Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015"

Transcription

1 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版

2 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので この 手 引 きに 記 載 されていないものは 厚 生 労 働 省 のホームページ( 介 護 サービス 関 係 Q&A)でご 確 認 ください 介 護 保 険 は 制 度 に 関 する 通 知 等 が 多 く 出 ますので 県 ホームページ 等 で 最 新 情 報 を 確 認 してください A 指 定 基 準 編 1 B 算 定 基 準 編 33 C 指 定 手 続 等 64

3 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 A 指 定 基 準 編 基 準 条 例 の 性 格 2 1. 基 本 方 針 3 2. 人 員 基 準 設 備 基 準 5 3. 運 営 基 準 7 [1] 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 8 [2] 提 供 拒 否 の 禁 止 9 [3]サービス 提 供 困 難 時 の 対 応 9 [4] 受 給 資 格 等 の 確 認 10 [5] 要 介 護 認 定 等 の 申 請 に 係 る 援 助 10 [6] 心 身 の 状 況 等 の 把 握 11 [7] 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 との 連 携 11 [8] 居 宅 サービス 計 画 等 に 沿 ったサービスの 提 供 12 [9] 身 分 を 証 する 書 類 の 携 行 12 [10]サービスの 提 供 の 記 録 13 [11] 利 用 料 等 の 受 領 14 [12] 保 険 給 付 の 請 求 のための 証 明 書 の 交 付 18 [13] 指 定 ( 介 護 予 防 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 19 [14] 指 定 ( 介 護 予 防 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 方 針 20 [15] 利 用 者 に 関 する 市 町 村 への 通 知 23 [16] 管 理 者 の 責 務 23 [17] 運 営 規 程 24 [18] 勤 務 体 制 の 確 保 等 25 [19] 衛 生 管 理 等 26 [20] 掲 示 26 [21] 秘 密 保 持 等 27 [22] 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 28 [23] 苦 情 処 理 28 [24] 地 域 との 連 携 30 [25] 事 故 発 生 時 の 対 応 31 [26] 会 計 の 区 分 32 [27] 記 録 の 整 備 32 居 宅 療 養 管 理 指 導 1

4 基 準 条 例 の 性 格 1 基 準 条 例 は 指 定 居 宅 サービス 及 び 指 定 介 護 予 防 サービスの 事 業 がその 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 最 低 限 度 の 基 準 を 定 めたものであり 指 定 居 宅 サービ ス 事 業 者 及 び 指 定 介 護 予 防 サービス 事 業 者 は 常 にその 事 業 の 運 営 の 向 上 に 努 めなければならないこと 2 指 定 居 宅 サービス 及 び 指 定 介 護 予 防 サービスの 事 業 を 行 う 者 又 は 行 おうとす る 者 が 満 たすべき 基 準 等 を 満 たさない 場 合 には 指 定 居 宅 サービス 及 び 指 定 介 護 予 防 サービスの 指 定 又 は 更 新 は 受 けられず また 運 営 開 始 後 基 準 に 違 反 することが 明 らかになった 場 合 には 1 相 当 の 期 間 を 定 めて 基 準 を 遵 守 するよう 勧 告 を 行 い 2 相 当 の 期 間 内 に 勧 告 に 従 わなかったときは 事 業 者 名 勧 告 に 至 った 経 緯 当 該 勧 告 に 対 する 対 応 等 を 公 表 し 3 正 当 な 理 由 が 無 く 当 該 勧 告 に 係 る 措 置 を 採 らなかったときは 相 当 の 期 限 を 定 めて 当 該 勧 告 に 係 る 措 置 を 採 るよう 命 令 する ことができるものであること また 3の 命 令 をした 場 合 には 事 業 者 名 命 令 に 至 った 経 緯 等 を 公 示 しなけれ ばならないこととされている なお 3の 命 令 に 従 わない 場 合 には 当 該 指 定 を 取 り 消 すこと 又 は 取 消 しを 行 う 前 に 相 当 の 期 間 を 定 めて 指 定 の 全 部 若 しくは 一 部 の 効 力 を 停 止 すること( 不 適 正 なサービスが 行 われていることが 判 明 した 場 合 当 該 サービスに 関 する 介 護 報 酬 の 請 求 を 停 止 させること)ができる ただし 次 に 掲 げる 場 合 には 基 準 に 従 った 適 正 な 運 営 ができなくなったもの として 直 ちに 指 定 を 取 り 消 すこと 又 は 指 定 の 全 部 若 しくは 一 部 の 効 力 を 停 止 す ることができるものであること 1 次 に 掲 げるときその 他 の 事 業 者 が 自 己 の 利 益 を 図 るために 基 準 に 違 反 し たとき ア 指 定 居 宅 サービス 及 び 指 定 介 護 予 防 サービスの 提 供 に 際 して 利 用 者 が 負 担 すべき 額 の 支 払 を 適 正 に 受 けなかったとき イ 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 はその 従 業 者 に 対 し 利 用 者 に 対 して 特 定 の 事 業 者 によるサービスを 利 用 させることの 代 償 として 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 を 供 与 したとき 2 利 用 者 の 生 命 又 は 身 体 の 安 全 に 危 害 を 及 ぼすおそれがあるとき 3 その 他 1 及 び2に 準 ずる 重 大 かつ 明 白 な 基 準 違 反 があったとき 3 運 営 に 関 する 基 準 及 び 介 護 予 防 のための 効 果 的 な 支 援 の 方 法 に 関 する 基 準 に 従 って 事 業 の 運 営 をすることができなくなったことを 理 由 として 指 定 が 取 り 消 され 法 に 定 める 期 間 の 経 過 後 に 再 度 当 該 事 業 者 から 当 該 事 業 所 について 指 定 の 申 請 がなされた 場 合 には 当 該 事 業 者 が 運 営 に 関 する 基 準 及 び 介 護 予 防 のた めの 効 果 的 な 支 援 の 方 法 に 関 する 基 準 を 遵 守 することを 確 保 することに 特 段 の 注 意 が 必 要 であり その 改 善 状 況 等 が 十 分 に 確 認 されない 限 り 指 定 を 行 わない ものとすること 4 特 に 居 宅 サービス 及 び 介 護 予 防 サービスの 事 業 の 多 くの 分 野 においては 基 準 に 合 致 することを 前 提 に 自 由 に 事 業 への 参 入 を 認 めていること 等 にかんが み 基 準 違 反 に 対 しては 厳 正 に 対 応 することとする 居 宅 療 養 管 理 指 導 2

5 1. 基 本 方 針 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 は 要 介 護 状 態 となった 場 合 においても その 利 用 者 が 可 能 な 限 りその 居 宅 において その 有 する 能 力 に 応 じ 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよう 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 看 護 職 員 歯 科 衛 生 士 又 は 管 理 栄 養 士 が 通 院 が 困 難 な 利 用 者 に 対 して その 居 宅 を 訪 問 して その 心 身 の 状 況 置 かれている 環 境 等 を 把 握 し それらを 踏 まえて 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 を 行 うことにより その 者 の 療 養 生 活 の 質 の 向 上 を 図 るもので なければならない 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 は その 利 用 者 が 可 能 な 限 りその 居 宅 において 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよう 医 師 ( 同 上 ) それらを 踏 まえて 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 を 行 うことにより 利 用 者 の 心 身 機 能 の 維 持 回 復 を 図 り もって 利 用 者 の 生 活 機 能 の 維 持 又 は 向 上 を 目 指 すものでなければならない 基 準 条 例 第 6 章 居 宅 療 養 管 理 指 導 第 1 節 基 本 方 針 ( 基 本 方 針 ) 第 90 条 指 定 居 宅 サービスに 該 当 する 居 宅 療 養 管 理 指 導 ( 以 下 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 という )の 事 業 は 要 介 護 状 態 となった 場 合 においても その 利 用 者 が 可 能 な 限 りその 居 宅 において その 有 する 能 力 に 応 じ 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むこと ができるよう 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 看 護 職 員 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 除 いた 保 健 師 看 護 師 又 は 准 看 護 師 をいう 以 下 この 章 において 同 じ ) 歯 科 衛 生 士 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 含 む 以 下 この 章 において 同 じ ) 又 は 管 理 栄 養 士 が 通 院 が 困 難 な 利 用 者 に 対 して その 居 宅 を 訪 問 して その 心 身 の 状 況 置 かれている 環 境 等 を 把 握 し それらを 踏 まえて 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 を 行 うことにより その 者 の 療 養 生 活 の 質 の 向 上 を 図 るものでなければならない 第 6 章 居 宅 療 養 管 理 指 導 第 1 節 基 本 方 針 第 88 条 指 定 介 護 予 防 サービスに 該 当 する 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 ( 以 下 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 という )の 事 業 は その 利 用 者 が 可 能 な 限 りその 居 宅 において 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよう 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 看 護 職 員 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 除 いた 保 健 師 看 護 師 又 は 准 看 護 師 をいう 以 下 この 章 において 同 じ ) 歯 科 衛 生 士 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 含 む 以 下 この 章 にお いて 同 じ ) 又 は 管 理 栄 養 士 が 通 院 が 困 難 な 利 用 者 に 対 して その 居 宅 を 訪 問 し て その 心 身 の 状 況 置 かれている 環 境 等 を 把 握 し それらを 踏 まえて 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 を 行 うことにより 利 用 者 の 心 身 機 能 の 維 持 回 復 を 図 り もって 利 用 者 の 生 活 機 能 の 維 持 又 は 向 上 を 目 指 すものでなければならない 解 釈 通 知 居 宅 基 準 条 例 島 根 県 指 定 居 宅 サービス 等 の 事 業 の 人 員 設 備 及 び 運 営 に 関 する 基 準 等 を 定 める 条 例 ( 平 成 24 年 島 根 県 条 例 第 64 号 ) 予 防 基 準 条 例 島 根 県 指 定 介 護 予 防 サービス 等 の 事 業 の 人 員 設 備 及 び 運 営 並 びに 指 定 介 護 予 防 サービス 等 に 係 る 介 護 予 防 のための 効 果 的 な 支 援 の 方 法 に 関 する 基 準 等 を 定 め る 条 例 ( 平 成 24 年 島 根 県 条 例 第 65 号 ) 解 釈 通 知 指 定 居 宅 サービス 等 及 び 指 定 介 護 予 防 サービス 等 に 関 する 基 準 を 定 める 条 例 に ついて( 平 成 24 年 12 月 21 日 高 第 987 号 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 3

6 介 護 保 険 法 ( 抄 ) 第 8 条 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 定 義 6 この 法 律 において 居 宅 療 養 管 理 指 導 とは 居 宅 要 介 護 者 について 病 院 診 療 所 又 は 薬 局 ( 以 下 病 院 等 という )の 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 その 他 厚 生 労 働 省 令 で 定 め る 者 [ 1]により 行 われる 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 であって 厚 生 労 働 省 令 で 定 めるもの [ 2]をいう 居 宅 要 介 護 者 居 宅 要 支 援 者 = 要 介 護 者 要 支 援 者 であって 居 宅 ( 養 護 老 人 ホーム 軽 費 老 人 ホーム 有 料 老 人 ホームにおける 居 室 を 含 む )において 介 護 を 受 けるもの( 法 第 8 条 第 2 項 法 第 8 条 の2 第 2 項 規 則 第 4 条 ) 介 護 保 険 法 施 行 規 則 1( 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 者 ) 第 9 条 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 と する 一 病 院 診 療 所 又 は 薬 局 の 歯 科 衛 生 士 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 する ものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 含 む 次 条 第 3 項 において 同 じ ) 及 び 管 理 栄 養 士 二 病 院 診 療 所 又 は 訪 問 看 護 ステーション([ 定 義 部 分 省 略 ])の 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 2( 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 ) 第 9 条 の2 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 のうち 医 師 又 は 歯 科 医 師 により 行 われるものは 居 宅 要 介 護 者 の 居 宅 を 訪 問 して 行 う 計 画 的 かつ 継 続 的 な 医 学 的 管 理 又 は 歯 科 医 学 的 管 理 に 基 づいて 実 施 される 指 定 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 その 他 の 事 業 者 に 対 する 居 宅 サービス 計 画 の 策 定 等 に 必 要 な 情 報 提 供 ( 当 該 居 宅 要 介 護 者 の 同 意 を 得 て 行 うものに 限 る ) 並 びに 当 該 居 宅 要 介 護 者 又 はその 家 族 等 に 対 する 居 宅 サービス を 利 用 する 上 での 留 意 点 介 護 方 法 等 についての 指 導 及 び 助 言 とする 2 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 のうち 薬 剤 師 により 行 われるものは 居 宅 要 介 護 者 の 居 宅 において 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 ( 薬 局 の 薬 剤 師 に あっては 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 に 基 づき 策 定 される 薬 学 的 管 理 指 導 計 画 )に 基 づいて 実 施 される 薬 学 的 な 管 理 及 び 指 導 とする 3 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 のうち 歯 科 衛 生 士 によ り 行 われるものは 居 宅 要 介 護 者 の 居 宅 において その 者 に 対 して 訪 問 歯 科 診 療 を 行 った 歯 科 医 師 の 指 示 及 び 当 該 歯 科 医 師 の 策 定 した 訪 問 指 導 計 画 に 基 づいて 実 施 される 口 腔 内 の 清 掃 又 は 有 床 義 歯 の 清 掃 に 関 する 指 導 とする 4 法 第 8 条 第 6 項 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 療 養 上 の 管 理 及 び 指 導 のうち 管 理 栄 養 士 によ り 行 われるものは 居 宅 要 介 護 者 の 居 宅 において その 者 に 対 して 計 画 的 な 医 学 的 管 理 を 行 っている 医 師 の 指 示 に 基 づいて 実 施 される 栄 養 指 導 とする 5 保 健 師 看 護 師 又 は 准 看 護 師 ( 歯 科 衛 生 士 が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 を 除 く )により 行 われる 居 宅 療 養 管 理 指 導 は 居 宅 要 介 護 者 の 居 宅 において 実 施 される 療 養 上 の 相 談 及 び 支 援 とする 居 宅 療 養 管 理 指 導 4

7 2. 人 員 基 準 設 備 基 準 病 院 又 は 診 療 所 薬 局 指 定 訪 問 看 護 ステーション 医 師 又 は 歯 科 医 師 人 薬 剤 師 員 基 看 護 職 員 ( 保 健 師 提 供 する 指 定 居 宅 準 看 護 師 及 び 准 看 護 師 ) 注 療 養 管 理 指 導 の 内 歯 科 衛 生 士 注 容 に 応 じた 適 当 数 管 理 栄 養 士 設 備 基 準 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 運 営 に 必 要 な 広 さを 有 して いること 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 必 要 な 設 備 及 び 備 品 等 を 備 えていること ( 当 該 病 院 又 は 診 療 所 における 診 療 用 に 備 え 付 けられたものを 使 用 することができる ) 注 歯 科 衛 生 士 が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 准 看 護 師 は 看 護 職 員 ではなく 歯 科 衛 生 士 に 含 まれる 居 宅 療 養 管 理 指 導 5

8 基 準 条 例 解 釈 通 知 第 2 節 人 員 に 関 する 基 準 1 人 員 に 関 する 基 準 ( 従 業 者 の 員 数 ) 第 91 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 を 行 う 者 ( 以 下 指 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 ごとに 置 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 という )が 当 該 事 業 を 行 う くべき 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 員 数 事 業 所 ( 以 下 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 という ) は 次 に 掲 げる 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 ごとに 置 くべき 従 業 者 ( 以 下 この 章 において 居 宅 療 養 業 所 の 種 類 の 区 分 に 応 じ 次 に 定 めると 管 理 指 導 従 業 者 とする )の 員 数 は 次 に 掲 げる 指 定 居 おりとしたものである 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 種 類 の 区 分 に 応 じ 次 に 定 める (1) 病 院 又 は 診 療 所 である 指 定 居 宅 療 養 とおりとする 管 理 指 導 事 業 所 ⑴ 病 院 又 は 診 療 所 である 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 1 医 師 又 は 歯 科 医 師 ア 医 師 又 は 歯 科 医 師 2 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 ( 歯 科 衛 生 士 イ 薬 剤 師 看 護 職 員 歯 科 衛 生 士 又 は 管 理 栄 養 士 そ が 行 う 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 す の 提 供 する 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 に 応 じた 適 るものを 行 う 保 健 師 看 護 師 及 び 当 数 准 看 護 師 を 含 む 以 下 同 じ ) 又 は ⑵ 薬 局 である 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 薬 剤 師 管 理 栄 養 士 その 提 供 する 指 定 居 ⑶ 指 定 訪 問 看 護 ステーション 等 ( 指 定 訪 問 看 護 ステー 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 に 応 じた 適 ション 及 び 指 定 介 護 予 防 訪 問 看 護 ステーション( 指 定 当 数 介 護 予 防 サービス 等 基 準 第 63 条 第 1 項 にいう 指 定 介 護 (2) 薬 局 である 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 予 防 訪 問 看 護 ステーションをいう )をいう 以 下 この 業 所 薬 剤 師 章 において 同 じ )である 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 (3) 指 定 訪 問 看 護 ステーション 等 ( 指 定 看 護 職 員 訪 問 看 護 ステーション 及 び 指 定 介 護 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 が 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 予 防 訪 問 看 護 ステーション( 指 定 介 管 理 指 導 事 業 者 ( 指 定 介 護 予 防 サービス 等 基 準 第 88 条 第 護 予 防 サービス 等 基 準 ( 平 成 18 年 厚 1 項 に 規 定 する 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 を 生 労 働 省 告 示 第 35 号 ) 第 63 条 第 1 項 いう 以 下 同 じ )の 指 定 を 併 せて 受 け かつ 指 定 居 宅 にいう 指 定 介 護 予 防 訪 問 看 護 ステー 療 養 管 理 指 導 の 事 業 と 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 ションをいう )をいう 以 下 この 項 ( 指 定 介 護 予 防 サービス 等 基 準 第 87 条 に 規 定 する 指 定 介 において 同 じ )である 指 定 居 宅 療 養 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 をいう 以 下 同 じ )の 事 業 とが 管 理 指 導 事 業 所 看 護 職 員 同 一 の 事 業 所 において 一 体 的 に 運 営 されている 場 合 につ いては 指 定 介 護 予 防 サービス 等 条 例 第 89 条 第 1 項 に 規 定 する 人 員 に 関 する 基 準 を 満 たすことをもって 前 項 に 規 定 する 基 準 を 満 たしているものとみなすことができ る 予 防 基 準 条 例 第 89 条 = 同 旨 基 準 条 例 第 3 節 設 備 に 関 する 基 準 ( 設 備 及 び 備 品 等 ) 第 92 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 は 病 院 診 療 所 薬 局 又 は 指 定 訪 問 看 護 ステーション 等 であって 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 運 営 に 必 要 な 広 さを 有 している ほか 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 必 要 な 設 備 及 び 備 品 等 を 備 えているものでなければならない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 が 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 の 指 定 を 併 せて 受 け かつ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 と 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 とが 同 一 の 事 業 所 において 一 体 的 に 運 営 されている 場 合 については 指 定 介 護 予 防 サービス 等 条 例 第 90 条 第 1 項 に 規 定 する 設 備 に 関 する 基 準 を 満 たすことをもって 前 項 に 規 定 する 基 準 を 満 たしているものとみなすことが できる 予 防 基 準 条 例 第 90 条 = 同 旨 解 釈 通 知 2 設 備 に 関 する 基 準 (1) 居 宅 基 準 条 例 第 92 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 については 1 病 院 診 療 所 薬 局 又 は 指 定 訪 問 看 護 ステーション 等 であること 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 運 営 に 必 要 な 広 さを 有 していること 3 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 必 要 な 設 備 及 び 備 品 等 を 備 えているこ と (2) 設 備 及 び 備 品 等 については 当 該 病 院 又 は 診 療 所 における 診 療 用 に 備 え 付 けられたものを 使 用 することができる ものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 6

9 3. 運 営 基 準 項 目 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 居 宅 療 養 管 理 指 導 居 宅 基 準 条 例 予 防 基 準 条 例 1 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 *9 条 *9 条 2 提 供 拒 否 の 禁 止 *10 条 *10 条 3 サービス 提 供 困 難 時 の 対 応 *11 条 *11 条 4 受 給 資 格 等 の 確 認 *12 条 *12 条 5 要 介 護 認 定 等 の 申 請 に 係 る 援 助 *13 条 *13 条 6 心 身 の 状 況 等 の 把 握 *14 条 *14 条 7 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 との 連 携 *69 条 *69 条 8 居 宅 サービス 計 画 等 に 沿 ったサービスの 提 供 *17 条 *17 条 9 身 分 を 証 する 書 類 の 携 行 *19 条 *19 条 10 サービスの 提 供 の 記 録 *20 条 *20 条 11 利 用 料 等 の 受 領 93 条 91 条 12 保 険 給 付 の 請 求 のための 証 明 書 の 交 付 *22 条 *22 条 13 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 94 条 (95 条 ) 14 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 方 針 95 条 (96 条 ) 15 利 用 者 に 関 する 市 町 村 への 通 知 *27 条 *24 条 16 管 理 者 の 責 務 *56 条 *54 条 17 運 営 規 程 96 条 92 条 18 勤 務 体 制 の 確 保 等 *32 条 *29 条 19 衛 生 管 理 等 *33 条 *30 条 20 掲 示 *34 条 *31 条 21 秘 密 保 持 等 *35 条 *32 条 22 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 *37 条 *34 条 23 苦 情 処 理 *38 条 *35 条 24 地 域 との 連 携 *39 条 *36 条 25 事 故 発 生 時 の 対 応 *40 条 *37 条 26 会 計 の 区 分 *41 条 *38 条 27 記 録 の 整 備 97 条 93 条 28 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 - 95 条 29 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 方 針 - 96 条 (*) 居 宅 基 準 条 例 第 98 条 による 準 用 予 防 基 準 条 例 第 94 条 による 準 用 居 宅 療 養 管 理 指 導 7

10 1 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 サービス 提 供 の 開 始 に 際 しては 利 用 申 込 者 又 は 家 族 に 対 し サービスの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 を 記 載 した 文 書 ( 重 要 事 項 説 明 書 )を 交 付 して 十 分 説 明 を 行 い サービス 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 ること 重 要 事 項 説 明 書 に 記 載 すべき 事 項 1 運 営 規 程 の 概 要 2 看 護 師 等 の 勤 務 体 制 3 事 故 発 生 時 の 対 応 4 苦 情 処 理 の 体 制 5その 他 ( 秘 密 保 持 衛 生 管 理 緊 急 時 の 対 応 など) 分 かりやすい 説 明 書 やパンフレット 等 を 交 付 して 懇 切 丁 寧 な 説 明 を 行 うこと 利 用 者 及 び 事 業 者 双 方 の 保 護 の 立 場 から 書 面 による 同 意 を 得 ることが 望 ましい サービス 提 供 に 際 しての 留 意 点 1 利 用 申 込 者 又 は 家 族 に 対 する 重 要 事 項 説 明 書 による 説 明 2 重 要 事 項 説 明 書 についての 同 意 [ 重 要 事 項 説 明 書 ] 3 利 用 者 ( 又 は 代 理 人 )と 事 業 者 との 契 約 [ 契 約 書 ] 4 利 用 者 及 び 家 族 からの 個 人 情 報 の 利 用 の 同 意 [ 同 意 書 ]( 基 準 条 例 35 条 3 項 ) 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] 第 4 節 運 営 に 関 する 基 準 ( 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 ) 第 9 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 開 始 に 際 し あらかじ め 利 用 申 込 者 又 はその 家 族 に 対 し 第 96 条 に 規 定 する 運 営 規 程 の 概 要 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 その 他 の 利 用 申 込 者 のサービ スの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 を 記 し た 文 書 を 交 付 して 説 明 を 行 い 当 該 提 供 の 開 始 について 利 用 申 込 者 の 同 意 を 得 なければならな い 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 利 用 申 込 者 又 はその 家 族 からの 申 出 があった 場 合 には 前 項 の 規 定 による 文 書 の 交 付 に 代 えて 第 5 項 で 定 めるところにより 当 該 利 用 申 込 者 又 はその 家 族 の 承 諾 を 得 て 当 該 文 書 に 記 すべき 重 要 事 項 を 電 子 情 報 処 理 組 織 を 使 用 する 方 法 その 他 の 情 報 通 信 の 技 術 を 利 用 する 方 法 であって 次 に 掲 げるもの( 以 下 この 条 において 電 磁 的 方 法 という )により 提 供 することができる この 場 合 において 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 当 該 文 書 を 交 付 したものとみなす < 以 下 略 ( 電 磁 的 方 法 部 分 )> 予 防 基 準 条 例 第 9 条 = 同 旨 3 運 営 に 関 する 基 準 (1) 内 容 及 び 手 続 の 説 明 及 び 同 意 居 宅 基 準 条 例 第 9 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 利 用 者 に 対 し 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 するため その 提 供 の 開 始 に 際 し あらかじめ 利 用 申 込 者 又 はその 家 族 に 対 し 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 運 営 規 程 の 概 要 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 理 の 体 制 等 の 利 用 申 込 者 がサービスを 選 択 するために 必 要 な 重 要 事 項 について わかりやすい 説 明 書 やパンフレッ ト 等 ( 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 が 他 の 介 護 保 険 に 関 する 事 業 を 併 せて 実 施 している 場 合 当 該 パンフレット 等 について 一 体 的 に 作 成 することは 差 し 支 えないものとする )の 文 書 を 交 付 して 懇 切 丁 寧 に 説 明 を 行 い 当 該 事 業 所 から 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 受 けるこ とにつき 同 意 を 得 なければならないこととした ものである なお 当 該 同 意 については 利 用 者 及 び 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 双 方 の 保 護 の 立 場 から 書 面 によって 確 認 することが 望 まし いものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 8

11 2 提 供 拒 否 の 禁 止 正 当 な 理 由 なくサービス 提 供 を 拒 んではならない 正 当 な 理 由 1 当 該 事 業 所 の 現 員 からは 利 用 申 込 に 応 じきれない 場 合 2 利 用 申 込 者 の 居 住 地 が 当 該 事 業 所 の 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 外 である 場 合 3 利 用 申 込 者 の 病 状 等 により 自 ら 適 切 な 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 が 困 難 と 判 断 した 場 合 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 提 供 拒 否 の 禁 止 ) 第 10 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 正 当 な 理 由 なく 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 拒 んで はならない 予 防 基 準 条 例 第 10 条 = 同 旨 (2) 提 供 拒 否 の 禁 止 居 宅 基 準 条 例 第 10 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 原 則 として 利 用 申 込 に 対 しては 応 じなければならないことを 規 定 したものであ り 特 に 要 介 護 度 や 所 得 の 多 寡 を 理 由 にサー ビスの 提 供 を 拒 否 することを 禁 止 するものであ る 提 供 を 拒 むことのできる 正 当 な 理 由 がある 場 合 とは 1 当 該 事 業 所 の 現 員 からは 利 用 申 込 に 応 じきれない 場 合 2 利 用 申 込 者 の 居 住 地 が 当 該 事 業 所 の 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 外 である 場 合 その 他 利 用 申 込 者 に 対 し 自 ら 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 することが 困 難 な 場 合 で ある 3 サービス 提 供 困 難 時 の 対 応 利 用 申 込 者 に 対 し 自 ら 適 切 なサービス 提 供 が 困 難 な 場 合 は 必 要 な 措 置 ( 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 への 連 絡 適 当 な 他 の 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 等 の 紹 介 など)を 速 やかに 講 じること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] (サービス 提 供 困 難 時 の 対 応 ) 第 11 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 ( 当 該 事 業 所 が 通 常 時 に 当 該 サービスを 提 供 する 地 域 をいう 以 下 同 じ ) 等 を 勘 案 し 利 用 申 込 者 に 対 し 自 ら 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 することが 困 難 であると 認 めた 場 合 は 当 該 利 用 申 込 者 に 係 る 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 への 連 絡 適 当 な 他 の 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 等 の 紹 介 その 他 の 必 要 な 措 置 を 速 やかに 講 じなければならない 予 防 基 準 条 例 第 11 条 = 同 旨 (3)サービス 提 供 困 難 時 の 対 応 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 基 準 条 例 第 10 条 の 正 当 な 理 由 により 利 用 申 込 者 に 対 し 自 ら 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 する ことが 困 難 であると 認 めた 場 合 には 居 宅 基 準 条 例 第 11 条 の 規 定 により 当 該 利 用 申 込 者 に 係 る 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 への 連 絡 適 当 な 他 の 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 等 の 紹 介 その 他 の 必 要 な 措 置 を 速 やかに 講 じなければならないもの である 居 宅 療 養 管 理 指 導 9

12 4 受 給 資 格 等 の 確 認 利 用 者 の 被 保 険 者 証 により 1 被 保 険 者 資 格 2 要 介 護 認 定 ( 要 支 援 認 定 )の 有 無 3 要 介 護 認 定 ( 要 支 援 認 定 )の 有 効 期 間 を 確 認 すること 被 保 険 者 証 に 認 定 審 査 会 意 見 が 記 載 されているときは その 意 見 に 配 慮 したサービス 提 供 に 努 めること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 受 給 資 格 等 の 確 認 ) 第 12 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 求 められた 場 合 は その 者 の 提 示 す る 被 保 険 者 証 によって 被 保 険 者 資 格 要 介 護 認 定 の 有 無 及 び 要 介 護 認 定 の 有 効 期 間 を 確 かめるものとす る 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 前 項 の 被 保 険 者 証 に 法 第 73 条 第 2 項 に 規 定 する 認 定 審 査 会 意 見 が 記 載 されているときは 当 該 認 定 審 査 会 意 見 に 配 慮 して 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 するように 努 めなければ ならない 予 防 基 準 条 例 第 12 条 = 同 旨 (4) 受 給 資 格 等 の 確 認 1 居 宅 基 準 第 12 条 第 1 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 に 係 る 費 用 につき 保 険 給 付 を 受 けることができるのは 要 介 護 認 定 を 受 けている 被 保 険 者 に 限 られるものであること を 踏 まえ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 開 始 に 際 し 利 用 者 の 提 示 する 被 保 険 者 証 によって 被 保 険 者 資 格 要 介 護 認 定 の 有 無 及 び 要 介 護 認 定 の 有 効 期 間 を 確 かめなければならないこととしたもの である 2 同 条 第 2 項 は 利 用 者 の 被 保 険 者 証 に 指 定 居 宅 サービ スの 適 切 かつ 有 効 な 利 用 等 に 関 し 当 該 被 保 険 者 が 留 意 すべ き 事 項 に 係 る 認 定 審 査 会 意 見 が 記 載 されているときは 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は これに 配 慮 して 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 するように 努 めるべきことを 規 定 したも のである 5 要 介 護 認 定 等 の 申 請 に 係 る 援 助 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 開 始 に 際 し 要 介 護 認 定 等 を 受 けていない 利 用 申 込 者 につい ては 必 要 に 応 じて 申 請 の 援 助 を 行 うこと 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 を 利 用 していない 利 用 者 については 更 新 申 請 が 遅 くとも 有 効 期 間 満 了 日 の30 日 前 までに 行 われるよう 援 助 を 行 うこと 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 要 介 護 認 定 の 申 請 に 係 る 援 助 ) 第 13 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 開 始 に 際 し 要 介 護 認 定 を 受 けてい ない 利 用 申 込 者 については 要 介 護 認 定 の 申 請 が 既 に 行 われているかど うかを 確 認 し 申 請 が 行 われていな い 場 合 は 当 該 利 用 申 込 者 の 意 思 を 踏 まえて 速 やかに 当 該 申 請 が 行 われ るよう 必 要 な 援 助 を 行 わなければな らない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 介 護 支 援 (これに 相 当 するサー ビスを 含 む )が 利 用 者 に 対 して 行 わ れていない 等 の 場 合 であって 必 要 と 認 めるときは 要 介 護 認 定 の 更 新 の 申 請 が 遅 くとも 当 該 利 用 者 が 受 け ている 要 介 護 認 定 の 有 効 期 間 が 終 了 する30 日 前 にはなされるよう 必 要 な 援 助 を 行 わなければならない 予 防 基 準 13 条 ( 要 支 援 認 定 の 申 請 に 係 る 援 助 )= 同 旨 (5) 要 介 護 認 定 の 申 請 に 係 る 援 助 1 居 宅 基 準 条 例 第 13 条 第 1 項 は 要 介 護 認 定 の 申 請 がなさ れていれば 要 介 護 認 定 の 効 力 が 申 請 時 に 遡 ることにより 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 に 係 る 費 用 が 保 険 給 付 の 対 象 となり 得 ることを 踏 まえ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 利 用 申 込 者 が 要 介 護 認 定 を 受 けていないことを 確 認 した 場 合 には 要 介 護 認 定 の 申 請 が 既 に 行 われているかどうかを 確 認 し 申 請 が 行 われていない 場 合 は 当 該 利 用 申 込 者 の 意 思 を 踏 まえて 速 やかに 当 該 申 請 が 行 われるよう 必 要 な 援 助 を 行 わなければならないこととしたものである 2 同 条 第 2 項 は 要 介 護 認 定 の 有 効 期 間 が 原 則 として6か 月 ごとに 終 了 し 継 続 して 保 険 給 付 を 受 けるためには 要 介 護 更 新 認 定 を 受 ける 必 要 があること 及 び 当 該 認 定 が 申 請 の 日 から30 日 以 内 に 行 われることとされていることを 踏 ま え 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 介 護 支 援 (これ に 相 当 するサービスを 含 む )が 利 用 者 に 対 して 行 われてい ない 等 の 場 合 であって 必 要 と 認 めるときは 要 介 護 認 定 の 更 新 の 申 請 が 遅 くとも 当 該 利 用 者 が 受 けている 要 介 護 認 定 の 有 効 期 間 が 終 了 する30 日 前 にはなされるよう 必 要 な 援 助 を 行 わなければならないこととしたものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 10

13 6 心 身 の 状 況 等 の 把 握 サービス 担 当 者 会 議 等 を 通 じて 利 用 者 の 心 身 の 状 況 病 歴 その 置 かれている 環 境 他 の 保 健 医 療 サービス 福 祉 サービスの 利 用 状 況 等 を 把 握 するよう 努 めること 基 準 条 例 [ 準 用 ] ( 心 身 の 状 況 等 の 把 握 ) 第 14 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 利 用 者 に 係 る 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 が 開 催 するサービス 担 当 者 会 議 ( 指 定 居 宅 介 護 支 援 等 の 事 業 の 人 員 及 び 運 営 に 関 する 基 準 ( 平 成 11 年 厚 生 省 令 第 38 号 ) 第 13 条 第 9 号 に 規 定 するサービス 担 当 者 会 議 をいう 以 下 同 じ ) 等 を 通 じて 利 用 者 の 心 身 の 状 況 病 歴 服 薬 歴 その 置 かれている 環 境 他 の 保 健 医 療 サービス 又 は 福 祉 サービスの 利 用 状 況 等 の 把 握 に 努 めなければならない 予 防 基 準 条 例 第 14 条 = 同 旨 解 釈 通 知 7 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 との 連 携 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 や 保 健 医 療 サービス 福 祉 サービスを 提 供 する 者 との 密 接 な 連 携 に 努 めること 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 終 了 に 際 しては 利 用 者 又 は 家 族 に 対 して 適 切 な 指 導 を 行 う とともに 主 治 医 及 び 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 に 対 する 情 報 の 提 供 保 健 医 療 サービス 福 祉 サ ービスを 提 供 する 者 との 密 接 な 連 携 に 努 めること 基 準 条 例 [ 準 用 ] ( 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 との 連 携 ) 第 69 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 するに 当 たっては 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 その 他 保 健 医 療 サービス 又 は 福 祉 サービスを 提 供 する 者 との 密 接 な 連 携 に 努 め なければならない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 の 終 了 に 際 しては 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 して 適 切 な 指 導 を 行 うとともに 主 治 の 医 師 及 び 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 に 対 する 情 報 の 提 供 並 びに 保 健 医 療 サービス 又 は 福 祉 サービスを 提 供 す る 者 との 密 接 な 連 携 に 努 めなければならない 予 防 基 準 条 例 第 69 条 ( 介 護 予 防 支 援 事 業 者 等 との 連 携 )= 同 旨 解 釈 通 知 居 宅 療 養 管 理 指 導 11

14 8 居 宅 サービス 計 画 等 に 沿 ったサービスの 提 供 居 宅 サービス 計 画 が 作 成 されている 場 合 は 居 宅 サービス 計 画 に 沿 った 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 行 うこと 居 宅 サービス 計 画 の 種 類 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 で 作 成 した 居 宅 サービス 計 画 (ケアプラン) 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 事 業 所 看 護 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 事 業 所 で 作 成 した 居 宅 サービス 計 画 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 看 護 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 では 事 業 所 の 介 護 支 援 専 門 員 が 登 録 者 のケアプランを 作 成 利 用 者 が 自 分 で 作 成 し 市 町 村 に 届 け 出 た 計 画 ( 自 己 プラン) 基 準 条 例 [ 準 用 ] ( 居 宅 サービス 計 画 に 沿 ったサービスの 提 供 ) 第 17 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 サービス 計 画 ( 施 行 規 則 第 64 条 第 1 号 ハ 及 びニに 規 定 する 計 画 を 含 む 以 下 同 じ )が 作 成 されて いる 場 合 は 当 該 計 画 に 沿 った 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 しなければ ならない 予 防 基 準 条 例 第 17 条 ( 介 護 予 防 サービス 計 画 に 沿 ったサービスの 提 供 )= 同 旨 解 釈 通 知 9 身 分 を 証 する 書 類 の 携 行 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 は 事 業 所 の 名 称 氏 名 を 記 載 した 身 分 証 や 名 札 等 を 携 行 し 利 用 者 又 は 家 族 から 求 められたときは 提 示 すること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 身 分 を 証 する 書 類 の 携 行 ) 第 19 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 に 身 分 を 証 する 書 類 を 携 行 させ 利 用 者 又 はその 家 族 から 求 められた ときは これを 提 示 すべき 旨 を 指 導 しなければならな い 予 防 基 準 条 例 第 19 条 = 同 旨 (8) 身 分 を 証 する 書 類 の 携 行 居 宅 基 準 条 例 第 19 条 は 利 用 者 が 安 心 して 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 受 けられるよう 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 に 身 分 を 明 らかにする 証 書 や 名 札 等 を 携 行 させ 利 用 者 又 はその 家 族 から 求 め られたときは これを 提 示 すべき 旨 を 指 導 しなければならないこと としたものである この 証 書 等 には 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 名 称 当 該 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 氏 名 を 記 載 するものと し 当 該 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 写 真 の 貼 付 や 職 能 の 記 載 を 行 う ことが 望 ましい 居 宅 療 養 管 理 指 導 12

15 10 サービスの 提 供 の 記 録 サービスの 利 用 状 況 等 を 利 用 者 の 居 宅 サービス 計 画 の 書 面 又 はサービス 利 用 票 等 に 記 載 す ること 記 載 すべき 事 項 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 日 内 容 保 険 給 付 の 額 等 提 供 した 具 体 的 なサービスの 内 容 等 について 記 録 すること ( 利 用 者 から 申 出 があった 場 合 には 文 書 の 交 付 等 によりその 情 報 を 提 供 すること ) 契 約 終 了 から2 年 間 保 存 が 必 要 記 録 すべき 事 項 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 日 具 体 的 なサービスの 内 容 利 用 者 の 心 身 の 状 況 等 具 体 的 なサービスの 内 容 等 の 記 録 の 重 要 性 利 用 者 に 対 するサービスの 質 の 向 上 に 繋 がること 提 供 しているサービスが 利 用 者 の 課 題 解 決 に 繋 がっているか また 自 立 支 援 のために 真 に 必 要 なサービスであるか 等 を 管 理 者 が 把 握 できるよう 記 録 することにより 利 用 者 に 対 するサービスの 質 の 向 上 に 繋 がる サービス 内 容 や 報 酬 請 求 が 適 正 であることを 証 明 する 重 要 資 料 であること 事 業 者 には サービス 内 容 や 報 酬 請 求 が 適 正 であることを 保 険 者 や 県 に 対 し 証 明 する 責 任 がある 適 正 なサービスの 挙 証 資 料 として 提 供 したサービスの 具 体 的 な 内 容 の 記 録 が 重 要 になる 提 供 した 具 体 的 なサービスの 内 容 利 用 者 の 心 身 の 状 況 などの 記 録 が 必 要 であり 単 に 分 類 項 目 にチェックするだけの 記 録 では 不 適 当 である 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] (サービスの 提 供 の 記 録 ) 第 20 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 に は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 日 及 び 内 容 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に ついて 法 第 41 条 第 6 項 の 規 定 により 利 用 者 に 代 わって 支 払 を 受 ける 居 宅 介 護 サー ビス 費 の 額 その 他 必 要 な 事 項 を 利 用 者 の 居 宅 サービス 計 画 を 記 載 した 書 面 又 は これに 準 ずる 書 面 に 記 載 しなければなら ない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 には 提 供 した 具 体 的 なサービスの 内 容 等 を 記 録 するとともに 利 用 者 からの 申 出 があっ た 場 合 には 文 書 の 交 付 その 他 適 切 な 方 法 により その 情 報 を 利 用 者 に 対 して 提 供 しなければならない 予 防 基 準 条 例 第 20 条 = 同 旨 (9)サービスの 提 供 の 記 録 1 居 宅 基 準 条 例 第 20 条 第 1 項 は 利 用 者 及 びサービス 事 業 者 が その 時 点 での 支 給 限 度 額 の 残 額 やサービス の 利 用 状 況 を 把 握 できるようにするために 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 には 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 日 内 容 保 険 給 付 の 額 その 他 必 要 な 事 項 を 利 用 者 の 居 宅 サービス 計 画 の 書 面 又 はサービス 利 用 票 等 に 記 載 し なければならないこととしたものである 2 同 条 第 2 項 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 日 提 供 した 具 体 的 なサービスの 内 容 利 用 者 の 心 身 の 状 況 その 他 必 要 な 事 項 を 記 録 するとともに サービ ス 事 業 者 間 の 密 接 な 連 携 等 を 図 るため 利 用 者 からの 申 出 があった 場 合 には 文 書 の 交 付 その 他 適 切 な 方 法 により その 情 報 を 利 用 者 に 対 して 提 供 しなければな らないこととしたものである また その 他 適 切 な 方 法 とは 例 えば 利 用 者 の 用 意 する 手 帳 等 に 記 載 するなどの 方 法 である なお 提 供 した 具 体 的 なサービスの 内 容 等 の 記 録 は 居 宅 基 準 条 例 第 97 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 2 年 間 保 存 しなければならない 居 宅 療 養 管 理 指 導 13

16 11 利 用 料 等 の 受 領 法 定 代 理 受 領 の 場 合 は 利 用 料 の 一 部 として 居 宅 介 護 サービス 費 用 基 準 額 の1 割 又 は2 割 ( 保 険 給 付 の 率 が9 割 又 は8 割 でない 場 合 は それに 応 じた 割 合 )の 支 払 を 受 けること 法 定 代 理 受 領 の 場 合 の 利 用 料 と それ 以 外 の 場 合 の 利 用 料 に 不 合 理 な 差 額 を 設 けないこと 介 護 保 険 給 付 の 対 象 となる 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 のサービスと 明 確 に 区 分 されるサービス については 次 のような 方 法 により 別 の 料 金 設 定 をして 差 し 支 えない 利 用 者 に 当 該 事 業 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 とは 別 事 業 であり 当 該 サービス が 介 護 保 険 給 付 の 対 象 とならないサービスであることを 説 明 し 理 解 を 得 ること 当 該 事 業 の 目 的 運 営 方 針 利 用 料 等 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 運 営 規 程 と は 別 に 定 められていること 会 計 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 会 計 と 区 分 されていること 通 常 の 利 用 料 のほか 次 に 掲 げる 費 用 の 支 払 を 受 けることができる ただし あらかじめ 利 用 者 又 は 家 族 に 対 して 説 明 し 同 意 を 得 なければならない 利 用 者 の 選 定 により 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 以 外 の 地 域 の 居 宅 において 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 行 う 場 合 は それに 要 した 交 通 費 の 額 ( 移 動 に 要 する 実 費 ) 中 山 間 地 域 等 に 居 住 する 者 へのサービス 提 供 加 算 を 算 定 する 場 合 は この 交 通 費 の 支 払 いは 受 けられない 保 険 給 付 の 対 象 となっているサービスと 明 確 に 区 分 されない 曖 昧 な 名 目 による 費 用 の 徴 収 は 認 められない 領 収 書 の 交 付 利 用 者 からサービスの 提 供 に 要 した 費 用 の 支 払 いを 受 ける 際 は 費 用 区 分 等 を 明 確 にした 領 収 証 を 交 付 すること ( 介 護 保 険 法 第 41 条 第 8 項 ) 利 用 料 が 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 場 合 もあるため 医 療 費 控 除 が 受 けられる 領 収 書 を 発 行 す る 必 要 がある ( 下 記 通 知 参 照 ) 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて ( 平 成 25 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 老 健 局 総 務 課 事 務 連 絡 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 14

17 国 税 庁 タックスアンサー(No.1127 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 ) 医 療 費 控 除 の 対 象 と なる 居 宅 サービス 上 記 の 居 宅 サービス と 併 せて 利 用 する 場 合 のみ 医 療 費 控 除 の 対 象 となるもの 医 療 費 控 除 の 対 象 外 となる 介 護 保 険 の 居 宅 サービス 等 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 居 宅 サービス 等 の 対 価 の 概 要 の 表 居 宅 サービス 等 の 種 類 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 看 護 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 居 宅 療 養 管 理 指 導 医 師 等 による 管 理 指 導 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 通 所 リハビリテーション 医 療 機 関 でのデイサービス 介 護 予 防 通 所 リハビリテーション 短 期 入 所 療 養 介 護 ショートステイ 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 ( 一 体 型 事 業 所 で 訪 問 看 護 を 利 用 する 場 合 に 限 ります ) 複 合 型 サービス( 上 記 の 居 宅 サービスを 含 む 組 合 せにより 提 供 されるもの ( 生 活 援 助 中 心 型 の 訪 問 介 護 の 部 分 を 除 きます )に 限 ります ) 訪 問 介 護 ホームヘルプサービス ( 生 活 援 助 ( 調 理 洗 濯 掃 除 等 の 家 事 の 援 助 ) 中 心 型 を 除 きます ) 夜 間 対 応 型 訪 問 介 護 介 護 予 防 訪 問 介 護 訪 問 入 浴 介 護 介 護 予 防 訪 問 入 浴 介 護 通 所 介 護 デイサービス 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 通 所 介 護 介 護 予 防 小 規 模 多 機 能 型 居 宅 介 護 短 期 入 所 生 活 介 護 ショートステイ 介 護 予 防 短 期 入 所 生 活 介 護 定 期 巡 回 随 時 対 応 型 訪 問 介 護 看 護 ( 一 体 型 事 業 所 で 訪 問 看 護 を 利 用 しな い 場 合 及 び 連 携 型 事 業 所 に 限 ります ) 複 合 型 サービス( 上 記 の 居 宅 サービスを 含 まない 組 合 せにより 提 供 される もの( 生 活 援 助 中 心 型 の 訪 問 介 護 の 部 分 を 除 きます )に 限 ります ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 認 知 症 高 齢 者 グループホーム 介 護 予 防 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 有 料 老 人 ホーム 等 地 域 密 着 型 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 介 護 予 防 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 福 祉 用 具 貸 与 介 護 予 防 福 祉 用 具 貸 与 ( 注 ) 1 指 定 居 宅 サービス 事 業 者 ( 居 宅 サービス 等 を 提 供 する 事 業 者 で 都 道 府 県 知 事 が 指 定 するものを いいます ) 等 が 発 行 する 領 収 書 に 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 医 療 費 の 額 が 記 載 されることと なっています 2 交 通 費 のうち 通 所 リハビリテーションや 短 期 入 所 療 養 介 護 を 受 けるため 介 護 老 人 保 健 施 設 や 指 定 介 護 療 養 型 医 療 施 設 へ 通 う 際 に 支 払 う 費 用 で 通 常 必 要 なものは 医 療 費 控 除 の 対 象 とな ります 3 高 額 介 護 サービス 費 として 払 戻 しを 受 けた 場 合 は その 高 額 介 護 サービス 費 を 医 療 費 の 金 額 か ら 差 し 引 いて 医 療 費 控 除 の 金 額 を 計 算 することとなります なお 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 指 定 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 の 施 設 サービス 費 に 係 る 自 己 負 担 額 のみに 対 する 高 額 介 護 サービス 費 については 2 分 の1に 相 当 する 金 額 を 医 療 費 の 金 額 から 差 し 引 いて 医 療 費 控 除 の 金 額 の 計 算 をすることとなります 居 宅 療 養 管 理 指 導 15

18 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて の 別 紙 様 式 ( 様 式 例 ) 利 用 者 氏 名 費 用 負 担 者 氏 名 事 業 所 名 及 び 住 所 等 居 宅 サービス 計 画 又 は 介 護 予 防 サービス 計 画 を 作 成 した 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 等 の 名 称 居 宅 サービス 等 利 用 料 領 収 証 No. サービス 内 容 / 種 類 単 価 No. その 他 費 用 ( 保 険 給 付 対 象 外 の サービス) 領 収 額 うち 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 金 額 ( 平 成 年 月 分 ) 続 柄 ( 住 所 : ) 単 価 回 数 日 数 回 数 日 数 円 円 印 利 用 者 負 担 額 ( 保 険 対 象 額 ) 利 用 者 負 担 額 領 収 年 月 日 平 成 年 月 日 円 円 円 円 円 円 円 円 ( 注 )1. 本 様 式 例 によらない 領 収 証 であっても 居 宅 サービス 計 画 又 は 介 護 予 防 サービス 計 画 を 作 成 した 事 業 者 名 及 び 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 金 額 が 記 載 されているものであれば 差 し 支 えありません なお 利 用 者 自 らが 居 宅 サービス 計 画 又 は 介 護 予 防 計 画 を 作 成 し 市 町 村 に 届 出 が 受 理 されている 場 合 においては 居 宅 サービス 計 画 又 は 介 護 予 防 サービス 計 画 を 作 成 した 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 等 の 名 称 欄 に 当 該 市 町 村 名 を 記 入 してください 2. サービス 利 用 料 が 区 分 支 給 限 度 基 準 額 又 は 種 類 支 給 限 度 基 準 額 を 超 える 部 分 の 金 額 につ いては その 他 費 用 ( 保 険 給 付 対 象 外 のサービス) 欄 に 記 載 してください 3. 訪 問 介 護 事 業 者 にあっては うち 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 金 額 欄 には 利 用 者 負 担 額 ( 保 険 対 象 分 )のうち 生 活 援 助 中 心 型 に 係 る 訪 問 介 護 以 外 のサービスに 係 る 利 用 者 負 担 額 ( 保 険 対 象 分 )の 合 計 額 を 記 載 してください 4. この 領 収 証 を 発 行 する 居 宅 サービス 等 事 業 者 が 訪 問 看 護 訪 問 リハビリテーション 居 宅 療 養 管 理 指 導 通 所 リハビリテーション 短 期 入 所 療 養 介 護 定 期 巡 回 型 訪 問 介 護 看 護 複 合 型 サービス 介 護 予 防 訪 問 看 護 介 護 予 防 訪 問 リハビリテーション 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 介 護 予 防 通 所 リハビリテーション 又 は 介 護 予 防 短 期 入 所 療 養 介 護 を 提 供 している 場 合 には これらのサービスに 係 る 利 用 料 についてもあわせて 記 入 してくださ い 5. 医 療 費 控 除 を 受 ける 場 合 この 領 収 証 を 確 定 申 告 書 に 添 付 するか 確 定 申 告 の 際 に 提 示 してください 居 宅 療 養 管 理 指 導 16

19 基 準 条 例 ( 利 用 料 等 の 受 領 ) 第 93 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 法 定 代 理 受 領 サービス に 該 当 する 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 には その 利 用 者 から 利 用 料 の 一 部 として 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 居 宅 介 護 サービス 費 用 基 準 額 か ら 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 に 支 払 われる 居 宅 介 護 サー ビス 費 の 額 を 控 除 して 得 た 額 の 支 払 を 受 けるものとする 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 法 定 代 理 受 領 サービスに 該 当 しない 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 にその 利 用 者 から 支 払 を 受 ける 利 用 料 の 額 及 び 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 居 宅 介 護 サービス 費 用 基 準 額 と 健 康 保 険 法 第 63 条 第 1 項 又 は 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 第 64 条 第 1 項 に 規 定 する 療 養 の 給 付 のうち 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 相 当 するものに 要 する 費 用 の 額 との 間 に 不 合 理 な 差 額 が 生 じないようにしなければならな い 3 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 前 2 項 の 支 払 を 受 ける 額 の ほか 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 要 する 交 通 費 の 額 の 支 払 を 利 用 者 から 受 けることができ る 4 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 前 項 の 費 用 の 額 に 係 るサー ビスの 提 供 に 当 たっては あら かじめ 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 し 当 該 サービスの 内 容 及 び 費 用 について 説 明 を 行 い 利 用 者 の 同 意 を 得 なければならない 予 防 基 準 条 例 第 70 条 = 同 旨 解 釈 通 知 (2) 利 用 料 等 の 受 領 1 居 宅 基 準 条 例 第 93 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 は 居 宅 基 準 条 例 第 21 条 第 1 項 及 び 第 4 項 の 規 定 と 同 趣 旨 であるため 第 3の 一 [= 訪 問 介 護 ]の3の(10)の1 及 び4を 参 照 されたい 第 3の 一 の3の(10) 1 居 宅 基 準 条 例 第 93 条 第 1 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 法 定 代 理 受 領 サービスとして 提 供 される 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 についての 利 用 者 負 担 として 居 宅 介 護 サービス 費 用 基 準 額 の1 割 又 は2 割 ( 法 第 50 条 若 しくは 第 60 条 又 は 第 69 条 第 3 項 の 規 定 の 適 用 により 保 険 給 付 の 率 が9 割 又 は8 割 でない 場 合 に ついては それに 応 じた 割 合 )の 支 払 を 受 けなければならない ことを 規 定 したものである 4 同 条 第 4 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 前 項 の 交 通 費 の 支 払 を 受 けるに 当 たっては あらかじめ 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 してその 額 等 に 関 して 説 明 を 行 い 利 用 者 の 同 意 を 得 なければならないこととしたものである 2 同 条 第 2 項 の 規 定 は 居 宅 基 準 条 例 第 70 条 第 2 項 の 規 定 と 基 本 的 に 同 趣 旨 であるため 第 3の 三 [= 訪 問 看 護 ]の3の(3)の 2を 参 照 されたい 第 3の 三 の3の(3) 2 同 条 第 2 項 は 利 用 者 間 の 公 平 及 び 利 用 者 の 保 護 の 観 点 から 法 定 代 理 受 領 サービスでない 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 した 際 にその 利 用 者 から 支 払 を 受 ける 利 用 料 の 額 及 び 法 定 代 理 受 領 サービスである 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 費 用 の 額 と 医 療 保 険 給 付 の 対 象 となる 健 康 保 険 法 上 の 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 費 用 の 額 の 間 に 不 合 理 な 差 異 を 設 けてはならないこととしたも のであること なお そもそも 介 護 保 険 給 付 医 療 保 険 給 付 の 給 付 対 象 とな る 居 宅 療 養 管 理 指 導 と 明 確 に 区 分 されるサービスについては 第 3の 一 [= 訪 問 介 護 ]の3の(10)の2のなお 書 きを 参 照 された いこと 第 3の 一 の3の(10) 2 < 略 > なお そもそも 介 護 保 険 給 付 の 対 象 となる 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 のサービスと 明 確 に 区 分 されるサービスについては 次 の ような 方 法 により 別 の 料 金 設 定 をして 差 し 支 えない ア 利 用 者 に 当 該 事 業 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 とは 別 事 業 であり 当 該 サービスが 介 護 保 険 給 付 の 対 象 とならない サービスであることを 説 明 し 理 解 を 得 ること イ 当 該 事 業 の 目 的 運 営 方 針 利 用 料 等 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 運 営 規 程 とは 別 に 定 められていること ウ 会 計 が 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 会 計 と 区 分 されてい ること 3 同 条 第 3 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 関 して 前 2 項 の 利 用 料 のほかに 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 要 する 交 通 費 ( 通 常 の 事 業 の 実 施 地 域 内 の 交 通 費 を 含 む )の 額 の 支 払 を 利 用 者 から 受 けることができることとし 保 険 給 付 の 対 象 とな っているサービスと 明 確 に 区 分 されないあいまいな 名 目 による 費 用 の 支 払 を 受 けることは 認 めないこととしたものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 17

20 12 保 険 給 付 の 請 求 のための 証 明 書 の 交 付 法 定 代 理 受 領 以 外 の 利 用 料 の 支 払 いを 受 けた 場 合 は 保 険 給 付 を 請 求 する 上 で 必 要 な 事 項 を 記 載 したサービス 提 供 証 明 書 を 利 用 者 に 交 付 すること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 保 険 給 付 の 請 求 のための 証 明 書 の 交 付 ) 第 22 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 法 定 代 理 受 領 サービスに 該 当 しない 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 利 用 料 の 支 払 を 受 けた 場 合 は 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 費 用 の 額 そ の 他 必 要 と 認 められる 事 項 を 記 載 したサービス 提 供 証 明 書 を 利 用 者 に 対 して 交 付 しなければな らない 予 防 基 準 条 例 第 22 条 = 同 旨 (11) 保 険 給 付 の 請 求 のための 証 明 書 の 交 付 居 宅 基 準 条 例 第 22 条 は 利 用 者 が 市 町 村 に 対 する 保 険 給 付 の 請 求 を 容 易 に 行 えるよう 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 法 定 代 理 受 領 サー ビスでない 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 利 用 料 の 支 払 を 受 けた 場 合 は 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 費 用 の 額 その 他 利 用 者 が 保 険 給 付 を 請 求 する 上 で 必 要 と 認 められる 事 項 を 記 載 したサービス 提 供 証 明 書 を 利 用 者 に 対 して 交 付 しなければならないこととしたものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 18

21 13 指 定 ( 介 護 予 防 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 は 要 介 護 状 態 の 軽 減 若 しくは 悪 化 の 防 止 に 資 するよう 計 画 的 に 行 うこと 自 らその 提 供 する 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 質 の 評 価 を 行 い 常 にその 改 善 を 図 ること ( 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 ) 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 は 利 用 者 の 介 護 予 防 に 資 するよう その 目 標 を 設 定 し 計 画 的 に 行 うこと 自 らその 提 供 する 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 質 の 評 価 を 行 い 常 にその 改 善 を 図 る こと 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 目 的 は 利 用 者 ができる 限 り 要 介 護 状 態 とならないで 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよう 支 援 することであることを 常 に 意 識 してサービス 提 供 に 当 たること 利 用 者 がその 有 する 能 力 を 最 大 限 活 用 することができるような 方 法 によるサービスの 提 供 に 努 めること 基 準 条 例 ( 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 ) 第 94 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 は 利 用 者 の 要 介 護 状 態 の 軽 減 又 は 悪 化 の 防 止 に 資 するよう 計 画 的 に 行 われなければならない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 自 らその 提 供 する 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 質 の 評 価 を 行 い 常 にその 改 善 を 図 らなければならない ( 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 基 本 取 扱 方 針 ) 第 95 条 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 は 利 用 者 の 介 護 予 防 に 資 す るよう その 目 標 を 設 定 し 計 画 的 に 行 われなければならない 2 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 自 らその 提 供 する 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 質 の 評 価 を 行 い 常 にその 改 善 を 図 ら なければならない 3 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たり 利 用 者 ができる 限 り 要 介 護 状 態 とならな いで 自 立 した 日 常 生 活 を 営 むことができるよう 支 援 することを 目 的 とするものであることを 常 に 意 識 してサービスの 提 供 に 当 たらなけ ればならない 4 指 定 介 護 予 防 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 利 用 者 がその 有 する 能 力 を 最 大 限 活 用 することができるような 方 法 によるサービスの 提 供 に 努 めなければならない 解 釈 通 知 居 宅 療 養 管 理 指 導 19

22 14 指 定 ( 介 護 予 防 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 方 針 医 師 又 は 歯 科 医 師 訪 問 診 療 等 により 常 に 利 用 者 の 病 状 及 び 心 身 の 状 況 を 把 握 し 計 画 的 かつ 継 続 的 な 医 学 的 管 理 又 は 歯 科 医 学 的 管 理 に 基 づいて 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 居 宅 サービス 計 画 の 作 成 等 に 必 要 な 情 報 提 供 並 びに 利 用 者 家 族 に 対 し 居 宅 サービスの 利 用 に 関 する 留 意 事 項 介 護 方 法 等 についての 指 導 助 言 等 を 行 うこと 利 用 者 家 族 からの 介 護 に 関 する 相 談 に 懇 切 丁 寧 に 応 ずるとともに 利 用 者 家 族 に 対 し 療 養 上 必 要 な 事 項 等 について 理 解 しやすいように 指 導 助 言 を 行 うこと ( 指 導 助 言 に ついては 療 養 上 必 要 な 事 項 等 を 記 載 した 文 書 を 交 付 するよう 努 めること ) 次 の 場 合 には 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 は 居 宅 サービス 事 業 者 に 対 し 居 宅 サービス 計 画 の 作 成 居 宅 サービスの 提 供 等 に 必 要 な 情 報 提 供 助 言 を 行 うこと ( 情 報 提 供 助 言 は 原 則 として サービス 担 当 者 会 議 への 参 加 により 行 うこと 参 加 が 困 難 な 場 合 は 原 則 として 情 報 提 供 助 言 の 内 容 を 記 載 した 文 書 を 交 付 して 行 うこと ) 療 養 上 適 切 な 居 宅 サービスが 提 供 されるために 必 要 があると 認 める 場 合 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 は 居 宅 サービス 事 業 者 から 求 めがあった 場 合 それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 診 療 録 に 記 録 すること 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 又 は 管 理 栄 養 士 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 ( 薬 局 の 薬 剤 師 による 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 にあっては 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 に 基 づき 当 該 薬 剤 師 が 策 定 した 薬 学 的 管 理 指 導 計 画 )に 基 づき 利 用 者 の 心 身 機 能 の 維 持 回 復 を 図 り 居 宅 における 日 常 生 活 の 自 立 に 資 するよう 妥 当 適 切 に 行 うこと 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 懇 切 丁 寧 に 行 うことを 旨 とし 利 用 者 家 族 に 対 し 療 養 上 必 要 な 事 項 について 理 解 しやすいように 指 導 説 明 を 行 うこと 常 に 利 用 者 の 病 状 心 身 の 状 況 及 びその 置 かれている 環 境 の 的 確 な 把 握 に 努 め 利 用 者 に 対 し 適 切 なサービスを 提 供 すること それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 診 療 記 録 を 作 成 [ 注 ]するとともに 医 師 又 は 歯 科 医 師 に 報 告 すること 看 護 職 員 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 居 宅 サービス 計 画 の 作 成 等 に 必 要 な 情 報 提 供 並 びに 利 用 者 に 対 する 療 養 上 の 相 談 及 び 支 援 を 行 うこと 懇 切 丁 寧 に 行 うことを 旨 とし 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 し 療 養 上 必 要 な 事 項 について 理 解 しやすいように 指 導 助 言 を 行 うこと それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 記 録 を 作 成 [ 注 ]するとともに 医 師 又 は 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 報 告 すること [ 注 ] 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 管 理 栄 養 士 及 び 看 護 職 員 が 記 録 するべき 事 項 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 実 施 した 要 介 護 者 等 の 氏 名 実 施 日 時 実 施 した 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 要 点 担 当 者 の 氏 名 居 宅 療 養 管 理 指 導 20

23 基 準 条 例 解 釈 通 知 ( 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 方 針 ) (2) 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 第 95 条 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 行 う 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 方 針 方 針 は 次 に 掲 げるところによるものとする 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 具 体 的 取 扱 ⑴ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 訪 問 診 方 針 については 居 宅 基 準 条 例 第 95 条 療 等 により 常 に 利 用 者 の 病 状 及 び 心 身 の 状 況 を 把 握 の 定 めるところによるほか 次 の 点 に し 計 画 的 かつ 継 続 的 な 医 学 的 管 理 又 は 歯 科 医 学 的 管 留 意 するものとする 理 に 基 づいて 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 居 宅 サ 1 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 行 う 指 定 居 宅 ービス 計 画 の 作 成 等 に 必 要 な 情 報 提 供 並 びに 利 用 者 又 療 養 管 理 指 導 は 訪 問 診 療 等 により はその 家 族 に 対 し 居 宅 サービスの 利 用 に 関 する 留 意 常 に 利 用 者 の 病 状 及 び 心 身 の 状 況 を 事 項 介 護 方 法 等 についての 指 導 助 言 等 を 行 う 把 握 し 計 画 的 な 医 学 的 管 理 又 は 歯 ⑵ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 利 用 者 科 医 学 的 管 理 を 行 っている 要 介 護 者 又 はその 家 族 からの 介 護 に 関 する 相 談 に 懇 切 丁 寧 に 応 に 対 して 行 うものであり サービス ずるとともに 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 し 療 養 上 必 の 提 供 状 況 に 応 じた 指 導 又 は 助 言 が 要 な 事 項 等 について 理 解 しやすいように 指 導 又 は 助 行 えるよう 日 頃 から 居 宅 介 護 支 援 事 言 を 行 う 業 者 又 は 居 宅 サービス 事 業 者 と 連 携 ⑶ 前 号 に 規 定 する 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 する 指 導 又 を 図 ること は 助 言 については 療 養 上 必 要 な 事 項 等 を 記 載 した 文 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 書 を 交 付 するよう 努 めなければならない 要 介 護 者 にサービスを 提 供 している ⑷ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 療 養 上 事 業 者 に 対 して サービス 担 当 者 会 適 切 な 居 宅 サービスが 提 供 されるために 必 要 があると 議 への 参 加 や 文 書 の 交 付 等 を 通 じ 認 める 場 合 又 は 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 若 しくは 居 宅 サー 必 要 に 応 じて 迅 速 に 指 導 又 は 助 言 を ビス 事 業 者 から 求 めがあった 場 合 は 居 宅 介 護 支 援 事 行 うために 日 頃 からサービスの 提 業 者 又 は 居 宅 サービス 事 業 者 に 対 し 居 宅 サービス 計 供 事 業 者 や 提 供 状 況 を 把 握 するよう 画 の 作 成 居 宅 サービスの 提 供 等 に 必 要 な 情 報 提 供 又 に 努 めること は 助 言 を 行 う 3 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 管 理 栄 養 士 ⑸ 前 号 に 規 定 する 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 は 居 宅 サービ 及 び 看 護 職 員 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 ス 事 業 者 に 対 する 情 報 提 供 又 は 助 言 については 原 則 指 導 を 行 った 際 には 速 やかに 指 として サービス 担 当 者 会 議 に 参 加 することにより 行 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 実 施 した 要 介 わなければならない 護 者 等 の 氏 名 実 施 日 時 実 施 した ⑹ 前 号 の 場 合 において サービス 担 当 者 会 議 への 参 加 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 要 点 及 び 担 当 者 によることが 困 難 な 場 合 については 居 宅 介 護 支 援 事 の 氏 名 を 記 録 すること 業 者 又 は 居 宅 サービス 事 業 者 に 対 して 原 則 として 情 報 提 供 又 は 助 言 の 内 容 を 記 載 した 文 書 を 交 付 して 行 わなければならない ⑺ それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 診 療 録 に 記 録 する 2 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 又 は 管 理 栄 養 士 の 行 う 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 方 針 は 次 に 掲 げるところによるものとす る ⑴ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 ( 薬 局 の 薬 剤 師 による 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 にあっては 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 指 示 に 基 づ き 当 該 薬 剤 師 が 策 定 した 薬 学 的 管 理 指 導 計 画 )に 基 づ き 利 用 者 の 心 身 機 能 の 維 持 回 復 を 図 り 居 宅 におけ る 日 常 生 活 の 自 立 に 資 するよう 妥 当 適 切 に 行 う ⑵ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 懇 切 丁 寧 に 行 うことを 旨 とし 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 し 療 養 上 必 要 な 事 項 について 理 解 しやすいように 指 導 又 は 説 明 を 行 う ⑶ 常 に 利 用 者 の 病 状 心 身 の 状 況 及 びその 置 かれてい る 環 境 の 的 確 な 把 握 に 努 め 利 用 者 に 対 し 適 切 なサー ビスを 提 供 する ⑷ それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 診 療 記 録 を 作 成 す るとともに 医 師 又 は 歯 科 医 師 に 報 告 する 居 宅 療 養 管 理 指 導 21

24 3 看 護 職 員 の 行 う 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 方 針 は 次 に 掲 げるところによるものとする ⑴ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 居 宅 サービス 計 画 の 作 成 等 に 必 要 な 情 報 提 供 並 びに 利 用 者 に 対 する 療 養 上 の 相 談 及 び 支 援 を 行 うこと ⑵ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 に 当 たっては 懇 切 丁 寧 に 行 うことを 旨 とし 利 用 者 又 はその 家 族 に 対 し 療 養 上 必 要 な 事 項 について 理 解 しやすいように 指 導 又 は 助 言 を 行 うこと ⑶ それぞれの 利 用 者 について 提 供 した 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 内 容 について 速 やかに 記 録 を 作 成 すると ともに 医 師 又 は 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 報 告 するこ と 予 防 基 準 条 例 第 96 条 = 同 旨 居 宅 療 養 管 理 指 導 22

25 15 利 用 者 に 関 する 市 町 村 への 通 知 利 用 者 が 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 遅 滞 なく 意 見 を 付 して 市 町 村 に 通 知 すること 契 約 終 了 から2 年 間 保 存 が 必 要 市 町 村 に 通 報 すべき 場 合 1 正 当 な 理 由 なしに 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 に 関 する 指 示 に 従 わないことにより 要 介 護 状 態 の 程 度 を 増 進 させたとき 2 偽 りその 他 不 正 な 行 為 によって 保 険 給 付 を 受 け 又 は 受 けようとしたとき 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 利 用 者 に 関 する 市 町 村 への 通 知 ) 第 27 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 受 けている 利 用 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 遅 滞 なく 意 見 を 付 してその 旨 を 市 町 村 に 通 知 しなければなら ない ⑴ 正 当 な 理 由 なしに 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 に 関 する 指 示 に 従 わないことにより 要 介 護 状 態 の 程 度 を 増 進 させたと 認 められると き ⑵ 偽 りその 他 不 正 な 行 為 によって 保 険 給 付 を 受 け 又 は 受 けようとしたとき 予 防 基 準 条 例 第 24 条 = 同 旨 (14) 利 用 者 に 関 する 市 町 村 への 通 知 居 宅 基 準 条 例 第 27 条 は 偽 りその 他 不 正 な 行 為 によって 保 険 給 付 を 受 けた 者 及 び 自 己 の 故 意 の 犯 罪 行 為 又 は 重 大 な 過 失 等 により 要 介 護 状 態 又 はその 原 因 となった 事 故 を 生 じさせるなど した 者 については 市 町 村 が 法 第 22 条 第 1 項 に 基 づく 既 に 支 払 った 保 険 給 付 の 徴 収 又 は 法 第 64 条 に 基 づく 保 険 給 付 の 制 限 を 行 うことができ ることに 鑑 み 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 が その 利 用 者 に 関 し 保 険 給 付 の 適 正 化 の 観 点 か ら 市 町 村 に 通 知 しなければならない 事 由 を 列 記 したものである 16 管 理 者 の 責 務 管 理 者 は 定 められた 責 務 を 果 たすこと 管 理 者 の 行 うべき 事 項 1 当 該 事 業 所 の 従 業 者 の 管 理 及 び 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 の 申 込 みに 係 る 調 整 業 務 の 実 施 状 況 の 把 握 などの 一 元 的 な 管 理 2 従 業 者 に 運 営 基 準 を 遵 守 させるために 必 要 な 指 揮 命 令 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 管 理 者 の 責 務 ) 第 56 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 管 理 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 の 管 理 及 び 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 の 申 込 みに 係 る 調 整 業 務 の 実 施 状 況 の 把 握 その 他 の 管 理 を 一 元 的 に 行 うものとする 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 管 理 者 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 にこの 節 の 規 定 を 遵 守 させるため 必 要 な 指 揮 命 令 を 行 うものとする 予 防 基 準 条 例 第 54 条 = 同 旨 (4) 管 理 者 の 責 務 居 宅 基 準 条 例 第 56 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 管 理 者 の 責 務 を 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 の 管 理 及 び 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 の 申 込 みに 係 る 調 整 業 務 の 実 施 状 況 の 把 握 その 他 の 管 理 を 一 元 的 に 行 うととも に 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 に 居 宅 基 準 の 第 6 章 第 4 節 [= 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 運 営 基 準 ]の 規 定 を 遵 守 させるため 必 要 な 指 揮 命 令 を 行 うこととしたものである 居 宅 療 養 管 理 指 導 23

26 17 運 営 規 程 事 業 所 ごとに 事 業 の 運 営 についての 重 要 事 項 に 関 する 規 程 ( 運 営 規 程 )を 定 めておくこと 運 営 規 程 に 定 めるべき 事 項 1 事 業 の 目 的 及 び 運 営 の 方 針 2 従 業 者 の 職 種 員 数 及 び 職 務 内 容 3 営 業 日 及 び 営 業 時 間 4 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 種 類 及 び 利 用 料 その 他 の 費 用 の 額 5その 他 運 営 に 関 する 重 要 事 項 基 準 条 例 ( 運 営 規 程 ) 第 96 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 ごとに 次 に 掲 げる 事 業 の 運 営 についての 重 要 事 項 に 関 する 規 程 ( 以 下 この 章 において 運 営 規 程 という )を 定 めて おかなければならない ⑴ 事 業 の 目 的 及 び 運 営 の 方 針 ⑵ 従 業 者 の 職 種 員 数 及 び 職 務 の 内 容 ⑶ 営 業 日 及 び 営 業 時 間 ⑷ 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 種 類 及 び 利 用 料 そ の 他 の 費 用 の 額 ⑸ その 他 運 営 に 関 する 重 要 事 項 解 釈 通 知 (3) 運 営 規 程 居 宅 基 準 条 例 第 96 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 事 業 の 適 正 な 運 営 及 び 利 用 者 に 対 する 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 確 保 するた め 同 条 第 1 号 から 第 5 号 までに 掲 げる 事 項 を 内 容 とする 規 程 を 定 めることを 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 ごとに 義 務 づけたものであるこ と なお 第 4 号 の 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 種 類 としては 当 該 事 業 所 により 提 供 される 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 者 の 職 種 ( 医 師 歯 科 医 師 薬 剤 師 歯 科 衛 生 士 管 理 栄 養 士 看 護 職 員 )ごとの 種 類 を 規 定 するものであるこ と 予 防 基 準 条 例 第 73 条 = 同 旨 第 3の 一 [= 訪 問 介 護 ]の3の(17)から なお 同 一 事 業 者 が 同 一 敷 地 内 にある 事 業 所 に おいて 複 数 のサービス 種 類 について 事 業 者 指 定 を 受 け それらの 事 業 を 一 体 的 に 行 う 場 合 に おいては 運 営 規 程 を 一 体 的 に 作 成 することも 差 し 支 えない(この 点 については 他 のサービス 種 類 についても 同 様 とする ) 2 利 用 料 その 他 の 費 用 の 額 ( 第 4 号 ) 利 用 料 としては 法 定 代 理 受 領 サービス である 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 係 る 利 用 料 (1 割 負 担 又 は2 割 負 担 ) 及 び 法 定 代 理 受 領 サービスでない 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 利 用 料 を その 他 の 費 用 の 額 としては 居 宅 基 準 条 例 第 93 条 第 3 項 により 徴 収 が 認 められて いる 交 通 費 の 額 及 び 必 要 に 応 じてその 他 のサ ービスに 係 る 費 用 の 額 を 規 定 するものである こと 居 宅 療 養 管 理 指 導 24

27 18 勤 務 体 制 の 確 保 等 事 業 所 ごとに 原 則 として 月 ごとの 勤 務 表 を 作 成 し 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 を 定 めておくこと 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 について 勤 務 表 で 定 めておくべき 事 項 日 々の 勤 務 時 間 職 務 の 内 容 常 勤 非 常 勤 の 別 管 理 者 との 兼 務 関 係 等 医 療 機 関 である 事 業 所 では 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 従 事 する 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 を 明 確 にし 原 則 として 月 ごとの 勤 務 表 を 作 成 し 職 務 の 内 容 常 勤 非 常 勤 の 別 等 を 明 確 にすること 雇 用 契 約 その 他 の 契 約 により 当 該 事 業 所 の 管 理 者 の 指 揮 命 令 下 にある 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 によって 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 すること 居 宅 療 養 管 理 指 導 に 従 事 する 従 業 者 は その 職 種 によっては 労 働 者 派 遣 法 の 規 定 によ り 派 遣 労 働 者 であってはならない 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 資 質 の 向 上 のために 研 修 機 関 が 実 施 する 研 修 や 当 該 事 業 所 内 の 研 修 への 参 加 の 機 会 を 計 画 的 に 確 保 すること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 勤 務 体 制 の 確 保 等 ) 第 32 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 利 用 者 に 対 し 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 できるよ う 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 ごとに 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 を 定 めておかなけれ ばならない 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 ごとに 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 によって 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 しなければならない 3 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 資 質 の 向 上 のために その 研 修 の 機 会 を 確 保 しなければならない (19) 勤 務 体 制 の 確 保 等 居 宅 基 準 条 例 第 32 条 は 利 用 者 に 対 する 適 切 な 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 の 提 供 を 確 保 するため 職 員 の 勤 務 体 制 等 につい て 規 定 したものであるが 次 の 点 に 留 意 する 必 要 がある 1 < 略 : 準 用 での 読 み 替 え> 2 同 条 第 2 項 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 によって 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 を 提 供 するべきことを 規 定 したものであるが 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 とは 雇 用 契 約 < 中 略 >その 他 の 契 約 により 当 該 事 業 所 の 管 理 者 の 指 揮 命 令 下 にある 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 を 指 すものであるこ と < 後 略 > 3 同 条 第 3 項 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 たる 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 質 の 向 上 を 図 るため 研 修 機 関 が 実 施 する 研 修 や 当 該 事 業 所 内 の 研 修 への 参 加 の 機 会 を 計 画 的 に 確 保 することとしたものであること 予 防 基 準 条 例 第 29 条 = 同 旨 第 3の 三 の3の(7)の 規 定 2 準 用 される 居 宅 基 準 条 例 第 32 条 については 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 は その 職 種 によっては 労 働 者 派 遣 法 に 規 定 する 派 遣 労 働 者 であってはならないものであること 居 宅 療 養 管 理 指 導 25

28 19 衛 生 管 理 等 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 について 必 要 な 管 理 を 行 うこと 従 業 者 が 感 染 源 となることを 予 防 し また 従 業 者 を 感 染 の 危 険 から 守 るため 使 い 捨 て の 手 袋 等 感 染 を 予 防 するための 備 品 等 を 備 えるなどの 対 策 を 講 じること 事 業 所 の 設 備 及 び 備 品 等 について 衛 生 的 な 管 理 に 勤 めること 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 衛 生 管 理 等 ) (20) 衛 生 管 理 等 第 33 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 療 居 宅 基 準 条 例 第 33 条 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 養 管 理 指 導 従 業 者 の 清 潔 の 保 持 及 び 健 康 状 態 導 事 業 者 は 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 清 潔 の について 必 要 な 管 理 を 行 わなければならな 保 持 及 び 健 康 状 態 の 管 理 並 びに 指 定 居 宅 療 養 管 い 理 指 導 事 業 所 の 設 備 及 び 備 品 等 の 衛 生 的 な 管 理 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 に 努 めるべきことを 規 定 したものである 特 に 養 管 理 指 導 事 業 所 の 設 備 及 び 備 品 等 について 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 療 養 管 理 衛 生 的 な 管 理 に 努 めなければならない 指 導 従 業 者 が 感 染 源 となることを 予 防 し また 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 を 感 染 の 危 険 から 守 る ため 使 い 捨 ての 手 袋 等 感 染 を 予 防 するための 備 品 等 を 備 えるなど 対 策 を 講 じる 必 要 がある 予 防 基 準 条 例 第 30 条 = 同 旨 20 掲 示 事 業 所 の 見 やすい 場 所 に 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 すると 認 められる 重 要 事 項 を 掲 示 すること 掲 示 すべき 重 要 事 項 1 運 営 規 程 の 概 要 2 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 体 制 3 秘 密 の 保 持 4 事 故 発 生 時 の 対 応 5 苦 情 処 理 の 体 制 など 基 準 条 例 [ 準 用 ] ( 掲 示 ) 第 34 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 見 やすい 場 所 に 運 営 規 程 の 概 要 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 その 他 の 利 用 申 込 者 のサービスの 選 択 に 資 すると 認 めら れる 重 要 事 項 を 掲 示 しなければならない 予 防 基 準 条 例 第 31 条 = 同 旨 解 釈 通 知 居 宅 療 養 管 理 指 導 26

29 21 秘 密 保 持 等 従 業 者 は 正 当 な 理 由 なく 業 務 上 知 り 得 た 利 用 者 又 は 家 族 の 秘 密 を 漏 らさないこと 過 去 に 事 業 所 の 従 業 者 であった 者 が 正 当 な 理 由 なく これらの 秘 密 を 漏 らさないよう 必 要 な 措 置 を 講 じること 従 業 者 でなくなった 後 も 秘 密 を 保 持 すべき 旨 を 雇 用 時 等 に 取 り 決 め 例 えば 違 約 金 に ついて 定 めておくこと 連 携 するサービス 担 当 者 間 で 利 用 者 又 は 家 族 の 個 人 情 報 を 用 いることについて サービス 提 供 開 始 時 に 利 用 者 及 び 家 族 から 包 括 的 な 同 意 を 文 書 により 得 ておくこと 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 秘 密 保 持 等 ) 第 35 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 は 正 当 な 理 由 がなく その 業 務 上 知 り 得 た 利 用 者 又 はその 家 族 の 秘 密 を 漏 らしてはならな い 2 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 従 業 者 であった 者 が 正 当 な 理 由 がなく その 業 務 上 知 り 得 た 利 用 者 又 はその 家 族 の 秘 密 を 漏 らすことがないよう 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 3 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は サービス 担 当 者 会 議 等 において 利 用 者 の 個 人 情 報 を 用 い る 場 合 は 利 用 者 の 同 意 を 利 用 者 の 家 族 の 個 人 情 報 を 用 いる 場 合 は 当 該 家 族 の 同 意 を あらか じめ 文 書 により 得 ておかなければならない 予 防 基 準 条 例 第 32 条 = 同 旨 (21) 秘 密 保 持 等 1 居 宅 基 準 条 例 第 35 条 第 1 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 その 他 の 従 業 者 に その 業 務 上 知 り 得 た 利 用 者 又 は その 家 族 の 秘 密 の 保 持 を 義 務 づけたものであ る 2 同 条 第 2 項 は 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 に 対 して 過 去 に 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 その 他 の 従 業 者 であった 者 が その 業 務 上 知 り 得 た 利 用 者 又 は その 家 族 の 秘 密 を 漏 らすことがないよう 必 要 な 措 置 を 取 ることを 義 務 づけたものであり 具 体 的 には 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 当 該 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 所 の 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 その 他 の 従 業 者 が 従 業 者 でなくなっ た 後 においてもこれらの 秘 密 を 保 持 すべき 旨 を 従 業 者 との 雇 用 時 等 に 取 り 決 め 例 えば 違 約 金 についての 定 めをおくなどの 措 置 を 講 ずべ きこととするものである 3 同 条 第 3 項 は 居 宅 療 養 管 理 指 導 従 業 者 がサ ービス 担 当 者 会 議 等 において 課 題 分 析 情 報 等 を 通 じて 利 用 者 の 有 する 問 題 点 や 解 決 すべき 課 題 等 の 個 人 情 報 を 介 護 支 援 専 門 員 や 他 のサー ビスの 担 当 者 と 共 有 するためには 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は あらかじめ 文 書 により 利 用 者 又 はその 家 族 から 同 意 を 得 る 必 要 がある ことを 規 定 したものであるが この 同 意 は サ ービス 提 供 開 始 時 に 利 用 者 及 びその 家 族 から 包 括 的 な 同 意 を 得 ておくことで 足 りるものであ る 関 連 通 知 医 療 介 護 関 係 事 業 者 における 個 人 情 報 の 適 切 な 取 扱 いのためのガイドライン( 平 成 16 年 12 月 24 日 通 知 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 22 年 9 月 17 日 改 正 ) 居 宅 療 養 管 理 指 導 27

30 22 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 等 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 居 宅 介 護 支 援 の 公 正 中 立 性 を 確 保 するため 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 はその 従 業 者 に 対 し 利 益 供 与 を 行 わないこと 基 準 条 例 [ 準 用 ] 解 釈 通 知 [ 準 用 ] ( 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 ) 第 37 条 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 はその 従 業 者 に 対 し 利 用 者 に 対 して 特 定 の 事 業 者 によるサービスを 利 用 させ ることの 対 償 として 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 を 供 与 してはならない (22) 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 居 宅 基 準 条 例 第 37 条 は 居 宅 介 護 支 援 の 公 正 中 立 性 を 確 保 するために 指 定 居 宅 療 養 管 理 指 導 事 業 者 は 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 又 はその 従 業 者 に 対 し 利 用 者 に 対 して 特 定 の 事 業 者 による サービスを 利 用 させることの 対 償 として 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 を 供 与 してはならないこ ととしたものである 予 防 基 準 条 例 第 34 条 ( 介 護 予 防 支 援 事 業 者 に 対 する 利 益 供 与 の 禁 止 )= 同 旨 居 宅 介 護 支 援 事 業 者 介 護 予 防 支 援 事 業 者 又 はその 従 業 者 の 利 益 収 受 も 居 宅 介 護 支 援 介 護 予 防 支 援 の 運 営 基 準 で 禁 じられているところであり こうした 利 益 供 与 利 益 収 受 は 指 定 の 取 消 等 につながる 重 大 な 基 準 違 反 である ( 接 待 贈 答 商 品 配 布 なども 行 わないこと ) また 利 用 者 に 対 して 利 用 特 典 を 付 す 行 為 も 不 必 要 なサービス 利 用 を 助 長 し 自 由 なサー ビス 選 択 を 妨 げるなど 居 宅 介 護 支 援 介 護 予 防 支 援 の 適 正 な 運 用 に 影 響 を 及 ぼすので こ れを 行 わないこと 23 苦 情 処 理 提 供 したサービスに 関 する 利 用 者 及 び 家 族 からの 苦 情 に 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するために 必 要 な 措 置 を 講 じること 苦 情 処 理 に 必 要 な 措 置 相 談 窓 口 苦 情 処 理 の 体 制 及 び 手 順 等 当 該 事 業 所 における 苦 情 を 処 理 するために 講 じる 措 置 の 概 要 を 明 らかにしておくこと 利 用 申 込 者 又 はその 家 族 にサービスの 内 容 を 説 明 する 文 書 に 苦 情 に 対 する 措 置 の 概 要 についても 併 せて 記 載 するとともに 事 業 所 に 掲 示 すること 事 業 者 に 直 接 苦 情 があった 場 合 事 業 者 が 組 織 として 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 するため 当 該 苦 情 の 受 付 日 その 内 容 等 を 記 録 すること 契 約 終 了 から2 年 間 保 存 が 必 要 苦 情 がサービスの 質 の 向 上 を 図 る 上 での 重 要 な 情 報 であるとの 認 識 に 立 ち 苦 情 の 内 容 を 踏 まえ サービスの 質 の 向 上 に 向 けた 取 組 を 自 ら 行 うこと 市 町 村 に 苦 情 があった 場 合 市 町 村 が 行 う 文 書 等 の 提 出 提 示 の 求 め 職 員 からの 質 問 照 会 に 応 じるとともに 利 用 者 からの 苦 情 に 関 して 市 町 村 が 行 う 調 査 に 協 力 すること 市 町 村 から 指 導 助 言 を 受 けた 場 合 は それに 従 って 必 要 な 改 善 を 行 うこと( 市 町 村 から の 求 めがあった 場 合 には 改 善 の 内 容 を 市 町 村 に 報 告 すること) 国 保 連 に 苦 情 があった 場 合 利 用 者 からの 苦 情 に 関 して 国 保 連 が 行 う 調 査 に 協 力 すること 国 保 連 から 指 導 助 言 を 受 けた 場 合 は それに 従 って 必 要 な 改 善 を 行 うこと( 国 保 連 から の 求 めがあった 場 合 には 改 善 の 内 容 を 国 保 連 に 報 告 すること) 居 宅 療 養 管 理 指 導 28

ネジメン

ネジメン ( 介 護 予 防 ) 通 所 リハビリテーション 事 業 の 手 引 き 平 成 27 年 6 月 熊 本 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 局 高 齢 者 支 援 課 熊 本 市 健 康 福 祉 子 ども 局 高 齢 介 護 福 祉 課 目 次 総 論 2 ~ 5 みなし 指 定 の 取 扱 い 6 ~ 7 人 員 基 準 8 ~ 15 設 備 基 準 16 ~ 17 運 営 基 準 18

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処

1 各 サービス 共 通 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 Q1 内 容 手 続 の 説 明 及 び 同 意 について A1 あらかじめ 利 用 申 込 者 又 は その 家 族 に 運 営 規 程 の 概 要 従 業 者 の 勤 務 の 体 制 事 故 発 生 時 の 対 応 苦 情 処 実 地 指 導 等 における 主 な 指 摘 事 項 に 関 するQ&A ー 介 護 保 険 居 宅 サービス 事 業 所 居 宅 介 護 支 援 事 業 所 ー こ の Q & A は 平 成 2 7 年 度 までの 実 地 指 導 等 で の 主 な 指 摘 事 項 に つ い て Q & A 形 式 で 分 か り や す く 解 説 作 成 したものです 指 定 基 準 報 酬 算 定 基

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc)

(Microsoft Word - \216\221\227\277\202S \213\217\216x\216\221\227\277.doc) 資 料 4 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 集 団 指 導 ~ 居 宅 介 護 支 援 ~ 香 川 県 健 康 福 祉 部 長 寿 社 会 対 策 課 在 宅 サービスグループ 高 松 市 健 康 福 祉 局 介 護 保 険 課 平 成 25 年 3 月 18 日 - 0 - 1 平 成 24 年 度 介 護 サービス 事 業 所 実 地 指 導 等 における 主 な 指 導 内

More information

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護 平 成 28 年 4 月 1 日 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 (サービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 ) の 手 引 ( 介 護 予 防 ) 特 定 施 設 入 居 者 生 活 介 護 の 事 業 を 実 施 する 事 業 者 は 介 護 保 険 法 及 び 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 都 道 府 県 知 事 に 必 要 な 手 続 きを 行 うとともに 適 切 なサービス

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス

平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修 室 < 説 明 資 料 > 第 1 平 成 27 年 度 集 団 指 導 資 料 全 サービス 平 成 27 年 度 訪 問 看 護 ( 訪 問 看 護 ステーション) 集 団 指 導 資 料 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 寿 社 会 課 平 成 27 年 度 集 団 指 導 ( 訪 問 看 護 ) 資 料 目 次 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 )10:30~12:00 岡 山 県 総 合 福 祉 会 館 4 階 大 研 修

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され

当 しない 範 囲 で 実 施 されなければならない また 医 師 が 行 う 運 動 又 は 栄 養 に 関 する 指 導 助 言 を 書 面 又 は 電 子 データ 等 の 形 で 発 出 す ること 及 びその 対 価 を 徴 収 することが 健 康 保 険 法 第 63 条 に 規 定 され 健 康 寿 命 延 伸 産 業 分 野 における 新 事 業 活 動 のガイドライン 平 成 26 年 3 月 31 日 厚 生 労 働 省 経 済 産 業 省 1.ガイドラインの 趣 旨 概 要 産 業 競 争 力 強 化 法 第 9 条 において 新 事 業 活 動 を 実 施 しようとする 者 は 主 務 大 臣 に 対 して 事 業 活 動 に 関 する 規 制 法 の 解 釈 及 び 事

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人

目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適 用 対 象 等... 7 第 3-3 本 ガイドラインの 位 置 付 け 等... 8 第 3-4 番 号 法 の 特 定 個 人 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドライン( 事 業 者 編 ) 平 成 26 年 12 月 11 日 ( 平 成 28 年 1 月 1 日 一 部 改 正 ) 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 第 1 はじめに... 1 第 2 用 語 の 定 義 等... 3 第 3 総 論... 7 第 3-1 目 的... 7 第 3-2 本 ガイドラインの 適

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

在職年数

在職年数 東 京 都 市 町 村 職 員 退 職 手 当 組 合 退 職 手 当 支 給 条 例 施 行 規 則 ( 昭 和 51 年 3 月 31 日 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 51 年 4 月 9 日 規 則 第 2 号 昭 和 54 年 3 月 24 日 規 則 第 2 号 昭 和 60 年 5 月 1 日 規 則 第 1 号 昭 和 61 年 4 月 1 日 規 則 第 1 号 平 成 2

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について

平成18年10月からの介護給付費等に係る支給決定事務等について 介 護 給 付 費 等 に 係 る 支 給 決 定 事 務 等 について ( 事 務 処 理 要 領 ) 最 終 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 目 次 第 1 支 給 決 定 等 の 実 施 主 体 ---------------------------------------------------3 Ⅰ 基 本 的 な 取 扱 い -----------------------------------------------------------3

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

< 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相 談 支 援 専 門 員 について P1 別 紙 1 他 の 法 律 において 既 に 指 定

< 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相 談 支 援 専 門 員 について P1 別 紙 1 他 の 法 律 において 既 に 指 定 資 料 2 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 平 成 25 年 1 月 18 日 神 奈 川 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 < 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 所 等 指 定 申 請 添 付 書 類 様 式 集 目 次 > 付 表 14 別 紙 他 の 事 業 所 又 は 施 設 の 従 事 者 と 兼 務 する 相

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 市 町 村 介 護 保 険 担 当 課 ( 室 ) 各 介 護 保 険 関 係 団 体 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 費 用 負 担 の 見 直 しに 係 る 事 務 処 理 の 取 扱 いについて 計 29 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.490

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 の 計 算 書 記 載 の 手 引 き 等 ( 熊 本 県 ) 平 成 27 年 4 月 目 次 1 はじめに P1 2 この 計 算 書 の 提 出 について P1 3 申 告 書 の 提 出 に 必 要 な 添 付 書 類 P1 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 算 書 ( 上 段 部 分 )の 記 載 方 法 P2 5 所 得 の 計 算 の 基

More information

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利

届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に 届 出 事 項 については 都 道 府 県 において 閲 覧 に 供 するほか 事 業 者 に おいても 利 用 料 に 係 る 情 報 として 事 業 所 内 で 掲 示 することになるこ おいても 利 指 定 居 宅 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 ( 訪 問 通 所 サービス 居 宅 療 養 管 理 指 導 及 び 福 祉 用 具 貸 与 に 係 る 部 分 ) 及 び 指 定 居 宅 介 護 支 援 に 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について( 平 成 12 年 老 企

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

<5461726F2D303120984A93AD8ED294688CAD8E968BC682C682CD81458145>

<5461726F2D303120984A93AD8ED294688CAD8E968BC682C682CD81458145> 目 次 労 働 者 派 遣 事 業 とは 1 労 働 者 派 遣 事 業 の 種 類 は 3 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 うことができない 業 務 は 4 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 の 許 可 は 6 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 の 届 出 は 15 添 付 書 類 の 省 略 について 16 派 遣 事 業 開 始 以 後 の 手 続 等 は 17 労 働 者 派 遣 契

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28

Microsoft Word - 04 兵庫県耐震改修促進計画(H28 兵 庫 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 ( 資 料 編 ) ( 平 成 28 年 3 月 改 定 ) 兵 庫 県 目 次 1 関 係 法 令 (1) 建 築 物 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 関 する 法 律 (2) 基 本 方 針 2 地 震 動 予 測 結 果 による 震 度 分 布 図 3 耐 震 化 率 関 係 データ (1) 住 宅 (2) 多 数 利 用 建 築 物 4 これまでの

More information

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお

(5) 組 織 体 制 の 整 備 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-2 別 添 2 -C 組 織 的 安 全 管 理 措 置 a 組 織 体 制 の 整 備 (51 頁 ) 参 照 組 織 体 制 として 整 備 する 項 目 は 次 に 掲 げるものが 挙 げられる 1 事 務 にお マイナンバー 法 等 に 関 するガイドラインとその 取 扱 に 関 するQ&Aについて ( 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 作 成 分 の 抜 粋 ) (1) 定 義 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 2 用 語 の 定 義 等 (3 頁 ) 参 照 (2) 個 人 番 号 関 係 事 務 マイナンバー 法 第 9 条 第 3 項 特 定 個 人 情 報 ガイドライン 第 4-1-⑴

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 説明資料

Microsoft Word - 説明資料 資 料 1 1 障 害 福 祉 サービス 等 の 指 定 基 準 及 び 加 算 制 度 について 1 運 営 上 の 留 意 事 項 について 1 共 通 部 分 従 業 員 の 勤 務 体 制 を 月 ごとに 作 成 しているか 基 準 上 の 職 員 数 を 満 たしているか 毎 月 確 認 すること 複 数 サービスを 行 なっている 場 合 は,サービスごとに 作 成 すること ( 訪 問

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課

最新情報表紙 (都道府県のみ)計画課 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 介 護 保 険 最 新 情 報 今 回 の 内 容 全 国 介 護 保 険 高 齢 者 保 健 福 祉 担 当 課 長 会 議 資 料 につ いてのQ&A 6 月 29 日 版 の 送 付 について 計 33 枚 ( 本 紙 を 除 く) Vol.486 平 成 27

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか

(問)被用者保険の被扶養者に対する2年間の経過措置になる軽減額は、他の被保険者の保険料で補填すると考えてよいのか 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 助 成 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における 改 善 見

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information