Microsoft Word docx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 20130308040.docx"

Transcription

1 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした 状 況 の 脱 却 に 向 け 地 域 経 済 の 活 性 化 は 重 要 な 課 題 であり その 際 地 域 からの 経 済 成 長 を 支 える 地 方 税 財 政 の 仕 組 みが 必 要 となる しかしながら 近 年 地 方 税 や 地 方 交 付 税 の 原 資 となる 国 税 5 税 が 伸 び 悩 み 社 会 保 障 関 係 費 の 増 大 等 を 背 景 に 地 方 財 政 は 厳 しい 状 況 が 続 いており 地 方 交 付 税 等 の 地 方 一 般 財 源 の 充 実 強 化 が 求 められている こうした 中 平 成 24 年 11 月 に 衆 議 院 が 解 散 され 第 46 回 衆 議 院 総 選 挙 の 結 果 を 受 け 12 月 26 日 に 自 民 党 公 明 党 連 立 政 権 の 第 2 次 安 倍 内 閣 が 発 足 した 自 民 党 は 政 権 公 約 1 で 地 方 公 共 団 体 の 安 定 的 な 財 政 運 営 に 不 可 欠 な 地 方 税 交 付 税 等 の 一 般 財 源 を 確 保 とす る 一 方 地 方 公 務 員 等 を 含 む 公 務 員 総 人 件 費 を 国 地 方 合 わせて2 兆 円 削 減 することも 明 記 していた 国 の 財 政 状 況 が 逼 迫 する 中 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 が 平 成 25 年 度 予 算 編 成 での 焦 点 に 浮 上 し 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 において その 行 方 が 注 目 された 本 稿 では 近 年 の 地 方 財 政 対 策 と 地 方 公 務 員 給 与 削 減 問 題 を 巡 る 経 緯 を 概 観 し 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 を 紹 介 する 1. 近 年 の 地 方 財 政 対 策 (1) 地 方 財 政 対 策 とは 国 や 地 方 公 共 団 体 は 国 民 の 福 祉 の 増 進 を 図 るために 行 政 を 行 っている 地 方 公 共 団 体 が 提 供 する 行 政 サービスは 全 国 的 に 一 定 の 規 模 水 準 が 求 められるが 行 政 事 務 の 多 く は 法 令 の 規 定 によってその 実 施 が 義 務 付 けられている そこで 国 として 全 ての 地 方 公 共 団 体 が 法 令 によって 義 務 付 けられた 事 務 事 業 を 円 滑 に 実 施 できるよう 財 源 を 保 障 する ため 毎 年 度 翌 年 度 の 地 方 団 体 の 歳 入 歳 出 総 額 の 見 込 額 に 関 する 書 類 (いわゆる 地 方 財 政 計 画 )が 策 定 される 2 国 の 予 算 編 成 では 各 府 省 は 翌 年 度 の 予 算 要 求 を 財 務 省 に 提 出 するとともに 地 方 団 体 の 負 担 を 伴 うものについては 総 務 省 に 調 書 を 提 出 する これを 受 け 国 の 予 算 編 成 作 業 に 並 行 して 地 方 財 政 計 画 の 策 定 作 業 に 入 り その 過 程 において 翌 年 度 の 地 方 財 政 全 体 の 収 支 見 通 しが 行 われ 地 方 交 付 税 法 第 6 条 に 規 定 された 地 方 交 付 税 総 額 ( 国 税 5 税 の 一 定 割 合 ) 1 自 民 党 重 点 政 策 2012 J-ファイル 2012 総 合 政 策 集 2 地 方 交 付 税 法 第 7 条 の 規 定 により 内 閣 は 毎 年 度 作 成 して 国 会 に 提 出 するとともに 一 般 に 公 表 しなければ ならない 40 ( 参 議 院 事 務 局 企 画 調 整 室 編 集 発 行 )

2 で 収 支 が 均 衡 するかが 検 証 される その 結 果 収 支 に 過 不 足 が 発 生 する 場 合 それが 均 衡 するよう 行 う 財 源 対 策 が 地 方 財 政 対 策 であり 財 源 不 足 分 を 地 方 債 の 増 発 一 般 会 計 加 算 等 により 確 保 する 地 方 財 政 対 策 の 決 定 とこれを 踏 まえた 地 方 財 政 計 画 の 策 定 を 通 じ 地 方 財 政 全 体 として 標 準 的 な 行 政 水 準 を 提 供 するために 必 要 な 財 源 が 保 障 される 仕 組 みに なっている 図 表 1 国 の 予 算 と 地 方 財 政 計 画 について ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 (2) 地 方 財 源 不 足 に 関 する 地 方 交 付 税 法 第 6 条 の3 第 2 項 の 対 応 近 年 地 方 財 政 は 景 気 の 低 迷 に 加 え 社 会 保 障 関 係 費 の 自 然 増 及 び 減 税 や 景 気 対 策 な ど 国 の 施 策 に 地 方 が 協 力 してきたことによる 公 債 費 の 増 嵩 等 を 主 な 原 因 として 毎 年 度 巨 額 の 地 方 財 源 不 足 が 発 生 しており 平 成 8 年 度 以 降 は 毎 年 度 連 続 して 地 方 交 付 税 法 第 6 条 の3 第 2 項 に 規 定 する 財 源 不 足 が 生 じている 同 規 定 は 地 方 交 付 税 の 原 資 となる 国 税 5 税 の 税 収 の 法 定 率 分 ( 所 得 税 及 び 酒 税 の 32% 法 人 税 の 34% 消 費 税 の 29.5% たば こ 税 の 25%)が 必 要 な 地 方 交 付 税 総 額 と 比 べ 著 しく 不 足 する 場 合 には 地 方 行 財 政 の 制 度 改 正 又 は 法 定 率 の 引 上 げにより 必 要 な 総 額 を 確 保 するとしている 政 府 の 国 会 答 弁 によれば 1 地 方 財 政 対 策 を 講 じる 前 のマクロの 財 源 不 足 があり 2そ の 額 が 地 方 交 付 税 の 法 定 率 分 の 約 1 割 以 上 となり 3その 状 況 が2 年 連 続 して 生 じ 3 年 度 目 以 降 も 続 くと 見 込 まれる 場 合 に 地 方 行 財 政 の 制 度 改 正 又 は 法 定 率 の 引 上 げ を 行 うとしている しかしながら 国 も 厳 しい 財 政 状 況 にある 中 で 法 定 率 の 引 上 げは 行 え ない 等 の 理 由 から 同 規 定 に 該 当 する 場 合 近 年 は 法 定 率 の 引 上 げ 3 ではなく 地 方 行 財 3 法 定 率 は 地 方 財 源 不 足 に 対 処 するため 制 度 発 足 時 から 順 次 引 上 げられ 昭 和 41 年 度 に 法 定 3 税 ( 所 得 税 酒 税 法 人 税 )の 32%となってからは 据 え 置 かれた 平 成 11 年 度 12 年 度 19 年 度 に 法 人 税 の 法 定 率 が 変 更 されたが これは 交 付 税 法 第 6 条 の3 第 2 項 によるものでなく 国 税 の 減 税 等 への 対 応 として 交 付 税 財 源 を 確 41

3 政 の 制 度 改 正 に 当 たる 措 置 が 講 じられてきている そして 平 成 13 年 度 以 降 は 国 と 地 方 の 折 半 ルール ( 以 下 折 半 ルール という )に 基 づく 財 源 対 策 が 行 われている これ は 総 務 財 務 両 大 臣 の 折 衝 における 取 決 めに 基 づく 地 方 財 源 不 足 の 補 塡 ルールであり 基 本 的 な 形 は 地 方 財 源 不 足 額 のうち 財 源 対 策 債 4 の 増 発 や 国 の 一 般 会 計 加 算 ( 既 往 法 定 分 5 ) 等 を 除 いた 残 余 の 財 源 不 足 額 ( 折 半 対 象 財 源 不 足 額 )を 国 と 地 方 が 折 半 して 補 塡 す るというものである これを 踏 まえ 国 は 折 半 対 象 財 源 不 足 額 の 半 分 を 一 般 会 計 から 加 算 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 )して 地 方 交 付 税 を 増 額 し 残 り 半 分 は 地 方 が 特 例 地 方 債 ( 臨 時 財 政 対 策 債 6 )を 発 行 することにより 補 塡 する 平 成 13 年 度 に 折 半 ルールが 制 度 化 された 当 初 は3 年 間 の 措 置 とされていたが 平 成 16 年 度 及 び 平 成 19 年 度 の 見 直 しにおいても それぞれ3 年 間 の 措 置 として 継 続 され 民 主 党 への 政 権 交 代 後 の 平 成 22 年 度 は 単 年 度 の 措 置 として 平 成 23 年 度 は 平 成 25 年 度 までの3 年 間 の 措 置 として 継 続 された 図 表 2 地 方 財 源 不 足 に 関 する 地 方 交 付 税 法 第 6 条 の3 第 2 項 の 対 応 年 度 昭 和 平 成 8~9 10~12 13~15 16~18 19~21 22 対 応 の 内 容 単 年 度 の 措 置 として 財 源 不 足 額 を 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 で 補 塡 し その 償 還 時 に 元 金 の 1/2 相 当 額 を 臨 時 地 方 特 例 交 付 金 として 国 が 負 担 することを 法 定 当 分 の 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 を 交 付 税 特 別 会 計 で 補 塡 した 場 合 その 償 還 時 に 元 金 の 1/2 相 当 額 を 臨 時 地 方 特 例 交 付 金 として 国 が 負 担 することを 法 定 昭 和 53 年 度 創 設 の 制 度 を 廃 止 し 地 方 交 付 税 法 附 則 第 3 条 ( 交 付 税 の 総 額 についての 特 例 措 置 ) を 創 設 単 年 度 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 地 方 交 付 税 対 応 分 について 国 と 地 方 が 折 半 して 負 担 す ることとし 臨 時 特 例 加 算 及 び 国 負 担 分 の 借 入 金 の 償 還 財 源 の 繰 入 れを 法 定 3 年 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 を 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 で 補 塡 し 借 入 金 の 償 還 は 国 と 地 方 が 折 半 して 負 担 する 等 の 措 置 3 年 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 1/2 は 国 が 一 般 会 計 から 加 算 し( 臨 時 財 政 対 策 加 算 ) 残 りは 地 方 が 臨 時 財 政 対 策 債 ( 元 利 償 還 金 相 当 額 を 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 )を 発 行 することにより 補 塡 するとともに 予 定 されている 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 の 償 還 を 繰 り 延 べる (ただし 平 成 年 度 は 特 別 会 計 借 入 金 方 式 をそれぞれ 1/2 1/4 併 用 ) 3 年 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 1/2 は 国 が 臨 時 財 政 対 策 加 算 残 りを 地 方 が 臨 時 財 政 対 策 債 を 発 行 することにより 補 塡 するとともに 同 期 間 中 に 予 定 されている 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 の 償 還 を 平 成 22 年 度 以 降 に 繰 り 延 べる 3 年 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 1/2 は 国 が 臨 時 財 政 対 策 加 算 残 りを 地 方 が 臨 時 財 政 対 策 債 を 発 行 することにより 補 塡 する 平 成 18 年 度 補 正 時 から 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 の 償 還 が 開 始 されたが その 後 平 成 19~21 年 度 に 予 定 されていた 償 還 は それぞれ 平 成 25 年 度 以 降 に 繰 り 延 べられた 単 年 度 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 1/2 は 国 が 臨 時 財 政 対 策 加 算 残 りは 地 方 が 臨 時 財 政 対 策 債 を 発 行 することにより 補 塡 する 平 成 22 年 度 に 予 定 されていた 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 の 償 還 は 平 成 28 年 度 以 降 に 繰 り 延 べられた 保 するために 行 われた なお 平 成 元 年 度 に 消 費 税 とたばこ 税 が 対 象 税 目 に 加 わったのは それぞれ 税 制 の 抜 本 改 革 等 国 庫 補 助 負 担 率 の 見 直 し 等 が 契 機 4 地 方 財 源 不 足 額 を 補 塡 するために 増 発 される 建 設 地 方 債 ( 地 方 財 政 法 第 5 条 の 地 方 債 ) 5 過 去 の 地 方 財 政 対 策 に 基 づき 地 方 交 付 税 法 の 定 めるところにより 国 の 一 般 会 計 から 加 算 するとされている 額 6 地 方 一 般 財 源 の 不 足 に 対 処 するため 投 資 的 経 費 以 外 の 経 費 にも 充 てられる 地 方 財 政 法 第 5 条 の 特 例 として 発 行 される 地 方 債 である 地 方 公 共 団 体 の 実 際 の 借 入 れの 有 無 にかかわらず その 元 利 償 還 金 相 当 額 を 後 年 度 の 基 準 財 政 需 要 額 に 算 入 することとされている 42

4 23~25 3 年 間 の 措 置 として 財 源 不 足 額 のうち 1/2 は 国 が 臨 時 財 政 対 策 加 算 残 りは 地 方 が 臨 時 財 政 対 策 債 を 発 行 することにより 補 塡 する なお 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 については 新 たな 償 還 計 画 を 策 定 した 上 で 償 還 を 開 始 ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 より 調 査 室 作 成 2. 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 を 巡 る 動 き (1) 国 家 公 務 員 給 与 の 引 下 げと 地 方 公 務 員 給 与 平 成 24 年 2 月 に 成 立 した 国 家 公 務 員 の 給 与 の 改 定 及 び 臨 時 特 例 に 関 する 法 律 ( 平 成 24 年 法 律 第 2 号 ) 7 により 国 家 公 務 員 給 与 は 東 日 本 大 震 災 の 復 興 財 源 に 充 てるため 平 成 24 年 度 及 び 平 成 25 年 度 の2 年 間 特 例 として 平 均 7.8% 引 き 下 げられることになっ た 本 法 の 国 会 審 議 では 国 家 公 務 員 の 給 与 引 下 げを 地 方 公 務 員 給 与 へも 波 及 させるかが 焦 点 となり 民 主 自 民 公 明 の3 党 協 議 を 踏 まえ 衆 議 院 修 正 8 で 地 方 公 務 員 法 及 びこ の 法 律 の 趣 旨 を 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 において 自 主 的 かつ 適 切 に 対 応 されるものとする 規 定 が 附 則 第 12 条 に 追 加 された 国 の 財 政 運 営 が 厳 しさを 増 す 中 11 月 1 日 に 財 務 大 臣 の 諮 問 機 関 である 財 政 制 度 等 審 議 会 の 財 政 制 度 分 科 会 が 開 催 され その 際 財 務 省 から 給 与 改 定 特 例 法 による 引 下 げ 後 の 国 家 公 務 員 給 与 ( 行 政 職 ( 一 ))と 比 較 した 地 方 公 務 員 給 与 ( 一 般 行 政 職 員 )のラスパイレ ス 指 数 を 試 算 すると 平 成 24 年 度 は 程 度 と 地 方 公 務 員 の 方 が 約 7% 高 くなり 8 割 超 の 自 治 体 の 地 方 公 務 員 給 与 が 国 家 公 務 員 より 高 い 水 準 になるとの 試 算 が 示 された( 図 表 3 参 照 ) また 地 方 公 務 員 が 国 家 公 務 員 並 に 給 与 を 引 き 下 げた 場 合 地 方 財 政 計 画 ベース で 年 1.2 兆 円 程 度 の 歳 出 削 減 効 果 が 見 込 まれ うち 国 が 負 担 する6 千 億 円 9 を 交 付 税 総 額 か ら 減 額 することが 可 能 になると 見 込 まれた( 図 表 3 参 照 ) これを 踏 まえ どこまで 地 方 公 務 員 給 与 水 準 を 地 方 交 付 税 で 財 源 保 障 すべきかが 論 点 とされた 10 (2) 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 の 策 定 経 緯 民 主 党 政 権 では 平 成 25 年 度 の 地 方 財 政 について 例 年 同 様 財 政 運 営 戦 略 に 基 づき 定 める 中 期 財 政 フレーム( 平 成 25 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) 及 び 概 算 要 求 組 替 え 基 準 と 基 調 を 合 わせつつ 社 会 保 障 費 の 自 然 増 に 対 応 する 地 方 財 源 の 確 保 を 含 め 一 般 財 源 総 額 に ついて 実 質 的 に 平 成 24 年 度 の 水 準 を 下 回 らないよう 確 保 する 方 針 であった そして 概 算 要 求 時 点 での 仮 試 算 11 において 平 成 25 年 度 地 方 交 付 税 は 17 兆 1,970 億 円 一 般 財 源 7 民 主 自 民 公 明 の 共 同 提 出 8 自 民 公 明 の 共 同 提 案 9 国 と 地 方 の 折 半 ルールによる 10 財 政 制 度 等 審 議 会 が 平 成 25 年 1 月 21 日 に 取 りまとめた 平 成 25 年 度 予 算 編 成 に 向 けた 考 え 方 の 中 では 地 方 公 務 員 給 与 について 国 家 公 務 員 人 件 費 の 削 減 という 国 の 歳 出 の 取 組 みと 基 調 を 合 わせて 地 方 財 政 計 画 の 給 与 関 係 経 費 を 見 積 もることが 必 要 と 考 えられる としている 11 地 方 団 体 から 地 方 財 政 収 支 の 見 通 しを 早 めに 示 してほしいとの 強 い 要 望 があったことを 受 け 平 成 17 年 度 概 算 要 求 時 から 概 算 要 求 の 段 階 で 示 しうる 地 方 財 政 収 支 の 仮 試 算 を 作 成 することになり これに 基 づく 臨 時 財 政 対 策 加 算 額 等 を 概 算 要 求 することになった ただし 仮 試 算 は 国 の 概 算 要 求 基 準 等 に 基 づき 機 械 的 に 積 算 した 仮 置 きの 数 値 であり 経 済 情 勢 の 推 移 国 の 予 算 編 成 の 動 向 税 制 改 正 の 内 容 等 を 踏 まえ その 内 容 は 修 正 される 43

5 総 額 見 込 みは 60 兆 円 程 度 ( 平 成 24 年 度 :59 兆 6,241 億 円 )とされた その 後 11 月 に 衆 議 院 が 解 散 され 総 選 挙 が 執 行 されるに 当 たり 自 民 党 は 選 挙 公 約 で 将 来 の 国 家 像 を 見 据 え 計 画 性 を 持 って 地 方 公 務 員 等 を 含 む 公 務 員 総 人 件 費 を 国 地 方 合 わせて2 兆 円 削 減 する ことを 盛 り 込 んだ また 選 挙 後 の 自 民 党 公 明 党 連 立 政 権 合 意 12 でも 国 地 方 にわたる 公 務 員 の 総 人 件 費 を 縮 減 する とした そして 安 倍 内 閣 発 足 後 麻 生 副 総 理 兼 財 務 大 臣 は 12 月 27 日 の 会 見 で 少 なくとも 地 方 の 公 務 員 給 与 は 下 げ ることになっていたのではないかと 述 べ 平 成 25 年 度 予 算 編 成 において 地 方 公 務 員 の 給 与 削 減 が 焦 点 として 浮 上 した 図 表 3 地 方 公 務 員 給 与 と 国 家 公 務 員 給 与 の 比 較 ( 出 所 ) 財 政 制 度 等 審 議 会 財 政 制 度 分 科 会 ( 平 ) 資 料 平 成 25 年 1 月 15 日 に 国 と 地 方 の 協 議 の 場 が 開 催 され 麻 生 副 総 理 兼 財 務 大 臣 は 国 家 公 務 員 給 与 の 平 均 7.8% 削 減 に 対 応 して 地 方 公 務 員 の 給 与 を 引 き 下 げるよう 地 方 六 団 体 に 正 式 に 要 請 し 地 方 交 付 税 を 削 減 する 意 向 を 伝 えた これに 対 して 地 方 側 は これま で 国 に 先 んじて 人 員 の 大 幅 な 削 減 や 独 自 の 給 与 削 減 を 重 ねているなどとして 強 く 反 発 し その 後 も 政 府 と 地 方 団 体 との 間 で 激 しいせめぎ 合 いが 続 いた 22 日 に 開 催 された 総 務 大 臣 地 方 六 団 体 会 合 では 新 藤 総 務 大 臣 から 国 家 公 務 員 給 与 を 踏 まえて 国 に 準 じた 措 置 を 講 ずるよう 要 請 があり 1 実 行 不 可 能 なことはしない 2 単 な る 財 政 再 建 にはしない 3 行 革 の 努 力 を 反 映 するとの 基 本 方 針 が 示 された 一 方 地 方 団 12 平 成 24 年 12 月 25 日 44

6 体 からは 地 方 公 務 員 の 給 与 削 減 分 を 国 の 財 政 再 建 に 充 てるのは 国 の 搾 取 である 地 方 の 努 力 を 評 価 せずに 国 より 瞬 間 的 に 給 与 が 高 いから 地 方 も 下 げろというのはおかしい 財 政 力 の 弱 い 地 方 交 付 税 の 依 存 度 が 高 いところほど 影 響 を 受 けるのは 問 題 といった 声 が 上 がっ た 25 日 には 総 務 大 臣 地 方 六 団 体 代 表 者 意 見 交 換 が 行 われ 総 務 大 臣 は 会 談 後 1 組 合 との 交 渉 や 条 例 改 正 など 地 方 公 共 団 体 の 準 備 期 間 を 考 慮 して7 月 から 実 施 2 給 与 削 減 額 に 見 合 う 額 を 防 災 減 災 事 業 地 域 の 元 気 づくり 事 業 として 地 方 財 政 計 画 に 計 上 3 地 域 の 元 気 づくり 事 業 について 地 方 公 共 団 体 の 行 革 努 力 を 一 定 の 指 標 基 準 により 反 映 して 配 分 4 今 回 の 給 与 削 減 は 平 成 25 年 度 限 りの 措 置 とし 平 成 26 年 度 以 降 は 国 と 地 方 双 方 の 給 与 の 在 り 方 を 地 方 公 共 団 体 の 意 見 を 聴 きながら 協 議 する 場 を 設 置 するとの 考 えを 示 した 13 また こうした 動 きと 並 行 して 地 方 団 体 は 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 に 反 対 する 声 明 や 要 請 などを 相 次 いで 取 りまとめ 公 表 した 14 (3) 地 方 公 務 員 給 与 削 減 方 針 の 閣 議 決 定 地 方 団 体 が 強 く 反 発 する 中 政 府 は1 月 24 日 平 成 25 年 度 予 算 編 成 の 基 本 方 針 及 び 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて を 閣 議 決 定 した 地 方 公 務 員 給 与 について 平 成 25 年 度 予 算 編 成 の 基 本 方 針 では 平 成 24 年 度 から 実 施 されている 国 家 公 務 員 給 与 の 平 均 7.8%の 削 減 措 置 に 準 じて 必 要 な 措 置 を 講 ずるよ う 地 方 公 共 団 体 に 要 請 するとともに それを 反 映 して 平 成 25 年 度 予 算 における 地 方 交 付 税 や 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 金 等 を 算 定 する また 地 域 経 済 の 活 性 化 の 観 点 や 各 地 方 公 共 団 体 の 行 政 改 革 の 取 組 を 踏 まえるものとする とした さらに 公 務 員 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて では 各 地 方 公 共 団 体 において これまでも 自 主 的 な 給 与 削 減 措 置 や 定 員 削 減 などの 行 財 政 改 革 の 取 組 が 進 められてきたが 一 方 で 東 日 本 大 震 災 を 契 機 として 防 災 減 災 事 業 に 積 極 的 に 取 り 組 むとともに 長 引 く 景 気 の 低 迷 を 受 け 一 層 の 地 域 経 済 の 活 性 化 を 図 ることが 喫 緊 の 課 題 となっていることを 指 摘 した そして こうした 地 域 の 課 題 に 迅 速 かつ 的 確 に 対 応 するため 平 成 25 年 度 地 方 公 務 員 給 与 については 国 家 公 務 員 の 給 与 減 額 支 給 措 置 を 踏 まえ 各 地 方 団 体 において 速 やかに 国 に 準 じて 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 要 請 する とした そして 28 日 には 総 務 大 臣 名 で 各 都 道 府 県 の 知 事 議 長 等 宛 に 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 い 等 について を 通 知 するとともに 全 国 の 首 長 議 長 宛 に 大 臣 書 簡 を 発 出 した 書 簡 では 各 自 治 体 で 行 財 政 改 革 の 取 組 が 進 められてきたことは 十 分 理 解 してお り 心 から 敬 意 を 表 すると 述 べる 一 方 今 回 の 地 方 公 務 員 の 給 与 削 減 要 請 は 単 に 地 方 公 務 員 の 給 与 の 高 さや 国 の 財 政 状 況 の 厳 しさから 行 うのでなく 日 本 の 再 生 に 向 け 国 と 地 方 が 一 丸 となってあらゆる 努 力 を 結 集 する 必 要 がある 中 当 面 の 対 応 策 として 平 成 自 治 日 報 ( 平 ) 14 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 給 与 と 地 方 の 自 主 性 に 関 する 緊 急 要 請 ( 平 ) 全 国 知 事 会 地 方 公 務 員 給 与 についての 全 国 知 事 会 意 見 書 ( 平 ) 地 方 六 団 体 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 地 方 公 務 員 給 与 につ いての 共 同 声 明 ( 平 ) 45

7 年 度 に 限 り 緊 急 にお 願 いするものであり 消 費 税 増 税 について 国 民 の 理 解 を 得 るために 公 務 員 が 先 頭 に 立 って 隗 より 始 めよ の 精 神 で 更 なる 行 財 政 改 革 に 取 り 組 む 姿 勢 を 示 す ことが 重 要 との 認 識 を 示 した (4) 地 方 公 務 員 給 与 費 の 臨 時 特 例 と 緊 急 課 題 への 対 応 以 上 の 経 緯 を 踏 まえ 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 において 地 方 公 務 員 給 与 費 の 削 減 問 題 については 以 下 のとおり 決 定 した まず 地 方 公 務 員 給 与 費 の 削 減 額 は 平 成 25 年 7 月 から 国 家 公 務 員 と 同 様 平 均 7.8% の 給 与 削 減 15 を 実 施 することを 前 提 に 8,504 億 円 (うち 一 般 財 源 7,854 億 円 )とされた 一 方 で 防 災 減 災 事 業 地 域 の 活 性 化 等 の 緊 急 課 題 への 対 応 として 給 与 削 減 額 に 見 合 った 事 業 費 8,523 億 円 を 歳 出 に 特 別 枠 として 設 定 するとされた その 内 訳 は 1 全 国 防 災 事 業 費 ( 直 轄 補 助 事 業 の 地 方 負 担 分 )973 億 円 2 緊 急 防 災 減 災 事 業 費 ( 地 方 単 独 事 業 )4,550 億 円 3 地 域 の 元 気 づくり 事 業 費 3,000 億 円 である これに 係 る 財 政 措 置 に ついては 1と2は 充 当 率 100%の 全 額 起 債 事 業 であり 1は 80% 2は 70%の 交 付 税 措 置 を 設 けるとされた 3については 普 通 交 付 税 により 措 置 され 算 定 に 当 たっては 各 地 方 団 体 の 人 件 費 削 減 努 力 を 反 映 するとされている 3. 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 の 概 要 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 で 行 われる 措 置 について 以 下 に 概 観 する なお 前 年 度 同 様 通 常 収 支 分 と 東 日 本 大 震 災 分 を 区 分 して 整 理 している 16 (1) 通 常 収 支 分 の 財 源 不 足 額 への 対 応 平 成 25 年 度 の 通 常 収 支 分 の 地 方 財 源 不 足 額 は 13 兆 2,808 億 円 ( 対 前 年 度 比 4,038 億 円 )と 見 込 まれ 地 方 交 付 税 法 第 6 条 の3 第 2 項 の 規 定 に 該 当 する 財 源 不 足 が 平 成 8 年 度 以 降 連 続 して 生 じている この 地 方 財 源 不 足 については 平 成 22 年 12 月 22 日 付 け 総 務 財 務 両 大 臣 覚 書 において 平 成 23 年 度 から 平 成 25 年 度 までの 間 国 と 地 方 の 折 半 ルール に 基 づき 対 処 することとされており まず 以 下 の 財 源 補 塡 策 が 講 じられる ア 財 源 対 策 債 の 発 行 8,000 億 円 財 源 対 策 債 とは 地 方 財 源 不 足 を 補 塡 するため 地 方 債 充 当 率 の 臨 時 的 引 上 げにより 増 発 される 建 設 地 方 債 である イ 一 般 会 計 加 算 ( 既 往 法 定 分 等 )による 地 方 交 付 税 の 増 額 8,231 億 円 一 般 会 計 加 算 ( 既 往 法 定 分 等 )は 過 去 の 地 方 財 政 対 策 に 基 づき 後 年 度 の 地 方 交 付 税 総 額 に 加 算 することが 地 方 交 付 税 法 附 則 に 定 められている 額 等 である ウ 地 方 の 財 源 不 足 の 状 況 等 を 踏 まえて 行 う 加 算 9,900 億 円 平 成 22 年 12 月 22 日 付 け 総 務 財 務 両 大 臣 覚 書 に 基 づき 税 制 の 抜 本 的 な 改 革 が 行 15 総 務 省 は 都 道 府 県 総 務 部 長 等 会 議 ( 平 )において 臨 時 削 減 を 反 映 したラスパイレス 指 数 が 100 を 超 える 部 分 について 参 考 値 (2 年 間 限 定 の 削 減 がなかった 場 合 の 数 値 ) 又 は 100 の 水 準 まで 引 き 下 げるよう 求 め 100 を 下 回 る 部 分 については 新 たな 削 減 措 置 を 求 めない 考 えを 示 している 16 被 災 団 体 が 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 事 業 に 着 実 に 取 り 組 めるようにするとともに 被 災 団 体 以 外 の 地 方 団 体 の 財 政 運 営 に 影 響 を 及 ぼすことがないようにするため 46

8 われるまでの 間 平 成 24 年 度 以 降 は 各 年 度 において 地 方 の 財 源 不 足 の 状 況 を 踏 まえ 総 務 大 臣 及 び 財 務 大 臣 が 協 議 して 額 を 定 め イの 額 とは 別 枠 で 加 算 が 行 われている エ 交 付 税 特 別 会 計 剰 余 金 の 活 用 2,000 億 円 交 付 税 及 び 譲 与 税 配 付 金 特 別 会 計 ( 以 下 交 付 税 特 会 という )は 地 方 交 付 税 等 の 資 金 を 整 理 するために 設 けられた 特 別 会 計 であり 地 方 交 付 税 について 一 般 会 計 か らの 繰 入 金 ( 国 税 5 税 法 定 率 分 及 び 一 般 会 計 加 算 の 合 算 額 等 )を 受 け 入 れ これらを 地 方 団 体 に 配 分 する そして 近 年 まで 地 方 財 源 不 足 の 補 塡 等 のために 交 付 税 特 会 で 借 入 れが 行 われており その 利 子 相 当 額 について 予 算 計 上 額 と 利 子 支 払 実 績 との 間 に 差 が 生 じることにより 剰 余 金 が 発 生 している この 剰 余 金 については 特 別 会 計 に 関 する 法 律 第 8 条 及 び 第 25 条 に 基 づき 翌 年 度 の 交 付 税 特 会 の 歳 入 に 繰 り 入 れられ 地 方 交 付 税 総 額 の 財 源 として 活 用 されている オ 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 6,500 億 円 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 は 全 ての 地 方 公 共 団 体 が 出 資 し 共 同 で 市 場 から 資 金 を 調 達 して 小 口 に 分 けて 各 地 方 公 共 団 体 に 融 資 している 地 方 債 資 金 の 共 同 調 達 機 関 である 平 成 20 年 に 地 方 公 営 企 業 等 金 融 機 構 ( 平 成 21 年 に 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 に 改 組 )が 発 足 する 際 廃 止 される 公 営 企 業 金 融 公 庫 が 保 有 していた 債 券 借 換 損 失 引 当 金 等 を 全 額 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 ( 以 下 準 備 金 という )として 承 継 した この 準 備 金 により 金 利 変 動 リスクに 対 応 し 円 滑 な 業 務 運 営 を 行 うための 十 分 な 財 政 基 盤 を 確 保 するとし ていたところ 平 成 24 年 度 地 方 財 政 対 策 において 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の3 年 間 総 額 1 兆 円 を 目 途 に 準 備 金 の 一 部 を 国 に 帰 属 させ その 全 額 を 交 付 税 特 会 に 繰 り 入 れるとされた これにより 平 成 24 年 度 は 準 備 金 のうち 3,500 億 円 が 交 付 税 特 会 に 繰 り 入 れられた カ 臨 時 財 政 対 策 債 ( 既 往 臨 時 財 政 対 策 債 元 利 償 還 充 当 分 等 ) 2 兆 6,086 億 円 臨 時 財 政 対 策 債 の 元 利 償 還 金 相 当 額 は 折 半 対 象 財 源 不 足 額 には 含 めず 全 額 を 臨 時 財 政 対 策 債 により 対 応 するとされている 以 上 のア~カの 合 計 額 6 兆 717 億 円 を 地 方 財 源 不 足 額 13 兆 2,808 億 円 から 控 除 した 7 兆 2,091 億 円 が 折 半 対 象 財 源 不 足 額 となる( 対 前 年 度 比 4,631 億 円 ) これを 国 と 地 方 が 折 半 して 負 担 し 国 は 一 般 会 計 からの 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 (3 兆 6,045 億 円 ) 地 方 は 臨 時 財 政 対 策 債 の 発 行 (3 兆 6,045 億 円 )により 対 応 するとされた( 図 表 4 参 照 ) (2) 東 日 本 大 震 災 分 ア 震 災 復 興 特 別 交 付 税 震 災 復 興 特 別 交 付 税 は 被 災 自 治 体 における 復 旧 復 興 事 業 経 費 の 地 方 負 担 分 や 地 方 税 の 減 収 分 を 国 が 全 額 措 置 するものであり 平 成 23 年 度 第 3 次 補 正 予 算 において 創 設 された 平 成 25 年 度 は 年 度 調 整 分 145 億 円 を 含 む 6,198 億 円 ( 対 前 年 度 比 9.6%)が 盛 り 込 まれており 平 成 23~25 年 度 の 累 計 額 は2 兆 9,392 億 円 となった 震 災 復 興 特 別 交 47

9 付 税 により 措 置 する 財 政 需 要 の 内 訳 は 直 轄 補 助 事 業 の 地 方 負 担 分 で 4,083 億 円 地 方 単 独 事 業 分 で 1,220 億 円 地 方 税 等 の 減 収 分 で 895 億 円 となっている イ 全 国 防 災 事 業 今 後 の 復 興 関 連 予 算 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 ( 平 成 24 年 11 月 27 日 復 興 推 進 会 議 決 定 )に 基 づき 復 興 庁 所 管 予 算 と 被 災 地 向 け 予 算 は 引 き 続 き 東 日 本 大 震 災 復 興 特 別 会 計 に 計 上 するが それ 以 外 の 全 国 向 け 予 算 は 1 津 波 の 被 害 を 受 けて 新 たに 認 識 された 技 術 上 の 課 題 に 対 応 するための 公 共 事 業 2 特 に 緊 要 性 の 高 い 子 どもの 安 全 確 保 に 係 る 学 校 の 耐 震 化 事 業 を 除 き 同 特 別 会 計 には 計 上 しないことになった これを 受 け 平 成 25 年 度 の 東 日 本 大 震 災 分 では 全 国 防 災 事 業 について 被 災 地 の 復 旧 復 興 事 業 に 限 定 し て 計 上 することになり 地 方 単 独 事 業 は 廃 止 され 直 轄 補 助 事 業 は 学 校 の 耐 震 化 や 河 川 の 津 波 遡 上 対 策 などに 絞 り 込 んで 2,000 億 円 程 度 が 計 上 されている 図 表 4 平 成 25 年 度 地 方 財 源 不 足 額 の 補 塡 平 成 25 年 度 財 源 不 足 額 132,808 ( 単 位 : 億 円 ) 一 般 会 計 加 算 ,176 地 方 債 の 増 発 ,132 その 他 45 8, 一 般 会 計 加 算 ( 既 往 法 定 分 ) 等 8,231 地 方 の 財 源 不 足 の 状 況 等 を 踏 まえて 行 う 加 算 9,900 交 付 税 特 別 会 計 剰 余 金 の 活 用 2,000 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 の 活 用 6,500 折 半 対 象 前 合 計 1~6 60,717 7 一 般 会 計 加 算 ( 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 ) 36,045 国 負 担 分 (1/2) 1 財 源 対 策 債 8,000 折 半 対 象 財 源 不 足 額 72, 地 方 負 担 分 (1/2) 臨 時 財 政 対 策 債 36,045 臨 時 財 政 対 策 債 26,086 臨 時 財 政 対 策 債 62,132 ( 出 所 ) 調 査 室 作 成 の 臨 時 財 政 対 策 債 は 既 往 臨 時 財 政 対 策 債 の 元 利 償 還 充 当 分 など (3) 平 成 25 年 度 地 方 交 付 税 総 額 以 上 の 地 方 財 政 対 策 を 踏 まえ 通 常 収 支 分 の 入 口 ベースの 地 方 交 付 税 は 国 税 5 税 分 の 法 定 率 分 11 兆 2,304 億 円 国 税 決 算 精 算 分 ( 平 成 年 度 分 ) 等 3,808 億 円 一 般 会 計 加 算 ( 既 往 法 定 分 ) 等 8,231 億 円 別 枠 加 算 ( 地 方 の 財 源 不 足 の 状 況 を 踏 まえた 加 算 ) 48

10 9,900 億 円 臨 時 財 政 対 策 特 例 加 算 3 兆 6,045 億 円 を 合 算 した 16 兆 2,672 億 円 ( 対 前 年 度 比 1,994 億 円 )とされた 通 常 収 支 分 の 地 方 交 付 税 総 額 ( 出 口 ベースの 地 方 交 付 税 )は 入 口 ベースの 地 方 交 付 税 に 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 償 還 額 1,000 億 円 交 付 税 特 別 会 計 借 入 金 支 払 利 子 1,746 億 円 平 成 24 年 度 からの 繰 越 金 2,199 億 円 17 交 付 税 特 別 会 計 剰 余 金 の 活 用 2,000 億 円 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 の 準 備 金 の 活 用 6,500 億 円 を 加 算 し 17 兆 624 億 円 ( 同 3,921 億 円 2.2%)となっている 準 備 金 については 前 年 度 に 比 べて 繰 越 金 と 交 付 税 特 別 会 計 の 剰 余 金 が 計 5,609 億 円 減 額 し 一 定 程 度 の 財 源 を 確 保 する 必 要 があるため 平 成 年 度 の2 年 間 で 活 用 を 予 定 していた 準 備 金 全 額 が 充 てられている 臨 時 財 政 対 策 債 は6 兆 2,132 億 円 ( 同 +799 億 円 +1.3%)であり 平 成 年 度 は 減 少 していたが 平 成 25 年 度 はほぼ 横 ばいとなった なお 臨 時 財 政 対 策 債 の 配 分 につ いては 平 成 23 年 度 以 降 3 年 間 で 人 口 を 基 礎 に 全 地 方 公 共 団 体 に 発 行 可 能 額 を 割 り 振 る 従 来 の 人 口 基 礎 方 式 を 段 階 的 に 廃 止 してきており 平 成 25 年 度 から 財 政 力 の 弱 い 地 方 公 共 団 体 に 配 慮 した 財 源 不 足 額 を 基 礎 とする 財 源 不 足 額 基 礎 方 式 に 完 全 移 行 する 図 表 5 平 成 25 年 度 地 方 交 付 税 資 金 の 流 れ ( 調 査 室 注 ) 地 方 財 政 収 支 見 通 し の 東 日 本 大 震 災 分 は 約 2 兆 6,000 億 円 (4)( 出 所 ) 平 財 務 成 省 25 資 料 年 度 地 方 財 政 収 支 の 見 通 し 17 平 成 24 年 度 補 正 予 算 で 平 成 25 年 度 分 の 地 方 交 付 税 総 額 に 加 算 するとされた 49

11 (4) 平 成 25 年 度 地 方 財 政 収 支 の 見 通 し 平 成 25 年 度 予 算 編 成 の 基 本 方 針 ( 平 成 25 年 1 月 24 日 閣 議 決 定 )において 地 方 財 政 については 国 の 取 組 と 歩 調 を 合 わせて 給 与 関 係 経 費 などを 始 めとする 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 を 見 直 し 抑 制 を 図 るとともに 安 定 的 な 財 政 運 営 に 必 要 となる 地 方 税 地 方 交 付 税 等 の 一 般 財 源 の 総 額 を 確 保 する とされた こうした 方 針 の 下 で 取 りまとめられた 平 成 25 年 度 の 地 方 財 政 収 支 の 見 通 しを 概 観 する ただし 計 数 は 概 数 である ア 通 常 収 支 分 図 表 6 平 成 25 年 度 地 方 財 政 収 支 見 通 しの 概 要 平 成 25 年 度 の 通 常 収 支 分 の 地 ( 通 常 収 支 分 ) ( 単 位 : 億 円 %) 方 財 政 の 歳 入 歳 出 規 模 は 約 81 平 成 25 年 度 増 減 率 項 目 平 成 24 年 度 ( 見 込 ) ( 見 込 ) 兆 9,100 億 円 ( 対 前 年 度 比 約 +453 地 方 税 340, , 億 円 約 +0.1%)と 若 干 の 増 とな 地 方 譲 与 税 23,470 22, った 水 準 超 経 費 18 地 方 特 例 交 付 金 1,255 1, は 7,500 億 円 歳 地 方 交 付 税 170, , ( 同 +1,000 億 円 +15.4%)で 地 方 債 111, , うち 臨 時 財 政 対 策 債 62,132 61, あり これを 除 くと 約 81 兆 1,600 全 国 防 災 事 業 入 一 般 財 源 充 当 分 億 円 ( 同 約 547 億 円 約 0.1%) 歳 入 合 計 となる 一 般 財 源 地 方 一 般 歳 出 19 は 約 66 兆 4,200 ( 水 準 超 経 費 を 除 く) 給 与 関 係 経 費 退 職 手 当 以 外 約 177, ,247 約 5.5 億 円 ( 同 約 333 億 円 約 0.1%) 退 職 手 当 約 19,600 21,513 約 9.0 である うち 給 与 関 係 費 は 平 一 般 行 政 経 費 う ち 単 独 分 約 140, ,095 約 1.4 成 25 年 7 月 から 地 方 公 務 員 給 与 地 域 経 済 基 盤 強 化 14,950 14, 雇 用 等 対 策 費 を 8,504 億 円 削 減 する 影 響 もあり 公 債 費 約 131, ,790 約 0.2 約 19 兆 7,500 億 円 ( 同 約 1 兆 歳 投 資 的 経 費 2,260 億 円 約 5.9%)となって う ち 単 独 分 約 50,000 51,630 約 3.1 給 与 の 臨 時 特 例 対 応 分 7,550 - 皆 増 いる なお この 給 与 削 減 額 に 見 出 緊 急 防 災 減 災 事 業 費 4,550 - 皆 増 合 った 事 業 費 として 歳 出 に 特 別 地 域 の 元 気 づくり 事 業 費 3,000 - 皆 増 公 営 企 業 繰 出 金 約 25,800 26,590 約 3.1 うち 企 業 債 償 還 費 枠 が 設 定 されることになり 防 普 通 会 計 負 担 分 約 16,400 16,824 約 2.7 災 減 災 事 業 地 域 の 活 性 化 等 の 水 準 超 経 費 緊 急 課 題 へ 対 応 するためとして 計 歳 出 合 計 ( 水 準 超 経 費 を 除 く) 上 される 8,523 億 円 のうち 7,550 地 方 一 般 歳 出 ( 注 1) 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある 億 円 ( 緊 急 防 災 減 災 事 業 費 4,550 ( 注 2) 全 国 防 災 事 業 一 般 財 源 充 当 分 の 平 成 24 年 度 の 額 は 平 成 24 億 円 及 び 地 域 の 元 気 づくり 事 業 費 3,000 億 円 )が 給 与 の 臨 時 特 例 対 年 度 地 方 財 政 計 画 に 計 上 された 緊 急 防 災 減 災 事 業 一 般 財 源 充 当 分 の 額 である ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 より 作 成 約 819, ,647 約 , , , , 約 197, ,760 約 5.9 7,500 6, 約 819, ,647 約 0.1 約 811, ,147 約 0.1 約 664, ,533 約 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 に 計 上 される 地 方 交 付 税 の 不 交 付 団 体 における 平 均 水 準 を 超 える 必 要 経 費 である 地 方 財 政 計 画 の 歳 出 は 標 準 的 な 行 政 水 準 を 想 定 して 積 算 されているが 歳 入 の 地 方 税 については 不 交 付 団 体 を 含 む 全 地 方 公 共 団 体 の 標 準 的 な 地 方 税 収 が 計 上 されている このため 単 純 に 歳 入 歳 出 を 均 衡 させると 不 交 付 団 体 の 財 源 超 過 額 に 相 当 する 地 方 税 収 分 が 交 付 団 体 の 財 源 不 足 額 の 補 塡 財 源 に 充 当 される 形 になって しまう このような 不 合 理 を 避 けるため 調 整 的 な 項 目 として 水 準 超 経 費 が 計 上 されている 19 地 方 財 政 計 画 において 歳 出 総 額 から 公 債 費 企 業 債 償 還 費 普 通 会 計 負 担 分 不 交 付 団 体 水 準 超 経 費 を 除 い たものを 地 方 一 般 歳 出 としている 50

12 応 分 として 通 常 収 支 分 に 計 上 されている 20 投 資 的 経 費 の 単 独 事 業 分 は 約 5 兆 円 ( 同 約 1,630 億 円 約 3.1%) 公 営 企 業 繰 出 金 は 約 2 兆 5,800 億 円 ( 同 約 790 億 円 約 3.1%)にそれぞれ 抑 制 されたが その 一 方 地 方 の 社 会 保 障 関 係 費 については 国 と 同 様 毎 年 度 大 幅 な 自 然 増 となることに 対 応 して 地 方 負 担 ( 補 助 単 独 )が 増 額 計 上 されており 一 般 行 政 経 費 補 助 ( 生 活 保 護 医 療 介 護 等 )に 3,600 億 円 程 度 一 般 行 政 経 費 単 独 に 1,900 億 円 程 度 の 増 額 分 が 確 保 されている 歳 入 は 地 方 税 で 34 兆 175 億 円 ( 同 +3,606 億 円 +1.1%) 地 方 譲 与 税 で2 兆 3,470 億 円 ( 同 +855 億 円 +3.8%) 合 わせて 4,461 億 円 増 加 することが 見 込 まれている 地 方 交 付 税 は 17 兆 624 億 円 ( 同 3,921 億 円 2.2%)に 減 額 図 表 7 平 成 25 年 度 地 方 財 政 収 支 見 通 しの 概 要 ( 東 日 本 大 震 災 分 ) しているが これは 前 年 度 とほぼ 同 水 準 の 地 方 一 般 財 源 (1) 復 旧 復 興 事 業 項 目 ( 単 位 : 億 円 %) 平 成 25 年 度 増 減 率 平 成 24 年 度 ( 見 込 ) ( 見 込 ) 総 額 21 を 確 保 する 中 で 地 方 震 災 復 興 特 別 交 付 税 6,198 6, 歳 国 庫 支 出 金 約 18,000 10,772 約 63.5 税 及 び 地 方 譲 与 税 が 増 加 した (うち 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 ) (4,896) (2,842) (72.3) 入 地 方 債 ことが 影 響 している 計 約 24,000 17,788 約 35.3 地 方 債 については 地 方 財 直 轄 補 助 事 業 費 約 22,000 14,284 約 53.5 政 計 画 に 計 上 される 普 通 会 計 歳 (うち 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 分 ) ( 約 6,000) (3,553) ( 約 75.8) 地 方 税 等 の 減 収 分 見 合 い 歳 出 895 1, 分 が 11 兆 1,517 億 円 ( 同 出 地 方 単 独 事 業 費 1,220 2, 億 円 0.1%)とほぼ 横 計 約 24,000 17,788 約 35.3 (2) 全 国 防 災 事 業 ( 単 位 : 億 円 %) ばいの 水 準 であり 地 方 債 依 平 成 25 年 度 増 減 率 項 目 平 成 24 年 度 存 度 も 前 年 と 同 じく 13.6% ( 見 込 ) ( 見 込 ) 地 方 税 皆 増 となっている このうち 臨 時 一 般 財 源 充 当 分 歳 財 政 対 策 債 については 6 兆 国 庫 支 出 金 約 800 2,059 約 ,132 億 円 ( 同 +799 億 円 + 入 地 方 債 973 4, 雑 収 入 %)に 増 額 している 22 約 計 2,000 6,329 約 67.9 全 国 防 災 対 策 費 に 係 る 約 1,800 4,899 約 63.8 以 上 の 結 果 地 方 一 般 財 源 歳 直 轄 補 助 事 業 費 総 額 は 59 兆 7,526 億 円 ( 同 地 方 単 独 事 業 費 - 1,400 皆 減 出 公 債 費 ,285 億 円 +0.2%)とさ 計 約 2,000 6,329 約 67.9 ( 注 1) 計 数 は 精 査 の 結 果 異 動 する 場 合 がある れた ( 注 2) 全 国 防 災 事 業 の 平 成 24 年 度 の 額 は 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 イ 東 日 本 大 震 災 分 (ア) 復 旧 復 興 事 業 に 計 上 された 緊 急 防 災 減 災 事 業 の 額 である ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 より 作 成 平 成 25 年 度 の 東 日 本 大 震 災 分 の 復 旧 復 興 事 業 の 歳 入 歳 出 規 模 は 約 2 兆 4,000 億 円 ( 対 前 年 度 比 約 +6,212 億 円 約 +35.3%)となっている 歳 出 では 直 轄 補 助 事 業 費 が 約 2 兆 2,000 億 円 (うち 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 分 は 約 6,000 億 円 )( 同 約 20 全 国 防 災 事 業 費 ( 直 轄 補 助 事 業 の 地 方 負 担 分 )973 億 円 は 東 日 本 大 震 災 分 ( 全 国 防 災 事 業 )に 計 上 21 地 方 税 地 方 譲 与 税 地 方 特 例 交 付 金 地 方 交 付 税 臨 時 財 政 対 策 債 全 国 防 災 事 業 一 般 財 源 充 当 分 の 合 計 額 22 通 常 収 支 分 の 地 方 債 計 画 総 額 ( 普 通 会 計 分 と 公 営 企 業 会 計 等 分 の 合 計 )は 13 兆 3,708 億 円 である 51

13 +7,716 億 円 +53.5%)と 大 幅 に 増 加 する 一 方 地 方 税 等 の 減 収 分 見 合 い 歳 出 (895 億 円 ) 地 方 単 独 事 業 費 (1,220 億 円 )は 減 少 している 歳 入 には 震 災 復 興 特 別 交 付 税 6,198 億 円 ( 同 657 億 円 9.6%) 国 庫 支 出 金 約 1 兆 8,000 億 円 (うち 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金 4,896 億 円 )( 同 約 +7,228 億 円 約 +63.5%) 地 方 債 233 億 円 23 ( 同 +106 億 円 +83.5%)が 計 上 されている (イ) 全 国 防 災 事 業 3.(2)イで 述 べた 経 緯 もあり 平 成 25 年 度 の 東 日 本 大 震 災 分 の 全 国 防 災 事 業 の 歳 入 歳 出 規 模 は 約 2,000 億 円 と 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 に 計 上 された 緊 急 防 災 事 業 6,329 億 円 に 比 べ 大 幅 に 小 さくなっている 歳 出 には 全 国 防 災 対 策 費 に 係 る 直 轄 補 助 事 業 費 約 1,800 億 円 公 債 費 258 億 円 が 計 上 されている 歳 入 には 地 方 税 123 億 円 一 般 財 源 充 当 分 130 億 円 国 庫 支 出 金 約 800 億 円 地 方 債 973 億 円 雑 収 入 5 億 円 が 計 上 されている (5)その 他 関 連 施 策 ( 住 民 税 の 年 少 扶 養 控 除 廃 止 等 による 追 加 増 収 分 等 への 対 応 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 において 所 得 税 住 民 税 の 年 少 扶 養 控 除 の 廃 止 及 び 特 定 扶 養 控 除 の 縮 減 ( 以 下 年 少 扶 養 控 除 の 廃 止 等 という )が 行 われた これに 伴 う 地 方 増 収 分 について 平 成 24 年 度 は 1 子 どものための 手 当 の 地 方 負 担 の 増 2 平 成 24 年 度 税 制 改 正 に 伴 い 必 要 となる 自 動 車 取 得 税 交 付 金 の 減 収 補 塡 のための 地 方 特 例 交 付 金 の 措 置 の 振 替 3 国 庫 補 助 負 担 金 の 一 般 財 源 化 4 暫 定 的 対 応 として 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 24 ( 難 病 患 者 の 医 療 費 の 助 成 制 度 )の 地 方 の 超 過 負 担 の 財 源 として 活 用 とされた 平 成 25 年 度 については 新 たに 生 じる 地 方 増 収 分 並 びに 平 成 24 年 度 において 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 の 超 過 負 担 に 暫 定 的 に 充 当 した 年 少 扶 養 控 除 の 廃 止 等 による 地 方 増 収 分 の 取 扱 い 等 について 1 月 27 日 に3 大 臣 間 で 合 意 25 し 以 下 の 対 応 が 行 われる ア 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 従 来 の 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 の 費 用 は 実 施 要 綱 26 において 国 は 予 算 の 範 囲 内 にお いて 都 道 府 県 が 当 該 事 業 のために 支 出 した 費 用 の2 分 の1を 補 助 する 27 ものとされて いる しかし 毎 年 総 事 業 費 が 増 加 し 長 年 にわたり 都 道 府 県 の 大 幅 な 超 過 負 担 が 続 いて 制 度 が 不 安 定 化 しており 地 方 団 体 から 早 急 な 超 過 負 担 の 解 消 が 求 められている 3 大 臣 合 意 では 平 成 25 年 度 予 算 における 国 庫 補 助 金 については 当 該 事 業 の 国 費 不 足 が 平 成 24 年 度 を 下 回 るよう 所 要 額 を 計 上 するとされた これを 受 け 平 成 24 年 度 の 事 業 費 1,274 億 円 国 費 346 億 円 から 平 成 25 年 度 は 事 業 費 1,338 億 円 国 費 復 旧 復 興 事 業 の 地 方 債 計 画 総 計 は 2,197 億 円 (うち 特 定 被 災 地 方 団 体 借 換 債 が 1,830 億 円 )である 24 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 は 原 因 不 明 治 療 方 法 未 確 立 であり かつ 後 遺 症 を 残 すおそれが 少 なくない 疾 病 として 調 査 研 究 を 進 めている 疾 患 のうち 診 断 基 準 が 一 応 確 立 し かつ 難 治 度 重 症 度 が 高 く 患 者 数 が 比 較 的 少 ないため 公 費 負 担 の 方 法 をとらないと 原 因 の 究 明 治 療 方 法 の 開 発 等 に 困 難 をきたすおそれのある 疾 患 を 対 象 としている 25 総 務 大 臣 財 務 大 臣 厚 生 労 働 大 臣 26 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 について ( 昭 和 48 年 4 月 17 日 衛 発 第 242 号 公 衆 衛 生 局 長 通 知 ) 27 スモンの 治 療 研 究 事 業 分 については スモン 恒 久 対 策 の 観 点 から 全 額 補 助 52

14 億 円 へと 国 費 を 積 み 増 すことが 予 定 されている また 平 成 26 年 度 予 算 における 超 過 負 担 の 解 消 に 向 け 法 制 化 その 他 必 要 な 措 置 について 調 整 を 進 めるとされた イ 追 加 増 収 分 等 への 対 応 の 概 要 3 大 臣 合 意 を 受 け 平 成 25 年 度 における 追 加 増 収 分 等 ( 使 途 未 定 額 886 億 円 )につ いては 1 子 宮 頸 がん 等 ワクチン 接 種 緊 急 促 進 基 金 を 活 用 した 国 庫 補 助 事 業 (522 億 円 ) 2 妊 婦 健 康 診 査 支 援 基 金 を 活 用 した 国 庫 補 助 事 業 (364 億 円 )の 一 般 財 源 化 に 活 用 する とされた そして 予 防 接 種 及 び 妊 婦 健 診 に 関 する 財 政 措 置 については 以 下 の 見 直 し が 予 定 されている なお 上 記 アの 措 置 を 前 提 に 平 成 24 年 度 において 特 定 疾 患 治 療 研 究 事 業 の 超 過 負 担 に 暫 定 的 に 充 当 した 年 少 扶 養 控 除 の 廃 止 等 による 地 方 増 収 分 (269 億 円 )は 12の 国 庫 補 助 事 業 の 一 般 財 源 化 の 財 源 として 活 用 するとされた (ア) 予 防 接 種 に 関 する 財 政 措 置 の 見 直 し 平 成 24 年 度 は 子 宮 頸 が 図 表 8 予 防 接 種 に 関 する 財 政 措 置 の 見 直 し ん 予 防 ヒブ 小 児 用 肺 炎 球 菌 の3ワクチン について 予 防 接 種 法 に 基 づく 定 期 接 種 の 対 象 外 であり 総 接 種 費 用 の9 割 が 公 費 負 担 (うち 市 町 村 の 普 通 交 付 税 45% 都 道 府 県 の 基 金 ( 全 額 国 費 で 造 成 ) 補 助 金 45%) 1 割 が ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 実 費 徴 収 という 仕 組 み になっていた また 予 防 接 種 法 に 基 づく 既 存 定 期 接 種 ワクチン( 一 類 疾 病 分 )につ いて 総 接 種 費 用 の 20%が 市 町 村 の 普 通 交 付 税 で 措 置 80%が 実 費 徴 収 という 仕 組 み になっていた 平 成 25 年 度 以 降 は 予 防 接 種 法 を 改 正 し 子 宮 頸 がん 等 3ワクチンを 予 防 接 種 法 に 基 づく 定 期 接 種 の 対 象 とした 上 で 既 存 定 期 接 種 ワクチン( 一 類 疾 病 分 )とともに 9 割 を 市 町 村 の 普 通 交 付 税 で 措 置 し 1 割 を 実 費 徴 収 とする 仕 組 みにする 予 定 である (イ) 妊 婦 健 診 に 関 する 財 政 措 置 の 見 直 し 妊 婦 健 康 診 査 の 公 費 助 成 につい 図 表 9 妊 婦 健 診 に 関 する 財 政 措 置 の 見 直 し ては 平 成 20 年 度 第 2 次 補 正 予 算 で 措 置 される 以 前 は 市 町 村 の 普 通 交 付 税 で5 回 分 のみ 措 置 され それ 以 上 必 要 な 回 数 (14 回 程 度 )を 受 診 した 場 合 の 費 用 は 個 人 負 担 又 は 市 町 村 の 任 意 ( 出 所 ) 総 務 省 資 料 助 成 であった 平 成 20 年 度 第 2 次 補 正 予 算 により 市 町 村 で 妊 婦 の 健 康 管 理 の 充 実 と 53

15 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 必 要 な 回 数 の 健 診 を 受 けられるよう 地 方 財 政 措 置 が されていなかった 残 りの9 回 分 について 都 道 府 県 に 妊 婦 健 康 診 査 支 援 基 金 が 全 額 国 費 で 造 成 され 当 該 基 金 補 助 金 5 割 と 市 町 村 の 普 通 交 付 税 5 割 により 支 援 する 仕 組 み となり その 後 も 補 正 予 算 により 基 金 事 業 の 延 長 が 重 ねられてきた 28 今 回 の3 大 臣 合 意 により 妊 婦 健 康 診 査 支 援 基 金 を 活 用 した 国 庫 補 助 事 業 を 一 般 財 源 化 する(364 億 円 )とされ 平 成 25 年 度 以 降 は 14 回 分 の 費 用 を 全 て 市 町 村 の 普 通 交 付 税 で 措 置 する 恒 常 的 な 仕 組 みへ 移 行 する 予 定 である むすび 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 では 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 問 題 が 焦 点 となり 国 と 地 方 との 間 で 激 しいせめぎ 合 いが 展 開 され その 過 程 では 地 方 交 付 税 制 度 に 関 連 し 財 政 力 の 弱 い 団 体 ほど 影 響 が 大 きいことや 地 方 の 固 有 財 源 という 地 方 交 付 税 の 性 格 を 否 定 するといっ た 声 が 上 がった 今 回 の 対 応 では 地 方 交 付 税 制 度 が 国 の 政 策 目 的 を 達 成 するための 手 段 として 用 いられることがあり 得 ると 強 く 地 方 に 印 象 づけられ 制 度 に 内 在 する 問 題 が 浮 き 彫 りとなった 地 方 交 付 税 制 度 は 財 源 保 障 機 能 財 源 調 整 機 能 という 重 要 な 役 割 を 担 っ ている 一 方 様 々な 問 題 が 指 摘 されているが 地 方 の 固 有 財 源 としての 観 点 からは 国 税 5 税 の 法 定 率 分 の 交 付 税 特 別 会 計 への 直 接 繰 入 れ 29 地 方 共 有 税 制 度 の 導 入 等 30 の 提 案 もある 今 回 の 地 方 財 政 対 策 を 契 機 として 今 後 地 方 交 付 税 制 度 の 在 り 方 を 巡 る 議 論 が 活 発 化 することが 考 えられる また 毎 年 度 巨 額 の 財 源 不 足 が 発 生 し 地 方 の 安 定 的 な 財 政 運 営 に 必 要 となる 一 般 財 源 の 総 額 確 保 が 重 要 な 課 題 となる 中 今 回 の 地 方 財 政 対 策 においては 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 が 断 行 されたものの 給 与 削 減 額 に 見 合 った 事 業 費 が 歳 出 に 計 上 されるなど 最 終 的 に は 平 成 24 年 度 と 同 水 準 の 地 方 一 般 財 源 総 額 が 確 保 された ただし 今 回 は 特 別 会 計 の 剰 余 金 や 前 年 度 からの 繰 越 金 が 少 なく 財 源 確 保 が 困 難 だったため 平 成 24 年 度 の 地 方 財 政 対 策 で 3 年 間 で1 兆 円 活 用 することにしていた 公 庫 債 権 金 利 変 動 準 備 金 について 残 り 6,500 億 円 全 額 を 活 用 した 来 年 度 以 降 も 歳 入 歳 出 両 面 から 財 源 不 足 額 を 縮 小 するよう 努 力 を 続 け 税 収 が 安 定 的 な 地 方 税 制 度 を 構 築 するなど 幅 広 く 検 討 を 行 う 必 要 がある その 際 平 成 25 年 度 限 りとされた 地 方 公 務 員 給 与 削 減 問 題 が 再 び 焦 点 となる 可 能 性 もある が 新 藤 総 務 大 臣 は 今 後 の 国 地 方 の 公 務 員 給 与 の 在 り 方 については 地 方 の 参 画 も 得 て 検 討 していきたいとしている 国 と 地 方 の 信 頼 関 係 に 傷 をつけることのないよう 地 方 分 権 の 趣 旨 に 沿 った 協 議 が 期 待 される 28 平 成 20 年 度 2 次 補 正 790 億 円 平 成 22 年 度 1 次 補 正 111 億 円 平 成 23 年 度 4 次 補 正 181 億 円 ( 基 金 総 額 : 1,082 億 円 ) 29 地 方 財 政 審 議 会 今 後 目 指 すべき 地 方 財 政 の 方 向 と 平 成 25 年 度 の 地 方 財 政 への 対 応 についての 意 見 ( 平 ) 30 全 国 知 事 会 平 成 25 年 度 国 の 施 策 並 びに 予 算 に 関 する 提 案 要 望 ( 平 ) 54

Microsoft Word - 20120601003.docx

Microsoft Word - 20120601003.docx 18 兆 円 に 達 した 東 日 本 大 震 災 の 復 旧 復 興 経 費 求 められる 震 災 からの 復 旧 復 興 と 財 政 規 律 の 維 持 予 算 委 員 会 調 査 室 さきやま 﨑 山 たてき 建 樹 甚 大 な 被 害 をもたらした 東 日 本 大 震 災 から1 年 余 りが 経 ち これまでの 間 被 災 地 の 復 旧 復 興 に 向 けて 累 次 の 補 正 予 算

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し

税制抜本改革に伴う車体課税及び地方法人課税の見直し 税 制 抜 本 改 革 に 伴 う 車 体 課 税 及 び 地 方 法 人 課 税 の 見 直 し 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 総 務 委 員 会 調 査 室 星 友 佳 1.はじめに 平 成 24 年 8 月 社 会 保 障 税 一 体 改 革 の 一 環 として 消 費 税 率 の 引 上 げ 等 を 内 容 とす る 税 制 抜 本 改 革 法 1 が 成 立

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20358179944E8BE090E096BE8E9197BF817A91E6825189F18ED089EF95DB8FE190A7937889FC8A769084906989EF8B638E9197BF2E70707478> 資 料 3 年 金 分 野 の 改 革 の 進 捗 状 況 について 平 成 26 年 10 月 10 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 1. 年 金 制 度 の 検 討 課 題 1 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 平 成 16 年 改 正 による 年 金 財 政 フレームが 完 成 するとともに 社 会 経 済 状 態 の 変 化 に 対 応 した 社

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土

南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革 (1) 土 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 平 成 25 年 5 月 神 奈 川 県 南 足 柄 市 南 足 柄 市 土 地 開 発 公 社 解 散 プラン 目 次 はじめに 1 土 地 開 発 公 社 の 概 要 (1) 設 立 の 背 景 (2) 沿 革 (3) 設 立 団 体 (4) 基 本 財 産 (5) 組 織 2 土 地 開 発 公 社 の 現 状 及 び 抜 本 的 改 革

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208251825681408740955791E8814182A982AA82DD814196DA8E9F2E646F63> 平 成 26 年 度 和 歌 山 市 各 会 計 歳 入 歳 出 決 算 審 査 意 見 書 ( 公 営 企 業 会 計 を 除 く ) 和 歌 山 市 監 査 委 員 和 監 査 第 6 6 号 平 成 27 年 8 月 27 日 (2015 年 ) 和 歌 山 市 長 尾 花 正 啓 様 和 歌 山 市 監 査 委 員 伊 藤 隆 通 同 上 森 田 昌 伸 同 上 寒 川 篤 同 上 奥 山

More information

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3

平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平 成 22 年 12 月 16 日 に 閣 議 決 定 され 公 表 されました 平 成 23 年 度 税 制 改 正 の 主 要 項 目 は 以 下 の 通 りです 以 下 のうち 平 成 23 年 6 月 3 平 成 23 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 平 成 23 年 度 税 制 改 正 平 成 22 年 度 税 制 改 正 により 平 成 23 年 度 から 適 用 される 措 置 http://www.up-firm.com 1 平 成 23 年 度 税 制 改 正 政 府 与 党 の 税 制 改 正 大 綱 が 平

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平 成 20 年 度

平 成 20 年 度 議 案 第 9 号 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 の 認 定 について 滋 賀 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 一 般 会 計 歳 入 歳 出 決 算 は 別 冊 決 算 書 のとおりであるので 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 233 条 第 3 項 の 規 定 により 滋 賀

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額

法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ2 法 人 税 等 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 率 中 小 法 人 一 般 社 団 法 人 等 及 び 人 格 のない 社 団 等 のうち 年 間 所 得 800 万 円 超 の 金 額 法 人 税 ~ 法 人 実 効 税 率 の 引 下 げ1 1. 改 正 の 概 要 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 について 法 人 税 の 税 率 が 段 階 的 に 引 下 げられます 平 成 28 及 び29 :23.9%( 改 正 前 ) 23.4 23.4%( ) 平 成 30 :23.9%( 改 正 前 ) 23.2 23.2%( ) 法 人 税 の

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年

1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規 定 に 基 づく 検 査 要 請 を 受 けて その 検 査 結 果 を18 年 地 方 財 政 計 画 及 び 地 方 公 務 員 の 特 殊 勤 務 手 当 等 の 状 況 につい ての 報 告 書 ( 要 旨 ) 平 成 2 6 年 4 月 会 計 検 査 院 1 検 査 の 背 景 地 方 財 政 の 状 況 について 会 計 検 査 院 は 平 成 17 年 6 月 に 参 議 院 から 国 会 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 79 号 ) 第 105 条 の 規

More information

平成27年度(2015年度)社会保障関係予算

平成27年度(2015年度)社会保障関係予算 平 成 27 年 度 (2015 年 度 ) 社 会 保 障 関 係 予 算 社 会 保 障 に 対 する 信 頼 と 制 度 の 持 続 可 能 性 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 吉 成 俊 治 1.はじめに 平 成 27 年 度 予 算 における 社 会 保 障 関 係 費 は 31 兆 5,297 億 円 であり 一 般 会 計 歳 出 (96 兆 3,420 億 円 )の 32.7%を

More information

untitled

untitled 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 制 度 改 正 国 民 年 金 法 改 正 案 年 金 機 能 強 化 法 案 ねぎし たかし 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 根 岸 隆 史 1.はじめに 平 成 24 年 2 月 17 日 政 府 は 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 ( 以 下 一 体 改 革 大 綱 と いう )を 閣 議 決 定 した 一 体 改 革

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書

羽村市各会計決算書及び基金運用状況審査意見書 平 成 20 年 度 羽 村 市 各 会 計 決 算 及 び 基 金 運 用 状 況 審 査 意 見 書 羽 村 市 監 査 委 員 文 中 及 び 各 表 中 の 金 額 を 千 円 単 位 で 表 示 した 場 合 は 単 位 未 満 は 原 則 として 四 捨 五 入 した パーセンテージ 間 又 は 指 数 間 の 単 純 差 引 はポイントで 表 した 比 率 (%)は 原 則 として 小

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

給付減額を行った厚生年金基金数

給付減額を行った厚生年金基金数 論 点 3 厚 生 年 金 基 金 制 度 等 の 在 り 方 関 係 資 料 資 料 2-2 代 行 制 度 の 意 義 役 割 と 変 遷 1 1. 代 行 制 度 の 性 格 代 行 制 度 は 公 的 年 金 の 一 部 を 基 金 という 国 以 外 の 者 が 管 理 運 用 する 仕 組 み イギリスの 適 用 除 外 制 度 とは 異 なり 公 的 年 金 としての 性 格 を 持

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る

参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経 理 及 び 国 有 財 産 の 管 理 に 関 する 調 査 のため 会 計 検 査 院 に 対 し 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 会 計 検 査 院 法 第 30 条 の3の 規 定 に 基 づく 報 告 書 年 金 積 立 金 ( 厚 生 年 金 及 び 国 民 年 金 )の 管 理 運 用 に 係 る 契 約 の 状 況 等 に 関 する 会 計 検 査 の 結 果 について 平 成 24 年 10 月 会 計 検 査 院 参 議 院 決 算 委 員 会 において 平 成 23 年 12 月 7 日 国 家 財 政 の 経

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx

Microsoft PowerPoint - 〔資料2〕①総括資料.pptx 地 方 法 人 課 税 関 係 資 料 資 料 1 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 改 革 の 趣 旨 欧 米 各 国 も 行 ってきたように 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる ことにより 法 人 課 税 を 成 長 志 向 型 の 構 造 に 変 える より 広 く 負 担 を 分 かち 合 い 稼 ぐ 力 のある 企 業 等 の 税 負

More information

経済・物価情勢の展望(2016年7月)

経済・物価情勢の展望(2016年7月) 2016 年 7 月 29 日 日 本 銀 行 経 済 物 価 情 勢 の 展 望 (2016 年 7 月 ) 基 本 的 見 解 1 < 概 要 > わが 国 の 景 気 は 新 興 国 経 済 の 減 速 の 影 響 などから 輸 出 生 産 面 に 鈍 さが みられるものの 基 調 としては 緩 やかな 回 復 を 続 けている 先 行 きを 展 望 すると 暫 くの 間 輸 出 生 産 面

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編

『自動車保険の概況(11年度版)』 第1部 本編 自 賠 責 保 険 制 度 の 推 移 年 月 日 事 項 摘 要 昭 和 30 年 7 月 29 日 自 動 車 損 害 賠 償 保 障 法 ( 自 賠 法 ) 公 布 自 賠 法 が 公 布 されただし 施 行 については 昭 和 30 年 8 月 から 翌 31 年 2 月 までの 間 段 階 的 に 行 われ 30 年 12 月 1 日 自 賠 責 保 険 の 引 受 開 始 自 賠 責 保

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031392D30955C8E8682A982E796DA8E9F82DC82C52E646F63> 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 京 都 府 監 査 委 員 20 監 第 202 号 平 成 20 年 9 月 2 日 京 都 府 知 事 山 田 啓 二 様 京 都 府 監 査 委 員 田 坂 幾 太 同 小 巻 實 司 同 道 林 邦 彦 同 村 山 佳 也 平 成 19 年 度 京 都 府 公 営 企 業 会 計 の 決 算 審 査 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

研究会報告書等 No.44

研究会報告書等 No.44 出 資 金 の 運 用 益 を 事 業 費 としており 出 資 金 の 利 払 いの 一 部 を 地 方 交 付 税 措 置 している ことから 復 興 基 金 の 事 業 費 を 地 方 交 付 税 で 支 える 仕 組 みということができる なお 図 表 6-3 にあるように 事 業 費 の 一 部 だけを 交 付 税 措 置 するのは 公 的 資 金 を 被 災 者 の 住 宅 再 建 や 個

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題

奨学金制度の拡充とそれに伴う財政的視点からの課題 奨 学 金 制 度 の 拡 充 とそれに 伴 う 財 政 的 視 点 からの 課 題 予 算 委 員 会 調 査 室 藤 井 亮 二 人 材 こそが 日 本 が 世 界 に 誇 る 最 大 の 資 源 である 平 成 25 年 6 月 14 日 に 閣 議 決 定 された 日 本 再 興 戦 略 -JAPAN is BACK- の 一 文 である 今 夏 の 参 院 選 において 各 政 党 は 就

More information

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の

平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別 紙 の 平 成 2 0 年 草 加 市 議 会 1 2 月 定 例 会 議 員 提 出 議 案 草 加 市 議 会 平 成 20 年 12 月 17 日 草 加 市 議 会 議 長 大 久 保 和 敏 提 出 者 宇 佐 美 正 隆 賛 成 者 佐 藤 勇 芝 野 勝 利 浅 井 昌 志 大 野 ミヨ 子 新 井 貞 夫 暮 らせる 年 金 の 実 現 を 求 める 意 見 書 上 記 の 議 案 を 別

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FEE95F1814583568358836583808CA48B868B408D5C9640906C95B68F918AC7979D8B4B92F6> 情 報 システム 研 究 機 構 法 人 文 書 管 理 規 程 平 成 2 4 月 1 日 制 定 目 次 第 1 章 総 則 第 2 章 管 理 体 制 第 3 章 作 成 第 4 章 整 理 第 5 章 保 存 第 6 章 法 人 文 書 ファイル 管 理 簿 第 7 章 移 管, または 保 存 期 間 の 延 長 第 8 章 点 検 監 査 及 び 管 理 状 況 の 報 告 等 第 9

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 決 算 審 査 意 見 書 愛 知 県 監 査 委 員 27 監 査 第 71 号 平 成 27 年 9 月 7 日 愛 知 県 知 事 大 村 秀 章 殿 愛 知 県 監 査 委 員 西 川 洋 二 同 青 山 學 同 後 藤 貞 明 同 中 野 治 美 同 神 戸 洋 美 平 成 26 年 度 愛 知 県 公 営 企 業 会 計 の 決

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378>

<32312781408DE096B18F94955C82CC8CA995FB81698F4390B3816A2E786C7378> 財 務 諸 表 の 見 方 岡 山 大 学 目 次 財 務 諸 表 について 財 務 諸 表 の 作 成 意 義 財 務 諸 表 の 体 系 貸 借 対 照 表 表 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 負 債 の 部 純 資 産 の 部 損 益 計 算 書 経 常 費 用 経 常 収 益 臨 時 損 益 等 固 定 資 産 等 ( 償 却 資 産 )を 購 入 した 場 合 の 貸 借 対 照 表

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169303132398F4390B3816A8179967B95B6835A83628367817A48323890C596B18BC78E9696B19841978D20303131392D313130302E646F6378> 平 成 28 年 1 月 20 日 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に 当 たっての 留 意 事 項 等 平 成 27 年 12 月 24 日 に 閣 議 決 定 された 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 等 に 関 連 して 現 段 階 における 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 地 方 税 務 行 政 の 運 営 に

More information

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc

Microsoft Word - 2-13-3-2-20080902.doc 非 営 利 法 人 委 員 会 研 究 資 料 第 3 号 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 と 展 望 平 成 20 年 9 月 2 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1. 非 営 利 法 人 会 計 の 現 状 認 識 と 問 題 点... 1 (1) 設 立 根 拠 法 令 ごとの 会 計 基 準... 1 (2) 所 轄 庁 の 指 導 監 督 目 的 と 会 計 基 準...

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information