<4D F736F F D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E906B8DC495DB8CAF93C189EF81698DC58F49816A2E646F63>"

Transcription

1 特 別 会 計 の 聖 域 なき 改 革 に 向 けて 地 震 再 保 険 特 別 会 計 見 直 しの 新 たな 考 え 方 前 予 算 委 員 会 調 査 室 吉 田 博 光 1.はじめに 平 成 18 年 5 月 26 日 簡 素 で 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するための 行 政 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 行 革 推 進 法 )が 参 議 院 本 会 議 で 可 決 成 立 した これは 17 年 12 月 24 日 に 閣 議 決 定 された 行 政 改 革 の 重 要 方 針 を 確 実 に 実 施 するため に 制 定 されたものである その 内 容 は 多 岐 にわたり 特 別 会 計 改 革 についても 個 別 具 体 的 な 進 め 方 が 規 定 されており 特 別 会 計 改 革 は 実 行 段 階 に 向 けて 少 し ずつ 動 き 出 した 例 えば 特 別 会 計 の 大 きな 問 題 点 のひとつとして 指 摘 されてきた 特 定 財 源 で は 特 定 財 源 制 度 に 係 る 税 の 収 入 額 については 一 般 財 源 化 を 図 ることを 前 提 とし 平 成 19 年 度 以 降 の 歳 出 及 び 歳 入 の 在 り 方 に 関 する 検 討 と 併 せて 納 税 者 の 理 解 を 得 つつ 具 体 的 な 改 正 の 案 を 作 成 するものとする ( 行 革 推 進 法 第 20 条 第 3 項 第 3 号 で 規 定 された 基 本 方 針 )とされた 他 方 地 震 再 保 険 特 別 会 計 を 取 り 上 げるならば 地 震 再 保 険 特 別 会 計 において 経 理 されている 再 保 険 の 機 能 に 係 る 事 務 及 び 事 業 については その 在 り 方 を 平 成 20 年 度 末 までに 検 討 する ものとする ( 第 24 条 )との 規 定 にとどまり 大 きな 改 革 が 実 施 されるとは 考 えにくい ところが 地 震 保 険 制 度 については 必 ずしも 特 会 による 再 保 険 が 必 須 とは 言 えないとして 特 会 の 廃 止 を 含 めた 見 直 しの 方 向 性 が 国 会 で 議 論 され る 状 況 にあり 20 年 度 末 までの 検 討 では 制 度 の 根 幹 部 分 を 含 めて 徹 底 的 に 議 論 する 必 要 がある 本 稿 では 地 震 再 保 険 特 会 の 実 態 を 概 観 しつつ 新 たな 見 直 しの 方 向 性 について 検 討 を 加 える 2. 地 震 保 険 の 概 要 2-1. 地 震 保 険 における 特 会 の 役 割 地 震 再 保 険 特 会 は その 名 の 通 り 地 震 保 険 制 度 のうち 再 保 険 を 引 き 受 ける 役 割 を 果 たしている 地 震 保 険 とは 住 宅 などが 地 震 等 によって 損 害 を 受 けた 際 その 損 失 を 填 補 するための 保 険 である 地 震 災 害 による 被 害 の 規 模 は 失 火 によ る 火 災 などと 比 べて 巨 額 に 上 るため 国 が 相 応 の 保 険 責 任 を 引 き 受 けることで 制 度 の 構 築 を 図 っている 1

2 具 体 的 には 保 険 契 約 者 が 民 間 保 険 会 社 と 火 災 保 険 の 契 約 を 締 結 する 際 これに 附 帯 する 形 で 地 震 保 険 が 契 約 され る( 図 表 1) 損 保 会 社 が 引 き 受 けた 地 震 保 険 は 一 端 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 ( 以 下 地 再 社 という )に 全 額 再 保 険 され 1 さらに 地 再 社 が 特 会 や 各 損 保 会 社 と 再 々 保 険 契 約 を 締 結 するほか 地 再 社 自 らも 保 険 責 任 の 一 部 を 保 有 する 地 震 災 害 等 が 発 生 すると そ れぞれの 保 険 責 任 に 応 じて 再 々 保 険 金 や 再 保 険 金 を 負 担 し 保 険 契 約 者 が 保 険 金 を 受 け 取 る 仕 組 みである このと きに 特 会 から 支 払 われる 再 々 保 険 金 の 限 度 額 については 毎 年 度 特 別 会 計 予 算 総 則 に 記 載 され 国 会 の 議 決 を 受 けるこ ととなっている 図 表 1 地 震 保 険 の 全 体 像 1 回 の 地 震 等 による 再 保 険 金 の 限 度 額 を 毎 年 議 決 再 々 保 険 契 約 再 々 保 険 料 再 々 保 険 金 再 保 険 契 約 国 会 政 府 ( 地 震 再 保 険 特 別 会 計 ) 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 再 保 険 料 再 保 険 金 再 々 保 険 契 約 保 険 会 社 損 害 保 険 契 約 に 地 震 保 険 を 附 帯 保 険 料 保 険 金 ( 居 住 用 建 物 又 は 生 活 用 動 産 ) 損 害 保 険 契 約 者 再 々 保 険 料 再 々 保 険 金 ( 出 所 ) 地 震 保 険 に 関 する 法 律 地 震 再 保 険 特 別 会 計 法 等 2-2. 国 が 再 保 険 を 引 き 受 ける 地 震 保 険 創 設 の 経 緯 昭 和 39 年 6 月 に 発 生 した 新 潟 地 震 を 受 け 国 会 では 速 やかに 地 震 保 険 等 の 制 度 の 確 立 を 根 本 的 に 検 討 すべきとの 附 帯 決 議 がなされた 2 そして 保 険 審 議 会 での 審 議 を 経 て 当 時 の 大 蔵 省 は 第 51 回 国 会 に 地 震 保 険 に 関 する 法 律 案 及 び 地 震 再 保 険 特 別 会 計 法 案 を 提 出 昭 和 41 年 5 月 11 日 に 参 議 院 本 会 議 で 可 決 成 立 し 18 日 の 公 布 ののち 地 震 保 険 が 開 始 された 国 による 再 保 険 を 前 提 とした 制 度 が 創 設 された 理 由 であるが 地 震 災 害 で 生 1 契 約 者 から 支 払 われた 保 険 料 のうち 損 保 会 社 の 事 務 取 扱 費 などに 充 てられる 付 加 保 険 料 に ついては 地 再 社 への 再 保 険 料 に 含 まれない 2 第 46 回 国 会 衆 議 院 大 蔵 委 員 会 議 録 第 55 号 ( 昭 和 39 年 6 月 19 日 )10 頁 2

3 ずる 可 能 性 のある 巨 額 に 上 る 保 険 金 の 支 払 いリスクを 正 確 に 予 測 することがで きず 民 間 保 険 会 社 のみではこれを 負 担 することができないからである 保 険 を 制 度 設 計 する 場 合 保 険 金 の 支 払 い 対 象 となる 事 案 の 発 生 確 率 等 から 保 険 料 を 算 出 するが 地 震 災 害 ではそのような 計 算 が 非 常 に 困 難 であり 3 純 粋 に 民 間 が 運 営 する 保 険 としての 設 計 ができなかったのである 他 方 速 やかなる 制 度 の 確 立 を 求 める 民 意 もあり 保 険 金 の 支 払 いが 巨 額 となるリスクを 国 が 引 き 受 ける 再 保 険 制 度 を 用 いて 地 震 保 険 が 確 立 された このような 背 景 もあり 保 険 金 の 支 払 総 額 が 巨 額 となった 場 合 には 国 が 大 部 分 を 負 担 する 一 方 少 額 の 場 合 には 民 間 で 賄 うスキームが 構 築 されている 現 在 のスキームは 地 震 保 険 の 保 険 金 支 払 総 額 が 750 億 円 までは 地 再 社 がすべて 負 担 し 支 払 金 額 が 750 億 円 を 超 え 1 兆 3,118 億 円 までは 国 が 50%を 負 担 1 兆 3,118 億 円 を 超 えると 国 が 95%を 負 担 することとなっている( 図 表 2) 図 表 2 保 険 金 の 負 担 スキーム 億 円 7,422 保 険 金 支 払 総 額 1 兆 3,118 億 円 31,558 5 兆 円 750 6,184 50% 35, % 3,336 2, % 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 負 担 分 (4,520.1 億 円 ) 損 害 保 険 会 社 負 担 分 (4,258 億 円 ) 政 府 負 担 分 (4 兆 1,221.9 億 円 ) ( 出 所 ) 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 日 本 地 震 再 保 険 の 現 状 増 加 する 地 震 保 険 の 契 約 制 度 発 足 当 初 からの 契 約 状 況 を 見 ると 昭 和 50 年 代 中 頃 から 低 迷 期 が 続 いた が 阪 神 淡 路 大 震 災 が 発 生 した 平 成 6 年 度 から 契 約 件 数 金 額 ともに 大 きく 増 加 している( 図 表 3) ただし 世 帯 加 入 率 4 を 見 ると 最 近 上 昇 傾 向 にあるも のの(16 年 度 末 時 点 で 18.5%) 昭 和 41 年 度 当 時 の 16.6%とあまり 変 わらな い 状 況 にある( 図 表 4) このような 中 18 年 度 税 制 改 正 では 個 人 所 得 課 税 の 損 害 保 険 料 控 除 が 改 組 され 地 震 保 険 料 控 除 が 創 設 されることとなった 5 3 日 本 は 地 震 災 害 の 多 発 国 であるが 1 年 間 に3 万 件 以 上 発 生 する 建 物 火 災 と 比 べると 情 報 量 が 乏 しく 偶 然 と 思 われる 災 害 の 発 生 に 一 定 の 法 則 性 を 見 出 す 大 数 の 法 則 が 適 用 できない 4 地 震 保 険 契 約 件 数 を 住 民 基 本 台 帳 に 基 づく 年 度 末 世 帯 数 で 除 したもの 5 地 震 保 険 料 控 除 の 対 象 となる 保 険 料 は 地 震 再 保 険 特 会 への 再 保 険 が 実 施 されている 保 険 に 限 3

4 1, ( 万 件 ) 図 表 3 地 震 保 険 契 約 の 状 況 年 度 末 契 約 件 数 ( 左 目 盛 り) 年 度 末 保 険 契 約 金 額 ( 兆 円 ) ( 年 度 末 ) 図 表 4 世 帯 加 入 率 の 推 移 ( 単 位 :%) 年 度 末 全 国 東 京 都 昭 和 平 成 ( 出 所 ) 財 務 省 決 算 の 説 明 等 2-4. 阪 神 淡 路 大 震 災 でも 少 額 にとどまった 保 険 金 の 支 払 い 地 震 保 険 制 度 創 設 後 40 年 間 で 保 険 金 の 支 払 額 が 最 多 となった 阪 神 淡 路 大 震 災 においても 保 険 加 入 の 状 況 といった 要 因 から 保 険 金 支 払 額 は 783 億 円 に とどまり( 図 表 5) 関 東 大 震 災 の 再 来 で 想 定 される 保 険 金 額 ( 現 在 のスキーム で 約 5 兆 円 )と 比 べると 少 額 となっている 6 特 に 特 会 からの 支 出 に 限 定 すると 図 表 5 保 険 金 支 払 額 の 多 い 災 害 ( 平 成 17 年 3 月 31 日 現 在 ) 地 震 名 等 発 生 日 マグニ 契 約 件 数 支 払 保 険 金 特 会 からの 支 チュード ( 件 ) ( 百 万 円 ) 出 ( 百 万 円 ) 平 成 7 年 兵 庫 県 南 部 地 震 H ,427 78,346 6,173 平 成 13 年 芸 予 地 震 H ,437 16,933 - 平 成 16 年 新 潟 県 中 越 地 震 H ,672 14,005 - 平 成 15 年 十 勝 沖 地 震 H ,458 5,907 - 平 成 12 年 鳥 取 県 西 部 地 震 H ,076 2,867 - 宮 城 県 北 部 を 震 源 とする 地 震 H ,529 2,156 - 宮 城 県 沖 を 震 源 とする 地 震 H ,936 1,900 - 平 成 6 年 北 海 道 東 方 沖 地 震 H ,103 1,333 - 平 成 6 年 三 陸 はるか 沖 地 震 H ,172 1,237 - 雲 仙 普 賢 岳 噴 火 H ,134 - ( 注 )H 発 生 の 福 岡 県 西 方 沖 地 震 では 現 在 で 12,930 百 万 円 が 支 払 われた ( 出 所 ) 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 日 本 地 震 再 保 険 の 現 状 2005 定 するものではない 4

5 再 保 険 金 の 支 払 額 は 62 億 円 であり 7 その 他 の 災 害 についての 支 払 実 績 はない 地 震 多 発 国 である 我 が 国 では 毎 年 保 険 金 の 支 払 いが 多 数 発 生 しており 16 年 度 の 支 払 実 績 を 見 ても 総 件 数 は1 万 4,636 件 に 上 る( 図 表 6) しかし 巨 大 災 害 での 支 払 リスクを 負 担 する 特 会 からの 支 出 が 阪 神 淡 路 大 震 災 に 限 られてい ることからも 分 かるとおり これまでの 40 年 間 に 限 定 するならば 地 震 再 保 険 特 会 に 頼 らなければならない 事 態 には 至 っていない 状 況 となっている 図 表 6 平 成 16 年 度 における 保 険 金 の 支 払 状 況 地 震 名 等 発 生 日 マグニ 契 約 件 数 支 払 保 険 金 チュード ( 件 ) ( 百 万 円 ) 平 成 16 年 新 潟 県 中 越 地 震 H ,672 14,005 - 紀 伊 半 島 沖 東 海 道 沖 を 震 源 とする 地 震 H 釧 路 沖 を 震 源 とする 地 震 H , 平 成 15 年 十 勝 沖 地 震 H 根 室 半 島 南 東 沖 を 震 源 とする 地 震 H その 他 合 計 ,636 15,987 - ( 出 所 ) 日 本 地 震 再 保 険 株 式 会 社 日 本 地 震 再 保 険 の 現 状 2005 特 会 からの 支 出 ( 百 万 円 ) 3. 特 別 会 計 の 現 状 3-1. 平 成 16 年 度 決 算 で 見 た 資 金 の 流 れ 地 震 再 保 険 特 会 の 資 金 の 流 れ を 16 年 度 決 算 で 見 ると 再 保 険 図 表 7 資 金 の 流 れ( 平 成 16 年 度 決 算 ) 歳 入 (539 億 円 ) 歳 出 (1 億 円 ) 料 収 入 が 歳 入 の 77.5%を 占 め 事 務 取 扱 費 ている( 図 表 7) このほか 雑 収 入 の 大 部 分 を 構 成 する 預 託 金 再 保 険 料 収 入 地 1 億 円 剰 余 金 の 処 分 震 利 子 収 入 も 全 体 の2 割 以 上 に 上 417 億 円 再 るが これは 積 立 金 の 規 模 が 保 険 積 立 金 として 歳 入 規 模 と 比 べて 非 常 に 大 きい 特 積 み 立 て ことに 起 因 する 他 方 歳 出 は 別 会 538 億 円 計 再 保 険 金 の 支 払 いがなかったた 雑 収 入 121 億 円 めに 事 務 取 扱 費 の1 億 円 のみと ほぼすべてが なっており 歳 入 の 99.8%を 占 預 託 金 利 子 収 入 ( 出 所 ) 決 算 書 6 なお 当 時 の 契 約 状 況 では 関 東 大 震 災 の 再 来 で 想 定 される 保 険 金 額 は2 兆 円 弱 であったため 現 在 のスキームと 単 純 に 比 較 することはできない 7 阪 神 淡 路 大 震 災 での 負 担 スキームは 現 在 と 異 なっており 支 払 保 険 金 額 のうち 660 億 円 を 超 える 部 分 について 特 会 が 50%を 負 担 し 3,360 億 円 を 超 えた 場 合 は 特 会 が 超 過 分 の 95%を 負 担 する 内 容 となっていた 5

6 める 538 億 円 の 剰 余 金 が 発 生 し 積 立 金 として 積 み 立 てられた 3-2. 歳 出 の 推 移 で 見 る 高 コスト 構 造 特 会 の 歳 出 は 再 保 険 金 と 事 務 取 扱 費 から 成 るが 再 保 険 金 の 支 払 いは 阪 神 淡 路 大 震 災 のみとなっており 支 払 いのなかった 年 については 制 度 の 維 持 に 伴 う 事 務 コストのみが 計 上 されている( 図 表 8) その 上 阪 神 淡 路 大 震 災 で の 再 保 険 金 支 払 額 が 62 億 円 にとどまっていることから 歳 出 累 計 額 のうち 事 務 取 扱 費 の 割 合 が 全 体 の2 割 を 超 えている 8 勿 論 不 幸 にして 巨 大 災 害 が 発 生 し 多 額 の 再 保 険 金 が 支 払 われればその 割 合 は 低 下 することとなるが それまでの 間 は 必 然 的 に 高 コスト 構 造 の 様 相 を 呈 している さらに 地 震 保 険 制 度 全 体 について 見 ると 各 損 保 の 事 務 費 は 地 再 社 に 再 保 険 料 が 支 払 われる 段 階 で 差 し 引 かれていることから 地 震 保 険 制 度 全 体 として の 事 務 費 負 担 は 大 きくなっている 地 震 保 険 の 性 質 上 非 常 に 長 いスパンで 制 度 を 設 計 しており 関 東 大 震 災 のような 巨 大 災 害 が 発 生 するまでは 事 務 費 負 担 が 大 きくなる 点 はやむを 得 ない 側 面 はあるものの 特 会 が 存 在 しなければ 特 会 におけるコストが 発 生 することもない 地 震 保 険 における 保 険 料 の 内 訳 は 他 の 保 険 制 度 と 同 様 に 純 保 険 料 と 付 加 保 険 図 表 8 歳 出 の 推 移 と 内 訳 10 58( 億 円 ) 歳 出 の 累 計 (79 億 円 ) 再 保 険 金 事 務 取 扱 費 ( 年 度 ) ( 注 ) 平 成 7~13 年 度 の 再 保 険 金 支 払 いは すべて 阪 神 淡 路 大 震 災 に 係 るものである ( 出 所 ) 決 算 書 8 災 害 がないために 被 害 も 発 生 しないことは 望 むべきところであることは 言 うまでもない 6

7 料 から 成 り 9 付 加 保 険 料 が 少 なければ 保 険 契 約 者 が 負 担 する 保 険 料 は 低 く 抑 え られる つまり 制 度 を 簡 素 にするほど 負 担 は 少 なくなる ところが 現 行 制 度 は 損 保 各 社 が 保 険 を 販 売 したのち 再 保 険 会 社 が 一 端 すべての 保 険 責 任 を 引 き 受 けて これを 特 会 などに 再 (々) 保 険 しているという 多 層 構 造 となってお り 見 直 しの 余 地 があるのではないか 3-3. 増 え 続 けても 不 足 する 積 立 金 これまでに 特 会 から 支 払 われた 再 保 険 金 が 少 額 にとどまったこともあり 特 会 歳 出 の 累 計 額 は79 億 円 に 過 ぎない 他 方 歳 入 の 累 計 額 は9,519 億 円 であり 9,440 億 4,158 万 円 の 歳 計 剰 余 金 が 発 生 した これは 基 本 的 に 積 立 金 として 積 み 立 てなければならず 翌 年 度 の 歳 入 に 繰 り 入 れられた 総 額 79 万 円 を 除 く 9,440 億 4,079 万 円 が 積 立 金 として 積 み 立 てられており(16 年 度 末 現 在 ) その 規 模 は 歳 入 規 模 に 比 べて 非 常 に 大 きくなっている ただし 関 東 大 震 災 の 再 来 を 想 定 すると 現 在 の 積 立 金 の 水 準 では3 兆 円 を 超 える 資 金 が 不 足 することも 事 実 である 地 震 保 険 は 長 期 間 での 収 支 均 衡 を 制 度 の 根 幹 としていることから どのような 時 点 で 巨 大 災 害 が 発 生 しても 巨 額 の 資 金 不 足 ( 負 債 ) あるいは 巨 額 の 積 立 金 が 発 生 する 可 能 性 が 高 いのである 特 会 見 直 しの 考 え 方 4-1. 地 震 保 険 の 存 在 と 特 別 会 計 の 存 在 を 分 ける 必 要 性 地 震 保 険 制 度 は 地 震 頻 発 国 の 我 が 国 にあっては 維 持 すべき 制 度 であると 考 えられる 他 方 巨 大 災 害 発 生 時 の 保 険 金 支 払 リスクは 民 間 のみで 完 結 できる 状 況 にないことも 事 実 であろう 従 って 地 震 保 険 の 存 続 には 何 らかの 政 府 の 関 与 が 必 要 であり 特 会 での 再 保 険 の 引 受 けと 結 びつけられてきた 11 しかし 本 来 保 険 制 度 維 持 のための 政 府 関 与 の 必 要 性 と 特 会 の 必 要 性 とは 分 けて 考 え 9 純 保 険 料 とは 保 険 契 約 者 が 被 災 したときに 保 険 会 社 が 支 払 う 保 険 金 に 充 てられるものであ り 付 加 保 険 料 は 契 約 の 事 務 処 理 等 に 係 る 保 険 会 社 の 費 用 や 代 理 店 手 数 料 損 害 が 発 生 したと きの 損 害 調 査 に 係 る 費 用 等 に 充 てられるものである 10 約 500 年 での 収 支 均 衡 を 図 る 現 行 制 度 においては 数 年 後 に 関 東 大 震 災 級 の 地 震 など 巨 大 災 害 が 発 生 すると 仮 定 すれば その 時 点 で 巨 額 の 資 金 不 足 が 生 じ その 後 400 年 といった 長 期 間 債 務 の 返 済 が 完 了 しない 可 能 性 がある 一 方 今 後 400 年 間 このような 災 害 が 発 生 しないと 仮 定 すれば 積 立 金 の 金 額 は 巨 額 となる また 中 間 である 250 年 目 で 発 生 したとしても それま でに 積 み 立 てた 積 立 金 は 巨 額 となる 一 方 資 金 不 足 額 が 発 生 する 可 能 性 もある 11 なお 全 国 労 働 者 共 済 生 活 協 同 組 合 連 合 会 ( 全 労 済 )の 自 然 災 害 保 障 付 火 災 共 済 や 全 国 共 済 農 業 協 同 組 合 連 合 会 (JA 共 済 )の 建 物 更 生 共 済 などは 外 国 の 再 保 険 会 社 と 契 約 する といった 方 法 により 危 険 分 散 することで 国 の 関 与 なしに 地 震 保 険 類 似 の 制 度 を 維 持 している 7

8 る 必 要 がある つまり 特 会 は 今 でも 十 分 な 積 立 金 を 保 有 しておらず 政 府 の 信 用 力 をもって 制 度 の 信 頼 性 を 高 めている 状 況 にあり 大 規 模 災 害 が 発 生 すれ ば 特 会 が 外 部 から 資 金 調 達 しなければならないのである 12 つまり 関 東 大 震 災 級 の 巨 大 災 害 に 対 応 できる 巨 額 の 積 立 金 が 蓄 積 できない 間 は 政 府 の 信 用 力 をもって 借 入 れを 行 うことが 地 震 保 険 制 度 の 前 提 となっていると 言 えよう 換 言 すれば 特 会 を 代 替 する 制 度 によって 政 府 の 信 用 力 を 確 保 できれば 必 ず しも 特 会 が 再 (々) 保 険 を 引 き 受 ける 必 要 性 はないのではないか もし 特 会 が 廃 止 できれば 特 会 で 費 やしてきた 事 務 コストを 保 険 金 の 支 払 いや 保 険 料 率 引 き 下 げの 原 資 にすることができる 特 会 廃 止 の 可 能 性 については 予 算 委 員 会 に おいて2つの 方 策 が 指 摘 されており 13 この 内 容 を 参 考 にしつつ 想 定 される 新 たな 制 度 を 紹 介 する 4-2. 政 府 保 証 借 入 の 活 用 地 震 再 保 険 特 会 は 地 再 社 から 再 々 保 険 を 引 き 受 けており 制 度 の 実 態 から 見 れば 再 々 保 険 特 会 となっている 地 再 社 がすべての 保 険 責 任 を 引 き 受 けた 上 で 保 険 責 任 を 分 散 しており 地 再 社 が 政 府 の 信 用 力 を 背 景 に 借 入 れを 行 うことで 特 会 の 役 割 を 代 替 することができれば 14 特 会 なしに 現 行 制 度 と 同 様 の 地 震 保 険 を 提 供 することができる 15 国 による 政 府 保 証 は 当 該 機 関 が 政 府 保 証 を 受 けるための 法 律 上 の 規 定 があれば 可 能 であることから 特 会 廃 止 法 をもって 地 震 保 険 に 関 する 法 律 に 新 たな 規 定 を 設 ければ 実 施 できると 考 えられる また 現 在 特 会 が 保 有 している 積 立 金 については 例 えば 一 般 会 計 に 引 き 継 いだ 上 で 全 額 地 再 社 に 出 資 すれば(あるいは 特 会 から 地 再 社 に 出 資 した 12 この 場 合 の 調 達 先 は 財 政 融 資 資 金 特 別 会 計 など 地 震 再 保 険 特 会 以 外 の 会 計 からの 借 入 れが 想 定 されるが 本 特 会 以 外 からという 点 で 外 部 からの 資 金 調 達 に 変 わりない 特 に 財 政 融 資 資 金 特 会 がこのときの 資 金 を 財 投 債 の 市 中 発 行 によって 賄 えば 結 果 として 政 府 外 からの 資 金 調 達 となる なお 政 府 は 保 険 制 度 に 固 執 しており 特 例 法 の 制 定 により 税 金 で 補 填 する 可 能 性 は 低 いものと 考 えられる 13 第 164 回 国 会 参 議 院 予 算 委 員 会 会 議 録 第 17 号 ( 平 成 18 年 3 月 27 日 )31 頁 及 び 32 頁 にお ける 内 藤 正 光 議 員 の 質 疑 14 なお 地 震 保 険 制 度 は 法 律 上 の 要 件 を 満 たしたものであれば 全 労 済 やJA 共 済 などの 共 済 事 業 も 排 除 するものではないが 現 時 点 では 特 会 とこれらは 再 保 険 契 約 を 行 っていない もし 特 会 廃 止 後 にこれらが 地 震 保 険 制 度 への 参 加 を 希 望 した 場 合 共 済 が 地 再 社 に 出 資 して いないといった 関 係 上 想 定 する 制 度 の 対 象 から 漏 れる 可 能 性 があるが この 点 については 共 済 等 が 地 再 社 と 再 保 険 契 約 を 結 ばなければならない 制 度 としておくなど 簡 単 な 法 改 正 で 解 決 できよう 15 現 行 でも 地 震 保 険 に 関 する 法 律 第 8 条 では 政 府 は 地 震 保 険 契 約 による 保 険 金 の 支 払 のた め 特 に 必 要 があるときは 保 険 会 社 等 に 対 し 資 金 のあつせん 又 は 融 通 に 努 めるものとする と 規 定 している 8

9 のちに 出 資 による 権 利 を 一 般 会 計 に 引 き 継 げば) これまでの 保 険 制 度 をすべて 承 継 することができる 必 要 に 応 じて 地 再 社 に 対 する 損 保 各 社 の 出 資 も 国 が 引 き 継 ぐことで 地 再 社 が 政 府 による 全 額 出 資 会 社 となれば 特 会 の 存 続 と 非 常 に 似 た 制 度 となろう つまり 全 額 政 府 出 資 とする 際 新 たに 地 再 社 の 設 立 法 を 整 備 することで 地 再 社 を 特 殊 会 社 (あるいは 独 立 行 政 法 人 等 )に 改 組 すれ ば 財 政 投 融 資 による 貸 付 を 受 けることができるようになる これにより 特 別 会 計 と 同 様 必 要 に 応 じて 政 府 から 直 接 的 に 借 り 入 れることができるのであ る 4-3. 補 償 制 度 の 創 設 政 府 が 実 施 している 制 度 のうち 地 震 保 険 に 類 似 の 制 度 として 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 における 政 府 の 補 償 契 約 がある 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 とは 原 子 力 事 業 者 が 負 担 しなければならない 各 種 の 損 害 について 民 間 の 保 険 によって 担 保 す る 部 分 と 政 府 による 補 償 制 度 を 並 立 させるものである このうち 民 間 保 険 は 一 般 的 な 事 故 による 原 子 力 損 害 を 対 象 とする 一 方 政 府 契 約 は 地 震 や 噴 火 等 に よる 原 子 力 損 害 などを 対 象 としている 例 えば 電 力 事 業 者 が 運 転 する 原 子 力 発 電 所 など 熱 出 力 が1 万 キロワットを 超 える 原 子 炉 を 例 に 見 ると 民 間 保 険 や 政 府 の 補 償 制 度 の 限 度 額 は 600 億 円 となっ 図 表 9 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 概 要 ており この 範 囲 内 責 任 額 制 限 なし 原 子 力 事 業 者 の 無 過 失 無 限 責 任 で 補 償 の 対 象 となる 原 子 力 事 業 者 による 賠 償 負 担 ( 無 限 責 任 ) 必 要 な 場 合 は 国 会 の 議 決 により 政 府 に 属 せられ た 権 限 の 範 囲 内 で 政 府 が 援 助 ( 図 表 9) この 場 合 ( 補 助 金 交 付 利 子 補 給 低 利 融 資 など) 賠 償 措 置 額 政 府 による 補 償 料 は 原 子 力 損 害 賠 償 責 任 原 子 力 損 害 賠 償 補 償 契 約 1 件 当 たり 年 額 原 子 力 発 電 所 の 保 険 契 約 ( 民 間 契 約 ) ( 政 府 契 約 ) 場 合 は600 億 円 一 般 的 事 故 による 原 地 震 噴 火 等 による 原 子 3,000 万 円 となって 子 力 損 害 力 損 害 損 害 発 生 の 原 因 が 生 じて いる 地 震 保 険 にお 10 年 以 上 経 過 したのちに 請 求 された 原 子 力 損 害 ける 再 保 険 の 引 受 け と 大 きく 異 なるのは 原 子 力 事 業 者 同 制 度 が 保 険 ではな く 補 償 として 実 施 し 被 害 者 ていることから 積 立 政 府 異 社 の 常 会 措 に 的 置 ( 巨 動 大 乱 注 ) な 天 災 地 変 ( 注 ) 異 常 に 巨 大 な 天 災 地 変 及 び 社 会 的 動 乱 による 原 子 力 損 害 につい ては 事 業 者 は 免 責 されるが 政 府 が 被 害 者 の 救 済 のために 必 要 な 措 置 を 講 じることとなっている ( 出 所 ) 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センターホームページ 資 料 より 作 成 9

10 金 を 保 有 していないという 点 である 16 本 事 業 は 一 般 会 計 で 実 施 しており 政 府 が 各 事 業 者 から 毎 年 補 償 料 を 受 け 取 ることで 掛 け 捨 てタイプの 損 害 保 険 を 引 き 受 けていると 見 ることができる 地 震 保 険 において 同 様 の 制 度 を 実 施 すれば 特 会 の 事 業 を 一 般 会 計 が 引 き 継 ぐ 改 革 となり 17 多 額 の 積 立 金 が 不 要 となる もし 積 立 金 なしに 制 度 を 維 持 することができれば 財 政 融 資 資 金 への 預 託 の 必 要 性 もなくなることで 財 政 投 融 資 の 入 口 部 分 の 引 き 締 めにつながるほか 簡 素 な 制 度 の 構 築 にも 寄 与 すると 考 えられる 18 これは 現 在 実 施 されている 制 度 を 参 考 としている 点 で 政 府 保 証 の 導 入 より 実 現 可 能 性 が 高 い 手 法 と 考 えら れる 5.まとめ 特 会 改 革 の 議 論 の 中 で 地 震 再 保 険 特 会 はこれまで 中 心 的 存 在 にはなってい ないと 言 えよう この 要 因 は 地 震 保 険 制 度 の 維 持 には 特 会 が 必 須 であるとい う 国 民 の 意 識 が 最 も 影 響 したのではなかろうか しかし 聖 域 なき 改 革 によっ て 効 率 的 な 政 府 を 実 現 するためには パラダイムの 転 換 も 必 要 である 地 震 再 保 険 特 会 が 果 たす 役 割 は 地 震 保 険 制 度 のうち 民 間 でカバーできない 支 払 リス クを 政 府 の 信 用 力 によって 補 うことにある 従 って この 点 について 代 替 する 措 置 があるならば 地 震 保 険 を 存 続 しつつ 特 会 を 廃 止 することも 可 能 であろう 特 別 会 計 の 改 革 に 当 たって 見 直 しのための 選 択 肢 が 多 様 であればあるほど 効 率 化 のために 採 りうる 多 様 な 手 法 の 中 から 様 々な 議 論 によって 新 たな 制 度 の 構 築 を 図 ることができる 再 保 険 制 度 を 存 続 するという 選 択 肢 のほか 政 府 保 証 や 補 償 契 約 といった 選 択 肢 があれば それぞれについてメリットとデメリッ トを 比 較 することで 最 も 望 ましい 制 度 を 考 え 出 すことができる 地 震 保 険 制 度 を 考 え 出 した 当 時 は 特 会 の 設 置 が 最 良 の 選 択 肢 であったとしても これが 将 来 にわたって 最 良 であり 続 けるものではなく 状 況 の 変 化 に 応 じた 見 直 しは 絶 えず 行 っていく 必 要 があろう 特 別 会 計 の 見 直 しが 進 んでいる 今 こそ そのた めの 絶 好 の 機 会 であると 捉 えることができる この 好 機 を 逃 さぬためにも 政 府 は 新 たな 手 法 を 模 索 することが 必 要 であろう 16 政 府 が 再 保 険 を 引 き 受 けるのではないため 限 度 額 の 範 囲 内 ですべての 補 償 責 任 を 政 府 が 引 き 受 ける 17 国 で 発 生 する 事 務 取 扱 費 は 継 続 して 生 じてしまう 点 において 地 再 社 による 政 府 保 証 借 入 よ りコストがかかってしまう 18 積 立 金 の 存 在 の 是 非 については 様 々な 解 釈 があろう 地 震 保 険 制 度 における 特 会 の 積 立 金 に ついても 必 要 であるとする 意 見 と 廃 止 すべきであるとする 意 見 が 存 在 すると 考 えられる 10

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 第 5 章 地 震 保 険 の 実 務 的 な 課 題 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 個 人 商 品 業 務 部 個 人 火 災 グループ 吉 田 彰 要 旨 地 震 保 険 制 度 は 1966 年 の 地 震 保 険 に 関 する 法 律 の 制 定 を 受 けて 政 府 と 民 間 の 損 害 保 険 会 社 が 共 同 で 運 営 する 制 度 として 発 足 した 地 震 保

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の

目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体 3 対 象 年 度 及 び 作 成 の 平 成 22 年 度 決 算 行 田 市 の 財 務 書 類 4 表 総 務 省 方 式 改 訂 モデル 平 成 24 年 3 月 行 田 市 目 次 はじめに 1 Ⅰ 財 務 書 類 について 2 1 財 務 書 類 4 表 とは 2 財 務 書 類 4 表 の 相 互 関 係 Ⅱ 財 務 書 類 作 成 上 の 基 準 について 3 1 作 成 方 法 2 対 象 となる 会 計 及 び 団 体

More information

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料

第3回 地震再保険特別会計に関する論点整理に係るワーキンググループ資料 資 料 4 佐 藤 主 光 (もとひろ) 一 橋 大 学 経 済 学 研 究 科 政 策 大 学 院 1 2 事 前 ( 災 害 前 )の 自 助 努 力 の 促 進 - 首 都 直 下 地 震 など 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 被 災 者 支 援 に 充 てられる 国 被 災 自 治 体 の 財 源 にも 限 りがある 救 済 対 象 となる 被 災 者 が 多 くなれば 真

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7 平 成 28 年 8 月 31 日 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 書 1. 平 成 29 年 度 の 財 政 投 融 資 計 画 要 求 額 区 分 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 %) 対 前 年 度 比 金 額 伸 率 (1) 財 政 融 資 7,668 7,944 276 3.5 (2) 産 業

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

別添資料

別添資料 貸 借 対 照 表 ( 平 成 18 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 資 産 の 部 負 債 の 部 流 動 資 産 520,174 流 動 負 債 543,802 現 金 及 び 預 金 割 賦 債 権 営 業 貸 付 金 その 他 の 営 業 貸 付 債 権 賃 貸 料 等 未 収 入 金 カ ー ド 未 収 入 金 営 業 投 資 有

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義

都市鉄道利便増進事業の現状と政策的意義 コンサルティングレポート 2013 年 10 月 11 日 全 13 頁 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 の 現 状 と 政 策 的 意 義 コンサルティング ソリューション 第 一 部 主 任 コンサルタント 米 川 誠 [ 要 約 ] 本 年 3 月 20 日 阪 神 三 宮 駅 の 全 面 改 良 工 事 が 完 成 した これにより アクセス 性 向 上 乗 り 換 え 時 間 短

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

補 正 予 算 手 順 は 各 部 見 積 もり 政 策 経 営 部 調 整 理 事 者 査 定 議 案 ( 予 算 書 ) 作 成 議 決 後 公 表 現 状 把 握 の 部 (DO) () 事 務 事 業 の 目 的 と 指 標 手 段 ( 主 な 活 動 ) 4 年 度 実 績 (4 年 度 に 行 った 主 な 活 動 ) 当 初 予 算 に 関 しては 行 政 システムにより 策 定 した

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを

資 金 不 足 比 率 (%) 資 金 の 不 足 額 事 業 の 規 模 資 金 不 足 比 率 は 各 公 営 企 業 の 資 金 不 足 を 公 営 企 業 の 事 業 規 模 である 料 金 収 入 の 規 模 と 比 較 して 指 標 化 し 経 営 状 態 の 悪 化 の 度 合 いを 用 語 解 説 1 共 通 事 項 用 語 算 出 方 法 解 説 経 常 収 支 比 率 (%) ( 法 適 用 企 業 ) 経 常 収 益 経 常 費 用 損 益 計 算 書 の 項 目 間 の 分 析 であり 企 業 にとっては 最 も 重 要 な 指 標 の 一 つである この 比 率 は 主 たる 営 業 活 動 によって 得 た 収 益 と 他 の 関 連 する 収 益 の 合 算 を

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

Taro-匿名組合 151009 栄

Taro-匿名組合 151009 栄 匿 名 組 合 の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 匿 名 組 合 とは 匿 名 組 合 契 約 とは 当 事 者 の 一 方 が 相 手 方 の 営 業 のために 出 資 をし その 営 業 から 生 ず る 利 益 を 分 配 することを 約 する 各 当 事 者 が 出 資 をして 共 同 の 事 業 を 営 むことを 約 する 契 約 である( 商 法 535) 出 資 は 財 産 出 資 のみ

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針

東京電力に関する経営・財務調査委員会報告書を踏まえた経営合理化策等の対処方針 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 報 告 書 を 踏 まえた 経 営 合 理 化 策 等 の 対 処 方 針 平 成 23 年 10 月 28 日 原 子 力 損 害 賠 償 支 援 機 構 東 京 電 力 株 式 会 社 東 京 電 力 に 関 する 経 営 財 務 調 査 委 員 会 ( 委 員 会 )は 本 年 10 月 3 日 東 京 電 力 が 経 営 合

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙

目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項 6 附 属 明 細 書 別 紙 平 成 22 事 業 年 度 財 務 諸 表 自 : 平 成 22 年 4 月 1 日 至 : 平 成 23 年 3 月 31 日 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 目 次 貸 借 対 照 表 1 損 益 計 算 書 2 キャッシュ フロー 計 算 書 3 利 益 の 処 分 に 関 する 書 類 4 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 計 算 書 5 注 記 事 項

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w

https://edits1.pronexus.co.jp/cgi-bin/WebObjects/Edits.woa/67/w 四 半 期 報 告 書 ( 第 67 期 第 1 四 半 期 ) 自 平 成 20 年 4 月 1 日 至 平 成 20 年 6 月 30 日 丸 八 証 券 株 式 会 社 目 次 表 紙 頁 第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 1 2 事 業 の 内 容 2 3 関 係 会 社 の 状 況 2 4 従 業 員 の 状 況 2 第

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF)

野村資本市場研究所|中国の社会保険法(草案)の公表と公的年金制度改革(PDF) 特 集 ファイナンシャル セーフティネット: 人 口 高 齢 化 への 対 応 1 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 要 約 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の

More information

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社

フィサー)の 指 揮 のもとに 各 管 理 部 署 の 幹 部 役 職 員 及 び 社 外 の 専 門 家 ( 当 社 顧 問 弁 護 士 及 び 専 門 家 弁 護 士 )で 構 成 される 特 別 調 査 チームを 組 成 し 1 本 三 国 間 取 引 に 係 る 事 実 確 認 2 当 社 各 位 2009 年 1 月 28 日 会 社 名 伊 藤 忠 商 事 株 式 会 社 代 表 者 名 取 締 役 社 長 小 林 栄 三 (コード 番 号 8001 東 証 第 一 部 ) 問 合 せ 先 広 報 部 長 中 山 勇 (TEL. 03-3497-7291) 三 国 間 貿 易 取 引 に 係 る 債 権 の 回 収 遅 延 及 び 物 流 を 伴 わない 金 融 支 援 取 引 について

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 について 会 計 検 査 を 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 三 菱 電 機 株 式 会 社 等 による 過 大 請 求 事 案 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 24 年 9 月 3 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

⑫企業会計基準適用指針第6号

⑫企業会計基準適用指針第6号 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 6 号 固 定 資 産 の 減 損 に 係 る 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 15 年 10 月 31 日 改 正 平 成 20 年 1 月 24 日 最 終 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 3 範 囲 3 用 語 の 定 義 4 対 象 資 産 5 資

More information

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編 自 賠 責 保 険 制 度 の 推 移 年 月 日 事 項 摘 要 昭 和 30 年 7 月 29 日 自 動 車 損 害 賠 償 保 障 法 ( 自 賠 法 ) 公 布 自 賠 法 が 公 布 されただし 施 行 については 昭 和 30 年 8 月 から 翌 31 年 2 月 までの 間 段 階 的 に 行 われ 30 年 12 月 1 日 自 賠 責 保 険 の 引 受 開 始 自 賠 責 保

More information

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 -------------------------------------------

目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------- 参 考 1 国 民 健 康 ( 統 一 方 式 )について 平 成 23 年 8 月 26 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次 1 国 民 健 康 と 国 民 健 康 保 険 税 ------------------------------------------------------ 1 2 基 準 政 令 と 共 通 基 準 ------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

目 次 Ⅰ. 運 営 費 交 付 金 収 益 化 基 準 の 見 直 し P3 Ⅱ. 行 政 執 行 法 人 創 設 に 伴 う 運 営 費 交 付 金 の 会 計 上 の 取 扱 い P19 2

目 次 Ⅰ. 運 営 費 交 付 金 収 益 化 基 準 の 見 直 し P3 Ⅱ. 行 政 執 行 法 人 創 設 に 伴 う 運 営 費 交 付 金 の 会 計 上 の 取 扱 い P19 2 参 考 資 料 1 運 営 費 交 付 金 収 益 化 基 準 の 見 直 し 及 び 行 政 執 行 法 人 創 設 に 伴 う 運 営 費 交 付 金 の 会 計 上 の 取 扱 い 2014 年 8 月 28 日 ( 木 ) 共 同 ワーキングチーム 第 1 回 会 合 資 料 1 目 次 Ⅰ. 運 営 費 交 付 金 収 益 化 基 準 の 見 直 し P3 Ⅱ. 行 政 執 行 法 人 創

More information

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う

農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行 期 に 米 の 生 産 量 が 増 大 し 政 府 において 米 の 売 買 に 伴 う 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の2の 規 定 に 基 づく 報 告 書 米 の 生 産 調 整 対 策 の 実 施 状 況 等 について 平 成 2 8 年 7 月 会 計 検 査 院 農 林 水 産 省 は 生 産 者 に 対 して 生 産 した 米 を 全 量 政 府 に 売 り 渡 す 義 務 を 課 していた 食 糧 管 理 法 ( 昭 和 17 年 法 律 第 40 号 ) 施 行

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5

1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN DISCLOSURE 2016 1 2 3 4 1 2 3 4 5 1 2 3 4 5 ROKIN 2016 DISCLOSURE 1 2 貸 借 対 照 表 注 記 1. 記 載 金 額 は 百 万 円 未 満 を 切 り 捨 てて 表 示 しております 2. 有 価 証 券 の 評 価 基 準 および 評 価 方 法 有 価 証 券 の 評 価 は 子 会 社 株 式 については 移

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

連結計算書

連結計算書 第 54 期 決 算 公 告 貸 借 対 照 表 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 728,213 流 動 負 債 527,973 現 金 及 び 預 金 22,917 短 期 借 入 金 398,450 営 業 貸 付 金 714,350 1 年 内 返

More information

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)]

国立大学法人会計基準等検討会議(第2回)議事録・配付資料 [資料3(後半)] 2. 実 務 上 の 観 点 から 要 請 された 項 目 第 24 行 政 サービス 実 施 コスト 第 24 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コスト 独 法 基 準 の 改 訂 内 容 を 踏 まえ 語 句 訂 正 の 上 同 様 の 修 正 を 次 に 掲 げるコストは 行 政 サービス 実 施 コストに 次 に 掲 げるコストは 国 立 大 学 法 人 等 業 務 実 施 コ 行

More information

資料2-1

資料2-1 下 水 道 と 合 併 処 理 浄 化 槽 の 連 携 事 例 資 料 2-1 平 成 18 年 (2006 年 )1 月 31 日 広 島 市 Ⅰ 市 街 化 区 域 外 の 生 活 排 水 処 理 に 係 る 整 備 方 針 について 1 衛 生 的 で 快 適 な 生 活 環 境 の 実 現 と 良 好 な 水 環 境 の 保 全 を 図 るため 遅 れてい る 市 街 化 区 域 外 の

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以

法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部 分 ) 本 ページ 以 降 厚 生 年 金 は と 表 記 施 行 日 以 厚 生 年 金 制 度 の 見 直 し 2014 年 4 月 Member of Multinational Group of Actuaries and Consultants 法 律 の 概 要 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 概 要 ( 制 度 の 見 直 しに 関 する 部

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E5959D82C889FC915082AA8CA98D9E82DC82EA82E98CD9977095DB8CAF8DE090AD8169936EE7B28C5B8B50816A2E646F63> 大 幅 な 改 善 が 見 込 まれる 雇 用 保 険 財 政 ~ 弾 力 条 項 発 動 による 保 険 料 率 引 下 げの 可 能 性 ~ 予 算 委 員 会 調 査 室 渡 邊 啓 輝 1.はじめに 現 在 第 14 循 環 の 景 気 拡 張 局 面 は4 年 を 経 過 し 平 成 景 気 ( 谷 : 昭 和 61 年 11 月 山 : 平 成 3 年 2 月 )を 超 える 息 の 長

More information

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表

平成23事業年度 法人単位連結財務諸表 法 人 単 位 連 結 財 務 諸 表 -1- ( 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ) ( 単 位 : 円 ) 連 結 貸 借 対 照 表 ( 平 成 24 年 3 月 31 日 ) 資 産 の 部 Ⅰ 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 383,930,868,159 代 理 店 勘 定 50,479,456,400 有 価 証 券 759,499,383,243

More information

企業年金に関する制度改善要望

企業年金に関する制度改善要望 1. 企 業 の 円 滑 な 組 織 再 編 要 望 項 目 名 (1) 組 織 再 編 に 伴 う 確 定 給 付 企 業 年 金 の 分 割 時 における 年 金 資 産 の 移 換 額 算 出 方 法 の 追 加 確 定 給 付 企 業 年 金 制 度 の 分 割 又 は 権 利 義 務 承 継 に 伴 う 年 金 資 産 の 移 換 額 の 算 出 方 法 に 確 定 給 付 企 業 年 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378>

<323031358DE096B1838C837C815B83673237313030398ECA905E93FC2E786C7378> 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 財 務 レポート ( 平 成 27 年 10 月 ) 事 業 年 度 2014 年 4 月 1 日 ー2015 年 3 月 31 日 は じ め に 平 成 26 事 業 年 度 の 財 務 諸 表 について 平 成 27 年 8 月 31 日 付 で 東 京 都 知 事 の 承 認 を 受 けましたので ここに 公 表 します 加 えて 今 回 発

More information

Microsoft Word - 外貨建取引.docx

Microsoft Word - 外貨建取引.docx 外 貨 建 取 引 第 1 回 : 外 貨 建 取 引 と 在 外 支 店 の 換 算 2010.09.02 新 日 本 有 限 責 任 監 査 法 人 公 認 会 計 士 山 岸 聡 はじめに 外 貨 建 取 引 等 会 計 処 理 基 準 ( 以 下 会 計 基 準 )および 会 計 制 度 委 員 会 報 告 第 4 号 外 貨 建 取 引 等 の 会 計 処 理 に 関 する 実 務 指 針

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表

資料4 独立行政法人会計基準及び注解に関するQ&A と国立大学法人会計基準及び注解に関する実務指針(案)の新旧対照表 資 料 4 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 する Q& と ( 案 )の 新 旧 対 照 表 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 独 立 行 政 法 人 会 計 基 準 及 び 注 解 に 関 するQ& 1. 有 形 固 定 資 産 の 譲 渡 取 引 に 係 る 会 計 処 理 の 見 直 し Q31 5 有 形 固 定 資 産

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成

第 一 部 企 業 情 報 第 1 企 業 の 概 況 1 主 要 な 経 営 指 標 等 の 推 移 回 次 第 90 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 22 年 4 月 1 日 至 平 成 22 年 6 月 30 日 第 91 期 第 1 四 半 期 累 計 期 間 自 平 成 表 紙 提 出 書 類 根 拠 条 文 金 融 商 品 取 引 法 第 24 条 の4の7 第 1 項 提 出 先 東 北 財 務 局 長 提 出 日 平 成 23 年 8 月 10 日 四 半 期 会 計 期 間 第 91 期 第 1 四 半 期 ( 自 平 成 23 年 4 月 1 日 至 平 成 23 年 6 月 30 日 ) 会 社 名 株 式 会 社 かわでん 英 訳 名 KAWADEN

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1

目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推 進 17 Ⅴ 労 働 契 約 申 込 みみなし 制 度 19 Ⅵ その 他 の 内 容 20-1 平 成 27 年 労 働 者 派 遣 法 改 正 法 の 概 要 ~ 平 成 27 年 9 月 30 日 施 行 ~ 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 PL271029 派 需 01 目 次 Ⅰ 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 制 への 一 本 化 2 Ⅱ 労 働 者 派 遣 の 期 間 制 限 の 見 直 し 4 Ⅲ キャリアアップ 措 置 14 Ⅳ 均 衡 待 遇 の 推

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874>

<57696E4C A20966B8E D91F5816A F E747874> 信 託 編 第 1 信 託 の 意 味 を 理 解 してしまおう 1 信 託 の 思 想 を 理 解 するところからはじまります 2 登 場 人 物 を 理 解 してください 3 委 任 と 信 託 の 違 い 4 信 託 の 成 立 原 因 5 受 託 種 には 誰 がなれるのだろうか 第 2 信 託 の 課 税 の 原 則 第 3 受 益 者 等 課 税 信 託 の 基 本 的 な 課 税 関

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地

平 成 24 年 度 損 保 1 2 (5) 平 成 10 年 6 月 8 日 大 蔵 省 告 示 第 232 号 においては 大 規 模 自 然 災 害 ファンドの 計 算 に 用 いる 工 学 的 事 故 発 生 モデルの 要 件 として 次 のように 記 載 されている 当 該 要 件 を 地 平 成 24 年 度 損 保 1 1 損 保 1( 問 題 ) 第 Ⅰ 部 問 題 1. 次 の(1)~(5)の 各 問 に 解 答 しなさい 解 答 は 解 答 用 紙 の 所 定 の 欄 に 記 入 すること 各 5 点 (1) 傷 害 保 険 において 1 被 保 険 者 の 職 業 職 種 2 被 保 険 者 の 年 齢 および3 担 保 危 険 の 時 間 的 制 限 の 各 要 素 が

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF82508140904588F582CC94858F9E90D3944382C98C5782E98B4B91A582CC90A792E8646F632E646F63> 第 5 回 神 戸 市 経 理 適 正 化 推 進 本 部 会 議 資 料 1 違 法 な 予 算 執 行 行 為 等 に 係 る 職 員 の 賠 償 責 任 に 関 する 規 則 ( 地 方 自 治 法 第 243 条 の 2 第 1 項 後 段 の 規 則 ) 目 次 1 規 則 制 定 の 経 緯 1 2 規 則 の 意 義 4 3 具 体 的 に 指 定 する 職 員 5 4 留 意 すべき

More information

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版>

高齢者等の居室内での死亡事故等に対する賃貸人の不安解消に関する調査<概要版> 高 齢 者 等 の 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 に 対 する 賃 貸 人 の 不 安 解 消 に 関 する 調 査 < 概 要 版 > 1. 調 査 目 的 民 間 賃 貸 住 宅 において 賃 貸 人 が 高 齢 者 等 の 入 居 を 制 限 する 実 態 が 見 られ その 理 由 として 家 賃 の 支 払 い 居 室 内 での 死 亡 事 故 等 等 への 賃 貸 人 の 不 安

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089FC82575F976E82AF8D9E82DD5F814030393035313520836083468362834E837C83438393836781698E518D6C8E8E88C4816A2E646F63> 地 方 公 共 団 体 財 政 健 全 化 法 における 健 全 化 判 断 比 率 及 び 資 金 不 足 比 率 に 関 するチェックポイント( 参 考 試 案 ) 目 次 総 括 表 1 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 P. 2 総 括 表 2 連 結 実 質 赤 字 比 率 等 の 状 況 P. 5 総 括 表 3 実 質 公 債 費 比 率 の 状 況 P. 7 総 括 表 4 将

More information

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする

2 会 長 は 前 項 の 申 込 みを 承 諾 したときは 共 済 事 業 制 度 加 入 承 諾 書 と 本 退 職 共 済 規 程 を 共 済 契 約 者 に 送 付 するものとする 3 事 業 主 が 施 設 を 新 設 し 新 たにその 施 設 の 職 員 を 加 入 者 としようとする 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 退 職 共 済 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 益 社 団 法 人 千 葉 県 社 会 福 祉 事 業 共 助 会 ( 以 下 共 助 会 という ) 定 款 第 4 条 に 規 定 する 事 業 ( 以 下 共 済 事 業 という )の 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映

9 キャッシュ フロー 計 算 書 の 導 入 10 勘 定 科 目 等 の 見 直 し 11 組 入 資 本 金 制 度 の 廃 止 ( 資 本 制 度 の 見 直 しの 積 み 残 し) 財 務 諸 表 趣 旨 見 直 し 項 目 1 貸 借 対 照 表 財 産 状 態 の 適 切 な 反 映 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 改 正 概 要 について < 趣 旨 > 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 改 正 については 総 務 省 資 料 では4つの 背 景 を 掲 げ ているが その 趣 旨 は 公 営 企 業 が 経 営 の 実 態 をより 正 確 に 把 握 し それに 基 づいた 経 営 戦 略 を 立 てることができるようにするとともに その 戦 略 を 主 体

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information