民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわ"

Transcription

1 平 成 23 年 度 財 務 省 調 査 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 23 年 11 月 株 式 会 社 リサーチアンドソリューション

2 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 はじめに 国 家 公 務 員 の 旅 費 法 規 は 明 治 19~20 年 の 閣 令 に 始 まり 1950 年 に 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) として 制 定 され 数 次 にわたる 改 訂 を 経 て 今 日 に 至 っている 法 律 制 定 後 50 年 以 上 が 経 過 しており 旅 費 法 制 定 時 の 社 会 環 境 と 現 在 のそれとは 余 りにも 異 なっている と 言 える 具 体 的 には 所 得 水 準 の 向 上 食 糧 事 情 や 生 活 レベルの 改 善 道 路 交 通 機 関 等 のインフラの 整 備 通 信 技 術 や IT の 進 歩 やワークスタイルの 変 化 経 済 や 交 通 のグローバル 化 などである 旅 費 法 は 常 にその 時 代 の 社 会 情 勢 社 会 環 境 に 照 らし 合 わせて 内 容 を 適 宜 変 更 していくことが 重 要 であるといえる 今 回 の 調 査 でも 今 後 導 入 予 定 の 取 組 みとして テレビ 会 議 システム 等 の 導 入 旅 費 支 給 請 求 事 務 の システム 化 と 回 答 した 企 業 が 多 数 見 受 けられ 民 間 企 業 が IT 等 を 活 用 した 旅 費 の 改 善 を 図 ろうとしてい ることがあらわれている また 見 直 しの 内 容 として 手 続 き 精 算 方 法 の 簡 素 化 が 最 も 多 い 一 方 で 手 続 き 精 算 方 法 の 厳 格 化 と 回 答 している 企 業 も 多 数 あり 民 間 企 業 の 出 張 周 辺 業 務 の 効 率 化 を 図 り つつ 旅 費 総 額 を 抑 える という 意 識 がうかがえる 民 間 企 業 は IT 等 を 活 用 した 経 費 削 減 活 動 の 中 で 支 給 水 準 の 抑 制 だけでなく 管 理 部 門 や 実 際 の 利 用 者 の 簡 便 性 利 便 性 も 視 野 に 入 れており 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 やその 運 用 方 法 を 参 考 にすることは 大 きな 意 味 があると 言 える 今 回 の 調 査 では 民 間 企 業 における 旅 費 規 程 の 現 状 の 把 握 だけでなく 過 去 の 規 程 の 見 直 しや 今 後 の 見 直 しの 方 向 性 についても 把 握 し 旅 費 法 との 対 応 状 況 を 明 らかにし 旅 費 法 の 今 後 の 有 り 方 に 活 かすべき 有 益 な 情 報 を 抽 出 することを 目 指 している

3 目 次 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 1 Ⅱ. 調 査 結 果 まとめ 3 Ⅲ. 調 査 結 果 の 詳 細 7 1 章 回 答 企 業 基 本 属 性 7 1. 回 答 企 業 基 本 属 性 1 業 種 従 業 員 数 7 2. 回 答 企 業 基 本 属 性 2 業 種 設 立 年 8 3. 回 答 企 業 基 本 属 性 3 設 立 年 従 業 員 数 8 2 章 旅 費 規 程 旅 費 業 務 の 概 要 9 1. 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 Q 旅 費 の 請 求 支 給 時 に 必 要 な 書 類 Q 旅 費 の 支 給 方 式 Q 自 宅 発 着 時 の 出 張 規 程 Q 章 国 内 出 張 の 旅 費 規 程 国 内 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 Q 精 算 時 に 証 拠 書 類 が 必 要 な 費 用 項 目 Q 特 急 ( 新 幹 線 含 む)または 航 空 機 の 利 用 基 準 Q 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 の 定 義 ( 距 離 時 間 による) Q10 18 (1) 日 帰 り 出 張 18 (2) 宿 泊 を 伴 う 出 張 出 張 の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 Q 国 内 日 当 21 (1) 職 階 区 分 数 Q12 21 (2) 地 域 区 分 数 Q 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 交 通 費 ( 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 )の 支 給 方 式 Q 国 内 宿 泊 料 24 (1) 職 階 区 分 数 Q15 24 (2) 地 域 区 分 数 Q 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 Q 国 内 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 Q 章 海 外 出 張 の 旅 費 規 程 海 外 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 Q 精 算 時 に 証 拠 書 類 が 必 要 な 費 用 項 目 Q 海 外 出 張 における 航 空 機 利 用 の 座 席 基 準 Q 海 外 日 当 32 (1) 職 階 区 分 数 Q21 32 (2) 地 域 区 分 数 Q 海 外 宿 泊 料 34 (1) 職 階 区 分 数 Q23 34 (2) 地 域 区 分 数 Q 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 Q 海 外 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 Q26 37

4 8. 海 外 出 張 の 支 度 金 38 (1) 支 給 方 式 Q27 38 (2) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q 章 国 内 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 国 内 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 40 (1) 支 給 方 式 Q29 40 (2) 支 給 状 況 ( 上 限 付 実 費 定 額 支 給 の 場 合 ) Q30 41 (3) 職 階 区 分 数 Q31 42 (4) 移 転 距 離 区 分 数 Q32 42 (5) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 ) Q 章 海 外 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 海 外 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 46 (1) 支 給 方 式 Q35 46 (2) 支 給 状 況 ( 上 限 付 実 費 定 額 支 給 の 場 合 ) Q36 47 (3) 職 階 区 分 数 Q37 48 (4) 移 転 距 離 区 分 数 Q38 48 (5) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 ) Q 海 外 移 転 時 の 準 備 費 用 52 (1) 支 給 状 況 Q41 52 (2) 準 備 費 用 に 含 まれる 費 用 項 目 Q 海 外 赴 任 地 における 一 時 帰 国 ( 休 暇 帰 国 )の 際 の 旅 費 規 程 54 (1) 海 外 赴 任 地 における 一 時 帰 国 ( 休 暇 帰 国 )の 際 の 旅 費 規 程 Q43 54 (2) 出 張 時 旅 費 に 対 し 制 限 支 給 する 場 合 の 費 用 項 目 Q43の 章 旅 費 規 程 見 直 し 旅 費 節 約 事 務 合 理 化 への 取 組 み 状 況 過 去 5 年 間 あるいは 今 後 見 直 しを 図 る 旅 費 規 程 の 内 容 Q 過 去 5 年 間 あるいは 今 後 導 入 予 定 の 旅 費 業 務 の 効 率 化 に 向 けた 取 組 み 内 容 Q 章 補 足 調 査 結 果 58 付 属 資 料 :アンケート 調 査 票 集 計 表 自 由 回 答 集 63 1.アンケート 調 査 票 集 計 表 自 由 回 答 集 98

5 Ⅰ. 調 査 実 施 概 要 (1) 調 査 件 名 : 民 間 企 業 の 旅 費 に 関 する 実 態 調 査 (2) 調 査 目 的 : 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 の 実 態 を 把 握 し 国 家 公 務 員 等 の 旅 費 に 関 する 法 律 ( 以 下 旅 費 法 ) の 改 訂 に 資 する 情 報 を 得 ることを 目 的 とする (3) 調 査 対 象 : 上 場 企 業 その 他 未 上 場 有 力 企 業 (4) 調 査 方 法 : 質 問 紙 送 付 自 記 入 返 送 調 査 (5) 調 査 対 象 数 :3,500 社 (6) 回 収 数 :540 社 ( 回 収 率 :15.4%) (7) 調 査 範 囲 : 国 内 出 張 海 外 出 張 国 内 移 転 海 外 移 転 (8) 調 査 項 目 : 1 回 答 企 業 の 概 要 企 業 属 性 ( 業 種 従 業 員 規 模 設 立 年 ) 2 旅 費 規 程 の 概 要 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 旅 費 の 請 求 支 給 時 に 必 要 な 書 類 旅 費 の 支 給 方 式 ( 国 内 出 張 海 外 出 張 国 内 移 転 海 外 移 転 ) 自 宅 発 着 時 の 出 張 規 程 3 国 内 出 張 の 旅 費 規 程 国 内 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 旅 費 精 算 に 証 拠 書 類 を 必 要 する 費 用 項 目 ( 鉄 道 運 賃 航 空 運 賃 船 賃 バス 代 タクシー 運 賃 ハイヤー 運 賃 レンタカー 代 金 宿 泊 料 日 当 食 卓 費 死 亡 手 当 等 ) 計 11 項 目 特 急 ( 新 幹 線 含 む)または 航 空 機 の 利 用 基 準 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 の 定 義 ( 日 帰 り 出 張 宿 泊 を 伴 う 出 張 ) 出 張 の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 方 法 国 内 日 当 ( 職 階 区 分 数 地 域 区 分 数 ) 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 交 通 費 ( 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 )の 支 給 方 式 国 内 宿 泊 料 ( 職 階 区 分 数 地 域 区 分 数 ) 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 国 内 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 ( 昼 食 夕 食 朝 食 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 通 信 費 会 食 代 残 業 代 ) 計 7 項 目 4 海 外 出 張 の 旅 費 規 程 海 外 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 旅 費 精 算 に 証 拠 書 類 を 必 要 する 費 用 項 目 ( 鉄 道 運 賃 航 空 運 賃 船 賃 バス 代 タクシー 運 賃 ハイヤー 運 賃 レンタカー 代 金 宿 泊 料 日 当 食 卓 費 死 亡 手 当 等 ) 計 11 項 目 海 外 出 張 における 航 空 機 の 利 用 基 準 ( 一 般 社 員 係 長 クラス 課 長 代 理 クラス 課 長 クラス 次 長 クラス 部 長 クラス 役 員 クラス) 計 7クラス 海 外 日 当 ( 職 階 区 分 数 地 域 区 分 数 ) 海 外 宿 泊 料 ( 職 階 区 分 数 地 域 区 分 数 ) 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 海 外 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 ( 昼 食 夕 食 朝 食 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 通 信 費 会 食 代 残 業 代 ) 計 7 項 目 海 外 出 張 の 支 度 金 ( 支 給 方 式 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 ) 5 国 内 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 国 内 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 ( 支 給 方 式 支 給 状 況 職 階 区 分 数 移 転 距 離 区 分 数 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 ) 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 ) - 1 -

6 6 海 外 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 海 外 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 ( 支 給 方 式 支 給 状 況 職 階 区 分 数 移 転 距 離 区 分 数 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 ) 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 ) 海 外 移 転 時 の 準 備 費 用 ( 支 給 状 況 準 備 費 用 に 含 まれる 費 用 項 目 ) 海 外 赴 任 地 における 一 時 帰 国 ( 休 暇 帰 国 )の 際 の 旅 費 規 程 ( 旅 費 規 程 出 張 時 旅 費 に 対 し 制 限 支 給 する 費 用 項 目 ) 7 旅 費 規 程 見 直 し 旅 費 節 約 事 務 合 理 化 への 取 組 み 状 況 過 去 5 年 間 あるいは 今 後 見 直 しを 図 る 旅 費 規 程 の 内 容 過 去 5 年 間 あるいは 今 後 導 入 予 定 の 旅 費 業 務 の 効 率 化 に 向 けた 取 組 み 内 容 - 2 -

7 Ⅱ. 調 査 結 果 まとめ (1) 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 見 直 しの 背 景 の 考 察 < 内 部 要 因 > 会 社 全 体 の 利 益 確 保 ( 経 費 削 減 ) 効 率 性 の 追 求 出 張 旅 費 の 総 額 抑 制 出 張 回 数 出 張 人 数 の 抑 制 ( 必 要 重 要 な 出 張 とそれ 以 外 の 出 張 の 選 別 = 費 用 対 効 果 の 視 点 ) 現 場 の 上 長 に 事 前 承 認 の 権 限 を 委 譲 ( 出 張 の 効 率 化 を 厳 格 に 管 理 ) 日 当 や 食 事 費 等 の 支 給 根 拠 の 形 骸 化 実 態 にそぐわない 費 目 の 廃 止 旅 費 精 算 事 務 の 軽 減 化 管 理 部 門 の 効 率 化 経 理 担 当 者 や 旅 行 者 本 人 の 手 続 き 簡 素 化 (IT 化 による 業 務 効 率 化 の 浸 透 ) < 外 部 要 因 > 正 規 運 賃 料 金 以 外 の 各 種 割 引 運 賃 制 度 の 拡 大 一 律 支 給 による 不 公 平 感 の 発 生 とその 払 拭 に 実 費 支 給 がより 公 平 性 を 持 つ 旅 行 発 券 精 算 サービスのアウトソーサーの 台 頭 従 来 の 旅 費 規 程 と 旅 費 実 費 と 格 差 の 拡 大 過 去 に 旅 費 規 程 の 見 直 しを 実 施 した 企 業 =8 割 強 逆 に 大 幅 な 見 直 しを 実 施 していない 企 業 は 少 数 (18.0%)にすぎない - 3 -

8 (2) 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 の 見 直 しの 状 況 平 成 23 年 度 調 査 での 旅 費 規 程 の 見 直 し 内 容 で 1 割 以 上 の 企 業 が 実 施 している 内 容 は 右 の 9 項 目 ( 下 記 の 表 を 参 照 ) この 9 項 目 は 過 去 の 調 査 でも 上 位 になって いるものもあり 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 の 見 直 しの 核 となっている 手 続 き 精 算 方 法 の 簡 素 化 手 続 き 精 算 方 法 の 厳 格 化 出 張 事 前 承 認 承 認 の 簡 素 化 出 張 事 前 承 認 承 認 の 厳 格 化 距 離 区 分 地 域 区 分 の 見 直 し 職 階 区 分 の 見 直 し ディスカウント チケット 等 の 利 用 日 当 の 引 き 下 げ 宿 泊 料 の 実 費 支 給 化 平 成 23 年 度 調 査 平 成 20 年 度 調 査 平 成 19 年 度 調 査 1. 手 続 き 精 算 方 法 の 簡 素 化 25.0%(135 社 ) 14.1%(74 社 ) 10.7%(56 社 ) 2.ディスカウント チケット 等 の 利 用 19.3%(104 社 ) 3. 手 続 き 精 算 方 法 の 厳 格 化 17.6%( 95 社 ) 14.1%(74 社 ) 10.7%(56 社 ) 4. 距 離 区 分 地 域 区 分 の 見 直 し 17.0%( 92 社 ) 15.1%(79 社 ) 12.9%(67 社 ) 5. 出 張 事 前 承 認 承 認 の 厳 格 化 15.9%( 86 社 ) 11.9%(62 社 ) 9.0%(47 社 ) 6. 日 当 の 引 き 下 げ 15.4%( 83 社 ) 14.9%(78 社 ) 10.0%(52 社 ) 7. 職 階 区 分 の 見 直 し 14.6%( 79 社 ) 18.2%(95 社 ) 14.0%(73 社 ) 8. 宿 泊 料 の 実 費 支 給 化 14.6%( 79 社 ) 8.0%(42 社 ) 6.5%(34 社 ) 9. 出 張 事 前 承 認 承 認 の 簡 素 化 10.6%( 57 社 ) <540 社 中 > <523 社 中 > <521 社 中 > 網 掛 けは 1 割 以 上 見 直 しされた 項 目 - 4 -

9 (3) 民 間 企 業 の 旅 費 規 程 の 見 直 し 方 向 性 の 分 析 今 後 の 旅 費 規 程 の 見 直 しの 方 向 性 を 企 業 の 過 去 5 年 間 の 見 直 しおよび 今 後 の 予 定 ( 調 査 結 果 )から 整 理 する = 今 後 の 旅 費 規 程 見 直 しの 方 向 性 = 1) 区 分 の 見 直 し 簡 略 化 < 見 直 しの 対 象 > 職 階 区 分 : 国 内 のグリーン 料 金 ( 新 幹 線 在 来 線 ) 航 空 機 の 特 別 座 席 料 金 (クラス J 等 ) 海 外 の 航 空 機 料 金 (ビジネスクラス ファーストクラス) 一 等 車 ( 鉄 道 ) 料 金 特 別 室 ( 船 舶 ) 料 金 は 部 長 クラス 以 下 と 役 員 以 上 で 大 きな 差 がある 距 離 区 分 : 日 帰 り 出 張 は 距 離 による 規 程 (100km 以 上 )が 目 立 つが 宿 泊 出 張 は 距 離 の 規 程 をしてない 企 業 が 多 い 上 長 の 許 可 による 出 張 の 必 要 性 が 重 視 され 事 務 手 続 きも 簡 略 化 される 傾 向 にある 2) 日 当 の 見 直 し 効 率 化 < 見 直 しの 対 象 > 日 当 の 引 き 下 げ: 過 去 5 年 間 の 旅 費 規 程 の 見 直 しで 15.4%(83 社 /540 社 )の 企 業 が 日 当 の 引 き 下 げを 6.1% (33 社 /540 社 )の 企 業 が 日 当 の 廃 止 をそれぞれ 行 った もしくは 今 後 予 定 している 日 当 は 企 業 の 旅 費 コスト 管 理 の 中 核 になると 思 われる 3) 定 額 支 給 から 実 費 支 給 へ 透 明 性 コスト 管 理 < 見 直 しの 対 象 > 宿 泊 料 の 実 費 化 : 過 去 5 年 間 の 旅 費 規 程 の 見 直 しで 14.6%(79 社 /540 社 )の 企 業 が 宿 泊 料 の 実 費 への 切 り 替 え を 行 った もしくは 今 後 予 定 しており 宿 泊 料 の 定 額 支 給 の 見 直 しは 続 くと 思 われる 4) 出 張 の 事 前 承 認 許 諾 の 厳 格 化 < 見 直 しの 対 象 > 出 張 全 般 :15.9%(86 社 /540 社 )の 企 業 が 出 張 の 事 前 承 認 許 諾 の 厳 格 化 を 予 定 している 特 に 宿 泊 を 伴 う 出 張 では 出 張 の 規 程 はしていないが 上 長 の 承 認 出 張 そのものの 必 要 性 が 問 われるケースが 増 加 し ており 今 後 もこの 傾 向 が 続 くと 思 われる 5) 個 人 による 規 程 範 囲 内 自 由 選 択 事 務 効 率 化 < 見 直 しの 対 象 > コーポレートカードの 利 用 :21.5%(116 社 /540 社 )の 企 業 がコーポレートカードでの 旅 費 の 支 払 いを 認 めてい る コーポレートカードの 利 用 は 従 来 の 旅 費 精 算 等 に 係 わる 事 務 コストの 削 減 に 繋 がることから 今 後 も 増 加 すると 考 えられる - 5 -

10 (4) 出 張 が 実 施 されるまでの 経 費 削 減 施 策 旅 費 費 用 精 算 手 続 きの 軽 減 施 策 経 費 としての 旅 費 項 目 名 民 間 企 業 の 旅 費 の 実 態 出 張 が 実 施 されるまでの 経 費 削 減 施 策 旅 費 費 用 精 算 手 続 きの 軽 減 施 策 出 張 件 数 の 削 減 ( 必 要 な 出 張 のみを 実 施 ) 事 前 承 認 厳 格 化 TV 会 議 システムの 導 入 出 張 内 容 の 短 縮 小 規 模 化 宿 泊 出 張 日 帰 り 出 張 複 数 出 張 最 小 限 の 人 数 各 種 割 引 運 賃 やパック 商 品 の 積 極 利 用 コーポレートカードの 利 用 旅 行 代 理 店 との 契 約 マイレージの 会 社 での 管 理 - 6 -

11 Ⅲ. 調 査 結 果 の 詳 細 1 章 回 答 企 業 基 本 属 性 1. 回 答 企 業 基 本 属 性 1 業 種 従 業 員 数 業 種 従 業 員 数 (%) 回 答 社 数 1~ 100~ 300~ 500~ 800~ 1000~ 3000 人 ( 社 ) 無 回 答 99 人 299 人 499 人 799 人 999 人 2999 人 以 上 農 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 林 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 漁 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 鉱 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 建 設 業 38 8% 13% 13% 13% 3% 26% 16% 8% 製 造 業 177 5% 16% 15% 13% 3% 22% 21% 5% 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 9 11% 11% 0% 0% 0% 11% 67% 0% 情 報 通 信 業 35 23% 23% 11% 11% 3% 20% 6% 3% 運 輸 業 26 12% 8% 0% 8% 12% 23% 35% 4% 卸 売 小 売 業 % 28% 10% 8% 6% 20% 14% 2% 金 融 保 険 業 31 16% 6% 10% 0% 6% 42% 19% 0% 不 動 産 業 11 27% 18% 0% 18% 9% 9% 9% 9% 飲 食 店 宿 泊 業 8 13% 25% 13% 0% 0% 25% 25% 0% 医 療 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 福 祉 2 0% 0% 0% 0% 0% 50% 50% 0% 教 育 学 習 支 援 業 4 25% 50% 25% 0% 0% 0% 0% 0% サービス 業 59 15% 15% 17% 17% 7% 17% 12% 0% その 他 17 29% 35% 12% 12% 0% 0% 6% 6% 無 回 答 18 17% 17% 0% 11% 0% 22% 11% 22% その 他 の 具 体 的 回 答 持 株 会 社 (4 社 ) 建 設 コンサルタント 業 (2 社 ) 倉 庫 業 (2 社 ) 情 報 サービス 業 (2 件 ) テレビ 放 送 物 品 賃 貸 業 海 運 業 リース 食 品 の 製 造 販 売 低 温 物 流 事 業 不 動 産 金 融 商 品 等 のサービス 業 広 告 業 - 7 -

12 2. 回 答 企 業 基 本 属 性 2 業 種 設 立 年 業 種 設 立 年 (%) 回 答 社 数 1944 年 1945~ 1955~ 1970~ 1990~ ( 社 ) 無 回 答 以 前 1954 年 1969 年 1989 年 2011 年 農 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 林 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 漁 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 鉱 業 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 建 設 業 38 39% 26% 16% 11% 5% 3% 製 造 業 % 25% 20% 10% 3% 4% 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 9 11% 56% 22% 11% 0% 0% 情 報 通 信 業 35 3% 0% 26% 37% 34% 0% 運 輸 業 26 42% 19% 15% 19% 4% 0% 卸 売 小 売 業 % 33% 15% 22% 16% 2% 金 融 保 険 業 31 61% 6% 16% 10% 6% 0% 不 動 産 業 11 27% 9% 27% 18% 18% 0% 飲 食 店 宿 泊 業 8 0% 0% 13% 63% 25% 0% 医 療 0 0% 0% 0% 0% 0% 0% 福 祉 2 0% 0% 50% 50% 0% 0% 教 育 学 習 支 援 業 4 0% 0% 0% 75% 25% 0% サービス 業 59 5% 19% 27% 31% 19% 0% その 他 17 12% 18% 24% 29% 18% 0% 無 回 答 18 17% 22% 6% 11% 22% 22% 3. 回 答 企 業 基 本 属 性 3 設 立 年 従 業 員 数 設 立 年 従 業 員 数 (%) 回 答 社 数 100~ 300~ 500~ 800~ 1000~ 3000 人 ( 社 ) 1~99 人 無 回 答 299 人 499 人 799 人 999 人 2999 人 以 上 1944 年 以 前 137 4% 11% 9% 12% 4% 31% 26% 3% 1945~1954 年 121 2% 20% 12% 16% 7% 21% 20% 2% 1955~1969 年 % 20% 14% 10% 5% 27% 11% 1% 1970~1989 年 % 25% 19% 9% 3% 8% 15% 2% 1990~2011 年 63 37% 21% 5% 6% 2% 16% 14% 0% 無 回 答 14 0% 0% 0% 0% 0% 7% 0% 93% - 8 -

13 2 章 旅 費 規 程 旅 費 業 務 の 概 要 1. 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 Q4 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 基 準 は 経 済 的 かつ 一 般 的 な 経 路 であるか が 全 体 の 58.7%を 占 め 次 い で 経 済 的 または 一 般 的 な 経 路 であるか が 15.4%である 図 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 に 当 たる 判 断 基 準 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 経 済 的 な 経 路 であるか 13.1% 一 般 的 な 経 路 であるか 5.2% 経 済 的 または 一 般 的 な 経 路 であるか 15.4% 経 済 的 かつ 一 般 的 な 経 路 であるか 58.7% 経 済 性 や 一 般 性 以 外 で 判 断 0.6% 特 段 判 断 基 準 はない( 実 際 の 行 程 による 等 ) 6.5% 無 回 答 0.6% N=540 図 出 張 経 路 及 び 方 法 の 選 定 に 当 たる 判 断 基 準 ( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 経 済 的 な 経 路 であるか 一 般 的 な 経 路 であるか 経 済 的 または 一 般 的 な 経 路 であるか 経 済 的 かつ 一 般 的 な 経 路 であるか 経 済 性 や 一 般 性 以 外 で 判 断 特 段 判 断 基 準 はない( 実 際 の 行 程 による 等 ) 無 回 答 - 9 -

14 2. 旅 費 の 請 求 支 給 時 に 必 要 な 書 類 Q5 旅 費 の 請 求 や 支 給 等 にあたって 必 要 となる 書 類 として 旅 費 請 求 書 が 76.3%を 占 め 次 いで 出 張 伺 出 張 計 画 書 が 48.0%である 図 旅 費 の 請 求 や 支 給 時 に 必 要 な 書 類 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 出 張 伺 出 張 計 画 書 48.0% 出 張 命 令 書 旅 行 命 令 簿 18.5% 旅 費 請 求 書 76.3% 旅 行 日 程 表 行 程 表 その 他 17.0% 16.7% 必 要 書 類 様 式 を 定 めていない 無 回 答 2.2% 0.7% N=540 自 由 回 答 Q5 旅 費 の 請 求 や 支 給 等 に 当 たって どのような 書 類 が 必 要 となりますか その 他 の 具 体 的 回 答 領 収 書 (ホテル タクシーなど 各 交 通 機 関 )(22 件 ) 出 張 費 ( 旅 費 ) 精 算 書 支 払 仕 分 伝 票 (20 件 ) 出 張 報 告 書 (17 件 ) 出 張 申 請 書 出 張 届 (10 件 ) 出 張 稟 議 書 (6 件 ) 外 出 許 可 申 請 書 ( 車 輌 使 用 時 ) 海 外 出 張 は 出 張 行 程 一 覧 表 と 支 出 明 細 書 が 必 要 旅 行 日 程 表 行 程 表 を 合 わせたもの

15 3. 旅 費 の 支 給 方 式 Q6 旅 費 の 支 給 方 式 は 国 内 海 外 出 張 国 内 海 外 移 転 ともに 実 費 支 給 が 最 も 多 い 図 旅 費 の 支 給 方 法 ( 実 費 支 給 か あるいは 定 額 支 給 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 国 内 出 張 (N=540) 79.6% 4.8% 15.6% 0.0% 海 外 出 張 (N=540) 77.6% 3.5% 14.8% 4.1% 国 内 移 転 (N=540) 64.4% 9.8% 13.7% 12.0% 海 外 移 転 (N=540) 56.5% 6.5% 17.2% 19.8% 実 費 支 給 定 額 支 給 その 他 無 回 答 自 由 回 答 Q6 旅 費 の 支 給 は 実 費 支 給 ですか あるいは 定 額 支 給 ですか その 他 の 具 体 的 回 答 (1) 国 内 出 張 実 費 と 定 額 を 併 用 (87 件 ) 出 張 前 に 仮 払 金 拠 出 するパターンとそうでない 実 費 事 前 にチケットを 渡 す 定 額 支 給 を 基 本 にしてやむを 得 ない 場 合 は 実 費 (2) 海 外 出 張 実 費 と 定 額 を 併 用 (73 件 ) 事 前 にチケットを 渡 す 個 別 協 議 定 額 支 給 を 基 本 にしてやむを 得 ない 場 合 は 実 費 (3) 国 内 移 転 実 費 と 定 額 を 併 用 (65 件 ) 定 額 支 給 を 基 本 にしてやむを 得 ない 場 合 は 実 費 (4) 海 外 移 転 実 費 と 定 額 を 併 用 (52 件 ) 航 空 券 支 給 定 額 支 給 を 基 本 にしてやむを 得 ない 場 合 は 実 費

16 4. 自 宅 発 着 時 の 出 張 規 程 Q7 自 宅 発 着 時 の 出 張 旅 費 の 支 給 状 況 は 自 宅 発 着 を 認 め 通 勤 定 期 区 間 分 を 控 除 した 実 費 額 を 支 給 す る が 全 体 の 63.7%を 占 め 次 いで 自 宅 発 着 を 認 め 実 費 額 を 支 給 する が 22.4%である 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 自 宅 発 着 の 出 張 における 旅 費 の 取 扱 いについて 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 自 宅 発 着 を 認 め 実 費 支 給 22.4% 自 宅 発 着 を 認 め 通 勤 定 期 分 を 控 除 して 実 費 支 給 63.7% 自 宅 発 着 を 認 め 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 上 限 として 実 費 支 給 自 宅 発 着 を 認 め 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 上 限 として 通 勤 定 期 分 を 控 除 して 実 費 支 給 自 宅 発 着 は 認 めず 常 に 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 支 給 その 他 無 回 答 2.6% 4.6% 4.3% 1.9% 0.6% N=540 図 自 宅 発 着 の 出 張 における 旅 費 の 取 扱 いについて( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 自 宅 発 着 を 認 め 実 費 支 給 自 宅 発 着 を 認 め 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 上 限 として 実 費 支 給 自 宅 発 着 は 認 めず 常 に 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 支 給 自 宅 発 着 を 認 め 通 勤 定 期 分 を 控 除 して 実 費 支 給 自 宅 発 着 を 認 め 勤 務 地 発 着 の 旅 費 額 を 上 限 として 通 勤 定 期 分 を 控 除 して 実 費 支 給 その 他 無 回 答

17 自 由 回 答 Q7 自 宅 発 着 の 出 張 における 旅 費 をどのように 取 扱 っていますか その 他 の 具 体 的 回 答 自 宅 発 着 を 認 める 規 定 はないが 禁 止 する 規 定 もない (2 件 ) 勤 務 先 発 着 を 原 則 ただし 特 別 な 事 情 ( 時 間 的 に 困 難 )により 所 属 長 に 承 認 を 受 けた 場 合 は 自 宅 から の 発 着 を 認 める 宿 泊 出 張 の 場 合 は 勤 務 地 発 着 の 実 費 額 を 支 給 する ターミナル 駅 空 港 発 着 の 旅 費 額 を 支 給 する 行 き 先 により 対 応 している

18 3 章 国 内 出 張 の 旅 費 規 程 1. 国 内 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 Q8 国 内 出 張 に 含 まれる 旅 費 の 支 給 項 目 として 鉄 道 運 賃 航 空 運 賃 船 賃 バス 代 タクシー 運 賃 においては 90% 以 上 と 多 くの 企 業 が 実 費 支 給 としている その 他 ハイヤー 運 賃 レンタカー 代 金 運 送 費 荷 造 費 についても 実 費 支 給 とする 企 業 が 最 も 多 い 宿 泊 料 日 当 については 定 額 支 給 とする 企 業 が 最 も 多 い 図 国 内 出 張 における 旅 費 の 支 給 項 目 及 び 支 給 方 法 0% 20% 40% 60% 80% 100% 鉄 道 運 賃 航 空 運 賃 船 賃 バス 代 タクシー 運 賃 ハイヤー 運 賃 レンタカー 代 金 0.0% 94.6% 0.4% 3.9% 1.1% 0.4% 0.4% 94.4% 3.9% 0.9% 0.0% 1.3% 91.9% 4.1% 2.8% 0.0% 0.4% 97.6% 0.6% 1.5% 0.0% 2.0% 95.7% 0.7% 1.5% 0.0% 36.7% 57.8% 0.6% 0.0% 5.0% 12.2% 83.5% 0.7% 3.5% 宿 泊 料 日 当 食 卓 費 運 送 費 荷 造 り 費 支 度 金 死 亡 手 当 0.0% 3.9% 8.0% 24.8% 26.1% 46.7% 2.4% 2.0% 84.4% 1.7% 2.8% 78.0% 2.8% 14.3% 1.5% 2.2% 36.7% 54.6% 4.4% 2.8% 1.5% 68.7% 3.5% 2.8% 22.8% 3.5% 43.7% 19.6% 18.5% 15.4% 支 給 していない 実 費 支 給 上 限 付 実 費 支 給 定 額 支 給 無 回 答

19 2. 精 算 時 に 証 拠 書 類 が 必 要 な 費 用 項 目 Q8 旅 費 精 算 の 際 に 証 拠 書 類 の 提 出 が 求 められる 費 用 として タクシー 運 賃 92.6% レンタカー 代 金 80.6% 航 空 運 賃 73.1% 船 賃 63.0%などが 挙 げられる 図 精 算 時 に 必 要 とされる 証 拠 資 料 ( 領 収 書 請 求 書 等 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 鉄 道 運 賃 40.9% 48.5% 10.6% 航 空 運 賃 73.1% 19.6% 7.2% 船 賃 63.0% 25.7% 11.3% バス 代 21.3% 67.0% 11.7% タクシー 運 賃 92.6% 1.1% 6.3% ハイヤー 運 賃 56.5% 1.1% 42.4% レンタカー 代 金 80.6% 1.1% 18.3% 宿 泊 料 57.2% 30.4% 12.4% 日 当 7.6% 61.1% 31.3% 食 卓 費 5.6% 15.2% 79.3% 運 送 費 荷 造 り 費 54.3% 1.7% 44.1% 支 度 金 5.2% 17.2% 77.6% 死 亡 手 当 21.3% 8.1% 70.6% 必 要 不 要 無 回 答

20 3. 特 急 ( 新 幹 線 含 む)または 航 空 機 の 利 用 基 準 Q9 特 急 航 空 機 の 利 用 に 対 する 基 準 の 有 無 については 両 方 ともに 定 めていない とする 企 業 が 多 く 特 急 利 用 においては 次 いで 距 離 で 規 定 によるものが 多 い 図 特 急 ( 新 幹 線 含 む)または 航 空 機 の 利 用 基 準 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0.4% 特 急 ( 新 幹 線 含 む) (N=540) 25.9% 0.4% 4.6% 12.6% 54.4% 1.1% 0.6% 0.9% 0.9% 航 空 機 (N=540) 8.3% 5.0% 25.2% 53.3% 5.9% 0.4% 距 離 で 規 定 時 間 で 規 定 距 離 または 時 間 で 規 定 距 離 かつ 時 間 で 規 定 職 階 により 異 なる その 他 定 めていない 無 回 答 基 準 内 容 特 急 件 数 平 均 最 大 最 小 距 離 で 規 定 138 件 107.5km 以 上 500km 以 上 50km 以 上 時 間 で 規 定 1 件 2 時 間 以 上 2 時 間 以 上 2 時 間 以 上 距 離 または 時 間 で 規 定 2 件 100.0km 以 上 または 2.5 時 間 以 上 100km 以 上 または 3 時 間 以 上 100km 以 上 または 2 時 間 以 上 距 離 かつ 時 間 で 規 定 3 件 166.7km 以 上 かつ 3.3 時 間 以 上 200km 以 上 かつ 6 時 間 以 上 100km 以 上 かつ 1 時 間 以 上 航 空 機 件 数 平 均 最 大 最 小 距 離 で 規 定 41 件 403.7km 以 上 1000km 以 上 50km 以 上 時 間 で 規 定 6 件 4.8 時 間 以 上 6 時 間 以 上 4 時 間 以 上 距 離 または 時 間 で 規 定 2 件 350.0km 以 上 または 4.0 時 間 以 上 600km 以 上 または 5 時 間 以 上 100km 以 上 または 3 時 間 以 上 距 離 かつ 時 間 で 規 定 3 件 166.7km 以 上 かつ 3.3 時 間 以 上 200km 以 上 かつ 6 時 間 以 上 100km 以 上 かつ 1 時 間 以 上 自 由 回 答 Q9 国 内 出 張 における 特 急 ( 新 幹 線 含 む)または 航 空 機 の 利 用 に 際 して 何 か 利 用 基 準 を 定 めています か その 他 の 具 体 的 回 答 (1) 特 急 ( 新 幹 線 含 む) 上 長 の 承 認 による(18 件 ) 合 理 的 事 由 による(14 件 )

21 業 務 の 必 要 に 応 じて 緊 急 を 要 する 時 (12 件 ) 常 識 的 判 断 (4 件 ) 県 外 を 越 え 近 距 離 以 外 (3 件 ) 新 幹 線 線 路 は 原 則 新 幹 線 を 利 用 (2 件 ) 利 便 性 東 阪 移 動 は 新 幹 線 利 用 片 道 50km 以 上 でかつ 20 分 以 上 短 縮 できる 場 合 原 則 1H 以 上 但 し 自 由 席 50km 以 上 特 急 70km 以 上 新 幹 線 東 京 熊 谷 間 は 新 幹 線 認 めない 座 席 指 定 は 100km 以 上 総 距 離 100km 以 上 であればその 区 間 一 部 利 用 可 能 1 距 離 で 規 定 の 補 足 記 述 片 道 のみ(2 件 ) 一 部 特 例 区 間 新 幹 線 は 100km 以 上 但 し 500km 未 満 でも 上 長 承 認 で 可 5 職 階 により 異 なる の 補 足 記 述 シートの 等 級 グリーン 車 は 取 締 役 役 員 以 上 (5 件 ) 7 定 めていない の 補 足 記 述 良 識 のある 使 用 程 度 の 文 言 で 規 定 個 別 承 認 おおむね 2 時 間 以 上 (2) 航 空 機 上 長 の 承 認 による(22 件 ) 必 要 に 応 じて 緊 急 を 要 する 時 (10 件 ) 合 理 的 事 由 による(8 件 ) 常 識 的 判 断 (6 件 ) 業 務 スケジュール 等 の 都 合 により 個 別 対 応 利 便 性 原 則 特 例 区 間 のみ 対 象 地 域 を 指 定 隣 接 県 を 越 える 場 合 但 し 東 京 では 関 東 地 区 を 越 える 場 合 に 限 定

22 4. 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 の 定 義 ( 距 離 時 間 による) 日 帰 り 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 としては 距 離 のみ で 定 義 する 企 業 が 37.8%と 最 も 多 く 次 いで 定 めていない が 33.0%である 宿 泊 を 伴 う 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 としては 定 めていない とする 企 業 が 47.8%と 最 も 多 く 次 いで 距 離 のみ が 27.0%となっている (1) 日 帰 り 出 張 Q10 図 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 の 定 義 ( 距 離 時 間 による)( 日 帰 り 出 張 ) 0% 5% 10% 15% 20% 25% 30% 35% 40% 距 離 のみで 規 定 37.8% 時 間 のみで 規 定 距 離 または 時 間 で 規 定 距 離 かつ 時 間 で 規 定 距 離 時 間 以 外 で 規 定 5.4% 6.5% 7.8% 8.5% 定 めていない 無 回 答 1.1% 33.0% N=540 基 準 内 容 件 数 平 均 最 大 最 小 距 離 で 規 定 195 件 111.0km 以 上 500km 以 上 4km 以 上 時 間 で 規 定 29 件 4.8 時 間 以 上 10 時 間 以 上 0.5 時 間 以 上 距 離 または 時 間 で 規 定 30 件 121.5km 以 上 または 4.4 時 間 以 上 105.9km 以 上 かつ 5.6 時 間 以 上 400km 以 上 または 12 時 間 以 上 200km 以 上 かつ 11 時 間 以 上 4km 以 上 または 1.5 時 間 以 上 5km 以 上 かつ 1 時 間 以 上 距 離 かつ 時 間 で 規 定 34 件 自 由 回 答 Q10 出 張 について 定 義 ( 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 )を 定 めていますか 日 帰 り 出 張 として 定 義 づけする 基 準 の 具 体 的 回 答 特 定 の 場 所 地 域 ( 範 囲 内 )による(8 件 ) 上 司 の 判 断 承 認 (7 件 ) 業 務 や 仕 事 の 内 容 による(4 件 ) 当 日 帰 着 できるもの(3 件 ) 距 離 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 )(3 件 ) 距 離 かつ 時 間 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 (3 件 ) 時 間 と 地 域 を 併 用 (3 件 ) 日 帰 りの 場 合 は 出 張 扱 いではなく 外 出 扱 いとしている(2 件 ) 距 離 または 時 間 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 )(2 件 ) 距 離 と 地 域 を 併 用 経 常 的 な 出 張 が 多 いため 過 去 事 例 を 基 に 判 断 1 距 離 のみで 規 定 の 補 足 記 述

23 6 時 12 時 19 時 を 経 過 するごとに 出 発 日 の 午 後 出 発 または 帰 着 日 の 午 前 帰 着 の 場 合 は それぞれの 日 当 は 半 額 とする 旅 費 3 距 離 または 時 間 で 規 定 の 補 足 記 述 東 京 都 内 は 日 当 半 額 具 体 的 数 値 なし 通 常 出 張 して 当 日 中 に 帰 着 し 得 る 地 域 か 否 かで 判 断 (2) 宿 泊 を 伴 う 出 張 Q10 図 出 張 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 の 定 義 ( 距 離 時 間 による)( 宿 泊 を 伴 う 出 張 ) 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 距 離 のみで 規 定 27.0% 時 間 のみで 規 定 距 離 または 時 間 で 規 定 距 離 かつ 時 間 で 規 定 3.0% 3.9% 3.1% 距 離 時 間 以 外 で 規 定 13.7% 定 めていない 無 回 答 1.5% 47.8% N=540 基 準 内 容 件 数 平 均 最 大 最 小 距 離 で 規 定 142 件 120.8km 以 上 500km 以 上 4km 以 上 時 間 で 規 定 13 件 10.3 時 間 以 上 24 時 間 以 上 2 時 間 以 上 距 離 または 時 間 で 規 定 16 件 126.9km 以 上 または 3.2 時 間 以 上 107.9km 以 上 かつ 12.0 時 間 以 上 200km 以 上 または 12 時 間 以 上 200km 以 上 かつ 48 時 間 以 上 50km 以 上 または 2 時 間 以 上 40km 以 上 かつ 2 時 間 以 上 距 離 かつ 時 間 で 規 定 14 件 自 由 回 答 Q10 出 張 について 定 義 ( 旅 費 の 最 低 支 給 条 件 )を 定 めていますか 宿 泊 を 伴 う 出 張 として 定 義 づけする 基 準 の 具 体 的 回 答 状 況 に 応 じて 宿 泊 を 要 するもの( 当 日 中 に 帰 省 不 可 の 場 合 )(25 件 ) 上 長 の 判 断 承 認 (13 件 ) 業 務 や 仕 事 の 内 容 による(8 件 ) 特 定 の 場 所 ( 地 域 範 囲 )による(5 件 ) 距 離 と 宿 泊 を 要 するもの(5 件 ) 期 間 で 規 定 (5 件 ) 効 率 的 合 理 的 な 理 由 による(4 件 ) 距 離 または 時 間 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 )(2 件 ) 時 間 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 ) 距 離 かつ 時 間 で 規 定 ( 選 択 肢 の 内 容 以 外 ) 距 離 と 地 域 を 併 用 時 間 と 地 域 を 併 用

24 5. 出 張 の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 Q11 定 義 に 満 たない 出 張 に 係 る 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 については 交 通 費 実 費 額 のみ 支 給 が 80.6%を 占 めている 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 出 張 の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 90.0% 日 当 のみ 支 給 0.6% 交 通 費 実 費 額 のみ 支 給 80.6% 日 当 交 通 費 実 費 額 とも 支 給 8.7% 旅 費 は 支 給 しない 3.0% その 他 4.4% 無 回 答 2.8% N=540 図 出 張 の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )の 支 給 ( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 0.6 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 日 当 のみ 支 給 交 通 費 実 費 額 のみ 支 給 日 当 交 通 費 実 費 額 とも 支 給 旅 費 は 支 給 しない その 他 無 回 答 自 由 回 答 Q11 Q10に 関 連 して 出 張 ( 日 帰 り 出 張 )の 定 義 に 満 たない 外 出 にかかる 経 費 ( 交 通 費 日 当 等 )につい て どのように 取 り 扱 っていますか その 他 の 具 体 的 回 答 交 通 費 支 給 と 食 事 定 額 (2 件 ) 食 事 補 助 (2 件 ) 日 帰 り 日 当 1 宿 泊 に 対 し 1 業 務 出 張 日 当 を 支 給

25 6. 国 内 日 当 (1) 職 階 区 分 数 Q12 国 内 出 張 の 日 当 における 職 階 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 24.1%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 69.9%で その 中 でも 5 区 分 以 上 が 21.9%で 次 いで 2 区 分 17.8% 3 区 分 17.2%である 図 国 内 出 張 における 日 当 の 職 階 による 区 分 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 区 分 はない 24.1% 2 区 分 17.8% 3 区 分 17.2% 4 区 分 13.0% 5 区 分 以 上 21.9% 無 回 答 6.1% N=540 図 国 内 出 張 における 日 当 の 職 階 による 区 分 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

26 (2) 地 域 区 分 数 Q13 国 内 出 張 の 日 当 における 地 域 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 80.7%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 14.8%と 少 ない 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 国 内 出 張 における 日 当 の 地 域 による 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 90.0% 区 分 はない 80.7% 2 区 分 8.7% 3 区 分 3.5% 4 区 分 1.1% 5 区 分 以 上 無 回 答 1.5% 4.4% N=540 図 国 内 出 張 における 日 当 の 地 域 による 区 分 について( 属 性 別 ) 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 1000 人 以 上 (N=210) 1944 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

27 7. 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 交 通 費 ( 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 )の 支 給 方 式 Q14 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 の 交 通 費 の 支 給 方 法 については すべ て 実 費 支 給 とする 企 業 が 98.0%を 占 めている 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 するの 交 通 費 ( 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 )の 支 給 方 式 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% すべて 実 費 支 給 98.0% 定 額 支 給 支 給 しない その 他 無 回 答 0.2% 0.0% 1.5% 0.4% N=540 図 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 交 通 費 ( 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 )の 支 給 方 式 ( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) すべて 実 費 支 給 定 額 支 給 支 給 しない その 他 無 回 答 自 由 回 答 Q14 国 内 出 張 における 長 距 離 交 通 機 関 の 乗 車 前 後 に 利 用 する 私 鉄 や 地 下 鉄 バス 等 の 交 通 費 ( 例 : 東 京 名 古 屋 出 張 : 会 社 所 在 地 の 最 寄 駅 ~ 東 京 駅 までの 交 通 費 名 古 屋 駅 ~ 名 古 屋 市 内 の 目 的 地 までの 交 通 費 )はどの ように 支 給 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 通 勤 定 期 支 給 区 間 以 外 のみ 実 費 支 給 (3 件 ) 宿 泊 出 張 の 場 合 乗 車 区 間 が 6km 未 満 のバス 代 等 は 日 当 に 含 めているため 支 給 しない みなし 支 給 それ 以 上 かかった 場 合 は 領 収 書 等 により 支 給

28 8. 国 内 宿 泊 料 (1) 職 階 区 分 数 Q15 国 内 出 張 の 宿 泊 費 における 職 階 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 28.7%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 70.8%でその 中 でも 5 区 分 以 上 が 21.7%で 次 いで 3 区 分 が 18.9% 2 区 分 が 17.2%を 占 める 属 性 別 においても 傾 向 はほぼ 同 様 である 図 国 内 出 張 における 宿 泊 料 の 職 階 による 区 分 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 区 分 はない 28.7% 2 区 分 17.2% 3 区 分 18.9% 4 区 分 13.0% 5 区 分 以 上 21.7% 無 回 答 0.6% N=540 図 国 内 出 張 における 宿 泊 料 の 職 階 による 区 分 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

29 (2) 地 域 区 分 数 Q16 国 内 出 張 の 宿 泊 費 における 地 域 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 50.7%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 48.6%で その 中 でも 2 区 分 が 29.1% 3 区 分 が 16.1%で それ 以 上 の 区 分 を 設 けている 企 業 は 僅 かである 図 国 内 出 張 における 宿 泊 料 の 地 域 による 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 区 分 はない 50.7% 2 区 分 29.1% 3 区 分 16.1% 4 区 分 1.9% 5 区 分 以 上 1.5% 無 回 答 0.7% N=540 図 国 内 出 張 における 宿 泊 料 の 地 域 による 区 分 について( 属 性 別 ) 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 1000 人 以 上 (N=210) 1944 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

30 9. 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 Q17 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 では 規 程 上 の 金 額 を 超 えた 場 合 証 拠 書 類 で 実 費 支 給 が 28.1%を 占 め 次 いで 常 に 規 程 上 の 定 額 支 給 が 25.4% 規 定 内 であれば 実 費 支 給 が 22.8%で ある 図 国 内 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 定 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 の 処 理 方 法 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 実 費 額 を 支 給 するため 差 異 は 生 じない 17.0% 常 に 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 する 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )の 範 囲 内 である 場 合 実 費 額 を 支 給 する 原 則 として 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 するが これを 超 えた 場 合 証 拠 書 類 により 実 費 額 を 支 給 する 22.8% 25.4% 28.1% その 他 5.6% 無 回 答 1.1% N=540 図 国 内 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 定 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 の 処 理 方 法 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 実 費 額 を 支 給 するため 差 異 は 生 じない 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )の 範 囲 内 である 場 合 実 費 額 を 支 給 する その 他 常 に 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 する 原 則 として 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 するが これを 超 えた 場 合 証 拠 書 類 により 実 費 額 を 支 給 する 無 回 答

31 自 由 回 答 Q17 国 内 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 どのように 処 理 しますか その 他 の 具 体 的 回 答 実 費 支 給 ( 状 況 判 断 上 長 の 承 認 (16 件 ) 実 費 支 給 ( 規 程 限 度 )(5 件 ) 実 費 支 給 ( 証 拠 書 類 )(5 件 ) 乖 離 が 大 きい 場 合 は 実 費 支 給 とする 場 合 もある 実 費 支 給 だが 基 準 を 超 えた 場 合 差 額 を 徴 収 する 場 合 もある 2 常 に 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 する の 補 足 記 述 役 員 は 実 費 額 支 給 特 別 な 理 由 の 場 合 は 実 費 支 給 3 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )の 範 囲 内 である 場 合 実 費 額 を 支 給 する の 補 足 記 述 やむを 得 ないと 認 められる 場 合 は 超 過 分 を 支 給 理 由 書 を 必 要 とする 4 原 則 として 規 程 上 の 金 額 を 支 給 するが これを 超 えた 場 合 証 拠 書 類 により 実 費 額 を 支 給 する の 補 足 記 述 事 情 を 勘 案 し 定 額 どおりとする 場 合 もある

32 10. 国 内 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 Q18 国 内 出 張 に 伴 う 各 種 費 用 の 支 給 状 況 において 食 事 代 は 支 給 していない 日 当 に 含 んでいる の 割 合 が 高 い 別 途 支 給 ( 定 額 支 給 実 費 支 給 )の 割 合 は 僅 かである 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 は 実 費 支 給 が 96.7%を 占 める 通 信 費 と 会 食 代 は 実 費 支 給 がそれぞれ 55.0% 61.9%である 残 業 代 は 支 給 していない が 35.6% 次 いで 給 与 として 別 途 支 給 が 33.5%である 図 国 内 出 張 時 に 発 生 する 事 項 の 支 給 形 態 について 昼 食 (N=540) 夕 食 (N=540) 朝 食 (N=540) 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 (N=540) 通 信 費 ( 電 話 FAX インターネット テレホンカート 代 等 ) (N=540) 会 食 代 (N=540) 残 業 代 ( 時 間 外 手 当 ) (N=540) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 3.5% 1.1% 5.6% 2.2% 4.6% 1.7% 0.6% 0.4% 0.7% 1.1% 17.6% 43.7% 36.5% 32.4% 55.0% 61.9% 10.9% 0.4% 1.7% 11.5% 0.4% 21.7% 96.7% 0.9% 4.8% 2.0% 33.5% 0.9% 0.4% 48.3% 3.1% 1.3% 0.4% 43.0% 38.3% 35.9% 30.9% 35.6% 0.7% 0.9% 0.9% 0.2% 0.9% 1.1% 0.2% 0.4% 0.9% 1.7% 0.9% 旅 費 として 別 途 定 額 支 給 日 当 に 含 んでいる 給 与 ( 手 当 等 )として 別 途 支 給 無 回 答 旅 費 として 別 途 実 費 支 給 宿 泊 料 に 含 んでいる 支 給 していない

33 4 章 海 外 出 張 の 旅 費 規 程 1. 海 外 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 Q19 海 外 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 として 鉄 道 運 賃 航 空 運 賃 船 賃 バス 代 タクシー 運 賃 においては 90% 程 度 と 多 くの 企 業 が 実 費 支 給 としている その 他 ハイヤー 運 賃 レンタカー 代 金 宿 泊 料 運 送 費 荷 造 費 についても 実 費 支 給 とする 企 業 が 最 も 多 い 日 当 支 度 金 については 定 額 支 給 とする 企 業 が 最 も 多 い 図 海 外 旅 費 に 含 まれる 費 用 項 目 及 び 支 給 方 式 鉄 道 運 賃 (N=540) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0.2% 91.5% 1.7% 0.2% 6.5% 航 空 運 賃 (N=540) 0.7% 90.0% 0.2% 3.1% 5.9% 船 賃 (N=540) 0.9% 89.6% 0.2% 2.4% 6.9% バス 代 (N=540) 0.9% 91.9% 0.0% 0.6% 6.7% タクシー 運 賃 (N=540) 1.9% 90.9% 0.0% 0.6% 6.7% ハイヤー 運 賃 (N=540) 25.4% 65.6% 0.0% 0.2% 8.9% レンタカー 代 金 (N=540) 10.4% 80.6% 0.0% 0.4% 8.7% 宿 泊 料 (N=540) 0.4% 57.8% 14.1% 20.7% 7.0% 日 当 (N=540) 4.4% 7.6% 0.7% 80.9% 6.3% 食 卓 費 (N=540) 70.6% 2.0% 7.4% 11.5% 8.5% 運 送 費 荷 造 り 費 (N=540) 29.6% 57.6% 3.1% 1.3% 8.3% 支 度 金 (N=540) 33.3% 10.9% 2.2% 45.4% 8.1% 死 亡 手 当 (N=540) 39.6% 22.0% 1.7% 18.1% 18.5% 支 給 していない 実 費 支 給 上 限 付 実 費 支 給 定 額 支 給 無 回 答

34 2. 精 算 時 に 証 拠 書 類 が 必 要 な 費 用 項 目 Q19 旅 費 精 算 の 際 に 証 拠 書 類 の 提 出 が 求 められる 費 用 として タクシー 運 賃 81.9% 航 空 運 賃 76.7% レンタカー 代 金 75.2% 船 賃 71.9% 宿 泊 料 69.3%などが 挙 げられる 図 精 算 時 に 必 要 とされる 証 拠 資 料 ( 領 収 書 請 求 書 等 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 鉄 道 運 賃 (N=540) 55.7% 28.0% 16.3% 航 空 運 賃 (N=540) 76.7% 9.4% 13.9% 船 賃 (N=540) 71.9% 11.7% 16.5% バス 代 (N=540) 41.3% 41.3% 17.4% タクシー 運 賃 (N=540) 81.9% 2.6% 15.6% ハイヤー 運 賃 (N=540) 59.1% 2.2% 38.7% レンタカー 代 金 (N=540) 75.2% 0.9% 23.9% 宿 泊 料 (N=540) 69.3% 11.1% 19.6% 日 当 (N=540) 6.5% 52.8% 40.7% 食 卓 費 (N=540) 8.7% 12.4% 78.9% 運 送 費 荷 造 り 費 (N=540) 51.5% 1.5% 47.0% 支 度 金 (N=540) 10.4% 28.5% 61.1% 死 亡 手 当 (N=540) 20.9% 9.1% 70.0% 証 拠 書 類 必 要 証 拠 書 類 不 要 無 回 答

35 3. 海 外 出 張 における 航 空 機 利 用 の 座 席 基 準 Q20 海 外 出 張 ににおける 航 空 機 利 用 の 座 席 基 準 について 一 般 社 員 から 次 長 クラスまでは エコノミー クラス が 75% 以 上 を 占 めており 部 長 クラスも 70% 程 度 である 役 員 クラスは ファーストクラス 10.6% ビジネスクラス エグゼクティブクラス 43.0% エ コノミークラス 20.0%で 一 般 社 員 から 部 長 クラスまでと 大 きな 差 異 がある 図 海 外 出 張 における 航 空 機 利 用 時 の 役 職 ごとに 利 用 可 能 な 座 席 の 規 準 の 定 めについて て 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0.0% 4.6% 一 般 社 員 79.6% 4.1% 5.9% 5.7% 係 長 クラス 課 長 代 理 クラス 78.7% 78.1% 0.0% 4.6% 4.3% 5.9% 0.0% 6.5% 5.0% 4.6% 5.9% 6.3% 課 長 クラス 次 長 クラス 77.0% 75.6% 0.2% 5.4% 5.4% 5.9% 6.1% 0.2% 5.6% 6.3% 5.9% 6.5% 部 長 クラス 69.6% 0.2% 11.7% 5.9% 6.3% 6.3% 役 員 クラス 20.0% 43.0% 10.6% 7.8% 10.6% 8.1% エコノミークラス ヒ シ ネスクラス エク セ クティフ クラス ファーストクラス 実 費 支 給 ( 基 準 なし) その 都 度 決 定 無 回 答

36 4. 海 外 日 当 (1) 職 階 区 分 数 Q21 海 外 出 張 の 日 当 における 職 階 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 22.2%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 70.2%でその 中 でも 2 区 分 が 20.2%で 次 いで 5 区 分 以 上 が 18.9% 3 区 分 が 18.5%を 占 める 図 海 外 出 張 における 日 当 の 職 階 による 区 分 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 区 分 はない 22.2% 2 区 分 20.2% 3 区 分 18.5% 4 区 分 12.6% 5 区 分 以 上 18.9% 無 回 答 7.6% N=540 図 海 外 出 張 における 日 当 の 職 階 による 区 分 について( 職 階 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

37 (2) 地 域 区 分 数 Q22 海 外 出 張 の 日 当 における 地 域 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 52.4%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 40.0%でその 中 でも 2 区 分 が 19.1% 3 区 分 が 13.3% を 占 め それ 以 上 の 区 分 を 設 けている 企 業 は 僅 かである 図 海 外 出 張 における 日 当 の 地 域 による 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 区 分 はない 52.4% 2 区 分 19.1% 3 区 分 13.3% 4 区 分 3.5% 5 区 分 以 上 4.1% 無 回 答 7.6% N=540 図 海 外 出 張 における 日 当 の 地 域 による 区 分 について( 職 階 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

38 5. 海 外 宿 泊 料 (1) 職 階 区 分 数 Q23 海 外 出 張 の 宿 泊 費 における 職 階 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 49.8%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 44.5%で その 中 でも 2 区 分 が 14.1% 5 区 分 以 上 が 11.9% 3 区 分 が 10.7% 4 区 分 が 7.8%である 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 海 外 出 張 における 宿 泊 料 の 職 階 による 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 区 分 はない 49.8% 2 区 分 14.1% 3 区 分 10.7% 4 区 分 7.8% 5 区 分 以 上 11.9% 無 回 答 5.7% N=540 図 海 外 出 張 における 宿 泊 料 の 職 階 による 区 分 について( 職 階 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

39 (2) 地 域 区 分 数 Q24 海 外 出 張 の 宿 泊 費 における 地 域 による 区 分 の 有 無 に 関 しては 区 分 はない とする 企 業 が 65.0%を 占 めており 区 分 を 設 けている 企 業 の 割 合 は 28.7%で その 中 でも 2 区 分 が 13.5% 3 区 分 が 9.3%で それ 以 上 の 区 分 を 設 けている 企 業 は 僅 かである 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 海 外 出 張 における 宿 泊 料 の 地 域 による 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 区 分 はない 65.0% 2 区 分 13.5% 3 区 分 9.3% 4 区 分 2.6% 5 区 分 以 上 3.3% 無 回 答 6.3% N=540 図 海 外 出 張 における 宿 泊 料 の 地 域 による 区 分 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 1944 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 区 分 はない 2 区 分 3 区 分 4 区 分 5 区 分 以 上 無 回 答

40 6. 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 Q25 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 宿 泊 料 との 差 異 の 処 理 では 実 費 額 を 支 給 するため 際 は 生 じない が 47.6%を 占 め 規 程 上 の 金 額 を 超 えた 場 合 証 拠 書 類 で 実 費 支 給 が 20.4% 次 いで 規 定 内 であれば 実 費 支 給 が 14.8%となっている 図 海 外 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 の 処 理 方 法 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 実 費 額 を 支 給 するため 差 異 は 生 じない 47.6% 常 に 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 する 5.2% 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )の 範 囲 内 である 場 合 実 費 額 を 支 給 する 14.8% 原 則 として 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 するが これを 超 えた 場 合 証 拠 書 類 により 実 費 額 を 支 給 する 20.4% その 他 3.1% 無 回 答 8.9% N=540 図 海 外 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 定 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 の 処 理 方 法 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 実 費 額 を 支 給 するため 差 異 は 生 じない 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )の 範 囲 内 である 場 合 実 費 額 を 支 給 する その 他 常 に 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 する 原 則 として 規 程 上 の 金 額 ( 定 額 )を 支 給 するが これを 超 えた 場 合 証 拠 書 類 により 実 費 額 を 支 給 する 無 回 答 自 由 回 答 Q25 海 外 出 張 における 実 際 の 宿 泊 料 と 規 程 の 宿 泊 料 に 差 異 が 生 じた 場 合 どのように 処 理 しますか その 他 の 具 体 的 回 答 社 長 や 部 門 長 の 承 認 により 実 費 支 給 (5 件 ) 乖 離 がある 場 合 は 実 費 支 給

41 7. 海 外 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 Q26 海 外 出 張 に 伴 う 各 種 費 用 の 支 給 状 況 に 関 して 食 事 代 は 日 当 に 含 んでいる 宿 泊 料 に 含 んでいる の 割 合 が 50% 程 度 を 占 めており 支 給 していない が 30% 程 度 である 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 は 実 費 支 給 が 89.6% 通 信 費 は 実 費 支 給 が 65.9% 会 食 代 は 実 費 支 給 が 61.9% 残 業 代 は 支 給 していない が 36.9%である 図 海 外 出 張 における 食 事 通 信 費 等 の 支 給 状 況 昼 食 (N=540) 夕 食 (N=540) 朝 食 (N=540) 出 張 先 の 同 一 市 内 における 移 動 交 通 費 (N=540) 通 信 費 ( 電 話 FAX インターネット テレホンカート 代 等 ) (N=540) 会 食 代 (N=540) 残 業 代 ( 時 間 外 手 当 ) (N=540) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 4.8% 3.9% 6.9% 6.1% 0.9% 0.6% 0.6% 0.9% 13.7% 5.0% 4.8% 49.1% 43.1% 39.6% 61.9% 0.4% 12.0% 65.9% 89.6% 28.7% 2.0% 0.4% 0.2% 8.1% 0.2% 16.1% 33.5% 30.4% 26.9% 0.0% 1.5% 1.7% 0.2% 6.1% 0.7% 4.6% 20.0% 6.9% 1.3% 0.6% 1.9% 2.6% 25.2% 7.4% 36.9% 6.3% 6.3% 6.3% 7.4% 旅 費 として 別 途 定 額 支 給 日 当 に 含 んでいる 給 与 ( 手 当 等 )として 別 途 支 給 無 回 答 旅 費 として 別 途 実 費 支 給 宿 泊 料 に 含 んでいる 支 給 していない

42 8. 海 外 出 張 の 支 度 金 (1) 支 給 方 式 Q27 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 の 支 給 については 支 給 しない が 25.9%を 占 めており 次 いで そ の 他 が 21.7% 実 費 を 支 給 が 18.7%となっている 図 支 度 金 ( 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 )の 支 給 方 法 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 実 費 を 支 給 18.7% 職 階 により 区 分 し 支 給 13.7% 地 域 により 区 分 し 支 給 2.0% 職 階 及 び 地 域 により 支 給 3.9% 期 間 により 区 分 し 支 給 7.0% 支 給 しない 25.9% その 他 無 回 答 7.0% 21.7% N=540 図 支 度 金 ( 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 )の 支 給 方 法 について( 属 性 別 ) 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 1000 人 以 上 (N=210) 1944 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 実 費 を 支 給 職 階 により 区 分 し 支 給 地 域 により 区 分 し 支 給 職 階 及 び 地 域 により 支 給 期 間 により 区 分 し 支 給 支 給 しない その 他 無 回 答

43 自 由 回 答 Q27 支 度 金 ( 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 )をどのように 支 給 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 初 回 のみ 支 給 (43 件 ) 定 額 を 支 給 (18 件 ) 前 回 出 張 からの 時 間 経 過 による 区 分 (12 件 ) 地 域 職 階 期 間 を 併 用 支 給 (5 件 ) 職 階 及 び 期 間 を 併 用 支 給 (5 件 ) 滞 在 期 間 に 応 じて 支 給 (5 件 ) 都 度 協 議 (3 件 ) 3 年 に1 回 出 張 時 に 定 額 を 支 給 (2 件 ) 定 額 と 実 費 を 併 用 支 給 (2 件 ) 初 回 のみ 職 階 により 区 分 し 支 給 (2 件 ) パスポート 取 得 費 ビザ 取 得 費 出 入 国 費 予 防 注 射 費 外 貨 交 換 手 数 料 旅 行 障 害 保 険 等 の 費 用 (4 件 ) (2) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q28 海 外 出 張 の 準 備 のために 含 まれる 費 用 項 目 として 旅 行 用 品 購 入 費 40.0% パスポート 取 得 費 35.6% スーツケース 購 入 費 33.3%などが 挙 げられる 図 支 度 金 ( 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 )として 想 定 する 経 費 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 旅 行 用 品 購 入 費 スーツケース 購 入 費 衣 服 費 パスポート 取 得 費 ビザ 取 得 費 出 入 国 費 予 防 注 射 費 外 貨 交 換 手 数 料 旅 行 傷 害 保 険 の 費 用 医 薬 品 等 の 購 入 費 生 活 必 需 品 の 購 入 費 儀 礼 品 の 購 入 費 その 他 無 回 答 5.2% 4.4% 15.6% 13.5% 13.0% 18.3% 21.9% 21.3% 20.6% 28.1% 28.9% 33.3% 35.6% 40.0% N=540 自 由 回 答 Q28 Q27に 関 連 して 支 度 金 ( 海 外 出 張 の 準 備 のための 費 用 )について どのような 経 費 を 想 定 しています か その 他 の 具 体 的 回 答 必 要 に 応 じて 支 給 (5 件 ) 出 張 に 伴 う 諸 準 備 (4 件 ) 渡 航 手 続 費 用 (2 件 ) 用 途 は 本 人 に 委 ねている 国 際 運 転 免 許 取 得 費 用

44 5 章 国 内 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 1. 国 内 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 (1) 支 給 方 式 Q29 国 内 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 式 については 実 費 を 支 給 する が 67.6% を 占 め 高 い 割 合 となっている 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 国 内 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 法 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 実 費 を 支 給 する 67.6% 上 限 付 で 実 費 支 給 する 12.8% 定 額 を 支 給 する 支 給 しない 1.7% 5.4% その 他 9.1% 無 回 答 3.5% N=540 図 国 内 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 法 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1.7 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 1000 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 実 費 を 支 給 する 上 限 付 で 実 費 支 給 する 定 額 を 支 給 する 支 給 しない その 他 無 回 答

45 自 由 回 答 Q29 国 内 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 をどのように 支 給 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 会 社 指 定 の 運 送 業 者 を 利 用 し 会 社 負 担 (8 件 ) 全 て 会 社 請 求 (6 社 ) 実 費 を 会 社 が 負 担 (5 件 ) 相 見 積 の 上 安 価 な 方 の 実 費 を 支 給 (3 社 ) 事 前 に 見 積 書 を 提 出 し 承 認 を 受 けた 実 費 (2 社 ) 実 費 + 別 途 定 額 支 給 (2 社 ) 会 社 の 承 認 により 支 給 (2 件 ) (2) 支 給 方 法 ( 上 限 付 実 費 定 額 支 給 の 場 合 ) Q30 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 として 定 めている 場 合 の 支 給 方 法 は 家 族 構 成 により 区 分 が 55.1% を 占 めており 次 いで 職 階 により 区 分 が 23.5% 全 役 員 全 社 員 一 律 が 21.4%となっている 図 上 限 額 又 は 定 額 として 定 める 区 分 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 職 階 により 区 分 23.5% 移 転 距 離 により 区 分 18.4% 家 族 構 成 により 区 分 55.1% 全 役 員 全 社 員 一 律 21.4% その 他 12.2% 無 回 答 2.0% N=98 自 由 回 答 Q30 Q29で 上 限 付 きで 実 費 支 給 または 定 額 支 給 の 場 合 上 限 額 又 は 定 額 は どのように 定 められていま すか その 他 の 具 体 的 回 答 給 与 ( 本 給 基 本 給 )に 乗 じた 額 (4 件 ) 運 送 の 容 積 容 量 内 容 による(2 件 ) 運 送 会 社 見 積 書 を 提 出 し 承 認 を 受 けた 額 (2 件 ) 区 分 はないが 移 転 距 離 と 家 族 構 成 により 判 断 (2 件 )

46 (3) 職 階 区 分 数 Q31 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 を 職 階 による 区 分 で 定 めている 場 合 の 内 訳 は 5 区 分 以 上 34.8% 2 区 分 30.4% 3 区 分 26.1% 4 区 分 8.7%となっている 図 職 階 による 区 分 の 内 容 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 2 区 分 30.4% 3 区 分 26.1% 4 区 分 8.7% 5 区 分 以 上 34.8% 無 回 答 0.0% N=23 (4) 移 転 距 離 区 分 数 Q32 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 を 移 転 距 離 による 区 分 で 定 めている 場 合 の 内 訳 は 4 区 分 38.9% 5 区 分 以 上 と 2 区 分 16.7% 3 区 分 11.1%となっている 図 移 転 距 離 による 区 分 の 内 容 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 2 区 分 16.7% 3 区 分 11.1% 4 区 分 38.9% 5 区 分 以 上 16.7% 無 回 答 16.7% N=

47 (5) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q33 国 内 移 転 時 の 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 として 新 居 住 地 での 生 活 物 品 費 用 49.8% 引 越 荷 物 の 運 送 料 36.5% 電 化 製 品 等 の 工 事 費 用 33.9% 不 用 品 等 の 廃 棄 費 用 29.8% 転 園 転 校 費 用 28.5% 荷 造 り 費 28.5%などが 挙 げられる 図 支 度 金 ( 国 内 移 転 のための 費 用 )として 想 定 する 経 費 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 50.0% 引 越 荷 物 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 梱 包 サービス 等 の 料 金 電 化 製 品 等 の 工 事 費 用 自 家 用 車 等 の 運 搬 費 ピアノ 美 術 品 等 の 運 搬 費 転 園 転 校 費 用 友 人 等 への 手 伝 い 謝 礼 原 状 回 復 費 用 不 用 品 等 の 廃 棄 費 用 新 居 住 地 での 生 活 物 品 費 用 その 他 無 回 答 17.2% 16.1% 17.2% 10.2% 7.6% 15.4% 6.7% 13.0% 36.5% 28.3% 33.9% 28.5% 29.8% 49.8% N=540 自 由 回 答 Q33 支 度 金 ( 国 内 移 転 のための 費 用 )について どのような 経 費 を 想 定 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 支 給 しない(11 件 ) 定 額 で 支 給 し 内 容 は 本 人 の 判 断 (4 件 ) 賃 貸 物 件 契 約 及 び 諸 手 続 きにかかる 初 期 費 用 (4 件 ) 新 居 探 しの 旅 費 代 等 (2 件 )

48 2. 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 ) Q34 国 内 移 転 に 際 しての 着 任 時 費 用 の 支 給 方 式 については 実 費 支 給 が 33.5%と 最 も 多 く 次 いで 支 給 しない が 23.7%である 属 性 別 においても 傾 向 は 同 様 である 図 国 内 の 移 転 に 際 しての 着 任 時 費 用 の 支 払 い 方 法 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 実 費 を 支 給 する 33.5% 上 限 付 で 実 費 支 給 する 定 額 を 支 給 する 13.7% 12.6% 支 給 しない 23.7% その 他 9.8% 無 回 答 6.7% N=540 図 国 内 の 移 転 に 際 しての 着 任 時 費 用 の 支 払 い 方 法 について( 属 性 別 ) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) ~299 人 (N=164) ~999 人 (N=144) 人 以 上 (N=210) 年 以 前 (N=137) ~1954 年 (N=121) ~1969 年 (N=103) ~1989 年 (N=102) ~2011 年 (N=63) 実 費 を 支 給 する 上 限 付 で 実 費 支 給 する 定 額 を 支 給 する 支 給 しない その 他 無 回 答

49 自 由 回 答 Q34 国 内 の 移 転 に 際 しての 着 任 時 費 用 ( 新 居 を 見 つけるまでのホテルの 宿 泊 料 近 所 への 挨 拶 代 等 )を 支 払 っていますか その 他 の 具 体 的 回 答 ホテル 代 宿 泊 料 のみ 支 給 (8 件 ) 支 度 金 にて 充 当 する(4 件 ) 挨 拶 代 は 支 払 わない(3 件 ) 日 数 に 応 じて 宿 泊 費 日 当 等 を 支 給 (14 件 ) 状 況 に 応 じて 支 給 (5 件 ) 会 社 許 可 ( 上 司 承 認 )の 場 合 に 支 給 (2 件 )

50 6 章 海 外 転 勤 に 伴 う 移 転 費 用 1. 海 外 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 (1) 支 給 方 式 Q35 海 外 移 転 時 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 式 については 実 費 を 支 給 する が 46.1% を 占 め 高 い 割 合 となっている 属 性 別 でみると 設 立 年 度 が 古 いほど 実 費 を 支 給 する が 多 くなっている 図 海 外 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 法 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 実 費 を 支 給 する 46.1% 上 限 付 で 実 費 支 給 する 17.0% 定 額 を 支 給 する 1.5% 支 給 しない 1.3% その 他 15.2% 無 回 答 18.9% N=540 図 海 外 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 の 支 給 方 法 について( 属 性 別 ) 全 体 (N=522) 製 造 業 (N=177) 非 製 造 業 (N=345) 1~299 人 (N=164) 300~999 人 (N=144) 1000 人 以 上 (N=210) 1944 年 以 前 (N=137) 1945~1954 年 (N=121) 1955~1969 年 (N=103) 1970~1989 年 (N=102) 1990~2011 年 (N=63) 0% 20% 40% 60% 80% 100% 実 費 を 支 給 する 上 限 付 で 実 費 支 給 する 定 額 を 支 給 する 支 給 しない その 他 無 回 答

51 自 由 回 答 Q35 海 外 の 移 転 に 伴 う 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 料 をどのように 支 給 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 会 社 が 手 配 会 社 指 定 業 者 を 使 用 会 社 へ 請 求 (5 件 ) 会 社 が 直 接 運 送 会 社 等 の 業 者 に 支 払 う(5 社 ) 容 量 容 積 内 容 により 支 給 (6 件 ) 会 社 許 可 の 場 合 に 支 給 (2) 支 給 方 法 ( 上 限 付 実 費 定 額 支 給 の 場 合 ) Q36 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 として 定 めている 場 合 の 支 給 方 法 は 家 族 構 成 により 区 分 が 65.0% と 最 も 多 い 図 上 限 額 又 は 定 額 として 定 める 区 分 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 職 階 により 区 分 移 転 距 離 により 区 分 4.0% 7.0% 家 族 構 成 により 区 分 65.0% 全 役 員 全 社 員 一 律 16.0% その 他 23.0% 無 回 答 1.0% N=100 自 由 回 答 Q36 Q35で 上 限 付 きで 実 費 支 給 または 定 額 支 給 の 場 合 上 限 額 又 は 定 額 は どのように 定 められていま すか その 他 の 具 体 的 回 答 荷 物 の 量 大 きさ 内 容 による(18 件 ) 会 社 許 可 の 場 合 に 支 給 (2 件 ) 区 間 及 び 職 階 の 併 用 職 階 及 び 家 族 構 成 による 併 用 荷 物 量 及 び 家 族 構 成 運 搬 方 法 により 区 分

52 (3) 職 階 区 分 数 Q37 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 を 職 階 による 区 分 で 定 めている 場 合 の 内 訳 は 3 区 分 と 5 区 分 以 上 28.6% 2 区 分 と 4 区 分 14.3%である 図 職 階 による 区 分 の 内 容 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 2 区 分 14.3% 3 区 分 28.6% 4 区 分 14.3% 5 区 分 以 上 28.6% 無 回 答 14.3% N=7 (4) 移 転 距 離 区 分 数 Q38 上 限 付 実 費 または 定 額 支 給 を 移 転 距 離 による 区 分 で 定 めている 場 合 の 内 訳 は 3 区 分 のみである 図 移 転 距 離 による 区 分 の 内 容 について 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 2 区 分 0.0% 3 区 分 75.0% 4 区 分 0.0% 5 区 分 以 上 0.0% 無 回 答 25.0% N=4-48 -

53 (5) 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 Q39 海 外 移 転 時 の 支 度 金 に 含 まれる 費 用 項 目 として 新 居 住 地 での 生 活 物 品 費 用 42.2% 不 用 品 等 の 廃 棄 費 用 27.6% 引 越 荷 物 の 運 送 料 23.1% 電 化 製 品 等 の 工 事 費 用 22.6% 転 園 転 校 費 用 20.7%などが 挙 げられる 図 支 度 金 ( 海 外 移 転 のための 費 用 )として 想 定 する 経 費 について 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 20.0% 25.0% 30.0% 35.0% 40.0% 45.0% 引 越 荷 物 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 梱 包 サービス 等 の 料 金 電 化 製 品 等 の 工 事 費 用 自 家 用 車 等 の 運 搬 費 ピアノ 美 術 品 等 の 運 搬 費 転 園 転 校 費 用 友 人 等 への 手 伝 い 謝 礼 原 状 回 復 費 用 不 用 品 等 の 廃 棄 費 用 新 居 住 地 での 生 活 物 品 費 用 その 他 無 回 答 6.5% 5.2% 6.7% 8.1% 14.1% 12.8% 13.5% 23.1% 19.6% 22.6% 20.7% 27.6% 31.9% 42.2% N=540 自 由 回 答 Q39 支 度 金 ( 海 外 移 転 のための 費 用 )について どのような 経 費 を 想 定 していますか その 他 の 具 体 的 回 答 用 途 に 制 限 を 設 けていない(3 件 ) 旅 行 用 品 購 入 費 スーツケース 購 入 費 衣 服 費 医 療 品 等 の 購 入 費 生 活 必 需 品 の 購 入 費 諸 手 続 費 (パスポート ビザ etc) 交 通 費 日 当 宿 泊 費 会 社 から 実 費 支 給 するもの 以 外 の 費 用 転 勤 に 伴 う 諸 費 用 については 会 社 が 実 費 負 担 するもの 以 外 を 賄 ってもらう 為 に 支 度 金 を 支 給 していま す 尚 海 外 に 自 家 用 車 を 運 搬 することは 想 定 していない 挨 拶 状 作 成 変 圧 器 の 購 入 母 子 手 帳 の 翻 訳 等 特 に 指 定 なし( 引 越 荷 物 の 運 送 料 荷 造 り 費 運 送 保 険 自 家 用 車 等 の 運 搬 費 は 実 費 支 給 ) 新 居 のための 官 公 庁 ガス 水 道 電 気 の 手 続 き 移 転 に 伴 う 諸 準 備 の 為 とし 個 別 の 経 費 の 想 定 はしていない 駐 在 先 での 備 品 購 入 代 通 信 費 等 支 度 金 ではなく 赴 任 手 当 を 支 給 異 動 者 本 人 の 移 動 費 用 一 般 的 な 赴 任 準 備 費 用 として 赴 任 手 続 き 等 の 移 動 交 通 費 諸 費 用 等 支 給 せず

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協

などは 別 の 事 業 所 とせず その 高 等 学 校 に 含 めて 調 査 した 5 調 査 事 項 単 独 事 業 所 調 査 票 全 産 業 共 通 事 項 ( 単 独 事 業 所 ) ア 名 称 及 び 電 話 番 号 イ 所 在 地 ウ 経 営 組 織 ( 協 同 組 合 においては 協 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 は 我 が 国 の 全 産 業 分 野 における 事 業 所 及 び 企 業 の 経 済 活 動 の 実 態 を 全 国 及 び 地 域 別 に 明 らかにするとともに 事 業 所 及 び 企 業 を 調 査 対 象 とする 各 種 統 計 調 査 の 精

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便

別 表 1 土 地 建 物 提 案 型 の 供 給 計 画 に 関 する 評 価 項 目 と 評 価 点 数 表 項 目 区 分 評 価 内 容 と 点 数 一 般 評 価 項 目 100 1 立 地 条 件 (1) 交 通 利 便 性 ( 徒 歩 =80m/1 分 ) 25 (2) 生 活 利 便 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 の 供 給 計 画 に 関 する 選 定 基 準 制 定 平 成 24 年 10 月 10 日 改 正 平 成 25 年 5 月 1 日 改 正 平 成 26 年 7 月 8 日 改 正 平 成 27 年 12 月 4 日 改 正 平 成 28 年 6 月 27 日 第 1 目 的 この 基 準 は 石 巻 市 公 募 型 買 取 市 営 住 宅 制

More information

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc)

(Microsoft Word - \220\340\226\276\217\221.doc) 南 丹 市 建 設 業 新 分 野 進 出 支 援 事 業 補 助 金 申 請 用 紙 記 入 説 明 書 様 式 第 1 号 ( 第 7 条 関 係 )の 記 入 方 法 南 丹 市 長 様 市 長 名 を 記 入 元 号 年 月 日 を 記 入 平 成 年 月 日 申 請 者 情 報 を 記 入 ( 代 表 企 業 ) ( 申 請 者 ) 所 在 地 南 丹 市 園 部 町 小 桜 町 47 番

More information

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務

40 総 論 41 法 人 課 税 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 02 税 制 の 動 向 ( 4002 ) 91 事 例 研 究 ( 4091 ) 99 その 他 ( 4099 ) 01 法 人 税 ( 4101 ) 3. 税 務 官 庁 の 組 織 4. 不 服 申 立 て 税 務 平 成 28 年 度 版 CPE カリキュラム 一 覧 表 4. 税 務 40 総 論 01 租 税 法 概 論 ( 4001 ) 租 税 法 入 門 税 法 総 論 1. 租 税 の 意 義 種 類 とその 役 割 2. 租 税 法 の 法 体 系 及 び 仕 組 み 3. 憲 法 との 関 係 国 家 と 税 制 1. 財 政 法 2. 会 計 法 3. 国 家 と 税 の 仕 組 み 4. 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル

Speed突破!Premium問題集 基本書サンプル は じ め に 合 格 (うかる) 勉 強 とは 1 試 験 に 合 格 するのに 絶 対 的 に 必 要 なことは 問 いに 正 しく 答 えることである このあたりまえのことを 考 えたこと 有 りますか 2 試 験 問 題 の 出 題 (= 作 問 )の 仕 方 から 勉 強 方 法 を 考 える 択 一 試 験 では 必 ず 正 誤 が 問 われるのでついつい 思 考 が 二 者 択 一 的

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を

[Q20] 扶 養 控 除 等 申 告 書 が 提 出 された 際 に その 申 告 書 に 記 載 された 国 外 居 住 親 族 に 係 る 親 族 関 係 書 類 が 提 示 されず 事 後 に 提 示 された 場 合 いつから 扶 養 控 除 等 を 適 用 して 源 泉 徴 収 税 額 を 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控 除 等 Q&A( 源 泉 所 得 税 関 係 ) 平 成 27 年 9 月 国 税 庁 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 9 号 )により 平 成 28 年 1 月 1 日 以 後 に 支 払 うべき 給 与 等 及 び 公 的 年 金 等 から 国 外 居 住 親 族 に 係 る 扶 養 控

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20>

<5461726F2D3933208CA795F18CB48D65816993648E718366815B835E816A20> 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 新 潟 市 西 区 寺 尾 東 二 丁 目 23 番 37 号 山 下 省 三 2 請 求 の 要 旨 平 成 20 年 4 月 に 県 立 がんセンター 新 潟 病 院 に 採 用 された 職 員 に 対 する 以 下 の 赴 任 旅 費 の 支 出 は 違 法 不 当 である (1) 平 成 20 年

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越

1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 平 成 25 事 業 年 度 財 務 諸 表 の 概 要 1. 決 算 の 概 要 法 人 全 体 として 2,459 億 円 の 当 期 総 利 益 を 計 上 し 末 をもって 繰 越 欠 損 金 を 解 消 しています ( : 当 期 総 利 益 2,092 億 円 ) 中 期 計 画 における 収 支 改 善 項 目 に 関 して ( : 繰 越 欠 損 金 792 億 円 : 利 益 剰

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 26 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36.

6 構 造 等 コンクリートブロック 造 平 屋 建 て4 戸 長 屋 16 棟 64 戸 建 築 年 1 戸 当 床 面 積 棟 数 住 戸 改 善 後 床 面 積 昭 和 42 年 36.00m2 4 50.40m2 昭 和 43 年 36.50m2 3 50.90m2 昭 和 44 年 36. 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 1. 適 用 範 囲 本 仕 様 書 は 十 和 田 市 ( 以 下 発 注 者 という )が 実 施 する 市 営 住 宅 建 替 えPFI 等 導 入 可 能 性 調 査 業 務 委 託 ( 以 下 本 業 務 委 託 という )に 適 用 するものとする 2. 業 務 目 的 十 和 田 市 営 住

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2

大 田 区 保 育 従 事 職 員 宿 舎 借 り 上 げ 支 援 事 業 Q&A 目 次 Ⅰ 補 助 事 業 全 般 について P3~P4 Ⅱ 補 助 対 象 施 設 について P5 Ⅲ 補 助 対 象 職 員 について P6~P10 Ⅳ 補 助 対 象 経 費 について P11~P13 2 待 機 児 解 消 に 向 けた 保 育 施 設 の 新 規 開 設 ラッシュにより 都 内 及 び 隣 接 県 の 自 治 体 での 保 育 士 の 需 要 が 急 増 しております これを 受 け 大 田 区 では 保 育 人 材 の 確 保 定 着 及 び 離 職 防 止 を 図 り 安 定 的 な 保 育 所 の 運 営 を 可 能 にするため 平 成 27 年 4 月 より 大 田 区 保

More information

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料

(3) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 5 年 月 日 現 在 ) 決 定 初 任 給 採 用 年 経 過 後 給 料 月 額 大 学 卒 7, 8, 一 般 行 政 職 短 大 卒 9,8 6, 高 校 卒, 8,5 () 職 員 の 経 験 年 数 別 学 歴 別 平 均 給 料 総 括 平 成 5 年 度 標 津 町 の 事 行 政 の 運 営 状 況 について () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 総 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 年 度 5,587 6,5,9 % % 8,5 87,75 3..6 () 職 員 給 与 費 の 状

More information

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49

2 技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 (A) 平 均 給 与 月 額 ( 国 ベース) 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 (B) A/B 真 庭 市 49 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 22 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (H22 年 度 末 ) 50,605 人 真 庭 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 31,121,198 千 円 1,321,257 千 円 5,711,211 千 円 ( 注 ) 平 成 22 年 度 の 歳 出 額 に 対

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

住宅改修の手引き(初版)

住宅改修の手引き(初版) 目 次 1. 介 護 保 険 制 度 における 住 宅 改 修 費 支 給 制 度 について 1 2. 対 象 要 件 2 3. 支 給 限 度 基 準 額 3 4. 支 払 方 法 5. 手 続 きの 流 れ 6 7 6. 住 宅 改 修 の 種 類 13 7. 住 宅 改 修 費 が 支 給 できない 場 合 16 8. 現 地 確 認 について 16 参 考 資 料 住 宅 改 修 費 の 支

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一

損 益 計 算 書 自. 平 成 26 年 4 月 1 日 至. 平 成 27 年 3 月 31 日 科 目 内 訳 金 額 千 円 千 円 営 業 収 益 6,167,402 委 託 者 報 酬 4,328,295 運 用 受 託 報 酬 1,839,106 営 業 費 用 3,911,389 一 貸 借 対 照 表 平 成 27 年 3 月 31 日 現 在 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 内 訳 金 額 科 目 内 訳 金 額 流 動 資 産 千 円 千 円 流 動 負 債 千 円 千 円 預 金 5,145,515 預 り 金 240, 有 価 証 券 2,000,000 未 払 金 274, 前 払 費 用 61,184 未 払 収 益 分 配 金 789 未 収 入 金 未

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要

Ⅲ 相 続 財 産 の 分 割 に 関 する 確 認 事 項 1 遺 言 がありますか? 有 遺 言 公 正 証 書 又 は 家 公 証 人 役 場 等 要 月 日 無 庭 裁 判 所 の 検 認 を 受 否 ( 通 ) けた 遺 言 書 2 死 因 贈 与 があります 有 贈 与 契 約 書 要 相 続 人 様 へ の お 願 い 相 続 税 の 申 告 にあたり 以 下 の 各 項 目 についてのご 確 認 をお 願 い 致 します Ⅰ 被 相 続 人 に 関 する 確 認 事 項 1 被 相 続 人 について 有 被 相 続 人 の 戸 籍 ( 除 本 籍 地 の 市 区 町 村 要 月 日 籍 ) 謄 本 ( 出 生 から 役 所 ( 場 ) 否 ( 通 ) 相 続 開 始 まで) 被

More information

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主

土 購 入 土 借 用 土 所 有 権 移 転 登 記 確 約 書 農 転 用 許 可 書 ( 写 ) 農 転 用 届 出 受 理 書 ( 写 ) 土 不 動 産 価 格 評 価 書 土 見 積 書 ( 写 ) 又 は 売 買 確 約 書 ( 写 ) 土 売 主 印 鑑 登 録 証 明 書 売 主 設 立 認 可 申 請 書 必 要 書 類 とチェック 事 項 必 要 書 類 チェック 事 項 基 本 書 類 設 立 認 可 申 請 書 定 款 添 付 書 類 目 録 財 産 目 録 土 関 係 土 不 動 産 登 記 事 項 証 明 書 図 面 ( 周 辺 図 配 置 図 平 面 図 ) 土 公 図 土 土 契 約 書 ( 写 ) 身 分 証 明 書 印 鑑 登 録 証 明 書 成 年 被

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 金 融 資 産 性 所 得 に 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 時 期 と 課 税 団 体 について 目 次 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する 個 人 住 民 税 の 課 税 のあり 方 について 2 配 当 割 株 式 等 譲 渡 所 得 割 のあり 方 について 1 13 1 年 の 途 中 で 出 国 した 者 のキャピタルゲインに 対 する

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

税制面での支援

税制面での支援 税 制 面 での 支 援 平 成 28 年 熊 本 地 震 によって 直 接 間 接 的 に 被 害 を 受 けた 中 小 企 業 個 人 に 対 しては さ まざまな 税 制 面 での 支 援 が 行 われています ( 確 定 申 告 などの 期 間 延 長 については その 他 手 続 きなどの 支 援 ( 特 例 措 置 ) をご 参 照 ください) 1. 災 害 に 関 するおもな 税 務

More information

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申

小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全 面 自 由 化 以 降 申 資 料 3-1 小 売 全 面 自 由 化 に 関 する 進 捗 状 況 平 成 28 年 7 月 1 日 資 源 エネルギー 庁 小 売 電 気 の 登 録 数 の 推 移 昨 年 8 月 の 前 登 録 申 請 の 受 付 開 始 以 降 小 売 電 気 の 登 録 申 請 は 着 実 に 増 加 しており これまでに310 件 を 登 録 (6 月 30 日 時 点 ) 本 年 4 月 の 全

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている

国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている 平 成 28 年 度 改 正 関 係 資 料 ( 納 税 環 境 整 備 関 係 ) 国 税 クレジットカード 納 付 の 創 設 国 税 のクレジットカード 納 付 については マイナンバー 制 度 の 活 用 による 年 金 保 険 料 税 に 係 る 利 便 性 向 上 に 関 するアクションプログラム( 報 告 書 ) においてその 導 入 の 方 向 性 が 示 されている ( 参 考 )

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

ニュースリリース

ニュースリリース ニュースリリース 平 成 2 4 年 11 月 28 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 教 育 費 負 担 の 実 態 調 査 結 果 ( 国 の 教 育 ローン 利 用 勤 務 者 世 帯 ) ( 平 成 24 年 度 ) 世 帯 年 収 減 少 により 一 段 と 重 くなる 教 育 費 負 担 ~ 年 収 に 占 める 教 育 費 の 負 担 割 合 が 39と 過 去 1

More information

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5

目 次 1. 社 会 保 障 分 野 でできること 1 1 高 額 医 療 高 額 介 護 合 算 制 度 の 改 善 2 保 険 証 機 能 の 一 元 化 3 自 己 診 療 情 報 の 活 用 4 給 付 可 能 サービスの 行 政 側 からの 通 知 2. 年 金 分 野 でできること 5 資 料 3 番 号 制 度 で 何 ができるようになるか 2011 年 1 月 31 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 ( 注 )ここで 示 される 利 用 場 面 については 関 係 者 にシステム 対 応 等 の 負 担 を 求 める 可 能 性 があることや 個 人 情 報 等 の 取 扱 い 等 に 特 に 留 意 が 必 要 な 場 合 もあることから 引 き 続 き

More information

賦課の根拠となった法律及び条例(その2)

賦課の根拠となった法律及び条例(その2) 平 成 28 年 度 税 額 の 算 出 方 法 等 ( 賦 課 の 根 拠 となった 法 律 及 び 条 例 ) [ 凡 例 ] 法 : 地 方 税 法 都 : 東 京 都 都 税 条 例 区 : 新 宿 区 特 別 区 税 条 例 条 :1 2 3 項 :1 2 3 号 :Ⅰ Ⅱ Ⅲ 東 日 本 : 東 日 本 大 震 災 からの 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 ( 単 位 : ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 7 級 135,600 185,800 222,900 261,900 289,200 320,600 本 巣 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 21 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) (A) (B) 35,523 歳 出 額 14,360,892 実 質 収 支 件 費 999,985 2,521,801 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 17.6 20 年 度 の 件 費 率 18.8

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果

Microsoft Word - ★HP版平成27年度検査の結果 平 成 7 年 度 検 査 結 果 について () 検 査 体 制 等 農 政 部 農 地 整 備 課 の 検 査 員 名 以 上 により 土 地 改 良 区 等 あたり 日 間 から 日 間 実 施 しました 農 業 振 興 事 務 所 の 土 地 改 良 区 指 導 担 当 職 員 及 び 関 係 市 町 職 員 が 立 会 いました () 検 査 件 数 定 期 検 査 8( 土 地 改 良

More information

事務連絡

事務連絡 Ⅰ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 等 の 一 部 改 正 概 要 について 1 改 正 概 要 退 職 給 付 における 官 民 較 差 ( 平 均 402.6 万 円 )の 解 消 を 図 るための 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げに 準 じ 本 組 合 退 職 手 当 条 例 本 則 の 規 定 により 計 算 した 退 職 手 当 の 基 本 額 に

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321

3 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( ベース) 43.7 歳 32,743 353,826 341,321 平 成 24 年 度 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 千 千 千 23 年 度 16,465 1,969,859 183,816 2,34,765 21.3

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 所 得 税 法 では 個 人 の 日 本 居 住 者 を 納 税 義 務 者 と 定 義 しています 居 住 者 とは 日 本 に 住 所 があるか あるいは 過 去

海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の 居 住 者 非 居 住 者 の 定 義 所 得 税 法 では 個 人 の 日 本 居 住 者 を 納 税 義 務 者 と 定 義 しています 居 住 者 とは 日 本 に 住 所 があるか あるいは 過 去 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 海 外 資 産 と 相 続 税 贈 与 税 の 納 税 義 務 者 http://www.up-firm.com 1 海 外 出 向 者 ( 非 居 住 者 )に 対 する 税 務 1. 所 得 税 法 上 の

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形

(1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月 30 日 現 在 ) ( 単 位 : 千 円 ) 資 産 の 部 負 債 の 部 科 目 金 額 科 目 金 額 流 動 資 産 4,623,985 流 動 負 債 3,859,994 現 金 及 び 預 金 31,763 支 払 手 形 第 44 期 計 算 書 類 ( 自 平 成 25 年 12 月 1 日 至 平 成 26 年 11 月 30 日 ) (1) 貸 借 対 照 表 (2) 損 益 計 算 書 (3) 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 (4) 個 別 注 記 表 株 式 会 社 アクタス 東 京 都 新 宿 区 新 宿 2 丁 目 19 番 1 号 1 (1) 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 11 月

More information

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 等 及 び 学 外 者 の 旅 費 の 支 給 に 関 する 規 程 制 定 平 成 27. 4. 1 規 程 157 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 における 業 務 を 遂 行 するために 旅 行 す る 教 職 員 等 及

More information

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日

[ 組 合 員 期 間 等 の 特 例 ] 組 合 員 期 間 等 については 年 齢 職 種 などにより 過 去 の 制 度 からの 経 過 措 置 が 設 けられ ており 被 用 者 年 制 度 の 加 入 期 間 ( 各 共 済 組 合 の 組 合 員 期 間 など)については 生 年 月 日 年 1 年 制 度 の 概 要 1 長 期 給 付 の 種 類 ( 共 済 年 と 基 礎 年 の 種 類 ) 長 期 給 付 は 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 が 一 定 の 年 齢 に 達 したとき 病 気 やけがによっ て 障 害 の 状 態 になったとき 死 亡 したときなどに 給 付 され 組 合 員 又 は 組 合 員 であった 方 とそ の 家 族 の 生 活 の 安

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc

Microsoft Word - H24様式(那珂市版).doc 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) (3) 特 記 事 項 (4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均

More information

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7

目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資 産 変 動 計 算 書 6 連 結 資 金 収 支 計 算 書 7 平 成 22 年 度 高 山 市 貸 借 対 照 表 ( 連 結 ) 行 政 コスト 計 算 書 ( 連 結 ) 純 資 産 変 動 計 算 書 ( 連 結 ) 資 金 収 支 計 算 書 ( 連 結 ) 平 成 24 年 3 月 岐 阜 県 高 山 市 目 次 高 山 市 連 結 財 務 諸 表 について 1 連 結 貸 借 対 照 表 2 連 結 行 政 コスト 計 算 書 4 連 結 純 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに

2. 会 計 規 程 の 業 務 (1) 規 程 と 実 際 の 業 務 の 調 査 規 程 や 運 用 方 針 に 規 定 されている 業 務 ( 帳 票 )が 実 際 に 行 われているか( 作 成 されている か)どうかについて 調 べてみた 以 下 の 表 は 規 程 の 条 項 とそこに 第 7 章 会 計 規 程 1. 会 計 規 程 の 概 要 (1) 規 程 及 び 目 的 平 成 18 年 度 に 病 院 事 業 管 理 者 を 設 置 して 札 幌 市 病 院 局 会 計 規 程 ( 平 成 18 年 札 幌 市 病 院 局 規 程 第 37 号 以 下 この 章 で 規 程 という )を 定 め これに 則 って 会 計 処 理 が 行 わ れていなお 規 程 の 具 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095CA8E863136816A90DA91B18C9F93A289F1939A8F9181698D8288B3816A5F4150382E646F63> 接 続 検 討 回 答 書 ( 高 圧 版 ) 別 添 様 式 AP8-20160401 回 答 日 年 月 日 1. 申 込 者 等 の 概 要 申 込 者 検 討 者 2. 接 続 検 討 の 申 込 内 容 発 電 者 の 名 称 発 電 場 所 ( 住 所 ) 最 大 受 電 電 力 アクセス の 運 用 開 始 希 望 日 3. 接 続 検 討 結 果 (1) 希 望 受 電 電 力 に

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究

1. 旅 費 交 通 費 < 基 本 的 な 考 え 方 > 登 録 研 究 員 登 録 研 究 員 に 随 行 する 補 助 員 又 は 国 立 研 究 開 発 法 人 に 所 属 するリサーチ アシスタント 者 ( 前 期 博 士 課 程 ) 及 び 外 部 依 頼 した 専 門 家 が 研 究 I. 委 託 業 務 の 概 要 II. 契 約 に 関 する 事 務 手 続 III. 契 約 変 更 に 関 する 事 務 手 続 IV. 経 理 処 理 について V. 物 品 費 について VI. 人 件 費 謝 金 について. 旅 費 について P.115 1. 旅 費 交 通 費 P.116 Ⅷ. その 他 経 費 について Ⅸ. 間 接 経 費 について Ⅹ. 再 委 託 費 共 同

More information

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene.

https://www.takara-dic-net.jp/xeditor_ne/xeditor_web/html_gene. 平 成 23 年 3 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 連 結 ) 平 成 22 年 8 月 11 日 上 場 会 社 名 松 井 建 設 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1810 URL http://www.matsui-ken.co.jp/ 代 表 者 ( 役 職 名 ) 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 松 井 隆 弘 ( 役 職

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information