<4D F736F F F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>"

Transcription

1 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課

2 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2

3 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが 有 効 活 用 されず 後 追 い 的 な インフラ 投 資 が 必 要 に 集 約 型 の 都 市 では 中 心 市 街 地 に 賑 わい 高 齢 者 に 優 しい 歩 いて 暮 らせるまちづくり 環 境 負 荷 が 低 い 佐 世 保 市 松 山 市 3

4 地 域 の 選 択 : 原 則 と 例 外 の 転 換 都 市 計 画 法 の 改 正 現 状 大 規 模 集 客 施 設 は ほとんどの 地 域 で 立 地 可 能 (まちづくりの 観 点 が 欠 如 ) 必 要 な 場 合 に 市 町 村 が 規 制 を 行 うことはできるが 実 施 例 がほとんどない 改 正 後 都 市 計 画 区 域 内 の 約 9 割 国 土 の 約 7 割 を 占 める 都 市 計 画 区 域 外 では 全 て 広 域 的 に 都 市 構 造 やインフラに 大 きな 影 響 を 与 える 大 規 模 集 客 施 設 は 一 旦 立 地 を 制 限 し 立 地 に 当 たり 都 市 計 画 手 続 を 経 ることで 地 域 の 判 断 を 反 映 した 適 切 な 立 地 を 確 保

5 都 市 計 画 法 改 正 のポイント < 地 域 の 判 断 を 要 することとするための 改 正 > 1. 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 市 街 化 区 域 の 立 地 規 制 非 線 引 き 白 地 の 立 地 規 制 2. 準 都 市 計 画 区 域 制 度 の 拡 充 3. 開 発 許 可 制 度 の 見 直 し < 柔 軟 で 機 動 的 な 地 域 の 判 断 を 可 能 とするための 改 正 > 4. 用 途 を 緩 和 する 地 区 計 画 制 度 の 創 設 5. 都 市 計 画 手 続 の 円 滑 化 < 広 域 的 調 整 手 続 の 円 滑 化 のための 改 正 > 6. 広 域 調 整 手 続 の 充 実 5

6 改 正 法 の 施 行 期 日 改 正 法 の 公 布 都 市 計 画 手 続 の 円 滑 化 平 成 18 年 5 月 30 日 平 成 18 年 8 月 30 日 施 行 民 間 事 業 者 等 の 提 案 を 早 期 に 実 施 可 能 と するため 先 行 して 施 行 準 都 市 計 画 区 域 制 度 の 拡 充 関 係 市 町 村 からの 意 見 聴 取 平 成 18 年 11 月 30 日 施 行 準 都 計 による 立 地 制 限 の 効 果 が 全 面 施 行 日 から 発 現 されるよう 先 行 して 施 行 市 街 化 区 域 用 途 地 域 における 立 地 規 制 平 成 19 年 11 月 30 日 施 行 ( 全 面 施 行 日 ) 非 線 引 き 白 地 地 域 等 における 立 地 規 制 既 に 土 地 を 確 保 し 準 備 をしている 事 業 開 発 許 可 制 度 の 見 直 し 者 等 の 既 得 権 利 の 保 護 にも 配 慮 し 適 用 途 を 緩 和 する 地 区 計 画 制 度 の 創 設 切 な 周 知 期 間 を 確 保 6

7 現 行 ( 店 舗 ) 用 途 地 域 用 途 地 域 の 変 更 又 は 地 区 計 画 ( 再 開 発 等 促 進 区 ) 決 定 が 必 要 原 則 不 可 ただし 計 画 的 大 規 模 開 発 は 許 可 ( 病 院 福 祉 施 設 学 校 等 は 開 発 許 可 不 要 ) 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 可 能 な 用 途 地 域 等 の 見 直 し 50m2 超 不 可 第 一 種 低 層 住 居 専 用 地 域 150m2 超 不 可 第 二 種 低 層 住 居 専 用 地 域 500m2 超 不 可 第 一 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 1,500m2 超 不 可 第 二 種 中 高 層 住 居 専 用 地 域 3,000m2 超 不 可 第 一 種 住 居 地 域 制 限 なし 制 限 なし 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 工 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 商 業 地 域 準 工 業 地 域 工 業 専 用 地 域 市 街 化 調 整 区 域 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 準 都 市 計 画 区 域 の 白 地 地 域 改 正 後 同 左 大 規 模 集 客 施 設 については 用 途 地 域 の 変 更 又 は 用 途 を 緩 和 する 地 区 計 画 決 定 により 立 地 可 能 制 限 なし 同 左 大 規 模 開 発 も 含 め 原 則 不 可 地 区 計 画 を 定 めた 場 合 適 合 する ものは 許 可 ( 病 院 福 祉 施 設 学 校 等 も 開 発 許 可 を 必 要 とする ) 大 規 模 集 客 施 設 については 用 途 地 域 の 指 定 により 立 地 可 能 また 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 では 用 途 を 緩 和 する 地 区 計 画 決 定 でも 立 地 可 能 用 途 地 域 市 街 化 調 整 区 域 白 地 地 域 市 街 化 区 域 ( 用 途 地 域 ) 用 途 地 域 白 地 地 域 用 途 地 域 線 引 き 都 市 計 画 区 域 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 準 都 市 計 画 区 域 大 規 模 集 客 施 設 : 床 面 積 1 万 m2 超 の 店 舗 映 画 館 アミューズメント 施 設 展 示 場 等 準 工 業 地 域 では 特 別 用 途 地 区 を 活 用 特 に 地 方 都 市 では これを 中 活 法 の 基 本 計 画 の 国 による 認 定 の 条 件 とすることを 基 本 方 針 で 明 記 7

8 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 8

9 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 に 関 する 通 知 1 都 市 の 秩 序 ある 整 備 を 図 るため の 都 市 計 画 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 による 都 市 計 画 法 及 び 建 築 基 準 法 の 一 部 改 正 について( 技 術 的 助 言 ) ( 平 成 18 年 11 月 6 日 付 け 都 市 地 域 整 備 局 長 住 宅 局 長 通 知 ) 法 律 改 正 の 趣 旨 目 的 改 正 法 の 施 行 までに 対 応 が 必 要 な 事 項 等 2 都 市 計 画 運 用 指 針 の 改 正 について ( 平 成 18 年 11 月 30 日 付 け 都 市 地 域 整 備 局 長 通 知 ) 改 正 法 施 行 後 における 運 用 の 考 え 方 参 考 都 市 計 画 と 農 林 漁 業 との 調 整 措 置 について の 一 部 改 正 について ( 平 成 18 年 12 月 1 日 付 け 農 林 水 産 省 農 村 振 興 局 長 通 知 ) 9

10 1. 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 (1) 制 度 改 正 の 趣 旨 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 住 宅 地 として 住 居 の 環 境 保 護 を 目 的 騒 音 等 の 環 境 悪 化 交 通 安 全 性 の 低 下 人 々を 広 い 地 域 工 業 地 域 工 業 の 利 便 増 進 を 目 的 から 集 める 施 設 ) 買 い 物 車 輌 等 の 混 入 白 地 地 域 市 街 地 の 拡 大 を 見 込 まず 施 設 の 立 地 は 想 定 外 大 規 模 集 客 施 設 ( 著 しく 多 数 の の 立 地 事 例 の 増 加 店 舗 等 が 無 秩 序 に 立 地 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 は 広 域 的 な 交 通 流 態 等 都 市 構 造 レベルで 大 きな 影 響 を 及 ぼすおそれ ( 施 行 通 知 ) 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 制 限 を 導 入 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 を 完 全 に 抑 制 するものではない 一 旦 立 地 を 制 限 した 上 で 地 域 において 都 市 計 画 手 続 を 通 じた 適 正 な 立 地 の 確 保 10

11 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 ( 施 行 通 知 ) (2) 立 地 制 限 を 受 ける 大 規 模 な 集 客 施 設 取 扱 における 留 意 点 ショッピングモール 床 面 積 が1 万 m2 超 の 店 舗 映 画 館 アミューズメント 施 設 展 示 場 等 ( 劇 場 映 画 館 等 は 客 席 部 分 の 床 面 積 が1 万 m2を 超 えるもの) 集 客 施 設 を 複 数 棟 建 築 する 場 合 に 利 用 形 態 等 からみて 用 途 上 不 可 分 の 関 係 ( )にあ る 場 合 には それら 建 築 物 の 床 面 積 の 合 計 により 判 断 を 行 い それが1 万 m2を 超 える 場 合 は 改 正 法 による 立 地 制 限 が 適 用 )2 棟 以 上 の 商 業 施 設 が 駐 車 場 等 を 共 用 することにより 一 体 的 な 利 用 がなされる 等 既 存 不 適 格 建 築 物 改 正 法 の 施 行 に 伴 う 既 存 不 適 格 建 築 物 の 増 築 等 については 増 築 後 の 床 面 積 が1.2 倍 以 内 である 等 の 範 囲 内 で 行 うことが 可 能 20,000m2 既 存 建 築 物 敷 地 増 築 20,000m2 4,000m2 基 準 時 の1.2 倍 の 床 面 積 まで 増 築 可 能 : 既 存 建 築 物 : 増 築 部 分 11

12 (3) 実 施 のための 準 備 附 則 第 二 条 ( 実 施 のための 準 備 ) ( 抄 ) 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 ( 施 行 通 知 ) 改 正 後 の 都 市 計 画 法 第 12 条 の5 第 4 項 及 び 第 12 条 の12( 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 整 備 計 画 ) 並 びに 改 正 後 の 建 築 基 準 法 第 48 条 第 13 項 ( 白 地 地 域 の 用 途 規 制 ) 並 び に 第 68 条 の3 第 7 項 及 び 第 8 項 ( 開 発 整 備 促 進 区 内 の 制 限 の 緩 和 等 )の 規 定 の 円 滑 な 実 施 を 確 保 するため 都 道 府 県 又 は 市 町 村 は 用 途 地 域 及 び 地 区 計 画 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 又 は 変 更 のために 必 要 な 土 地 利 用 の 状 況 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 提 供 そ の 他 必 要 な 準 備 を 行 うものとする これまで 用 途 規 制 のなかった 白 地 地 域 に 大 規 模 な 集 客 施 設 の 用 途 規 制 が 導 入 されることに 伴 う 規 定 ( 新 たな 規 制 の 導 入 による 混 乱 防 止 ) 全 面 施 行 日 までに 都 道 府 県 及 び 市 町 村 において 行 うことが 必 要 な 事 項 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 の 現 況 及 び 将 来 の 見 通 し 等 に 関 する 情 報 の 収 集 地 権 者 等 からの 相 談 要 請 や 都 市 計 画 の 提 案 等 がされた 場 合 の 迅 速 かつ 適 切 な 対 応 必 要 である 場 合 には 用 途 地 域 及 び 地 区 計 画 に 関 する 都 市 計 画 の 決 定 等 に 必 要 な 都 市 計 画 手 続 又 はその 準 備 広 報 等 の 活 用 により 地 権 者 等 に 対 する 改 正 法 の 内 容 趣 旨 について 周 知 12

13 (4) 既 存 の 大 規 模 な 集 客 施 設 への 対 応 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 ( 施 行 通 知 ) 工 業 地 域 等 に 立 地 する 既 存 の 大 規 模 な 集 客 施 設 について 用 途 地 域 等 の 変 更 提 案 都 市 計 画 上 の 判 断 を 適 切 に 行 うことが 必 要 周 辺 の 道 路 等 の 基 盤 施 設 や 土 地 利 用 の 状 況 等 を 勘 案 し 現 状 と 同 程 度 の 商 業 集 積 を 認 めることが 適 当 な 場 合 積 極 的 に 例 えば 近 隣 商 業 地 域 等 への 変 更 を 検 討 する 等 都 市 計 画 提 案 に 対 する 判 断 については 遅 くとも1 年 以 内 に 計 画 提 案 を 踏 まえた 都 市 計 画 の 決 定 等 を 行 うか 決 定 等 をしない 旨 の 通 知 を 行 うべき 13

14 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 ( Ⅲ 都 市 計 画 制 度 の 運 用 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 ) 準 都 市 計 画 区 域 特 定 用 途 制 限 地 域 の 指 定 などによる 都 市 機 能 の 無 秩 序 な 拡 散 の 抑 制 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 を 迎 える 中 都 市 機 能 の 無 秩 序 な 拡 散 を 抑 制 し 既 存 ストックを 有 効 活 用 しつつ 都 市 機 能 がコンパクトに 集 積 した 都 市 構 造 を 実 現 していくことが 望 ましい 都 市 計 画 区 域 外 においては 必 要 に 応 じ 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 により 対 応 すべき 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 又 は 準 都 市 計 画 区 域 内 の 用 途 地 域 の 指 定 のない 地 域 においては 必 要 に 応 じ 特 定 用 途 制 限 地 域 の 指 定 によ り 対 応 すべき 14

15 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 ( Ⅳ-2-1 D.1 用 途 地 域 ) 用 途 地 域 の 指 定 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 関 係 行 政 機 関 との 調 整 今 般 の 法 改 正 により 白 地 地 域 において 大 規 模 な 集 客 施 設 が 立 地 する 場 合 には 用 途 地 域 の 指 定 を 行 うことが 必 要 になること 等 を 踏 まえ 下 記 を 追 加 住 居 環 境 の 保 護 や 商 工 業 等 の 利 便 増 進 等 を 図 るために 農 業 上 の 土 地 利 用 が 図 られるべき 地 域 内 に 用 途 地 域 を 指 定 する 必 要 が 生 じた 場 合 農 業 振 興 地 域 が 指 定 されている 場 合 であっても 農 業 上 の 土 地 利 用 と の 必 要 な 調 整 が 図 られるものに 限 り 農 業 振 興 地 域 の 変 更 と 合 わせ 用 途 地 域 の 指 定 を 行 うことが 可 能 ( 農 業 振 興 地 域 の 変 更 事 務 との 相 互 の 事 務 処 理 の 円 滑 化 を 図 る 観 点 から 農 業 振 興 担 当 部 局 と 十 分 調 整 を 行 うことが 望 ましい) 従 来 の 運 用 では 農 振 法 等 他 の 土 地 利 用 規 制 が 指 定 されている 場 合 には その 規 制 が 解 除 される 土 地 について 規 制 が 解 除 されると 同 時 に 用 途 地 域 等 を 指 定 用 途 地 域 が 指 定 された 場 合 には 市 街 化 区 域 に 準 ずる 意 味 づけと 効 果 を 有 する( 原 則 農 地 転 用 が 可 能 等 )ことから 農 地 転 用 部 局 と 十 分 調 整 が 行 われることが 望 ましい (この 調 整 に 当 たっては 区 域 区 分 時 における 人 口 フレーム 等 の 内 容 は 必 要 としない) 15

16 特 定 用 途 制 限 地 域 の 指 定 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 今 般 の 法 改 正 の 趣 旨 を 踏 まえ 立 地 規 制 が 適 用 されない 床 面 積 1 万 m2 以 下 の 集 客 施 設 等 についても 地 域 の 実 情 に 応 じた 土 地 利 用 規 制 が 行 えるよう 農 地 等 における 地 域 指 定 の 運 用 を 見 直 し 農 用 地 区 域 集 団 的 に 存 する 農 地 等 の 区 域 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 (Ⅳ-2-1 D.3 特 定 用 途 制 限 地 域 ) 原 則 として 特 定 用 途 制 限 地 域 を 指 定 するに 及 ばないものと 考 えられるが 集 客 施 設 が 立 地 する 可 能 性 があり その 結 果 多 数 人 が 集 中 することにより 周 辺 の 公 共 施 設 に 大 きな 負 荷 を 発 生 させるおそれがある 場 合 等 農 振 法 等 による 規 制 と 相 まうことで 良 好 な 環 境 の 形 成 等 を より 効 果 的 に 実 現 する 観 点 から 特 定 用 途 制 限 地 域 を 活 用 従 来 の 運 用 では 特 定 用 途 制 限 地 域 は 指 定 するべきではない とされていた 特 定 用 途 制 限 地 域 における 制 限 すべき 特 定 の 建 築 物 等 の 用 途 の 例 危 険 物 の 製 造 工 場 地 域 の 実 情 に 応 じて 決 定 風 俗 営 業 施 設 一 定 規 模 以 上 の 集 客 施 設 ( 床 面 積 m2 超 の 店 舗 映 画 館 アミューズメント 施 設 展 示 場 等 ) 16

17 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 規 制 関 係 (Ⅲ 都 市 計 画 制 度 の 運 用 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 ) 競 争 抑 制 的 な 土 地 利 用 制 限 の 排 除 規 制 改 革 民 間 開 放 推 進 会 議 の 答 申 のうち 今 般 の 都 市 計 画 法 改 正 に 係 る 部 分 を 踏 まえ 都 市 計 画 運 用 指 針 に 答 申 と 同 じ 文 言 を 記 載 規 制 改 革 民 間 開 放 の 推 進 に 関 する 第 2 次 答 申 ( 抜 粋 ) 平 成 17 年 12 月 21 日 規 制 改 革 民 間 開 放 推 進 会 議 3 農 業 土 地 住 宅 分 野 具 体 的 施 策 (3) 土 地 住 宅 分 野 2 大 規 模 店 舗 等 の 立 地 コントロールの 適 正 化 平 成 18 年 度 中 に 措 置 郊 外 部 において 大 規 模 店 舗 等 の 立 地 を 都 市 計 画 建 築 規 制 等 による 新 た な 法 的 仕 組 みでコントロールしようとする 試 みについては 既 存 の 競 合 する 店 舗 等 との 競 争 を 抑 制 するなど 需 給 調 整 や 既 得 権 擁 護 とならないよう 措 置 するととも に 環 境 悪 化 交 通 渋 滞 の 激 化 都 市 基 盤 施 設 の 利 用 効 率 の 低 下 集 積 による 利 便 の 増 進 など 土 地 利 用 の 外 部 性 をコントロールする 観 点 から 運 用 されるよう 措 置 すべきである 17

18 (1) 制 度 改 正 の 趣 旨 これまでの 制 度 指 定 権 者 : 市 町 村 対 象 地 域 : 相 当 数 の 建 築 物 の 建 築 等 が 行 われる 蓋 然 性 の 高 い 地 域 にスポット 的 に 指 定 ( IC 周 辺 リゾートマンション 等 をイメージ) 農 用 地 区 域 等 は 準 都 市 計 画 区 域 に 含 めるべきでない 旨 の 運 用 2. 準 都 市 計 画 区 域 関 係 農 地 等 が 転 用 されると 土 地 利 用 規 制 が 適 用 されないことから 大 規 模 店 舗 の 立 地 を 誘 発 都 市 計 画 区 域 大 型 商 業 施 設 延 床 面 積 :50,930m2 駐 車 台 数 :1,650 台 制 度 改 正 の 概 要 準 都 市 計 画 区 域 は 農 地 を 含 め 土 地 利 用 の 整 序 又 は 環 境 の 保 全 が 必 要 な 区 域 に 広 く 指 定 準 都 計 区 域 内 の 白 地 地 域 においては 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 を 規 制 ( 全 面 施 行 日 に 立 地 規 制 の 効 果 が 実 現 されるよう 平 成 18 年 11 月 30 日 に 施 行 ) 広 く 指 定 する 観 点 から 見 直 したことにより 指 定 権 者 を 都 道 府 県 に 変 更 立 地 前 立 地 後 ( 施 行 通 知 ) 積 極 的 に 指 定 をすべき 18

19 (2) 準 都 市 計 画 区 域 について 定 める 都 市 計 画 これまでの 制 度 制 度 改 正 の 概 要 準 都 市 計 画 区 域 関 係 ( 施 行 通 知 ) 用 途 地 域 特 別 用 途 地 区 特 定 用 途 制 限 地 域 高 度 地 区 景 観 地 区 風 致 地 区 伝 建 地 区 全 ての 都 市 計 画 は 市 町 村 決 定 市 町 村 は 都 道 府 県 の 意 見 を 聴 い て 都 市 計 画 の 決 定 等 環 境 の 保 全 の 観 点 が 加 わったこと から 緑 地 保 全 地 域 を 追 加 緑 地 保 全 地 域 及 び 風 致 地 区 ( 面 積 が 10ha 以 上 のもの)は 都 道 府 県 決 定 市 町 村 は 都 道 府 県 の 同 意 付 き 協 議 を 得 て 都 市 計 画 の 決 定 等 (3) 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 に 伴 う 建 築 行 政 上 の 対 応 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 建 築 基 準 法 第 3 章 のいわゆる 集 団 規 定 が 適 用 ( 第 8 節 を 除 く) 特 定 行 政 庁 は 準 都 計 内 の 白 地 地 域 について 新 たに 容 積 率 及 び 建 ぺい 率 の 数 値 を 定 めることが 必 要 特 定 行 政 庁 は 都 市 計 画 部 局 と 十 分 連 携 を 図 り 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 が 円 滑 に 行 われるよう 必 要 な 準 備 を 19

20 準 都 市 計 画 区 域 関 係 ( Ⅳ-2-1 A 準 都 市 計 画 区 域 ) 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 の 考 え 方 基 本 的 考 え 方 都 道 府 県 が 広 域 の 観 点 から 土 地 利 用 の 整 序 又 は 環 境 の 保 全 のために 必 要 な 範 囲 について 適 切 に 指 定 すべき 農 地 については 農 振 法 等 による 規 制 と 相 まうことで 土 地 利 用 の 整 序 がより 効 果 的 に 実 現 されることから 農 用 地 区 域 内 等 に 存 する 農 地 と 重 複 して 差 し 支 えない 準 都 市 計 画 区 域 用 途 地 域 の 指 定 のない 区 域 においては 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 が 制 限 特 に 道 路 等 の 整 備 状 況 など 自 然 的 又 は 社 会 的 条 件 から 判 断 して 大 規 模 な 集 客 施 設 が 立 地 する 可 能 性 がある 区 域 については 農 地 を 含 めて 広 く 指 定 することが 望 ましい [ 例 外 ] 準 都 市 計 画 区 域 に 含 めるべきではない 区 域 他 の 法 令 による 土 地 利 用 の 規 制 の 実 態 に 照 らして 開 発 の 可 能 性 が 極 めて 低 いと 考 え られる 区 域 ( 保 安 林 等 国 立 公 園 の 特 別 地 域 自 然 環 境 保 全 地 域 の 特 別 地 区 等 ) 準 都 市 計 画 区 域 に 含 めないことが 望 ましい 区 域 森 林 ( 屋 敷 林 等 宅 地 に 介 在 するものを 除 く) 工 場 立 地 法 による 規 制 区 域 20

21 関 係 行 政 機 関 との 調 整 等 1 準 都 市 計 画 区 域 関 係 (Ⅳ-2-1 A 準 都 市 計 画 区 域 ) 1. 準 都 市 計 画 区 域 の 指 定 (1) 国 土 利 用 計 画 部 局 準 都 市 計 画 区 域 は 土 地 利 用 基 本 計 画 の5 地 域 との 連 動 性 はなし 都 市 地 域 等 の 指 定 状 況 に 関 わりなく 指 定 して 差 し 支 えない ( 用 途 地 域 を 指 定 する 場 合 には 土 地 利 用 基 本 計 画 の 変 更 が 必 要 になる 場 合 あり) (2) 農 地 転 用 担 当 部 局 都 道 府 県 の 農 地 転 用 担 当 部 局 との 間 で 以 下 の 観 点 から 十 分 連 絡 調 整 を 行 うこと が 望 ましい 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 るため 将 来 農 地 転 用 がされた 場 合 に 容 易 に 開 発 が 行 われ 土 地 利 用 の 整 序 等 に 支 障 を 生 じるおそれがある 農 地 が 適 切 に 準 都 市 計 画 区 域 に 含 まれて いるか 判 断 するため 都 市 計 画 法 と 農 振 法 等 による 土 地 利 用 規 制 が 相 まうことで より 効 果 的 な 土 地 利 用 の 整 序 を 図 るため 4haを 超 える 農 地 等 が 含 まれる 場 合 には 同 様 の 観 点 から 地 方 農 政 局 等 との 間 において 十 分 連 絡 調 整 を 行 うことが 望 ましい 21

22 関 係 行 政 機 関 との 調 整 等 2 準 都 市 計 画 区 域 関 係 (Ⅳ-2-1 A 準 都 市 計 画 区 域 ) 2. 準 都 市 計 画 区 域 における 用 途 地 域 の 指 定 等 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 における 関 係 行 政 機 関 との 調 整 ルールと 同 様 ( 前 述 (P15 参 照 )) 3. その 他 準 都 市 計 画 区 域 内 では 地 区 計 画 は 定 められないことに 留 意 ( 法 改 正 前 の 取 扱 と 変 更 なし) 22

23 (1) 制 度 改 正 の 趣 旨 公 共 公 益 施 設 の 立 地 3. 開 発 許 可 関 係 大 規 模 住 宅 開 発 等 ( 施 行 通 知 ) 従 来 の 考 え 方 一 定 の 集 落 等 が 形 成 されている 場 所 に 規 模 の 小 さなものが 立 地 することを 想 定 人 口 増 加 等 により 必 要 な 市 街 地 面 積 が 将 来 増 大 することを 前 提 開 発 許 可 は 不 要 許 可 可 能 な 基 準 (34 条 10 号 イ) 生 活 圏 の 広 域 化 安 い 地 価 等 を 背 景 に 周 辺 の 土 地 利 用 に 関 係 なく 立 地 大 規 模 な 施 設 立 地 が 多 数 出 現 人 口 減 少 社 会 を 迎 え 増 大 する 人 口 を 受 け 止 めるための 大 規 模 開 発 の 必 要 性 が 低 下 改 正 の 内 容 高 齢 者 を 含 めた 多 くの 人 々にとって 便 利 な 場 所 に 立 地 するよう まちづ くりの 観 点 から 立 地 の 適 否 を 判 断 開 発 許 可 を 適 用 計 画 的 な 市 街 化 を 図 る 上 で 支 障 がない と 認 められるものを 地 域 で 判 断 10 号 イの 基 準 を 廃 止 し 地 区 計 画 等 に 一 本 化 都 道 府 県 は 市 街 化 調 整 区 域 の 地 区 計 画 に 対 する 同 意 の 判 断 基 準 を 適 切 に 見 直 すこと が 望 ましい 23

24 (2) 適 用 関 係 開 発 許 可 関 係 ( 施 行 通 知 ) 開 発 許 可 の 改 正 は 経 過 措 置 をおいていない 全 面 施 行 日 ( 平 成 19 年 11 月 30 日 ) 以 前 に 開 発 許 可 の 申 請 や 開 発 審 査 会 の 審 査 が 行 われたものであっても 全 面 施 行 日 以 降 は 旧 10 号 イの 基 準 で 開 発 許 可 を 行 うことはでき ない 全 面 施 行 日 以 前 に 受 けた 開 発 許 可 は 全 面 施 行 日 以 降 も 適 法 に 有 効 しかしながら 旧 10 号 イの 基 準 で 開 発 行 為 の 変 更 はできないことに 留 意 全 面 施 行 日 以 降 に 開 発 行 為 の 変 更 を 行 う 場 合 には 一 旦 工 事 の 廃 止 を 届 け 出 た 上 で 新 しい 基 準 により 開 発 許 可 を 受 けることが 必 要 大 規 模 な 開 発 行 為 であって 全 面 施 行 日 までに 完 了 が 見 込 まれないものは 地 区 計 画 の 策 定 の 検 討 など 適 切 な 対 処 が 望 ましい 24

25 開 発 許 可 関 係 ( 施 行 通 知 ) 公 共 公 益 施 設 に 係 る 開 発 行 為 が 全 面 施 行 日 において 現 に 行 われている 場 合 は 開 発 許 可 を 受 けることは 要 しない 但 し 市 街 化 調 整 区 域 内 において 全 面 施 行 日 までに 建 築 工 事 に 着 手 していない 場 合 に は 建 築 許 可 を 要 することとなるので 留 意 大 規 模 な 集 客 施 設 が 規 制 されることとなる 用 途 地 域 等 ( 二 住 準 住 工 業 白 地 ) において 全 面 施 行 日 前 に 大 規 模 な 集 客 施 設 の 開 発 許 可 を 行 う 場 合 には 建 築 行 政 部 局 との 十 分 な 連 携 を 全 面 施 行 日 前 であれば 開 発 許 可 を 行 うことは 可 能 しかし 建 築 工 事 の 着 手 が 全 面 施 行 日 以 後 である 場 合 には 建 築 基 準 法 の 用 途 規 制 により 立 地 が 制 限 25

26 開 発 許 可 関 係 (Ⅲ-6 開 発 許 可 ) 開 発 許 可 制 度 の 意 義 制 度 創 設 時 の 問 題 旺 盛 な 宅 地 需 要 等 に 後 押 しされた 都 市 の 周 辺 部 における 散 発 的 開 発 によるスプロール 現 在 の 問 題 広 域 的 な 都 市 機 能 が 無 秩 序 に 薄 く 拡 散 することにより これらの 集 積 を 前 提 として 整 備 されてきた 都 市 交 通 をはじめ 公 共 投 資 環 境 エネル ギー 等 の 悪 影 響 本 格 的 な 人 口 減 少 超 高 齢 社 会 においては 開 発 許 可 制 度 の 運 用 に 当 たり これらの 都 市 構 造 上 の 問 題 に 適 切 に 対 応 することが 必 要 26

27 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 許 可 の 在 り 方 開 発 許 可 関 係 (Ⅲ-6 開 発 許 可 ) 市 街 化 調 整 区 域 の 性 格 : 市 街 化 を 抑 制 すべき 区 域 ( 法 第 7 条 3 項 ) 市 街 化 調 整 区 域 において 許 可 し 得 る 開 発 行 為 は 法 第 34 条 で 限 定 趣 旨 既 存 の 集 落 等 において 最 低 限 必 要 と 認 められる 開 発 はあることから 地 域 の 実 情 によっては 個 別 に 開 発 許 可 で 判 断 ( 保 全 することが 適 当 な 区 域 は 除 く) 市 街 化 を 促 進 するおそれがなく 市 街 化 区 域 内 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められる 開 発 行 為 地 区 計 画 等 を 策 定 した 上 でこれに 適 合 した 開 発 行 為 < 運 用 に 当 たっての 考 え 方 > 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 等 を 踏 まえ 計 画 的 で 良 好 な 開 発 行 為 市 街 化 調 整 区 域 内 の 既 存 コミュニティの 維 持 や 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 への 対 応 といった 事 項 を 勘 案 し 必 要 性 が 認 められる 開 発 行 為 等 で 更 なる 市 街 化 を 促 進 するおそれがないと 認 めら れるものは 開 発 許 可 をしても 差 し 支 えない 判 断 に 当 たっては 法 の 委 任 に 基 づく 条 例 や 審 査 基 準 の 制 定 等 を 通 じて 地 域 の 実 情 に 応 じた 運 用 が 必 要 27

28 許 可 不 要 の 開 発 行 為 について 開 発 許 可 関 係 (Ⅲ-6 開 発 許 可 ) 改 正 前 公 益 上 必 要 な 建 築 物 に 係 る 開 発 行 為 公 的 主 体 が 行 う 開 発 行 為 等 [ 基 本 的 考 え 方 ] 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 を 問 わず 公 益 上 必 要 不 可 欠 な 施 設 開 発 許 可 制 度 の 趣 旨 に 沿 った 適 切 な 開 発 行 為 が 期 待 される 施 設 改 正 後 公 共 公 益 施 設 の 郊 外 立 地 による 都 市 機 能 の 無 秩 序 な 拡 散 公 益 上 必 要 な 一 定 の 建 築 物 に 係 る 開 発 行 為 等 [ 基 本 的 考 え 方 ] 市 街 化 区 域 及 び 市 街 化 調 整 区 域 を 問 わず 公 益 上 必 要 不 可 欠 な 施 設 無 秩 序 な 市 街 化 等 のスプロールの 弊 害 が 引 き 起 こされるおそれがない 施 設 新 たに 以 下 の 施 設 を 開 発 許 可 の 対 象 に 追 加 学 校 ( 大 学 等 を 除 く) 社 会 福 祉 施 設 病 院 診 療 所 助 産 所 多 数 の 者 の 利 用 に 供 する 庁 舎 ( 県 庁 市 役 所 等 ) 宿 舎 ( 職 務 上 常 駐 を 必 要 とする ものを 除 く) 28

29 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 市 街 化 調 整 区 域 における 旧 10 号 イの 許 可 基 準 の 廃 止 等 を 受 け 大 規 模 住 宅 開 発 等 に ついては 全 て 地 区 計 画 により 対 応 が 可 能 となるよう 運 用 見 直 し 用 途 地 域 が 定 められていない 土 地 の 区 域 で 地 区 計 画 を 定 めることができる 住 宅 市 街 地 の 開 発 その 他 建 築 物 若 しくはその 敷 地 の 整 備 に 関 する 事 業 の 取 扱 について 改 正 前 の 運 用 指 針 a 第 34 条 10 号 イに 該 当 するものとして 開 発 許 可 を 受 けた 行 為 b 開 発 許 可 申 請 を 行 えば 直 ちに 第 34 条 1 0 号 イに 該 当 するものとして 開 発 許 可 を 受 けることが 確 実 であることから 当 該 事 業 が 行 われる 段 階 にあるものとして 都 道 府 県 知 事 が 認 めた 事 業 c 開 発 許 可 が 不 要 となっている 事 業 ( 公 共 公 益 施 設 の 建 築 を 目 的 とする 事 業 地 方 公 共 団 体 が 行 う 事 業 都 市 計 画 事 業 の 施 行 として 行 う 開 発 行 為 等 ) d 住 宅 市 街 地 の 一 体 的 開 発 で 街 区 を 単 位 とする 事 業 今 回 改 正 の 趣 旨 は 改 正 後 の 該 当 部 分 旧 10 号 イが 廃 止 されたため 表 現 を 修 正 4) これまで 開 発 許 可 運 用 指 針 で 示 していた 内 容 を 都 市 計 画 運 用 指 針 の 表 現 として 修 正 1)a) 新 たに 公 共 公 益 施 設 の 建 築 を 目 的 とする 事 業 地 方 公 共 団 体 が 行 う 事 業 が 開 発 許 可 の 対 象 となったことから これらの 施 設 を 区 分 し て 表 現 を 修 正 1)c) 若 干 表 現 の 修 正 1)d) 開 発 整 備 促 進 区 の 創 設 に 伴 う 対 象 事 業 の 追 加 1)b 29

30 旧 b 号 ( 大 規 模 計 画 開 発 )の 見 直 し 改 正 後 の 対 象 事 業 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 市 街 化 調 整 区 域 における20ha 以 上 ( )の 一 団 の 開 発 行 為 であって 市 街 化 区 域 にお ける 市 街 化 の 状 況 等 からみて 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 を 図 る 上 で 支 障 がなく かつ 計 画 の 内 容 地 権 者 の 合 意 等 の 状 況 から 判 断 して 確 実 に 実 施 される と 見 込 まれるものに 関 する 事 業 ( ) 産 業 の 振 興 居 住 環 境 の 改 善 その 他 都 市 機 能 の 維 持 又 は 増 進 に 著 しく 寄 与 する 開 発 行 為 にあっては 5ha 以 上 ( 参 考 ) 改 正 前 の 都 市 計 画 法 法 第 34 条 第 10 号 イ 開 発 区 域 の 面 積 が 政 令 で 定 める 面 積 を 下 らない 開 発 行 為 で 市 街 化 区 域 における 市 街 化 の 状 況 等 からみて 当 該 申 請 に 係 る 開 発 区 域 内 において 行 うことが 当 該 都 市 計 画 区 域 における 計 画 的 な 市 街 化 を 図 る 上 で 支 障 がないと 認 められるもの 政 令 第 31 条 法 第 34 条 第 10 号 イの 政 令 で 定 める 開 発 区 域 の 面 積 は 20haとする ただし 都 市 計 画 区 域 に おける 人 口 産 業 土 地 利 用 等 の 態 様 に 照 らし これによることが 不 適 当 であると 認 められると きは 都 道 府 県 は 条 例 で 産 業 の 振 興 居 住 環 境 の 改 善 その 他 都 市 機 能 の 維 持 又 は 増 進 に 著 しく 寄 与 する 開 発 行 為 につき 区 域 及 びその 目 的 又 は 種 別 を 限 り 5ha 以 上 20ha 未 満 の 範 囲 内 で その 面 積 を 別 に 定 めることができる 30

31 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 産 業 の 振 興 居 住 環 境 の 改 善 その 他 都 市 機 能 の 維 持 又 は 増 進 に 著 しく 寄 与 する 開 発 行 為 の 考 え 方 ( 面 積 要 件 が5ha 以 上 に 引 き 下 げられる 場 合 の 考 え 方 ) 1 対 象 となる 開 発 行 為 ⅰ 主 として 住 宅 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 われる 次 の 開 発 行 為 ア) 主 として 地 域 住 民 の 用 に 供 する 目 的 で 行 われるもの イ) 人 口 の 流 出 による 地 域 社 会 の 停 滞 等 を 防 止 するため 新 規 住 民 の 積 極 的 な 導 入 及 び 定 着 を 図 ることを 目 的 として 行 われるもの ウ) 地 域 の 経 済 社 会 活 動 の 活 性 化 地 域 社 会 の 整 備 発 展 等 に 著 しく 寄 与 すると 認 め られるものであって 例 えば 主 として 住 宅 以 外 の 建 築 物 等 の 開 発 行 為 と 一 体 として 行 われるもの 駅 大 学 等 の 公 共 公 益 施 設 地 域 の 振 興 に 寄 与 すると 認 められる 工 場 等 の 新 設 等 に 関 連 してこれらの 施 設 と 一 体 的 な 整 備 を 図 ることを 目 的 として 行 われるもの ⅱ 主 として 住 宅 以 外 の 建 築 物 等 の 建 築 の 用 に 供 する 目 的 で 行 われ かつ 法 律 に 基 づき 又 は 地 方 公 共 団 体 により 策 定 された 地 域 の 振 興 又 は 発 展 を 図 る ための 計 画 と 内 容 位 置 規 模 等 の 整 合 が 図 られている 開 発 行 為 31

32 2 開 発 行 為 に 係 る 考 え 方 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) ⅰ 市 街 化 区 域 市 街 化 調 整 区 域 内 の 既 成 市 街 地 若 しくはこれに 準 ずる 既 存 集 落 ( 市 街 化 区 域 等 )に 隣 接 し 又 は 近 接 する 地 域 において 行 われるものであること 但 し 次 のような 場 合 は 例 外 として 扱 って 差 し 支 えない ア 市 街 化 区 域 等 の 隣 接 又 は 近 接 して 優 良 な 農 用 地 等 が 集 団 的 に 存 在 し かつ その 外 側 に 遊 休 地 等 が 存 在 する 場 合 であって 当 該 遊 休 地 を 活 用 することが 適 切 と 認 められる 場 合 イ 工 場 の 移 転 跡 地 等 の 既 存 の 宅 地 を 活 用 する 場 合 ウ 研 究 施 設 等 の 特 別 な 施 設 で 施 設 の 性 格 から 市 街 化 区 域 等 に 隣 接 又 は 近 接 して 設 置 することが 適 当 でない 場 合 ⅱ 開 発 区 域 の 周 辺 の 区 域 において 開 発 行 為 に 伴 い 必 要 となる 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 道 路 義 務 教 育 施 設 等 公 共 公 益 施 設 があること ( 開 発 行 為 と 併 せて 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 公 共 公 益 施 設 を 備 えることが 確 実 と 認 められる 場 合 を 含 む) ⅲ 市 街 化 区 域 において 行 われないことについて 相 当 の 理 由 があると 認 められる こと ただし 法 第 34 条 第 14 号 の 市 街 化 区 域 において 行 うことが 困 難 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められるもの と 同 程 度 の 判 断 を 求 めるものではない 32

33 4. 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (1) 制 度 創 設 の 趣 旨 大 規 模 集 客 施 設 については 立 地 を 一 旦 制 限 した 上 で 都 市 計 画 の 手 続 を 経 て 地 域 の 判 断 を 反 映 した 適 正 な 立 地 を 確 保 ( 施 行 通 知 ) 必 要 な 場 合 に 機 動 的 な 都 市 計 画 の 決 定 等 が 重 要 公 共 施 設 が 既 に 十 分 整 備 されている 地 域 土 地 の 利 用 状 況 の 変 化 が 著 しく 十 分 な 公 共 施 設 が 整 っていない 地 域 都 市 全 体 における 用 途 の 適 正 な 配 分 を 考 慮 して 用 途 地 域 の 決 定 等 によ り 対 応 することが 可 能 必 要 な 公 共 施 設 の 配 置 や 建 築 物 の 制 限 等 を 都 市 計 画 に 一 括 して 明 らかにし さらに 特 定 行 政 庁 の 認 定 を 通 じて きめ 細 かく 誘 導 することが 合 理 的 な 場 合 もあり 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 の 創 設 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 の 要 件 は 現 に 土 地 の 利 用 状 況 が 著 しく 変 化 しつつあり 又 は 著 しく 変 化 することが 確 実 であると 見 込 まれる 土 地 の 区 域 であること であり 全 面 施 行 に 伴 う 既 存 不 適 格 建 築 物 について 増 改 築 等 が 見 込 まれない 場 合 には 本 制 度 を 活 用 することは 困 難 であることに 留 意 33

34 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 ( 施 行 通 知 ) (2) 適 用 関 係 全 面 施 行 日 に 施 行 されるため 正 式 な 都 市 計 画 手 続 ( 公 告 縦 覧 都 市 計 画 審 議 会 等 )は 全 面 施 行 日 以 降 に 実 施 都 市 計 画 決 定 の 準 備 のための 住 民 への 説 明 都 道 府 県 知 事 との 事 前 協 議 等 の 事 実 上 の 行 為 は 実 施 可 能 < 活 用 のイメージ> 例 えば 工 業 地 域 等 における 工 場 跡 地 等 において 公 共 施 設 の 整 備 と 併 せて 大 規 模 集 客 施 設 を 誘 導 大 規 模 集 客 施 設 二 号 施 設 の 整 備 跡 地 化 工 業 地 域 等 において 1 企 業 が 閉 鎖 し 跡 地 化 その 他 の 企 業 は 営 業 を 継 続 地 区 計 画 及 び 開 発 整 備 促 進 区 の 区 域 特 定 行 政 庁 の 認 定 により 用 途 緩 和 を 行 い 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 を 可 能 に 34

35 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 再 開 発 等 促 進 区 と 開 発 整 備 促 進 区 の 比 較 定 義 土 地 条 件 再 開 発 等 促 進 区 土 地 の 合 理 的 かつ 健 全 な 高 度 利 用 と 都 市 機 能 の 増 進 とを 図 るため 一 体 的 かつ 総 合 的 な 市 街 地 の 再 開 発 又 は 開 発 整 備 を 実 施 すべき 区 域 高 い 容 積 率 の 開 発 を 誘 導 一 現 に 土 地 の 利 用 状 況 が 著 しく 変 化 しつつあり 又 は 著 しく 変 化 することが 確 実 であると 見 込 まれる 二 土 地 の 合 理 的 かつ 健 全 な 高 度 利 用 を 図 るため 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 公 共 施 設 の 整 備 が 必 要 三 高 度 利 用 を 図 ることが 都 市 の 機 能 の 増 進 に 貢 献 することなる 四 用 途 地 域 が 定 められている 地 域 開 発 整 備 促 進 区 店 舗 劇 場 等 の 用 途 の 大 規 模 な 建 築 物 ( 特 定 大 規 模 建 築 物 )の 整 備 による 商 業 等 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 るため 一 体 的 かつ 総 合 的 な 市 街 地 の 開 発 整 備 を 実 施 すべき 区 域 低 い 容 積 率 広 い 敷 地 の 開 発 を 誘 導 一 再 開 発 等 促 進 区 と 同 様 二 特 定 大 規 模 建 築 物 の 整 備 による 商 業 等 業 務 の 利 便 の 増 進 を 図 るため 適 正 な 配 置 及 び 規 模 の 公 共 施 設 の 整 備 が 必 要 三 特 定 大 規 模 建 築 物 の 整 備 による 商 業 等 利 便 の 増 進 を 図 ることが 都 市 の 機 能 の 増 進 に 貢 献 する こととなる 四 第 二 種 住 居 地 域 準 住 居 地 域 工 業 地 域 が 定 められている 地 域 又 は 白 地 地 域 都 市 計 画 に 定 める 事 項 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 二 号 施 設 再 開 発 等 促 進 区 と 同 様 高 いインフラ 負 荷 に 対 応 35

36 再 開 発 等 促 進 区 と 開 発 整 備 促 進 区 の 異 なる 点 開 発 整 備 促 進 区 における 用 途 規 制 の 緩 和 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 特 定 大 規 模 建 築 物 を 整 備 することが 合 理 的 な 土 地 利 用 を 図 るため 特 に 必 要 であると 認 められる 場 合 劇 場 店 舗 等 の 用 途 のうち 誘 導 すべき 用 途 誘 導 すべき 用 途 に 供 する 特 定 大 規 模 建 築 物 の 敷 地 として 利 用 すべき 土 地 の 区 域 を 地 区 整 備 計 画 に 定 めることができる きめ 細 かい 都 市 計 画 の 決 定 が 可 能 上 記 の 地 区 整 備 計 画 の 内 容 に 適 合 するもので 特 定 行 政 庁 が 交 通 上 安 全 上 防 火 上 及 び 衛 生 上 支 障 がないと 認 めるものは 用 途 規 制 (1 万 m2 超 の 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 規 制 )を 適 用 しない 再 開 発 等 促 進 区 における 用 途 規 制 の 緩 和 ( 開 発 整 備 促 進 区 にも 同 様 の 規 定 あり) 特 定 行 政 庁 が 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 に 適 合 し かつ 地 区 計 画 の 区 域 内 における 業 務 の 利 便 の 増 進 上 やむを 得 ない と 認 めて 許 可 した 場 合 には 用 途 制 限 が 緩 和 ( 許 可 に 当 たっては 公 聴 会 の 開 催 建 築 審 査 会 の 同 意 が 必 要 ) 開 発 整 備 促 進 区 では 上 記 の 業 務 の 利 便 が 商 業 その 他 の 業 務 の 利 便 となる 36

37 基 本 的 な 考 え 方 1 (1) 区 域 指 定 の 考 え 方 1 既 存 不 適 格 建 築 物 における 活 用 について 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 指 定 要 件 : 現 に 土 地 の 利 用 状 況 が 著 しく 変 化 しつつあり 又 は 著 しく 変 化 することが 確 実 であると 見 込 まれる 土 地 の 区 域 既 存 不 適 格 建 築 物 については 建 替 えや 大 規 模 な 増 改 築 等 の 計 画 がない 場 合 には 活 用 できない 既 存 不 適 格 建 築 物 は 床 面 積 の1.2 倍 以 内 等 の 範 囲 であれば 開 発 整 備 促 進 区 を 定 めなくても 増 改 築 等 は 可 能 2 大 規 模 集 客 施 設 の 敷 地 が 複 数 用 途 にわたる 場 合 の 対 応 開 発 整 備 促 進 区 を 定 められる 用 途 地 域 は 二 住 準 住 工 業 白 地 に 限 定 大 規 模 集 客 施 設 の 敷 地 が 上 記 の 用 途 地 域 以 外 にもわたる 場 合 には 必 要 に 応 じて 敷 地 の 一 部 に 開 発 整 備 促 進 区 を 定 めることも 可 能 3 準 都 市 計 画 区 域 内 について 地 区 計 画 を 定 めることができないので 活 用 は 不 可 ( 大 規 模 集 客 施 設 が 立 地 する 場 合 には 用 途 地 域 の 指 定 によって 対 応 ) 37

38 基 本 的 な 考 え 方 2 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) (2) 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 ( 法 第 12 条 の5 第 5 項 第 1 号 ) 1 基 本 的 考 え 方 再 開 発 等 促 進 区 と 同 様 基 本 方 針 に 基 づいて 地 区 整 備 計 画 を 決 定 誘 導 すべき 市 街 地 の 態 様 等 について 関 係 権 利 者 住 民 等 が 容 易 に 理 解 できることが 必 要 2 二 号 施 設 地 区 整 備 計 画 を 定 めることを 要 しない 特 別 の 事 情 等 について 二 号 施 設 の 配 置 及 び 規 模 や 地 区 整 備 計 画 は 特 別 の 事 情 ( )があるときは 定 めることを 要 しない ( 法 第 12 条 の5 第 6 項 及 び8 項 ) 特 別 の 事 情 の 解 釈 促 進 区 の 区 域 が 広 く 土 地 所 有 者 等 の 利 害 関 係 者 の 意 見 調 整 に 時 間 を 要 する 場 合 等 事 情 が 解 消 した 場 合 には 二 号 施 設 及 び 地 区 整 備 計 画 を 定 めることが 望 ましい また 地 区 整 備 計 画 を 定 める 前 に 必 要 な 二 号 施 設 を 適 切 な 配 置 及 び 規 模 で 定 める ことが 望 ましい 38

39 基 本 的 な 考 え 方 3 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 3 基 本 方 針 の 内 容 について 特 定 行 政 庁 は 用 途 緩 和 のただし 書 き 許 可 に 当 たり 基 本 方 針 への 適 合 等 を 判 断 土 地 利 用 転 換 の 方 向 市 街 地 の 環 境 形 成 上 の 目 的 が 明 示 されるよう 記 述 することが 望 ましい 4 都 市 計 画 施 設 の 決 定 等 新 たな 土 地 利 用 への 転 換 に 伴 い 整 備 が 必 要 となる 都 市 計 画 施 設 については 必 要 に 応 じて 開 発 整 備 促 進 区 と 同 時 に 決 定 することが 望 ましい 39

40 基 本 的 な 考 え 方 4 (3) 二 号 施 設 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 周 辺 道 路 の 混 雑 状 況 や 周 辺 地 域 の 良 好 な 環 境 に 大 きな 影 響 を 及 ぼすことが 懸 念 され ることから 必 要 な 施 設 を 二 号 施 設 として 決 定 < 二 号 施 設 のイメージ> 自 動 車 交 通 の 出 入 りを 円 滑 に 処 理 するため 敷 地 外 周 に 設 ける 道 路 幹 線 道 路 に 面 した 側 道 上 の 車 路 歩 道 上 空 地 広 場 歩 行 者 用 通 路 敷 地 内 車 路 周 辺 環 境 の 保 持 のため 設 ける 緩 衝 緑 地 等 現 に 大 規 模 集 客 施 設 が 立 地 しており その 機 能 拡 張 等 に 伴 い 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 場 合 に は 現 に 利 用 されている 道 路 等 であっても 二 号 施 設 として 定 めて 差 し 支 えない 二 号 施 設 には 都 市 計 画 施 設 を 含 まないことから 二 号 施 設 として 定 められている 道 路 等 を 都 市 施 設 として 定 める 場 合 には 併 せて 開 発 整 備 促 進 区 に 関 する 都 市 計 画 も 変 更 (4) 地 区 整 備 計 画 に 定 める 建 築 物 等 に 関 する 事 項 建 築 基 準 法 による 地 区 計 画 条 例 は 建 築 規 制 の 内 容 のみを 定 め 得 るため 都 市 計 画 の 決 定 内 容 がそのまま 条 例 化 されるとは 限 らないことに 留 意 良 好 な 市 街 地 環 境 を 確 保 しつつ 商 業 等 の 利 便 の 増 進 に 貢 献 するよう 必 要 な 事 項 を 決 定 < 地 区 整 備 計 画 に 定 める 建 築 物 等 に 関 する 事 項 の 例 > 建 築 物 の 用 途 の 制 限 建 ぺい 率 の 最 高 限 度 壁 面 の 位 置 の 制 限 建 築 物 の 高 さ の 最 高 限 度 形 態 又 は 意 匠 の 制 限 等 40

41 配 慮 すべき 事 項 等 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 地 区 計 画 関 係 (Ⅳ-2-1 G 地 区 計 画 ) 1 開 発 整 備 促 進 区 による 土 地 利 用 転 換 に 対 して 効 率 的 な 都 市 活 動 が 確 保 されるよう 必 要 に 応 じて 都 市 交 通 に 関 する 広 域 的 な 検 討 を 行 い 適 宜 都 市 計 画 道 路 の 見 直 しを 行 うことが 望 ましい 2 既 存 不 適 格 建 築 物 の 機 能 拡 張 等 に 対 して 開 発 整 備 促 進 区 を 定 める 場 合 には 開 発 整 備 促 進 区 の 決 定 のみでは 既 存 不 適 格 状 態 は 解 消 されず 特 定 行 政 庁 の 認 定 を 受 けなければ 既 存 不 適 格 は 解 消 されない 点 に 留 意 が 必 要 3 開 発 整 備 促 進 区 は 当 該 都 市 計 画 の 内 容 に 照 らして 特 定 行 政 庁 が 認 定 等 を 行 い 建 築 物 の 用 途 規 制 の 緩 和 を 行 うことから 都 市 計 画 担 当 部 局 と 建 築 担 当 部 局 は 事 前 に 調 整 を 図 ることが 望 ましい 41

42 (1) 制 度 改 正 の 趣 旨 5. 都 市 計 画 手 続 の 円 滑 化 関 係 ( 施 行 通 知 ) 機 動 的 な 都 市 計 画 の 決 定 等 は 重 要 であり 民 間 事 業 者 のイニシアティブを 認 め まちづくりの 推 進 に 関 する 民 間 の 経 験 と 知 識 をより 積 極 的 に 取 り 込 むことが 重 要 都 市 計 画 提 案 権 者 の 追 加 まちづくりの 推 進 に 関 し 経 験 と 知 識 を 有 する 団 体 1 過 去 10 年 間 に 開 発 許 可 を 受 けて 0.5ha 以 上 の 開 発 行 為 を 行 ったこと 等 がある 2 役 員 のうちに 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 等 がいない (2) 体 制 の 整 備 都 市 計 画 提 案 制 度 の 活 用 状 況 は 低 迷 [ 都 市 計 画 提 案 数 :47 件 ( 平 成 18 年 3 月 末 )] 都 市 計 画 提 案 制 度 の 相 談 窓 口 を 設 置 している 市 町 村 は 全 体 の 約 8% 程 度 都 市 計 画 提 案 制 度 の 増 加 が 想 定 され 都 市 計 画 提 案 に 対 する 相 談 処 理 体 制 の 充 実 が 望 ましい [ 参 考 ] 都 市 計 画 提 案 に 対 する 事 前 相 談 等 の 取 組 事 例 (HP 検 索 結 果 ) 金 沢 市 都 市 計 画 提 案 制 度 の 手 続 きに 関 する 要 綱 宇 部 市 都 市 計 画 提 案 制 度 手 続 要 領 等 42

43 都 市 計 画 手 続 の 円 滑 化 関 係 (V. 都 市 計 画 決 定 手 続 等 ) 都 市 計 画 の 提 案 制 度 の 運 用 に 当 たり 留 意 すべき 事 項 について < 提 案 に 係 る 都 市 計 画 手 続 > 都 市 計 画 提 案 が 行 われたときは 遅 滞 なく 都 市 計 画 の 決 定 等 をする 必 要 があるかどうかを 判 断 し 必 要 があると 認 めるときは その 案 を 作 成 しなければならない ( 法 第 21 条 の3) [ 今 回 改 正 ] 提 案 者 は 事 業 を 行 うため その 区 域 で 都 市 計 画 の 決 定 等 を 必 要 とするときは 事 業 の 着 手 予 定 時 期 都 市 計 画 決 定 等 の 希 望 期 限 希 望 期 限 の 理 由 を 記 載 した 書 面 を 提 出 することができる( 省 令 第 13 条 の4 第 2 項 ) 提 案 者 の 都 市 計 画 決 定 等 の 希 望 期 限 をできる 限 り 尊 重 しつつ 遅 滞 なく 対 応 を 行 う べき( 理 由 や 期 限 の 設 定 が 正 当 でないと 認 める 場 合 を 除 く) 特 に 開 発 事 業 者 等 が 具 体 的 な 土 地 利 用 を 行 う 目 的 で 提 出 した 計 画 提 案 都 市 計 画 の 決 定 等 を 行 う 必 要 があるかどうかの 判 断 をできる 限 り 速 やかに 行 うべき 1 年 以 内 に 都 市 計 画 の 決 定 等 を 希 望 する 場 合 には 遅 くとも1 年 以 内 に 計 画 提 案 を 踏 まえた 都 市 計 画 の 決 定 等 をし 又 は 決 定 等 をしない 旨 の 通 知 を 行 うべき ( 長 期 にわたる 環 境 影 響 評 価 を 要 する 計 画 提 案 等 当 該 期 限 内 に 都 市 計 画 の 決 定 等 を 行 うことが 困 難 な 場 合 を 除 く) 43

44 都 市 計 画 手 続 の 円 滑 化 関 係 (V. 都 市 計 画 決 定 手 続 等 ) 都 市 計 画 審 議 会 の 委 員 構 成 の 工 夫 について 都 市 計 画 決 定 又 は 変 更 の 手 続 においては 住 民 等 からの 幅 広 い 意 見 を 踏 まえて 公 正 透 明 な 審 議 を 通 じた 判 断 がなされることが 必 要 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 都 市 計 画 の 決 定 等 を 行 う 場 合 主 たる 利 用 者 である 消 費 者 の 視 点 が 適 切 に 反 映 されるよう 都 市 計 画 審 議 会 に おける 委 員 構 成 を 工 夫 すべき ( 工 夫 例 ) あらかじめ 公 募 等 により 一 般 の 住 民 を 委 員 に 加 える 学 識 経 験 者 として 消 費 者 の 利 益 を 代 表 する 者 を 委 員 ( 又 は 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 に 係 る 案 件 を 審 議 する 際 の 臨 時 の 委 員 )とする 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 を 促 進 するため 一 方 の 性 に 偏 らない 委 員 の 登 用 に 努 めることが 必 要 等 44

45 (1) 制 度 改 正 の 趣 旨 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 は 一 市 町 村 の 範 囲 を 超 えて 広 域 的 な 都 市 構 造 やインフラに 影 響 6. 広 域 調 整 手 続 関 係 市 町 村 が 都 市 計 画 の 決 定 等 を 行 う 場 合 の 都 道 府 県 知 事 との 協 議 同 意 手 続 を 通 じて 広 域 的 な 見 地 からの 調 整 ( 施 行 通 知 ) 効 果 的 に 広 域 調 整 が 図 られるようにするため 都 道 府 県 知 事 が 関 係 市 町 村 からの 意 見 の 聴 取 等 を 行 えるよう 手 続 を 措 置 都 道 府 県 では 市 町 村 からの 協 議 に 的 確 な 判 断 を 迅 速 に 行 えるよう あらかじめ 判 断 基 準 について 検 討 する 等 の 準 備 が 望 ましい [ 参 考 ] 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 関 する 県 間 調 整 について ( 九 州 地 方 知 事 会 議 政 策 協 議 事 項 ) 各 県 の 実 状 に 応 じ 県 間 調 整 を5つのステップで 段 階 的 に 取 り 組 む ステップ1 : 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 関 する 情 報 を 隣 接 県 に 提 供 する ステップ2 : 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 対 する 当 該 県 の 方 針 議 論 の 状 況 を 逐 次 情 報 提 供 する ステップ3 : 都 市 計 画 の 変 更 時 等 における 協 議 同 意 について 隣 接 県 市 についても 意 見 を 聴 く ステップ4 : 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 に 関 する 協 議 の 場 を 設 置 し 適 宜 協 議 する 体 制 とする ステップ5 : 大 規 模 集 客 施 設 に 関 するマスタープランを 作 成 する 際 協 議 調 整 し 連 携 整 合 のと れたマスタープランとする 45

46 広 域 調 整 手 続 関 係 ( Ⅲ. 都 市 計 画 制 度 の 運 用 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 ) 都 市 計 画 の 対 象 は 住 民 に 身 近 な 市 街 地 環 境 の 整 備 等 に 関 する 事 項 から 広 域 的 な 観 点 に 立 って 計 画 されるべき 事 項 等 まで 多 様 な 性 格 地 域 の 主 体 性 と 広 域 的 な 整 合 性 の 両 者 の 確 保 が 必 要 市 町 村 都 道 府 県 地 域 の 主 体 性 広 域 的 な 整 合 性 市 町 村 や 住 民 等 の 主 体 的 判 断 をできる 限 り 尊 重 一 の 市 町 村 の 区 域 を 超 える 広 域 的 な 見 地 からの 適 切 な 判 断 都 道 府 県 は 必 要 な 情 報 の 収 集 ( 関 係 市 町 村 の 意 見 聴 取 等 )に 努 めることが 必 要 都 市 計 画 が 当 該 市 町 村 の 区 域 を 超 えて 広 域 的 に 影 響 を 及 ぼす 場 合 関 係 市 町 村 間 で 必 ずしも 利 害 が 一 致 しないと 認 められる 場 合 等 46

47 都 道 府 県 の 同 意 協 議 等 について 広 域 調 整 手 続 関 係 (V. 都 市 計 画 決 定 手 続 等 ) 都 道 府 県 と 市 町 村 が 定 める 都 市 計 画 は 適 切 な 役 割 分 担 のもと 相 互 に 矛 盾 を 生 じるよう なことがないよう また 都 市 計 画 が 総 合 して 一 体 のものとして 有 効 に 機 能 するよう 市 町 村 は 都 道 府 県 に 対 して 同 意 協 議 同 意 協 議 の 観 点 1 一 の 市 町 村 を 超 える 広 域 の 見 地 からの 調 整 を 図 る 観 点 2 都 道 府 県 が 定 め 若 しくは 定 めようとする 都 市 計 画 との 適 合 を 図 る 観 点 例 えば 都 市 計 画 区 域 マスタープランの 内 容 との 適 合 性 都 市 圏 における 都 市 構 造 や 広 域 的 なインフラに 与 える 影 響 等 を 勘 案 して 判 断 都 道 府 県 は 市 町 村 が 定 めようとする 都 市 計 画 による 影 響 が 広 域 に 及 ぶと 目 される 場 合 には 広 域 の 観 点 からの 判 断 を 適 正 に 行 うため 必 要 に 応 じて 関 係 市 町 村 に 意 見 の 開 陳 等 を 求 めることができる 当 該 市 町 村 又 は 関 係 市 町 村 と 異 なる 判 断 をする 場 合 にあっては その 理 由 を 明 確 に 示 す 必 要 このため 都 道 府 県 は 都 市 構 造 の 目 標 その 他 の 方 針 を 明 らかにし それをあ らかじめ 都 市 計 画 区 域 マスタープラン 等 に 定 めておくことが 望 ましい 47

48 改 正 法 の 趣 旨 内 容 等 に 関 する 周 知 啓 発 ( 施 行 通 知 ) 大 規 模 な 集 客 施 設 の 立 地 制 限 公 共 公 益 施 設 の 開 発 許 可 事 業 者 を 始 め 国 民 の 権 利 利 益 にも 大 きな 影 響 円 滑 な 施 行 を 図 るため 改 正 法 の 趣 旨 内 容 等 に ついて 国 民 に 対 し 周 知 啓 発 が 必 要 国 土 交 通 省 国 土 交 通 大 学 校 における 研 修 各 種 団 体 が 開 催 する 説 明 会 等 を 通 じて 周 知 啓 発 活 動 都 道 府 県 及 び 市 町 村 広 報 等 を 活 用 した 周 知 啓 発 事 業 者 を 始 めとする 住 民 等 から 相 談 がなされたときに は 十 分 な 理 解 が 得 られるよう 対 応 することが 望 ましい 48

49 市 町 村 合 併 等 に 伴 う 都 市 計 画 区 域 の 再 編 関 係 都 市 計 画 区 域 の 再 編 ( Ⅳ-1-1 都 市 計 画 区 域 ) 市 町 村 合 併 後 の 問 題 行 政 区 域 と 一 体 の 都 市 として 総 合 的 に 整 備 開 発 及 び 保 全 する 圏 域 とが 必 ずしも 一 致 していない 都 市 計 画 区 域 は 行 政 区 域 のみにとらわれることなく 都 道 府 県 が 広 域 的 観 点 から 適 宜 必 要 な 再 編 を 行 うことが 望 ましい < 市 町 村 合 併 時 の 基 本 的 考 え 方 > 合 併 後 の 市 町 村 が 同 一 の 都 市 圏 を 形 成 している 場 合 には 合 併 後 の 市 町 村 区 域 が 同 一 の 都 市 計 画 区 域 に 含 まれるよう 指 定 を 行 い 一 体 の 都 市 として 総 合 的 に 整 備 開 発 保 全 を 行 うことが 望 ましい 地 理 的 条 件 等 により 同 一 の 都 市 計 画 区 域 に 含 めることがふさわしくない 場 合 複 数 の 都 市 計 画 区 域 に 含 めて 指 定 線 引 き 都 市 計 画 区 域 と 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 を 有 する 市 町 村 が 合 併 した 場 合 当 面 の 間 存 続 することも 考 えられる 合 併 後 の 行 政 区 域 が 複 数 の 地 理 的 に 離 れた 区 域 にある 場 合 一 の 市 町 村 であることのみを 理 由 として 飛 び 地 の 都 市 計 画 区 域 を 指 定 するべき ではない ( 実 質 的 に 一 体 の 都 市 として 整 備 開 発 保 全 する 区 域 を 判 断 ) 49

50 区 域 区 分 の 見 直 し 市 町 村 合 併 等 に 伴 う 都 市 計 画 区 域 の 再 編 関 係 (Ⅲ. 都 市 計 画 制 度 の 運 用 にあたっての 基 本 的 考 え 方 ) 線 引 き 都 市 計 画 区 域 と 非 線 引 き 都 市 計 画 区 域 の 統 合 再 編 都 道 府 県 が 都 市 の 発 展 の 動 向 等 を 勘 案 して 区 域 区 分 を 行 う 必 要 のある 地 域 を 適 切 に 判 断 従 来 区 域 区 分 を 行 っていなかった 地 域 に 区 域 区 分 を 行 う 際 には 用 途 地 域 を 指 定 している 区 域 については 市 街 化 区 域 に 含 めることが 望 ましい ( 現 に 市 街 化 されておらず 当 分 の 間 営 農 が 継 続 することが 確 実 と 認 められる 土 地 の 区 域 を 除 く) すでに 市 街 地 を 形 成 している 区 域 についての 都 市 計 画 基 準 に 適 合 しない 地 域 に 関 しては 必 要 に 応 じて 地 区 計 画 による 対 応 も 考 えられる 区 域 区 分 を 行 っていない 都 市 計 画 区 域 に 含 まれる 市 町 村 が 合 併 して 政 令 市 となった 場 合 には 区 域 区 分 を 行 うことが 必 要 になる 点 に 留 意 が 必 要 [ 市 町 村 合 併 に 伴 う 区 域 区 分 の 決 定 例 ] 浜 松 市 ( 線 引 き 都 計 区 域 )と 合 併 した 旧 三 ヶ 日 町 旧 天 竜 市 (ともに 非 線 引 き 都 計 区 域 )は 旧 三 ヶ 日 町 と 旧 天 竜 市 の 用 途 地 域 の 区 域 を 市 街 化 区 域 として 線 引 き 都 計 に 統 合 50

51 適 時 適 切 な 都 市 計 画 の 見 直 し 関 係 (Ⅲ. 都 市 計 画 制 度 の 運 用 にあたっての 基 本 的 考 え 方 ) 都 市 計 画 は 社 会 経 済 情 勢 の 変 化 に 対 応 して 変 更 が 予 定 されている 制 度 基 礎 調 査 の 結 果 や 社 会 経 済 状 況 の 変 化 を 踏 まえて 変 更 の 必 要 性 を 吟 味 長 期 にわたり 事 業 に 着 手 されていない 都 市 施 設 市 街 地 開 発 事 業 に 関 する 都 市 計 画 必 要 に 応 じて 都 市 の 将 来 像 を 踏 まえ 都 市 全 体 や 影 響 する 都 市 圏 全 体 と しての 施 設 の 配 置 や 規 模 等 の 検 討 を 行 うことにより その 必 要 性 の 検 証 を 行 うことが 望 ましく 変 更 の 理 由 を 明 確 にした 上 で 適 時 適 切 に 見 直 しを 行 うこと が 望 ましい 民 間 主 体 等 からの 都 市 計 画 提 案 は 都 市 計 画 の 見 直 しの 必 要 性 を 判 断 する 機 会 と 捉 えて 積 極 的 に 都 市 計 画 を 見 直 す 体 制 を 整 備 することが 望 ま しい 51

52 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 の 認 定 と 準 工 業 地 域 における 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 制 限 52

53 中 心 市 街 地 の 活 性 化 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 ( 平 成 18 年 9 月 8 日 閣 議 決 定 ) ( 抜 粋 ) 準 工 業 地 域 は 多 様 な 用 途 を 許 容 する 地 域 であるが 地 方 都 市 において 準 工 業 地 域 に 大 規 模 集 客 施 設 (*1)が 立 地 した 場 合 中 心 市 街 地 の 活 性 化 への 影 響 が 大 きいと 考 えられることから 三 大 都 市 圏 (*2) 及 び 政 令 指 定 都 市 以 外 の 地 方 都 市 においては 特 別 用 途 地 区 等 の 活 用 によ り 準 工 業 地 域 における 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 の 制 限 が 行 われる 場 合 について 基 本 計 画 の 認 定 を 行 うものとする ま た 三 大 都 市 圏 及 び 政 令 指 定 都 市 においても 必 要 に 応 じ て 特 別 用 途 地 区 等 を 活 用 するものとする *1 大 規 模 集 客 施 設 とは 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 別 表 第 二 (わ) 項 に 掲 げる 建 築 物 をいう *2 三 大 都 市 圏 とは 首 都 圏 整 備 法 ( 昭 和 31 年 法 律 第 83 号 )に 定 められた 既 成 市 街 地 近 郊 整 備 地 帯 近 畿 圏 整 備 法 ( 昭 和 38 年 法 律 第 129 号 )に 定 められた 既 成 都 市 区 域 近 郊 整 備 区 域 及 び 中 部 圏 開 発 整 備 法 ( 昭 和 41 年 法 律 第 102 号 )に 定 められた 都 市 整 備 区 域 のことをいう 53

54 中 心 市 街 地 活 性 化 基 本 計 画 認 定 申 請 マニュアル ( 平 成 18 年 9 月 26 日 内 閣 府 中 心 市 街 地 活 性 化 担 当 室 ) ( 抜 粋 ) 基 本 計 画 の 認 定 に 際 し 都 市 の 秩 序 ある 整 備 を 図 るための 都 市 計 画 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 46 号 )が 全 面 施 行 ( 公 布 日 ( 平 成 18 年 5 月 31 日 )から1 年 6 月 以 内 の 政 令 で 定 める 日 )される までの 間 については 1) 市 町 村 が 策 定 した 都 市 計 画 法 第 18 条 の2 第 1 項 に 基 づく 市 町 村 の 都 市 計 画 に 関 する 基 本 的 な 方 針 や 国 土 利 用 計 画 法 第 8 条 第 1 項 に 基 づく 市 町 村 計 画 地 方 自 治 法 第 2 条 第 4 項 に 基 づく 基 本 構 想 等 において 準 工 業 地 域 における 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 を 制 限 する 特 別 用 途 地 区 等 の 都 市 計 画 決 定 を 行 うという 方 針 が 位 置 付 け られていること 若 しくは それらの 案 がパブリックコメント 等 にかけられ 改 定 の 手 続 が 行 われていること 又 は 2) 準 工 業 地 域 における 大 規 模 集 客 施 設 の 立 地 を 制 限 することが 都 市 計 画 審 議 会 に 市 町 村 より 報 告 公 表 されていること 等 をもって 認 定 を 受 けることができることとします 54

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378>

<895E97708AEE8F8082CC89F090E02832372E332E3235816A2E646F6378> 東 近 江 市 市 街 化 調 整 区 域 等 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 の 解 説 東 近 江 市 都 市 整 備 部 都 市 計 画 課 策 定 の 背 景 昭 和 43 年 に 制 定 された 新 都 市 計 画 法 ( 昭 和 43 年 法 律 第 100 号 以 下 法 という )で 都 市 計 画 区 域 を 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域

More information

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案)

大阪狭山市市街化調整区域における地区計画のガイドライン(案) 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 27 年 4 月 大 阪 狭 山 市 大 阪 狭 山 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 10 年 5 月 の 都 市 計 画 法 の 改 正 により 市 街 化 調 整 区 域 においても 市 町 村 が 定 める 地 区 計 画 の 内 容 に 適 合

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪

別 紙 1 国 都 計 第 3 4-1 号 平 成 28 年 6 月 13 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 の 長 殿 国 土 交 通 省 都 市 局 長 ( 公 印 省 略 ) 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 について 訪 平 成 28 年 6 月 13 日 都 市 局 都 市 計 画 課 宿 泊 施 設 の 整 備 に 着 目 した 容 積 率 緩 和 制 度 の 創 設 に 係 る 通 知 を 発 出 本 年 3 月 30 日 に 策 定 された 明 日 の 日 本 を 支 える 観 光 ビジョン において 観 光 立 国 の 推 進 に 寄 与 する 宿 泊 施 設 の 整 備 促 進 に 向 けた 取 組 として

More information

hennkouzenngo.doc

hennkouzenngo.doc 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン( 改 定 案 前 後 対 照 表 ) 改 定 後 改 定 前 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 平 成 23 年 3 月 に 策 定 した 北 部 大 阪 東 部 大 阪 南

More information

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477>

<837083758352838194C55F8E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E786477> 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 3 月 富 津 市 目 次 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 運 用 基 準 1. 運 用 基 準 策 定 の 趣 旨... 1 1 都 市 計 画 制 度 変 更 への 対 応 2 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 の 実 現 に 向 けた 運 用 基 準 策 定

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備

対 象 外 区 域 以 下 の 区 域 は 原 則 として 策 定 区 域 に 含 めないこと (1) 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 に 規 定 する 農 用 地 区 域 (2) 優 良 農 地 ( 一 団 のまとまりのある 農 地 や 農 業 水 利 施 設 の 整 備 松 原 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 地 区 計 画 は 市 街 化 調 整 区 域 における 大 規 模 な 開 発 や 広 域 的 な 都 市 機 能 の 立 地 などを 可 能 とするものであり その 内 容 によっては 都 市 機 能 の 拡 散 により 都 市 施 設 の 維 持 管 理 福 祉 施 設 等 の 行 政 コストの 増 大 自

More information

用 途 地 域 等 に 関 す る 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 4 月 昭 島 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 地 域 の 自 主 性 及 び 自 立 性 を 高 めるための 改 革 の 推 進 を 図 る ための 関 係 法 律 の 整 備 に 関 する 法 律 ( 分 権 一 括 法 ) の 公 布 に 伴 い 都 市 計 画 法 が 一 部 改 正

More information

【1

【1 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 19 年 11 月 大 阪 府 都 市 整 備 部 総 合 計 画 課 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 大 阪 府 が 目 指 す 都 市 の 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 --------------------------------------------------

目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 -------------------------------------------------- 市 街 化 調 整 区 域 における 土 地 利 用 方 針 及 び 地 区 計 画 運 用 基 準 平 成 28 年 1 月 大 網 白 里 市 目 次 1. 策 定 の 目 的 と 位 置 づけ --------------------------------------------------------- 1 (1) 策 定 の 目 的 ------------------------------------------------------------------

More information

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基

目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 の 基 千 早 赤 阪 村 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 28 年 6 月 千 早 赤 阪 村 目 次 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 1 2. 村 の 都 市 計 画 マスタープランが 目 指 す 将 来 像 1 3. 市 街 化 調 整 区 域 の 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方

More information

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開

岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 24 年 11 月 岸 和 田 市 岸 和 田 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 1. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 策 定 の 趣 旨 大 阪 府 では 平 成 23 年 3 月 に 策 定 された 南 部 大 阪 都 市 計

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン

能勢町市街化調整区域における地区計画のガイドライン 参 考 資 料 2 第 2 回 懇 談 会 (H27.8.10) 能 勢 町 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 のガイドライン 平 成 25 年 8 月 大 阪 府 豊 能 郡 能 勢 町 目 次 1.ガイドラインの 趣 旨 1 2. 地 域 づくりの 基 本 的 な 考 え 方 1 3. 地 区 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 4. 地 区 計 画 策 定 にあたっての

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082CD82B682DF82C9814596DA8E9F81608E7792E895FB906A81608E7792E88AEE8F802E646F63> 調 布 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 26 年 9 月 調 布 市 は じ め に 本 市 は, 平 成 10 年 に 策 定 した 調 布 市 都 市 計 画 マスタープラン で 示 されたまちづく りの 目 標 を 実 現 するため, 各 種 の 取 組 を 進 めてきた この 中 で, 用 途 地 域 の 指 定 見 直 しは, 土 地

More information

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79

序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参 考 資 料 > 79 静 岡 市 中 山 間 地 域 ( 市 街 化 調 整 区 域 等 ) 土 地 利 用 ガイドライン 平 成 21 年 10 月 静 岡 市 序 章 ガイドラインの 目 的 等 1 第 1 章 市 街 化 調 整 区 域 等 の 概 況 7 第 2 章 類 型 別 の 土 地 利 用 の 制 度 や 事 業 16 第 3 章 土 地 利 用 に 関 する 制 度 や 事 業 の 詳 細 36 < 参

More information

第1章 開発許可の立地基準(法第34条)

第1章 開発許可の立地基準(法第34条) 第 8 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 法 第 34 条 ) 法 第 34 条 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 する 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当 該 申 請 に 係 る 開 発 行 為 及 びその 申 請

More information

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案)

 三郷市市街化調整区域の整備及び保全の方針(案) 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 に お け る 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 ( 案 ) 平 成 2 4 年 12 月 三 郷 市 ま ち づ く り 推 進 部 三 郷 市 市 街 化 調 整 区 域 の 計 画 開 発 における 地 区 計 画 の 取 り 扱 い 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 開 発 行 為

More information

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号

Microsoft Word - 都市計画法第34条第11号及び第12号 市 街 化 調 整 区 域 に お け る 区 域 指 定 の 許 可 基 準 等 に つ い て 1 背 景 取 手 市 では 都 市 計 画 法 ( 1) の 規 定 に 基 づき 昭 和 45 年 から 市 内 を 市 街 化 区 域 ( 2) と 市 街 化 調 整 区 域 ( 3) に 区 分 ( 線 引 き)し 市 街 化 調 整 区 域 では 原 則 市 街 化 を 抑 制 する 区

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A94AA89A48E7182CC93738E738C7689E63230313289FC92F994C52E646F63> 都 市 計 画 全 般 7 8 Ⅱ 八 王 子 市 の 都 市 計 画 1. 都 市 計 画 全 般 (1) 都 市 計 画 の 内 容 と 決 定 状 況 都 市 計 画 は 農 林 漁 業 との 健 全 な 調 和 を 図 りつつ 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するために 土 地 利 用 都 市 施 設 の 整 備 及 び 市 街

More information

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止

天 然 記 念 物 の 指 定 区 域 (9) 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 88 号 ) 第 28 条 第 1 項 の 規 定 による 鳥 獣 保 護 区 (10) 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 害 の 防 止 長 浜 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるこ

More information

飯能市の都市計画

飯能市の都市計画 平 成 26 年 4 月 版 飯 能 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 Ⅰ 市 の 概 要 1 市 の 位 置 1 2 市 の 沿 革 1 3 人 口 1 Ⅱ 都 市 計 画 1 都 市 計 画 の 意 義 3 2 都 市 計 画 マスタープラン 3 3 都 市 計 画 の 決 定 3 4 都 市 計 画 の 決 定 手 続 4 5 都 市 計 画 提 案 制 度 5 Ⅲ 土 地 利 用

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208379815B83578F4390B3814090E797748CA797709372926E88E68E7792E88AEE8F805F48508C668DDA95AA816A3130303430312E646F63> 千 葉 県 用 途 地 域 指 定 基 準 千 葉 県 県 土 整 備 部 都 市 計 画 課 平 成 22 年 4 月 - 目 次 - 1. 用 途 地 域 指 定 の 目 的 1 2. 用 途 地 域 指 定 の 基 本 方 針 1 3. 土 地 利 用 と 用 途 地 域 の 指 定 方 針 2 (1) 住 宅 地 (2) 商 業 地 (3) 工 業 地 (4) 幹 線 道 路 の 沿 道 等

More information

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第

目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 8 条 ) 第 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 27 年 8 月 佐 世 保 市 目 次 頁 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 する 基 本 方 針 1 佐 世 保 都 市 計 画 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 2~14 第 1 章

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031208E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E6895E97708AEE8F802E646F6378> 東 広 島 市 街 化 調 における 運 用 基 準 の 1 作 目 的 成 この に 関 運 し 用 必 基 要 準 な は 事 項 本 を 市 定 の めることにより 市 街 化 調 整 区 域 内 市 における 街 化 調 整 地 区 区 域 計 における 画 制 度 の 良 運 好 用 な 及 環 び 境 地 の 区 維 計 持 画 及 の び 素 形 案 成 に 寄 与 することを 目 的

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819B8C49938C8E738E738A5889BB92B290AE8BE688E682C982A882AF82E9926E8BE68C7689E690A7937882CC895E97708AEE8F802E646F63> 栗 東 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 市 街 化 調 整 区 域 における 良 好 な 居 住 環 境 の 維 持 及 び 形 成 並 びに 適 正

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

市街化調整区域の保全と活用の方針

市街化調整区域の保全と活用の方針 市 街 化 調 整 区 域 の 保 全 と 活 用 の 方 針 ( 平 成 18 年 3 月 29 日 市 長 決 裁 ) ( 平 成 22 年 11 月 22 日 最 終 改 正 ) Ⅰ 方 針 策 定 にあたって 2 1 方 針 策 定 の 背 景 2 2 目 的 と 位 置 づけ 4 Ⅱ 札 幌 市 都 市 計 画 マスタープランにおける 基 本 方 針 5 1 市 街 地 の 範 囲 5 2

More information

市街化区域と市街化調整区域との区分

市街化区域と市街化調整区域との区分 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 平 成 27 年 9 月 埼 玉 県 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 に 関 する 見 直 し 要 領 趣 旨 本 県 では 昭 和 45 年 に 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )を 都 市 計

More information

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc

Microsoft Word - ...S.. .y.n...p.v...doc 第 4 章 土 地 利 用 計 画 第 4 章 土 地 利 用 計 画 4-1 都 市 計 画 区 域 の 設 定 現 在 本 市 には 松 阪 都 市 計 画 嬉 野 都 市 計 画 三 雲 都 市 計 画 の3つの 都 市 計 画 があ るが 新 市 としての 一 体 的 な 都 市 づくりに 向 けて 本 市 の 都 市 計 画 区 域 を 以 下 のように 設 定 されることを 前 提 に

More information

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章

目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第 2 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 4 月 狛 江 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 2 1 用 途 地 域 に 関 する 指 定 方 針 2 2 その 他 の 地 域 地 区 の 活 用 方 針 2 3 用 途 地 域 の 変 更 及 び 決 定 にあたって 留 意 すべき 事 項 3 第

More information

スライド 1

スライド 1 資 料 2 参 考 資 料 ( 都 市 農 地 に 係 る 土 地 利 用 計 画 制 度 について) 平 成 2 4 年 4 月 1. 土 地 利 用 計 画 制 度 における 都 市 農 地 の 位 置 付 けの 変 化 (1) 新 都 市 計 画 法 の 制 定 現 行 の 新 都 市 計 画 法 は 昭 和 43 年 高 度 経 済 成 長 に 伴 い 都 市 への 急 激 な 人 口 流

More information

(<例1>政府税制調査会:3月)

(<例1>政府税制調査会:3月) 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 24 年 10 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 1 2 地 方 法 人 課 税 の 拡 充 強 化 3 3 地 方 消 費 税 ( 現 行 分 )の 充 実 4 4 地 方 消 費 税 税 率 引 上 げ 分 の 使 途 及 び 地 方 の 役 割 の 拡 大 について 5 5 地 球

More information

1 目的

1 目的 第 5 回 区 域 区 分 定 期 見 直 し 基 本 方 針 1 目 的 市 街 化 区 域 と 市 街 化 調 整 区 域 との 区 分 ( 以 下 区 域 区 分 という )は 無 秩 序 な 市 街 地 の 拡 大 による 環 境 悪 化 の 防 止 計 画 的 な 公 共 施 設 整 備 による 良 好 な 市 街 地 の 形 成 都 市 近 郊 の 優 良 な 農 地 との 健 全 な

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

用 語 解 説 75 都 市 計 画 区 域 市 街 化 区 域 用 途 地 域 の 指 定 の 変 遷 78 都 市 計 画 図 の 変 遷 80 都 市 計 画 マスタープランの 変 遷 82 参 考 資 料 用 語 解 説 あ 行 ITS NPO Intelligent Transport Systems の 略 で 高 度 道 路 交 通 システムのこと 最 先 端 の 情 報 通 信 技

More information

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11

目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物 の 建 替 え( 包 括 承 認 ) 7 4 用 途 ( 使 用 主 体 の 属 性 )の 変 更 ( 包 括 承 認 ) 11 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 等 の 審 査 基 準 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 14 号 編 ) 平 成 26 年 11 月 1 日 沼 津 市 都 市 計 画 部 まちづくり 指 導 課 目 次 番 号 案 件 頁 1 分 家 住 宅 ( 包 括 承 認 ) 4 2 収 用 対 象 事 業 による 移 転 ( 包 括 承 認 ) 6 3 既 存 建 築 物

More information

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3

目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街 化 調 整 区 域 の 現 状 と 課 題 2 3-1 現 状 2 3-2 課 題 2 4 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 3 市 街 化 調 整 区 域 の 環 境 形 成 に 関 する 基 本 方 針 ~ 自 然 環 境 等 や 景 観 の 保 全 と 適 切 な 都 市 的 土 地 利 用 の 誘 導 に 向 けて~ 平 成 16 年 3 月 ( 平 成 24 年 3 月 改 正 ) 函 館 市 目 次 1 策 定 見 直 しの 背 景 と 目 的 1 2 市 街 化 調 整 区 域 の 役 割 性 格 2 3 市 街

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と

はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基 礎 的 な 制 度 と 三 鷹 市 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 25 年 12 月 三 鷹 市 はじめに 都 市 計 画 は 健 康 で 文 化 的 な 都 市 生 活 及 び 機 能 的 な 都 市 活 動 を 確 保 するため 適 正 な 制 限 のもとに 土 地 の 合 理 的 な 利 用 を 図 ることを 目 的 としている 用 途 地 域 は その 最 も 基

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環

容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保 することを 目 的 として 行 われており 市 街 地 環 資 料 2-2 容 積 率 規 制 等 について Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 容 積 率 制 限 の 概 要 1 容 積 率 制 限 の 目 的 地 域 で 行 われる 各 種 の 社 会 経 済 活 動 の 総 量 を 誘 導 することにより 建 築 物 と 道 路 等 の 公 共 施 設 とのバランスを 確 保

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx

Microsoft Word - 20150512ガイドライン構成11(最終).docx はじめに 1 Ⅰ. 地 区 計 画 の 概 要 2 Ⅱ. 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 概 要 3 Ⅲ. 地 区 計 画 案 申 し 出 までの 流 れ( 地 元 の 取 り 組 み) 8 Ⅳ. 地 区 計 画 案 申 し 出 後 の 流 れ( 地 元 市 の 続 き) 29 Ⅴ. 地 区 計 画 原 案 の 作 成 法 と 留 意 点 ( 市 の 続 き) 31 参 考

More information

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保

2 次 に 掲 げ 区 域 を 含 もうとす 場 合 は 各 々の 区 域 が 指 定 された 主 旨 を 尊 重 し その 意 義 が 失 われないよう 留 意 すものとす (1) 農 村 地 域 工 業 等 導 入 促 進 法 に 規 定 す 工 業 等 導 入 地 区 (2) 鳥 獣 の 保 延 岡 市 市 街 化 調 整 区 域 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 平 成 17 年 3 月 28 日 策 定 平 成 18 年 8 月 12 日 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 区 計 画 の 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 内 におけ 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 当 該

More information

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477>

<964C93878BE68D E8BE68E7792E895FB906A8B7982D18E7792E88AEE8F BD90AC E31308C8E817A2E786477> 豊 島 区 高 度 利 用 地 区 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 豊 島 区 都 市 整 備 部 平 成 25 年 10 月 目 次 指 定 方 針 1 指 定 基 準 4 第 1 用 語 の 定 義 4 第 2 高 度 利 用 地 区 の 指 定 対 象 区 域 7 第 3 高 度 利 用 地 区 の 指 定 要 件 8 1 地 区 の 最 低 規 模 2 地 区 の 境 界 3 幹 線

More information

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上

4. 基 本 な 事 項 (1) 地 区 計 画 の 区 域 は 原 則 として 道 路 その 他 の 施 設 河 川 その 他 の 地 形 地 物 等 土 地 の 範 囲 を 明 示 するのに 適 切 なものにより 定 めることとし できるだけ 整 形 なものにするものとする また 必 要 以 上 会 津 若 松 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 ( 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 )の 運 用 基 準 1. 背 景 地 方 都 市 においては 高 度 成 長 期 に 都 市 部 への 人 口 都 市 機 能 の 集 中 が 進 み 都 市 の 外 延 化 の 進 行 に 伴 うモータリゼーションの 進 展 を 背 景 に 住 宅 や 公 共 公 益 施

More information

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc

Microsoft Word - ★1013[最終版]地区MP本編.doc Ⅳ. 実 現 方 策 ここでは まちづくり 基 本 方 針 に 基 づき 地 区 計 画 の 導 入 を 前 提 に 分 野 別 方 針 を 実 現 し ていくための 方 策 を 明 らかにするとともに 住 民 と 行 政 の 協 働 で 取 り 組 むまちづくりの 進 め 方 と 都 市 計 画 の 見 直 しの 考 え 方 を 示 して います Ⅳ-1 分 野 別 の 実 現 方 策 ここでは

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx

Microsoft PowerPoint - 20150615_【HP用】綱島SST素案説明会.pptx 綱 島 サスティナブル スマートタウン 地 区 地 区 計 画 都 市 計 画 市 素 案 説 明 会 平 成 27 年 6 月 12 日 横 浜 市 ~ 本 日 の 説 明 内 容 ~ 地 区 の 概 要 と 上 位 計 画 経 緯 地 区 計 画 の 都 市 計 画 市 素 案 今 後 の 都 市 計 画 手 続 地区の概要 港北区 日吉駅 綱島サスティナブル スマートタウン地区 面積 約4.4ha

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

Ⅰ Ⅰ. 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 この 基 準 は 開 発 審 査 会 へ 附 議 する 基 準 であり 許 可 基 準 ではありません 平 成 26 年 8 月 1 日 石 川 県 土 木 部 建 築 住 宅 課 目 次 石 川 県 開 発 審 査 会 附 議 基 準 1 法 第 34 条 第 14 号 の 規 定 により 附 議 することが 妥 当 と 考 える 開 発 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定

< 目 次 > Ⅰ. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 概 要 1. 目 的 1 2. 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 の 事 業 内 容 3 2-1 事 業 計 画 策 定 調 査 の 申 請 書 の 作 成 3 2-2 事 業 計 画 の 策 定 国 際 競 争 流 通 業 務 拠 点 整 備 事 業 平 成 27 年 度 申 請 要 領 申 請 の 受 付 期 間 平 成 27 年 6 月 11 日 ( 木 )~ 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 問 い 合 わせ 先 一 般 財 団 法 人 計 量 計 画 研 究 所 道 路 経 済 研 究 室 河 上 森 尾 162-0845 東 京 都 新 宿 区 市 谷 本 村 町 2-9

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ

その 監 督 する 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせること 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があ 内 閣 官 房 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 平 成 27 年 11 月 16 日 内 閣 総 理 大 臣 決 定 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 6 章 市 街 化 調 整 区 域 における 整 備 保 全 の 方 策 本 構 想 を 実 現 していくためには 地 域 別 構 想 で 定 めた 地 区 区 分 ごとにその 方 針 に 基 づく 具 体 的 な 整 備 及 び 保 全 手 法 を 展 開 していく 必 要 がある そこで 本 市 で 適 用 が 考 えられる 手 法 内 容 及 びその 適 用 の 方 針 について 以 下 に

More information

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針

広島駅新幹線口周辺地区における用途地域及び容積率の見直し等の都市計画に関する運用方針 広 島 駅 新 幹 線 口 周 辺 地 区 における 用 途 地 域 及 び 容 積 率 の 見 直 し 等 の 都 市 計 画 に 関 する 運 用 方 針 平 成 21 年 (2009 年 )12 月 広 島 市 都 市 整 備 局 都 市 計 画 課 目 次 第 1 総 則 1 1 目 的 1 2 本 運 用 方 針 の 位 置 づけ 1 3 本 運 用 方 針 の 適 用 範 囲 1 4 用

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F4981408179936395FB817A8BE688E6837D8358413494C52E646F63> 田 方 広 域 都 市 計 画 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 平 成 23 年 3 月 静 岡 県 目 次 1 都 市 計 画 の 目 標 (1) 都 市 づくりの 基 本 理 念 1 (2) 地 域 毎 の 市 街 地 像 2 附 図 1 将 来 市 街 地 像 図 4 2 区 域 区 分 の 決 定 の 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 める 際

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

<819C95F18D908F E6358FCD816A>

<819C95F18D908F E6358FCD816A> 第 5 章 宇 城 市 の 都 市 計 画 の 基 本 方 針 本 章 においては 前 章 で 整 理 した 問 題 や 課 題 を 踏 まえつつ 第 1 次 宇 城 市 総 合 計 画 を 念 頭 に 置 いて まちづくりの 理 念 や 将 来 の 市 街 地 の 規 模 や 都 市 基 盤 整 備 の 必 要 量 の 見 通 しの 前 提 とな る 基 本 目 標 ( 将 来 人 口 フレーム)

More information

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長

高速道路の計画的更新と料金徴収期間の延長 高 速 道 路 の 計 画 的 更 新 と 料 金 徴 収 期 間 の 延 長 道 路 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 国 土 交 通 委 員 会 調 査 室 村 田 和 彦 1.はじめに 我 が 国 においては 昭 和 30 年 代 に 入 ると 経 済 規 模 の 拡 大 に 伴 い 自 動 車 交 通 が 激 増 し 高 速 交 通 のための 高 規 格 の 道 路 に 対

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 秋 田 県 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の

More information

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準

Microsoft Word - 第1章 県有建築物等の設計業務等積算基準 建 築 設 計 業 務 等 積 算 基 準 平 成 28 年 4 月 1 日 沖 縄 県 土 木 建 築 部 目 次 第 1 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 基 準 1 第 2 章 県 有 建 築 物 等 の 設 計 業 務 等 積 算 要 領 3 第 1 節 総 則 3 第 2 節 業 務 人 時 間 数 の 算 定 方 法 5 第 3 節 対 象 外 業 務 率 の

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

柏 市 総 合 設 計 制 度 許 可 取 扱 基 準 柏 市 平 成 10 年 10 月 制 定 平 成 24 年 4 月 改 正 目 次 第 1 総 則.........1 1 趣 旨...1 2 運 用 方 針...1 3 用 語 の 定 義...2 第 2 基 本 要 件.........3 1 一 般 総 合 設 計...3 2 市 街 地 住 宅 総 合 設 計...7 3 環 境 配

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第 伊 達 市 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 運 用 基 準 は 本 市 の 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 制 度 の 運 用 及 び 地 区 計 画 の 原 案 を 作 成 するための 案 ( 以 下 地 区 計 画 の 素 案 という )の 作 成 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることにより

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成

1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 土 地 の 高 度 利 用 については 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 条 例 ( 平 成 18 年 横 須 賀 市 条 例 第 72 号 以 下 条 例 という ) 同 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 市 街 地 における 適 正 な 土 地 の 高 度 利 用 に 関 する 都 市 計 画 及 び 総 合 設 計 等 運 用 基 準 目 次 1 章 総 則 第 1 本 基 準 の 適 用 ------------------- 1 第 2 本 基 準 の 構 成 ------------------- 1 2 章 土 地 の 高 度 利 用 に 係 る 適 用 評 価 について 第 1 適 用

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2

はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4 都 市 計 画 審 議 会 ( 諮 問 ) 2 佐 賀 都 市 計 画 風 致 地 区 の 変 更 松 原 公 園 風 致 地 区 神 野 公 園 風 致 地 区 平 成 26 年 4 月 21 日 佐 賀 市 1 はじめに 都 市 計 画 審 議 会 での 経 過 ( 風 致 地 区 ) H23.10 第 1 回 勉 強 会 意 見 を 踏 まえ 再 検 討 作 業 H25. 5 第 2 回 勉 強 会 都 市 計 画 の 手 続 H26. 4

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 石 川 県 知 事 部 局 議 会 事 務 局 及 び 行 政 委 員 会 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の

More information

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究

開 発 事 業 の 内 容 研 究 施 設 研 究 開 発 型 施 設 又 は 研 修 施 設 の 建 設 教 育 施 設 又 は 文 化 施 設 の 建 設 開 発 事 業 の 区 域 の 面 積 の 基 準 1 5ヘクタール 以 上 2 研 修 施 設 は 20ヘクタール 未 満 ただし 研 究 第 3 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 利 用 行 為 の 基 準 ( 開 発 事 業 の 遵 守 基 準 ) 第 30 条 市 街 化 調 整 区 域 内 において 開 発 事 業 ( 区 域 の 面 積 が 3,000 平 方 メートル 以 上 の 建 築 物 系 の 開 発 事 業 又 は 非 建 築 物 系 の 開 発 事 業 に 限 る 以 下 この 条 において 同 じ

More information

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返

1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 要 望 事 項 の 内 容 及 び 説 明 - 15 - 1 米 軍 基 地 の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 の 促 進 及 び 基 地 跡 地 利 用 に 係 る 要 望 (1) 米 軍 基 地 ( 水 域 を 含 む 以 下 基 地 という )の 整 理 縮 小 と 早 期 返 還 要 望 先 : 防 衛 施 設 庁 外 務 省 < 基 地 返 還 等 の 促 進 > ア 基 地 の 整

More information

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 ---------------------------------------

目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的 事 項 イ 都 市 計 画 区 域 の 範 囲 -------------------------------------------- 1 ロ 目 標 年 次 --------------------------------------- 戸 田 都 市 計 画 ( 戸 田 市 ) 都 市 計 画 区 域 の 整 備 開 発 及 び 保 全 の 方 針 埼 玉 県 都 市 計 画 の 決 定 案 の 縦 覧 都 市 計 画 の 決 定 告 示 平 成 25 年 11 月 22 日 から 平 成 25 年 12 月 6 日 まで 平 成 26 年 3 月 28 日 埼 玉 県 目 次 第 1 都 市 計 画 の 目 標 1 基 本 的

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information