森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2"

Transcription

1 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1

2 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

3 地 球 環 境 人 間 生 活 にかかわる 農 業 及 び 森 林 の 多 面 的 な 機 能 の 評 価 について : 農 林 水 産 大 臣 から 日 本 学 術 会 議 会 長 へ 諮 問 : 農 業 森 林 の 多 面 的 機 能 に 関 する 特 別 委 員 会 設 置 : 二 つのワーキング グループ 委 員 会 設 置 : 日 本 学 術 会 議 会 長 から 農 林 水 産 大 臣 へ 答 申 第 1 章 総 論 第 2 章 農 業 の 多 面 的 機 能 第 3 章 森 林 の 多 面 的 機 能 付 論 水 産 業 海 洋 の 多 面 的 機 能 3

4 森 林 の 多 面 的 機 能 ( 日 本 学 術 会 議 の 答 申 )について 森 林 の 原 理 に 基 づく 多 面 的 機 能 の 理 解 ( 森 林 と 人 間 の 関 係 についての 原 理 ) 環 境 原 理 文 化 原 理 物 質 利 用 原 理 多 面 的 機 能 の 種 類 :8 種 類 に 分 類 ( 環 境 原 理 に 基 づく 環 境 保 全 機 能 が 基 本 ) 環 境 保 全 機 能 は 各 種 の 循 環 に 関 わる 物 理 的 機 能 森 林 の 多 面 的 機 能 には 限 界 がある 木 平 勇 吉 編 著 森 林 の 機 能 と 評 価 参 照 太 田 猛 彦 編 著 宮 川 環 境 読 本 参 照 4

5 環 境 原 理 森 林 の 原 理 森 林 は 地 形 地 質 気 候 とともに 陸 域 の 自 然 環 境 を 構 成 する 要 素 の 一 つであり しかも 生 命 活 動 を 行 っている 要 素 である さらに 人 類 が 生 存 している 地 球 上 の 現 環 境 は 森 林 が 地 球 上 に 初 めて 出 現 した 約 4 億 年 前 から 陸 域 に 森 林 が 存 在 することを 前 提 と して 少 しずつ 形 成 されたものである 森 林 の 中 から 生 まれ 出 た 人 類 にとって とくに かっての 森 の 民 日 本 人 にとって それは 生 存 そのものを 保 障 する 基 盤 の 一 部 でもある したがって 生 活 のほとんどの 場 面 で 森 林 が 有 益 なのは 当 然 である 文 化 原 理 日 本 人 の 文 化 や 民 俗 性 も 長 い 間 の 森 林 との 関 わりで 形 成 された すなわち 森 林 は 日 本 人 の こころ にも 影 響 を 及 ぼしている 利 用 原 理 木 材 の 生 産 は 光 合 成 生 産 物 の 最 も 効 率 的 な( 直 接 的 ) 利 用 法 であ る しかし 物 質 を 森 林 の 外 に 取 り 出 す 利 用 は 森 林 環 境 原 理 とトレー ド オフの 関 係 にある 5

6 自 然 環 境 の 構 成 要 素 水 地 形 気 候 自 然 環 境 地 質 大 気 土 壌 太 陽 エネル ギー 植 生 / 森 林 人 類 6

7 環 境 の 構 成 要 素 水 気 候 大 気 太 陽 エネル ギー 地 形 環 境 植 生 / 森 林 地 質 人 類 土 壌 循 環 7

8 植 物 の 進 化 の 歴 史 (1) 海 中 での 進 化 : 大 気 組 成 の 変 化 (オゾン 層 の 生 成 紫 外 線 防 止 ) 上 陸 への 準 備 (2) シダ 植 物 の 上 陸 : 維 管 束 系 の 発 達 ( 森 林 ) 炭 素 の 固 定 と 貯 蔵 (3) 種 子 植 物 : 乾 燥 地 への 適 応 ( 内 陸 へ) 気 候 の 安 定 (4) 被 子 植 物 : 動 物 との 共 存 ( 共 進 化 ) 生 物 多 様 性 の 獲 得 (5) 草 本 植 物 : 寒 冷 化 と 乾 燥 への 適 応 8

9 地 質 時 代 の 森 林 の 機 能 (1) 二 酸 化 炭 素 の 吸 収 / 炭 素 の 固 定 ( 盛 んな 光 合 成 ) (2) 化 石 燃 料 の 生 成 ( 遅 い 分 解 速 度 分 解 しない? ) (3) 気 候 の 安 定 ( 蒸 発 散 作 用 ) (4) 生 物 多 様 性 の 獲 得 ( 動 物 との 共 進 化 ) (5) 豊 かな 土 壌 の 生 成 ( 物 質 循 環 ) 森 林 は 約 4 億 年 をかけて 現 在 の 地 球 環 境 を 創 造 した 9

10 文 化 機 能 10

11 環 境 原 理 森 林 の 原 理 森 林 は 地 形 地 質 気 候 とともに 陸 域 の 自 然 環 境 を 構 成 する 要 素 の 一 つであり しかも 生 命 活 動 を 行 っている 要 素 である さらに 人 類 が 生 存 している 地 球 上 の 現 環 境 は 森 林 が 地 球 上 に 初 めて 出 現 した 約 4 億 年 前 から 陸 域 に 森 林 が 存 在 することを 前 提 と して 少 しずつ 形 成 されたものである 森 林 の 中 から 生 まれ 出 た 人 類 にとって とくに かっての 森 の 民 日 本 人 にとって それは 生 存 そのものを 保 障 する 基 盤 の 一 部 でもある したがって 生 活 のほとんどの 場 面 で 森 林 が 有 益 なのは 当 然 である 文 化 原 理 日 本 人 の 文 化 や 民 俗 性 も 長 い 間 の 森 林 との 関 わりで 形 成 された すなわち 森 林 は 日 本 人 の こころ にも 影 響 を 及 ぼしている 利 用 原 理 木 材 の 生 産 は 光 合 成 生 産 物 の 最 も 効 率 的 な( 直 接 的 ) 利 用 法 であ る しかし 物 質 を 森 林 の 外 に 取 り 出 す 利 用 は 森 林 環 境 原 理 とトレー ド オフの 関 係 にある 11

12 森 林 の 多 面 的 機 能 生 物 多 様 性 保 全 機 能 : 生 物 進 化 の 現 状 を 支 える 根 源 的 機 能 地 球 環 境 保 全 機 能 : 土 砂 災 害 防 止 機 能 / 土 壌 保 全 機 能 : 水 源 涵 養 機 能 : 自 然 環 境 の 構 成 要 素 としての 本 質 的 物 理 的 機 能 快 適 環 境 形 成 機 能 : 生 活 の 向 上 等 に 貢 献 する 物 理 的 機 能 保 健 レクリエーション 機 能 : 精 神 的 肉 体 的 向 上 に 貢 献 する 機 能 文 化 機 能 : 日 本 人 の 文 化 民 族 性 を 形 成 した 根 源 的 機 能 物 質 生 産 機 能 : 利 用 原 理 に 基 づく 経 済 的 実 利 的 機 能 かつての 予 定 調 和 論 は 廃 された! 12

13 森 林 の 多 面 的 機 能 生 物 多 様 性 保 全 地 球 環 境 保 全 土 砂 災 害 防 止 / 土 壌 保 全 水 源 涵 養 快 適 環 境 形 成 環 境 原 理 保 健 /レクリエーション 文 化 文 化 原 理 物 質 ( 木 材 ) 生 産 ( 物 質 ) 利 用 原 理 13

14 14

15 多 様 性 森 林 の 多 面 的 機 能 の 特 徴 きわめて 多 様 な 機 能 を 持 つ 総 合 性 一 つ 一 つの 機 能 はそれほど 強 力 ではない( 機 能 の 限 界 性 )が 多 くの 機 能 を 重 複 して 発 揮 することができ 総 合 的 に 強 力 である ( 森 林 の 部 位 によって 機 能 が 異 なる 場 合 もある) 階 層 性 多 様 な 機 能 には 管 理 上 重 視 すべき 順 番 がある 定 量 的 評 価 が 困 難 根 源 的 な 機 能 がある 森 林 のタイプや 来 歴 立 地 条 件 等 によって 発 揮 される 機 能 が 異 なる 他 の 環 境 の 要 素 と 複 合 して 発 揮 される 機 能 がある 15

16 水 循 環 過 程 において 森 林 が 水 源 涵 養 機 能 を 発 揮 するメカニズム 16

17 17

18 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 洪 水 緩 和 機 能 : 洪 水 流 出 ハイドログラフのピー ク 流 量 を 減 少 させる 水 資 源 貯 留 / 水 量 調 節 : 洪 水 流 出 を 遅 延 させる ことにより 無 効 流 量 を 減 少 させ 使 える 水 量 を 増 や す ( 渇 水 緩 和 効 果 は 疑 問 ) 水 質 浄 化 機 能 : 土 壌 の 緩 衝 機 能 等 により 森 林 を 通 過 する 雨 水 の 水 質 を 改 善 する 18

19 水 源 涵 養 機 能 を 発 揮 する 主 体 これらは 全 て 森 林 が 雨 水 を 地 表 流 から 地 中 流 に 変 えることにより 発 揮 される すなわち 1 地 中 流 の 流 速 は 地 表 流 に 比 べて 格 段 に 遅 い 2 地 中 流 は 地 下 水 を 涵 養 する さらに 言 えば 1 森 林 の 林 床 ( 鉱 物 土 壌 の 表 面 )が 落 ち 葉 や 枯 れ 枝 あるいは 下 草 で 覆 われていること および 2 森 林 土 壌 の 良 好 な 透 水 性 によりにより 発 揮 される 特 に 1が 存 在 しない( 裸 地 ) 場 合 は 土 壌 表 面 の 目 詰 まりによる 層 ( 雨 撃 層 クラスト)が 雨 水 を 浸 透 させず 地 表 流 が 発 生 する 19

20 雨 撃 層 20

21 裸 地 健 全 な 森 林 ホートン 地 表 流 雨 水 は 全 て 浸 透 する 21

22 斜 面 から 基 盤 岩 内 への 浸 透 地 下 水 涵 養 と 流 出 22

23 水 質 浄 化 機 能 は 多 くの 要 素 の 複 合 的 作 用 により 発 揮 される A 0 層 の 表 面 侵 食 防 止 作 用 ろ 過 作 用 森 林 土 壌 の 緩 衝 作 用 土 壌 鉱 物 基 盤 岩 の 化 学 的 風 化 (ミネラルの 付 加 ) 飽 和 帯 での 脱 窒 作 用 (ph の 上 昇 ) 23

24 河 川 流 出 1 多 くの 因 子 が 影 響 する 2 流 出 メカニズムの 違 いにより 二 つ に 分 けて 考 える 洪 水 流 出 / 降 水 流 出 低 水 流 出 24

25 降 雨 流 出 過 程 に 関 係 する 因 子 降 雨 ( 気 象 ) 特 性 降 雨 総 量 降 雨 強 度 無 降 雨 日 数 ( 先 行 水 分 条 件 ) 気 候 特 性 降 水 特 性 年 降 水 量 P 季 節 降 水 量 蒸 発 散 特 性 < 純 放 射 量 R n 放 射 乾 燥 度 R n/λp > 地 形 特 性 斜 面 傾 斜 水 系 網 パターン 地 質 特 性 基 盤 の 透 水 性 流 域 森 林 ( 植 生 ) < 土 地 利 用 > 樹 冠 の 変 化 裸 地 針 葉 樹 林 樹 高 / 林 齢 皆 伐 跡 地 / 択 伐 間 伐 / 枝 打 ち 広 葉 樹 森 林 土 壌 の 変 化 裸 地 植 生 回 復 初 期 皆 伐 跡 地 人 工 林 ( 閉 鎖 度 ) 天 然 林 河 川 洪 水 流 出 低 水 河 川 の 多 面 的 機 能 洪 水 ( 負 の 機 能 ) 渇 水 ( 負 の 機 能 ) 水 質 浄 化 生 態 系 保 全 景 観 保 全 水 利 用 生 活 農 業 工 業 用 水 水 産 交 通 ( 舟 運 ) 観 光 レクリエーション 文 化 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 の 研 究 は 難 しい ( 自 然 条 件 ) ( 自 然 + 人 為 ) 25

26 26

27 対 照 流 域 法 降 雨 条 件 気 候 地 形 地 質 等 の 条 件 を 同 じにして 森 林 の 取 り 扱 いの 影 響 を 調 べる A : 処 理 流 域 B : 基 準 流 域 27

28 対 照 流 域 法 を 試 みても 森 林 の 洪 水 緩 和 機 能 はわからなかった むしろ 森 林 による 水 消 費 が 明 確 に なった 28

29 29

30 30

31 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 の 再 確 認 ( 森 林 水 文 学 の 成 果 ) 1 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 は 健 全 な 森 林 土 壌 により 発 揮 される 2 森 林 は 水 を 消 費 する 3 厳 密 な 意 味 での 渇 水 緩 和 は 難 しい 渇 水 緩 和 水 資 源 貯 留 / 流 量 の 平 準 化 いわゆる 緑 のダム のはたらきを 科 学 的 に 理 解 して 欲 しい 太 田 猛 彦 服 部 重 昭 監 修 地 球 環 境 時 代 の 水 と 森 31

32 水 循 環 森 林 ( 水 源 涵 養 機 能 ) 土 砂 流 出 有 機 物 生 産 - 一 方 で 熱 環 境 緩 和 32

33 33

34 水 循 環 過 程 における 森 林 の 作 用 のまとめ A0 層 や 下 草 に 覆 われた 森 林 土 壌 が 存 在 すれば 雨 水 は 全 量 が 土 壌 中 へ 浸 透 し 水 源 涵 養 機 能 の 全 てが 発 揮 される 浸 透 水 は 地 下 水 を 涵 養 する 樹 冠 の 存 在 は 水 源 涵 養 機 能 にあまり 影 響 しない 樹 冠 は 遮 断 蒸 発 と 蒸 散 によりむしろ 水 を 消 費 する 樹 冠 は 地 表 に 落 葉 を 落 とし 森 林 土 壌 を 作 る 樹 冠 がなければ 光 合 成 生 産 が 成 立 せず 森 林 は 成 長 できない 現 在 の 日 本 の 森 林 の 状 態 は? 34

35 昔 山 は 荒 れていた 35

36 岡 山 県 の 荒 廃 状 況 36

37 東 京 都 の 水 源 林 にも 森 林 はなかった 多 摩 川 源 流 域 の 荒 廃 状 況 37

38 白 神 山 地 に 続 く 里 山 にも 森 はない 38

39 39

40 現 代 における 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 の 理 解 1. 森 林 の 成 長 には 水 が 必 要 である 樹 冠 ( 地 上 部 )の 蒸 散 作 用 と 遮 断 蒸 発 によって 水 は 消 費 される 2. 落 葉 や 下 草 を 含 めた 森 林 土 壌 が 雨 水 を 地 中 に 浸 透 させる 水 源 涵 養 の 三 つの 機 能 は 森 林 土 壌 によって 発 揮 される 森 林 が 伐 採 されても 土 壌 が 保 全 されている 限 り 機 能 は 発 揮 される 3.50 年 前 まで 各 地 にハゲ 山 や 粗 悪 林 地 が 存 在 した 日 本 の 森 林 ( 特 に 里 山 )は 数 百 年 ぶりの 豊 かさを 誇 っている 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 はすでにおおむね 発 揮 されている 危 機 に 瀕 しているのは 水 質 浄 化 機 能 林 地 への 汚 濁 負 荷 の 排 除 の 必 要 性 土 壌 保 全 から 森 林 の 水 消 費 の 削 減 へ 木 材 生 産 と 両 立 の 可 能 性 40

41 地 下 水 への 影 響 41

42 42

43 43

44 44

45 45

46 森 林 が 雨 水 を 地 中 に 浸 透 させる 作 用 をどう 評 価 するか 裸 地 と 比 較 したとき 森 林 の 浸 透 促 進 効 果 は 非 常 に 大 きい( 森 林 の 機 能 の 評 価 は はげ 山 を 基 準 にするか 現 状 を 基 準 にするか) 不 飽 和 地 中 流 が 地 下 水 を 涵 養 する 地 下 水 の 利 用 はそれより 下 流 の 地 下 水 流 出 ( 最 終 的 には 河 川 への 流 出 )に 影 響 を 与 える 地 表 が 他 の 土 地 利 用 でなく 森 林 で 覆 われてい ることの 意 味 は 森 林 が 人 工 林 であろうと 天 然 林 で あろうと 重 要 である 46

47 今 後 の 森 林 整 備 47

48 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 発 揮 を 重 視 した 森 林 管 理 の 必 要 性 と 可 能 性 1. 新 しい 森 林 管 理 の 原 則 ゾーニングによる 森 林 の 整 備 森 林 の 多 面 的 機 能 の 特 徴 を 考 慮 した 特 に 森 林 の 機 能 の 階 層 性 に 注 目 した 管 理 2. 水 源 涵 養 機 能 / 水 保 全 と 山 地 災 害 防 止 機 能 / 土 壌 保 全 を 分 離 して 管 理 する 3. 水 源 涵 養 機 能 の 発 揮 を 重 視 する 森 林 管 理 葉 量 を 制 限 する 行 為 ( 間 伐 や 伐 採 )が 有 効 木 材 生 産 機 能 と 両 立 可 能 外 部 から 持 ち 込 まれる 負 荷 を 排 除 して 水 質 を 維 持 する 48

49 保 健 レクリエーション 49

50 都 市 と 農 地 と 森 林 自 然 域 太 陽 エネルギーのみ 太 陽 エネルギー+ 化 石 エネルギー ヒト 農 地 都 市 現 代 人 地 下 資 源 化 石 エネルギー 森 林 自 然 域 ( 人 工 林 ) 森 林 自 然 域 : 物 質 循 環 に 廃 棄 物 なし 50

51 森 林 自 然 域 の 特 徴 人 類 圏 以 外 の 生 物 圏 現 太 陽 エネルギーのみに 依 存 現 太 陽 エネルギーの 取 り 入 れ 口 環 境 保 全 機 能 を 基 本 とする 多 面 的 機 能 を 発 揮 人 類 圏 とは 水 その 他 の 物 質 循 環 で 連 結 流 域 ( 圏 ) 人 類 にとって 必 要 不 可 欠 な 土 地 利 用 51

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 150629 生 態 系 の 科 学 流 域 生 態 系 における 物 質 循 環 九 州 大 学 演 習 林 大 槻 恭 一 智 和 正 明 自 己 紹 介 最 近 の 生 態 系 研 究 の 動 向 森 林 の 水 はきれい? 森 林 における 窒 素 循 環 多 々 良 川 流 域 の 水 はなぜ 汚 れているのか? 森 林 は 窒 素 飽 和 しているのか? 自 己 紹 介 最 近 の 生

More information

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容

及 び 意 見 交 換 が 行 われた 委 員 からのご 意 見 事 業 用 地 内 における 基 準 値 を 超 える 土 壌 は 自 然 的 原 因 による 汚 染 土 である 兵 庫 県 域 の 事 業 用 地 内 における 土 壌 調 査 は 18 年 度 19 年 度 の 調 査 内 容 第 一 回 新 名 神 高 速 道 路 兵 庫 県 域 掘 削 土 対 策 検 討 会 議 事 要 旨 1. 日 時 平 成 20 年 5 月 29 日 ( 木 )14 時 ~17 時 2. 場 所 建 設 交 流 館 会 議 室 702 3. 出 席 委 員 ( 敬 称 略 ) 委 員 長 嘉 門 雅 史 ( 京 都 大 学 大 学 院 地 球 環 境 学 堂 教 授 ) 委 員 平 田 健 正

More information

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について 報 道 発 表 資 料 平 成 25 年 9 月 2 7 日 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 気 象 庁 環 境 省 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 5 次 評 価 報 告 書 第 1 作 業 部 会 報 告 書 ( 自 然 科 学 的 根 拠 )の 公 表 について 気 候 変 動 に 関 する 政 府 間 パネル(IPCC) 第 36 回 総 会 及 び

More information

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること

山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展 を 図 ること 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 のあらまし 平 成 27 年 6 月 農 林 水 産 省 山 村 振 興 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 成 立 しました 山 村 振 興 法 は 山 村 地 域 における 経 済 力 の 培 養 と 住 民 の 福 祉 の 向 上 を 図 り あわせて 他 地 域 との 格 差 の 是 正 及 び 国 民 経 済 の 発 展

More information

Microsoft Word - 温対編_1章_130531

Microsoft Word - 温対編_1章_130531 第 1 地 球 温 暖 化 問 題 と 我 が 国 の 現 状 地 球 温 暖 化 は 人 間 活 動 によって 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 など 温 室 効 果 ガスの 濃 度 が 増 加 し これに 伴 って 太 陽 からの 日 射 や 地 表 面 から 放 射 する 熱 の 一 部 がバランスを 超 えて 温 室 効 果 ガ スに 吸 収 されることにより 地 表 面 の 温 度 が

More information

表紙_責了.indd

表紙_責了.indd 2012 Vol. 36 環 境 都 市 宣 言 シンボルマーク 稚 内 市 では 生 ごみや 下 水 汚 泥 を 微 生 物 の 発 酵 により 減 容 すると 共 に 発 生 するバイオガスを 回 収 してエネルギーとして 活 用 するため 稚 内 市 バイオエネルギーセンターを 整 備 しました この 施 設 では 生 ごみ(4,200トン/ 年 ) 下 水 汚 泥 (2,100トン/ 年 )を

More information

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc

Microsoft Word - 出雲(H20.4.1).doc 出 雲 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 島 根 県 目 次 1. 都 市 計 画 の 目 標 1) 都 市 づくりの 基 本 理 念... 1 2) 地 域 毎 の 市 街 地 像... 3 2. 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 1) 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無... 4 3. 主 要 な 都 市 計 画 の 決 定 の 方 針 1) 土

More information

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要

私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの 水 源 の 涵 養 のために 重 要 熊 本 森 林 管 理 署 の 国 有 林 のあらまし 平 成 27 年 度 版 九 州 森 林 管 理 局 熊 本 森 林 管 理 署 私 たちみんなの 森 林 国 有 林 熊 本 森 林 管 理 署 は 白 川 菊 池 川 緑 川 天 草 流 域 に 広 がる 国 有 林 24,897ha と 官 行 造 林 954ha を 管 理 経 営 しています 74 万 人 都 市 熊 本 市 などの

More information

「環境用水の導入」事例集~魅力ある身近な水環境づくりにむけて~

「環境用水の導入」事例集~魅力ある身近な水環境づくりにむけて~ 35 東 京 都 小 金 井 市 ビオトープ 水 路 水 源 導 水 方 法 導 水 箇 所 水 環 境 上 問 題 雨 水 新 設 管 路 動 力 自 然 流 下 河 川 水 路 親 水 性 景 観 東 京 都 ビオトープ 水 路 地 図 中 破 線 枠 は 次 ページ 地 図 範 囲 対 象 地 域 地 域 東 京 都 小 金 井 市 と 小 平 市 境 にあるこ 地 域 は 市 境 を 五 日

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20874C95FA9275927C97D18E918CB989BB83828366838B81698376838C835B839332816A> 何 処 でも 誰 でも 出 来 る! シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 シンプル 小 規 模 低 投 資! 放 置 竹 林 の 持 続 可 能 な 資 源 化 ループの 構 築 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 株 式 会 社 モキ 製 作 所 深 澤 義 則 1 2 プロローグ( 宝 が 放 置 されている)

More information

中国の環境汚染と日中環境協力

中国の環境汚染と日中環境協力 2013 年 5 月 1 日 全 6 頁 中 国 の 環 境 汚 染 と 日 中 環 境 協 力 常 務 理 事 金 森 俊 樹 [ 要 約 ] 本 年 初 から 北 京 を 始 めとする 中 国 各 地 で 大 気 中 の PM2.5( 直 径 2.5 マイクロメートル の 微 粒 子 中 国 では 正 式 名 称 として 細 顆 粒 物 と 呼 ぶようになっている)の 値 が 急 上 昇 し 改

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

Microsoft Word - SDS No.1-6

Microsoft Word - SDS No.1-6 1/7 安 全 データシート [SDS No. 1-6] 作 成 日 :1993 年 04 月 01 日 改 訂 日 :2016 年 07 月 01 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 製 品 名 :エレファクスエッチ 液 Fエッチ 液 会 社 情 報 会 社 名 : 岩 崎 通 信 機 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 杉 並 区 久 我 山 1-7-41

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

1

1 -------------------------------------------------------------------------------- 別 添 5-4 事 後 調 査 の 計 画 -------------------------------------------------------------------------------- 1 事 後 調 査 項 目 の 選

More information

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸

世 界 平 均 地 上 気 温 の 上 昇 量 の 予 測 出 典 : 平 成 19 年 度 国 土 交 通 白 書 各 温 室 効 果 ガスの 地 球 温 暖 化 への 影 響 地 球 温 暖 化 の 原 因 となっている 温 室 効 果 ガスには 二 酸 化 炭 素 以 外 にも メタン 一 酸 Ⅱ. 運 輸 部 門 における 主 要 な 環 境 問 題 の 現 状 1 地 球 環 境 問 題 の 現 状 わたしたちの 住 む 地 球 は 地 球 温 暖 化 やオゾン 層 の 破 壊 等 深 刻 な 環 境 問 題 に 直 面 しています 次 世 代 の 人 々に 安 心 した 生 活 を 営 める 惑 星 を 受 け つぐため わたしたちの 世 代 が 早 急 な 対 策 を 講 じ ることが

More information

別紙1

別紙1 Ⅳ. 特 記 事 項 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 重 視 した 教 育 研 究 - 地 域 に 愛 される 大 学 として - 基 準 10で 述 べたように 本 学 は 地 域 社 会 との 協 力 を 極 めて 重 視 し 地 域 連 携 地 域 貢 献 を 通 し 地 域 に 愛 される 大 学 として 教 育 研 究 活 動 を 活 発 に 展 開 している その 中 で も 特 に

More information

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 -----------------------------------------

目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 当 該 都 市 計 画 区 域 の 都 市 づくりの 基 本 理 念 --------------------------- 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 ----------------------------------------- 富 士 見 都 市 計 画 ( 富 士 見 市 ふじみ 野 市 三 芳 町 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 24 年 9 月 14 日 から 平 成 24 年 10 月 1 日 まで 平 成 25 年 2 月 5 日 埼 玉 県 目 次 1 都 市 計 画

More information

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書

最終処分場の市場動向 調査分科会報告書 A-1グループ 最 終 処 分 場 市 場 動 向 調 査 研 究 報 告 書 第 Ⅰ 期 調 査 研 究 期 間 平 成 25 年 9 月 27 日 ~ 平 成 26 年 3 月 31 日 研 究 調 査 の 目 的 1. 最 終 処 分 場 の 市 場 予 測 を 行 い 会 員 のビジ ネス 戦 略 に 資 する 2.LSAの 会 員 の 最 終 処 分 場 分 野 の 活 動 状 況 を 調

More information

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx

Microsoft PowerPoint - 【最終】140801 荏原実業スライド.pptx 地 球 と 一 緒 に 深 呼 吸 環 境 保 全 のリ-ディングカンパニーを 目 指 す 証 券 コード6328 荏 原 実 業 株 式 会 社 214 年 12 月 期 第 2Q 決 算 説 明 会 214 年 8 月 1 日 www.ejk.co.jp 14/12 月 期 第 2Q 決 算 報 告 計 画 に 対 して 下 期 への 後 ズレが 見 られたものの 前 期 比 では 増 収 増

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20817988F38DFC8A6D92E88CB48D65817A819A81798E9197BF312D32817A819F8CE38AFA8AEE967B8C7689E6816995AA96EC95CA8C7689E6816A313230333136> 第 基 本 方 針 2 快 適 でうるおいのあるまちづくり 復 興 計 画 にかかわる 施 策 を 含 むもの 施 策 施 策 の 展 開 1 環 境 保 全 対 策 の 充 実 2 循 環 型 社 会 の 構 築 1 住 み 良 い 環 境 の 確 保 2 きれいなまちづくりの 推 進 3 省 エネルギー 新 エネルギーの 促 進 4 保 安 林 の 整 備 5 海 岸 浸 食 対 策 1 廃 棄

More information

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水

2 事 業 により 整 備 された 施 設 の 管 理 状 況 (1) 施 設 の 概 況 本 事 業 で 整 備 された 施 設 は 六 堰 頭 首 工 左 岸 幹 線 導 水 路 右 岸 幹 線 導 水 路 大 里 幹 線 用 水 路 奈 良 堰 幹 線 用 水 路 玉 井 堰 幹 線 用 水 おおさと 事 業 名 国 営 総 合 農 地 防 災 事 業 地 区 名 大 里 県 名 埼 玉 県 関 係 市 町 村 く ま が や し おおさとまち こうなんまち ぎ よ う だ し みなみかわらむら こ う の す し 熊 谷 市 ( 旧 熊 谷 市 旧 大 里 町 旧 江 南 町 ) 行 田 市 ( 旧 行 田 市 旧 南 河 原 村 ) 鴻 巣 市 ふきあげまち ふ か や し かわもとまち

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

90 1979 1999 1981 1999 1990 1990 1987 197382 198186 80 70 60 50 40 30 20 10 0 160,000 1.40 140,000 1.20 120,000 1.00 100,000 0.80 80,000 0.60 60,000 0.40 40,000 0.20 20,000 0 0.00 1970 1980 1990 2000

More information

スライド 1

スライド 1 部 外 秘 太 陽 熱 を 利 用 した 淡 水 化 調 理 温 水 装 置 と 沙 漠 地 帯 でのバイオ 燃 料 生 産 大 阪 大 学 レーザーエネルギー 学 研 究 センター 實 野 孝 久 2012.4.10. 1 世 界 の 人 口 石 油 生 産 石 油 価 格 食 料 価 格 の 関 係 人 類 は 安 価 な 石 油 で 農 作 物 を 作 り 70 億 人 を 突 破 してしまった

More information

Taro-稲作生産情報第1号

Taro-稲作生産情報第1号 稲 作 生 産 情 報 第 1 号 平 成 28 年 3 月 7 日 青 森 県 攻 めの 農 林 水 産 業 推 進 本 部 高 品 質 で 良 食 味 な 米 づくりに 向 け 健 康 な 土 づくりと 健 苗 育 成 に 努 めよう! 適 期 田 植 えに 向 け 苗 づくりの 準 備 を 計 画 的 に 行 おう! 1 育 苗 計 画 適 正 な 育 苗 日 数 ( 中 苗 :30 日 ~35

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17

目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域 経 済 等 への 波 及 17 資 料 2 北 海 道 における 農 業 農 村 整 備 の 概 況 等 について 平 成 27 年 11 月 13 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 目 次 1 北 海 道 農 業 の 現 状 1 2 北 海 道 の 農 業 農 村 整 備 を 取 り 巻 く 状 況 8 3 農 業 農 村 整 備 における 新 たな 技 術 の 導 入 15 4 農 業 農 村 整 備 の 地 域

More information

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22

1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 24 26 28 面 積 率 1974 1976 1978 198 1982 1984 1986 1988 199 1992 1994 1996 1998 2 22 参 考 資 料 2 ヒートアイランド 現 象 の 要 因 変 化 の 推 定 方 法 本 マニュアルではヒートアイランド 現 象 が 顕 著 な 大 都 市 ( 東 京 都 区 部 名 古 屋 市 大 阪 市 福 岡 市 )を 対 象 に ヒートアイランド 現 象 の 主 な 要 因 である1 地 表 面 被 覆 の 人 工 化 2 都 市 形 態 の 高 密 度 化 3 人 工 排 熱 の 増 加

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

取扱基準 本文

取扱基準 本文 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 東 京 都 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 1 制 定 15 都 市 建 市 第 282 号 平 成 16 年 3 月 4 日 改 正 16 都 市 建 企 第 233 号 平 成 16 年 9 月 10 日 改 正 21 都 市 建 企 第 893 号 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 25

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

<4D F736F F D2091E63389F C838B834D815B A ED97AA8CA48B8689EF F31325F A2D8B638E96985E816988C4816A2D30322E646F63>

<4D F736F F D2091E63389F C838B834D815B A ED97AA8CA48B8689EF F31325F A2D8B638E96985E816988C4816A2D30322E646F63> No.2(2009.12.08) 第 3 回 エネルギーシナリオ 戦 略 研 究 会 議 事 録 ( 案 ) 日 時 / 場 所 / 参 加 者 日 時 : 平 成 21 年 12 月 4 日 ( 金 )15:00 17:10 場 所 : 京 都 大 学 工 学 部 2 号 館 335 号 室 参 加 者 ( 敬 称 略 ): 西 川 禕 一 財 団 法 人 応 用 科 学 研 究 所 理 事 長

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6328FCD5F8E968BC682CC96DA93498B7982D193E097652E646F6378> 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 第 2 章 事 業 の 目 的 及 び 内 容 2.1 事 業 の 目 的 我 が 国 のエネルギー 政 策 のグランドデザインは 慎 重 に 描 く 必 要 性 がある 一 方 で 国 内 の 電 力 需 給 は 今 後 数 年 間 厳 しい 状 況 が 継 続 する 見 通 しであり 一 日 も 早 い 新 規 電 源 の 開 発 が 求 められている

More information

平成21年度 事業計画書(案)

平成21年度 事業計画書(案) 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 自 至 平 成 25 年 7 月 1 日 平 成 26 年 6 月 30 日 財 団 法 人 日 本 きのこセンター 平 成 25 年 度 事 業 計 画 事 業 方 針 昨 年 末 の 衆 議 院 総 選 挙 で 与 党 復 帰 を 果 たした 自 民 公 明 政 権 がデフレからの 脱 却 と 経 済 再 生 を 最 優 先 課 題 として 取 り 組

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

untitled

untitled . 低 コスト 木 造 化 のためのチェックポイントと 解 説 1 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 ここでは 建 設 費 以 外 のコスト 評 価 におけるチェックポイントを5つ 挙 げ 解 説 します 1) 県 産 材 利 用 の 助 成 制 度 1. 教 育 福 祉 関 連 施 設 建 設 費 の 補 助 を 利 用 岐 阜 県 の 木 の 香 る 快 適 な 教 育 施 設 等 整 備

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 第 1 節 目 的 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 1 目 的 本 ガイドラインは 下 水 道 事 業 における 大 幅 なコスト 縮 減 や 省 エネルギー 創 エネルギー 効 果 の 増 大 に 寄 与 するため 下 水 道 革 新 的 技 術 実 証 事 業 (B-DASH プロジェクト)の 革 新 的 技 術 の1つである 下 水 道 バイオマスからの 電 力 創 造 システムに 関

More information

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc

Microsoft Word - 2柴原-F1.doc 環 境 負 荷 低 減 をめざした 水 稲 栽 培 技 術 の 体 系 化 と GIS を 利 用 した 負 荷 予 測 モデルによる 検 証 - 先 端 技 術 を 活 用 した 農 林 水 産 研 究 高 度 化 事 業 の 研 究 成 果 報 告 - 滋 賀 県 農 業 技 術 振 興 センター( 研 究 総 括 者 ) 柴 原 藤 善. 研 究 の 概 要 近 畿 地 域 では 4 万 人

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が

Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が Ⅶ 用 語 の 解 説 Ⅶ 用 語 の 解 説 地 球 環 境 問 題 地 球 温 暖 化 大 気 中 の 二 酸 化 炭 素 ( 炭 酸 ガス)やメタン フロンガス 等 は 太 陽 光 線 は 通 過 させても 地 上 から 放 射 される 熱 を 吸 収 する 働 きがあり その 結 果 地 球 表 面 の 温 度 が 上 昇 する これを 温 室 効 果 と 呼 んでいる しかし 化 石 燃

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

庄 内 国 有 林 の 地 域 別 の 森 林 計 画 書 ( 案 ) ( 庄 内 森 林 計 画 区 ) 計 画 期 間 自 至 平 成 25 年 4 月 1 日 平 成 35 年 3 月 31 日 東 北 森 林 管 理 局 目 次 Ⅰ 計 画 の 大 綱 1 森 林 計 画 区 の 概 況 1 2 前 期 計 画 の 実 行 結 果 の 概 要 及 びその 評 価 4 3 計 画 樹 立 に

More information

乙種第4類(危険物取扱者試験)

乙種第4類(危険物取扱者試験) 過 去 に 出 題 された 問 題 乙 種 第 4 類 危 険 物 取 扱 者 試 験 解 答 は 最 後 のページに 記 載 されています ( 注 ) 問 題 中 に 使 用 した 略 語 は 次 のとおりです 法 令 消 防 法 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令 又 は 危 険 物 の 規 制 に 関 する 規 則 法 消 防 法 政 令 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208262826E825182CC8B7A8EFB97A682A982E782DD82BD93FA967B82CC8E5297D182CC8CBB8FF32E646F6378> CO2の 吸 収 率 からみた 日 本 の 山 林 の 現 状 青 木 一 郎 Ⅰ 森 林 に 関 する 京 都 議 定 書 の 内 容 1. 平 成 9 年 (1997 年 )に 京 都 で 気 候 変 動 枠 条 約 第 3 回 締 結 国 会 議 (COP 3)が 開 催 され 京 都 議 定 書 が 全 会 一 致 で 採 択 された 京 都 議 定 書 は 平 成 20 年 (2008 年

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計

目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書 の 作 成 2.1. 維 持 管 理 計 山 口 県 港 湾 施 設 維 持 管 理 点 検 マニュアル( 案 ) 平 成 25 年 8 月 山 口 県 土 木 建 築 部 港 湾 課 目 次 第 1 章 港 湾 の 施 設 の 維 持 管 理 計 画 の 概 要 1.1. 総 則... 1 1.2. マニュアルの 概 要... 2 1.3. 維 持 管 理 計 画 策 定 対 象 施 設... 3 第 2 章 維 持 管 理 計 画 書

More information

program_1stAM_0903

program_1stAM_0903 2015 年 度 日 本 地 球 化 学 会 第 62 回 年 会 講 演 プログラム セッション 概 要 ( 口 頭 発 表 会 場 と 時 間 帯 ポスター 発 表 番 号 ) 1:9 月 16 日 ( 水 ) 2:9 月 17 日 ( 木 ) 3:9 月 18 日 ( 金 ) セッションテーマ 日 程 会 場 時 間 帯 口 頭 発 表 ポスター 発 表 < 特 別 セッション> S01 鉱

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208BE38F4282CC8EA991528DD08A5182C696688DD05F947A957A97702E70707478> 九 州 の 自 然 災 害 と 防 災 激 甚 化 する 自 然 災 害 から 命 を 守 る 福 岡 管 区 気 象 台 長 横 山 博 文 今 年 8 月 は 暑 かった? 福 岡 の 日 最 高 気 温 日 最 低 気 温 の 推 移 35 日 最 高 気 温 日 最 高 気 温 平 年 値 25 日 最 低 気 温 日 最 低 気 温 平 年 値 6 月 7 月 8 月 2015 年 : (

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

発行日 2010/12/28

発行日 2010/12/28 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N), 日 立 ハイテクノロジーズ, 1/7 発 行 日 2011/7/10 製 品 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 製 品 コード 986-8008 整 理 番 号 会 社 名 住 所 担 当 部 門 日 立 ISE 用 洗 浄 液 (N) MSM0003 日 立 ハイテクノロジーズ 電 話

More information

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水

アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ 成 分 が 反 応 し ゲルが 生 成 生 成 したゲルは コンクリート 中 や 外 気 の 水 無 機 リチウム 系 ミックスタイプ 浸 透 シーラ コンクリートキーパー 説 明 資 料 営 業 担 当 : 津 波 直 樹 TEL:098-878-7878 FAX:098-870-1587 1 アルカリ 骨 材 反 応 コンクリートの 劣 化 要 因 セメントペースト 中 の 微 細 な 孔 に 存 在 する 高 いアルカリ 濃 度 の 水 酸 化 溶 液 と 骨 材 中 に 含 まれるシリカ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D528BDB89C18D48834E838A815B83938BF392B283568358836583802E646F63> 抗 菌 加 工 クリーン 空 調 システム 新 晃 工 業 ( 株 ) 技 術 本 部 朝 田 満 1.はじめに MRSA(メチシリン 耐 性 黄 色 ブドウ 球 菌 )やレジオネラ 菌 などによる 院 内 感 染 O-157 や 大 腸 菌 などによる 集 団 食 中 毒 など ウィルス 細 菌 による 被 害 を 最 小 限 に 抑 えるため 徹 底 した 抗 菌 対 策 が 望 まれています

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~)

資  料3 総理の新提案(美しい星へのいざない「Invitation to 『Cool Earth 50』」~3つの提案、3つの原則~) 美 しい 星 へのいざない Invitation to Cool Earth 50 ~ 3つの 提 案 3つの 原 則 ~ 資 料 3 冒 頭 杉 田 日 本 経 済 新 聞 社 社 長 アジア 各 国 指 導 者 の 皆 様 御 来 賓 の 皆 様 本 日 各 方 面 でアジアを 代 表 する 皆 様 方 の 前 で スピーチをする 機 会 をいただい たことを 誠 にうれしく 思 います 本 日

More information

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊

1. 事 業 所 の 概 要 事 業 所 名 : 有 限 会 社 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター 所 在 地 : 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929 番 地 2 代 表 者 : 取 締 役 社 長 宮 原 敏 也 環 境 管 理 責 任 者 : 総 務 部 環 境 計 量 課 伊 地 域 の 環 境 保 全 と 循 環 型 社 会 づくり に 貢 献 します!! NEDO 新 エネルギーフィールドテスト 事 業 浮 遊 外 熱 式 高 カロリーガス 化 システム 設 置 風 景 2009 年 3 月 佐 賀 県 鳥 栖 市 轟 木 町 929の2 ( 有 ) 鳥 栖 環 境 開 発 綜 合 センター TEL 0942-83-4069 ( 代 表 ) ホームページアドレス http://www.tosukan.co.jp

More information

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした

1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1. 環 境 マネジメントシステムを 継 続 的 に 改 善 します 2. 環 境 法 規 制 及 び 地 域 と 取 り 交 わした 第 45 期 ( 対 象 期 間 214 年 8 月 1 日 ~215 年 7 月 31 日 ) 発 行 日 :215 年 12 月 1 日 建 設 株 式 会 社 第 三 丸 15 積 改 訂 日 :216 年 3 月 15 日 1. 環 境 方 針 建 設 株 式 会 社 環 境 方 針 私 達 は 以 下 のように 環 境 マネジメントに 取 り 組 んでいくことをここに 宣 言 します 1.

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方

電気設備自然災害等対策WG 水力設備に係る検討項目及び検討の進め方 資 料 5 水 力 発 電 設 備 についての 検 討 に 係 る 考 え 方 平 成 26 年 2 月 18 日 商 務 流 通 保 安 グループ 電 力 安 全 課 - 目 次 - Ⅰ. 検 討 範 囲 3 Ⅱ. 水 力 設 備 に 関 する 検 討 項 目 4 Ⅲ.L2 地 震 動 に 対 するダムの 耐 性 評 価 5 Ⅳ. 洪 水 に 対 するダムの 耐 性 評 価 8 Ⅴ. 大 規 模

More information

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464> (1) ア 凍 害 厳 寒 ( 時 期 成 期 葉 に 発 と 生 冬 芽 することが )= 赤 枯 れ多 いが 初 冬 や 春 先 に 発 生 する 場 合 もある 5. 気 象 災 害 の 種 類 と 対 策 イ する 発 茶 生 樹 要 組 因 の 度 限 は 織 界 組 や であるが 織 細 器 胞 官 が 耐 えられない 品 冬 種 芽 の 時 場 期 合 低 によって はもう 温 に 遭

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 第 1 回 繊 維 分 野 におけるエネルギー 使 用 合 理 化 技 術 開 発 費 補 助 金 プロジェクト 事 後 評 価 検 討 会 資 料 5-2 アクリル 樹 脂 製 造 エネルギー 低 減 技 術 の 研 究 開 発 工 業 生 産 レベルで 実 用 可 能 な PMMAのMMAモノマーへのリサイクルシステムの 開 発 平 成 17 年 4 月 ~ 平 成 20 年 3 月 三 菱 レイヨン

More information

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378>

<817990528B6389EF9770817A83518393834C815B8DA188C990A893589399352D318169836083468362834E838A83588367816A2E786C7378> 1 概 要 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 指 針 項 目 チェックリスト 既 存 宅 地 ( 事 業 所 社 宅 跡 地 )にドラッグストアと 衣 料 品 店 を 新 設 する ( 法 第 5 条 第 1 項 ) 2 届 出 の 内 容 届 出 年 月 日 店 舗 設 置 者 小 売 業 者 店 舗 面 積 施 設 の 配 置 施 設 の 運 営 新 設 する 日 平 成 25 年 7 月

More information

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江

湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 事 業 者 資 料 湛 江 漁 港 ( 笠 岡 市 六 島 ) 公 有 水 面 埋 立 出 願 について 出 願 者 : 笠 岡 市 湛 江 漁 港 公 有 水 面 埋 立 出 願 の 概 要 1. 出 願 人 笠 岡 市 長 高 木 直 矢 2. 埋 立 位 置 A 区 域 B 区 域 C 区 域 岡 山 県 笠 岡 市 六 島 字 湛 江 浦 7495 番 の 地 先 公 有 水 面 岡 山 県

More information

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策

主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 北 京 市 における 都 市 冠 水 の 現 状 及 び 防 止 対 策 2012.7.24 北 京 市 市 政 工 程 設 計 研 究 総 院 張 韵 主 な 内 容 1 背 景 2 北 京 市 における 洪 水 防 止 及 び 排 水 システムの 現 状 分 析 3 冠 水 原 因 の 分 析 4 防 止 対 策 都 市 化 の 進 展 に 伴 い 千 年 の 古 都 は グローバル 都 市 へと

More information

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に

工 事 の 施 工 のための 詳 細 図 等 をいう (17) JIS とは, 工 業 標 準 化 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 185 号 ) に 基 づく 日 本 工 業 規 格 をいう (18) JAS とは, 農 林 物 資 の 規 格 化 及 び 品 質 表 示 の 適 正 化 に 資 料 -3 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 22 年 版 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築 工 事 編 ) 平 成 25 年 版 ( 案 ) 備 考 1 章 一 般 共 通 事 項 1 章 一 般 共 通 事 項 1 節 一 般 事 項 1.1.1 適 用 範 囲 (a) 公 共 建 築 工 事 標 準 仕 様 書 ( 建 築

More information

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道

平 成 説 シート 務 総 点 新 規 / 継 続 継 続 ポンプ 場 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 施 設 課 (0)934-345 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 昭 和 5 ポンプ 場 下 水 道 新 規 / 継 続 継 続 管 渠 務 名 所 管 課 下 水 道 部 下 水 道 管 理 課 (0)934-963 会 計 下 水 道 会 計 所 管 課 款 下 水 道 用 項 営 用 自 治 / 法 定 自 治 務 開 始 不 管 渠 下 水 道 法 要 綱 等 5-6 下 水 道 整 備 個 別 計 画 下 水 道 中 期 ビジョン あかし 下 水 道 計 画 ガイド 委 託 指 定 管 理

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

Microsoft PowerPoint - ベトナム発表日本語_yec岩本_150106.pptx

Microsoft PowerPoint - ベトナム発表日本語_yec岩本_150106.pptx The 1st Vietnam-Japan International Workshop for Sustainable Ocean Development and Disaster-Environmental Risk Management January 13, 2015 ブルーカーボンおよび 沿 岸 生 態 系 を 活 用 した 環 境 防 災 リスク 管 理 八 千 代 エンジニヤリング 株

More information

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx

Microsoft PowerPoint - 131003【シンポ資料】北開局小水力ver130925提出版.pptx 農 業 水 利 施 設 を 活 用 した 小 水 力 等 発 電 の 導 入 促 進 について 平 成 25 年 10 月 3 日 国 土 交 通 省 北 海 道 開 発 局 農 業 水 産 部 農 業 振 興 課 目 次 1. 小 水 力 等 発 電 導 入 の 状 況 について 2. 制 度 手 続 き 規 制 緩 和 について 3. 農 業 農 村 整 備 事 業 等 における 助 成 制 度

More information

2. 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 を 確 認 するため 調 査 地 点 の 中 心 付 近 に 設 置 したサンプル 用 貝 殻 礁 を 回 収 して 蝟 集 状 況 を 調 査 した 貝 殻 礁 の 回 収

2. 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 生 物 蝟 集 状 況 を 確 認 するため 調 査 地 点 の 中 心 付 近 に 設 置 したサンプル 用 貝 殻 礁 を 回 収 して 蝟 集 状 況 を 調 査 した 貝 殻 礁 の 回 収 平 成 22 年 度 実 用 型 ホタテ 貝 殻 礁 の 浄 化 効 果 と 活 用 方 法 について 寒 地 土 木 研 究 所 水 産 土 木 チーム 寒 地 土 木 研 究 所 道 南 支 所 函 館 開 発 建 設 部 築 港 課 岡 本 健 太 郎 片 山 勝 山 田 文 人 これまで 大 規 模 に 設 置 したホタテ 貝 殻 礁 の 効 果 を 検 証 したが 蝟 集 生 物 が 減

More information

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石

表 4.2.2 実 績 降 雨 による 最 大 流 量 候 補 No. 計 画 No. 洪 水 名 日 時 河 北 潟 流 入 量 河 北 潟 水 位 (T.P.+m) 日 時 貯 木 場 流 入 量 貯 木 場 水 位 (T.P.+m) 日 時 宇 ノ 気 気 屋 合 流 点 日 時 能 瀬 石 4. 高 水 流 量 のチェック 4.1 検 討 方 針 2.および 3.において 大 野 水 系 の 基 本 高 水 および 計 画 高 水 流 量 を 過 去 の 降 雨 群 を 対 象 とした 高 水 解 析 により 算 定 した 本 章 では 以 下 に 示 すような 他 の 観 点 から 高 水 流 量 を 検 討 し 高 水 流 量 設 定 の 妥 当 性 に 関 する 基 礎 資 料

More information

1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2 CO2)の 体 感 実 験 3. 実 験 結 果 の 発 表 4. 温 室 効 果 の 屋 外 実 験 5. 実 験 結 果 の 考 察 6. 地 球 温 暖 化 のメカニズム 7. CO2 濃 度 のグラフを

1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2 CO2)の 体 感 実 験 3. 実 験 結 果 の 発 表 4. 温 室 効 果 の 屋 外 実 験 5. 実 験 結 果 の 考 察 6. 地 球 温 暖 化 のメカニズム 7. CO2 濃 度 のグラフを この 活 動 は 独 立 行 政 法 人 科 学 技 術 振 興 機 構 の 平 成 23 年 度 科 学 コミュニケーション 連 携 推 進 事 業 機 関 活 動 支 援 を 受 けて 実 施 しています 平 成 23 年 7 月 24 日 倉 敷 科 学 センター 特 定 非 営 利 活 動 法 人 co2sos 1. 開 会 挨 拶 と 講 師 スタッフ 紹 介 2. 二 酸 化 炭 素 (CO2

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C91E5924A90EC90858C6E89CD90EC90AE94F58AEE967B95FB906A5F4832332E338C8E8DF492E8> 東 大 谷 川 水 系 河 川 整 備 基 本 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 第 1 河 川 の 総 合 的 な 保 全 と 利 用 に 関 する 基 本 方 針 1 1 河 川 及 び 流 域 の 現 状 1 (1) 河 川 及 び 流 域 の 概 要 1 (2) 治 水 事 業 の 沿 革 と 現 状 1 (3) 河 川 の 利 用 及 び 住 民 との 関 わり 2 (4)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業

平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 業 務 内 容 業 務 の 頻 度 2 運 転 管 理 日 報 等 データ 管 理 質 検 査 に 係 る 業 務 質 検 査 業 務 ( 自 己 検 査 ) 工 業 用 薬 品 類 に 関 すること ペットボトル 事 業 松 江 市 における 維 持 管 理 等 委 託 業 務 と 直 営 業 務 の 詳 細 について 資 料 1 包 括 委 託 が 考 えられる 業 務 と 委 託 業 務 修 繕 工 事 の 明 細 直 営 業 務 ( 人 ) 金 額 平 成 29 年 度 以 降 包 括 的 委 託 が 考 えられる 業 務 に 係 る 人 員 人 件 費 (1+2) 非 税 職 員 嘱 託 臨 時 12.14

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d

章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d 題 意 匠 矩 軸 架 給 給 給 題 章 兼 増 荒 荒 泡 砕 汚 泥 戻 盛 均 ゼ 濃 ゼ 校 模 仮 償 償 償 償 庇 久 ぶ 士 ゴ 左 左 園 代 険 章 拡 底 液 孔 章 堀 削 液 堀 削 油 掘 削 撃 頭 ぶ 底 算 ぶ 頭 頭 貫 孔 ヶ 探 炉 d d 反 応 討 陽 ヘ 濃 採 旧 旧 緩 衝 f e d a 什 家 架 ゼ 揮 塑 ゼ 欄 供 給 売 守 頼 免 渡

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を 工 場 立 地 法 届 出 の 手 引 き 1 工 場 立 地 法 とは (1) 法 律 の 目 的 この 法 律 は 工 場 立 地 が 環 境 の 保 全 を 図 りつつ 適 正 に 行 われるようにするため 工 場 立 地 に 関 する 調 査 を 実 施 し 工 場 立 地 に 関 する 準 則 を 公 表 及 びこれらに 基 づく 勧 告 命 令 等 を 行 い これ らを 通 じて 国

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20483234966B8CA98E738AC28BAB94928F918A54977694C591E682508D862E646F63> 24 年 度 の 北 見 市 の 主 な 出 来 事 節 電 実 施 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 を 機 にエネルギー 問 題 が 国 民 的 議 論 を 呼 び 政 府 は 改 めて 原 子 力 発 電 のあり 方 や 今 後 のエネルギー 政 策 について 協 議 を 始 めま した また 国 内 全 ての 原 子 力 発 電 所 の 稼 動 停 止 に

More information