H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H26年度アンケート結果その1(基礎集計編)20141216"

Transcription

1 平 成 26 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 26 年 12 月 東 村 山 市

2 - 1 -

3 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 調 査 の 設 計 回 収 結 果 設 問 の 構 成 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基 礎 集 計 編 1 回 答 者 の 属 性 定 住 意 向 市 の 主 な 取 り 組 みに 対 する 評 価 現 在 の 満 足 度 今 後 の 重 要 度 満 足 度 と 重 要 度 の 比 較 施 策 別 の 満 足 度 重 要 度 総 合 評 価 ( 施 策 1~36を 踏 まえた 施 策 全 般 ) 行 財 政 分 野 市 政 に 対 する 実 感 市 政 との 関 わり Ⅲ 分 析 編 1 分 析 編 の 概 要 分 析 結 果 問 10~12 市 の 主 な 取 り 組 みに 対 するライフステージ 別 の 傾 向 分 析 問 17 まちづくりの 活 動 内 容 に 対 する 傾 向 分 析 問 19 市 の 財 政 に 関 するテーマに 対 する 傾 向 分 析 Ⅳ 資 料 編 1 分 析 手 法 の 詳 細 説 明 自 由 記 述 アンケート 調 査 票

4 - 3 -

5 第 Ⅰ 章 調 査 の 概 要 - 4 -

6 - 5 -

7 1 調 査 の 目 的 現 在 東 村 山 市 では 平 成 23 年 度 から 開 始 した 市 の 最 上 位 計 画 である 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 に 基 づき 人 と 人 人 とみどりが 響 きあい 笑 顔 あふれる 東 村 山 の 実 現 をめざし 市 民 生 活 の 向 上 を 図 るためのさまざまな 施 策 を 実 施 しています 本 調 査 は 将 来 都 市 像 の 実 現 に 向 けて 市 が 進 めている 取 り 組 みに 対 する 評 価 や 市 民 の 皆 様 の 東 村 山 市 に 対 する 考 えをお 聞 きし 今 後 の 市 政 運 営 に 活 用 することを 目 的 とします 2 調 査 の 設 計 3 回 収 結 果 (1) 調 査 対 象 : 市 内 に 在 住 する 満 18 歳 以 上 の 男 女 個 人 2,000 人 ( 無 作 為 抽 出 ) (2) 調 査 時 期 : 平 成 26 年 7 月 1 日 ~ 7 月 31 日 (3) 調 査 方 法 : 郵 送 による 調 査 票 の 配 付 返 信 用 封 筒 による 回 収 (1) 配 付 数 :2,000 票 (2) 回 収 数 : 888 票 (3) 回 収 率 : 44.4% 4 設 問 の 構 成 (1) 回 答 者 の 属 性 性 別 年 代 職 業 居 住 地 区 ( 町 名 ) 通 算 の 居 住 年 数 家 族 構 成 同 居 家 族 の 状 況 買 い 物 場 所 (2) 定 住 意 向 今 後 の 定 住 意 向 住 み 続 けたい 又 は 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 (3) 市 の 主 な 取 り 組 みに 対 する 評 価 36 施 策 注 ) に 対 する 現 在 の 満 足 度 今 後 の 重 要 度 行 政 と 市 民 による 協 働 の まちづくりの 推 進 に 対 する 現 在 の 満 足 度 今 後 の 重 要 度 行 財 政 改 革 に 対 する 現 在 の 満 足 度 今 後 の 重 要 度 注 ) 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 前 期 基 本 計 画 に 掲 げた 36 の 施 策 具 体 的 な 内 容 については 4ページの 表 に 掲 げています (4) 市 政 に 対 する 実 感 市 政 との 関 わり 将 来 都 市 像 の 認 知 市 からの 情 報 の 入 手 方 法 及 び 利 用 状 況 市 政 に 対 する 意 見 の 提 出 方 法 の 認 知 市 民 の 声 の 市 政 への 反 映 市 の 課 題 解 決 のために 参 加 し たい 活 動 市 の 財 政 状 況 の 認 知 市 の 財 政 について 関 心 のある 事 項 今 後 の 市 の 行 政 サービスの 水 準 と 市 民 負 担 との 関 係 東 村 山 みんなで 進 めるまちづく り 基 本 条 例 の 認 知 基 本 条 例 で 規 定 している 住 民 投 票 の 認 知 住 民 投 票 に 対 する 考 え 住 民 投 票 の 対 象 とすべき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 に 対 する 考 え 住 民 投 票 の 成 立 についての 取 り 扱 いに 対 する 考 え 住 民 投 票 の 結 果 に ついての 取 り 扱 いに 対 する 考 え (5) 自 由 記 述 ( 任 意 ) 市 政 に 対 する 意 見 要 望 地 域 の 課 題 今 後 の 東 村 山 のまちづくりに 対 する 意 見 要 望 等 - 3 -

8 < 評 価 対 象 の 市 の 主 な 取 り 組 み(36 施 策 )> 基 本 目 標 No. 市 の 取 り 組 み( 施 策 ) 基 本 目 標 1 みんなで 支 え 助 け 合 う 健 やかにいきいき と 暮 らせるまち ( 子 育 て 健 康 福 祉 人 権 地 域 コミュニ ティ 関 連 分 野 ) 基 本 目 標 2 みんなが 楽 しく 学 び 豊 かな 心 を 育 むまち ( 学 校 教 育 生 涯 学 習 関 連 分 野 ) 基 本 目 標 3 みんなでつくる 安 全 安 心 とうるおいを 実 感 できるまち ( 自 然 環 境 安 全 安 心 関 連 分 野 ) 基 本 目 標 4 みんなが 快 適 に 暮 らせる 活 力 と 魅 力 に あふれたまち ( 都 市 基 盤 産 業 情 報 関 連 分 野 ) 1 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 2 保 育 サービスの 充 実 3 社 会 保 険 制 度 の 効 果 的 な 運 営 4 相 談 連 携 体 制 の 充 実 5 自 立 支 援 と 社 会 参 加 の 充 実 6 健 康 づくりの 推 進 7 地 域 医 療 体 制 の 充 実 8 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 9 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 10 協 働 による 地 域 コミュニティの 醸 成 11 教 育 環 境 の 充 実 12 教 育 内 容 の 充 実 13 青 少 年 育 成 環 境 の 充 実 14 市 民 文 化 生 涯 学 習 活 動 の 支 援 充 実 15 スポーツ 活 動 の 振 興 16 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 17 水 辺 環 境 の 整 備 18 緑 の 保 全 と 創 造 19 公 園 の 整 備 20 生 活 環 境 の 保 全 21 ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 22 ごみの 適 正 処 理 の 推 進 23 防 災 防 犯 体 制 の 強 化 24 消 費 生 活 の 向 上 25 適 切 な 土 地 利 用 誘 導 と 計 画 的 な 住 環 境 の 整 備 26 中 心 核 の 整 備 27 東 村 山 らしい 景 観 の 形 成 保 全 28 下 水 道 の 整 備 維 持 29 幹 線 道 路 の 整 備 推 進 30 生 活 道 路 の 整 備 31 交 通 の 円 滑 化 と 安 全 性 の 確 保 32 都 市 農 業 の 育 成 支 援 33 商 工 業 の 育 成 支 援 34 観 光 まちづくりの 推 進 35 情 報 基 盤 の 整 備 36 電 子 自 治 体 の 推 進 - 4 -

9 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項 本 調 査 の 本 文 表 グラフは 小 数 点 以 下 第 2 位 を 四 捨 五 入 して 端 数 処 理 を 行 って いるため 各 回 答 の 割 合 の 合 計 が100%にならない 場 合 や 内 訳 の 合 計 値 が 表 示 さ れている 値 の 合 計 と 一 致 しない 場 合 があります 複 数 回 答 の 設 問 では 各 回 答 の 割 合 の 合 計 が100%にならない 場 合 があります 属 性 別 の 表 では を 除 いています そのため 合 計 の 数 値 と 各 選 択 肢 の 合 計 値 が 一 致 しない 場 合 があります 年 代 別 について 10 歳 代 は 20 歳 代 と 統 合 して 分 析 しています - 5 -

10 - 6 -

11 第 Ⅱ 章 基 礎 集 計 編 - 7 -

12 - 8 -

13 1 回 答 者 の 属 性 結 果 の 概 要 問 項 目 結 果 の 概 要 1 性 別 男 性 が38.9% 女 性 が55.7% 2 年 代 60 歳 以 上 が 全 体 の 約 半 数 3 職 業 4 居 住 地 区 ( 町 名 ) 多 い 順 に 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など の26.8% 無 職 その 他 の25.5% 専 業 主 婦 の20.9% 多 い 順 に 秋 津 町 の 12.0% 恩 多 町 の11.3% 久 米 川 町 の9.7% 5 通 算 の 居 住 年 数 10 年 以 上 が 全 体 の8 割 弱 6 家 族 構 成 親 子 2 世 代 が 全 体 の 約 半 数 中 学 生 以 下 の 子 どもがいる は20.0% 7 同 居 家 族 の 状 況 買 い 物 場 所 ( 食 料 品 ) 買 い 物 場 所 ( 日 用 品 ) 8 買 い 物 場 所 ( 衣 料 品 ) 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる は6.8% 介 護 を 必 要 としない65 歳 以 上 の 家 族 がい る は30.2% 市 内 が 全 体 の8 割 弱 市 内 が 全 体 の7 割 強 市 内 が30.9% 市 外 が58.6% 買 い 物 場 所 ( 家 具 家 電 製 品 ) 市 内 が33.2% 市 外 が54.3% 問 1 性 別 問 2 年 代 5.4% 0.5% 10 歳 代 0.8% 20 歳 代 6.9% 30 歳 代 10.5% 女 性 55.7% 男 性 38.9% 70 歳 以 上 30.3% 40 歳 代 15.5% 60 歳 代 18.7% 50 歳 代 16.9% N=888 N=

14 問 3 職 業 問 4 居 住 地 区 ( 町 名 ) 学 生 ( 予 備 校 生 を 含 む) 2.4% 無 職 その 他 25.5% 専 業 主 婦 20.9% 0.9% 自 営 業 7.5% 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など 26.8% パート 派 遣 社 員 内 職 アルバイト 16.0% 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 など 26.8% N=888 パート 派 遣 社 員 内 職 アルバイト 16.0% 本 町 久 米 川 町 秋 津 町 青 葉 町 恩 多 町 萩 山 町 栄 町 富 士 見 町 美 住 町 廻 田 町 多 摩 湖 町 諏 訪 町 野 口 町 0% 10% 20% N=888 問 5 通 算 の 居 住 年 数 問 6 家 族 構 成 0.9% 1 年 未 満 2.8% 1 年 以 上 ~ 5 年 未 満 8.3% 5 年 以 上 ~ 10 年 未 満 11.5% 親 子 孫 の3 世 代 6.4% その 他 1.8% 2.0% 単 身 世 帯 12.4% 30 年 以 上 39.9% 10 年 以 上 ~ 30 年 未 満 36.6% 親 子 2 世 代 50.7% 夫 婦 のみ 世 帯 26.7% N=888 N=888 問 7 同 居 家 族 の 状 況 0% 10% 20% 30% 40% 50% 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 8.9 小 中 学 生 の 子 どもがいる 11.1 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 6.8 N=888 MA=935 介 護 を 必 要 としない 65 歳 以 上 の 家 族 がいる

15 問 8 買 い 物 場 所 ( 単 位 :%) 市 内 市 外 ( 通 信 販 売 を 含 む) 自 分 ではほとんど 買 わない 食 料 品 日 用 品 衣 料 品 家 具 家 電 製 品 N=

16 2 定 住 意 向 (1) 定 住 意 向 東 村 山 市 に 住 み 続 けたい 人 が6 割 半 ばを 占 めています 問 9) 今 後 も 東 村 山 市 に 住 み 続 けたいと 思 いますか あてはまる 番 号 に をつけてください ( は1つだけ) どちらとも いえない 20.4% 0.7% 市 外 に 移 り 住 みたい 11.5% 住 み 続 け たい 67.5% N=888 今 後 も 東 村 山 市 に 住 み 続 けたい が 67.5%と 市 外 に 移 り 住 みたい 11.5% を 大 きく 上 回 っています 年 代 別 の 定 住 意 向 合 計 住 み 続 けた 市 外 に 移 り どちらとも い 住 みたい いえない 全 体 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 年 歳 代 代 歳 代 歳 以 上 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 年 代 別 でみると 住 み 続 けたい は70 歳 以 上 で 85.5%と 最 も 高 く 年 代 が 低 くなるに 従 い 割 合 は 下 がり 10~20 歳 代 では4 割 を 下 回 っ ています 一 方 市 外 に 移 り 住 み たい は10~20 歳 代 が 22.1%で 最 も 高 く 年 代 が 低 いほどその 割 合 が 高 い 傾 向 にあります

17 居 住 地 区 別 の 定 住 意 向 全 体 居 住 地 区 1. 本 町 2. 久 米 川 町 3. 秋 津 町 4. 青 葉 町 5. 恩 多 町 6. 萩 山 町 7. 栄 町 8. 富 士 見 町 9. 美 住 町 10. 廻 田 町 11. 多 摩 湖 町 12. 諏 訪 町 13. 野 口 町 14. 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 住 み 続 け たい 市 外 に 移 り 住 みたい どちら ともい えない 居 住 地 区 別 でみると 住 み 続 けたい は 多 摩 湖 町 が 76.3%で 最 も 高 く 次 いで 廻 田 町 が 76.2% 栄 町 が 73.8% 本 町 が 71.0%で いずれも7 割 台 と 高 くな っています 一 方 市 外 に 移 り 住 みた い は 美 住 町 で15.4%と 最 も 高 く 次 いで 富 士 見 町 が15.0%で 他 の 地 区 に 比 べて 高 くなっています 定 住 意 向 の 経 年 変 化 住 み 続 けたい 市 外 に 移 り 住 みたい どちらとも いえない ( 単 位 :%) 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 から 26 年 度 にそれぞれ 実 施 した 市 民 意 識 調 査 の 結 果 と 比 較 すると 住 み 続 けたい は60% 台 後 半 で 推 移 しており いずれの 年 度 でも 市 外 に 移 り 住 みたい を 大 きく 上 回 っています 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 前 期 基 本 計 画 では 平 成 27 年 度 に 住 み 続 けたい が

18 70.0%に 達 することを 目 標 としており 今 後 もより 多 くの 市 民 が 東 村 山 市 に 住 み 続 けたいと 感 じられるまちづくりを 進 めていくことが 必 要 です ( 参 考 ) 平 成 23 年 度 市 民 意 識 調 査 調 査 対 象 : 市 内 に 在 住 する 満 18 歳 以 上 の 男 女 個 人 2,000 人 ( 無 作 為 抽 出 ) 調 査 時 期 : 平 成 23 年 8~9 月 回 収 結 果 : 回 収 率 41.2% ( 参 考 ) 平 成 24 年 度 市 民 意 識 調 査 調 査 対 象 : 市 内 に 在 住 する 満 18 歳 以 上 の 男 女 個 人 2,000 人 ( 無 作 為 抽 出 ) 調 査 時 期 : 平 成 24 年 6~7 月 回 収 結 果 : 回 収 率 44.6% ( 参 考 ) 平 成 25 年 度 市 民 意 識 調 査 調 査 対 象 : 市 内 に 在 住 する 満 18 歳 以 上 の 男 女 個 人 2,000 人 ( 無 作 為 抽 出 ) 調 査 時 期 : 平 成 25 年 11~12 月 回 収 結 果 : 回 収 率 45.4%

19 (2) 住 み 続 けたい 理 由 住 みなれていて 愛 着 がある が7 割 強 自 然 環 境 がよい が6 割 弱 問 9-1) 住 み 続 けたい 理 由 について あてはまる 番 号 にすべて をつけてください( は いくつでも 可 ) なお 13 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 理 由 を 記 入 してください 0% 20% 40% 60% 80% 100% 住 みなれていて 愛 着 がある 72.1 自 然 環 境 がよい 58.8 交 通 の 便 がよい 49.4 買 い 物 の 便 がよい 住 宅 の 都 合 人 間 関 係 がよい 下 水 道 路 等 の 施 設 が 整 っている 21.0 公 共 施 設 が 充 実 している 仕 事 の 関 係 家 庭 の 事 情 子 どもの 教 育 によい 学 校 の 都 合 その 他 N=599 MA=2,154 問 9で 今 後 も 東 村 山 市 に 住 み 続 けたい と 回 答 した 人 にその 理 由 をたずねたと ころ 住 みなれていて 愛 着 がある が 72.1%と 最 も 高 く 次 いで 自 然 環 境 が よい が58.8% 交 通 の 便 がよい が49.4%と 続 いています 参 考 その 他 の 理 由 その 他 として 次 のような 回 答 をいただきました 家 族 や 親 戚 が 近 くに 住 んでいる 病 院 が 近 い 治 安 が 良 い 職 場 が 近 い 散 歩 サイクリングができる

20 全 体 年 代 年 代 別 の 住 み 続 けたい 理 由 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 7. 回 答 者 数 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 愛 住 自 交 買 人 よ子 施 下 充 公 住 仕 家 学 そ 無 着 み 然 通 い 間 いど 設 水 実 共 宅 事 庭 校 の 回 がな 環 の 物 関 も が し施 の の の の 他 答 あれ 境 便 の 係 の 整 っ 道 て設 都 関 事 都 るて が が 便 が 教 路 いが 合 係 情 合 い よ よ が よ 育 て等 る て い い よ い に いの い る 599 2, 年 代 別 で1 番 多 い 理 由 をみると すべての 年 代 において 住 みなれていて 愛 着 が ある が 最 も 高 く 特 に 70 歳 以 上 で 83.5%と 高 くなっています 次 いで2 番 目 に 多 い 理 由 は 50 歳 代 を 除 くすべての 年 代 において 自 然 環 境 がよい があげら れています また 3 番 目 に 多 い 理 由 は 40~50 歳 代 を 除 いて 交 通 の 便 がよい があげられています 買 い 物 の 便 がよい は 50 歳 代 以 上 で 約 4 割 以 上 を 占 めているのに 対 し 40 歳 代 以 下 では 概 ね2 割 以 下 にとどまります また 下 水 道 路 等 の 施 設 が 整 ってい る は 70 歳 以 上 で 突 出 して 高 く 他 の 年 代 と 比 べて 20 ポイント 以 上 の 差 があ ります

21 全 体 居 住 地 区 居 住 地 区 別 の 住 み 続 けたい 理 由 1. 本 町 2. 久 米 川 町 3. 秋 津 町 4. 青 葉 町 5. 恩 多 町 6. 萩 山 町 7. 栄 町 8. 富 士 見 町 9. 美 住 町 10. 廻 田 町 11. 多 摩 湖 町 12. 諏 訪 町 13. 野 口 町 14. 回 答 者 数 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 居 住 地 区 別 に1 番 多 い 理 由 をみると 本 町 萩 山 町 栄 町 では 交 通 の 便 がよい 富 士 見 町 廻 田 町 多 摩 湖 町 野 口 町 では 自 然 環 境 がよい 同 率 の 野 口 町 を 含 めて 他 7 地 区 では 住 みなれていて 愛 着 がある が 最 も 高 くなっています また 交 通 の 便 がよい は 本 町 (77.6%) 萩 山 町 (71.2%) 栄 町 (81.3%) 野 口 町 (66.7%)でそれぞれ6 割 以 上 と 他 の 地 区 より 高 くなっています 同 様 に 自 然 環 境 がよい では 多 摩 湖 町 が 89.7%と 突 出 して 他 の 地 区 より 高 くなっています 愛 住 自 交 買 人 よ子 施 下 充 公 住 仕 家 学 そ 無 着 み 然 通 い 間 いど 設 水 実 共 宅 事 庭 校 の 回 がな 環 の 物 関 も が し施 の の の の 他 答 あれ 境 便 の 係 の 整 っ 道 て設 都 関 事 都 るて が が 便 が 教 路 いが 合 係 情 合 い よ よ が よ 育 て等 る て い い よ い に いの い る 599 2,

22 住 み 続 けたい 理 由 の 経 年 変 化 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 住 みなれていて 愛 着 がある 自 然 環 境 がよい 交 通 の 便 がよい 買 い 物 の 便 がよい 人 間 関 係 がよい 子 どもの 教 育 によい 下 水 道 路 等 の 施 設 が 整 っている 公 共 施 設 が 充 実 している 住 宅 の 都 合 仕 事 の 関 係 家 庭 の 事 情 学 校 の 都 合 その 他 72.1% 71.5% 68.8% 69.7% 58.8% 61.1% 58.4% 51.6% 49.4% 48.7% 45.5% 41.7% 40.9% 37.3% 33.2% 33.8% 30.4% 30.3% 27.4% 24.3% 5.8% 8.7% 5.7% 5.9% 21.0% 23.4% 16.8% 16.5% 13.5% 13.1% 7.2% 9.0% 36.2% 39.8% 39.0% 38.0% 13.4% 12.4% 13.2% 13.2% 11.9% 13.5% 12.8% 14.1% 2.8% 4.7% 2.7% 4.0% 2.8% 2.7% 5.1% 平 成 26 年 度 (599 人 ) 3.5% 平 成 25 年 度 (620 人 ) 0.5% 0.2% 平 成 24 年 度 (584 人 ) 0.2% 0.2% 平 成 23 年 度 (547 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 上 位 3 位 までの 順 位 は 変 わっていません 一 方 平 成 23 年 度 と 比 べて 最 も 増 加 したのは 交 通 の 便 がよい で 7.7 ポイント 増 と なっています 同 じく7ポイント 以 上 増 加 したものとしては 自 然 環 境 がよい が7.2 ポイント 増 買 い 物 の 便 がよい が7.1ポイント 増 となっています また 平 成 23 年 度 に 比 べて 最 も 減 少 したのは 家 庭 の 事 情 で 2.2 ポイント 減 となっ ており 次 いで 住 宅 の 都 合 が1.8ポイント 減 学 校 の 都 合 が1.2ポイント 減 となっています

23 (3) 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 交 通 の 便 がよくない 買 い 物 の 便 がよくない がいずれも4 割 前 後 問 9-2) 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 について あてはまる 番 号 にすべて をつけてください ( はいくつでも 可 ) なお 13 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 理 由 を 記 入 してください 0% 0% 20% 10% 40% 20% 60% 30% 80% 40% 100% 50% 交 通 交 の 通 便 の がよくない 便 がよくない 買 い 買 物 い の 物 便 の がよくない 便 がよくない 公 共 公 施 共 設 施 が 設 充 が 実 充 していない 実 していない 家 庭 家 の 庭 事 の 情 事 情 住 宅 住 の 宅 都 の 合 都 合 騒 音 騒 振 音 動 振 悪 動 臭 悪 等 臭 の 等 公 の 害 公 がある 害 がある 下 水 下 道 水 路 道 等 路 の 等 施 の 設 施 が 設 整 が っていない 整 っていない 仕 事 仕 の 事 関 の 係 関 係 子 どもの 子 どもの 教 育 教 環 育 境 環 境 がよくない 人 間 人 関 間 係 関 係 がよくない 自 然 自 環 然 境 環 境 がよくない 学 校 学 の 校 都 の 合 都 合 その その 他 他 無 回 無 答 回 答 N=102 MA=245 問 9で 今 後 市 外 に 移 り 住 みたい と 回 答 した 人 にその 理 由 をたずねたところ 交 通 の 便 がよくない 42.2% 買 い 物 の 便 がよくない 38.2%がそれぞれ4 割 前 後 と 高 く 次 いで 公 共 施 設 が 充 実 していない が26.5%と 続 いています 参 考 その 他 の 理 由 その 他 として 次 のような 回 答 をいただきました 街 の 雰 囲 気 税 金 が 高 い 子 育 て 高 齢 者 障 害 者 福 祉 が 充 実 していない 自 転 車 の 盗 難 がある

24 年 代 別 の 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 7. 回 答 者 数 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 自 交 買 人 よ子 施 下 充 公 住 仕 家 学 公 騒 そ 無 然 通 い 間 くど 設 水 実 共 宅 事 庭 校 害 音 の 回 環 の 物 関 なも が し施 の の の の が 他 答 境 便 の 係 いの 整 っ 道 て設 都 関 事 都 あ振 が が 便 が 教 路 いが 合 係 情 合 る動 よ よ が よ 育 て等 な く く よ く 環 いの い 悪 な な く な 境 な 臭 い い な い が い 等 い の 年 代 別 で1 番 多 い 理 由 をみると 50 歳 代 と 60 歳 代 を 除 くすべての 年 代 で 買 い 物 の 便 がよくない をあげています 特 に 10~20 歳 代 では 66.7%と7 割 近 く 他 の 年 代 に 比 べて 特 に 高 くなっています また 30 歳 代 と 70 歳 以 上 の 年 代 では 交 通 の 便 がよくない が 買 い 物 の 便 が よくない と 同 率 で 一 番 多 い 理 由 となっています

25 居 住 地 区 別 の 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 ( 回 答 者 数 が 少 ないため 参 考 ) 回 答 者 数 合 計 自 交 買 人 よ子 整 っ 下 充 公 住 仕 家 学 公 騒 そ 無 然 通 い 間 くど 水 実 共 宅 事 庭 校 害 音 の 回 環 の 物 関 なも て し施 の の の の が 他 答 境 便 の 係 いの い道 て設 都 関 事 都 あ振 が が 便 が 教 な路 いが 合 係 情 合 る動 よ よ が よ 育 い等 な く く よ く 環 の い 悪 な な く な 境 施 臭 い い な い が 設 等 い が の 全 体 居 住 地 区 1. 本 町 2. 久 米 川 町 3. 秋 津 町 4. 青 葉 町 5. 恩 多 町 6. 萩 山 町 7. 栄 町 8. 富 士 見 町 9. 美 住 町 10. 廻 田 町 11. 多 摩 湖 町 12. 諏 訪 町 13. 野 口 町 14. 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%)

26 市 外 に 移 り 住 みたい 理 由 の 経 年 変 化 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 自 然 環 境 がよくない 交 通 の 便 がよくない 買 い 物 の 便 がよくない 人 間 関 係 がよくない 子 どもの 教 育 環 境 がよくない 下 水 道 路 等 の 施 設 が 整 っていない 公 共 施 設 が 充 実 していない 住 宅 の 都 合 仕 事 の 関 係 家 庭 の 事 情 学 校 の 都 合 騒 音 振 動 悪 臭 等 の 公 害 がある その 他 3.9% 2.0% 2.8% 0.9% 3.8% 0.0% 1.9% 0.0% 0.0% 7.8% 7.4% 6.4% 10.2% 10.0% 11.5% 13.9% 13.6% 15.4% 11.8% 12.7% 18.5% 14.7% 14.8% 16.4% 17.9% 15.7% 19.4% 17.3% 11.5% 11.8% 14.7% 17.6% 20.9% 19.2% 17.6% 15.7% 13.0% 16.4% 12.8% 17.6% 20.5% 26.5% 26.9% 24.5% 29.4% 29.5% 32.7% 33.3% 42.2% 41.7% 37.3% 41.0% 38.2% 42.6% 37.3% 42.3% 平 成 26 年 度 (102 人 ) 平 成 25 年 度 (108 人 ) 平 成 24 年 度 (110 人 ) 平 成 23 年 度 (78 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 移 り 住 みたい 理 由 の 上 位 3 位 までに 入 っている ものは 変 わらず 交 通 の 便 がよくない 買 い 物 の 便 がよくない 公 共 施 設 が 充 実 していない があげられています 第 4 位 以 降 は 順 位 に 入 れ 替 わりが 生 じて おり 平 成 25 年 度 まで 10 位 以 下 であった 家 庭 の 事 情 が 第 4 位 に 繰 り 上 がっ ており 一 方 平 成 25 年 度 まで6 位 以 上 であった 仕 事 の 関 係 は 第 8 位 まで 繰 り 下 がっています 平 成 23 年 度 と 比 べて 最 も 増 加 しているものとしては 家 庭 の 事 情 が 11.2ポイ

27 ント 増 次 いで 住 宅 の 都 合 が 4.2 ポイント 増 となっています その 一 方 最 も 減 少 したものとしては 子 どもの 教 育 環 境 がよくない が8.7ポイント 減 自 然 環 境 がよくない 及 び 人 間 関 係 がよくない が 7.6 ポイント 減 となっていま す

28 3 市 の 主 な 取 り 組 みに 対 する 評 価 問 10) 現 在 市 では 第 4 次 総 合 計 画 に 掲 げた4つの 基 本 目 標 に 基 づいて 各 種 取 り 組 みを 進 めています 主 な 取 り 組 みに 対 する A 満 足 度 と B 重 要 度 について あなた の 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( はそれぞれ1つだけ) 本 項 では 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 に 掲 げている4つの 基 本 目 標 に 基 づく 36 施 策 を 対 象 に 現 在 その 取 り 組 みに 対 してどのくらい 満 足 しているか という 満 足 度 と 今 後 その 取 り 組 みがどのくらい 重 要 か という 重 要 度 についてたずねた 結 果 をまとめています 具 体 的 には 満 足 度 及 び 重 要 度 の 各 選 択 肢 に 点 数 をつけて 平 均 値 を 求 め 満 足 度 と 重 要 度 を 数 値 化 することにより 項 目 ごとに 比 較 できるようにしました < 満 足 度 重 要 度 の 点 数 表 > 満 足 度 の 点 数 重 要 度 の 点 数 選 択 肢 ( 点 ) 選 択 肢 ( 点 ) 満 足 1.0 たいへん 重 要 1.0 まあ 満 足 0.5 ある 程 度 重 要 0.5 どちらともいえない 0 どちらともいえない 0 やや 不 満 0.5 あまり 重 要 でない 0.5 不 満 1.0 全 く 重 要 でない 1.0 対 象 外 対 象 外 < 算 出 式 ( 加 重 平 均 )> 満 足 度 = 満 足 1.0+ まあ 満 足 0.5+ どちらともいえない 0 + やや 不 満 0.5+ 不 満 1.0 を 除 く 回 答 者 数 重 要 度 = たいへん 重 要 1.0+ ある 程 度 重 要 0.5+ どちらともいえない 0 + あまり 重 要 でない 0.5+ 全 く 重 要 でない 1.0 を 除 く 回 答 者 数 ( 参 考 ) 加 重 平 均 とは? 例 えば 次 の 場 合 はどちらの 施 策 の 満 足 度 が 高 いでしょうか? 施 策 Aの 回 答 状 況 満 足 5 人 まあ 満 足 3 人 どちらともいえない 4 人 やや 不 満 3 人 不 満 5 人 施 策 Bの 回 答 状 況 満 足 7 人 まあ 満 足 1 人 どちらともいえない 3 人 やや 不 満 1 人 不 満 8 人 答 え: 施 策 A( 加 重 平 均 を 計 算 することで 明 らかになります) 施 策 Aの 満 足 度 = /20=0.00 施 策 Bの 満 足 度 = /20=

29 1 現 在 の 満 足 度 - 緑 の 保 全 やごみの 減 量 化 など 環 境 に 関 連 する 施 策 の 満 足 度 が 高 い 一 方 都 市 基 盤 に 関 連 する 施 策 の 満 足 度 が 低 調 - 平 成 26 年 度 調 査 では 加 重 平 均 に 基 づく 満 足 度 は 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 が0.23 で 最 も 高 く 36 施 策 の 平 均 値 (0.04)を 大 きく 上 回 っています 次 いで ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 及 び ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 の0.19 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 の0.16と 続 いています 加 重 平 均 値 の 上 位 3 位 までの 施 策 は 基 本 目 標 3の 環 境 に 関 連 する 施 策 があがっています 一 方 満 足 度 の 低 い 施 策 は 生 活 道 路 の 整 備 が 0.13で 最 も 低 く 次 いで に ぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 及 び 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 の 0.11の 順 であり 下 位 3 位 までの 施 策 は 基 本 目 標 4の 都 市 基 盤 に 関 連 する 施 策 があがっています また 平 成 23 年 度 から 順 位 が 大 幅 に 上 がった 施 策 としては 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 が 平 成 23 年 度 の 第 23 位 から 第 10 位 に 市 政 に 関 する 情 報 提 供 が 第 28 位 から 第 17 位 に 順 位 が 繰 り 上 がっています 一 方 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 へ の 支 援 は 第 18 位 から 第 24 位 に 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 は 第 12 位 か ら 第 17 位 に 繰 り 下 がっています 36 施 策 の 満 足 度 平 均 値 は 平 成 23 年 度 の 0.01か ら0.04に 上 がっています 2 今 後 の 重 要 度 - 医 療 福 祉 や 防 災 防 犯 都 市 基 盤 関 連 分 野 に 対 するニーズが 顕 著 - 平 成 26 年 度 調 査 では 加 重 平 均 に 基 づく 重 要 度 は 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 が0.73で 最 も 高 く 次 いで 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 の0.72 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 及 び ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 の0.68の 順 とな っています 一 方 重 要 度 が 低 い 施 策 は 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 の0.26が 最 も 低 く 次 いで スポーツ 活 動 の 振 興 の0.30 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 の 0.32の 順 となっています 平 成 23 年 度 以 降 は いずれの 年 度 も 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 が 第 1 位 平 成 24 年 度 を 除 いて 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 が 第 2 位 となっています また 順 位 が 大 幅 に 上 がった 施 策 としては 幹 線 道 路 の 整 備 が 第 20 位 から 第 13 位 に 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 が 第 12 位 から 第 6 位 に 繰 り 上 がっています 一 方 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 は 第 6 位 から 第 11 位 に だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 が 第 16 位 から 第 20 位 に 順 位 が 繰 り 下 がっています

30 < 満 足 度 の 順 位 の 経 年 変 化 ( 加 重 平 均 値 が 高 い 順 )> どちらとも いえない 満 足 まあ まあ 満 満 足 足 どちらともいえない やや 不 満 不 満 平 成 26 年 度 加 重 平 均 値 平 成 25 年 度 加 重 平 均 値 平 成 24 年 度 加 重 平 均 値 平 成 23 年 度 加 重 平 均 値 0% 20% 40% 60% 80% 100% ( 平 均 0.04) ( 平 均 0.04) ( 平 均 0.00) ( 平 均 0.01) 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化 スポーツ 活 動 の 振 興 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 東 村 山 らしい 景 観 づくり 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 都 市 農 業 の 振 興 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 市 政 に 関 する 情 報 提 供 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 組 み 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 商 工 業 の 振 興 幹 線 道 路 の 整 備 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 生 活 道 路 の 整 備

31 < 重 要 度 の 順 位 の 経 年 変 化 ( 加 重 平 均 値 が 高 い 順 )> たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらともいえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない 無 回 答 0% 20% 40% 60% 80% 100% 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 平 成 26 年 度 加 重 平 均 値 平 成 25 年 度 加 重 平 均 値 平 成 24 年 度 加 重 平 均 値 平 成 23 年 度 加 重 平 均 値 ( 平 均 0.52) ( 平 均 0.49) ( 平 均 0.46) ( 平 均 0.48) 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 生 活 道 路 の 整 備 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 幹 線 道 路 の 整 備 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 組 み だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 市 政 に 関 する 情 報 提 供 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 東 村 山 らしい 景 観 づくり 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 商 工 業 の 振 興 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 都 市 農 業 の 振 興 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 スポーツ 活 動 の 振 興 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進

32 ( 参 考 1) 加 重 平 均 値 のもととなる 満 足 度 の 回 答 状 況 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 基 本 目 標 市 の 取 り 組 み( 施 策 ) 基 本 目 標 1 みんなで 支 え 助 け 合 う 健 やかにいきい きと 暮 らせる まち 基 本 目 標 2 みんなが 楽 し く 学 び 豊 か な 心 を 育 むま ち 基 本 目 標 3 みんなでつく る 安 全 安 心 とうるおいを 実 感 できるま ち 基 本 目 標 4 みんなが 快 適 に 暮 らせる 活 力 と 魅 力 に あふれたまち 満 足 不 満 足 満 足 不 満 足 満 足 不 満 足 満 足 不 満 足 1 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 スポーツ 活 動 の 振 興 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 20 組 み ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 東 村 山 らしい 景 観 づくり 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 幹 線 道 路 の 整 備 生 活 道 路 の 整 備 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 都 市 農 業 の 振 興 商 工 業 の 振 興 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 市 政 に 関 する 情 報 提 供 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化 注 ) 満 足 は 満 足 と まあ 満 足 の 合 計 不 満 は 不 満 と やや 不 満 の 合 計 平 成 26 年 度 平 成 25 年 度 平 成 24 年 度 平 成 23 年 度

33 ( 参 考 2) 加 重 平 均 値 のもととなる 重 要 度 の 回 答 状 況 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 基 本 目 標 市 の 取 り 組 み( 施 策 ) 基 本 目 標 1 みんなで 支 え 助 け 合 う 健 やかにいきい きと 暮 らせる まち 基 本 目 標 2 みんなが 楽 し く 学 び 豊 か な 心 を 育 むま ち 基 本 目 標 3 みんなでつく る 安 全 安 心 とうるおいを 実 感 できるま ち 基 本 目 標 4 みんなが 快 適 に 暮 らせる 活 力 と 魅 力 に あふれたまち 重 要 重 要 でない 重 要 重 要 でない 重 要 重 要 でない 重 要 重 要 でない 1 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス 平 成 26 年 度 平 成 25 年 度 平 成 24 年 度 平 成 23 年 度 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 スポーツ 活 動 の 振 興 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 20 組 み ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 東 村 山 らしい 景 観 づくり 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 幹 線 道 路 の 整 備 生 活 道 路 の 整 備 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 都 市 農 業 の 振 興 商 工 業 の 振 興 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 市 政 に 関 する 情 報 提 供 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化 注 ) 重 要 は たいへん 重 要 と ある 程 度 重 要 の 合 計 重 要 でない は あまり 重 要 でない と 全 く 重 要 でない の 合 計

34 3 満 足 度 と 重 要 度 の 比 較 加 重 平 均 値 に 基 づく 満 足 度 を 横 軸 重 要 度 を 縦 軸 にとり 4 象 限 に 分 類 しました - 今 後 重 点 的 に 経 営 資 源 を 投 入 することが 望 まれる 取 り 組 みは 道 路 交 通 及 び 子 育 て 健 康 福 祉 分 野 - 満 足 度 が 低 く 重 要 度 が 高 い 第 2 象 限 には 道 路 交 通 や 都 市 基 盤 に 関 連 する 施 策 が4つ 子 育 てや 教 育 青 少 年 育 成 に 関 連 する 施 策 が3つ 健 康 福 祉 に 関 連 する 施 策 が2つ 該 当 しており これら 施 策 配 下 の 取 り 組 みには 今 後 重 点 的 な 経 営 資 源 の 投 入 が 望 まれているとうかがえます

35 高 い 重 要 度 < 満 足 度 重 要 度 散 布 図 > 第 2 象 限 優 先 的 に 改 善 すべきと 考 えられるもの 重 要 度 ( 平 均 0.52) 第 1 象 限 現 状 の 水 準 を 維 持 しつ つ 今 後 も 必 要 に 応 じ た 対 応 が 求 められると 考 えられるもの 満 足 度 ( 平 均 0.04) 低 い 第 3 象 限 必 要 に 応 じて 改 善 を 図 るべきと 考 えられる もの 第 4 象 限 現 状 の 水 準 で 良 いと 考 えられるもの 各 記 号 に 付 されている 数 字 は 施 策 を 表 しています 基 本 目 標 1 基 本 目 標 2 基 本 目 標 3 基 本 目 標 4 低 い 満 足 度 高 い 基 本 目 標 No. 市 の 取 り 組 み( 施 策 ) 満 足 度 重 要 度 基 本 目 標 No. 市 の 取 り 組 み( 施 策 ) 満 足 度 重 要 度 1 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 ( 19 だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 自 地 ( 2 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス 心 然 20 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 組 み 域 子 基 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 関 コ 育 本 21 ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 連 環 ミ て 目 ュ 分 境 基 4 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 標 野 22 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 ニ 健 本 ) 3 5 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 安 テ 23 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 ィ 康 目 全 福 標 関 祉 1 6 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 安 24 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み 連 7 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 分 人 ( 8 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 野 権 ) 都 9 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 市 27 東 村 山 らしい 景 観 づくり 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 基 盤 28 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 ( 11 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 基 29 幹 線 道 路 の 整 備 学 産 学 12 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 本 習 基 業 30 生 活 道 路 の 整 備 校 目 関 本 13 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり 教 標 31 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 連 目 情 育 4 分 標 14 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 報 32 都 市 農 業 の 振 興 野 2 関 ) 生 15 スポーツ 活 動 の 振 興 連 33 商 工 業 の 振 興 涯 16 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 分 34 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 野 17 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 ) 35 市 政 に 関 する 情 報 提 供 基 本 目 標 3 18 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化

36 4 施 策 別 の 満 足 度 重 要 度 1 家 庭 や 地 域 における 子 育 て 支 援 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > 平 成 26 年 度 (888 人 ) たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 41.1 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 28.6 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 12.5 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 加 重 平 均 に 基 づく 満 足 度 ( 以 下 満 足 度 )は 第 12 位 加 重 平 均 に 基 づく 重 要 度 ( 以 下 重 要 度 )は 第 8 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 におい て 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 24.0%( 満 足 2.9%+ まあ 満 足 21.1%) 不 満 は 12.0% ( 不 満 3.8%+ やや 不 満 8.2%)で 満 足 が 不 満 の2 倍 となっています 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は 31.6%( 満 足 1.3%+ まあ 満 足 30.4% 全 体 +7.6 ポイント)で 平 成 25 年 度 の 41.2%より 9.6 ポイント 減 少 し ています また 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は43.4%( 満 足 1.0% + まあ 満 足 42.4% 全 体 +19.4ポイント)で 平 成 25 年 度 の40.4%より3.0 ポイント 増 加 しています 一 方 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 の 不 満 は 29.1%( 不 満 10.1%+ やや 不 満 19.0% 全 体 ポイント)で 平 成 25 年 度 の27.7%より1.4ポイント 増 加 し 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は22.2% ( 不 満 5.1%+ やや 不 満 17.2% 全 体 +10.2ポイント)で 平 成 25 年 度 の24.0% より 1.8ポイント 減 少 しています 重 要 については 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 は 94.9%( たいへん 重 要 73.4%+ ある 程 度 重 要 21.5% 全 体 +25.2ポイント) 小 中 学 生 の 子 どもが いる 回 答 者 は 89.9%( たいへん 重 要 58.6%+ ある 程 度 重 要 31.3% 全 体 ポイント)で いずれも 全 体 の 値 (69.7%)を 大 きく 上 回 っています

37 2 多 様 なニーズに 応 じた 保 育 サービス < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 28 位 重 要 度 は 第 18 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 15.9%( 満 足 2.0%+ まあ 満 足 13.9%) 不 満 は 13.1% ( 不 満 4.7%+ やや 不 満 8.3%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は 26.6%( 満 足 1.3%+ まあ 満 足 25.3% 全 体 +10.7ポイント)で 平 成 25 年 度 の25.2%から 横 ばいとなっていま す また 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は 20.2%( 満 足 0.0%+ ま あ 満 足 20.2% 全 体 +4.3 ポイント)で 平 成 25 年 度 の 25.4%より 5.2 ポイン ト 減 少 しています 一 方 不 満 については 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 は 32.9%( 不 満 15.2%+ やや 不 満 17.7% 全 体 +19.8ポイント)で 平 成 25 年 度 の36.1%より 3.2ポイント 減 少 し 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は26.3%( 不 満 11.1% + やや 不 満 15.2% 全 体 +13.2ポイント)で 平 成 25 年 度 の20.5%より5.8ポ イント 増 加 しています 重 要 については 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 は 91.1%( たいへん 重 要 63.3%+ ある 程 度 重 要 27.8% 全 体 +29.1ポイント) 小 中 学 生 の 子 どもが いる 回 答 者 は 76.8%( たいへん 重 要 43.4%+ ある 程 度 重 要 33.3% 全 体 +14.8ポイント)で 全 体 の 値 (62.0%)をいずれも 大 きく 上 回 っています 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 満 足 度 は 平 成 23 年 度 ( 0.07) 24 年 度 ( 0.08)ともにマイナス 基 調 でしたが 平 成 25 年 度 以 降 はプラスに 転 じています

38 3 国 民 健 康 保 険 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 国 民 年 金 介 護 保 険 等 の 社 会 保 険 制 度 の 運 営 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > 平 成 26 年 度 (888 人 ) たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 51.9 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 26.1 全 く 重 要 でない 15.7 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 29 位 重 要 度 は 第 3 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 27.3%( 満 足 4.5%+ まあ 満 足 22.7%) 不 満 は24.5 %( 不 満 8.8%+ やや 不 満 15.8%)で 満 足 と 不 満 が 同 程 度 となっていま す 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 が47.6%( 満 足 11.5%+ まあ 満 足 36.1% 全 体 +20.3ポイント)で 最 も 高 い 一 方 60 歳 代 では22.9%( 満 足 1.8%+ ま あ 満 足 21.1% 全 体 4.4ポイント) 50 歳 代 では20.7%( 満 足 2.7%+ ま あ 満 足 18.0% 全 体 6.6ポイント) 10~20 歳 代 では19.1%( 満 足 0.0%+ まあ 満 足 19.1% 全 体 8.2ポイント)にとどまり 40 歳 代 では1 割 を 切 るな ど 60 歳 代 以 下 の 年 代 ではいずれも3 割 を 下 回 っています 一 方 不 満 については 50 歳 代 が31.3%( 不 満 11.3%+ やや 不 満 20.0% 全 体 +6.8ポイント)で 最 も 高 く 全 体 の 値 (24.5%)を 上 回 っています 重 要 については 50 歳 代 の 87.3%( たいへん 重 要 55.3%+ ある 程 度 重 要 32.0% 全 体 +9.3ポイント)が 最 も 高 く 次 いで60 歳 代 の84.9%( たいへん 重 要 62.7%+ ある 程 度 重 要 22.3% 全 体 +6.9ポイント)となっています

39 4 健 康 や 介 護 に 関 する 相 談 体 制 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 11 位 重 要 度 は 第 7 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 27.4%( 満 足 4.1%+ まあ 満 足 23.3%) 不 満 は13.3% ( 不 満 5.4%+ やや 不 満 7.9%)で 満 足 が 不 満 の 倍 以 上 となっています 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は 55.0%( 満 足 6.7%+ まあ 満 足 48.3% 全 体 ポイント)で 平 成 25 年 度 の 44.9%より 10 ポイント 以 上 増 加 しています 一 方 不 満 は20.0%( 不 満 11.7%+ やや 不 満 8.3% 全 体 +6.7 ポイント)で 平 成 25 年 度 の16.6%より3.4ポイント 増 加 しています 年 代 別 にみると 満 足 は 70 歳 以 上 が41.6%( 満 足 9.3%+ まあ 満 足 32.3% 全 体 ポイント)で 最 も 高 く 10~60 歳 代 はいずれも2 割 前 後 となっていま す 不 満 は 50 歳 代 が 22.0%( 不 満 8.7%+ やや 不 満 13.3% 全 体 +8.7 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 が 15.7%( 不 満 6.6%+ やや 不 満 9.0% 全 体 +2.4ポイント)で それぞれ 全 体 の 値 (13.3%)を 上 回 っています 重 要 については 50 歳 代 が 85.3%( たいへん 重 要 46.0%+ ある 程 度 重 要 39.3% 全 体 +9.5ポイント)で 最 も 高 く 次 いで60 歳 代 の83.1%( たいへん 重 要 55.4%+ ある 程 度 重 要 27.7% 全 体 +7.3ポイント) 70 歳 以 上 の73.2% ( たいへん 重 要 42.4%+ ある 程 度 重 要 30.9% 全 体 2.6ポイント)の 順 となっています

40 5 高 齢 者 障 害 者 等 の 自 立 と 社 会 参 加 への 支 援 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 位 位 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 24 位 重 要 度 は 第 17 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 19.5%( 満 足 2.4%+ まあ 満 足 17.1%) 不 満 は 14.2% ( 不 満 5.2%+ やや 不 満 9.0%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は38.3%( 満 足 8.3%+ まあ 満 足 30.0% 全 体 +18.8ポイント) 不 満 は18.3%( 不 満 10.0%+ やや 不 満 8.3% 全 体 +4.1ポイント)で 満 足 が 不 満 の 倍 以 上 になっています 介 護 を 必 要 としない65 歳 以 上 の 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は 22.4%( 満 足 2.6% + まあ 満 足 19.8% 全 体 +2.9ポイント) 不 満 は16.4%( 不 満 5.6%+ や や 不 満 10.8% 全 体 +2.2ポイント)と 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 と 同 様 に 満 足 が 不 満 を 上 回 っています

41 6 市 民 の 健 康 づくりの 推 進 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > 平 成 26 年 度 (888 人 ) たいへん 重 要 25.6 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない 43.2 あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない 22.9 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 6 位 重 要 度 は 第 24 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は35.4%( 満 足 4.3%+ まあ 満 足 31.1%) 不 満 は9.0% ( 不 満 2.6%+ やや 不 満 6.4%)で 満 足 が 不 満 の4 倍 近 くになっています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 の43.5%( 満 足 7.4%+ まあ 満 足 36.1% 全 体 +8.1 ポイント)が 最 も 高 く 不 満 は 40 歳 代 の 11.6%( 不 満 1.4%+ や や 不 満 10.1% 全 体 +2.6ポイント)が 最 も 高 くなっています 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は 45.0%( 満 足 5.0%+ まあ 満 足 40.0% 全 体 +9.6ポイント) 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は37.4%( 満 足 5.1%+ まあ 満 足 32.3% 全 体 +2.0 ポイント) 介 護 を 必 要 としない 65 歳 以 上 の 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は36.6%( 満 足 4.9%+ まあ 満 足 31.7% 全 体 +1.2 ポイント)で いずれも 全 体 の 値 (35.4%)を 上 回 っています 重 要 についても 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 は73.3%( たいへん 重 要 21.7%+ ある 程 度 重 要 51.7% 全 体 +4.5 ポイント) 介 護 を 必 要 としない 65 歳 以 上 の 家 族 がいる 回 答 者 は73.1%( たいへん 重 要 28.7%+ ある 程 度 重 要 44.4% 全 体 +4.3ポイント)で 全 体 の 値 (68.8%)を 上 回 っています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 度 の 順 位 は 第 2 位 から 第 6 位 に 下 がっている 中 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 が 平 成 23 年 度 の57.1%から11.7ポイント 増 と 大 幅 に 増 加 し 施 策 に 対 するニーズが 高 まっています

42 7 医 療 サービスや 救 急 医 療 体 制 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > 平 成 26 年 度 (888 人 ) たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 55.4 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない 29.2 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 10 位 重 要 度 は 第 1 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 37.4%( 満 足 5.5%+ まあ 満 足 31.9%) 不 満 は 21.8% ( 不 満 6.6%+ やや 不 満 15.2%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 重 要 については 84.6%( たいへん 重 要 55.4%+ ある 程 度 重 要 29.2%)で 8 割 強 を 占 めています 年 代 別 にみると 50 歳 代 が 90.7%( たいへん 重 要 57.3%+ ある 程 度 重 要 33.3% 全 体 +6.1ポイント)で 最 も 高 く 次 いで30 歳 代 の90.3%( たいへん 重 要 64.5%+ ある 程 度 重 要 25.8% 全 体 +5.7ポイント) 60 歳 代 の89.2%( た いへん 重 要 63.9%+ ある 程 度 重 要 25.3% 全 体 +4.6ポイント)が 続 いてい ます 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 が26.1%から11.3ポイント 増 加 し それとともに 満 足 度 の 順 位 も 第 23 位 から 第 10 位 に 大 幅 に 上 がっています また 重 要 度 は 平 成 23 年 度 から 一 貫 して 第 1 位 となっています

43 8 多 文 化 共 生 男 女 共 同 参 画 の 推 進 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 位 位 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 位 位 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 20 位 重 要 度 は 第 36 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は15.2%( 満 足 1.6%+ まあ 満 足 13.6%) 不 満 は5.7% ( 不 満 1.5%+ やや 不 満 4.3%)であり どちらともいえない が71.1% で7 割 強 を 占 めています 重 要 については 42.8%( たいへん 重 要 10.9%+ ある 程 度 重 要 31.9%)で 36 施 策 中 で 最 も 低 い 値 となっています 満 足 及 び 重 要 はともに どちらともいえない の 値 が36 施 策 中 で 最 も 高 い 値 とな っています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 度 の 順 位 は 第 12 位 から 第 20 位 に 下 がっています ま た 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 は 平 成 23 年 度 の32.4%から10.4ポイント 増 加 して いるものの 重 要 度 の 順 位 は 平 成 23 年 度 から 一 貫 して 36 施 策 中 最 下 位 となって います

44 9 人 権 平 和 意 識 の 醸 成 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 位 位 位 位 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 9 位 重 要 度 は 第 27 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は23.0%( 満 足 2.9%+ まあ 満 足 20.0%) 不 満 は8.7% ( 不 満 2.1%+ やや 不 満 6.5%)で 満 足 が 不 満 の3 倍 近 くになっています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 が32.7%( 満 足 5.2%+ まあ 満 足 27.5% 全 体 +9.7 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 10~20 歳 代 の 25.0%( 満 足 4.4%+ まあ 満 足 20.6% 全 体 +2.0ポイント)となっています 一 方 不 満 については 60 歳 代 が 15.1%( 不 満 4.8%+ やや 不 満 10.2% 全 体 +6.4 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 50 歳 代 の 13.3%( 不 満 3.3%+ や や 不 満 10.0% 全 体 +4.6ポイント) 10~20 歳 代 の8.8%( 不 満 1.5%+ や や 不 満 7.4% 全 体 +0.1ポイント)の 順 で 全 体 の 値 (8.7%)を 上 回 っていま す 平 成 23 年 度 に 比 べて 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 が 44.3%から16.8ポイント 増 加 しており 重 要 度 の 順 位 は 第 33 位 から 第 27 位 に 上 がっています

45 10 自 治 会 等 の 地 域 コミュニティの 醸 成 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 16 位 重 要 度 は 第 31 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 26.6%( 満 足 3.0%+ まあ 満 足 23.5%) 不 満 は 14.5% ( 不 満 3.6%+ やや 不 満 10.9%)で 満 足 が 不 満 を10ポイント 以 上 上 回 っ ています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 諏 訪 町 の40.5%( 満 足 5.4%+ まあ 満 足 35.1% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 青 葉 町 の 35.4%( 満 足 4.6%+ ま あ 満 足 30.8% 全 体 +8.8 ポイント) 野 口 町 の 32.8%( 満 足 8.6%+ まあ 満 足 24.1% 全 体 +6.2ポイント)の 順 となっています 一 方 不 満 については 秋 津 町 の 22.4%( 不 満 5.6%+ やや 不 満 16.8% 全 体 +7.9ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 恩 多 町 の18.0%( 不 満 6.0%+ やや 不 満 12.0% 全 体 +3.5 ポイント) 久 米 川 町 の 16.3%( 不 満 1.2%+ やや 不 満 15.1% 全 体 +1.8ポイント)の 順 となっており 居 住 地 区 による 違 いがあ ります 平 成 23 年 度 に 比 べて 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 は47.5%から 約 10ポイント 増 加 しており 重 要 度 の 順 位 は 第 34 位 から 第 31 位 に 上 がっています

46 11 小 中 学 校 の 教 育 施 設 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 18 位 重 要 度 は 第 15 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 25.1%( 満 足 2.1%+ まあ 満 足 23.0%) 不 満 は 14.3% ( 不 満 3.8%+ やや 不 満 10.5%)で 満 足 が 不 満 を 約 10ポイント 上 回 って います 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は41.4%( 満 足 2.0%+ まあ 満 足 39.4% 全 体 +16.3ポイント)となっており 平 成 25 年 度 の45.2%から3.8ポイ ント 減 少 しています 一 方 不 満 については 34.3%( 不 満 10.1%+ やや 不 満 24.2% 全 体 +20.0ポイント)で 平 成 25 年 度 の33.6%と 同 程 度 となってい ます 重 要 については 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 は 87.3%( たいへん 重 要 44.3%+ ある 程 度 重 要 43.0% 全 体 +19.2ポイント) 小 中 学 生 の 子 どもが いる 回 答 者 は 91.9%( たいへん 重 要 49.5%+ ある 程 度 重 要 42.4% 全 体 ポイント)で 全 体 の 値 (68.1%)をいずれも 大 きく 上 回 っています 平 成 25 年 度 では 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 で 75.6% 小 中 学 生 の 子 ど もがいる 回 答 者 で 89.0%であり どちらのグループでも 重 要 とする 割 合 が 増 加 し ています

47 12 小 中 学 校 の 教 育 内 容 の 充 実 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 22 位 重 要 度 は 第 11 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 19.4%( 満 足 1.8%+ まあ 満 足 17.6%) 不 満 は 14.4% ( 不 満 3.7%+ やや 不 満 10.7%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は35.4%( 満 足 3.0%+ まあ 満 足 32.3% 全 体 +16.0ポイント)で 全 体 の 値 (19.4%)を 大 きく 上 回 っています 一 方 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 不 満 については 35.4%( 不 満 12.1% + やや 不 満 23.2% 全 体 ポイント)と 全 体 の 値 (14.4%)の 倍 以 上 となっており 平 成 25 年 度 の28.1%から 約 7ポイント 増 加 しています 重 要 については 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は 91.9%( たいへん 重 要 62.6%+ ある 程 度 重 要 29.3% 全 体 +26.7ポイント) 小 学 校 入 学 前 の 子 ども がいる 回 答 者 は 83.5%( たいへん 重 要 59.5%+ ある 程 度 重 要 24.1% 全 体 ポイント)で 全 体 の 値 (65.2%)を 大 きく 上 回 っています 平 成 25 年 度 では 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 が85.6% 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがい る 回 答 者 が 73.9%であり いずれのグループでも 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 が 増 加 しています 平 成 23 年 度 と 比 べて 重 要 度 の 値 には 大 きな 差 異 はないものの その 順 位 は 第 6 位 から 第 11 位 に 大 きく 下 がっています

48 13 健 全 な 青 少 年 を 育 成 するための 環 境 づくり < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 26 位 重 要 度 は 第 14 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 17.2%( 満 足 0.9%+ まあ 満 足 16.3%) 不 満 は14.1% ( 不 満 2.6%+ やや 不 満 11.5%)で 満 足 と 不 満 が 同 程 度 となっています 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 の 満 足 は32.3%( 満 足 1.0%+ まあ 満 足 31.3% 全 体 +15.1ポイント) 不 満 は17.2%( 不 満 3.0%+ やや 不 満 14.1% 全 体 +3.1ポイント)と 満 足 が 不 満 の 約 2 倍 となっています 重 要 については 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は 84.8%( たいへん 重 要 42.4%+ ある 程 度 重 要 42.4% 全 体 +18.7ポイント) 小 学 校 入 学 前 の 子 ども がいる 回 答 者 は 75.9%( たいへん 重 要 44.3%+ ある 程 度 重 要 31.6% 全 体 +9.8 ポイント)で いずれも 全 体 の 値 (66.1%)を 大 きく 上 回 っています

49 14 市 民 や 地 域 主 体 の 生 涯 学 習 活 動 への 支 援 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 25 位 重 要 度 は 第 32 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 3 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 14.5%( 満 足 1.1%+ まあ 満 足 13.4%) 不 満 は 11.6% ( 不 満 2.4%+ やや 不 満 9.2%)で 満 足 と 不 満 が 同 程 度 となっています 年 代 別 にみると 満 足 は60 歳 代 の17.5%( 満 足 2.4%+ まあ 満 足 15.1% 全 体 +3.0 ポイント)が 最 も 高 く 不 満 は 40 歳 代 の 15.2%( 不 満 2.2%+ や や 不 満 13.0% 全 体 +3.6ポイント)が 最 も 高 くなっています 重 要 については 60 歳 代 の 69.3%( たいへん 重 要 18.1%+ ある 程 度 重 要 51.2% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く それに 次 ぐ 40 歳 代 の 55.8%( たい へん 重 要 10.9%+ ある 程 度 重 要 44.9% 全 体 +2.4ポイント)と 共 に 全 体 の 値 (53.4%)を 上 回 っており 続 いて 50 歳 代 51.3%( たいへん 重 要 8.7%+ ある 程 度 重 要 42.7% 全 体 2.1ポイント)となっています

50 15 スポーツ 活 動 の 振 興 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 位 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 8 位 重 要 度 は 第 35 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は26.1%( 満 足 2.8%+ まあ 満 足 23.3%) 不 満 は7.8% ( 不 満 2.0%+ やや 不 満 5.7%)で 満 足 が 不 満 の3 倍 以 上 となっています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 の29.4%( 満 足 3.7%+ まあ 満 足 25.7% 全 体 +3.3 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 40 歳 代 の 29.0%( 満 足 2.2%+ ま あ 満 足 26.8% 全 体 +2.9 ポイント)となっています 不 満 は 40 歳 代 の 12.3% ( 不 満 3.6%+ やや 不 満 8.7% 全 体 +4.5 ポイント)が 最 も 高 くなってい ます 重 要 について 職 業 別 にみると 学 生 ( 予 備 校 生 を 含 む)で 61.9%( たいへん 重 要 33.3%+ ある 程 度 重 要 28.6% 全 体 ポイント)と 他 を 大 きく 上 回 っています

51 16 歴 史 伝 統 文 化 の 保 護 振 興 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 4 位 重 要 度 は 第 29 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は32.1%( 満 足 3.6%+ まあ 満 足 28.5%) 不 満 は5.0% ( 不 満 1.5%+ やや 不 満 3.5%)で 満 足 は 不 満 の6 倍 以 上 になっています 年 代 別 にみると 満 足 は30 歳 代 の35.5%( 満 足 4.3%+ まあ 満 足 31.2% 全 体 +3.4 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 の 34.9%( 満 足 3.0%+ ま あ 満 足 31.9% 全 体 +2.8ポイント)と70 歳 以 上 の34.9%( 満 足 3.7%+ ま あ 満 足 31.2% 全 体 +2.8ポイント)となっています 不 満 は10~20 歳 代 の7.4% ( 不 満 4.4%+ やや 不 満 2.9% 全 体 +2.4 ポイント)が 最 も 高 くなってい ます 重 要 については 60 歳 代 が 72.3%( たいへん 重 要 21.1%+ ある 程 度 重 要 51.2% 全 体 +12.6ポイント)と 最 も 高 くなっています

52 17 水 と 親 しめる 河 川 や 水 辺 空 間 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 14 位 重 要 度 は 第 22 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 35.0%( 満 足 5.0%+ まあ 満 足 30.1%) 不 満 は 23.0% ( 不 満 5.3%+ やや 不 満 17.7%)と 満 足 が 不 満 を10ポイント 以 上 上 回 っ ています 年 代 別 にみると 70 歳 以 上 の39.8%( 満 足 5.9%+ まあ 満 足 33.8% 全 体 +4.8 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 40 歳 代 の 38.4%( 満 足 5.1%+ まあ 満 足 33.3% 全 体 +3.4ポイント)となっています 重 要 については 60 歳 代 の 81.9%( たいへん 重 要 25.9%+ ある 程 度 重 要 56.0% 全 体 +9.0ポイント)が 最 も 高 くなっており これに 次 ぐ 50 歳 代 の73.3% ( たいへん 重 要 19.3%+ ある 程 度 重 要 54.0% 全 体 +0.4 ポイント)と 共 に 全 体 の 値 (72.9%)を 上 回 っています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 度 の 値 は 微 増 しているものの その 順 位 は 第 8 位 から 第 14 位 に 大 きく 下 がっています

53 18 緑 の 保 全 と 緑 化 の 推 進 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 1 位 重 要 度 は 第 12 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 52.1%( 満 足 8.3%+ まあ 満 足 43.8%) 不 満 は 13.3% ( 不 満 3.4%+ やや 不 満 9.9%)で 満 足 が 不 満 の 約 4 倍 となっています 年 代 別 では 30 歳 代 の 58.1%( 満 足 9.7%+ まあ 満 足 48.4% 全 体 +6.0 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで70 歳 以 上 の58.0%( 満 足 9.7%+ まあ 満 足 48.3% 全 体 +5.9 ポイント) 40 歳 代 の 54.3%( 満 足 12.3%+ まあ 満 足 42.0% 全 体 +2.2ポイント)の 順 で 全 体 の 値 (52.1%)を 上 回 っています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 美 住 町 の63.5%( 満 足 13.5%+ まあ 満 足 50.0% 全 体 +11.4ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 諏 訪 町 の62.2%( 満 足 16.2%+ ま あ 満 足 45.9% 全 体 +10.1ポイント) 栄 町 の61.5%( 満 足 3.1%+ まあ 満 足 58.5% 全 体 +9.4ポイント)となっています 重 要 については すべての 年 代 すべての 同 居 家 族 の 状 況 のグループ 居 住 地 域 で 約 8 割 に 上 っており これらの 属 性 に 関 わらず 高 くなっています 平 成 25 年 度 を 除 き 満 足 度 は 第 1 位 となっており 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 は 平 成 23 年 度 の 42.6%から 9.5 ポイント 増 重 要 は 平 成 23 年 度 の 72.3%から 10.1 ポイント 増 となっています

54 19 だれもが 気 軽 に 利 用 できる 公 園 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 位 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 19 位 重 要 度 は 第 20 位 であり 満 足 度 は 平 均 値 を 上 回 り 重 要 度 は 軸 上 に 位 置 します 内 訳 をみると 満 足 は 37.8%( 満 足 5.1%+ まあ 満 足 32.7%) 不 満 は 25.3% ( 不 満 7.4%+ やや 不 満 17.9%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 年 代 別 では 70 歳 以 上 の 41.6%( 満 足 4.8%+ まあ 満 足 36.8% 全 体 +3.8 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで60 歳 代 40.4%( 満 足 6.6%+ まあ 満 足 33.7% 全 体 +2.6ポイント)となっています 居 住 地 区 別 にみると 美 住 町 の55.8%( 満 足 7.7%+ まあ 満 足 48.1% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 の 栄 町 は53.8%( 満 足 4.6%+ まあ 満 足 49.2% 全 体 +16.0ポイント) 富 士 見 町 は53.8%( 満 足 5.0%+ まあ 満 足 48.8% 全 体 +16.0ポイント)と いずれも 半 数 を 超 えて 高 くなっている 一 方 で 秋 津 町 は 18.7%( 満 足 1.9%+ まあ 満 足 16.8% 全 体 19.1 ポイント) 諏 訪 町 では24.3%( 満 足 5.4%+ まあ 満 足 18.9% 全 体 13.5ポイント) と 居 住 地 区 による 差 が 大 きくなっています 重 要 については 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 は 83.5%( たいへん 重 要 27.8%+ ある 程 度 重 要 55.7% 全 体 +5.6 ポイント) 小 中 学 生 の 子 どもが いる 回 答 者 は 81.8%( たいへん 重 要 20.2%+ ある 程 度 重 要 61.6% 全 体 +3.9 ポイント) 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 は80.0%( たいへん 重 要 16.7%+ ある 程 度 重 要 63.3% 全 体 +2.1ポイント)で 全 体 の 値 (77.9%) を 上 回 っています

55 20 温 室 効 果 ガスの 抑 制 など 地 球 環 境 保 全 の 取 り 組 み < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 30 位 重 要 度 は 第 19 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 12.7%( 満 足 1.2%+ まあ 満 足 11.5%) 不 満 は 14.5% ( 不 満 5.0%+ やや 不 満 9.6%)で 満 足 と 不 満 は 同 程 度 となっています 重 要 については 60 歳 代 は 81.9%( たいへん 重 要 44.6%+ ある 程 度 重 要 37.3% 全 体 ポイント)と8 割 を 超 えて 最 も 高 く 他 の 年 代 に 比 べて 突 出 して 高 くなっています 次 いで 多 いのは50 歳 代 の70.0%( たいへん 重 要 37.3% + ある 程 度 重 要 32.7% 全 体 +2.0ポイント)となっています

56 21 ごみの 減 量 化 資 源 化 の 推 進 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 2 位 重 要 度 は 第 5 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 47.7%( 満 足 7.8%+ まあ 満 足 40.0%) 不 満 は 14.6% ( 不 満 4.2%+ やや 不 満 10.5%)で 満 足 が 不 満 の3 倍 以 上 となっていま す 年 代 別 にみると 70 歳 以 上 の 満 足 は65.8%( 満 足 13.8%+ まあ 満 足 52.0% 全 体 +18.1ポイント)と 最 も 高 く 次 いで60 歳 代 の51.2%( 満 足 6.6%+ ま あ 満 足 44.6% 全 体 +3.5ポイント)と 全 体 の 値 (47.7%)を 上 回 っています 一 方 不 満 については 10~20 歳 代 の20.6%( 不 満 7.4%+ やや 不 満 13.2% 全 体 +6.0ポイント) 50 歳 代 の 20.0%( 不 満 6.7%+ やや 不 満 13.3% 全 体 +5.4 ポイント)がいずれもそれぞれの 年 代 の 回 答 の2 割 以 上 を 占 め 他 の 年 代 と 比 較 すると 高 くなっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 は 33.6%から 14.1 ポイント 増 重 要 は 75.0%から9.1ポイント 増 といずれも 増 加 しており 満 足 度 重 要 度 とも に 常 に 上 位 にあります

57 22 ごみの 適 正 処 理 やごみ 処 理 施 設 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 3 位 重 要 度 は 第 4 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 46.3%( 満 足 7.1%+ まあ 満 足 39.2%) 不 満 は 13.2% ( 不 満 3.8%+ やや 不 満 9.3%)で 満 足 は 不 満 の3 倍 以 上 となっています 年 代 別 にみると 70 歳 以 上 の 満 足 は62.1%( 満 足 13.0%+ まあ 満 足 49.1% 全 体 +15.8ポイント)で 全 体 の 値 (46.3%)を 大 きく 上 回 っています 一 方 不 満 については 50 歳 代 の 22.7%( 不 満 6.7%+ やや 不 満 16.0% 全 体 +9.5ポイント) 10~20 歳 代 の22.1%( 不 満 10.3%+ やや 不 満 11.8% 全 体 +8.9 ポイント)がいずれも2 割 台 と 他 の 年 代 と 比 べて 高 くなっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 は 27.3%から 19.0 ポイント 増 重 要 は 73.6%から 10.3 ポイント 増 といずれも 増 加 しており 満 足 度 の 順 位 は 第 10 位 から 第 3 位 に 大 きく 上 がっています

58 23 防 災 防 犯 体 制 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 17 位 重 要 度 は 第 2 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 25.8%( 満 足 3.5%+ まあ 満 足 22.3%) 不 満 は 15.7% ( 不 満 3.4%+ やや 不 満 12.3%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 年 代 別 にみると 70 歳 以 上 の 満 足 は41.3%( 満 足 8.2%+ まあ 満 足 33.1% 全 体 +15.5ポイント)で 突 出 して 高 く 全 体 の 値 (25.8%)を 上 回 っています 一 方 不 満 については 50 歳 代 の 22.0%( 不 満 3.3%+ やや 不 満 18.7% 全 体 +6.3ポイント)が 最 も 高 くなっています 重 要 については 60 歳 代 の 86.7%( たいへん 重 要 60.8%+ ある 程 度 重 要 25.9% 全 体 +5.3 ポイント) 40 歳 代 の 86.2%( たいへん 重 要 57.2%+ あ る 程 度 重 要 29.0% 全 体 +4.8 ポイント) 50 歳 代 の 84.0%( たいへん 重 要 52.7%+ ある 程 度 重 要 31.3% 全 体 +2.6 ポイント)が それぞれ 全 体 の 値 (81.4%)を 上 回 っています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 度 重 要 度 ともに 値 が 増 加 しており 重 要 度 の 順 位 は 平 成 24 年 度 を 除 いて 第 2 位 満 足 度 は 第 26 位 から 第 17 位 に 大 きく 上 がっていま す

59 24 消 費 生 活 のトラブルから 市 民 を 守 る 取 り 組 み < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 23 位 重 要 度 は 第 21 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 3 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 15.4%( 満 足 1.5%+ まあ 満 足 14.0%) 不 満 は11.4% ( 不 満 2.5%+ やや 不 満 8.9%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 の 満 足 は26.7%( 満 足 0.0%+ まあ 満 足 26.7% 全 体 ポイント)で 同 居 家 族 の 状 況 によって 分 けた 回 答 者 グルー プごとにみると 最 も 満 足 の 割 合 が 高 いグループになっています 重 要 については 小 中 学 生 の 子 どもがいる 回 答 者 は 71.7%( たいへん 重 要 26.3%+ ある 程 度 重 要 45.5% 全 体 +2.9ポイント)で 同 居 家 族 の 状 況 によ って 分 けたグループごとにみると 最 も 重 要 の 割 合 が 高 いグループになっていま す

60 25 適 切 な 土 地 利 用 と 良 好 な 住 宅 地 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 31 位 重 要 度 は 第 25 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 3 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 18.9%( 満 足 2.9%+ まあ 満 足 16.0%) 不 満 は 22.6% ( 不 満 5.6%+ やや 不 満 17.0%)で 不 満 が 満 足 を 上 回 っています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 恩 多 町 の26.0%( 満 足 3.0 %+ まあ 満 足 23.0% 全 体 +7.1ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 諏 訪 町 24.3%( 満 足 5.4%+ まあ 満 足 18.9% 全 体 +5.4ポイント) 多 摩 湖 町 23.7%( 満 足 7.9% まあ 満 足 15.8% 全 体 +4.8ポイント)の 順 となっています 一 方 不 満 については 廻 田 町 が35.7%( 不 満 19.0%+ やや 不 満 16.7% 全 体 +13.1ポイント) 青 葉 町 が30.8%( 不 満 4.6%+ やや 不 満 26.2% 全 体 +8.2ポイント)で それぞれ3 割 台 で 高 くなっています 最 も 少 ないのは 栄 町 7.7%( 不 満 1.5%+ やや 不 満 6.2% 全 体 14.9 ポイント)であり 居 住 地 区 ごとの 差 異 が 大 きいと 言 えます 重 要 については 多 摩 湖 町 が84.2%( たいへん 重 要 50.0%+ ある 程 度 重 要 34.2% 全 体 +16.5ポイント)と 最 も 高 く 次 いで 富 士 見 町 の75.0%( たいへん 重 要 35.0%+ ある 程 度 重 要 40.0% 全 体 +7.3 ポイント)となっています

61 26 にぎわいと 利 便 性 向 上 のための 駅 周 辺 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 35 位 重 要 度 は 第 16 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 27.6%( 満 足 4.2%+ まあ 満 足 23.4%) 不 満 は 39.3% ( 不 満 14.3%+ やや 不 満 25.0%)で 不 満 が 満 足 を 約 10 ポイント 上 回 っ ています 居 住 地 区 別 にみると 栄 町 の 満 足 は43.1%( 満 足 4.6%+ まあ 満 足 38.5% 全 体 +15.5ポイント)で 最 も 高 い 一 方 不 満 は 廻 田 町 が59.5%( 不 満 31.0%+ やや 不 満 28.6% 全 体 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 秋 津 町 の 53.3% ( 不 満 29.0%+ やや 不 満 24.3% 全 体 ポイント) 野 口 町 の 50.0% ( 不 満 20.7%+ やや 不 満 29.3% 全 体 +10.7ポイント)の 順 となっており いずれも5 割 を 超 えています 重 要 については 多 摩 湖 町 の 89.5%( たいへん 重 要 52.6%+ ある 程 度 重 要 36.8% 全 体 +12.5ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 廻 田 町 の83.3%( たいへん 重 要 35.7%+ ある 程 度 重 要 47.6% 全 体 +6.3ポイント)の 順 となっている 一 方 最 も 低 いのは 青 葉 町 の 64.6%( たいへん 重 要 23.1%+ ある 程 度 重 要 41.5% 全 体 12.4ポイント)となっており 居 住 地 区 ごとの 差 異 がみられます

62 27 東 村 山 らしい 景 観 づくり < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 13 位 重 要 度 は 第 26 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 32.9%( 満 足 4.6%+ まあ 満 足 28.3%) 不 満 は 20.0% ( 不 満 5.6%+ やや 不 満 14.4%)で 満 足 が 不 満 を10ポイント 以 上 上 回 っ ています 居 住 地 区 別 にみると 諏 訪 町 の 満 足 は48.6%( 満 足 2.7%+ まあ 満 足 45.9% 全 体 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 恩 多 町 の 41.0%( 満 足 5.0%+ ま あ 満 足 36.0% 全 体 +8.1 ポイント) 本 町 の 40.6%( 満 足 5.8%+ まあ 満 足 34.8% 全 体 +7.7ポイント)の 順 となっています 一 方 不 満 については 廻 田 町 の 28.6%( 不 満 7.1%+ やや 不 満 21.4% 全 体 +8.6 ポイント)が 最 も 高 くなっています 唯 一 秋 津 町 においては 不 満 が 23.4%( 不 満 9.3%+ やや 不 満 14.0% 全 体 +3.4ポイント)で 満 足 を 上 回 っています 重 要 については 多 摩 湖 町 の84.2%( たいへん 重 要 34.2%+ ある 程 度 重 要 50.0% 全 体 +15.8ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 富 士 見 町 の76.3%( たいへん 重 要 22.5%+ ある 程 度 重 要 53.8% 全 体 +7.9 ポイント) 恩 多 町 の 76.0% ( たいへん 重 要 27.0%+ ある 程 度 重 要 49.0% 全 体 +7.6 ポイント)の 順 となっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 が 22.8%から 10.1 ポイント 増 重 要 は53.4%から15.0ポイント 増 といずれも 大 幅 に 増 加 しています

63 28 下 水 道 の 整 備 雨 水 対 策 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 5 位 重 要 度 は 第 6 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 1 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 45.5%( 満 足 7.9%+ まあ 満 足 37.6%) 不 満 は 18.0% ( 不 満 5.6%+ やや 不 満 12.4%)で 満 足 が 不 満 の 倍 以 上 となっています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 萩 山 町 の64.3%( 満 足 11.9%+ まあ 満 足 52.4% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 栄 町 の 56.9%( 満 足 9.2%+ まあ 満 足 47.7% 全 体 ポイント) 美 住 町 の 50.0%( 満 足 15.4%+ まあ 満 足 34.6% 全 体 +4.5ポイント)の 順 となっています 重 要 については 恩 多 町 の 90.0%( たいへん 重 要 53.0%+ ある 程 度 重 要 37.0% 全 体 +7.3 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 富 士 見 町 の 86.3%( たいへん 重 要 50.0%+ ある 程 度 重 要 36.3% 全 体 +3.6ポイント)の 順 となっていま す 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 は 30.9%から 14.6 ポイント 増 重 要 は 69.1%から 13.6 ポイント 増 といずれも 大 幅 に 増 加 しています さらに 重 要 度 の 順 位 も 第 12 位 から 第 6 位 まで 大 きく 上 がっています

64 29 幹 線 道 路 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 33 位 重 要 度 は 第 13 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 28.7%( 満 足 3.7%+ まあ 満 足 25.0%) 不 満 は 35.2% ( 不 満 12.2%+ やや 不 満 23.1%)で 不 満 が 満 足 を 上 回 っています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 栄 町 の52.3%( 満 足 4.6%+ まあ 満 足 47.7% 全 体 +23.6ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 萩 山 町 の42.9%( 満 足 11.9%+ ま あ 満 足 31.0% 全 体 +14.1ポイント) 恩 多 町 の32.0%( 満 足 4.0%+ まあ 満 足 28.0% 全 体 +3.3ポイント)の 順 となっている 一 方 で 廻 田 町 は11.9%( 満 足 0.0%+ まあ 満 足 11.9% 全 体 16.8 ポイント)に 留 まり 居 住 地 区 に よる 差 が 大 きくなっています 同 様 に 不 満 についても 廻 田 町 は59.5%( 不 満 23.8%+ やや 不 満 35.7% 全 体 +24.3ポイント)で 半 数 を 超 え 高 くなっている 一 方 で 栄 町 は16.9%( 不 満 1.5%+ やや 不 満 15.4% 全 体 18.3 ポイント)と 差 が 大 きい 状 況 にありま す 重 要 については 廻 田 町 が 85.7%( たいへん 重 要 50.0%+ ある 程 度 重 要 35.7% 全 体 +8.4 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 恩 多 町 の 84.0%( たいへん 重 要 43.0%+ ある 程 度 重 要 41.0% 全 体 +6.7ポイント) 栄 町 の80.0%( た いへん 重 要 30.8%+ ある 程 度 重 要 49.2% 全 体 +2.7ポイント)と 富 士 見 町 の 80.0%( たいへん 重 要 30.0%+ ある 程 度 重 要 50.0% 全 体 +2.7 ポイン ト)となっています

65 平 成 23 年 度 に 比 べて 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 が 64.1%から13.2ポイント 増 加 しており 重 要 度 の 順 位 は 第 20 位 から 第 13 位 に 大 幅 に 上 がっています

66 30 生 活 道 路 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 36 位 重 要 度 は 第 10 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 27.3%( 満 足 3.4%+ まあ 満 足 23.9%) 不 満 は 39.8% ( 不 満 15.2%+ やや 不 満 24.5%)で 不 満 が 満 足 を 10 ポイント 以 上 上 回 っています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 栄 町 の46.2%( 満 足 6.2%+ まあ 満 足 40.0% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 萩 山 町 の 40.5%( 満 足 8.3%+ ま あ 満 足 32.1% 全 体 +13.2ポイント) 多 摩 湖 町 の31.6%( 満 足 10.5%+ ま あ 満 足 21.1% 全 体 +4.3ポイント)の 順 となっています 一 方 不 満 については 廻 田 町 の61.9%( 不 満 38.1%+ やや 不 満 23.8% 全 体 +22.1ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 久 米 川 町 の53.5%( 不 満 18.6%+ や や 不 満 34.9% 全 体 ポイント) 野 口 町 の 53.4%( 不 満 12.1%+ や や 不 満 41.4% 全 体 +13.6ポイント)がいずれも 半 数 を 超 えて 高 くなっており 居 住 地 区 による 差 異 が 大 きくなっています 重 要 については 恩 多 町 の 88.0%( たいへん 重 要 42.0%+ ある 程 度 重 要 46.0% 全 体 +7.9 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 廻 田 町 の 85.7%( たいへん 重 要 52.4%+ ある 程 度 重 要 33.3% 全 体 +5.6ポイント) 秋 津 町 の85.0%( た いへん 重 要 43.9%+ ある 程 度 重 要 41.1% 全 体 +4.9ポイント)の 順 となっ ています 平 成 25 年 度 を 除 き 平 成 23 年 度 以 降 満 足 度 は 最 下 位 となっています

67 31 利 用 しやすく 安 全 な 交 通 環 境 の 整 備 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 34 位 重 要 度 は 第 9 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 2 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 26.8%( 満 足 2.7%+ まあ 満 足 24.1%) 不 満 は 37.3% ( 不 満 13.1%+ やや 不 満 24.2%)で 不 満 が 満 足 を 10 ポイント 以 上 上 回 っています 居 住 地 区 別 にみると 満 足 は 萩 山 町 の42.9%( 満 足 8.3%+ まあ 満 足 34.5% 全 体 ポイント)と 栄 町 の 38.5%( 満 足 1.5%+ まあ 満 足 36.9% 全 体 +11.7ポイント)がいずれも4 割 前 後 で 高 くなっています 一 方 不 満 については 久 米 川 町 の53.5%( 不 満 17.4%+ やや 不 満 36.0% 全 体 +16.2ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 秋 津 町 の47.7%( 不 満 19.6%+ や や 不 満 28.0% 全 体 ポイント) 廻 田 町 の 47.6%( 不 満 31.0%+ や や 不 満 16.7% 全 体 ポイント)の 順 となっており 居 住 地 区 による 差 異 が 大 きくなっています 重 要 については 美 住 町 の86.5%( たいへん 重 要 38.5%+ ある 程 度 重 要 48.1% 全 体 +5.6ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 廻 田 町 の85.7%( たいへん 重 要 42.9% + ある 程 度 重 要 42.9% 全 体 +4.8ポイント) 恩 多 町 の85.0%( たいへん 重 要 37.0%+ ある 程 度 重 要 48.0% 全 体 +4.1ポイント)の 順 となっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 は 70.3%から10.6ポイント 増 加 しています

68 32 都 市 農 業 の 振 興 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 15 位 重 要 度 は 第 33 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は21.5%( 満 足 2.4%+ まあ 満 足 19.1%) 不 満 は9.7% ( 不 満 2.9%+ やや 不 満 6.8%)で 満 足 が 不 満 の 倍 以 上 となっています 年 代 別 にみると 満 足 は40 歳 代 で29.7%( 満 足 5.1%+ まあ 満 足 24.6% 全 体 +8.2ポイント) と 最 も 高 く 次 いで10~20 歳 代 の26.5%( 満 足 5.9%+ まあ 満 足 20.6% 全 体 +5.0ポイント)30 歳 代 の23.7%( 満 足 1.1%+ ま あ 満 足 22.6% 全 体 +2.2ポイント)の 順 となっています 重 要 については 60 歳 代 の 63.3%( たいへん 重 要 15.1%+ ある 程 度 重 要 48.2% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 30 歳 代 の 55.9%( たいへん 重 要 12.9%+ ある 程 度 重 要 43.0% 全 体 +2.6ポイント) 10~20 歳 代 の54.4% ( たいへん 重 要 17.6%+ ある 程 度 重 要 36.8% 全 体 +1.1ポイント) 40 歳 代 の 54.3%( たいへん 重 要 15.2%+ ある 程 度 重 要 39.1% 全 体 +1.0 ポイ ント)の 順 となっており いずれも 全 体 の 値 (53.3%)を 上 回 っています

69 33 商 工 業 の 振 興 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 32 位 重 要 度 は 第 28 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 3 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は15.0%( 満 足 0.8%+ まあ 満 足 14.2%) 不 満 は 19.9% ( 不 満 5.1%+ やや 不 満 14.9%)で 不 満 が 満 足 を 上 回 っています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 の19.3%( 満 足 0.4%+ まあ 満 足 19.0% 全 体 +4.3 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 10~20 歳 代 の 17.6%( 満 足 2.9%+ まあ 満 足 14.7% 全 体 +2.6ポイント)であり いずれも 全 体 の 値 (15.0%) を 上 回 っています

70 34 地 域 資 源 を 活 かした 観 光 の 振 興 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 27 位 重 要 度 は 第 34 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 3 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 19.3%( 満 足 1.7%+ まあ 満 足 17.6%) 不 満 は 16.9% ( 不 満 3.4%+ やや 不 満 13.5%)で 満 足 と 不 満 が 同 程 度 になっています 全 体 の 重 要 は 53.5%( たいへん 重 要 13.2%+ ある 程 度 重 要 40.3%)で 平 成 25 年 度 の51.2%( たいへん 重 要 11.1%+ ある 程 度 重 要 40.1%)と 同 程 度 になっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 重 要 とする 回 答 者 の 割 合 は 41.7%から11.8ポイント 増 と 大 幅 に 増 加 しているものの 重 要 度 の 順 位 は 第 34 位 と 低 い 状 況 が 続 いています

71 35 市 政 に 関 する 情 報 提 供 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 21 位 重 要 度 は 第 23 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 29.7%( 満 足 3.0%+ まあ 満 足 26.7%) 不 満 は 17.0% ( 不 満 5.9%+ やや 不 満 11.1%)と 満 足 が 不 満 を10ポイント 以 上 上 回 っ ています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 の42.0%( 満 足 5.2%+ まあ 満 足 36.8% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 全 年 代 の 中 で 唯 一 全 体 の 値 (29.7%)を 上 回 っています 一 方 不 満 については 50 歳 代 の21.3%( 不 満 10.7%+ やや 不 満 10.7% 全 体 +4.3 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 の 19.9%( 不 満 8.4%+ や や 不 満 11.4% 全 体 +2.9ポイント)となっています 重 要 については すべての 年 代 で6 割 を 超 え 特 に60 歳 代 は79.5%( たいへん 重 要 27.7%+ ある 程 度 重 要 51.8% 全 体 ポイント)と 他 の 年 代 を 10 ポイント 以 上 上 回 って 高 くなっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 満 足 とする 回 答 者 の 割 合 は 18.4%から 11.3 ポイント 増 重 要 は 57.2%から 11.9 ポイント 増 といずれも 増 加 しており 満 足 度 及 び 重 要 度 の 順 位 が 上 がっています

72 36 届 出 申 請 などの 行 政 サービスの 電 子 化 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 36 施 策 中 の 順 位 平 成 26 年 度 (888 人 ) 位 平 成 25 年 度 (908 人 ) 位 平 成 24 年 度 (892 人 ) 位 平 成 23 年 度 (824 人 ) 位 他 の 施 策 と 比 べた 満 足 度 は 第 7 位 重 要 度 は 第 30 位 であり 満 足 度 重 要 度 散 布 図 において 第 4 象 限 に 分 類 されます 内 訳 をみると 満 足 は 31.0%( 満 足 4.6%+ まあ 満 足 26.4%) 不 満 は 12.3% ( 不 満 3.0%+ やや 不 満 9.2%)で 満 足 は 不 満 の 倍 以 上 となっています 年 代 別 にみると 満 足 は70 歳 以 上 が39.8%( 満 足 5.6%+ まあ 満 足 34.2% 全 体 +8.8 ポイント)で 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 の 37.3%( 満 足 7.2%+ ま あ 満 足 30.1% 全 体 +6.3ポイント)となっており 全 体 の 値 (31.0%)を 上 回 っています 重 要 度 については 60 歳 代 が64.5%( たいへん 重 要 21.1%+ ある 程 度 重 要 43.4% 全 体 +9.2ポイント)で 最 も 高 く 次 いで40 歳 代 の61.6%( たいへん 重 要 8.7%+ ある 程 度 重 要 52.9% 全 体 +6.3ポイント) 30 歳 代 の 59.1%( た いへん 重 要 17.2%+ ある 程 度 重 要 41.9% 全 体 +3.8ポイント)の 順 となっ ています 平 成 23 年 度 以 降 満 足 度 の 増 加 とともに 順 位 も 第 14 位 から 第 7 位 に 大 きく 上 が っています

73 5 総 合 評 価 施 策 1~36を 踏 まえた 施 策 全 般 < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 総 合 評 価 の 満 足 度 の 加 重 平 均 値 は 0.12であり 1~36 施 策 の 平 均 値 の0.04を 上 回 っています 内 訳 をみると 満 足 は 39.5%( 満 足 2.7%+ まあ 満 足 36.8%) 不 満 は 16.2% ( 不 満 2.8%+ やや 不 満 13.4%)で 満 足 が 不 満 の 倍 以 上 となっています 満 足 が 全 体 の 値 (39.5%)より5.0ポイント 以 上 大 きい 属 性 としては 70 歳 以 上 の49.4%( 満 足 4.1%+ まあ 満 足 45.4% 全 体 +9.9ポイント) 学 生 ( 予 備 校 生 を 含 む)の47.6%( 満 足 4.8%+ まあ 満 足 42.9% 全 体 +8.1ポイント) 無 職 その 他 の47.8%( 満 足 5.3%+ まあ 満 足 42.5% 全 体 +8.3ポイント) 単 身 世 帯 の 55.5%( 満 足 6.4%+ まあ 満 足 49.1% 全 体 ポイント) 介 護 を 必 要 とする 家 族 がいる 回 答 者 の55.0%( 満 足 1.7%+ まあ 満 足 53.3% 全 体 +15.5ポイント)などがあげられます 一 方 不 満 が 全 体 の 値 (16.2%)より 5.0 ポイント 以 上 大 きい 属 性 は 会 社 員 公 務 員 団 体 職 員 などの26.1%( 不 満 4.2%+ やや 不 満 21.8% 全 体 +9.9 ポイント) 家 族 構 成 が 親 子 孫 の3 世 代 である 回 答 者 の28.1%( 不 満 5.3% + やや 不 満 22.8% 全 体 +11.9ポイント) 小 学 校 入 学 前 の 子 どもがいる 回 答 者 の 24.1%( 不 満 2.5%+ やや 不 満 21.5% 全 体 +7.9ポイント)などがあ げられます また 年 代 別 にみると 30 歳 代 から 50 歳 代 までは いずれも 不 満 が 全 体 の 値 よりも 5.0ポイント 以 上 大 きい 状 況 にあります

74 6 行 財 政 分 野 問 11 行 政 と 市 民 による 協 働 のまちづくりの 推 進 問 11) 行 政 と 市 民 による 協 働 のまちづくりの 推 進 の 取 り 組 みに 対 する A 満 足 度 と B 重 要 度 について あなたの 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだ け) < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 協 働 のまちづくりに 対 する 満 足 度 の 加 重 平 均 値 は 0.04 であり 1~36 施 策 の 平 均 値 の0.04と 同 程 度 となっています 内 訳 をみると 満 足 は 22.9%( 満 足 2.4%+ まあ 満 足 20.5%) 不 満 は 13.5% ( 不 満 3.8%+ やや 不 満 9.7%)で 満 足 が 不 満 を 上 回 っています 年 代 別 にみると 満 足 については 70 歳 以 上 の 33.5%( 満 足 3.3%+ まあ 満 足 30.1% 全 体 ポイント)が 最 も 高 く 次 いで 60 歳 が 24.1%( 満 足 2.4%+ まあ 満 足 21.7% 全 体 +1.2ポイント)で いずれも 全 体 の 値 (22.9%) を 上 回 って 高 くなっています 一 方 不 満 については 50 歳 代 が 18.7%( 不 満 7.3%+ やや 不 満 11.3% 全 体 +5.2 ポイント)と 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 の 16.3%( 不 満 6.0%+ や や 不 満 10.2% 全 体 +2.8ポイント)となっています 重 要 については60 歳 代 が78.9%( たいへん 重 要 28.9%+ ある 程 度 重 要 50.0% 全 体 +13.9ポイント) 次 いで70 歳 以 上 が66.9%( たいへん 重 要 25.7%+ あ る 程 度 重 要 41.3% 全 体 +1.9ポイント)で いずれも 全 体 の 値 (65.0%)を 上 回 って 高 くなっています

75 問 12 行 財 政 改 革 問 12) 行 財 政 改 革 の 取 り 組 みに 対 する A 満 足 度 と B 重 要 度 について あなたの 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだけ) < 満 足 度 > 満 足 まあ 満 足 どちらとも いえない やや 不 満 不 満 ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) < 重 要 度 > たいへん 重 要 ある 程 度 重 要 どちらとも いえない あまり 重 要 でない 全 く 重 要 でない ( 単 位 :%) 加 重 平 均 値 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 行 財 政 改 革 に 対 する 満 足 度 0.03 は 1~36 施 策 の 平 均 値 の 0.04 を 下 回 り 重 要 度 0.50についても 1~36 施 策 の 平 均 値 の0.52を 下 回 っています 内 訳 をみると 満 足 は 17.7%( 満 足 2.0%+ まあ 満 足 15.7%) 不 満 は 19.5% ( 不 満 6.8%+ やや 不 満 12.7%)で 満 足 と 不 満 が 同 程 度 となっています 年 代 別 にみると 満 足 は 70 歳 以 上 の26.0%( 満 足 3.7%+ まあ 満 足 22.3% 全 体 +8.3ポイント)が 最 も 高 いものの 他 の 年 代 ではすべて10% 台 となっていま す 一 方 不 満 については 50 歳 代 が30.7%( 不 満 11.3%+ やや 不 満 19.3% 全 体 +11.2ポイント)で 最 も 高 く 次 いで40 歳 代 の24.6%( 不 満 8.0%+ や や 不 満 16.7% 全 体 +5.1ポイント)が 高 くなっています 重 要 については 60 歳 代 が 74.7%( たいへん 重 要 37.3%+ ある 程 度 重 要 37.3% 全 体 +11.7ポイント) で 最 も 高 く 次 いで 40 歳 代 の68.1%( たいへん 重 要 20.3%+ ある 程 度 重 要 47.8% 全 体 +5.1 ポイント)となっています

76 4 市 政 に 対 する 実 感 市 政 との 関 わり (1) 将 来 都 市 像 の 認 知 将 来 都 市 像 を 知 っている 人 は 年 々 増 えているものの 5 人 に1 人 の 割 合 にと どまります 問 13) 東 村 山 市 第 4 次 総 合 計 画 に 掲 げる 将 来 都 市 像 人 と 人 人 とみどりが 響 きあい 笑 顔 あ ふれる 東 村 山 を 知 っていますか あてはまる 番 号 に をつけてください( は1つ だけ) 5.9% 知 っている 21.5% 知 らない 72.6% N=888 将 来 都 市 像 を 知 っている は21.5% 知 らない は72.6%となっており 知 っている 人 の 約 3.4 倍 を 占 めています 年 代 別 の 将 来 都 市 像 の 認 知 度 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 7. 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 合 計 知 っている 知 らない 年 代 別 にみると 知 っている は 70 歳 以 上 が 35.3%と 最 も 高 く 次 いで 60 歳 代 の 28.3% 40 歳 代 の 15.9%の 順 となっています

77 将 来 都 市 像 の 認 知 度 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 知 っている 知 らない 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 知 っている が 年 々 増 えており 平 成 23 年 度 に 比 べて 4.8ポイント 増 加 しています

78 (2) 市 からの 情 報 の 入 手 方 法 市 からの 情 報 源 は 市 報 ひがしむらやま が 中 心 で 9 割 弱 を 占 めています 問 14) 市 からの 情 報 を 主 にどこから 得 ていますか あてはまる 番 号 にすべて をつけてくだ さい( はいくつでも 可 ) なお 13 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 情 報 源 を 記 入 してください 0% 20% 40% 60% 80% 100% 市 報 ひがしむらやま 89.1 市 議 会 だより 47.0 自 治 会 の 回 覧 板 掲 示 板 25.0 市 のホームページ 市 のツイッター 市 発 行 の 各 種 パンフレットやチラシなど 市 民 のしおり 市 で 発 行 している 地 図 新 聞 雑 誌 知 人 や 家 族 などに 聞 く 東 村 山 駅 にある 広 報 掲 示 市 の 窓 口 や 電 話 での 問 合 せ ブログ ツイッター その 他 情 報 は 得 ていない N=888 MA=2,194 市 政 に 関 わる 情 報 源 は 市 報 ひがしむらやま が 89.1%で9 割 弱 を 占 め 最 も 高 く 次 いで 市 議 会 だより 47.0% 自 治 会 の 回 覧 板 掲 示 板 25.0% 市 のホームページ 市 のツイッター 14.5%の 順 となっています

79 年 代 別 の 市 政 に 関 わる 情 報 源 年 代 回 答 者 数 1 位 2 位 3 位 年 代 別 にみると いずれの 年 代 においても 第 1 位 は 市 報 ひがしむらやま で 30 歳 代 以 上 のいずれの 年 代 においても8 割 以 上 と 高 くなっています 第 2 位 は 10~20 歳 代 では 知 人 や 家 族 などに 聞 く 30 歳 代 では 市 のホームページ 市 のツイッター 40 歳 代 以 上 の 年 代 では 市 議 会 だより であり 第 3 位 は 10 ~20 歳 代 と30 歳 代 では 市 議 会 だより 40 歳 代 では 市 のホームページ 市 の ツイッター 50 歳 代 以 上 の 年 代 では 自 治 会 の 回 覧 板 掲 示 板 が 入 っている のが 特 徴 的 です 単 位 :% 10~20 歳 代 市 報 ひがしむらやま 知 人 や 家 族 などに 聞 く 市 議 会 だより 市 のホームページ 30 歳 代 市 報 ひがしむらやま 市 議 会 だより 93 市 のツイッター 市 のホームページ 40 歳 代 市 報 ひがしむらやま 市 議 会 だより 138 市 のツイッター 自 治 会 の 50 歳 代 市 報 ひがしむらやま 市 議 会 だより 150 回 覧 板 掲 示 板 自 治 会 の 60 歳 代 市 報 ひがしむらやま 市 議 会 だより 166 回 覧 板 掲 示 板 自 治 会 の 70 歳 以 上 市 報 ひがしむらやま 市 議 会 だより 269 回 覧 板 掲 示 板

80 市 政 に 関 わる 情 報 源 の 経 年 変 化 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% 市 報 ひがしむらやま 市 のホームページ 市 のツイッター 市 議 会 だより 市 民 のしおり 市 で 発 行 している 地 図 市 発 行 の 各 種 パンフレットやチラシなど 東 村 山 駅 にある 広 報 掲 示 市 の 窓 口 や 電 話 での 問 合 せ 自 治 会 の 回 覧 板 掲 示 板 新 聞 雑 誌 知 人 や 家 族 などに 聞 く ブログ ツイッター その 他 情 報 は 得 ていない 14.5% 14.1% 12.6% 15.8% 11.9% 10.7% 11.9% 12.0% 10.0% 10.0% 9.1% 11.2% 14.2% 12.8% 11.4% 10.8% 5.2% 4.2% 3.5% 2.7% 4.1% 5.0% 3.1% 3.8% 25.0% 21.7% 23.3% 24.2% 9.6% 8.1% 7.8% 7.4% 9.5% 10.0% 12.2% 12.9% 1.4% 1.0% 1.0% 1.2% 1.2% 1.5% 0.3% 1.7% 2.8% 2.9% 3.4% 3.4% 1.7% 5.5% 4.5% 2.4% 47.0% 37.2% 46.2% 53.4% 89.1% 84.6% 86.0% 88.7% 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると いずれの 年 度 でも 上 位 4 位 までの 順 位 が 変 わら ず 市 報 ひがしむらやま が 最 も 高 く 次 いで 市 議 会 だより 自 治 会 の 回 覧 板 掲 示 板 市 のホームページ 市 のツイッター の 順 となっています

81 (3) 市 報 を 読 む 程 度 市 報 を 大 体 全 部 読 んでいる が 約 4 割 を 占 めており 直 近 3 年 間 で 増 加 してい ます 問 14で 1 市 報 ひがしむらやま を 選 んだ 方 におたずねします 問 14-1)あなたは 市 報 ひがしむらやま をどの 程 度 読 んでいますか あてはまる 番 号 に をつけてください( は1つだけ) 1.0% ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる 34.1% 大 体 全 部 読 んでいる 41.3% 興 味 がある ところのみ 読 んでいる 23.5% N=791 市 からの 情 報 を 市 報 ひがしむらやま から 得 ていると 回 答 した791 人 に 市 報 ひがしむらやま をどの 程 度 読 んでいるか 聞 いたところ 大 体 全 部 読 んでいる が41.3% ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる が34.1% 興 味 があるところの み 読 んでいる が 23.5%となっています 大 体 全 部 読 んでいる 41.3%と 興 味 があるところのみ 読 んでいる 23.5%を 合 わせた 割 合 は 64.8%で 平 成 25 年 度 の 62.9%( 大 体 全 部 読 んでいる 39.7% と 興 味 があるところのみ 読 んでいる 23.2%)より 増 加 しています 情 報 源 の 利 用 状 況 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 大 体 全 部 読 んでいる 興 味 があるところのみ 読 んでいる ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる 平 成 26 年 度 (791 人 ) 平 成 25 年 度 (768 人 ) 平 成 24 年 度 (767 人 ) 平 成 23 年 度 (731 人 )

82 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 大 体 全 部 読 んでいる は 平 成 23 年 度 に 比 べて 1.2ポイント 増 加 している 一 方 ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる は 2.3ポイ ント 減 となっています 特 に 大 体 全 部 読 んでいる という 割 合 が 最 も 低 い 平 成 24 年 度 に 比 べて 4.4 ポイント 増 平 成 26 年 度 にかけて 年 々 増 加 しています 一 方 ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる は 4.5 ポイント 減 で 年 々 減 少 しており 個 人 が 市 報 を 読 む 程 度 がやや 深 まっているものと 考 えられます

83 (4) 市 議 会 だよりを 読 む 程 度 市 議 会 だよりは ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる が 約 半 数 を 占 め 読 む 程 度 にほとんど 変 化 はみられません 問 14で 3 市 議 会 だより を 選 んだ 方 におたずねします 問 14-2)あなたは 市 議 会 だより をどの 程 度 読 んでいますか あてはまる 番 号 に をつけ てください( は1つだけ) 1.4% 大 体 全 部 読 んでいる 18.5% ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる 45.6% 興 味 がある ところのみ 読 んでいる 34.5% N=417 市 からの 情 報 を 市 議 会 だより から 得 ていると 回 答 した417 人 に 市 議 会 だよ り をどの 程 度 読 んでいるか 聞 いたところ ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる が45.6% 興 味 があるところのみ 読 んでいる が34.5% 大 体 全 部 読 んでいる が18.5%となっています 市 報 に 比 べ 市 議 会 だよりを 大 体 全 部 読 んでいる 人 の 割 合 は 半 数 程 度 にとどまります 情 報 源 の 利 用 状 況 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 大 体 全 部 読 んでいる 興 味 があるところのみ 読 んでいる ざっと 目 を 通 す 程 度 に 読 んでいる 平 成 26 年 度 (417 人 ) 平 成 25 年 度 (338 人 ) 平 成 24 年 度 (412 人 ) 平 成 23 年 度 (440 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 年 度 によってやや 増 減 はあるものの 平 成 23 年 度 と 比 べて 読 む 程 度 はほとんど 変 わらない 状 況 にあります

84 (5) 市 政 に 対 する 意 見 の 提 出 方 法 の 認 知 意 見 の 提 出 方 法 として 手 紙 や 窓 口 電 話 は4 割 前 後 が 認 知 パブリックコメン トや 市 民 説 明 会 等 は 認 知 度 が 高 まっています 問 15) 市 政 に 対 して 意 見 を 提 出 する 方 法 のうち 知 っている 方 法 は 何 ですか あてはまる 番 号 にすべて をつけてください( はいくつでも 可 ) なお 9 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 方 法 を 記 入 してください 0% 10% 20% 30% 40% 50% 市 長 への 手 紙 40.1 市 の 窓 口 や 電 話 34.7 市 長 へのEメール 25.1 市 のホームページの 意 見 記 入 欄 タウンミーティング( 市 民 と 市 長 の 対 話 集 会 )への 参 加 議 員 自 治 会 を 通 しての 要 望 市 民 説 明 会 ワーク ショップ 等 への 参 加 計 画 ( 案 ) 等 への 意 見 募 集 (パブリックコメント) その 他 0.5 知 らない N=888 MA=1,848 市 政 に 対 して 意 見 を 提 出 する 方 法 のうち 知 っている 方 法 は 市 長 への 手 紙 が 40.1%で 最 も 高 く 次 いで 市 の 窓 口 や 電 話 34.7% 市 長 へのEメール 25.1% の 順 で 知 らない は23.1%となっています 知 っている 方 法 として 上 位 にあげられているのは 手 紙 窓 口 や 電 話 Eメール ホームページの 意 見 記 入 欄 などのように いつでも 個 人 の 意 見 をそのまま 伝 え ることができるものが 中 心 で 特 に 手 紙 窓 口 や 電 話 などのように 連 絡 先 がわか りやすいものが 上 位 2 位 を 占 めています 一 方 知 っている 方 法 として 下 位 にあ るのは タウンミーティングや 議 員 自 治 会 を 通 した 要 望 市 民 説 明 会 ワーク ショップ 等 のように 人 を 介 する 必 要 があったり 複 数 の 人 が 参 加 する 場 であっ たりするもの 日 程 や 場 所 など 機 会 が 絞 られるものなどが 中 心 となっています

85 年 代 別 の 意 見 提 出 方 法 の 認 知 度 年 代 回 答 者 数 1 位 2 位 3 位 10~20 歳 代 68 市 の 窓 口 や 電 話 単 位 :% 市 のホームページの 市 長 への 手 紙 意 見 記 入 欄 歳 代 市 長 への 手 紙 市 の 窓 口 や 電 話 市 長 へのEメール 歳 代 市 長 への 手 紙 市 長 へのEメール 市 の 窓 口 や 電 話 歳 代 市 長 への 手 紙 市 の 窓 口 や 電 話 市 長 へのEメール タウンミーティング( 市 民 と 市 長 の 対 話 集 会 ) 60 歳 代 市 長 への 手 紙 市 の 窓 口 や 電 話 への 参 加 / 166 議 員 自 治 会 を 通 しての 要 望 歳 以 上 市 長 への 手 紙 市 の 窓 口 や 電 話 議 員 自 治 会 を 通 しての 要 望 年 代 別 にみると 10~20 歳 代 では 市 の 窓 口 や 電 話 30 歳 以 上 では 市 長 への 手 紙 が 第 1 位 となっています また 上 位 3 位 以 内 にあげられた 項 目 のうち 他 の 年 代 には 含 まれていないものとしては 10~20 歳 代 の 市 のホームページの 意 見 記 入 欄 60 歳 代 の タウンミーティング( 市 民 と 市 長 の 対 話 集 会 )への 参 加 60 歳 代 以 上 の 議 員 自 治 会 を 通 しての 要 望 などがあげられます

86 意 見 提 出 方 法 の 認 知 度 の 経 年 変 化 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 市 長 への 手 紙 40.1% 39.0% 39.2% 41.1% 市 長 へのEメール 市 のホームページの 意 見 記 入 欄 25.1% 24.7% 24.8% 29.2% 22.2% 18.6% 18.7% 21.8% 計 画 ( 案 ) 等 への 意 見 募 集 (パブリックコメント) 7.1% 5.4% 5.8% 5.1% タウンミーティング( 市 民 と 市 長 の 対 話 集 会 )への 参 加 20.7% 18.8% 19.5% 19.7% 市 民 説 明 会 ワークショップ 等 への 参 加 9.2% 8.5% 7.5% 7.2% 議 員 自 治 会 を 通 しての 要 望 19.5% 18.4% 20.6% 19.2% 市 の 窓 口 や 電 話 34.7% 33.6% 34.6% 36.3% その 他 0.5% 1.2% 0.8% 1.2% 知 らない 23.1% 25.4% 25.1% 21.7% 6.0% 6.5% 6.8% 5.1% 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 上 位 3 位 までは 順 位 が 変 わらず 市 長 への 手 紙 市 の 窓 口 や 電 話 市 長 へのEメール の 順 となっています 平 成 23 年 度 に 比 べて 最 も 増 えたのは 計 画 ( 案 ) 等 への 意 見 募 集 (パブリックコメント) と 市 民 説 明 会 ワークショップ 等 への 参 加 がそれぞれ 2.0 ポイント 増 となっ ています 一 方 平 成 23 年 度 に 比 べて 最 も 減 ったのは 市 長 へのEメール で 4.1ポイント 減 となっています

87 (6) 市 民 の 声 の 市 政 への 反 映 3 人 に1 人 が 市 民 の 声 が 市 政 に 反 映 されている と 感 じており その 割 合 は 増 えてきています 問 16) 市 民 の 声 は 市 政 に 反 映 されていると 思 いますか あてはまる 番 号 に をつけてくださ い( は1つだけ) 3.6% 反 映 されて いると 思 う 2.0% わからない 29.3% ある 程 度 反 映 されて いると 思 う 28.4% 反 映 されて いない と 思 う 9.9% あまり 反 映 されて いない と 思 う 26.8% N=888 市 民 の 声 が 市 政 に 反 映 されているかどうかについては 反 映 されていないと 感 じ る 市 民 は 36.7%( 反 映 されていないと 思 う 9.9%+ あまり 反 映 されていない と 思 う 26.8%)いる 一 方 で 反 映 されていると 感 じる 市 民 は 30.4%( 反 映 さ れていると 思 う 2.0%+ ある 程 度 反 映 されていると 思 う 28.4%)であり 反 映 されていない が 反 映 されている を 上 回 っています また わからない( 市 政 に 対 する 印 象 や 評 価 を 持 っていない) は 29.3%となっ ています

88 年 代 別 の 市 民 の 声 の 反 映 状 況 に 対 する 実 感 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 7. 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 反 映 されて いると 思 う ある 程 度 反 映 されてい ると 思 う あまり 反 映 されていな いと 思 う 反 映 されて いないと 思 う わからない ( 市 政 に 対 する 印 象 や 評 価 を 持 っ ていない) 年 代 別 にみると 10~20 歳 代 40~50 歳 代 の 年 代 においては 反 映 されていない と 感 じる 市 民 が 他 の 年 代 と 比 べて 多 くなっています 反 映 されていると 感 じる 割 合 は 年 代 が 高 くなると 共 に 多 くなる 傾 向 があります 30 歳 代 以 下 では わからない( 市 政 に 対 する 印 象 や 評 価 を 持 っていない) が4 割 を 超 えて 他 の 年 代 と 比 べて 比 率 が 高 い 点 が 特 徴 的 です 市 民 の 声 の 反 映 状 況 に 対 する 実 感 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 反 映 されて いると 思 う ある 程 度 反 映 されていると 思 う あまり 反 映 されて いないと 思 う 反 映 されて いないと 思 う わからない 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 反 映 されていると 感 じている 市 民 は 平 成 23 年 度 に 比 べて 4.2 ポイント 増 となっている 一 方 反 映 されていないと 感 じている 市 民 は 1.8 ポイント 減 となっており 市 民 の 声 が 市 政 に 反 映 されていると 感 じてい る 市 民 が 増 えている 状 況 にあります

89 (7) 市 の 課 題 解 決 のために 参 加 したい 活 動 アンケートやパブリックコメントを 提 出 する が2 割 半 を 占 めるものの 課 題 解 決 に 向 けて 特 に 参 加 したくない が 増 加 しています 問 17) 東 村 山 市 の 課 題 の 解 決 のために あなた 自 身 が 参 加 したいと 思 う 活 動 は 何 ですか あ てはまる 番 号 にすべて をつけてください( はいくつでも 可 ) なお 6 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 活 動 内 容 を 記 入 してください 0% 10% 20% 30% 40% 50% アンケートやパブリックコメントを 提 出 する 25.2 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 23.5 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 17.8 タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する 14.4 市 民 公 募 の 会 議 等 の 委 員 となる 3.8 その 他 2.1 特 に 参 加 したくない N=888 MA=1,153 市 の 課 題 解 決 のために 回 答 者 自 身 が 参 加 したいと 思 う 活 動 については アンケ ートやパブリックコメントを 提 出 する の25.2%が 最 も 高 く 次 いで 地 域 のボ ランティア 活 動 等 に 参 加 する の 23.5% 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する の 17.8%の 順 となっています また 特 に 参 加 したくない は 36.9%と なっています

90 年 代 別 の 参 加 したい 活 動 内 容 単 位 :% 年 代 回 答 者 数 1 位 2 位 3 位 アンケートやパブリックコ 地 域 のボランティア 活 動 等 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 10~20 歳 代 68 メントを 提 出 する に 参 加 する に 参 加 する アンケートやパブリックコ 地 域 のボランティア 活 動 等 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 30 歳 代 93 メントを 提 出 する に 参 加 する に 参 加 する アンケートやパブリックコ 地 域 のボランティア 活 動 等 タウンミーティングや 説 明 会 40 歳 代 138 メントを 提 出 する に 参 加 する 等 に 出 席 する アンケートやパブリックコ 地 域 のボランティア 活 動 等 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 50 歳 代 150 メントを 提 出 する に 参 加 する に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 アンケートやパブリックコメ 60 歳 代 166 に 参 加 する 動 に 参 加 する ントを 提 出 する 地 域 のボランティア 活 動 等 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 アンケートやパブリックコメ 70 歳 以 上 269 に 参 加 する 動 に 参 加 する ントを 提 出 する 年 代 別 にみると 10~50 歳 代 の 年 代 においては 第 1 位 が アンケートやパブリッ クコメントを 提 出 する 第 2 位 には 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する が 入 っています 60 歳 代 以 上 の 第 1 位 は 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 第 2 位 は 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 第 3 位 は アンケートやパ ブリックコメントを 提 出 する となっており 年 代 によって 傾 向 が 異 なっている 点 が 特 徴 的 です

91 居 住 地 区 別 の 参 加 したい 活 動 内 容 居 住 地 区 回 答 者 数 1 位 2 位 3 位 単 位 :% 本 町 69 久 米 川 町 86 秋 津 町 107 青 葉 町 65 恩 多 町 100 萩 山 町 84 栄 町 65 富 士 見 町 美 住 町 廻 田 町 多 摩 湖 町 諏 訪 町 野 口 町 アンケートやパブリックコメントを 提 出 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する 17.4 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する/ アンケートやパブリックコメントを 提 出 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 20.0 タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する アンケートやパブリックコメントを 提 出 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 13.1 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 16.9 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する 18.8 タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する アンケートやパブリック コメントを 提 出 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する アンケートやパブリックコメントを 提 出 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する アンケートやパブリックコメントを 提 出 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 20.0 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 す る/タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 21.4 アンケートやパブリック コメントを 提 出 する アンケートやパブリックコメントを 提 出 する/ 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 24.1 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 す る/タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する 17.2 居 住 地 区 別 にみると 11の 地 区 では アンケートやパブリックコメントを 提 出 す る が 第 1 位 このうち 本 町 萩 山 町 栄 町 富 士 見 町 野 口 町 の5 地 区 につい ては 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する も 同 率 で 第 1 位 となっています そのほか 久 米 川 町 では 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 諏 訪 町 では 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する が 第 1 位 となっています

92 参 加 したい 活 動 内 容 の 経 年 変 化 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 市 民 公 募 の 会 議 等 の 委 員 となる 3.8% 3.9% 4.4% 4.7% タウンミーティングや 説 明 会 等 に 出 席 する 市 と 市 民 が 協 力 して 行 う 活 動 に 参 加 する アンケートやパブリックコメントを 提 出 する 地 域 のボランティア 活 動 等 に 参 加 する 14.4% 11.9% 13.3% 15.5% 17.8% 16.7% 19.8% 20.6% 25.2% 23.8% 23.7% 30.0% 23.5% 19.5% 21.9% 25.0% その 他 特 に 参 加 したくない 2.1% 3.3% 3.3% 3.2% 6.0% 6.2% 8.2% 7.2% 25.2% 36.9% 40.2% 34.6% 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると すべての 項 目 で 順 位 が 変 わっていません 中 で も 平 成 23 年 度 に 比 べて 最 も 増 加 したのは 特 に 参 加 したくない で 11.7ポイン ト 増 と 大 幅 に 増 加 しています 一 方 その 他 の 項 目 はいずれも 減 少 しており 最 も 減 少 したのは アンケートやパブリックコメントを 提 出 する で 4.8 ポイント 減 となっています

93 (8) 市 の 財 政 状 況 に 関 わる 実 感 市 の 財 政 状 況 は 厳 しいと 思 う 人 が 約 6 割 前 後 を 占 めたまま ほぼ 横 ばいで 推 移 し ています 問 18) 市 の 財 政 状 況 について どのように 認 識 していますか あてはまる 番 号 に をつけて ください( は1つだけ) 2.0% 余 裕 がある と 思 う 0.7% 多 少 の 余 裕 があると 思 う 1.8% 普 通 である と 思 う 10.5% わからない 20.8% 多 少 厳 しい と 思 う 23.1% 厳 しいと 思 う 41.1% N=888 市 の 財 政 状 況 についての 認 識 は 厳 しいと 思 う が 41.1%と 最 も 高 く 次 いで 多 少 厳 しいと 思 う 23.1% わからない 20.8%の 順 となっています 市 の 財 政 状 況 が 厳 しいと 感 じる 市 民 は 64.2%( 厳 しいと 思 う 41.1%+ 多 少 厳 しいと 思 う 23.1%)となっています 年 代 別 の 市 の 財 政 状 況 に 関 わる 実 感 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 合 計 厳 しいと 思 多 少 厳 しい 普 通 である 多 少 の 余 裕 余 裕 がある わからない う と 思 う と 思 う があると 思 と 思 う う 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 年 代 別 にみると 厳 しいと 感 じる 割 合 は50 歳 代 の74.7%( 厳 しいと 思 う 50.7% + 多 少 厳 しいと 思 う 24.0%)が 最 も 高 く 次 いで30 歳 代 の68.9%( 厳 しい と 思 う 45.2%+ 多 少 厳 しいと 思 う 23.7%) 40 歳 代 の65.2%( 厳 しいと 思 う 42.8%+ 多 少 厳 しいと 思 う 22.5%)の 順 となっています

94 市 の 財 政 状 況 に 関 わる 実 感 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 厳 しいと 思 う 多 少 厳 しい と 思 う 普 通 である と 思 う 多 少 の 余 裕 があると 思 う 余 裕 がある と 思 う わからない 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 と 比 較 すると 平 成 23 年 度 では 厳 しいと 思 う 人 は 67.6%( 厳 しい と 思 う 46.5%+ 多 少 厳 しいと 思 う 21.1%)だったのに 対 して 平 成 26 年 度 は 64.2%( 厳 しいと 思 う 41.1%+ 多 少 厳 しいと 思 う 23.1%)となってお り 厳 しいと 思 う 人 の 合 計 は 3.4 ポイントの 微 減 となっています また 余 裕 があると 思 う 人 は 平 成 23 年 度 に 3.0%( 余 裕 があると 思 う 1.5%+ 多 少 の 余 裕 があると 思 う 1.5%)だったのに 対 して 平 成 26 年 度 は2.5%( 余 裕 があると 思 う 0.7%+ 多 少 の 余 裕 があると 思 う1.8%)となっており こちらは 0.5ポイントと 横 ばいです

95 (9) 市 の 財 政 について 関 心 のあるテーマ 市 の 財 政 では 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスの 内 容 について が 最 も 関 心 が 高 く 半 数 にのぼります 問 19) 市 の 財 政 について あなたが 関 心 のあるものは 何 ですか あてはまる 番 号 にすべて をつけてください( はいくつでも 可 ) なお 9 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください 0% 20% 40% 60% 80% 100% 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスの 内 容 について 53.3 市 民 サーヒ スに 必 要 な 経 費 とサーヒ ス を 受 ける 人 が 支 払 う 負 担 について 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 ) や 資 産 ( 貯 金 )について わかりやすい 財 政 情 報 の 公 表 について 市 の 予 算 がどのようにして つくられていくかについて 事 業 が 終 了 したあとの 結 果 ( 決 算 額 事 業 の 成 果 など)について 他 の 市 町 村 と 比 較 した 市 の 順 位 などについて 市 の 財 政 が 危 機 的 な 状 況 に ならないかについて その 他 0.9 特 にない N=888 MA=2,358 市 の 財 政 について 関 心 のあるテーマは 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービス の 内 容 について が53.3%で 最 も 高 く 次 いで 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 とサ ービスを 受 ける 人 が 支 払 う 負 担 について 37.2% 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 資 産 ( 貯 金 )について 36.8%の 順 となっています

96 年 代 別 の 市 の 財 政 について 関 心 のあるテーマ 単 位 :% 年 代 回 答 者 数 1 位 2 位 3 位 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 と 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 10~20 歳 代 市 民 サービスの 内 容 につい サービスを 受 ける 人 が 支 払 う 68 資 産 ( 貯 金 )について て 負 担 について 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 と 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 30 歳 代 市 民 サービスの 内 容 につい サービスを 受 ける 人 が 支 払 う 93 資 産 ( 貯 金 )について て 負 担 について 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 と 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 40 歳 代 市 民 サービスの 内 容 につい サービスを 受 ける 人 が 支 払 う 138 資 産 ( 貯 金 )について て 負 担 について 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 と 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 50 歳 代 市 民 サービスの 内 容 につい サービスを 受 ける 人 が 支 払 う 150 資 産 ( 貯 金 )について て 負 担 について 歳 代 70 歳 以 上 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスの 内 容 につい て 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 とサービスを 受 ける 人 が 支 払 う 負 担 について わかりやすい 財 政 情 報 の 公 表 について 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 と 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 市 民 サービスの 内 容 につい サービスを 受 ける 人 が 支 払 う 資 産 ( 貯 金 )について て 負 担 について 年 代 別 にみると すべての 年 代 において 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービ スの 内 容 について が 第 1 位 となっています 第 2 位 以 降 も 60 歳 代 を 除 くすべ ての 年 代 で 第 2 位 が 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 資 産 ( 貯 金 )について 第 3 位 が 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 とサービスを 受 ける 人 が 支 払 う 負 担 について となっており 概 ね 年 代 ごとでの 差 異 はみられません

97 市 の 財 政 について 関 心 のあるテーマの 経 年 変 化 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスの 内 容 について 53.3% 50.3% 51.3% 57.5% 市 の 予 算 がどのようにしてつくられていくかについて 事 業 が 終 了 したあとの 結 果 ( 決 算 額 事 業 の 成 果 など)について 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 資 産 ( 貯 金 )について 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 とサービスを 受 ける 人 が 支 払 う 負 担 について 市 の 財 政 が 危 機 的 な 状 況 にならないかについて 他 の 市 町 村 と 比 較 した 市 の 順 位 などについて わかりやすい 財 政 情 報 の 公 表 について 24.7% 23.5% 26.7% 26.6% 24.3% 23.5% 27.0% 31.2% 36.8% 37.1% 43.5% 42.0% 37.2% 35.8% 38.0% 40.3% 22.4% 20.6% 25.9% 24.3% 23.5% 22.4% 25.4% 25.2% 29.2% 26.8% 32.6% 33.3% その 他 特 にない 0.9% 2.1% 2.5% 2.5% 9.8% 11.1% 7.4% 7.2% 3.5% 7.6% 5.3% 6.2% 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 上 位 4 位 までに 含 まれる 項 目 は 変 わっていませ ん ただし 平 成 23 年 度 以 降 第 1 位 と 第 4 位 は 変 わらないものの 平 成 26 年 度 はそれまで 第 2 位 であった 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 資 産 ( 貯 金 )につい て が 第 3 位 に 第 3 位 であった 市 民 サービスに 必 要 な 経 費 とサービスを 受 け る 人 が 支 払 う 負 担 について が 第 2 位 にと 順 位 の 入 れ 替 わりが 生 じています 平 成 23 年 度 に 比 べると 特 にない を 除 くいずれの 項 目 も 回 答 率 が 減 少 してい ますが 最 も 減 少 しているものとしては 事 業 が 終 了 したあとの 結 果 ( 決 算 額 事 業 の 成 果 など)について が 6.9 ポイント 減 となっており 次 いで 市 の 借 金 ( 将 来 への 負 担 )や 資 産 ( 貯 金 )について が 5.2ポイント 減 市 が 今 後 実 施 する 事 業 や 市 民 サービスの 内 容 について が4.2ポイント 減 となっています

98 (10) 今 後 の 市 の 行 政 サービスの 水 準 と 市 民 負 担 との 関 係 市 の 行 政 サービスの 水 準 及 び 市 民 の 負 担 は いずれも 今 のままがよいが3 割 を 占 め 最 も 高 い 状 況 にあります 問 20) 今 後 の 市 の 行 政 サービスの 水 準 と 市 民 の 負 担 との 関 係 について どのように 思 います か あなたの 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだけ) 5.5% 今 よりも 市 の 行 政 サービス が 充 実 するの なら 市 民 の 負 担 が 増 え てもよい 15.3% 市 の 行 政 サービスは 今 のままで よいので 市 民 の 負 担 も 今 のまま がよい 29.4% わからない 28.8% 今 よりも 市 の 行 政 サービス を 縮 小 しても よいので 市 民 の 負 担 を 減 らして ほしい 20.9% N=888 市 の 行 政 サービスの 水 準 と 市 民 の 負 担 との 関 係 については 市 の 行 政 サービスは 今 のままでよいので 市 民 の 負 担 も 今 のままがよい が29.4%で 最 も 高 く 次 い で 今 よりも 市 の 行 政 サービスを 縮 小 してもよいので 市 民 の 負 担 を 減 らしてほ しい が 20.9% 今 よりも 市 の 行 政 サービスが 充 実 するのなら 市 民 の 負 担 が 増 えてもよい が 15.3%の 順 となっています

99 年 代 別 の 行 政 サービス 水 準 と 市 民 負 担 との 関 係 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 合 計 今 よりも 市 の 行 今 よりも 市 の 行 市 の 行 政 サービ わからない 政 サービスが 充 実 するのなら 市 民 の 負 担 が 増 えてもよい 政 サービスを 縮 小 してもよいの で 市 民 の 負 担 を 減 らしてほし い スは 今 のままで よいので 市 民 の 負 担 も 今 のま まがよい 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) わからない を 除 く 回 答 について 年 代 別 にみると いずれの 年 代 においても 市 の 行 政 サービスは 今 のままでよいので 市 民 の 負 担 も 今 のままがよい が 最 も 高 くなっています 2 番 目 に 多 いものをみると 40 歳 代 を 除 くすべての 年 代 で 今 よりも 市 の 行 政 サービスを 縮 小 してもよいので 市 民 の 負 担 を 減 らしてほしい となっています わからない は 60 歳 代 が 34.3%と 最 も 高 く 次 いで 10~20 歳 代 の 33.8% 50 歳 代 の28.0%の 順 となっています

100 行 政 サービス 水 準 と 市 民 負 担 との 関 係 の 経 年 変 化 ( 単 位 :%) 今 よりも 市 の 行 政 サービスが 充 実 するのなら 市 民 の 負 担 が 増 えて もよい 今 よりも 市 の 行 政 サービスを 縮 小 してもよいので 市 民 の 負 担 を 減 らしてほしい 市 の 行 政 サービス は 今 のままでよい ので 市 民 の 負 担 も 今 のままがよい わからない 平 成 26 年 度 (888 人 ) 平 成 25 年 度 (908 人 ) 平 成 24 年 度 (892 人 ) 平 成 23 年 度 (824 人 ) 平 成 23 年 度 からの 推 移 をみると 今 よりも 市 の 行 政 サービスを 縮 小 してもよい ので 市 民 の 負 担 を 減 らしてほしい が 平 成 23 年 度 に 比 べて3.6ポイント 減 と 最 も 減 ったのに 対 し わからない が3.7ポイント 増 と 最 も 増 えています

101 (11) 東 村 山 市 みんなで 進 めるまちづくり 基 本 条 例 の 認 知 知 らない が6 割 強 となっています 問 21) 市 では 平 成 26 年 4 月 1 日 に 東 村 山 市 みんなで 進 めるまちづくり 基 本 条 例 ( 以 下 基 本 条 例 といいます ) が 施 行 されました この 基 本 条 例 は 市 民 議 会 市 長 及 び 職 員 がそれぞれの 役 割 と 責 務 を 果 たし まちづくりを 進 めていくための 基 本 理 念 基 本 原 則 などを 定 めています あなたは この 条 例 が 施 行 されたことを 知 っています か あてはまる 番 号 に をつけてください( は1つだけ) 2.7% 内 容 も 含 めて 知 っている 2.6% 知 らない 63.5% 聞 いた ( 見 た)こと がある 31.2% N=888 東 村 山 市 みんなで 進 めるまちづくり 基 本 条 例 を 知 らない は63.5% 聞 いた( 見 た)ことがある は31.2% 内 容 も 含 めて 知 っている は 2.6%となっています 年 代 別 の 東 村 山 市 みんなで 進 めるまちづくり 基 本 条 例 の 認 知 度 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 合 計 内 容 も 含 め 聞 いた( 見 知 らない て 知 ってい た)ことが る ある 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 年 代 別 にみると 知 らない は 10 ~ 20 歳 代 で 85.3%と 最 も 高 く 次 いで 30 歳 代 の 77.4% 50 歳 代 の 72.0%の 順 となっ ています

102 (12) 基 本 条 例 で 規 定 している 住 民 投 票 の 認 知 知 らない が6 割 を 超 えています 問 22) 基 本 条 例 の 中 に 住 民 投 票 について 規 定 されていることを 知 っていますか あては まる 番 号 に をつけてください( は1つだけ) 2.9% 内 容 も 含 めて 知 っている 3.8% 聞 いた ( 見 た)こと がある 27.0% 知 らない 66.2% N=888 住 民 投 票 の 規 定 を 知 らない は 66.2% 聞 いた( 見 た)ことがある は27.0% 内 容 も 含 めて 知 っている は3.8%となっています 年 代 別 の 基 本 条 例 で 規 定 している 住 民 投 票 の 認 知 度 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 合 計 内 容 も 含 め 聞 いた( 見 知 らない て 知 ってい た)ことが る ある 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 年 代 別 にみると 聞 いた( 見 た)こ とがある は 60 歳 代 が 32.5%と 最 も 高 く 次 いで 70 歳 以 上 の 32.0% 40 歳 代 の26.8%の 順 となっています

103 (13) 住 民 投 票 に 対 する 考 え 市 政 に 関 心 を 持 つ 意 識 が 高 まる 制 度 だと 思 う が3 割 弱 となっています 問 23) 市 では 基 本 条 例 に 基 づき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 について 市 民 の 皆 さんの 意 思 を 問 う ( 仮 称 ) 住 民 投 票 条 例 の 策 定 を 進 めています このことについて どう 思 い ますか あなたの 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだけ) なお 5 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください その 他 1.6% 4.4% 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 につ いて 自 分 の 意 思 を 直 接 反 映 できる 制 度 だと 思 う 13.5% よくわからない 48.0% N=888 市 政 に 関 心 を 持 つ 意 識 が 高 まる 制 度 だと 思 う 28.4% 選 挙 で 選 ばれ た 市 長 や 市 議 会 議 員 による 議 会 制 民 主 主 義 が 形 骸 化 す るおそれがあ る 制 度 だと 思 う 4.2% 住 民 投 票 への 印 象 については よくわからない は 48.0%と 最 も 高 く 次 いで 市 政 に 関 心 を 持 つ 意 識 が 高 まる 制 度 だと 思 う は 28.4% 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 について 自 分 の 意 思 を 直 接 反 映 できる 制 度 だと 思 う は 13.5% 選 挙 で 選 ばれた 市 長 や 市 議 会 議 員 による 議 会 制 民 主 主 義 が 形 骸 化 するおそれがある 制 度 だと 思 う は4.2%となっています

104 年 代 別 の 住 民 投 票 に 対 する 考 え 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 合 計 市 政 運 営 上 市 政 に 関 心 選 挙 で 選 ば よくわから その 他 の 重 要 事 項 を 持 つ 意 識 れた 市 長 や ない について が 高 まる 制 市 議 会 議 員 自 分 の 意 思 度 だと 思 う による 議 会 を 直 接 反 映 できる 制 度 だと 思 う 制 民 主 主 義 が 形 骸 化 す るおそれが ある 制 度 だ と 思 う 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) よくわからない を 除 いて 年 代 別 にみると 市 政 に 関 心 を 持 つ 意 識 が 高 まる 制 度 だと 思 う は 60 歳 代 が34.9%と 最 も 高 く 次 いで 70 歳 以 上 の31.6% 40 歳 代 の 29.7%の 順 となっています 10~20 歳 代 のみ 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 について 自 分 の 意 思 を 直 接 反 映 でき る 制 度 だと 思 う が 市 政 に 関 心 を 持 つ 意 識 が 高 まる 制 度 だと 思 う を 上 回 り 最 も 高 い 割 合 になっています

105 (14) 住 民 投 票 の 対 象 とすべき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 に 対 する 考 え 市 が 行 う 大 規 模 な 公 共 事 業 が4 割 半 ばとなっています 問 24) 住 民 投 票 の 対 象 とすべき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 について どのような 事 項 がふさ わしいと 思 いますか あなたの 印 象 に 近 い 番 号 にすべて をつけてください( はい くつでも 可 ) なお 5 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 内 容 を 記 入 し てください 0% 10% 20% 30% 40% 50% 市 が 行 う 大 規 模 な 公 共 事 業 46.4 市 の 存 立 に 関 する 事 項 ( 他 市 との 合 併 市 の 名 称 変 更 など) 38.4 国 や 東 京 都 等 が 行 う 市 域 内 の 事 業 26.5 よくわからない 31.8 その 他 N=888 MA=1,311 住 民 投 票 の 対 象 とすべき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 について 市 が 行 う 大 規 模 な 公 共 事 業 は46.4%と 最 も 高 く 次 いで 市 の 存 立 に 関 する 事 項 ( 他 市 との 合 併 市 の 名 称 変 更 など) 38.4% 国 や 東 京 都 等 が 行 う 市 域 内 の 事 業 26.5%の 順 とな っています

106 年 代 別 の 住 民 投 票 の 対 象 とすべき 市 政 運 営 上 の 重 要 事 項 に 対 する 考 え 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 回 答 者 数 市 の 存 立 に 市 が 行 う 大 国 や 東 京 都 よくわから その 他 関 する 事 項 規 模 な 公 共 等 が 行 う 市 ない ( 他 市 との 事 業 域 内 の 事 業 合 併 市 の 名 称 変 更 な ど) 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) よくわからない を 除 いて 年 代 別 にみると10~70 歳 以 上 のすべての 年 代 におい て 市 が 行 う 大 規 模 な 公 共 事 業 が 第 1 位 となっています(ただし10~20 歳 代 は 市 の 存 立 に 関 する 事 項 ( 他 市 との 合 併 市 の 名 称 変 更 など) との 同 率 1 位 ) また 10~20 歳 代 は 国 や 東 京 都 等 が 行 う 市 域 内 の 事 業 の 割 合 が 他 の 年 代 と 比 べ て 低 くなっています

107 (15) 住 民 投 票 の 成 立 についての 取 り 扱 い 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 成 立 させ 開 票 する が 4 割 強 となっています 問 25) 住 民 投 票 の 成 立 について どのように 取 り 扱 うことが 良 いと 思 いますか あなた の 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだけ) なお 4 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください その 他 0.7% 3.4% 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 成 立 させ 開 票 する 41.6% よくわからない 28.9% 投 票 数 の 多 少 にかかわらず 成 立 させ 開 票 する 25.5% N=888 住 民 投 票 の 成 立 についての 取 り 扱 いに 対 する 考 えは 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 成 立 させ 開 票 する が41.6%と 最 も 高 く 次 いで よくわからない が 28.9% 投 票 数 の 多 少 にかかわらず 成 立 させ 開 票 する が 25.5%の 順 とな っています

108 年 代 別 の 住 民 投 票 の 成 立 についての 取 り 扱 いに 対 する 考 え 全 体 年 代 1. 10~20 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 代 歳 以 上 7. 合 計 注 : 上 段 : 実 数 ( 人 ) 下 段 : 構 成 比 (%) 一 定 の 投 票 数 に 投 票 数 の 多 少 に よくわからない その 他 達 した 場 合 にの かかわらず 成 立 み 成 立 させ 開 させ 開 票 する 票 する よくわからない を 除 いて 年 代 別 にみると すべての 年 代 で 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 成 立 させ 開 票 する が 第 1 位 になっています 10~20 歳 代 は 投 票 数 の 多 少 にかかわらず 成 立 させ 開 票 する の 割 合 が 他 の 年 代 と 比 べて 低 くなっています

109 (16) 住 民 投 票 の 結 果 についての 取 り 扱 いに 対 する 考 え 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 開 票 結 果 を 尊 重 する が 全 体 の 1/3 となっ ています 問 26) 住 民 投 票 の 結 果 について どのように 取 り 扱 うことが 良 いと 思 いますか あなた の 印 象 に 最 も 近 い 番 号 に をつけてください( は1つだけ) なお 5 その 他 を 選 んだ 方 は かっこ 内 に 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください その 他 0.5% よくわから ない 22.9% 3.2% 投 票 数 の 多 少 にかか わらず 開 票 結 果 を 尊 重 する 28.6% 開 票 結 果 は あくまでも 参 考 とする 11.0% 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 開 票 結 果 を 尊 重 する 33.9% N=888 住 民 投 票 の 結 果 についての 取 り 扱 いは 一 定 の 投 票 数 に 達 した 場 合 にのみ 開 票 結 果 を 尊 重 する が33.9%と 最 も 高 く 次 いで 投 票 数 の 多 少 にかかわらず 開 票 結 果 を 尊 重 する が28.6% よくわからない が22.9% 開 票 結 果 は あ くまでも 参 考 とする が11.0%の 順 となっています

- 1 -

- 1 - 平 成 27 年 度 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 書 東 村 山 市 公 式 キャラクター ひがっしー 平 成 27 年 12 月 東 村 山 市 - 1 - 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 3 2 調 査 の 設 計... 3 3 回 収 結 果... 3 4 設 問 の 構 成... 3 5 調 査 結 果 に 関 する 留 意 事 項... 5 Ⅱ 基

More information

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6

目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の 将 来 像 について... 20 6 羽 島 市 第 六 次 総 合 計 画 策 定 に 関 する 市 民 アンケート 調 査 調 査 結 果 報 告 平 成 25 年 11 月 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1 Ⅱ 調 査 結 果 2 1 回 答 者 の 属 性... 2 2 市 民 の 暮 らしの 実 感... 4 3 まちづくりに 対 する 評 価 や 期 待... 10 4 土 地 利 用 について... 18 5 羽 島 市 の

More information

平成26年度 関市

平成26年度 関市 1 閲 覧 用 2 目 次 1 調 査 の 概 要... 1 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 方 法... 2 (4) 回 収 結 果... 2 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2 調 査 結 果... 5 (1) 回 答 者 の 属 性... 6 (2) 関 市 への 居 住 意 向 につて... 15 (3) 市 の 主 な 施 策

More information

H27報告書

H27報告書 平 成 27 年 印 西 市 市 民 満 足 調 査 報 告 書 平 成 28 年 3 月 印 西 市 目 次 第 1 章 調 査 の 概 1 1. 調 査 の 目 的 3 2. 調 査 方 法 3 3. 回 収 状 況 3 4. 調 査 項 目 3 5. 地 域 区 分 4 6. 調 査 結 果 を 見 る 上 での 注 意 事 項 5 7. 考 慮 すべき 標 本 誤 差 6 第 2 章 調

More information

白 東 村 山 市 転 入 転 出 アンケート 調 査 報 告 書 平 成 年 月 東 村 山 市 経 営 政 策 部 都 市 マーケティング 課 白 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 調 査 の 概 要 報 告 書 の 見 方 Ⅱ. 回 答 者 の 属 性 回 答 者 の 属 性 ( 転 入 者 アンケート) 回 答 者 の 属 性 ( 転 出 者 アンケート) 0 Ⅲ. 調 査 結 果 の 分 析.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323037303382D382B682DD96EC8E7388D38EAF92B28DB895F18D908F912E646F63> ふじみ 野 市 総 合 振 興 計 画 ( 後 期 基 本 計 画 ) 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 ふじみ 野 市 役 所 総 合 政 策 部 改 革 推 進 室 計 画 評 価 係 調 査 目 次 12 調 査 の 目 概 的 要...1......1 3 集 計 調 方 査 法 結...1 果 の 概 要...............2 12 あなた( 市 の

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

JOB台帳の略件名

JOB台帳の略件名 参 考 資 料 -2 鳥 羽 市 市 民 意 識 調 査 結 果 報 告 第 一 次 速 報 版 平 成 27 年 8 月 31 日 目 次 1 アンケート 調 査 の 概 要... 1 1.1 調 査 の 目 的... 1 1.2 調 査 の 方 法 及 び 回 収 状 況... 1 2 アンケート 集 計 結 果... 2 2.1 鳥 羽 市 への 愛 着 住 みやすさ 定 住 意 向 について...

More information

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx

Microsoft Word - 111001市民意識調査票(案.1100916)Ver.5.docx 江 別 市 まちづくり 市 民 アンケート 調 査 ~ 市 民 意 識 調 査 へのご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 より 市 政 にご 理 解 とご 協 力 をいただき 誠 にありがとうございます 江 別 市 では 平 成 16 年 に 策 定 した 第 5 次 江 別 市 総 合 計 画 の 計 画 期 間 が 平 成 25 年 度 に 終 了 することから 平 成 26 年 度 よりスタートする

More information

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票

「地域の福祉活動に関する市民意識調査」調査票 地 域 の 福 祉 活 動 に 関 する 市 民 意 識 調 査 平 成 22 年 9 月 札 幌 市 日 ごろから 札 幌 市 の 福 祉 行 政 にご 協 力 をいただき ありがとうございます 札 幌 市 では 多 くの 市 民 が 参 加 し 市 民 事 業 者 ( 会 社 など) 行 政 ( 市 役 所 区 役 所 など)が 一 体 となり 安 心 して 暮 らせるぬくもりのある 地 域 福

More information

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5

はじめに あなたご 自 身 のことについて お 伺 いします F1 性 別 ( は1つだけ 1 男 性 2 女 性 F2 あなたの 年 齢 ( は1つだけ 平 成 27 年 中 になる 年 齢 1 15 歳 ~24 歳 2 25 歳 ~29 歳 3 30 歳 ~34 歳 4 35 歳 ~39 歳 5 海 津 市 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 係 る アンケート 調 査 ~ 調 査 ご 協 力 のお 願 い~ 日 頃 から 市 政 の 推 進 にご 理 解 ご 協 力 をいただきまして ありがとうございます このたび 海 津 市 では 国 のまち ひと しごと 創 生 長 期 ビジョン 及 び 総 合 戦 略 に 基 づ き 本 市 の 人 口 の 将 来 展 望 を 示 したうえで 本 市

More information

56 0% 20% 40% 60% 80% 100% 0% 20% 40% 60% 80% 100% 1 町 政 24.7 41.7 12.9 7.9 9.4 5 事 業 の 企 画 検 討 11.6 42.7 22.4 9.8 12.5 2 各 種 計 画 17.0 45.4 17.0 8.3 11.0 6 町 民 の 声 を 聞 く 姿 勢 16.2 34.4 21.3 15.4 9.8

More information

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc

Microsoft Word - 伊丹市民意識調査報告書概要版_140210.doc 平 成 25 年 度 伊 丹 市 民 意 識 調 査 報 告 書 - 概 要 版 - 伊 丹 市 はじめに 伊 丹 市 では 平 成 23 年 に みんなの 夢 まちの 魅 力 ともにつくる 伊 丹 を 本 市 の 将 来 像 に 掲 げ 平 成 23 年 度 から 平 成 32 年 度 までの 10 年 間 のまちづくりの 指 針 となる 第 5 次 総 合 計 画 を 策 定 いたしました 総

More information

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光

資 料 63 平 成 21 年 10 月 8 日 第 4 次 基 本 構 想 前 期 基 本 計 画 に 関 する 意 見 今 井 啓 一 郎 1 商 店 会 への 支 援 < 必 要 であれば 法 人 化 も 検 討 > コミュニティ 防 犯 災 害 時 にも 貢 献 するものである 2 観 光 長 期 計 画 起 草 委 員 会 配 付 資 料 一 覧 平 成 21 年 10 月 11 日 資 料 名 備 考 第 1 回 1 小 金 井 市 長 期 計 画 起 草 委 員 会 設 置 要 綱 (9 月 12 日 ) 2 素 案 の 骨 格 を 考 える 上 での 各 項 目 の 要 約 (キーワード) 三 橋 委 員 第 4 次 小 金 井 市 基 本 構 想 ( 素 案 ) 前 半 についての

More information

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総

村 山 の 概 要 2) 人 口 動 向 (1) 人 口 世 帯 数 平 成 27 年 1 月 1 日 現 在 の 村 山 の 人 口 は15 万 1,412 人 であり 平 成 7 年 の13 万 6,095 人 と 比 べて 約 1.1 倍 に 増 加 しました その 推 移 を 見 ると 総 村 山 の 概 要 村 山 の 概 要 1) 位 置 及 び 地 勢 村 山 は 京 都 の 北 西 部 北 緯 35 度 45 分 経 139 度 28 分 に 位 置 し 荒 川 から 多 摩 川 に かけて 広 がる 洪 積 層 武 蔵 野 台 地 のほぼ 中 央 部 京 都 心 部 から 約 30kmの 圏 内 に 位 置 してい ます 域 の 北 側 は 埼 玉 県 所 沢 側 は 清 瀬

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

川西市市民意識調査(中学生)

川西市市民意識調査(中学生) 川 西 市 市 民 意 識 調 査 ( 中 学 生 ) 調 査 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 兵 庫 県 川 西 市 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要...1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 設 計... 2 3. 回 収 結 果... 2 4. 報 告 書 の 見 方... 3 Ⅱ 調 査 結 果... 5 回 答 者 について... 6 問 3 あなたは 川 西

More information

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx

Microsoft Word - 【最新】都市マス131219.docx 5-4 南 部 地 区 () 南 部 地 区 の 概 要 地 域 資 源 本 地 区 は 市 の 南 に 位 置 し 東 から 熊 川 緑 地 拝 島 駅 を 経 由 し 福 生 南 公 園 に 至 る 地 区 です 歴 史 的 に 古 くから 開 けてきた 地 区 ですが 基 盤 整 備 が 整 わないまま 市 街 化 が 進 展 したため 狭 あい 道 路 や 行 き 止 まりなどの 問 題 が

More information

標準テンプレート

標準テンプレート 資 料 鎌 倉 市 地 方 創 生 に 関 するアンケート 調 査 結 果 概 要 目 次 0. 要 約 II. 転 入 転 出 調 査 ( 転 入 ) a. 属 性 I. 市 民 対 象 調 査 a. 属 性 b. 晩 婚 化 の 要 因 の 把 握 c. 希 望 の 子 どもの 数 d. 出 生 率 の 低 下 の 要 因 の 把 握 e. 夫 婦 の 出 生 力 の 低 下 の 背 景 となる

More information

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28

【概要版】吉野川市_アンケート調査結果(報告書)15.07.28 吉 野 川 市 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 策 定 のための アンケート 調 査 結 果 概 要 版 平 成 27 年 7 月 吉 野 川 市 1. 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 本 調 査 は 今 年 度 策 定 する 地 方 版 総 合 戦 略 において まち ひと しごと 創 生 の 実 現 に 向 けた 効 果 的 な 施 策 を 推 進 するため また 地 方 版

More information

- 目 次 - Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1 調 査 の 背 景 1 2 調 査 の 目 的 1 3 調 査 の 対 象 方 法 1 4 調 査 の 内 容 1 5 回 収 の 結 果 2 6 調 査 結 果 の 見 方 2 Ⅱ 調 査 結 果 の 概 要 3 Ⅲ 回 答 者 の 属 性 8 1 性 別 と 年 齢 8 2 配 偶 関 係 11 3 家 族 構 成 14 4 育 児 の 必 要 な

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20322E914F8BB48E738F5A90B68A888AEE967B8C7689E681698A54977694C5816A2E646F63> 前 橋 住 生 活 基 本 計 画 概 要 版 平 成 24 年 3 月 前 橋 序 -1 計 画 策 定 の 背 景 目 的 少 子 高 齢 化 が 進 み 価 値 観 やライフスタイルが 多 様 化 する 中 で 人 々が 安 全 に 安 心 して 暮 らし 真 の 豊 かさを 享 受 できる 社 会 を 築 いていくことが 求 められています そうした 中 で 住 宅 施 策 は 住 生 活

More information

概要版

概要版 あま 市 都 市 計 画 マスタープラン( 平 成 24 年 度 策 定 ) 概 要 版 都 市 計 画 マスタープランとは 策 定 の 趣 旨 目 的 都 市 計 画 マスタープラン とは 都 市 計 画 法 第 18 条 の 2 に 規 定 される 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 方 針 を 指 します 都 市 計 画 マスタープラン は 概 ね 次 に 示 す 基 本 的

More information

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330>

<96E5905E92B78EF596BD89BB8C7689E6313030333330> 門 真 営 住 宅 長 寿 命 化 計 画 平 成 22 年 3 月 門 真 はじめに 門 真 では 平 成 22 年 3 月 現 在 487 戸 の 営 住 宅 を 管 理 しており これらの 住 宅 ストックを 良 好 な 社 会 的 資 産 として 有 効 に 活 用 していくことは 極 めて 重 要 な 課 題 である 本 では 昭 和 20~30 年 代 に 建 設 された 木 造 営

More information

doc_file

doc_file 転 出 者 アンケート 調 査 票 4 アンケート 用 紙 (1) 転 出 者 アンケート 問 1 今 回 転 出 されるのは 単 身 ですか 世 帯 ですか あてはまる 一 つに をつけてください 1 単 身 で 2 夫 婦 で 3 二 世 代 世 帯 ( 親 と 子 ) 4 三 世 代 世 帯 ( 親 と 子 と 孫 ) 5 その 他 問 2 転 出 される 方 の 年 齢 は ( 世 帯 で

More information

Microsoft Word - ★03一章0414.doc

Microsoft Word - ★03一章0414.doc 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 第 1 章 まちづくりの 課 題 と 目 標 時 代 の 潮 流 やまちづくりの 現 状 からみた 課 題 を 整 理 し まちづくりの 目 標 と 目 指 す 県 土 の 姿 を 示 します 5 第 1 時 代 の 潮 流 と 課 題 1 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 の 同 時 進 行 本 県 の 人 口 は これまで 一 貫 して 増 加 を

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF8251814082DC82BF82C382AD82E882C98AD682B782E9834183938350815B836792B28DB8955B81698E7396AF9770816A2E646F63> ま ち づ く り に 関 す る ア ン ケ ー ト 調 査 平 市 人 口 ン 平 市 合 策 定 のための 市 掟 調 査 アンケート 調 査 へのご のお 願 い 平 市 では 平 成 27 拢 までに 平 市 人 口 ン 平 市 合 を 策 定 することとし 現 在 その 準 備 作 業 を 進 めております 合 は 本 市 が に て る 捯 を 人 口 が 捠 に 進 捯 する 現 在

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

表 紙 裏

表 紙 裏 資 料 1 白 岡 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 アンケート 調 査 結 果 報 告 書 ( 速 報 値 ) 平 成 27 年 7 月 白 岡 市 表 紙 裏 目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的... 2 2 調 査 概 要... 2 3 報 告 書 の 見 方... 2 Ⅱ. 調 査 結 果 将 来 設 計 に 関 するアンケート 調 査... 3 あなた

More information

基 本 構 想 基 本 構 想 ᄢጽㄘ㓸 ᄢ㊁ㄘ㓸 㨀 㨀 Ꮉፉಣℂಽ ሶㄘ㓸 㨀 ፒಣℂಽ ᪉䊱ਐಣℂಽ 䉿ፉ Ⅳಣℂ ᶏ Ⅳಣℂ ᨹᧁ Ⅳಣℂ ⴕ ㄘ㓸 ᄢᱞಣℂಽ ን ጊಣℂಽ Ꮉ ፒಣℂಽ ጟንಣℂಽ ጊಣℂಽ 㨀 ᣇ Ⅳಣℂ ዊፄ ㊁ㄘ㓸 Ꮉਛಣℂಽ 㨀 ᅱ ਅ ಣℂ႐ 㓏ಣℂಽ ർಣℂಽ ᕡንಣℂಽ ᄤਅ Ⅳಣℂ ᗲቪಣℂಽ ᐭಣℂಽ ਅ ベ Ⅳಣℂ 18,900 22,400 10,000

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

annaka

annaka 序 章 計 画 のあらまし 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 1) 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 (1) 背 景 近 年 の 急 速 な 少 子 高 齢 化 の 進 展 人 口 減 少 社 会 の 到 来 を 踏 まえ 平 成 18 年 6 月 現 在 及 び 将 来 における 国 民 の 豊 かな 住 生 活 を 実 現 するため 住 生 活 基 本 法 が 制 定 され 同 年

More information

Ⅰ 調査の概要

Ⅰ 調査の概要 資 料 6 伊 達 市 地 域 創 生 総 合 戦 略 策 定 に 向 けた 職 員 意 識 調 査 報 告 書 ( 結 婚 出 産 子 育 て) ( 第 2 版 ) 平 成 2 7 年 5 月 総 合 政 策 課 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 の 目 的... 2 2. 調 査 の 実 施 方 法 等... 2 (1) 調 査 対 象 実 施 方 法... 2 (2) 回

More information

第1章 甘楽町人口ビジョン

第1章 甘楽町人口ビジョン 第 1 章 甘 楽 町 口 ビジョン 1. 甘 楽 町 口 ビジョンの 位 置 づけ 国 県 の 口 ビジョンを 勘 案 しつつ 甘 楽 町 における 口 の 現 状 を 分 析 し 口 に 関 する 町 民 の 認 識 を 共 有 し 今 後 目 指 すべき 将 来 の 方 向 と 口 の 将 来 展 望 を 掲 示 する ものです この 甘 楽 町 口 ビジョンは 甘 楽 町 版 総 合 戦 略

More information

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ

厳 しい 中 で そのメリット デメリットを 整 理 し 本 市 の 実 態 に 合 った 公 営 住 宅 の 供 給 手 法 を 検 討 する 必 要 があります 公 営 住 宅 入 居 者 は 高 齢 単 身 高 齢 夫 婦 も 増 加 しており 居 住 支 援 が 必 要 市 営 住 宅 はセ 第 4 章 住 まいづくりに 関 する 主 要 課 題 の 整 理 4-1 主 要 課 題 国 県 の 計 画 本 市 の 概 況 や 住 宅 宅 地 の 現 況 整 理 アンケート 調 査 とヒアリング 調 査 からみた 市 民 事 業 者 等 のニーズから 本 市 の 住 まいづくりに 関 する 課 題 は 次 のよう に 整 理 することができます 主 要 課 題 1 安 全 で 安 心 して

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2

商 品 日 用 雑 貨 ( 食 器 潜 在 等 ) 医 薬 品 化 粧 品 衣 料 品 服 飾 品 アクセサリー 家 電 文 具 書 籍 買 物 場 所 等 1. 岩 内 町 2. 小 樽 市 3. 札 幌 市 4.その 他 市 町 村 ( 市 町 村 ) 5. 宅 配 通 販 1. 岩 内 町 2 資 料 9-1 岩 内 町 まち ひと しごと 創 生 アンケート 調 査 ご 協 力 のお 願 い 岩 内 町 ではこの 度 町 民 の 皆 さまのご 意 見 を 今 後 の 地 方 創 生 のため 役 立 てていきたいと 考 え アンケー ト 調 査 を 実 施 することといたしました お 答 えいただいた 内 容 は 岩 内 町 のまち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 の 策 定 のための

More information

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要

さかい 魅力・安心住まいプラン(案)の概要 概 要 版 さかい 魅 力 安 心 住 まいプラン ( 堺 市 住 生 活 基 本 計 画 ) - 堺 市 はじめに 策 定 の 目 的 本 市 では に 堺 市 住 宅 マスタープラン を 策 定 し 住 みたい 住 みよいま ち 堺 をめざして 取 り 組 みを 行 うとともに 7 の 堺 市 住 宅 まちづくり 審 議 会 答 申 を 受 け さまざまな 施 策 の 推 進 に 取 り 組 んできました

More information

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街

区 分 地 区 名 構 成 町 内 会 行 政 区 都 市 計 画 区 域 都 市 計 画 区 域 外 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 旧 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 新 市 内 地 区 ( 市 街 化 調 整 区 域 含 ) 浜 田 地 区 ( 市 街 第 4 章 地 区 別 構 想 地 区 別 構 想 は 市 民 による 地 区 まちづくり 会 議 を 開 催 し 望 ましい 将 来 の 姿 にするための 話 し 合 いの 中 で 出 された 地 区 の 課 題 や 必 要 な 提 案 等 をもとに きめ 細 かなまちづくりの 将 来 像 を 描 いていま 1. 地 区 区 分 区 分 については 地 区 の 形 成 過 程 特 性 や 課 題

More information

西予市人口ビジョン

西予市人口ビジョン 西 予 市 人 口 ビジョン 28 年 3 月 西 予 市 目 次 西 予 市 のお 財 布 事 情... 1 Ⅰ 人 口 ビジョン 策 定 の 目 的... 2 Ⅱ 西 予 市 の 人 口 動 向... 2 1. 人 口 推 移... 2 2. 自 然 増 減... 6 3. 社 会 増 減... 10 Ⅲ 西 予 市 の 将 来 人 口 推 計... 12 1. 市 全 体... 12 ア 推

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032303134303131365F819A8DC495D290AE94F58C7689E681408DC58F4994C5816992F990B38CE350444697708349815B83678356834683438376936882E882C282D482B592BC82B5816A> 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 平 成 26 年 1 月 はじめに 東 京 都 住 宅 供 給 公 社 では 公 社 賃 貸 住 宅 ストック 活 用 に 重 点 を 置 いた 事 業 展 開 に 向 けて 建 替 え 等 によるストック 更 新 を 計 画 的 に 推 進 するため 平 成 15 年 5 月 に 公 社 一 般 賃 貸 住 宅 再 編 整 備 計 画 を

More information

4 盛 岡 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 ( 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 マスタープラン) 平 成 27 年 3 月 岩 手 県 Ⅰ. 都 市 計 画 の 目 標 Ⅰ-1. 都 市 計 画 区 域 の 名 称 規 模 等 本 方 針 は 盛 岡 広 域 都 市 計 画 区 域 ( 以 下 本 区 域 という )を 対 象 とし

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

第5次犬山市総合計画の策定に向けた

第5次犬山市総合計画の策定に向けた 第 2 回 第 5 次 犬 山 市 総 合 計 画 の 策 定 に 向 けた 市 民 意 識 調 査 報 告 書 平 成 22 年 9 月 犬 山 市 目 次 1 調 査 の 概 要...1 1 調 査 の 概 要... 1 2 調 査 結 果 の 見 方... 1 参 考 標 本 誤 差... 2 2 回 答 者 の 属 性...3 3 まちづくりの 考 え 方 について...6 4 市 民 のみなさんの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C48323330343037816982BB82CC91BC82CC8B4C8F7194B282AB816A968795FB8E7382D082C682E8906589C692EB93998EA997A791A390698C7689E68DF492E882CC82BD82DF82CC834183938350815B83678C8B89CA95F18D908F91816988C4816A2E646F6 第 2 次 枚 方 市 ひとり 親 家 庭 等 自 立 促 進 計 画 策 定 のための アンケート 結 果 報 告 書 平 成 23 年 3 月 目 次 1. 実 施 概 要 1 2. 実 施 結 果 3 2-1. 母 子 世 帯 3 2-2. 父 子 世 帯 18 2-3. 寡 婦 32 2-4.アンケートの 自 由 記 述 ( 抜 粋 ) 40 参 考 資 料 (アンケート 調 査 票 )

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

Microsoft Word - 230413基本構想1.doc

Microsoft Word - 230413基本構想1.doc 平 成 23 年 3 月 目 次 Ⅰ 基 本 構 想 策 定 の 目 的 1 1. 基 本 構 想 策 定 の 背 景 2. 基 本 構 想 の 策 定 に 至 る 経 緯 3. 本 構 想 において 主 に 検 討 する 事 項 Ⅱ 市 民 会 館 の 現 況 と 課 題 8 1. 市 民 会 館 の 現 況 と 概 要 2. 大 ホール 中 ホールの 利 用 状 況 ( 平 成 20 年 ~ 平

More information

第 4 章 就 労 働 く 理 由 (P.9) 生 計 を 維 持 するため が 男 女 ともに1 位 男 性 の2 位 は 将 来 に 備 えて 貯 蓄 をするため 女 性 の2 位 は 自 分 の 自 由 になるお 金 をえる ため 現 在 身 につけている 能 力 (P.10) 男 女 とも

第 4 章 就 労 働 く 理 由 (P.9) 生 計 を 維 持 するため が 男 女 ともに1 位 男 性 の2 位 は 将 来 に 備 えて 貯 蓄 をするため 女 性 の2 位 は 自 分 の 自 由 になるお 金 をえる ため 現 在 身 につけている 能 力 (P.10) 男 女 とも 2015 年 7 月 28 日 ライフデザイン 白 書 2015 年 の 概 要 ~ いまどきの 家 族 地 域 消 費 就 労 健 康 介 護 人 生 設 計 ~ 第 一 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 渡 邉 光 一 郎 )のシンクタンク 株 式 会 社 第 一 生 命 経 済 研 究 所 ( 社 長 矢 島 良 司 )では 全 国 の 18~69 歳 の 男 女 7,256 人 に

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information

- 56 -

- 56 - 第 3 章 結 果 の 考 察 - 55 - - 56 - 企 画 政 策 部 企 画 政 策 課 今 回 のアンケートでは 移 転 ( 転 入 出 )のきっかけ 移 転 先 の 決 定 に 重 視 したこと 実 際 に 移 転 先 を 決 定 した 理 由 情 報 源 本 市 に 対 する 印 象 の 変 化 などについて 伺 いました ここでは 本 市 の 人 口 動 態 が 近 年 転 出 者

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴

あなたのお 住 まいについておたずねします 問 2 4 月 14 日 時 点 のあなたの 居 住 地 区 は 次 のどれに 当 てはまりますか ( は1つ 1. 赤 井 2. 木 崎 3. 五 楽 4. 中 尾 5. 上 砥 川 6. 中 砥 川 7. 下 砥 川 8. 新 川 飯 野 9. 下 鶴 益 城 町 復 興 計 画 策 定 のための 住 民 アンケート 調 査 この 調 査 は 益 城 町 の 復 興 計 画 づくりの 検 討 に 活 かすことを 目 的 としています この 調 査 票 は 本 調 査 票 が 届 いた 世 帯 の 主 たる 家 計 の 支 持 者 がお 答 えください 選 択 式 の 質 問 は 当 てはまると 思 われる 選 択 肢 の を で 囲 み かっこ 内

More information

概況

概況 平 成 27 年 7 月 2 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 世 帯 統 計 室 室 長 中 村 年 宏 室 長 補 佐 松 下 英 嗣 ( 担 当 内 線 ) 世 帯 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 一 係 (7587) 所 得 担 当 国 民 生 活 基 礎 統 計 第 二 係 (7588) ( 電 話 代 表 )03(5253)1111

More information

人口ビジョン報告書

人口ビジョン報告書 資 料 1 柴 田 町 人 口 ビジョン ( 案 ) 宮 城 県 柴 田 町 27 年 9 月 目 次 第 1 章 総 論... 1 第 1 節 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 目 的 と 位 置 づけ... 1 1 国 県 の 動 き... 1 2 人 口 ビジョン 総 合 戦 略 の 位 置 づけ 計 画 期 間... 7 第 2 章 人 口 ビジョン... 9 第 1 節 柴 田 町

More information

1 資 料 5 平 成 19 年 (2007 年 )12 月 11 日 中 野 区 の 住 宅 住 環 境 の 動 向 目 次 1. 人 口 と 世 帯 -1-2. 世 帯 の 構 成 -2-3.5 歳 階 級 別 人 口 の 構 成 -3-4. 年 少 人 口 の 推 移 -4-5.65 歳 以 上 人 口 の 推 移 -5-6. 転 入 転 出 世 帯 の 状 況 1 単 身 世 帯 -6-7. 転

More information

納品労働者アンケート結果_0331納品版

納品労働者アンケート結果_0331納品版 2. 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 について 出 産 育 児 等 を 機 に 離 職 した 仕 事 が 最 初 の 仕 事 ( 初 職 )である 割 合 は 正 社 員 は5 割 弱 フルタイム 及 び 短 時 間 の 非 正 社 員 は4 割 弱 である ( 就 業 形 態 は 再 就 職 後 である 以 下 同 様 ) 離 職 した 仕 事 の 就 業 形 態 は 正 社

More information

大船渡市における

大船渡市における 陸 前 高 田 市 災 害 公 営 住 宅 供 給 基 本 方 針 平 成 24 年 6 月 岩 手 県 陸 前 高 田 市 目 次 第 1 章 市 内 の 状 況 の 整 理... 1 1-1 被 災 前 の 状 況... 1 (1) 市 の 概 要... 1 1-2 被 災 状 況... 3 (1) 住 宅 被 災 状 況... 3 (2) 復 興 計 画 における 住 宅 整 備 の 位 置

More information

資 料 1-2 1 町 内 アンケート 調 査 結 果 概 要 1. 調 査 方 法 調 査 対 象 者 : 町 内 に 居 住 する 15 歳 以 上 の 男 女 抽 出 方 法 : 無 作 為 に 抽 出 配 布 回 収 方 法 : 郵 送 配 布 郵 送 回 収 実 施 期 間 : 平 成 2

資 料 1-2 1 町 内 アンケート 調 査 結 果 概 要 1. 調 査 方 法 調 査 対 象 者 : 町 内 に 居 住 する 15 歳 以 上 の 男 女 抽 出 方 法 : 無 作 為 に 抽 出 配 布 回 収 方 法 : 郵 送 配 布 郵 送 回 収 実 施 期 間 : 平 成 2 府 中 町 内 外 の 居 住 者 に 対 する 居 住 意 向 アンケート 調 査 結 果 のポイント 町 内 居 住 者 アンケート 町 外 居 住 者 アンケート 資 料 1-1 平 成 27 年 6 月 実 施 15 歳 以 上 1500 人 を 無 作 為 抽 出 し 郵 送 で 配 布 回 収 平 成 27 年 6 月 実 施 マツダ( 株 ) イオンモール 広 島 府 中 府 中 町

More information

Microsoft Word - 自主自立報告書(ver21_ 入稿原稿

Microsoft Word - 自主自立報告書(ver21_ 入稿原稿 政 策 形 成 過 程 における 住 民 参 加 のあり 方 に 関 する 調 査 研 究 平 成 26 年 3 月 一 般 財 団 法 人 地 方 自 治 研 究 機 構 目 次 序 章 調 査 研 究 の 概 要... 3 1 調 査 研 究 の 背 景...3 2 調 査 研 究 の 目 的...5 3 調 査 研 究 の 体 制...6 第 1 章 行 政 活 動 領 域 における 住 民

More information

平 成 27 年 度 国 立 市 人 口 ビジョン 作 成 に 係 る 基 礎 調 査 結 果 報 告 書 国 立 市 目 次 Ⅰ 調 査 概 要... 1 1 目 的... 1 2 アンケートの 概 要... 1 (1) 調 査 対 象 者 と 調 査 方 法... 1 (2) 実 施 期 間... 1 (3) 回 収 率... 1 (4) 報 告 書 の 見 方... 1 (5) 標 本 誤

More information

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率

目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少 率 まち ひと しごと 創 生 三 戸 町 長 期 人 口 ビジョン 平 成 27 年 10 月 三 戸 町 目 次 Ⅰ はじめに 1 Ⅱ 本 町 の 人 口 の 現 状 1 人 口 の 推 移 (1) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 2 (2) 自 然 増 減 3 (3) 社 会 増 減 5 2 将 来 推 計 人 口 の 分 析 (1) 人 口 減 少 段 階 9 (2) 人 口 減 少

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082A982D982AD8E738F5A91EE837D8358835E815B8376838983932E646F63> 第 3 章 宅 環 境 をめぐる 課 題 整 理 1 現 況 特 性 まとめ 1 現 況 特 性 まとめ 項 目 現 況 まとめ 課 題 人 口 と 世 帯 数 人 口 世 帯 総 数 推 移 2005 年 国 勢 調 査 によるかほく 市 総 人 口 は 34,847 人 人 口 伸 び 悩 みが 見 られ 世 帯 数 は 増 加 傾 向 にあり 1 世 帯 当 たり 人 員 は 減 少 2005

More information

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63>

<4D F736F F D E9197BF A8F5A91EE8E968FEE8AD68C578E9197BF5F DC58F495F2E646F63> 第 81 回 住 宅 審 議 会 資 料 7 参 考 資 料 住 宅 事 情 関 係 資 料 ( 案 ) - - 目 次 1. 人 口 世 帯 状 況 1 図 1-1 人 口 動 向 ( 大 阪 ) 図 1-2 一 般 世 帯 数 及 び 世 帯 人 員 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-3 外 国 人 登 録 者 数 推 移 ( 大 阪 ) 図 1-4 出 生 数 及 び 合 計 特 殊 出 生 率

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20328FCD5F8F5A82DC82A282DC82BF82C382AD82E882CC89DB91E8> 第 2 章 住 まい まちづくりの 課 題 これまで 整 理 した 能 代 市 の 住 宅 住 環 境 の 現 況 及 び 住 民 意 向 調 査 結 果 上 位 関 連 計 画 等 を 考 慮 すると 1. 高 齢 化 の 進 展 2. 社 会 ニーズの 多 様 化 3. 住 宅 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4. 能 代 市 独 自 の 地 域 性 5. 市 営 住 宅 ストックの 質

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積

2 本 市 における 最 低 居 住 面 積 水 準 未 満 世 帯 の 割 合 は 6.1%です 借 家 では 13.7%となっ ており 高 い 割 合 を 占 めています 最 低 居 住 面 積 水 準 誘 導 居 住 面 積 水 準 状 況 別 主 世 帯 の 割 合 最 低 居 住 面 積 第 2 章 佐 賀 市 の 住 宅 の 現 状 と 課 題 1. 住 宅 住 環 境 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 と 住 宅 事 情 1 本 市 の 人 口 は 7 年 の 246,674 人 をピークに 減 尐 に 転 じており 15 年 間 で 約 9,000 人 減 尐 しています 今 後 も 減 尐 傾 向 と 推 計 されています また 本 市 の 世 帯 数 は 27 年 まで

More information

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」

「子育て中の女性の就労意識に関するアンケート調査」 子 育 て 中 の 女 性 の 就 労 意 識 に 関 する アンケート 調 査 報 告 書 女 性 の 再 チャレンジ 促 進 緊 急 雇 用 創 出 事 業 報 告 書 (2/3) 平 成 26 年 3 月 三 重 県 目 次 1. 調 査 の 概 要... 1 2. 調 査 結 果 の 概 要... 2 3. 調 査 結 果... 6 Ⅰ.あなたご 自 身 について... 6 A.あなたの

More information

: 1 () () () () 5013,000 () 55 14,300 () 95 152,000 70 () 35 () 17,965 () () () 75 72,100 30 () 55,558 2 () () 33,630 35,780 () 1/240,253 ()75% 85,200 50 () 75% 7,000 ()1,531 () 21,340 () 3 () () 100%190,000

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F5A91EE837D8358835E815B83768389839381698DC58F4994C530333234816A2E646F6378> 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって -------------------------------------------------------- 1 (1) 背 景 と 目 的 ----------------------------------------------------------------- 2 (2) 計 画 の 位 置 づけと 構 成 -------------------------------------------------------

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

48423本編表紙out

48423本編表紙out 2 神 戸 地 域 の 将 来 像 楽 しいまち 神 戸 をめざそう 神 戸 はどのような 地 域 をめざしていくべきなのでしょうか その 将 来 像 はどのよ うなものなのでしょうか 神 戸 らしさ もふまえながら 地 域 のめざす 目 標 として 提 案 します 夢 提 案 1 ( 地 域 の 将 来 像 ) 人 々が 集 い 喜 びと 感 動 が 共 有 できる 楽 しいまち 神 戸 をめざそう

More information

遊 佐 町 若 者 定 住 住 宅 整 備 計 画 ( 仮 称 ) 町 営 若 者 夫 婦 向 け ア パ ー ト 平 成 27 年 1 月 遊 佐 町 地 域 生 活 課 1 事 業 の 位 置 付 け 平 成 25 年 1 月 策 定 遊 佐 町 定 住 促 進 計 画 における 住 宅 施 策 の 充 実 - 住 宅 取 得 等 支 援 の 重 点 施 策 として 事 業 を 実 施 します

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育

目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的 な 教 育 四 日 市 市 子 ども 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 報 告 書 平 成 26 年 3 月 0 目 次 調 査 の 概 要 1 就 学 前 児 童 用 調 査 結 果 1. 居 住 地 域 4 2. 子 どもと 家 族 の 状 況 5 3. 子 どもの 育 ちをめぐる 環 境 7 4-1. 母 親 の 就 労 状 況 8 4-2. 父 親 の 就 労 状 況 15 5. 定 期 的

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7396AF834183938350815B836795F18D908F9181698E7396AF8CFC82AF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7396AF834183938350815B836795F18D908F9181698E7396AF8CFC82AF816A2E646F63> 茨 木 市 まちづくり 関 すアンケート 報 告 書 平 成 25 年 (2013 年 )3 月 茨 木 市 目 次 I. はじめ 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 概 要... 1 II. 集 計 結 果 概 要 1. 回 答 者 属 性... 2 2. 今 後 定 意 向 つて... 6 3. 茨 木 市 現 状 へ 満 足 度 と 今 後 充 実 へ 期 待 度 つて... 15

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

Microsoft Word - 010_表紙

Microsoft Word - 010_表紙 第 Ⅱ 章 調 査 結 果 1. 住 まいの 損 害 保 険 および 共 済 の 加 入 状 況 本 調 査 の 集 計 分 析 は 損 害 保 険 共 済 等 の 加 入 状 況 により 地 震 保 険 の 加 入 非 加 入 の 別 で 2 区 分 その 詳 細 として 5 区 分 に 分 けて 実 施 した 具 体 的 な 区 分 内 容 は 以 下 の 通 りである (1) 地 震 保 険

More information

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73>

<819A328175926E88E68F5A91EE8C7689E6816991E6313189F195CF8D58816A81762E786C73> 佐 賀 県 全 域 地 域 住 宅 計 画 ( 第 11 回 変 更 ) 佐 賀 県 佐 賀 市 唐 津 市 鳥 栖 市 多 久 市 伊 万 里 市 武 雄 市 鹿 島 市 小 城 市 嬉 野 市 神 埼 市 みやき 町 基 山 町 有 田 町 上 峰 町 大 町 町 江 北 町 白 石 町 太 良 町 佐 賀 県 住 宅 行 政 連 絡 協 議 会 ( 地 域 住 宅 協 議 会 ) 平 成 27

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63> まちづくり 計 画 書 策 定 マニュアル (H27.3 時 点 ) 1 まちづくり 計 画 書 とは 2 まちづくり 計 画 書 内 容 ( 例 ) 3 まちづくり 計 画 書 策 定 順 ( 例 ) 4 まちづくり 計 画 書 認 定 基 準 < 参 考 > モデル 事 業 3 校 区 取 り 組 み - 1 - 1 まちづくり 計 画 書 とは まちづくり 計 画 書 は 地 域 におけるまちづくり

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦

Microsoft Word - 資料2-2-5 妊婦 資 料 2-2-5 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート( 案 ) 浦 安 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 に 関 する 基 礎 調 査 妊 婦 アンケート 1.あなたのことについてお 伺 いします 問 1 あなたは 現 在 何 歳 ですか ( 数 字 を 記 入 ) 満 ( ) 歳 問 2 現 在 あなたといっしょに

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

調 査 概 要 調 査 名 : 住 宅 購 入 に 関 する 意 識 調 査 調 査 主 体 : 株 式 会 社 オープンハウス 調 査 対 象 : 1 現 在 東 京 23 区 内 の 賃 貸 住 宅 に 居 住 していて 初 めての 住 宅 購 入 を 検 討 している 30 代 ~40 代 既

調 査 概 要 調 査 名 : 住 宅 購 入 に 関 する 意 識 調 査 調 査 主 体 : 株 式 会 社 オープンハウス 調 査 対 象 : 1 現 在 東 京 23 区 内 の 賃 貸 住 宅 に 居 住 していて 初 めての 住 宅 購 入 を 検 討 している 30 代 ~40 代 既 報 道 関 係 各 位 消 費 税 増 税 で 住 宅 購 入 に 焦 り 夫 5 割 に 対 し 妻 7 割 住 宅 選 び 妻 自 分 の こだわり に 強 気! 夫 の 不 満 が 爆 発!? 夫 婦 げんか に 発 展 の 可 能 性 4 割 平 成 25 年 3 月 27 日 株 式 会 社 オープンハウス 東 京 23 区 を 中 心 に 不 動 産 仲 介 業 戸 建 分 譲 事 業

More information

2

2 資 料 5 結 婚 出 産 子 育 てに 関 する アンケート 調 査 調 査 の 目 的 とお 願 い 皆 様 におかれましては 日 頃 から 市 政 にご 支 援 とご 協 力 を 賜 り 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて 現 在 わが 国 では 全 国 的 な 人 口 の 減 少 を 背 景 に 地 方 創 生 に 向 けた 取 組 が 進 めら れております 本 市 においても 少 子

More information

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc

Microsoft Word - 修正_本文全体(最新20100209黒字).doc 三 島 市 住 宅 マスタープラン 2 章 主 要 課 題 と 施 策 の 方 向 性 住 宅 に 関 する 現 況 データ 将 来 の 需 要 関 連 計 画 を 踏 まえて 住 生 活 に 関 する 主 要 課 題 を 以 下 の ように 整 理 した 2-1 人 口 世 帯 の 現 状 と 課 題 現 状 人 口 は 横 ばいから 減 少 傾 向 へ 移 る 一 方 核 家 族 化 により 平

More information

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市

( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 資 料 1 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 について 26 年 7 月 4 日 燕 市 Tsubame City ( 素 案 ) 燕 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 27 年 度 ~ 31 年 度 ) 26 年 6 月 現 在 燕 市 目 次 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって ------------------------------------------

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク

目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワーク 太 田 市 都 市 計 画 道 路 見 直 し 案 平 成 28 年 3 月 太 田 市 目 次 1. 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しの 流 れ 1 2. 将 来 都 市 像 等 の 整 理 2 3. 検 討 対 象 路 線 の 整 理 3 4. 路 線 の 必 要 性 検 証 7 5. 路 線 の 実 現 性 検 証 12 6. 総 合 評 価 15 7. 道 路 ネットワークの 検 証

More information

Microsoft PowerPoint - 差し換え用

Microsoft PowerPoint - 差し換え用 資 料 2 平 成 2 5 年 6 月 2 4 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 日 本 年 金 機 構 平 成 24 年 度 の 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況 と 今 後 の 取 組 等 について 目 次 1. 平 成 24 年 度 の 納 付 状 況 等 について (1) 公 的 年 金 制 度 全 体 の 状 況 1 (2) 国 民 年 金 保 険 料 の 納 付 状 況

More information

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模

豊 島 区 のマンションの 状 況 豊 島 区 の 分 譲 マンションは 937 件 41,733 戸 21 年 1 月 現 在 分 譲 マンションの 建 築 数 は 937 件 41,733 戸 となっています 近 年 は 竣 工 件 数 に 比 べ 竣 工 が 大 きく 伸 びており 大 規 模 豊 島 区 分 譲 マンション 実 態 調 査 報 告 書 概 要 版 調 査 の 目 的 豊 島 区 の 住 宅 は 約 8 割 が 分 譲 マンションを 含 む 共 同 住 宅 であり 一 般 的 な 居 住 形 態 として 定 着 しています 共 同 住 宅 の 適 切 な 維 持 管 理 は 居 住 者 が 快 適 に 住 み 続 けることが 出 来 るだけでなく 良 好 な 住 宅 ストックの

More information