< F2D CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<5461726F2D4832328CA48F4395F18D908F9190D490CE2E6A7464>"

Transcription

1 平 成 22 年 度 長 期 社 会 体 験 研 修 報 告 書 研 修 先 : 東 京 電 力 株 式 会 社 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンター 長 期 社 会 体 験 研 修 員 赤 石 和 男 Ⅰ 東 京 電 力 群 馬 支 店 群 馬 カスタマーセンターにおける 研 修 について 1 研 修 内 容 (1) 研 修 先 の 概 要 東 京 電 力 は 2020ビジョンの 経 営 理 念 に エネルギーの 最 適 サービスを 通 じてゆたかで 快 適 な 環 境 の 実 現 に 貢 献 を 掲 げている また 社 会 の 信 頼 を 大 切 にする 未 来 を 切 り 拓 く 人 と 技 術 が 活 きる の 三 つを 経 営 指 針 とし お 客 さまをはじめとしたみなさまの 満 足 を 高 めていきたい ことを 日 々の 目 標 としている 東 京 電 力 は 関 東 地 方 の 地 域 電 力 会 社 であり 民 間 の 電 力 会 社 とし ては 発 電 量 発 電 施 設 数 とも 世 界 最 大 級 であり 関 東 地 方 と 山 梨 県 静 岡 県 の 富 士 川 より 東 側 の 地 域 に 電 力 を 供 給 している 群 馬 県 内 には 群 馬 支 店 ( 図 1 ) 群 馬 カスタマーセンター( 図 2 ) 前 橋 高 崎 太 田 渋 川 の4 支 社 を 置 いている その 他 に 営 業 センター 水 力 発 電 施 設 送 電 施 設 変 電 施 設 が 数 多 くある 群 馬 カスタマーセンターは 群 馬 県 内 をサービスエリアとして お 客 さまか らの 電 気 に 関 する 問 い 合 わせ 引 っ 越 し 契 約 変 更 などの 申 し 込 みを 受 けている 部 署 である 多 様 化 高 度 化 する 消 費 者 ニーズに 対 応 し 高 品 質 なサービスを 提 供 することで お 客 さまの 満 足 を 向 上 させている 図 1 東 京 電 力 群 馬 支 店 図 2 群 馬 カスタマーセンター (2) 主 な 研 修 内 容 1 新 入 社 員 導 入 研 修 4 月 1 日 ~4 月 16 日 ( 研 修 場 所 : 群 馬 支 店 所 属 : 総 務 部 労 務 人 事 グループ) ア 研 修 の 目 的 東 京 電 力 の 組 織 を 理 解 し 会 社 の 業 務 を 担 うために 必 要 な 基 本 的 な 知 識 や 技 術 を 習 得 する イ 概 要 会 社 概 要 会 社 生 活 情 報 管 理 についての 講 義 パソコン 操 作 研 修 IH 調 理 体 験 (Switch Station 高 崎 ) ビジネスマナー 研 修 施 設 見 学 研 修 ( 変 電 所 送 電 線 施 設 発 電 所 ) 2 新 入 社 員 営 業 基 礎 研 修 4 月 19 日 ~5 月 21 日 ( 研 修 場 所 : 群 馬 支 店 所 属 : 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ) ア 研 修 の 目 的 営 業 部 門 の 組 織 を 理 解 し 各 部 門 業 務 に 必 要 な 基 本 的 な 知 識 や 技 術 を 習 得 する イ 概 要 開 講 式 営 業 部 門 料 金 部 門 受 付 部 門 電 気 設 備 部 門 の 概 要 についての 講 義 自 家 用 法 人 契 約 の 概 要 についての 講 義 コミュニケーションスキル 習 得 のための 講 義 カスタマーセンター 業 務 の 概 要 についての 講 義 電 気 基 礎 知 識 の 習 得 ための 講 義 3 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ 品 質 管 理 チーム 業 務 5 月 24 日 ~2 月 28 日 ( 研 修 場 所 : 群 馬 カスタマーセンター 所 属 : 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ) - 1 -

2 ア 研 修 の 目 的 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ 品 質 管 理 チームの 一 員 として お 客 さまの 意 見 や 要 望 ( 以 下 お 客 さまの 声 とする)を 活 用 し 業 務 の 改 善 や 新 たなサービスの 提 供 につなげる 仕 組 み 取 組 を 理 解 する イ 概 要 お 客 さまの 声 の 編 集 業 務 群 馬 支 店 内 共 通 イントラ 掲 載 業 務 お 客 さまの 声 の 編 集 業 務 は 社 内 の お 客 さまの 声 登 録 システムに 登 録 された 意 見 や 要 望 の 内 容 確 認 分 類 をして 再 度 登 録 システムに 登 録 する 業 務 である この 登 録 システムから お 客 さまの 声 の 一 覧 表 を 作 成 して 日 報 として 群 馬 支 店 内 共 通 イントラに 掲 載 し 各 部 署 が 活 用 でき るようにしている 会 議 週 次 ミーティング 品 質 改 善 倶 楽 部 ( 月 例 ) 品 質 向 上 部 会 ( 月 例 ) 品 質 向 上 委 員 会 ( 月 例 ) への 参 加 を 通 して 各 会 議 の 目 的 役 割 運 営 方 法 を 理 解 する 4 支 社 業 務 体 験 研 修 社 内 施 設 見 学 ( 所 属 : 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ) ア 目 的 支 社 業 務 体 験 研 修 をや 社 内 施 設 見 学 を 通 して 電 力 会 社 の 多 岐 にわたる 業 務 を 理 解 し 群 馬 カス タマーセンターに 寄 せられる お 客 さまの 声 を 活 用 する 業 務 に 役 立 てる イ 概 要 5 月 25 日 ( 午 前 ) 販 売 営 業 施 設 体 験 研 修 (Switch Station 高 崎 図 3) 7 月 30 日 エネルギーソリューション 蓄 熱 フェア 見 学 ( 東 京 ビッグサイト) 8 月 14 日 ( 午 前 ) 群 馬 給 電 所 見 学 ( 群 馬 支 店 ) 9 月 28 日 支 社 料 金 グループ 業 務 研 修 ( 前 橋 支 社 ) 10 月 14 日 ( 午 後 ) 渋 川 支 社 施 設 見 学 ( 佐 久 発 電 所 図 4 渋 川 制 御 所 新 榛 名 変 電 所 ) 10 月 20 日 支 社 技 術 サービスグループ 業 務 研 修 ( 前 橋 支 社 ) 10 月 ( 半 日 ) お 客 さまの 声 担 当 者 との 意 見 交 換 会 ( 太 田 支 社 渋 川 支 社 前 橋 支 社 ) 10 月 28 日 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 見 学 ( 新 潟 県 柏 崎 市 刈 羽 村 ) 11 月 15 日 富 津 火 力 発 電 所 見 学 ( 千 葉 県 富 津 市 ) 10 月 11 月 支 店 内 エクセル ワード 応 用 研 修 会 ( 群 馬 支 店 ) 2 月 22 日 支 社 品 質 向 上 委 員 会 陪 席 ( 太 田 支 社 ) 2 月 24 日 ( 午 後 ) 全 社 技 能 技 術 大 会 系 統 運 用 部 門 見 学 ( 東 京 支 店 内 技 能 訓 練 センター) 図 3 SwitchStation 高 崎 図 4 佐 久 発 電 所 2 研 修 成 果 (1) 新 入 社 員 導 入 研 修 を 通 して 各 部 門 の 方 々より 講 義 をしていただき 電 力 会 社 の 業 務 は 多 岐 にわたることが 分 かった 挨 拶 - 2 -

3 言 葉 遣 いを 始 めとした 社 会 人 として 必 要 な 礼 儀 マナーを 身 に 付 けることが 社 会 人 としての 第 一 歩 で あることを 再 認 識 した 学 校 現 場 でも 生 徒 に 対 して 挨 拶 言 葉 遣 いの 大 切 さをしっかり 伝 えてい く 必 要 があることを 感 じた また 各 講 義 の 最 後 には 修 得 度 確 認 のテストもあり 基 本 的 知 識 を 身 に 付 けることができ カスタマーセンターの 業 務 で 活 用 することができた カスタマーセンターに は 東 京 電 力 の 事 業 や 業 務 に 対 する 様 々な 意 見 や 要 望 等 が 寄 せられている 社 内 で 使 われている 専 門 的 な 用 語 も 多 くあり どのような 業 務 の 事 柄 なのかを 理 解 するために 用 語 を 覚 えることも 必 要 であ った また 自 己 管 理 ( 時 間 管 理 健 康 管 理 ) の 徹 底 安 全 を 第 一 に 考 え 業 務 に 当 たること 報 告 連 絡 相 談 を 心 掛 けるなどは 社 会 人 として 基 本 的 な 事 柄 であり 学 校 現 場 でも 実 践 していきたいと 感 じた (2) 新 入 社 員 営 業 基 礎 研 修 を 通 して 料 金 部 門 受 付 部 門 電 気 設 備 部 門 契 約 部 門 など 各 部 門 の 業 務 は 業 務 基 本 マニュアルに 基 づ いて 行 われており 業 務 基 本 マニュアルを 熟 知 して 業 務 に 当 たる 必 要 性 を 感 じた 学 校 現 場 では 危 機 管 理 マニュアル いじめ 対 策 マニュアル など 各 種 マニュアルの 活 用 においてはそれらをし っかり 理 解 し 周 知 徹 底 を 図 っていくことの 大 切 さを 感 じた また 講 義 を 通 して 営 業 部 門 業 務 に 必 要 なコミュニケーションスキルを 習 得 した 自 己 紹 介 やグループでのディスカッションや 討 議 課 題 解 決 などを 通 して 人 間 関 係 づくりも 学 ぶことができた さらに 営 業 部 門 に 必 要 な 訪 問 業 務 や 電 話 応 対 名 刺 交 換 などをロールプレイ 交 えて 行 った 自 己 紹 介 やグループディスカッションを 通 しての 人 間 関 係 づくりは 学 校 現 場 でも 活 用 できる 内 容 であり 学 級 経 営 で 活 用 したいと 感 じた (3) 群 馬 カスタマーセンター 総 括 グループ 品 質 管 理 チームの 業 務 を 通 して カスタマーセンター 品 質 管 理 チームは お 客 さまの 声 を 分 析 把 握 し 品 質 向 上 シート を 活 用 して 業 務 改 善 に 結 び 付 けている 品 質 向 上 シート は お 客 さまの 声 を 基 に 業 務 を 担 当 している 部 署 が 発 行 するものである 部 署 ごとに 改 善 策 や 新 たなサービスの 提 供 や 品 質 向 上 を 検 討 し 提 案 する 品 質 向 上 シート はデータベース 上 に 蓄 積 管 理 されており 進 捗 状 況 なども 確 認 することができ 内 容 検 討 にも 活 用 されている また 品 質 向 上 シート を 基 にした 多 くの 段 階 的 な 会 議 が 開 かれ 内 容 が 精 選 され より 消 費 者 の 要 望 に 近 いサービスへとつながっている また 1 日 分 の お 客 さまの 声 を 日 報 として さらに1ヶ 月 分 を 月 報 として 社 内 イントラに 掲 載 し 関 係 部 署 で 活 用 できるように 情 報 提 供 を 行 っている 東 京 電 力 における お 客 さまの 声 を 品 質 向 上 シート を 活 用 して 業 務 改 善 に 結 び 付 けてい く 仕 組 みは 学 校 現 場 にも 生 かすことができるのではないかと 考 えた 学 校 現 場 においては 生 徒 保 護 者 アンケートを 用 いて 意 見 要 望 を 把 握 して 改 善 に 結 び 付 けている カスタマーセンター 品 質 管 理 チームで 行 っている 業 務 改 善 に 結 び 付 ける 方 法 を 生 かして 生 徒 保 護 者 アンケートの 内 容 を 検 討 する 委 員 会 を 組 織 したり 生 徒 保 護 者 アンケートをまとめる 活 用 シート を 作 成 し 生 徒 保 護 者 の 意 見 要 望 を 学 校 経 営 に 生 かしていきたいと 考 えた (4) 支 社 業 務 体 験 研 修 社 内 施 設 ( 発 電 所 ) 見 学 を 通 して 1 前 橋 支 社 業 務 体 験 研 修 ( 料 金 グループ 業 務 技 術 サービスグループ 業 務 ) 料 金 グループ 業 務 の 帯 同 研 修 を 受 けた 検 針 場 所 での 指 先 確 認 数 回 にわたる 検 針 値 の 確 認 など すべてのお 客 さまに 対 して 丁 寧 で 親 切 な 接 遇 を 心 掛 けていた 料 金 グループ 業 務 はお 客 さまと 直 接 接 しており 接 遇 態 度 に 関 しては 特 に 気 を 遣 っている 様 子 が 伺 えた また 技 術 サービスグループ 業 務 の 帯 同 研 修 も 受 けた 実 際 にお 客 さまを 訪 問 しての 作 業 を 見 さ せていただいたが お 客 さまに 安 心 していただけるよう 一 つ 一 つの 作 業 に 気 を 遣 い 丁 寧 に 説 明 し できるだけ 短 時 間 で 作 業 が 終 了 できるように 心 掛 けていた 料 金 グループ 業 務 技 術 サービス 業 務 ともお 客 さまとの 信 頼 関 係 を 第 一 に 業 務 を 行 っていた 学 校 現 場 においても 生 徒 や 保 護 者 との 信 頼 関 係 は 大 切 なことである 生 徒 に 対 する 的 確 な 指 導 や 保 護 者 への 支 援 は 信 頼 関 係 を 築 く 上 でとても 大 切 なことである 信 頼 関 係 を 築 いていくことは 企 業 や 学 校 現 場 でも 大 切 なことであると 感 じた - 3 -

4 2 発 電 所 見 学 ( 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 富 津 火 力 発 電 所 ) 東 京 電 力 は 安 心 信 頼 していただける 原 子 力 発 電 所 を 目 指 している 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 は 新 潟 県 中 越 沖 地 震 で 大 きな 被 害 を 受 けたため 災 害 に 強 い 発 電 所 づくりに 努 めていた 原 子 力 発 電 は 環 境 面 で 優 れており 低 炭 素 社 会 の 実 現 に 向 けた 発 電 システムである エネルギー 資 源 の 有 効 活 用 につながる 原 子 燃 料 サイクル の 確 立 を 目 指 していた また 規 模 の 大 きさ 最 新 最 高 の 熱 効 率 を 誇 る 火 力 発 電 所 である 富 津 火 力 発 電 所 を 見 学 することができた そこでは 燃 料 の 変 換 を 行 い ガスタービンへ 気 化 ガスの 取 り 入 れを 行 い 発 電 している 中 学 校 技 術 科 の 学 習 内 容 エネルギーの 変 換 と 利 用 の 中 で 原 子 力 発 電 や 火 力 発 電 は 発 電 方 法 の 一 つとして 取 り 扱 われている 発 電 所 の 仕 組 み 発 電 効 率 環 境 との 関 わりなどを 指 導 する 時 には 発 電 所 でいただいた 資 料 や 発 電 所 内 で 撮 影 した 写 真 などを 活 用 し 授 業 に 役 立 てていきたいと 感 じ た 原 子 力 発 電 所 と 火 力 発 電 所 のそれぞれの 特 徴 を 生 徒 に 伝 えていきたい 図 5 6は 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 の 写 真 である 図 5 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 見 学 館 図 6 柏 崎 刈 羽 原 子 力 発 電 所 内 部 Ⅱ 学 校 教 育 での 活 用 について 以 下 は 研 修 先 における 研 修 成 果 の 中 から 一 つ 取 り 上 げ 学 校 教 育 での 活 用 について 具 体 的 に 記 述 し たものである 1 主 題 ( 副 題 ) 中 学 校 の 学 校 組 織 を 活 性 化 するための 学 校 評 価 の 在 り 方 - 企 業 における 消 費 者 の 声 を 活 用 する 研 修 を 通 して- 2 主 題 設 定 の 理 由 群 馬 県 教 育 振 興 基 本 計 画 ( 平 成 21 年 3 月 策 定 )の 具 体 的 な 取 組 41では 学 校 評 価 と 学 校 評 議 員 制 度 の 推 進 を 取 り 上 げている また 平 成 20 年 度 版 群 馬 県 学 校 評 価 システム ( 平 成 20 年 3 月 策 定 ) においては 自 己 評 価 ( 教 職 員 生 徒 保 護 者 対 象 の 評 価 )と 学 校 関 係 者 評 価 ( 学 校 評 議 員 等 からの 評 価 )を 区 別 して 導 入 し 相 互 の 結 果 を 活 用 していく 必 要 があると 明 記 している 前 橋 市 の 中 学 校 で は 学 校 評 価 に 係 る 生 徒 保 護 者 アンケートについて 前 橋 市 教 育 委 員 会 が 示 した 保 護 者 との 連 携 ( 保 護 者 のみ ) 確 かな 学 力 豊 かな 心 健 康 づくり 安 全 確 保 将 来 の 姿 の 項 目 で 実 施 し ており 各 学 校 の 実 態 に 即 して 学 校 独 自 の 項 目 を 追 加 して 実 施 してもよいことになっている 置 籍 校 では 前 橋 市 教 育 委 員 会 が 示 した 項 目 のみでアンケートを 実 施 しているが 数 値 化 された 結 果 を 分 析 するに 留 まり 生 徒 保 護 者 の 声 を 十 分 に 生 かしていないなどの 課 題 もある そこで 生 徒 保 護 者 の 声 を 生 かすために 前 橋 市 教 育 委 員 会 が 示 した 項 目 に 学 校 独 自 のアンケート 項 目 を 追 加 することを 考 えた 生 徒 保 護 者 アンケートに 自 由 記 述 欄 を 追 加 し その 記 述 内 容 を 学 校 全 体 で 考 え 共 有 化 す ることにより 学 校 組 織 の 活 性 化 につながるものと 考 える 東 京 電 力 ではお 客 さまに 満 足 していただ くサービスを 提 供 し お 客 さまとの 信 頼 関 係 を 築 くために 消 費 者 の 声 を 活 用 する 業 務 の 仕 組 みを 構 築 している この 東 京 電 力 の 業 務 の 仕 組 みを 学 校 評 価 の 中 で 生 かすことができれば 学 校 組 織 の 活 性 - 4 -

5 化 につながると 考 え 本 主 題 を 設 定 した 3 活 用 のねらい 中 学 校 の 学 校 組 織 を 活 性 化 するために 企 業 における 消 費 者 の 声 を 活 用 する 業 務 の 仕 組 みを 生 かし た 学 校 評 価 の 在 り 方 を 提 言 する 4 活 用 の 内 容 (1) 基 本 的 な 考 え 方 1 中 学 校 学 校 組 織 の 活 性 化 校 内 の 各 委 員 会 部 会 が 有 機 的 につながり 委 員 会 部 会 として 機 能 し 役 割 を 果 たすことが 学 校 組 織 の 活 性 化 であると 考 える また 学 校 組 織 の 中 に 学 校 評 価 を 取 り 扱 う 委 員 会 を 編 成 すること により 生 徒 保 護 者 のアンケートを 有 効 に 活 用 することができる さらに 生 徒 保 護 者 のアン ケートへの 記 述 内 容 を 整 理 分 類 し 関 係 する 委 員 会 部 会 での 改 善 策 等 を 検 討 するとともに 職 員 会 議 等 を 通 して 学 校 全 体 で 考 え 学 校 全 体 での 取 組 へと 発 展 させていくことにより 学 校 評 価 に 対 する 職 員 の 意 識 が 高 まり 学 校 組 織 が 活 性 化 するものと 考 える 2 東 京 電 力 における 消 費 者 の 声 ( お 客 さまの 声 )を 活 用 する 業 務 の 仕 組 み 東 京 電 力 では お 客 さまの 声 を 群 馬 カスタマーセンターで 集 約 し それを 各 事 業 所 や 関 係 部 署 に 伝 え サービスや 業 務 の 改 善 に 生 かしている 具 体 的 には 東 京 電 力 における お 客 さまの 声 を 活 用 する 仕 組 みは 群 馬 カスタマーセンターが 社 内 のネットワークに 登 録 された お 客 さまの 声 を 集 約 し それを 関 係 部 署 に 割 り 振 り その 改 善 策 等 について 提 案 させて 業 務 の 改 善 に 生 かしてい る 図 7は 東 京 電 力 における お 客 さまの 声 を 活 用 する 仕 組 みを 示 したものである また 次 頁 表 1は 関 係 部 署 から 提 案 された 改 善 策 等 について 群 馬 カスタマーセンター 内 で 検 討 する 会 議 を 示 したものである 品 質 改 善 倶 楽 部 は 業 務 改 善 につながる お 客 さまの 声 を 検 討 する 品 質 向 上 部 会 は 群 馬 支 店 内 の 各 部 署 から 提 案 された 品 質 向 上 シート の 内 容 の 検 討 を 行 い 品 質 向 上 委 員 会 へ 上 申 するか 否 かを 決 める 品 質 向 上 委 員 会 は 品 質 向 上 シート の 内 容 を 全 社 へ 展 開 していくか 審 議 を 行 う 会 議 である お 客 さまと 接 する 業 務 / 対 話 機 会 お 客 さまの 声 電 話 受 付 作 業 訪 問 営 業 訪 問 窓 口 受 付 懇 談 会 新 たなサービス の 提 供 サービスの 品 質 向 上 群 馬 カスタマーセンター お 客 さまの 声 の 収 集 業 務 改 善 お 客 さまの 声 の 分 析 お 客 さまのニーズの 把 握 ( 品 質 改 善 倶 楽 部 品 質 向 上 部 会 品 質 向 上 委 員 会 ) 図 7 お 客 さまの 声 を 活 用 する 仕 組 み - 5 -

6 表 1 群 馬 カスタマーセンター 内 での 会 議 会 議 名 お 客 さまの 声 にかかわる 検 討 事 項 品 質 改 善 倶 楽 部 品 質 向 上 部 会 品 質 向 上 委 員 会 群 馬 カスタマーセンター 内 で 業 務 改 善 につながる お 客 さまの 声 を 検 討 する 群 馬 支 店 内 の 各 部 署 から 提 案 された 改 善 が 必 要 な お 客 さまの 声 の 報 告 を 行 う 群 馬 支 店 内 の 各 部 署 から 提 案 された 品 質 向 上 シート の 内 容 や 改 善 策 について 検 討 する 品 質 向 上 シート の 内 容 が 新 たなサービスや 業 務 改 善 につながる かどうか 検 討 し 品 質 向 上 委 員 会 へ 上 申 するか 否 かを 検 討 する 品 質 向 上 委 員 会 で 話 し 合 われた 内 容 を 全 社 へ 周 知 し 展 開 していくか 審 議 する 3 学 校 組 織 活 性 化 のための 学 校 評 価 前 橋 市 内 の 学 校 ( 小 中 特 別 支 援 学 校 )は 前 橋 市 教 育 委 員 会 が 示 した 生 徒 保 護 者 アンケート を 活 用 して 学 校 評 価 を 行 っている アンケートは 保 護 者 との 連 携 ( 保 護 者 のみ ) 確 かな 学 力 豊 かな 心 健 康 づくり 安 全 確 保 将 来 の 夢 の6 項 目 ( 生 徒 用 は5 項 目 )から 構 成 されて おり 学 校 の 教 育 活 動 を 評 価 するには 十 分 であるが そのアンケートに 自 由 記 述 欄 を 設 け 数 値 化 されない 意 見 要 望 を 収 集 分 析 し 教 育 活 動 に 生 かすことを 考 えた 4 学 校 評 価 に 係 るアンケートの 活 用 学 校 組 織 活 性 化 するために 東 京 電 力 における お 客 さまの 声 を 活 用 する 業 務 の 仕 組 みを 学 校 評 価 に 生 かしていきたいと 考 える 具 体 的 には 校 内 に 学 校 評 価 にかかる 業 務 を 担 当 する 学 校 評 価 検 討 委 員 会 を 組 織 する 特 にアンケートの 自 由 記 述 については 学 校 評 価 検 討 委 員 会 がそれを 整 理 分 類 し 関 係 する 委 員 会 や 校 務 分 掌 に 割 り 振 る 分 類 はアンケートの6 項 目 を 基 に 行 う 委 員 会 や 校 務 分 掌 は 割 り 振 られた 生 徒 保 護 者 の 自 由 記 述 についての 話 し 合 いをもち 重 要 と 思 われる ものについて 取 り 上 げ 改 善 策 等 を 講 じる 学 校 評 価 検 討 委 員 会 は 提 案 された 改 善 策 等 について 検 討 した 後 職 員 会 議 等 で 提 案 し 職 員 に 共 通 理 解 を 図 る (2) 計 画 と 方 法 1 計 画 次 頁 表 2は 学 校 評 価 検 討 委 員 会 の 年 間 の 活 動 計 画 例 である 学 校 評 価 検 討 委 員 会 は 年 2 回 行 われる 学 校 評 価 アンケート 内 容 の 検 討 準 備 実 施 結 果 分 析 を 中 心 に 行 う さらに 自 由 記 述 欄 の 整 理 分 類 を 行 い 各 委 員 会 部 会 と 連 絡 調 整 を 図 りなが ら 改 善 策 等 の 検 討 を 行 う - 6 -

7 表 2 学 校 評 価 検 討 委 員 会 年 間 活 動 計 画 例 時 期 4 月 ~5 月 活 動 内 容 今 年 度 の 取 組 内 容 や 方 法 の 検 討 職 員 会 議 への 提 案 6 月 学 校 評 価 アンケートの 検 討 学 校 評 価 アンケート 用 紙 の 準 備 印 刷 7 月 第 1 回 学 校 評 価 アンケートの 実 施 8 月 ~9 月 10 月 アンケート 結 果 自 由 記 述 欄 の 整 理 分 類 改 善 策 の 検 討 ( 各 委 員 会 部 会 ) 職 員 会 議 への 提 案 生 徒 保 護 者 へ 学 校 評 価 結 果 配 付 Webページへの 第 1 回 学 校 評 価 結 果 公 開 後 期 の 取 組 内 容 や 方 法 の 検 討 11 月 学 校 評 価 アンケートの 検 討 学 校 評 価 アンケート 用 紙 の 準 備 印 刷 12 月 第 2 回 学 校 評 価 アンケートの 実 施 1 月 ~2 月 3 月 アンケート 結 果 自 由 記 述 欄 の 整 理 分 類 改 善 策 の 検 討 ( 各 委 員 会 ) 生 徒 保 護 者 へ 学 校 評 価 結 果 配 付 Webページへの 第 2 回 学 校 評 価 結 果 公 開 評 価 改 善 状 況 のまとめ 職 員 会 議 への 提 案 2 方 法 ア 校 内 組 織 校 内 に 図 8に 示 したような 学 校 評 価 検 討 委 員 会 を 組 織 する この 学 校 評 価 検 討 委 員 会 は 学 校 評 価 にかかわる 業 務 を 担 当 し 校 内 の 他 の 委 員 会 等 と 連 絡 調 整 を 図 り ながら 改 善 策 等 の 検 討 を 行 い 改 善 策 等 を 学 校 経 営 に 反 映 できるように する 運 営 委 委 員 会 研 修 企 画 委 員 会 生 徒 指 導 部 会 教 育 相 談 委 員 会 校 長 教 頭 進 路 指 導 委 員 会 評 価 検 討 委 員 会 職 員 会 議 学 校 保 健 委 員 会 防 災 安 全 委 員 会 学 校 評 価 検 討 委 員 会 図 8 学 校 評 価 検 討 委 員 会 と 校 内 分 掌 組 織 図 イ 自 由 記 述 欄 内 容 を 活 用 する アンケート 活 用 シート の 作 成 次 頁 図 9はアンケートの 自 由 記 述 欄 を 活 用 するためのワークシートである 学 校 評 価 検 討 委 員 会 はこの アンケート 活 用 シート を 用 いてアンケートの 自 由 記 述 欄 の 内 容 を 整 理 分 類 しデータベ ース 化 する その 中 で 検 討 が 必 要 なものを 各 委 員 会 部 会 はこのワークシートを 活 用 し 改 善 策 等 を 検 討 する 検 討 された 改 善 策 等 については 職 員 会 議 に 提 案 し 職 員 の 共 通 理 解 を 図 る アン ケート 活 用 シート は 表 計 算 ソフトウエアで 作 成 し 意 見 要 望 等 記 述 者 分 類 改 善 策 等 の 各 項 目 ごとに 整 理 分 類 し 全 職 員 がネットワーク 上 で 見 られるように 共 有 化 する - 7 -

8 アンケート 活 用 シート( ) 年 度 意 見 要 望 等 記 述 者 ( 生 徒 保 護 者 ) 分 類 ( 担 当 委 員 会 部 会 ) 改 善 策 等 : 図 9 アンケート 活 用 シート 5 まとめ 中 学 校 の 学 校 組 織 を 活 性 化 するために 東 京 電 力 の お 客 さまの 声 を 活 用 する 仕 組 みを 生 かした 学 校 評 価 の 在 り 方 を 考 えた 具 体 的 には 校 内 に 学 校 評 価 検 討 委 員 会 を 組 織 するとともに 学 校 評 価 にかかわる 生 徒 保 護 者 のアンケートに 自 由 記 述 欄 を 設 けて 学 校 評 価 に 生 かすことを 考 えた アンケ ート 自 由 記 述 欄 に 記 載 された 内 容 を アンケート 活 用 シート に 整 理 分 類 し データベース 化 して 蓄 積 する 学 校 評 価 検 討 委 員 会 が 中 心 となり 生 徒 保 護 者 のアンケートの 改 善 策 を 検 討 することに より 各 委 員 会 部 会 における 話 し 合 いが 活 発 に 行 われ 学 校 組 織 の 活 性 化 につながるのではないか と 考 える < 参 考 文 献 > 群 馬 県 教 育 研 究 所 連 盟 著 実 践 的 研 究 の 進 め 方 東 洋 館 出 版 社 (2001) 千 々 布 敏 弥 著 学 校 評 価 実 践 レポート 教 育 開 発 研 究 所 (2009) 浜 田 博 文 著 学 校 の 組 織 力 向 上 実 践 レポート 教 育 開 発 研 究 所 (2009) 東 京 電 力 株 式 会 社 サステナビリティレポート

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社

添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 3 月 17 日 日 本 原 子 力 発 電 株 式 会 社 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 について 当 社 の 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 についてお 知 らせいたします 添 付 資 料 : 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 以 上 添 付 資 料 平 成 28 年 度 経 営 の 基 本 計 画 平 成 28 年 3 月

More information

損害保険の保険金支払に関するガイドライン

損害保険の保険金支払に関するガイドライン 損 害 保 険 の 保 険 金 支 払 に 関 するガイドライン 一 般 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 2012 年 4 月 Ⅰ.はじめに ~ 本 ガイドラインの 目 的 ~... 2 Ⅱ. 保 険 金 支 払 にあたっての 基 本 姿 勢... 2 1.お 客 さまの 視 点 に 立 った 対 応... 2 2. 損 害 保 険 会 社 の 社 会 的 な 役 割 をふまえた 保

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F95BD90AC3134944E8E968BC682CC82DC82C682DF967B95B62E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F95BD90AC3134944E8E968BC682CC82DC82C682DF967B95B62E646F63> . 都 道 府 県 ナースセンター 事 業 に 関 する 広 報 活 動. 看 護 マンパワー 情 報 メールマガジンの 発 行 目 的 : 就 業 を 考 えている 看 護 職 や 採 用 を 考 えている 求 人 施 設 に 対 して 情 報 を 提 供 し 看 護 職 員 確 保 や 雇 用 支 援 につなげる 内 容 :ナースセンター 情 報 再 就 職 支 援 の 研 修 イベント 情 報

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

フセハツ工業株式会社 品質マニュアル

フセハツ工業株式会社    品質マニュアル 表 紙 承 認 品 質 マニュアル (ISO9001:2008) 第 2-4 版 改 訂 日 :2014 年 02 月 13 日 承 認 社 長 確 認 管 理 責 任 者 作 成 担 当 フセハツ 工 業 株 式 会 社 品 質 マニュアル 制 定 日 :2012.04.21 頁 :2/28 改 訂 履 歴 改 訂 履 歴 改 訂 日 :2014.02.13 改 訂 No.2-4 版 数 改 定

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕

別 紙 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 < 前 文 > フィデューシャリー デューティーは 信 託 の 根 幹 をなす 基 本 概 念 であり 私 どもは 大 正 13 年 の 創 立 以 来 その 概 念 を 信 義 誠 実 奉 仕 各 位 平 成 28 年 9 月 30 日 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 三 井 住 友 トラスト グループのフィデューシャリー デューティーに 関 する 取 組 方 針 について 三 井 住 友 トラスト ホールディングス 株 式 会 社 ( 取 締 役 社 長 : 北 村 邦 太 郎 )は お 客 さま 本 位 の 取 組 方 針 として 三 井 住 友 トラスト

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多

業 の 予 習 や 復 習 をしている 生 徒 の 割 合 が 少 ないなどの 課 題 が 残 った 今 後 は 生 徒 に 学 習 課 題 を 与 えるなど 生 徒 が 家 庭 学 習 に 取 り 組 みやすいような 工 夫 が 求 められる ア ンケートの 取 り 方 についても 質 問 が 多 2 各 分 掌 の 反 省 総 務 部 (1) 各 分 掌 学 年 間 の 連 絡 調 整 につとめ 各 種 行 事 の 円 滑 な 実 施 を 図 る (2) PTA 活 動 等 への 参 加 率 向 上 と 広 報 活 動 につとめ 学 校 家 庭 地 域 の 連 携 強 化 を 図 る (3) 全 職 員 の 共 通 理 解 と 連 携 を 深 める 職 員 会 議 の 運 営 に 努 める

More information

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立

極 的 に 参 画 し 自 分 の 人 生 を 自 分 自 身 で 創 っていくこと 1 と 定 義 付 けること ができる つまり 何 らかの 援 助 を 受 けながらも 自 分 らしく 生 きていく ことが 自 立 において 何 より 重 要 な 要 素 であり そのための 支 援 が 自 立 第 2 章 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 効 果 的 な 運 営 に 向 けた 視 点 について 1 東 京 都 における 地 域 ケア 会 議 の 望 ましい 姿 について (1) 国 における 地 域 ケア 会 議 の 定 義 について 地 域 ケア 会 議 の 定 義 は 地 域 ケア 会 議 運 営 マニュアル ( 平 成 25 年 3 月 一 般 社 団 法 人 長 寿

More information

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿

イオン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 第 1 章 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 目 的 と 位 置 づけ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 は イオングループ( 以 下 イオン といいます)の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 2016 年 4 月 13 日 イ オ ン 株 式 会 社 コーポレートガバナンス 基 本 方 針 の 制 定 について イオン 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )は 当 社 の 企 業 経 営 と 企 業 統 治 に 関 する 基 本 姿 勢 並 びに 企 業 統 治 システムに 関 する 方 針 を 示 した コーポレートガバナンス 基 本 方 針 ( 以 下 当 方 針 )を 制 定 しました

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部 兵 庫 県 マスコット はばタン 兵 庫 県 立 加 古 川 北 高 等 学 校 公 共 推 進 室 はじめに 本 校 は 加 印 学 区 唯 一 の 全 日 制 普 通 科 単 位 制 高 校 として 夢 への 扉 加 古 川 北 ~ 君 の 伸 びしろ ( 無 限 大 ) のキャッチフレーズを 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます また 平 成 23 年 度 から3 年 間 文 部

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

就 職 等 の 状 況 主 な 就 職 先 業 界 等 ク ラント ハント リンク 業 務 航 空 機 燃 料 給 油 空 港 保 安 業 務 就 職 率 00%(37/37) 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 94.8%(37/39) その 他 ( 任 意 ) 進 希 望 者 39

就 職 等 の 状 況 主 な 就 職 先 業 界 等 ク ラント ハント リンク 業 務 航 空 機 燃 料 給 油 空 港 保 安 業 務 就 職 率 00%(37/37) 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 94.8%(37/39) その 他 ( 任 意 ) 進 希 望 者 39 ( 別 紙 様 式 4) 平 成 8 5 月 日 現 在 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 航 空 専 門 校 昭 和 55 3 月 8 日 猪 掛 隆 359-3 埼 玉 県 所 沢 市 久 米 354 ( 電 話 )04-93-38 設 置 者 名 設 立 認 可 月 日 代 表 者 名 所 在 地 校

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用)

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用) 自 己 評 価 シ ー ト( 福 祉 用 具 貸 与 用 ) Ⅰ 組 織 体 制 平 成 26 年 3 月 1 日 1 運 営 方 針 等 判 断 した 理 由 や 根 拠 1 事 業 の 目 的 や 運 営 の 方 針 を 職 員 に 周 知 し 2サービスの 質 の 向 上 に 向 けた 業 務 改 善 に 取 り 組 んでいる A 会 議 や 研 修 などを 通 じて 事 業 の 目 的 や

More information

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j

若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports about the Faculty Development for j The practice of various supports about the Faculty Development for junior nursing faculty 若 手 看 護 学 教 員 のFDに 関 する 多 様 な 支 援 の 実 際 平 成 25 年 度 看 護 学 科 FD 委 員 会 活 動 ( 一 部 )から The practice of various supports

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 人 財 育 成 能 力 向 上 業 績 向 上 を 目 的 とした 人 事 評 価 制 度 の 評 価 集 計 結 果 のフィードバックを 支 援 する 評 価 ソフト 新 人 事 評 価 ソフト 1 評 価 項 目 について 評 価 項 目 は 各 企 業 で 自 由 に 作 成 できます 極 一 般 的 な 勤 務 態 度 を 計 る 責 任 感 協 調 性 勤 勉 性 積 極 性 計 画 性

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

Taro-H28いじめ防止基本方針(大

Taro-H28いじめ防止基本方針(大 平 成 28 年 度 いじめ 防 止 基 本 方 針 柏 市 立 大 津 ケ 丘 中 学 校 目 次 第 1 章 いじめ 防 止 等 のための 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 p1-p2 1 いじめの 定 義 p1 2 いじめの 防 止 等 の 対 策 に 関 する 基 本 理 念 p1 (1) 基 本 方 針 p1 (2)いじめの 問 題 への 指 導 p2 (3)いじめの 問 題 への

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

経 営 戦 略 プ ラ ン

経 営 戦 略 プ ラ ン 経 営 戦 略 プ ラ ン ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 職 業 訓 練 法 人 青 森 情 報 処 理 開 発 財 団 目 次 第 1 はじめに... P 1 1 経 営 戦 略 プラン 策 定 の 趣 旨... P 1 2 計 画 期 間... P 1 第 2 経 営 理 念 等... P 2 1 法 人 の 設 立 目 的 とこれまでの 取

More information

(記載例2)仕事太郎(評価シート入)

(記載例2)仕事太郎(評価シート入) 記 載 例 (2 回 目 ) ジョブ カード 様 式 1 履 歴 シート 1 E-mail アドレス 昭 和 平 成 57 年 10 月 15 日 生 ( 27 歳 ) 男 女 現 住 所 職 務 経 歴 とうきょうとちよだくかすみがせき 100-8916 - 同 上 ( 電 話 ) 印 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 1-2-2 ( 電 話 ) しごと たろう 氏 名 仕 事 太 郎 連

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73>

<81A18E518D6C395F8E518D6C8E9197BF81698EE582C891CE8DF497E182CC8EE5977682C88EC08E7B8EE591CC816A2E786C73> 主 な 対 策 例 主 要 な 実 施 主 体 は 報 告 書 中 に 記 載 された 主 な 対 策 一 次 的 な 実 施 主 体 を 示 す 行 政 から 働 きかけを 受 けて 住 民 や 企 業 が 直 接 的 な 行 動 をとるといった ように 対 策 最 終 的 な 実 施 主 体 が 別 場 合 がある 例 えば 住 宅 建 築 物 等 耐 震 化 不 燃 化 等 推 進 場 合 一

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確

4 県 立 山 形 北 高 等 校 ( 全 日 制 ) 音 楽 科 音 楽 に 関 しての 幅 広 い 興 味 と 関 心 を 有 し 向 上 心 を 持 って 習 する 生 徒 生 涯 に 渡 って 音 楽 を 愛 好 し 豊 かな 人 間 性 と 確 かな 実 力 を 備 えた 生 徒 明 確 2 県 立 山 形 南 高 等 校 ( 全 日 制 ) 理 数 科 理 数 科 の 習 に 対 する 強 い 意 欲 と 理 数 科 に 対 する 興 味 関 心 を 有 するとと もに 数 理 科 英 語 の 習 に 対 する 興 味 関 心 を 有 し 将 来 理 工 系 の 研 究 医 師 等 を 目 指 す 意 識 が 明 確 適 切 で 将 来 さらに 高 度 な 専 門 分 野 の 教

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

アクション・プラン解説文

アクション・プラン解説文 2014 年 度 東 京 電 力 グループ アクション プラン に 関 する 機 関 投 資 家 アナリスト 向 け 説 明 会 ご 説 明 内 容 開 催 日 :2014 年 4 月 4 日 出 席 者 : 代 表 執 行 役 社 長 廣 瀬 直 己 常 務 執 行 役 村 松 衛 常 務 執 行 役 住 吉 克 之 常 務 執 行 役 フュエル&パワー カンパニー プレジデント 佐 野 敏 弘

More information

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド

5 運 航 経 費 に 係 る 負 担 の 考 え 方 (1)ドクターヘリ 事 業 に 係 る 経 費 厚 生 労 働 省 における ドクターヘリ 導 入 促 進 事 業 の 基 準 額 を 参 考 にすると 1 機 当 たり 約 2 億 円 の 経 費 が 必 要 となる 平 成 23 年 度 ド 将 来 の 配 置 構 想 ( 案 ) 関 西 全 体 において 未 整 備 地 域 の 解 消 を 図 るため まず 兵 庫 県 南 部 ( 播 磨 地 域 ) への 追 加 配 備 を 行 う また 既 に 運 航 範 囲 となっている 地 域 のうち 30 分 以 内 での 救 急 搬 送 体 制 の 確 立 及 び 補 完 体 制 の 充 実 を 図 るため 滋 賀 県 全 域 及 び 京

More information

9.島根大学グループにおける事例

9.島根大学グループにおける事例 島 根 大 学 におけるインターンシップの 事 例 授 業 科 目 名 : 就 業 体 験 (1 単 位 ) 実 習 先 企 業 等 : 株 式 会 社 めのや 実 習 場 所 : 島 根 県 松 江 市 参 加 対 象 者 : 法 文 学 部, 教 育 学 部, 生 物 資 源 科 学 部, 総 合 理 工 学 部 2~3 年 生 実 習 期 間 :8 月 実 習 日 数 :8 日 この 取 組

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯

本 校 の 研 究 主 題 根 拠 を 示 して 説 明 をする 力 を 育 てる 授 業 づくり~ 坂 中 学 びのサイクル の 活 用 を 通 して~ に 対 する 生 徒 アンケート 私 は 授 業 で 根 拠 を 示 して 説 明 することができる という 設 問 に 対 する3 年 生 肯 保 健 体 育 科 学 習 指 導 案 1 評 価 問 題 坂 町 立 坂 中 学 校 指 導 者 横 山 寿 一 (T1) 池 田 裕 一 (T2) バドミントンのハイクリア(コートの 奥 に 打 つ)のポイントを3つ 答 えなさい 2 日 時 平 成 26 年 11 月 12 日 ( 水 ) 第 5 校 時 3 場 所 坂 町 立 坂 中 学 校 体 育 館 4 学 年 学 級 第 3 学 年

More information

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け

Z eimu information 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 今 年 は 生 命 保 険 料 控 除 が 改 正 された 年 です 年 末 調 整 に 先 駆 けて 生 命 保 険 料 控 除 証 明 書 や 記 載 書 類 の 見 方 や 注 意 すべきポイ ントについてお 届 け 今 年 もあと2ヶ 月 足 らずとなりました 月 日 の 経 つのは 早 いですが 今 年 やるべきことのやり 残 しがないか 今 一 度 振 り 返 ってみてはいかがでしょうか 掲 載 内 容 に 関 してご 不 明 点 等 あれば お 気 軽 に 当 事 務 所 までお 問 い 合 わせください 11 2012 生 命 保 険 料 控 除 の 改 正 年 末 調 整 11 月 にすべきこと 育

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

就 職 等 の 状 況 主 な 就 職 先 業 界 等 事 務 職 経 理 職 営 業 職 コンサ ルタント 等 1 就 職 率 100 % 2 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 その 他 その 他 進 学 : : 94.7 % 主 な 資 格 検 定 等 SAP ERP6.0ビジネ

就 職 等 の 状 況 主 な 就 職 先 業 界 等 事 務 職 経 理 職 営 業 職 コンサ ルタント 等 1 就 職 率 100 % 2 卒 業 者 に 占 める 就 職 者 の 割 合 その 他 その 他 進 学 : : 94.7 % 主 な 資 格 検 定 等 SAP ERP6.0ビジネ ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 平 成 27 年 12 月 7 日 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 専 門 学 校 福 岡 カレッジ オフ ビジネス 810-0052 福 岡 県 福 岡 市 中 央 区 大 濠 2-8-13 昭 和 11 年 3 月 16 日 坪 根 和 人 ( 電 話 ) 092-741-1120

More information

<91E63489F18E9197BF332E786477>

<91E63489F18E9197BF332E786477> 第 4 回 大 隅 地 域 の 公 立 高 校 の 在 り 方 検 討 委 員 会 ( 資 料 ) 目 次 日 程 1 当 該 高 校 の 在 り 方 案 に 対 する 検 討 委 員 会 意 見 2 各 地 区 検 討 会 からの 当 該 高 校 の 在 り 方 ( 案 ) 鹿 屋 地 区 ( 鹿 屋 市 内 5 校 ) 3 肝 付 地 区 ( 高 山 高 校 ) 4 南 大 隅 錦 江 地 区

More information

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研

Ⅰ 階 層 別 人 材 養 成 コース 実 践 的 即 戦 力 を 育 てる 人 材 養 成 セミナー 階 層 別 目 的 別 のセミナーで 体 系 的 効 率 的 に 人 材 ( 人 財 )を 育 てることができます 今 年 は 経 営 者 向 けに 無 料 セミナー を 開 催 いたします 研 宮 城 県 商 工 振 興 協 同 組 合 経 営 者 層 管 理 者 層 中 堅 層 若 手 新 人 目 的 に 合 わせたセミナーでポイントを 説 明 し 実 践 力 を 養 います 平 素 は 格 別 のご 高 配 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 当 組 合 では 毎 年 組 合 員 はもちろん 地 域 の 中 小 企 業 向 けに 各 種 セミナーを 開 催 しております 今

More information

「実習」学習指導案

「実習」学習指導案 商 業 科 課 題 研 究 学 習 指 導 案 学 校 名 : 沖 縄 県 立 具 志 川 商 業 高 等 学 校 対 象 : 情 報 システム 科 年 4 組 男 子 6 名 計 6 名 日 : 平 成 6 年 月 4 日 校 場 所 :プログラミング 教 室 単 位 数 : 単 位 授 業 者 : 教 諭 川 満 忍 指 導 者 : 研 究 主 事 與 那 覇 さゆり 単 元 名 市 場 調 査

More information

Ⅰコース 自己分析と求職活動の方法

Ⅰコース 自己分析と求職活動の方法 応 募 書 類 の 書 き 方 目 次 1. 応 募 書 類 の 基 礎 知 識 1 1 応 募 書 類 の 目 的 1 2 応 募 書 類 の 種 類 1 3 応 募 書 類 作 成 のポイント 2. 履 歴 書 の 書 き 方 < 別 添 記 入 事 例 > 2 1 履 歴 書 作 成 上 の 具 体 的 留 意 点 3. 職 務 経 歴 書 の 書 き 方 < 別 添 記 入 事 例 > 3

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

ナントビジネスセミナーのご 案 内 ~ 信 頼 されるビジネスパーソンを 目 指 す!~ 奈 良 会 場 ( 奈 良 県 社 会 福 祉 総 合 センター 5 階 大 会 議 室 ) 大 阪 会 場 ( 南 都 銀 行 大 阪 北 浜 ビル 4 階 セミナールーム) 2015 年 5 月 13 日

ナントビジネスセミナーのご 案 内 ~ 信 頼 されるビジネスパーソンを 目 指 す!~ 奈 良 会 場 ( 奈 良 県 社 会 福 祉 総 合 センター 5 階 大 会 議 室 ) 大 阪 会 場 ( 南 都 銀 行 大 阪 北 浜 ビル 4 階 セミナールーム) 2015 年 5 月 13 日 平 成 27 年 3 月 ナントビジネスセミナー を 開 催 します! ~ について~ 南 都 銀 行 ( 頭 取 植 野 康 夫 )は このたび ナントビジネスセミナー を 開 催 します ( 平 成 27 年 5 月 13 日 に 奈 良 で 6 月 4 日 に 大 阪 で 開 催 )は 他 者 との 信 頼 関 係 を 築 き 仕 事 を 円 滑 に 進 めるためのビジネスマナーの 基 本 について

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

平成21年度教育関係共同利用様式

平成21年度教育関係共同利用様式 ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 学 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 国 際 メディカル 専 門 平 成 4 年 月 9 日 渡 辺 敏 彦 950 094 学 校 新 潟 市 中 央 区 紫 竹 山 6 丁 目 4 番 号 ( 電 話 )05(55)5 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表 者 名 所

More information

20141010自己評価シート

20141010自己評価シート 検 定 試 験 自 己 シート 検 定 事 業 者 名 : 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 ニュース 時 事 能 力 検 定 協 会 株 式 会 社 毎 日 教 育 総 合 研 究 所 検 定 試 験 名 : 日 本 ニュース 時 事 能 力 検 定 試 験 自 己 日 : 平 成 5 年 月 5 日 5 段 階 目 安 : 十 分 達 成 されている B :おおむね 達 成 されている

More information

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書

広島市こども文化科学館受入案内業務仕様書 広 島 市 こども 文 化 科 学 館 受 入 案 内 業 務 仕 様 書 1 業 務 実 施 日 時 (1) 業 務 日 及 び 業 務 体 制 別 表 のとおり 注 1) 配 置 人 員 は 業 務 実 施 期 間 中 における 当 該 業 務 の 最 低 人 員 とし 必 要 な 配 置 人 員 については 発 注 者 及 び 受 注 者 協 議 のうえ 決 定 すること 注 2) 発 注 者

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢

は じ め に 学 校 法 人 工 藤 学 園 は1978 年 ( 昭 和 5 年 )に 北 海 道 愛 犬 美 容 学 園 として 設 立 され て 以 来 トリミングや 動 物 看 護 師 の 深 い 知 識 と 高 度 な 技 術 を 身 につけるとともに ペット を 通 じて 社 会 に 貢 平 成 27 年 9 月 0 日 関 係 者 各 位 学 校 法 人 工 藤 学 園 理 事 長 工 藤 典 子 平 成 26 年 度 愛 犬 美 容 看 護 専 門 学 校 自 己 点 検 評 価 報 告 書 の 公 表 について 平 成 26 年 度 の 自 己 点 検 評 価 結 果 をまとめましたので 公 表 いたします 今 後 は 結 果 にある 改 善 事 項 等 を 真 摯 に 受 け

More information

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8>

<5461726F2D819C3235945F90488CA48EC08E7B977697CC816988C48A6D92E8> 農 林 水 産 業 食 品 産 業 科 学 技 術 研 究 推 進 事 業 実 施 要 領 24 農 会 第 1027 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 農 林 水 産 技 術 会 議 事 務 局 長 第 1 趣 旨 我 が 国 の 農 林 漁 業 は 担 い 手 不 足 の 深 刻 化 や 高 齢 化 といった 厳 しい 状 況 にあり 活 力 も 低 下 している このため 食 と 農 林

More information

窓口支援担当者募集要項

窓口支援担当者募集要項 平 成 27 年 2 月 窓 口 相 談 支 援 事 業 における 窓 口 支 援 担 当 者 募 集 要 項 一 般 社 団 法 人 発 明 推 進 協 会 次 により 全 国 各 地 域 の 知 財 総 合 支 援 窓 口 において 中 小 企 業 等 における 知 的 財 産 の 活 用 事 業 化 促 進 のための 支 援 を 行 う 窓 口 支 援 担 当 者 を 募 集 します 1. 事

More information

八代市総合計画策定に係る企画提案競技実施要領(案)

八代市総合計画策定に係る企画提案競技実施要領(案) 八 代 市 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 に 係 る 企 画 提 案 競 争 実 施 要 領 八 代 市 立 図 書 館 1 業 務 の 目 的 現 行 の 八 代 市 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 は 平 成 26 年 7 月 で 終 了 することから 新 たに 委 託 先 を 選 定 する 必 要 がある また 図 書 館 では 平 成 24 年 2 月 に 策 定

More information

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書

市民提案型・行政提案型 協働事業提案書 第 1 号 様 式 -2 市 民 提 案 型 行 政 提 案 型 協 働 事 業 提 案 書 A 事 業 の 名 称 B 提 案 事 業 の 概 要 キーワード: 精 神 障 害 者 の 就 労 支 援 職 場 体 験 事 業 企 業 への 就 労 支 援 事 業 1. 現 状 課 題 (150 文 字 程 度 ) 精 神 保 健 福 祉 センターの 行 政 提 案 型 事 業 ( 職 場 体 験

More information

先進的科学技術・理科教育推進委託事業

先進的科学技術・理科教育推進委託事業 様 式 1 学 校 名 愛 知 県 立 豊 田 工 業 高 等 学 校 平 成 26 年 度 スーパー プロフェッショナル ハイスクール 事 業 計 画 書 Ⅰ 委 託 事 業 の 内 容 1. 研 究 開 発 課 題 名 将 来 の 日 本 のものづくり 産 業 の 柱 となる 航 空 宇 宙 産 業 次 世 代 自 動 車 産 業 を 担 う 中 核 的 専 門 人 材 を 育 成 するため 地

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について

平成26年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」について 平 成 26 年 度 児 童 生 徒 の 問 題 行 動 等 生 徒 指 導 上 の 諸 問 題 に 関 する 調 査 について 平 成 27 年 9 月 16 日 ( 水 ) 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 児 童 生 徒 課 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 項 目 調 査 対 象... 1 (2) 調 査 結 果 の 主 な 特 徴... 1 (3) 調

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

表紙.ai

表紙.ai 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 機 構 1-1- 3-3- Ⅱ 職 員 数 分 掌 事 務 5-5- 7-7- 8-8 - 9-9 - Ⅲ 事 業 概 要 11-11- 23 23 27 JAPAN EXPO - 13-13 EV&ITS - 14-14 in 4,184 594 2,631 8.5% ODA - 15-15 22 26-16 - 16 27 1.17 0.02 11 0.96

More information

生協法見直し

生協法見直し 資 料 4 生 命 保 険 事 業 における マイナンバー 制 度 の 利 活 用 について 2014 年 12 月 2 日 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 生 命 保 険 事 業 におけるマイナンバー 制 度 の 利 活 用 に 係 る 要 望 は 年 間 約 23 兆 円 (2013 年 度 )の 保 険 金 給 付 金 等 を 支 払 ( 参 考 ) 東 日 本 大 震 災 において

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

Taro10-H27 年学校だより4月.号j

Taro10-H27 年学校だより4月.号j 平 成 2 7 年 4 月 1 9 日 ( 日 ) 4 月 号 横 浜 市 立 港 南 中 学 校 233-0004 横 浜 市 港 南 区 港 南 中 央 通 6 番 1 号 0 4 5-8 4 2-2 3 5 5 学 校 教 育 目 標 の よ り よ い 実 現 を 目 指 し て 校 長 上 田 篤 也 平 成 2 7 年 度 が ス タ ー ト し ま し た 2 6 4 名 の 新 入

More information

関連データ及び参考資料(1)

関連データ及び参考資料(1) 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 71 72 目 次 関 連 データ 及 び 参 考 資 料 1. 学 校 を 取 り 巻 く 状 況 公 共 施 設 における 学 校 施 設 の 割 合... 74 学 校 数 幼 児 児 童 生 徒 数 の 推 移... 74 小 中 学 校 数 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 一 校 当 たりの 児 童 生 徒 数 の 推 移... 75 公

More information

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法

にとってその 相 手 方 となる 職 員 は 利 害 関 係 者 となるのか 基 本 的 に 省 庁 内 部 の 職 員 同 士 は 利 害 関 係 者 にはならないものとして 取 り 扱 うこと としている 問 8 許 認 可 等 不 利 益 処 分 行 政 指 導 については 行 政 手 続 法 国 家 公 務 員 倫 理 規 程 質 疑 応 集 利 害 関 係 者 の 定 義 利 害 関 係 者 全 般 問 1 倫 理 法 及 び 倫 理 規 程 の 事 業 者 等 には 地 方 公 共 団 体 は 含 まれるのか 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 はどうか 地 方 公 共 団 体 は 事 業 者 等 に 含 まれる 地 方 公 共 団 体 の 首 長 議 会 議 員 は

More information

エコアクション21

エコアクション21 エコアクション 21 - 環 境 活 動 レポート - 平 成 25 年 版 ( 第 五 号 ) ( 平 成 25 年 5 月 ~ 平 成 26 年 4 月 ) 平 成 26 年 5 月 26 日 認 証 登 録 番 号 0005547 株 式 会 社 トップ 1 / 12 事 業 の 概 要 事 業 所 名 及 び 代 表 者 氏 名 株 式 会 社 トップ 代 表 取 締 役 髙 安 紀 足 所

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

資料1

資料1 資 料 1 平 成 28 年 5 月 19 日 国 税 庁 大 阪 国 税 局 平 成 26 27 年 度 民 間 競 争 入 札 実 施 事 業 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 庁 舎 における 施 設 管 理 運 営 業 務 の 実 施 状 況 について Ⅰ 事 業 の 概 要 1 委 託 業 務 内 容 大 阪 国 税 局 が 管 理 する 大 阪 国 税 局 管 内 ( 滋 賀 県 京

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

Taro-校内研究報告書(最終版)_ページ番号挿入

Taro-校内研究報告書(最終版)_ページ番号挿入 達 成 感 を 味 わう 授 業 の 実 現 に 向 けた 指 導 法 改 善 校 内 研 究 の 部 全 教 科 鳥 栖 市 立 鳥 栖 西 中 学 校 校 長 伊 東 栄 次 研 究 代 表 教 諭 陣 内 彩 1 主 題 設 定 の 理 由 平 成 15 年 の 中 央 教 育 審 議 会 の 答 申 において, 確 かな 学 力 の 育 成 に 係 る 具 体 的 な 方 策 が 提 言 された

More information

平成25年度 事業報告書

平成25年度 事業報告書 平 成 25 年 度 事 業 報 告 書 平 成 2 6 年 5 月 2 3 日 理 事 会 評 議 員 会 学 校 法 人 八 戸 工 業 大 学 目 次 Ⅰ. 法 人 の 概 要 1. 設 置 する 学 校 学 部 学 科 等 の 概 要 P1 ( 教 職 員 の 概 要 含 む) 2. 役 員 評 議 員 の 概 要 P3 3. 設 置 する 学 校 の 教 育 研 究 等 の 概 要 P4

More information

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領

教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本 が 示 す 教 育 目 標 には 豊 かな 情 操 や 道 徳 心 公 共 の 精 神 伝 統 と 文 化 の 尊 重 愛 国 心 などの 育 成 が 掲 げられ 教 科 書 作 成 の 指 針 である 学 習 指 導 要 領 中 学 教 科 書 7 社 の 比 較 調 査 調 査 対 象 教 科 書 ( ) 内 は 略 称 育 鵬 社 ( 育 鵬 ) 帝 国 書 院 ( 帝 国 ) 教 育 出 版 社 ( 教 出 ) 東 京 書 籍 ( 東 書 ) 清 水 書 院 ( 清 水 ) 日 本 文 教 出 版 社 自 由 社 ( 自 由 ) ( 日 文 ) 教 科 書 採 択 の 基 本 方 針 とは 新 しい 教 育 基 本

More information

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担

常 葉 大 学 富 士 キャンパス 庶 務 課 石 川 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 庶 務 課 での 仕 事 現 在 は 学 校 全 体 の 経 理 をしています 主 に 予 算 編 成 から 執 行 補 助 金 の 管 理 教 員 の 研 究 経 費 に 関 する 事 務 処 理 を 担 常 葉 大 学 浜 松 キャンパス 教 務 課 杉 浦 さん( 平 成 24 年 採 用 ) 教 務 課 での 仕 事 教 務 課 の 仕 事 は 学 生 や 教 員 が 授 業 を 円 滑 に 行 えるようにサポートをすることです 私 は 主 に 実 習 関 連 の 業 務 に 携 わっており 学 外 での 長 期 間 の 実 習 の 際 には 宿 泊 施 設 の 手 配 をしたり 実 習 施 設

More information

Taro-shakai.jtd

Taro-shakai.jtd 第 3 学 年 社 会 科 ( 公 民 的 分 野 ) 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 21 年 11 月 11 日 5 校 時 場 所 : 第 3 学 年 3 組 教 室 授 業 者 : 教 諭 梅 津 卯 1 単 元 名 わたしたちの 生 活 と 経 済 2 単 元 の 目 標 (1) 経 済 活 動 の 意 義 や 生 産 流 通 消 費 といった 経 済 のおおまかなしくみを, 身

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information