超高齢社会に向けた家計金融資産運用

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "超高齢社会に向けた家計金融資産運用"

Transcription

1 特 集 超 高 齢 日 本 の 再 構 想 中 里 幸 聖 / 佐 川 あぐり/ 中 田 理 惠 要 約 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えている 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 にもマイナス 要 素 となり 得 る こう した 問 題 認 識 の 下 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 について 世 帯 類 型 の 変 化 を 加 味 して 整 理 し 金 融 資 産 運 用 の 重 要 性 の 提 示 を 試 みた 具 体 的 には 現 役 世 代 の 多 数 派 である 20 代 50 代 が 世 帯 主 である 家 計 について 年 齢 別 世 帯 の 類 型 別 ( 単 身 男 性 単 身 女 性 夫 婦 のみ 親 子 ) に 家 計 収 支 と 金 融 資 産 残 高 を 推 計 し 現 状 踏 襲 シナリオと 積 極 運 用 シナリ オの 二 つのシナリオを 設 定 し 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 を 試 算 した さらに 2014 年 と 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 世 帯 数 の 変 化 を 加 味 して 対 象 世 帯 全 体 の 金 融 資 産 残 高 を 試 算 した 今 回 の 積 極 運 用 シナリオは 堅 めの 仮 定 に 基 づいたものであるが シミュ レーションの 結 果 リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めることが 金 融 資 産 増 加 に 有 効 であることを 確 認 できた 1 章 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 2 章 年 齢 世 帯 就 業 者 数 の 今 2030 年 3 章 家 計 の 金 融 資 産 の 将 来 シナリオ おわりに 超 高 齢 化 の 下 での 家 計 の 金 融 資 産 活 用 補 論 シミュレーションに 当 たっての 主 な 仮 定 4 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

2 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 1 章 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 1.はじめに 国 民 経 済 計 算 (GDP 統 計 ) ( 内 閣 府 )の 2013 年 度 確 報 によると 家 計 の 純 貯 蓄 が 2013 年 に 初 めてマイナスに 転 じた この 傾 向 が 今 後 と も 続 くのかは 注 目 していきたいが 純 貯 蓄 がマイ ナスとなっても 金 融 資 産 の 運 用 によって 金 融 資 産 を 増 加 させることは 可 能 である 一 般 的 に 高 齢 者 は 収 入 が 減 少 する 一 方 で 一 定 程 度 の 支 出 は 必 要 であり さらに 医 療 費 などの 支 出 増 加 要 素 もある そのため 年 金 などの 収 入 で 足 りない 分 は 貯 蓄 (= 金 融 資 産 )を 取 り 崩 して 支 出 に 充 てると 考 えられる 従 って 高 齢 化 の 進 展 は 基 本 的 に 貯 蓄 率 にマイナス 要 素 と 考 えられて いる 超 高 齢 社 会 となるわが 国 は 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 要 因 を 抱 えていると 言 える 家 計 の 金 融 資 産 の 減 少 は 最 終 需 要 にマイナス 要 素 であると 同 時 に 実 物 投 資 の 原 資 減 少 という 形 で 生 産 活 動 に もマイナス 要 素 となり 得 る 本 稿 では こうした 問 題 認 識 の 下 家 計 の 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 につ いて 世 帯 類 型 の 変 化 を 加 味 して 整 理 し 金 融 資 産 運 用 の 重 要 性 の 提 示 を 試 みる 2.ミクロの 視 点 から 見 た 家 計 金 融 資 産 家 計 の 金 融 資 産 について 総 務 省 全 国 消 費 実 態 調 査 家 計 調 査 のデータより 保 有 状 況 を 確 認 する 1)2014 年 家 計 金 融 資 産 は 約 1,800 万 円 家 計 調 査 (2014 年 調 査 ) によると 二 人 以 上 の 世 帯 における1 世 帯 当 たり 金 融 資 産 ( 家 計 調 査 では 貯 蓄 現 在 高 と 表 記 )は 平 均 値 1,798 万 円 で 前 年 に 比 べ 3.4%の 増 加 となった 資 産 の 内 訳 は 1 預 貯 金 1,138 万 円 (63.3%) 株 式 株 式 投 信 ( 以 下 株 式 )175 万 円 (9.7%) 債 券 公 社 債 投 信 ( 以 下 債 券 )64 万 円 (3.6%) その 他 ( 生 命 保 険 など)421 万 円 (23.4%)と なり リスク 性 資 産 ( 株 式 債 券 )の 保 有 比 率 は 13.3%であった( 図 表 1-1) 1) 金 融 資 産 ( 貯 蓄 現 在 高 )の 内 訳 については 家 計 調 査 ( 用 語 の 解 説 ) を 参 照 し 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 の4つに 分 類 した うち 預 貯 金 は 通 貨 性 預 貯 金 定 期 性 預 貯 金 の 合 計 とした その 他 は 生 命 保 険 損 害 保 険 貸 付 信 託 金 銭 信 託 社 内 預 金 などを 含 む 5

3 2) 過 去 の 推 移 1979 年 から 2004 年 まで 10 15%での 推 移 が 続 いているといえる 増 加 その 後 は 横 ばい 過 去 の 推 移 を 図 表 1-2 で 確 認 する 全 国 消 費 3) 二 人 以 上 の 世 帯 における 状 況 実 態 調 査 によると( 図 表 左 ) 1 世 帯 当 たりの (1) 年 齢 別 の 状 況 40 代 以 下 と 50 代 以 上 で 金 融 資 産 は 1979 年 から 2004 年 まで 増 加 してい 資 産 格 差 が 大 きい たが 2009 年 には 前 回 調 査 比 で 2.2% 減 少 した 二 人 以 上 の 世 帯 における 世 帯 主 の 年 齢 別 に 見 た これは 調 査 開 始 (1966 年 ) 以 来 初 めての 減 金 融 資 産 の 状 況 を 図 表 1-3 に 示 した 年 齢 が 上 が 少 となった るごとに 金 融 資 産 は 増 えており 60 歳 以 上 の 世 2004 年 以 降 の 推 移 を 家 計 調 査 から 確 認 す 帯 においては 2,000 万 円 程 度 の 金 融 資 産 を 保 有 ると( 図 表 右 ) 2004 年 から 09 年 は 全 国 消 費 し その 割 合 は 家 計 金 融 資 産 全 体 の 約 6 割 にも 及 実 態 調 査 同 様 に 減 少 したが それ 以 降 は 1,600 ぶ さらに リスク 性 資 産 については 家 計 全 体 万 円 1,700 万 円 台 で 横 ばいの 状 況 が 続 いてい に 占 める 保 有 割 合 が7 割 近 くとなり 高 齢 世 帯 に る 金 融 資 産 が 偏 在 していることが 分 かる リスク 性 資 産 については 金 融 資 産 全 体 に 占 め 年 齢 別 に 見 た 金 融 資 産 残 高 の 推 移 を 見 ると る 割 合 を 折 れ 線 グラフで 示 した 1989 年 に 20% 1999 年 以 降 40 代 以 下 の 世 帯 では 金 融 資 産 の と 保 有 割 合 が 高 まったが これは 株 価 上 昇 に 伴 う 減 少 が 進 んでいる さらに 金 融 資 産 から 負 債 を 評 価 額 増 加 の 影 響 が 大 きいためであり その 影 響 引 いた 純 貯 蓄 で 見 ると 30 代 では 1999 年 以 降 を 考 慮 すれば リスク 性 資 産 については 過 去 から 20 代 では 2004 年 以 降 マイナスの 状 況 が 続 き 6 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

4 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 40 代 ではプラスを 保 っているものの 大 きく 減 少 している( 図 表 1-4) 一 方 で 50 代 60 代 に と 50 代 以 上 の 間 で 資 産 格 差 が 拡 大 しているよ うだ ついては 純 貯 蓄 はやや 減 少 しているが ほぼ 横 ばいの 状 況 である 約 20 年 の 間 に 40 代 以 下 7

5 (2) 夫 婦 世 帯 と 親 子 世 帯 の 比 較 負 債 額 の 差 により 資 産 格 差 が 生 じる 二 人 以 上 の 世 帯 を 夫 婦 のみ 世 帯 と 親 子 世 帯 2 に 分 けて 年 齢 別 で 金 融 資 産 と 負 債 の 状 況 を 確 認 し た( 図 表 1-5) 夫 婦 のみ 世 帯 では 20 代 で 純 貯 蓄 ( 金 融 資 産 - 負 債 )がマイナスとなっているが その 後 は 解 消 され 50 代 では 金 融 資 産 に 対 する 負 債 の 割 合 が 34% 程 度 まで 低 下 している これに 対 して 親 子 世 帯 では 20 代 から 40 代 まで 純 貯 蓄 がマ イナスの 状 況 が 続 き 50 代 で 負 債 額 は 減 少 する ものの 金 融 資 産 に 対 する 負 債 の 割 合 は 66%と 夫 婦 のみ 世 帯 の2 倍 近 くとなっている 家 計 における 負 債 の 多 くは 住 宅 ローン( 住 宅 ム 志 向 が 高 く 3 住 宅 宅 地 資 産 を 所 有 する 世 帯 は 82.1%( 全 国 消 費 実 態 調 査 (2009 年 調 査 ) より 二 人 以 上 の 世 帯 )である また 借 入 をし ている 世 帯 の 借 入 目 的 の 65% 強 は 住 宅 ローンで ある 4 特 に 親 子 世 帯 では 家 族 の 人 数 も 多 いため 夫 婦 のみ 世 帯 よりも 多 額 の 住 宅 ローン 負 債 を 抱 え る 世 帯 も 多 いと 思 われる 実 際 に 持 ち 家 を 保 有 する 世 帯 で 住 宅 ローンがない 世 帯 の 金 融 資 産 は 2,109 万 円 (1 世 帯 当 たり) 住 宅 ローンがある 世 帯 は 984 万 円 ( 同 )となっている( 全 国 消 費 実 態 調 査 (2009 年 調 査 ) より 二 人 以 上 の 世 帯 ) 年 齢 別 では 30 代 40 代 の 返 済 負 担 が 最 も 大 き いため 親 子 世 帯 ではリスク 性 資 産 の 保 有 比 率 が 上 がっていないのだろう 土 地 のための 負 債 )である わが 国 ではマイホー 2) 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 については 年 齢 別 データが 得 られなかったため 子 供 の 人 数 と 就 学 状 態 で 分 類 された 世 帯 ごとの 世 帯 主 平 均 年 齢 から 集 計 し 年 齢 別 データとした データが 得 られなかった 20 代 については 親 子 世 帯 30 代 の 各 金 融 資 産 データと 単 身 男 性 20 代 30 代 の 金 融 資 産 の 比 率 から 推 計 し 20 代 データとした 3) 保 志 泰 矢 作 大 祐 アベノミクスと 家 計 資 産 ( 大 和 総 研 調 査 季 報 2013 年 夏 季 号 (Vol.11))を 参 照 4) 金 融 広 報 中 央 委 員 会 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] (2014 年 )を 参 照 8 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

6 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 4) 単 身 世 帯 における 状 況 女 性 はリスク 性 資 産 の 保 有 比 率 が 低 い 傾 向 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 ( 以 下 社 人 研 ) によれば 2030 年 に 単 身 世 帯 の 世 帯 数 が 2014 年 に 比 べて 約 126 万 世 帯 増 加 すると 推 計 されて おり 単 身 世 帯 における 金 融 資 産 の 保 有 状 況 につ いても 確 認 が 必 要 だろう 男 女 別 および 年 齢 別 に 見 た 金 融 資 産 の 保 有 状 況 を 図 表 1-6 に 示 した 男 女 ともに 年 齢 が 上 がるごとに 金 融 資 産 は 増 え 資 産 残 高 も 男 女 で 大 きな 差 はないが リスク 性 資 産 の 保 有 割 合 は 同 水 準 となる 50 代 以 外 は 女 性 の 方 が 低 い これは 単 身 女 性 の 可 処 分 所 得 5 が 男 性 に 比 べて 低 いことが 一 因 と 考 えられる 男 女 の 可 処 分 所 得 を 年 齢 別 に 見 ると 男 性 は 年 齢 と 共 に 増 えていくのに 対 し 女 性 は 20 代 では 男 性 と 同 水 準 であるが 30 代 から 50 代 では 増 えていな いのが 現 状 だ 今 後 アベノミクスの 成 長 戦 略 の 重 要 課 題 である 女 性 の 社 会 進 出 が 順 調 に 進 み 女 性 の 実 収 入 が 増 え 可 処 分 所 得 も 男 性 の 水 準 に 近 づいていくようになれば リスク 性 資 産 の 保 有 割 合 を 高 める 可 能 性 は 高 いと 思 われる 2 章 年 齢 世 帯 就 業 者 数 の 今 2030 年 本 章 では 超 高 齢 社 会 における 家 計 の 金 融 資 産 運 用 を 考 えるに 当 たり 前 提 となる 年 齢 構 成 世 帯 構 成 就 業 者 数 の 1990 年 から 2030 年 までの 動 向 を 捉 える 1. 年 齢 別 人 口 の 現 在 と 将 来 図 表 2-1 は 年 齢 別 人 口 の 1990 年 から 2014 年 までの 実 績 値 と 社 人 研 より 公 表 された 2020 年 2025 年 2030 年 における 予 測 値 を 示 したもの である わが 国 の 総 人 口 は 2000 年 代 後 半 以 降 減 5) 可 処 分 所 得 のデータについては 単 身 世 帯 のうち 勤 労 者 世 帯 を 対 象 としている なお 本 稿 シミュレーションの 基 本 データとなる 可 処 分 所 得 消 費 支 出 住 宅 ローン 返 済 額 についても 勤 労 者 世 帯 を 対 象 とした 9

7 少 傾 向 にあり 今 後 も 減 少 が 続 くと 見 込 まれてい る 平 均 寿 命 の 長 期 化 出 生 数 の 減 少 を 背 景 とし た 高 齢 化 も 進 行 していくことが 予 測 されており 2030 年 時 点 では 総 人 口 のうち 65 歳 以 上 の 割 合 が 32%に 達 するとされている 2. 世 帯 主 の 年 齢 階 層 別 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 現 在 と 将 来 本 シミュレーションでは 各 世 帯 主 年 齢 層 における 世 帯 ごとの 資 産 構 成 の 推 計 値 に 将 来 時 点 での 世 帯 数 を 掛 けて 将 来 の 家 計 金 融 資 産 の 全 体 像 を 求 める 図 表 2-2 は 世 帯 数 を 世 帯 主 の 年 齢 階 層 別 世 帯 類 型 別 に 表 したものである 世 帯 類 型 別 では 単 身 世 帯 が 今 後 も 増 加 することが 見 込 まれる 一 方 で 親 子 世 帯 ( 夫 婦 と 子 の 世 帯 と ひとり 親 と 子 の 世 帯 )は 2030 年 には 現 在 よりも 減 少 していると 予 測 されている また 高 齢 化 の 進 展 とと もに 各 世 帯 類 型 における 世 帯 主 の 年 齢 も 高 齢 層 の 割 合 が 増 加 する 見 込 みである 10 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

8 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 図 表 2-3 は 2014 年 時 と 2030 年 時 の 同 年 齢 層 の 各 世 帯 類 型 の 世 帯 数 を 比 較 したものであり 図 表 2-4 はこれを 構 成 比 で 表 したものである 高 齢 化 の 進 展 により 20 代 40 代 の 世 帯 数 総 数 は 減 少 することが 見 込 まれている 一 方 で 各 年 齢 層 における 世 帯 類 型 の 構 成 比 は 30 代 50 代 の 男 女 の 単 身 世 帯 の 割 合 がある 程 度 増 加 するものの 全 体 的 には 大 きく 変 化 しないと 想 定 されている 11

9 なお 世 帯 類 型 の 変 化 に 関 しては 簡 易 的 に 2014 年 時 と 2030 年 時 の 同 一 のコーホート( 同 期 間 に 出 生 した 集 団 )における 世 帯 類 型 の 構 成 の 変 化 から 求 めている( 図 表 2-5 参 照 ) 例 えば シミュレーションでは 2014 年 時 点 の 20 代 前 半 の 男 性 の 単 身 世 帯 数 と 2030 年 時 点 の 30 代 後 半 の 男 性 の 単 身 世 帯 数 を 比 較 した 際 の 減 少 分 は 婚 姻 したとみなし そのうち8 割 が 親 子 世 帯 2 割 が 夫 婦 のみ 世 帯 となったとして 推 計 している こ の 他 2030 年 時 点 で 50 代 後 半 以 降 の 親 子 世 帯 の 減 少 分 は 子 の 独 立 高 齢 世 代 における 単 身 世 帯 の 増 加 は 死 別 または 離 別 と 仮 定 している 3. 年 齢 別 性 別 就 業 者 数 の 現 在 と 将 来 将 来 の 金 融 資 産 を 推 計 するに 当 たって 本 来 は 就 業 から 得 られる 所 得 も 考 慮 すべきであり 将 来 時 点 の 就 業 者 数 および 就 業 率 も 把 握 する 必 要 があ ろう 図 表 2-6 と 図 表 2-7 は 1990 年 2000 年 2014 年 2030 年 時 点 での 各 年 齢 層 における 男 女 の 就 業 率 を 図 表 2-8 と 図 表 2-9 は 就 業 者 数 を 示 している 2030 年 - Aはゼロ 成 長 労 働 参 加 現 状 シナリオにおける 2030 年 時 点 での 値 を 2030 年 - Bは 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオ における 2030 年 時 点 での 値 を 示 している これまで 男 性 の 就 業 率 はほぼ 同 水 準 で 推 移 し 女 性 は 2000 年 以 降 M 字 カーブの 解 消 が 進 んで きた 2030 年 時 点 での 就 業 率 および 就 業 者 数 は 前 述 の2つのシナリオに 分 かれて 以 下 の 通 り 推 計 されている ゼロ 成 長 労 働 参 加 現 状 シナリオでは 2030 年 における 男 女 の 就 業 率 は 現 状 とほぼ 同 水 準 であることを 想 定 している この 場 合 では 男 女 ともに 2014 年 時 と 比 較 した 就 業 者 数 は 20 代 40 代 の 層 において 減 少 する 一 方 で 50 代 で は 増 加 するが 60 代 の 層 では 現 状 よりも 就 業 者 数 は 減 少 することが 見 込 まれている 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオでは 特 に 女 性 の 就 業 率 に 関 してはM 字 カーブが 解 消 され 20 代 後 半 から 50 代 までの 女 性 の 就 業 率 が 80%を 上 回 るとしている また 男 女 ともに 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

10 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 代 での 就 業 率 も 上 昇 することが 見 込 まれている この 場 合 現 状 と 比 較 した 男 性 の 就 業 者 数 は 20 代 40 代 において 減 少 する 一 方 で 50 代 以 上 においては 現 状 を 上 回 ることとなる また 女 性 の 就 業 者 数 は 20 代 の 層 では 現 状 と 同 程 度 の 就 業 者 数 の 維 持 が 可 能 であり 30 代 40 代 における 就 業 者 数 は 減 少 するものの 50 代 60 代 の 層 においては 就 業 者 数 が 現 状 を 上 回 ることが 想 定 されている 就 業 率 の 上 昇 は 各 年 齢 層 における 可 処 分 所 得 を 増 加 させるため 保 有 金 融 資 産 残 高 の 増 加 にもつな がりやすい 今 回 の 推 計 では 将 来 時 点 の 金 融 資 13

11 産 保 有 状 況 を 推 計 するに 当 たり 就 業 率 を 考 慮 する までには 至 っていない しかしながら 本 来 は 就 業 状 況 の 変 化 が 金 融 資 産 保 有 残 高 に 与 える 影 響 を 考 慮 して 推 計 をする 必 要 があるだろう 3 章 家 計 の 金 融 資 産 の 将 来 シナ リオ 1.シミュレーションの 眼 目 と 考 え 方 前 章 まで 記 述 してきた 世 帯 類 型 別 に 見 た 家 計 金 融 資 産 の 状 況 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 現 在 と 将 来 推 計 を 基 に 本 章 では 15 年 後 (2030 年 )の 家 計 金 融 資 産 をシミュレーションした 結 果 を 提 示 す る シミュレーションの 眼 目 は リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 である 世 帯 主 の 年 齢 別 に 単 身 世 帯 夫 婦 のみ 世 帯 親 子 世 帯 といった 世 帯 類 型 について 現 状 の 金 融 資 産 に 新 たな 金 融 資 産 を 積 み 上 げていく 形 で 年 の 金 融 資 産 をシミュレーションした 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 については 大 和 総 研 の 予 測 を 参 考 にして 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 を 算 出 し 7 その 差 額 からローン 返 済 を 差 し 引 いた 額 を 純 貯 蓄 として 積 み 上 げ 額 とした 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 について 2014 年 の 各 世 帯 類 型 の 金 融 資 産 構 成 比 で 資 産 配 分 したものを 現 状 踏 襲 シナリオ 米 欧 の 家 計 金 融 資 産 構 成 比 を 参 考 に 資 産 配 分 比 を 設 定 したものを 積 極 運 用 シナリオ としている 8 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナ リオの 主 な 差 異 は 株 式 ( 株 式 投 信 含 む 以 下 同 じ) 運 用 を 増 やすか 否 かである 純 貯 蓄 がマイナスの 場 合 は 預 貯 金 を 取 り 崩 し て 対 応 し 株 式 や 債 券 の 売 却 は 行 わないという 仮 定 にしている つまり 既 存 資 産 のリバランスは しない 前 提 としている こうして 算 出 した 2030 年 の 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 額 に 社 人 研 の 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )の 該 当 世 帯 数 を 掛 けて 全 体 額 を 算 出 した シミュレーションの 対 象 は 現 役 世 代 の 多 数 派 と 考 えられる 20 代 50 代 とした 1 章 で 見 たよ うに 金 融 資 産 は 高 齢 世 代 に 偏 在 している 傾 向 が ある 超 高 齢 社 会 において わが 国 が 経 済 活 力 を 維 持 していくためには 現 状 で 高 齢 世 代 に 偏 在 し ている 金 融 資 産 を 有 効 活 用 していくことが 重 要 で ある そのためには 高 齢 世 代 から 若 年 世 代 への 資 産 移 転 や 高 齢 世 代 自 体 が 積 極 的 に 運 用 する 姿 勢 を 高 めることなどが 課 題 となろう その 場 合 相 続 や 贈 与 に 関 する 税 制 リスク 資 産 運 用 に 関 する 税 優 遇 や 投 資 知 識 の 普 及 などが 求 められ それだ けで 大 きなテーマである しかし 本 稿 では 現 在 の 現 役 世 代 が 年 齢 を 重 ねていく 中 で 日 々の 経 済 活 動 にいそしむだけでなく 金 融 資 産 の 運 用 に も 目 を 向 けることが 望 ましいという 観 点 から シ 6) 全 国 消 費 実 態 調 査 (5 年 ごとに 実 施 )の 最 新 調 査 結 果 である 2014 年 の 数 値 は 本 稿 執 筆 時 点 では 未 公 表 であっ たため 1999 年 2004 年 2009 年 の 数 値 と 家 計 調 査 の 数 値 を 基 に 2014 年 の 家 計 の 収 支 金 融 資 産 残 高 を 推 計 した 7)2024 年 以 前 は 大 和 総 研 経 済 調 査 部 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 )-デフレ 脱 却 と 財 政 再 建 時 間 との 戦 い- ( 大 和 総 研 リサーチレポート 2015 年 2 月 3 日 ) 2025 年 以 降 は 大 和 総 研 理 事 長 武 藤 敏 郎 監 修 大 和 総 研 調 査 本 部 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 持 続 可 能 な 社 会 保 障 システムを 目 指 し 挑 戦 する 日 本 - 未 来 への 責 任 ( 大 和 総 研 リサーチレポート 2013 年 5 月 14 日 )の 数 値 を 参 考 としている 8) 日 本 銀 行 資 金 循 環 の 日 米 欧 比 較 (2015 年 3 月 23 日 )によると 家 計 の 資 産 構 成 のうち 現 金 預 金 は 日 本 52.5%に 対 し 米 国 13.4% ユーロエリア 34.9% 株 式 出 資 金 は 日 本 9.5%に 対 し 米 国 33.4% ユーロエリア 17.5% 投 資 信 託 は 日 本 5.5%に 対 し 米 国 13.1% ユーロエリア 7.5%である 14 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

12 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 ミュレーションを 実 施 した なお シミュレーションに 当 たっての 主 な 仮 定 は 本 稿 末 尾 の 補 論 にまとめた また 金 融 資 産 や 世 帯 数 などの 現 在 の 数 値 は 2014 年 時 点 の ものを 用 いているが 単 純 化 のため 2014 年 の 15 年 後 を 2030 年 時 点 での 年 齢 として 記 述 して いる 2. 世 帯 類 型 別 に 見 た 家 計 金 融 資 産 の 将 来 シナリオ ここでは 年 齢 別 に 世 帯 ごとの 金 融 資 産 の 現 状 と 将 来 シナリオについて 記 述 する 図 表 3-1 は 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 世 帯 ごとの 金 融 資 産 残 高 の 現 状 と 2030 年 の 試 算 金 額 図 表 3-2 は 世 帯 ごとの 金 融 資 産 残 高 の 構 成 比 である また 図 表 3-3 図 表 3-6 は 各 年 齢 層 の 世 帯 類 型 別 の 2014 年 の 金 融 資 産 残 高 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 の 金 融 資 産 残 高 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナリオ の 2030 年 の 金 融 資 産 残 高 の 差 額 をグラフ 化 した ものである 1) 現 在 20 代 の 将 来 シナリオ 現 在 20 代 の 世 代 は 2030 年 には 30 代 後 半 40 代 となる 厚 生 労 働 省 人 口 動 態 統 計 によると 2014 年 の 平 均 初 婚 年 齢 は 男 性 が31.1 歳 女 性 が 29.4 歳 である また 第 1 子 出 生 の 母 親 の 平 均 年 齢 は 30.6 歳 である これらの 平 均 値 から 推 測 するならば 現 在 20 代 の 世 代 は 2030 年 まで の 間 に 結 婚 や 出 産 などのイベントを 経 験 する 可 能 性 が 高 い 世 代 と 言 える そのため 本 シミュレーションでは 20 代 の 単 身 世 帯 が 夫 婦 のみ 世 帯 や 親 子 世 帯 になる ある いは 夫 婦 のみ 世 帯 が 親 子 世 帯 になる ということ もシナリオに 入 れて 将 来 の 金 融 資 産 を 計 算 して いる なお 20 代 では 学 校 在 籍 や 親 元 から 通 勤 しているなどの 人 も 多 いと 思 われ この 年 齢 層 の 将 来 の 世 帯 類 型 別 世 帯 数 の 変 化 を 計 算 する 際 に そうした 点 も 考 慮 して 試 算 を 行 っている 2014 年 時 点 での 20 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 353 万 円 であり 次 いで 親 子 が 252 万 円 単 身 女 性 が 209 万 円 単 身 男 性 が 186 万 円 と 推 計 される どの 世 帯 類 型 も 預 貯 金 の 構 成 比 が 最 も 高 く 親 子 56.4% 夫 婦 のみ 77.1% 単 身 男 性 76.7% 単 身 女 性 80.7%となっている 親 子 以 外 の 世 帯 類 型 の 預 貯 金 の 構 成 比 が8 割 前 後 であるのに 対 し 親 子 の 構 成 比 が 相 対 的 に 小 さいが 保 険 など が 含 まれる その 他 の 構 成 比 の 違 いによる 部 分 が 大 きい 親 子 世 帯 の その 他 の 構 成 比 が 他 の 世 帯 類 型 よりも 大 きいのは 全 年 齢 共 通 であり 子 供 を 持 つことが 保 険 などに 加 入 あるいは 増 額 する 誘 因 になっていると 推 測 される 一 方 株 式 ( 株 式 投 信 含 む 以 下 同 じ)の 構 成 比 は 2.1%( 単 身 女 性 ) 4.5%( 単 身 男 性 )となっ ており 他 の 年 齢 層 と 比 べて 構 成 比 が 低 くなって いる 若 年 層 がリスク 性 資 産 をあまり 購 入 してい ない 姿 が 浮 かび 上 がるが 若 いうちの 方 が 積 極 的 にリスクを 取 れると 考 えるならば 若 年 層 が 積 極 運 用 するようにすることが 今 後 の 課 題 であろう シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,296 万 円 親 子 1,191 万 円 単 身 男 性 958 万 円 単 身 女 性 904 万 円 という 試 算 結 果 となった 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 191 万 円 親 子 が 88 万 円 単 身 男 性 が 67 万 円 単 身 女 性 が 65 万 円 である 現 在 20 代 の 将 来 シナリオでは 親 子 世 帯 と 夫 15

13 図 表 3-1 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 ( 世 帯 当 たり) ( 万 円 ) 2030 年 2014 年 ( 推 計 値 ) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 現 状 踏 襲 積 極 運 用 親 子 夫 婦 の み 単 身 男 性 単 身 女 性 2030 年 時 年 齢 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 ,115 1,585 1,102 2,097 2,014 1,742 1,191 2,220 2,104 1, 預 貯 金 , 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 ,205 1,794 2,104 2,344 2,822 2,012 2,296 2,499 2,984 2, 預 貯 金 ,021 1,610 1,529 1, ,002 1,137 1, 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 , ,665 2,284 2, ,753 2,394 2, 預 貯 金 ,062 1,249 1, ,038 1, 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 , , , 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 16 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

14 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 図 表 3-2 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 の 構 成 比 ( 世 帯 当 たり) (%) 親 子 夫 婦 の み 単 身 男 性 単 身 女 性 2030 年 時 年 齢 2014 年 ( 推 計 値 ) 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 2030 年 現 状 踏 襲 積 極 運 用 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 株 式 株 式 投 信 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 17

15 婦 のみ 世 帯 で 金 融 資 産 残 高 に 大 きな 差 が 生 じるこ とが 読 み 取 れる 若 い 年 齢 で 子 供 を 生 み 育 てなが ら 金 融 資 産 を 積 み 上 げていくのは 大 変 である 高 齢 世 代 からの 資 産 移 転 策 のさらなる 検 討 や 少 子 化 対 策 の 観 点 も 含 めて 育 児 等 に 関 連 する 税 優 遇 や 補 助 金 などの 支 援 が 求 められよう 一 方 夫 婦 のみ 世 帯 は 相 対 的 に 金 融 資 産 の 積 み 上 げに 有 利 な 状 況 にあるといえ より 積 極 的 にリ スクを 取 っていくのもよいのではないだろうか 2) 現 在 30 代 の 将 来 シナリオ 現 在 30 代 の 世 代 は 2030 年 には 40 代 後 半 50 代 となる 平 均 初 婚 年 齢 が 30 歳 前 後 第 1 子 出 産 の 平 均 年 齢 が 30 代 であることを 考 えれば 20 代 と 同 様 にこの 世 代 でも 2030 年 までに 結 婚 や 出 産 などのイベントを 経 験 する 可 能 性 は 高 いと 言 えよ う 従 って 30 代 では 単 身 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 や 親 子 世 帯 30 代 全 体 で 夫 婦 のみ 世 帯 から 親 子 世 帯 となる 世 帯 数 もそれなりに 多 いとい うシナリオに 立 って 将 来 の 金 融 資 産 を 計 算 して いる 2014 年 時 点 での 30 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 739 万 円 であり 次 いで 親 子 が 735 万 円 単 身 男 性 が 541 万 円 単 身 女 性 が 429 万 円 と 推 計 される 20 代 と 比 較 すると 夫 婦 のみと 親 子 の 差 が 小 さい 1 章 で 記 述 した 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 残 高 の 推 計 方 法 による 影 響 もあると 思 われるが 30 代 では 子 供 が 幼 少 であり 消 費 が 大 きく 増 えない 状 態 で 所 得 が 向 上 していると 推 測 される 子 供 がい ることによる 消 費 支 出 の 増 大 は 子 供 が 進 学 する につれて 教 育 費 を 中 心 に 増 加 するのが 通 常 であ ろう また 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 20 代 と 逆 転 しており 可 処 分 所 得 の 差 の 拡 大 が 影 響 していると 推 測 される(20 代 でも 単 身 男 性 の 方 が 可 処 分 所 得 は 多 いが その 差 は 20 代 で 年 間 10 万 円 台 であり 30 代 では 50 万 円 弱 ) どの 世 帯 類 型 も 預 貯 金 の 構 成 比 が 最 も 高 いのは 20 代 と 変 わらないが 56.4%( 親 子 ) 68.4%( 単 身 女 性 )と 親 子 以 外 の 世 帯 類 型 で 20 代 よりも 構 成 比 が 低 くなっている 株 式 の 構 成 比 は 4.5% ( 親 子 ) 8.4%( 単 身 男 性 )となっている ど の 年 齢 層 でも 金 融 資 産 に 占 める 株 式 の 構 成 比 は 単 身 男 性 が 最 も 高 く 世 帯 類 型 別 に 見 ると 現 状 では 単 身 男 性 が 最 もリスクを 取 っていると 言 えよう シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,499 万 円 親 子 2,220 万 円 単 身 男 性 1,753 万 円 単 身 女 性 821 万 円 という 試 算 結 果 となった 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 155 万 円 親 子 が 123 万 円 単 身 男 性 が 88 万 円 単 身 女 性 が 25 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 が 相 対 的 に 小 さ いのは ローン 返 済 により 2010 年 代 後 半 に 純 貯 蓄 がマイナスと 想 定 している 影 響 による 現 在 30 代 の 将 来 シナリオでは 現 在 20 代 と 比 較 して 夫 婦 のみ 世 帯 と 親 子 世 帯 の 差 が 縮 小 し ているという 特 徴 が 挙 げられる 20 代 に 比 べれ ば 収 入 が 増 加 している 状 況 での 育 児 等 は 金 融 資 産 の 積 み 上 げの 観 点 からも ある 程 度 の 余 裕 を 持 てるとも 言 えよう ただし この 年 齢 層 の 子 供 は 義 務 教 育 年 齢 が 多 いと 推 測 され これから 高 等 教 育 に 進 むにつれ 教 育 費 をはじめとする 子 供 関 連 費 用 が 増 加 するはずである 子 供 が 小 さいうちに 積 極 的 にリスクを 取 って 金 融 資 産 の 増 加 を 図 るこ とで 将 来 の 支 出 増 大 に 備 えるのが 賢 明 ではない だろうか 18 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

16 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 19

17 3) 現 在 40 代 の 将 来 シナリオ 現 在 40 代 の 世 代 は 2030 年 には 50 代 後 半 60 代 となる 子 供 が 四 年 制 大 学 卒 業 後 に 社 会 人 になるとした 場 合 第 1 子 出 産 の 平 均 年 齢 から 考 えれば 50 代 半 ばに 第 1 子 が 独 立 する 可 能 性 がある 短 大 卒 や 高 卒 で 独 立 すると 考 えればもっと 早 いであろう その 点 も 踏 まえて 現 在 40 代 の 世 代 は 2030 年 までに 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 となることを 想 定 している ただし 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 になった 場 合 でも 図 表 上 は 親 子 世 帯 として 掲 載 している また 60 歳 定 年 制 が 多 数 派 であると の 仮 定 の 下 に 定 年 退 職 および 再 雇 用 も 想 定 した シナリオとしている 2014 年 時 点 での 40 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 1,205 万 円 であり 次 いで 親 子 が 1,115 万 円 単 身 男 性 が 916 万 円 単 身 女 性 が 890 万 円 と 推 計 される 30 代 と 比 較 すると 夫 婦 のみと 親 子 の 差 が 大 きくなっている 40 代 では 子 供 が 高 校 や 大 学 に 進 学 する 時 期 と 推 測 され 教 育 費 や 子 供 に 関 連 す る 支 出 が 増 加 していることが 影 響 していると 思 わ れる 預 貯 金 の 構 成 比 はどの 世 帯 類 型 でも 30 代 より も 小 さくなっている 株 式 の 構 成 比 は 4.8%( 単 身 女 性 ) 9.0%( 単 身 男 性 )となっている 単 身 女 性 の 株 式 の 構 成 比 は 30 代 よりも 小 さくなっ ている シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 夫 婦 のみ 2,984 万 円 単 身 男 性 2,394 万 円 親 子 2,104 万 円 単 身 女 性 854 万 円 という 試 算 結 果 となった 20 代 30 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 親 子 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 の 差 としての 貯 蓄 には 大 きな 差 はないが ローン 返 済 を 差 し 引 いた 純 貯 蓄 の 差 が 影 響 している( 単 身 男 性 の 方 が 住 宅 ローンの 額 が 小 さい) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 夫 婦 のみが 162 万 円 単 身 男 性 が 110 万 円 親 子 が 90 万 円 単 身 女 性 が1 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 がほとん どないのは ローン 返 済 により 2010 年 代 後 半 に 純 貯 蓄 がマイナスと 想 定 している 影 響 と その 後 も 純 貯 蓄 の 絶 対 額 が 少 ないことによる また 親 子 では 30 代 と 比 較 して 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 が 小 さくなっている ローン 返 済 の 額 が 30 代 よりも 相 対 的 に 大 きいことが 影 響 している 現 在 40 代 の 将 来 シナリオでは 親 子 世 帯 と 単 身 女 性 世 帯 のローン 負 担 の 影 響 が 大 きいことが 特 徴 的 である 親 子 世 帯 では 子 供 の 教 育 費 が 増 大 している 時 期 とも 重 なると 推 測 され 退 職 後 に 備 えた 金 融 資 産 の 積 み 上 げには 厳 しい 環 境 である ローン 負 担 に 対 する 何 らかの 緩 和 策 を 検 討 しても よいかもしれない 単 身 女 性 については 女 性 の 所 得 向 上 を 図 る 方 向 で 所 得 の 男 女 格 差 を 縮 小 して いくような 政 策 が 待 たれる 4) 現 在 50 代 の 将 来 シナリオ 現 在 50 代 の 世 代 は 2030 年 には 60 代 後 半 70 代 となる 現 在 40 代 の 世 代 と 同 様 に 考 え この 世 代 も 子 供 の 独 立 による 夫 婦 のみ 世 帯 への 移 行 や 定 年 退 職 および 再 雇 用 を 想 定 したシナリオとなっている 親 子 世 帯 から 夫 婦 のみ 世 帯 になった 場 合 でも 図 表 上 は 親 子 世 帯 として 掲 載 しているのも 同 様 であ る 2014 年 時 点 での 50 代 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 のみが 一 番 多 く 1,794 万 円 であり 次 いで 親 子 が 1,585 万 円 単 身 女 性 が 1,190 万 円 単 身 20 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

18 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 21

19 男 性 が 1,159 万 円 と 推 計 される 40 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 単 身 女 性 の 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 可 処 分 所 得 は 男 性 の 方 が 年 間 180 万 円 以 上 多 く 女 性 の 方 が 確 実 に 金 融 資 産 を 積 み 上 げてきた 姿 が 想 像 され る 株 式 の 構 成 比 は 6.8%( 親 子 ) 11.6%( 単 身 男 性 )となっている どの 世 帯 類 型 でも 20 代 40 代 よりも 株 式 の 構 成 比 が 高 くなっている シミュレーションでは 積 極 運 用 した 場 合 の 金 融 資 産 残 高 は 2030 年 には 単 身 男 性 2,479 万 円 夫 婦 のみ 2,068 万 円 親 子 1,807 万 円 単 身 女 性 1,151 万 円 という 試 算 結 果 となった 40 代 と 比 較 すると 単 身 男 性 と 夫 婦 のみの 金 融 資 産 残 高 の 大 小 が 逆 転 している 夫 婦 のみと 親 子 は 2020 年 代 に 入 ると 貯 蓄 がマイナスになり 金 融 資 産 のうち 現 金 を 取 り 崩 すと 想 定 していることが 影 響 している( 他 の 資 産 は 売 却 はしないがリバ ランスもしないという 仮 定 なので 資 産 収 益 率 分 だけ 積 み 上 がる 計 算 となる 従 って 現 金 取 崩 額 が 大 きければ 金 融 資 産 残 高 は 前 年 比 マイナスとな る ) 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 は 単 身 男 性 が 95 万 円 親 子 が 65 万 円 夫 婦 のみが 55 万 円 単 身 女 性 が0 万 円 である 単 身 女 性 で 差 額 がないのは ローン 返 済 により 推 計 期 間 を 通 じて 純 貯 蓄 がマイ ナスと 想 定 しているためである( 金 融 資 産 の 積 み 上 がりが 生 じないので 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 間 での 資 産 構 成 比 の 変 化 も 生 じない) また 50 代 の 全 世 帯 類 型 で 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 が 40 代 と 比 較 して 小 さくなっている 2014 年 時 点 での 50 代 は 2030 年 までには 退 職 していると 想 定 していることが 影 響 している 現 在 50 代 の 将 来 シナリオからは 退 職 再 雇 用 による 影 響 をどう 考 えるかが 問 われよう 長 寿 命 化 が 進 む 中 で 退 職 後 の 人 生 も 長 くなっている 元 気 と 意 欲 ある 人 が 引 き 続 き 働 きやすい 環 境 を 整 えていくことが 重 要 である また 親 子 世 帯 で は 子 供 が 独 立 している 場 合 も 多 いであろうから 金 融 資 産 の 運 用 により 精 力 を 傾 けてもよいであろ う 単 身 女 性 については 自 助 努 力 だけでは 限 界 があると 思 われ 何 らかの 対 策 が 求 められる 3. 現 在 現 役 世 代 の 将 来 シナリオ 前 節 では 世 帯 ごとの 現 状 と 将 来 シナリオを 記 述 してきたが 本 節 では 世 帯 数 の 変 化 を 考 慮 した 現 在 現 役 世 代 全 体 での 将 来 シナリオについて 記 述 する 社 人 研 の 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )に 基 づいて 15 年 後 (2030 年 )の 世 帯 数 を 見 てみると 現 在 20 代 の 世 帯 では 単 身 が 男 女 ともに 世 帯 数 が 減 少 し 夫 婦 のみと 親 子 の 世 帯 数 が 増 加 する 現 在 30 代 の 世 帯 では 単 身 の 男 性 の 世 帯 数 は 減 少 するが 単 身 の 女 性 の 世 帯 数 は 増 加 する 男 女 ともに 現 在 30 代 の 単 身 世 帯 数 は 減 少 する が 現 在 30 代 後 半 の 単 身 世 帯 数 が 増 加 する 見 込 みである 夫 婦 のみと 親 子 の 世 帯 数 は 増 加 するが 30 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 は 減 少 する これは 子 供 の 誕 生 により 親 子 世 帯 となる 世 帯 数 が 結 婚 に より 夫 婦 のみとなる 世 帯 数 より 多 いことによると 推 測 される 現 在 40 代 の 世 帯 では 親 子 の 世 帯 数 が 減 少 す る 一 方 で 他 の 世 帯 類 型 は 全 て 増 加 する 見 込 みで ある 現 在 の 40 代 は 2030 年 には 50 代 後 半 60 代 となっており 子 供 が 独 立 して 夫 婦 の みに 移 行 する 世 帯 数 が 多 いと 推 測 される 現 在 50 代 の 世 帯 では 親 子 の 世 帯 数 が 減 少 す 22 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

20 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 るのは 現 在 40 代 世 帯 と 同 様 であるが さらに 単 身 男 性 の 世 帯 数 も 減 少 すると 見 込 まれる これは 死 去 などによるものと 思 われる 2014 年 の 現 役 世 代 (20 代 50 代 )の 金 融 資 産 総 額 は 約 253 兆 円 と 推 計 した( 図 表 3-7) 日 銀 の 資 金 循 環 統 計 によると 2014 年 末 の 家 計 の 金 融 資 産 残 高 は 約 1,694 兆 円 なので 約 15%のカバー 率 ということになる 今 回 の 推 計 対 象 とした 世 帯 数 は 世 帯 数 全 体 の 約 5 割 に 相 当 するが 金 融 資 産 を 多 く 持 つ 60 歳 以 上 の 世 帯 が 対 象 でないことが 影 響 していると 思 われる ただ し 今 回 のシミュレーションの 眼 目 は リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 であり その 傾 向 を 把 握 するという 目 的 に は 差 し 支 えないであろう シミュレーションでは 現 状 踏 襲 シナリオで は 2030 年 に 全 体 で 約 518 兆 円 (2014 年 比 約 105% 増 )の 金 融 資 産 残 高 という 試 算 結 果 と なった 積 極 運 用 シナリオでは 約 544 兆 円 ( 同 約 115% 増 )である その 差 額 は 2014 年 の 金 融 資 産 残 高 の 10.1%に 相 当 する 積 極 運 用 シナリオについては 積 極 運 用 と いう 名 称 ではあるものの 新 たな 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 部 分 について 株 式 ( 株 式 投 信 を 含 む 以 下 同 じ)を 35%など 堅 めの 仮 定 にしているが 既 存 資 産 のリバランスをして 早 い 段 階 から 資 産 全 体 で 株 式 の 構 成 比 を 35%になるようにする ある いは 米 国 並 みの 50%の 配 分 で 積 み 上 げていくと すれば もっと 差 が 出 たであろう( 資 産 配 分 比 や 資 産 収 益 率 の 仮 定 については 補 論 末 尾 参 照 ) あるいは 株 式 の 収 益 率 を 2000 年 以 降 の 実 績 に 基 づいて 4.6%と 設 定 しているが 今 後 も 株 式 相 場 が 堅 調 であると 想 定 するのであれば( 例 えば 民 主 党 から 自 民 党 への 政 権 交 代 以 降 の 31.9%) もっと 高 くなると 見 込 まれる 図 表 3-8 は 今 回 対 象 とした 世 帯 を 合 計 した 金 融 資 産 残 高 について 2014 年 現 状 踏 襲 シナ リオの 2030 年 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 の 内 訳 を 図 示 したものである 現 状 踏 襲 シナリオに 比 べて 積 極 運 用 シナリオでは 預 貯 金 の 残 高 が 少 なく 株 式 の 残 高 が 多 くなっている こうした 資 産 構 成 で ポートフォリオ 全 体 の 収 益 率 を 今 回 仮 定 した 各 資 産 の 収 益 率 で 計 算 すると 全 年 齢 層 合 計 では 2014 年 時 が 0.4% 現 状 踏 襲 シナリオの 2030 年 時 は 0.6% 積 極 運 用 シナリオの 2030 年 時 は 1.4%である 各 資 産 の 収 益 率 の 前 提 が 堅 めであることは 差 し 置 いても 今 後 の 超 高 齢 日 本 において それなりの 生 活 水 準 を 維 持 するために は 今 回 のシミュレーションのシナリオよりもよ り 積 極 的 な 運 用 が 求 められるのではないだろう か ちなみに 積 極 運 用 シナリオにおいて 世 帯 ごと の 金 融 資 産 残 高 における 株 式 の 構 成 比 が 2030 年 に 30% 超 の 水 準 になるのは 現 在 20 代 の 全 世 帯 類 型 単 身 男 性 の 全 年 齢 現 在 30 代 の 夫 婦 のみ といった 世 帯 である( 前 掲 図 表 3-2) なお 20 代 のシナリオ 間 の 差 額 の 比 率 が 高 く なっているのは( 図 表 3-7 右 下 ) 分 母 である 2014 年 の 数 値 が 小 さいこともあるが 学 校 在 籍 や 親 元 から 通 勤 していた 人 などが 新 たに 夫 婦 の み 世 帯 や 単 身 世 帯 となってこの 類 型 の 世 帯 数 が 増 加 したことの 影 響 が 大 きい 23

21 図 表 3-7 年 齢 別 世 帯 類 型 別 の 金 融 資 産 残 高 ( 合 計 ) 合 計 親 子 夫 婦 の み 単 身 ( 男 ) 単 身 ( 女 ) 2030 年 時 年 齢 2014 年 推 計 値 合 計 合 計 30 代 後 半 40 代 2030 年 現 状 踏 襲 積 極 運 用 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 合 計 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 ( 十 億 円 ) 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 60 代 後 半 70 代 金 融 資 産 残 高 252,654 8,906 44,501 90, , ,377 65, , , , ,011 70, , , ,620 預 貯 金 141,649 6,610 27,184 48,235 59, ,336 45,093 82,398 94,057 55, ,785 30,826 65,654 83,095 52,211 株 式 株 式 投 信 16, ,444 5,235 8,293 54,661 3,515 12,121 19,076 19, ,505 23,096 41,730 49,423 30,255 債 券 公 社 債 投 信 6, ,313 3,253 15, ,825 6,151 5,374 22,853 2,897 5,624 8,323 6,008 その 他 88,287 1,900 14,090 34,642 37, ,190 15,991 40,943 68,782 45, ,868 13,929 33,162 55,632 42,146 金 融 資 産 残 高 146,865 1,621 25,807 58,053 61, ,976 36,808 81, ,886 65, ,763 39,752 85, ,579 67,469 預 貯 金 77, ,557 29,654 32, ,767 23,185 45,562 49,910 26, ,696 16,981 37,845 45,299 24,572 株 式 株 式 投 信 8, ,161 2,966 4,195 27,128 2,202 6,108 9,208 9,610 77,616 12,729 23,481 26,161 15,244 債 券 公 社 債 投 信 3, ,104 1,771 7, ,744 2,482 2,764 11,940 1,633 3,284 3,949 3,074 その 他 57, ,615 24,329 22, ,474 10,803 27,829 43,286 26,555 88,511 8,409 21,352 34,170 24,579 金 融 資 産 残 高 41,453 1,216 6,760 10,655 22,823 84,340 13,047 24,842 29,151 17,300 89,293 14,234 26,457 30,825 17,777 預 貯 金 24, ,575 6,060 12,991 49,731 9,983 16,192 15,751 7,806 39,011 6,213 12,060 13,323 7,415 株 式 株 式 投 信 2, ,659 8, ,242 2,747 2,659 25,342 4,866 8,137 8,576 3,764 債 券 公 社 債 投 信 1, , , , ,038 1, その 他 13, ,692 3,661 7,526 24,226 2,520 5,951 9,626 6,129 21,179 2,567 5,223 7,561 5,829 金 融 資 産 残 高 41,577 3,473 8,298 14,418 15, ,394 10,433 24,803 41,862 28, ,635 11,216 26,118 43,878 29,423 預 貯 金 25,195 2,663 5,564 8,417 8,551 60,867 7,820 15,822 22,896 14,329 48,532 5,006 11,821 19,025 12,681 株 式 株 式 投 信 3, ,299 1,786 14, ,122 5,856 5,298 34,239 3,766 8,304 13,303 8,866 債 券 公 社 債 投 信 1, , , , ,004 2,047 1,208 その 他 11, ,914 4,201 4,608 26,441 1,849 5,442 11,428 7,721 23,153 1,992 4,989 9,503 6,668 金 融 資 産 残 高 22,759 2,597 3,636 7,301 9,224 40,667 5,150 7,399 12,168 15,951 41,320 5,547 7,633 12,189 15,951 預 貯 金 14,076 2,097 2,487 4,103 5,389 21,971 4,105 4,823 5,500 7,543 19,545 2,626 3,928 5,448 7,543 株 式 株 式 投 信 1, , ,265 2,381 7,308 1,735 1,808 1,384 2,381 債 券 公 社 債 投 信 , , その 他 6, ,451 2,792 12, ,721 4,441 5,069 12, ,598 4,398 5, 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

22 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 合 計 親 子 夫 婦 の み 単 身 ( 男 ) 単 身 ( 女 ) 2030 年 時 年 齢 合 計 ( 十 億 円 ) (%) 2030 年 2030 年 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 積 極 運 用 と 現 状 踏 襲 の 差 額 の 2014 年 比 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 合 計 30 代 後 半 40 代 40 代 後 半 50 代 50 代 後 半 60 代 60 代 後 半 70 代 2014 年 時 年 齢 20 代 30 代 40 代 50 代 20 代 30 代 40 代 50 代 金 融 資 産 残 高 25,634 5,310 7,883 8,406 4, 預 貯 金 -45,551-14,267-16,744-10,963-3, 株 式 株 式 投 信 89,843 19,581 29,609 30,347 10, 債 券 公 社 債 投 信 7,664 2,059 2,799 2, その 他 -26,322-2,062-7,781-13,150-3, 金 融 資 産 残 高 14,787 2,944 4,719 4,694 2, 預 貯 金 -20,070-6,204-7,717-4,611-1, 株 式 株 式 投 信 50,488 10,528 17,373 16,953 5, 債 券 公 社 債 投 信 4,332 1,014 1,540 1, その 他 -19,963-2,394-6,477-9,116-1, 金 融 資 産 残 高 4,953 1,186 1,615 1, 預 貯 金 -10,721-3,770-4,132-2, 株 式 株 式 投 信 17,226 4,398 5,895 5,829 1, 債 券 公 社 債 投 信 1, その 他 -3, , 金 融 資 産 残 高 5, ,315 2,017 1, 預 貯 金 -12,335-2,814-4,001-3,871-1, 株 式 株 式 投 信 19,276 3,080 5,182 7,446 3, 債 券 公 社 債 投 信 1, その 他 -3, ,925-1, 金 融 資 産 残 高 預 貯 金 -2,425-1, 株 式 株 式 投 信 2,853 1,576 1, 債 券 公 社 債 投 信 その 他 ( 注 )2014 年 時 点 で 親 子 世 帯 の 40 代 50 代 は 2030 年 時 点 で 夫 婦 世 帯 に 移 行 している 世 帯 が 多 いと 推 測 されるが 本 図 表 では 親 子 世 帯 のまま 掲 載 している ( 出 所 ) 大 和 総 研 作 成 25

23 おわりに 超 高 齢 化 の 下 での 家 計 の 金 融 資 産 活 用 今 回 のシミュレーションでは リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めた 場 合 と 現 状 のままにした 場 合 の 比 較 を 実 施 し 様 々な 仮 定 の 下 ではあるが リスク 資 産 の 構 成 比 を 高 めることが 金 融 資 産 の 増 加 に 有 効 であることを 確 認 した こうした 結 果 を 踏 まえれ ば 各 家 計 が 現 状 よりも 積 極 的 な 資 産 運 用 を 実 施 していくことが 望 まれる 超 高 齢 化 が 進 行 するわが 国 において 金 融 資 産 の 有 効 活 用 を 図 っていくためには 各 家 計 の 行 動 に 期 待 するだけではなく 様 々な 方 策 が 必 要 とな ろう 具 体 的 には 1 高 齢 世 帯 から 若 年 世 帯 への 資 産 移 転 促 進 策 2ライフサイクルを 考 慮 した 投 資 活 性 化 策 3 金 融 仲 介 機 能 の 再 考 ( 年 金 等 機 関 投 資 家 と 証 券 市 場 ) 4 海 外 市 場 の 活 用 など について 議 論 を 深 め その 成 果 を 活 用 していくこ とが 求 められる また 2 章 で 記 述 した 経 済 再 生 労 働 参 加 進 展 シナリオが 実 現 すれば さらに 金 融 資 産 残 高 の 増 加 が 期 待 される 今 回 のシミュレーションでは 労 働 参 加 が 進 展 するシナリオを 反 映 するに 至 らな かったが 今 後 の 課 題 としたい 補 論 シミュレーションに 当 たっ ての 主 な 仮 定 今 回 のシミュレーションでは 金 融 資 産 の 積 み 上 げ 額 を 推 計 するのに 必 要 な 可 処 分 所 得 や 消 費 支 出 ローン 支 払 い 等 を 算 出 するために 一 定 のシ ナリオを 仮 定 した 結 婚 子 供 誕 生 退 職 ロー 26 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

24 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 ン 完 済 などのライフステージにおけるイベント 発 生 年 齢 は 様 々な 客 観 統 計 を 参 考 にしつつも あ る 程 度 主 観 的 に 設 定 している そうした 主 な 仮 定 は 以 下 の 通 りである 2014 年 の 平 均 初 婚 年 齢 は 男 性 31.1 歳 女 性 29.4 歳 で その 差 が 1.7 歳 平 均 第 1 子 出 産 年 齢 は 30.6 歳 である これらより 男 性 の 第 1 子 誕 生 年 齢 は 32.3 歳 と 単 純 計 算 した 子 供 は 23 歳 ( 四 年 生 大 学 卒 業 年 齢 )で 独 立 と 設 定 した 現 時 点 での 定 年 退 職 は 60 歳 が 大 半 であろう これらを 基 にライフステージの 各 種 シナリオを 想 定 した 収 支 については 勤 労 者 世 帯 金 融 資 産 残 高 につ いては 全 世 帯 の 数 値 を 各 世 帯 類 型 に 当 てはめて いる なお 親 子 世 帯 の 金 融 資 産 残 高 は 夫 婦 と 子 の 世 帯 の 数 値 を 用 いているが 世 帯 数 については ひとり 親 と 子 の 世 帯 も 含 まれて いる イベント 年 齢 は 各 世 代 の4 歳 を 基 準 に 計 算 した 女 性 単 身 を 除 く 各 類 型 の 年 齢 は 男 性 の 年 齢 を 用 いている 住 宅 ローンは 50 代 は 2024 年 ( 基 準 年 齢 64 歳 ) 60 代 は 2014 年 ( 基 準 年 齢 64 歳 )で 完 済 とした その 他 の 年 齢 層 は 2030 年 まで 返 済 継 続 とした 単 身 世 帯 の 住 宅 以 外 のローンは 2019 年 で 完 済 (5 年 で 完 済 を 想 定 )とした 全 類 型 で 可 処 分 所 得 消 費 支 出 の 前 年 比 は 同 一 とした(2024 年 以 前 は 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 ) 2025 年 以 降 は 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 を 敷 衍 ) 子 供 が 誕 生 する 場 合 夫 婦 のみ 世 帯 20 代 は 男 性 33 歳 で 子 供 誕 生 夫 婦 のみ 世 帯 30 代 は 男 性 38 歳 で 子 供 誕 生 とした 夫 婦 と 子 世 帯 は 男 性 が 56 歳 で 子 供 独 立 以 降 は 夫 婦 のみ 世 帯 へ 移 行 するとした 消 費 支 出 は 2014 年 時 点 の 50 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 の 消 費 性 向 を 適 用 した 単 身 世 帯 が 結 婚 する 場 合 20 代 は 30 歳 30 代 は 35 歳 で 同 年 代 と 結 婚 すると 仮 定 した さ らに 子 供 ができる 場 合 20 代 は 男 性 が 33 歳 30 代 は 男 性 が 38 歳 で 子 供 誕 生 とした 単 身 世 帯 が 結 婚 した 場 合 可 処 分 所 得 ローン 返 済 は 単 純 合 算 にした 消 費 支 出 は 2014 年 時 点 において 結 婚 時 年 齢 と 同 世 代 の 夫 婦 のみ 世 帯 の 消 費 性 向 を 適 用 した 60 歳 で 定 年 退 職 再 雇 用 とした その 際 の 可 処 分 所 得 と 消 費 支 出 は 前 年 までと 同 様 に 計 算 した 額 に 同 類 型 の 世 帯 の 2014 年 時 の 60 代 図 表 補 -1 世 帯 当 たりの 前 年 比 の 前 提 数 値 (%) 可 処 分 所 得 消 費 支 出 可 処 分 所 得 消 費 支 出 可 処 分 所 得 消 費 支 出 ( 出 所 ) 大 和 総 研 理 事 長 武 藤 敏 郎 監 修 大 和 総 研 調 査 本 部 超 高 齢 日 本 の 30 年 展 望 持 続 可 能 な 社 会 保 障 システムを 目 指 し 挑 戦 する 日 本 - 未 来 への 責 任 (2013 年 5 月 14 日 ) 大 和 総 研 経 済 調 査 部 日 本 経 済 中 期 予 測 (2015 年 2 月 )-デフレ 脱 却 と 財 政 再 建 時 間 との 戦 い- (2015 年 2 月 3 日 ) 国 立 社 会 保 障 人 口 問 題 研 究 所 日 本 の 世 帯 数 の 将 来 推 計 ( 全 国 推 計 ) (2013( 平 成 25) 年 1 月 推 計 )を 基 に 大 和 総 研 作 成 27

25 と 50 代 の 金 額 の 比 率 を 掛 けて 算 出 した( 親 子 世 帯 は 定 年 退 職 時 は 夫 婦 のみ 世 帯 に 移 行 して いると 仮 定 ) 純 貯 蓄 のマイナスは 預 貯 金 取 り 崩 しで 対 応 する とした 他 の 資 産 は 売 却 しない 純 貯 蓄 プラス の 場 合 は 現 状 踏 襲 は 2014 年 時 の 資 産 構 成 比 積 極 運 用 は 2014 年 の 米 欧 の 資 産 構 成 比 を 参 考 にした 仮 定 により 配 分 した 積 極 運 用 シナリオ における 新 たな 積 み 上 げ 額 の 資 産 配 分 比 は 預 貯 金 40% 株 式 ( 株 式 投 信 含 む)35% 債 券 ( 公 社 債 投 信 含 む)5% その 他 20%である 収 益 率 は 預 貯 金 株 式 債 券 その 他 で 計 算 した( 株 式 は 配 当 込 みのT OPIX 債 券 はDBI(ダイワ ボンド イ ンデックス)の 2000 年 1 月 以 降 の 前 年 同 期 比 平 均 ) ちなみに 政 権 交 代 (2012 年 12 月 ) 以 降 で 計 算 すると 株 式 は 債 券 は となるので 積 極 運 用 シナリオと 現 状 踏 襲 シナ リオの 差 がより 明 確 となる 28 大 和 総 研 調 査 季 報 2015 年 夏 季 号 Vol.19

26 超 高 齢 社 会 に 向 けた 家 計 金 融 資 産 運 用 [ 著 者 ] 中 里 幸 聖 (なかざと こうせ い ) 金 融 調 査 部 主 任 研 究 員 担 当 は 公 共 ファイナンス インフラファイナンス 佐 川 あぐり(さがわ あぐり) 金 融 調 査 部 研 究 員 担 当 は 金 融 資 本 市 場 中 田 理 惠 (なかだ りえ) 金 融 調 査 部 研 究 員 担 当 は 金 融 資 本 市 場 29

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

金融緩和強化のための新しい枠組み:「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」 2016 年 9 月 21 日 日 本 銀 行 金 融 緩 和 強 化 のための 新 しい 枠 組 み: 長 短 金 利 操 作 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 1. 日 本 銀 行 は 本 日 政 策 委 員 会 金 融 政 策 決 定 会 合 において 量 的 質 的 金 融 緩 和 および マイナス 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 のもとでの 経 済 物 価 動 向 と

More information

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年)

「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成26年) 11 月 5 日 家 計 の 金 融 行 動 に 関 する 世 論 調 査 [ 二 人 以 上 世 帯 調 査 ] ( ) 1. 調 査 時 期 6 月 13 日 ( 金 )~7 月 22 日 ( 火 ) 2. 調 査 対 象 全 国 8, 世 帯 ( 世 帯 主 が2 歳 以 上 でかつ 世 帯 員 が2 名 以 上 の 世 帯 ) 3. 回 収 率 49.4% 4. 調 査 対 象 世 帯 の

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

mizuho-REMR-2015-4-CC.indd

mizuho-REMR-2015-4-CC.indd 4 April,215 相 続 に 関 する 近 年 の 概 況 と 相 続 対 策 など についての 意 識 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 6 今 後 相 続 財 産 を 受 け 取 る 可 能 性 と 相 続 対 策 実 施 の 有 無 などについて 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

日本の資金循環と改正PFI法

日本の資金循環と改正PFI法 日 本 の 資 金 循 環 と 改 正 PFI 法 - 資 金 循 環 の 観 点 からみた 改 正 PFI 法 の 意 義 - 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 公 共 経 営 戦 略 コンサルティング 部 副 主 任 コンサルタント 竹 端 克 利 1.はじめに 2. 日 本 の 資 金 循 環 構 造 の 変 遷 2011 年 5 月 24 日 に 民 間 資 金 等 の 活 用 に

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が

政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 大 嶋 寧 子 3-39-38 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が みずほリポート 年 6 月 日 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 と 働 き 方 を 巡 る 問 題 本 稿 では 貯 蓄 残 高 がゼロまたは 少 ない 無 貯 蓄 低 貯 蓄 世 帯 の 増 加 に 焦 点 をあて 働 き 方 との 関 わりや 無 貯 蓄 低 貯 蓄 克 服 の 手 段 としての 共 働 きの 有 効 性 を 考 察 した 働 き 方 との 関 わりを 見 ると 勤

More information

経済・物価情勢の展望(2015年4月)

経済・物価情勢の展望(2015年4月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2015 年 4 月 30 日 日 本 銀 行 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にか けて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけ ては 消 費 税 率 引 き 上

More information

Microsoft Word - 201210601.doc

Microsoft Word - 201210601.doc 金 融 緩 和 と 成 長 戦 略 の 効 果 発 現 を 期 待 する 日 銀 シナリオ ~2012 年 10 月 日 銀 展 望 レポートと 金 融 緩 和 の 強 化 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 2012 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 は 先 行 きの 経 済 と 物 価 情 勢 を 展 望 した 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 ( 展 望 レポート) 1 を

More information

YACレポート2013.indd

YACレポート2013.indd 税 務 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について YAC 税 理 士 法 人 シニアマネージャー 山 田 晴 康 ( 公 認 会 計 士 ) 自 民 公 明 両 党 は 1 月 24 日 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 を 決 定 しました 今 回 の 税 制 改 正 では 安 倍 政 権 が 掲 げるデフレ 脱 却 と 景 気 浮 揚 を 税 制 面 から 後 押 しするため

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

経済・物価情勢の展望(2016年1月)

経済・物価情勢の展望(2016年1月) 2016 年 1 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 1 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 輸 出 生 産 面 に 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 がみられるもの の 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2017 年 度 までを 展 望 すると 家 計 企 業 の 両 部 門 において 所 得 から

More information

経済・物価情勢の展望(2016年4月)

経済・物価情勢の展望(2016年4月) 2016 年 4 月 28 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 4 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 2018 年 度 まで を 展 望 すると 当 面 輸 出 生

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信

経 済 調 査 部 エコノミスト 齋 藤 周 3-3591-1283 当 レポートは 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 商 品 の 勧 誘 を 目 的 としたものではあり ません 本 資 料 は 当 社 が 信 みずほリポート 214 年 6 月 9 日 相 続 税 法 改 正 と 貸 家 着 工 税 制 改 正 が 貸 家 着 工 に 与 える 影 響 試 算 213 年 の 貸 家 着 工 は 前 年 比 +11.8%と 大 幅 に 増 加 低 金 利 や 住 宅 価 格 の 先 高 観 消 費 税 率 引 き 上 げに 伴 う 駆 け 込 みに 加 えて 213 年 度 税 制 改 正 で 決 定 した

More information

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自

われ 企 業 型 DC においては 充 実 した 制 度 になっています しかし ながら 個 人 型 DC に 関 しては 加 入 者 の 数 はさほど 増 えていませ ん これは 半 強 制 的 に 加 入 するようになっている 企 業 型 DC に 対 し 個 人 型 年 金 はあくまでも 自 拡 大 する 確 定 拠 出 年 金 ( DC) 制 度 と マイナス 金 利 時 代 の 運 用 1.はじめに 確 定 拠 出 年 金 (DC: Defined Contribution) 制 度 の 改 正 により 60 歳 未 満 であればだれでも DC 制 度 に 加 入 できることになりました 具 体 的 には 企 業 年 金 制 度 があるものの DC 制 度 はない 企 業 に 勤 務

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx

Microsoft Word - エコノミスト便り 渡邊 160622.docx エコノミスト 便 り 6 年 6 三 井 住 友 アセットマネジメント シニアエコノミスト 渡 邊 誠 本 経 済 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 る 浮 かび 上 がる 5 つの 要 因 雇 所 得 環 境 が 堅 調 な 割 に 個 消 費 が 冴 えないのは 何 故 か 個 消 費 低 迷 の 背 景 を 探 った 様 々な 経 済 統 計 を 分 析 していくと 可 処 分 所 得 の

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF)

野村資本市場研究所|教育資金に見る早期世代間資産移転とリバース・モーゲージ(PDF) 特 集 : 貯 蓄 から 投 へ 新 たな 展 開 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 教 育 に 見 る 早 期 世 代 間 産 移 転 とリバース モーゲージ 小 島 俊 郎 要 約 1. 我 が 国 大 学 短 大 進 学 率 は 1992 年 に 38.9%だったが 2014 年 には 56.7% と 高 専 専 門 学 校 を 加 えた 高 等 教

More information

untitled

untitled 平 成 25 年 (213 年 )9 月 2 日 ローン 減 税 の 拡 充 と 消 費 税 率 引 き 上 げが 着 工 に 与 える 影 響 について 要 旨 214 年 4 月 に 予 定 される 消 費 税 率 引 き 上 げの 最 終 決 定 が いよいよ 1 月 の 初 旬 に 迫 ってきた 消 費 税 率 引 き 上 げは その 前 後 に 発 生 する 駆 け 込 み 需 要 と 反

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63> 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可

More information

経済・物価情勢の展望(2015年10月)

経済・物価情勢の展望(2015年10月) 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2015 年 10 月 ) 2015 年 10 月 30 日 日 本 銀 行 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > 2017 年 度 までの 日 本 経 済 を 展 望 すると 2015 年 度 から 2016 年 度 にかけて 潜 在 成 長 率 を 上 回 る 成 長 を 続 けると 予 想 される 2017 年 度 にかけては 消 費 税 率 引 き 上

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208179485094C5817A4E6F2E32353295C48D9182C58D4C82AA82E98F8A93BE8A698DB782C697CD8BAD82B382F08C8782AD8CC2906C8FC194EF2E70707478> 今 月 のトピックス No.-( 年 月 日 ) 米 国 で 広 がる 所 得 格 差 と 力 強 さを 欠 く 個 人 消 費. 景 気 回 復 の 中 でも 米 国 の 個 人 消 費 は 力 強 さを 欠 く 米 国 の 個 人 消 費 は GDPの 割 を 占 め 経 済 成 長 を 牽 引 してきた しかし 9 年 第 四 半 期 に 始 ま る 現 在 の 景 気 拡 大 期 の 消 費

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会

注 記 事 項 (1) 期 中 における 重 要 な 子 会 社 の 異 動 ( 連 結 範 囲 の 変 更 を 伴 う 特 定 子 会 社 の 異 動 ): 有 新 規 1 社 ( 社 名 ) 日 本 電 力 株 式 会 社 除 外 - 社 ( 社 名 )- (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 平 成 28 年 6 月 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 28 年 8 月 12 日 上 場 会 社 名 穴 吹 興 産 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コード 番 号 8928 URL http://www.anabuki.ne.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 穴 吹 忠 嗣 問 合 せ 先 責 任 者 ( 役

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx

Microsoft Word - J_20120613エンゲル.docx Economic Trends マ クロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 上 昇 で 広 がる 生 活 格 差 212 年 6 月 13 日 ( 水 ) ~ 食 料 エネルギー 価 格 上 昇 と 所 得 減 で 必 要 となるインフレ 目 標 の 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531)

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業

ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 (2) 国 民 年 金 (3) 厚 生 年 金 保 険 (4) 共 済 年 金 (5) 老 齢 給 付 (6) 障 害 給 付 (7) 遺 族 給 付 (8) 併 給 調 整 (9) 離 婚 時 年 金 分 割 (10) 請 求 手 続 6. 企 業 ファイナンシャル プランニング 技 能 検 定 ファイナンシャル プランニング3 級 学 科 試 験 A ライフプランニングと 資 金 計 画 1. ファイナンシャル プランニングと 倫 理 2. ファイナンシャル プランニングと 関 連 法 規 3. ライフプランニングの 考 え 方 手 法 ファイナンシャル プランニングと 倫 理 に 関 し 次 に 掲 げる 事 項 について 詳 細 な 知

More information

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374>

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374> 第 1 節 FPとライフプランニング 1 FPとは (1) ライフプランと 資 金 ニーズ ライフプランとは 自 分 の 夢 や 生 き 甲 斐 を 基 にした 人 生 設 計 のことをいう 就 職 結 婚 子 供 の 誕 生 住 宅 取 得 子 供 の 進 学 子 供 の 独 立 夫 婦 の 老 後 生 活 というように 人 生 はさまざまな 出 来 事 (ライフイベント)の 繰 り 返 しである

More information

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期

第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です 第 3 四 半 期 第 3 四 半 期 厚 生 年 金 保 険 給 付 組 合 積 立 金 運 用 状 況 東 京 都 職 員 共 済 組 合 第 3 四 半 期 運 用 状 況 の 概 要 第 3 四 半 期 末 の 運 用 資 産 額 は 2,976 億 円 となりました 第 3 四 半 期 の 修 正 総 合 収 益 率 ( 期 間 率 )は +1.79%となりました なお 実 現 収 益 率 は +0.67%です

More information

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進

第 図 投 資 消 費 比 率 の 推 移 : 投 資 比 率 は 高 止 まり (%) 消 費 率 投 資 率 ( 備 考 ). 中 国 国 家 統 計 局 より 作 成 ( 年 ). 消 費 率 = 最 終 消 費 名 目 投 資 率 = 総 資 本 形 成 名 目 第 図 : 主 な 中 進 第 2 節 安 定 成 長 を 模 索 する 中 国 経 済 中 国 経 済 が 大 規 模 な 景 気 刺 激 策 に 頼 ることなく 自 律 的 かつ 安 定 的 な 成 長 を 実 現 するた めには 過 剰 投 資 過 剰 生 産 過 剰 信 用 の 調 整 と 投 資 から 消 費 への 移 行 を 進 めるとと もに 人 口 減 少 高 齢 化 の 進 展 に 伴 う 問 題 に 対 処

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

世 田 谷 区 将 来 人 口 の 推 計 26 年 2 月 世 田 谷 区 目 次 1 人 口 推 計 の 方 法 2 1.1 人 口 推 計 にあたり 2 1.2 推 計 方 法 3 2 世 田 谷 区 全 域 の 将 来 人 口 推 計 ( 日 本 人 のみ) 4 2.1 3つの 変 動 要 因 ( 出 生 死 亡 移 動 )の 将 来 値 設 定 4 2.2 総 人 口 と 男 女 別 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087408261955C8E86819596DA8E9F81409299927E2E646F63> 資 料 第 1196 号 平 成 21 全 国 消 費 実 態 調 査 調 査 結 果 貯 蓄 負 債 編 広 島 県 統 計 課 目 次 用 語 の 解 説 1 貯 蓄 負 債 の 範 囲 と 内 容 3 結 果 の 概 要 貯 蓄 現 在 高 の 時 系 列 推 移 5 貯 蓄 現 在 高 の 種 類 別 保 有 率 の 推 移 7 負 債 現 在 高 の 時 系 列 推 移 1 住 宅 土 地

More information

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc

Microsoft Word - 303 新季調方法.doc 所 得 階 級 別 にみる 消 費 の 変 化 について 家 計 の 所 得 を 勤 労 者 の 現 金 給 与 総 額 でみると 9 年 月 期 をピクに 減 少 に 転 じ た 後 年 79 月 期 を 底 にやや 持 ち 直 していたが 8 年 になって 伸 び 悩 みがみられ る 同 様 に 家 計 の 最 終 消 費 支 出 は 概 ね 右 肩 上 がりの 増 加 が 続 いていたが 8

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc

Microsoft Word - N-20081110容積率.doc Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ: 容 積 率 緩 和 が 住 宅 投 資 に 及 ぼす 影 響 発 表 日 :08 年 11 月 12 日 ( 水 ) ~20%の 緩 和 で 名 目 GDP1.3 兆 円 分 の 潜 在 需 要 創 出 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (03-5221-4531)

More information

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書

資産等を勘案した補足給付の仕組みのあり方に関する調査研究報告書 平 成 25 年 度 老 人 保 健 事 業 推 進 費 等 補 助 金 ( 老 人 保 健 健 康 増 進 等 事 業 分 ) 資 産 等 を 勘 案 した 補 足 給 付 の 仕 組 みのあり 方 に 関 する 調 査 研 究 報 告 書 平 成 26 年 3 月 - 目 次 - Ⅰ. 調 査 研 究 の 概 要 1 1. 調 査 研 究 の 背 景 と 目 的 1 2. 調 査 研 究 の

More information

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ

いて 考 える 特 に アベノミクスを 契 機 にインフレ が 従 来 以 上 に 現 実 味 を 帯 びてきたことを 踏 まえ 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 と 想 定 利 回 りの 関 係 に 焦 点 を 当 てる 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 の 現 状 上 述 のよ 2014 年 9 月 確 定 拠 出 年 金 における 運 用 目 標 は 想 定 利 回 りで 良 いのか? インフレ 局 面 における 確 定 拠 出 年 金 の 運 用 を 考 える 揺 らぐ 公 的 年 金 と 高 まる 自 助 努 力 の 必 要 性 2014 年 6 月 に 厚 生 労 働 省 より 公 的 年 金 の 財 政 検 証 結 果 が 発 表 された 今 回 は 複 数 のシナリオを

More information

[ 本 稿 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 市 場 調 査 部 井 上 淳 TEL(3) 経 済 調 査 部 内 藤 啓 介

[ 本 稿 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 市 場 調 査 部 井 上 淳 TEL(3) 経 済 調 査 部 内 藤 啓 介 贈 与 税 の 非 課 税 枠 拡 大 は 内 需 活 性 化 の 切 り 札 となるか 21 年 2 月 15 日 発 行 [ 本 稿 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 ] みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 市 場 調 査 部 井 上 淳 jun.inoue@mizuho-ri.co.jp TEL(3)3591-1197 経 済 調 査 部 内 藤 啓 介 keisuke.naitou@mizuho-ri.co.jp

More information

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その

NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 2013.2 NIRA 社 会 保 障 制 度 に 関 する 研 究 報 告 国 債 に 依 存 した 社 会 保 障 からの 脱 却 -シルバー 民 主 主 義 を 超 えて- エクゼクティブサマリー 日 本 の 社 会 保 障 制 度 は 毎 年 の 赤 字 国 債 の 発 行 により 支 えられており その 発 行 規 模 は 今 後 持 続 的 に 拡 大 することが 見 込 まれる 2040

More information

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと

日興アセットマネジメントがお伝えしたいこと 2008.2 日 興 AMファンドアカデミー ベーシック 改 めて 今 分 配 金 について 日 興 アセットマネジメントが お 伝 えしたいこと? お 客 様 から 分 配 金 は 下 がるのか? あと 何 カ 月 くらい 今 の 分 配 金 が 続 けられるのか? というお 問 い 合 わせを 受 けることが 多 くなってきました それに 対 して 明 確 なお 返 事 やお 約 束 をすることはできません

More information

片岡氏提出資料

片岡氏提出資料 第 4 回 今 後 の 経 済 財 政 動 向 等 についての 集 中 点 検 会 合 ( 於 : 総 理 大 臣 官 邸 4 階 大 会 議 室 ) 消 費 税 再 増 税 と 日 本 経 済 2014 年 11 月 17 日 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 経 済 社 会 政 策 部 主 任 研 究 員 片 岡 剛 士 1 2013 年 以 降 の 日 本 経 済 の

More information

2/14 もくじ 今 までのボーナスの 使 い 道 - 番 額 だった 使 い 道 ------------------------------ 3 - 参 考 にした 情 報 源 ------------------------------ 4 - 申 し 込 み 購 法 ------------

2/14 もくじ 今 までのボーナスの 使 い 道 - 番 額 だった 使 い 道 ------------------------------ 3 - 参 考 にした 情 報 源 ------------------------------ 4 - 申 し 込 み 購 法 ------------ 1/14 シーズナリティー 2014/6/3 消 費 か 貯 蓄 か 増 税 と 景 気 回 復 がもたらす 夏 のボーナス 意 識 の 変 化 2014 年 夏 のボーナス に 関 する 意 識 調 査 はじめに 夏 のボーナス 商 戦 はもう 前 アベノミクス そして 消 費 税 増 税 といった 安 倍 政 権 下 の 経 済 政 策 は 消 費 者 のボーナスに 対 する 意 識 にどのような

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

GSS1608_P032-037.indd

GSS1608_P032-037.indd レポート 金 融 リテラシー 調 査 にみる 損 失 回 避 傾 向 の 強 さ 金 融 広 報 中 央 委 員 会 事 務 局 企 画 役 日 本 銀 行 情 報 サービス 局 金 融 知 識 普 及 グループ 長 川 村 憲 章 金 融 広 報 中 央 委 員 会 ( 事 務 局 は 日 本 銀 行 情 報 サービス 局 )は わが 国 初 の 大 規 模 調 査 と して 金 融 リテラシー

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より―

若者にとっての老後と年金(2) ― 生涯収支シミュレーション ――当研究所第6回「結婚・出産に関する調査」結果より― 若 者 にとっての 老 後 と 年 金 (2) 生 涯 収 支 シミュレーション 当 研 究 所 は 年 に1 度 2 3 代 の 若 者 を 対 象 に 定 量 調 査 を 実 施 している 本 稿 は 21 年 に 実 施 した 第 6 回 の 調 査 結 果 のうち 若 者 の 老 後 に 対 する 意 識 と 個 人 年 金 保 険 ( 定 額 個 人 年 金 保 険 および 変 額 個 人

More information

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい

以 降 はほぼ 横 ばいで 推 移 している( 図 表 1) 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 過 去 6 年 間 の 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 収 支 の 状 況 をみてみると 医 業 収 益 対 医 業 利 益 率 ( 以 下 医 業 利 益 率 とい Research Report 2015 年 8 月 7 日 経 営 サポートセンター リサーチグループ 主 査 浅 野 俊 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について( 平 成 20 年 度 - 平 成 25 年 度 ) 福 祉 医 療 機 構 のデータに 基 づき 平 成 20 年 度 から 平 成 25 年 度 までにわたる 医 療 法 人 の 経 営 状 況 について 経 年 分 析 を

More information

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで ) 項 目 株 主 資 本 ( 単 位 : 百 万 円 ) 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 当 連 結 会 法 令 および 定 款 に 基 づく インターネット 開 示 事 項 連 結 計 算 書 類 の 連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 連 結 計 算 書 類 の 連 結 注 記 表 計 算 書 類 の 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 計 算 書 類 の 個 別 注 記 表 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 木 村 化 工 機

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2013.1.25 住 宅 ローンの 基 礎 知 識 と 資 金 計 画 の 重 要 性 について 平 成 年 1 月 25 日 現 在 目 次 1. 住 宅 ローンの 金 利 2. 住 宅 ローンのリスク 3.ライフプランと 資 金 計 画 4.フラット35について 5. 住 宅 ローンFAQ P1~3 P4~10 P11~15 P16~19 P20~23 1 1. 住 宅 ローンの 金 利 1

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF)

野村資本市場研究所|課税繰延措置を導入した中国の確定拠出型企業年金の展望(PDF) 特 集 1: 私 的 年 金 拡 充 策 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 1 課 税 繰 延 措 置 を 導 入 した 中 国 の 確 定 拠 出 型 企 業 年 金 の 展 望 関 根 栄 一 杜 進 ( 翻 訳 協 力 ) 要 約 1. 中 国 では 2013 年 12 月 6 日 財 政 部 人 力 資 源 社 会 保 障

More information

目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成 の 海 外 比 較 第 二 章 家 計 を 取 り 巻 く 環 境 第 三 章 三 世

目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成 の 海 外 比 較 第 二 章 家 計 を 取 り 巻 く 環 境 第 三 章 三 世 平 成 26 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ 家 計 における 資 産 構 成 の 在 り 方 について 1 2 関 西 学 院 大 学 阿 萬 ゼミナール 藤 原 班 1 目 次 序 章 は じ め に 第 一 章 日 本 の 資 産 構 成 第 一 節 資 産 構 成 の 現 状 分 析 問 題 点 p3 p4 第 二 節 貯 蓄 か ら 投 資 へ 第 三 節 資 産 構 成

More information

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般

平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ < 目 次 > 1. 主 要 業 績 1 頁 2. 平 成 18 年 度 末 保 障 機 能 別 保 有 契 約 高 3 頁 3. 平 成 18 年 度 決 算 に 基 づく 契 約 者 配 当 金 例 示 4 頁 4. 平 成 18 年 度 の 一 般 2007 年 5 月 18 日 平 成 18 年 度 決 算 のお 知 らせ 平 成 18 年 度 決 算 の 概 要 は 次 のとおりです なお 金 額 は 記 載 単 位 未 満 の 端 数 を 切 り 捨 てており 諸 比 率 は 四 捨 五 入 によって 表 示 しています 平 成 18 年 度 トピックス 1. 保 険 料 等 収 入 は 5.5%の 増 加 2. 総 資 産 は 16.2%の

More information

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか

公的年金運用改革は一元化後に本格化するか 金 融 資 本 市 場 2015 年 11 月 16 日 全 9 頁 公 的 年 金 運 用 改 革 は 一 元 化 後 に 本 格 化 するか 被 用 者 年 金 一 元 化 を 見 据 え 各 共 済 組 合 等 も 資 産 構 成 に 変 化 がみられる 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 公 的 年 金 の 資 産 総 額 は 205.4 兆 円 と 8 年 ぶりに

More information

鳥羽市職員定数適正化計画

鳥羽市職員定数適正化計画 鳥 羽 市 職 員 定 数 管 理 計 画 ( 平 成 年 度 ~ 平 成 年 度 ) 平 成 年 月 鳥 羽 市 目 次. 職 員 定 数 管 理 計 画 の 考 え 方 () 計 画 の 目 的 () 本 市 の 状 況 (3) 計 画 の 期 間. 職 員 数 の 現 状 3 () 部 門 別 職 員 数 の 推 移 3 () 退 職 者 の 見 込 み 3. 市 税 収 入 及 び 人 件

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

本文

本文 Feb, 16 日 本 経 済 情 報 16 年 月 号 内 容 1. 景 気 の 現 状 15 年 ~1 月 期 の 実 質 GDP 成 長 率 は 四 半 期 ぶりの マイナス 成 長 予 想 以 上 に 低 迷 す る 個 人 消 費 設 備 投 資 は 予 想 外 の 増 勢 加 速 輸 出 は 財 を 中 心 に 再 び 減 少. 今 後 の 見 通 し マイナス 金 利 の 効 果 は

More information

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb

(連結)調査レポート2014・12_No171_cs5.indb 2014.12 No. 171 県 内 勤 労 者 の 消 費 貯 蓄 動 向 ~ 第 52 回 くらしのアンケートから~ 要 約 1 1 家 計 の 状 況 3 2 今 冬 の 買 物 計 画 4 3 おけいこ 事 塾 サークル 6 4 貯 蓄 7 5 ローン 等 の 利 用 9 6 冬 季 ボーナス 10 7 お 歳 暮 12 8 冬 休 み 年 末 年 始 の 過 ごし 方 14 要 約 1.

More information

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し

Microsoft PowerPoint _Promotional_i_44号-3 中古住宅平成25年1月・住宅着工見通し 213. 2. 22 ( 第 45 号 -1) 新 設 住 宅 着 工 見 通 し 213. 2. 15 ( 第 44 号 -3) 中 古 住 宅 平 成 25 年 1 月 の 動 向 213.2.22 ( 第 45 号 ) 新 設 住 宅 着 工 戸 数 の 見 通 し 1~12 月 期 GDP1 次 速 報 後 ( 注 ) 前 回 の 予 測 はPromotional i 33 号 (11/22)

More information

不動産コンサルティング業務委託契約書(案)

不動産コンサルティング業務委託契約書(案) Ⅰ. 学 習 にあたって この 学 習 にあたって は 不 動 産 コンサルティング 技 能 試 験 の 受 験 のために 学 習 すべき 範 囲 なら びに 学 習 上 の 留 意 点 を 示 したものです 以 下 各 科 目 別 に 説 明 します なお 試 験 問 題 の 主 な 出 題 範 囲 については Ⅱ.に 記 載 していますので 参 照 してください 1. 事 業 実 務 不 動 産

More information

mizuho-REMR-2015-1-CC.indd

mizuho-REMR-2015-1-CC.indd 1 January,2015 J-REITの 運 用 資 産 にみる 賃 貸 マンションの 稼 働 状 況 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 市 場 トレンド ウォッチ 6 J-REITが 東 京 23 区 に 保 有 する 賃 貸 マンションの 運 用 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 子

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Microsoft Word - 団塊.docx

Microsoft Word - 団塊.docx Economic Trends テーマ: 団 塊 世 代 のリタイアと212 年 問 題 発 表 日 :1 年 5 月 27 日 ( 木 ) ~ 消 費 市 場 への 影 響 と 社 会 保 障 財 政 逼 迫 のインパクト~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 主 席 エコノミスト 永 濱 利 廣 (3-5221-4531) 副 主 任 エコノミスト 鈴 木 将 之 (3-5221-4547)

More information

39_1

39_1 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 215 年 7 月 号 高 齢 化 財 政 悪 化 が 変 える 個 人 消 費 構 造 < 要 旨 > 日 本 では 年 金 受 給 者 数 が 給 与 所 得 者 数 の 約 7 割 に 達 し 高 齢 者 が 消 費 全 体 に 与 え る 影 響 は 年 々 増 してきている 214 年 は 給 与 所 得 環 境 が 改 善 したにもかかわらず

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 宮 崎 県 の 住 宅 事 情 2010 年 宮 崎 県 県 土 整 備 部 建 築 住 宅 課 は じ め に 本 県 の 住 宅 事 情 は 量 的 には 概 ね 充 足 していますが 統 計 調 査 の 結 果 をみます と 様 々な 要 因 から 現 在 の 住 まいに 不 満 を 持 つ 世 帯 が28.1% 存 在 し バリアフリ ー 化 された 住 宅 の 割 合 が5.3% 新 耐

More information

マイナス 金 利 導 入 後 の 量 的 質 的 ( 三 次 元 ) 金 融 緩 和 の 内 容 政 策 手 段 内 容 1.マイナス 金 利 金 融 機 関 が 保 有 する 日 銀 当 座 預 金 にマイナス 金 利 を 適 用 具 体 的 には 当 座 預 金 を 適 用 金 利 別 (0.1

マイナス 金 利 導 入 後 の 量 的 質 的 ( 三 次 元 ) 金 融 緩 和 の 内 容 政 策 手 段 内 容 1.マイナス 金 利 金 融 機 関 が 保 有 する 日 銀 当 座 預 金 にマイナス 金 利 を 適 用 具 体 的 には 当 座 預 金 を 適 用 金 利 別 (0.1 リサーチ メモ マイナス 金 利 の 波 紋 ( 含 不 動 産 )2 月 の1か 月 間 の 動 きを 追 う 2016 年 2 月 29 日 (マイナス 金 利 の 導 入 の 概 要 ) 1 月 29 日 原 油 安 と 中 国 など 新 興 国 経 済 の 減 速 が デ フレ 脱 却 の 機 運 を 腰 折 れさせかねない 状 況 下 黒 田 日 銀 総 裁 は 金 融 政 策 について

More information

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料

地震保険制度に関するPT2012.6.1プレゼンテーション資料 2012.6.1 地 震 保 険 制 度 に 関 するPT 生 活 設 計 の 観 点 からみた 望 まれる 地 震 保 険 制 度 とは 生 活 設 計 塾 クルー 取 締 役 清 水 香 本 日 の 内 容 1. 現 状 の 確 認 2. 商 品 性 見 直 しについてのいくつかの 提 案 C2012 KAORI SHIMIZU 2 1. 現 状 の 確 認 C2012 KAORI SHIMIZU

More information

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上

消 費 生 活 相 談 統 計 によれば 全 国 消 費 生 活 情 報 ネットワーク システム (Practical Living Information Online Network System;PIO-NET)における 保 険 の 相 談 は 多 くの 商 品 役 務 の 中 で 毎 年 上 消 費 生 活 相 談 情 報 にみる 保 険 契 約 の 現 状 と 課 題 A Review of Consumer Inquiries regarding Insurance contracts Through PIO-NET to Identify Issues 磯 村 浩 子 Hiroko ISOMURA 要 約 生 命 保 険 損 害 保 険 その 他 の 保 険 は 生 活 経 済 の

More information

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1

も 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 11 表 3-2) 2030 年 の 就 業 率 は ゼロ 成 長 参 加 現 状 で 53.2%と 2014 年 の 57.3%から 低 下 するが 経 済 再 生 参 加 進 展 では 59.0%に 上 昇 すると 見 込 まれる (P.8 10 1 平 成 27 年 12 月 16 日 ( 水 ) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 ( 理 事 長 菅 野 和 夫 ) 経 済 社 会 と 労 働 部 門 副 主 任 研 究 員 中 野 諭 ( 電 話 )03-5903-6223 URL:http://www.jil.go.jp/ 平 成 27 年 労 働 力 需 給 の 推 計 新 たな 全 国 推 計 を 踏 まえた

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減

経 常 収 支 差 引 額 の 状 況 平 成 22 年 度 平 成 21 年 度 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 4,154 億 円 5,234 億 円 1,080 億 円 改 善 赤 字 組 合 の 赤 字 総 額 4,836 億 円 5,636 億 円 800 億 円 減 平 成 22 年 度 健 保 組 合 決 算 見 込 の 概 要 平 成 23 年 9 月 8 日 健 康 保 険 組 合 連 合 会 問 い 合 わせ 先 : 健 保 連 企 画 部 調 査 分 析 グループ :03-3403-0926 本 概 要 は 平 成 23 年 3 月 末 に 存 在 した 1,458 組 合 の 22 年 度 決 算 見 込 状 況 を 集 計 した 結 果 をまとめたものである

More information

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振

1. 消 費 の 低 迷 を 背 景 とした 日 本 経 済 の 停 滞 の 見 方 を 維 持 : 成 長 の 微 修 正 2015 年 度 は 前 年 度 の 落 ち 込 みを 回 復 せ ず 景 気 の 現 状 をみると 2015 年 度 の 実 質 GDP 1 は+0.8%となり 2 年 振 2016 年 5 月 24 日 新 生 銀 行 金 融 調 査 部 MRFRD-20160004 消 費 の 実 態 は 弱 く 景 気 は 停 滞 との 見 方 を 維 持 ~2016 2017 年 度 の 日 本 経 済 の 見 通 し~ 実 質 GDP の 予 想 2016 年 度 ( 増 税 あり) 0.5% ( 増 税 なし) 0.5% 2017 年 度 ( 増 税 あり) 0.3% (

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information