国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "   国立大学法人富山大学不動産貸付事務取扱細則"

Transcription

1 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 20 年 7 月 22 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 平 成 24 年 8 月 1 日 改 正 平 成 25 年 2 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 固 定 資 産 管 理 規 則 ( 以 下 規 則 という ) 第 28 条 第 6 項 及 び 規 則 第 40 条 の 規 定 に 基 づき, 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 ( 以 下 細 則 という )を 次 の ように 定 める ( 通 則 ) 第 2 条 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )における 不 動 産 の 貸 付 については, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 会 計 規 程 ( 以 下 会 計 規 程 という ) 及 び 規 則 で 定 めるもののほ か,この 細 則 の 定 めるところによる ( 定 義 ) 第 3 条 この 細 則 において, 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は, 当 該 各 号 に 定 めるところによ る (1) 部 局 学 部, 和 漢 医 薬 学 総 合 研 究 所, 附 属 病 院, 附 属 図 書 館, 機 構, 国 際 交 流 セン ター, 学 内 共 同 教 育 研 究 施 設, 保 健 管 理 センター 及 び 事 務 局 をいう (2) 部 局 長 前 項 に 定 める 各 部 局 の 長 をいう (3) 不 動 産 規 則 第 3 条 に 定 める 不 動 産 及 び 船 舶 をいう (4) 貸 付 貸 付 契 約 による 場 合, 貸 付 契 約 によらない 場 合 若 しくは 収 益 の 契 約 又 は 使 用 若 しくは 収 益 の 許 可 による 場 合 のすべてをいう (5) 資 産 管 理 責 任 者 等 規 則 第 8 条 に 定 める 資 産 管 理 責 任 者 及 び 分 任 資 産 管 理 責 任 者 をいう (6) 使 用 責 任 者 規 則 第 10 条 第 1 項 に 定 める 使 用 責 任 者 をいう (7) 収 入 支 出 責 任 者 等 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 予 算 決 算 及 び 出 納 事 務 取 扱 規 則 第 4 条 に 定 める 収 入 支 出 責 任 者 及 び 収 入 支 出 責 任 者 の 事 務 の 一 部 を 分 掌 する 分 任 収 入 支 出 責 任 者 をいう ( 貸 付 の 許 可 をする 際 の 判 断 基 準 ) 第 4 条 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する その 本 来 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げない 限 度 とは, 次 の 各 号 に 規 定 するもの 以 外 のものをいう (1) 本 学 の 業 務 遂 行 に 支 障 が 生 じるおそれがあること (2) 建 物 等 の 管 理 上 支 障 が 生 じるおそれがあること (3) 公 共 性, 公 益 性 に 反 する 以 下 の 事 項 イ 公 序 良 俗 に 反 し, 社 会 通 念 上 不 適 当 であること

2 ロ 特 定 の 個 人, 団 体 の 活 動 を 本 学 の 中 立 性 を 阻 害 して 支 援 することとなること ハ 特 定 の 営 利 活 動 の 利 用 に 供 することが 主 たる 目 的 であること ニ 上 記 のほか, 貸 付 により 公 共 性, 公 益 性 を 損 なうおそれがあること ( 貸 付 けを 許 可 する 範 囲 ) 第 5 条 規 則 第 28 条 第 1 項 の 規 定 により, 本 学 の 不 動 産 を,その 本 来 の 用 途 又 は 目 的 を 妨 げ ない 限 度 において 本 学 以 外 の 者 に 貸 付 けすることを 許 可 できる 範 囲 の 基 準 は, 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 とする ただし, 次 の 各 号 に 該 当 しない 場 合 であっても, 第 4 条 各 号 のいずれにも 該 当 しない 場 合 には, 貸 付 けの 許 可 をすることができる (1) 本 学 の 業 務 遂 行 上 その 必 要 性 が 認 められる 場 合 イ 本 学 の 施 設 を 公 開 する 場 合 において, 入 場 者 等 へのサービス 等 を 本 学 以 外 の 者 に 行 わせるため, 建 物 等 の 一 部 を 貸 付 けする 場 合 ロ 本 学 不 動 産 の 管 理 上 及 び 地 元 住 民 対 策 上 の 観 点 からの 提 供 不 動 産 及 びその 周 辺 不 動 産 を 貸 付 けする 場 合 (2) 本 学 不 動 産 の 利 用 が 公 共 性, 公 益 性 に 反 せず, 一 時 的 又 は 限 定 的 なため, 業 務 運 営 上 支 障 が 生 じない 場 合 イ 公 共 的 な 講 演 会, 研 究 会 等 のため 貸 付 けする 場 合 ロ 交 通 事 情 の 見 地 から 警 察 署 等 の 要 請 があり, 駐 車 場 として 貸 付 けする 場 合 ハ グランド 等 を 地 方 公 共 団 体 等 の 主 催 する 野 球 大 会 等 に 貸 付 けする 場 合 ニ 地 域 振 興 の 見 地 から 地 方 公 共 団 体 の 要 請 があり, 映 画 ロケ 等 のため 貸 付 けする 場 合 ホ 公 共 事 業 の 受 注 者 に, 当 該 工 事 用 の 資 材 置 場 等 として 貸 付 けする 場 合 (3) 公 共 的 又 は 公 益 的 な 見 地 から 本 学 不 動 産 の 利 用 が 必 要 不 可 欠 な 場 合 イ 災 害 等 の 応 急 施 設 として 貸 付 けする 場 合 ロ 電 気, 水 道,ガスの 施 設 の 設 置 等 のため 貸 付 けする 場 合 ハ 信 号 機 の 設 置 等 のため 貸 付 けする 場 合 ( 僅 少 な 面 積 の 貸 付 ) (4) 本 学 不 動 産 の 利 用 が 公 共 性, 公 益 性 に 反 せず, 社 会 的 又 は 経 済 的 な 見 地 から 妥 当 な 場 合 イ 本 学 研 究 施 設 を 使 用 しなければ 試 験, 研 究, 試 作 等 が 困 難 な 場 合 において, 当 該 施 設 を 貸 付 けする 場 合 ロ 下 水 の 引 込 みの 設 置 等 のため 貸 付 けする 場 合 ( 隣 接 地 の 所 有 者 等 が 本 学 不 動 産 を 利 用 しなければ, 土 地 利 用 や 業 務 の 遂 行 等 が 困 難 な 場 合 ) ハ 大 学 における 技 術 に 関 する 研 究 成 果 の 民 間 事 業 者 への 移 転 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 52 号 )に 規 定 する 大 学 の 教 員 等 の 特 許 権 等 を 扱 う 技 術 移 転 機 関 ( 承 認 TLO) にその 事 業 の 用 に 供 するため 本 学 施 設 を 貸 付 ける 必 要 があると 認 められる 場 合 ニ 大 学 の 研 究 成 果 を 活 用 した 事 業 ( 創 業 準 備 を 含 む )を 行 う 中 小 企 業 又 は 個 人 ( 大 学 発 ベンチャー )にその 事 業 の 用 に 供 するため 本 学 施 設 を 使 用 させることが 必 要 と 認 められる 場 合 ホ 構 造 改 革 特 別 区 域 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 189 号 )の 規 定 に 基 づき, 本 学 の 研 究 施 設 を 使 用 して 試 験, 研 究, 試 作 その 他 産 学 官 連 携 を 推 進 する 活 動 を 行 おうとする 大 学 以 外

3 の 者 について, 地 方 公 共 団 体 が 産 学 官 連 携 を 促 進 する 必 要 があると 認 めて 内 閣 総 理 大 臣 による 構 造 改 革 特 別 区 域 計 画 の 認 定 を 申 請 し,その 認 定 を 受 けた 場 合 であって, 当 該 認 定 の 日 以 後 に, 当 該 構 造 改 革 特 別 区 域 内 に 存 在 することとなる 本 学 の 研 究 施 設 を 貸 付 けする 場 合 (5) 職 員, 来 学 者 や 本 学 の 利 用 者 等 の 利 便 に 資 する 場 合 イ 食 堂, 売 店, 理 髪 店, 現 金 自 動 預 払 機 等 のサービス 提 供 施 設 等 を 設 置 する 場 合 ( 職 員 のための 福 利 厚 生 施 設 や 来 学 者 等 のための 利 便 施 設 の 設 置 ) ( 貸 付 とみなさない 範 囲 ) 第 6 条 次 の 施 設 は, 本 学 の 業 務 遂 行 のため, 本 学 が 当 該 施 設 を 提 供 するものであるから, この 細 則 でいう 貸 付 けとはみなさないことができる イ 病 院 における 患 者 への 給 食, 基 準 寝 具 の 提 供 等 大 学 が 行 うべき 業 務 を 大 学 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 等 において,それらの 業 務 を 行 うため 必 要 な 厨 房 施 設, 寝 具 格 納 施 設 等 ( 契 約 書 等 に 当 該 施 設 を 提 供 する 事 が 明 記 されている 場 合 に 限 る ) ロ 病 院 経 営 の 委 託 のように 大 学 の 業 務 の 一 部 を 大 学 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 におい て,それらの 業 務 を 行 うため 必 要 な 施 設 (ただし, 大 学 の 施 設 を 使 用 させることが 契 約 書 等 に 明 記 されており,かつ, 当 該 業 務 以 外 に 大 学 の 施 設 を 使 用 しない 場 合 に 限 る ) ハ 清 掃, 警 備, 運 送 等 の 役 務 を 大 学 以 外 の 者 に 委 託 した 場 合 において,それらの 役 務 の 提 供 に 必 要 な 施 設 ( 契 約 書 等 に 施 設 を 提 供 することが 明 記 されている 場 合 に 限 る ) ニ その 他, 学 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 ( 時 価 よりも 低 い 対 価 で 貸 付 けることができる 範 囲 ) 第 7 条 規 則 第 28 条 第 3 項 第 3 号 の 規 定 に 定 めるその 他 特 別 の 理 由 があるときの 取 扱 いは, 次 のとおりとする (1) 学 術 団 体 ( 日 本 学 術 会 議 により 協 力 学 術 研 究 団 体 として 認 定 された 団 体 をいう ) の 開 催 する 学 会 等 で, 本 学 の 職 員 が 所 属 する 場 合 は5 割 を 免 除 することができる (2) その 他 本 学 及 び 地 域 のために 学 長 が 必 要 と 認 めた 場 合 は 学 長 が 定 めた 免 除 割 合 ( 無 償 貸 付 の 範 囲 ) 第 8 条 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 においては, 本 学 の 不 動 産 を 国, 独 立 行 政 法 人, 地 方 公 共 団 体,その 他 公 法 人 ( 以 下 国 等 という ) 又 は 本 学 の 業 務 を 委 託 若 しくは 共 同 で 行 う 者 に 貸 付 ける 場 合 には, 無 償 で 貸 付 けることができる (1) 本 学 の 業 務 を 遂 行 する 場 合 (2) 各 部 局 の 主 催 する 集 会 その 他 に 貸 付 ける 場 合 (3) 職 員 又 は 学 生 が 主 催 する 集 会 その 他 に 貸 付 ける 場 合 (4) 本 学 に 消 防 施 設, 郵 便 ポスト,その 他 公 共 のため 施 設 を 設 置 するために 不 動 産 を 貸 付 ける 場 合 (5) 本 学 の 不 動 産 を 貸 付 けることが, 公 共 的, 社 会 的, 経 済 的 見 地 から 妥 当 であると 認 める 場 合 で, 一 時 的 に 貸 付 ける 場 合 (6) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 富 山 大 学 支 部 の 事 業 で 組 合 員 の 福 利 厚 生 を 目 的 として 貸 付 け

4 る 場 合 (7) 教 育, 研 究 を 委 託 もしくは 共 同 で 行 う 場 合 に 不 動 産 を 貸 付 ける 場 合 で, 当 該 契 約 書 等 に 当 該 不 動 産 を 貸 付 けできることが 明 記 されている 場 合 (8) 第 5 条 (4)ハに 規 定 する 承 認 TLOに 貸 付 ける 場 合 (9) その 他, 学 長 が 必 要 であると 認 めた 場 合 2 次 に 掲 げる 場 合 においては, 本 学 の 不 動 産 を 地 方 公 共 団 体, 水 害 予 防 組 合, 土 地 改 良 区 ( 以 下 公 共 団 体 という )に 無 償 で 貸 付 けることができる (1) 次 に 掲 げる 小 規 模 な 施 設 ( 敷 地 面 積 が50 平 方 メートルを 超 えないものに 限 る )の 用 に 供 する 場 合 イ 信 号 機 ロ 道 路 標 識 ハ 掲 示 板 ニ 防 災 上 必 要 な 気 象, 地 象 及 び 水 象 の 観 測 施 設 並 びに 防 災 上 必 要 な 通 信 施 設 ホ 公 害 の 防 止 のために 必 要 な 監 視 及 び 測 定 施 設 ヘ 火 災 報 知 機, 消 火 栓 及 び 消 防 の 用 に 供 する 資 材 器 具 保 管 施 設 ト 街 燈,カーブミラー 及 び 横 断 歩 道 橋 の 橋 脚 チ 有 線 ラジオ 放 送 業 務 のための 電 柱 その 他 の 中 継 施 設 及 び 末 端 施 設 並 びに 有 線 放 送 電 話 業 務 のための 電 柱 その 他 の 中 継 施 設 リ 遺 跡, 名 勝 地 その 他 の 歴 史 的 文 化 的 価 値 があるものを 表 示 する 石 碑 類, 地 すべり 防 止 区 域 等 の 特 定 区 域 を 表 示 する 標 識 その 他 の 標 識 類, (2) 次 に 掲 げる 用 に 供 する 場 合 イ 公 共 団 体 において, 災 害 が 発 生 した 場 合 における 応 急 措 置 の 用 に 供 する 場 合 ロ 地 方 公 共 団 体 において, 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 73 号 )に 規 定 する 地 震 防 災 応 急 対 策 の 実 施 の 用 に 供 する 場 合 3 前 項 の 無 償 貸 付 は, 公 共 団 体 における 当 該 施 設 の 経 営 が 営 利 を 目 的 とし, 又 は 利 益 をあ げる 場 合 には,これを 行 うことができない 4 資 産 管 理 責 任 者 等 は, 第 1 項 の 規 定 により, 本 学 の 不 動 産 を 無 償 で 貸 付 けた 場 合 におい て, 公 共 団 体 の 当 該 財 産 の 管 理 が 良 好 でないと 認 めるとき 又 は 前 項 の 規 定 に 該 当 すること となったときは, 直 ちにその 貸 付 許 可 を 解 除 しなければならない ( 貸 付 けの 許 可 をする 場 合 の 留 意 事 項 ) 第 9 条 不 動 産 の 貸 付 を 許 可 するにあたっては, 必 要 最 小 限 度 にとどめ,かつ, 現 状 のまま 貸 付 けることとし, 将 来 本 学 の 必 要 に 応 じてその 貸 付 けを 終 了 させた 場 合 に, 容 易 に 原 状 回 復 ができる 状 態 におくことを 原 則 とする 2 建 物 の 所 有 を 目 的 とした 土 地 の 使 用 を 許 可 する 場 合 又 は 独 立 した 施 設 若 しくは 分 離 独 立 させることができる 施 設 の 全 部 又 は 大 部 分 の 使 用 を 許 可 する 場 合 においては,この 貸 付 の 取 扱 いに 当 たっては, 特 に 慎 重 を 期 することとする 3 無 償 又 は 減 額 により 貸 付 けの 許 可 をするに 当 たっては, 無 償 又 は 減 額 貸 付 の 根 拠 となる 法 律 の 趣 旨 に 照 らして, 無 償 又 は 減 額 貸 付 の 必 要 性 を 十 分 検 討 することとする

5 ( 貸 付 けの 申 請 等 ) 第 10 条 不 動 産 の 貸 付 許 可 を 受 けようとする 者 ( 以 下 相 手 方 という )は, 不 動 産 貸 付 申 請 書 ( 以 下 申 請 書 という )を 原 則 として 使 用 予 定 日 の1ケ 月 前 までに, 使 用 部 局 の 使 用 責 任 者 を 経 て 資 産 管 理 責 任 者 等 に 提 出 し,その 許 可 を 受 けなければならない 2 不 動 産 の 貸 付 許 可 申 請 が 長 期 ( 貸 付 期 間 がおおむね1ケ 月 以 上 をいう )にわたるもの については, 前 項 の 規 定 にかかわらず, 相 手 方 は, 申 請 書 を 原 則 として 使 用 予 定 日 の2ケ 月 前 までに, 使 用 部 局 の 使 用 責 任 者 を 経 て 資 産 管 理 責 任 者 に 提 出 し, 許 可 を 受 けなければ ならない ただし, 年 度 を 超 えて 継 続 して 長 期 に 使 用 し, 貸 付 許 可 申 請 書 の 内 容 に 全 く 変 更 がない 場 合 は, 申 請 書 の 提 出 を 省 略 することができるものとし, 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 貸 付 の 許 可 を 更 新 する 3 資 産 管 理 責 任 者 等 は, 不 動 産 の 貸 付 けを 許 可 したときは, 相 手 方 に 対 して 不 動 産 貸 付 許 可 書 を 交 付 するものとする 4 資 産 管 理 責 任 者 等 は, 不 動 産 の 貸 付 けを 許 可 するに 当 たっては, 必 要 な 条 件 を 付 すもの とし,この 条 件 を 不 動 産 貸 付 許 可 書 に 記 載 する ( 貸 付 手 続 きの 特 例 ) 第 11 条 部 局 における 次 の 各 号 に 掲 げる 不 動 産 の 貸 付 けについては, 第 10 条 の 規 定 にかかわ らず, 使 用 責 任 者 限 りで 許 可 できるものとする ただし, 学 生 会 館, 職 員 会 館, 黒 田 講 堂, 洗 心 苑 ( 非 常 勤 講 師 宿 泊 施 設 ) 及 び 高 岡 キャンパス( 旧 高 岡 短 期 大 学 が 所 在 する 地 区 をい う )の 体 育 施 設 の 貸 付 けについては, 別 に 定 めるところによるものとする (1) 部 局 の 主 催 する 集 会 その 他 に 使 用 する 場 合 (2) 職 員 又 は 学 生 が 主 催 する 集 会 その 他 に 使 用 する 場 合 ( 貸 付 けを 許 可 する 期 間 ) 第 12 条 貸 付 けを 許 可 する 期 間 は,1 年 以 内 とする ただし, 貸 付 けを 許 可 する 期 間 を1 年 以 内 とすることが 著 しく 実 情 にそぐわない 場 合 は, 第 2 項 又 は 他 の 法 律 の 定 める 期 間 内 に おいて,その 必 要 の 程 度 に 応 じて 定 めるものとする 2 土 地 及 び 土 地 の 定 着 物 を 貸 付 ける 場 合 の 貸 付 期 間 は,30 年 を 超 えることができないもの とする 3 前 項 の 貸 付 期 間 は,これを 更 新 することができる この 場 合 においては, 更 新 のときか ら 同 項 の 期 間 を 超 えることができない ( 貸 付 けの 許 可 の 更 新 の 取 扱 い) 第 13 条 貸 付 けの 許 可 は 必 要 に 応 じて 更 新 することができる ( 貸 付 料 ) 第 14 条 本 学 不 動 産 の 貸 付 けの 許 可 をする 場 合 の 貸 付 料 は, 別 添 の 貸 付 料 算 定 基 準 により 算 定 した 額 に 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 相 当 額 を 加 えた 額 とする 2 貸 付 料 は, 原 則 として, 貸 付 期 間 開 始 前 に 全 額 徴 収 するものとし, 支 払 方 法 を 明 らかに した 請 求 書 を 発 行 し, 指 定 された 期 日 までに 納 付 させなければならない

6 3 第 1 項 に 規 定 する 貸 付 料 について, 貸 付 期 間 開 始 前 に 全 額 徴 収 することが 困 難 であるが, 相 手 方 の 資 力 及 び 信 用 があり, 貸 付 期 間 中 に 貸 付 料 の 納 付 が 確 実 であると 認 められる 場 合 にあっては, 貸 付 期 間 中 に 全 額 徴 収 又 は 分 割 により 徴 収 することができる 4 第 8 条 第 1 項 本 文 に 規 定 する 国 等 が 貸 付 けの 相 手 方 である 場 合 の 貸 付 料 の 徴 収 にあた り,やむを 得 ない 理 由 があるときは, 理 由 書 を 徴 したうえで, 貸 付 期 間 終 了 後 に 貸 付 料 を 納 付 させることができる ( 光 熱 水 料 ) 第 15 条 資 産 管 理 責 任 者 等 は, 相 手 方 が 貸 付 物 件 内 で 使 用 した 電 力 料, 水 道,ガス 料 等 を 徴 収 しなければならない ( 火 災 保 険 付 保 ) 第 16 条 独 立 した 一 棟 の 建 物 の 全 部 又 はその 大 部 分 の 貸 付 けを 許 可 する 場 合 においては, 必 要 に 応 じて 相 手 方 に 本 学 を 受 取 人 とする 火 災 保 険 契 約 を 締 結 させるものとする ( 貸 付 けの 許 可 の 取 消 し 等 の 通 知 ) 第 17 条 建 物 等 の 貸 付 けの 許 可 を 取 り 消 し, 又 は 貸 付 けの 許 可 の 更 新 をしないときは, 貸 付 けの 許 可 を 取 り 消 し, 又 は 貸 付 けの 許 可 の 期 間 が 満 了 する3 月 以 前 に 相 手 方 に 通 知 するよ う 努 めなければならない ただし, 緊 急 を 要 する 場 合 その 他 特 別 の 事 情 がある 場 合 には, この 限 りでない ( 原 状 回 復 等 ) 第 18 条 建 物 等 の 貸 付 けが 終 了 したときは, 必 ず 指 定 した 期 日 までに 原 状 回 復 のうえ, 当 該 不 動 産 の 明 け 渡 しをさせなければならない ただし, 貸 付 許 可 条 件 で 別 の 定 めをした 場 合 においては,この 限 りでない ( 準 用 ) 第 19 条 会 計 規 程, 規 則 及 びこの 細 則 に 定 めにない 事 項 については, 文 部 科 学 省 の 訓 令 及 び 通 知 に 準 ずるものとする 附 則 この 細 則 は, 平 成 17 年 10 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 細 則 は, 平 成 20 年 7 月 22 日 から 施 行 する 附 則 この 細 則 は, 平 成 22 年 4 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 細 則 は, 平 成 22 年 7 月 1 日 から 施 行 する 附 則 この 細 則 は, 平 成 24 年 8 月 1 日 から 施 行 する

7 附 則 この 細 則 は, 平 成 25 年 2 月 1 日 から 施 行 し, 平 成 24 年 4 月 1 日 から 適 用 する 附 則 この 細 則 は, 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する

8 平 成 年 月 日 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 殿 団 体 名 住 所 フリガナ 氏 名 連 絡 先 不 動 産 貸 付 申 請 書 E 下 記 のとおり 不 動 産 を 使 用 したく, 関 係 資 料 を 添 付 して 申 請 します なお, 許 可 のうえは, 貴 学 の 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 並 びに 許 可 条 件 を 遵 守 します 記 1 使 用 しようとする 財 産 2 使 用 日 時 平 成 年 月 日 ( ) 時 から 時 まで 平 成 年 月 日 ( ) 時 から 時 まで 3 使 用 目 的 ( 内 容 は 具 体 的 に 記 入 すること) 4 使 用 予 定 人 員 5 その 他 参 考 となるべき 事 項 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 第 7 条 第 1 号 の 免 除 申 請 をします 1. 申 請 者 の 押 印 は 不 要 ですが, 氏 名 は 必 ず 自 署 してください 2. 法 人 等 が 申 請 する 場 合,ゴム 印 あるいは 記 名 で 差 し 支 えないものとしますが, 必 要 に 応 じて, 提 出 者 の 身 分 を 確 認 することがあります

9 平 成 年 月 日 団 体 名 代 表 者 氏 名 殿 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 資 産 管 理 責 任 者 等 印 不 動 産 貸 付 許 可 書 平 成 年 月 日 付 けをもって 申 請 のあった 不 動 産 の 貸 付 については, 下 記 のとお り 許 可 します 記 1 貸 付 を 許 可 する 不 動 産 の 所 在 及 び 名 称 2 貸 付 日 時 平 成 年 月 日 ( ) 時 から 平 成 年 月 日 ( ) 時 まで 3 貸 付 目 的 4 貸 付 金 額 金 円 (うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 相 当 額 円 ) 5 貸 付 条 件 イ 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 を 遵 守 すること ロ 貸 付 目 的 以 外 に 使 用 しないこと ハ 貸 付 にあたっては 火 気 の 取 扱 いに 注 意 すること ニ 貸 付 場 所 は 清 潔 整 頓 に 努 め, 後 始 末 は 厳 重 にすること ホ その 他 建 物 の 保 全 上 必 要 な 指 示 事 項 を 厳 守 すること ヘ 使 用 後 はその 都 度 当 該 部 局 の 課 ( 係 )へ 届 け 出, 勤 務 時 間 外 の 場 合 は 守 衛 所 等 へ 届 け 出 ること ト 駐 車 場 が 狭 いため 車 での 入 構 は 控 え,なるべく 公 共 の 交 通 機 関 を 利 用 すること

10 A 不 動 産 貸 付 許 可 書 E 使 用 者 住 所 氏 名 殿 許 可 者 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 資 産 管 理 責 任 者 印 平 成 年 月 日 付 けをもって 申 請 のあった 本 学 管 理 の 不 動 産 を 使 用 することについて は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 不 動 産 貸 付 事 務 取 扱 細 則 ( 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 ) 第 10 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき, 下 記 の 条 件 を 付 して 許 可 する なお,この 許 可 について 不 服 があるときは, この 許 可 があったことを 知 った 日 の 翌 日 から 起 算 して60 日 以 内 に 本 学 に 対 して 審 査 請 求 を することができる 記 ( 貸 付 許 可 物 件 ) 第 1 条 貸 付 を 許 可 する 物 件 は, 次 のとおりである 所 在 区 分 数 量 貸 付 部 分 別 図 のとおり ( 指 定 する 用 途 ) 第 2 条 貸 付 許 可 された 者 は, 下 記 の 物 件 を の 用 に 供 しなければならない ( 貸 付 許 可 期 間 ) 第 3 条 貸 付 を 許 可 する 期 間 は, 平 成 年 月 日 から 平 成 年 月 日 までとする ただし, 貸 付 許 可 の 更 新 を 受 けようとするときは, 貸 付 を 許 可 された 期 間 の 満 了 2 月 前 ま でに, 所 定 の 様 式 により 本 学 に 申 請 しなければならない ( 貸 付 料 金 及 び 延 滞 金 ) 第 4 条 貸 付 料, 円 とし, 収 入 支 出 責 任 者 の 発 する 請 求 書 により, 指 定 期 日 までに 納 入 しなければなれない 2 指 定 期 日 までに 貸 付 料 を 支 払 わないときは,その 翌 日 から 納 入 の 日 までの 日 数 に 応 じ, 年 5%の 割 合 で 計 算 した 金 額 を 延 滞 金 として 支 払 わなければならない ( 貸 付 料 の 改 定 )

11 第 5 条 資 産 管 理 責 任 者 は, 経 済 情 勢 の 変 動,その 他 の 事 情 の 変 更 に 基 づいて, 特 に 必 要 が あると 認 める 場 合 には, 貸 付 料 を 改 定 することができる ( 物 件 保 全 義 務 等 ) 第 6 条 貸 付 許 可 した 物 件 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 固 定 資 産 管 理 規 則 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 制 限 の 範 囲 内 で 使 用 させるものであり, 貸 付 許 可 された 者 は, 善 良 な 管 理 者 の 注 意 を もって 維 持 保 存 しなければならない 2 前 項 の 維 持 保 存 のため 通 常 必 要 とする 修 繕 費 その 他 の 経 費 は, 貸 付 を 許 可 された 者 の 負 担 とし,その 費 用 は 請 求 しないものとする ( 貸 付 上 の 制 限 ) 第 7 条 貸 付 を 許 可 された 者 は, 貸 付 を 許 可 された 期 間 中, 貸 付 を 許 可 された 物 件 を 第 2 条 に 指 定 する 用 途 以 外 に 供 してはならない 2 貸 付 を 許 可 された 者 は, 貸 付 を 許 可 された 物 件 を 他 の 者 に 転 貸 し, 又 は 担 保 に 供 しては ならない 3 貸 付 を 許 可 された 者 は, 貸 付 を 許 可 された 物 件 について 修 繕, 模 様 替 その 他 の 行 為 をし ようとするとき, 又 は 使 用 計 画 を 変 更 しようとするときは, 事 前 に 書 面 をもって 資 産 管 理 責 任 者 の 承 認 を 受 けなければならない ( 貸 付 許 可 の 取 消 又 は 変 更 ) 第 8 条 資 産 管 理 責 任 者 は, 次 の 各 号 の 一 に 該 当 するときは, 貸 付 許 可 の 取 消 又 は 変 更 する ことができる (1) 貸 付 を 許 可 された 者 が 許 可 条 件 に 違 背 したとき (2) 本 学 において 貸 付 を 許 可 した 物 件 を 必 要 とするとき ( 原 状 回 復 ) 第 9 条 資 産 管 理 責 任 者 が 貸 付 許 可 を 取 消 したとき, 又 は 貸 付 を 許 可 した 期 間 が 満 了 したと きは, 貸 付 を 許 可 された 者 は, 自 己 の 負 担 で, 資 産 管 理 責 任 者 の 指 定 する 期 日 までに, 貸 付 を 許 可 された 物 件 を 原 状 に 回 復 して 返 還 しなければならない ただし, 学 長 が 特 に 承 認 したときは,この 限 りではない 2 貸 付 を 許 可 された 者 が 原 状 回 復 の 義 務 を 履 行 しないときは, 資 産 管 理 責 任 者 は, 貸 付 を 許 可 された 者 の 負 担 においてこれを 行 うことができる この 場 合 貸 付 を 許 可 された 者 は, 学 長 に 異 議 を 申 し 立 てることができる ( 損 害 賠 償 ) 第 10 条 貸 付 を 許 可 された 者 は,その 責 に 帰 する 事 由 により, 貸 付 を 許 可 された 物 件 の 全 部 又 は 一 部 を 滅 失 又 はき 損 したときは, 当 該 滅 失 又 はき 損 による 貸 付 を 許 可 された 物 件 の 損 害 額 に 相 当 する 金 額 を 損 害 賠 償 として 支 払 わなければならない ただし, 前 条 の 規 定 によ り 貸 付 を 許 可 された 物 件 を 原 状 回 復 した 場 合 は,この 限 りではない 2 前 項 に 掲 げる 場 合 のほか, 貸 付 を 許 可 された 者 は, 本 許 可 書 に 定 める 義 務 を 履 行 しない

12 ため 損 害 を 与 えたときは,その 損 害 額 の 相 当 する 金 額 を 損 害 賠 償 額 として 支 払 わなければ ならない ( 有 益 費 等 の 請 求 権 の 破 棄 ) 第 11 条 貸 付 許 可 の 取 消 が 行 われた 場 合 においては, 貸 付 を 許 可 された 者 は, 貸 付 を 許 可 さ れた 物 件 に 投 じた 改 良 のための 有 益 費 その 他 の 費 用 が 現 存 している 場 合 があっても,その 費 用 等 の 償 還 の 請 求 はしないものとする ( 実 地 調 査 等 ) 第 12 条 学 長 は, 貸 付 を 許 可 した 物 件 について 随 時 に 実 地 調 査 し, 又 は 所 要 の 報 告 を 求 め, その 維 持 使 用 に 関 し 指 示 することができる ( 疑 義 の 決 定 ) 第 13 条 本 条 件 に 関 し, 疑 義 のあるときはその 他 貸 付 を 許 可 した 物 件 の 使 用 について 疑 義 を 生 じたときは, 学 長 の 決 定 するところによるものとする

13 A 貸 付 料 算 定 基 準 E 別 添 建 物 等 の 貸 付 を 許 可 する 場 合 の 貸 付 料 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 相 当 額 を 含 まないものと する 以 下 同 じ )の 年 額 は, 本 算 定 基 準 により 算 定 するものとする なお,この 基 準 は, 平 成 17 年 10 月 1 日 以 後, 貸 付 料 を 算 定 するものから 適 用 し, 同 日 前 の ものについては,なお 従 前 の 例 によるものとする 第 1 土 地 の 貸 付 料 1 期 待 利 回 りによる 算 定 以 下 の 算 定 により 算 定 する 算 定 式 貸 付 料 = 貸 付 許 可 財 産 の 相 続 税 評 価 額 A 期 待 利 回 りB 調 整 率 C A= 貸 付 期 間 の 年 度 当 初 に 調 査 した 相 続 税 評 価 額 なお, 相 続 税 評 価 額 とは, 土 地 の 現 況 地 目 に 応 じて 財 産 評 価 基 本 通 達 ( 昭 和 39 年 4 月 25 日 付 け 直 資 56 直 審 ( 資 )17 国 税 庁 通 達 )の 規 定 に 基 づく 路 線 価 方 式 又 は 倍 率 方 式 によって 算 定 された 平 方 メートル 当 たり の 価 格 に 当 該 貸 付 の 許 可 に 係 る 部 分 の 面 積 を 乗 じて 得 た 額 をいう( 以 下 同 じ) B= 貸 付 許 可 を 行 おうとする 財 産 の 近 隣 地 域 内 に 所 在 する, 相 手 方 の 利 用 目 的 と 類 似 する 用 途 に 供 さている 賃 貸 取 引 事 例 の 貸 付 料 又 は 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 を 当 該 事 例 等 の 相 続 税 評 価 額 で 除 したもの( 賃 貸 取 引 事 例 又 は 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 は2 事 例 ( 者 ) 以 上 採 用 し, 貸 付 始 期 の 直 近 のも のを 用 いる) の 平 均 値 ( 小 数 点 第 5 位 以 下 切 捨 て) なお, 極 めて 小 規 模 な 施 設 ( 自 動 販 売 機, 現 金 自 動 預 払 機, 電 話 ボッ クス 等 をいう )の 用 途 として 貸 付 けさせる 場 合 など, 費 用 対 効 果 の 観 点 などから, 賃 貸 取 引 事 例 及 び 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 により 難 い 場 合 に は, 近 隣 地 域 内 に 所 在 する 貸 付 許 可 先 例 ( 調 整 措 置 が 加 えられているも のについては 当 該 措 置 が 加 えられる 前 の 貸 付 料 )を 用 いて 期 待 利 回 りを 算 定 することができる C= 不 動 産 の 貸 付 許 可 は, 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けない 処 分 行 為 であり,そ の 特 殊 性 を 考 慮 し,0.7 を 乗 ずるものとする ただし, 採 用 した 賃 貸 取 引 事 例 等 が 本 件 特 殊 性 を 考 慮 したものである 場 合, 又 は 貸 付 許 可 先 例 により 算 定 したものである 場 合 は, 本 措 置 を 適 用 しないこととする

14 2 簡 易 手 法 による 算 定 極 めて 小 規 模 な 施 設 ( 自 動 販 売 機, 現 金 自 動 預 払 機, 電 話 ボックス 等 をいう )の 用 途 として 貸 付 させる 場 合 は, 費 用 対 効 果 の 観 点 などから, 類 似 施 設 の 賃 貸 取 引 事 例 の 平 方 メートル 当 たりの 貸 付 料 額 に 当 該 施 設 の 貸 付 の 許 可 に 係 る 部 分 の 面 積 を 乗 じ たものに, 上 記 1における 調 製 率 0.7を 乗 ずる 方 法 により, 貸 付 料 を 算 定 することが できる ただし, 採 用 した 賃 貸 取 引 事 例 が, 不 動 産 の 貸 付 許 可 の 特 殊 性 を 考 慮 したものであ る 場 合 は, 調 製 率 0.7は 乗 じないこととする 第 2 建 物 の 貸 付 料 貸 付 料 は, 以 下 の 算 式 により 算 定 する 計 算 式 貸 付 料 =( 平 方 メートル 当 たりの 貸 付 料 年 額 A 貸 付 許 可 面 積 B+ 土 地 にかかる 加 算 C) 調 整 率 D A= 当 該 貸 付 の 許 可 を 行 おうとする 財 産 の 近 隣 地 内 に 所 在 する 賃 貸 取 引 事 例 又 は 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 等 を 基 に 算 定 する ( 注 )1. 賃 貸 取 引 事 例 を 基 に 算 定 する 場 合,できる 限 り, 当 該 貸 付 の 許 可 と 利 用 用 途, 建 物 の 構 造, 品 位, 経 年, 貸 付 面 積, 階 層 等 の 類 似 する 事 例 を 選 定 するものとし,2 事 例 以 上 の 平 均 価 格 とする なお, 当 該 貸 付 許 可 財 産 と 賃 貸 取 引 事 例 として 採 用 した 財 産 と の 間 に 利 用 度 等 において 著 しい 開 差 がある 場 合 は, 不 動 産 鑑 定 士 から 修 正 について 意 見 を 求 め,それに 基 づいて, 賃 貸 取 引 事 例 に に 修 正 を 加 えることができる( 下 記 2において 同 じ) 2. 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 を 基 に 算 定 する 場 合 は, 当 該 貸 付 の 許 可 の 利 用 用 途, 建 物 の 構 造, 品 位, 経 年, 貸 付 面 積, 階 層 等 を 説 明 のうえ 意 見 価 格 を 求 めるものとし,2 者 以 上 の 平 均 価 格 とする 3. 不 動 産 鑑 定 士 の 鑑 定 評 価 額 を 基 に 算 定 する 場 合 は, 次 年 度 以 降 4 年 間 を 限 度 として, 当 該 鑑 定 評 価 額 に 係 る 変 動 率 を 徴 し,これ を 乗 ずることにより 算 定 することができる 4. 極 めて 小 規 模 な 施 設 ( 自 動 販 売 機, 現 金 自 動 預 払 機, 電 話 ボッ クス 等 をいう )の 用 途 として 貸 付 けさせる 場 合 など, 費 用 対 効 果 の 観 点 などから, 賃 貸 取 引 事 例 及 び 民 間 精 通 者 の 意 見 価 格 等 に より 難 い 場 合 には, 近 隣 地 域 内 に 所 在 する 貸 付 許 可 先 例 ( 調 整 措 置 が 加 えられているものについては 当 該 措 置 が 加 えられる 前 の 貸 付 貸 付 例 )により 算 定 することができる B= 建 物 の 一 部 貸 付 を 許 可 する 場 合 において, 相 手 方 の 従 業 員, 来 客 等 が 占 用 部 分 のほか 共 用 部 分 についても 専 ら 貸 付 けするときは, 当 該 共 用 部 分 も 含 めた 面 積 とする C= 貸 付 許 可 面 積 が 当 該 建 物 延 べ 面 積 の5 割 以 上 の 場 合 の 土 地 に 係 る 貸 付 料

15 の 加 算 額 当 該 建 物 の 建 て 面 積 を 当 該 建 物 の 所 在 する 土 地 に 係 る 法 定 建 ぺい 率 で 除 当 該 建 物 の 敷 地 の 土 地 貸 付 料 - した 面 積 に 相 当 す る 土 地 の 貸 付 料 当 該 建 物 のうち 貸 付 許 可 面 積 当 該 建 物 の 延 べ 面 積 ( 注 ) 1. 土 地 の 貸 付 料 は, 第 1の 貸 付 料 によって 算 定 したものとする 2. 民 有 地 上 にある 建 物 の 貸 付 料 は, 上 記 算 式 中 貸 付 料 を 地 代 相 当 額 に 読 替 えて 適 用 する D= 不 動 産 の 貸 付 許 可 は, 借 地 借 家 法 の 適 用 を 受 けない 処 分 行 為 であり,その 特 殊 性 を 考 慮 し,0.7を 乗 ずるものとする ただし, 採 用 した 賃 貸 取 引 事 例 等 が, 本 件 特 殊 性 を 考 慮 されたもので ある 場 合, 又 は 貸 付 許 可 先 例 により 算 定 したものである 場 合 は, 本 措 置 を 適 用 しないものであることとする 第 3 一 時 的 貸 付 料 貸 付 期 間 が 一 時 的 な 場 合 ( 第 5 条 第 2 号 に 該 当 する 場 合 等 )の 貸 付 料 の 算 定 は, 次 による ものとする 1 土 地 の 貸 付 料 別 に 定 める 料 金 表 によるものとする 2 建 物 の 貸 付 料 別 に 定 める 料 金 表 によるものとする 第 4 土 地 又 は 建 物 以 外 のものの 貸 付 料 実 情 に 応 じて 貸 付 料 を 定 めるものとする 第 5 固 定 資 産 税 が 課 されない 場 合 の 貸 付 料 の 取 扱 い 当 該 貸 付 の 許 可 の 対 象 となっている 不 動 産 について 固 定 資 産 税 が 課 されない 場 合 に は, 上 記 第 1, 第 2 及 び 第 4の 規 定 により 算 定 した 貸 付 料 の 額 (ただし, 第 1 及 び 第 2 の 場 合 にあっては, 調 整 率 を 乗 じる 前 の 額 )から, 当 該 貸 付 許 可 に 係 る 固 定 資 産 税 相 当 額 を 控 除 した 額 をもって 貸 付 料 の 年 額 とするものとする ただし, 上 記 第 1, 第 2 及 び 第 4の 規 定 により 算 定 した 貸 付 料 が, 既 に 固 定 資 産 税 が 課 されないものとして 算 定 されている 場 合 は, 本 措 置 は 適 用 しないこととする

16 第 6 前 年 次 貸 付 料 の 調 整 1 貸 付 の 許 可 を 更 新 するに 際 し, 貸 付 料 が 前 年 次 貸 付 料 を 超 える 場 合 第 1から 第 5( 第 3を 除 く )に 定 めるところにより 算 定 した 額 が, 前 年 次 貸 付 料 ( 前 年 次 の 期 間 が1 年 に 満 たない 場 合 は, 年 額 に 換 算 した 額 とする 以 下 同 じ )の 1.2 倍 を 超 える 場 合 は, 前 年 次 貸 付 料 の1.2 倍 の 額 をもって 当 該 年 次 の 貸 付 料 とする 2 貸 付 の 許 可 を 更 新 するに 際 し, 貸 付 料 が 前 年 次 貸 付 料 に 満 たない 場 合 第 1から 第 5( 第 3を 除 く )に 定 めるところにより 算 定 した 額 が, 前 年 次 貸 付 料 の8 割 に 満 たない 場 合 は, 前 年 次 貸 付 料 の8 割 の 額 をもって 当 該 年 次 の 貸 付 料 とする

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし

は 固 定 流 動 及 び 繰 延 に 区 分 することとし 減 価 償 却 を 行 うべき 固 定 の 取 得 又 は 改 良 に 充 てるための 補 助 金 等 の 交 付 を 受 けた 場 合 にお いては その 交 付 を 受 けた 金 額 に 相 当 する 額 を 長 期 前 受 金 とし 3 会 計 基 準 の 見 直 しの 主 な 内 容 (1) 借 入 金 借 入 金 制 度 を 廃 止 し 建 設 又 は 改 良 に 要 する 資 金 に 充 てるための 企 業 債 及 び 一 般 会 計 又 は 他 の 特 別 会 計 からの 長 期 借 入 金 は に 計 上 することとなりまし た に 計 上 するに 当 たり 建 設 又 は 改 良 等 に 充 てられた 企 業 債 及

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

駐 車 場 管 理 規 程

駐 車 場 管 理 規 程 駐 車 場 管 理 規 程 ( 昭 和 44 年 11 月 17 日 航 公 協 第 112 号 ) 改 正 昭 和 52 年 3 月 25 日 航 公 協 第 25 号 改 正 昭 和 58 年 7 月 21 日 航 公 協 第 400 号 改 正 平 成 3 年 11 月 11 日 航 公 協 第 907 号 改 正 平 成 5 年 3 月 17 日 航 公 協 第 279 号 改 正 平 成

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た

目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た 市 民 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 目 次 市 民 税 の 減 免 に つ い て 1 減 免 の 一 般 的 な 留 意 事 項 2 減 免 の 範 囲 お よ び 減 免 割 合 3 1 生 活 保 護 法 の 規 定 に よ る 保 護 を 受 け る 者 3 2 当 該 年 に お い て 所 得 が 皆 無 と な っ た た め, 生 活 が 著 し く 困 難

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906C8E968B4B92F6817932373034303189FC90B3835A83628367817A8D958E9A2E646F6378> 規 程 第 16 号 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 4 月 1 日 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 理 事 長 坂 本 雄 三 国 立 研 究 開 発 法 人 建 築 研 究 所 人 事 規 程 第 1 章 総 則 ( 総 則 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 建

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総

郵 便 局 において 提 供 される 金 融 2 社 の 金 融 サービス 参 考 1 銀 行 サービス 2 保 険 サービス (*)は 銀 行 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) (*)は 保 険 窓 口 業 務 ( 総 務 省 告 示 で 規 定 ) ( 太 枠 内 を 総 郵 便 局 において 提 供 されるユニバーサルサービスについて 日 本 郵 政 株 式 会 社 及 び 日 本 郵 便 株 式 会 社 は その 業 務 の 運 営 に 当 たっては 郵 便 の 役 務 簡 易 な 貯 蓄 送 金 及 び 債 権 債 務 の 決 済 の 役 務 並 びに 簡 易 に 利 用 できる 生 命 保 険 の 役 務 を 利 用 者 本 位 の 簡 便 な 方 法 により

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸

(15) 兵 庫 県 道 高 速 湾 岸 線 (16) 神 戸 市 道 高 速 道 路 2 号 線 (17) 兵 庫 県 道 高 速 北 神 戸 線 (18) 神 戸 市 道 高 速 道 路 北 神 戸 線 (19) 神 戸 市 道 高 速 道 路 湾 岸 線 のうち 上 り 線 については 神 戸 大 阪 府 道 高 速 大 阪 池 田 線 等 に 関 する 協 定 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 機 構 という )と 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 ( 以 下 会 社 という )は 高 速 道 路 株 式 会 社 法 ( 平 成 16 年 法 律 第 99 号 以 下 道 路 会 社 法 という ) 第 6 条 第 1 項

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について

理化学研究所の役職員への兼業(兼職)依頼について 理 化 学 研 究 所 の 役 職 員 への 兼 業 ( 兼 職 ) 依 頼 について 役 職 員 が 兼 業 を 行 なう 場 合 事 前 に 弊 所 の 承 認 が 必 要 です 役 職 員 へ 兼 業 を 依 頼 さ れる 場 合 は 下 記 を 御 一 読 戴 き 役 職 員 本 人 宛 に 御 依 頼 くださいますようお 願 い 致 し ます 1. 兼 業 依 頼 から 承 認 までの 流

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73>

<9056976C8EAE81698B4C93FC8FE382CC97AF88D38E968D80814595CA8E86816A2E786C73> 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 需 給 調 整 事 業 課 労 働 者 派 遣 事 業 書 記 入 のポイント 実 際 の 記 入 にあたっては 様 式 第 11 号 ( 第 3 面 )の 記 載 要 領 をご 覧 の 上 正 確 に 記 入 して 下 さい 一 般 派 遣 元 事 業 主 及 び 特 定 派 遣 元 事 業 主 は 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 ごとに

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208169959F93878CA797708F4390B3816A819A95CA8B4C976C8EAE91E682538B4C8DDA97E12E646F6378> ( 別 様 式 第 4の1-1/3-) 復 興 産 業 集 積 区 域 における 研 究 開 発 税 制 の 特 例 等 ( 法 第 39 条 ) 指 定 を 行 った 認 定 地 方 公 共 法 人 の 場 合 事 業 年 度 又 は 連 結 事 業 年 度 終 了 後 団 体 の 長 の 氏 名 を 載 してく 1か 月 以 内 に 提 出 し ださい 個 人 の 場 合 事 業 年 度 ( 暦

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱

南伊豆町空き家バンクリフォーム等補助金交付要綱 南 伊 豆 町 空 き 家 バンクリフォーム 等 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 27 年 4 月 16 日 要 綱 第 15 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 南 伊 豆 町 空 き 家 バンク 設 置 要 綱 ( 平 成 23 年 要 綱 第 14 号 ) に 定 める 空 き 家 の 有 効 活 用 をとおして 町 内 への 移 住 及 び 定 住 の 促 進 による

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2083828366838B8E968BC695E58F5781698CA79770816A2E646F63> 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 ( 新 しい 公 共 の 場 づくりのためのモデル 事 業 ( 県 対 象 )) の 平 成 23 年 度 募 集 について 第 1 目 的 本 事 業 は 愛 知 県 が 定 める 愛 知 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 基 金 委 託 事 業 実 施 要 領 ( 平 成 23 年 6 月 以 下 実 施 要 領 という ) に 基

More information

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始

- 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門 的 知 識 締 結 契 約 満 歳 締 結 契 約 契 約 係 始 部 案 参 照 文 目 1 1 持 可 能 療 険 制 構 築 国 民 険 部 9 部 11 1 5 特 別 15 6 17 7 運 確 18 8 0 9 独 立 10 - 1 - 総 控 負 傷 疾 病 療 養 産 産 女 性 責 帰 べ 由 試 ~ 8 契 約 契 約 完 了 ほ 契 約 超 締 結 専 門 的 知 識 技 術 験 専 門 的 知 識 高 大 臣 専 門 的 知 識 高 専 門

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information