(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場"

Transcription

1 第 2 章 短 期 給 付 の 内 容 と 請 求 手 続 第 1 節 傷 病 等 に 係 る 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたときは 通 常 の 場 合 組 合 員 証 を 保 険 医 療 機 関 に 提 示 する ことによって 療 養 の 給 付 や 家 族 療 養 費 の 現 物 給 付 を 受 けることができます しかし 緊 急 その 他 やむを 得 ない 事 情 等 により 組 合 員 証 を 提 示 することができなかった 場 合 は そ の 費 用 を 療 養 費 や 家 族 療 養 費 として 共 済 組 合 から 支 給 ( 現 金 支 給 )されます その 共 通 する 給 付 の 範 囲 対 象 等 は 次 のとおりです (1) 給 付 の 範 囲 ア 診 察 イ 薬 剤 又 は 治 療 材 料 の 支 給 ウ 処 置 手 術 その 他 の 治 療 エ 居 宅 における 療 養 上 の 管 理 及 びその 療 養 に 伴 う 世 話 その 他 の 看 護 オ 病 院 等 への 入 院 及 びその 療 養 に 伴 う 世 話 その 他 の 看 護 (2) 療 養 の 担 当 機 関 ( 保 険 医 療 機 関 ) ア 直 営 医 療 機 関 共 済 組 合 が 療 養 の 給 付 を 自 ら 行 うために 開 設 した 医 療 機 関 で 公 立 学 校 共 済 組 合 には 関 東 中 央 病 院 等 8つの 直 営 病 院 があります 医 療 機 関 名 住 所 電 話 番 号 関 東 中 央 病 院 * 東 京 都 世 田 谷 区 上 用 賀 東 北 中 央 病 院 山 形 県 山 形 市 和 合 町 北 陸 中 央 病 院 富 山 県 小 矢 部 市 野 寺 東 海 中 央 病 院 岐 阜 県 各 務 原 市 蘇 原 東 島 町 近 畿 中 央 病 院 兵 庫 県 伊 丹 市 車 塚 中 国 中 央 病 院 広 島 県 福 山 市 御 幸 町 大 字 上 岩 成 四 国 中 央 病 院 愛 媛 県 四 国 中 央 市 川 之 江 町 九 州 中 央 病 院 福 岡 県 福 岡 市 南 区 塩 原 * 関 東 中 央 病 院 では FAXで 初 診 の 診 察 予 約 ができます 詳 しくは 関 東 中 央 病 院 のホームページ(http://www.kanto-ctr-hsp.com/union/syoshin.html)または 関 東 中 央 病 院 地 域 医 療 室 ( )まで 直 接 お 問 い 合 わせください イ その 他 の 保 険 医 療 機 関 又 は 保 険 薬 局 -12-

2 (3) 費 用 の 負 担 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 保 険 医 療 機 関 において 療 養 家 族 療 養 の 給 付 を 受 けるときには 次 により 一 部 負 担 金 ( 自 己 負 担 額 )を 当 該 医 療 機 関 に 支 払 う 必 要 があります ア 組 合 員 の 場 合 療 養 に 要 した 費 用 の 30/100 相 当 イ 被 扶 養 者 の 場 合 療 養 に 要 した 費 用 の 30/100 相 当 ただし 義 務 教 育 就 学 前 までは 20/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は 20/100 相 当 ( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 特 別 措 置 により 10/100 相 当 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 30 /100 相 当 ) 直 営 医 療 機 関 においては 自 己 負 担 額 は 月 25,000 円 ( 外 来 の 場 合 は 診 療 科 目 ごと)を 限 度 と 定 めています ただし 一 部 医 療 機 関 において 初 診 料 の 保 険 外 併 用 療 養 費 の 支 払 いが 必 要 な 場 合 があります (4) 組 合 員 証 で 受 けられない 診 療 療 養 の 給 付 や 療 養 費 及 び 家 族 療 養 費 の 支 給 の 対 象 となる 診 療 は 一 定 の 範 囲 に 限 られています ので 例 えば 次 の 診 療 の 費 用 などは 支 給 の 対 象 になりません ア 美 容 のための 整 形 手 術 (けがをしたあとの 処 置 は 対 象 になります ) イ 健 康 診 断 予 防 接 種 虫 歯 の 予 防 処 置 ウ 正 常 な 出 産 ( 異 常 分 娩 のときの 診 療 は 対 象 になります ) エ 経 済 的 理 由 による 妊 娠 中 絶 ( 母 体 が 危 険 なときの 妊 娠 中 絶 は 対 象 になります ) オ 医 師 が 必 要 と 認 めない 治 療 1 療 養 の 給 付 家 族 療 養 費 ( 現 物 給 付 ) 組 合 員 や 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 をしたとき 保 険 医 療 機 関 に 組 合 員 証 を 提 示 して 診 療 を 受 けた 場 合 の 療 養 そのものの 給 付 をいい 短 期 給 付 の 中 では 最 も 重 要 で 中 心 的 役 割 を 果 たしています 組 合 員 に 対 する 場 合 を 療 養 の 給 付 被 扶 養 者 に 対 する 場 合 を 家 族 療 養 費 といいます (1) 支 給 割 合 療 養 の 給 付 療 養 に 要 した 費 用 の 70/100( 注 1) 家 族 療 養 費 療 養 に 要 した 費 用 の 70/100( 注 2) ( 注 1)70 歳 以 上 の 現 役 並 所 得 者 以 外 は 80/100 ( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 90/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 70/100) ( 注 2) 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は 80/100 ( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 90/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 70/100) 2 入 院 時 食 事 療 養 費 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 病 気 や 負 傷 により 保 険 医 療 機 関 に 入 院 し 食 事 の 提 供 を 受 けたとき その 食 事 に 要 した 費 用 について 入 院 時 食 事 療 養 費 が 支 給 されます 入 院 時 食 事 療 養 費 は 原 則 として 保 険 医 療 機 関 等 に 対 して 標 準 負 担 額 を 支 払 って 食 事 の 提 供 を 受 ける 現 物 給 付 方 式 により 給 付 しますが 共 済 組 合 が 困 難 であると 認 めた 場 合 等 は 現 金 給 付 方 式 により 給 付 します -13-

3 (1) 支 給 額 入 院 時 食 事 療 養 費 の 額 は 食 事 療 養 に 要 する 費 用 の 額 から 標 準 負 担 額 を 控 除 した 金 額 です (2) 標 準 負 担 額 標 準 負 担 額 は 1 回 あたり 260 円 です なお 組 合 員 の 所 得 が 一 定 の 水 準 に 達 しない 場 合 には 減 額 の 制 度 が 設 けられています 減 額 認 定 の 対 象 者 は 市 町 村 民 税 非 課 税 の 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 です 3 入 院 時 生 活 療 養 費 70 歳 以 上 の 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 療 養 病 床 に 入 院 した 場 合 に その 生 活 に 要 する 費 用 ( 食 費 居 住 費 )のうち 共 済 組 合 が 負 担 する 部 分 のことです 入 院 時 生 活 療 養 費 は 原 則 として 現 物 給 付 方 式 により 給 付 しますが 共 済 組 合 が 困 難 であると 認 めた 場 合 等 は 現 金 給 付 方 式 により 給 付 します (1) 支 給 額 入 院 時 生 活 療 養 費 の 額 は 生 活 に 要 する 費 用 の 額 から 組 合 員 が 負 担 すべき 標 準 負 担 額 を 控 除 し た 金 額 です (2) 標 準 負 担 額 標 準 負 担 額 は 1 食 あたりの 食 費 及 び1 日 あたりの 居 住 費 で 算 定 されますが 医 療 機 関 や 組 合 員 の 所 得 水 準 によって 金 額 が 異 なります 4 訪 問 看 護 療 養 費 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 難 病 患 者 在 宅 の 末 期 癌 患 者 重 度 障 害 者 又 は 初 老 期 の 脳 卒 中 患 者 等 に なった 場 合 医 師 の 承 認 を 受 けた 上 居 宅 において 知 事 の 指 定 を 受 けた 指 定 訪 問 看 護 事 業 者 から 訪 問 看 護 療 養 を 受 けた 場 合 において その 指 定 訪 問 看 護 に 要 した 費 用 について 訪 問 看 護 療 養 費 や 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 が 支 給 されます 訪 問 看 護 療 養 費 又 は 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 は 通 常 の 医 療 と 同 様 に 原 則 として 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 組 合 員 証 等 を 使 用 して 一 部 負 担 額 のみを 支 払 うことで 訪 問 看 護 療 養 を 受 ける 現 物 給 付 方 式 によ り 給 付 されますが 組 合 員 証 等 が 使 用 できなかった 場 合 等 組 合 が 困 難 であると 認 めた 場 合 には 療 養 費 ( 現 金 給 付 ) 方 式 により 給 付 されます (1) 支 給 割 合 指 定 訪 問 看 護 療 養 に 要 した 費 用 の 70/100 ただし 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は 80/100 ( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 90/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 70/100) 5 移 送 費 家 族 移 送 費 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 治 療 ( 保 険 診 療 として 適 切 であること)を 受 けるため 医 療 機 関 に 移 送 さ れた 場 合 において 組 合 が 必 要 と 認 めたとき 移 送 費 又 は 家 族 移 送 費 が 支 給 されます (1) 支 給 要 件 ア 負 傷 した 患 者 が 災 害 現 場 等 から 医 療 機 関 に 緊 急 に 移 送 された 場 合 イ 離 島 等 で 疾 病 にかかり 又 は 負 傷 し その 症 状 が 重 篤 であり かつ 傷 病 が 発 生 した 場 所 の -14-

4 付 近 の 医 療 施 設 では 必 要 な 医 療 が 不 可 能 であるか 又 は 著 しく 困 難 であるため 必 要 な 医 療 の 提 供 を 受 けられる 最 寄 りの 医 療 機 関 に 移 送 された 場 合 ウ 移 動 困 難 な 患 者 であって 患 者 の 症 状 からみて 当 該 医 療 機 関 の 設 備 等 では 十 分 な 診 療 がで きず 医 師 の 指 示 により 緊 急 に 転 医 した 場 合 (2) 支 給 額 ア 自 動 車 電 車 等 の 交 通 機 関 を 利 用 したときは その 運 賃 イ 人 を 雇 って 担 架 で 運 んだときは その 人 の 賃 金 手 当 及 び 宿 泊 を 必 要 としたときは その 料 金 ウ 移 送 の 途 中 において 医 師 看 護 士 の 付 添 いを 必 要 とした 場 合 は その 旅 費 日 当 宿 泊 料 等 ( 家 族 等 の 付 添 いに 要 した 費 用 は 対 象 外 です ) (3) 請 求 書 類 ア 移 送 費 家 族 移 送 費 請 求 書 イ 移 送 に 要 した 費 用 の 額 に 関 する 証 明 書 類 原 本 (4) 記 載 上 の 留 意 事 項 ア 移 送 の 方 法 及 び 経 路 については できるだけ 詳 しく 記 入 してください イ 医 師 の 意 見 欄 は 移 送 前 の 医 師 ( 病 院 )が 証 明 することになります ただし 医 師 ( 病 院 )の 意 見 書 が 別 にある 場 合 は その 意 見 書 を 添 付 してください その 場 合 移 送 費 家 族 移 送 費 請 求 書 の 医 師 の 意 見 欄 に 記 載 の 必 要 はありません 6 療 養 費 家 族 療 養 費 ( 現 金 給 付 ) 共 済 組 合 の 医 療 に 関 する 給 付 は 現 物 給 付 である 療 養 の 給 付 家 族 療 養 費 が 原 則 です 緊 急 その 他 やむを 得 ない 事 情 等 のため その 費 用 を 支 払 った 場 合 には 後 日 組 合 員 からの 請 求 書 に 基 づいて 現 金 給 付 としての 療 養 費 又 は 家 族 療 養 費 が 支 給 されます なお 支 給 割 合 は 療 養 の 給 付 家 族 療 養 費 の 場 合 と 同 様 です (1) 組 合 員 証 を 提 示 できなかった 場 合 ア 支 給 要 件 (ア) 保 険 医 療 機 関 保 険 薬 局 及 び 特 定 承 認 保 険 医 療 機 関 以 外 の 医 療 機 関 等 から 診 療 を 受 け 共 済 組 合 がやむを 得 ないと 認 めた 場 合 (イ) 旅 行 先 で 病 気 けがをし 組 合 員 証 を 所 持 していなかった 場 合 (ウ) 共 済 組 合 の 資 格 を 有 しているが 加 入 手 続 中 等 で 組 合 員 証 が 手 もとになかった 場 合 (エ)それまでに 加 入 していた 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険 等 で 診 療 を 受 け 後 日 相 手 方 保 険 者 か ら 返 還 請 求 を 受 け 支 払 いをした 場 合 現 実 に 医 療 機 関 等 に 支 払 った 額 の 範 囲 内 で 療 養 費 の 支 給 基 準 等 に 基 づいて 算 定 ( 保 険 診 療 点 数 基 準 額 で 換 算 )されます ウ 請 求 書 類 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 (イ) 診 療 報 酬 領 収 済 明 細 書 又 は 医 療 機 関 等 の 領 収 書 原 本 及 び 診 療 報 酬 明 細 書 -15-

5 (2) 治 療 用 装 具 費 ア 支 給 要 件 医 師 が 治 療 上 必 要 あると 指 示 し 業 者 に 作 らせた 治 療 用 装 具 等 の 購 入 をした 場 合 (ア) 身 体 障 害 者 福 祉 法 及 び 児 童 福 祉 法 の 規 定 に 基 づく 補 装 具 の 種 目 受 託 報 酬 の 額 等 に 関 す る 基 準 により 健 康 保 険 法 を 基 準 として 算 定 した 額 したがって 実 際 に 支 払 った 額 と 異 なる 場 合 があります (イ) 医 療 機 関 で 用 意 されている 補 装 具 を 治 療 時 に 装 着 し その 補 装 具 が 療 養 費 の 支 給 を 行 うこ とが 認 められている 場 合 は その 標 準 額 ウ 請 求 書 類 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 (イ) 医 師 の 同 意 書 又 は 作 成 指 示 書 の 原 本 ( 様 式 は 診 断 書 用 紙 可 その 場 合 治 療 上 補 装 具 の 装 用 に 同 意 する 旨 が 記 載 されていることを 確 認 してください ) (ウ) 補 装 具 製 作 業 者 の 領 収 書 原 本 ( 使 用 部 品 名 と 料 金 の 明 細 の 記 載 されたもの 内 訳 が 別 紙 記 載 である 場 合 は 添 付 して 提 出 してください ) (3) 生 血 料 ア 支 給 要 件 保 存 血 が 得 られないか 又 は 必 要 があって 生 血 を 求 めた 場 合 ただし 親 子 夫 婦 兄 弟 等 の 親 族 から 血 液 を 提 供 された 場 合 は 支 給 されません 県 知 事 の 定 めた 基 準 により 算 定 します ウ 請 求 手 続 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 (イ) 輸 血 を 証 する 医 師 の 証 明 書 ( 傷 病 名 輸 血 を 必 要 とした 理 由 輸 血 を 行 った 日 輸 血 量 等 の 記 載 されているもの) (ウ) 領 収 書 原 本 ( 供 血 者 の 住 所 氏 名 患 者 との 関 係 血 液 の 型 量 及 び 供 血 年 月 日 の 明 記 されたもの) (4) 柔 道 整 復 師 の 施 術 柔 道 整 復 師 ( 柔 道 整 復 師 法 に 基 づいて 骨 折 脱 臼 打 撲 捻 挫 等 について 施 術 を 行 う 者 )の 施 術 を 受 けた 場 合 は 療 養 費 ( 現 金 給 付 )の 支 給 対 象 とされていますが 現 在 の 取 扱 いは 日 本 柔 道 整 復 師 会 等 との 契 約 により 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 同 会 等 の 会 員 である 柔 道 整 復 師 の 施 術 を 受 けた 場 合 は 療 養 費 等 の 受 領 委 任 の 形 式 で 療 養 の 給 付 ( 現 物 給 付 )と 同 様 の 取 扱 いとされます (5)はり きゅう 師 の 施 術 ア はり きゅう 師 の 施 術 は 医 師 による 適 当 な 治 療 手 段 のないもの( )で 医 師 の 同 意 を 得 た 場 合 に 療 養 費 の 支 給 対 象 となるものであり 主 に 慢 性 的 な 神 経 痛 リュウマチに 対 する 施 術 が 該 当 します 医 師 による 適 当 な 治 療 手 段 のないものとは 保 険 医 療 機 関 において 療 養 の 給 付 を 受 け ても 所 期 の 効 果 の 得 られなかったもの 又 は 今 まで 受 けた 治 療 の 経 過 からみて 効 果 が 現 れ -16-

6 ていないと 判 断 されるものであり はり きゅう 師 の 施 術 を 受 ける 以 前 に 保 険 医 療 機 関 におい て 治 療 効 果 を 判 断 しうるとみられるだけの 期 間 受 診 していない 場 合 は 支 給 対 象 となりませ ん また はり きゅう 師 の 施 術 を 受 けている 期 間 中 保 険 医 療 機 関 においても 受 診 していた 場 合 は 支 給 対 象 となりません 厚 生 労 働 大 臣 の 定 めた 基 準 により 算 定 した 額 が 支 給 されます ウ 請 求 手 続 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 ( 月 末 までを1か 月 とし 月 ごとに1 枚 ) (イ) 医 師 の 同 意 書 (1 回 の 同 意 書 により 加 療 期 間 は 原 則 として3か 月 以 内 とされていますが 3か 月 を 経 過 した 時 点 において さらに 施 術 を 受 ける 必 要 がある 場 合 は 医 師 より 再 度 同 意 を 得 た 上 で 療 養 費 支 給 申 請 書 の 下 の 欄 外 に 同 意 を 得 た 旨 要 加 療 期 間 の 指 示 がある 場 合 はそ の 期 間 同 意 年 月 日 医 療 機 関 名 住 所 電 話 番 号 同 意 を 得 た 医 師 の 氏 名 を 明 記 してくだ さい ) (ウ) 療 養 費 支 給 申 請 書 原 本 ( 病 名 施 術 種 類 単 価 施 術 日 及 び 日 数 が 明 記 されているもの) (エ) 領 収 書 ( 原 本 ) (6)あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 ア 支 給 要 件 あん 摩 マッサージ 師 の 施 術 は 治 療 上 必 要 があると 認 められるもので 医 師 の 同 意 を 得 た 場 合 に 療 養 費 の 支 給 対 象 となるものであり 主 に 麻 痺 骨 関 節 運 動 障 害 に 対 する 施 術 が 該 当 し ます 厚 生 労 働 大 臣 の 定 めた 基 準 により 算 定 した 額 が 支 給 されます 施 術 回 数 の 限 度 は 特 にありませんが 5 局 所 を 算 定 単 位 とします ウ 請 求 手 続 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 ( 月 末 までを1か 月 とし 月 ごとに1 枚 ) (イ) 医 師 の 同 意 書 (6 の(5)の(イ)と 同 様 の 扱 い) (ウ) 療 養 費 支 給 申 請 書 原 本 ( 病 名 施 術 種 類 単 価 施 術 日 及 び 日 数 が 明 記 されているもの) (エ) 領 収 書 ( 原 本 ) (7) 海 外 での 治 療 ア 支 給 要 件 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 国 外 で 療 養 を 受 けた 場 合 療 養 に 係 る 療 養 費 家 族 療 養 費 高 額 療 養 費 家 族 療 養 費 附 加 金 及 び 一 部 負 担 金 払 戻 金 の 額 について 支 給 します 総 医 療 費 から 組 合 員 が 負 担 すべき 金 額 (3 割 )を 除 いた 金 額 被 扶 養 者 の 場 合 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は2 割 ( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は1 割 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 及 びそれ 以 外 は3 割 ) 海 外 で 受 けた 治 療 内 容 を 日 本 の 健 康 保 険 制 度 の 基 準 に 置 き 換 えて 算 定 した 医 療 費 と 組 合 員 が 実 際 に 支 払 った 医 療 費 ( 医 療 費 は 共 済 組 合 で 支 給 額 を 決 定 するときの 交 換 レートで 日 本 円 に 換 算 )を 比 較 して 低 い 方 の 医 療 費 を 基 準 に 算 定 した 額 が 支 給 されます -17-

7 なお その 国 の 医 療 をめぐる 状 況 や 為 替 レート 等 の 影 響 を 受 けますので 実 際 に 支 払 った 額 と 異 なります ウ 支 給 対 象 外 の 療 養 (ア)その 診 療 内 容 が 国 内 で 受 けた 場 合 保 険 対 象 外 の 診 療 及 び 薬 剤 等 であるとき (イ) 公 務 災 害 あるいは 交 通 事 故 等 の 第 三 者 加 害 行 為 によるものであるとき (ウ) 療 養 を 目 的 として 海 外 へ 出 向 き 治 療 を 受 けたとき エ 提 出 書 類 (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 ( 医 療 機 関 又 は 薬 剤 薬 局 1 件 ごと) (イ) 診 療 内 容 明 細 書 ( 医 科 又 は 歯 科 ) (ウ) 領 収 書 ( 原 本 ) (エ)(イ) (ウ) 等 添 付 書 類 の 日 本 語 翻 訳 オ 書 類 提 出 に 当 たっての 留 意 事 項 (ア) 診 療 内 容 明 細 書 ( 医 科 )は 診 療 明 細 書 領 収 明 細 書 それぞれ 記 入 をしてください (イ) 診 療 内 容 明 細 書 に 傷 病 名 症 状 などが 記 入 されているか 確 認 してください (ウ) 入 院 外 来 別 にそれぞれ 診 療 日 診 療 日 数 が 記 入 されているか 確 認 してください (エ) 支 払 金 額 及 び 内 訳 が 明 確 になっているか 確 認 してください (8) 公 費 負 担 医 療 制 度 適 用 者 が 医 療 証 を 使 用 できなかった 場 合 ア 支 給 要 件 公 費 負 担 医 療 制 度 ( 国 又 は 地 方 公 共 団 体 による 医 療 費 の 助 成 制 度 )の 適 用 を 受 けている 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 居 住 地 外 の 医 療 機 関 等 で 診 療 を 受 けるなどの 事 情 で 医 療 証 等 が 使 用 できず 医 療 機 関 窓 口 で 一 部 負 担 金 を 支 払 った 場 合 に 当 該 一 部 負 担 金 が 高 額 療 養 費 算 定 基 礎 額 を 超 えたと きに その 超 えた 分 を 高 額 療 養 費 として 支 給 します 高 額 療 養 費 ( 保 健 給 付 関 係 の 医 療 に 関 する 給 付 を 参 照 )に 相 当 する 額 ウ 請 求 手 続 次 の 書 類 を 提 出 してください (ア) 療 養 費 家 族 療 養 費 請 求 書 ( 月 末 までを1か 月 とし 月 ごとに1 枚 ) (イ) 領 収 書 原 本 (ウ) 医 療 証 等 の 写 し 7 一 部 負 担 金 払 戻 金 (1) 支 給 要 件 一 部 負 担 金 払 戻 金 は 各 診 療 月 における 療 養 の 給 付 訪 問 看 護 療 養 費 特 定 療 養 費 及 び 療 養 費 に 係 る 一 部 負 担 金 の 額 が 自 己 負 担 限 度 額 (25,000 円 )を 超 える 場 合 に 給 付 されます ただし 給 付 額 に 100 円 未 満 の 端 数 がある 場 合 は その 額 は 切 捨 てます 平 成 26 年 2 月 診 療 から 適 用 -18-

8 算 出 例 ア 通 院 した 場 合 の 医 療 費 の 総 額 が 20 万 円 であった 場 合 医 療 費 総 額 200,000 円 70/100 共 済 組 合 負 担 分 140,000 円 30/100 一 部 負 担 金 1 60,000 円 療 養 の 給 付 一 部 負 担 金 払 戻 金 3 自 己 負 担 限 度 額 2 35,000 円 後 日 本 人 へ 給 付 25,000 円 一 部 負 担 金 払 戻 金 3: 一 部 負 担 金 1- 自 己 負 担 限 度 額 2 =60,000 円 -25,000 円 =35,000 円 高 額 療 養 費 ( 保 健 給 付 関 係 の 医 療 に 関 する 給 付 を 参 照 )が 支 給 される 場 合 の 一 部 負 担 金 払 戻 金 については 以 下 のようになります 算 出 例 ( 給 料 月 額 が 224,000 円 以 上 424,000 円 未 満 の 方 の 場 合 ) イ 入 院 した 場 合 の 医 療 費 の 総 額 が 70 万 円 であった 場 合 医 療 費 総 額 700,000 円 70/100 共 済 組 合 負 担 金 490,000 円 30/100 一 部 負 担 金 1 210,000 円 療 養 の 給 付 高 額 一 部 負 担 金 療 養 費 5 払 戻 金 3 自 己 負 担 限 度 額 2 125,570 円 84,430 円 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 4 59,400 25,000 円 円 後 日 本 人 へ 給 付 184,970 円 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 4:80,100 円 +( 医 療 費 総 額 -267,000 円 ) 1% =80,100 円 +(700,000 円 -267,000 円 ) 0.01=84,430 円 高 額 療 養 費 5: 一 部 負 担 金 1- 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 4 =210,000 円 -84,430 円 =125,570 円 一 部 負 担 金 払 戻 金 3: 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 4- 自 己 負 担 限 度 額 2 =84,430 円 -25,000 円 =59,430 円 59,400 円 (100 円 未 満 切 捨 て) ( 注 ) 給 料 月 額 により 計 算 が 異 なります (2) 支 給 基 準 ア 暦 月 ごとに 計 算 月 の1 日 から 末 日 までの 受 診 について1か 月 として 計 算 します 例 えば 月 の 15 日 から 翌 月 の 14 日 まで 月 をまたがって 入 院 したような 場 合 で 初 めの 月 の 一 部 負 担 金 が3 万 円 翌 月 が4 万 円 でも それぞれについて 別 に 計 算 されます しかし 同 一 月 内 にいったん 退 院 し 再 度 そこへ 入 院 したような 場 合 は 合 わせて 計 算 され -19-

9 ます イ 病 院 診 療 所 薬 局 ごとに 計 算 例 えば 甲 の 病 院 と 乙 の 病 院 を 同 時 に 受 診 している 場 合 でも 両 方 を 合 算 せず それぞれに ついて 計 算 されます ウ 歯 科 については 別 扱 い 病 院 等 に 内 科 などの 科 と 歯 科 がある 場 合 は それぞれ 別 の 医 療 機 関 として 扱 われます エ 総 合 病 院 総 合 病 院 の 各 診 療 科 は それぞれ 別 の 医 療 機 関 として 扱 われます しかし 総 合 病 院 の 入 院 患 者 が 他 の 科 の 診 療 を 受 けたときは 合 算 されます (その 場 合 でも 歯 科 は 別 に 扱 われます ) オ 入 院 と 通 院 一 つの 病 院 等 でも 入 院 と 通 院 は 別 に 扱 われます カ 差 額 ベッド 代 保 険 外 併 用 療 養 費 の 対 象 となる 特 別 室 のベッド 代 の 差 額 は 支 給 の 対 象 になりません (3) 公 費 負 担 ( 医 療 費 の 助 成 )がある 場 合 の 一 部 負 担 金 払 戻 金 法 令 ( 条 例 を 含 む )の 規 定 により 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 負 担 すべき 額 ( 一 部 負 担 金 払 戻 金 の 支 給 がないとしたならば 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 負 担 すべきこととなる 額 があるときは 当 該 負 担 すべきこととなる 額 を 含 む )がある 場 合 において 一 部 負 担 金 払 戻 金 の 額 が 一 部 負 担 金 の 額 等 か ら 当 該 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 負 担 すべき 額 を 控 除 して 得 た 額 を 超 えるときは 当 該 控 除 して 得 た 額 をもって 一 部 負 担 金 払 戻 金 の 額 となります したがって 公 費 負 担 部 分 の 額 が 自 己 負 担 限 度 額 を 超 えるときは 療 養 に 要 した 費 用 のうち 法 定 給 付 ( 高 額 療 養 費 を 含 む ) 及 び 公 費 負 担 部 分 を 除 いた 現 実 の 一 部 負 担 金 に 相 当 する 額 が 一 部 負 担 金 払 戻 金 の 額 となります ( 家 族 療 養 費 附 加 金 の 場 合 も 同 様 です ) (4) 支 給 方 法 一 部 負 担 金 払 戻 金 は 原 則 として 組 合 員 からの 請 求 によらず 医 療 機 関 から 共 済 組 合 に 提 出 さ れたレセプトに 基 づき 電 算 処 理 により 自 動 的 に 給 付 されます また 高 額 療 養 費 ( 保 健 給 付 関 係 の 医 療 に 関 する 給 付 を 参 照 )も 医 療 機 関 から 提 出 されるレ セプトに 基 づき 自 動 的 に 給 付 されます しかし 緊 急 その 他 やむを 得 ない 事 情 等 のため 組 合 員 証 を 提 示 しないで 診 療 を 受 け その 費 用 を 支 払 った 場 合 には 後 日 共 済 組 合 に 対 して 請 求 することになります ( 短 期 給 付 編 P.14 参 照 ) 8 高 額 療 養 費 組 合 員 が 病 気 やけがをして 医 療 機 関 にかかったときに 支 給 される 療 養 の 給 付 や 保 険 外 併 用 療 養 費 又 は 療 養 費 については 診 療 費 などの 30/100 を また 被 扶 養 者 については 療 養 費 などの 30/100( 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は 20/100( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 10/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 70/100)を それぞれ 自 己 負 担 することとなっ ています したがって 療 養 費 などが 高 額 になると 一 部 負 担 金 額 も 多 額 になりますので 家 計 に 与 える 影 響 を 考 慮 して 組 合 員 の 負 担 をできるだけ 少 なくするため 次 の 場 合 には 高 額 療 養 費 が 組 合 員 に 支 給 されます (1) 給 付 額 ア 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 同 一 の 月 に 同 一 の 病 院 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 額 が 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 を 超 えた 場 合 その 超 えた 金 額 が 支 給 されます -20-

10 なお 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 以 下 のとおりです (ア) 給 料 月 額 が 664,000 円 以 上 の 方 252,600 円 +[( 医 療 費 総 額 ( )-842,000 円 ) 1%] (イ) 給 料 月 額 が 424,000 円 以 上 664,000 円 未 満 の 方 167,400 円 +[( 医 療 費 総 額 ( )-558,000 円 ) 1%] (ウ) 給 料 月 額 が 224,000 円 以 上 424,000 円 未 満 の 方 80,100 円 +[( 医 療 費 総 額 ( )-267,000 円 ) 1%] (エ) 給 料 月 額 が 224,000 円 未 満 の 方 57,600 円 (オ) 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 35,400 円 ( ) 医 療 費 総 額 が 842,000 円 558,000 円 及 び 267,000 円 に 満 たないときは それぞれ 842,000 円 558,000 及 び 267,000 円 とする イ 同 一 の 世 帯 で 同 一 の 月 にそれぞれ 一 つの 病 院 等 に 支 払 った 一 部 負 担 金 額 が 21,000 円 以 上 のものが2 回 以 上 ある 場 合 には それらの 金 額 を 合 算 した 額 から 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 を 控 除 した 額 が 高 額 療 養 費 として 支 給 されます ウ ア 又 はイの 場 合 において 高 額 療 養 費 が 支 給 される 場 合 に 同 一 世 帯 で その 月 以 前 の 12 か 月 以 内 に 4 回 以 上 高 額 療 養 費 が 支 給 されているときは 4 回 目 以 降 の 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 は 以 下 のとおりとなり この 金 額 を 控 除 した 額 が 高 額 療 養 費 として 支 給 されます (ア) 給 料 月 額 が 664,000 円 以 上 の 方 :140,100 円 (イ) 給 料 月 額 が 424,000 円 以 上 664,000 円 未 満 の 方 :93,000 円 (ウ) 給 料 月 額 が 224,000 円 以 上 424,000 円 未 満 の 方 :44,400 円 (エ) 給 料 月 額 が 224,000 円 未 満 の 方 :44,400 円 (オ) 市 町 村 民 税 非 課 税 世 帯 :24,600 円 エ 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 人 工 透 析 を 必 要 とする 慢 性 腎 不 全 や 血 友 病 等 に 係 る 診 療 を 受 けた 場 合 で 組 合 員 又 は 被 扶 養 者 が 共 済 組 合 から 特 定 疾 病 として 認 定 を 受 けている 場 合 は 当 該 療 養 に 係 る 保 険 医 療 機 関 等 に 対 する 支 払 額 は1か 月 につき 10,000 円 ( 慢 性 腎 不 全 による 人 工 透 析 患 者 のうち 上 位 所 得 者 は 20,000 円 )が 限 度 となります 一 部 負 担 金 額 が 自 己 負 担 限 度 額 を 超 える 場 合 はその 額 を 超 える 額 が 高 額 療 養 費 として 現 物 給 付 されます なお 詳 細 は 第 11 節 ( 短 期 給 付 編 P57)を 参 照 してください オ 70 歳 未 満 の 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 入 院 療 養 等 を 受 けた 場 合 に 限 り 1 ヶ 月 間 に 一 つの 医 療 機 関 窓 口 で 支 払 う 金 額 を 上 記 ア 又 はウに 掲 げる 金 額 に 抑 えることができます ( 限 度 額 適 用 認 定 証 の 発 行 については 高 額 療 養 費 医 療 証 関 係 の 限 度 額 適 用 を 参 照 ) (2) 支 給 方 法 原 則 として 一 部 負 担 金 払 戻 金 と 同 様 電 算 処 理 による 自 動 給 付 です (3) 高 額 療 養 費 の 現 物 給 付 ( 限 度 額 適 用 認 定 ) 共 済 組 合 から 限 度 額 適 用 認 定 証 の 交 付 を 受 けることにより 窓 口 での 支 払 い 金 額 を 上 記 ア 又 は ウの 高 額 療 養 費 算 定 基 準 額 とすることができます 詳 細 は 高 額 療 養 費 医 療 証 関 係 の 限 度 額 適 用 を 参 照 してください -21-

11 9 家 族 療 養 費 附 加 金 (1) 支 給 要 件 被 扶 養 者 が 医 療 機 関 で 診 療 を 受 けた 場 合 療 養 費 の 30/100( 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 の 現 役 並 所 得 者 以 外 は 20/100( 昭 和 19 年 4 月 1 日 までに 生 まれた 方 は 10/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 30/100)に 相 当 する 金 額 を 一 部 負 担 金 として 医 療 機 関 に 支 払 いますが この 一 部 負 担 金 が 同 一 医 療 機 関 における 同 一 月 において 25,000 円 を 超 えた 場 合 に 家 族 療 養 費 附 加 金 を 給 付 します (2) 支 給 額 家 族 療 養 費 附 加 金 の 支 給 額 は 一 部 負 担 金 が 25,000 円 以 上 の 場 合 に 一 部 負 担 金 から 25,000 円 を 控 除 した 額 となります ただし 給 付 額 に 100 円 未 満 の 端 数 がある 場 合 は その 額 は 切 捨 てます (3) 支 給 方 法 家 族 療 養 費 附 加 金 は 原 則 として 組 合 員 からの 請 求 によらず 医 療 機 関 から 共 済 組 合 に 提 出 さ れるレセプトに 基 づき 電 算 処 理 により 自 動 的 に 給 付 されます また 高 額 療 養 費 ( 短 期 給 付 編 P20 参 照 )も 医 療 機 関 から 提 出 されるレセプトに 基 づき 自 動 的 に 支 出 されます しかし 緊 急 その 他 やむを 得 ない 事 情 等 のため 組 合 員 証 を 提 示 しないで 診 療 を 受 け その 費 用 を 支 払 った 場 合 には 後 日 共 済 組 合 に 対 して 請 求 することになります ( 短 期 給 付 編 P14 参 照 ) 10 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 附 加 金 (1) 支 給 要 件 被 扶 養 者 が 指 定 訪 問 看 護 事 業 者 から 指 定 訪 問 看 護 を 受 けた 場 合 訪 問 看 護 に 要 した 費 用 の 30/100( 義 務 教 育 就 学 前 及 び 70 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 以 外 は 20/100( 昭 和 19 年 4 月 1 日 まで に 生 まれた 方 は 10/ 歳 以 上 現 役 並 所 得 者 は 30/100)に 相 当 する 金 額 を 一 部 負 担 金 とし て 指 定 訪 問 看 護 事 業 者 に 支 払 いますが この 一 部 負 担 金 の 額 が1 件 につき 25,000 円 を 超 えた 場 合 に 家 族 訪 問 看 護 療 養 費 附 加 金 を 給 付 します (2) 支 給 額 家 族 療 養 費 附 加 金 の 支 給 額 に 同 じ (3) 支 給 方 法 家 族 療 養 費 附 加 金 の 支 給 方 法 に 同 じ 11 高 額 介 護 合 算 療 養 費 (1) 支 給 要 件 医 療 保 険 にかかる 自 己 負 担 額 ( 高 額 療 養 費 や 附 加 給 付 等 が 給 付 された 場 合 はその 額 を 控 除 した 額 )と 介 護 保 険 制 度 の 利 用 者 負 担 額 ( 高 額 介 護 サービス 費 等 が 給 付 された 場 合 はその 額 を 控 除 した 額 )の 年 間 合 計 額 が 介 護 合 算 算 定 基 準 額 を 超 えた 場 合 組 合 員 からの 請 求 により その 超 えた 額 が 払 い 戻 されます ( 医 療 保 険 の 自 己 負 担 については 70 歳 未 満 の 場 合 一 人 一 月 一 診 療 科 ごとの 自 己 負 担 額 が 21,000 円 以 上 のものが 合 計 対 象 となります ) -22-

12 (2) 支 給 の 計 算 期 間 毎 年 8 月 1 日 から 翌 年 7 月 31 日 までが 計 算 期 間 となります (3) 介 護 合 算 算 定 基 準 額 ア 70 歳 未 満 上 位 所 得 者 ( 組 合 員 の 給 与 月 額 424,000 円 以 上 ) 126 万 円 一 般 所 得 者 67 万 円 低 所 得 者 ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 ) 34 万 円 イ 70 歳 から 74 歳 医 療 費 の 負 担 割 合 が3 割 の 方 67 万 円 一 般 所 得 者 56 万 円 (ただし 平 成 22 年 8 月 からは 62 万 円 ) 低 所 得 者 Ⅱ( 市 町 村 民 税 非 課 税 者 ) 31 万 円 低 所 得 者 Ⅰ( 世 帯 員 全 員 の 所 得 が 一 定 以 下 ( 全 員 が 市 町 村 民 税 に 係 る 所 得 がないこと)) 19 万 円 (4) 請 求 書 類 高 額 介 護 合 算 療 養 費 支 給 申 請 書 兼 自 己 負 担 額 証 明 書 交 付 申 請 書 介 護 自 己 負 担 額 証 明 書 ( 介 護 サービスを 受 けた 市 区 町 村 から 交 付 されます ) 他 の 保 険 者 で 支 払 った 医 療 費 の 自 己 負 担 額 証 明 書 ( 計 算 期 間 内 に 他 の 保 険 者 に 加 入 していた 場 合 のみ 必 要 です ) (5) 留 意 事 項 組 合 員 と 被 扶 養 者 の 計 算 期 間 内 の 年 間 合 計 額 から 介 護 合 算 算 定 基 準 額 を 控 除 した 額 が 500 円 以 下 の 場 合 は 支 給 されません 12 保 険 外 併 用 療 養 費 健 康 保 険 では 原 則 として 保 険 適 用 の 療 養 と 併 せて 保 険 適 用 外 の 療 養 を 受 けると 医 療 費 の 全 額 が 保 険 適 用 外 となりますが 厚 生 労 働 大 臣 の 定 める 評 価 療 養 及 び 選 定 療 養 であれ ば 保 険 適 用 の 療 養 との 併 用 が 認 められます この 場 合 に 共 済 組 合 が 給 付 する 部 分 を 保 険 外 併 用 療 養 費 と 言 います なお 保 険 外 併 用 療 養 費 は 現 物 給 付 方 式 によって 給 付 されますので 組 合 員 からの 請 求 は 必 要 あ りません 評 価 療 養 : 先 進 医 療 ( 従 来 の 高 度 先 進 医 療 を 含 む) 等 選 定 療 養 : 特 別 療 養 環 境 室 ( 差 額 ベッド) 200 床 以 上 の 病 院 の 未 紹 介 患 者 の 初 診 金 属 床 総 義 歯 等 算 出 例 ア 一 般 組 合 員 が 保 険 診 療 と 併 せて 評 価 療 養 を 受 けた 場 合 保 険 適 用 分 保 険 適 用 外 分 7 割 3 割 共 済 組 合 負 担 ( 保 険 外 併 用 療 養 費 ) 組 合 員 負 担 -23-

13 イ 一 般 組 合 員 が 特 別 療 養 環 境 室 を 使 用 した 場 合 室 料 総 額 保 険 適 用 分 保 険 適 用 外 分 7 割 3 割 室 料 差 額 共 済 組 合 負 担 ( 保 険 外 併 用 療 養 費 ) 組 合 員 負 担 13 受 診 から 給 付 まで 組 合 員 証 を 使 用 して 保 険 医 療 機 関 で 受 診 した 場 合 受 診 から 給 付 金 が 支 払 われるまでを 示 します と 次 のようになります (1) 医 療 費 は 患 者 1 人 が 診 療 科 目 1 科 で1か 月 受 診 したものが1 件 としてまとめられ 医 療 機 関 では 診 療 報 酬 明 細 書 (レセプト)を 作 成 し 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 ( 以 下 基 金 という ) に 提 出 します (2) 基 金 では レセプトの 内 容 を 審 査 した 後 レセプトを 公 立 学 校 共 済 組 合 神 奈 川 支 部 に 送 付 しま す 共 済 組 合 は 送 られてきたレセプトについて 資 格 審 査 を 行 った 後 組 合 員 に 対 して 給 付 金 を 算 定 し 支 払 をします 例 えば ある 世 帯 で 3 月 に 組 合 員 が 入 院 し 被 扶 養 者 が 通 院 したとしますと 医 療 機 関 では 4 月 にレセプトを 作 成 し 基 金 に 提 出 します (3) 基 金 から 共 済 組 合 にレセプトが 送 付 されるのは 原 則 として5 月 組 合 員 に 給 付 金 が 支 給 される のは 本 人 分 の 給 付 ( 高 額 療 養 費 や 一 部 負 担 金 払 戻 金 ) 及 び 家 族 分 の 給 付 ( 高 額 療 養 費 や 家 族 療 養 費 附 加 金 ) 共 に 最 短 で6 月 16 日 になります システム 図 組 合 員 被 扶 養 者 保 険 医 療 機 関 給 付 所 属 所 レセプト 提 出 高 額 療 養 費 入 院 附 加 金 一 部 負 担 金 払 戻 金 本 人 分 高 額 療 養 費 家 族 療 養 費 附 加 金 家 族 分 支 払 支 払 基 金 公 立 学 校 共 済 組 合 ( 神 奈 川 支 部 ) 提 出 審 査 済 レセプト 支 払 -24-

2 現 物 給 付 と 現 金 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 医 療 機 関 で 診 療 を 受 けた 場 合 総 医 療 費 の 3 割 ( 就 学 前 は 2 割 70 歳 以 上 の 場 合 は 2 割 (1 割 ) 又 は 3 割 )を 窓 口 負 担 します その 際 残

2 現 物 給 付 と 現 金 給 付 組 合 員 及 び 被 扶 養 者 が 医 療 機 関 で 診 療 を 受 けた 場 合 総 医 療 費 の 3 割 ( 就 学 前 は 2 割 70 歳 以 上 の 場 合 は 2 割 (1 割 ) 又 は 3 割 )を 窓 口 負 担 します その 際 残 第 3 章 短 期 給 付 事 業 1 短 期 給 付 の 概 要 給 付 貸 付 課 短 期 給 付 担 当 03(5320)6827 1 給 付 の 種 類 給 付 には 地 方 公 務 員 等 共 済 組 合 法 で 定 められている 法 定 給 付 と 共 済 組 合 独 自 で 定 めて 給 付 する 附 加 給 付 があります 支 給 さ れ る 要 件 法 定 給 付 給 付 の 種

More information

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病

目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療 報 酬 請 求 について 7 第 5 管 理 票 の 記 載 について 11 第 6 特 定 医 療 ( 指 定 難 病 特 定 医 療 に 係 る 自 己 負 担 上 限 額 管 理 票 等 の 記 載 方 法 について( 指 定 医 療 機 関 用 ) 和 歌 山 県 福 祉 保 健 部 健 康 局 健 康 推 進 課 平 成 27 年 1 目 次 第 1 制 度 の 概 要 2 第 2 窓 口 での 自 己 負 担 徴 収 の 流 れ 4 第 3 生 活 保 護 受 給 者 等 の 取 扱 い 6 第 4 診 療

More information

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1>

<5461726F2D91E68253816995E28F9E90BF8B8182C98AD682B782E98E9696B1> 第 4 補 償 請 求 に 関 する 事 務 - 67 - Memo - 68 - 1 災 害 補 償 内 容 基 金 が 実 施 する 給 付 は 使 用 者 として 法 的 義 務 として 行 われる 補 償 とそれによっては 充 足 しきれない 領 域 を 使 用 者 立 場 でいわば 補 償 付 加 的 給 付 として 行 う 福 祉 事 業 とがあります (1) 補 償 種 類 基 金 が

More information

組合員・会員資格の得喪等について

組合員・会員資格の得喪等について 欠 勤 休 業 等 で 給 与 が 減 額 又 は 無 給 になったとき 共 済 1 傷 病 手 当 金 傷 病 手 当 金 附 加 金 組 合 員 が 公 務 によらない 病 気 やけがによる 療 養 のため 引 き 続 き 勤 務 ができない 場 合 で その 期 間 内 に 給 与 の 全 部 又 は 一 部 が 支 給 されないとき その 間 の 経 済 的 損 失 を 補 てんし 生 活

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx

Microsoft Word - 999_○北区の国保 .docx 北 区 の 国 保 平 成 26 年 度 版 ( 平 成 25 年 度 実 績 ) 東 京 都 北 区 区 民 部 国 保 年 金 課 目 次. 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 第 10 組 織 と 事 務 分 掌 2 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 3 被 保 険 者 4 給 付 状 況 12 保 険 料 31 財 政 40 特 定 健 康 診

More information

①表紙

①表紙 子 ども 助 成 事 業 に 係 る 請 求 方 法 及 びレセプト 等 記 載 について 平 成 8 年 月 社 会 報 酬 支 払 基 金 大 分 支 部 大 分 県 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 請 求 支 払 概 要 並 びに 請 求 要 領 について P ( 調 剤 ) 報 酬 請 求 書 記 載 方 法 について 社 国 P 3 子 ども 助 成 事 業 に 係 るレセプト

More information

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd

1510新宮町2(SG13)行政最終.indd 保 国 民 健 康 保 制 度 問 住 民 課 963-1733 国 民 健 康 保 健 康 保 制 度 とは 病 気 やケガをしたときに 安 心 して 医 療 機 関 などにかかることができるように みなさんが 納 めた 保 税 などで みんなで 助 け 合 おうという 制 度 で す 日 本 では 国 民 皆 保 制 度 になっています この 健 康 保 制 度 のなかで 国 民 健 康 保 はみなさん

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

Taro-20160325記載要領通知(溶け

Taro-20160325記載要領通知(溶け 別 添 3 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 について ( 平 成 18 年 3 月 30 日 保 医 発 第 0330008 号 ) 別 紙 Ⅰ 一 般 的 事 項 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 等 の 記 載 要 領 1 訪 問 看 護 療 養 費 請 求 書 及 び 訪 問 看 護 療 養 費 明 細 書 ( 以 下 請 求 書 等 という )については

More information

Microsoft Word - しおり.doc

Microsoft Word - しおり.doc 光 市 平 成 21 年 4 月 対 象 となる 方 2 市 と 広 域 連 合 の 役 割 2 保 険 証 について 2 保 険 料 について 3 一 部 負 担 金 の 割 合 と 所 得 区 分 6 入 院 したときの 食 事 代 等 6 医 療 費 が 高 額 になったとき 7 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 について 8 交 通 事 故 などにあったとき 9 あとから 費

More information

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制

給 付 <#1> 1 して 給 付 されます 2 行 方 不 明 手 当 金 職 務 上 の 事 由 により1 月 以 上 行 方 不 明 になったとき 3 月 を 限 度 に 行 方 不 明 期 間 中 支 給 されます 3 休 業 手 当 金 1 日 目 ~3 日 目 (2) 労 災 保 険 制 平 成 22 年 1 月 から 船 員 保 険 制 度 が 大 きく 変 わりました このため 今 回 の 船 員 保 険 給 付 のあらまし では 船 員 保 険 の 制 度 や 手 続 き 等 がどのように 変 わったのか 説 明 するとともに 船 員 保 険 の 給 付 の 概 要 について 紹 介 します なお 資 料 の 作 成 に 当 たっては 厚 生 労 働 省 旧 社 会 保 険 庁

More information

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用

目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 平 成 年 度 共 済 組 合 の て び き 大 阪 市 職 員 共 済 組 合 目 次 共 済 組 合 の 概 要 3 組 合 員 の 資 格 4 保 険 料 について 保 険 料 率 掛 金 率 負 担 金 率 産 前 産 後 休 暇 期 間 中 の 掛 金 について 3 育 児 休 業 中 の 掛 金 について 4 介 護 保 険 第 号 被 保 険 者 にかかる 適 用 除 外 の 届 出

More information

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する

2 技 能 労 務 職 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 清 掃 職 員 51.1 歳 25 人 310,300 円 371,728 円 327,424 円 公 務 員 民 間 参 考 平 均 給 与 月 額 ( 国 比 較 ベース) 対 応 する 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) 中 津 川 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 24 年 度 末 ) 歳 出 額 (A) 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 の 人 件 費 率 平 成 24 年 度 82,514 人 37,448,931

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

00本文

00本文 保 医 発 1 2 2 2 第 2 号 平 成 2 6 年 1 2 月 2 2 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131303132368179926D8E96817A8EC08E7B97768D6A8740816982A882E082C4816A5F94BD89662E646F6378> 保 発 0131 第 4 号 平 成 23 年 1 月 31 日 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 長 出 産 育 児 一 時 金 等 の 支 給 申 請 及 び 支 払 方 法 について 出 産 育 児 一 時 金 等 については 緊 急 の 少 子 化 対 策 の 一 環 として 安 心 して 出 産 できる 環 境 を 整 備 する 観 点 から 平 成 21 年 10

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

医療法人等に係る所得金額の計算書

医療法人等に係る所得金額の計算書 (お 知 らせ) 本 手 引 きは 平 成 25 年 度 に 改 正 しました 変 更 点 は 赤 文 字 となっています 申 告 書 作 成 に あたっては 変 更 点 に 留 意 いただきますようお 願 いします なお 平 成 25 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 分 から 適 用 します ( 主 な 変 更 点 ) 各 種 補 助 金 助 成 金 の 取 扱 い(P9~10)や

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

2. 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1. 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 平 成 25 年 度 人 件 費 とは 一 般 職 の 給 料 諸 手 当 退 職 手 当 共 済 組 合 負 担 金 公 務 災 害 補 償 費 のほか 市 議 員 等 特 別 職 の 給 料 報 酬 などを 含 みます ( 注 ) 1.

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC>

<5461726F2D31303036303081798BA689EF817A88EA8E9E8BE088EA959489FC> 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 第 1 趣 旨 これまで 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 ( 以 下 出 産 育 児 一 時 金 等 とい う )については 原 則 として 出 産 後 に 被 保 険 者 等 ( 健 康 保 険 若 しくは 船 員

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc

Microsoft Word - 180214利用者負担マニュアル.doc 利 用 者 負 担 について 1. 所 得 区 分 認 定 個 別 減 免 補 足 給 付 の 認 定 方 法 について 2 (1) 負 担 上 限 月 額 を 定 める 際 の 所 得 区 分 の 設 定 について 2 (2) 個 別 減 免 の 収 入 資 産 等 の 認 定 について 7 (3) 補 足 給 付 の 認 定 について 14 2. 生 活 保 護 境 界 層 対 象 者 に 対

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準

伊 勢 丹 奨 学 会 推 薦 基 準 公 益 財 団 法 人 伊 勢 丹 奨 学 会 大 学 奨 学 生 推 薦 選 考 基 準 [1] 奨 学 生 の 資 格 1. 人 物 学 習 活 動 その 他 生 活 の 全 般 を 通 じて 態 度 行 動 が 学 生 にふさわしく 将 来 良 識 ある 社 会 人 として 活 動 できる 見 込 みがあり かつ 東 京 大 学 一 橋 大 学 横 浜 国 立 大 学 慶 應 義 塾 大 学

More information

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部

障 害 程 度 身 体 障 害 者 手 帳 1 級 又 は 級 程 度 の 障 害 が 重 複 しており 条 件 を 満 たしている 人 特 に 重 度 の 身 体 機 能 の 障 害 があるため 日 常 生 活 動 作 能 力 の 評 価 が 極 めて 重 度 であると 認 められる 人 内 部 (1) 年 金 年 金 の 障 害 程 度 の 認 定 基 準 は 身 体 障 害 者 手 帳 療 育 手 帳 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 認 定 基 準 とは 異 なります 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 0 歳 以 上 で 国 民 年 金 法 に 定 める 障 害 を 有 し 次 のいずれかに 該 当 する 人 0 歳 前 から 障 害 者 となった 人 ( 本 人

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等

る ) 1 保 険 者 に 対 し 被 保 険 者 等 の 名 において 出 産 育 児 一 時 金 等 の 申 請 を 代 わって 行 う 旨 並 びに 申 請 先 となる 保 険 者 の 名 称 2 保 険 者 が 被 保 険 者 等 に 対 して 支 給 する 出 産 育 児 一 時 金 等 出 産 育 児 一 時 金 等 の 医 療 機 関 等 への 直 接 支 払 制 度 実 施 要 綱 平 成 23 年 1 月 31 日 制 定 平 成 24 年 2 月 29 日 改 正 平 成 27 年 1 月 1 日 改 正 第 1 趣 旨 出 産 育 児 一 時 金 等 ( 出 産 育 児 一 時 金 及 び 家 族 出 産 育 児 一 時 金 をいう 以 下 同 じ )の 医 療 機 関

More information

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63>

<4D F736F F D F18FED8BCE904588F58EE688B CC B6816A E31312E3189FC90B3817A2E646F63> 非 常 勤 職 員 取 扱 要 領 昭 和 32 年 3 月 1 日 制 定 平 成 24 年 11 月 1 日 最 終 改 正 第 1 趣 旨 この 要 領 は 非 常 勤 職 員 に 関 する 取 扱 いについて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 非 常 勤 職 員 の 任 免 本 庁 にあっては 各 課 長 地 域 振 興 局 にあっては 企 画 振 興 部 長 又 は 各

More information

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ 第 3 章 定 年 後 の 収 入 と 支 出 1 退 職 手 当 制 度 の 概 要 (1) 算 定 式 及 び 支 給 制 限 等 退 職 手 当 は 職 員 が 退 職 した 場 合 に 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 ( 以 下 退 手 法 といいま す )に 基 づいて 支 給 されます 退 職 手 当 は 次 のように 計 算 されます 退 職 手 当 = 基 本 額 ( 退 職

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く)

種 別 給 付 の 内 容 手 続 きに 高 額 養 費 同 じ 人 が 同 じ 月 に 同 じ 機 関 などで 一 定 以 上 の 自 己 負 担 を 支 払 った 場 合 申 請 によりその 超 えた 額 が 支 払 われます( 差 額 の ベッド 代 や 歯 科 自 由 診 などは 除 く) KASHIMACITY 健 康 健 康 ( )は 病 気 やけがに 備 え 加 入 者 がお ( 税 )を 出 し 合 い 費 に 充 てる 相 互 扶 助 を 目 的 とした 制 度 です 健 康 に 加 入 する 人 職 場 の 健 康 ( 健 )に 加 入 している 人 とその 扶 養 家 族 後 期 高 齢 者 ( 長 寿 ) 制 度 に 加 入 している 人 その 他 生 活 護 を 受

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又

3 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 の 計 算 書 ( 付 表 ) ( 下 段 部 分 )の 記 載 のしかた 社 会 保 険 医 療 分 の 収 入 金 額 欄 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 2 項 の 社 会 保 険 関 係 法 律 等 の 規 定 に 基 づく 給 付 又 医 療 法 人 等 の 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 1 この 計 算 書 の 用 途 等 (1) 医 療 法 人 の 課 税 標 準 の 算 定 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 において 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず また 当 該 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損

More information

8.手当・年金・貸付等

8.手当・年金・貸付等 9 章 手 当 年 金 貸 付 等 手 当 年 金 等 一 覧 対 象 者 や 金 額 の 詳 細 は 該 当 ページを 参 照 してください 年 金 関 係 主 な 対 象 金 額 ページ (1)(2) 障 がい 基 礎 年 金 (3) 特 別 障 がい 給 付 金 (4) 重 度 障 がい 者 特 例 支 援 事 業 (5) 障 がい 厚 生 年 金 障 が い 手 当 金 20 歳 以 上 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093599574322D345F3130365F819C91E6825395D25F4F54415F8F9D8A518EA197C394EF977095E28F9E93C196F15F5034332D35302E646F63> 傷 害 治 療 費 用 補 償 特 約 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 特 約 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められ る 異 常 所 見 をいいます 競 技 等 競 技 競 争 興 行 (*1)または

More information

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置

目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 難 小 児 慢 性 東 京 都 医 費 助 成 事 業 等 に 関 する 請 求 事 例 集 平 成 7 年 月 東 京 都 国 民 健 康 団 体 連 合 会 目 次 事 例 法 別 5 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 誕 生 が 昭 和 9 年 月 以 降 の 者 3 法 別 5 70 歳 以 上 ( 患 者 負 担 割 ) 特 例 措 置 対 象 者 法 別 83 70

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則

金ケ崎町長事務部局の行政組織及び事務分掌に関する規則 金 ケ 崎 町 規 則 第 13 号 金 ケ 崎 町 小 学 生 医 療 費 給 付 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 小 学 生 に 対 して 医 療 費 の 一 部 を 給 付 することにより 保 護 者 の 負 担 を 軽 減 し もって 小 学 生 の 健 全 な 育 成 と 福 祉 の 増 進 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

                                       

                                        定 年 退 職 者 の 退 職 共 済 年 金 のしおり 地 方 職 員 共 済 組 合 大 阪 府 支 部 福 利 厚 生 グループ( 年 金 担 当 ) 目 次 特 別 支 給 の 退 職 共 済 年 金 1 受 給 資 格 と 支 給 開 始 年 齢 1 2 厚 生 年 金 保 険 又 は 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 年 金 の 請 求 3 3 老 齢 基 礎 年

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

自営業世帯

自営業世帯 共 済 組 合 給 付 ( 長 期 給 付 ) 注 意 事 項 被 用 者 年 金 一 元 化 等 に 係 る 今 後 の 決 定 事 項 によって 記 載 内 容 に 変 更 が 生 じる 場 合 があります 第 1 公 的 年 金 制 度 について 1 公 的 年 金 制 度 の 概 要 公 的 年 金 制 度 は 国 民 年 金 と 厚 生 年 金 保 険 により 構 成 されています 国 民

More information

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収

(4) 手 数 料 等 の 徴 収 制 度 的 には 独 占 となっていない 事 務 事 業 で も 実 態 上 独 占 となっている 場 合 独 占 の 弊 害 を 生 まないための 是 正 措 置 の 内 容 ( 行 っていない 場 合 はその 理 由 ) 手 数 料 等 の 対 価 の 徴 収 ( 別 添 1) 特 別 の 法 律 により 設 立 される 民 間 法 人 の 運 営 に 関 する 指 導 監 督 基 準 に 基 づく 指 導 監 督 状 況 ( 平 成 2 5 年 度 ) 法 人 名 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 根 拠 法 令 名 1. 法 人 の 概 要 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 基 金 法 業 務 の 概 要 ( 平 成 15 年 10

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

第1 生活保護法のあらまし ~ 第4 指定医療機関等の届出事項

第1 生活保護法のあらまし ~ 第4 指定医療機関等の届出事項 生 活 保 護 法 及 び 中 国 残 留 邦 人 等 支 援 法 指 定 施 術 者 のしおり 平 成 2 8 年 1 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 生 活 福 祉 部 目 次 第 1 生 活 保 護 法 のあらまし 1 1 生 活 保 護 法 の 目 的 と 基 本 原 理 1 2 保 護 の 種 類 と 方 法 1 3 保 護 を 決 定 し 実 施 する 機 関 1 4 指 定 施 術

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める

( 法 令 との 関 係 ) 第 2 条 職 員 の 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 してこの 規 程 に 定 めのない 事 項 については 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という )そ の 他 の 法 令 に 定 める 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 労 働 時 間 休 憩 休 日 及 び 休 暇 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 76 号 ) 改 正 平 成 21 年 5 月 19 日 09 規 程 第 6 号 改 正 平 成 21 年 11 月 17 日 09 規 程 第 24 号 改 正 平 成 22 年 6 月 22 日

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠

1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 沖 縄 県 職 員 のための 子 育 てハンドブック 22 年 3 月 総 務 部 人 事 課 1 女 性 職 員 の 妊 娠 から 出 産 までの 休 暇 制 度 等 (1) 妊 娠 中 の 休 暇 制 度 等 女 性 職 員 が 妊 娠 した 場 合 に 母 性 の 健 康 維 持 や 出 産 のための 休 暇 制 度 があります 妊 産 婦 保 健 指 導 健 康 診 査 休 暇 妊 娠 中

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても

末 までになされれば 足 りるものとする 介 護 予 防 訪 問 介 護 介 護 予 防 通 所 介 護 介 護 予 防 通 所 リハビリテーシ ョンについては 月 額 定 額 報 酬 とされたことから 月 途 中 からのサービ ス 開 始 月 途 中 でのサービス 終 了 の 場 合 であっても 指 定 介 護 予 防 サービスに 要 する 費 用 の 額 の 算 定 に 関 する 基 準 の 制 定 に 伴 う 実 施 上 の 留 意 事 項 について 第 一 届 出 手 続 の 運 用 1 届 出 の 受 理 (1) 届 出 書 類 の 受 取 り 指 定 事 業 者 側 から 統 一 的 な 届 出 様 式 及 び 添 付 書 類 により サービス 種 類 ごとの1 件 書 類 の 提

More information

高額負担払い戻しガイド_001-002扉_目次_2C.indd

高額負担払い戻しガイド_001-002扉_目次_2C.indd 目 次 高 額 負 担 の 軽 減 : 平 成 27 年 の 改 正 事 項 高 額 負 担 の 軽 減 : 平 成 27 年 の 改 正 事 項 3 Ⅲ 高 額 医 療 高 額 介 護 の 合 算 制 度 101 1 医 療 介 護 の 高 額 負 担 を 軽 減 するしくみ 2 平 成 27 年 1 月 からの 高 額 療 養 費 の 見 直 し 3 介 護 険 の 負 担 割 合 高 額 介

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区

75 歳 以 上 の 方 の 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 75 歳 になると 全 ての 方 が 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 に 加 入 して 医 療 を 受 けます 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 は 東 京 都 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 が 主 体 となり 区 高 齢 受 給 者 証 70 歳 になると 高 齢 受 給 者 証 の 対 象 となります 対 象 となる 期 間 70 歳 の 誕 生 日 の 翌 月 (1 日 が 誕 生 日 の 方 は 誕 生 月 )から 75 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで 内 容 対 象 の 方 には 高 齢 受 給 者 証 が 交 付 されます 医 療 機 関 にかかるときはこの 受 給 者 証 と 証 を 窓 口

More information

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月

改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 改 正 後 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 改 正 前 医 療 費 控 除 の 対 象 となる 在 宅 療 養 の 介 護 費 用 の 証 明 について 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 平 成 2 年 7 月 27 日 老 福 第 145 号 厚 生 省 大 臣 官 房 老 人 保 健 福 祉 部 厚 生 省

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2

Microsoft Word - 主な用語・事務事業の解説H24 2 資 料 主 な 用 語 事 務 事 業 の 解 説 一 般 1 医 療 保 険 制 度 医 療 保 険 は 疾 病 や 負 傷 の 際 の 医 療 費 を 補 償 し 十 分 な 医 療 が 受 けられることを 目 的 とする 保 険 制 度 で 次 のように 分 類 されている 現 在 国 民 の 全 てがいずれかの 制 度 に 加 入 しており こ れがいわゆる 国 民 皆 保 険 といわれている

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の

年 間 収 入 が 130 万 円 未 満 (60 歳 以 上 75 歳 未 満 の 人 や 一 定 障 害 者 の 場 合 は 180 万 円 未 満 )であって かつ 被 保 険 者 の 年 間 収 入 の 2 分 の 1 未 満 である 場 合 は 被 扶 養 者 となります ( 同 居 の 入 社 時 の 社 会 保 険 料 計 算 ( 給 与 計 算 )と 保 険 料 納 付 多 くの 企 業 では 社 員 が 入 社 し 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 介 護 保 険 )の 資 格 を 取 得 した 翌 月 の 給 与 支 払 い 時 に 社 会 保 険 料 を 徴 収 します たとえば 4 月 分 の 社 会 保 険 料 は 5 月 に 支 払 われる

More information

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464>

<5461726F2D87403234303331328BA697CD88CB978A92CA926D2E6A7464> 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 の 適 正 化 への 取 組 について 柔 道 整 復 師 の 施 術 の 療 養 費 ( 以 下 柔 整 療 養 費 という )については 平 成 21 年 11 月 の 行 政 刷 新 会 議 や 会 計 検 査 院 の 平 成 21 年 度 決 算 検 査 報 告 ( 平 成 22 年 11 月 )の 指 摘 ( 別 添 1 参 照 )を 踏 まえ

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

高額療養費制度を利用される皆さまへ

高額療養費制度を利用される皆さまへ こう がく りょう よう ひ せい ど 高 額 療 養 費 制 度 を 利 用 される 皆 さまへ 厚 生 労 働 省 保 険 局 目 次 高 額 療 養 費 制 度 とはこんな 制 度 です 負 担 の 上 限 額 は 年 齢 や 所 得 によって 異 なります さらにご 負 担 を 軽 減 する 仕 組 みもあります 入 院 される 方 は 用 意 する 費 用 が 少 なく 済 みます よくあるご

More information

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職

2 職 員 は みだりに 欠 勤 し 遅 刻 し 又 は 早 退 してはならない 3 職 員 は みだりに 他 人 を 職 場 に 立 ち 入 らせてはならない 4 職 員 は 職 場 において 他 の 職 員 の 執 務 を 妨 げ その 他 秩 序 を 乱 す 言 動 をしてはな らない 5 職 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 平 成 26 年 3 月 25 日 ) 改 正 平 26 規 程 第 16 号 平 成 26 年 11 月 28 日 平 26 規 程 第 41 号 平 成 27 年 1 月 28 日 平 26 規 程 第 67 号 平 成 27 年 3 月 31 日 平 27 規 程 第 28 号 平 成 28 年 3 月

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計

控 除 明 細 書 ( 規 則 第 6 号 様 式 別 表 11) 4 利 子 割 額 の 都 道 府 県 別 明 細 書 ( 規 則 第 9 号 の3 様 式 ) 5 課 税 標 準 の 分 割 に 関 する 明 細 書 ( 規 則 第 10 号 様 式 ) 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 医 療 法 人 等 に 係 る 所 得 の 計 算 書 記 載 の 手 引 き 等 ( 熊 本 県 ) 平 成 27 年 4 月 目 次 1 はじめに P1 2 この 計 算 書 の 提 出 について P1 3 申 告 書 の 提 出 に 必 要 な 添 付 書 類 P1 4 医 療 法 人 等 の 所 得 計 算 書 ( 上 段 部 分 )の 記 載 方 法 P2 5 所 得 の 計 算 の 基

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

被扶養者の認定取扱について

被扶養者の認定取扱について 日 本 マクドナルド 健 康 保 険 組 合 被 扶 養 者 認 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 7 項 の 規 定 による 被 扶 養 者 の 認 定 について 日 本 マクドナル ド 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という)が 適 正 かつ 公 平 に 行 うための 具 体 的 事 項 を 定 めることを 目 的 と する

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法

5 診療報酬請求書及び明細書の編綴方法 平 成 24 年 度 医 科 愛 知 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 目 次 1. 診 療 報 酬 総 括 表 及 び 請 求 書 の 記 載 要 領 1 2. 診 療 報 酬 請 求 書 及 び 明 細 書 の 編 綴 方 法 6 3. 自 立 支 援 医 療 ( 更 生 ) 人 工 透 析 に 係 る 市 町 村 が 実 施 する 障 害 者 医 療 の 取 扱 いについて 7

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

01 短期給付の概要(01gaiyou.pdf)

01 短期給付の概要(01gaiyou.pdf) 短 期 給 付 の 概 要 公 共 学 校 共 済 組 合 の 主 な 事 業 の 一 つである 短 期 給 付 は 組 合 員 とその 家 族 (この 場 合 の 家 族 とは 被 扶 養 として 認 定 されているものをいう )の 病 気 負 傷 出 産 災 害 及 び 死 亡 等 について 適 切 な 給 付 を 行 い もって 相 互 救 済 及 び 生 活 の 安 定 に 寄 与 することを

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

学務

学務 宇 都 宮 大 学 授 業 料 免 除 に 関 する 取 扱 要 領 学 長 裁 定 昭 和 60 年 9 月 12 日 一 部 改 正 昭 和 61 年 4 月 4 日 昭 和 62 年 3 月 30 日 昭 和 62 年 5 月 18 日 昭 和 63 年 3 月 31 日 平 成 3 年 7 月 1 日 平 成 4 年 4 月 1 日 平 成 6 年 5 月 16 日 平 成 8 年 5 月

More information

平 成 27 年 度 版 ( 第 1 期 分 ( 春 学 期 )) 授 業 料 免 除 申 請 書 類 学 群 大 学 院 共 通 申 請 期 限 : 第 1 期 分 平 成 27 年 5 月 26 日 ( 火 )( 厳 守 ) 5 月 19 日 ( 火 )までに 申 請 書 類 の 確 認 を 受 けてください 第 2 期 分 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 )( 厳 守 ) 掲 示

More information

記載の手引きH24.4改正.xls

記載の手引きH24.4改正.xls 医 療 法 人 等 の 事 業 税 所 得 金 額 計 算 書 記 載 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 宮 崎 県 1 医 療 法 人 等 の 事 業 税 について 医 療 法 人 等 の 事 業 税 については 地 方 税 法 第 72 条 の23 第 1 項 ただし 書 きの 規 定 により その 所 得 の 算 定 において 法 人 税 の 課 税 標 準 である 所 得 の 計 算

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び

2 共 済 貸 付 (1) のあらまし 共 済 組 合 が 行 う は の 臨 時 の 支 出 ( 貸 付 申 込 時 以 降 に 必 要 とする 資 金 )に 対 するもので その 種 類 は 下 表 にある12 種 類 です 申 込 金 額 は 10 万 円 単 位 ( 高 額 医 療 及 び 2016/3/16 1 福 利 厚 生 (1) 公 立 学 校 共 済 組 合 の 保 健 事 業 人 間 ドック 事 業 1 泊 1 日 ド ッ ク 及 び 脳 ド ッ ク ( 35 歳 以 上 ) 婦 人 検 診 ( 25 歳 以 上 女 性 ) 年 齢 は4 月 1 日 現 在 の 満 年 齢 レクリエーション 施 設 宿 泊 利 用 補 助 ( 年 度 当 初 に 冊 子 を 配 付 ) 及

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information