公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準"

Transcription

1 2016 年 度 認 定 看 護 師 教 育 課 程 募 集 要 項 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会

2 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 兵 庫 県 看 護 協 会 における 認 定 看 護 師 教 育 の 沿 革 日 本 看 護 協 会 は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 と 知 識 を 用 いて 水 準 の 高 い 看 護 実 践 のできる 認 定 看 護 師 を 社 会 に 送 り 出 すことにより 看 護 現 場 における 看 護 ケアの 広 がりと 質 の 向 上 を 図 ることを 目 的 に 認 定 看 護 師 制 度 を 発 足 させた 兵 庫 県 看 護 協 会 では 本 制 度 に 基 づき 会 員 からの 要 請 に 応 えて 2007 年 ~2009 年 に 皮 膚 排 泄 ケア を 開 講 2009 年 から 訪 問 看 護 2010 年 から 認 知 症 看 護 2011 年 から 慢 性 心 不 全 看 護 における 認 定 看 護 師 教 育 課 程 を 開 講 し 社 会 のニーズ に 沿 った 看 護 の 質 向 上 を 目 指 した 認 定 看 護 師 の 育 成 を 行 っている 2. 兵 庫 県 看 護 協 会 の 教 育 理 念 兵 庫 県 看 護 協 会 は 社 会 的 価 値 の 変 化 に 伴 い 多 様 化 する 人 々の 健 康 ニーズに 対 応 できる 看 護 専 門 職 の 生 涯 教 育 を 支 援 する 専 門 職 業 人 としての 倫 理 を 遵 守 し 継 続 的 系 統 的 な 教 育 を 個 々の 看 護 職 者 が 自 己 のライフスタイルの 中 で 段 階 的 にキャリア 開 発 して 地 域 における 社 会 資 源 となりうる 専 門 性 の 高 い 看 護 人 材 を 育 成 する 3. 認 定 看 護 師 教 育 課 程 の 教 育 理 念 高 度 専 門 化 する 保 健 医 療 福 祉 の 現 場 において 対 象 者 の 生 命 を 守 り 生 活 の 質 を 高 めることに 貢 献 するため 特 定 領 域 に 関 連 した 科 学 的 根 拠 に 基 づき 熟 練 した 看 護 技 術 を 提 供 できる 水 準 の 高 い 看 護 ケアの 実 践 者 を 育 成 する 4. 認 定 看 護 師 教 育 課 程 の 教 育 目 的 1) 看 護 専 門 職 業 人 として 自 己 の 責 任 において 継 続 的 に 研 鑽 し 変 化 する 医 療 や 社 会 のニーズに 対 応 できる 能 力 を 養 う 2) 看 護 実 践 の 開 発 調 査 研 究 の 能 力 を 高 める 3) 看 護 専 門 職 業 人 としてネットワークを 拡 大 し 関 係 する 諸 問 題 を 探 求 し 組 織 の 機 能 を 高 める 5. 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 の 定 員 研 修 期 間 教 育 課 程 名 定 員 研 修 期 間 認 知 症 看 護 名 2016 年 7 月 ~2017 年 1 月 (7 ヶ 月 ) 集 中 開 講 慢 性 心 不 全 看 護 名 2016 年 7 月 ~2017 年 1 月 (7 ヶ 月 ) 集 中 開 講 1

3 認 知 症 看 護 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 教 育 目 的 1) 認 知 症 者 とその 家 族 の 支 援 に 関 する 最 新 の 知 識 と 技 術 を 習 得 し 水 準 の 高 い 看 護 実 践 ができる 能 力 を 育 成 する 2) 培 った 認 知 症 看 護 の 専 門 的 な 知 識 と 技 術 を 活 かし 看 護 職 に 対 して 指 導 相 談 対 応 できる 能 力 を 育 成 する 3) あらゆる 場 において 認 知 症 者 の 生 命 生 活 の 質 尊 厳 を 尊 重 したケアを 看 護 職 や 他 職 種 と 協 働 して 提 供 できる 能 力 を 育 成 する 2. 期 待 される 能 力 1) 認 知 症 者 の 意 思 を 尊 重 し 権 利 を 擁 護 することができる 2) 認 知 症 の 発 症 から 終 末 期 まで 認 知 症 者 の 状 態 像 を 統 合 的 にアセスメントし 各 期 に 応 じたケアの 実 践 ケア 体 制 づくり 家 族 のサポートを 行 うことができる 3) 認 知 症 の 行 動 心 理 症 状 (BPSD)を 悪 化 させる 要 因 誘 因 に 働 きかけ 予 防 緩 和 することができる 4) 認 知 症 者 にとって 安 心 かつ 安 全 な 生 活 療 養 環 境 を 調 整 することができる 5) 他 疾 患 合 併 による 影 響 をアセスメントし 治 療 的 援 助 を 含 む 健 康 管 理 を 行 うこと ができる 6) 認 知 症 に 関 わる 保 健 医 療 福 祉 制 度 に 精 通 し 地 域 にある 社 会 資 源 を 活 用 しな がらケアマネジメントできる 7) 認 知 症 看 護 の 実 践 を 通 して 役 割 モデルを 示 し 看 護 職 に 対 する 具 体 的 な 指 導 相 談 対 応 ができる 8) 多 職 種 と 協 働 し 認 知 症 に 関 わる 知 識 の 普 及 とケアサービスを 推 進 するための 役 割 を 担 うことができる 2

4 3. 年 間 スケジュール 2016 年 7 月 1 日 ( 金 ) 開 講 式 オリエンテーション 7 月 ~9 月 協 会 内 での 授 業 10 月 ~11 月 臨 地 実 習 12 月 ケース 発 表 2017 年 1 月 修 了 試 験 閉 講 3 月 ( 第 2 金 曜 日 ) 修 了 証 書 授 与 式 4. 認 知 症 看 護 認 定 看 護 師 教 育 課 程 カリキュラム( 予 定 ) 総 時 間 数 660 時 間 ( 共 通 科 目 0 時 間 + 専 門 科 目 510 時 間 ) 共 通 科 目 (135+ 時 間 ) 必 須 共 通 科 目 ( 時 間 数 ) ( 時 間 数 ) 選 択 共 通 科 目 ( 時 間 数 ) 1) 看 護 管 理 4) 情 報 管 理 10) 対 人 関 係 2) リーダーシップ 5) 看 護 倫 理 3) 文 献 検 索 文 献 講 6) 指 導 読 7) 相 談 8) 医 療 安 全 管 理 9) 臨 床 薬 理 学 専 門 基 礎 科 目 (90 時 間 ) 専 門 科 目 (0 時 間 ) 演 習 実 習 (270 時 間 ) 1) 認 知 症 看 護 原 論 1) 認 知 症 看 護 倫 理 学 内 演 習 90 2) 認 知 症 基 礎 病 態 論 2) 認 知 症 者 とのコミュ 1) 臨 地 実 習 前 3) 認 知 症 病 態 論 45 ニケーション 2) 臨 地 実 習 後 4) 認 知 症 に 関 わる 保 3) 認 知 症 看 護 援 助 方 法 45 健 医 療 福 祉 制 論 Ⅰ(アセスメント 度 とケア) 4) 認 知 症 看 護 援 助 方 法 論 Ⅱ( 生 活 療 養 環 境 づくり) 5) 認 知 症 看 護 援 助 方 法 論 Ⅲ(ケアマネジメ ント) 6) 認 知 症 者 の 家 族 への 支 援 家 族 関 係 調 整 臨 地 実 習 1) 病 院 / 介 護 老 人 保 健 施 設 2) 訪 問 看 護 ステー ション 180 3

5 慢 性 心 不 全 看 護 認 定 看 護 師 教 育 課 程 1. 教 育 目 的 1) 安 定 期 増 悪 期 終 末 期 における 慢 性 心 不 全 患 者 とその 家 族 の QOL 向 上 に 向 けて 水 準 の 高 い 看 護 実 践 のできる 看 護 職 者 を 育 成 する 2) 慢 性 心 不 全 看 護 領 域 において 看 護 実 践 を 通 して 他 の 看 護 職 者 等 に 対 して 指 導 相 談 ができる 看 護 職 者 を 育 成 する 2. 期 待 される 能 力 1) 心 不 全 患 者 の 身 体 及 び 認 知 精 神 機 能 のアセスメントを 的 確 に 行 う 2) 慢 性 心 不 全 患 者 の 心 不 全 増 悪 因 子 の 評 価 とモニタリングができる 3) 症 状 緩 和 のためのマネジメントを 行 い QOL を 高 めるための 療 養 生 活 行 動 を 支 援 する 4) 慢 性 心 不 全 患 者 の 対 象 特 性 と 心 不 全 の 病 態 に 応 じた 生 活 調 整 ができる 5) 慢 性 心 不 全 患 者 家 族 の 権 利 を 擁 護 し 自 己 決 定 を 尊 重 した 看 護 を 実 践 できる 6) より 質 の 高 い 医 療 を 推 進 するため 多 職 種 と 共 働 し チームの 一 員 として 役 割 を 果 たすことができる 7) 慢 性 心 不 全 看 護 の 実 践 を 通 して 役 割 モデルを 示 し 看 護 職 者 への 指 導 相 談 を 行 うことができる 4

6 3. 年 間 スケジュール 2016 年 7 月 1 日 ( 金 ) 開 講 式 オリエンテーション 7 月 ~9 月 協 会 内 での 授 業 10 月 ~11 月 臨 地 実 習 12 月 ケース 発 表 2017 年 1 月 修 了 試 験 閉 講 3 月 ( 第 2 金 曜 日 ) 修 了 証 書 授 与 式 4. 慢 性 心 不 全 看 護 認 定 看 護 師 教 育 課 程 カリキュラム( 予 定 ) 総 時 間 数 676 時 間 ( 共 通 科 目 0 時 間 + 専 門 科 目 526 時 間 ) 共 通 科 目 ( 時 間 ) 必 須 共 通 科 目 ( 時 間 数 ) ( 時 間 数 ) 選 択 共 通 科 目 ( 時 間 数 ) 1) 看 護 管 理 4) 情 報 管 理 8) 医 療 安 全 管 理 2) リーダーシップ 5) 看 護 倫 理 9) 臨 床 薬 理 学 3) 文 献 検 索 文 献 講 6) 指 導 10) 対 人 関 係 読 7) 相 談 専 門 基 礎 科 目 (120 時 間 ) 専 門 科 目 (0 時 間 ) 演 習 実 習 (256 時 間 ) 1) 心 不 全 看 護 概 論 1) 慢 性 心 不 全 患 者 の 症 総 合 演 習 76 2) 心 不 全 の 病 態 生 理 45 状 マネジメント と 診 断 および 治 療 2) 慢 性 心 不 全 の 療 養 生 90 3) 心 不 全 患 者 の 身 体 機 能 認 知 精 神 機 能 評 価 4) 患 者 家 族 重 要 他 者 への 理 解 と 支 援 活 の 支 援 技 術 3) 慢 性 心 不 全 患 者 の 急 性 増 悪 に 対 する 看 護 支 援 技 術 臨 地 実 習 1) 集 中 治 療 2) 一 般 病 棟 ( 外 来 を 含 む) 3) 在 宅 ケア 180 5

7 2016 年 度 入 学 検 定 試 験 実 施 要 項 1. 募 集 人 員 1) 認 知 症 看 護 名 2) 慢 性 心 不 全 看 護 名 2. 受 験 資 格 1) 日 本 国 の 看 護 師 免 許 を 有 する 者 2) 看 護 師 免 許 を 取 得 後 通 算 5 年 以 上 の 実 務 研 修 をしていること 3) そのうち 通 算 3 年 以 上 は 特 定 の 認 定 看 護 分 野 の 実 務 研 修 注 1) をしていること 注 1) 特 定 の 認 定 看 護 分 野 の 実 務 研 修 内 容 1) 認 知 症 看 護 課 程 (1) 通 算 3 年 以 上 認 知 症 者 の 多 い 医 療 福 祉 施 設 ( 在 宅 ケア 領 域 を 含 む) 等 で の 看 護 実 績 を 有 すること (2) 認 知 症 者 の 看 護 を 5 例 以 上 担 当 した 実 績 を 有 すること (3) 現 在 認 知 症 者 の 多 い 医 療 福 祉 施 設 ( 在 宅 ケア 領 域 を 含 む) 等 で 認 知 症 者 の 看 護 実 践 に 携 わっていることが 望 ましい 2) 慢 性 心 不 全 看 護 課 程 (1) 通 算 3 年 以 上 心 不 全 患 者 の 多 い 病 棟 での 看 護 実 績 を 有 すること(その 間 外 来 在 宅 ケア 部 門 での 看 護 実 績 を 含 んでよい) (2) 心 不 全 の 増 悪 期 から 回 復 期 にある 患 者 の 看 護 を 5 例 以 上 担 当 した 実 績 を 有 す ること (3) 現 在 心 不 全 患 者 の 多 い 循 環 器 系 病 棟 或 いは 外 来 在 宅 ケア 部 門 で 勤 務 して いることが 望 ましい 3. 出 願 手 続 き 1) 出 願 書 類 の 取 り 寄 せ 兵 庫 県 看 護 協 会 ホームページ( ます 教 育 研 修 > 資 格 認 定 教 育 > 入 試 情 報 >より Word/2016 年 度 入 学 願 書 申 請 書 類 一 式 をダウンロードしてください 2) 出 願 期 間 20 年 7 月 1 日 ( 水 ) ~ 9 月 日 ( 水 ) 17:00 必 着 6

8 3) 入 学 願 書 申 請 書 類 (1) 入 学 願 書 ( 様 式 1) (2) 履 歴 書 ( 様 式 2) (3) 実 務 研 修 報 告 書 ( 様 式 3-D: 認 知 症 看 護 様 式 3-H: 慢 性 心 不 全 看 護 ) (4) 勤 務 証 明 書 ( 様 式 4) (5) 事 例 要 約 ( 様 式 5) (6) 受 験 票 ( 様 式 6) (7) 入 学 検 定 料 振 込 控 え 貼 付 票 ( 様 式 7) (8) 看 護 師 免 許 証 の 写 し(A4 版 縮 小 コピー) (9) 受 験 票 郵 送 封 筒 ( 長 型 3 封 筒 mm 392 円 切 手 貼 付 住 所 氏 名 明 記 ) (10) 申 請 書 類 一 式 確 認 リスト 4) 入 学 検 定 料 51,420 円 ( 日 本 看 護 協 会 員 非 会 員 問 わず) ゆうちょ 銀 行 の 振 替 払 込 請 求 書 兼 受 領 証 に 受 験 者 氏 名 勤 務 先 および 入 学 検 定 料 と 明 記 し 次 の 口 座 に 振 り 込 みのうえ 振 替 払 込 請 求 書 兼 受 領 証 のコピーを 様 式 7 に 貼 付 してください 振 込 先 ゆうちょ 銀 行 口 座 番 号 : 口 座 名 義 : 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 振 替 払 込 請 求 書 兼 受 領 証 を 領 収 証 とし 原 則 として 新 たな 領 収 証 の 発 行 はいた しません 既 納 の 入 学 検 定 料 は 原 則 として 返 還 できません 振 込 手 数 料 は 各 自 ご 負 担 ください 5) 願 書 提 出 方 法 封 筒 の 表 に 教 育 課 程 名 ( 認 知 症 看 護 慢 性 心 不 全 看 護 ) 入 学 検 定 試 験 申 請 と 朱 書 きし 提 出 書 類 一 式 を 指 定 期 日 内 に 必 着 するよう 簡 易 書 留 で 次 の 宛 先 ま で 送 付 してください 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 係 7

9 6) 提 出 書 類 の 審 査 受 験 票 の 発 行 提 出 書 類 一 式 を 審 査 し 返 信 用 封 筒 を 用 いて 受 験 票 を 郵 送 します 入 学 検 定 試 験 日 5 日 前 までに 受 験 票 の 届 かない 方 は 認 定 看 護 師 教 育 課 程 係 へご 連 絡 ください 受 験 票 は 受 験 時 に 必 ず 携 帯 してください 受 験 票 のない 方 は 受 験 できま せんのでご 注 意 ください 7) 願 書 の 不 受 理 について 入 学 願 書 申 請 書 類 の 記 載 不 備 が 多 い 場 合 は 出 願 を 受 理 できないことがありま す また 入 学 願 書 申 請 書 類 の 記 載 不 備 の 有 無 に 関 わらず 受 験 資 格 を 満 たさな い 場 合 出 願 は 受 理 されません 4. 入 学 検 定 試 験 1) 試 験 科 目 (1) 筆 記 試 験 ( 専 門 科 目 90 分 小 論 文 60 分 ) (2) 面 接 試 験 2) 試 験 日 程 及 び 実 施 時 間 20 年 11 月 21 日 ( 土 ) 9:00 受 付 開 始 ( 詳 細 未 定 ) 4 月 以 降 ホームページに 入 学 検 定 試 験 の 詳 細 を 順 次 掲 載 します 3) 試 験 会 場 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 5. 合 否 の 通 知 合 格 者 の 受 験 番 号 は 20 年 11 月 日 ( 月 )10:00 に 兵 庫 県 看 護 協 会 のホーム ページ 上 で 公 開 するとともに 受 験 者 全 員 に 対 し 結 果 を 郵 送 します 電 話 や FAX で の 合 否 の 問 合 せには 一 切 対 応 できません 8

10 6. 入 学 手 続 き 入 学 手 続 き 方 法 については 合 格 通 知 時 に 書 類 で 案 内 します 1) 納 付 金 ( 前 納 ) (1) 入 学 金 日 本 看 護 協 会 員 : 51,420 円 同 非 会 員 : 77,100 円 (2) 授 業 料 ( 実 習 料 を 含 む) 日 本 看 護 協 会 員 : 同 非 会 員 : 720,000 円 1,080,000 円 2) その 他 の 経 費 実 習 中 の 交 通 費 宿 泊 費 及 び 講 義 などで 使 用 する 図 書 費 教 材 費 は 自 己 負 担 と なります 3) 奨 学 金 制 度 のご 案 内 日 本 看 護 協 会 では 認 定 看 護 師 教 育 課 程 の 受 講 者 に 対 して 奨 学 金 制 度 を 設 けて います 以 下 の URL をご 参 照 ください ( 7. 情 報 開 示 について 入 学 検 定 試 験 受 験 者 で 希 望 がある 方 には 兵 庫 県 看 護 協 会 において 個 人 の 入 学 検 定 試 験 得 点 結 果 を 開 示 しています 1) 開 示 日 程 20 年 12 月 9 日 ( 水 ) 10 日 ( 木 )の 2 日 間 それぞれ 14:00 ~ 16:00 2) 開 示 希 望 受 付 期 間 20 年 12 月 7 日 ( 月 ) 17:00 必 着 希 望 される 方 は 期 日 までに 資 格 認 定 教 育 部 認 定 看 護 師 教 育 課 程 係 へ 郵 送 で 開 示 申 請 書 を 送 付 してください 開 示 申 請 書 は 結 果 通 知 に 同 封 します 11 月 日 ( 月 ) 以 降 兵 庫 県 看 護 協 会 のホームページ( 入 手 できます 9

11 公 益 社 団 法 人 兵 庫 県 看 護 協 会 認 定 看 護 師 教 育 課 程 兵 庫 県 神 戸 市 中 央 区 下 山 手 通 5 丁 目 6 番 24 号 TEL / ( 直 通 )FAX /

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc

Microsoft Word - 01編入募集案内.doc 各 種 資 料 請 求 方 法 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 請 求 方 法 (6 月 中 旬 より 発 送 開 始 ) 封 筒 の 表 に 第 3 年 次 編 入 学 学 生 募 集 要 項 大 学 案 内 医 学 部 案 内 請 求 と 朱 書 きし 返 信 用 封 筒 角 形 2 号 (24.0 cm 33.3 cm)に 郵 便 番 号 住 所 氏 名 を 明 記 し 390

More information

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入

目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 目 次 1 基 本 理 念 1 2 教 育 目 標 1 3 アドミッション ポリシー 1 4 カリキュラム ポリシー 1 5 ディプロマ ポリシー 2 6 募 集 人 員 3 7 出 願 資 格 3 8 出 願 手 続 4 9 入 学 者 の 選 抜 方 法 6 10 合 格 発 表 7 11 入 学 手 続 等 8 12 ホームページ 10 13 問 い 合 わせ 先 10 願 書 等 の 記 入

More information

[静岡大学の理念]

[静岡大学の理念] 各 位 静 岡 大 学 大 学 院 人 文 社 会 科 学 研 究 科 本 研 究 科 経 済 専 攻 第 2 次 募 集 要 項 については 次 項 以 降 に 掲 載 しておりますが 実 際 の 出 願 にあたっては 下 記 の 請 求 方 法 により 学 生 募 集 要 項 を 入 手 し 所 定 の 様 式 により 出 願 をお 願 いします 記 学 生 募 集 要 項 の 請 求 方 法

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

AO-29-通し.indd

AO-29-通し.indd 平 成 29 年 度 (2017 年 度 ) 教 育 学 部 学 校 教 育 課 程 AO 入 試 学 生 募 集 要 項 添 付 用 紙 ( 綴 じ 込 み) この 要 項 には, 次 の 本 学 部 所 定 の 用 紙 が 綴 じ 込 みで 添 付 されています AO 入 試 志 願 票 AO 入 試 写 真 票 受 験 票 AO 入 試 自 己 推 薦 書 AO 入 試 自 己 推 薦 書 補

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分

(4) 本 学 において 個 別 の 入 学 資 格 審 査 により 高 等 学 校 を 卒 業 した 者 と 同 等 以 上 の 学 力 があると 認 めた 者 で 18 歳 に 達 した 者 及 び 平 成 27 年 3 月 31 日 までに18 歳 に 達 する 者 注 1. 本 学 は 分 第 1 学 年 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 募 集 の 方 法 等 (1) 募 集 人 員 学 部 課 程 工 学 部 機 械 創 造 工 学 課 程 電 気 電 子 情 報 工 学 課 程 物 質 材 料 工 学 課 程 環 境 社 会 基 盤 工 学 課 程 生 物 機 能 工 学 課 程 情 報 経 営 システム 工 学 課 程 募 集 人 員 前 期 日 程 50 人 (2)

More information

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項

平成27年度日本赤十字北海道看護大学 学生募集要項 目 次 はじめに/アドミッションポリシー/ 特 待 生 制 度 1 平 成 27 年 度 入 学 試 験 の 概 要 2 推 薦 入 学 試 験 4 一 般 入 学 試 験 ( 前 期 ) 6 一 般 入 学 試 験 ( 後 期 ) 8 大 学 入 試 センター 試 験 利 用 入 学 試 験 10 社 会 人 入 学 試 験 12 授 業 料 等 の 納 付 金 14 奨 学 金 15 注 意 事

More information

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0>

<5461726F2D8EF696C693FC8A7790B6905C90BF82C982C282A282C4288ED0> ( 新 入 生 :8 月 11 月 選 抜 大 学 院 ) 平 成 28 年 度 社 会 人 教 育 支 援 授 業 料 免 除 ( 前 期 分 )の 申 請 について 下 記 の 申 請 資 格 に 該 当 する 場 合, 申 請 に 基 づき, 選 考 の 上, 授 業 料 の 全 額 又 は 一 部 を 免 除 し ます 授 業 料 免 除 の 申 請 受 付 は, 前 期 と 後 期 に 区

More information

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分

第 5 章 教 育 機 関 の 認 定 及 び 取 消 し 第 1 節 教 育 機 関 の 審 査 と 認 定 第 11 条 本 会 は 認 定 看 護 師 の 水 準 を 均 質 にするため 認 定 看 護 師 の 教 育 にふさわしい 条 件 を 備 えた 教 育 機 関 を 認 定 看 護 分 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 規 程 第 1 章 総 則 第 1 条 公 益 社 団 法 人 日 本 看 護 協 会 認 定 看 護 師 制 度 ( 以 下 本 制 度 という )は 特 定 の 看 護 分 野 において 熟 練 した 看 護 技 術 及 び 知 識 を 用 いて 水 準 の 高 い 看 護 実 践 のできる 認 定 看 護 師 を 社 会 に

More information

program_0410.docx

program_0410.docx 太 田 総 合 病 院 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 特 徴 3. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 目 標 4. 太 田 総 合 病 院 整 形 外 科 専 門 研 修 の 方 法 5. 専 門 研 修 の 評 価 について 6. 研 修

More information

平成24年度

平成24年度 平 成 28 年 度 星 薬 科 大 学 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 について 生 涯 学 習 や 社 会 人 教 育 の 必 要 性 が 求 められている 中 本 大 学 院 薬 学 研 究 科 博 士 課 程 では 先 端 科 学 技 術 を 習 得 できる 場 を 提 供 し 最 先 端 医 療 に 対 応 可 能 な 知 識 や

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

Ⅰ 帯 広 畜 産 大 学 畜 産 学 部 教 育 ポリシー( 方 針 ) 目 指 すべき 人 材 像 食 と 農 の 大 切 さ, 動 植 物 の 命 の 尊 さを 心 得 た 素 養 を 基 礎 として, 農 場 から 食 卓 まで の 幅 広 い 視 点 で 現 場 に 適 応 できる 知 識 と 実 践 力 を 有 するとともに, 地 球 規 模 課 題 解 決 等 の 国 際 的 視 野

More information

2014

2014 (1) () (2) 240 332 (3) 432-8561 0534781010 2014 e-learning 静 岡 大 学 のビジョン 自 由 啓 発 未 来 創 成 静 岡 大 学 は 質 の 高 い 教 育 と 創 造 的 な 研 究 を 推 進 し, 社 会 と 連 携 し,ともに 歩 む 存 在 感 のある 大 学 を 目 指 します ( 詳 しくは http://www.shizuoka.ac.jp/outline/vision/mission/index.html

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20332D622991E58A77894093FC8E8E95E58F5797768D80> 聖 心 女 子 大 学 University of the Sacred Heart, Tokyo 2017( 平 成 29) 年 度 大 学 院 文 学 研 究 科 学 生 募 集 要 項 ( 9 月 期 入 試 / 2 月 期 入 試 ) < 修 士 課 程 博 士 前 期 課 程 > 英 語 英 文 学 専 攻 日 本 語 日 本 文 学 専 攻 哲 学 専 攻 史 学 専 攻 社 会 文 化

More information

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に

中 部 学 院 大 学 主 催 2016(H28) 年 度 第 1 回 介 護 職 員 等 によるたんの 吸 引 等 研 修 事 業 ( 第 1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 受 講 者 募 集 要 項 中 部 学 院 大 学 では 2012(H24) 年 4 月 1 に 2016(H28) 年 度 介 護 職 員 等 によるたん 吸 引 等 の 研 修 事 業 (1 2 号 研 修 不 特 定 多 数 の 者 対 象 )( 概 要 ) 1 登 録 研 修 機 関 番 号 2110001 2 登 録 研 修 機 関 名 中 部 学 院 大 学 3 研 修 課 程 第 1 2 号 研 修 ( 不 特 定 多 数 の 者 対 象 ) 講 義 会 場 名 中 部 学 院 大

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社

教 育 目 標 本 学 では 医 学 領 域 を 主 にした 学 問 を 基 盤 に 理 学 療 法 士 として 必 要 な 高 い 専 門 知 識 と 技 術 の 修 得 学 問 への 探 求 心 の 育 成 患 者 の 心 理 の 理 解 と 援 助 に 努 め 多 様 な 職 種 及 び 社 目 次 教 育 目 標 養 成 する 人 材 像 アドミッションポリシー 1 選 抜 方 式 募 集 人 員 1 入 学 検 定 料 1 A O 入 試 2 社 会 人 / 大 卒 者 入 試 3 推 薦 入 試 4 一 般 入 試 5 出 願 手 続 6 出 願 上 の 注 意 8 試 験 当 日 の 注 意 事 項 8 合 格 発 表 通 知 の 方 法 8 学 納 金 等 9 入 学 辞 退

More information

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用

目 次 1. 法 学 既 者 コース 学 生 募 集 要 項 1 2. 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 法 曹 実 務 専 攻 案 内 入 学 資 格 認 定 申 請 所 定 用 紙 ( 別 紙 1~4)( 該 当 者 のみ) 出 願 所 定 用 平 成 28 年 度 (2016 年 度 ) 横 浜 国 立 大 学 大 学 院 国 際 社 会 科 学 府 専 門 職 学 位 課 法 曹 実 務 専 攻 ( 法 科 大 学 院 ) 法 学 既 者 コース 法 学 未 者 コース 学 生 募 集 要 項 このPDF 版 募 集 要 項 ( 抜 粋 )は 見 本 です 出 願 する 際 は 必 ず 冊 子 の 募 集 要 項 を 請 求 し 出 願

More information

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15

Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 Ⅰ 募 集 人 員 入 試 日 程 入 試 区 分 学 部 人 間 心 理 社 会 学 部 メディアコミュニケーション 学 部 現 代 社 会 経 営 社 会 マス コミュニケーション 情 報 文 化 こどもコミュニケーション 推 薦 入 試 1 1 期 23 名 15 名 20 名 20 名 15 名 2 期 7 名 6 名 6 名 6 名 6 名 20 名 一 般 入 試 1 期 17 名 10

More information

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項

個 人 情 報 の 取 り 扱 いについて 出 願 および 入 学 手 続 にあたってお 知 らせいただいた 氏 名 住 所 その 他 の 個 人 情 報 は 1 入 学 試 験 実 施 ( 出 願 処 理 試 験 実 施 )2 合 格 発 表 3 入 学 手 続 と これらに 付 随 する 事 項 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 上 智 大 学 大 学 院 入 試 要 項 ( 共 通 ) 文 学 研 究 科 ( 哲 学 専 攻 ) 実 践 宗 教 学 研 究 科 ( 死 生 学 専 攻 ) 含 む この 入 試 要 項 ( 共 通 )には 上 智 大 学 大 学 院 入 学 試 験 における 全 専 攻 共 通 事 項 ( 出 願 資 格 出 願 手 続 入 試 日 程 奨 学

More information

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27

1) 父 母 は 別 居 離 別 死 別 等 を 問 わず 記 入 してください 2) 祖 父 母 兄 弟 姉 妹 は 同 居 別 居 を 問 わず 記 入 してください ただし 経 済 的 に 独 立 している 場 合 は 記 入 の 必 要 はありません 家 族 欄 の 年 収 : 平 成 27 2016 年 度 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 出 願 要 項 上 智 大 学 大 学 院 新 入 生 奨 学 金 は 本 学 大 学 院 への 入 学 を 第 一 志 望 とする 者 で 経 済 的 理 由 により 入 学 が 困 難 かつ 大 学 の 成 績 が 優 秀 な 者 に 対 して 学 資 金 の 給 付 を 行 い 人 材 の 育 成 に 資 することを 目 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙)

Microsoft Word - 25DC募集要項(表紙) 平 成 24 年 10 月 入 学 平 成 25 年 4 月 入 学 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 後 期 課 程 学 生 募 集 要 項 一 般 選 抜 推 薦 特 別 選 抜 社 会 人 特 別 選 抜 外 国 人 留 学 生 特 別 選 抜 宇 都 宮 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 321-8585 宇 都 宮 市 陽 東 7-1-2 電 話 028-689-6003

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80>

<5461726F2D945F8A778CA48B8689C88F438E6D89DB92F695E58F5797768D80> 平 成 21 年 度 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 修 士 課 程 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 ( 第 3 次 ) 平 成 21 年 2 月 宮 崎 大 学 大 学 院 農 学 研 究 科 社 会 人 の 受 け 入 れについて 急 速 な 技 術 革 新 や 社 会 経 済 の 進 展 等 により 様 々な 分 野 で 活 躍 している 社 会 人 の 間

More information

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等

2 出 願 資 格 審 査 前 記 1の 出 願 資 格 (5) 又 は(6) により 出 願 を 希 望 する 者 には, 出 願 に 先 立 ち 出 願 資 格 審 査 を 行 いますので, 次 の 書 類 を 以 下 の 期 間 に 岡 山 大 学 大 学 院 自 然 科 学 研 究 科 等 Ⅱ 入 学 者 選 抜 試 験 学 生 募 集 要 項 ( 自 然 科 学 研 究 科 環 境 学 研 究 科 共 通 ) ( 入 学 時 期 : 平 成 18 年 10 月 又 は 平 成 19 年 4 月 ) 1 出 願 資 格 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 です (1) 修 士 の 学 位 若 しくは 専 門 職 学 位 を 有 する 者 又 は 平 成 19 年 3 月 (

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1

4. 申 請 に 必 要 な 書 類 等 全 員 が 提 出 す る も の 〇 1569 様 式 は 広 島 市 ホームページよりダウンロードできます 〇 28 医 療 意 見 書 は 小 児 慢 性 特 定 疾 病 情 報 センターホームページ(http://www.shouman.jp/) 1 (H28.4 新 規 申 請 用 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 申 請 手 続 きの 御 案 内 〇 小 児 慢 性 特 定 疾 病 医 療 費 助 成 事 業 とは 小 児 慢 性 特 定 疾 病 にかかっている 児 童 等 について 健 全 育 成 の 観 点 から 患 児 家 庭 の 医 療 費 の 負 担 軽 減 を 図 るため その 医 療 費 の 一 部

More information

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を

2 出 願 資 格 平 成 27 年 4 月 1 日 以 降 に 本 学 に 在 学 する 者 以 外 の 者 で 次 に 該 当 するものとします (1) 一 般 高 等 学 校 又 は 中 等 教 育 学 校 を 卒 業 した 者 ( 見 込 みの 者 を 含 む) (2) 特 例 制 度 を 平 成 27 年 度 岡 山 県 立 大 学 科 目 等 履 修 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 (1) 一 般 学 部 名 保 健 福 祉 学 部 情 報 工 学 部 デザイン 学 部 募 集 人 員 ( 注 )1 正 規 課 程 の 学 生 の 教 育 に 支 障 のない 範 囲 内 とします 2 保 健 福 祉 学 部 の 授 業 科 目 によっては 次 の(2)の 者 の 履 修 を

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

™é‰ž_Łå‘WŠv“•27.ec9

™é‰ž_Łå‘WŠv“•27.ec9 目 次 度 帝 京 長 岡 高 等 学 校 生 徒 募 集 要 項 2ページ 入 試 カレンダー 4ページ 概 要 5ページ 特 別 活 動 推 薦 入 学 試 験 6ページ 一 専 願 入 学 試 験 8ページ 併 願 一 般 入 学 試 験 9ページ 二 一 般 入 学 試 験 10ページ 三 一 般 入 学 試 験 11ページ 度 帝 京 長 岡 高 等 学 校 入 学 願 書 受 験 票 特

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案

Microsoft Word - 案内チラシ1~306(6月までの申請~280930)280525案 平 成 28 年 5 月 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 手 続 きのご 案 内 制 度 について 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 対 象 疾 病 ( 平 成 27 年 7 月 1 日 から 医 療 費 助 成 制 度 の 対 象 疾 病 が306 疾 病 に 拡 大 )に 罹 患 し, 医 療 機 関 においてその 治 療 をしている 方 に 対 して 医

More information

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc

Microsoft Word - h26_syokugyou_sagyou.doc ( 別 紙 様 式 4) 職 業 実 践 専 門 課 程 の 基 本 情 報 について 校 名 設 置 認 可 年 月 日 校 長 名 所 在 地 あいち 福 祉 医 療 専 門 平 成 4 年 3 月 9 日 熊 崎 正 実 456-000 校 名 古 屋 市 熱 田 区 金 山 町 一 丁 目 7 番 3 号 ( 電 話 )05-678-80 設 置 者 名 設 立 認 可 年 月 日 代 表

More information

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案)

平成15年度 埼玉医科大学大学院医学研究科 博士課程 学生募集要項(案) 平 成 27 年 度 ( 後 期 入 学 ) 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 学 生 募 集 要 項 < 一 般 選 抜 > < 社 会 人 選 抜 > < 外 国 人 選 抜 > < 科 目 等 履 修 生 > 目 次 埼 玉 医 科 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 博 士 課 程 概 要 1 博 士 課 程 募 集 要 項 4 埼 玉 医 科 大

More information

3 申 請 方 法 受 付 期 間 提 出 先 申 請 方 法 下 記 の 受 付 期 間 内 に 4 申 請 書 類 に 記 載 の 書 類 を 簡 易 書 留 にて 郵 送 してください 受 付 期 間 06..7( 月 )~.30( 水 )< 最 終 日 消 印 有 効 > 提 出 先 564

3 申 請 方 法 受 付 期 間 提 出 先 申 請 方 法 下 記 の 受 付 期 間 内 に 4 申 請 書 類 に 記 載 の 書 類 を 簡 易 書 留 にて 郵 送 してください 受 付 期 間 06..7( 月 )~.30( 水 )< 最 終 日 消 印 有 効 > 提 出 先 564 0 7 度 入 試 受 験 予 定 者 対 象 関 西 大 学 学 の 実 化 (がくのじつげ) 入 学 前 予 約 採 用 型 給 付 奨 学 金 募 集 要 項 関 西 大 学 学 の 実 化 (がくのじつげ) 入 学 前 予 約 採 用 型 給 付 奨 学 金 は 有 為 な 人 材 の 育 成 と 経 済 支 援 を 目 的 に 関 西 大 学 への 入 学 を 強 く 希 望 する 全 国

More information

1. 申 請 資 格 七 隈 の 杜 給 付 奨 金 に 申 請 する 者 は 以 下 の(1)~(3) 七 隈 の 杜 第 3 子 以 降 特 別 給 付 奨 金 にも 申 請 する 者 については 以 下 の(1)~(4)の 条 件 にすべて 該 当 すること (1) 平 成 29 年 度 一

1. 申 請 資 格 七 隈 の 杜 給 付 奨 金 に 申 請 する 者 は 以 下 の(1)~(3) 七 隈 の 杜 第 3 子 以 降 特 別 給 付 奨 金 にも 申 請 する 者 については 以 下 の(1)~(4)の 条 件 にすべて 該 当 すること (1) 平 成 29 年 度 一 平 成 29 年 度 福 岡 大 入 前 予 約 型 給 付 奨 金 な な く ま もり な な く ま もり 七 隈 の 杜 給 付 奨 金 七 隈 の 杜 第 3 子 以 降 特 別 給 付 奨 金 募 集 要 項 本 奨 金 七 隈 (ななくま)の 杜 (もり) は 一 般 入 試 ( ) 出 願 前 に 奨 金 の 申 請 を 受 け 付 け 審 査 の 結 果 採 用 候 補 者 として

More information

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい

毎 月 の 給 与 等 ( )を 一 定 の 等 級 区 分 にあてはめた 標 準 月 額 の 上 限 が 現 行 の47 等 級 から50 等 級 に 改 正 されます ( 別 紙 健 康 保 険 料 額 表 参 照 ) なお 法 改 正 に 伴 い 標 準 月 額 が 改 定 される 方 につい 事 業 主 殿 健 保 事 務 担 当 者 殿 平 成 28 3 月 15 日 観 光 産 業 健 康 保 険 組 合 ( 公 印 省 略 ) 健 康 保 険 法 等 の 一 部 改 正 について 時 下 ますますご 清 栄 のこととお 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 当 健 康 保 険 組 合 の 事 業 運 営 に 格 別 のご 協 力 を 賜 り 厚 く 御 礼 申 し 上 げます さて

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 27 年 度 高 崎 総 合 医 療 センター 採 用 試 験 のご 案 内 ~ 国 立 病 院 機 構 はネットワークを 活 用 した5 疾 病 5 事 業 の 診 療 や 感 覚 器 感 染 症 重 症 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 看 護 職 員 募 集 要 項 ~ 平 成 2 7 年 度 高 崎 総 合 医 療 セ ン タ ー 採 用 試 験 の ご 案 内 ~ 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター 連 絡 照 会 先 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 高 崎 総 合 医 療 センター

More information

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入

5) 修 了 要 件 19 6)ディプロマ ポリシー 19 7) 学 位 記 の 授 与 19 7. 施 設 設 備 等 の 整 備 計 画 20 1) 校 舎 等 施 設 の 整 備 計 画 20 2) 図 書 等 の 整 備 計 画 20 8. 既 設 の 学 部 との 関 係 20 9. 入 設 置 の 趣 旨 等 を 記 載 した 書 類 目 次 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 1 1) 本 学 園 横 浜 創 英 大 学 の 沿 革 1 2) 本 学 園 における 看 護 系 短 期 大 学 大 学 の 設 置 の 状 況 1 3) 大 学 院 看 護 学 研 究 科 設 置 の 必 要 性 2 (1) 設 置 の 社 会 的 背 景 2 (2) 地 域 から 見 た

More information

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット)

配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ) 3 平 成 28 年 度 和 歌 山 県 職 員 採 用 試 験 総 合 案 内 ( 桜 色 リーフレット) 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 あなたが 和 歌 山 の 未 来 を 創 る! 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 人 事 委 員 会 事 務 局 和 歌 山 県 PRキャラクター きいちゃん 配 布 資 料 一 覧 1 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 次 第 (1 枚 もの 両 面 ) 2 和 歌 山 県 職 員 採 用 説 明 会 資 料 ( 左 上 ホチキスとめ)

More information

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を

(2) 家 庭 調 書 ( 第 2 号 様 式 ) 5ページの 家 庭 調 書 の 記 入 について を 参 照 してください (3) 世 帯 全 員 の 住 民 票 別 居 同 居 を 問 わず 生 計 を 一 つにする 家 族 について, 市 役 所 等 で 発 行 する申 請 者 本 人 を 平 成 27 度 授 業 料 免 除 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 要 領 1. 提 出 書 類 平 成 27 度 免 除 ( 猶 予 ) 申 請 書 類 確 認 票 の1~25 項 目 中 の1~6 項 目 は 必 ず 提 出 し,7~25 項 目 は 該 当 する 全 ての 書 類 を 提 出 してください 2. 提 出 期 限 授 業 料 免 除, 授 業 料 徴 収 猶 予 申 請 の

More information

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464>

<5461726F2D81698DDD8A7790B6816A96C68F9C905C90BF2E6A7464> 授 業 料 免 除 の 申 請 を 希 望 する 場 合 は, 下 記 書 類 を, 教 育 学 生 支 援 室 学 生 生 活 支 援 グループまで, 期 限 厳 守 の 上, 提 出 してください 提 出 書 類 1 確 認 票 A( 大 学 控 ), 確 認 票 B( 本 人 控 ) 2 申 請 書 3 家 庭 調 書 4 市 区 町 村 発 行 の 平 成

More information

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運

1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 整 形 外 科 専 門 医 は 国 民 の 皆 様 に 質 の 高 い 運 動 器 医 療 を 提 供 することが 求 められます こ のため 整 形 外 科 専 門 医 制 度 は 医 師 として 必 要 な 臨 床 能 力 および 運 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 愛 媛 大 学 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修 方 法 4.1 基 本 方 針 4.2 研 修 計 画 専 門 知 識 の 習 得 計 画 専 門

More information

医療SW認定事務第10-004号

医療SW認定事務第10-004号 医 療 SW 認 定 事 務 第 1 5-023 号 2015 年 9 月 1 4 日 認 定 医 療 社 会 福 祉 士 更 新 申 請 予 定 者 各 位 公 益 社 団 法 人 日 本 医 療 社 会 福 祉 協 会 認 定 事 業 部 ( 公 印 略 ) 認 定 医 療 社 会 福 祉 士 認 定 者 への 更 新 のご 案 内 について 謹 啓 時 下 益 々ご 清 祥 のこととお 慶 び

More information

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内

公立大学法人岩手県立大学職員採用選考試験受験案内 平 成 25 年 度 身 体 障 がい 者 を 対 象 とした 公 立 大 学 法 人 職 員 採 用 選 考 受 験 案 内 ~ 任 期 付 職 員 事 務 局 一 般 系 ~ 公 立 大 学 法 人 担 当 : 事 務 局 企 画 室 人 事 給 与 グループ 020-0193 岩 手 県 岩 手 郡 滝 沢 村 滝 沢 字 巣 子 152-52 電 話 :019-694-2038( 企 画 室

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ

Microsoft Word - 280428修正 280418確定版 H28更新案内チラシ 指 定 難 病 特 定 医 療 費 支 給 認 定 更 新 手 続 きのご 案 内 平 成 28 年 4 月! 重 要 なお 知 らせ! 茨 城 県 保 健 福 祉 部 保 健 予 防 課 今 お 持 ちの 指 定 難 病 特 定 医 療 費 受 給 者 証 は 平 成 28 年 9 月 30 日 で 有 効 期 間 が 終 了 します 引 き 続 き 更 新 を 希 望 される 場 合 は, 更

More information

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改

本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大 学 校 に 改 組 修 業 年 限 を1 年 制 から2 年 制 に 改 平 成 2 9 年 度 ( 学 生 募 集 要 項 ) 畜 産 経 営 学 科 畑 作 園 芸 経 営 学 科 農 業 経 営 研 究 科 稲 作 経 営 専 攻 コ ー ス 本 校 の 沿 革 昭 和 21 年 昭 和 49 年 昭 和 54 年 昭 和 60 年 平 成 9 年 平 成 11 年 平 成 18 年 北 海 道 庁 立 農 業 講 習 所 として 発 足 北 海 道 立 農 業 大

More information

26-社会人-とおし.indd

26-社会人-とおし.indd 平 成 26 年 度 社 会 人 入 試 学 生 募 集 要 項 夜 間 主 コース 横 浜 国 立 大 学 経 営 学 部 添 付 用 紙 ( 綴 込 み) この 要 項 には 次 の 本 学 所 定 の 用 紙 が 綴 込 みで 添 付 されています 1 入 学 願 書 受 験 票 写 真 票 2 在 職 証 明 書 3 志 望 理 由 書 4 入 学 確 約 書 5 入 学 検 定 料 の 払

More information

公立大学法人会津大学

公立大学法人会津大学 公 立 大 学 法 人 会 津 大 学 育 休 代 替 職 員 採 用 試 験 受 験 案 内 会 津 大 学 事 務 局 総 務 予 算 課 総 務 係 965-8580 会 津 若 松 市 一 箕 町 鶴 賀 90 番 地 電 話 (0242)37-2500 会 津 大 学 又 は 会 津 大 学 短 期 大 学 部 において 育 児 休 業 を 取 得 する 職 員 の 代 替 職 員 として

More information

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内

平成17年度福岡県国民健康保険団体連合会職員採用試験案内 平 成 23 年 度 福 岡 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 職 員 採 用 試 験 案 内 1. 試 験 の 種 類 及 び 採 用 予 定 人 数 等 試 験 の 種 類 採 用 職 種 採 用 予 定 人 数 職 務 の 内 容 ( 大 学 卒 業 程 度 ) ( 短 期 大 学 卒 業 程 度 ) ( 高 等 学 校 卒 業 程 度 ) 一 般 事 務 2 人 福 岡 県 国

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

4) 受 験 料 10,000 円 5) 出 願 方 法 3)の 出 願 書 類 に 受 験 料 を 添 え 中 学 校 ごとに 一 括 して 7ページに 記 載 している 窓 口 までご 提 出 下 さい 郵 送 される 場 合 は 受 験 料 10,000 円 分 の 郵 便 普 通 為 替 と

4) 受 験 料 10,000 円 5) 出 願 方 法 3)の 出 願 書 類 に 受 験 料 を 添 え 中 学 校 ごとに 一 括 して 7ページに 記 載 している 窓 口 までご 提 出 下 さい 郵 送 される 場 合 は 受 験 料 10,000 円 分 の 郵 便 普 通 為 替 と 1. 明 桜 高 校 が 求 める 生 徒 像 明 桜 高 校 の 取 り 組 みを 理 解 し 志 望 の 理 由 がはっきりしている 生 徒 ルールや 時 間 を 守 り 身 だしなみを 整 え きちんとしたあいさつを 行 う など 健 全 な 日 常 生 活 を 送 ることができる 生 徒 基 礎 的 な 学 力 を 身 に 付 けており 明 桜 高 校 でさらに 発 展 させ 進 路 に 結

More information

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所

項 目 一 覧 Ⅰ 基 本 情 報 Ⅱ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 概 要 ( 別 添 1) 特 定 個 人 情 報 ファイル 記 録 項 目 Ⅲ リスク 対 策 Ⅳ 開 示 請 求 問 合 せ Ⅴ 評 価 実 施 手 続 ( 別 添 2) 変 更 箇 所 特 定 個 人 情 報 保 護 評 価 書 ( 重 点 項 目 評 価 書 ) 評 価 書 番 号 評 価 書 名 9 個 人 住 民 税 関 係 事 務 重 点 項 目 評 価 書 個 人 のプライバシー 等 の 権 利 利 益 の 保 護 の 宣 言 個 人 住 民 税 関 係 事 務 における 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱 いにあたり 特 定 個 人 情 報 ファイルの 取 扱

More information

3 試 験 の 日 時 会 場 方 法 等 (1) 第 1 次 試 験 日 時 平 成 28 年 9 月 18 日 ( 日 ) 集 合 時 間 午 前 9 時 30 分 ( 開 場 予 定 午 前 9 時 00 分 ) 終 了 予 定 時 間 午 後 2 時 40 分 頃 午 前 9 時 30 分

3 試 験 の 日 時 会 場 方 法 等 (1) 第 1 次 試 験 日 時 平 成 28 年 9 月 18 日 ( 日 ) 集 合 時 間 午 前 9 時 30 分 ( 開 場 予 定 午 前 9 時 00 分 ) 終 了 予 定 時 間 午 後 2 時 40 分 頃 午 前 9 時 30 分 福 岡 市 社 会 福 祉 事 業 団 職 員 募 集 案 内 平 成 28 年 8 月 社 会 福 祉 法 人 福 岡 市 社 会 福 祉 事 業 団 受 験 申 込 期 間 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 )~ 8 月 25 日 ( 木 ) 第 1 次 試 験 日 平 成 28 年 9 月 18 日 ( 日 ) 採 用 予 定 日 平 成 29 年 4 月 1 日 以 降 1 募 集

More information

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要

人生の最終段階における医療に関する意識調査 結果の概要 資 料 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 集 計 結 果 ( 速 報 )の 概 要 1 人 生 の 最 終 段 階 における 医 療 に 関 する 意 識 調 査 について 調 査 方 法 : 郵 送 調 査 < 一 般 国 民 > 20 歳 以 上 の 男 女 から 層 化 2 段 階 無 作 為 抽 出 < 医 師 看 護 師 施 設 介 護 職 員

More information

program_0160.docx

program_0160.docx 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラム 目 次 1. 整 形 外 科 専 門 研 修 の 理 念 と 使 命 2. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 後 の 成 果 3. 埼 玉 医 科 大 学 総 合 医 療 センター 整 形 外 科 専 門 研 修 プログラムの 目 標 と 特 徴 4. 研 修

More information

TOHOKU FUKUSHI UNIVERSITY 28 度 東 北 福 祉 大 学 大 学 院 入 学 試 験 要 項 総 合 福 祉 学 研 究 科 東 北 福 祉 大 学 目 次 Ⅰ 1 Ⅱ 5 Ⅲ 9 Ⅳ 13 Ⅴ 17 Ⅵ 21 Ⅶ 23 Ⅷ 25 Ⅸ 27 Ⅹ 30 Ⅺ 30 Ⅻ 31 Ⅻ 39 1 3 3 5 6 10 13 16 16 17 1 5 9 28 度 東 北 福 祉

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9

目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 目 次 授 業 料 免 除 の 申 請 について 1 申 請 書 の 配 付 受 付 期 間 場 所 2 平 成 26 年 度 ( 前 期 分 ) 授 業 料 免 除 申 請 要 領 3 提 出 書 類 4~5 所 得 に 関 する 証 明 書 の 見 本 6~8 提 出 書 類 記 入 要 領 9 記 載 例 10~16 学 業 成 績 の 基 準 ( 参 考 資 料 1) 17 標 準 修 得

More information

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療

訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必 要 です 1 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A 平 成 27 年 10 月 ( 第 3 版 ) 兵 庫 県 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 訪 問 看 護 療 養 費 の 医 療 保 険 請 求 Q&A Q1 請 求 の 際 に 必 要 な 様 式 はどのようなものですか また どのように 作 成 すればよいのでしょうか A1 請 求 するには 以 下 の 様 式 が 必

More information

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域)

Microsoft Word - 04【添付書類】平成27年度募集要項(選択領域) 平 成 27 年 度 教 員 免 許 状 更 新 講 習 募 集 要 項 選 択 領 域 講 座 名 開 講 日 会 場 英 語 教 育 におけるコ ンピューターの 活 用 法 と 英 語 の 発 音 指 導 社 会 学 のエッセンス 数 理 とその 応 用 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) むすびわざ 館 京 都 産 業 大 学 教 員 免

More information

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書

募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募 集 定 員 200 名 40 名 160 名 ) 40 名 計 240 名 出 願 に 必 要 な 書 類 の 請 求 について 生 徒 募 集 要 項 ( 入 学 願 書 平 成 2 5 年 度 生 徒 募 集 要 項 学 校 法 人 加 茂 暁 星 学 園 加 茂 暁 星 高 等 学 校 959-1322 新 潟 県 加 茂 市 学 校 町 16 番 18 号 TEL(0256)52 2000( 代 表 ) FAX(0256)52 2003 募 集 学 科 募 集 定 員 募 集 学 科 衛 生 看 護 科 (5 年 一 貫 看 護 師 養 成 課 程 ) ( 募

More information

提 出 書 類 B 本 人 および 配 偶 者 の 最 新 の 所 得 証 明 書 または 非 課 税 証 明 書 添 付 用 紙 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 修 士 博 士 後 期 専 門 職 フリガナ 上 記 枠 内 に 記 入 の 上 下 線 部 以 下 に 提 出 書 類 を 貼

提 出 書 類 B 本 人 および 配 偶 者 の 最 新 の 所 得 証 明 書 または 非 課 税 証 明 書 添 付 用 紙 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 修 士 博 士 後 期 専 門 職 フリガナ 上 記 枠 内 に 記 入 の 上 下 線 部 以 下 に 提 出 書 類 を 貼 提 出 書 類 A 奨 金 振 込 口 座 届 課 程 研 究 科 籍 番 号 氏 名 フリガナ 修 士 博 士 後 期 専 門 職 銀 行 名 ( 銀 行 コード) 支 店 名 ( 支 店 コード) 口 座 番 号 ( ) ( ) * 上 記 太 線 枠 内 に 記 入 の 上 下 の 部 分 に 通 帳 のコピーを 貼 ってください * 銀 行 コードおよび 支 店 コードが 不 明 な 場 合

More information

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人

平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 社 会 人 入 学 試 験 要 項 1. 趣 旨 大 学 院 への 社 会 人 入 学 制 度 は 企 業 官 公 庁 等 の 在 職 者 または 一 定 期 間 実 践 的 な 社 会 人 平 成 28 度 秋 入 学 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 博 士 前 期 課 程 入 学 試 験 要 項 社 会 人 入 試 福 井 工 業 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 アドミッションポリシー 21 世 紀 の 知 識 基 盤 社 会 において 大 学 院 における 高 い 専 門 的 知 識 能 力 をもつ 高 度 専 門 職 業 人 の 養 成 や 産 業

More information

2017大学院入試要項.indd

2017大学院入試要項.indd CONTENTS 1 大 院 概 要 入 者 受 け 入 れ 方 針 2 2 募 集 人 員 入 試 日 程 3 1. 募 集 人 員 3 2. 入 試 日 程 3 3 入 試 験 概 要 3 1. 一 般 選 抜 出 願 資 格 3 2. 内 進 出 願 資 格 5 3. 選 抜 方 法 と 試 験 時 間 割 5 4. 出 願 書 類 6 5. 入 検 定 料 7 6. 出 願 について 7 7.

More information

花園大学院入試要項_福祉.indd

花園大学院入試要項_福祉.indd 2 0 1 7 ( 平 成 29) 年 度 大 学 院 社 会 福 祉 学 研 究 科 入 学 試 験 要 項 ( 修 士 課 程 ) 秋 季 春 季 募 集 一 般 入 学 試 験 社 会 人 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 留 学 生 入 学 試 験 ( 臨 床 心 理 学 領 域 を 除 く) 花 園 大 学 目 次 1. 研 究 科 専 攻 領 域 募 集 定

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

表紙1-4(社会福祉主事)_4c_r1

表紙1-4(社会福祉主事)_4c_r1 はじめに 急 激 な 少 子 高 齢 社 会 の 進 行 に 伴 い 福 祉 現 場 のニーズが 多 様 化 し 専 門 的 な 人 材 を 確 保 する 必 要 が 生 じていると 共 に 社 会 福 祉 の 専 門 職 員 の 資 質 を 向 上 させることが 今 日 大 きな 課 題 となっています この 課 程 は 福 祉 現 場 で 働 く 民 間 の 社 会 福 祉 従 事 者 を 対

More information

1510-0536.indd

1510-0536.indd 平 成 28(2016) 年 度 大 学 院 前 期 博 士 課 程 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 ( 再 募 集 ) 経 営 学 研 究 科 経 済 学 研 究 科 法 学 研 究 科 文 学 研 究 科 理 学 研 究 科 生 活 科 学 研 究 科 医 学 研 究 科 創 造 都 市 研 究 科 看 護 学 研 究 科 の 募 集 要 項 は 別 途 発 行 大 阪 市 立

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

4 出 願 資 格 保 護 者 の 海 外 在 留 により 外 国 において 校 教 育 を 受 けた 日 本 国 籍 を 有 する 者 のうち 平 成 25 年 (2013 年 ) 4 月 1 日 以 降 に 帰 国 した 者 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するもの 1 3 ドイツ 連

4 出 願 資 格 保 護 者 の 海 外 在 留 により 外 国 において 校 教 育 を 受 けた 日 本 国 籍 を 有 する 者 のうち 平 成 25 年 (2013 年 ) 4 月 1 日 以 降 に 帰 国 した 者 で 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するもの 1 3 ドイツ 連 平 成 27 年 度 北 九 州 市 立 大 帰 国 子 女 生 特 別 選 抜 生 募 集 要 項 1 帰 国 子 女 生 特 別 選 抜 実 施 日 程 試 験 科 目 等 願 書 受 付 受 験 票 発 送 日 平 成 27 年 (2015 年 )1 月 5 日 ( 月 )1 月 9 日 ( 金 ) 必 着 平 成 27 年 (2015 年 )1 月 29 日 ( 木 ) 頃 平 成 27 年

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information

1 相談窓口

1 相談窓口 医 療 費 の 助 成 未 熟 児 養 育 医 療 種 々の 未 熟 性 があり 家 庭 保 育 が 困 難 なため 指 定 医 療 機 関 での 入 院 治 療 を 必 要 とする 未 熟 児 に 対 して 診 察 医 学 的 処 置 治 療 等 を 給 付 ( 保 険 対 象 外 のものについては 除 外 )します 世 帯 の 収 入 に 応 じて 一 部 自 己 負 担 が 必 要 です 手

More information

アドミッションポリシー 東 京 工 業 大 学 が 求 める 学 生 像 創 (つく)り 拓 (ひら)く 理 系 人 (りけいびと)たれ 入 学 希 望 者 へ 遠 く 宇 宙 の 果 てへの 探 究 から 微 細 なナノ スケールでの 造 形 まで あるいは 抽 象 思 考 の 極 北 を 旅 す

アドミッションポリシー 東 京 工 業 大 学 が 求 める 学 生 像 創 (つく)り 拓 (ひら)く 理 系 人 (りけいびと)たれ 入 学 希 望 者 へ 遠 く 宇 宙 の 果 てへの 探 究 から 微 細 なナノ スケールでの 造 形 まで あるいは 抽 象 思 考 の 極 北 を 旅 す 平 成 27 年 度 推 薦 入 試 ( 第 1 類 ) 学 生 募 集 要 項 出 願 期 間 平 成 26 年 12 月 16 日 ( 火 )~12 月 18 日 ( 木 ) 合 格 者 発 表 日 平 成 27 年 2 月 10 日 ( 火 ) 入 学 手 続 日 平 成 27 年 2 月 18 日 ( 水 ) アドミッションポリシー 東 京 工 業 大 学 が 求 める 学 生 像 創 (つく)り

More information

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま

授 業 料 免 除 制 度 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありま 授 業 料 免 除 制 度 の 改 定 について 愛 知 県 立 大 学 愛 知 県 立 芸 術 大 学 では 経 済 的 困 窮 災 害 その 他 特 別 な 理 由 により 授 業 料 の 納 付 が 困 難 な 学 生 に 対 し 授 業 料 の 全 部 又 は 一 部 を 免 除 する 制 度 がありますが その 審 査 基 準 等 を 改 定 しますので お 知 らせします 平 成 25

More information

4 入 寮 願 の 書 き 方 巻 末 の 様 式 第 1 号 ( 注 意 事 項 ) を 参 考 に 記 載 してください 様 式 第 1 号 ( 注 意 事 項 ) に 記 載 するのではなく 裏 面 の 白 紙 のものをお 使 いください 5 入 寮 申 請 受 付 方 法 申 請 に 際 し

4 入 寮 願 の 書 き 方 巻 末 の 様 式 第 1 号 ( 注 意 事 項 ) を 参 考 に 記 載 してください 様 式 第 1 号 ( 注 意 事 項 ) に 記 載 するのではなく 裏 面 の 白 紙 のものをお 使 いください 5 入 寮 申 請 受 付 方 法 申 請 に 際 し 度 青 森 県 立 保 健 大 学 学 生 寮 募 集 要 項 Ⅰ 学 生 寮 について 本 学 は 次 のとおり 学 生 寮 を 設 置 しています 寮 名 あずまし 寮 所 在 地 030-8505 青 森 県 青 森 市 大 字 浜 館 字 間 瀬 58-1( 青 森 県 立 保 健 大 学 敷 地 内 ) 居 室 2 人 部 屋 (10 畳 ) 入 寮 期 間 原 則 1 年 間 月 額 寄

More information

訪 問 看 護 は 医 療 保 険 と 介 護 保 険 で 利 用 料 金 の 設 定 が 異 なります 詳 細 な 料 金 については 別 途 ご 確 認 ください 1) 医 療 保 険 基 本 的 な 利 用 料 金 = 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 + 訪 問 看 護 管 理 療 養 費 とその 加 算 訪 問 看 護 基 本 療 養 費 とは 訪 問 看 護 指 示 書 と 訪 問 看

More information

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害

目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記 入 欄 1 第 2 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 Ⅰ 障 害 障 害 児 通 所 給 付 費 入 所 給 付 費 等 にかかる 請 求 事 務 処 理 要 領 Ver.6 神 戸 市 保 健 福 祉 局 障 害 者 支 援 課 平 成 26 年 4 月 目 次 第 1 契 約 に 係 る 報 告 等 Ⅰ 概 要 1 Ⅱ 契 約 内 容 入 退 所 ( 受 給 者 証 記 載 事 項 ) 報 告 書 1 Ⅲ 障 害 児 支 援 受 給 者 証 の 事 業 者 記

More information

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事

2. 事 業 スキーム 経 済 産 業 省 ( 申 請 ) ( 補 助 ) 補 助 率 :1/2 民 間 団 体 等 ( 補 助 事 業 者 ) 3. 事 業 内 容 インド 及 びスリランカ 両 国 を 対 象 として 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 導 入 事 平 成 27 年 度 補 正 予 算 エネルギー 使 用 合 理 化 設 備 導 入 促 進 等 対 策 費 補 助 金 ( 質 の 高 いエネ ルギーインフラ 詳 細 事 業 実 施 可 能 性 調 査 事 業 (インド 及 びスリランカにおける 環 境 配 慮 型 高 効 率 廃 棄 物 焼 却 発 電 技 術 の 導 入 事 業 )) に 係 る 交 付 先 の 公 募 について 平 成 28

More information

平成24年度 群馬大学養心寮(前橋)入寮生募集要項

平成24年度 群馬大学養心寮(前橋)入寮生募集要項 平 成 28 年 度 群 馬 大 学 養 心 寮 ( 前 橋 ) 入 寮 生 募 集 要 項 学 生 寮 は, 集 団 生 活 を 通 して 社 会 人 として 優 れた 人 物 を 育 成 すると 共 に, 人 間 形 成 の 場 として 有 意 義 な 学 生 生 活 を 送 れるよう 設 けられた 施 設 です 養 心 寮 は, 学 生 の 自 治 によって 運 営 されており, 入 寮 後

More information

津市公告第  号

津市公告第  号 津 市 育 休 代 替 任 期 付 職 員 採 用 試 験 ( 名 簿 記 載 期 間 平 成 28 年 10 月 1 日 から 平 成 33 年 9 月 30 日 まで) 受 験 案 内 募 集 職 種 幼 稚 園 教 諭 受 付 期 間 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 )から 平 成 28 年 7 月 20 日 ( 水 )まで 試 験 日 第 1 次 試 験 平 成 28 年 7 月

More information

提 出 書 類 等 摘 要 3 業 績 調 書 専 攻 分 野 に 関 連 する 研 究 業 績 等 について 所 属 長 が 作 成 し 厳 封 したもの ( 所 定 の 用 紙 ) 4 学 術 論 文 等 の 要 旨 研 究 等 に 関 連 する 論 文 がある 場 合 には その 別 刷 学

提 出 書 類 等 摘 要 3 業 績 調 書 専 攻 分 野 に 関 連 する 研 究 業 績 等 について 所 属 長 が 作 成 し 厳 封 したもの ( 所 定 の 用 紙 ) 4 学 術 論 文 等 の 要 旨 研 究 等 に 関 連 する 論 文 がある 場 合 には その 別 刷 学 平 成 28 年 度 富 山 県 立 大 学 大 学 院 工 学 研 究 科 ( 博 士 後 期 課 程 ) 社 会 人 特 別 選 抜 学 生 募 集 要 項 1 募 集 人 員 専 攻 募 集 人 員 機 械 シ ス テ ム 工 学 専 攻 若 干 名 知 能 デ ザ イ ン 工 学 専 攻 若 干 名 情 報 シ ス テ ム 工 学 専 攻 若 干 名 若 干 名 若 干 名 2 出 願 資

More information

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14

目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14 < 申 請 に 関 するお 問 い 合 わせ 先 > p14 2011 年 度 定 住 外 国 人 の 子 どもの 就 学 支 援 事 業 新 規 公 募 / 継 続 審 査 申 請 のガイドライン 2010 年 12 月 目 次 I. はじめに p 3 II. 事 業 の 実 施 要 項 p 4 III. 申 請 資 格 p 7 IV. 事 業 の 申 請 手 続 き p 7 V. 申 請 書 類 p 8 VI. 審 査 及 び 契 約 の 流 れ p14

More information

日 本 臨 床 栄 養 協 会 の 設 立 趣 旨 近 代 医 療 は 医 療 技 術 者 各 々が 専 門 性 を 発 揮 して 行 うチーム 医 療 治 療 手 段 としての 食 事 栄 養 の 重 要 性 が 広 く 研 究 され 実 証 されてきているなか 近 年 においては 食 品 と 医

日 本 臨 床 栄 養 協 会 の 設 立 趣 旨 近 代 医 療 は 医 療 技 術 者 各 々が 専 門 性 を 発 揮 して 行 うチーム 医 療 治 療 手 段 としての 食 事 栄 養 の 重 要 性 が 広 く 研 究 され 実 証 されてきているなか 近 年 においては 食 品 と 医 日 本 臨 床 栄 養 協 会 入 会 案 内 サプリメントアドバイザー 募 集 要 項 正 会 員 年 版 日 本 臨 床 栄 養 協 会 の 設 立 趣 旨 近 代 医 療 は 医 療 技 術 者 各 々が 専 門 性 を 発 揮 して 行 うチーム 医 療 治 療 手 段 としての 食 事 栄 養 の 重 要 性 が 広 く 研 究 され 実 証 されてきているなか 近 年 においては 食 品

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

平 成 26 年 度 厚 生 労 働 省 障 害 者 総 合 福 祉 推 進 事 業 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 科 病 院 協 会 精 神 保 健 福 祉 法 改 正 後 の 医 療 保 護 入 院 の 実 態 に 関 する 全 国 調

More information

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな

申 告 書 類 作 成 記 入 要 領 1. 平 成 28 年 分 給 与 所 得 者 の 扶 養 控 除 等 ( 異 動 ) 申 告 書 これは 平 成 28 年 1 月 以 降 各 月 の 研 究 奨 励 金 に 課 される 所 得 税 額 を 決 定 するために 必 要 な 書 類 です あな 特 別 研 究 員 の 皆 様 へ 平 成 27 年 10 月 9 日 独 立 行 政 法 人 日 本 学 術 振 興 会 人 材 育 成 事 業 部 研 究 者 養 成 課 年 末 調 整 に 必 要 な 申 告 書 類 提 出 のお 願 い 標 題 の 件 について 平 成 27 年 分 の 年 末 調 整 に 必 要 な 書 類 を 送 付 いたしますので 申 告 書 類 作 成 記 入 要

More information

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区

Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及 び 地 域 間 交 流 を 促 進 するため 平 成 26 年 3 月 に 廃 校 となった 旧 竹 田 小 学 校 の 校 舎 の 利 活 用 について 地 区 坂 井 市 旧 竹 田 小 学 校 校 舎 等 利 活 用 改 修 工 事 設 計 者 選 定 プロポーザル 募 集 要 領 平 成 26 年 7 月 7 日 平 成 26 年 8 月 20 日 一 部 修 正 坂 井 市 役 所 総 務 部 企 画 情 報 課 Ⅰ 事 業 の 概 要 急 速 に 過 疎 化 が 進 んでいる 丸 岡 町 竹 田 地 域 に 活 力 を 与 え 定 住 促 進 及

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874295BD90AC82518253944E937881408EA98CC8935F8C9F8145955D89BF82CC93E09765816B48508C668DDA5665722E816C2E646F6378> 平 成 4 年 度 自 己 点 検 評 価 大 学 名 研 究 科 専 攻 名 入 学 定 員 徳 島 大 学 大 学 院 薬 科 学 教 育 部 薬 学 専 攻 4 名 理 念 とミッション 教 育 研 究 上 の 理 念 4 年 制 大 学 院 では 医 薬 品 をどう 使 い, 及 びどの 点 を 改 良 することで, 薬 を 通 じた 医 療 の 質 の 向 上 に 寄 与 し 国 民 の

More information

2 入 札 参 加 資 格 尼 崎 市 西 宮 市 芦 屋 市 伊 丹 市 宝 塚 市 川 西 市 猪 名 川 町 ( 以 下 阪 神 6 市 1 町 という )のい ずれかの 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 に 登 載 されている 者 で 次 の 要 件 を 全 て 満 たしていること

2 入 札 参 加 資 格 尼 崎 市 西 宮 市 芦 屋 市 伊 丹 市 宝 塚 市 川 西 市 猪 名 川 町 ( 以 下 阪 神 6 市 1 町 という )のい ずれかの 競 争 入 札 参 加 資 格 者 名 簿 に 登 載 されている 者 で 次 の 要 件 を 全 て 満 たしていること 阪 福 団 第 56 号 入 札 公 告 次 のとおり 知 的 障 害 児 施 設 ななくさ 学 園 の 移 転 改 築 整 備 工 事 について 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 に 付 すの で 社 会 福 祉 法 人 阪 神 福 祉 事 業 団 経 理 規 則 第 66 条 に 基 づき 公 告 する 平 成 21 年 6 月 29 日 社 会 福 祉 法 人 阪 神 福 祉 事 業 団

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

研究計画書(雛型)

研究計画書(雛型) (ver. 2013.02) 研 究 計 画 書 ( 平 成 26 年 8 月 3 日 作 成 ) 研 究 課 題 名 重 症 心 身 障 害 児 を 対 象 とした 保 育 実 施 の 効 果 の 評 価 に 関 する 研 究 研 究 者 代 表 者 ( 主 任 研 究 者 ) 氏 名 : 堀 口 寿 広 所 属 : 精 神 保 健 研 究 所 社 会 精 神 保 健 研 究 部 職 名 : 家

More information

日本育英会奨学金2次募集について

日本育英会奨学金2次募集について 2011 年 度 立 教 大 学 課 外 活 動 奨 励 奨 学 金 募 集 要 項 学 部 学 生 対 象 対 象 この 奨 学 金 は 経 済 的 に 困 窮 しながらも 学 業 及 び 本 学 公 認 の 課 外 活 動 (クラブサークル 活 動 ) に 対 する 強 い 意 欲 を 持 つ 学 部 1 年 次 ~ 3 年 次 生 ( 出 願 資 格 および 下 図 参 照 )を 対 象 とする

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

平成28年度 教員免許状更新講習募集要項

平成28年度 教員免許状更新講習募集要項 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 平 成 28 年 度 教 員 免 許 状 更 新 講 習 募 集 要 項 姫 路 環 境 人 間 キャンパス 講 堂 NHK 連 続 ドラマ あさが 来 た 第 1 回 目 のロケ 地 に 使 われました 募 集 期 間 : 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 金 )~7 月 1 日 ( 金 ) 兵 庨 県 立 大 学 は 平 成 25 年 4 月

More information