大規模太陽光発電システム導入の手引書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "大規模太陽光発電システム導入の手引書"

Transcription

1

2

3

4

5 1 1-1

6 1-2

7 (33kV) 6.6kV/33kV PV (20kW) (10kW10) 210/6.6kV PCS 420/6.6kV PCS PV 3.9MW PV 1MW NAS (1MW+0.5MW) (a) [kw]

8 (b) 1-4

9 (c) (d) 1-5

10 (e) (f) 1-6

11 PV 1-7

12 1-8

13 1-9

14

15 PCS 1-11

16 1-12

17 1-13

18 1-14

19 1-15

20 1-16

21 1-17

22 - GaAs HIT CIGS CdTe 2-1

23 2-2

24 2-3

25 2-4

26 2-5

27 2-6

28 2-7

29 2-8

30 2-9

31 3-1

32 3-2

33 3-3

34 3-4

35 3-5

36 3-6

37 / 3-7

38 3-8

39 3-9

40 3-10

41 I i = I ND cosφ + I S 1+ cos( θ + γ i ) + I 2 HT 1 cosθ ρτ 2 I i i I ND I HT I S φ θ γ i i ρ τ γ i cosh L = sin θ cos A + cosθ sinh 3-11

42 Sp Sp / L R Sp / L R R L Sp N γ R Sp θ N γ N N sinθ = tan 1 R N Sp cosθ R 3-12

43 3-13

44 3-14

45 3-15

46 3-16

47 3-17

48 3-18

49 3-19

50 3-20

51 3-21

52 3-22

53 3-23

54 3.3.2 環 境 アセスメント モニタリング 調 査 太 陽 光 発 電 は 発 電 時 に 温 室 効 果 ガスを 発 生 しないため 電 源 としての 発 電 能 力 以 外 にも 環 境 面 からも 大 きな 注 目 を 浴 びる クリーンな 電 源 であるがゆえに その 設 置 運 用 にあたり 生 態 系 を 含 めた 環 境 に 十 分 配 慮 しなくてはならない 大 規 模 太 陽 光 発 電 システムの 設 置 には 多 くの 面 積 が 必 要 となるため その 設 置 に あたり 環 境 への 影 響 は 無 視 できないが 日 本 ではまだ 設 置 例 も 少 なく 環 境 にどう いった 影 響 があるかについてはまだ 確 認 されていない 部 分 も 多 い そのため 事 前 に 環 境 に 与 える 影 響 等 を 確 認 しておく 必 要 がある また 設 置 完 了 後 においても その 運 用 などにあたりどのような 影 響 が 生 じるか を 調 査 確 認 する 必 要 がある このような 環 境 への 影 響 は 設 置 箇 所 に 大 きく 左 右 され また 周 辺 環 境 などによっ ても 求 められるものが 大 きく 異 なるため まずは 設 置 箇 所 や 周 辺 環 境 から 何 が 求 め られているのかを 明 確 にすることが 必 要 となる 例 として 直 近 に 居 住 区 がある 場 合 には 騒 音 反 射 光 などといった 生 活 へ 影 響 を 与 える 要 素 について 特 に 検 討 が 重 要 になることなどが 考 えられる このように 多 種 多 様 なケースが 存 在 することもあり 環 境 調 査 については 配 慮 すべき 環 境 影 響 項 目 の 選 定 が 重 要 となる 本 項 では 太 陽 光 発 電 施 設 設 置 時 に 考 慮 すべき 環 境 影 響 項 目 の 選 定 手 法 について 説 明 する 1) 環 境 影 響 評 価 項 目 の 選 定 (1) 選 定 の 流 れ 影 響 評 価 項 目 の 選 定 は 図 のフローに 則 り 行 う ( a) 環 境 影 響 要 因 の 選 定 (スクリーニング) まず 各 都 道 府 県 等 により 個 別 に 定 められている 条 例 および 技 術 指 針 などを 踏 まえ 太 陽 光 発 電 施 設 の 建 設 に 伴 って 発 生 する 可 能 性 のある 環 境 影 響 の 要 素 と 要 因 の 関 係 を 一 般 的 な 環 境 影 響 評 価 の 手 法 にもとづき 整 理 し 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 の 設 置 によって 地 域 に 環 境 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 要 因 を 抽 出 する 一 般 的 な 環 境 影 響 評 価 の 手 法 としては 面 整 備 事 業 について 環 境 影 響 評 価 の 一 般 的 手 法 の 解 説 を 行 った 面 整 備 事 業 環 境 影 響 評 価 技 術 マニュアル ( 建 設 省 監 修 )を 用 いる 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 は 広 大 な 面 積 を 必 要 とするため 面 整 備 事 業 として 捉 えることが 適 切 であると 考 えられる しかし 同 マニュアルは 太 陽 光 発 電 に 特 化 したマニュアルではないため 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 の 特 徴 も 踏 まえた 要 因 選 定 が 必 要 となる ( b) 簡 易 評 価 次 に 環 境 影 響 を 及 ぼすと 考 えられる 項 目 について 現 地 の 生 態 系 動 植 物 環 境 の 調 査 結 果 も 反 映 させつつ 影 響 の 程 度 把 握 適 切 な 対 策 が 取 られているかど 3-24

55 うかのチェック 課 題 の 摘 出 を 行 う 面 整 備 事 業 環 境 影 響 評 価 マニュアル 環 境 影 響 のスクリーニング 県 環 境 影 響 評 価 等 技 術 指 針 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 の 建 設 運 用 において 必 要 な 環 境 影 響 要 因 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 の 特 徴 現 地 生 態 系 動 植 物 調 査 結 果 簡 易 評 価 影 響 の 評 価 対 策 のチェック 課 題 の 抽 出 等 による 簡 易 評 価 工 事 計 画 書 の 閲 覧 工 事 管 理 者 ヒアリング 効 果 検 証 モニタリング 計 画 の 提 示 図 環 境 影 響 評 価 項 目 選 定 の 作 業 フロー 3-25

56 (2) 環 境 影 響 のスクリーニング 環 境 影 響 評 価 の 標 準 的 手 法 にならい 環 境 に 影 響 を 与 えうる 影 響 要 因 ( 例 : 建 設 機 械 の 稼 働 車 両 の 運 行 等 )ごとに 環 境 要 素 ( 例 : 大 気 質 水 質 底 質 騒 音 振 動 生 態 系 等 )に 与 える 影 響 について 面 整 備 事 業 環 境 影 響 評 価 技 術 マニュアル を 参 考 と して 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 の 建 設 運 用 にあたり 発 生 する 可 能 性 の 高 い 環 境 影 響 をスク リーニングする (a) 工 事 の 実 施 による 環 境 影 響 イ. 建 設 機 械 および 資 材 運 搬 等 での 車 両 の 稼 動 対 応 する 環 境 要 素 のうち 面 整 備 事 業 においては 粉 じん 騒 音 振 動 が 工 事 時 に 一 般 的 に 発 生 するとされる 建 設 機 械 および 資 材 や 機 械 の 運 搬 に 用 いる 車 両 の 稼 動 では 工 事 に 伴 う NOx( 窒 素 酸 化 物 ) POM(Polycyclic Organic Matter: 多 環 有 機 化 合 物 )の 発 生 は 一 般 的 に 少 な いとされているが 使 用 機 材 および 使 用 物 質 について 確 認 する 必 要 がある 環 境 要 素 として 温 室 効 果 ガス も 検 討 対 象 となるが 運 用 時 に 温 室 効 果 ガスを 発 生 しない 太 陽 光 発 電 では 温 室 効 果 ガスに 関 しては LCA として 別 個 に 検 討 するのが 適 切 であると 考 えられる LCA については LCA に 記 載 しているため ここで は 省 略 する 以 下 各 項 目 についても 同 様 に 温 室 効 果 ガスについては 検 討 対 象 より 省 略 するものとする ロ. 風 による 巻 上 げ 本 項 目 については 面 整 備 事 業 においては 必 要 に 応 じた 散 水 などの 一 般 的 な 対 策 が 行 うことにより 問 題 となることはないとされている ハ. 雨 水 の 排 水 本 項 目 については 裸 地 となる 区 域 掘 削 の 程 度 降 雨 の 程 度 などを 勘 案 して 適 切 な 雨 水 排 水 が 行 われているかを 検 討 することとされている 影 響 を 被 る 環 境 項 目 と しては 一 般 的 に 水 の 濁 り 有 害 物 質 の 混 入 底 質 への 影 響 これらに 伴 う 自 然 要 素 の 変 化 があるとされている 工 事 実 施 による 影 響 が 考 えられることから 対 策 について 確 認 が 必 要 である ニ. 工 事 に 伴 う 各 種 排 水 本 項 目 については 工 事 の 工 法 ( 泥 水 を 用 いるか 薬 剤 を 用 いるか)により 一 般 的 に 水 の 濁 り 有 害 物 質 の 混 入 底 質 への 影 響 これらに 伴 う 自 然 要 素 の 変 化 があると されている 通 常 太 陽 光 発 電 施 設 工 事 については 泥 水 薬 剤 などを 用 いることはないと 考 えら れるが その 有 無 について 確 認 が 必 要 である ホ. 汚 水 の 排 水 工 事 現 場 での 生 活 排 水 による 水 質 への 影 響 これらに 伴 う 自 然 要 素 の 変 化 があると されている ただし 一 般 的 には 工 事 現 場 での 生 活 排 水 は 発 生 するが 量 が 少 なく 3-26

57 また 浄 化 槽 の 設 置 等 の 対 応 がなされるため 影 響 はほとんどないとされている ヘ. 水 中 工 事 地 下 水 脈 の 分 断 地 下 水 のくみ 上 げ これらの 項 目 については 面 整 備 事 業 において 影 響 を 与 える 工 事 は 稀 であるとされ ている 太 陽 光 発 電 施 設 工 事 においても 水 中 工 事 や 地 下 水 脈 地 下 水 に 影 響 を 与 えるような 地 下 構 造 物 を 設 ける 工 事 は 稀 であるが 臨 海 地 区 などの 直 近 に 大 きな 水 場 が 存 在 する 場 合 にはこのような 部 分 に 影 響 を 及 ぼさないかどうか 確 認 が 必 要 である ト. 造 成 工 事 造 成 工 事 そのものにより 発 生 する 廃 棄 物 が 環 境 に 及 ぼす 影 響 を 検 討 する 項 目 である コンクリート 塊 残 土 汚 泥 などの 建 設 廃 棄 物 については 一 般 的 に 発 生 するとされ ている また 立 木 を 伐 採 する 場 合 には 伐 採 木 抜 根 塊 など どの 程 度 の 量 を 想 定 しどのように 処 理 するのか 確 認 が 必 要 である チ. 工 事 施 工 ヤード 工 事 用 道 路 の 設 置 工 事 現 場 とは 異 なる 場 所 において 環 境 影 響 を 与 える 可 能 性 がないかを 検 討 する 項 目 である 工 事 用 道 路 や 工 事 施 工 ヤードを 別 に 設 けるのかどうかについて 施 工 場 所 の 状 況 を 確 認 する 必 要 がある (b) 施 設 の 存 在 および 供 用 による 環 境 影 響 イ. 施 設 の 存 在 施 設 が 存 在 することにより 大 気 質 ( 気 温 湿 度 風 向 風 速 等 ) 風 害 日 照 障 害 日 照 反 射 電 磁 波 障 害 などの 環 境 影 響 が 生 じる 可 能 性 を 検 討 する 項 目 である 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 は その 設 置 箇 所 も 含 め 一 般 的 には 高 層 の 建 築 物 ではない ため 風 害 日 照 障 害 が 周 辺 に 起 こることは 考 えにくい しかし 太 陽 光 モジュールが 大 規 模 に 存 在 することによって 大 気 質 への 影 響 日 照 の 反 射 による 影 響 について 考 慮 する 必 要 がある ロ. 施 設 の 稼 動 本 項 目 は 施 設 の 稼 働 によって 大 気 質 ( 大 気 汚 染 物 質 の 排 出 ) 騒 音 振 動 悪 臭 低 周 波 音 地 下 水 質 土 壌 汚 染 これらの 変 化 に 伴 う 自 然 要 素 温 室 効 果 ガス 等 への 影 響 について 検 討 する 項 目 である 大 規 模 太 陽 光 発 電 施 設 は 一 般 の 発 電 施 設 と 異 なり これらの 環 境 影 響 が 極 めて 少 ないのが 基 本 的 な 特 徴 であるが 蓄 電 池 を 設 置 する 場 合 や PCS の 騒 音 等 については 考 慮 する 必 要 がある ハ. 道 路 の 供 用 交 通 の 集 中 本 項 目 は 施 設 が 存 在 することによって 生 じる 周 辺 交 通 への 影 響 を 検 討 する 項 目 で ある 施 設 運 用 のための 自 動 車 走 行 施 設 見 学 のための 自 動 車 走 行 これらに 伴 って 発 生 する 交 通 混 雑 によって 発 生 する 大 気 質 (NOx 浮 遊 粒 子 状 物 質 など) 騒 音 振 動 自 然 環 境 の 変 化 などについては 施 設 の 設 置 環 境 によっては 発 生 する 可 能 性 があ 3-27

58 る 施 設 の 見 学 等 の 訪 問 程 度 では 特 に 問 題 にならないとは 考 えられるが 観 光 施 設 とす る 計 画 がある 場 合 や 施 設 へ 至 る 経 路 が 非 常 に 限 定 されている 場 合 などは 検 討 する 必 要 がある ニ. 雨 水 の 排 水 本 項 目 は 敷 地 の 雨 水 の 排 水 により 周 辺 環 境 に 水 の 濁 りなどの 水 質 変 化 池 の 底 質 の 変 化 これらに 伴 う 自 然 環 境 の 変 化 について 検 討 する 項 目 である 太 陽 光 発 電 施 設 は 広 い 面 積 が 必 要 となるため 周 辺 環 境 への 影 響 を 抑 える 場 合 には あらかじめ 雨 水 排 水 設 計 を 行 い 最 大 想 定 雨 量 時 においても 敷 地 外 に 雨 水 が 排 水 されないようにする などの 工 夫 が 必 要 となる ホ. 汚 水 の 排 水 本 項 目 は 施 設 からの 生 活 排 水 により 周 辺 環 境 に 水 質 変 化 池 の 底 質 の 変 化 これ らに 伴 う 自 然 環 境 の 変 化 について 検 討 する 項 目 である 太 陽 光 発 電 施 設 においては 下 水 の 工 事 が 行 われる 場 合 には 施 設 の 運 用 時 には 生 活 排 水 が 環 境 に 影 響 を 及 ぼすことは 考 えられない ヘ. 湧 水 の 排 水 地 下 水 のくみ 上 げ 地 表 の 被 覆 化 本 項 目 は 敷 地 に 湧 水 がある 場 合 の 排 水 の 影 響 地 下 水 のくみ 上 げによる 地 下 水 環 境 への 影 響 地 表 の 被 覆 化 による 地 下 水 環 境 への 影 響 について 検 討 する 項 目 である 通 常 湧 水 のある 箇 所 に 太 陽 光 発 電 施 設 を 設 置 することは 考 えにくく 一 般 的 には 考 慮 は 必 要 ない 項 目 であると 考 えられる ト. 土 地 の 改 変 本 項 目 は 土 地 の 改 変 による 地 形 および 地 質 の 変 化 動 物 植 物 生 態 系 景 観 触 れ 合 い 活 動 の 場 などの 変 化 について 検 討 を 促 すための 項 目 である 景 観 への 影 響 触 れ 合 い 活 動 の 場 については 通 常 の 発 電 所 のようないわゆる 忌 避 施 設 であれば 考 慮 は 必 要 ない しかし 大 規 模 太 陽 光 発 電 所 においては 近 年 の 環 境 意 識 の 高 まりや 注 目 度 の 増 加 を 背 景 として 設 置 者 が 一 般 に 広 く 敷 地 内 への 入 場 を 許 可 したり 周 辺 環 境 との 調 和 などを 意 識 して 設 置 されたりすることも 充 分 考 えられ 設 置 後 の 影 響 について 検 討 する 必 要 がある チ. 施 設 の 照 明 本 項 目 は 施 設 の 夜 間 照 明 の 存 在 により 動 物 植 物 生 態 系 景 観 触 れ 合 い 活 動 の 場 などの 変 化 について 検 討 する 項 目 である 太 陽 光 発 電 施 設 はその 性 質 上 照 明 の 必 要 な 夜 間 には 稼 働 せず 過 度 な 夜 間 照 明 は 必 要 とされない しかし 動 植 物 生 態 系 への 配 慮 において 保 護 すべき 希 少 種 等 が 確 認 された 場 合 その 種 の 生 活 上 の 特 性 と して 夜 間 照 明 を 特 に 嫌 うことなども 考 えられる その 場 合 は 施 設 の 構 内 照 明 のみな らず 施 設 へ 至 るアクセス 道 の 照 明 も 含 め 動 植 物 生 態 系 へ 配 慮 した 照 明 の 工 夫 が 必 3-28

59 要 である 2) 簡 易 評 価 スクリーニングされた 項 目 について さらに 問 題 がないかをチェックする また 周 辺 の 生 態 系 調 査 等 を 実 施 し スクリーニングされた 項 目 がこれらの 生 態 系 に 影 響 を 与 えないか もしくは 影 響 を 与 えないための 対 策 が 取 られているかを 事 前 に 確 認 する 特 に 動 植 物 については 一 般 の 絶 滅 危 惧 種 以 外 に 各 自 治 体 でもレッドデータブ ックなどで 独 自 に 希 少 種 を 定 めている 場 合 があり 注 意 が 必 要 である 3) 効 果 検 証 1)~2)を 通 して 検 討 が 必 要 とされた 環 境 影 響 項 目 について 実 際 にモニタリング 方 法 などを 検 討 し 効 果 検 証 手 法 などを 選 定 する モニタリングに 必 要 な 機 器 が 大 掛 かりとなる 場 合 には 改 めてそれらの 機 器 に 対 して も 環 境 影 響 項 目 を 選 定 する 必 要 が 生 じるため できる 限 り 機 器 設 置 工 事 などを 必 要 と しない 調 査 方 法 を 選 定 することも 重 要 な 点 の 一 つである 3-29

60 4-1

61

62 4-3

63 4-4

64 4-5

65 33 4-6

66 4-7

67 4-8

68 4-9

69 4-10

70 4-11

71 4-12

72 4-13

73 [A] PV[ ] 40 [V] [W]

74 4-15

75 4-16

76 4-17

77 4-18

78 4-19

79 4-20

80 4-21

81 4-22

82 4-23

83

84 4-25

85 4-26

86 4-27

87 4-28

88 G W S K G W W = CW q A W W C q W AW q 2 q = 0.6 V0 E I V 0 E I 4-29

89 E S S = C P Z A S S S S C P S Z A S S K K = k G K = k ( G S) K k G S 4-30

90 G G G S G + S G + S G + W G + W G S + W G + K G S + K 4-31

91 4-32

92 4-33

93 4-34

94

95 4.6 設 置 事 例 稚 内 サイトの 事 例 1) 工 事 概 要 稚 内 サイトは 平 成 19 年 1 月 から 着 工 し その 後 平 成 21 年 度 まで 段 階 的 に 設 備 増 設 工 事 を 行 ってきた 図 に 稚 内 サイトのレイアウト 図 と 工 事 工 程 区 分 を 示 す また 表 に 工 事 区 分 ( 名 称 )と 工 事 設 概 要 を 示 す N 実 証 研 究 施 設 図 特 高 変 制 御 機 器 エリア Nas 電 池 用 Nas 電 池 Nas 電 池 PCS (1,000kW) (500kW) 特 高 受 変 電 設 備 (1,000kW) Ⅰ 期 A 工 事 80kW(H18) 制 御 機 械 室 Ⅳ 期 工 事 20kW 可 動 架 台 (H21) Ⅰ 期 B 工 事 20kW(H19) Ⅱ 期 A 工 事 1500kW(H19) Ⅱ 期 B 工 事 400kW(H19) Ⅳ 期 工 事 1000kW(H21) Ⅲ 期 工 事 2000kW(H20) 西 アレイエリア 中 央 アレイエリア 東 アレイエリア 図 稚 内 サイト レイアウト 図 表 稚 内 サイトの 工 事 区 分 ( 名 称 )と 工 事 概 要 工 事 名 称 工 事 期 間 太 陽 電 池 (kw) 累 計 (kw) 電 圧 階 級 工 事 計 画 届 出 Ⅰ 期 A 工 事 H19. 1~H kW 80kW 高 圧 6.6kV ( 対 象 外 ) Ⅱ 期 A 工 事 H19. 7~ H ,500kW 1,580kW 特 高 33kV H19.6 月 届 出 Ⅰ 期 B 工 事 H19.7~ H kW 1,600kW 特 高 33kV H19.8 月 変 更 Ⅱ 期 B 工 事 H19.7~ H k W 2,000kW 特 高 33kV H19.10 月 変 更 Ⅲ 期 工 事 H20.7~ H21.7 2,000kW 4,000kW 特 高 33kV H20.6 月 届 出 Ⅳ 期 工 事 H21.9~ H22.3 1,020kW 5,020kW 特 高 33kV H21.8 月 届 出 4-36

96 2) 造 成 工 事 稚 内 サイトでは 太 陽 光 発 電 設 備 工 事 に 先 立 ち 敷 地 造 成 工 事 を 実 施 した 建 設 予 定 地 は 盛 土 や 沼 を 埋 立 てた 箇 所 等 が 存 在 し 敷 地 の 大 半 が 軟 弱 地 盤 で あったことから Ⅰ 期 工 事 分 を 除 き 杭 基 礎 を 採 用 した 図 造 成 前 ( 東 側 から 撮 影 ) 図 造 成 後 ( 西 側 から 撮 影 ) 3) 太 陽 光 発 電 システム 工 事 (1)PV アレイ 設 置 工 事 PV アレイ 設 置 工 事 は 平 成 19 年 1 月 からのⅠ 期 工 事 以 降 4 期 に 分 け 工 事 を 実 施 した 架 台 は 積 雪 影 響 を 考 慮 し 各 期 毎 に 傾 斜 角 架 台 高 さ 形 状 等 につ いて 検 討 を 重 ね Ⅳ 期 工 事 実 施 分 では 稚 内 での 最 適 形 状 として 傾 斜 角 30 度 架 台 高 さ 1.8m を 採 用 し Ⅲ 期 工 事 採 用 架 台 と 比 較 し 約 33%の 軽 量 化 を 図 る ことができた また 固 定 架 台 の 他 に 稚 内 サイトでは 1 軸 可 動 架 台 (20kW) を 導 入 し 発 電 増 加 量 評 価 や 積 雪 強 風 時 の 傾 斜 角 制 御 方 法 等 についても 検 討 を 行 った 図 杭 基 礎 工 事 図 架 台 組 立 工 事 4-37

97 図 PV モジュール 設 置 工 事 図 Ⅳ 期 設 置 架 台 図 軸 可 動 架 台 (2)33kV 特 別 高 圧 連 系 工 事 平 成 19 年 度 第 2 期 増 設 工 事 ( 約 2,000kW)への 対 応 として 稚 内 サイトと 声 問 開 閉 所 間 に 33kV 稚 内 PV 線 ( 約 5km) を 構 築 した 33kV 稚 内 PV 線 の 設 備 概 要 を 表 に 示 す なお 耐 塩 設 計 は 重 汚 損 地 域 とした なお コ スト 低 減 のため ポリマーLP 碍 子 ポリマー 長 幹 碍 子 を 採 用 した 表 kV 稚 内 PV 線 設 備 概 要 種 別 項 目 単 位 数 量 支 持 物 本 柱 本 91 支 柱 本 12 碍 子 ポリマーLP 碍 子 個 265 ポリマー 長 幹 碍 子 個 168 電 線 33kV ACSR/AC-OC-L95 m 13,370 避 雷 器 ポリマー 避 雷 器 個

98 図 建 柱 作 業 状 況 図 建 柱 後 状 況 また 受 電 設 備 については 稚 内 サイ ト 周 辺 は 塩 害 発 生 地 域 であることを 考 慮 し 気 中 絶 縁 ではなく GIS を 採 用 した 図 kV 特 別 高 圧 受 電 設 備 (3)NAS(sodium-sulfur) 電 池 NAS 電 池 は 300 程 度 の 保 温 維 持 が 不 可 欠 な 電 池 設 備 であるため 積 雪 寒 冷 地 な 稚 内 サイトへの 設 置 に 際 しては 特 に 冬 期 間 の 断 熱 性 やヒータ 等 補 機 電 源 の 確 保 を 重 要 課 題 と 判 断 し 当 初 の500kW(Ⅱ 期 工 事 )では 建 物 収 納 タイプを 採 用 した その 後 寒 冷 地 での 実 績 から1,000kW(Ⅲ 期 工 事 )はキュービクルタイ プを 採 用 することとした 表 に 稚 内 サイトに 設 置 した NAS 電 池 の 仕 様 概 要 を 示 す 表 NAS 電 池 施 設 の 仕 様 概 要 ( 稚 内 サイト) NAS 電 池 容 量 500kW-7.2h 1000kW-7.2h PCS 容 量 500kVA( 短 時 間 600kVA) 1000kVA( 短 時 間 1200kVA) 運 開 年 度 H19(Ⅱ 期 工 事 ) H20(Ⅲ 期 工 事 ) 設 置 形 態 建 屋 タイプ キュービクルタイプ 4-39

99 図 NAS 電 池 セル (4) 稚 内 サイトの 現 状 平 成 18 年 度 から 4 ヵ 年 に 亘 り 各 種 工 事 を 行 い 平 成 22 年 3 月 に 全 工 事 が 完 了 し 5,020kW の 出 力 で 運 用 を 開 始 した 完 成 後 の 全 景 写 真 を 図 に 示 す 図 稚 内 サイト 全 景 ( 南 西 側 より 撮 影 写 真 上 は 宗 谷 岬 ) 4-40

100 4.6.2 北 杜 サイトの 事 例 1) 工 事 概 要 北 杜 サイトは 平 成 19 年 8 月 から 着 工 し 稚 内 サイトと 同 様 に 平 成 21 年 度 まで 段 階 的 に 設 備 増 設 工 事 を 行 ってきた 図 に 北 杜 サイトのレイア ウト 図 と 工 事 工 程 区 分 を 示 す また 表 に 工 事 区 分 ( 名 称 )と 工 事 概 要 を 示 す Ⅱ 期 H21 年 度 工 事 400kW Ⅱ 期 H20 年 度 工 事 800kW サブ 変 電 所 大 容 量 PCS 導 入 PVシステム 評 価 エリア 1200kW PVシステム 評 価 エリア 640kW Ⅰ 期 H19 年 度 工 事 600kW 変 電 所 Ⅱ 期 H21 年 度 工 事 40kW 開 閉 所 図 北 杜 サイトのレイアウト 図 と 工 事 工 程 区 分 4-41

101 表 北 杜 サイトの 工 事 区 分 ( 名 称 )と 工 事 概 要 工 事 名 称 工 事 期 間 太 陽 電 池 (kw) 累 計 (kw) 電 圧 階 級 工 事 計 画 届 出 造 成 工 事 H19. 8~H20.3 ( 対 象 外 ) Ⅰ 期 工 事 H19 年 度 工 事 H19. 9~H k W 600k W 高 圧 6.6kV H19.8 届 出 Ⅱ 期 H20 年 度 工 事 H20.12~H k W 1,400kW 高 圧 6.6kV H20.11 届 出 Ⅱ Ⅲ 期 H21 年 度 工 事 H21. 7~H k W 1,840kW 特 別 高 圧 66kV H21.6 届 出 2) 造 成 工 事 北 杜 サイトでは 太 陽 光 発 電 システムの 設 置 工 事 に 先 立 ち 土 地 の 造 成 工 事 から 着 手 した 農 地 法 等 種 々の 関 連 法 規 に 関 わる 諸 手 続 きが 該 当 したが 埋 蔵 文 化 財 調 査 の 対 象 地 域 でもあったことから 土 地 の 造 成 工 事 に 先 行 して 調 査 を 実 施 した 土 地 の 造 成 は 環 境 共 生 の 観 点 から 既 存 の 地 形 を 可 能 な 限 り 残 すよう 最 小 限 の 工 事 とした また 小 動 物 保 護 地 区 を 確 保 すると 共 に この 保 護 地 区 を 分 断 させないために サイト 内 への 進 入 路 にアニマルパスウェイを 設 置 した なお 土 地 造 成 工 事 に 併 せて 太 陽 電 池 アレイ 設 置 エリアには 雨 水 の 排 水 処 理 のための 浸 透 側 溝 も 設 置 した 図 造 成 前 ( 敷 地 北 側 からの 遠 景 ) 図 埋 蔵 文 化 財 調 査 4-42

102 図 造 成 後 図 アニマルパスウェイ 3) 太 陽 光 発 電 システム 工 事 (1) 架 台 設 備 システム 設 計 構 築 の 最 適 化 を 図 るため 経 済 性 環 境 性 に 優 れた 架 台 工 法 の 検 討 を 行 った 具 体 的 には 基 礎 部 分 に 従 来 のコンクリート 基 礎 に 替 えて 杭 打 ち 工 法 を 採 用 し 土 壌 などへの 環 境 負 荷 の 低 減 を 図 ると 共 に 建 設 残 土 を 発 生 しない 環 境 に 配 慮 した 施 工 方 法 とした また 新 たにジョイント 金 物 を 開 発 することにより 汎 用 性 があり かつ 安 価 な 市 販 鋼 管 の 活 用 が 可 能 となり 経 済 性 に 優 れた 架 台 を 実 現 した これらの 架 台 開 発 には 3Rの 実 現 (Reduce Reuse Recycle)も 合 わせて 目 指 しており 将 来 の 撤 去 後 の 環 境 対 策 にも 配 慮 した さらに 様 々な 太 陽 電 池 モジュールに 対 応 可 能 であり かつ 傾 斜 角 度 も 自 由 に 設 定 可 能 な 構 造 とし フレキシビリティーの 高 い 架 台 構 築 を 可 能 とした 図 杭 打 ち 施 工 状 況 図 架 台 施 工 状 況 4-43

103 図 太 陽 電 池 アレイ 用 架 台 (2) 受 変 電 設 備 前 述 の 通 り 北 杜 サイトでは 段 階 的 にシステム 導 入 しており 2008( 平 成 20) 年 1 月 に 高 圧 (6.6kV) 受 電 を 開 始 し 同 年 2 月 に PV システム 評 価 エリアとし て 600kW 太 陽 光 発 電 システムの 運 用 を 開 始 した(2010 年 3 月 からは 640kW に 増 設 ) なお 特 別 高 圧 設 備 の 設 置 スペース 確 保 高 圧 設 備 の 特 別 高 圧 化 対 応 等 将 来 的 な 特 別 高 圧 化 を 考 慮 した 設 計 とした 2009( 平 成 21) 年 11 月 には 特 別 高 圧 (66kV) 受 電 を 開 始 し 同 年 12 月 に 大 容 量 PCS 導 入 PV システム 評 価 エリアとして 1200kW 太 陽 光 発 電 システムの 運 用 を 開 始 した サイト 南 西 に 架 空 線 を 引 き 込 むための 開 閉 所 を 設 置 し 変 電 所 ま で 地 中 配 線 を 敷 設 した 1200kW 太 陽 光 発 電 システムの 出 力 ( 交 流 側 ) 配 線 の 線 径 ( 条 数 )を 考 慮 し 1200kW システム 近 傍 にサブ 変 電 所 を 設 置 し 変 電 所 から サブ 変 電 所 間 は 高 圧 (6.6kV) 配 線 とした 図 開 閉 所 図 変 電 所 4-44

104 図 サブ 変 電 所 図 GIS 特 高 トランス( 変 電 所 内 ) (3) 集 電 盤 接 続 箱 PV システム 評 価 エリアの 640kW 太 陽 光 発 電 システムは 北 杜 サイトの 研 究 テ ーマの 一 つである 先 進 的 太 陽 電 池 モジュールの 実 環 境 における 特 性 比 較 を 行 うため システムの 構 成 は 10kW 単 位 を基 本 として 構 築 した (10kW 63 シス テム 3kW 3 システム) 各 PCS から 変 電 所 への 総 配 線 長 を 低 減 するため 6 台 の 集 電 盤 をエリア 内 に 配 置 し PCS の 出 力 ( 交 流 側 ) 配 線 を 約 100kW ごとに 集 約 し 各 集 電 盤 から 変 電 所 まで 配 線 を 行 った 逆 に 大 容 量 PCS 導 入 PV システム 評 価 エリアの 1200kW 太 陽 光 発 電 システムは 400kW 3 システムで 構 成 しており 各 太 陽 電 池 アレイから PCS への 総 配 線 長 を 低 減 するため 50kW ごとに 接 続 箱 を 配 置 し 各 接 続 箱 から PCS まで 配 線 を 行 っ た (4)PCS PV システム 評 価 エリアの 640kW システムを 構 成 している 各 10kWPCS は 壁 掛 けタイプで 屋 外 設 置 が 可 能 なタイプであり 各 太 陽 電 池 アレイ 用 架 台 の 裏 面 に 鋼 材 等 を 使 用 して 設 置 した 大 容 量 PCS 導 入 PV システム 評 価 エリアの 1200kW システムを 構 成 している 400kWPCS はコンテナに 収 容 し 設 置 した 図 kWPCS 図 kWPCS 用 コンテナ 4-45

105 (5) 太 陽 電 池 モジュール 取 付 太 陽 電 池 モジュールは フレームを 直 接 架 台 にボルトナットで 固 定 する タイプと 金 具 等 を 使 用 して 固 定 する タイプに 大 別 される また メーカ 等 により サイズ 取 付 穴 の 位 置 等 が 異 なる 太 陽 電 池 アレイ 用 架 台 の 設 計 等 に 影 響 があるため 事 前 に 確 認 が 必 要 である (6) 耐 雷 対 策 北 杜 サイトでは 主 な 耐 雷 対 策 とし て 太 陽 電 池 アレイの 上 端 部 に 水 平 導 体 の 設 置 太 陽 電 池 アレイ 間 の 等 電 位 ボンディングの 実 施 計 測 配 線 の 光 ケーブル 化 直 流 主 回 路 に SPD 設 置 を 行 った 図 太 陽 電 池 モジュール 取 付 図 水 平 導 体 の 設 置 4) 北 杜 サイトの 現 状 2010( 平 成 22) 年 3 月 に 全 ての 工 事 が 完 成 し 1,840kW の 太 陽 光 発 電 システ ムが 特 別 高 圧 連 系 (66kV)で 運 用 中 である 図 全 体 写 真 4-46

106 5-1

107 5-2

108 5-3

109 5-4

110 5-5

111 5-6

112 5-7

113 5-8

114 5-9

115 5-10

116 5-11

117 5-12

118 5-13

119 6-1

120 6-2

121 6-3

122 6-4

123 6-5

124 6-6

125 6-7

126 6-8

127 6-9

128 6-10

129 6-11

130 6-12

131 6-13

132 6-14

133 6-15

134 6-16

135 6-17

136 6-18

137 6-19

138 6-20

139 6-21

140 6-22

141 6-23

142 6-24

143 6-25

144 6-26

145 6-27

146 1 2,000kW

147 6-29

148 6-30

149 6-31

150 6-32

151 9 6-33

152 6-34

153 6-35

154 6-36

155 6-37

156 6-38

157 6-39

158 6-40

159 6-41

160 6-42

161 6-43

162 -1

163 -2

164 -3

165 -4

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損

別 紙 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 1. 総 則 この 算 定 基 準 は, 間 接 工 事 費 のうち 共 通 仮 設 費 の 算 定 に 係 る 必 要 な 事 項 を 定 めたものである 共 通 仮 設 費 の 構 成 は, 下 記 のとおりとする 運 搬 費 準 備 費 事 業 損 5. 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 各 地 方 整 備 局 長 北 海 道 開 発 局 長 あて 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 長 最 終 改 正 国 官 技 第 276 号 平 成 26 年 3 月 14 日 国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 審 議 官 土 木 請 負 工 事 の 共 通 仮 設 費 算 定 基 準 の 一 部 改 定 について

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

5. 第 5 号 内 訳 書 機 械 器 具 損 料 で イ 裏 込 注 入 設 備 及 び 気 泡 材 注 入 設 備 の 供 用 日 及 び 運 転 日 損 料 率 係 数 は 札 幌 市 の H25 年 度 下 水 道 用 設 計 標 準 歩 掛 表 - 別 冊 参 考 資 料 - によって

5. 第 5 号 内 訳 書 機 械 器 具 損 料 で イ 裏 込 注 入 設 備 及 び 気 泡 材 注 入 設 備 の 供 用 日 及 び 運 転 日 損 料 率 係 数 は 札 幌 市 の H25 年 度 下 水 道 用 設 計 標 準 歩 掛 表 - 別 冊 参 考 資 料 - によって < 管 理 番 号 000002> 1. 単 -10 号 コンクリート 生 コンクリートは 定 山 渓 地 区 単 価 で 宜 しいでしょうか よろしいです 2. 単 -4 号 後 続 車 設 備 後 続 車 据 付 ( 泥 土 圧 式 )の 歩 掛 では 諸 雑 費 ( 率 )は 設 置 労 務 の1% + 撤 去 労 務 の1%となっていますが 労 務 費 合 計 の2%を 計 上 しているのでしょうか

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目

別 紙 ー12 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 別 紙 -11 [ 記 入 方 法 ] 該 当 する 項 目 のにレマークを 記 入 する なお 工 事 規 模 工 事 内 容 等 により 評 価 の 対 象 としない 項 目 は を 空 白 とし 評 価 対 象 項 目 に 取 り 消 し 線 を 付 ける ( 監 督 員 ) 考 査 項 目 細 別 1. 施 工 体 制 Ⅰ. 施 工 体 制 一 般 施 工 体 制 が 適 切 である 他 の

More information

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目

箇 所 図 S=1:5,000 5. 7 5. 9 ル 5. 9 4. 5 八 橋 鯲 沼 町 泉 小 学 校 サ ノ 一 丁 目 八 橋 小 学 校 5. 2 秋 操 八 橋 大 沼 町 4. 9 4. 9 プ ール 近 隣 公 4. 2 5. 8 泉 中 央 一 丁 目 泉 中 央 六 丁 目 設 計 書 工 種 道 舗 修 課 副 主 担 設 計 担 当 者 道 路 維 持 課 維 持 第 二 担 当 当 席 リー 工 事 番 号 第 2 号 参 内 線 (55 245) 主 ダー 長 事 査 印 年 度 平 成 27 年 度 作 成 年 月 日 平 成 工 事 名 施 工 箇 所 設 計 金 額 市 道 秋 田 環 状 2 号 線 舗 装 道 改 良 工 事 および 交 通 安 全 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516

工 事 に 伴 う 伐 採 木 量 を 表 5163 に 示 す 伐 採 木 量 は 340.2tと 予 測 する 発 生 する 木 くずについては 樹 木 の 状 態 により 処 理 が 異 なるため できる 限 り 有 効 利 用 が 図 れる 方 法 で 処 理 を 行 う 区 分 表 516 第 16 節 廃 棄 物 等 161 予 測 及 び 評 価 の 結 果 1. 工 事 中 における 発 生 土 量 建 設 廃 棄 物 伐 採 木 による 影 響 1) 予 測 結 果 工 事 に 伴 う 建 設 発 生 土 量 場 内 再 利 用 量 及 び 場 外 搬 出 量 を 表 5161 に 示 す 建 設 発 生 土 については 工 事 計 画 において 盛 土 作 業 と 掘 削 作

More information

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63>

<4D F736F F D D38F8A92F990B A DC58F4994C5817A8EA58B DB88EC08E7B977697CC816988C4816A2E646F63> 磁 気 探 査 実 施 要 領 ( 案 ) 平 成 24 年 10 月 沖 縄 総 合 事 務 局 開 発 建 設 部 目 次 1 総 則 1 1-1 目 的 1 1-2 適 用 範 囲 1 1-3 用 語 の 定 義 1 1-3-1 磁 気 探 査 1 1-3-2 不 発 弾 不 発 弾 等 1 1-3-3 不 発 弾 貫 入 深 度 1 1-3-4 磁 気 量 2 2 探 査 計 画 3 2-1

More information

工 事 設 計 書 施 行 年 度 平 成 26 年 度 契 約 番 号 4261000060 工 事 名 平 成 26 年 度 水 道 広 域 化 促 進 事 業 舗 装 復 旧 工 事 ( 佐 那 具 工 業 団 地 工 区 ) 施 工 場 所 千 歳 地 内 課 長 係 長 工 種 開 削 工 事 及 び 小 口 径 推 進 工 事 積 算 者 検 算 者 設 計 金 額 円 内 消 費 税

More information

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の

. 曖 昧 な 表 現 は 評 価 しません ません 原 則 として するように 努 める 必 要 に 応 じ する 出 来 る 限 り する などの 表 現 は 記 載 内 容 について 履 行 するのかしないのか 不 明 確 ですので 評 価 しません 解 体 工 事 にあたっては 振 動 の ( 別 紙 ) 簡 易 型 総 合 評 価 落 札 方 式 における 施 工 計 画 評 価 に 関 する 留 意 事 項 について 施 工 計 画 型 では 技 術 的 な 工 夫 の 余 地 の 小 さい 工 事 において 工 事 の 条 件 や 現 場 条 件 等 を 踏 まえて 目 標 を 達 成 するための 施 工 上 の 配 慮 を 評 価 します 施 工 計 画 を 作 成 する 場

More information

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補

審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ 燃 料 タンクが 地 震 により 損 傷 し 防 油 堤 内 に 重 油 が 漏 えいし 火 災 を 起 こした 場 合 について 消 火 方 法 を 説 明 すること 2. 回 答 補 資 料 -6 川 内 原 子 力 発 電 所 号 炉 及 び2 号 炉 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 ( 可 搬 型 重 大 事 故 等 対 処 設 備 保 管 場 所 およびアクセスルートについて) 平 成 26 年 3 月 27 日 九 州 電 力 株 式 会 社 審 査 会 合 における 指 摘 事 項 の 回 答 (/2) No.02-. 指 摘 事 項 補 助 ボイラ

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74>

< F2D81698E9197BF33816A926E8BE695CA8E9197BF955C8E862E6A74> 資 料 2 かんがい 排 水 事 業 南 酒 出 地 区 1. 第 二 次 評 価 対 象 地 区 となった 要 因 ウ-1 工 期 の 著 しい 変 更 計 画 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 16 年 度 実 施 工 期 : 平 成 6 年 度 から 平 成 23 年 度 完 成 予 定 : 平 成 23 年 度 平 成 20 年 度 までの 進 捗 率 ( 事 業 費 ベース):94.7%

More information

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を

改 造 費 の 一 部 : 切 取 面 補 修 工 事 費 補 足 材 費 を 含 む + 残 存 部 の 一 部 増 改 築 費 補 足 材 費 を 含 む 2- 従 前 建 物 の 切 取 部 分 の 推 定 再 建 築 費 1 1 改 造 のために 必 要 となる 全 ての 切 取 部 分 を 別 記 8 (その4) 非 木 造 建 物 Ⅰ 移 転 料 積 算 基 準 ( 通 則 ) 第 1 本 基 準 は 非 木 造 建 物 Ⅰ ( 以 下 非 木 造 建 物 という )の 移 転 料 を 積 算 するための 方 法 を 示 すものである なお 非 木 造 建 物 Ⅱ の 移 転 料 積 算 についても これを 準 用 するものとする ( 移 転 料 ) 第 2 非 木 造 建 物 の

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73>

<32342D945F2D313597A2907B936393C18B4C8E64976C8F91816948323481443481443189FC90B3816A2E786C73> 特 記 仕 様 書 工 事 番 号 工 事 名 24- 農 -15 里 須 田 取 水 施 設 整 備 工 事 施 工 箇 所 木 津 川 市 加 茂 町 里 地 内 工 期 平 成 25 年 1 月 11 日 ~ 平 成 25 年 3 月 29 日 第 1 章 総 則 1-1 ( 総 則 ) 1 本 工 事 は 土 木 工 事 共 通 仕 様 書 ( 平 成 24 年 3 月 農 林 水 産 省

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正

More information

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成

3 維 持 整 備 実 施 計 画 財 務 局 等 は 1により 把 握 した 要 整 備 案 件 について 毎 年 1 月 1 日 時 点 において 所 要 額 処 理 能 力 等 を 勘 案 の 上 別 紙 第 1 号 様 式 による 翌 年 度 の 維 持 整 備 実 施 計 画 を 作 成 合 同 宿 舎 の 維 持 整 備 について 昭 和 44 年 2 月 24 日 蔵 理 第 643 号 改 正 昭 和 46 年 10 月 20 日 蔵 理 第 4554 号 同 52 年 6 月 10 日 同 第 2513 号 同 56 年 6 月 24 日 同 第 2538 号 平 成 元 年 4 月 1 日 同 第 1668 号 同 4 年 6 月 19 日 同 第 2379 号 同 26

More information

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と 平 成 6 年 度 版 梅 田 クリーン 工 業 株 式 会 社 発 行 : 平 成 7 年 7 月 目 次 環 境 方 針 環 境 方 針 行 動 指 針 会 社 概 要 取 組 の 対 象 範 囲 会 社 概 要 認 証 登 録 の 対 象 範 囲 ( 組 織 活 動 ) 3 組 織 図 実 施 体 制 3 組 織 図 実 施 体 制 4 平 成 6 年 度 及 び 中 期 環 境 目 標 と

More information

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総

1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前 のものより 施 工 性 を 向 上 させることが 求 められたことを 背 景 に,NEXCO 総 高 性 能 床 版 防 水 に 適 合 した 新 たな 橋 梁 レベリング 層 用 アスファルト 混 合 物 設 計 施 工 暫 定 要 領 平 成 26 年 12 月 東 日 本 高 速 道 路 1. 総 説 1.1 背 景 橋 梁 コンクリート 床 版 の 防 水 層 として 2010 年 より 技 術 基 準 化 された 床 版 防 水 層 グレ ードⅡ 上 の 舗 装 に 対 して 従 前

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き

古賀市土地対策指導要綱に関する公共・公益施設整備の手引き 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 関 する 公 共 公 益 施 設 整 備 の 手 引 き ( 平 成 25 年 4 月 1 日 ) 本 書 は 古 賀 市 土 地 対 策 指 導 要 綱 に 定 められた 公 共 公 益 施 設 の 各 整 備 指 導 基 準 を 要 約 したものです この 他 各 基 準 の 詳 細 については 各 担 当 課 にお 尋 ねください 1. 道 路

More information

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A>

<5461726F2D3238303330315F97D18BC690EA977093B98DEC90DD8E77906A> 16 林 業 専 用 道 作 設 指 針 北 海 道 スタンダ-ド 平 成 23 年 3 月 31 日 各 振 興 局 長 あて 森 林 第 1280 号 水 産 林 務 部 長 [ 沿 革 ] 平 成 26 年 3 月 28 日 森 整 第 1331 号 改 正 平 成 27 年 1 月 13 日 森 整 第 915 号 改 正 平 成 27 年 3 月 30 日 森 整 第 1201 号 改 正

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低

複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 資 料 2-2 Ⅱ 技 術 ガイド 総 論 編 11 複 数 案 の 設 定 1.1 計 画 段 階 配 慮 を 実 施 する 時 期 < 基 本 的 事 項 > (1) ( 基 本 的 事 項 には 記 述 なし) < 配 慮 書 作 成 にあたっての 留 意 点 > 1) 計 画 段 階 配 慮 の 目 的 は 重 大 な 影 響 の 回 避 低 減 である このことから 計 画 段 階 配 慮

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環

目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績 4 主 要 な 環 境 活 動 計 画 の 内 容 5 次 年 度 の 活 動 計 画 6 環 2015 年 度 環 境 活 動 レポート ( 活 動 期 間 :2015 年 4 月 ~2016 年 3 月 ) 飯 塚 商 亊 株 式 会 社 2016 年 4 月 1 日 発 行 1 ページ 目 次 1 組 織 の 概 要 1-1 事 業 活 動 の 概 要 1-2 組 織 図 2 環 境 方 針 3 環 境 目 標 とその 実 績 3-1 環 境 目 標 3-2 環 境 への 負 荷 実 績

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

<4831382E30372E3131814081758CF68BA48C9A927A89FC8F438D488E9682CC90CF8E5A837D836A83858341838B81768D758F4B89EF82CC8EBF96E2816989F1939A816A2E786C73>

<4831382E30372E3131814081758CF68BA48C9A927A89FC8F438D488E9682CC90CF8E5A837D836A83858341838B81768D758F4B89EF82CC8EBF96E2816989F1939A816A2E786C73> No. ページ 改 修 工 事 とは? 1 7 (3)の2 改 修 工 事 における 数 量 基 準 第 8 編 は 建 物 を 使 用 しながら 部 分 的 な 改 修 を 行 なう 場 合 の 基 本 的 な 考 え 方 を 示 しており 全 面 的 な 改 修 工 事 は 対 象 としない と 記 載 されているが 全 面 的 な 改 修 工 事 とはどのような 場 合 か この 数 量 基

More information

場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 階 階 階 階 階 階 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合

場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 場 所 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 敷 地 面 積 階 階 階 階 階 階 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 小 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合 計 合 TEL 0 9 TEL 0 9 TEL 0 9 TEL 0 9 TEL 0 9 TEL 0 9 TEL 0 9 X 0 9 X 0 9 X 0 9 X 0 9 X 0 9 X 0 9 X 0 9 号 号 号 号 号 号 号 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住 宅 号 棟 善 志 池 住

More information

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更

ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始 干 約 ケ 渡 雨 異 象 べ 割 ほ 干 枯 ざ 品 質 面 悪 干 芽 不 芽 枯 雨 更 6 花 ハナ ナナカド / 098-69 紋 郡 旭 TEL0588- FAX0588-990 編 集 / 6 剣 ポツ 少 団 キ ジュニアクブ P P 5 遠 紋 P6 P6 7 編 集 P8 ぺぎ 病 院 捗 機 械 契 約 締 各 契 約 締 祈 願 祭 参 執 礎 杭 埋 終 雪 待 礎 着 冬 節 知 午 帯 値 標 伴 節 節 針 庭 願 有 節 標 ビ 低 心 十 願 春 先 低 始

More information

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建

佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 計 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 建 築 住 宅 課 佐 賀 市 建 築 計 特 記 仕 様 書 この 特 記 仕 様 書 は 佐 賀 市 が 発 注 する 委 託 のうち 建 築 計 に 係 る 特 記 仕 様 書 であり 発 注 方 法 によって 実 際 の 委 託 名 称 とは 異 なる 場 合 があります なお 佐 賀 市 は 佐 賀 県 建 築 計 工

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

Microsoft Word - 答申本文.doc

Microsoft Word - 答申本文.doc 第 3 章 窒 素 酸 化 物 対 策 の 環 境 改 善 効 果 予 測 1 対 策 効 果 予 測 について 第 2 章 で 検 討 した 更 なる 対 策 について 対 策 の 実 施 による 将 来 の NOx 排 出 量 や 環 境 濃 度 の 低 減 効 果 等 を 把 握 することは 対 策 を 進 めていく 上 で 重 要 な 根 拠 となる そのため 第 1 章 -3で 設 定 した

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2

目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 被 害 状 況 と 災 害 廃 棄 物 の 量 1 被 害 状 況 2 平 成 28 年 4 月 熊 本 地 震 に 係 る 熊 本 市 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 平 成 28 年 6 月 14 日 ( 第 1 版 ) 熊 本 市 1 目 次 第 1 章 災 害 廃 棄 物 処 理 実 行 計 画 策 定 の 趣 旨 1 計 画 の 目 的 1 2 計 画 の 位 置 づけと 内 容 1 3 計 画 の 期 間 1 4 計 画 の 見 直 し 1 第

More information

確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造

確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造 本 安 真 紀 級 建 築 士 登 録 第 988 号 表 紙 No cale -00 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 確 認 申 請 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 添 付 図 面 -00 表 紙 -0 階 展 開 図 管 理 特 -Ⅰ 期 - 図 書 室 家 具 仕 様 書 - 階 平 面 図 ( 文 科 省 ) 構 造 -0 構 造 関 係 特

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D203035816983528373815B81457064669770816A2D81798E9197BF332D31817A8EF193738D8291AC82CC8DC490B682CC8FAB9788919C> 資 料 3-1 1. 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 について (1) 首 都 高 速 の 再 生 の 必 要 性 (2) 首 都 高 速 の 再 生 を 検 討 する 上 での 前 提 条 件 の 整 理 (3) 首 都 高 速 の 再 生 の 検 討 対 象 範 囲 (4) 首 都 高 速 の 再 生 の 将 来 像 に 関 する 委 員 意 見 (5) 首 都 高 速 の 再 生

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ

7 9 8 6 5 9 8 7 6 5 章 9 G 6 8 7 5 6 9 8 7 6 5 5 内 装 工 塗 装 工 建 具 工 左 官 工 金 属 工 木 工 石 工 防 水 工 鉄 骨 工 コ ン ク リ ー ト 工 鉄 筋 工 ユ ニ ッ ト 及 び そ の 他 の 工 カ ー テ ン ウ 日 向 市 学 校 給 食 共 同 調 理 場 建 設 業 設 計 図 ( 調 理 棟 建 設 工 ) 図 面 目 録 図 書 NO. 図 番 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 採 用 工 区 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 図 番 図 名 A-0-0 -0-0 -05-06 -07-08 -09-0 - - - - -5-6 -7-8 -9-0 - - - - -5-6 -7-8

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給

給 水 人 口 と 普 及 率 の 推 移 給 水 人 口 ( 人 ) 普 及 率 (%) 22,000 88.0% 20,000 86.0% 84.0% 18,000 82.0% 16,000 80.0% 78.0% 14,000 76.0% 12,000 74.0% 72.0% 10,000 給 1 柳 井 市 水 道 事 業 の 現 況 給 水 収 益 ( 千 円 ) 700,000 600,000 500,000 400,000 300,000 200,000 100,000 給 水 収 益 と 有 収 水 量 の 推 移 有 収 水 量 (m3) 2,950.00 2,900.00 2,850.00 2,800.00 2,750.00 2,700.00 0 2,650.00 給 水 収

More information

白 紙

白 紙 橋 梁 設 計 の 手 引 き 平 成 2 7 年 4 月 石 川 県 土 木 部 白 紙 白 紙 橋 梁 設 計 の 手 引 き 第 3 回 改 訂 の 主 な 内 容 章 改 訂 内 容 全 般 単 位 用 語 等 を 道 路 橋 示 方 書 と 統 一 第 1 章 総 則 各 社 名 称 の 修 正 第 2 章 橋 梁 計 画 長 大 橋 の 路 肩 縮 小 規 定 について 追 記 ライフサイクルコスト

More information

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得

1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本 業 務 は 豊 成 団 地 2 3 号 棟 の 耐 震 診 断 耐 震 改 修 基 本 検 討 耐 震 改 修 設 計 ( 耐 震 改 修 評 定 取 得 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 仕 様 書 ( 平 成 27 年 度 ) 平 成 27 年 11 月 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 住 宅 経 営 部 ストック 技 術 チーム 1 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 称 豊 成 団 地 2 号 棟 他 1 棟 耐 震 改 修 設 計 業 務 ( 業 務 概 要 ) 本

More information

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す

出 水 時 の 予 測 対 象 は ダムサイト 濁 水 とダムの 堤 体 の 工 事 原 石 の 採 取 の 工 事 建 設 発 生 土 の 処 理 の 工 事 施 工 設 備 及 び 工 事 用 道 路 の 設 置 の 工 事 道 路 の 付 替 の 工 事 に おいて 降 雨 時 に 発 生 す 6.1.4.3 予 測 の 結 果 (1) 工 事 の 実 施 (1-1) 試 験 湛 水 以 外 の 期 間 (1-1-1) 土 砂 による 水 の 濁 り 1) 予 測 の 手 法 予 測 対 象 とする 影 響 要 因 を 表 6.1.4-16 及 び 図 6.1.4-27に 示 す 工 事 の 実 施 影 響 要 因 ダムの 堤 体 の 工 事 導 水 施 設 の 建 設 の 工 事 ダムの

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D>

<8A8893AE838C837C815B8367825136944E398C8E2E786C736D> エコアクション21 環 境 活 動 レポート 平 成 27 年 10 月 26 日 発 行 啓 大 建 設 有 限 会 社 高 知 県 高 知 市 長 浜 4550 番 地 運 用 期 間 平 成 26 年 9 月 ~ 平 成 27 年 8 月 目 次 1. 組 織 の 概 要 2. 対 象 範 囲 ( 認 証 登 録 範 囲 ) レポートの 対 象 期 間 及 び 発 行 日 3. 環 境 方 針

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を 工 場 立 地 法 届 出 の 手 引 き 1 工 場 立 地 法 とは (1) 法 律 の 目 的 この 法 律 は 工 場 立 地 が 環 境 の 保 全 を 図 りつつ 適 正 に 行 われるようにするため 工 場 立 地 に 関 する 調 査 を 実 施 し 工 場 立 地 に 関 する 準 則 を 公 表 及 びこれらに 基 づく 勧 告 命 令 等 を 行 い これ らを 通 じて 国

More information

Taro-①【各種基準】建設副産物の

Taro-①【各種基準】建設副産物の 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 平 成 22 年 4 月 改 正 千 葉 県 目 次 建 設 副 産 物 について 1 建 設 副 産 物 とは 1 2 建 設 副 産 物 と 再 生 資 源 廃 棄 物 との 関 係 1 建 設 副 産 物 の 処 理 基 準 及 び 再 生 資 材 の 利 用 基 準 1 目 的 3 2 対 象 事 業 3 3

More information

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙

Microsoft Word - 3-(2)-0表紙 3-(2) 3(2) 事 業 内 容 について 3-(2)-1 土 砂 3-(2)-2 美 謝 川 切 替 3-(2)-3 海 上 ヤード 3-(2)-1 知 事 意 見 への 対 応 方 針 知 事 の 意 見 対 応 方 針 備 考 分 類 土 砂 について (1) 土 砂 の 調 達 計 画 については 沖 縄 県 はも とより 県 外 も 対 象 として 検 討 していますが 現 時 点 において

More information

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に

本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地 方 公 共 団 体 及 び 事 業 者 の 方 が 改 正 法 に 汚 染 土 壌 の 処 理 業 に 関 するガイドライン ( 改 訂 第 2 版 ) 平 成 24 年 5 月 環 境 省 水 大 気 環 境 局 土 壌 環 境 課 本 ガイドラインの 策 定 経 緯 位 置 付 け 平 成 22 年 4 月 1 日 より 改 正 土 壌 汚 染 対 策 法 ( 以 下 改 正 法 という )が 全 面 施 行 されたことを 受 け 実 務 に 従 事 する 地

More information

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について

快報 風険消息2016年2月10日号_8.12天津爆発事故の事故調査報告書の内容について -China Risk Flash - 快 報 風 險 消 息 三 井 住 友 海 上 火 災 保 険 ( 中 国 ) 有 限 公 司 インターリスク 上 海 < 瑛 得 管 理 諮 詢 ( 上 海 ) 有 限 公 司 快 報 風 険 消 息 は 中 国 に 拠 点 をお 持 ちの 企 業 の 皆 様 にお 届 けするリスク 情 報 誌 中 国 風 険 消 息 の 速 報 版 です 2016 年 2

More information

youshiki a(茨城県)_20140708

youshiki a(茨城県)_20140708 申 請 資 料 (1/5) 表 紙 ( 概 要 ) 登 録 No. a-14047 A-1 の 区 分 名 称 キャッチコヒ ー 1. 工 法 2. 機 械 3. 材 料 4. 製 品 5.その 他 1 現 場 仮 設 ソーラーシステムハウス( 災 害 対 応 型 ) 電 気 工 事 が 不 要 で 設 置 後 すぐに 使 用 可 能 安 全 迅 速 のシンプルハウス エコ&クリーンシステムで 環

More information

調査表・実績表

調査表・実績表 様 式 -3 新 技 術 調 査 表 (1) 登 録 番 号 1301013 名 称 ドリリングプレス 工 法 作 成 年 月 日 2014 年 1 月 8 日 更 新 年 月 日 2015 年 11 月 25 日 副 題 鋼 管 矢 板 中 掘 圧 入 工 法 (パイラー 式 ) 開 発 年 月 日 2002 年 9 月 1 日 分 開 発 者 野 開 発 会 社 提 案 会 社 兼 問 い 合

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

1.施工パッケージ型積算方式の概要

1.施工パッケージ型積算方式の概要 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 に 関 する 説 明 会 千 葉 県 県 土 整 備 部 技 術 管 理 課 平 成 26 年 8 月 27 日 施 工 パッケージ 型 積 算 方 式 とは 国 が 平 成 24 年 10 月 から 試 行 導 入 を 開 始 した 新 たな 積 算 方 式 直 接 工 事 費 の 算 出 従 来 の 積 上 げ 方 式 : 歩 掛 施 工 パッケージ 型

More information

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63>

<4D F736F F D2092B28DB895F18D908F918DEC90AC82CC8EE888F882AB E352E332E646F63> 植 栽 基 盤 調 査 報 告 書 作 成 の 手 引 き (Ver.5.3) 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 -1- 目 次 Ⅰ. 本 書 の 使 い 方 Ⅱ. 記 入 方 法 の 手 引 き 表 紙 1. 調 査 実 施 者 2. 調 査 の 目 的 3. 調 査 報 告 書 の 概 要 4. 調 査 の 手 順 5. 設 計 図 書 の 確 認 (1) 計 画 地

More information

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施

目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行 区 位 置 図 1 (3) 施 行 区 の 区 域 1 (4) 施 北 部 大 阪 都 市 画 事 業 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 事 業 事 業 画 書 高 槻 市 JR 高 槻 駅 北 東 土 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1. 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 (1) 土 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 (2) 施 行 者 の 名 称 1 第 2. 施 行 区 1 (1) 施 行 区 の 位 置 1 (2) 施 行

More information

<3038937996D894EF>

<3038937996D894EF> 土 木 総 務 費 建 設 課 1. 各 種 申 請 状 況 (1) 道 路 占 用 掘 削 に 関 する 申 請 状 況 道 路 法 第 32 条 に 基 づき 道 路 工 作 物 物 件 又 は 施 設 を 設 け 継 続 して 道 路 を 使 用 する 場 合 においては 道 路 管 理 者 の 許 可 を 得 なければならない 平 成 25 年 度 における 申 請 件 数 は 次 のとおりである

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8FAC8BE088E48E7395979276926E8BE682CC8EE888F882AB5F4832372E31322E3894AD8D735F2E646F6378> 小 金 井 市 風 致 地 区 の 手 引 き 風 致 地 区 は 自 然 的 景 観 を 維 持 するため 都 市 における 風 致 の 特 に 優 れた 区 域 を 指 定 する 都 市 計 画 法 第 8 条 第 1 項 第 7 号 に 定 める 地 域 地 区 です 東 京 都 風 致 地 区 条 例 第 3 条 の 規 定 における 許 可 等 について 小 金 井 市 内 では 武 蔵

More information

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63>

<4D F736F F D F91E D CE97AC814597AC96D891CE8DF48C7689E62E646F63> 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画 目 次 第 Ⅱ 編 土 石 流 流 木 対 策 計 画...Ⅱ-1-1 第 1 章 土 石 流 流 木 対 策 計 画 の 基 本 事 項... Ⅱ-1-1 第 1 節 計 画 策 定 の 基 本 方 針...Ⅱ-1-1 第 2 節 保 全 対 象...Ⅱ-1-2 第 3 節 計 画 規 模...Ⅱ-1-2

More information

適 用 範 囲 を 拡 大 するために 試 験 施 工 を 実 施 した 図 -1~ に 通 常 期 施 工 の 試 験 施 工 箇 所 から 採 取 した 中 温 化 混 合 物 と のコアの 締 固 め 度 を 示 す スト レートアスファルトを 用 いた 加 熱 アスファルト 混 合 物 お

適 用 範 囲 を 拡 大 するために 試 験 施 工 を 実 施 した 図 -1~ に 通 常 期 施 工 の 試 験 施 工 箇 所 から 採 取 した 中 温 化 混 合 物 と のコアの 締 固 め 度 を 示 す スト レートアスファルトを 用 いた 加 熱 アスファルト 混 合 物 お 平 成 年 度 積 雪 寒 冷 地 における 中 温 化 舗 装 技 術 の 適 用 方 法 について ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 道 路 保 全 チーム 安 倍 隆 二 ( 独 ) 土 木 研 究 所 寒 地 土 木 研 究 所 寒 地 道 路 保 全 チーム 熊 谷 政 行 積 雪 寒 冷 地 における 舗 装 技 術 検 討 委 員 会 ( 北 海 道

More information

目  次

目  次 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 1 月 台 東 区 都 市 計 画 法 の 規 定 に 基 づく 開 発 行 為 許 可 申 請 の 手 引 目 次 1 開 発 許 可 制 度 の 概 要 について 1 開 発 許 可 制 度 とは? 3 2 開 発 行 為 とは? 3 3 開 発 許 可 申 請 に 係 わる 手 続

More information

◆安全と安心

◆安全と安心 第 6 章 地 域 別 の 環 境 配 慮 宇 土 市 を 分 割 した7 地 区 について,それぞれの 特 性 を 踏 まえた 計 画 の 方 向 性 について, 地 域 別 の 環 境 配 慮 指 針 として 明 らかにします なお, 地 区 区 分 は 上 位 計 画 である 宇 土 市 総 合 計 画 や 関 連 計 画 である 宇 土 市 都 市 計 画 マス タープラン * の 考 え

More information

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の

3. 広 域 交 通 ネットワークの 施 設 被 害 / 復 旧 の 状 況 をどう 見 るか?~ 既 往 震 災 との 比 較 を 含 めて~ a) 幹 線 道 路 ネットワークに 関 して 道 路 に 関 する 施 設 被 害 は かなり 広 いエリアで 発 生 しているが 大 きな 被 害 の 土 木 学 会 熊 本 地 震 広 域 交 通 ネットワーク 調 査 団 調 査 報 告 ( 速 報 ) 2016 年 4 月 27 日 家 田 仁 ( 政 策 研 究 大 学 院 大 学 団 長 ) 岩 倉 成 志 ( 芝 浦 工 業 大 学 ) 平 田 輝 満 ( 茨 城 大 学 ) 柳 沼 秀 樹 ( 東 京 理 科 大 学 ) 目 次 1. 調 査 活 動 の 概 要 2. 大 局 的 に

More information

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63>

<4D F736F F D DC58F4994C5816A8AC B E646F63> 静 岡 県 土 木 施 設 長 寿 命 化 計 画 下 水 道 管 路 ガイドライン 平 成 21 年 3 月 建 設 部 都 市 局 生 活 排 水 室 はじめに 本 ガイドラインは 静 岡 県 土 木 部 ( 当 時 )が 平 成 15 年 度 にとりまとめた 土 木 施 設 長 寿 命 化 行 動 方 針 ( 案 ) を 受 け 県 が 管 理 している 流 域 下 水 道 幹 線 をはじめとする

More information

高松市水道局工事写真撮影要綱

高松市水道局工事写真撮影要綱 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準 ( 案 ) [ 高 松 市 上 下 水 道 局 ] ( 本 仕 様 書 は, 上 水 道 事 に 適 用 する) 第 1 回 平 成 20 年 4 月 1 日 発 行 第 2 回 平 成 22 年 6 月 1 日 改 訂 第 3 回 平 成 23 年 5 月 1 日 部 分 改 訂 目 次 1. 事 写 真 管 理 および 撮 影 基 準... 3 1-1.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030365F819A8E9197BF342D325F8A4388E690B695A882CC8F87899E93498AC7979D81698CF6955C9770816A313430353232> 第 2 回 那 覇 空 港 滑 走 路 増 設 事 業 環 境 監 視 委 員 会 資 料 4-2 海 域 生 物 の 順 応 的 管 理 (カサノリ 類 ) 平 成 26 年 6 月 5 日 内 閣 府 沖 縄 総 合 事 務 局 国 土 交 通 省 大 阪 航 空 局 < 目 次 > 1. これまでの 検 討 内 容... 1 1.1 順 応 的 管 理 の 概 要... 1 1.2 評 価

More information

施 工 の 合 理 化 記 述 例 1( 工 程 短 縮 による 施 工 の 合 理 化 ) 問 題 あなたが 経 験 した 建 築 工 事 のうち, 施 工 の 合 理 化 を 行 った 工 事 を1つ 選 び, 工 事 概 要 を 記 入 した 上 で, 次 の 問 いに 答 えなさい なお, 建 築 工 事 とは, 建 築 基 準 法 に 定 める 建 築 物 に 係 る 工 事 とする ただし,

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及

分 類 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 実 頻 度 考 棟 棟 内 外 壁 床 面 窓 ガラス 外 観 点 エネルギー 電 気 水 道 ガス 点 針 記 録 日 誌 作 成 ア 品 イス 机 映 像 装 置 コインロッカー 維 持 各 種 機 械 装 置 空 調 機 運 転 及 仮 称 多 賀 地 区 多 目 的 運 動 場 分 類 天 然 芝 球 技 場 28 年 度 試 算 額 円 項 目 内 容 仕 様 天 然 芝 球 技 場 観 客 席 倉 庫 フェンス 外 観 点 実 頻 度 考 ア 日 常 点 人 工 芝 球 技 場 芝 生 維 持 体 育 器 具 サッカーゴール ベンチ 品 維 持 放 送 機 器 音 響 装 置 を 含 む 弱 電 用 マンホール 点 整 大

More information

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料

Microsoft PowerPoint - 06床・床材料 床 の 機 能 床 床 材 料 野 口 貴 文 構 築 機 能 積 載 荷 重 の 支 持 振 動 などの 障 害 に 対 する 十 分 な 耐 力 居 住 機 能 人 に 対 する 安 全 性 快 適 性 下 階 に 対 する 防 音 防 振 防 水 精 密 機 器 に 対 する 障 害 防 止 床 に 対 する 要 求 条 件 床 に 対 する 要 求 と 材 料 性 能 (1) 安 全 性 居

More information

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様

共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準 等 に 関 する 統 一 基 準 として 公 共 建 築 計 業 務 委 託 共 通 仕 様 業 務 委 託 番 号 第 28 号 平 成 24 年 度 旧 免 田 中 学 校 施 改 修 工 事 計 業 務 委 託 仕 様 書 あさぎり 町 役 場 総 務 課 政 策 推 進 室 1 共 通 仕 様 書 と 特 記 仕 様 書 については 次 のとおり 定 めることとする 共 通 仕 様 書 について 共 通 仕 様 書 は 国 土 交 通 省 の 官 庁 営 繕 関 係 技 術 基 準

More information

は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴 田 町, 丸 森 町, 亘 理 町 )の 汚 水 を 処 理 す

は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴 田 町, 丸 森 町, 亘 理 町 )の 汚 水 を 処 理 す 平 成 26 年 度 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 維 持 管 理 年 報 平 成 27 年 11 月 宮 城 県 中 南 部 下 水 道 事 務 所 は じ め に 阿 武 隈 川 下 流 流 域 下 水 道 は,5 市 6 町 ( 仙 台 市 ( 太 白 区 の 一 部 ), 白 石 市, 名 取 市, 角 田 市, 岩 沼 市, 蔵 王 町, 大 河 原 町, 村 田 町, 柴

More information

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画

株式会社エム・デー・エス 本社工場 環境行動計画 大 久 保 産 業 株 式 会 社 活 動 期 間 (2014 年 6 月 ~2015 年 5 月 ) 2015 年 8 月 19 日 発 行 ごあいさつ 大 久 保 産 業 は 昭 和 2 年 (1927 年 ) 機 械 工 具 専 門 商 とし 創 業 以 来 お 客 様 との 信 頼 関 係 を 基 礎 に 顧 客 満 足 度 の 向 上 を 最 重 点 として 堅 実 に 時 代 の 変 化

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63>

<4D F736F F D208AE28CA991F28E7389BA908593B992868AFA E646F63> 岩 見 沢 市 下 水 道 中 期 ビジョン 概 要 書 岩 見 沢 市 水 道 部 下 水 道 課 目 次 1 策 定 にあたって... 1 1.1 下 水 道 中 期 ビジョンとは... 1 1.2 上 位 計 画 との 関 連... 3 1.3 計 画 期 間... 6 2 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.1 下 水 道 事 業 の 概 要... 6 2.2 下 水 道 事 業

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2089BA908593B982C982A882AF82E995FA8ECB90AB95A88EBF91CE8DF48C9F93A282CC8A54977682C690AC89CA> 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 検 討 の 概 要 と 成 果 ~ 平 成 23 年 度 3 次 補 正 予 算 調 査 ~ < 目 的 > 下 水 道 における 放 射 性 物 質 対 策 に 活 用 しうる 技 術 を 広 く 募 集 し 実 証 試 験 等 により 実 用 性 を 評 価 して 対 策 の 促 進 を 図 る < 実 施 概 要 > 対 象 : 下 水 汚 泥

More information

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築

環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の 事 業 活 動 の 中 で 環 境 保 全 を 重 要 課 題 として 再 認 識 し10 年,50 年,100 年 後 も 自 然 と 共 存 できる 企 業 体 制 を 構 築 2013 年 度 環 境 活 動 レポート (2013 年 4 月 ~2014 年 3 月 ) 認 証 登 録 番 号 0004215 (2009 年 10 月 2 日 登 録 ) (2013 年 10 月 2 日 更 新 ) 作 成 : 改 訂 : 2014 年 3 月 31 日 環 境 方 針 < 環 境 理 念 > 我 々 八 幡 鍍 金 工 業 株 式 会 社 は 金 属 表 面 処 理 の

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日

2 避 難 安 全 検 証 法 適 用 無 階 避 難 安 全 検 証 ( 階 ) 全 館 避 難 安 全 検 証 避 難 安 全 検 証 法 により 適 用 しない 規 定 種 類 エレベーター( 基 ) エスカレーター( 基 ) [ ( 基 )] 確 認 年 月 日 確 認 番 号 年 月 日 別 記 様 式 1-11 給 排 水 区 分 概 要 給 水 源 水 道 水 井 水 排 水 再 利 用 水 ( ) 給 水 方 式 直 結 方 式 直 結 増 圧 方 式 受 水 タンク 方 式 ( 受 水 タンク 高 置 タンク) 受 水 タンク 置 場 所 地 下 室 内 (B F) 地 上 階 室 内 ( F) 屋 外 排 水 方 法 公 共 下 水 道 合 併 処 理 浄 化 槽 ( 放

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E528EE88FAC8A778D5A8376838C836E83758BB38EBA92C091DD8ED88E64976C8F9132372E31302E32335B315D2E646F6378> 明 石 市 立 山 手 小 学 校 プレハブ 教 室 賃 貸 借 仕 様 書 1. 住 所 明 石 市 大 久 保 町 大 窪 1600 番 地 ( 明 石 市 立 山 手 小 学 校 敷 地 内 ) 2. 賃 貸 借 建 物 軽 量 鉄 骨 造 2 階 建 1 棟 ( 建 物 及 び 設 備 の 仕 様 については 別 添 図 面 を 参 照 ) 延 床 面 積 約 704m2( 建 物 本 体

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information