はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 ( 胃 潰 じゅうに しちょうかいよう 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 ) 重 要

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 ( 胃 潰 じゅうに しちょうかいよう 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 ) 重 要"

Transcription

1 ヘコバクター じ ゅ う に し ち ょ う ピと 胃 十 二 指 腸 監 修 医 療 法 人 新 生 会 高 田 中 央 病 院 総 院 長 藤 岡 利 生 ( 大 分 大 学 名 誉 教 授 )

2 はじめに 胃 中 に 住 みつくヘコバクター ピ(ピ )が 発 見 されたは 1982 年 ことです 以 後 今 日 までにさまざ かいよう まな 研 究 が 進 められ ピ 感 染 が 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 ( 胃 潰 じゅうに しちょうかいよう 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 ) 重 要 な 原 因 であことが 明 らかになりま した 現 在 では 多 くマスコミ 報 道 で ピ 名 前 をご 存 じ 方 も 多 いではないでしょうか 日 本 では 2000 年 11 月 に 胃 十 二 指 腸 潰 瘍 患 者 さんへ ピ 検 査 と 除 治 療 保 険 診 療 が 始 まり 2007 年 8 月 に 二 次 除 療 法 が 承 認 されました そして 2013 年 2 月 ヘコバクター ピ 感 染 胃 炎 保 険 が 適 用 され ヘコバクター ピに 感 染 した 多 く 慢 性 胃 炎 患 者 さんにも 保 険 診 療 が 可 能 となりました こ 冊 子 は ピ に 関 す 正 しい 情 報 を 患 者 さんへお 伝 え すために 作 成 したもです ピ と 胃 十 二 指 腸 疾 患 と 関 係 ピ 検 査 と 除 治 療 などについてわかりやすく 解 説 していますで どうぞ 最 後 までお 読 み 下 さい 医 療 法 人 新 生 会 高 田 中 央 病 院 総 院 長 藤 岡 利 生 ( 大 分 大 学 名 誉 教 授 ) 1

3 もくじ ヘコバクター ピ(ピ )って 何 ピ はどこにい ど 位 人 がピ をもってい ピ は 胃 十 二 指 腸 で どんなワルさをす ピ がなくなれば 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 にならない ピ は 胃 がんにも 関 係 あ ピ に 感 染 すとどうな どうやってピ を 見 つけ どんな 症 状 があったらピ 検 査 を 受 ければいい どうすればピ を 除 すことができ ピ 除 ができたか 検 査 が 必 要 な ピ 除 療 法 が 保 険 適 用 され 病 気 ピ を 見 つけ 検 査 方 法 内 視 鏡 を 必 要 としない 検 査 方 法 2. 内 視 鏡 を 必 要 とす 検 査 方 法 除 memo 17 2

4 ヘ コ バ ク タ ー ピ ( ピ これが ピ です! 1982 年 オーストラアで 発 見 された 胃 中 に 生 息 し てい 細 で 感 染 経 路 は はっきりとは 解 明 されてい かいよう ませんが 最 近 消 化 性 潰 瘍 治 療 法 に 大 きな 影 響 を 与 えています ) っ て 何 胃 酸 ように 強 力 な 酸 中 には 細 は 存 在 しないと 信 じられてきました しかし 胃 中 にあ 尿 素 か らアンモニアを 作 り 出 し 身 まわり 酸 を 和 らげ て 生 きてい 細 がいことがわかり 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 原 因 とな 可 能 性 があことから 世 界 中 消 化 器 病 学 者 注 目 的 となっています 3

5 胃 粘 膜 表 面 や 細 胞 間 がすみか! 粘 膜 をおおってい 粘 液 層 内 にもぐりこんで 粘 膜 表 面 にくっついたり 粘 膜 細 胞 間 に 入 り 込 んだりし て 生 息 増 殖 しています ピ は ど こ に い 胃 はそ 細 胞 を 粘 膜 と 粘 液 でおおわれ 胃 酸 によっ て 胃 自 体 が 消 化 されないようになっています ピ いへき は 粘 液 下 にあ 胃 壁 細 胞 間 に 入 り 込 んで 胃 酸 影 響 を 逃 れ また ピ 自 身 で 尿 素 を 分 解 してアンモニアをつくり 周 囲 を 中 性 に 保 っ て 生 きています 4

6 ど 位 人 が ピ を も っ て い 6 歳 60~ 75% ピ 感 染 率 は 衛 生 環 境 と 相 関 すと 指 摘 され 65 歳 以 上 日 本 人 60 ~ 75%がピ に 感 染 していといわれています 経 口 感 染 が 主 な 経 路 と 考 えられています 上 下 水 道 が 整 備 されていないような 地 域 や 国 では 感 染 率 が 高 く 先 進 国 中 では 日 本 は 際 立 って 高 い 感 染 率 です しかし 衛 生 状 態 が 改 善 された 今 日 若 い 世 代 感 染 率 は 急 速 に 低 下 しています また 感 染 していて かいよう も 消 化 性 潰 瘍 がかならず 発 症 すとはかぎりませ ん 5

7 胃 壁 を 傷 つけ 胃 を 守 って い 粘 液 を 減 らし 酸 攻 撃 を 受 けやすくしてしまう で 胃 炎 や 消 化 性 潰 瘍 を 発 症 させ 要 因 になります いへき ピ が 胃 壁 に 取 り 付 くと 細 胞 を 弱 めてしまう 毒 素 を 出 し 始 めます すと をやっつけようと 血 液 中 白 血 球 が 付 近 に 集 まります 両 者 戦 いが 大 き くなと 胃 粘 膜 消 耗 を 早 め 粘 膜 が 炎 症 を 起 こ して 胃 炎 になったり 胃 や 十 二 指 腸 粘 膜 が 深 くえ ぐられて 消 化 性 潰 瘍 になったりすと 考 えられます 胃 十 じ ゅう 二 に 指 し 腸 ち ょう で ど ん な ワ ル さ を す ピ は 6

8 胃 炎 や 消 化 性 潰 か 瘍 い よ う に な ら な い ピ が な く な れ ば 再 発 が 抑 えられます! 除 によっていままで 潰 瘍 が 治 りにくかった 人 が 治 ったと いう 報 告 があり 潰 瘍 再 発 予 防 に 有 効 で 既 に 欧 米 では 除 治 療 が 行 われており 日 本 でも 2000 年 11 月 から 行 われています 消 化 性 潰 瘍 がやっかいなは いったん 治 っても 何 度 も 再 発 を 繰 り 返 すことです 胃 潰 瘍 患 者 65 ~ じゅうに し ちょう 80% 程 度 十 二 指 腸 潰 瘍 患 者 90% 程 度 に 胃 中 にピ がいことがわかっています ピ 除 によって 再 発 をくりかえす 潰 瘍 が 治 った という 例 が 多 くあります 7

9 平 均 追 跡 期 間 8 年 間 で 胃 がん 発 生 例 Uemura, N. et al,:n. Engl. J. Med., 345, , 2001( 一 部 改 変 ) 最 近 ピ と 胃 がん 関 係 について 解 明 されつつあ ります ピ が 陽 性 で あと 胃 がんスクが 高 まります ピ 陽 性 例 および 陰 性 例 に 対 して 10 年 間 追 跡 調 査 を 行 った 結 果 ピ 陽 性 例 では 2.9% (36/1246 例 )に 胃 がんが 発 見 され 陰 性 例 では 胃 がんが 認 められなかったという 研 究 発 表 もされてい ます ピ は 胃 が ん に も 関 係 あ 8

10 ピ に 感 染 す と ど う な ピ に 感 染 すと 潰 瘍 や 胃 がんが 必 ず 発 症 す わけではありません またそ 感 染 経 路 も 詳 しく わかっていません しかし 感 染 したほと んど 人 に 胃 炎 が 起 きます ピ を 除 しないかぎり ピ は 胃 内 に 住 み 続 けますで 慢 性 的 に 炎 症 が 続 きます こ 慢 性 化 した 炎 症 ( 慢 性 胃 炎 )により 胃 粘 膜 防 御 機 能 が 低 下 して ストレスや 塩 分 多 い 食 事 発 がん 物 質 など 攻 撃 を 受 けやすい 状 態 になってしまいま す すなわちピ が 潰 瘍 や 胃 がんを 起 こしやす い 下 地 をつくってしまうです しかし 頻 度 として は ピ を 保 有 していても 慢 性 胃 炎 まま 潰 瘍 や 胃 がんを 起 こさない 人 方 が 多 いようです 9

11 こ 検 査 法 は 簡 単 です! 検 査 法 は 内 視 鏡 を 必 要 とす 検 査 法 と 必 要 としない 検 査 法 があります 現 在 もっ とも 使 用 されてい 内 視 鏡 を 必 要 としない 検 査 法 は 尿 素 呼 気 試 験 法 です 内 視 鏡 を 必 要 としない 検 査 法 は 尿 素 呼 気 試 験 法 と 抗 体 / 抗 原 測 定 法 です また 内 視 鏡 を 必 要 とす 検 査 法 には 培 養 法 迅 速 ウレアーゼ 試 験 (RUT) 鏡 検 法 があります もっとも 簡 単 でしかも 30 分 位 で 検 査 結 果 が 出 は 検 査 薬 を 飲 んでから 呼 気 を ど う や っ て ピ を 見 つ け 集 めて 調 べ 尿 素 呼 気 試 験 法 です ( 詳 細 は15 頁 参 照 ) 10

12 ピ 検 査 を 受 け れ ば い い ど ん な 症 状 が あ っ た ら しょくよく ふ しん 食 欲 不 振 胃 不 快 感 胃 痛 み おう と 嘔 吐 お 悪 心 ぼう まん かん 膨 満 感 出 血 胃 や 十 二 指 腸 潰 瘍 経 験 あ 方 や 再 発 をくりかえす 方 慢 性 胃 炎 方 胃 MALT ンパ 腫 方 や 免 疫 性 ( 特 発 性 ) 血 小 板 減 少 性 紫 斑 病 (ITP) 方 早 期 胃 がん 内 視 鏡 的 治 療 を 受 けた 後 方 は 健 康 保 険 で 検 査 を 受 けことができます しん こ 他 胃 がん 治 療 を 受 けたご 親 族 がいてご 心 配 な 方 や なんとなく 胃 具 合 がいつも 悪 い 方 などは 医 師 にご 相 談 ください 人 間 ドックや 検 診 などで 希 望 すれば 自 費 で 検 査 を 受 けことが 出 来 ます 11

13 H.pylori 感 染 診 断 及 び 内 視 鏡 検 査 陽 性 陰 性 H.pylori 除 療 法 1 週 間 除 療 法 4 週 間 後 除 判 定 除 成 功 通 常 治 療 除 失 敗 二 次 除 ピ 除 療 法 には 酸 を 強 く 抑 制 す 抗 潰 瘍 薬 (あいは 酸 分 泌 抑 制 薬 ) と 2 種 類 抗 生 物 質 を 1 日 2 回 7 日 間 服 用 します 除 す こ と が で き ど う す れ ば ピ を 胃 酸 分 泌 を 抑 制 す 薬 と 2 種 類 抗 生 物 質 そ してケースに 応 じて 胃 粘 膜 を 保 護 す 薬 を 併 用 し ます こ 3 剤 を 1 週 間 正 しく 服 用 すことで 約 80%は 除 に 成 功 します 失 敗 場 合 は 二 次 除 が 認 められています 二 次 除 では 抗 生 物 質 を 変 更 し て 再 び 除 療 法 を 行 います 12

14 ピ 除 が で き た か 検 査 が 必 要 な かいよう H. pylori 除 によ 消 化 性 潰 瘍 再 発 抑 制 効 果 - 経 過 観 察 : 最 長 8.8 年 平 均 1.3 年 - 村 上 和 成 :Helicobacter Research, 5(1), 8-11, 2001 除 ができたか( 成 否 )を 確 認 すことは 大 変 重 要 です なぜなら 成 否 によってそ 後 治 療 方 針 が 違 うからです 除 治 療 により 消 化 性 潰 瘍 再 発 を 画 期 的 に 抑 制 す ことができますが 除 成 功 率 は 80% 前 後 です 失 敗 場 合 は 二 次 除 か 維 持 療 法 を 行 う 必 要 があ ります 13

15 胃 炎 (ヘコバクターピ 感 染 胃 炎 ) *** ピ 感 染 により 胃 粘 膜 炎 症 が 起 き 病 気 感 染 が 長 く 続 くと 慢 性 胃 炎 萎 縮 性 胃 炎 とな 胃 潰 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 * 胃 や 十 二 指 腸 粘 膜 が 炎 症 を 起 こし 深 くえぐられてしまう 病 気 胃 MALT ンパ ** 胃 粘 膜 ンパ 組 織 に 腫 瘍 が 出 来 病 気 免 疫 性 ( 特 発 性 ) 血 小 板 減 少 性 紫 斑 病 (ITP) ** 血 小 板 が 減 少 して 出 血 しやすくな 病 気 早 期 胃 がんに 対 す 内 視 鏡 的 治 療 後 胃 ** 早 期 胃 がんを 内 視 鏡 で 治 療 した 後 胃 症 状 * 平 成 22 年 3 月 26 日 保 医 発 0326 第 4 号 ** 平 成 22 年 6 月 18 日 保 医 発 0618 第 1 号 ( 適 用 追 加 ) *** 平 成 25 年 2 月 21 日 保 医 発 0221 第 31 号 ( 適 用 追 加 ) ピ 除 療 法 が 保 険 適 用 さ れ 病 気 14

16 ピ を 見 つ け 検 査 方 法 内 視 鏡 を 必 要 としない 検 査 方 法 内 視 鏡 (いわゆ 胃 カメラ)を 用 いない 検 査 方 法 です 何 よりも 内 視 鏡 を 飲 まずに 済 むというメットが 大 きい 検 査 法 です 呼 気 を 用 い 尿 素 呼 気 試 験 法 尿 素 呼 気 試 験 法 は 13 C- 尿 素 を 服 用 し 呼 気 を 調 べ 検 査 法 です 現 在 主 流 検 査 法 1つです 炭 素 元 素 ( 13 C)は 生 体 内 にも 存 在 し ます 人 体 には 影 響 を 与 えません 炭 素 には4 種 類 同 位 元 素 が 存 在 します 自 然 界 に 存 在 す 炭 素 はほとんどが 12 Cで そ 存 在 比 率 は 約 98.9%で 放 射 活 性 を 有 しない 安 定 同 位 元 素 です 次 に 存 在 比 が 高 い 同 位 元 素 が 13 Cで 約 1.1% 存 在 比 率 です 13 Cも 12 Cと 同 様 放 射 活 性 を 持 たない 安 定 同 位 元 素 で す ヒトに 例 えと 体 重 60kg 成 人 炭 素 量 は 約 2 0 % (12kg)で 13 Cはそ 約 1.1% (132g)といわれています 抗 体 法 ( 血 中 尿 中 )/ 糞 便 中 ヘコバクター ピ 抗 原 血 液 や 尿 便 などをとりピ に 対 す 抗 体 や 抗 原 を 測 定 す 方 法 です 手 軽 に 検 査 ができます 15

17 内 視 鏡 を 必 要 とす 検 査 方 法 か い よ う 内 視 鏡 検 査 は 胃 炎 や 潰 瘍 など 病 気 があかどうかを 直 接 観 察 して 調 べと 同 時 に 胃 粘 膜 を 少 し 採 取 し 組 織 を 調 べます を 増 やして 調 べ 培 養 法 胃 組 織 を 採 取 して ピ 発 育 しやすい 環 境 下 で4~5 日 培 養 して 判 定 します 顕 微 鏡 で 観 察 す 組 織 鏡 検 法 胃 組 織 標 本 を 化 学 的 に 染 色 してピ を 顕 微 鏡 で 探 す 組 織 診 断 方 法 です ピ 酵 素 を 調 べ 迅 速 ウレアーゼ 試 験 ピ がもって いウレアーゼと いう 酵 素 活 性 を 利 用 して 調 べ 方 法 です 16

18 除 memo 受 診 日 年 月 日 内 視 鏡 検 査 日 年 月 日 経 口 経 鼻 診 断 名 胃 炎 胃 潰 瘍 十 二 指 腸 潰 瘍 胃 MALT ンパ 腫 免 疫 性 ( 特 発 性 ) 血 小 板 減 少 性 紫 斑 病 (ITP) 早 期 胃 癌 に 対 す 内 視 鏡 的 治 療 後 胃 ( 備 考 : ) ピ 感 染 診 断 検 査 法 培 養 法 組 織 鏡 検 法 迅 速 ウレアーゼ 試 験 尿 素 呼 気 試 験 抗 体 法 糞 便 中 ヘコバクター ピ 抗 原 判 定 結 果 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( ) 陽 性 陰 性 ( 尿 中 血 清 ) 陽 性 陰 性 一 次 除 朝 夕 1 日 目 2 日 目 3 日 目 4 日 目 5 日 目 6 日 目 7 日 目 ( : 服 薬 : 服 薬 しなかった) 飲 んでいお 薬 除 判 定 来 院 予 定 日 年 月 日 検 査 法 培 養 法 組 織 鏡 検 法 迅 速 ウレアーゼ 試 験 尿 素 呼 気 試 験 抗 体 法 糞 便 中 ヘコバクター ピ 抗 原 判 定 結 果 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( ) 陽 性 陰 性 ( 尿 中 血 清 ) 陽 性 陰 性 除 成 功 除 失 敗 ( 二 次 除 へ) 17

19 二 次 除 朝 夕 1 日 目 2 日 目 3 日 目 4 日 目 5 日 目 6 日 目 7 日 目 ( : 服 薬 : 服 薬 しなかった) 飲 んでいお 薬 除 判 定 来 院 予 定 日 年 月 日 検 査 法 培 養 法 組 織 鏡 検 法 迅 速 ウレアーゼ 試 験 尿 素 呼 気 試 験 抗 体 法 糞 便 中 ヘコバクター ピ 抗 原 判 定 結 果 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( 幽 体 部 体 部 ) 陽 性 陰 性 ( ) 陽 性 陰 性 ( 尿 中 血 清 ) 陽 性 陰 性 除 成 功 除 失 敗 医 師 に 相 談 しましょう 医 師 から 処 方 された 薬 剤 は 必 ず 決 められた 通 りに 服 用 してください 除 治 療 除 治 療 を 受 け 前 に 次 にあてはま 方 は 担 当 医 師 に 申 し 出 てく ださい 現 在 何 かほか 薬 を 服 用 してい 以 前 薬 剤 を 服 用 して 吐 き 気 や 湿 疹 を 起 こしたことがあ 除 治 療 を 以 前 受 けたことがあ 妊 娠 してい 又 は 妊 娠 してい 可 能 性 があ 除 治 療 に 使 われ 薬 剤 は ガイドラインに 従 って 胃 酸 分 泌 を 抑 制 す 薬 剤 1 種 類 + 抗 生 物 質 2 種 類 3 剤 組 み 合 わせが 推 奨 されて います 患 者 さん 病 態 によってほか 薬 剤 を 組 み 合 わせ 方 法 もあ ります また 3 剤 ほかに 薬 剤 が 追 加 されこともあります 医 師 から 処 方 された 薬 剤 は 必 ず 決 められたとおりに 服 用 してください 18

20 病 院 医 院 名 2016 年 8 月 改 訂 UB (4262)TR

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾

図 2. 男 女 別 部 位 別 がん 死 亡 数 図 3. 胃 がんの 年 齢 階 級 別 がん 罹 患 率 推 移 ( 国 立 がん 研 究 センターがん 情 報 サービス) 男 女 ともに 60 歳 以 降 に 罹 患 率 が 上 がっており 女 性 は 30 年 前 と 比 べ 減 少 傾 ピロリ 菌 と 胃 がん 荒 木 産 婦 人 科 肛 門 科 荒 木 常 男 2014 年 12 月 31 日 作 成 目 次 1. 日 本 人 の 男 女 別 胃 がん 罹 患 数 死 亡 数 と 年 齢 階 級 別 罹 患 率 死 亡 率 推 移 2. 胃 がんの 主 たる 原 因 はピロリ 菌 感 染 による 慢 性 胃 炎 です 3.ピロリ 菌 感 染 が 小 児 期 からずっとない 成 人

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

1 2 3 4 5 子 宮 頸 がんと 発 がん 性 ヒトパピローマウイルス 1 子 宮 頸 がんは 子 宮 頸 部 ( 子 宮 の 入 り 口 )にできるがんで 20~30 代 で 急 増 し 日 本 では 年 間 約 15,000 人 の 女 性 が 発 症 していると 報 告 されています 子 宮 頸 がんは 初 期 の 段 階 では 自 覚 症 状 がほとんどないため しばしば 発 見 が

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

健康管理パンフ.indd

健康管理パンフ.indd 大 腸 が ん 大 腸 がんの 検 査 と 注 意 事 項 2 若 い 人 の 病 気 になりつつあります 気 づ い た と き に は 手 遅 れ だ っ た な ん て こ と を 予 防 す る た め に 子 宮 頸 が ん 検 診 を 受 け ま し ょ う! 20 ~ 30 歳 代 女 性 の 子 宮 頸 がん 患 率 死 亡 率 が 急 増 しています 20 ~ 30 歳 代 女 性

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 割 合 アレルギー 性 鼻 炎 が 及 ぼす 影 響 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 主 な 原 因 として 考 えら

CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 割 合 アレルギー 性 鼻 炎 が 及 ぼす 影 響 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 主 な 原 因 として 考 えら よくわかるダニアレルゲンによる ぜっかめんえきりょうほう 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 の 舌 下 免 疫 療 法 監 修 : 日 本 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 頭 頸 部 感 覚 器 科 学 分 野 教 授 大 久 保 公 裕 先 生 CONTENTS はじめに ~ 通 年 性 アレルギ 性 鼻 炎 にお 悩 みの 方 へ~ 通 年 性 アレルギー 性 鼻 炎 とは 通

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - pirorikin1_2.doc

Microsoft Word - pirorikin1_2.doc 警 告 あなたの 胃 元 気 ですか? もし 何 らかの 胃 症 状 があるなら Ni-na 無 料 レポートシリーズ 題 2 号 もし ストレスを 多 く 抱 えているなら 最 近 食 欲 がないなら もし あなたの 胃 に 何 らかの 症 状 があるならば 必 ず 読 んでください 手 遅 れにならないうちに! - 1 はじめに 推 奨 環 境 このレポート 上 に 書 かれている URL はクリックできます

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

検 査 医 師 )のもとへ 検 査 結 果 を 送 り 受 診 させ 2 次 精 密 検 査 結 果 を 必 ず 報 告 してもらうこ とが 大 変 重 要 です Q:B~D 群 判 定 者 には ピロリ 菌 除 菌 胃 部 検 査 目 的 で 医 療 機 関 へしますが 自 覚 症 状 がない 病

検 査 医 師 )のもとへ 検 査 結 果 を 送 り 受 診 させ 2 次 精 密 検 査 結 果 を 必 ず 報 告 してもらうこ とが 大 変 重 要 です Q:B~D 群 判 定 者 には ピロリ 菌 除 菌 胃 部 検 査 目 的 で 医 療 機 関 へしますが 自 覚 症 状 がない 病 平 成 27 年 3 月 13 日 三 越 伊 勢 丹 健 康 保 険 組 合 事 業 所 保 健 スタッフ 研 究 会 に 関 するご 質 問 と 回 答 (Q&A) (ⅰ) 服 薬 との 関 係 を 尋 ねているもの Q: 胃 酸 を 抑 える 薬 を 服 用 しているとペプシノゲンが 高 く 出 るケースがあるそうですが 服 用 期 間 で 影 響 を 受 けますか A:

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25

2 製 品 概 要 有 効 成 分 (1 錠 中 含 量 ) 製 造 販 売 承 認 番 号 薬 価 基 準 収 載 医 薬 品 コード レセプト 電 算 処 理 システム 用 コード 薬 価 薬 価 基 準 収 載 日 規 制 区 分 使 用 期 限 貯 法 注 意 ピートル チュアブル 錠 25 2015.11 No. 475 高 リン 血 症 治 療 剤 注 ) 処 方 箋 医 薬 品 注 ) 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること 新 発 売 のお 知 らせ 謹 啓 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 製 品 に 格 別 のお 引 き 立 てを 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます この 度 高 リン 血

More information

CONTENTS スギ 花 粉 症 とは スギ 花 粉 症 の 割 合 スギ 花 粉 症 が 及 ぼす 影 響 代 表 的 な 花 粉 症 原 因 植 物 の 開 花 期 スギ 花 粉 症 の 診 断 スギ 花 粉 症 の 治 療 アレルゲン 免 疫 療 法 とは アレルゲン 免 疫 療 法 の 種

CONTENTS スギ 花 粉 症 とは スギ 花 粉 症 の 割 合 スギ 花 粉 症 が 及 ぼす 影 響 代 表 的 な 花 粉 症 原 因 植 物 の 開 花 期 スギ 花 粉 症 の 診 断 スギ 花 粉 症 の 治 療 アレルゲン 免 疫 療 法 とは アレルゲン 免 疫 療 法 の 種 スギ 花 粉 症 でお 悩 みの 方 へ よくわかる ぜ っ か め ん え き りょうほう スギ 花 粉 症 の 舌 下 免 疫 療 法 監 修 : 日 本 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 頭 頸 部 感 覚 器 科 学 分 野 教 授 大 久 保 公 裕 先 生 CONTENTS スギ 花 粉 症 とは スギ 花 粉 症 の 割 合 スギ 花 粉 症 が 及 ぼす 影 響 代 表

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医

指 導 担 当 医 山 谷 秀 喜 (やまや ひでき) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 所 属 日 本 移 植 学 会 所 属 日 本 アフェレシス 学 会 所 属 慢 性 腎 臓 病 の 管 理 内 シャント 拡 張 術 奥 山 宏 (おくやま ひろし) 講 師 日 本 腎 臓 学 会 専 門 医 腎 臓 内 科 科 長 のメッセージ 腎 炎 から 腎 臓 移 植 まですべての 領 域 をカバーしている 日 本 唯 一 といっていい 総 合 腎 臓 内 科 であ り 6つの 専 門 医 が 取 得 可 能 です One for all, all for one の 精 神 で 皆 が 連 帯 しています 科 長 横 山 仁 (よこやま ひとし) 教 授 腎 臓 内 科 学 腎 炎 ネフローゼ

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1]

Microsoft PowerPoint - 20140214「消化器がんの予防と検診」配布資料[1] 消 化 器 がんの 予 防 と 1.がん について 2. 消 化 器 がん 食 道 がん 胃 がん 大 腸 がん 肝 臓 がん 膵 臓 がん 3.がんを 予 防 する 4. 早 期 発 見 で 治 す 5. 個 別 化 予 防 滋 賀 県 立 成 人 病 センター 疾 病 介 護 予 防 推 進 室 水 田 和 彦 平 成 26 年 2 月 14 日 予 防 受 治 療 発 生 断 可 能 症 状

More information

Microsoft Word - 2007.04村田.doc

Microsoft Word - 2007.04村田.doc 豊 浦 獣 医 科 クリニック 村 田 知 下 痢 症 対 策 まずは 環 境 対 策 から はじめに なぜ 動 物 は 下 痢 をするのでしょ 表 1: 下 痢 の 発 生 機 序 うか 実 はこの 下 痢 という 現 象 は ウイルス 感 染 による 発 熱 と 同 じよ うな もともとは 体 を 守 るための 生 体 防 御 反 応 の1つです 通 常 ヒトでは 1 日 に 約 9l の 水

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D9892C592C58AD494C28377838B836A834182CC906697C381418347815B8358834E8389836283768CB48D658141323031312E31322E646F63> 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアについて - 正 しい 理 解 とより 良 い 治 療 を 受 けるために- 金 明 博 [はじめに] 整 形 外 科 の 外 来 を 訪 れる 患 者 さんの 多 くは 腰 痛 を 主 訴 にされてい ます その 腰 痛 の 患 者 さんが 心 配 している 病 気 の 中 で 腰 椎 椎 間 板 ヘルニアほ ど 有 名 な 病 気 はないでしょう 腰 椎 椎 間 板

More information

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について

がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について の 治 療 を 受 ける 患 者 さんへ がんとは 監 修 草 津 総 合 病 院 乳 腺 外 科 部 長 木 下 一 夫 Contents がんとは 3 抗 がん 剤 とは 4 について 5 外 来 化 学 療 法 とは 6 薬 の 投 与 を 受 ける 前 の 注 意 点 7 投 与 中 に 注 意 すること 8 副 作 用 について 9 で 起 こりやすい 副 作 用 10 吐 き 気 嘔 吐

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20896990B6836783738362834E835835388D868146817588DD92D7E187817682C982C282A282C481698EA197C395D2816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20896990B6836783738362834E835835388D868146817588DD92D7E187817682C982C282A282C481698EA197C395D2816A2E646F63> 0 58 H22.3.11 3.11. 胃 潰 瘍 について について( 治 療 編 ) 出 血 性 胃 潰 瘍 では 主 に 内 視 鏡 的 止 血 治 療 が 行 なわれます 出 血 性 胃 潰 瘍 とは 吐 下 血 の 出 血 症 状 があり 内 視 鏡 検 査 で 活 動 性 の 胃 潰 瘍 が 確 認 され かつ かつ 胃 内 の 血 液 の 存 在 潰 瘍 底 に 凝 血 塊 の 付 着

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

serbarikkusu

serbarikkusu サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ やまもとクリニック サーバリックスまたはガーダシルを 受 けられる 方 へ 発 行 日 :2013.6.30 平 成 25 年 度 は 定 期 予 防 接 種 となり 小 学 6 年 から 高 校 1 年 相 当 の 女 子 は 公 費 助 成 が 受 けられます 注 サーバリックスおよびガーダシル 接 種 の 際 非 常 にまれに 注 射 後

More information

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc

Microsoft Word - 2.妊娠期の管理.doc 2. 妊 娠 期 の 管 理 1) 妊 娠 鑑 定 超 音 波 検 査 による 妊 娠 鑑 定 の 実 施 時 期 1 妊 娠 ( 交 配 後 )14 日 目 受 胎 および 双 胎 の 有 無 の 確 認 2 妊 娠 ( 交 配 後 )16 日 目 胚 胞 の 発 育 状 態 の 確 認 シストとの 識 別 双 胎 の 有 無 の 確 認 不 受 胎 の 場 合 は 卵 胞 の 発 育 状 態 を

More information

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早

皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 社 会 の 高 齢 化 とともに 近 年 増 加 傾 向 にあります 全 身 を 覆 っ ている 皮 膚 / 粘 膜 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 します 皮 膚 は 目 で 見 える 場 所 ですので 皮 膚 がんは 早 期 発 見 早 期 治 療 が 可 能 ながんであるとも いえます ただし 皮 膚 がんの 種 類 や 進 行

More information

パンフレット本体

パンフレット本体 入 院 当 日 このパンフレットを 忘 れずに 持 参 してくださいね! 兵 庫 医 科 大 学 病 院 消 化 管 内 科 内 視 鏡 センター 0 目 次 食 道 ESD( 内 視 鏡 的 粘 膜 下 層 剥 離 術 )にあたって 1. 食 道 がんの 治 療 方 法 2 2. ESD( 内 視 鏡 的 粘 膜 下 層 剥 離 術 )とは? 2 3. 内 視 鏡 治 療 の 対 象 3 4. 治

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医

207 1.ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 の 概 要 研 究 課 題 名 半 月 板 縫 合 後 の 滑 膜 幹 細 胞 による 治 癒 促 進 申 請 年 月 日 実 施 施 設 及 び 研 究 責 任 者 平 成 24 年 12 月 28 日 実 施 施 設 : 東 京 医 206 平 成 25 年 3 月 5 日 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実 施 計 画 に 係 る 意 見 について ヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 に 関 する 審 査 委 員 会 委 員 長 永 井 良 三 東 京 医 科 歯 科 大 学 医 学 部 から 申 請 のあった 下 記 のヒト 幹 細 胞 臨 床 研 究 実

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

院内肺炎予防策

院内肺炎予防策 3-3. 院 内 肺 炎 予 防 策 Ⅰ. 病 院 感 染 肺 炎 (Nosocomial Pneumonia ; NP) なんらかの 基 礎 疾 患 のため 入 院 治 療 を 行 っている 患 者 が, 入 院 後 48 時 間 から 72 時 間 後 に 発 症 する 下 気 道 の 肺 炎 である Ⅱ. 肺 炎 の 疫 学 米 国 では, 肺 炎 は 尿 路 感 染 についで 多 く 全 病

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

花 粉 症 とは 花 粉 症 とは 花 粉 によって 生 じるアレルギー 疾 患 の 総 称 です 主 にアレルギー 性 鼻 炎 とアレルギー 性 結 膜 炎 が 生 じます アレルギー 性 鼻 炎 とは 花 粉 が 鼻 に 入 ると 鼻 汁 ( 鼻 水 )が 出 る くしゃみが 出 る その 後

花 粉 症 とは 花 粉 症 とは 花 粉 によって 生 じるアレルギー 疾 患 の 総 称 です 主 にアレルギー 性 鼻 炎 とアレルギー 性 結 膜 炎 が 生 じます アレルギー 性 鼻 炎 とは 花 粉 が 鼻 に 入 ると 鼻 汁 ( 鼻 水 )が 出 る くしゃみが 出 る その 後 次 号 は アレルギー 疾 患 の 解 説 を ホルモンバランスや 食 物 などの 視 点 からさら に 詳 しく 記 載 します 本 書 は 基 礎 的 なことを 記 載 していますので まずは 簡 単 に 学 んでいただき 花 粉 症 を 改 善 させてください -- - 0 - -- 花 粉 症 とは 花 粉 症 とは 花 粉 によって 生 じるアレルギー 疾 患 の 総 称 です 主 にアレルギー

More information

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc

Microsoft Word - ①PET-CT 説明書 コンパクトに改良 紹介患者用に編集.doc カルテNo. PET-CT 検 査 について 検 査 日 時 : 月 日 ( ) 時 分 ( 開 始 予 定 ) 絶 食 時 間 : 月 日 朝 食 抜 き 時 分 から 様 用 スムーズに 行 うために 検 査 時 間 の 45 分 前 迄 に 紹 介 患 者 様 窓 口 へお 越 し 下 さい ( 検 査 時 間 を 30 分 以 上 過 ぎると 検 査 ができなくなる 場 合 があります )

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1

TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 TEL: がん 拠 点 病 院 地 域 連 携 室 TEL 薬 局 薬 剤 師 1 かかり つけ 連 携 情 報 共 有 書 ( 平 成 (201 ) 日 ) (がん 拠 点 病 院 ) がん 拠 点 病 院 化 学 療 法 放 射 線 療 法 その 他 アレルギー 2 大 腸 癌 の 手 術 を 受 けられた 患 者 様 へ 退 院 後 は5 間 手 術 の 後 遺 症 や 再 発 の 有 無 などの

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

OPD患者向け医薬品ガイド-1602更新版-01

OPD患者向け医薬品ガイド-1602更新版-01 プジー 点 滴 静 注 20mg プジー 点 滴 静 注 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 2 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 プジー 点 滴 静 注 20mg OPDIVO 20mg プジー 点 滴 静 注 100mg OPDIVO 100mg 一 般 名 ニルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) Nivolumab(Genetical Recombination) 含

More information

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型

腫 瘍 随 伴 性 天 疱 瘡 IgG デスモプラキン I/II, BP230, エンボプラキン, ペリプラキン, 170kDa 蛋 白 ( 未 同 定 ), Dsg3, Dsg1 薬 剤 誘 発 性 天 疱 瘡 IgG 多 様 IgA 天 疱 瘡 SPD 型 IgA デスモコリン 1 IEN 型 2010 年 12 月 16 日 放 送 第 109 回 日 本 皮 膚 科 学 会 総 会 11 教 育 講 演 22 検 査 の 読 み 方 ( 自 己 抗 体 を 含 む) より 自 己 免 疫 水 疱 症 の 自 己 抗 体 の 読 み 方 と 治 療 への 応 用 久 留 米 大 学 皮 膚 科 講 師 濱 田 尚 宏 はじめに 自 己 免 疫 水 疱 症 は 多 彩 な 表 皮 抗 原

More information

Microsoft Word - Japan4

Microsoft Word - Japan4 ソフィーβグルカン β グルカン 培 養 液 ベーター1.3-1.6 β-グルカン 1.3-1.6 培 養 液 について グルカンとは? ブドウ 糖 のみが 多 数 つながった 多 糖 類 の 総 称 です 代 表 例 デンプン セルロース 多 糖 ( 類 )とは? ブドウ 糖 果 糖 などの 糖 質 の 最 小 単 位 を 単 糖 と 呼 び つながった 単 糖 の 数 で 二 糖 類 三 糖 類

More information

: 必 須 項 目 : 必 要 時 に 行 います : 補 助 化 学 療 法 施 行 時 に 実 施 病 院 4ヶ 月 5ヶ 月 6ヶ 月 ~メモ~ *あなたが 手 術 を 受 けた 日 平 成 年 月 日 内 はあなたにご 記 入 いただ きます

: 必 須 項 目 : 必 要 時 に 行 います : 補 助 化 学 療 法 施 行 時 に 実 施 病 院 4ヶ 月 5ヶ 月 6ヶ 月 ~メモ~ *あなたが 手 術 を 受 けた 日 平 成 年 月 日 内 はあなたにご 記 入 いただ きます 大 腸 がん 術 後 連 携 パス(1~6ヶ 月 ) 計 画 策 定 病 院 病 院 or かか り ( 術 後 ) 2 週 間 1ヶ 月 2ヶ 月 3ヶ 月 診 察 採 血 検 査 投 薬 自 己 検 診 問 診 視 触 診 食 欲 腹 部 症 状 排 便 腹 部 理 学 所 見 一 般 的 内 科 的 診 察 直 腸 指 診 ( 直 腸 癌 ) 血 算 生 化 学 CEA CA19-9 胸 部

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料

Microsoft PowerPoint - 【資料 2】岡本委員提出資料 資 料 2 アレルギー 性 鼻 炎 / 花 粉 症 /アレルギー 性 結 膜 炎 1. 現 状 と 問 題 点 2. 診 療 / 治 療 の 課 題 千 葉 大 学 大 学 院 医 学 研 究 院 耳 鼻 咽 喉 科 頭 頸 部 腫 瘍 学 岡 本 美 孝 1 アレルギ 性 鼻 炎 (/アレルギー 性 結 膜 炎 ) 全 体 として 国 民 の 約 4 割 : 罹 患 数 第 1 位 の 疾 患 女

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

前立腺癌の診断と治療

前立腺癌の診断と治療 Prostate Cancer 泌 尿 器 科 畠 山 真 吾 弘 前 大 学 泌 尿 器 科 における 前 立 腺 癌 の 診 断 と 治 療 前 立 腺 癌 はゆっくり 進 行 する 病 気 です 前 立 腺 癌 と 診 断 されても 慌 てる 必 要 はありません ゆっくり 治 療 法 を 選 択 し 治 療 に 向 かいましょう はじめに 前 立 腺 癌 は 世 界 的 に 罹 患 率 の

More information

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd

HIV感染防止マニュアル(出力用).indd ( 別 紙 1) 紹 介 状 病 院 担 当 医 様 この 度, 患 者 様 の 体 液 によって, 当 院 の 職 員 が, 皮 内 粘 膜 及 び 傷 のある 皮 膚 への 曝 露 事 故 を 起 こしました ついては, 必 要 な 検 査, 予 防 内 服 の 処 方 及 び 指 導 について, 御 検 討 いただきますようお 願 いしま す 職 員 名 所 属 部 署 連 絡 先 平 成 年

More information

患者向医薬品ガイド(案)

患者向医薬品ガイド(案) プレタール 散 20% 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 5 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 プレタール 散 20% Pletaal powder 20% シロスタゾール Cilostazol 200mg (1g 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様 や 家 族 の 方 などに 医 療 用 医

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203134303733305F8D918DDB938A904D938A8E918CDA96E2976C8BA493AF92B28DB88175836F8343834988E396F2956981765F66696E616C28574542292E646F6378> Press Release 2014 年 7 30 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 株 式 会 社 オールアバウト 国 際 投 信 投 資 顧 問 共 同 医 師 200 名 に 聞 く 医 薬 品 に 関 する 意 識 調 査 を 発 表 医 師 の 約 8 割 が 副 作 が 少 なく 安 全 性 の い バイオ 医 薬 品 に 期 待 薬 で 治 ると 考 える

More information

Unknown

Unknown 04 滋 賀 県 / 京 都 誉 教 授 樹 MY OPINION 取 材 / 武 田 宏 文 / 及 川 佐 枝 撮 影 / 木 内 博 05 06 特 顕 著 16 間 京 都 教 授 務 樹 10 月 1 滋 賀 県 就 任 迎 教 授 職 離 誉 職 ポ 昔 遠 営 腕 2 半 残 抜 擢 業 界 課 題 快 示 営 力 高 片 鱗 以 下 移 姿 勢 題 視 削 厚 労 働 省 以 下 厚

More information

漢方薬

漢方薬 消 化 性 潰 瘍 逆 流 性 食 道 炎 Pharmaceutical education for the general public. Advanced level text to learn medicine. 深 井 良 祐 [ 著 ] 1 目 次 第 一 章. 胃 の 構 造 P. 3 第 二 章. 胃 十 二 指 腸 潰 瘍 ( 消 化 性 潰 瘍 )とは P. 5 2-1. 消 化

More information

北海道医療大学歯学部シラバス

北海道医療大学歯学部シラバス 病 理 学 口 腔 病 理 学 口 腔 病 理 学 [ 講 義 ] 第 3 学 年 後 期 必 修 担 当 者 名 教 授 / 安 彦 善 裕 講 師 / 講 師 / 佐 藤 惇 助 教 / 非 常 勤 講 師 / 下 野 正 基 非 常 勤 講 師 / 松 原 茂 非 常 勤 講 師 / 浜 野 弘 規 概 要 口 腔 病 理 学 は 歯 をはじめ 口 腔 領 域 に 発 生 する 疾 病 や 病

More information

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計

遺 伝 子 とは 遺 伝 という 言 葉 は 親 の 体 質 が 子 に 伝 わることをいいます 体 質 には 顔 かたち 体 つきのほか 病 気 へのかかりやすさなどが 含 まれます この 遺 伝 を 担 っ ている 物 質 が 遺 伝 子 です 遺 伝 子 とは 人 間 の 体 をつくる 設 計 患 者 様 へ 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 のお 願 い とよしまクリニックでは 病 気 の 原 因 をより 正 確 に 明 らかにし 効 果 的 な 治 療 法 や 予 防 法 を 確 立 させるために 遺 伝 子 解 析 の 研 究 を 行 っております この 文 書 は 患 者 様 に 遺 伝 子 解 析 研 究 へのご 協 力 をお 願 いしたく 研 究 内 容 について ご

More information

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358>

<5461726F2D31302E977B93D88AC7979D82C982A882AF82E98F8B944D8358> 養 豚 管 理 における 暑 熱 ストレスの 影 響 と 効 果 的 対 策 の 検 討 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 大 城 守 池 宮 城 一 文 津 波 修 比 嘉 喜 政 ほか 高 温 多 湿 な 気 候 条 件 は 家 畜 の 生 産 性 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 知 られており 暑 熱 対 策 は 重 要 な 管 理 の 一 つと 考 えられている しかし 2008

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

はじめに テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 について テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 は わかもと 製 薬 において 開 発 された 糞 便 中 のヘリコバクター ピロリ 抗 原 ( 未 変 性 カタラーゼ)に 特 異 的 に 反 応 するモノクローナル 抗 体 を 用 いた イムノク

はじめに テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 について テストメイト ラピッド ピロリ 抗 原 は わかもと 製 薬 において 開 発 された 糞 便 中 のヘリコバクター ピロリ 抗 原 ( 未 変 性 カタラーゼ)に 特 異 的 に 反 応 するモノクローナル 抗 体 を 用 いた イムノク Q&A 販 売 元 : 日 本 ベクトン ディッキンソン 株 式 会 社 製 造 販 売 元 :わかもと 製 薬 株 式 会 社 POCT ホームページ http://www.bd.com/jp/poct/ 上 記 弊 社 のホームページに 製 品 情 報 が 掲 載 されています ぜひご 利 用 ください カスタマーサービス TEL:0120-8555-90 ( 受 付 時 間 :9:00~17:00)

More information

Contents がんとは 4 抗 がん 剤 とは 5 について 6 外 来 化 学 療 法 とは 7 と 一 緒 に 使 われる 薬 8 を 用 いた 抗 がん 剤 治 療 法 10 の 治 療 を 受 ける 前 のチェック 事 項 18 中 の 注 意 事 項 19 副 作 用 について 20

Contents がんとは 4 抗 がん 剤 とは 5 について 6 外 来 化 学 療 法 とは 7 と 一 緒 に 使 われる 薬 8 を 用 いた 抗 がん 剤 治 療 法 10 の 治 療 を 受 ける 前 のチェック 事 項 18 中 の 注 意 事 項 19 副 作 用 について 20 フル オ ロ ウ ラ シ ル 注 ト ー ワ の 治 療 を 受 けられる 患 者 さんへ 監 修 北 海 道 大 学 病 院 腫 瘍 センター 診 療 教 授 小 松 嘉 人 Contents がんとは 4 抗 がん 剤 とは 5 について 6 外 来 化 学 療 法 とは 7 と 一 緒 に 使 われる 薬 8 を 用 いた 抗 がん 剤 治 療 法 10 の 治 療 を 受 ける 前 のチェック

More information

はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2006 年 には 1700 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません こうした 海 外 でかかりやすい 感 染

はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2006 年 には 1700 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません こうした 海 外 でかかりやすい 感 染 海 外 旅 行 者 の 予 防 接 種 Q &A 平 成 20 年 1 月 発 行 編 集 発 行 : 厚 生 労 働 科 学 研 究 費 補 助 金 新 興 再 興 感 染 症 研 究 事 業 海 外 渡 航 者 に 対 する 予 防 接 種 のあり 方 に 関 する 研 究 班 ( 班 長 : 川 崎 医 科 大 学 小 児 科 学 第 2 講 座 教 授 尾 内 一 信 ) 連 絡 先 : 701-0192

More information

№ 平 成 24 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 スケジュール( 東 京 ) 平 成 24 年 4 月 報 告 者 報 告 予 定 月 項 目 判 決 言 渡 日 内 容 1 平 成 24 年 5 月 9 日 ( 水 ) 弁 護 士 天 野 康 弘 氏 不 慮 の 事 故 の 該 否 ( 睡 眠 剤 中 毒 によ る 死 亡 は 外 来 の 事 故 か) 東 京 地 判 平 23.5.30

More information

OPD添付文書-1512(8)イJ

OPD添付文書-1512(8)イJ 資 料 1-2 薬 生 安 発 0 1 2 8 第 1 号 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 別 記 1) 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 安 全 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) ニボルマブ( 遺 伝 子 組 換 え) 製 剤 使 用 時 の 劇 症 1 型 糖 尿 病 に 関 する 周 知 について( 依 頼 ) 医 薬 品 の 適 正 使 用 安 全 対 策 につきましては

More information

ダイドロネル(患者向け医薬品ガイド)

ダイドロネル(患者向け医薬品ガイド) 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 6 月 更 新 ダイドロネル 錠 200 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ダイドロネル 錠 200 Didronel Tablets 200 エチドロン 酸 二 ナトリウム Etidronate Disodium 200mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様

More information

第 1 章 実 は, 鼻 炎 は 様 々 5 ハンノキとその 花 粉 図 6 6 アレルギー 性 鼻 炎 患 者 の 右 鼻 腔 内 の 写 真 11

第 1 章 実 は, 鼻 炎 は 様 々 5 ハンノキとその 花 粉 図 6 6 アレルギー 性 鼻 炎 患 者 の 右 鼻 腔 内 の 写 真 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 0.1 5.0 cm 2 5.1 50.0 cm 2 50.1 cm 2 0.05 1.0 cm 2 1.1 5.0 cm 2 5.1 cm 2 2 春 先 を 中 心 とした 花 粉 カレンダー 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 0.1 5.0 cm 2 5.1 50.0 cm 2 50.1 cm 2 0.05 1.0

More information

乳癌は女性にとって 身近な病気です

乳癌は女性にとって 身近な病気です 乳 がんについて 名 古 屋 掖 済 会 病 院 外 科 診 療 部 長 木 村 桂 子 乳 がんの 原 因 と 予 防 Ⅰ 乳 がんは 女 性 にとって 身 近 な 病 気 です 毎 年 日 本 では 約 4 万 人 (23 人 に 1 人 )の 女 性 が 乳 癌 にかかっているといわれています しかし 乳 がんは 早 く 発 見 すれば 治 る 確 率 が 高 く 唯 一 自 分 で 見 つけることが

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

予 防 接 種 による 健 康 被 害 救 済 制 度 について 定 期 の 予 防 接 種 により 引 き 起 こされた 副 反 応 により 医 療 機 関 での 治 療 が 必 要 になったり 生 活 に 支 障 が 出 るような 障 害 を 残 すな どの 健 康 被 害 が 生 じた 場 合

予 防 接 種 による 健 康 被 害 救 済 制 度 について 定 期 の 予 防 接 種 により 引 き 起 こされた 副 反 応 により 医 療 機 関 での 治 療 が 必 要 になったり 生 活 に 支 障 が 出 るような 障 害 を 残 すな どの 健 康 被 害 が 生 じた 場 合 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチン 接 種 説 明 書 ~ 大 切 なお 知 らせ~ 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンは 2 種 類 のワクチンが 国 内 で 使 用 承 認 され 医 療 機 関 で 接 種 されていますが その 内 容 に ついては 異 なる 点 があります いずれのワクチンで 接 種 しても 法 定 予 防 接 種 として 無 料 で 接 種 できますが 必 ず 初 回 に

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

<3320959E96F28EE892A081695031352D3139816A4832378F4390B394C52E786C7378>

<3320959E96F28EE892A081695031352D3139816A4832378F4390B394C52E786C7378> クリティカルパス 服 薬 記 録 クリティカルパスとは 治 療 開 始 から 入 院 退 院 後 服 薬 終 了 後 の 管 理 検 診 までの 治 療 の 経 過 記 録 表 です 患 者 様 が 不 安 なく 治 療 ( 服 薬 )を 継 続 して 中 断 することなく 結 核 治 療 を 終 了 できるよう に 患 者 様 を 中 心 に 医 師 看 護 師 薬 剤 師 栄 養 士 検 査 技

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

感染予防_16p.indd

感染予防_16p.indd 海 外 渡 航 者 の 予 防 接 種 Q &A 川 崎 医 科 大 学 小 児 科 学 教 室 平 成 27 年 11 月 改 訂 版 発 行 はじめに 海 外 に 出 国 する 日 本 人 の 数 は 年 々 増 加 してお り 2014 年 には 1,690 万 人 に 達 しています こ の 中 には 現 地 で 感 染 症 にかかり 医 療 施 設 を 受 診 するケースも 少 なくありません

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき

5 月 27 日 4 子 宮 頸 癌 1 GIO: 子 宮 頸 癌 の 病 態 診 断 治 療 について 理 解 する SBO: 1. 子 宮 頸 癌 の 発 癌 のメカニズムや 発 癌 過 程 について 説 明 できる 2. 子 宮 頸 癌 および 前 癌 病 変 の 分 類 ついて 説 明 でき 日 付 時 限 内 4 月 8 日 4 婦 人 科 腫 瘍 学 総 論 GIO: 女 性 に 特 有 の 腫 瘍 疾 患 を 総 論 的 に 捉 え 理 解 する 容 SBO: 1. 生 殖 器 の 解 剖 生 殖 器 腫 瘍 の 病 理 細 胞 診 断 画 像 診 断 などについて 説 明 ができる 2. 子 宮 頸 部 悪 性 腫 瘍 の 発 癌 メカニズム( 特 にHPV) 診 断 治 療 について

More information

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言

は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 は じ め に 大 腸 がんは 男 女 ともに 40 歳 代 から 増 加 し 始 め 高 齢 になるほど 増 加 する 傾 向 にあります しかし 他 の 臓 器 にできるがんと 比 べると 比 較 的 進 行 がゆっくりで 早 期 に 発 見 できれば 根 治 する 可 能 性 も 高 いと 言 われています したがって 大 腸 がんの 治 療 成 績 向 上 には 検 診 等 で 早 期 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819989BC96F35F4865616C74685F8F9096BC93FC82E897705F83548343839393FC82E88DC58F4994C55F5265762E646F63> 母 子 の 健 康 の 推 進 ( 仮 訳 ) 問 題 の 大 きさとその 重 要 性 地 域 格 差 家 庭 地 域 社 会 そして 経 済 の 健 全 性 は 女 性 の 健 康 と 密 接 不 可 分 な 関 係 にある しかし 今 なお 世 界 のどこかでは 妊 娠 や 出 産 のために 女 性 が 100 秒 間 に 1 人 の 割 合 で 命 を 落 としてい る 母 親 と 子 供 の

More information

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86>

<88A4926D8CA782AA82F1835A E815B815E82AA82F1835A E815B836A B835891E6398D86> 第 9 号 平 成 16 年 7 月 1 日 発 行 愛 知 県 がんセンター Tel.052-762-6111 代 私 たちは 病 む 人 の 立 場 にたって 最 新 の 研 究 成 果 に 基 づく 最 良 の 心 あるがん 医 療 を 提 供 します The mission of Aichi Cancer Center is to provide patients suffering from

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

胃癌ESD

胃癌ESD 胃 癌 の 治 療 選 択 早 期 胃 癌 進 行 胃 癌 粘 膜 癌 粘 膜 下 層 癌 1 内 視 鏡 的 粘 膜 切 除 術 (EMR)あるいはESD 2 腹 腔 鏡 下 手 術 3 開 腹 手 術 ESD 腹 腔 鏡 下 手 術 開 腹 手 術 1 開 腹 手 術 2 化 学 療 法 ( 抗 がん 剤 ) 早 期 胃 癌 切 除 例 の 半 数 以 上 がESD 施 行 例 となっている ESDの

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364>

<95CA8DFB2D32312D94E AA82F12E6D6364> 1 皮 膚 がん は じめに 皮 膚 がんは 他 の 癌 同 様 近 年 増 加 傾 向 にあります まれではあります が 皮 膚 がんのタイプや 進 行 程 度 に よっては 命 を 落 とすような 重 篤 な 場 合 があります 全 身 を 覆 っている 皮 膚 のすべての 部 位 から 皮 膚 がんは 発 生 し ますが 一 方 見 える 場 所 にあります ので 最 も 早 期 発 見 が

More information

担 当 医 は 重 症 度 (グレード)により 治 療 の 継 続 薬 の 減 量 休 薬 中 止 治 療 再 開 の 時 期 などを 決 定 します 手 足 症 候 群 は 適 切 な 処 置 により 良 くなることがわかっています また 手 足 症 候 群 によって 一 時 的 に 薬 を 休

担 当 医 は 重 症 度 (グレード)により 治 療 の 継 続 薬 の 減 量 休 薬 中 止 治 療 再 開 の 時 期 などを 決 定 します 手 足 症 候 群 は 適 切 な 処 置 により 良 くなることがわかっています また 手 足 症 候 群 によって 一 時 的 に 薬 を 休 3. 早 期 発 見 と 早 期 対 応 のポイント 抗 がん 剤 の 治 療 が 始 まったら 自 分 の 手 や 足 をよく 観 察 してくだ さい 手 足 症 候 群 の 初 期 症 状 に 気 づいたら できるだけその 部 位 に 刺 激 を 与 えず 安 静 を 保 つようにして すぐに 担 当 医 に 相 談 してく ださい 手 足 症 候 群 は 症 状 が 軽 い 初 期 段 階 のうちに

More information