57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "57巻S‐A(総会号)/NKRP‐02(会長あいさつ)"

Transcription

1 24 イミペネム耐性緑膿菌に対するシタフロキサシ ンの抗菌活性について 聖マリアンナ医科大学 大学 微生物学 1 福島県立医科 感染制御 臨床検査医学 2 東北大学大学院 内科病態学講座感染制御 検査診断学分野 3 竹村 弘1 寺久保繁美1 嶋田甚五郎1 金光敬二2 賀来満夫3 中島秀喜1 目的 近年カルバペネム薬耐性緑膿菌の増加が MRSA や VRE と同様に問題になっており 菌に よっては現在我が国で使用可能な抗菌薬のほとんど 全てについて耐性を示すこともある シタフロキサ シン STFX は最近わが国でも使用可能になったフ ルオロキノロン薬 FQ で 緑膿菌に対して他の FQ よりも優れた抗菌活性を示すことが知られている 本研究ではイミペネム耐性緑膿菌 IRPA に対する STFX の抗菌活性を 4 世代セフェム薬との相互作 用を含めて検討した 方法 使用菌株は臨床分離された IRPA MBL 産生 菌 MB IRPA 20 株 MBL 非産生菌 NMB IRPA 20 株 を用いた STFX の対照薬としてシプロフロ キサシン CPFX を用い MIC は CLSI の微量液体 希釈法を用いた STFX とセフェピム CFPM セ フォゾプラン CZOP の相互作用をチェッカーボー ド法及び time kill assay 法で評価した 結果 NMB IRPA に対する MIC90 mg L は STFX 1,CPFX 8,CFPM 32,CZOP 32 で MB IRPA に 対 す る MIC90 は STFX 16,CPFX 256, CFPM 256,CZOP 256 であった NMB IRPA に対しては FIC index で協調作用を認めた株が CFPM で 5 株 25 CZOP で 8 株 40 みられ た 考察 STFX は IRPA に対して優れた抗菌活性を示 した STFX と CFPM CZOP で協調作用を示す菌 株は限られていたが 多くの株で STFX を 1 2MIC 濃度で添加することで CFPM CZOP の MIC が 程度小さくなり 併用効果が期待できる場合 もあると思われた 会員外共同研究者 山崎里美 聖マリアンナ医科大 学 175 微生物学

2 β β β β

3 β β β β β α β β β β α β β β β

4 µ µ β β β β µ β β µ µ β µ µ β

5 β µ µ µ µ µ β

6 β β

7 µ µ µ µ µ

8 µ µ µ µ

9 β β

10

11 µ µ µ

12

13 µ µ µ µ µ µ µ µ

14

15

16 µ µ µ µ µ µ

17

18

19 κ κ α

20

21 µ µ

22 µ µ µ µ µ µ µ µ

23 µ φ φ

24 µ µ µ Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω Ω

25 µ

26

27 µ β µ µ

28 µ µ µ µ

29 φ µ µ µ φ

30 µ α α µ µ µ µ µ µ

31 α β µ µ α β µ α µ β

32 µ µ γ γ µ

33 µ µ µ

34 µ µ µ γ

35 µ µ µ µ µ µ µµ

36 µ µ µ µ µ µµ µ µ µ

37 µ µ µ

38 µ µ µ µ µ µ µ

39 µ µ µ

40 β β β µ µ µ β β β

41 β β β

42 β µ µ µ µ µ β µ µ µ µ µ

43 β β β β µ µ µ β µ µ µ β

44 β β µ µ β γ µ µ µ µ

45 β β µ µ µ β

46

47

48

49 β µ µ µ µ µ µ β β

50 µ µ µ

51 β β β µ

52

53

54

55 β µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ µ

56 µ

57 β

58 β β µ µ

59

60

61

62

63 β

64

65 β β

66

67

68 µ

69 µ µ µ

70 β µ µ µ µ

71

72

73 β µ

74

75 β β β α β

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III)

第85 回日本感染症学会総会学術集会後抄録(III) β β α α α µ µ µ µ α α α α γ αβ α γ α α γ α γ µ µ β β β β β β β β β µ β α µ µ µ β β µ µ µ µ µ µ γ γ γ γ γ γ µ α β γ β β µ µ µ µ µ β β µ β β µ α β β µ µµ β µ µ µ µ µ µ λ µ µ β µ µ µ µ µ µ µ µ

More information

受賞講演要旨2012cs3

受賞講演要旨2012cs3 アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート アハ ート α β α α α α α

More information

一般演題(ポスター)

一般演題(ポスター) 6 5 13 : 00 14 : 00 A μ 13 : 00 14 : 00 A β β β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A β 13 : 00 14 : 00 A 13 : 00 14 : 00 A

More information

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030

1 913 10301200 A B C D E F G H J K L M 1A1030 10 : 45 1A1045 11 : 00 1A1100 11 : 15 1A1115 11 : 30 1A1130 11 : 45 1A1145 12 : 00 1B1030 1B1045 1C1030 1 913 9001030 A B C D E F G H J K L M 9:00 1A0900 9:15 1A0915 9:30 1A0930 9:45 1A0945 10 : 00 1A1000 10 : 15 1B0900 1B0915 1B0930 1B0945 1B1000 1C0900 1C0915 1D0915 1C0930 1C0945 1C1000 1D0930 1D0945 1D1000

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(II) χ μ μ μ μ β β μ μ μ μ β μ μ μ β β β α β β β λ Ι β μ μ β Δ Δ Δ Δ Δ μ μ α φ φ φ α γ φ φ γ φ φ γ γδ φ γδ γ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ φ α γ γ γ α α α α α γ γ γ γ γ γ γ α γ α γ γ μ μ κ κ α α α β α

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第2号

日本糖尿病学会誌第58巻第2号 β γ Δ Δ β β β l l l l μ l l μ l l l l α l l l ω l Δ l l Δ Δ l l l l l l l l l l l l l l α α α α l l l l l l l l l l l μ l l μ l μ l l μ l l μ l l l μ l l l l l l l μ l β l l μ l l l l α l l μ l l

More information

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd

日本分子第4巻2号_10ポスター発表.indd JSMI Report 62 63 JSMI Report γ JSMI Report 64 β α 65 JSMI Report JSMI Report 66 67 JSMI Report JSMI Report 68 69 JSMI Report JSMI Report 70 71 JSMI Report JSMI Report 72 73 JSMI Report JSMI Report 74

More information

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I)

第89回日本感染症学会学術講演会後抄録(I) ! ! ! β !!!!!!!!!!! !!! !!! μ! μ! !!! β! β !! β! β β μ! μ! μ! μ! β β β β β β μ! μ! μ!! β ! β ! ! β β ! !! ! !!! ! ! ! β! !!!!! !! !!!!!!!!! μ! β !!!! β β! !!!!!!!!! !! β β β β β β β β !!

More information

本文/もくじ(表2)

本文/もくじ(表2) NO. 32 1 2 4 6 10 12 14 18 20 22 24 27 29 30 33 34 39 41 42 43 44 45 46 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 κ βα 14 15 µκδ µ κ κ 16 17 18 19 α 20 21 22 23 24 25 26 Nature Nature 2001 ; 413 : 379 380 27 28 29

More information

136 pp p µl µl µl

136 pp p µl µl µl 135 2006 PCB C 12 H 10-n Cl n n 1 10 CAS No. 42 PCB: 53469-21-9, 54 PCB: 11097-69-1 0.01 mg/m 3 PCB PCB 25 µg/l 136 pp p µl µl µl 137 1 γ 138 1 γ γ γ µl µl µl µl µl µl µl l µl µl µl µl µl l 139 µl µl µl

More information

~ ~.86 ~.02 ~.08 ~.01 ~.01 ~.1 6 ~.1 3 ~.01 ~.ω ~.09 ~.1 7 ~.05 ~.03 ~.01 ~.23 ~.1 6 ~.01 ~.1 2 ~.03 ~.04 ~.01 ~.1 0 ~.1 5 ~.ω ~.02 ~.29 ~.01 ~.01 ~.11 ~.03 ~.02 ~.ω 本 ~.02 ~.1 7 ~.1 4 ~.02 ~.21 ~.I

More information

ron04-02/ky768450316800035946

ron04-02/ky768450316800035946 β α β α β β β α α α Bugula neritina α β β β γ γ γ γ β β γ β β β β γ β β β β β β β β! ! β β β β μ β μ β β β! β β β β β μ! μ! μ! β β α!! β γ β β β β!! β β β β β β! β! β β β!! β β β β β β β β β β β β!

More information

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III)

第88回日本感染症学会学術講演会後抄録(III) !!!! β! !!μ μ!!μ μ!!μ! !!!! α!!! γδ Φ Φ Φ Φ! Φ Φ Φ Φ Φ! α!! ! α β α α β α α α α α α α α β α α β! β β μ!!!! !!μ !μ!μ!!μ!!!!! !!!!!!!!!! !!!!!!μ! !!μ!!!μ!!!!!! γ γ γ γ γ γ! !!!!!! β!!!! β !!!!!! β! !!!!μ!!!!!!

More information

1

1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Ni-Cd 19 1 1 2 3 4 5 6 7 20 21 1 2 3 22 1 2 3 1 2 3 23 1 2 1 1 1 24 25 1 1 2 3 2 26 1 2 1 27 1 2 3 28 1 2 3 29 30 31 32 33 34 35 1 1 36 1 2 37 38 1 2 3 1 39

More information

P1-1 P1-2 P1-3 P1-4 P1-5 P1-6 P3-1 P3-2 P3-3 P3-4 P3-5 P3-6 P5-1 P5-2 P5-3 P5-4 P5-5 P5-6 P7-1 P7-2 P7-3 P7-4 P7-5 P7-6 P9-1 P9-2 P9-3 P9-4 P9-5 P9-6 P11-1 P11-2 P11-3 P11-4 P13-1 P13-2 P13-3 P13-4 P13-5

More information

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22

P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 1 14 28 16 00 17 30 P-1 P-2 P-3 P-4 P-5 2 24 29 17 00 18 30 P-6 P-7 P-8 P-9 P-10 P-11 P-12 P-13 3 4 28 16 00 17 30 P-14 P-15 P-16 4 14 29 17 00 18 30 P-17 P-18 P-19 P-20 P-21 P-22 5 24 28 16 00 17 30 P-23

More information

DV-0001_センダイウイルス(SeV)ミニゲノムベクター調整キット(120425_ver._2.3)

DV-0001_センダイウイルス(SeV)ミニゲノムベクター調整キット(120425_ver._2.3) For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. For Research Use Only. Not for use in diagnostic procedures. 1/25 2/25 3/25 4/25 5/25 6/25 µ µµ µ µµ µ µ 7/25 8/25 9/25 µ µ 10/25 11/25 µ 12/25

More information

Clostridium difficile 毒素遺伝子検査を踏まえた検査アルゴリズム

Clostridium difficile 毒素遺伝子検査を踏まえた検査アルゴリズム Clostridium difficile 毒素遺伝子検査を踏まえた検査アルゴリズム 委員 一般社団法人日本臨床微生物学会理事長賀来満夫感染症領域新規検査検討委員会委員長三鴨廣繁副委員長栁原克紀石井良和 大楠清文 大塚喜人 大曲貴夫國島広之 鈴木広道 細川直登 柳沢英二 Ⅰ. 背景 Clostridium difficile 感染症 (CDI) は 腸管内において毒素産生 C. difficile

More information

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047

204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 9 π 046 Vol.69-1 January 2016 204 / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 047 β γ α / α / 048 Vol.69-1 January 2016 π π π / CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY Vol.69-1 January 2016 049 β 050 Vol.69-1

More information

1508目次.indd

1508目次.indd 成人の溶連菌感染の診断 國島広之 成人の溶連菌感染の診断についてご教示ください 日常診療において 成人で咽頭痛 扁桃に膿栓 高熱を認める場合があります 1. 成人における溶連菌感染の頻度 2. 感染の迅速診断キットの有用性 3. 成人においても治療はペニシリンの10 日間服用が基本処方でしょうか 4. センタースコアは 成人にも適応できますか 國島 5 15% 10% 5 15% 國島 59

More information

日本糖尿病学会誌第58巻第3号

日本糖尿病学会誌第58巻第3号 l l μ l l l l l μ l l l l μ l l l l μ l l l l l l l l l l l l l μ l l l l μ Δ l l l μ Δ μ l l l l μ l l μ l l l l l l l l μ l l l l l μ l l l l l l l l μ l μ l l l l l l l l l l l l μ l l l l β l l l μ

More information

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉)

診療ガイドライン外来編2014(A4)/FUJGG2014‐01(大扉) !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

More information

<312D322D30348BE08BE28EEC2E696E6464>

<312D322D30348BE08BE28EEC2E696E6464> 57 連 体 修 飾 構 造 における 主 格 助 詞 の の 変 化 1.はじめに 1 2. 問 題 の 所 在 2 1 2 4 HERSETEC, 1, 2 (2007), 57 72 58 1 2 3 4 2 4 1 2 2 1955 3 3. 中 古 語 の 連 体 構 造 における 主 格 助 詞 の 1 2 59 3 1 195 55 1975 1978 1975 1978 1955 5

More information

001 No.3/12 1 1 2 3 4 5 6 4 8 13 27 33 39 001 No.3/12 4 001 No.3/12 5 001 No.3/12 6 001 No.3/12 7 001 8 No.3/12 001 No.3/12 9 001 10 No.3/12 001 No.3/12 11 Index 1 2 3 14 18 21 001 No.3/12 14 001 No.3/12

More information

Microsoft Word - 表紙資料2-4

Microsoft Word - 表紙資料2-4 (1) / 130 g 25 g 520% 170 g 30 g 560% 70 mg 600 mg 11.6% 0 10.5 mg 0% (1) (2) / 50100 g 25 g 200400% 50100 g 30 g 167333% 5001000 mg 600 mg 83167% 1020 mg 10.5 mg 95190% (2) / (1) 45.6 g 30 g 152% (2)

More information

Microsoft Word - ■3中表紙(2006版).doc

Microsoft Word - ■3中表紙(2006版).doc 18 Annual Report on Research Activity by Faculty of Medicine, University of the Ryukyus 2006 FACULTY OF MEDICINE UNIVERSITY OF THE RYUKYUS α αγ α β α βγ β α β α β β β γ κα κ κ βγ ε α γδ β

More information

A Shorter Course in Good Health A Shorter Course in American & British English Pronunciation Keystone Grammar based English Writing A Shorter Course in Good Health A Shorter Course in American & British

More information

Lightブログ_Mikata.qxd

Lightブログ_Mikata.qxd 46 Ω 1 3 2 15 Ω 47 6 4 5 7 5 CONTENTS 4 6 8 1 2 3 4 1 12 14 16 18 20 5 6 7 8 9 10 11 2 22 24 26 28 30 34 36 12 38 40 2 3 4 13 42 20 58 14 44 21 60 15 16 17 18 19 46 48 50 52 54 22 23 24 25 64 66 68 72

More information

院内感染対策相談窓口 質疑応答集(平成26年度)

院内感染対策相談窓口 質疑応答集(平成26年度) Q MRSA -------------------------------- Q MRSA ------------------ Q ----------------------------------- Q -------------------------- Q --------------- Q ----------------------- Q ----------------------------

More information

Microsoft Word - <原文>.doc

Microsoft Word - <原文>.doc 隔離予防策のための CDC ガイドライン医療現場における感染性微生物の伝播の予防 2007 年 2007 Guideline for Isolation Precautions: Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings 監訳県西部浜松医療センター矢野邦夫 < 原文 > http://www.cdc.gov/ncidod/dhqp/pdf/guidelines/isolation2007.pdf

More information

Title 東 京 歯 科 大 学 研 究 年 報 : 平 成 13 年 度 Journal 東 京 歯 科 大 学 研 究 年 報, (): - URL http://hdl.handle.net/10130/373 Right Posted at the Institutional Resources for Unique Colle Available from http://ir.tdc.ac.jp/

More information

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾

緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾 2 緑膿菌 Pseudomonas aeruginosa グラム陰性桿菌 ブドウ糖非発酵 緑色色素産生 水まわりなど生活環境中に広く常在 腸内に常在する人も30%くらい ペニシリンやセファゾリンなどの第一世代セフェム 薬に自然耐性 テトラサイクリン系やマクロライド系抗生物質など の抗菌薬にも耐性を示す傾向が強い 多剤耐性緑膿菌は5類感染症定点把握疾患 赤痢菌属 グラム陰性通性嫌気性桿菌 腸内細菌科

More information

" " " " "!!

    !! ""!!!!! "! "! " " " " " " " "!! !!!!!!!!! ! !!!!! "β!"β"! " " "!! "! "!!! "!! !!! "! "!!!! "! !!!!! !!! " "!! "!!! " " "!!! ! "!! !!!!!!! " " " " "!! α!!!!! ! "! " " !!!!!!! "! ! ""!!!! !!!!!! " "! "!

More information