教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中"

Transcription

1 2012 年 1 月 7 日 小 熊 英 二 研 究 会 2 近 代 社 会 研 究 総 合 政 策 学 部 3 年 (s09612tn) 中 村 珠 希 女 子 校 出 身 者 における 趣 味 趣 向 性 格 的 社 会 的 傾 向 を 問 う( 仮 ) < 問 題 意 識 > 大 きなテーマとして 私 の 中 にあるのは これからの 日 本 における 女 性 教 育 の 検 討 である 1872 年 以 降 の 近 代 学 校 教 育 制 度 が 整 えられてから 現 在 に 至 るまで 女 子 教 育 の 目 的 制 度 周 りを 取 り 巻 く 環 境 は 様 々な 変 貌 を 遂 げてきた 女 性 自 身 も 経 済 的 理 由 により 専 業 主 婦 でいられなくなったり 社 会 経 済 的 成 功 を 望 んだり 女 性 であることを 認 めつつ 社 会 での 成 功 と 育 児 を 両 立 しようとしたりと 様 々な 生 き 方 をみている 女 子 教 育 はこれからの 女 性 の 未 来 の 可 能 性 を 左 右 すると 同 時 に 多 くの 問 題 をはらむテー マである その 中 でも 私 は 自 らの 小 学 校 から 高 校 まで 十 二 年 間 を 女 子 校 で 過 ごしてきたという 経 験 を 活 かしたいと 考 え 女 子 校 教 育 に 焦 点 をあてて 研 究 することにした 自 分 の 話 になるが 大 学 入 学 後 の 初 めての 共 学 経 験 そこで 感 じたカルチャーショック 仲 良 くなる 友 人 は 未 だに 女 子 校 出 身 者 が 多 い Twitter での 女 子 校 あるある というトピックの 異 様 な 盛 り 上 がり 女 子 校 出 身 者 の 妙 な 仲 間 意 識 など 現 在 自 分 が 女 子 校 出 身 であることを 意 識 することが 多 くなった さ らに 辛 酸 なめ 子 の 女 子 校 育 ち という 本 の 中 に 女 子 校 に 通 っていた 女 性 は 8 割 以 上 の 確 率 で 第 一 印 象 だけで 相 手 を 女 子 校 出 身 者 だと 見 抜 くことが 出 来 る(p.12) という 興 味 深 い 実 証 を 発 見 した なぜ 女 子 校 出 身 者 はこのように 考 えるのだろうか おそらくそれは 女 子 校 出 身 者 に 共 通 する 何 かが 存 在 する からだろう こうした 何 か とは 女 子 校 教 育 で 育 った 女 性 の 性 格 的 社 会 的 傾 向 や 趣 味 趣 向 とその 他 の 人 の 相 違 であると 考 えられる そこで 本 研 究 では その 何 か を 明 らかにすることを 目 的 とした いと 思 う 最 終 的 にはこの 研 究 を 通 して 女 子 校 や 共 学 校 に 通 う 女 子 がどのような 傾 向 をもって 育 ってい くのかという 事 を 実 証 し 女 子 教 育 の 選 択 の 助 けになればよいと 考 えている しかし 現 在 の 女 子 校 が 育 む 女 性 像 の 特 徴 を 明 らかにする 以 前 に 男 女 共 学 別 学 の 背 景 の 知 識 不 足 であ ったので 今 回 は 共 学 別 学 の 概 念 が 生 まれた 歴 史 的 背 景 また 共 学 別 学 の 概 念 の 変 遷 を 探 る ことから 始 めた < 男 女 共 学 別 学 教 育 の 変 遷 > 日 本 の 近 代 学 校 教 育 制 度 は 明 治 期 (1872 年 の 学 制 発 布 )にスタートする 士 農 工 商 の 身 分 を 問 わず さらには 男 子 のみならず 女 子 も 含 めて すべての 人 ( 国 民 )が 学 校 で 学 ぶことを 奨 励 する ことが 明 治 政 府 によって 約 束 された 学 制 発 布 以 前 は 女 子 に 対 する 教 育 がなされていなかったわけではないが 儒 教 の 精 神 で 女 は 学 なきをよしとす と 言 うように 女 子 への 教 育 は 軽 視 される 傾 向 にあった また 性 差 に 限 らず 階 級 差 ( 庶 民 より 貴 族 の 教 育 )が 重 要 視 されてきたため 学 制 発 布 以 前 は 教 育 においては 性 差 別 よりも 身 分 差 別 の 方 がひどかったことがうかがえる この 学 制 発 布 で 注 目 すべき 点 は ここで 示 さ れる 女 子 教 育 の 必 要 性 は 母 親 育 成 に 見 られており 男 子 の 教 育 目 的 とは 異 なっていたことである 続 いて 1879 年 に 男 女 教 場 ヲ 同 クスルコトヲ 得 ス という 男 女 共 学 を 認 めない 旨 を 含 んだ 教 育 令 が 発 布 される これにより 小 学 校 段 階 では 共 学 が 存 在 するものの 中 等 教 育 以 上 の 教 育 機 関 は 男 女 を 厳 格 に 分 離 した つまりこれが 公 的 制 度 として 男 女 別 学 が 確 立 した 瞬 間 である その 後 カリキュラムにおいても 技 術 などの 男 子 向 け 裁 縫 や 料 理 などの 女 子 向 けの 教 科 が 整 備 されて いき 教 育 における 質 と 量 の 違 いが 顕 著 になっていく 1886 年 には 中 学 校 令 帝 国 大 学 令 が 発 布 され 男 子 の 教 育 系 統 が 確 立 される 数 年 後 の 1891 年 には 中 学 校 令 が 改 正 され 女 子 の 高 等 女 学 校 ( 男 子 の 中 等

2 教 育 機 関 に 相 当 )についての 規 定 がなされる 大 きな 変 化 があったのは 1899 年 の 高 等 女 学 校 令 中 学 校 令 改 正 である これは 1 県 に 尐 なくとも 1 校 は 高 等 女 学 校 を 設 立 することが 規 定 されたもので 男 子 向 け 中 学 校 が 1877 年 の 地 点 で 100 校 以 上 存 在 したのに 対 し 女 子 のそれは 全 国 で 36 校 であったためであ る こうして 女 子 に 対 する 教 育 も 徐 々に 整 えられていくわけだが この 頃 から 徹 底 して 良 妻 賢 母 主 義 の 基 本 理 念 がおかれた さらにこれは 広 範 な 階 級 に 門 戸 開 放 すべく 大 衆 化 するのではなく ある 程 度 の 学 力 と 経 済 力 を 持 った 階 級 に 教 育 対 象 を 限 定 していた 日 本 社 会 の 中 産 階 級 の 形 成 を 目 的 として 作 られ それらに 対 応 するものとして すなわち 中 流 階 級 の 職 業 人 である 男 性 の 妻 として 良 妻 賢 母 の 育 成 という 方 向 性 をとったのである 1900 年 以 降 は 01 年 に 日 本 女 子 大 学 校 が 設 置 03 年 に 専 門 学 校 令 13 年 に 東 北 帝 国 大 学 に 3 名 の 女 子 が 入 学 16 年 にはミッション 系 の 聖 心 女 子 学 院 専 門 学 校 の 設 置 18 年 に 新 大 学 令 などといった 様 々な 動 きが 見 られるようになってきた しかしこれまでのバンカラと 言 った 男 文 化 に 加 えて 男 らしさと 知 の 統 合 として 教 養 主 義 の 出 現 した 関 係 で 学 歴 エリートと 呼 ばれる 人 々は 男 性 に 限 られており 女 子 高 等 教 育 施 策 については 時 期 尚 早 と 考 えられた しかし 高 等 女 学 校 数 は 明 治 末 期 には 200 校 以 上 に 上 ってお り 高 等 女 学 校 以 上 の 高 等 教 育 を 受 けたい 女 性 の 要 求 が 高 まっていた ( 教 育 の 社 会 学 より) 第 一 次 世 界 大 戦 第 二 次 世 界 大 戦 を 経 て 1919 年 に 全 国 高 等 女 学 校 長 会 議 において 女 子 の 高 等 学 校 建 議 案 が 決 議 されたことをきっかけに 女 子 の 高 等 教 育 への 運 動 が 激 化 するが 時 期 尚 早 として 退 けられる 24 年 には 女 子 学 生 連 盟 が 結 成 され 翌 年 に 全 国 組 織 として 発 展 する 1940 年 に 教 育 審 議 会 は 女 子 大 学 の 設 置 を 決 定 するも 実 現 したのは 第 二 次 世 界 大 戦 以 後 の 教 育 改 正 の 時 であった 男 女 共 学 の 全 国 的 な 実 施 は 第 二 次 世 界 大 戦 後 の 教 育 改 革 の 大 きな 柱 の 一 つとしてとして 掲 げられたこ とから 始 まる 小 学 校 から 大 学 までの 全 ての 学 校 において 性 差 を 前 提 とした 男 女 別 システムが 基 本 であ ったものが ここで 見 直 されたのである ようやく 高 等 教 育 の 女 性 への 門 戸 開 放 ( 女 子 の 大 学 入 学 許 可 1946 年 )が 行 われた 翌 年 47 年 には 教 育 基 本 法 において 教 育 上 の 男 女 平 等 と 共 学 の 原 則 が 定 められた 49 年 には 専 門 学 校 や 女 子 校 師 範 学 校 など 女 子 大 学 が 計 31 校 になる 戦 後 を 機 に 男 子 校 は 共 学 化 女 子 校 は 教 育 機 会 の 保 障 と 言 う 理 由 で 存 続 していった さらに 短 期 大 学 などが 発 達 していく そして 1964 年 学 校 教 育 法 が 改 正 され 短 期 大 学 は 恒 久 的 な 教 育 機 関 として 制 度 化 する 花 嫁 学 校 的 な 要 素 を 含 むよ うになっていく こうして 男 女 共 学 化 が 推 進 されてからも 知 的 であらねばならない 男 性 と 家 庭 生 活 を 運 営 するために 情 緒 やケア 能 力 を 求 められる 女 性 という 二 項 対 立 形 式 が 保 たれ この 形 式 は 学 校 教 育 を 舞 台 に 再 生 産 されるのである ( 教 育 の 社 会 学 より) < 共 学 別 学 の 概 念 の 変 化 > 1879 年 に 教 育 令 で 公 的 制 度 として 男 女 別 学 が 確 立 してから 第 二 次 世 界 大 戦 後 の 教 育 改 革 の 柱 として 男 女 共 学 が 掲 げられ 共 学 化 が 急 速 に 進 んだつい 最 近 まで 別 学 は 差 別 的 な 概 念 であったと 考 えられる 特 に 木 村 (2010)が 分 離 が 強 制 力 を 持 って 制 度 化 されるとき 単 なる 分 ける 以 上 の 意 味 を 持 つ 男 女 は 国 民 と 統 合 されると 同 時 に 分 離 された と 述 べていることからもそのことがうかがえる ( 教 育 の 社 会 学 より) その 後 しばらくの 間 1950 年 代 以 降 の 婦 人 解 放 運 動 の 一 連 の 流 れや 75 年 の 国 際 婦 人 年 以 降 の 十 年 間 2

3 に 及 ぶ 国 連 婦 人 の 女 性 解 放 運 動 や 85 年 の 男 女 雇 用 機 会 均 等 法 などにより 女 性 の 解 放 運 動 が 激 しく 行 わ れてきた 実 際 に 84 年 には 女 性 の 労 働 雇 用 者 が 家 事 専 業 主 婦 者 数 を 上 回 っている(パートタイムを 含 む 経 済 状 況 として 収 入 が 期 待 できず 専 業 主 婦 が 成 立 しなくなってきたためという 理 由 があるが) また 90 年 代 (アメリカでは 80 年 代 頃 )から 男 性 学 の 学 問 領 域 が 開 かれてから 男 らしさを 男 性 に 求 めすぎるこ とに 対 して 疑 問 視 が 寄 せられるようになる 男 女 共 学 別 学 の 概 念 が 変 わり 始 めたのはこの 頃 であると 私 は 考 える さらに 男 女 共 学 別 学 をめぐる 理 論 の 中 にジェーン R マーティンの 教 育 の 三 つの 理 想 像 と 言 うものがある 一 つ 目 にジェンダーは 教 育 を 考 えるにあたって 無 視 できる 差 異 であるから これに 囚 われることなしに 男 女 に 同 一 の 教 育 を 与 えるジェンダー フリーな 教 育 二 つ 目 にジェンダーは 教 育 を 考 えるにあたって 決 定 的 に 重 要 な 差 異 であるから 男 女 に 別 々の 教 育 を 与 えるというジェンダー バ ウンドな 教 育 最 後 にこの 二 元 論 を 克 服 するためのジェンダー センシティブな 教 育 という セックス やジェンダーを それが 重 要 な 変 化 を 及 ぼすときは 考 慮 に 入 れ そうでないときは 無 視 するという 教 育 である ジェンダー フリー ジェンダー バウンド ジェンダー センシティブな 教 育 である 畠 山 (2011)はこの 理 想 理 論 の 変 化 は 共 学 別 学 の 概 念 が 差 別 制 度 的 なものから 教 える という 本 来 の 教 育 の 目 的 に 移 行 していった 表 れであると 主 張 している このように 近 年 では 共 学 別 学 の 概 念 が 差 別 的 要 素 を 含 まない 傾 向 に 変 化 していると 言 える ( 男 女 共 学 別 学 を 問 いなおす - 新 しい 議 論 の ステージへ- より) < 先 行 研 究 > 男 女 共 学 別 学 論 争 に 関 しての 先 行 研 究 は 山 ほどある また 女 子 大 学 についての 分 析 を 行 ったものも 多 い さらに 女 子 校 に 限 定 するもので 興 味 深 いものを 挙 げると イギリスのセント アンドリュース 大 学 による 調 査 で 女 子 校 出 身 者 の 男 性 の 顔 の 好 みの 基 準 が 異 なることを 示 唆 するものもあった 今 回 取 り 上 げたものは 木 村 涼 子 古 久 保 さくら 今 田 絵 里 香 土 田 洋 子 による 大 阪 における 男 女 共 学 別 学 高 校 の 生 徒 文 化 日 本 教 育 社 会 学 会 (2004)である 大 阪 府 内 の 私 立 高 等 学 校 7 校 ( 男 子 校 女 子 校 近 年 共 学 化 した 学 校 )を 比 較 し 別 学 共 学 をはじめとした 各 学 校 の 教 育 環 境 や 生 徒 文 化 の 特 色 をジェンダーの 形 成 という 観 点 から 考 察 したもの ジェンダー 感 自 尊 感 情 将 来 展 望 ネットワー ク 分 析 の 結 果 学 校 のタイプ 別 に 異 なる 意 識 を 持 っていることが 確 認 される 男 子 は ノン エリート と エリート の 間 で 大 きな 違 いが 見 られたのに 対 し 女 子 の 場 合 は 女 子 校 と 共 学 校 の 間 に 見 られる 差 が 特 徴 的 であった サブ エリート 女 子 校 の 女 子 は 比 較 的 自 尊 心 が 高 く 社 会 経 済 的 成 功 志 向 幸 せな 結 婚 生 活 志 向 も 強 い しかし 一 方 で 男 性 は 女 性 を 守 るべきだ 女 性 には 体 力 精 神 力 の 面 で 向 かない 仕 事 もある という 項 目 には 肯 定 する 割 合 が 高 く 自 らの 女 性 性 を 十 分 に 認 めている そしてその 上 で 今 の 自 分 の 性 に 生 まれてよかったと 思 う とその 女 性 性 を 肯 定 してい た( 女 性 性 利 用 型 ) そしてそのような 女 性 性 の 肯 定 は 男 性 との 関 係 よりも 女 性 との 関 係 を 重 視 する ことでますます 強 められると 考 えられるのではないか 環 境 によって 女 子 のジェンダー 観 にある 種 の 影 響 を 与 えているだとうということが 考 えられるだろうと 述 べている < 研 究 方 法 研 究 対 象 仮 説 > 今 回 は 共 学 別 学 の 背 景 やその 概 念 の 変 化 について 調 査 したのみであるので 論 理 だった 仮 説 を 立 て ることが 出 来 ないが 現 段 階 で 私 が 考 えるのは 差 別 的 な 要 素 が 大 いに 含 まれ 強 制 力 を 持 って 推 し 進 め 3

4 られた 男 女 別 学 の 時 代 に 逆 らうように 誕 生 した 女 子 校 は 共 通 の 理 念 や 方 向 性 を 持 って 生 徒 を 指 導 して いるのではないかという 事 である その 共 通 の 理 念 があるか 否 かを 女 子 校 のカリキュラムや 理 念 を 分 析 して 考 えたい さらに 大 阪 における 男 女 共 学 別 学 高 校 の 生 徒 文 化 という 先 行 研 究 にあった サブ エリート 女 子 校 に 見 られる 女 性 性 を 認 めながらのジェンダー 観 や 経 済 社 会 的 成 功 志 向 競 争 回 避 志 向 をもつ 女 子 に 関 しての 結 果 は 自 らの 経 験 から 漠 然 と 考 えていた 女 子 校 出 身 者 に 共 通 する 何 か ( 対 人 関 係 において 性 差 を 重 要 視 しないこと 性 格 的 に 女 の 子 らしくない 部 分 があるなど)を 証 明 して いるかのように 感 じた その 他 の 先 行 研 究 では 女 子 大 学 や 高 等 教 育 の 研 究 が 目 立 っており 男 女 共 学 別 学 の 生 徒 の 文 化 がす でに 調 査 されている 私 としては 特 に 先 行 研 究 の 尐 なかった 小 学 校 から 中 学 校 という 思 春 期 を 女 子 校 で 過 ごした 女 子 に 対 象 を 絞 って 研 究 できればと 思 う( 仮 ) しかしアンケートを 行 うことを 考 えると 数 が 取 れないという 困 難 が 予 想 されるのではないかと 不 安 である 方 法 としては 引 き 続 き 文 献 調 査 が 必 要 であると 感 じている ある 程 度 対 象 や 方 向 性 が 明 確 になってき たら 指 導 方 針 指 導 理 念 の 分 析 やアンケートなどをしたいと 考 えている 今 回 の 発 表 で 先 生 や 皆 様 か らのアドバイスを 頂 き 自 分 で 整 理 し 直 したい 4

5 < 参 考 文 献 > 婦 人 教 育 のあゆみ 研 究 会 鹿 島 光 代 (1991) 自 分 史 としての 婦 人 教 育 ドメス 出 版 苅 谷 剛 彦 濱 名 陽 子 木 村 涼 子 酒 井 朗 (2010) 教 育 の 社 会 学 有 斐 閣 永 島 利 明 (1986) 性 差 別 の 撤 廃 と 教 育 筑 波 書 房 ハンネローレ ファウルシュティッヒ=ヴィーラント(2004) ジェンダーと 教 育 男 女 別 学 共 学 論 争 を 超 えて 青 木 書 店 坂 本 辰 郎 水 原 克 敏 尾 崎 博 美 八 木 美 保 子 畠 山 大 (2011) 男 女 共 学 別 学 を 問 いなおす - 新 しい 議 論 のステージへ- 東 洋 館 辛 酸 なめ 子 (2011) 女 子 校 育 ち ちくま 出 版 井 上 輝 子 (2011) 新 女 性 学 への 招 待 変 わる 変 わらない 女 の 一 生 有 斐 閣 加 藤 春 恵 子 津 金 澤 聡 広 (1992) 女 性 とメディア 世 界 思 想 社 奥 田 祥 子 (2007) 男 はつらいらしい 新 潮 社 江 原 由 美 子 山 田 昌 弘 (2008) ジェンダーの 社 会 学 入 門 岩 波 書 店 木 村 涼 子 古 久 保 さくら 今 田 絵 里 香 土 田 洋 子 (2004) 大 阪 における 男 女 共 学 別 学 高 校 の 生 徒 文 化 日 本 教 育 社 会 学 会 一 番 ケ 瀬 康 子 奥 山 えみ 子 (1979) 婦 人 解 放 と 女 子 教 育? 草 書 房 中 藤 洋 子 (2005) 女 性 問 題 と 社 会 教 育 ジェンダー 視 点 に 立 つ 成 人 の 教 育 学 習 論 への 試 み ドメス 出 版 St.Andrews University(2009), Visual diet links to attraction, BBC NEWS (http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/scotland/edinburgh_and_east/ stm) 5

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な

はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要 となる 業 務 であ り これを 担 う 建 築 士 建 築 士 事 務 所 に 係 る 制 度 について 社 会 の 要 請 に 応 じ て 適 正 化 することは 極 めて 重 要 な 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 の 業 の 適 正 化 及 び 建 築 主 等 への 情 報 開 示 の 充 実 に 向 けて ~ 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 提 言 ~ 平 成 26 年 3 月 27 日 自 由 民 主 党 建 築 設 計 議 員 連 盟 はじめに 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 は 良 質 で 安 全 な 建 築 物 の 整 備 の 要

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

タイトル

タイトル 経 済 トレンド 子 ども 手 当 ての 意 義 を 考 える ~ 拙 速 な 廃 止 は 将 来 の 労 働 力 を 質 量 の 両 面 から 減 少 させることに~ 経 済 調 査 部 柵 山 順 子 ( 要 旨 ) 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 案 の 一 つとして 子 ども 手 当 ての 廃 止 が 議 論 されている 子 ども 手 当 て 廃 止 が 様 々な 世 帯 にどのような

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

28.07.01【税関】.xlsm

28.07.01【税関】.xlsm 平 成 28 年 7 月 1 日 発 令 税 関 発 令 事 項 氏 名 現 官 職 函 館 税 関 総 務 部 部 付 高 田 薫 神 戸 税 関 監 視 部 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 土 屋 孝 文 函 館 税 関 苫 小 牧 税 関 支 署 長 辞 職 東 京 税 関 総 務 部 部 付 猪 瀬 裕 神 戸 税 関 ポートアイランド 出 張 所 辞 職 東 京 税 関 総

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負

増 加 するということが 問 題 となった 最 終 的 に 負 担 増 を 緩 和 するため2 年 間 の 経 過 措 置 がとられることになったが この 問 題 は 税 と 社 会 保 険 料 との 調 整 の 問 題 を 浮 かび 上 がらせることになった このように 税 と 社 会 保 障 負 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 加 入 社 会 保 険 制 度 間 でみた 税 社 会 保 険 料 負 担 の 水 平 的 公 平 性 木 村 真 ( 北 海 道 大 学 公 共 政 策 大 学 院 特 任 助 教 ) 1.はじめに わが 国 では 高 齢 化 の 進 展 とともに 国 民 負 担 における 社 会 保 険 料

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて

裁 決 書 審 査 申 立 人 丹 羽 國 臣 上 記 審 査 申 立 人 から 平 成 27 年 7 月 8 日 付 けで 提 起 された 同 年 4 月 26 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 における 当 選 の 効 力 に 関 する 審 査 の 申 立 てについて 告 示 埼 玉 県 選 管 告 示 第 六 十 四 号 平 成 二 十 七 年 四 月 二 十 六 日 執 行 の 狭 山 市 議 会 議 員 一 般 選 挙 に お け る 当 選 の 効 力 に 関 す る 審 査 の 申 立 て に つ い て 当 委 員 会 は 次 の と お り 裁 決 し た 平 成 二 十 七 年 九 月 四 日 埼 玉 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 滝

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の

2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤 氏 の 学 位 論 文 審 査 が 実 施 された まず 周 家 彤 氏 から 本 審 査 の 申 請 の 際 に 提 出 した 履 歴 書 の 様 式 D 学 位 記 番 号 甲 第 45 号 氏 名 周 家 彤 論 文 題 目 長 春 市 における 満 州 国 旧 祉 群 の 保 存 と 変 遷 学 位 審 査 委 員 主 査 西 尾 林 太 郎 副 査 谷 澤 明 副 査 馬 場 毅 2014 年 12 月 27 日 ( 土 ) 午 前 10 時 05 分 ~12 時 00 分 星 が 丘 キャンパス 13E-2にお いて 周 家 彤

More information

2/9 ( 増 額 )ができるようになる 遺 族 厚 生 年 金 の 給 付 受 給 要 件 の 変 更 1 子 ども(18 歳 未 満 )のいない 30 歳 未 満 の 妻 に 対 する 遺 族 年 金 を 5 年 間 で 打 ち 切 る 遺 族 厚 生 年 金 の 受 給 権 の 一 部 変 更

2/9 ( 増 額 )ができるようになる 遺 族 厚 生 年 金 の 給 付 受 給 要 件 の 変 更 1 子 ども(18 歳 未 満 )のいない 30 歳 未 満 の 妻 に 対 する 遺 族 年 金 を 5 年 間 で 打 ち 切 る 遺 族 厚 生 年 金 の 受 給 権 の 一 部 変 更 1/9 2007 年 4 月 と 10 月 に 変 更 になった 主 な 事 柄 を 確 認 する ( :2013 年 1 月 23 日 掲 載 ) (1)2007 年 4 月 から 変 更 になった 事 柄 項 目 1 年 金 国 民 年 金 保 険 料 の 引 き 上 げ 厚 生 年 金 保 険 料 率 の 引 き 上 げ 基 礎 年 金 の 国 庫 負 担 金 割 合 の 引 き 上 げ 離

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49:

No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 61 243 長 谷 部 崇 43 男 大 分 県 2:38:55 0:33:19 55 1:16:12 61 1:49:31 52 0:49: No. 氏 名 年 齢 性 別 居 住 地 記 録 スイムラッフ S 順 ハ イクラッフ B 順 スフ リット 通 過 ランラッフ R 順 男 子 女 子 1 63 井 辺 弘 貴 20 男 福 岡 県 2:09:27 0:26:21 4 1:06:37 2 1:32:58 1 0:36:29 2 1 2 2 秦 陽 一 郎 41 男 大 分 県 2:11:28 0:28:15 14 1:06:21

More information

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課

( 平 成 26 年 4 月 10 日 プレスリリース) 人 事 異 動 内 示 平 成 26 年 4 月 15 日 付 総 務 部 人 材 開 発 課 平 成 26 年 4 月 15 日 付 人 事 異 動 の 概 要 平 成 26 年 4 月 10 日 記 者 会 見 資 料 総 務 部 人 材 開 発 課 1 概 要 市 長 選 の 年 の 定 期 人 事 異 動 は 5 月 1 日 に 実 施 するのが 通 例 であったが 新 市 政 の 早 期 スタートを 図 るため 4 月 15 日 付 の 人 事 異 動 を 実 施 することとした 平

More information

職種限定契約

職種限定契約 職 種 限 定 契 約 における 配 転 命 令 の 可 否 東 京 海 上 日 動 火 災 保 険 事 件 東 京 地 判 平 19.3.26 判 時 1965 号 3 頁 佐 藤 敬 二 ( 立 命 館 大 学 ) Ⅰ 事 実 の 概 要 X( 原 告 )は 損 害 保 険 業 等 を 目 的 とするY 社 ( 被 告 )において 損 害 保 険 の 契 約 募 集 等 に 従 事 する 外 勤

More information

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx

Microsoft Word - 要旨林有珍.docx 要 旨 本 論 文 の 目 的 は, 日 本 企 業 の 人 材 マネジメントとしての 育 児 期 従 業 員 に 対 する 両 立 支 援 施 策 とその 運 用 が, 育 児 期 の 女 性 正 社 員 の 定 着 と 動 機 づけにもつ 影 響 とそのメカニズムに ついて 理 論 的 に 考 察 し, 実 証 を 行 うことにある. 本 論 での 両 立 支 援 施 策 は, 主 に, 従 業

More information

元 陸 上 自 衛 隊 第 1 教 育 団 お ち あ い 落 合 宏 上 尾 市 外 交 領 事 事 務 功 労 元 在 アンカレッジ 日 国 総 領 事 館 総 領 事 お び な た 大 日 方 か ず お 和 73 東 松 市 元 札 幌 国 税 不 服 審 判 所 お ぶ せ 布 施 き

元 陸 上 自 衛 隊 第 1 教 育 団 お ち あ い 落 合 宏 上 尾 市 外 交 領 事 事 務 功 労 元 在 アンカレッジ 日 国 総 領 事 館 総 領 事 お び な た 大 日 方 か ず お 和 73 東 松 市 元 札 幌 国 税 不 服 審 判 所 お ぶ せ 布 施 き 農 林 水 産 行 政 事 務 功 労 元 瀬 戸 内 海 区 水 産 研 究 所 あ い ざ わ 會 澤 や す し 安 志 さいたま 市 南 区 建 設 行 政 事 務 功 労 元 九 州 地 方 建 設 局 用 地 部 あ ら い 新 ひ で き 英 樹 さいたま 市 岩 槻 区 元 公 立 高 等 学 校 あ ら い 新 ゆ き お 行 庄 市 財 務 行 政 事 務 功 労 元 大 蔵 省

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の

第 19 条 理 事 長 に 事 故 ある 時 は,あらかじめ 理 事 長 の 指 名 した 理 事 がその 職 務 を 代 行 第 20 条 理 事 は 庶 務, 会 計, 編 集,その 他 の 業 務 を 分 掌 ( 監 事 ) 第 21 条 本 学 会 に 監 事 2 名 をおく 監 事 の 日 本 細 菌 学 会 会 則 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 学 会 は 日 本 細 菌 学 会 (Japanese Society for Bacteriology)という ( 目 的 ) 第 2 条 本 学 会 は 細 菌 学 およびその 関 連 領 域 の 科 学 の 進 歩 に 寄 与 し 社 会 に 貢 献 することを 目 的 と ( 事 業 ) 第 3 条 本 学

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立

27 今 井 裕 京 都 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 28 入 江 一 浩 京 都 大 学 29 入 江 正 和 近 畿 大 学 30 岩 倉 洋 一 郎 東 京 理 科 大 学 31 位 田 晴 久 宮 崎 大 学 32 植 田 正 九 州 大 学 33 上 田 光 宏 大 阪 府 立 平 成 28 年 度 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 シーズ 創 出 ステージ 1 次 ( 書 面 ) 審 査 評 価 委 員 リスト 評 価 者 名 1 阿 江 教 治 酪 農 学 園 大 学 2 秋 田 修 実 践 女 子 大 学 3 秋 光 和 也 香 川 大 学 4 秋 山 美 展 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 5 芦 田 均 神

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋

51 仲 田 茂 満 39 42 52 烏 谷 純 一 43 50 93 19.2 53 渡 辺 勝 介 46 46 54 福 岡 雅 人 41 45 86 12.0 55 和 田 豊 茂 43 43 56 鳥 越 博 之 44 42 86 12.0 57 石 山 靖 人 42 44 58 土 屋 優 勝 藤 城 正 裕 44 36 2 高 取 正 38 41 79 9.6 3 中 田 康 夫 36 44 4 西 岡 和 敏 36 38 74 3.6 5 嶋 矢 廣 喜 44 40 6 加 藤 正 之 43 35 78 7.2 7 伊 佐 岡 朗 宏 46 44 8 向 井 義 明 42 41 83 12.0 9 川 上 孝 子 49 46 10 児 玉 和 生 37 33 70 +1.2 11

More information

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部

役 員 の 退 任 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 限 り) 芦 田 豊 本 部 担 当 理 事 2. 職 員 の 人 事 異 動 職 員 の 異 動 ( 平 成 27 年 3 月 31 日 付 ) (1)ブロック 本 部 本 部 長 / 本 部 長 守 田 憲 敏 本 部 / 支 払 部 Press Release 報 道 関 係 者 各 位 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 照 会 先 ) 人 事 管 理 部 人 事 グループ 長 矢 口 明 人 事 管 理 部 参 事 役 江 口 伸 二 ( 電 話 直 通 03-6892-0713) 経 営 企 画 部 広 報 室 ( 電 話 直 通 03-5344-1110) 日 本 年 金 機 構 役 職 員 の 人 事 異 動 について

More information

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請

し て 支 払 っ た も の に 該 当 す る か ら 経 費 と し て 認 め ら れ な い こ と 等 を 理 由 と し て 各 更 正 の 決 定 ( 以 下 本 件 各 更 正 決 定 と い う ) を し た そ こ で 原 告 は こ れ を 不 服 と し て 審 査 請 File.4 < 判 決 原 文 > 生 計 を 一 に す る 妻 へ の 税 理 士 報 酬 と 必 要 経 費 - 宮 岡 事 件 - 第 1 審 : 東 京 地 裁 平 成 13 年 ( 行 ウ ) 第 423 号 平 成 15 年 7 月 16 日 判 決 ( TAINS 判 例 検 索 Z253-9393 税 務 訴 訟 資 料 253 号 順 号 9393 判 例 時 報 1891 号

More information

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木

MT-8 A A A A 三 重 中 京 大 学 MT-8-S1 若 林 孝 容 21 2 21 15 松 田 敦 士 MT-8-S2 栗 田 輝 亮 21 13 21 14 北 川 尚 希 MT-8-D1 西 野 雅 之 西 川 夏 樹 18 21 21 19 24 22 北 川 尚 希 柚 木 MT-1 MT-1-S1 松 村 裕 二 16 21 21 19 20 22 丸 野 裕 売 MT-1-S2 永 野 雅 也 21 3 21 4 矢 田 大 輔 MT-1-D1 松 村 裕 二 山 本 良 21 4 21 10 門 脇 和 成 川 原 祐 貴 MT-1-D2 奥 平 健 太 郎 藤 田 翔 21 17 21 10 丸 野 裕 売 矢 田 大 輔 MT-1-S3 林 晃 弘 門 脇 和

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 平 成 23 年 1 月 31 日 制 定 平 成 24 年 2 月 29 日 改 正 平 成 27 年 1 月 1 日 改 正 第 1 趣 旨 出 産 育 児 一 時 金 等 ( 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 をいう 以 下 同 じ )の 医 療 機 関

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 第 58 回 全 日 本 学 生 バドミントン 選 手 権 大 会 平 成 9 年 月 日 - 日 千 葉 市 ポートアリーナ 他 男 子 団 体 日 本 大 学 中 央 大 学 9 天 理 大 学 広 島 大 学 苫 小 牧 駒 澤 大 学 7 新 潟 大 学 帝 京 大 学 立 命 館 大 学 淑 徳 大 学 国 際 コミュニケーション 学 部 5 7 龍 谷 大 学 関 西 学 院 大 学 8

More information

スポーツ庁の設置形態に関する研究

スポーツ庁の設置形態に関する研究 5-4 文 部 科 学 省 外 局 型 ( 観 光 庁 型 ) 5-4-1 権 限 ( 政 策 および 法 律 ) (1) 観 光 庁 のケース 前 節 までは 省 庁 横 断 型 スポーツ 庁 と 他 組 織 融 合 型 スポーツ 庁 ( 文 化 観 光 スポーツ 庁 )を 検 討 したが これらはいずれもその 形 態 から 内 閣 府 に 設 置 することを 想 定 して いた これらのパターンは

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1

2016 年 2 月 29 日 発 行 第 609 号 CONTENTS 高 齢 化 大 国 中 国 < 福 喜 多 俊 夫 >... 2 中 国 経 済 最 新 統 計... 7 1 Title 京 大 東 アジアセンターニュースレター 第 609 号 Author(s) Citation 京 大 東 アジアセンターニュースレター (2016), 609 Issue Date 2016-02-29 URL http://hdl.handle.net/2433/208993 Right Type Others Textversion publisher Kyoto University

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~

配偶者控除見直しについて~家計の可処分所得への影響~ ニッセイ 基 礎 研 究 所 基 礎 研 レポート 2016-02-05 配 偶 者 控 除 見 直 しについて ~ 家 計 の 可 処 分 所 得 への 影 響 ~ 経 済 研 究 部 研 究 員 薮 内 哲 (03)3512-1839 yabuuchi@nli-research.co.jp はじめに 現 在 政 府 は 所 得 税 改 革 に 向 けた 総 点 検 に 着 手 しており とりわけ

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls)

(08\213L\230^\221\227\225t\227p\(1\).xls) 第 10 行 橋 ~ 別 府 100キロウォーク 個 人 記 録 1 着 発 着 発 着 発 着 時 刻 ネット 休 含 1 区 2 区 3 区 4 区 歩 計 1 789 千 代 田 泰 51 2 0:00:15 18:19 18:20 21:43 21:44 1:12 1:12 3:10:09 13:09:54 7.60 8.15 7.48 7.25 7.41 7.63 2 54 増 田 邦 禎

More information

過去受賞一覧.XLS

過去受賞一覧.XLS 12 年 度 区 分 推 薦 体 氏 名 年 度 区 分 推 薦 体 氏 名 年 度 区 分 推 薦 体 氏 名 20 21 優 良 体 者 熊 本 県 体 育 協 会 スポーツ 者 スポーツ 優 良 体 スポーツ 優 秀 者 表 彰 一 覧 上 益 城 郡 体 育 協 会 嘉 島 町 水 泳 協 会 天 草 市 体 育 協 会 海 江 田 雅 靖 ゴルフ 協 会 三 浦 武 敏 テニス 協 会 城

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田

60kg 級 名 24 日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 田 原 大 資 ( 日 本 大 学 2 年 ) 岩 崎 奨 平 ( 日 本 体 育 大 学 1 年 ) 馬 場 海 人 ( 国 士 舘 大 学 3 年 ) 藤 田 参 加 人 数 一 覧 60kg 66kg 73kg 81kg 90kg 100kg 100kg 100kg 超 合 計 1 大 阪 体 育 大 学 1 2 2 3 2 2 2 14 2 鹿 屋 体 育 大 学 4 4 4 4 3 3 1 23 3 国 際 武 道 大 学 4 4 4 4 4 4 4 4 国 士 舘 大 学 4 4 4 4 4 4 4 5 埼 玉 大 学 0 3 3 1 2 2 0

More information

№ 平 成 26 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 予 定 ( 東 京 ) 平 成 26 年 4 月 実 施 日 報 告 者 研 究 課 題 内 容 備 考 1 平 成 26 年 5 月 14 日 ( 水 ) 複 数 の 保 険 契 約 に 1 事 件 複 数 の 保 険 契 約 に 基 づく 解 約 返 戻 金 請 求 権 他 を 弁 護 士 濱 口 善 紀 氏 (1 事 件 ) 東 京 高

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14

14 1965( 昭 和 40) 6/19 20 15 1966( 昭 和 41) 6/18 19 16 1967( 昭 和 42) 6/24 25 17 1968( 昭 和 42) 6/15 16 18 1969( 昭 和 43) 6/14 15 19 1970( 昭 和 44) 6/13 14 全 日 本 学 生 柔 道 優 勝 大 会 ( 男 子 ) 赤 字 は オリンピック 世 界 選 手 権 全 日 本 選 手 権 のいずれかで3 位 以 内 に 入 ったことがある 選 手 四 年 連 続 で 優 秀 選 手 に 選 ばれたのは 山 下 泰 裕 正 木 嘉 美 斎 藤 制 剛 棟 田 康 幸 高 井 洋 平 回 日 時 優 勝 準 優 勝 第 3 位 優 秀 選 手 1 1952(

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊

熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 を 決 める 要 素 となる 出 生 と 死 亡 に 伴 う 人 口 の 動 きである 自 然 動 態 転 入 転 出 に 伴 う 人 口 の 動 きである 社 会 動 態 の 推 移 を 示 したものである 熊 熊 本 都 市 政 策 vol.2 (2013) 熊 本 市 の 人 口 動 態 の 分 析 及 び 福 岡 市 との 比 較 考 察 植 木 英 貴 熊 本 市 都 市 政 策 研 究 所 副 所 長 キーワード: 熊 本 都 市 圏 人 口 集 中 人 口 移 動 都 市 の 魅 力 1 はじめに 熊 本 市 は 平 成 20 年 に 富 合 町 平 成 22 年 には 城 南 町 及 び 植

More information

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹

大 会 スローガン 栄 光 へ 仲 間 と 紡 ぐ 絆 の 輪 開 会 式 11 月 3 日 ( 土 ) 14 時 30 分 佐 賀 市 立 川 副 体 育 センター 1. 開 式 通 告 2. 優 勝 旗 返 還 3. 高 体 連 会 長 挨 拶 4. 教 育 委 員 会 挨 拶 5. 来 賓 紹 平 成 24 年 度 佐 賀 県 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 男 子 第 65 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 女 子 第 26 回 佐 賀 県 高 等 学 校 駅 伝 競 走 大 会 実 施 要 項 2012 主 催 佐 賀 県 高 等 学 校 体 育 連 盟 佐 賀 県 教 育 委 員 会 後 援 佐 賀 陸 上 競 技 協 会 西 日 本 新 聞 社 佐 賀

More information

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ

 伊勢市放置自動車の発生の防止及び適正な処理に関する条例をこ 平 成 21 年 9 月 7 日 伊 勢 市 公 報 第 92 号 伊 勢 市 公 報 第 92 号 平 成 21 年 9 月 7 日 月 曜 日 目 次 頁 規 則 伊 勢 市 職 員 の 時 間 外 勤 務 手 当 の 支 給 割 合 に 関 する 規 則 の 一 部 を 改 正 する 規 則 2 告 示 道 路 の 供 用 開 始 について 4 選 挙 管 理 委 員 会 告 示 衆 議 院

More information

第 53 回 京 築 地 区 中 学 校 陸 上 競 技 大 会 女 子 期 日 平 成 27 年 6 月 3 日 ( 土 ) 陸 協 名 福 岡 主 催 団 体 京 築 地 区 中 学 校 体 育 連 盟 / 京 築 地 区 各 市 町 ( 学 校 組 合 ) 教 育 委 員 会 総 務 小 下

第 53 回 京 築 地 区 中 学 校 陸 上 競 技 大 会 女 子 期 日 平 成 27 年 6 月 3 日 ( 土 ) 陸 協 名 福 岡 主 催 団 体 京 築 地 区 中 学 校 体 育 連 盟 / 京 築 地 区 各 市 町 ( 学 校 組 合 ) 教 育 委 員 会 総 務 小 下 第 53 回 京 築 地 区 中 学 校 陸 上 競 技 大 会 男 子 期 日 平 成 27 年 6 月 3 日 ( 土 ) 陸 協 名 福 岡 主 催 団 体 京 築 地 区 中 学 校 体 育 連 盟 / 京 築 地 区 各 市 町 ( 学 校 組 合 ) 教 育 委 員 会 総 務 小 下 剛 競 技 会 名 第 53 回 京 築 地 区 中 学 校 陸 上 競 技 大 会 競 技 場 名

More information

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx

過去の栄光のあと エクセル版.xlsx 回 S32 インターハイ 初 出 場 ( 個 人 対 抗 ) S34 インターハイ 学 対 抗 初 出 場 S36 ハ ト ミントン 専 門 部 発 足 学 対 抗 男 11 58 S 33 12 59 34 1 熊 本 1 13 60 35 熊 本 2 14 61 36 熊 本 3 15 62 37 熊 本 4 16 63 38 熊 本 5 17 64 39 熊 本 6 18 65 40 商 付

More information

( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 告 示 群 馬 県 告 示 第 163 号 家 畜 伝 染 病 予 防 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 166 号 ) 第 13 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 家 畜 伝 染 病 の 発 生 に ついて 届 出 があった 病 名

( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 告 示 群 馬 県 告 示 第 163 号 家 畜 伝 染 病 予 防 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 166 号 ) 第 13 条 第 1 項 の 規 定 により 次 のとおり 家 畜 伝 染 病 の 発 生 に ついて 届 出 があった 病 名 ( 金 ) 群 馬 県 報 第 8986 号 県 章 平 成 24 年 4 月 20 日 ( 金 ) 第 8986 号 目 次 ページ 告 示 家 畜 伝 染 病 発 生 報 告 ( 畜 産 課 ) 2 区 域 変 更 ( 道 路 管 理 課 ) 2 同 2 供 用 開 始 ( 同 ) 3 区 域 変 更 ( 同 ) 3 供 用 開 始 ( 同 ) 3 区 域 変 更 ( 同 ) 4 供 用 開 始

More information

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において

1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.2. 沿 革 1.3. 組 織 定 員 1.2. 沿 革 ( 前 身 ) 中 央 気 象 台 に 研 究 課 を 設 置 ( 昭 和 17.1) 昭 和 21. 2 中 央 気 象 台 分 掌 規 程 の 改 正 に 伴 い 東 京 都 杉 並 区 において 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 1. 気 象 研 究 所 の 概 要 1.1. 業 務 概 要 気 象 庁 の 施 設 等 機 関 である 気 象 研 究 所 では 気 象 庁 が 発 表 する 警 報 や 情 報 の 精 度 向 上 を 通 じて 国 民 の 安 全 安 心 に 資 するよう 集 中 豪 雨 台 風 の 機 構 解 明 地 震 及 び 火 山 噴 火

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

< F2D C FA967B8A7790B696EC8B858C9B>

< F2D C FA967B8A7790B696EC8B858C9B> 日 本 学 生 野 球 憲 章 前 文 国 民 が 等 しく 教 育 を 受 ける 権 利 をもつことは 憲 法 が 保 障 するところであり 学 生 野 球 は この 権 利 を 実 現 すべき 学 校 教 育 の 一 環 として 位 置 づけられる この 意 味 で 学 生 野 球 は 経 済 的 な 対 価 を 求 めず 心 と 身 体 を 鍛 える 場 である 学 生 野 球 は 各 校 がそれぞれの

More information

声 平 成 28 年 4 (2) 平 成 28 年 度 ( 新 ) 務 機 構 と 経 営 計 画 を 統 合 参 事 樋 渡 昭 彦 事 総 括 高 橋 勝 也 総 務 販 売 地 区 担 当 武 田 昭 雄 佐 々 木 光 広 土 田 晃 士 地 区 主 担 当 副 担 当 補 助 補 佐 高

声 平 成 28 年 4 (2) 平 成 28 年 度 ( 新 ) 務 機 構 と 経 営 計 画 を 統 合 参 事 樋 渡 昭 彦 事 総 括 高 橋 勝 也 総 務 販 売 地 区 担 当 武 田 昭 雄 佐 々 木 光 広 土 田 晃 士 地 区 主 担 当 副 担 当 補 助 補 佐 高 () 平 成 28 年 4 声 平 成 28 年 (206 年 ) 4 No.6 今 山 に 捨 き 木 材 を バイオマス 発 電 に 供 給 す 支 所 出 張 所 開 所 (ずれも 午 前 中 ) 雄 勝 支 所 毎 週 水 曜 東 成 瀬 支 所 毎 週 水 曜 明 治 支 所 毎 週 木 曜 皆 瀬 支 所 毎 週 木 曜 田 代 出 張 所 毎 週 火 木 曜 声 平 成 28 年 4

More information

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道

下 水 道 課 長 川 畑 裕 也 高 規 格 幹 線 道 路 対 策 室 主 幹 昇 任 ( 事 務 取 扱 ) 下 水 道 課 施 設 係 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 主 幹 ( 兼 ) 下 水 道 課 大 平 下 水 処 理 センター 所 長 高 規 格 幹 線 道 部 長 職 総 務 企 画 部 長 正 木 隆 司 総 務 企 画 部 長 3/31 兼 務 解 除 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 ) 新 町 地 区 まちづくり 推 進 室 副 室 長 ( 兼 )ラグビーワールドカップ 推 進 室 長 産 業 振 興 部 長 似 内 敏 行 産 業 振 興 部 次 長 昇 任 ( 兼 ) 港 湾 振 興 課 長 建 設 部

More information

◆JREI固定インフォ No11◆◆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆JREI固定インフォ No11◆◆〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 JREI 固 定 インフォ No11 日 本 不 動 産 研 究 所 からの 固 定 資 産 税 評 価 に 関 連 する 情 報 配 信 です 平 成 22 年 3 月 3 日 財 団 法 人 日 本 不 動 産 研 究 所 固 定 資 産 税 評 価 研 究 会 です 目 次 ======================================== 1. 第 1 回 税 制 調 査 会

More information

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74>

<5461726F2D90BC208BB388CF95F18D908140906C8E9688D993AE81692E6A74> 報 告 (1) 平 成 22 年 度 末 平 成 23 年 度 初 事 務 局 職 員 等 の 人 事 異 動 について る このことについて 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異 動 を 別 紙 のとおり 行 ったので 報 告 す 平 成 23 年 4 月 20 日 新 潟 県 教 育 委 員 会 教 育 長 武 藤 克 己 課 長 補 佐 級 及 び 係 長 級 の 人 事 異

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx

Microsoft Word - W130624WIPSS紀要第5号通し原稿.docx 145 社 会 安 全 政 策 研 究 所 活 動 ニュース 本 研 究 所 が 2012 年 1 月 から 2012 年 12 月 までに 行 った 主 な 研 究 活 動 は 以 下 のとおりです Ⅰ. 共 同 研 究 (A) 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 (JSPS) 科 学 研 究 費 助 成 事 業 の 基 盤 研 究 子 どもの 非 行 虐 待 防 止 のた めの

More information

H27.04.01人事異動内示.xlsx

H27.04.01人事異動内示.xlsx 佐 伯 市 人 事 異 動 平 成 27 年 3 月 26 日 補 職 級 新 任 氏 名 旧 任 備 考 部 長 次 長 級 部 長 総 務 部 長 池 田 睦 生 総 務 課 長 兼 社 会 保 障 税 番 号 制 度 準 備 室 長 昇 任 総 合 政 策 部 長 久 保 田 与 治 郎 財 務 部 長 地 域 振 興 部 長 田 中 眞 二 企 画 商 工 観 光 部 長 建 設 部 長 下

More information

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池

平 成 27 年 期 P.2 国 土 交 通 本 省 土 地 建 設 産 業 局 建 1 日 建 政 部 建 設 産 業 調 整 官 設 市 場 整 備 課 企 画 専 門 官 事 下 岡 壽 1 日 関 東 運 輸 局 埼 玉 運 輸 支 局 次 長 建 政 部 土 地 市 場 監 視 官 事 池 平 成 27 年 期 P.1 1 日 辞 職 総 務 部 総 括 調 整 官 事 関 根 伸 章 1 日 総 務 部 総 括 調 整 官 総 務 部 調 査 官 事 渡 邉 猛 雄 1 日 総 務 部 調 査 官 主 任 監 査 官 事 五 味 田 文 和 1 日 主 任 監 査 官 総 務 部 財 産 管 理 官 事 八 子 康 幸 1 日 総 務 部 財 産 管 理 官 道 路 部 路 政 調

More information

<91E589EF895E8963>

<91E589EF895E8963> 第 6 回 いわきバドミントン 交 流 大 会 種 目 優 準 優 三.. 男 子 複 部 橋 和 訓 門 馬 達 也 西 村 広 宣 矢 内 浩 貴 土 正 規 裕 太 (white wing いわき 共 立 学 院 クラブ) (いわき 共 立 学 院 クラブ) 男 子 複 部 草 翼 小 石 澤 佑 多 口 賢 人 森 彬 人 中 島 永 吉 大 出 拓 実 平 子 翔 太 稲 川 明 佳 (

More information

2010 年 10 月 日 本 社 会 保 障 法 学 会 代 表 理 事 (2012 年 12 月 まで) 2014 年 10 月 日 本 学 術 会 議 第 23 期 連 携 委 員 ( 第 1 部 法 学 委 員 会 ) 社 会 的 活 動 社 会 福 祉 士 試 験 委 員 精 神 保 健

2010 年 10 月 日 本 社 会 保 障 法 学 会 代 表 理 事 (2012 年 12 月 まで) 2014 年 10 月 日 本 学 術 会 議 第 23 期 連 携 委 員 ( 第 1 部 法 学 委 員 会 ) 社 会 的 活 動 社 会 福 祉 士 試 験 委 員 精 神 保 健 略 歴 石 橋 敏 郎 (いしばし としろう) 教 授 1951 年 2 月 11 日 生 まれ 熊 本 県 阿 蘇 郡 南 小 国 町 出 身 学 歴 1963 年 3 月 南 小 国 村 立 波 居 原 小 学 校 卒 業 1963 年 4 月 熊 本 市 立 帯 山 中 学 校 入 学 1966 年 4 月 熊 本 県 立 熊 本 高 等 学 校 普 通 科 入 学 1969 年 3 月 同

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378>

<8199915388F589FC28485094AD928D9770816A2E786C7378> ニッタン 株 式 会 社 第 1 種 火 災 報 知 システム 専 門 技 術 者 名 簿 1 期 板 谷 敏 行 NK-96-1-0002 吉 井 俊 明 NK-96-1-0037 山 本 博 司 NK-96-1-0077 作 左 部 義 文 NK-96-1-0004 田 中 英 則 NK-96-1-0038 会 沢 潔 NK-96-1-0079 丹 羽 忍 NK-96-1-0006 下 川 雄

More information

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他

4 郵 物 可 Vol.644.. 5 春 迎 謹 慶 初 頃 御 礼 臨 決 税 元 律 礎 庫 債 降 消 費 増 税 恒 段 消 剰 マ 条 築 固 短 拡 元 格 短 援 律 滑 税 綱 附 則 討 項 討 ゆ A I J 契 ぐ 顕 核 半 ゆ 刻 増 影 響 与 省 悪 早 散 健 他 団 編 集 河 暁 -9 河 -5-5 T. -65-885 FAX. -65-894 http://www.nenkin.or.jp/ -mail: koho8@nenkin.or.jp 9--779 購 読,89 税 共 4 郵 物 可.. 5 January Vol.644 4 郵 物 可 毎 5 暮 挙 倍 閣 倍 持 可 喫 緊 党 税 継 倍 閣 憲 初 官 文 科 官 桝 屋 敬 悟

More information

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73>

<504446977020513037208E8E919695CE8DB788EA97972E786C73> 試 走 偏 差 一 覧 データ 抽 出 条 件 12011 年 4 月 1 日 ~2012 年 3 月 31 日 2 良 走 路 の 成 績 3 妨 害 を 受 けた 競 走 事 故 不 成 立 の 成 績 は 除 く 4 試 走 偏 差 が 0.2 以 上 の 成 績 は 除 く 試 走 偏 差 : 競 走 タイム( 秒 /100m)と 試 走 タイムの 差 ( 競 走 タイム- 試 走 タイム)

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局

若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 所 長 若 葉 区 役 所 保 健 福 祉 センター 高 齢 障 害 支 援 課 長 事 務 取 扱 石 原 信 夫 ( 緑 図 書 館 長 ) 緑 区 副 区 長 緑 区 役 所 地 域 振 興 課 長 事 務 取 扱 飯 田 正 夫 ( 総 務 局 人 事 発 令 平 成 28 年 4 月 1 日 付 総 務 局 総 務 部 人 事 課 [ 局 長 級 ] 総 合 政 策 局 長 金 親 芳 彦 ( 市 民 局 長 ) 市 民 局 長 小 池 浩 和 ( 総 務 局 情 報 経 営 部 長 ) 保 健 福 祉 局 次 長 竹 川 幸 夫 ( 財 政 局 税 務 部 長 ) こども 未 来 局 長 山 田 啓 志 ( 総 務 局 市 長 公 室

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳

に 公 開 された 映 画 暁 の 脱 走 ( 以 下 本 件 映 画 1 という ), 今 井 正 が 監 督 を 担 当 し, 上 告 人 を 映 画 製 作 者 として 同 年 に 公 開 された 映 画 また 逢 う 日 まで ( 以 下 本 件 映 画 2 という ) 及 び 成 瀬 巳 主 文 原 判 決 中, 上 告 人 敗 訴 部 分 を 破 棄 する 前 項 の 部 分 につき, 本 件 を 知 的 財 産 高 等 裁 判 所 に 差 し 戻 す 理 由 上 告 代 理 人 中 村 稔 ほかの 上 告 受 理 申 立 て 理 由 第 2について 1 本 件 は, 上 告 人 が, 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 )の 施 行 日 である 昭 和 46

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について

参考資料2 女性の活躍による経済活性化を推進する関係閣僚会議について 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 について 参 考 資 料 2 1. 女 性 の 活 躍 による 経 済 活 性 化 を 推 進 する 関 係 閣 僚 会 議 4 月 9 日 の 国 家 戦 略 会 議 において 民 間 議 員 より 女 性 の 活 躍 により 経 済 を 活 性 化 する 観 点 から 政 府 が 重 点 的 に 行 うべき

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究

博 士 論 文 要 旨 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に 1. 論 文 の 構 成 序 章 第 1 節 問 題 意 識 と 研 究 の 目 的 第 2 節 先 行 研 究 韓 国 における 周 辺 部 労 働 者 の 利 害 代 表 をめぐる 政 治 Title : 女 性 の 独 自 組 織 の 組 織 化 と 社 会 的 連 携 を 中 心 に Author(s) 金, 美 珍 Citation Issue 2016-03-18 Date Type Thesis or Dissertation Text Version none URL http://hdl.handle.net/10086/27762

More information

26 福選改 第 6 号

26 福選改 第 6 号 写 26 福 選 改 第 6 号 平 成 27 年 3 月 27 日 福 島 市 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 黒 澤 勝 利 様 福 島 市 選 挙 事 務 改 善 委 員 会 委 員 長 委 員 長 職 務 代 理 者 伊 藤 宏 之 小 島 勇 人 委 員 坂 井 道 夫 委 員 宍 戸 俊 夫 福 島 市 における 選 挙 事 務 の 改 善 について( 答 申 ) 平 成 27

More information

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 (

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 ( 男 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 豊 浦 ( 北 ) 8 ( 中 ) 水 戸 四 大 島 ( 中 ) 9 ( 北 ) 松 岡 竹 園 東 ( 南 ) 3 A B ( 東 ) 波 崎 四 高 萩 ( 北 ) 4 ( 西 ) 古 河 一 麻 生 ( 東 ) 5 ( 南 ) 下 根 潮 来 二 ( 東 )

More information

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 (

女 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 総 和 北 ( 西 ) 8 ( 東 ) 波 崎 三 秋 山 ( 北 ) 9 ( 南 ) 小 絹 波 崎 四 ( 東 ) 3 A B ( 中 ) 国 田 豊 里 ( 男 子 団 体 戦 平 成 7 年 度 茨 城 県 中 学 校 総 合 体 育 大 会 卓 球 の 部 平 成 7 年 7 月 5 日 豊 浦 ( 北 ) 8 ( 中 ) 水 戸 四 大 島 ( 中 ) 9 ( 北 ) 松 岡 竹 園 東 ( 南 ) 3 A B ( 東 ) 波 崎 四 高 萩 ( 北 ) 4 ( 西 ) 古 河 一 麻 生 ( 東 ) 5 ( 南 ) 下 根 潮 来 二 ( 東 )

More information

会報宇宙2016.indd

会報宇宙2016.indd 山 川 宏 京 都 大 学 教 授 内 閣 府 宇 宙 政 策 委 員 会 委 員 山 川 宏 1.はじめに 2008 年 5 月 に 超 党 派 で 成 立 した 宇 宙 基 本 法 は 宇 宙 開 発 利 用 を 国 家 戦 略 の 一 つと 位 置 付 け 宇 宙 開 発 利 用 に 関 する 施 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 すること を 目 的 としたものです この 宇

More information

委員会委員一覧(2013年9月現在)

委員会委員一覧(2013年9月現在) 一 般 財 団 法 人 日 本 消 化 器 病 学 会 委 員 会 委 員 一 覧 (2013 年 9 月 現 在 ) 管 理 部 門 財 団 企 画 委 員 会 ( 職 務 ) 理 事 会 の 下 部 組 織 として 本 学 会 財 団 の 運 営 全 般 に 関 する 事 項 を 担 当 する 担 当 理 事 ( ) 菅 野 健 太 郎 委 員 岡 崎 和 一 金 子 周 一 木 下 芳 一 下

More information

Microsoft Word - 1フェンシング.docx

Microsoft Word - 1フェンシング.docx 第 9 回 東 海 高 等 学 校 総 合 体 育 大 会 フェンシング 競 技 平 成 年 月 日 7 日 会 場 大 垣 市 総 合 体 育 館 主 催 東 海 高 等 学 校 体 育 連 盟 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 教 育 委 員 会 三 重 愛 知 静 岡 岐 阜 各 県 フェンシング 協 会 後 援 公 益 財 団 法 人 岐 阜 県 体 育 協 会 大 垣 市 教 育 委

More information

第 120 回 北 信 越 地 区 高 等 学 校 野 球 石 川 県 大 会 試 合 結 果 1 回 戦 平 成 21 年 4 月 18 日 大 聖 寺 北 陵 東 雲 x 7x 明 倫

第 120 回 北 信 越 地 区 高 等 学 校 野 球 石 川 県 大 会 試 合 結 果 1 回 戦 平 成 21 年 4 月 18 日 大 聖 寺 北 陵 東 雲 x 7x 明 倫 第 120 回 北 信 越 地 区 高 等 学 校 野 球 石 川 県 大 会 ( 組 合 せ) 県 - 石 川 県 立 野 球 場 市 - 金 沢 市 民 野 球 場 末 - 弁 慶 スタジアム( 小 松 運 動 公 園 末 広 野 球 場 ) 番 号 の 小 さい 方 が 一 塁 側 ベンチ 星 稜 1 28 日 県 1 410 28 日 末 26 北 陸 大 谷 金 沢 学 院 東 2 1 9:00

More information

慶弔金品・各種保険への課税

慶弔金品・各種保険への課税 慶 弔 金 品 各 種 保 険 への 課 税 はじめに 慶 弔 に 伴 う 金 品 の 贈 呈 は,わが 国 古 来 の 社 会 的 慣 行 であり, 一 種 の 儀 礼 的 な 行 為 と 認 め られています したがって, 当 該 慶 弔 にふさわしい 金 品 の 受 領 について 課 税 するのは 妥 当 でないとして, 一 定 の 条 件 を 満 たす 場 合 は, 非 課 税 扱 いとされています

More information

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁

テ ー マ 1 簡 易 裁 判 所 へ の ア ク セ ス 拡 大 に つ い て テ ー マ 2 裁 判 員 制 度 に 関 す る よ り 効 果 的 な 広 報 の 手 法 等 に つ い て ( 7 ) そ の 他 報 告 要 旨 は, 別 紙 5 の と お り ア イ 千 葉 地 方 裁 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 ( 第 4 回 ) 議 事 概 要 千 葉 地 方 裁 判 所 委 員 会 1 日 時 平 成 1 7 年 5 月 2 7 日 ( 金 ) 午 後 1 時 1 5 分 か ら 午 後 4 時 0 0 分 ま で 2 場 所 千 葉 地 方 裁 判 所 第 1 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 1 号 委 員 9 人 ) 青 木 佐 登 至 ( 千 葉 テ

More information