Taro-第1部

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Taro-第1部"

Transcription

1 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い もって 地 方 公 務 員 等 及 びその 遺 族 の 生 活 の 安 定 と 福 祉 の 向 上 に 寄 与 することを 目 的 とする 制 度 です この 制 度 は 一 般 の 労 働 者 における 労 働 者 災 害 補 償 保 険 制 度 とも 均 衡 が 図 られ たものであり 特 徴 としては 次 の 点 があげられます 1 使 用 者 の 無 過 失 責 任 主 義 公 務 上 の 災 害 について 使 用 者 の 無 過 失 責 任 主 義 をとり 地 方 公 共 団 体 等 に 過 失 がなくても 補 償 義 務 が 発 生 します 民 法 上 の 損 害 賠 償 が 原 則 として 過 失 主 義 をとっていることと この 点 において 異 なります また 通 勤 による 災 害 についても 使 用 者 としての 責 任 を 論 ずることなく 使 用 者 の 支 配 管 理 下 にない 通 勤 途 上 の 災 害 について 補 償 が 行 われるという 点 で 民 法 上 の 損 害 賠 償 とは 異 なります 2 請 求 主 義 補 償 は 被 災 職 員 又 はその 遺 族 からの 請 求 に 基 づいて 行 われます( 傷 病 補 償 年 金 を 除 く) これは 被 災 職 員 の 所 属 する 地 方 公 共 団 体 等 の 任 命 権 者 とは 別 の 機 関 である 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 ( 第 2 参 照 )が 災 害 の 補 償 を 行 うためで す 3 補 償 の 対 象 等 補 償 の 対 象 は 身 体 上 の 損 害 に 限 られ 物 的 精 神 的 損 害 は 含 まれません また 原 則 として 実 損 害 の 補 償 ではなく 定 型 的 定 率 的 補 償 が 行 われます - 1 -

2 第 2 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 とは 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 は 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 によって 設 置 された 法 人 で 職 員 ( 常 勤 の 地 方 公 務 員 )が 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 を 受 けた 場 合 に 被 災 職 員 の 属 する 地 方 公 共 団 体 等 に 代 わって 補 償 の 実 施 に 当 たる 専 門 的 機 関 です ( 基 金 は 平 成 15 年 10 月 地 方 公 共 団 体 が 主 体 となって 業 務 運 営 を 行 う いわゆる 地 方 共 同 法 人 として 新 たにスタートしました ) 基 金 は 本 部 と 支 部 によって 構 成 されており 本 部 は 東 京 都 に 支 部 は 各 都 道 府 県 及 び 各 指 定 都 市 に 置 かれています 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 各 種 補 償 の 決 定 及 びその 支 払 い 等 の 具 体 的 事 務 処 理 は 原 則 としてそれぞれの 支 部 で 行 い 基 金 の 活 動 や 補 償 の 実 施 に 必 要 な 財 源 は 各 地 方 公 共 団 体 等 からの 負 担 金 で 賄 われています 第 3 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 組 織 図 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 ( 本 部 ) 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 ( 京 都 府 支 部 ) 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 運 営 審 議 会 総 務 課 代 表 者 委 員 会 理 事 長 理 事 事 務 局 企 画 課 補 償 課 経 理 課 審 査 課 訟 務 課 監 事 審 査 会 支 部 長 ( 知 事 ) 副 支 部 長 ( 副 知 事 職 員 長 ) 事 務 長 ( 人 事 課 長 ) 事 務 次 長 係 認 定 担 当 補 償 担 当 長 求 償 担 当 京 都 府 支 部 審 査 会 委 員 書 記 参 与 所 在 地 東 京 都 千 代 田 区 平 河 所 在 地 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 町 平 河 町 森 タワー8 階 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 京 都 府 人 事 課 内 電 話 (03) 電 話 (075) ( 直 通 ) - 2 -

3 第 4 災 害 補 償 制 度 の 適 用 関 係 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 が 補 償 を 行 うのは 常 勤 の 地 方 公 務 員 等 及 び 常 勤 の 地 方 公 務 員 に 準 ずる 非 常 勤 の 職 員 の 災 害 です 具 体 的 には 次 のとおりです 1 常 勤 職 員 (1) 常 時 勤 務 に 服 することを 要 する 地 方 公 務 員 (2) 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 の 役 員 ( 地 方 独 立 行 政 法 人 法 第 12 条 に 規 定 する 役 員 をいう ) 及 び 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 に 使 用 される 者 で 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 から 給 与 を 受 けるもの( 以 下 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 の 役 職 員 と いう )のうち 常 時 勤 務 することを 要 する 者 2 非 常 勤 職 員 のうち 次 の(1) 又 は(2)に 該 当 する 者 (1) 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 地 方 公 務 員 法 第 28 条 の5 第 1 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 者 (2) 常 勤 的 非 常 勤 職 員 1 常 時 勤 務 に 服 することを 要 しない 地 方 公 務 員 のうち 雇 用 関 係 が 事 実 上 継 続 していると 認 められる 場 合 において 常 時 勤 務 に 服 することを 要 する 地 方 公 務 員 について 定 められている 勤 務 時 間 以 上 勤 務 した 日 が18 日 ( 昭 和 63 年 4 月 1 日 前 の 期 間 については22 日 昭 和 63 年 4 月 1 日 から 平 成 4 年 5 月 1 日 前 の 期 間 については20 日 ) 以 上 ある 月 が 引 き 続 いて12 月 を 超 え るに 至 った 者 で その 超 えるに 至 った 日 以 後 引 き 続 き 当 該 勤 務 時 間 により 勤 務 することを 要 することとされているもの 2 常 時 勤 務 することを 要 しない 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 の 役 職 員 のうち 常 時 勤 務 することを 要 する 者 について 定 められている 勤 務 時 間 以 上 勤 務 した 日 ( 当 該 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 における 労 働 協 約 就 業 規 則 その 他 の 規 定 により 勤 務 を 要 しないこととされ 又 は 休 暇 を 与 えられた 日 を 含 む )が 引 き 続 いて12 月 を 超 えるに 至 った 者 で その 超 えるに 至 った 日 以 後 引 き 続 き 当 該 勤 務 時 間 により 勤 務 することを 要 することとされているもの これら 関 係 法 令 等 の 適 用 関 係 及 び 補 償 実 施 機 関 をまとめてみると 次 のと おりです - 3 -

4 区 身 分 地 方 公 務 員 非 公 務 員 所 属 地 方 公 共 団 体 特 定 地 方 独 立 行 政 法 人 一 般 地 方 独 立 行 政 法 人 分 職 員 役 員 職 種 一 般 職 特 別 職 職 員 役 員 ( 一 般 職 ) ( 特 別 職 ) 常 勤 職 員 全 職 員 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 地 方 公 務 員 地 方 公 務 員 再 任 用 短 時 間 勤 務 職 員 災 害 補 償 法 災 害 補 償 法 非 常 常 勤 的 非 常 勤 職 員 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 議 会 行 政 委 員 会 の 委 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 臨 員 地 方 公 共 団 体 の 附 属 機 関 の 委 員 統 計 調 査 員 等 他 の 法 令 の 適 用 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 に 時 を 受 けない 者 基 づく 条 例 労 働 基 準 法 別 表 第 1 に 掲 げる 事 業 以 外 の 使 用 者 た 職 事 業 に 雇 用 される 者 る 役 員 に ついては 地 方 独 立 行 政 法 人 が 定 める 水 道 交 通 清 掃 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 員 病 院 学 校 な ど 労 働 基 準 法 別 表 第 1 に 掲 労 働 者 災 害 補 償 保 げ る 事 業 に 雇 用 さ れ 険 法 の 対 象 となら 勤 等 る 者 ない 場 合 には 条 例 使 用 者 た る 役 員 に ついては 地 方 独 立 行 政 法 人 が 定 める 職 消 防 団 員 水 防 団 員 消 防 組 織 法 水 防 法 及 び 消 防 団 員 等 公 務 災 害 補 償 等 責 任 共 済 等 に 関 する 法 律 公 立 学 校 の 公 立 学 校 の 公 立 学 校 の 学 校 医 学 学 校 医 学 学 校 医 学 校 歯 科 医 及 校 歯 科 医 及 校 歯 科 医 及 員 学 校 医 学 校 歯 科 医 び 学 校 薬 剤 び 学 校 薬 剤 び 学 校 薬 剤 師 の 公 務 災 師 の 公 務 災 師 の 公 務 災 及 び 学 校 薬 剤 師 害 補 償 に 関 害 補 償 に 関 害 補 償 に 関 する 法 律 する 法 律 又 する 法 律 又 は 労 働 者 災 は 労 働 者 災 害 補 償 保 険 害 補 償 保 険 法 法 ( 注 ) 実 施 機 関 は 次 のとおり 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 ( 条 例 を 除 く ) 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 労 働 者 災 害 補 償 保 険 法 国 ( 厚 生 労 働 省 所 管 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 の 使 用 者 たる 役 員 当 該 地 方 独 立 行 政 法 人 その 他 地 方 公 共 団 体 - 4 -

5 第 5 費 用 の 負 担 基 金 の 業 務 に 要 する 費 用 は 各 地 方 公 共 団 体 等 からの 負 担 金 によって 賄 われます この 負 担 金 は 地 方 公 共 団 体 等 ごとに 教 育 職 員 警 察 職 員 消 防 職 員 清 掃 職 員 その 他 の 職 員 等 の 職 員 の 区 分 ごとの 給 与 の 総 額 ( 退 職 手 当 子 ども 手 当 を 除 く )に 補 償 に 要 する 費 用 その 他 の 事 情 を 考 慮 した 負 担 金 率 を 乗 じて 算 出 す ることになっています 負 担 金 は 毎 年 度 当 初 に 概 算 負 担 金 として 基 金 へ 納 付 し 翌 年 度 に 確 定 負 担 金 を 算 出 し 9 月 末 までに 精 算 をしています 負 担 金 の 納 入 については その 都 度 支 部 から 通 知 をしますので それによって 納 入 事 務 を 進 めてください なお 京 都 府 知 事 部 局 等 教 育 委 員 会 警 察 本 部 については 平 成 22 年 度 ( 概 算 負 担 金 )からメリット 制 が 適 用 されることとなり 平 成 26 年 度 の 負 担 金 率 は 以 下 のとおりとなりました メリット 制 とは 団 体 の 災 害 防 止 の 努 力 促 進 及 び 団 体 間 の 負 担 と 給 付 の 格 差 是 正 を 目 的 に 団 体 間 共 通 であった 負 担 金 率 を 各 団 体 等 の 過 去 3 年 間 の 収 支 率 ( 給 付 / 負 担 )の 多 寡 により 増 減 させる 制 度 であり 労 災 では 昭 和 20 年 代 に 事 業 所 単 位 で 導 入 されております 各 任 命 権 者 においては 給 付 費 が 増 えるほど 負 担 金 額 が 増 加 することとなり 公 務 災 害 防 止 に 向 けた 努 力 が 一 層 求 められます 職 員 の 範 囲 及 び 平 成 26 年 度 負 担 金 率 ( 普 通 補 償 経 理 ) 職 員 の 範 囲 負 担 金 率 負 担 金 率 負 担 金 率 職 員 の 範 囲 (メリット 制 適 用 ) (メリット 制 適 用 外 ) 職 員 の 区 分 公 立 の 小 学 校 中 学 校 中 等 教 育 学 校 の 前 期 課 程 並 び 義 務 教 育 学 校 職 員 に 特 別 支 援 学 校 の 小 学 部 及 び 中 学 部 の 職 員 であって 市 町 村 立 学 校 職 員 給 与 負 担 法 第 1 条 に 掲 げるもの 1,000 1,000 義 務 教 育 学 校 職 員 以 外 の 公 立 学 校 の 職 員 並 びに 教 育 委 義 務 教 育 学 校 職 員 員 会 及 びその 所 管 に 属 する 教 育 機 関 ( 公 立 学 校 を 除 く ) 以 外 の 教 育 職 員 の 職 員 1,000 1,000 警 察 職 員 都 道 府 県 警 察 の 職 員 ( 国 家 公 務 員 である 職 員 を 除 く ) ,000 1,000 消 防 職 員 消 防 本 部 及 び 消 防 署 の 職 員 並 びに 消 防 団 員 ,000 電 気 ガ ス 水 道 電 気 ガス 水 道 事 業 工 業 用 水 道 事 業 及 び 公 共 下 水 事 業 職 員 道 事 業 に 従 事 する 職 員 1,000 1,000 鉄 道 軌 道 索 道 航 空 機 自 動 車 軽 車 両 又 は 船 舶 運 輸 事 業 職 員 による 旅 客 又 は 貨 物 の 運 送 事 業 その 他 貨 物 取 扱 事 業 に 1.72 従 事 する 職 員 1,000 清 掃 事 業 職 員 清 掃 事 業 に 従 事 する 職 員 ,000 船 員 船 員 法 第 1 条 に 規 定 する 船 員 である 職 員 ,000 そ の 他 の 職 員 上 記 に 掲 げる 職 員 以 外 のすべての 職 員 ,000 1,000 ( 注 ) 特 別 補 償 経 理 の 負 担 金 率 は 略 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 時 点 ) - 5 -

6 第 6 補 償 及 び 福 祉 事 業 の 種 類 と 内 容 1 補 償 の 種 類 と 内 容 基 金 が 行 う 補 償 の 種 類 事 由 及 び 内 容 は 次 表 のとおりです 補 償 の 種 類 補 償 事 由 補 償 の 内 容 (1) 療 養 補 償 公 務 又 は 通 勤 により 負 傷 し 必 要 な 療 養 を 行 い 又 は 必 要 な 療 養 の 費 用 を 支 又 は 疾 病 にかかった 場 合 給 する 療 養 の 範 囲 は 次 のとおりである( 療 養 上 相 当 と 認 められるものに 限 る ) 1 診 察 2 薬 剤 又 は 治 療 材 料 の 支 給 3 処 置 手 術 その 他 の 治 療 4 居 宅 における 療 養 上 の 管 理 及 びその 療 養 に 伴 う 世 話 その 他 の 看 護 5 病 院 又 は 診 療 所 への 入 院 及 びその 療 養 に 伴 う 世 話 その 他 の 看 護 6 移 送 (2) 休 業 補 償 公 務 又 は 通 勤 により 負 傷 し 1 日 につき 平 均 給 与 額 の60%に 相 当 する 金 額 を 又 は 疾 病 にかかり 療 養 のた 支 給 する ただし 傷 病 補 償 年 金 を 受 ける 者 又 は め 勤 務 できない 場 合 で 給 与 刑 事 施 設 等 に 拘 禁 若 しくは 収 容 されている 者 には を 受 けないとき 行 わない (3) 傷 病 補 償 年 金 公 務 又 は 通 勤 により 負 傷 し 第 1 級 から 第 3 級 までの 障 害 の 状 態 に 応 じ 年 又 は 疾 病 にかかり 療 養 の 開 始 金 を 支 給 する 後 1 年 6か 月 を 経 過 しても 治 らず その 障 害 の 程 度 が 規 則 別 表 第 2で 定 める 傷 病 等 級 に 該 当 する 場 合 (4) 障 害 補 償 公 務 又 は 通 勤 により 負 傷 し 障 害 の 程 度 により 第 1 級 から 第 7 級 までは 年 又 は 疾 病 にかかり 治 ったと 金 を 第 8 級 から 第 14 級 までは 一 時 金 を 支 給 する き 規 則 別 表 第 3に 定 める 程 度 なお 当 該 年 金 の 受 給 権 者 が 申 し 出 たときは の 障 害 が 残 った 場 合 以 後 その 者 が 受 けることができる 年 金 の 一 部 を 前 払 一 時 金 として 支 給 することとされている( 障 害 補 償 年 金 前 払 一 時 金 ) また 当 該 年 金 の 受 給 権 者 が 死 亡 した 場 合 にお いて 既 に 支 払 われた 当 該 年 金 及 び 前 払 一 時 金 の 額 の 合 計 額 が 一 定 の 額 に 満 たないときは その 遺 族 に 対 し その 差 額 を 支 給 することとされている ( 障 害 補 償 年 金 差 額 一 時 金 ) (5) 介 護 補 償 傷 病 補 償 年 金 又 は 障 害 補 償 常 時 又 は 随 時 介 護 を 受 ける 場 合 に 通 常 要 する 費 年 金 の 受 給 権 者 で 総 務 省 令 用 を 考 慮 して 総 務 大 臣 が 定 める 金 額 を 当 該 介 護 で 定 める 程 度 の 障 害 を 有 し を 受 けている 期 間 ( 病 院 等 に 入 院 している 間 又 は 常 時 又 は 随 時 介 護 を 受 けてい 障 害 者 支 援 施 設 等 に 入 所 している 間 を 除 く ) 支 給 る 場 合 する (6) 遺 族 補 償 公 務 又 は 通 勤 により 死 亡 し 1 遺 族 補 償 年 金 た 場 合 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 又 は 兄 弟 姉 妹 (た だし 妻 以 外 の 者 にあっては18 才 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にあるもの 又 は60 才 以 上 のもの( 一 定 の 障 害 の 状 態 にあるものを 除 く ))で 職 員 の 死 亡 当 時 その 収 入 によって 生 計 を 維 持 していたものに 対 し 年 金 を 支 給 する なお 当 該 年 金 の 受 給 権 者 が 申 し 出 たときは - 6 -

7 補 償 の 種 類 補 償 事 由 補 償 の 内 容 以 後 その 者 が 受 けることのできる 年 金 の 一 部 を 前 払 一 時 金 として 支 給 することとされている( 遺 族 補 償 年 金 前 払 一 時 金 ) 2 遺 族 補 償 一 時 金 1に 掲 げる 要 件 に 該 当 しない 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 又 は 兄 弟 姉 妹 等 に 対 し 一 時 金 を 支 給 する なお 遺 族 補 償 年 金 の 受 給 権 者 の 受 給 権 が 消 滅 し 他 に 同 年 金 を 受 けることができる 者 がいない ときは 2の 場 合 に 支 給 される 一 時 金 の 額 をまず 算 定 し その 額 から 既 に 支 給 した 年 金 及 び 前 払 一 時 金 の 額 の 合 計 額 を 控 除 して 残 額 があれば これ を 一 時 金 として 上 記 2の 者 に 支 給 することとされ ている (7) 葬 祭 補 償 公 務 又 は 通 勤 により 死 亡 し 遺 族 等 であって 社 会 通 念 上 葬 祭 を 行 うと 見 られ た 場 合 る 者 ( 現 実 に 葬 祭 を 行 った 者 があるときはその 者 ) に 対 し 315,000 円 に 平 均 給 与 額 の30 日 分 に 相 当 する 金 額 を 加 えた 金 額 (この 額 が 平 均 給 与 額 の6 0 日 分 に 相 当 する 金 額 に 満 たないときは 平 均 給 与 額 の60 日 分 に 相 当 する 金 額 )を 支 給 する (8) 予 後 補 償 傷 病 が 治 ったとき 勤 務 でき 1 日 につき 平 均 給 与 額 の60%に 相 当 する 金 額 ない 場 合 で 給 与 を 受 けない を 治 った 日 の 翌 日 から 勤 務 することができな 船 とき い 期 間 (1 月 を 超 えるときは 1 月 間 ) 支 給 する 員 ただし 刑 事 施 設 等 に 拘 禁 又 は 収 容 されている 者 の には 行 わない 特 例 (9) 行 方 不 明 船 員 が 公 務 上 行 方 不 明 にな 行 方 不 明 になったとき その 船 員 の 被 扶 養 者 に 補 償 った 場 合 行 方 不 明 の 日 の 翌 日 から その 行 方 不 明 の 期 間 (3 月 を 超 えるときは 3 月 間 )1 日 につき 平 均 給 与 額 の100%に 相 当 する 金 額 を 支 給 する ただし 当 該 期 間 が1 月 に 満 たない 場 合 は 行 わない 2 福 祉 事 業 の 種 類 と 内 容 福 祉 事 業 は 権 利 としての 性 格 は 有 していませんが 補 償 を 補 完 するための 施 策 ないし 措 置 として 給 付 されるものです 福 祉 事 業 の 種 類 及 び 内 容 は 次 表 の とおりです 福 祉 事 業 の 種 類 福 祉 事 業 の 内 容 (1) 外 科 後 処 置 規 則 別 表 第 3に 定 める 程 度 の 障 害 が 存 する 者 のうち 義 肢 装 着 のた めの 断 端 部 の 再 手 術 等 の 処 置 が 必 要 であると 認 められる 者 等 に 対 して 診 察 薬 剤 又 は 治 療 材 料 の 支 給 等 の 外 科 後 処 置 を 行 う (2) 補 装 具 の 支 給 規 則 別 表 第 3に 定 める 程 度 の 障 害 が 存 する 者 に 対 し 義 肢 義 眼 補 聴 器 車 いす 等 の 補 装 具 の 支 給 を 行 う - 7 -

8 福 祉 事 業 の 種 類 福 祉 事 業 の 内 容 (3) リハビリテーション 規 則 別 表 第 3に 定 める 程 度 の 障 害 が 存 する 者 のうち 社 会 復 帰 のた めに 身 体 的 機 能 の 回 復 等 の 処 置 が 必 要 であると 認 められるものに 対 し て 機 能 訓 練 等 のリハビリテーションを 行 う (4) ア フ タ ー ケ ア 傷 病 が 治 ゆした 者 のうち 外 傷 による 脳 の 器 質 的 損 傷 等 一 定 の 障 害 を 有 する 者 その 他 理 事 長 が 定 める 特 定 の 傷 病 を 有 する 者 が 円 滑 な 社 会 生 活 を 営 むことができるよう 一 定 範 囲 の 処 置 等 を 行 う (5) 休 業 援 護 金 休 業 による 給 与 減 等 を 補 うことを 目 的 として 休 業 補 償 を 受 ける 者 等 に 対 し 原 則 として 給 与 額 の20/100を 支 給 する (6) 在 宅 介 護 を 行 う 介 護 傷 病 補 償 年 金 又 は 障 害 等 級 第 3 級 以 上 の 障 害 補 償 年 金 の 受 給 権 者 の 人 の 派 遣 に 関 する 事 うち 居 宅 において 介 護 を 要 する 者 に 対 し 基 金 の 指 定 する 事 業 者 に 業 おいて 介 護 人 を 派 遣 し または 介 護 等 の 供 与 に 必 要 な 費 用 を 支 給 する (7) 奨 学 援 護 金 遺 族 補 償 年 金 の 受 給 権 者 等 であって 学 校 等 に 在 学 する 者 等 の 学 資 の 支 弁 を 援 護 する 目 的 で 奨 学 援 護 金 を 支 給 する (8) 就 労 保 育 援 護 金 就 業 している 遺 族 補 償 年 金 の 受 給 権 者 等 であって 未 就 学 である 者 の 保 育 費 用 を 援 護 する 目 的 で 就 労 保 育 援 護 金 を 支 給 する (9) 傷 病 特 別 支 給 金 傷 病 補 償 年 金 の 受 給 権 者 に 対 し 見 舞 金 の 趣 旨 で 傷 病 等 級 の 区 分 に 応 じて 傷 病 特 別 支 給 金 を 支 給 する (10) 障 害 特 別 支 給 金 障 害 補 償 の 受 給 権 者 に 対 し 見 舞 金 の 趣 旨 で 障 害 等 級 の 区 分 に 応 じ て 障 害 特 別 支 給 金 を 支 給 する (11) 遺 族 特 別 支 給 金 遺 族 補 償 の 受 給 権 者 に 対 し 弔 慰 見 舞 金 の 趣 旨 で 受 給 権 者 の 区 分 に 応 じて 遺 族 特 別 支 給 金 を 支 給 する (12) 障 害 特 別 援 護 金 障 害 補 償 の 受 給 権 者 に 対 し 生 活 を 援 護 する 趣 旨 で 障 害 等 級 の 区 分 に 応 じて 障 害 特 別 援 護 金 を 支 給 する (13) 遺 族 特 別 援 護 金 遺 族 補 償 の 受 給 権 者 に 対 し 生 活 を 援 護 する 趣 旨 で 受 給 権 者 の 区 分 に 応 じて 遺 族 特 別 援 護 金 を 支 給 する (14) 傷 病 特 別 給 付 金 傷 病 補 償 年 金 の 受 給 権 者 に 対 し 期 末 手 当 等 の 特 別 給 を 給 付 内 容 に 反 映 させる 趣 旨 で 年 金 として 傷 病 特 別 給 付 金 を 支 給 する( 原 則 として 年 金 額 の20/100) - 8 -

9 福 祉 事 業 の 種 類 福 祉 事 業 の 内 容 (15) 障 害 特 別 給 付 金 障 害 補 償 年 金 の 受 給 権 者 に 対 し 年 金 障 害 補 償 一 時 金 の 受 給 権 者 に 対 し 一 時 金 として 期 末 手 当 等 の 特 別 給 を 給 付 内 容 に 反 映 させる 趣 旨 で 障 害 特 別 給 付 金 を 支 給 する( 原 則 として 年 金 一 時 金 の20/100) (16) 遺 族 特 別 給 付 金 遺 族 補 償 年 金 の 受 給 権 者 に 対 し 年 金 遺 族 補 償 一 時 金 の 受 給 権 者 に 対 し 一 時 金 として 期 末 手 当 等 の 特 別 給 を 給 付 内 容 に 反 映 させる 趣 旨 で 遺 族 特 別 給 付 金 を 支 給 する( 原 則 として 年 金 一 時 金 の20/100) (17) 障 害 差 額 特 別 給 付 金 障 害 補 償 年 金 差 額 一 時 金 の 受 給 権 者 に 対 し 失 権 による 遺 族 補 償 一 時 金 により 支 給 される 特 別 給 付 金 との 均 衡 を 考 慮 し 一 時 金 として 障 害 差 額 特 別 給 付 金 を 支 給 する (18) 長 期 家 族 介 護 者 援 護 傷 病 補 償 年 金 又 は 障 害 補 償 年 金 の 受 給 権 者 (せき 髄 その 他 神 経 系 統 金 の 機 能 若 しくは 精 神 又 は 胸 腹 部 臓 器 の 著 しい 障 害 により 常 に 介 護 を 要 する 者 に 限 る )が 当 該 年 金 を 支 給 すべき 事 由 が 生 じた 日 の 翌 日 から 起 算 して10 年 を 経 過 した 日 以 後 に 死 亡 した 場 合 (その 死 亡 が 公 務 上 の 災 害 又 は 通 勤 による 災 害 と 認 められる 場 合 を 除 く )に 一 定 の 要 件 を 満 たす 遺 族 に 対 し 一 時 金 として100 万 円 を 支 給 する なお 補 償 及 び 福 祉 事 業 の 請 求 申 請 に 係 る 具 体 的 手 続 等 については 当 支 部 発 行 の 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 のしおり を 参 照 してください 第 7 補 償 請 求 権 の 時 効 補 償 を 受 ける 権 利 は 退 職 した 場 合 にも 影 響 を 受 けませんが 請 求 事 由 が 生 じ た 日 から2 年 間 ( 障 害 補 償 及 び 遺 族 補 償 については5 年 間 ) 補 償 請 求 を 行 わない と 時 効 によって 消 滅 します なお 時 効 は 補 償 を 受 ける 権 利 が 発 生 した 日 の 翌 日 から 起 算 することとされ ています - 9 -

10 第 8 不 服 審 査 制 度 1 不 服 申 立 について 基 金 支 部 は 被 災 職 員 又 は 遺 族 の 請 求 に 基 づいて 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 や 各 種 補 償 の 決 定 等 を 行 いますが これらの 処 分 に 対 して 不 服 がある 場 合 には 被 災 職 員 又 はその 遺 族 は 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 京 都 府 支 部 審 査 会 に 対 し 審 査 請 求 をすることができます また 支 部 審 査 会 の 裁 決 に 不 服 がある 場 合 は さらに 基 金 本 部 に 設 置 され ている 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 審 査 会 に 対 して 再 審 査 請 求 をすることがで きます 2 審 査 請 求 の 対 象 となる 処 分 不 服 申 立 の 対 象 となる 処 分 は 基 金 が 行 う 補 償 に 関 する 決 定 であって 具 体 的 には 次 のようなものがあります (1) 公 務 上 外 の 認 定 (2) 通 勤 災 害 該 当 非 該 当 の 認 定 (3) 各 種 補 償 の 支 給 不 支 給 の 決 定 (4) 補 償 の 受 給 権 者 の 決 定 3 審 査 請 求 の 方 法 審 査 請 求 については 行 政 不 服 審 査 法 の 規 定 が 適 用 され この 規 定 により 審 査 請 求 制 度 は 運 営 されます したがって 支 部 審 査 会 への 審 査 請 求 は 処 分 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 に また 支 部 審 査 会 の 裁 決 に 対 して 更 に 本 部 審 査 会 に 再 審 査 請 求 を 行 うときは 支 部 審 査 会 の 裁 決 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して30 日 以 内 に それぞれ 書 面 を 提 出 しなければなりません なお 審 査 請 求 に 当 たっては 定 められた 様 式 はありませんが 次 の 事 項 を 記 載 することが 必 要 とされています (1) 審 査 請 求 人 の 氏 名 年 齢 住 所 (2) 審 査 請 求 に 係 る 処 分 (3) 審 査 請 求 に 係 る 処 分 があったことを 知 った 年 月 日 (4) 審 査 請 求 の 趣 旨 及 び 事 由

11 (5) 処 分 庁 の 教 示 の 有 無 及 びその 内 容 (6) 審 査 請 求 の 年 月 日 (7) 代 理 人 によって 審 査 請 求 するときは 代 理 人 の 氏 名 住 所 4 審 査 機 関 支 部 審 査 会 及 び 本 部 審 査 会 は 処 分 庁 である 支 部 や 本 部 から 独 立 した 第 三 者 機 関 であり 処 分 庁 の 行 った 補 償 に 関 する 決 定 の 適 格 性 を 審 理 し 補 償 に 関 す る 処 分 の 公 正 かつ 妥 当 性 を 保 障 するための 機 関 です 京 都 府 支 部 審 査 会 は 学 識 経 験 を 有 する3 名 の 委 員 によって 組 織 されていま す 審 査 会 の 事 務 局 は 次 のところに 置 かれています 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 京 都 府 支 部 審 査 会 京 都 市 上 京 区 下 立 売 通 新 町 西 入 薮 ノ 内 町 京 都 府 給 与 厚 生 課 内 電 話 (075) ( 直 通 ) 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 審 査 会 東 京 都 千 代 田 区 平 河 町 平 河 町 森 タワー8 階 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 審 査 課 内 電 話 (03) ( 直 通 ) 5 訴 えの 提 起 審 査 請 求 再 審 査 請 求 に 対 する 裁 決 の 結 果 についてなお 不 服 がある 者 は 行 政 事 件 訴 訟 法 の 定 めるところにより 訴 訟 による 救 済 を 求 めることができるこ とになっています なお 訴 えの 提 起 は 原 則 として 審 査 請 求 又 は 再 審 査 請 求 に 対 する 審 査 会 の 裁 決 を 経 た 後 でなければすることができないこととされています

12 第 9 公 務 災 害 補 償 制 度 における 任 命 権 者 ( 所 属 長 )の 役 割 基 金 は 本 来 任 命 権 者 が 行 うべき 補 償 の 実 施 をこれに 代 わって 行 うものとさ れていることからも 明 らかなように 補 償 の 実 施 に 当 たっては 任 命 権 者 ( 所 属 長 )の 協 力 がどうしても 必 要 です 法 令 等 は 次 のような 規 定 を 置 き 補 償 手 続 の 各 過 程 で 任 命 権 者 の 積 極 的 な 関 与 を 求 めていますが これ 以 外 にも 任 命 権 者 は 被 災 職 員 の 状 況 等 を 常 に 把 握 し 適 正 な 補 償 が 受 けられるよう 職 員 を 指 導 援 助 することが 必 要 です 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 に 関 して 任 命 権 者 の 意 見 を 付 すること ( 法 第 45 条 第 2 項 ) 請 求 書 の 記 載 事 項 について 所 属 長 の 証 明 を 受 けること ( 地 方 公 務 員 災 害 補 償 基 金 業 務 規 程 第 7 条 第 2 項 ) 各 種 の 請 求 書 について 任 命 権 者 を 経 由 すること ( 規 則 第 30 条 第 1 項 第 2 項 ) 被 災 職 員 が 補 償 請 求 その 他 の 手 続 を 行 うに 当 たり 任 命 権 者 は 指 導 援 助 す ること ( 規 則 第 49 条 第 1 項 ) また 行 政 手 続 法 の 規 定 に 基 づき 任 命 権 者 として 次 のことに 留 意 する 必 要 があ ります 審 査 基 準 の 公 表 ( 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 基 準 や 補 償 に 関 する 取 扱 通 知 等 を 閲 覧 に 供 するか 求 めに 応 じて 提 示 すること ) 標 準 処 理 期 間 の 設 定 を 踏 まえた 迅 速 な 処 理 標 準 処 理 期 間 は 次 のとおりです

13 標 準 処 理 期 間 一 覧 ( 単 位 : 月 ) 補 償 の 任 命 権 者 における 基 金 における 全 体 の 標 準 決 定 内 容 種 類 標 準 処 理 期 間 標 準 処 理 期 間 処 理 期 間 当 初 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 負 傷 ) 療 養 補 償 及 び 当 初 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 負 傷 に 起 因 する 疾 病 等 ) 休 業 補 償 当 初 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 精 神 疾 病 ) 回 目 以 降 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 1 障 害 補 償 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 4 介 護 補 償 当 初 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 4 2 回 目 以 降 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 1 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 負 傷 による 死 亡 ) 遺 族 補 償 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 負 傷 に 起 因 する 及 び 疾 病 等 と 相 当 因 果 関 係 をもって 生 じた 死 亡 ) 葬 祭 補 償 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 ( 精 神 疾 病 と 相 当 因 果 関 係 をもって 生 じた 死 亡 ) ( 注 )1 この 表 において 負 傷 に 起 因 する 疾 病 等 とは 地 方 公 務 員 災 害 補 償 法 施 行 規 則 ( 昭 和 42 年 自 治 省 令 第 27 号 ) 第 1 条 の3 各 号 及 び 別 表 第 1 第 1 号 から 第 8 号 までに 規 定 する 疾 病 をいい 精 神 疾 病 とは 同 表 第 9 号 に 規 定 する 疾 病 をいう 2 療 養 補 償 及 び 休 業 補 償 の 当 初 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 の 標 準 処 理 期 間 には 公 務 上 の 災 害 ( 通 勤 による 災 害 を 含 む 以 下 同 じ )であるかどうかの 認 定 に 要 する 期 間 も 含 まれる 3 療 養 補 償 及 び 休 業 補 償 について 公 務 上 の 災 害 の 認 定 後 に 当 初 の 支 給 請 求 がなされ た 場 合 には 当 該 請 求 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 に 要 する 標 準 処 理 期 間 は 2 回 目 以 降 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 の 標 準 処 理 期 間 による 4 障 害 補 償 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 の 標 準 処 理 期 間 には 等 級 決 定 に 要 する 期 間 も 含 まれる 5 介 護 補 償 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 の 標 準 処 理 期 間 には 介 護 を 要 する 状 態 の 区 分 の 決 定 に 要 する 期 間 も 含 まれる 6 遺 族 補 償 及 び 葬 祭 補 償 の 支 給 ( 不 支 給 ) 決 定 の 標 準 処 理 期 間 には 公 務 上 の 災 害 であるかどうかの 認 定 及 び 遺 族 の 決 定 に 要 する 期 間 も 含 まれる 7 任 命 権 者 における 標 準 処 理 期 間 とは 窓 口 において 請 求 を 受 理 してから 支 部 に 到 達 するまでの 期 間 をいうものである 8 基 金 における 標 準 処 理 期 間 とは 任 命 権 者 から 請 求 が 到 達 してから 支 給 する 日 又 は 不 支 給 決 定 を 通 知 した 日 までの 期 間 をいうものである

14 第 10 災 害 発 生 から 補 償 実 施 までの 事 務 の 流 れ 1 災 害 が 発 生 したときは 被 災 職 員 又 はその 遺 族 は 京 都 府 支 部 長 に 対 し 任 命 権 者 を 経 由 して 当 該 災 害 が 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 であることの 認 定 を 求 める 請 求 を 行 い これとあわせて 又 はその 後 に 各 種 補 償 の 請 求 を 行 う 2 任 命 権 者 は 提 出 されたこれら 請 求 書 の 記 載 内 容 を 点 検 し 所 要 の 証 明 等 を 行 うとともに 認 定 請 求 については 当 該 災 害 の 認 定 に 関 して 意 見 を 付 し 支 部 長 に 送 付 する 3 支 部 長 は 上 記 認 定 請 求 について 内 容 を 審 査 の 上 当 該 災 害 が 公 務 又 は 通 勤 により 生 じたものかどうか を 認 定 し その 結 果 を 請 求 者 及 び 任 命 権 者 に 通 知 す る 4 公 務 災 害 又 は 通 勤 災 害 と 認 定 された 災 害 に 係 る 各 種 補 償 の 請 求 に 対 しては 法 の 定 めるところに 従 い 現 物 給 付 又 は 金 銭 給 付 の 形 で 補 償 を 行 う

15 以 上 の 事 務 フローを 図 示 すると 次 のとおりです 認 定 基 金 本 部 補 償 内 部 協 議 認 定 補 償 の 実 施 に 関 する 権 限 の 委 任 5 認 定 通 知 4 認 定 3 意 見 添 付 基 金 支 部 2 補 償 の 決 定 3 補 償 の 決 定 通 知 6 療 養 補 償 費 の 支 払 任 命 権 者 指 定 医 療 機 関 及 びその 他 の 医 療 機 関 2 災 害 発 生 に 関 する 証 明 等 4 補 償 の 支 給 所 属 長 5 診 察 治 療 処 置 等 ( 療 養 の 給 付 ) 1 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 請 求 災 害 発 生 1 補 償 の 請 求 被 災 職 員 等 この 手 引 では 実 務 上 特 に 問 題 となる 公 務 災 害 通 勤 災 害 の 認 定 手 続 について 説 明 し ています 各 種 の 補 償 については 公 務 災 害 通 勤 災 害 補 償 のしおり を 参 照 してください

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3

(2) 特 別 障 害 給 付 金 国 民 年 金 に 任 意 加 入 していなかったことにより 障 害 基 礎 年 金 等 を 受 給 していない 障 がい 者 の 方 に 対 し 福 祉 的 措 置 として 給 付 金 の 支 給 を 行 う 制 度 です 支 給 対 象 者 平 成 3 年 3 1. 障 害 年 金 制 度 等 (1) 障 害 年 金 障 害 年 金 は 疾 病 又 は 負 傷 し これらに 起 因 する 傷 病 について 一 定 の 障 がい 等 級 に 該 当 する 程 度 の 障 がいの 状 態 にある 時 に 支 給 される 公 的 年 金 制 度 です 支 給 要 件 障 がいの 原 因 となった 傷 病 の 症 状 を 初 めて 医 師 に 診 察 してもらった

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329>

< B4B92F F8D F591DE90458EE893968B4B92F FC90B329> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 1 0 号 最 新 改 正 平 成 24 年 12 月 28 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 管 理 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 28 年 度 市 県 民 税 の 計 算 方 法 ( 鳥 取 市 ) まず 計 算 の 全 体 の 流 れを 示 すと 以 下 のようになります 総 所 得 金 - 所 得 控 除 = ( 千 円 未 満 切 り 捨 て ) 課 税 標 準 所 得 割 の 税 率 6% 所 得 割 の 税 率 4% 算 出 調 整 税 控 均 等 割 所 得 割 - - + 控 除 除 = 算 出 調 整

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

1 総括

1 総括 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 伊 東 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B 人 件 費 率 B/A ( 参 考 )25 年 度 の 人 件 費 率 26 年 度 71,782 人 26,079,012 564,552 5,245,658

More information

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い

となるため 退 職 をし かつ 引 き 続 き 国 家 公 務 員 等 として 在 職 (その 者 が 更 に 引 き 続 き 当 該 国 家 公 務 員 以 外 の 他 の 国 等 の 機 関 に 係 る 国 家 公 務 員 等 として 在 職 した 場 合 を 含 む )した 後 引 き 続 い 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 規 程 第 5 号 最 新 改 正 平 成 27 年 7 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 の 退 職 手 当 について は この 規 程 の 定 めるところによる 2 この

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱

防府市知的障害者生活協力員紹介事業実施要綱 防 府 市 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 齢 者 のうち 国 民 年 金 制 度 上 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできない 在 日 外 国 人 及 び 帰 国 者 等 に 対 し 在 日 外 国 人 等 高 齢 者 福 祉 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )を

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を 産 休 等 代 替 職 員 制 度 実 施 要 綱 第 1 性 格 及 び 目 的 産 休 等 代 替 職 員 制 度 は 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 又 は 傷 病 のため 長 期 間 にわたって 継 続 する 休 暇 を 必 要 とする 場 合 その 職 員 の 職 務 を 行 わせるための 産 休 等 代 替 職 員 を 当 該 児 童 福 祉 施 設 等 の 長 が

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx

Microsoft Word - 制度の概要_ED.docx 退 職 手 当 制 度 について 制 度 の 概 要 1 退 職 手 当 の 支 給 根 拠 退 職 手 当 は 地 方 自 治 法 第 204 条 第 2 項 ( 諸 手 当 )の 規 定 に 基 づき 地 方 公 共 団 体 が 職 員 に 支 給 する 手 当 の 一 つです 同 条 第 3 項 において その 額 及 びその 支 給 方 法 は 条 例 で 定 めなければならな いとしており

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟

5 満 60 歳 以 上 の 祖 父 母 二 親 等 の 直 系 血 族 である 実 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 又 は 養 父 母 の 実 父 母 若 しくは 養 父 母 をいう 6 満 22 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 31 日 までの 間 にある 弟 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて 昭 和 61 年 6 月 30 日 埼 例 規 第 27 号 務 警 察 本 部 長 扶 養 親 族 認 定 事 務 の 取 扱 いについて( 例 規 通 達 ) 扶 養 手 当 の 認 定 等 については 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 ( 昭 和 27 年 埼 玉 県 条 例 第 19 号 以 下 条 例 という ) 扶 養 手

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱

神戸市重度障害者特別給付金支給要綱 神 戸 市 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 昭 和 56 年 法 律 第 86 号 )の 施 行 に 伴 い 同 法 の 施 行 日 ( 昭 和 57 年 1 月 1 日 ) 前 に20 歳 に 達 していた 外 国 人 等 で 年 金 制 度 の 有 する 被 保 険 者

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

障害福祉制度あらまし目次

障害福祉制度あらまし目次 4 年 金 手 当 障 害 基 礎 年 金 次 の 要 件 をすべて 満 たす 方 に 障 害 基 礎 年 金 が 支 給 されます 要 年 金 額 支 給 制 限 件 1 初 診 日 が 20 歳 前 であるか 初 診 日 において 国 民 年 金 に 加 入 中 の 方 もしくは 国 民 年 金 に 加 入 したことのある 60 歳 以 上 65 歳 未 満 で 日 本 国 内 に 住 所 がある

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章

Microsoft Word - 【溶け込み】【修正】第2章~第4章 第 4 章 金 要 件 と 金 額 1 ( 高 齢 になった 場 合 に 受 け 取 れる 金 ) 要 件 1 受 資 格 期 間 保 険 料 納 付 済 期 間 と 保 険 料 免 除 期 間 を 合 わせて25 以 上 あること (ただし 金 額 には 反 映 されないが 受 資 格 期 間 には 算 入 される 合 算 対 象 期 間 があります) 消 費 税 が 引 き 上 げられる 27

More information

児童扶養手当(大阪府)

児童扶養手当(大阪府) 児 童 扶 養 手 当 児 童 扶 養 手 当 は 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない18 歳 到 達 後 最 初 の 年 度 末 までの 児 童 ( 児 童 に 政 令 で 定 める 程 度 の 障 がいがある 場 合 は 20 歳 未 満 の 児 童 ) を 監 護 しているひとり 親 家 庭 の 母 又 は 父 等 に 支 給 されます 父 又 は 母 と 生 計 を 同 じくしていない

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information