目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 面 接 とは 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 出 席 者 の 要 件 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 面 接 の 事 前 準 備 面

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 3 1.1 面 接 とは 3 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 5 2.1 出 席 者 の 要 件 5 2.2 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 7 3.1 面 接 の 事 前 準 備 7 3.2 面"

Transcription

1 面 接 ガイドライン 審 判 編 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 2 月 特 許 庁

2 目 次 1 はじめに 2 1. 面 接 面 接 とは 審 判 事 件 等 における 面 接 4 2. 面 接 等 の 出 席 者 出 席 者 の 要 件 委 任 状 6 3. 面 接 の 手 続 面 接 の 事 前 準 備 面 接 時 の 手 続 面 接 記 録 の 記 載 内 容 面 接 資 料 について 面 接 後 の 手 続 留 意 事 項 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 代 理 人 等 の 応 対 者 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 の 手 続 地 方 面 接 地 方 面 接 について 面 接 会 場 地 方 面 接 の 際 の 工 場 見 学 等 面 接 等 の 要 請 に 応 じることができない 事 例 様 式 ( 様 式 第 1) 面 接 記 録 17 ( 様 式 第 2) 応 対 記 録 19 ( 様 式 第 3) 面 接 資 料 の 記 載 例 21 ( 様 式 第 4) 上 申 書 ( 非 電 子 出 願 様 式 )の 記 載 例 22 ( 様 式 第 5) 上 申 書 ( 電 子 出 願 様 式 )の 記 載 例 23 ( 様 式 第 6) 委 任 状 24 ( 様 式 第 7) 面 接 通 知 書

3 はじめに これまで 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 との 間 で 行 われる 面 接 または 面 接 に 代 わる 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 は 審 判 事 件 の 審 理 手 続 を 円 滑 に 進 め る 上 での 有 効 な 手 続 として 行 われてきました 特 に 平 成 5 年 の 補 正 の 適 正 化 を 中 心 とした 改 正 特 許 法 下 において 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 とが 互 いに 意 思 疎 通 を 図 ることが 従 来 にも 増 して 重 要 となったことから 面 接 または 面 接 に 代 わる 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 が 有 効 に 活 用 されてきました また 平 成 19 年 に 弁 理 士 の 果 たす 役 割 の 重 要 性 や 社 会 的 信 頼 性 確 保 の 観 点 などから 弁 理 士 法 の 改 正 が 行 われましたが その 改 正 内 容 の 検 討 過 程 にお いて 弁 理 士 事 務 所 の 補 助 員 への 対 応 を 見 直 しガイドラインを 整 備 する 必 要 が あるとの 指 摘 を 受 けたことから 同 年 10 月 に 面 接 ガイドライン 審 判 編 の 見 直 しを 行 いました この 見 直 しでは 出 席 者 の 要 件 について 明 確 化 を 行 い 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 との 面 接 または 面 接 に 代 わる 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 のあり 方 を 一 層 合 理 性 あるものとすることによって 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 との 間 の 意 思 疎 通 がより 円 滑 に 行 われることになりました 一 方 産 業 財 産 権 の 活 用 がより 重 要 となる 中 国 際 的 に 信 頼 され 世 界 に 通 用 する 高 品 質 な 産 業 財 産 権 は グローバルな 事 業 展 開 を 保 障 し イノベーショ ンを 促 進 する 上 で 不 可 欠 なものとなっています そして 高 品 質 な 産 業 財 産 権 を 設 定 するためには 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 とのコミュニケーションや 相 互 理 解 を 深 め 納 得 感 の 高 い 結 論 を 得 ることも 重 要 であり これまで 以 上 に 面 接 を 拡 充 していくことが 求 められています また 平 成 25 年 度 には 特 許 庁 のテレビ 会 議 システムが 更 新 され テレビ 会 議 システムを 利 用 した 面 接 の 実 施 が 更 に 容 易 となりました 更 に 平 成 27 年 4 月 に 特 許 異 議 申 立 制 度 が 導 入 されることに 合 わせ 特 許 異 議 申 立 事 件 商 標 登 録 異 議 申 立 事 件 の 面 接 の 対 応 について 明 確 化 することが 必 要 となりました 以 上 のような 近 年 の 状 況 変 化 を 踏 まえ 代 理 人 等 との 面 接 を 積 極 的 に 活 用 す ることにより 合 議 体 ( 審 判 官 )と 代 理 人 等 との 間 の 意 思 疎 通 を 円 滑 に 行 い 手 続 の 透 明 性 を 担 保 しつつ 安 定 した 権 利 の 付 与 に 資 することを 目 的 として 面 接 ガイドライン 審 判 編 )の 見 直 しを 行 いました 本 ガイドラインを 有 効 にご 活 用 いただき 適 切 な 面 接 が 行 われることを 期 待 しております - 2 -

4 1. 面 接 1.1 面 接 とは この 面 接 ガイドライン 審 判 編 でいう 面 接 とは 合 議 体 ( 注 1)と 審 判 事 件 における 請 求 人 側 ( 請 求 人 及 びその 代 理 人 ) 若 しくは 被 請 求 人 側 ( 被 請 求 人 及 びその 代 理 人 ) 異 議 申 立 事 件 における 権 利 者 側 ( 特 許 権 者 商 標 権 者 またはその 代 理 人 ) 若 しくは 申 立 人 側 ( 異 議 申 立 人 及 びその 代 理 人 )( 以 下 代 理 人 等 という )とが 密 な 意 思 疎 通 を 図 り 以 て 審 理 に 役 立 てるために 直 接 会 って 行 う 面 談 や テレビ 会 議 システムを 用 いた 面 談 ( 以 下 テレビ 面 接 という )を 意 味 します なお 審 判 事 件 及 び 異 議 申 立 事 件 ( 以 下 審 判 事 件 等 といいます )に 係 る 内 容 についての 技 術 意 匠 若 しくは 商 品 の 説 明 であって 合 議 体 の 理 解 を 容 易 にすることを 意 図 した 説 明 であっても 審 判 事 件 等 の 内 容 に 直 接 的 に 関 わ る 側 面 を 有 することから このような 説 明 を 目 的 とした 面 談 も 面 接 として 扱 います そして 代 理 人 等 と 合 議 体 が 審 判 事 件 等 に 係 る 審 理 に 関 して 意 思 の 疎 通 を 図 るための 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 は 上 記 面 接 に 準 じる 手 続 として 取 り 扱 い 以 下 これらを 面 接 等 とします これに 対 し 1 面 接 日 時 や 場 所 の 調 整 面 接 の 出 席 者 等 の 連 絡 といった 単 な る 事 務 連 絡 2 審 理 進 行 状 況 伺 い 等 情 報 伝 達 だけにとどまり 審 判 事 件 等 の 内 容 に 直 接 的 に 関 わらないものについては 上 記 意 思 疎 通 を 図 るためのもので はないので 本 ガイドラインでいう 面 接 等 には 含 みません ( 注 1) 本 ガイドラインにおいて 事 件 を 担 当 する 審 判 官 が 単 独 で 面 接 等 を 行 う 場 合 は 合 議 体 を 審 判 官 と 読 み 替 えます 1.2 審 判 事 件 等 における 面 接 (1) 査 定 不 服 審 判 事 件 における 面 接 1 合 議 体 が 必 要 と 認 める 以 下 のような 場 合 合 議 体 は 面 接 を 要 請 します a. 明 細 書 等 意 見 書 補 正 書 の 記 載 が 複 雑 であって 本 件 発 明 ( 考 案 ) 意 匠 若 しくは 商 標 ( 特 に 識 別 性 に 関 する 事 項 や 指 定 商 品 指 定 役 務 など)の 把 握 が 難 しい 場 合 b. 特 許 性 等 の 主 張 や 従 来 技 術 または 先 行 意 匠 との 相 違 点 などが 的 確 に 把 握 できない 場 合 c. 請 求 の 理 由 意 見 書 の 内 容 と 明 細 書 等 補 正 書 の 記 載 内 容 とが 整 合 せず 請 求 人 が 何 を 根 拠 に 特 許 性 等 を 主 張 するのか 把 握 できない 場 合 - 3 -

5 d. 明 細 書 等 の 不 備 等 について 拒 絶 理 由 を 通 知 する 場 合 に 合 議 体 の 意 図 を 的 確 に 伝 えるため それに 先 立 ち 面 接 を 行 うことが 適 切 と 思 われる 場 合 e.その 他 審 理 促 進 円 滑 な 意 思 疎 通 のため 必 要 と 認 められる 場 合 なお 面 接 の 要 請 に 当 たっては 例 えば 地 理 的 条 件 等 を 考 慮 して 代 理 人 等 に 過 度 の 負 担 をかけないように 留 意 することとし 必 要 に 応 じて 地 方 面 接 やテレビ 面 接 を 活 用 することとします また 面 接 を 効 率 的 に 行 うため 電 話 ファクシミリ 等 を 利 用 して 事 前 の 打 ち 合 わせをします 2 代 理 人 等 が 面 接 を 要 請 する 場 合 には 電 話 ファクシミリまたは 面 接 を 希 望 する 旨 を 記 載 した 書 面 ( 上 申 書 等 様 式 第 4 5 参 照 )により 面 接 を 希 望 する 審 判 事 件 等 を 担 当 する 合 議 体 部 門 長 または 審 判 書 記 官 に 要 請 し てください なお テレビ 面 接 の 申 込 にあたっては 電 子 メールのアドレ スの 記 載 が 必 要 です 3 代 理 人 等 から 面 接 を 要 請 された 場 合 審 理 期 間 中 少 なくとも 一 度 は 面 接 を 行 うこととします ただし 6. 面 接 等 の 要 請 に 応 じることができない 事 例 に 該 当 する 場 合 には その 要 請 をお 断 りすることがあります 4 審 理 着 手 時 期 に 至 る 前 に 代 理 人 等 が 面 接 を 希 望 して 電 話 ファクシミ リによる 連 絡 を 行 った 場 合 には 部 門 長 又 は 面 接 管 理 担 当 は 当 該 事 件 がま だ 審 理 着 手 時 期 に 至 っていないこと 及 び 面 接 が 可 能 となる 時 期 について 回 答 した 上 で 面 接 可 能 時 期 までに 面 接 要 請 を 書 面 ( 上 申 書 等 )で 行 うよう 依 頼 します なお 審 理 を 開 始 する 場 合 において 面 接 をする 旨 の 連 絡 を 文 書 でするときには 面 接 通 知 書 ( 様 式 第 7 参 照 )を 使 用 します ( 説 明 ) 査 定 不 服 審 判 事 件 においては 通 常 審 判 官 の 氏 名 の 通 知 をその 事 件 の 審 理 を 開 始 する 時 に 行 っています したがって 審 判 官 の 氏 名 の 通 知 のな い 事 件 については 代 理 人 等 は 面 接 等 のため 合 議 体 と 連 絡 を 取 ることがで きない 状 態 にあります そこで 代 理 人 等 が 審 理 を 開 始 する 前 に 面 接 を 希 望 して 電 話 ファク シミリによる 連 絡 を 行 った 場 合 には 上 記 の 取 扱 いとします (2) 当 事 者 系 審 判 事 件 における 面 接 1 当 事 者 系 審 判 事 件 でも 上 記 (1)1と 同 様 な 場 合 で 迅 速 的 確 な 審 理 に 資 すると 考 えられるとき 合 議 体 の 要 請 または 代 理 人 等 の 要 請 により 面 接 を 行 うことがあります 注 : 当 事 者 系 審 判 事 件 の 場 合 口 頭 審 理 が 原 則 であるので 口 頭 審 理 を 行 う - 4 -

6 場 合 には あえて 面 接 にこだわる 必 要 はないと 考 えられます 2 当 事 者 系 審 判 事 件 の 場 合 審 理 の 公 平 性 手 続 の 透 明 性 を 欠 くことのない よう 留 意 する 必 要 があり 原 則 一 方 の 当 事 者 のみとの 面 接 は 行 わないこと とし 他 方 の 当 事 者 にその 旨 を 伝 え 面 接 に 同 席 することを 要 請 します た だし 審 理 の 公 平 性 等 を 担 保 することができると 解 される 場 合 であれば 一 方 の 当 事 者 またはその 代 理 人 等 との 面 接 を 行 うことがあります 一 方 の 当 事 者 とのみ 面 接 し 特 許 性 等 にかかわる 事 項 について 検 討 した 場 合 には 合 議 体 はその 結 果 を 他 方 の 当 事 者 に 連 絡 します (3) 異 議 申 立 事 件 における 面 接 1 権 利 者 側 との 面 接 ア. 異 議 申 立 事 件 でも 上 記 (1)1と 同 様 な 場 合 で 迅 速 的 確 な 審 理 に 資 すると 考 えられるとき 合 議 体 の 要 請 または 権 利 者 側 の 代 理 人 等 の 要 請 により 面 接 を 行 うことがあります イ. 代 理 人 等 が 面 接 を 要 請 する 場 合 には 電 話 ファクシミリまたは 面 接 を 希 望 する 旨 を 記 載 した 書 面 ( 上 申 書 等 様 式 第 4 5 参 照 )により 面 接 を 希 望 する 異 議 申 立 事 件 を 担 当 する 合 議 体 部 門 長 または 審 判 書 記 官 に 要 請 してください なお テレビ 面 接 の 申 込 にあたっては 電 子 メールのアド レスが 必 要 です ウ. 権 利 者 側 の 代 理 人 等 から 面 接 を 要 請 された 場 合 審 理 期 間 中 少 なくとも 一 度 は 面 接 を 行 うこととします ただし 6. 面 接 等 の 要 請 に 応 じるこ とができない 事 例 に 該 当 する 場 合 には その 要 請 をお 断 りすることがあ ります エ. 権 利 者 側 との 面 接 には 申 立 人 側 は 同 席 できません 後 日 面 接 記 録 を 閲 覧 することはできます 2 申 立 人 側 との 面 接 ア. 異 議 申 立 事 件 は 無 効 審 判 のような 対 立 構 造 によるものでなく 合 議 体 ( 審 判 官 )と 権 利 者 との 間 で 手 続 が 進 められるものですので 申 立 人 側 との 面 接 は 行 いません イ. 例 外 として 取 消 理 由 の 検 討 に 当 たり 異 議 申 立 人 が 申 し 立 てた 理 由 及 び 証 拠 についての 説 明 ( 技 術 説 明 や 使 用 実 績 に 関 する 説 明 等 )を 求 める 場 合 に 限 り 合 議 体 が 申 立 人 側 に 面 接 を 要 請 することがあります 権 利 者 側 は 同 席 できませんが 合 議 体 は 取 消 理 由 を 通 知 する 際 に 面 接 が 行 われたことを お 知 らせします - 5 -

7 2. 面 接 等 の 出 席 者 2.1 出 席 者 の 要 件 面 接 等 は 審 理 の 促 進 に 資 するために 合 議 体 と 代 理 人 等 との 密 な 意 思 の 疎 通 を 図 ることを 目 的 とするものですから 面 接 等 における 出 席 者 は 面 接 等 を 行 う 合 議 体 の 要 請 に 対 して 責 任 ある 対 応 をなしうる 者 であることが 必 要 です このため 出 席 者 には 1 審 判 事 件 等 の 手 続 についての 知 識 を 有 し 2 当 該 審 判 事 件 等 に 係 る 内 容 についての 技 術 的 若 しくは 商 品 の 知 識 を 有 し かつ 3 当 該 審 判 事 件 の 処 分 ( 例 えば 請 求 の 取 下 げ)についての 無 効 審 判 事 件 の 請 求 人 及 び 被 請 求 人 異 議 申 立 事 件 の 特 許 権 者 商 標 権 者 及 び 異 議 申 立 人 ( 以 下 審 判 請 求 人 等 という )の 意 思 を 的 確 に 表 示 できる 者 であることが 求 めら れます (1) 代 理 人 が 選 任 されている 事 件 の 場 合 1 原 則 審 判 請 求 人 等 から 選 任 されて 当 該 事 件 を 担 当 する 担 当 弁 理 士 2 と 面 接 を 行 います( 担 当 弁 理 士 の 他 ア. 指 定 代 理 人 イ. 審 判 請 求 人 等 または 復 代 理 人 の 選 任 権 を 有 する 代 理 人 から 合 議 体 との 面 接 についての 委 任 を 受 け こ れを 証 する 書 面 ( 委 任 状 )を 持 参 する 弁 理 士 も 含 みます ) その 際 弁 理 士 事 務 所 員 については 同 席 を 許 容 しますが 選 任 された 代 理 人 に 助 言 する 場 合 に 限 られ 合 議 体 と 直 接 的 に 意 思 疎 通 を 図 ることはできませ ん 代 理 権 を 有 しない 弁 理 士 も 弁 理 士 事 務 所 員 と 同 様 です また 審 判 請 求 人 等 またはその 従 業 者 ( 知 的 財 産 部 員 等 )については 同 席 して 合 議 体 と 直 接 的 に 意 思 疎 通 を 図 ることが 可 能 です なお やむを 得 ない 事 情 ( 病 気 により 面 接 への 応 対 ができない 場 合 等 )によ り 担 当 弁 理 士 が 出 席 できない 場 合 や 複 数 の 事 件 について 面 接 を 合 理 的 に 進 め る 等 の 理 由 により 予 め 合 議 体 と 担 当 弁 理 士 との 間 で 審 判 請 求 人 等 またはそ の 従 業 者 ( 知 的 財 産 部 員 等 )と 面 接 を 行 うことについて 了 解 が 得 られている 場 合 には 上 記 1~3を 満 たす 者 であることを 前 提 に 審 判 請 求 人 等 またはその 従 業 者 ( 知 的 財 産 部 員 等 )が 面 接 を 行 うことを 例 外 的 に 可 能 とします (2) 代 理 人 が 選 任 されていない 事 件 の 場 合 上 記 1~3を 満 たす 者 であることを 前 提 に 審 判 請 求 人 等 またはその 従 業 者 1 特 許 業 務 法 人 が 代 理 人 として 選 任 されている 場 合 には 2.2(4)も 参 照 してください 2 特 許 法 施 行 規 則 様 式 61の2の 備 考 4 様 式 62の 備 考 9などを 参 照 特 許 業 務 法 人 が 代 理 人 の 場 合 や 複 数 の 代 理 人 が 選 任 されている 場 合 には 面 接 等 を 合 理 的 に 進 める 上 でも 担 当 弁 理 士 の 明 確 化 にご 協 力 をお 願 いします 担 当 弁 理 士 は 合 議 体 からの 質 問 又 は 照 会 に 応 ずることを 主 として 担 当 する 者 です - 6 -

8 ( 知 的 財 産 部 員 等 )が 面 接 を 行 うことを 可 能 とします 上 記 (1)または(2)の 場 合 において 従 業 者 ( 知 的 財 産 部 員 等 )につい ては 必 要 に 応 じて 身 分 証 明 書 等 により 本 人 確 認 を 行 います ただし ( 電 話 や 面 接 時 の) 応 対 において 明 らかに 言 動 が 不 審 な 場 合 等 出 席 者 として 責 任 ある 対 応 をしていないと 合 議 体 が 判 断 した 場 合 は 合 議 体 が 委 任 状 を 求 める こともあります また 上 記 (1)(2)のいずれの 場 合 も 発 明 者 等 が 同 席 することを 妨 げ るものではありません 発 明 者 等 は 合 議 体 と 直 接 的 に 意 思 疎 通 を 図 ることが 可 能 です 2.2 委 任 状 ( 様 式 第 6 参 照 ) (1) 出 席 者 が 上 記 2.1(1)ア.または(2) 以 外 の 者 の 場 合 は 面 接 の 都 度 各 審 判 事 件 等 について 委 任 状 を 提 出 してください ただし 複 数 の 審 判 事 件 等 について 同 日 に 面 接 を 行 う 場 合 には 複 数 の 審 判 事 件 等 の 番 号 が 記 載 された 一 通 の 委 任 状 を そこに 記 載 された 一 の 審 判 事 件 等 の 面 接 時 に 提 出 し 他 の 審 判 事 件 等 の 面 接 時 にはその 謄 本 に 当 該 委 任 状 の 提 出 に 係 る 事 件 を 表 示 して 提 出 することができます 代 理 権 を 証 する 書 面 の 提 出 を 省 略 した 代 理 人 からの 委 任 であって この 代 理 人 に 復 任 権 を 有 する 包 括 委 任 状 がある 場 合 は 合 議 体 との 面 接 についての 委 任 状 に 包 括 委 任 状 番 号 を 記 載 したものを 提 出 し 復 任 権 を 有 する 包 括 委 任 状 がない 場 合 は 合 議 体 との 面 接 についての 委 任 状 と 復 代 理 人 の 復 任 権 を 有 する 委 任 状 とを 併 せて 提 出 す る 必 要 があります なお 面 接 以 後 上 記 (1)の 委 任 状 を 提 出 して 面 接 を 行 った 代 理 人 が 手 続 をする 場 合 は 特 許 法 施 行 規 則 第 9 条 の2の 規 定 に 基 づき 委 任 状 を 添 付 し た 代 理 人 選 任 届 または 代 理 人 受 任 届 を 提 出 する 必 要 があります ( 審 判 便 覧 参 照 ) (2) 委 任 事 項 の 内 容 は 審 判 番 号 を 特 定 し 例 えば 平 成 年 月 日 の 特 許 庁 審 判 官 との 面 接 としてください 提 出 された 委 任 状 は 面 接 記 録 に 添 付 されます (3) 審 判 請 求 書 類 等 に 記 載 されている 代 理 人 は 委 任 状 を 提 出 する 必 要 はあ りません また 審 判 請 求 書 類 等 に 記 載 されていない 代 理 人 であっても 包 括 委 任 状 が 既 に 特 許 庁 に 提 出 されている 場 合 には 委 任 状 の 提 出 は 不 要 です この 場 合 包 括 委 任 状 を 援 用 する 旨 を 事 前 に 合 議 体 に 連 絡 し 面 接 時 に 包 括 委 任 状 番 号 を 合 議 体 に 伝 えてください (4) 特 許 業 務 法 人 が 代 理 人 として 選 任 されている 場 合 当 該 特 許 業 務 法 人 に 所 属 する 弁 理 士 は 委 任 状 を 提 出 する 必 要 はありません 合 議 体 は 出 席 する - 7 -

9 弁 理 士 が 前 記 特 許 業 務 法 人 に 所 属 することを 審 判 請 求 書 類 等 における 担 当 弁 理 士 の 記 載 や 日 本 弁 理 士 会 のホームページ 等 で 確 認 します 3. 面 接 の 手 続 3.1 面 接 の 事 前 準 備 (1) 出 席 者 の 事 前 準 備 1 代 理 人 等 は 面 接 を 効 率 的 に 行 い 得 るように 事 前 に 問 題 点 等 を 検 討 整 理 するとともに 必 要 に 応 じて 面 接 資 料 ( 面 接 の 目 的 及 び 主 張 したいポイ ント 等 を 記 載 した 資 料 ( 様 式 第 3 参 照 ) 補 正 案 (3.6(1) 参 照 ) 先 行 技 術 を 示 す 文 献 DVDやCD 等 ひな 型 や 見 本 等 )を 作 成 し 提 供 す ることができます(3.4を 参 照 ) 面 接 資 料 の 記 載 形 式 は 自 由 ですが 面 接 において 代 理 人 等 が 説 明 を 希 望 す る 事 項 について 簡 明 に 記 載 してください 2 審 判 請 求 人 等 または 復 代 理 人 選 任 権 のある 代 理 人 から 合 議 体 との 面 接 に ついての 委 任 を 受 けた 復 代 理 人 等 合 議 体 との 面 接 について 委 任 状 が 必 要 な 場 合 は 委 任 状 を 準 備 してください (2) 出 席 者 の 事 前 準 備 (テレビ 面 接 特 有 の 事 項 ) テレビ 面 接 に 参 加 するためには 以 下 の 機 器 等 が 必 要 です なお テレビ 会 議 用 の 特 別 なソフトウェアをインストールする 必 要 はありません パソコン インターネット(ADSL 以 上 を 推 奨 )の 接 続 環 境 ウェブカメラ(カメラドライバのインストールが 必 要 な 場 合 がありま す) ヘッドセット(あるいはマイクとスピーカー) ファクシミリ テレビ 会 議 システムの 動 作 実 績 環 境 や 推 奨 動 作 環 境 についての 問 い 合 わせ 先 は 審 査 第 一 部 調 整 課 面 接 審 査 管 理 専 門 官 ( 内 3114)です 1 面 接 の 申 込 後 テレビ 面 接 の 時 間 が 確 定 したら 出 席 者 の 電 子 メールアド レス 宛 てに 審 査 第 一 部 調 整 課 面 接 審 査 管 理 専 門 官 から 招 待 メールが 届 きます 招 待 メールには テレビ 面 接 の 開 催 日 時 と 招 待 URLが 含 まれます なお ウェブカメラの 設 定 などテレビ 会 議 システ ムの 準 備 のため 合 議 体 と 合 意 したテレビ 面 接 の 開 始 時 刻 よりも30 分 早 い 時 刻 を 開 催 日 時 として 設 定 します - 8 -

10 2 招 待 メールに 示 された 開 催 日 時 以 降 招 待 URLへのアクセスが 可 能 です 招 待 URLへアクセスし ウェブサイト 上 の 会 議 室 へ 入 室 します (3) 合 議 体 の 事 前 準 備 1 合 議 体 は 面 接 に 先 立 って 出 席 者 の 来 訪 先 (JTビル 経 済 産 業 省 別 館 ま たは 特 許 庁 本 庁 舎 3 )を 連 絡 します 来 訪 先 が 経 済 産 業 省 別 館 または 特 許 庁 本 庁 舎 の 場 合 には 入 構 のための 事 前 登 録 を 行 います (JTビルについ ては 事 前 登 録 は 不 要 です ) 2 合 議 体 は 面 接 記 録 用 紙 ( 様 式 第 1 参 照 )や 審 判 請 求 異 議 の 申 立 て 等 に 関 する 書 類 を 準 備 します 3 テレビ 面 接 において 合 議 体 が 出 席 者 と 共 有 したい 資 料 がある 場 合 は 事 前 に 審 査 第 一 部 調 整 課 面 接 審 査 管 理 専 門 官 へ 資 料 を 送 付 します 3.2 面 接 時 の 手 続 (1) 出 席 者 の 手 続 1 事 前 に 通 知 しておいた 面 接 の 趣 旨 に 従 い 効 率 的 に 合 議 体 と 面 接 を 行 いま す また 面 接 資 料 を 提 出 する 場 合 には その 内 容 に 沿 って 説 明 すること もできます( 面 接 資 料 の 取 扱 いについては 3.4を 参 照 してください ) 2 日 本 語 で 意 思 疎 通 が 困 難 な 者 が 出 席 する 場 合 には 通 訳 を 立 ち 会 わせてく ださい 3 合 議 体 が 作 成 した 面 接 記 録 ( 様 式 第 1 参 照 )に 署 名 し その 写 しを 受 け 取 ってください (2) 合 議 体 の 手 続 1 必 要 に 応 じて 出 席 者 の 持 参 する 身 分 証 明 書 等 により 出 席 者 の 本 人 確 認 を 行 います 2 委 任 状 の 内 容 に 瑕 疵 がある 場 合 には 合 議 体 は 委 任 状 を 受 け 取 らず 誤 り を 正 した 委 任 状 を 提 出 することを 出 席 者 が 確 約 したときには 面 接 を 行 い ます ( 追 認 を 前 提 とした 面 接 の 実 施 )この 場 合 は 誤 りを 正 した 委 任 3 特 許 庁 審 判 部 へのアクセスについては 特 許 庁 HP( shiki/shinpan_iten.htm)を 参 照 してください - 9 -

11 状 が 提 出 されるまで 面 接 記 録 ( 様 式 第 1 参 照 )は 合 議 体 が 保 管 します 3 面 接 終 了 時 に 以 下 の 要 領 で 面 接 記 録 を 必 ず 作 成 します ア. 面 接 記 録 用 紙 ( 様 式 第 1 参 照 )に 審 判 番 号 面 接 日 時 合 議 体 を 構 成 する 審 判 長 審 判 官 の 氏 名 出 席 者 の 氏 名 とともに 面 接 の 内 容 ( 討 議 した 請 求 項 と その 補 正 案 等 ) 及 び 面 接 結 果 ( 面 接 における 意 見 交 換 で 得 ら れた 結 論 ) 等 を 記 入 します なお 包 括 委 任 状 を 援 用 する 場 合 には 面 接 委 任 状 を 有 として その 下 に 包 括 委 任 状 番 号 を 記 載 します 特 に 合 議 体 を 構 成 する 審 判 長 審 判 官 の 氏 名 出 席 者 の 氏 名 について は 自 署 してください イ. 面 接 記 録 を 作 成 し その 記 載 内 容 について 出 席 者 の 確 認 を 得 た 後 その 写 しを 出 席 者 に 渡 します テレビ 面 接 の 場 合 には 記 載 内 容 について 出 席 者 の 確 認 を 得 た 後 合 議 体 は 自 署 した 面 接 記 録 を 出 席 者 にファクシミリで 送 付 します 出 席 者 は 合 議 体 よりファクシミリにて 送 付 された 面 接 記 録 に 自 署 し 合 議 体 にファクシミリで 返 信 します ウ. 面 接 記 録 ( 委 任 状 面 接 資 料 等 を 含 む)は 電 子 ファイルに 格 納 する 等 に より 公 衆 の 閲 覧 に 供 することになります 3.3 面 接 記 録 の 記 載 内 容 面 接 記 録 は 面 接 の 目 的 内 容 及 び 結 果 などを 記 載 することにより 当 該 記 載 内 容 について 面 接 を 行 った 合 議 体 及 び 出 席 者 の 確 認 が 得 られていることを 示 し この 両 者 によって 確 認 された 事 項 に 基 づいて その 後 の 審 理 手 続 を 円 滑 に 進 めることを 目 的 とするとともに 第 三 者 に 対 しては 面 接 の 透 明 性 を 担 保 するものです したがって 面 接 記 録 を 作 成 する 際 には 出 席 者 及 び 第 三 者 が 面 接 の 目 的 内 容 及 び 結 果 を 把 握 できるよう 具 体 的 に 記 載 します 例 : 出 席 者 は 本 願 発 明 が 構 成 AによりBという 顕 著 な 効 果 を 奏 する 点 で 従 来 技 術 と 異 なる 旨 主 張 し 合 議 体 もこれを 理 解 した 出 席 者 は 面 接 の 際 に 主 張 した 内 容 を 後 日 提 出 する 意 見 書 に 記 載 する 例 : 出 席 者 は 提 示 した 補 正 案 により 先 に 通 知 した 拒 絶 の 理 由 は 解 消 する 旨 主 張 し 合 議 体 もこれに 同 意 した 出 席 者 は 面 接 の 際 に 述 べた 内 容 を 後 日 提 出 する 意 見 書 に 記 載 する 例 : 出 席 者 は 合 議 体 の という 指 摘 を 踏 まえて 意 見 書 及 び 手 続 補 正 書 を 作 成 し 提 出 する 3.4 面 接 資 料 について

12 (1) 面 接 資 料 の 提 出 等 1 面 接 資 料 として 提 示 されたもののうち その 内 容 をもとに 合 議 体 が 面 接 時 に 特 許 性 等 の 判 断 に 必 要 と 考 えたものについては 面 接 記 録 の 続 葉 または 審 判 事 件 等 に 係 る 提 出 物 件 として 提 出 してください 2 面 接 資 料 を 提 出 する 場 合 は 面 接 記 録 の 続 葉 として 電 子 ファイルに 格 納 で きるように 日 本 工 業 規 格 A 列 4 番 の 用 紙 を 用 いてください 3 面 接 資 料 としてひな 型 や 見 本 DVD CD 等 を 提 出 する 場 合 は 物 件 提 出 書 とともに 審 査 業 務 部 出 願 課 窓 口 に 提 出 してください なお 提 出 した ひな 形 等 の 返 還 に 関 しては 審 判 便 覧 16-01をご 参 照 ください 4 テレビ 面 接 において 提 示 された 面 接 資 料 が 書 面 の 場 合 出 席 者 は ファク シミリで 合 議 体 に 送 信 してください ただし 出 席 者 の 同 意 が 得 られた 場 合 には 合 議 体 がテレビ 会 議 システムから 直 接 印 刷 して 面 接 記 録 に 添 付 す ることができます 5 面 接 記 録 には 当 該 資 料 を 用 いて 面 接 を 行 った 旨 を 記 載 します (2) 返 却 すべき 面 接 資 料 1 面 接 資 料 として 提 示 されたもののうち 合 議 体 が 面 接 時 に 特 許 性 等 の 判 断 に 必 要 ないと 考 えたものについては 原 則 として 出 席 者 に 返 却 します 2 面 接 記 録 には 面 接 資 料 の 提 示 を 受 けたが 特 許 性 等 の 判 断 に 必 要 ないと 考 えるので 出 席 者 に 返 却 した 旨 を 記 載 します 3.5 面 接 後 の 手 続 (1) 代 理 人 等 の 手 続 1 面 接 後 に 回 答 する 旨 約 束 した 点 があれば 電 話 やファクシミリ 等 により 合 意 した 期 日 までに 速 やかに 回 答 してください 2 拒 絶 理 由 通 知 若 しくは 取 消 理 由 通 知 に 対 する 応 答 期 間 内 に 面 接 を 行 った 場 合 は 面 接 記 録 に 記 載 された 結 果 に 基 づいて 必 要 な 応 答 書 類 ( 意 見 書 手 続 補 正 書 等 )を 作 成 し 提 出 してください 3 面 接 終 了 後 に 面 接 記 録 に 記 載 された 面 接 結 果 と 異 なる 対 応 をする 理 由 が 生 じた 場 合 には 意 見 書 及 び 電 話 やファクシミリ 等 によりその 旨 合 議 体 に 連 絡 してください

13 4 面 接 の 内 容 を 前 提 として 意 見 書 の 記 載 内 容 を 簡 略 化 することはできませ ん (2) 合 議 体 の 手 続 1 面 接 後 に 回 答 する 旨 約 束 した 点 があれば 電 話 やファクシミリ 等 により 速 やかに 回 答 します 2 面 接 後 の 審 理 においては 面 接 記 録 に 記 載 された 結 果 を 尊 重 して 速 やか に 審 理 手 続 を 進 めます 3 面 接 終 了 後 に 新 たな 事 実 証 拠 を 発 見 した 等 の 理 由 により 面 接 記 録 に 記 載 された 面 接 結 果 と 異 なる 判 断 や 処 分 をする 場 合 その 旨 を 電 話 等 にて 代 理 人 等 に 通 知 した 上 でその 後 の 審 理 を 進 めます 4 面 接 を 前 提 として 拒 絶 理 由 通 知 書 等 の 記 載 内 容 を 簡 略 化 することは 原 則 行 いません 3.6 留 意 事 項 (1) 補 正 ができる 期 間 中 に 面 接 が 行 われ 出 席 者 から 補 正 案 等 について 意 見 を 求 められた 場 合 合 議 体 は 適 正 な 補 正 等 がなされるよう 可 能 な 範 囲 で 補 正 の 示 唆 等 を 含 め 意 見 ( 例 えば 補 正 案 が 先 に 通 知 した 拒 絶 の 理 由 を 解 消 したか 否 か 等 )を 面 接 時 または 面 接 終 了 後 に 速 やかに 述 べることが 推 奨 されます なお 補 正 ができる 期 間 外 に 補 正 案 が 示 されても 拒 絶 査 定 が 妥 当 なもの である 場 合 には 審 判 段 階 での 補 正 の 機 会 はありません (2) 面 接 後 に 合 議 体 の 変 更 等 があった 場 合 でも 面 接 の 結 果 を 十 分 に 踏 まえ て 審 理 手 続 を 進 めます 4. 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 電 話 やファクシミリ 等 による 応 対 も 面 接 と 同 様 に 代 理 人 等 と 合 議 体 が 審 理 に 関 して 意 思 の 疎 通 を 図 るために 行 われます 合 議 体 は 必 要 と 認 める 場 合 には 代 理 人 等 に 電 話 やファクシミリ 等 による 応 対 を 要 請 します また 代 理 人 等 から 電 話 やファクシミリ 等 による 応 対 の 要 請 があった 場 合 合 議 体 は 原 則 受 諾 します ただし 6. 面 接 等 の 要 請 に 応 じることができ

14 ない 事 例 に 該 当 する 場 合 には その 要 請 をお 断 りすることがあります 異 議 申 立 事 件 における 申 立 人 側 との 電 話 やファクシミリ 等 による 応 対 につい ても1.2(3)2のとおりとします なお 電 子 メールによる 連 絡 も 想 定 されますが 誤 送 信 やウイルス 等 により 情 報 が 容 易 に 拡 散 してしまう 可 能 性 が 完 全 に 否 定 できないこと 送 信 側 と 受 信 側 とでメールソフトが 異 なることによる 文 字 化 け 等 により 正 常 な 意 思 の 疎 通 を 行 えない 場 合 があること 応 対 の 内 容 が 審 理 に 係 るものの 場 合 は 審 判 請 求 人 等 にとって 重 要 な 未 公 開 の 情 報 を 含 むことがあり 得 ること 等 の 理 由 により 電 子 メールによる 連 絡 は 行 わないこととします ただし 面 接 日 程 の 調 整 等 単 なる 事 務 連 絡 に 電 子 メールを 利 用 すること は 可 能 です 4.1 代 理 人 等 の 応 対 者 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 においても 原 則 として 合 議 体 と 応 対 で きる 代 理 人 等 の 応 対 者 は 面 接 における 出 席 者 の 要 件 を 満 たす 必 要 があります ( 2.1 出 席 者 の 要 件 参 照 ) なお ファクシミリの 場 合 は 書 類 を 送 信 する 必 要 があるか 否 かについて 必 ず 事 前 に 合 議 体 に 確 認 してください 4.2 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 の 手 続 (1) 応 対 記 録 の 作 成 1 合 議 体 は 代 理 人 等 との 間 で 電 話 ファクシミリ 等 による 応 対 を 行 った 際 には 応 対 記 録 用 紙 ( 様 式 第 2 参 照 ) 等 を 用 いて 応 対 記 録 を 必 ず 作 成 し ます 2 応 対 記 録 は 応 対 の 都 度 作 成 します ただし 一 の 応 対 事 項 について 複 数 回 の 応 対 を 行 った 場 合 には 一 の 応 対 記 録 用 紙 にまとめて 記 入 すること もできます 3 応 対 者 は 応 対 記 録 の 記 載 内 容 を 確 認 したい 場 合 は 応 対 終 了 時 に 合 議 体 に 対 してその 旨 を 伝 えます 4 応 対 者 から 応 対 記 録 の 記 載 内 容 について 確 認 したい 旨 の 申 出 があった 場 合 合 議 体 は 応 対 記 録 ( 続 葉 のうち 応 対 者 が 控 えを 持 っているものは 除 く) を 電 子 ファイルへ 格 納 する 前 にファクシミリ 等 により 応 対 者 に 送 信 します (2) 応 対 記 録 の 記 載 内 容

15 応 対 記 録 は 面 接 記 録 同 様 応 対 の 内 容 や 結 果 などを 記 載 することにより 応 対 者 や 第 三 者 が 閲 覧 などによって 当 該 記 載 内 容 を 確 認 することを 可 能 とす るとともに 手 続 の 透 明 性 を 担 保 するものです したがって 応 対 記 録 を 作 成 する 際 には 応 対 の 内 容 や 結 果 を 応 対 者 及 び 第 三 者 が 把 握 できるよう 具 体 的 に 記 載 します (3) 応 対 資 料 について 審 判 事 件 等 について 応 対 者 が 提 出 した 書 類 が 大 量 にある 場 合 ファクシミ リでは1 頁 で 送 信 できず 複 数 枚 に 分 けて 送 信 した 図 表 等 の 場 合 には 合 議 体 が 審 査 業 務 部 出 願 課 へ 物 件 提 出 することを 応 対 者 に 要 請 することがあります (4) 留 意 事 項 ファクシミリによる 送 信 は 送 信 先 間 違 い 等 の 理 由 により 合 議 体 が 当 該 送 信 の 存 在 事 実 を 確 認 できない 事 態 を 生 じるおそれがあるため 必 ず 事 前 に 電 話 連 絡 によりファクシミリによる 送 信 希 望 を 申 し 出 て 審 判 事 件 等 を 担 当 する 部 門 名 若 しくは 面 接 管 理 担 当 者 名 担 当 審 判 長 ( 審 判 官 ) 名 並 びに 送 信 先 ファク シミリ 番 号 を 確 認 の 後 ファクシミリによる 送 信 を 行 ってください (5)その 他 3.5 面 接 後 の 手 続 及 び 3.6 留 意 事 項 は 電 話 ファクシミ リ 等 による 応 対 の 手 続 についても 同 様 です 5. 地 方 面 接 5.1 地 方 面 接 について 面 接 は 特 許 庁 内 で 行 われる 他 地 方 在 住 の 中 小 企 業 等 からの 審 判 事 件 等 に ついては 合 議 体 が 地 方 に 出 張 して 行 う 地 方 面 接 も 実 施 しています この 地 方 面 接 は 代 理 人 等 との 意 思 の 疎 通 を 密 にすることにより 審 理 の 促 進 を 図 ることを 主 たる 目 的 として 行 います 5.2 面 接 会 場 審 理 の 透 明 性 公 平 性 を 担 保 する 必 要 があることは 地 方 面 接 においても 当 然 のことであり この 観 点 から 面 接 会 場 は 代 理 人 等 とは 直 接 利 害 関 係 のな い 会 場 を 特 許 庁 側 が 手 配 します

16 5.3 地 方 面 接 の 際 の 工 場 見 学 等 地 方 面 接 時 の 工 場 見 学 等 については 地 方 面 接 の 目 的 が 面 接 に 係 る 審 判 事 件 等 の 審 理 促 進 であることから 事 前 の 工 場 見 学 及 び 実 地 の 技 術 説 明 等 が 当 該 審 判 事 件 等 に 係 る 技 術 背 景 の 理 解 を 得 る 等 個 別 の 事 件 の 審 理 促 進 に 直 接 関 連 する 場 合 には 合 議 体 から 審 判 請 求 人 等 に 依 頼 することがあります 6. 面 接 等 の 要 請 に 応 じることができない 事 例 以 下 のような 事 例 については 迅 速 かつ 的 確 な 審 理 に 資 するか 否 かの 観 点 か ら 面 接 等 を 受 諾 できない 場 合 がありますので 留 意 してください a. 合 議 体 への 連 絡 先 が 分 かっているにもかかわらず 合 議 体 に 対 して 事 前 連 絡 がない 場 合 例 : 事 前 連 絡 なく 来 庁 して 面 接 を 要 請 する 場 合 例 : 事 前 連 絡 なくファクシミリで 補 正 案 を 送 付 する 場 合 例 : 合 議 体 に 連 絡 せずに 約 束 した 面 接 の 時 間 に 遅 れたために 合 議 体 の 応 対 が 困 難 になった 場 合 b. 単 に 出 願 が 特 許 等 になるか 否 かについてのみ 問 合 わせる 場 合 c. 代 理 人 等 の 特 許 庁 への 手 続 可 能 期 間 内 の 面 接 等 であって 代 理 人 等 から 事 前 に 何 ら 具 体 案 の 提 示 や 準 備 がない 場 合 例 : 拒 絶 理 由 通 知 に 対 する 応 答 期 間 内 にもかかわらず 何 ら 具 体 的 な 補 正 案 や 意 見 書 案 がない 場 合 d. 審 理 終 結 の 通 知 後 に 面 接 等 の 要 請 があった 場 合 または 面 接 等 の 要 請 や 補 正 案 の 提 示 等 があった 時 点 で 特 許 庁 への 手 続 残 存 期 間 が 極 端 に 短 く 合 議 体 が 十 分 な 検 討 ができないと 判 断 した 場 合 例 : 翌 日 が 意 見 書 補 正 書 の 提 出 期 限 であるにも 係 わらず 期 限 前 日 の 面 接 を 要 請 して 合 議 体 に 補 正 案 の 見 解 等 を 求 める 場 合 e. 合 議 体 に 選 択 してもらうことを 意 図 して 複 数 の 補 正 案 を 一 度 に 提 示 した 場 合 や 合 議 体 の 見 解 を 受 けて 五 月 雨 式 に 複 数 の 補 正 案 を 提 示 した 場 合 であっ て これら 補 正 案 に 対 して 見 解 を 示 すことが 合 理 性 に 欠 けると 合 議 体 が 判 断 した 場 合 例 :ポイントが 大 きく 異 なる 複 数 の 補 正 案 を 提 示 し 合 議 体 が 最 も 妥 当 と 考 える 補 正 案 を 選 択 させるような 場 合 f. 上 申 書 等 の 中 身 が 単 に 面 接 を 希 望 する 旨 の 表 明 だけであって 具 体 的 な

17 内 容 が 記 載 されていない 場 合 g. 責 任 ある 対 応 をなし 得 ない 者 が 応 対 する 場 合 例 : 審 理 内 容 に 直 接 的 に 関 わる 事 項 について 弁 理 士 事 務 所 員 等 が 応 対 す る 場 合 h. 電 話 やファクシミリによる2 回 目 以 降 の 面 接 の 要 請 であって 代 理 人 等 の 予 定 している 面 接 の 内 容 が 前 回 の 内 容 と 実 質 的 に 同 じものと 合 議 体 が 判 断 した 場 合 i. 代 理 人 等 が 要 請 する 面 接 の 内 容 が 本 来 の 面 接 の 趣 旨 を 逸 脱 してい る 場 合 例 : 代 理 人 等 が 合 議 体 に 対 して 不 適 切 な 発 言 を 繰 り 返 したり 合 議 体 に 判 断 の 変 更 を 強 要 したり 同 様 の 主 張 を 繰 り 返 し 単 に 粘 ったりする 等 本 来 の 面 接 が 行 えないと 合 議 体 が 判 断 した 場 合 例 : 出 願 内 容 に 全 く 関 係 なく 特 許 等 の 制 度 や 手 続 の 説 明 を 主 に 求 められ た 場 合 j. 電 話 による 応 対 では 円 滑 な 意 思 疎 通 ができず かえって 誤 解 等 を 生 じる おそれがあると 合 議 体 が 判 断 した 場 合 (この 場 合 電 話 による 応 対 に 代 えて 面 接 を 要 請 することがあります) k. 面 接 を 開 始 したものの 出 席 者 の 中 に 上 記 2.1 出 席 者 の 要 件 の1 ~3の 要 件 を 満 たす 者 がいないと 合 議 体 が 判 断 した 場 合 (この 場 合 面 接 を 中 止 し 上 記 要 件 を 満 たす 者 が 面 接 に 出 席 するよう 出 席 者 に 要 請 します) 面 接 等 に 関 するお 問 い 合 わせ 特 許 庁 審 判 部 審 判 課 審 判 企 画 室 電 話 ( 内 線 5851)

18 ( 様 式 第 1) 面 接 記 録 1. 審 判 番 号 審 判 - 号 2. 特 許 庁 審 判 官 自 筆 で 記 入 3. 出 席 者 (1) (2) (3) 自 筆 で 記 入 (1) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 請 求 人, 申 立 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( ) ] 面 接 委 任 状 ( 有 無 ) (2) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 請 求 人, 申 立 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( ) ] 面 接 委 任 状 ( 有 無 ) (3) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 請 求 人, 申 立 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( ) ] 面 接 委 任 状 ( 有 無 ) 同 伴 者 (4) (5) (6) (4) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 発 明 者 b. 従 業 者 c. 事 務 所 員 d.その 他 ( ) ] (5) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 発 明 者 b. 従 業 者 c. 事 務 所 員 d.その 他 ( ) ] (6) A. 請 求 人 側, 申 立 人 側 B. 被 請 求 人 側, 権 利 者 側 [ a. 発 明 者 b. 従 業 者 c. 事 務 所 員 d.その 他 ( ) ] 4. 面 接 日 時 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) 5. 面 接 要 請 日 平 成 年 月 日 要 請 者 a. 審 判 官 b. 請 求 人, 申 立 人 c. 被 請 求 人, 権 利 者 e.その 他 ( ) 6. 面 接 内 容 a. 本 件 の 技 術 説 明 又 は 商 品 説 明 b. 願 書 及 び 添 付 図 面 等 の 説 明 ( 意 匠 ) c. 本 件 と 先 行 技 術 等 との 対 比 d. 補 正 書 補 正 案 訂 正 請 求 書 訂 正 案 等 の 説 明 e. 審 判 長 の 通 知 等 に 対 する 問 い 合 わせ f.その 他 ( ) 面 接 の 具 体 的 内 容 なお 上 記 3.の 発 明 者 は 考 案 者 創 作 者 と 読 み 替 えることとする 続 葉 頁 有 り

19 ( 審 判 番 号 審 判 - 号 ) 7. 面 接 結 果 a. 出 席 者 等 の 説 明 の 内 容 を ( 理 解 した 理 解 しなかった ) b. 提 示 された 補 正 案 または 訂 正 案 等 について さらに 検 討 する c. 提 示 された 補 正 案 または 訂 正 案 等 は 補 正 または 訂 正 の 要 件 を ( 満 たしている 下 記 の 理 由 で 満 たしていない ) 審 判 官 d. 下 記 の 理 由 で 平 成 年 月 日 付 補 正 書 または 訂 正 請 求 書 等 により 合 議 体 請 求 項 ( )は 拒 絶 理 由 または 無 効 理 由 を( 有 しない 有 する ) e.( 意 匠 ) 下 記 の 理 由 で 平 成 年 月 日 付 提 示 補 正 案 により ( 願 書 添 付 図 面 等 )の 記 載 の 不 備 の 拒 絶 理 由 または 無 効 理 由 を( 有 しない 有 する ) f.( 補 正 訂 正 )について 下 記 のような 点 の 示 唆 を 含 め 意 見 を 述 べた g. 面 接 の 内 容 を 踏 まえて 下 記 の 事 項 をさらに 検 討 する h. 拒 絶 理 由 通 知 書 を 後 日 送 付 する i. 審 判 長 の 通 知 書 の 意 図 を( 理 解 した 下 記 の 点 について 理 解 しなかった ) 出 席 者 等 j. 再 度 ( 技 術 説 明 先 行 技 術 との 対 比 補 正 書 または 訂 正 請 求 書 ) 等 の 説 明 を 行 う k 再 度 ( 補 正 案 訂 正 案 )の 提 出 を 行 う l.( 意 匠 ) 再 度 ( 願 書 添 付 画 面 等 )の 記 載 の 不 備 の 補 正 を 行 う m.( 審 判 官 出 席 者 )は 回 答 を 保 留 した 下 記 の 点 につき 速 やか に 回 答 する 共 通 n.( 審 判 官 出 席 者 )は 後 日 下 記 の 事 項 を 行 う o.その 他 ( ) 記 審 判 官 合 議 体 は この 面 接 の 終 了 後 に 新 事 実 又 は 新 証 拠 を 発 見 した 等 の 理 由 により 上 記 面 接 結 果 と 異 なった 取 扱 いをする 場 合 は その 旨 を 電 話 等 にて 通 知 する 出 席 者 等 は この 面 接 の 終 了 後 に 上 記 面 接 結 果 と 異 なった 対 応 をする 理 由 が 生 じた 場 合 には 意 見 書 及 び 電 話 やファクシミリ 等 によってその 旨 を 述 べる 添 付 書 類 a. 委 任 状 b. 面 接 資 料 c.dvdまたはcd 等 d.その 他 ( ) 添 付 資 料 を 含 め 全 頁

20 応 対 記 録 ( 電 話 応 対 ファクシミリ 書 類 提 出 等 ) ( 様 式 第 2) (その1) 1. 審 判 番 号 審 判 - 号 2. 特 許 庁 審 判 官 3. 応 対 者 (1) 請 求 人 側 (a. 請 求 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( )) (2) 被 請 求 人 側 (a. 被 請 求 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( )) (3) 異 議 申 立 事 件 a. 申 立 人 側 (イ. 申 立 人 ロ. 弁 理 士 ハ.その 他 ( )) b. 権 利 者 側 (イ. 権 利 者 ロ. 弁 理 士 ハ.その 他 ( )) 応 対 1 年 月 日 手 段 ( 電 話 ファクシミリ その 他 ) 発 信 者 ( 審 判 官 応 対 者 側 ) ( 特 実 ) 1. 明 細 書 又 は 図 面 の 補 正 を 示 唆 ( 内 容 は[ 備 考 ]を 参 照 ) 2. 技 術 説 明 の 要 請 説 明 日 は ( 月 日 後 日 調 整 )とする ( 意 匠 ) 3. 願 書 ( 意 匠 に 係 る 物 品 本 意 匠 等 )の 補 正 を 示 唆 ( 内 容 は[ 備 考 ]を 参 照 ) 4. 図 面 の 補 正 を 示 唆 ( 商 標 ) 5. 指 定 商 品 役 務 の 記 載 の 補 正 を 示 唆 ( 内 容 は[ 備 考 ]を 参 照 ) 6. 指 定 商 品 役 務 の 説 明 書 カタログの 提 出 を 要 請 ( 共 通 ) 7. 応 対 者 は 月 日 までに( 補 正 案 または 訂 正 案 等 を 送 付 する 回 答 する ) [ 備 考 ] 応 対 2 年 月 日 手 段 ( 電 話 ファクシミリ その 他 ) 発 信 者 ( 審 判 官 応 対 者 側 ) 1. 補 正 案 または 訂 正 案 の 送 付 2. 技 術 説 明 日 の 調 整 月 日 とする [ 備 考 ] 応 対 3 年 月 日 手 段 ( 電 話 ファクシミリ その 他 ) 発 信 者 ( 審 判 官 応 対 者 側 ) 1. 補 正 案 または 訂 正 案 を( 了 承 した 再 度 示 唆 した ) 提 出 期 限 は 月 日 とする 2. 後 日 拒 絶 理 由 通 知 書 を 送 付 する [ 備 考 ] 応 対 4 年 月 日 手 段 ( 電 話 ファクシミリ その 他 ) 発 信 者 ( 審 判 官 応 対 者 側 ) 1. 補 正 案 または 訂 正 案 の 送 付 [ 備 考 ] 応 対 5 年 月 日 手 段 ( 電 話 ファクシミリ その 他 ) 発 信 者 ( 審 判 官 応 対 者 側 ) 1. 補 正 案 または 訂 正 案 を( 了 承 した 再 度 示 唆 した ) 提 出 期 限 は 月 日 とする 2. 後 日 拒 絶 理 由 通 知 書 を 送 付 する [ 備 考 ] その 他 ( 特 記 事 項 応 対 の 続 き 等 ) 審 判 官 合 議 体 は この 応 対 の 終 了 後 に 新 事 実 又 は 新 証 拠 を 発 見 した 等 の 理 由 により 上 記 応 対 結 果 と 異 なった 取 扱 いをする 場 合 は その 旨 を 電 話 等 にて 通 知 する 応 対 者 は この 応 対 の 終 了 後 に 上 記 応 対 結 果 と 異 なった 対 応 をする 理 由 が 生 じた 場 合 には 意 見 書 及 び 電 話 やファクシミリ 等 によって その 旨 を 述 べる 添 付 書 類 a. ファクシミリ b. 提 出 資 料 c. その 他 ( ) 続 葉 頁 有 無 添 付 書 類 を 含 め 全 頁

21 応 対 記 録 ( 電 話 応 対 ファクシミリ 書 類 提 出 等 ) ( 様 式 第 2) (その2) 1. 審 判 番 号 審 判 - 号 2. 特 許 庁 審 判 官 3. 応 対 者 (1) 請 求 人 側 (a. 請 求 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( )) (2) 被 請 求 人 側 (a. 被 請 求 人 b. 弁 理 士 c. 従 業 者 d.その 他 ( )) (3) 異 議 申 立 事 件 a. 申 立 人 側 (イ. 申 立 人 ロ. 弁 理 士 ハ.その 他 ( )) b. 権 利 者 側 (イ. 権 利 者 ロ. 弁 理 士 ハ.その 他 ( )) 4. 応 対 種 別 年 月 日 及 び 発 信 者 応 対 種 別 応 対 日 時 発 信 ( 提 出 ) 者 a. 電 話 b.ファクシミリ a. 審 判 官 c. 書 類 提 出 b. 請 求 人 側 c. 被 請 求 人 d.その 他 d. 申 立 人 側 e. 権 利 者 側 応 対 ( ) a. b. c. d 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) a. b. c. d. e 応 対 ( ) a. b. c. d 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) a. b. c. d. e 応 対 ( ) a. b. c. d 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) a. b. c. d. e 応 対 ( ) a. b. c. d 平 成 年 月 日 ( : ~ : ) a. b. c. d. e 5. 応 対 内 容 6. 応 対 結 果 ( 記 号 ) 応 対 ( ) 応 対 ( ) 応 対 ( ) 応 対 ( ) 応 対 ( ) [ 応 対 結 果 の 記 号 一 覧 ] a. 下 記 の 点 で 面 接 が 迅 速 かつ 的 確 な 審 理 に 資 さないと 判 断 し その 内 容 等 の 改 善 を 要 請 したが 応 対 者 がその 要 請 に 応 じなかったので 以 後 の 面 接 等 は 行 わない b. 応 対 者 の 説 明 した 補 正 書 案 または 訂 正 案 等 について さらに 検 討 を 加 える c. 当 該 事 件 が 審 理 着 手 時 期 に 至 っていないため 平 成 年 月 日 頃 再 度 面 接 を( 文 書 ファクシミリ ) 等 で 要 請 するよう 依 頼 した d. 応 対 者 の 説 明 内 容 を( 理 解 した 下 記 の 点 について 理 解 しなかった ) 審 e. 平 成 年 月 日 付 提 示 の 補 正 書 案 または 訂 正 案 等 は ( 補 正 訂 正 )の 要 件 を( 満 たしている 下 記 の 理 由 で 満 たしていない ) 旨 の 心 証 を 得 た f. 平 成 年 月 日 付 提 示 の 補 正 書 案 または 訂 正 案 等 により ( 補 正 訂 正 ) 後 の 本 願 明 細 書 の 請 求 項 ( )については 拒 絶 理 由 または 無 効 理 由 を( 判 有 しない 有 する ) 旨 の 心 証 を 得 た g. ( 意 匠 ) 平 成 年 月 日 付 提 示 補 正 案 により 補 正 後 の( 願 書 添 付 図 面 等 )は 記 載 の 不 備 の 拒 絶 理 由 または 無 効 理 由 を( 有 しない 有 する ) 旨 の 心 官 証 を 得 た h. 補 正 について 下 記 の 点 の 示 唆 を 含 め 意 見 を 述 べた i. 応 対 の 内 容 を 踏 まえて 下 記 の 点 をさらに 検 討 する j. 拒 絶 理 由 通 知 書 を 後 日 送 付 する k. 審 判 長 の 通 知 等 の 意 図 を( 理 解 した 下 記 の 点 について 理 解 しなかった ) l. 下 記 の 理 由 で 再 度 ( 技 術 説 明 先 行 技 術 との 対 比 補 正 書 訂 正 書 ) 等 の 説 明 を 行 う m. ( 意 匠 ) 下 記 の 理 由 で 再 度 ( 願 書 添 付 図 面 等 )の 記 載 の 不 備 の 補 正 を 行 う 応 対 者 共 通 n. 平 成 年 月 日 付 ( 拒 絶 無 効 訂 正 拒 絶 ) 理 由 通 知 書 に 記 載 された 理 由 に 対 し ( 意 見 書 補 正 書 答 弁 書 訂 正 請 求 書 )を 提 出 しない o. p. q. r. 応 対 記 録 の( 確 認 /(ファクシミリ 普 通 郵 便 )による 送 付 )を 申 し 出 た ( 審 判 官 応 対 者 )は 回 答 を 保 留 した 下 記 の 点 につき 速 やかに 回 答 する ( 審 判 官 応 対 者 )は 後 日 下 記 の 事 項 を 行 う その 他 ( 下 記 参 照 ) 記 審 判 官 合 議 体 は この 応 対 の 終 了 後 に 新 事 実 又 は 新 証 拠 を 発 見 した 等 の 理 由 により 上 記 応 対 結 果 と 異 なった 場 合 は その 旨 を 電 話 等 にて 通 知 する 応 対 者 は この 応 対 の 終 了 後 に 上 記 応 対 結 果 と 異 なった 対 応 をする 理 由 が 生 じた 場 合 には 意 見 書 及 び 電 話 やファクシミリ 等 によってその 旨 を 述 べる 添 付 書 類 a. ファクシミリ b. 提 出 資 料 c. その 他 ( ) 添 付 書 類 を 含 め 全 頁 続 葉 頁 有 無

22 面 接 資 料 の 記 載 例 ( 様 式 第 3) ( 拒 絶 理 由 通 知 に 対 する 補 正 案 の 提 示 及 びその 説 明 ) 1. 事 件 の 表 示 審 判 - 特 願 - 2. 事 件 の 名 称 乳 液 状 皮 膚 化 粧 料 3. 出 席 者 弁 理 士 4. 面 接 内 容 (1) 補 正 案 のポイント 請 求 項 における A. 植 物 油 B. 水 溶 性 塩 C. 水 溶 性 高 分 子 D. 界 面 活 性 剤 を 含 有 することを 特 徴 とする 乳 液 状 皮 膚 化 粧 料 と 補 正 する (2) 補 正 案 の 説 明 請 求 項 における C を 構 成 に 加 える 補 正 は 出 願 当 初 の 明 細 書 ( 例 えば, 頁 ~ 頁 に 記 載 された 事 項 から 直 接 的 および 一 義 的 に 導 き 出 せる 事 項 である (3) 引 用 文 献 との 対 比 請 求 項 本 願 発 明 の 補 正 案 ( 補 正 箇 所 アンダーライン) 引 用 文 献 1 引 用 文 献 2 1 A. 植 物 油 B. 水 溶 性 塩 C. 水 溶 性 高 分 子 D. 界 面 活 性 剤 を 含 有 することを 特 徴 とする 乳 液 状 皮 膚 化 粧 料 前 記 C. 水 溶 性 高 分 子 として 2 アルギン 酸 ナトリウムを 適 用 し た 請 求 項 1 に 記 載 の 皮 膚 化 粧 料 効 A. 油 B. 水 溶 性 塩 D. 界 面 活 性 剤 を 含 有 する 乳 液 状 化 粧 料 A. 油 脂 成 分 B. 塩 化 ナトリウム D. 非 イオン 界 面 活 性 剤 E. 皮 膚 浸 透 剤 を 含 有 する 皮 膚 外 用 剤 果 乳 化 安 定 性 保 湿 皮 膚 浸 透 作 用 説 明 参 考 資 料 (1)の 頁 の 表 3においても 示 されるように 本 願 発 明 は 上 記 引 用 文 献 1 又 は 引 用 文 献 2に 記 載 された 化 粧 料 又 は 皮 膚 外 用 剤 と 比 較 して 格 別 に 入 荷 安 定 性 の 向 上 が 図 れたものである 引 用 文 献 1: 月 日 付 けの 拒 絶 理 由 通 知 書 によって 引 用 された 引 用 文 献 1 引 用 文 献 2: 月 日 付 けの 拒 絶 理 由 通 知 書 によって 引 用 された 引 用 文 献 2 参 考 資 料 : 参 考 資 料 (1)

23 ( 様 式 第 4) 上 申 書 ( 非 電 子 出 願 様 式 )の 記 載 例 上 申 書 ( 平 成 年 月 日 ) 特 許 庁 審 判 長 殿 1 事 件 の 表 示 審 判 - 2 上 申 をする 者 住 所 名 称 3 代 理 人 住 所 名 称 電 話 番 号 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3 丁 目 4 番 3 号 特 許 株 式 会 社 代 表 者 特 許 次 郎 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1 丁 目 3 番 1 号 知 的 太 郎 上 申 の 内 容 本 件 審 理 着 手 の 際 審 判 官 との 面 接 を 希 望 します 面 接 希 望 内 容 は 以 下 のとおり 本 願 発 明 の 技 術 説 明 及 び 先 行 技 術 調 査 の 報 告

24 上 申 書 ( 電 子 出 願 様 式 )の 記 載 例 ( 様 式 第 5) 書 類 名 上 申 書 提 出 日 平 成 年 月 日 あて 先 特 許 庁 審 判 長 殿 事 件 の 表 示 審 判 番 号 審 判 - 出 願 番 号 特 願 - 上 申 をする 者 識 別 番 号 住 所 又 は 居 所 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3 丁 目 4 番 3 号 氏 名 又 は 名 称 特 許 株 式 会 社 ( 代 表 者 特 許 太 郎 ) 代 理 人 識 別 番 号 住 所 又 は 居 所 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1 丁 目 3 番 1 号 氏 名 又 は 名 称 知 的 次 郎 ( 代 表 者 特 許 太 郎 ) 電 話 番 号 上 申 の 内 容 本 件 審 理 着 手 の 際 審 判 官 との 面 接 を 希 望 します 面 接 希 望 内 容 は 以 下 のとおり 本 願 発 明 の 技 術 説 明 及 び 先 行 技 術 調 査 結 果 の 報 告

25 委 任 状 ( 様 式 第 6) 平 成 年 月 日 私 こと 弁 理 士 をもって 代 理 人 とし 下 記 の 件 につき 平 成 年 月 日 の 特 許 庁 審 判 官 との 面 接 を 委 任 します 記 1. 審 判 - 特 願 - 住 所 ( 居 所 ) 株 式 会 社 代 表 者 印

26 ( 様 式 第 7) 面 接 通 知 書 審 判 請 求 の 番 号 不 服 - ( 特 許 出 願 の 番 号 ) ( 特 願 - ) 起 案 日 平 成 年 月 日 審 判 長 特 許 庁 審 判 官 請 求 人 代 理 人 弁 理 士 審 判 請 求 人 様 様 この 審 判 事 件 について 人 の 申 し 出 による 面 接 をいたしますので あらかじめ 審 判 官 ( )と 電 話 連 絡 ( 内 線 )により 出 頭 日 時 を 打 ち 合 わせて 下 さい なお 審 判 官 との 打 合 せは 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までにして 下 さい この 通 知 に 関 するお 問 い 合 わせがございましたら 下 記 までご 連 絡 下 さい 審 判 部 第 部 門 審 判 官 電 話 03(3581)1101 内 線 ファクシミリ03(3584)

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受

目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3. 面 接 の 要 請 と 受 面 接 ガイドライン 特 許 審 査 編 ( 平 成 26 年 10 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 26 年 10 月 特 許 庁 目 次 はじめに... - 1-1. 面 接 等 の 種 類... - 2-1.1 面 接 とは... - 2-1.2 面 接 の 代 表 例 とその 概 要... - 2-2. 面 接 等 が 可 能 な 期 間 及 び 面 接 を 行 う 場 所... - 4-3.

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378>

<31328B4B96F18DEC90AC8FE382CC97AF88D38E968D8091BC28377E E786C7378> 地 縁 団 体 規 約 作 成 例 と 作 成 上 の 留 意 事 項 資 料 1 規 約 の 例 を 示 すと 次 のとおりです ただし これは 一 般 的 な 例 を 示 したものに 過 ぎないの で 各 地 縁 団 体 で 規 約 作 成 に 当 たっては 規 約 例 及 び 留 意 点 を 参 考 としながら 各 地 縁 団 体 の 実 情 に 合 った 定 めをすることが 必 要 です なお

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約)

Microsoft Word - 旅行業約款(募集型企画旅行PEX契約) 旅 行 業 約 款 ( 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 /PEX 約 款 ) 社 団 法 人 日 本 旅 行 業 協 会 保 証 社 員 株 式 会 社 シイ.エイ.エヌ 第 一 章 総 則 ( 適 用 範 囲 ) 第 一 条 当 社 が 旅 行 者 との 間 で 締 結 する 募 集 型 企 画 旅 行 に 関 する 契 約 ( 以 下 募 集 型 企 画 旅 行 契 約 といいま)は この

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ

(2) 再 生 医 療 等 製 品 等 の 品 質 及 び 安 全 性 に 係 る 相 談 開 発 初 期 段 階 から 治 験 計 画 の 届 出 を 行 う 前 までの 再 生 医 療 等 製 品 又 はヒトの 体 内 で 導 入 遺 伝 子 を 発 現 させることを 意 図 した 製 品 であ 改 正 後 全 文 薬 事 戦 略 相 談 に 関 する 実 施 要 綱 平 成 23 年 6 月 30 日 一 部 改 正 平 成 25 年 7 月 1 日 一 部 改 正 平 成 25 年 9 月 24 日 一 部 改 正 平 成 26 年 2 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 11 月 21 日 一 部 改 正 平 成 27 年 9 月 15 日 一 部 改 正 平 成 28 年

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63>

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63> 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 ガイドライン とい います) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きな どに 関 して ガイドラインとヤフオク!ガイドラインなどとの

More information

村 税 滞 納 整 理 機 構 が 下 見 会 を 実 施 する 財 産 については 下 見 会 で 財 産 を 確 認 してください なお 公 売 財 産 が 不 動 産 の 場 合 内 覧 会 などは 行 いませんので 現 地 確 認 などはご 自 身 で 行 ってください 現 地 確 認 など

村 税 滞 納 整 理 機 構 が 下 見 会 を 実 施 する 財 産 については 下 見 会 で 財 産 を 確 認 してください なお 公 売 財 産 が 不 動 産 の 場 合 内 覧 会 などは 行 いませんので 現 地 確 認 などはご 自 身 で 行 ってください 現 地 確 認 など 十 勝 圏 複 合 事 務 組 合 十 勝 市 町 村 税 滞 納 整 理 機 構 インターネット 公 売 ガイドライン 十 勝 圏 複 合 事 務 組 合 十 勝 市 町 村 税 滞 納 整 理 機 構 ( 以 下 十 勝 市 町 村 税 滞 納 整 理 機 構 という)インターネット 公 売 をご 利 用 いただくには 以 下 の 十 勝 市 町 村 税 滞 納 整 理 機 構 インターネット

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 )

目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 目 次 主 な 用 語 の 説 明 1 土 地 収 用 制 度 の 概 要 3 土 地 収 用 制 度 とは 何 か 3 土 地 を 収 用 することのできる 事 業 ( 収 用 適 格 事 業 ) 3 収 用 手 続 の 流 れ 4 事 業 認 定 代 執 行 等 の 手 続 フロー( 概 要 ) 5 事 業 認 定 の 概 要 6 事 業 認 定 とは 何 か 6 都 市 計 画 事 業 の 取

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10

目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10 ( 参 考 ) 公 募 説 明 資 料 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センター 山 羊 の 配 布 平 成 28 年 月 日 独 立 行 政 法 人 家 畜 改 良 センター 茨 城 牧 場 長 野 支 場 目 次 1 公 募 説 明 書 1 2 公 募 参 加 心 得 書 5 3 誓 約 書 ( 案 ) 7 4 仕 様 書 9 5 応 募 資 料 作 成 基 準 10 公 募 説 明 書

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の

6. 予 算 限 度 額 総 額 4,273,000 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 む) 以 内 とする なお この 予 算 限 度 額 には 返 礼 品 代 は 含 まれない 7. 受 注 決 定 までの 事 務 手 順 項 目 日 程 プロポーザル 公 募 要 項 の 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 推 進 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 1. 目 的 南 相 馬 市 が 行 う 南 相 馬 市 ふるさと 応 援 寄 附 金 のインターネットを 利 用 した 受 付 サイ ト 構 築 返 礼 品 等 に 関 連 する 業 務 及 びその 他 関 連 業 務 の 代 行 業 務 に 関 し 事 業 者 を 選 定 するため 公 募 型 プロポーザル(

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容

Ⅰ 調 査 の 対 象 平 成 7 年 6 月 日 から 平 成 8 年 5 月 日 までの 間 に 貴 社 が 行 った 下 請 取 引 について, 報 告 し てください 下 請 法 の 適 用 を 受 ける 下 請 取 引 を 行 っているか 否 かについては, 次 の 第 取 引 の 内 容 公 取 下 第 50 号 平 成 8 年 6 月 4 日 代 表 者 殿 公 正 取 引 委 員 会 下 請 事 業 者 との 取 引 に 関 する 調 査 について 公 印 省 略 公 正 取 引 委 員 会 は, 下 請 取 引 の 公 正 化 を 図 るため, 下 請 代 金 支 払 遅 延 等 防 止 法 ( 以 下 下 請 法 といいます )を 中 小 企 業 庁 と 協 力 して 運 用

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

H28_2-外国特許

H28_2-外国特許 平 成 28 年 度 外 国 特 許 出 願 費 用 助 成 事 業 公 募 の ご 案 内 1 事 業 目 的 本 助 成 事 業 は 優 れた 技 術 等 を 有 し かつ それらを 海 外 において 広 く 活 用 しようとする 都 内 の 中 小 企 業 者 等 に 対 し 外 国 特 許 出 願 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 することによって 中 小 企 業 の 国 際 競

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B90A78CC0957488EA94CA8BA3918893FC8E44899E95E588C493E08140816993648E71313030373035816A2E646F63> 制 限 付 一 般 競 争 入 札 の 応 募 案 内 ( 工 事 電 子 方 式 ) 明 石 市 財 務 部 契 約 課 この 応 募 案 内 は 明 石 市 財 務 部 契 約 課 及 び 明 石 市 水 道 部 ( 以 下 契 約 課 という )の 発 注 する 工 事 の 制 限 付 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 方 式 )の 参 加 にあたり 必 要 な 手 続 きや 注 意 事 項

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊

2 業 務 目 的 (1) 本 業 務 は 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 推 進 区 域 における 住 宅 地 整 備 事 業 を 推 進 するために 行 う 調 査 事 業 計 画 策 定 等 業 務 を 行 うも のである (2) 静 波 地 区 安 全 で 豊 平 成 27 年 度 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 らし 空 間 創 生 住 宅 地 整 備 事 業 に 伴 う 調 査 及 び 計 画 策 定 事 業 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 1 本 特 記 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 都 市 計 画 総 務 費 静 波 地 区 安 全 で 豊 かな 暮 ら し 空 間 創 生 住 宅 地 整

More information

開発行為に関するご案内

開発行為に関するご案内 1 平 成 26 年 4 月 1 日 改 定 1 窓 口 相 談 の 手 引 き 窓 口 相 談 の 流 れ 開 発 行 為 事 前 相 談 カード 2 開 発 許 可 の 手 引 き 1 開 発 行 為 2 開 発 区 域 3 開 発 許 可 の 基 準 等 4 開 発 許 可 の 設 計 ( 技 術 的 基 準 ) 4-(1) 路 の 技 術 的 基 準 ( 抜 粋 ) 4-(2) 公 園 等

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

経産省の総会運営ガイドライン

経産省の総会運営ガイドライン Legal and Tax Report 経 産 省 の 総 会 運 営 ガイドライン 震 災 対 応 も 含 めて 2011 年 5 月 31 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 2011 年 4 月 28 日 経 産 省 は 当 面 の 株 主 総 会 の 運 営 について を 公 表 した これは 有 識 者 や 実 務 担 当 者 によるタスクフォースでの

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

固定資産評価審査申出とは

固定資産評価審査申出とは H28.4 伊 那 市 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 1 固 定 資 産 評 価 審 査 申 出 とは 固 定 資 産 税 の 納 税 者 は 固 定 資 産 課 税 台 帳 に 登 録 された 価 格 に 不 服 がある 場 合 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 に 審 査 の 申 出 ( 以 下 審 査 申 出 といいます )ができます 固 定 資 産 評 価 審 査 委

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手

は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 申 請 の 手 引 平 成 24 年 3 月 東 京 都 収 用 委 員 会 事 務 局 は じ め に この 申 請 の 手 引 きは 起 業 者 が 裁 決 の 申 請 と 明 渡 裁 決 の 申 立 てをする 際 に 必 要 になると 思 われる 点 についてまとめたものです まず 収 用 制 度 の 意 味 と 土 地 収 用 法 における 用 語 を 説 明 します 次 に 手 続 編 で

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

平成23年度

平成23年度 沖 縄 県 委 託 事 業 平 成 2 8 年 度 ライフスタイルイノベーション 創 出 推 進 事 業 公 募 要 領 公 募 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 25 日 ( 水 ) 相 談 期 間 : 平 成 28 年 4 月 11 日 ( 月 )~5 月 20 日 ( 金 ) 9:00~17:00 書 類 提 出 期 間 : 平 成 28 年 5 月 23 日

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添

(2) 本 人 本 人 の 配 偶 者 及 び 扶 養 義 務 者 の 前 年 (1 月 から3 月 までの 間 に 申 請 する ときは 前 々 年 )の 所 得 を 確 認 できる 書 類 (3) その 他 市 長 が 必 要 と 認 めた 書 類 2 市 長 は 前 項 の 申 請 書 に 添 茨 木 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 等 で 年 金 制 度 上 の 理 由 により 国 民 年 金 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 141 号 )に 規 定 する 老 齢 年 金 等 を 受 給 することができない 高 齢 者 に 対 し 在 日 外 国 人 高 齢 者 福 祉 金 ( 以 下 高

More information

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ

日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって (3) その 他 別 紙 審 査 原 稿 の 流 れ 図 ( 基 本 ) 審 査 原 稿 の 流 れ 別 添 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 平 成 2 3 年 4 月 1 日 改 訂 社 団 法 人 日 本 獣 医 師 会 獣 医 学 術 学 会 誌 編 集 委 員 会 日 本 獣 医 師 会 学 会 学 術 誌 編 集 申 合 せ 事 項 目 次 1 目 的 2 審 査 の 手 順 3 留 意 すべき 事 項 (1) 編 集 にあたって (2) 審 査 にあたって

More information

Microsoft Word - ●大規模小売店舗立地法の手引(新)完成版下線なし 250401

Microsoft Word - ●大規模小売店舗立地法の手引(新)完成版下線なし 250401 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 手 引 平 成 25 年 4 月 広 島 市 経 済 観 光 局 産 業 振 興 部 商 業 振 興 課 この 手 引 は 広 島 市 内 において 大 規 模 小 売 店 舗 を 設 置 する 場 合 又 は 大 規 模 小 売 店 舗 の 施 設 の 配 置 や 運 営 方 法 などを 変 更 する 場 合 に 必 要 となる 大 規 模 小 売 店

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698F898D5A836083468362834E8F4390B38DCF816A3238303330375F8B8C90A7937881458EF38B8B82B782E982C982CD816996DA8E9F82C6967B95B6816A2E646F6378> 2016 3 目 次 1 経 営 移 譲 年 金 と 農 業 者 老 齢 年 金 について 2 これから 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 しようとされる 方 へ 2-1 経 営 移 譲 年 金 を 受 給 するには 4 2-1-1 経 営 移 譲 とは 4 2-1-2 加 算 付 年 金 8 2-2 実 体 を 伴 った 経 営 移 譲 を 行 うために 11 2-3 支 給 開 始 時 期

More information

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予

手 続 方 法 要 件 の 確 認 1 換 価 の 猶 予 (3ページ) 税 金 を 一 時 に 納 付 することにより 事 業 の 継 続 又 は 生 活 の 維 持 を 困 難 にするおそれ があり かつ 納 税 に 対 する 誠 実 な 意 思 を 有 すると 認 められる 場 合 は 猶 予 猶 予 申 請 の 手 引 き 猶 予 制 度 とは 税 金 を 滞 納 すると 納 付 するまで 延 滞 金 がかかります また 督 促 状 を 受 けて 10 日 を 経 過 してもなお 納 付 されない 場 合 は 財 産 を 調 査 し 差 押 えなどの 滞 納 処 分 を 受 ける ことがあります ただし 税 金 を 一 時 に 納 付 することが 困 難 な 理 由 があり 納 税 について

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

正当な理由に係る

正当な理由に係る 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 に 係 るガイドライン 四 法 共 通 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 改 訂 版 ) 平 成 27 年 3 月 特 許 庁 目 次 1. 期 間 徒 過 後 の 救 済 規 定 について 1 1.1 救 済 規 定 の 概 要 1 1.2 救 済 規 定 に 係 る 手 続 一 覧 ( 対 象 条 文 抜 粋 ) 3 (1) 外 国 語 書 面 出 願

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information