<4D F736F F D20824F F F C837C815B F82528B9E DB D890E690B6816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8252824F82588140838C837C815B8367824F82528B9E937381698DB2815896D890E690B6816A2E646F63>"

Transcription

1 ウッディレポート 3 1/5 ウッディチキンレポート 3 ウッディチキン/ 京 都 例 会 佐 々 木 の 将 人 先 生 講 演 レポート 日 程 : 2005 年 3 月 9 日 ( 水 ) 講 習 : PM7:00~PM9:00 ぱるるプラザ4F < 参 加 者 約 180 名 > 二 次 会 : PM9:00~PM11:00 京 都 タワーホテル 9F 飛 雲 < 参 加 者 約 100 名 > 三 次 会 : PM11:20~ 京 都 タワーホテル 501 号 室 < 参 加 者 約 80 名 > レポート 作 成 ウッディチキン 総 事 務 局 谷 口 隆

2 ウッディレポート 3 2/5 伊 藤 代 表 より 挨 拶 今 日 はウッディチキンにとって 今 年 初 めての 集 まりである 今 では 参 加 サロンのスタッフ 数 が 全 国 で7000 人 にもなった 最 低 でも 約 150 人 は 集 まる 勉 強 会 になり 名 古 屋 では600 人 も 集 まった 北 は 北 海 道 から 南 は 沖 縄 まで ほぼ 全 国 ( 東 北 以 外 )に 拠 点 ができた 当 初 のコンセプト 謙 虚 に 心 の 勉 強 会 をしよう の 通 り これからも 本 当 の 意 味 で 人 間 力 を 高 めていきたいと 思 う 伊 藤 豊 代 表 佐 々 木 の 将 人 のプロフィール 山 形 県 長 井 市 成 田 出 身 昭 和 4 年 2 月 1 日 生 中 央 大 学 経 済 学 部 卒 同 法 学 部 専 攻 科 修 了 友 の 死 が 転 機 で 滝 行 座 禅 一 九 会 等 で 人 生 の 道 を 求 めその 縁 で 中 村 天 風 哲 人 に 出 会 い 師 事 する また 合 気 道 開 祖 植 芝 盛 平 翁 の 元 で 合 気 道 を 行 じ 合 気 道 師 範 となる それに 神 縁 から 古 神 道 山 蔭 神 道 の 山 蔭 基 央 館 長 とは 台 湾 で 結 ばれて 神 官 となり 昭 和 52 年 フランス 政 府 文 化 庁 の 招 聘 によりパリで 人 間 性 回 復 の 神 道 教 授 として 渡 仏 同 60 年 再 渡 仏 昭 和 58 年 には 剣 祓 いの 神 官 として 東 京 ディズニーランドを 祓 う 現 在 合 気 道 師 範 明 神 塾 塾 長 として 日 本 文 化 と 人 の 道 を 説 く 佐 々 木 説 法 で 全 国 を 奔 走 雅 号 乾 舟 佐 々 木 将 人 先 生 講 演 人 生 は 正 に 出 会 いである 川 の 流 れの 様 に 人 生 を 歩 む 大 河 でも 源 に 行 けば 滴 人 生 も 遡 れば 同 じこと 人 生 日 あっという 間 である いかに 長 生 きしたかではなく いかにドラマを 演 じたか 出 会 いとは 出 るから 会 える と 考 える 教 育 とは 感 激 感 動 である 感 激 感 動 のない 人 生 は 無 意 味 人 生 転 機 の 節 人 と 出 会 ってバッと 変 わる 化 粧 も 又 心 から 人 の 道 は 心 にあり 人 の 心 は 行 にあり 人 の 行 は 顔 にあり 髪 メイクをすることで 世 界 平 和 に 役 立 っている メイクはその 人 の 可 能 性 を 広 げてあげられる 事 顔 は 玄 関 である 選 別 する 所 口 物 を 入 れて 選 別 する 鼻 空 気 を 入 れて 選 別 する 目 見 て 選 別 する 人 間 だけが 顔 が 変 わる 喜 怒 哀 楽 で 人 生 が 変 わる 人 間 最 大 の 発 見 は 気 金 である 宇 宙 は 気 によって 成 り 立 っている 電 気 元 気 邪 気 etc 気 金 は 使 い 方 によって 運 命 が 変 わる 気 は 発 見 金 は 発 明 昔 兄 が 私 の 妻 に30 万 円 くれた 私 の 妻 は 凄 く 喜 んでいた その 後 次 は 私 が 兄 嫁 に30 万 円 あげた 結 局 30 万 円 が 同 じ 所 を 行 ったり 来 たりしているだけだが 奥 さん 二 人 はとても 喜 んでいる こういうお 金 の 使 い 方 をしなくてはな らない 道 を 通 して 変 化 したのが 気 これは 器 によって 変 わる 人 の 心 にどう 通 るかによって 変 わる 人 間 だけが 物 を 作 る 基 本 は 衣 食 住 品 物 最 高 の 物 造 りは 人 間 づくり である 髪 形 繕 うたびに まず 思 え 己 が 心 の 姿 いかにぞ ( 明 治 天 皇 の 奥 さんが 作 った 詩 ) 神 が 降 りてくるから 髪

3 ウッディレポート 3 3/5 耳 は 二 つ 口 は 一 つだから 二 つ 聞 いて 一 つ 言 う 一 言 聞 いて 一 言 言 う と 仕 返 し 二 言 聞 いて 一 言 言 う と お 返 し 刃 物 の 傷 は 治 りやすいが 言 葉 で 切 られた 心 の 傷 は 治 りにくい 命 ある 物 は 全 て 大 自 然 人 間 は 虫 木 の 葉 さえ 作 れない 生 きているのではなく 自 然 に 生 かされているのである 1 職 業 の 他 に 趣 味 を 持 つ 事 1 週 間 に2 3 回 道 の 付 く 趣 味 を 持 つ 事 ( 華 道 茶 道 書 道 etc) 2 人 間 の 目 的 は 物 作 り 人 生 の 目 的 は 品 性 を 高 めること 3 命 をかけてもいい 物 ( 人 )を 持 つ 事 母 親 は 子 供 の 為 に 男 は 女 の 為 に 人 間 の 原 点 である 仕 事 勤 務 とは 約 束 を 果 たすこと 時 間 を 守 るのが 武 士 道 日 本 人 これを 知 っている 人 を 才 人 という 術 なき 道 は 空 論 道 なき 術 は 危 険 力 ( 金 )によって 引 っ 張 られる( 心 が 争 いを 起 こす) 時 には 術 を 使 う ( 術 話 術 算 術 etc 現 実 は 術 術 があるから 世 界 は 納 まる) 包 丁 は 無 いと 困 るが 使 い 方 ( 道 )が 無 いと 人 を 刺 したりする( 危 険 ) 人 間 だけ 髪 が 伸 びる 神 は 髪 を 通 して 悩 むなよ と 言 っている 悩 みとは 1 取 り 越 し 苦 労 2 消 極 的 観 念 一 つ 一 つに 命 がある 針 があるから 縫 える 髪 が 切 れるのはハサミのおかげだなぁと 感 謝 しなければいけない 松 井 秀 喜 も バットを 投 げて 中 学 時 代 に 監 督 に 叱 られたことがある バットひとつで 飯 食 ってる 人 がいるんだぞ! 投 げるとは 何 事 だ!!! 先 日 床 屋 に 行 った 時 剃 刀 をポンと 置 いたのを 見 て それで 食 ってるんだろう! 手 で 持 ってきちんと 置 きなさい!! と 言 った 物 に 対 する 心 をしっかりと 持 つ 事 いろんな 人 との 出 会 いが 大 切 ダライラマに 数 回 会 っている 一 番 楽 しかったのはいつですか? と 聞 いたら 今! と 言 った 凄 いと 思 った 今 と 言 う 間 に 今 は 無 し ま の 字 来 たれば い の 時 過 ぎ 行 く その 一 瞬 一 瞬 が 楽 しい!!おかしい 時 に 笑 うのは 当 たり 前 おかしくない 時 にも 笑 うのが 人 間 井 戸 も 枯 れると 水 が 出 ない 泥 水 でもいいから 入 れると 段 々いい 水 が 沸 いてくる それと 同 じで いつも 笑 っていたら 本 当 に 楽 しくなる 宇 宙 の 法 則 雨 が 降 っても どんな 天 気 でも 天 気 がいい! と いつも 感 謝 しなければならない 笑 うと 遺 伝 子 に 内 蔵 されているスイッチがON になり 承 認 のコップが 上 を 向 く 笑 うと 頬 が 上 がって 目 が 半 眼 になる これが 微 笑 み 嘘 でもいいから 笑 う 良 い 事 は 嘘 でもいいからやる 数 例 のメッセージ 3 (さん)には 神 様 がいる かけても 足 しても 増 える ( 三 々 九 度 etc ) 2 はかけても 足 しても 変 わらない 2 は 虚 数 虚 数 は 絶 対 嘘 をつくので 割 り 切 れないものは 道 で 囲 みましょうという 事 である 1 0 は 神 の 数 字 1 有 る 体 0 無 し 心 神 様 の 作 った 最 高 のコンピューターは 神 経 人 間 は 何 によって 生 きているのか? 神 経 によって 生 かされている 人 間 は 神 経 の 塊 である 神 経 がストップするから 死 ぬ 心 の 状 態 によって 神 経 が 広 くなったり 狭 くなったりして 危 篤 や 気 絶 となる 明 るく 朗 らかに 活 き 活 きと! 切 って 痛 くない 髪 や 爪 は 植 物 神 経 という 恐 竜 が 絶 滅 したのは 神 経 が 鈍 かったからである 尻 尾 を 触 られた 事 に 気 付 くのに1 秒 そこから 尻 尾 を 動 かすまで にもう1 秒 かかったため 明 るくないと 道 が 見 えない だから 明 るく!! 物 があっても 邪 魔 になるから 片 づけをする ある 所 にあるから 整 理 整 頓 という 道 の 片 づけが 大 切 見 方 にもいろいろある 見 物 小 学 生 物 を 見 る 見 学 中 学 生 見 て 学 ぶ 観 光 高 校 生 光 を 観 る

4 ウッディレポート 3 4/5 運 命 は 自 分 で 掴 む 物 である 神 や 仏 に 頼 んでも 何 も 変 わらない 嘘 でもいいから 人 をたてると たてられる 嘘 でもいいから 人 を 愛 せば 愛 される 心 は 額 額 を 明 るくしておく 身 に 病 があっても 心 ( 額 )は 明 るくしておく 神 とつながる 心 ( 額 )だから どんな 事 をしてでも 明 るく 保 たねばならない 物 を 測 るのは 物 差 し 心 を 計 るのは 志 志 は 高 く 自 分 より 遠 いものほど 尊 い 母 心 とは 我 が 子 の 喜 びを 自 分 の 喜 びとする という 事 である 生 まれたら 必 ず 死 ぬ 身 体 は 自 分 の 物 ではない (メイドイン 神 ) 心 臓 = 神 臓 である 身 体 は 昼 間 は 自 分 の 物 だが 夜 になると 持 ち 主 ( 神 )が 掃 除 をしに 来 る 7 時 間 ほどかかる 毎 日 今 日 はありがとう と 言 って 感 謝 して 寝 ると 良 い 常 に 生 かされている 素 晴 らしい 身 体 を 持 っている 呼 吸 をする 事 が 一 番 大 切 なので 鼻 が 真 ん 中 に 付 いている 道 元 は 中 国 で 何 を 学 んだかと 聞 かれて 鼻 は 下 向 きだから 良 い と 答 えた 目 口 は 横 に 鼻 は 縦 に 付 いている 縦 に 付 いている 物 には 蓋 がない 体 はよくできている だから 感 謝 して 使 えばいい 空 気 が 雰 囲 気 を 作 り 出 している 仕 事 で 店 に 入 る 前 に 数 秒 間 フフっと 笑 うと 良 い 今 が 楽 しい!! 今 が 明 るい!! 嘘 でもいいから ずっとそう 思 い 続 けたら 楽 しい 人 生 が 送 れる これが 生 きて 生 きて 生 き 抜 く という 事 である 人 間 は 根 本 的 な 人 生 の 意 味 の 勉 強 が 必 要 神 様 はその 人 に 必 要 な 物 を 与 える それがどういう 事 かな と 考 えて 生 きる フランスの 動 物 園 での 話 ゴリラが 死 んだので ぬいぐるみを 作 ってオリ 入 った 間 違 ってライオンのオリに 落 ちてし まった もう 少 しで 食 われそうになった ライオンが 小 さい 声 で 言 った オレもぬいぐるみだ! アインシュタインは 何 のために 生 きているのか? と 聞 かれて 自 分 の 顔 と 後 姿 は 自 分 で 見 えないように 出 来 てい る 他 人 のために 化 粧 する と 自 分 のためになる 死 を 意 識 して 今 日 を 生 きることを 武 士 道 と 言 う 人 を 幸 せにするために 生 きている これが 生 きがい 人 は 多 いが 人 間 は 少 なくなってきている 地 位 名 誉 ではない 人 間 の 本 当 の 価 値 人 の 為 に の 心 で 生 きている 人 笑 顔 で 肛 門 を 閉 めて 人 差 し 指 を 立 てると へそに 落 ちる = 落 ち 着 く 手 は 人 差 し 指 を 立 てないと 肩 の 力 が 入 る 脳 細 胞 は41 億 個 の 細 胞 から 成 り 立 っているが 通 常 2%くらいしか 使 っていない アインシュタインでさえ 3.7%だと 言 われている 脳 を 活 性 化 するのに 笑 いが 良 い 踵 (かかと)が 減 るのはだらしない つま 先 で30 秒 絶 って 揺 すれば 1 日 の 疲 れが 取 れる 心 を 明 るくすると 神 が 降 りてくる 笑 えるのは 人 間 だけ! 顔 は 玄 関 である あ~は い~ひ う~ふ え~へ お~ほ は 笑 いの 言 霊 あ は 陽 性 い は 陰 性 将 人 先 生 貴 重 なお 話 ありがとうございました 以 上 < これより ウッディな 1デイドキュメント > PM2:43 京 都 駅 にて 佐 々 木 先 生 をお 出 迎 え おいでやす!

5 ウッディレポート 3 5/5 PM6:30 ぱるるプラザ 1Fロビーに て 出 席 者 の 方 のお 出 迎 え おっ!ひさしぶり! PM6:45 4F 会 場 前 で 受 付 中! 何 ぼでしたっけ? (あっ ややこし?) PM7:00 今 から 講 習 はじまりますよ~~~ 静 かに 願 いま~~す PM9:45 将 人 流 乾 杯 だ! とにかく 頑 張 ろ う! PM11:00 では 三 次 会 をやるぞ!また もや 乾 杯 だ! ここは 部 屋 だからエンドレスだ あ 朝 の 5 時 ま でやってました ( 有 志 一 同 ) お 疲 れ 様 でした 次 回 また 会 いましょう!

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表

平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 プログラム 15:00~15:10 開 会 挨 拶 人 間 環 境 大 学 副 学 長 片 山 幸 士 15:10~15:40 成 果 発 表 1. 人 間 環 境 大 学 生 によるカイゼン 実 践 と 成 果 発 表 平 成 22 年 11 月 10 日 各 位 人 間 環 境 大 学 学 長 服 部 良 男 ( 公 印 省 略 ) 平 成 22 年 度 環 境 カイゼン 実 践 プログラム 成 果 発 表 会 ならびに 特 別 講 演 会 開 催 のご 案 内 謹 啓 深 冷 の 候 皆 様 におかれましては 益 々ご 盛 栄 のこととお 喜 び 申 し 上 げます 平 素 は 本 学 の 教 育 研 究 に

More information

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考

総 合 病 院 なのでたくさんの 診 療 科 がありましたが すべての 診 療 科 で 共 通 していたことは 患 者 さんのこと を 第 一 に 考 えていて 安 心 して 過 ごせるように 工 夫 していることでした 大 学 病 院 仕 事 とは 何 か 医 療 とは 何 か ということを 考 職 場 体 験 学 習 11 月 11 日 ( 水 )~13 日 ( 金 ) 2 年 生 が3 日 間 の 職 場 体 験 学 習 に 行 って 来 ました 本 校 では 本 人 の 希 望 する 職 場 を 体 験 できるように 時 間 と 労 力 をかけて 各 事 業 所 を 選 定 し 依 頼 しています 自 分 の 一 番 興 味 のある 職 場 での 仕 事 を 体 験 できるの で 皆

More information

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因

6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 6 7 新 変 ア カ 陸 書 取 ご ざ 0 0 % 満 足 仕 事 ベ 現 状 満 足 書 取 正 解 ぜ 書 30 秒 新 紹 介 満 足 新 会 幸 当 発 揮 際 多 現 状 満 足 私 指 導 多 ゃ 当 発 揮 望 ポ ツ 選 限 企 業 勤 ビ ネ ソ 発 揮 嘆 当 発 揮 原 因 ろ 頭 ろ 成 功 難 8 9 知 間 蓄 積 ぜ 難 現 代 社 会 抱 問 題 深 地 獄 活

More information

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会

CKENレポート17 :16.9.26   臥龍学友会 ウッディレポート 68 1/6 ウッディチキン/ 三 重 例 会 例 会 レポート68 日 程 : 2012 年 1 月 18 日 ( 水 ) 会 場 : 鳥 羽 戸 田 家 517-0032 三 重 県 鳥 羽 市 鳥 羽 1 丁 目 24-26 TEL:0599-25-2500 参 加 者 数 : 座 談 会 =32 名 親 睦 会 =32 名 PM6:00~7:00 ウッディ 三 重 吉 田

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8256825082528140838C837C815B8367824F82558FBC8E528169966B90EC90E690B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20824F8254824F8256825082528140838C837C815B8367824F82558FBC8E528169966B90EC90E690B6816A2E646F63> ウッディレポート 6 1/5 ウッディチキンレポート 6 ウッディチキン/ 松 山 例 会 北 川 八 郎 先 生 講 演 レポート 日 程 : 2005 年 7 月 13 日 ( 水 ) 講 演 : PM7:13~PM9:02 ホテルJALシティ 松 山 3F < 参 加 者 約 180 名 > 二 次 会 : PM9:20~10:30 ホテルJALシティ 松 山 2F < 参 加 者 約 170

More information

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫

Ⅱ 試 験 返 雪 単 帳 布 団 暗 布 団 膝 ざ ズ 靴 鼻 殴 蹴 必 予 徴 ょ 笑 講 堂 襟 首 講 堂 ぱ 講 堂 待 誰 止 周 囲 唾 飲 笛 鳴 拍 ゅ 向 退 8 尻 足 蹴 顔 逃 場 右 ゆ 講 堂 床 ゆ 伸 拭 ぬ 扇 右 ぱ 助 K O 勝 左 掲 試 始 逃 叫 紙 父 早 亡 離 暮 知 ゅ 華 料 預 港 町 飲 屋 帰 章 Ⅰ 落 汁 落 レ 炒 汁 淡 黄 褐 色 ょ 個 太 洋 陸 ソ モ 諸 サ モ 諸 抜 ぬ 太 洋 黄 信 ム 発 食 費 円 料 汁 乱 ぷ 岡 箱 細 腕 歩 姿 浮 闇 野 良 犬 ぬ 匹 牙 岡 落 4 ニ ブ 薪 音 閉 務 室 声 苦 労 5 無 修 士 釘 員 廊 寝 近 進 駐 ゅ 軍 ャ プ パ 工 場 付 属

More information

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6

事 務 所 レポート かなり 早 い 段 階 で 合 格 された のですね 試 験 には 強 い 方 だったのだと 思 います 投 入 時 間 に 対 する 成 果 を 見 ると 割 と 効 率 の 良 い 勉 強 がで きていたのでしょう 独 立 まではどのくらい 勤 務 さ れたのですか? 6 スタッフ 約 100 名 関 与 先 数 約 2,000 件 創 業 20 年 で 大 規 模 事 務 所 に 成 長 した SBCパートナーズの 軌 跡 大 阪 府 大 阪 市 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ スタッフは 実 に 約 100 名 大 阪 を 中 心 に 東 京 横 浜 名 古 屋 浜 松 など 幅 広 いエリアに 拠 点 を 構 える 税 理 士 法 人 SBC パートナーズ

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794

茨の鬼と邪な仙人の昔話 ID:47794 茨 邪 昔 BNKN 注 意 事 項 P D F フ ァ イ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ イ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 茨 木 霍 娥 取 扱 日 記 初 投 稿 至 ぬ 点 多 々 温 目 や ( 血 涙 ) 茨 邪 昔 目 次 1 茨

More information

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史

亡 遺 産 務 所 引 継 犯 罪 犯 罪 増 原 因 文 触 読 話 説 家 書 読 む 考 黒 悪 魔 住 聞 神 安 ぎ 知 育 挫 折 ひ 視 野 狭 恨 犯 罪 走 増 悲 客 習 考 違 礼 儀 正 我 慢 強 優 稽 育 育 想 現 実 食 違 母 怒 鳴 天 逝 仲 ニ グ ム 史 争 町 内 回 覧 板 隣 ブ ク 偶 然 モ 家 母 習 好 聞 偶 然 む H P 書 ぜ 協 ニ グ ム 栄 養 血 肉 付 飯 食 健 康 保 脳 与 栄 養 失 調 論 下 活 投 合 後 悲 惨 状 態 念 実 ュ 比 谷 公 堂 ヌ コ 定 期 ケ NHK 交 響 7 亡 ュ 劇 場 4 グネホテ 隣 議 家 - 家 違 ふ 家 クク 聞 -ガ 研 究 所 室 耳 傾 家 性 声 聞

More information

3) 新 たな 発 症 部 位 の 早 期 発 見 4) 良 好 な 歯 周 組 織 環 境 の 長 期 にわたる 維 持 今 回 私 の 臨 床 例 からこれらのメインテナンス 治 療 の 実 際 と 注 意 すべき 点 を 発 表 したいと 思 います 2) 歯 周 病 患 者 への 説 明 の

3) 新 たな 発 症 部 位 の 早 期 発 見 4) 良 好 な 歯 周 組 織 環 境 の 長 期 にわたる 維 持 今 回 私 の 臨 床 例 からこれらのメインテナンス 治 療 の 実 際 と 注 意 すべき 点 を 発 表 したいと 思 います 2) 歯 周 病 患 者 への 説 明 の 第 19 回 O.P.I.C. 研 修 会 2010-9-4 1) 歯 周 病 科 におけるメインテナンス 治 療 について 安 里 愛 子 メインテナンス 治 療 とS.P.T. 歯 周 病 治 療 が 終 了 した 後 にメインテナンス 治 療 に 移 行 します 歯 周 病 科 におけるメインテ ナンス 治 療 は S.P.T.( Supportive Periodontal Therapy)と

More information

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA>

< F2D91E F E682CC82C882A98BB38EBA817696CA> H27.10.29 行 事 名 第 5 回 よのなか 教 室 日 時 平 成 27 年 11 月 5 日 ( 木 ) 礼 法 指 導 14:10~16:00 場 所 体 育 館 各 教 室 対 象 者 9 年 生 生 徒 (101 名 ) ね ら い 日 向 市 の よのなか 教 室 の 授 業 に 参 加 することで, 生 徒 たちのキャリア 能 力 を 伸 ばす (1) 今 中 学 校 で 学

More information

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc

Microsoft Word - 昨日見た夢.doc 晩 蔵 仁 ひ 昨 夢 流 涙 新 宿 雑 踏 雷 鳴 放 電 球 車 ガ ラ 砕 散 全 裸 少 現 驚 々 少 ビ 影 消 2 家 食 卓 食 武 弟 パ ジ ャ マ 姿 起 武 起 遅 ぞ 無 兄 ブ 着 武 び 間 内 ゆ 楽 む 武 食 終 新 広 げ 武 へ ぇ 昨 西 新 宿 全 裸 性 表 興 味 示 ブ ビ リ モ コ 触 母 ブ 運 少 起 校 新 越 武 武 母 無 駄 無 駄

More information

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝

程 台 区 務 所 務 地 通 路 展 示 展 示 結 婚 1 結 婚 決 近 所 店 作 婚 礼 組 説 否 定 説 覚 色 説 聞 触 1 地 否 与 影 響 頃 忙 連 終 泊 帰 欲 決 2 枚 注 文 届 楽 届 夜 早 速 想 像 以 軽 翌 朝 軽 俺 義 同 居 遣 胸 熱 覚 伝 受 作 弊 節 迎 ひ 引 蔭 深 謝 申 記 念 ピ ソ ド 募 集 1 9 5 通 応 募 誠 応 募 全 作 ピ ソ ド 弊 ピ ソ ド 弊 通 伝 情 素 敵 描 選 ぐ 9 作 紹 介 尚 応 募 拝 見 手 伝 弊 切 伝 深 銘 受 御 礼 申 弊 快 適 睡 開 発 精 進 尚 層 指 導 支 援 賜 願 申 工 株 式 代 表 締 役 柳 弘 次 最 2 部 海 7 4 西 8 首

More information

スライド 1

スライド 1 2014 香 川 県 庁 インターンシップ レポート 目 的 香 川 県 庁 でのインターンシップを 通 して 職 業 観 や 就 労 意 識 の 向 上 を 図 り 自 らの 適 性 適 職 を 考 えるとともに 県 職 員 の 仕 事 の 魅 力 に 触 れ 県 政 への 理 解 の 促 進 を 図 ることを 目 的 として 実 施 しました 参 加 者 36 校 (35 大 学 ( 大 学 院

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

G.indd

G.indd ミ ュ ウ 2 3 凝 耳 澄 第 六 研 澄 電 灯 照 央 吐 必 暖 度 右 丸 紙 構 直 英 武 保 訪 ぬ 矮 小 精 神 刻 刻 消 耗 仇 義 務 背 負 孤 独 士 仇 属 全 般 襲 ネ 科 属 世 界 共 通 室 害 虫 小 型 ネ 学 Blattella geamanica. 最 早 記 愉 以 呼 称 遡 突 然 三 暮 忙 最 初 へ 部 活 暗 包 少 街 離 嫌 予

More information

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ )

平 成 2 3 年 度 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 東 海 市 立 富 木 島 中 学 校 長 谷 川 敦 史 本 年 度 の 知 多 理 科 同 好 会 研 究 会 観 察 会 は, 8 月 6 日 ( 土 ) 武 豊 町 民 会 館 ( ゆ め た ろ う プ ラ ザ ) 知 多 理 科 同 好 会 広 報 部 会 報 第 29 号 平 成 23 年 11 月 18 日 流 星 今 か ら 1 0 年 前, 2 0 0 1 年 1 1 月 小 学 生 2 年 生 の 息 子 と と も に 夜 中 に 起 き 出 し て, 庭 に シ ー ト を 引 き, 東 の 空 を 見 て い た こ と が あ り ま す 一 つ の 寝 袋 に 二 人 で 潜 り 込 ん

More information

3月31日をもちまして無事定年退職となりました

3月31日をもちまして無事定年退職となりました 4 月 16 日 ( 金 ) 離 任 式 退 職 異 動 された 先 生 主 事 さん 方 か らメッセージをいただきました 3 月 31 日 をもちまして 無 事 定 年 退 職 とな りました 25 日 最 後 の 授 業 には お 母 様 方 が かけつけてくださり 子 どもたちと 共 に 涙 ぐんでいただいたことを 有 難 く 終 生 忘 れません 皆 様 方 からもらった 花 束 が 枯

More information

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ

直 ぐに 役 場 へ ではなくて まずは 自 分 で 地 域 で 考 えてほしい 家 族 を 大 切 にする( 離 れて 暮 らす 親 も 含 め) 余 力 があれば 近 所 を 大 切 にする 町 の 何 か につながる 参 加 する 住 民 でできることは 自 ら 行 う 行 政 だけでできるこ 実 施 日 20130827 20130828 20130829 職 員 向 け 自 治 基 本 条 例 ワークショップ 手 法 ワールドカフェ 参 加 人 数 60 人 ワークショップ 結 果 住 民 の 皆 さんにお 伝 えしたいこと 隣 近 所 の 付 き 合 いを 大 切 にしてほしい 限 られた 財 源 の 中 では 住 民 の 皆 さんに 負 担 をお 願 いすることもある 親 と 一

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3)

資料9-1 大学教育改革地域フォーラムの結果(2/3) 熊 本 大 学 文 部 科 学 省 共 催 / 高 等 教 育 コンソーシアム 熊 本 後 援 大 学 教 育 改 革 地 域 フォーラム 2012 in 熊 本 大 学 日 時 2012 年 5 月 16 日 ( 水 ) 14:00~16:50 会 場 熊 本 大 学 黒 髪 南 キャンパス 工 学 部 百 周 年 記 念 館 テーマ1 大 学 での 学 修 の 内 容 と 時 間 を 教 員 学

More information

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc

Microsoft Word - 07●著名人のページ5.doc 47 少 主 公 悲 惨 苦 々 族 ぞ 周 囲 達 悲 癒 募 背 翼 食 物 考 食 心 描 写 療 施 設 情 原 題 解 放 周 囲 愛 情 取 戻 様 描 摂 取 障 害 少 過 去 不 ふ 幸 歴 史 代 抱 様 々 問 題 少 目 向 考 折 精 神 折 精 神 座 右 銘 葉 限 ぎ 楽 辛 苦 方 苦 面 立 心 前 進 無 理 折 限 以 発 揮 結 果 必 対 対 常 づ 葉

More information

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改

7 随 想 曲 正 市 秀 典 氏 塚 顧 問 不 思 議 縁 重 礎 築 へ 謝 賞 賛 率 常 導 力 折 紙 母 倒 迎 宿 敵 率 極 端 世 臨 ズ 夢 導 移 世 闘 背 持 実 輩 十 朝 通 驚 母 嬉 嬉 付 胴 げ デ ィ ア 讃 黙 称 賛 礎 築 拓 結 実 夢 功 績 改 6 随 想 晩 尚 ざ 6 喬 村 顧 問 兄 麻 布 獣 医 伊 那 家 畜 保 衛 勤 協 理 科 趣 味 馬 聖 東 阪 市 近 鉄 7 段 ぎ 埋 多 観 客 始 待 リ 斉 唱 基 調 何 百 旗 鳴 龍 蛇 意 包 余 裕 笑 顔 力 翻 弄 狂 縦 横 無 尽 奔 放 展 狭 炸 裂 探 終 へ 慢 突 貫 僧 ピ パ 痛 鋭 刺 取 左 振 ポ 作 敵 集 間 髪 外 展 槙 原 福

More information

Microsoft Word - 君の容貌01.doc

Microsoft Word - 君の容貌01.doc 晩 蔵 仁 ひ 君 容 貌 第 回 0 1 始 ぐ 夢 子 供 頃 景 慣 景 随 長 間 足 場 所 赤 茶 強 吸 込 肺 痛 乾 空 気 真 青 空 逃 平 線 沈 ゆ 赤 太 陽 場 所 他 景 立 崖 立 場 所 違 遠 昔 慣 光 景 夢 夢 覚 楽 突 然 界 空 紺 碧 者 圧 倒 巨 月 三 浮 天 空 浮 ぶ 巨 球 ペ パ ノ 順 線 ゆ 眺 夢 通 動 景 点 番 小 ノ 止

More information

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮

4 5 拷 課 罪 精 宮 沢 賢 治 話 共 通 超 根 源 向 激 衝 衝 役 登 場 過 ぎ ズ ム 徹 眼 差 穂 発 所 千 県 流 市 暮 児 ゅ 宰 ゅ 題 字 序 才 高 評 価 話 続 土 壌 讃 歌 冒 頭 常 忙 忘 気 路 0 0 営 踏 ふ 荘 ご 厳 拭 ぬ ぐ 新 鮮 2 3 宇 宙 索 静 寄 鈴 比 佐 雄 1 静 六 千 県 安 房 郡 富 浦 町 南 房 総 市 富 浦 町 農 関 早 稲 田 憧 入 通 業 進 己 力 落 胆 卒 業 帰 校 員 級 赤 字 青 赤 字 取 入 ィ 精 養 励 役 ィ 償 践 確 信 支 援 師 汗 流 創 元 芸 誌 宰 著 話 絵 ほ 既 持 続 求 然 田 耕 育 母 含 驚 表 穂 根 源 先 入 眼 差 八 穂

More information

セジ ざ 紹 介 動 跡 嫌 セ 成 長 好 今 フ ダ 数 々 動 提 供 好 転 以 簡 単 少 勇 新 挑 戦 ワド 毎 日 楽 過 新 扉 開 * 付 録 聴 ペャC 紹 介 入 2010 5 月 Body design 代 表 福 田 2 3 巻 末 付 録 C 読 皆 験 C 付 録 用 意 書 専 門 内 後 内 読 後 簡 単 付 属 C ヤ 聴 C 廻 約 20 作 動 毎 日 続

More information

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し

お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し お 亡 くなりになられたら 病 院 の 場 合 は 親 戚 等 に 連 絡 を 入 れます 寝 台 車 の 手 配 JAに 連 絡 を 入 れます 0892-21-2509(24 時 間 受 付 ) 病 院 にて 死 亡 診 断 書 を 受 け 取 ります 主 治 医 や 看 護 師 に 挨 拶 し 病 院 を 出 発 いたします 自 宅 の 場 合 は 医 師 に 連 絡 し 死 亡 の 確 認

More information

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464>

<93A191E382B382F18AAE90AC2E696E6464> 主 澁 信 郎 藤 惠 想 像 質 恋 駆 引 答 垢 抜 色 分 世 実 近 仲 軽 横 囲 新 道 ぼ 横 丁 細 石 畳 路 歩 野 暮 限 対 極 憧 世 邪 魔 居 ド キ ド キ 正 攻 法 道 ロ 主 渋 信 郎 氏 伺 感 発 祥 げ 創 暮 丁 肴 丁 ア 層 マ 近 残 願 茶 茶 済 女 発 祥 周 先 親 父 法 学 朝 鮮 台 湾 持 坊 留 学 植 民 勢 エ 学 正 関

More information

スライド 1

スライド 1 2015 年 9 月 7 日 株 式 会 社 Diverse 日 本 最 大 級 の 結 婚 支 援 サービス youbride 会 員 100 万 人 突 破! 突 破 を 記 念 して 婚 活 アンケート 調 査 を 発 表 結 婚 したい 男 性 有 名 人 1 位 は 結 婚 未 経 験 者 竹 野 内 豊 離 婚 経 験 者 は 谷 原 章 介 婚 活 相 手 に 求 める 人 柄 は 思

More information

untitled

untitled 第 64 号 平 24 10 31 翌 桧 2 (ウェブ 宮 殿 ) 1 御 嶽 登 ( 頂 ) 2 能 機 械 2 夏 例 暑 続 彼 岸 晩 肌 寒 秋 翌 桧 昨 妻 副 訳 振 供 保 育 園 園 保 護 者 妻 保 護 者 色 制 舎 監 母 守 趣 ポ ツ ク ブ ソ ボ サ ク ブ 六 彼 ピ 襲 ナ 団 色 違 付 授 等 視 拡 ヒ 第 福 島 駅 伝 A ム 算 五 度 優 勝

More information

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使

資 格 審 査 席 3 状 席 計 113 構 155 規 約 1 条 1 4 25 経 過 計 決 算 計 監 査 2 針 計 予 算 規 約 正 及 び 追 記 項 構 賛 多 承 詳 内 容 議 書 読 旧 2 開 設 務 弓 厚 引 続 弓 誉 誉 退 働 厚 就 致 多 面 切 演 有 使 東 震 災 被 災 舞 2 5 25 リ バ サ ド ホ 連 迎 在 10 近 ぞ 各 向 図 欲 揚 指 志 賛 法 賛 助 協 得 昨 12 4 ユ ネ コ 遺 護 条 約 8 政 我 伝 統 記 載 登 録 決 追 風 朗 重 性 再 確 財 ロ フ ェ ナ 集 団 重 性 寄 引 続 広 責 重 受 止 不 可 欠 影 響 及 ぼ 改 途 影 響 視 常 深 係 直 接 施 設 通 健 康

More information

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ

「誰に喰わせてもらっていると思っているんだ 北 本 市 いじめ 自 殺 裁 判 最 高 裁 決 定 を 受 けて 原 告 弁 護 団 支 援 団 より 声 明 メッセージ 2014 年 10 月 7 日 A 弁 護 団 声 明 1 2005 年 に 自 殺 した 埼 玉 県 北 本 市 の 中 学 校 1 年 の 女 子 生 徒 ( 当 時 12 歳 )の 両 親 が 市 と 国 に 計 約 7670 万 円 の 損 害 賠 償 を 求 めた

More information

目 次 第 1 回 そ も そ も 易 っ て な に? 1 第 2 回 易 と は 3 第 3 回 易 の 歴 史 と 用 語 6 第 4 回 易 占 い の 種 類 に つ い て 9 第 5 回 易 の 二 面 性 と 文 庫 本 易 の 話 13 第 6 回 漢 易 と 宋 易 ( か ん

目 次 第 1 回 そ も そ も 易 っ て な に? 1 第 2 回 易 と は 3 第 3 回 易 の 歴 史 と 用 語 6 第 4 回 易 占 い の 種 類 に つ い て 9 第 5 回 易 の 二 面 性 と 文 庫 本 易 の 話 13 第 6 回 漢 易 と 宋 易 ( か ん 目 次 第 1 回 そ も そ も 易 っ て な に? 1 第 2 回 易 と は 3 第 3 回 易 の 歴 史 と 用 語 6 第 4 回 易 占 い の 種 類 に つ い て 9 第 5 回 易 の 二 面 性 と 文 庫 本 易 の 話 13 第 6 回 漢 易 と 宋 易 ( か ん え き と そ う え き ) 17 第 7 回 易 占 い の 注 意 事 項 20 第 8 回 八

More information

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦

1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦 市 は 日 本 の 中 央 部 そ の 太 平 洋 岸 の 神 奈 川 県 南 東 部 に あ り 東 京 湾 と 相 模 湾 を 分 け る 三 浦 第 1 章 三 浦 市 のすがた 城 ヶ 島 と 三 崎 港 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 市 全 景 ( 三 浦 市 所 有 ) 三 浦 海 岸 ( 三 浦 市 所 有 ) 江 奈 湾 と 劒 崎 灯 台 ( 三 浦 市 所 有 ) - 1 - 1 三 浦 市 の 自 然 ( 1 ) 三 浦 市 の 位 置 首 都 圏 に 位 置 す る 三 浦 市 わ た し た ち の 住 む 三 浦

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

001-014扉〜目次.indd

001-014扉〜目次.indd 嘘 1 枚 紙 知 装 丁 bookwall 診 断 タ イ プ 同 著 名 誰!? 診 断 結 果 次 ペ ジ へ 林 田 子 様 6 22 タ イ プ 003 3ペジ 特 徴 下 探 ょ 同 ぐ 持 著 名 診 断 結 果 ペジ 記 載 ペジ 内 ご 覧 華 や 志 向 タイプ 左 払 長 芥 川 龍 之 介 P74 林 リダ 気 質 横 線 大 突 出 エジソ P102 突 出 石 川 遼 P39

More information

..........14.9 (Page 2)

..........14.9 (Page 2) 31 27 27 9500 2000 2728 27 26 建 設 がはじまります 役 場 新 庁 舎 6/23 現 庁 舎 被 災 判 定 6/25 泉 崎 村 議 会 ( 全 員 協 議 会 ) 500 7/24 泉 崎 村 議 会 ( 全 員 協 議 会 ) 7/31 泉 崎 村 議 会 ( 臨 時 議 会 ) 9500 8/8 住 民 代 表 者 説 明 会 15 91570 13 10

More information

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調

その2 速 度 の 遅 いトラックを 追 い 越 そうと バスが 追 越 車 線 に 出 てきました 追 越 車 線 を 走 行 してきた 乗 用 車 が 強 めのブレーキを 踏 んで 速 度 調 整 しています 自 分 よりも 遅 い 車 が 前 にいるんだから ブレーキを 使 って 速 度 調 その1 最 近 の 高 速 道 路 でよく 見 る 光 景 です えっ 何 が 間 違 っている の? と 思 われる 方 も 多 いのではないでしょうか?この 中 に 重 大 事 故 や 交 通 違 反 に 繋 がる 問 題 点 が 沢 山 あるのです!1 台 1 台 何 が 問 題 か 運 転 手 になった 気 持 ちで 確 認 してみましょう!! A 車 の 状 況 A 車 は トラックを 追

More information

№ 1

№ 1 干 支 九 星 による 今 年 ( 甲 午 年 )の 運 勢 平 成 26 年 2 月 4 日 ~ 平 成 27 年 2 月 4 日 暗 剣 殺 壬 寅 三 碧 辛 丑 二 黒 丁 酉 七 赤 戊 戌 八 白 甲 午 四 緑 己 亥 九 紫 歳 破 庚 子 一 白 丙 申 六 白 乙 未 五 黄 1 月 1 日 ~2 月 3 日 ( 節 分 )までに 生 まれた 方 は 前 年 の 九 星 十 二

More information

健康だより Vol.63(夏号)

健康だより Vol.63(夏号) わ 適 応 例 拡 近 口 肛 門 繋 自 然 孔 研 究 目 立 ち ち ろ 苦 痛 短 社 会 帰 待 表 図 孔 挿 収 テ 観 察 二 酸 化 炭 素 注 空 作 空 掴 鉗 子 道 具 電 気 5mm cm 孔 式 5 ヶ 所 胆 嚢 cm 4 5 cm ほ 普 及 自 初 観 察 診 断 目 9 8 代 治 療 胆 嚢 虫 垂 除 始 急 速 普 及 9 9 代 目 覚 食 道 外 科

More information

寄生獣 ID:47455

寄生獣 ID:47455 寄 獣 daisy 注 意 事 項 P D F フ ァ ル ハ メ ル 掲 載 中 作 品 自 動 的 P D F 化 小 説 作 者 ハ メ ル 運 営 者 無 断 P D F フ ァ ル 及 び 作 品 引 用 範 囲 超 え 形 転 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 榊 原 寄 記 憶 受 継 彼 同 種 守 為 知 ず 戦 時 彼 泉 会 目 次 1. 記 憶 1 2. 協 力 5 3.

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation ~ 花 粉 症 ~ 今 年 の 花 粉 情 報 と 治 療 セルフケア 花 粉 症 基 礎 知 識 花 粉 症 とは? 花 粉 症 とは スギやヒノキなどの 植 物 の 花 粉 が 原 因 となって 目 のかゆみ 鼻 水 な どのアレルギー 症 状 を 起 こす 病 気 です なぜ 花 粉 症 でくしゃみや 涙 が 出 るの? 身 体 が 花 粉 を 敵 だと 判 断 するために 花 粉 を 自 分

More information

sekishin2016_1.indd

sekishin2016_1.indd 798 号 発 / 79 平 8 発 所 / 庁 5-6 王 寺 小 宮 9-8 TEL 6677 FAX 667766 E-mail: sekishintok@gmail.com 編 / 井 龍 郎 印 正 定 勤 火 水 木 土 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 5 6 7 8 9 力 添 賜 誠 ざ 迎 住 む ぼ 向 懸 命 努 締 締 切 当 曜 火 曜 電 座 渋 滞 当 然 殿

More information

<94D192CB2E696E6464>

<94D192CB2E696E6464> 総 空 S セ ESSION H OUSE オ 伊 藤 石 畳 毘 沙 門 天 数 多 並 ぶ 料 亭 芸 者 和 強 ゆ 東 西 線 駅 右 曲 赤 城 社 歩 突 グ 建 物 バエ ポ 音 聞 セ 世 界 活 数 多 輩 オオ 伊 藤 伺 文 飯 塚 美 香 ぬ 伊 藤 伺 結 婚 程 政 科 衣 服 研 究 研 究 室 研 究 田 舎 鹿 児 島 食 販 扱 協 同 組 屋 配 務 員 働 最

More information

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢

7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足 遅 ぱ 動 能 層 厚 W B A W B C ゲ ナ ゴ 凄 仕 凄 腕 モ 契 約 ぱ 相 魅 ブ 得 ブ C E O 務 社 史 階 制 ニ 契 約 社 奪 快 黄 ユ 南 陸 被 災 地 室 開 勇 夢 . 月 刊 公 論 八 重 樫 尚 弥 熱 解 説 N P O 法 デ 理 務 政 次 越 頂 役 所 属 エ DeN A 奈 県 民 市 民 愛 程 牧 元 集 ネ デ ョ 親 頂 好 若 観 頂 観 ビ 観 迫 魅 小 観 際 ほ 興 味 坂 輔 愛 猛 騒 ぎ 根 性 基 異 政 次 氏 ( 解 説 ) 7 月 刊 公 論. 遡 桜 孝 雄 忘 サ ひ ハ 技 術 京 京 諒 太 彼 ハ 足

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章

目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 集 顔 英 編 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 監 修 目 次 顔 I 篇 動 英 長 玉 井 義 臣 墓 骨 H べ 元 戻 E U? R 空 Y 僕 6 M J A Y O 農 N H H K 回 余 H A 高 M 6 K Y 空 青 暖 N N 高 監 修 者 筑 名 誉 教 授 副 田 義 也 保 護 者 便 英 務 八 木 俊 介 若 紀 章 富 樫 康 野 亜 紀 建 設 道 務

More information

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選

家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 大 阪 市 西 区 住 大 阪 含 都 心 部 単 身 世 帯 急 増 向 住 宅 件 男 女 選 www.a-crafts.co.jp 家 庭 訪 問 住 大 阪 R 不 動 産 業 務 日 誌 / 物 件 連 載 住 輪 街! O S A K A W O W!! 1 6 家 庭 訪 問 ACB 住 旅 満 足! 向 大 阪 R 不 動 産 社 発 行 自 分 住 欲 仕 事 場 ACB ACB issue 16 家 庭 訪 問 住 02 男 性 暮 場 合 D 家 @ 大 阪 市 西 区 住

More information

Microsoft Word - 会報(第11号).doc

Microsoft Word - 会報(第11号).doc 第 11 号 (2013 年 9 月 18 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 25 年 度 秋 の 例 会 ( 蘭 島 閣 美 術 館 見 学 会 )の 開 催 案 内 について 2. 平 成 25 年 度 ( 第 4 回 ) 総 会 懇 親 会 2 次 会 の 開 催 状 況 について 3. 知 的 人 材 育 成 センターの 教 育 研 究

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 心 と 脳 の 関 係 : 包 括 的 一 元 論 の 構 築 脳 科 学 現 象 学 唯 識 教 義 の 三 者 における 共 通 点 を 見 出 すことにより 脳 ( 物 )と 心 を 隔 てる 歴 史 的 文 化 的 科 学 的 な 障 壁 を 乗 り 越 えることを 目 指 す 内 省 心 理 学 唯 識 科 学 脳 科 学 現 象 学 哲 学 2014 11 22 研 究 会 資 料 1

More information

1 > 詳 細 一 覧 大 盛 況! 田 母 神 俊 雄 西 村 慎 吾 講 演 会 2009/01/27 18:48 日 本 国 民 が 打 倒 すべき 正 体 が 明 らかに 村 山 談 話 を 信 奉 する 今 の 政 治 そのもの 西 村 塾 主 催 による 田 母 神 俊 雄 西 村 慎 吾 講 演 会 が26 日 午 後 七 時 から 永 田 町 の 憲 政 記 念

More information

Chapter 2 挨 拶 Q5 挨 拶 のポイントとして 適 切 でないものを 1 つ 選 択 してくだ 1. 明 るく 相 手 の 顔 を 見 て 挨 拶 する 2. 人 間 関 係 がうまくいっているときだけでなく どんな 状 況 でも 挨 拶 は 欠 かさない 3. 相 手 が 目 上 であ

Chapter 2 挨 拶 Q5 挨 拶 のポイントとして 適 切 でないものを 1 つ 選 択 してくだ 1. 明 るく 相 手 の 顔 を 見 て 挨 拶 する 2. 人 間 関 係 がうまくいっているときだけでなく どんな 状 況 でも 挨 拶 は 欠 かさない 3. 相 手 が 目 上 であ ビジネスマナー パーフェクトブック チェックテスト Chapter 1 身 だしなみ Q1 身 だしなみ に 関 する 説 明 として 適 切 なものを 2 つ 選 択 してくだ 1. 身 だしなみで 会 社 のイメージが 左 右 されることはない 2. 身 だしなみとは 相 手 から 見 える 自 分 の 姿 すべてのことであり 服 装 のみではな く 髪 や 爪 髭 や 化 粧 まで 含 まれる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081758DDD91EE88E397C382CC8CBB8FF382C689DB91E8817695F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081758DDD91EE88E397C382CC8CBB8FF382C689DB91E8817695F18D908F912E646F6378> 在 宅 医 療 の 現 状 と 課 題 岡 野 翔 大 野 あゆみ 城 内 優 子 長 谷 川 高 秀 高 木 清 司 吉 村 まり 子 渡 邉 真 理 1. 目 的 と 意 義 わが 国 では 近 年 の 高 齢 化 に 伴 い 医 療 のニーズが 高 まっている 人 口 当 たりの 病 床 数 が 国 内 でも 特 に 少 ない 滋 賀 県 では 病 院 で 最 期 を 迎 えられない 人 が

More information

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼

島 由 衣 祝 辞 述 べ 5 土 第 7 号 申 ょ 山 谷 頼 同 縁 積 重 ね 決 裏 ょ 三 好 奇 好 奇 ャ レ 四 視 点 専 門 視 点 変 鍵 世 認 知 老 違 口 送 考 描 任 権 利 若 違 曲 角 指 摘 声 鍵 輩 頑 張 忘 様 精 杯 島 由 衣 式 誠 ざ 礼 辞 令 式 5 土 第 7 号 5 第 7 号 公 財 法 : 横 山 公 樹 坂 総 リ ニ 号 館 8 階 室 辞 令 式 執 88 名 レ ュ 迎 隆 島 由 衣 紹 公 財 隆 ざ 佳 迎 両 親 親 戚 慶 び ば ょ 機 頑 張 公 財 法 個 考 幹 範 囲 広 半 球 範 囲 幹 ひ ぶ パ 曲 伸 ば 他 右 左 捻 比 較 単 純 範 囲 肝 根 指 筋 群 小 弱 限 揃 統

More information

道 化 と 死 ~ ~ 信 波 路 J ~ 坂 本 龍 馬 上 杉 謙 信 ~ ~ 風 よ 軍 師 よ 落 日 よ 詩 集 に 領 事 館 の 虫 などがある 趣 味 は 山 上 人 となり E I 本 臨 済 担 j\ に ~;t~~~w 638~713 広 東 省 出 身 中 国 禅 の 第 6 祖 であ 町 南 宋 禅 の 始 祖 である 弘 忍 に 師 事 し 本 来 無 ー やがて

More information

薬の正しい服用法

薬の正しい服用法 高 齢 者 のための 転 倒 予 防 法 ~ 歩 くだけでは 不 十 分 ~ 高 齢 者 も 筋 肉 を 増 やせる 歩 くだけでは 不 十 分 トレーニングをしよう 高 齢 者 になっても 日 常 生 活 をスムーズに 過 ご し 転 倒 を 予 防 して 寝 たきりにならないよう 筋 肉 を 増 やして 維 持 しよう 貯 筋 歩 くのはエネルギー 代 謝 には 効 果 的 でも 貯 筋 には

More information

副 院 長 就 任 挨 拶 1

副 院 長 就 任 挨 拶 1 1 2 3 4 2 0 0 8 2071 1 2 3 4 5 6 7 副 院 長 就 任 挨 拶 1 転 任 挨 拶 2 3 8:3017:00 TEL 028-673-2111 いつでも ご 相 談 に 応 じます 4 5 6 8:3011:00 14:0016:00 9:0012:0013:3016:3014:0015:00 TEL 028-673-2374 FAX 028-673-1961 329-1193

More information

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか

ワンハンドヒットで いろいろな 方 向 に 打 つ 打 ち 方 右 手 をボールの 奧 に 回 して 打 つ 足 の 踏 ん 張 りがとても 重 要 低 いセットで 打 つ 場 合 ボールが 低 く 飛 び すぐに 落 ちるので レシーブしにくい リスク 横 に 打 つことができず 正 面 にしか 第 1 回 日 本 代 表 に 学 ぶ キンボール 技 術 戦 術 講 習 会 日 時 2009 年 1 月 11 日 ( 日 ) 10:00 開 講 16:00 閉 講 場 所 東 京 都 品 川 区 品 川 区 立 第 二 延 山 小 学 校 体 育 館 主 催 日 本 キンボール 連 盟 共 催 NPO 法 人 フレンドリー 情 報 センター 主 管 東 京 都 キンボール 連 盟 講 習 担

More information

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc

Microsoft Word - ”‚Š¿…V…−†[…YNo19-7.doc じん 臓 機 能 障 害 (1 級 3 級 4 級 ) じん 臓 は 体 の 適 切 な 水 分 量 や 必 要 な 塩 分 量 の 調 節 老 廃 物 の 排 泄 血 圧 や 血 液 成 分 の 数 時 間 から 数 日 にわたる 比 較 的 緩 やかな 継 続 的 な 調 節 を 主 な 機 能 としてしている この 機 能 に 障 害 があると 体 内 の 水 分 量 や 塩 分 の 調 節

More information

オモニ太平記

オモニ太平記 小 田 実 全 集 評 論 第 18 巻 太 平 記 目 次 フ 7 想 家 17 29 ミ ヨ 丸 デ ワ 39 ウ 首 相 妓 セ 遊 ノ 51 59 ゲ 68 海 東 海 ヘ 78 ご 飯 ソ 食 86 へ 93 宝 島 シ ネ ケ 102 明 治 111 号 120 学 士 館 化 石 129 洋 0 ダ ウ ソ 137 フ 雪 儲 146 シ ソ ウ ル 155 ベ ル 記 163 172

More information

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) (

想 定 1 発 症 時 間 :18 時 30 分 ( 通 報 1 分 前 ) 住 所 : 市 町 目 番 号 対 象 物 : マンション 号 室 通 報 内 容 : 自 宅 で 夕 食 中 に 夫 が 食 べ 物 を 喉 に 詰 めて 苦 しそう 妻 からの 通 報 通 報 者 : ( 性 ) ( シミュレーション 訓 練 1 訓 練 の 目 的 電 話 という 相 手 の 行 動 や 動 作 が 把 握 できない 状 況 の 中 で 胸 骨 圧 迫 等 の 口 頭 指 導 を 行 なうことから バイスタンダーに 口 頭 指 導 の 内 容 が 正 確 に 伝 わらず 有 効 な 応 急 手 当 が 行 われていないことが 考 えられる こうしたことから 指 令 員 の 口 頭 指 導 がバイスタン

More information

/インタビュー.indd

/インタビュー.indd 未 踏 遂 度 遥 伺 放 送 タ 駆 ホ ム 庭 好 校 映 画 字 幕 翻 訳 訳 戸 奈 津 憧 仕 就 友 誘 春 ホ ム 機 恵 ホ ム 庭 ホ フ ァ 遊 浮 ズ タ 表 職 員 遥 ひ 国 際 ニ ケ シ ョ 部 卒 6 権 高 校 未 踏 0 連 7 位 入 賞 在 普 及 動 幅 広 三 フ ウ 名 古 屋 短 期 客 員 36 05.9 報 遊 魅 器 械 床 運 動 転 高 3

More information

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」

「別にいいけど俺の話しじゃ勉強になんねえぞ」 ハーレーに 乗 った 美 容 師 ~ 背 中 に 名 前 を 刻 み 込 んで~ 別 にいいけど 俺 の 話 じゃ 勉 強 になんねえよ! むっ とした 態 度 でした ヘアーデザインアース 坂 井 健 司 代 表 です 私 と 同 じ 位 の 年 齢 でしょうか 上 下 デニムで 今 風 のファッション 美 容 師 らし い 短 髪 のオシャレな 髪 型 ギョロッ とした 目 最 初 の 印 象

More information

1 甲殻類

1 甲殻類 四 日 市 市 磯 津 の 生 物 等 の 地 域 言 葉 ( 伝 承 諺 ) 1 気 象 に 関 するもの 磯 津 ことばを 記 録 す る 会 1 動 物 に 関 す る も の 区 分 種 別 伝 承 諺 ( 磯 津 こ と ば ) 哺 乳 類 猫 ネ コ が 顔 を 掻 く と 雨 ネ コ の 鼻 が 乾 く と 雨 三 毛 猫 の 雄 は 天 気 を 知 る 鳥 類 一 般 鳥 が 低 い

More information

14 ナポレオン ナポレオン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 23) ライオン 皇 帝 15 ニュートン 16 ノーベル 17 パスツール ニュートン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 51) りんごはなぜお ちるか ノーベル ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 41)

14 ナポレオン ナポレオン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 23) ライオン 皇 帝 15 ニュートン 16 ノーベル 17 パスツール ニュートン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 51) りんごはなぜお ちるか ノーベル ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 41) < 伝 記 > 被 伝 者 の 五 十 音 順 です 被 伝 者 書 名 (シリーズ 名 ) 出 版 社 分 類 冊 数 1 2 アインシュタイン アンネ フランク この 人 を 見 よ! 歴 史 をつくった 人 びと 伝 8 ポプラ 社 289 1 アインシュタイン ( 講 談 社 火 の 鳥 伝 記 文 庫 105) 科 学 の 巨 人 アンネ フランク (おもしろくてやくにたつ 子 どもの 伝

More information

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最

5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 1 ゆ 舞 運 命 神 ナタワダ 3 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 5 Wonder ワダ ダェ 版 ぷ 版 4 毎 回 術 術 受 体 医 題 決 腹 赤 夜 娩 看 護 師 太 腕 腹 娩 静 看 護 師 部 屋 連 追 不 安 起 看 護 師 腕 ヒ テ 起 看 護 師 落 医 者 叫 医 者 絶 看 護 師 足 医 者 体 押 続 医 者 起 起 史 上 最 音 医 者 芝 居 身

More information

広 - - 広 麻 美 吏 都 萌 音 芦 原 Voice 望 第 章 差 伸 改 善 推 員 菓 供 ボ ィ 戸 赤 達 院 ~ 空 ネ 氾 濫 簡 単 信 ネ 世 界 匿 名 徴 誤 判 断 門 頼 随 直 適 ぱ 丈 容 民 入 扶 養 週 85 以 娩 給 万 円 9 万 円 : 各 勤 務

広 - - 広 麻 美 吏 都 萌 音 芦 原 Voice 望 第 章 差 伸 改 善 推 員 菓 供 ボ ィ 戸 赤 達 院 ~ 空 ネ 氾 濫 簡 単 信 ネ 世 界 匿 名 徴 誤 判 断 門 頼 随 直 適 ぱ 丈 容 民 入 扶 養 週 85 以 娩 給 万 円 9 万 円 : 各 勤 務 広 - - 広 物 依 係 異 転 失 貧 困 巻 ぞ 複 雑 郁 任 夢 半 占 屋 呼 ふ 正 番 求 犯 罪 為 葉 権 著 侵 害 格 形 影 響 与 犯 罪 為 数 万 速 値 約 倍 原 未 熟 悪 潔 態 傷 態 嘘 徴 密 室 係 住 民 異 逃 S O S 逃 駆 込? 絡 冒 頭 述 訳 申 添 門 津 郁 主 幹 司 走 島 津 主 幹 司? 絡 Ikuko Abe 登 阻 速

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺

いじめはいつから 存 在 するようになったのでしょうか? 昔 から 確 かにそうかもしれません ガキ 大 将 が 弱 い 者 に 対 して 暴 行 を 加 える クラス 全 員 でひとりにおかしなあだ 名 をつけ からかう このようなことは 確 かに 昔 から 存 在 しました では いじめ 自 殺 若 者 のゆくえ 岩 手 県 の 中 学 生 が 自 殺 教 師 との 交 換 ノートには 自 殺 の 暗 示 今 週 火 曜 日 のニュースです 教 師 はいじめに 気 付 けたはずだ!なぜ 自 殺 の SOS に 気 付 かなかったんだ 世 間 の 声 です 世 間 を 騒 がすいじめ 自 殺 問 題 このようなニュースはもはや 珍 しいものではありません あなたは いじめ に 関 わったことがありますか?

More information

metabo_new_bpdata_0124.indd

metabo_new_bpdata_0124.indd 1 書 月 並 表 書 際 書 紹 介 私 書 2 種 類 社 会 地 位 経 済 類 後 書 ね 両 念 違 ひ ひ 対 比 検 証 違 和 抱 違 歴 然 否 定 立 貴 ネ ギ 浪 費 身 仲 入 書 厳 指 摘 連 続 ぬ 表 使 差 別 2 3 次 セ フ 軽 治 療 効 貫 禄 直 視 病 招 ネ ギ 奪 関 係 損 尊 台 無 醜 死 至? 問 解 策 受 止 準 備 教 病 患 ぎ

More information

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空

2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩 車 送 迎 各 場 広 空 ペ 音 療 法 創 ゆ 横 浜 市 横 浜 里 宿 泊 他 八 カ ガ ヘ プ 域 機 能 型 主 強 閉 症 環 境 混 乱 極 減 ひ 配 慮 空 第 116 号 平 26 4 20 発 発 保 広 報 委 939-0633 富 県 下 郡 町 浦 2208 TEL076578 1131 http://www.mutsumien.com/ 浦 区 桜 並 木 散 歩 写 真 富 県 央 植 物 外 写 真 右 桜 げ 春 訪 2 平 六 九 野 県 市 社 法 就 労 継 続 在 宅 ポ 岐 急 務 風 工 房 カ 説 明 約 離 始 徒 歩

More information

1 記 載 日 平 成 年 月 日 目 次 1.わたしの 生 い 立 ち 思 い 出 の 記 録 P2 2. 家 系 図 家 訓 ( 残 しておきたいこと) P4 3.お 墓 納 骨 埋 葬 法 について P5 4. 葬 儀 について P6 5. 医 療 介 護 について P8 6.セカンドライフ( 終 の 棲 家 ) P10 7. 財 産 について( 遺 言 書 ) P11 8. 後 見 について P12

More information

Microsoft Word - 会報(第14号).doc

Microsoft Word - 会報(第14号).doc 第 14 号 (2014 年 9 月 15 日 ) 発 行 : 広 島 大 学 マスターズ 広 島 事 務 局 目 次 1. 平 成 26 年 度 ( 第 5 回 ) 総 会 懇 親 会 の 開 催 状 況 について 2. 広 島 大 学 マスターズ( 東 広 島 )の 平 成 26 年 度 総 会 懇 親 会 に 出 席 して 事 務 局 幹 事 松 水 征 夫 3. 第 8 回 広 島 大 学

More information

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全

子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄 付 ( 町 会 全 体 で) 挨 拶 がよくできる 元 気 ハキハキしていて 子 どもらしい すれていない 加 茂 中 学 校 後 援 会 で 寄 付 をしている 学 校 便 りを 町 会 全 ( 仮 称 ) 次 世 代 育 成 支 援 推 進 条 例 ( 子 ども 条 例 ) 制 定 に 向 けた 地 区 別 懇 話 会 (タウンミーティング) 加 茂 地 区 意 見 等 一 覧 開 催 日 : 平 成 23 年 7 月 22 日 ( 金 ) 会 場 : 加 茂 支 所 会 議 室 子 どもへの 思 い ~ 子 どもたちに 対 して 思 うこと 感 じること~ 高 滝 小 学 校 に 寄

More information

ぴーちっこ_61.indd

ぴーちっこ_61.indd 2012 8 吉 発 発 法 童 養 護 目 コラ 岡 稔 晟 2p 挨 拶 阿 部 幹 史 3p ふふ 編 4p ふふ 編 5p 決 算 報 告 6p ざ 7p TEL 3338-1849 FAX 3338-4679 TEL 3338-1844 FAX 3338-1894 166-0001 区 阿 佐 北 3-28-19 E 共 通 seiyugakuen@nifty.com ペ 共 通 http://www.seiyuhomu.or.jp/

More information

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ

1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋 づ 秋 春 秋 春 太 陽 真 東 昇 真 沈 昼 長 ほ ぼ 同 交 供 養 丹 羽 タ ビ ュ 解 説 Saiganji Sainomiyako Memorial Park News 2015 9 月 第 22 4 回 発 秋 発 部 数 3 千 部 内 陣 天 蓋 / / 丹 羽 義 昭 タビュ シズ / ツ 辿 Ⅰ 実 践 室 / 1 暑 寒 言 葉 期 迎 季 節 移 変 過 増? 盆 数 候 ぞ 捉 盆 帰 迎 戚 毎 賑 少 比 べ 体 少 子 列 以 話 今 両 父 母 脈 続 繋

More information

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条

験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬 裕 彦 副 祝 辞 天 恵 美 副 審 告 賠 償 保 険 料 倍 契 率 率 % 収 差 万 余 収 益 運 転 資 借 限 款 改 正 条 資 格 喪 失 費 納 納 更 条 / 公 益 団 法 丸 池 町 書 浜 尚 川 氏 齢 働 No. TEL9 email kochisc@sjc.ne.jp 笑 福 引 々 写 真 ォ 告 他 詳 細 副 祝 辞 職 群 班 設 準 備 ポ 訪 問 記 ポ ユ 紹 ゆぞ 紹 筋 回 紙 館 白 鳳 広 貢 献 験 識 技 能 還! 詳 細 係 黙 捧 﨑 始 企 団 記 念 品 贈 呈 彰 別 掲 次 来 賓 﨑 誠 也 深 瀬

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 堀 江 敬 愛 保 育 園 重 要 事 項 説 明 書 保 育 の 提 供 の 開 始 にあたり 当 園 があなたに 説 明 すべき 内 容 は 次 のとおりで す 1 施 設 運 営 主 体 名 称 社 会 福 祉 法 人 智 恩 福 祉 会 所 在 地 茨 木 市 白 川 2 丁 目 13 番 25 号 電 話 番 号 072-665-8615 代 表 者 氏 名 理 事 長 城 谷 星 2 利

More information

2015_10_toseiren.indd

2015_10_toseiren.indd INDEX Autumn 秋 号 伊 藤 三 石 広 委 研 究 髙 橋 弘 局 席 表 敬 訪 告 伺 転 極 評 価 頃 感 謝 ぎ 言 葉 9 視 締 薬 喫 緊 課 吸 重 振 込 被 害 ぞ 割 頑 張 熱 受 競 技 傾 光 客 滞 在 先 忌 憚 P 表 敬 訪 挨 拶 8 第 回 次 / 告 / 程 他 7 / 千 央 勉 転 待 訪 左 右 ぶ コミュニケ 誌 昨 投 票 第 7

More information

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省

4 派 遣 者 から 一 言 船 曳 文 洋 先 生 船 曳 先 生 は, 岡 山 市 教 育 委 員 会 から シニア 派 遣 としてコロンバス 日 本 語 補 習 校 の 教 頭 として 派 遣 されます 以 前 はバンコク 日 本 人 学 校 に 勤 務 し ていました 今 回 の 文 科 省 平 成 27 年 度 海 外 派 遣 教 員 を 励 ます 集 い 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 ) 平 成 27 年 2 月 28 日 ( 土 )に 上 記 の 会 が, 岡 山 アークホテル1Fレストラン ラ ペ ーシュ で 開 かれました 岡 山 駅 の 近 くで, 便 利 が 良 く, 貸 し 切 りでも 良 心 的 な 料 金 のた め, 本 会 の 行 事 としておなじみの

More information

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版

モテる男は知っている 女が夢中になるセックス _立ち読み版 3 ~ じ ~ 夢 中 理 想 教 体 心 近 づ 方 法 ラ フ ワ 多 般 観 観 取 材 社 会 本 音 伝 取 材 べ 2 万 超 ょ 分 ほ 本 音 知 書 負 同 時 身 恋 愛 経 験 並 外 多 書 恋 愛 書 上 得 意 ジ ャ 興 味 身 近 キ 多 実 体 験 発 端 要 遊 ネ 豊 富 4 趣 味 15 歳 じ 合 コ 3 千 回 以 上 経 験 合 コ 職 種 死 体 洗

More information

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近

規 模 岡 2 6 非 番 職 招 勢 化 9 番 通 各 様 整 幸 救 搬 請 屋 根 負 傷 件 惨 堵 翌 2 請 救 2 岩 雪 舞 懸 捜 索 代 明 捜 索 岡 進 規 模 想 限 界 カ ギ 選 構 決 育 練 欠 族 育 連 携 各 種 練 研 修 施 ゆ 処 準 財 産 忘 近 爪 痕 残 列 言 海 首 都 懸 念 振 返 太 平 洋 ピ 海 米 ユ 想 海 溝 周 辺 海 溝 型 首 都 海 振 返 2 6 三 陸 沖 源 マ グ チ 9 0 栗 7 茨 6 範 囲 揺 観 太 平 洋 沿 岸 沿 岸 晃 望 台 口 粟 野 弱 観 置 置 軽 傷 永 野 翌 前 及 ぼ 宅 困 鉄 ッ 7 校 武 鉄 乗 客 67 夜 過 ガ ソ 蛇 列 製 油 操 止 車 両 優

More information

9.島根大学グループにおける事例

9.島根大学グループにおける事例 島 根 大 学 におけるインターンシップの 事 例 授 業 科 目 名 : 就 業 体 験 (1 単 位 ) 実 習 先 企 業 等 : 株 式 会 社 めのや 実 習 場 所 : 島 根 県 松 江 市 参 加 対 象 者 : 法 文 学 部, 教 育 学 部, 生 物 資 源 科 学 部, 総 合 理 工 学 部 2~3 年 生 実 習 期 間 :8 月 実 習 日 数 :8 日 この 取 組

More information

平成23年度学校評価アンケートの分析

平成23年度学校評価アンケートの分析 平 成 24 年 2 月 17 日 平 成 23 年 度 東 京 都 立 保 谷 高 等 学 校 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 学 校 評 価 アンケートの 分 析 評 価 基 準 について A:そう 思 う B:ややそう 思 う C:あまりそう 思 わない D そう 思 わない E:わからない A 及 び Bを 肯 定 的 な 意 見 として 全 体 における 割 合 を%で 表 示 した

More information

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地

検 討 の 対 象 とする 水 中 遺 跡 としては 海 ( 地 方 公 共 団 体 の 区 域 内 )と 湖 沼 にある 遺 跡 (ただし ダムや 溜 め 池 等 人 為 的 要 因 により 水 没 した 遺 跡 は 対 象 としない) 水 中 における 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 第 2 回 水 中 遺 跡 調 査 検 討 委 員 会 概 要 日 程 : 平 成 25 年 7 月 17 日 ( 水 ) 会 場 : 長 崎 県 松 浦 市 高 島 支 所 9:30~12:00 西 谷 委 員 長 開 会 に 先 立 ち 長 崎 県 オブザーバー 高 野 氏 急 逝 のお 知 らせ 文 化 庁 記 念 物 課 榎 本 課 長 挨 拶 松 浦 市 長 崎 県 のこれまでの 鷹 島

More information

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒

募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 募 街 題 ィ 元 万 平 教 久 保 島 教 万 平 徳 ( ) 岩 土 建 肥 塚 : 宝 石 輸 卸 埼 玉 県 田 字 田 電 ( ) 番 ( 代 ) 平 ~ 雨 天 水 ミュニィーひば ザー 用 品 付 下 下 連 絡 ば 伺 ミュニィーー 電 雨 天 土 荒 河 敷 箇 ミ ニ 電 荒 恵 元 昭 足 至 主 勿 論 聴 障 害 共 週 例 聴 障 害 ぐ 毛 呂 老 ホ 建 営 建 資

More information

広報かわうえ4月23日号.indd

広報かわうえ4月23日号.indd 総 務 所 No, 37 広 報 2 23 発 土 陽 ざ 桜 花 見 守 2 少 男 5 女 3 8 友 達 遊 ね 見 守 げ 関 連 記 P5 表 紙 P P2 総 務 所 知 P3 P 公 民 米 づ 営 農 通 信 夕 歌 壇 夕 俳 壇 P5 P P7 P8 5 総 グ ラ ウ 津 防 季 実 施 前 辞 令 交 付 伝 達 3 若 者 回 個 隊 規 律 班 器 具 庫 清 掃 車 両

More information

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx

Microsoft PowerPoint - 防災気象講習会_20130531_地震.pptx 防 災 気 象 講 習 会 1 平 成 25 年 2 月 25 日 の 栃 木 県 北 部 で 発 生 した 地 震 とその 後 の 状 況 について 2 緊 急 地 震 速 報 を 活 用 した 避 難 訓 練 について 平 成 25 年 5 月 31 日 宇 都 宮 地 方 気 象 台 防 災 業 務 課 藤 崎 発 生 時 刻 平 成 25 年 2 月 25 日 16 時 23 分 震 源 栃

More information

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685

核兵器(笑)と呼ばれた少女,改 ID:70685 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 ta73 注 意 項 P D F メ 掲 載 中 品 的 P D F 化 小 説 者 メ 運 営 者 断 P D F 及 び 品 引 用 範 囲 超 形 載 改 変 再 配 布 販 売 禁 じ じ 一 命 捨 生 変 不 死 身? 体 加 減 色 々 1 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 目 次 核 兵 器 笑 呼 少 女, 改 朝 起 夜 寝 成 数 年 後 晩

More information

Microsoft Word - 表紙1.doc

Microsoft Word - 表紙1.doc ( 財 ) 日 本 少 年 野 球 連 盟 大 阪 阪 南 支 部 所 属 2005 年 11 月 1 日 現 在 組 織 図 代 表 顧 問 幹 事 長 副 代 表 審 判 部 会 計 総 監 督 監 督 コーチ マネージャー 広 報 父 母 会 選 手 OB 会 役 員 名 簿 指 導 者 名 簿 代 表 臼 田 勉 総 監 督 北 池 利 雄 副 代 表 高 原 均 監 督 黒 田 浩 生 野

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム

2 サ 対 米 宣 布 告 犯 致 意 味 枢 軸 確 ゼ 以 ソ 蚊 帳 設 筋 械 化 生 産 数 意 ~ 知 降 伏 直 艦 隊 枢 軸 側 接 収 防 ぐ 海 停 泊 艦 隊 沈 千 百 盟 ぇ ノ デ ィ 陸 空 罪 間 万 単 位 半 活 躍 派 ぎ 印 象 薄 W W 2 番 げ ム 1 載 小 説 偏 態 第 77 偏 態 浦 俊 彦 miura toshihiko 分 野 皆 近 政 府 へ 示 証 拠 撤 余 勢 違 面 加 速 崩 崩 易 取 吉 田 清 治 虚 系 正 反 対 向 誤 報 違 材 料 利 用 杜 撰 勇 足 真 踏 荒 藪 朝 鮮 元 慰 婦 売 春 婦 給 料 主 張 ヤ 金 慰 所 テ ム 係 個 々 犯 罪 慰 婦 度 叩 活 動 家 役 立 証

More information

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ

Microsoft Word - 改善プラン3年まとめ 第 3 学 年 国 語 科 全 国 学 力 調 査 の 結 果 は 知 識 活 用 能 力 ともに 全 ての 領 域 観 点 で 全 国 及 び 都 の 平 均 を1~6ポイント 程 度 上 回 っている 短 い 言 葉 や 本 文 の 書 き 抜 きで 解 答 する 問 題 は 取 り 組 み 状 況 結 果 ともによいが 作 文 や 論 理 構 成 を 大 事 にした 説 明 を 要 する 問

More information

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ

1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 山 野 辺 久 著 1 1 ア ケ ト 結 果 科 算 答 中 嫌 勉 苦 手 科 算 嫌 圧 倒 的 増 下 科 離 根 底 状 況 母 保 護 者 々 不 安 身 付 情 報 求 東 西 南 北 奔 走 母 保 護 者 々 助 気 持 ぱ 3 2 過 ぎ 続 涯 間 ゾ 時 期 教 育 起 言 下 六 中 如 実 俗 昔 神 童 今 反 対 ぜ 考 対 合 教 育 法 解 触 合 文 科 省 齢

More information

untitled

untitled 1....3 2....4 3....4 4....7 4.1...7 4.2...7....9 5.1...9 5.2...10 1.... 11 1.1... 11 1.2...12 2....13 1....17 1.1...17 1.2...19 2....21 2.1...21 2.2...22 2.3...22 2.4...23 1....29 1.1...29 1.2...30 1.3...31

More information

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ

( 委 員 3) 条 例 の 中 にこの 会 議 を 入 れていただいたということで たいへん 貴 重 な 場 だと 思 っ ています 我 々としては 意 見 を 出 して それをまとめてもらって 中 小 企 業 振 興 のた めのあるべき 姿 を 求 めていってほしいと 思 っています またポータ 平 成 28 年 度 中 小 企 業 振 興 会 議 第 1 回 会 議 議 事 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 案 件 及 び 議 事 議 事 要 旨 平 成 28 年 6 月 7 日 ( 火 ) 午 後 2 時 から 午 後 3 時 20 分 館 林 市 役 所 502 会 議 室 振 興 会 議 委 員 : 笠 原 委 員 多 田 委 員 三 田 委 員 仁 田 委 員 伊 藤 委 員 藤

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information