< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活"

Transcription

1 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部

2 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 躍 と 働 き 方 改 革 推 進 について ( 資 料 P13~17) 4. 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 任 用 等 について ( 資 料 P18~20) 5. 地 方 公 務 員 雇 用 と 年 金 接 続 について ( 資 料 P21~26) 6. 給 与 等 適 正 化 について ( 資 料 P27~34) 7. 平 成 27 年 度 福 利 厚 生 事 業 調 査 結 果 について ( 資 料 P35~36) 8. 平 成 28 年 度 における 地 方 議 会 議 員 年 金 制 度 に 係 る 地 方 公 共 団 体 負 担 金 等 について ( 資 料 P37~39) 9. 地 方 公 務 員 安 全 衛 生 について ( 資 料 P40~55)

3 1 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について 1

4 H22113 H2791, H22270 H27122,

5 平 成 28 年 度 における 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 へ 職 員 派 遣 について 全 国 市 長 会 全 国 町 村 会 スキームによる 職 員 派 遣 派 遣 要 望 状 況 等 ( 平 成 27 年 12 月 3 日 現 在 ) 県 名 要 望 状 況 市 町 村 数 人 数 岩 手 県 宮 城 県 13 1,014 福 島 県 合 計 37 1,549 ( 参 考 ) 職 種 別 状 況 職 種 要 望 人 数 一 般 事 務 788 土 建 木 築 保 健 師 農 業 土 木 電 機 気 械 そ 他 39 合 計 1,549 3

6 団 体 別 市 町 村 名 要 望 人 数 ( 岩 手 県 ) ( 福 島 県 ) 要 望 人 数 宮 古 市 35 福 島 市 5 大 船 渡 市 54 い わ き 市 18 陸 前 高 田 市 59 相 馬 市 20 釜 石 市 83 田 村 市 1 大 槌 町 78 南 相 馬 市 34 山 田 町 24 川 俣 町 3 田 野 畑 村 4 三 春 町 2 計 337 広 野 町 19 ( 宮 城 県 ) 楢 葉 町 7 石 巻 市 299 富 岡 町 11 塩 竃 市 15 川 内 村 6 気 仙 沼 市 201 大 熊 町 4 名 取 市 45 双 葉 町 9 多 賀 城 市 44 浪 江 町 28 岩 沼 市 37 葛 尾 村 3 東 松 島 市 92 新 地 町 15 亘 理 町 22 飯 舘 村 13 山 元 町 97 計 198 松 島 町 4 七 ヶ 浜 町 20 女 川 町 40 市 町 村 名 南 三 陸 町 98 計 1,014 合 計 1,549 4

7 拝 啓 貴 職 に お か れ ま し て は ご 健 勝 に て ご 活 躍 こ と と お 慶 び 申 し 上 げ ま す さ て 未 曾 有 激 甚 な 被 害 を も た ら し た 東 日 本 大 震 災 発 災 か ら ま も な く 五 年 を 迎 え よ う と し て い ま す こ 間 皆 様 お 力 に よ り 被 災 市 町 村 に 延 べ 九 万 人 以 上 多 数 に 上 る 職 員 派 遣 を い た だ き ま し た 積 極 的 な ご 支 援 に 対 し ま し て 改 め ま し て 心 よ り 敬 意 を 表 し 感 謝 申 し 上 げ ま す 被 災 市 町 村 で は 多 く 住 民 方 々 が 避 難 生 活 を 余 儀 な く さ れ る 中 一 日 も 早 く 生 活 場 雇 用 場 教 育 場 を 確 保 す べ く 懸 命 努 力 を 続 け て 来 ら れ ま し た し か し な が ら 新 し い ま ち づ く り に 当 た っ て は 今 後 津 波 災 害 に 対 処 す る た め 高 台 へ 移 転 や 土 地 か さ 上 げ な ど 防 災 力 抜 本 的 強 化 が 不 可 欠 で す こ れ ま で 住 民 方 々 と 丁 寧 な 合 意 形 成 を 図 っ た 上 用 地 取 得 や 土 地 か さ 上 げ 工 事 等 を 行 う こ と に 多 く 時 間 を 要 し て き ま し た こ た め 復 興 事 業 は こ れ か ら 本 格 化 時 期 を 迎 え ま す 面 的 整 備 災 害 公 営 住 宅 な ど ま ち づ く り 事 業 や 港 湾 道 路 な ど 基 盤 整 備 事 業 は 今 後 数 年 間 が ピ ー ク と な り 通 常 ベ ー ス 十 倍 を 超 え る 事 業 実 施 が 必 要 な 団 体 も あ り ま す こ よ う に 被 災 地 復 興 が 本 格 化 す る 中 で 復 興 事 業 に 従 事 す る 人 材 確 保 が 喫 緊 課 題 と な っ て い ま す 5

8 被 災 市 町 村 で は 復 興 事 業 へ 重 点 的 な 職 員 配 置 や 新 た な 職 員 採 用 等 人 材 確 保 に 向 け た 様 々 な 努 力 を 重 ね て い ま す が そ れ で も な お 広 範 な 職 種 に わ た っ て 職 員 不 足 が 避 け ら れ な い 状 況 に あ り ま す 貴 職 に お か れ ま し て は 被 災 市 町 村 窮 状 を ご 理 解 い た だ き 被 災 市 町 村 に 対 す る 人 的 支 援 に つ い て よ り 一 層 力 強 い ご 協 力 を お 願 い 申 し 上 げ ま す 私 自 身 も 安 倍 内 閣 閣 僚 全 員 が 復 興 大 臣 で あ る と 想 い を 胸 に 引 き 続 き 一 日 も 早 い 被 災 地 復 興 に 向 け て 更 に 努 力 を 行 っ て ま い り ま す 貴 職 益 々 ご 活 躍 を 祈 念 申 し 上 げ つ つ お 願 い ま で 失 礼 い た し ま す 敬 具 平 成 二 十 八 年 一 月 六 日 総 務 大 臣 都 道 府 県 知 事 殿 ( 市 区 町 村 長 に 対 す る も も 同 内 容 ) 6

9 7

10 8

11 9

12 2 地 方 公 務 員 法 改 正 について ( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) 10

13 11

14 12

15 3 女 性 地 方 公 務 員 活 躍 と 働 き 方 改 革 推 進 について 13

16 14

17 第 4 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 成 果 目 標 ( 抜 粋 ) 項 目 現 状 成 果 目 標 ( 期 限 ) 都 道 府 県 地 方 公 務 員 採 用 試 験 ( 全 体 ) から 採 用 者 に 占 める 女 性 割 合 都 道 府 県 地 方 公 務 員 採 用 試 験 ( 大 学 卒 業 程 度 )から 採 用 者 に 占 める 女 性 割 合 都 道 府 県 職 員 各 役 職 段 階 に 占 める 女 性 割 合 31.9% ( 平 成 26 年 度 ) 26.7% ( 平 成 26 年 度 ) 40% ( 平 成 32 年 度 ) 40% ( 平 成 32 年 度 ) 本 庁 係 長 相 当 職 本 庁 課 長 補 佐 相 当 職 本 庁 課 長 相 当 職 本 庁 部 局 長 次 長 相 当 職 市 町 村 職 員 各 役 職 段 階 に 占 める 女 性 割 合 20.5% ( 平 成 27 年 ) 16.4% ( 平 成 27 年 ) 8.5% ( 平 成 27 年 ) 4.9% ( 平 成 27 年 ) 30% ( 平 成 32 年 度 末 ) 25% ( 平 成 32 年 度 末 ) 15% ( 平 成 32 年 度 末 ) 10% 程 度 ( 平 成 32 年 度 末 ) 本 庁 係 長 相 当 職 本 庁 課 長 補 佐 相 当 職 本 庁 課 長 相 当 職 本 庁 部 局 長 次 長 相 当 職 地 方 警 察 官 に 占 める 女 性 割 合 消 防 吏 員 に 占 める 女 性 割 合 ( 注 4) 男 性 育 児 休 業 取 得 率 ( 地 方 公 務 員 ) 市 町 村 31.6% 政 令 指 定 都 市 23.5% ( 平 成 27 年 ) 市 町 村 26.2% 政 令 指 定 都 市 19.4% ( 平 成 27 年 ) 市 町 村 14.5% 政 令 指 定 都 市 13.4% ( 平 成 27 年 ) 市 町 村 6.9% 政 令 指 定 都 市 7.9% ( 平 成 27 年 ) 8.1% ( 平 成 27 年 度 ) 2.4% ( 平 成 27 年 度 ) 1.5% ( 平 成 25 年 度 ) 35% ( 平 成 32 年 度 末 ) 30% ( 平 成 32 年 度 末 ) 20% ( 平 成 32 年 度 末 ) 10% 程 度 ( 平 成 32 年 度 末 ) 10% 程 度 ( 平 成 35 年 ) 5% ( 平 成 38 年 度 当 初 ) 13% ( 平 成 32 年 度 ) ( 注 4) 消 防 吏 員 とは 消 防 本 部 及 び 消 防 署 に 置 かれる 職 員 うち 階 級 及 び 服 制 を 有 し 消 防 事 務 に 従 事 する 者 15

18 16

19 17

20 4 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 任 用 等 について 18

21 19

22 20

23 5 地 方 公 務 員 雇 用 と 年 金 接 続 について 21

24 H25.4 H28.4 H31.4 H34.4 H37.4 H13.4 H16.4 H19.4 H22.4 H

25 27H

26 24

27 1 25

28 26

29 6 給 与 等 適 正 化 について 27

30 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しに 関 する 取 組 状 況 平 成 28 年 1 月 1 日 時 点 平 成 28 年 1 月 1 日 までに 実 施 した 団 体 数 都 道 府 県 43/47 団 体 (91.5%) 高 知 県 は 施 行 団 体 に 含 めているが 今 後 給 与 水 準 動 向 を 注 視 指 定 都 市 4/20 団 体 (20.0%) 市 区 町 村 1,464 団 体 /1,721 団 体 (85.1%) 合 計 1,511 団 体 /1,788 団 体 (84.5%) 団 体 区 分 H までに 施 行 a H 施 行 に 向 けH 以 降 に 議 決 予 定 団 体 b 各 団 体 給 料 表 見 直 し 状 況 合 計 a+b H 以 降 に 施 行 予 定 検 討 中 予 定 なし ( 参 考 ) H 施 行 % 8.5% 100.0% 0.0% 0.0% 0.0% 89.4% 都 道 府 県 % 80.0% 100.0% 0.0% 0.0% 0.0% 20.0% 指 定 都 市 20 団 体 数 1, , ,445 市 区 町 村 1, % 9.8% 94.8% 0.1% 3.4% 1.6% 84.0% 1, , ,491 合 計 1, % 10.4% 95.0% 0.1% 3.3% 1.6% 83.4% 検 討 中 : 執 行 部 側 において 対 応 方 針 を 検 討 中 であるが 未 決 定 場 合 又 は 今 後 検 討 を 予 定 している 場 合 予 定 なし : 執 行 部 側 において 給 料 表 見 直 しを 行 わないことを 決 定 している 場 合 28

31 総 行 給 第 108 号 総 行 公 第 102 号 平 成 27 年 12 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 市 長 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 議 会 議 長 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 副 大 臣 土 屋 正 忠 地 方 公 務 員 給 与 改 定 等 に 関 する 取 扱 いについて 本 日 公 務 員 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて 別 紙 とおり 閣 議 決 定 が 行 われ ました 各 地 方 公 共 団 体 においては 地 方 公 務 員 給 与 改 定 等 を 行 うに 当 たって 別 紙 閣 議 決 定 趣 旨 に 沿 って 特 に 下 記 事 項 に 留 意 上 適 切 に 対 処 されるよう 要 請 いたしま す 地 方 公 営 企 業 に 従 事 する 職 員 給 与 改 定 等 に 当 たってもこれら 事 項 を 十 分 勘 案 上 適 切 に 対 処 されるようお 願 いします また 貴 都 道 府 県 内 市 区 町 村 に 対 しても 併 せて 周 知 されるようお 願 いします なお 本 通 知 は 地 方 公 務 員 法 第 59 条 ( 技 術 的 助 言 ) 及 び 地 方 自 治 法 第 245 条 4( 技 術 的 な 助 言 )に 基 づくもです 記 第 1 本 年 給 与 改 定 及 び 給 与 適 正 化 について 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 改 定 を 行 うに 当 たっては 地 方 公 務 員 法 趣 旨 に 沿 って 適 切 に 対 応 すること そ 際 厳 しい 財 政 状 況 及 び 各 地 方 公 共 団 体 給 与 事 情 等 を 十 分 検 討 上 既 に 地 域 における 国 家 公 務 員 又 は 民 間 給 与 水 準 を 上 回 っている 地 方 公 共 団 体 にあってはそ 適 正 化 を 図 るため 必 要 な 措 置 を 講 じること 1 国 家 公 務 員 月 例 給 については 官 民 給 与 較 差 を 踏 まえ 行 政 職 俸 給 表 ( 一 ) において 平 均 0.4% 引 上 げ 改 定 を 行 うとともに 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しにおけ る 地 域 手 当 支 給 割 合 引 上 げ 改 定 を 行 うこととされたところである 地 方 公 共 団 体 においては 人 事 委 員 会 給 与 に 関 する 勧 告 及 び 報 告 を 踏 まえつつ 地 域 におけ る 民 間 給 与 等 状 況 を 勘 案 して 適 切 に 対 処 すること 29

32 そ 際 現 に 地 域 における 国 家 公 務 員 又 は 民 間 給 与 水 準 を 上 回 っている 地 方 公 共 団 体 にあっては 不 適 正 な 給 与 制 度 及 びそ 運 用 見 直 しを 含 め 必 要 な 是 正 措 置 を 速 やかに 講 じること 特 に 仮 に 民 間 給 与 が 著 しく 高 い 地 域 であったとしても 公 務 として 近 似 性 及 び 財 源 負 担 面 からそれぞれ 地 域 における 国 家 公 務 員 給 与 水 準 と 均 衡 に 十 分 留 意 すること 2 国 家 公 務 員 期 末 勤 勉 手 当 については 民 間 支 給 状 況 を 反 映 して 支 給 月 数 を0.1 月 分 引 き 上 げることとし 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 を 推 進 するため 本 年 度 は12 月 期 勤 勉 手 当 を 引 き 上 げ 平 成 28 年 度 以 降 は6 月 期 と12 月 期 勤 勉 手 当 をそれぞ れ0.05 月 分 引 き 上 げることとされたところである 地 方 公 共 団 体 においては 人 事 委 員 会 調 査 結 果 を 踏 まえつつ 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 推 進 を 図 るよう 適 切 な 改 定 を 行 うこと 3 国 においては 平 成 25 年 1 月 1 日 より 高 位 号 俸 から 昇 格 した 場 合 俸 給 月 額 増 加 額 を 縮 減 するとともに 一 般 職 職 員 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 25 年 法 律 第 95 号 ) 改 正 により 平 成 26 年 1 月 1 日 から55 歳 を 超 える 職 員 は 標 準 勤 務 成 績 で は 昇 給 停 止 とするなど 昇 給 抑 制 措 置 が 講 じられたところである 地 方 公 共 団 体 にお いても 国 取 扱 い 及 び 地 方 公 務 員 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 い 等 について ( 平 成 25 年 1 月 28 日 付 け 総 行 給 第 1 号 )を 踏 まえ 高 齢 層 職 員 昇 給 抑 制 等 について 必 要 な 措 置 を 講 じること 4 平 成 18 年 給 与 構 造 改 革 における 国 家 公 務 員 経 過 措 置 額 については 平 成 26 年 3 月 31 日 をもって 全 額 廃 止 されていることを 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 においても 速 やかに 必 要 な 措 置 を 講 じること 5 級 別 職 務 分 類 表 に 適 合 しない 級 へ 格 付 けを 行 っている 場 合 そ 他 実 質 的 にこれ と 同 一 結 果 となる 級 別 職 務 分 類 表 又 は 給 料 表 を 定 めている 場 合 (いわゆる わた り を 行 っている 場 合 ) 等 不 適 正 な 給 与 制 度 運 用 については 速 やかに 見 直 し を 図 ること また 級 別 職 員 構 成 については 職 務 給 原 則 にっとり 職 務 実 態 に 応 じた 厳 格 な 管 理 に 努 め 上 位 級 比 率 が 過 大 である 場 合 には 計 画 的 に 適 正 化 を 図 ること 特 に 地 方 公 務 員 法 改 正 により 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 を 徹 底 する 観 点 から 等 級 別 基 準 職 務 表 を 給 与 条 例 に 定 めるとともに 等 級 等 ごと 職 員 数 公 表 を 行 うこととされたところであり 各 地 方 公 共 団 体 においては 議 会 や 住 民 へ 説 明 責 任 が 強 化 され 職 務 給 原 則 一 層 徹 底 が 求 められていることに 留 意 するこ と また 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 一 部 を 改 正 する 法 律 運 用 ( 等 級 別 基 準 職 務 表 及 び 等 級 等 ごと 職 員 数 公 表 ( 第 25 条 及 び 第 58 条 3) 関 係 ) について ( 平 成 27 年 4 月 10 日 付 け 総 行 給 第 31 号 総 財 公 第 73 号 )に 留 意 上 改 正 法 施 行 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 )に 向 け 等 級 別 基 準 職 務 表 条 例 化 など 必 要 な 取 組 を 行 うこと 6 諸 手 当 在 り 方 については 一 般 行 政 職 みならず 職 種 全 般 について 不 断 に 点 検 し 制 度 趣 旨 に 合 致 しないもや 不 適 正 な 支 給 方 法 についてはそ 適 正 化 を 図 ること また 自 宅 に 係 る 住 居 手 当 については 国 においては 平 成 21 年 12 月 に 廃 止 された ことを 踏 まえ 地 方 公 共 団 体 においても 速 やかに 見 直 しを 行 うこと 30

33 7 技 能 労 務 職 員 給 与 については 民 間 同 一 又 は 類 似 職 種 に 従 事 する 者 と 均 衡 等 に 留 意 し 適 正 な 給 与 制 度 運 用 とすること 8 人 事 委 員 会 においてはそ 機 能 を 発 揮 し 地 域 民 間 給 与 をより 的 確 に 反 映 さ せる 観 点 から 公 民 較 差 より 一 層 精 確 な 算 定 公 民 比 較 勧 告 へ 適 切 な 反 映 勧 告 内 容 等 に 対 する 説 明 責 任 徹 底 など 取 組 を 引 き 続 き 行 うこと ただし 公 務 として 近 似 性 及 び 財 源 負 担 面 からそれぞれ 地 域 における 国 家 公 務 員 給 与 水 準 と 均 衡 に 十 分 留 意 すること また 人 事 委 員 会 を 置 いていない 市 及 び 町 村 については 都 道 府 県 人 事 委 員 会 に おける 公 民 給 与 調 査 結 果 等 も 参 考 に 地 域 民 間 給 与 を 反 映 させた 適 切 な 対 応 を 行 うこと 9 地 方 公 共 団 体 における 職 員 給 与 改 定 実 施 は 国 における 給 与 法 改 正 措 置 を 待 って 行 うべきもであり 国 に 先 行 して 行 うことないようにすること また 給 与 条 例 改 正 は 議 会 で 十 分 審 議 上 行 うこととし 地 方 自 治 法 第 179 条 ( 長 専 決 処 分 ) 規 定 に 該 当 する 場 合 を 除 き 専 決 処 分 によって 行 うことな いようにすること なお 給 与 改 定 に 伴 う 差 額 支 給 に 当 たっては 条 例 施 行 後 速 やかに 対 応 する こと 第 2 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しについて 1 地 域 ごと 民 間 賃 金 水 準 より 的 確 な 公 務 員 給 与 へ 反 映 や 官 民 給 与 差 を 踏 まえた50 歳 台 後 半 層 水 準 など 国 家 公 務 員 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しを 踏 まえた 給 与 制 度 見 直 しを 着 実 に 推 進 すること また 見 直 しが 遅 れている 地 方 公 共 団 体 においては 速 やかに 見 直 しを 行 うこと 2 地 域 手 当 については 給 料 水 準 が 適 切 に 見 直 されていることを 前 提 に 国 におけ る 地 域 手 当 指 定 基 準 に 基 づき 支 給 地 域 及 び 支 給 割 合 を 定 めることが 原 則 である こと そ 際 次 事 項 に 留 意 すること (1) 給 料 水 準 引 下 げと 併 せても 国 指 定 基 準 に 基 づく 支 給 割 合 によれば 著 しく 給 与 水 準 が 上 昇 する 場 合 については 地 域 手 当 支 給 割 合 について 住 民 理 解 と 納 得 が 得 られるもとなることを 基 本 として 適 切 に 対 応 すること (2) 都 道 府 県 にあっては 人 事 管 理 上 一 定 考 慮 が 必 要 となる 場 合 国 基 準 に っとった 場 合 支 給 総 額 を 超 えない 範 囲 で 支 給 割 合 差 幅 調 整 を 行 うこと は 差 し 支 えないがこ 場 合 であっても 地 域 手 当 趣 旨 が 没 却 されるような 措 置 は 厳 に 行 わないこと (3) 地 域 手 当 支 給 割 合 段 階 的 実 施 と 給 料 水 準 引 下 げに 伴 う 経 過 措 置 は 一 体 も であることに 留 意 すること 3 職 務 や 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 (1) 国 においては 人 事 評 価 結 果 を 任 用 給 与 等 へ 反 映 しており 本 年 給 与 改 定 においては 昨 年 に 引 き 続 き 勤 勉 手 当 支 給 月 数 を 引 き 上 げ 勤 務 実 績 に 応 じた 給 与 を 推 進 することとしている 地 方 公 共 団 体 においては 改 正 前 地 方 公 務 員 法 においても 任 命 権 者 は 勤 務 成 績 評 定 結 果 に 応 じた 措 置 を 講 じなければならないとされているところであ り 勤 務 成 績 を 昇 給 や 勤 勉 手 当 に 十 分 に 反 映 できていない 団 体 にあっては 速 や 31

34 かに 必 要 な 措 置 を 講 じること 特 に 勤 勉 手 当 支 給 に 関 し 成 績 率 を 反 映 させ ない 一 律 支 給 など 不 適 正 な 運 用 がある 場 合 には 速 やかな 是 正 を 図 ること (2) 能 力 実 績 に 基 づく 人 事 管 理 徹 底 を 図 る 地 方 公 務 員 法 改 正 趣 旨 を 踏 まえ 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 一 部 を 改 正 する 法 律 運 用 について ( 平 成 26 年 8 月 15 日 付 け 総 行 公 第 67 号 総 行 経 第 41 号 )に 留 意 上 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 法 施 行 に 向 け 人 事 評 価 制 度 確 立 と 円 滑 な 運 用 給 与 等 処 遇 へ 反 映 を 一 般 職 全 職 員 を 対 象 に 行 うよう 速 やかに 必 要 な 規 程 等 整 備 や 職 員 へ 周 知 など 取 組 を 行 うこと 第 3 そ 他 事 項 1 国 家 公 務 員 退 職 手 当 については 給 与 制 度 総 合 的 見 直 し 影 響 を 踏 まえ 現 行 支 給 水 準 範 囲 内 で 職 員 公 務 へ 貢 献 度 をより 的 確 に 反 映 する 改 正 が 行 わ れている 地 方 公 務 員 退 職 手 当 についても 職 員 退 職 手 当 に 関 する 条 例 一 部 を 改 正 する 条 例 ( 案 ) 等 について ( 平 成 26 年 11 月 19 日 付 け 総 行 給 第 87 号 )を 踏 まえ 国 に 準 じて 必 要 な 措 置 を 講 じること 2 定 員 については 地 方 公 共 団 体 適 正 な 定 員 管 理 及 び 人 件 費 抑 制 に 支 障 を 来 す ような 国 施 策 を 厳 に 抑 制 するとしているところであり 各 地 方 公 共 団 体 において は 行 政 合 理 化 能 率 化 を 図 り 地 域 実 情 を 踏 まえつつ 適 正 な 定 員 管 理 推 進 に 取 り 組 むこと 3 給 与 及 び 定 員 公 表 については 給 与 情 報 等 公 表 システムにより 住 民 等 が 団 体 間 比 較 分 析 を 十 分 行 えるよう 公 表 様 式 に 沿 った 情 報 開 示 を 徹 底 すること 4 地 方 公 務 員 勤 務 時 間 におけるフレックスタイム 制 拡 充 については 国 家 公 務 員 における 取 組 を 踏 まえ 各 地 方 公 共 団 体 実 情 に 即 し 適 切 に 取 り 組 むこと 32

35 公 務 員 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて 平 成 27 年 12 月 4 日 閣 議 決 定 1 一 般 職 職 員 給 与 に 関 する 法 律 適 用 を 受 ける 国 家 公 務 員 給 与 については 去 る8 月 6 日 人 事 院 勧 告 どおり 改 定 を 行 うもとする また 本 年 4 月 から 実 施 している 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しを 着 実 に 推 進 する 2 一 般 職 職 員 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 法 律 適 用 を 受 ける 国 家 公 務 員 勤 務 時 間 については 去 る8 月 6 日 人 事 院 勧 告 どおり 平 成 28 年 度 から 適 切 な 公 務 運 営 確 保 に 配 慮 しつつ 原 則 として 全 て 職 員 を 対 象 にフレックスタイム 制 を 拡 充 するもとする 3 特 別 職 国 家 公 務 員 給 与 についてはおおむね1 趣 旨 に 沿 って 取 り 扱 うもとする 4 12 及 び3 措 置 に 併 せ 次 に 掲 げる 各 般 措 置 を 講 ず るもとする (1) 国 行 政 機 関 機 構 及 び 定 員 については 国 行 政 機 関 機 構 定 員 管 理 に 関 する 方 針 ( 平 成 26 年 7 月 25 日 閣 議 決 定 )に 沿 って 厳 格 に 管 理 を 行 う (2) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する 独 立 行 政 法 人 をいう ) 役 職 員 給 与 改 定 に 当 たっては 独 立 行 政 法 人 改 革 等 に 関 する 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 25 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 )を 踏 まえ 適 切 に 対 応 する また 特 殊 法 人 等 役 職 員 給 与 改 定 に 当 たっては 国 家 公 務 員 給 与 水 準 を 十 分 考 慮 して 国 民 理 解 が 得 られる 適 正 な 給 与 水 準 となるよう 厳 しく 対 処 するとともに 必 要 な 指 導 を 行 うなど 適 切 に 対 応 する 5 地 方 公 務 員 給 与 改 定 については 各 地 方 公 共 団 体 におい て 地 方 公 務 員 法 趣 旨 に 沿 って 適 切 に 対 応 するとともに 厳 しい 財 政 状 況 及 び 各 地 方 公 共 団 体 給 与 事 情 等 を 十 分 検 討 上 既 に 地 域 における 国 家 公 務 員 又 は 民 間 給 与 水 準 を 上 回 っている 地 方 公 共 団 体 にあってはそ 適 正 化 を 図 るため 33

36 必 要 な 措 置 を 講 ずるよう 要 請 するもとする また 国 家 公 務 員 における 給 与 制 度 総 合 的 見 直 しを 踏 ま え 地 方 公 務 員 給 与 についても 地 域 民 間 給 与 より 的 確 な 反 映 など 見 直 しを 着 実 に 推 進 するよう 要 請 するもとす る さらに 地 方 公 共 団 体 適 正 な 定 員 管 理 及 び 人 件 費 抑 制 に 支 障 を 来 すような 国 施 策 を 厳 に 抑 制 するとともに 地 方 公 共 団 体 に 対 し 行 政 合 理 化 能 率 化 を 図 り 適 正 な 定 員 管 理 推 進 に 取 り 組 むよう 要 請 するもとする 6 地 方 公 務 員 勤 務 時 間 におけるフレックスタイム 制 拡 充 に ついては 国 家 公 務 員 における 取 組 を 踏 まえ 各 地 方 公 共 団 体 実 情 に 即 し 適 切 に 取 り 組 むよう 要 請 するもとする 34

37 7 平 成 27 年 度 福 利 厚 生 事 業 調 査 結 果 について 35

38 36

39 8 平 成 28 年 度 における 地 方 議 会 議 員 年 金 制 度 に 係 る 地 方 公 共 団 体 負 担 金 等 について 37

40 事 務 連 絡 平 成 27 年 12 月 24 日 各 都 道 府 県 各 指 定 都 市 財 政 担 当 課 市 町 村 担 当 課 議 会 事 務 局 財 政 担 当 課 議 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 福 利 課 平 成 28 年 度 における 地 方 議 会 議 員 年 金 制 度 に 係 る 地 方 公 共 団 体 負 担 金 等 について 地 方 議 会 議 員 年 金 制 度 については 平 成 23 年 6 月 1 日 をもって 制 度 が 廃 止 されまし たが 制 度 廃 止 に 伴 う 経 過 措 置 として 給 付 に 要 する 費 用 財 源 は 関 係 法 令 に 基 づ き 毎 年 度 現 職 議 員 標 準 報 酬 総 額 に 応 じて 各 地 方 公 共 団 体 が 公 費 で 負 担 すること とされています 平 成 28 年 度 においては 制 度 廃 止 に 伴 う 経 過 措 置 として 給 付 に 要 する 費 用 585 億 円 を 含 む590 億 円 を 地 方 財 政 計 画 に 計 上 する 予 定 であり 各 地 方 公 共 団 体 負 担 金 具 体 的 な 算 定 方 法 及 び 支 払 方 法 は 別 紙 とおり 予 定 しています つきましては 平 成 28 年 度 地 方 公 共 団 体 負 担 金 予 算 計 上 等 について 適 切 に 対 処 いただきますとともに 貴 都 道 府 県 内 市 町 村 ( 財 政 担 当 課 議 会 事 務 局 )に 対 して も 速 やかにそ 趣 旨 をご 連 絡 いただくようお 願 い 申 し 上 げます 担 当 結 城 齋 藤 TEL:

41 ( 別 紙 ) 1 給 付 費 負 担 金 算 定 方 法 (1) 都 道 府 県 平 成 28 年 4 月 1 日 における 当 該 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 ( ) 標 準 報 酬 月 額 総 額 に12を 乗 じて 得 た 金 額 に22.6/100を 乗 じて 得 た 金 額 (2) 市 区 町 村 平 成 28 年 4 月 1 日 における 当 該 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 ( ) 標 準 報 酬 月 額 総 額 に12を 乗 じて 得 た 金 額 に41.0/100を 乗 じて 得 た 金 額 上 記 場 合 において 次 1から4までに 掲 げるときはそれぞれ1から4までに 掲 げる 日 における 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 数 を 平 成 28 年 4 月 1 日 における 当 該 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 数 とみなすこと 1 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 が 平 成 28 年 3 月 31 日 までに 当 該 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 任 期 満 了 により 退 職 し 同 年 4 月 1 日 において 在 職 していないとき 当 該 任 期 満 了 日 2 地 方 公 共 団 体 議 会 議 員 が 平 成 28 年 3 月 31 日 までに 当 該 地 方 公 共 団 体 議 会 解 散 により 又 は 選 挙 無 効 決 定 裁 決 若 しくは 判 決 が 確 定 したことにより 退 職 し 同 年 4 月 1 日 において 在 職 していないとき 当 該 退 職 日 3 平 成 28 年 4 月 1 日 までに 市 町 村 廃 置 分 合 が 行 われ 同 月 2 日 以 後 に 新 たに 設 置 された 市 町 村 議 会 議 員 一 般 選 挙 が 行 われたとき 当 該 市 町 村 議 会 議 員 一 般 選 挙 日 4 平 成 28 年 4 月 1 日 までに 市 町 村 廃 置 分 合 又 は 境 界 変 更 処 分 が 行 われ 同 月 2 日 以 後 に 当 該 廃 置 分 合 又 は 境 界 変 更 処 分 に 伴 い 行 われる 市 町 村 議 会 議 員 増 員 選 挙 が 行 われたとき 当 該 市 町 村 議 会 議 員 増 員 選 挙 日 2 給 付 費 負 担 金 支 払 方 法 上 記 1で 算 定 した 給 付 費 負 担 金 については 次 表 に 掲 げる 金 額 をそれぞれ 同 表 に 掲 げる 月 20 日 までに 各 地 方 議 会 議 員 共 済 会 に 払 い 込 まなければならないこと 給 付 費 負 担 金 10 分 5に 相 当 する 金 額 給 付 費 負 担 金 10 分 2に 相 当 する 金 額 給 付 費 負 担 金 10 分 2に 相 当 する 金 額 平 成 28 年 5 月 平 成 28 年 8 月 平 成 28 年 11 月 給 付 費 負 担 金 から 当 該 金 額 うち 当 該 年 度 において 既 に 払 平 成 29 年 2 月 込 みをした 金 額 を 控 除 した 金 額 3 事 務 費 負 担 金 事 務 費 負 担 金 額 及 び 支 払 方 法 については 各 地 方 議 会 議 員 共 済 会 から 別 途 連 絡 ( 従 前 どおり) 39

42 9 地 方 公 務 員 安 全 衛 生 について 40

43 41

44 42

45 43

46 44

47 45

48 46

49 47

50 11 48

51 49

52 50

53 51

54 52

55 53

56 54

57 55

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

12 理化学研究所

12 理化学研究所 国 立 研 究 開 発 法 人 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 理 化 学 研 究 所 は 長 い 歴 史 を 有 し これまで 世 界 の 第 一 線 にて 研 究 をリー ドしてきたところである

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監

理 事 F 理 事 G 理 事 H 15,867 10,788 15,836 15,825 10,788 10,788 1,294 3,660 125 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 94 ( 通 勤 交 通 費 ) 1,294 3,660 83 ( 通 勤 交 通 費 ) 監 日 本 中 央 競 馬 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 注 ) 年 度 は1 月 1 日 ~12 月 31 日 のJRA 事 業 年 度 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 報 酬 については 勝 馬 投 票 券

More information

波佐見町の給与・定員管理等について

波佐見町の給与・定員管理等について 波 佐 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 24 年 度 15,253 人 5,698,68 113,830 46,156 13.1 %

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

00 平成23年度業務実績報告書

00 平成23年度業務実績報告書 7.その 他 参 考 となり 得 る 情 報 (1) 東 日 本 大 震 災 における 被 災 地 支 援 の 取 組 み 東 日 本 大 震 災 に 関 連 し 機 構 は 以 下 に 示 すような 取 組 みを 通 して 復 旧 復 興 に 貢 献 している 1 鉄 道 建 設 業 務 関 連 1) 東 北 新 幹 線 復 旧 支 援 JR 東 日 本 に 対 して 東 北 新 幹 線 の 早

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支

理 事 役 員 報 酬 基 準 は 月 額 及 び 特 別 手 当 から 構 成 されている 月 額 に ついては 情 報 通 信 研 究 機 構 役 員 報 酬 規 程 に 則 り 本 給 (834,000 円 以 内 )に 特 別 調 整 手 当 ( 本 給 の12%) 通 勤 手 当 ( 支 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 情 報 通 信 研 究 機 構 は 通 信 総 合 研 究 所 ( 国 立 研 究 所 )と 通 信 放 送

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評

1 評 価 制 度 程 国 評 価 制 度 ど 参 考 評 価 基 準 明 示 自 己 申 告 面 談 評 価 結 果 開 示 苦 情 対 応 評 価 訓 練 どつ 必 要 設 けく 適 2 程 整 備 っ へ 分 周 知 理 解 踏 まえ 進 く 重 要 ま 程 制 変 更 へ 周 知 努 3 評 総 6 7 総 経 4 1 平 成 26 8 月 15 日 各 都 道 府 県 知 各 政 令 指 都 市 市 各 殿 総 省 自 治 政 局 及 び 独 立 政 改 正 律 運 用 つ 通 知 及 び 独 立 政 改 正 律 平 成 26 律 34 改 正 布 つ 平 成 26 5 月 14 日 付 け 総 42 総 大 臣 通 知 り 知 せろ 改 正 運 用 り 通 知 り 通 知 ほ 記 留

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 110 105 100 (H20.4.1) 96.7 (H25.4.1) (H25.7.1) 106.4 106.2 (H25.4.1), 105.2 (H25.4.1) 参 考 値 98.3 (H25.7.1) 103.1 (H20.4.1) (H25.4 鉾 田 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 )23 年 実 質 収 支 (24 年 度 末 ) A B B/A 度 の 人 件 費 率 人 千 千 千 % 24 年 度 51,778 20,041,814 1,173,725

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf

Microsoft Word - 様式(H22)[1].rtf 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 (21 年 度 末 ) 21 年 度 18,774 当 別 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A B B/A 9,004,766 161,383 1,749,847 19.4 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員

2 地 域 手 当 ての 見 直 し 平 成 26 年 度 の 支 給 割 合 見 直 し 後 の 支 給 割 合 平 成 27 年 度 の 支 給 割 合 国 基 準 による 支 給 割 合 0 0 0 魚 沼 市 の 支 給 割 合 0 0 0 3その 他 の 見 直 し 内 容 管 理 職 員 1 総 括 魚 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 1 月 1 日 ) A B B/A 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 40,272 27,751,216 1,487,094 3,834,368

More information

復興特別法人税の前倒し廃止の検討

復興特別法人税の前倒し廃止の検討 税 制 A to Z 2013 年 11 月 25 日 全 6 頁 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 の 検 討 民 間 投 資 活 性 化 等 のための 税 制 改 正 大 綱 の 解 説 その 4( 最 終 回 ) 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 平 成 25 年 10 月 1 日 自 由 民 主 党 および 公 明 党 は 民 間 投 資 活

More information

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度

26 年 4 月 1 日 のラスパイレス 指 数 が 13 年 前 に 比 べ1ポイント 以 上 上 昇 している 場 合 23 年 連 続 で 上 昇 して いる 場 合 31 を 超 えている 場 合 について その 理 由 及 び 改 善 の 見 込 み 該 当 なし (4) 給 与 制 度 八 幡 浜 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 2 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 (26 年 1 月 1 日 ) 37,38 出 額 A 18,314,46 実 質 収 支 36,717 件 費 B 2,86,4 件 費 率 B/A % 1.6 ( 参 考 ) 24 年 度 の 件 費 率 % 1.7 (2) 職

More information

Microsoft Word - 20130603050.docx

Microsoft Word - 20130603050.docx 東 日 本 大 震 災 からの 住 宅 の 再 建 に 向 けた 取 組 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 廣 原 孝 一 1. はじめに 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 においては 津 波 により 東 北 地 方 沿 岸 部 を 中 心 に 甚 大 な 被 害 が 発 生 しており 建 築 物 の 被 害 は 全 国 で 全 壊 約 13 万 戸

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 類 団 府 分 似 体 平 均 年 齢 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 4 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 5 年 3 月 31 日 ) 1, 歳 出 額 5,95,3 A の 給 与 定 員 管 理 等 について 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) B B/A 3 年 度 の 件 費 率 1,4 1,3,9.9 7. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

( 注 ) 1 ラ ス パ イ レ ス 指 数 と は 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 同 一 の 基 準 で 比 較 す る た め 国 の 職 員 数 ( 構 成 ) を 用 い て 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 に よ る 影 響 を 補 正

( 注 ) 1 ラ ス パ イ レ ス 指 数 と は 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 同 一 の 基 準 で 比 較 す る た め 国 の 職 員 数 ( 構 成 ) を 用 い て 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 に よ る 影 響 を 補 正 3 別 紙 3 岩 倉 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 24 年 度 47,658 人 1 2, 9 6 6, 8 3

More information

地 方 公 務 員 制 度 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 ) 和 歌 山 県 総 務 部 総 務 管 理 局 市 町 村 課 は し が き 平 成 25 年 度 は 地 方 公 務 員 の 給 与 減 額 に 関 する 国 からの 要 請 への 対 応 を はじめ 公 的 年 金 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられることに 伴 う 雇 用 と

More information

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮)

【草案】経営者保証に関するガイドライン(仮) 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 平 成 25 年 12 月 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン 研 究 会 経 営 者 保 証 に 関 するガイドライン はじめに 1. 目 的 2. 経 営 者 保 証 の 準 則 3. ガイドラインの 適 用 対 象 となり 得 る 保 証 契 約 4. 経 営 者 保 証 に 依 存 しない 融 資 の 一 層 の 促 進 (1) 主 たる

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 11. 15. 1. 95. H.4.1 94.6 H5.4.1 15.1 H5.4.1 ( 参 考 値 ) 97.1 H5.7.1 14.9 H.4.1 97.1 H5.4.1 14.5 H5.4.1 H5.7.1 13. 1. H5.4.1 ( 参 考 石 井 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 6,69 8,136,675 373,713 1,54,11 18.95 19.18 () 職 員 給 与

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B A-B ( 改 定 率 ) 19 年 度 ( ) 0.0 ( 注 ) 民 間 給 与 公 務 員 別 紙 3 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 19 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 南 三 陸 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (19 年 度 末 ) 18,285 歳 出 額 A 8,398,986 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 18 年 度 の 件 費 率 180,597 1,853,799 22.1

More information

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の

2 各 府 省 所 管 の 分 野 業 界 団 体 ( 独 立 行 政 法 人 等 含 む)に 対 する 周 知 働 きかけ 等 これまでも 各 府 省 にご 協 力 いただき 業 界 団 体 などを 通 じた 事 業 者 への 周 知 広 報 説 明 会 などを 実 施 してきているが 番 号 の 資 料 2-1 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 各 府 省 の 協 力 と 準 備 の 徹 底 について 平 成 27 年 9 月 4 日 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 マイナンバー 制 度 の 施 行 に 向 けた 準 備 については 本 年 3 月 27 日 の 本 連 絡 会 議 でも 周 知 依 頼 したところであるが 10 月 からの 個 人 番 号

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 1 給 料 表 の 見 直 し [ 実 施 ] 実 施 内 容 ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 内 容 ) 行 政 職 給 料 表 について 国 の 見 直 し 内 千 歳 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) 25 年 度 人 95,459 43,717,187 実 質 収 支 A 418,757 人 件 費 B 6,088,907 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 24 年 度 の 人

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2

(4) ラスパイレス 指 数 の 状 況 ( 各 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 例 ) 15 15 1 1 95 95 9 9 ( 例 ) 15 (H2) (H2) (H24) (H24) (H25.4.1) (H25.4.1) (H24) 94.4 95. 1. (H24) 12.1 1.2 平 成 25 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 千 千 千 5,594,744,222 164,19 62,94

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

人件費の状況(普通会計決算)

人件費の状況(普通会計決算) 2 職 員 の 給 与 の 状 況 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 人 件 費 とは 職 員 に 支 給 される 給 与 のほか 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 等 職 員 が 加 入 している 地 方 共 済 組 合 に 事 業 主 として 支 払 う 負 担 金 等 を 合 計 したものです 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 (19 年 度

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 津 山 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 年 度 25 (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 105,557 人 千 千 60,713,839 1,443,250 千 7,634,637 12.6

More information

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1

- 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 資 料 3 復 興 関 係 について 平 成 28 年 4 月 4 日 0 - 目 次 - Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 Ⅱ 復 興 財 源 フレームの 設 定 5 Ⅲ 前 半 5 年 間 ( 集 中 復 興 期 間 )の 対 応 9 Ⅳ 後 半 5 年 間 ( 復 興 創 生 期 間 )の 対 応 17 Ⅴ 将 来 への 論 点 22 1 Ⅰ 復 興 の 進 捗 状 況 2 平 成 23 年

More information

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知)

Microsoft Word - 150116①溶け込み版150114【閣議決定後】01平成26年度予算編成通知(課長通知) 保 保 発 0116 第 3 号 平 成 27 年 1 月 16 日 健 康 保 険 組 合 理 事 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 保 険 課 長 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 組 合 の 平 成 27 年 度 予 算 の 編 成 について 平 成 27 年 度 の 予 算 については 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 実 情 や 以 下 に 掲 げる 事

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1

佐賀大学事件・訴状案(最終)公開版1 訴 状 2013 年 ( 平 成 25 年 )11 月 7 日 佐 賀 地 方 裁 判 所 御 中 原 告 ら 訴 訟 代 理 人 弁 護 士 東 島 浩 幸 同 桑 原 健 同 梶 原 恒 夫 同 八 木 大 和 当 事 者 の 表 示 別 紙 当 事 者 目 録 記 載 の 通 り 退 職 金 請 求 事 件 訴 訟 物 の 価 額 金 364 万 0745 円 貼 用 印 紙 額 金 2 万

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73>

<81798AAE90AC94C5817A483236906C8E968D7390AD81694832372E348C668DDA94C5816A288F4390B3292E786C73> 函 館 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 25 年 度 住 民 基 本 台 帳 人 口 (25 年 12 月 31 日 ) 出 額 A 実 質 収 支 人 件 費 B/A 人 274,485 135,133,615 1,560,497 17,631,082 B 人 件 費 率 13.1 ( 参 考 ) 24

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 安 城 市 4.9 歳 32,51 369,93 36,251 愛 知 県 42.4 歳 332,11 432,53 3,945 2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) A 給 料 安 城 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 千 千 千 12,913 56,333,396 A 3,141,519,52,332

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information

() ラスパイレス 指 数 の 状 況 110.0 10.0 100.0 (H0..1) 98.0 (H..1) 10.6 (H.7.1) (H..1) 99.8 参 考 値 97. (H0..1) 100.9 (H..1) 108. (H..1) (H.7.1) 106.6 10. (H.7.1)

() ラスパイレス 指 数 の 状 況 110.0 10.0 100.0 (H0..1) 98.0 (H..1) 10.6 (H.7.1) (H..1) 99.8 参 考 値 97. (H0..1) 100.9 (H..1) 108. (H..1) (H.7.1) 106.6 10. (H.7.1) の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 ( 年 度 末 ) 平 成 年 度 6,86 人 歳 出 額 (A) 10,090,11 実 質 収 支 人 件 費 (B) 人 件 費 率 (B/A) % 6,1 6,19,119 18.6 ( 参 考 ) 平 成 年 度 の 人 件 費 率 1.7

More information

Microsoft Word - 通達(参考).doc

Microsoft Word - 通達(参考).doc 参 考 1 基 発 第 0909001 号 平 成 20 年 9 月 9 日 都 道 府 県 労 働 局 長 殿 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 ( 公 印 省 略 ) 多 店 舗 展 開 する 小 売 業 飲 食 業 等 の 店 舗 における 管 理 監 督 者 の 範 囲 の 適 正 化 について 小 売 業 飲 食 業 等 において いわゆるチェーン 店 の 形 態 により 相 当

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816B9776965D8F91816C88EA89AD918D8A8896F48ED089EF82D682CC92F188C432372E31322E313581698DC58F49816A> 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎 恭 久 様 全 国 老 施 協 発 第 1736 号 平 成 27 年 12 月 15 日 公 益 社 団 法 人 全 国 老 人 福 祉 施 設 協 議 会 会 長 石 川 憲 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 資 する 介 護 離 職 ゼロ 施 策 について( 要 望 ) 政 府 では 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 け 新 三 本 の

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

別紙3

別紙3 別 紙 3 1 総 括 平 成 26 年 度 栃 木 市 の 給 与 定 員 管 理 等 に つ い て (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 1 月 1 日 ) A B B / A 24 年 度 の 件 費 率 % % 25 年 度 146,544 56,331,297

More information

Microsoft Word - 20130308040.docx

Microsoft Word - 20130308040.docx 地 方 公 務 員 給 与 の 削 減 と 地 方 一 般 財 源 総 額 確 保 平 成 25 年 度 地 方 財 政 対 策 総 務 委 員 会 調 査 室 あんどう 安 藤 のりゆき 範 行 はじめに 我 が 国 経 済 は 円 高 デフレ 不 況 が 長 引 き 国 内 総 生 産 ( 名 目 )が3 年 前 とほぼ 同 程 度 の 水 準 にとどまっており 低 迷 が 続 いてきた こうした

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2%の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 平 成 26 年 度 鶴 岡 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 % % 25 年 度 134,630

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788F7493AC814091C38C8B8A549776485097702E646F63> 平 成 24 年 職 員 組 合 春 闘 要 求 および 回 答 要 求 事 項 回 答 1.2012 年 度 重 点 要 求 について (1) 賃 金 と 労 働 条 件 に 関 する 事 項 は 必 ず 組 合 と 協 議 し 合 意 を 図 るこ (2) 退 職 者 を 正 規 職 員 で 完 全 に 補 充 するこ (3) 職 場 毎 の 定 員 を 根 拠 を 示 して 明 らかにするこ

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒

平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 項 目 制 度 改 正 の 要 望 第 1 酒 税 の 減 税 要 望 等 について 1ページ 1 今 日 の 酒 類 業 界 の 厳 しい 現 状 を 勘 案 し 酒 税 の 大 幅 な 減 税 をしてもらいたい 2 酒 類 は 酒 平 成 27 年 8 月 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 に 関 する 要 望 書 酒 類 業 中 央 団 体 連 絡 協 議 会 幹 事 日 本 洋 酒 酒 造 組 合 日 本 酒 造 組 合 中 央 会 日 本 蒸 留 酒 酒 造 組 合 ビ ー ル 酒 造 組 合 全 国 卸 売 酒 販 組 合 中 央 会 全 国 小 売 酒 販 組 合 中 央 会 日 本 ワ イ ナ リ ー 協

More information

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 (

( 注 )1 ラスパイレス 指 数 とは 全 地 方 公 共 団 体 の 一 般 行 政 職 の 給 料 月 額 を 一 の 基 準 で 比 較 するため の 職 員 数 ( 構 成 )を 用 いて 学 歴 や 経 験 年 数 の 差 による 影 響 を 補 正 し の 行 政 職 俸 給 表 ( 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 平 成 5 年 度 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (4 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 件 費 率 4 年 度 千 千 千 31,131 15,5,15 311,66,57,939 16.9 17.9 () 職 員

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73>

<976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8267323820288F4390B38DCF95AA292E786C73> 別 紙 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 8 年 日 ) A B B/A 5 年 度 の 件 費 率 6 年 度,6,9,979 千 千 千 5,5 58,6 8..4 () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会

More information

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc

Microsoft Word - 公表資料(H22).doc 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 野 迫 川 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 (2 年 度 末 ) 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B 件 費 率 B/A ( 参 考 ) 2 年 度 の 件 費 率 2 年 度 556,96,86 8,9 27,59 2..9 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,600 円 185,800 円 222,900 円 261,900 円 289,200 円 320,600 円 最 平 成 25 年 度 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 58 条 の 2 及 び 世 羅 町 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 世 羅 町 条 例 第 3 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 平 成 25 年 度 の

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

80 鹿児島大学

80 鹿児島大学 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 鹿 児 島 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において

More information

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73>

<817995BD90AC3233944E9378817A8B8B975E93998FEE95F18CF6955C83568358836583808E518D6C976C8EAE2E786C73> 気 仙 沼 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 73,37 8,88,688 1,479,998 6,94,564 1.7

More information

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73>

<819A4832368B8B975E8CF6955C2E786C73> 職 員 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 (H6.1.1 現 在 ) A B B/A ( 参 考 ) 4 年 度 の 人 件 費 率 5 年 度 85,650 人 40,99,763 1,445,080 7,48,057 18.1%

More information