超高齢社会に向けた家計金融資産運用

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "超高齢社会に向けた家計金融資産運用"

Transcription

1 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素 となり 得 る こう した 問 題 認 識 の 下 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 について 世 帯 類 型 の 変 化 を 加 味 して 整 理 し 金 融 資 産 運 用 の 重 要 性 の 提 示 を 試 みた 具 体 的 には 現 役 世 代 の 多 数 派 である 20 代 50 代 が 世 帯 主 である 家 計 について 年 齢 別 世 帯 の 類 型 別 ( 単 身 男 性 単 身 女 性 夫 婦 のみ 親 子 ) に 家 計 収 支 と 金 融 資 産 残 高 を 推 計 し 現 状 踏 襲 シナリオと 積 極 運 用 シナリ オの 二 つのシナリオを 設 定 し 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 を 試 算 した さらに 2014 年 と 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 世 帯 数 の 変 化 を 加 味 して 対 象 世 帯 全 体 の 金 融 資 産 残 高 を 試 算 した 今 回 の 積 極 運 用 シナリオは 堅 めの 仮 定 に 基 づいたものであるが シミュ レーションの 結 果 リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めることが 金 融 資 産 増 加 に 有 効 であることを 確 認 できた 1 章 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 2 章 年 齢 世 帯 就 業 者 数 の 今 2030 年 3 章 家 計 の 金 融 資 産 の 将 来 シナリオ おわりに 超 高 齢 化 の 下 での 家 計 の 金 融 資 産 活 用 補 論 シミュレーションに 当 たっての 主 な 仮 定 4 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

2 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 1 章 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 1.はじめに 国 民 経 済 計 算 (GDP 統 計 ) ( 内 閣 府 )の 2013 年 度 確 報 によると 家 計 の 純 貯 蓄 が 2013 年 に 初 めてマイナスに 転 じた この 傾 向 が 今 後 と も 続 くのかは 注 目 していきたいが 純 貯 蓄 がマイ ナスとなっても 金 融 資 産 の 運 用 によって 金 融 資 産 を 増 加 させることは 可 能 である 一 般 的 に 高 齢 者 は 収 入 が 減 少 する 一 方 で 一 定 程 度 の 支 出 は 必 要 であり さらに 医 療 費 などの 支 出 増 加 要 素 もある そのため 年 金 などの 収 入 で 足 りない 分 は 貯 蓄 (= 金 融 資 産 )を 取 り 崩 して 支 出 に 充 てると 考 えられる 従 って 高 齢 化 の 進 展 は 基 本 的 に 貯 蓄 率 にマイナス 要 素 と 考 えられて いる 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えていると 言 える 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 に もマイナス 要 素 となり 得 る 本 稿 では こうした 問 題 認 識 の 下 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 につ いて 世 帯 類 型 の 変 化 を 加 味 して 整 理 し 金 融 資 産 運 用 の 重 要 性 の 提 示 を 試 みる 2.ミクロの 視 点 から 見 た 家 計 金 融 資 産 家 計 の 金 融 資 産 について 総 務 省 全 国 消 費 実 態 調 査 家 計 調 査 のデータより 保 有 状 況 を 確 認 する 1)2014 年 家 計 金 融 資 産 は 約 1,800 万 円 家 計 調 査 (2014 年 調 査 ) によると 二 人 以 上 の 世 帯 における1 世 帯 当 たり 金 融 資 産 ( 家 計 調 査 では 貯 蓄 現 在 高 と 表 記 )は 平 均 値 1,798 万 円 で 前 年 に 比 べ 3.4%の 増 加 となった 資 産 の 内 訳 は 1 預 貯 金 1,138 万 円 (63.3%) 株 式 株 式 投 信 ( 以 下 株 式 )175 万 円 (9.7%) 債 券 公 社 債 投 信 ( 以 下 債 券 )64 万 円 (3.6%) その 他 ( 生 命 保 険 など)421 万 円 (23.4%)と なり リスク 性 資 産 ( 株 式 債 券 )の 保 有 比 率 は 13.3%であった( 図 表 1-1) 1) 金 融 資 産 ( 貯 蓄 現 在 高 )の 内 訳 については 家 計 調 査 ( 用 語 の 解 説 ) を 参 照 し 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 の4つに 分 類 した うち 預 貯 金 は 通 貨 性 預 貯 金 定 期 性 預 貯 金 の 合 計 とした その 他 は 生 命 保 険 損 害 保 険 貸 付 信 託 金 銭 信 託 社 内 預 金 などを 含 む 5

3 2) 過 去 の 推 移 1979 年 から 2004 年 まで 10 15%での 推 移 が 続 いているといえる 増 加 その 後 は 横 ばい 過 去 の 推 移 を 図 表 1-2 で 確 認 する 全 国 消 費 3) 二 人 以 上 の 世 帯 における 状 況 実 態 調 査 によると( 図 表 左 ) 1 世 帯 当 たりの (1) 年 齢 別 の 状 況 40 代 以 下 と 50 代 以 上 で 金 融 資 産 は 1979 年 から 2004 年 まで 増 加 してい 資 産 格 差 が 大 きい たが 2009 年 には 前 回 調 査 比 で 2.2% 減 少 した 二 人 以 上 の 世 帯 における 世 帯 主 の 年 齢 別 に 見 た これは 調 査 開 始 (1966 年 ) 以 来 初 めての 減 金 融 資 産 の 状 況 を 図 表 1-3 に 示 した 年 齢 が 上 が 少 となった るごとに 金 融 資 産 は 増 えており 60 歳 以 上 の 世 2004 年 以 降 の 推 移 を 家 計 調 査 から 確 認 す 帯 においては 2,000 万 円 程 度 の 金 融 資 産 を 保 有 ると( 図 表 右 ) 2004 年 から 09 年 は 全 国 消 費 し その 割 合 は 家 計 金 融 資 産 全 体 の 約 6 割 にも 及 実 態 調 査 同 様 に 減 少 したが それ 以 降 は 1,600 ぶ さらに リスク 性 資 産 については 家 計 全 体 万 円 1,700 万 円 台 で 横 ばいの 状 況 が 続 いてい に 占 める 保 有 割 合 が7 割 近 くとなり 高 齢 世 帯 に る 金 融 資 産 が 偏 在 していることが 分 かる リスク 性 資 産 については 金 融 資 産 全 体 に 占 め 年 齢 別 に 見 た 金 融 資 産 残 高 の 推 移 を 見 ると る 割 合 を 折 れ 線 グラフで 示 した 1989 年 に 20% 1999 年 以 降 40 代 以 下 の 世 帯 では 金 融 資 産 の と 保 有 割 合 が 高 まったが これは 株 価 上 昇 に 伴 う 減 少 が 進 んでいる さらに 金 融 資 産 から 負 債 を 評 価 額 増 加 の 影 響 が 大 きいためであり その 影 響 引 いた 純 貯 蓄 で 見 ると 30 代 では 1999 年 以 降 を 考 慮 すれば リスク 性 資 産 については 過 去 から 20 代 では 2004 年 以 降 マイナスの 状 況 が 続 き 6 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

4 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 40 代 ではプラスを 保 っているものの 大 きく 減 少 している( 図 表 1-4) 一 方 で 50 代 60 代 に と 50 代 以 上 の 間 で 資 産 格 差 が 拡 大 しているよ うだ ついては 純 貯 蓄 はやや 減 少 しているが ほぼ 横 ばいの 状 況 である 約 20 年 の 間 に 40 代 以 下 7

5 (2) 夫 婦 世 帯 と 親 子 世 帯 の 比 較 負 債 額 の 差 により 資 産 格 差 が 生 じる 二 人 以 上 の 世 帯 を 夫 婦 のみ 世 帯 と 親 子 世 帯 2 に 分 けて 年 齢 別 で 金 融 資 産 と 負 債 の 状 況 を 確 認 し た( 図 表 1-5) 夫 婦 のみ 世 帯 では 20 代 で 純 貯 蓄 ( 金 融 資 産 - 負 債 )がマイナスとなっているが その 後 は 解 消 され 50 代 では 金 融 資 産 に 対 する 負 債 の 割 合 が 34% 程 度 まで 低 下 している これに 対 して 親 子 世 帯 では 20 代 から 40 代 まで 純 貯 蓄 がマ イナスの 状 況 が 続 き 50 代 で 負 債 額 は 減 少 する ものの 金 融 資 産 に 対 する 負 債 の 割 合 は 66%と 夫 婦 のみ 世 帯 の2 倍 近 くとなっている 家 計 における 負 債 の 多 くは 住 宅 ローン( 住 宅 ム 志 向 が 高 く 3 住 宅 宅 地 資 産 を 所 有 する 世 帯 は 82.1%( 全 国 消 費 実 態 調 査 (2009 年 調 査 ) より 二 人 以 上 の 世 帯 )である また 借 入 をし ている 世 帯 の 借 入 目 的 の 65% 強 は 住 宅 ローンで ある 4 特 に 親 子 世 帯 では 家 族 の 人 数 も 多 いため 夫 婦 のみ 世 帯 よりも 多 額 の 住 宅 ローン 負 債 を 抱 え る 世 帯 も 多 いと 思 われる 実 際 に 持 ち 家 を 保 有 する 世 帯 で 住 宅 ローンがない 世 帯 の 金 融 資 産 は 2,109 万 円 (1 世 帯 当 たり) 住 宅 ローンがある 世 帯 は 984 万 円 ( 同 )となっている( 全 国 消 費 実 態 調 査 (2009 年 調 査 ) より 二 人 以 上 の 世 帯 ) 年 齢 別 では 30 代 40 代 の 返 済 負 担 が 最 も 大 き いため 親 子 世 帯 ではリスク 性 資 産 の 保 有 比 率 が 上 がっていないのだろう 土 地 のための 負 債 )である わが 国 ではマイホー 2) 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 については 年 齢 別 データが 得 られなかったため 子 供 の 人 数 と 就 学 状 態 で 分 類 された 世 帯 ごとの 世 帯 主 平 均 年 齢 から 集 計 し 年 齢 別 データとした データが 得 られなかった 20 代 については 親 子 世 帯 30 代 の 各 金 融 資 産 データと 単 身 男 性 20 代 30 代 の 金 融 資 産 の 比 率 から 推 計 し 20 代 データとした 3) 保 志 泰 矢 作 大 祐 アベノミクスと 家 計 資 産 ( 大 和 総 研 調 査 季 報 2013 年 夏 季 号 (Vol.11))を 参 照 4) 金 融 広 報 中 央 委 員 会 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] (2014 年 )を 参 照 8 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

6 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 4) 単 身 世 帯 における 状 況 女 性 はリスク 性 資 産 の 保 有 比 率 が 低 い 傾 向 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 以 下 社 人 研 ) によれば 2030 年 に 単 身 世 帯 の 世 帯 数 が 2014 年 に 比 べて 約 126 万 世 帯 増 加 すると 推 計 されて おり 単 身 世 帯 における 金 融 資 産 の 保 有 状 況 につ いても 確 認 が 必 要 だろう 男 女 別 および 年 齢 別 に 見 た 金 融 資 産 の 保 有 状 況 を 図 表 1-6 に 示 した 男 女 ともに 年 齢 が 上 がるごとに 金 融 資 産 は 増 え 資 産 残 高 も 男 女 で 大 きな 差 はないが リスク 性 資 産 の 保 有 割 合 は 同 水 準 となる 50 代 以 外 は 女 性 の 方 が 低 い これは 単 身 女 性 の 可 処 分 所 得 5 が 男 性 に 比 べて 低 いことが 一 因 と 考 えられる 男 女 の 可 処 分 所 得 を 年 齢 別 に 見 ると 男 性 は 年 齢 と 共 に 増 えていくのに 対 し 女 性 は 20 代 では 男 性 と 同 水 準 であるが 30 代 から 50 代 では 増 えていな いのが 現 状 だ 今 後 アベノミクスの 成 長 戦 略 の 重 要 課 題 である 女 性 の 社 会 進 出 が 順 調 に 進 み 女 性 の 実 収 入 が 増 え 可 処 分 所 得 も 男 性 の 水 準 に 近 づいていくようになれば リスク 性 資 産 の 保 有 割 合 を 高 める 可 能 性 は 高 いと 思 われる 2 章 年 齢 世 帯 就 業 者 数 の 今 2030 年 本 章 では 超 高 齢 社 会 における 家 計 の 金 融 資 産 運 用 を 考 えるに 当 たり 前 提 となる 年 齢 構 成 世 帯 構 成 就 業 者 数 の 1990 年 から 2030 年 までの 動 向 を 捉 える 1. 年 齢 別 人 口 の 現 在 と 将 来 図 表 2-1 は 年 齢 別 人 口 の 1990 年 から 2014 年 までの 実 績 値 と 社 人 研 より 公 表 された 2020 年 2025 年 2030 年 における 予 測 値 を 示 したもの である わが 国 の 総 人 口 は 2000 年 代 後 半 以 降 減 5) 可 処 分 所 得 のデータについては 単 身 世 帯 のうち 勤 労 者 世 帯 を 対 象 としている なお 本 稿 シミュレーションの 基 本 データとなる 可 処 分 所 得 消 費 支 出 住 宅 ローン 返 済 額 についても 勤 労 者 世 帯 を 対 象 とした 9

7 少 傾 向 にあり 今 後 も 減 少 が 続 くと 見 込 まれてい る 平 均 寿 命 の 長 期 化 出 生 数 の 減 少 を 背 景 とし た 高 齢 化 も 進 行 していくことが 予 測 されており 2030 年 時 点 では 総 人 口 のうち 65 歳 以 上 の 割 合 が 32%に 達 するとされている 2. 世 帯 主 の 年 齢 階 層 別 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 現 在 と 将 来 本 シミュレーションでは 各 世 帯 主 年 齢 層 における 世 帯 ごとの 資 産 構 成 の 推 計 値 に 将 来 時 点 での 世 帯 数 を 掛 けて 将 来 の 家 計 金 融 資 産 の 全 体 像 を 求 める 図 表 2-2 は 世 帯 数 を 世 帯 主 の 年 齢 階 層 別 世 帯 類 型 別 に 表 したものである 世 帯 類 型 別 では 単 身 世 帯 が 今 後 も 増 加 することが 見 込 まれる 一 方 で 親 子 世 帯 ( 夫 婦 と 子 の 世 帯 と ひとり 親 と 子 の 世 帯 )は 2030 年 には 現 在 よりも 減 少 していると 予 測 されている また 高 齢 化 の 進 展 とと もに 各 世 帯 類 型 における 世 帯 主 の 年 齢 も 高 齢 層 の 割 合 が 増 加 する 見 込 みである 10 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

8 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 図 表 2-3 は 2014 年 時 と 2030 年 時 の 同 年 齢 層 の 各 世 帯 類 型 の 世 帯 数 を 比 較 したものであり 図 表 2-4 はこれを 構 成 比 で 表 したものである 高 齢 化 の 進 展 により 20 代 40 代 の 世 帯 数 総 数 は 減 少 することが 見 込 まれている 一 方 で 各 年 齢 層 における 世 帯 類 型 の 構 成 比 は 30 代 50 代 の 男 女 の 単 身 世 帯 の 割 合 がある 程 度 増 加 するものの 全 体 的 には 大 きく 変 化 しないと 想 定 されている 11

9 なお 世 帯 類 型 の 変 化 に 関 しては 簡 易 的 に 2014 年 時 と 2030 年 時 の 同 一 のコーホート( 同 期 間 に 出 生 した 集 団 )における 世 帯 類 型 の 構 成 の 変 化 から 求 めている( 図 表 2-5 参 照 ) 例 えば シミュレーションでは 2014 年 時 点 の 20 代 前 半 の 男 性 の 単 身 世 帯 数 と 2030 年 時 点 の 30 代 後 半 の 男 性 の 単 身 世 帯 数 を 比 較 した 際 の 減 少 分 は 婚 姻 したとみなし そのうち8 割 が 親 子 世 帯 2 割 が 夫 婦 のみ 世 帯 となったとして 推 計 している こ の 他 2030 年 時 点 で 50 代 後 半 以 降 の 親 子 世 帯 の 減 少 分 は 子 の 独 立 高 齢 世 代 における 単 身 世 帯 の 増 加 は 死 別 または 離 別 と 仮 定 している 3. 年 齢 別 性 別 就 業 者 数 の 現 在 と 将 来 将 来 の 金 融 資 産 を 推 計 するに 当 たって 本 来 は 就 業 から 得 られる 所 得 も 考 慮 すべきであり 将 来 時 点 の 就 業 者 数 および 就 業 率 も 把 握 する 必 要 があ ろう 図 表 2-6 と 図 表 2-7 は 1990 年 2000 年 2014 年 2030 年 時 点 での 各 年 齢 層 における 男 女 の 就 業 率 を 図 表 2-8 と 図 表 2-9 は 就 業 者 数 を 示 している 2030 年 - Aはゼロ 成 長 労 働 参 加 現 状 シナリオにおける 2030 年 時 点 での 値 を 2030 年 - Bは 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオ における 2030 年 時 点 での 値 を 示 している これまで 男 性 の 就 業 率 はほぼ 同 水 準 で 推 移 し 女 性 は 2000 年 以 降 M 字 カーブの 解 消 が 進 んで きた 2030 年 時 点 での 就 業 率 および 就 業 者 数 は 前 述 の2つのシナリオに 分 かれて 以 下 の 通 り 推 計 されている ゼロ 成 長 労 働 参 加 現 状 シナリオでは 2030 年 における 男 女 の 就 業 率 は 現 状 とほぼ 同 水 準 であることを 想 定 している この 場 合 では 男 女 ともに 2014 年 時 と 比 較 した 就 業 者 数 は 20 代 40 代 の 層 において 減 少 する 一 方 で 50 代 で は 増 加 するが 60 代 の 層 では 現 状 よりも 就 業 者 数 は 減 少 することが 見 込 まれている 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオでは 特 に 女 性 の 就 業 率 に 関 してはM 字 カーブが 解 消 され 20 代 後 半 から 50 代 までの 女 性 の 就 業 率 が 80%を 上 回 るとしている また 男 女 ともに 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

10 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 代 での 就 業 率 も 上 昇 することが 見 込 まれている この 場 合 現 状 と 比 較 した 男 性 の 就 業 者 数 は 20 代 40 代 において 減 少 する 一 方 で 50 代 以 上 においては 現 状 を 上 回 ることとなる また 女 性 の 就 業 者 数 は 20 代 の 層 では 現 状 と 同 程 度 の 就 業 者 数 の 維 持 が 可 能 であり 30 代 40 代 における 就 業 者 数 は 減 少 するものの 50 代 60 代 の 層 においては 就 業 者 数 が 現 状 を 上 回 ることが 想 定 されている 就 業 率 の 上 昇 は 各 年 齢 層 における 可 処 分 所 得 を 増 加 させるため 保 有 金 融 資 産 残 高 の 増 加 にもつな がりやすい 今 回 の 推 計 では 将 来 時 点 の 金 融 資 13

11 産 保 有 状 況 を 推 計 するに 当 たり 就 業 率 を 考 慮 する までには 至 っていない しかしながら 本 来 は 就 業 状 況 の 変 化 が 金 融 資 産 保 有 残 高 に 与 える 影 響 を 考 慮 して 推 計 をする 必 要 があるだろう 3 章 家 計 の 金 融 資 産 の 将 来 シナ リオ 1.シミュレーションの 眼 目 と 考 え 方 前 章 まで 記 述 してきた 世 帯 類 型 別 に 見 た 家 計 金 融 資 産 の 状 況 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 現 在 と 将 来 推 計 を 基 に 本 章 では 15 年 後 (2030 年 )の 家 計 金 融 資 産 をシミュレーションした 結 果 を 提 示 す る シミュレーションの 眼 目 は リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 である 世 帯 主 の 年 齢 別 に 単 身 世 帯 夫 婦 のみ 世 帯 親 子 世 帯 といった 世 帯 類 型 について 現 状 の 金 融 資 産 に 新 たな 金 融 資 産 を 積 み 上 げていく 形 で 年 の 金 融 資 産 をシミュレーションした 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 については 大 和 総 研 の 予 測 を 参 考 にして 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 を 算 出 し 7 その 差 額 からローン 返 済 を 差 し 引 いた 額 を 純 貯 蓄 として 積 み 上 げ 額 とした 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 について 2014 年 の 各 世 帯 類 型 の 金 融 資 産 構 成 比 で 資 産 配 分 したものを 現 状 踏 襲 シナリオ 米 欧 の 家 計 金 融 資 産 構 成 比 を 参 考 に 資 産 配 分 比 を 設 定 したものを 積 極 運 用 シナリオ としている 8 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナ リオの 主 な 差 異 は 株 式 ( 株 式 投 信 含 む 以 下 同 じ) 運 用 を 増 やすか 否 かである 純 貯 蓄 がマイナスの 場 合 は 預 貯 金 を 取 り 崩 し て 対 応 し 株 式 や 債 券 の 売 却 は 行 わないという 仮 定 にしている つまり 既 存 資 産 のリバランスは しない 前 提 としている こうして 算 出 した 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 額 に 社 人 研 の 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )の 該 当 世 帯 数 を 掛 けて 全 体 額 を 算 出 した シミュレーションの 対 象 は 現 役 世 代 の 多 数 派 と 考 えられる 20 代 50 代 とした 1 章 で 見 たよ うに 金 融 資 産 は 高 齢 世 代 に 偏 在 している 傾 向 が ある 超 高 齢 社 会 において わが 国 が 経 済 活 力 を 維 持 していくためには 現 状 で 高 齢 世 代 に 偏 在 し ている 金 融 資 産 を 有 効 活 用 していくことが 重 要 で ある そのためには 高 齢 世 代 から 若 年 世 代 への 資 産 移 転 や 高 齢 世 代 自 体 が 積 極 的 に 運 用 する 姿 勢 を 高 めることなどが 課 題 となろう その 場 合 相 続 や 贈 与 に 関 する 税 制 リスク 資 産 運 用 に 関 する 税 優 遇 や 投 資 知 識 の 普 及 などが 求 められ それだ けで 大 きなテーマである しかし 本 稿 では 現 在 の 現 役 世 代 が 年 齢 を 重 ねていく 中 で 日 々の 経 済 活 動 にいそしむだけでなく 金 融 資 産 の 運 用 に も 目 を 向 けることが 望 ましいという 観 点 から シ 6) 全 国 消 費 実 態 調 査 (5 年 ごとに 実 施 )の 最 新 調 査 結 果 である 2014 年 の 数 値 は 本 稿 執 筆 時 点 では 未 公 表 であっ たため 1999 年 2004 年 2009 年 の 数 値 と 家 計 調 査 の 数 値 を 基 に 2014 年 の 家 計 の 収 支 金 融 資 産 残 高 を 推 計 した 7)2024 年 以 前 は 大 和 総 研 経 済 調 査 部 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 )-デフレ 脱 却 と 財 政 再 建 時 間 との 戦 い- ( 大 和 総 研 リサーチレポート 2015 年 2 月 3 日 ) 2025 年 以 降 は 大 和 総 研 理 事 長 武 藤 敏 郎 監 修 大 和 総 研 調 査 本 部 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 持 続 可 能 な 社 会 保 障 システムを 目 指 し 挑 戦 する 日 本 - 未 来 への 責 任 ( 大 和 総 研 リサーチレポート 2013 年 5 月 14 日 )の 数 値 を 参 考 としている 8) 日 本 銀 行 資 金 循 環 の 日 米 欧 比 較 (2015 年 3 月 23 日 )によると 家 計 の 資 産 構 成 のうち 現 金 預 金 は 日 本 52.5%に 対 し 米 国 13.4% ユーロエリア 34.9% 株 式 出 資 金 は 日 本 9.5%に 対 し 米 国 33.4% ユーロエリア 17.5% 投 資 信 託 は 日 本 5.5%に 対 し 米 国 13.1% ユーロエリア 7.5%である 14 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

12 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 ミュレーションを 実 施 した なお シミュレーションに 当 たっての 主 な 仮 定 は 本 稿 末 尾 の 補 論 にまとめた また 金 融 資 産 や 世 帯 数 などの 現 在 の 数 値 は 2014 年 時 点 の ものを 用 いているが 単 純 化 のため 2014 年 の 15 年 後 を 2030 年 時 点 での 年 齢 として 記 述 して いる 2. 世 帯 類 型 別 に 見 た 家 計 金 融 資 産 の 将 来 シナリオ ここでは 年 齢 別 に 世 帯 ごとの 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 シナリオについて 記 述 する 図 表 3-1 は 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 世 帯 ごとの 金 融 資 産 残 高 の 現 状 と 2030 年 の 試 算 金 額 図 表 3-2 は 世 帯 ごとの 金 融 資 産 残 高 の 構 成 比 である また 図 表 3-3 図 表 3-6 は 各 年 齢 層 の 世 帯 類 型 別 の 2014 年 の 金 融 資 産 残 高 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 の 金 融 資 産 残 高 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナリオ の 2030 年 の 金 融 資 産 残 高 の 差 額 をグラフ 化 した ものである 1) 現 在 20 代 の 将 来 シナリオ 現 在 20 代 の 世 代 は 2030 年 には 30 代 後 半 40 代 となる 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 統 計 によると 2014 年 の 平 均 初 婚 年 齢 は 男 性 が31.1 歳 女 性 が 29.4 歳 である また 第 1 子 出 生 の 母 親 の 平 均 年 齢 は 30.6 歳 である これらの 平 均 値 から 推 測 するならば 現 在 20 代 の 世 代 は 2030 年 まで の 間 に 結 婚 や 出 産 などのイベントを 経 験 する 可 能 性 が 高 い 世 代 と 言 える そのため 本 シミュレーションでは 20 代 の 単 身 世 帯 が 夫 婦 のみ 世 帯 や 親 子 世 帯 になる ある いは 夫 婦 のみ 世 帯 が 親 子 世 帯 になる ということ もシナリオに 入 れて 将 来 の 金 融 資 産 を 計 算 して いる なお 20 代 では 学 校 在 籍 や 親 元 から 通 勤 しているなどの 人 も 多 いと 思 われ この 年 齢 層 の 将 来 の 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 変 化 を 計 算 する 際 に そうした 点 も 考 慮 して 試 算 を 行 っている 2014 年 時 点 での 20 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 353 万 円 であり 次 いで 親 子 が 252 万 円 単 身 女 性 が 209 万 円 単 身 男 性 が 186 万 円 と 推 計 される どの 世 帯 類 型 も 預 貯 金 の 構 成 比 が 最 も 高 く 親 子 56.4% 夫 婦 のみ 77.1% 単 身 男 性 76.7% 単 身 女 性 80.7%となっている 親 子 以 外 の 世 帯 類 型 の 預 貯 金 の 構 成 比 が8 割 前 後 であるのに 対 し 親 子 の 構 成 比 が 相 対 的 に 小 さいが 保 険 など が 含 まれる その 他 の 構 成 比 の 違 いによる 部 分 が 大 きい 親 子 世 帯 の その 他 の 構 成 比 が 他 の 世 帯 類 型 よりも 大 きいのは 全 年 齢 共 通 であり 子 供 を 持 つことが 保 険 などに 加 入 あるいは 増 額 する 誘 因 になっていると 推 測 される 一 方 株 式 ( 株 式 投 信 含 む 以 下 同 じ)の 構 成 比 は 2.1%( 単 身 女 性 ) 4.5%( 単 身 男 性 )となっ ており 他 の 年 齢 層 と 比 べて 構 成 比 が 低 くなって いる 若 年 層 がリスク 性 資 産 をあまり 購 入 してい ない 姿 が 浮 かび 上 がるが 若 いうちの 方 が 積 極 的 にリスクを 取 れると 考 えるならば 若 年 層 が 積 極 運 用 するようにすることが 今 後 の 課 題 であろう シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,296 万 円 親 子 1,191 万 円 単 身 男 性 958 万 円 単 身 女 性 904 万 円 という 試 算 結 果 となった 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 191 万 円 親 子 が 88 万 円 単 身 男 性 が 67 万 円 単 身 女 性 が 65 万 円 である 現 在 20 代 の 将 来 シナリオでは 親 子 世 帯 と 夫 15

13 図 表 3-1 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 ( 世 帯 当 たり) ( 万 円 ) 2030 年 2014 年 ( 推 計 値 ) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 現 状 踏 襲 積 極 運 用 親 子 夫 婦 の み 単 身 男 性 単 身 女 性 2030 年 時 年 齢 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 ,115 1,585 1,102 2,097 2,014 1,742 1,191 2,220 2,104 1, 預 貯 金 , 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 ,205 1,794 2,104 2,344 2,822 2,012 2,296 2,499 2,984 2, 預 貯 金 ,021 1,610 1,529 1, ,002 1,137 1, 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 , ,665 2,284 2, ,753 2,394 2, 預 貯 金 ,062 1,249 1, ,038 1, 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 , , , 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 16 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

14 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 図 表 3-2 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 の 構 成 比 ( 世 帯 当 たり) (%) 親 子 夫 婦 の み 単 身 男 性 単 身 女 性 2030 年 時 年 齢 2014 年 ( 推 計 値 ) 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 2030 年 現 状 踏 襲 積 極 運 用 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 17

15 婦 のみ 世 帯 で 金 融 資 産 残 高 に 大 きな 差 が 生 じるこ とが 読 み 取 れる 若 い 年 齢 で 子 供 を 生 み 育 てなが ら 金 融 資 産 を 積 み 上 げていくのは 大 変 である 高 齢 世 代 からの 資 産 移 転 策 のさらなる 検 討 や 少 子 化 対 策 の 観 点 も 含 めて 育 児 等 に 関 連 する 税 優 遇 や 補 助 金 などの 支 援 が 求 められよう 一 方 夫 婦 のみ 世 帯 は 相 対 的 に 金 融 資 産 の 積 み 上 げに 有 利 な 状 況 にあるといえ より 積 極 的 にリ スクを 取 っていくのもよいのではないだろうか 2) 現 在 30 代 の 将 来 シナリオ 現 在 30 代 の 世 代 は 2030 年 には 40 代 後 半 50 代 となる 平 均 初 婚 年 齢 が 30 歳 前 後 第 1 子 出 産 の 平 均 年 齢 が 30 代 であることを 考 えれば 20 代 と 同 様 にこの 世 代 でも 2030 年 までに 結 婚 や 出 産 などのイベントを 経 験 する 可 能 性 は 高 いと 言 えよ う 従 って 30 代 では 単 身 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 や 親 子 世 帯 30 代 全 体 で 夫 婦 のみ 世 帯 から 親 子 世 帯 となる 世 帯 数 もそれなりに 多 いとい うシナリオに 立 って 将 来 の 金 融 資 産 を 計 算 して いる 2014 年 時 点 での 30 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 739 万 円 であり 次 いで 親 子 が 735 万 円 単 身 男 性 が 541 万 円 単 身 女 性 が 429 万 円 と 推 計 される 20 代 と 比 較 すると 夫 婦 のみと 親 子 の 差 が 小 さい 1 章 で 記 述 した 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 残 高 の 推 計 方 法 による 影 響 もあると 思 われるが 30 代 では 子 供 が 幼 少 であり 消 費 が 大 きく 増 えない 状 態 で 所 得 が 向 上 していると 推 測 される 子 供 がい ることによる 消 費 支 出 の 増 大 は 子 供 が 進 学 する につれて 教 育 費 を 中 心 に 増 加 するのが 通 常 であ ろう また 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 20 代 と 逆 転 しており 可 処 分 所 得 の 差 の 拡 大 が 影 響 していると 推 測 される(20 代 でも 単 身 男 性 の 方 が 可 処 分 所 得 は 多 いが その 差 は 20 代 で 年 間 10 万 円 台 であり 30 代 では 50 万 円 弱 ) どの 世 帯 類 型 も 預 貯 金 の 構 成 比 が 最 も 高 いのは 20 代 と 変 わらないが 56.4%( 親 子 ) 68.4%( 単 身 女 性 )と 親 子 以 外 の 世 帯 類 型 で 20 代 よりも 構 成 比 が 低 くなっている 株 式 の 構 成 比 は 4.5% ( 親 子 ) 8.4%( 単 身 男 性 )となっている ど の 年 齢 層 でも 金 融 資 産 に 占 める 株 式 の 構 成 比 は 単 身 男 性 が 最 も 高 く 世 帯 類 型 別 に 見 ると 現 状 では 単 身 男 性 が 最 もリスクを 取 っていると 言 えよう シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,499 万 円 親 子 2,220 万 円 単 身 男 性 1,753 万 円 単 身 女 性 821 万 円 という 試 算 結 果 となった 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 155 万 円 親 子 が 123 万 円 単 身 男 性 が 88 万 円 単 身 女 性 が 25 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 が 相 対 的 に 小 さ いのは ローン 返 済 により 2010 年 代 後 半 に 純 貯 蓄 がマイナスと 想 定 している 影 響 による 現 在 30 代 の 将 来 シナリオでは 現 在 20 代 と 比 較 して 夫 婦 のみ 世 帯 と 親 子 世 帯 の 差 が 縮 小 し ているという 特 徴 が 挙 げられる 20 代 に 比 べれ ば 収 入 が 増 加 している 状 況 での 育 児 等 は 金 融 資 産 の 積 み 上 げの 観 点 からも ある 程 度 の 余 裕 を 持 てるとも 言 えよう ただし この 年 齢 層 の 子 供 は 義 務 教 育 年 齢 が 多 いと 推 測 され これから 高 等 教 育 に 進 むにつれ 教 育 費 をはじめとする 子 供 関 連 費 用 が 増 加 するはずである 子 供 が 小 さいうちに 積 極 的 にリスクを 取 って 金 融 資 産 の 増 加 を 図 るこ とで 将 来 の 支 出 増 大 に 備 えるのが 賢 明 ではない だろうか 18 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

16 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 19

17 3) 現 在 40 代 の 将 来 シナリオ 現 在 40 代 の 世 代 は 2030 年 には 50 代 後 半 60 代 となる 子 供 が 四 年 制 大 学 卒 業 後 に 社 会 人 になるとした 場 合 第 1 子 出 産 の 平 均 年 齢 から 考 えれば 50 代 半 ばに 第 1 子 が 独 立 する 可 能 性 がある 短 大 卒 や 高 卒 で 独 立 すると 考 えればもっと 早 いであろう その 点 も 踏 まえて 現 在 40 代 の 世 代 は 2030 年 までに 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 となることを 想 定 している ただし 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 になった 場 合 でも 図 表 上 は 親 子 世 帯 として 掲 載 している また 60 歳 定 年 制 が 多 数 派 であると の 仮 定 の 下 に 定 年 退 職 および 再 雇 用 も 想 定 した シナリオとしている 2014 年 時 点 での 40 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 1,205 万 円 であり 次 いで 親 子 が 1,115 万 円 単 身 男 性 が 916 万 円 単 身 女 性 が 890 万 円 と 推 計 される 30 代 と 比 較 すると 夫 婦 のみと 親 子 の 差 が 大 きくなっている 40 代 では 子 供 が 高 校 や 大 学 に 進 学 する 時 期 と 推 測 され 教 育 費 や 子 供 に 関 連 す る 支 出 が 増 加 していることが 影 響 していると 思 わ れる 預 貯 金 の 構 成 比 はどの 世 帯 類 型 でも 30 代 より も 小 さくなっている 株 式 の 構 成 比 は 4.8%( 単 身 女 性 ) 9.0%( 単 身 男 性 )となっている 単 身 女 性 の 株 式 の 構 成 比 は 30 代 よりも 小 さくなっ ている シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,984 万 円 単 身 男 性 2,394 万 円 親 子 2,104 万 円 単 身 女 性 854 万 円 という 試 算 結 果 となった 20 代 30 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 親 子 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 の 差 としての 貯 蓄 には 大 きな 差 はないが ローン 返 済 を 差 し 引 いた 純 貯 蓄 の 差 が 影 響 している( 単 身 男 性 の 方 が 住 宅 ローンの 額 が 小 さい) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 162 万 円 単 身 男 性 が 110 万 円 親 子 が 90 万 円 単 身 女 性 が1 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 がほとん どないのは ローン 返 済 により 2010 年 代 後 半 に 純 貯 蓄 がマイナスと 想 定 している 影 響 と その 後 も 純 貯 蓄 の 絶 対 額 が 少 ないことによる また 親 子 では 30 代 と 比 較 して 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 が 小 さくなっている ローン 返 済 の 額 が 30 代 よりも 相 対 的 に 大 きいことが 影 響 している 現 在 40 代 の 将 来 シナリオでは 親 子 世 帯 と 単 身 女 性 世 帯 のローン 負 担 の 影 響 が 大 きいことが 特 徴 的 である 親 子 世 帯 では 子 供 の 教 育 費 が 増 大 している 時 期 とも 重 なると 推 測 され 退 職 後 に 備 えた 金 融 資 産 の 積 み 上 げには 厳 しい 環 境 である ローン 負 担 に 対 する 何 らかの 緩 和 策 を 検 討 しても よいかもしれない 単 身 女 性 については 女 性 の 所 得 向 上 を 図 る 方 向 で 所 得 の 男 女 格 差 を 縮 小 して いくような 政 策 が 待 たれる 4) 現 在 50 代 の 将 来 シナリオ 現 在 50 代 の 世 代 は 2030 年 には 60 代 後 半 70 代 となる 現 在 40 代 の 世 代 と 同 様 に 考 え この 世 代 も 子 供 の 独 立 による 夫 婦 のみ 世 帯 への 移 行 や 定 年 退 職 および 再 雇 用 を 想 定 したシナリオとなっている 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 になった 場 合 でも 図 表 上 は 親 子 世 帯 として 掲 載 しているのも 同 様 であ る 2014 年 時 点 での 50 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 1,794 万 円 であり 次 いで 親 子 が 1,585 万 円 単 身 女 性 が 1,190 万 円 単 身 20 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

18 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 21

19 男 性 が 1,159 万 円 と 推 計 される 40 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 可 処 分 所 得 は 男 性 の 方 が 年 間 180 万 円 以 上 多 く 女 性 の 方 が 確 実 に 金 融 資 産 を 積 み 上 げてきた 姿 が 想 像 され る 株 式 の 構 成 比 は 6.8%( 親 子 ) 11.6%( 単 身 男 性 )となっている どの 世 帯 類 型 でも 20 代 40 代 よりも 株 式 の 構 成 比 が 高 くなっている シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 単 身 男 性 2,479 万 円 夫 婦 のみ 2,068 万 円 親 子 1,807 万 円 単 身 女 性 1,151 万 円 という 試 算 結 果 となった 40 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 夫 婦 のみの 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 夫 婦 のみと 親 子 は 2020 年 代 に 入 ると 貯 蓄 がマイナスになり 金 融 資 産 のうち 現 金 を 取 り 崩 すと 想 定 していることが 影 響 している( 他 の 資 産 は 売 却 はしないがリバ ランスもしないという 仮 定 なので 資 産 収 益 率 分 だけ 積 み 上 がる 計 算 となる 従 って 現 金 取 崩 額 が 大 きければ 金 融 資 産 残 高 は 前 年 比 マイナスとな る ) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 単 身 男 性 が 95 万 円 親 子 が 65 万 円 夫 婦 のみが 55 万 円 単 身 女 性 が0 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 がないのは ローン 返 済 により 推 計 期 間 を 通 じて 純 貯 蓄 がマイ ナスと 想 定 しているためである( 金 融 資 産 の 積 み 上 がりが 生 じないので 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 間 での 資 産 構 成 比 の 変 化 も 生 じない) また 50 代 の 全 世 帯 類 型 で 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 が 40 代 と 比 較 して 小 さくなっている 2014 年 時 点 での 50 代 は 2030 年 までには 退 職 していると 想 定 していることが 影 響 している 現 在 50 代 の 将 来 シナリオからは 退 職 再 雇 用 による 影 響 をどう 考 えるかが 問 われよう 長 寿 命 化 が 進 む 中 で 退 職 後 の 人 生 も 長 くなっている 元 気 と 意 欲 ある 人 が 引 き 続 き 働 きやすい 環 境 を 整 えていくことが 重 要 である また 親 子 世 帯 で は 子 供 が 独 立 している 場 合 も 多 いであろうから 金 融 資 産 の 運 用 により 精 力 を 傾 けてもよいであろ う 単 身 女 性 については 自 助 努 力 だけでは 限 界 があると 思 われ 何 らかの 対 策 が 求 められる 3. 現 在 現 役 世 代 の 将 来 シナリオ 前 節 では 世 帯 ごとの 現 状 と 将 来 シナリオを 記 述 してきたが 本 節 では 世 帯 数 の 変 化 を 考 慮 した 現 在 現 役 世 代 全 体 での 将 来 シナリオについて 記 述 する 社 人 研 の 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )に 基 づいて 15 年 後 (2030 年 )の 世 帯 数 を 見 てみると 現 在 20 代 の 世 帯 では 単 身 が 男 女 ともに 世 帯 数 が 減 少 し 夫 婦 のみと 親 子 の 世 帯 数 が 増 加 する 現 在 30 代 の 世 帯 では 単 身 の 男 性 の 世 帯 数 は 減 少 するが 単 身 の 女 性 の 世 帯 数 は 増 加 する 男 女 ともに 現 在 30 代 の 単 身 世 帯 数 は 減 少 する が 現 在 30 代 後 半 の 単 身 世 帯 数 が 増 加 する 見 込 みである 夫 婦 のみと 親 子 の 世 帯 数 は 増 加 するが 30 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 は 減 少 する これは 子 供 の 誕 生 により 親 子 世 帯 となる 世 帯 数 が 結 婚 に より 夫 婦 のみとなる 世 帯 数 より 多 いことによると 推 測 される 現 在 40 代 の 世 帯 では 親 子 の 世 帯 数 が 減 少 す る 一 方 で 他 の 世 帯 類 型 は 全 て 増 加 する 見 込 みで ある 現 在 の 40 代 は 2030 年 には 50 代 後 半 60 代 となっており 子 供 が 独 立 して 夫 婦 の みに 移 行 する 世 帯 数 が 多 いと 推 測 される 現 在 50 代 の 世 帯 では 親 子 の 世 帯 数 が 減 少 す 22 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

20 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 るのは 現 在 40 代 世 帯 と 同 様 であるが さらに 単 身 男 性 の 世 帯 数 も 減 少 すると 見 込 まれる これは 死 去 などによるものと 思 われる 2014 年 の 現 役 世 代 (20 代 50 代 )の 金 融 資 産 総 額 は 約 253 兆 円 と 推 計 した( 図 表 3-7) 日 銀 の 資 金 循 環 統 計 によると 2014 年 末 の 家 計 の 金 融 資 産 残 高 は 約 1,694 兆 円 なので 約 15%のカバー 率 ということになる 今 回 の 推 計 対 象 とした 世 帯 数 は 世 帯 数 全 体 の 約 5 割 に 相 当 するが 金 融 資 産 を 多 く 持 つ 60 歳 以 上 の 世 帯 が 対 象 でないことが 影 響 していると 思 われる ただ し 今 回 のシミュレーションの 眼 目 は リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 であり その 傾 向 を 把 握 するという 目 的 に は 差 し 支 えないであろう シミュレーションでは 現 状 踏 襲 シナリオで は 2030 年 に 全 体 で 約 518 兆 円 (2014 年 比 約 105% 増 )の 金 融 資 産 残 高 という 試 算 結 果 と なった 積 極 運 用 シナリオでは 約 544 兆 円 ( 同 約 115% 増 )である その 差 額 は 2014 年 の 金 融 資 産 残 高 の 10.1%に 相 当 する 積 極 運 用 シナリオについては 積 極 運 用 と いう 名 称 ではあるものの 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 部 分 について 株 式 ( 株 式 投 信 を 含 む 以 下 同 じ)を 35%など 堅 めの 仮 定 にしているが 既 存 資 産 のリバランスをして 早 い 段 階 から 資 産 全 体 で 株 式 の 構 成 比 を 35%になるようにする ある いは 米 国 並 みの 50%の 配 分 で 積 み 上 げていくと すれば もっと 差 が 出 たであろう( 資 産 配 分 比 や 資 産 収 益 率 の 仮 定 については 補 論 末 尾 参 照 ) あるいは 株 式 の 収 益 率 を 2000 年 以 降 の 実 績 に 基 づいて 4.6%と 設 定 しているが 今 後 も 株 式 相 場 が 堅 調 であると 想 定 するのであれば( 例 えば 民 主 党 から 自 民 党 への 政 権 交 代 以 降 の 31.9%) もっと 高 くなると 見 込 まれる 図 表 3-8 は 今 回 対 象 とした 世 帯 を 合 計 した 金 融 資 産 残 高 について 2014 年 現 状 踏 襲 シナ リオの 2030 年 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 の 内 訳 を 図 示 したものである 現 状 踏 襲 シナリオに 比 べて 積 極 運 用 シナリオでは 預 貯 金 の 残 高 が 少 なく 株 式 の 残 高 が 多 くなっている こうした 資 産 構 成 で ポートフォリオ 全 体 の 収 益 率 を 今 回 仮 定 した 各 資 産 の 収 益 率 で 計 算 すると 全 年 齢 層 合 計 では 2014 年 時 が 0.4% 現 状 踏 襲 シナリオの 2030 年 時 は 0.6% 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 時 は 1.4%である 各 資 産 の 収 益 率 の 前 提 が 堅 めであることは 差 し 置 いても 今 後 の 超 高 齢 日 本 において それなりの 生 活 水 準 を 維 持 するために は 今 回 のシミュレーションのシナリオよりもよ り 積 極 的 な 運 用 が 求 められるのではないだろう か ちなみに 積 極 運 用 シナリオにおいて 世 帯 ごと の 金 融 資 産 残 高 における 株 式 の 構 成 比 が 2030 年 に 30% 超 の 水 準 になるのは 現 在 20 代 の 全 世 帯 類 型 単 身 男 性 の 全 年 齢 現 在 30 代 の 夫 婦 のみ といった 世 帯 である( 前 掲 図 表 3-2) なお 20 代 のシナリオ 間 の 差 額 の 比 率 が 高 く なっているのは( 図 表 3-7 右 下 ) 分 母 である 2014 年 の 数 値 が 小 さいこともあるが 学 校 在 籍 や 親 元 から 通 勤 していた 人 などが 新 たに 夫 婦 の み 世 帯 や 単 身 世 帯 となってこの 類 型 の 世 帯 数 が 増 加 したことの 影 響 が 大 きい 23

21 図 表 3-7 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 ( 合 計 ) 合 計 親 子 夫 婦 の み 単 身 ( 男 ) 単 身 ( 女 ) 2030 年 時 年 齢 2014 年 推 計 値 合 計 合 計 30 代 後 半 40 代 2030 年 現 状 踏 襲 積 極 運 用 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 合 計 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 ( 十 億 円 ) 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 後 半 70 代 金 融 資 産 残 高 252,654 8,906 44,501 90, , ,377 65, , , , ,011 70, , , ,620 預 貯 金 141,649 6,610 27,184 48,235 59, ,336 45,093 82,398 94,057 55, ,785 30,826 65,654 83,095 52,211 株 式 株 式 投 信 16, ,444 5,235 8,293 54,661 3,515 12,121 19,076 19, ,505 23,096 41,730 49,423 30,255 債 券 公 社 債 投 信 6, ,313 3,253 15, ,825 6,151 5,374 22,853 2,897 5,624 8,323 6,008 その 他 88,287 1,900 14,090 34,642 37, ,190 15,991 40,943 68,782 45, ,868 13,929 33,162 55,632 42,146 金 融 資 産 残 高 146,865 1,621 25,807 58,053 61, ,976 36,808 81, ,886 65, ,763 39,752 85, ,579 67,469 預 貯 金 77, ,557 29,654 32, ,767 23,185 45,562 49,910 26, ,696 16,981 37,845 45,299 24,572 株 式 株 式 投 信 8, ,161 2,966 4,195 27,128 2,202 6,108 9,208 9,610 77,616 12,729 23,481 26,161 15,244 債 券 公 社 債 投 信 3, ,104 1,771 7, ,744 2,482 2,764 11,940 1,633 3,284 3,949 3,074 その 他 57, ,615 24,329 22, ,474 10,803 27,829 43,286 26,555 88,511 8,409 21,352 34,170 24,579 金 融 資 産 残 高 41,453 1,216 6,760 10,655 22,823 84,340 13,047 24,842 29,151 17,300 89,293 14,234 26,457 30,825 17,777 預 貯 金 24, ,575 6,060 12,991 49,731 9,983 16,192 15,751 7,806 39,011 6,213 12,060 13,323 7,415 株 式 株 式 投 信 2, ,659 8, ,242 2,747 2,659 25,342 4,866 8,137 8,576 3,764 債 券 公 社 債 投 信 1, , , , ,038 1, その 他 13, ,692 3,661 7,526 24,226 2,520 5,951 9,626 6,129 21,179 2,567 5,223 7,561 5,829 金 融 資 産 残 高 41,577 3,473 8,298 14,418 15, ,394 10,433 24,803 41,862 28, ,635 11,216 26,118 43,878 29,423 預 貯 金 25,195 2,663 5,564 8,417 8,551 60,867 7,820 15,822 22,896 14,329 48,532 5,006 11,821 19,025 12,681 株 式 株 式 投 信 3, ,299 1,786 14, ,122 5,856 5,298 34,239 3,766 8,304 13,303 8,866 債 券 公 社 債 投 信 1, , , , ,004 2,047 1,208 その 他 11, ,914 4,201 4,608 26,441 1,849 5,442 11,428 7,721 23,153 1,992 4,989 9,503 6,668 金 融 資 産 残 高 22,759 2,597 3,636 7,301 9,224 40,667 5,150 7,399 12,168 15,951 41,320 5,547 7,633 12,189 15,951 預 貯 金 14,076 2,097 2,487 4,103 5,389 21,971 4,105 4,823 5,500 7,543 19,545 2,626 3,928 5,448 7,543 株 式 株 式 投 信 1, , ,265 2,381 7,308 1,735 1,808 1,384 2,381 債 券 公 社 債 投 信 , , その 他 6, ,451 2,792 12, ,721 4,441 5,069 12, ,598 4,398 5, 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

22 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 合 計 親 子 夫 婦 の み 単 身 ( 男 ) 単 身 ( 女 ) 2030 年 時 年 齢 合 計 ( 十 億 円 ) (%) 2030 年 2030 年 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 の 2014 年 比 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 合 計 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 25,634 5,310 7,883 8,406 4, 預 貯 金 -45,551-14,267-16,744-10,963-3, 株 式 株 式 投 信 89,843 19,581 29,609 30,347 10, 債 券 公 社 債 投 信 7,664 2,059 2,799 2, その 他 -26,322-2,062-7,781-13,150-3, 金 融 資 産 残 高 14,787 2,944 4,719 4,694 2, 預 貯 金 -20,070-6,204-7,717-4,611-1, 株 式 株 式 投 信 50,488 10,528 17,373 16,953 5, 債 券 公 社 債 投 信 4,332 1,014 1,540 1, その 他 -19,963-2,394-6,477-9,116-1, 金 融 資 産 残 高 4,953 1,186 1,615 1, 預 貯 金 -10,721-3,770-4,132-2, 株 式 株 式 投 信 17,226 4,398 5,895 5,829 1, 債 券 公 社 債 投 信 1, その 他 -3, , 金 融 資 産 残 高 5, ,315 2,017 1, 預 貯 金 -12,335-2,814-4,001-3,871-1, 株 式 株 式 投 信 19,276 3,080 5,182 7,446 3, 債 券 公 社 債 投 信 1, その 他 -3, ,925-1, 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 -2,425-1, 株 式 株 式 投 信 2,853 1,576 1, 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 25

23 おわりに 超 高 齢 化 の 下 での 家 計 の 金 融 資 産 活 用 今 回 のシミュレーションでは リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 を 実 施 し 様 々な 仮 定 の 下 ではあるが リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めることが 金 融 資 産 の 増 加 に 有 効 であることを 確 認 した こうした 結 果 を 踏 まえれ ば 各 家 計 が 現 状 よりも 積 極 的 な 資 産 運 用 を 実 施 していくことが 望 まれる 超 高 齢 化 が 進 行 するわが 国 において 金 融 資 産 の 有 効 活 用 を 図 っていくためには 各 家 計 の 行 動 に 期 待 するだけではなく 様 々な 方 策 が 必 要 とな ろう 具 体 的 には 1 高 齢 世 帯 から 若 年 世 帯 への 資 産 移 転 促 進 策 2ライフサイクルを 考 慮 した 投 資 活 性 化 策 3 金 融 仲 介 機 能 の 再 考 ( 年 金 等 機 関 投 資 家 と 証 券 市 場 ) 4 海 外 市 場 の 活 用 など について 議 論 を 深 め その 成 果 を 活 用 していくこ とが 求 められる また 2 章 で 記 述 した 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオが 実 現 すれば さらに 金 融 資 産 残 高 の 増 加 が 期 待 される 今 回 のシミュレーションでは 労 働 参 加 が 進 展 するシナリオを 反 映 するに 至 らな かったが 今 後 の 課 題 としたい 補 論 シミュレーションに 当 たっ ての 主 な 仮 定 今 回 のシミュレーションでは 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 を 推 計 するのに 必 要 な 可 処 分 所 得 や 消 費 支 出 ローン 支 払 い 等 を 算 出 するために 一 定 のシ ナリオを 仮 定 した 結 婚 子 供 誕 生 退 職 ロー 26 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

24 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 ン 完 済 などのライフステージにおけるイベント 発 生 年 齢 は 様 々な 客 観 統 計 を 参 考 にしつつも あ る 程 度 主 観 的 に 設 定 している そうした 主 な 仮 定 は 以 下 の 通 りである 2014 年 の 平 均 初 婚 年 齢 は 男 性 31.1 歳 女 性 29.4 歳 で その 差 が 1.7 歳 平 均 第 1 子 出 産 年 齢 は 30.6 歳 である これらより 男 性 の 第 1 子 誕 生 年 齢 は 32.3 歳 と 単 純 計 算 した 子 供 は 23 歳 ( 四 年 生 大 学 卒 業 年 齢 )で 独 立 と 設 定 した 現 時 点 での 定 年 退 職 は 60 歳 が 大 半 であろう これらを 基 にライフステージの 各 種 シナリオを 想 定 した 収 支 については 勤 労 者 世 帯 金 融 資 産 残 高 につ いては 全 世 帯 の 数 値 を 各 世 帯 類 型 に 当 てはめて いる なお 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 と 子 の 世 帯 の 数 値 を 用 いているが 世 帯 数 については ひとり 親 と 子 の 世 帯 も 含 まれて いる イベント 年 齢 は 各 世 代 の4 歳 を 基 準 に 計 算 した 女 性 単 身 を 除 く 各 類 型 の 年 齢 は 男 性 の 年 齢 を 用 いている 住 宅 ローンは 50 代 は 2024 年 ( 基 準 年 齢 64 歳 ) 60 代 は 2014 年 ( 基 準 年 齢 64 歳 )で 完 済 とした その 他 の 年 齢 層 は 2030 年 まで 返 済 継 続 とした 単 身 世 帯 の 住 宅 以 外 のローンは 2019 年 で 完 済 (5 年 で 完 済 を 想 定 )とした 全 類 型 で 可 処 分 所 得 消 費 支 出 の 前 年 比 は 同 一 とした(2024 年 以 前 は 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 ) 2025 年 以 降 は 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 を 敷 衍 ) 子 供 が 誕 生 する 場 合 夫 婦 のみ 世 帯 20 代 は 男 性 33 歳 で 子 供 誕 生 夫 婦 のみ 世 帯 30 代 は 男 性 38 歳 で 子 供 誕 生 とした 夫 婦 と 子 世 帯 は 男 性 が 56 歳 で 子 供 独 立 以 降 は 夫 婦 のみ 世 帯 へ 移 行 するとした 消 費 支 出 は 2014 年 時 点 の 50 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 の 消 費 性 向 を 適 用 した 単 身 世 帯 が 結 婚 する 場 合 20 代 は 30 歳 30 代 は 35 歳 で 同 年 代 と 結 婚 すると 仮 定 した さ らに 子 供 ができる 場 合 20 代 は 男 性 が 33 歳 30 代 は 男 性 が 38 歳 で 子 供 誕 生 とした 単 身 世 帯 が 結 婚 した 場 合 可 処 分 所 得 ローン 返 済 は 単 純 合 算 にした 消 費 支 出 は 2014 年 時 点 において 結 婚 時 年 齢 と 同 世 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 の 消 費 性 向 を 適 用 した 60 歳 で 定 年 退 職 再 雇 用 とした その 際 の 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 は 前 年 までと 同 様 に 計 算 した 額 に 同 類 型 の 世 帯 の 2014 年 時 の 60 代 図 表 補 -1 世 帯 当 たりの 前 年 比 の 前 提 数 値 (%) 可 処 分 所 得 消 費 支 出 可 処 分 所 得 消 費 支 出 可 処 分 所 得 消 費 支 出 ( 出 所 ) 大 和 総 研 理 事 長 武 藤 敏 郎 監 修 大 和 総 研 調 査 本 部 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 持 続 可 能 な 社 会 保 障 システムを 目 指 し 挑 戦 する 日 本 - 未 来 への 責 任 (2013 年 5 月 14 日 ) 大 和 総 研 経 済 調 査 部 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 )-デフレ 脱 却 と 財 政 再 建 時 間 との 戦 い- (2015 年 2 月 3 日 ) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )を 基 に 大 和 総 研 作 成 27

25 と 50 代 の 金 額 の 比 率 を 掛 けて 算 出 した( 親 子 世 帯 は 定 年 退 職 時 は 夫 婦 のみ 世 帯 に 移 行 して いると 仮 定 ) 純 貯 蓄 のマイナスは 預 貯 金 取 り 崩 しで 対 応 する とした 他 の 資 産 は 売 却 しない 純 貯 蓄 プラス の 場 合 は 現 状 踏 襲 は 2014 年 時 の 資 産 構 成 比 積 極 運 用 は 2014 年 の 米 欧 の 資 産 構 成 比 を 参 考 にした 仮 定 により 配 分 した 積 極 運 用 シナリオ における 新 たな 積 み 上 げ 額 の 資 産 配 分 比 は 預 貯 金 40% 株 式 ( 株 式 投 信 含 む)35% 債 券 ( 公 社 債 投 信 含 む)5% その 他 20%である 収 益 率 は 預 貯 金 株 式 債 券 その 他 で 計 算 した( 株 式 は 配 当 込 みのT OPIX 債 券 はDBI(ダイワ ボンド イ ンデックス)の 2000 年 1 月 以 降 の 前 年 同 期 比 平 均 ) ちなみに 政 権 交 代 (2012 年 12 月 ) 以 降 で 計 算 すると 株 式 は 債 券 は となるので 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナ リオの 差 がより 明 確 となる 28 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

26 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 [ 著 者 ] 中 里 幸 聖 (なかざと こうせ い ) 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 担 当 は 公 共 ファイナンス インフラファイナンス 佐 川 あぐり(さがわ あぐり) 金 融 調 査 部 研 究 員 担 当 は 金 融 資 本 市 場 中 田 理 惠 (なかだ りえ) 金 融 調 査 部 研 究 員 担 当 は 金 融 資 本 市 場 29

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

Microsoft Word )40期決算公開用.doc

Microsoft Word )40期決算公開用.doc 貸 借 対 照 表 [ 株 式 会 社 ニラク] ( 平 成 21 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 売 掛 金 有 価 証 券 商 品 貯 蔵 品 前 払 費 用 短 期 貸 付 金 未 収 入 金 繰 延 税 金 資 産 貸 倒 引 当 金 固 定

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保

科 売 上 原 価 売 上 総 利 益 損 益 計 算 書 ( 自 平 成 26 年 4 月 1 日 至 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 目 売 上 高 販 売 費 及 び 一 般 管 理 費 営 業 利 益 営 業 外 収 益 受 取 保 険 金 受 取 支 援 金 補 助 金 収 入 保 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 1 流 動 資 産 8,394,416 流 動 負 債 12,053,662 現 金 及 び 預 金 234,676 買 掛 金 1,838,002 受 取 手 形 15,672 関 係 会 社 短 期 借 入 金 3,352,137 売 掛 金 4,409,667 1 年 内 償 還 予 定 の

More information

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73>

<31352095DB8CAF97BF97A6955C2E786C73> 標 準 報 酬 月 額 等 級 表 ( 厚 生 年 金 ) 標 準 報 酬 報 酬 月 額 厚 生 年 金 保 険 料 厚 生 年 金 保 険 料 率 14.642% ( 平 成 18 年 9 月 ~ 平 成 19 年 8 月 ) 等 級 月 額 全 額 ( 円 ) 折 半 額 ( 円 ) 円 以 上 円 未 満 1 98,000 ~ 101,000 14,349.16 7,174.58 2 104,000

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 3 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc

Microsoft Word - (会社法用)2013.03期_02.計算書類.doc 計 算 書 類 第 1 期 平 成 24 年 7 月 31 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 1. 貸 借 対 照 表 2. 損 益 計 算 書 3. 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 4. 個 別 注 記 表 株 式 会 社 あきんどスシロー 貸 借 対 照 表 ( 平 成 25 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 新 規 社 ( 社 名 ) 除 外 社 ( 社 名 ) (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 平 成 22 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 サンエツ 金 属 株 式 会 社 上 場 取 引 所 名 コード 番 号 5757 URL http://www.sanetu.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 釣 谷 宏 行 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

財政再計算結果_色変更.indd

財政再計算結果_色変更.indd 私 たちの 共 済 年 金 財 政 再 計 算 結 果 と 新 保 険 料 率 について 組 合 員 の 皆 さまに これまでリーフレットなどでお 知 らせしてきましたように 本 年 は 組 合 員 の 皆 さまが 加 入 している 共 済 年 金 で5 年 に 一 度 の 財 政 再 計 算 を 行 う 年 になっています 去 る5 月 27 日 に 財 務 省 から 財 政 再 計 算 に 関

More information

Q IFRSの特徴について教えてください

Q IFRSの特徴について教えてください Q 改 正 後 の 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 と 改 訂 IAS 第 19 号 との 差 異 を 教 え てください A 数 理 計 算 上 の 差 異 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 退 職 給 付 見 込 額 の 期 間 配 分 方 式 および 期 待 運 用 収 益 という 概 念 の 廃 止 が 主 な 差 異 として 残 っています 平 成 24 年 5 月

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8,

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 福 岡 県 技 能 労 務 職 歳 1,19,98 9,9 歳 8, 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 年 度 の 件 費 率 年 度,,1,9 1, 9,9 1.1 1. 件 費 には 村 長 副 村 長 教 育 長 の 給 与 議 会 議 員 各 種 委 員

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 (

注 記 事 項 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 : 無 (2) 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 有 ( 注 ) 詳 細 は 添 付 資 料 4ページ 2.サマリー 情 報 ( 平 成 27 年 12 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 5 月 13 日 上 場 会 社 名 KLab 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3656 URL http://www.klab.com/jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 真 田 哲 弥 問 合 せ 先 責

More information

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支

1 予 算 の 姿 ( 平 成 25 当 初 予 算 ) 長 野 県 財 政 の 状 況 H25.11.15 現 在 長 野 県 の 予 算 を 歳 入 面 から 見 ると 自 主 財 源 の 根 幹 である 県 税 が 全 体 の5 分 の1 程 度 しかなく 地 方 交 付 税 や 国 庫 支 長 野 県 における 行 政 財 政 改 革 の 取 組 について 参 考 資 料 3 1 行 政 財 政 改 革 を 推 進 するための 計 画 1 財 政 改 革 推 進 プログラム(H14~H18 ) 2 長 野 県 行 財 政 改 革 プラン(H19~H23 ) 3 長 野 県 行 政 財 政 改 革 方 針 (H24~H28 ) 事 務 事 業 の 見 直 し 民 間 委 託 など 外 部

More information

平成29年2月期 第2四半期決算短信

平成29年2月期 第2四半期決算短信 平 成 29 年 2 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 9 月 30 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 メディカル 一 光 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 3353 URL http://www.m-ikkou.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 南 野 利 久 問 合

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online3.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 21 年 3 月 期 平 成 20 年 7 月 31 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 ) 管 理 本 部 経 理 部 長 (

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 総 合 的 矢 掛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 25 年 度 5,055 千 7,78,45 千 48,9 千 877,259.3 2.8 (2) 職 員 給

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 平 成 28 年 2 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 27 年 12 月 2 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 サッポロドラッグストアー 上 場 取 引 所 東 札 コード 番 号 2786 URL http://www.sapporo-drug.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 富 山

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 2 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 11 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有

4. その 他 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ) 無 (2) 簡 便 な 会 計 処 理 及 び 四 半 期 連 結 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 有 平 成 22 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 22 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑

検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 簡 易 収 支 の 世 帯 からサンプリング 世 帯 名 作 成 事 務 の 廃 止 4 5 必 要 な 世 帯 数 の 確 保 が 可 能 か 簡 易 収 支 を 実 施 している 民 間 事 業 者 との 連 絡 等 に 伴 う 事 務 の 複 雑 等 の 当 初 見 直 し 案 の 検 討 状 況 について 資 料 1-1 項 目 名 検 討 検 討 の 進 め 方 検 討 状 況 都 道 府 県 担 当 者 との 意 見 交 換 では 結 果 精 度 の 低 下 に 伴 い 結 果 が 活 用 されなくなった 場 合 の 員 のモチベーション 低 下 の 可 能 性 や 員 の 配 置 換 え 等 についての 考 慮 が 必 要 との 意

More information

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 東 京 都 職 員 共 済 組 合 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です

More information

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF

資料 厚生年金基金の今後の方向性について.PDF 資 料 厚 生 年 金 基 金 今 後 方 向 性 について 1 ( 総 論 ) 2 厚 生 年 金 基 金 制 度 改 革 基 本 構 造 厚 生 年 金 被 保 険 者 を 含 めたリスク 分 かち 合 いによる 代 行 割 れ 早 期 決 代 行 割 れを 再 び 起 こさない ため 制 度 的 措 置 代 行 部 分 に 対 す る 積 立 比 率 6.0 5.0 4.0 3.0 2.0 1.5

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

第316回取締役会議案

第316回取締役会議案 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 30,235,443 流 動 負 債 25,122,730 現 金 及 び 預 金 501,956 支 払 手 形 2,652,233 受 取 手 形 839,303 買 掛 金 20,067,598 売 掛 金 20,810,262

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療

第 2 問 問 4 問 5 1ロ 2チ 3ヲ 4ホ ⅰ)Aさんは 今 年 の 誕 生 日 で 40 歳 となるので 公 的 介 護 保 険 の(1 第 2 号 ) 被 保 険 者 資 格 を 取 得 し 介 護 保 険 料 を 負 担 することになる 40 歳 以 上 65 歳 未 満 の 医 療 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 14-15 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2014 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 生 保 顧 客 資 産 相 談 業 務 ( 金 融 財 政 事 情 研 究 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 1ハ 2ニ 3ト 国 民 年 金 の 毎 月 の 保

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり

定 性 的 情 報 財 務 諸 表 等 1. 連 結 経 営 成 績 に 関 する 定 性 的 情 報 当 第 3 四 半 期 連 結 累 計 期 間 の 業 績 は 売 上 高 につきましては 前 年 同 四 半 期 累 計 期 間 比 15.1% 減 少 の 454 億 27 百 万 円 となり 平 成 21 年 3 月 期 第 3 四 半 期 決 算 短 信 平 成 21 年 2 月 10 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役 職 名 )

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

Microsoft Word - H25年度の概要

Microsoft Word - H25年度の概要 1 県 民 経 済 計 算 の 概 要 1. 平 成 25 年 度 県 民 経 済 計 算 の 概 要 平 成 25 年 度 の 県 民 経 済 計 算 の 推 計 結 果 について 主 な 経 済 指 標 は 次 のとおりです 3 千 葉 県 [ 参 考 ] 全 国 実 数 増 加 率 実 数 増 加 率 1 県 ( 国 ) 内 総 生 産 県 ( 国 ) 民 所 得 名 目 19 兆 8,112

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66 平 成 26 年 度 健 保 組 合 予 算 早 期 集 計 結 果 の 概 要 平 成 26 年 4 月 18 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 26 年 度 における 健 保 組 合 の 財 政 状 況 等 を 早 期 に 把 握 するため 26 年 度 予 算

More information

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財

平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 公 益 目 的 事 業 科 目 公 1 公 2 公 3 公 4 法 人 会 計 合 計 共 通 小 計 苦 情 相 談 解 決 研 修 情 報 提 供 保 証 宅 建 取 引 健 全 育 成 Ⅰ. 一 般 正 味 財 1. 平 成 24 年 度 正 味 財 産 増 減 計 算 書 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 科 目 当 年 度 前 年 度 増 減 Ⅰ. 一 般 正 味 財 産 増 減 の 部 1. 経 常 増 減 の 部 (1) 経 常 収 益 弁 済 業 務 保 証 金 運 用 益 869,730,392 846,525,434 23,204,958 弁 済

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= 添 付 資 料 の 目 次 1. 当 四 半 期 決 算 に 関 する 定 性 的 情 報 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 説 明 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 説 明 2 (3) 連 結 業 績 予 想 などの 将 来 予 測 情 報 に 関 する 説 明 2 2.サマリー 情 報 ( 注 記 事 項 )に 関 する 事 項 2 (1) 当 四 半 期 連 結 累 計 期 間

More information

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人

192 1925 193 1935 194 1945 195 1955 196 1965 197 1975 198 1985 199 1995 2 25 21 215 22 225 23 235 24 245 25 255 26 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 北 海 道 人 口 ビジョン 骨 子 全 体 構 成 Ⅰ 人 口 の 現 状 分 析 1 人 口 動 向 分 析 (1) 時 系 列 による 人 口 動 向 分 析 1 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 と 将 来 推 計 2 自 然 増 減 ( 出 生 死 亡 )の 推 移 (ⅰ) 出 生 数 死 亡 数 の 推 移 (ⅱ) 出 生 数 合 計 特 殊 出 生 率 の 推 移 3 社 会

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ

減 少 率 ) と 平 均 余 命 の 伸 びを 勘 案 した 一 定 率 (0.3%) の 合 計 である スライド 調 整 率 を 差 し 引 いて 年 金 額 の 改 定 が 行 われる( 図 表 ) ただし マクロ 経 済 スライドが 完 全 に 実 施 されるのは 賃 金 や 物 価 があ みずほインサイト 政 策 05 年 3 月 5 日 マクロ 経 済 スライド 初 めて 実 施 へ 05 年 度 の 年 金 額 は 0.9% 引 き 上 げ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-359-308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 05 年 度 の 年 金 改 定 率 は 現 役 人 口 の 減 少 や 平 均 余 命 の 伸

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相

一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 人 のデータ 一 時 払 いの 終 身 保 険 を 掛 ける 前 の 相 続 財 産 のデータから 課 税 される 相 続 税 をシミュレーションします 被 相 続 人 と 相 続 人 相 続 財 産 債 務 と 葬 式 費 用 のデータ 法 定 相 一 時 払 い 終 身 保 険 を 掛 ける 人 の 相 続 税 シミュレーション 相 続 財 産 のうちで 被 相 続 人 が 亡 くなったことにより 受 け 取 った 生 命 保 険 金 は 法 定 相 続 人 1 人 あたり 500 万 円 まで 非 課 税 となり 相 続 税 が 課 税 されません このため 法 定 相 続 人 が 3 人 で 相 続 財 産 として 生 命 保 険 金 を

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt

Microsoft PowerPoint - 2010a1.ppt 21 年 度 秋 学 期 金 曜 4 限 財 政 学 2 個 人 所 得 課 第 2 回 担 当 : 石 川 達 哉 当 講 義 用 ホームページはhttp://www1.meijigakuin.ac.jp/~ishikawa 2-1. 家 計 の 経 済 的 選 択 行 動 と 課 の 全 体 像 公 共 サービス の 享 受 ( 譲 渡 所 得 課 ) 効 用 ( 経 済 的 な 充 足 ) 消

More information

Microsoft Word - 20130730短信.doc

Microsoft Word - 20130730短信.doc 平 成 26 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 25 年 8 月 9 日 上 場 会 社 名 株 式 会 社 メガネトップ 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 7541 URL http://www.meganetop.co.jp 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 冨 澤 昌 宏 問 合

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081838269826181848D9196AF944E8BE08AEE5B315D2E2E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081838269826181848D9196AF944E8BE08AEE5B315D2E2E2E646F63> 柔 道 整 復 師 国 民 年 金 基 金 柔 道 整 復 師 は その 多 くが 個 人 単 位 での 自 営 業 者 であり 国 民 年 金 加 入 者 で あると 思 われます そのため 国 民 年 金 に 上 乗 せして 厚 生 年 金 に 加 入 している サラリーマンなどの 給 与 所 得 者 と 国 民 年 金 だけにしか 加 入 していない 自 営 業 者 などとでは 将 来 受 け

More information

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73>

<483236958192CA8CF0957490C58E5A92E88C8B89CA8169388C8E8CF6955C816A2E786C73> 平 成 26 中 津 市 における 普 通 交 付 税 算 定 結 果 交 付 決 定 額 ( 千 円 ) 交 付 決 定 額 対 前 伸 び 率 財 政 力 指 数 平 成 22 11,486,011 6.4% 0.490 平 成 23 11,597,848 1.0% 0.473 平 成 24 11,657,421 0.5% 0.471 平 成 25 10,952,521 6.0% 0.488 平

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定

( 別 途 調 査 様 式 1) 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 等 1 列 2 列 3 列 4 列 5 列 6 列 7 列 8 列 9 列 10 列 11 列 12 列 13 列 14 列 15 列 16 列 17 列 18 列 19 列 20 列 21 列 22 列 固 定 資 料 10 減 損 損 失 及 び 資 本 金 の 変 動 に 関 する 調 査 記 載 上 の 注 意 事 項 当 調 査 は 減 損 損 失 を 認 識 するに 至 った 経 緯 資 本 金 の の 変 動 等 を 把 握 するために 調 査 する ものである 調 査 対 象 は 地 方 公 営 企 業 状 況 調 査 の 対 象 となっている 法 適 用 企 業 とする Ⅰ 提 出 物 について

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303130944E91E6318E6C94BC8AFA925A904D8354837D838A815B8BA693AF8E9497BF2E646F63> 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 7 月 30 日 上 場 会 社 名 協 同 飼 料 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 2052 URL http://www.kyodo-shiryo.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 村 井 弘 一

More information

1_2013BS(0414)

1_2013BS(0414) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) 三 井 住 友 金 属 鉱 山 伸 銅 株 式 会 社 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 25,869,002 流 動 負 債 9,707,274 現 金 及 び 預 金 987,167 買 掛 金 3,612,919 受 取 手 形 1,225,710 短 期 借

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013.1.25 住 宅 ローンの 基 礎 知 識 と 資 金 計 画 の 重 要 性 について 平 成 年 1 月 25 日 現 在 目 次 1. 住 宅 ローンの 金 利 2. 住 宅 ローンのリスク 3.ライフプランと 資 金 計 画 4.フラット35について 5. 住 宅 ローンFAQ P1~3 P4~10 P11~15 P16~19 P20~23 1 1. 住 宅 ローンの 金 利 1

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 平 成 29 年 5 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 10 月 7 日 上 場 会 社 名 ファーストコーポレーション 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1430 URL http://www.1st-corp.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 中 村 利 秋

More information

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )-

6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- テキスト 6-1 第 6 章 ストック オプション 会 計 設 例 1 基 本 的 処 理 Check! 1. 費 用 の 計 上 ( 1 年 度 ) 2. 費 用 の 計 上 ( 2 年 度 )- 権 利 不 確 定 による 失 効 見 積 数 の 変 動 - 3. 費 用 の 計 上 ( 3 年 度 )- 権 利 の 確 定 - 4. 権 利 行 使 ( 新 株 の 発 行 ) 5. 権 利 行

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 平 成 2 4 年 11 月 28 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 国 の 教 育 ローン 利 用 勤 務 者 世 帯 ) ( 平 成 24 年 度 ) 世 帯 年 収 減 少 により 一 段 と 重 くなる 教 育 費 負 担 ~ 年 収 に 占 める 教 育 費 の 負 担 割 合 が 39と 過 去 1

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

添 付 資 料 の 目 次 1. 経 営 成 績 財 政 状 態 に 関 する 分 析 2 (1) 経 営 成 績 に 関 する 分 析 2 (2) 財 政 状 態 に 関 する 分 析 3 (3) 利 益 配 分 に 関 する 基 本 方 針 及 び 当 期 次 期 の 配 当 3 2. 企 業 集 団 の 状 況 4 3. 経 営 方 針 5 (1) 経 営 の 基 本 方 針 5 (2) 目

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

第 41 期

第 41 期 決 算 公 告 平 成 24 年 6 月 28 日 各 位 大 阪 市 中 央 区 南 船 場 一 丁 目 17 番 26 号 株 式 会 社 アプラス 代 表 取 締 役 社 長 野 口 郷 司 第 3 期 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 まで) 貸 借 対 照 表 損 益 計 算 書 及 び 個 別 注 記 表 貸 借 対 照 表 損 益 計 算

More information