 導 入 連 携 キ) 日 本 語 英 語 の 二 カ 国 表 記 ク) 簡 易 版 のトップページの 作 成 ⅰ) 本 業 務 の 目 的 に 沿 ったWEBサイトの 全 体 構 成 を 検 討 提 案 し 作 成 すること ⅱ) Facebook や Instagram 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 仕 様 書 1. 業 務 名 神 戸 国 際 フルート 音 楽 祭 WEBサイト 作 成 運 営 委 託 業 務 2. 業 務 目 的 平 成 29(2017) 年 5 月 25 日 から6 月 4 日 にかけて 神 戸 文 化 ホールにおいて 開 催 される 第 9 回 神 戸 国 際 フルートコンクール を 核

More information

エクセルカバー入稿用.indd

エクセルカバー入稿用.indd i 1 1 2 3 5 5 6 7 7 8 9 9 10 11 11 11 12 2 13 13 14 15 15 16 17 17 ii CONTENTS 18 18 21 22 22 24 25 26 27 27 28 29 30 31 32 36 37 40 40 42 43 44 44 46 47 48 iii 48 50 51 52 54 55 59 61 62 64 65 66 67 68

More information

PCSK2のご紹介

PCSK2のご紹介 学 校 内 PCのセキュリティと 環 境 維 持 管 理 に ご 紹 介 資 料 Copyright 2011 Zetta Technology Inc. All rights Reserved. 本 資 料 の 無 断 転 載 複 写 を 禁 じます. 学 校 内 PCの 管 理 ポイント 教 育 の 情 報 化 に 伴 う 情 報 セキュリティ 製 品 概 要 ウィルス 対 策 情 報 漏 洩

More information