<4D F736F F D D F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420576F7264202D203039303532362D3039303630395F8F5A91EE8E918BE081698E918BE08C7689E6816A82C682CD2E646F63>"

Transcription

1 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その1 昨 日 (090524)は 増 築 の 契 約 に 立 ち 会 うことがありました OB のお 客 様 で 築 13 年 の2 階 建 てのお 住 まいです お 父 様 名 義 の 家 を 娘 様 がローンを 利 用 して2 階 に 一 部 屋 増 築 そのため 屋 根 の 全 面 葺 き 替 えと 大 がかりなリフォーム 工 事 です 娘 様 から 質 問 されたのは 1ローンを 利 用 するので 自 分 の 名 義 がないといけない 持 分 はどう 考 えたらいいのか 2 来 年 の 住 宅 ローン 控 除 を 利 用 したい 当 然 でしょうね 3 増 築 し 建 物 の 価 値 を 上 げるのだから 固 定 資 産 税 はどう 考 えるのか 家 を 建 てる 時 は 次 の3 要 素 の 関 係 を 考 慮 しなければなりません 1 資 金 は 誰 が どこから 2 登 記 はいつ 誰 の 名 義 で 3 税 金 はいつ どんな 税 金 がいくらくるのか では この3 要 素 を 考 えながら 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )を 考 えてみましょう 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その2 住 宅 資 金 とは 住 宅 を 購 入 したり 建 築 するためのお 金 をいいます 収 入 や 貯 蓄 のすべてを 住 宅 購 入 や 建 築 に 充 てることはできません 子 どもの 学 費 や 生 活 資 金 もしものときの 予 備 資 金 など 生 活 するには 様 々なお 金 が 必 要 になります その 中 で 住 宅 を 購 入 や 建 築 するた めのお 金 住 宅 資 金 を 用 意 していきます 家 を 購 入 したり 建 築 するには 住 宅 資 金 を 用 意 する 必 要 があります 具 体 的 には 本 体 価 格 + 諸 費 用 が 必 要 になります 1 土 地 を 新 規 購 入 し 家 を 建 てる 方 土 地 価 格 +( 建 築 費 + 消 費 税 )= 本 体 価 格 2 土 地 は 取 得 済 みの 方 や 建 替 えの 方 建 築 費 + 消 費 税 = 本 体 価 格 諸 費 用 とは? 印 紙 税 登 記 費 用 : 売 買 契 約 書 建 築 請 負 契 約 書 ローン 契 約 書 に 必 要 な 印 紙 代 : 表 示 登 記 保 存 登 記 所 有 権 移 転 抵 当 権 設 定 登 記 の 費 用 及 び : 登 録 免 許 税 司 法 書 士 や 土 地 家 屋 調 査 士 手 数 料

2 不 動 産 取 得 税 不 動 産 仲 介 手 数 料 保 証 料 火 災 保 険 料 融 資 事 務 手 数 料 : 土 地 や 建 物 を 取 得 した 際 の 地 方 税 : 仲 介 業 者 を 利 用 する 際 の 手 数 料 :ローン 保 証 会 社 の 保 証 にかかる 費 用 : 建 物 にかける 保 険 料 : 金 融 機 関 に 支 払 う 手 数 料 新 築 中 古 によってこの 費 用 は 変 わりますが 必 要 な 費 用 です 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その3 住 宅 取 得 するときに 現 金 で 購 入 する 方 は 少 なく 一 般 的 には 自 己 資 金 と 住 宅 ローンにより 購 入 するケースが 多 くを 占 めています 一 般 的 には 本 体 価 格 の2 割 と 諸 費 用 の 頭 金 ( 自 己 資 金 )を 用 意 し あとは 銀 行 などの 住 宅 ローン を 利 用 しての 購 入 が 目 安 となります また 家 族 状 況 や 構 成 により 資 金 計 画 に 違 いが 見 られます 年 収 と 金 利 次 第 で 借 入 金 額 が 決 まる!! 条 件 はありますが 理 屈 としては 年 収 が 高 ければ 高 いほど そして 金 利 が 低 ければ 低 いほど 多 額 の 借 り 入 れが 可 能 となります 低 金 利 の 時 代 には 極 端 に 利 息 が 膨 らむ 可 能 性 は 少 な いのですが 金 利 が 上 昇 し 支 払 いができなくなることのないよう 余 裕 を 持 った 借 入 金 額 を 考 えることが 大 事 です 結 論 はいくら 借 りられるかではなくていくら 必 要 かということです 返 済 期 間 は 人 生 設 計 を 考 えて!! 多 くの 人 は 家 を 購 入 する 時 20 年 を 超 える 長 いローン( 借 り 入 れ)を 組 むのは 当 たり 前 になっ ています 現 在 は 戸 建 てにおいても35 年 の 住 宅 ローンが 利 用 できるようになり 家 族 構 成 に 応 じて 住 まいの 選 択 枝 が 広 がりました 30 歳 の 人 が35 年 ローンを 組 んだ 時 完 済 ( 支 払 い 終 わるまでの 意 味 )するには65 歳 高 齢 化 により60 歳 を 超 えても 元 気 に 働 く 方 が 増 えてはいるものの 普 通 に 考 えると 退 職 しても 住 宅 ローンが 残 っている 状 態 になります 住 宅 購 入 は 若 いうちから 考 えるに 限 りますね 理 想 は 退 職 するまでに 住 宅 ローンを 終 わらせること ここをポイントとしましょう 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その4 金 利 上 昇 を 考 えた 借 り 入 れ 計 画 を!! まだ 低 金 利 時 代 と 言 われていますが 若 い 方 でも 住 宅 を 購 入 できるようになり 広 告 を 見 ても

3 月 々の 家 賃 より 安 価 に 購 入 や 建 築 ができるような 心 おどる 物 件 も 見 受 けられます また 民 間 の 金 融 機 関 では 色 々な 商 品 ( 借 入 種 類 )を 扱 われており より 住 まいが 身 近 に 感 じられるよう になってきました ( 最 近 の 金 利 等 の 情 報 は ) 身 近 になってきたことはいいことだと 思 いますが 住 宅 ローンは 数 十 年 の 長 い 間 返 済 続 ける ことを 忘 れてはなりません そのためには 借 入 しようとする 金 利 が 変 動 金 利 の 場 合 仮 に1% 上 昇 しても 返 済 を 続 けられるかを 確 認 して それで 可 能 かを 判 断 することが 賢 明 です 将 来 のことは 誰 にも 分 かりません 正 しいかどうかは 別 にして 不 測 の 事 態 に 対 して 確 認 する ことは 誰 でもできるのですから 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その5 最 終 的 に 返 済 する( 総 返 済 額 ) 金 額 は!! 同 じ2000 万 円 の 家 を 建 てる 場 合 頭 金 の 多 い 少 ないで 総 返 済 額 としてはかなりの 差 が 生 じ てしまいます 住 宅 ローンの3 原 則 は 1. 返 済 期 間 が 短 い 2. 借 入 金 額 が 少 ない 3. 金 利 が 低 い の3 原 則 です 借 入 をしたなら 繰 上 げ 返 済 を 考 えましょう!! 確 かに 頭 金 ナシ でそのまま 住 宅 ローンを 続 けると 最 終 的 に 多 額 の 利 息 を 支 払 うことになり ますが 住 宅 ローンには 繰 上 げ 返 済 という 返 済 の 裏 ワザがあり 完 済 への 早 道 があります これは 予 定 されていた 毎 月 の 支 払 いに 加 え まとめて 支 払 うことで 元 金 や 支 払 い 年 数 を 減 らすことができます 住 宅 購 入 や 建 築 するときはまとまったお 金 がなくても 繰 上 げ 返 済 することで 挽 回 することがで きます また 一 般 的 な 元 利 均 等 方 式 の 場 合 当 初 は 借 入 元 金 が 減 らず 利 息 を 多 く 支 払 う 構 成 になっているので 長 期 借 り 入 れする 際 は 極 力 繰 り 上 げ 返 済 を 行 い 無 駄 な 利 息 を 払 わな いようにすることがポイントです 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その6 持 ち 家 派? それとも 賃 貸 派? 住 宅 を 購 入 や 建 築 した 場 合 住 宅 ローンの 返 済 が 終 われば 居 住 費 がかからない 反 面 適 度

4 のリフォームが 必 要 になりますし 賃 貸 住 宅 の 場 合 住 み 続 ける 間 家 賃 を 支 払 わなくてはなら ない 反 面 住 み 替 えるときの 敷 金 礼 金 費 用 の 負 担 と 高 齢 になったときに 借 りにくくなる 場 合 があるでしょう 人 生 の 大 半 を 過 ごす 場 所 でもある 住 まい あなたはどちら 派 ですか? 住 宅 取 得 に 伴 って 発 生 する 費 用!! 住 宅 を 購 入 や 建 築 することはいいことばかりではなく 別 の 費 用 負 担 を 求 められます 税 金 です 住 宅 を 初 めて 取 得 する 場 合 は 不 動 産 取 得 税 継 続 して 不 動 産 を 持 っていると 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 を 納 税 しなければなりません また 住 宅 を 維 持 管 理 するためは 定 期 的 なメンテナンス 費 用 が 必 要 です この 定 期 的 なメンテナンスを 怠 ると 住 宅 の 性 能 が 落 ち 住 環 境 が 保 てなくなります 最 新 の 金 利 情 報 を 集 めましょう!! 金 利 はほとんど 頻 繁 に 変 わっていきます そのため 最 新 の 情 報 を 得 ることが 大 事 です ま た 住 宅 会 社 と 提 携 する 金 融 機 関 が 優 遇 金 利 を 提 供 する 場 合 もあるので このあたりは 住 宅 会 社 に 確 認 することです 長 い 期 間 返 済 していく 住 宅 ローン 自 分 にあった 返 済 プランをみ つけましょう 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その7 固 定 金 利 と 変 動 金 利 の 選 び 方!! 変 動 金 利 は 固 定 金 利 と 比 べて 金 利 は 低 い 設 定 となります 金 利 の 変 動 に 伴 って 変 化 する 変 動 金 利 に 比 べて 固 定 金 利 は 一 定 期 間 金 利 が 一 律 なので 安 心 感 はあります 今 後 金 利 が 上 昇 すると 思 えば 固 定 金 利 を このまま 進 むと 思 えば 低 い 変 動 金 利 を 選 べばよいでしょう 団 体 信 用 生 命 保 険 とは?? 住 宅 を 購 入 や 建 築 することはとても 大 きな 買 い 物 になります 一 般 的 には 長 い 期 間 住 宅 ロ ーンを 払 うことになるでしょう その 時 万 が 一 返 済 途 中 で 亡 くなってしまったり 高 度 障 害 になってしまったとき 本 人 に 代 わ って 生 命 保 険 会 社 が 住 宅 ローンの 金 額 を 支 払 います これが 団 体 信 用 生 命 保 険 ( 団 信 - 略 して だんしん といいます) です 住 宅 ローンを 組 む 場 合 ほとんどがこの 生 命 保 険 に 加 入 することになりますが 民 間 の 金 融 機 関 では 金 融 機 関 が 支 払 うことが 多 いようです 住 宅 取 得 後 もお 金 がかかる?? 新 しい 家 を 取 得 すると 買 いたくなるのが 家 具 や 家 電 それに 車 でしょう 家 は 一 生 に 一 度 の 大 きな 買 い 物 と 言 われるほど 人 生 の 中 であまり 経 験 しないことです

5 そのため 新 しい 家 を 取 得 後 は 新 しい 家 具 にしたり カーテンや 食 器 電 化 製 品 を 新 しくしたり することも 楽 しい 生 活 になります 楽 しく 暮 らす ことをめざして もう 一 息 がんばって 住 宅 資 金 ( 貯 金 )を 楽 しみましょう!! 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その8 では 資 金 ( 住 宅 ローン)についてのポイントをお 話 しましたので 資 金 登 記 税 金 との 関 連 を 考 えながらすすめてみます お 客 様 の 考 えるのは 資 金 ( 予 算 ) 登 記 と 税 金 の 輪 の 重 なった 赤 い 部 分 です 資 金 計 画 の 内 訳 から 整 理 します 1. 現 金 で 購 入 や 建 築 をする 2. 現 金 + 住 宅 ローン で 購 入 や 建 築 をする 3. 現 金 + 住 宅 ローン+ 親 からの 贈 与 で 購 入 や 建 築 をする 4. 現 金 + 資 産 売 却 ( 現 マンション 等 を 売 却 して) で 購 入 や 建 築 をする 5. 住 宅 ローン( 頭 金 ナシ) で 購 入 や 建 築 をする 6. 住 宅 ローン+ 贈 与 で 購 入 や 建 築 をする 等 々 資 金 計 画 の 内 訳 は 色 々なパターンがあります これらのパターンを 考 えて 登 記 をするのですが その 登 記 の 仕 方 によって 税 金 が 関 連 してくるのです 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その9 登 記 とは

6 みなさんが 所 有 している 不 動 産 または 賃 貸 借 により 不 動 産 を 利 用 する 場 合 などこれらとの かかわり 合 いは 法 律 ( 民 法 不 動 産 登 記 法 区 分 所 有 法 借 地 借 家 法 等 )をとおし その 所 有 の 権 利 賃 貸 借 契 約 関 係 等 を 明 確 にし 安 心 且 つ 円 滑 に 不 動 産 取 引 が 行 われるものとさ れています ところで みなさんが 自 分 の 不 動 産 を 自 分 のものであると 他 人 に 主 張 できるのはなぜでしょ うか それは 一 言 で 言 うと 登 記 をしているからです 不 動 産 登 記 制 度 は 国 民 の 重 要 な 財 産 である 不 動 産 ( 土 地 や 建 物 )の 状 況 と 権 利 関 係 を 登 記 簿 をもって 正 確 に 公 示 して 不 動 産 取 引 の 安 全 を 図 ることを 目 的 としています これを 図 で 表 現 すると 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その10 建 物 の 登 記 について 建 物 を 新 築 したときは 建 物 を 測 量 して 建 物 の 表 示 登 記 を 申 請 し 続 けて 建 物 の 所 有 権 保 存 登 記 を 申 請 します 建 物 の 表 示 登 記 を 業 として 行 うことが 出 来 る 専 門 職 は 土 地 家 屋 調 査 士 で 所 有 権 保 存 登 記 を 業 として 行 うことが 出 来 る 専 門 職 は 司 法 書 士 です 建 物 に 関 して よくある 登 記 の 種 類 と 説 明 を 以 下 に 示 します 基 本 的 には 建 物 の 場 合 におい ても 何 かしらの 変 更 などがあった 場 合 所 有 者 には 申 請 の 義 務 があります

7 建 物 表 示 登 記 建 物 表 示 変 更 更 正 登 記 建 物 滅 失 登 記 区 分 所 有 建 物 建 物 表 示 登 記 建 物 の 表 示 登 記 は 新 しく 建 物 ( 住 宅 など)を 建 てた 場 合 などに 行 ないます 登 記 を 行 なう 事 により 所 在 地 番 家 屋 番 号 建 物 の 数 類 構 造 床 面 積 など 建 物 を 特 定 する 事 柄 が 登 記 簿 に 記 載 されます 基 本 的 に 建 物 とは 屋 根 及 び 周 壁 などがあり 土 地 に 定 着 した 建 造 物 です なお 建 物 には 分 譲 マンションなどのような 区 分 所 有 の 建 物 もあります 新 しい 建 物 ( 主 たる 建 物 )を 建 てた 場 合 は 所 有 者 が1ヶ 月 以 内 に 建 物 の 表 示 登 記 の 申 請 手 続 きをしなければなりません 建 物 表 示 変 更 更 正 登 記 建 物 の 表 示 変 更 は 登 記 簿 に 記 載 されている 建 物 の 種 類 や 構 造 床 面 積 などに 変 更 があっ た 場 合 に 行 ないます 建 物 の 種 類 には その 建 物 の 主 たる 用 途 により 居 宅 店 舗 工 場 事 務 所 などなどあります 建 物 の 構 造 には その 建 物 の 主 たる 部 分 の 構 成 材 料 屋 根 の 種 類 階 数 により 三 つの 要 素 により 区 分 されています 錯 誤 ( 間 違 い)などにより 現 況 の 建 物 の 状 態 と 登 記 簿 に 記 載 されている 建 物 の 表 示 とに 違 いがある 場 合 には 建 物 表 示 更 正 登 記 を 行 い 現 況 に 合 わせた 表 示 に 変 更 します 例 として 平 屋 建 ての 住 居 を 増 築 して 二 階 建 てとした 場 合 には 建 物 表 示 変 更 登 記 を 行 ない ます 建 物 が 変 更 になった 場 合 には 所 有 者 が1ヶ 月 以 内 に 建 物 の 表 示 の 変 更 登 記 の 申 請 手 続 き をしなければなりません 建 物 滅 失 登 記 建 物 の 滅 失 登 記 は 登 記 簿 に 記 載 されている 建 物 が 消 失 した 場 合 に 行 ないます 消 失 とは 火 事 による 焼 失 や 取 り 壊 しなどにより 建 物 が 無 くなってしまう 事 です 例 として 住 宅 が 火 事 により 全 焼 してしまった 場 合 には 建 物 滅 失 登 記 を 行 ないます 建 物 が 滅 失 した 場 合 には 所 有 者 が1ヶ 月 以 内 に 建 物 の 表 示 の 変 更 登 記 の 申 請 手 続 きをし なければなりません 区 分 所 有 建 物 建 物 には 分 譲 マンションなどのように 1 棟 の 建 物 の 中 に 所 有 者 が 異 なる 複 数 の 独 立 した 部 分 を 持 つ 建 物 があります このような 建 物 などは 区 分 建 物 になります 基 本 的 に 区 分 建 物 というのは 1つの 建 物 に 構 造 上 分 けられて( 区 分 )いて 各 部 分 が 経 済 上 利 用 上 独 立 している 状 態 の 建 物 です

8 区 分 建 物 についても 区 分 建 物 表 示 登 記 区 分 建 物 形 成 登 記 などなどあります 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その11 所 有 権 保 存 登 記 は 保 存 登 記 とも 言 います 所 有 権 の 登 記 のない 不 動 産 すなわち 甲 区 欄 がないものについて 初 めてされる 所 有 権 の 登 記 です 所 有 権 保 存 登 記 をすることで 登 記 簿 の 甲 区 欄 ができます 建 物 が 新 築 されると 建 物 の 所 有 者 は1カ 月 以 内 に 建 物 の 物 理 的 状 況 (どのような 建 物 か)を 示 す 建 物 表 題 登 記 ( 建 物 表 示 登 記 ) を 行 わなくてはなりません この 建 物 表 題 登 記 をすることで 登 記 簿 が 作 られます そして 登 記 簿 の 表 題 部 になります この 時 点 でも 一 様 所 有 者 は 誰 であるかは 記 載 されています その 後 誰 が 所 有 者 か を 示 す 所 有 権 保 存 登 記 がされ 登 記 簿 の 甲 区 欄 ができ 記 載 され ます この 所 有 権 保 存 登 記 をすることで 所 有 者 に 対 抗 要 件 が 備 わり 売 買 や 相 続 といった 所 有 権 の 移 転 や 抵 当 権 の 設 定 抹 消 といった 不 動 産 の 権 利 関 係 に 関 する 登 記 ができるようになるの です 逆 に 言 えば 所 有 権 保 存 登 記 をしてなければ 売 買 や 相 続 抵 当 権 設 定 などができません また 建 物 表 題 登 記 とは 異 なり 所 有 権 保 存 登 記 は 所 有 者 の 任 意 に 任 されています 建 物 表 題 登 記 は1ヶ 月 以 内 に 登 記 しないと 過 料 10 万 円 がありますが 所 有 権 保 存 登 記 に 関 してそのような 罰 則 はなにもありません ですから 登 記 をしなければならないものではありません しかし 不 動 産 の 所 有 権 が 移 転 したり その 不 動 産 を 担 保 にして 金 融 機 関 から 融 資 を 受 ける 際 に 契 約 の 相 手 方 は 自 分 の 権 利 が 公 に 示 され また 証 拠 となることで 安 心 して 売 買 や 融 資 を 行 います これが 対 抗 要 件 を 備 える ということですが その 為 には 所 有 権 保 存 登 記 をしなければなり ません 所 有 権 保 存 登 記 がしてないと 他 の 登 記 ができないからです 登 記 簿 の 表 題 部 に 所 有 者 として 記 載 されている 状 態 では 売 買 や 相 続 等 何 もできません 新 築 の 家 を 建 てる 際 に 金 融 機 関 から 融 資 を 受 け 土 地 建 物 に 抵 当 権 を 設 定 するには この 所 有 権 保 存 登 記 が 絶 対 に 不 可 欠 です

9 所 有 権 保 存 登 記 の 申 請 者 は 不 動 産 登 記 法 で 決 められています 原 則 として 登 記 簿 の 表 題 部 ( 表 示 登 記 の 内 容 を 記 載 している 部 分 )に 所 有 者 として 記 載 され た 者 が 単 独 で 申 請 します 但 し 表 題 部 に 記 載 された 所 有 者 が 既 に 死 亡 している 場 合 は 相 続 人 が 自 分 の 名 義 で 所 有 権 保 存 登 記 を 申 請 することができます 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その12 住 宅 用 家 屋 証 明 の 説 明 所 有 権 保 存 登 記 には 減 税 措 置 があります 新 築 又 は 取 得 したもの すなわち 注 文 住 宅 又 は 分 譲 住 宅 で 建 ってから1 年 以 内 に 所 有 権 保 存 登 記 をするなどの 一 定 の 要 件 を 満 たせば 登 録 免 許 税 が1000 分 の4が 1000 分 の1.5に 軽 減 されます この 場 合 不 動 産 所 在 地 の 市 区 町 村 役 場 で 住 宅 用 家 屋 証 明 書 を 交 付 して もらいます そして 所 有 権 保 存 登 記 をする 際 に 住 宅 用 家 屋 証 明 書 を 添 付 することで 減 税 措 置 を 受 け ることができます 証 明 を 受 ける 条 件 自 治 体 によって 若 干 異 なる 場 合 があるようです 1. 個 人 が 建 築 した 住 宅 用 家 屋 で 新 築 後 1 年 以 内 の 住 宅 用 家 屋 2.その 家 屋 を 新 築 した 個 人 が 居 住 の 用 に 供 すること 3.その 家 屋 の 延 床 面 積 が 50 m2 以 上 のもの 4. 店 舗 等 を 含 む 併 用 住 宅 の 場 合 居 宅 部 分 が 建 物 全 体 の 90%を 超 える 家 屋 5. 区 分 建 物 の 場 合 は 耐 火 又 は 準 耐 火 構 造 提 出 書 類 (コピーも 可 ) 1. 家 屋 の 登 記 事 項 証 明 書 又 は 表 示 登 記 済 証 2. 建 築 確 認 通 知 書 3. 現 在 の 住 民 票 の 写 し(ただし 新 築 家 屋 への 転 居 手 続 きを 済 ませていないときは 住 民 票 の 写 しに 加 えて 自 己 が 居 住 する 旨 の 申 立 書 及 び 添 付 書 類 が 必 要 ) 住 宅 用 家 屋 証 明 書 は 市 町 村 役 場 や 区 役 所 等 で 所 定 の 申 請 書 に 記 入 し 必 要 書 類 と 手 数 料 を 提 出 すれば 簡 単 に 取 得 することができます 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その13 税 金 の 種 類

10 国 税 国 に 納 める 税 金 印 紙 税 所 得 税 登 録 免 許 税 などがあります 地 方 税 地 方 公 共 団 体 などに 納 める 税 金 不 動 産 取 得 税 などの 都 道 府 県 税 と 住 民 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 などの 市 町 村 税 があります 印 紙 代 ( 国 税 ) 不 動 産 売 買 契 約 書 に 貼 付 する 収 入 印 紙 のことです 売 買 代 金 により 印 紙 税 の 額 が 決 められています 登 録 免 許 税 ( 国 税 ) 不 動 産 を 購 入 すると 購 入 した 方 の 名 義 に 法 務 局 に 登 記 します この 時 にかかるのが 登 録 免 許 税 ( 登 記 代 )です 税 率 所 有 権 保 存 ( 新 築 の 家 屋 の 場 合 )= 固 定 資 産 税 評 価 額 の 1000 分 の 4 ( 居 住 用 の 建 物 )= 固 定 資 産 税 評 価 額 の 1000 分 の 1.5 ( 平 成 21 年 3 月 31 日 まで) 所 有 権 移 転 = 土 地 : 固 定 資 産 税 評 価 額 の 1000 分 の 10( 売 買 の 場 合 平 成 20 年 3 月 31 日 まで) 建 物 : 固 定 資 産 税 評 価 額 の 1000 分 の 20 自 己 の 居 住 用 の 新 築 家 屋 や 一 定 の 条 件 を 満 たす 中 古 家 屋 は 1000 分 の 3 に 軽 減 されます ( 平 成 21 年 3 月 31 日 まで) 抵 当 権 の 設 定 = 債 権 金 額 の 1000 分 の 4 自 己 の 居 住 用 の 新 築 家 屋 や 一 定 の 条 件 を 満 たす 中 古 家 屋 は 1000 分 の 1 に 軽 減 されます ( 平 成 21 年 3 月 31 日 まで) 居 住 用 建 物 の 適 用 条 件 1. 自 己 の 居 住 用 で 取 得 後 1 年 以 内 の 登 記 2. 床 面 積 50 平 方 メートル 以 上 3. 耐 火 準 耐 火 構 造 は 建 築 後 25 年 以 内 その 他 は 20 年 以 内 4. 建 築 後 20 年 を 経 過 した 一 戸 建 住 宅 で 耐 震 基 準 適 合 証 明 書 が 発 行 された 住 宅 平 成 21 年 3 月 31 日 までの 適 用 です 不 動 産 取 得 税 ( 都 道 府 県 税 ) 不 動 産 を 取 得 ( 売 買 新 築 増 改 築 贈 与 交 換 )したときにかかる 税 金 です 税 率 は 固 定 資 産 税 評 価 額 の 4%ですが 住 宅 用 の 土 地 建 物 については 3%の 税 率 が 適 用 されます また 一 定 の 条 件 を 満 たす 土 地 や 住 宅 については 軽 減 措 置 が 設 けられています 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その14 固 定 資 産 税

11 不 動 産 の 固 定 資 産 税 とは 地 方 税 ( 市 町 村 税 )で1 月 1 日 現 在 の 不 動 産 ( 土 地 建 物 ) の 所 有 者 ( 固 定 資 産 税 課 税 台 帳 に 登 録 されている 人 )に 課 税 される 税 金 です 税 額 の 計 算 方 法 税 額 は 課 税 標 準 に1.4%を 掛 けた 額 になります 課 税 標 準 とは 固 定 資 産 税 課 税 台 帳 に 登 録 されている 固 定 資 産 税 評 価 額 になります 住 宅 用 土 地 に 対 する 軽 減 措 置 住 宅 用 地 は200m2( 平 方 メートル) 以 下 の 部 分 を 小 規 模 住 宅 用 地 といい 課 税 標 準 額 が6 分 の1に 軽 減 されます また 200m2( 平 方 メートル)を 超 える 部 分 を 一 般 住 宅 用 地 といい 課 税 標 準 額 が3 分 の1に 軽 減 されます 但 し その 土 地 に 建 てられた 建 物 の 床 面 積 の10 倍 が 上 限 となります 新 築 建 物 に 対 する 軽 減 措 置 新 築 の 建 物 は120m2( 平 方 メートル)までの 部 分 に 対 して 一 般 の 住 宅 は3 年 間 3 階 建 以 上 の 耐 火 構 造 または 準 耐 火 構 造 の 建 物 は5 年 間 固 定 資 産 税 が2 分 の 1になります 対 象 住 宅 は 居 住 部 分 が 建 物 全 体 の 面 積 の2 分 の1 以 上 有 ること また 床 面 積 が 住 宅 で10m2( 平 方 メートル) 以 上 200m2( 平 方 メートル) 以 下 貸 家 住 宅 で35m2( 平 方 メートル) 以 上 200m2( 平 方 メートル) 以 下 且 つ1m2( 平 方 メートル ) 当 りの 評 価 額 が 木 造 住 宅 で112,000 円 以 下 準 耐 火 構 造 で144,000 円 以 下 耐 火 構 造 で176,000 円 以 下 です 納 税 時 期 納 付 の 時 期 は 自 治 体 によって 異 なりますが 4 月 中 旬 ~5 月 に 納 税 通 知 書 が 発 送 されます 納 税 者 は 一 括 納 税 または 年 4 回 の 分 納 のいずれかを 選 べます 都 市 計 画 税 都 市 計 画 税 とは 地 方 税 ( 市 町 村 税 )で 都 市 計 画 区 域 内 の1 月 1 日 現 在 の 不 動 産 ( 土 地 建 物 )の 所 有 者 ( 固 定 資 産 税 課 税 台 帳 に 登 録 されている 人 ) に 課 税 される 税 金 です 固 定 資 産 税 と 一 括 して 納 税 します 税 額 の 計 算 方 法 税 額 は 課 税 標 準 に0.3%を 掛 けた 額 になります 課 税 標 準 とは 固 定 資 産 税 課 税 台 帳 に 登 録 されている 固 定 資 産 税 評 価 額 になります 住 宅 用 土 地 に 対 する 軽 減 措 置 住 宅 用 地 は200m2( 平 方 メートル) 以 下 の 部 分 を 小 規 模 住 宅 用 地 といい 課 税 標 準 額 が3 分 の1に 軽 減 されます また 200m2( 平 方 メートル)を 超 える 部 分 を 一 般 住 宅 用 地 といい 課 税 標 準 額 が3 分 の2に 軽 減 されます 建 物 に 対 する 軽 減 措 置 はありません

12 これを 図 で 表 現 すると 住 宅 資 金 ( 資 金 計 画 )とは その15 その 他 の 建 築 に 関 係 する 税 金 について 贈 与 税 両 親 から 不 動 産 の 購 入 資 金 として 現 金 をもらった 場 合 など 個 人 から 現 金 や 財 産 などをもらうと 贈 与 税 がかかります ( 国 税 ) 基 礎 控 除 年 間 110 万 円 以 内 の 贈 与 は 控 除 されます 税 額 の 計 算 課 税 価 格 ( 贈 与 額 -110 万 円 )* 税 率 - 速 算 控 除 額 注 意 年 間 110 万 円 ずつ 複 数 年 に 渡 って 贈 与 する 契 約 を 結 んだ 場 合 は 合 計 された 金 額 にまとめて 贈 与 税 が 課 税 される 場 合 があります 土 地 建 物 を 贈 与 する 場 合 は 原 則 として 時 価 となります 納 付 については 贈 与 があった 翌 年 の 3 月 15 日 までに 申 告 して 納 税 します 直 ぐに 税 金 が 納 められない 場 合 は 5 年 以 内 の 延 納 が 認 められています 税 金 の 控 除 ( 夫 婦 間 の 贈 与 ) 贈 与 税 の 配 偶 者 控 除

13 結 婚 して20 年 以 上 の 夫 婦 には 自 分 の 住 む 不 動 産 を 購 入 する 場 合 に 2,000 万 円 までの 配 偶 者 控 除 が 認 められています 贈 与 税 の 基 礎 控 除 の 110 万 円 と 合 計 して 2,110 万 円 までは 贈 与 税 がかかりません 但 し これが 利 用 できるのは 一 生 に 一 度 きりです 条 件 1. 婚 姻 期 間 が 20 年 以 上 の 夫 婦 間 であること 2. 自 宅 やその 購 入 資 金 の 贈 与 であること 3. 贈 与 を 受 けた 不 動 産 は 自 宅 として 将 来 住 み 続 ける 見 込 みであること

<4D F736F F D2091E682568FCD8F5A91EE82CC8EE693BE82E294848B7082C882C782C982A982A982ED82E990C58BE082F E82B782E92E646F63>

<4D F736F F D2091E682568FCD8F5A91EE82CC8EE693BE82E294848B7082C882C782C982A982A982ED82E990C58BE082F E82B782E92E646F63> 第 7 章 住 宅 の 取 得 や 売 却 などにかかわる 税 金 をチェックする Q36 住 宅 の 取 得 時 や 売 却 時 にはどんな 税 金 がかかってくるの? A 新 築 やリフォームといった 住 宅 の 建 築 や 住 宅 の 購 入 に 際 しては さまざまな 税 金 が 課 されま す どんな 税 金 がどんなときにかかるのかをチェックしてみましょう 住 まいの 取 得 にかかる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926D82C182C493BE82B782E9837D8343837A815B838090DF90C58F7032303133303631368D5D8CCB90EC2E646F63> 税 理 士 が 教 える 知 って 得 するマイホーム 節 税 術 2013 年 度 税 制 改 正 の 概 要 とスケジュール- 家 計 相 続 税 基 礎 控 除 を4 割 圧 縮 相 続 税 小 規 模 宅 地 等 の 特 例 要 件 緩 和 教 育 資 金 の 一 括 贈 与 1,500 万 円 まで 非 課 税 (~15 年 12 月 末 ) リフォーム 減 税 の 拡 充 延 長 (~17

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27

Microsoft Word - 【最終版】不動産取得税のあらましH27 不 動 産 取 得 税 のあらまし 兵 庫 県 県 税 事 務 所 平 成 27 年 度 版 みなさんが 土 地 や 家 屋 をお 買 いになったり 家 屋 を 建 築 なさった 場 合 には 各 種 の 税 を 納 める 必 要 が 生 じ ます(8ページ 参 照 ) このパンフレットでは このうち 不 動 産 取 得 税 のあらましについてお 知 らせします なお このパンフレットは 平 成 27

More information

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード]

2014_06_04 相続税関係セミナー [互換モード] 相 続 税 セミナー ~ 相 続 税 改 正 と 対 策 ~ 平 成 26 年 6 月 4 日 久 納 公 認 会 計 士 事 務 所 公 認 会 計 士 税 理 士 久 納 幹 史 1 相 続 税 の 現 状 ( 平 成 24 年 データ) 相 続 税 申 告 するのは 死 亡 した 方 の 約 4% ( 昭 和 63 年 改 正 前 から 比 較 し 約 半 減 ) 年 間 の 相 続 税 申

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

3 共 通 しているのは イ. 媒 介 価 格 を 記 載 ( 売 出 し 価 格 ) ロ. 契 約 期 間 は3ケ 月 を 超 えない( 一 般 媒 介 は 強 制 されない) ハ. 期 間 満 了 すると 更 新 できる ニ. 期 間 中 解 約 できない( 義 務 違 反 ある 場 合 はでき

3 共 通 しているのは イ. 媒 介 価 格 を 記 載 ( 売 出 し 価 格 ) ロ. 契 約 期 間 は3ケ 月 を 超 えない( 一 般 媒 介 は 強 制 されない) ハ. 期 間 満 了 すると 更 新 できる ニ. 期 間 中 解 約 できない( 義 務 違 反 ある 場 合 はでき マンションの 売 買 マンションの 売 却 購 入 の 際 の 手 続 き 仕 組 み 税 金 等 々を 見 ていきましょう (1) 不 動 産 業 者 へ 依 頼 する 1. 価 格 査 定 1 マンションの 価 格 は 比 較 価 格 相 場 価 格 が 中 心 取 引 実 績 価 格 ( 成 約 事 例 )と 現 在 売 りに 出 ている 他 物 件 の 価 格 (

More information

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期

期 の1 株 当 たりの 利 益 をマイナスすることによって 求 めることができる 下 期 (2014 年 10 月 ~2015 年 3 月 )の1 株 当 たりの 利 益 52 円 (98.5 円 -46.5 円 =52 円 ) よって 下 期 の 利 益 が 多 い 問 5 3 ユーロ 定 期 一 発 合 格!FP 技 能 士 2 級 AFP 完 全 攻 略 実 戦 問 題 集 16-17 年 版 別 冊 FP 技 能 士 2 級 AFP 2016 年 1 月 実 施 試 験 解 答 & 解 説 実 技 試 験 資 産 設 計 提 案 業 務 ( 日 本 FP 協 会 ) 問 題 解 答 解 説 第 1 問 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) (ア) 適 切 弁 護 士 資 格 を 有

More information

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や

N 一 般 の 住 宅 について 控 除 の 対 象 となる 借 入 金 は 平 成 26 年 4 月 平 成 31 年 6 月 30 日 までの 入 居 の 場 合 は4,000 万 円 ( 平 成 26 年 3 月 までの 入 居 の 場 合 は2,000 万 円 )までとなります 建 物 や 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 100 40 50 年 の12 月 31 日 まで 引 き 続 き 居 住 の 用 に 供 するこ とが 条 件 です) N 日 本 に 居 住 する 者 が 借 入 金 で 自 己 の 居 住 用 住 宅 の 取 得 等 をしたときに 次 の 要 件 に 該 当 する 場 合 には その 年 の12 月 31 日 の 借 入 金 の 残 高 に 応 じて 一

More information

税 額 の 計 算 方 法 課 税 標 準 額 税 率 (1.4%) 土 地 家 屋 価 格 等 縦 覧 帳 簿 には 所 在 地 番 地 目 ( 構 造 ) 地 積 ( 建 床 面 積 ) 評 価 額 等 が 記 載 されており 町 内 の 他 の 土 地 又 は 家 屋 の 価 格 等 を 比

税 額 の 計 算 方 法 課 税 標 準 額 税 率 (1.4%) 土 地 家 屋 価 格 等 縦 覧 帳 簿 には 所 在 地 番 地 目 ( 構 造 ) 地 積 ( 建 床 面 積 ) 評 価 額 等 が 記 載 されており 町 内 の 他 の 土 地 又 は 家 屋 の 価 格 等 を 比 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 で 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 総 称 して 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 が その 固 定 資 産 の 価 格 をもとに 算 定 される 税 額 を その 固 定 資 産 の 所 在 する 町 に 納 める 税 金 です 固 定 資 産 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AAE90AC94C581758A6D92E8905C8D9082C591B982F082B582C882A282BD82DF82CC218176814089BC87422E646F63> 確 定 申 告 で 損 をしないための!! 損 をしない シリーズ 第 一 弾 専 門 的 知 識 により 税 金 の 額 は 変 わります! ズバリ 私 が 皆 様 の 質 問 に お 答 えします 南 九 州 税 理 士 会 イメージキャラクター 税 理 士 皆 尾 たすく 目 次 届 出 で 損 をしないための!! P. P. 2 ~ P. 5 1 所 得 税 の 青 色 承 認 申 請 書

More information

(Microsoft PowerPoint - \201yMSJ\203t\203\211\203b\203g\202R\202T\201z\212\256\221S\203}\203X\203^\201[\202\326\202\314\223\271 \(2\).ppt)

(Microsoft PowerPoint - \201yMSJ\203t\203\211\203b\203g\202R\202T\201z\212\256\221S\203}\203X\203^\201[\202\326\202\314\223\271 \(2\).ppt) 目 次 1. MSJフラット35ってどんな 住 宅 ローン? 2. フラット35 の 特 徴 は? 3. MSJフラット35の 特 徴 は? 4. いろんな 居 住 形 態 に 対 応! 5. 住 宅 の 建 設 地 もいろんなパターンに 対 応! 6. 住 宅 の 建 設 費 だけじゃない? 7. 土 地 の 購 入 費 は 融 資 の 対 象 になる? 8. 収 入 審 査 はどうなっている?

More information

私たちの市税

私たちの市税 ❺ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 土 地 家 屋 償 却 資 産 (これらを 固 定 資 産 といいます )を 所 有 している 人 がその 固 定 資 産 の 価 格 を 基 に 算 定 された 税 額 をその 固 定 資 産 の 所 在 する 市 町 村 に 納 める 税 金 です 納 税 義 務 者 毎 年 1 月 1 日 ( 賦 課 期 日 ) 現 在 で 市 内 に 固 定

More information

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい

(2) 今 年 の 主 な 改 正 点 昨 年 と 比 べて 変 わった 点 は 主 として 下 記 のとおりです 1 住 宅 ローン 控 除 が7 月 から 変 更 6 月 までに 居 住 した 方 は ローン 控 除 の 期 間 が15 年 でした 7 月 以 降 居 住 は10 年 になってい 確 定 申 告 真 っ 盛 り 今 年 の 申 告 の 注 意 点 は? 本 日 2 月 24 日 確 定 申 告 真 っ 盛 りの 時 期 ですね 皆 様 はもう 確 定 申 告 はお 済 みで すか 申 告 が 必 要 な 方 は なるべく 早 めに 準 備 をして 税 務 署 に 行 くか あるいは 私 ども まで 資 料 をお 持 ち 下 さい 資 料 不 足 のこともずい 分 ありますので

More information

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A>

<5461726F2D95BD90AC3139944E95E291AB8E968D802D338389834383742E6A> ライフプラン 関 係 1. 児 童 手 当 の 改 正 ( 平 成 19 年 4 月 実 施 ) 下 記 のように 3 歳 未 満 の 子 は 一 律 10,000 円 に 引 上 げられる 0 歳 ~3 歳 未 満 3 歳 以 上 小 学 校 修 了 前 まで 改 正 後 一 人 につき 10,000 円 第 一 子 第 二 子 は 一 人 につき 5,000 円 第 三 子 以 降 は 一 人

More information

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み )

申 立 て の 趣 旨 等 1 申 立 人 に つ い て, 給 与 所 得 者 等 小 規 模 個 人 再 生 に よ る 再 生 手 続 を 開 始 す る と の 決 定 を 求 め る 2 ( 1 ) ( 給 与 所 得 者 等 再 生 を 行 う こ と を 求 め る 場 合 の み ) 小 規 模 個 人 再 生 給 与 所 得 者 等 再 生 再 生 手 続 開 始 申 立 書 印 紙 10,000 [ 該 当 す る に を 付 す る か, の よ う に 黒 く 塗 り つ ぶ し て く だ さ い ] 鹿 児 島 地 方 裁 判 所 支 部 御 中 平 成 年 月 日 ふりがな 氏 名 : 申 立 人 生 年 月 日 : 昭 和 平 成 年 月 日 年 齢 : 歳 住

More information

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p])

(Microsoft PowerPoint - Ppt0000095.ppt[\223\307\202\335\216\346\202\350\220\352\227p]) 相 続 税 贈 与 税 セミナー 用 贈 与 税 早 わかり 資 料 贈 与 税 早 わかりセミナー 目 次 第 1 部 第 2 部 第 3 部 第 4 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 贈 与 税 の 改 正 贈 与 税 のよくある 質 問 贈 与 を 上 手 に 使 う6つのポイント 1 第 1 部 贈 与 税 の 基 礎 知 識 1. 贈 与 とは? 自 分 の 財 産 を 無 償 で 相

More information

あぐり1月号

あぐり1月号 VOL.30 2008/1/1 今 月 号 の 掲 載 内 容 医 療 費 控 除 Q&A 1P~ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 5P~ 今 月 のトピック 確 定 申 告 7P~ 2008 年 税 務 カレンダー 9P あけましておめでとうございます 今 年 もよろしくお 願 い 致 します 清 田 会 計 事 務 所 は 電 子 申 告 を 推 進 しています 当 事 務 所 ホームページも

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 自 営 業 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 はじめて 決 算 書 を 作 成 される 方 ( 不 動 産 所 得 編 ) 平 成 27 年 1 月 31 日 横 浜 中 青 色 申 告 会 (ご 案 内 ) 税 理 士 飯 田 真 之 自 営 業 者 ( 個 人 事 業 者 ) 決 算 説 明 会 ( 不 動 産 所 得 編 ) 目 次 1.はじめに 確 定 申 告 書 と 決 算

More information

国税

国税 Guide to Metropolitan Taxes for 2016 (3) 年 金 所 得 者 公 的 年 金 等 の 収 入 金 額 が400 万 円 以 下 であり かつ その 公 的 年 金 等 の 全 部 が 源 泉 徴 収 の 対 象 となる 場 合 において 公 的 年 金 等 に 係 る 雑 所 得 以 外 の 所 得 金 額 が20 万 円 以 下 である 場 合 には 確 定

More information

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹

種 別 貸 付 事 由 貸 付 限 度 額 償 還 回 数 結 婚 組 合 員 又 は 子 が 結 婚 をするため 資 金 を 必 要 と する 場 合 200 万 円 ( 2) 120 回 以 内 葬 祭 組 合 員 が 被 扶 養 者 又 は 被 扶 養 者 でない 配 偶 者 子 孫 弟 妹 16 資 金 が 必 要 なとき 共 済 組 合 1 貸 付 けについて (1) 貸 付 申 込 みから 送 金 まで 申 込 締 切 日 毎 月 25 日 ( 休 日 の 場 合 は その 前 日 ) 貸 付 決 定 送 金 申 込 締 切 日 の 翌 月 10 日 頃 に 貸 付 決 定 通 知 書 を 送 付 申 込 締 切 日 の 翌 月 26 日 ( 休 日 の 場 合 はその 前 日 )に

More information

こんな場合はどうなるの? 税務のポイント─事務所開業と事業の承継─

こんな場合はどうなるの?  税務のポイント─事務所開業と事業の承継─ 特 集 事 務 所 経 営 こんな 場 合 はどうなるの? 税 務 のポイント 事 務 所 開 業 と 事 業 の 承 継 下 田 * 絢 子 要 約 勤 務 経 験 も 相 当 積 んだので,そろそろこの 辺 りで 独 立 開 業 を! と 考 えている 先 生 も, サラリーマンな らとっくに 定 年 を 迎 えているのだから,そろそろこの 辺 りで 引 退 を と 考 えている 先 生 も,5

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

佐伯市持家取得助成金交付要綱

佐伯市持家取得助成金交付要綱 平 成 28 年 5 月 12 日 改 正 八 戸 市 被 災 者 住 宅 再 建 支 援 事 業 Q&A Q1: 東 日 本 大 震 災 における 住 家 の 被 災 状 況 は A1:( 東 日 本 大 震 災 の 被 害 状 況 及 び 被 災 者 支 援 策 一 覧 より 平 成 24 年 12 月 31 日 現 在 ) 全 壊 254 棟 大 規 模 半 壊 147 棟 半 壊 477 棟

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年

2. 居 住 用 財 産 を 売 却 し た 場 合 の 特 例 譲 渡 資 産 は 居 住 用 財 産 で す か? 住 宅 取 得 特 別 控 除 の 適 用 を 受 け て い ま せ ん か? 所 有 期 間 が 1 0 年 を 超 え て い ま す か? 居 住 期 間 は 3 0 年 2 0 1 4.2. 月 号 税 務 と 経 営 ニ ュ ー ス 3 4 5 確 定 申 告 の ポ イ ン ト 上 田 悦 弘 税 理 士 事 務 所 上 田 悦 弘 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 5 F A X 0 6 ( 6 9 4 1 ) 3 9 0 9 h t t p : / / w w w. k a i k e i - h o m e.

More information

市県民税のしおり

市県民税のしおり 市 県 民 税 のしおり 739-8601 東 広 島 市 西 条 栄 町 8 番 29 号 東 広 島 市 財 務 部 市 民 税 課 TEL (082)420-0910( 直 通 ) FAX (082)422-6810 http://www.city.higashihiroshima.hiroshima.jp/ 目 次 市 県 民 税 の 申 告 申 告 が 必 要 な 人 p 2 申 告 書

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 ください 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

3 住 宅 及 び 住 宅 用 土 地 にかかる 軽 減 措 置 住 宅 の 取 得 に 対 する 特 例 控 除 ( 不 動 産 の 価 格 - 控 除 額 ) 税 率 ( 住 宅 :3%) = 税 額 (P1の 2) ( 4の( 表 1)) スタート 取 得 した 住 宅 は 新 築 住 宅 (

3 住 宅 及 び 住 宅 用 土 地 にかかる 軽 減 措 置 住 宅 の 取 得 に 対 する 特 例 控 除 ( 不 動 産 の 価 格 - 控 除 額 ) 税 率 ( 住 宅 :3%) = 税 額 (P1の 2) ( 4の( 表 1)) スタート 取 得 した 住 宅 は 新 築 住 宅 ( 不 動 産 取 得 税 のあらまし 納 付 される 前 に ご 一 読 ください 1 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 購 入 したり 家 屋 を 建 築 するなどして 不 動 産 を 取 得 1したときにかかる 県 税 です この 税 金 は 市 町 村 が 毎 年 課 税 する 固 定 資 産 税 とは 異 なり 取 得 したときに1 回 限 り 納 めて

More information

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF)

平成28年度版 税金の本 第4章 相続と税金 第6節 相続発生後の留意点 (PDF) 1 相 発 生 後 にやるべきこと POINT 1 相 発 生 後 には 税 務 申 告 だけでなく 生 活 に 関 連 する 諸 手 など やるべきこ とが 数 多 くあります 2 期 限 に 注 意 して 手 きを 進 める 必 要 があります 174 第 4 章 相 と 税 金 1 相 発 生 後 にやるべきこと 第 6 節 1 相 発 生 直 後 に 行 う 手 き( 遺 言 書 の 確 認

More information

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得

Q1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? 不 動 産 取 得 税 とは 不 動 産 ( 土 地 や 家 屋 )を 売 買 贈 与 新 築 増 築 改 築 などによって 取 得 したときに かかる 税 金 です この 場 合 有 償 無 償 の 別 登 記 の 有 無 取 得 平 成 27 年 7 月 1 日 現 在 不 動 産 取 得 税 Q&A 不 動 産 取 得 税 について Q 1 不 動 産 取 得 税 とは どのような 税 金 ですか? Q 2 税 額 の 計 算 方 法 は どのようになっていますか? Q 3 土 地 や 家 屋 を 取 得 すると 不 動 産 取 得 税 は 必 ず 課 税 されますか? Q 4 不 動 産 取 得 税 が 非 課 税 になる

More information

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続

贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです 1. 概 要 個 人 から 個 人 が 贈 与 によって 財 産 を 取 得 した 場 合 には 以 下 のように 贈 与 税 が 課 税 されます 贈 与 税 という 発 想 が ないと 相 続 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 の 法 令 等 に 準 拠 UP!Consulting Up Newsletter 贈 与 税 の 概 要 住 宅 取 得 等 資 金 の 贈 与 税 の 非 課 税 特 例 相 続 時 精 算 課 税 制 度 http://www.up-firm.com 1 贈 与 税 の 概 要 贈 与 税 の 申 告 納 付 手 続 の 概 要 は 以 下 の 通 りです

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

さらに 自 営 業 者 や 個 人 事 業 者 など 一 般 的 に 住 宅 ローンが 組 みづらい 人 の 場 合 には 取 引 先 の 銀 行 と 事 前 に 十 分 な 打 ち 合 わせをすることも 欠 かせません もちろん 銀 行 に 相 談 をしたからといってそこで 借 りなければならない

さらに 自 営 業 者 や 個 人 事 業 者 など 一 般 的 に 住 宅 ローンが 組 みづらい 人 の 場 合 には 取 引 先 の 銀 行 と 事 前 に 十 分 な 打 ち 合 わせをすることも 欠 かせません もちろん 銀 行 に 相 談 をしたからといってそこで 借 りなければならない 住 宅 ローン 選 びには 銀 行 の 無 料 相 談 を 活 用! マイホーム 購 入 時 に 多 くの 方 が 利 用 する 住 宅 ローン 住 宅 ローンはどうやって 選 べばいいの?と 思 っている 方 も 多 いのではないでしょうか そんな 疑 問 に 最 適 な 専 門 家 専 門 サービスをご 案 内 します 住 宅 ローンは 銀 行 に 聞 いてみないとわからないことがたくさん あなたは

More information

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25

45,000 50 4,150 45,000 超 55 6,400 (ロ)(イ) 以 外 の 一 般 贈 与 課 税 価 格 税 率 控 除 額 2,000 千 円 以 下 10% - 千 円 3,000 15 100 4,000 20 250 6,000 30 650 10,000 40 1,25 贈 与 税 1. 贈 与 税 とは 贈 与 税 は 個 人 が 個 人 から 財 産 の 贈 与 ( 贈 与 者 の 死 亡 によって 効 力 が 生 ずる 死 因 贈 与 は 相 続 税 の 適 用 となり 除 かれます)を 受 けたときに 課 される 税 金 です 法 人 からの 贈 与 は 贈 与 税 ではなく 所 得 税 ( 一 時 所 得 等 )として 課 税 されます 2. 贈 与 税

More information

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について

Ⅰ 住宅及び住宅用土地に対する軽減措置について 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 このパンフレットは 不 動 産 取 得 税 とその 軽 減 措 置 の 概 要 を 説 明 したものです 軽 減 措 置 の 要 件 に 該 当 する 場 合 は 申 告 期 限 までに 申 告 手 続 きが 必 要 ですので 必 ずご 一 読 くださ 詳 しくは 富 山 県 総 合 県 税 事 務 所 課 税 第 二 課 TEL:076-444-4505

More information

新規文書1

新規文書1 社 会 福 祉 法 人 京 都 身 体 障 害 者 福 祉 センター 一 般 事 業 主 行 動 計 画 職 員 がその 能 力 を 発 揮 し 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 り 働 きやすい 雇 用 環 境 の 整 備 を 行 うため 次 のように 行 動 計 画 を 策 定 する 1 計 画 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 までの

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

虹のローン(無担保)

虹のローン(無担保) キ ャ ッ プ 住 宅 ロ ー ン お 使 いみ ち ご 本 人 および2 親 等 以 内 の 親 族 の 居 住 の 住 宅 に 必 要 な 以 下 の 費 用 にご 利 用 いただけます (ただし 事 業 用 店 舗 事 務 所 等 にかかる 費 用 事 業 資 金 投 機 的 資 金 政 治 資 金 負 債 整 理 資 金 にはご 利 用 いただけ ません ) 住 宅 の 購 入 費 用 宅

More information

回 答 Q3-1 土 地 下 落 の 傾 向 の 中 固 定 資 産 税 が 毎 年 あがるのはなぜですか? 質 問 : 土 地 下 落 の 傾 向 の 中 土 地 の 固 定 資 産 税 が 毎 年 あがるのはなぜですか? 答 : あなたの 土 地 は 過 去 の 評 価 替 えで 評 価 額 が

回 答 Q3-1 土 地 下 落 の 傾 向 の 中 固 定 資 産 税 が 毎 年 あがるのはなぜですか? 質 問 : 土 地 下 落 の 傾 向 の 中 土 地 の 固 定 資 産 税 が 毎 年 あがるのはなぜですか? 答 : あなたの 土 地 は 過 去 の 評 価 替 えで 評 価 額 が 税 に 関 するQ&A 質 問 と 回 答 質 問 一 覧 Q3-1 土 地 下 落 の 傾 向 の 中 固 定 資 産 税 が 毎 年 あがるのはなぜですか? Q3-2 先 日 父 親 が 亡 くなりました 父 が 所 有 していた 土 地 や 家 屋 は 今 後 誰 が 固 定 資 産 税 を 払 うことになりますか? Q3-3 住 宅 を 壊 したのに 家 屋 にかかる 納 税 通 知 が 届

More information

平成27年度市税のしおり

平成27年度市税のしおり 枚 方 市 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 平 成 27 年 度 市 税 のしおり 市 民 税 課 版 目 次 個 人 の 市 民 税 均 等 割 と 所 得 割 ---------------------------------------- 2 市 民 税 と 府 民 税 所 得 税 と 個 人 市 府 民 税 個 人 市 府 民 税 を 納 める 人 ( 納 税 義

More information

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が

図 表 1 住 開 始 分 ま で の 5 年 間 延 長 さ れ ま し た 住 宅 ロ ー ン 控 除 の た め の フ ロ ー チ ャ ー ト 住 宅 ローンで 住 宅 及 びその 敷 地 を 取 得 し 取 得 の 日 から6か 月 以 内 に 居 住 して いますか? 所 得 金 額 が Q-24 住 宅 を 購 入 し た り 増 改 築 し た 場 合 に は 税 額 控 除 制 度 を 使 え る と 聞 き ま し た 制 度 の 内 容 を 教 え て く だ さ い A 最 近 の 税 制 改 正 に よ り 下 記 の よ う に 様 々 な 税 額 控 除 制 度 が 使 え る よ う A に最 な 近 っ の て税 い制 ま改 す 正 に よ り 様 々 な 税

More information

平成21年10月30日

平成21年10月30日 職 員 各 位 平 成 24 年 10 月 25 日 法 人 事 務 局 総 務 部 人 事 課 年 末 調 整 に 係 る 申 告 書 等 の 提 出 について 標 記 の 件 年 末 調 整 を 行 いますので 下 記 の 通 り 必 要 書 類 の 提 出 をお 願 いいたします 記 1. 手 続 きについて (1) 扶 養 控 除 等 申 告 書 の 返 却 および 記 載 内 容 の 確

More information

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与 2014 年 4 月 株 式 会 社 ハウスジーメン 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 の 取 扱 いについて 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 は 中 古 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける ための 耐 震 基 準 を 満 たすことの 証 明 書 類 としてご

More information

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県

わたしは 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要? ~ かんたん! 申 告 チェックフローチャート ~ 市 県 民 税 等 の 申 告 が 必 要 となるか 参 考 にしてください ( 公 的 年 金 収 入 家 屋 敷 課 税 は 除 く) 確 定 申 告 を 提 出 された 方 は 市 県 平 成 27 年 2 月 16 日 ( 月 )から 平 成 27 年 3 月 16 日 ( 月 )まで 平 成 27 年 度 ( 平 成 26 年 分 )の 確 定 申 告 市 県 民 税 国 民 健 康 保 険 税 の 申 告 相 談 を 行 います 申 告 が 必 要 な 方 は 申 告 相 談 期 間 内 に 申 告 ください なお 申 告 が 必 要 かどうかは1~3ページにあります かんたん!

More information

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2-

CFP ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング 目 次 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ P3 1 国 税 と 地 方 税 所 得 税 概 論 P28 1-1 国 税 と 地 方 税 P28 1-2 所 得 税 のしくみ P29 2 各 種 所 得 の 計 算 P33 2- 平 成 18 年 度 CFP 受 験 対 策 ラストスパート 用 レジュメ 2006 タックスプランニング サンプル 版 ~ 途 中 でページが 省 略 されている 部 分 があります 法 改 正 税 制 改 正 のまとめ CFP 試 験 頻 出 ポイント 集 株 式 会 社 住 まいと 保 険 と 資 産 管 理 http://www.fpcom.net http://www.mylifenavi.net

More information

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合

Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ る 学 校 法 人 の 所 有 する 固 定 資 産 は 殆 ど 非 課 税 資 産 であるが 用 途 により 課 税 資 産 される 場 合 学 校 会 計 固 定 資 産 研 究 会 第 136 回 研 究 会 学 校 法 人 の 固 定 資 産 に 関 する 税 務 と 会 計 学 校 経 理 研 究 会 常 務 理 事 / 税 理 士 村 山 英 政 2015 年 6 月 17 日 Ⅰ 固 定 資 産 税 固 定 資 産 税 は 毎 年 1 月 1 日 現 在 において 所 有 する 固 定 資 産 について 課 税 される 税 であ

More information

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書..

健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 18 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 喪 失 届... 19 退 職 時 の 労 務 管 理... 20 ( 本 人 の 手 続 き) 健 康 保 険 退 職 後 の 傷 病 手 当 金 支 給 申 請 書.. 社 会 保 険 労 働 保 険 労 務 管 理 主 要 手 続 一 覧 (2012.4 現 在 ) 1. 社 会 保 険 の 基 本... 4 関 係 諸 機 関 の 連 絡 先... 4 各 種 手 続 きの 確 認... 5 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 新 規 適 用 届... 7 労 働 保 険 保 険 関 係 成 立 届 雇 用 保 険 適 用 事 業 所 設 置 届... 8

More information

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ

-- 平 成 6 年 度 市 県 申 告 手 引 き 市 県 計 算 しくみについて 市 県 には, 住 方 に 均 に 負 担 していただく 均 割 と, 所 に 応 じて 負 担 していただく 所 割 ( 前 年 所 金 を 基 礎 として 計 算 します )とがあり, 市 と 県 をそれぞれ -- 4 配 当 所 がある 方 で 次 に 該 当 する 場 合 5 平 成 8 年 度 市 県 申 告 手 引 き 平 素 から, 当 市 務 行 政 に 格 別 ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて, 平 成 8 年 度 市 県 申 告 期 間 は, 平 成 8 年 月 6 日 ( 火 )から3 月 5 日 ( 火 )までです 申 告 書 に 平 成 7

More information

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切

第 1 問 問 1 正 解 (ア) (イ) (ウ) (エ) 難 易 度 A (ア) 不 適 切 税 理 士 資 格 を 有 していないFPは 無 償 有 償 を 問 わず 顧 客 からの 依 頼 に より 確 定 申 告 書 を 作 成 することは 税 理 士 法 に 抵 触 する (イ) 適 切 平 成 28 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 資 産 設 計 提 案 業 務 > 解 答 と 解 説 < 正 解 > 第 1 問 問 20 2 問 1 (ア) (イ) (ウ) (エ) 第 7 問 問 2 3 問 21 155( 万 円 ) 第 2 問 問 22 1,082( 万 円 ) 問 3 2 問 23 1 問 4 (ア)2 (イ)4 (ウ)8 第 8 問 問

More information

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます

国民年金基金は国民年金の第1号被保険者(自営業の方やフリーで働く方、およびその配偶者の方)の保険料を納めている方で、20歳以上60歳未満の方が加入することができます 平 成 27 年 5 月 2 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 問 1 判 定 問 2 記 号 ロ ホ チ 問 3 11.0510 22,733( 万 円 ) 30.0554 4151( 万 円 ) 第 2 問 問 4 問 5 問 6 5.32(%) 第 3 問 問 7 記 号 ロ ホ ト 問 8 720( 万 円

More information

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には

不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は5 棟 10 室 以 上 の 事 業 規 模 であること 下 記 に 該 当 する 場 合 は 加 入 できません (1) 青 色 専 従 者 (2) 法 人 の 役 員 については 登 記 していることが 必 要 です したがって 顧 問 等 の 場 合 には Q10 小 規 模 企 業 共 済 ( 退 職 金 型 + 年 金 型 )について 教 えて 下 さい ( 平 成 21 年 度 改 正 版 ) ポイント! 2008.12 湊 税 理 士 事 務 所 作 成 退 職 金 準 備 型 1 独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 機 構 ( 略 称 中 小 機 構 ))が 運 営 する 制 度 です 2 掛 金 は 全 額 を 課 税 対 象

More information

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73>

<8356815B839395CA8E6496F3817989FC817A8267323589FC90B37665722E786C73> 顧 問 料 不 要 の(@システム)の 三 輪 会 計 事 務 所 541-0051 大 阪 市 中 央 区 備 後 町 2-4-6 森 田 ビル1F TEL06-6209-7191 FAX06-6209-8145 < 目 次 > 収 入 項 目 1 2 3 預 金 に 利 息 がついたとき お 金 を 借 りたとき 売 掛 金 を 回 収 したとき 1 ページ 2 ページ 3 ページ 支 出 項

More information

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j)

(Microsoft PowerPoint - \223\372\214o\203Z\203~\203i\201[\216\221\227\277\201i\202g\202o\227p\201j) 日 経 相 続 フェア(2015.2.27) 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 公 認 会 計 税 理 所 佐 々 木 秀 一 http://www.tokyosogo.jp TEL 03-5299-6181 相 続 税 担 当 事 業 承 継 担 当 清 税 理 有 光 公 認 会 計 士 目 次 相 続 の 事 前 対 策 と 事 業 承 継 税 理 法 人 東 京 総 合 会

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで

このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 手 続 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 まで 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 を 経 済 的 に 支 援 します 仕 事 と 介 護 を 両 立 できる 職 場 環 境 の 整 備 促 進 のためのシンボルマーク トモニン 目 次 育 児 休 業 給 付 金 の 支 給 P. 3 介 護 休 業 給 付 の 支 給 P. 5 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 等 期 間 中 の 社 会 保 険 料 の 免 除 P. 6 産

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは

問 題 1 ファイナンシャル プランナーの 顧 客 に 対 する 行 為 に 関 する 次 の 記 述 のうち 職 業 倫 理 や 関 連 法 規 に 照 らし 最 も 不 適 切 なものはどれか 1. 投 資 信 託 の 購 入 について 相 談 を 受 けたファイナンシャル プランナーのAさんは 学 科 学 科 試 験 解 答 に 当 たっての 注 意 事 項 試 験 問 題 については 特 に 指 示 のない 限 り 平 成 27 年 10 月 1 日 現 在 施 行 の 法 令 等 に 基 づいて 解 答 してください なお 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 等 に 対 する 各 種 特 例 については 考 慮 しないものとします 次 の 各 問 について 答 えを1つ 選 び その

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

13-19_特集④_第2章_再.indd

13-19_特集④_第2章_再.indd 2 ライフアート コンサルティング 株 式 会 社 代 表 取 締 役 1 級 ファイナンシャル プランニング 技 能 士 仕 事 や 子 育 て 中 心 の 生 活 が 終 了 して 生 活 が 大 きく 変 わる 退 職 後 は 住 宅 に 対 する 考 え 方 も 大 きく 変 わる 時 期 です 通 勤 や 子 どもの 通 学 に 適 した 環 境 から 郊 外 での 暮 らしを 希 望 する

More information

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た

2 税 計 算 方 法 均 割 市 民 税 3,500 円 県 民 税 1,800 円 ( 県 民 税 は 超 過 課 税 ( 水 源 環 境 保 全 税 )による 上 乗 せ 分 を 含 む ) 東 日 本 大 震 災 から 復 興 に 関 し 地 方 公 共 団 体 が 実 施 する 防 災 た 3 市 民 税 県 民 税 市 民 税 は 一 般 に 県 民 税 と 合 わせて 住 民 税 ( 市 民 税 県 民 税 )と 呼 ばれ 地 域 社 会 会 費 として 住 民 がそ 能 力 に 応 じて 広 く 負 担 を 分 かち 合 うという 性 格 を 有 する 税 です 市 民 税 には 個 人 が 負 担 する 個 人 市 民 税 と 会 社 などが 負 担 する 法 人 市 民 税

More information

1.マンション 購 入 を 考 えたら 1.マンション 購 入 を 考 えたら ライフプランに 合 ったタイプを 選 ぼう マンションの 購 入 を 考 える 場 合 それぞ れ の ご 家 族 によってマン ション に 求 めるものが 変 わってきます ライフプランとチェック 項 目 永 住 する

1.マンション 購 入 を 考 えたら 1.マンション 購 入 を 考 えたら ライフプランに 合 ったタイプを 選 ぼう マンションの 購 入 を 考 える 場 合 それぞ れ の ご 家 族 によってマン ション に 求 めるものが 変 わってきます ライフプランとチェック 項 目 永 住 する マンション 購 入 ガ イド Contents Purchase Guide 1.マンション 購 入 を 考 えたら ライフプランに 合 ったタイプを 選 ぼう 1 マンション 購 入 ガイド 希 望 条 件 を 考 えよう 情 報 を 集 めよう モデルルームを 見 学 しよう 3 5 7 マンション 契 約 の 流 れ 9 マンション 購 入 時 に 必 要 な 金 額 1 1 購 入 時 に

More information

1. 制 度 の 概 要 子 育 て 世 代 の 定 住 を 促 進 し 活 力 あり 安 心 に 暮 らせる 環 境 づくりに 寄 与 するこ とを 目 的 に 市 内 で 住 宅 を 新 築 または 購 入 し 居 住 する 子 育 て 世 帯 に 対 して そ の 住 宅 にかかる 固 定 資

1. 制 度 の 概 要 子 育 て 世 代 の 定 住 を 促 進 し 活 力 あり 安 心 に 暮 らせる 環 境 づくりに 寄 与 するこ とを 目 的 に 市 内 で 住 宅 を 新 築 または 購 入 し 居 住 する 子 育 て 世 帯 に 対 して そ の 住 宅 にかかる 固 定 資 室 蘭 市 子 育 て 世 代 持 家 住 宅 促 進 助 成 金 ここが ~ 申 請 の 手 引 き~ 変 わった! 平 成 28 年 4 月 1 日 改 定 取 得 期 間 が1 年 延 長 になりました! 平 成 29 年 1 月 1 日 までに 取 得 した 方 も 対 象 です 目 次 1. 制 度 の 概 要 2. 住 宅 取 得 から 助 成 金 交 付 までの 流 れ 3. 申 請

More information

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の

( 地 方 税 ) 前 年 所 得 課 税 と 特 別 徴 収 ( 天 引 き) も 給 与 から 特 別 徴 収 されますが 所 得 税 の 場 合 とそのしくみ が 異 なっています 所 得 税 は 毎 月 の 給 与 の 金 額 に 応 じて 源 泉 徴 収 される 現 年 所 得 課 税 の 第 7 章 給 与 所 得 者 と 税 金 Q 私 の 給 料 から 天 引 きされている 税 金 は 何 ですか? A 給 与 所 得 者 の 方 が 給 与 をもらうときには すでに 税 金 が 天 引 きされている 場 合 があります その 税 金 は 所 得 税 と です 所 得 税 ( 国 税 ) 源 泉 徴 収 と 年 末 調 整 所 得 税 は まず 毎 月 の 給 与 や 賞 与 などから

More information

資料3   破産申立てに必要な費用と書類など(個人用)

資料3   破産申立てに必要な費用と書類など(個人用) 資 料 3 破 産 申 立 てに 必 要 な 費 用 と 書 類 など( 個 人 用 ) 盛 岡 地 方 裁 判 所 第 2 民 事 部 盛 岡 地 方 裁 判 所 に 破 産 を 申 し 立 てるためには, 次 の 必 要 な 費 用, 必 要 な 書 類 及 び 必 要 な 資 料 が 必 要 です 弁 護 士 を 頼 まないで 申 立 てをする 人 は, 自 分 自 身 の 責 任 できちんと

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

平成27年度健康保険委員研修 知っておきたい健康保険のポイント

平成27年度健康保険委員研修  知っておきたい健康保険のポイント 1 目 次 1. 健 康 保 険 証 について(4~6ページ) 2. 交 通 事 故 について(7~9ページ) 3. 出 産 に 関 する 健 康 保 険 の 給 付 について(10~19ページ) 4. 健 康 保 険 の 給 付 に 関 わるよくある 相 談 Q&A(20~23ページ) 5. 退 職 後 の 健 康 保 険 について(24~28ページ) 6. 今 後 の 制 度 改 正 について(29ページ)

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額 土 地 や 建 物 を 取 得 したとき の 税 金 と 軽 減 等 のあらまし < 目 次 > 1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 役 場 税 務 課 固 定 資 産 税 係 2. 不 動 産 取 得 税 ( 県 税 ) 西 尾 張 県 税 事 務 所 不 動 産 取 得 税 グ 3. 所 得 税 ( 国 税 ) 津 島 税 務 署 個 人 課 税 部 門 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式

2 計 算 しくみ も 士 ( 1) 不 動 産 事 業 山 林 譲 渡 損 失 は 他 から 控 除 ( 損 益 通 算 )ができます ただし 不 動 産 一 部 損 失 つては 損 益 通 算 はできません お 一 定 要 件 も 上 場 株 式 等 を 譲 渡 した 損 失 は 上 場 株 式 1 種 類 計 算 1 種 類 額 は 次 10 種 類 区 分 して 計 算 します 種 類 内 容 計 算 法 1 利 子 預 貯 国 債 利 子 収 入 額 = 額 2 配 当 株 式 や 出 資 配 当 収 入 額 - 株 式 を 取 するため 借 入 利 子 3 不 動 産 土 や 建 物 を 貸 してる 場 合 総 収 入 額 - 必 要 経 4 事 業 商 工 業 農 業 事 業 をしてる

More information

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要

Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1 株 価 引 き 下 げの 目 的 後 継 者 が 実 質 的 に 経 営 権 を 引 き 継 ぐためには 経 営 者 の 地 位 だけでなく 会 社 を 支 配 する のに 可 能 な 数 量 の 自 社 株 を 取 得 することが 必 要 株 価 引 き 下 げ 対 策 事 業 承 継 対 策 Ⅰ 株 価 引 き 下 げによる 相 続 税 対 策 1. 株 価 引 き 下 げの 目 的 2. 株 式 の 評 価 の 仕 組 み 3. 取 引 相 場 のない 株 式 についての 評 価 方 法 4. 株 価 引 き 下 げの3つの 方 法 Ⅱ 株 価 引 き 下 げのポイント 1. 配 当 金 の 引 き 下 げによる 株 価 引 き

More information

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな

の 土 地 の 取 引 価 格 の 指 標 となり 公 共 事 業 用 地 の 取 得 価 格 算 定 の 基 準 ともなる 12 基 準 地 標 準 価 格 は 都 道 府 県 が 毎 年 7 月 1 日 を 基 準 日 として9 月 下 旬 頃 に 発 表 する 公 示 価 格 の 補 完 とな FP3 級 試 験 対 策 とポイント < 不 動 産 > 1. 不 動 産 の 見 方 1 更 地 とは 建 物 等 が 建 っておらず 所 有 者 が 自 由 に 使 用 できる 未 利 用 の 状 態 の 土 地 の ことである 2 建 付 地 とは 建 物 等 の 敷 地 になっている 土 地 で 建 物 等 とその 敷 地 の 所 有 者 が 同 じで かつその 所 有 者 により 使 用

More information

住宅貸付

住宅貸付 住 宅 貸 付 ~ 住 宅 購 入 リフォームの 工 事 費 用 に~ 1. 申 し 込 み 事 由 (1) 加 入 者 が 自 己 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 増 築 改 築 移 築 修 理 購 入 借 り 入 れ 及 びその 敷 地 の 購 入 借 り 入 れのため 資 金 を 必 要 とするときに 住 宅 貸 付 を 利 用 することが できます 自 己 の 用 に 供 する とは

More information

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374>

<874D8265826F82518B898365834C835883678782322D3181A1838983438374> 第 1 節 FPとライフプランニング 1 FPとは (1) ライフプランと 資 金 ニーズ ライフプランとは 自 分 の 夢 や 生 き 甲 斐 を 基 にした 人 生 設 計 のことをいう 就 職 結 婚 子 供 の 誕 生 住 宅 取 得 子 供 の 進 学 子 供 の 独 立 夫 婦 の 老 後 生 活 というように 人 生 はさまざまな 出 来 事 (ライフイベント)の 繰 り 返 しである

More information

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって

は5% 制 限 税 率 は6% 市 町 村 税 の 標 準 税 率 は 12.3% 制 限 税 率 は 14.7%となって いる また 都 道 府 県 税 である 法 人 事 業 税 ( 所 得 課 税 部 分 )の 標 準 税 率 は 5%~ 9.6% 制 限 税 率 は 1.1 倍 などとなって 平 成 16 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 は じ め に わが 国 経 済 の 喫 緊 の 課 題 は デフレの 克 服 内 需 拡 大 特 に GDPの6 割 を 占 める 個 人 消 費 を 中 心 とした 民 間 需 要 の 回 復 にある 税 制 の 見 直 しは これらの 課 題 を 解 決 するうえで 多 くの 企 業 を 活 性 化 さ せ また 個 人 の 消

More information

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立

Q6. 入 所 後 に 仕 事 を 辞 めたのですが 何 か 届 出 が 必 要 ですか? A6. 必 要 です 仕 事 を 辞 めた 時 点 で 保 育 所 に 入 所 する 理 由 がなくなってしまいますので 入 所 を 継 続 したい 場 合 は 求 職 中 である 旨 を 書 いた 申 立 保 育 所 についてのQ&A < 入 所 について> Q1. 現 在 求 職 中 ですが 入 所 することはできますか? A1. 入 所 できます 但 し 入 所 から3ヶ 月 以 内 に 就 労 することが 絶 対 条 件 となります 3ヶ 月 経 過 後 も 就 労 できない 場 合 は 原 則 として 退 所 となります Q2. 就 労 時 間 や 就 労 日 数 の 条 件 は 何 かありますか?

More information

H27府民税申告書の書き方_表-1

H27府民税申告書の書き方_表-1 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 の 書 き 方 日 ごろから 税 務 行 政 にご 協 力 いただきありがとうございます さて 平 成 28 年 度 ( 平 成 27 年 分 ) 市 府 民 税 申 告 書 を 送 付 いたしましたので この 説 明 書 をご 参 照 のうえ ご 提 出 いただきますようお 願 いします 申 告 が 必 要 な 人 税

More information

Microsoft Word - 6相続対策.doc

Microsoft Word - 6相続対策.doc Volume 6 吉 田 正 一 税 理 士 事 務 所 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 相 続 対 策 と 事 業 承 継 税 制 は じ め に こんにちは 税 理 士 の 吉 田 正 一 です 経 営 承 継 円 滑 化 法 が 成 立 して 20 年 10 月 からの 自 社 株 の 相 続 対 策 が 大 きく 変 わります さらに 相 続 税 の 計 算 方 式 も 変 わる

More information

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは?

Microsoft Word - 不動産賃貸業における事業的規模とは? 不 動 産 賃 貸 業 における 事 業 的 規 模 とは? 個 人 で 商 売 をして 儲 けを 出 せば 所 得 税 や 住 民 税 が 課 されます その 商 売 を 事 業 とし て 行 っていれば 事 業 所 得 として 事 業 以 外 で 行 っていれば 雑 所 得 としての 課 税 となり 税 金 計 算 上 の 取 り 扱 いが 異 なります 不 動 産 賃 貸 業 の 場 合 は

More information

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル

20120501 日本年金機構編 年金相談マニュアル-10 入門編(平成24年5月改訂-第9版) 【216頁】サンプル 年 金 相 談 マニュアル Contents 年 金 相 談 マニュアル 入 門 編 目 次 ( 入 門 編 ) 第 1 章 年 金 相 談 の 心 得... 1 1 相 談 担 当 職 員 としての 心 構 え... 3 2 一 般 的 な 相 談 の 対 応... 7 3 お 客 様 の 声 への 対 応... 17 4 個 人 情 報 保 護... 22 5 相 談 対 象 者 の 確 認...

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複

< 問 3> 正 解 2 教 育 資 金 や 老 後 資 金 住 宅 ローンの 返 済 などのライフイベントについて 資 金 計 画 を 立 て る 際 積 立 目 標 額 や 元 利 合 計 額 年 金 額 やローン 返 済 額 などを 計 算 することは 重 要 である これらの 金 額 を 複 平 成 28 年 5 月 3 級 FP 技 能 検 定 / 実 技 試 験 < 個 人 資 産 相 談 業 務 > 解 答 と 解 説 第 1 問 番 号 問 1 問 2 問 3 正 解 3 2 2 < 問 1> 正 解 3 3)の 語 句 の 組 み 合 わせが 適 切 長 女 Cさんは 大 学 生 であるが 大 学 生 であっても 20 歳 に 達 した 日 から 国 民 年 金 に 第 1 号

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63> B-6.7 中 断 の 実 技 その3( 中 断 を 支 える 制 度 的 側 面 ) 1. 収 用 課 税 の 特 例 の 適 用 このシリーズ B-6.3( 中 断 移 転 のシステム)において 述 べたとおり 補 償 と 税 務 は 中 断 でなくても 面 倒 ですが これが 中 断 となると 更 に 複 雑 で 通 常 の 仕 切 りでは 本 質 から 外 れてしまう 部 分 がでてきます

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税

毎 年 1 月 1 日 から12 月 31 日 までに 本 口 座 から 払 い 戻 しをされた 金 額 と 当 行 へご 提 出 いただいた 同 年 中 の 結 婚 子 育 て 資 金 のお 支 払 いに 係 る 領 収 書 等 の 金 額 のいずれか 低 い 金 額 が 同 年 の 非 課 税 商 品 説 明 書 1. 商 品 名 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) (2015 年 6 月 16 日 現 在 ) 2. 申 込 受 付 当 行 の 国 内 本 支 店 窓 口 3. 商 品 概 要 普 通 預 金 ( 結 婚 子 育 て 資 金 贈 与 非 課 税 口 ) ( 以 下 本 口 座 という) は 租 税 特 別 措 置 法 第 70 条 の2の3の

More information

前 年 度 に 比 べて 税 額 が 増 加 する 主 なケース < 土 地 > ア. 課 税 地 目 が 変 わった 前 年 中 に 農 地 から 雑 種 地 ( 駐 車 場 等 )や 宅 地 ( 住 宅 や 店 舗 )へ 変 わると 税 額 が 増 加 します イ. 家 屋 ( 住 宅 や 併

前 年 度 に 比 べて 税 額 が 増 加 する 主 なケース < 土 地 > ア. 課 税 地 目 が 変 わった 前 年 中 に 農 地 から 雑 種 地 ( 駐 車 場 等 )や 宅 地 ( 住 宅 や 店 舗 )へ 変 わると 税 額 が 増 加 します イ. 家 屋 ( 住 宅 や 併 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 ) 課 税 明 細 書 の 見 方 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 ) 課 税 明 細 書 は あなたが 賦 課 期 日 ( 本 年 の1 月 1 日 ) 現 在 所 有 し 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 の 課 税 対 象 となっている 固 定 資 産 ( 土 地 家 屋 )の 状 況 について 記 載 している 大 切 な 書 類 で す 必 ず

More information

26表紙1.2.3.indd

26表紙1.2.3.indd 平 成 26 年 度 ( 平 成 26 年 6 月 ~ 平 成 27 年 5 月 ) 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 のしおり 給 与 支 払 報 告 特 別 徴 収 にかかる 給 与 所 得 異 動 届 出 書 (13 14 ページ) 特 別 徴 収 への 切 替 申 請 書 (15 ページ) 特 別 徴 収 義 務 の 所 在 地 名 称 変 更 通 知 書 (16 ページ) 市 県 民

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相

はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 & 相 続 税 の はじめに 皆 様 は 相 続 について 考 えたことはあるでしょうか? 相 続 というと まだまだ 先 の 話 だし 相 続 税 がかかるほどの 財 産 はないし うちは 兄 弟 みんな 仲 がいいから と なかなか 本 腰 を 入 れて 考 えていないのが 実 情 ではないでしょうか しかし 相 続 が 実 際 に 起 こってみると 思 わぬトラブルが 発 生 するものです そんなとき

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 2013 6 347 14 8 7 774 18 2 11 148 26 0 7 652 17 9 3 347 7 8 2 175 5 1 1 092 2 6 960 2 2 713 1 7 335 0 8 475 1 1 411 1 0 178 0 4 179 0 4 11 0 0 6 0 0 0 0 0 42 804 100 0 大 きな 文 字 版 の 凡 例 a すべて 横 書 きです b

More information

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか,

第 3の3の 具 体 的 な 事 情 について, 借 金 の 時 期 やその 使 途 等 について 過 不 足 なく 記 載 しているか 第 3の7の 差 押 え, 訴 訟 の 有 無 について, 記 載 漏 れ,チェック 漏 れがないか 第 4についてチェック 漏 れ, 記 載 漏 れがないか, 個 人 再 生 手 続 申 立 てチェックリスト ver4,0 このチェックリストは, 申 立 書 の 作 成 にあたり, 各 項 目 をチェック( 確 認 調 査 検 討 )していくことにより, 申 立 書 を 正 確 に 作 成 するためのものです 各 チェック 項 目 は, 添 付 書 類 一 覧 表 で 提 出 すべき 資 料 としているにもかかわらず, これまで 提 出 忘 れが 多 かったものや,

More information

申告書の書き方HP.indd

申告書の書き方HP.indd 平 成 6 年 度 市 民 税 府 民 税 申 告 の 手 引 き 申 告 書 の 提 出 は 3 日 までです 平 素 は 市 税 務 行 政 につきまして ご 理 解 とご 協 力 をいただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます 市 民 税 府 民 税 は 前 年 の 所 得 に 対 して 課 税 されますので 前 年 ( 日 ~ 3 )の 所 得 等 について 申 告 してください 申 告 書

More information

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申

平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等 の 賦 課 資 料 と なりますので 申 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 申 告 の 手 引 この 社 会 あなたの 税 がいきている 岩 沼 市 総 務 部 税 務 課 平 成 27 年 度 市 民 税 県 民 税 の 申 告 ( 平 成 26 年 分 所 得 税 の 確 定 申 告 )を 行 う 時 期 とな りました 所 得 の 申 告 は 市 民 税 県 民 税 や 国 民 健 康 保 険 税 介 護 保 険 料 等

More information

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc

Microsoft Word - Łsfi®”YŠ¬™Ê‰Æ.doc 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 < 第 10 回 ( 度 )> 調 査 結 果 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 17 年 9 月 社 団 法 人 不 動 産 流 通 経 営 協 会 第 10 回 不 動 産 流 通 業 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 要 旨 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 5 分 5 乗 方 式 と 相 続

More information

Taro-class2F(A).jtd

Taro-class2F(A).jtd 第 8 章 その 他 の 論 点 1. 銀 行 勘 定 調 整 表 企 業 では 決 算 期 末 に 自 己 の 預 金 残 高 を 銀 行 に 問 い 合 わせて 残 高 証 明 書 を 発 行 してもらいま す そして この 残 高 証 明 書 と 帳 簿 上 の 預 金 残 高 とに 差 異 があれば 銀 行 勘 定 調 整 表 を 作 成 し 必 要 に 応 じて 決 算 整 理 仕 訳 を

More information

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法

法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立 当 初 の 財 産 が 法 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 平 成 25 年 4 月 都 留 市 市 民 厚 生 部 福 祉 課 法 人 認 可 申 請 提 出 書 類 1 設 立 認 可 申 請 書 2 定 款 3 添 付 書 類 目 録 4 設 立 当 初 の 財 産 目 録 (1) 財 産 目 録 (2) 土 地 の 評 価 額 を 証 明 する 書 類 (3) 不 動 産 目 録 5 設 立

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税

市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の 平 成 27 年 度 給 与 所 得 等 に 係 る 市 民 税 県 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 決 定 通 知 書 のとおり 地 方 税 法 及 び 飯 山 市 市 税 平 成 27 年 度 市 県 民 税 特 別 徴 収 の 手 引 き 飯 山 市 389-2292 長 野 県 飯 山 市 大 字 飯 山 1110 番 地 1 号 電 話 026962-3111 内 線 161 162 飯 山 市 役 所 総 務 部 税 務 課 市 民 税 係 市 税 につきましては 日 頃 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて 同 封 の

More information